歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年07月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』 - 第25回 Roots Manuva -
Sun, 01 Jul 2018 18:00:00 +0900


PrizmaXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼が、長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

島田翼です。
映像の冒頭で拙い言葉ですが、ひとつご報告させていただきました。
申し訳ない気持ちでいっぱいですが、ご理解いただけると幸いです。
どんな形になれど僕がやることは変わらないので、これまで以上に前を向いて精進していきます。
引き続き応援よろしくお願いいたします。

さて、前置きが長くなりましたが本題に。
今回はUKの音楽です。ラップというとやはりUSのイメージがありますが、UKのシーンについて触れてみました。

最近のシーンではラップ音楽がメインストリームに溶け込んできていますが、やはり2000年代初期までは聴く人を選ぶような音楽でした。
「これがHipHopだ!」と言わんばかりに堅く固執したカルチャーの中でどれだけ生き延びるか、みたいなちょっと押し付けがましい、説教くさい感じが(大きな意味で)USのHipHopの良さ。

UKは、もともとレゲエなどのジャマイカン音楽が盛んだったということもあり、ブラックミュージックの幅が広いような気がするんですよね。
あんまりジャンルで音楽の話はしたくないですが、分かりやすく。
ルーツレゲエをさらにレイドバックさせたダブがあり、それを倍速にしたジャングルがあったり。
はたまたそれらを電子音楽の要素と組み合わせたダブステップ、ドラムンベースがあったり。

僕のイメージだとUKのミュージシャン達は音楽的なルーツの変化に多様なんですね。しかも土臭さの中にアーバンな要素が入ってて洗練されてる。
Roots Manuvaはまさにラップにレゲエのフローを取り入れたり、フルアルバムのダブverをリリースしたり、2002年当時ではかなり先行ってたのではないでしょうか。
2015年にリリースした『Bleeds』というアルバムではFour TetやMachinedrumをプロデューサーとして迎えてたり。マジ攻めてる。
“ジャンル”という言葉に縛られないスタイルが魅力的ですね。

今後はポップスシーンもUKのスタイルが浸透してくるのではないかと僕は勝手に思ってるんですけど、どうなんでしょう…?
僕らも世界の良いものを誰よりも早く取り入れて、作品づくりしていこうと思います。

写真はインスタグラムにも載せたやつだけど、ミャンマーの村にあった小さな家です。
色合いが美しい。
じゃあまた来月。

■Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』
https://www.youtube.com/playlist?list=PL-5K_B6N3drQwz_CSoBxQ6XD6i1WSLFA7

Tsubasa Shimada(PrizmaX)

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。現在はダンス&ヴォーカルユニット、PrizmaXのパフォーマーとしてステージに立つかたわら、DJや写真などのカルチャーに没頭する。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。

プリズマックス:2002年結成。メンバーの入れ替わりや増員などで10人組の時もあったが、10年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加し、13年には現在の5人体制になる。結成10周年を迎え、2013年3月にダンス&ヴォーカルユニットとして「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビューを果たした。



【関連リンク】
Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』 - 第25回 Roots Manuva -
Tsubasa Shimada(PrizmaX)まとめ
PrizmaXまとめ
SUPER★DRAGON、5月に開催されたワンマン最終公演の映像を配信開始

【関連アーティスト】
Tsubasa Shimada(PrizmaX), PrizmaX
【ジャンル】
Tsubasa Shimada(PrizmaX) / 「Wet Crate」, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.167, EBiDAN

SUPER★DRAGON、5月に開催されたワンマン最終公演の映像を配信開始
Sun, 01 Jul 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUPER★DRAGONが5月13日(日)に千葉・市川市文化会館にて開催した『SUPER★DRAGON 6th ONEMAN LIVE TOUR『HAZARDSCHOOL 0』のライブ映像の配信が、月額制動画配信サービス『スターダストチャンネル』にてスタートした。

今回のライブの舞台となるのは、治安が悪く、実質男子校状態となっている“龍崎高校”。スパドラメンバーは、その高校の中でも“最も凶悪な9人”として登場。観客はその高校に転校生として入学してきた、という設定でライブに参加。ライブの進行に映像も交えながら、スパドラメンバーとの学園ストーリーが展開されていく。

今回公開されたライブ映像は、MC含む全19曲のスターダストチャンネル編集版となっており、完全版も後日スターダストチャンネルで配信予定となっている。また各会場ごとのメイキング映像は、SUPER★DRAGONの映像コンテンツが見放題の『AREA SD』にて、順次公開予定となっている。『AREA SD』はスターダストチャンネルの会員であれば、メールアドレスを登録するだけで、SUPER★DRAGONのオリジナル映像コンテンツが見放題となる特別エリア。メイキングの他にも、大阪公演と名古屋公演の前日街ブラ動画など、様々なジャンルの動画が公開されている。

ライブ映像『SUPER★DRAGON 6th ONEMAN LIVE TOUR『HAZARDSCHOOL 0』視聴方法

7月01日(日) 17:00より配信開始
有料会員(月額400円税別)のみ視聴可能
■配信ページ
http://stardust-ch.jp/feat/HAZARDSCHOOL_0
■『AREA SD』有料会員登録ページ
http://stardust-ch.jp/feature/p/area_sd/



【関連リンク】
SUPER★DRAGON、5月に開催されたワンマン最終公演の映像を配信開始
SUPER★DRAGONまとめ
工藤慎太郎、ニューアルバムより新曲「ハッピーエンド」先行配信スタート

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 発表, 配信

工藤慎太郎、ニューアルバムより新曲「ハッピーエンド」先行配信スタート
Sun, 01 Jul 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

工藤慎太郎が7月18日(水)にリリースするベストアルバム『工藤慎太郎 song collection 足跡に咲く花』に収録される新曲「ハッピーエンド」の先行配信が7月1日(日)よりスタートした。

埼玉県川口市出身の工藤慎太郎は、2006年に「シェフ/Message」でメジャーデビューし、同楽曲にて『第39回 日本有線大賞』の新人賞を受賞。以降ライブやラジオで精力的に活動を続け、2010年までにシングル7枚、アルバム2枚を発売したが、2011年1月の5周年記念コンサートを最後に原因不明の咽喉炎症による病気療養のため音楽活動を一時休止。約2年の療養期間を経て、2013年より徐々に音楽活動を再スタートさせていた。そして2018年、完全復調を機に古巣であるミリオン企画と自身がメジャーデビューを果たした日本コロムビアと再びタッグを組み、7月18日(水)に新曲2曲を含めたベストアルバムを発売することとなった。

2006年から2010年にかけてリリースした楽曲を中心に収められるベストアルバム『工藤慎太郎 song collection 足跡に咲く花』は、37歳の等身大で歌う「ハッピーエンド」と、埼玉県川口市立高校の校歌「木立の歌」の書き下ろしの新曲2曲を含む全23曲を収録。「木立の歌」では、2018年4月に3校併合のもと開校した同高校の在校生有志が集いコーラスで参加した。なお、7月1日(日)より2曲ともにオンエア解禁されることが決定している。

テレビ、ラジオといったメディアやイベント出演も続々決定しているので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしよう。

【メディア情報】

■テレビ
テレビ埼玉情報番組『マチコミ』内、音楽コーナー「オトコミ」
7月03日(火) 16:40頃
※TVK、チバテレビも同時刻放送予定
番組HP:http://www.teletama.jp/machicomi/

■ラジオ
NHKラジオ 日曜バラエティー 生出演
7月01日(日) 13:05〜15:30
※デビュー曲と新曲の2曲 生歌唱予定
番組HP:http://www4.nhk.or.jp/nichibara/

NACK5『カメレオンパーティー』
7月22日(日) 14:10〜14:30 大宮アルシェサテライトスタジオ
番組HP:http://www.fm795.com/pc/blog/1439/

NACK5 キラメキミュージックスター『キラスタ』
7月26日(木) 18:30〜18:50 サンシャインシティ 噴水広場より出張公開生放送
※観覧無料
番組HP:http://www.fm795.com/pc/blog/1257/

配信楽曲「ハッピーエンド」

配信中



<配信先一覧>
・Google Play Music
https://play.google.com/store/music/album?id=Bfgs4qzvp7vtlbm242yqhy22k5u
・Amazon Unlimited
https://music.amazon.co.jp/albums/B07DRH22DK
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1010468691/
・iTunes
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id 1399361095?app=itunes
・Apple Music
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id 1399361095?mt=1&app=music
・Spotify
http://open.spotify.com/album/6k43rPhA9b2qbHjRD8F50W

ベストアルバム『工藤慎太郎 song collection 足跡に咲く花』

2018年7月18日発売



COCP-40469-70/¥3,000+税
<収録曲>
■DISC1 CD
01.2つで1つ
02.愛でいこうぜ!
03.声をなくしても
04.Squall
05.Film
06.ウソツキ
07.空白の月
08.君を想う
09.眠りの森
10.桜予報
11.シェフ
12.願い
13.Message
14.旅の途上(なか)
■DISC2 CD
01.遠い場所の君へ
02.涙ひとつぶ
03.Rhapsody In Summer
04.笑っておくれよ
05.薔薇の日々
06.エデン
07.Snowdrop



【関連リンク】
工藤慎太郎、ニューアルバムより新曲「ハッピーエンド」先行配信スタート
工藤慎太郎まとめ
LUNKHEAD、ワンマンツアー開催&デビュー前の音源を完全再現リリース

【関連アーティスト】
工藤慎太郎
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, 新曲, 配信, 音楽配信

LUNKHEAD、ワンマンツアー開催&デビュー前の音源を完全再現リリース
Sun, 01 Jul 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『road to 20th anniversary』と題して二ヶ月連続ワンマンライブをソールドアウトのうちに終えたLUNKHEADが、9月よりワンマンツアーを行なうことを発表した。このツアーは初日9月29日(土)の千葉LOOKを皮切りに12月8日(土)の渋谷ストリームホールまで全国11カ所を回るツアー。

さらにデビュー前の2002年に自主製作された幻のアルバム『独りごと』を当時の音源、ジャケットのままに完全再現。8月18日(土)に米子AZTiC laughsで開催される『ボビーフェスティバル in YONAGOjapan 2018 FINAL』にて先行販売され、翌日よりオフィシャル通販にて受注が開始される。限定販売のため、早めにチェックしてほしい。

『ボビーフェスティバル in YONAGOjapan 2018 FINAL』

8月18日(土) 米子AZTiC laughs
OPEN 15:30/START 16:00
出演:LUNKHEAD / D.W.ニコルズ
O.A.:ABECK

ワンマンツアー『LUNKHEAD ONEMAN TOUR 2018「road to 20th Anniversary」』

9月29日(土) 千葉LOOK
10月06日(土) 福岡DRUM SON
10月07日(日) 新居浜ジャンドール
10月13日(土) 札幌SOUND CRUE
10月20日(土) 新潟CLUB RIVERST
10月21日(日) 金沢vanvan V4
10月27日(土) 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
11月04日(日) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心
12月01日(土) 心斎橋JANUS
12月02日(日) 名古屋ell. FITS ALL
12月08日(土) 渋谷ストリーム ホール
<チケット>
前売¥4,000 ※D代別
ファンクラブ先行:7月1日(水)18:00〜7月8日(日)23:00
受付URL(PC・mobile共通):https://l-tike.com/st1/lunkheadroadto20th

ライブ会場/通販限定アルバム『独りごと』

2018年8月18日発売



※8月18日(土)『ボビーフェスティバル in YONAGOjapan 2018 FINAL』にて会場先行販売
※オフィシャル通販は8月19日(日)より受注開始予定
CHKY-0032/¥2,500(税込)
<収録曲>
1.ひとりごと
2.この剣斬れる
3.灰空
4.オルゴール
5.夕暮れの。
6.櫻
7.東京にて
8.僕と樹
9.金木犀



【関連リンク】
LUNKHEAD、ワンマンツアー開催&デビュー前の音源を完全再現リリース
LUNKHEADまとめ
Official髭男dism、新曲「バッドフォーミー」がドラマ『グッド・バイ』主題歌に決定

【関連アーティスト】
LUNKHEAD
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー, ワンマン

Official髭男dism、新曲「バッドフォーミー」がドラマ『グッド・バイ』主題歌に決定
Sun, 01 Jul 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Official髭男dismの新曲「バッドフォーミー」が、7月14日(土)よりテレビ大阪他にてオンエアとなる連続ドラマ『グッド・バイ』の主題歌に決定した。

ドラマ主題歌として起用された話題曲「ノーダウト」が各配信チャートを席巻、有線チャートでも1位を記録するなど話題を呼んだが、続けてドラマが主題歌に決定。連続ドラマ『グッド・バイ』は太宰治の遺作であり未完の小説『グッド・バイ』を原案にした羽生生純の同名漫画をドラマ化する作品だ。大野拓朗、夏帆、奥菜恵らが出演しており、7月14日(土)からテレビ大阪、BSジャパンで放送される。

主題歌への起用が決まった新曲「バッドフォーミー」は、Official髭男dismならではのPOPなメロディーに、疾走感あるブラスセクションを織り交ぜたサウンドメイキングで、ドラマに華を添える。どんな楽曲に仕上がっているのか、オンエアを楽しみに待とう。

■【コメント】

■Official髭男dism
「自分の意思と裏腹に暴れ出す厄介な恋心の歌です。ドラマの世界とのリンクを大切にしながら、丁寧に、そして笑っちまうほど大胆にグッドミュージックに仕上げる事が出来たと思っています。作品、そしてリスナーの皆さんの恋路に寄り添う事ができれば幸いです!」

■連続ドラマ『グッド・バイ』監督・Yuki Saito
「メチャメチャピュアで純粋な気持ちなのに、それをナナメに受け止めようとしているしゃがれた感じにグッときました。まるで初恋のような淡さと、大人になって自分に素直になれない濃さが、共存して、葛藤していて、「素直になれよ!」って言いたくなる。今回のドラマの主人公・田島毛と別所、二人の気持ちを歌っていると思ったので、主題歌に選ばせて頂きました」

ドラマ『グッド・バイ』

7月14日(土)放送スタート
・テレビ大阪 毎週土曜 24:56〜25:26
・BSジャパン 毎週土曜 24:00〜24:30
出演:大野拓朗/夏帆/奥菜恵 他
主題歌:Official髭男dism「バッドフォーミー」
■番組HP:http://www.tv-osaka.co.jp/good-bye/



【関連リンク】
Official髭男dism、新曲「バッドフォーミー」がドラマ『グッド・バイ』主題歌に決定
Official髭男dismまとめ
水谷果穂、2ndシングル発売イベントでチェキ&握手会を開催

【関連アーティスト】
Official髭男dism
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲, TVドラマ, 主題歌

水谷果穂、2ndシングル発売イベントでチェキ&握手会を開催
Sun, 01 Jul 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女優で歌手の水谷果穂が6月27日(水)にHMV&BOOKS SHIBUYAにて2ndシングル「君のステージへ」の発売記念イベントを行なった。彼女の約1年ぶりとなる2ndシングル「君のステージへ」は、アニメ『若おかみは小学生!』の主題歌ということもあり、幅広い層のファンが詰めかけた。ミニライブではデビューシングルのバラード「青い涙」を披露し、透明感ある歌声で切なく歌い上げ、思わず立ち止まる会社帰りの方々の姿が印象的だった。「大切に思っている家族や友達を思い浮かべながら、背中を押せるようにこの曲を作りました。今日はこの場に来て下さった方の背中を押せるように歌います」という紹介の後、新曲「君のステージへ」を熱唱。会場からは手拍子が湧き、笑顔が溢れた。

ミニライブの後はチェキ会・握手会が行われ、ファンと束の間の触れ合いを楽しみ、会場を後にするファンはみな笑顔で、明日への活力を得た様にいきいきとしていた。この発売記念イベントは、この後横浜・大阪・名古屋で開催される。元気をもらいに、足を運んでみてはいかがだろうか。きっと優しく背中を押してもらえるに違いない。

シングル「君のステージへ」発売記念イベント(ミニライブ&2shotチェキ会&握手会)

7月07日(土)14:30〜 タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
7月08日(日)12:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース

シングル「君のステージへ」

発売中



WPZL-31486/7/¥2,500(税込)
※完全生産限定盤
※CD+DVD+36ページ豪華フォトブックレット+スリーブケース
<収録曲>
■CD
1.君のステージへ
2.君のステージへ Instrumental
3.君のステージへ Piano Healing version
■DVD
1.君のステージへ Music Video
2.Making of Music Video&Photo Shooting



【関連リンク】
水谷果穂、2ndシングル発売イベントでチェキ&握手会を開催
水谷果穂まとめ
The Super Ball、アルバム全貌公開&レギュラーラジオ番組スタート

【関連アーティスト】
水谷果穂
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 発売, ライブレポ

The Super Ball、アルバム全貌公開&レギュラーラジオ番組スタート
Sun, 01 Jul 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

The Super Ballが8月22日(水)にリリースする2ndアルバム『Out Of Bounds』の収録曲などの詳細と、最新アーティスト写真を発表した。

アルバムはシングル2曲を含めた12曲と2曲のMusic Video&Making Videoが収録されたDVD付きの初回限定盤と、「キミ by me」の1曲が追加収録された全13曲収録の通常盤の2形態でリリースされる。メジャーデビュー前に路上ライブを行なっていた時から歌い続け、彼らにとってもファンにとっても特別な曲と言える「消せないルール」「キミ by me」が初のCD音源化される。一方で、デビューして2年が経ち、進化と変化、そして成長が強く感じられる新曲も多数収録されている。彼らの魅力が十分に伝わってくる「ラブソング」「真夏の夜空とシンデレラ」。疾走感が心地良い「フタツボシ」「ヒカリグライダー」。新しいサウンドアプローチを如実に感じる「are you ready ?」「FUSEKI」「Night Parade」。そして、今作にはTVアニメ『ナンバカ』の主題歌を務めたコラボシングル「Rin! Rin! Hi! Hi!」で共演したハシグチカナデリヤをアレンジャーとして招聘(しょうへい)した「がんばれないときも。」。メロディーと歌詞の色気と雰囲気がグッと増して世界観を創り出している珠玉のバラード曲と言える「雨音が止む前に」。聴き応え十分なアルバムに仕上がっていることは間違いない。

このアルバムのリリース後には、久しぶりの全国ツアーの開催も控えている。今回のツアーは全国6都市6公演を予定しており、デビュー後に全国ツアーで福岡公演を実施するのは初となる。さらに、リリース前の7月7日(土)からは初となるラジオ冠番組『The Super BallのBound Up Radio』がスタートする事も決定している。毎週土曜日の23:00〜23:30に放送されるレギュラー番組で、初回放送でどこよりも早くこのアルバムから新曲をOAするとのことだ。番組へ送られてきたお便りメールを積極的に取り扱って、番組を通してファンとコミュニケーションしていきながら、彼らのパーソナルがわかるようなアットホームな番組にしていく予定との事だ。初回放送を聴き逃さないようにしよう!

The Super Ballの吉田理幹(Pf&Vo)は 「自分たちの殻を破るアルバムになったと思います。そういう意味で、今作のアルバムタイトルも“境界線を超えて行く“という意味で『Out Of Bounds』と名付けました。皆さんに早く聴いてもらいたいです。そして、秋にはTOURも控えているので、アルバムを聴いて、生歌も聴きに遊びに来てくれたら嬉しいです!」とコメントしている。

■レギュラーラジオ番組 『The Super BallのBound Up Radio』

FM FUJIで毎週土曜23:00〜23:30にオンエア
番組専用メールアドレス:supabo@fmfuji.jp
FM FUJIオフィシャルHP:http://www.fmfuji.co.jp/
※78.6MHz TOKYO / 83.0NHz KOFU
※radikoプレミアム / LISMO WAVEアプリにて全国からもお聴き頂けます!

アルバム『Out Of Bounds』

2018年8月22日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TKCA-74677/¥3,426+税
<収録曲>
■CD
01.フタリボシ
02.ヒカリグライダー
03.ラブソング
04.Second
05.消せないルール
06.Are you ready ?
07.FUSEKI
08.MAGIC MUSIC
09.がんばれないときも。
10.Night Parade
11.雨音が止む前に
12.真夏の夜空とシンデレラ
■DVD 
1.ラブソング(Music Video)
2.消せないルール(Music Video)
3.Making Video前編
4.Making Video後編

【通常盤】(CD)
TKCA-74678/¥2,593+税
<収録曲>
01.フタリボシ
02.ヒカリグライダー
03.ラブソング
04.Second
05.消せないルール
06.Are you ready ?
07.FUSEKI
08.MAGIC MUSIC
09.がんばれないときも。
10.Night Parade
11.雨音が止む前に
12.真夏の夜空とシンデレラ
13.キミ by me

全国ツアー『The Super Ball ワンマンツアー2018 〜Bound Up〜』

9月01日(土) 神奈川・新横浜 NEW SIDE BEACH
9月09日(日) 千葉・柏ThumbUp
9月16日(日) 大阪・amHALL
9月17日(月・祝) 愛知・名古屋アポロベイス
9月25日(火) 東京・代官山UNIT
10月07日(日) 福岡・DRUM Be-1
<チケット>
¥4,500+税 ※D代別



【関連リンク】
The Super Ball、アルバム全貌公開&レギュラーラジオ番組スタート
The Super Ballまとめ
CL?WD、8月のワンマンライブで解散を発表

【関連アーティスト】
The Super Ball
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, ツアー, ワンマン

CL?WD、8月のワンマンライブで解散を発表
Sun, 01 Jul 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2015年に結成して2018年に4年目に入った、5人組ビジュアル系ロックバンド・CL?WDが、6月30日(土)に開催した柏ThumbUpでのワンマンライブにて、8月25日(土)に渋谷CLUB QUATROで行われるワンマンライブを以って解散する事を発表した。

解散にあたり、所属事務所とメンバーよりコメントが届いている。

■【コメント】

■有限会社デンジャー・クルー/CL?WD
「CL?WDを応援してくださっている皆様へ、大切なご報告がございます。この度、2018年8月25日に開催致しますワンマンライブをもって、解散する事を決断致しました。応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様には、突然のお知らせとなりましたことを深くお詫び申し上げます。メンバー、スタッフを交え、今後の未来について話し合いを重ねて行く中で、CL?WDというバンドでひとつの方向だけを見る事に対して相違が生まれ始めました。その中であらゆる可能性を踏まえたCL?WDの未来へ向けて尽力して参りましたが、この5人でなければCL?WDとして続けていくべきではないというバンドの意志により、最終的に解散という道を選ぶこととなりました。2015年1月8日から活動を開始したCL?WDは、K?U、冬真、庵、猟平の4人で始まり、最初こそサポートという形でしたが始動ライブから共にしていた樹、この5人で活動の全てを共にして参りました。3年8ヶ月という短い期間ではございましたが、一度のメンバーチェンジもなくここまで活動して来れた事は皆様のご支援ご声援のお陰だと存じております。これに伴い、2018年8月25日(土)に渋谷CLUB QUATTROにて開催致します“CL?WD ONEMAN SHOW「誘惑」”は、タイトルを、“CL?WD FINAL LIVE「CL?WD NINE」”へと変更させて頂きます。これまで皆様にはCL?WD、そして各メンバーを応援して頂き、支えて頂きました事を本当に感謝しております。残り少ない活動期間ですが、メンバー、スタッフ一同、全力で精進して参りますので、CL?WDとしての最後の一日となります8月25日渋谷CLUB QUATTRO公演まで温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します」

■K?U
「僕らCL?WDは、2018年8月25日をもって解散する道を選びました。音楽を通して夢を追いかけ叶えていくこと。歌でひとの心を動かす喜びを感じられたこと。そして様々な人と出逢い、関わり、触れ合って…短かったですが、このバンドでは数えきれないほどの想い出や成長する糧を得ました。決して良いことばかりではなかったけれど、1人のボーカリストとして幸せを与え合えたり、ときには苦しみも悲しみも共有し合えたり、大したことない自分の人生をCL?WDとみんなに捧げたことでキラキラ輝いて仕方なかったです。“K?U”の存在理由を見出してくれた全てのひとに感謝しきれないです。本当にありがとうございました。正直に、悔しい。ですが、嘘偽りなく、このメンバーとは一緒に音楽をやれる事に最高に幸せを感じているので、どうか最後の最後までバンドの生き様を見届けて貰えたらと思います。“2018年8月25日(土) 渋谷CLUB QUATTRO CL?WD FINAL LIVE 「CL?WD NINE」”ここにあるもの全てを、持って帰ってください」

■冬真
「2018年8月25日をもってCL?WDは解散致します。メンバーとの出会いを含め、2014年から活動をしてまいりました。改めて本当に短い時間でしたが、CL?WDを血を分けたかのように、ずっと有る居場所だと思っていました。そこまでの存在を見つけられた事、皆様の力で居られた事、走ってこられた事を心から感謝致します。最後のステージまでCL?WDのギタリストとして全てを伝えたいと思っています。どうか宜しくお願い致します。ファンの皆様、CL?WDを応援頂きありがとうございました」

■庵
「突然の発表、並びにこういった結果になってしまった事を応援してくださっているファンの皆様、支えて頂いている関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。たくさん悩み、たくさん考えた結果です。最後まで全力で挑んでいきます。8月25日の渋谷CLUB QUATTROでのラストステージ、どうかお時間作ってもらえれば幸いです。待ってます」

■猟平
「8月25日を以って、CL?WDは解散します。僕らは常に理想を追い掛け、メンバーに於いても、楽曲に於いても、ライブに於いても、ここまで何一つ妥協する事なく活動する事が出来ました。ここへ愛を注ぐ為ならば、何かを失う事もいとわなかった唯一の場所です。きっとこれから先、長い人生が待っていますが、CL?WDで感じた程の「青春」を感じる事は二度とないです。思い残す事がないはずがないけれど、それを塗り潰せるほど、多くの想い出と景色が僕の身体に残っています。K?U、冬真、庵、樹、一緒にバンド組んでくれてありがとう。そして僕らに触れてくれた全てのあなたへ。もう離れ、忘れてしまった人も居るかもしれない。けれどあなた方一人一人が居なければ僕らは僕らでなかったです。本当に感謝をしています。皆を連れて大きく大きく羽ばたく事は出来なかった。けれどCL?WDは、世界にたった一つの、最高のバンドだと思います。16歳からここまでバンドを続けて来て本当に良かった。結成したときに感じたこれ以上のメンバーは居ないという認識は今でも変わりません。だから僕はバンド活動を終え、8月25日を最後のステージにします。残された時間は僅かですが、今までと変わらず今までで一番と思えるCL?WDを追い求めます。どうぞ、CL?WDと過ごした時間が、あなたにとってかけがえのないものとなりますように。いつもありがとう」

■樹
「突然の発表ですみません。最後の日までCL?WDを宜しくお願い致します」

【ライブ情報】

『DANGER CRUE Presents CL?WD TOUR「百戦錬磨」』
7月07日(土) 池袋EDGE w/GRIMOIRE/POIDOL
7月20日(金) 浦和ナルシス w/暗黒帝国
7月27日(金) 池袋EDGE ※ワンマン

『CL?WD FINAL LIVE「CL?WD NINE」』
8月25日(土) 渋谷CLUB QUATTRO



【関連リンク】
CL?WD、8月のワンマンライブで解散を発表
CL?WDまとめ
ビッケブランカ、ツアー最終公演で新アルバムリリース&全国ワンマンツアー開催を発表

【関連アーティスト】
CL?WD
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 発表

ビッケブランカ、ツアー最終公演で新アルバムリリース&全国ワンマンツアー開催を発表
Sun, 01 Jul 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ビッケブランカのツアー『ULALA TOUR 2018』最終公演が6月29日にSHIBUYA TSUTAYA O-EASTで開催された。同ツアーは6月1日の札幌cube gardenから全国6都市で実施され、各所でチケットがソールドアウトされており、ファイナルの東京公演も超満員となった。

ライヴ本編は1stシングルに収録されている「Get Physical」からスタート。続いて、「Natural Woman」「アシカダンス」などで会場のボルテージを一気に上げる。中盤は「SPEECH」「Your Days」「TARA」とバラード曲に観客は魅了された。

終盤ではビッケブランカ自らギターを弾いて会場を沸かせた「Black Rover」から、彼自身の代表曲である「Moon Ride」「Slave of Love」「ファビュラス」とアッパーチューンを立て続けに披露し、最後は1stシングルリード曲であり、全国ラジオ邦楽オンエアチャート1位を記録した「ウララ」で会場を最高潮に盛り上げ、本編を締めくくった。

アンコールでは映画『君の名は。』制作で知られるコミックス・ウェーブ・フィルムが手がける今夏公開の青春アニメーションアンソロジー『詩季織々』のために書き下ろした主題歌「WALK」を初披露。 さらに「8月8日に2ndシングル「夏の夢/WALK」リリースになります! そして、冬にアルバムを出します! アルバムのツアーも決まってます! 2月10日のZeep Tokyoがファイナルです!」とサプライズ発表した。

「夏の夢/WALK」には『詩季織々』主題歌「WALK」をはじめ、タイトル曲「夏の夢」、カップリング「Black Rover」を収録。サコッシュバッグが付属する数量限定生産BOX盤および通常盤の2形態でリリースされる。

『ビッケブランカ ALBUM TOUR 2019』は2019年1月12日の仙台darwinを皮切りに、2019年2月10日のZepp Tokyoまで全7都市を回る自身過去最高規模のツアーとなる。「夏の夢/WALK」には初回特典として、ツアーのチケット最速先行抽選応募券を封入。チケットの申込期間は8月7日10時から8月19日までとなる。

Photo by 星野健太

■『ビッケブランカ ALBUM TOUR 2019』

【2019年】
1月12日(土) 宮城・仙台darwin
1月14日(月・祝) 北海道・札幌ペニーレーン24
1月19日(土) 福岡・DRUM LOGOS
1月20日(日) 広島・セカンドクラッチ
1月25日(金) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
1月26日(土) 大阪・BIGCAT
2月10日(日) 東京・Zepp Tokyo
※未就学児入場不可

シングル「夏の夢/WALK」

2018年8月8日発売



【数量限定生産BOX盤】(CD+GOODS)
AVCD-94135/¥2,000+税
※サコッシュバッグ付属
【通常盤】 (CD)
AVCD-94136/¥1,200+税
※初回のみ映画『詩季織々』メインビジュアルステッカー封入
<収録曲>
1.夏の夢 
2.WALK(movie ver.)
3.夏の夢(cold water remix)
4.Black Rover(city raven remix)

◎初回封入特典
『ビッケブランカ ALBUM TOUR 2019』チケット最速先行抽選応募券
◎CDショップ先着特典
・タワーレコードオリジナル特典:クリアファイル(A4サイズ)
・その他、CDショップ特典:ポストカード
※先着にて無くなり次第終了となります。
※一部取り扱いのない店舗もございます。



【関連リンク】
ビッケブランカ、ツアー最終公演で新アルバムリリース&全国ワンマンツアー開催を発表
ビッケブランカまとめ
minus(-)、ツアーファイナルをニコ生で独占生中継

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, シングル, アルバム, ツアー

minus(-)、ツアーファイナルをニコ生で独占生中継
Sun, 01 Jul 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

特別番組『minus(-) Tour2018 #2 独占生中継』が7月6日からニコニコ生放送で配信される。同番組では全国ツアー『minus(-) Tour 2018 #2』のツアーファイナルとなる渋谷WWWXでの模様を独占生中継。サポートドラムとしてそれまでの4公演を行ってきた歌川菜穂(赤い公園)にYuumi(DE BESO)が加わり、ツインドラムによるパフォーマンスが繰り広げられるという。

詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

■ニコニコ生放送 『minus(-)Tour2018 #2 独占生中継』

7月06日(金)19:30〜21:30(予定)
出演:minus(-)
■視聴URL
http://live.nicovideo.jp/watch/



【関連リンク】
minus(-)、ツアーファイナルをニコ生で独占生中継
minus(-)まとめ
赤い公園まとめ
DE BESOまとめ
ジョー・ストラマー、新マスタリング&未発表音源収録のアルバム発売

【関連アーティスト】
minus(-), 赤い公園, DE BESO
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トランス, ライブ

ジョー・ストラマー、新マスタリング&未発表音源収録のアルバム発売
Sun, 01 Jul 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ジョー・ストラマーの初のコンピレーション作品『JOE STRUMMER 001』が9月28日にリリースされる。

ザ・クラッシュ時代の作品以外のキャリアを網羅した同作。The 101\'ersやザ・メスカレロス時代の録音、ソロアルバム全作、サウンドトラッといった作品からから、ファンの間での人気曲や未発表楽曲、新たにマスタリングを施された楽曲を収録。完全生産限定のデラックスボックスセット、A4サイズの本が付属される2枚組デラックスCD、2枚組スタンダードCD、4枚組アナログLP盤、デジタル配信の各フォーマットでリリースされる。日本盤については後日発表予定。

全フォーマットに本作独占で収録されるのが、アルバム1枚分の未発表音源。「Czechoslovak Song / Where Is England(チェコスロヴァク・ソング/ホェア・イズ・イングランド)」とタイトルのついた「This Is England(ディス・イズ・イングランド)」の1/2インチ・テープに録音された初期のデモ、1975年にエルギンアヴェニュー101番地で録音された「Letsagetabitarockin\'(レッツァゲッタビッタロッキン)」のソロデモ、ミック・ジョーンズをフィーチャーした「シド&ナンシー」のアウトテイクや未発表曲「Rose Of Erin(ローズ・オブ・エリン)」、自伝的で伝説上の存在だった「The Cool Impossible(ザ・クール・インポッシブル)」、そして2002年録音、ジョーが最後にレコーディングした曲のひとつで、『JOE STRUMMER 001』に収録された中では最後に発見された「London Is Burning(ロンドン・イズ・バーニング)」など12曲が収録される。

ボックスセットやデラックスCDに同梱されるA4サイズの本はジョーの個人的コレクションからのレアおよび未発表の思い出の品々や、歴史的な媒体レビュー、アルバムについての技術的なメモなどが収録される。ジャケットは全フォーマットで、1990年に発行されたジョーのカリフォルニア州の運転免許から抜粋されたものが使用される。

素材のアーカイヴ作業と『JOE STRUMMER 001』はジョーの未亡人ルースとロバート・ゴードン・マクハーグ3世が監修を行なった。 アートワークのキュレーションはロバート・ゴードン・マクハーグ3世が担当。過去にはポール・シムノンと共にザ・クラッシュの『サウンド・システム』ボックス・セット、ジョン・クーパー・クラークのコンピレーション『アンソロジア』を手がけており、『ブラック・マーケット・クラッシュ展』のキュレーションも行なった。 ゴードンは「この本の裏にある意図は、まるでジョー自身がデザインして、自分のストーリーを伝えているかのようなA4判のノートを作るということなんだ。願わくはこれが彼の作品への洞察になるといいね。手書きの歌詞や、個人的なメモ、落書きなんかも入るんだ」とコメントを寄せている。

アルバム『JOE STRUMMER 001』輸入盤

2018年9月28日発売



【デラックス・ボックスセット】
IGN53BOX
※デラックスCD、LP、7インチシングル盤、カセットテープ、Aサイズ・64ページの書籍、エナメルピンバッジ 、アートプリント 、スクリーンプリント 、2リリックシート 、ステッカーシート 、ジョー・ストラマーのカリフォルニア州運転免許証の復刻版封入
<収録曲>
■CD1
1. Letsagetabitarockin\' (2005 Remastered Version) - The 101ers
2. Keys To Your Heart (Version 2) [2005 Remastered Version] - The 101ers
3. Love Kills - Joe Strummer
4. Tennessee Rain - Joe Strummer
5. Trash City - Joe Strummer & The Latino Rockabilly War
6. 15th Brigade - Joe Strummer
7. Ride Your Donkey - Joe Strummer
8. Burning Lights - Joe Strummer
9. Afro-Cuban Be-Bop - The Astro-Physicians
10. Sandpaper Blues - Radar
11. Generations - Electric Dog House
12. It\'s A Rockin\' World - Joe Strummer
13. Yalla Yalla - Joe Strummer & The Mescaleros
14. X-Ray Style - Joe Strummer & The Mescaleros
15. Johnny Appleseed - Joe Strummer & The Mescaleros
16. Minstrel Boy - Joe Strummer & The Mescaleros
17. Redemption Song - Johnny Cash & Joe Strummer
18. Over The Border - Jimmy Cliff & Joe Strummer
19. Coma Girl - Joe Strummer & The Mescaleros
20. Silver & Gold / Before I Grow Too Old - Joe Strummer & The Mescaleros
■CD2(未発表音源)
1. Letsagetabitarockin\' (Strummer Demo) - Joe Strummer
2. Czechoslovak Song / Where Is England - Strummer, Simonon & Howard
3. Pouring Rain (1984) - Strummer, Simonon & Howard
4. Blues On The River - Joe Strummer
5. Crying On 23rd - The Soothsayers
6. 2 Bullets - Pearl Harbour
7. When Pigs Fly - Joe Strummer
8. Pouring Rain (1993) - Joe Strummer
9. Rose Of Erin - Joe Strummer
10. The Cool Impossible - Joe Strummer
11. London Is Burning - Joe Strummer & The Mescaleros
12. U.S. North - Joe Strummer & Mick Jones




【デラックスCD】
IGNCD53X
※Aサイズ・64ページの書籍同封



【スタンダードCD】
IGNCD53
※12ページブックレット



【LP】
IGNLP53X



【関連リンク】
ジョー・ストラマー、新マスタリング&未発表音源収録のアルバム発売
Joe Strummerまとめ
The Crashまとめ
The 101\'ersまとめ
The Mescalerosまとめ

【関連アーティスト】
Joe Strummer, The Crash, The 101\'ers, The Mescaleros
【ジャンル】
洋楽, ニュース, CD, アルバム

FINLANDS、フルアルバム全曲トレーラー映像公開
Sun, 01 Jul 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FINLANDSが7月11日発売のフルアルバム『BI』の全曲トレーラー映像を公開! 同作には全12曲が収録曲されており、公開された映像には「ガールフレンズ」MV撮影時のオフショットや、3月のワンマンライヴでのみ公開された「BI」のMVなどが使用されている。

7月1日からタワーレコード19店舗とディスクユニオン3店舗にてこのトレーラーで使用されている音源が試聴可能となるほか、7月3日からはHMV全店でストアプレイが始まる。あわせてタワーレコード、HMVでは現在FINLANDS旧譜キャンペーンも続行中! FINLANDSの旧譜を購入すると、それぞれオリジナル缶バッジがプレゼントされる。

アルバム『BI』

2018年7月11日発売



【CD+DVD】
FU-017/¥2,500+税
<収録曲>
1.PET
2.ガールフレンズ
3.yellow boost
4.sunny by
5.PLANET
6.勝手に思って
7.ハイライト
8.electro
9.ランドエンドビート
10.ブームダンス
11.プリズム
12.BI

【ライヴ情報】

『ワンマンライブ「BI TOUR ONEMANLIVE」』
9月15日(土) 北海道・札幌COLONY
9月22日(土) 大阪・Shangri-la
10月11日(木) 愛知・名古屋ロックンロール
10月13日(土) 福岡・graf
10月16日(火) 東京・渋谷クアトロ

『BI TOUR』
9月02日 (日) 静岡・UMBER
9月07日 (金) 京都・GROWLY
9月24日(月・祝) 神奈川・横浜FAD
9月29日(土) 福島・clubSONICiwaki
9月30日(日) 宮城・仙台enn3rd
10月04日(木) 千葉・LOOK



【関連リンク】
FINLANDS、フルアルバム全曲トレーラー映像公開
FINLANDSまとめ

【関連アーティスト】
FINLANDS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, CD, アルバム, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1