歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年06月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
LUNA SEA主催フェス“ルナフェス”のグッズ&協賛ブース詳細発表!
Wed, 20 Jun 2018 19:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

いよいよ6月23日(土)24日(日)に開催されるロックフェス『LUNATIC FEST. 2018』の特設サイトにて、オフィシャルグッズのラインナップと、フード&協賛ブースエリア(通称:EDEN)の詳細が発表された。

オフィシャルグッズには、メインビジュアルのスカルをあしらったTシャツ各種に加え、フェスならではの遊び心満載のデザインTシャツも多数用意された。もちらん背面には、それぞれ全出演ラインナップのロゴが並ぶ永久保存版の1枚となっている。その他会場限定のシークレットアイテムや、小物類も多数展開されているのでチェックしてみよう!

また、LUNA SEAのアルバムからその名称が付けられたフード&協賛ブースエリア“EDEN”では、GWに開催された『LUNATIC FEST. CAFE』をはじめ、LUNA SEAメンバーがツアーで食するものを再現して提供する“うなぎ屋”など数多くのフードショップや、LUNA SEAメンバー使用の各楽器メーカー他、様々な企画ブースも出店されるとのこと。ライブはもちろんのこと、ルナフェス空間をまるごと楽しんでもらうためのホスピタリティーにも全力を注いでいる。

そしてライブエリアは、オープニングアクト・LUNACYの登場から最後の最後まで、何が起こるかわからないステージの連続となりそうだ。そんな唯一無二の最狂ロックフェスは、間もなく開幕を迎える!

■『LUNATIC FEST.』特設サイト
http://lunaticfest.com

『LUNATIC FEST.2018』

6月23日(土) 千葉・幕張メッセ
6月24日(日) 千葉・幕張メッセ
<出演>
■6月23日(土)
LUNA SEA、ACE OF SPADES、GLIM SPANKY、GLAY、coldrain、シド、女王蜂、DIR EN GREY、
back number、The BONEZ、LUNACY(Opening Act)
■6月24日(日)
LUNA SEA 、AA=、大黒摩季、OLDCODEX、THE ORAL CIGARETTES、BRAHMAN、MUCC、
LOUDNESS、lynch.、YOSHIKI、LUNACY(Opening Act)
※LUNA SEAを除き50音順で掲載
<チケット>
1日券¥15,500(入場チケット¥15,000+ドリンク代¥500/税込)
※各プレイガイドにてチケット最終受付中!



【関連リンク】
LUNA SEA主催フェス“ルナフェス”のグッズ&協賛ブース詳細発表!
LUNA SEAまとめ
シェリフ、35年振りのニューシングルを発売

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, 発表, グッズ

シェリフ、35年振りのニューシングルを発売
Wed, 20 Jun 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湘南のレジェンドバンド、シェリフが35年ぶりとなるシングル「シーサイドロマンス」を6月20日にリリースした。今作には、ニューリリースとなる表題曲のほか、1984年発売の「SEASIDE ROMANCE」を新メンバーによる再レコーディングで収録しており、合せてデビュー曲「渚のメモリー」「涙のSEASIDE-WALK」がオリジナルバージョンで収められる。

さらに、6月30日(土)には神奈川・新堀学園藤沢ライブ館にて行なわれる『湘南ミュージックフェスティバル』への出演も決定! メジャーデビュー35周年とニューシングルの発売を記念したライブとなるので、こちらもお見逃しのないようチェックしてほしい。

シェリフは、1977年に湘南で活動していた4人のミュージシャンが集まり結成。当時の人気テレビ番組のTBS『ぎんざNOW!』のロックコンテストで入賞し、本格的なライヴ活動をスタート。1970年代後半から80年代にかけ日本のライブシーンをはじめ、海外のライブシーンでも活躍した湘南のレジェンドバンドだ。2017年の結成40周年を機に新メンバーを加えて、新たな活動をスタートさせている。

シングル「シーサイドロマンス」

2018年6月20日発売



COCA-17465/¥1,389+税
<収録曲>
1.シーサイドロマンス〈ニューリリース〉
作詞/今村良樹 作曲/しゅくやはじめ 編曲/シェリフ、三浦一年、宿谷一
2.涙のSEASIDE-WALK
作詞・作曲・編曲/植田芳暁
3.渚のメモリー
作詞/今村良樹、吉見ひろ子 作曲/しゅくやはじめ 編曲/向井寛、渡辺博之
4.シーサイドロマンス〈カラオケ〉
5.涙のSEASIDE-WALK〈カラオケ〉
6.渚のメモリー〈カラオケ〉


『湘南ミュージックフェスティバル』

6月30日(土) 神奈川・新堀学園藤沢ライブ館
<出演>
ザ・レトロサウンズ / シェリフ / MADOKA.with MOEHERE
司会:グッチ田畑
<チケット>
前売¥3,000 / 当日¥4,000 (2.5hフリードリンク付)



【関連リンク】
シェリフ、35年振りのニューシングルを発売
シェリフまとめ
mol-74、アコースティックツアー開催&限定音源リリース決定

【関連アーティスト】
シェリフ
【ジャンル】
ニュース

mol-74、アコースティックツアー開催&限定音源リリース決定
Wed, 20 Jun 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

mol-74が、9月より全国アコースティックワンマンツアー『mol-74 acoustic one-man live』を開催することを発表した。2017年1月に開催し好評だったアコースティックライブを、2018年は規模を広げて9月28日(金)六本木ARK HiLLS CAF?公演から10月28日(日)名古屋sunset BLUE公演まで、8カ所全10公演に亘って開催する。

また、ツアー開催に伴い、会場と通販でアコースティック編成での限定音源を販売することも決定。収録内容などの詳細は後日発表されるのでお楽しみに!

今回のツアーは、バンドセットでのライブに比べ普段より近い距離で演奏を堪能でき、アコースティック編成ならではの特別なセットリストでお届けする予定とのこと。オフィシャルサイトにて6月20日(水)21時よりチケット先行予約を実施しているので、お早めにゲットしてほしい。

『mol-74 acoustic one-man live』

9月28日(金) 六本木 ARK HiLLS CAF?
9月29日(土) 横浜 THUMBS UP
10月11日(木) 仙台 カフェモーツァルトアトリエ
10月13日(土) 札幌 レストランのや
10月14日(日) 札幌 レストランのや
10月20日(土) 福岡 LIV LABO
10月21日(日) 高松 Sumus caf?
10月26日(金) 梅田 URGE
10月28日(日) 名古屋 sunset BLUE
10月28日(日) 名古屋 sunset BLUE
<チケット>
前売¥3,000+1オーダー
■オフィシャル1次先行
6月20日(水)21:00〜6月26日(火)23:00
受付URL https://l-tike.com/st1/mol74liveaconeman



【関連リンク】
mol-74、アコースティックツアー開催&限定音源リリース決定
mol-74まとめ
erica、コラボアルバム『告ラボ』より「飽きるほどに・・・ feat. TEE」MV公開

【関連アーティスト】
mol-74
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー, ワンマン

erica、コラボアルバム『告ラボ』より「飽きるほどに・・・ feat. TEE」MV公開
Wed, 20 Jun 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“告うたのカリスマ”として10代〜20代の女性に絶大な人気を誇る女性シンガーソングライター・ericaが、佐藤竹善 ・TEE、ハジ→・H!dE・山猿・マナミ(Goose house)とジャンルを越えた6人の豪華アーティストと、6つのラブストーリーを歌った初のコラボアルバム『告ラボ』を7月18日にリリースする。

このリリースに先駆けて6月20日(水)よりデジタル配信された、TEEとのコラボ楽曲「飽きるほどに・・・ feat. TEE」は、すでにLINE MUSICで上位にランクインしてきており、6月18日(月)にYouTubeで公開されたリリックビデオもこの2日間で約2,4000回も再生され早くも注目を浴びている。

今回公開されたミュージックビデオはレコーディング風景を収めており、この日初対面だったericaとTEEが和気藹々とレコーディングを進める様子が微笑ましく、ラブバラードにピッタリな映像となっている。先に公開されているリリックビデオ併せてチェックしてほしい。

ミニアルバム『告ラボ』

2018年7月18日発売



UPCH-2163/¥1,800+税
<収録曲>
1.#公開告白 feat. 山猿
2.飽きるほどに・・・ feat. TEE
3.Summer Chance!feat. H!dE
4.咲き誇れ feat.マナミ(Goose house)
5.恋ノ夢。feat. erica / ハジ→
6.一緒に帰ろう feat. 佐藤竹善

配信楽曲「飽きるほどに・・・feat.TEE」

配信中



<配信先一覧>
iTunes http://po.st/JwfJis
apple music http://po.st/ZHMHBT
LINE MUSIC http://po.st/JpQSBq
レコチョク http://po.st/C8ZIHY
Spotify http://po.st/4XfyGy



【関連リンク】
erica、コラボアルバム『告ラボ』より「飽きるほどに・・・ feat. TEE」MV公開
ericaまとめ
TEEまとめ
大原櫻子、アルバム『Enjoy』プレオーダー開始&全曲試聴ムービー公開

【関連アーティスト】
erica, TEE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 発表, リリース, 発売, ミニアルバム

大原櫻子、アルバム『Enjoy』プレオーダー開始&全曲試聴ムービー公開
Wed, 20 Jun 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子の2年振りとなるニューアルバム『Enjoy』のiTunesでのプレオーダーが6月20日(水)よりスタートとなり、ダウンロード特典となるデジタルフォトブックレットの絵柄が公開された。ダウンロード特典のEnjoyデジタルフォトブックレットは、パッケージでは使われていない7枚の写真で構成されたスぺシャルな内容。ポップで芸術品のような雰囲気が評判の今作のビジュアルを、配信でも楽しめる仕掛けとなっているので要チェック!

さらに、アルバム全曲の試聴ができるリスニングムービーが本人のメッセージ付きで公開された。既にミュージックビデオが評判の「ツキアカリ」、作曲を水野良樹、作詞を元チャットモンチ―の高橋久美子が手掛けた「夏のおいしいところだけ」、タイトルが謎なポップナンバーで、なんとYouTuberとしても活躍している“ばりちゃん”ことバリトンボイス高橋がコーラス参加したという「いとしのギーモ」、本人曰く“Enjoyするにはこの曲”の「Joy&Joy」などの新録8曲を含む14曲もの収録曲がいち早く堪能できる。大原櫻子本人による一言メッセージがテキストで掲載されている点にも注目だ。

いよいよアルバム発売、全国ツアーの初日が迫っている大原櫻子に引き続き注目してほしい。

■アルバム『Enjoy』iTunesプレオーダー
https://itunes.apple.com/jp/album/id1394400166?app=itunes&ls=1

アルバム『Enjoy』

2018年6月27日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1398/¥4,500+税
※スリーブジャケット仕様/フォトカード7枚封入
<収録曲>
■CD
1.one
2.泣きたいくらい
3.ツキアカリ
4.energy
5.ひらり
6.夏のおいしいところだけ
7.マイ フェイバリット ジュエル
8.Jet Set Music!〜Album ver.〜
9.甘えてしまうんだよ
10.さよなら
11.いとしのギーモ
12.Close to you
13.青い季節
14.Joy&Joy
■DVD
ツキアカリ(Music Video+Making)
いとしのギーモ(Making Movie)
Enjoy Photos Session Movie

【初回限定盤B】(CD+BOOKLET)
VIZL-1399/¥4,000+税
※EPサイズジャケット
<収録曲>
1.one
2.泣きたいくらい
3.ツキアカリ
4.energy
5.ひらり
6.夏のおいしいところだけ
7.マイ フェイバリット ジュエル
8.Jet Set Music!〜Album ver.〜
9.甘えてしまうんだよ
10.さよなら
11.いとしのギーモ
12.Close to you
13.青い季節
14.Joy&Joy

【通常盤】(CD)
VICL-65026/¥3,000+税
<収録曲>
1.one
2.泣きたいくらい
3.ツキアカリ
4.energy
5.ひらり
6.夏のおいしいところだけ
7.マイ フェイバリット ジュエル
8.Jet Set Music!〜Album ver.〜
9.甘えてしまうんだよ
10.さよなら
11.いとしのギーモ
12.Close to you
13.青い季節
14.Joy&Joy

【アルバム『Enjoy』特典情報】

◎封入特典(各形態初回仕様のみ)
その1.Enjoyプレミアムキャンペーン 抽選応募用シリアルコード封入
以下のA賞、B賞いずれかに1回応募できます。
A賞:「大原櫻子 5th TOUR 2018〜Enjoy?〜」バックステージご招待 計10名様
※「大原櫻子 5th TOUR 2018〜Enjoy?〜」入場券を持っている方のみが招待有効となりますのでご注意願います
※「大原櫻子 5th TOUR 2018〜Enjoy?〜」6/28千葉公演は対象外となります。
B賞:Enjoyプレミアグッズプレゼント 計100名様
【応募締切】2018年7月1日(日)23:59〆切
※当選発表や他詳細はCDに封入のチラシを必ずご覧ください。

その2.今すぐ全て聴ける!プレイパス対応 【ダウンロード有効期限】2019年6月30日まで
CD 収録内容がスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス。プレイパスのアプリのダウンロード、登録が必要となります。
※初回限定盤Aのみ特典DVD映像もプレイスパスサービスで視聴できます。

◎CD予約・購入特典
予約・購入者には「先着」で「Enjoyポケットカレンダー(ハーフイヤーVer.)」をプレゼント(6種類)
■対象店
<絵柄A>
タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン
<絵柄B>
Rakutenブックス
<絵柄C>
TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
<絵柄D>
セブンネットショッピング
山野楽器CD/DVD取り扱い店舗 / 山野楽器オンラインショップ
新星堂全国各店/WonderGOO全国各店/新星堂WonderGOO楽天市場店
ビクターエンタテインメントオンラインショップ
その他全国一般CD取扱いショップ ※対象店名は決定次第追加で発表致します。
<絵柄E>
HMV 全国各店 / HMV&BOOKS online
<絵柄F>
Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp、Rakutenブックスにおいて、特典つきでない商品を予約済みの場合特典はつきません。特典を希望される場合は、一旦キャンセルの上特典付き商品をご予約下さい。
※特典は数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※特典取扱いの無い店舗もございますので、確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。
※詳細はこちら:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A024769.html

全国ツアー『大原櫻子 5th TOUR 2018〜Enjoy?〜』

6月28日(木) 千葉・市原市市民会館 大ホール
7月03日(火) 岡山・岡山市民会館 大ホール
7月04日(水) 広島・上野学園ホール
7月06日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
7月11日(水) 東京・NHKホール
7月12日(木) 宮城・仙台サンプラザホール
7月16日(月・祝) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
7月18日(水) 福岡・福岡サンパレス
7月20日(金) 大阪・グランキューブ大阪 メインホール
<チケット>
全席指定¥5,800(税込)
■一般発売:5月26日(土)



【関連リンク】
大原櫻子、アルバム『Enjoy』プレオーダー開始&全曲試聴ムービー公開
大原櫻子まとめ
HYDE、早くも再始動後2枚目となるニューシングルのリリースが決定

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, アルバム, 発表, リリース, 発売

HYDE、早くも再始動後2枚目となるニューシングルのリリースが決定
Wed, 20 Jun 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ソロ活動再開の狼煙となるシングル「WHO’S GONNA SAVE US」のデジタル先行配信を6月20日(水)にスタートさせたばかりのHYDEが、早くも次のニューシングル「AFTER LIGHT」を6月29日(金)にデジタル先行配信し、シングルCDを8月1日(水)に発売することが明らかになった。先行配信される6月29日(金)からは『HYDE LIVE 2018』もスタートし、再始動させたばかりのHYDEソロの活動の加速が止まらない!

再始動後2枚目となるシングル「AFTER LIGHT」は、暗闇の中でもがきながらも一筋の光のほうに向かって進みながら答えを見つけようとする様を表現したHYDEならではの楽曲に仕上がっている。カップリングには、HYDEプロデュースとして中島美嘉に提供した「KISS OF DEATH」のセルフカバーを収録。「WHO’S GONNA SAVE US」同様、初回限定盤はEPサイズ・コンセプトブック付となっている。

HYDEオフィシャルHPでは、「AFTER LIGHT」のMVの一部がチェックできる30秒スポット映像も公開! 今回のMVは“NEO TOKYO”をモチーフに、悪がはびこる世界の中で光を探し彷徨いもがくHYDEが印象的な映像に仕上がっている。まずはこちらをチェックの上、フル尺の公開もお楽しみに。

■「WHO\'S GONNA SAVE US」配信ページ
https://umj.lnk.to/hyde_wgsuPR

シングル「AFTER LIGHT」

2018年8月1日発売



【初回限定盤】(CD+コンセプトブック)
UICV-9288/¥3,024(税込)
※コンセプトブック:EPサイズ(7インチ四方)

【通常盤】(CD)
UICV-5074/¥1,296(税込)

<収録曲>
1. AFTER LIGHT
2. KISS OF DEATH

『HYDE LIVE 2018』

6月29日(金) ZEPP TOKYO ※HYDEIST ONLY
6月30日(土) ZEPP TOKYO ※HYDEIST ONLY
7月02日(月) ZEPP TOKYO
7月03日(火) ZEPP TOKYO
7月07日(土) ZEPP SAPPORO
7月08日(日) ZEPP SAPPORO
7月11日(水) ZEPP NAGOYA
7月12日(木) ZEPP NAGOYA
7月14日(土) ZEPP NAGOYA ※BEAUTY & THE BEAST
7月15日(日) ZEPP NAGOYA
7月19日(木) SENDAI PIT
7月20日(金) SENDAI PIT
7月25日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月26日(木) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月28日(土) ZEPP OSAKA BAYSIDE ※BEAUTY & THE BEAST
7月29日(日) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月31日(火) ZEPP OSAKA BAYSIDE
8月01日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE



【関連リンク】
HYDE、早くも再始動後2枚目となるニューシングルのリリースが決定
HYDEまとめ
音楽イベント『ROSETTA』、第三弾のテーマは“MATSURI”に決定

【関連アーティスト】
HYDE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信

音楽イベント『ROSETTA』、第三弾のテーマは“MATSURI”に決定
Wed, 20 Jun 2018 17:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“MUSIC × ENTERTAINMENT × ??”を掲げ、2017年に産声をあげた音楽イベント『ROSETTA』。これまで第一弾は“バレンタイン・Chocolate”、第二弾は“SAKURA”をテーマに掲げて会場を盛り上げてきたが、第三弾はよりパワーアップして“MATSURI”というテーマのもと、7月の“毎週”土曜日に“終日”開催することが決定! 毎週変わるコンセプトで思い思いの“祭り”が楽しめる内容となっている。

初日開催の7月7日は七夕だが、来場者は無料配布されるサングラスを着用して参加をするという新スタイルの仮面舞踏会で、DJ REONA、Little Bayなどの出演が決定。DJ CHIAKI、IRUMIなどが出演する7月14日は、本イベントの会場・i Darts Tokyoで大人気のイベント『シャンパンNight』が帰ってくる。さらに入場料に“プラス千円”を支払うと、シャンパン飲み放題になるという超破格の内容だ。

DJ FUJIKEN(KICKOFF)、さとけん、BOSEを迎える第三週の7月21日は、J-POP祭り。懐かしのあの曲や今話題の曲など、世代を超えて楽しめることを保証する。シークレットゲストの登場もあり、六本木を感じずにはいられない(!?)内容となっているので、当日会場にて確かめてほしい。

最後の7月28日は、“Final MATSURI”。R&BやHouse、EDM、数年前に大流行したパーティーソングや最新曲などオールジャンルでとことん楽しめる。イラストレーターという一面も持ち合わせているスペシャルゲスト DJ MONEMILKが最終日のみに出演し、来場者がアート(花火)を完成させる企画も予定しているので、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。また、イベント全日程はダーツもフリーで楽しめむことができ、ダーツ初心者の方も気軽に参加できるゲームや、ドリンクタワーでおなじみ“i Tower”<ROSETTA Special Taste MATSURI>の販売も行なわれる。

そして、前回好評だったFUJIPACFIC MUSIC Spotify公式アカウントに公開されている、ROSETTAのスペシャルプレイリスト『ROSETTA -Girls Party- Selected by MONEMILK』に新たな楽曲が追加されるので、こちらもぜひチェックのうえ、いつでもどこでも『ROSETTA』を味わってほしい。どの日程のどの時間帯に来ても間違いない選曲で盛り上がれる4日間。詳細はオフィシャルHPにて要チェックだ。

■『MUSIC × ENTERTAINMENT × MATSURI』

7月07日(土) 東京・i Darts Tokyo
7月14日(土) 東京・i Darts Tokyo
7月21日(土) 東京・i Darts Tokyo
7月28日(土) 東京・i Darts Tokyo
OPEN 21:00/CLOSE 28:00

<出演>
7月07日:DJ REONA / Little Bay etc…
7月14日:DJ CHIAKI / IRUMI / OTOHA / KAE etc…
7月21日:DJ FUJIKEN (KICKOFF) / さとけん / BOSE etc…
7月28日:DJ MONEMILK / TO/MO / OTOHA / yuriyan / CHAN-C etc…

<チケット>
入場料¥2,000(1D + ダーツ代無料)
※VIP席:ご予約・お問い合わせはi Darts Tokyoまでお願い致します。

<注意事項>
入場年齢制限:20歳以上
必ず公的機関発行の顔写真付き身分証をお持ちください。

■『ROSETTA』公式HP
http://www.fujipacific.co.jp/rosetta/201807rosetta/

■FUJIPACFIC MUSIC Spotify公式アカウント
https://open.spotify.com/user/fujipacificmusic



【関連リンク】
音楽イベント『ROSETTA』、第三弾のテーマは“MATSURI”に決定
オセロケッツ、20年の時を経てデビューアルバムを新装リリース

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, DJ

オセロケッツ、20年の時を経てデビューアルバムを新装リリース
Wed, 20 Jun 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1998年6月20日にリリースされたオセロケッツのデビューアルバム『パックザケッツ』が、ボーナスディスクを加えたニューアルバム『パックザケッツ20th Anniversary Edition』として、6月20日(水)にリリースされた。このアルバムは2017年夏に、ソニー・ミュージック・ショップの“オーダーメイドファクトリー商品”(廃盤タイトルなどをリクエストによって復刻する企画)として企画され、熱いファンの支持のもとに規定予約数を達成し、商品化された。

Disc1はナイアガラ関連のマスタリングでおなじみ、ソニーミュージック乃木坂スタジオの内藤哲也氏による最新リマスタリングが施されており、20年の時を経て新たに生まれ変わった『パックザケッツ』となっている。Disc.2はボーナス・ディスクとして、アルバム未収録曲「シング」「プリーズミスターホストマン (練習)」や、デビュー時に配布されたフリー・サンプラーCDの貴重な音源、さらにデビュー前のデモ音源「ヘアチェッカー」「病花」「川辺の日常」、初ワンマンライヴ音源や2017年に行われた結成20周年記念ライヴ音源「アンサーソン」、未発表曲「ドラマ」などを収録。充実で豪華な2枚組となる。ブックレットには、メンバー自身によるセルフインタビューを掲載。デビューアルバム収録曲をインタビュー形式で解説されている。

この発売を記念して、OTONANOサイト内に特設サイトもオープンしているので、是非チェックしよう。

■アルバム『パックザケッツ20th Anniversary Edition』特設サイト
http://www.110107.com/s/oto/page/oserockets?ima=1310

アルバム『パックザケッツ20th Anniversary Edition』

発売中



DQCL-665/¥3,704+税
<収録曲>
■CD DISC1(最新リマスター)
01.ヘアチェッカー
02.ジェリービーン
03.しゃけのうた
04.マフユ
05.ボディガードはクレジットカード
06.灰色大人島
07.フォークまち
08.アンサーソン
09.病花
10.クレイジーファミリーパック
11.答えて!エイリアン
12.川辺の日常
■CD DISC2(ボーナス・ディスク)
01.シング <マフユ c/w>
02.プリーズミスターホストマン(練習)<アンサーソン c/w>
03.ヘアチェッカー DEMO <自宅>
04.灰色大人島 DEMO <自宅>
05.病花 DEMO <大阪>
06.川辺の日常 DEMO <東京>
07.答えて!エイリアン <karaoke>
08.ドラマ DEMO <未発表>
09.ヘアチェッカー LIVE <初ワンマン@下北沢 CLUB251>
10.ボディーガードはクレジットカード LIVE <NHK-FM「LIVE BEAT \'98」より>
11.マフユ LIVE <NHK-FM「LIVE BEAT \'98」より>
12.クレイジーファミリーパック LIVE <NHK-FM「LIVE BEAT \'98」より>
13.フォークまち LIVE <@仙台マカナ>
14.アンサーソン LIVE <20th@O-WEST>
15.無料配布フリーサンプラー音源

◎購入はこちら:https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=DQCL-665



【関連リンク】
オセロケッツ、20年の時を経てデビューアルバムを新装リリース
オセロケッツまとめ
SNSで話題沸騰中の美少女、ロン・モンロウが遂にデビュー!

【関連アーティスト】
オセロケッツ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, 発売

SNSで話題沸騰中の美少女、ロン・モンロウが遂にデビュー!
Wed, 20 Jun 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『あの人気女優にそっくり』と各SNSで大きな話題を呼んでいる謎の美少女、ロン・モンロウ。本格的なデビュー前からインスタグラムのフォロワー14.2万人(2018年6月現在)を超えるなど日本でも爆発的に知名度を上げつつある彼女が、配信シングル「PLANET」でアーティストデビューを果たした。

ロン・モンロウは、1994年に中国の湖南省・湖西に生まれた、現役の大学生。中国の少数民族である土屋族(トゥチャ族)にルーツを持つ彼女は、大学進学をきっかけに上海へ移り、そこで2014年に中国中央テレビ(CCTV)が企画した大型オーディション番組『来たれ! シンデレラ』番組制作スタッフにスカウトされ出演を果たす。その透明感あふれるビジュアルと、常に笑顔のポジティブなキャラクターもあいまって、2015年には見事グランプリに輝くという快挙を成し遂げた。

2017年後半には、本人が投稿したSNS画像が大人気の日本人女優に似ていると話題になり、本人のアカウントには『ドッペルゲンガー並みに似てる』『めっちゃ可愛い』『姉妹??(笑)』といったコメントで溢れかえるなど、瞬く間にネットを中心にその名が知れ渡った。これをきっかけとして、ロン・モンロウはTVニュース、Webニュースをはじめとした数多くのメディアにも露出。日本各地で観光大使を務めたり、TVCMや地上波ドラマに出演したりと活躍の幅を広げ、人気急上昇中だ。

そして6月20日(水)、ついにrhythm zoneからアーティストデビュー! 発売から10年以上経った今もなお中国で絶大な人気を誇るラムジの「PLANET」のカヴァーバージョンを、耳残りの良い突き抜けた透明感のある声で歌い上げる。さらには6月21日発売の『週刊ヤングジャンプ』の表紙を飾ることも決定しているので、コチラもお見逃しなく。

すでに日本においても飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女は、アジア全土を代表するアーティストとして目覚ましい活躍を見せてくれるだろう。

配信シングル「PLANET」

配信中



<配信ページ>
https://avex.lnk.to/l8YbeEM



【関連リンク】
SNSで話題沸騰中の美少女、ロン・モンロウが遂にデビュー!
ロン・モンロウまとめ
山下久美子、80年代を彷彿する胸キュンライブが遂にファイナル!

【関連アーティスト】
ロン・モンロウ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 気になる, シングル, 名曲, リリース, 配信

山下久美子、80年代を彷彿する胸キュンライブが遂にファイナル!
Wed, 20 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在『山下久美子 Sweet Rockin\' Best of Live “胸キュンライブ"2018!!ツアー』と銘打ったツアーを展開中の山下久美子。名古屋Blue Note、Billboard Live大阪と2ヶ所での圧巻のライブを経て、いよいよ6月29日(金)に東京・渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにてファイナルを迎える。名古屋・大阪でのライブは当時からのファンのみならず、 新たなファンも数多く駆けつけ、 エネルギッシュでエキサイティングなパフォーマンスを披露した。

思えばデビューして間もない80年代当時、山下久美子はライブや学園祭のクィーンとしてその名を轟かせ、“学園祭の女王” “総立ちの久美子”と様々な称号を与えられ、その時代のライブ・シーンの象徴でもあった。エキサイティングなパフォーマンスの中で聴かれるキュートでポップな歌声とのコントラストが最大の魅力。胸キュンライブという言葉はそんな山下のキュートな部分をクローズアップした独創的な言葉とも言えるだろう。今でこそよく使われる“胸キュン"という言葉も山下久美子がオリジナルと言われている。

今回のツアーは敢えてそのキラー・ワードである『胸キュンライブ』をタイトルに冠し、“Best Of Live"とも銘打っている。これは山下久美子自身のライブにかける決意の現れでもあり、 期待通りのパフォーマンスが行なわれること必至であろう。名古屋のライブ後には『今回のライブでは相当な運動量を注ぎ込み、 肉体に喝を入れながら、味わい深い時間、そして自分の限界ギリギリの世界をエンジョイできている!』と明かしていることからも、東京のファイナルでも大きな期待が膨らむ。 恐らく代表曲、ヒット曲もたくさん演奏されるであろう全18曲(予定)の胸キュンライブ。往年のファンの方はもちろん、是非若い世代の方々にもご堪能いただきたい。

『山下久美子 Sweet Rockin\' Best of Live 2018 at Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 胸キュンライブ2018!!』

6月29日(金)  Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
OPEN 18:15 / START 19:00
<出演メンバー>
Vocal: 山下久美子
Guitar:後藤秀人
Keyboard: 福原まり
Bass: 千ヶ崎学
Drum: 椎野恭一
Trombone&Accordion:伊藤隆博
Guitar:奥田健介(ノーナ・リーヴス)

<チケット>
前売:¥8,500(消費税込・全席指定)
※当日1ドリンク代(¥600)が別途かかります
・イープラス
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002256513P0030001P0006
・PassMarket
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gejpzgsj7k.html



【関連リンク】
山下久美子、80年代を彷彿する胸キュンライブが遂にファイナル!
山下久美子まとめ
シド、全国ツアーのライブSE「Colors」を配信

【関連アーティスト】
山下久美子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 名曲, ライブ, ツアー

シド、全国ツアーのライブSE「Colors」を配信
Wed, 20 Jun 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シドが自身のライブSEである「Colors」の配信をスタートさせた。「Colors」は全12公演全て即日SOLD OUTし、先日の東京・Zepp Tokyoにて通常公演のファイナルが行なわれたばかりのツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』にて、ライブ冒頭のメンバー登場時に使用されていた楽曲。運よくツアーに参加できたファンであれば、ライブやメンバーが登場する際の興奮を思い出すことができる楽曲になっているので、是非チェックしてほしい。

シドは6月27日(水)と28日(木)に豊洲PITにて上記ツアーの追加公演も実施。それぞれ、“昭和歌謡曲限定LIVE"、“インディーズ曲限定LIVE"とコンセプトの違うライブになるため、気になる方は会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

先日の東京・Zepp Tokyoでの通常公演のファイナルにて発表になったライブ映像商品『SID TOUR 2017 「NOMAD」』、ミニアルバム『いちばん好きな場所』のリリース、さらに9月より全国ツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」』の開催と、バンド結成15周年のアニバーサリーイヤーをまだまだ駆け抜け続けるシドに今後も注目したい。

■「Colors」配信ページ
・iTune
https://itunes.apple.com/jp/album/id1395684887?at=10lpgB&ct=4547366366198_al&app=itunes 
・レコチョク
http://recochoku.com/s0/sid-colors/ 
・mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366366198/ 

【ライブ情報】

『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018 追加公演』
〜昭和歌謡曲限定LIVE〜
6月27日(水) 豊洲PIT
〜インディーズ曲限定LIVE〜
6月28日(木) 豊洲PIT 

『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」』
9月03日(月)  神奈川 / CLUB CITTA\' 
9月04日(火)  神奈川 / CLUB CITTA\' 
9月08日(土)  静岡 / Live House浜松 窓枠  
9月09日(日)  岐阜 / 岐阜club-G 
9月11日(火)  愛知 / 名古屋ダイアモンドホール 
9月14日(金)  群馬 / 高崎club FLEEZ 
9月15日(土)  茨城 / 水戸LIGHT HOUSE 
9月18日(火)  栃木 / HEAVEN\'S ROCK宇都宮VJ-2 
9月21日(金)  石川 / 金沢EIGHT HALL 
9月23日(日・祝)  長野 / 長野CLUB JUNK BOX 
9月24日(月・休)  新潟 / NIIGATA LOTS 
10月03日(水)  宮城 / 仙台Rensa 
10月05日(金)  青森 / 青森Quarter 
10月06日(土)  岩手 / 盛岡CLUBCHANGE WAVE 
10月08日(月・祝)  福島 / 郡山HIP SHOT JAPAN 
10月13日(土)  北海道 / 釧路NAVANA STUDIO 
10月14日(日)  北海道 / 帯広MEGA STONE 
10月18日(木)  大阪 / なんばHatch
10月20日(土)  香川 / 高松MONSTER
10月21日(日)  愛媛 / 松山WstudioRED 
10月27日(土)  岡山 / 岡山CRAZYMAMA KINGDOM 
10月28日(日)  広島 / 広島CLUB QUATTRO  
11月01日(木)  京都 / KYOTO MUSE 
11月03日(土・祝) 兵庫 / 神戸CHICKEN GEORGE  
11月04日(日) 滋賀 / 滋賀U☆STONE 
11月07日(水) 佐賀 / 佐賀GEILS  
11月08日(木) 福岡 / 福岡DRUM LOGOS 
11月10日(土) 熊本 / 熊本B.9 V1 
11月11日(日) 鹿児島 / 鹿児島CAPARVO HALL 
11月17日(土) 埼玉 / HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3 
11月21日(水) 東京 / マイナビBLITZ AKASAKA

DVD&Blu-ray『SID TOUR 2017 「NOMAD」』 

2018年7月25日発売



【初回生産限定盤DVD】(DVD+写真集)
KSBL-6322/3/¥6,000+税
【通常盤DVD】
KSBL-6324/¥5,000+税
【初回生産限定盤Blu-ray】(Blu-ray+写真集)
KSXL-268/9/¥7,000+税
【通常盤Blu-ray】
KSXL-270/¥6,000+税
<収録曲>
01. NOMAD
02. XYZ
03. Dear Tokyo
04. KILL TIME
05. 螺旋のユメ
06. 硝子の瞳
07. スノウ
08. 刺と猫
09. 嘘
10. 低温
11. 躾
12. バタフライエフェクト
13. ANNIVERSARY
14. V.I.P
15. 夏恋
16. one way
17. 青
18. 循環
19. Re:Dreamer
20. 普通の奇跡
-Documentary-
SID TOUR 2017 「NOMAD」 2017.10.27 東京国際フォーラム

ミニアルバム『いちばん好きな場所』

2018年8月22日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3076/7/¥2,778+税
【通常盤】(CD)
KSCL-3078/¥1,852+税
<収録曲> ※初回生産限定盤、通常盤CD共通
01.VOICE
02.Reverb
03.その未来へ
04.ラバーソール
05.いちばん好きな場所



【関連リンク】
シド、全国ツアーのライブSE「Colors」を配信
シドまとめ
SILENT SIREN、シングル「19 summer note.」MV解禁&SPワンマン詳細発表

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 発表, 新曲, リリース, ミニアルバム, 配信, ライブ, ツアー

SILENT SIREN、シングル「19 summer note.」MV解禁&SPワンマン詳細発表
Wed, 20 Jun 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SILENT SIRENが7月11日(水)にリリースする2018年第1弾シングル「19 summer note.」のMV(Short ver.)を公開した。

MVは先に公開されたアーティスト写真、ジャケット写真と同じアメリカンテイスト溢れるロケーションで5月末に撮影を敢行。当日は汗ばむような快晴で、日の出をしてから間もない時間から行なわれたとのこと。1冊のノートをきっかけに動きだす、アメリカのホームドラマテイストで描かれたラブストーリーと、SILENT SIRENのエモーショナルな演奏で構成された『夏は一瞬だけど永遠。』…そんな思いを伝える作品となっており、キャスト2人の恋の行方にも注目してほしい。

また、シングルリリースを記念して開催される『SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ』は東名阪の3会場で、それぞれ昼の部『101編』と夜の部『19編』の2部制となっている。101編は『こってりROCKライブ』と題され、天下一品のユニフォームに身を包み、こってり激しいセットリストでライブを行なう。また19編は『青春19きっぷライブ』と題され、打って変わって爽やかでキラキラしたセットリストになるとのこと。どちらの公演もロングセットのライブになるので、これを機会にライブ未経験の人には楽しんでもらいたい。

なお『作品をじっくり聞きこんだ上でライブを楽しんでもらいたい』というバンドの意向から、今回このライブチケットと通常盤CDがセットになったチケットバンドル盤も同時にリリースされることが決定しているので、こちらも要チェックだ。

シングル「19 summer note.」

2018年7月11日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89377/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.19 summer note.
2.天下一品のテーマ
Bonus Track.
3.Kaleidoscope(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
4.ODOREmotion」(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
※Bonus Track2曲は初回限定盤とファンクラブ限定盤のみに収録予定
■DVD
「19 summer note.」MV&「天下一品のテーマ」MV&メイキング



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-80494/¥1,000+税
<収録曲>
1.19 summer note.
2.天下一品のテーマ
Bonus Track.
3.Kaleidoscope(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
4.ODOREmotion」(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
※Bonus Track2曲は初回限定盤とファンクラブ限定盤のみに収録予定



【ファンクラブ限定盤】(CD+DVD+19 summer ZINE.(20P)+オリジナル・ピンナップポスター(約B3サイズ))
PDCN-5908/¥2,778+税
※ファンクラブ限定盤注文締め切り:6月12日(火)23:59
<収録曲>
■CD
1.19 summer note.
2.天下一品のテーマ
Bonus Track.
3.Kaleidoscope(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
4.ODOREmotion」(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
■DVD
「3131女子キャンプ」

【チケットバンドル盤】(CD+ライブチケット)
品番未定/¥3,500+税
※『SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ〜101編&19編〜』チケット付き
<収録曲>
1.19 summer note.
2.天下一品のテーマ
Bonus Track.
3.Kaleidoscope(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
4.ODOREmotion」(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)

◎Bonus Track2曲は初回限定盤とファンクラブ限定盤のみに収録予定

【ライブ情報】

『SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ〜101編・こってりROCKライブ〜』
8月25日(土) 東京・品川ステラボール
8月26日(日) 大阪・BIGCAT
8月28日(火) 愛知・名古屋ボトムライン
http://silent-siren.com/special/20180711/ticket.php

『SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ〜19編・青春19きっぷライブ〜』
8月25日(土) 東京・品川ステラボール
8月26日(日) 大阪・BIGCAT
8月28日(火) 愛知・名古屋ボトムライン
http://silent-siren.com/special/20180711/ticket.php

『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜"Girls will be Bears"TOUR〜』
7月01日(日)  Zepp Osaka Bayside
7月13日(金) 豊洲PIT
7月14日(土) 豊洲PIT
7月28日(土) 沖縄桜坂セントラル
※終了分は割愛
http://ss-gwbb-tour.com/



【関連リンク】
SILENT SIREN、シングル「19 summer note.」MV解禁&SPワンマン詳細発表
SILENT SIRENまとめ
宇多田ヒカル 、16年ぶりにフリーペーパー『うたマガ』が復刊! コラボカフェ等の企画も実施!

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売

宇多田ヒカル 、16年ぶりにフリーペーパー『うたマガ』が復刊! コラボカフェ等の企画も実施!
Wed, 20 Jun 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7枚目のオリジナルアルバム『初恋』のリリースを年6月27日に控えた宇多田ヒカルが、その発売とデビュー20周年イヤーを記念してオリジナルフリーペーパー『うたマガ』を16年ぶりに復刊することがわかった。

『うたマガ』は過去2001年〜2002年に発刊され、CDショップ店頭で配布されていたフリーペーパーで、今回の復刊にあたり、過去のコーナー企画がそのまま踏襲された『うたマガ』最新号が、アルバムの店頭入荷日となる6月26日(火)より全国のCDショップにて配布される。以前大好評だった宇多田ヒカル自らが手書きで仕上げるコーナー『ムズムズ通信』はもちろん、アルバム『初恋』について語った9,000字を超えるオフィシャルインタビュー、彼女を20年支えてきたスタッフインタビューなど、盛り沢山の内容となっている。

また、6月26日(火)からTOWER RECORDS CAFE(渋谷/梅田NU茶屋町/札幌ピヴォ/福岡天神)、CONCEPT CAF?(HMV&BOOKS SHIBUYA)(渋谷) 、kawara CAFE & KITCHEN 名古屋PARCO店(名古屋)にて、アルバム『初恋』コラボ・カフェ企画を実施。期間中、店頭では宇多田ヒカルの特大写真パネルの展示や、店内演奏や映像も宇多田ヒカル一色となる。アルバム収録曲に準えたメニューの販売なども要しているとのことで、なかでもパクチーとカプチーノを合わせた「パクチーノ」は宇多田ヒカル本人による監修メニュー。「パクチーノ」製作秘話は、上記『うたマガ』最新号の「ムズムズ通信」に掲載されているので、合わせてチェックしてみよう。

そして、CDショップ店頭企画として、2017年にアトレ恵比寿で企画され、好評だったARくまちゃん企画も全国開催。企画対象店舗に設置されたステッカーを専用のアプリで読み取ると、宇多田ヒカルが愛するくまちゃんがARで登場する。こちらはCDショップチェーンごとに、異なるくまちゃんが登場するので、そちらも楽しみにしておこう。またタワーレコードでは『NO MUSIC, NO LIFE.』ポスター意見広告シリーズに初登場。同ポスターは、タワーレコード全店(TOWERmini 含む)店頭にて6月26日(火)より順次掲出されるとのこと。

さらに全国のHMV9店舗では、宇多田ヒカルがレコメンドする書籍を集めたコーナー企画『宇多田書店』がオリジナルアルバムのリリースに合わせて復活することも決定。この『宇多田書店』は文学から絵画、そしてマンガまで幅広いジャンルの宇多田ヒカルがレコメンドする作品を選出した企画で、どのような文学を経て『宇多田ヒカルの言葉』が作り出されてきたのか、彼女の創作活動の原点をうかがい知ることができる。期間中はコーナー対象商品お買い上げのお客様に先着で『宇多田ヒカルの言葉』特製しおりもプレゼントされるので、ファンの方は是非、店頭に足を運んでほしい。

■ARくまちゃん企画 企画対象店舗
http://www.utadahikaru.jp/shoplist/180627/

アルバム『初恋』

2018年6月27日発売



【通常盤】
ESCL-5076/¥3,240(税込)
※ツアーチケット先行応募抽選券封入
応募受付期間:6月26日(火)12:00〜7月11日(水)23:59
<収録曲>
01.Play A Love Song
02.あなた
03.初恋
04.誓い
05.Forevermore
06.Too Proud featuring Jevon
07.Good Night
08.パクチーの唄
09.残り香
10.大空で抱きしめて
11.夕凪
12.嫉妬されるべき人生

◎予約はこちら https://utadahikaru.lnk.to/hatsukoi
◎iTunesプレオーダーはこちら https://lnk.to/teGDCWN

【『宇多田書店』開催店舗 詳細情報】

<開催日> 
2018年6月26日(火)より開催
※開催期間は各店舗によって異なります。ご来場の際には各店舗にお問い合わせください。
<開催店舗>
HMV&BOOKS SHIBUYA(渋谷)
HMV&BOOKS HAKATA(博多)
HMV&BOOKS SHINSAIBASHI(心斎橋)
HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(日比谷)
hmv BOOK storeミーツ国分寺
HMVエソラ池袋
HMV札幌
HMV仙台
HMV栄
※開催規模は店舗によって異なります。



【関連リンク】
宇多田ヒカル 、16年ぶりにフリーペーパー『うたマガ』が復刊! コラボカフェ等の企画も実施!
宇多田ヒカルまとめ
森田童子、そのミステリアスな魅力を改めて『マザー・スカイ』で感じてみませんか

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, キャンペーン, 発表, リリース, 発売

森田童子、そのミステリアスな魅力を改めて『マザー・スカイ』で感じてみませんか
Wed, 20 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

先週、シンガーソングライター、森田童子の訃報が報じられた。65歳という何とも残念な早すぎる逝去であったが、死因が明らかにされていないだけでなく、亡くなっていたのは4月24日だという。しかも、日本音楽著作権協会(JASRAC)の会報に訃報が掲載されたことで発覚したというのは、何とも彼女らしさを感じざるを得ないところだ。今週は彼女に哀悼の意を表し、森田童子の名盤を取り上げる。

■本名も素顔も明かすことがなかった

今回、本稿作成のために森田童子のことを調べて少し驚いた。このネット時代にこれほど情報のない人も珍しい。楽曲とその他の公表されているトピックから推測して、彼女のアーティスト性を分析しているようなブログはいくつか見かけたが、ちゃんと事実認定されている事柄は多くない。多分Wikipediaがいいところだ。そもそも本名も公表されていないし、サングラスを外した素顔もよく分からない。デビューが1975年と、今から40年以上も前とあってはそれもやむなしと考える向きもあるかもしれないが、1975年は井上陽水のアルバム『氷の世界』が日本のアルバム史上初のミリオンセラーを記録した年。加えて、小室等、吉田拓郎、井上陽水、泉谷しげるがフォーライフレコードを設立したり、夏には伝説のオールナイトコンサート『吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋』されたりと、フォークの勢いがこの上ないほどあった時期である。

演歌、歌謡曲がシーンのメインストリームであったとはいえ、歌声と楽曲にあれだけの特徴があって、しかも決して大衆性がないわけではないものを、スタッフが積極的に情報発信しなかったとは考えられない。まぁ、それは今考えたら“考えられない”のであって、当時はそれが普通だったか、あるいは森田童子本人がその活動においてインデペンデントな精神を貫いたのか──彼女の情報が少ないのはそのいずれかだろうが、おそらく後者だろう(前者との合わせ技は十分あり得る)。

■匿名性がその世界観を膨らませた

多くの読者がご存知の通り、1976年発売のシングル「ぼくたちの失敗」が1993年放送のテレビドラマ『高校教師』の主題歌に使われたことで、森田童子の名前は一気に全国区になった。それでもプライベートに関することは当然のこと、楽曲に関してすら本人が直接語ることはなかった。再発された「ぼくたちの失敗」は約90万枚を売り上げ、その年の年間チャートで20位に入るほどの大ヒットとなったというのに…である。とにかく彼女は表舞台に出ることを避け続けた。

すっかり忘れていたが、2003年にドラマ『高校教師』の新作が放送されている。そこでも「ぼくたちの失敗」が起用されたのだが、ここでも彼女の姿勢は変わらなかった。この時、ベスト盤『ぼくたちの失敗 森田童子ベストコレクション』(2003年リリース)に「ひとり遊び」という楽曲が新録されたのだが、それでも本人が直接メディアに露出することはなかったのだから完全に徹底していたのだろう。もっとも、この時期は彼女自身、精神面も身体面も優れていなかったというから、そうした側面の方が強かったのかもしれないが──。しかし、こうしたほぼ匿名性とも言える森田童子の立ち位置は彼女の音楽性を際立出せた。変なバイアスがかかることがなく、純粋に楽曲、作品の世界観を膨らませることに大きく寄与したとも言える。

■稀代という形容が相応しい歌声

何と言っても、あの歌声である。か細く、やわらく、幼さを残しつつも、確実に少女のそれではない芯の強さを兼ね備えた歌声。幻想的でもあり、かと言って、まったく現実離れしている感じもなく、説得力を持って聴く人を引き込んでいく。稀代や不世出という形容が相応しいものである。時代性も感じない。いや、もっと端的に言えば、古臭さがない。「ぼくたちの失敗」だけに絞ると、1993年のテレビドラマ『高校教師』が放映された時、“主題歌を歌っている新人歌手は誰ですか?”といった問い合わせも少なくなかったというし、それが森田童子の「ぼくたちの失敗」と知る人ですら、“新録か”と思ったというから、録音状態の良さもさることながら、歌声自体がよほど流行に左右されないものなのだろう。もしかすると、“1/fゆらぎ”とか、人が本能的に感じる何かがあるのかもしれない。

■不穏な空気が横たわる歌詞世界

その歌声で歌われる歌詞世界。これがまたミステリアスだ。ここからは「ぼくたちの失敗」が収録されている2ndアルバム『マザー・スカイ -きみは悲しみの青い空をひとりで飛べるか-』でその中身を見ていこうと思う。本作はM1「ぼくたちの失敗」で幕を開けるが──これは改めて言うことでもなかろうが、“失敗”とはポジティブな意味で使われることが少ない言葉だ。だが、アルバムはそんな言葉が入ったタイトルの楽曲でいきなり始まるものの、歌詞の中には“失敗”というワードも出てこないし、“何をどう失敗したのか”も示されない。

《春のこもれ陽の中で 君のやさしさに/うもれていたぼくは 弱虫だったんだヨネ》《君と話し疲れて いつか 黙りこんだ/ストーブ代わりの電熱器 赤く燃えていた》《地下のジャズ喫茶 変れないぼくたちがいた/悪い夢のように 時がなぜてゆく》《ぼくがひとりになった 部屋にきみの好きな/チャーリー・パーカー 見つけたヨ/ぼくを忘れたカナ》《だめになったぼくを見て/君もびっくりしただろう/あのこはまだ元気かい 昔の話だネ》(M1「ぼくたちの失敗」)。

《ぼくは 弱虫だった》《変れないぼくたち》《悪い夢のように》《ぼくがひとりになった 部屋》《だめになったぼく》とネガティブワードが並ぶものの、そこには具体性がない。そうかと思えば、《ストーブ代わりの電熱器》とか、《地下のジャズ喫茶》とか、《チャーリー・パーカー》とか、この物語の手掛かりとなるかのような言葉が散りばめられている。森田童子の創作の背景には1970年代の学生運動が根差しているというが、そのことをまったく知らなくても、物語の全体の横たわる不穏な空気と、何かの終焉は伝わってくる。意味深長な印象は強い。

■歌詞にはショッキングな内容も

《目にしみるぞ/青い空/淋しいぞ/白い雲/ぼくの鳩小屋に/伝書鳩が帰ってこない》《もうすぐ ぼくの背中に/羽根(はね)が はえるぞ》《朝の街に/ぼくの 白い カイキンシャツが飛(と)ぶ/母よぼくの 鳩を撃(う)て/母よぼくの 鳩を撃て》(M3「伝書鳩」)。
《淋しい ぼくの部屋に/静かに 夏が来る/汗を流して ぼくは/青い空を 見る/夏は淋しい 白いランニングシャツ/安全カミソリがやさしく/ぼくの手首を走る/静かに ぼくの命は ふきだして/真夏の淋しい 蒼さの中で/ぼくはひとり/真夏の淋しい 蒼さの中で/ぼくはひとり/やさしく発狂する》(M4「逆光線」)。
《夜汽車にて/ふと目をさました/まばらな乗客 暗い電燈/窓ガラスに もう若くはない/ぼくの顔を見た/今すぐ海を 今すぐ海を/見たいと思った》《ある日 ぼくの/コートの型が/もう古いことを 知った/ひとりで 生きてきたことの/寂しさに 気づいた/行き止まりの海で 行き止まりの海で/ぼくは振り返る》(M6「海を見たいと思った」)。

M1「ぼくたちの失敗」以外の楽曲でも、《伝書鳩が帰ってこない》やら、《安全カミソリがやさしく/ぼくの手首を走る》やら、《行き止まりの海で 行き止まりの海で/ぼくは振り返る》やら、文字通り、行き止まりで、先の見えない状態が示唆されている。本作の収録曲は歌詞だけを見たら、そんなショッキングな内容も目を惹く。

■世界観を増幅するかのようなサウンド

サウンドはどうかというと、概ね弦楽器を中心としたアンサンブルで、ビートでグイグイ引っ張るような楽曲はない。アコースティックギターもさることながら、随所で聴こえるバイオリンの物悲しい音色もエモーショナル。この辺はアレンジャーである石川鷹彦の手腕によるところが大きいのだろうが、弦楽器が楽曲に与える効果を最大限に発揮していると思う。個人的にはアコギの金属弦の鳴りに注目した。M2「ぼくと観光バスに乗ってみませんか」、M4「逆光線」、M8「ニューヨークからの手紙」辺りで確認できるのだが、明らかにナイロン弦とは異なる金属のこすれるような弦の音が聴こえる。温かみのあるナイロン弦と対をなし、ザラザラしているような、キリキリしているような、歌詞にある不穏な空気感を増幅させているようだ。

また、演出家でもあるJ・A・シーザーが手掛けたM9「春爛漫」、M10「今日は奇蹟の朝です」の後半2曲のアレンジも興味深い。冒頭でデビュー時の森田童子を当時のフォークシーンと絡めて語ったが、メロディーの質とアコギ中心のバッキングからすると(少なくとも当時は)やはりフォークに近いというだけであって、この2曲だけ聴くと、この人の本質はロックだったのだと痛感する。M9「春爛漫」はバイオリン、フルート(多分)、ドラムのマーチングビート、ギター、ベースがゴチャッと重なっていくサウンドと、オペラチックで、どこかソウルフルなコーラスワークが大変面白い。M10「今日は奇蹟の朝です」はドラマチックなバンドサウンドがスリリングに重なって展開するプログレと呼んでいいナンバー。歌詞と相まって、えも言われぬカタルシスを生んでいる。懐が深い。

■後ろ向きさを包括した慈愛に満ちた作品

物語の全体の横たわる不穏な空気。そして、それを増幅させているようなアレンジと書いたが、決してそこだけにフォーカスが当たっているわけでないのが本作のポイントでもある。むしろ、そうしたネガティブなイメージを包括するやさしさが確実に存在している。

《もしも君が すべていやになったのなら/ぼくと観光バスに乗ってみませんか/君と 今夜が最後なら トランジスターラジオから流れる/あのドューユワナダンスで 昔みたいに うかれてみたい》(M2「ぼくと観光バスに乗ってみませんか」)。
《悲しいときは頬を寄せて/寂しいときは胸をあわせて/ただふたりは目を閉じて/眠るのを待っていました/そんな寂しい愛の形でした》(M5「ピラビタール」)。
M10「今日は奇蹟の朝です」の歌詞はその極みであろう。
《不幸な時代に僕たちは目覚めた/八月の海はどこまでも青い/今日は気持ちのいい朝です》《白い雲が流れる/もうすぐ夕立/僕たちは奇跡を待っています/今日は奇跡の朝です》《八月の海は悲しみいっぱいに/いま聖母マリアが浮上する》(M10「今日は奇蹟の朝です」)。

《不幸な時代》と嘆くだけでなく、《僕たちは奇跡を待っています》と事態が変化することを望む姿を綴っている。海の青さ、雲の白さをそこに重ねているのだから、その奇跡とは、何かが好転する方向だろう。しかも、《いま聖母マリアが浮上する》と締め括っているのだから、そこにあるのは慈愛の心であることは間違いなかろう。加えて──これは森田童子の楽曲における大前提だが、歌メロもやさしい。フォーキーだが尖っておらず、民謡や童謡のようなノスタルジックさも併せ持つ。よって、歌詞にネガティブワードがあっても総体的な聴き応えとしては、決して後ろ向きな印象を残さない(逆に言うと、メロディーがやわらかいからこそショッキングなフレーズが際立つという効果があるとも言えるが…)。そこに“救い”のある気がしてくる。とても奥深い作品なのである。

TEXT:帆苅智之

アルバム『マザー・スカイ -きみは悲しみの青い空をひとりで飛べるか-』

1976年発表作品



<収録曲>
1.ぼくたちの失敗
2.ぼくと観光バスに乗ってみませんか
3.伝書鳩
4.逆光線
5.ピラビタール
6.海を見たいと思った
7.男のくせに泣いてくれた
8.ニューヨークからの手紙
9.春爛漫
10.今日は奇蹟の朝です



【関連リンク】
森田童子、そのミステリアスな魅力を改めて『マザー・スカイ』で感じてみませんか
森田童子まとめ
ASAGI×樹威×yo-kaによる東北三兄弟(トリオ)主催ツアーのファイナル公演が大盛況!「手弱女」グッズ も通販開始!

【関連アーティスト】
森田童子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

ASAGI×樹威×yo-kaによる東北三兄弟(トリオ)主催ツアーのファイナル公演が大盛況!「手弱女」グッズ も通販開始!
Wed, 20 Jun 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

公私共に親交のある東北出身ヴォーカリスト3 人(長男:ASAGI(D)、次男:樹威 (GOTCHAROCKA) 、三男:yo-ka(DIAURA))による東北三兄弟(トリオ)主催『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』ツアーのファイナル公演が、6月15日に新宿BLAZEにて行われた。

今ツアーは東名阪に加え、各バンドのヴォーカリストの出身地である秋田、仙台、福島での公演を含めた全6箇所。各々の地元凱旋ライブと名阪での盛り上がりを経て迎えたファイナル公演は、東北三兄弟の熱い絆、各バンドメンバーの繋がり、そして会場に集まったファンの熱気、バンド同士の本気のぶつかり合い…それらが一体となった素晴らしいイベントになった。

そんな同イベントの開催にあわせミニアルバム第二弾『手弱女(たおやめ)』、 和装美麗撮り下ろし写真集をはじめとする様々なグッズを販売していたが、この度Rosen Kranzにて通販決定した。全商品、無くなり次第通販終了となるので、この機会に是非手に入れてほしい。

CDは、D、GOTCHAROCKA、DIAURAの楽曲を各々が一曲ずつボーカルカヴァーをするという激レアアイテムで、楽曲タイトルを見て頂ければ分かるように、非常に貴重な内容になっている。3バンドの全メンバーがコーラスとしてゲスト参加しており要注目だ。

また、「手弱女(たおやめ)」というタイトルの通り、今回の写真集では女形を披露、この機会でしか見ることの出来ない東北三兄弟(トリオ)の美麗な姿は必見だ。

さらに、CDと写真集のW購入特典として「手弱女(たおやめ)」CD&写真集 Making DVDを先着順にプレゼントしており、こちらはメインヴォーカルやコーラスのレコーディング風景、コメントや撮影風景などを収録した盛り沢山の内容となっている。無くなり次第プレゼント終了とのことで、お見逃しなく。

【東北三兄弟(トリオ)通販グッズ商品一覧】

・Vocal Cover ミニアルバム第二弾『手弱女(たおやめ)』/¥3,000
・和装美麗撮り下ろし写真集手弱女(たおやめ)』/¥2,500
※CD&写真集 W購入特典 :手弱女(たおやめ)』CD&写真集 Making DVD(先着順。無くなり次第プレゼント終了。/収録時間 : 約55分)
・『手弱女(たおやめ)』生写真セット 4枚入り3種 (雪・月・花)/各¥1,000
・手弱女(たおやめ)』チェキ 2種(ASAGI、樹威)/各一枚¥1,000
※東北三兄弟(トリオ)の写真集、チェキにはランダムでサインが入ります。
※三男 : yo-kaチェキはAinsへご確認ください。
※掲載価格は全て税込です。?
※全てのグッズは数に限りがございますので、品切れの際はご了承ください。

■商品詳細・ご購入はこちら
http://www.rosen-kranz.jp/shop/

Vocal Cover ミニアルバム第二弾『手弱女(たおやめ)』

発売中



D、GOTCHAROCKA、DIAURAの楽曲を各々が一曲ずつカヴァーした激レアアイテム第二弾!  3バンドの全メンバーがコーラスとしてゲスト参加!

GCR-167/¥3,000(税込)
※6songsCD & ブックレット
※Special Limited Edition
※特典:東北三兄弟(トリオ)ポストカード全7種ランダム封入!
※完全限定生産・ 無くなり次第通販終了。
<収録曲>
■ASAGI
「Ash」(GOTCHAROCKA)
「ホライゾン」(DIAURA)
■樹威
「闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア」(D)
「胎動」(DIAURA)
■yo-ka
「Vampire Missa」(D)
「Poisonous berry」(GOTCHAROCKA)

和装美麗撮り下ろし写真集『手弱女(たおやめ)』

発売中



和装美麗撮り下ろし写真集「手弱女(たおやめ)」
掲載アーティスト 「手弱女(たおやめ)」(長男:ASAGI 次男:樹威 三男:yo-ka)
AJY-002/¥2,500(税込)
※Special Limited Edition
※完全限定生産・ 無くなり次第通販終了。

【CD&写真集 W購入特典有り】

特典:「手弱女(たおやめ)」CD&写真集 Making DVD(先着順。無くなり次第プレゼント終了)
<収録内容>
メインヴォーカルやコーラスのレコーディング風景、コメント、撮影風景など盛り沢山!
収録時間 : 約55分



【関連リンク】
ASAGI×樹威×yo-kaによる東北三兄弟(トリオ)主催ツアーのファイナル公演が大盛況!「手弱女」グッズ も通販開始!
Dまとめ
GOTCHAROCKAまとめ
DIAURAまとめ
高橋洋子、不朽の名曲「残酷な天使のテーゼ」新MV公開

【関連アーティスト】
D, GOTCHAROCKA, DIAURA
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, CD, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

高橋洋子、不朽の名曲「残酷な天使のテーゼ」新MV公開
Wed, 20 Jun 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月20日に発売になる高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」ダブルA面マキシシングルのリリースに併せて、「残酷な天使のテーゼ」の新作ミュージックビデオ(監督:摩 砂 雪、制作:カラー)が公開された。『新世紀エヴァンゲリオン』当時からエヴァンゲリオンに関わり続ける摩 砂 雪監督が、2003年に発表した「残酷な天使のテーゼ」MUSIC VIDEO作品の映像をベースとし、摩 砂 雪監督自らが『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズから、HD映像を使用して再編集・再調整をおこなった作品となっている。

そして、マキシシングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」発売を記念して、同楽曲を歌唱するアーティスト・高橋洋子の『エヴァンゲリオン ワールドツアー』の東京公演がいよいよ来週開催される。皮切りは東京・池袋。EVANGELION STORE TOKYO−01もあるP\'PARCOのB2F、ニコニコ本社イベントスペースにてミニライブを開催。当日はミニライブ後にEVANGELION STORE TOKYO-01での1時間店長に就任するとのことだ。

■高橋洋子「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」特設ページ
http://king-cr.jp/artist/takahashi/evamaxi/

(c)カラー/Project Eva.

シングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」

2018年6月20日発売



KICM-3340/¥1,000+税
<収録曲>
M1:残酷な天使のテーゼ
※TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」主題歌
M2:魂のルフラン
※新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 シト新生」主題歌
M3:残酷な天使のテーゼ off vocal ver.
M4:魂のルフランoff vocal ver.

【イベント情報】


6月30日(土) P\' PARCO B2F ニコニコ本社イベントスペース
開場:13:00/開演:14:00
<内容>
・ライブ・トーク・お楽しみゲーム(予定)
・摩 砂 雪監督による「残酷な天使のテーゼ」の新作ミュージックビデオ(HDver.)の上映(予定)
・ご来場特典として、応援グッズプレゼント!
<参加方法>
抽選に当選された方のみご参加いただけます
・抽選応募用紙配布期間: 6月24日(日)21:00 まで
※店舗の営業時間内の受付です
・抽選応募用紙配布場所:EVANGELION STORE TOKYO-01(営業時間:11:00 〜 21:00)
・抽選応募用紙配布方法:EVANGELION STORE TOKYO-01 にて、6月20日(水)発売の「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン(高橋洋子)」を含む、お買い上げ金額合計3,000 円(税込)以上ご購入いただいたお客様へ抽選応募用紙をお渡しいたします。
※必ず申込期間内に、記載されているQR コード・URL にて、お申込みを完了させてください
※発売日以前にご予約される方は全額お支払いただきます。尚、CDのお渡しは6月20日以降となります。(6月30日(土)までのお引き取りをお願いします)
※レシートの合算は、当日のみ承ります
・抽選応募申込期間:6月24 日(日)23:59まで
・当選発表日時:6月27 日(水)夕方頃

◎その他、詳しくは「エヴァンゲリオンストア」ページをご確認ください
http://www.evastore2.jp/news/2018/05/entry_1417/



【関連リンク】
高橋洋子、不朽の名曲「残酷な天使のテーゼ」新MV公開
高橋洋子まとめ
MUSEの史上最大のショー『DRONES WORLD TOUR』が全国の劇場で上映決定

【関連アーティスト】
高橋洋子
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, MV, CD, シングル

MUSEの史上最大のショー『DRONES WORLD TOUR』が全国の劇場で上映決定
Wed, 20 Jun 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

世界的人気と実力を誇るMUSEが2015年〜2016年に開催したツアー『Drones World Tour』。全世界を130日間かけて駆け巡り、大成功を収めたこのライブツアーは、アリーナ中央に舞台を据え360度楽しめるセットとなり、観客を視覚と音で満たし終始興奮が最高潮になるショーとなった。この“史上最高のショー”が映画館の大スクリーンに甦ることが決定した。公開日は7月12日で世界同時上映となり、日本は特別に13日と二夜連続上映される劇場も用意された。

数台のドローンが空中を飛び、そのドローンは観客の頭上からステージを見渡す壮大な風景を大きなプロジェクターに映し出すことで、バンドメンバーと観客を繋げる役目を果たし、LEDやレーザーによる効果は会場をより盛り上げ、セットリストには「Psycho」、「Madness」、「Uprising」、「Plug in Baby」、「Supermassive Black Hole」、そして「Starlight」などの名曲が揃った。NYタイムズはこのツアーを「常に盛り上がりのピークが続くようなライブ。我々がライブに求めるもの全てが詰まっている」と絶賛している。

マシュー・ベラミー は「人とテクノロジーの共存は僕にとって常に興味を引くトピックだった。ドローンは、特に現代のテクノロジーを象徴する存在だと思う。日々発達していくテクノロジーが人にとってどのような利点があり同時に欠点となりうるのか・・・ドローンもその疑問が付きまとう存在だと思う」 とコメントしている。

映画『DRONES WORLD TOUR』

出演:マシュー・ベラミー、クリス・ウォルステンホルム、ドミニク・ハワード
<セットリスト>
TITLE
Drones (Choir Track)
Psycho
Reapers
Interlude
Hysteria
Dead Inside
The Handler
Supermassive Black Hole
Prelude
Starlight
Madness
Time Is Running Out
Uprising
The Globalist
Drones (Choir Track, reprise)
Take A Bow
Mercy
Aftermath
Knights Of Cydonia

<上映劇場及び上映日>
※★の劇場は、12日と13日の二夜特別上映
■北海道
札幌シネマフロンティア★
イオンシネマ旭川駅前
■宮城
MOVIX仙台
■山形
イオンシネマ天童
■東京
新宿ピカデリー★
渋谷HUMAXシネマ
109シネマズ二子玉川
イオンシネマ板橋
イオンシネマシアタス調布
■神奈川
イオンシネマみなとみらい
109シネマズ川崎
109シネマズ湘南
イオンシネマ海老名
■千葉
MOVIX柏の葉
イオンシネマ幕張新都心
イオンシネマ市川妙典
■埼玉
MOVIXさいたま
イオンシネマ浦和美園
■群馬
MOVIX伊勢崎
■栃木
MOVIX宇都宮
■茨城
イオンシネマ守谷
■大阪
なんばパークスシネマ★
シネ・リーブル梅田
■兵庫
神戸国際松竹★
■京都
MOVIX京都★
■愛知
ミッドランドスクエアシネマ★
イオンシネマ長久手
■新潟
イオンシネマ新潟南
■石川
イオンシネマ金沢
■静岡
イオンシネマ富士宮
■長野
イオンシネマ松本
■岡山
イオンシネマ岡山
■広島
109シネマズ広島
■徳島
イオンシネマ徳島
■愛媛
イオンシネマ今治新都市
■福岡
イオンシネマ福岡
■熊本
イオンシネマ熊本
<チケット>
一律¥2,000
・販売場所:各上映劇場オンラインチケット及び劇場窓口
・オンライン販売:7月5日(水)0:00〜 ※劇場は同日オープン時から窓口で販売開始
※一部劇場によってスケジュールが異なる場合がございます。詳細は劇場へお問い合わせください。

映画公式HP:https://www.culture-ville.jp/musedrones



【関連リンク】
MUSEの史上最大のショー『DRONES WORLD TOUR』が全国の劇場で上映決定
Museまとめ
水谷果穂、シングル「君のステージへ」メイキングムービー公開

【関連アーティスト】
Muse
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ツアー, 映画

水谷果穂、シングル「君のステージへ」メイキングムービー公開
Wed, 20 Jun 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TBS日曜劇場『ブラックペアン』(宮元亜由美役)や日本テレビ系『Going! Sports&News』お天気キャスターなど、映画・ドラマを始めとして多方面で活躍中の女優で歌手の水谷果穂。そんな彼女が6月27日(水)にリリースする2ndシングル「君のステージへ」のメイキングムービーが公開された。

女優への夢をひたむきに追いかける水谷に、オーディション合格のためにダンスを教える兄という役柄で“うたのおにいさん”こと横山だいすけが出演した話題の同曲のMusic Video。公開されたメイキングムービーティザーは、そんなMV撮影やジャケット写真撮影の様子となっており、ダンスの振付に奮闘する様や、横山だいすけと談笑するなど、自然な笑顔と等身大の姿であふれている。

6月27日CD発売日より、リリースイベントも全国5か所で、ミニライブ、握手会、2ショットチェキ会が開催される。ご予約はお早目に!

【「君のステージへ」発売記念イベント〜ミニライブ&特典会〜】

6月27日(水)18:00〜 HMV&BOOKS TOKYO
6月30日(土)13:00〜 タワーコード渋谷店
7月01日(日)15:00〜 タワーレコード横浜ビブレ店
7月07日(土)14:30〜 タワーレコード名古屋パルコ店
7月08日(日)12:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店

シングル「君のステージへ」

2018年6月27日発売



WPZL-31486/7/¥2,500(税込)
※完全生産限定盤
※CD+DVD+36ページ豪華フォトブックレット+スリーブケース
<収録曲>
■CD
1.君のステージへ
2.君のステージへ Instrumental
3.君のステージへ Piano Healing version
■DVD
1.君のステージへ Music Video
2.Making of Music Video&Photo Shooting



【関連リンク】
水谷果穂、シングル「君のステージへ」メイキングムービー公開
水谷果穂まとめ
SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第21回『グランド・イリュージョン』 -

【関連アーティスト】
水谷果穂
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表

SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第21回『グランド・イリュージョン』 -
Wed, 20 Jun 2018 10:00:00 +0900


SUPER★DRAGONの楽が、大好きな映画のイメージを絵に描いてみなさんにオススメします!

今回僕が選んだ映画は『グランド・イリュージョン』です!

これは、マジックを駆使して大金を盗んだ
4人のカリスママジシャンチーム“フォー・ホースメン”と、
彼らを追いかけるFBI捜査官たちを描く
クライムエンタテインメント映画です!

とにかく繰り出される1つ1つのショーが凄すぎて、
こんなショーをやってみたいと思いました!
そしてタイプの違うマジックが組み合わさって、
1つの大きなイリュージョンになる感覚にゾクゾクしました。

今回は、4人を引き寄せた謎の組織”アイ”を中心に、
4人のマジックの特徴を絵にしてみました。
メンタリストであるマッキニーを表した絵は、
人間の裏と表を左右の手の色で表現しました。

映画自体が壮大なイリュージョンです!
みなさんはトリックを見破ることが出来ますか?

SUPER★DRAGON

スーパー★ドラゴン:スターダストプロモーションが手掛ける若手俳優集団・恵比寿学園男子部“EBiDAN”から生まれた、9人組ミクスチャー系ユニット。通称”スパドラ”。2016年11月にリリースしたデビューシングル「Pendulum Beat!」は人気アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』のオープニング主題歌となり、オリコンデイリーチャート3位にランクイン。ヘヴィロックにラップやダンス、メンバーによるヒューマンビートボックスまで融合させた、ニューミクスチャースタイルな楽曲に、目まぐるしく変わる9人のフォーメーションダンス、そしてキャッチーで一緒に踊りたくなる振り付けが特徴。



【関連リンク】
SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第21回『グランド・イリュージョン』 -
SUPER★DRAGONまとめ
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第66回 ♪Sky Chaser High / THE WiLDHEARTS -

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」, J-ROCK, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.166, EBiDAN

OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第66回 ♪Sky Chaser High / THE WiLDHEARTS -
Wed, 20 Jun 2018 10:00:00 +0900


40年前に日本から海を渡った一人の男。
カリフォルニアで25年, シアトルで15年。
映画の話みたいにレストランの皿洗いから始めて、
古いヴィンテージのバイクや車を乗りこなして。
そんな僕の従兄弟のヒデ兄ちゃん。
久々に日本で再会を果たした。

僕の父親は、姉さんが産んだヒデをまるで本当の弟のように面倒を見たと言う。
ヒデと僕は20歳の年の差だから、
僕が子どもの頃、アメリカから友達を連れて帰国してはたくさん遊んでくれた。
そんな彼と今、大人になった僕はラーメン屋で
隣り合わせでバイクの話に夢中になってる。
事故をしてからバイクは止めたんだ、と話したら
「でもまだ生きてるじゃねえか」と笑う兄貴。
やんちゃで優しい兄ちゃんに教えてもらう。
久々に心から甘えられる相手に会って、
バイバイしたくない子どもに戻っちゃうよ。

「ねえ、リッキーはどうしてるの?」
ヒデが連れて来た一人のアメリカ人。お祭りで神輿の上に乗せてくれたり、言葉を教えてくれた僕のヒーロー。
「よく覚えてるなあ、あいつはカリフォルニアだよ!」
そういえば初めて一人でアメリカに着いた夜、
リッキーのことをなんとなく思い出してた気がする。
ヒーローは近くにいたんだ。

帰り道、涙目のヒデと熱いハグ。
「また必ず会うんだからな」ってさ。力が強いよ!
泣き虫だったのは僕の方だったのに。
次はシアトルで再会。約束だよ。

YORKE. / june, 2018

OLDCODEX

オルドコデックス:2009年結成。ヴォーカルTa_2とペインターYORKE.という異色の組合せの特性を活かし、ロック、ラウド、ダンスの要素を強く持ったサウンドを主としつつ、アートを織り交ぜた視覚をも楽しませる作品を打ち出している。Ta_2のハードな歌声に乗せ、YORKE.のエモーショナルなペインティングがキャンバスを色付けていくアグレッシブなライヴにも定評があり、観るものの感性を刺激するパフォーマンスを展開している



【関連リンク】
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第66回 ♪Sky Chaser High / THE WiLDHEARTS -
OLDCODEXまとめ

【関連アーティスト】
OLDCODEX
【ジャンル】
OLDCODEX / 「WHY I PAINT 〜なぜボクがえをかくのか〜」, J-ROCK, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.166













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1