歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年06月26日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
『ゼクシィ』のCMソングになったAKB48、ちょっとホラーなゴールデンボンバーから定番曲までクセになるウェディングMV特集
Tue, 26 Jun 2018 18:30:00 +0900


じめじめとした梅雨の時期ですが、6月といえばジューンブライド。結婚式ラッシュが起こっている方もいるのではないでしょうか。今回は、幸せいっぱいだったり、ダークな世界観やシリアスな雰囲気のものもある、結婚式や花嫁をモチーフにしたMVをご紹介します。ウェディングなのにハッピーだけじゃない、クセの強いMVをぜひご覧ください。

■「しあわせを分けなさい」(‘16) /AKB48

『ゼクシィ』のCMソングとして流れていたことも印象的なこの曲のMVでは、当時センターを務めた指原莉乃がウェディングドレス姿で登場! AKB48のメンバーのほか、相手役として平成ノブシコブシの吉村 崇、司会役で徳光和夫などが登場し、指原と吉村のキス寸前シーンも…。歌詞が新郎新婦の家族や友人を想起させる目線で書かれていたり、披露宴に招待された人たちを映すシーンも多く、主人公のふたりだけでなくさまざまな立場に感情移入できるMVです。

■「ハピマリ」(‘15)/SILENT SIREN

ファンからの“サイサイがウエディングソングを作ってくれないから、彼氏がプロポーズしてくれない!”というひと言で、ファン同士の結婚を後押しするために作られた楽曲とのこと。ドレスアップしたメンバーが楽器を弾きながら登場し、結婚式のシーンでは新婦役にすぅ(Vo&Gu)、新郎役におぎやはぎの矢作 兼が出演! 真っ白な教会やプロポーズの場面など、女の子が憧れる華やかな結婚式が再現されています。

■「ウェディング・ベル」(‘16) /大森靖子

80年代にヒットしたSugarの名曲を大森靖子がカバー! 楽曲のアレンジとプロデュースはソウル・フラワー・ユニオンの奥野真哉が担当。アスファルトに倒れ伏した真っ白なドレス姿の大森が、踊りながら町中を駆け巡るが、背後には真っ黒なワンピースを着たもうひとりの女性が跡をつける。曲が進むにつれて血まみれになったり、歌いながら白眼を剥いたりと、明るくポップな曲調とは裏腹に、次第に不穏な雰囲気に包まれていく。果たして白と黒の関係は…?

■「死 ん だ 妻 に 似 て い る」(‘15) /ゴールデンボンバー

これもひとつの結婚のかたち? 亡くなってしまった前の妻の葬式と、今の妻との結婚式が交互に映され、主人公・鬼龍院 翔(Vo-karu)の複雑な心情でいっぱいのとても幸せムードとは言えない一本。 “死 ん だ 妻”役は喜矢武 豊(Gita-)が女装で演じ、今の妻役はかねてよりメンバー間で喜矢武に似ているとネタにされていた菊地亜美。後半になるにつれてどんどん似てくるふたりと、加速していく鬼龍院の狂気…。ナンセンスでちょっとホラーな笑える演出が見どころです!

■「CAN YOU CELEBRATE? feat. 葉加瀬太郎」(‘14)/安室奈美恵

ウェディングといえば外せない超定番曲。先ほどとは打って変わって、シリアスで美しいMVをご紹介します。シンプルで大人っぽい純白のドレスに身を包んだ安室が、たったひとりで登場し、思わず聴き惚れてしまう曲を際立たせるシンプルな構成だ。カメラが引いてスタジオ全体が露わになると、セットの全貌が明らかに! むき出しのコンクリートやセットの骨組みなど、飾り気のない画がMVの雰囲気をよりクールに仕上げている。

TEXT:辻 瞼



【関連リンク】
『ゼクシィ』のCMソングになったAKB48、ちょっとホラーなゴールデンボンバーから定番曲までクセになるウェディングMV特集
AKB48まとめ
SILENT SIRENまとめ
大森靖子まとめ
ゴールデンボンバーまとめ

【関連アーティスト】
AKB48, SILENT SIREN, 大森靖子, ゴールデンボンバー, 安室奈美恵
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

I Don’t Like Mondays.、SALUとのコラボ楽曲リリース決定
Tue, 26 Jun 2018 21:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

I Don’t Like Mondays.が約半年ぶりとなる新曲「ONE THING feat. SALU」を配信限定でリリースすることが発表された。キャリア初となる客演楽曲には、J-RAPシーンで絶大な支持を集めるSALUが参加! ロックバンド×ラッパーという日本ではまだ珍しい異色のコラボだが、バンドサウンドの上にSALUの軽快なフロウと攻撃的なリリックが映える、心地良くも切ない1曲となっている。

また、7月16日(月)のリリースに先駆けて、7月2日(月)よりAWAで先行解禁を予定しているとのこと。AWAではI Don’t Like Mondays.のコメント動画とボイストラックが楽しめるので、こちらも楽しみに待っていてほしい。

そして、6月28日(木)放送のJ-WAVE(81.3FM)『STEP ONE』にI Don’t Like Mondays.のゲスト生出演が決定! 出演時間はお昼12時5分頃を予定しており、「ONE THING feat. SALU」の最速オンエアもあるので、本番組にていち早く楽曲をチェックしてほしい。なお、この日の放送は“HARAJUKU Abema Studio”で公開生放送でお送りするので、お近くに方はぜひ直接足を運んでみてはいかがだろうか。

配信楽曲「ONE THING feat. SALU」

2018年7月16日配信開始
※7月2日(月)〜AWA先行配信



¥250(税込)

Music : I Don\'t Like Mondays.
Lyric : I Don\'t Like Mondays. / SALU
Sound Produce : I Don\'t Like Mondays. / EIGO (ONEly Inc.)
Recorded & Mixed by Haruhito Nishi (ONEly Inc.)
Mastered by Randy Merrill (Sterling Sound)

『I Don’t Like Mondays. LIVE TOUR 2018(仮)』

9月30日(日) 大阪・梅田クラブクアトロ
10月08日(月・祝) 東京・品川ステラボール
10月19日(金) 宮城・仙台darwin
11月03日(土) 神奈川・横浜ランドマークホール
11月11日(日) 愛知・名古屋E.L.L.
11月18日(日) 栃木・HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
12月01日(土) 福岡・スカラエスパシオ
12月16日(日) 北海道・札幌DUCE



【関連リンク】
I Don’t Like Mondays.、SALUとのコラボ楽曲リリース決定
I Don’t Like Mondays.まとめ
SALUまとめ
キノコホテル、これまでのリリース曲を網羅するクロニクルライブを開催

【関連アーティスト】
I Don’t Like Mondays., SALU
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボ, 新曲, 配信

キノコホテル、これまでのリリース曲を網羅するクロニクルライブを開催
Tue, 26 Jun 2018 20:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キノコホテルが、創業10周年の締め括りとして6月22日(金)〜24日(日)にMt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて3日連続公演を開催した。『サロン・ド・キノコ〜茸クロニクル2007-2018』と題されたこの公演は、キノコホテルのオリジナル曲群を時系列に3日間に渡り披露、22日は徳間ジャパンコミュニケーションズ時代、23日はヤマハミュージックコミュニケーションズ時代、24日は現在のキングレコード時代の楽曲を中心としたセットリストとなった。

連日、数曲にサポートミュージシャンとして管楽器二人とキーボードからなる三人組の海藻姉妹が参加。7人編成となったキノコホテルでの、ゴージャスなインスト「♯84」、フリージャズ的に展開していく「悪魔巣取金愚」、P-FUNKにも通底するかのような無気味な「赤ノ牢獄」あたりは凄まじいグルーヴが生まれていた。

本編の中間部ではキノコホテルの4名が楽器を置いて、当時の衣装の変遷を早着替えで次々と紹介して行くファッションショー“東京キノコ・コレクション”が各日実施され、マリアンヌ東雲曰く“人間の限界に挑戦いたしました”とのこと。さらに、24日には新曲も2曲披露され“そろそろアルバムを出そうかな、と思っております”と制作準備中であることを匂わせた。

3日間でマリアンヌ東雲の手によるすべてのオリジナル曲、各日カバー曲を2曲づつ交えて全63曲を演奏したキノコホテル。2012年12月に入社したベーシスト、ジュリエッタ霧島加入後の初披露曲がいくつかあり、バージョンアップされた旧曲にも現在のバンドの充実ぶりがよく表れていた。全日来場した胞子(ファン)も多かったようであるが、やはりレーベルや時期にかかわらずキノコホテルの楽曲は素晴らしく、ジャンルや世代を超えて惹き付けてやまないワンアンドオンリーの存在マリアンヌを筆頭とするキノコホテル4人の魅力を再認識、といった祝祭のような三日間であった。

Photo by にしゆきみ



【関連リンク】
キノコホテル、これまでのリリース曲を網羅するクロニクルライブを開催
キノコホテルまとめ
BiSH、挑発的な一面を魅せるシングル「NON TiE-UP」をゲリラリリース

【関連アーティスト】
キノコホテル
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

BiSH、挑発的な一面を魅せるシングル「NON TiE-UP」をゲリラリリース
Tue, 26 Jun 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHが両A面シングル「Life is beautiful/HiDE the BLUE」の店着日となる6月26日(火)に、同シングルと対を為す問題作シングル「NON TiE-UP」をゲリラリリースしたことが分かった。

「Life is beautiful」はBiSH初となるラブソングでdTV×FOD共同製作ドラマ『彼氏をローンで買いました』の主題歌に抜擢、「HiDE the BLUE」はTVアニメ『3D彼女 リアルガール』のエンディングテーマとなり、両曲ともにタイアップが付いた一枚。一方「NON TiE-UP」は、BiSHのもう一つの側面である攻撃性を徹底的に研ぎ澄ませた楽曲で、まるで組曲のような壮大なサウンドと“アレ”な歌詞、挑発的なVocalが組み合わされている。さらにフリーキーなピアノとベースそして変拍子を繰り返す実験的なカップリング曲「しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。」を収録し、新しいBiSHの魅力を堪能できる2曲がノンタイアップ盤として予告ナシにリリースされたことで既にSNSは騒然となっていた。

また、「NON TiE-UP」のミュージックビデオも同日に公開! 安室奈美恵や数々のCMを手掛ける安田大地が監督を務め、CGを多数使用した壮大なミュージックビデオとなっているので、こちらもチェックしてほしい。徹底的に攻めまくったゲリラリリース、全国大型フェスへの出演ラッシュ、初のホールツアー開催など話題を振り撒き続け疾走するBiSHに注目だ。

シングル「NON TiE-UP」

発売中



AVCD-94079/¥1,080(税込)
<収録曲>
■CD
01.NON TiE-UP
02.しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。

【ツアー情報】

10月10日(水) 東京・中野サンプラザホール
10月20日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21(大ホール)
10月27日(土) 香川・レクザムホール(香川県県民ホール)
10月29日(月) 大阪・オリックス劇場
11月06日(火) 神奈川・神奈川県民ホール
11月11日(日) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
11月15日(木) 東京・昭和女子大学 人見記念講堂
11月21日(水) 東京・オリンパスホール八王子
11月23日(金・祝) 福岡・福岡市民会館
11月25日(日) 京都・ロームシアター京都



【関連リンク】
BiSH、挑発的な一面を魅せるシングル「NON TiE-UP」をゲリラリリース
BiSHまとめ
ましのみ、“ドレミの日”に新曲「どうせ夏ならバテてみない?」を初披露

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, リリース, 発売, パンク

ましのみ、“ドレミの日”に新曲「どうせ夏ならバテてみない?」を初披露
Tue, 26 Jun 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月24日(日)音階が制定された“ドレミの日”に、tvk(テレビ神奈川)で放送中の吉田山田の冠番組『吉田山田のドレミファイル♪』の公開録音イベントライブ『”ドレミの日”スペシャルライブ2018』が横浜のはまぎんホール ヴィアマーレで開催され、現役女子大学生シンガーソングライターのましのみがゲストとして登場! 初めての番組主催となるこのライブには、吉田山田が“ライブを見てみたいアーティスト”というコンセプトで、ましのみの他に5人組の男性ヴォーカルユニットのUNIONEの計3組が登場した。

ライブのトップバッターを任されたましのみは、冒頭から独特な自己紹介のゆるいラップ“ましらっぷ”で観客をあおりながら登場。キーボード弾き語りを掲げながらも、センターに置かれたキーボードはまるで番組セットかのように無視して、ハンドマイクでステージを縦横無尽に動き回りながらデビューアルバム『ぺっとぼとリテラシー』から「プチョヘンザしちゃだめ」を披露した。挨拶を早口でバタバタと済ませるやいなや、ましのみのトレードマークとして定着した2リットルのペットボトルをラッパ飲みするなど、終始会場のあちらこちらからザワザワと笑いが起こる。

続いて“好きな人に一緒に夏バテしようよ!という曲です”という曲紹介とともに新曲「どうせ夏ならバテてみない?」を初披露。サマーソングとはいいつつも、恋人同士が感じる恋の熱量の差が生む、煮え切らない恋人へのフラストレーションを綴ったトゲのある歌詞をコミカルに歌った楽曲だ。初披露にもかかわらず、会場からはそのノリの良いテンポに合わせて終始大きな手拍子が送られた。

“ましのみは今後も刺激的でほんわかするエンターテイメントをお見せしたいと思うので、ワンマンライブとか、ぜひ皆さんのお越しをお待ちしています! みなさん、このあとも楽しんでいってください!”と告知もこそこに、逃げるように足早にステージから消えていった。その後、幕間のMCとして登場した吉田山田から“(ましのみは)ゆっくり落ち着いてしゃべることはないんですかね? 会場をザワザワさせる。でもライブを見るとぐいぐいつかまれるよね”とましのみの不思議な魅力を語る場面も。ちょっと変わったましのみのサマーソング「どうせ夏ならバテてみない?」は、7月16日(月・祝)よりiTunesほかにて先行配信がスタートするので、ぜひチェックしてみてほしい。

【セットリスト】
OP.自己紹介ましらっぷ
1.プチョヘンザしちゃだめ
2.どうせ夏ならバテてみない?
3.ストイックにデトックス
4.やりくりゲーム

シングル「どうせ夏ならバテてみない?」

2018年8月1日(水)発売
※2018年7月16日(月・祝)よりiTunesほかにて先行配信開始



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04686/¥2,000+税
【通常盤】(CD Only)
PCCA-04687/¥1,200+税
※プレイパス シリアルコード封入
<収録曲>
■CD
1.どうせ夏ならバテてみない?
2.海水掛け合いっこ
3.コレクション of コネクション
4.どうせ夏ならバテてみない? (Inst.) 
5.海水掛け合いっこ(Inst.)
■DVD
1.どうせ夏ならバテてみない? Music Clip
2.どうせ夏ならバテてみない? Making
3.Digest of「 ぺっとぼとリテラシー〜別途ほとばしるショータイムへようこそ〜Vol.1@Shibuya WWW X」

『ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2』

9月08日(土) 東京・代官山UNIT
<チケット>
¥3,500(税込/D別)
■Yahooチケット最速先行発売中
7月01日(日)23:59まで https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00003154/

『吉田山田のドレミファイル♪』

放送局:tvk(テレビ神奈川)
放送日時:毎週土曜日 22:00〜22:30
出演:吉田山田・麻生夏子



【関連リンク】
ましのみ、“ドレミの日”に新曲「どうせ夏ならバテてみない?」を初披露
ましのみまとめ
打首獄門同好会、アシュラシンドロームとの2マンライブ開催決定

【関連アーティスト】
ましのみ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, 新曲, ライブレポ

打首獄門同好会、アシュラシンドロームとの2マンライブ開催決定
Tue, 26 Jun 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

打首獄門同好会が、8月19日(日)にZepp Sapporoにてツーマンライブ『10獄放送局presents「アシュラシンドローム、来年こそはライジングに出てやる宣言式典」』を開催することを発表した。

2017年夏の『RISING SUN ROCK FESTIVAL』にて、打首獄門同好会はインターネット番組『10獄放送局』の企画でRSR2017×石狩市と公式コラボを実施し、ライブ出演のほか飲食店の出店も行なった。その企画に、同番組のレギュラー出演者であるアシュラシンドロームのフロントマン青木亞一人も終始同行していたが、彼が打首獄門同好会のライブ中に“2019年は自身のバンドでRSRにやってくる”と高らかに宣言したのがことの発端である。

しかし彼の誓いも虚しく、6月26日(火)正午にされた2018年RSRの出演者発表により、無念にもアシュラシンドロームのRSR出演は叶わなかったことが判明。これを受け、両バンドのリーダー同士の決定で急遽インターネット生放送を実施、そしてその放送内で“2019年こそRSRに出演するために、まずは札幌で実績を作るべき”として、今回のツーマンライブが発表された。アシュラシンドロームが宣言を執行、打首獄門同好会が立会人という立場ということだ。

チケット先行受付の申し込みは、6月26日(火)よりスタート! RSRのリストバンドを持参すると、チケット代が1,000円キャッシュバックされるというお得な情報も。“来年こそはライジングに出てやる宣言式典”はどのような盛り上がりを見せるのか。ぜひとも目撃していただきたい。

■10獄放送局presents「アシュラシンドローム、来年こそはライジングに出てやる宣言式典」特設ページ
http://www.ldandk.com/uchikubi/zeppsapporo2018/

■『10獄放送局presents 「アシュラシンドローム、 来年こそはライジングに 出てやる宣言式典」』

8月19日(日) 北海道・Zepp Sapporo

<チケット>
1Fスタンディング(整理番号有り)/2Fファミリー席¥3,000(税込)※D代別
■先行予約
6月25日(月)20:00〜7月3日(火)23:59
受付URL:http://eplus.jp/uchikubi-asura/
※1Fスタンディングのみ対象。ファミリー席は一般発売からの販売となります。



【関連リンク】
打首獄門同好会、アシュラシンドロームとの2マンライブ開催決定
打首獄門同好会まとめ
アシュラシンドロームまとめ
LUNA SEA、日本武道館公演の映像を使用した「BLACK AND BLUE」MV解禁

【関連アーティスト】
打首獄門同好会, アシュラシンドローム
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

LUNA SEA、日本武道館公演の映像を使用した「BLACK AND BLUE」MV解禁
Tue, 26 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAの新境地ともいえる楽曲「BLACK AND BLUE」が、日本武道館公演のライブ映像と共に新たなミュージックビデオとして公開された。恒例のクリスマスライブを、2018年は12月22日(土)23日(日)の二日間にわたってさいたまスーパーアリーナで開催することも発表されたが、2019年に迫った結成30周年に向け、さらにファンと一体となって進んで行こうという強い意思が感じ取れる作品となっている。まだまだ輝きを増し続けるLUNA SEAの未来を想像せずにはいられない、そんな期待とメッセージが込められた映像作品を是非チェックしてみよう!

また、12月のさいたまスーパーアリーナ公演の詳細も近日発表されるとのこと。果たしてどんなコンセプトが提示されるのか? サプライズを用意してるとのことなのでこちらも楽しみに待っていてほしい。

アルバム『LUV』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7373/¥3,980(税別)
※スペシャルスリーブケース仕様
【通常盤】(CD)
UPCH-2144 /¥3,000(税別)

■アルバム『LUV』特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/lunasea/luv/



【関連リンク】
LUNA SEA、日本武道館公演の映像を使用した「BLACK AND BLUE」MV解禁
LUNA SEAまとめ
シド、“ルナフェス”でLUNA SEAの名曲「I for You」をRYUICHIとセッション

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表

シド、“ルナフェス”でLUNA SEAの名曲「I for You」をRYUICHIとセッション
Tue, 26 Jun 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月23日(土)24日(日)の2日間にわたって幕張メッセで行なわれた、LUNA SEA主催のロックフェス『LUNATIC FEST.2018』の初日にシドが出演した。シドは、マオ(Vo)のアカペラが印象的な「青」からライブをスタート。そして、疾走感たっぷりの「V.I.P」で会場全体の熱気を一気に引き上げた。

その後、LUNA SEAの名曲「I for You」をカバーしてみせた彼らだが、演奏中になんとLUNA SEAのRYUICHI(Vo)が突如ステージに登場! 突然のサプライズと、マオとRYUICHIの初めてのコラボに会場は大歓声に包まれた。RYUICHIがステージを去った後は、シドの代表曲ともいえる「嘘」「夏恋」を披露。シドのライブを見せつけるように堂々としたパフォーマンスで会場を盛り上げ、最後はファイヤーボールに包まれる中「眩暈」で熱いステージを締め括った。

ステージ終了後、メンバーは、ニコニコ生放送『LUNATIC FEST.2018×ニコ生33時間生放送SP〜会場より出演アーティストインタビュー&レポート〜』にも生出演。『LUNATIC FEST.2018』出演直後の感想を語り、GLAYのステージ中には明希(Ba)がサプライズ出演。GLAYの「SHUTTER SPEEDSのテーマ」でコラボ演奏を果たした。フェスならではのサプライズ演出が会場を大きく沸かせる中、マオはトリを飾るLUNA SEAのステージでも、RYUICHI、TERU(GLAY)、TAKAHIRO(ACE OF SPADES/EXILE)達と「BELIEVE」をセッション。普段は同じステージに立つことのない夢のような空間に、場内は感動に包まれた。

6月27日(水)28日(木)には、豊洲PITにて『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』の追加公演も控えているシド。7月22日(水)には、ライブ映像作品『SID TOUR 2017 「NOMAD」』、8月22日(水)にはミニアルバム『いちばん好きな場所』をリリースし、さらに9月より全国ツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」』も開催するなど、バンド結成15周年を迎えて勢いを増すばかりの彼らに今後も注目したい。

Photo by 浜野カズシ、橋本塁

【セットリスト】
1.青
2.V.I.P
3.I for You (LUNA SEAカバー)
4.嘘
5.夏恋
6.one way
7.眩暈

【ライブ情報】

■『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018 追加公演』
〜昭和歌謡曲限定LIVE〜
6月27日(水) 東京・豊洲PIT
〜インディーズ曲限定LIVE〜
6月28日(木) 東京・豊洲PIT

■『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」』
9月03日(月) 神奈川・CLUB CITTA\'
9月04日(火) 神奈川・CLUB CITTA\'
9月08日(土) 静岡・Live House浜松 窓枠
9月09日(日) 岐阜・岐阜club-G
9月11日(火) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
9月14日(金) 群馬・高崎club FLEEZ
9月15日(土) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
9月18日(火) 栃木・HEAVEN\'S ROCK宇都宮VJ-2
9月21日(金) 石川・金沢EIGHT HALL
9月23日(日・祝) 長野・長野CLUB JUNK BOX
9月24日(月・休) 新潟・NIIGATA LOTS
10月03日(水) 宮城・仙台Rensa
10月05日(金) 青森・青森Quarter
10月06日(土) 岩手・盛岡CLUBCHANGE WAVE
10月08日(月・祝) 福島・郡山HIP SHOT JAPAN
10月13日(土) 北海道・釧路NAVANA STUDIO
10月14日(日) 北海道・帯広MEGA STONE
10月18日(木) 大阪・なんばHatch
10月20日(土) 香川・高松MONSTER
10月21日(日) 愛媛・松山WstudioRED
10月27日(土) 岡山・岡山CRAZYMAMA KINGDOM
10月28日(日) 広島・広島CLUB QUATTRO
11月01日(木) 京都・KYOTO MUSE
11月03日(土・祝) 兵庫・神戸CHICKEN GEORGE
11月04日(日) 滋賀・滋賀U☆STONE
11月07日(水) 佐賀・佐賀GEILS
11月08日(木) 福岡・福岡DRUM LOGOS
11月10日(土) 熊本・熊本B.9 V1
11月11日(日) 鹿児島・鹿児島CAPARVO HALL
11月17日(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
11月21日(水) 東京・マイナビBLITZ AKASAKA

映像作品『SID TOUR 2017 「NOMAD」』

2018年7月25日発売



【初回生産限定盤DVD】(DVD+写真集)
KSBL-6322/3/¥6,000+税
【通常盤DVD】
KSBL-6324/¥5,000+税
【初回生産限定盤Blu-ray】(Blu-ray+写真集)
KSXL-268/9/¥7,000+税
【通常盤Blu-ray】
KSXL-270/¥6,000+税

ミニアルバム『いちばん好きな場所』

2018年8月22日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3076/7/¥2,778+税
【通常盤】(CD)
KSCL-3078/¥1,852+税



【関連リンク】
シド、“ルナフェス”でLUNA SEAの名曲「I for You」をRYUICHIとセッション
シドまとめ
LUNA SEAまとめ
ほのかりん、初ワンマン全編を期間限定で公開

【関連アーティスト】
シド, LUNA SEA
【ジャンル】
ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, セットリスト, ライブレポ

ほのかりん、初ワンマン全編を期間限定で公開
Tue, 26 Jun 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ほのかりんが5月9日(水)に開催したワンマンライブ『ONE MAN LIVE 「LOVE ME TENDER」』の映像全編を公開することが決定した。本公演は、ほのかりんにとって初のワンマンライブで、青山RizMにて完全招待制100名限定での開催。その抽選に漏れた多数のファンから、この記念すべきステージをぜひ!という声が寄せられていたとのこと。

ライブ映像は、オフィシャルサイトにて無料のメールアドレス登録を行なうと随時URLが送信され、視聴が可能となる。配信期間は7月10日(火)から7月20日(金)までとなっているので、このチャンスにぜひチェックを!

また本人初のメールマガジンの発行もスタート! メールマガジンではライブの情報など、告知をいち早く受け取ることができるので、同日にスタートしたスタッフTwitterと併せて新しい情報を手に入れて欲しい。

■ワンマンライブ映像視聴登録サイト
http://lynnhonoka.com/news/570.html



【関連リンク】
ほのかりん、初ワンマン全編を期間限定で公開
ほのかりんまとめ
Plastic Tree、シングル「インサイドアウト」MV公開

【関連アーティスト】
ほのかりん
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ワンマン

Plastic Tree、シングル「インサイドアウト」MV公開
Tue, 26 Jun 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Plastic Treeが7月25日(水)にリリースするシングル「インサイドアウト」のミュージックビデオを公開した。アグレッシブなライブパフォーマンスを想起させる勢いのある映像に仕上がっており、暗闇の中に走る光のビームで作られた光と影の世界での演奏が印象的で、小嶋貴之監督による作品となっている。

シングルには新曲として「インサイドアウト」「灯火」の2曲が収録されるが、どちらの楽曲もPlayStation(R)Vitaゲーム『Collar×Malice -Unlimited-』とのタイアップ楽曲で、主題歌として「インサイドアウト」、エンディングテーマとして「灯火」という2曲が書き下ろされた。なお、Plastic Treeは2016年に発売された『Collar×Malice』でも主題歌を担当しており、前作に続いての主題歌担当となる。「インサイドアウト」が使用された『Collar×Malice -Unlimited-』のオープニングムービーがゲーム公式YouTubeにてすでに公開されているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

また、今作は通常盤に加えて「インサイドアウト」のミュージックビデオを収録した初回限定盤A、そして豪華撮り下ろしフォトブックレット仕様の初回限定盤B、さらにゲームイラスト仕様のCollar×Malice盤でのリリースとなっているが、全4形態同時の早期予約特典として、「インサイドアウト」オリジナルめんこセット(4種入り)がもらえるキャンペーンも実施中! 7月8日までの期間限定となっているので、お早目のご予約がおすすめだ。

そして、来たる7月7日にはパシフィコ横浜にて全14アルバムリクエスト公演を開催。7月7日の1日で、キャリアの前半にリリースされたアルバムからファン投票で1位となったアルバムを再現する第一幕と、後半にリリースされたアルバムから同じく選出されたアルバムを再現する第二幕の2公演を行なう。先日ファン投票の結果が発表となり、第一幕は2002年にリリースされたアルバム『トロイメライ』が選出、そして、第二幕ではなんと2018年3月にリリースされた最新アルバム『doorAdore』が選出された。2018年の3月〜5月に同アルバムのレコ発ツアーを行ったばかりでの選出ということで、最新アルバムの評価の高さが伺える結果となっている。

その後、9月からは『Plastic Tree Autumn Tour 2018「in the other side」』と題した全国ツアーをスタート。9月16日の仙台公演から10月6日の神奈川県民ホール公演までの全国6公演の開催となるので、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

シングル「インサイドアウト」

2018年7月25日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1409/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.インサイドアウト
02.灯火
03.インサイドアウト(Instrumental)
04.灯火(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤Aのみ
01.インサイドアウト(MV)



【初回限定盤B】(CD+ブックレット)
VIZL-1410/¥1,800+税



【Collar×Malice盤】(CD)
VICL-37412/¥1,200+税



【通常盤】(CD)
VICL-37413/¥1,200+税

◎早期予約キャンペーン
対象店にて「インサイドアウト」を対象期間中に4形態同時予約頂いた方に、オリジナルめんこセット(4種入り)をプレゼント致します。
<対象店舗>
タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン、ローソンHMV全国各店/HMV&BOOKS online、Amazon.co.jp
※Amazon.co.jpでは、特典付商品カートがアップされます。ご要望のお客様は特典付商品カートにてお買い求め下さい。
※一部店舗では特典が付かない場合がございます。事前にご予約・ご購入される店舗にてご確認下さい。
<対象期間>
6月1日(金)0:00〜7月8日(日)23:59 まで

『Plastic Treeパシフィコ横浜国立大ホール“全14アルバムリクエスト”公演2018』

■第一幕【Plastic】things/1997?2006
7月07日(土) パシフィコ横浜
■第二幕【Tree】songs/2007?2018
7月7日(土) パシフィコ横浜
<チケット>
全席指定¥6,800(税込)
※3歳以上有料/3歳未満入場不可

『Plastic Tree Autumn Tour 2018「in the other side」』

9月16日(日) 仙台・Rensa
9月22日(土) 熊本・B.9 V1
9月23日(日) 福岡・DRUM LOGOS
9月28日(金) 名古屋・ボトムライン
9月29日(土) 大阪・なんばHatch
10月06日(土) 神奈川・神奈川県民ホール
<チケット>
オールスタンディング¥5,800(税込) ※D代別
※10月6日(土)神奈川県民ホール公演のみ全席指定(D代不要)



【関連リンク】
Plastic Tree、シングル「インサイドアウト」MV公開
Plastic Treeまとめ
AK-69、コラボベスト盤についてのオフィシャルインタビュー前編公開

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

AK-69、コラボベスト盤についてのオフィシャルインタビュー前編公開
Tue, 26 Jun 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AK-69史上最大の話題曲となっている「BRAVE feat. Toshl(X JAPAN)」「ONE LIFE feat. UVERworld」、AK-69のレーベルFlying B Entertainment所属のCITY-ACEをフィーチャリングしたアニメ『蒼天の拳 REGENESIS』主題歌「蒼天の果てに feat. CITY-ACE」の3曲の新曲を収録した究極コラボBESTアルバム『無双Collaborations -The undefeated-』が6月20日(水)にリリースされた。

今作では国内外、ジャンルを超えたコラボを実現してきたAK-69だからこそ出来る強力メンツが集結! そんなベスト盤について本人にたっぷりと語ってもらった、オフィシャルインタビューの前編が公開されたので、ぜひチェックしてほしい。

■【オフィシャルインタビュー(前編)】

??新作となる「無双Collaborations -The undefeated-」は、そのタイトル通り、AKさんが展開されたコラボ楽曲をコンパイルしたアルバムとなりましたね。
「ただ単に客演した曲や、客演して貰ったコラボ曲が溜まったから出すっていうんじゃない、意味のあるアルバムになったと思いますね」

??それは具体的にはどういった部分になりますか?
「今回で言えば、例えばKOHHと一緒に作った「Let me Know feat. AK-69&KOHH / タイプライター&YMG」のようなヒップホップ・サイドとのコラボが芯になった楽曲、清木場俊介との「Rainy Days feat. 清木場俊介 / AK-69」のようなロック系のアーティストとタッグを組んだ作品、そして倖田のくーちゃん(倖田來未)との「Bling Bling Bling feat. AK-69/倖田來未」のようなR&Bやポップス系のアーティストとコラボした作品、っていうように、ジャンルを飛び越えて、様々なアーティストとコラボして、ここまでの振り幅のある楽曲を形に出来てるのは、ヒップホップのアーティストでは俺だけだと思うんですよね。そういう意味でも、俺にしか出来ない、「無双」のコラボ・アルバムになったと思います」

??コラボレーションというテーマ性によっても、収録楽曲のバラエティーは非常に広がりつつも、散漫な印象は無いですね。それはAK-69という一つの筋が通っている事にもよると感じました。
「自分が客演として参加する曲は、やはりコラボ相手がAK-69を必要としてくれるから参加するし、自分の作品に客演に迎える時は、AK-69の作品にそのアーティストが必要だったということなんですよ、当然ながら。そういう意味でも、参加する事に「必然性」があるから、AK-69の筋が通るんだと思いますね。単に「じゃあこれ歌って、ラップして」みたいな、誰がやってもいいような企画には、俺はそもそも参加しないし、「自分が自分である事が表現できる曲」にしか参加しなから、そういった筋が通せるんだと思いますね」

??コラボレーションの制作で刺激になる部分は?
「他のアーティストの作品に自分が客演として参加させて貰う曲では、自分のソロでは選ばないトラックや内容にアプローチさせて貰える事が多いので、それはスゴく刺激になりますね。新鮮な気持ちで、柔軟な姿勢で取り組む事が出来るし、勉強になる事が本当に多い。結果、自分の作品に入れたくなるような手応えのある曲が出来る事も多々あるし、充実を感じますね」

??今回のアルバムの新録曲としては、「Music Station」への出演も果たした「Brave feat. Toshl (X JAPAN)」が大きな話題を呼んでいますね。6月9日に行われたライブ『ROCK YOU』でも、Toshlさんが登場され、この曲をライブで披露されました。
「あの日は、自分のコンディション含め、ここ最近で一番手応えのあるライヴだったんですけど、正直、Toshlさんの登場で「持っていかれた……」と思いました(笑)。とにかく破壊力がスゴかったし、やっぱりレジェンドは違うなって。本当に音源以上のライブを見せてくれたと思いますね」

??Toshlさんが歌い始めた瞬間に、一気に会場が掴まれた感触がありましたね。
「レコーディングの時も、Toshlさんが歌い始めた途端にゾワッと鳥肌が立つぐらいだったんですけど、それを6月9日のライヴでも感じましたね。X JAPANとしては20年以上オリジナル・アルバム出してないのに、「コーチェラ・フェスティバル」で、BeyonceやTHE WEEKNDと真っ向勝負をするぐらい、世界で認められて、音楽シーンに君臨し続けるグループのボーカルである理由の一端を感じましたね」

??では「Brave」の制作経緯を教えてください。
「まず、俺も含めたAK-69チームで、コラボしてみたいアーティストとして、X JAPANのToshlさんの名前が、以前から出てたんですよね。おこがましいようだけど、Toshlさんと俺が一緒に作れれば、すげえ良いものが出来るだろうな、っていうイメージも浮かんでいて。ただ、Toshlさんにお会いしたことも無かったし、Toshlさんのようなレジェンドが、俺のオファーをOKしてくれるとも思えなくて一度止めたんですよ。でも、ダメかも知れないけど、コンタクトを取らない事には何も始まらないから、とにかく連絡をしてみようという話になって。そうしたらすぐに快諾して頂いて」

??Toshlさんの客演は、SUGIZOさん“PHOENIX 〜HINOTORI〜 feat. Toshl”など、非常に数が限られているし、ヒップホップ勢とのコラボは初になりますね。
「フィーチャリング自体がほぼ無いし、コラボレーションになると、初だと話してましたね。その最初のコラボ仕事を一緒に出来たのが自分だったっていうのは、本当に光栄極まりない話ですね」

??Toshlさんの反応はいかがでしたか?
「俺の存在は知って頂いていて、このオファーがあってから、すぐに俺の楽曲やライブ、活動の内容を確認して頂いたようで、俺の活動にスゴく理解とリスペクトを示してくれて、それでOKがもらえたんですよね。だから、今までの活動が活きたと思いましたね。俺が色んなものに流された活動をしてたら、Toshlさんも理解をしてくれなかったと思うし、改めて自分のやってきた事は、間違ってなかったんだなって。初めてお会いした時も、生意気なようだけど、波長が合う人だなと思いましたね。物腰が柔らかいし、ハンブル(謙虚)な方で、スゴくスマートに感じたし、それは色んな経験によるものなんだろうなって。RECでも、一方的に歌って終わりじゃなくて、「これでいいよね?」って俺の意見も聞いて下さったり。しっかりとコラボになったのは、Toshlさんのその姿勢のお陰だとも思うし、だからこそ、こんな良い曲が出来たんだろうなって」

??AKさんはX JAPANを聴かれていましたか?
「もちろん。俺の従兄弟の兄ちゃんが、ビジュアル・バンドをやってて、X JAPANが立ち上げてたインディ・レーベル「エクスタシーレコード」に所属していた頃のGLAYさんと対バンしたりしてたんで、X JAPANはそのシーンの大先輩って感じだったんですよね。だから、自分の尊敬する従兄弟の兄ちゃんの先輩ということで、Xは昔から尊敬してましたね。コアなファンかと言われれば、もっとコアな方には申し訳ないぐらいのファンかもしれないけど、でもカラオケでも歌いまくってましたね(笑)」

??では今回のコラボを「Brave」、つまり勇者や勇気といったメッセージをテーマにした理由は?
「俺が勝手に考えるToshlさんやX JAPANは、一筋縄では行かないキャリアを経た、色んな試練や別れを乗り越えた、深いストーリーを持ったバンドだと思うんですよね。彼らには及ばないかもしれないけど、俺も色んな経験や試練を超えて今のキャリアを築いてきたと思うし、そこには「光」だけじゃなくて、「影」も当然、色濃くあって。だから、そういう「光と影」を形にした楽曲、そして影の中でもがいたり、絶望しそうになっている人に、少しでも光が差すような、勇気になるような曲を、俺達の実体験を元に生まれたメッセージで、作れたら良いなって。Toshlさんと作るなら、このテーマだと思ったし、そこに迷いは無かったですね」

??この楽曲では、AKさんが影を、Toshlさんは光を表現していますね。
「そうですね。俺が闇の部分を歌って、Toshlさんがそこに光を当てるっていう、陰陽のある構成になっています。音のアプローチとしても、ヴァースは「ザ・AK」、フックは「ザ・Toshl」っていう、お互いの必殺技をしっかり組み合わせた構成にしましたね。それは、俺もファン目線だったら、あえてヒップホップに寄って貰うよりも、Toshlさんの魅力が最大限に出たフックが聴きたいと思ったというのもありますね」

インタビュアー:高木JET晋一郎

アルバム『無双Collaborations -The undefeated-』

発売中



【CD】
UICV-1098/¥3,000(税抜)
<収録曲>(※右年月日表記は、オリジナル発売日(配信含む))
01.BRAVE feat. Toshl(X JAPAN)/ AK-69(※新曲)
02.ONE LIFE feat. UVERworld / AK-69(※新曲)
03.24/7 365 feat.AK-69 / CITY-ACE(2016年7月1日発売)
04.Let\'s start from da bottom / AK-69 × MC TYSON(2018年5月23日発売(AWAのみ))
05.999 featuring AK-69 / TERRY(2012年6月13日発売)
06.Let me Know feat. AK-69 &KOHH / タイプライター&YMG(2015年12月2日発売)
07.IT\'S OK feat. AI / AK-69(2011年1月26日発売)
08.Forever Young feat. UVERworld / AK-69(2016年11月23日発売)
09.Shatter / DOBERMAN INFINITY × AK-69(2017年9月13日発売)
10.蒼天の果てに feat. CITY-ACE / AK-69(※新曲)
11.ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX feat. AK-69 & Zeebra / DJ RYOW(2016年11月23日発売)
12.On Fire / AK-69,般若&青山テルマ(2016年10月7日発売)
13.Bling Bling Bling feat. AK-69 / 倖田來未(2009年1月28日発売)
14.#HEARTMELT feat. AK-69 / Crystal Kay(2015年12月16日発売)
15.FIND YOU feat AK-69 / YORK(2013年2月27日発売)
16.Rainy Days feat. 清木場俊介/ AK-69(2016年11月23日発売)
17.Destiny Remix feat. AK-69 & SALU / シェネル(2017年12月6日発売)

【配信】
01.BRAVE feat. Toshl(X JAPAN) / AK-69(※新曲)
02.Oh Lord Featuring Fabolous / AK-69(2014年12月17日発売)(※デジタル配信のみ収録)
03.We don\'t stop feat. Fat joe / AK-69 / Flying B Entertainment(2016年2月24日発売)(※デジタル配信のみ収録)
04.ONE LIFE feat. UVERworld / AK-69(※新曲)
05.AKLO, PUNPEE, AK-69 「MY STYLE」/ DJ HAZIME(※デジタル配信のみ収録)
06.24/7 365 feat.AK-69 / CITY-ACE(2016年7月1日発売)
07.999 featuring AK-69 / TERRY(2012年6月13日発売)
08.Let\'s start from da bottom / AK-69 × MC TYSON(2018年5月23日発売(AWAのみ))
09.TOO MUCH MONEY OUT HERE(Produced by DJ Khaled)/ AK-69(2013年8月7日発売)(※デジタル配信のみ収録)
10.Let me Know feat. AK-69 &KOHH / タイプライター&YMG(2015年12月2日発売)
11.IT\'S OK feat. AI / AK-69(2011年1月26日発売)
12.Bling Bling Bling feat. AK-69 / 倖田來未(2009年1月28日発売)
13.#HEARTMELT feat. AK-69 / Crystal Kay(2015年12月16日発売)
14.FIND YOU feat AK-69 / YORK(2013年2月27日発売)
15.Rainy Days feat. 清木場俊介 / AK-69(2016年11月23日発売)
16.Say Goodbye feat. Matt Cab / AK-69(2015年3月25日発売)(※デジタル配信のみ収録)
17.Destiny Remix feat. AK-69 & SALU / シェネル(2017年12月6日発売)
18.Forever Young feat. UVERworld / AK-69(2016年11月23日発売)
19.Shatter / DOBERMAN INFINITY × AK-69(2017年9月13日発売)
20.On Fire / AK-69,般若&青山テルマ(2016年10月7日発売)
21.ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX feat. AK-69 & Zeebra / DJ RYOW(2016年11月23日発売)
22.蒼天の果てに feat. CITY-ACE / AK-69(2:48)(※新曲)

◎先着購入者特典
・69Homies会員:B2ポスター(FC限定オリジナル絵柄)
・TSUTAYA:B2ポスター(TSUTAYA限定オリジナル絵柄)
・その他一般CDショップ:B2告知ポスター(CDショップ用共通絵柄)
※特典は先着となり数に限りがありますので、早期のご予約をお奨めいたします。
※一部取扱いのない店舗・オンランインショップもございます。詳しくは各CDショップにてご確認ください。
※各ポスターデザインは追って発表致します。お楽しみに!!



【関連リンク】
AK-69、コラボベスト盤についてのオフィシャルインタビュー前編公開
AK-69まとめ
たんこぶちん、新アー写公開&両A面シングル発売決定

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
ニュース, アルバム, リリース

たんこぶちん、新アー写公開&両A面シングル発売決定
Tue, 26 Jun 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月17日(火)にメジャーデビュー5周年を迎えるガールズロックバンド・たんこぶちんが、更なる一歩を踏み出す最新アーティスト写真を公開! ボーカルMADOKAがバッサリと髪を切り、イメージも一新となった。

そして、7月17日(火)を皮切りに全国9カ所にて開催されるツアー『TANCOBUCHIN TOUR 2018 “PROLOGUE”』の会場にて、メンバー初のセルフプロデュースによる両A面シングル「プロローグ/大丈夫」のリリースが決定した。先日行なわれた『YATSUI FESTIVAL 2018』でも観客のど肝を抜く熱量が高いパフォーマンスでその進化を称えられている彼女たちが、今作では今まで以上にアッパーな楽曲を携えてツアーに挑む。結成11年のネクストシーンに向かう意気込みをぜひ受け取ってほしい。

ライブ会場限定シングル「プロローグ/大丈夫」

2018年7月17日発売



YMPCD-37/¥1,000(税込)
※7月18日(水)0:00より順次、各サイトで有料配信・サブスクリプション配信スタート

全国ツアー『TANCOBUCHIN TOUR 2018 “PROLOGUE”』

7月17日(火) 東京・CLUB Que
w/RETO
7月22日(日) 栃木・宇都宮 HELLO DOLLY
w/hochpoch./escapes/野々村麻帆
8月03日(金) 愛知・名古屋 HeartLand
w/カノエラナ
8月04日(土) 大阪・Pangea
w/ カノエラナ
8月05日(日) 兵庫・神戸 KINGSX BASE
w/lical
8月10日(金) 広島・BACK BEAT
w/ ポタリ/cherry CC tonic (c)
8月12日(日) 福岡・UTERO
w/ The Folkees
8月14日(火) 京都・GROWLY
w/nolala/ガールズロックバンド革命/and more...
8月19日(日) 東京・FEVER
w/アカシック



【関連リンク】
たんこぶちん、新アー写公開&両A面シングル発売決定
たんこぶちんまとめ
SILENT SIREN、シングル「19 summer note.」ダイジェスト映像公開

【関連アーティスト】
たんこぶちん
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, シングル, 発表, リリース, 発売

SILENT SIREN、シングル「19 summer note.」ダイジェスト映像公開
Tue, 26 Jun 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SILENT SIRENが7月11日(水)にリリースする2018年第1弾シングル「19 summer note.」のシングルダイジェスト映像を公開! 今回の映像は、先日公開された「19 summer note.」、そして「天下一品のテーマ」の両MVに加えて、初回限定盤とファンクラブ限定盤にボーナストラックとして収録される『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』のライブ映像「Kaleidoscope」「ODOREmotion」が使用されている。

そして、あいにゃん(Ba)の誕生日でもある7月3日(火)より、表題曲「19 summer note.」の先行配信がスタート! iTunesでは先述のCDボーナストラックに加えて、同公演から「ジャストミート」のライブ音源と、4曲入りシングルを購入すると「フジヤマディスコ」のライブ音源もダウンロードできる。7月3日(火)から7月9日(月)のプレオーダー期間中は限定プライスオフ価格700円で購入することが出来るので、お早めにチェックを!

シングル「19 summer note.」

2018年7月11日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89377/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.19 summer note.
2.天下一品のテーマ
Bonus Track.
3.Kaleidoscope(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
4.ODOREmotion(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
※Bonus Track2曲は初回限定盤とファンクラブ限定盤のみに収録予定
■DVD
「19 summer note.」MV&「天下一品のテーマ」MV&メイキング



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-80494/¥1,000+税
<収録曲>
1.19 summer note.
2.天下一品のテーマ



【チケットバンドル盤】(CD+ライブチケット)
品番未定/¥3,500+税
※『SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ〜101編&19編〜』チケット付き
<収録曲>
1.19 summer note.
2.天下一品のテーマ



【関連リンク】
SILENT SIREN、シングル「19 summer note.」ダイジェスト映像公開
SILENT SIRENまとめ
EXILE、新曲「STYLE of 24karats」MV公開&メンバー着用ジャージ販売決定

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, シングル, 発表

EXILE、新曲「STYLE of 24karats」MV公開&メンバー着用ジャージ販売決定
Tue, 26 Jun 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILEが7月25日(水)に発売する3年ぶりのアルハ?ム『STAR OF WISH』に収録される「STYLE of 24karats」のMVが公開された。このMVでは、「STYLE of 24karats」のEXILEのダンスとアパレルブランド『24karats』のファッションがコラボレーションしたパフォーマンスを披露しており、テーマは“過去と未来、極限のパフォーマンス”。EXILEが持つアスリート性、カルチャーの先端を走っていくアティテュード(姿勢)、そしてルーツである90s HIP HOPという3つのテーマを、ダンスとファッションで表現するべく、メンバーのNAOTOがプロデュースしたとのこと。

アスリートパートでは、シンプルにEXILEの極限のパフォーマンスを表現。近未来パートでは、サイバー空間の中でCGを駆使し、ギミックを多数用いた遊び心溢れる映像になっている。そして、90年代を再現したシーンでは、当時のHIPHOP界隈で流行していたオーバーサイズな衣装を身にまとってパフォーマーたちが踊り、EXILE MAKIDAI もスペシャル参加! 過去から現在、そして未来へと繋がっていく音楽やダンス、ファッション、カルチャーを表現したいという想いから生まれた「STYLE of 24karats」で、EXILEのダンスと24karatsのファッションを融合して作り出した新たなHIPHOPカルチャーに、今後も注目だ。なお、最後のシーンでメンバーが着用しているジャージは7月2日(月)より受注がスタートするとのことで、詳細は24karats公式HPをチェック!

また、この楽曲の解禁をもって、アルバム『STAR OF WISH』の全ての収録内容が発表された。CDには全14曲を収録し、その全てのMV、Lyric VideoがDVDに収録されるという超豪華アルバム。9月15日(土)から始まる全国ドームツアー『EXILE LIVE TOUR 2018-2019 “STAR OF WISH”』と完全連動した今作をチェックして新生EXILEの全てを感じてほしい。

アルバム『STAR OF WISH』

2018年7月25日発売



【CD+3DVD】※豪華盤初回仕様、フォトブック60P予定
RZCD-86620/B〜D/¥7,480+税
【CD+3Blu-ray】※豪華盤初回仕様、フォトブック60P予定
RZCD-86621/B〜D/¥7,980+税
【CD+DVD】
RZCD-86622/B/¥3,980+税
【CD+DVD】
RZCD-86623/B/¥4,480+税
【CD ONLY】
RZCD-86624/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
1. PARTY ALL NIGHT 〜STAR OF WISH〜
2. Melody
3. My Star
4. Turn Back Time feat. FANTASTICS
5. Awakening
6. STEP UP
7. Heads or Tails
8. STYLE of 24karats
9. 24karats GOLD SOUL
10. UPSIDE DOWN / EXILE ATSUSHI
11. AMAZING WORLD
12. Ki・mi・ni・mu・chu
13. Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜
14. 浪漫の地球(ホシ)
■DVD / Blu-ray
〈Disc.1〉
1. Heads or Tails (Music Video)
2. STYLE of 24karats (Music Video)
3. 24karats GOLD SOUL (Music Video)
4. UPSIDE DOWN (Music Video) / EXILE ATSUSHI
5. AMAZING WORLD (Music Video)
6. Ki・mi・ni・mu・chu (Music Video)
7. Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜 (Music Video)
8. PARTY ALL NIGHT 〜STAR OF WISH〜 (Lyric Video)
9. Melody (Lyric Video)
10. My Star (Lyric Video)
11. Turn Back Time feat. FANTASTICS (Lyric Video)
12. Awakening (Lyric Video)
13. STEP UP (Lyric Video)
14. 浪漫の地球(ホシ)(Music Video)

◎豪華盤のみ収録
『EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 “ROUTE 6・6” THE FINAL』
・Rising Sun / EXILE
・PARTY ALL NIGHT 〜STAR OF WISH〜/ EXILE
・Heads or Tails / EXILE
〈Disc.2〉
EXILE PRIDE 4(前編)
〈Disc.3〉
EXILE PRIDE 4(後編)

全国ツアー『EXILE LIVE TOUR 2018-2019 “STAR OF WISH”』

9月15日(土) 京セラドーム大阪
9月16日(日) 京セラドーム大阪
11月10日(土) 札幌ドーム
11月17日(土) 福岡ヤフオク!ドーム
11月18日(日) 福岡ヤフオク!ドーム
11月23日(金・祝) ナゴヤドーム
11月24日(土) ナゴヤドーム
<2019年>
1月26日(土) 福岡ヤフオク!ドーム
1月27日(日) 福岡ヤフオク!ドーム
2月02日(土) ナゴヤドーム
2月03日(日) ナゴヤドーム
2月10日(日) 京セラドーム大阪
2月11日(月・祝) 京セラドーム大阪
<チケット>
全席指定¥11,000+税
■一般発売
2018年公演:8月4日(土)/2019年公演:12月8日(土)
※関東公演の開催に関しましては、現在スケジュール調整中です。
調整つかない場合もございますので、あらかじめご了承ください。



【関連リンク】
EXILE、新曲「STYLE of 24karats」MV公開&メンバー着用ジャージ販売決定
EXILEまとめ
Kis-My-Ft2、ダンスで魅せるエモーショナルな新曲「Because I Love You」MV公開

【関連アーティスト】
EXILE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表

Kis-My-Ft2、ダンスで魅せるエモーショナルな新曲「Because I Love You」MV公開
Tue, 26 Jun 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Kis-My-Ft2が7月11日(水)にリリースする、ニューシングル「LOVE」の初回盤Bに収録される「Because I Love You」のMVを公開! 同時に、本楽曲が第一興商『LIVE DAM STADIUM』CMソングに決定したことも発表された。リリース日よりオンエアがスタートする。

この夏、キスマイが届ける最新シングルのテーマは、ズバリ“まるごとラブソング”。メンバー出演のコーワ『ウナコーワクール』CMソング「L.O.V.E.」をはじめ、「Because I Love You」、そしてユニット3組による楽曲と、その全てが様々な形の「ラブ」をテーマに書かれた楽曲となっている。「Because I Love You」は、学生時代の幼すぎた恋を切なくも大切に想うラブソングで、ここまでエモーショナルなR&Bバラードは、キスマイシングルでは初めての作品となる。

初回盤Bに収録されるMVは、Dance Editionとしてダンスをフューチャーした作品となっており、パフォーマンスでも、まさに“半端ないエモダンス(エモーショナルダンス)”を披露している。メンバーそれぞれが歌詞の世界観をイメージして気持ちを作り、想い・切なさを身体全てを使って表現する感情的なパフォーマンスは必見だ。

MV冒頭、物悲しげな表情で遠くを見つめる玉森。そんな玉森の手からすり抜けていく女性のネックレスから、感情は増していくー過去への後悔、幼すぎた恋、もう二度とは戻らない愛、そして大切な想い出の数々、そんな愛しさと切なさを、指先から足元まで全てを使って伝えるという、7人それぞれの表現力が際立った作品となっている。Kis-My-Ft2の半端ない色気が、ダンスや表情から溢れ出ている姿は、まさに彼らの新境地とも言えるのではないだろうか。メンバーからも“エモい”“エモダンス”“エモエロ”などの声が次々に上がり、楽曲・ダンスとも、大人っぽい色気を全面に出した作品に、手応えを感じているようだ。

また今作では、MV本編以外に、1サビがソロダンスで7パターン収録されており、7人7様のエモーショナルなダンスも見どころの一つとなっている。ローラースケートからエモダンスまで、このギャップこそがデビュー7周年を迎えた彼らならではのパフォーマンスであり、今作でさらに成長したキスマイのエンターテインメントショーが存分に堪能できること間違いない。

また、現在ドームツアー『LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me』真っ最中の彼らだが、2017年のアリーナツアー『LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM』のLIVE映像・音源を使った「LIVEカラオケ」が、7月11日より『LIVE DAM STADIUM』で配信スタート! ぜひライブ会場の圧倒的空間の感覚をカラオケルームで味わってみてほしい。配信される楽曲は、メンバーそれぞれが1曲ずつ選曲した「キスしちゃうぞ」「いいね!」「SEVEN WISHES」「VersuS」「Dream on」「One Kiss」「レッツゴー!!」の全7曲。この夏、思いっきりアツい“ラブ”をシングルとして届けるほか、様々な展開をみせるキスマイから目が離せない。

■【コメント】

■北山宏光
「とてもカッコいい曲なので、一つ一つのシーン・パフォーマンスを丁寧に作り込んだ撮影でした。是非それぞれのダンスパートに注目してご覧ください」
■藤ヶ谷太輔
「エモーショナルさを大切に挑んだ撮影でした。是非、感じ取ってもらえたら嬉しいです」
■玉森裕太
「歌と映像だけでこの曲のエモーショナルな世界観を伝えるのは、すごく大変なことでした。曲始まりの感情的な表情のシーンにも注目して欲しいです」

シングル「LOVE」

2018年7月11日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
AVCD-94131/B/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
1.L.O.V.E.
2.Because I Love You
■DVD
・「L.O.V.E.」MUSIC VIDEO
・「L.O.V.E.」MUSIC VIDEOメイキングドキュメント
・「キスマイ的ゆるスポーツ選手権 〜ローラースケートdeだるまさんが転んだ!?〜」

【初回盤B】(CD+DVD)
AVCD-94132/B/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
1.L.O.V.E.
2.Because I Love You
■DVD
・「Because I Love You」MUSIC VIDEO -Dance Edition-
・「Because I Love You」MUSIC VIDEOメイキングドキュメント
・「裏Yummy!? 〜もう一つのキスマツ荘〜」

【通常盤】(CD)
AVCD-94133/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.L.O.V.E.(コーワ「ウナコーワクール」CMソング)
2.ConneXion(藤ヶ谷太輔&千賀健永&横尾渉)
3.星に願いを(玉森裕太&宮田俊哉)
4.Happy Birthday(北山宏光&二階堂高嗣)



【関連リンク】
Kis-My-Ft2、ダンスで魅せるエモーショナルな新曲「Because I Love You」MV公開
Kis-My-Ft2まとめ
SING LIKE TALKING、ダンサー・島地保武の即興ダンスをメインにした「Vox Humana」MV公開

【関連アーティスト】
Kis-My-Ft2
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, TVCM, CMソング

SING LIKE TALKING、ダンサー・島地保武の即興ダンスをメインにした「Vox Humana」MV公開
Tue, 26 Jun 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー30周年を迎えたSING LIKE TALKINGが、6月27日(水)にリリースする41stシングル「Vox Humana」のミュージックビデオを公開した。

「Vox Humana」はラテン語で“人間の声”を意味しており、“声をかけるという事、声を上げるという事、声を聴くという事… 世界に、そして極身近に在りたい優しさの積極性。アンサンブルでのアフリカの音とエレクトロの音の対峙。静寂と激情の対比”といったものから何かを感じてほしいとメンバーの佐藤竹善も語るように、声を通して人と繋がる大切さについて改めて考えさせられる一曲。また、サウンド面ではその言葉をまっすぐ受け止められるシンプルな仕上がりに、SING LIKE TALKINGのキャリアやそれぞれのスキルが存分に感じることができる。

そんな楽曲「Vox Humana」のメッセージやサウンドを受けて、完成したミュージックビデオもシンプルな構成だ。コンテポラリーダンスの最前線で活動するダンサー・島地保武による楽曲を受けての即興ダンスを、カメラワークやカット割りはできるだけ排除しヒキでの撮影。常に身体への対話を心がけている彼のケガをしてしまった経験に基づく、いつも以上に感じる身体の“声”といった生々しい表現が画面から飛び出してくるような仕上がりとなっている。また、“この曲にあるものがSING LIKE TALKINGの本物の言葉、声であるからだと感じ”そういった表現ができたと、島地氏は撮影後にコメントしている。

なお、本シングルのリリースを記念したインストアイベントが7月に東名阪で開催を予定している他、SING LIKE TALKING 30周年記念したベストアルバム『3rd REUNION』が8月22日に発売、デビュー30周年記念ライブ『SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “FESTIVE”』が9月24日(日)大阪フェスティバルホール、9月29日(金)東京国際フォーラムホール A、10月8日(月)大宮ソニックシティ 大ホール、10月21日(日)リンクステーションホール青森にて開催されることが決定している。詳しくはアーティスト公式HP、30周年特設サイトなどをチェックしてほしい。

■30周年特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/sing-like-talking/30th/

■【楽曲について コメント】

■SING LIKE TALKING 佐藤竹善
「ラテン語のVox Humanaは、英語ではHuman Voice。3 0周年を記念する新曲のテーマはズバリ『人間の声』です。声をかけるという事、声を上げるという事、声を聴くという事… 世界に、そして極身近に在りたい優しさの積極性。アンサンブルでのアフリカの音とエレクトロの音の対峙。静寂と激情の対比。 なにかを感じてもらえたら幸いです」

■SING LIKE TALKING 藤田千章
「30周年を迎えてのシングル曲です。 どんな事でも、より良き方向に進むための変革が必要なとき、最初の一歩は、声にして発することから。 目の前の困っている人を助けたり、励ましたりするのも、声にして発することから。 そう思います」

■SING LIKE TALKING 西村智彦
「30周年を迎えるにあたり今回のシングルは我がバンドの定番?アフリカ〜ンなサウンドになっております。 またカップリング曲はわたくしのギターインストルメンタルの曲でとてもヘヴィーなロック調でございます。 どうぞよろしくお願いいたします」

■【ダンサー・島地保武 コメント】

「「Vox Humana」を最初に聴いた時、率直に元気づけられる、勇気づけられる楽曲だなと感じました。実際自分がケガをしてしまった経験があって、今回表現したダンス(動き)もそのときに感じた自分の身体に対しての“言葉”をイメージに、その感情を素直に投影できました。「あなた」というのは僕にとって自分の身体。この日、スタジオに入って、この光を浴びて、考えていたイメージも変化していって、自ずと身体が変化する感覚でを大切にし、なるべく考えない。身体の声を聞いて、それに応えるように反応して即興的な要素を大切にシンプルな状態で撮影していただきました。音や歌詞に分かりやすく動きを合わせることはせず、沿っているようで沿っていない、沿っていないようで沿っている表現を目指しています。その様な表現ができたのも、この曲にあるものがSING LIKE TALKINGの本物の言葉、声であるからだと感じました。受け手が感情移入できる嘘のない音楽、そこに生まれた動きなど、あらゆる視点からこの曲を感じてもらえたらと思いました」

シングル「Vox Humana」

2018年6月27日発売



UPCH-5944/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.Vox Humana (Written by Chiaki Fujita and Chikuzen Sato)
2.Too Heavy To March (Written by Tomohiko Nishimura)
3.Vox Humana (Ovall Remix)
4.Vox Humana (Michael Kaneko Remix)

【インストアイベント情報】

7月15日(日) 14:00〜 東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
7月29日(日) 13:00〜 大阪・タワーレコード梅田大阪マルビル店 イベントスペース
7月29日(日) 19:00〜 愛知・HMV栄 イベントスペース

30周年記念ライブ『SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “FESTIVE”』

9月24日(月・祝) 大阪フェスティバルホール
9月29日(土) 東京国際フォーラムホール A
10月08日(月・祝) 大宮ソニックシティ 大ホール
10月21日(日) リンクステーション青森
<バンドメンバー>
江口信夫 (Drums)、塩谷哲 (Piano)、高水健司 (Bass)、大儀見元 (Percussion)、渕上祥人 (Chorus&Guitar)
露崎春女 (Chorus)、FIRE HORNS Atsuki (Trumpet),Juny-a (Saxophone) ,Tocchi (Trombone)



【関連リンク】
SING LIKE TALKING、ダンサー・島地保武の即興ダンスをメインにした「Vox Humana」MV公開
SING LIKE TALKINGまとめ
D、ニューシングル「Revive 〜荒廃都市〜」全曲試聴トレイラー公開

【関連アーティスト】
SING LIKE TALKING
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, ダンス

D、ニューシングル「Revive 〜荒廃都市〜」全曲試聴トレイラー公開
Tue, 26 Jun 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成15周年、メジャー10周年を迎えたD。6月27日(水)にリリースする待望のニューシングの「Revive 〜荒廃都市〜」全曲試聴トレイラーを公開した。

表題曲「Revive 〜荒廃都市〜」は世界観を構築するASAGIによるメロディアスな歌、ストーリーにぐっと魅き込まれる歌詞、楽器隊のヘヴィなサウンド、そこへダブステップの要素を取り入れ、近未来を感じさせる素晴らしい楽曲。そして、各タイプに収録されているそれぞれのカップリング曲「Next Generation」「エトワール〜白き異端者〜」「Diamond shape」は、表題曲と深く繋がる物語となっており、全曲を通して今作のシングルの世界観を作り上げている。

この度公開となった全曲試聴トレイラーとMV FULL試聴、Dの描くVAMPIRE STORYが分かる年表・相関図キャラクター紹介文(2014年度版)もチェックいただき、今作の濃厚な世界観、物語を感じてほしい。

CDジャケットには、Vo.ASAGI扮するヴァンパイアの王の息子・ジャスティスが荒れ果てた街を背景にバイクに跨がり鋭く眼光を光らせる姿、転倒し煙を上げるバイクの傍で跪き何かに目覚める様子、さらにはバイク諸共倒れ込む衝撃的なシーンが収められており、それぞれが重要なストーリーのワンシーンになっている。

また、ニューシングルを引っさげた夏ツアーは7月7日の新横浜公演よりスタートする。全国11箇所を周るこのツアーのファイナル公演は、Vo.ASAGIの誕生日当日でもある8/29 マイナビBLITZ赤坂で行われるということで、特別な夜になることは間違いないだろう。一般チケット発売中なので、是非ライブで今作を体感してほしい。

現在、発売を記念したインストアイベントも開催しており、トークや握手、サイン会、写真やサイン入りポスターの手渡し会や、ポーズが5パターンから選ぶ事が出来るチェキ撮影会など、各店舗それぞれ趣向を凝らした内容になっている。各ヴィジュアルショップ購入特典内容も発表となっているのでチェックし、是非参加して頂きたい。

シングル「Revive 〜荒廃都市〜」

2018年6月27日発売



【TYPE-A】(CD+DVD)
YICQ-10403/B/¥1,800+税
※初回特典(封入):トレーディングカード(全7種中1種ランダム封入)
<収録曲>
■Disc-1(CD)
1.Revive 〜荒廃都市〜
2.Next Generation
3.Revive 〜荒廃都市〜(Instrumental)
全2曲3 バージョン収録
■Disc-2(DVD)
Revive 〜荒廃都市〜(Music Video)



【TYPE-B】(CD+DVD)
YICQ-10404/B/¥1,800+税
※豪華ブックレット仕様
※初回特典(封入):トレーディングカード(全7種中1種ランダム封入)
<収録曲>
■Disc-1(CD)
1.Revive 〜荒廃都市〜
2.Next Generation
3.エトワール〜白き異端者〜
全3 曲収録
■Disc-2(DVD)
Revive 〜荒廃都市〜(Music Video Making)



【TYPE-C】(CD)
YICQ-10405/¥1,200+税
※初回特典(封入):トレーディングカード(全7種中1種ランダム封入)
<収録曲>
1.Revive 〜荒廃都市〜
2.Next Generation
3.エトワール〜白き異端者〜
4.Diamond shape (Instrumental)

『D Tour 2018 「Revive 〜荒廃都市〜」』

7月07日(土) 神奈川・新横浜NEW SIDE BEACH?
7月15日(日) 広島・SECOND CRUTCH
7月16日(月・祝) 福岡・DRUM Be-1
7月22日(日) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
7月25日(水) 北海道・札幌cube garden
7月28日(土) 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
7月29日(日) 石川・金沢AZ
8月04日(土) 大阪・ESAKA MUSE
8月05日(日) 愛知・名古屋Electric Lady Land
8月11日(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
?8月29日(水) 東京・マイナビBLITZ赤坂

【シングル「Revive 〜荒廃都市〜」 発売記念インストアイベント】

6月27日(水)  littleHEARTS.SHINJUKU
内容:トーク+衣装6ショットチェキ撮影&メンバー直筆サイン入りポスター手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
イベント開始:19:00〜

6月28日(木)  ライカエジソン東京店
内容:トーク+衣装2ショットチェキ撮影&握手会
イベント開始:19:00〜

6月29日(金)  自主盤倶楽部
内容:トーク+握手会
イベント開始:19:00〜

6月30日(土)  タワーレコード池袋店
内容:トーク+私物サイン&握手 & オリジナル生写真(1)プレゼント手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
イベント開始:13:00〜

6月30日(土)  タワーレコード新宿店
内容:衣装2ショットチェキ撮影 & 握手 & オリジナル生写真(2)プレゼント手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
イベント開始:15:00〜

6月30日(土)  HMV&BOOKS SHIBUYA
内容:衣装6ショットチェキ撮影 & メンバー直筆サイン入りポスター手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
イベント開始:17:00〜

7月01日(日)  ブランドエックス
内容:一部 : トーク&CDジャケットサイン会 (トーク部分は人数制限あり)  / 二部 : 私服2ショットチェキ撮影 & 握手会
イベント開始:14:30〜(一部)/ 16:00〜(二部) 

7月01日(日)  SHIBUYA TSUTAYA
内容:私服6ショットチェキ撮影 & D、TSUTAYAダブルネーム生写真プレゼント手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
イベント開始:18:00〜

7月08日(日)  littleHEARTS.町田店
内容:トーク+衣装2ショットチェキ撮影 & 握手会
イベント開始:14:00〜

7月08日(日)  ZEAL LINK高田馬場店
内容:トーク+衣装6ショットチェキ撮影 & メンバー直筆サイン入りポスター手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
イベント開始:18:00〜

7月14日(土)  フタバ図書TERA広島府中店
内容:私服6ショットチェキ撮影会 or 私服2ショットチェキ撮影 & 握手会
イベント開始:14:00〜

7月14日(土)  タワーレコード広島店
内容:衣装6ショットチェキ撮影会 or 衣装2ショットチェキ撮影 & 握手会
イベント開始:18:00〜

7月17日(火)  ミュージックプラザ・インドウ
内容:衣装6ショットチェキ撮影会 or 衣装2ショットチェキ撮影 & 握手会
イベント開始:19:00〜

7月21日(土)  タワーレコード仙台パルコ店
内容:私服6ショットチェキ撮影会 or 私服2ショットチェキ撮影 & 握手会
イベント開始:14:00〜

7月21日(土)  HMV仙台E BeanS店
内容:衣装6ショットチェキ撮影会 or 衣装2ショットチェキ撮影 & 握手会
イベント開始:18:00〜

7月24日(火)  littleHEARTS.札幌店
内容:トーク+衣装2ショットチェキ撮影 & 握手 & オリジナル生写真(3)プレゼント手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
イベント開始内容:19:00〜

8月03日(金)  ディスクピア日本橋店
内容:衣装6ショットチェキ撮影 & メンバー直筆サイン入りポスター手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
イベント開始:17:00〜

8月03日(金)  littleHEARTS.大阪店
内容:トーク+衣装2ショットチェキ撮影 & 握手会
イベント開始:19:00〜

8月06日(月)  ライカエジソン名古屋店
内容:トーク+衣装6ショットチェキ撮影会 or 衣装2ショットチェキ撮影 & 握手会
イベント開始:19:00〜



【関連リンク】
D、ニューシングル「Revive 〜荒廃都市〜」全曲試聴トレイラー公開
Dまとめ
GOING UNDER GROUND、CDデビュー20周年イヤーを飾るニューアルバム『FILMS』発売を発表

【関連アーティスト】
D
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, トレーラー, CD, シングル

GOING UNDER GROUND、CDデビュー20周年イヤーを飾るニューアルバム『FILMS』発売を発表
Tue, 26 Jun 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GOING UNDER GROUNDが6月23日に開催したニューシングル「スウィートテンプテーション」のリリースツアー『ICE CREAM TOUR』ファイナルの下北沢Que公演にて、9月19日にニューアルバム『FILMS』をリリースすることを発表した。

CDデビュー20周年イヤーとなる今年を飾る記念すべきタイトルとなる今作はオープニングからエンドロールまで、映画を観るように体感できるシネマティックな作品となっている。

アルバム『FILMS』

2018年9月19日発売



YRNF-0012/¥2,778(税抜)
※全10曲入り



【関連リンク】
GOING UNDER GROUND、CDデビュー20周年イヤーを飾るニューアルバム『FILMS』発売を発表
GOING UNDER GROUNDまとめ
魔法少女になり隊、2マン企画にPOLYSICS、SHANKを迎えてお祭り騒ぎ!

【関連アーティスト】
GOING UNDER GROUND
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売

魔法少女になり隊、2マン企画にPOLYSICS、SHANKを迎えてお祭り騒ぎ!
Tue, 26 Jun 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月20日(水)に4枚目のシングル「?START」をリリースしたばかりのラウドでポップなRPG系バンド・魔法少女になり隊が、東京・代官山UNITにて6月22日(金)23日(土)の2日間で2017年もチケット即完させた大人気の2マン自主企画イベント『魔法少女になりな祭』を開催。念願のルーツ&リスペクトするバンド2組を招いた、ノンストップ超ハイテンションな2DAYSとなった。

1日目に招いたバンドはPOLYSICS。実は、魔法少女になり隊結成前に、火寺バジル(Vo)とgari(VJ&Vo)がPOLYSICSのコピーバンドを組んでいたという。コンピューター音楽を搭載した独創的な音楽性は、魔法少女になり隊にとってルーツとなる存在で、まさにメンバー念願の対バンが実現した一夜となった。「MEGA OVER DRIVE」から始まったPOLYSICSのステージは、息をつく暇もなくノンストップで疾走。バジルとgariがコピーバンドでレパートリーにしていたという「ワトソン」も披露し、会場は熱さを増していった。

ヒートアップした会場に魔法少女になり隊が現れると「KIRARI」を披露。先輩POLYSICSに負けじと、こちらもノンストップで立て続けに繰り出される超高速パワーチューンをたたみ掛ける構成で会場を熱狂の渦に巻き込んだ。gariが、先輩POLYSICSのリスペクトを込めて“トイス!”と会場を煽ると、観客もそれに応え、リリースしたばかりの「?START」へ。カップリングの新曲「変幻自在のスパーキングZ」を初披露するなど、疾走感のあるステージで観客を魅了した。ラストのMCではgariが“POLYSICSはバンドをやる前からすごく好きで、今回出てくれて一番嬉しいのは我々です。ありがトイス!”と感極まった様子で語った。

2日目に招いたバンドはSHANK。“魔法少女になり隊が持ち時間を50分もくれました。自分らのツアーくらいある!”という言葉通り、「Surface」「Life is...」など立て続けに演奏し、全19曲を披露。ボリュームたっぷりのステージとなった。SOLD OUTで超満員の会場は、文字通り“祭”さながらの熱気に包まれる。

魔法少女になり隊はgariの“みなさん、初っ端からお祭り騒ぎしようぜ!”という掛け声からスタートし、「ヒメサマスピリッツ」を披露。生憎の天候ではあったが、「シェキナゴン」では雨を吹き飛ばすようにタオルが会場いっぱいに回った。また、初披露の「ミッドナイトシンドローム」では火寺バジル作詞のダークな世界観と、ウイと明治のツインギターソロに歓声が上がっていた。

8月21日には広島Cave-Beにて四星球を迎え『魔法少女になりな祭 vol.6 〜四星球とお祭り騒ぎし隊〜』を開催する魔法少女になり隊。多くのフェス出演も控えており、2018年の夏も目が離せなさそうだ。

Photo by yusuke satou

【セットリスト】
6月22日(金)『魔法少女になりな祭 vol.4 〜トイスと叫び隊〜』
■POLYSICS
M1. MEGA OVER DRIVE
M2. SUN ELECTRIC
M3. Pretty Good
M4. Cock-A-Doodle-Doo
M5. Tei! Tei! Tei!
M6.ワトソン
M7. Sea Foo
M8. DTMK未来
M9. I My Me Mine
M10. That\'s Fantastic!
M11.シーラカンス イズ アンドロイド
M12. Funny Attitude
M13. Dr Pepper!!!!!
M14. Let\'s ダバダバ

■魔法少女になり隊
M1.KIRARI
M2.完全無敵のぶっとバスターX
M3.おジャ魔女カーニバル!!
M4.シェキナゴン
M5.?START
M6.変幻自在のスパーキングZ
M7.革命のマスク
M8.BA・BA・BAばけーしょん
M9.願い星
M10.ヒメサマスピリッツ
ENC.冒険の書1

6月23日(土)『魔法少女になりな祭 vol.5 〜長崎が産んだ三人隊〜』
■SHANK
M1.Surface
M2.submarine
M3.Monkey Fuck
M4.Life is...
M5.Cigar Store
M6.Hope
M7.Take Me Back
M8.Good Night Darling
M9.620
M10.Departure
M11.Weather is Beautiful
M12.TOP WATER
M13.Wall Ride
M14.Honesty
M15.It\'s not a game
M16.My sweet universe
M17.Set the fire
M18.Long for the Blue moon
M19.Restart

■魔法少女になり隊
M1.ヒメサマスピリッツ
M2.my!show!time!
M3.おジャ魔女カーニバル!!
M4.MEGA DASH
M5.シェキナゴン
M6.?START
M7.革命のマスク
M8.ミッドナイトシンドローム
M9.完全無敵のぶっとバスターX
M10.冒険の書1
ENC. RE-BI-TE-TO



【関連リンク】
魔法少女になり隊、2マン企画にPOLYSICS、SHANKを迎えてお祭り騒ぎ!
魔法少女になり隊まとめ

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
ニュース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1