歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年06月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
湘南乃風、15周年を飾るアルバム『湘南乃風 〜一五一会〜』全貌解禁
Fri, 01 Jun 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー15周年イヤーとなる今夏に、湘南乃風が7枚目となるオリジナルアルバム『湘南乃風 〜一五一会〜』を6月13日(水)にリリース! タイトルの“一五一会”には、“15周年”の意味と“一期一会”で出会った多くの人たちへの“感謝”の意が込められているとのこと。

本作は、15周年にちなんで15曲を収録。7月13日(金)公開のドキュメント映画『銀幕版 湘南乃風〜一期一会〜』の主題歌となるメッセージソング「ガキの俺へ」や、7月13日(金)からスタートするTVアニメ『ぐらんぶる』のオープニングテーマに決定し、ライブでも盛り上がり必至の夏ソング「Grand Blue」、今作のテーマである“出会いの感謝”を伝える「一期一会」に加え、ファンに人気のソロ楽曲など過去アルバム作品の中でも群を抜いて新曲が多数収録され、湘南乃風からの“感謝”と、次の20周年へ向けた“決意表明”を表した渾身の作品となっている。

今回のアルバムカラーは、フォレストグリーン。この緑には安定や希望、向上や生命力といった色言葉があり、アルバムカラーでもグッと引き込まれるようなパッケージ仕様になっている。また、同時に新ビジュアルも公開され“感謝”をテーマに撮影されたアーティスト写真も必見だ。

そして、今作を引っ提げて6月30日(土)の横浜アリーナ公演からスタートする、全国9都市17公演の全国アリーナツアー『風伝説 〜一五一会 TOUR2018〜』では、今までのツアーよりもさらに進化したライブ演出と圧倒的なライブパフォーマンスで全国に新たな“風伝説”を巻き起こす! 湘南乃風の15周年イヤーに注目。

アルバム『湘南乃風 〜一五一会〜』

2018年6月13日(水)発売



【初回盤】(CD+DVD)
TFCCー86638/¥3,704+税

<収録曲>
■CD
1.Krazy Krazy
2.KING OF THE WILD(テレビ朝日系アニメ「タイガーマスクW」主題歌)
3.Winner
4.ガキの俺へ(ドキュメント映画「銀幕版 湘南乃風 〜一期一会〜」主題歌)
5.Grand Blue(TVアニメ「ぐらんぶる」オープニングテーマ)
6.Let Us Stand Up
7.大きくなったら
8.アイカラ
9.乾杯
10.Antoquino Senorita
11.Then You Smile
12.はなび
13.やめちまぇ!(テレビ朝日系全国放送「Break Out」3月度 オープニング・トラック / テレビ朝日「お願い!ランキング」4月度 エンディングテーマソング)
14.One Song(Piano Ver.)
15.一期一会
■初回盤DVD
1.パズル(Music Video)
2.バブル(Music Video)
3.晴ル矢(Music Video)
4.はなび(Music Video)
5.ライバル(Music Video)
6.青空船(Music Video)
7.HORIZON / KING OF THE WILD(Music Video)
8.Hyper Something feat.INFINITY16、SALU、J-REXXX(Music Video)
9.PAN DE MIC(Music Video)
10.Baddest(Music Video)
11.Winner(Music Video)
12.ダンシングマップ(Music Video)
13.Summer Holidays(Music Video)
14.やめちまぇ!(Music Video)
15.一期一会(Exclusive Movie)

◎購入者特典
1.CDショップ予約購入者先着特典:「一五一会」十五周年記念B3ポスター
2.アニメイト限定先着特典:A3お風呂ポスター(TVアニメ『ぐらんぶる』絵柄)
3.アルバム初回生産 封入応募抽選特典:十五周年記念ゴールドディスク
4.シングル・アルバム2作購入連動特典:十五周年記念パッチンバンド



【通常盤】(CD)
TFCCー86639/¥2,778+税

【Loppi・HMV限定BOX】(CD)
¥9,772+税
※バニティポーチ、タオル、ミニファン、カラビナ付き
※受注終了

【Loppi・HMV限定セット】(CD)
¥4,177+税
※タオル付き
※6月3日(日)まで注文受付

映画『銀幕版 湘南乃風〜一期一会〜』

7月13日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー!
出演:湘南乃風
配給:ショウゲート
■公式サイト https://134r-movie.com/
■公式Twitter https://twitter.com/134r_movie
■公式facebook https://www.facebook.com/134r.movie/
(c) 134r-movie project

『風伝説 〜一五一会 TOUR2018〜』

6月30日(土) 神奈川・横浜アリーナ
7月01日(日) 神奈川・横浜アリーナ
7月21日(土) 群馬・ヤマダグリーンドーム前橋
7月22日(日) 群馬・ヤマダグリーンドーム前橋
7月28日(土) 石川・石川県産業展示館 4号館
7月29日(日) 石川・石川県産業展示館 4号館
8月04日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
8月05日(日) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
8月25日(土) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
8月26日(日) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
9月01日(土) 広島・広島サンプラザホール
9月02日(日) 広島・広島サンプラザホール
9月09日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
9月16日(日) 愛知・名古屋 日本ガイシホール
9月17日(月・祝) 愛知・名古屋 日本ガイシホール
9月23日(日) 大阪・大阪城ホール
9月24日(月・祝) 大阪・大阪城ホール



【関連リンク】
湘南乃風、15周年を飾るアルバム『湘南乃風 〜一五一会〜』全貌解禁
湘南乃風まとめ
WANIMA、映画『OVER DRIVE』主題歌「Drive」のMV公開

【関連アーティスト】
湘南乃風
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース, レゲエ

WANIMA、映画『OVER DRIVE』主題歌「Drive」のMV公開
Fri, 01 Jun 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月25日(土)26日(日)の2日間にわたって、自身初となるドーム公演を埼玉メットライフドームにて開催することを発表したばかりWANIMAが、新曲「Drive」のMVを公開した。今回のMVは、メンバーが大自然、オリエンタルな雰囲気満載の街中を旅する模様がテンポ良く描かれており、過酷な道中でも時に笑い、高らかに歌いながら突き進む、まるでロードムービーのような作品となっている。広大な砂漠の中での演奏シーンはまさにワンチャンスだ。

新曲「Drive」は、6月1日(金)より公開となった映画『OVER DRIVE』の書き下ろし主題歌で、様々な葛藤を抱えながらも現実と向き合い、情けなさを燃料に“ドライブ”していけたらという思いが込めれられている。『OVER DRIVE』をご覧になる際には、映画にマッチした楽曲にも注目してほしい。

■【KENTA(Vo&Ba)コメント】

いつだってどこにいたっていい。
だれだってなにをしたっていい。
情けない思いを燃料に
たまにはブレーキを踏まずに
駆け抜けちゃって下さい。

配信楽曲「Drive」

配信中



■配信URL https://WANIMA.lnk.to/DrivePu

『Everbody!! Tour Final』

8月25日(土) 埼玉・メットライフドーム
8月26日(日) 埼玉・メットライフドーム
■『Everybody!! Tour Final』特設サイト https://wanima.net/everybodytourfinal/



【関連リンク】
WANIMA、映画『OVER DRIVE』主題歌「Drive」のMV公開
WANIMAまとめ
サカナクション、デビュー10周年記念の幕張メッセ公演を映像化

【関連アーティスト】
WANIMA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 主題歌, 映画, 音楽配信

サカナクション、デビュー10周年記念の幕張メッセ公演を映像化
Fri, 01 Jun 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

サカナクションのメジャーデビュー10周年を記念して、2017年9月30日に幕張メッセ国際展示場ホール9−11で開催された『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』のBlu-ray&DVDが、7月25日にリリースされることが決定した。

3月にリリースされたベストアルバム『魚図鑑』に引き続き、今作も“音楽ソフトのプロダクトとしての価値の拡張”をテーマにした商品形態となっている。<完全生産限定プレミアムBLOCK(Blu-ray/DVD)>は高さ60mm、幅152mm、奥行135mmの直方体にDISC 本体と400Pにおよぶフォトブックが格納。ライブ会場である幕張の海をくり抜くという着想から、実際に幕張沖の海上で撮影された海面が直方体の6面に施され、見る者に“海の塊(ブロック)”をおぼえさせる形状となっている。

また、上位価格帯の商品となる<概念盤プレミアムBLOCK(Blu-rayのみ)>をファンクラブ限定(※年会員のみ)で抽選販売することも分かった。“音楽ソフトのプロダクトとしての価値の拡張”というコンセプトをさらに追及したもので、完全生産限定盤と同じ寸法の直方体に400pにおよぶアートブック、シリアルナンバーが刻印されたカード、ライブ写真およびライブ音源データが収録されたオリジナルUSBが格納。構成するすべてのマテリアルが“白”で統一されており、概念を究極的に突き詰めた解が、すべての装飾・価値観を排除した“白=無”となることを暗示している。概念盤の生産数は500個で、抽選方法の詳細は後日発表されるので、会員の方は要チェックだ。

さらに、<完全生産限定プレミアムBLOCK><概念盤プレミアムBLOCK>のDISCには当日のライブ映像に加えて、ライブを完成させるまでのメンバーとスタッフの緻密な作業を追いかけたドキュメンタリー映像を収録。妥協を許さず、真摯に音楽に向き合うバンドの姿が確認できる貴重な映像だ。さらに本作に関する情報が掲載された特設WEBサイトへのアクセスコードも収録されるのでこちらも注目!

本作のデザインは、前作『魚図鑑』を担当したデザイナー平林奈緒美に続いて、グラフィックデザイナーの田中義久が手掛ける。サカナクションが追い求めるプロダクトデザインのあり方をまた一歩推し進めている。また映像監督は前作『SAKANAQUARIUM 2015-2016 “NF Records launch tour”-LIVE at NIPPON BUDOKAN 2015.10.27-』に続き映像クリエイターの山田智和が務め、従来のライブ映像作品のアプローチとは一線を画した、独自の映像表現に昇華した内容となっているのでお楽しみに。商品の詳細は後日発表されるが、ベストアルバム『魚図鑑』完全生産限定盤も発売前に予約が殺到しただけに、早めの予約が必須だ。

Blu-ray&DVD『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』

2018年7月25日発売



【完全生産限定プレミアムBLOCK】
・特殊製法プレミアムBLOCK仕様 
・400pフォトブック(フルカラー印刷)
・特設WEBサイトへのアクセスコード封入(サイトの詳細は後報)
■Blu-ray
VIZL-1415/¥10,000+税
(2層1枚/音声 Surround / Stereo / 96k24b)
■DVD
VIZL-1416/¥9,000+税
(2枚組[DISC1:2層/DISC2:1層] /音声 Stereo / 48k24b)

【通常盤】
■Blu-ray
VIXL-236/¥4,900+税
(2層1枚/音声 Surround / Stereo / 96k24b)
■DVD
VIBL-905/¥3,900+税
(2層1枚/音声 Stereo / 48k24b)

<収録曲> ※Blu-ray・DVD共通
新宝島
M
アルクアラウンド
夜の踊り子
Aoi
シーラカンスと僕

ユリイカ
ボイル
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
夜の東側
三日月サンセット
SORATO
ミュージック
アイデンティティ
多分、風。
ナイトフィッシングイズグッド
サンプル
ネイティブダンサー
目が明く藍色

◎特典映像
『Behind the scenes of SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』
※特典映像は「完全生産限定プレミアムBLOCK」「概念盤プレミアムBLOCK」のみ収録



【概念盤プレミアムBLOCK】(Blu-ray)
NZS-762/¥30,000+税
・500セット限定。サカナクションファンクラブでの抽選販売のみ。
・特殊製法コンセプトBLOCK仕様(UVシルク印刷仕様)
・シリアルナンバー刻印カード
・400pアートブック(UV透明印刷仕様)
・オリジナルUSB(ライブ写真およびライブ音源のデータ収録)
・特設WEBサイトへのアクセスコード封入(サイトの詳細は後報※完全生産限定盤と同一内容)



【関連リンク】
サカナクション、デビュー10周年記念の幕張メッセ公演を映像化
サカナクションまとめ
SUPER★DRAGON、ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』のOPテーマに決定

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売

SUPER★DRAGON、ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』のOPテーマに決定
Fri, 01 Jun 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUPER★DRAGONが8月1日にリリースするシングルの表題曲「SWEET DEVIL」が、ドラマイズム『覚悟はいいかそこの女子。』のオープニングテーマに決定! 同曲は『覚悟はいいかそこの女子。』の書き下ろし曲で、ドラマの世界観に合せて“ヘタレ男子の恋”を描いた青春ラブコメソングとなっている。

今回のタイアップ報告は、偽コメントの撮影で集められたメンバーの元にドラマの主演を務める俳優の中川大志が突然現れ、サプライズで告げられた。 突然の事態に呆然としていたメンバーだが、徐々に状況を理解し、大きな声で歓喜しながら新曲の作成へ意気込んだという。このサプライズの様子は、「スタデジ」にて公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

ドラマイズム『覚悟はいいかそこの女子。』は、MBSで6月24日より毎週日曜日に放送、TBSで6月26日より毎週火曜日に放送となるので、オープニングにも注目だ。

■【毅 コメント】

主演の中川大志さんから主題歌決定のサプライズ報告を受けた日から、メンバー全員ずっとワクワクしています!今回が初めてのドラマ主題歌なので、SUPER★DRAGONにしか表現出来ない楽曲で視聴者の心をグッとドラマに引き込めるような役割になれたらなと思います。
ちなみに主人公の斗和はイケメンだけどヘタレ男子というギャップを持っていますが、僕らもヘビーな楽曲をパフォーマンスしながらも、普段は男子校の騒がしい教室のようでギャップだらけ(笑)
男同士の友情も描いている青春ストーリーはまさにSUPER★DRAGONのようで親近感が湧きました。
僕たちも一緒に盛り上げていけるように誠心誠意音楽を届けるので、主題歌もドラマとともに楽しんでもらえたら嬉しいです。(毅)

(c)椎葉ナナ/集英社
(c)2018ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会

シングル「SWEET DEVIL」

2018年8月1日発売

【イベント情報】

■リリース記念フリーライブ
7月15日(日)福岡
7月16日(月・祝)札幌
8月01日(水)東京
8月04日(土)大阪
8月05日(日)千葉

■個別特典会イベント(抽選)
8月11日(土)名古屋
8月18日(土)東京
8月26日(日)大阪

MBS/TBSドラマイムズ『覚悟はいいかそこの女子。』

MBS:6月24日(日)26:10〜スタート(毎週日曜24:50〜)
TBS:6月26日(火)25:35〜スタート(毎週火曜25:28〜)

出演:中川大志 健太郎 甲斐翔真 若林時英
原作:椎葉ナナ『覚悟はいいかそこの女子。』(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口昇(『片腕マシンガール』『ロボゲイシャ』『ライヴ』他多数)
脚本:李正姫(『ホテルコンシェルジュ』『真夜中のパン屋さん』他多数)
主題歌:ナオト・インティライミ「ハイビスカス」
オープニング:SUPER★DRAGON「SWEET DEVIL」
挿入歌:サイダーガール「約束」



【関連リンク】
SUPER★DRAGON、ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』のOPテーマに決定
SUPER★DRAGONまとめ
BRADIO、「Boom! Boom! ヘブン」MV公開&対バンツアー第2弾発表

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 新曲, TVドラマ, オープニング

BRADIO、「Boom! Boom! ヘブン」MV公開&対バンツアー第2弾発表
Fri, 01 Jun 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRADIOが7月4日(水)にリリースする1stアルバム『YES』の収録曲「Boom! Boom! ヘブン」のMVを公開! 本楽曲は、ラテンテイストが盛り込まれたBRADIO流の踊れるサマーアンセムで、MVは全編を屋外で撮影した開放感溢れる映像に。メンバーがカウボーイに扮し、乗馬や美女とのダンスにも挑戦したり、一番の盛り上がりを見せるサビの部分では、情熱的なラテンテイストを燃え盛る炎と水着美女やダンサーで表現している。ファイアーダンサー、タヒチアンダンサーなどが出演した熱いMVをぜひチェックしてほしい。

また「Boom! Boom! ヘブン」は、アルバム発売に先駆けて6月1日(金)より各配信サービスより配信がスタート。合わせて、iTunes Storeにてアルバム『YES』のプレオーダーもスタートしているのでこちらも併せてチェックを!

そして、今作を引っさげて9月からスタートするツアー『YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜』の対バンアーティストの第2弾が発表された。今回のツアーは、9月8日の熊本公演〜10月14日の群馬公演までの前半12公演がゲストアーティストを招いたツーマンライブ、10月20日の広島公演〜11月22日の東京公演までの後半9公演がワンマンライブとなっている。新たに、UNISON SQUARE GARDEN 、BLUE ENCOUNT、夜の本気ダンス、感覚ピエロ、グッドモーニングアメリカ、UNCHAINとの対バンが決定し、これでツアー前半のツーマンライブの対バンアーティストは全て発表された。チケットは、6月2日(土)10:00〜11日(月)23:59まで先行受付が行われるので、お見逃しなく。

■アルバム『YES』プレオーダー&「Boom! Boom! ヘブン」先行配信
https://lnk.to/WoQCp

『BRADIO「YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜』

■ツーマン公演
9月08日(土) 熊本・B.9 V1 w/UNCHAIN
9月09日(日) 鹿児島・CAPARVO HALL w/UNCHAIN
9月15日(土) 京都・KYOTO MUSE w/OKAMOTO\'S
9月16日(日) 鳥取・米子 AZTiC laughs w/OKAMOTO\'S
9月22日(土) 高知・X-pt. w/Creepy Nuts
9月23日(日・祝) 兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎 w/夜の本気ダンス
9月29日(土) 岩手・Club Change WAVE w/感覚ピエロ
9月30日(日) 福島・郡山 CLUB #9 w/感覚ピエロ
10月06日(土) 静岡・LiveHouse 浜松 窓枠 w/UNISON SQUARE GARDEN
10月08日(月・祝) 石川・金沢EIGHT HALL w/グッドモーニングアメリカ
10月13日(土) 長野・NAGANO CLUB JUNK BOX w/BLUE ENCOUNT
10月14日(日) 群馬・高崎club FLEEZ w/BLUE ENCOUNT
■ワンマン公演
10月20日(土) 広島・広島CLUB QUATTRO
10月21日(日) 香川・高松MONSTER
10月27日(土) 福岡・DRUM LOGOS
11月03日(土・祝) 新潟・NIIGATA LOTS
11月04日(日) 宮城・darwin
11月10日(土) 北海道・札幌PENNY LANE24
11月16日(金) 愛知・DIAMOND HALL
11月18日(日) 大阪・なんばHatch
11月22日(木) 東京・NHKホール
<チケット>
先行受付:6月2日(土)10:00〜6月11日(月)23:59
http://eplus.jp/bradio/

アルバム『YES』

2018年7月4日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31474/75/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
1.Funky Kitchen
2.スキャット・ビート
3.Sexy Lover
4.Boom! Boom! ヘブン
5.きっと遠く キミともっと遠く
6.Sparkling Night
7.Shout To The Top
8.きらめきDancin\'
9.INAZUMAジャケット
10.Feel All Right
11.人生はSHOWTIME
12.LA PA PARADISE
■DVD
シングル「きらめきDancin\'」購入者限定イベント『きらダン・ナイト@東京』のライブ映像



【通常盤】(CD)
WPCL-12896/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.Funky Kitchen
2.スキャット・ビート
3.Sexy Lover
4.Boom! Boom! ヘブン
5.きっと遠く キミともっと遠く
6.Sparkling Night
7.Shout To The Top
8.きらめきDancin\'
9.INAZUMAジャケット
10.Feel All Right
11.人生はSHOWTIME
12.LA PA PARADISE



【関連リンク】
BRADIO、「Boom! Boom! ヘブン」MV公開&対バンツアー第2弾発表
BRADIOまとめ
アジア3都市を巡る『FRONTIER』に鈴木このみ、やなぎなぎ、CHiCO with HoneyWorksら決定

【関連アーティスト】
BRADIO
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, 配信, 出演, ツアー, 音楽配信

アジア3都市を巡る『FRONTIER』に鈴木このみ、やなぎなぎ、CHiCO with HoneyWorksら決定
Fri, 01 Jun 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月2日(土)に台湾・THE WALL公館、6月17日(日)上海・BANDAI NAMCO SHANGHAI BASE DREAM HALL、6月30日(土)東京・TOKYO DOME CITY HALLと、アジア3都市を巡るイベント『FRONTIER』。本イベントの東京公演にやなぎなぎ、CHiCO with HoneyWorks、鈴木このみ、綾野ましろ、暁月凛、Ayasaの6組が出演することが分かった。

東京公演のチケットは、6月2日(土)10:00より各プレイガイドにて一般発売スタート! 豪華出演者6組がどの様な化学反応を起こすのか、特別な一夜をぜひ会場で確かめてほしい。

■『FRONTIER』

6月30日(土) 東京・TOKYO DOME CITY HALL

<出演>
やなぎなぎ / CHiCO with HoneyWorks / 鈴木このみ / 綾野ましろ / 暁月凛 / Ayasa

<チケット>
指定席¥5,800(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
※年齢制限:未就学児入場不可

一般発売:6月2日(土)10:00
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/frontier/
TEL:0570-02-9999(Pコード:119-236) ※要Pコード
e+(イープラス):http://eplus.jp/frontier/
ローソンチケット:http://l-tike.com/frontier/
TEL:0570-084-003(Lコード:75056) ※要Lコード

■公演情報詳細:http://bit.ly/2JiJgCJ
お問い合わせ:DISK GARAGE(平日12:00〜19:00) 050-5533-0888



【関連リンク】
アジア3都市を巡る『FRONTIER』に鈴木このみ、やなぎなぎ、CHiCO with HoneyWorksら決定
やなぎなぎまとめ
鈴木このみまとめ
綾野ましろまとめ
暁月凛まとめ

【関連アーティスト】
やなぎなぎ, 鈴木このみ, 綾野ましろ, 暁月凛, AYASA, CHiCO with HoneyWorks
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, チケット

[ALEXANDROS]、映画『BLEACH』タイアップ曲収録のシングル「Mosquito Bite」発売決定
Fri, 01 Jun 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

[ALEXANDROS]が7月18日(水)に、映画『BLEACH』の主題歌と挿入歌を収録したニューシングル「Mosquito Bite」をリリースすることを発表した。

このシングルは、主題歌「Mosquito Bite」と挿入歌「MILK (BLEACH version)」の2曲に加え、2017年名古屋ガイシホールで行われた『Premium V.I.P. Party 2017』のライブ音源も収録される。2018年夏に行われる自身初のスタジアムライブへと繋がる、2018年の[ALEXANDROS]の顔とも言える作品だ。 なお、数量限定盤の特典として、楽曲タイトルにちなんで“Mosquito Aroma Band(モスキートアロマバンド)”が封入される。こちらは虫が嫌うシトロネラの香りのついたシリコン製のラバーバンドとなっており、野外でのライブに必携! 今後、ビジュアルなど順次発表されるので続報をお楽しみに。

映画『BLEACH』は『週刊少年ジャンプ』で2001年から連載を開始した人気コミックの実写化で、俳優・福士蒼太が主演を務め、『GANTZ』はじめ大ヒット作を続々と生み出す佐藤信介監督による、最強タッグのバトルアクション大作。[ALEXANDROS]は、主題歌「Mosquito Bite」と挿入歌「MILK」の2曲を提供し、すでに公開されている「Mosquito Bite」の音源を使用した映画予告は、迫力あるアクションと楽曲がリンクした見応えのある映像となっている。また、「Mosquito Bite」は2017年末より彼らのライブでもパフォーマンスされ、「新曲かっこいい!」と評判になっていた楽曲だ。2018年はドロスイヤーと宣言しているとおり、全速で駆け抜けている[ALEXANDROS]からますます目が離せない。

■【川上洋平(Vo&Gu)コメント】

「最高なロックソングが完成しました。また新たにデビューした気分です」

シングル「Mosquito Bite」

2018年7月18日発売



【完全生産限定盤】(CD+Mosquito Aroma Band)
UPCH-7438/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
UPCH-5949/¥1,200+税
<収録曲>
1.Mosquito Bite (映画『BLEACH』主題歌)
2.MILK (BLEACH version) (映画『BLEACH』挿入歌)
3.『Premium V.I.P. Party 2017』ライブ音源
4.『Premium V.I.P. Party 2017』ライブ音源
5.『Premium V.I.P. Party 2017』ライブ音源



【関連リンク】
[ALEXANDROS]、映画『BLEACH』タイアップ曲収録のシングル「Mosquito Bite」発売決定
[ALEXANDROS]まとめ
大原櫻子、大阪にて事前告知一切なしのシークレットフリーライブを開催

【関連アーティスト】
[ALEXANDROS]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, 主題歌, 映画

大原櫻子、大阪にて事前告知一切なしのシークレットフリーライブを開催
Fri, 01 Jun 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が5月31日(木)にデビュー後初となるストリートライブを完全シークレットで開催! この日は、6月1日(金)に大阪あべのキューズモールよりスタートする5大都市フリーライブツアーの前夜で、デビュー5周年を迎える感謝と3rdアルバム『Enjoy』の発売を記念して行なわれた。

実施場所は大阪・梅田にあるグランフロントのうめきた広場で、安全を考慮し一切の告知やほのめかしを行わない完全シークレットで敢行されたとのこと。感謝を広く伝える為にLINE LIVEビクターエンタテインメントチャンネルにて生中継も実施された。

ストリートライブは、最新シングル「泣きたいくらい」、バラードナンバー「ちっぽけな愛のうた」、デビューナンバー「明日も」、アンコールで最後に「瞳」を1コーラスの豪華4曲をマイクやアンプなども使わず生歌と生アコギのみで披露。本番ではキャップを被り、名乗らないまま歌唱からスタートした為、歌唱スタート当初はまさか本人が歌っているとは気づかれない状態で、一方LINE LIVEの内容を事前に知らされていなかった生中継の視聴者は“えっ!まさかのストリートライブ?”“近くにいる人が羨ましい”などとコメントが大騒ぎに! その後、会場では1曲目途中で偶然気付いた人たちであっという間に囲まれると、周囲から本人はもう見えない状態となり、一握りの人が目撃できた奇跡の初ストリートライブとなった。

6月1日(金)からは告知されている全国5大都市フリーライブに突入する。本人による特典お渡し会も予定しているので、参加方法などはビクターエンタテインメントのHPをチェックの上、ぜひ足を運んでみてほしい。アルバム発売まで引き続き注目だ。

『大原櫻子3rd ALBUM「Enjoy」発売記念フリーライブ&特典お渡し会』

6月01日(金)18:30 大阪 あべのキューズモール3Fスカイコート
6月03日(日)15:00 北海道 ウイングベイ小樽 5番街1階ネイチャーチャンバー
6月05日(火)18:30 東京 池袋サンシャインシティ アルパ B1F噴水広場
6月07日(木)19:00 福岡 キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
6月10日(日)15:00 愛知 ナディアパーク2F アトリウムイベントスペース
※参加方法等、詳しくはこちら:http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A024769/297.html

『大原櫻子 5th TOUR 2018〜Enjoy??〜』

6月28日(木) 千葉・市原市市民会館 大ホール
7月03日(火) 岡山・岡山市民会館 大ホール
7月04日(水) 広島・上野学園ホール
7月06日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
7月11日(水) 東京・NHKホール
7月12日(木) 宮城・仙台サンプラザホール
7月16日(月) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
7月18日(水) 福岡・福岡サンパレス
7月20日(金) 大阪・グランキューブ大阪 メインホール
<チケット>
全席指定¥5,800(税込)
一般発売日:5月26日(土)
※3歳以上チケット必要(2歳以下は保護者膝上にて観覧可能。座席が必要な場合はチケットが必要です)。
※客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承ください。
他、詳しくは「大原櫻子 5周年特設サイト」へ
http://sakurako-web.com/5th_anniversary/

アルバム『Enjoy』

2018年6月27日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1398/¥4,500+税
※スリーブジャケット仕様
※フォトカード7枚封入
<収録曲>
■CD
01.one
02.泣きたいくらい
03.ツキアカリ
04.energy
05.ひらり
06.夏のおいしいところだけ
07.マイ フェイバリット ジュエル
08.Jet Set Music!〜Album ver.〜
09.甘えてしまうんだよ
10.さよなら
11.いとしのギーモ
12.Close to you
13.青い季節
14.Joy&Joy
■DVD
・ツキアカリ(Music Video+Making)
・いとしのギーモ(Making Movie)
・Enjoy Photo Session Movie



【初回限定盤B】(CD+BOOKLET)
VIZL-1399/¥4,000+税
※EPサイズジャケット
<収録曲>
■CD
01.one
02.泣きたいくらい
03.ツキアカリ
04.energy
05.ひらり
06.夏のおいしいところだけ
07.マイ フェイバリット ジュエル
08.Jet Set Music!〜Album ver.〜
09.甘えてしまうんだよ
10.さよなら
11.いとしのギーモ
12.Close to you
13.青い季節
14.Joy&Joy



【通常盤】(CD)
VICL-65026/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.one
02.泣きたいくらい
03.ツキアカリ
04.energy
05.ひらり
06.夏のおいしいところだけ
07.マイ フェイバリット ジュエル
08.Jet Set Music!〜Album ver.〜
09.甘えてしまうんだよ
10.さよなら
11.いとしのギーモ
12.Close to you
13.青い季節
14.Joy&Joy

◎CD予約・購入特典(店舗別特典)
予約・購入者には先着で「Enjoyポケットカレンダー(ハーフイヤーVer.)」をプレゼント(6種類)
■対象店
<絵柄A>
タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン
<絵柄B>
Rakutenブックス
<絵柄C>
TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
<絵柄D>
セブンネットショッピング
山野楽器CD/DVD取り扱い店舗 / 山野楽器オンラインショップ
新星堂全国各店/WonderGOO全国各店/新星堂WonderGOO楽天市場店
ビクターエンタテインメントオンラインショップ
その他全国一般CD取扱いショップ ※対象店名は決定次第追加で発表致します。
<絵柄E>
HMV 全国各店 / HMV&BOOKS online
<絵柄F>
Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp、Rakutenブックスにおいて、特典つきでない商品を予約済みの場合特典はつきません。特典を希望される場合は、一旦キャンセルの上特典付き商品をご予約下さい。
※特典は数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※特典取扱いの無い店舗もございますので、確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。
※詳細はこちら:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A024769.html



【関連リンク】
大原櫻子、大阪にて事前告知一切なしのシークレットフリーライブを開催
大原櫻子まとめ
04 Limited Sazabys、地元名古屋でのアリーナライブを収録した映像作品をリリース

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

04 Limited Sazabys、地元名古屋でのアリーナライブを収録した映像作品をリリース
Fri, 01 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysが10周年記念公演として行ったバンド史上最大規模のアリーナツアー『04 Limited Sazabys 10th Anniversary Live』の模様が、Blu-ray&DVD『10th Anniversary Live』となって8月22日に発売されることが決定した。

本作には東名阪アリーナツアーより、5月5日に行われた名古屋・日本ガイシ―ホール公演の模様が収録される。祝祭のごとくアリーナならではの派手な演出、ライブハウスでの活動を積み重ねてきた04 Limited Sazabysらしい生々しいライブで、歓声が会場を震わせ熱気が渦を巻く。満員のオーディエンスの前で4人の鳴らす音、言葉がダイレクトに真摯に伝わる記念すべき公演は必見だ。

そして、特典映像として東名阪アリーナツアーリハーサル風景や公演当日のステージ裏側密着、そして豪華ゲストとしてお祝いに駆けつけてくれたアーティスト達とのコラボ楽曲パートなどをまとめたツアードキュメント映像を収録! また、完全未公開の撮り下ろしのオリジナルショートムービー「夕凪」も収録される。スリーブケース仕様で、改めてバンドの歴史を紐解くことができるメモリアルブックも付属となるので、ぜひゲットしてほしい。 早期予約特典などの詳細はオフィシャルHPをチェック!

Photo by Yao Takeshi

Blu-ray&DVD『10th Anniversary Live』

2018年8月22日発売



【Blu-ray】
COXA-1155/¥5,800+税
※スリーブケース仕様/ブックレット付
<収録内容>
・10th Anniversary Live @ 2018.5.5 日本ガイシホール
・Document of “10th Anniversary Live”
・Special Memorial Book
・Original Short Movie "夕凪"

【DVD】(2DVD)
COBA-7038〜9/¥5,000+税
※スリーブケース仕様/ブックレット付
<収録内容>
■Disc1
・10th Anniversary Live @ 2018.5.5 日本ガイシホール
■Disc2
・Document of “10th Anniversary Live”
・Special Memorial Book
・Original Short Movie "夕凪"

<収録曲>※全2形態共通
01 knife
02 fiction
03 Night on
04 Warp
05 My HERO
06 Remember
07 Any
08 drops
09 Standing here
10 Now here,No where
11 happiness
12 Do it Do it
13 midnight cruising
14 bless you
15 swim
16 Buster call
17 monolith
18 夕凪
19 discord
20 Letter
21 imaginary
22 hello
23 Feel
24 Give me
en Squall

◎早期予約特典有り
その他特典など詳細はこちら http://www.04limitedsazabys.com/



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、地元名古屋でのアリーナライブを収録した映像作品をリリース
04 Limited Sazabysまとめ
新たな始まりを告げる“Br?ymen”と書かれた謎のサイトが出現!

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売

新たな始まりを告げる“Br?ymen”と書かれた謎のサイトが出現!
Fri, 01 Jun 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月1日(金)突如、編集部に送られてきた1つのURL“https://www.braymen.jp/”。アクセスすると、そこには薄暗い森に“Br?ymen”と言う文字列が浮かぶ。ブレーメン? グリム童話『ブレーメンの音楽隊』? しかしアルファベッドの綴りは“Bremen“、何か繋がりがあるのだろうか。

そして画面上に刻々と時を刻むカウントダウン。単純に計算すると、その終わりは“6月8日(金)17:00”に設定されているようだ。無機質なサイトは、まるで嵐の前の静けさが今始まるかのようだが、何か不気味ささえも感じる。送られてきた以外の情報は一切ないが、鬼が出るか蛇が出るか、その動向に注目したい。



【関連リンク】
新たな始まりを告げる“Br?ymen”と書かれた謎のサイトが出現!
MAGiC BOYZ、全員卒業を発表&メンバーからのコメント公開

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ニュース, 発表

MAGiC BOYZ、全員卒業を発表&メンバーからのコメント公開
Fri, 01 Jun 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月1日にSHOWROOMで配信されたMAGiC BOYZのレギュラー番組『金曜日のマジボネラ』にて、7月16日(月祝)にSOUND MUSEUM VISIONで開催されるイベント『MAGiC BOYZ iTTAN FAiNAL』で、現メンバーのトーマ・リュウト・マヒロ・ジョー全員がMAGiC BOYZを卒業することが発表された。

MAGiC BOYZは、2014年秋にトーマ・リュウト・フウト・ユウトの当時中学1年生の4名で結成。2015年に発売したデビュー曲をNIPPS(Buddha Brand)がプロデュースしたことで話題となった。デビュー直後にマヒロが加入し、2016年にフウト・ユウトの2名が卒業、同年ジョー・ミロの小学生DJ2名が加入。秋にミロが卒業後、ZEN-LA-ROCKが加入したことも話題となったが、2017年3月に婚活を理由に卒業し、現メンバー4人体制での活動をスタートさせた。同年8月には1stアルバム『第一次成長期〜Baby to Boy〜』を発売し、2018年3月には6thシングル「ハッピーエンドマジック」を発売した。

これまで数多くのメンバーが加入・卒業したが、その度に決意を新たにしてリスタートし、切磋琢磨して進んできたMAGiC BOYZ。今回の卒業は“このまま繰り返していては、グループとしてもメンバー個人もこれ以上成長できないのではないか”という結論になり、MAGiC BOYZを一旦終了して新たな一歩を進むことが決まった。卒業後、マヒロは学業に専念しながら俳優業との両立をはかり、トーマ・リュウト・ジョーは3人で新たな音楽の道へ進むことが決定している。

MAGiC BOYZとして最後のライブとなる『MAGiC BOYZ iTTAN FAiNAL』のチケットは現在先行受付中。MAGiC BOYZの最後を絶対に見届けてほしい。また、メンバー全員からのコメントも到着している。

■【MAGiC BOYZ コメント】

■トーマ
今回このような形でMAGiC BOYZが一旦終了することになってしまいました。
今までMAGiC BOYZを信じて応援してくれたホーミーさん達には本当に申し訳ないです。ホーミーさん達はいつも温かくて、ライブとかイベントとか色々な思い出があって、みんなに救われた時も沢山ありました。以前メンバーが脱退したり加入した時も、普通だったらその時点でもう諦めてしまったりとか応援をやめてしまったりすると思うのに僕達の言葉を信じてついてきてくれて、それなのにこのような結果になってみんなを裏切ることになってしまい、本当に本当に申し訳ないです。
今までは体制が変わったりだったけどマジボが終わってしまうっていうのは、とても悲しいというか虚しい感じで、マジボを続けるという約束も果たせなくなってしまいました。
最初この事を聞いた時は、正直言ってめちゃくちゃ後悔したし、わかってたはずなのに、あの時にもっと頑張れば良かったとか今さら思ってしまいました。
でも、マジボを続けてきたことに後悔はありません。僕はこのグループに入るまでカメラの前で話せないくらい内気な性格で、人と話すこともめちゃくちゃ苦手でした。それを変えてくれたのがこのグループで、多分このグループにいる時が一番素の自分なんじゃないかと思うくらい。本当にいろんな経験をして、いろいろ学んで。今の自分があるのは100%マジボのお陰です。
だからこそ、まだ終わる訳にはいかない。自分を一番表現できるのがこのメンバーで、こんな所で終わるつもりは全くありません。
今回マヒロが別の道へ進み、3人で新たにスタートするにあたって、グループのイメージを一新して、新たな気持ちでやっていきたい。何回も何回もダメだった自分達を変えたい。だからマジボは一旦終了します。
マヒロのことは、タイミング的にも正直悲しかったし、少しは怒りもありました。だけど、マヒロの人生はマヒロの人生で僕達があーだこーだ言うこともできないし、一度きりの人生、マヒロが本当にやりたいことをやっていく、それが一番なのではないかと思いました。だからマヒロのことは応援するし、みんなも応援して欲しい!

そして、トーマ、リュウト、ジョー、僕達3人は一緒に新しい道で音楽を続けていきます。本当にこれがラストチャンスだと思って全力でがむしゃらにやっていきます。きっとホーミーさん達はまだまだ気持ちの整理ができていないかもしれないけど、楽しいことやワクワクすることもこれからたくさんあるはずです。だから一緒に乗り越えて欲しい。
最後に、MAGiC BOYZはまだ終わりではありません。
あと1ヶ月半、卒業まで全力で走りきるつもりなので最後の最後まで応援をよろしくお願いします!
そして、新しい道に進むそれぞれの事を、応援よろしくお願いします!

■リュウト
僕は、ずっとMAGiC BOYZを卒業しないと言っていました。実際にそのつもりでした。MAGiC BOYZはメンバーが変わりながらも約3年間続けて来たチームで沢山の方にご協力頂き、沢山の方にMAGiC BOYZを見てもらってきました。そのMAGiC BOYZが終わるという事は簡単に割り切れる事ではありません。それに、MAGiC BOYZを応援してくれた皆さんの期待を裏切ってしまうような結果になってしまった事、本当に申し訳なく思っています。

マヒロが別の道に進む事について、マヒロの気持ちは僕達にはどうしようもありません。無理に残ってもらおうとしても、それはマヒロにとってもMAGiC BOYZにとっても正解(あるかは分からないですが)から遠いものになってしまうと思います。マヒロが今後どう考えどのように進むのかを僕達にはまだ分かりませんが、それがマヒロの出したマヒロなりのマヒロにとって最高の選択ならば僕達は応援します。皆さんにもマヒロの選択を応援して欲しいと思います。

また、先程MAGiC BOYZが終わる事はとても簡単に割り切れる事ではないと言いましたが、それと同時に僕達には大きな、大きすぎる光が見えています。
それは今後新しい音楽の道に進む僕達3人の人生を大きく左右する程に大きなもので、今現在もその光に呑まれないように、光を自分達の物にできるように3人と沢山のスタッフのみなさんと試行錯誤しながら新しいスタートに向けて真剣に取り組んでいます。

MAGiC BOYZが終わる事はとても悲しく寂しいものではありますが、それと同じくらいに新たなスタートを切ることは僕達の希望であり、それを続けたいと思わせるとても大きく大切な物です。なので、今後もマヒロそして僕達3人を応援して頂きたいです。

■マヒロ
僕、マヒロはMAGiC BOYZから卒業後、皆とは別の道に進む事になりました。突然の発表になってしまい。申し訳ございません。

高校生になり考える事、チャレンジしたい事が多くなって学業を優先させたい気持ちが強くなり、また事務所に入った時から頑張りたいと思っていた俳優業のお仕事にも今以上にチャレンジしたいと思い、卒業という決断をさせて頂きました。
また、今までMAGiC BOYZで頑張ってきたので、全員卒業というのはとても悲しいですが、あの3人なら新しくなっても本当に素晴らしいものを作れると思います。これからは、3人の事をファンとして応援していきます。

今まで応援してくれたホーミーの皆さん、急な発表で驚かせてしまい本当にごめんなさい。マジボメンバーと沢山のホーミーの皆さんと一緒に歩んできた3年間はとても幸せでした。
残されたライブでは毎回完全燃焼して取り組みますので最後まで宜しくお願いします。

■ジョー
マジボのメンバーや曲が大好きだから、あと少しでもうやれなくなるのは本当に寂しい。でも、いままでと違って今回は全員で卒業なので、そこはなんだか心強いです。

マヒロくんが学校で学級委員したりして高校生活を楽しんでいるのは知っていたし、ぼくも中学生になって気の合う友だちがふえて小学校より学校生活が楽しくなったから、気持ちもわかる。今度勉強教えてください。役者のお仕事も楽しみにしてます!卒業しても、会いたいです。

ぼくはマジボに入って2年くらいだけど、もう今までもいろいろなことがあって、たくさんチャレンジしてきたので、新しいスタートもすごく楽しみで、次は何かな?っていうワクワクした感じです。
ホーミーのみんなにも楽しみにしていてほしいし、よかったらこれからも応援してほしいです。

【ベント情報】

■『MAGiC BOYZ iTTAN FiNAL』
7月16日(月・祝) 東京・SOUND MUSEUM VISION
出演:MAGiC BOYZ
<チケット>
¥4,500(税込)※入場時ドリンク代別途必要
・MAGiC BOYZ スターダストチャンネル会員限定先行受付〈抽選〉/オフィシャル先行受付〈抽選〉
受付期間:6月1日(金)20:00〜6月10日(日)23:59

■『「カニヘ西へ」Vol.10』
6月17日(日) 東京・新代田fever
出演:MAGiC BOYZ、???
<チケット>
¥3,500(税込)※入場時ドリンク代別途必要
・MAGiC BOYZ 公式LINEマイメン先行〈抽選〉
受付期間:6月1日(金)12:00〜6月3日(月)23:59
・一般チケット発売:6月9日(土)10:00〜
※LINEマイメン(お友だち)登録はこちらから http://line.me/ti/p/%40magic_boyz

■『SLENDERIE RECORD presents RGあるある歌謡祭〜レイザーラモンRG ニューシングル「いただきます」「DO THE パンダッ!」リリースパーティー〜』
6月24日(日) 東京・代官山UNIT
<出演者>
1部:レイザーラモンRG 「いただきます」「DO THE パンダッ!」リリパ
レイザーラモンRG
-GUEST-m.c.A・T、PARK GOLF、MAGiC ‘PANDA\' BOYZ (DJジョー欠席)
2部:RGあるある歌謡祭
レイザーラモンRG、椿鬼奴 and more!
-GUEST-藤井隆
※終演後CD販売特典会
<チケット>
前売¥3,000/当日¥3,500(1DRINK別途)
of the SLENDERIE先着先行:6月2日(土)10:00〜6月4日(月)23:59
一般発売日:6月9日(土)
チケットぴあ TEL: 0570-02-9999 Pコード:119-786
LAWSON TICKET TEL: 0570-084-003 Lコード:71401
e+ http://eplus.jp



【関連リンク】
MAGiC BOYZ、全員卒業を発表&メンバーからのコメント公開
MAGiC BOYZまとめ
ほのかりん、「東京」のMVに再編集を加えたリリックビデオを公開

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, チケット, 卒業

ほのかりん、「東京」のMVに再編集を加えたリリックビデオを公開
Fri, 01 Jun 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ほのかりんが5月9日にリリースした1stアルバム『LOVE ME TENDER』から「東京」のリリックビデオを公開! 「東京」は2017年に先行配信された楽曲で、恋している女の子だったら誰もが感じたことのある寂しさや、少しズルい心を歌詞にしている。

「東京」のMVと歌詞が公開された際に、同世代やティーンの女子から“ダメな恋愛だってわかっているのに…”、“拗れた恋愛のめんどくささと痛切な気持ちが絶妙”などほのかりんの世界観に共鳴する声が多く、歌詞が高く評価されたことを受けて、今回「東京」のMVに再編集を加えたリリックビデオが公開となった。

リリックビデオの重要なファクターを担うのはその文字のフォントであり、入れ方。今回その全ての作業を担ったのは、GLAYや布袋寅泰らのビデオクリップや数多くのCMなどもディレクションしている気鋭の女性監督、岡村知美。女性の内面を炙り出すような歌詞に注目して見てほしい。

アルバム『LOVE ME TENDER』

2018年5月9日発売



FLCF-4513/¥2,400(税込)
<収録曲>
■CD
01.愛別れ
02.メロンソーダ
03.ピローケース
04.Envy
05.夢裡(先行配信)
06.夏好きの君
07.メトロ
08.愛
09.ふわふわ
10.東京



【関連リンク】
ほのかりん、「東京」のMVに再編集を加えたリリックビデオを公開
ほのかりんまとめ
サイダーガール、ニューシングル「約束」MV公開

【関連アーティスト】
ほのかりん
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, アルバム

サイダーガール、ニューシングル「約束」MV公開
Fri, 01 Jun 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

サイダーガールが6月20日にリリースする3rdシングル「約束」のMVを公開した。今作は高校生の青春のきらめきを切り取った、爽やかな夏を先取りした映像となっている。2018年度サイダーガール・杉本愛里が、夏制服に身を包み、プールではしゃいでいる瑞々しい姿、そして美しい夕日の中で迫力ある演奏をするメンバーの姿にも注目だ。サイダーガールオフィシャルSNSにて、今後、MVのオフショットなど公開されるので、こちらも楽しみに待っていてほしい。

シングル「約束」

2018年6月20日発売



【完全数量限定初回盤】
UPCH-7416/¥1,800+税
※ラバーバンド付き
<収録曲>
1.約束
2.リバーシブル
3.カメレオン



【通常盤】
UPCH-5942/¥1,200+税



【関連リンク】
サイダーガール、ニューシングル「約束」MV公開
サイダーガールまとめ
谷村新司、“38年目の昴”をテーマに再録音したセレクトアルバム発売&コンサートツアーのチケット発売中!

【関連アーティスト】
サイダーガール
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表

谷村新司、“38年目の昴”をテーマに再録音したセレクトアルバム発売&コンサートツアーのチケット発売中!
Fri, 01 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月6日(水)にステージ・セレクション・アルバム『EARLY TIMES ~38年目の昴~』をリリースする谷村新司。今作は初の試みとして、“38年目の昴”をテーマに谷村自身が2018年のステージの為にセレクトした当時の楽曲を“今”の声と音で新たにレコーディングしたもので、2017年に発売され、大ヒットを記録したアルバム『STANDARD〜呼吸〜』に続く、待望の新作だ。

収録曲には1980年の発表から“38年目に思う事”を込めた名曲「昴」の再録音に加え、「陽はまた昇る」「忘れていいの」などのソロ初期の名曲も収録。また、ジャケットは1980年に発売したアルバム『昴 ーすばるー』のアートワークをオマージュした新たなデザインとなっている。作家、矢島裕紀彦によるコラム「心歌 -SHINKA-」も特別収録。

さらに、アルバムリリース後の6月9日(土)より『谷村新司 コンサートツアー 2018 〜38年目の昴〜』がスタートする。今作を引っ提げてのコサートツアーは初日公演の埼玉・三郷市文化会館、6月17日(日)の千葉・市原市市民会館公演は、現在チケット発売中なのでお見逃しなく!

■『谷村新司 コンサートツアー 2018 〜38年目の昴〜』

6月9日(土) 埼玉・三郷市文化会館
開場 15時・開演 15時30分
6月17日(日) 千葉・ 市原市市民会館 
開場 16時・開演 16時30分

<チケット>
前売り¥8,640
※全席指定 
※未就学児童入場不可

<お問合せ>
■三郷公演
キョードー横浜:045-671-9911
http://www.kyodoyokohama.com/schedule/detail/733
<市原公演
キョードー東京:0570-550-799
https://kyodotokyo.com/tanimura-2018?reqPlayDate=20180617

アルバム『EARLY TIMES ~38年目の昴~』

2018年6月6日(水)発売



<収録曲>
01. Running’ on ―ランニング―
(1980年発売アルバム『昴 ―すばる―』収録曲)
02. 終着駅
(1980年発売アルバム『昴 ―すばる―』収録曲)
03. 引き潮
(1976年発売アルバム『引き潮』収録曲)
04. 陽はまた昇る
(1979年発売アルバム『喝采』収録曲)
05. 喝采 ―想い出のライト―
(1979年発売アルバム『喝采』収録曲)
06. モーニング・コール
(1984年発売アルバム『抱擁 ‐SATIN ROSE‐』収録曲)
07. 真夜中のカーニバル
(1979年発売アルバム『喝采』収録曲)
08. 流行(はやり)の女達
(1984年発売アルバム『棘 MONDAY A.M. 8:00』収録曲)
09. 忘れていいの
(1984年発売アルバム『抱擁 ‐SATIN ROSE‐』収録曲)
10. 輪舞 ―ロンド―
(1989年発売アルバム『輪舞 -ロンド-』収録曲)
11. 冬の嵐
(1977年発売アルバム『黒い鷲』収録曲)
12. 残照
(1980年発売アルバム『昴 ―すばる―』収録曲)
13. 昴 ―すばる―
(1980年発売アルバム『昴 ―すばる―』収録曲)

※10. 「輪舞 ―ロンド―」を除く全曲、作詞・作曲:谷村新司
※10. 「輪舞 ―ロンド―」
日本語詞:谷村新司・原作詞:MICHEL SARDOU, YVES DESSCA
作曲:JACQUES REVAUX



【関連リンク】
谷村新司、“38年目の昴”をテーマに再録音したセレクトアルバム発売&コンサートツアーのチケット発売中!
谷村新司まとめ
アリスまとめ
夜の本気ダンス、自主企画『O-BAN-DOSS』にDATSの出演が決定

【関連アーティスト】
谷村新司, アリス
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

夜の本気ダンス、自主企画『O-BAN-DOSS』にDATSの出演が決定
Fri, 01 Jun 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスの自主企画イベント『O-BAN-DOSS』の第1弾ゲストとして、東京公演の1組目に先日メジャーデビューを発表したDATSの出演が決定した。東京公演にはもう1組、大阪公演はあと2組の出演者が予定されているとのこと。東京公演のみWOWOWのオリジナル企画『LIVE TIPS』とのコラボレーションが決定しているので、こちらもお楽しみに。

本公演のチケット先行販売は、6月2日(土)正午12時からスタート。これから発表になるゲストアーティストも強力なラインナップで、間違いなくソールドアウトが予想される為、先行販売期間でのチケット購入をおすすめする。詳細はオフィシャルHPにてチェック!

自主企画イベント『O-BAN-DOSS』

7月24日(火) 東京・キネマ倶楽部
w/DATS 他
7月27日(金) 大阪・味園 ユニバース
w/後日発表
<チケット>
1Fスタンディング¥3,900(税込)※ドリンク代別
先行販売:6月2日(土)12:00〜6月10日(日)23:59
■詳細はこちら honkidance.com

シングル「Magical Feelin\'」

2018年8月8日発売



【完全限定生産盤】
VICL-37420/¥1,500+税
※4曲入り
【通常盤】
VICL-37421/¥1,200+税
※3曲入り

■早期予約キャンペーン中!
期間:5月26日(土)18:00〜7月15日(日)23:59
特典:Magical Feelin\' スペシャル限定ラバーバンド
詳細はこちら http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A025344/87.html



【関連リンク】
夜の本気ダンス、自主企画『O-BAN-DOSS』にDATSの出演が決定
夜の本気ダンスまとめ
DATSまとめ
メンズユニット“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”が2018年夏にメジャーデビュー決定!

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス, DATS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 出演

メンズユニット“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”が2018年夏にメジャーデビュー決定!
Fri, 01 Jun 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在TOKYO MXで放送中の番組『超!アイドル戦線〜Mens&Girls〜』から、注目のメンズユニット“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”の結成が発表され、アーティスト写真が公開された。

2018年夏に日本コロムビアからメジャーデビューするこのユニットのメンバーは、“BOYS AND MEN研究生 東京”の久門大起、ミュージカルや舞台で活躍する人気俳優の河原田巧也、動画投稿サイト発の5人組ボーイズアイドルグループ・*ChocoLate Bomb!!(ちょこぼ)のメンバーとして活躍中のたっくん、イケボシーンの人気ユニット・LoveDesireで活躍するとら*、PENICILLINの千聖(Gu)プロデュースのロックバンド・Strawberry Under Worldのボーカリスト神谷玲の5人。ユニット名の“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”には、国境やジャンルを問わず、新時代の壁を切り開く5人の意思と思いが込められている。それぞれのメンズシーンから精鋭が集まった異色のユニットということで話題となること間違いなし。バックボーンが違う5人が織りなすパフォーマンスを見逃すな!

そして、このユニットの結成に伴いオフィシャルHPとTwitterがオープン! オフィシャルTwitterではユニット結成記念としてTwitterでの最初の投稿のRTが1,000を超えたら、アカウントをフォローしてくれている方の中から3名にメンバー全員のサイン入り色紙が当たる企画がスタート。メジャーデビューの詳細も近日発表されるとのことなので、オフィシャルサイト、Twitterを要チェックだ。なお、このユニットは期間限定での活動となるのでお早めにチェックしよう。

■SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜 オフィシャルHP
http://columbia.jp/samuraitunes/
■SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/samuraitunes

【メンバープロフィール】

<久門大起>
東海エリアを中心に活動中のグループBOYS AND MEN(ボイメン)の弟分・ボイメン研究生の東京エリア版として2017年12月に誕生したBOYS AND MEN 研究生 東京のメンバー。
特技はダンス、趣味はカメラ。
■公式ブログ https://ameblo.jp/bmk-tokyo
■公式HP http://zenkoku-bmk.com/tokyo/

<河原田巧也>
2008年テレビドラマ「バッテリー」にてデビュー。
その後も役者として活動し、現在は主に舞台を中心に活動中。
過去の主な出演舞台として、舞台「弱虫ペダル」シリーズ(泉田塔一郎役)、ミュージカル「黒執事」シリーズ(フィニアン役)などがある。
今回のユニット参加が、初の本格的な音楽活動となる。
■Twitter https://twitter.com/takuminari

<とら*>
ツイキャス等のネット生放送を中心に活動するイケボ(イケメンボイス)4人組[『Love Desire(ラブデザイヤー)』のメンバー。
ほぼ毎日欠かすことなく行っている放送では、平均視聴者数が1時間で約1万人を超え、人懐っこいキャラクター性とトーク力を武器に「リスナーと相互コミュニケーションを取る」スタイルが人気を博し、CD、ライブ、声優と活躍の場を広げている。
■Twitter https://twitter.com/to_ra_law
■HP https://ldd.amebaownd.com/

<神谷玲>
1995,10,28生 東京出身 B型 趣味:人間観察 プロ級?料理
特技:モノマネ 座右の銘: 早起きは三文の徳
2018,2,14 PENICILLIN千聖プロデュースプロジェクトのボーカリストに抜擢される
愛称『苺王子』『れいれい』
苺の国からやって来たと言われるほどの苺好き!
そこから千聖さんがバンド名をStrawberry Under Worldと名付けた!
■Twitter https://twitter.com/strawberry_u_w
■HP https://www.strawberryunderworld.jp/

<たっくん>
動画投稿サイト発ボーイズアイドルグループ「*ChocoLate Bomb!!」のメンバー。
グループ随一の歌唱力を持ちながら、言い間違い語録を作られる等、愛され天然キャラとしても人気を集める絶対的エース。
2018年は毎月の定期公演、全国フリラツアー開催など、オリジナル楽曲を中心に精力的に活動中。
アイドルやボカロ等のダンスカバー「踊ってみた」演目を披露することも多い。
オシャレなことが大好きな反面、エビ料理にはとことん目が無いエビ王子である。
■Twitter https://twitter.com/takutokidz
■*ChocoLate Bomb!!公式Twitter https://twitter.com/info_clb
■*ChocoLate Bomb!!HP http://chocobomb.jp/



【関連リンク】
メンズユニット“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”が2018年夏にメジャーデビュー決定!
SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜まとめ
Suchmos、サッカーの映像を使った新曲「VOLT-AGE」のNHKオフィシャルMV公開

【関連アーティスト】
SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, 発表

Suchmos、サッカーの映像を使った新曲「VOLT-AGE」のNHKオフィシャルMV公開
Fri, 01 Jun 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月20日にミニアルバム『THE ASHTRAY』をリリースするSuchmosが、同作にも収録予定の新曲「VOLT-AGE」のNHKオフィシャルMVを公開した。「VOLT-AGE」は、『2018NHKサッカーテーマソング』に決定しており、気になるMVはNHKスポーツオンラインのワールドカップページで見ることができる。

また、同曲は6月14日に開幕する『2018 FIFAワールドカップ ロシア大会』をはじめ、国内外のサッカー中継や関連番組のテーマ音楽としても使用されているので、こちらも注目だ。

■「VOLT-AGE」NHKオフィシャルMVページ
http://www.nhk.or.jp/sports/2018fifaworldcup/

ミニアルバム『THE ASHTRAY』

2018年6月20日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL3060-3061/¥3,000+税
※初回仕様:『横浜アリーナワンマンライブ 2days』先行予約応募券封入
【通常盤】(CD)
KSCL3062/¥2,000+税
※初回仕様:『横浜アリーナワンマンライブ 2days』先行予約応募券封入
<収録曲>
■CD
1.808
2.VOLT-AGE
3.FRUITS
4.YOU\'VE GOT THE WORLD
5.FUNNY GOLD
6.ONE DAY IN AVENUE
7.ENDROLL
■DVD ※初回生産限定盤のみ
01.A.G.I.T.
02.YMM
03.PINKVIBES
04.Burn
05.WIPER
06.STAY TUNE
07.MINT
08.DUMBO
09.GAGA
10.OVERSTAND

◎CDの予約はこちら:https://fcls.lnk.to/bEONAWN
◎ダウンロードの予約はこちら:https://fcls.lnk.to/theashtraydgWN



【関連リンク】
Suchmos、サッカーの映像を使った新曲「VOLT-AGE」のNHKオフィシャルMV公開
Suchmosまとめ
BABYMETAL、2017年に開催したSU-METALの広島凱旋公演を映像化

【関連アーティスト】
Suchmos
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 新曲, ミニアルバム

BABYMETAL、2017年に開催したSU-METALの広島凱旋公演を映像化
Fri, 01 Jun 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BABYMETALか?、2017年12月に広島・ク?リーンアリーナにて開催した『LEGEND - S - 洗礼の儀 -』の模様を収録した映像作品『LEGEND - S - BAPTISM XX -』を8月1日に発売することか?決定した。

この公演は、ホ?ーカルのSU-METALにとって初めて地元・広島て?の凱旋公演となり、20歳を迎えるということて?開催されたもの。岩山や神殿を想起させるステーシ?セットに屈強な狐の戦士たちによるハ?フォーマンスなと?、洗礼の儀というタイトルの通り過去から未来へ、そして新たな時代の始まりを感し?させるライフ?となった。

また、本作より「NO RAIN, NO RAINBOW」の映像をオフィシャルYouTubeにて公開! オーテ?ィエンスも含めた巨大な儀式を思わせる演出をはし?め、SU-METALにとって記念すへ?き一夜となった本公演の模様を是非チェックしてみよう。

Blu-ray&DVD『LEGEND ? S ? BAPTISM XX -』

2018年8月1日発売



【Blu-ray】
TFXQ-78162/¥8,000+税
【DVD】
TFBQ-18204/¥7,000+税
<収録曲>
■Blu-ray・DVD共通
01.IN THE NAME OF
02.イシ?メ、タ?メ、セ?ッタイ
03.キ?ミチョコ!!
04.ト?・キ・ト?・キ☆モーニンク?
05. 紅月 - アカツキ -
06.GJ!
07.シンコヘ?ーション
08.META!メタ太郎
09.NO RAIN, NO RAINBOW
10. 4 の歌
11.メキ?ツネ
12.KARATE
13.Road of Resistance
14.ヘト?ハ?ンキ?ャー!!
15.BABYMETAL DEATH
16.THE ONE - English ver. -

◎先着予約購入特典
『- BAPTISM XX -』うちわ (予定)



【関連リンク】
BABYMETAL、2017年に開催したSU-METALの広島凱旋公演を映像化
BABYMETALまとめ
ロック界初のチャリティーコンサートとなったジョージ・ハリスンの『バングラデシュのコンサート』

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, DVD, Blu-ray, リリース, 発売, メタル

ロック界初のチャリティーコンサートとなったジョージ・ハリスンの『バングラデシュのコンサート』
Fri, 01 Jun 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1971年8月1日、ロック史上初めてとなるチャリティーコンサートがニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行なわれた。当時、飢えと疫病に苦しんでいたバングラデシュの難民を救うために、元ビートルズのジョージ・ハリスンとインド出身のシタール奏者ラヴィ・シャンカールのふたりが主催、エリック・クラプトンやボブ・ディランをはじめ、企画に賛同した多くのミュージシャンがノーギャラで参加し、チャリティーの一環として映画やレコードも発売された。

何よりも、このコンサートはロック史上に残る素晴らしい内容であった。『バングラデシュのコンサート(原題:The Concert for Bangla Desh)』は、昼と夜の2回公演で4万枚あまりのチケット収益があったのだが、残念ながらチャリティーコンサートの仕組みはまだ整っておらず、寄付金が経由先のユニセフに送られたのはコンサートが開催されてから10年以上も経った後で、当初の予定は達成できなかった。それでも、このコンサートは『ライブ・エイド』や『USA・フォー・アフリカ』など、のちの大掛かりなベネフィット・コンサートに大きな示唆を与えることになるのである。

■ベンガル人とバングラデシュ

ミャンマー在住のベンガル人はロヒンギャと呼ばれ、不法滞在者のレッテルを貼られて長い間苦難の生活を送っている。最近、日本でもロヒンギャに対する差別や虐待のニュースが報道されているので、ご存知の方も多いと思う。このベンガル人の多くが暮らす国がバングラデシュ人民共和国である。

1971年にパキスタンの植民地から独立するが、その前後の武力衝突によって生み出された貧困と疫病の流行で、多くのベンガル人が難民として国外へ出ることとなった。ミャンマーとロヒンギャのような問題はバングラデシュと隣接する国で過去に何度も起こっていたわけだが、近年ロヒンギャ問題が明るみになることで、ベンガル人の長い苦難の歴史が改めて浮き彫りになったのである。

■ロック界初の チャリティーコンサートが 生まれた背景

1971年8月1日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたのが『バングラデシュのコンサート』は、ロック史上初めてのチャリティーコンサートとして知られている。その仕掛け人はインド音楽の大家で、ニューヨーク在住のラヴィ・シャンカール(ノラ・ジョーンズの父親としても知られる)と、元ビートルズのジョージ・ハリスンのふたりであった。

そもそもシャンカールは報道で知ったバングラデシュの惨状に、同じベンガル人として何とかしたいという想いから、自分の弟子でもあり親友でもあったハリスンに相談に行く。ハリスンはシャンカールの想いに心を動かされ、多くの寄付金を集めるためにどうすればいいかを考え、チャリティーコンサートを開くことを決める。彼は大きな会場の予約、ミュージシャンの手配など、マネージメント面でも八面六臂の活躍であったようだ。ふたりが打ち合わせてからコンサートが開かれるまでに2カ月ほどしか経っていないのはすごいことであるが、すでに何百万人もの難民が飢えや疫病で命を落としていたため、できるだけ早く多くの寄付金を集める必要に迫られていたのである。

■コンサートに参加した ミュージシャンたち

LP時代、このアルバムは3枚組で価格は5,000円! 72年当時、中学3年生の僕にとって5,000円はびっくりするぐらい高かった…。特にハリスンをはじめ、参加したミュージシャンに特別思い入れのある人はいなかったが、このアルバムはなぜかどうしても欲しかった。その理由はよく覚えていないが、コンサート自体の魅力に惹かれたのかもしれない。

結局、お年玉の威力を借りて購入し、初めて味わう函入り3枚組レコードと豪華な分厚いカラーブックレットに酔いしれながら、毎日サイドB(2面)からサイドF(3面)までを代わる代わる聴いていた。サイドAには盤面全てを使った20分近いシャンカールをリーダーとするインド音楽が収録されているのだが、何度聴いても中学生には理解できなかった。しかし、シャンカールのパフォーマンスをA面に据えるあたりに、ハリスンのリスナーに向けた自らの音楽に対する想い(良い音楽は、売れる売れないという尺度では捉えられないという哲学)は伝わってきた。

以前このコーナーで、デレク&ザ・ドミノズの『レイラ&アザー・アソーテッド・ラブ・ソングス』、デラニー&ボニーの『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』、ジョージ・ハリスンの『オール・シングス・マスト・パス』、レオン・ラッセルの『アンド・ザ・シェルター・ピープル』、ジョー・コッカーの『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』を取り上げたが、それらのアルバムに登場しているミュージシャンが、主にこのチャリティーコンサートでバックを務めるアーティストたちだ。

要するに、アメリカを代表するスワンプロックの猛者である。彼らこそ僕が個人的にもっとも好きなミュージシャンであり、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、オールマン・ブラザーズ、シェリル・クロウ、テデスキ・トラックス・バンドなど、多くのロックグループやシンガーに影響を与え、かつロックの進化にも大きな貢献をした人たちなのである。

中でも、オクラホマ出身のレオン・ラッセルはスワンプロックの草分けであり、彼がいなければデラニー&ボニーや一時期のストーンズ、デレク&ザ・ドミノズ、そしてイーグルスでさえもその音楽が今と変わっていたのは間違いない。それぐらいアメリカンロックに対してのラッセルの影響力は大きい。ラッセルの人脈では、ベースのカール・レイドル、ギターのジェシ・デイヴィス、ドン・プレストンらがこのコンサートに参加している。

バックヴォーカリストとして参加したドン・ニックスはメンフィス出身で、ジェフ・ベックのお気に入りとしても知られるスワンプロッカーだ。ベック・ボガート&アピスのアルバムには3曲ものドン・ニックス作品が収録されている。ニックスは白人でありながら、南部ソウルのレーベル、スタックスで活躍したマーキーズのメンバー。アメリカ南部在住のミュージシャンなら彼の名前を知らない人はいないはずだ。このアルバムでのニックス人脈は夫婦のマーリン&ジーニー・グリーンあたりだろう。グリーン夫妻はそれぞれソロアルバムもリリースしている。特にマーリン・グリーンはサザンソウルのレコーディングエンジニアとしても著名である。

ジョージ・ハリスンの人脈からはリンゴ・スターとエリック・クラプトンをはじめ、何曲ものヒットを持つバッドフィンガーの面々(当時はまだ新人なので、映像で観ると大人しいところが初々しい)とビリー・プレストンが参加し、特にプレストンの参加はこのコンサートのゴスペル的な方向性に大きな貢献をしている。この後プレストンはA&Mレコードで「ナッシング・フロム・ナッシング」が大ヒットし、成功を収める。

また、クラプトンはドラッグにより体調不良であったが、豪華な参加メンバーに鼓舞されたのか、ステージではゴキゲンな演奏を聴かせている。ベースのクラウス・フォアマンもハリスンと長い付き合いだ。余談だが、カーリー・サイモンの「You’re So Vain」のイントロのベースはフォアマンの名演だ。

他にも、クラウディア・リニア、ドロレス・ホールといったヴォーカリストや、ジム・ホーンをリーダーとする「ザ・ハリウッド・ホーンズ」と命名されたホーンセクションは、チャック・フィンドレー。ジャッキー・ケルーソー、ルー・マクリーリーなど、スワンプ系のレコードでは毎度おなじみのメンバーが参加し花を添えている。

■本作『コンサート・フォー・ バングラデシュ』について

この作品は映像と併せて味わってもらうのが一番だとは思うが、もちろん音源だけでも満足することは間違いない。特にビートルズ時代のハリスンの名曲「While My Guitar Gently Weeps」と「Something」は本家を凌ぐほどの出来栄えだと思う。ドラッグ治療中のクラプトンがいいギター弾いているのは、案外、体調が悪くて力を抜いているからかもしれない。「Here Comes The Sun」についてはオリジナルのほうに軍配があがるかな。あと、リンゴ・スターのソロで大ヒットした「It Don’t Come Easy(邦題:明日への願い)」も名曲だ。リンゴは歌詞忘れてしまってるけど…。

ハリスンのソロ1作目『All Things Must Pass』に収録されていた「Wah Wah」「My Sweet Lord」「Awaiting On You All」「Beware Of Darkness」も、オリジナルはフィル・スペクターの音作りがこもった感じであったのに対して、こちらのテイクはすっきり感が増し、バックを務めるミュージシャンたちの職人技もあって、どれも秀逸な仕上がりになっている。

アルバムの目玉(どの曲もそうだが)はレオン・ラッセルの10分近くに及ぶ「Jumpin’ Jack Flash 〜 Young Blood」のメドレーとビリー・プレストンの代表曲のひとつ「That’s The Way God Planned It」で、ロックとゴスペルがもつ高揚感のようなものがこの2曲にはしっかり感じられる。後者は映像で観ると鳥肌もののシーンもあるので必見。そして、5曲にわたるディランの名曲の数々は、他にないラッセルとハリスンの豪華なサポートで、ザ・バンドをバックにした時とは違った素のディランが味わえる。

アルバムの最後(2005年のリマスター盤では違うけど)を飾るのは、このコンサートの前に先行シングルリリースされたハリスンの「Bangla Desh」で、コンサートではアンコール曲として披露された。これはハリスンの代表曲と言っても過言ではない名曲中の名曲。ジム・ホーンのサックスソロも含め、後半の緊迫感に満ちたカオス的展開は、このコンサートが如何に切迫した状況で開催されたのかを演奏で語っているようだ。

ジョージ・ハリスンは2001年11月に、ラヴィ・シャンカールは2012年12月に亡くなってしまったが、バングラデシュへの支援は現在も続けられ、ユニセフによって設立されたジョージ・ハリスン基金は、全世界でさまざまな救援活動への支援を行なっている。

TEXT:河崎直人

アルバム『The Concert for Bangla Desh』

1971年発表作品



<収録曲>
1. ジョージ・ハリスン/ラヴィ・シャンカール・イントロダクション/George Harrison/Ravi Shankar Introductio
2. バングラ・デューン/Bangla Dhun
3. ワー・ワー/(ジョージ・ハリスン)
4. マイ・スウィート・ロード/My Sweet Lord (ジョージ・ハリスン)
5. アウェイティング・オン・ユー・オール/Awaiting On You All" (ジョージ・ハリスン)
6. 神の掟/That\'s The Way God Planned It (ビリー・プレストン)
7. 明日への願い/it Don\'t Come Easy (リンゴ・スター)
8. ビウェア・オブ・ダークネス/Beware Of Darkness (ジョージ・ハリスン,レオン・ラッセル,ジム・ホーン)
9. バンド・イントロダクション/Band Introduction
10. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス/While My Guitar Gently Weeps (ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン)
11. メドレー:ジャンピン・ジャック・フラッシュ〜ヤングブラッド/Medley: Jumpin\' Jack Flash/Young Blood (レオン・ラッセル,カール・レイドル、ドン・プレストン、レオン・ラッセル)
12. ヒア・カムズ・ザ・サン/Here Comes The Sun (ジョージ・ハリスン、ピート・ハム)
13. はげしい雨が降る/A Hard Rain\'s A-Gonna Fall (ボブ・ディラン,レオン・ラッセル、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター)
14. 悲しみは果てしなく/It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry (ボブ・ディラン、レオン・ラッセル、ジョージ・ハリスン,リンゴ・スター)
15. 風に吹かれて/Blowin\' In The Wind (ボブ・ディラン、レオン・ラッセル、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター)
16. ミスター・タンブリン・マン/Mr. Tambourine Man (ボブ・ディラン、レオン・ラッセル、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター)
17. 女の如く/Just Like A Woman (ボブ・ディラン、レオン・ラッセル、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター)
18. サムシング/Something (ジョージ・ハリスン)
19. バングラ・ディシュ/Bangla Desh (ジョージ・ハリスン、ジム・ホーン)



【関連リンク】
ロック界初のチャリティーコンサートとなったジョージ・ハリスンの『バングラデシュのコンサート』
George Harrisonまとめ
Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』- 第24回 Ricardo Villalobos -

【関連アーティスト】
George Harrison
【ジャンル】
ライブ・フェス, 洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』- 第24回 Ricardo Villalobos -
Fri, 01 Jun 2018 18:00:00 +0900


PrizmaXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼が、長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

島田翼です。もうすぐ2018年も半分が終わっちゃいますね。1年って意外と短いものですね。でも2年はもっと短かったです。

そうなんです! 今回で、この企画がついに24回目なんです! 2年間もこんなヘナチョコ自己満企画を続けさせていただいて本当にありがとうございます。いつかコイツおもしれえ!って音楽マニアの間で話題になるまで続けさせてください。

2年間続けていたのにもかかわらず、今回は今までで一番カミカミです。
気づけば僕も22歳になりまして、世間的にみたらいい大人です。いま向かいの席で一緒にコーヒーを飲んでいる外国人の高校のクラスメイトは、就活でいろんなインターナショナルな企業の面接を受けているそう。僕も自分自身で自分の人生を動かしていかなきゃいけないですね。思いもよらない人生の転機をモノにできるような大人になりたいです。

家のレコード全部紹介し切るまで『WetCrate』終われません!何百年かかるんだろ!
ちなみに僕がずっと探してたレア盤、細野晴臣さんの『HOSONO HOUSE』というLPが再発されるようで、それを心待ちにしています。

最近ちゃんとカメラで写真撮れてないので、iPhoneで撮ったやつですが、東京都のある場所の普通の光景です。

Tsubasa Shimada(PrizmaX)

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。現在はダンス&ヴォーカルユニット、PrizmaXのパフォーマーとしてステージに立つかたわら、DJや写真などのカルチャーに没頭する。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。

プリズマックス:2002年結成。メンバーの入れ替わりや増員などで10人組の時もあったが、10年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加し、13年には現在の5人体制になる。結成10周年を迎え、2013年3月にダンス&ヴォーカルユニットとして「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビューを果たした。



【関連リンク】
Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』- 第24回 Ricardo Villalobos -
Tsubasa Shimada(PrizmaX)まとめ
PrizmaXまとめ

【関連アーティスト】
Tsubasa Shimada(PrizmaX), PrizmaX
【ジャンル】
Tsubasa Shimada(PrizmaX) / 「Wet Crate」, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.166, EBiDAN













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1