歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年07月26日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
伊東歌詞太郎、再始動ライブにて東名阪ツアー&会場限定CDを発表
Thu, 26 Jul 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

伊東歌詞太郎が喉の手術後、約半年ぶりとなる再始動ワンマン『HAPPY REBIRTHDAY』を7月25日に渋谷TSUTAYA O-EASTで開催した。

自身の誕生日にも当たる今回のライブは、発表と同時にチケットの申込が殺到し、即ソールドアウト。誕生日と再始動を祝う満員のオーディエンスに迎えられ、約2時間のステージをブランクを感じさせない圧倒的な歌唱力で歌い切った。

また、活休中の心情を込めた新曲も披露! 新作CDも電撃的に会場に到着し、1000枚が売り切れるなどファンにとってもサプライズのあるライブとなった。さらに東名阪ワンマンツアーを年末に行なうことを発表され、オフィシャルサイトも一新。再始動が確かなものであることを印象付けた。

休養中に執筆した初の小説『家庭教室』が5万部を突破しマルチな才能も見せた伊東歌詞太郎が、シンガーソングライターとしてのさらなる進化を確信させる一夜となった。9月8日(土)に大阪にて開催されるワンマンライブ『HAPPY UNBIRTHDAY TO YOU』は、7月26日(木)までイープラス独占プレオーダーを受付中なので、こちらもお見逃しなく!

Live photo by 大塚秀美

【ライブ情報】

■『HAPPY UNBIRTHDAY TO YOU』
9月08日(土) 大阪・岸和田市立浪切ホール 大ホール
<チケット>
全席指定:前売り¥4,500
・イープラス独占プレオーダー(抽選)
7月26日(木)23:59まで受付中 http://eplus.jp/ik-ep/
・一般発売
8月4日(土)10:00〜
イープラス、ローソンチケット、チケットぴあ、SC TICKET、岸和田市立浪切ホール会館にて販売

■ワンマンツアー
12月21日(金) 愛知・ダイアモンドホール
12月26日(水) 大阪・なんばHatch
12月29日(土) 東京・品川プリンス ステラボール
※公演詳細は後日発表

新作CD『BLANK DISK』

※各ライブ・イベント会場物販にて販売中



¥1,000(税込)
1.言葉と心
2.その暖かな手を
3.Tonight
4.ムーンウォーカー
※各ライブ・イベント会場物販にて販売

illustration:みっ君



【関連リンク】
伊東歌詞太郎、再始動ライブにて東名阪ツアー&会場限定CDを発表
伊東歌詞太郎まとめ
超特急が角川文庫、HMV&BOOKSとコラボ! 『超特急文庫』第2弾が決定

【関連アーティスト】
伊東歌詞太郎
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 新曲, リリース

超特急が角川文庫、HMV&BOOKSとコラボ! 『超特急文庫』第2弾が決定
Thu, 26 Jul 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急がニューシングル「Jesus」の発売と、東京国際フォーラム・ホールAで行なわれる主催イベント『“超”超フェス』の開催を記念して、大好評だった『超特急文庫』第2弾の発売が決定!

第一弾同様、超特急と角川文庫、HMV&BOOKSによるコラボレーションで、 今回は“夏の課題図書”として、メンバーと8号車におすすめしたいタイトルを角川文庫がセレクト。前向きな気持ちになれる1冊と、メンバーをイメージした1冊の計2冊にメンバーそれぞれがオリジナルカバーで登場する。

さらにオリジナルカバーは、POPなデザインの切り取って使えるオリジナルしおり付き! 対象店舗にて超特急文庫全タイトル(12冊)をご購入の方に限定生産「Jesus」バッグの先着プレゼントもあるとのことなので、ぜひチェックしてほしい。

■【超特急文庫第2弾ラインナップ】

■カイ
『星の巡礼』/パウロ・コエーリョ
『ユージニア』/恩田陸
■リョウガ
『ブレイブ・ストーリー 上』/宮部みゆき
『恋虫』/白土夏海
■タクヤ
『クローズド・ノート』/雫井脩介  
『再生』/石田衣良
■ユーキ
『わたしの恋人』/藤野恵美
『バッテリー』/あさのあつこ
■ユースケ(6号車)
『DIVE!! 上』/森絵都
『最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵』/椹野道流
■タカシ(7号車)
『星やどりの声』/朝井リョウ
『君にささやかな奇蹟を』/宇山佳佑

【『超特急文庫』第2弾 詳細】

<発売スケジュール>
8月01日(水)〜 HMV&BOOKS SHIBUYA
8月07日(火)〜 HMV&BOOKS online 、HMV全店
※シングル「Jesus」しおりプレゼントや、対象店舗にて超特急文庫全タイトル(12冊)ご購入の方に限定生産「Jesus」バッグ先着プレゼント等もあり!
■詳しくは下記URLにてご確認下さい http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1807231013/

シングル「Jesus」

2018年8月8日 発売



【通常盤】
ZXRC-1156/¥1,200(税込)
<収録曲>
1.Jesus
2.up to you
3.Fashion

【FC盤】
ZXRC-1157/¥1,200(税込)
<収録曲>
1.Jesus
2.up to you
3.超越マイウェイ

【超超フェス盤】
ZXRC-1158
・CDのみ価格:¥1,200(税込)
・チケットセット価格:CD ¥1,200(税込)+チケット ¥7,000(税込)=¥8,200(税込)
※2018年8月8日&9日『“超”超フェス』@東京国際フォーラム ホールAのチケット(2公演のうち1公演)セットで同時発売
<収録曲>
1.Jesus
2.up to you
3.SAIKOU KOUSHIN



【関連リンク】
超特急が角川文庫、HMV&BOOKSとコラボ! 『超特急文庫』第2弾が決定
超特急まとめ
ディープ・パープル、10月のジャパンツアー直前に 日本独自企画のアルバム発売

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, コラボ

ディープ・パープル、10月のジャパンツアー直前に 日本独自企画のアルバム発売
Thu, 26 Jul 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ディープ・パープルが“最後の来日”と噂されているジャパン・ツアーの直前、9月26日(水)に日本独自企画となる2枚組作品『ジ・インフィニット・ライヴ・レコーディングス VOL.1』をリリースする。

本作のディスク1には、2017年フランスのヘルフェストに出演した際の名曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」などを含むライヴ音源13曲を収録。ディスク2は、デンマークやスウェーデン、イタリアなどでのライヴ音源や、アルバム『インフィニット』から派生した複数のEPに収録されていたアウトテイクなどを14曲収録する。中でも「オール・アイ・ガット・イズ・ユー」と「ジョニーズ・バンド」のラジオ・エディット・ヴァージョンは、世界初収録となるので注目! トータル27曲を収めたこの作品は完全生産限定であるため予約必須だ。

また、上記作品発売日と同日に『インフィニット』の製作過程を捉えた映像作品『“フロム・ヒア・トゥ・インフィニット" ザ・ムーヴィー』がブルーレイでリリースされる。主にスタジオでのリハーサル、レコーディングとメンバーのインタビューが収められており、90年代のリッチー・ブラックモアの脱退などについても触れられていて、ファン必見の内容だ。ナレーターを元YESのリック・ウェイクマンが務めているのも興味深く、さらにボーナス映像として、2017年のヘルフェストでのライヴ映像が3曲収録されるので、こちらもぜひ手に取ってほしい。

アルバム『THE INFINITE LIVE RECORDINGS VOL.1』

2018年9月26日発売



【完全生産限定】(2CD)
VICP-65502〜3/¥3,400+税
※Spotifyほか、主要定額制音楽ストリーミングサービスにて9月26日より配信開始
<収録曲>
■CD 1: Live at Hellfest 2017
1. Time For Bedlam
2. Fireball
3. Bloodsucker
4. Strange Kind Of Woman
5. Uncommon Man
6. The Surprising
7. Lazy
8. Birds Of Prey
9. Perfect Strangers
10. Space Truckin\'
11. Smoke On The Water
12. Peter Gunn / Hush
13. Black Night
■CD 2
1. Hell To Pay [Live at Hellfest 2017]
2. Key Solo [Live at Hellfest 2017]
3. Highway Star [Live in Aalborg 2013]
4. Strange Kind Of Woman [Live in Gaevle 2013]
5. The Mule [Live in Gaevle 2013]
6. Hell To Pay [Live in Gaevle 2013]
7. Black Night [Live in Milan 2013]
8. Smoke On The Water [Live in Milan 2013]
9. Simple Folk
10. Above And Beyond [instrumental]
11. Time For Bedlam [First Take]
12. In & Out Jam
13. All I Got Is You [Radio Edit]
14. Johnny\'s Band [Radio Edit]

Blu-ray『FROM HERE TO INFINITE ?THE MOVIE- 』

2018年9月26日発売



YMXA-10755/¥6,000+税

『Deep Purple The Long Goodbye Tour』

10月14日(日) 千葉・幕張メッセ 9・10・11ホール
10月15日(月) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
10月17日(水) 大阪・フェスティバルホール
10月18日(木) 大阪・フェスティバルホール
10月20日(土) 広島・上野学園ホール
10月22日(月) 福岡・サンパレス ホテル&ホール



【関連リンク】
ディープ・パープル、10月のジャパンツアー直前に 日本独自企画のアルバム発売
Deep Purpleまとめ
坂口有望、大阪にてスイパラとコラボした『fruits Cafe』を開催決定

【関連アーティスト】
Deep Purple
【ジャンル】
洋楽, ニュース

坂口有望、大阪にてスイパラとコラボした『fruits Cafe』を開催決定
Thu, 26 Jul 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月8日にリリースとなる坂口有望の配信シングル「fruits」の発売を記念して、『SWEETS PARADICE』大阪・エキスポシティ店にてコラボレーションカフェ『fruits Cafe』を開催することが決定した。

期間中は坂口有望監修のオリジナルフード『フルーツたっぷり♪あみパルフェ』『ふわふわフルーツパンケーキ』と、オリジナルドリンク『夏にぴったりフルーツティー』『おおさかミックスジュース』を限定販売! オリジナルドリンク・フードをご注文頂いたお客様には、もれなく全員にオリジナルコースターがプレゼントされる。さらにダブルチャンスとして、毎日抽選で1名様にコラボレーションカフェのロゴが印刷されたオリジナルセルカ棒のプレゼントも。8月1日〜8月20日まで開催されるので、この機会にぜひ足を運んでみてほしい。

また、店内のコラボレーションエリアは全席にオリジナルランチョンマットが設置される。坂口有望の写真パネル展も行なわれるとのことなので、お立ち寄りの際にはこちらも要注目だ。

坂口有望×SWEETS PARADISE コラボレーション『fruits Cafe』

開催店舗:SWEETS PARADICE エキスポシティ店
※上記1店舗のみでの展開となります。
開催期間:8月1日〜8月20日
※開催期間は予告無く変更になる可能性がございます。

■SWEETS PARADICE特設HP http://www.sweets-paradise.jp/news/2018/07/fruits.html

配信シングル「fruits」

2018年8月8日(水)配信開始
※サブスクリプションも同時開始



<収録曲>
1.fruits
2.ばかやろう-2018.5.5渋谷WWW Live Ver.-
3.15歳の詩-2018.5.5渋谷WWW Live Ver.-
4.16さいのうた-2018.5.5渋谷WWW Live Ver.-



【関連リンク】
坂口有望、大阪にてスイパラとコラボした『fruits Cafe』を開催決定
坂口有望まとめ
ビッケブランカ、アニメ『詩季織々』初日舞台挨拶で主題歌「WALK」生披露決定

【関連アーティスト】
坂口有望
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, コラボ

ビッケブランカ、アニメ『詩季織々』初日舞台挨拶で主題歌「WALK」生披露決定
Thu, 26 Jul 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アニメーション映画『詩季織々』の初日舞台挨拶が8月4日(土)にテアトル新宿にて開催され、主題歌を担当するビッケブランカも登壇し、主題歌「WALK (movie ver.)」を披露することが分かった。

本映画は、数々の新海誠監督作品を手がけてきた制作会社コミックス・ウェーブ・フィルムが贈る、3つの短篇が織り成す青春アンソロジー。北京で働く青年の思い出を故郷の名物・三鮮米粉(ビーフン)に重ねて描く『陽だまりの朝食』を実写作品出身のイシャオシン(易小星)、広州で助け合いながら暮らす姉妹の姿を追う『小さなファッションショー』をCGチーフとして新海作品を支えてきた竹内良貴、上海を舞台に幼なじみの男女の初恋のすれ違いを描いた『上海恋』をアニメーションブランドHaolinersの代表でもあるリ・ハオリン(李豪凌)がそれぞれ監督を務めている。

今回決定した初日舞台挨拶は、テアトル新宿にて同日に2回開催される。 当日は3監督のイシャオシン、竹内良貴、リ・ハオリン。声優キャストから坂泰斗、寿美菜子(1回目のみ)、大塚剛央とともに、ビッケブランカもステージに登壇。チケットは、7月27日(金)20:00よりテアトル新宿ホームページにてネット販売がスタートするので、ぜひチェックしてほしい。

また、現在ビッケブランカの歌詞と楽曲が美しい風景描写に色を添えている「WALK (movie ver.)」のMVを公開中! このMVを観て、いち早く『詩季織々』の世界を感じてみてはいかがだろうか。

■【『詩季織々』初日舞台挨拶】

8月04日(土) 東京・テアトル新宿
(1)10:00の回上映後
(2)12:15の回上映後
※ともに本編上映終了後に舞台挨拶開始となります。

<登壇者>
(1)イシャオシン監督、竹内良貴監督、リ・ハオリン監督、坂泰斗、寿美菜子、大塚剛央、ビッケブランカ(予定)
(2)イシャオシン監督、竹内良貴監督、リ・ハオリン監督、坂泰斗、大塚剛央、ビッケブランカ(予定)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

<チケット>
一般・大学・専門生¥1,300/高校生¥1,000/シニア¥1,100
※ムビチケ利用可
※ネット販売ではムビチケはご利用いただけません。ムビチケをお持ちのお客様は窓口販売をご利用ください。
※学生の方は入場時に学生証の提示が必要となります。

■販売方法
テアトル新宿ホームページ及び劇場窓口にて販売
・7月27日(金)20:00よりテアトル新宿ホームページにてネット販売開始
・7月28日(土)ネット販売で空席があった場合、テアトル新宿オープン時間より窓口販売開始

※詳細はテアトル新宿ホームページにてご確認ください。
https://ttcg.jp/theatre_shinjuku/

iTunes限定配信「夏の夢/WALK」Special Edition

2018年8月3日発売



¥600(税込)
<収録曲>
01.夏の夢
02.WALK(movie ver.)
03.夏の夢(cold water remix)
04.Black Rover(feat.SKY-HI city raven remix)
05.Slave of Love
06.Natural Woman
07.Moon Ride
08.Want you back
09.ファビュラス
10.夏の夢/WALK 〜ghost story〜 ※プレオーダー購入者限定Bonus Track

■iTunesプレオーダー
https://itunes.apple.com/jp/album/id1406234089?app=itunes&ls=1

※プレオーダーキャンペーン
1.プレオーダー期間限定特別価格¥600(2018年8月2日(木)まで)
2.プレオーダー特典「夏の夢/WALK 〜ghost story〜」

シングル「夏の夢/WALK」

2018年8月8日発売



【CD+GOODS(サコッシュバッグ)】
AVCD-94135/¥2,000+税
※数量限定生産BOX盤
【CD】
AVCD-94136/¥1,200+税
※初回封入特典:『詩季織々』メインビジュアルステッカー

<収録曲>
1.夏の夢 
2.WALK (movie ver.) ※アニメ映画『詩季織々』主題歌
3.夏の夢 (cold water remix)
4.Black Rover (feat.SKY-HI city raven remix)



【関連リンク】
ビッケブランカ、アニメ『詩季織々』初日舞台挨拶で主題歌「WALK」生披露決定
ビッケブランカまとめ
BUCK-TICK、デビュー30周年ライヴ映像作品のジャケット写真公開

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 主題歌, 映画

BUCK-TICK、デビュー30周年ライヴ映像作品のジャケット写真公開
Thu, 26 Jul 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKがデビュー記念日である9月21日にリリースするライヴ映像作品『THE PARADE 〜30th anniversary〜』のジャケット写真を公開した。

6月27日にリリースした映像作品『CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016 / CLIMAX TOGETHER 3rd』が、オリコンウイークリー映画Blu-ray、DVD両ランキング1位を獲得するなど、絶好調の中でリリースが発表された同作は、2017年9月23日、24日の2日間に渡りお台場の野外特設会場にて開催し、2万人を動員した、歴史に残るデビュー30周年記念スペシャルライヴの映像作品。30年におよぶレパートリーの中から、それぞれ異なるセットリストで演奏された珠玉の楽曲を完全収録! リリース日である9月21日は1987年に映像作品『バクチク現象 at THE LIVE INN』がリリースされた彼らのデビュー日であり、アニヴァーサリー・イヤーを飾る作品となる。その、ジャケット写真、デザインはメンバーの信頼も厚いアートディレクターである秋田和徳氏が努め、月夜の海辺で、いつまでも止まない“パレード"が美しく描かれている。

本作は完全生産限定盤と通常盤の2種類をBlu-ray/DVDでそれぞれリリースするが、2日間のライヴをDisc1,2にそれぞれ収録。さらに完全生産限定盤には、本編と同内容のライヴ音源を4枚のCDに収録、そして全60ページに及ぶLIVE PHOTO BOOKLETを同梱したスペシャルパッケージ仕様となる。

さらに、本映像作品のリリースに際して、早期予約キャンペーンを実施中。期間内に対象CDショップチェーンにて、完成生産限定盤をご予約いただいた方には“THE PARADE 〜30th anniversary〜 卓上カレンダー"をプレゼント!

ライヴ映像作品『THE PARADE 〜30th anniversary〜』

2018年9月21日発売



【完全生産限定盤】(2BD+4SHM-CD+PHOTOBOOK)
VIZL-1427 / ?14,000+税
【完全生産限定盤】(2DVD+4SHM-CD+PHOTOBOOK)
VIZL-1428 / ?13,000+税

◎完全生産限定盤
※ LIVE TRACKS CD [4枚組]付属
(すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD「SHM-CD」を採用)
※LIVE PHOTO BOOKLET [全60P]封入
※スペシャルパッケージ仕様

【通常盤】(2BD)
VIXL-237〜238 / ?7,000+税
【通常盤】(2DVD)
VIBL-906〜907 / ?6,000+税

<収録曲>
■Disc1 「THE PARADE 〜30th anniversary〜 FLY SIDE」
SE. THEME OF B-T
01. STEPPERS -PARADE-
02. PHYSICAL NEUROSE
03. 独壇場Beauty -R.I.P.-
04. 惡の華
05. 蜉蝣 -かげろう-
06. セレナーデ -愛しのアンブレラ-
07. 人魚 -mermaid-
08. GALAXY
09. ILLUSION
10. ボードレールで眠れない
11. 疾風のブレードランナー
12. Ash-ra
13. ミウ
14. Django!!! -眩惑のジャンゴ-
15. MISS TAKE 〜僕はミス・テイク〜
16. 夢魔-The Nightmare
17. MY EYES & YOUR EYES
18. LOVE PARADE
19. TO-SEARCH
20. FLY HIGH
21. DIABOLO
■Disc2 「THE PARADE 〜30th anniversary〜 HIGH SIDE」
SE. THEME OF B-T
01. FLY HIGH
02. Baby, I want you.
03. 真っ赤な夜
04. THE SEASIDE STORY
05. 薔薇色の日々
06. ORIENTAL LOVE STORY
07. スピード
08. RENDEZVOUS 〜ランデヴー〜
09. DADA DISCO - G J T H B K H T D ?
10. Coyote
11. Cuba Libre
12. CLIMAX TOGETHER
13. 美 NEO Universe
14. DIABOLO
15. 無題
16. ...IN HEAVEN...
17. MOON LIGHT
18. LOVE PARADE
19. STEPPERS -PARADE-
20. Alice in Wonder Underground
21. New World

【DVD&Blu-ray『THE PARADE 〜30th anniversary〜』完全生産限定盤 早期予約キャンペーン概要】

対象チェーンにて、Blu-ray & DVD『THE PARADE 〜30th anniversary〜』完全生産限定盤(VIZL-1427/VIZL-1428)をいずれか1枚ご予約・ご購入いただきました方に先着で、“THE PARADE 〜30th anniversary〜 卓上カレンダー(2018.9〜2019.9)”をプレゼント!

対象期間:6月21日(木)18:00〜8月26日(日)23:59
※早期予約キャンペーン特典のお渡しは商品ご購入時となります。

<対象チェーン>
■タワーレコード全国各店/タワーレコード オンライン
■HMV全国各店/HMV & BOOKS online
■TSUTAYA全国各店(一部店舗除く)/TSUTAYAオンライン
※一部お取り扱いのない店舗がございます。ご予約の際は各店舗にお問い合わせ下さい。
※ TSUTAYAオンラインは予約分のみとなります。
■Amazon
■新星堂全国各店(一部店舗除く)/WonderGOO全国各店(一部店舗除く)/新星堂WonderGOO楽天市場店
※一部お取り扱いのない店舗がございます。ご予約の際は各店舗にお問い合わせ下さい。
■文真堂書店/タイムクリップCD取扱い各店
■楽天ブックス
■ビクターエンタテインメント オンラインショップ

全国ツアー『TOUR No.0 - Guernican Moon -』

10月13日(土) 東京・マイナビBLITZ赤坂【ファンクラブ会員限定】
10月14日(日) 東京・マイナビBLITZ赤坂【モバイルサイト会員限定】
10月20日(土) 沖縄・ナムラホール
10月27日(土) 宮城・仙台PIT
10月28日(日) 宮城・仙台Rensa【ファンクラブ会員限定】
10月31日(水) 新潟・新潟LOTS
11月03日(土・ 祝)北海道・Zepp Sapporo
11月10日(土) 東京・豊洲PIT
11月11日(日) 神奈川・CLUB CITTA\'川崎
11月17日(土) 愛知・Zepp Nagoya
11月18日(日) 愛知・名古屋ダイアモンドホール【ファンクラブ会員限定】
11月23日(金・祝) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月24日(土) 大阪・大阪なんばHatch【ファンクラブ会員限定】
12月01日(土) 広島・BLUE LIVE広島
12月02日(日) 香川・高松festhalle
12月08日(土) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)【ファンクラブ会員限定】
12月09日(日) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
12月15日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS【ファンクラブ会員限定】
12月16日(日) 福岡・Zepp Fukuoka
12月20日(木) 熊本・熊本B.9 V1
12月22日(土) 京都・KBSホール



【関連リンク】
BUCK-TICK、デビュー30周年ライヴ映像作品のジャケット写真公開
BUCK-TICKまとめ
映像配信サービス『GYAO!』がロックフェス『RIJF』『RSRF』を最速で無料配信!

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

映像配信サービス『GYAO!』がロックフェス『RIJF』『RSRF』を最速で無料配信!
Thu, 26 Jul 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

映像配信サービス『GYAO!』が日本最大の野外ロックフェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』と、2018年に20回目の開催を迎える野外オールナイトロックフェス『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』のアーティストのライブ映像やコメント映像を、最速で無料配信することを発表した。

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』の配信ライブアーティストは、Dragon Ash、東京スカパライダイスオーケストラやゴールデンボンバーなど豪華アーティストを予定している。また、同イベントのライブ映像のほかに、アーティストのコメント映像をお届けする『ROCKお中元企画』も配信することが決定。本企画はアーティストへ夏の贈り物として『GYAO!』から5種類のお中元を用意し、アーティストにくじを引いてもらう形で当選したものを贈呈し、その模様をアーティストのコメントとともに配信する。

なお、『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』の配信アーティストに関しては8月上旬に発表予定。

さらに、両フェスの出演アーティストの“直筆イラストパネルとサイン色紙セット”が当たるTwitterキャンペーンが、8月4日(土)〜9月16日(日)まで開催される。参加方法は、『GYAO!』公式Twitterをフォローし、プレゼントを希望するアーティストの投稿をリツイートして応募完了となるので、ぜひ参加してほしい。詳しくは、キャンペーン特設サイトへ。

■Twitterプレゼントキャンペーン特設サイト
https://gyao.yahoo.co.jp/special/musicfes/rijf/

(c)rockin\'on japan inc. All Rights Reserved.
(c)WESS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』配信情報

<配信日時>
8月04日公演(DAY-1):8月05日(日)12:00〜9月04日(火)23:59
8月05日公演(DAY-2):8月06日(月)12:00〜9月04日(火)23:59
8月11日公演(DAY-3):8月12日(日)12:00〜9月11日(火)23:59
8月12日公演(DAY-4):8月13日(月)12:00〜9月11日(火)23:59

・ライブ配信アーティスト(※五十音順)
Aqua Timez、ORANGE RANGE、KANA-BOON、KEYTALK、キュウソネコカミ、ゲスの極み乙女。、ゴールデンボンバー、東京スカパラダイスオーケストラ、TOTALFAT、Dragon Ash、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNT、miwa・・・他
・コメント配信アーティスト(※五十音順)
Aqua Timez、アンジュルム、家入レオ、大森靖子、岡崎体育、OLDCODEX、ORANGE RANGE、KANA-BOON、KEYTALK、キュウソネコカミ、クリープハイプ、ゲスの極み乙女。、ゴールデンボンバー、SILENT SIREN、シシド・カフカ、私立恵比寿中学、鈴木愛理、sumika、10-FEET、東京スカパラダイスオーケストラ、TOTALFAT、Dragon Ash、NICO Touches the Walls、ビッケブランカ、平井大、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNT、miwa、モーニング娘。\'18、ヤバイTシャツ屋さん、LiSA、Little Glee Monster、レキシ・・他

■詳しくはこちら:https://gyao.yahoo.co.jp/special/musicfes/rijf/

『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』配信情報

<配信日時>
8月10日公演(DAY-1):8月20日(月)12:00〜9月19日(水)23:59
8月11日公演(DAY-2):8月21日(火)12:00〜9月19日(水)23:59

■詳しくはこちら:https://gyao.yahoo.co.jp/special/musicfes/rsr/

【フェス情報】

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』
8月04日(土) 国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)
8月05日(日) 国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)
8月11日(土・祝) 国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)
8月12日(日) 国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)

『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』
8月10日(金) 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(北海道石狩市)
8月11日(土・祝) 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(北海道石狩市)



【関連リンク】
映像配信サービス『GYAO!』がロックフェス『RIJF』『RSRF』を最速で無料配信!
石崎ひゅーい、語りツアーファイナル公演で2018年2回目の全国ツアー開催を発表

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 配信, 夏フェス

石崎ひゅーい、語りツアーファイナル公演で2018年2回目の全国ツアー開催を発表
Thu, 26 Jul 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

石崎ひゅーいが3月にリリースしたベストアルバムに収録されている新曲「ピリオド」を銘打った弾き語りツアー『石崎ひゅーい弾き語りワンマンTOUR 2018「ピリオド」』のファイナル公演を7月25日(水)渋谷TSUTAYA O-WESTにて開催し、計15曲をアコースティックギターでの弾き語りで披露した。

終盤のMCで、今回の弾き語りツアーが各所ソールドアウトとなったため、2周目の全国弾き語りツアー『石崎ひゅーい 弾き語りワンマンTOUR 2018「アンコール」』を開催することを発表した。全国22か所での開催となり、10月19日(金)鹿児島・Live HEAVEN公演を皮切りに、12月21日(金)東京・渋谷O-WEST公演にてファイナルを迎える。チケットは、ファンクラブ先行が8月1日(水)より、オフィシャル先行が8月7日(火)よりスタートする。ツアー発表に伴い、ツアービジュアルと最新のアーティスト写真も公開となった。

なお、9月1日(土)に開催するバンド編成での東京単独ワンマンライブ『石崎ひゅーい 2018ピリオドツアー・バンドファイナル』のチケット一般発売は、7月28日(土)10:00よりスタートする。

<セットリスト>
01.僕がいるぞ!
02.シーベルト
03.常識
04.ファンタジックレディオ
05.ピーナッツバター
06.お前は恋をしたことがあるか
07.第三惑星交響曲
08.おっぱい
09.夜間飛行
10.1983バックパッカーズ
11.ピリオド
12.ガールフレンド
13.星をつかまえて
14.僕だけの楽園
15.花瓶の花

■『弾き語りワンマンTOUR 2018 「アンコール」』

10月19日(金) 鹿児島・Live HEAVEN
10月20日(土) 福岡・福岡ROOMS
10月26日(金) 北海道・札幌cube garden
11月03日(土) 茨城・水戸lighthouse
11月04日(日) 埼玉・西川口Hearts
11月08日(木) 広島・広島Live Juke
11月09日(金) 岡山・岡山MO:GLA
11月16日(金) 兵庫・神戸クラフ?月世界
11月17日(土) 富山・富山市?フ?ラサ? アンサンブルホール
11月20日(火) 福島・郡山 LAST WALTZ
11月21日(水) 山形・山形 gura Lounge hall
11月23日(金・祝) 宮城・仙台 retro BackPage
11月24日(土) 青森・青森 BAR SPACE 1/3
11月25日(日) 秋田・秋田 THE CAT WALK
11月27日(火) 岩手・盛岡 九十九草
12月01日(土) 新潟・新潟シ?ョイアミーア
12月02日(日) 石川・金沢もっきりや
12月07日(金) 岐阜・柳ケ瀬ants
12月09日(日) 三重・松阪M\'AXA
12月15日(土) 愛知・名古屋SPADE BOX
12月16日(日) 大阪・阿倍野ROCKTOWN
12月21日(金) 東京・渋谷TSUTAYA O-WEST
<チケット>
¥3.500 ※D代別(富山はドリンク代不要)
■ファンクラブ先行:8月1日(水)12:00〜8月6日(月)23:59
※7月29日(日)までにご入会(入金決済済み)の方が対象。
■オフィシャル先行:8月7日(火)12:00〜8月15日(水)23:59

■『石崎ひゅーい 2018ピリオドツアー・バンドファイナル』

9月01日(土) 東京・キネマ倶楽部
<チケット>
¥4,500(税込) ※D代別
一般発売:7月28日(土)10:00



【関連リンク】
石崎ひゅーい、語りツアーファイナル公演で2018年2回目の全国ツアー開催を発表
石崎ひゅーいまとめ
HY、FM802主催無料音楽イベントで清水翔太と名曲「366日」を披露

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, ツアー, ライブレポ

HY、FM802主催無料音楽イベントで清水翔太と名曲「366日」を披露
Thu, 26 Jul 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月22日(日)に大阪・万博記念公園自然文化園「もみじ川芝生広場」でFM802主催のリスナー無料招待音楽イベント『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2018』が開催された。あいみょん、阿部真央、HY、GENERATIONS from EXILE TRIBE、清水翔太、sumika、竹原ピストル、ナオト・インティライミ、松室政哉、Mrs. GREEN APPLE、Leola(50音順)の豪華11組のアーティストが出演した。そして、9年ぶりに出演したHYが大トリを努めた。

毎年、幅広いジャンル、世代のアーティストが終結するこのイベント。HYが同イベントに初出演したのは、2002年。その後、2003 年、2009年に出演し、今回は4回目、約9年ぶりの出演となった。

HYが出演したのは17:50頃。HYの名前が会場にコールされると、客席は大歓声に包まれた。そして、ステージ下手からメンバーが登場、Vo&Gの新里英之が「『MEET THE WORLD BEAT』を楽しんでいる皆さん! 沖縄から来ましたHYです!」と総立ちの客席を煽る。1曲目に選んだのは「隆福丸」(りゅうふくまる)。HYらしい、ポップでアップテンポな楽曲に、会場が拳を振り上げ一体となる。そして2曲目「モノクロ」では、新里とKey&Vo仲宗根泉の絶妙なハーモニーを聴かせる。曲が終わると新里英之が「MEET THE WORLD BEATに初めて出演したのが、今から16年前。その頃僕ら10代でした。そして、2003 年、2009年と出演して、今回9年ぶりの出演で大トリ努めさせていただきます! バンド頑張ってきてよかった」と感慨げな様子を見せる。

そして、急に「ここでスペシャルなことしてもいいかな」と告げると、観客に「Hey!シミズ」とコール&レスポンスを要求。突然の出来事に一瞬観客がどよめく中、次に「Hey!翔太」と新里が叫ぶと、悲鳴に似た歓声の中、清水翔太が登場! まさかのサプライズに観客は大興奮。2012年に清水翔太 feat.仲宗根泉の名義でHYの代表曲「3 66日」を清水がカバーしたという縁を持つ2組。清水が「(僕が)お邪魔していいんですか?」と冗談っぽくHYメンバーの尋ねると、仲宗根泉が「私が翔太のライヴに呼ばれたことはあるけど、HYの中に翔太が入るのは初めてだよね」といいながら名曲「366日」のイントロを奏でる。思いがけないサプライズに客席から大歓声!HYの演奏で清水が「366日」を歌う初めてのコラボレーションに、両手で目を押さえて泣き出す観客も。名バラードを見事に歌い上げると、「ありがとうございました」と笑顔でステージを去った。

そして「ライブでしかやらない曲」といいながら観客に「イーヤーサーサー」の掛け声を促し、沖縄の伝統の踊り“カチャーシー”も躍らせた「フェイバリットソング」。さらには「次の曲が最後」といいながら、デビューアルバムの収録された原点といえる楽曲「ホワイトビーチ」でHYのステージを締めた。

さらにサプライズは続き、登場したFM802のDJ中島ヒロトらが今日の全員の出演者の名前と呼ぶと、次々に出演者がステージに登場!そしてHYが世に知られるきっかけになった「AM11:00」が、出演者全員で披露された。笑顔で歌う出演者に、観客までもが1つになって、ステージは幕を下ろした。

2019年に20周年に突入するHY。8月22日には初のセルフカヴァーに挑んだベストアルバム『STORY〜HY BEST〜』をリリース。それに先駆けて、豪華10組のアーティストがHYの楽曲をカバーするHYトリビュートアルバム『CHANPURU STORY 〜HY tribute〜』も8月8日にリリース。加藤ミリヤ、上白石萌音などに加え、清水翔太が「Song for…」のカバーで参加。名バラードを甘く、切なく歌い上げている。

<セットリスト>
1.隆福丸
2.モノクロ
3.366日(清水翔太参加)
4.フェイバリットソング
5.ホワイトビーチ
EN.AM11:00(全アーティスト参加)

アルバム『STORY〜HY BEST〜』

2018年8月22日発売



【初回限定盤】(2CD+DVD)
UPCH-7441/¥4,500+税
<収録曲>
■DISC1 CD
01.ホワイトビーチ
02.革命
03.Ocean
04.旅立ち
05.AM11:00
06.隆福丸
07.あなた
08.さあ行こう
09.Street Story
10.てがみ
11.そこにあるべきではないもの
12.Song for…
13.モノクロ
14.canvas
15.NAO
■DISC2 CD
01.未来
02.366日
03.時をこえ
04.ガジュマルビート
05.南風
06.いちばん近くに
07.帰る場所
08.エール
09.あなたを想う風
10.my friend
11.風になって花になって
12.スマイル
13.HAPPY
14.三月の陽炎
15.Fortune
■DVD
(1)FC限定 LIVE “HY PRE STORY TOUR 〜HUB CLUB LIVE〜”のLIVEより5曲を収録
(2)「旅立ち in 沖縄・北谷 Street Live (2018.7)
(3)「ホワイトビーチ」Music Video (2018 Live ver.)
(4)『STORY 〜HY BEST〜』ジャケット制作風景を収録したスペシャルコンテンツ



【通常盤】(2CD)
UPCH-2169/70/¥3,500+税
<収録曲>
■DISC1 CD
01.ホワイトビーチ
02.革命
03.Ocean
04.旅立ち
05.AM11:00
06.隆福丸
07.あなた
08.さあ行こう
09.Street Story
10.てがみ
11.そこにあるべきではないもの
12.Song for…
13.モノクロ
14.canvas
15.NAO
■DISC2 CD
01.未来
02.366日
03.時をこえ
04.ガジュマルビート
05.南風
06.いちばん近くに
07.帰る場所
08.エール
09.あなたを想う風
10.my friend
11.風になって花になって
12.スマイル
13.HAPPY
14.三月の陽炎
15.Fortune



【スペシャル・プライス盤】(CD)
UPCH-7442/¥1,800+税
<収録曲>
01.ホワイトビーチ
02. AM11:00
03.隆福丸
04.トゥータン
05.あなた
06.さあ行こう
07.Song for…
08.モノクロ
09.NAO
10.366日
11.いちばん近くに
12.帰る場所
13.エール
14.あなたを想う風
15.HAPPY

アルバム『CHANPURU STORY 〜HY tribute〜』

2018年8月8日発売



UPCH-2168/¥2,500+税
<収録曲>
01.AM11:00 /クレイユーキーズ with 井上苑子
02.隆福丸/MONGOL800
03.NAO/加藤ミリヤ
04.昔の人よ/青山テルマ
05.ささくれ/WEAVER
06.HAPPY/上白石萌音
07.Song for…/清水翔太
08.ホワイトビーチ/BIGMAMA
09.帰る場所/宮沢和史
10.366日/ネーネーズ



【関連リンク】
HY、FM802主催無料音楽イベントで清水翔太と名曲「366日」を披露
HYまとめ
清水翔太まとめ
佐藤允彦と初音ミク×巡音ルカによるジャズライブ開催決定!

【関連アーティスト】
HY, 清水翔太
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

佐藤允彦と初音ミク×巡音ルカによるジャズライブ開催決定!
Thu, 26 Jul 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月11日(日)にカルッツかわさきにて開催される『Jazz, Anime&Internet Songs vol.1』に、人気のバーチャルシンガー・初音ミクと巡音ルカが登場することが発表された。本ライブはジャズ界のレジェンド・佐藤允彦が率いるバンドメンバーによる生演奏と、初音ミクと巡音ルカの歌唱によるセッションで、最新のリアルタイムCGアニメーションシステムやサウンドキャプチャシステムを使用した“リアルタイムセッション”となる。この“リアルタイムセッション”は、2017年12月に行われたイベント『Yahoo! JAPAN Hack Day&初音ミクリアルタイムセッション』で披露されたもので、あらかじめプログラミングされたパフォーマンスではなく、アーティストたちの生演奏に合わせ、初音ミクが舞台上でリアルタイムにパフォーマンスを行うものとなっている。今回のライブでは、演奏・演出がさらにパワーアップするとのことだ。

演奏曲はジャズのスタンダードナンバーから、往年のアニメソングのカバー、さらにボカロ人気曲などをアコースティックアレンジで披露する予定。また、7月26日(木)に、このライブのキービジュアルが解禁された。キービジュアルは人気イラストレーターのRellaが手がけ、当日は音楽や生演奏をイメージしたグッズも販売される。ぜひチェックしてほしい。

(c)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
illustration by Rella

『Jazz, Anime&Internet Songs vol.1』

11月11日(日) カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)ホール
16:00 開演 (15:00開場)
出演:佐藤允彦JAZZ BAND&VOCAL ENSEMBLE feat.初音ミク&巡音ルカ
※ゲストシンガー、バンドメンバーは変更になる予定があります。
<チケット>
S席¥5,500/A席¥4,500/B席¥3,500(全席指定:すべて税込)
■イベントの詳細はこちら:http://columbia.jp/kawasakijazz/



【関連リンク】
佐藤允彦と初音ミク×巡音ルカによるジャズライブ開催決定!
佐藤允彦まとめ
初音ミクまとめ
巡音ルカまとめ
ACID ANDROID、川崎CLUB CITTA\'に鳴り響いた深淵のダークウェーブ

【関連アーティスト】
佐藤允彦, 初音ミク, 巡音ルカ
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, 発表, ジャズ, ボーカロイド, 出演

ACID ANDROID、川崎CLUB CITTA\'に鳴り響いた深淵のダークウェーブ
Thu, 26 Jul 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

連日続く猛暑とは裏腹に深淵のダークウェーブが7月22日、川崎CLUB CITTA\'に鳴り響いた。 ACID ANDROIDのワンマンライヴ『ACID ANDROID LIVE 2018 #2』である。

シーケンスが轟き、幕が開いてパッと目に飛び込んできたものは、三角形のフレームがいくつも組み合わされた巨大なドーム状の格子。“ジオデシック・ドーム"がステージに組まれている。その中でモノクロームを纏ったyukihiroが歌い、上手側に小林祐介(Gt/THE NOVEMBERS)、下手側に山口大吾(Dr/People In The Box)が両脇を固める。

最新アルバム『GARDEN』のオープニングナンバー「echo」でライヴはスタートした。両手でマイクスタンドにもたれかかるように歌っていたyukihiroが、後方にスタンドを置きハンドマイクで口角に対して直角に構える。ステージが真紅に照らされながら「daze」へと続く。紅から緑と変わっていくライティングがドームの格子に乱反射して、混沌とした世界を作り上げていく。その様相は蠢くシーケンスフレーズと相俟って、水面に浮かんだ泡のようにも見える。「dress」では森を彷彿とさせるプロジェクションがステージ後方に灯された。このステージはACID ANDROIDなりの“GARDEN"なのかもしれない。

無機的ながらもどこかあたたかさを感じるシーケンスに、山口のビートが一音一音ブライトな輪郭を伴って、タイトにリズムを組みながら前へ前へと飛んでくる。繰り出されるリズムの中で鳴り物の隙間を縫い、常に一定の存在感を維持し、ときに虚を衝くように、はたまた切り裂くように唸る小林のギター。楽器隊の2人が紡ぐものは確実にヘヴィなサウンドであるのに不思議と粗暴さはなく、端正に纏め上げられたアンサンブルに魅了される。久しぶりに披露された「relation」はシーケンスを中心に大幅にリアレンジされていた。赤いシャドウと真っ赤なギターを抱えたクールな面持ちな小林が奏でる、サビで湧き上がっていくフレーズにゾクゾクする。ACID ANDROIDのサウンドは、電子音と生楽器のコントラストが絶妙なのだ。デジタルを多用しながらも、余計なものを削ぎ落としたアレンジは実に美しく。それでいて非常に緻密で繊細で、クリアな音圧をしっかりと保ちながら、実にスマートな質感を形成している。

そして、yukihiroだ。ACID ANDROIDのライヴにステージングは存在しない。「シルエットで語る」というべきだろう。中性的な細身の身体が楽曲のリズムに合わせてゆっくりと揺れる。腰まで伸びた長い髪と衣装のドレープが揺れる。大きくスリットの入ったワイドパンツから覗かせる美脚も気高く、歌い出すときにマイクスタンドを迎えにいく手、合間に指輪を触っている手……そんな細かい仕草までも見惚れてしまう。そんな神々しい佇まいであるから、時折臨戦態勢に入ったかのように前かがみにマイクを構えたときは、オーディエンスのボルテージはここぞとばかりに凄まじいことになるのだ。

聴き覚えのあるムード歌謡風のフレーズが流れだす。zilch「electric cucumber」カヴァーだ。hideトリビュート・アルバム『hide TRIBUTE IMPULSE』の参加曲であり、ライヴ初披露となったわけだが、なんの前触れもなくさりげなくセットリストに組み込まれているのが“らしい"ところだ。ヘヴィリフ主体の楽曲を、あえてそこを抜いたアレンジメントが巧妙であり、どこか飄々としたACID ANDROIDらしさ全開ながら、原曲イメージは損なわれていないという手腕は、微に入り細を穿つ匠の業。ライヴで聴くと、リズム構築が秀逸であることを再認識。腰に手を当てながら歌い、人差し指と中指でクイッと艶めかしく動かす仕草でタイトルさながらのセクシーさを魅せる。

一見、無愛想ながらもじわじわと上げてきたyukihiroのテンションが「the end of sequence code」で弾けた。マイクをゴトンと落とし、上着を脱ぎ捨て、真っ白のコルセット姿があらわになるとフロアから悲鳴のような歓声が湧き上がる。さらに膝上までのロングブーツをキュキュッと上げて戦闘モードの「let\'s dance」、間髪入れずに畳み掛ける「violent parade」で、会場は熱狂の坩堝と化した。そんなフロアの様子を高みから見物するかのように、ドームの格子に両腕を置きながら覗き込む姿勢で眺める。フロアからステージ上に手が届くことなどないのは当たり前だが、物理的な隔たりを以って、ファン心理を翻弄していく才幹に我々はなす術がない。ふと、20年以上前の1995年、今はなき新宿の日清パワーステーションで行われたソロライヴ、鉄格子と金網の中でパフォーマンスを思い出した。

ラストは3人が内省を深めるかのように下を向いての「ashes」。演奏が終わると余韻に浸る間も無く、颯爽とステージを去っていった。終演後、2018年第3弾年内最後のオーガナイズ・イベント「acid android in an alcove “ashes to ashes"」の開催が発表された。代官山SPACE ODDで11月2日、3日の2日間。デヴィット・ボウイが星に変わった2016年に落とされた会場で、“ashes to ashes"というイベントをやることがニクい。“let\'s dance"なイベントになることは間違いないだろう。

photo by 岡田貴之
text by 冬将軍

【セットリスト】
01. echo
02. daze
03. gamble
04. relation
05. dress
06. division of time
07. roses
08. unsaid
09. precipitation
10. swallowtail
11. chill
12. gravity wall
13. gardens of babylon
14. electric cucumber
15. the end of sequence code
16. let\'s dance
17. violent parade
18. violator
19. ashes

■【ライブ情報】

『acid android in an alcove 20181102 “ashes to ashes"』
11月02日(金) 代官山 SPACE ODD  

『acid android in an alcove 20181103 “ashes to ashes"』
11月03日(土/祝) 代官山 SPACE ODD  

<チケット>
ALLSTANDING ¥5,500 (tax in/D代別)     
■オフィシャル1次先行 ※お一人様4枚まで
7月22日(日)21:00〜8月5日(日)23:59   
http://eplus.jp/hp/acidandroid/



【関連リンク】
ACID ANDROID、川崎CLUB CITTA\'に鳴り響いた深淵のダークウェーブ
acid androidまとめ
THE NOVEMBERSまとめ
People In The Boxまとめ
ЯeaL、ワンマンライブツアーより「リスキーゲーム」の映像を公開

【関連アーティスト】
acid android, THE NOVEMBERS, People In The Box
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

ЯeaL、ワンマンライブツアーより「リスキーゲーム」の映像を公開
Thu, 26 Jul 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ЯeaL(リアル)が4thシングル「未来コネクション」 のリリースを記念して開催したワンマンライブツアーより、チケットSOLD OUTで超満員となった6月24日(日)の東京・渋谷TSUTAYA O-WEST公演での「リスキーゲーム」のライブ映像を公開した。 そのキュートなビジュアルからは想像もつかない、圧倒的な熱量の高いライブパフォーマンスを堪能することが出来るライブ映像となっている。

「リスキーゲーム」はシングル「未来コネクション」のカップリング曲として人気の楽曲であり、今回のツアーのために書き下ろしたインストゥルメンタルの新曲によるインタールードから導入というスペシャルバージョンで披露され、会場を大きく沸かせた。

12月22日(土)に東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTにて、年末スペシャルイベント『ЯeaL Яock Яevolution vol.7』を開催することを発表しているЯeaL。只今、オフィシャルサイトでは同公演のオフィシャルHP一次先行を実施中だ。8月6日(月)までの期間限定となっているので、お早めに。

『ЯeaL Яock Яevolution vol.7』

12月22日(土) TSUTAYA O-EAST
開場 16:15/ 開演 17:00
<チケット>
¥4,000(税込) ※ドリンク別 ※3歳以上有料

◎オフィシャルホームページ一次先行
抽選エントリー期間: 7/20(金)19:00〜8/6(月)23:59
当落確認・チケット代金入金期間: 8/8(水)15:00〜8/12(日)23:00
受付URL: https://l-tike.com/st1/real-east1



【関連リンク】
ЯeaL、ワンマンライブツアーより「リスキーゲーム」の映像を公開
ЯeaLまとめ
MADKID、12月に開催する初の東名阪ツアーの詳細解禁

【関連アーティスト】
ЯeaL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ

MADKID、12月に開催する初の東名阪ツアーの詳細解禁
Thu, 26 Jul 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月4日に2ndシングル「Summer Time」をリリースした5人組ダンスボーカルグループ、MADKID。オリコンデイリーランキングでは6位にランクイン(7月4日付)するなど勢いを増している彼らが、12月に開催する初の東名阪ツアー『MADKID LIVETOUR2018 \'GIANT KILLING\'』の詳細を発表した。

同ツアーは12月15日(土)に大阪・心斎橋VARON、12月16日(日)に愛知・名古屋RADHALL、12月26日(水)に東京・渋谷WWWで開催される。ファンクラブ先行受付が7月26日(木)11:00よりスタートし、後日チケットぴあでのプレリザーブ受付も行なわれるので気になる方はお早めにチェック!

『MADKID LIVETOUR2018 \'GIANT KILLING\'』

12月15日(土) 大阪・心斎橋VARON
12月16日(日) 愛知・名古屋RAD HALL
12月26日(水) 東京・渋谷WWW

<チケット>
¥4000(税込)※別途1ドリンク(全公演)、スタンディング
■ファンクラブ会員先行受付
7月26日(木)11:00〜8月8日(水)11:00
http://madkidfanclub.com/
■チケットぴあプレリザーブ受付
8月10日(金)18:00〜8月22日(水)11:00
http://w.pia.jp/t/madkid-gk/
■一般発売
9月1日(土)10:00〜チケットぴあにて発売予定
http://w.pia.jp/t/madkid-gk/



【関連リンク】
MADKID、12月に開催する初の東名阪ツアーの詳細解禁
MADKIDまとめ

【関連アーティスト】
MADKID
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, グループ, 発表, ポップス, ヒップホップ, ラップ, ライブハウス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1