歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年08月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
SPICY CHOCOLATE & THE MONSTER CREW、ミニアルバムのダイジェストとインタビュー映像を公開
Fri, 03 Aug 2018 23:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SPICY CHOCOLATEの新プロジェクト、SPICY CHOCOLATE & THE MONSTER CREWによる初のミニアルバム『THE JUNGLE MIX UP』が発売に先駆けて、いよいよその全貌が分かるダイジェスト映像をYouTubeで公開した。

ネット上で今作の音源が解禁となるのは、このダイジェスト映像が初めてとのこと。SPICY CHOCOLATEによるリディム・トラックに、ゲストアーティストのAPOLLO、ACE、大城美友、寿君、J-REXXX 、CHOP STICK 、HIDE春がそれぞれの個性が際立った楽曲となっているので、発売前にぜひチェックしよう!

また、同時にeggの専属モデル“ぴと”とKATSUYUKI a.k.a. DJ CONTROLERによる『THE JUNGLE MIX UP』のジャケット撮影風景とオフィシャルインタビューも公開に! アルバム『渋谷純愛物語』シリーズがCHOCOLATEで柔らかいテイストであれば、今作はSPICYな刺激とインパクトを表現している。SPICY CHOCOLATE監修のもと、初めてのジャケット撮影となる“ぴと”のクールなカッコ良い表情を始め、笑顔が飛び交う撮影現場の雰囲気が垣間見える内容となっているので、こちらも必見だ。

8月15日にリリースとなる『THE JUNGLE MIX UP』はCD予約が開始されているほか、8月8日(水)からはiTunes Storeで予約販売と「平成フルスイングfeat. APOLLO & ACE」が全音楽ストアで配信されるので、お楽しみに!

ミニアルバム『THE JUNGLE MIX UP』/SPICY CHOCOLATE & THE MONSTER CREW

2018年8月15日(水)発売



【通常盤】
¥2,160(税込)

<収録曲>(5曲新曲/3曲REMIX曲)
1.平成フルスイング feat. APOLLO & ACE
2.ジャンプUP feat. J-REXXX
3. Shall We Dance!? feat. 大城美友 & HIDE春
4.キカセテホシイ feat. 寿君 & 當山みれい
5.わっしょい☆パラダイス feat. CHOP STICK
6.愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca & SIMON(SC REMIX)
7.信ジルモノ feat.YU-A,AK-69&HAN‐KUN from 湘南乃風(SC REMIX)
8.Tun up!! feat.MUNEHIRO&卍LINE (SC REMIX)

※8月8日(水)よりiTunes Store『THE JUNGLE MIX UP』Pre-order(予約販売)&リード曲「平成フルスイング feat. APOLLO & ACE」全音楽ストアで先行配信開始



【関連リンク】
SPICY CHOCOLATE & THE MONSTER CREW、ミニアルバムのダイジェストとインタビュー映像を公開
SPICY CHOCOLATEまとめ
THE MONSTER CREWまとめ
UVERworld、TAKUYA∞の生誕祭は日本武道館&横浜アリーナで“女祭り”“男祭り”を同日開催

【関連アーティスト】
SPICY CHOCOLATE, THE MONSTER CREW
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, トレーラー, ミニアルバム

UVERworld、TAKUYA∞の生誕祭は日本武道館&横浜アリーナで“女祭り”“男祭り”を同日開催
Fri, 03 Aug 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在全国ホールツアー中のUVERworldが、11月9日・10日の宮城公演を皮切りにメンバーの生誕祭ライブや11年連続となる日本武道館での『PREMIUM LIVE on Xmas』を含む全国アリーナツアーを開催することを発表した。年末の福岡マリンメッセ公演まで17公演で14万人以上を動員する。

そして、TAKUYA∞(Vo)の生誕祭となる12月21日には、日本武道館での『女祭り』と横浜アリーナでの『男祭り』を同日開催するという前代未聞のライブが発表された。詳しくはツアー特設ページをチェックしてほしい。

■『UVERworld LIVE TOUR 2018』

11月05日(月) 東京・豊洲PiT<真太郎生誕>
11月09日(金) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ グランディ・21
11月10日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ グランディ・21
11月20日(火) 大阪・大阪城ホール
11月21日(水) 大阪・大阪城ホール
11月24日(土) 長野・長野ビッグハット
11月25日(日) 長野・長野ビッグハット
12月12日(水) 愛知・日本ガイシホール
12月13日(木) 愛知・日本ガイシホール
12月20日(木) 神奈川・横浜アリーナ
12月21日(金) 東京・日本武道館<TAKUYA∞生誕祭 女祭り> ※開演13:00
12月21日(金) 神奈川・横浜アリーナ<TAKUYA∞生誕祭 男祭り> ※開演19:00
12月25日(火) 東京・日本武道館<Premium LIVE on Xmas 2018>
12月27日(木) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
12月28日(金) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
12月30日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
12月31日(月) 福岡・マリンメッセ福岡

■ツアー特設サイト
http://www.uverworld.jp/feature/2018_livetour?lang=ja

ベストアルバム『ALL TIME BEST』

2018年7月18日発売



【完全生産限定盤】
SRCL-9855〜58/¥8,230+税
※LPサイズ/シリアルナンバー入り/特典CD「LIVE ARCHIVES」/スペシャリティカード付
<収録曲>
■Disc1 MEMBER BEST
1.EYEWALL
2.7th Trigger
3.IMPACT
4.CORE PRIDE
5.GOLD
6.NO.1
7.一滴の影響
8.Fight For Liberty
9.ALL ALONE
10.PRAYING RUN
11.THE OVER
12.CHANCE!
13.Φ choir
14.LONE WOLF
15.在るべき形
16.7日目の決意
17.MONDO PIECE
■Disc2 FAN BEST
1.撃破
2.AWAYOKUBA-斬る
3.SHAMROCK
4.THE SONG
5.RANGE
6.白昼夢
7.激動
8.Colors of the Heart
9.魑魅魍魎マーチ
10.SORA
11.WANNA be BRILLIANT
12.LIFE
13.ハイ!問題作
14.LIFEsize
15.Roots
16.シリウス
■Disc3 BALLADE BEST(Re-Recording)
1.美影意志
2.君の好きなうた
3.心とココロ
4.SHOUT LOVE
5.51%
6.クオリア
7.優しさの雫
8.体温
9.マダラ蝶
10.MINORI
11.恋いしくて
12.此処から
13.言わなくても伝わる あれは少し嘘だ
14.ほんの少し
15.THE OVER
■完全生産限定盤特典CD:「LIVE ARCHIVES」
1.儚くも永久のカナシ(Tokyo Dome 2010.11.27)
2.若さ故エンテレケイア(Tokyo Dome 2010.11.27)
3.just Melody(Tokyo Dome 2010.11.27)
4.一石を投じる Tokyo midnight sun(Nippon Budokan 2011.12.25)
5.神集め(Nippon Budokan 2011.12.25)
6.勝者臆病者(Yokohama Arena 2012.7.8)
7.トキノナミダ(Zepp DiverCity Tokyo 2013.2.28)
8.浮世CROSSING(Nippon Budokan 2013.12.25)
9.DEJAVU(Nippon Budokan 2013.12.26)
10.UNKNOWN ORCHESTRA(Kyocera Dome 2014.7.5)
11.誰が言った(Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.3)
12.シャカビーチ〜Laka Laka La〜(Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.3)
13I LOVE THE WORLD(Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.6)
14.EMPTY96(Nippon Budokan 2015.12.25)
15.DISCORD(Nippon Budokan 2015.12.25)
16.Collide(Saitama Super Arena 2017.2.11)



【初回生産限定盤】※Bluray 付
SRCL-9860〜63/¥5,500+税
【初回生産限定盤】※DVD 付
SRCL-9864〜67/¥5,000+税
<収録曲>
■Disc1 MEMBER BEST
1.EYEWALL
2.7th Trigger
3.IMPACT
4.CORE PRIDE
5.GOLD
6.NO.1
7.一滴の影響
8.Fight For Liberty
9.ALL ALONE
10.PRAYING RUN
11.THE OVER
12.CHANCE!
13.Φ choir
14.LONE WOLF
15.在るべき形
16.7日目の決意
17.MONDO PIECE
■Disc2 FAN BEST
1.撃破
2.AWAYOKUBA-斬る
3.SHAMROCK
4.THE SONG
5.RANGE
6.白昼夢
7.激動
8.Colors of the Heart
9.魑魅魍魎マーチ
10.SORA
11.WANNA be BRILLIANT
12.LIFE
13.ハイ!問題作
14.LIFEsize
15.Roots
16.シリウス
■Disc3 BALLADE BEST(Re-Recording)
1.美影意志
2.君の好きなうた
3.心とココロ
4.SHOUT LOVE
5.51%
6.クオリア
7.優しさの雫
8.体温
9.マダラ蝶
10.MINORI
11.恋いしくて
12.此処から
13.言わなくても伝わる あれは少し嘘だ
14.ほんの少し
15.THE OVER
■初回限定版(BD・DVD共通)特典DVD:「LIVE MOVIE ARCHIVES」
1.CHANCE! (Tokyo Dome 2010.11.27)
2.Roots (Tokyo Dome 2010.11.27)
3.白昼夢 (Zepp Sendai 2011.7.21)
4.優しさの雫 (Yokohama Arena 2012.7.8)
5.MONDO PIECE (Nippon Budokan 2013.12.26)
6.? choir (Kyocera Dome 2014.7.5)
7.THE OVER (Kyocera Dome 2014.7.5)
8.在るべき形 (Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.3)
9.GOLD (Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.6) 
10.魑魅魍魎マーチ (Kumamoto B.9 2016.12.7)
11.PRAYING RUN (2016.12.21 OSAKA-JO HALL)
12.CORE PRIDE (Saitama Super Arena 2017.2.11)
13.一滴の影響 (Yokohama Arena 2017.12.21)



【通常盤】
SRCL-9868〜70/¥3,800+税
<収録曲>
■Disc1 MEMBER BEST
1.EYEWALL
2.7th Trigger
3.IMPACT
4.CORE PRIDE
5.GOLD
6.NO.1
7.一滴の影響
8.Fight For Liberty
9.ALL ALONE
10.PRAYING RUN
11.THE OVER
12.CHANCE!
13.Φ choir
14.LONE WOLF
15.在るべき形
16.7日目の決意
17.MONDO PIECE
■Disc2 FAN BEST
1.撃破
2.AWAYOKUBA-斬る
3.SHAMROCK
4.THE SONG
5.RANGE
6.白昼夢
7.激動
8.Colors of the Heart
9.魑魅魍魎マーチ
10.SORA
11.WANNA be BRILLIANT
12.LIFE
13.ハイ!問題作
14.LIFEsize
15.Roots
16.シリウス
■Disc3 BALLADE BEST(Re-Recording)
1.美影意志
2.君の好きなうた
3.心とココロ
4.SHOUT LOVE
5.51%
6.クオリア
7.優しさの雫
8.体温
9.マダラ蝶
10.MINORI
11.恋いしくて
12.此処から
13.言わなくても伝わる あれは少し嘘だ
14.ほんの少し
15.THE OVER

配信限定ベスト『ALL TIME BEST -FAN BEST- (EXTRA EDITION)』

2018年7月18日発売



通常音源およびMastered for iTunes:¥2,100
ハイレゾ音源:¥3,200
<収録曲>
1.REVERSI
2.儚くも永久のカナシ
3.Don\'t Think.Feel
4.UNKNOWN ORCHESTRA
5.一億分の一の小説
6.哀しみはきっと
7.=
8.just Melody
9.浮世CROSSING
10.Q.E.D.
11.DECIDED
12.GO-ON
13.ODD FUTURE
14.endscape
15.ナノ・セカンド



【関連リンク】
UVERworld、TAKUYA∞の生誕祭は日本武道館&横浜アリーナで“女祭り”“男祭り”を同日開催
UVERworldまとめ
Linked Horizon、ニューシングルのREC参加アーティスト発表&『進撃の軌跡』劇場上映が決定

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ツアー

Linked Horizon、ニューシングルのREC参加アーティスト発表&『進撃の軌跡』劇場上映が決定
Fri, 03 Aug 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Linked Horizonが9月19日(水)にリリースするニューシングル「楽園への進撃」のレコーディングに参加するアーティストが発表された。

ボーカルにすずかけ児童合唱団、ナレーションにサッシャ、ミュージシャンには朝川朋之(Harp)、五十嵐宏治(Key)、淳士(Dr)、長谷川淳(Ba)、三沢またろう(Perc)、YUKI(Gu)、弦一徹ストリングス、鈴木正則ブラスセクション、内藤貴司ホルンセクション、?桑英世木管アンサンブル、Voces Tokyo(合唱指揮:木場義則)と、豪華なメンバーとなっている。

また、1月13日(土)14日(日)に横浜アリーナで行なわれたライブ『Linked Horizon Live Tour「進撃の軌跡」総員集結 凱旋公演』のBlu-ray発売を記念して、全国各地の映画館で『劇場版 Linked Horizon Live Tour「進撃の軌跡」総員集結 凱旋公演』が上映されることが決定!

今回上映予定の映像は、現在Season 3が絶賛放送中のTVアニメ『進撃の巨人』の歴代主題歌5曲を収録した2ndアルバム『進撃の軌跡』を余すことなく披露したライブ本編『第一壁』の内容を中心に構成され、楽曲とシンクロしたアニメ映像とともに、その世界観を楽しめる上映作品となっている。

通常の5.1ch上映に加えて今回はRevo史上初の試みとなる360度空間に迫力のサウンドを生み出す“ドルビーアトモス”での上映も予定しており、ライブ会場の臨場感と、映像化のために加えた特殊音響効果が楽しめる特別な上映会になる模様だ。ドルビーアトモスでの上映(全国16カ所)は9月28日(金)から1週間のみの限定で、5.1ch通常上映は10月5日(金)より全国各地で順次公開となっている。ぜひ劇場に足を運んでほしい。

そしてなんと、9月28日(金)大阪、29日(土)名古屋、30日(日)東京の劇場では、Revoによる舞台挨拶が予定されている。舞台挨拶の参加には、チケットぴあにて専用チケットの購入が必要となるので、詳細はLinked HorizonオフィシャルHPへ。

■『劇場版Linked Horizon Live Tour 「進撃の軌跡」総員集結 凱旋公演』

<公開日>
ドルビーアトモス上映:9月28日(金)〜10月4日(木)
通常上映:10月5日(金)〜全国で順次公開

<チケット>
当日鑑賞料金:ドルビーアトモス上映¥3,500(税込)/通常上映¥2,500(税込)
※上映時間、チケット購入方法は劇場により異なります。公開日間近になりましたら各劇場ウェブサイトにてご確認下さい。
※前売チケットの販売はございませんのでご了承ください。

【上映劇場 詳細】

<上映劇場>
■ドルビーアトモス上映
宮城 TOHOシネマズ 仙台  
埼玉 TOHOシネマズ ららぽーと富士見
千葉 イオンシネマ幕張新都心
千葉 TOHOシネマズ ららぽーと船橋
千葉 TOHOシネマズ 柏
東京 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ◎
愛知 TOHOシネマズ 赤池
愛知 イオンシネマ名古屋茶屋 ◎
京都 イオンシネマ京都桂川
大阪 TOHOシネマズ 梅田 ◎
大阪 TOHOシネマズ くずはモール
兵庫 アースシネマズ姫路
和歌山 イオンシネマ和歌山
岡山 イオンシネマ岡山
山口 シネマサンシャイン下関
大分 TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
※「◎」の劇場にてRevoによる舞台挨拶を予定
※詳細はこちら:http://shingeki.linked-horizon.com/special/index.html#movie01

■通常上映<Week 1>10月5日(金)〜
北海道 ユナイテッド・シネマ札幌
北海道 イオンシネマ旭川駅前
青森 青森コロナシネマワールド
秋田 イオンシネマ大曲
山形 フォーラム山形
福島 イオンシネマ福島
茨城 TOHOシネマズ 水戸内原
茨城 MOVIXつくば
栃木 TOHOシネマズ 宇都宮
群馬 イオンシネマ高崎
山梨 TOHOシネマズ 甲府
新潟 イオンシネマ新潟西
静岡 TOHOシネマズ サンストリート浜北
京都 TOHOシネマズ 二条
福岡 TOHOシネマズ 福津
福岡 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

■通常上映<Week 2>10月12日(金)〜
埼玉 MOVIXさいたま
埼玉 イオンシネマ春日部
千葉 イオンシネマ幕張新都心
千葉 TOHOシネマズ 流山おおたかの森
東京 新宿ピカデリー
東京 ユナイテッド・シネマ豊洲
東京 イオンシネマ板橋
神奈川 TOHOシネマズ ららぽーと横浜
神奈川 TOHOシネマズ 川崎
神奈川 TOHOシネマズ 海老名
石川 金沢コロナシネマワールド
岐阜 イオンシネマ各務原
愛知 TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18
大阪 MOVIX堺
大阪 ユナイテッド・シネマ枚方

■通常上映<Week 3> 10月19日(金)〜
岩手 フォーラム盛岡
福井 福井コロナシネマワールド
長野 長野グランドシネマズ
三重 イオンシネマ津
滋賀 ユナイテッド・シネマ大津
兵庫 神戸国際松竹
兵庫 TOHOシネマズ 西宮OS
奈良 ユナイテッド・シネマ橿原
岡山 TOHOシネマズ 岡南
広島 イオンシネマ広島西風新都
徳島 イオンシネマ徳島
香川 イオンシネマ高松東
愛媛 ユナイテッド・シネマ フジグラン今治
長崎 TOHOシネマズ 長崎
熊本 TOHOシネマズ 光の森
鹿児島 TOHOシネマズ 与次郎

シングル「楽園への進撃」

2018年9月19日発売



【初回盤】(CD+Blu-ray)
PCCA.04724/¥1,759+税
【通常盤】(CDのみ)
PCCA. 04725/¥1,204+税

<参加アーティスト>
■Vocals
Revo
すずかけ児童合唱団(合唱指揮: 伊東えり)
■Narration
サッシャ
■Musicians
朝川朋之(Harp)、五十嵐宏治(Key.)、淳士(Dr.)、長谷川淳(Ba.)、三沢またろう(Perc.)、YUKI(Gt.)

弦一徹ストリングス
鈴木正則ブラスセクション
内藤貴司ホルンセクション
?桑英世木管アンサンブル
Voces Tokyo(合唱指揮:木場義則)
※順不同

Blu-ray『Linked Horizon Live Tour 「進撃の軌跡」総員集結 凱旋公演』

2018年10月26日発売



【初回盤】
PCXP.50585/¥15,000+税
【通常盤】
PCXP.50586/¥7,000+税



【関連リンク】
Linked Horizon、ニューシングルのREC参加アーティスト発表&『進撃の軌跡』劇場上映が決定
Linked Horizonまとめ
SHE\'S、初のファンクラブイベント&学園祭ツアーが決定

【関連アーティスト】
Linked Horizon
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 発表, 映画

SHE\'S、初のファンクラブイベント&学園祭ツアーが決定
Fri, 03 Aug 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SHE\'Sが、初のファンクラブイベント『SHE“Zoo”サファリ』を開催することを発表した。ファンクラブの名称『SHE“Zoo”』にちなんで命名された当イベントは、FC発足から半年が経過した中で、多くのファンからのリクエストに応えて実現。記念すべき初回は、SHE\'Sの地元大阪と東京での2公演での開催となる。

当日はメンバーのトークショーやアコースティックライブ、プレゼント企画など、ファンクラブイベントだからこその特別な内容になるとのこと。応募にはファンクラブの会員登録が必要になるので、まだ未登録の方もこの機会にぜひチェックしてみてほしい。

そして2018年秋に『学園祭ツアー2018』と題し、10月6日(土)の自治医科大学『薬師祭』を皮切りに8つの学園祭に出演する事が決定! 日程のみ発表されている公演は、追って学園祭情報がアップデートされていくので発表をお楽しみに。

また、8月8日(水)にリリースする3rdシングル「歓びの陽」のUNIVERSAL MUSIC STORE限定で販売を行っていた完全数量限定盤(オリジナルサコッシュ付きCD)が、予約受付開始と共に即完売となってしまったことを受け、数量限定での追加販売が決定した。限定グッズを手に入れられるラストチャンスとなるので、この機会に手に入れて欲しい。また、このCDには11月に行われるライブハウスツアー『SHE\'S Autumn Tour 2018 “The One”』の特別先行受付チラシが封入されるので、こちらもチェックを!

ファンクラブイベント『SHE“Zoo”サファリ』

10月03日(水) 大阪 MUSE OSAKA
10月04日(木) 東京 Shibuya eggman
<チケット>
全席自由¥2,500(税込)※D代別/電子チケットのみ
受付期間:8月7日(火)12:00〜8月21日(火)23:59
■受付URL:http://fc.she-s.info/feature/she_zoo_safari ※モバイル端末のみ対応
<応募条件>
応募者:SHE“Zoo”会員
同行者:非会員の方も可
※受付期間中にご入会いただいた方も応募可能。

【ツアー情報】

『SHE\'S学園祭ツアー2018』
10月06日(土) 自治医科大学“薬師祭” 出演:キュウソネコカミ / SHE\'S
10月07日(日) 後日発表
10月13日(土) 後日発表
10月27日(土) 後日発表
10月28日(日) 後日発表
11月01日(木) 上智大学 “ソフィア祭2018”
11月03日(土) 同志社大学 京田辺校地 “同志社クローバー祭”
11月04日(日) 後日発表
■学園祭ツアー 特設サイト:http://she-s.info/gakusai2018/

『SHE\'S Autumn Tour 2018 “The One”』
11月16日(金) 福岡 DRUM Be-1
11月18日(日) 広島 CLUB QUATTRO
11月21日(水) 札幌 KRAPS HALL
11月24日(土) 名古屋 CLUB QUATTRO
11月25日(日) 大阪 CLUB QUATTRO
11月28日(水) 仙台 darwin
11月29日(木) 渋谷 CLUB QUATTRO
■ツアー特設サイト:http://she-s.info/theone

シングル「歓びの陽」

2018年8月8日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-39078/¥1,700+税
【完全数量限定盤】(CD+サコッシュ)
品番未定/¥2,407+税
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売
<収録曲>
■CD
01.歓びの陽
02.Upside Down
03.Monologue
04.歓びの陽(Instrumental)
05.歓びの陽(Backing Track Version)
■DVD ※初回限定盤のみ
『Sinfonia “Chronicle” #1 〜前篇〜』
01.Morning Glow
02.Beautiful Day
03.Just Find What You\'d Carry Out
04.Long goodbye
05.Evergreen
06.幸せ



【通常盤】(CD)
TYCT-30077/¥1,000+税



【関連リンク】
SHE\'S、初のファンクラブイベント&学園祭ツアーが決定
SHE\'Sまとめ
sumika、両A面シングルの購入者特典は“オリジナルクリアブックマーカー”

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー

sumika、両A面シングルの購入者特典は“オリジナルクリアブックマーカー”
Fri, 03 Aug 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

sumikaが8月29日(水)にリリースするニュー両A面シングル「ファンファーレ/春夏秋冬」の店舗別CD購入者特典が発表となった。

今作の店舗別CD購入者特典は“オリジナルクリアブックマーカー”。オープニングテーマ・劇中歌・主題歌を書き下ろした劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の原作小説、ストーリーの中にも書籍が出てくるため、そこから連想されたものだ。全6種類とsumikaらしさ溢れるカラーバリエーションとなっており、先着特典となるため、お早めのご予約をおすすめする。

なお、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』のオープニングテーマ「ファンファーレ」は現在各配信サイトにて先行配信がスタートしており、ツアー『sumika 『ファンファーレ / 春夏秋冬』 Release Tour』のチケットはファンクラブ先行で受付中! こちらも併せてチェックしてほしい。

シングル「ファンファーレ / 春夏秋冬」

2018年8月29日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9900〜9901/¥1,600+税
※スリーブケース仕様
※住野よる書き下ろしショートストーリー『日々の透き通るもたれ合い』封入
【通常盤】(CD)
SRCL-9902/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.ファンファーレ ※劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』オープニングテーマ
2.春夏秋冬 ※劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』主題歌
3.ファンファーレ(Instrumental)
4.春夏秋冬(Instrumental)
■DVD ※初回生産限定盤のみ
sumika Film #4
1.ファンファーレ MUSIC VIDEO
2.Documentary

◎店舗別購入者特典・オリジナルクリアブックマーカー対象店舗
・TOWER RECORDS全店(オンライン含む、一部店舗除く)…TOWER ver.
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TOLショッピング(予約分のみ)…TSUTAYA ver.
・HMV全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)…HMV ver.
・セブンネットショッピング…セブンネット ver.
・全国アニメイト(オンラインショップを含む)&ゲーマーズ全店(オンラインショップを含む)…桜色 ver.
・sumika応援店…オリジナル ver.
※応援店舗の一覧はこちら:http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sumika/shoplist/180829/
※各チェーン毎に色が違いますのでそれぞれチェックの上、各店舗でお早めにご予約下さい!
※特典は予約者優先の「先着特典」となり、数量限定です。
一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合がございますので、確認の上ご購入下さい。

ツアー『sumika「ファンファーレ / 春夏秋冬」Release Tour』

10月28日(日) 宮城・SENDAI GIGS
11月04日(日) 北海道・Zepp Sapporo
11月07日(水) 愛知・Zepp Nagoya
11月08日(木) 愛知・Zepp Nagoya
11月14日(水) 東京・Zepp Tokyo
11月15日(木) 東京・Zepp Tokyo
11月25日(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月26日(月) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月30日(金) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
12月04日(火) 福岡・DRUM Logos
12月05日(水) 福岡・DRUM Logos
<チケット>
スタンディング¥5,000(税込)※D代別
指定席¥5,800(税込・1ドリンク別途)
■sumikaファンクラブ先行:7月19日(木)0:00〜8月13日(月)23:59
受付URL:http://sumika-atticroom.com/s/n62/?ima=0119



【関連リンク】
sumika、両A面シングルの購入者特典は“オリジナルクリアブックマーカー”
sumikaまとめ
嘘とカメレオン、全国のCDショップにて観覧フリーの“当て振り”ライブツアー開催

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 発表, 特典

嘘とカメレオン、全国のCDショップにて観覧フリーの“当て振り”ライブツアー開催
Fri, 03 Aug 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

嘘とカメレオンが9月12日(水)にリリースする、1stアルバム『ヲトシアナ』の発売記念イベント『当て振りインストアライブツアー2018』の開催が決定した。

同ツアーは全国のCDショップ12カ所にて観覧フリーで行ない、事前にライブレコーディングした楽器・歌だけでなく、MCもタイミングを合せて全力で“当て振り”をするという視覚的にも不思議なインパクトを残せる、ライブバンド・嘘とカメレオンならではのオリジナル企画。また、当て振りライブ後はCD購入者を対象にサイン会を実施するとのこと。イベント初日の9月12日(水)タワーレコード渋谷店B1 CUTUP STUDIOと最終日の10月21日(日)鹿児島SRホールは、音量制限のないライブハウスの環境を生かした“爆音当て振りライブ”となるのでこちらも注目だ。

アルバム『ヲトシアナ』は、8月2日(木)にJ-WAVE『SONAR MUSIC』にてラジオオンエア解禁されたリード曲「フェイトンに告ぐ」のほか、現在BSジャパンにて放送中の連続ドラマJ『極道めし』主題歌の「JOHN DOE」、YouTubeで公開中のミュージックビデオの再生回数が330万回を突破している「されど奇術師は賽を振る」、代表曲の新録バージョンやアニメ『SNSポリス』オープニング曲「モームはアトリエにて」などアルバムに向けて描き下ろした新曲6曲を含む全12曲を収録。

今作を引っ提げて全国ツアー『ここHOLEヲトシアナTOUR』も開催中! さまざまなゲストバントを迎えての対バン形式で行ない、ファイナルの10月27日(土)渋谷CLUB QUATTRO公演はワンマンライブを開催する。また、8月9日(木)21時からはLINE LIVE『Line and a Chameleon〜嘘とカメレオン〜』の配信が決定しているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

(c)「極道めし」製作委員会2018

■アルバム発売記念イベント 『当て振りインストア ライブツアー2018』

<内容>
・当て振りライブ(観覧フリー)
・CDジャケットサイン会(アルバム購入者対象)
<スケジュール>
9月12日(水) 19:00〜タワーレコード渋谷店B1 CUT UP STUDIO ※こちらの会場は爆音当て振りライブです。
9月16日(日) 18:00〜タワーレコード新宿店 7F イベントスペース
9月22日(土) 16:00〜タワーレコード広島店
9月23日(日) 14:00〜大阪マルビル 1F 緑のテラス
9月29日(土) 13:00〜タワーレコード札幌PIVOT店
10月05日(金) 18:30〜タワーレコード梅田NU茶屋町店
10月07日(日) 13:00〜HMV栄イベントスペース
10月08日(月) 14:00〜タワーレコード静岡店 イベントスペース
10月13日(土) 14:00〜タワーレコード仙台パルコ店
10月14日(日) 14:00〜タワーレコード グランツリー武蔵小杉店 イベントスペース
10月19日(金) 18:30〜タワーレコード福岡パルコ店
10月21日(日) 13:30〜タワーレコード アミュプラザ鹿児島店 ※こちらの会場は爆音当て振りライブです。

※詳細はこちら:http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t11211/

LINE LIVE『Line and a Chameleon〜嘘とカメレオン〜』

8月09日(金)21:00〜22:00
■視聴URL:https://live.line.me/channels/3160993/upcoming/9060763

アルバム『ヲトシアナ』

2018年9月12日発売



【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
KICS-93720/¥3,704+税
【通常盤】(CD)
KICS-3720/¥2,778+税

全国ツアー『ここHOLEヲトシアナTOUR』

9月15日(土) 高崎club Fleez
w/ドラマチックアラスカ、Hello Sleepwalkers
9月24日(月・祝) 大阪バナナホール
w/魔法少女になり隊
9月30日(日) 札幌DUCE
w/あゆみくりかまき、プルモライト
10月20日(土) 福岡Queblick
w/神はサイコロを振らない
10月27日(土) 渋谷CLUB QUATTRO ※ワンマン公演



【関連リンク】
嘘とカメレオン、全国のCDショップにて観覧フリーの“当て振り”ライブツアー開催
嘘とカメレオンまとめ
MUCC、今秋より“収監ツアー”を四国・北陸にて開催決定

【関連アーティスト】
嘘とカメレオン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 配信

MUCC、今秋より“収監ツアー”を四国・北陸にて開催決定
Fri, 03 Aug 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MUCCが6月に開催したライブ『MUCC 2018 Lock on snipe Tour #1「北海道型収監6days」』の四国・北陸版となるツアーを開催することを発表した。題して、『MUCC 2018 Lock on snipe Tour #2「四国型収監4days」』『MUCC 2018 Lock on snipe Tour #3「北陸型収監6days」』。

北海道型の収監ツアーは、6月9日(ムックの日)にニコニコ生放送で放送された『690分密着ニコ生! THE LIVE! 〜今年は小樽でムックの日!!〜』も大いに盛り上がったツアーだけに、四国と北陸ではどんなサプライズが待っているのだろうか。文字通り普段よりも“近い”距離でMUCCを感じられるのは間違いない。チケットは、メンバーズクラブ『朱ゥノ吐』VIP会員先行が四国型収監が8月14日(火)12時より、北陸型収監が9月14日(金)より開始となる。

■【ツアー情報】

■『MUCC 2018 Lock on snipe Tour #2「四国型収監4days」』
10月03日(水) 徳島club GRINDHOUSE
10月05日(金) 高知X-pt.
10月07日(日) 松山Wstudio RED
10月08日(月・祝) 高松festhalle

■『MUCC 2018 Lock on snipe Tour #3「北陸型収監6days」』
12月15日(土) 福井CHOP
12月16日(日) 富山MAIRO
12月18日(火) 金沢AZ
12月19日(水) 金沢AZ
12月22日(土) 新潟LOTS
12月23日(日) 新潟LOTS

【チケット情報】

<券種>
前売¥6,000(税込)※D代別
(四国型収監)4days通し券:¥24,000(税込)※D代別
(北陸型収監)6days通し券:¥36,000(税込)※D代別
※オールスタンディング/未就学児童入場不可 
※営利目的の転売禁止
※4days通し券/6days通し券は、『朱ゥノ吐 VIP』会員先行のみの受付となります。

<先行販売> 
■朱ゥノ吐 VIP会員先行チケット受付
・四国型収監
8月14日(火)12:00〜8月16日(木)16:00
※8月10日(金)23:59までにVIP会員入会の入金手続きを完了した方が先行受付の対象となります。
・北陸型収監
9月14日(金)12:00〜9月18日(火)16:00
※9月12日(水)23:59までにVIP会員入会の入金手続きを完了した方が先行受付の対象となります。

■虚無僧DU MODE先行チケット受付
・四国型収監
8月22日(水)12:00〜8月24日(金)16:00
・北陸型収監
9月21日(金)12:00〜9月25日(火)16:00

■朱ゥノ吐一般会員先行チケット受付
・四国型収監
8月22日(水)12:00〜8月24日(金)16:00
・北陸型収監
9月21日(金)12:00〜9月25日(火)16:00

■一般発売日
・四国型収監:9月8日(土)
・北陸型収監:10月20日(土)



【関連リンク】
MUCC、今秋より“収監ツアー”を四国・北陸にて開催決定
MUCCまとめ
HONG¥O.JP、シングル「SUPER BANANA」配信決定&前作が5万再生を超えたらMV公開

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, 発表, ツアー

HONG¥O.JP、シングル「SUPER BANANA」配信決定&前作が5万再生を超えたらMV公開
Fri, 03 Aug 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月3日にSHOWROOMで配信されたHONG¥O.JP(ホンギョージェーピー)のレギュラー番組にて、2ndシングル「SUPER BANANA」が8月15日(水)より配信されることが発表された。

今作は1stシングル「Just Do It」同様にLeJKeysがプロデュース、トラックを制作し、ロサンゼルスでレコーディング・ビジュアル撮影を行なった、夏にぴったりのトロピカルなサマーパーティソング。LAでの夏を楽しむ様子がぎゅっと詰め込まれたMVは、「Just Do It」のSpotifyでの再生数が5万越えたら公開されるとのことなので、ぜひ前作もたくさん聴いて公開を楽しみに待っていてほしい。

配信シングル「SUPER BANANA」

2018年8月15日(水)配信開始

『HONG¥O.JPのハロー”本業”ワーク!』第1回

8月11日(土) 会場は参加者のみに告知
1部:開場12:45/開演13:15
2部:開場15:15/開演15:45

<出演者>
HONG¥O.JP
エリカ、マリナ
司会:抹a.k.a.ナンブヒトシ
<参加方法>
campfire『HONG¥O.JPのハロー“本業”ワーク!』プロジェクトへの支援が参加条件となります。
※支援申込み受付中
※定員に達し次第、受付終了となります。
■詳細 http://camp-fire.jp/projects/view/90196?token=3d1axnvq



【関連リンク】
HONG¥O.JP、シングル「SUPER BANANA」配信決定&前作が5万再生を超えたらMV公開
HONG¥O.JPまとめ
MAGiC BOYZまとめ
BURNOUT SYNDROMES、新曲「世界を回せ」のMVは総移動距離1,000キロ!

【関連アーティスト】
HONG¥O.JP, MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 新曲, 音楽配信

BURNOUT SYNDROMES、新曲「世界を回せ」のMVは総移動距離1,000キロ!
Fri, 03 Aug 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BURNOUT SYNDROMESが、8月3日に配信リリースした新曲「世界を回せ」のMVが公開となった。このMVは、大阪在住のメンバーがいつものようにライブのために旅に出る模様を追ったロードムービーで、2日間に渡って撮影されたMVでのメンバーの総移動距離は、なんと1,000キロに及んだという。

早くも2019年にワンマンツアーを開催することを発表した彼らだが、2018年も8月4日(土)は初の『ROCK IN JAPAN FES.2018』への出演や、9月1日(土)には『SWEET LOVE SHOWER 2018』への出演が決定している。会場を熱くするパフォーマンスを行なうBURNOUT SYNDROMESの新曲をぜひチェックしてほしい。

配信限定シングル「世界を回せ」

2018年8月3日(金)



■配信URL
https://itunes.apple.com/jp/album/id1411196945?app=itunes

『全国ワンマンツアー2019』

<2019年>
3月02日(土) 広島・SECOND CRUTCH
3月03日(日) 福岡・DRUM Be-1
3月10日(日) 大阪・BIG CAT
3月16日(土) 愛知・Electric Lady Land
3月23日(土) 東京・LIQUIDROOM
3月30日(土) 宮城・darwin
<チケット>
前売¥3,900
※只今チケット一般発売中!http://burnoutsyndromes.com

■追加公演
4月26日(金) 東京・TSUTAYA O-EAST
<チケット>
8月06日(月)23:59まで先行予約受付中
http://w.pia.jp/s/burnout18br/



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES、新曲「世界を回せ」のMVは総移動距離1,000キロ!
BURNOUT SYNDROMESまとめ
MUCC、サイコ・ル・シェイム、Waiveによる3マンイベントのビジュアル公開&巨大ポスターも出現

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 音楽配信

MUCC、サイコ・ル・シェイム、Waiveによる3マンイベントのビジュアル公開&巨大ポスターも出現
Fri, 03 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月に大阪、東京で開催される3マンイベント『MUD FRIENDS 2000〜2018』の開催に向けて、3バンド合同で撮影された最新ビジュアルを公開! さらにイベントビジュアルが8月6日(月)より一週間、渋谷駅地下2階の副都心線と田園都市線を繋ぐコンコースに巨大ポスターとして出現することも分かった。撮影の際には、3バンドのメンバーが入り混じって様々な組み合わせの写真も撮影されたらしく、その貴重なショットが散りばめられたイベントグッズも大いに期待されるところだ。

そして、8月8日(水)深夜25時から放送の逹瑯(MUCC)がレギュラーDJを務めるラジオ番組TOKYO FM『JACK IN THE RADIO』に、サイコ・ル・シェイムからseek、Waiveから杉本善徳が出演し、本イベント開催への経緯や、FRIENDSならではのトークを繰り広げるようなのでそちらも要チェック!

また、近々イベント当日の出演順を決める動画の公開も予定しているとのことで、さらに今後もこの3バンドらしい遊び心が随所に滲み出てくることだろう。そんなレアな3マンイベントのチケットは、いよいよ8月5日(日)より各プレイガイドにて一般発売がスタートするのでお見逃しなく。

『MUD FRIENDS 2000〜2018』

10月14日(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
10月18日(木) 東京・Zepp Tokyo

<出演>
MUCC/Psycho le C?mu/Waive
<チケット>
前売¥7,800 ※D代別
■一般発売:8月5日(日)10:00〜



【関連リンク】
MUCC、サイコ・ル・シェイム、Waiveによる3マンイベントのビジュアル公開&巨大ポスターも出現
MUCCまとめ
Psycho le Cemuまとめ
Waiveまとめ
ORANGE RANGE、FC琉球公式応援曲「Ryukyu Wind」のMVをLINE LIVEで初公開

【関連アーティスト】
MUCC, Psycho le Cemu, Waive
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, 発表

ORANGE RANGE、FC琉球公式応援曲「Ryukyu Wind」のMVをLINE LIVEで初公開
Fri, 03 Aug 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEが8月29日(水)に日本と台湾でリリースするニューアルバム『ELEVEN PIECE』より、新曲「Ryukyu Wind」のミュージックビデオを8月7日(火)に配信するLINE LIVE『ORANGE RANGE 10 music videos』内で初公開することが決定した。

同曲はニューアルバム『ELEVEN PIECE』のオープニングを飾る楽曲で、彼らのホームタウンを本拠地とするFC琉球のために書き下ろされた公式応援ソング。全編ダンス映像に仕上がった「Hopping」に続くMVは一体どのような内容になるのか楽しみにしていてほしい。

なお、LINE LIVEはビクターエンタテインメントチャンネルにて8月7日(火)19:00より放送されるのでぜひチェックしよう!

LINE LIVE『ORANGE RANGE 10 music videos』

8月07日(火)19:00〜19:50予定
<内容>
アルバム『ELEVEN PIECE』のリリースを記念し、これまで発表されたミュージックビデオを計10曲放送。
その中で新曲「Ryukyu Wind」のMVを初公開。
■視聴URL https://live.line.me/channels/520/upcoming/9064922

アルバム『ELEVEN PIECE』

2018年8月29日発売



【初回限定盤】(CD+DVD+音声特典用プレイパスコード)
VIZL-1419/¥4,500+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-65040/¥3,000+税



【関連リンク】
ORANGE RANGE、FC琉球公式応援曲「Ryukyu Wind」のMVをLINE LIVEで初公開
ORANGE RANGEまとめ
乃木坂46、ニューシングルより「空扉」「三角の空き地」のMVを同時公開

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, 配信

乃木坂46、ニューシングルより「空扉」「三角の空き地」のMVを同時公開
Fri, 03 Aug 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

乃木坂46が、8月8日(水)にリリースする21stシングル「ジコチューで行こう!」の共通カップリング曲「空扉」と、初回仕様限定盤Type-Aに収録される「三角の空き地」のMVが公開された。

6月下旬に茨城県つくば市にあるJAXA(宇宙航空研究開発機構)と、つくばエキスポセンターにて撮影された「空扉」のMVは、この曲のセンターを務める梅澤美波を中心に宇宙への憧れを持つ若者たちの日常を描いたストーリーとなっている。教官役が持っていた竹刀にいち早く反応した元剣道部の高山一実と大園桃子は、竹刀で素振りをしながら剣道談義で盛り上がり、また宇宙食の小道具として準備されたフリ―ズドライを食べたメンバーは、口の中で本物になる感覚に感動するなど、終始和やかな撮影現場となったそうだ。乃木坂46でも数多くの作品を手掛けている伊藤衆人が監督として指揮を執ったところにも注目したい。

一方、同時期に横浜で撮影された21stシングルアンダー楽曲「三角の空き地」のMVは、昭和の時代から続いていたダンスホールが遂に閉店を迎え、そこに幼い頃引っ越してきた中田花奈も自分の大切な場所を失うことになり、その思い出の地で最後となるダンスが始まるというストーリー。レトロ感のある昭和のダンスホールをイメージして、全員のダンス衣装をあえて違う衣装にしたり、子役として撮影に参加した小学4年生の女の子はダンスシーンの撮影で一切NGを出さなかったというエピソードも。乃木坂46では「無表情」のMV監督、また西野七瀬が出演する『ビオレUV』のCMなどを手掛ける月田茂が監督として指揮を執った。魅力ある数々のコンテンツを備えた乃木坂46の動向に引き続きチェックを!

シングル「ジコチューで行こう!」

2018年8月8日発売



【初回仕様限盤 Type-A】(CD+DVD)
SRCL-9913〜9914/¥1,528(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ジコチューで行こう!
(21stシングル 選抜メンバー)
2.空扉
(秋元真夏・生田絵梨花・井上小百合・岩本蓮加・梅澤美波・衛藤美彩・大園桃子・斉藤優里・白石麻衣・新内眞衣・鈴木絢音・高山一実・西野七瀬・星野みなみ・松村沙友理・山下美月・与田祐希)
3.三角の空き地
(21stシングル アンダーメンバー)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.三角の空き地〜off vocal ver.〜
■DVD
「ジコチューで行こう!」Music Video
「三角の空き地」Music Video
〜特典映像〜
・乃木坂仕事中 ?表題曲MVのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?ナレーションのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?テレビ番組のお仕事?



【初回仕様限盤 Type-B】(CD+DVD)
SRCL-9915〜9916/¥1,528(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ジコチューで行こう!
2.空扉
3.自分じゃない感じ
(伊藤理々杏・岩本蓮加・梅澤美波・大園桃子・阪口珠美・佐藤楓・中村麗乃・向井葉月・山下美月・吉田綾乃クリスティー・与田祐希)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.自分じゃない感じ〜off vocal ver.〜
■DVD
「ジコチューで行こう!」Music Video
「空扉」Music Video
〜特典映像〜
・乃木坂仕事中 ?カップリングMVのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?舞台のお仕事?
・乃木坂仕事中 ?グラビアのお仕事?



【初回仕様限盤 Type-C】(CD+DVD)
SRCL-9917〜9918/¥1,528(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ジコチューで行こう!
2.空扉
3.心のモノローグ(白石麻衣・西野七瀬)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.心のモノローグ〜off vocal ver.〜
■DVD
「ジコチューで行こう!」Music Video
「心のモノローグ」Music Video
〜特典映像〜
・乃木坂仕事中 ?モデルのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?ラジオのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?イベントのお仕事?



【初回仕様限盤 Type-D】(CD+DVD)
SRCL-9919〜9920/¥1,528(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ジコチューで行こう!
2.空扉
3.地球が丸いなら(大園桃子・齋藤飛鳥・与田祐希)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.地球が丸いなら〜off vocal ver.〜
■DVD
「ジコチューで行こう!」Music Video
「地球が丸いなら」Music Video
〜特典映像〜
・乃木坂仕事中 ?記者会見のお仕事?
・乃木坂仕事中 ?歌番組のお仕事?
・乃木坂仕事中 ?CMのお仕事?



【通常盤】(CD)
SRCL-9921/¥972(税抜)
※特典DVD及び封入特典はございません。
<収録曲>
1.ジコチューで行こう!
2.空扉
3.あんなに好きだったのに・・・(21stシングル 選抜メンバー)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.あんなに好きだったのに・・・〜off vocal ver.〜

◎初回仕様限定(CD+DVD)盤 共通封入特典
(1)全国イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券1枚封入
(2)乃木坂46メンバー生写真1枚(メンバー39名×4種=全156種のうち1枚ランダム封入)



【関連リンク】
乃木坂46、ニューシングルより「空扉」「三角の空き地」のMVを同時公開
乃木坂46まとめ
欅坂46、MVに続きニューシングル「アンビバレント」のビジュアル公開

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表

欅坂46、MVに続きニューシングル「アンビバレント」のビジュアル公開
Fri, 03 Aug 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46が8月15日(水)にリリースする7thシングル「アンビバレント」の最新アーティスト写真とジャケット写真が公開された。すでに公開中の「アンビバレント」のMVは再生回数が400万回を突破しており、改めて欅坂46の勢いを感じさせる。

今回公開されたビジュアルも、MVで着用している白いシャツとネイビーのパンツのシンプルな衣装で、欅坂46らしさを貫いたスタイリッシュなアートワークに。スーパーボールが重力と反する軌跡を描き、「アンビバレント」が示す世界観とマッチ。撮影時には実際にスーパーボールを使用し、二度とない瞬間を切り取っている。リリース後には握手会も決定しているので、詳細はオフィシャルHPへ!

【握手会情報】

7thシングル「アンビバレント」発売記念全国握手会
9月23日(日) 愛知・ポートメッセなごや
10月07日(日) 千葉・幕張メッセ
12月22日(土) 大阪・インテックス大阪

7thシングル「アンビバレント」発売記念個別握手会
9月15日(土) 千葉・幕張メッセ
9月24日(月・祝) 愛知・ポートメッセ名古屋
9月29日(土) 神奈川・パシフィコ横浜
10月13日(土) 東京・東京ビッグサイト
11月04日(日) 京都・京都パルスプラザ
11月17日(土) 千葉・幕張メッセ

※詳細はこちら:http://fortunemusic.jp/

シングル「アンビバレント」

2018年8月15日発売



【初回仕様限定盤TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9922〜9923/¥1,528+税



【初回仕様限定盤TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9924〜9925/¥1,528+税



【初回仕様限定盤TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9926〜9927/¥1,528+税



【初回仕様限定盤TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9928〜9929/¥1,528+税



【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9930/¥972+税



【関連リンク】
欅坂46、MVに続きニューシングル「アンビバレント」のビジュアル公開
欅坂46まとめ
吉田山田、『吉田山田祭り2018』直前のLINE LIVE配信にて重大発表!?

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, シングル, 発表

吉田山田、『吉田山田祭り2018』直前のLINE LIVE配信にて重大発表!?
Fri, 03 Aug 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉田山田が8月10日(金)21時からLINE LIVE『吉田山田祭り2018直前SP!重大発表あり?!生ライブは初披露のあの曲!?』を生配信することを発表した。この配信では、8月19日(日)に東京上野水上野外音楽堂にて開催される『吉田山田祭り2018』を控え、当日のライブをより一層楽しむための情報満載の1時間をお届けする。

2018年で4度目の開催となり、吉田山田の恒例行事とも言える『吉田山田祭り』のチケットは即日ソールドアウト。LINE LIVE配信のタイトルにもあるように重大発表や生ライブが用意されているようなので、当日イベントに足を運ぶ方はもちろん、チケットがゲットできなかった方もぜひチェックしてほしい。

LINE LIVE『吉田山田祭り2018直前SP!重大発表あり?!生ライブは初披露のあの曲!?』

8月10日(金)21:00〜放送開始予定
■視聴URL https://live.line.me/channels/609/upcoming/9068696

【ライブ情報】

■『吉田山田祭り2018』
8月19日(日) 東京・上野恩賜公園水上野外音楽堂
※チケットSOLD OUT!

■『吉田山田ツアー2018
9月01日(土) 群馬・高崎 club FLEEZ
9月02日(日) 新潟・新潟LOTS
9月07日(金) 北海道・札幌PENNY LANE24
9月15日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
9月16日(日) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
9月23日(日) 静岡・Live House 浜松窓枠
9月24日(月・祝) 兵庫・THE CHICKEN GEORGE
9月29日(土) 岐阜・club-G
9月30日(日) 千葉・柏PALOOZA
10月06日(土) 神奈川・YOKOHAMA Bay Hall
10月07日(日) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月13日(土) 石川・金沢AZ
10月14日(日) 京都・KYOTO MUSE
<チケット>
前売¥5,000(消費税込み/ドリンク代別)
当日¥5,500(消費税込み/ドリンク代別)
席種:全自由
年齢制限:小学生以上有料/未就学児童無料
※チケット一般発売中!



【関連リンク】
吉田山田、『吉田山田祭り2018』直前のLINE LIVE配信にて重大発表!?
吉田山田まとめ
ORESAMA、TVアニメ『ムヒョロー』ED曲「ホトハシル」フルMV公開

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 配信

ORESAMA、TVアニメ『ムヒョロー』ED曲「ホトハシル」フルMV公開
Fri, 03 Aug 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TVアニメ『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』のエンディングテーマとなったORESAMAの「ホトハシル」のMV(フルVer.)が公開された。

これまでのMVと異なり、数多くのクリエイターが参加したタイポグラフィ/キャラクター/ドット画像/実写/CGなど、多様な映像表現が目まぐるしく展開する、豪華すぎるリリックアートビデオに仕上がり。

ORESAMAがゴースト退治に向かうストーリーに、疾走感の中に強さを込めたORESAMA流ロックをのせ、SPOTでは収まりきらなかった膨大な映像表現達がふんだんに詰め込まれている。お好みの映像やイラストを探してみるのも楽しみ方のひとつだろう。新たな曲調の楽曲と、目まぐるしく展開するイラスト&映像が波のように押し寄せる、1回の視聴では味わい尽くせないリピート必至の「ホトハシル」MVは必見だ。

また、8月3日(金)にBSスカパー!にてアニメ『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』の初回放送がスタートするので、アニメの放送もチェックしてほしい。9月13日(木)にはマイナビBLITZ赤坂にて、ワンマンライブ『ワンダーランドへようこそ〜in AKASAKA BLITZ〜』の開催が決定しており、現在チケット先行受付中なのでこちらもお見逃しなく!

シングル「ホトハシル」

2018年8月22日発売



LACM-14792/¥1,200+税
※初回生産分:三方背スリーブ仕様
<収録曲>
■CD
1.ホトハシル
2.ようこそパーティータウン
3.ホトハシル -Instrumental-
4.ようこそパーティータウン -Instrumental-

ワンマンライブ『ワンダーランドへようこそ〜in AKASAKA BLITZ〜』

9月13日(木) 東京・マイナビBLITZ赤坂
<チケット>
チケット先行受付中!
・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/orsm-of/
・イープラス http://eplus.jp/oresama/
・ローチケ http://l-tike.com/oresama



【関連リンク】
ORESAMA、TVアニメ『ムヒョロー』ED曲「ホトハシル」フルMV公開
ORESAMAまとめ
ゲーム実況者わくわくバンド、新曲「シグナル」MV公開

【関連アーティスト】
ORESAMA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, アニメ, エンディング

ゲーム実況者わくわくバンド、新曲「シグナル」MV公開
Fri, 03 Aug 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲーム実況者わくわくバンドが、8月29日(水)にリリースする新曲「シグナル」のMVを公開した。

本楽曲は、PS4新作ゲームソフト『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』のイメージソングであり、テレビ東京系アニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』エンディングテーマとなっていた前作シングル「デンシンタマシイ」から2作連続でのタイアップシングル。バンド史上最も疾走感あふれる今作のMVは、気鋭の映像ディレクター・ZUMIが手掛け、赤青黄3色の衣装を身に纏ったメンバーが代わる代わる登場し、スピード感のある仕上がりでバンドの新しい一面が見事に引き出された作品となった。

また、CDの発売形態は完全生産限定わくわくボックスと通常盤の2種類。前作「デンシンタマシイ」で用意された“わくわくパック”から進化した豪華パッケージ“わくわくボックス”には、「シグナル」のMVはもちろん、2017年4月1日にZepp DiverCity(TOKYO)で行なわれた『ゲーム実況者わくわくバンド 6thコンサート 〜わくわくフルDayZ〜』でのライブ映像がたっぷり収録されたBlu-rayのほか、メンバーのせらみかる(Key)がデザインした“わくわくポーチ”と“わくわくノート”という豪華グッズも封入される。

ゲーム実況者わくわくバンドは、8月4日(土)のLive House浜松窓枠公演より『ゲーム実況者わくわくバンド 9thコンサート 〜わくわく道中2018〜』がスタート。チケットなどの詳細はオフィシャルHPにてチェックしてほしい。

シングル「シグナル」

2018年8月29日発売



【完全生産限定わくわくボックス】(CD+Blu-ray+豪華グッズ)
SRCL-9896〜9898/¥3,685+税
※豪華グッズ:わくわくポーチ&わくわくノート
※「プレイパス(PlayPASS)」サービス対応
<収録曲>
■CD
1.シグナル
2.てのひらジャーニー
3.感状線
4.シグナル -Instrumental-
5.てのひらジャーニー -Instrumental-
6.感状線 -Instrumental-
■Blu-ray
01.「シグナル」-Music Video-
02.「シグナルができるまで」ドキュメント映像
03.「ゲーム実況者わくわくバンド 6thコンサート 〜わくわくフルDayZ〜」 ライブ映像
オープニング
わくわくマイライフ
わくわくフルデイズ
ダイナマイトロック
Yeah! Super Hyper Fever Five!
時の妖花
僕ガ壊レル前ニ
夜よ明けないで
君のミライ
週末
今日くらい
フライングゲット
完全幸福サレンダー
[アンコール]
エアーマンが倒せない
Thank you my friends
わくわくマイライフ
04.(おまけ) 「ゲーム実況者わくわくバンド6thコンサート〜わくわくフルDayZ〜」オープニング映像

【通常盤】(CD)
SRCL-9899/¥1,204+税
※初回生産分「プレイパス(PlayPASS)」サービス対応
<収録曲>
■CD
1.シグナル
2.てのひらジャーニー
3.シグナル -Instrumental-
4.てのひらジャーニー -Instrumental-

◎CDショップ別特典
・店頭ご購入特典(全国のCD販売店のうち、対象店舗のみ):クリアファイル(A4サイズ)
・通販サイトご購入特典(CD販売店通販サイトのうち、対象通販サイトのみ):缶バッジ
※対象店舗及び通販サイトの詳細は追って御案内いたします。
※一部店舗は対象店舗外となりますので特典の有無に関しては店舗にて直接お問い合わせください。
※特典はなくなり次第終了となります。

『ゲーム実況者わくわくバンド 9thコンサート 〜わくわく道中2018〜』

8月04日(土) 静岡・Live House浜松窓枠 ※SOLD OUT
10月20日(土) 福島・郡山HIPSHOT JAPAN
11月17日(土) 広島・CLUB QUATTRO
12月15日(土) 熊本・B.9 V1
<チケット>
オールスタンディング(おみやげ付)¥3,800(税込)※D代別



【関連リンク】
ゲーム実況者わくわくバンド、新曲「シグナル」MV公開
ゲーム実況者わくわくバンドまとめ
フィル・スペクターによって再構成されたビートルズの『レット・イット・ビー』

【関連アーティスト】
ゲーム実況者わくわくバンド
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表

フィル・スペクターによって再構成されたビートルズの『レット・イット・ビー』
Fri, 03 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

本作『レット・イット・ビー』はビートルズが最後にリリース(最後の録音ではない)したアルバムとして知られる。メンバー間の不和からくるゴタゴタやフィル・スペクターによる過度のプロデュースなど、当初から音楽面以外のゴシップ的側面が増幅された情報が飛び交い、リリース当初より現在のほうがマイナスイメージを持たれているかもしれない本作だが、音楽面に絞って言えば「傑作!」のひと言だ。華のある『アビー・ロード』と比べるとキャッチーさには欠けるかもしれないが、耳の肥えたリスナーを納得させるだけの燻し銀のような内容に仕上がっている。

■ライヴ録音とスタジオ録音

リヴァプールの小さなライヴハウスでビートバンドとしてデビューしたビートルズ。デビュー直後から大ヒットを連発し、若い女性を中心としてファンは増え続ける一方だった。デビュー時から続けていた世界ツアーは、コンサートやテレビ出演などを中心にした強行スケジュールで、メンバーの心身を疲労させ苛立ちを募らせていく。

62年のデビューから、たった4年しか経っていない66年にはツアー生活をやめ、彼らはレコーディングに専念するようになる。それが功を奏してか、この頃からジョンもポールもソングライターとしてのレベルがジャンプアップしている。アルバムで言えば『リボルバー』(’66)以降の時期である。録音機器の進化もあって、初期のような一発録りではなく、オーバーダビングを繰り返して質の高い作品を生み出していった。67年にリリースした『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は、まさに演奏そのものよりも編集作業に大きく時間を割き、ロック史に残る名盤となった。

ただ、キメは粗いかもしれないが、一発録り独特のグルーブは何物にも代え難い高揚感を生み出すのも事実である。現在のようにスタジアムでも野外会場でも問題なく音楽を楽しめるような技術とPA設備が60年代に存在していれば、本来は人前で演奏するのが大好きなだけに、彼らもライヴツアーを続けただろうと思うのだ。

スタジオでの音楽作りが続くと、コラージュのような切り貼りに慣れ、ライヴで演奏できないような曲も増えていく。68年にはザ・バンドがデビューし、稀代の名盤『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』がリリースされる。彼ら(特にジョージ)は土臭くハンドメイド的な雰囲気を持つこのアルバムに衝撃を受けたこともあって、グループの在り方を見つめ直そうとしていた。ポールの「昔に戻って小さいライヴ会場で生演奏したい」という考えはメンバーから失笑を買ってはいたが、他のメンバーも肥大化してしまったグループをなんとかしなくてはいけないことは分かっていた。メンバー間の話し合いの末、「オーバーダビングをしない一発録り」でアルバムを制作することになった。それがドキュメンタリー映画の撮影と併せて録音もする新たな企画『ゲット・バック・セッション』であった。

■原点に戻るために企画された 『ゲット・バック・セッション』

そもそも『ゲット・バック・セッション』は、こういう意図で行なわれたのであり、自作曲だけでなく、カバーやトラッドなども数多く録音していった。これは、ザ・バンドがボブ・ディランとやった『ベースメント・テープ』のビートルズ版のような気もするが、事実、このセッションで彼らはザ・バンドやディランのレパートリーを数曲やっているので、バンドとディランのセッションが彼らに影響を与えているのは間違いないだろう。

しかし、このセッションが進行するうちにメンバー間の衝突が絶えなくなり録音は頓挫してしまう。この数カ月後、心機一転して『アビー・ロード』のレコーディングを一気にやり、リリースすると大きな評価を得た。そんなわけで『ゲット・バック・セッション』については忘れられるのだが、もちろんレコード会社としてはドル箱のテープを放っておけるはずもなく、ナチュラルな音作りに定評があったグリン・ジョンズにプロデュースを依頼するがメンバーからは駄目出しの連続で、結局はフィル・スペクターが全面的に作業することになる。

ところがスペクターの編集は華美というか、悪く言えば大袈裟な音作りであり、「一発録り」でも「オーバーダビングしない」でもなく、ビートルズのメンバー(特にポール)が考えていたイメージとは大きく異なり、メンバー間の溝は広がる一方で、一気に解散へと突き進むことになるのである。

■本作『レット・イット・ビー』について

本作は69年1月にドキュメンタリー映画のために録音された『ゲット・バック・セッション』の中から、フィル・スペクターが選曲及び編集作業を行ない、世に出たものだ。一部は70年初めに録音されているものもある。余談であるが、本作は僕が中学1年生の時に初めて買ったロックのLPで、毎日毎日擦り切れるほど聴いた大好きなアルバムである。収録曲は全部で12曲。

「Two Of Us」…彼らにしては珍しくパブロック的なテイストを持ったアコースティック風のナンバー。リンディスファーンやマクギネス・フリントに影響を与えたと思われる。ザ・バンド・ミーツ・ブリティッシュトラッド的な香りもあるビートルズ後期の名曲のひとつ。

「Dig A Pony」…ビートルズというか、ジョン・レノン節全開の一発録りのナンバー。ジョージのサザンソウルっぽいリズムギターと、リンゴのレイドバックしたドラミングが聴きもの。ジョンのヴォーカルも力が抜けて◎。

「Across The Universe」…ジョンの名曲。書かれてから時間が経っており、これまでにレコーディングはされていたがようやく陽の目を見た。スペクターのストリングスアレンジとバックヴォーカルの大げさ感は半端ないのだが、いくつかあるテイクの中では僕はこれが一番好きかもしれない。名曲だけにカバーバージョンも多い。

「I Me Mine」…ジョージの佳作。ビートルズ解散前、最後にレコーディングされた曲がこれ。残念ながらジョンは参加していない。

「Dig It」…ジョンの語りのみで1分足らず。語呂合わせの単語を言うだけの小品だが、次の「Let It Be」への導入部分として大きな意味を持つ。スペクター・マジックが感じられる編集だ。

「Let It Be」…言わずと知れたポールの名曲中の名曲。ビリー・プレストンの鍵盤が素晴らしい。僕は間奏でジョージのギターが大きくフィーチャーされたアルバムバージョンが好きだが、かつてのシングル盤の間奏部分はごちゃごちゃしてて好きになれなかった記憶がある。リンゴのドラムも相変わらず良い。

「Maggie Mae」…トラッド曲を取り上げたもの。コメディタッチのカントリーっぽい演奏だけれど、重厚な「Let It Be」の後に配置するところなど、彼ららしいユーモア(というか悪ふざけ?)が感じられる。

「I’ve Got A Feeling」…一発録りで、実にソウルフルな仕上がりになっている。イントロのギターはデイブ・メイソンの「Only You Know And I Know」にそっくりで、途中のジョージのギターはロビー・ロバートソンを意識している。スワンプロックしたかったんだろうなぁ。アーシーさが実に良い。

「One After 909」…ジョンが10代の時に書いた曲で、古くからのレパートリー。本来はロックンロールスタイルなのだが、本作でのアレンジは泥臭いスワンプ作品となっている。ここでもビリー・プレストンのエレピ(ウーリッツァーかな)とジョージのギターが素晴らしい。

「The Long And Winding Road」…ポールとスペクターの確執で知られるナンバー。ポールの代表曲のひとつ。ストリングスが重厚すぎてポールは激怒したのだが、僕は他のテイクで聴けるバンド演奏のみのアレンジが好きだ。要するにポール派ってこと。曲は文句なしなんだけどね。

「For You Blue」…ジョージ作のブルースロックナンバー。実に泥臭いサウンドで、当時の世界的なスワンプロックブームが彼らにも影響を与えていたということがよく分かるアレンジだ。

「Get Back」…ビートルズを代表する名曲のひとつ。初期レノン=マッカートニーの作風を彷彿するスタイルで、『ゲット・バック・セッション』の名に相応しい初心が生かされた作品だ。ここでのプレストンのエレピは彼の全プレイの中でも最高のできではないか。鳴りっぱなしのリードギターはジョンが弾いている。

…とまあ、今回はビートルズの名盤『レット・イット・ビー』を取り上げたが、2016年に黒人アーティストによるビートルズトリビュート『Let It Be ?Black America sings Lennon, McCartney, Harrison-』というカバーアルバムが出ているので、興味のある方はこちらも聴いてみてください。

TEXT:河崎直人

アルバム『LET IT BE』

1970年発表作品



<収録曲>
1.トゥ・オブ・アス/Two Of Us
2.ディグ・ア・ポニー/Dig A Pony
3.アクロス・ザ・ユニバース/Across The Universe
4.アイ・ミー・マイン/I Me Mine
5.ディグ・イット/Dig It
6.レット・イット・ビー/Let It Be
7.マギー・メイ/Maggie Mae
8.アイヴ・ガッタ・フィーリング/I\'ve Got A Feeling
9.ワン・アフター・909/One After 909
10.ザ・ロング・アンド・ワィンディング・ロード/The Long And Winding Road
11.フォー・ユー・ブルー/For You Blue
12.ゲット・バック/Get Back



【関連リンク】
フィル・スペクターによって再構成されたビートルズの『レット・イット・ビー』
The Beatlesまとめ
コレサワ、アルバム『コレでしょ』詳細解禁&新曲の初オンエアも決定

【関連アーティスト】
The Beatles
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

コレサワ、アルバム『コレでしょ』詳細解禁&新曲の初オンエアも決定
Fri, 03 Aug 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コレサワが9月19日にリリースする2ndアルバム『コレでしょ』の収録曲、初回限定盤DVDの内容が解禁となった。今作にはコントロールベアとのコラボぬいぐるみをリリースした際のおまけCDに収録されていた「君とぬいぐるみ」をはじめ、長編アニメ『ゴーちゃん。〜モコと氷の上の約束〜』のエンディングテーマ「友達だからかな」や「いたいいいたい」「彼氏はいません今夜だけ」など話題の楽曲を多く含む全12曲を収録する。

また、初回限定盤DVDは「君とぬいぐるみ」「死ぬこと以外かすり傷」「いたいいたい」「彼氏はいません今夜だけ」の4曲のMVのほかにも、5月12日に行なわれたコレサワワンマンショー『コレシアター04』から「SSW」「阪急電車と2DK」の2曲のライブ映像、そして1stアルバム『コレカラー』でも好評を博した『コレサワの超難関ジェスチャークイズ Vol.2』を収録。CDショップのオリジナル特典も発表となったので、詳しくはオフィシャルHPへ!

さらに、新曲「彼氏はいません今夜だけ」が日本テレビ系『バズリズム02』の8月エンディングテーマに決定し、同番組の8月3日(金)放送回のエンディングにて楽曲とMVが初公開! ラジオでは8月6日(月)のニッポン放送 STVラジオ『ミュ〜コミ+プラス』にて同曲の初オンエアが決定した。なお、同曲はiTunes、レコチョクほか配信サイトにて8月15日(水)より配信リリースが控えているので、オンエアと併せて要チェックだ。

アルバム『コレでしょ』

2018年9月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40558/¥3,333+税
<収録曲>
■CD
01.彼氏はいません今夜だけ
02.いたいいたい
03.泣く門には福きたる
04.パープル
05.夜にして
06.君と満員電車
07.友達だからかな
08.東京コロッケ
09.悪いユメ
10.プラネタリウムに憧れた
11.君とぬいぐるみ
12.最後の有給
■DVD
・彼氏はいません今夜だけ MUSIC VIDEO
・いたいいたい MUSIC VIDEO
・君とぬいぐるみ MUSIC VIDEO
・死ぬこと以外かすり傷 MUSIC VIDEO
・SSW (LIVE)(2018年5月12日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター04」LIQUIDROOMにて収録)
・阪急電車と2DK (LIVE)(2018年5月12日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター04」LIQUIDROOMにて収録)
・コレサワの超難関ジェスチャークイズ Vol.2



【通常盤】(CD)
CRCP-40559/¥2,778+税

◎CDショップ特典
下記店舗にて2ndアルバム『コレでしょ』をお買い上げのお客様に、先着でオリジナル特典をプレゼント。
各店、先着のため数に限りがございますので無くなり次第終了。
・タワーレコード オリジナル特典:「コレでしょ」お歌詞ノート
全国タワーレコード(タワーONLINE含む)
・HMV オリジナル特典:「コレでしょ」ハンコ
HMV全店(HMV&BOOKS-online-含む/一部店舗除く)
・TSUTAYA RECORDS オリジナル特典:「コレでしょ」ステッカー
TSUTAYAオンラインショッピングについてはご予約分のみ対象です。
・新星堂・WonderGOO オリジナル特典:「コレでしょ」缶バッジ
全国新星堂/WonderGOO/新星堂WonderGOOオンライン
・Amazon オリジナル特典:「コレでしょ」ポストカード
・その他コレサワ応援店オリジナル特典:A2サイズポスター
※配布対象店舗は追って発表させて頂きます。

【「彼氏はいません今夜だけ」オンエア情報】

日本テレビ系『バズリズム02』
8月03日(金)25:29〜放送 ※エンディングにてオンエア!
■番組HP http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/

ニッポン放送 STVラジオ『ミュ〜コミ+プラス』
8月06日(月)24:00〜24:53 ※番組内でオンエア!
■番組HP http://www.allnightnippon.com/mcplus/

【2ndアルバム『コレでしょ』発売記念イベント】

■コレサワ 2ndアルバム『コレでしょ』予約イベント
<内容>
2ショットチェキ撮影&特典お渡し会
8月19日(日)16:00〜 タワーレコード広島店
8月21日(火)19:00〜 タワーレコード福岡パルコ店
8月26日(日)14:00〜 タワーレコード札幌ピヴォ店
9月04日(火)19:00〜 タワーレコード仙台パルコ店

■コレサワ 2ndアルバム『コレでしょ』発売記念イベント
<内容>
サイン会&特典お渡し会
9月19日(水)19:00〜 HMV&BOOKS SHIBUYA 5Fイベントスペース
9月20日(木)19:00〜 タワーレコード新宿店 7F特設イベントスペース
9月22日(土)15:00〜 タワーレコード横浜ビブレ店
9月23日(日)13:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース
9月23日(日)18:00〜 タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース



【関連リンク】
コレサワ、アルバム『コレでしょ』詳細解禁&新曲の初オンエアも決定
コレサワまとめ
Lenny code fiction、「Make my story」MV公開&全国ツアーの日程を発表

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, 新曲

Lenny code fiction、「Make my story」MV公開&全国ツアーの日程を発表
Fri, 03 Aug 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新たな王道を行く4ピースロックバンドとして、着実にその活動の場を広げているLenny code fictionが、8月22日(水)にリリースするシングル「Make my story」 のMVを公開した。

夜のスタジアムでライブ同様に仕込まれたライティングシステムのもと、20台を超える複数のドローンがメンバーの周辺をホバリングしたり旋回したりと、そのスケール感はこれまでの彼らのMVの中でも最高峰。これだけのドローンが登場するMVは日本初であり、その中で熱いパフォーマンスをする4人のメンバーの様子は見逃せない。また「Make my story」は現在TV size のみが配信されているが、8月4日よりフルサイズの先行配信がスタートするので、こちらもお忘れなくチェックしてほしい。

さらに、10月19日(金)の仙台公演からスタートする全国ツアー『Lenny code fiction LIVE TOUR 2018-2019 』のスケジュールも発表! ワンマンと対バン公演を織り交ぜながら15公演にわたって開催され、現在チケット先行も受付中。めきめきとその実力をあげているLenny code fictionの熱いパフォーマンスを体験する絶好のチャンスだけに、「Make my story」でその魅力に気付いたファンはぜひ会場で生のライブを体感しよう。

『Lenny code fiction LIVE TOUR 2018-2019 』

10月19日(金) 宮城・仙台enn 2nd
10月20日(土) 秋田・LIVE SPOT2000
11月10日(土) 石川・金沢 GOLD CREEK
11月11日(日) 長野・LIVEHOUSE ALECX
11月15日(木) 東京・duo MUSIC EXCHANGE ※ワンマン
11月25日(日) 滋賀・U☆STONE
12月01日(土) 神奈川・横浜Bay Jungle
12月02日(日) 千葉・千葉LOOK
12月08日(土) 栃木・宇都宮Hello Dolly
12月09日(日) 埼玉・西川口Hearts
12月14日(金) 兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
12月15日(土) 広島・Hiroshima CAVE-BE
<2019年>
1月19日(土)福岡 DRUM SON ※ワンマン
1月26日(土)大阪 梅田Shangri-La ※ワンマン
1月27日(日)愛知 ell.FITS ALL ※ワンマン

<チケット>
全公演共通 前売り¥2,500(オールスタンディング・税込み・ドリンク別)
■オフィシャル先行受付
8月02日(木)18:00〜8月19日(日)23:59
受付URL http://w.pia.jp/s/lennycodefiction18of/

シングル「Make my story」

2018年8月22日(水)



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3080〜3081/¥1,389+税
※オリジナル描き下ろし絵柄デジパック・ジャケット
<収録曲>
■CD
1.Make my story
2.影になる
3.Wonder
4. Make my story (TV size)
■特典DVD
1.「Make my story」Music Video
2.「僕のヒーローアカデミア」ノンクレジットオープニングムービー

【通常盤】(CD)
KSCL-3079/¥1,204+税
<収録曲>
1.Make my story
2.影になる
3.Wonder



【関連リンク】
Lenny code fiction、「Make my story」MV公開&全国ツアーの日程を発表
Lenny code fictionまとめ
MAYKIDZ、結成から1stアルバム『9/Theories』にいたるまでの秘話をツアーを目前に控えたメンバーが語る

【関連アーティスト】
Lenny code fiction
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, リリース, ツアー, チケット

MAYKIDZ、結成から1stアルバム『9/Theories』にいたるまでの秘話をツアーを目前に控えたメンバーが語る
Fri, 03 Aug 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

小林光一(Vo&Gt/SAY MY NAME.、超飛行少年)、高田雄一(Ba/MEANING、ELLEGARDEN)、BEAK(Dr/NICOTINE)からなる3ピースバンド・MAYKIDZが1stアルバム『9/Theories』を完成。爽快なパンクを響かせるメンバー全員に今後の活動を含めて話を聞いた。

届きやすいものをやろうというコンセプトがあった

――アルバム『9/Theories』を聴かせてもらったのですが、すごく良かったです! シンプル、キャッチー、メロディアスの三拍子が揃っているなと。

BEAK:
狙い通りですね。一枚目は届きやすいものをやろうというコンセプトがあったので。

小林:
うん。分かりやすいものをやりたかったんですよ。

――高田さんはどうですか?

高田:
サポートから始めた流れの中で、気付けば9曲できていたという。自分は主導権を握ることがあまりなくて、ベースラインを決めてくれたほうが嬉しいくらいなんで(笑)。とにかく波に乗って、ここまで来たんです。

――結成は今年5月ですけど、バンドの構想はいつ頃からあったのですか?

BEAK:
1年半前ぐらいに(高田)雄一さんと何かやりたいなと思ってギターヴォーカルを探してたんです。それで、俺が“いいヴォーカルを知ってる”と言って小林くんを呼んだんですよ。それでスタジオに入ったら感触もよくて。その頃にちょうど小林くんのソロ名義のライヴがあって、その流れでサポートをすることになって、今のMAYKIDZにつながってます。

小林:
実は今作にも入ってる「Magic」という曲はソロ用に書いたんですけど、せっかくならバンドでやりたいなと思ったんですよ。一気に溜めていたデモやこのバンドのために書いた曲を寄せ集めて、作品を出せるのかも決まってなかったけどとりあえずワンマンをやろうと。

――結成を発表してすぐ、5月26日に初ワンマンを決行してますもんね。

BEAK:
何もかもが急ピッチで進んで、かなりバタバタでしたね。

――初めて3人で合わせた感触はどうでした?

BEAK:
それがすごく良かったんですよ。これはバンドを組んだほうがいいなって思うくらい。

――では、MAYKIDZとしてはどんな音楽をやろうと?

小林:
シンプルな音楽が好きなんですよね。いろんな文明が発達している中で、シンプルを突き詰めて、いいメロディーを書く。あとは、ギター、ベース、ドラムというこのメンバーで再現できる曲を作ろうと思いました。

高田:
縛りがある中でやってますからね。特に僕のやりたいことは限られてるし。

小林:
確かに、雄一さんができることは限られてる(笑)。

高田:
ははは。スラップ始まりと言われても、できませんからね。

――小林さんが思うシンプルな音楽とは?

小林:
The Fratellisのようにコード弾きだけでメロディーが成り立つ音楽だったり、ほかにはGreen Day辺りですかね。

――資料に“パンクロック”という言葉もありますけど、パンクロックやメロディックに対するこだわりはあるんですか?

小林:
特にそういうのはないけど、この3人でやるとそこに落ち着くのかな? とくにこのふたり(高田、BEAK)は年季の入ったパンクをやってきてたし。僕がやっていた超飛行少年はJ-ROCKというカテゴリーでしたけど。でも、自分の中で“シンプルに音だけで伝わるようなものをやりたい”と思うところもあって…ELLEGARDEN、NICOTINEとかも聴いて育ってきたし(笑)。ただ、メロディーに関しては弾き語りで作るので、そこは自分の色が出てるんじゃないですかね?

――つまりMAYKIDZは小林さんにとって夢のラインナップということ?

小林:
そうなんですよ! 雄一さんに“ELLEGARDEN、聴いてました?”とスタジオで聞かれて、“あれっ、バレてる!?”と思いました(笑)。

高田:
ははは。ちょっとした節々から感じたんですよね。

――それは僕も感じました(笑)。

小林:
これまでのバンドではできなかったフラストレーションもこのバンドで吐き出せました。

BEAK:
でも、英語と日本語のバランスは考えましたね。もともと英語だった曲を日本語にしてほしいと頼んだりして。日本語の分かりやすさも大事なので、半々ぐらいにしたかったんです。「Sentimental Town」も最初は英語だったんですけど、日本語にしたらしっくり来ました。

――曲調は通常の2ビートよりもさらに速いですよね。

BEAK:
めちゃくちゃ速いです。NICOTINEは2ビートが多いバンドなんですけど、その中でもこの曲より速いものはないです(笑)。

小林:
「Sentimental Town」は僕がこれまでやってきたことを活かした曲調にできましたね。

BEAK:
過去にSAY MY NAME.と対バンしたこともあって、その頃から小林くんが作る楽曲は好きだったんです。すごくいいバンドだけど、個人的に“もっとこうしてほしいなぁ”と思うところもあって。小林くんの声は爽やかなので、そこに強さが出てきたら、より良くなるかなと。だから、デモの段階よりもキーをほとんど上げたんですよ。それだけで歌の印象が変わりますからね。

歌のキーを上げたことで今までとは違うメロディーが出てきた

――あぁ、なるほど。歌を含めてメロディーはズバ抜けていいと感じました。

BEAK:
そうなんですよ(笑)。聴いてもらえれば届くバンドだと思うので。この後も大事だから、すでに新曲も作り始めているんですよ。今作を超えるものを作ろうと。来年中には出したいですね。

小林:
過去の作品も良いメロディーを作ってきた自信があるので、超えられるかな?と思ったんですけど、今作はそれを超えられた気がしますね。

――自分の中で超えられたと思った部分は?

小林:
メロディーを練られたおかげで、これまでの自分のパターンからはみ出せているんですよ。歌のキーを上げたことで、今までとは違うメロディーが出てきたから。特に「Hide And Seek」「Magic」辺りはそうですね。

――「Hide And Seek」もそうですけど、「Going Back」もかなりヘヴィなリフで攻めてて、オルタナロック的なニュアンスもこのバンドの魅力だなと。

小林:
リッチな壁感とは違うところで攻めたくて。改めてNIRVANAを聴いた時に、ジャズマスターのシングルコイルを歪ませているカッコ良さに惹かれて。だから、今回はフェンダー・ジャズマスターを使って全曲弾いてるんですよ。そこがオルタナっぽく聴こえるところかな?

――90年代のオルタナ/グランジの荒々しさも出したかったと。「I\'ll Be There」はバラードですね。

小林:
USの往年の感じは出てると思います。これはSAY MY NAME.のギター(原 俊平)が作った曲なんですよ。ふたりから入れたほうがいいんじゃないの?と言われて。ただ、キーが高すぎるんですよね…(笑)。

高田:
しかもベースのチューニングも下げているので、あまりライヴでやりたくない(笑)。

BEAK:
でもツアーファイナルのワンマン(10月21日@東京・代官山SPACE ODD)ではこの曲もやりたいし、さらに新曲も披露できると思います。

――そうなんですね! 今作のレコ発ツアーはどんな感じになりそうですか?

BEAK:
8月29日のツアー初日にはmoke(s)をオープニングアクトに迎えているんですが、対バンのPAM(ELLEGARDEN、THE PREDATORS、Scars Boroughのドラマー高橋宏貴による新ユニット)にとっては初ライヴなんです。PAMとは東名阪も全部一緒に回ります。

――では、ファイナルはMAYKIDZにとって2度目のワンマンという位置付けなりますが、意気込みを聞かせてください。

小林:
曲を知ってもらった上でのライヴなので、これが本当の意味でのワンマンだと思っています。自分たちとしても楽しみです。

高田:
MEANINGの1stアルバム(2010年11月発表の『BRAVE NEW WORLD』)で女性の声を入れたんですけど、それがすごく良くて。このバンドでも、当日にサプライズゲストとかを迎えてもいいのかなって思ってます。

BEAK:
とにかくみんなの気持ちに応えられるような、ガッツリしたライヴを観せたいですね。

取材:荒金良介

MAYKIDZ:2018年5月結成。小林光一(Vo&Gt/SAY MY NAME.、超飛行少年)、高田雄一(Ba/MEANING、ELLEGARDEN)、BEAK(Dr/NICOTINE)からなる3ピースバンド。5月に始動すること、キッズたちの遊び場を作ることを目標にバンド名“MAYKIDZ”と名付ける。5月26日に東京・恵比寿club aim にて初のワンマンライヴを開催し、同日に1stアルバム『9/Theories』を発表。

【ライヴ情報】
『9/Theories Tour』
8月29日(水) 東京・新代田LIVE HOUSE FEVER
オープニングアクト:moke(s) ゲスト:PAM
9月24日(月) 大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
ゲスト:PAM
9月25日(火) 名古屋・新栄アポロベイス
ゲスト:PAM

『Final Oneman Live』
10月21日(日) 東京・代官山SPACE ODD

アルバム『9/Theories』
発売中
NAKED SONGS
NASO-0001/¥2,160(税込)

アルバム『9/Theories』

発売中



NAKED SONGS
NASO-0001/¥2,160(税込)



【関連リンク】
MAYKIDZ、結成から1stアルバム『9/Theories』にいたるまでの秘話をツアーを目前に控えたメンバーが語る
MAYKIDZまとめ
SAY MY NAME.まとめ
超飛行少年まとめ
MEANINGまとめ

【関連アーティスト】
MAYKIDZ, SAY MY NAME., 超飛行少年, MEANING, ELLEGARDEN, NICOTINE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1