歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年07月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
“超”ボーカリストオーディション、最終審査のゲストMCとしてジャン(SUPER★DRAGON)出演
Thu, 05 Jul 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

数多くの人気音楽グループを送り出してきたSDR(スターダストレコーズ)が、次の時代を担う“超”ボーカリストとの出会いを求めて開催中の『“超”ボーカリストオーディション』。多数の応募者の中から審査を通過してきたメンバーの最終審査が、7月9日(月)に行なわれることが決定した。

最終審査には、一期生の最終選考を勝ち取ったケビン、二期生の最終審査に通過した小川晃揮、村瀬ケビンのほかに、同日行なわれる敗者復活審査を通過したメンバー数名が参加。観客を入れたライブ形式の審査となり、来場者の投票審査のほか、全編ニコニコ生放送で生配信され、番組内でのネット投票も受け付けるとのこと。

イベントの司会には、これまでオーディション番組の司会などでスタート時から彼らを見守ってきた中村道生と、ゲストMCとしてジャン(SUPER★DRAGON)が出演! さらにゲストアクトにBATTLE BOYS TOKYOのライブ出演が決定している。

半年間行われた『“超”ボーカリストオーディション』の最終審査、彼らの未来がどうなっていくのか、誰が選ばれるのか。ぜひ会場や生配信で見届けてほしい。

■【“超”ボーカリストオーディション グランプリ大会】

7月9日(月) 東京・渋谷aube

<出演者>
ケビン/小川晃揮/村瀬ケビン/敗者復活審査通過者
MC:中村道生、ジャン(SUPER★DRAGON)
GUEST ACT:BATTLE BOYS TOKYO(江口シオン / 長野凌大 / 宮本龍之介 / 武藤潤 / 杢代和人 / 山中柔太朗 / 綾太)

<チケット>
入場無料 ※ご入場時にドリンク代600円をいただきます
■下記サイトにて、先着順にてお申し込みいただけます。
受付期間:7月06日(金)18:30〜7月08日(日) 23:59
https://t.livepocket.jp/e/ax_kl

<ニコニコ生放送URL>
http://live.nicovideo.jp/gate/lv314202406



【関連リンク】
“超”ボーカリストオーディション、最終審査のゲストMCとしてジャン(SUPER★DRAGON)出演
SUPER★DRAGONまとめ
SAMURAI TUNES、舞台『ダンガンロンパ3』のEDテーマを担当

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN

SAMURAI TUNES、舞台『ダンガンロンパ3』のEDテーマを担当
Thu, 05 Jul 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

メンズユニット、SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜が7月18日(水)に1stシングル「SAMURAI TUNES」をリリースする。今回その表題曲「SAMURAI TUNES」が、7月20日(金)からスタートする舞台『ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018 〜The End of 希望ヶ峰学園〜』のエンディングテーマに決定した。

さらに、エンディングテーマに決定したことを受けて、7月21日(土)に12時からサンシャイン劇場で行なわれる舞台の公演後に、SAMURAI TUNESがライブパフォーマンス&CD購入者向けの握手会を実施することも分かった。『ダンガンロンパ3』のチケットは現在発売中!

また、ショートムービーアプリ『Tik Tok(ティックトック)』のSAMURAI TUNES公式アカウントが開設され、今作のカップリングに収録される「超GIMON」が公式楽曲として使用できるようになったので、ぜひ「超GIMON」を使って投稿してみてほしい。

シングル「SAMURAI TUNES」

2018年7月18日発売



COCA-17484/¥1,350(税込)
<収録曲>
1.SAMURAI TUNES
2.超GIMON
3.SAMURAI TUNES(Instrumental)
4.超GIMON(Instrumental)

舞台『ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018 〜The End of 希望ヶ峰学園〜』

東京公演:サンシャイン劇場 7月20日〜7月23日
大阪公演:森ノ宮ピロティホール 7月27日〜7月29日
東京凱旋公演:ヒューリックホール東京 8月3日〜8月13日
■公式HP http://www.cornflakes.jp/dangan/2018/

ショートムービーアプリ『Tik Tok(ティックトック)』

1.『Tik Tok』アプリをスマートフォンでダウンロード https://www.tiktokv.com/jp/
2.Tik Tokで「SAMURAI TUNES」アカウント(ID:samurai_tunes)をフォロー
3.SAMURAI TUNES「超GIMON」の公式楽曲を使用して動画を投稿しよう!



【関連リンク】
SAMURAI TUNES、舞台『ダンガンロンパ3』のEDテーマを担当
SAMURAI TUNESまとめ
ビッケブランカ、シリアスと笑いで魅了した大充実のツアーファイナル公演

【関連アーティスト】
SAMURAI TUNES
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 舞台, エンディング

ビッケブランカ、シリアスと笑いで魅了した大充実のツアーファイナル公演
Thu, 05 Jul 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

札幌・仙台・福岡・名古屋・大阪・東京の6都市を回る、シングル『ウララ』のリリース・ツアー『ビッケブランカ ULALA TOUR 2018』のファイナル、渋谷TSUTAYA O-EAST。過去の彼のワンマンで最大の会場だが、チケットは完売。

ステージ前に紗幕がかかり、うっすらメンバーたちが見えている状態で、1曲目「Get Physical」が始まり、イントロの途中でビッケがシャウトを一発入れた瞬間に紗幕がバーンと落ち、フレディ・マーキュリー式マイクスタンド(脚がなくてマイクに棒が付いているだけのやつ)を手にした彼の姿が現れる。この紗幕がバーンと落ちてライブが始まる演出がとにかく大好きで、ずっとやり続けて来たんだけど、ハコが小さいと幕が落ちる前から紗幕越しに姿が見えている時もあった、今日は大きな会場でよかった──と、後のMCで説明あり。

撮影:星野健太/取材:兵庫慎司

■『ビッケブランカ ALBUM TOUR 2019』

<2019年>
1月12日(土) 宮城・darwin
1月14日(月・祝) 北海道・札幌PENNY LANE24
1月19日(土) 福岡・DRUM LOGOS
1月20日(日) 広島・広島セカンド・クラッチ
1月25日(金) 愛知・DIAMOND HALL
1月26日(土) 大阪・BIGCAT
2月10日(日) 東京・Zepp Tokyo

<チケット>
■2ndシングル「夏の夢/WALK」初回封入最速先行
申込期間:8月7日(火)10:00〜8月19日(日)23:59
※抽選受付となります。

シングル「夏の夢/WALK」

2018年8月8日(水)発売



【数量限定生産BOX盤】(CD+サコッシュバッグ)
AVCD-94135/¥2,160(税込)
<収録曲>
1.夏の夢
2.WALK(movie ver.)
3.夏の夢(coldwater remix)
4.Black Rover(city raven remix)

◎封入特典
『ビッケブランカ ALBUM TOUR 2019』チケット最速先行抽選応募券

【通常盤】(CD)
AVCD-94136/¥1,296(税込)
<収録曲>
1.夏の夢
2.WALK(movie ver.)
3.夏の夢(coldwater remix)
4.Black Rover (city raven remix)

◎初回封入特典
『ビッケブランカ ALBUM TOUR 2019』チケット最速先行抽選応募券
映画『詩季織々』メインビジュアルステッカー

◎CDショップ先着特典
・タワーレコードオリジナル特典:クリアファイル(A4サイズ)
・その他、CDショップ特典:ポストカード
※先着にて無くなり次第終了となります。
※一部取り扱いのない店舗もございますので、ご予約ご購入時にお客様ご自身でご確認お願いください。

2ndシングル「夏の夢/WALK」より「夏の夢」の宇宙最速オンエア決定!

放送日時:7月5日(木)21:00〜24:00
番組:J-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』内
■ホームページ http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/



【関連リンク】
ビッケブランカ、シリアスと笑いで魅了した大充実のツアーファイナル公演
ビッケブランカまとめ
ましのみ、1stシングルのジャケ写はずぶ濡れ!? 新アーティスト写真も公開

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

ましのみ、1stシングルのジャケ写はずぶ濡れ!? 新アーティスト写真も公開
Thu, 05 Jul 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現役女子大生シンガーソングライターのましのみが、パジャマ姿でずぶ濡れになった、8月1日(水)リリースの1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」のジャケ写&最新アーティスト写真を公開した。

今回のジャケット写真は“プールに浮かんだ四畳半”という不思議なシチュエーションで撮影されており、初回限定盤は実際にパジャマ姿のままプールに落ちているましのみのカットで構成されている。

今作に対してましのみから“今回のニューシングルは収録3曲全て私なりの「夏」というテーマで書いたのですが、好きな人に対して「なんで一緒にいるのにもっとかまってくれないの?」「私の事好きならもっと一緒に夏バテしちゃいたいでしょ?」っていう気持ちを歌いました。リリース記念のワンマンライブも決定しているので、ぜひ今後とも"ましのみ"をご贔屓にお願いします!”と、シングルとそれを記念したワンマンライブをアピールしたコメントが届いた。

関東地方も観測史上初めて6月中に梅雨が明け、例年より早く到来した“夏”をましのみの新曲とライブで楽しんでみてはいかがだろうか。

シングル「どうせ夏ならバテてみない?」

2018年8月1日(水) 発売



【初回限定盤】(CD+DVD) 
PCCA-04685/¥2,000+ 税
<収録曲>
■CD
1 どうせ夏ならバテてみない?
2 海水掛け合いっこ
3 コレクション of コネクション
4 どうせ夏ならバテてみない? (Inst.) 
5 海水掛け合いっこ(Inst.)
■DVD
1 どうせ夏ならバテてみない? Music Clip
2 どうせ夏ならバテてみない? Making
3 Digest of「 ぺっとぼとリテラシー〜別途ほとばしる
ショータイムへようこそ〜Vol.1@Shibuya WWW X」



【通常盤】(CD Only) 
PCCA-04686/¥1,200+ 税
<収録曲>
1 どうせ夏ならバテてみない?
2 海水掛け合いっこ
3 コレクション of コネクション
4 どうせ夏ならバテてみない? (Inst.) 
5 海水掛け合いっこ(Inst.)


『ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2』

9月08日(土) 東京・代官山UNIT
<チケット>
¥3,500(税込/D別)
■プレイガイド先行(ぴあ/ e+・ローソン/Yahoo)
7月10日(火)10:00〜7月16日(月祝)23:59
ぴあ http://w.pia.jp/t/mashinomi/
ローソン http://l-tike.com/mashinomi0908-t
e+ http://eplus.jp/mashinomi55/
※各URLは、7月10日(火)10:00〜直前に先行受付が反映されますのでご注意くださいませ。



【関連リンク】
ましのみ、1stシングルのジャケ写はずぶ濡れ!? 新アーティスト写真も公開
ましのみまとめ
上月せれな、TVアニメ『スペースバグ』エンディングテーマに決定

【関連アーティスト】
ましのみ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル, リリース

上月せれな、TVアニメ『スペースバグ』エンディングテーマに決定
Thu, 05 Jul 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月26日にシングル「Unmanned War」をリリースする上月せれなの楽曲「星の数だけありがとう」が、7月8日から始まるTVアニメーション『スペースバグ』のEDテーマに決定した。

「星の数だけありがとう」は大事な人への“感謝”を伝える絶品バラードで、気になるCDリリースは9月予定とのこと。まずは7月から始まるアニメをチェックして、上月の歌声に浸って欲しい。また、今回の発表に対して上月せれなからのコメントも到着しているので、こちらもチェックを!

(c)W.BABA&TMS

■【上月せれな コメント】

「スペースバグのエンディングテーマを歌わせて頂くことになりました、上月せれなです。この「星の数だけ ありがとう」は、家族・友達・恋人のような大切な人に、自分の想いをうまく伝えられないけど言葉にして頑張って伝えようとする人を歌っています。私も自分の想いを言葉にするのが少し苦手で、初めて歌詞を見た時に「わかるな〜」と思うところがたくさんありました。きっと共感できるかたも多いのではないかなと思います。ミッジたちの宇宙をめぐる大冒険を楽しんだあとは、皆さんの大切な人を想いながらエンディングをご視聴いただけたら嬉しいです」

オリジナルTVアニメーション『スペースバグ』

7月8日よりTOKYO MXにて放送スタート!
毎週日曜あさ10時30分〜

<STORY>
遥か未来…人類の宇宙開発は目覚ましい進歩を遂げ、宇宙は遠く太陽系の外側にまで開拓を広げつつあった。だが、謎の原因により宇宙ステーションのコンピューターが突然暴走。滞在することが困難になった人間たちは、宇宙船を捨てて地球へ帰還してしまう。取り残されてしまったのはネムリユスリカのミッジと、コオロギのハカセ、クモのマルボ。同じく取り残されていた、虫を食べたくて仕方がない食欲旺盛なカエルのゲロッパたちに追われながらも、地球に還るために宇宙ステーションからの脱出を試みるが…!?

<CAST/STAFF>
ミッジ:小川夏実/ハカセ:丸山智行/マルボ:佐野康之
脚本:中尾浩之/監督:中尾浩之、YOON Yoo-Byung/キャラクターデザイン:グリヒル
音楽:戸田信子、陣内一真/アニメーション制作:W.BABA、P.I.C.S.
企画:トムス・エンタテインメント
協力:トムス・ジーニーズ
製作:SPC/トムス・エンタテインメント / W.BABA 
(c)W.BABA&TMS



【関連リンク】
上月せれな、TVアニメ『スペースバグ』エンディングテーマに決定
上月せれなまとめ
藤原さくら、TOKYO FM放送のライブ模様を『GYAO!』にて映像で配信!

【関連アーティスト】
上月せれな
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース

藤原さくら、TOKYO FM放送のライブ模様を『GYAO!』にて映像で配信!
Thu, 05 Jul 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月7日(土)にTOKYO FM『KIRIN BEER “Good Luck”LIVE』にて放送される藤原さくらのライブ模様を、映像配信サービス『GYAO!』にて映像で配信することが決定! このTOKYO FMと『GYAO!』の連動企画は、ライブを“耳”で楽しんでもらった後に“目”でも楽しんでもらうという試みで実施される。

6月13日にEP『green』をリリースしたばかりの藤原さくら。当日のライブでは、同作を全編プロデュースしたmabanuaとふたりで新譜からのナンバーをたっぷりとお届けする。ラジオ放送は16時から、映像配信は17時からを予定しているので、音と映像を併せて堪能してみてはいかがだろうか。

■『KIRIN BEER “Good Luck”LIVE』

<TOKYO FM>
放送日時:7月7日(土)16:00〜16:55
出演:藤原さくら、堤 友香(ライブアテンダント)
放送局:TOKYO FMをキーステーションにJFN38局にてオンエア

<GYAO!>
配信日時:7月7日(土)17:00〜
番組内容:藤原さくらによるライブパフォーマンス
■番組URL:https://gyao.yahoo.co.jp/player/00336/v09935/v0991700000000541831/
※こちらのURLは7月7日(土)17:00より有効となりますのでご注意願います。



【関連リンク】
藤原さくら、TOKYO FM放送のライブ模様を『GYAO!』にて映像で配信!
藤原さくらまとめ
mabanuaまとめ
シシド・カフカ、音楽留学を経て臨むレコ発ライブへの意気込みを語る

【関連アーティスト】
藤原さくら, mabanua
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, 配信

シシド・カフカ、音楽留学を経て臨むレコ発ライブへの意気込みを語る
Thu, 05 Jul 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『DOUBLE TONE』のリリースとマイナビBLITZ赤坂でのリリース記念ライブ『リメンバー・ライブ』の開催を発表したシシド・カフカ。フルアルバムとしては約2年3カ月ぶりとなる通算3枚目のアルバムは、横山剣(CRAZY KEN BAND)や真島昌利(ザ・クロマニヨンズ/ましまろ)、金子ノブアキ、東京スカパラダイスオーケストラらをフィーチャリングした“セッション盤”と“肩の力を抜いて歌詞に取り組めた”という書き下ろし曲による“オリジナル盤”の2枚組仕様で、レコ発ライブにはスペシャルゲストとして横山剣の参加も決定。4月末から2カ月間に渡たり、アルゼンチンのブエノスアイレスに留学していた彼女は、どんな想いでアルバム制作に挑み、どんなライブを見せてくれるのか。

??昨年12月に配信限定でリリースされた「zamza」で<自由に舞う/飛び立て>と歌っていたと思ったら、本当にブエノスアイレスに……。

「飛び立ちましたね(笑)。2ヶ月って本当にあっという間だったんだなって思いつつ、有意義な時間だったとするべく、これから頑張ろうと思います」

■ただ単純に 音を楽しむっていうことを、 もう1回、純粋に体感できた

??どんな日々を送ってました?

「基本的には、(アルゼンチンの打楽器奏者)サンティアゴ・バスケスが編み出した<リズム・ウィズ・サイン>のシステムを学生として学びに行ったので、働くこともなく、家と学校を往復し、暇な時間は復習をするという日々を過ごしてましたね。たいしたハプニングもなく、平々凡々と暮らしてました。その教室ではベースも入ってないような中で演奏することもあったので、パーカッションを叩く技術そのものも学べたと思います。あと、毎週、音楽を聞きながら踊れる場所に顔を出し、誰も自分のことを知らない中で、ただ単純に音を楽しむっていうことを、もう1回、純粋に体感できたこともすごく大きいことなんじゃないかなって思いますね。自分の職業のこととか、周りの目とか、全てを気にせずに、ただ単純にその場の空気と人と音楽とお酒を楽しんで、自由に体を揺らして踊ってるっていう。自分にとっては、かつては当たり前だった感覚をいま、もう1回取り戻しておいてよかったなって思いましたね」

取材・文:永堀アツオ

■【ライブ情報】

『シシド・カフカ『DOUBLE TONE』リリース記念 -リメンバー・ライブ-』
7月20日(金) 東京・マイナビBLITZ赤坂
スペシャルゲスト:横山剣 from CRAZY KEN BAND
<チケット>
1Fスタンディング¥3,800(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
※未就学児入場不可



【関連リンク】
シシド・カフカ、音楽留学を経て臨むレコ発ライブへの意気込みを語る
シシド・カフカまとめ
あのアーティストのラストMVをピックアップ!7月をもって完結するチャットモンチーや、オリンピックを想起させる東京事変

【関連アーティスト】
シシド・カフカ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

あのアーティストのラストMVをピックアップ!7月をもって完結するチャットモンチーや、オリンピックを想起させる東京事変
Thu, 05 Jul 2018 18:00:00 +0900


7月4日に日本武道館でラストワンマンを開催したチャットモンチーをはじめとする、2010年代にアーティストが最後に公開したMVを5本集めました(2018年7月5日時点)。解散や活動休止とかたちは異なるけれど、新たな出発を表現したシーンがあったり、ファンへのメッセージ性を感じさせたりなど、小さな共通点が見つかるところにも注目です。

■「ラストシーン」(’16) /いきものがかり

楽曲の世界観を描いたMVが多いいきものがかりですが、放牧(活動休止)前最後のシングル曲では、より多くの人に届けるためにと吉岡聖恵(Vo)が本格的な演技に初挑戦しているのも観どころのひとつ。MV中に演奏シーンはなく、7分半におよぶストーリーの中で最愛の人を失った女性が少しずつ前に進んでいこうとする姿を吉岡が演じ、映画『四月は君の嘘』の主題歌としても印象深いこの曲の切なくも力強い一歩を表現しています。思えば、デビュー曲「SAKURA」では歌詞に出てくる小田急線沿いでMVを撮影するなど楽曲に込めた想いを大切にしてきたユニットだったなと改めて感じる一本です。

■「SAYONARA」(’15) /SAKEROCK

星野 源(Gu&Marimba)や浜野謙太(Trombone)を筆頭に、2015年の解散後もそれぞれミュージシャンや俳優として活動しているインストゥルメンタルバンド、SAKEROCK。彼らのMVと言えば、「ホニャララ」などジョークを交えたユニークなものが多かった中で、最後に公開された「SAYONARA」では一転、真剣に“SAYONARA”というメッセージを届けている。メンバーが向き合って円になった状態で演奏し、冒頭の薄暗かった景色が最後には夜明けとなって、このバンドの終わりが良い選択であることを表現。激しいドラミングと物寂しさを感じるメロディー、“ラララ”だけのシンプルなシンガロングというド直球のアプローチで、彼らがいかに全力で駆け抜けてきたのかが感じとれます。

■「はじまりの時」(’16)/WaT

タレントや俳優として活動し、今やテレビで頻繁に観かけるウエンツ瑛士と小池徹平のふたりは、観衆ゼロの日もあったという路上ライヴから始まった音楽ユニットのWaTとしてNHK『紅白歌合戦』にも出場していました。解散前最後のリリースとなったベスト盤『卒業BEST』に収録されたラブソング「はじまりの時」は、1stアルバム『卒業TIME〜僕らのはじまり〜』(’06)を想起させるような《10年前春の空》というフレーズがあったりと、これまでの活動を振り返る内容に。MVではファンをイメージしたような女性が主人公となり、ふたりが向き合いながら演奏する原点の路上ライヴを振り返っているような演出も!

■「ただならぬ関係」(’12)/東京事変

この曲は『教育』番組、『大人(アダルト)』番組、『娯楽(バラエティ)』番組と、テレビ番組のカテゴリからとったアルバムを発表してきた東京事変が、2012年2月の解散後にリリースしたカップリングアルバム『深夜枠』に収録した楽曲。ライヴなどでも披露されておらず、解散から5カ月後に届いた最後の曲としても話題になったが、このふんわりと色気が漂うポップナンバーのMVにオリンピックを彷彿させるシーンがあることでもファンをざわつかせています。開会式さながらの競技場を舞台にライヴ衣装を着たメンバーが行進し、“音楽は続く”を意味した“AND THE BEATS GOES ON”の文字が表示される演出に、2020年の東京オリンピックに合わせて復活するのでは?という噂も。その真相は分かりませんが、期待を寄せてしまいますね…。

■「たったさっきから3000年までの話」 (’18)/チャットモンチー

日本武道館でのワンマンライヴが終了し、残すは『チャットモンチーのこなそんフェス2018』のみとなったチャントモンチーの、おそらくラストとなるMV。2018年の時事問題も綴られている歌詞には緊張感も漂うけれど、「きらきらひかれ」のマスクなどこれまでのMVで登場したモチーフが映っていたり、ふたりのプリクラや映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でお馴染みの“デロリアン”のような車が出てきたりと、彼女たちらしい仕掛けが発見できます。後半のビートアップする部分では早送りや多重露光を使った演出でスピーディーに展開していき、最後はデロリアンに乗ってふたりが旅立つという、今現在を見つめながら未来に想いを馳せた仕上がり。特に別れを告げる様子がないのは、ふたりがそれぞれのステージに進んで行くことを表現しているのかもしれません。

TEXT:千々和香苗



【関連リンク】
あのアーティストのラストMVをピックアップ!7月をもって完結するチャットモンチーや、オリンピックを想起させる東京事変
チャットモンチーまとめ
東京事変まとめ
いきものがかりまとめ
SAKEROCKまとめ

【関連アーティスト】
チャットモンチー, 東京事変, いきものがかり, SAKEROCK, WaT
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV, 活動休止, 卒業, 解散

チャットモンチー、HYDE、ユニコーンなど6月下旬リリースの作品9作を紹介
Thu, 05 Jul 2018 00:00:00 +0900


フリーマガジンokmusic UP\'s vol.166(6/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、6月27日リリースの作品9作を紹介!

1.『誕生』/チャットモンチー
2.「OH! MY RADIO+Live Tracks [UC30 若返る勤労]」/ユニコーン
3.『カ?ラハ?コ?ス』/水曜日のカンハ?ネラ
4.『Enjoy』/大原櫻子
5.「WHO’S GONNA SAVE US」/HYDE
6.「Snatchaway / Diver\'s High」/SKY-HI
7.「Vox Humana」/SING LIKE TALKING
8.『東京』/瀧川ありさ
9.『Vital Signs』/Plot Scraps

『誕生』/チャットモンチー

Album 6/27 Release



Ki/oon Music
【初回生産限定盤】
KSCL-30062〜3 ¥3,000(税抜)
※三方背ケース入りハート?カハ?ー・フ?ック仕様
【通常盤】
KSCL-30064 ¥2,400(税抜)

活動“完結”となるラストアルハ?ムを全編打ち込みヘ?ースて?仕上け?てくるとは、さすか?の大胆不敵ふ?り! 彼女たちの終わりとはし?まりを漂わせなか?ら、DJ みそしるとMCこ?はんを召喚したりして切実な日常を確かに存在させ、ひりりとした言葉て?思考することをうなか?してくれる。「砂鉄」は元メンハ?ーの高橋久美子か?作詞。やっは?りチャットモンチーは特別天然記念物みたいなハ?ント?た?った。最後まて?涙か?出るほと?新しい。
TEXT:田山雄士

「OH! MY RADIO+Live Tracks [UC30 若返る勤労]」/ユニコーン

Single 6/27 Release



Ki/oon Music
【初回生産限定盤(DVD付)】
KSCL-3066〜7 ¥3,500(税抜)
【通常盤】
KSCL-3068 ¥2,500(税抜)

ハ?ント?史上初となる奥田民生(Vo)とABEDON(Key)のツインウ?ォーカル。“ラシ?オ”をテーマに左右のスヒ?ーカーを意識して、重厚かつ軽快なハ?ント?サウント?に乗せたふたりのハーモニーやマイクリレーは新鮮て?心地良い。さらに昨年12月に開催したテ?ヒ?ュー30周年記念ツアー『UC30 若返る勤労』からライウ?音源を9曲収録! 遊ひ?心満載て?、今も昔も変わらぬユニコーンの魅力と新たな発見か?詰まった濃厚なシンク?ルて?す。
TEXT:フシ?シ?ュン

『カ?ラハ?コ?ス』/水曜日のカンハ?ネラ

EP 6/27 Release



WARNER MUSIC JAPAN
【CD】
WPCL-12888 ¥2,500(税抜)
【アナロク?盤】
WPJL-10103 ¥3,500(税抜)

《青々と》の深遠な発声に心を掴まれる「かく?や姫」、英語みたいな響きと無限ルーフ?の快感か?ある「南方熊楠」、音の粒 立ちか?特に新鮮た?った「メロス」「見さ?る聞かさ?る言わさ?る」、Moodoi?dとのコラホ?「マトリョーシカ」、コムアイか?初めて本格的にメロテ?ィーを作った「キイロのうた」(彼女も出演する映画『猫は抱くもの』劇中歌)なと?を収めた8曲入りEP。固く結んた?ものをほと?くような、ツホ?を突く表現か?光る。
TEXT:田山雄士

『Enjoy』/大原櫻子

Album 6/27 Release



ヒ?クターエンタテインメント
【初回限定盤A(DVD付)】
VIZL-1398 ¥4,500(税抜)
【初回限定盤B(フ?ックレット付)】
VIZL-1399 ¥4,000(税抜)
【通常盤】
VICL-65026 ¥3,000(税抜)

3rdアルハ?ムは初収録となるテクノホ?ッフ?の「one」て?1曲目から新鮮な幕開け! 力強く歌い上け?るロックチューン「energy」や作詞も手掛けたかわいらしいホ?ッフ?ソンク?「いとしのキ?ーモ」、伸ひ?やかな歌声か?響く「Close to you」なと?シンカ?ーとしての振り幅か?広く、前アルハ?ムからの2年間の挑戦か?キ?ュッと凝縮されている。ハ?ワフルなサヒ?か?印象的な「Joy & Joy」も後を引いて、早くも次作か?楽しみ!
TEXT:千々和香苗

「WHO’S GONNA SAVE US」/HYDE

Single 6/27 Release



Virgin Music
【初回限定盤】
UICV-9286 ¥3,024(税込)
※コンセフ?トフ?ック(EPサイス?:7インチ四方)付
【通常盤】
UICV-5073 ¥1,296(税込)

12年振りとなるソロシンク?ル。活動休止中のVAMPSの世界観を引き継き?つつ、シンセサイサ?ーとヘウ?ィロックを融合させ、攻撃性と美しさか?同居するト?ラマチックな楽曲となっている。後半に向かうにつれて歌に緊迫感か?増し、曲のメッセーシ?か?浮き彫りになる。カッフ?リンク?はライウ?て?お馴染みの曲をリアレンシ?した「MIDNIGHT CELEBRATION II」。新しい発見とともにふ?れないHYDEを感し?られるのか?嬉しい。
TEXT:山本弘子

「Snatchaway / Diver\'s High」/SKY-HI

Single 6/27 Release



avex trax
【CD+DVD】
AVCD-94099/B ¥2,000(税抜)
※初回盤特典:JKTサイス?ステッカー
【CD】
AVCD-94100 ¥1,204(税抜)
※初回盤特典:JKTサイス?ステッカー

約1年振りのシンク?ルは『カ?ンタ?ム』シリース?のケ?ームとアニメのOPテーマを擁する両A面。ク?ルーヒ?ーなハ?ント?サウント?に乗せた、爽快感あるウ?ォーカルとまくし立てる高速ラッフ?にと?こまて?もテンション上か?る「Snatchaway」。キ? ターとコーラスに斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)を迎え、力強く勇ましい曲にスリリンク?なキ?ターか?フックとなる「Diver\'s High」と、タイフ?の異なる曲か?彼の振り幅の広さを見せる。
TEXT:フシ?シ?ュン

「Vox Humana」/SING LIKE TALKING

Single 6/27 Release



UNIVERSAL J
UPCH-5944 ¥1,200(税抜)

今年テ?ヒ?ュー30周年を迎えるSLTの41stシンク?ル。表題曲はラテン語て?“人間の声”を意味しており、声をあけ?ることの重要性を説いたメッセーシ?ソンク?になっている。曲調的にはアフリカンなテンホ?を用い、身も心も踊れるリス?ミックなサウント?か?心地良く、緩急あふれる展開も大きな聴きと?ころ。カッフ?リンク?曲「Too Heavy To March」はヘウ?ィて?優雅な趣を持つインストナンハ?ーて?、キ?ターの音色か?絶品。
TEXT:荒金良介

『東京』/瀧川ありさ

Mini Album 6/27 Release



SME Records
【初回生産限定盤(DVD付)】
SECL-2182〜3 ¥2,315(税抜)
【通常盤】
SECL-2184 ¥1,667(税抜)


『七つの大罪』なと?多くのアニメ主題歌を手掛けてきたことて?も知られるシンカ?ーソンク?ライターの瀧川ありさか?、東京生まれ東京育ちの感性を活かして“東京”をテーマに制作した自身初のコンセフ?トミニアルハ?ム。イメーシ?一新のヒ?シ?ュアル同様、楽曲もハ?ーソナルに踏み込んて?少し大人を覗かせる。都会の温度、風景、刹那か?脳裏に浮かふ?表現力は出色。ハ?ント?アレンシ?も冴えている。あれこれ思い悩む日々の癒しに。
TEXT:田山雄士

『Vital Signs』/Plot Scraps

Mini Album 6/27 Release



No Big Deal Records
NBPC-0054 ¥1,500(税抜)

東京を拠点に活動する3人組の1stミニ作は、クールな表情とヘウ?ィな質感を併せ持つアレンシ?センスか?冴え渡っている。透明度の高いクリーンウ?ォーカルを看板に、聴く者を迷宮に誘うストーリー性に長けた曲調は聴き応え十分。鍵盤やエレクトロを取り入れ、音の抜き差しも実に上手く、スケー ル感と生々しいタッチて?迫る音像も刺激的。ひんやりした曲世界から滲み出る熱情にク?イク?イ引き込まれる。
TEXT:荒金良介



【関連リンク】
チャットモンチー、HYDE、ユニコーンなど6月下旬リリースの作品9作を紹介
チャットモンチーまとめ
ユニコーンまとめ
大原櫻子まとめ
HYDEまとめ

【関連アーティスト】
チャットモンチー, ユニコーン, 大原櫻子, HYDE, SKY-HI, SING LIKE TALKING, 瀧川ありさ, Plot Scraps, 水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, シングル, アルバム, ミニアルバム, EP

SUSHIBOYS、ドミコとの2マンイベントで本格的なラップ&ユーモア溢れるリリックを披露
Thu, 05 Jul 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

昨年リリースしたEP『NIGIRI』が即完売し、プレミア価格で取引されるなど、ユニークなラップのスタイルで、各所で話題沸騰中のヒップホップ・グループ=SUSHIBOYS。そんな彼らの新作EP『WASABI』のリリースツアー<SUSHIBOYS "WASABI" Release Tour 2018>のファイナルが渋谷eggmanで、2018年6月30日(土)に開催された。チケットはソールドアウトしており、会場外にはチケットを求めてプラカードを持つ人も多く見受けられ、人気の高さを感じた。

 対バンとして登場したのは、さかしたひかる(Vo&Gt)、長谷川啓太(Dr)からなる2ピースバンド、ドミコだ。ステージに上がった彼らは最新作『hey hey,my my?』から「バニラクリームベリーサワー」「こんなのおかしくない?」を演奏する。最初に耳を捉えられたのは、さかしたのダンエレクトロから放たれるクリスピーなギターサウンドだ。オルタナっぽい質感のギターの音色が素直にカッコいい。そして、長谷川の前へ前へと推進するドラムもロックなフィールがあり、聴いていると身体を動かされるパワーがあった。2ピースでありながらも同期などを使わずに広がりのあるサウンドを出すべく、ヴォーカルはハーモニー系のエフェクトを多用したり、ループでギターを重ねたりしながら、厚みのあるバンドサウンドを生み出していた。「ミッドナイトネオン」などでは、直情的なラップスタイルのヴォーカルを披露。ほとんどMCがないのも彼ららしいが、最後に「こうやって音源をリリースして、どっかでライブやってっていうのがずっと続くといいな」と、SUSHIBOYSのリリースを祝う言葉を残した。

 セットチェンジを終えると、SUSHIBOYSがステージに登場。フロアからは待ってましたと、大きな歓声が湧くなか、寿司職人の格好をしたサポートDJのタイプライターが「NIGIRI」「KUNG FU」を立て続けにスピン。スキルフルなラップをするファームハウス、高音で声の通るエビデンス、エキセントリックなパンチラインを繰り出すサンテナと、三者三様の個性を持ったラップでたたみ掛ける。サンテナが「みんなで飛行機に乗ろう! エコノミークラスだけど、いい?」というかけ声とともに「旅に出よう」で会場をひとつにまとめ上げる。MCではメンバーの自己紹介をしながら、「今日のライブは川越の寿司職人っていうテーマ。フロントの若手3人と親方職人がお届けします」とサンテナが語る。そして、若者が不足する世の中、年金問題などの与太話を一通り3人で語り合ったところで「ゲートボーラー」へとなだれ込むという、会話で次の曲を匂わせてから演奏するというスタイルのようだ。続く「ママチャリ」はダーク目なトラップのトラック。本場USのトラップだと、リリックの内容はだいたい高級車かドラッグネタだが、SUSHIBOYS版のトラップはママチャリが俺たちの移動手段だというリリック。そのアンバランス感が笑いを誘う。こう書くとお笑い系のラップかと思われるかもしれないが、全員のラップスキルはかなり本格的で、フロウのキレ味も良く、そこがまた彼らの持ち味だと言える……なんてことを感じていたら「OMG」という完全に笑いだけを誘ったトラックもあり、そんなヤンチャな感じも、若さ溢れる彼ららしさなのだろう。

 まだデビューして間もないSUSHIBOYS、ということは、そんなに持ち曲がない。8曲が終わったところで「大将、変わり種ないんすかね?」と、サンテナが喋りはじめると、「今日は築地じゃなく、大洗まで行って、仕入れてきたよ!」と、大将(タイプライターがいうとステージ奥からは大将(タイプライター)が大きなアヒルの浮き輪を引っ張りだして客席へ投げ込み「アヒルボート」へと突入。オーディエンスも大喜びで、アヒルは満杯になったeggmanのオーディエンスの上をグルグルと移動していく。フロアが暖まりきったところで「軽自動車」を投下。シティポップをサンプリングした爽やかなトラックと、彼らにとってママチャリと合わせて、移動手段でもある軽自動車ネタのユーモア溢れるリリックで、フロアをロックする。オーディエンスもラップに合わせてハンズアップで応酬した。続いて「思ったよりも」を演奏したところで、一旦ステージは閉幕した。
 
 鳴り止まぬ拍手のなか、3人がふたたびステージにあがると「おかわりいきたいと思います!」というファームハウスの言葉から「Catch ur dream」をプレイ。ダンスクラシック風のパーティトラックに合わせて3人も今日一番のテンションでオーディエンスを煽る。そして人気曲「ダンボルギーニ」を演奏。今っぽいシンプルで泣きのトラックに合わせて、段ボールとランボルギーニを合わせたユニークなリリックを披露。ラストは「最後みんなでぶっ飛ばしていこうぜ」というかけ声のもと、「問題ねぇ」ではオーディエンスとしっかりとコール&レスポンスをキメてステージを締めた。

 途中、MCでファームハウスは「こんなに人が集まるなんて思っていなかった」と語っていたが、彼らが早々に人気を得たのは、埼玉の田舎町出身の視点を持って、クスっと笑えて、かつ自然体な共感を持てるリリックを書ける才能があったからこそ。それでいてラップのスキルも充分あるのだから、ここから彼らがどこまで成長できるのか、今後が楽しみになるようなステージだった。

撮影:東 美樹/取材・文:伊藤大輔

【セットリスト】
■ドミコ
01.バニラクリームベリーサワー
02.こんなのおかしくない?
03.united pancake
04.Pop,Step,Junk!
05.ミッドナイトネオン
06.マイララバイ
07.ロースト・ビーチ・ベイベー
08.まどろまない
09.地球外生命体みたいなのに乗って
10.くじらの巣

■SUSHIBOYS
01.NIGIRI
02.KUNG FU
03.旅に出よう
04.ゲートボーラー
05.ママチャリ
06.ブルーハワイ
07.OMG
08.なんでもできる
09.アヒルボート
10.軽自動車
11.思ったよりも
EN1.Catch ur dream
EN2.ダンボルギーニ
EN3.問題ねぇ

【SUSHIBOYS ライブ情報】
■『ATMC2018〜Tanabata Session〜』
7月07日(土) 大阪・梅田Shangri-La
<出演>
reGretGirl/SUSHIBOYS/ネクライトーキー/羊文学/TENDOUJI
DJ & VJ onion night!
※浴衣でご来場の方には1ドリンクプレゼント!

?『ATMC2018〜Tanabata Session〜』詳細はこちら
http://sushiboys.jp/event/7-7-atmc2018%EF%BD%9Etanabata-session%EF%BD%9E-at-%E5%A4%A7%E9%98%AAshangri-la

■『見放題2018』
7月07日(土) 大阪・ミナミアメリカ村周辺複数会場

?『見放題2018』オフィシャルHP
http://www.mihoudai.jp/

■『NRL presents “YO-A-SO-BEAT”〜summer limited〜』
7月16日(月・祝) 愛知・名古屋ReNY limited
<出演>
電波少女/SUSHIBOYS/呂布カルマ/新しい学校のリーダーズ
※当日学生証提示で¥600 OFF

?名古屋ReNY limited オフィシャルHP
http://ruido.org/nagoya_reny/2018_sche7.html

■『BAYCAMP 2018』
9月08日(土) 神奈川・川崎市東扇島東公園特設会場
<チケット>
¥9,500(税込)
※一般発売:7月7日(土)10:00〜

?『BAYCAMP 2018』オフィシャルHP
http://baycamp.net/2018/



【関連リンク】
SUSHIBOYS、ドミコとの2マンイベントで本格的なラップ&ユーモア溢れるリリックを披露
SUSHIBOYSまとめ
MADKID、リリースイベントで動員500人を達成&ツアー開催決定

【関連アーティスト】
SUSHIBOYS
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ヒップホップ, ライブレポ

MADKID、リリースイベントで動員500人を達成&ツアー開催決定
Thu, 05 Jul 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年1月にメジャーデビューした新進気鋭の5人組ダンスボーカルグループのMADKIDが、メジャー2枚目となるシングル「Summer Time」のリリースを迎え、7月4日に東京・代々木公園野外ステージにて発売記念イベント『MADKID メジャー2ndシングル「Summer Time」発売記念フリーライブ』を開催した。

爽やかなサマーソングに仕上がっている表題曲「Summer Time」をはじめ、カップリングにはフィーチャリングゲストにKICK THE CAN CREWのLITTLEも参加するなど、彼らにとって新たな挑戦が詰まった今作。この日行なった発売記念イベントは、動員数が300人を超えたら来場者全員とハイタッチ、さらに500人を超えたら今年末に東名阪ツアーを実施するという公約をしていたものだ。全9曲のパフォーマンスで盛りあげたイベントでは、集まった500人のファンを前に公約通りの東名阪ツアー『MADKID 1stLIVE TOUR』開催を発表した。

昼の暑さの残る夕暮れ時に、YOU-TA、SHIN、KAZUKI、YUKI、LINがステージに揃うと、イベントは彼らのメジャーデビュー曲「Never going back」でスタート。YOU-TAが“代々木公園お越しの皆さん調子はどうですか?”と問いかけ挨拶をすると、強風に砂の舞う会場を見たKAZUKIは“「Summer Time」だけに砂浜の砂だと思って楽しんでいきましょう”と新曲にかけてファンを盛り上げ、メンバーそれぞれが挨拶。YOU-TAは“2回目のシングルですが、皆さんのおかげでこの日を迎えることができました”、“メジャーデビューイベントよりも多くの皆さんにお越しいただけて本当に嬉しく思います”と感謝の言葉を続けた。

中盤ではニューシングルよりLITTLE氏が参加した「Forever young」や「OVERAGAIN」を披露。あっという間にイベントも終盤に差し掛かると、手渡された封筒をYOU-TAが読み上げ“本日の集客人数は見事500人を達成しました”と報告し、公約通りの東名阪ツアー開催に歓声と拍手があがる。さらに“「Summer Time」がオリコンデイリーランキング6位にランクインしました!”と嬉しい報告を続け、ファンと一緒に結果を喜んだ。ラストは「Summer Time」でイベントを終了し、終演後には集まったファンとこちらも公約通りのハイタッチを行なって締め括った。

この日発表された東名阪ツアー『MADKID 1stLIVE TOUR』は、12月15日に大阪公演、12月16日に名古屋公演、12月26日に東京公演を開催する。詳しい情報は後日明らかになる予定とのことなので、お楽しみに。

photo by 糸井一臣

【セットリスト】
M1. Never going back
M2. Get Started
M3. Going around
M4. Forever young
M5. Light up
M6. Stuck on U
M7. OVERAGAIN
M8. TOKYO
M9. Summer Time

シングル「Summer Time」

2018年7月4日より発売中



【Type-A】(CD+DVD)
COZA-1452/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.Summer Time
2.Forever young Feat.LITTLE(From KICK THE CAN CREW)
3.OVERAGAIN
4.Summer Time(Instrumental)
5.Forever young(Instrumental)
6.OVERAGAIN(Instrumental)
■DVD
1.「Summer Time」Music Video
2. Music Video BEHIND THE SCREEN

【Type-B】(CD)
COCA-17468/¥1,204+税
<収録曲>
1.Summer Time
2.Forever young Feat.LITTLE(From KICK THE CAN CREW)
3.OVERAGAIN
4.Summer Time(Instrumental)
5.Forever young(Instrumental)
6.OVERAGAIN(Instrumental)



【関連リンク】
MADKID、リリースイベントで動員500人を達成&ツアー開催決定
MADKIDまとめ
欅坂46、7thシングルリリース&ローソンとのキャンペーンも決定

【関連アーティスト】
MADKID
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ユニット, ダンス

欅坂46、7thシングルリリース&ローソンとのキャンペーンも決定
Thu, 05 Jul 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビューシングル「サイレントマジョリティー」のYouTube再生回数が1億回を突破したばかりの欅坂46が、8月15日に7thシングルをリリースすることが決定した。2018年3月にリリースした「ガラスを割れ!」以来、約5カ月ぶりのシングルとなる。

さらに、本作の収録曲がローソンスピードくじキャンペーンのTVCMにも使用されることも併せて発表に! TVCM以外にも、この夏にローソンにて欅坂46の大型キャンペーンが展開されることも決定したので、7thシングルの内容とともに詳細を楽しみに待とう。

■『欅坂46×ローソン』キャンペーン特設ページ
http://atg.to/kyk/



【関連リンク】
欅坂46、7thシングルリリース&ローソンとのキャンペーンも決定
欅坂46まとめ
J SPORTSプロ野球中継テーマ曲を担当するフジファブリックが、始球式に登板!

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, キャンペーン

J SPORTSプロ野球中継テーマ曲を担当するフジファブリックが、始球式に登板!
Thu, 05 Jul 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月1日(水)に京セラドーム大阪で行なわれる東北楽天ゴールデンイーグルス戦にて、フジファブリックが始球式に登板することが分かった。

フジファブリックの書き下ろし曲「電光石火」は、“J SPORTS STADIUM2018 プロ野球中継テーマソング”としてプロ野球ファンにはお馴染みの楽曲。始球式についてメンバーからも喜びのコメントが届いているので、ぜひチェックしてほしい。なお、8月1日(水)の試合は午後5時30分より“J SPORTS 3”にて生中継となる。

その他の情報はフジファブリックのオフィシャルHPにてチェック!

■【コメント】

■山内総一郎(Vo&Gu)
「地元である大阪で、ポール・マッカートニーを観に行った京セラドームで始球式に参加できるなんて光栄の極みです!!野球経験に乏しい僕ですが、ギターばかり弾いて内側を向いてしまった肩を元甲子園球児のマネージャーと作り上げ、当日、電光石火という四字熟語が似合うボールを投げたいと思います!!」

■加藤慎一(Ba)
「この度、始球式に参加出来ると言う事で大変嬉しく思います。当日どうなるか楽しみにしています」

■金澤ダイスケ(Key)
「野球場の広さを、肌で感じたいと思います!!」

【オリックス・バファローズvs東北楽天ゴールデンイーグルス】

8月01日(水) 大阪・京セラドーム大阪
※18:00試合開始



【関連リンク】
J SPORTSプロ野球中継テーマ曲を担当するフジファブリックが、始球式に登板!
フジファブリックまとめ
ルネッサンス、8年ぶりの来日公演を発表

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

ルネッサンス、8年ぶりの来日公演を発表
Thu, 05 Jul 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

透明感溢れるアニー・ハズラムの美しい歌声と、マイケル・ダンフォードの秀でたソングライティングによって、フォーク由来の牧歌的な雰囲気と哀愁漂うメロディ・ラインに壮大なスケールのフル・オーケストラを見事に融合させたルネッサンス。2010年の来日公演以降、8年ぶりとなる彼らの来日公演が9月17日、18日に東京・山野ホールにて開催されることが分かった。

ルネッサンスは、その唯一無比のスタイルで、プログレッシヴ・ロックというジャンルにおいてシンフォニック・ロックという新たな様式を構築。69年に元ヤードバーズのキース・レルフとジム・マッカーティによって結成された初期ルネッサンスの音楽性はフォーク・ロックにクラシック音楽の要素を加えたものであったが、その後様々な変遷を経て、アニーとマイケルにより現在の叙情的プログレッシヴ・ロックへと昇華していった。

近年再び精力的に活動を始めたルネッサンスは、2013年に新作『GRANDINE IL VENTO』(邦題『消ゆる風』、その後2014年に『Symphony of Light』として再発売)をリリース。こちらは、2012年に若くしてこの世を去ったマイケル・ダンフォードの全てが注ぎ込まれた力作であり、いつまでも記憶に残る美しいメロディーが印象深い。またツアーも積極的に敢行している彼らは、2015年のヨーロッパ・ツアーを大成功に収め、2017年の後半にはブラジル、アルゼンチンなど南米も廻っている。

そしてこの秋、久々の来日公演では「プロローグ」「トリップ・トゥ・ザ・フェア」「母なるロシア」「ア・ソング・フォー・オール・シーズンズ」「燃ゆる灰」などの往年の代表曲でセットリストが構成されるようだ。オリジナル・ルネッサンス時の楽曲「アイランド」も初披露の予定とのこと。

さらに今回の来日に合わせ、オーケストラを従えて2017年10月に行なったコンサートの模様が収録されたライブ・アルバム『A SYMPHONIC JOURNEY』国内盤(2CD+DVD仕様)の初リリースも決定したので、こちらも楽しみに待っていてほしい。

また、今夏発売する新作には、来日公演で演奏される楽曲が多々収録となっており、久々の来日を盛り上げる豪華な内容となっている。ファン垂涎、珠玉のセットリストで奏でられる、いつまでも色褪せない美しくも迫力あるステージとなるだろう。チケットは8月4日(土)より一般発売が開始されるが、それに先駆けてどこよりも早いLive Nation Japan先行が7月9日(月)昼12:00よりスタートする。貴重な公演をお見逃しなく!

artist photo by Brian Tirpak

『シンフォニック・ジャーニー』

9月17日(月・祝日) 東京・山野ホール
9月18日(火) 東京・山野ホール
<チケット>
全席指定¥10,800(税込)※未就学児入場不可
■Live Nation Japan先行(先着受付)
7月9日(月)12:00〜7月12日(木)23:59
https://www.livenation.co.jp/
■チケットぴあ先行(先着受付)
7月13日(金)12:00〜7月22日(日)23:59
http://w.pia.jp/t/renaissance-pr2/
■一般発売日
8月4日(土)10:00〜



【関連リンク】
ルネッサンス、8年ぶりの来日公演を発表
Renaissanceまとめ
majiko、ニューシングル発売前夜に「ひび割れた世界」を熱唱

【関連アーティスト】
Renaissance
【ジャンル】
ライブ・フェス, 洋楽, ニュース

majiko、ニューシングル発売前夜に「ひび割れた世界」を熱唱
Thu, 05 Jul 2018 12:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

majikoが、メジャー1stシングル「ひび割れた世界」の発売前夜であった7月3日に招待ライヴ『majiko ひび割れた世界 from YouTube Space Tokyo』を開催し、東海テレビ・フジテレビ系 “オトナの土ドラ"『限界団地』(主演・佐野史郎)の主題歌「ひび割れた世界」を始め、アルバム『AUBE』から「AM」「声」などアコースティック・セットで全6曲を披露した。

“本日はmajiko ひび割れた世界 from YouTube Space Tokyoにお越しくださいまして誠にありがとうございます! 無茶苦茶緊張しているんですけど、今回は私のファンクラブzikkaとTwitterの応募から厳選された選ばれし者達のみがここに来ることを許された(笑)機会となっておりまして、応募してくださいました皆々さまがた、本当に感謝でございます。ここでライヴするのは、2回目なんですけど、4年前のクリスマスイヴにしていまして、4年前か〜ってすごい思いました。4年前と言うと私がまだ若かりし頃でございますな(笑)。みなさんも緊張していらっしゃると思います。だから小粋なトークでほぐしてください、とスタッフの人に言われたんですけど、そんなのできないよぉ!って思って、適当に聴いていただければと思っております。MCも結構しゃべってくださいと言われたのでしゃべります。がんばってしゃべるので、がんばって聞いてください!(笑)”

ステージと観客の距離の近さからかmajikoにも観客にも最初は緊張が見えたが、ポツポツと語る朴訥なトークと、曲の始まりとともに一気に空気を変えるパフォーマンスは、木下哲によるギターのゆらめく音像、majikoの一語一語をかみ締め、情感溢れる歌唱で観客を魅了し特別な夜となった。後日、このライヴから数曲がYouTubeチャンネルにて公開される予定とのことなので、お楽しみに。

また、Twitterにて「ひび割れた世界」「パラノイア」「エスケイパー」を聴いた感想をハッシュタグ“#majiko #ひび割れた世界 #パラノイア #エスケイパー”を入れてツイートすると、抽選で5名にmajikoサイン入り「ひび割れた世界」クリアファイルのプレゼントされるキャンペーンがスタート! ニューシングルをチェックの上、こちらもぜひ参加してみてほしい。

【セットリスト】
1.mirror
2.ノクチルカの夜
3.ひび割れた世界
4.AM
5.アマデウス
6.声

シングル「ひび割れた世界」

2018年7月4日より発売中



UICZ-5098/¥1,200+税
※仕様:スリーブケース仕様
<収録曲>
01.ひび割れた世界
02.パラノイア
03.エスケイパー

※試聴・ダウンロード・CD購入はこちら:https://lnk.to/majiko



【関連リンク】
majiko、ニューシングル発売前夜に「ひび割れた世界」を熱唱
majikoまとめ
SKE48、リリース記念イベントにてドキュメンタリー映画の公開を発表

【関連アーティスト】
majiko
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

SKE48、リリース記念イベントにてドキュメンタリー映画の公開を発表
Thu, 05 Jul 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

名古屋・栄を拠点に活動をするアイドルグループのSKE48が、シングル「いきなりパンチライン」のリリース記念イベントを、7月4日の発売日にZepp Nagoyaで?なった。

SKE48と言えば、6?16?にナゴヤドームで?なわれた『AKB48 世界選抜総選挙』で、?事24名ものメンバーがランクイン。“地域密着・地域貢献”を活動テーマとして掲げ、2011年より務めている愛知県の『LOVE あいちサポーターズ あいち広報?使』を始めとし、2018年からは『中?ドラゴンズ応援?使』や『名古屋グランパス公式応援マネージャー』に就任するなど、今まさに名古屋から猛烈な再旋?を巻き起こそうとしているグループだ。

会場にovertureが鳴り響き、「いきなりパンチライン」でライブがスタート。?くギラギラと光るスパンコール?装に?を包み、激しいダンスで情熱的なパフォーマンスを魅せると、会場は?気にヒートアップ! 集まったファン1800?の声援で1曲?から熱気に包まれた。?柳明?が“今?は「いきなりパンチライン」の発売?として熱い1?を過ごしたいなと思ってます?”とコメントし、今作のカップリングに収録されている楽曲を次々に披露した。

MC では、『a-nation2018』『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』『美浜海遊祭』『TBS 夏サカス 2018』など、この夏 SKE48 が出演するイベントを紹介。さらに、オリコンシングルデイリーチャート1位獲得の速報を発表した。最後の曲に移ろうとするまさにその時、突如映像が流れ始め、SKE48のドキュメンタリー映画が2018年秋に公開されることがサプライズ発表!

この発表にはファンのみならずメンバーも?を丸くして“すごーい?”と驚きの声を上げ、?柳が“えー!秋ってもうすぐじゃない!? こうしてSKE48の映画2作?が公開されることが決まりました”と話すと、?藤は“今回の主役はみんな(SKE48 メンバー)ですよ? 今の私たちが出る映画ですよ!”とメンバーに向けてコメント。メンバーも?々に“嬉しいね〜”と満?の笑みで喜びを表す。

?柳が“SKE48 のステージ裏にはたくさんの物語があるので、SKE48 の今を伝えられるものになると思います。楽しみにしていてください?”と会場に呼びかけ、?藤は“今?は嬉しいお知らせがたくさんありました。まだまだ夏は始まったばかりです。たくさんのイベントをみなさんと?緒に楽しめる機会があるので、これからワクワクしながら過ごしたいと思います。みんなが主役の、そしてみんなが輝けるそんな SKE48 をこれからもずっとずっと愛していただけるように、これからもここ愛知県名古屋の地から、全国に向かってこの熱い気持ちを発信していきたいと思います”と挨拶。最後に全メンバーで「仲間の歌」を披露し、ライブの幕を閉じた。また、ライブ終了後には、ファンの?への?ビンゴ?会も?なわれ、?盛況でリリース記念イベントの幕を閉じた。

【セットリスト】
- overture -
M1 いきなりパンチライン
M2 ??の世界
M3 例のポテトチップス
M4 花の?りのシンフォニー
M5 君はラムネ
M6 誰かの?
M7 Parting shot
M9 仲間の歌

<出演メンバー>
■チーム S
??嶺奈、井上瑠夏、岡?美紅、上村亜柚?、北川愛乃、北川綾巴、坂本真凛、杉?愛佳、都築?佳、仲村和泉、野島樺乃、野村実代、町?葉、松本慈?、?内鈴蘭、??樹奈
■チーム KII
??詩織、荒井優希、内?命、江籠裕奈、?芝りんか、太?彩夏、?畑優奈、?岡成美、北野瑠華、?井琴望、??由?奈、?柳明?、?内彩姫、??優?、松村?織、?野愛理
■チーム E
相川暖花、浅井裕華、井?玲?名、鎌?菜?、熊崎晴?、倉島杏実、?藤真??、佐藤佳穂、?雪希明、末永桜花、菅原茉椰、?畑結希、?真理佳、野々垣美希、福?奈央
■研究?
渥美彩?、??友?、深井ねがい、森平莉?、和?愛菜、??悠妃、中野愛理、?満?奈、平?詩奈

シングル「いきなりパンチライン」

2018年7月4日発売



【初回限定盤 Type A】(CD+DVD)
AVCD-94103/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.Parting shot(Team S)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.Parting shot off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.Parting shot(Team S)(MV)
03.10周年を愛知県でPR 豊橋・豊川編

【初回限定盤 Type B】(CD+DVD)
AVCD-94104/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.誰かの耳(Team KII)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.誰かの耳 off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.誰かの耳(Team KII)(MV)
03.10周年を岐阜県でPR

【初回限定盤 Type C】(CD+DVD)
AVCD-94105/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.君はラムネ(Team E)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.君はラムネ off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.君はラムネ(Team E)(MV)
03.若手にドッキリを仕掛けよう!〜アクション映画オーディション編〜

【初回限定盤 Type D】(CD+DVD)
AVCD-94106/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.大人の世界(B・ラヴィエール)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.大人の世界 off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.大人の世界(B・ラヴィエール)(MV)
03.若手にドッキリを仕掛けよう!〜恋愛映画オーディション編〜

【通常盤 Type A】(CD+DVD)
AVCD-94107/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.Parting shot(Team S)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.Parting shot off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.Parting shot(Team S)(MV)
03.10周年を愛知県でPR 豊橋・豊川編

【通常盤 Type B】(CD+DVD)
AVCD-94108/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.誰かの耳(Team KII)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.誰かの耳 off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.誰かの耳(Team KII)(MV)
03.10周年を岐阜県でPR

【通常盤 Type C】(CD+DVD)
AVCD-94109/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.君はラムネ(Team E)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.君はラムネ off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.君はラムネ(Team E)(MV)
03.若手にドッキリを仕掛けよう!〜アクション映画オーディション編〜

【通常盤 Type D】(CD+DVD)
AVCD-94110/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.大人の世界(B・ラヴィエール)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.大人の世界 off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.大人の世界(B・ラヴィエール)(MV)
03.若手にドッキリを仕掛けよう!〜恋愛映画オーディション編〜

【劇場盤】(CD)
AVC1-94111/¥1,080(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.例のポテトチップス(研究生&ドラフト3期生)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.SKE48 23rd Single Medley
05.いきなりパンチライン off vocal
06.例のポテトチップス off vocal
07.花の香りのシンフォニー off vocal



【関連リンク】
SKE48、リリース記念イベントにてドキュメンタリー映画の公開を発表
SKE48まとめ

【関連アーティスト】
SKE48
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, セットリスト, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1