歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年07月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
乃木坂46、史上初の2会場同時併催ライブにて新曲を初披露
Mon, 09 Jul 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

乃木坂46が2018年7月6日(金)〜8日(日)に『真夏の全国ツアー2018 〜6th YEAR BIRTHDAY LIVE〜』を開催した。2018年で5年連続5回目の明治神宮球場でのライブとなった乃木坂46だが、今回は秩父宮ラグビー場も会場となり、同一アーティストの単独ライブとしては史上初の2会場同時併催。当ライブは1日で明治神宮球場(3万5千人)と秩父宮ラグビー場(2万5千人)で合計6万人、3日間で合計18万人を動員した伝説的なライブとなった。

3日目となる最終日のライブは灼熱の炎天下の中スタートした。明治神宮球場1曲目はアルバム『僕だけの君〜Under Super Best〜』収録曲「自惚れビーチ」。ライブ会場には何やらメンバーを乗せた電車が現れ、今年の夏は今まで以上だ!と言わんばかりのスタートで早速オーディエンスの度肝を抜いた。

秩父宮ラグビー場では20thシングル「シンクロニシティ」の選抜メンバーによる「裸足でSummer」からスタート。各会場5曲を歌い切ったところで両会場が中継で繋がった。秩父宮ラグビー場にいる白石麻衣から“神宮のみんな盛り上がってますか!”と投げかけられると、明治神宮球場の中田花奈が“みんな盛り上がってるよね!”と会場を煽り、大歓声が明治神宮球場と秩父宮ラグビー場に広がっていく。

“なんか神宮のみんなの声聞いてたらそっち行きたくなっちゃった!”と桜井玲香が言うと、中田花奈も“私たちも秩父宮ラグビー場に行きたい!”と答えたところで、両会場「走れ!Bicycle」が流れ、歌いながらそれぞれ別の会場に移動すると言う前代未聞のパフォーマンスを披露。会場のボードにサインしたり、カートに乗ったり、走ったりと大忙しだった。

選抜メンバーが電車に乗って明治神宮球場に入ると会場は更にボルテージを上げ、「ダンケシェーン」「制服のマネキン」「命は美しい」と3曲を両会場シンクロ披露。白石麻衣が“行くぞ! 神宮!”と会場を煽り「ガールズルール」で会場は一体感を増して行く。その後はユニットパートや、三期生のみで行なわれる三期生パートで、それぞれが個々の魅力を発揮した。

また選抜メンバーが明治神宮球場に戻った本編後半は、シングルヒット曲を連発し真夏の会場がさらに熱気を帯びる。20thシングル「シンクロニシティ」でも、曲の名前通り両会場がシンクロする形でパフォーマンスし、2会場を一つにまとめた。そして、毎夏恒例ともいえる明治神宮球場での花火は、乃木坂46にちなんで“460"発も上がり、メンバー・ファン・スタッフ、会場にいる全ての人が夏を感じたに違いない。

最後は「君の名は希望」を歌い上げ、ファンが会場を乃木坂46のイメージカラーの紫に染め上げると、“私たち迎えの電車が来たので私たちこれに乗って帰ります!”と桜井玲香がお別れを告げ本編が終了。しかし、もちろんこれでは終わらない。会場には映像が映し出され『乃木坂46新プロジェクト』=『ザンビプロジェクト』の始動が発表。同時にプロジェクトの公式ツイッターと公式インスタグラムが立ち上がり、動画も公開となった。こちらは詳細がまだ謎に包まれているため、続報に期待しよう。

アンコールは抽選により明治神宮球場にはアンダーメンバー、秩父宮ラグビー場には選抜メンバーと別れてスタート。「ロマンスのスタート」「転がった鐘を鳴らせ!」をシンクロ披露すると、明治神宮球場では8月8日(水)にリリースとなる21thシングルのアンダー楽曲「三角の空き地」を初披露。中田から感想を求められた観客は大歓声で応えた。

この日のライブで乃木坂46として最後のステージになる相楽伊織と斎藤ちはるは、マイクを通さず“みなさん本当にありがとうございましたー!”と涙ながらに感謝の気持ちを伝えると、ファンもそれに応えるように張り裂けんばかりの声援を送った。

ステージの映像でこれまでの2日間のドキュメント映像が流れると、ライブは終了ムードに…。と思ったが、まだまだ終わらない『6th YEAR BIRTHDAY LIVE』。バックヤードにいる齋藤飛鳥らが映し出されると“お前ら、これで終わりだと思っただろ! こっちにも来ちゃいました!”とサプライズ登場。秩父宮ラグビー場で披露した21thシングルの表題曲「ジコチューで行こう!」を明治神宮球場でも本邦初公開した。発売を今か今かと待つファンへの一足早いプレゼントは大成功。会場の盛り上がりは最高潮に!

最後はやっぱりシンクロパフォーマンス。ライブではお決まりのキラーチューン「ハウス!」「おいでシャンプー」を披露しステージを後にした彼女たち。だが、歓声は止まず、ライブはダブルアンコールへ。夏と言えば「ガールズルール」と言うことで再度披露し、本当のラスト。『乃木坂46 6th YEAR BIRTHDAY LIVE』は最高の形で終点に到着した。

今、明治神宮球場と秩父宮ラグビー場を同時開催で3日間埋められるアーティストは日本中にどれだけいるのだろうか。彼女たちの瞳にはどんな景色が映っているのだろうか。そしてこれから我々にどんな世界を見せてくれるのだろうか。ものすごい勢いで前に進み続ける乃木坂46にこれからも目が離せない。

【セットリスト】

■神宮球場
VTR1
M0 Overture
M1 自惚れビーチ
M2 13日の金曜日
M3 新しい世界
M4 風船は生きている
M5 アンダー
M6 走れ!Bicycle ※
M7 ダンケシェーン ※
M8 DANCEナンバー ※
M9 制服のマネキン ※
M10 命は美しい ※
M11 きっかけ
M12 アナウンス〜ガールズルール
M13 あの教室
M14 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M15 低体温のキス
M16 意外BREAK
M17 誰よりそばにいたい
M18 不等号
M19 シークレットグラフィティー
M20 僕の衝動
M21 トキトキメキメキ
M22 三番目の風
M23 インフルエンサー
M24 サヨナラの意味
M25 逃げ水
M26 シンクロニシティ ※
M27 太陽ノック
M28 夏のFree&Easy
M29 裸足でSummer
M30 君の名は希望 〜チェーサー ※
-Encore-
VTR2
E1 ロマンスのスタート ※
E2 転がった鐘を鳴らせ! ※
E3 三角の空き地
E4 乃木坂の詩
-Encore-
VTR3
E5 ジコチューで行こう!
E6 ハウス! ※
E7 おいでシャンプー ※
-WEncore-
ガールズルール ※

■秩父宮ラグビー場
VTR1
M0 Overture
M1 裸足でSummer
M2 夏のFree&Easy
M3 太陽ノック
M4 逃げ水
M5 サヨナラの意味
M6 走れ!Bicycle ※
M7 ダンケシェーン ※
M8 DANCEナンバー ※
M9 制服のマネキン ※
M10 命は美しい ※
M11 不等号
M12 シークレットグラフィティー
M13 誰よりそばにいたい
M14 僕の衝動
M15 トキトキメキメキ
M16 三番目の風
M17 インフルエンサー
M18 きっかけ
M19 アナウンス〜ガールズルール
M20 あの教室
M21 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M22 低体温のキス
M23 意外BREAK
M24 SE〜自惚れビーチ
M25 新しい世界
M26 シンクロニシティ ※
M27 13日の金曜日
M28 風船は生きている
M29 アンダー
M30 君の名は希望〜チェーサー ※
-Encore-
VTR2
E1 ロマンスのスタート ※
E2 転がった鐘を鳴らせ! ※
E3 ジコチューで行こう!
E4 乃木坂の詩
-Encore-
VTR3
E5 三角の空き地
E6 ハウス! ※
E7 おいでシャンプー ※
-WEncore-
ガールズルール ※

※=両会場同タイミング披露

Blu-ray&DVD『真夏の全国ツアー2017 FINAL!IN TOKYO DOME』

2018年7月11日(水)発売



【完全生産限定盤】 (Blu-ray)
SRXL-171〜172/¥12,200+税
<収録曲>
■ディスク1
M1:制服のマネキン
M2:世界で一番 孤独なLover
M3:夏のFree&Easy
M4:裸足でSummer
M5:太陽ノック
M6:ぐるぐるカーテン
M7:バレッタ
M8:三番目の風
M9:思い出ファースト
M10:他の星から
M11:でこぴん
M12:あらかじめ語られるロマンス
M13:ダンケシェーン
M14:ハウス!
M15:ここにいる理由
M16:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M17:君は僕と会わない方がよかったのかな
M18:生まれたままで
M19:アンダー
M20:My rule
M21:命は美しい
M22:逃げ水
M23:インフルエンサー
M24:君の名は希望
M25:何度目の青空か?
M26:いつかできるから今日できる
M27:おいでシャンプー
M28:ロマンスのスタート
M29:ガールズルール
M30:設定温度
M31:乃木坂の詩
M32:きっかけ
■ディスク2
特典映像
「Making of Live in 東京ドーム」
「DAY2オープニング」

【完全生産限定盤】(DVD)
SRBL-1802〜1804/¥11,200+税
<収録曲>
■ディスク1
M1:制服のマネキン
M2:世界で一番 孤独なLover
M3:夏のFree&Easy
M4:裸足でSummer
M5:太陽ノック
M6:ぐるぐるカーテン
M7:バレッタ
M8:三番目の風
M9:思い出ファースト
M10:他の星から
M11:でこぴん
M12:あらかじめ語られるロマンス
M13:ダンケシェーン
M14:ハウス!
M15:ここにいる理由
M16:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M17:君は僕と会わない方がよかったのかな
M18:生まれたままで
M19:アンダー
M20:My rule
■ディスク2
M21:命は美しい
M22:逃げ水
M23:インフルエンサー
M24:君の名は希望
M25:何度目の青空か?
M26:いつかできるから今日できる
M27:おいでシャンプー
M28:ロマンスのスタート
M29:ガールズルール
M30:設定温度
M31:乃木坂の詩
M32:きっかけ
■ディスク3
特典映像
「Making of Live in 東京ドーム」
「DAY2オープニング」

◎完全生産限定盤共通
三方背BOX・デジパック仕様・豪華フォトブックレット付き
封入特典:
・各楽曲ごとのパフォーマンスしたライブ写真で制作したポストカード
(全32種・5枚ずつ7セットのうち1セットをランダム封入)
・各メンバーのソロカットで制作したトレーディングカード
(全46種・5枚ずつ10セットのうち1セットをランダム封入)

【通常盤】 (Blu-ray)
SRXL-173/¥7,800+税
※「完全生産限定盤」Blu-ray ディスク1のみ収録
【通常盤】(DVD)
SRBL-1805〜1806/¥6,800+税
※「完全生産限定盤」DVD ディスク1〜2のみ収録

『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018』

7月21日(土) 福岡・福岡 ヤフオク!ドーム
7月22日(日) 福岡・福岡 ヤフオク!ドーム
8月04日(土) 大阪・ヤンマースタジアム長居
8月05日(日) 大阪・ヤンマースタジアム長居
8月26日(日) 愛知・ナゴヤドーム
8月27日(月) 愛知・ナゴヤドーム
9月01日(土) 宮城・ひとめぼれスタジアム宮城
9月02日(日) 宮城・ひとめぼれスタジアム宮城



【関連リンク】
乃木坂46、史上初の2会場同時併催ライブにて新曲を初披露
乃木坂46まとめ
INORAN、ソロツアー最終公演でDJ BASSとの共演が決定

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, 発表, 新曲, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ, レポート

INORAN、ソロツアー最終公演でDJ BASSとの共演が決定
Mon, 09 Jul 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

INORANのソロツアー『INORAN TOUR 2018 “Override 66"』のファナル公演として9月29日(土)品川 Stellar Ballで開催される、ファンクラブ『NO NAME?』会員限定のバースデーライブ『NO NAME? MEMBERS\' LIMITED LIVE - INORAN PREMIUM B-DAY -』に、INORANの盟友・DJ BASSが参戦することが決定した。

INORAN自身も、数々のDJとのセッションの中で本物のDJスキルを認めるDJ BASS。INORANソロのステージでは『Tour 2012 Dive youth, Sonikdive』以来、約6年振りの共演となる。最新のINORANサウンドとDJセットの融合でどのような化学反応を起こすのか、乞うご期待だ。チケットは『NO NAME?』会員限定で、7月13日(金)23:59まで受付中!

また、INORANは8月22日(水)に新作『Override』をリリースする。今作は、2017年9月29日に開催された『SOLO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2017 -INTENSE / MELLOW-<B-DAY LIVE CODE929/2017>at SHINKIBA STUDIO COAST』の模様を収録したライブ映像や、60分以上に及ぶドキュメンタリー映像と新曲入りCDの2枚組で、NO NAME?限定Blu-ray版(ファンクラブ限定販売)とDVD版(一般販売)の2形態。Blu-ray版はPHOTO BOOK付きで、新曲のミュージックビデオも収録される豪華な内容だ。CDには、この春にスペイン・バルセロナでレコーディングを行なった楽曲や、2形態で異なる新曲が収録される。

『INORAN TOUR 2018 “Override 66" 』

9月14日(金) 東京・新宿BLAZE
9月17日(月・祝) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
9月21日(金) 宮城・仙台darwin
9月24日(月・祝) 愛知・名古屋ElectricLadyLand
- Tour Final -
『NO NAME? MEMBERS\' LIMITED LIVE - INORAN PREMIUM B-DAY -』
9月29日(土) 東京・品川Stellar Ball
※FC限定公演につき一般発売無し

◎NO NAME?先行予約特典
・ピクチャーチケット
・当日会場にて「calligraphy lyric book」プレゼント
※7月10日15:00までのNO NAME?ご入会・ご継続(決済完了)でお申込み可能です。(郵便振替:7月7日消印有効)
■INORAN OFFICIAL FAN CLUB「NO NAME?」 http://inoran.org/no-name/

Blu-ray&DVD『Override』

2018年8月22日(水)発売



【NO NAME?限定Blu-ray版】(Blu-ray+CD+PHOTOBOOK)
NXD-1033/¥10,000+税
※数量限定生産・特殊パッケージ仕様
※INORAN OFFICIAL FAN CLUB「NO NAME?」“NO NAME?"会員限定販売
<収録内容>
■Blu-ray
・ SOLO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2017 -INTENSE / MELLOW-<B-DAY LIVE CODE929/2017>at SHINKIBA STUDIO COAST
ライブ映像
・INORAN 20th DOCUMENTARY(60分以上収録予定)
・新曲Music Video
『SOLO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2017 -INTENSE / MELLOW-<B-DAY LIVE CODE929/2017>at SHINKIBA STUDIO COAST』
1. Come Away With Me
2. Spirit
3. Get a feeling
4. grace and glory
5. Awaking in myself
6. 2Lime s
7. Daylight
8. 千年花
9. Shine for me tonight
10. no options
11. Sakura
12. Thank you
13. Ride the Rhythm
14. Beautiful Now
15. Rightaway
16. Get Laid
17. raize
18. All We Are
■CD
新曲2曲入り(M2の楽曲はDVD版とは異なります)
■PHOTOBOOK
スペインでの撮り下ろし写真他収録予定

【DVD版】(DVD+CD)
KIZB-281/¥6,000+税
<収録曲>
■DVD
・SOLO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2017 -INTENSE / MELLOW-<B-DAY LIVE CODE929/2017>at SHINKIBA STUDIO COAST ライブ映像(DIRECTOR\'S EDITION)
・INORAN 20th DOCUMENTARY(60分以上収録予定)
■CD
新曲2曲入り(M2の楽曲はNO NAME限定Blu-ray版とは異なります)
※詳細はこちら:http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=33839



【関連リンク】
INORAN、ソロツアー最終公演でDJ BASSとの共演が決定
INORANまとめ
LUNA SEAまとめ
DJ BASSまとめ
城 南海、全国ツアーの東京公演が『西郷どん』の世界観一色に

【関連アーティスト】
INORAN, LUNA SEA, DJ BASS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 出演, ツアー, チケット

城 南海、全国ツアーの東京公演が『西郷どん』の世界観一色に
Mon, 09 Jul 2018 20:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月8日(日)に恵比寿ザ・ガーデンホールで城 南海の全国ツアー『ウタアシビ2018夏』の東京公演が開催された。今回のツアーは6月20日(水)に発売されたシングル「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」を引っさげた全国ツアーで、城はそのシングルのジャケット写真と同じ白いエキゾチックなワンピースをまとい、幕が上がった。

NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌「愛、奏でて」を城がひとり三味線でしっとりと弾き語ると、スペシャルゲストとして『西郷どん』の音楽を担当している富貴晴美が登場。『西郷どん』の音楽を作るにあたり、“城 南海の歌声を聴いたときに、愛加那のイメージそのものだと思いました”と語り、「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」を披露。その後、富貴のピアノに合わせて、どこからともなく美声が響き渡ると「西郷どん紀行〜薩摩編〜」でボーカルを担当していたサラ・オレインがサプライズゲストとして登場し、『西郷どん』の劇中歌「我が故郷」を披露。富貴のピアノの演奏に合わせ、城とサラ・オレインの神々しいほどの歌声のアンサンブルが会場を包み込んだ。

先日、城がサラ・オレインのラジオ番組のゲストに出演した際に意気投合し、急きょ出演が決定したという今回のコラボのきっかけも話し、富貴は“この2人こそ本物の歌姫”と語る。ドラマのオープニングでも流れている「西郷どん-メインテーマ-」を3人で奏で、『西郷どん』の世界観一色に染まった会場の盛り上がりも最高潮となり、この日だけのスペシャルなサプライズ演出に会場は鳴りやまない拍手に包まれた。

そのほか、城は夏を感じるカバー曲や奄美大島のシマ唄で会場を盛り上げ、デビュー当時の曲から最新オリジナル曲「ひとつになれたなら」などを披露。この新曲は今回のツアーの会場限定で発売している、自身初となるMusic Clip集に収録されている。この後、7月16日(月・祝)に地元鹿児島公演と続き、7月21日(土)横浜・ランドマークホール公演でツアーファイナルを迎える。

シングル「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」

発売中



PCCA.04693/¥1,080(税込)
<収録曲>
M1 西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜
M2 愛加那
M3 愛、奏でて
※「愛加那」の三味線弾き語りバージョン

DVD『城 南海 Music Clip Collection』

2018年6月30日(土)発売
※『ウタアシビ2018夏』会場限定販売
※先行予約受付期間:各公演日の3日前の23:59まで



BRBP-00077/¥4,900(税込)
<収録予定楽曲>
■DVD
01.アイツムギ
02.誰カノタメニ
03.白い月 
04.太陽とかくれんぼ   
05.ルナ・レガーロ 〜月からの贈り物〜
06夢の地図 
07.童神 〜私の宝物〜
08.ずっとずっと 
09.兆し 
10.アイツムギ (2012version) 
11.チョネジア 〜天崖至?〜  
12.ただ一つ 
13.月と月 
14.晩秋  
15.あなたに逢えてよかった 
-Bonus(※NHK「みんなのうた」より)-
01.あさな ゆうな
02.夢待列車
■CD
M1 ひとつになれたなら
M2 ひとつになれたなら(カラオケ)

◎封入特典 :ミニフォトブック
オフィシャルファンクラブサイト南海人“みなみんちゅ”にご入会いただいている方のみご予約が可能です。
https://fc.kizukiminami.com/

『ウタアシビ2018夏』

7月16日(月・祝) 鹿児島・CAPARVOホール
7月21日(土) 神奈川・ランドマークホール
<チケット>
全席指定¥5,500(税込/ドリンク代別)
チケット一般発売中



【関連リンク】
城 南海、全国ツアーの東京公演が『西郷どん』の世界観一色に
城 南海まとめ
水曜日のカンパネラ、河口湖ステラシアターにて幻想的で自由奔放なエンタメショーを披露

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ, TVドラマ, 主題歌

水曜日のカンパネラ、河口湖ステラシアターにて幻想的で自由奔放なエンタメショーを披露
Mon, 09 Jul 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

関東甲信地方が観測史上最速で梅雨明けした翌日の6月30日(土)、そして7月1日(日)の2日間にわたって、水曜日のカンパネラの今年いちばん大きなワンマンライヴとなる『水曜日のカンパネラ・円形劇場公演』が山梨県・河口湖ステラシアターで開催された。ここでは初日の模様をレポートする。

当日は快晴に恵まれ、青空が顔を覗かせた。オープンの1時間前、遺跡のような佇まいの河口湖ステラシアターの敷地内に早々と多くのお客さんが到着。アートユニット「skydiving magazine」デザインによるこの日のためのグッズなどが並ぶ売り場も大いに賑わう。入場してロビーを抜けると、古代ローマ劇場に似た半円形/すり鉢状の空間が現れ、席に着けば舞台が悠々と見下ろせる形だ。ステージにはサッカーボールをかたどったような金色のオブジェ(コムアイ曰く「バリのお寺をイメージした」そう)が設置。ステージと客席の間にあるオーケストラピットにはなんと水を溜めて池が作られ、錦鯉や金魚がスイスイと泳いでしまっている。やたらとシュールな光景に期待も高まる中、コムアイの影アナ前説を経て、開演時刻は近づく。そして、辺りにスモークが立ち込めてきた。

撮影: SAKI YAGI/取材・文:田山雄士

関東甲信地方が観測史上最速で梅雨明けした翌日の6月30日(土)、そして7月1日(日)の2日間にわたって、水曜日のカンパネラの今年いちばん大きなワンマンライヴとなる『水曜日のカンパネラ・円形劇場公演』が山梨県・河口湖ステラシアターで開催された。ここでは初日の模様をレポートする。

当日は快晴に恵まれ、青空が顔を覗かせた。オープンの1時間前、遺跡のような佇まいの河口湖ステラシアターの敷地内に早々と多くのお客さんが到着。アートユニット「skydiving magazine」デザインによるこの日のためのグッズなどが並ぶ売り場も大いに賑わう。入場してロビーを抜けると、古代ローマ劇場に似た半円形/すり鉢状の空間が現れ、席に着けば舞台が悠々と見下ろせる形だ。ステージにはサッカーボールをかたどったような金色のオブジェ(コムアイ曰く「バリのお寺をイメージした」そう)が設置。ステージと客席の間にあるオーケストラピットにはなんと水を溜めて池が作られ、錦鯉や金魚がスイスイと泳いでしまっている。やたらとシュールな光景に期待も高まる中、コムアイの影アナ前説を経て、開演時刻は近づく。そして、辺りにスモークが立ち込めてきた。

突如流れ出す「ラー」のイントロでざわめきが起こるとともに、課せられる“コムアイを探せ”ミッション(笑)。いた!“ふたを開けて”と歌いつつ、客席中段の東側(ステージで言うと下手)から現れたコムアイ。こんな感じでいつの間にやらライヴは始まっている。そのまま観客の近くをまずは大胆に練り歩いていくのだけれど、よく見ると場内のあちこちに照明チームがスタンバイ!そう、まるでスナイパーのように潜んでいて、楽しく踊りながらガッツリ走りながら光をアナログで送ったり、特殊フレームを振り回して効果的に当てたり、反射をうまく使ったりと、臨場感ある演出で忠実に主演をアシストする彼らの動きは、特筆しておきたいほど終始すばらしかった。

続く「小野妹子」でもフットワーク激軽のコムアイは、来てくれた人ひとりひとりを歓迎するかの如く客席を歌いめぐる。最後方を駆け抜け、ついには普通なら演者が使わないであろう天井裏の足場へと登ってしまう。“パンにはやっぱり遣隋使”なんて歌詞もさることながら、観客が一様に彼女を見上げる画もスーパー不可思議だ。あっ、音響ブース付近にケンモチヒデフミとDir.Fの姿を確認!そんなことを考えているうちに“厚岸、厚岸、厚岸、厚岸、アッケシケシケシケシ……”と「シャクシャイン」がクールなライヴアレンジで滑り込んでくる。いやー、ぜんぜんステージに降りてこないのに盛り上がっていて面白い。結局は3曲を歌い歩き、オーディエンスの筋肉をうまくほぐして、「一休さん」でついに舞台へ辿り着いたコムアイ。とんちを利かせたラップを繰り出しつつ、“虎虎虎”のあたりからはワイルドなダンスも見せてくれるのだった。

ステージ中央であぐらをかきながら、「こんばんは、水曜日のカンパネラと言います。よろしくお願いしまーす!いろんなお客さんが来てて、いい感じですねえ」とリラックスした様子であいさつするコムアイ。池の錦鯉にも触れ、仕込みで現地に来てから「ここに水入れられるかもよ!?」みたいなノリで急遽作ったことを明かす。「今日はいっぱい美しい景色を用意してます。普段だと自分がどういう人間か自信がないですけど、この時間くらいは愛をたっぷり届けますんで楽しんでいってください」。

去年3月の日本武道館ワンマンが終わったあと、1stアルバム『クロールと逆上がり』の曲を聴いていたところ、いい感触があったというコムアイは「忘我してるような音楽ができたらと思うんで、ひさびさに引っぱり出してやってみます」と話し、スタンドマイクで「マチルダ」「ゴッホ」を披露。魔法陣のような光の柱に囲まれて歌う演出の中、ひんやりした声とミニマルビートも相まって、脳内はスーッと清らかになる。

代表曲「桃太郎」のコスモを感じるハウスミックス、獰猛かつ妖しいコムアイのきびダンスでいよいよ没入。雷雲を彷彿とさせる音像の「ウランちゃん」が投下されれば、音の籠り具合も抜け具合も面白いステラシアター独特の反響により浸れる。この環境でバキバキの重低音トラックをやるアーティストもなかなかいないだろうし、こういうアプローチが“ガラパゴス”っぽいのかもしれない。先に述べた照明チームの丹精込めた仕事ぶり、総天然色の神歌「ユタ」でも漂っていた野性的なムード、しばしば大きく伸びをするコムアイの仕草にしてもそう。メディアアートみたいなサイバーさとは一線を画す、きっぱりと背を向けたパフォーマンスだったと思う。

ひと時の静寂を経て始まった「愛しいものたちへ」では光量を絞り、ピンポイントで感性に訴える表現にトライ。水滴の音、コムアイの倍音成分がオーディエンスの受動器官を刺激する。ステージの縁に座って五円玉を池へ投げ入れる彼女、水面に映る光と影の揺らぎ、波紋が美しい。そして「西玉夫」でいよいよその中へ足を踏み入れ、「クラーケン」になると果敢に踊ってみせる。“アザラシ”“蛸”に思いを馳せるかのように。一方、ステージには緑の蛸バルーン(ビニール)が現れ、いびつに大膨張。蛸が暴れ狂っているみたいな演出、暴風雨や洪水をイメージさせる音塊に圧倒されつつも、奇抜なエネルギーの充満が心地よかったりもした。

「マトリョーシカ」を歌いながら、中央のPA席に向かって再び観客の間へと入っていくコムアイ。周囲がすっぽり闇に包まれ、蛸バルーンも彼女を追って客席を転がる。水のパートを奥ゆかしく締め、いよいよクライマックスへ。新作ミニアルバム『ガラパゴス』からの楽曲がどんどん飛び出す。ループが気持ちいい「南方熊楠」の途中で「ライト兄弟」をインサートしてまた戻るという流れに、「見ざる聞かざる言わざる」へのノンストップ繋ぎと緑黄色ライトが鮮やかに映えるさまに、会場は大いに沸き上がり、外国人のファンを含めて踊り狂わずにはいられない人たちが続出!「贏政」ではドラムンベースの効いたトラックに乗せて光MAXのトランス状態に達し、特大元気玉みたいな極彩色の光に照らされて躍動するコムアイが非現実的で神々しい。


全開の照明で表現を爆発させたあとは一転、再び極小の光を纏って「かぐや姫」。先日出演したTBSテレビ『A-Studio』では生の弦アレンジパフォーマンスが話題を呼んだが、ステラシアターにおいてはとてもシンプルな佇まいで歌声を届けていた。さっきのド派手な演出とは対極であるにもかかわらず、それでも歌がものすごく活き活きと聞こえてくるのは、水曜日のカンパネラのショーが五感を楽しませてくれている証と言えよう。時空の旅の終着を報せるかの如く、アウトロでコムアイはステージ後方の扉奥へと姿を消した。

気付けば最後の曲だった。夜のステラシアターは涼しい風が吹いている。ステージ後方がゆっくり開くと、緑の芝生と森が現れ、芝生の上には炎を灯したたくさんのキャンドル。コムアイの姿もある。ここまで表現してきた水、風、光、闇に加え、最後は炎をバックに「キイロのうた」を粛然と披露。草木の香り、燃える匂いに鼻腔がくすぐられるシチュエーションもいい。やがて、精霊のように火の中心へ入っていくコムアイ。深々とお辞儀をし、最後に感謝の言葉を述べた。


「今日はお越しくださって、ありがとうございました。すごい数の人たちが完璧なチームワークでショーを支えてくれてます。そして、こんなに遠いところまでこんなにお客さんが来てくれるとは思わなかったです。本当に、いつもありがとうございます」

アンコールはなし。引き締まった潔いショーだった。DI:GA ONLINEのインタビュー(https://www.diskgarage.com/digaonline/interview/82837)で「情報/カロリー過多のだだ漏れな演出じゃなく、もっとツボを突く表現がしたい」「みんなが耳を澄ませる状態を作りたい」と語っていたコムアイだが、彼女自身少なからず手ごたえのある公演になったのではないかと思う。歌のパワー、腰や耳などを喜ばせる没入感、チームで作り込んだ舞台美術に音響に照明が圧倒的だったし、新作ミニアルバム『ガラパゴス』のナンバーはライヴの転換点、ピークの役割をしっかりと担っていた。映像の類をほとんど使わず、ダンサーを従えなかった点も攻めたポイントのはず。富士山の姿ははっきりと拝めなかったものの、夜空には星がきれいに輝いていて、素敵な余韻が十分すぎるくらいにありました。

幻想的で自由奔放な、堅いものをほどくエンタメショーを終えた水曜日のカンパネラ。11月からは東京、大阪、北海道、沖縄の全国4都市で『Galapagos Tour』を開催する。さらなる酩酊と恍惚、非現実の世界を求めて。

撮影: SAKI YAGI/取材・文:田山雄士

【セットリスト】
01.ラー
02.小野妹子
03.シャクシャイン
04.一休さん
05.マチルダ
06.ゴッホ
07.桃太郎 Remix(Cosmic ver.)
08.ウランちゃん
09.ユタ
10.愛しいものたちへ
11.西玉夫
12.クラーケン
13.マトリョーシカ
14.南方熊楠〜ライト兄弟〜南方熊楠
15.見ざる聞かざる言わざる
16.贏政
17.かぐや姫
18.キイロのうた

【ライブ情報】
『ガラパゴス ツアー』
11月07日(水) 東京・新木場STUDIO COAST
11月10日(土) 北海道・札幌ファクトリーホール
11月30日(金) 大阪・味園 ユニバース
12月08日(土) 沖縄・那覇ナムラホール

<チケット>
スタンディング¥4,500(税込)
オフィシャル先行受付:7月2日(月)21:00〜7月15日(日)23:59
■受付URL:http://w.pia.jp/t/wed-galapagos/
一般発売:9月08日(土)10:00〜



【関連リンク】
水曜日のカンパネラ、河口湖ステラシアターにて幻想的で自由奔放なエンタメショーを披露
水曜日のカンパネラまとめ
MERRY、ガラ生誕記念ライブにて本格的なジャズアレンジ曲を披露

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

MERRY、ガラ生誕記念ライブにて本格的なジャズアレンジ曲を披露
Mon, 09 Jul 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MERRYのボーカリスト・ガラの生誕祭『ガラBirthday Live 第三回 自作自演「39グッドバイ」』が、7月6日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行なわれた。今回は、そのライブの様子をMERRYのDrums&愛$、ネロによる特別レポートでお届けする。

■【ネロ(Dr)によるライブレポート】

第一部は「JAZZY "MERRY" NIGHT」と題したその名の通りMERRYの曲がジャズテイストでプレイされた。
一言でJAZZって言ってもいろいろあると思うのだが、この17年間でMERRYに散りばめられてきたテイストは、あくまでもジャジーつまり、“ジャズ風”。この日は凄腕メンバーによる正にMERRYの曲の本格的“ジャズアレンジ”だった。

Piano 吉村隆行
Bass Wu-CHY (BATCAVE、オーラルヴァンパイア、DETROX…, etc. )
Drums 秋山タカヒコ (downy、THE MORTAL)

この3名から繰り出されるアレンジ力とテクニックはMERRYメンバーから観てもかなり勉強になったし刺激にもなった。何よりもボーカリスト“ガラ”を使っての遊び心はMERRYのメンバーから観てもかなり参考になるものだった!!

ライブはMERRYのファーストアルバムのインストナンバー「六本木ジャジー喫茶」からスタートし、「路地裏哀歌」より哀愁の歌声が響きわたり「躊躇いシャッフル」や「不均衡キネマ」のジャズアレンジにはかなり斬新なものだったし、歌とピアノだけでプレイした「薔薇と片隅のブルース」では改めて彼の歌心に感銘を受けた。最後はアッパーな「絶望」や「千代田線デモクラシー」でも普段聴けないアレンジでオーディエンスももちろん圧倒でした!!アンコールでは西城秀樹さんの名曲「ギャランドゥー」を披露し、最後は儚くも未来を「傘と雨」で第一部が幕を閉じた。

最後に、秋ツアーの正式タイトルが決定した。

MERRY Autumn Tour 2018
「哀愁のダンスホール[羊想]異形 tiki」

〜尾張、華咲く〜
2018年10月12日(金)
名古屋Electric Lady Land

〜浪花、華舞う〜
2018年10月13日(土)
クリエイティブセンター大阪(名村造船所跡地)

〜帝都、華散る〜
2018年11月7日(水)
恵比寿LIQUIDROOM

まず、大冠となる「哀愁のダンスホール[羊想]異形 tiki」に注目してほしい。一見支離滅裂なタイトルだが、よく見ると5ワードがつながってできており、メンバーそれぞれのMERRYの17年間を象徴する言葉をつなげ合わせてできたタイトルになっている。果たしてどのメンバーがどのワードを出したのかを考えつつ、東名阪それぞれの公演についたサブタイトルも含め、この秋ツアーを楽しみにしていて欲しい。
この支離滅裂なタイトルのようにMERRYの17年間をいろんな側面から見た内容になることだろう。
<過去・現在・未来>あなたはどのMERRYを体感したいですか!?

さあこの秋、更に最狂にグレードアップしたMERRYを全身全霊で震えて待て!!?

Photo by 中村卓
Text by MERRY Drums & 愛

『MERRY Autumn Tour 2018「哀愁のダンスホール[羊想]異形 tiki」』

■『〜尾張、華咲く〜』
10月12日(金) 愛知・名古屋Electric Lady Land
■『〜浪花、華舞う〜』
10月13日(土) 大阪・クリエイティブセンター大阪(名村造船所跡地)
■『〜帝都、華散る〜』
11月07日(水) 東京・恵比寿LIQUIDROOM

『システム エムオロギー Extra〜テツ revenge〜』

9月23日(日) 岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
9月24日(月・祝) 秋田・CLUB SWINDLE



【関連リンク】
MERRY、ガラ生誕記念ライブにて本格的なジャズアレンジ曲を披露
MERRYまとめ
Beverly、新旧楽曲を織り交ぜた東名阪ツアーファイナルが大盛況

【関連アーティスト】
MERRY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, 発表, ジャズ, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

Beverly、新旧楽曲を織り交ぜた東名阪ツアーファイナルが大盛況
Mon, 09 Jul 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Beverlyが2ndアルバム『24』の発売を記念して開催した東名阪ワンマンライブツアー『Beverly 2nd JOURNEY 「24」』のファイナル公演が、7月8日に代々木YAMANO HALLで行なわれた。

集まった観客を前に、アルバムでもオープニングを飾る「Power of love 」を軽快に歌いながら登場。本編中、アルバム新曲のほか新旧織り交ぜたセットリストは、タイアップ楽曲の多さから、CMやドラマなどどこかで耳にした楽曲が満載で華やかなステージに。“異次元”と評されたハイトーンはもちろん、日本語を深く理解することにより歌の説得力が増したバラードが印象的で、ファンを歌の世界に引き込んでいた。

アンコールでは、仮面ライダービルドの主題歌でおなじみの「Be The One」を“明日の地球のために! 歌わせていただきました!”と、サビの歌詞の一部を引用して曲紹介をするなど、くだけたムードのトークも披露しつつ、小室哲哉作詞/作曲によるLINEゲーム『ガーディアンズ』主題歌の「Guardian」をこのツアーで初披露する場面も見受けられた。

“自分の曲を聴いて、みなさんにポジティブになってほしい”とMCで語ったBeverlyの思いが込められた全18曲のセットリストは、終演後、ファンに笑顔とポジティブをもたらしていたようで、“声量凄すぎ、圧倒されまくりでハンパねー”、“最高のライブでした! 半端ない! ありがとうBeverly(*^^*)”など、SNSでもファンからの反響が寄せられている。次回Beverlyのライブを見ることができるのは、7月28日よりスタートする『a-nation2018』となるので、ぜひチェックしてみてほしい。

【セットリスト】
1.Power of love
2.All I Want
3.LOVE THERAPY
4.Baby don\'t cry~神様に触れる唇~
5.Fly in the sky
6.Hurting Me
7.Future
8.I need your love
9.Just once again
10.My Boy
11.JUMP!
12.I\'m Ready
13.Tomorrow
14.A New Day
-アンコール-
15.PANDORA feat. Beverly / 「Be The One」
16.TETSUYA KOMURO feat.Beverly / 「Guardian」
17.Sing my soul
18.Amazing Grace



【関連リンク】
Beverly、新旧楽曲を織り交ぜた東名阪ツアーファイナルが大盛況
Beverlyまとめ
Czecho No Republic、『ZIMA』サマーキャンペーンCMの書き下ろし曲を配信リリース

【関連アーティスト】
Beverly
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ, レポート, 主題歌

Czecho No Republic、『ZIMA』サマーキャンペーンCMの書き下ろし曲を配信リリース
Mon, 09 Jul 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicが、新曲「Baby Baby Baby Baby」を8月1日(水)に配信リリースする。

同曲は7月8日に東京・新木場STUDIO COASTにて、SHE\'S、SUPER BEAVER、TENDOUJI、フレンズ、マカロニえんぴつ、The Wisely Brothersを迎えた自主企画イベント『Czecho No Republic presentsドリームシャワー2018』にて初披露された楽曲で、日本に上陸以来音楽を愛し、楽しみ、盛り上げてきた若者たちを応援し続けてきたプレミアム低アルコール飲料ZIMAの『ZIMA“もっとサマーを!"キャンペーン』のために書き下ろされたものだ。

なお、バンドの紅一点メンバーであるタカハシマイ(Cho&Syn&Per)が出演する『家飲み篇』と、メンバー4人が出演する『居酒屋篇』の2バージョンのウェブCMが、楽曲とともに7月16日(月)よりSNSをはじめとしたデジタルメディアにて公開・配信される。またZIMAブランドサイトにてCzecho No Republicの独占インタビューとともに、暑い夏をさらに熱くするイチオシのZIMAスタイル“ZIMA with レモン"が紹介されるので、ぜひチェックしてみてほしい。

4月のメンバー脱退後、4人体制で初の新曲「Baby Baby Baby Baby」で新たな一歩を踏み出すCzecho No Republic。今後の快進撃をお楽しみに!

■『ZIMA』ブランドサイト
https://zima.jp/feature/c-n-r-lemonzima/

配信シングル「Baby Baby Baby Baby」

2018年8月1日(水)より配信スタート



※『ZIMA“もっとサマーを!"キャンペーン』WEB-CM楽曲

『Czecho No Republic ワンマンライブ「旅に出る準備」リリースツアー』

9月14日(金) 福岡・天神 the voodoo lounge
9月16日(日) 大阪・梅田 バナナホール 
9月21日(金) 愛知・名古屋 JAMMIN\'
9月28日(金) 宮城・仙台 CLUB JUNK BOX
10月02日(火) 東京・渋谷 duo MUSIC EXCHANGE



【関連リンク】
Czecho No Republic、『ZIMA』サマーキャンペーンCMの書き下ろし曲を配信リリース
Czecho No Republicまとめ
グッドモーニングアメリカ、ベスト盤より「Darwin\'s Train」MV解禁

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 配信, 出演, CMソング

グッドモーニングアメリカ、ベスト盤より「Darwin\'s Train」MV解禁
Mon, 09 Jul 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが7月11日(水)に発売する初のベストアルバム『the BEST HIT GMA』より新曲「Darwin\'s Train」のMVを公開した。ディレクターに椎名林檎、スキマスイッチ、ケツメイシなどの映像作品を手掛けたウスイヒロシ氏を起用した本作は、“本当の自分"はへヴィメタル? ヒップホップ? バーチャルアイドル? だけど最後に選ぶのは? …という、ウスイヒロシ氏ならではのアイディアとメンバーの遊び心が相乗した、悪乗り一歩手前のオリジナルティあふれる映像だ。

7月11日(水)には、前身バンド“for better, for worse”の最初で最後のベストアルバム『COMPLETE BEST』を同時発売。また、7月19日(木)からは全国ツアー『the BEST HIT GMA tour 2018』を2マン形式で実施する。夏イベントにも続々参加が決定としており、充実のアニバーサリーイヤーを満喫中の彼らと一緒に熱いライブを創り上げよう!

■グッドモーニングアメリカ 結成10周年記念サイト
http://www.gma-10th.com

アルバム『the BEST HIT GMA』

2018年7月11日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1450〜1451/¥3,333+税
【通常盤】(CD)
COCP-40366/¥2,778+税
<収録曲>
■CD ※初回限定盤・通常盤共通
1.Darwin\'s Train (新曲)
2.言葉にならない 
3.未来へのスパイラル 
4.空ばかり見ていた 
5.カラツ風ガ吹キツケル
6.餞の詩 
7.そして今宵は語り合おう
8.イチ、ニッ、サンでジャンプ 
9.あなたの傍に猛ダッシュで 
10.ひこうき雲 
11.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ 
12.マリオネット演者ノ詩 
13.STAY WITH ME 
14.コピペ 
15.心臓抉って 
16.アブラカタブラ 
17.キャッチアンドリリース 
18.拝啓、ツラツストラ 
19.風と鳴いて融けてゆけ 
※初回限定盤、通常盤ともに、CD全収録楽曲をスマホで簡単再生できる「プレイパス」コード封入

■DVD ※初回限定盤のみ
ベストアルバム完全再現ライブ 『GMAオールスター感謝祭』
2018.5.8代官山UNIT
《収録曲》
1.風と鳴いて融けてゆけ
2.拝啓、ツラツストラ
3.キャッチアンドリリース
4.アブラカタブラ
5.心臓抉って
6.コピペ
7.STAY WITH ME
8.マリオネット演者ノ詩
9.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
10.ひこうき雲
11.あなたの傍に猛ダッシュで
12.イチ、ニッ、サンでジャンプ
13.そして今宵は語り合おう
14.餞の詩
15.カラツ風ガ吹キツケル
16.空ばかり見ていた
17.未来へのスパイラル
18.言葉にならない

『the BEST HIT GMA tour 2018』

7月19日(木) 東京 八王子Match Vox
guest:TOTALFAT
7月24日(火) 香川 高松DIME
guest:ircle
7月25日(水) 福岡 博多Live House CB
guest:フラチナリズム
7月26日(木) 熊本 熊本Django
guest:フラチナリズム
8月07日(火) 京都 KYOTO MUSE
guest:BUZZ THE BEARS
8月08日(水) 岡山 岡山IMAGE
guest:BUZZ THE BEARS
8月26日(日) 北海道 DUCE Sapporo
guest:Halo at 四畳半
9月11日(火) 宮城 仙台JUNK BOX
guest:GOOD4NOTHING
9月22日(土) 愛知 名古屋ElectricLadyLand
guest:アルカラ
9月25日(火) 大阪 大阪BIGCAT
guest:BIGMAMA
9月28日(金) 東京 マイナビBLITZ赤坂
guest:for better, for worse
※チケット一般発売中



【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ、ベスト盤より「Darwin\'s Train」MV解禁
グッドモーニングアメリカまとめ
緑黄色社会、全曲配信スタート&『関ジャム 完全燃SHOW』出演決定

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売

緑黄色社会、全曲配信スタート&『関ジャム 完全燃SHOW』出演決定
Mon, 09 Jul 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

緑黄色社会が7月13日(金)より、これまで発表した1stミニアルバム『Nice To Meet You??』、2ndミニアルバム『ADORE』、そして3月14日にリリースしたフルアルバム『緑黄色社会』の収録曲全曲をサブスクリプションサービスを含めて配信することが決定! 

また7月15日にはテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』に出演し、アコースティックギターに安田章大、ドラムに大倉忠義が参加して「またね」をセッションする。緑黄色社会は2017年8月に放送された同番組の音楽業界のクセ者が選考した『次に来るアーティスト10組』コーナーで紹介されたが、出演は今回が初めてとなるため、ファンの方はぜひ楽しみにしていてほしい。

■全曲配信ストア一覧
https://erj.lnk.to/_y6FKWN

■『関ジャム 完全燃SHOW』公式サイト
※7月15日(日)23時10分〜放送予定
http://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

ミニアルバム『Nice To Meet You??』

2018年7月13日(金)より配信開始



<収録曲>
またね
アウトサイダー
regret
Bitter
丘と小さなパラダイム

ミニアルバム『ADORE』

2018年7月13日(金)より配信開始



<収録曲>
始まりの歌
want
キラキラ
恋って
それなりの生活

アルバム『緑黄色社会』

2018年7月13日(金)より配信開始



<収録曲>
Re
始まりの歌
大人ごっこ
キラキラ
Alice
君が望む世界
恋って
regret
真夜中ドライブ
またね



【関連リンク】
緑黄色社会、全曲配信スタート&『関ジャム 完全燃SHOW』出演決定
緑黄色社会まとめ
祝、創刊50周年! 僕らの『週刊少年ジャンプ』を聴く5曲

【関連アーティスト】
緑黄色社会
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, ミニアルバム, 配信, テレビ番組, 音楽番組, 出演

祝、創刊50周年! 僕らの『週刊少年ジャンプ』を聴く5曲
Mon, 09 Jul 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『ワンピース』『ドラゴンボール』『スラムダンク』『こち亀』『キン肉マン』…と、誰もが知ってるマンガの大名作を多数排出。今年、創刊50周年を迎えた週刊マンガ誌の巨塔、週刊少年ジャンプ。そんなジャンプが“ジャンプを聴け!”と7月7日(土)と8日(日)に横浜アリーナにて、ジャンプにゆかりのあるアーティストを集めた音楽フェス『JUMP MUSIC FESTA』を開催した。ここではフェスタの出演者を中心に、ジャンプ・ミュージックの名曲たちを5曲紹介。僕たち、みんなジャンプが好きなんです!

■「CHA-LA HEAD-CHA-LA」(’13) /FLOW

ジャンプ史、いや日本のマンガ史に残る至極の名作『ドラゴンボール』の主題歌として、今も愛され続けてる「CHA-LA HEAD-CHA-LA」(正確にはアニメ『ドラゴンボールZ』の主題歌として1989年より使用)。アニソン界のプリンス・影山ヒロノブが歌うこの曲を、映画『ドラゴンボールZ 神と神』のテーマ曲として2013年にカバーしたのがFLOW。「GO!!!」を始めとする『NARUTO』のテーマ曲を始め、ジャンプに限らぬアニメタイアップを多数手がけ、アニメとロックのボーダーラインをぶっ壊し続ける彼らは、今年3月には『FLOW THE BEST 〜アニメ縛り〜』と題したベスト盤をリリースし、アニメタイアップ曲に限定したセットで構成した全国ツアーも大成功。その人気は国内にとどまらず、アジアや南米でも大活躍する彼ら。世界に届けジャンプ・ミュージック!

■「ウィーキャン!」(’16) /氣志團ときただにひろし

全世界累計発行部数4億3,000万部(2017年10月現在)を超える大ヒット作であり、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス記録も持つ、モンスター級人気作品『ワンピース』。そんな、アニメ『ワンピース』の主題歌として、2016年6月より使用されていた楽曲が「ウィーキャン!」。1999年より初代主題歌として使用された「ウィーアー!」、2011年より使用されていた「ウィーゴー!」を歌ったアニソン界のレジェンド・きただにひろしが、続編と言える曲で氣志團と初のコラボレーションを果たした今作。『ワンピース』の世界観をしっかり汲みながら、歌詞やサウンドに氣志團の色もしっかり感じる見事な化学反応はアニメファンも大絶賛! MVでは当時流行っていた、フラッシュモブに挑戦。映像からオーディエンスの興奮が伝わってくる作品です!

■「サムライハート(Some Like It Hot!!)」(’11)/SPYAIR

シリアスとコメディーを行き来する「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」として、独創的な作風で人気を博す『銀魂』。そして、原作の作風も忠実に再現しながら、パロディーやアニメ制作の裏側をイジるメタギャグなど、原作以上の過激さを持つアニメ『銀魂』シリーズにも熱狂的なファンが多いこの作品。アニメの主題歌やEDでは突然の大物の抜擢や、注目の若手アーティストの起用など、意外性のある人選も楽しみのひとつだが、中でも話題となった人気曲が2011年6月よりアニメ『銀魂\'』のEDテーマとして使用された、SPYAIRの「サムライハート(Some Like It Hot!!)」。バンドの代表曲、ライヴの定番曲として、SPYAIRファンにも人気の高いこの曲。アルバム用に書かれた曲に『銀魂』をイメージしたアレンジを施し、《サムライハート(Some Like It Hot!!)》というフレーズが考案されて、曲が完成したのだそう。現在『銀魂.』(第4期)の主題歌として、「I Wanna Be…」が使用されている彼ら。「BLEACH」や「ハイキュー!」のテーマ曲も手がけており、SPYAIRとジャンプ・ミュージックとの親和性は非常に高い。

■「新宝島」(’15)/サカナクション

漫画家を目指すふたり少年が、集英社『週刊少年ジャンプ』に漫画を持ち込み、プロの漫画家を目指していくリアルな物語が広い年齢層の支持を受け、NHKでのTVアニメ化、佐藤健&神木隆之介という大人気俳優のW主演で実写映画化と、大きな広がりとムーブメントを生んだ『バクマン。』。この作品の映画化に当たって、主題歌を務めたのがサカナクションだった。手塚治虫の『新宝島』から引用したタイトルだけでニヤリとしてしまうが、胸躍るアップテンポなダンスロック、想像力を掻き立てる歌詞も最高! 『JUMP MUSIC FESTA』のステージでは横浜アリーナの広いステージを独自の世界観で染めた歌と演奏、演出で魅了しながら、ラストの「新宝島」で原画を多用した映像でジャンプとの見事な融合を見せ、感動を生んでいました。『ドリフ大爆笑』を彷彿するMVも最高です!

■「愛をとりもどせ!!」(’84) /クリスタルキング

80年代の週刊少年ジャンプを愛した人は、誰もが夢中で読み漁っていた名作『北斗の拳』。199X年、核の炎に包まれた最終戦争後の地球を舞台としたこのマンガ。2003年に発売されるや史上最高の出荷台数を記録したパチスロ『北斗の拳』の人気からの再評価もあり、現在も読み続けられているこの作品。アニメ『北斗の拳』の主題歌として使用されていたこの曲のアニメ主題歌としては斬新すぎるヘヴィなロックサウンドと、田中昌之(Vo)の驚愕のハイトーンヴォイスを初めて食らった時の衝撃は忘れません。アニメタル、JanneDaArc、DaizyStripper、遠藤正明、草尾毅、神谷明など多くの人がカバーするこの曲。今後も永遠のジャンプ・ミュージックとして歌い継がれ、聴き継がれることだろう。YouはShock!

TEXT:フジジュン

フジジュン プロフィール:1975年、長野県生まれ。『イカ天』の影響でロックに目覚めて、雑誌『宝島』を教科書に育った、ロックとお笑い好きのおもしろライター。オリコン株式会社や『インディーズマガジン』を経て、00年よりライター、編集者、デザイナー、ラジオDJ、漫画原作者として活動。12年に(株)FUJIJUN WORKSを立ち上げ、バカ社長(クレイジーSKB公認)に就任。メジャー、インディーズ問わず、邦楽ロックが得意分野だが、EBiDANなど若い男の子も大好き。笑いやバカの要素を含むバンドは大好物。



【関連リンク】
祝、創刊50周年! 僕らの『週刊少年ジャンプ』を聴く5曲
FLOWまとめ
氣志團まとめ
きただにひろしまとめ
SPYAIRまとめ

【関連アーティスト】
FLOW, 氣志團, きただにひろし, SPYAIR, サカナクション, クリスタルキング
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, シングル, アルバム

サンプラザ中野くん、30年間歌い込んだ「Runner」で鈴鹿『8フェス』に参戦!
Mon, 09 Jul 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月28日(土)&29日(日)、『"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース』内の特設ステージにて音楽イベント『8フェス』が開催される。

バイクレースと音楽イベントを同時に楽しむという、新しい観戦スタイルを提供するイベントとして昨年からスタートした『8フェス』。今年出演する全12アーティストの中から、7月28日(土)のステージに登場するサンプラザ中野くんのインタビューをBARKSにて公開している。

30年間歌い込んだ名曲「Runner」を再録した「Runner(平成30年 Ver.)」を引っ提げて参加するイベントへの意気込みはもちろんのこと、『8フェス』にちなんで自身のバイクにまつわる思い出も語っているのでぜひチェックしてほしい。

■サンプラザ中野くんインタビュー
https://www.barks.jp/news/?id=1000157199

■『8 FES』

7月28日(土)&29日(日)
三重県・鈴鹿サーキット BASE8耐 特設ステージ

<出演>
28日(土):WEAVER、サンプラザ中野くん、SEAMO、Do As Infinity、二人目のジャイアン、マジカル▽パレード BEACH
29日(日):アンダーグラフ、1-E(オープニングアクト)、175R、Xmas Eileen、Sonar Pocket、ベッド・イン

※▽は白抜きのハート

ミニアルバム『Runner』

2018年4月11日発売



【初回盤(CD+DVD)】
UPCH 7406/¥2,500(税込)



【通常盤(CD)】
UPCH 2157/¥2,000(税込)



【関連リンク】
サンプラザ中野くん、30年間歌い込んだ「Runner」で鈴鹿『8フェス』に参戦!
サンプラザ中野くんまとめ
稲垣吾郎、草?剛、香取慎吾がパラスポーツ応援ソング寄付贈呈式に登壇

【関連アーティスト】
サンプラザ中野くん
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

稲垣吾郎、草?剛、香取慎吾がパラスポーツ応援ソング寄付贈呈式に登壇
Mon, 09 Jul 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

稲垣吾郎、草?剛、香取慎吾が7月8日(日)にパラスポーツ専用体育館 『日本財団パラアリーナ』で日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)が開催した『パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」 寄付贈呈式』に出席した。

「雨あがりのステップ」は、Warner Music Japanと作曲家の菅野よう子、作詞家・麻生哲朗らの 賛同の元で“新しい地図”として書き下ろされたオリジナル楽曲で、iTunes Store、レコチョク限定でダウンロード販売。売上はパラスポーツ支援のため寄付され、3月19日から6月30日までチャリティー販売期間中の総ダウンロード数は99,594DL、 売上総額23,006,214円にのぼり、本贈呈式にてその全てが寄付された。

贈呈式には国際パラリンピック委員会アンドリュー・パーソンズ(Andrew Parsons)会長、日本財団パラリンピックサポートセンター 山脇康会長、日本ブラインドサッカー協会 松崎英吾事務局長、選手代表としてリオ2016パラリンピック競技大会で銀メダルを獲得しボッチャで主将として活躍した杉村英孝選手らが登壇。日本財団パラリンピックサポートセンター会長 山脇康会長による開会挨拶で式典は始まり、その後、パラサポスペシャルサポーターとして稲垣吾郎、草?剛、香取慎吾の3人が登壇した。

稲垣は“パラスポーツの支援の力に少しでもなれれば、うれしいなと思っております。本当に全国のたくさんのみなさまにご支援いただきまして、こういうかたちになりました。誠にありがとうございます”と感謝し、草?剛も“たくさんの方の支援のおかげで、たくさんのお金が集まりました。これによって未来の選手やパラスポーツに大きな影響が及ぶ。僕らの歌をダウンロードしてくれたみなさんに本当に感謝しています。これからも「雨上がりのステップ」を大切に一生懸命、みなさんに届けていきたい”と感謝の言葉を述べた。

香取も“チャリティー販売は、たくさんの方に賛同していただいて成立したこと。協力してくださった方々に感謝しています。そして何より買っていただいた方のおかげで、このパラスポーツの発展のための寄付金が集まりました”と感謝の意を述べ、また“このチャリティーに参加してくれた方の中にも、今、西日本を中心とした記録的な大雨によって被害に遭われた方もいると思います。厳しい状況の中だと思いますが、離れていても思いは一つ。頑張ってください!”とエールを送った。

3人は日本財団パラリンピックサポートセンターの山脇康会長、国際パラリンピック委員会のアンドリュー・パーソンズ会長、日本ブラインドサッカー協会の松崎英吾事務局長、パラアスリートを代表してボッチャの杉村英孝選手に目録を贈呈。山脇会長は“全額寄付いただくのは世界でも珍しい、画期的な取り組み。こういったことができるのも稲垣さん、草?さん、香取さんの熱意のおかげ”と謝辞を述べた。パーソンズ会長も“寛大な心遣いに感謝します”と語りかけ、3人に“東京2020パラリンピック競技大会に向けての国際パラリンピック委員会特別親善大使”にオファーしたことを明かした。香取は大きく“はい!”と返答し、急遽就任が決まった。

このサプライズに、香取は“本当に光栄なこと。本当にうれしいのですが、今の思いと変わらず、このまま突き進みたいと思います”とコメントし、草?は“本当に光栄なこと。僕らができることで盛り上げていきたい。より、たくさんの方に注目を持ってもらいたい。頑張りたい!”と意気込みを見せた。稲垣は“3人は心は1つで、2人と気持ちは一緒。逆に力や勇気をいただいている立場でもある。僕らができることを考えながら全力で。今後のパラリンピックの発展と普及を目指して3人、心を1つにして頑張りたい”と決意を新たにしていた。

式典終了後は、稲垣、草?、香取の3名と、パーソンズ会長、パラサポ会長の山脇氏、 杉村選手が2チームに分かれ、ボッチャ対戦が実現。普段は見る機会の少ないボッチャの奥の深いおもしろさを観戦するとともに、杉村選手の正確なショットを堪能していた。

本寄付金はパラサポを通じて、6万ユーロ(約770万円 ※)が国際パラリンピック委員会公認のパラリンピック教材の世界各国への普及活動を行なうアギトス財団へ、約1,530万円が国内のパラスポーツ普及支援を目的に、パラリンピック競技団体の実施する大会・イベント観戦拡大に寄与する事業への支援金に充てられる。 ※ 1ユーロ=128.73円(2018年7月8日時点)



【関連リンク】
稲垣吾郎、草?剛、香取慎吾がパラスポーツ応援ソング寄付贈呈式に登壇
新しい地図まとめ
稲垣吾郎まとめ
草?剛まとめ
香取慎吾まとめ

【関連アーティスト】
新しい地図, 稲垣吾郎, 草?剛, 香取慎吾
【ジャンル】
J-POP, ニュース, キャンペーン, 発表, 新曲, 出演, レポート

『アイドリッシュセブン』、1stライブが大盛況で終幕&TVアニメ2期の制作が決定
Mon, 09 Jul 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

サービス開始から約3年で250万ダウンロードを達成するなど、若い女性たちを中心に人気を集める男性アイドル育成リズムゲーム『アイドリッシュセブン』による、記念すべき1stライブ『Road To Infinity』が7月7日(土)8日(日)の2日間で埼玉・メットライフドームにて開催され、日本全国と海外でのライブビューイングを含めて約12万人が熱狂した。その中から初日に行なわれたライブの模様をレポートする。

今回のライブにはIDOLiSH7はもちろん、TRIGGER、Re:valeも出演するとあって、会場内は団扇やマフラータオルなどのそれぞれのアイドルグッズを手にしたファンで溢れ返り、開演前から熱気と興奮に包まれていた。そんな中、メットライフドームの巨大スクリーンにメンバーが次々に映し出されると、地響きのような歓声が巻き起こり、会場のボルテージは急上昇! いよいよ幕を開けたファーストライブのオープニングを飾ったのは、もちろんIDOLiSH7だった。彼らは、まずはじめに「MONSTER GENERATiON」を熱唱。その後はMCを挟みつつ、「Dancing∞BEAT!!」「Joker Flag」「Perfection Gimmick」を立て続けに披露し、ファンも負けじとカラフルなサイリウムを振りながら熱い声援を贈っていた。

続いて、煌びやかな黒色の衣装に身を包んだTRIGGERが登場すると、会場からは割れんばかりの拍手と大歓声が! 熱い声援に迎えられる中、デビュー曲の「DIAMOND FUSION」をセンターステージにて熱唱。MVを再現したダンサーも登場し、MVさながらの稼働ステージでクールに踊った。続いて、「SECRET NIGHT」「Last Dimension〜引き金をひくのは誰だ〜」を熱唱し、観客たちの目を釘付けにした。息つく暇もなく、続けて登場したのは環と壮五によるユニット・MEZZO"。「雨」と、「恋のかけら」を披露し、さらに会場を盛り上げた。そして、満を持して登場したRe:valeは「SILVER SKY」と、「Dis one.」を歌い上げ、先輩グループとしての魅力をたっぷりと見せつける。

全員参加のMCを挟みつつ、続いてはシャッフルユニットのコーナーへ。一織&陸&天による「フレフレ!青春賛歌」では、一人ずつ小型トロッコに乗ってアリーナ席を一周し、ファンの声援に手を振って応えていた。環&壮五&龍之介による「LOVE&GAME」では、マイクスタンドを使用した圧巻のパフォーマンスで観客を虜に。大和&三月&ナギ&楽による「男子タルモノ!〜MATSURI〜」では、中型トロッコに乗ってスタンド席を移動し、応援してくれるファンに笑顔と歌声を届けていた。

その後もMCなどを挟みつつ、各グループが再びステージに登場。アプリゲーム第1部と第2部の言葉で紡がれた幕間映像の直後、衣装チェンジしたIDOLiSH7は、「RESTART POiNTER」を披露。続けて、「Sakura Message」「GOOD NIGHT AWESOME」を熱唱した。「Sakura Message」では、壮五役の阿部敦さんが自らピアノを演奏するという驚きの演出で会場を魅了。美しい音色に、会場は大きな歓声に包まれた。

同じく衣装替えしたRe:valeは、「NO DOUBT」「奇跡」を披露。中でも「NO DOUBT」では、ソファに座ったままメインステージからセンターステージまで移動するなど、メットライフドームという大きな会場を最大限に活かす趣向を凝らした演出でファンを魅了した。続けて登場したTRIGGERは、ゲーム第3部の重要な曲でもある「DAYBREAK INTERLUDE」をはじめ、「Heavenly Visitor」「Leopard Eyes」を歌い上げ、キレのあるダンスでファンを楽しませる。

その後、再びIDOLiSH7が登場し、「MEMORiES MELODiES」「ナナツイロ REALiZE」「PARTY TIME TOGETHER」を歌い上げ、さらに会場を盛り上げる。ファンとの記念撮影が終わると、TVアニメのOP主題歌にもなった「WiSH VOYAGE」を熱唱。スクリーンにはTVアニメのOP映像が流れ、飛行機型のバルーンが登場するなど、豪華な演出の数々にファンが酔いしれる中、円陣を組みIDOLiSH7が高らかに空に向けて指をさし、ライブ本編は終了した。

興奮のるつぼと化した会場からは“アンコール”の声が鳴り止まず、その熱い声援に応えるように再びステージにIDOLiSH7が登場し、「THANK YOU FOR YOUR EVERYTHING!」を披露。さらに、ステージにTRIGGERを呼び込み、IDOLiSH7 feat.TRIGGERで「NATSU☆しようぜ!」を熱唱した。歌の間奏にはRe:valeも登場し、大型トロッコに乗ってアリーナを一周。全ての客席へ歌声と感謝の想いを届け、歓喜に沸くファンもサイリウムを大きく振って声援を贈り続けていた。

そんな中、ここで嬉しいビッグサプライズが! 新情報としてアプリゲーム『アイドリッシュセブン』の第1部、第2部に登場する楽曲を収録した『アイドリッシュセブン Collection Album vol.1』の発売と、そして待望の『アイドリッシュセブン』TVアニメ2期の制作決定が発表された。喜びと興奮が渦巻く中、メンバーから会場のファンはもちろん、ライブビューイングのファンへ感謝の言葉が贈られた。最後は「Welcome, Future World!!!」を、Re:vale&TRIGGER&IDOLiSH7全員で熱唱。アンコール含め全29曲が披露され、多くの熱狂と感動の瞬間を生んだ「アイドリッシュセブン」の記念すべきファーストライブは幕を閉じた。

(c)BNOI/アイナナ製作委員会

【出演】
■IDOLiSH7
小野賢章<七瀬陸(ななせ りく)役>
増田俊樹<和泉一織(いずみ いおり)役>
白井悠介<二階堂大和(にかいどう やまと)役>
代永翼<和泉三月(いずみ みつき)役>
KENN<四葉環(よつば たまき)役>
阿部敦<逢坂壮五(おうさか そうご)役>
江口拓也<六弥ナギ(ろくや なぎ)役>
■TRIGGER
羽多野渉<八乙女楽(やおとめ がく)役>
斉藤壮馬<九条天(くじょう てん)役>
佐藤拓也<十龍之介(つなし りゅうのすけ)役>
■Re:vale
保志総一朗<百(もも)役>
立花慎之介<千(ゆき)役>

【セットリスト】
1.MONSTER GENERATiON / IDOLiSH7
2.Dancing∞BEAT!! / IDOLiSH7
3.Joker Flag / IDOLiSH7
4.Perfection Gimmick / IDOLiSH7

5.DIAMOND FUSION / TRIGGER  
6.SECRET NIGHT / TRIGGER  
7.Last Dimension〜引き金をひくのは誰だ〜 / TRIGGER

8.雨 / MEZZO“ 
9.恋のかけら / MEZZO"

10.SILVER SKY / Re:vale  
11.Dis one. / Re:vale

12.フレフレ!青春賛歌 / 和泉一織 (CV.増田俊樹)、七瀬 陸 (CV.小野賢章)、九条 天 (CV.斉藤壮馬)
13.LOVE&GAME / 四葉 環 (CV.KENN)、逢坂壮五 (CV.阿部 敦)、十 龍之介 (CV.佐藤拓也)
14.男子タルモノ!〜MATSURI〜 / 二階堂大和 (CV.白井悠介)、和泉三月 (CV.代永 翼)、六弥ナギ (CV.江口拓也)、八乙女 楽 (CV.羽多野 渉)

15.RESTART POiNTER / IDOLiSH7  
16.Sakura Message / IDOLiSH7  
17.GOOD NIGHT AWESOME / IDOLiSH7

18 NO DOUBT / Re:vale  
19 奇跡 / Re:vale

20.DAYBREAK INTERLUDE / TRIGGER  
21.Heavenly Visitor / TRIGGER  
22.Leopard Eyes / TRIGGER

23.MEMORiES MELODiES / IDOLiSH7  
24.ナナツイロ REALiZE / IDOLiSH7
25.PARTY TIME TOGETHER / IDOLiSH7  
26.WiSH VOYAGE / IDOLiSH7

<EOCORE>
1.THANK YOU FOR YOUR EVERYTHING! / IDOLiSH7
2.NATSU☆しようせ?! / IDOLiSH7 feat.TRIGGER
3.Welcome, Future World!!! / Re:vale & TRIGGER & IDOLiSH7

(c)BNOI/アイナナ製作委員会

■【コメント】

■百役 保志総一朗
アイナナライブめっちゃ楽しかったです! これからますます楽しみも増えて、Re:valeも頑張っていきますので、是非、応援よろしくお願い致します! 今日は本当にありがとうございました!またお会いしましょう!

■千役 立花慎之介
みなさん、今日はありがとうございました。本当にこんなにたくさんの人たちとライブビューイングの皆さんと一緒にライブを盛り上がれて僕も本当に楽しかったです。これは僕からのお礼です、「(千)ありがとう」

■九条天役 斉藤壮馬
TRIGGERとして、そして作品「アイドリッシュセブン」としてこうして皆様の前に立てて、皆で一つの気持ちを共有できたことが本当に本当に幸せです。もっともっとこの先僕らの歩む道を、そしてアイナナの歩む道を皆さんと一緒に見続けていきたいと思います。今日は本当にありがとうございました。

■八乙女楽役 羽多野渉
僕の中にいる八乙女楽もこんなことを思っているんじゃないかなと思います。最後に一言だけ、「(楽)このメンバー、最強だろ?」。ありがとうございました!

■十龍之介役 佐藤拓也
日本中、世界中の皆さんに愛してもらって、今日見守ってもらって僕は本当にうれしいです。まだまだ僕たちの旅は始まったばかりですが、これからも付いてきてください。最後に一つだけ、「(龍之介)今晩は、打ち上げ花火あげてもいいよね!?」。ありがとうございました。

■和泉一織役 増田俊樹
和泉一織役、増田俊樹です! 本当にこのようなステージに立てるとは思っていませんでした。皆さんにここまで連れてきて頂きました! これからもよろしくお願いします!

■二階堂大和役 白井悠介
ファーストライブがこんなに大きなところで、これだけたくさんの方とこの時間を共有できたことが幸せです。みんな今日興奮して寝れないかもしれないけど…「(大和)Good night」。

■和泉三月役 代永翼
皆さんのおかげで、こうして大きなステージに立つことができました。きっと和泉三月は泣いていると思います。IDOLiSH7という素敵なメンバーに出会えて、Re:vale、TRIGGERというライバルに出会えて、彼らにとっても僕らにとっても大切なことの一つになりました。これをもって第2期にも挑んでいきたいと思うので、これからも末永く、応援よろしくお願い致します!

■四葉環役 KENN
「(環)あ〜あもう終わっちゃうよ。王様プリンも好きだけど、今この瞬間が最高じゃん?そうだろ?また味わいたいよな?だからまたみんなと会えるようにもっともっと頑張るから、その時はみんなよろしくな!」ということで、四葉環役KENNでした!

■逢坂壮五役 阿部敦
本当にアイドリッシュセブンという作品が僕に色んな初めてをくれる作品で、アイドルを演じるのもこんな大きな会場でやるのも初めてですし。初めて尽くしだったので、はじめて一個ぐらい増やしていいかなと思って、「Sakura Message」でピアノをやらせてもらいました。すごく緊張しました(笑)第2期も決まりましたから、また皆さんをこのステージに連れてきたいと思います!

■六弥ナギ役 江口拓也
本日はお越し下さった皆様、ライブビューイングで見てくださっている皆様、本当にありがとうございました! もう僕たちの気持ちは皆さんが言ってくれたので、ひとつだけ言わせてください!「(ナギ)Are you happy?」。今頂いた気持ちを2期、次のゲームの展開にぶつけていきたいと思います!

■七瀬陸役 小野賢章
ゲームが始まって、アニメが始まって、IDOLiSH7としてただひたすらに真っ直ぐ、がむしゃらに突き進んできました。今回のライブタイトルが「Road To Infinity」=無限の道。彼らの先にも無限の可能性、無限の道が続いています。それを一緒に歩くのは今日ここにきてくれている皆様、ライブビューイングで見てくださっている皆様、そしてアイドリッシュセブンを心から愛してくださっている皆様です! 本当に応援ありがとうございます。まだまだIDOLiSH7として、彼らはスタートに立ったばかりだと思います。ここから無限の可能性を信じで彼ららしく、真っ直ぐ突き進んでいきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願い致します!

アルバム『アイドリッシュセブン Collection Album vol.1』/Re:vale, TRIGGER, IDOLiSH7

2018年9月26日発売



LACA-9647〜8/¥3,500+税
※初回生産分スペシャルボックス仕様

<収録予定曲>
■Disc 1
MONSTER GENERATiON / IDOLiSH7
SECRET NIGHT / TRIGGER
Joker Flag / IDOLiSH7
miss you... / MEZZO“
NATSU☆しようせ?! / TRIGGER
Fly away! / 和泉一織 (CV.増田俊樹)、七瀬 陸 (CV.小野賢章)
ピタゴラス☆ファイター / 二階堂大和 (CV.白井悠介)、和泉三月 (CV.代永 翼)、六弥ナギ (CV.江口拓也)
GOOD NIGHT AWESOME / IDOLiSH7
THE FUNKY UNIVERSE / IDOLiSH7
MEMORiES MELODiES / IDOLiSH7
Leopard Eyes / TRIGGER
■Disc 2
Perfection Gimmick / IDOLiSH7
恋のかけら / MEZZO“
フレフレ!青春賛歌 / 和泉一織 (CV.増田俊樹)、七瀬 陸 (CV.小野賢章)、九条 天 (CV.斉藤壮馬)
男子タルモノ!〜MATSURI〜 / 二階堂大和 (CV.白井悠介)、和泉三月 (CV.代永 翼)、六弥ナギ (CV.江口拓也)、八乙女 楽 (CV.羽多野 渉)
LOVE&GAME / 四葉 環 (CV.KENN)、逢坂壮五 (CV.阿部 敦)、十 龍之介 (CV.佐藤拓也)
RESTART POiNTER / IDOLiSH7
Last Dimension〜引き金をひくのは誰だ〜 / TRIGGER
SILVER SKY / Re:vale
Dis one. / Re:vale

(c)BNOI/アイナナ製作委員会



【関連リンク】
『アイドリッシュセブン』、1stライブが大盛況で終幕&TVアニメ2期の制作が決定
IDOLiSH7まとめ
TRIGGERまとめ
Re:valeまとめ
sukekiyo、11月より『「マニアの詩姦」-漆黒の儀-』ツアー開催&スポット映像を公開

【関連アーティスト】
IDOLiSH7, TRIGGER, Re:vale
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース, アニメ, セットリスト, ライブレポ

sukekiyo、11月より『「マニアの詩姦」-漆黒の儀-』ツアー開催&スポット映像を公開
Mon, 09 Jul 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月に開催されるsukekiyoのツアー『sukekiyo 二〇一八年公演 「マニアの詩姦」 -漆黒の儀-』のスポット映像が、YouTubeにて公開された。このツアーは11月6日の東京・日本青年館公演を皮切りに、8〜9日に京都劇場、15日に東京国際フォーラム・ホールCという3会場で計4公演を予定。スポット映像はライブ映像を使った幻想的な内容で、来たる11月公演への期待を煽るものとなっている。

9月8日(土)からのチケット一般発売に先駆け、sukekiyo onlineでは先行受付を実施! チケットは『我心』『是空』、通常指定席の3種を用意しており、『我心』と『是空』はsukekiyo online、京 online会員のみ購入可能のオリジナル特典付き特別チケットとなっている。なお、先行受付は7月16日(月)まで実施されるので、お早めの申し込みをおすすめする。

Live photo by 尾形隆夫

『sukekiyo 二〇一八年公演 「マニアの詩姦」 -漆黒の儀-』

11月06日(火) 東京・日本青年館
11月08日(木) 京都・京都劇場
11月09日(金) 京都・京都劇場
11月15日(木) 東京・東京国際フォーラム・ホールC

<入場料>
『我心』:¥8,500(税込)
『是空』:¥8,000(税込)
通常指定席:¥6,480(税込)
※未就学児童入場不可
※『我心』及び『是空』はsukekiyo online、京 online会員のみご購入いただけるオリジナル特典付き特別チケットです(sukekiyo onlineが優先となります)。
※『我心』は1F指定席前方、『是空』は2F指定席前方となります。
※オリジナル特典は当日、会場の指定窓口にてお渡し致します。

<チケット先行>
■sukekiyo online
7月09日(月)12:00〜7月16日(月)23:59
■京 online
7月27日(金)12:00〜8月05日(日)23:59
■オフィシャル先行
8月19日(日)12:00〜8月26日(日)18:00
■一般発売日:9月08日(土)



【関連リンク】
sukekiyo、11月より『「マニアの詩姦」-漆黒の儀-』ツアー開催&スポット映像を公開
sukekiyoまとめ
京まとめ
DIR EN GREYまとめ
LOUDNESS、80年代の名盤3作品がピクチャー盤アナログで発売決定

【関連アーティスト】
sukekiyo, 京, DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, トレーラー, 発表, ライブ, ツアー, チケット

LOUDNESS、80年代の名盤3作品がピクチャー盤アナログで発売決定
Mon, 09 Jul 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LOUDNESSが80年代のアトランティック時代にリリースした3作品『THUNDER IN THE EAST』『LIGHTING STRIKES』『HURRICANE EYES』が初めてピクチャー盤アナログで登場することになった。

2017年12月28日EX THEATER ROPPONGIにて、この3枚を主軸にした『Spicial Live 2017〜ATLANTIC YEARS〜"MILESTONE"』が開催され、世界でも熱狂的に受け入れられる名曲群が連発されるセットリストに、老若男女の幅広い世代が狂喜乱舞する途轍もない盛り上がりを記録。また、二井原実(Vo)に関しては長髪ウィッグを付け、白の革ジャンとブーツに身を包み、当時のルックスを踏襲する出で立ちで往年のファンから新規のリスナーまで興奮のるつぼに落とし込んだ。

今回はその名曲群を収めた3作品が日本盤仕様の帯付き、最新リマスター音源で、さらにジャケットのアートワークが大きくプリントされたピクチャー盤アナログとして発売されることもあり、鼓膜をつんざく爆音を轟かせるLOUDNESSのライヴパフォーマンスを彷彿させる視覚的迫力に興奮せざるを得ない。部屋に飾ってもいいだろうし、実際に針を落として聴けば、あなたがまだ体感したことがない未曾有のLOUDNESSワールドが待っているだろう。

なお、オフィシャルショップの3作品セット予約購入特典としては、オリジナルアナログ3作品収納三方背BOXが付いてくる。表ジャケは3作品のアートワークを合成したものとなり、加えて、このために『ATLANTIC YEARS』の新規ロゴまで作成した豪華バージョン! ファン垂涎の今作をぜひチェックしてほしい。

ピクチャー盤アナログ『THUNDER IN THE EAST』

2018年7月11日発売



COJA-9331/¥3,704+税
<収録曲>
1.CRAZY NIGHTS
2.LIKE HELL
3.HEAVY CHAINS
4.GET AWAY
5.WE COULD BE TOGETHER
6.RUN FOR YOUR LIFE
7.CLOCKWORK TOY
8.NO WAY OUT
9.THE LINES ARE DOWN
10.NEVER CHANGE YOUR MIND

ピクチャー盤アナログ『LIGHTNING STRIKES』

2018年7月11日発売



WPJL-10104/¥3,704+税
<収録曲>
1.LET IT GO
2.DARK DESIRE
3.1000 EYES
4.FACE TO FACE
5.WHO KNOWS
6.ASHES IN THE SKY
7.BLACK STAR OBLIVION
8.STREET LIFE DREAM
9.COMPLICATION 

ピクチャー盤アナログ『HURRICANE EYES』

2018年7月11日発売



WPJL-10105/¥3,704+税
<収録曲>
1.S.D.I.
2.THIS LONELY HEART
3.ROCK\'N ROLL GYPSY
4.IN MY DREAMS
5.TAKE ME HOME
6.STRIKE OF THE SWORD
7.ROCK THIS WAY
8.IN THIS WORLD BEYOND
9.HUNGRY HUNTER
10.SO LONELY

『WARD LIVE MEDIA presents METAL WEEKEND』

9月21日(金) 東京・ZEPP DIVERCITY TOKYO
9月22日(土) 東京・ZEPP DIVERCITY TOKYO(w/ ANTHEM)
9月23日(日) 東京・ZEPP DIVERCITY TOKYO(w/ RIOT)



【関連リンク】
LOUDNESS、80年代の名盤3作品がピクチャー盤アナログで発売決定
LOUDNESSまとめ
熊木杏里、アニメ『約束の七夜祭り』主題歌「あわい」を配信リリース

【関連アーティスト】
LOUDNESS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, 特典

熊木杏里、アニメ『約束の七夜祭り』主題歌「あわい」を配信リリース
Mon, 09 Jul 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

熊木杏里が、村田和也監督作品XFLAG(TM)オリジナルアニメ『約束の七夜祭り』の主題歌となった楽曲「あわい」を、デジタルシングルとして7月7日よりリリースした。

熊木が“「あわい」は、目に見えない気持ちを素直に歌った曲。感情を突き動かしてくれるアレンジにも是非耳を傾けてほしい。きっと空を見上げたくなる、そんな歌です。” と語る同曲は、原案・監督の村田和也と絵コンテをもとに早い段階からイメージのすり合わせが行なわれ、アニメの世界観をより引き立てる形に仕上がった。『約束の七夜祭り』の世界で繰り広げられる物語とともに、ぜひこの「あわい」の詩の世界観を楽しんでほしい。

またこれまでにない試みとして、VOCALOID(TM)作品なども手がけている気鋭のアーティスト、キタニタツヤをアレンジャーに起用。バンドサウンドをベースにSEなどが効果的に盛り込まれ、まさに“空を見上げたくなる”広がりを感じさせるサウンドに仕上がっている。

なお、アニメ『約束の七夜祭り』はYouTubeにてロードショーされる予定なので、最新情報は公式サイトにてチェック!

デジタルシングル「あわい」

2018年7月7日配信開始



【通常配信】
YCCI-10419/¥250(税込)ほか
iTunes Store/レコチョク/mora/Google Play Music/mysound
【ハイレゾ配信】
YCCI-10420/¥500(税込)
レコチョク/mora/e-onkyo/mysound
【サブスクリプション】
Apple Music/Google Play Music/AWA/KKBOX/Spotify

■商品紹介ページ http://bit.ly/AnriKumaki_Awai
■Apple Music https://itunes.apple.com/jp/album/1348996095?l=ja&ls=1
■iTunes Store https://itunes.apple.com/jp/album/1348996095?l=ja&ls=1&app=itunes

アニメ『約束の七夜祭り』

<スタッフ>
原案/監督:村田和也 
脚本:XFLAG(TM)スタジオ
キャラクター原案:海島千本
キャラクターデザイン:まじろ
モンスターデザイン:飯島弘也
音響監督:明田川仁
音楽:岩代太郎
企画プロデューサー:平澤直
プロデューサー:前野ジョナサン和志
制作:横浜アニメーションラボ
製作:XFLAG(TM)スタジオ
<キャスト>
三波羅星真:斉藤壮馬
瀬ノ沢志織:山本希望
カンナ:嶺内ともみ
<主題歌>
熊木杏里「あわい」
■アニメ『約束の七夜祭り』公式サイト https://nanayamatsuri.com
■XFLAG ANIME公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCC-p7pOxNvWo3Vfu0TeFFhw



【関連リンク】
熊木杏里、アニメ『約束の七夜祭り』主題歌「あわい」を配信リリース
熊木杏里まとめ
SUPER★DRAGON、話題のドラマOP曲「SWEET DEVIL」MV解禁

【関連アーティスト】
熊木杏里
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, 配信, 主題歌

SUPER★DRAGON、話題のドラマOP曲「SWEET DEVIL」MV解禁
Mon, 09 Jul 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUPER★DRAGONが8月1日(水)にリリースする4thシングル「SWEET DEVIL」のMVを解禁した。MBS/TBSドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』のオープニングテーマである今楽曲は、小悪魔な相手に振り回されるヘタレ男子達の歌詞をドラムンベース×スクリーモで疾走感のあるサウンドに仕上げたロックラブソングだ。

これまでダークでエモーショナルなストーリー性のあるMVを届けてきたSUPER★DRAGONが、今回はダンスショットをメインに鮮やかな世界に一転し、メンバーによるデスボイスを取り入れた間奏部分では“シンクロクランプダンス"が見どころ! 曲中に度々登場する“デビルポーズ”もこの夏ライブ会場でお馴染みのものとなるだろう。

また、YouTubeには今楽曲がドラマのオープニングテーマに決まったことを『覚悟はいいかそこの女子。』の主演を務める中川大志よりサプライズで報告されるドッキリ映像も公開されている。こちらも併せてチェックしてほしい。

■ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』公式サイト
https://www.mbs.jp/kakugo/

シングル「SWEET DEVIL」

2018年8月1日(水)発売



【TYPE-A】
ZXRC-1159/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1. SWEET DEVIL
M2. Ringing, Love
【TYPE-B】
ZXRC-1160/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1. SWEET DEVIL
M2. Summer Breeze

リリース記念フリーライブ『SWEET DEVIL TOUR』

7月15日(日)  福岡・JR博多シティ
7月16日(月・祝)  北海道・サッポロファクトリー
8月01日(水)  東京・東京ドームシティ ラクーア
8月04日(土)  大阪・南港ATC
8月05日(日)  千葉・アリオ柏



【関連リンク】
SUPER★DRAGON、話題のドラマOP曲「SWEET DEVIL」MV解禁
SUPER★DRAGONまとめ
アイドルメディア“Chiap!”と、ファッションブランド“MINT NeKO”がコラボ! ぴゅあ娘リローデッドが新作を着こなす

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, TVドラマ, 主題歌, オープニング

アイドルメディア“Chiap!”と、ファッションブランド“MINT NeKO”がコラボ! ぴゅあ娘リローデッドが新作を着こなす
Mon, 09 Jul 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東洋的なシルエットからインスパイアされたモードスタイルに、ネコというキャラクターを組み込むことで生まれるシュール感を表現したブランド・MINT NeKOと、アイドルを応援するPictureメディア・Chiap!-ちあっぷ!-のコラボレーションが実現!

アイドルグループ、ぴゅあ娘リローテッドが、MINT NeKOのA/W新作を着こなして紹介していきます。家系図の中で繰り広げられる物語をファッションというフィルターを通して表現したMINT NeKOのスタイルをぜひチェック!

勅使河原 優奈さんが着るこちらのパッと目を引くカラフルなシャツはインパクト大。よく見ると秋冬らしくキノコ柄。他のアイテムをモノトーンにまとめて色を際立たせて着こなしたい。大きめサイズなのでスカートと合わせてゆるくまとめてもいいし、細身のパンツと合わせてメリハリをつけるのも良さそうだ。

雨宮 真梨子さんが着こなすグレーとブラックのシンプルなアウターはどんな服装にも合わせやすいので持っておきたい1着。ブラックの部分が下になっているのでロング丈でも重くならない。合わせるアイテムによってカジュアルにもガーリーにも着こなせる。袖を伸ばすと鮮やかなグリーンのラインが登場。少し物足りないなと思ったときやなど、合わせるアイテムによってお好みで。

双葉春菜さん着用のフードについた猫耳が可愛すぎる1着。全体的に暗めのトーンだがボタンがいいアクセントに。袖の切り替えの部分もポイント。着回し力抜群んで秋冬にヘビロテ間違いなし。

モコモコの秋冬の季節感たっぷりのリュック。よーく見ると猫耳が。黒の肩紐にはさりげなく白の水玉も入っていて前から見ても後ろから見てもアピールできるものとなっている。ファスナーも2箇所あるので機能性もバッチリ。

勅使河原 優奈さん着用ブラックオンリーのブラウスには胸元にはさりげなく猫モチーフが。全体をブラックでまとめてレディに着こなすのも可愛い1着。くしゅっとなっている袖もまた女の子らしさが出るポイント。

双葉春菜さんの着るグリーンが目を引くプルオーバーはプリントも全面に出ていて印象的。淡いブルーの袖の切り替えがまた可愛い。カジュアル好きさんにおすすめ。

雨宮 真梨子さんが着るネコいっぱいのパーカー。総柄でもグレーとブラックなので合わせやすく着る服を選ばない。写真のようにワンピースとの相性も抜群。さらっと羽織りたいときなどにも便利。

双葉春菜さんが着てるのはレッドが目立つサスペンダー付きパンツ。ブラックとレッドの組み合わせだがハードになりすぎず誰でも着やすいデザインに。チェック柄で一気に秋冬仕様に。

勅使河原 優奈さん着用の白地に線画のイラストが書かれた可愛いリュック。秋冬のみならず1年中使えるデザイン。両手も空いてたくさん入るのでアウトドアにもぴったり。

蛍光イエローのバッグが一際目立つこのコーデ。モコモコとした素材で季節感をアピールしつつも明るい印象に。合わせたTシャツは猫のミルクのデザインがまた可愛すぎる1着。

こちらは猫モチーフのショルダーバッグ。お腹の部分がファスナーになっているお茶目なデザインは会う人と話題にもなること間違いなし。全体がブラックなので着る服は選ばないがレッドが入ることでしっかりと存在はアピールできる。つい一緒にお出かけしたくなるバッグになりそう。

勅使河原 優奈さん着用のシャツ。3種類のチェックが施されている珍しいデザイン。ビックサイズに着こなすのが可愛い。写真のようにハーフパンツと合わせてメンズライクに着こなすのも可愛い。裾を細身のパンツやスカートと合わせるのも良し。

双葉春菜さんが着こなすのはブランド名MINT NeKOのロゴが入ったプルオーバー。
ブルーの記事にイエローが映える。メインにして着こなしたい1着。

雨宮 真梨子さん着用スカートはチェックやストライプなどでが組み合わせれている。色はモノトーンなので主張しすぎないおしゃれを実現。他人と差がつく1着。1箇所に色を入れると引き立つのでバランスのとれた印象に。逆に全身モノトーンでまとめると洗練された印象に。


全体的にモノトーンが多く合わせやすいが人と被らないデザインが特徴。さりげなく猫が入ることで見るたびに癒される。

着用モデル: 勅使河原優奈・雨宮真梨子(ぴゅあ娘 リローデッド)双葉春菜(ぴゅあ娘 リローデッド候補生)
TEXT:伊藤美咲
Phot:やわらかゆーすけ

アイドルを応援するPictureメディア Chiap!-ちあっぷ!-

魅力的な写真でアイドルの紹介とレポートする新しいイントロダクション メディア。
今をときめく注目のアーティスト目白押し!

■オフィシャルHP http://chiap.info
■オフィシャルTwitter https://twitter.com/chiap_jp

ぴゅあ娘リローデッド

2018年元日マイナビBLITZ赤坂にて1stワンマン。 ”エモーショナルでカワイイ”エモカワ系アイドル。ファンとの一体感で盛り上げるエモーショナルなライブが特徴。
<ライブスケジュール>
7月08日(日) 昼 TwinBoxAKIHABARA
7月08日(日) 夜 渋谷GAME
7月22日(日) 昼 表参道GROUND 定期

■オフィシャルTwitter https://twitter.com/pyuacco1
■オフィシャルHP http://www.beautiful-one.com/idol.html
■オフィシャルブログ http://ameblo.jp/pyuacco/

MINT NeKO

ファッションデザイン・デュオ『Sixh.(シックス)』より、デザイナーMINTが独立。東洋的なシルエットからインスパイアされたモードスタイルに、ネコというキャラクターを組み込むことで生まれるシュール感を表現したブランド。ノートの端の落書きから生まれたネコは増殖し続け、今や200匹を越える。家系図の中で繰り広げられる物語をファッションというフィルターを通して表現し、キャラクターでありながらファッションであるという唯一な存在は、様々なアーティストに支持され、その世界観を広げている。

住所:東京都世田谷区代沢1-45-39 1階
電話:03-5738-8910
営業時間:11:00〜19:00
最寄り駅:京王井の頭線池ノ上駅から徒歩3分 / 小田急・京王井の頭線下北沢駅から徒歩7分
■MINT NeKO Official Home Page http://www.mintneko.com/
<通販>
■S-inc. e-shop http://ses.s-inc.com
■MINT NeKO 東京BASE SHOP https://mnharajyuku.fashionstore.jp
■KINCS WEB SHOP https://kincs.ws/
<Twitter>
■MINT NeKO TOKYO https://twitter.com/MINTNeKO_TOKYO
■ラフォーレ原宿 https://twitter.com/laforetMINTNeKO
■吾輩 https://twitter.com/MINT_wagahai
■MINT https://twitter.com/mintperopero



【関連リンク】
アイドルメディア“Chiap!”と、ファッションブランド“MINT NeKO”がコラボ! ぴゅあ娘リローデッドが新作を着こなす
ぴゅあ娘 リローデッドまとめ
DOES、“銀魂”タイアップ曲を集めたベスト盤のリリースが決定

【関連アーティスト】
ぴゅあ娘 リローデッド
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース

DOES、“銀魂”タイアップ曲を集めたベスト盤のリリースが決定
Mon, 09 Jul 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在活動休止中のDOESがアニメ『銀魂』とのタイアップ曲を完全網羅した、各楽曲のインストバージョンやレアなデモ音源を収録したコンプリートアルバム『Neo Armstrong Cyclone Jet Armstrong Best』を巨匠・Bod Ludwig氏による最新リマスターで、8月22日(水)にリリースすることを発表した。

アルバム『Neo Armstrong Cyclone Jet Armstrong Best』

2018年8月22日発売



KSCL-3090/¥2,300+税
<収録曲>
01.修羅
02.曇天
03.バクチ・ダンサー
04.僕たちの季節
05.KNOW KNOW KNOW
06.刹那
07.修羅 Instrumental
08.曇天 Instrumental
09.バクチ・ダンサー Instrumental
10.僕たちの世界 Instrumental
11.KNOW KNOW KNOW Instrumental
12.刹那 Instrumental
13.修羅 Demo
14.曇天 Demo
15.バクチ・ダンサー Demo
16.僕たちの季節 Demo
17.KNOW KNOW KNOW Demo
18.刹那 Demo



【関連リンク】
DOES、“銀魂”タイアップ曲を集めたベスト盤のリリースが決定
Doseまとめ
the pillows、ニューアルバムリリースを発表&ジャケ写とアー写も公開

【関連アーティスト】
Dose
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, アニメ, 主題歌, エンディング, オープニング

the pillows、ニューアルバムリリースを発表&ジャケ写とアー写も公開
Mon, 09 Jul 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

the pillowsがニューアルバム『REBROADCAST』を9月19日にリリースすることを発表した。2019年9月16日に結成30周年を迎える彼らにとって、このアルバムは30周年イヤーに突入する始まりのアイテムとなる。過去彼らのアニバーサリーアイテムには特別な名前が付けられ、20周年では「LATE BLOOMER SERIES」、25周年では「NEVER ENDING STORY」、今回、30周年では「THANK YOU, MY HIGHLIGHT」と名付けられ、この『REBROADCAST』は今シリーズ1作目となる。アルバム情報解禁とともに、ジャケット写真、ニュービジュアルも公開された。

また、彼らは7月9日からレーベルメイトのnoodlesと共に北米ツアーを行う。ボストンを皮切りにニューヨーク、シアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロスアンゼルスの6都市7公演。彼らがヘッドライナーを務めるこのツアーは、アナウンスからわずか数時間で全会場ソールドアウトとなったため、各地急遽広い会場に差し替え、追加公演を行うなど対応に追われた。約17年振りに続編が制作され、前作に引き続き主題歌を務めたアニメ『フリクリ』が、アメリカのカートゥーンで現在放映されている。

この北米ツアーの模様の一部は、本ニューアルバムの初回限定盤に収録が予定されている。

アルバム『REBROADCAST』

2018年9月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
QECD-9008/¥3,500+税
【通常盤】(CDのみ)
QECD-10008/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.Rebroadcast
02.Binary Star
03.ニンゲンドモ
04.ぼくのともだち
05.箱庭のアクト
06.眩しい闇のメロディー
07.Bye Bye Me
08.Starry fandango
09.BOON BOON ROCK
10.Before going to bed
■DVD ※初回限定盤のみ
・MONO ME YOU SUN TOUR(予定、収録曲・曲数未定)
・「ニンゲンドモ」Music Video

アメリカツアー『ADULT SWIM PRESENTS “MONO ME YOU SUN TOUR”』

7月10日(火) ボストン・ROYALE
7月12日(木) ニューヨーク・Gramercy Theatre
7月13日(金) ニューヨーク・Irving Plaza
7月15日(日) シアトル・Moore Theatre
7月16日(月) ポートランド・Crystal Ballroom
7月18日(水) サンフランシスコ・August Hall
7月19日(木) ロスアンゼルス・THE MAYAN



【関連リンク】
the pillows、ニューアルバムリリースを発表&ジャケ写とアー写も公開
the pillowsまとめ

【関連アーティスト】
the pillows
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1