歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年07月25日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
『スター・ウォーズ』のシネマ・コンサートがいよいよ開幕&鳥肌ものの感動を生む秘密とは?
Wed, 25 Jul 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

この夏、7都市14公演で開催される<スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018>。世界初の試みとなる、初期3部作を一挙に上演する7月29日のプレミア特別公演があっという間にソールドアウトするなど、映画ファンや『スター・ウォーズ』ファンの間では既に大きな注目を集めているが、そもそもこの<シネマ・コンサート>というイベントの醍醐味がどこにあるのか、一般的にはまだ浸透していないかもしれない。

 コンサートホールのステージに掲げられた巨大なスクリーンで上映される名作映画。そして、そのスクリーンの下では指揮者とオーケストラが劇中の音楽をリアルタイムで生演奏する。文章ではシンプルに説明することはできるが、その相乗効果が生み出す感動は、一度体験してみないとわからないという。これまで国内で開催してきた数々の<シネマ・コンサート>を企画・制作してきた株式会社プロマックスの飯島則充プロデューサーと、今回の<スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018>にも出演する東京フィルハーモニー交響楽団事業部・岩崎井織氏に話を訊いた。

ーーこの<シネマ・コンサート>という企画を立ち上げるにいたった、その経緯から教えていただけますか?

飯島:もともと自分の育ってきた土壌がクラシック音楽だったので、仕事でもオーケストラを使って何か面白いことができないかというのは常々考えていたんです。それで、最初にやったのが2015年1月の<生誕60周年記念 ゴジラ音楽祭>で、その時はNHKホールで1954年の<ゴジラ>1作目をフルで上演しました。その後、シカゴに<ゴッドファーザー>のシネマ・コンサートを観に行ったんですが、それが本当に素晴らしかったんですね。それと同じような感動を、日本の観客のみなさんにも体験してもらいたいと思ったのが大きなきっかけでした。

ーーシカゴで観た<ゴッドファーザー>のコンサートは、どのように素晴らしかったんですか?

飯島:まずは、アメリカの5大オーケストラと呼ばれる楽団の一つであるシカゴ交響楽団が、そのようなシネマ・コンサートの企画をやっていることが驚きでした。そして、オリジナルの映画の音楽をそのままオーケストラで単純に再現するというのではなく、一つのコンサートとして、その映画の中にある感情を表現する上で指揮者や奏者に委ねられている部分があることに、大きな感動と新鮮なショックを受けたんです。

ーー飯島プロデューサーが企画されている<シネマ・コンサート>以外にも、現在日本で、映画の上映とオーケストラの演奏を一緒にするコンサートはおこなわれていますよね?

飯島:キョードー東京さんが企画されている<シネオケ(R)>というイベントがあって、一緒に盛り上げていこうという話をしています。どちらも主に東京フィル(ハーモニー交響楽団)が参加していますしね。

岩崎:演劇とオーケストラの演奏を組み合わせたオペラという形式がありますが、オペラが生まれた当初は、いわばそれは最先端の芸術表現だったわけです。それが時代とともに変化していく中で、映画が「劇と音楽を同時に体験する」フォーマットとして主流になっていったわけですが、<シネマ・コンサート>という企画は、その音楽の部分を生演奏に戻してみようという試みなわけです。

ーー海外でもこのようなコンサートは増えているのですか?

飯島:それほど昔からあったわけではなく、近年になって増えてきている、という状況ですね。

岩崎:海外でも、過去に同じような企画がなかったわけではないんです。ただ、オーケストラの演奏というのはそれだけでかなりのコストがかかりますし、映画の著作権の問題もあります。なので、以前は著作権の切れた昔の名作を中心に企画されていたのですが、近年になって権利元、つまり映画会社の意識が変わってきたんです。それと、以前は技術的な問題もあって、映画から音だけを抜いて、そこに生演奏をつけるというのは大変な作業だったんです。

ーーセリフや効果音はそのまま残さないといけないわけですもんね。
飯島:そうです。<シネマ・コンサート>では、その作業はプロのエンジニアによってデジタルでおこなわれています。それに、映画で使われたすべての音楽の楽譜を提供してもらってます。なので、権利元の協力は不可欠です。

岩崎:当初、『スター・ウォーズ』や『ゴッドファーザー』の上演は周年イベントとして企画されていたんですけど、それらの成功がきっかけとなって、そのような「ちょっと昔」の名作や、『ラ・ラ・ランド』のような最近の作品でもやってみたら素晴らしいものになるんじゃないかという機運が、映画会社サイドにも生まれてきました。

ーー映画ファンとして気になるのは、普段映画を上映する場所ではないコンサートホールで映画を上映する際の、スクリーンの明度やオーケストラの奏でる音楽との音量のバランスなのですが。

飯島:そこも技術の進化が大きな助けになっています。映像に関しては、現在は映画館で観るのとまったく遜色がないものだと思っていただいてかまいません。また、音量のバランスに関しても、今回の<スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018>でもそうですが、海外からディレクターがやってきて完璧なクオリティコントロールがされています。厳密に言うと、<シネマ・コンサート>はオリジナルの音楽をそのまま再現するわけではないんです。作品によっては、当然オーケストラではない音楽が入っていることもありますが、それもオーケストラ用にアレンジして演奏されるわけです。


ーー指揮者はスクリーンを観ながら指揮をしているのですか?

飯島:指揮台の前のモニターに映画の映像に加えてその場面で流れている音楽のテンポを視覚的に捉えられるクリック映像が出ていて、それを見ながら指揮しています。

ーーすごく基本的な質問ですが、<シネマ・コンサート>では観客はスクリーンを中心に観るべきなのでしょうか? それともオーケストラを中心に観るべきなのでしょうか?

飯島:それはもう、観たい時に観たい方に意識を向けていただければ(笑)。もちろん会場によってスクリーンの大きさも違って、そこには定型のサイズというものもあるんですけど、<シネマ・コンサート>ではスクリーンとその下にいるオーケストラを観客が同じ視野に収めることができる、その上での最大のスクリーンのサイズを心がけてます。多くの人は、始まる前は大体スクリーンとオーケストラを対等に観ようとするんですが、作品に没頭していくにつれてスクリーンの方に意識が集中していくんです。でも、それは無意識の部分で、オーケストラの奏でる音楽に引き込まれているからよりスクリーンに集中していくんですね。そこに、<シネマ・コンサート>ならではの不思議な視覚と聴覚の体験があるんです。

ーー<スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018>の公演詳細をよく見ると、上演の間に休憩が入ってますよね? これはどのような理由からなのでしょうか?

岩崎:『スター・ウォーズ』に限らず、<シネマ・コンサート>では作品の途中で必ず休憩が入ります。そこは通常のクラシックのコンサートと同じですね。もちろん、ちょうどいいシーンを考え抜いて休憩を入れているので、感動が削がれるようなことはないので安心してください。

飯島:基本的に、映画のスコアというものはパートごとにスタジオでレコーディングされているものですよね。つまり、映画音楽の作曲者は、丸ごと一本通して演奏できるようなものとしては作っていないわけです。それを全部一気に演奏するというのは、オーケストラにとって相当大きな負担がかかることなんです。

岩崎:作品によって違いますけど、『スター・ウォーズ』は特に音楽のないシーンが少ないので大変です(笑)。

ーーそう考えると、あっという間に売り切れてしまいましたが、初期三部作:『新たなる希望』と『帝国の逆襲』と『ジェダイの帰還』を一挙に上演する7月29日の東京オペラシティでのコンサートは、観客も覚悟して臨まないといけませんが、出演者にとってもとんでもなく負担がかかることをやるわけですね。

飯島:だから世界初なんです(笑)。

岩崎:こんなムチャなことを考える人は飯島さん以外に他にいないです(笑)。

ーー(笑)。他に、『スター・ウォーズ』ならではの聴きどころはどこになりますか?

岩崎:これはジョン・ウィリアムズという作曲家の素晴らしいところですが、楽曲の構成が本当にしっかりしているんですよ。物語の転換やキャラクターごとにいくつものテーマがあって、それがいろんな場所に隠れていたり、かたちを変えて出てくるっていう。それって、完全にクラシックの楽曲と同じで、オペラの音楽にも非常に近いんですよ。そういう点でも、奏者の演奏意欲も非常にくすぐられる作品なんですね。それ以前に、奏者にも『スター・ウォーズ』のファンは多いので、「このエピソードは大好きだから絶対にやりたい!」と言われるようなこともとても多いんですけどね(笑)。

飯島:それと、やっぱり『スター・ウォーズ』は、冒頭のあのテーマ曲を生のオーケストラで演奏する、生のオーケストラで聴くという、その瞬間に押し寄せてくる感動ですよね。あの鳥肌が立つような感覚は、一度体験しないとわからないと思います。

■スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018
https://youtu.be/bzQ94jTcB-M

ーーもしかしたら一般の人の中には、<シネマ・コンサート>というのは、その映画の名場面の映像に合わせて、有名なテーマ曲をダイジェスト的に演奏するものだと思っている人も多いかもしれません。今日お二人からお話を訊いて、<シネマ・コンサート>というエンターテインメントのフォーマットが、映画ファンにとっても音楽ファンにとっても興味深い、いかに新しい体験であるかがよくわかりました。

飯島:そこは、実際によく誤解されるところなんですよね。なので、<シネマ・コンサート>というものをより日本で定着させるべく、これからも継続的におこなって、その素晴らしさをできるだけ多くの人に広めていきたいと思っています。これまで自分たちがやってきた『スター・ウォーズ』や『ゴッドファーザー』や『タイタニック』や『ラ・ラ・ランド』は、海外で上演されてきたものを日本にもってきたわけですが、9月に上演する<ニュー・シネマ・パラダイス シネマ・コンサート>は、こちらから海外の権利元と交渉をして実現したもので、日本が完全な世界初上演となるんです。今後も、どのような作品が観客に求められているのかを綿密にリサーチしつつ、このような新しい試みを実現させていきたいと思っています。

取材・文:宇野維正

Presentation licensed by DISNEY CONCERTS in association with 20th Century Fox, Lucasfilm and Warner/Chappell Music.
(c) 2018 & TM LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED (c)DISNEY

『スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018』
<スケジュール>
■新たなる希望(1978年公開)上演日程
8月04日(土) 大阪・フェスティバルホール
8月05日(日) 大阪・フェスティバルホール
8月08日(水) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
8月09日(木) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール
8月12日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールA (1日2回公演)
8月16日(木) 札幌・ニトリ文化ホール
8月19日(日) 宮城・東京エレクトロンホール宮城 大ホール
8月21日(火) 福岡・福岡サンパレス コンサートホール
9月01日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールA (1日2回公演)

■帝国の逆襲(1980年公開)上演日程
9月02日(日) 東京国際フォーラム ホールA [開演 13:00]

■ジェダイの帰還(1983年公開)上演日程
9月02日(日) 東京国際フォーラム ホールA [開演 18:00]

チケット一般発売日:4月24日(火)
■指揮:ニコラス・バック
■演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

■『スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018』オフィシャルサイト
https://goo.gl/mHYJ2v



【関連リンク】
『スター・ウォーズ』のシネマ・コンサートがいよいよ開幕&鳥肌ものの感動を生む秘密とは?
家入レオ、ニューシングル発売日にライブも披露するLINE LIVE生配信が決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ニュース, 映画

家入レオ、ニューシングル発売日にライブも披露するLINE LIVE生配信が決定
Wed, 25 Jul 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

自身14枚目となるニューシングル「もし君を許せたら」をリリースする家入レオが、発売日である8月1日(水)にリリース記念LINE LIVE特番を生配信することが決定した。

2月に配信した5thアルバム『TIME』のリリース記念LINE LIVEでは南海キャンディーズのしずちゃんをゲストに迎え、ゲームやクイズなども交えながらプライベートトーク満載で大いに盛り上がったが、今回のLINE LIVEでは視聴者からの質問に家入が答えていく形でお送りする予定とのこと。“素”の彼女が垣間見られる貴重な機会になりそうだ。

また、このLINE LIVEで家入に聞きたいことを事前に大募集! “#レオちゃん教えて!”とハッシュタグを付けて、Twitterにどしどし質問を投稿してほしい。さらに、リハーサルスタジオからの生配信ということで、生演奏もあるかも!? 見どころ盛りだくさんな配信になりそうなので、お見逃しなく!

ほかにも、7月27日(金)より東名阪3カ所で「もし君を許せたら」発売記念スペシャルフリーイベントの開催が決定しており、7月27日(金)には日本テレビ系『バズリズム 02』に出演、オフィシャルHPにてカップリング曲の「めがね」を聴くことができる全曲試聴がスタートするなど、リリースに向けて続々とニュースが飛び込んできているので、詳細はオフィシャルHPにてチェックしてほしい。

LINE LIVE『リハスタから配信!家入レオ 「もし君を許せたら」リリース特番』

8月1日(水)19:00〜
ビクターエンタテインメントチャンネル、LIVEチャンネルで同時生配信!

■ビクターエンタテインメントチャンネル
https://live.line.me/channels/520/upcoming/8982846
■LIVEチャンネル
https://live.line.me/channels/21/upcoming/8982906

※Twitterにて、LINE LIVEで家入レオに聞きたいことを募集中!
“#レオちゃん教えて”とハッシュタグを付けて、LINE LIVEで家入レオに聞きたいことを投稿して下さい。質問は8月1日(水)正午まで受け付けております。

シングル「もし君を許せたら」

2018年8月1日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1402/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
01.もし君を許せたら
02.めがね
03.あおぞら
04.もし君を許せたら<Instrumental>
05.めがね<Instrumental>
06.あおぞら<Instrumental>
■DVD
01.もし君を許せたら(MV)
02.もし君を許せたら(MV Making Movie)



【初回限定盤B】(CD+LEO IEIRI スケルトンポーチ)
VIZL-1403/¥2,200+税
<収録曲>
01.もし君を許せたら
02.めがね
03.あおぞら
04.もし君を許せたら<Instrumental>
05.めがね<Instrumental>
06.あおぞら<Instrumental>



【通常盤】(CDのみ)
VICL-37405/¥1,200+税
<収録曲>
01.もし君を許せたら
02.めがね
03.あおぞら
04.もし君を許せたら<Instrumental>
05.めがね<Instrumental>
06.あおぞら<Instrumental>



【関連リンク】
家入レオ、ニューシングル発売日にライブも披露するLINE LIVE生配信が決定
家入レオまとめ
SHE\'S、バンドの新たな決意を感じる「歓びの陽」MV公開

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, シングル, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, 出演, ライブ

SHE\'S、バンドの新たな決意を感じる「歓びの陽」MV公開
Wed, 25 Jul 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪出身4人組次世代ロックバンド、SHE\'Sが8月8日にリリースするニューシングル「歓びの陽」のMVを公開した。『モンストグランプリ 2018 チャンピオンシップ』大会イメージソングに起用され、楽曲のクオリティーが各所ですでに話題を呼んでいる同曲。MVでは雨の中で濡れながら歌うエモーショナルな井上竜馬の表情が印象的な前半部から、後半の光を背負った演奏シーンへと一気に転換する、バンドの新たな決意を感じさせる力強い作品となった。

また、SHE\'Sの作品を多く手掛け、SHE\'Sには欠かせない新鋭クリエイターの脇坂侑希がMV監督を務めている。複数のファッション誌でモデルとして活躍し、TVCMにも出演するなど人気沸騰中のモデル・女優の田中芽衣が、ジャケット写真に引き続き出演。両氏からのコメントも到着したので、併せてチェックしてほしい。

さらに、TVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』エンディングテーマ曲として放送中のカップリング曲「Upside Down」が各配信サイトでデジタル先行配信スタート! iTunes Storeでは予約注文も開始し、全曲の試聴が可能となった。なお、配信限定トラックとして6曲目には「Over You(Live from Sinfonia “Chronicle” #1)」を収録され、ストリングスとホーン隊を従えたスペシャルな編成でのライヴ音源となっているのでこちらも要注目だ。

■【井上竜馬(Key&Vo) セルフライナーノーツ】

「自分と戦って、それでもうまくいかず思い詰める時はいつでも孤独を感じてしまう。
まるでずっと一人きりでやってきたなんて考えそうになってしまう。
でも振り返ってみれば必ずいつもそこには仲間がいて、音を共に楽しむあなたがいました。
「僕は一人きりだ」なんて声を上げるには、あまりに沢山の人たちと歩んできました。
きっと味わってきた苦しみも痛みも消えないままで良くて、
それも大事に向き合う事で僕は歓びとか愉しさを見出そうとしてきた。
あなたを置いてきぼりにしない為に
「一人きりだ」を十分に味わった上で僕たちは
「一人じゃない」って歌い続けようと思います。
あなたにとって頼り甲斐のある音楽家になりたくて
この歌を残しました」

■【コメント】

■脇坂侑希
「雨の日、
教室から外を眺めながら
私は何者になるのかと考えたことがあった。
まるで
狭い世界に閉じ込められたようだった。

ふとしたきっかけが
雨の日にはあった。

いつもと違う特別な匂いがして、
君の乱れた髪が少し色っぽかった。

晴れた日、
この歌がだれかのきっかけになりますように」

■田中芽衣 コメント
「SHE\'Sさんの曲を元々知っていて、よく聴いていたのでお話が来た時はとても嬉しかったです*
SHE\'Sさんの世界観に染まった撮影が本当に楽しかったです!
今回私がジャケ写とMVをやらせていただいた曲、歓びの陽もたくさん聴いてます!」
*には顔文字が入ります

シングル「歓びの陽」

2018年8月8日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-39078/¥1,700+税
【完全数量限定盤】(CD+サコッシュ)
品番未定/¥2,407+税
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売
<収録曲>
■CD
01.歓びの陽
02.Upside Down
03.Monologue
04.歓びの陽(Instrumental)
05.歓びの陽(Backing Track Version)
■DVD ※初回限定盤のみ
『Sinfonia “Chronicle” #1 〜前篇〜』
01.Morning Glow
02.Beautiful Day
03.Just Find What You\'d Carry Out
04.Long goodbye
05.Evergreen
06.幸せ

■配信情報
https://umj.lnk.to/shes_yorobPR



【通常盤】(CDのみ)
TYCT-30077/¥1,000+税



【関連リンク】
SHE\'S、バンドの新たな決意を感じる「歓びの陽」MV公開
SHE\'Sまとめ
chelmico、デビューアルバム『POWER』リード曲「OK, Cheers!」の犬好き必見ムービー公開

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ゲーム, オープニング, 音楽配信

chelmico、デビューアルバム『POWER』リード曲「OK, Cheers!」の犬好き必見ムービー公開
Wed, 25 Jul 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ワーナーミュージック・ジャパンのunBORDEより8月8日にメジャー1stアルバム『POWER』のリリースを発表した、話題沸騰中のRachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)から成る女子ラップユニット、chelmico(チェルミコ)。そんな彼女たちが同作の発売を先駆けて先行配信している楽曲「OK, Cheers!」の視聴動画を公開した。

実はこの動画、これまでのchelmico作品の全てのアートディレクションを担当する現役大学生で現在就職活動中の大倉くんと、さらにその友達のトモノスケが3日間かけて作成した渾身作。アルバムのジャケットにも登場する、白い犬が華麗に踊る、可愛さ満載の視聴動画に仕上がっている。犬好きには必見の動画でもあるので、ぜひチェックしてみてほしい。

また、iTunes Storeでは『POWER』のプレオーダーを受付中! 8月7日までに予約するとアルバムが1,500円で購入可能なので、この機会もお見逃しなく。

■アルバム『POWER』8月7日まで¥1500で予約受付中
https://chelmico.lnk.to/POWER

先行配信「Player」

配信中



■配信URL
https://chelmico.lnk.to/Player



【関連リンク】
chelmico、デビューアルバム『POWER』リード曲「OK, Cheers!」の犬好き必見ムービー公開
chelmicoまとめ
go!go!vanillas、新曲「チェンジユアワールド」配信&新宿red clothにて凱旋ライブ決定

【関連アーティスト】
chelmico
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, ユニット, トレーラー, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ヒップホップ, ラップ, 音楽配信

go!go!vanillas、新曲「チェンジユアワールド」配信&新宿red clothにて凱旋ライブ決定
Wed, 25 Jul 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasが7月25日より主要音楽サイトで新曲「チェンジユアワールド」の配信を開始した。「チェンジユアワールド」は4月よりNHK大分(総合)で放送中のニュース情報番組『いろどりOITA』のテーマソングとして起用されており、オンエア直後からファンの間で話題になっていた楽曲だ。

同曲は大分出身のメンバー、牧達弥(Vo&Gu)長谷川プリティ敬祐(Ba)が在籍するgo!go!vanillasの活躍に着目したNHK大分が、郷土への想いを込めた新曲の書き下ろしをオファー。作詞・作曲を担当する牧がこれに応え、“多様性”と“未来志向”をテーマに、地元への愛と希望を歌った1曲となっている。定額制音楽配信サービスのApple Music、ダウンロード配信サイトのiTunes Store、レコチョク、moraなどで配信中なので、ファンの方はぜひチェックしてほしい。

また、8月22日(水)に新宿 red clothでスペシャルワンマンライブ『red cloth 15th ANNIVERSARY』を開催することも発表! 新宿 red clothはバニラズ結成当初より幾度となく出演を重ねて演奏を磨き、メジャー進出の発表も行なったバンドにとってとてもゆかりのあるライブハウス。そんな新宿 red clothでバニラズが4年ぶりの凱旋ライブを行なう。限定150名のライブとなっており、チケットは超争奪戦&完売必至だ。7月25日(水)よりチケットの先行受付が開始されたので、こちらもお見逃しなく!

配信楽曲「チェンジユアワールド」

配信中



<ダウンロード>
■レコチョク
http://recochoku.jp/artist/2000142680/
■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/artist/go-go-vanillas/671623880
■mora
http://mora.jp/artist/441845/all

<定額制聴き放題サービス>
■LINE MUSIC
https://music.line.me/artist/mi00000000016079f3
■Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/artist/id671623880?l=ja
■Spotify
http://open.spotify.com/artist/0aqPTOZlKG6ltJHv7BNlsm
■AWA
https://s.awa.fm/artist/b5dc9411a072c9171e70/
■dヒッツ
http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/gogovanillas/170315/
■Google Play Music
https://play.google.com/music/m/A5hhbdabsmfwhthjenhamxyf6ja?t=gogovanillas
■KKBOX
http://kkbox.fm/4r088g

【楽曲リンクファイヤ】ダウンロード、サブスク含む
https://jvcmusic.lnk.to/gogovanillas_change

『red cloth 15th ANNIVERSARY』

8月22日(水) 東京・新宿 red cloth
<チケット>
前売り¥3,900/当日 未定 ※別途ドリンク代¥600
■先行販売情報
ローソンチケット(Lコード:74714)
http://l-tike.com/order/?gLcode=74714
先行受付(抽選):7月25日(水)17:00〜7月30日(月)23:59
一般発売:8月5日(日)12:00〜



【関連リンク】
go!go!vanillas、新曲「チェンジユアワールド」配信&新宿red clothにて凱旋ライブ決定
go!go!vanillasまとめ
BRIAN SHINSEKAI、海外EDMフェスで活躍のLeo Melcherts Jrによる「Solace」リミックスを配信

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブハウス, ライブ, ワンマン, チケット, 主題歌, 音楽配信

BRIAN SHINSEKAI、海外EDMフェスで活躍のLeo Melcherts Jrによる「Solace」リミックスを配信
Wed, 25 Jul 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRIAN SHINSEKAIの配信シングル「Solace(ソーレス)」のダンスリミックス「Solace(LEOJI Remix)」が7月25日に配信リリースされ、合わせてティザー映像も公開された。

今回「Solace」のリミックスを手掛けたのは、“世界一美しいフェス”と称される『SENSATION』のオフィシャルトラックも担当したアンダーグラウンドシーンのトップクリエイターであるLeo Melcherts Jr。ベルリンとアムステルダムを拠点に活動するクリエイターで、「Solace」の共作者でもある彼らしい原曲を活かした真夏の夜が似合うダンスリミックスに仕上げている。

オリジナルの楽曲「Solace」は、6月6日に約4カ月ぶりとなる新曲として配信リリースされた。デビューアルバムとはテイストの違う、“チルトラップ”のアプローチで制作した注目作だ。

チルトラップとは、『ULTRA JAPAN』『EDC JAPAN』などの大型ダンスミュージックフェスでも数多くのベースミュージックのアーティストがラインナップされるようになった今、The ChainsmokersやIlleniumを中心に盛り上がりを見せるFuture Bassとともに、この夏最も注目を集めているジャンルのこと。「Solace」はベースミュージックならではの太い重低音に抜けの良いシンセが映える、稀有なメロディーメーカーのBRIAN SHINSEKAIの魅力溢れる一曲。ナイトプールやビーチ沿いのカフェが似合いそうな“チルい”ダンスミュージックに仕上がっており、原曲も合わせてチェックしたい。

BRIAN SHINSEKAIは7月28日(土)に『STV創立60周年 SUNNY TRAIN REVUE 〜テレビがフェス作っちゃいました〜』、9月29日(土)に『メ〜テレ MUSIC WAVE SUNNY TRAIN REVUE〜テレビがフェス作っちゃいました〜』、10月7日(日)には『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018』など、大型イベントへの出演も続々決定している。詳細はオフィシャルHPへ。

配信シングル「Solace (LEOJI Remix)」

発売中



¥250(税込)

■配信情報
https://jvcmusic.lnk.to/solace_leojiremix



【関連リンク】
BRIAN SHINSEKAI、海外EDMフェスで活躍のLeo Melcherts Jrによる「Solace」リミックスを配信
BRIAN SHINSEKAIまとめ
ケツメイシ、両A面シングルのジャケ写は『深夜!天才バカボン』書き下ろし

【関連アーティスト】
BRIAN SHINSEKAI
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, トレーラー, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ダンス, ハウス, EDM, ライブ, 夏フェス, 音楽配信

ケツメイシ、両A面シングルのジャケ写は『深夜!天才バカボン』書き下ろし
Wed, 25 Jul 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ケツメイシが8月8日にリリースする約1年ぶりのニューシングル「夏のプリンス/風は吹いている」のジャケ写を公開した。TVアニメ『深夜!天才バカボン』の書き下ろしで、バカボンとパパがバーベキューをしながら夏休みを満喫しているという心温まるものになっている。

また、ニューシングルの60秒スポット映像を公開! こちらはファンから“夏の思い出の一枚”(写真)を集める企画として、親子、家族、友達、恋人らとの楽しい時間、幸せな時間が詰まっている写真を募集して制作したもの。ケツメイシらしさがあふれる、緩くも温かい気持ちになれる映像に仕上がった。

さらに、TVアニメ『深夜!天才バカボン』のエンディングテーマ「風は吹いている」のTVサイズが各種配信サイト、サブスクリプション型音楽配信サービスで配信スタート。はちゃめちゃな内容で話題となっているアニメに合わせての配信で、さらに盛り上がりを見せるだろう。今後も続々とニューシングルの新情報が発表されるので公式サイトを見逃さずチェックしてほしい。

シングル「夏のプリンス/風は吹いている」

2018年8月8日発売



AVCD-94139/¥1,000+税
<収録曲>
01. 夏のプリンス
02. 風は吹いている

◎セブンネット限定特典:蚊取り線香 ケツメの夏
※匂いはランダムでお渡しとなりお選び頂けませんので予めご了承ください。
https://7net.omni7.jp/detail/1301395592

◎CDショップ特典:ポストカード
※特典は予約された方に先着でお渡しする特典です。
※一部取扱いのないECサイト・CDショップがございますのでご了承ください。
※セブンネットでご予約の方にはつきません。あらかじめご了承ください。

◎アニメイト限定TVアニメ『深夜!天才バカボン』オープニング、オリジナルサウンドトラック連動特典
全国のアニメイト(オンライン含む)同一店舗にて、下記対象商品をご購入のお客様に連動特典をお渡しします!
アニメイトオンライン購入ページ
https://www.animate-onlineshop.jp/animetitle/?aid=4823
・2商品同時購入特典:扇子
対象:下記商品(1)+(2)
・3商品同時購入特典:ビーチサンダル
対象:下記商品(1)+(2)+(3)
※必ず同じ店舗でご購入ください。
※特典は数量限定につき、無くなり次第終了となります。
※詳細はお買い求め頂く店舗までお問い合わせください。

「夏のプリンス」先行配信

■iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/id1398803357?app=itunes&ls=1
■レコチョク http://recochoku.com/a0/ketsumeishi-natsunoprince/
■Apple Music https://itunes.apple.com/jp/album/id1398803357?app=apple&ls=1
■Spotify http://open.spotify.com/album/684wAu61iBATA5qAnrNxra
■LINE MUSIC https://music.line.me/launch?target=album&item=mb0000000001685ae6&cc=JP
■AWA https://mf.awa.fm/2K0TGr3
■Amazon Music Unlimited https://music.amazon.co.jp/albums/B07DRHPSLT
■Google Play Music https://play.google.com/music/m/Btqbrhlzhmodll4ombtv475rvae

「風は吹いている(TV-Size)」配信情報

■iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/id1411244527?app=itunes&ls=1
■レコチョク http://recochoku.com/a0/ketsumeishi-kazeha-tv/
■AppleMusic https://itunes.apple.com/jp/album/id1411244527?app=apple&ls=1
■LINE MUSIC https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000016b0b7b&cc=JP
■Spotify http://open.spotify.com/album/6W4MhwVDfsU4u1PUBtGraF
■AWA https://mf.awa.fm/2LlswvS
■Amazon Music Unlimited https://music.amazon.co.jp/albums/B07FKKQSS3
■Google Play Music https://play.google.com/music/m/Bwv32eqe2ctxbgoaiwfxlaqgagm



【関連リンク】
ケツメイシ、両A面シングルのジャケ写は『深夜!天才バカボン』書き下ろし
ケツメイシまとめ
GLAY、TERU(Vo)が想いを込めたスペシャルオリンピックス日本公式応援ソングを制作

【関連アーティスト】
ケツメイシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, グループ, トレーラー, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, ヒップホップ, ラップ, アニメ, エンディング, 音楽配信

GLAY、TERU(Vo)が想いを込めたスペシャルオリンピックス日本公式応援ソングを制作
Wed, 25 Jul 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

知的障害のある人たちにスポーツを提供する『公益財団法人スペシャルオリンピックス日本』の公式応援ソングとして、GLAYが新曲「YOUR SONG」を書き下ろしたことが発表された。この楽曲はTERU(Vo)が作詞・作曲を行なっており、並々ならぬ想いを託した曲とのこと。

TERUは、アメリカ・シカゴで7月17日(火)〜21日(土)に開催されたスペシャルオリンピックス国際本部50周年記念の『スペシャルオリンピックスユニファイドフットボールカップ シカゴpresented by TOYOTA』に出場した日本選手団の応援として現地に駆け付けた。

新曲「YOUR SONG」の発表と、TERUがシカゴで『スペシャルオリンピックス日本』を応援した様子は 8月11日(土)16:00〜16:55にBS日テレ『僕たちのワールドカップ 〜スペシャルオリンピックス ユニファイドカップ シカゴ挑戦記〜』で放送予定となっている。ぜひ「YOUR SONG」を聴いて、楽曲に込められたTERUの熱い気持ちを感じ取ってほしい。

■【TERU(Vo)コメント】

スペシャルオリンピックスとの出会いは、中田英寿さんとの雑談がきっかけでした。
僕は全く知らない世界ではありましたが、知的障害のあるアスリート達が世界で活躍しているという話を聞いて、とても興味が湧きました。
その後、スペシャルオリンピックス日本の懇親会があり、参加させていただいたのを機に、楽曲制作を任せていただく事になりました。
『YOUR SONG』は、アスリート達をサポートする家族やサポーターの思いを代弁できる曲になってくれたら、という思いで制作しました。
そして選手達の気持ちを鼓舞するという意味でも、一緒に歌うことで選手達と応援する側の思いを高められるような曲にしたいと思い、みんなで歌えるパートも作りました。
先日、ユニファイドサッカーの世界大会がシカゴで行われたので、応援に行かせていただきました。その際、選手達にこの曲を聴いてもらう機会があったのですが、自然と一緒に手拍子をしたり、歌ったりしてくれている姿を見て、『YOUR SONG』が選手達の応援ソングになってくれているということを実感しました。
この曲は、スペシャルオリンピックス日本の公式応援ソングという事で、並々ならぬ思いを託した曲です。
恐らくまだ日本ではそれほど認知されていないスペシャルオリンピックスではありますが、『YOUR SONG』が知るきっかけになったらと思っています。
『昨日の自分を超えてゆけ、未来を切り開け!』
この曲の歌詞で1番伝えたい言葉です。
9月に開催されるスペシャルオリンピックス2018愛知が、今から楽しみです。

【ユニファイドスポーツ(R)とは】

知的障害のある人とない人がチームを作り、一緒に練習をし試合や大会へ参加するものです。障害の有無を越え、スポーツを通じて喜びや悔しさ、達成感など様々な経験を共有することにより、お互いの理解を深め、友情を育むことを目指しており、社会的インクルージョン(共生社会)の実現を促進することを目標としています。
ユニファイドスポーツを推進するスペシャルオリンピックスをぜひ応援してください。



【関連リンク】
GLAY、TERU(Vo)が想いを込めたスペシャルオリンピックス日本公式応援ソングを制作
GLAYまとめ
GLIM SPANKY、「ワイルド・サイドを行け」がキッコーマンWEB CMソングに決定

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 新曲, 主題歌

GLIM SPANKY、「ワイルド・サイドを行け」がキッコーマンWEB CMソングに決定
Wed, 25 Jul 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月27日(金)の『FUJI ROCK』ではメインステージである“GREEN STAGE”への出演が決定している男女2人組新世代ロックユニット、GLIM SPANKY。彼らが2016年1月にリリースした「ワイルド・サイドを行け」が、キッコーマン株式会社のWEB CM「しょうゆピクセル」篇に使用されることが決定した。

WEB CMには、全日本選手権5連覇、世界選手権2連覇と圧倒的な実力もさることながら日本強化選手にも選出され、“かわいすぎる空手選手”としても注目を集める清水希容(しみずきよう・24)選手が出演。世界最高難易度と言われる空手“形”を、迫力満点の映像で演武する動画が見どころとなっている。

その疾走感のある映像にGLIM SPANKYの「ワイルド・サイドを行け」が起用され、ハスキーで圧倒的な存在感のある松尾レミの歌声と感情豊かなギターが、世界を制した清水選手の演武に花を添えている。空手が『東京2020オリンピック』の正式競技に決まって盛り上がりを見せる中、空手競技をさらに盛り上げるために公開された映像と、GLIM SPANKYのこれからの躍進から目が離せない。

■キッコーマン東京2020特設サイト
https://kikkoman-sports.jp/tokyo2020/

■「ワイルド・サイドを行け」配信情報
https://umj.lnk.to/glim_wildPR



【関連リンク】
GLIM SPANKY、「ワイルド・サイドを行け」がキッコーマンWEB CMソングに決定
GLIM SPANKYまとめ
早川義夫の『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』に秘められた煮えたぎる情念を聴け!

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ユニット, 発表, 配信, CMソング, 音楽配信

早川義夫の『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』に秘められた煮えたぎる情念を聴け!
Wed, 25 Jul 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1950年代、ピート・シーガーやキングストン・トリオのコピーからスタートした日本のフォーク界は、ボブ・ディランやエリック・アンダースンといった新しいタイプの自作自演歌手や、ロック、ジャズのアーティストとも呼応しつつ、歌謡曲や演歌などとも密接に関わりながら独自のスタイルを生み出していた。60年代半ばには東京を中心とするカレッジフォークと大阪を中心とする関西フォークの2大勢力が台頭し、政治や社会的状況と向き合う中で“時代”のサウンドが形作られていった。そんな中にあって、ジャックス、フォーク・クルセイダーズのような異形のアーティストたちもまた、関西フォークの文脈から突然変異的に登場するのである。本作『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』は元ジャックスのメンバー早川義夫が1969年にリリースした、日本のポピュラー音楽史上において異端として知られる名盤だ。

■浅川マキの姿勢

2010年1月、浅川マキは名古屋ツアーの最中に心不全で亡くなった。享年67歳。彼女は大きなホールより小さな“箱”で歌うのを好んだミュージシャンで、一度聴いたら忘れられない強烈な個性を持っていた。個性が強烈すぎるゆえに万人向けとは言い難かったが、自分を押し殺してまで個性を抑えることはせず、自分をありのまま受け入れてくれる観客がいてくれればそれで良かった。かつての大手レコード会社は、今よりもそういったアーティストの個性を尊重していたように思う。

ブルース、ジャズ、ゴスペルなどの黒人音楽に影響されたその音楽は、彼女の歌を聴いたことがある人なら分かってもらえると思うが、黒人音楽の精神を浅川マキというアーティストによって換骨奪胎したものである。ある時はジャズ歌手、ある時は演歌歌手やポピュラー歌手といった具合に、さまざまなスタイルで歌っていたが、いつも浅川マキというオルタナティブな個性をちゃんと主張していた。彼女は「時代に合わせて呼吸をするつもりはない」と語っているが、文字通り彼女の音楽は流行り廃りとは無縁であったと言えるだろう。

■流行に乗り遅れてしまうような方に 捧げる

浅川マキのこの発言と似た台詞が、今回紹介する『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』のジャケット裏にある。「僕はこのレコードを、どうしても流行に乗り遅れてしまうような方に捧げようかと思う」と書かれている。これは早川自らの言葉で、意味するところは浅川マキの「時代に合わせて呼吸をするつもりはない」と同じであろう。

だいぶ前に、このコーナーでジャックスの作品を取り上げたが、その時僕は
〜ジャックスのリーダー早川義夫は時代や流行に媚びることなく、自らの心の声に耳を傾け、人間の懊悩や煩悶を歌で表現した天才だ。天才によって生み出された奇妙なこの作品は、演奏技術が高いとか歌が上手いとか、そういうレベルにはなく、聴く者全てを圧倒し戦慄させる「異形」としか言いようのない名盤である。〜と書いた。我ながら言い得て妙である。この文章は今回取り上げる早川義夫のソロデビュー作『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』にもぴったり当てはまる。早川の作る楽曲は陰鬱な雰囲気が立ち込めていて、重くて切ない。しかし、リスナー側に聴く気があるなら、彼の言いたいことはちゃんと伝わるはずだ。

■URCレコードの設立

このアルバムをリリースしたのは関西フォークの流れから設立された日本最初のインディーズレーベル、URCレコードだ。URCとは“Underground Record Club”の略で、大手レコード会社では出せない個性的な作品を自主制作的イメージで売るというもの。URCレコードはマスに売れることはないだろうが、波長の合う人にとっては一生の宝物となる作品を作っていて、はっぴいえんどの『風街ろまん』、岡林信康の『見る前に跳べ』、ザ・ディランIIの『Second』、シバの『青い空の日』、友部正人の『大阪へやって来た』などなど、今から思えば時代に流されない多くの名作をリリースしている。早川はジャックス解散後URCレコードでディレクターを務めており、サラリーマン生活の傍ら本作の制作準備にかかっている。

■本作『かっこいいことは なんてかっこ悪いんだろう』について

そして、リリースしたソロデビュー作はほぼひとりでバックトラックを演奏し、まるでデモテープのような仕上がりとなった。アルバム収録曲は全部で12曲、意外なことに彼自身の作詞は1曲のみにとどまっている。前半の6曲(LP時代はA面)では、柏倉秀美が4曲、高田渡が1曲、相沢靖子が1曲、後半の6曲(LP時代はB面)では早川が1曲、残り5曲は出来里望(いずき・りぼ)がそれぞれ作詞を手がけているのだが、おそらく歌詞を書く段階で早川はあれこれ指示を出したに違いない。でなければ、こんなにシュールで統一感のあるヘヴィな歌詞(ただし、高田渡作の「シャンソン」と柏倉秀美の手になる「NHKに捧げる歌」の2曲は少し軽い仕上がりである)は書けるはずがないと僕は思う。

昭和に青春時代を送った世代は、ジーンズ、サーフィン等に代表されるアメリカ西海岸の明るく健康的な部分に惹かれた人が多い。音楽でもフォークロックやカントリーロックみたいな乾いたサウンドに人気があった。これってたぶん、若い時には梅雨に代表されるような日本的じめじめ感(あくまでも昭和世代の話だ)に嫌悪感を持っていたのだと思う。藤圭子の怨歌やムード歌謡も大嫌いだった、そういう時代。それが昭和というか戦後を少しだけ引きずった世代の特徴かもしれない。そんな僕の世代も年を食うと、そのじめじめ感や藤圭子やムード歌謡が魂に訴えかける存在となる。それは、それらが日本人のアイデンティティーとして、各人の根っこに確実に存在するからである。アイデンティティーとして存在するからこそ、心の内を見透かされるようで嫌悪したわけだし、素直になれば、そのじめじめ感が自らのルーツなのだということを納得せざるを得ないのである。

本作では全編を通して、ほぼ弾き語りで人間の持つ閉塞感を赤裸々に語っている。まるで、呪いの言葉を陰鬱な調子で唱えているようにも聴こえるが、聴くたびに彼の孤独の叫びが切々と伝わり、人間臭いドキュメンタリー作品を観たような感動を覚えるのである。音数は極端に少なく、スカスカでも間を詰めずに音作りをするのは勇気がいることである。20歳を過ぎたばかりの若者に、こういう鄙びたサウンドメイキングができるのは、URCでディレクターをしていたから彼の耳が肥えていたのだと思う。

本作中、最もよく知られたナンバー「サルビアの花」はさまざまなアーティストがカバーしているので、YouTubeなどで聴き比べてみると、いかに早川の表現が突出していたか理解してもらえると思う。とにかく、本作『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』を聴いたことがなければ、ぜひ聴いてみてください。きっと新しい発見があると思うよ。

TEXT:河崎直人

アルバム『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』

1969年発表作品



<収録曲>
1. わらべ唄
2. もてないおとこたちのうた
3. 無用の介
4. シャンソン
5. サルビアの花
6. NHKに捧げる歌
7. 聖なるかな願い
8. 朝顔
9. 知らないでしょう
10. 枕歌
11. しだれ柳
12. 埋葬



【関連リンク】
早川義夫の『かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう』に秘められた煮えたぎる情念を聴け!
早川義夫まとめ
ジャックスまとめ
ORANGE RANGE、バスケ愛に溢れる新曲のMVはAttraqt.が振付&出演

【関連アーティスト】
早川義夫, ジャックス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

ORANGE RANGE、バスケ愛に溢れる新曲のMVはAttraqt.が振付&出演
Wed, 25 Jul 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月29日に日本と台湾でリリースされるORANGE RANGEのニューアルバム『ELEVEN PIECE』より、新曲「Hopping」のMVが公開となった。

「Hopping」はYAMATO(Vo)が2013年より出演するWOWOW『NBAバスケットボール』の今シーズンイメージソングとして書き下ろした楽曲で、バスケットボールに対する愛の溢れる歌詞と、バスケ特有の試合テンポの速さやボールをつくリズムが軽やかに表現されている。

公開されたMVは大久保拓朗が監督を務め、新進気鋭の4人組チーム、Attraqt.が振付を担当し、出演もしている全編ダンスで構成された動画だ。Attraqt.は2018年3月に幕張メッセで開かれた『ビクターロック祭り 2018』のORANGE RANGEバックダンサー応募企画において見事選ばれ、ORANGE RANGEと共にステージを作り上げた経緯もあるので、注目してMVをチェックしてほしい。

アルバム『ELEVEN PIECE』

2018年8月29日発売



【初回限定盤】(CD+DVD+音声特典用プレイパスコード)
VIZL-1419/¥4,500+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-65040/¥3,000+税



【関連リンク】
ORANGE RANGE、バスケ愛に溢れる新曲のMVはAttraqt.が振付&出演
ORANGE RANGEまとめ
Yogee New Wavesがポカリとコラボ! 夏とフェスをアオく盛り上げる!!

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

Yogee New Wavesがポカリとコラボ! 夏とフェスをアオく盛り上げる!!
Wed, 25 Jul 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Yogee New Wavesがこの夏、グループにとって初のCMタイアップとなる大塚製薬『ポカリスエット』とのコラボレーションが決定! 新曲「CAN YOU FEEL IT」を書き下ろし、配信限定で7月25日よりリリース、さらにそのMVも合わせて公開された。

音楽フェスに協賛してから20年目を迎え、音楽を愛する人を応援してきた『ポカリスエット』。今夏はフェス会場にとどまらず、日本中をもっとアツくもっとアオくするというテーマのもと、今夏も多くの夏フェスに出演し、まさにフェスに欠かせないアーティストとなったYogee New Wavesとのコラボが実現した。“アオくなれ”をキーワードに書き下ろされた新曲「CAN YOU FEEL IT」は、彼らが影響を受けてきたブラックミュージックの源流を軽やかに現代に落とし込んだダンスチューンとなっている。

そして、合わせて公開となった「CAN YOU FEEL IT」のMVもポカリスエットとのコラボレーションで制作された。若手女優・森脇なな演じる平凡で一見地味に見える一人の女の子が、Yogee New Wavesの音楽をきっかけに自分を解放していくストーリー。MV後半には青空の下、海を背景にした抜群のロケーションで撮影されたYogeeのライヴシーンもたっぷり収録されており、躍動感あふれる夏にぴったりなMVとなっているのでぜひチェックしてみてほしい。

また、各フェスのポカリスエットブースではスクリーン放映されるほか、MVと連動したCMは一部フェスの幕間映像としても展開される。フェス当日も参加者をアオく盛り上げていく予定なのでお楽しみに。

配信楽曲「CAN YOU FEEL IT」

2018年7月25日(水)配信開始



¥250(税込)
※主要ダウンロードサイト、サブスクリプションサービスで配信開始。

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1409495838?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1007179074/
■mora
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-18185/
■Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1409495838
■Spotify
http://open.spotify.com/album/3L96GutZWIiN6a9e702Esn
■LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000016b50be&cc=JP
■Google Play Music
https://play.google.com/music/m/Betspy5vhu5qdkgxo3mk45l4uva



【関連リンク】
Yogee New Wavesがポカリとコラボ! 夏とフェスをアオく盛り上げる!!
Yogee New Wavesまとめ
sumika、“キミスイ”完成披露試写でタイアップ曲を初披露

【関連アーティスト】
Yogee New Waves
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブ, 夏フェス, TVCM, CMソング, 音楽配信

sumika、“キミスイ”完成披露試写でタイアップ曲を初披露
Wed, 25 Jul 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月18日(水)に大阪フェスティバルホール公演で自身最大規模のツアーを終えたばかりのsumikaが、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』完成披露試写会に登場! オープニングテーマの「ファンファーレ」と主題歌「春夏秋冬」の2曲を初披露した。

完成披露試写会は、『君の膵臓をたべたい』の公開を1カ月後に控えた7月24日(火)に開催され、1万を超える応募から当選した約340人の前で行なわれた。主演の高杉真宙(主人公“僕”役)、Lynn(山内桜良役)、和久井映見(桜良の母役)、藤井ゆきよ(恭子役)、内田雄馬(隆弘役)ら超豪華声優と共にsumikaも上映前イベントに登場し、楽曲に対する思いを告げた。

本編を上映した後、sumikaのスペシャルライヴがスタートし、映画の幕開けを告げる華やかさが印象的な「ファンファーレ」と切なさや儚さを滲ませる「春夏秋冬」を初披露! さらに、どこでも触れられていなかった劇中歌「秘密」も映画の本編で公開された。「秘密」はキーボードの小川貴之が作曲したピアノの旋律が心に響く楽曲となっている。「秘密(movie ver.)」は8月29日発売の劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』オリジナルサウンドトラックに収録されるので、ぜひ手に取ってみてほしい。

また、このイベントで初披露された「ファンファーレ」は7月25日より各配信サイトで先行配信がスタート。『sumika『ファンファーレ / 春夏秋冬』Release Tour』のチケットはファンクラブ先行にて受付中なので、こちらも要チェック。

■映画『君の膵臓をたべたい』 オフィシャルHP
http://kimisui-anime.com/

(c)住野よる/双葉社 (c)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

シングル「ファンファーレ / 春夏秋冬」

2018年8月29日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9900〜9901/¥1,600+税
※スリーブケース仕様
※住野よる書き下ろしショートストーリー『日々の透き通るもたれ合い』封入
【通常盤】(CD)
SRCL-9902/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.ファンファーレ ※劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』オープニングテーマ
2.春夏秋冬 ※劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』主題歌
3.ファンファーレ(Instrumental)
4.春夏秋冬(Instrumental)
■DVD ※初回生産限定盤のみ
sumika Film #4
1.ファンファーレ MUSIC VIDEO
2.Documentary

「ファンファーレ」先行配信

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1409613534?at=10lpgB&ct=4547366371482_al&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.com/s0/fanfare/
■mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366371475/

『sumika 『ファンファーレ / 春夏秋冬』 Release Tour』

10月28日(日) 宮城・SENDAI GIGS
11月04日(日) 北海道・Zepp Sapporo
11月07日(水) 愛知・Zepp Nagoya
11月08日(木) 愛知・Zepp Nagoya
11月14日(水) 東京・Zepp Tokyo
11月15日(木) 東京・Zepp Tokyo
11月25日(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月26日(月) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月30日(金) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
12月04日(火) 福岡・DRUM Logos
12月05日(水) 福岡・DRUM Logos

<チケット>
スタンディング¥5,000(税込・整理番号付・1ドリンク別途)
※6才以上チケット必要、5才以下入場不可
指定席¥5,800(税込・1ドリンク別途)
※4才以上チケット必要、3才以下でもお席が必要な場合は有料

■sumika OFFICIAL FANCLUB『ATTiC ROOM』先行ツアーチケット
8月13日(月)23:59まで受付中
http://sumika-atticroom.com/s/n62/?ima=0119



【関連リンク】
sumika、“キミスイ”完成披露試写でタイアップ曲を初披露
sumikaまとめ
降谷建志、1stライブハウスツアーはKj and The Ravensで全国6カ所を巡る

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, アニメ, ライブ, チケット, レポート, 主題歌, オープニング, 映画, サウンドトラック, 音楽配信

降谷建志、1stライブハウスツアーはKj and The Ravensで全国6カ所を巡る
Wed, 25 Jul 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月22日からスタートするライブハウスツアー『降谷建志1st LIVE TOUR 2018』で降谷建志とともに全国6カ所を巡るバンドがKj and The Ravens(ケイジェイ・アンド・ザ・レイヴンス)に決定した。

“Raven”は“ワタリガラス”を意味し、メンバーはギターがPABLO(Pay money To my Pain / POLPO)、ベースは武史(山嵐 / OZROSAURUS)、キーボードは渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)、ドラムはおなじみ桜井誠(Dragon Ash)となり、正に盟友たちとの旅となる。

ソロとしては初のワンマンツアーで、チケットは7月25日リリースのシングル「Playground/ワンダーラスト」に先行抽選予約シリアルナンバーが封入されるので、ぜひチェックしてほしい。

『降谷建志1st LIVE TOUR 2018』

10月22日(月) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
10月23日(火) 大阪・梅田 CLUB QUATTRO
11月12日(月) 東京・渋谷 CLUB QUATTRO
11月14日(水) 宮城・仙台 Rensa
11月21日(水) 広島・CLUB QUATTRO
11月22日(木) 福岡・BEAT STATION
<チケット>
一般発売:9月1日(土)10:00〜

シングル「Playground / ワンダーラスト」

2018年7月25日発売



【完全生産限定盤】
VICL-37418/¥1,000+税
※降谷建志1st LIVE TOUR 2018 CD購入者チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入
<収録曲>
1.Playground
2.ワンダーラスト

◎特典:降谷建志 オリジナル 3WAY ステッカー
1.オリジナル・ステッカー 
2.スペシャルコンテンツが楽しめるAR機能付き
3.オリジナル・スマホリング抽選応募券付き
<対象店> 
■絵柄A
TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象です。
■絵柄B
タワーレコード 全国各店/タワーレコードオンライン
■絵柄C
HMV 全国各店/HMV&BOOKS online
■絵柄D
Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
■絵柄E
Rakutenブックス



【関連リンク】
降谷建志、1stライブハウスツアーはKj and The Ravensで全国6カ所を巡る
降谷建志まとめ
Dragon Ashまとめ
Pay money To my Painまとめ
山嵐まとめ

【関連アーティスト】
降谷建志, Dragon Ash, Pay money To my Pain, 山嵐, OZROSAURUS, Schroeder-Headz
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, リリース, ツアー, チケット

夜の本気ダンス、“マジカルな気持ち”を届けるバンド史上最長規模のツアーが決定
Wed, 25 Jul 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが7月24日(火)に東京キネマ倶楽部にて行なった自主企画イベント『O-BAN-DOSS』の会場にて、10月10日(水)から新たな全国ツアー『マジカル頭脳ツアー!!』を開催することを発表した。

今回のツアーは約2カ月間にわたって全国24カ所にて開催予定のバンド史上最長規模のツアーだ。なお、今回のツアーについてはこれから追加される情報が控えているとのことなので、今後の発表にも期待してほしい。8月8日(水)にリリースを予定している彼らの最新シングル「Magical Feelin\'」を引っ提げ、メンバーからの“マジカル”が届けられる公演になるのでお楽しみに!

さらに、『マジカル頭脳ツアー!!』のチケットを最速で先行抽選予約することが出来る“シリアルナンバー”がシングル「Magical Feelin\'」の通常盤と完全生産限定盤に封入されることが決定! ご都合の良いスケジュールをチェックの上、お早めの予約をおすすめする。

そして、8月30日(木)にはWOWOWで放送の番組『LIVE TIPS #3』にて、自主企画イベント『O-BAN-DOSS』の模様をオンエア! 次世代の音楽シーンを担うアーティストにスポットを当てる『LIVE TIPS』が夜の本気ダンスの魅力に迫る内容となっているのでお見逃しなく。

Live Photo by 浜野カズシ

■『マジカル頭脳ツアー!!』

10月10日(水) 千葉・千葉 LOOK
10月11日(木) 栃木・宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
10月15日(月) 群馬・高崎 club FLEEZ
10月28日(日) 石川・金沢 EIGHT HALL
11月04日(日) 岡山・岡山 YEBISU YA PRO
11月09日(金) 北海道・旭川 CASINO DRIVE
11月10日(土) 北海道・帯広 MEGA STONE
11月12日(月) 北海道・函館 CLUB COCOA
11月14日(水) 青森・青森 Quarter
11月15日(木) 岩手・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
11月26日(月) 鹿児島・鹿児島 SR HALL
11月27日(火) 熊本・熊本 B.9 V2
11月29日(木) 長崎・長崎 DRUM Be-7
12月01日(土) 新潟・新潟 CLUB RIVERST
12月02日(日) 長野・松本 ALECX
12月04日(火) 富山・富山 SOUL POWER
12月05日(水) 大阪・心斎橋 BIGCAT
12月10日(月) 東京・マイナビBLITZ赤坂
12月13日(木) 香川・高松 MONSTER
12月14日(金) 徳島・徳島 club GRINDHOUSE
12月16日(日) 高知・高知 X-pt.
12月17日(月) 愛媛・松山 SALON KITTY
12月19日(水) 愛知・名古屋 ReNY limited
12月20日(木) 京都・KYOTO MUSE

※各公演時間、ゲスト出演者有り・ワンマンライブ等については後日発表

WOWOW番組『LIVE TIPS #3 夜の本気ダンス』

8月30日(木)夜10:45〜放送

シングル「Magical Feelin’」

2018年8月8日発売



【完全限定生産】(CD+スペシャルブックレット)
VICL-37420/¥1,500+税
<収録楽曲>
1, Magical Feelin\'
2, Music For Life
3, KIKI
-Bonus Track- ※完全限定生産盤のみ
Crazy Dancer (POLYSICS 午後の本気TOISU Mix)

◎全国ツアー『マジカル頭脳ツアー!!』チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入



【通常盤】(CD)
VICL-37421/¥1,200+税

◎全国ツアー『マジカル頭脳ツアー!!』チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入



【関連リンク】
夜の本気ダンス、“マジカルな気持ち”を届けるバンド史上最長規模のツアーが決定
夜の本気ダンスまとめ
小野賢章、シングル「FIVE STAR」を掲げた豊洲PIT公演チケットが一般発売中!

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, ツアー, チケット

小野賢章、シングル「FIVE STAR」を掲げた豊洲PIT公演チケットが一般発売中!
Wed, 25 Jul 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アニメ『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役を務めたことでも注目を浴び、声優だけでなく俳優や歌手としても幅広く活動をしている小野賢章が、8月に東名阪を巡るツアー『小野賢章 Live Tour 2018 〜FIVE STAR〜』を開催する。本ツアーは6月にリリースした5thシングル「FIVE STAR」を引っ提げて行なわれ、8月12日(日)に開催される東京・豊洲公演のチケットは現在一般発売中だ。

シングル「FIVE STAR」は表題曲とカップリング曲「Rolling Days」をSPYAIRのUZ(Gu)が作曲し、MOMIKEN(Ba)が作詞を手掛けたことでも話題となっており、しかもライブツアーは2年振りでもあるので、この機会にぜひ足を運んでみてほしい。

■『小野賢章 Live Tour 2018 〜FIVE STAR〜』

8月12日(日) 東京・豊洲PIT
16:00 開場・17:00開演
<チケット>
全自由¥6,500(税込)
一般発売中!
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、キョードー東京にて販売
https://kyodotokyo.com/onokensho2018

※未就学児童のご入場はできません
※入場時別途ドリンク代必要

・愛知公演
8月04日(土) 愛知・ボトムライン
開場 16:30/開演 17:00
お問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
・大阪公演
8月26日(日) 大阪・メルパルクホール大阪
開場 16:30/開演 17:00
お問合せ:ソーゴー大阪06-6344-3326

シングル「FIVE STAR」

発売中



LACM-14768/¥1,300(税抜)
<収録内容>
01.FIVE STAR
作詞:MOMIKEN 作曲:UZ 編曲:TAKAROT
02.Rolling Days
作詞:MOMIKEN 作曲・編曲:UZ
03.FIVE STAR(Off Vocal)
04.Rolling Days(Off Vocal)



【関連リンク】
小野賢章、シングル「FIVE STAR」を掲げた豊洲PIT公演チケットが一般発売中!
小野賢章まとめ
THE BEATNIKS、『フジオロックフェスティバル』会場限定でアナログ盤を発売

【関連アーティスト】
小野賢章
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, チケット

THE BEATNIKS、『フジオロックフェスティバル』会場限定でアナログ盤を発売
Wed, 25 Jul 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

高橋幸宏と鈴木慶一のユニット、THE BEATNIKSのニューアルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』に収録されている「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」のREMIXが12インチアナログ盤として8月1日(水)〜8月2日(木)に開催される『フジオロックフェスティバル 2018』の会場で発売されることが発表された。

5月の『森、道、市場フェス』や、8月の『ワールドハピネス』でも披露され、新生THE BEATNIKSを象徴する楽曲となったこの曲のREMIXを担当するのは作曲家、編曲家、プロデューサーなど多岐によって活躍するD? D? MOUSEとcamera-stylo。そして、僕とジョルジュなどのユニット活動をはじめ、様々なアーティストへの楽曲提供やサポート演奏を行なう佐藤優介だ。

THE BEATNIKSを尊敬してやまないアーティスト達から新たな風を吹き込まれた「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」のアナログはジャケットは、フジオプロによる書き下ろしでTHE BEATNIKSの2人が描かれており、ライブ会場でしか手に入らない500枚限定という貴重なアイテムとなる。配信は8月1日(水)よりスタートし、Spotifyのみ7月25日(水)より先行配信が開始されるので、ぜひ配信でもチェックしてほしい。

12インチアナログ盤『THE BEATNIKS REMIX』

2018年8月1日発売



CEG-8/¥2,700(税込)
<収録曲>
■A side
シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya (D? D? MOUSE Remix)
■B side
8-BALL FALL MIX(Yusuke Sato Remix)

<配信>
8月1日(水)より配信開始
※Spotifyのみ7月25日(水)より先行配信
■商品情報 http://columbia.jp/artist-info/thebeatniks/

『フジオロックフェスティバル 2018』

開催日:8月1日(水)8月2日(木)
会場:恵比寿ガーデンプレイス(LIVE:ザ・ガーデンホール)

<出演>
■8月1日(水)
電気グルーヴ、大友良英スペシャルビッグバンド + 芳垣安洋 + 二階堂和美、マキタスポーツ、スチャダラパー
■8月2日(木)
THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)、矢野顕子、Sweet Robots Against The Machine(テイ・トウワ+砂原良徳+バカリズム)、LEO今井

<チケット>
■フジオ10年分のおバカ寄席(自由席/税込)
昼席なのだ¥4,800/夜席なのだ¥4,800
■ボツ10年ライブ(スタンディング/税込)
8月1日(水)¥7,800/8月2日(木)¥7,800
※全チケット来場特典グッズ付き(オリジナル扇子)
※特典グッズの引き換えはイベント当日に会場にて行ないます。

■『フジオロックフェスティバル 2018』オフィシャルHP
https://fujio-botsu10nen.jp/fujiorock



【関連リンク】
THE BEATNIKS、『フジオロックフェスティバル』会場限定でアナログ盤を発売
高橋幸宏まとめ
鈴木慶一まとめ
THE BEATNIKSまとめ

【関連アーティスト】
高橋幸宏, 鈴木慶一, THE BEATNIKS
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, コラボ, リリース, 配信, 夏フェス













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1