歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年06月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
乃木坂46、東京ドーム公演を収録したライブ映像作品のジャケ写公開
Wed, 13 Jun 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

乃木坂46が7月11日(水)にリリースする『真夏の全国ツアー2017 FINAL!IN TOKYO DOME』のジャケット写真が公開となった。今作には、2日間でトータル10万人を動員した東京ドーム公演を収録。ジャケットは、2017年の乃木坂46代表曲といっても過言ではない日本レコード大賞受賞曲「インフルエンサー」や、ダブルセンターとしてグループを牽引した白石麻衣・西野七瀬のツーショットを筆頭に、最後のステージとなりグループを卒業した伊藤万理華・中元日芽香をメンバー全員で囲んだ貴重な一枚など、開催した2日間を彷彿させるデザインに仕上がっている。

また、完全生産限定盤には多数のライブ写真で制作された豪華ブックレットが特典となっており、乃木坂46初となった記念すべき東京ドーム公演を甦らせてくれることは間違いなさそうだ。7月には明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場の2カ所で同時併催するという前代未聞のライブを開催する乃木坂46に今後も注目!

DVD & Blu-ray『真夏の全国ツアー2017 FINAL!IN TOKYO DOME』

2018年7月11日(水)発売



【完全生産限定盤 Blu-ray】
SRXL-171〜2/¥12,200+税
※三方背BOX、デジパック仕様、豪華フォトブックレット付き
<収録曲>
■DISC 1
01.制服のマネキン
02.世界で一番 孤独なLover
03.夏のFree&Easy
04.裸足でSummer
05.太陽ノック
06.ぐるぐるカーテン
07.バレッタ
08.三番目の風
09.思い出ファースト
10.他の星から
11.でこぴん
12.あらかじめ語られるロマンス
13.ダンケシェーン
14.ハウス!
15.ここにいる理由
16.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
17.君は僕と会わない方がよかったのかな
18.生まれたままで
19.アンダー
20.My rule
21.命は美しい
22.逃げ水
23.インフルエンサー
24.君の名は希望
25.何度目の青空か?
26.いつかできるから今日できる
27.おいでシャンプー
28.ロマンスのスタート
29.ガールズルール
30.設定温度
31.乃木坂の詩
32.きっかけ
■DISC 2
〈特典映像〉
「Making of Live in 東京ドーム」
「DAY2オープニング」

◎封入特典
・各楽曲ごとのパフォーマンスしたライブ写真で制作したポストカード
(全32種・5枚ずつ7セットのうち1セットをランダム封入)
・各メンバーのソロカットで制作したトレーディングカード



【完全生産限定盤 DVD】
SRBL-1802〜4/¥11,200+税
※三方背BOX、デジパック仕様、豪華フォトブックレット付き
<収録曲>
■DISC 1
01.制服のマネキン
02.世界で一番 孤独なLover
03.夏のFree&Easy
04.裸足でSummer
05.太陽ノック
06.ぐるぐるカーテン
07.バレッタ
08.三番目の風
09.思い出ファースト
10.他の星から
11.でこぴん
12.あらかじめ語られるロマンス
13.ダンケシェーン
14.ハウス!
15.ここにいる理由
16.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
17.君は僕と会わない方がよかったのかな
18.生まれたままで
19.アンダー
20.My rule
■DISC 2
01.命は美しい
02.逃げ水
03.インフルエンサー
04.君の名は希望
05.何度目の青空か?
06.いつかできるから今日できる
07.おいでシャンプー
08.ロマンスのスタート
09.ガールズルール
10.設定温度
11.乃木坂の詩
12.きっかけ
■DISC 3
〈特典映像〉
「Making of Live in 東京ドーム」
「DAY2オープニング」

◎封入特典
・各楽曲ごとのパフォーマンスしたライブ写真で制作したポストカード
(全32種・5枚ずつ7セットのうち1セットをランダム封入)
・各メンバーのソロカットで制作したトレーディングカード



【通常盤 Blu-ray】
SRXL-173/¥7,800+税
<収録曲>
※完全生産限定盤 Blu-ray DISC 1のみ収録



【通常盤 DVD】
SRBL-1805〜6/¥6,800+税
<収録曲>
※完全生産限定盤 DVD DISC 1〜2のみ収録

【ライヴ情報】

■『乃木坂46 6th YEAR BIRTHDAY LIVE』
7月06日(金)〜7月08日(日)  東京・明治神宮野球場、秩父宮ラグビー場

■『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018』
7月21日(土)22日(日) 福岡・岡ヤフオク!ドーム
8月04日(土)05日(日) 大阪・ヤンマースタジアム長居
8月26日(日)27日(月) 愛知・ナゴヤドーム
9月01日(土)02日(日) 宮城・ひとめぼれスタジアム宮城



【関連リンク】
乃木坂46、東京ドーム公演を収録したライブ映像作品のジャケ写公開
乃木坂46まとめ
SUPER BEAVER、アルバム『歓声前夜』トレーラー公開&武道館公演の映像化も決定

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース

SUPER BEAVER、アルバム『歓声前夜』トレーラー公開&武道館公演の映像化も決定
Wed, 13 Jun 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月27日に約2年ぶりとなるフルアルバム『歓声前夜』をリリースするSUPER BEAVERが、同作のトレーラー映像を公開した。この映像は日本武道館でのワンマンライヴのオフショットで構成されており、新曲8曲を含む全12曲が少しずつ聴けるという内容。さらに、トレーラー内で重大告知として4月30日に開催された日本武道館でのワンマンライヴDVD&Blu-rayのリリースを発表! 開催から間もないタイミングでリリースを迎える映像作品の発売日は7月25日となる。

武道館公演を収めたDVD&Blu-rayには、当日配信されていたライヴ映像とは別構成のさらに見ごたえが増した映像で、全曲をノーカットにて収録。ドキュメンタリー風のオフショットも収録し、定番となった渋谷龍太(Vo)書き下ろし本と日本武道館のフォトブックを一冊にしたボリューム満点の作品も同封。チケット一般発売後に即完売を記録した伝説的な一夜の興奮を、ぜひ映像でも楽しんでほしい。

アルバム『歓声前夜』

2018年6月27日発売



【初回限定生産盤】(CD+LIVECD)
NOID-0026/¥3,300+税
【通常盤】(CD)
NOID-0027/¥2,750+税

<収録曲>
■CD
1.ふがいない夜こそ
2.虹
3.閃光
4.ラヴソング
5.シンプリー
6.まちがえた
7.シアワセ
8.美しい日
9.嬉しい涙
10.ひとこと
11.なかま
12.全部
■LIVECD ※初回限定生産盤のみ
2017年12月16日(土)@ZeppTokyo
『真ん中のこと』Release Tour 2017 ~ラクダの、中心~
ZeppTokyoツアーファイナルのライブ本編を全曲収録したCDを同封!
1.ファンファーレ
2.青い春
3.うるさい
4.美しい日
5.贈りもの
6.irony
7.ひなた
8.人として
9.27
10.→
11.361°
12.証明
13.正攻法
14.東京流星群
15.秘密
16.それくらいのこと
17.歓びの明日に

DVD & Blu-ray『LIVE VIDEO 3 Tokai No Rakuda Special at 日本武道館』

2018年7月25日発売



【DVD】
NOID-0028/¥3,980+税
【Blu-ray】
NOID-0029/¥4,980+税

<収録曲>
01.美しい日
02.証明
03.うるさい
04.正攻法
05.ファンファーレ
06.らしさ
07.赤を塗って
08.→
09.361°
10.歓びの明日に
11.27
12.人として
13.シアワセ
14.青い春
15.東京流星群
16.秘密
17.ありがとう
18.愛する
〈アンコール〉
en1.ラヴソング
en2.それでも世界が目を覚ますのなら
en3.素晴らしい世界

※ライヴ映像はアンコール含むオフショット付き
※本『14年目のポップミュージック』付き
小説『都会のラクダ』、ショートショート(短編小説集)『love。』に次ぐ渋谷龍太書き下ろし第三弾と日本武道館のフォトブックをセットにしたボリューム満点の一冊!



【関連リンク】
SUPER BEAVER、アルバム『歓声前夜』トレーラー公開&武道館公演の映像化も決定
SUPER BEAVERまとめ
HYDE、w-inds.、家入レオなど豪華アーティストのレアアイテムを『DI:GA ONLINE』でプレゼント!

【関連アーティスト】
SUPER BEAVER
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, CD, DVD, Blu-ray, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ワンマン

HYDE、w-inds.、家入レオなど豪華アーティストのレアアイテムを『DI:GA ONLINE』でプレゼント!
Wed, 13 Jun 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』(ディーガ・オンライン)にて、豪華アーティストのレアアイテムが当たるプレゼント企画を実施中! 毎月行なっている本企画に、現在HYDE、w-inds.、家入レオなどをはじめとした11組のアーティストが参加している。

HYDEは直筆サイン入りグッズを1名様にプレゼント! 約10年ぶりにソロプロジェクトを本格始動させたHYDEの激レアグッズの応募締め切りは7月10日(火)までなので、お見逃しのないようチェックしてほしい。また、家入レオの5thアルバム『TIME』のサイン入りオリジナル砂時計は、7月8日(日)まで応募受付中!

そして、w-inds.、Mayday、井上苑子などからは直筆サイン入りポスターをご用意! コレサワは、両端れ子ちゃんタオルのハイテンションピンク、いけてるブルーを各1名様に。イベント『PLAYTHINGS × rawer than raw』の開催を記念した座談会に参加をした荒井岳史(the band apart)× 渡邊 忍(ASPARAGUS)× Keishi Tanaka × TGMX(FRONTIER BACKYARD)の4人からは、直筆サイン色紙が2名様に当たる。

応募締切や応募方法は各アーティストによって異なるため、詳しくは各アーティストのプレゼントページをチェック! 応募方法はTwitterからの応募と、メール応募の2通りとなっており、どちらも気軽にエントリーできる。また、『DI:GA ONLINE』のプレゼント一覧ページではアーティストのインタビューやライブレポートも公開中なので、こちらも併せて要注目だ。



【関連リンク】
HYDE、w-inds.、家入レオなど豪華アーティストのレアアイテムを『DI:GA ONLINE』でプレゼント!
HYDEまとめ
家入レオまとめ
w-inds.まとめ
中島卓偉まとめ

【関連アーティスト】
HYDE, 家入レオ, w-inds., 中島卓偉, ROTTENGRAFFTY , 井上苑子, テスラは泣かない。, 豊永利行, the band apart, ASPARAGUS, Keishi Tanaka, FRONTIER BACKYARD, Mayday
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, キャンペーン

クリエイターオーディション番組『活かす!作家てんごく』放送開始
Wed, 13 Jun 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スターダストレコーズがSHOWROOMとタッグを組んだクリエイターオーディション番組『活かす!作家てんごく』を6月12日(火)に初回配信した。本番組は、作詞家、作曲家、アレンジャーを目指す未来の卵たちを発掘・育成していくプロジェクトで、これまでに専属作家が2名誕生。専属作家は早速デビューを果たし、スティーブン・スピルバーグ監督『レディ・プレイヤー1』で注目を浴びた森崎ウィン擁するPrizmaXをはじめ、様々なアーティストへの楽曲プロデュースを行なっている。

番組MCは自身も作詞家としてデビューし、今や各局バラエティー番組で引っぱりだこの脚本家/放送作家の坪田塁。そして、初回ゲストはCDリリースなどアーティストとしても活躍中のつるの剛士だった。MC坪田とは旧知の仲であるつるの剛士が、番組では決め台詞を連発! “企画のキカク”コーナーではどんな作家がいたら面白いかをみんなで真剣に考え、“穴埋め川柳”ゲームでは珍回答も!? 『活かす!作家てんごく』HPにも映像が再度アップされる予定なので、そちらも要チェックだ。隔週火曜日22:00〜22:45放送で、次回放送は6月26日(火)となる。

今回のオーディションは、自信のある自作曲を応募すればOK! 歌詞だけの応募ももちろん受け付けているので、気になった方はオーディションHPをチェックしてほしい。募集は8月31日(金)までとなっているので、このチャンスにぜひトライしてみてはいかがだろうか。

■『活かす!作家てんごく』クリエイターオーディション ※応募はこちらから
http://stardustrecords.jp/ikasu/

■【コメント】

■ピエール中野(凛として時雨) コメント
「クリエイターは宝のような存在なので、その才能とスキルは
どんどん世に出していくべきだと考えています。この番組が
そのひとつのきっかけになれば良いですね。バイブス高めに応援してます!」

■坪田塁(MC) コメント
「新たな才能を発掘する番組ということで、なかなかに責任重大です。
それでも人と人とのつながりを大切にしながら、刺激を受けつつ
楽しんでやっていきたいと思っています。ぜひ一緒に盛り上げてんごく!」

SHOWROOM番組『活かす!作家てんごく』

隔週火曜日 22:00〜22:45放送
※次回放送:6月26日(火)
https://www.showroom-live.com/ikasu



【関連リンク】
クリエイターオーディション番組『活かす!作家てんごく』放送開始
PrizmaXまとめ
つるの剛士まとめ
Plastic Tree、シングル「インサイドアウト」新ビジュアル公開&全国ツアー決定

【関連アーティスト】
PrizmaX, つるの剛士
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表, ポップス, テレビ番組, 音楽番組

Plastic Tree、シングル「インサイドアウト」新ビジュアル公開&全国ツアー決定
Wed, 13 Jun 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

通算41枚目となるシングル「インサイドアウト」を7月25日にリリースするPlastic Treeが、そのジャケット写真と新しいアーティスト写真を公開。今作のアーティスト写真はカメラマン・中野敬久による撮影で、前作からは大きく印象の変わった白の世界でバンドの新たなモードが打ち出されている。ジャケット写真は初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤それぞれメンバー4人の写真を使ったモンタージュに。また、ゲームイラスト仕様のCollar×Malice盤のジャケットも解禁となった。

また、今作では全4形態同時の早期予約特典として、「インサイドアウト」オリジナルめんこセット(4種入り)がもらえるキャンペーンも実施中! 7月8日(日)までの期間限定となっているので、忘れずに予約しておこう。

さらに、9月からは『Plastic Tree Autumn Tour 2018「in the other side」』と題した全国ツアーを行なうことも決定! 9月16日(日)の仙台公演を皮切りに10月6日(土)の神奈川県民ホール公演まで全国6公演の開催となるので、こちらもお楽しみに!

シングル「インサイドアウト」

2018年7月25日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1409/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.インサイドアウト
02.灯火
03.インサイドアウト(Instrumental)
04.灯火(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤Aのみ
01.インサイドアウト(MV)



【初回限定盤B】(CD+ブックレット)
VIZL-1410/¥1,800+税



【Collar×Malice盤】(CD)
VICL-37412/¥1,200+税



【通常盤】(CD)
VICL-37413/¥1,200+税

◎早期予約キャンペーン
対象店にて「インサイドアウト」を対象期間中に4形態同時予約頂いた方に、オリジナルめんこセット(4種入り)をプレゼント致します。
<対象店舗>
タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン、ローソンHMV全国各店/HMV&BOOKS online、Amazon.co.jp
※Amazon.co.jpでは、特典付商品カートがアップされます。ご要望のお客様は特典付商品カートにてお買い求め下さい。
※一部店舗では特典が付かない場合がございます。事前にご予約・ご購入される店舗にてご確認下さい。
<対象期間>
6月1日(金)0:00〜7月8日(日)23:59 まで

『Plastic Tree Autumn Tour 2018「in the other side」』

9月16日(日) 宮城・仙台 Rensa
9月22日(土) 熊本・B.9 V1
9月23日(日) 福岡・DRUM LOGOS
9月28日(金) 愛知・名古屋 ボトムライン
9月29日(土) 大阪・なんばHatch
10月06日(土) 神奈川・神奈川県民ホール
<チケット>
¥5,800(税込)
※3歳以上有料/3歳未満入場不可
※オールスタンディング(神奈川県民ホール公演のみ全席指定)
※当日1drink order(神奈川県民ホール公演を除く)



【関連リンク】
Plastic Tree、シングル「インサイドアウト」新ビジュアル公開&全国ツアー決定
Plastic Treeまとめ
『LUNATIC FEST.2018』第6弾ラインナップに、LOUDNESSが決定!

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ゲーム, ライブ, ツアー, ワンマン

『LUNATIC FEST.2018』第6弾ラインナップに、LOUDNESSが決定!
Wed, 13 Jun 2018 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAが主宰する最狂のロックフェス『LUNATIC FEST.2018』の第6弾ラインナップとして、6月24日(日)公演にLOUDNESSの出演が発表された。

日本ロックシーンに欠かすことが出来ないレジェンドであるLOUDNESSが、初めて“ルナフェス”のステージに登場。30年以上前にワールドワイドな契約を結び、日本人として初めてマディソン・スクエア・ガーデンに立つなどしたLOUDNESSの歴史の1ページに、ルナフェスが刻まれることになる。圧巻の演奏力と唯一無二のその存在感を、ジャンルも世代も超越して体現してほしい。

ルナフェス開催まで残すところ僅かとなったが、まもなく最終ラインナップが発表されるという情報も…! LUNA SEAが自信を持ってセレクトした最狂のラインナップが出揃い、その全貌が遂に明らかになる。チケットは、現在各プレイガイドにて販売中なので、お早めにチェック!

■『LUNATIC FEST.2018』

6月23日(土) 千葉・幕張メッセ
6月24日(日) 千葉・幕張メッセ

<出演>
■6月23日(土)
LUNA SEA、ACE OF SPADES、GLIM SPANKY、GLAY、coldrain、シド、女王蜂、DIR EN GREY、
back number、The BONEZ、LUNACY(Opening Act)
■6月24日(日)
LUNA SEA 、AA=、大黒摩季、OLDCODEX、THE ORAL CIGARETTES、BRAHMAN、MUCC、
LOUDNESS、lynch.、LUNACY(Opening Act) and more...
※LUNA SEAを除き50音順で掲載

<チケット>
1日券¥15,500(入場チケット¥15,000+ドリンク代¥500/税込)
※各プレイガイドにてチケット好評販売中!



【関連リンク】
『LUNATIC FEST.2018』第6弾ラインナップに、LOUDNESSが決定!
LUNA SEAまとめ
LOUDNESSまとめ
Beverly、『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』のEDテーマを担当

【関連アーティスト】
LUNA SEA, LOUDNESS
【ジャンル】
ニュース

Beverly、『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』のEDテーマを担当
Wed, 13 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Beverly(ビバリー)の未発表新曲「Everlasting Sky」が、8月4日(土)に全国公開の『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』のエンディングテーマに起用されることが記者会見で発表となった。

映画は平成仮面ライダーシリーズ19作目で、シリーズ史上最高のIQを誇る天才物理学者が仮面ライダーに変身、予想を裏切るストーリー展開で話題の『仮面ライダービルド』の映画最新作となる。現在テレビシリーズで好評オンエア中の主題歌「Be The One」がサブタイトルに冠されており、Beverlyがどんな歌声を聴かせてくれるのか、今から楽曲を耳にする日が待ち遠しい。

6月20日には、2ndアルバム『24』のリリースと自身の24歳のバースデーを控えるBeverly。バースデー当日の6月20日(水)は『Beverly「24」発売記念 TWENTY FOUR限定 GYAO!プレミアムライブ』と題し、24歳のファンを24名限定で招待した24分だけの超プレミアムライヴを行なう。こちらの観覧応募は6月15日(金)22:00までなのでお見逃しなく! 

ほかにも『テレビ朝日夏祭りsummer station』への出演や、7月には『Beverly 2nd JOURNEY 「24」』ツアーも発表されているので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしてほしい。

『Beverly「24」発売記念 TWENTY FOUR限定 GYAO!プレミアムライブ』

6月20日(水) 東京・Yahoo! JAPAN本社17階 LODGEスタジオ
<イベント観覧募集>
受付期間:6月8日(金)12:00〜6月15日(金)22:00
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01puy9zmibns.html#detail

『Beverly 2nd JOURNEY 「24」』

7月01日(日) 大阪・YES THEATER
7月07日(土) 愛知・JAMMIN\'
7月08日(日) 東京・代々木YAMANO HALL



【関連リンク】
Beverly、『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』のEDテーマを担当
Beverlyまとめ
AK-69×UVERworldコラボ曲が、マクドナルド FREE Wi-Fiのコンテンツで独占先行配信

【関連アーティスト】
Beverly
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, 新曲, ポップス, ライブ, エンディング, 映画

AK-69×UVERworldコラボ曲が、マクドナルド FREE Wi-Fiのコンテンツで独占先行配信
Wed, 13 Jun 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AK-69がUVERworldとコラボレーションした楽曲「ONE LIFE feat. UVERworld」が、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービスのAWAで独占先行配信をスタート! 

この独占先行配信は、AWAと日本マクドナルド株式会社が2017年3月より提供しているスペシャルコンテンツの一環によるもの。全国のマクドナルドの約2,400店舗に導入されている“マクドナルド FREE Wi-Fi”に接続すると、誰でも「ONE LIFE feat. UVERworld」を聴くことができる。AWAのStandardプランに登録している方およびトライアル期間中の方は楽曲をフルバージョンで聴くことができ、Freeプラン利用の方も90秒バージョンを聴くことが可能となるので、ぜひチェックしてほしい。

また、本人出演動画がAWA公式Twitterにて公開中。アカウントフォロー&リツイートでサイン入りグッズが当たるキャンペーンも行なっており、AWAではAK-69の格言を収めたボイストラックの限定配信しているので、ぜひAK-69の限定コンテンツを楽しんでみてはいかがだろうか。

「ONE LIFE feat. UVERworld」は、AK-69が6月20日(水)にリリースするコラボーレーションベストアルバム『無双Collaborations -The undefeated-』の収録曲で、アルバム『DAWN』に収録された「Forever Young feat. UVERworld」に続き2度目のタッグだ。6月9日(月)の“AK-69の日”には『ROCK YOU』と題したライヴを共同開催した。なお、本楽曲は株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が協業して運営するeスポーツイベント『RAGE』のテーマ曲となっており、6月17日(日)に開催される『RAGE 2018 Summer』の会場でAK-69とTAKUYA∞(UVERworld)が「ONE LIFE」の特別パフォーマンスを予定しているので、こちらも注目!

■『RAGE 2018 Summer』 オフィシャルHP
https://rage-esports.jp/2018summer/

アルバム『無双Collaborations -The undefeated-』

2018年6月20日発売



【CD】
UICV-1098/¥3,000(税抜)
<収録曲>(※右年月日表記は、オリジナル発売日(配信含む))
01.BRAVE feat. Toshl(X JAPAN)/ AK-69(※新曲)
02.ONE LIFE feat. UVERworld / AK-69(※新曲)
03.24/7 365 feat.AK-69 / CITY-ACE(2016年7月1日発売)
04.Let\'s start from da bottom / AK-69 × MC TYSON(2018年5月23日発売(AWAのみ))
05.999 featuring AK-69 / TERRY(2012年6月13日発売)
06.Let me Know feat. AK-69 &KOHH / タイプライター&YMG(2015年12月2日発売)
07.IT\'S OK feat. AI / AK-69(2011年1月26日発売)
08.Forever Young feat. UVERworld / AK-69(2016年11月23日発売)
09.Shatter / DOBERMAN INFINITY × AK-69(2017年9月13日発売)
10.蒼天の果てに feat. CITY-ACE / AK-69(※新曲)
11.ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX feat. AK-69 & Zeebra / DJ RYOW(2016年11月23日発売)
12.On Fire / AK-69,般若&青山テルマ(2016年10月7日発売)
13.Bling Bling Bling feat. AK-69 / 倖田來未(2009年1月28日発売)
14.#HEARTMELT feat. AK-69 / Crystal Kay(2015年12月16日発売)
15.FIND YOU feat AK-69 / YORK(2013年2月27日発売)
16.Rainy Days feat. 清木場俊介/ AK-69(2016年11月23日発売)
17.Destiny Remix feat. AK-69 & SALU / シェネル(2017年12月6日発売)

【配信】
01.BRAVE feat. Toshl(X JAPAN) / AK-69(※新曲)
02.Oh Lord Featuring Fabolous / AK-69(2014年12月17日発売)(※デジタル配信のみ収録)
03.We don\'t stop feat. Fat joe / AK-69 / Flying B Entertainment(2016年2月24日発売)(※デジタル配信のみ収録)
04.ONE LIFE feat. UVERworld / AK-69(※新曲)
05.AKLO, PUNPEE, AK-69 「MY STYLE」/ DJ HAZIME(※デジタル配信のみ収録)
06.24/7 365 feat.AK-69 / CITY-ACE(2016年7月1日発売)
07.999 featuring AK-69 / TERRY(2012年6月13日発売)
08.Let\'s start from da bottom / AK-69 × MC TYSON(2018年5月23日発売(AWAのみ))
09.TOO MUCH MONEY OUT HERE(Produced by DJ Khaled)/ AK-69(2013年8月7日発売)(※デジタル配信のみ収録)
10.Let me Know feat. AK-69 &KOHH / タイプライター&YMG(2015年12月2日発売)
11.IT\'S OK feat. AI / AK-69(2011年1月26日発売)
12.Bling Bling Bling feat. AK-69 / 倖田來未(2009年1月28日発売)
13.#HEARTMELT feat. AK-69 / Crystal Kay(2015年12月16日発売)
14.FIND YOU feat AK-69 / YORK(2013年2月27日発売)
15.Rainy Days feat. 清木場俊介 / AK-69(2016年11月23日発売)
16.Say Goodbye feat. Matt Cab / AK-69(2015年3月25日発売)(※デジタル配信のみ収録)
17.Destiny Remix feat. AK-69 & SALU / シェネル(2017年12月6日発売)
18.Forever Young feat. UVERworld / AK-69(2016年11月23日発売)
19.Shatter / DOBERMAN INFINITY × AK-69(2017年9月13日発売)
20.On Fire / AK-69,般若&青山テルマ(2016年10月7日発売)
21.ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX feat. AK-69 & Zeebra / DJ RYOW(2016年11月23日発売)
22.蒼天の果てに feat. CITY-ACE / AK-69(2:48)(※新曲)

アルバム『無双Collaborations -The undefeated-』先着購入者特典

・69Homies会員:B2ポスター(FC限定オリジナル絵柄)
・TSUTAYA:B2ポスター(TSUTAYA限定オリジナル絵柄)
・その他一般CDショップ:B2告知ポスター(CDショップ用共通絵柄)
※特典は先着となり数に限りがありますので、早期のご予約をお奨めいたします。
※一部取扱いのない店舗・オンラインショップもございます。詳しくは各CDショップにてご確認ください。
※各ポスターデザインは追って発表致します。お楽しみに!!



【関連リンク】
AK-69×UVERworldコラボ曲が、マクドナルド FREE Wi-Fiのコンテンツで独占先行配信
AK-69まとめ
UVERworldまとめ
SKE48、ニューシングル「いきなりパンチライン」の詳細を一挙解禁

【関連アーティスト】
AK-69, UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, 配信, ヒップホップ, ラップ, ライブ, 音楽配信

SKE48、ニューシングル「いきなりパンチライン」の詳細を一挙解禁
Wed, 13 Jun 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

名古屋・栄を拠点とするアイドルグループ“SKE48”が、7月4日にリリースする23枚目シングル「いきなりパンチライン」のキービジュアルとジャケット写真および収録内容を発表した。

SKE48の10周年イヤーを飾る2018年第2弾シングルという位置づけで、松井珠理奈が20thシングル「金の愛、銀の愛」以来、2作品ぶりにセンターを務める。今作では、チームEの末永桜花(7期生)と佐藤佳穂(8期生)が初の選抜入りを果たすなど、今までとはまた違うギラギラした夏を過ごせるような、SKE48の熱さがぎゅっと詰まった作品となっている。初回・通常盤Type A〜Dに加え、劇場盤も用意されており、こちらは収録曲未定とのことなので続報をお楽しみに!

シングル「いきなりパンチライン」

2018年7月4日発売



【初回限定盤 Type A】(CD+DVD)
AVCD-94103/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.Parting shot(Team S)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.Parting shot off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.Parting shot(Team S)(MV)
03.10周年を愛知県でPR 豊橋・豊川編

<歌唱メンバー>
■「いきなりパンチライン」
Team S:北川綾巴、松井珠理奈
Team KII:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里
■「Parting shot」(Team S)
Team S:一色嶺奈、井上瑠夏、岡田美紅、上村亜柚香、北川愛乃、北川綾巴、坂本真凛、杉山愛佳、都築里佳、仲村和泉、野島樺乃、野村実代、町 音葉、松井珠理奈、松本慈子、山内鈴蘭、山田樹奈
■「花の香りのシンフォニー」(Passion For You選抜)
Team S:北川綾巴、坂本真凛、野島樺乃、松井珠理奈
Team KII:荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、北野瑠華、白井琴望、高柳明音、竹内彩姫
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、菅原茉椰、須田亜香里
※上記所属チーム等は2018年6月11日現在のものです。



【初回限定盤 Type B】(CD+DVD)
AVCD-94104/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.誰かの耳(Team KII)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.誰かの耳 off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.誰かの耳(Team KII)(MV)
03.10周年を岐阜県でPR

<歌唱メンバー>
■「いきなりパンチライン」
Team S:北川綾巴、松井珠理奈
Team KII:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里
■「誰かの耳」(Team KII)
Team KII:青木詩織、荒井優希、内山 命、江籠裕奈、大芝りんか、太田彩夏、大場美奈、小畑優奈、片岡成美、北野瑠華、白井琴望、惣田紗莉渚、高木由麻奈、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和、松村香織、水野愛理、矢作有紀奈
■「花の香りのシンフォニー」(Passion For You選抜)
Team S:北川綾巴、坂本真凛、野島樺乃、松井珠理奈
Team KII:荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、北野瑠華、白井琴望、高柳明音、竹内彩姫
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、菅原茉椰、須田亜香里
※上記所属チーム等は2018年6月11日現在のものです。



【初回限定盤 Type C】(CD+DVD)
AVCD-94105/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.君はラムネ(Team E)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.君はラムネ off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.君はラムネ(Team E)(MV)
03.若手にドッキリを仕掛けよう!〜アクション映画オーディション編〜

<歌唱メンバー>
■「いきなりパンチライン」
Team S:北川綾巴、松井珠理奈
Team KII:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里
■「君はラムネ」(Team E)
Team E:相川暖花、浅井裕華、井田玲音名、鎌田菜月、熊崎晴香、倉島杏実、斉藤真木子、佐藤佳穂、白雪希明、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里、?畑結希、谷真理佳、野々垣美希、福士奈央
■「花の香りのシンフォニー」(Passion For You選抜)
Team S:北川綾巴、坂本真凛、野島樺乃、松井珠理奈
Team KII:荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、北野瑠華、白井琴望、高柳明音、竹内彩姫
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、菅原茉椰、須田亜香里
※上記所属チーム等は2018年6月11日現在のものです。



【初回限定盤 Type D】(CD+DVD)
AVCD-94106/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.大人の世界(B・ラヴィエール)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.大人の世界 off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.大人の世界(B・ラヴィエール)(MV)
03.若手にドッキリを仕掛けよう!〜恋愛映画オーディション編〜

<歌唱メンバー>
■「いきなりパンチライン」
Team S:北川綾巴、松井珠理奈
Team KII:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里
■「大人の世界」(B・ラヴィエール)
Team S:岡田美紅、都築里佳、山内鈴蘭、山田樹奈
Team KII:青木詩織、荒井優希、内山 命、高木由麻奈、松村香織、矢作有紀奈
Team E:斉藤真木子、?畑結希、谷真理佳
■「花の香りのシンフォニー」(Passion For You選抜)
Team S:北川綾巴、坂本真凛、野島樺乃、松井珠理奈
Team KII:荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、北野瑠華、白井琴望、高柳明音、竹内彩姫
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、菅原茉椰、須田亜香里
※上記所属チーム等は2018年6月11日現在のものです。



【通常盤 Type A】(CD+DVD)
AVCD-94107/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.Parting shot(Team S)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.Parting shot off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.Parting shot(Team S)(MV)
03.10周年を愛知県でPR 豊橋・豊川編

<歌唱メンバー>
■「いきなりパンチライン」
Team S:北川綾巴、松井珠理奈
Team KII:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里
■「Parting shot」(Team S)
Team S:一色嶺奈、井上瑠夏、岡田美紅、上村亜柚香、北川愛乃、北川綾巴、坂本真凛、杉山愛佳、都築里佳、仲村和泉、野島樺乃、野村実代、町 音葉、松井珠理奈、松本慈子、山内鈴蘭、山田樹奈
■「花の香りのシンフォニー」(Passion For You選抜)
Team S:北川綾巴、坂本真凛、野島樺乃、松井珠理奈
Team KII:荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、北野瑠華、白井琴望、高柳明音、竹内彩姫
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、菅原茉椰、須田亜香里
※上記所属チーム等は2018年6月11日現在のものです。



【通常盤 Type B】(CD+DVD)
AVCD-94108/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.誰かの耳(Team KII)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.誰かの耳 off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.誰かの耳(Team KII)(MV)
03.10周年を岐阜県でPR

<歌唱メンバー>
■「いきなりパンチライン」
Team S:北川綾巴、松井珠理奈
Team KII:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里
■「誰かの耳」(Team KII)
Team KII:青木詩織、荒井優希、内山 命、江籠裕奈、大芝りんか、太田彩夏、大場美奈、小畑優奈、片岡成美、北野瑠華、白井琴望、惣田紗莉渚、高木由麻奈、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和、松村香織、水野愛理、矢作有紀奈
■「花の香りのシンフォニー」(Passion For You選抜)
Team S:北川綾巴、坂本真凛、野島樺乃、松井珠理奈
Team KII:荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、北野瑠華、白井琴望、高柳明音、竹内彩姫
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、菅原茉椰、須田亜香里
※上記所属チーム等は2018年6月11日現在のものです。



【通常盤 Type C】(CD+DVD)
AVCD-94109/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.君はラムネ(Team E)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.君はラムネ off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.君はラムネ(Team E)(MV)
03.若手にドッキリを仕掛けよう!〜アクション映画オーディション編〜

<歌唱メンバー>
■「いきなりパンチライン」
Team S:北川綾巴、松井珠理奈
Team KII:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里
■「君はラムネ」(Team E)
Team E:相川暖花、浅井裕華、井田玲音名、鎌田菜月、熊崎晴香、倉島杏実、斉藤真木子、佐藤佳穂、白雪希明、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里、?畑結希、谷真理佳、野々垣美希、福士奈央
■「花の香りのシンフォニー」(Passion For You選抜)
Team S:北川綾巴、坂本真凛、野島樺乃、松井珠理奈
Team KII:荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、北野瑠華、白井琴望、高柳明音、竹内彩姫
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、菅原茉椰、須田亜香里
※上記所属チーム等は2018年6月11日現在のものです。



【通常盤 Type D】(CD+DVD)
AVCD-94110/B/¥1,646(税込)
<収録曲>
■CD
01.いきなりパンチライン
02.大人の世界(B・ラヴィエール)
03.花の香りのシンフォニー(Passion For You選抜)
04.いきなりパンチライン off vocal
05.大人の世界 off vocal
06.花の香りのシンフォニー off vocal
■DVD
01.いきなりパンチライン(MV)
02.大人の世界(B・ラヴィエール)(MV)
03.若手にドッキリを仕掛けよう!〜恋愛映画オーディション編〜

<歌唱メンバー>
■「いきなりパンチライン」
Team S:北川綾巴、松井珠理奈
Team KII:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、佐藤佳穂、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里
■「大人の世界」(B・ラヴィエール)
Team S:岡田美紅、都築里佳、山内鈴蘭、山田樹奈
Team KII:青木詩織、荒井優希、内山 命、高木由麻奈、松村香織、矢作有紀奈
Team E:斉藤真木子、?畑結希、谷真理佳
■「花の香りのシンフォニー」(Passion For You選抜)
Team S:北川綾巴、坂本真凛、野島樺乃、松井珠理奈
Team KII:荒井優希、江籠裕奈、大場美奈、北野瑠華、白井琴望、高柳明音、竹内彩姫
Team E:鎌田菜月、熊崎晴香、菅原茉椰、須田亜香里
※上記所属チーム等は2018年6月11日現在のものです。



【劇場盤】(CDのみ)
AVC1-94111/¥1,080(税込)
<収録曲>
内容未定



【関連リンク】
SKE48、ニューシングル「いきなりパンチライン」の詳細を一挙解禁
SKE48まとめ
西城秀樹の記録映画『ブロウアップ ヒデキ』、東名阪Zeppで大音量上映!

【関連アーティスト】
SKE48
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

西城秀樹の記録映画『ブロウアップ ヒデキ』、東名阪Zeppで大音量上映!
Wed, 13 Jun 2018 15:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

時代を超えた名曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、「傷だらけのローラ」「ギャランドゥ」「情熱の嵐」「ブルースカイ ブルー」「激しい恋」「ブーメランストリート」「愛の十字架」など、人々の記憶に残る名曲の数々を歌ってきた永遠のスーパースター・西城秀樹。しかし5月16日深夜、惜しまれながらも63年の生涯に幕を閉じた。

それから遡ること43年前、20歳になったばかりの西城秀樹の情熱あふれるステージを3カ月余りにわたって追い続けた、西城秀樹初の映画『ブロウアップ ヒデキ』(1975年10月公開作品)を、7月17日(火)にZepp DiverCity(東京)、Zepp Nagoya(愛知)、Zepp Namba(大阪)の3カ所にて再上映されることが決定! ライヴハウスZeppのPA音響システムを駆使し、ライヴ級の音圧と巨大画面で魅せる『110107eiga』にて、昭和が生んだ伝説のスーパーノヴァ“西城秀樹”の情熱1000%ライヴを疑似体験することができる。

映画には1975年7月20日から8月24日まで、全国15か所31回の公演を行なった『西城秀樹・全国縦断サマー・フェスティバル』の模様を収録。前年にリリースした「傷だらけのローラ」のビックバンで一躍大スターとなった“ヒデキ”の、熱気あふれるステージを記録した貴重な映像だ。1975年7月20日、富士山麓の特設野外ステージを皮切りに、西城秀樹初の全国縦断ツアーはスタート。札幌、秋田、盛岡、仙台、広島など、日本各地を回ったその踏破距離はおよそ5,000キロにも及ぶという。そして最終日の8月24日、大阪球場のマンモススタンドを大観衆で埋め尽くしたエンディングフェスティバルまでを完全収録している。

趣向を凝らした大胆なショー構成、巨大なスピーカーボックスから響きわたるサウンドと、キレのあるパフォーマンスで観客を魅了するヒデキの姿を10台の劇場用カメラでフィルムに捉えた。製作スタッフ約400名、製作日数95日、フィルム使用料10万フィート(18時間30分)という当時では特大規模のプロジェクト。ステージパフォーマンスだけでなく、旅の合間に1日設けられたオフに沖縄の砂浜で夏を楽しむ姿も観ることができる。

さらに、ステージを降りて1人の青年に戻ったヒデキが、ためらいながらも自分の言葉で青春や愛を語るインタビューも記録。元のフィルムより最新の技術を駆使し、画と音を“レストア&リマスタリング”した綺麗な映像と驚愕の音質で蘇る。

本作を通してヒデキのドラマを知ることで、あの時の情熱や輝きを感じてほしい。映画館ではない場所で特別に上映許諾されたライヴハウスZeppでの上映なので、これが見納め上映となる。数々の伝説のライヴを行ない、ライヴと共に生きてきた20歳の秀樹を描いた作品なだけに、45年前に発売されたシングル「情熱の嵐」で心の底から“ヒデキ!”と叫ぶには、ライヴハウスZeppは打ってつけの場所ではないだろうか。チケット先行受付は6月13日(水)13:00よりスタートしているので、この機会をお見逃しなく!

(c)1975松竹株式会社

『二十歳のヤングマン!西城秀樹43年前のドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』この日限りのライヴハウス上映@Zepp東名阪』

7月17日(火)開場14:30 開映15:00
会場:Zepp DiverCity(東京)、Zepp Nagoya(愛知)、Zepp Namba(大阪)

<チケット>
1.プレミアム・エリア・シート(全席指定)
2.一般自由席
※1975年/日本/87分/16×9 LBシネスコサイズ/カラー
※税込/ドリンク代別

■6月13日(水)13:00〜チケットぴあにて先行受付開始!
・前売券
1.プレミアム・エリア・シート(全席指定)¥4,000(税込)
2.一般自由席¥3,000(税込)
・当日券
1.プレミアム・エリア・シート(全席指定)¥4,500(税込)
2.一般自由席¥3,500(税込)
※ご入場時に、別途ワンドリンク+¥500をいただきます。
※プレミアム・エリア・シート:会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。

■プレリザーブ(抽選)
6月13日(水)13:00〜6月25日(月)23:59
・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/hideki-to/
・Pコード:558-535(東京・大阪共通)
・電話受付(自動音声)0570-02-9999
・Pコード:599-746(東京)/599-747(大阪)/599-852(名古屋)

■一般販売(先着)
6月29日(金)15:00〜7月16日(月)23:59
・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/hideki-to/
・Pコード:558-535(東京・大阪共通)
・電話受付(自動音声) 調整中
・イープラス ※一般自由席のみ http://eplus.jp/zepphideki/
・ローソンチケット ※一般自由席 http://l-tike.com/zepphideki/
※各社プレイガイドによって終了時間が異なります。
※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

■当日券(先着)
7月17日(火)〜時間未定
※一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。
※各会場のチケットカウンターでも販売いたします。
※チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットでも販売いたします。



【関連リンク】
西城秀樹の記録映画『ブロウアップ ヒデキ』、東名阪Zeppで大音量上映!
西城秀樹まとめ
『喜納昌吉&チャンプルーズ』が示した沖縄音楽という名の宝珠

【関連アーティスト】
西城秀樹
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, ポップス, ライブ, チケット

『喜納昌吉&チャンプルーズ』が示した沖縄音楽という名の宝珠
Wed, 13 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

先週6月6日、『喜納昌吉&チャンプルーズ』がアナログレコードで復刻。このまたとないタイミングで、当方でもこの邦楽ロックの名盤中の名盤を取り上げてみたい。沖縄音楽とロックの邂逅。その内容と意義と併せて、この傑作が登場した歴史的背景、のちのシーンに及ぼした影響についても触れてみよう。

■源流を辿り、鉱脈を掘り起す試み

先日、取材させてもらった、とあるアーティストがこんなことを言っていた。「日本人ってゼロから1を作り出す能力はそれほどないかもしれないんですけど、1を10にする力ってめちゃめちゃあって。海外から入ってきたものを日本独自のものに進化させる──それこそゲームもそうだし、アニメもそうで。(中略)80年代のポップスって米国から入って来たファンクとかブラックミュージックの影響を受けているんですけど、全然違うものになっているじゃないですか」。確かに一理あると思った。日本の童歌や民謡など“日本古来と言われる音楽”(ここではあえてそう呼ぶ)は、西洋音楽に比べて音階が少ない上に、リズムも基本的に二拍子が多く、抑揚に乏しいとは言わないまでも派手な印象は薄い。そう考えると、ゼロから1を作り出す能力はそれほどないというのは正解なのかもしれない。

だが、現在のJ-POPはもちろんのこと、昭和の歌謡曲、フォーク、ニューミュージックにも、日本的音階に西洋的なリズムを合わせたものが多く、それで日本の音楽市場が世界屈指の規模になったのだから、すなわち1を10にしたと言える(厳密に言えば、日本古来のリズムは二拍子だけではないし、二拍子にしても独特の間で自由なリズムを作り出していることも付記しておく。念のため)。

ここからは完全に個人的な推測でしかないが──日本の大衆音楽がそうした構造だからだろうか。ある程度のキャリアのアーティストはルーツミュージックに向かう人が多いような気がする。民族音楽…とまでいかなくても、ジャズ、ブルース、ファンク、ソウル、レゲエ、スカといった、所謂血の濃い音楽に傾倒していく。昨今のコンテンポラリーR&Bもそうかもしれないし、“渋谷系”と言われたアーティストたちがレコードを漁ったのもそれに近い行為だったのかもしれない。日本語のロックの黎明期はまさにその連続だったろうし、日本の音楽シーンには、源流を辿り、鉱脈を掘り起す試みが常にあったと言える。

■沖縄で発見された音楽の原石

1970年代半ば、まさに世紀の大発見と言っていいような出来事が起こった。概ね欧米にしかないと思われていた源流、鉱脈が日本で発見されたのだ。それは、それまで日本古来の音楽にはないと思われていた抑揚とリズムを兼ね備えており、とりわけその当時、日本独自のロックの追求に余念がなかったアーティストは色めき立ち、歓喜した。水源、原石の発見場所は──1972年5月15日、米国から日本へ復帰を果たしたばかりの沖縄。水源、原石とは、喜納昌吉&チャンプルーズの「ハイサイおじさん」である(当時は、喜納昌吉&喜納チャンプルーズ名義だった)。発見者は久保田麻琴。沖縄旅行の際にたまたま耳にした同曲に衝撃を受け、1976年に沖縄のレコード会社であるマルフクレコードから発売されていたシングルを購入し、同志、細野晴臣への土産としたことで歴史が動いた。

当時、ソロアルバム制作を中断していた細野は「ハイサイおじさん」を聴くことで一気に盛り上がり、自らの音源に沖縄音楽を始めとするあらゆる音楽を取り入れることに積極的になれたという。『トロピカル・ダンディー』(1975年)、『泰安洋行』(1976年)、『はらいそ』(1978年)と続く、細野の“トロピカル三部作”の制作背景にはそんなきっかけがあった。細野晴臣というアーティストが現在の音楽シーンに決定的な影響を及ぼした偉人のひとりであることは言うまでもないだろう。イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を含む、はっぴいえんど、ティン・パン・アレー以降の氏の活動は、そのメンタル面においては喜納昌吉&チャンプルーズなくしてはあり得なかったと言っても過言ではないかもしれない。

■沖縄音楽とロックとのチャンプルー

戦後日本の音楽シーンにおける巨大なインフルエンサーのひとつ「ハイサイおじさん」。アルバム『喜納昌吉&チャンプルーズ』のオープニングを飾るナンバーでもある。その沖縄特有の音階とリズムはもはやスタンダードと認識されているほどであろうから、これをして沖縄民謡と勘違いしている人もいるかもしれないが、ここに収められているのはロックバージョンと呼んだほうがいいものだ。久保田が細野への土産にしたという、喜納チャンプルーズ名義版はテンポが緩い。ネットで探せると思うので是非聴いてみてほしいが、比べるまでもなく、オリジナル版がゆったりとした感じであることは分かるはずだ。パンクカバーに近い…と言ったら分かってもらえるだろうか。Hi-STANDARDがカバーしたBay City Rollersの「SATURDAY NIGHT」やThe Mamas & the Papasの「CALIFORNIA DREAMIN\'」。それらとそれぞれの原曲の違い──それくらいの差異がある。つまり、皆が知るアルバム版が、まさに沖縄音楽とロックの邂逅なのである。

本作は、当時沖縄では初めての16chマルチレコーダー(※註:これ、24chだったという話もある)をコザの民謡クラブ“ミカド”に持ち込んでライヴ録音されたものだという。そこに矢野誠、矢野顕子、林立夫らの演奏をダビングして完成したそうだ。あの躍動感、ダンスミュージックとしてのポップさはミクスチャー、チャンプルーの賜物だったと言える。“ウチナーポップ”の誕生であった。

■女性ヴォーカルを取り込んだ 特徴的なサウンド

そのM1「ハイサイおじさん」以下、M2「うわき節」、M3「レッドおじさん」、M4「番長小」とリズミカルでポップな楽曲が続くが、M2では電子音が重ねられていたり、M4はどこかスパニッシュ的というか、カントリーミュージック的な雰囲気もあったり、まさにチャンプルー。ミディアム〜スローのM5「東崎」でテンポは落ち着くが、こちらにはシンセもあしらわれている。個人的には波の効果音の被せ方がややあざとい印象を受けたが、アナログ盤はここでA面終了となるので、時代を考えればこの辺はご愛敬であろうか。

女性ヴォーカルの存在感も喜納昌吉&チャンプルーズの大きな特徴であることは間違いない。M2「うわき節」、M6「すくちな者」で見せる男女のコミカルなやりとりはとてもチャーミングだ。ゴスペルやソウルミュージックとは異なるアプローチだが、時に陽気に、時にあっけらかんと、そして時にセクシーに、沖縄の風土や文化を映したような歌声である。女性ヴォーカルは喜納の妹、喜納幸子が担当(当時は妻であった喜納友子も参加していた模様)。彼女は6歳の時にテレビ番組で沖縄民謡を歌っていたというから、伝統芸能の正当な継承者と言えるであろう。M1「ハイサイおじさん」では喜納昌吉が少年役、女性ヴォーカルがおじさん役であって、男女のコミカルのやりとりではないのだが、実はかなりヘヴィな物語が隠された歌詞であることを考えると(この辺は後述する)、女性ヴォーカルがその緩衝材にも中和剤にも、あるいは奥深さを増すことにもなっているのではないだろうか。

余談だが、その女性ヴォーカルの取り込み方はThe Bugglesの「Video Killed The Radio Star」(1979年)に雰囲気が似てる気がするのだが、喜納昌吉&チャンプルーズは欧州のニューウェイブにも影響を与えたのだろうか。

■沖縄の歴史を包括した世界観

キャッチーなサビを持つM7「いちむし小ぬユンタク」、斎太郎節を取り込んだかのような独特のリズムのM8「馬車小引んちゃー」に続く、M9「島小ソング」でアルバム『喜納昌吉&チャンプルーズ』はフィナーレを迎える(再発盤では「東京讃美歌」と「島小ソング(シングル・ヴァージョン)」をボーナストラックとして収録)。“島小”とは沖縄の愛称。音楽評論家のピーター・バラカン氏をして「日本の歌でこれほどプロテスト性の強い歌詞を私は知らない」と言わしめたM9「島小ソング」の歌詞は以下の通り。

《忘んなよ 忘んなよ 忘んなよ ヘイヘイ 忘んなよ/島小島小島小島小 ヘーイ 島小島小島小 ヘーイ/ヘイヘイヘイヘイヘーイヘイ 忘んなよ》
《心や捨ていんなよホーイ 情や捨ていんなよホーイ/我んねぇ島小 ハーイ/島小島小島小 捨ていんなよ ホーイ ヘイ忘んなよ》
《捨ていんなよ 捨ていんなよ 捨ていんなよ ヘイへイ 捨ていんなよ/島小島小島小島小 ヘーイ 島小島小島小 ヘーイ/ヘイヘイヘイヘイヘーイヘイ 捨ていんなよ》(M9「島小ソング」)。

シンプルな歌詞だ。沖縄方言=ウチナーグチが使われているが、こうして文字面を見れば分かりにくい内容でもない。それをミディアムテンポに乗せた一定のメロディーのリフレイン、さらにコール&レスポンスでそれをつなげていく。正直言って、歌がとても上手いというわけではないのだが、それゆえに迫力があってメッセージを強く押し出している印象だ。

《ハイサイおじさん ハイサイおじさん/昨夜ぬ三合びん 小残とんな/残とら我んに分きらんな/ありあり童 いえー童/三合ビンぬあたいし 我んにんかい/残とんで言ゆんな いえー童/あんせおじさん 三合ビンし 不足やみせぇーら/一升ビン我んに 呉みせーみ》(M1「ハイサイおじさん」)。

少年と近所のおじさんとたわいもない会話を描いているM1「ハイサイおじさん」。少年は喜納本人で、おじさんも実在の人物であり、物語の背景には沖縄戦の影がある。[この「おじさん」はかつて喜納家の隣人であったが、妻が精神に異常をきたして実の娘の首を切り落とし鍋で煮るという事件を起こしたために村八分同然の身となり、以前から交友のあった喜納家に酒を無心に来るようになったのだという]([]はWikipediaより引用)。そんなM1「ハイサイおじさん」に始まり、沖縄を《忘んなよ》《捨ていんなよ》と叫ぶM9「島小ソング」で締め括るアルバム『喜納昌吉&チャンプルーズ』の構成からして、明らかにメッセージ性を帯びたものだ。しかし、“ウチナーポップ”ならではの明るさ、躍動感によって、ことさら政治的な抗議だけが前に出ているように感じられないのが、いいところなのだと思う。また、のちに喜納が発する《戦争よりも祭りを》というメッセージはこの時からすでに体現されていたと言える。

■日本の音楽シーンへの多大なる影響

アルバム『喜納昌吉&チャンプルーズ』のヒット以降、沖縄音楽は邦楽シーンになくてはならないものとなったと言える。BEGIN、Cocco、夏川りみ、MONGOL800、HY、ORANGE RANGE etc. シーンのメインストリームで活躍している沖縄出身アーティストは枚挙に暇がない。直接的な沖縄音楽の影響下にあるわけではないが、沖縄アクターズスクールもまったく無関係というわけではなかろう。安室奈美恵も2000年の九州・沖縄サミットのイメージソング「NEVER END」では沖縄音階を取り入れている。

また、沖縄出身ではないアーティストでその楽曲に沖縄音楽のエッセンスを取り入れたている人たちも挙げていけばキリがない。THE BOOMの「島唄」やソウル・フラワー・ユニオンの「満月の夕」がその代表であろうし、サザンオールスターズや角松敏生の楽曲にもある。冒頭で沖縄音楽の伝道師のひとりと説明した細野晴臣は、YMOにおいてもアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』収録曲「ABSOLUTE EGO DANCE」で沖縄音楽をテクノポップに昇華。そのYMOからの影響を公言しているBUCK-TICKの今井寿は、沖縄音階を自らのサウンドに取り入れて「Memento mori」を創作したが(アルバム『memento mori』収録)、ここにはYMOの「ABSOLUTE EGO DANCE」へのオマージュを捧げたサウンドが導入されており、面白い連鎖を見ることができる。沖縄音楽は間違いなく、日本古来の音楽となったと言えるだろう。

TEXT:帆苅智之

アルバム『喜納昌吉&チャンプルーズ』

1977年発表作品



<収録曲>
1.ハイサイおじさん
2.うわき節
3.レッドおじさん
4.番長小
5.東崎
6.すくちな者
7.いちむし小ぬユンタク
8.馬車小引んちゃー
9.島小ソング



【関連リンク】
『喜納昌吉&チャンプルーズ』が示した沖縄音楽という名の宝珠
喜納昌吉&チャンプルーズまとめ
城 南海、大河ドラマ『西郷どん』劇中歌&大河紀行テーマ曲の標準語訳付きダイジェスト公開

【関連アーティスト】
喜納昌吉&チャンプルーズ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

城 南海、大河ドラマ『西郷どん』劇中歌&大河紀行テーマ曲の標準語訳付きダイジェスト公開
Wed, 13 Jun 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月20日(水)に通算12枚目のシングル「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」をリリースする、奄美大島出身の城 南海(きずき みなみ)。今作は、NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』のドラマの劇中歌「愛加那」と、大河紀行テーマ「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」を収録しており、その2曲のダイジェスト映像が公開された。

この2曲は、西郷吉之助(隆盛)が藩命により奄美大島に潜居した時の島妻“愛加那”が、島を離れた西郷隆盛へ向けた想いを、城自身が西郷隆盛の歴史を学び、愛加那の奄美大島のルーツを探って表現した楽曲。その歌詞は、かつてふたりが過ごした地域である“龍郷”の方言で書かれており、オンエアではその歌詞の意味が分からなかったが、公開となったダイジェスト映像には標準語訳が付いているので、より深く楽曲と『西郷どん』の世界観に触れることができるだろう。

また、6月30日(土)からは全国ツアー『ウタアシビ2018夏』もスタートし、会場限定で自身初となるMusic Clip集も発売。デビューシングル「アイツムギ」をはじめ全17曲のミュージッククリップの他に、本人書き下ろしの新曲「ひとつになれたなら」を収録したCDも収録されるとのこと。会場に足を運ぶ方は必ずチェックを!

シングル「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」

2018年6月20日発売



PCCA.04693/¥1,080(税込)
<収録曲>
1.西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜
2.愛加那
3.愛、奏でて ※『愛加那』三味線弾き語りバージョン

ツアー会場限定ミュージッククリップ集『城 南海 Music Clip Collection』

6月30日(土)名古屋・ダイアモンドホール公演より販売開始



【DVD+CD+ミニフォトブック】
BRBP-00077/¥4,900(税込)
※封入特典:ミニフォトブック
<収録曲>
■DVD
01.アイツムギ
02.誰カノタメニ
03.白い月 
04.太陽とかくれんぼ   
05.ルナ・レガーロ 〜月からの贈り物〜
06夢の地図 
07.童神 〜私の宝物〜
08.ずっとずっと 
09.兆し 
10.アイツムギ (2012version) 
11.チョネジア 〜天崖至?〜  
12.ただ一つ 
13.月と月 
14.晩秋  
15.あなたに逢えてよかった 
-Bonus(※NHK「みんなのうた」より)-
01.あさな ゆうな
02.夢待列車
■CD
1.ひとつになれたなら
2.ひとつになれたなら(カラオケ)

◎オフィシャルファンクラブ南海人先行予約
5月25日(金)12:00〜各公演日の3日前の23:59まで
※オフィシャルファンクラブサイト南海人“みなみんちゅ"にご入会いただいている方のみご予約が可能です。
受付URL https://fc.kizukiminami.com/

全国ツアー『ウタアシビ2018夏』

6月30日(土) 愛知・ダイアモンドホール
7月01日(日) 大阪・なんばHatch
7月07日(土) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
7月08日(日) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
7月16日(月・祝) 鹿児島・CAPARVOホール
7月21日(土) 神奈川・ランドマークホール
<チケット>
全席指定¥5,500(税込)※D代別
一般発売中!



【関連リンク】
城 南海、大河ドラマ『西郷どん』劇中歌&大河紀行テーマ曲の標準語訳付きダイジェスト公開
城 南海まとめ
RADWIMPS、予告編を公開していた新曲「カタルシスト」のフルMV公開

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
ニュース

RADWIMPS、予告編を公開していた新曲「カタルシスト」のフルMV公開
Wed, 13 Jun 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

RADWIMPSが1カ月間という短期間の中でアリーナ会場6箇所11公演をめぐる濃密なツアー『Road to Catharsis Tour 2018』の福岡公演が終了した直後、突如会場内のスクリーンで「カタルシスト」フルバージョンMVが公開された。未踏の近未来の都市を舞台に繰り広げられる、RADWIMPSが創り出す新世界。本作には様々な若いアーティスト達も参加し、その才能やエネルギーが映像から溢れ出している。

2018フジテレビ系サッカーのテーマ曲として話題になっているニューシングル「カタルシスト」は、6月6日(水)にリリースされたばかりなので、まだゲットしていない方はぜひ手に取ってみてほしい。また、RADWIMPSは約1年ぶりのアジアツアー『RADWIMPS Asia Live Tour 2018』を7月に控えており、前回の6都市に加え、初めて北京と成都でも公演を行なう。アジア8都市、延べ4万人動員、バンド史上最大規模の海外ツアーだ。今作と併せてライブスケジュールも要チェック!

シングル「カタルシスト」

2018年6月6日より発売中



【完全生産限定盤】(CD+GOODS 特殊仕様)
UPCH-89375/¥2,593+税
※ RADWIMPSオリジナルバンダナ(53×53センチ)附属
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-80489/¥1,000+税
<収録曲>
01.カタルシスト
02.HINOMARU

【ライブ情報】

■全国ツアー『Road to Catharsis Tour 2018』
6月13日(水) 福岡・マリンメッセ福岡
6月16日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月17日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月19日(火) 神奈川・横浜アリーナ
6月20日(水) 神奈川・横浜アリーナ
6月26日(火) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
6月27日(水) 兵庫・神戸ワールド記念ホール

■アジアツアー『RADWIMPS Asia Live Tour 2018』
7月11日(水) 上海・メルセデスベンツアリーナ
7月14日(土) 北京・キャデラックアリーナ
7月21日(土) 成都・四川省体育館
8月05日(日) 韓国・Yes24 Live Hall
8月11日(土) 台北・新荘体育館
8月13日(月) シンガポール・Zepp@BIGBOX Singapore
8月15日(水) 香港・STAR HALL
8月18日(土) バンコク・BCC HALL, Central Ladpro
※公演詳細はオフィシャルHPへ。



【関連リンク】
RADWIMPS、予告編を公開していた新曲「カタルシスト」のフルMV公開
RADWIMPSまとめ
『第72回トニー賞』は『バンズ・ヴィジット』が最多10部門を受賞! 

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ニュース

『第72回トニー賞』は『バンズ・ヴィジット』が最多10部門を受賞! 
Wed, 13 Jun 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 アメリカ演劇界に於ける最も権威のある『トニー賞』。その第72回目の授賞式が6月11日(現地時間10日)に、アメリカはニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて行なわれ、エジプト人とイスラエル人の男女の一夜に於ける心機微を情熱さを交え描いた『バンズ・ヴィジット』がミュージカル作品賞、主演男優賞など最多10部門(11部門ノミネート)を受賞した。また、演劇部門では、15年後の物語の続きが描かれた、父親になったハリーが過去と向かい合う様を3時間近くの前編後編にて上演され、現在でもロングラン中の『ハリー・ポッターと呪いの子』が全6部門を受賞した。

 この授賞式は演劇部門とミュージカル部門に別れ、それぞれで作品賞やリバイバル作品賞、主演男優・女優賞などが授与される。『バンズ・ヴィジット』は現在の“国境を超えて仲良くしよう”との風潮を反映しているかのように、また、『ハリー・ポッターと呪いの子』に際しては、ここ近年で久しぶりの映画が原作の作品の受賞となり、同シリーズが原作、映画、演劇と未だ根強い人気であることも印象付けた。

 ブロードウェイ最多の動員を更新した年でもある今年。結果、各作品の特異性から、どの作品が受賞しても不思議ではないとの前評判の中での授賞式となった。既発映像として著名な作品の戯曲化のノミネート作品も目立ち、それら先人の手によるクラシック作品を現代ならではのアイデアと表現力、演技力、歌唱力で、どれほど聴衆を惹き込み、魅了していくかが受賞の焦点となる。加え、ミュージカル部門ではノミネート作品の全てが、かつて映画化されたものばかり。がゆえに、どう映画との差別化を図っていくのかにも興味が募った。

 そんな今年の授賞式はジョシュ・グローバンとサラ・バレリスが司会を務めた。ミュージシャンながら演劇にも造詣が深く演劇経験もある両者は所々でデュエットを披露し、数々の賞の授与がされていく。そんな中、演劇主演男優賞を受賞したアンドリュー・ガーフィールド( 『エンジェルス・イン・アメリカ』)は、“正しく生きていく為にもこの受賞は嬉しい”と語り、6人のノミネートは初。その中から初ノミネートにして、栄冠に輝いたミュージカル主演女優賞受賞のカトリーナ・レンク (『バンズ・ヴィジット』)は“この作品に出て楽しませていただきました”と受賞の慶びを表した。

【今年の主な部門受賞結果】


■ミュージカル作品賞
『バンズ・ヴィジット』
■ミュージカル・リバイバル作品賞
『アイランド』
■演劇作品賞
『ハリー・ポッターと呪いの子』
■演劇リバイバル作品賞
『エンジェルス・イン・アメリカ』
■演劇主演男優賞
アンドリュー・ガーフィールド(『エンジェルス・イン・アメリカ』)
■演劇主演女優賞
グレンダ・ジャクソン(『幸せの背くらべ』)
■演劇助演男優賞
ネイサン・レイン(『エンジェルス・イン・アメリカ』)
■演劇助演女優賞
ローリー・メトカーフ(『幸せの背くらべ』)
■ミュージカル主演男優賞
トニー・シャルーブ(『バンズ・ヴィジット』)
■ミュージカル主演女優賞
カトリーナ・レンク(『バンズ・ヴィジット』)
■ミュージカル助演男優賞
アリエル・スタッチェル(『バンズ・ヴィジット』)
■ミュージカル助演女優賞
リンジー・メンデス(『回転木馬』)

 発表の合間合間にはミュージカル・リバイバル作品賞を受賞した『アイランド』をはじめ、今年のエントリー作品から『アナと雪の女王』『ハリー・ポッターと呪いの子』『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ』『ミーン・ガールズ』『バンズ・ヴィジット』『マイ・フェア・レディ』『回転木馬』『Summer』等の各部門の作品賞ノミネート作品のハイライトシーンが実際に観衆の前で次から次へと演じられ、観衆を魅了していった。

 また、今回、WOWOWで生中継が行なわれた日本のスタジオでは、井上芳雄、生田絵梨花、坂本昌行による賞の行方の予想や、映画『グレイテスト・ショーマン』より「ザ・グレイテスト・ショー」と「ディス・イズ・ミー」話題のミュージカル楽曲や、今回、功労賞を受賞したアンドリュー・ロイド・ウェバーの戯曲のメドレー、チタ・リヴェラの代表歌のメドレーも生バンドをバックに歌唱。とても贅沢な装いであった。

 併せて授賞式の合間には、10月8日から赤坂ACTシアターで上演予定の映画監督・黒澤明の代表作『生きる』の初のミュージカル化に伴い、同劇に出演する俳優の市原隼人もスタジオに登場。ミュージカルは初となる彼は“自分がまさか芝居の中で歌う日が来るとは想像もつかなかった。でも、歌うことで振り幅が広がりました”と述べ、既にワークショップも始まっているようで“みなさんが「ここが居場所(演劇やミュージカルの舞台)だ」と言っていた意味が分かりました。『生きる』では是非とも一人の男の人生を感じてほしい”と今回の出演について語った。そして、授賞式終了後には8月に東京・シアタークリエで上演される、あの名画『ゴースト』の日本での初ミュージカル化に出演する浦井健治もスタジオに登場。“オリジナルの映画ともブロードウェイとも違う日本なりの『ゴースト』を贈りたい”と強く語り、主題歌でもある「アンチェインドメロディ」をフルコーラスで披露し、舞台への期待を募らせた。
 
 なお、この授賞式(字幕版)の模様は、6 月16 日(土) 夜7:00 WOWOW ライブでにて放送され、WOWOW メンバーズオンデマンドでも見逃し配信される。

photo by (c)Getty Images
text by 池田スカオ和宏



【関連リンク】
『第72回トニー賞』は『バンズ・ヴィジット』が最多10部門を受賞! 
Czecho No Republicが送る『ドリームシャワー2018』に、SUPER BEAVER、芦沢ムネト出演決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ニュース, テレビ番組

Czecho No Republicが送る『ドリームシャワー2018』に、SUPER BEAVER、芦沢ムネト出演決定
Wed, 13 Jun 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicが7月8日(日)に東京・新木場STUDIO COASTにて開催する『Czecho No Republic presents ドリームシャワー2018』に、SUPER BEAVERと芦沢ムネト(MC)の出演が発表された。これで全ラインナップが出揃い、チケットはe+、チケットぴあ、ローソンチケットにて発売中となっているので、気になった方はお早めにチェックを!

毎年夏のはじめにCzecho No Republicが主催する、年に一度のビッグイベント『ドリームシャワー』は、ワンマン編・フェス編と毎年形式を変え、2018年は新木場STUDIO COASTにて全7組が出演する2ステージ制のフェス形式で開催される。Czecho No Republicが今一番共演したいアーティストを集めた一日限りの夏祭りとなっているので、ぜひ足を運んでほしい。

『Czecho No Republic presents ドリームシャワー2018』

7月08日(日) 東京・新木場STUDIO COAST
<出演>
Czecho No Republic/SHE\'S/SUPER BEAVER/TENDOUJI/フレンズ/マカロニえんぴつ/The Wisely Brothers/MC:芦沢ムネト
※2ステージ制
<チケット>
¥4,200(税込)※D代別
一般発売:5月12日(土)〜



【関連リンク】
Czecho No Republicが送る『ドリームシャワー2018』に、SUPER BEAVER、芦沢ムネト出演決定
Czecho No Republicまとめ
SUPER BEAVERまとめ
NoisyCell、アルバム『Wolves』詳細解禁&リリースツアー発表

【関連アーティスト】
Czecho No Republic, SUPER BEAVER
【ジャンル】
ニュース

NoisyCell、アルバム『Wolves』詳細解禁&リリースツアー発表
Wed, 13 Jun 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NoisyCellが、7月25日にリリースするアルバム『Wolves』の詳細と、リリースツアー『NoisyCell presents Wolves Tour 2018』の開催を発表した。今作は3年ぶりのフルアルバムで、前アルバム『Pieces』の時には一つ一つの欠片でしかなかったメンバー4人が、それぞれ力を増して“狼”へと進化したという、成長を感じさせる作品となっている。先行してリリースされた「Letter」や「時間飛行」を含んだ全15曲の楽曲たちは、ラウドシーン出生の畳み掛けるリフやエモーショナルなフレーズを持ち味としながらも、時には冷静に、時には荒々しく表情を変えるリズム隊と、より明確に伝えたいことが増した歌詞の世界観を持っており、確かに今までのNoisyCellからの成長を感じざるをえない傑作となっている。

なおサウンドプロデュースには、ONE OK ROCKやMAN WITH A MISSIONの初期を手がけたakkinが参加しており、より強固な布陣で制作された模様だ。ジャケット、アーティスト写真など一新されているので注目しよう! そして、初回盤には現在も行なっている自主企画『LIGHTSHIP CRUISE』の3月公演の模様が収録されるとのこと。ファンにとっては待望の初ライブ映像となっている。その他にも「Letter」「時間飛行」「虹霓」のMusic Videoも収録予定。

またNoisyCellのオフィシャルHPでは、今作のリリースを記念して6月12日20時より1日限り限定で歌詞と楽曲を先行試聴スタート! これを機にいち早くNoisyCellの進化した楽曲をチェックしてほしい。

そしてアルバムのリリースとともに、リリースツアー『NoisyCell presents Wolves Tour 2018』も開催決定! 2017年から約1年開いた自身の名義でのツアーは、前回よりも格段に本数を増やし、全国的に開催される。チケット先行予約は6月13日から開始されるとのことなので、こちらもぜひチェックしよう。

アルバム『Wolves』

2018年7月25日発売



【初回盤】
VPCC-80696/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
01.Omega
02.Wolves
03.虹霓
04.Odd Afternoon
05.時間飛行
06.Tiny
07.夜
08.M.R.W.
09.ワンダラー
10.創生記
11.Interlude
12.Letter
13.Light
14.真昼の月
15.XV(フィフティーン)
■DVD
(1)LIVE MOVIE LIGHTSHIP CRUISE II at Daikanyama UNIT
(2)Music Video
・Letter
・時間飛行
・虹霓



【通常盤】
VPCC-86201/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.Omega
02.Wolves
03.虹霓
04.Odd Afternoon
05.時間飛行
06.Tiny
07.夜
08.M.R.W.
09.ワンダラー
10.創生記
11.Interlude
12.Letter
13.Light
14.真昼の月
15.XV(フィフティーン)

【ライブ情報】

リリースツアー『NoisyCell presents Wolves Tour 2018』
8月25日(土) 千葉LOOK
8月26日(日) 横浜BB STREET
8月31日(金) 富山SOUL POWER
9月01日(土) 新潟RIVERST
9月02日(日) 伊那GRAMHOUSE
9月06日(木) 八戸FOR ME
9月07日(金)  仙台enn3rd
9月09日(日) 岩手the five morioka
9月15日(土) 大須RAD HALL
9月16日(日) 心斎橋BRONZE
9月17日(月・祝) 福岡LIVEHOUSE Queblick
9月22日(土) 大分club SPOT
9月23日(日) 熊本Django
9月24日(月・祝) 出雲APOLLO
10月12日(金) 旭川CASINO DRIVE
10月13日(土) 苫小牧ELLCUBE
10月19日(金) 京都GROWLY
10月20日(土) 岡山CRAZY MAMA 2nd Room
10月21日(日) 高松TOONICE
11月04日(日) 沖縄output
<チケット>
¥3,000
■先行販売:6月13日12:00

『NoisyCell presents LIGHITSHIP CRUISE III』
6月28日(木) 代官山UNIT ゲスト:THE LITTLE BLACK
<チケット>
¥3,500(税込)
■受付URL http://eplus.jp/nc-lc0628/



【関連リンク】
NoisyCell、アルバム『Wolves』詳細解禁&リリースツアー発表
NoisyCellまとめ

【関連アーティスト】
NoisyCell
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1