歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年07月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
ベリーグッドマン、再生回数400万回突破した「ライオン」をはじめとするパワーソングが高校球児の応援歌に!
Tue, 17 Jul 2018 22:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

昨今、SNSの普及に伴いユーザーが好きな楽曲をBGMにして動画を手軽にSNSに投稿できる時代。音楽に合わせて自身が踊っている”踊ってみた動画”をSNSに投稿するのが当たり前となって、最近ではDA PUMPの「U.S.A.」などが話題となりヒットを飛ばした。ほかにも、思い出の写真を並べてその絵に合う楽曲をBGMに選んで動画にしたり、音楽を付けた動画が投稿されている。

この時期は、全国各地では夏の全国高等学校野球選手権大会の地方予選大会真っ只中。記念すべき100回目となる2018年の大会でも3,781校が全国優勝目指して熱戦を繰り広げ、選手を元気付けるのには欠かせない応援歌がスタンドで演奏されている。

有名アーティストの楽曲では、X JAPAN「紅」、大塚愛「さくらんぼ」、Queen「We will rock you」、山本リンダ「狙いうち」、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のオープニングテーマなどが多く使われる中、YouTubeの再生回数が400万回を突破したベリーグッドマンの「ライオン」も歌われ始め、さらに「ライトスタンド」も応援席から歌われている。

特出すべきは、SNS投稿される動画で使われるベリーグッドマンの楽曲は高校野球をテーマにしたものが多いということ。「ライオン」「ライトスタンド」のみならず、「Hello」「ハイライト」「ファンファーレ」などさまざまなな楽曲が選ばれいる。高校野球で使われる応援歌はだいたい1アーティスト1曲だが、ベリーグッドマンはなぜ1曲に収まらないのか。

大きな要因のひとつは、デジタル配信分野でのヒットがあることだ。若者に人気の音楽配信サイト『LINE MUSIC』では5曲も総合1位を獲得しており、絶大な支持を受けている。また、最新アルバム『SING SING SING 6』がiTunesのアルバムチャートで総合1位を獲得するなど、その人気は若者だけにとどまらない。

もうひとつの要因は、ベリーグッドマンは応援する立場、応援される立場の両者にとって元気がでる曲を多数持っていることだろう。あるスポーツ紙のインタビューで彼らが語った“「頑張れ」って言葉は使わないようにしてます。僕たちが頑張るし、一緒に頑張ろうってスタンス”という想いも元気がでる楽曲となるポイントだ。

ベリーグッドマンが奏でる応援歌は“パワーソング”と名付けられている。高校球児を元気付けるパワーソングを数多く持ち、高校生を筆頭に幅広く支持されているベリーグッドマンに注目してほしい。



【関連リンク】
ベリーグッドマン、再生回数400万回突破した「ライオン」をはじめとするパワーソングが高校球児の応援歌に!
ベリーグッドマンまとめ
『ドリフェス2018』にX JAPAN、HYDE、ゴールデンボンバーら出演決定

【関連アーティスト】
ベリーグッドマン
【ジャンル】
J-POP, ニュース

『ドリフェス2018』にX JAPAN、HYDE、ゴールデンボンバーら出演決定
Tue, 17 Jul 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月15日(土)〜9月17日(月・祝)に幕張メッセにて開催される、テレビ朝日主催によるイベント『テレビ朝日ドリームフェスティバル 2018』の第1弾出演アーティストが発表された。

今回解禁となったのは、初日に出演するX JAPAN、HYDE、ゴールデンボンバーをはじめとした計14組。各日6組が出演し、総勢18組のアーティストが出演するので続報も楽しみに待っていてほしい。

また、本イベントのチケットが7月17日(火)11時〜7月29日(日)まで先行予約を受付中! 毎年豪華アーティストの出演で話題となっているので、お見逃しのないよう要チェックだ。

■『テレビ朝日ドリームフェスティバル 2018』

開催日:9月15日(土)〜9月17日(月・祝)
会場:幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホール

<第1弾出演アーティスト>
■9月15日(土)
X JAPAN/THE ORAL CIGARETTES/GLIM SPANKY/ゴールデンボンバー/HYDE/凛として時雨
■9月16日(日)
Official髭男dism/Superfly/sumika/Nulbarich…ほか(計6組予定)
■9月17日(月・祝)
CRAZYBOY・HIROOMI TOSAKA/平井 堅/Mrs. GREEN APPLE/WANIMA…ほか (計6組予定)

<チケット>
各日 全席指定¥10,800(税込)
※3歳以上要チケット/客席での飲食は不可
・最速先行予約
7月17日(火)午前11:00〜7月29日(日)23:59
予約ページ:http://eplus.jp/dreamfestival/

<クレジット>
主催・企画・制作:テレビ朝日
運営協力:ディスクガレージ  
協力:ファミリーマート/イープラス

<お問合せ>
ディスクガレージ :050-5533-0888(weekday 12:00〜19:00)



【関連リンク】
『ドリフェス2018』にX JAPAN、HYDE、ゴールデンボンバーら出演決定
X JAPANまとめ
HYDEまとめ
ゴールデンボンバーまとめ
GLIM SPANKYまとめ

【関連アーティスト】
X JAPAN, HYDE, ゴールデンボンバー, GLIM SPANKY, WANIMA, THE ORAL CIGARETTES, 凛として時雨, Superfly, Official髭男dism, sumika, Nulbarich, CRAZYBOY, HIROOMI TOSAKA, Mrs. GREEN APPLE, 平井 堅
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, LDH, 出演, チケット, 夏フェス

ケツメイシ、『世界バドミントン2018』の中継イメージソングを書き下ろし
Tue, 17 Jul 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ケツメイシの「夢中」が、テレビ朝日のバドミントン中継イメージソングに決定した。日本代表を応援する本楽曲は、7月19日(木)に大型イベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION』内の六本木ヒルズアリーナで行なわれる『「世界バドミントン2018中国」代表選手発表&公開記者会見』の場で、代表選手の発表とともに音源解禁される。史上最強と噂に名高いバドミントン日本代表をケツメイシのイメージソングとともに応援しよう!

このイメージソング決定に伴い、ケツメイシの大蔵は!“一つの羽根(シャトル)を大人でも少年少女のように熱中して夢中に追いかける姿を、そして子供のように寝ている夢の中までもスポーツ(バドミントン)の事で夢中になってしまう、そんな絵を想像して書かせていただきました”とコメント。『世界バドミントン2018 中国』は7月30日(月)〜8月5日(日)にかけて開催され、テレビ朝日(関東地区)、BS朝日、CSテレ朝チャンネル2では1回戦から決勝までが中継される。

また、Spotifyにてメンバー大蔵が選曲した“カンパイの唄”をテーマにしたプレイリストも公開中。夏を思う存分満喫できる曲も満載となっているので、こちらもぜひチェックしてみてほしい。

■Spotifyプレイリスト『カンパイの唄 大蔵 from ケツメイシ』
https://open.spotify.com/user/spotify/playlist/37i9dQZF1DX8agCY58iil0?si=adUHWUYrQVaQCUCJIhIooQ

■【ケツメイシ・大蔵 コメント】

「羽といえば餃子が好きな大蔵です(なんちゃって…)。一つの羽根(シャトル)を大人でも少年少女のように熱中して夢中に追いかける姿を、そして子供のように寝ている夢の中までもスポーツ(バドミントン)の事で夢中になってしまう、そんな絵を想像して書かせていただきました。見てるこちらも時を忘れて夢中にさせてしまう日本の強いバドミントン、最後まで諦めないバドミントンを世界に魅せつけてください!応援しています!!最後に個人的にですが、奥原さん(個人的にすいません)!前回のライブ来ていただいてありがとうございました!!と、食事のタイミングが合わなくて申し訳ありません、、、今度餃子ごちそうします」

『世界バドミントン2018 中国』

テレビ朝日(関東地区)、BS朝日、CSテレ朝チャンネル2で放送
日本代表選手発表会見:7月19日(木)テレビ朝日・六本木ヒルズアリーナ
大会日程:7月30日(月)〜8月5日(日) 中国・南京
テレビ朝日バドミントン中継イメージソング:ケツメイシ「夢中」



【関連リンク】
ケツメイシ、『世界バドミントン2018』の中継イメージソングを書き下ろし
ケツメイシまとめ
SHE\'S、学生イベント『AGESTOCK2018 Summer Edition』にゲスト出演決定

【関連アーティスト】
ケツメイシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, テレビ番組, 主題歌

SHE\'S、学生イベント『AGESTOCK2018 Summer Edition』にゲスト出演決定
Tue, 17 Jul 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪出身4人組ピアノロックバンド・SHE\'Sが、日本最大級の学生イベント『AGESTOCK2018 Summer Edition』にスペシャルゲストとして出演することが決定! イベントのチケットは、7月18日(水)10時より発売を予定している。

同イベントでは、学生による学生のための音楽コンテスト『Next Age Music Award2018』の決勝戦を開催する。このコンテストでは約200組以上の学生アーティストのエントリーの中から27組が一次審査を通過し、7月7日(日)にスタジオで行なわれた二次審査にて選ばれた5組がイベント当日にコンテストの決勝に出演する予定だ。優勝者には賞金20万円と、12月1日(土)2日(日)に開催される『AGESTOCK2018 in TOKYO DOME CITY HALL』への出演権が贈呈されるとのこと。

2012年に出場した、10代のアーティストのみによる“ティーンエイジロックフェス”『閃光ライオット』をきっかけに注目を集めてきたSHE\'S。メジャーデビュー3年目に突入し、今回は当時と逆の立場での出演となるので大きくなったSHE\'Sのステージを楽しみにしていて欲しい。

■『AGESTOCK2018 Summer Edition』

8月16日(木) 東京・マイナビBLITZ赤坂
<出演>
午前3時と退屈/the shes gone/Foi/奮酉/Port Town FM
スペシャルゲスト:SHE\'S
<チケット>
1F立見 ¥1,000 ※D代別

■イベントオフィシャルHP
http://agestock.jp/summeredition2018/

シングル「歓びの陽」

2018年8月8日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-39078/¥1,700(税抜)
【完全数量限定盤】(CD+サコッシュ)
¥2,407(税抜)
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売

<収録曲>
■CD
1.歓びの陽
2.Upside Down
3.Monologue
4.歓びの陽(Instrumental)
5.歓びの陽(Backing Track Version)
■DVD ※初回限定盤のみ
『Sinfonia “Chronicle” #1 〜前篇〜』
1.Morning Glow
2.Beautiful Day
3.Just Find What You\'d Carry Out
4.Long goodbye
5.Evergreen
6.幸せ



【通常盤】(CD)
TYCT-30077/¥1,000(税抜)



【関連リンク】
SHE\'S、学生イベント『AGESTOCK2018 Summer Edition』にゲスト出演決定
SHE\'Sまとめ
シド、ミニアルバム『いちばん好きな場所』発売記念のラジオ公開収録&特典会を発表

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 出演

シド、ミニアルバム『いちばん好きな場所』発売記念のラジオ公開収録&特典会を発表
Tue, 17 Jul 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年でバンド結成15周年のアニバーサリーイヤーを迎えるシドが、8月22日(水)にリリースするミニアルバム『いちばん好きな場所』の発売を記念して、東京と大阪の2カ所でラジオの公開収録および特典会の実施を発表した。

東京の特典会は8月13日(月)にららぽーと豊洲にてTOKYO FM/JFN系列『やまだひさしのラジアンリミテッドF』、大阪は8月14日(火)にあべのキューズモールにてFM802『REDNIQS』の公開収録を実施する。今作『いちばん好きな場所』に懸ける想いや制作秘話など、どんなエピソードが飛び出すのか貴重な公開収録にぜひ期待したい。すでに東京・大阪2会場とも優先エリアへの応募はスタートしているとことなので、お早めにチェックを!

また、東京・大阪ともに公開収録終了後にはシドのメンバーによる『「いちばん好きな場所」スペシャルうちわお渡し会』も行なわれるとのこと。こちらは、『いちばん好きな場所』を予約購入した方を対象に実施されるので、併せて楽しみにしておこう。詳しくはシドオフィシャルHP、またはイベントHPへ。

『いちばん好きな場所』は自身初の5曲入りミニアルバムで、タイトルの“いちばん好きな場所”は過去2度のツアータイトルにもなっており、シドやファンにとっては大切なキーワードだ。収録される5曲全てが新曲で、ツアーやライブでのファンとの一体感を感じられる作品になっている。9月からは全国ツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」』も控えている彼らのアニバーサリーイヤーに注目だ。

【公開収録&特典会情報】

<東京>
収録番組:TOKYO FM/JFN系列『やまだひさしのラジアンリミテッドF』
収録日時:8月13日(月)16:00〜16:30(予定)
場所:東京・ららぽーと豊洲 中庭シーサイドデッキメインステージ
※詳しくはこちら http://www7.jfn.co.jp/f/form_sid/index.php

◎「いちばん好きな場所」スペシャルうちわお渡し会
『やまだひさしのラジアンリミテッドF』公開収録終了後に、東京・ららぽーと豊洲 中庭シーサイドデッキメインステージにて“「いちばん好きな場所」スペシャルうちわ”お渡し会を実施します。
※詳しくは「整理番号付き“スペシャルうちわお渡し会”参加券」の券面をご覧ください。
■参加方法
ららぽーと豊洲 中庭シーサイドデッキメインステージCD即売所、または、対象店舗にてミニアルバム『いちばん好きな場所』を全額前金にてお買い上げいただいたお客様に先着で「整理番号付き“スペシャルうちわお渡し会”参加券」をお渡しいたします。参加券1枚で『「いちばん好きな場所」スペシャルうちわお渡し会』に1回ご参加いただけます。
・CD店舗予約
予約対象店舗:HMVららぽーと豊洲
予約対象期間:8月5日(日)開店時〜8月12日(日)閉店時
・CD当日予約
当日即売実施会場:ららぽーと豊洲 中庭シーサイドデッキ
当日即売開始時間:11:00〜
※支払いは現金のみ。
※予約商品の受け取り期間:9月3日まで

<大阪>
収録番組:FM802『REDNIQS』
収録日時:8月14日(火)17:00〜17:30(予定) 
場所:大阪・あべのキューズモール3階 スカイコート
※詳しくはこちら https://funky802.com/i/s5324

◎「いちばん好きな場所」スペシャルうちわお渡し会
『REDNIQS』公開収録終了後に、大阪・あべのキューズモールにて“「いちばん好きな場所」スペシャルうちわ”お渡し会を実施します。
※8月22日(水)発売のミニアルバム「いちばん好きな場所」を全額前金にてお買い上げいただいたお客様対象となります。
※CDの予約・当日の特典会詳細に関しては後日発表させていただきます。

それぞれの詳細についてはシドのオフィシャルHPへ!

全国ツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」』

9月03日(月) 神奈川・CLUB CITTA\' 
9月04日(火) 神奈川・CLUB CITTA\' 
9月08日(土) 静岡・Live House浜松 窓枠  
9月09日(日) 岐阜・岐阜club-G 
9月11日(火) 愛知・名古屋ダイアモンドホール 
9月14日(金) 群馬・高崎club FLEEZ 
9月15日(土) 茨城・水戸LIGHT HOUSE 
9月18日(火) 栃木・HEAVEN\'S ROCK宇都宮VJ-2 
9月21日(金) 石川・金沢EIGHT HALL 
9月23日(日・祝) 長野・長野CLUB JUNK BOX 
9月24日(月・休) 新潟・NIIGATA LOTS 
10月03日(水) 宮城・仙台Rensa 
10月05日(金) 青森・青森Quarter 
10月06日(土) 岩手・盛岡CLUBCHANGE WAVE 
10月08日(月・祝) 福島・郡山HIP SHOT JAPAN 
10月13日(土) 北海道・釧路NAVANA STUDIO 
10月14日(日) 北海道・帯広MEGA STONE 
10月18日(木) 大阪・なんばHatch
10月20日(土) 香川・高松MONSTER
10月21日(日) 愛媛・松山WstudioRED 
10月27日(土) 岡山・岡山CRAZYMAMA KINGDOM 
10月28日(日) 広島・広島CLUB QUATTRO  
11月01日(木) 京都・KYOTO MUSE 
11月03日(土・祝) 兵庫・神戸CHICKEN GEORGE  
11月04日(日) 滋賀・滋賀U☆STONE 
11月07日(水) 佐賀・佐賀GEILS  
11月08日(木) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
11月10日(土) 熊本・熊本B.9 V1 
11月11日(日) 鹿児島・鹿児島CAPARVO HALL 
11月17日(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3 
11月21日(水) 東京・マイナビBLITZ AKASAKA

ミニアルバム『いちばん好きな場所』

2018年8月22日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3076/7/¥2,778+税
【通常盤】(CD)
KSCL-3078/¥1,852+税
<収録曲> ※初回生産限定盤、通常盤CD共通
1.VOICE
2.Reverb
3.その未来へ
4.ラバーソール
5.いちばん好きな場所



【関連リンク】
シド、ミニアルバム『いちばん好きな場所』発売記念のラジオ公開収録&特典会を発表
シドまとめ
Gargoyle、31周年記念公演で楽器隊3人の脱退を発表

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 発表, ミニアルバム

Gargoyle、31周年記念公演で楽器隊3人の脱退を発表
Tue, 17 Jul 2018 00:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Gargoyle が7月16日、TSUTAYA O-WESTにて結成31周年公演『Gargoyle 31st Anniversary Live「燦獣威血」』を開催し、その終演後にKENTARO(Gu)、TOSHI(Ba)、KATSUJI(Dr)が9月6日の TSUTAYA O-EAST公演をもって脱退することを発表した。

1987年7月15日の初ライヴ以来、結成31周年に突入したGargoyle。その記念公演は初期の代表曲のひとつ「HALLELUYAH」で幕を開けた。その後も「SATORI」「future drug」「完全な毒を要求する」など各時代を彩った楽曲で会場を焚き付け、トリプルアンコールの「死ぬこととみつけたり」まで全22曲を披露し、まさに完全燃焼! しかし、メンバーがステージを去った後に現れたスクリーンでアナウンスされたのは、前述の9月6日のTSUTAYA O-EASTを最後に楽器隊が脱退するというもの。フロアーは一瞬にして静まり返り、呆然とする者、泣き出す者…なんとも言えない重い空気が会場を包み込んだことは言うまでもない。

そして、同日の24時にオフィシャルWEBサイト『零細胞』にて各メンバーのコメントと、9月6日のTSUTAYA O-EAST公演の詳細が発表された。そこではバンドに残ったKIBA(Vo)は「9月6日以降、どうやっていくのかは、現時点では白紙です。続けてみても、不様な姿を晒すだけかもしれません。(中略)自分自身がやめようという気持ちになるまでは、たとえ足掻く姿を嗤われようと、Gargoyleをやってみます」と語っており、Gargoyleを続けていく想いを語っている。

■オフィシャルWEBサイト『零細胞』【メンバー脱退のご報告】
http://firstcell.net/gargoyle/news/detail.php?no=1531753178

■『美しき時代』

9月06日(木) TSUTAYA O-EAST
open18:00/start19:00
<チケット>
料金:前売¥6,000/当日¥6,500 (D代別)
チケット(一般)発売日:8月5日(日)10:00〜
※入場順:1.ZEROISM優先 → 2.各プレイガイド並列 → 3.当日券



【関連リンク】
Gargoyle、31周年記念公演で楽器隊3人の脱退を発表
Gargoyleまとめ
けやき坂46、BiSH、サイダーガールなどの青春を描くMVをピックアップ

【関連アーティスト】
Gargoyle
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース

けやき坂46、BiSH、サイダーガールなどの青春を描くMVをピックアップ
Tue, 17 Jul 2018 19:00:00 +0900


夏真っ盛り! 今回は夏休みの足音を感じながら、それぞれの青春のひと時を収めたMVをご紹介します。今まさに青春の真っ只中にいる人も、かつて青春を心ゆくまで堪能した人も、憧れだったり懐かしさを抱えながら、今夏をより甘酸っぱく彩ってみませんか?

■「オーケストラ」(‘16)/BiSH

女子校を舞台に、ふたりの女の子の切ない青春時代を描いたMV。放課後にふたりきりで過ごしたり教室で視線を合わす場面など、想い合う彼女たちのじれったいシーンから一転、ある日を境にその関係が終わりを迎えてしまうラストには胸を締め付けられずにはいられない。BiSHのパフォーマンスシーンは黒っぽいセットで、MVのメインになっている女子校の白っぽい情景をより際立たせ、コントラストを生んでいる。“リンリンはずっと死んでいる”というストーリーが込められたダンスにも注目だ。あなたにも友達の中に気になる特別な存在がいませんでしたか?

■「僕たちは付き合っている」(‘17) /けやき坂46

欅坂46の妹分である通称“ひらがなけやき”。校則の厳しい学校で、メンバーが職員室前の廊下に整列させられている場面からMVがスタート。先生に話しかけられても一度も会話をしない無表情さからは大人に心を閉ざしたティーンエイジャーの心情が感じられる。生徒だけになった放課後の教室では廊下にいた時より明るく朗らかだが、恋愛が原因で少し影が入っている様子…。通用口の鍵を盗んで夜中の学校に忍び込んだメンバーたちがどんなストーリーを組み立てて行くのか? 全体像が気になるこのMVのフルバージョンは、欅坂46の4thシングル「不協和音」のType-DのDVDに収録されているので、こちらをチェック!

■「33歳の夏休み」(‘18) /神聖かまってちゃん

「22才の夏休み」「23才の夏休み」「26才の夏休み」に続くこの楽曲のMVは、バンド結成10周年を迎える2018年に公開。「23才の夏休み」のリリース当時に生放送で披露した際、の子(Vo&Gu)がまったく歌わなかった騒動を知っている人は、時々映るナルトに思わずニヤリとするだろう。いじめに遭い、学校で孤立している主人公が帰り道に拾ったMDウォークマンから流れる「33歳の夏休み」を聴き、演奏シーンでの子が落としたサングラスを拾ったりと次第にふたつの物語がシンクロしていくのは、主人公の理解者が神聖かまってちゃんの音楽であることを表現しているのかもしれない。誰かと共有することのない自分の中で熱く残る青春も美しいと思わせてくれるMVだ。

■「約束」(‘18)/サイダーガール

青春を表すには絶対に外せない学校のプールを取り入れたMVは、『2018年度サイダーガール』に就任した杉本愛里がMVの主人公となって登場。5人の男女が薄く水を張ったプールの中でホースで水を撒いたりアイスを食べたりするキラキラした青春シーンに、思わず頭を抱えてしまう方もいるのではないだろうか。MVは楽しそうだけど、そういえばプール掃除って結構大変だったよなとさまざまな思い出が連想される。このまま清涼飲料水のCMが撮れてしまうのでは…というくらい爽快感と清々しさに満ちた映像で、ラストの杉本が想いを寄せる男子高生に気持ちを叫ぶ甘酸っぱい恋を描いた場面も観どころのひとつ。

■「涙」(‘17)/KANA-BOON

ドラマ『あなたには帰る家がある』で注目された俳優の荻原利久が、映画『ミスミソウ』で初主演を務めた山田杏奈と過ごした時間を写真で切り抜いていく。ふたりは恋人役を演じて浅草寺や花屋敷など、真夏の浅草を歩き回る山田の姿や時に色気のある表情をカメラ目線で追いかける。よく見てみると、写真の日付はMV公開より2年前の2015年。今までのデートシーンが全て過去の出来事だったことがうかがえる。現代の場面ではバンドマンとしてステージに立つ荻原の姿が描かれ、楽屋でタバコを吸うシーンがあるが、写真の中の山田もお菓子でタバコを吸う仕草をしていることが切ない…。そんな過ぎ去った青春を“涙”というひと文字に込めたKANA-BOONのセンスが堪能できる。

TEXT:辻 瞼



【関連リンク】
けやき坂46、BiSH、サイダーガールなどの青春を描くMVをピックアップ
けやき坂46まとめ
BiSHまとめ
サイダーガールまとめ
Yasei Collective、2年ぶりのニューアルバム『stateSment』より「Splash」MV解禁

【関連アーティスト】
けやき坂46, BiSH, サイダーガール
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

Yasei Collective、2年ぶりのニューアルバム『stateSment』より「Splash」MV解禁
Tue, 17 Jul 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Yasei Collectiveが7月18日にリリースするニューアルバム『stateSment』からリード曲「Splash」のMVを公開した。アルバムのレコーディング同様、MVの撮影もアメリカで行なわれ、メンバーのオフショットやレコーディング風景が織り交ぜられたショートムービーのような仕上がりの映像作品だ。まさに“アメリカに帰ってきた”Yasei CollectiveならではのMVで、映像からもメンバーがリラックスしてレコーディングに入っていることが感じられる。

今作の編集・監督・アニメーションを手掛けているのは、ZA FEEDOの沖メイ。松下マサナオ(Dr)、中西道彦(Ba&Synth)は同バンドのメンバーでもあり、斎藤拓郎(Voc&Gu&Synth)はサポートメンバーとして参加している。

また、松下が7月25日(水)発売となる『リズム&ドラム・マガジン 2018年9月号』の表紙を飾ることが発表され、日本のトップドラマーの一人として、Yasei Collectiveのリーダーとして活動していく彼からこれからも目が離せない。

なお、Yasei Collectiveは全国ツアー『Yasei Collective Live Tour 2018 “stateSment”』を10月の栃木公演を皮切りにスタート! 彼らの個々の演奏技術、誰にも真似できない最先端で緻密な演奏をぜひ生で体感してほしい。

アルバム『stateSment』

2018年7月18日発売



YCCA-0001/¥2,593+税
<収録曲>
■CD
01.Trad
02.Combination Nova
03.The Golden Fox
04.Splash
05.Okay
06.Snow
07.O.I.A.K.A
08.Three Heads
09.Silver
10.African Doorz
11.David

◎購入者特典
・タワーレコードオリジナル特典:「Trad」ステムファイルCD-R(Wavファイル)
・amazonオリジナル特典:「O.I.A.K.A」ステムファイルCD-R(Wavファイル)
・ヴィレッジヴァンガードオリジナル特典:「Yasei Collective」ロゴステッカー
・FLAKE RECORDS:缶バッジ
※特典には数に限りがありますのでご了承ください。
※特典の付かない店舗様もございますので、各店舗様へお問い合わせください。

ツアー『Yasei Collective Live Tour 2018 “stateSment”』

10月05日(金) 栃木・宇都宮studio baco
10月13日(土) 北海道・札幌くぅ
11月02日(金) 愛知・名古屋TOKUZO
11月03日(土) 大阪・BEYOND
11月09日(金) 福岡・ROOMS
11月10日(土) 熊本・ぺいあのPLUS
11月11日(日) 広島・HIROSHIMA4・14
11月24日(土) 東京・LIVE HOUSE FEVER ※ワンマン公演
<チケット>
スタンディング前売¥3,500(税込)/当日¥4,000(税込) ※D代別



【関連リンク】
Yasei Collective、2年ぶりのニューアルバム『stateSment』より「Splash」MV解禁
Yasei Collectiveまとめ
indigo la End、アルバム『PULSATE』よりワンカットで撮影した「蒼糸」MV公開

【関連アーティスト】
Yasei Collective
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表

indigo la End、アルバム『PULSATE』よりワンカットで撮影した「蒼糸」MV公開
Tue, 17 Jul 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

indigo la Endが7月18日(水)にリリースする4thアルバム『PULSATE』の収録曲「蒼糸」のMVが公開された。この楽曲は既に先行配信中であり、華麗なストリングスの音色やグルーブ感のある演奏と叙情的な歌詞などindigo la Endの魅力がぐっと詰まった珠玉の1曲。既にMVも公開中の収録曲「ハルの言う通り」とはまた異なる作風で彼らの多様性と幅の広さを感じさせる。

今回監督を務めたのは、初の長編映画作品『少女邂逅』も絶賛上映中の新進気鋭の枝 優花。indigo la End作品を担当するのは初めてである。こちらの作品には弓ライカと椎名美月もキャストとして出演しており、とある街の学校を舞台に女子学生の役を演じている。楽曲の華麗な色合いと見事にマッチした映像美、そして2人の爽やかで可憐な装いが印象的だ。また、ワンカットの手法で撮影された作品の最後にはindigo la Endのメンバーも登場し、クールな佇まいで演奏を披露。そして、ラストカットには予想外の結末が…! ぜひMVをチェックしてほしい。

今作『PULSATE』の初回限定盤、通常盤の初回プレス分には全国ツアー『1988』のチケット最速先行抽選シリアルコードが封入されることも発表されており、即完売が予想されるツアーになるため、気になる方はアルバムを購入して最速先行での応募がおすすめである。また『PULSATE』初回限定盤DVDに収録されるライブ映像『蒼き花束vol.2 at 中野サンプラザ』のダイジェスト動画も公開中なので、こちらもぜひチェックしてみよう。

■【枝優花監督 コメント】

「赤い糸ではなく、蒼い糸をテーマに今までの何かを覆すものが創れたら、と始まりました。恋や友情という言葉枠を外れた、もう戻ってこない何かを切り取れた気がします。ぜひ最後まで観て、みなさまの中で物語を紡いでいただけたら嬉しいです」

アルバム『PULSATE』

2018年7月18日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31472/73/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
01.蒼糸
02.煙恋
03.ハルの言う通り
04.Play Back End Roll
05.星になった心臓
06.雫に恋して(Remix by HVNS)
07.冬夜のマジック
08.Unpublished manuscript
09.魅せ者
10.プレイバック(Remix by Metome)
11.1988
■DVD
1.she
2.見せかけのラブソング
3.夏夜のマジック
4.心雨
5.幸せが溢れたら
6.鐘泣く命
7.想いきり
8.夜明けの街でサヨナラを
9.素晴らしい世界
10.大停電の夜に
11.インディゴラブストーリー



【通常盤】(CD)
WPCL-12889/¥3,000+税

◎iTunes Store プレオーダー実施中
特別価格¥1,800/7月17日(火)23:00まで受付
iTunes Storeアルバム購入特典として「冬夜のマジック」ライブ映像(from「蒼き花束vol.2 at中野サンプラザ」)
をプレゼント!(プレオーダー期間外のご購入でも特典をプレゼントいたします)
https://indigolaend.lnk.to/pulsate

◎初回限定盤、通常盤(ともに初回プレス分のみ)に、11月11日よりスタートする全国ワンマンツアー『1988』の“最速先行抽選シリアルコード”封入決定!
最速先行受付期間:7月17日(火)〜7月29日(日)23:00

全国ツアー『1988』

11月11日(日) 北海道・札幌 ファクトリーホール
11月16日(金) 福岡・DRUM LOGOS
11月17日(土) 長崎・DRUM Be-7
11月23日(金) 香川・高松オリーブホール
11月24日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
11月29日(木) 愛知・名古屋 DIAMOND HALL
11月30日(金) 大阪・なんばHatch
12月03日(月) 東京・Zepp Tokyo
<チケット>
スタンディング¥4,860(税込)※D代別
※大阪、東京公演のみ2F指定席有り。



【関連リンク】
indigo la End、アルバム『PULSATE』よりワンカットで撮影した「蒼糸」MV公開
indigo la Endまとめ
ジェニーハイ、初の夏フェスはラップで幕開け&ミニアルバムリリースを発表

【関連アーティスト】
indigo la End
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表

ジェニーハイ、初の夏フェスはラップで幕開け&ミニアルバムリリースを発表
Tue, 17 Jul 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

小籔千豊、くっきー(野性爆弾)、中嶋イッキュウ(tricot)、新垣隆、川谷絵音から成る超個性的バンド“ジェニーハイ”。デビュー曲「片目で異常に恋してる」は、主要配信チャートにて軒並みTOP10入りを果たし、配信開始と同時に公開されたミュージックビデオはYouTubeの急上昇ランキング1位を獲得すると、あっという間に100万再生を突破。現在では700万再生まで再生数が伸びており、このバンドに対する注目度の高さが伺いしれる。

そんな彼らが、結成時に掲げたバンドの目標である“夏フェスへの出演”を遂に果たした。その舞台は7月14日(土)に北海道で行なわれた、2018年で9回目の開催となる『JOIN ALIVE 2018』のステージである。

開場前よりジェニーハイの物販コーナーには長蛇の列。ライブ出番前に会場内でラジオの公開収録へメンバー全員が訪れると、あれよあれよと言う間にオーディエンスが集まり、初めてのフェスで早くも規格外の注目度を誇っていた。いよいよライブの時間が迫りだしステージ上で転換が始まる頃、舞台となるFUTURE FLOWERSステージには大勢のオーディエンスが集まる。瞬く間に入場制限がかかり、エリア内は満員御礼状態、柵の外からステージを見守る人々も大勢いた。

エリア内・エリア外含め10,000人ほどの観衆の中、いよいよジェニーハイのライブが幕を開けた。打ち込みのキック、シンセ音が鳴り出すと川谷絵音(プロデュース&ギター)がステージに登場するとハンドマイクでラップを披露! 思わぬスタートに驚きを覚えながらもオーディエンスの大歓声が鳴り響く。そして次に登場したのは新垣隆(キーボード)。なんと新垣隆も16小節のラップを披露した。既にジェニーハイの世界観で染まった会場一帯、次に現れた野性爆弾のくっきー(ベース)がまた何とも超個性的なラップで会場を沸かす。そしてイッキュウ(ボーカル&ギター)も軽やかに愛嬌のあるラップを披露し、最後に登場した小籔千豊がタイトな16小節のラップを見事に歌い上げると、5人が勢揃いし“俺らがジェニーハイだ!”と決めセリフを告げる。その瞬間、揺れんばかりの歓声が鳴り響いた。

そこからも畳みかけるように初披露となる新曲を4曲披露。ジェニーハイらしいPOPで軽快な楽曲からミドルテンポでメンバーそれぞれのソロ演奏パートがある楽曲、バラードとデビューしたばかりとは思えぬ多彩さを魅せつけた。さすが川谷絵音と感嘆するばかりである。計5曲を披露してMCに入ると、この日BSスカパー!『BAZOOKA!!!』の収録で現地に帯同していたお笑いコンビ千鳥の二人がステージ上へ登場。“メンバーに重大な報告がある!”と前置きの後に、千鳥からジェニーハイのメンバーへ“2018年秋にミニアルバムを発売!”という重大発表が告げられた。

鮮烈のデビュー曲「片目で異常に恋してる」、そして新たに披露された新曲、これらをひっさげてのリリースになるのであれば間違いなく唯一無二な、そしてクオリティも申し分のないミニアルバムになるであろう。詳細は後日発表になるとのことなので、続報をお楽しみに!

重大発表も行なわれたMCを終えると、いよいよデビュー曲「片目で異常に恋してる」だ。この場所に集まった大勢のオーディエンスも聴き込んでいるであろうこの楽曲は、ラストの曲に相応しく大きな盛り上がりを見せ、ジェニーハイの初フェス出演、初フェスライブは幕を閉じた。

最後に大観衆の客席をバックに記念写真を撮影。2018年7月14日(土)、超個性派バンド・ジェニーハイの新たな歴史が大きく刻まれた。7月29日(日)には山口県で開催される『WILD BUNCH FEST.2018』にも出演するジェニーハイ。この日のライブも要注目である。



【関連リンク】
ジェニーハイ、初の夏フェスはラップで幕開け&ミニアルバムリリースを発表
ジェニーハイまとめ
tricotまとめ
ゲスの極み乙女。まとめ
indigo la Endまとめ

【関連アーティスト】
ジェニーハイ, tricot, ゲスの極み乙女。, indigo la End
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 夏フェス, ライブレポ

MAGiC BOYZ、ラストライヴは青春とその未来を彩るステージに&新ユニット結成を発表
Tue, 17 Jul 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

マヒロの卒業への意向を受けて、トーマ、リュウト、ジョーを含めたメンバー全員の卒業とグループの終了を発表したMAGiC BOYZ。そのグループとしてのラストライヴとなる『MAGiC BOYZ iTTAN FiNAL』が、7月16日(月)に行われた。40度近い炎天下の中、会場となる渋谷SOUND MUSEUM VISIONのある道玄坂にはホーミー(マジボ・ファンの呼称)による長蛇の列ができ、マジボとしての最後の勇姿をその目に焼き付けようというホーミー達が、その開場をいまかいまかと待ちわびる。

BGMとして流れていたマジボのフルアルバム『第一次成長期〜Baby to Boy〜』が鳴り止み、舞台裏から4人のライヴ前の掛け声が聴こえると、会場を埋め尽くした超満員のファンからは大きな歓声が上がった。ライヴは、彼らのデビューシングルである「MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜」からスタート。メンバーもMVやCDジャケットで着用してたマントを身に着け、過去と現在を結びつけるような演出で登場。

続く「マジボのテーマ〜Baby to Boy〜」ではDJジョーはターンテーブルでのスクラッチでスキルをアピールし、その成長ぶりを見せる。トーマの“これがラスト・ライヴ、最後までついてこい!”というシャウトから「illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO\'S) 」へ展開すると、スクリーンにはトーマ、リュウト、マヒロの3人が中学生の頃に撮影されたMVが映し出され、まだまだあどけない表情を見せる映像の彼らと身長やラップスキルなどすべての面でパワーアップした舞台上の姿がオーバーラップする。

ベテランラップグループ・餓鬼レンジャーとのコラボで制作された「10000000000YEN」での、ジェラルミンケースから取り出した札束をメンバーが客席へ投げるパフォーマンスや、EAST END×YURIのYURIをフィーチャリングしたことも大きな話題となった「パーリーしようよ」での丹念な聴かせるラップなど、これまでのコラボワークを披露していくマジボ。

その中には「Disの極みメガネ」ことDOTAMAとのコラボで制作されたマヒロがソロを取る「イラッとするコト」、静岡出身のトーマがソロでお茶の良さを広めるDJみそしるとMCごはんとのコラボ曲「お茶の国から」、“これまでのことが無駄じゃないってことをここで証明するぜ!”というシャウトに相応しい、これまでのマジボでの経験を活かしたリュウトの高いラップスキルが光るSKY-HIとのコラボ作「1,2,3」など、メンバーのソロ楽曲でもこれまでの経験をオーディエンスに見せていく。

ここまで40分で13曲を披露するタイトなライヴを進行させた、汗だくのメンバーが一旦退場すると、会場のスクリーンには2014年11月24日の『EBiDAN39&KiDS 星男祭2014』でのマジボとしてのデビューライヴから、2016年3月の『リアル中2 卒業パーティー』でのフウト、ユウトの卒業映像、『カニへ西へ』などの自主イベント、そして『申し訳AFTERNOON』や『M/E/G/A』などの武者修行的なライヴまで、これまでのマジボの歩みが映し出される。

アディダスのセットアップという、由緒正しいヒップホップスタイルに着替えて舞台に登場したメンバーは、『モンストカードゲーム』のルールソングとして制作されYou Tubeにアップされている「YAREBA.E.JAN.HOKA-GO」を披露し、再びライヴをスタートさせる。“ホーミー、『iTTAN FiNAL』楽しんでるか!”という掛け声からアッパーな「DK GO!!!」になだれ込み、会場からは“ちょっと男子!”という曲中でのコールが上がる。

トーマの“僕らの曲が聴けるのはこれが最後!”というシャウトに続いて、Migosなどの最新のTRAPミュージックマナーを取り入れた「俺の髪は黒」を披露。この曲や「DK GO!!!」「Do The D-D-T!!!」など、J-POPの皮をかぶりながらTRAPやLeftfield Bass、JUKEなどを取り入れた異常に先端性の高い楽曲でリスナーを震撼させたマジボ楽曲がが聴けなくなるのはあまりにも惜しい…。

この日で見納めとなる、ジョーとマヒロのツインボーカルも印象的な「でも、ダメ、ゼッタイ」、GAGLEのHUNGERが参加した90\'sヒップホップを感じさせる「ON&ON」、日本語ラップシーンの最新系として大きな注目を集めるSUSHIBOYSプロデュース作「O.NE.DA.RI」、改めてこの4人の存在を提示する自己紹介的な「MAGiC RiDE 2017」、そして“中学25年生”として2017年までメンバーとして加入していたZEN-LA-ROCKとの制作で完成したブギーディスコ「Oh!!!受験☆Night Fever」と、これまでのマジボが提示してきた楽曲の幅広さを提示するような、バラエティに富んだライヴは、矢継ぎ早に展開していく。

そして“成長期!”という大きなコールが会場から上がる、マジボ随一のアッパー楽曲としてライヴの定番となっている「DO THE D-D-T!!!」にて、ジョーからソロダンスを指名されたのはやはりマヒロ。マジボでは最後となるソロでのダンスを観客に披露した。ほぼMCやインタールードを挟まず、息をつく間もなくここまで25曲を披露したメンバーは、ハードな展開と会場の熱気で息も絶え絶え。しかし、その紅潮した顔にはスッキリとした充実が感じられる。

ステージ上にはマジボを最初期からラップやリリック面でサポートしてきたBUDDHA BRANDのNIPPSと、同じくマジボのサポートを手がけたラッパーのVIKNが登場し、メンバーに卒業証書が渡され、マイクがメンバーに回される。

ジョーは“マジボに入って2年、他のメンバーより経験は少なかったと思うけど、思い出を積み重ねてこれたと思います。これからも新しいグループでラップやDJは続けていくんで、応援して下さい!”、マヒロは“マジボとして学ぶことが本当に多かったです。大変なことも沢山あったけど、それを上回って、楽しいことが多かったし、この4人だったから、ここまでこれたと思います。この3人は新しいグループでもっと大きくなっていくと思うし、僕も僕自身として、頑張っていきたいと思います。今日はありがとうございました”とコメント。

リュウトは“俺とトーマはマジボを中1で始めて。グループが始まった時は、なにも自主性が無かったけど、マジボでの経験を通してヒップホップが本当に好きになったし、マジボとしてステージに立てることが本当に嬉しかった。この活動が出来て本当に良かったし、ホーミーさんやコラボしてくれたアーティスト、スタッフ、そしてメンバーに本当に感謝しています”、トーマは“今日でマジボというグループは終わりますが、みんなで楽しくライヴが出来たのは本当に嬉しかった。3年半前のグループ結成当初は、不安な気持ちもあったけど、ホーミーの皆さんと一緒に、マジボのスタイルが確立出来たと思います。脱退や加入など、皆さんを驚かす事も多かったと思うけど、ホーミーさんがいなかったらここまで来れなかったと思う。本当に愛してくれてありがとうございます”と、それぞれがグループへの思いを言葉にした。

そして3MCは背中を合わせて、ラストソングとなる「3.141592」を披露。《それぞれの道を歩いていこうよ/終わらない今日は/俺らのMy graduation》という歌詞が現在の彼らの姿と重なり、これまで以上にエモーショナルに響いていく。自然に起こったアンコールでのマジボコールに導かれるようにステージに登場したメンバーは「ありのままでマジボ」、そして彼らの未来をカラフルに彩るような「ハッピーエンドマジック」を披露、“さよならのあとは超ハッピーエンド”という言葉が、彼らの美しい青春とその未来を彩っていく。

鳴り止まないアンコールの中で行なわれたダブルアンコールでは、そういったしんみりした空気はマジボ似合わないとばかりに「Do The D-D-T!!!」で再び会場をダンスフロアーに変え、彼らのマジボへの想いをぶつけるようなラップと熱気で会場を包んでいく。トーマの“以上、僕らが中学生と高校生のラップグループ、MAGiC BOYZでした、ありがとうございました。バイバイ!”という言葉で、会場を後にするマジボ。

そして、マジボとの別れを惜しむホーミー達が見つめる会場のスクリーンには、新ユニットの発表という告知が映し出される。そこには、TOMA、RYUTO、JOEによる新ユニット“HONG¥O.JP”の結成と、7月17日(火)0時より配信されるデビュー曲「Just Do It」の発表、そしてカリフォルニアで撮影されたMVが流され、その映像が終わると会場からは新ユニットへの期待への歓声と拍手が自然に発生した。

それぞれの新しい道を歩みだした4人。彼らの未来は明るいと感じさせられる充実の、そして煌めくような友情と青春が胸に響くラストライヴはこうして幕を閉じた。



【関連リンク】
MAGiC BOYZ、ラストライヴは青春とその未来を彩るステージに&新ユニット結成を発表
MAGiC BOYZまとめ
HONG¥O.JPまとめ
LEO今井、ニューアルバム『VLP』レコ発東阪ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ, HONG¥O.JP
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, 発表, ライブレポ

LEO今井、ニューアルバム『VLP』レコ発東阪ツアー開催を発表
Tue, 17 Jul 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LEO今井が7月11日(水)に発売した、ニューアルバム『VLP』のレコ発ツアー『VLP Horse Power Tour』が開催されることがわかった。バンドで巡るレコ発としては5年ぶりとなる本ツアーは、12月3日(月)に大阪で、12月7日(金)に東京で開催。アルバム『VLP』を中心に、より熱く、激しく、さらなる馬力で響かせる。なお、チケットのオフィシャル先行は7月20日(金)17:00からスタートする。

5年ぶりとなる5thアルバム『VLP』は、身体の奥底からなっている音、グランジ、メタル、カントリーなどのハイブリッドな音楽要素を、6年間ライブを重ねてきたメンバーLEO IMAI [LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一]によるバンドサウンドで体現した作品に仕上がっている。

LEO今井は、7月16日(月)にアルバム『VLP』のリリースパーティ『VLParty (a release party)』の大阪CONPASS公演をSOLD OUTで終えたばかり。7月19日(木)には、東京・新代田FEVERにて同パーティを開催する。

また、スペースシャワーTVが運営するテレビ放送とYouTubeを融合させた音楽映像プロジェクト『DAX』にてアルバム『VLP』のメイキング映像が公開され、話題を呼んでいる。これはLEO IMAIバンドのインタビューやレコーディング映像などの貴重なシーンで構成されており、METAFIVEやKIMONOSなどでも活躍するLEO今井が、ソロで追求する音楽について紐解かれる必見の内容となっている。ライブ情報とともに、ぜひチェックしてみてほしい。

■【ライブ情報】

レコ発ツアー『VLP Horse Power Tour』
12月03日(月) 大阪・UMEDA SHANGRI-LA
12月07日(金) 東京・SHIBUYA WWW
<出演>
LEO IMAI [LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一]
<チケット>
前売¥4,000 ※D代別
オフィシャル先行(抽選):7月20日(金)17:00〜7月31日(火)23:59
受付URL:http://w.pia.jp/t/leoimai-of/

リリースパーティー『VLParty (a release party)』
7月19日(木) 東京・新代田FEVER

アルバム『VLP』

発売中



COCP-40400/¥3,000+税
<収録曲>
01.Wino
02.Bite
03.Fresh Horses
04.Tiffany
05.Sarigenai
06.New Roses
07.On Videotape
08.Real
09.Car Alarm
10.Need To Leave

◎購入者特典ページ(特典オリジナル缶バッジ絵柄掲載)
http://columbia.jp/artist-info/leoimai/info/59543.html

◎封入特典 『VLP』発売記念プレゼントキャンペーンシート
A賞:先着特典「VLParty(a release party)参加者に特典CDをプレゼント!」
特典CD [1.Bite(Studio Live Version) 2.New Roses(Studio Live Version) 3.Bite(Home Demo)]
B賞:応募特典「LEO今井『VLP』特製限定カラーT-SHIRTS」(応募〆切:2018年9月25日(火)消印有効)
※「A賞」「B賞」いずれか一方のみのプレゼントとさせて頂きます。
キャンペーンシート詳細はこちら:http://columbia.jp/artist-info/leoimai/info/60627.html



【関連リンク】
LEO今井、ニューアルバム『VLP』レコ発東阪ツアー開催を発表
LEO今井まとめ
『治外法権』番外編として“ハロウィンイベント”開催決定!Shinya(DIR EN GREY)も出演!

【関連アーティスト】
LEO今井
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, ツアー

『治外法権』番外編として“ハロウィンイベント”開催決定!Shinya(DIR EN GREY)も出演!
Tue, 17 Jul 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNの3バンドが所属するレーベル“レジスターレコーズ”の、毎年正月と夏に開催されるライブイベント『治外法権』。2018年夏は『治外法権』名義のツアーが行われないが、10月31日(水)にZepp Tokyoでハロウィンイベント『治外法権番外編「レジレコがガチでハロウィンやってみた」』が開催されることが発表された。前述の3バンドが集結してのハロウィンイベントは初めての試みということもあり、どのようなイベントになるのか話題になっている。

さらに、このハロウィンイベントにDIR EN GREYのShinyaがゲスト出演することも発表された。『Shinya BAND』として参加すること以外は何も明らかにされていないが、後輩バンド達の新たな試みとなるイベント開催に力添えすべく一肌脱いだShinyaのパフォーマンスに期待は高まる。レジレコ初のハロウィンイベント、そして意外にして豪華すぎるゲスト・Shinya、未だ明かされていない『Shinya BAND』のメンバーとは?2018年のハロウィンは本イベントに参加してみてはいかがだろうか。

チケットのオフィシャルHP1次先行は、7月23日(月)まで受付中。是非チェックしてみよう。

■『治外法権番外編「レジレコが ガチでハロウィンやってみた」』

10月31日(水) 東京・Zepp Tokyo
<出演>
DOG inTheパラレルワールドオーケストラ/BugLug/Blu-BiLLioN
ゲスト出演:Shinya(DIR EN GREY)/Shinya BAND
<チケット>
スタンディング前売¥5,000/当日¥6,000 ※D代別
オフィシャルHP1次先行(抽選):7月15日(日)10:00〜7月23日(月)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/chigai-ex/

■イベント特設サイト
http://f-w-d.co.jp/extra-territorial/halloween2018/



【関連リンク】
『治外法権』番外編として“ハロウィンイベント”開催決定!Shinya(DIR EN GREY)も出演!
DOG inTheパラレルワールドオーケストラまとめ
BugLugまとめ
Blu-BiLLioNまとめ
グドモ、ライブ映像を使用した「未来へのスパイラル」MV公開

【関連アーティスト】
DOG inTheパラレルワールドオーケストラ, BugLug, Blu-BiLLioN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, 発表, 出演

グドモ、ライブ映像を使用した「未来へのスパイラル」MV公開
Tue, 17 Jul 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年に現メンバーになって10周年、そしてメジャーデビュー5周年を迎えたグッドモーニングアメリカが、7月11日(水)に発売した初のベストアルバム『the BEST HIT GMA』より、ファン投票2位の楽曲「未来へのスパイラル」の10th&5thアニバーサリーミュージックビデオを公開した。

公開された映像はメジャーデビュー以降のライブ映像を編集し、日本武道館公演、『八王子天狗祭』、大阪城野外音楽堂公演、代官山UNIT公演など、バンドの5年間を濃縮した記念碑的なミュージックビデオだ。この時間を共に過ごしたファンにとっては胸が熱くなる映像に違いない。

そして、7月19日(木)からは全国ツアー『the BEST HIT GMA tour 2018』が2マン形式で開催される。ツアーファイナルとなる9月28日(金)のマイナビBLITZ赤坂公演では、最初で最後のベストアルバム『COMPLETE BEST』を発売した前身バンド“for better, for worse”とのアツい2マンライブを実施。さらにツアーの合間を縫って夏イベントにも参加しているので、充実のアニバーサリーイヤーを逃さずチェックしてほしい。

ツアー『the BEST HIT GMA tour 2018』

7月19日(木) 八王子Match Vox w/TOTALFAT
7月24日(火) 高松DIME w/ircle
7月25日(水) 福岡Live House CB w/フラチナリズム
7月26日(木) 熊本Django w/フラチナリズム
8月07日(火) KYOTO MUSE w/BUZZ THE BEARS
8月08日(水) 岡山IMAGE w/BUZZ THE BEARS
8月26日(日) DUCE Sapporo w/Halo at 四畳半
9月11日(火) 仙台CLUB JUNK BOX w/GOOD4NOTHING
9月22日(土) 名古屋ElectricLadyLand w/アルカラ
9月25日(火) 大阪BIGCAT w/BIGMAMA
9月28日(金) マイナビBLITZ赤坂 w/for better, for worse

ベストアルバム『the BEST HIT GMA』

発売中



【初回限定盤】
COZP-1450〜1451/¥3,333+税
【通常盤】
COCP-40366/¥2,778+税
※初回限定盤、通常盤ともに、CD全収録楽曲をスマホで簡単再生できる「プレイパス」コード封入
<収録曲>
■CD ※初回限定盤、通常盤共通
1.Darwin\'s Train
2.言葉にならない
3.未来へのスパイラル
4.空ばかり見ていた
5.カラツ風ガ吹キツケル
6.餞の詩
7.そして今宵は語り合おう
8.イチ、ニッ、サンでジャンプ
9.あなたの傍に猛ダッシュで
10.ひこうき雲
11.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ 
12.マリオネット演者ノ詩
13.STAY WITH ME
14.コピペ
15.心臓抉って
16.アブラカタブラ
17.キャッチアンドリリース
18.拝啓、ツラツストラ
19.風と鳴いて融けてゆけ
■DVD
ベストアルバム完全再現ライブ『GMAオールスター感謝祭』2018年5月8日@代官山UNIT
1.風と鳴いて融けてゆけ
2.拝啓、ツラツストラ
3.キャッチアンドリリース
4.アブラカタブラ
5.心臓抉って
6.コピペ
7.STAY WITH ME
8.マリオネット演者ノ詩
9.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
10.ひこうき雲
11.あなたの傍に猛ダッシュで
12.イチ、ニッ、サンでジャンプ
13.そして今宵は語り合おう
14.餞の詩
15.カラツ風ガ吹キツケル
16.空ばかり見ていた
17.未来へのスパイラル
18.言葉にならない



【関連リンク】
グドモ、ライブ映像を使用した「未来へのスパイラル」MV公開
グッドモーニングアメリカまとめ
CHiCO with HoneyWorks、中野サンプラザ2Days&神戸国際会館でのワンマン公演を発表

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, ツアー

CHiCO with HoneyWorks、中野サンプラザ2Days&神戸国際会館でのワンマン公演を発表
Tue, 17 Jul 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

CHiCO with HoneyWorksが、史上最大規模の全国8都市9公演をまわる初のホールツアー『LAWSON presents CHiCO with HoneyWorks first hall tour 2018「smile i round」』を、7月16日(月)北海道・道新ホール公演よりスタートした。

ツアーライブ本編では最新アルバム『私を染めるiの歌』からの楽曲や“チコハニ”のヒット曲が次々と披露される中、 8月8日(水)にリリースされる9thシングル「ヒカリ証明論」が初お披露目された。本楽曲は、絶賛放送中の大人気テレビアニメ『銀魂』銀ノ魂篇のエンディングテーマに起用されており、疾走感満載の“和ROCK”となっている。大ヒット曲「プライド革命」「今日もサクラ舞う暁に」に次ぐ、3度目の「銀魂」とのタッグとして今大注目されている1曲だ。また、アンコールではボーカルのCHiCOから11月に自身初となる中野サンプラザ2Daysと、神戸国際会館でのホールワンマンの開催が発表された。

また、8月26日(日)には2年連続となる日比谷野外大音楽堂の野外ライブの開催が決定している。この“特別”な野外ライブはツアーの一貫ではあるが、通常のライブセットとは異なる“夏のお祭り”ならではの特別なセットリストで構成されており、スペシャルなゲストが満載のライブになる予定とのこと。こちらも2017年同様、大盛り上がりのライブになるだろう。初のホールツアーを経て、より勢いを増して規模を拡大し続けるチコハニのムーブメントは、これからもさらなる高みを目指して行くことに違いない。

【ライブ情報】

全国ツアー『LAWSON presents CHiCO with HoneyWorks first hall tour 2018「smile i round」』
7月16日(月・祝) 北海道・道新ホール
7月28日(土) 大阪・グランキューブ
8月10日(金) 福岡・国際会議場 メインホール
8月12日(日) 広島・JMSアステールプラザ大ホール
8月16日(木) 神奈川・県民ホール
8月18日(土) 東京・中野サンプラザ
9月01日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21
9月09日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館

『LAWSON presents CHiCO with HoneyWorks first hall tour 2018「smile i round」〜夏色に咲け〜』
8月26日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂

シングル「ヒカリ証明論」

2018年8月8日発売



【CHiCO with HoneyWorks盤】
SMCL-555/¥1,241+税
※HoneyWorksヤマコ描き下ろしポスタージャケット
※超豪華!オリジナルマウスパッド封入(CHiCO)
<収録曲>
■CD
1.ヒカリ証明論
2.サイダー
3.ヒカリ証明論 -instrumental-
4.サイダー -instrumental-



【アニメ盤/期間生産限定盤】
SMCL-556/¥1,241+税
※TVアニメ『銀魂』描き下ろし縦型ジャケット
※超豪華!オリジナルマウスパッド封入(ジャスタウェイ)
※2019年3月末までの期間生産限定



【関連リンク】
CHiCO with HoneyWorks、中野サンプラザ2Days&神戸国際会館でのワンマン公演を発表
CHiCO with HoneyWorksまとめ
斉藤和義、綾野ましろ、シシド・カフカなど直筆サイン入りアイテムが『DI:GA ONLINE』で当たる!

【関連アーティスト】
CHiCO with HoneyWorks
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー, ライブレポ

斉藤和義、綾野ましろ、シシド・カフカなど直筆サイン入りアイテムが『DI:GA ONLINE』で当たる!
Tue, 17 Jul 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』(ディーガ・オンライン)では、斉藤和義、シシド・カフカ、綾野ましろなどをはじめとしたアーティストのサイン入りアイテムが当たるプレゼント企画を実施している。

斉藤和義、綾野ましろは直筆サイン入りポスターを各3名様にプレゼント! Nothing’s Carved In Stoneはサイン入りTシャツを1名様に、8月に開催のフェス『PEANUTS CAMP』からはカジヒデキ、かせきさいだぁ、DJみそしるとMCごはんのサイン入り色紙が3名様に当たる。ほかにも、AKIHIDE(BREAKERZ)などが参加するイベント『Legend Guitarist』のオリジナルグッズ・オリジナルZIPパーカーがサイン入りで用意されるなど、豪華なアイテムが勢ぞろいだ。上記はいずれも7月31日(火)が締め切りとなっているので、このチャンスにぜひ応募してほしい。

さらにシシド・カフカのサイン色紙が7月27日(金)、LAMP IN TERRENのサイン入りビニールケースは8月25日(土)まで応募受付中! 応募締切や応募方法は各アーティストによって異なるため、詳しくは各アーティストのプレゼントページを要チェック。

また、応募方法はTwitterからの応募とメール応募の2通りとなっており、どちらでも気軽にエントリーができる。また、『DI:GA ONLINE』のプレゼント一覧ページではアーティストのインタビューやライブレポートも公開中なので、こちらも併せて注目。



【関連リンク】
斉藤和義、綾野ましろ、シシド・カフカなど直筆サイン入りアイテムが『DI:GA ONLINE』で当たる!
斉藤和義まとめ
綾野ましろまとめ
シシド・カフカまとめ
Nothing\'s Carved In Stoneまとめ

【関連アーティスト】
斉藤和義, 綾野ましろ, シシド・カフカ, Nothing\'s Carved In Stone, LAMP IN TERREN, カジヒデキ, DJみそしるとMCごはん, かせきさいだぁ, 山崎千裕, MIMIZUQ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, キャンペーン

chay、新曲「私が私になるために」が『世界女子ソフトボール選手権』の中継テーマ曲に決定
Tue, 17 Jul 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月2日(木)に開幕するテレビ東京『世界女子ソフトボール選手権 2018』の中継テーマソングに、chayの新曲「私が私になるために」が決定した。この曲は『世界女子ソフトボール選手権 2018』のために書き下ろされ、ソフトボールのスピード感を表現したような疾走感ある楽曲に仕上がっている。

《全身で 抱きしめるその瞬間(とき)をあの日泣いた 私に見せよう》《私は私に なるのさ》という歌詞など、ソフトボールがチーム競技であるスポーツでありながら自分自身と向き合い、個々で闘いながらも世界と対峙する選手へ向けた気持ちと、同様に全ての闘う人へ向けた楽曲だ。

この度の中継テーマソング決定に伴い、8月3日(金)に行なわれる“日本VSボツワナ戦”の生中継にchayがゲストとして登場! 中継宣伝課長のビビる大木らとともに、熱い試合をスタジアムから盛り上げるとのことなのでこちらもぜひ注目してほしい。

■『世界女子ソフトボール選手権 2018』オフィシャルHP
http://www.tv-tokyo.co.jp/wswc2018/

【『世界女子ソフトボール選手権 2018』放送概要】

放送日時:8月3日(金)18:55〜20:50
※荒天の場合、番組変更の場合あり。
<出演者>
中継宣伝課長:ビビる大木
中継スペシャルコメンテーター:中畑清
ゲスト:chay
解説:山根佐由里
実況:増田和也
リポーター:鷲見玲奈



【関連リンク】
chay、新曲「私が私になるために」が『世界女子ソフトボール選手権』の中継テーマ曲に決定
chayまとめ
オメでたい頭でなにより、2ndシングルリリース&東名阪スプリットツアー決定

【関連アーティスト】
chay
【ジャンル】
J-POP, ニュース, キャンペーン, 発表, 新曲, テレビ番組, 出演, 主題歌

オメでたい頭でなにより、2ndシングルリリース&東名阪スプリットツアー決定
Tue, 17 Jul 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

オメでたい頭でなによりが秋にメジャー2ndシングルをリリース、さらに11月からは東名阪スプリットツアーを開催することがわかった。こちらは7月16日に開催された『オメ道楽2018 〜鯛獲るレコ発編〜』ツアーファイナルとなるZepp DiverCity公演にて発表された情報である。

東名阪のスプリットツアーは『幸三昧2018』と名付けられ、11月10日(土)東京 渋谷 WWW X、11月15日(木)大阪 十三 246 LIVEHOUSE GABU、11月16日(金)名古屋 E.L.L.の3公演を開催。気になる対バンは後日発表となるのでお楽しみに。こちらのチケットは7月16日(月・祝)21:00より先行販売がスタート!

さらに、このツアーに先駆けてリリースされる2ndシングルには、先日配信リリースされた新曲「We will luck you」が収録されるが、その他の詳細は後日発表とのこと。Zepp DiverCity公演を大成功に収め、この夏は数々の大型フェス参戦も決定し勢いに乗るオメでたい頭でなによりに要注目だ。

東名阪3マンスプリットツアー『幸三昧2018』

11月10日(土) 東京・渋谷 WWW X
11月15日(木) 大阪・十三 246 LIVEHOUSE GABU
11月16日(金) 愛知・名古屋 E.L.L.
<チケット>
前売:¥3,500(ドリンク代別)
■チケットオフィシャル先行販売
7月16日(月・祝)21:00〜8月14日(火)23:59まで
http://eplus.jp/omedeta1811/



【関連リンク】
オメでたい頭でなにより、2ndシングルリリース&東名阪スプリットツアー決定
オメでたい頭でなによりまとめ
シャボン(元ヒステリック・ブルー)が初の全国ツアー開催で喜びを語る

【関連アーティスト】
オメでたい頭でなにより
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, 新曲, ライブ, ツアー

シャボン(元ヒステリック・ブルー)が初の全国ツアー開催で喜びを語る
Tue, 17 Jul 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

元ヒステリック・ブルーのTamaと楠瀬タクヤによる音楽ユニット・シャボンが7月15日、東京・青山RizMで初の全国ツアーをスタートさせた。

8月22日にリリースするベストアルバム『MeRISE』の収録曲を中心に、1曲目の「Dear」からエンジン全開。Tamaの『20周年ありがとう!!』の言葉に合わせ、超満員の客席は手拍子と掛け声で大盛り上がり。ラストにヒステリックブルー時代の代表曲「春〜spring〜」を熱唱し、全17曲を“完走"した。

『ようやく、初ツアー開催という念願が達成出来てサイコーにうれしいです。これからも、気の合った仲間やファンのみんなとともに、最後まで駆け抜けて行きます!』と語るタクヤ。2018年はヒステリック・ブルーのデビュー20周年に当たるメモリアルイヤー。メンバーの不祥事で04年に解散したが、復活を願うファンの声に後押しされ、13年にシャボンとして生まれ変わった彼らの今後の活躍に期待したい。なおツアーは10月28日の東京・新宿ReNYまで、全国6カ所で行なわれるとのこと。



【関連リンク】
シャボン(元ヒステリック・ブルー)が初の全国ツアー開催で喜びを語る
シャボンまとめ
Sabao (シャボン) まとめ
ヒステリック・ブルーまとめ

【関連アーティスト】
シャボン, Sabao (シャボン) , ヒステリック・ブルー
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1