歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年06月30日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
グドモ、レコ発2マンツアーにBUZZ THE BEARS参戦決定
Sat, 30 Jun 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカの全ツアー『the BEST HIT GMA tour 2018』に参加する全ゲストアーティストが発表された。

同ツアーは初のベストアルバム『The BEST HIT GMA』のリリースを記念して行なわれるもので、全公演ゲストを迎えた2マンの構成で実施。新たに8月7日のKYOTO MUSE、8月8日の岡山IMAGEにBUZZ THE BEARSが出演することが告知され、全出演アーティストが発表された。

チケットは現在販売中。

グッドモーニングアメリカ「the BEST HIT GMA tour 2018」

7月19日(木) 東京・八王子Match Vox
w:TOTALFAT
7月24日(火) 香川・高松DIME
w:ircle
7月25日(水) 福岡・博多Live House CB
w:フラリナリズム
7月26日(木) 熊本・Django
w:フラリナリズム
8月07日(火) 京都・KYOTO MUSE
w:BUZZ THE BEARS
8月08日(水) 岡山・IMAGE
w:BUZZ THE BEARS
8月26日(日) 北海道・DUCE Sapporo
w:Halo at 四畳半
9月11日(火) 宮城・仙台JUNK BOX
w:GOOD4NOTHING
9月22日(土) 愛知・名古屋ElectricLadyLand
w:アルカラ
9月25日(火) 大阪・BIGCAT
w:BIGMAMA
9月28日(金) 東京・マイナビBLITZ赤坂
w:for better, for worse



【関連リンク】
グドモ、レコ発2マンツアーにBUZZ THE BEARS参戦決定
グッドモーニングアメリカまとめ
BUZZ THE BEARSまとめ
ヒスパニ、ミニアルバム発売&ワンマンツアー開催を発表

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ, BUZZ THE BEARS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー

ヒスパニ、ミニアルバム発売&ワンマンツアー開催を発表
Sat, 30 Jun 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ヒステリックパニック、BACK LIFT、Rhythmic Toy Worldが所属する音楽レーベル<BLACK SHEEP RECORDS>が主催するツアー『BLACK SHEEP RECORDS presents We are here!』が、6月29日に名古屋 CLUB QUATTROで幕を閉じた。今回のツアーはアーティストの出演順が東京、大阪、名古屋それぞれの公演で異なり、各公演のトリを務めるバンドのアンコールでは他のバンドのメンバーも参加し、代表曲を演奏した。

6月29日に名古屋 CLUB QUATTROで開催されたツアーファイナルでは、新作EP『666 (TRIPLE SICK’S)』を5月にリリースしたヒステリックパニックがトップバッターを担当。そのステージの中で、今秋ミニアルバムのリリースとそれに伴うワンマンツアーの開催を発表した。共に詳細は後日発表予定だ。

また、

■【ライブ情報】

『 生誕祭』
9月23日(日) 岐阜・柳ケ瀬ANTS
出演:ヒステリックパニック

『ヒステリックパニック 【ワンマン・ツアー(仮)】』
11月15日(木) 札幌・DUCE SAPPORO
11月17日(土) 仙台・enn2nd
11月28日(水) 東京・リキッドルーム
11月30日(金) 金沢・金沢AZ
12月07日(金) 福岡・DRUM Be-1
12月11日(火) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
12月18日(日) 高松・DIME
<2019年>
1月04日(金) 名古屋・Zepp NAGOYA (解禁済み)


EP『666 (TRIPLE SICK’S)』

発売中



VICL-64994/¥1,600+税
<収録曲>
1.Love it!
2.Suicide Squad
3.メリーバッドエンド
4.かえるのうた(ボーナストラック)



【関連リンク】
ヒスパニ、ミニアルバム発売&ワンマンツアー開催を発表
ヒステリックパニックまとめ
みゆはん、アルバム『ひきこもり情報弱者』のダイジェスト映像公開

【関連アーティスト】
ヒステリックパニック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, EP, ライブ

みゆはん、アルバム『ひきこもり情報弱者』のダイジェスト映像公開
Sat, 30 Jun 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

みゆはんが7月4日に発売する1stフルアルバム『ひきこもり情報弱者』のダイジェスト映像を公開した。ジャケットデザインや特典内容をはじめ、楽曲ごとの世界観がイメージ映像やタイアッププロモーション映像、さらにみゆはん自身がSNSに投稿した「ぼくのフレンド」弾き語り映像も収録されている。

『ひきこもり情報弱者』は全12曲を収録。ゲームアプリ『ねこ島日記』新テーマソング「ユーアンダイ」、『プロジェクトイーブイ』テーマソング「イーブイマーチ」、ルミカ『キミは何色?』CMソング「ダンシングメトロノーム」や、カバー曲「なんでもないや」「胡桃の日」「からくりピエロ」が収められている。「からくりピエロ」は原曲作家の40mP本人がアレンジを担当しており、その他の楽曲もmikito、n-bunaといったアレンジャーが参加している。ボーナストラックには「ぼくのフレンド(acoustic ver.)」。

アルバムは通常盤、フォトブック付初回限定盤、アパレル付完全限定限定盤の3形態でリリース。フォトブック付初回限定盤にはみゆはん本人が撮りためてきた未公開の自撮り写真とフォトブック用に撮り下ろした新作写真を収録したオール未公開のCDサイズ豪華フォトブックが付属。アパレル付完全限定限定盤にはフォトブックに加えてみゆはんがプロデュースおよびデザインを手掛けたアパレルひきこもり作業用パンツが同封する。

アルバム『ひきこもり情報弱者』

2018年7月4日発売



【フォトブック付初回限定盤】(CD+フォトブック)
VIZL-1395/¥3,500+税
【アパレル付完全限定限定盤】(CD+フォトブック+オリジナルサルエルパンツ)
VIZL-1394/¥7,000+税

<収録曲>
1.ユーアンダイ
2.なんでもないや
3.輪廻
4.ウワノソラ
5.続・化け猫ワルツ feat. まうくん
6.イーブイマーチ
7.胡桃の日
8.世界の片側
9.ダンシングメトロノーム
10.からくりピエロ
11.帰り道
12.ぼくのフレンド(acoustic ver.)



【通常盤】(CD)
VICL-65022/¥3,000+税



【関連リンク】
みゆはん、アルバム『ひきこもり情報弱者』のダイジェスト映像公開
みゆはんまとめ
40mPまとめ
Mikito Pまとめ
n-bunaまとめ

【関連アーティスト】
みゆはん, 40mP, Mikito P, n-buna
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, トレーラー, CD, アルバム

山崎エリイ、ソロ初の『Animelo』出演&『星の宮殿』限定復活決定
Sat, 30 Jun 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

山崎エリイが 8月24日にさいたまスーパーアリーナで開催される『Animelo Summer Live 2018 “OK!”』に出演することが明らかになった。

同イベントにソロとして出演するのは初となる山崎。オフィシャルYouTubeチャンネルでは山崎にサプライズで出演決定を伝えた時の様子を収めた動画が公開されている。

また、2ndシングル「Starlight」の発売を記念して、文化放送 超!A&G+にて放送されていた『山崎エリイ 星の宮殿』が『山崎エリイ 星の宮殿 〜七夕Special〜」として7月7日に1日限定で復活することも発表された。文化放送サテライトプラス1階で公開収録され、会場で「Starlight」を予約するとお渡し会に参加できる。

『“山崎エリイ 星の宮殿”1日復活公開生放送【山崎エリイ 星の宮殿 〜七夕Special〜】 』

7月7日(土) 東京・文化放送1F サテライトプラス
■番組URL
http://live.nicovideo.jp/watch/lv314097079

【内容】
2ndシングル「Starlight」の発売を記念して、文化放送 超!A&G+にて放送されていた “山崎エリイ 星の宮殿"が【山崎エリイ 星の宮殿 〜七夕Special〜】として7月7日に1日限定復活! 公開生放送を実施! 更に、生放送終了後にはCD予約者対象にお渡し会の開催も!!
※観覧は無料です

また、番組では皆様からのメールをお待ちしています。宛先は、【sag@joqr.net】まで。件名に“山崎エリイ 星の宮殿"と入れてお送りください。

【お渡し会参加方法】
・特典会参加にはお渡し会参加券が必要です。
・お渡し会参加券1枚につき、1回お渡し会に参加できます。
・当日会場にて対象商品を全額内金にてご予約いただいたお客様に対象商品1枚につきお渡し会参加券を1枚差し上げます。
・対象商品のご予約は18:00〜開始します。

【対象商品】
山崎エリイ シングル「Starlight」(8月22日発売)
・初回限定盤 ¥1,900+税
・通常盤 ¥1.300+税

※その他、注意事項
山崎エリイOfficial Music Information:http://columbia.jp/yamazakierii/

シングル「Starlight」

2018年8月22日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZC-1468〜9/¥1,900+税
【通常盤】(CD)
COCC-17487/¥1,300+税
<収録曲>
■CD
1.Starlight
2.Steady
3.Starlight(Instrumental)
4.Steady(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤のみ
「Starlight」MV+メイキング映像



【関連リンク】
山崎エリイ、ソロ初の『Animelo』出演&『星の宮殿』限定復活決定
山崎エリイまとめ
奥田民生、『MTRY TOUR』よりバースデー公演を配信

【関連アーティスト】
山崎エリイ
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, CD, 新曲, ライブ

奥田民生、『MTRY TOUR』よりバースデー公演を配信
Sat, 30 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

奥田民生のツアー『MTRY TOUR 2018』の模様がAmazon Prime Videoで配信されることがわかった。配信されるのは奥田の53歳のバースデーライヴとなった5月12日のカルッツかわさき公演。小原礼(Ba)、湊雅史(Dr)、斎藤有太(Key)とのバンド編成“MTR&Y”と共に、最新アルバム『サボテンミュージアム』収録曲をメインにパフォーマンスした全20曲を115分にわたって収録している。すでに予約受付がスタートしており、7月6日より配信となり視聴が可能になる。レンタルは9月7日より開始。なお、同ライヴ映像は現時点でパッケージ化の予定はないとのこと。

ライブ映像『奥田民生 MTRY TOUR 2018@カルッツかわさき』

2018年7月6日配信スタート



【SD画質】¥3,000(税込)
【HD画質】¥3,500(税込)
<収録曲>
1.MTRY
2.イージュー★ライダー
3.フリー
4.エンジン
5.KYAISUIYOKUMASTER
6.歩くサボテン
7.ミュージアム
8.サケとブルース
9.ゼンブレンタルジャーニー
10.海猫
11.白から黒
12. 鈴の雨
13.イナビカリ
14.ルート2
15.俺のギター
16.いどみたいぜ
17.最強のこれから
18.ヘイ上位
アンコール
19.愛する人よ
20.解体ショー

■購入はこちらから
https://www.amazon.co.jp/dp/B07DTCDVBK
※2018年10月30日までAmazonビデオでの独占配信となります。
※レンタル販売は9月7日配信スタート



【関連リンク】
奥田民生、『MTRY TOUR』よりバースデー公演を配信
奥田民生まとめ
Absolute area、初全国流通盤ジャケ&「ドラマチックサマー」MV公開

【関連アーティスト】
奥田民生
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

Absolute area、初全国流通盤ジャケ&「ドラマチックサマー」MV公開
Sat, 30 Jun 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Absolute areaが8月8日にリリースするミニアルバム『あの夏の僕へ』のジャケット写真とリード曲「ドラマチックサマー」のMVを公開した。

「ドラマチックサマー」MVは楽曲の持つ爽快感を意識しながら、好きな女の子が変わっていくことに切なさを感じているという歌詞を映像内で表すように、バンド側の演奏シーンの色や光の加減が変わっていくという内容。歌詞の中にある儚さも意識した仕上がりとなっている。

また『あの夏の僕へ』の先行予約特典も発表。タワーレコード全店およびタワーレコードオンラインで7月10日までに予約すると、「ドラマチックサマー」のMVに登場する女性のシルエットの線画をあしらった缶バッヂがプレゼントされる。

Absolute areaは平均年齢19歳の3ピースバンド。2017年から現編成で活動しており、これまでに『YHMF』『MusicRevolution』『未確認フェスティバル2017』でファイナリストに選出されているほか、インディーズ活動支援アプリ“Eggs”の2017年年間楽曲ランキングで「ひと夏の君へ」が1位を獲得。10万回以上再生されている。 そして、8月25日にタワーレコード渋谷店でのインストアライヴ、9月7日に下北沢MOSAiCでワンマンライヴを予定している。

ミニアルバム『あの夏の僕へ』

2018年8月8日発売



EGGS-033/¥1,600+税
<収録曲>
1.ドラマチックサマー
2.失恋歌
3.がらくた
4.ひと夏の君へ
5.My home town
6.reborn

【イベント/ライブ情報】

『あの夏の僕へ』発売記念インストア・イベント
8月25日(土)13:00〜  東京・タワーレコード渋谷店4F イベントスペース
内容:ミニライヴ&サイン会

『Absolute area one-man live 2018「ドラマチックサマー」』
9月07日(金)  東京・下北沢MOSAiC



【関連リンク】
Absolute area、初全国流通盤ジャケ&「ドラマチックサマー」MV公開
Absolute areaまとめ
doa、夏満載の「愛LAND」MV公開&アルバム連動企画も

【関連アーティスト】
Absolute area
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, ミニアルバム, ライブ

doa、夏満載の「愛LAND」MV公開&アルバム連動企画も
Sat, 30 Jun 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

doaが7月4日にリリースされる11枚目のオリジナルアルバム『ISLAND』より、新曲「愛LAND」のMVを公開した。海、砂浜、パームツリーといったロケーションの中、メンバーが“ISLAND”にたどり着いたシーンから始まる構成となっている。

約2年半ぶりにリリースされるアルバム『ISLAND』のテーマは“大人の夏休み”。毎日仕事や勉強、家事、育児に追われ、自分だけの時間を取ることが難しい大人世代へ向けて、ストレスを発散できるような全12曲を収録しているという。

doaは7月16日から全国ツアー『doa LIVE Tour 2018 ?ISLAND?』を開催。また、8月12日に三浦海岸で行なわれる音楽イベント『OTODAMA SEA STUDIO』への出演が決定している。

なお、連動特典としてアルバム『ISLAND』を購入して同ツアーに参加すると、「愛LAND」のMV及びオフショット映像を収録した特典DVDがライヴ会場でプレゼントされる。

アルバム『ISLAND』

2018年7月4日発売



GZCA-5282/¥3,000+税
<収録曲>
1. 愛LAND
2. HOME SWEET HOME
3. SATURDAY NIGHT FEVER
4. HERO
5. シアワセ
6. エンヤコラ
7. シェイブアイス
8. オンリーユー
9. You belong to me
10. BURNIN\' BURNIN\'
11. MAYDAY
12. Everybody 今この時を輝いて


【ライブ情報】

『doa LIVE Tour 2018 ?ISLAND?』
7月16日(月・祝) 広島・広島クラブクアトロ
7月21日(土) 愛知・ダイアモンドホール
7月28日(土) 大阪・Umeda CLUB QUATTRO
7月29日(日) 北海道・札幌 Space Art Studio
8月11日(土・祝) 千葉・LOOK
8月14日(火) 東京・新宿ReNY
9月17日(月・祝) 福島・いわきPIT
9月18日(火) 神奈川・新横浜 NEW SIDE BEACH!!
9月24日(月・祝) 福岡・Gats\'s7
※6歳未満入場不可

■『doa LIVE Tour 2018 ?ISLAND?』特設サイト
http://d-o-a.jp/tour2018_island/

『OTODAMA SEA STUDIO 2018 supported by POCARI SWEAT 〜地元の集い 2018〜』
8月12日(日) 神奈川・OTODAMA SEA STUDIO
出演:doa/WEAVER/クレイ勇輝/つるの剛士/ミノタウロス/ロザリーナ(オープニングアクト)
※4歳以上要チケット



【関連リンク】
doa、夏満載の「愛LAND」MV公開&アルバム連動企画も
doaまとめ
『アイドルマスター シャイニーカラーズ』CDリリースイベント開催

【関連アーティスト】
doa
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム, 新曲, ツアー

『アイドルマスター シャイニーカラーズ』CDリリースイベント開催
Sat, 30 Jun 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 01 Spread the Wings!!』の発売記念イベントが6月24日に開催された。同作はスマートフォン向けブラウザゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ』のCDシリーズ第1弾。イベント2部制となり、東京会場にはイルミネーションスターズと放課後クライマックスガールズのメンバーが出演し、楽曲やユニットに関するトーク、ラジオ『アイドルマスター シャイニーカラーズ はばたきラジオステーション』の公開録音、ライヴステージを披露した。

東京会場の第1部にはイルミネーションスターズの櫻木真乃役の関根瞳、風野灯織役の近藤玲奈、八宮めぐる役の峯田茉優ががユニット衣装スパークルイルミネーションを着て登場。会場に詰めかけたファンから歓声があがる。

初イベントということで3人とも緊張の面持ちは隠し切れない。特に関根はこのようなイベントへの出演自体が初めてという。 しかし、峯田発信で「一致団結して頑張ろう!  3人の気持ちをひとつにしたい」とメッセージを送り合ったそうで、冒頭からユニットの絆を感じさせてくれた。

イベント前半はトークパート。独特の感性を持つ近藤がスパイスとなり、峯田がツッコミつつ、関根がふんわりした雰囲気で包み込みながら、楽曲や自分たちについてのトークを展開。表題曲の「Spread the Wings!!」には“翼を広げる”に加えて“新たなことに挑戦する”という意味も込められており、まさに「シャイニーカラーズ」にぴったりだと嬉しそうな表情を浮かべていた。

続く『イルミネ推しポイント』のコーナーでは、「イルミネーションスターズを推すとこんないいことがある」というポイントを紹介。関根は真乃だけじゃなく3人で喋っている様子全部に癒されるという意味で「癒しの3人!」、近藤は「光合成できる」と回答。一見すると不思議な内容だが、その真意は「植物が育つには太陽の色(黄色)と水の色(青)、愛情の色(ピンク)がいるんですよ」というもの。さらに、峯田は真乃が癒し系、灯織がクール系、めぐるが元気系ということで、「絶妙なバランス」がポイントだとまとめていた。

『シャニラジ』公開録音では、ラジオ内で行っている『目指せ!オンリーワンアイドル!』をステージ上で実施。お題に当てはまる人数が1人だったら成功、複数人や0人だったら失敗というもので、ここでも3人の個性や普段の雰囲気が垣間見えるコーナーとなった。公開録音の内容は後日配信予定だ。

最後はライヴパート。3人が中央に集まり「輝きをみんなに届けよう! イルミネーションスターズ!」と腕を突き上げて気合を入れ、「Spread the Wings!!」「Multicolored Sky」を披露。ふんわり優しさに溢れる関根、凛とした力強さの近藤、明るく元気な峯田と、初ステージにしてその姿はまさに演じるアイドルそのもの。第一歩を踏み出したステージにプロデューサーたちから温かいコールや歓声が沸き起こっていた。

改めてイベントの感想や感謝の言葉を述べ、これからもプロデュースして欲しいと呼びかける3人。そして、これからの飛翔を感じさせるような関根さんの「プロデューサーの皆さん!これからもアイマスですよ!(アイマス !!)」の掛け声で、記念すべき初めてのイベントは終了となった。

第2部には放課後クライマックスガールズの小宮果穂役の河野ひより、 園田智代子役の白石晴香、西城樹里役の永井真里子、杜野凛世役の丸岡和佳奈、有栖川夏葉役の涼本あきほが登場。 ユニット衣装“ブレイブヒーロージャージ"は、個性と個性のぶつかり合う彼女たちを象徴するビビッドな5色が目を引く。 完全再現した衣装に身を包んであいさつした5人は、プロデューサーたちの歓声にたまらないといった様子を見せていた。

そんな5人のトークはわちゃわちゃしていて楽しさいっぱい。楽曲の話題では「曲をもらった時、家まで待てなくて電車の中で聴いてボロボロ泣いた」「小学6年生の時にどんな感じに歌っていたかを考えた」などと振り返る。一緒に練習している時もすごくワクワクしたのだとか。さらに、自分たちのあだ名の話題にもなり、丸岡は“わかさま”、白石は“はるすけ”、河野は“ぴよちゃん”、永井は“ながどん”、涼本は“すずもん”もしくは“あき姉”と呼ばれていることを明かしていた。

続いては、ユニットの推しポイントを紹介する『放課後クライマックスガールズ推しポイント』のコーナー。それぞれ名前や特徴に絡めて「個性が最大の魅力。あと、とーっても大きな愛を受けられるよ!」(丸岡)、「5人と一緒にあま〜い?青春を過ごせますように!!チョコだけに」(白石)、「保護者の気持ちになれる」(河野)、「全力全開アドレナリン!! だぜ!」(永井)、「メンタルと筋肉がきたえられる。わよ」(涼本)とポイントを挙げる。わちゃわちゃしているうちにメンタルも筋肉も鍛えられると説明した涼本は、夏葉のカードイラストのようにダンベルと君主論を持ち歩いているらしく、それを暴露されて恥ずかしそうにする一幕もあった。

公開録音パートでは、お題に対する5人の回答がバラバラなら成功という『放課後凸凹(でこぼこ)ガールズ』のコーナーを実施。 お題に当てはまりつつ他の人と被らないような上手い回答や、審議が必要そうな回答などさまざま飛び出して楽しませてくれた。 公開録音の内容は後日配信予定だ。

最後は「Spread the Wings!!」「Multicolored Sky」のライブを披露。曲自体は1回目と同様だが、冒頭の河野さんのソロパートから放課後クライマックスガールズらしさが際立つ。可愛さ、力強さ、しっとりした優雅さといった歌声はもちろんのこと、間奏でジャンプするほどの元気いっぱいな動きやダイナミックなダンスなど5人の個性が気持よくぶつかりあっていた。歌いきり安堵の表情を浮かべた5人は、「もっと大きなステージで歌いたい」と今後への意気込みを力強く口に。そして、河野さんが元気いっぱいにいつもの言葉を披露して、ステージを締めくくった。

シングル「THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 01 Spread the Wings!!」/シャイニーカラーズ

発売中



LACM-14781/¥1,300+税
<収録曲>
1.Spread the Wings!!
2.Multicolored Sky



【関連リンク】
『アイドルマスター シャイニーカラーズ』CDリリースイベント開催
イルミネーションスターズまとめ
放課後クライマックスガールズまとめ
フジファブリック、大阪城ホール公演開催発表&3カ月連続配信フィナーレ

【関連アーティスト】
イルミネーションスターズ, 放課後クライマックスガールズ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, アニメ・声優, ニュース, CD, 新曲, ライブレポ

フジファブリック、大阪城ホール公演開催発表&3カ月連続配信フィナーレ
Sat, 30 Jun 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックが来年10月20日に山内総一郎(Vo)の地元である大阪の大阪城ホールでライヴを開催することを発表した。凱旋ライヴはこれまでも志村正彦、金澤ダイスケ、加藤慎一の地元でバンドの節目ごとに開催されていたが、来年2019年にデビュー15周年を迎えることを記念して行なわれる同公演は山内の地元で実施。この発表にあわせて大阪城で撮影されたアーティスト写真も公開となった。

また、3カ月連続配信限定シングルリリース企画第3弾となる「手紙」の配信がスタート。”故郷”への想い、支えてくれた友や家族への感謝など、山内が今だからこそ歌える“ふるさと”の曲となっている。 オフィシャルYouTubeチャンネルではティザー映像も公開。 山内が自身の地元大阪にて幼少期から音楽を志すまで過ごした街を、山内自らの目線で撮影してきた映像で構成され、 縦型のスマートフォン用の動画仕様となっている。

さらに、フジファブリック15周年スペシャルサイトがオープン。デビュー15周年に際して、今後発表されていく“15の発表”にまつわる様々な情報が発信されていく特設サイトになる。 また、山内総一郎のオフィシャルTwitterアカウントも開設された。

■フジファブリック15周年SPECIAL SITE
http://www.fujifabric.com/special/15th/

配信シングル「手紙」

配信中



■配信URLはこちら
https://smar.lnk.to/ahrBMWN

■【ライヴ情報】

『フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019「IN MY TOWN」』
2019年10月20日(日) 大阪・大阪城ホール

『フジファブリック 2マンツアー“フジフレンドパーク 2018”』
※終了分は割愛
7月06日(金) 愛知・Zepp Nagoya
w:東京スカパラダイスオーケストラ
7月13日(金) 東京・Zepp DiverCity TOKYO
w:竹原ピストル
7月14日(土) 東京・Zepp DiverCity TOKYO
w:ユニコーン



【関連リンク】
フジファブリック、大阪城ホール公演開催発表&3カ月連続配信フィナーレ
フジファブリックまとめ
the peggies、鈴木友菜とフレントが出演する「サマラブ超特急」MV公開

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, シングル, 配信, ライブ

the peggies、鈴木友菜とフレントが出演する「サマラブ超特急」MV公開
Sat, 30 Jun 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

the peggiesの新曲「サマラブ超特急」のMVが公開された。

MVでは北澤ゆうほ(Vo&Gt)の実家である神保町の老舗洋古書店・北沢書店を舞台に、女性客役と女性客に想いを寄せる男性店員の物語が展開。女性客はファッションモデルの鈴木友菜、男性店員役には株式会社VAZ所属のYouTuberフレントが起用されており、 夏の海岸や真っ赤なクラシックオープンカーといった夏を最大限に感じさせるロケーションも要注目だ。

現在配信中の「サマラブ超特急」は7月5日にリリースされる新作EP『なつめきサマーEP』に収録。同日には渋谷WWW Xでツアー『the peggies ワンマンツアー とびだせ ペギちゃんマン!〜とべ!とべ!ペギちゃん〜 』の最終公演を行ない、ライブの模様はニコニコ生放送で生中継される。

配信EP『なつめきサマーEP』

2018年7月5日配信開始



<収録曲>
1.サマラブ超特急
2.かみさま
3.ボーイミーツガール
4.ちゅるりらサマフィッシュ〜ラブリーサマーちゃんRemix〜

◎iTunes予約注文特典
・メンバー直筆サイン&コメント入暑中見舞い
受付期間:6月17日(金)0:00〜7月4日まで ※申込み数が定員に達した時点で終了となります。
条件:iTunesのアルバム予約画面をスクリーンショットを撮影、特設フォームから送信すると先着300名に、the peggiesのメンバーより直筆サイン&コメント入の暑中見舞いが届く。
※お申込みはこちら→http://thepeggies.jp/news/archive/?495861
・ライブ会場限定 北澤ゆうほ オリジナルデザインピック
条件:6月17日(金)〜7月5日(木)に行われるツアーのライブ会場で、iTunes予約注文済のスマートフォンの画面を提示するとthe peggies北澤ゆうほがデザインしたオリジナルピックをプレゼント!

■ダウンロード・予約はこちら:https://erj.lnk.to/YfImwWN

『the peggies ワンマンツアー とびだせ ペギちゃんマン!〜とべ!とべ!ペギちゃん〜 』

7月5日(木) 東京・渋谷WWW X

■ニコニコ生放送の配信URLはこちら
http://live.nicovideo.jp/watch/lv314079858



【関連リンク】
the peggies、鈴木友菜とフレントが出演する「サマラブ超特急」MV公開
the peggiesまとめ
sumika、日本武道館3days初日は5周年記念イベント

【関連アーティスト】
the peggies
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, 新曲, EP, ツアー

sumika、日本武道館3days初日は5周年記念イベント
Sat, 30 Jun 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月17日に結成5周年を迎えたsumikaが、6月29日に日本武道館で『無料招待イベント・sumika 5th Anniversary「Humor」』を開催! 2013年の初ライヴと同じ曲順でのパフォーマンス、事前に募集した質問等に答えるトークコーナーや、sumikaを支えているスタッフの紹介VTRなど歩んできた5年間を来場したファンと共に振り返った。

また、この日のためだけに作られた劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の「sumika 5th Anniversary『Humor』」特別バージョン予告編が会場で流され、オープニングテーマ「ファンファーレ」に加え、主題歌の一部が初公開となり、一足先に来場したファンに届けられた。主題歌「春夏秋冬」が使用された劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の特報映像は追って発表になるとのこと。

なお、sumikaはツアー本編として6月30日、7月1日にも日本武道館で公演を行ない、ツアーは7月18日の大阪・フェスティバルホール公演でファイナルを迎える。 また7月24日には劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』完成披露試写会にスペシャルゲストとして参加する。

photo by 後藤壮太郎

【セットリスト】
1.雨天決行
2.カルチャーショッカー
3.イナヅマ
4.ほこり
5.FUN

『sumika Live Tour 2018 “Starting Caravan”』

※終了分は割愛
6月30日(土) 東京・日本武道館
7月01日(日) 東京・日本武道館
7月14日(土) 京都・ロームシアター京都
7月17日(火) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
7月18日(水) 大阪・フェスティバルホール

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』完成披露試写会

7月24日(火) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
登壇者:牛嶋新一郎/高杉真宙/Lynn/藤井ゆきよ/内田雄馬/sumika



【関連リンク】
sumika、日本武道館3days初日は5周年記念イベント
sumikaまとめ
城 南海、全国ツアーの東京公演に富貴晴美がゲスト出演決定

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, セットリスト, ライブレポ, 主題歌, 映画

城 南海、全国ツアーの東京公演に富貴晴美がゲスト出演決定
Sat, 30 Jun 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

城 南海が6月20日(水)にリリースした通算12枚目のシングル「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」を引っさげた全国ツアー『ウタアシビ2018夏』が6月30日(土)に名古屋公演を皮切りにスタートする。同ツアーの7月8日(日)恵比寿ガーデンホール公演に、スペシャルゲストとして大河ドラマ『西郷どん』の音楽を担当している富貴晴美の出演が決定した。

今作に収録されるNHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌「愛加那」「愛、奏でて」と大河紀行のテーマ「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」も富貴晴美とともに作り上げた楽曲ということもあり、恵比寿ガーデンホールが『西郷どん』の世界観に染まる演出に期待が高まる。

また、今回のツアーでは会場限定で自身初となるMusic Clip集も発売! 特典CDには、本人描き下ろしの新曲「ひとつになれなら」も収録され、ツアー会場でMusic Clip集とシングル「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」を購入すると、本人サイン入りポスターのプレゼントも用意されているので、会場に足を運んだ際にはぜひチェックしてほしい。

『ウタアシビ2018夏』

6月30日(土) 愛知・ダイアモンドホール
7月01日(日) 大阪・なんばHatch
7月07日(土) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
7月08日(日) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
7月16日(月・祝) 鹿児島・CAPARVOホール
7月21日(土) 神奈川・ランドマークホール
<チケット>
全席指定¥5,500(税込/ドリンク代別)
チケット一般発売中

シングル「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」

発売中



PCCA.04693/¥1,080(税込)
<収録曲>
M1 西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜
M2 愛加那
M3 愛、奏でて
※「愛加那」の三味線弾き語りバージョン

DVD『城 南海 Music Clip Collection』

2018年6月30日(土)発売
※『ウタアシビ2018夏』会場限定販売
※先行予約受付期間:各公演日の3日前の23:59まで



BRBP-00077/¥4,900(税込)
<収録予定楽曲>
■DVD
01.アイツムギ
02.誰カノタメニ
03.白い月 
04.太陽とかくれんぼ   
05.ルナ・レガーロ 〜月からの贈り物〜
06夢の地図 
07.童神 〜私の宝物〜
08.ずっとずっと 
09.兆し 
10.アイツムギ (2012version) 
11.チョネジア 〜天崖至?〜  
12.ただ一つ 
13.月と月 
14.晩秋  
15.あなたに逢えてよかった 
-Bonus(※NHK「みんなのうた」より)-
01.あさな ゆうな
02.夢待列車
■CD
M1 ひとつになれたなら
M2 ひとつになれたなら(カラオケ)

◎封入特典 :ミニフォトブック
オフィシャルファンクラブサイト南海人“みなみんちゅ”にご入会いただいている方のみご予約が可能です。
https://fc.kizukiminami.com/



【関連リンク】
城 南海、全国ツアーの東京公演に富貴晴美がゲスト出演決定
城 南海まとめ
富貴晴美まとめ
Brian the Sun、メンバープロデュースによる自主企画イベントの詳細解禁

【関連アーティスト】
城 南海, 富貴晴美
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, コラボ, TVドラマ, 主題歌

Brian the Sun、メンバープロデュースによる自主企画イベントの詳細解禁
Sat, 30 Jun 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪在住の4人組ロックバンドBrian the Sunが開催する、メンバープロデュースによる自主企画イベント『Brian the Sun presents「Four Bright Lights」』の概要が明らかになった。

この自主企画は、5月27日になんばハッチで開催された全国ツアー『the Sun』の最終日に発表されたもの。9月20日(木)下北沢GARDEN公演は森 良太(Vo&Gu)、9月22日(土)大阪・梅田クラブクアトロ公演は白山治輝(Ba)、12月11日(火)東京・代官山UNIT公演を田中駿汰(Dr)、12月22日(土)大阪・心斎橋BIGCAT公演を小川真司と、担当メンバーが各公演をプロデュースする。

Brian the Sunのメンバーの個性が表現されたスペシャルなライブになること間違いなしの4日間を、ぜひ逃さず体感してほしい。

■『Brian the Sun presents 「Four Bright Lights」』

■森良太プロデュースDay
9月20日(木) 東京・下北沢GARDEN
■白山治輝プロデュースDay
9月22日(土) 大阪・梅田クラブクアトロ
■田中駿汰プロデュースDay
12月11日(火) 東京・代官山UNIT
■小川真司プロデュースDay
12月22日(土) 大阪・心斎橋BIGCAT

<チケット>
スタンディング前売¥3,500(税込・ドリンク代別途)※全会場共通
■Brian the Sun FC「Brian the Sun mobile」先行発売
6月29日(金)12:00(正午)〜
■一般発売
9月公演:8月11日(土)AM10:00
12月公演:10月27日(土)AM10:00



【関連リンク】
Brian the Sun、メンバープロデュースによる自主企画イベントの詳細解禁
Brian the Sunまとめ
松山千春、全国コンサートツアーが地元・北海道2DAYSにて完結

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

松山千春、全国コンサートツアーが地元・北海道2DAYSにて完結
Sat, 30 Jun 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フォークシンガーの松山千春(62)の春の全国コンサートツアー『弾き語り』が、6月27日の北海道・札幌ニトリ文化ホールでファイナルを迎えた。北海道をテーマにしたカバーアルバム『北のうたたち』を携えてのこの弾き語りツアーは、埼玉・越谷公演を皮切りにギター1本で全国18都市22公演のステージを繰り広げてきた。

松山にとって、地元・札幌でのファイナル公演は感慨深いものがあった。公演が行なわれたニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)が2018年9月で閉館し、建て壊されることが決まっているからだ。同ホールは1971年に北海道厚生年金会館としてオープンし、2400人の収容人数は北海道で最大のものだったが、2008年に札幌市が入札、ネーミングライツで10年から現在のニトリ文化ホールとなっていた。

“俺にとって、このホールは41年前、デビューして一番最初に立ったホールだからな。それは色々な思い出が残っているよ。まさか、こんな日がくるとは思わなかった”。松山にとっては77年1月に「旅立ち」でデビューして、その年の8月8日に初めて立ったステージ。デビュー後は毎年春と秋のツアーを欠かさず行ない、すでに2500本を超えるステージを繰り広げているが、ファイナル公演は同ホールで開催するのが恒例だった。

地元イベント関係者によると、松山の同ホール使用回数はデビュー以来、百数十本はやっているという。“2番目の高橋真梨子でさえ四十数本ですから圧倒的な本数です。全国の厚生年金会館が消えて行く中で名称が変わっても残って来たのは、このホールに対する松山の思入れに周りが共鳴したからです”と語られるほど、まさに松山にとっては“聖地”だった。同ホールの閉館後、札幌市の文化芸術の新たな拠点としてテレビ塔脇に『札幌文化芸術劇場』が10月にオープンする。収容人数は2300席と、現在のニトリ文化ホールに比べるとやや少ないが、北海道では新たな音楽の発信拠点になる。

そういった中で今回、ギター1本で全国を回ってきた弾き語りツアー。デビュー以来41年ぶりの開催とあり“フォークシンガーとして原点に戻ったライブにしたかった”と話していた。特に2018年は、出身地・北の大地が“北海道”と命名されて150年目に当たることも今回の企画に反映した。最新のカバーアルバム『北のうたたち』では、北島三郎の名曲「風雪流れ旅」をはじめ、高倉健が主演した「網走番外地」、バーブ佐竹の「ネオン川」、さらには、旭川育ちの藤圭子のヒット曲「夢は夜ひらく」、そして、トワ・エ・モアが歌った札幌オリンピックのテーマ「虹と雪のバラード」など、北海道にゆかりのある楽曲ばかり5曲を千春が選りすぐって収録。コンサートではその中から「風雪流れ旅」と「網走番外地」を弾き語りで熱唱した。

他にも「君にために作った歌」「恋」や「燃える日々」「長い夜」「大空と大地の中で」など全18曲を歌い上げ、思い出のステージに別れを告げた。7月16日(月・祝)には松山千春にとって32年ぶりとなる日比谷野音でのライブ『FM NACK5 30th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE アサヒ緑健 Presents 松山千春 ON THE RADIO in 野音』が開催される。

【セットリスト】
■6月26日(火)公演
<本編>
1.君のために作った歌
2.もう一度
3.あたい
4.恋
5.電話
6.燃える日々
7.純
〜インターバル〜
8.伝言
9.網走番外地
10.風雪流れ旅
11.虹と雪のバラード
12.ガリレオ
13.生きている
14.途上
15.真っ直ぐ
<アンコール>
1.浜辺
2.長い夜
3.大空と大地の中で
<ダブルアンコール>


■6月27日(水)公演
<本編>
1.君のために作った歌
2. あたい
3. 銀の雨
4.恋
5.電話
6.燃える日々
7.純
〜インターバル〜
8.伝言
9.網走番外地
10.風雪流れ旅
11.虹と雪のバラード
12.ガリレオ
13.生きている
14.途上
15.真っ直ぐ
<アンコール>
1.青春II
2.長い夜
3.大空と大地の中で
<ダブルアンコール>


『FM NACK5 30th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE アサヒ緑健 Presents 松山千春 ON THE RADIO in 野音』

7月16日(月) 東京・日比谷野外大音楽堂
16:30開場/17:30開演(予定)
チケット:¥8100(税込)

ミニアルバム『北のうたたち』

発売中



COCP-40365/¥2,000(税込)
<収録曲>
1.網走番外地
(原作:伊藤一/替歌:タカオ・カンベ /採譜:山田栄一/編曲:夏目一朗)
2.ネオン川
(作詞:横井弘 /作曲:佐伯としを/編曲:夏目一朗)
3.虹と雪のバラード
(作詞:河邨文一郎/作曲:村井邦彦/編曲:夏目一朗)
4.夢は夜ひらく
(作詞:石坂まさを/補作詞:松山千春/作曲:曽根幸明/編曲:夏目一朗)
5.風雪ながれ旅
(作詞:星野哲郎/作曲:船村徹/編曲:夏目一朗)



【関連リンク】
松山千春、全国コンサートツアーが地元・北海道2DAYSにて完結
松山千春まとめ
DIR EN GREY、約3年9カ月ぶりのニューアルバム『The Insulated World』発売決定

【関連アーティスト】
松山千春
【ジャンル】
ニュース

DIR EN GREY、約3年9カ月ぶりのニューアルバム『The Insulated World』発売決定
Sat, 30 Jun 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DIR EN GREY待望のニューアルバム『The Insulated World』が9月26日(水)にリリースされることが決定した。“隔離された世界”を意味するタイトルが冠された本作は、2014年12月10日に発表されたアルバム『ARCHE』から約3年9カ月ぶりとなる通算10作目のオリジナルアルバム。収録曲は今のところ不明だが、2018年4月にリリースされた最新シングル「人間を被る」でその片鱗を感じさせた“DIR EN GREYの今”が凝縮された内容に期待できそうだ。

アルバム『The Insulated World』は、Blu-spec CD2仕様のアルバム本編に特典CDと特典Blu-ray/DVDを加えた3枚組の完全生産限定盤、アルバム本編CD+特典CDからなる初回生産限定盤、アルバム本編CDのみの通常盤という3形態4仕様を用意。6月30日(土)よりオンラインストアを含む全国CD取り扱い店舗での予約が順次スタート!

さらに、タワーレコード、TSUTAYA、HMV、Amazonではアルバム予約購入者を対象とした特典も用意! 完全生産限定盤および初回生産限定盤は生産数量限定商品となるため、確実に手に入れるためには8月10日(金)までに取り扱い店舗にて予約が必要となる。また、このリリースを記念したインストアイベントも予定されており、スケジュールは追ってアナウンスされるのでお楽しみに。

8月2日(木)からは久しぶりのヨーロッパ公演を含むツアー『TOUR18 WEARING HUMAN SKIN』も開催され、同ツアーのチケット先行受付は7月1日(日)18:00まで実施中なので、こちらもお忘れなく。

アルバム『The Insulated World』

2018年9月26日(水)発売



【完全生産限定盤】
■Blu-ray(Blu-spec CD2*+特典CD+特典Blu-ray)
SFCD-0229〜231/¥9,000+税
■DVD(Blu-spec CD2*+特典CD+特典DVD)
SFCD-0232〜234/¥8,000+税
※29thシングル「人間を被る」【完全生産限定盤】との連動特典専用応募ハガキ封入

【初回生産限定盤】(CD+特典CD)
SFCD-0235〜236/¥3,400+税

【通常盤】(CD)
SFCD-0237/¥3,000+税

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。
※完全生産限定盤・初回生産限定盤は、生産数量限定商品となります。確実にお買い求めいただくには8月10日(金)までにお取扱い店舗にてご予約くださいませ。

Manufactured by FIREWALL DIV.
Distributed by Sony Music Marketing Inc.


『TOUR18 WEARING HUMAN SKIN』

8月02日(木) 京都・ロームシアター京都メインホール -「a knot」only-
8月03日(金) 京都・ロームシアター京都メインホール -「a knot」only-
8月07日(火) 神奈川・CLUB CITTA\' -「a knot」only-
8月08日(水) 神奈川・CLUB CITTA\' -「a knot」only-
8月11日(土・祝) 宮城・仙台PIT
8月12日(日) 宮城・仙台PIT
8月23日(木) 東京・東京国際フォーラム・ホールA
8月24日(金) 東京・東京国際フォーラム・ホールA
8月28日(火) 福岡・福岡市民会館
8月30日(木) 大阪・なんばHatch
8月31日(金) 大阪・なんばHatch
9月04日(火) 新潟・新潟LOTS
9月05日(水) 新潟・新潟LOTS
9月14日(金) 愛知・Zepp Nagoya
9月15日(土) 愛知・Zepp Nagoya

<OVERSEAS (EUROPE)>
10月06日(土) AURORA HALL -ST.PETERSBURG / RUSSIA-
10月07日(日) RED HALL -MOSCOW / RUSSIA-
10月10日(水) THE CIRCUS-HELSINKI / FINLAND-
10月12日(金) PROGRESJA -WARSAW / POLAND-
10月14日(日) LE TRIANON -PARIS / FRANCE-
10月16日(火) THE ELECTRIC BALLROOM -LONDON / UK-
10月18日(木) NEUE THEATERFABRIK -MUNICH / GERMANY-
10月19日(金) LIVE MUSIC HALL -COLOGNE / GERMANY-



【関連リンク】
DIR EN GREY、約3年9カ月ぶりのニューアルバム『The Insulated World』発売決定
DIR EN GREYまとめ
ザ・フーパーズ 陽稀&未来、『COLORS2018』出演の抱負は「“イケメン女子”という新たな文化を広めたい」!

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, リリース, ツアー, チケット

ザ・フーパーズ 陽稀&未来、『COLORS2018』出演の抱負は「“イケメン女子”という新たな文化を広めたい」!
Sat, 30 Jun 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7人組ボーイッシュガールズグループとして活動するザ・フーパーズの、2年振り2度目となる『COLORS』出演が決定! メンバーの陽稀は学生時代に主催のESP学園に在籍&4カ月の活動休止から復帰したばかりということで、その意気込みも大きい。彼女らのコンセプトである“イケメン女子”について、ヴォーカルリーダーの未来とともに語ってくれた。

――『COLORS2018』の出演が決定して共演陣を知らされた時、率直にどう思われました?

未来:
率直に言うと“SILENT SIRENさんが出る、やった!”って(笑)。新木場COASTのステージに立てる機会もなかなかないので、もちろん嬉しかったです。

陽稀:
私はESP出身なので学生時代に授業の一環として『COLORS』は観に行っていたんですけど、すごく特別感があったんですよ。大きなイベントですごく楽しかったし、しかも、その時にもSILENT SIRENさんが出演していたので“あの時観た人と一緒に出られる!”ってなりました(笑)。あとSHAZNAさんは親の世代から聴いて知っていますし、新メンバーのドラムの夏芽さんがESP出身ということで、ライヴを拝見するのがすごく楽しみです。

――今回の出演者は全バンド初めての顔合わせですよね。ちなみにザ・フーパーズは7人組ですが、おふたりはグループの中で何担当なんでしょう?

未来:
私はヴォーカルリーダーを務めてます。ザ・フーパーズは全員歌うんですけど、最初に私がレコーディングをして、全員分の仮歌を入れるんですよ。

陽稀:
それを聴いて他のメンバーは曲を覚えるし、ライヴでも未来は歌割りが多い中で踊ってるからすごいなと。私は“煽リーダー”として、ライヴになると率先して声出してます。例えば“盛り上がっていけんのか!”とか(笑)。もともとヴィジュアル系が好きなんで、自分の中に“ライヴ=煽り”っていうのがあったんですよ。最初はやってなかったんですけど、海外でライヴをした時に“日本語が通じない中でどう盛り上げるか?”ってところから始まったんですよね。

未来:
体調不良で陽稀が休養してた時はライヴが大人しくなっちゃったような感じがあって、やっぱり煽リーダーの存在は大きかったんだなぁと改めて思いました。あとはファッションリーダーでもあって、トークイベントや撮影の衣装を考えてくれたりするんですよ。メンバーだからこそ仲間の個性をより分かってくれていて、それぞれに合ったものを毎回ちゃんと持ってきてくれるんです。

――では、そんなおふたりから、今回共演するアーティスト陣に何か聞いてみたいことや話したいことってあります?

未来:
素人くさいかもしれないんですけど、“どうやって歌詞を覚えますか?”とか。私、ヴォーカルリーダーのくせに歌詞を覚えるのがめっちゃ苦手なんですよ! ソロライヴもやってて人前で歌う機会は多いのに間違えやすいんです(笑)。あとは間違えちゃった時の対処法とか、ほんといろんな人に聞いて回りたい!

陽稀:
何年やってんだよ(笑)。自分はSHAZNAさんに、性別を超えて中性的であることの意識をうかがいたいですね。それこそヴォーカルのIZAMさんとか、女性のように美しい男性アーティストの元祖じゃないですか。逆に私たちは“イケメン女子”をコンセプトにしたグループなので、女性っぽくあるためにどんなことを意識しているのか? 例えば美容とか仕草にはどのように気を遣っているのか、気になりますね。

――今お話に出た“イケメン女子”を具体的に言うと?

未来:
私たちって男性には出せない、女の子がイケメンになるからこそ生まれる綺麗な部分を自分たちの強みとして打ち出しているんです。だから“男装”ではなく、あくまでもイケメン“女子”なんですよ。

――宝塚の男役みたいに、“女性だからこそ分かる理想の男性像”を演じてるわけではないってことですね。

陽稀:
そのへんは線引きがすごく難しいんですけど、“イケメン女子”という新しい文化を作り出していきたいんですよね。今までになかった概念だから、まだ理解してもらえてないところがたくさんあるかもしれないんですけど。

未来:
特徴をひとつ挙げるなら、“とにかく自由”なんです! 今まで女の子らしいことも男らしいことも特にしてこなかった私でも、自由だから素のままやれてる。確かに“スカートは穿かない”みたいなルールはあるんですけど、それも全然苦じゃないし。卒業したメンバーとか、今もスカートはいてないんじゃないかな?(笑)

陽稀:
もはや似合わないんですよ! ほんと自由なんで、女なんだからお行儀良くしなさいってことも、逆にめっちゃ男らしくしろってこともない。

未来:
そうそう。脚を閉じたりもしないし、わざと広げたりもしない。中性すぎて性別がないんです。ちなみに、ザ・フーパーズには“女の子が綺麗になる魔法をかけてあげる”っていうフレーズがあるんですよ。女の子ってドキドキすると女性ホルモンが出て綺麗になるから、そのお手伝いをしようと。

――例えばインストアイベントとかで、口説き文句が聞けたり?

未来:
それもありますし、私の場合、人として成長してもらえるように叱ったりもします。だから私のことが推しメンじゃない子も、悩みがあると絶対来てくれる。

陽稀:
未来はフーパーズの母なんで!(笑) 自分は友達みたいにワイワイするのが好きなんで、“今日は遊びに来たの?”“一緒にゲームしようぜ!”くらいのノリですね。

――ちなみにプロフィールの特技欄に“50音イケメン台詞”というのがありますが…

陽稀:
50音何を言われても、イケメンが言いそうなセリフで返すっていうネタです。例えば“さ”だったら“最後の恋、俺にしろよ”とか。

――じゃあ“ぬ”。

陽稀:
えっと…“抜け出せなくなっても、知らないよ?”。

未来:
すごい!! “ぬ”で始まる言葉とか、“濡れタオル”くらいしか思い付かない!(笑)

陽稀:
(笑)。これは50音全部決めてあるわけじゃなくて、その場で思い付いたものを言ってるんですよね。

――なんだか、マンガのキャラクターみたいですね。

未来:
でも、そんなふうに見てほしいですね。

陽稀:
シャワー浴びるのが趣味みたいな(笑)。

未来:
とりあえず薔薇風呂に入る!

――では、休日の過ごし方も薔薇風呂?

未来:
嘘です(笑)。私は1日中、人狼ゲームをやってます。脳トレみたいな感じのオンラインアプリで、いつでもできるから空き時間があると楽屋でもやってますね。ライヴ前でもやってる!

陽稀:
いや、未来はライヴ前、いつもお腹痛くなってるよ。よくうずくまってる。

未来:
確かに(笑)。私、緊張しやすいんですよ。円陣組んで気合入れしてメンバーに背中をバシッと叩いてもらえば、スイッチが入って“未来さま”になるんですけど(笑)。

――ライヴ前のお約束事とか儀式的なものも特になく?

陽稀:
千知が喋りまくって、Leeが誰よりも早く準備を始めるのに誰よりも最後までバタバタしてて…あとは、みんな歯を磨くくらい?

未来:
絶対磨くよね。なんか気持ちがスッキリするというか、しないと心配になっちゃう。

――なるほど。では話を戻して、陽稀さんは休日何を?

陽稀:
マーベル映画を観まくってます。やっぱりヒーローってカッコ良いじゃないですか? しかも、みんな欠点を乗り越えてヒーローになってるのが人間味あって魅力的なんです。この前公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』も3回観に行きました。(敵役の)サノスが強かったです!

未来:
活き活きしてる! 少年のようだ!

――その熱い情熱はザ・フーパーズの活動に対しても同様だと思うのですが、6月27日にリリースされる新曲「ジュエルの鼓動が聴こえるか?」は海賊がモチーフだそうですね。

未来:
はい。宝物を見つけていこうっていう。今までザ・フーパーズの曲ってターゲットを女の子に絞っていたんですけど、この曲は男も女も大人も子供関係なく、みんなが共感できて、みんなの背中を押してあげられる応援ソングになっているんです。

――となると、老若男女が楽しめる長崎・ハウステンボスのテレビCMソングになっているのはピッタリですね。

未来:
もう、すごく嬉しいです。ハウステンボスのCMって結構東京でもやってるみたいだし…私はまだ観られていないんですけど。

陽稀:
私も(笑)。リーダーだった麻琴が2月にグループを卒業して、同じタイミングで自分も活動休止することになって。だから今回の制作に自分は参加してないんですけど、そこでi☆Risの(澁谷)梓希さんが参加してくれたんですよ。おまけに“どんどん前に進んでいこう!”っていうメッセージが書かれていて、そんなシングルの発売イベントから復帰できるのが、ほんとに嬉しい! この4カ月、みんなの前に立って歌うことも踊ることもなくて、ほんとにうずうずしていたんですよ。

――そうやって前に進んでいく先にある目標は、やっぱりイケメン女子を世に広めること?

未来:
そうですね。最終的な目標としては。

陽稀:
こういう中性的なものって日本独特の文化だと思うから、できれば世界に向けて発信していきたいですね。今までも台湾やイギリスのイベントだったり、去年はフランスの『Japan Expo』にも出演できたので、もっといろんな場所に行って“日本にはこんなグループがいるんだ”ってことを広めたい!

――ぜひ『COLORS2018』も、その道のりのひとつにしていただきたいですね。陽稀さんは母校でのライヴ、どんなふうに挑みます?

陽稀:
自分たちの学年に比べて、今の学生はどういう子が多いのかを見たいですね。ESPの学生はみんなノリがいいので、煽リーダーとしてブチ上げていきたいです!

未来:
あと、ザ・フーパーズのファンって98パーセントくらいが女子だから、男子がいるライヴもレアなんですよ。なので自分の出せるカッコ良い女性の色気を出し切って、会場の男子を全てモノにしたい! と言っても異性として見られたいわけではなく、私たちに憧れてほしいんですよ。女子だからこそ女の子の喜ぶことを知っているのが私たちの強みだから、それを学びに来てほしい。良かったら恋愛相談もしてほしいくらいなので(笑)、この貴重な機会を大切にしたいですね。

取材:清水素子

■『ESP学園presents COLORS2018』

7月07日(土) 東京・新木場STUDIO COAST
開場 15:00 / 開演 16:00(Truck Stage 15:30) / 終演 20:00予定
<出演>
【Main Stage】SILENT SIREN、さくらしめじ、ザ・フーパーズ、SHE’S、SHAZNA ※50音順
O.A:BLOSSOM(ブロッサム)ESP学園ヴォーカル&パフォーマンスユニット
【Truck Stage】
konoko、SAICO GIRL、plum、Hedgehog Maries、Luck Stokes ※50音順

<チケット>
500円(完全招待制・入場時支払い)
※入場料の全てを東日本大震災&熊本地震の復興支援金として寄付します。

■チケット最終申し込み受付
6月29日(金)17:00〜7月02日(月)12:00
https://www.esp.ac.jp/colors2018_entry/
※応募フォーム内注意事項をご確認の上、ご応募ください。
※応募多数の場合、抽選となります。
※当選者の発表は7月03日(火)発送予定の招待状ハガキをもって代えさせていただきます。

■『COLORS2018』オフィシャルサイト
https://esp-colors.com



【関連リンク】
ザ・フーパーズ 陽稀&未来、『COLORS2018』出演の抱負は「“イケメン女子”という新たな文化を広めたい」!
THE HOOPERSまとめ

【関連アーティスト】
THE HOOPERS
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1