歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年08月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
女王蜂アヴちゃんがケン・ハラクマとヨガレッスン! “おっとりするのが人生の目標”
Wed, 01 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女王蜂のアヴちゃんが、以前から興味があったというヨガに挑戦! ヨガの第一人者ケン・ハラクマとのマンツーマンレッスンの模様を『DI:GA ONLINE』にて公開している。

アヴちゃんは“おっとりするのが人生の目標”であり、今回のヨガレッスンは歌を聽き手に届けていくことに活かしたいと意気込む。その後早速始まったヨガレッスンの模様も写真とともにレポートしている。後編も後日公開予定なので、そちらもあわせてチェックしてほしい。

撮影:東 美樹/取材:兵庫慎司

■【女王蜂 ライブ情報】

『女王蜂単独公演「DOPE〜蜂月蜂日〜」』
8月08日(水) 東京・キネマ倶楽部 ※SOLD OUT

『女王蜂全国ツアー2018「H A L F」追加公演』
8月24日(金) 東京・新木場Studio Coast ※SOLD OUT

『女王蜂単独公演「FLAT」』
10月16日(火) 東京・中野サンプラザホール
■ディスクガレージ先行抽選受付
受付期間:8月04日(土)12:00 〜 8月12日(日)23:59

■【ケン・ハラクマ出演 『YOGA JAPAN 2018』情報】

『YOGA JAPAN 2018 TOKYO SUMMER SESSION』
8月25日(土)&26日(日) 東京・ベルサール渋谷ガーデン



【関連リンク】
女王蜂アヴちゃんがケン・ハラクマとヨガレッスン! “おっとりするのが人生の目標”
女王蜂まとめ
MYTH&ROID、オフィシャルWEBファンクラブがオープン

【関連アーティスト】
女王蜂
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

MYTH&ROID、オフィシャルWEBファンクラブがオープン
Wed, 01 Aug 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

様々なアーティストへの楽曲提供やコンテンツのプロデュースで活躍しているプロデューサー、Tom-H@ckを中心とするコンテンポラリークリエイティブユニット、MYTH&ROIDのオフィシャルWEBファンクラブ『MYTH & SECRET』がオープンした。

MYTH&ROIDの“神秘さ”が存分に感じ取れるデザインのファンクラブサイトには、“PHOTO”や“MOVIE“”オリジナルカレンダー”といったコンテンツが並んでおり、開設にあたってプロデューサー、Tom-H@ckからの動画コメントが届いた。今後もファンクラブ企画やコンテンツが増えていくのでチェックしてみてほしい。

■MYTH&ROID オフィシャルファンクラブ『MYTH & SECRET』
https://fan.pia.jp/myth_and_roid_fc/



【関連リンク】
MYTH&ROID、オフィシャルWEBファンクラブがオープン
Tom-H@ckまとめ
MYTH&ROIDまとめ
乃木坂46、ニューシングル「ジコチューで行こう!」特典映像“予告編"が公開に

【関連アーティスト】
Tom-H@ck, MYTH&ROID
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ユニット, 発表

乃木坂46、ニューシングル「ジコチューで行こう!」特典映像“予告編"が公開に
Wed, 01 Aug 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

乃木坂46が8月8日(水)に発売する21stシングル「ジコチューで行こう!」初回仕様限定盤に収録される特典映像「乃木坂仕事中」の予告編が遂に公開となった。

テレビやラジオ番組・Music Videoやグラビア撮影の現場・モデルや舞台などなど、乃木坂46のメンバーが日々活動する仕事現場の裏側を収録した今回の映像。普段では見る事ができない、メンバーの仕事現場の様子が見られる、まさにファン必見の内容となっている。

シングル「ジコチューで行こう!」

2018年8月8日発売



【初回仕様限盤 Type-A】(CD+DVD)
SRCL-9913〜9914/¥1,528(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ジコチューで行こう!
(21stシングル 選抜メンバー)
2.空扉
(秋元真夏・生田絵梨花・井上小百合・岩本蓮加・梅澤美波・衛藤美彩・大園桃子・斉藤優里・白石麻衣・新内眞衣・鈴木絢音・高山一実・西野七瀬・星野みなみ・松村沙友理・山下美月・与田祐希)
3.三角の空き地
(21stシングル アンダーメンバー)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.三角の空き地〜off vocal ver.〜
■DVD
「ジコチューで行こう!」Music Video
「三角の空き地」Music Video
〜特典映像〜
・乃木坂仕事中 ?表題曲MVのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?ナレーションのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?テレビ番組のお仕事?

【初回仕様限盤 Type-B】(CD+DVD)
SRCL-9915〜9916/¥1,528(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ジコチューで行こう!
2.空扉
3.自分じゃない感じ
(伊藤理々杏・岩本蓮加・梅澤美波・大園桃子・阪口珠美・佐藤楓・中村麗乃・向井葉月・山下美月・吉田綾乃クリスティー・与田祐希)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.自分じゃない感じ〜off vocal ver.〜
■DVD
「ジコチューで行こう!」Music Video
「空扉」Music Video
〜特典映像〜
・乃木坂仕事中 ?カップリングMVのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?舞台のお仕事?
・乃木坂仕事中 ?グラビアのお仕事?

【初回仕様限盤 Type-C】(CD+DVD)
SRCL-9917〜9918/¥1,528(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ジコチューで行こう!
2.空扉
3.心のモノローグ(白石麻衣・西野七瀬)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.心のモノローグ〜off vocal ver.〜
■DVD
「ジコチューで行こう!」Music Video
「心のモノローグ」Music Video
〜特典映像〜
・乃木坂仕事中 ?モデルのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?ラジオのお仕事?
・乃木坂仕事中 ?イベントのお仕事?

【初回仕様限盤 Type-D】(CD+DVD)
SRCL-9919〜9920/¥1,528(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ジコチューで行こう!
2.空扉
3.地球が丸いなら(大園桃子・齋藤飛鳥・与田祐希)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.地球が丸いなら〜off vocal ver.〜
■DVD
「ジコチューで行こう!」Music Video
「地球が丸いなら」Music Video
〜特典映像〜
・乃木坂仕事中 ?記者会見のお仕事?
・乃木坂仕事中 ?歌番組のお仕事?
・乃木坂仕事中 ?CMのお仕事?

【通常盤】(CD)
SRCL-9921/¥972(税抜)
※特典DVD及び封入特典はございません。
<収録曲>
1.ジコチューで行こう!
2.空扉
3.あんなに好きだったのに・・・(21stシングル 選抜メンバー)
4.ジコチューで行こう!〜off vocal ver.〜
5.空扉〜off vocal ver.〜
6.あんなに好きだったのに・・・〜off vocal ver.〜

◎初回仕様限定(CD+DVD)盤 共通封入特典
(1)全国イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券1枚封入
(2)乃木坂46メンバー生写真1枚(メンバー39名×4種=全156種のうち1枚ランダム封入)



【関連リンク】
乃木坂46、ニューシングル「ジコチューで行こう!」特典映像“予告編"が公開に
乃木坂46まとめ
NICO Touches the Walls、「VIBRIO VULNIFICUS」MVはクールで変質的!?

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, CD, シングル

NICO Touches the Walls、「VIBRIO VULNIFICUS」MVはクールで変質的!?
Wed, 01 Aug 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NICO Touches the Wallsが新作EP『TWISTER -EP-』より、現在放送中のテレビ東京系 ドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』エンディングテーマに起用されている「VIBRIO VULNIFICUS」(ビブリオ ヴァルニフィカス)のMVを公開した。

同MVはイカをイメージした軟体ダンスやTWIST(ねじれ)をテーマにクールで変質的でありながら、NICOTouches the Walls史上、最も奇態なMusic Videoとなっているので、是非チェックを!

EP『TWISTER -EP-』



KSCL 3125-3126/¥2,130+税
※初回仕様限定盤(2CD)
※紙ジャケット仕様
※追加公演チケット最速先行受付シリアルナンバー封入(応募締切:7月31日(火)23:59まで)
※“TWISTER PARTY”応募案内封入(応募締切:7月30日(月)23:59まで)
<収録曲>
■Disc1 CD
1.VIBRIO VULNIFICUS
2.SHOW
3.FRITTER
4.来世で逢いましょう
5.Kareki is burning!
■Disc2 CD(Bonus Disc)
1.VIBRIO VULNIFICUS (Acoustic ver.)
2 SHOW (Acoustic ver.)
3.FRITTER (Acoustic ver.)
4.来世で逢いましょう (Acoustic ver.)
5.Kareki is burning!!




【関連リンク】
NICO Touches the Walls、「VIBRIO VULNIFICUS」MVはクールで変質的!?
NICO Touches the Wallsまとめ
『HALLOWEEN PARTY 2018』、今年はHYDE主宰!

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル

『HALLOWEEN PARTY 2018』、今年はHYDE主宰!
Wed, 01 Aug 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

毎年恒例ロック&ホラーなハロウィン・ライヴ・イベント『HALLOWEEN PARTY』が、今年はHYDE主宰として開催が決定した。

名実ともに日本最大級のハロウィン・ライヴ・イベント『HALLOWEEN PARTY』だが、出演アーティスト、チケット情報等の詳細については、後日発表となるとの事、その恐怖のラインナップの続報を待ちたい。

■『HALLOWEEN PARTY 2018』

10月26日(金) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
10月27日(土) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
10月28日(日) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール



【関連リンク】
『HALLOWEEN PARTY 2018』、今年はHYDE主宰!
HYDEまとめ
都市型ルーフトップフェス『SUMMER SOUNDS vol.26』、今週末にいよいよ開催!

【関連アーティスト】
HYDE
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース

都市型ルーフトップフェス『SUMMER SOUNDS vol.26』、今週末にいよいよ開催!
Wed, 01 Aug 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

渋谷スクランブル交差点を見下ろすMAGNET by SHIBUYA109にて8月4日(土)、スタイリッシュな都市型ルーフトップフェス『SUMMER SOUNDS vol.26』が開催される。

2018年上旬に「渋谷のシゲキ、渋谷のカルチャーの復権」をコンセプトにファッションビルの109MEN\'Sをリニューアルし、装いも新たにオープンした新商業施設のMAGNET by SHIBUYA109だが、『SUMMER SOUNDS vol.26』は同施設のイベントスペースとオープンエアーの展望台が連動するイベントとなる。MAGNET by SHIBUYA109の7階と、屋上に位置する新スポット「MAG\'s PARK」に常設された展望台からはハリウッド映画等でも注目を集め、東京渋谷のアイコンにもなっている渋谷スクランブル交差点の風景を堪能できる。そのため、インスタ映えする写真撮影スポットとしてここ最近特に国内外を問わず、多くの人が訪れるようになっている。

『SUMMER SOUNDS』は過去25回の開催実績を誇り、すでに日本の「グローバルスタンダードな夏の風物詩」として親しまれている都市型フェスで、過去には由比ヶ浜のビーチハウスや青山のルーフトップ、お台場のスケートパーク、飯田橋の庭園、渋谷や新宿のホテルのルーフトップといったロケーションでも開催されており、夏の時期にもっとも合うスタイリッシュでアクセスの良い会場で開催するイベントとして評判を呼んでいる。

渋谷の中心地、スクランブル交差点を見下ろすロケーションをバックにした、夏のルーフトップならではの開放感とDJが創り出す「SUMMER SOUNDS vol.26」のグルーヴに酔いしれてほしい。

■『SUMMER SOUNDS vol.26』

日時:2018年8月4日(土)12:00-23:00
会場:MAGNET by SHIBUYA109
料金:前売りチケット ¥3,000、当日料金 ¥ 4,000 (14時前入場無料)
Music By: ATSUKI、DJ STRIPE、ELLEN、FRANKIE TANAKA、GROOVE PATROL、HIDEFUMI WATANABE、JOHNNY、KAZMA、MASSACRE、MASAKI KAWAMURA、MOTOKI a.k.a SHAME、MU\'\'HE、SHO YAMAMOTO、TAICHI KAWAHIRA、TAMARU、TAMOINAI、TATSUYA KAMEI、TOMOYA WATANABE、YUTA SUZUKI

【MAGNET by SHIBUYA109とは?】

渋谷に「渋谷のシゲキ、渋谷のカルチャーの復権」をコンセプトにリニューアルオープンしたばかりのMAGNET by SHIBUYA109の7階と屋上に位置する新スポット「MAG’s PARK」はハリウッド映画等でも注目を集め、東京渋谷のアイコンにもなっているここからしか見ることのできないクランブル交差点の景色を見下ろすことのできる展望台も常設しており、写真撮影にも国内外から多くの人が訪れる。

【SUMMER SOUNDSとは?】

過去に25回以上の開催数を誇り、すでに日本の「グローバルスタンダードな夏の風物詩」としても名高い都市型フェスSummer Soundsは、この時期のもっともスタイリッシュでアクセスが良い会場での開催が毎回注目を集めている。過去には由比ヶ浜のビーチハウスや青山のルーフトップ、お台場のスケートパーク、飯田橋の庭園、渋谷や新宿のホテルのルーフトップなど様々な興味深いロケーションにて開催。

来場も在日の外国人や観光客、インターナショナルな日本人が多く集まり、感度の高いファッショナブルな人たちのソーシャルの場として盛り上がることで有名。インバウンドに力を入れている企業などからも注目が集まっている。夏のルーフトップならではの開放感とDJが創り出すグルーヴにどうか酔いしれてほしい。



【関連リンク】
都市型ルーフトップフェス『SUMMER SOUNDS vol.26』、今週末にいよいよ開催!
焚吐、ツアーファイナルでアップデートした姿を見せる! デビュー3周年ライヴも開催決定!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, 夏フェス

焚吐、ツアーファイナルでアップデートした姿を見せる! デビュー3周年ライヴも開催決定!
Wed, 01 Aug 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現役大学生シンガーソングライター焚吐が、「リアルライブ・カプセル Vol.3 〜解放運動〜」と題して行った東名阪ワンマン・ツアーの最終日を7月31日、東京・SHIBUYA WWWで迎えた。アンコールで「今までと違う焚吐を見せようと思った」と言ったが、その言葉通りアップデートした焚吐を見せた2時間になった。

白いチュニック姿で登場した焚吐は、5月にリリースしたミニ・アルバム『呪いが解けた日』でも幕開けを飾る「コントロール・ミー」からスタート。「焚吐です! リアルライブ・カプセル Vol.3 〜解放運動〜へようこそ!」と大きな声で挨拶し、4人のバンドメンバーと共に次々とノリのいい曲を繰り出しキレのいい身のこなしでステージ狭しと動きながら歌う姿は、以前と打って変わってアクティブで、促されるまでもなく手拍子をして盛り上がる満杯のファンを驚かせ喜ばせた。

デビュー曲「オールカテゴライズ」やTVアニメ「名探偵コナン」エンディングテーマ曲「ふたりの秒針」、また歌を作る原点となった辛い学生時代を題材にした「ティティループ」など、一段と表情豊かになった歌が彼の半生を垣間見せる歌詞をリアルに伝え、シンガーとしての存在感を強く感じさせる。それをさらに感じさせたのは、このツアーのために書き下ろした、17歳の時に他界した母親への思いを歌った「魔法使い」。この曲を弾き語りで歌うと、客席のあちこちから啜り泣きが漏れた。

その空気を一転させて後半は早口の朗読に挑戦した「ポエトリー」や、観客とともにタオルを振り回した「青い疾走」、みやかわくんとのコラボ曲「神風エクスプレス」などで最高潮を迎えた。

アンコールに応えて再登壇した焚吐は、14歳の頃と同じように今も孤独を抱えて生きているけれど「みなさんの前で歌ったり話している時は孤独を忘れることができる。みなさんもこのライヴの一瞬だけでも孤独や不安を忘れてくれたら、こんなに嬉しいことはないと思っています」と話し、「時速40000kmの孤独」を熱唱。それを最後の曲と告げたにもかかわらず、「物足りないのでもう1曲やっていいですか?」と「泣き虫レイニー」を披露。歌い終えた後もオフマイクで何度も「ありがとうございました!」と両手を上げて挨拶し、最後に「重大発表があります! 11月26日、3周年記念ライヴが決定しました!」と告げてステージを降りた。ライヴの詳細は以下の通り。 

text by 今井智子
photo by 達川範一

【セットリスト】
01.コントロール・ミー
02.クライマックス
03.子捨て山
04.グリンプス・グランパ
05.オールカテゴライズ
06.ふたりの秒針
07.黒いキャンバス
08.ティティループ
09.アイロニ
10.魔法使い(新曲)
11.返してよ
12.ポエトリー
13.呪いが解けた日
14.青い疾走
15.君がいいんです
16.神風エクスプレス
<ENCORE>
17.僕は君のアジテーターじゃない
18.モラトリアム
19.夢負い人
20.時速40000?の孤独
21.泣き虫レイニー

『焚吐3周年記念ライブ 〜リ・リ・リボーン〜』

11月26日(月) 東京 TSUTAYA O-WEST
OPEN:18:30/START:19:00
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

【チケット】
オールスタンディング 4,000 円(税込)
※ドリンク代別途必要
※未就学児のご入場はお断りいたします
一般発売日:2018年11月3日(土)

無料ファンクラブ『リアルタイム・カプセル』会員先行受付決定!
受付期間:2018年8月1日(水)18:00〜2018年8月8日(水)23:59
お申し込みは、こちらから
https://takuto-official.com/member/auth/login



【関連リンク】
焚吐、ツアーファイナルでアップデートした姿を見せる! デビュー3周年ライヴも開催決定!
焚吐まとめ
GLAYが大ブームを巻き起こす中で生まれた『pure soul』に見るGLAYらしさ

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット, ライブレポ

GLAYが大ブームを巻き起こす中で生まれた『pure soul』に見るGLAYらしさ
Wed, 01 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月25日&26日の両日、彼らの地元である函館・緑の島野外特設ステージにて、5万人動員の大型野外ライヴ『GLAY ? HOKKAIDO 150 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT vol.3』を開催するGLAY。7月31日は“GLAYの日”でもあったことだし、今回はそんなGLAYのアルバムを紹介してみようと思う。数ある作品の中で多くのリスナーにとって記憶に残っているのは、やはり1997年から1999年にかけて彼らが“モンスターバンド”と化した時期に発表されたあのオリジナルアルバムではなかろうか。

■20世紀末の邦楽シーンを席巻

1999年7月31日、幕張メッセ・駐車場特設ステージで伝説の20万人ライヴ『GLAY EXPO \'99 SURVIVAL』が開催された。この日はファンの間で“GLAYの日”と呼ばれている。2004年の同日にも大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内特設会場で『GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIO JAPAN? "THE FRUSTRATED"』が開催され、それ以後は2006年、2011年、2016年にファンクラブ会員限定ライヴが開催されたり、昨年は東京・青海南臨時駐車場にはアルバム『SUMMERDELICS』発売記念のフリーライヴが行なわれたりと、すっかり記念日として定着しているようである。何でも、この日に入籍するGLAYファンのカップルもいるとかいないとか。今年の7月31日にはGLAYが2011年から発表し続けているアンソロジーシリーズの6作目として『pure soul Anthology』がリリースされ、TERU(Vo)が発売記念のトークイベントを行なった。昨晩の話だ。

昨日も暑かったが、1999年7月31日も暑かった。振り返れば、1999年7月31日は当時のGLAYの人気を目の当たりにした1日だった。1997年10月にリリースした初のベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』が480万枚超を売上げて当時のアルバム売上の日本記録を更新。それ以前にもアリーナツアーを行なっていたGLAYだが、1998年には全国46都市53公演のホールツアー、全国7都市13公演のスタジアムツアー、さらに1999年には全国4都市15公演のドームツアーとそのスケールをどんどん大きくしていった。ただ、その数字を見ているだけではそれがどのくらいすごいのか、正直言ってピンと来なかったようなところはある。規模が大きすぎて実感できなかったのだ。

しかし、1999年7月31日の『GLAY EXPO \'99 SURVIVAL』では“GLAYがどれほど人気があるか!?”を目視で体感することができた。終演後、バスで都内まで戻ったのだが、ステージに向かって左手、ZOZOマリンスタジアム側の道路を進みながら会場内を眺めると、車窓外の風景から人波が途切れない。会場内に居た時は観客の全体像が掴めなかったが、バスの車内は座席位置も高く、会場全体が見渡せたことで奥行きのでかさも分かった。また、筆者が居たブロックはステージ前だったのだが、その真逆の位置にあった展示ブースまで随分難儀して歩いた記憶もある。距離もそうだが、人が行き交っていて、そうスムーズに進めなかった気がする。今も幕張メッセへ行くと、“あの暑い最中、よく歩いたな”と思うくらいだ。後にも先に一カ所にあれほど人が集まった光景を眼前にしたのはあの時だけだし、当時のGLAYの人気がとにかく規格外だったことを思い出す夏の記憶である。

1997年から1999年において、GLAYは間違いなく日本の音楽シーンの頂点に登り詰めた。GLAYのアルバムから1枚を選ぶとなると、やはりこの時期のものとなろう。5thアルバム『HEAVY GAUGE』(1999年)もかなり興味深い作品ではあるものの、順当に考えれば、ベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』から『GLAY EXPO \'99 SURVIVAL』に至る過程で発表された4th『pure soul』(1998年)が選ばれるのではなかろうか。ホール〜スタジアム〜ドームとGLAYが自身のコンサートをスケールアップさせてきたのは本作が冠されたツアーであり、『pure soul』が当時のGLAYの大きな推進力であったことは間違いない。本作がGLAYのオリジナルアルバムとして最高売上を記録していることがそれを証明していると思う。

■ポップでロックなGLAYらしい作品

改めて聴いてみても、『pure soul』は一アルバム作品としてとてもまとまりがいいことが分かる。オープニングに相応しいM1「YOU MAY DREAM」からアップチューンM2「ビリビリクラッシュメン」につながり、M3「May Fair」でテンポが落ち着くものの、軽快なR&RナンバーM4「SOUL LOVE」、ミディアムバラードM5「出逢ってしまった2人」、シリアストーンだがしっかりとポップなM6「pure soul」と、親しみやすさを損ねないままに展開。そこからキラーチューンM7「誘惑」からM8「COME ON!!」、M9「FRIEDCHICKEN & BEER」とノイジーかつワイルドなサウンドを聴かせつつ、サイケでオルタナなM10「3年後」でロックバンドとしてのポテンシャルをダメ押しし、やはりこれもまた親しみやすくもスケールの大きいM11「I\'m in Love」で締め括る。

アナログ盤で言えば、大きく分けてA面がポップサイドでB面がハードサイドといった感じで、ポピュラリティーを兼ね備えたロックバンド、GLAYならではと言える構成である(M7「誘惑」からロックナンバーへと“誘っている”のは偶然であろうが、面白い並びだ)。聞けば、アルバム用に用意されたデモ曲はかなり多かったらしく、そこから収録曲をチョイスすることで1作品としてのシルエットを描きやすかったとも推測できるが、それにしてもおそらくは超多忙だった中、自身の世界観を示したところにGLAYの矜持を垣間見れる。

■The Beatlesからの影響

TAKURO(Gu)にとって最大のインフルエンサーであるThe Beatlesへの敬愛を隠していないところも、『pure soul』の注目ポイントであろう。有名なところはM4「SOUL LOVE」とM11「I\'m in Love」。M4「SOUL LOVE」のイントロは明らかに「涙の乗車券(Ticket to Ride)」だ。これは今回リリースされた『pure soul Anthology』のDISC 2に収録されたデモ音源を聴くと分かるのだが、デモの段階でもあのイントロはあのままで、最初からこれがやりたかったことがよく分かる。短期間で作曲したナンバーらしく(10分で書き上げたという説もある)、良い意味で勢いのままに作られたことで手癖が出たのであろうか。ギターリフもさることながらドラムのパターンも「涙の乗車券(Ticket to Ride)」を彷彿させるのは微笑ましくも清々しい。M11「I\'m in Love」は「愛こそはすべて(All You Need Is Love)」。そこにJohn Lennonの「平和を我等に(Give Peace a Chance)」の加味した感じだろう。ブラスとストリングスは明らかにそれだし、アウトロ近くでゲストコーラスの誰かが「HAPPY BIRTHDAY」を歌っている辺りとかも、正しき「愛こそはすべて(All You Need Is Love)」オマージュという気もする。

そんなふう風に考えると、M1「YOU MAY DREAM」は楽曲そのものはまったく似てないが、そのスケール感やオープニングナンバーらしさは「マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)」、あるいは「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(Sgt. Pepper\'s Lonely Hearts Club Band)」からの影響かもしれない(と今思った)。あと、シタール風なギターを聴くことができるM10「3年後」は「ラヴ・ユー・トゥ(Love You To)」ほどインドインドしてないが、TERUの歌に幻想的な深めのディレイがかかっているのと併せてサイケデリックな印象で、これにも少なからずThe Beatlesからの影響はあるだろう。

もっとも称えなければならないのは──これは『pure soul』に限らず、GLAYの特徴と言えるだろうが、そうしたThe Beatlesへの敬愛を示しつつも、The Beatlesフリークがたまに陥るマニアックサイドに堕ちていないところだと思う。それこそ大ヒットシングルでもあるM4「SOUL LOVE」があれだけThe Beatlesエッセンスが注入されているにもかかわらず、今も彼らを語る時、The Beatlesの話でGLAYそのもののバンド像が矮小化されることがないのは、楽曲の主軸が分かりやすくキャッチーなメロディーであるからこそ、であろう。“ポピュラリティ>マニアック”の構図が徹底しつつも、ロックバンドが持っていてしかるべきスタンダードなロックマナーの取り込み具合が絶妙だからこそ、GLAYは大衆からの圧倒的な支持を得たのだろう。改めて『pure soul』を聴いてみてそんなことを思った。

■現在にもつながる汎用性の高い歌詞

歌詞は実に汎用性が高い。恋愛の初期衝動をプラトニック方向で綴った内容と、リビドー剥き出し的に書いたリリックが同居し、その2曲が先行シングルとして同時リリースされているのがまず幅広さの証左だ。

《ふいに心を奪った瞬間の あのトキメキよりも眩しい程に/いつか出逢う 夢の中 心のままに/待ちこがれていた あなたをこうして Wow…》《あの日心が触れ合う喜びに 生まれてくる愛にとまどいながら/動き出した2つの影は Wow… 夕映えに長く/さんざめく気持ち おさえきれずにいる hu…》(M4「SOUL LOVE」)。
《時に愛は2人を試してる Because I love you/キワどい視線を振り切って WOW/嘘も真実も駆け引きさえも いらない/今はオマエが誘うままに Oh 溺れてみたい》《KISSから始まる夜は熱く Because I love you/犯した罪さえ愛したい WOW/名前も過去も心でさえも いらない/求め会う2つのカラダがある oh それだけでいい》(M7「誘惑」)。

また、M2「ビリビリクラッシュメン」やM8「COME ON!!」、M9「FRIEDCHICKEN & BEER」のように正直言って意味不明で、それゆえにロックっぽさを醸し出している歌詞がある一方で、それまでロックが扱わなかったような題材をメロディーに乗せているのはGLAYの発明であり、最大のオリジナリティーであったと言える。具体的には以下の部分にそれがあった。

《親(あなた)の言葉も聴こえなくなるほど遠くに来ました/幼い頃の子守歌を手に》《人の優しさに触れた時 なぜか想い出すことがある/初めて独り歩き出した 幼い僕を見つめるその愛》(M6「pure soul」)。
《古びたアルバム 開いた僕は/若かった両親と 今じゃ歳もそう変わらない/昭和という時代に 僕らをかかえて走った/そんな貴女の生きがいが 染みて泣きたくなる》(M11「I\'m in Love」)。

今でこそロックにしてもヒップホップにしても、親、家族への情愛を綴ったナンバーは珍しくないが、この頃までは少なくとも男性のロックは反抗を歌うのが主流であったと思う(女性ロックバンドだと、REBECCAの「MOON」とかPRINCESS PRINCESSの「パパ」があった)。GLAYはその壁を破った。最初にアルバム『pure soul』を聴いた時、もっとも印象に残ったのはそこだったし、驚きを隠せなかった記憶があるが、そうした新機軸もGLAYが幅広い世代に支持されていった要因のひとつであったことは間違いないし、それが20万人ライヴにもまったく影響しなかったわけではなかろう。また、GLAYが今もアリーナツアー、大規模ライヴイベントを開催しているのは、シングル「BELOVED」や「HOWEVER」は元より、20年前にM6「pure soul」やM11「I\'m in Love」を発表したことと無関係ではないと思う。M11「I\'m in Love」は今もコンサートでのシンガロングの定番だ。そんなふうに考えても、やはりアルバム『pure soul』はGLAYにとっての最重要作品と言っても過言ではないのかもしれない。

TEXT:河崎直人

アルバム『pure soul』

1998年発表作品



<収録曲>
1.YOU MAY DREAM
2.ビリビリクラッシュメン
3.May Fair
4.SOUL LOVE
5.出逢ってしまった2人
6.pure soul
7.誘惑
8.COME ON!!
9.FRIEDCHICKEN & BEER
10.3年後
11.I\'m in Love



【関連リンク】
GLAYが大ブームを巻き起こす中で生まれた『pure soul』に見るGLAYらしさ
GLAYまとめ
GENERATIONS、夢に挑戦する気持ちを押してくれるバラードシングルを10月に発売

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

GENERATIONS、夢に挑戦する気持ちを押してくれるバラードシングルを10月に発売
Wed, 01 Aug 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GENERATIONS from EXILE TRIBEが、通算17枚目のシングルを10月31日に発売することが決定した。

今作のタイトルは「少年」(ショウネン)で、シングルとしては2016年6月発売の「涙」以来、2年4ヶ月ぶりとなるバラード。過去の自分に向けた、夢に挑戦する気持ちをそっと押してくれる楽曲で、若者、そして大人たちにも自分の人生を改めて考えさせてくれる、ノスタルジックでエモーショナルなメッセージソングとなっている。

シングル「少年」

2018年10月31日発売



【CD+DVD】
RZCD-86682/B/¥1,852+税
【CD ONLY】
RZCD-86683/¥1,111+税
<収録曲>
■CD ※2形態共通
01.少年 他
※曲順未定
■DVD
01.少年(MV)



【関連リンク】
GENERATIONS、夢に挑戦する気持ちを押してくれるバラードシングルを10月に発売
GENERATIONSまとめ
GENERATIONS from EXILE TRIBEまとめ
シド、ミニアルバムの新ビジュアル解禁! 購入特典も明らかに!

【関連アーティスト】
GENERATIONS, GENERATIONS from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

シド、ミニアルバムの新ビジュアル解禁! 購入特典も明らかに!
Wed, 01 Aug 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シドが、8月22日にリリースするミニアルバム『いちばん好きな場所』に向けた新たなアーティスト写真を公開した。

本作『いちばん好きな場所』は各メンバーがそれぞれ制作を手掛けた、シドのキャリア初となる5曲入りミニアルバム。“いちばん好きな場所”とは、2008年と2010年に行なわれたツアーのタイトルで、シドとファンとが作り上げるライヴ空間やファンとの絆を表現したもの。バンド結成15周年を迎えた今、改めてファンとの絆をテーマにした作品に仕上がっている。

また、ミニアルバム『いちばん好きな場所』の購入特典も公開。対象のCDショップで購入すると、“スペシャルくじ付きステッカー”なるものが付与される。こちらはオリジナルのステッカーとして使用できるだけでなく、くじとしても使用でき、その場でさらにオリジナルグッズが当たる仕様になっている。“スペシャルどでかバッジ”もしくは“スペシャル防滴スマホポーチ”のどちらかが当たるとのことなので、ぜひチェックしてみよう! なお、Amazonなどオンラインショップでは、“スペシャルポストカード”が付いてくる。

シドはミニアルバムのリリースを記念して、8月13日(月)には東京・ららぽーと豊洲で、翌14日(火)には大阪・あべのキューズモールで、ラジオの公開収録およびミニアルバムの予約購入者を対象にした特典会を実施する。

9月からは、全国ツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR「いちばん好きな場所 2018」』の実施も決定している。詳しくはオフィシャルHPへ!

ミニアルバム『いちばん好きな場所』購入者特典

特典:シド「いちばん好きな場所」スペシャルくじ付きステッカー

対象店舗にてお買い求めいただいたお客様に、
「シド「いちばん好きな場所」スペシャルくじ付きステッカー」を先着でお渡しいたします。
ご購入いただいたらその場ですぐに、ステッカーのくじ部分をめくってください。
“A賞”もしくは“B賞”と表記されていたら、お店の方にその部分をお渡しください。
オリジナルグッズをその場でプレゼントいたします! 尚、ハズレた場合でもそのままステッカーとしてご使用いただけます!
ここでしか手に入らない貴重なオリジナルグッズを是非とも手に入れよう!

A賞:シド「いちばん好きな場所」スペシャルどでかバッジ
B賞:シド「いちばん好きな場所」スペシャル防滴スマホポーチ

※なお、このくじ引きはご購入いただいた店舗で、ご購入時のみ有効となります。
ステッカーをお持ち帰りになってから、“あたり”くじを確認後、
お店にお持ちいただいても景品と引き換えはできません。ご了承ください。

※対象店舗はコチラをご確認ください。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sid/shoplist/180822/

【シド「いちばん好きな場所」スペシャルポストカード】
【対象店舗】Sony Music Shop、ぐるぐる王国、タワーレコードオンライン、HMV&BOOKS Online、TSUTAYAオンラインショッピング(予約分のみ)、Amazon.co.jp、楽天ブックス、ネオウィング、セブンネットショッピング

【公開収録&特典会 情報】

<東京・公開収録&特典会>
■TOKYO FM / JFN系列「やまだひさしのラジアンリミテッドF」 シド「いちばん好きな場所」リリース記念 公開収録
8月13日(月)16:00〜16:30(予定) 東京・ららぽーと豊洲 中庭シーサイドデッキメインステージ
※公開収録オンエア 8月17日(金)、8月24日(金)25:00〜
■「いちばん好きな場所」スペシャルうちわお渡し会
・特典会 開始時間:TOKYO FM / JFN系列「やまだひさしのラジアンリミテッドF」公開収録 終演後
・会場:東京・ららぽーと豊洲 中庭シーサイドデッキメインステージ
参加方法等詳細
https://sid.futureartist.net/news/103362

<大阪・公開収録&特典会>
■FM802「REDNIQS」 シド「いちばん好きな場所」リリース記念 公開収録
8月14日(火) 17:00〜17:30(予定) 大阪・あべのキューズモール3階 スカイコート
※公開収録オンエア 8月20日(月)25:00〜
■「いちばん好きな場所」スペシャルうちわお渡し会
・特典会 開始時間:FM802「REDNIQS」公開収録 終了後
・会場:あべのキューズモール
※参加方法等詳細
https://sid.futureartist.net/news/103463

ミニアルバム『いちばん好きな場所』

2018年8月22日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3076〜7/¥2,778+税
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-3078/¥1,852+税



【関連リンク】
シド、ミニアルバムの新ビジュアル解禁! 購入特典も明らかに!
シドまとめ
GLIM SPANKYとアサヒ飲料『WILKINSON』がコラボ! “刺激、強め。”な新曲MV公開

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, CD, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ミニアルバム, ライブ, ツアー, ワンマン

GLIM SPANKYとアサヒ飲料『WILKINSON』がコラボ! “刺激、強め。”な新曲MV公開
Wed, 01 Aug 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYとアサヒ飲料『WILKINSON』とのコラボレーションが実現! コラボレーション企画の一環として、8月1日(水)に開催される『WILKINSON Only One FES. 2018』1Day限定ライヴに参戦することが決定し、さらにGLIM SPANKYの新曲「ハートが冷める前に」でのコラボMVも公開となった。

新曲「ハートが冷める前に」は『FUJI ROCK』に出演した際にも披露し、オーディエンスと合唱できるようなイントロや、ヘビーなギターリフが迫力あると話題になり、8月1日からデジタル限定で緊急リリースされている。“興味惹かれるものに出逢えることはとても貴重なことなので、一度気持ちがオンになったら胸が熱いまま動き出して楽しもう”――そんな熱くハートから溢れる想いをストレートに表現した楽曲だ。

そしてWILKINSONとコラボレーションした“刺激、強め。”なMVも要注目。WILKINSONのテーマカラー赤色を基調とし、100年を超える長い伝統を持つWILKINSONをタイムスリップするような時代錯綜映像で表現されている。WILKINSONのCMをオマージュしたものにGLIM SPANKYが出演(!?)しているコミカル演出もお見逃しなく!

「ハートが冷める前に」に対して、松尾レミは“いつも身近にあるウィルキンソンとコラボできてとても嬉しいです! 炭酸は炭酸が抜ける前に飲むのが一番ですが、私たちのハートも熱くなっている時に行動するのが一番刺激的! 私たちの心と『炭酸』の共通点を見出して歌詞を書きました。サウンドはクールに熱く。ライブでも自由に気持ちよく、腰で乗れる曲になったら嬉しいです。そして喉が渇いたらウィルキンソンを!”とコメントしている。

また、9月開催がすでに発表されている自主企画イベント『MAGICAL WEEKEND PARTY』のゲストアクトも発表! 9月21日(金)大阪・味園ユニバース公演には雨のパレードとRei、9月24日(月)東京・キネマ倶楽部公演にはDATSとReiを迎えることが決定し、こちらも見逃せない内容になっている。

配信シングル「ハートが冷める前に」

2018年8月1日より発売中



¥250(税込)
■配信URL
https://umj.lnk.to/glim_heartPR

自主企画ライヴ『MAGICAL WEEKEND PARTY』

9月21日(金) 大阪・味園ユニバース
w/雨のパレード、Rei
9月24日(月) 東京・東京キネマ倶楽部
w/DATS、Rei



【関連リンク】
GLIM SPANKYとアサヒ飲料『WILKINSON』がコラボ! “刺激、強め。”な新曲MV公開
GLIM SPANKYまとめ
雨のパレードまとめ
Reiまとめ
DATSまとめ

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY, 雨のパレード, Rei, DATS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ユニット, コラボ, ミュージックビデオ, MV, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブ, 音楽配信

ORANGE RANGE、“家族”をテーマにNHK『みんなのうた』を初書き下ろし
Wed, 01 Aug 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月29日に日本と台湾でニューアルバム『ELEVEN PIECE』をリリースするORANGE RANGEが、10月から11月に放送されるNHK『みんなのうた』に新曲「Family」を書き下ろした。

この楽曲のテーマはズバリ“家族”。30代半ばに差し掛かるメンバーが等身大の視点で、沖縄のありふれた景色、音や匂いをイメージして描かれた。子供の頃には気づけなかった、当たり前じゃない幸せ、受け継がれてきたバトンの存在を噛み締めていきたいという願いが込められた楽曲となっている。

なお、ORANGE RANGEにとってNHK『みんなのうた』への書き下ろしは今回が初。アニメーションは映像作家、きらけいぞうが担当する。10月1日(月)からの放送をお楽しみに!

■【「Family」楽曲情報】

NHK『みんなのうた』2018年10月〜11月放送
http://www.nhk.or.jp/minna/

作詞・作曲・編曲・うた:ORANGE RANGE
弦編曲:吉俣良、NAOTO
アニメーション:きらけいぞう



【関連リンク】
ORANGE RANGE、“家族”をテーマにNHK『みんなのうた』を初書き下ろし
ORANGE RANGEまとめ
けやき坂46(ひらがなけやき)、「ハッピーオーラ」MV解禁! メンバーはサラリーマンたちに見えない妖精に!?

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 新曲, ポップス, 主題歌

けやき坂46(ひらがなけやき)、「ハッピーオーラ」MV解禁! メンバーはサラリーマンたちに見えない妖精に!?
Wed, 01 Aug 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

けやき坂46(ひらがなけやき)が、新曲「ハッピーオーラ」のMVを公開した。「ハッピーオーラ」は8月15日にリリースされる欅坂46の7thシングル「アンビバレント」の初回仕様限定盤TYPE-Bに収録となる。

今回“けやき坂46は社会のミカタ”をテーマに掲げ、会社のオフィスを舞台にMVを撮影。けやき坂46のメンバーはサラリーマンたち(エキストラ)には見えない妖精となり、彼らを癒し、励まし元気づける存在として描かれている。

けやき坂46は“ハッピーオーラ”をモットーに掲げており、まさにこの曲は人々にハッピーを届けられるに違いない。

シングル「アンビバレント」

2018年8月15日発売



【初回限定盤 TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9922〜9923/¥1,528(税抜)
【初回限定盤 TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9924〜9925/¥1,528(税抜)
【初回限定盤 TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9926〜9927/¥1,528(税抜)
【初回限定盤 TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9928〜9929/¥1,528(税抜)
【通常盤】(CD)
SRCL-9930/¥972(税抜)
 
◎初回仕様限定盤共通封入特典
・「全国握手会イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
・「メンバー生写真」ランダム1枚封入



【関連リンク】
けやき坂46(ひらがなけやき)、「ハッピーオーラ」MV解禁! メンバーはサラリーマンたちに見えない妖精に!?
けやき坂46まとめ
欅坂46まとめ
Mrs. GREEN APPLE、映画では描かれないストーリーの「点描の唄(feat. 井上苑子)」MV公開

【関連アーティスト】
けやき坂46, 欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, AKB, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

Mrs. GREEN APPLE、映画では描かれないストーリーの「点描の唄(feat. 井上苑子)」MV公開
Wed, 01 Aug 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが、8月1日リリースのニューシングル「青と夏」から「点描の唄(feat. 井上苑子)」のMV(Short ver.)を公開した。

8月1日(水)公開の映画『青夏 きみに恋した30日』の挿入歌として書き下ろした今作。MVは映画本編と同じく古澤健監督によって新たに撮り下ろされた特別映像で、本編で主演を務める佐野勇斗が演じている。

“本編で楽曲が流れるシーンに合わせて制作した”と大森が語るほど、理緒(葵わかな)や吟蔵(佐野勇斗)の気持ちに寄り添った歌詞とメロディー、井上苑子との歌声の掛け合いが本編を盛り上げており、MVでも吟蔵の視点を中心に、映画では描かれない“夏に出会った理緒と吟蔵のふたりがそれぞれ離れて過ごす日々”のストーリーとなっている。

CDより1日早く配信リリースされると、LINE MUSICでは表題曲「青と夏」に続いてデイリーチャート1位を獲得し、すでに話題となっている「点描の唄(feat. 井上苑子)」。映画、そして主題歌「青と夏」と合わせてチェックしてほしい。

そして、リリースを記念して8月1日(水)19:00よりLINE LIVE「『青と夏』リリースを記念してミセスから重大発表!」も行なう。こちらもお見逃しなく!

■「点描の唄(feat. 井上苑子)」MV ※「GYAO!」独占配信!
https://gyao.yahoo.co.jp/player/11185/v00035/v0000000000000000659/
■LINE LIVE「『青と夏』リリースを記念してミセスから重大発表!」
https://live.line.me/channels/2538102/upcoming/9049539

シングル「青と夏」

2018年8月1日より発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89376/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
01.青と夏
02.点描の唄(feat.井上苑子)
03.ア・プリオリ
■DVD
青と夏(MV)
The Making of “青と夏”
MGA 野外フリーライブ on 17th April, 2018より
StaRt / VIP / WanteD! WanteD! / PARTY / Love me, Love you



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-80493/¥1,200+税

◎チェーン別オリジナル特典
オリジナルポスター(B3サイズ ※515mm×364mm)
対象チェーン:タワーレコード全店/TSUTAYA RECORDS全店/HMV全店/Amazon.co.jp
※特典は無くなり次第終了となります。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください)

◎ショップ購入特典
告知ポスター(B2サイズ ※728mm×515mm)
※チェーン別オリジナル特典が付く店舗は対象外となります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください)
■UNIVERSAL MUSIC STORE 予約ページ
http://store.universal-music.co.jp/artist/mrsgreenapple/

◎ENSEMBLE TOUR会場特典
1.ENSEMBLE TOURポスター(B2サイズ※728mm×515mm)
2.クリアファイル(A4サイズ)
※クリアファイルの絵柄は早期予約特典の絵柄と同一となります。
※ENSEMBLE TOURポスターは会場にてお渡しします。
(クリアファイルはCDと一緒にお渡しします)
※3rd ALBUM『ENSEMBLE』(UPCH-29294、20483)をお買い上げのお客様にもENSEMBLE TOURポスターのみ差し上げます。
※特典は無くなり次第終了となります。
■対象会場
2018年7月20日(金)静岡市民会館 中ホール〜2018年8月4日(土)長野・ホクト文化ホール



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、映画では描かれないストーリーの「点描の唄(feat. 井上苑子)」MV公開
Mrs. GREEN APPLEまとめ
井上苑子まとめ
SHE\'S、新曲「歓びの陽」が全国ラジオ29局でパワープレイに! プレミアムライヴのダイジェスト映像も公開!

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE, 井上苑子
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽番組, 主題歌, 映画, 音楽配信

SHE\'S、新曲「歓びの陽」が全国ラジオ29局でパワープレイに! プレミアムライヴのダイジェスト映像も公開!
Wed, 01 Aug 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪出身の4人組次世代ピアノロックバンド、SHE’Sのニューシングル「歓びの陽」(8月8日リリース)が全国のラジオ29局でパワープレイを獲得していることが発表された。楽曲のクオリティーがラジオ関係者より高い評価を受けており、北は北海道から南は鹿児島まで、8月1ヶ月間全国のラジオ局で大量にオンエアされる。

また、シングル「歓びの陽」初回限定盤の特典DVDに収録されるライヴ映像のダイジェストが公開となった。5月27日(日)に東京・中野サンプラザでストリングス&ホーン隊を従えたスペシャル編成で行なわれたプレミアムライヴ『Sinfonia “Chronicle” #1』の前篇の一部と、それを鑑賞するSHE’Sメンバーのトークが楽しめる映像に仕上がっている。ライヴ映像はもちろんのこと、とある“指令”を受けたメンバー4人が繰り広げる爆笑トークも必見だ。

パワープレイ獲得局 全29局

・AIR-G
・FM福島
・FM岩手
・FM仙台
・仙台TBCラジオ
・FM栃木
・FM NACK5
・FM-FUJI
・@FM
・FM石川
・FM福井
・FMとやま
・FM岐阜
・FM802
・FM OH!
・KissFM
・αステーション
・e-radio
・FM三重
・FM山陰
・FM岡山
・FM徳島
・FM香川
・FM愛媛
・FM福岡
・FM鹿児島
・FM宮崎
・FM佐賀
・FM長崎

シングル「歓びの陽」

2018年8月8日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-39078/¥1,700+税
【完全数量限定盤】(CD+サコッシュ)
品番未定/¥2,407+税
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売
<収録曲>
■CD
01.歓びの陽
02.Upside Down
03.Monologue
04.歓びの陽(Instrumental)
05.歓びの陽(Backing Track Version)
■DVD ※初回限定盤のみ
『Sinfonia “Chronicle” #1 〜前篇〜』
01.Morning Glow
02.Beautiful Day
03.Just Find What You\'d Carry Out
04.Long goodbye
05.Evergreen
06.幸せ

■配信情報
https://umj.lnk.to/shes_yorobPR
【通常盤】(CDのみ)
TYCT-30077/¥1,000+税



【通常盤】(CDのみ)
TYCT-30077/¥1,000+税



【関連リンク】
SHE\'S、新曲「歓びの陽」が全国ラジオ29局でパワープレイに! プレミアムライヴのダイジェスト映像も公開!
SHE\'Sまとめ
さくらしめじ、“淡い初恋”がテーマの楽曲でNHK『みんなのうた』に初登場

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, DVD, シングル, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売

さくらしめじ、“淡い初恋”がテーマの楽曲でNHK『みんなのうた』に初登場
Wed, 01 Aug 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現役高校生フォークデュオのさくらしめじが、10〜11月に放送のNHK『みんなのうた』に初登場することが決定! “淡い初恋”をテーマにした楽曲「スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜」が10月1日(月)8:55よりNHKのEテレにて初回2カ月間放送される。

今回の『みんなのうた』は幅広い年代が共感できるフォークソングを目指し、さくらしめじが起用されたとのこと。日比谷野音でのワンマンライブの成功、11月のEPのリリース、12月は中野サンプラザでの初のワンマンライブを控えるなど、今注目の彼らの活躍に期待が高まる。

■『みんなのうた』HP
http://www.nhk.or.jp/minna/

『さくらしめじのHappy X’mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ』

12月15日(土) 東京・中野サンプラザ
<チケット>
指定席/お子様ファミリー席¥5,980(税込)



【関連リンク】
さくらしめじ、“淡い初恋”がテーマの楽曲でNHK『みんなのうた』に初登場
さくらしめじまとめ
indigo la End、千原ジュニア主演『ごっこ』で初の映画主題歌! 川谷絵音が夢作曲!?

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, テレビ番組, 音楽番組

indigo la End、千原ジュニア主演『ごっこ』で初の映画主題歌! 川谷絵音が夢作曲!?
Wed, 01 Aug 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

indigo la Endの最新曲「ほころびごっこ」が、10月20日(土)よりユーロスペースほかで全国順次公開される映画『ごっこ』の主題歌に決定した。

indigo la Endにとって初の映画主題歌となる「ほころびごっこ」は、川谷絵音自らが映画本編を観て書き下ろした楽曲で、まさに『ごっこ』のための1曲になっている。映画の世界観にぴたっと寄り添いながらも、indigo la Endらしさも存分に発揮された1曲で、最新アルバム『PULSATE』で多角的な魅力を届けた彼らのさらなる進化が克明に刻まれている。音源化は現状未定とのことなので、続報を楽しみに待とう。

映画『ごっこ』は、社会の暗部をファンタジックに描いた名作として知られる小路啓之原作の『ごっこ』が、主人公・城宮役(パパやん)に千原ジュニアを迎え、『凶悪』の脚本家・?橋泉と、『ユリゴコロ』で新境地を切り開いた監督・熊澤尚人によって実写映画化されたものであり、役が憑依したかのように、父親らしい顔の裏に狂気を内包する難しい役を千原ジュニアが渾身の演技で魅せる。城宮の娘・ヨヨ子は、『悦ちゃん』(NHK)に出演、天才子役として話題の平尾菜々花が演じた。そして、二人を見守る商店街の住人に優香、秋野太作、中野英雄、石橋蓮司ら実力派俳優が顔を揃え、是非に揺れる家族の物語が紡がれている。

また、今回indigo la Endが提供した主題歌に関して、作詞・作曲を行った川谷絵音、熊澤監督、千原ジュニア、音楽プロデューサーの川村ケンスケ、ゼネラルプロデューサーの芳賀正光からそれぞれコメントも寄せられた。

■【コメント】

■川谷絵音
「「ごっこ」の主題歌を作るにあたり、僕は初めて作曲旅行というものを敢行しました。映画を見たのは旅先の宿のハンモックの上でした。見た後色んな感情が湧き上がり持ってきたクラシックギターで全然違う曲を3曲も作ってしまいました。そして満足した僕は旅館のご飯を食べ、温泉に入り、良い旅だったなと布団に入り目を瞑った。その瞬間でした。ごっこの最後の10分間のシーンがフラッシュバックしました。軽い夢作曲のような状態。これだ!と思う曲の雰囲気を掴みました。作った3曲はボツにしようと決めた。そのまま僕は眠りにつきました。起きて家に帰り、夢作曲した曲をギターにおこしスタジオで何かに取り憑かれたように一気にメンバーと作り上げました。夢作曲は僕もなかなか経験したことがないので、それを呼び起こした「ごっこ」という映画には愛しかありません。これ以上の主題歌はないと思います。ぜひ最後まで聴いてください。アウトロが終わる時、映画が完成します」

■熊澤監督
「千原ジュニアさん演じる主人公の城宮の心情、皮膚感覚での居心地の悪さ、触感を見事に表現する主題歌を書き下ろして頂き、大変感動しております。また映画の世界観にぴったりとシンクロした虚実の狭間を歌う主題歌を是非皆様にお楽しんで頂きたいです!」

■千原ジュニア
「素晴らしい曲をありがとうございます。ずっと頭の中にこの曲が流れてます」

■音楽プロデューサー 川村ケンスケ
「川谷絵音のクリエイティビティが、「映画のエンディング」を「未来のある時点で、再びこの映画を見る!というスタート地点」に変えてしまった。

映画のエンディングとそこで流れる音楽は「見た後の余韻」を噛みしめるためにある、と、ずっと思っていた。

ところが、この「ほころびごっこ」という曲は全く違う思いを抱かせた。

目の前で、たった今終わってしまった映画が、
「もしかしたら、近い将来=(イコール)未来に、またこの映画を見るのだ」
あるいは
「まだ来ぬその『未来』」がすでにきてしまったのか?」というような、
「先にデ・ジャブが訪れた」ような、
「パラドックスに囚われた」ような、
そんな気分にさせる効果を、確実に僕に与えたのだった。

それはまさに、映画をもう一度見せてしまう、曲。

川谷マジック、それはあると思ってはいたし、だからこそエンディング曲を依頼した…。
でも、まさかこんなスペシャルな魔法をかけるとは!

そして、さらに予想を上回っていたのが、曲の後半(ぜひ、席を立たずに聞いてほしい!)の言葉たち。

エンディング曲を作っている「自分」を客観視して、
曲をこうして作っている、ということを「歌詞に歌いこんで」作っているところ。

ドキッとした。川谷絵音が生身で突如、目の前に現れる感覚。

そして、
映画はいつもほぼフィクションだし、うたを作って歌ってることも、そしてそれらを届けている「ボク」も「フィクション」かもしれないんだよ、

という「商業芸術の根本」までたどり着いて見せている気がする。

もちろん、そんな思いを川谷絵音に抱かせるような「チカラ」を、「ごっこ」が持っていたということなのだろう、とも感じた。

こんなエンディング曲を予想もせずに!
ゲス極やジェニーハイで、僕が共同作業した時の、そしてその時に感じた「川谷絵音の身軽さ」を当てにして、この仕事をお願いして、ごめんなさい!

深かった!

…と、賛辞と謝辞を持って、わたくしからの御礼およびエンドロールとさせていただきます」

■ゼネラルプロデューサー 芳賀正光
「『聴いてから観る』をお勧めします。
素敵な映画を見終えた後…、エンディングで流れる楽曲。
この楽曲次第で、映画の余韻に浸って銀幕に釘付けになるか?そのまま席を立って帰路に向かうか?大きな分岐が待ち受ける。
初めて「ほころびごっこ」を聴いたとき、映画「ごっこ」への愛情を存分に感じる歌詞とメロディーに背筋がゾクゾクした。耳を澄まして楽曲を聴くと映画の象徴的なシーンが走馬灯のように蘇ってきた。見終えたばかりの作品をもう1度見たいと思う自分が居た。
ひと昔前、
「読んでから見るか?」「見てから読むか?」というセンセーショナルな映画のキャッチコピーが世の中を席巻した。
そこで、吾輩から一言!
「聴いてから観るか?」「観てから聴くか?」
ズバリ、その答えは!?
『聴いてから観る!』
「ほころびごっこ」に聞き惚れてから、映画『ごっこ』を観れば、感動は倍増するに違いない。
川谷絵音さんへ!
「主題歌ごっこ」からはじまった、本物音楽…。つかまえた」

映画『ごっこ』 詳細

【ストーリー】
大阪の寂れた帽子店には、40歳目前にも関わらずニートの城宮と、5歳児・ヨヨ子の親子が仲睦まじく暮らしていた。実はこの二人、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子だった。
十数年ぶりに城宮が実家に戻ったことを知る幼馴染で警察官のマチは、突如現れたヨヨ子に疑いの目を向ける。ごっこ生活のような不安定な二人のその日暮らしはある日突然、衝撃の事実によって崩壊してしまう......。

【映画情報】
出演:千原ジュニア、優香、平尾菜々花、ちすん、清水富美加、秋野太作、中野英雄、石橋蓮司
監督:熊澤尚人
原作:小路啓之(集英社刊)
脚本:熊澤尚人、?橋泉
製作:前田茂司
ゼネラルプロデューサー:芳賀正光
プロデューサー:小松俊喜
企画プロデューサー:赤山健太
アソシエイトプロデューサー:篠崎典子、渡辺大地
撮影:今村圭佑
照明:織田誠
音楽:安川午朗
音楽プロデューサー:川村ケンスケ
主題歌:『ほころびごっこ』(indigo la End)
制作プロダクション:楽映舎
企画・制作:タイムズイン
製作:「ごっこ」製作委員会
配給:パル企画
(c)小路啓之/集英社 (c)2017 楽映舎/タイムズイン/WAJA
(2017/日本/カラー/5.1ch/ビスタサイズ/114分)

■映画公式サイト
http://gokko-movie.jp



【関連リンク】
indigo la End、千原ジュニア主演『ごっこ』で初の映画主題歌! 川谷絵音が夢作曲!?
indigo la Endまとめ
川谷絵音まとめ
キリト、新曲2曲を独占配信! 収益は西日本豪雨災害の義援金へ

【関連アーティスト】
indigo la End, 川谷絵音
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 新曲, 主題歌, 映画

キリト、新曲2曲を独占配信! 収益は西日本豪雨災害の義援金へ
Wed, 01 Aug 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

約10年振りのソロ活動を再開したAngeloのヴォーカル、キリトがソロとしての新曲を配信することが発表された。8月13日よりiTunes storeおよびApple Musicで独占配信の形を取り、書き下ろしの新曲「METHOD」「Act」の2曲を配信予定だ。

8月17日(金)に名古屋 Electric Lady Land、8月24日(金)に大阪 UMEDA CLUB QUATTRO、9月2日(日)にはCLUB CITTA\'川崎でソロでのライヴを控えており、必聴曲となることは間違いない。1月よりソロでの活動も行なっている中、約10年振りとなる新曲には期待が高まる。

なお、この配信での収益の全額を7月の西日本豪雨災害(平成30年7月豪雨)で被災された方々を支援するための義援金として、日本赤十字社を通じて寄付することも発表した。

配信楽曲「Act」

2018年8月13日発売



価格未定

配信楽曲「METHOD」

2018年8月13日発売



価格未定



【関連リンク】
キリト、新曲2曲を独占配信! 収益は西日本豪雨災害の義援金へ
キリトまとめ
Angeloまとめ
フジファブ、10月にミニアルバム『FAB FIVE』をリリース! 映画『ここは退屈迎えに来て』コンピも同発!

【関連アーティスト】
キリト, Angelo
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブ, ワンマン, 音楽配信

フジファブ、10月にミニアルバム『FAB FIVE』をリリース! 映画『ここは退屈迎えに来て』コンピも同発!
Wed, 01 Aug 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックが、ミニアルバム『FAB FIVE』を10月3日にリリースすることが発表された。これは8月1日(水)のFM802『UPBEAT!』に山内総一郎(Vo)が生出演した際に、本人の口から伝えられたもの。

2017年2月にリリースされたシングル「カンヌの休日 feat. 山田孝之」から約1年8か月ぶりのパッケージリリースとなる今作は、映画『ここは退屈迎えに来て』主題歌となる「Water Lily Flower」が初収録されるほか、成田凌主演で話題となったCanon「“This” is my life.」ショートムービー『僕たちは今日、お別れします。』テーマソング「かくれんぼ」、『J SPORTS STADIUM2018 プロ野球中継テーマソング』となった「電光石火」など、計5曲を収録。さらに、初回限定盤には2018年3月23日にEX THEATER ROPPONGIで開催した『フジファブリック LIVE TOUR 2018 “帰ってきた!!三日月ADVENTURE”』のライヴ映像やMVなどが収録される。

そして、10月3日に同時発売で『映画「ここは退屈迎えに来て」-オリジナル・コンピレーション・アルバム-』がリリースされることも発表された。このコンピレーションアルバムはチャラン・ポ・ランタンのももが歌唱で参加した「純情商店街」を含む、フジファブリックが初めて手掛けた同映画の劇伴楽曲を全て収録。劇中で使われたDATS、LUCKY TAPESの楽曲も収録となる。

そんなフジファブリックは8月1日(水)18:00から試合開始となる、京セラドーム大阪で行なわれる『オリックス・バファローズvs東北楽天ゴールデンイーグルス』で始球式に登板が決定している。足を運ばれる方はメンバーの雄姿を目に焼き付けてきてほしい。

ミニアルバム『FAB FIVE』

2018年10月3日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-3574〜5/¥2,500+税
【通常盤】(CDのみ)
AICL-3576/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.Water Lily Flower
02.電光石火
03.1/365
04.カンヌの休日
05.かくれんぼ
■DVD
・LIVE映像:2018.03.23『フジファブリック LIVE TOUR 2018“帰ってきた!!三日月 ADVENTURE”』at EX THEATER ROPPONGI
・MV:「Water Lily Flower」「電光石火」「カンヌの休日 feat. 山田孝之」 etc...。

アルバム『映画「ここは退屈迎えに来て」-オリジナル・コンピレーション・アルバム-』

2018年10月3日発売



VPCD-86213/¥1,389+税
<収録曲> ※全9曲収録(曲順未定)
・あぜ道のマーチ/フジファブリック
・コールスローブルース/フジファブリック
・YOU & I/フジファブリック
・フィーカ/フジファブリック
・Short Vacation feat. DJY/フジファブリック
・純情商店街/フジファブリック
・トレモロ/フジファブリック
・Heart/DATS
・Peace and Magic/LUCKY TAPES



【関連リンク】
フジファブ、10月にミニアルバム『FAB FIVE』をリリース! 映画『ここは退屈迎えに来て』コンピも同発!
フジファブリックまとめ
チャラン・ポ・ランタンまとめ
DATSまとめ
ワンオク、初のフルオーケストラを従えたライヴ開催決定

【関連アーティスト】
フジファブリック, チャラン・ポ・ランタン, DATS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, 主題歌, 映画

ワンオク、初のフルオーケストラを従えたライヴ開催決定
Wed, 01 Aug 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ONE OK ROCKが『ONE OK ROCK with Orchestra Japan Tour 2018』と題し、10月に2ヶ所でライヴを開催することが決定した。フルオーケストラを従えてのライヴは初めての試みとなる。これまでとは違うONE OK ROCKを、ぜひチェックしてみてほしい。

■『ONE OK ROCK with Orchestra Japan Tour 2018』

10月20日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
10月21日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
10月30日(火) 大阪 大阪城ホール
10月31日(水) 大阪 大阪城ホール



【関連リンク】
ワンオク、初のフルオーケストラを従えたライヴ開催決定
ONE OK ROCKまとめ

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1