歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年06月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
UVERworld、ベスト盤全収録内容&対バンツアー発表
Tue, 19 Jun 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UVERworldが7月18日(水)に発売するベストアルバム『ALL TIME BEST』のアートワーク、完全生産限定盤と初回限定盤の特典収録内容を発表した。シリアルナンバー入りの完全生産限定盤はLPサイズでゴールドのジャケット、初回限定盤はシルバーのジャケットとベストアルバムならではの豪華なパッケージとなっている。

また、完全生産限定盤にはこれまでのライブの音源を厳選し16曲収録した『LIVE ARCHIVES』、そして初回限定盤Blu-ray、DVDには2010年以降のライブを振り返ることができるパッケージ化されていないライブ映像を含む13曲が収録された『LIVE MOVIE ARCHIVES』が付属し、まさにUVERworldの全てを網羅した作品となっている。通常盤は『MEMBER BEST』、投票応募数が20万を超えた『FAN BEST』そして全曲再レコーディングされた『BALLADE BEST』の3枚組構成となる。

さらに7月2日を皮切りにライブハウスを中心とした対バンツアー『UVERworld VSシリーズ』の開催も発表された。7月4日には、2017年10月に初共演した清水翔太との対バンが再び実現する。UVERworldは7月後半からは全国約30公演に及ぶホールツアー『UVERworld ホールツアー2018』がスタートする。

■対バンツアー 『UVERworld VSシリーズ』

「UVERworld VS SUPER BEAVER」
7月02日(月) 名古屋ダイアモンドホール
「UVERworld VS SUPER BEAVER」
7月04日(水) 恵比寿LIQUIDROOM ebisu
「UVERworld VS 清水翔太」
7月05日(木) 恵比寿LIQUIDROOM ebisu
「UVERworld VS 韻シスト」
7月09日(月) 福岡DRUM LOGOS

ベストアルバム『ALL TIME BEST』

2018年7月18日発売



【完全生産限定盤】
SRCL-9855〜58/¥8,230+税
※LPサイズ/シリアルナンバー入り/特典CD「LIVE ARCHIVES」/スペシャリティカード付
<収録曲>
■Disc1 MEMBER BEST
1.EYEWALL
2.7th Trigger
3.IMPACT
4.CORE PRIDE
5.GOLD
6.NO.1
7.一滴の影響
8.Fight For Liberty
9.ALL ALONE
10.PRAYING RUN
11.THE OVER
12.CHANCE!
13.Φ choir
14.LONE WOLF
15.在るべき形
16.7日目の決意
17.MONDO PIECE
■Disc2 FAN BEST
1.撃破
2.AWAYOKUBA-斬る
3.SHAMROCK
4.THE SONG
5.RANGE
6.白昼夢
7.激動
8.Colors of the Heart
9.魑魅魍魎マーチ
10.SORA
11.WANNA be BRILLIANT
12.LIFE
13.ハイ!問題作
14.LIFEsize
15.Roots
16.シリウス
■Disc3 BALLADE BEST(Re-Recording)
1.美影意志
2.君の好きなうた
3.心とココロ
4.SHOUT LOVE
5.51%
6.クオリア
7.優しさの雫
8.体温
9.マダラ蝶
10.MINORI
11.恋いしくて
12.此処から
13.言わなくても伝わる あれは少し嘘だ
14.ほんの少し
15.THE OVER
■完全生産限定盤特典CD:「LIVE ARCHIVES」
1.儚くも永久のカナシ(Tokyo Dome 2010.11.27)
2.若さ故エンテレケイア(Tokyo Dome 2010.11.27)
3.just Melody(Tokyo Dome 2010.11.27)
4.一石を投じる Tokyo midnight sun(Nippon Budokan 2011.12.25)
5.神集め(Nippon Budokan 2011.12.25)
6.勝者臆病者(Yokohama Arena 2012.7.8)
7.トキノナミダ(Zepp DiverCity Tokyo 2013.2.28)
8.浮世CROSSING(Nippon Budokan 2013.12.25)
9.DEJAVU(Nippon Budokan 2013.12.26)
10.UNKNOWN ORCHESTRA(Kyocera Dome 2014.7.5)
11.誰が言った(Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.3)
12.シャカビーチ〜Laka Laka La〜(Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.3)
13I LOVE THE WORLD(Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.6)
14.EMPTY96(Nippon Budokan 2015.12.25)
15.DISCORD(Nippon Budokan 2015.12.25)
16.Collide(Saitama Super Arena 2017.2.11)



【初回生産限定盤】※Bluray 付
SRCL-9860〜63/¥5,500+税
【初回生産限定盤】※DVD 付
SRCL-9864〜67/¥5,000+税
<収録曲>
■Disc1 MEMBER BEST
1.EYEWALL
2.7th Trigger
3.IMPACT
4.CORE PRIDE
5.GOLD
6.NO.1
7.一滴の影響
8.Fight For Liberty
9.ALL ALONE
10.PRAYING RUN
11.THE OVER
12.CHANCE!
13.Φ choir
14.LONE WOLF
15.在るべき形
16.7日目の決意
17.MONDO PIECE
■Disc2 FAN BEST
1.撃破
2.AWAYOKUBA-斬る
3.SHAMROCK
4.THE SONG
5.RANGE
6.白昼夢
7.激動
8.Colors of the Heart
9.魑魅魍魎マーチ
10.SORA
11.WANNA be BRILLIANT
12.LIFE
13.ハイ!問題作
14.LIFEsize
15.Roots
16.シリウス
■Disc3 BALLADE BEST(Re-Recording)
1.美影意志
2.君の好きなうた
3.心とココロ
4.SHOUT LOVE
5.51%
6.クオリア
7.優しさの雫
8.体温
9.マダラ蝶
10.MINORI
11.恋いしくて
12.此処から
13.言わなくても伝わる あれは少し嘘だ
14.ほんの少し
15.THE OVER
■初回限定版(BD・DVD共通)特典DVD:「LIVE MOVIE ARCHIVES」
1.CHANCE! (Tokyo Dome 2010.11.27)
2.Roots (Tokyo Dome 2010.11.27)
3.白昼夢 (Zepp Sendai 2011.7.21)
4.優しさの雫 (Yokohama Arena 2012.7.8)
5.MONDO PIECE (Nippon Budokan 2013.12.26)
6.? choir (Kyocera Dome 2014.7.5)
7.THE OVER (Kyocera Dome 2014.7.5)
8.在るべき形 (Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.3)
9.GOLD (Yoyogi National First Gymnasium 2015.9.6) 
10.魑魅魍魎マーチ (Kumamoto B.9 2016.12.7)
11.PRAYING RUN (2016.12.21 OSAKA-JO HALL)
12.CORE PRIDE (Saitama Super Arena 2017.2.11)
13.一滴の影響 (Yokohama Arena 2017.12.21)



【通常盤】
SRCL-9868〜70/¥3,800+税
<収録曲>
■Disc1 MEMBER BEST
1.EYEWALL
2.7th Trigger
3.IMPACT
4.CORE PRIDE
5.GOLD
6.NO.1
7.一滴の影響
8.Fight For Liberty
9.ALL ALONE
10.PRAYING RUN
11.THE OVER
12.CHANCE!
13.Φ choir
14.LONE WOLF
15.在るべき形
16.7日目の決意
17.MONDO PIECE
■Disc2 FAN BEST
1.撃破
2.AWAYOKUBA-斬る
3.SHAMROCK
4.THE SONG
5.RANGE
6.白昼夢
7.激動
8.Colors of the Heart
9.魑魅魍魎マーチ
10.SORA
11.WANNA be BRILLIANT
12.LIFE
13.ハイ!問題作
14.LIFEsize
15.Roots
16.シリウス
■Disc3 BALLADE BEST(Re-Recording)
1.美影意志
2.君の好きなうた
3.心とココロ
4.SHOUT LOVE
5.51%
6.クオリア
7.優しさの雫
8.体温
9.マダラ蝶
10.MINORI
11.恋いしくて
12.此処から
13.言わなくても伝わる あれは少し嘘だ
14.ほんの少し
15.THE OVER



【関連リンク】
UVERworld、ベスト盤全収録内容&対バンツアー発表
UVERworldまとめ
SUPER BEAVERまとめ
清水翔太まとめ
韻シストまとめ

【関連アーティスト】
UVERworld, SUPER BEAVER, 清水翔太, 韻シスト
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, ツアー

[ALEXANDROS]、シングル「Mosquito Bite」全貌発表&新アー写公開
Tue, 19 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

[ALEXANDROS]が7月18日(水)に発売するニューシングル「Mosquito Bite」の収録曲詳細と、最新ビジュアルを発表した。

今作は『週刊少年ジャンプ』で2001年から連載されている人気コミック『BLEACH』の実写化映画の主題歌「Mosquito Bite」と挿入歌「MILK」が収録されるほか、2017年に名古屋・日本ガイシホールにて行われた『Premium V.I.P. Party 2017』より、他のライブではなかなか披露しないレアな楽曲やメドレーを含むライブ音源3曲が収録される。8月に行われる自身初のスタジアムライブへと繋がる、2018年の[ALEXANDROS]の顔とも言える超強力シングルとなっている。

表題曲「Mosquito Bite」はVo.&Gt.川上洋平が「最高なロックソングが完成しました。また新たにデビューした気分です」と語る自信作。最高のロックアンセムに仕上がっている。そして、本シングルには<完全生産限定盤>の特典として、楽曲タイトルにちなみ、メンバーの川上が遊び心でアイデアを出したというMosquito Aroma Band(モスキートアロマバンド)が封入されるが、こちらのビジュアルも公開された。[ALEXANDROS]らしいスタイリッシュな外見に、虫が嫌うシトロネラの香りのついたシリコン製のラバーバンドとなっており、夏の野外でのライブに必携のグッズとなっている。こちら数に限りがあるとのことなので、ぜひ早めの予約をお勧めしたい。

シングル「Mosquito Bite」

2018年7月18日発売



【完全生産限定盤】(CD+Mosquito Aroma Band)
UPCH-7438/¥1,800+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-5949/¥1,200+税
<収録曲>
1.Mosquito Bite
2.MILK (BLEACH version)
3.Stimulator @『Premium V.I.P. Party 2017" live at Nippon Gaishi Hall』
4.Grand Daddy 〜 Dance With the Alien 〜 Onion Killing Party @『Premium V.I.P. Party 2017" live at Nippon Gaishi Hall』
5.ムーンソング @『Premium V.I.P. Party 2017" live at Nippon Gaishi Hall』



【関連リンク】
[ALEXANDROS]、シングル「Mosquito Bite」全貌発表&新アー写公開
[ALEXANDROS]まとめ
TWEEDEES、1年ぶりとなるワンマン公演の開催が決定

【関連アーティスト】
[ALEXANDROS]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, 主題歌, 映画

TWEEDEES、1年ぶりとなるワンマン公演の開催が決定
Tue, 19 Jun 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TWEEDEESが9月16日(日)に神奈川・Motion Blue YOKOHAMAで『TWEEDEES Premium Show vol.3』を開催することを発表した。本公演は2回公演で、TWEEDEESとしては2017年9月に出演した『AGEOまちフェス2017』以来およそ1年ぶりとなるファン待望のステージ。『TWEEDEES Premium Show』は“TWEEDEES恒例の新作発表会”をテーマにしており、現在制作中のニューアルバムから新曲が初公開される予定だ。

TWEEDEESのライブ&トークを美味しい食事とともに楽しめるプレミアムなライブとなる。チケットWeb先行予約は6月26日(火)より開始。

■『TWEEDEES Premium Show vol.3』

9月16日(日) 神奈川・Motion Blue YOKOHAMA
1部:開場15:15/開演16:30
2部:開場18:15/開演19:30
<出演>
TWEEDEES (清浦夏実(Vo)、沖井礼二(Ba)) / 原 GEN 秀樹(Dr) / 井上薫(Key) / qurosawa[POLLYANNA](Gt)
<チケット>
自由席¥4,500(税込)/BOX席¥18,000(税込)+シートチャージ4,000円 (4名様までご利用可能)
Web先行予約:6月26日(火)
一般予約:7月3日(火)



【関連リンク】
TWEEDEES、1年ぶりとなるワンマン公演の開催が決定
TWEEDEESまとめ
GLAY、『pure soul』アンソロジー盤のオフィシャルライナーノーツ公開

【関連アーティスト】
TWEEDEES
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表

GLAY、『pure soul』アンソロジー盤のオフィシャルライナーノーツ公開
Tue, 19 Jun 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月31日(GLAYの日)にGLAYの4thアルバム『pure soul』が20年ぶりにアンソロジー盤『pure soul Anthology』として発売される。『pure soul』は音楽的な充実とポピュラリティの高さを両立させた作品であり、また自身初のベスト『REVIEW-BEST OF GLAY』を出した後のアルバムともあり、GLAYにとって非常に重要な1枚である。

そんな歴史的なリリースに先駆け、森朋之による約3,000文字のライナーノーツが6月19日(火)にオフィシャルHPで発表された。オリジナルアルバムとしてGLAY最大のヒット作となった『pure soul』をライナーノーツでもう一度、紐解いて欲しい! 

また、1998年に行われた『pure soul』のロングツアーのドキュメント映像である『pure soul MOVIE』が『pure soul Spin-off Movie〜HEAVY GAUGE前夜、4人の肖像〜』と題して収録される事が明らかになった。当時のツアーやレコーディングの裏側やオフのメンバーの姿が48分収録されている作品に仕上がっている。

■アルバム『pure soul』特設サイト
http://www.glay.co.jp/puresoul/
※DISC1の試聴、ブックレットの一部を公開中!

アルバム『pure soul Anthology』

2018年7月31日発売



LSGC-0004/PCCN-90005/¥8,281+税
※2CD+1Blu-ray+ブックレットスペシャルパッケージ仕様
※ブックレット:『pure soul』リリース当時の撮り下ろし写真や雑誌&新聞記事から厳選したブックレット。インタビュー記事やpure soulにまつわる当時の貴重な素材をふんだんに掲載。
<収録曲>
■DISC1 CD『pure soul』Remix&Remastering 2018
1.YOU MAY DREAM
2.ビリビリクラッシュメン
3.May Fair
4.SOUL LOVE
5.出逢ってしまった2人
6.pure soul
7.誘惑
8.COME ON!!
9.FRIEDCHICKEN & BEER
10.3年後
11.I\'m in Love
12.HOWEVER
13.I\'m yours
14.Little Lovebirds.
15.アイ
■DISC2 CD『pure soul Anthology』Demo 1998
1.YOU MAY DREAM Demo
2.ビリビリクラッシュメン Demo
3.May Fair Demo
4.SOUL LOVE Demo
5.出逢ってしまった2人 Demo
6.pure soul Demo
7.誘惑 Demo
8.COME ON!! Demo
9.FRIEDCHICKEN & BEER Demo
10.3年後 Demo
11.I\'m in Love Demo
12.HOWEVER Demo
13.I\'m yours Demo
14.Little Lovebirds Demo
15.アイ Demo
16.「PEACE OF MIND」未発表曲
■DISC3 Blu-ray“Live&Document of pure soul Days”
・1998年8月30日『pure soul in STADIUM “SUMMER of \'98”』@阪急西宮スタジアム公演を全曲収録
・映像作品『pure soul Spin-off Movie〜HEAVY GAUGE前夜、4人の肖像〜』



【関連リンク】
GLAY、『pure soul』アンソロジー盤のオフィシャルライナーノーツ公開
GLAYまとめ
夜の本気ダンス、シングル「Magical Feelin\'」 にPOLYSICSハヤシによるリミックス曲を収録

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, 発表

夜の本気ダンス、シングル「Magical Feelin\'」 にPOLYSICSハヤシによるリミックス曲を収録
Tue, 19 Jun 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが、8月8日(水)にリリースするニューシングル「Magical Feelin\'」の全収録曲を発表! リリースに先駆けて新しいアーティスト写真も公開された。

現在彼らが出演するライブイベントで披露されている今作は、夜ダンらしいダンサブルな楽曲であることは勿論、爽快なメロディーも相俟って夏にぴったりのロックチューンに仕上がっており、既にSNSを中心に話題になっている。

シングルの収録曲は、完全生産限定盤・通常盤ともに1曲目「Magical Feelin\'」、2曲目「Music For Life」、3曲目「KIKI」という楽曲タイトルが並ぶ。それぞれの楽曲についてはリリースまでのお楽しみだが、完全生産限定盤には1stアルバム『DANCEABLE』収録曲でライブで最も盛り上がる、彼らの代表作の1つ「Crazy Dancer」をPOLYSICSのハヤシ(Gu&Vo&Syn&Programming)がリミックスして収録されることが明らかになった。「Crazy Dancer (POLYSICS 午後の本気TOISU Mix)」と題され、完全生産限定盤のボーナストラックとして収録されるので、こちらも期待だ。

シングル「Magical Feelin\'」

2018年8月8日発売



【完全限定生産盤】
VICL-37420/¥1,500+税
【通常盤】
VICL-37421/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.Magical Feelin\'
2.Music For Life
3.KIKI
Bonus Track.Crazy Dancer (POLYSICS 午後の本気TOISU Mix)※完全限定生産盤のみ

◎早期予約特典
予約受付期間:7月15日(日)23:59まで
特典:Magical Feelin\' スペシャル限定ラバーバンド
※詳細はこちら:http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A025344/87.html



【関連リンク】
夜の本気ダンス、シングル「Magical Feelin\'」 にPOLYSICSハヤシによるリミックス曲を収録
夜の本気ダンスまとめ
冨田勲×辻本知彦、大妻嵐山高校ダンス部による「愛」のダンス映像公開

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売

冨田勲×辻本知彦、大妻嵐山高校ダンス部による「愛」のダンス映像公開
Tue, 19 Jun 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今亡き世界的シンセサイザーアーティスト・冨田勲のダンス作品に、今最も勢いにのるダンサーと振付師が挑んだ! 5月23日にリリースされたアルバム『MISSING LINK of TOMITA〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜』に収録されている、冨田勲のシンセサイザー最初期の作品「愛 《コムポジション―習作》」。創作ダンスのために作曲されたこの作品に、冨田の遺作「Dr.Coppelius」で振付を担当した辻本知彦が振付を行い、約40年ぶりに復活。大妻嵐山高校ダンス部が辻本の振付を形にし、映像収録した『冨田勲×辻本知彦 TOMITA幻のシンセサイザー作品「愛 《コムポジション―習作》」を踊ってみた』が公開された。

「愛」は1974年1月に日本コロムビアから『中学・高校・大学及び一般のための創作ダンス=ダンスイメージと創作過程=』という、主に学校での使用を目的に発売されたアルバムに収録されたもの。この3か月後、同年4月に冨田が世界的名声を獲得するきっかけとなった、シンセサイザーの最初の代表作『月の光』(英題:『Snowflakes are Dancing』)が全米リリースされていることからもわかるように、その後シンセサイザーで世界へ雄飛する直前に手がけた貴重なマイルストーンとも言える作品だ。

この教育用の創作ダンスに目をつけたのが日本を代表する振付師・ダンサーの辻本知彦。辻本は日本人で初めてシルク・ド・ソレイユの男性ダンサーに起用され、冨田の遺作として話題になった「ドクター・コッペリウス」で初めて振付を担当。その後は、紅白歌合戦で郷ひろみ、土屋太鳳の振付、さらに17&18年の紅白では、平井堅「ノンフィクション」のバックを担当した義足のプロ・ダンサー大前光市の振付を行い、その過程を記録したNHKスペシャル『光と影 ふたりのダンサー〜紅白 舞台裏のドラマ〜』で大きな話題となったことも記憶に新しい。

今や米津玄師やRADWINPSなど、数多くのミュージシャンからオファーが殺到する振付師が、40年前に産声をあげた冨田の幻の作品に対峙した。辻本は言う。「今回の映像、最初の仕上がりを見て涙が溢れて止まりませんでした。個人的な感情が湧いてきて、こんなにも冨田さんへの思いが強いのかと感じた瞬間でした」。辻本の高度な振付にチャレンジしたのは、埼玉県の大妻嵐山高校のダンス部。あどけなさの残る部員たちが、辻本の振付により教育的な「創作ダンス」の領域を超え、芸術表現としての「ダンス」に踏み込むさまを見ることができるだろう。

(c)Takao Sakai

■【辻本知彦 コメント】

「冨田勲さんと出会った事は、振付師としての可能性をプレゼントして頂いた事、そしてなによりも、運命だと感じています。今回の映像、最初の仕上がりを見て涙が溢れて止まりませんでした。個人的な感情が湧いてきて、こんなにも冨田さんへの思いが強いのかと感じた瞬間でした。「冨田さんがみたら喜ぶだろうなあ」「あなたの曲がこんなダンスになりましたよ」「時代を感じるでしょう?」「あなたの曲はこうして僕のダンスと共にいまを生きていますよ」「映像で残ることで、未来の人々もこれを見ることができるんです」「これは僕という人間がこの時代に生きた証でもあります」「なにより、見る者それぞれの心の中に、なにかが生まれますように」……ふと気づくと、もうここにはいない冨田さんに向けて、さまざまな思いを伝えている自分がいました。あなたと出会えていなかったら、この振付が生まれることは無かったでしょう。先生ありがとう!またね!!」

アルバム『MISSING LINK of TOMITA 〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜』

発売中



COCQ-85418/¥3,000+税



【関連リンク】
冨田勲×辻本知彦、大妻嵐山高校ダンス部による「愛」のダンス映像公開
冨田 勲まとめ
KOHH、88rising主催の北米ツアー全公演にゲスト参加決定

【関連アーティスト】
冨田 勲
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ダンス

KOHH、88rising主催の北米ツアー全公演にゲスト参加決定
Tue, 19 Jun 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HIP HOPをメインにアジアンカルチャーを世界に発信し続け、今や世界的に注目を集めている、アジア発のメディアプラットフォーム・88rising。彼らが9月22日にLAで開催する『HEAD IN THE CLOUDS』と題した大規模な自主フェスティバルを皮切りに北米全18カ所のツアー『88 DEGREES&RISING TOUR』 を行なうことを発表し、LA公演に続きツアーにもKOHHがスペシャルゲストとして参加することが決定した。

今回のゲスト出演は、ショート動画投稿アプリ『Tik Tok』のメイク動画に数多く使用されたことでも話題になった楽曲「It G Ma」でのKeith Apeとの競演もあり、88risingから熱烈なオファーのもと実現した。今回のツアーに、88risingの所属アーティストではないKOHHが参加するということは大きな注目を浴びることになるだろう。

北米ツアー『88 DEGREES&RISING TOUR』

9月22日(土) Los Angeles,CA/Los Angeles State Historic Park
9月28日(金) Philadelphia,PA/The Fillmore Philadelphia
9月30日(日) Toronto,ON/RBC Echo Beach
10月01日(月) Montreal,QC/M Telus
10月03日(水) New York,NY/Pier 17 At South Street Seaport
10月05日(金) Boston,MA/Agganis Arena
10月09日(火) Washington,D.C/MGM National Harbor
10月11日(木) West Lafayette,IN/Purdue University
10月13日(土) Detroit,MI/The Filmore Detroit
10月14日(日) Chicago,IL/Aragon Ballroom
10月16日(火) Atlanta,GA/The Tabernacle
10月19日(金) Austin,TX/ACL Live
10月20日(土) Houston,TX/Smart Financial Center
10月21日(日) Dallas,TX/The Pavilion At Toyota Music Factory
10月23日(火) Denver,CO/The Fillmore Auditorium
10月26日(金) Vancouver,BC/Pacific Coliseum
10月27日(土) Seattle,WA/Showare Center
10月31日(水) San Francisco,CA/Bill Graham Civic Auditorium
<出演>
KOHH/RICH BRIAN/JOJI
KEITH APE/HIGHER BROTHERS and more…

88 rising(エイティエイトライジング)とは

アメリカのヒップホップシーンに次々とスターを送り出し、世界中の音楽ファンから注目を集めているアジア発のメディアプラットフォーム。“ミレニアル世代のグローバルなアジアカルチャーを盛り上げる”ことを目指すメディア。88risingの名を最初に世に知らしめたのがKeith Ape(キース・エイプ)。韓国出身のラッパーである彼が2015年にリリースした「It G Ma」は世界中に評判を広め、88risingを筆頭にしたアジアのヒップホップシーンが注目を集める発端となった。この曲にはKOHHも参加している。



【関連リンク】
KOHH、88rising主催の北米ツアー全公演にゲスト参加決定
KOHHまとめ
TAKURO(GLAY)、ライブバー“FRIDAY”にてお酒に合うソロライブを開催

【関連アーティスト】
KOHH
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, 発表, ヒップホップ, ラップ, 出演, ツアー

TAKURO(GLAY)、ライブバー“FRIDAY”にてお酒に合うソロライブを開催
Tue, 19 Jun 2018 14:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLAYのギタリスト・TAKUROのソロプロジェクトライブ『Journey without a map 2018』の横浜公演が6月18日(月)に行なわれた。

2017年は25万人動員のアリーナツアーを行ない、そのパッケージも6月に発売を控えているGLAY。そんなGLAYのメインコンポーザーでありギタリストのTAKUROが、2018年初のソロライブを、横浜にあるライブバー“FRIDAY”にて開催。“FRIDAY”は、横浜長者町を代表するオールディーズスタイルのライブハウスである。

このソロワークは2016年にB\'zの松本孝弘をプロデューサーに迎えた1stインストアルバム『Journey without a map』のリリースからスタートし、今や彼のライフワーク的な活動ともなっている。ライブで披露される楽曲はソロアルバム『Journey without a map』収録曲を中心とした構成であり、GLAYとは全く違ったジャジーでブルースなインストサウンド。本人もアルバムリリース時から“お酒と一緒に楽しんでもらいたい音楽”と語っており、この日も歴史あるライブバーで観客はお酒を片手にTAKUROの登場を静かに待っていた。

会場の明かりが強くなるとステージ後方よりTAKURO率いるバンドメンバーが登場。GLAYではありえない近さでのライブともあって会場から歓声が湧いた。ドラム・TOSHI、キーボード・川村ケン、ベース・岩永真奈が静かなサウンドで下地を作ると、そこからアルバム収録ナンバー「Lullaby」がスタート。軽やかなメロディが会場を温めていき、次は未発表曲を披露。冒頭はTAKUROが感じた事を即興で歌う演出で盛り上げ、そのまま甘いギターの音色からジャジーなメロディを奏でていった。

曲が終わるとTAKUROは“今日、地震で来たくても来れない人達もいました。次の曲は「函館日和」という僕の故郷を想って作った曲なのですが、今日はこの曲を来れなかった人達にも届けられればという気持ちで演奏します”と語りかけ、静かに楽曲がスタートした。切ないピアノ、さざ波を想わせるサックス、徐々に函館の風景が目の前に広がるような気にさせる演奏である。TAKUROの“祈り”とも想わせるギターサウンドが会場を静かに包みこんでいった。

優しい雰囲気に包まれたと思えば、“Journeyはいろんな場所に旅をするアルバムです”と、こちらもアルバムから「Istanbul Night」を披露。エスニックなサウンドと軽快なドラムが心地良いナンバーである。曲の途中では歪んだギターとサックスのソロ真っ向勝負。どちらも引かずの白熱したプレイを披露してくれた。

会場の熱が再度上昇していくと、そのままラストナンバーへ。この曲も未発表曲であり、TAKUROがサックス・前田サラに刺激を受けて作成した楽曲とのこと。TAKUROのリスペクトが込められたこの曲では、言うまでもなくサックスが火を吹いてくれた。小柄な前田サラだが会場全体を揺るがすほど激しいプレイ! それに合わせてドラム・TOSHIが雷神の如く煽れば、グラスの氷が溶けるほどの熱が会場を覆っていった。

熱気に包まれなが演奏を終えるとTAKUROは“ノってきたから後一曲だけやらせて下さい!”と、特別にアルバムから「Autumn Rain」を披露。良い意味でクールダウンさせてくれるジャジーなナンバーであり、最後はまさに“お酒に合うライブ”で締め括られた。

ジャジーでブルースなサウンドをベースにしながらも、時に熱く、そして時に切なくと緩急のあるライブ『GLAY TAKURO Solo Project Live in YOKOHAMA “Journey without a map 2018”』気がつけばグラスが空になる、まさにお酒に合った音楽を届けてくれた。

【セットリスト】
1.Lullaby
2.未発表曲
3.函館日和
4.Istanbul Night
5.未発表曲
6.Autumn Rain

アルバム『Journey without a map』

発売中



【CD+DVD盤】
PCCN-00025/¥3,500+税
【CD only盤】
PCCN-00026/¥2,500+税
【アナログ盤(初回生産限定)】(重量盤2枚組)
PCJN-00001/¥4,000+税
<収録曲>
■CD
01.Lullaby
02.流転
03.Guess Who
04.Autumn Rain
05.RIOT
06.Istanbul Night
07.Francis Elena
08.Fear&Favors
09.Northern Life
10.Journey without a map
11.函館日和
■DVD
・[Guess Who] MUSIC VIDEO
・[Guess Who] MUSIC VIDEO Making
・[Journey without a map] Documentary Film
・[Journey without a map] Documentary Film Another Talk



【関連リンク】
TAKURO(GLAY)、ライブバー“FRIDAY”にてお酒に合うソロライブを開催
GLAYまとめ
TAKUROまとめ
26時のマスカレイド、“アクアリウム”を模した4度目のワンマンライブを開催

【関連アーティスト】
GLAY, TAKURO
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ

26時のマスカレイド、“アクアリウム”を模した4度目のワンマンライブを開催
Tue, 19 Jun 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

26時のマスカレイド(通称ニジマス)は、「読モBOYS&GIRLS×Zipperアイドルオーディション」で選抜されたメンバーによって2016年に結成した5人組アイドルグループ。近年はファッションに力を入れているアイドルも少なくないが、ニジマスは“FASHION&EMOTION”というテーマを掲げ、WEGOと文化服装学院が衣装プロデュースを手掛けていることもあり、アイドルの“命”と言っても過言ではない彼女たちの衣装は、いつも可憐で、美しい。

毎年夏に開催される世界最大のアイドルイベント<TOKYO IDOL FESTIVAL>(通称TIF)において、昨年ニジマスはメインステージ争奪戦を勝ち抜き、見事メインステージで華々しくパフォーマンスを行った。ここで念頭に置いていただきたいのは、まずTIFが星の数ほど存在すると言われているアイドルたちの多くが目標にしているイベントであるということ。次に、TIFには規模の異なるステージが複数存在するため、デビュー間もないアイドルがそのほかの有名アイドルたちと肩を並べてメインステージに立てるというのは非常にレアなことであること。例えるなら、大型ロックフェスにおいて新人バンドがいきなりメインステージに出演するようなものである。

そんなニジマスの4度目のワンマンライブとなった、この日のEXシアターROPPONGI。ニジマスのライブの魅力をいくつか挙げると、“それぞれタイプの異なったビジュアルの良さ”“まっすぐな歌詞”“演出のストーリー性”“気取らないMC”。それらはEXシアターでも随所でちりばめられていた。

この日の舞台セットは、メンバーのアイディアから生まれたという“アクアリウム”を模した特別感あふれるもの。オープニング映像は、イラストが得意な来栖りんによる、人魚の姿に扮した5人が特訓を重ね、アイドルになるまでのストーリーを描いたアニメーションであった。

ライブは、「ハートサングラス」からスタート。ファンの間では“ニジマスといえば夏”と言われているが、それはこの夏ソングが彼女たちの絶対的キラーチューンであるからだ。実際、去年の夏、彼女たちはこの曲を引っ提げ、全国のアイドルフェスを無双した。EXシアターでも、いきなりの「ハートサングラス」に観客たちは大喜び。この曲を盛り上げる要素のひとつと言える、メンバーと観客たちによる「もーいっかい!」「もうちょっと!」というコール&レスポンスも起こり、梅雨のジメジメとした気分を一気に晴れやかな雰囲気に変えてくれた。

続く、「colors」「ビタースイート」では、来栖りんがアイドルらしいかわいらしいステージングで観客の心を掴んでいく。5曲目の「wai chai na」は、打って変わってニジマスには珍しいロックチューン。真っ赤なライティングと「いい子だなんてつまらない」という歌詞が印象的だ。この曲の途中にふと気がついたことがあった。それは、この日、彼女たちが歌詞の中で強く伝えたいと思っている部分が、ステージのバックモニターに表示されるのではないかということ。その直感は、ライブが進むうちに確信へと変わっていった。

「ハローハロー」はニジマスにとって初のオリジナルソング。落ちサビの「聞こえてますか」を、高い歌唱力を誇る江嶋綾恵梨が丁寧に歌い上げる。その芯が通った声は、2階後方で観ていた筆者にもまっすぐに届いてきた。そして、バックモニターにアップに映し出された江嶋の表情からは“この曲を歌っていることに心の底から幸せを感じている”さまがうかがえた。

新体制となって初披露となった「オレンジデイズ」では、仲間の卒業を乗り越えて新しい道を進む現在のニジマスと歌詞がリンクする。ニジマスのMC番長である森みはるの“みはる節”は、この日のライブでも健在。メンバーそれぞれが自分の衣装のポイントを紹介していく中、森はただ一人「私のが一番可愛いんですけど……」と前置きした上で説明。これにはほかのメンバーと観客がツッコミを入れながら、大きな笑いが起こった。

「7色のツボミ」ではモノクロとカラーの対比がある美しい映像をバックにパフォーマンスし、「ベールの夜明け」では最後に顔を隠す振付を披露。人気曲「心から」は、イントロが流れた瞬間から会場が沸く。この曲では観客たちが天井に人差指を突き上げながら「あえりが一番すいとーよ!」とコールするが、こうした観客側から発生するコールもアイドルライブの楽しみ方のひとつだ。

続いて、一等が終演後に楽屋に招待というファンにはたまらない「26時の大抽選会」コーナーへ。当選者が発表されるたびに会場からは拍手が巻き起こる。と、ここでこの日が誕生日である“大ちゃん”こと大門果琳にケーキをプレゼントするサプライズが。会場からは“おめでとー!”という大歓声。大門は、はにかみながら嬉しそうにその言葉を受け止めていた。言葉数こそ少ないが、大門にはいつどんな時も周りをほんわりとさせてくれる才能がある。

「B dash」では、バックモニターにレトロゲームのパロディ映像が映し出された。芸が細かい。アップテンポなナンバーに会場のボルテージが一気に上がる。歌詞とMVが“エモい”ことで話題の「ゼンキンセン」では、顔面偏差値が軽く70を超えているという噂の吉井美優を中心に、切なくて甘酸っぱい恋心をメンバーそれぞれが歌い上げる。最後に吉井が「ねぇ」と振り向く姿は、会場全体が思わず息を呑むほどの美しさだ。本編ラストに歌われたのは新曲「チャプチャパ」。蝉の声から始まるサマーチューンであるこの曲は「ハートサングラス」に続く、ニジマスの夏の定番曲となりそうだ。

「マスカレイドは眠らない」で始まったアンコールでは、グッズになっていた魚の形をした“ニジマスくん”をメンバーが振り回しながら登場。楽しそうに歌い、踊るメンバーといっぱいの笑顔の観客、そして彼らの手にはニジマス……見ようによってはシュールな光景だが、そこにはアイドルライブだからこその幸福感が満ち溢れていた。曲の最後には、メンバーが手に持っていたニジマスくんを客席に投げ入れる。まさにキャッチアンドリリース。

「マスカレイドは眠らない」後には、バックモニターに“重大発表”が映し出される。それは、新曲「チャプチャパ」が7月7日にシングルリリースされること、結成2周年を記念した全国ツアー<ニジマス全国放流ツアー>をデビュー記念日である10月30日から全5公演開催すること。これには、メンバーだけでなく、会場全体が喜びの歓声を上げた。最後のMCでは、それぞれの素直な言葉で今後の飛躍を誓った。スタッフとケンカをしながらもオープニング映像やグッズTシャツのイラストを描き上げたという来栖は、「だんだんと自分たちのやりたいことができるようになってきた」と語る。それはきっと彼女たちにとって大きな一歩だったに違いない。

ラストは、ストーリーテラーの大門のセリフから始まる「仮面に隠れたセレナーデ」。最初にニジマスの魅力の1つに挙げた「演出のストーリー性」を最大限に表現している曲だ。これにて、さまざまなシーンを描いたニジマス劇場が幕を閉じた。そこに残ったのは、ミュージカルのカーテンコールのような多幸感。帰り際、目の前を歩く女性ファンが背負っているリュックサックのサイドポケットに、ニジマスくんが無造作に刺さってあるのが目に入った。彼女は楽しかった思い出とともに、この日の“収穫”を家に持ち帰るのだろう。

こうして夏が始まっていくのだ。平成最後の夏・ニジマスエモーション。

取材・文:永山あるみ

【セットリスト】
01.ハートサングラス
02.colors
03.ビタースイート
04.ハローハロー
05.wai chai na
06.Go way
07.オレンジデイズ
08.7色のツボミ
09.ベールの夜明け
10.心から
11.B dash
12.ゼンキンセン
13.チャプチャパ
<ENCORE>
01.マスカレイドは眠らない
02.仮面に隠れたセレナーデ

公演情報
■26時のマスカレイド 2nd Anniversary 「ニジマス放流全国ツアー」
・2018年10月30日(火)東京 TSUTAYA O-WEST
・2018年11月10日(土) 福岡 ESPエンタテインメント福岡 Live Hall EMY
・2018年11月11日(日) 愛知 伏見ライオンシアター
・2018年11月23日(金・祝) 大阪 阿倍野ROCK TOWN
・2018年11月24日(土) 東京 品川インターシティーホール
詳細はオフィシャルサイトにて
https://nijimasu-official.amebaownd.com/



【関連リンク】
26時のマスカレイド、“アクアリウム”を模した4度目のワンマンライブを開催
26時のマスカレイドまとめ
武部聡志プロデュースイベントに世代を超えた豪華アーティストが出演

【関連アーティスト】
26時のマスカレイド
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, ライブレポ

武部聡志プロデュースイベントに世代を超えた豪華アーティストが出演
Tue, 19 Jun 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月17日(日)、神奈川県民ホールで音楽イベント『TIMELESS SESSIONS in YOKOHAMA』が開催された。このイベントは、1980年代から現在まで、日本の音楽シーンをリードし続けている音楽プロデューサー・武部聡志がプロデュースを担当し、1983年、2000年、2004年、2016年と、異なる時代にデビューした藤井フミヤ、矢井田 瞳、FLOWER FLOWERのyui、NakamuraEmiを招いて良質な音楽と貴重なセッションをお届けした。武部聡志のピアノと朝倉真司のパーカッションによる演奏にゲストアーティストのギターを加えたシンプルなサウンドで、それぞれの個性的な歌声をしっかり聴かせてくれた。

最初に登場したのはNakamuraEmi。保育士をはじめ、ネジの製造、自動車エンジンの開発など、多くの職業を経験した彼女だからかける歌詞はリアリティに溢れている。全身で歌うようなエモーショナルさとラップのように言葉を畳み掛けるボーカルスタイルで、メッセージをオーディエンスの心にダイレクトに届けてくれる。「YAMABIKO」や「モチベーション」など4曲を歌ったが、初めて彼女のステージを観たという人たちにも強烈なインパクトを与えた。

続いて登場したのはyui。バンド・FLOWER FLOWERのギターボーカルとして活動を行なっているので、こういったセッション系のステージに登場することはかなりレアなこと。「緊張しますね」と言いながらも、1曲目の「パワフル」が始まるとyuiの歌とアコギ、武部のピアノ、朝倉のパーカッションが三つ巴となり、いい緊張感のあるセッションを展開していく。ソロ時代の代表曲「CHE.R.RY」では歌詞を間違えて、もう一度やり直す場面もあったが、観客の手拍子もより大きくなり、会場の一体感も増していった。yuiがソロでセッションに参加すること自体珍しいことだが、さらにうれしい出来事が起こった。yuiが初めてCDを買ったアーティスト・矢井田瞳との共演だ。武部が矢井田を呼び込み、「Look Back Again」をコラボ。しかも、yuiも矢井田もアコギを弾かず、ピアノと打楽器の伴奏のみで歌うというスタイルで披露。二人とも歌っているときの表情がとても印象的だった。そしてyuiがステージから退き、矢井田が「Ring my bell」や「My Sweet Darlin\'」などをセッション。「(デビューから)18年とは思えないくらいキュートな方です。声も可愛らしいですし、大好きです」と武部が絶賛していたように、その歌声のみずみずしさはデビューの頃から全く変わっていない。

そして最後のゲストは藤井フミヤ。チェッカーズ、そしてソロと活躍し続けてきた藤井は、ステージに登場した瞬間から貫禄というか、アーティストとしてのオーラを放っていた。「フラワー」に始まり、ソロ活動第1弾シングルの「TRUE LOVE」などで観客を酔わせ、最後は武部のリクエストで「Another Orion」を歌った。この曲はこれまでに歌番組で武部と何度もセッションしてきた曲だが、フルコーラスは今回が初だという。これもまた貴重な共演となった。

全ゲストの出演が終了したが、会場の神奈川県民ホールがリニューアルされ、このイベントがリ・スタート公演ということもあり、何か横浜にちなんだことをやろうと考え、横浜少年少女合唱団と法政大学国際高等学校ゴスペル部を迎え、美しい歌声で「よこはま詩集」を聴かせた。さらに、出演メンバー全員がステージに再登場し、「白い雲のように」をセッション。ステージの背景に青空と白い雲が映し出され、爽やかな空気に包まれてイベントの幕がおりた。

「音楽って素晴らしいもので、世代やジャンルを飛び越えて一緒に楽しめる唯一のものだと信じています」と、イベント冒頭の挨拶で武部が言っていた通り、デビューした年代が違うアーティストたちがタイトル通り、時間を超越した素晴らしいセッションで楽しませてくれた。この公演の模様がWOWOWで放送されることが決定。一夜限りの貴重なセッションは必見だ。

Text by 田中隆信
Photo by TAWARA(magNese)

<セットリスト>
■NakamuraEmi
1.YAMABIKO
2.新聞
3.星なんて言わず
4.モチベーション
■yui(FLOWER FLOWER)
5.パワフル
6.コーヒー
7.産声
8.CHE.R.RY
■矢井田 瞳+yui(FLOWER FLOWER)
9.Loock Back Again
■矢井田 瞳
10.Ring my bell
11.Circle
12.Over The Distance
13.My Sweet Darlin\'
■藤井フミヤ
14.フラワー
15.TRUE LOVE
16.飛行船
17.Another Orion
■アンコール
EN1. よこはま詩集 (横浜少年少女合唱団+法政大学国際高等学校ゴスペル部)
EN2. 白い雲のように (ALL LINE UP)

【TV放送情報】

『歌謡ポップスチャンネル (1時間ver)』
8月12日(日)17:00〜
番組HP:http://www.kayopops.jp/

『WOWOW (完全版)』
9月放送予定
番組HP:http://www.wowow.co.jp/release/004706



【関連リンク】
武部聡志プロデュースイベントに世代を超えた豪華アーティストが出演
武部聡志まとめ
NakamuraEmiまとめ
FLOWER FLOWERまとめ
矢井田 瞳まとめ

【関連アーティスト】
武部聡志, NakamuraEmi, FLOWER FLOWER, 矢井田 瞳, 藤井フミヤ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ

KEN☆Tackey、話題のケンタッキー・フライドチキンCM曲MVが遂に解禁!
Tue, 19 Jun 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ケンタッキー・フライドチキンのCM曲として話題になっている、三宅健(V6)と滝沢秀明(タッキー&翼)によるユニット・KEN☆Tackeyの「逆転ラバーズ」のMVが公開された。一度聴いたら頭から離れないサビのフレーズ《Can touch it !Can touch it! Can take it!》が空耳効果で、自分たちのユニット名“ケンタッキー”を連呼しているかのようにも聴こえ、思わず口ずさみたくなるフレーズとしてCD発売前から話題を呼んでいる。

MVには楽曲の内容でもある“女性への敬意”をキーワードに女性を感じるパーツがいくつか登場し、“女性から元気をもらって笑顔になる”といったテーマを持った作品になっている。見どころは、何と言っても圧巻のダンスシーン。振付は、ユニット名にちなんでニワトリの鶏冠(とさか)をモチーフにしている振りがあったり、真似したくなるような遊び心が散りばめられている。Snow ManをはじめとしたジャニーズJr.を率いた 総勢18名でのサビのダンスシーンは必見! 見ている人も笑顔にしてしまうHAPPY感で溢れている。

また、メンバーの着ている赤と黒の衣装の色が入れ替わったり、逆再生の技法を用いるなど各所に楽曲タイトルにある“逆転”をモチーフとしたギミックが散りばめらいる。ユニットのキーカラーである“赤”をベースに反対色の黒を織り交ぜつつも、真っ直ぐな“愛”を表現した、KEN☆Tackeyならではの新しい2人の魅力が爆発した記念すべきデビュー曲「逆転ラバーズ」のMVに注目しよう。

シングル「逆転ラバーズ」

2018年7月18日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
AVCD-94125/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.逆転ラバーズ
2.アイシテモ
3.逆転ラバーズ [Instrumental]
4.アイシテモ [Instrumental]
■DVD
1.逆転ラバーズ [Music Video]
2.浮世艶姿桜 [Dance Video]
3.蒼き日々 [Dance Video]
4.Music Video/Dance Video & Jacket Shooting Making

【初回盤B】(CD+DVD)
AVCD-94126/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.逆転ラバーズ
2.アイシテモ
3.逆転ラバーズ [Instrumental]
4.アイシテモ [Instrumental]
■DVD
1.アイシテモ [Music Video]
2.逆転ラバーズ[Dance Video]
3.KEN☆Tackeyの未来が見える 三宅・滝沢の「絆」クイズ

【通常盤】(CD)
AVCD-94127/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.逆転ラバーズ
2.浮世艶姿桜
3.蒼き日々
4.LOVE
5.逆転ラバーズ [Instrumental]
6.浮世艶姿桜 [Instrumental]
7.蒼き日々 [Instrumental]
8.LOVE [Instrumental]



【関連リンク】
KEN☆Tackey、話題のケンタッキー・フライドチキンCM曲MVが遂に解禁!
V6まとめ
タッキー&翼まとめ
KEN☆Tackeyまとめ
ケツメイシ、サッカー選手・長友佑都出演の『たまひよ』CM曲を担当

【関連アーティスト】
V6, タッキー&翼, KEN☆Tackey
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, ジャニーズJr., ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, TVCM, CMソング

ケツメイシ、サッカー選手・長友佑都出演の『たまひよ』CM曲を担当
Tue, 19 Jun 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ケツメイシの新曲「ライフ」が、創刊25周年を迎えた妊娠・出産・育児情報誌『たまひよ』のCMソングに決定した。このCMには、第1子が生まれパパとなったサッカー選手の長友佑都が出演しており、長友の“パパの表情”にも注目だ。

「ライフ」はそんなCMの雰囲気にぴったりの明るい未来を連想させるあたたかいミッドバラード曲で、リリースについては未発表なので今後の情報を楽しみにしたい。なお、2パターンのCMがYouTubeにて公開されているので、新曲をいち早くチェックしよう!

シングル「夏のプリンス/風は吹いている」

2018年8月8日発売



AVCD-94139/¥1,000+税
<収録曲>
1. 夏のプリンス
2. 風は吹いている

◎セブンネット限定特典:蚊取り線香 ケツメの夏
※匂いはランダムでお渡しとなりお選び頂けませんので予めご了承ください。https://7net.omni7.jp/detail/1301395592
◎CDショップ特典:ポストカード
※特典は予約された方に先着でお渡しする特典です。
※一部取扱いのないECサイト・CDショップがございますのでご了承ください。
※セブンネットでご予約の方にはつきません。あらかじめご了承ください。
◎アニメイト限定TVアニメ『深夜!天才バカボン』オープニング、オリジナルサウンドトラック 連動特典
全国のアニメイト(オンライン含む)同一店舗にて、下記対象商品をご購入のお客様に連動特典をお渡しします!
アニメイトオンライン購入ページ https://www.animate-onlineshop.jp/animetitle/?aid=4823
・2商品同時購入特典:扇子
対象:下記商品(1)+(2)
・3商品同時購入特典:ビーチサンダル
対象:下記商品(1)+(2)+(3)
※必ず同じ店舗でご購入ください。
※特典は数量限定につき、無くなり次第終了となります。
※詳細はお買い求め頂く店舗までお問い合わせください。



【関連リンク】
ケツメイシ、サッカー選手・長友佑都出演の『たまひよ』CM曲を担当
ケツメイシまとめ
Wi-Fi-5、タイ・バンコクにて開催の『ASIA COMIC CON2018』に出演

【関連アーティスト】
ケツメイシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, TVCM, CMソング

Wi-Fi-5、タイ・バンコクにて開催の『ASIA COMIC CON2018』に出演
Tue, 19 Jun 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポップカルチャーの祭典『ASIA COMIC CON(アジアコミックコン)』が6月8日(金)〜10日(日)までの3日間、タイのバンコク・ロイヤルパラゴンホールで初開催され、Wi-Fi-5は9日(土)10日(日)のステージに登場し、タイでの初ライブを行なった。

今回のステージでは、Wi-Fi-5が主題歌を担当するタイでも大人気のアニメ『こねこのチー』(原作マンガ『チーズスイートホーム』原作者:こなみかなた 出版社?講談社)の主人公である“チー”とコラボ! 主題歌となっている楽曲「にゃーお!」のMVでキレキレのダンスを披露しているチーが、タイのステージでもメンバーと一緒に完璧なダンスを披露し大いに会場を盛り上げる。

タイ語で自己紹介を披露したWi-Fi-5は、『こねこのチー』エンディング主題歌「にゃーお!」を含めた4曲をライブで披露。最後は、MCでタイのファンとの再会を約束し「サヨナラマタイツカ」で締め括った。1,000人を超える会場は熱気に包まれ、初ライブとは思えない盛り上がりを見せたWi-Fi-5に注目だ。

@K・K/Chi
(c) こなみかなた・講談社/こねこのチー製作委員会

シングル「にゃーお!」

発売中



【A type】
XQMQ-1012/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
1.にゃーお!
2.Let\'s chu go!
3.にゃーお!(TV Version)
4.にゃーお!(-Instrumental-)
5.Let\'s chu go!(-Instrumental-)

@K・K/Chi
(c) こなみかなた・講談社/こねこのチー製作委員会



【B type】
XQMQ-1013/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
1.にゃーお!
2.サヨナラマタイツカ
3.にゃーお!(TV Version)
4.にゃーお!(-Instrumental-)
5.サヨナラマタイツカ(-Instrumental-)

3DCGアニメ『こねこのチー ポンポンらー大旅行』

テレビ東京系列6局にて、毎週日曜日朝7:00〜(テレビ信州では毎週水曜日深夜1:59〜)絶賛放送中の『こねこのチー ポンポンらー大旅行』は日本の子ども向けアニメとしては前例が少ない世界標準の3DCGアニメで制作をされている。2016年秋の日本での放送(1期『こねこのチー ポンポンらー大冒険』)と同時にAmazon Primeにて全世界200以上の国と地域で配信が始まり、中国本土でも最大手7社すべてで配信されている。
■公式サイト http://chissweethome.com/



【関連リンク】
Wi-Fi-5、タイ・バンコクにて開催の『ASIA COMIC CON2018』に出演
Wi-Fi-5まとめ
グドモ前身バンドfor better, for worseがベスト盤『COMPLETE BEST』収録曲を発表

【関連アーティスト】
Wi-Fi-5
【ジャンル】
ニュース

グドモ前身バンドfor better, for worseがベスト盤『COMPLETE BEST』収録曲を発表
Tue, 19 Jun 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカの前身バンドであるfor better, for worseが7月11日に発売するベストアルバム『COMPLETE BEST』の収録曲を発表した。今作ではタイトル通りfor better, for worseとして発表された音源をすべて収録。「Bluestar」「350 miles away」「Can you hear?」の3曲はグッドモーニングアメリカ現メンバーでの再レコーディングバージョンで収められ、懐かしさだけでなく今のfor better, for worseも描写されたベストアルバムとなる。

合せて今作のダイジェスト映像も公開! 2018年1月20日に八王子Match Voxにて行なったグッドモーニングアメリカ全国ツアー『502号室のシリウスツアー』の対バンに“fではじまる八王子のバンド"名義で出演したライブ映像と、2005年12月の八王子Ripsでのライブ映像による、過去と現在が交差するエモ過ぎるダイジェスト映像に仕上がっているので、ぜひチェックしてほしい。

また、for better, for worseはグッドモーニングアメリカのツアー『the BEST HIT GMA tour 2018』のファイナルとなる、9月28日(金)マイナビ赤坂BLITZ公演に対バンとして出演が決定。グドモのツアーファイナル、そして一夜限りのfor better, for worse復活ライブとして開催される奇跡の対バンをお見逃しなく!

アルバム『COMPLETE BEST』

2018年7月11日(水)発売



COCP-40367/¥2,315+税
<収録曲>
1. I\'m sorry, thank you
(2005年発表「When The 8th Spring Has Com…」収録)
2. Drop a curtain with kiss scene
(2005年発表「When The 8th Spring Has Come…」収録)
3. Love it more
(2005年発表「When The 8th Spring Has Come…」収録)
4. Bluestar
(再録/2005年発表「V.A. CATCH ALL YOUR STUFF 2」収録)
5. Angel\'s ladder
(2005年発表「V.A. PUNK ROCK SOUNDTRACKS vol.3」収録)
6. 350 miles away
(再録/2005年発表「V.A. THE MUSIC OF KICK ROCK」収録)
7. A waning moon
(2004年発表「heartstrings」収録)
8. A landscape back to us
(2004年発表「heartstrings」収録)
9. Heartstrings
(2004年発表「heartstrings」収録)
10. Unchangeable
(2004年発表「heartstrings」収録)
11. In the rain
(2004年発表「heartstrings」収録)
12. Never forget your mind
(2004年発表「heartstrings」収録)
13. Can you hear?
(再録/2002年発表「demo1」収録)
14. Dancing queen 
(2009年発表「V.A. PUNK ROCK COVERS」収録)
15. A waiting room
(2003年 未発表)
16. August 9
(2002年発表「demo1」収録)
17. I can\'t remain
(2002年発表「demo1」収録)
18. From bottom of my heart
(2002年発表「demo1」収録)

『the BEST HIT GMA tour 2018』

7月19日(木) 八王子Match Vox
guest:TOTALFAT
7月24日(火) 高松DIME
guest:ircle
7月25日(水) 博多Live House CB
guest:フラチナリズム
7月26日(木) 熊本Django
guest:フラチナリズム
8月07日(火) KYOTO MUSE
guest:後日解禁
8月08日(水) 岡山IMAGE
guest:後日解禁
8月26日(日) DUCE Sapporo
guest:Halo at 四畳半
9月11日(火) 仙台JUNK BOX
guest:GOOD4NOTHING
9月22日(土) 名古屋ElectricLadyLand
guest:アルカラ
9月25日(火) 大阪BIGCAT
guest:BIGMAMA
9月28日(金) マイナビBLITZ赤坂
guest:for better, for worse



【関連リンク】
グドモ前身バンドfor better, for worseがベスト盤『COMPLETE BEST』収録曲を発表
for better, for worseまとめ
グッドモーニングアメリカまとめ
Beverlyの『24』は24時間歌とともに生きる決意を込めた渾身作

【関連アーティスト】
for better, for worse, グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, アルバム, 発表, リリース, 発売

Beverlyの『24』は24時間歌とともに生きる決意を込めた渾身作
Tue, 19 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

当たり前のことだが、声には感情が乗る。幸せそうな声、悲しそうな声、喜怒哀楽がちゃんと声色に乗るからこそ、耳に入った途端、声を発した人がどんな気持ちで歌っているのか、すぐに分かるのだ。それが歌ならなおさら。Beverlyの歌声からは“歌うことの楽しさ”が手に取るように伝わってくる。それは彼女が心から楽しみながら歌っているからだろう。

2017年にアルバム『AWSOME』ですい星のごとく現れたシンガー、Beverly。表現力、歌唱力ともに圧巻される歌声は“本物”を感じさせ、世代を超えて多くの人たちに衝撃を与えた。その後も月9ドラマ『海月姫』の主題歌となった「A New Day」や、飯豊まりえが出演する『アパマンショップ』のCMソングとなったダンスナンバー「All I Want」、土屋太鳳が出演する『爽健美茶』のCMソング「LOVE THERAPY」など、自然と彼女の曲を耳にする機会が増えた。そのどの曲も気持ち良く、聴き手の心にそっと寄り添うような歌声だからこそ、企業側がタイアップとして起用したくなるのも理解ができる。

そして、前作から1年。待望のニューアルバム『24』を完成させた。今作はBeverlyのキャッチコピーともなっている“Just Listen..!”の通り、24時間歌とともに生きるという彼女の決意と愛が込められた作品になっている。先述の曲たちはもちろん、テレビ東京が月曜夜10時の時間帯に、“働く”をテーマとして、大人に向けた上質で本格的なビジネスドラマ『ドラマBiz』の第一弾『ヘッドハンター』の主題歌としてオンエアされていた「Baby don’t cry〜神様に触れる唇〜」も聴くことができる。とはいえ、タイアップ曲だけが聴きどころなわけではない。アルバム曲も充実の仕上がりになっているのだ。

今作はすごくポジティブな空気であふれている。「JUMP!」で夢を目指す人たちに《カッコ悪くたっていい》《夢で終わらせない》と言い切る姿はとても潔く、聴く人の心を奮い立たせてくれる。このメッセージを弾けるようなポップチューンに乗せて歌ってくれるからこそ、押し付けがましくなることなく、より軽快に、背中を押してくれるのだ。

さらに、「My Boy」では小さな子供を真っ直ぐに応援するストレートかつ、やさしく温かい母性に満ちたエールソングを聴かせてくれる。時に包み込むように、そして強く抱きしめるように歌い上げるこのミディアムバラードは、子供を持つママたちに聴いてもらいたい。きっと、込み上げてくるものがあるはずだ。

対する「Tomorrow」では《嫌なことなんて忘れよう》《明日は笑ってるといいな》と自然体な言葉で元気付けてくれる曲を聴かせてくれる。押し付けることなく、まるで友達に励ましてもらっているかのような距離感がとても心地が良い。これも彼女の軽やかな歌声だからこそできることだ。

圧倒的な完成度と充実した曲たちが並ぶ、この『24』。どんな曲も気持ち良く歌いこなす彼女は本当に歌が好きなのだろう。聴くだけで、こんなにも歌い手の気持ちが伝わってくるアーティストは数少ない。さらに、エールソングが多いのも彼女のキャラクターだからだと言える。前向きで、強くて、やさしくて…Beverlyだからこそ歌えるニューアルバムを聴けば、きっと肩の力が抜け、少しだけポジティブになれるはずだ。

そんなBeverlyは7月からライブツアーを開催する。その歌声は、ぜひ一度生で聴いてもらいたい。圧倒的な歌声と表現力に音楽の素晴らしさを再確認するはずだから。

TEXT:吉田可奈

アルバム『24』

2018年6月20日発売



【AL+DVD】
AVCD-93879/B/¥4,000+税
<収録曲>
■CD
1.Power of love
2.All I Want
3.LOVE THERAPY
4.Baby don\'t cry 〜神様に触れる唇〜
5.JUMP!
6.Fly in the sky (Produced by Sick Individuals)
7.Hurting Me
8.Future
9.My Boy
10.I\'m Ready
11.A New Day
12.Tomorrow
13.Be The One "Let\'s start experiment!!"MIX(PANDORA feat. Beverly)
■DVD/BD
・「LOVE THERAPY」Music Video
・「Baby don\'t cry 〜神様に触れる唇〜」Music Video
・「A New Day」Music Video
・「Despacito」Music Video
・「Be The One "Let\'s start experiment!!"MIX」Music Video VJ Remix
・ライブ映像(約90分)
1st JOURNEY「AWESOME」Encore Tour 2017.12.14@マイナビBLITZ赤坂




【AL+BD】
AVCD-93880/B/¥4,800+税



【AL】
AVCD-93881/¥3,000+税

『Beverly 2nd JOURNEY 「24」』

7月01日(日) 大阪・YES THEATER
7月07日(土) 愛知・JAMMIN\'
7月08日(日) 東京・代々木YAMANO HALL



【関連リンク】
Beverlyの『24』は24時間歌とともに生きる決意を込めた渾身作
Beverlyまとめ

【関連アーティスト】
Beverly
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム, リリース, 発売













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1