歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年06月15日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
CASCADE、セルフカバーベスト盤のジャケ写&「unfairly」MV公開
Fri, 15 Jun 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年に結成25年目を迎えるCASCADE。アニバーサリーイヤーを飾るセルフカバーベストアルバム『VIVA NICE TASTE』が7月25日(水)にリリースされることが発表されたが、そのジャケット写真と、新曲として収録される「unfairly」のMUSIC VIDEOが公開された。

アルバム全11曲のうち、セルフカバーされた10曲はCASCADEのライブで定番として盛り上がる楽曲がセレクトされたとのこと。今作の1曲目に収録される新曲「unfairly」もライブ感が凝縮された疾走感溢れるロックナンバーに仕上がっている。MUSIC VIDEOはメンバーの演奏シーンを中心に構成されており、ところどころに過去のCASCADEのMUSIC VIDEOのオマージュが散りばめられているところもぜひチェックしてほしい。6月15日(金)20時には、MUSIC ON! TVの『サキドリ!』でこのMUSIC VIDEOが初オンエアされるのでお楽しみに!

また、本作の発売を記念し、東京と大阪でインストアイベントが開催されることがオフィシャルHPで発表された。さらに、結成25周年を記念したライブの第3弾が東京と大阪で開催されるので、詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

ベストアルバム『VIVA NICE TASTE』

2018年7月25日発売 



TKCA-74671/¥3,000+税
<収録曲>
01.unfairly
02.Sexy Sexy,
03.S.O.S ロマンティック
04.YELLOW YELLOW FIRE
05.cuckoo
06.あなたのベッドで眠りたい
07.コングラッチェ
08.Dance Capriccio
09.FLOWERS OF ROMANCE
10.小さな星がほら一つ
11.VIVA NICE TASTE

【「unfairly」MUSIC VIDEO オンエア情報】

MUSIC ON! TV『サキドリ!』
初回放送:6月15日(金) 20:00〜20:15
リピート:6月18日(月)6:00〜6:15
■番組HP http://www.m-on.jp/program/detail/sakidori/

【ライブ・イベント情報】

■インストアイベント
7月27日(金)19:30〜 東京都 ヴィレッジヴァンガード渋谷本店B2Fイベントスペース
8月05日(日)13:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース
8月11日(土・祝)13:00〜 ライカエジソン東京店
8月11日(土・祝)16:00〜 ライカエジソン原宿店

■結成25周年記念ライブ『CASCADE 結成25th Vol.3 「VIVA NICE TASTE」』
8月04日(土) 大阪・アメリカ村CLAPPER
サポートベース:人時
8月19日(日) 東京・新宿LOFT ※2部制
サポートベース:人時
1.開場14:30/開演15:00
2.開場18:30/開演19:00



【関連リンク】
CASCADE、セルフカバーベスト盤のジャケ写&「unfairly」MV公開
CASCADEまとめ
写真メディアChiap!主催ライブ『チア☆ふぇす』の全編レポートを公開!

【関連アーティスト】
CASCADE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表

写真メディアChiap!主催ライブ『チア☆ふぇす』の全編レポートを公開!
Fri, 15 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アイドルを応援するPictureメディアChiap!-ちあっぷ!-主催のアイドルイベント『チア☆ふぇす』が6月11日表参道GRONUDにて開催された。出演アイドルグループはなんと総勢14組。この日は写真撮影が可能ということで、推しの写真を撮るべく一眼レフカメラを持つ人も多く見受けられた。ライブ後にはフォトコンテストなどのアイドルを応援できる企画も用意。会場にはWEB上で撮影された写真が壁一面に貼られ、メディア主催ならではの“ワクワク”を感じられた。

初めての開催にも関わらず大盛り上がりで成功を収めたイベントの様子に加え、読者のために用意されたプレゼント情報も併せてチェックしてほしい。

■トップバッターはCheer up Baby

渋谷と有楽町あるCheer up Tokyoの宣伝部隊。みんなの事を応援して元気をチャージするアイドル。歌った曲の中には誰か1人のファンの名前をコールするというものもあった。「"Never Give Up"」などを披露した後に円陣を組み、最後の「CHEERS!」を歌いきった。この日のイベントのトッバッターとして、ステージを盛り上げて終えた。7月からラジオ番組もスタートするCheer up Baby。気になった方はラジオも聴いたり、お店に足を運んでほしい。

■2番手はNIJIIRO★サーカス団

暗闇の中から手拍子が起こり、“NIJIIRO★サーカス団行くよー!”との声で楽しげな音楽と共にステージに登場するメンバー。個性豊かなメンバーがファンを幸せにしていく、楽しいアイドルユニットだ。この日は1曲目の「アンバランス ロマンス」からスタート。グループ名にサーカス団とある通り、時折見せる、サーカスを連想させた音楽や動きが印象的だ。MCでは「NIJIIRO TIME」と称した、撮影時間も設けられた。リズミカルな音楽に合わせて撮影する時間はファンもメンバーも楽しそうだ。最後まで歌って踊ったパフォーマンスで会場を沸かせた。

■ソロアイドル1組目となる、 てのひらえるが登場

かっこよく1曲目の「DUSK」を歌い終え、パフォーマンスに勢いをつけると“飛べ!”の掛け声とともに2曲目が始まる。一瞬で会場の空気を"てのひらえる"の世界を作り上げていった。MCでは“さっき歌ってるときにシャッター音がカシャカシャ鳴ってめっちゃ面白かった、やばいやつやん! カメラの多い現場で緊張してるんですけど、楽しんでいきたいと思います”と宣言。続いて行くステージをコンセプトでもある"闇カワロック"に歌いあげた。彼女は2018年の4月に神戸から上京してきたばかりだというが、活躍の幅はすでにますます広がっている。

■拳を掲げるおちゃらけユニット 偶像ぱんでみっく

6月2日にライブデビューしたばかりの2人組みユニットが"偶像ぱんでみっく"だ。デビューした直後とは思えぬ息の合ったパフォーマンスを見せる。MCで“写真盛れてるか不安なんだよね”“瞬きしてる写真が多い”と漏らす2人。そんな2人がフォトコンテストの賞品を狙って用意したものが"前髪をキープして盛れる、髪と目の部分のみのお面"だ。お面をつけ、2曲目に歌った曲の1番だけもう一度歌って、写真を撮ってもらうようにする、ユニークで大胆なパフォーマンスが印象に残るステージになった。

■5組目に登場したのは、 最期はここで。

スウィートで、オルタナティブ(もう一つの選択肢)なアイドル、“最期はここで。”。印象的かつキャッチーな楽曲、「潮騒生活協同組合」を披露したあとMCに移る。当日は台風の予報だったが、風などはそんなが強くなかったことに対し、“頑張って雨戸を閉めた”宇野のコメントで笑いが起きた。MC後は雰囲気が変わってクールに「体温」を歌いあげる。ラストの曲ではファンと共に拳を掲げて熱気を高めてステージを終えた。実は6月27日のZirco Tokyoでのイベントライブでグループ活動を休止してしまう彼女たち。showroom配信も毎日しているので"彼女たちの最期"をしっかり見届けてほしい。

■続いてはマボテンこと、幻.noが登場

元マボロシ可憐GeNEから結成されたアイドルグループセルフで楽曲制作や衣装制作、グッズ制作なども行うが、クリエイティブが高い事で話題を呼んでいる。スタートから「盛り上がっていきましょう」と「テキメキカーニバル」でテンションの高いステージを作り上げた。そのあとは「キミへ」でメンバーがフロアに降りてきてサークルを作る場面、そして"ヲタ渡り"という"マボテン"ならではのパフォーマンスを見せる。その次にはみんな大好きだという「トリドリ」で会場を沸かせ、タオルを回したパフォーマンスや息のあったダンスで会場を魅了した。

■折り返しの7組目は 異国のパルピタンテ

どこか夢の国を思わせる音楽と共に登場したのは4人組アイドルグループの異国のパルピタンテ。1曲目からアップテンポな曲で一瞬にして会場を盛り上げた。途中でシャッターチャンスの時間を作るなどのサービスタイムも儲けられ、イベントへの気合いが感じられた。その後も手拍子や会場を一体化するパフォーマンスで、“異国”なステージを作り上げる。今年からセルフプロデュースで活動している彼女たちは普段ライブ中の写真が撮れないのだという。ファンはここぞとばかりにシャッターを切っていた。

■「病み」と共存するアイドル、 病ンドル

それぞれが病みを抱えながらも「居場所」を求め日々奮闘、邁進している。という彼女たち。病み期に入ると誰かがライブを休む可能性があるようだが、この日は3人全員出席。息の合ったかっこいいパフォーマンンスを披露した。「sgrks」のヘドバンの時には“カメラを置いて頭振れ!”と撮影許可のライブならではの煽りもあった。ラストの曲はパラパラの振り付けも印象的な「GOOD SCANDAL 」を披露。ファンの掛け声と共に最後まで全力で踊りきった。

■9番手はSparklePinkRuby

3月のワンマンライブぶりに表参道GROUNDのステージに立ったSparklePinkRuby、通称"スパピ"。通常は4人で活動しているが、この日は水希綾音が体調不良で欠席。3人でのステージだったが、精一杯ステージを作り上げた。「シーシャープ」でスタートし、2曲目はポップな「八月の夜」の歌とファンの掛け声でさらに会場を盛り上げる。ラストの「恋心はつむじ風」では、メンバーの“いくよー!”“せーの!”という掛け声で、会場の心は一つになり、あっという間のステージを終えた。6月26日秋葉原ZESTにて丸島ゆいのと百田千紘の合同生誕祭も行われる。普段は撮影禁止のスパピだが、この日も撮影可能ということで貴重なライブになりそうだ。

■登場前から掛け声で盛り上げたのは ソロアイドルシンガーの星乃ちろる

赤いワンピースを着て登場した、星乃ちろるは最新シングルから「無限エイト」を披露。ピースサインをして最初の曲を終えると2曲目に「どきどき☆リズム」を歌い上げる。会場を目一杯使ったパフォーマンスに会場の誰しもが、彼女に釘付けになる。前日、名古屋でワンマンライブだった彼女は台風と一緒に東京に来たと言う。そして“雨は印象に残りやすいが、会場内だけは晴れにしたい”という願いから「晴れのち、ハレ」を歌い、会場の天気を晴れに変えていく。カメラを向けるファンに“ちゃんと可愛く撮ってよ〜”との声も。可愛いパフォーマンスから一点、キレのあるかっこいい動きダンスを披露し“すごく楽しかったです!”と締めた。6月18日に行われる主催ライブも熱く、可愛く、表情豊かなパフォーマンスを見せてくれるはずだ。

■可愛らしいギンガムチェックの衣装で 登場したのはきゅい〜ん’ズ

“私だけに、賭・け・て!!BETできるアイドル”をコンセプトに活動している5人組アイドルユニット。手首のリボンをなびかせながら、1曲目に「BET!!」 を歌い、会場の視線をグループに向けて行く。“MC中はおとなしいので、ぜひ写真を撮ってください”と言い、ファンがカメラを向けると“記者会見みたい”と照れた様子を見せた。後半は可愛らしい振り付けの「Sweetdays」と「BOMBER GIRL」でファンを魅了。ファンからも思わず“可愛い〜!”と声が挙がる。縦1列に並ぶフォーメーションで始まる「Moving!」を最後の1曲に納め、ソロパートのある楽曲でそれぞれの歌声も披露。ステージを終えた。現在、『SEKIGAHARA IDOL WARS』への出演権を賭けたイベントに参加中の彼女たち。是非これからも応援してほしい。

■47都道府県天下統一アイドル、 BANZAI JAPAN

この日は研究生のASHIGARU JAPANと混合のステージで、いつもよりパワーアップしたステージを魅せてくれた。笹川ささの煽りからハイテンションで「大和撫子の日が昇る」を披露。彼女達らしい元気の出るパフォーマンスだ。その後も「せんすがないっ!!!!!」ではファンの扇子を奪い、パフォーマンスを行い、ファンも掛け声や手拍子で盛り上がる。メンバーそれぞれの個性が光るBANZAI JAPANのステージは一瞬たりとも目が離せない。7月にフランスのパリで行われるJAPAN EXPO2018では日本の魅力を伝えてくるという彼女たち。勢いに乗っているBANZAI JAPANに今後も注目である。

■ブルーの衣装で登場したのは 5人組アイドルグループd-girl

1曲目に「灼熱のユートピア」を歌い、圧倒的な歌唱力で大人っぽい印象を受けた。そんな歌唱力に負けじとファンからも力強い掛け声で応援する。曲中のメンバー紹介では1人ずつパフォーマンスをし、メンバー1人1人をじっくり見れる、嬉しいタイミングが設けられた。フロアでは掛け声だけでなく、振り付けを完コピしてるファンもいて熱狂度を感じる。8月にあるツアーファイナルの単独公演はマイナビBLITZ赤坂で行われる。大舞台に立つ彼女達もチェックが外せない!

■ラストを飾ったのは愛夢GLTOKYO!

アニメ、ボカロ、コスプレ、ゲームなど日本のサブカルチャーを世界に届ける為に結成された2.5次元ユニット。「はじまりのウタ」や「俺が生まれてきた理由それはお前に出会うため」を披露し、激しく楽しいパフォーマンスを見せ、途中では激しいヘドバンも見られた。MCでは写真撮影の時間を作り、左、右、真ん中で撮影できるように、ファンを考えたサービスも見られた。後半も”頭振れー!”とヘドバンを呼びかけたり、高いジャンプなどのパフォーマンスを披露。トリにふさわしいパフォーマンスをして『チア☆ふぇす』を締めた。

平日の早い時間からのスタートにも関わらず、表参道GROUNDが満員になった、チア☆ふぇす。今回が初めての開催だったが、多くのアイドルやファンからも“また開催してほしい”という声が届いているようだ。また、ファンの撮影した写真はTwitterのハッシュタグ“#ちあふぇす”で見ることができる。主催を行なった、アイドルを応援するPictureメディアChiap!-ちあっぷ!-では可愛く、綺麗なアイドルの写真が更新されている。アイドルが好き、アイドルをもっと知りたい、写真を見たいというファンの方は是非チェックしてほしい。

■アイドルを応援するPictureメディアChiap!-ちあっぷ!-
https://chiap.info

TEXT:伊藤美咲
PHOT:FUMI

LIVE プレゼント詳細

Chiap!-ちあっぷ!-公式Twitterから発信されるレポートのツイートをリツイートおよびアカウントフォローしてくださった方に抽選でアイドルからのラブレターをプレゼント!
レポートのツイートに推しのグループ、名前を含めて引用リツイートしてください。抽選で推しの1名からラブレターが届きます。当選者には発送のご連絡いたしますのでアカウントのフォローをお願いいたします。

※締め切り:6月30日 23時まで
※当選の発表は商品の発送を持って返させていただきます。
※Chiap!-ちあっぷ!-公式Twitter https://twitter.com/chiap_jp

チア☆ふぇすフォトコンテスト 詳細

・ライブ終了後にハッシュタグ“#ちあふぇす”でライブ写真を投稿。
・動員結果に関係なく、最も素敵な写真をアップされたアーティストにインタビュー取材。
・後日、Chiap!内記事にて結果発表、記事を掲載します!

■応募期間:6月11日(月)〜6月21日(木)
■応募方法:twitterにて#ちあふぇす(ひらがな表記)ハッシュタグを付与した、本イベントの写真を投稿
■発表:Chiap!記事内でインタビューと共に発表
■審査基準:RT数、いいね数で数値計算し、絞り込んだ上で、Chiap!内で選考。各アイドル運営様に可否をを頂き、インタビュー掲載となります。
※記事内ではご応募いただいたツイートを紹介させていただきます。予めご了承ください。



【関連リンク】
写真メディアChiap!主催ライブ『チア☆ふぇす』の全編レポートを公開!
GLTOKYOまとめ
d-girlまとめ
BANZAI JAPANまとめ
きゅい〜ん’ズまとめ

【関連アーティスト】
GLTOKYO, d-girl, BANZAI JAPAN, きゅい〜ん’ズ, 星乃ちろる, SparklePinkRuby, 病ンドル, 異国のパルピタンテ, 幻.no, 最期はここで。, 偶像ぱんでみっく, てのひらえる, NIJIIRO★サーカス団, Cheer up Baby
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, ライブレポ

BRADIO、新曲「INAZUMAジャケット」がアニメ『デュエル・マスターズ!』のED曲に決定
Fri, 15 Jun 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRADIOの新曲「INAZUMAジャケット」が、テレビ東京系にて放送中のアニメ『デュエル・マスターズ!』の7月からの新エンディングテーマに決定した。BRADIOにとっては、「Flyers」(アニメ『デス・パレード』OP曲)、「HOTELエイリアン」(アニメ『Peeping Life TVシーズン1』OP曲)以来のアニメタイアップ楽曲となる。

「INAZUMAジャケット」は、BRADIOが7月4日にリリースするメジャー1stアルバム『YES』に収録される楽曲で、少年から大人へと成長しても形を変えて現れる“見えない敵”と日々戦っている人にパワーや勇気を与える応援歌。テレビ東京系で毎週日曜朝8:30から放送中の『デュエル・マスターズ!』では、早速7月1日(日)の放送からエンディングテーマとして流れるので、いち早く新曲を聴きたい方は放送をチェックしてほしい。

■アニメ『デュエル・マスターズ!』番組HP
http://www.shopro.co.jp/tv/duelmasters/

アルバム『YES』

2018年7月4日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31474/75/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
1.Funky Kitchen
2.スキャット・ビート
3.Sexy Lover
4.Boom! Boom! ヘブン
5.きっと遠く キミともっと遠く
6.Sparkling Night
7.Shout To The Top
8.きらめきDancin\'
9.INAZUMAジャケット
10.Feel All Right
11.人生はSHOWTIME
12.LA PA PARADISE
■DVD
・シングル「きらめきDancin\'」購入者限定イベント『きらダン・ナイト@東京』ライブ映像
・「Boom! Boom! ヘブン」Music Video



【通常盤】(CD)
WPCL-12896/¥3,000+税



【関連リンク】
BRADIO、新曲「INAZUMAジャケット」がアニメ『デュエル・マスターズ!』のED曲に決定
BRADIOまとめ
レキシ、両A面シングル発売決定&新ビジュアル公開

【関連アーティスト】
BRADIO
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アニメ, エンディング

レキシ、両A面シングル発売決定&新ビジュアル公開
Fri, 15 Jun 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

レキシが7月18日に、約1年3ヶ月ぶりとなるタイアップ曲を含む3曲を収録した両A面シングル「S&G」をリリースすることが決定! その収録内容および新ビジュアルも発表となった。

M1に収録される「GET A NOTE」は、2018年4月より放送中のフジテレビ系TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の7月クールのエンディング主題歌として、7月1日(日)から起用されることが決定している最新書き下ろし曲。日本史をコンセプトにしたレキシならではの歌詞で、“下駄の音”がエモく鳴り響く直球のロックナンバー。タイアップとしては、レキシ初のアニメエンディング主題歌となっている。

M3には、NHK大河ドラマ『西郷どん』のパワープッシュソングに起用中の楽曲「SEGODON」を収録。この楽曲は、2017年末、大河ドラマ『西郷どん』の放送にあわせて発表され、レキシと大河ドラマ『西郷どん』による突如のコラボレーションムービが大きな話題と笑いを誘ったが、いよいよスタジオ新録された最新曲として今回収録。前作シングル「KATOKU」の流れを汲む80\'sロック感に“西郷どん”の人柄を垣間見れる歌詞が爽快なロックナンバーとなっている。

なお、「SEGODON」は、6月17日(日) J-WAVE(81.3FM)『SAISON CARD TOKIO HOT 100』でフル音源が初解禁される。そして、その両者に挟まれる形で収録されるM2「BANASHI」は、レキシがストーリーテーラーとなって手がけた昔話。内容は乞うご期待! そして、本シングルのタイトルは、「SEGODON」および「GET A NOTE」の両曲の頭文字を取った「S&G」。カップリング曲「BANASHI」も含めたトータルの世界観も是非楽しんでほしい。

また、両A面シングルは、DVD付き初回限定盤と通常盤の2形態でリリース。DVDには、2017年10月1日に大阪城西の丸庭園にて開催されたレキシ初のお城での野外単独公演『お城でライブができる喜びを皆で分かちあおう〜あれ?大阪、いつの陣?〜』の模様を、初出しのリハ風景、オフショットなどを中心に構成したライブドキュメンタリー映像を収録。初回限定盤のジャケットはロゴが金箔押しされた仕様となっている。

そして、レキシ恒例の新ビジュアルも同時公開! 今回は両A面シングルという趣向から「GET A NOTE」と「SEGODON」の両コンセプトをストレートに表現した笑撃写真だ。撮影は、今回もクリエイティブディレクター・箭内道彦のもと、帝国ホテルの写真室で撮影。レキシが目玉の親父に扮した際は、お腹の詰め物を施した全身タイツと被り物の絶妙さから全く違和感がなく、シャッター音だけが淡々と写真室に響き渡るなか、終始和やかに撮影が進んだ。一方、あわせて公開となったジャケット写真は、着物の織り柄で和洋の融合とも言える世界を表現した、シャレたデザインとなっている。

2018年11月からは全国ワンマンツアー『レキシ TOUR 2018』の開催も決定。6月15日(金)18:00〜6月24日(日)23:00までオフィシャルHPでのチケット先行発売がスタートし、一般発売は8月25日(土)から全国一斉発売される。詳細はオフィシャルHPへ!

シングル「S&G」

2018年7月18日発売



【初回限定盤】(CD+DVD+金箔押しジャケット)
VIZL-1393/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.GET A NOTE
2.BANASHI
3.SEGODON
■DVD
『ライブドキュメンタリーすんのか〜い、せんのか〜い』
※2017年10月1日に開催した大阪城西の丸庭園での単独野外公演の初だしライブドキュメンタリー映像。



【通常盤】(CD)
VICL-37402/¥1,000+税

【タイアップ情報】

フジテレビ系TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』
毎週日曜あさ9時〜(地域により放送時間、曜日が異なります)
エンディングテーマ:レキシ「GET A NOTE」(7月1日(日)放送分よりスタート)
■番組公式HP http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/

大河ドラマ『西郷どん』
毎週日曜 総合テレビ 20:00〜20:45/BSプレミアム 18:00〜18:45
パワープッシュソング:レキシ「SEGODON」
■番組公式HP https://www.nhk.or.jp/segodon/

全国ワンマンツアー『レキシ TOUR 2018』

11月07日(水) 北海道・旭川市民文化会館 大ホール
11月08日(木) 北海道・わくわくホリデーホール 大ホール
11月15日(木) 岩手・盛岡市民文化ホール 大ホール
11月16日(金) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
11月19日(月) 東京・中野サンプラザホール
11月21日(水) 群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
11月29日(木) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
11月30日(金) 広島・広島上野学園ホール
12月04日(火) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
12月05日(水) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
12月10日(月) 香川・サンポートホール高松大ホール
12月12日(水) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール
12月13日(木) 福岡・福岡サンパレス
12月17日(月) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
12月18日(火) 京都・ロームシアター京都 メインホール
12月20日(木) 千葉・市川市文化会館 大ホール
12月23日(日) 石川・金沢市文化ホール
12月26日(水) 静岡・静岡市民文化会館 中ホール
<チケット>
指定席¥6,480(税込)
■オフィシャルサイト先行
6月15日(金)18:00〜6月24日(日)23:00
■一般発売:8月25日(土)



【関連リンク】
レキシ、両A面シングル発売決定&新ビジュアル公開
レキシまとめ
M!LK、6月末に山?悠稀が卒業

【関連アーティスト】
レキシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, ツアー, ワンマン, チケット

M!LK、6月末に山?悠稀が卒業
Fri, 15 Jun 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5人組ボーカルダンスユニット・M!LKでメインボーカルを担当する山?悠稀が、6月30日をもってグループを卒業することがオフィシャルHPで発表された。

2014年11月に結成され、“変幻自在”のユニットを目指して活動してきたM!LK。今回の卒業発表は、今後の活動について本人、メンバー、スタッフで何度も話し合いを重ねたところ、“新たな自分の夢に向かって進んで行きたい”という本人の希望によって決定したとのこと。また、6月30日の卒業にあたり、7月31日をもって事務所から退所することも発表された。現時点で公表している活動については、5人での露出・掲載となる。

発表後に更新された山?のブログでは、“活動している中で、少しずつ他の夢や選択肢を考えるようになっていました”と、前向きな決断であったことが綴られ、み!るきーず(M!LKファンの呼称)に向けての感謝の気持ちや、“最後まで本気で、頑張らせてください”という堅い決意を示していた。

“今まで皆さんとこの5人で歩んできた大切な時間は決して無駄にはしたくない”というメンバー全員の強い意志のもとで活動していく、新生M!LK、並びに山?悠稀の今後に期待したい。

■M!LK オフィシャルHP
http://sd-milk.com

■M!LK オフィシャルブログ
https://lineblog.me/sd_milk/



【関連リンク】
M!LK、6月末に山?悠稀が卒業
M!LKまとめ
陰陽座、サブスクリプション配信開始&11種類のプレイリスト公開

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 卒業

陰陽座、サブスクリプション配信開始&11種類のプレイリスト公開
Fri, 15 Jun 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

陰陽座が各サブスクリプションサービスでの楽曲配信を開始した。これに併せてメンバーによる11ものオリジナルプレイリストも公開に! 「陰陽座の入門」「陰陽座の定番」といったビギナー向けや、ライブでの定番曲を集めたプレイリストなど、「陰陽座の劇的」「陰陽座の剛鉄」といった楽曲のタイプにフォーカスしてセレクトされた、各サービスによって異なるプレイリストが全11種公開されている。

また、8月からはニューアルバム『覇道明王』を引っ提げた全国11箇所を巡るツアー『覇道』も開催される。アルバムとプレイリストをチェックして、是非会場で圧巻のライブを体感しよう。

そして、現在TOKYO FMにてオンエア中の、黒猫がパーソナリティをつとめる期間限定のレギュラープログラム『陰陽座・黒猫のねこまんまRADIO』(毎週水曜25:30〜26:00)も残すところあと2回。こちらもお聞き逃しなく!

全国ツアー2018『覇道』

8月24日(金) 福岡・DRUM LOGOS
8月26日(日) 佐賀・GEILS
8月29日(水) 松山・W studio RED
9月01日(土) 大阪・なんばHatch
9月08日(土) 青森・QUARTER
9月11日(火) 仙台・Rensa
9月14日(金) 札幌・PENNY LANE24
9月21日(金) 富山・MAIRO
9月23日(日) 名古屋・DIAMOND HALL
9月25日(火) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
9月29日(土) 東京・TOKYO DOME CITY HALL

アルバム『覇道明王』

発売中



【初回限定盤】
KICS-93715/¥3,200+税
※初回盤限定特典:特製スリーブ・ケース/カラー・フォトブックレット
【通常盤】
KICS-3715/¥3,000+税
<収録曲>
01.覇王
02.覇邪の封印
03.以津真天
04.桜花忍法帖(覇道MIX)
05.隷
06.腐蝕の王
07.一本蹈鞴
08.飯綱落とし
09.鉄鼠の黶
10.無礼講



【関連リンク】
陰陽座、サブスクリプション配信開始&11種類のプレイリスト公開
陰陽座まとめ
POLYSICS、1日4会場で行う単独サーキットフェス開催決定!

【関連アーティスト】
陰陽座
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 配信, メタル, ツアー, 音楽配信

POLYSICS、1日4会場で行う単独サーキットフェス開催決定!
Fri, 15 Jun 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

POLYSICSが10月13日(トイスの日)にサーキットフェス『TOISU IN JAPAN FESTIVAL in 下北』を開催することを発表した。このイベントは下北沢のライブハウス4会場をサーキットする形で行われ、出演者は全てPOLYSICSという未だかつてないイベントだ。それぞれのライブにはテーマが設けられ、SHELTERは『まさかの復活! THE TOISU!!!!』、風知空知は『魅惑のコーラス! The Vocoders』、CLUB 251は『TOISUの伝道師! POLYSICS』、CLUB Queは『CLUB EPOCH!』というサブタイトルが付いている。POLYSICSオフィシャルHPでは6月15日(金)12:00〜6月20日(水)23:59までチケット先行予約を受け付ける。

サーキットフェス『TOISU IN JAPAN FESTIVAL in 下北』 

<日程>
10月13日(土)
<各公演>
『〜まさかの復活! THE TOISU!!!!〜』
開場12:00/開演12:30 下北沢SHELTER
『〜魅惑のコーラス! The Vocoders〜』
開場15:30/開演16:00 下北沢 風知空知
『〜TOISUの伝道師! POLYSICS〜』
開場20:00/開演20:30 下北沢 CLUB 251
『〜CLUB EPOCH!〜』
開場0:00/開演0:00 下北沢 CLUB Que
<チケット>
各公演¥3,300 ※D代別



【関連リンク】
POLYSICS、1日4会場で行う単独サーキットフェス開催決定!
POLYSICSまとめ
心の深層にまで浸透するかのようなロバート・ワイアットのヴォーカルが堪能できる『EPs』

【関連アーティスト】
POLYSICS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, チケット

心の深層にまで浸透するかのようなロバート・ワイアットのヴォーカルが堪能できる『EPs』
Fri, 15 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

20歳代の、それも高い技術を持ったドラマーとして認められていた若者が、突然不慮の事故によって下半身不随になってしまったとしたら…。その悲しみはどれほど大きなものだろうか。ロバート・ワイアットは以前このコーナーで紹介したことのあるイギリスのジャズロックグループ、ソフト・マシーンのドラマーとして、68年のデビューから71年までグループを支えた凄腕のメンバーであった。ソフト・マシーン脱退後、マッチング・モウルを結成し活動中の73年6月、階段からの転落事故で下半身不随となり、活動休止を余儀なくされるのだが、その1年後にはヴォーカリスト兼キーボード奏者として復帰する。

彼の音楽にはジャズ、現代音楽、ポップス、ワールド音楽などの影響が見られるが、時代に流されることのない重厚さと、この世のものとは思えないほどの美しいヴォーカルは、未来永劫聴き継がれていくと僕は確信している。今回取り上げる『EPs』は彼の代表曲を収録したコンピレーション作品で、ワイアット入門編でもあり上級編でもある名作のひとつ。

■イギリスとアメリカのロックの背景

60年代以降、イギリスとアメリカのロックを語る上で重要なことは両国の音楽的背景である。アメリカのロッカーは、ブルース、R&B、カントリー、フォーク、ロカビリーなどのルーツ系音楽に影響されている場合が非常に多い。だから、ブルースロック、カントリーロック、フォークロックのようなスタイルが生まれている。しかし、なぜかジャズに影響されたロックは少ない。バーズやグレイトフル・デッド、オールマン・ブラザーズ・バンドなどの一部の曲の表現方法にはジャズっぽい部分は確かに感じられるのだが、全体から見るとほんの少しだけである。

それに比べてイギリスのロックの先祖は、ブルース、クラシック、ジャズが大半を占めている。これらの音楽をもとにブルースロック(これはアメリカと同じであるが、イギリスでは即興演奏が長い場合が多い。これはジャズの影響だろう)、ジャズロック、プログレなどが生まれている。

では、イギリスはアメリカと比べて、なぜジャズの影響が大きいか。これはアメリカで食えない前衛ジャズミュージシャンたちがイギリスやヨーロッパに移住し、演奏活動を行なっていたことが大きい。売れないけれど優れたミュージシャンが大挙してイギリスで公演していたのだから、当時の若者が影響を受けないはずはないのだ。特に60年代はフリージャズ系のミュージシャンの全盛期でもあって、英ジャズロックは急速に成長することになるのである。

■隠し味としてのポップ性

イギリスにジャズロックのグループは多いが、本家はソフト・マシーンである。もちろんグレアム・ボンドやブライアン・オーガー、キース・ティペットの存在はプレジャズロックとして大きな礎になっていることは間違いないが、ロックサイドからジャズロックへのアプローチを始めたのはソフト・マシーンだ。ロック的なポップさと過激さを持ったジャズロックをロバート・ワイアットは試行錯誤していて、それがソフト・マシーンの特徴でもあった。

当初、ワイアットはソフト・マシーンの1作目『The Soft Machine』(‘68)と2作目『Volume Two』(’69)に見られたポップな部分に嫌気がさしていたようで、在籍中の70年に最初のソロ作『The End Of An Ear』をリリースしている。このアルバムは難解で、ジャズというよりはジャズ寄りの現代音楽のようであった。若くて野心家のワイアットは、この頃は難解なものを求めていたのだと思う。だから、ソフト・マシーンの3作目『Three』(‘70)や4作目の『Four』(’71)ではロック的な感覚は封印し、まるでフリージャズのグループのような難解さを前面に押し出すようになる。

しかし、このアルバムを最後にワイアットはグループを脱退する。「難解なだけでは独りよがりになってしまうだけだ。やはりロック的なポップ性も重要だろう」と彼が考えたかどうかは分からない。ただ、ワイアットがソフト・マシーン脱退後に組んだ新グループのマッチング・モウルは、前衛的なサウンドに加えてポップなテイストを若干持ったグループであったことを考えると、僕の推測もあながち外れてはいないと思うのだ。おそらくワイアットは難解なジャズサウンドの中に、少しだけポップス的な感覚を忍ばせたかったのではないか。そして、その答えがマッチング・モウルにあったのだ。

■不慮の事故と表現の転換

マッチング・モウルはワイアットの80年代時代を予告するかのような名曲「オー・キャロライン」を含む『マッチング・モウル』(‘72)と『Little Red Record』(’73)の2枚をリリース、ワイアットのドラミングはソフト・マシーン在籍時よりも自由なリズム感覚を身につけており、新たな境地に到達していることがわかる。しかし、残念なことに事故はその矢先に起こった。パーティーに参加していたワイアットは酔った勢いで階段を踏み外し、転がり落ちたのである。半年ほど入院し治療に専念していたが、脊椎損傷で下半身不随となり、ドラムの技術を極めることを断念せざるを得なくなった。

事故から1年後、彼は車椅子のヴォーカリスト兼キーボード奏者としてヴァージンレコードと契約、2ndソロアルバム『Rock Bottom』(‘74)で再起する。この作品でヴォーカリストとしての彼の才能は開花し、アルバム全編に満ちた人間味あふれる滋味深い味わいは、彼の新たなスタートを切るに相応しい内容となった。彼のリリカルで繊細なガラス細工のような表現は次作『Ruth Is Stranger Than Richard』(’75)でも継続されるが、これ以降は体調が思わしくなかったことと、ロック界の急激な変革(パンクとAORの台頭など)で沈黙してしまう。

■ラフ・トレードで才能が開花

この後、80年に新興レーベルのラフ・トレードに請われて契約、シングル(当時は12インチシングルがブームの時代)を数枚出し、それらをまとめた『Nothing Can Stop Us』(‘82)をリリースする。このアルバムはヴァージンの頃のサウンドと比べると骨太の印象を受けた。歌詞の意味がよく分からなかったので、大した理解はできなかったが、なにか政治的な意味(反戦、差別、貧困など)があることは分かった。

同じ82年、ラフ・トレードから新しい12インチシングル作品(3曲入り)がリリースされ、ジャケットの素晴らしさに惹かれ僕は迷わず入手した。それが『Shipbuilding』で、この世のものと思えないワイアットのヴォーカルと素晴らしい楽曲に完全に打ちのめされた記憶がある。タイトル曲はエルヴィス・コステロとクライヴ・ランガーの共作であった。残りの「Memories Of You」「Round Midnight」はどちらもジャズのスタンダードであるにもかかわらず、完全にワイアットの世界が構築されている、この2曲も名曲だ。ラフ・トレード在籍中にワイアットの才能は完全に花開いたと思う。今でも僕の中ではワイアットの最高傑作はこの3曲だ。この『Shipbuilding』は全英チャートでトップ40に食い込み、セールス的にも成功している。

■本作『EPs』について

タイトル通り、本作はシングル作品を集めたコンピレーションで、12インチ時代のそれぞれの作品のイメージを生かすため、5枚組(1枚当たり20分程度)でリリースされたもの。CD1はヴァージンレコード時代の『Rock Bottom』と『Ruth Is Stranger Than Richard』の後にシングルリリースされたモンキーズのカバー「I’m A Believer/Memories」(‘74)と「Yesterday Man/Sonia」(’75)、そしてライブを収録。
CD2は前述の名曲中の名曲の12インチ『Shipbuilding』からの3曲と、他のコンピ『The Liberator』(‘86)から「Pigs…(In There)」を収録。CD3は4曲入りシングル『Work In Progress』(‘84)から全曲収録。CD4はサントラでミニアルバム『The Animal Film』(‘82)から同曲収録。上記のCD2〜4はラフ・トレード時代にリリースされたもの。CD5は97年にハンニバルレコードからリリースされた、ソロ8作目にあたるアルバム『Shleep』より4曲をリミックス収録している。

僕は何と言ってもCD2を推すが、本作は70年代〜90年代の秀作が一挙に楽しめるので、ぜひ入手してロバート・ワイアットの“この世のものとは思えないほどの癒やし”を味わってみてください♪

TEXT:河崎直人

アルバム『EPs』

1999年発表作品



<収録曲>
■CD1
01. I\'m a Believer [Previously Unreleased Extended Version] [Version]
02. Memories
03. Yesterday Man
04. Sonia [Alternate Version] [Version]
05. Calyx [Recorded Live at Drury Lane] [Live]
■CD2
01. Shipbuilding [Remastered Version] [Version]
02. Memories of You
03. Round Midnight
04. Pigs... (In There)
05. Chairman Mao
■CD3
01. Yolanda
02. Te Recuerdo Amanda
03. Biko
04. Amber and the Amberines
■CD4
01. The Animals\' Film
■CD5
01. Was a Friend
02. Maryan
03. A Sunday in Madrid
04. Free Will and Testament



【関連リンク】
心の深層にまで浸透するかのようなロバート・ワイアットのヴォーカルが堪能できる『EPs』
Robert Wyattまとめ
indigo la End、アルバム『PULSATE』の全貌解禁

【関連アーティスト】
Robert Wyatt
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

indigo la End、アルバム『PULSATE』の全貌解禁
Fri, 15 Jun 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

indigo la Endが7月18日(水)にリリースする4thアルバム『PULSATE』のCDとDVD収録内容、ジャケット写真が発表された。アルバムCDには、2017年に配信限定でリリースされた「冬夜のマジック」「Play Back End Roll」、4月より配信中の「ハルの言う通り」の他、ダンスミュージック分野にて高い評価を得ているHVNS、Metomeの2名がRemixにて参加をしており、indigo la Endの楽曲に新たな息吹を吹き込んでいる。また、新録曲の中から「蒼糸」が6月15日(火)より各ダウンロード、サブスクリプションサイトにて先行配信開始! この曲はストリングス隊の美しい旋律から幕を開けるindigo la End真骨頂ともいえる、美しい切なさを纏った楽曲で、既に配信中の収録曲「ハルの言う通り」とはまた異なる作風でindigo la Endの多様性・幅の広さを感じさせる。

また、初回盤DVDには『蒼き花束vol.2 at中野サンプラザ』のライブ映像全11曲が収録されることも発表された。この日のライブは、3Dプロジェクションマッピングなどを使った様々な映像演出が盛り込まれた特別なライブであり、ライブに参加出来た方は勿論のこと、チケットを入手することが出来なかった方にとっても待望の映像作品となっている。

さらにジャケット写真も公開となり、通常盤には配信にて先行リリースされていた「ハルの言う通り」のジャケットカバーにも出演しているモデルのリー・モモカが一面に写し出された美しさとインパクトを備えたデザイン。初回限定盤にはindigo la Endのメンバーとリー・モモカが5人立ち並ぶ写真になっている。indigo la Endのメンバーがジャケットに出演するのはバンド史上初とのことで、ファンにとっては喜ばしいお知らせになるであろう。

そして、今作のiTunes Storeでのプレオーダーもスタート! 7月17日(火)23:00までのプレオーダー中は特別価格¥1,800での購入が可能になっており、iTunes Storeアルバム購入特典としては、『蒼き花束vol.2 at中野サンプラザ』にて披露した「冬夜のマジック」のライブ映像がプレゼントされるのとのことなので要チェックだ。

■「蒼糸」先行配信&アルバム『PULSATE』iTunes Store プレオーダー
https://indigolaend.lnk.to/pulsate

アルバム『PULSATE』

2018年7月18日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31472/73/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
01.蒼糸
02.煙恋
03.ハルの言う通り
04.Play Back End Roll
05.星になった心臓
06.雫に恋して(Remix by HVNS)
07.冬夜のマジック
08.Unpublished manuscript
09.魅せ者
10.プレイバック(Remix by Metome)
11.1988
■DVD
1.she
2.見せかけのラブソング
3.夏夜のマジック
4.心雨
5.幸せが溢れたら
6.鐘泣く命
7.想いきり
8.夜明けの街でサヨナラを
9.素晴らしい世界
10.大停電の夜に
11.インディゴラブストーリー



【通常盤】(CD)
WPCL-12889/¥3,000+税

◎iTunes Store プレオーダー実施中
特別価格¥1,800/7月17日(火)23:00まで受付
iTunes Storeアルバム購入特典として「冬夜のマジック」ライブ映像(from「蒼き花束vol.2 at中野サンプラザ」)
をプレゼント!(プレオーダー期間外のご購入でも特典をプレゼントいたします)
https://indigolaend.lnk.to/pulsate



【関連リンク】
indigo la End、アルバム『PULSATE』の全貌解禁
indigo la Endまとめ
サザンオールスターズ、新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」配信開始&DL企画スタート

【関連アーティスト】
indigo la End
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

サザンオールスターズ、新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」配信開始&DL企画スタート
Fri, 15 Jun 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

サザンオールスターズの新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」の配信が6月15日(金)よりスタートした。同曲は同日公開となった映画『空飛ぶタイヤ』の主題歌として、配信前よりラジオオンエアチャートで1位を記録するなど注目を集めている。2015年に発表されたアルバム『葡萄』以来、約3年ぶりとなるファン待望の新曲だ。

サザンオールスターズは、デビュー記念日である6月25日(月)とその翌日26日(火)にNHKホールにて40周年キックオフライブを開催。ファンクラブ先行の段階からチケットの応募が殺到している本公演だが、今回「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」のダウンロード購入者の中から抽選で計40名に、6月26日(火)に開催される『ササ?ンオールスタース? キックオフ ライフ? 2018「ちょっとエッチなラララのおし?さん」ライフ?・ヒ?ューインク?』に参加できるという企画『「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」リリース記念〜ライフ?・ヒ?ューインク?て?ササ?ンを応援!闘う戦士団募集!〜』が実施されることが発表された。

本企画は“会場に行けないとしても、ともにデビュー記念日をお祝いしたい”というファンの熱い気持ちを受ける形で決定したとのこと。応募方法は、6月15日(金)0:00〜6月18日(月)23:59の受付期間内に対象サイトで楽曲をダウンロード購入し、サザンオールスターズオフィシャルHPにて記載されている応募用メールアドレスに必要事項とともにメールを送信、応募者の中から抽選で40名様を、40周年キックオフライフ?を熱く盛り上け?るオフィシャルサポーター“闘う戦士団”に任命。ご希望の映画館に参加できるというものだ。ダウンロード購入者の中からライブビューイングへの参加資格をゲットできるという前代未聞のこの企画、是非とも楽曲を聴いて応募していただき、記念すべきライブを目撃しよう!

さらに、サザンオールスターズは『「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」闘魂川柳コンテスト』も開催中! 
今作が、矛盾を感じつつストレスを抱えながらも社会で働く、すべての“闘う戦士(もの)たち”への讃歌であるということで、 “しんどい現代社会に立ち向かう!”をテーマにした川柳を大募集している。Twitterでハッシュタグ“#サザン”、“#闘う戦士たちへ愛を込めて”、“#闘魂川柳”をつけて投稿していただき、抽選で 50名様にオリジナルグッズが当たる。応募期間は6月22日(金)までとなっているので、気になる方はぜひ挑戦してみてほしい。

『サザンオールスターズ キックオフライブ 2018 「ちょっとエッチなラララのおじさん」』

6月25日(月) 東京・NHKホール
6月26日(火) 東京・NHKホール
<チケット>
全席指定¥9,000(税込)
■一般発売(抽選)
6月16日(土)13:00〜6月17日(日)23:59
受付URL http://l-tike.com/sas/

『ササ?ンオールスタース? キックオフ ライフ? 2018「ちょっとエッチなラララのおし?さん」ライフ?・ヒ?ューインク?』

6月26日(火) 全国各地の映画館 19:00開演 ※開場時間は映画館によって異なります。
<チケット>
全席指定¥3,500(税込)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
■一般発売(先着):6月23日(土)13:00
受付URL http://l-tike.com/sas-lv/
※映画館での当日券販売はございません。
※ライブビューイングに関する詳細はこちら http://liveviewing.jp/sas40thko/

「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」

配信中



【関連リンク】
サザンオールスターズ、新曲「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」配信開始&DL企画スタート
サザンオールスターズまとめ
吉田山田、全国ツアー開催&新曲「もし」がCMタイアップ決定

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

吉田山田、全国ツアー開催&新曲「もし」がCMタイアップ決定
Fri, 15 Jun 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

男性二人組アーティスト・吉田山田が、2018年も全国ワンマンツアー『吉田山田ツアー2018 』を開催することを発表した。9月1日(土)の群馬・高崎club FLEEZ公演を皮切りに、10月14日(日) の京都府KYOTO MUSE公演まで、全国13カ所にて実施する。チケットは、6月15日(金)からオフィシャルファンクラブにて最速先行がスタート! 2017年はソールドアウトした公演もあったので早めにチェック!

8月19日(日)に行なわれる、毎年恒例の野外ライブ『吉田山田祭り2018』のチケットは既に全てソールドアウトとなっている。『吉田山田祭り2018』のチケットをゲットできなかった方は9月から始まる『吉田山田ツアー2018 』を楽しみにして欲しい。

さらに、新曲「もし」が『タキロンシーアイ 2018』 TVCMソングに決定! この夏開催される『東京パンパシフィック水泳2018』の期間中(8月6日〜8月15日)にTVCMとしてオンエアされる。また、TVCMに先駆けてWEBサイトではWEB版のCM動画が見ることができる。

■WEB版『タキロンシーアイ 2018』CM URL
https://www.takiron-ci.co.jp/ad/

全国ワンマンツアー『吉田山田ツアー2018

9月01日(土) 群馬・高崎 club FLEEZ
9月02日(日) 新潟・新潟LOTS
9月07日(金) 北海道・札幌PENNY LANE24
9月15日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
9月16日(日) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
9月23日(日) 静岡・Live House 浜松窓枠
9月24日(月・祝) 兵庫・THE CHICKEN GEORGE
9月29日(土) 岐阜・club-G
9月30日(日) 千葉・柏PALOOZA
10月06日(土) 神奈川・YOKOHAMA Bay Hall
10月07日(日) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月13日(土) 石川・金沢AZ
10月14日(日) 京都・KYOTO MUSE
<チケット>
前売¥5,000(税込)/当日¥5,500(税込)※D代別
■ファンクラブ先行予約:6月15日(金)13:00〜6月21日(木)23:59
■一般発売:7月21日(土)

『タキロンシーアイ 2018』TVCM放映情報

放映時期:8月06日〜8月15日(10日間)
放映エリア:関東地区・関西地区
放映局:テレビ朝日・ABC朝日放送
※パンパフィフィック水泳選手権(競泳)開催期間の8月9日〜12日までの生放送中に流れるテレビCMは全国で放映されます。



【関連リンク】
吉田山田、全国ツアー開催&新曲「もし」がCMタイアップ決定
吉田山田まとめ
ノラ・ジョーンズ、最新映像作品より「フリップサイド」ライブ映像を公開

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー, TVCM, CMソング

ノラ・ジョーンズ、最新映像作品より「フリップサイド」ライブ映像を公開
Fri, 15 Jun 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ノラ・ジョーンズが、ロンドンの名門ジャズ・クラブ、ロニー・スコッツで2017年に行ったライブを収録した映像作品『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ』から「アンド・ゼン・ゼア・ワズ・ユー」に続いて「フリップサイド」の映像を公開した。

映像作品『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ』には、2016年にリリースされた通算6枚目の最新アルバム『デイ・ブレイクス』からの楽曲を中心に、デビュー・アルバムから大ブレイクのきっかけとなった名曲「ドント・ノー・ホワイ」などのヒット曲を織り交ぜ、ノラの歌声をより親密に感じ、リラックスした雰囲気の中で、世界一贅沢なジャズ・ライブ体験を堪能できる作品だ。

ライブ映像が公開となった「フリップサイド」は、2016年リリースの最新アルバム『デイ・ブレイクス』からの1曲で、レス・マッキャン&エディ・ハリスの「コンペアード・トゥ・ホワット」を何度も聴いてインスピレーションを得て作られたという楽曲。“ピアノで決めたベースラインに風変わりなコードを乗せた。王道のビートに絶妙に合ってすごく気に入ったわ”とアルバム収録曲の中でも本人のお気に入りの1曲で日本ツアーでも披露していた。アルバムでは、ジャズ・オルガンの大家であるドクター・ロニー・スミスが参加していたが、今回の映像作品ではレコーディングにも参加していたクリス・トーマス(b)とブライアン・ブレイド(ds)という気心の知れたトリオで演奏、リラックスしたノラの歌声を堪能できる。

(c)CHRISTIE GOODWIN

DVD&Blu-ray『Norah Jones “Live At Ronnie Scott\'s”』

2018年6月15日 発売



【DVD】
UCBQ-1003/¥3500+税
<収録予定曲>
1. スリーピング・ワイルド Sleeping Wild (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
2. ドント・ビー・ディナイド Don\'t Be Denied (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
3. アフター・ザ・フォール After The Fall  (アルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』収録)
4. シンキン・スーン Sinkin\' Soon (アルバム『ノット・トゥー・レイト』収録)
5. アウト・オン・ザ・ロード Out On The Road (アルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』収録)
6. アンド・ゼン・ゼア・ワズ・ユー And Then There Was You (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
7. イッツ・ア・ワンダフル・タイム・フォー・ラヴ It\'s A Wonderful Time For Love (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
8. アフリカの花 Fleurette Africaine (African Flower)  (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
9. フリップサイド Flipside UCCQ-1065 (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
10. デイ・ブレイクスDay Breaks(アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
11. ナイチンゲール Nightingale (アルバム『ノラ・ジョーンズ』収録)
12. トラジディ Tragedy (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
13. リトル・ブロークン・ハーツ Little Broken Hearts  (アルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』収録)
14. キャリー・オン Carry On (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
15. ドント・ノー・ホワイ Don\'t Know Why (アルバム『ノラ・ジョーンズ』収録)
16. アイヴ・ガッタ・トゥ・シー・ユー・アゲイン I\'ve Got To See You Again (アルバム『ノラ・ジョーンズ』収録)
※DVD/ブルーレイのみのボーナス特典
・ライヴ前のロング・インタビュー
・バーン Burn (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)




【Blu-ray】
UCXQ-1003 /¥4500+税
<収録予定曲>
1. スリーピング・ワイルド Sleeping Wild (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
2. ドント・ビー・ディナイド Don\'t Be Denied (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
3. アフター・ザ・フォール After The Fall  (アルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』収録)
4. シンキン・スーン Sinkin\' Soon (アルバム『ノット・トゥー・レイト』収録)
5. アウト・オン・ザ・ロード Out On The Road (アルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』収録)
6. アンド・ゼン・ゼア・ワズ・ユー And Then There Was You (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
7. イッツ・ア・ワンダフル・タイム・フォー・ラヴ It\'s A Wonderful Time For Love (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
8. アフリカの花 Fleurette Africaine (African Flower)  (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
9. フリップサイド Flipside UCCQ-1065 (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
10. デイ・ブレイクスDay Breaks(アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
11. ナイチンゲール Nightingale (アルバム『ノラ・ジョーンズ』収録)
12. トラジディ Tragedy (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
13. リトル・ブロークン・ハーツ Little Broken Hearts  (アルバム『リトル・ブロークン・ハーツ』収録)
14. キャリー・オン Carry On (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)
15. ドント・ノー・ホワイ Don\'t Know Why (アルバム『ノラ・ジョーンズ』収録)
16. アイヴ・ガッタ・トゥ・シー・ユー・アゲイン I\'ve Got To See You Again (アルバム『ノラ・ジョーンズ』収録)
※DVD/ブルーレイのみのボーナス特典
・ライヴ前のロング・インタビュー
・バーン Burn (アルバム『デイ・ブレイクス』収録)




【関連リンク】
ノラ・ジョーンズ、最新映像作品より「フリップサイド」ライブ映像を公開
Norah Jonesまとめ
『韓国観光フェスティバル』に超新星のユナクとソンジェが登場

【関連アーティスト】
Norah Jones
【ジャンル】
洋楽, ニュース, DVD, Blu-ray, 発売

『韓国観光フェスティバル』に超新星のユナクとソンジェが登場
Fri, 15 Jun 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月13日(水)に東京ドームシティプリズムホールにて開催された『2018韓国観光フェスティバル』に、超新星のユナクとソンジェからなるユニット・Double Aceが出演。抽選によって選ばれた175組350名の観客を前にライブとトークショーを行なった。

『2018韓国観光フェスティバル』は“韓国再発見 #だけじゃない韓国”をテーマに、観光・グルメ・カルチャーなど、今の韓国における様々なジャンルのトレンドを紹介し、計2日間に渡って韓国の新たな魅力を提案するイベント。入場無料ということもあり、会場には多くの来訪客が訪れ、各ジャンルの展示ブースに列を作っていた。

大歓声に迎えられて登場したユナクとソンジェは、2017年に“ユナク&ソンジェ from 超新星”名義でリリースした最新ミニアルバム『Yours forever』より「Song For You」を歌唱した後にトークを披露した。司会者にDouble Aceというユニット名の由来を聞かれ、“エースになりたかったから”と回答。“すでに2人ともエースではないのか?”という質問に“まあ、そう言われてしまったらしょうがない”と笑顔で答えた。また、韓国にあるオススメのグルメを聞かれると、ソンジュは大好きなマッコリが數十種類飲める店、冷麺やカルビチムが美味しい飲食店など、超ローカルな情報を提供した。

トークが終わり、1stミニアルバム『Yours forever』収録の「君じゃなきゃ」「Precious Love」を続けてパフォーマンスしたDouble Ace。司会者から最後にファンへ一言をと促されると、6月6日(水)に発表があった超新星の事務所独立問題に触れ、ソンジュは“久しぶりにみんなに会えて嬉しかった。色々あるけれど6人全員で(ステージに)戻ってくるのを信じていてほしい”とコメントし、ユナクは今回の問題でファンに心配かけたことを詫びつつ“もっと良い環境で歌えるようになると信じてる。また6人で会える日まで、皆元気で笑顔でいてください”と言ってステージを後にした。会場には2人のコメントに涙する多くのファンの姿が見られた。



【関連リンク】
『韓国観光フェスティバル』に超新星のユナクとソンジェが登場
超新星まとめ
Double Aceまとめ
横浜流星、GReeeeNプロデューサーJINを迎えてアーティストデビュー決定!

【関連アーティスト】
超新星, Double Ace
【ジャンル】
K-POP, ライブ・フェス, ニュース

横浜流星、GReeeeNプロデューサーJINを迎えてアーティストデビュー決定!
Fri, 15 Jun 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ティーン世代に大人気の注目の若手俳優・横浜流星が、GReeeeNプロデューサーJINのもとでアーティストデビューすることが決定! フィーチャリングにはベリーグッドマンのRover(ロバー)を向かえ、この夏必聴のラブソング「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)」を、6月25日にデジタル限定配信でリリースする。

また、デビュー曲「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)」の楽曲が一部YouTube上で公開となり、ユニバーサルミュージックにて横浜流星のアーティストページも公開となった。横浜流星、およびRover、JINからのコメントも到着したので、ぜひチェックしてほしい。

■【コメント】

■横浜流星
「新しいことに挑戦できるということは役者として何かに繋がると思いますし、お芝居とはまた違った形で、歌で表現できるということが、素直に嬉しく思っています。今回「キセキ」「愛唄」に引き続き、大好きなJINさんにプロデュースして頂き、JINさんとスタッフの方々と、またご一緒できることが幸せです。そして、今回フィーチャリングでベリーグッドマンのRoverさんにとても支えてもらい、助けてもらいながら、とても素敵な曲ができたので、一人でも多くの方に届いて欲しいです」

■Rover(ベリーグッドマン)

・横浜流星に対して
「空手をやっていたということもあり、真のある男だなと思い、それが歌声に出ていました。今まで活動してきた中で、初めてに近いようなストレートな歌を歌うアーティストなので感動しました」

・今回のコラボについて
「オファーが来たときは驚きました。憧れのJINさんプロデュースの曲ですし、学生時代から聴いていた耳なじみのある音楽に自分が入り込んで、それを演じられることの喜びがありました。ほとんどはプレッシャーというか僕でいいのかなと思ってましたが、楽曲を初めて聴いた時、泣いてしまいそうになったので、この曲を歌う時は一言一言自分を通して、シンガーだけど演じるという考え方で望もうと思いました。そして、自分にとって新しい音楽人生が始まったと思いました」

■プロデューサー JIN
「「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)」をプロデュースしたJINです。横浜流星さんとは2年前の映画の現場が初めての出逢いでした。そして今回の曲は、いま準備している映画「愛唄」の撮影中にひらめきました。この映画で横浜さんが演じられる役の想いや愛に影響を受け、曲と詞が完成しました。Roverさんの素敵な声も加わり、非常に良い曲になった自信があります。ぜひ多くの方に聞いて頂きたいです」

配信シングル「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)」

2018年6月25日より配信



https://www.universal-music.co.jp/yokohama-ryusei/




【関連リンク】
横浜流星、GReeeeNプロデューサーJINを迎えてアーティストデビュー決定!
横浜流星まとめ
さくらしめじ、結成4周年ライブで魅せたロックな姿!?

【関連アーティスト】
横浜流星
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 配信

さくらしめじ、結成4周年ライブで魅せたロックな姿!?
Fri, 15 Jun 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年で結成4周年を迎えるさくらしめじが6月14日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて、結成記念日を祝うライブイベント『しめたん -さくらしめじが生まれた日- イヤイヤ期突入!?編』を実施! 

ライブ発表時にお披露目されたサングラスをかけたロゴ、イヤイヤ期っていったい何?と期待が高まっていた場内にSEが流れ、暗いステージにさくらしめじの?田彪我と田中雅功が登場するとキャーという歓声が沸く。しかし、いつもとちょっと違う様子に客席がざわつく中、二人はステージ両サイドに用意されたお立ち台へ。するとドラムのカウントから、雅功の激しいストロークへ。4月にリリースされたアルバム『ハルシメジ』に収録されている“プチ反抗期ナンバー"「でぃすとーしょん」の幕開けに、会場は大きな盛り上がりを見せた。

「今日はぶっ壊れるまで暴れようぜ〜!」という雅功が客席に声をかけたかと思うと彪我がステージ前の柵に足をかけるなど、いつもと違う二人。2曲目の「菌カツ!」のオープニングでは、かけていたサングラスを客席に投げるパフォーマンスで会場を盛り上げた。楽しい掛け合いの中にも、男っぽい表情が印象的だ。

そして、「ついにこの日がやってきたぜ! さくらしめじの生まれた日、“しめたん”だ!」と雅功。続けて「お前ら、元気かー! いいじゃねぇかよ、サイコーだよ」と彪我が言うと客席から笑いが起こる。 さらに雅功が「いやいや、今日はこんな感じでライブをやっていくぞ。……こんな感じだぞ(笑)」と続け、「ちなみに、今日初めてさくらしめじのライブに来たって人は? けっこういるね。“思ってたのとちょっと違う"? いつもとはたしかにちょっと違うんだ」と説明。たしかに、雅功は丸鋲のついたロックTにダボパン、耳にはイヤーカフがついている。彪我は手に鋲打ちのリストバンド、ハードクラッシュのデニムにウォレットチェーンという出で立ちだ。ソールドアウトになったことに対して「今日はこんなに集まってくれてありがとな!」と感謝の気持ちを彪我が述べるものの、その確実に無理をしているロック口調でのMCで会場は大爆笑になっていた。

その後、「今日は、はしゃぎに来たんだよな!  暴れに来たんだよな!  もっと盛り上がれるよな?」と会場を煽って「いーでぃーえむ」へ。いつもはライブのアクセントになっているロックナンバーが、 この日のサブタイトルである“イヤイヤ期”に合わせてメインへと昇格。彼らのロックな一面を垣間見ることになった。緑の照明に青のレーザーが会場を照らす、ふたりのギターの掛け合いに熱くなったところで、「もっとお前らの声聞かせてみろ」と「スタートダッシュ」へ。1日のはじまりを歌った元気な曲も今日ばかりは、違った雰囲気に感じられる。

途中、「みんなイライラすることあるよな」というトークテーマで、ふたりが親から言われてイライラしたことの暴露も。「みんなもたまってることがあると思うから、この曲で声出して、体を動かしてすっきりしようぜ」と「ねこの16ビート」が披露されると、おなじみの「猫の手ダンス」もいつもよりも激しく、「揺れろ〜、渋谷!」という雅功の掛け声に応えるように客席からは大きく手が挙げられていた。 また、「ふうせんはなび」では彪我のいつもと同じまっすぐに歌を伝えようとする姿勢とロックを聴いて育った雅功ならではのエモーショナルな動きが会場を熱く盛り上げていたのも、この日の見どころのひとつだ。

このMCブロックでは、さくらしめじ主催のライブハウスツアー『菌育』でおなじみの「即興3ワード」へと突入。これは観客から集めた3つの言葉を使って彪我がオリジナルソングをその場で歌うというものなのだが、この日は即興作詞を雅功が担当。「イライラすること縛り」で客席から挙がった「部屋を片付けろ」「宿題やれ」「嫉妬しちゃう」という3 つのワードから、“才能があるあいつ、俺は何も持ってない、そんなあいつは部屋も片付けてるし、宿題もしてる。そんなあいつに嫉妬しちゃう”と歌う「あいつのこと」という曲が出来上がった。雅功いわく「才能ある人には嫉妬しがちだけど、そういう人って宿題もちゃんとやるし、部屋も片付けたりしてるもんなんだよね。だからさ、嫉妬する前に自分もやることちゃんとやっとこう」という歌なのだそうだ。彪我からも「いいこと言うね」と太鼓判をもらう一曲となった。

この日はサプライズとして、AAAカバー「恋音と雨空」を披露! なんとも透明感のある歌声が初々しさを感じさせ、続けて「朝が来る前に」へ。すると彪我が「もうすぐライブも終わり。年に1回の“しめたん"。もっと素直になろうよ」と提案し、「ちょっとオラオラし過ぎたってこと?」と雅功。「せーので、オフろう」ということで、ふぅ〜と息を吐くといつものふたりへ。この1年でいろんなことがあったねと振り返り、「あれもこれもみんなのおかげだ」と感謝を伝え、デビューシングルである「いくじなし」を披露。彪我の首にかけられたタンバリン(2代目)を叩きながら、客席からも大きな歌声が響き渡った。そして、「イヤイヤ期が、これで終われるか〜」という彪我の叫びから、再び雅功の激しいストロークが鳴り響き2度目の「でぃすとーしょん」がスタート! オープニングよりも激しさは増し、残った力を絞り出すように会場は熱く応えていた。

アンコールの声に呼び戻されたさくらしめじはTシャツに着替え、「アクセサリーははずしてきたよー」とさっぱりとした表情でマイクへと向かう。そして、「今日のライブのタイトルは自分たちで考えました」と彪我。「イヤイヤ期っていうのは、2〜3歳ぐらいにやってくる、お風呂イヤー、寝るのイヤーっていう、第一次反抗期のことを言うらしいです。 反抗期ってあまりいいイメージじゃないと思いがちだけど、自分の思ってることを相手に伝えようとする。それまでの自分の殻を破ろうとすることなんじゃないかと思うので、いいことでもあると思う」と続け、さらに「先生、親、恋人とぶつかりあって、深い絆を作ってほしい。そして、言い過ぎたなと思ったら、この言葉を言ってください」と伝え、ふたりで「ごめーん」と声をそろえて「あやまリズム」を披露したのだった。

MCでみんなへの感謝の気持ちを伝えているとサプライズの音楽が流れ、象のお面をかぶったスタッフが登場。「HAPPY BIRTHDAY」と書かれたカードには、なんと“さくらしめじYoutube開設”を報告! ふたりは「俺たちYoutuberってこと?」と大喜びすると、雅功が「4周年を迎えられたのは、みんなのおかげだ」と感謝を告げる。そして、「チャンネルを通じて映像や声を伝えるし、まだまだたくさんの場所に行って僕らの歌を伝えます。この曲をみんな歌い続けられたと思っています」と「みちくさこうしんきょく」をラストナンバーとして届けた。

最後には雅功が「もっともっと大きくなって夢のさいたまスーパーアリーナに立ちたいと思う」と改めて夢の舞台を口にし、彪我は「5年目、10年目、100年目もがんばっていきます」と宣言して“イヤイヤ期"は終了した。

今日、披露されたAAAのカバー曲「恋音と雨空」は7月7日より音楽ストリーミングサービス「AWA」にて独占配信が決定! そして、『全国どこへでも行きます!学園祭ツアー』のオファーも6月末まで受付中だ。また、7月には『菌育 in the 家(はうす)ファイナル! 真夏の星空ピクニック』として、さくらしめじ史上もっとも大きな会場となる東京・日比谷野外大音楽堂で公演が行なわれる。

Photo by 埼玉 泰史
Text by 大庭 利恵

【ライブ情報】


ライブハウスツアー「菌育 in the 家(はうす)」
6月16日(土)  大阪・梅田 CLUB QUATTRO

さくらしめじライブハウスツアーファイナル 『真夏の星空ピクニック』in 日比谷野外大音楽堂
7月28日(土)  東京・日比谷野外大音楽堂

■ライブ情報詳細:
http://sakurashimeji.com/kiniku/



【関連リンク】
さくらしめじ、結成4周年ライブで魅せたロックな姿!?
さくらしめじまとめ
山崎エリイ、2ndシングル「Starlight」発売&アニメタイアップも決定

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

山崎エリイ、2ndシングル「Starlight」発売&アニメタイアップも決定
Fri, 15 Jun 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

山崎エリイが、8月22日に2ndシングル「Starlight」を発売することが明らかになった。同楽曲は、7月5日(木)深夜より放送開始のTVアニメ『七星のスバル』エンディングテーマになっており、山崎エリイにとって初のタイアップ作品となる。公開されたアニメPVでも楽曲を少し聴くことができるので、ぜひチェックを!

また、楽曲をイメージした新ビジュアルも解禁となった。今作の続報は追って発表されるので、楽しみに待っていてほしい。

■TVアニメ『七星のスバル』You Tubeチャンネル
https://youtube.com/channel/UCxh0zOq_JdBVbhK357aOLBA

シングル「Starlight」

2018年8月22日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZC-1468〜9/¥1,900+税
【通常盤】(CD)
COCC-17487/¥1,300+税
<収録曲>
■CD
1.Starlight
2.Steady
3.Starlight(Instrumental)
4.Steady(Instrumental)
■DVD
「Starlight」ミュージックビデオ+メイキング映像

TVアニメ『七星のスバル』

7月5日(木)より放送開始予定
TBS:7月5日(木)深夜1時58分〜
BS-TBS:7月7日(土)深夜1時30分〜
■公式HP http://7subaru.jp/



【関連リンク】
山崎エリイ、2ndシングル「Starlight」発売&アニメタイアップも決定
山崎エリイまとめ
『PEANUTS CAMP』開催に向けて、カジヒデキ×DJみそしるとMCごはん×かせきさいだぁによる、フェス予習鼎談(前編)を公開!

【関連アーティスト】
山崎エリイ
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シングル, アニメ, 声優

『PEANUTS CAMP』開催に向けて、カジヒデキ×DJみそしるとMCごはん×かせきさいだぁによる、フェス予習鼎談(前編)を公開!
Fri, 15 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

カジヒデキがキュレーターを務める、“Let’s Chill”なキャンプ・フェス『PEANTUS CAMP』の開催が今年も決まった。2016年、2017年に続いて3回目、日程は8月25日(土)&26日(日)、会場は都心から圧倒的なアクセスのよさと緑の美しさと快適さを誇る、四方を森に囲まれたキャンプ場、千葉県市原市の一番星★ヴィレッジ(市原オートキャンプ場)。

1回目も2回目も出演し、ライブ以外の役割も務めて来たかせきさいだぁとDJみそしるとMCごはんのふたりとキュレーターのカジくんに、これまでのこのフェスと今年のこのフェスについて、じっくり話していただきました。前後編でお届けします。

■『PEANUTS CAMP 2018』

開催日:8月25日(土)8月26日(日)
会場:一番星★ヴィレッジ(市原市オートキャンプ場)

<出演>
■8月25日(土)
カジヒデキ/かせきさいだぁ/小山田壮平/GRAPEVINE/コアラモード./スチャダラパー/曽我部恵一/台風クラブ/DJみそしるとMCごはん/DJやついいちろう(エレキコミック)/wacci/猫ひろし/ヒロシ
■8月26日(日)
カジヒデキ/かせきさいだぁ/大木温之(Theピーズ)/カネコアヤノ/小西康陽/ザ・なつやすみバンド/SOLEIL/野宮真貴/and more...

※6月15日(金)、第3弾アーティスト&日割り発表!
※1日入場券・1日場外駐車券含むチケット一般発売開始は、6月16日(土)10:00〜スタート!

【チケット券種】

■入場券A:2日まるっとお楽しみ入場券¥13,000(税込)
■入場券B:8月25日だけ狙いうちお楽しみ入場券¥7,500(税込) 
■入場券C:8月26日だけ狙いうちお楽しみ入場券¥7,500(税込)

■オプション区画券AC:お車と一緒にゆったり(オートキャンプ)区画券¥15,000(税込)
※別途、2日まるっとお楽しみ入場券×人数分必要
■オプション券TC:手ぶらでキャンプ(常設テント)券¥15,000(税込)※SOLD OUT!

■駐車券P1:2日会場とめっぱ駐車券¥5,000/台(税込)
■駐車券P2-1・P2-2:1日パーク&&ライド駐車券¥3,000/台(税込)

※小学生以下は入場無料となります(保護者同伴)
お問い合わせメール:infoevent@ent.lawson.co.jp



【関連リンク】
『PEANUTS CAMP』開催に向けて、カジヒデキ×DJみそしるとMCごはん×かせきさいだぁによる、フェス予習鼎談(前編)を公開!
カジヒデキまとめ
DJみそしるとMCごはんまとめ
かせきさいだぁまとめ

【関連アーティスト】
カジヒデキ, DJみそしるとMCごはん, かせきさいだぁ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, チケット, 夏フェス













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1