歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月28日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
“男女バディ”のボーカリゼーションが光る5曲
Mon, 28 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

「白だ黒だとけんかはおよし 白という字も墨で書く」なんて都々逸がありますけれども、先日講談師・神田蘭師匠と噺家・桂夏丸師の真打披露興行に行ってきました。片や淀みなくまくりたてる口跡に反し、絢爛豪華な美貌を惜しげも無く時に崩して全身全霊で笑いを取りにいく蘭師匠、片や枝垂れ柳のごとし面立ちと佇まいそのままの飄飄とした語り口が時が経つにつれて段々とほどけ、それに釣られてこちらも口角を上げてしまう夏丸師匠。一見正反対のように思えてふとした瞬間線描が重なる芸のかたちに目いっぱい笑うと同時に、板の上では男だの女だのなんて些細な違いにすぎないのかもしれないと羨ましくなったりもしました。そういうわけで今回は、男女“バディ”の美しくも逞しいヴォーカリゼーションが印象的な5曲を紹介します。

■「夏の天才」(’18)/SPANK HAPPY

何は無くともSPANK HAPPY再始動というだけで2018年は生きる価値があります。首謀者・菊地成孔が咀嚼した渋谷系のポップなフェイク感の綴れ織りをシアトリカルに具現化した原ミドリ、不健全な夜への憧憬と安堵感を綻ばせるドーリーなモチーフの岩澤瞳らを経て、約12年の沈黙を破るための相棒に選ばれたのはO.D.こと小田朋美。復活の報とあわせて発表された「夏の天才」は、三越伊勢丹『2018グローバル・グリーン キャンペーン』のテーマソング。肌の上を滑り落ちる汗と鋭利な日差しをするりとかわすように風通しのいいふたりの声、清涼感あふれるエレクトリカルなサウンドに乗せられる歪んだギターやシンセ、スクラッチの音色のひとつ時縄ではいかないスマートさが露わになっています。

■「灰色の瞳」(’02) /椎名林檎、草野マサムネ

椎名林檎トリビュートアルバム『アダムとイブの林檎』の幕開けを飾る「正しい街」でヴォーカルを担う草野マサムネですが、2002年のアルバム『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』では長谷川きよしと加藤登紀子のデュエット曲「灰色の瞳」をふたりでカバーしています。アルゼンチン発祥のフォルクローレである原曲に倣って燠火のような哀愁を封じ込めた重厚な歌唱と物悲しい笛の音で表現した長谷川・加藤版と異なり、こちらは亀田誠治によって剥き出しの情動が爪を立てるハードロックにアレンジ。エフェクトで放散されるむせび泣くようなギターのトレモロ、噛み付かんばかりと激情を演じる椎名林檎とじっと押し黙って悲しみを紡ぐ草野マサムネ。同じ曲の中で展開される、彩度の異なる悲哀の数々に滅多打ちにされます。

■「さよならサブカルチャー」(’12) /アーバンギャルド

声を押し殺して泣き濡れる孤独に耐えきれず、ハッシュタグで病み垢とつながりたがる人に聴いてほしいこの曲。少女性をテーマにした楽曲は数多あれど、成長によって必然的に“少女”というカテゴライズから排斥される元少女の未来への諦観と過去の埋葬を詩情を交えながらも容赦なく綴った曲があったでしょうか。鈴の音色のような浜崎容子のヴォーカルに詩人であり男性である松永天馬の血の管が脈動するかの如き声が交差し、両翼たるふたりを支える背骨である演奏チームは散弾銃が如く飛散する絶望のリリックと目まぐるしい転調で、リスナーの不安を掬い上げながらも負荷のかからないキュートなテクノポップの体裁を厳粛に保つ。こんな楽曲やアーティストがエンターテイメントにデコレートされたまま画面の向こうから届く幸福感は他にありません。

■「ハモンハモン」(’17) /ハルコとフランシス

小里誠(ex. THE COLLECTORS)とシンガーソングライター田島ハルコによるユニット、ハルコとフランシス。こと壮年男性と若い女性のコラボレーションというと、男性が築いたフォーマットに女性を通して男性のホログラムが投影されて終わってしまう不完全燃焼感が沈殿することも少なくないのですが、ふたりは背中を預けられる対等な関係性を作品のみで伝えてくるのが痛快です。歪さとエレガンスが混在した「ハモンハモン」は、シリアスでありつつもユーモアを孕んだEBMで、Cabaret Voltaireミーツ第2期SPANK HAPPYといった風合いの楽曲ですが、ライヴではダウナーな曲調と打って変わってフィジカルなパフォーマンスや明度の高いビジュアルの健全さが混合したマーブル模様のステージングに鼓舞されます。

■「ニュータウンの亡霊」(’13) /やまのいゆずる

今や売れっ子の吉岡里帆が『MOOSIC LAB 2014』女優賞を受賞した映画『イルカ少女ダ、私ハ』。カルトムービーさながらのチーブさでもって人の頭がバンバン破裂する内容ですが、監督は『セブンティウイザン』で話題の漫画家・タイム涼介、音楽は又吉直樹(ピース)もその感性を賞賛するやまのいゆずるが担当しています。劇中ではアルバム『ニューミュージック』の収録曲がふんだんに使用されており、予告編では「ニュータウンの亡霊」を起用。ブレイクビーツとサンプリングの通り雨が過ぎ去った後のような爽快さと浮揚感がみなぎったエレクトロミュージックの曼荼羅に織り込まれた、山野井譲と川上恵理がポーカーフェイスに繰り広げる声と声の闘いは、DNAの螺旋を想起させる様式美で構築されています。

TEXT:町田ノイズ

町田ノイズ プロフィール:VV magazine、ねとらぼ、M-ON!MUSIC、T-SITE等に寄稿し、東高円寺U.F.O.CLUB、新宿LOFT、下北沢THREE等に通い、末廣亭の桟敷席でおにぎりを頬張り、ホラー漫画と「パタリロ!」を読む。サイケデリックロック、ノーウェーブが好き。



【関連リンク】
“男女バディ”のボーカリゼーションが光る5曲
SPANK HAPPYまとめ
椎名林檎まとめ
スピッツまとめ
アーバンギャルドまとめ

【関連アーティスト】
SPANK HAPPY, 椎名林檎, スピッツ, アーバンギャルド, ハルコとフランシス, やまのいゆずる
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, シングル, アルバム

Rihwa、鴨川シーワールドにてベルーガとのコラボライブを披露
Mon, 28 May 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Rihwaが5月26日(土)に千葉の水族館・鴨川シーワールド内ベルーガ展示施設・マリンシアターにて、館内で1.2を争う人気動物のベルーガとコラボレーションライブ『Rihwa × 鴨川シーワールド Special Live』を開催した。

2018年3月にリニューアルオープンされたばかりの“マリンシアター”の大きな水槽の前に用意されたステージにRihwaが登場すると、真っ白いベルーガ達はまるでRihwaを待っていたかのような笑顔で迎え入れた。Rihwaとベルーガ、両者の共演を待ち望んでいた会場からの大きな拍手と共に披露したのは代表曲「春風」。マリンシアターいっぱいに広がるRihwaの伸びやかで優しい歌声に身をゆだねるように、ベルーガ達は水槽内をゆっくりと泳いでいく。

続けてアコースティックギターを手に取ると、鴨川シーワールド2018年春のテーマソングである「Swing Swing♪」を披露。軽快なリズムにシンクロするように尻尾を振ったり、くるくると楽しげに泳ぐベルーガ。さらに、ギターを弾きながら歌うRihwaを興味津々の様子で見つめる愛らしい表情に、会場からは笑顔がこぼれた。「明日はきっといい日になる」では、Rihwaと観客の大きなシンガロングに応えるように、ベルーガ達は憤気孔から空気を吹き出し、会場を沸かせた。

鴨川シーワールドのオフィシャルHPでは、この日のライブのダイジェストムービーを公開! 会場に行けなかったファンは要チェックだ。

■【Rihwa コメント】

かわいくて、とっても賢いベルーガとの初コラボレーションライブ、最高に楽しかったです!!!!もう完全にベルーガのファンです!!!!
春のテーマソングを担当させて頂いた「Swing Swing♪」の歌唱時にはなんと!私が振り返った瞬間に頭を横にフリフリ!思わず私も嬉しくて、一緒に踊っちゃいました!
鴨川シーワールドの展示はユーモアやストーリーがあって素敵。どの動物達のパフォーマンスもお客さんと遊んでいるみたいに楽しくて、それぞれの特徴が活かされていて「こんなことも出来るんだ!」と驚きや発見がたくさんありました。次に行くときはシャチのパフォーマンスで水まみれになりたいです!!

■Rihwa × 鴨川シーワールド Special Liveダイジェストムービー
http://www.kamogawa-seaworld.jp/event/kamoseatopics/kamo_movie/index.html

『Amuse Fes in MAKUHARI 2018 -雨男晴女-』

6月02日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場 9〜11ホール
<出演>
高橋優、Perfume、FLOW、ポルノグラフィティ、WEAVER、エドガー・サリヴァン、辻村有記、藤原さくら、フレデリック、Rihwa、アミューズスペシャルバンド (発表順・五十音順)
■オフィシャルサイト http://www.amusefes.jp



【関連リンク】
Rihwa、鴨川シーワールドにてベルーガとのコラボライブを披露
Rihwaまとめ
BURNOUT SYNDROMES、2019年開催のLIQUIDROOM公演が即日完売&追加公演が決定

【関連アーティスト】
Rihwa
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, シンガーソング・ライター, コラボ

BURNOUT SYNDROMES、2019年開催のLIQUIDROOM公演が即日完売&追加公演が決定
Mon, 28 May 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪在住、青春文學ロックバンドのBURNOUT SYNDROMESが、2019年3月に開催する『全国ワンマンツアー』の一般発売をスタートしたところ、自身最大規模の会場でもあるLIQUIDROOM公演が即日ソールドアウト。想定以上の申込が殺到したことを受け、急遽TSUTAYA O-EASTでの追加公演の開催が決定した。

追加公演の先行予約は6月1日(金)から受付開始予定となる。リーダーである石川大裕(Ba&Cho)からのコメントも到着したので、こちらも併せてチェックしてほしい。

■【石川大裕(Ba&Cho)コメント】

『BURNOUT SYNDROMESの音楽が好きだって言ってくれる貴方に会いたい。』
『応援してくれる貴方に恩返しがしたい。』
そんな僕らの願いを叶える場所がワンマンライブだと思っています。
史上最大キャパで挑んだ来年の東京ワンマンはまさかの即日完売してしまいました。
凄く嬉しいけど、ライブを観たいと思ってくれている人がいるのにチケットが無いなんて…悲しすぎる。
だからメンバーみんなで相談してもっと大きなステージでの追加公演をお願いしました。
チャンスをくれてありがとう。会いに来てくれるだけで大丈夫です。
絶対に楽しませるので期待だけしていてください。

BURNOUT SYNDROMES
Bass&MC&LIVE総監督 石川大裕

『全国ワンマンツアー2019』

<2019年>
3月02日(土) 広島・SECOND CRUTCH
3月03日(日) 福岡・DRUM Be-1
3月10日(日) 大阪・BIG CAT
3月16日(土) 愛知・Electric Lady Land
3月23日(土) 東京・LIQUIDROOM ※THANK YOU, SOLD OUT!!
3月30日(土) 宮城・darwin
<追加公演>
4月26日(金) 東京・TSUTAYA O-EAST
※6月1日よりチケット先行予約開始予定

チケット:前売¥3,900
一般発売中!http://burnoutsyndromes.com

アルバム『孔雀』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4997〜4998/¥3,500 (税込)
【通常盤】(CDのみ)
ESCL-4999/¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.ヨロコビノウタ
2.花一匁
3.若草山スターマイン
4.吾輩は猫である
5.Melodic Surfers
6.ハイスコアガール
7.君をアンインストールできたなら
8.POKER-FACE
9.斜陽
10.Dragonfly
■DVD
※約45分におよぶ豪華映像3大特典
(1)ミュージックビデオ+メンバーによるMV解説オーディオコメンタリー(副音声)
・「花一匁」MV(テレビ東京系アニメ「銀魂」銀ノ魂篇エンディングテーマ)+オーディオコメンタリー(副音声)
・「ハイスコアガール」(2017.9.18 RELEASE デジタルシングル、iTunesロックチャート1位を記録)+オーディオコメンタリー(副音声)
(2)ライブ映像 (2016.11.25 @SHIBUYA CLUB QUATTRO)
・「FLY HIGH!!」(TVアニメ「ハイキュー!!セカンドシーズン」第2クールオープニング・テーマ)
・「ヒカリアレ」(「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」オープニングテーマ)
(3)「燃えつきRADIOスペシャル 〜「孔雀」の取説〜」(アルバム「孔雀」収録曲解説映像



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES、2019年開催のLIQUIDROOM公演が即日完売&追加公演が決定
BURNOUT SYNDROMESまとめ
Czecho No Republicの武井優心(Vo&Ba)が絵本の翻訳に初挑戦

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
ニュース

Czecho No Republicの武井優心(Vo&Ba)が絵本の翻訳に初挑戦
Mon, 28 May 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicのボーカルベースを務める武井優心が、絵本の翻訳に初挑戦した。武井が翻訳を担当したのは、チェコで20世紀前半に活躍した絵本作家 ヨゼフ・チャペックの『こいぬとこねこはいつも一緒 おいしいケーキを焼いたお話』という絵本で、二度の大戦の中でも戦争の悲惨さとは無縁の、平和でほのぼのとした内容だ。

絵本は6月2日(土)より川崎市多摩区にある「チェコのアニメと絵本の店」で販売を開始し、サイト「チェコ・チェコランド」でのネット販売は6月末からを予定している。 武井からのコメントも到着しているので、ぜひチェックしてほしい。

■【武井優心(Vo&Ba)コメント】

今回初めて絵本の翻訳という素敵なお仕事をさせていただきました。
初めての経験で、分からないことだらけなのでどうなるかと思いましたが、
登場するこいぬとこねこの表情、空気感を見ていたら、自然と言葉が聞こえてきました。
これは歌詞を書く作業にも通じるものがありました。
この絵本は、チェコで活躍した絵本作家ヨゼフ・チャペックのものですが、
"チェコ"つながりでお仕事できたことにとても感動しています。
こいぬとこねこ。
ふたりの持つ空気は可愛くて温かくて、少し間抜けで愛らしい。
そんなふたりの魅力を自分なりに表現出来ていたなら幸いです。
絵もとてもかわいいので大人も子供も楽しんでもらえると思います。
是非、手にとって読んでみてください!

アットアームズのチェコの絵本『こいぬとこねこはいつも一緒 おいしいケーキを焼いたお話』

2018年6月1日発売



発売:アットアームズ
価格:¥1,200+税
■販売店情報
https://ameblo.jp/a-a-agallery
http://czech-czech.jp/



【関連リンク】
Czecho No Republicの武井優心(Vo&Ba)が絵本の翻訳に初挑戦
Czecho No Republicまとめ
けやき坂46、待望の1stアルバムに新曲18曲を収録

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, 発売

けやき坂46、待望の1stアルバムに新曲18曲を収録
Mon, 28 May 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

けやき坂46(ひらがなけやき)が6月20日(水)にリリースする1stアルバム『走り出す瞬間』の詳細がついに公開された。けやき坂46名義としてのアルバムリリースは今回が初めて。そのアルバムは3形態で、既存曲10曲に加えなんと新曲18曲が収録されるという驚きの内容だ。各形態共通の新曲リード曲「期待していない自分」と、17曲を3形態にそれぞれフリ分けて収録されている。歌唱メンバーも発表され、ユニット曲も多数収録されるなど、1stアルバムからけやき坂46の究極のアルバムが完成した。

初回仕様限定版に収録される特典映像は「期待していない自分」MVに加え、Type Aの特典映像には、2018年1月2月に行なわれた武道館3DAYS公演を売り切り、ファンから熱望されていたひらがな武道館3DAYS最終日のライブ映像を収録。Type Bの特典映像には、欅坂46よりも先に全国ツアーを行ない大成功を収めたひらがな全国ツアーダイジェスト映像が収録されている。また長濱ねるがひらがなけやきと兼任していた時期も含まれており、貴重映像がBlu-rayの高画質で楽しむことができる。

既に多くのファンが待望している1stアルバム『走り出す瞬間』。公開済みの特典内容に、驚愕の新曲18曲はファンの間では相当なインパクトを与えるだろう。大注目の大型新人、けやき坂46がアイドル業界に旋風を起こすことは間違いない。

■アルバム『走り出す瞬間』スマホ特設サイト
http://www.keyakizaka46.com/hiragana_album/

アルバム『走り出す瞬間』

2018年6月20日(水)発売



【初回仕様限定盤Type A】(CD+BD)
SRCL-9825〜9826/¥4,907+税
<収録曲>
■DISC1(CD)
M1:ひらがなけやき
M2:誰よりも高く跳べ!
M3:僕たちは付き合っている
M4:W-KEYAKIZAKAの詩
M5:永遠の白線
M6:沈黙した恋人よ
M7:それでも歩いてる
M8:NO WAR in the future
M9:イマニミテイロ
M10:半分の記憶
M11:期待していない自分(新曲)
M12:線香花火が消えるまで(新曲)
M13:未熟な怒り(新曲)
M14:わずかな光(新曲)
M15:ノックをするな!(新曲)
M16:ハロウィンのカボチャが割れた(新曲)
M17:約束の卵(新曲)
■DISC2(BD)
・期待していない自分 Music Video
・ひらがな武道館 〜Day3 Special Selection〜
Overture
Opening
ひらがなけやき
二人セゾン
僕たちは付き合っている
沈黙した恋人よ
100年待てば
Dance Track
制服のマネキン
永遠の白線
誰よりも高く跳べ!
イマニミテイロ
MC
誰よりも高く跳べ!(ダブルアンコール)



【初回仕様限定盤Type B】
SRCL-9827〜9828/¥4,907+税
<収録曲>
■DISC1(CD)
M1:ひらがなけやき
M2:誰よりも高く跳べ!
M3:僕たちは付き合っている
M4:W-KEYAKIZAKAの詩
M5:永遠の白線
M6:沈黙した恋人よ
M7:それでも歩いてる
M8:NO WAR in the future
M9:イマニミテイロ
M10:半分の記憶
M11:期待していない自分(新曲)
M12:キレイになりたい(新曲)
M13:夏色のミュール(新曲)
M14:男友達だから(新曲)
M15:最前列へ(新曲)
M16:おいで夏の境界線(新曲)
M17:車輪が軋むように君が泣く(新曲)
■DISC2(BD)
・期待していない自分 Music Video
・ひらがな全国ツアー2017 Live & Documentary
《Zepp Tokyo》
ひらがなけやき
二人セゾン
サイレントマジョリティー
《Zepp Namba(OSAKA) 》
タップダンス パフォーマンス
世界には愛しかない
誰よりも高く跳べ!
《Zepp Nagoya》
Poi パフォーマンス
青空が違う
乗り遅れたバス
手を繋いで帰ろうか
《Zepp Sapporo》
マーチング パフォーマンス
猫の名前
永遠の白線
《福岡サンパレス》
カラーガード パフォーマンス
AM1:27
ここにない足跡
《幕張イベントホール》
Overture
ひらがなけやき
MC
NO WAR in the future
それでも歩いてる
手を繋いで帰ろうか
太陽は見上げる人を選ばない
僕たちは付き合っている
MC
W-KEYAKIZAKAの詩



【通常盤】(CD ONLY)
SRCL-9829/¥2,593+税
<収録曲>
M1:ひらがなけやき
M2:誰よりも高く跳べ!
M3:僕たちは付き合っている
M4:W-KEYAKIZAKAの詩
M5:永遠の白線
M6:沈黙した恋人よ
M7:それでも歩いてる
M8:NO WAR in the future
M9:イマニミテイロ
M10:半分の記憶
M11:期待していない自分(新曲)
M12:三輪車に乗りたい(新曲)
M13:こんな整列を誰がさせるのか?(新曲)
M14:居心地悪く大人になった(新曲)
M15:割れないシャボン玉(新曲)
M16:ひらがなで恋したい(新曲)



【関連リンク】
けやき坂46、待望の1stアルバムに新曲18曲を収録
けやき坂46まとめ
欅坂46まとめ
SING LIKE TALKING、30周年記念ライブに追加で大宮公演が決定

【関連アーティスト】
けやき坂46, 欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売

SING LIKE TALKING、30周年記念ライブに追加で大宮公演が決定
Mon, 28 May 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SING LIKE TALKINGが、30周年記念ライブ『SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “FESTIVE"』の追加公演を大宮ソニックシティで開催することを発表した。

同公演は大阪・東京・青森に加え4箇所での開催となる。2015年よりデビュー30周年に向け、毎年カウントアップライブ企画の『Premium Live』を行なってきたSING LIKE TALKINGが、いよいよ開催する30周年記念ライブ。気鋭のサポートミュージシャンとの共演も楽しみなライブに要注目だ。

■SING LIKE TALKING 30周年記念特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/sing-like-talking/30th/

『SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “FESTIVE"』

9月24日(月・祝) 大阪フェスティバルホール
9月29日(土) 東京国際フォーラムホールA
10月21日(日) リンクステーションホール青森
<追加公演>
10月08日(月・祝) 大宮ソニックシティ 大ホール
チケット:S席¥9,720(税込)A席¥8,640(税込)
一般発売:7月28日(土)10:00
※S席は予定枚数に達し次第、一般発売でのお取り扱いか?なくなる可能性か?こ?さ?います。
※未就学児童の入場不可

■バンドメンバー
江口信夫 (Drums)
塩谷哲 (Piano)
高水健司 (Baas)
大儀見元 (Percussion)
渕上祥人 (Chorus & Guitar)
露崎春女 (Chorus)
FIRE HORNS:Atsuki(Trumpet)、Juny-a(Saxophone)、Tocchi(Trombone)

シングル「Vox Humana」

2018年6月27日発売



UPCH-5944/¥1,200+税
<収録内容> 
1.Vox Humana
2.Too Heavy To March
3.Vox Humana (Ovall Remix)
4.Vox Humana (Michael Kaneko Remix)

アルバム『3rd REUNION』

2018年8月22日発売



【初回盤】(2CD)
UPCH-7425/6/¥4,000(税抜)
<収録内容>
「3rd REUNION」
「LIVE CD」
※2018年3月25日TOKYO DOME CITY HALL公演よりライブ音源を約7曲収録予定

【通常盤】(CD)
UPCH-2164/¥3,000(税抜)
<収録内容>
「3rd REUNION」 

【期間限定スペシャル・パッケージ - Deluxe Edition -】 (4CD)
UPCH-7418/21/¥5,200(税抜)
<収録内容>
「3rd REUNION」
「SECOND REUNION」2018年リマスター
「REUNION」2018年リマスター
「LIVE CD」※初回盤「LIVE CD」と同内容

【スペシャル・パッケージ】(3CD)
UPCH-7422/4/¥4,200(税抜)
<収録内容>
「3rd REUNION」
「SECOND REUNION」2018年リマスター
「REUNION」2018年リマスター



【関連リンク】
SING LIKE TALKING、30周年記念ライブに追加で大宮公演が決定
SING LIKE TALKINGまとめ
クアイフ、メジャー1stアルバムより新曲「さよならライアー」MV解禁

【関連アーティスト】
SING LIKE TALKING
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, ライブ

クアイフ、メジャー1stアルバムより新曲「さよならライアー」MV解禁
Mon, 28 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

クアイフが6月6日にリリースするメジャー1stアルバム『POP is YOURS』より「さよならライアー」のMVを解禁した。楽曲はまっすぐな言葉とノスタルジックなサウンドでせつなポップ調に仕上げており、MVは夜闇に浮かぶ色とりどりの幻想的な光のコントラストを用いて、楽曲に込められた“大切な人にはありのままの言葉で伝えたい”という想いや切なさ、決意を巧みに表現している。

そんな「さよならライアー」が収録されたアルバム『POP is YOURS』は、現在iTunesにてプレオーダーを受付中! さらに好評放送中のメ〜テレドラマ『ミューブ♪ 〜秘密の歌園』の主題歌である「I love ME !」も先行配信中なので、こちらも是非チェックしてほしい。また、このアルバムを引っ提げての対バンツアー『クアイフ Tour “LIVE is YOURS“』が6月15日からスタートする。アルバムを聴きこんで、迫力のあるライブを体感してみてはいかがだろうか。

アルバム『POP is YOURS』

2018年6月6日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-5060〜1/¥3,300(税込)
※PlayPASS対応
<収録曲>
■CD
01. Take me out
02. I love ME ! (メ〜テレドラマ「ミューブ♪ 〜秘密の歌園〜」主題歌)
03. ワタシフルデイズ (近鉄パッセ「Pass\'e 大感謝祭」TV-CMソング)
04. こだまして
05. じゃあ、またね。
06. 愛を教えてくれた君へ (フジテレビ"ノイタミナ"TVアニメ「いぬやしき」エンディング・テーマ)
07. タイムマシーン
08. さよならライアー
09. Polaris
10. EverBlue
■DVD
クアイフLive Tour “愛を教えてくれた君へ"(2018年2月24日恵比寿LIQUIDROOM) ライブ映像
01. セツナロマンチック
02. ワタシフルデイズ
03. 未完成ワールド
04. good morning
05. 未来emotion
06. 愛を教えてくれた君へ



【通常盤】(CD)
ESCL-5062/¥2,800(税込)
※初回仕様:PlayPASS対応
<収録曲>
01. Take me out
02. I love ME ! (メ〜テレドラマ「ミューブ♪ 〜秘密の歌園〜」主題歌)
03. ワタシフルデイズ (近鉄パッセ「Pass\'e 大感謝祭」TV-CMソング)
04. こだまして
05. じゃあ、またね。
06. 愛を教えてくれた君へ (フジテレビ"ノイタミナ"TVアニメ「いぬやしき」エンディング・テーマ)
07. タイムマシーン
08. さよならライアー
09. Polaris
10. EverBlue

『クアイフ Tour “LIVE is YOURS“』

6月15日(金) 宮城・ HOOK SENDAI
w/ majiko / MOSHIMO
6月19日(火) 新潟・新潟Live Hall GOLDEN PIGS BLACK STAGE
w/ 東京カランコロン / MOSHIMO
6月22日(金) 兵庫・神戸VARIT.
w/ FINLANDS / LUNKHEAD
6月23日(土) 京都・京都MOJO
w/ FINLANDS / LUNKHEAD
6月27日(水) 静岡・静岡Sunash
w/ 空想委員会 / Half time Old
6月29日(金) 広島・広島BACK BEAT
w/ シナリオアート / 東京カランコロン
6月30日(土) 福岡・福岡graf
w/ 東京カランコロン / ЯeaL
7月02日(月) 香川・高松DIME
w/ Calmera / 鶴

<チケット>
オールスタンディング¥3,000(税込)※ドリンク代当日別途
■一般発売:5月27日(日)10:00〜



【関連リンク】
クアイフ、メジャー1stアルバムより新曲「さよならライアー」MV解禁
クアイフまとめ
J、熱い想いが刻まれた会場限定シングルのジャケ写を解禁

【関連アーティスト】
クアイフ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, リリース, 発売

J、熱い想いが刻まれた会場限定シングルのジャケ写を解禁
Mon, 28 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Jが6月30日(土)からスタートする全国ツアー『J LIVE TOUR 2018 ?RISE ABOVE?』よりライブ会場限定で販売するニューシングル「Now And Forever」のジャケット画像を公開した。「Now And Forever」はJの真骨頂ともいえるライブ感溢れる骨太なサウンドの中に、今なお冷めやらぬ熱をこれからも永遠に描き続けようという強い覚悟がしたためられた、まさに新たな一歩を踏み出すにふさわしいロックナンバー。最新フォトやCDジャケットもその想いと覚悟が感じられる作品になっており、リリースと同時に始まる全国ツアーのフロアーでこの曲がどんな景色もたらしてくれるか、今から楽しみでならない。

また、年内のリリースを目指して自身11枚目となるオリジナルアルバムのレコーディングも開始したというJ。LUNA SEAとの両輪でさらに突き進む2018年の彼にこれからも注目していきたい。

シングル「Now And Forever」

2018年6月30日より全国ツアー会場にて限定発売



CTC1-40397/¥1,200(税込)
※ライブ会場限定 / 初回生産限定盤
<収録曲>
M1. Now And Forever
M2. Bad Dream

◎抽選特典
J オリジナルツアーピック(全3色)
※CD1枚につき会場抽選で、もれなく1つプレゼント

『J LIVE TOUR 2018 ?RISE ABOVE?』

6月30日(土) 香川・高松DIME
7月01日(日) 大阪・BIG CAT
7月07日(土) 岡山・IMAGE
7月08日(日) 広島・CAVE-BE
7月14日(土) 長野・CLUB JUNK BOX
7月15日(日) 新潟・LOTS
7月21日(土) 宮城・仙台darwin
7月22日(日) 宮城・仙台darwin
7月28日(土) 福岡・DRUM Be-1
7月29日(日) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
8月04日(土) 北海道・札幌cube garden
8月11日(土・祝) 東京・マイナビBLITZ赤坂
8月12日(日) 東京・マイナビBLITZ赤坂 ※ファンクラブ会員限定



【関連リンク】
J、熱い想いが刻まれた会場限定シングルのジャケ写を解禁
Jまとめ
LUNA SEAまとめ
かぷりす1stシングルレコ発&嶋木すい・鳴瀬華恋の生誕祭がたくさんの愛に包まれて終幕

【関連アーティスト】
J, LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売

かぷりす1stシングルレコ発&嶋木すい・鳴瀬華恋の生誕祭がたくさんの愛に包まれて終幕
Mon, 28 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

毎日生きていくなかでおめでたいできごとに関われる日は、どれくらいあるだろう。結婚式や入学式など、そこまで多くないのではないだろうか。それにも関わらず、おめでたいできごとがいくつか重なる特別な日も存在する。そのひとつが5月17日(木)に秋葉原 CLUB GOODMANで開催された『恋音 vol.3 〜かぷりす1stシングルレコ発&嶋木すい・鳴瀬華恋生誕祭〜』だ。この日はかぷりすの1stシングルのレコ発と嶋木すい・鳴瀬華恋の生誕祭。幸せが2倍にも3倍にもなる素敵な日を祝うべく多くのファンが会場に駆け付けた。

オープニングを飾ったのは、天宮茄奈だ。緊張した面持ちをした彼女は、しっとりしたラブソングの「片思い」を披露。透き通る声が会場に響き渡り、観客の心を浄化するようだ。彼女に促されクラップが沸いたのは「好きだ」。先ほどとは違う力強い歌声で、しっかりと歌を聴かせる。はにかんだ笑顔も慣れないパフォーマンスも、その初々しさを後押ししていた。とびきりのアイドルチューンである「走れ」で会場を盛り上げ、ステージをあとにした。

“みなさん、盛り上がっていくよ〜!”という掛け声と共に登場したのは鳴瀬華恋である。ふわふわの巻髪と白いワンピースの出で立ちは、まさしくザ・アイドル。「少女と名前」をポップで可愛らしく歌いあげた。続く「MY舞☆TONIGHT」は和ロックなナンバー。カメラを持っている人にポーズを決め、ひとりひとりにアイコンタクトをとる姿は優しさ溢れる彼女らしい。曲中での誕生日ガチ恋口上には、瞳を潤ませていた。歓声を確実にパワーに変えていくのが、なるせまるスタイル。「八月の夜」では、にこにこと笑顔を振りまきたくさんの拳が挙がったのだった。

嶋木すいは網タイツを履き、セクシーなファッションに身を包んで現れた。アニメ声が引き立つ「ドキドキ」で会場を虜にし、すい想学部に観客をグッと引きずり込む。間奏部分ではキレキレのダンスをパフォーマンスし、アイドルとしての本気を魅せつけた。ゆったりした歌謡調の「Midnight Dejavu〜色彩のブルース〜」では、艶っぽい流し目と共に低音のセクシーボイスを響かせる。可愛くもかっこよくも演出できるのは、すいちゃんの強みと言っても過言ではないだとう。表情をくるくると変え「PPCC」を舞い踊り、元気爆発のステージングをした。

圧倒的な歌唱力で観客を圧倒したのは大瀧佳奈だ。しっとりしたバラードである「Greed」を紡ぐように歌いあげる姿に、アイドルではなくシンガーと名乗るわけを一気に納得させられた。抜群の音程で「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」、会場と共に盛り上がり「ハム太郎とっとこうた」を披露。生誕祭祝いを徹底的に意識したセットリストは、自分のためでなく誰かのために歌っていきたいという彼女の心意気が強く見える。彼女の本領が発揮される「眩暈」「千本桜」を大切に届け、ステージから去ったのだった。

異世界な世界観を放ち舞台に降り立ったのは、みのりほのかである。「宇宙人だ」では、宇宙人を彷彿する特徴的な振付で会場を一気に沸かせる。ガッと目力を強く歌う姿が印象的で、その視線にいられると彼女から目を放せなくなる催眠にかけられた。スプーン曲げを披露する「もしかしてエスパー」、コール&レスポンスが会場に反響した「コズミックガール」と宇宙人アイドルらしい電波ソングを次々にパフォーマンスする。ジャジーなナンバーでかっこいい1面ものぞかせたのは「ハウスオブフード」だ。深夜の空腹との戦いを描いたポップソングは、素の女の子として彼女の葛藤を見ているようでとても面白い。“がおがおー!”と縦横無尽に「ジュラシックガール」を舞い踊り、観客をらすた星人にするエスパーを発揮したのだった。

この日の萌えこれ学園は、生徒会長であるなぁなを中心に6人のメンバーが君臨。すべての人に向けて“この思いが届いてほしい”と強くこだまする「タイムレシバー」からステージがスタート。6人だからこそできるグループ感溢れるパフォーマンスに、会場の熱気もさらに増していく。乙女心を歌ったロックチューンである「恋の魔法」、ファンからの人気も高い「すき!すき!好き!」と堂々たるステージングが続く。曲名がコールされただけで会場に歓声が響いたのは「ミラクる☆妄想がーる」だ。手足の先まで神経をいきわたらせた大きなパフォーマンスは、一生懸命そのもの。飛んで跳ねてはしゃぎまわり、観客を虜にしたのだった。

照明が落ちると“おおおお!”と歓声に溢れ、本日の主役であるかぷりすが登場した。メイドさんのようなミントグリーンの新衣装に、ファンの興奮もただならぬ様子である。メンバー紹介の歌詞が入っている「きまぐれだっていいじゃない」から盛り上がりは最高潮。レコ発にふさわしい賑わいをみせる。MCでは衣装へのこだわりを各々がトーク。トップスの丈が短く腹チラする新衣装に「へそ〜!」と、歓喜の声がとんだ。ひかりの柔らかい歌で始まる「dreamy」、小指を使った振付が特徴的な「shiny sky」と熱いライブが続いていく。お祭りっぽい曲調に会場中が揺れたのは、記念すべき1stシングルである「宵街チケット」。間奏部分には4人のソロダンスパートもあり、彼女たちの魅力を存分に堪能できる楽曲に会場中がわいた。新曲にも関わらず、すぐに盛り上がりを作ってしまうのは彼女たちが愛されている何よりの照明と言えるだろう。ラストを飾ったのは“いつかあの場所を目指して”と強い思いが語られる「ぬー?ぉーもんど」。現状に満足せず進み続ける彼女たちの躍進がさらに楽しみになる時間であった。

【インフォメーション】

1stミニアルバム『きまぐれだっていいじゃない』発売中!
1stシングル「宵町チケット」発売中!

かぷりすは、岩?ひかり*嶋木すい*蒼井李々子*鳴瀬華恋の4名。
ユニット名の「かぷりす」とは、フランス語で気まぐれを意味し、気まぐれを原点にオールジャンルの音楽にチャレンジし、可愛いにもカッコイイにも変化するユニットを目指して活動中!!



【関連リンク】
かぷりす1stシングルレコ発&嶋木すい・鳴瀬華恋の生誕祭がたくさんの愛に包まれて終幕
かぷりすまとめ
萌えこれ学園まとめ
みのりほのかまとめ
大瀧佳奈まとめ

【関連アーティスト】
かぷりす, 萌えこれ学園, みのりほのか, 大瀧佳奈, 嶋木すい, 鳴瀬華恋, 天宮茄奈
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, シングル

安藤裕子、記念すべき15周年記念日を2000人の観客が祝福
Mon, 28 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

安藤裕子が5月26日(土)に15周年イヤー突入を記念したライブを昭和女子大学 人見記念講堂にて開催。『〜長くなるでしょうからお夕飯はお早めに〜』というサブタイトル通り、約3時間にも及ぶスペシャルな一夜、そして安藤裕子の記念すべき15周年を2000人の観客が祝福した。今回のセットリストは2〜3月にかけてツイッター上で実施された初のリクエスト企画の結果を基に組まれており、まさにファンが聴きたかった曲たちがアンコールを含め24曲も並ぶベストなセットリストとなった。

帆船が印象的に配置された幻想的な舞台に登場した安藤裕子。新たな扉を開くような爽快な楽曲「"I"novel.」で幕を開けた第一部から「TEXAS」「ドラマチックレコード」と前述のリクエスト企画上位楽曲などが次々と披露される。山本隆二(Pf)設楽博臣(Gu)沖山優司(Ba)伊藤大地(Dr)酒井由里絵(Cho)、さらに後関好宏(Sax)村上基(Tp)滝本尚史(Tb)というホーンまで加わり、この上ない豪華なメンバーで固められたバンドがグルーヴを生んだ名曲「黒い車」にも、大きな歓声が沸いた。

今から20年程前、初めてデモを録ったという「愛の日」を歌い終えると、安藤裕子はゆっくりと語り始めた。音楽と出会う前は心を閉ざしていたこと、自分を一番に見つめてくれる人がどこにもいないような気がしていたこと。それが“うた”を歌い始めるスタート地点になったこと。音楽を始めたことで、自分自身が一番誰のことも見ていないことに気付いたこと。そして歌を聴いてくれる "あなた達" に出会えたこと。“ありがとうございます”と心のこもった一言を伝えて披露した「海原の月」、そして「隣人に光が差すとき」という流れに会場が感動に包まれたことは、言うまでもなく第一部の大きなハイライトとなった。第一部最後の曲は、ピアノのみのシンプルな伴奏で歌われた「蒔かれた種について」。伸びやかな歌声が会場の中に響きわたり、講堂は充足感に満たされていた。

15分の休憩をはさみ、始まった第二部。ステージ奥の幕が上がると、星空と三日月の舞台セット、そして三日月に腰をかけた安藤裕子が登場し「六月十三日、強い雨。」で、優しく幕を開けた。第一部と第二部で、印象が違う雰囲気の中、音楽を楽しむ事が出来る趣向を凝らした舞台も、今回の特徴と言えるだろう。

「水色の調べ」「パラレル」というテンポ感のある楽曲を挟み、第二部中盤には珍しい曲が飛び出した。初のライブDVDとしてリリースもされた『安藤裕子TOUR 2008 “Encyclopedia.” FINAL』の中で未完成の新曲として演奏されたものの、未だ音源化されていない「太陽の嘘つき」「The moon and the sun」。その2曲を、アコースティックギターを手に弾き語りで披露したのだ。それは往年のファンを大いに悦ばせるサプライズな演出となった。

終盤には、これまであまりライブでやってこなかったにもかかわらずリクエスト企画で1位を獲得した「さよならと君、ハローと僕」、屈指の名バラード「唄い前夜」を披露。そして本編最後を飾ったのは、前に進むきっかけを与えてくれるような包容力のあるバラード「歩く」だった。この日一番の穏やかな空気が会場を包む中、第二部が感動的に幕を閉じた。

アンコールは、デビュー作より「サリー」、そしてリクエスト企画で同票1位を獲得した「聖者の行進」。ライブアレンジでひたすらエモーショナルに歌う圧倒的な姿を最後に、安藤裕子の15周年ライブは完結した。安藤裕子の15年間、その間に彼女の中にあった様々な事柄、喜びも苦しみも、そしてもちろん感謝も全て含んだような、まさしく15周年ライブにふさわしいステージだった。この15周年の向こう側に、安藤裕子はまた新たな舟を漕ぎ出すのだろう。このライブを観た者は誰もがそう予感せずにはいられなかったはずだ。6月27日にリリースされる初の書き下ろし小説集『至らぬ人々』を付属したミニアルバム『ITALAN』は、もしかするとその第一歩なのかもしれない。

なお、この日のライブの模様はBS241 BSスカパー!にて7月14日に放送される。さらに8月末には、Motion Blue YOKOHAMA、NAGOYA Blue Note、Billboard LIVE OSAKAという落ち着いたステージでライブを開催することを発表するなど、安藤裕子の15周年イヤーにさらなる注目が集まりそうだ。

Photo by Aki Ishii

【セットリスト】
1."I"novel.
2.TEXAS
3.ドラマチックレコード
4.SUCRE HACACHA
5.さみしがり屋の言葉達
6.黒い車
7.雨月
8.愛の日
9.海原の月
10.隣人に光が差すとき
11.蒔かれた種について
-休憩-
12.六月十三日、強い雨。
13.あなたと私にできる事
14.水色の調べ
15.パラレル
16.太陽の嘘つき
17.The moon and the sun
18.summer
19.Lost child,
20.さよならと君、ハローと僕
21.唄い前夜
22.歩く
<アンコール>
EC1.サリー
EC2.聖者の行進

ミニアルバム『ITALAN』

2018年6月27日(水)発売



【通常盤】(CD)
LNCM-1253/¥2,315+税
【限定盤】(CD+短編小説)
LNCM-1254/¥3,241+税
<収録内容>
■CD
至らぬ人々
SVAHA
太古の時計
こどものはなし
風雨凄凄
花柄        
さよなら
■短編集『至らぬ人々』
風雨凄凄
娑婆訶
こどものはなし



【関連リンク】
安藤裕子、記念すべき15周年記念日を2000人の観客が祝福
安藤裕子まとめ
SURFACE、20周年の記念日に再始動ライフ?を開催

【関連アーティスト】
安藤裕子
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, リリース, ミニアルバム, ライブ, セットリスト, ライブレポ, レポート

SURFACE、20周年の記念日に再始動ライフ?を開催
Mon, 28 May 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2010年6月13日、東京国際フォーラム ホールAで行なわれた『Last Attraction』で惜しまれつつも解散したSURFACE。5月27日は彼らの記念すべきメジャーデビュー日で、ファンにとっては特別な1日だ。そんなデビュー20周年のアニバーサリーイヤーの記念日に行なわれた再始動ライブは、ファンに贈られる最高のプレゼントとなった。

SURFACE解散後、ボーカルの椎名慶治はソロとして、ギターの永谷喬夫はコンポーザーとして、多くのアーティストやプロジェクト、アニメ、ゲームなどの音楽を手がけて別々の道を歩んできた。5月27日、豊洲PITでの再結成ライブは、チケットは発売と同時に瞬時にSOLD OUTとなりプレミアチケット化。開場前からSURFACEの再始動を待ち望んでいた3,000名ファンの熱気で埋めつくされた。

ライブの1曲目は、2010年の解散時にファンとSURFACE自身への思いを込めて作った「CHANGE」からスタート。3,000名のオーディエンスは一瞬にして当時と変わらないSURFACEの世界観に引き込まれた。力強いパフォーマンス、二人でしかなし得ないハーモニー。この日に込めた二人の思いも熱く、ライブでの演奏とメッセージにその全てが込められていた。“サーフィスです! 8年間も道に迷っちゃってさ…ただいま!”(椎名慶治)、“8年の休みを経て20周年。いざ立ってみてさぁ、みんなの前に立てて良かったです”(永谷喬夫)という二人の第一声は、興奮を隠さないファンへの感謝の想いだった。

ライブ中盤には、新曲「LIKE a CAT」をパフォーマンス(新曲は会場で販売されているメモリアルブックに封入)。この再結成へ向けて作った新曲は弾き語りの「ららら」から始まり、椎名が歌詞を、永谷がアレンジを仕上げて持ち寄り完成した楽曲だ。“出来上がった曲は、やっぱりSURFACEそのものだった”という、二人の新たなコンビネーションが気持ち良い。

続いてアニメ『まもって守護月天』のオープニングテーマ曲で、コロチキのネタでもおなじみの「さぁ」。後半戦は、立て続けにアップテンポな楽曲を披露し、オーディエンスの興奮も最高潮に。デビュー曲でド ラマ『ショムニ』の挿入歌である「それじゃあバイバイ」など代表曲を惜しみなく披露し、3,000名ものファンはさらにヒートアップ! この日はダブルアンコールを含む計23曲をパフォーマンス。9月8日にマイナビBLITZ赤坂で、SURFACE初となる『永谷喬夫バースデーライブ』の開催が発表されるなど、ファンにとっては最後の最後までサプライズだらけの嬉しいプレゼントとなったライブだった。この日、ついに次のステージに向けてスタートしたSURFACEの進化した第2章から目が離せそうにない。

【ライブ情報】

9月08日(土) 東京・マイナビBLIZ赤坂
※詳細は後日発表予定



【関連リンク】
SURFACE、20周年の記念日に再始動ライフ?を開催
SURFACEまとめ
還暦を迎えたポール・ウェラーが新曲「Aspects」の無料DLを実施

【関連アーティスト】
SURFACE
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 新曲, ライブ, ライブレポ, レポート, 再始動

還暦を迎えたポール・ウェラーが新曲「Aspects」の無料DLを実施
Mon, 28 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

最新アルバム『A Kind Revolution』をひっさげ、1月におよそ3年ぶりとなる東名阪来日公演ツアーを実施。2時間近いステージで計30曲近くを披露するなどますますエネルギッシュなパフォーマンスを魅せるポール・ウェラーが、自身の60歳の誕生日を記念して新曲「Aspects」を発表した。この楽曲はポール・ウェラーのオフィシャルHPにて無料ダウンロードが可能となっており、もちろんiTunesやSpotifyなどでも通常通りダウンロード、もしくはストリーミングにて聴くことが出来るので、ぜひチェックしてほしい。

さらに、2018年後半には14枚目となるソロアルバム『True Meaning』をリリースすることが明らかになった。アコースティックテイストで、ニック・ドレイクを彷彿とさせる「Aspects」は、このアルバム『True Meaning』にも収録される予定とのこと。ポールはこの楽曲について“アルバムのテイストを暗示しているかどうかはわからないが、この曲が礎石になっているのは間違いないね”と語っている。

配信楽曲「Aspects」

配信中



■iTunes内 配信ページ
https://itunes.apple.com/jp/album/aspects-single/1385713527?app=itunes&at=10l6Y8



【関連リンク】
還暦を迎えたポール・ウェラーが新曲「Aspects」の無料DLを実施
Paul Wellerまとめ
琴音、ミニアルバム収録曲「願い」のMV制作プロジェクトで目標参加人数200名を達成

【関連アーティスト】
Paul Weller
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 配信

琴音、ミニアルバム収録曲「願い」のMV制作プロジェクトで目標参加人数200名を達成
Mon, 28 May 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

話題の女子高生シンガーソングライター・琴音が、初の全国流通盤となるミニアルバム『願い』を7月11日にリリースする。その表題曲である「願い」のMV制作をサポートするプロジェクトが、レコチョクが運営するアーティストとファンをつなぐプラットフォーム『WIZY』にて現在進行中! このプロジェクトの目標人数である200名はわずか4日で達成されており、異例の注目を集めていることがわかる。MVに名前がクレジットされる“応援プラン”は6月4日まで応募受付中とのことなので、気になる方はお見逃しなく。

また、琴音は10月に新潟・長岡で開催される新しい音楽フェス『長岡 米百俵フェス 〜花火と食と音楽と〜2018』への出演も発表されている。多くのメジャーアーティストのプロデュースを手がける本間昭光と島田昌典がキュレーターを務めるこのフェスには様々なジャンルのアーティストが登場し、その中での琴音のパフォーマンスも気になるところだ。2018年大注目となる琴音の動向に注目!

■WIZY「願い」MV制作プロジェクト
2018年5月14日(月)12:00〜6月4日(月)23:59
https://wizy.jp/project/101/

ミニアルバム『願い』

2018年7月11日(水)発売



EGGS-032/¥1,500+税
<収録曲>
「願い」ほか5曲収録

『長岡 米百俵フェス 〜花火と食と音楽と〜2018』

10月06日(土) 長岡市東山ファミリーランド、市営スキー場
10月07日(日) 長岡市東山ファミリーランド、市営スキー場
http//www.comefes.net



【関連リンク】
琴音、ミニアルバム収録曲「願い」のMV制作プロジェクトで目標参加人数200名を達成
琴音まとめ
ましのみ、1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」発売記念ワンマン決定

【関連アーティスト】
琴音
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 発表, ミニアルバム, 夏フェス

ましのみ、1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」発売記念ワンマン決定
Mon, 28 May 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月1日(水)に1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」をリリースする現役女子大生シンガーソングライター“ましのみ”が、そのリリースを記念したワンマンライブ『ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2』を9月8日(日)に代官山UNITで開催することを発表した。

ましのみは約半年ぶりのワンマンライブが決定したことに関して、“練りに練ってめちゃくちゃ楽しめる日つくるます気合いしかない、いや気合い以外もあるけど!!!!! 頑張るぞ!!!!!”と喜びを語った。このワンマンライブのチケットはオフィシャルHPの“OTEGAMI”と命名された最新情報メールマガジンへの登録者を対象として、5月27日より先行販売の申し込みがスタートしているので要チェック!

メジャーデビュー後初のシングルとなる「どうせ夏ならバテてみない?」に収録される3曲はいずれも“夏”を意識した楽曲で、彼女らしいストレートではない観点からの楽曲となっている。さらに、初回限定盤の特典DVDには、タイトル曲のMusic Clip&Making の他、3月11日にShibuya WWW Xで行なわれたメジャーデビュー記念ライヴの映像11曲を収録するなど、盛り沢山なコンテンツが収録される。今までのキーボード弾き語りのライブの枠にとらわれない、夏感満載な“ましのみ”のライブをぜひ体験してみてほしい。

『ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2』

9月08日(土) 東京・代官山UNIT

<チケット>
¥3,500(税込)※D別
■メールマガジン最速先行
5月27日(日)10:00〜6月10日(日)23:59
http://emtg.jp/feature/mashinomi_unit0908_mail/
■Yahooチケット最速先行
6月16日(土)10:00〜7月01日(日)23:59 
■プレイガイド先行(ぴあ/e+/ローソン)
7月08日(日)10:00〜7月22日(日)23:59
■一般発売
8月01日(水)10:00〜

シングル「どうせ夏ならバテてみない?」

2018年8月1日(水)発売
※2018年7月16日(月・祝)よりiTunesほかにて先行配信開始



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04686/¥2,000+税
【通常盤】(CD Only)
PCCA-04687/¥1,200+税
※プレイパス シリアルコード封入
<収録曲>
■CD
1.どうせ夏ならバテてみない?
2.海水掛け合いっこ
3.コレクション of コネクション
4.どうせ夏ならバテてみない? (Inst.) 
5.海水掛け合いっこ(Inst.)
■DVD
1.どうせ夏ならバテてみない? Music Clip
2.どうせ夏ならバテてみない? Making
3.Digest of「 ぺっとぼとリテラシー〜別途ほとばしるショータイムへようこそ〜Vol.1@Shibuya WWW X」



【関連リンク】
ましのみ、1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」発売記念ワンマン決定
ましのみまとめ
渡辺美里、マイナビBLITZ赤坂にて名盤『ribbon』を完全再現!

【関連アーティスト】
ましのみ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, 新曲, ライブ, ワンマン

渡辺美里、マイナビBLITZ赤坂にて名盤『ribbon』を完全再現!
Mon, 28 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

渡辺美里が5月26日(土)にマイナビBLITZ赤坂でライブイベント『ribbon power neo』を開催した。本公演はリリース30周年を記念して5月23日に発売されたアルバム『ribbon -30th Anniversary Edition-』の収録曲を聴くことができる4公演限りのプレミアムライブで、開催発表と同時に問い合わせが殺到。東京会場で急遽追加公演が決定したライブとなる。

貴重なチケットを入手することができたオーディエンスの期待とともにライブはスタート。サウンドディレクターに本間昭光を迎えた特別編成のバンドによる演奏に加え、スペシャルゲスト・土屋礼央(RAG FAIR/TTRE)とのトークで構成された演出で、集まった超満員の観客を魅了した。

ちょうど30年前の1988年5月28日にリリースされた渡辺美里の4thアルバム『ribbon』は、「センチメンタル カンガルー」や「恋したっていいじゃない」「10years」など、代表曲を多数収録。オリコンチャートでは1位を獲得し、100万枚を超える大ヒットを記録した。その名盤アルバム収録曲の再現に加え、リリース当時の想い出や楽曲のエピソードに関するトークでファンを楽しませ、文字通りプレミアムなライブコンサートとなった。

なお大阪・名古屋で開催される『ribbon power neo』は、6月1日(金)Zepp Nagoyaでの名古屋公演に山口智充、6月8日(金)Zepp Nambaでの大阪公演にクリス松村がスペシャルゲストとして出演することが発表されている。

アルバム『ribbon ?30th Anniversary Edition-』

2018年5月23日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL 30030-30031/¥6,019+税
※完全生産限定スペシャルパッケージ(豪華BOX+紙ジャケット仕様)
※スペシャルフォトブック+長文ライナーノーツ付属
【通常盤】(CD)
ESCL-ESCL 30032/¥2,963+税
※豪華紙ジャケット仕様
※長文ライナーノーツ付属

<収録曲>
■CD
1.センチメンタル カンガルー
2.恋したっていいじゃない
3.さくらの花の咲くころに
4.Believe(Remix Version)
5.シャララ
6.19才の秘かな欲望(The Lover Soul Version)
7.彼女の彼
8.ぼくでなくっちゃ
9.Tokyo Calling
10.悲しいね(Remix Version)
11. 10 years
《2018年ボーナス・トラック》
12.Half Moon
13.New Boyfriend
14.君の弱さ
■特典DVD
ribbon SPOT from "eZ"
ぼくでなくっちゃ from "born II special edition"
シャララ from "born II"
さくらの花の咲くころに from "born II"
悲しいね -Music Video-
MISATO and UCC CAN COFFEE CM 4タイプ

【ライブ情報】

■『ribbon power neo』※終了分は割愛
6月01日(金) 愛知・Zepp Nagoya
MC:川本えこ(@FMパーソナリティ)
スペシャルゲスト:山口智充

6月08日(金) 大阪・Zepp Namba(OSAKA)
MC:加藤美樹(FM COCOLOパーソナリティ)
スペシャルゲスト:クリス松村

■トーク&コンサート ちさ子の部屋 スペシャルゲスト 渡辺美里
6月16日(土) 群馬・伊勢崎市文化会館

■『M・Evolution Tour 2018』
6月29日(金) 東京・町田市民ホール
7月03日(火) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
7月06日(金) 北海道・北見市民会館 大ホール
7月08日(日) 北海道・中標津町総合文化会館 しるべっとホール
7月14日(土) 高知・高知市文化プラザかるぽーと 大ホール 開
7月16日(月・祝) 香川・ハイスタッフホール(観音寺市民会館) 大ホール
7月21日(土) 東京・昭和女子大学 人見記念講堂 開
7月25日(水) 静岡・静岡市民文化会館 中ホール
8月11日(土・祝) 宮城・仙台市若林区文化センター
8月17日(金) 新潟・新潟県民会館 大ホール
8月19日(日) 栃木・小山市立文化センター 大ホール
8月22日(水) 埼玉・埼玉会館 大ホール
8月24日(金) 東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
8月31日(金) 愛知・東海市芸術劇場 大ホール
9月02日(日) 福岡・福岡国際会議場 メインホール
9月04日(火) 岡山・倉敷市芸文館
9月07日(金) 広島・広島JMSアステールプラザ 大ホール
9月09日(日) 大阪・NHK大阪ホール



【関連リンク】
渡辺美里、マイナビBLITZ赤坂にて名盤『ribbon』を完全再現!
渡辺美里まとめ
土屋礼央まとめ
彩冷える、2019年1月にZepp Tokyoにてワンマン公演決定!

【関連アーティスト】
渡辺美里, 土屋礼央
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 名曲, ライブ, ライブレポ, レポート

彩冷える、2019年1月にZepp Tokyoにてワンマン公演決定!
Mon, 28 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月7日(月)8日(火)渋谷TSUTAYA O-EASTにて実に8年ぶりとなるワンマン公演を行ない、再び音楽シーンに現れたヴィジュアル系ロックバンド・彩冷える (読み:あやびえ)。そんな彼らのメジャーデビュー記念日である5月27日(日)にオフィシャルサイトにて、2019年1月12日(土)にZepp Tokyoにて次なるワンマン公演『Virgin Snow Color-Final Season-』を行なうことが発表された。

このライブタイトルは、かつてメインコンポーザーの脱退によりバンド存続の危機にあった彼らが、その後逆境を乗り越えてメジャーデビューするまでの飛躍を遂げる原点となったアルバム、そしてツアータイトルを冠したもの。当時、東京厚生年金会館で行なわれた『バージンスノーカラー』公演から、ちょうど12年後となる2019年1月。決意表明とも取ることができるこのタイトルに込められた彼らの真意をぜひ目撃してほしい。新たなスタートを予感させるこの公演は、ファンならずとも要チェックだ。

■『Virgin Snow Color -Final Season-』

2019年1月12日(土) 東京・Zepp Tokyo
開場16:30/開演17:30/終演20:00(予定)

<チケット>
1階スタンディング:前売¥6,000(税込)当日¥6,500(税込)
2階指定席:前売¥8,000(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
※営利目的の転売禁止・小学生以上は有料・未就学児童入場不可

■OFFICIAL第一次先行受付:5月27日(日)21:00〜6月29日(金)23:59
→Web第一次先行申込ページ
■OFFICIAL第二次先行受付:8月24日(金)10:00〜9月22日(土)23:59
→Web第二次先行申込ページ
※OFFICIAL先行販売では2階指定席の販売はございません。
■プレイガイド先行受付:10月1日(月)10:00〜
■一般発売:11月16日(金)10:00〜

主催/企画:彩冷える事務局
制作:com agent
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999



【関連リンク】
彩冷える、2019年1月にZepp Tokyoにてワンマン公演決定!
彩冷えるまとめ
9ミリ、新曲「キャリーオン」 を期間限定で無料配信開始!

【関連アーティスト】
彩冷える
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ワンマン, チケット

9ミリ、新曲「キャリーオン」 を期間限定で無料配信開始!
Mon, 28 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9mm Parabellum Bulletが5月27日(日)の東京・日比谷野外音楽堂での自主企画『カオスの百年 vol.12』で初披露した新曲「キャリーオン」の無料ダウンロードが、LINE MUSICにて期間限定でスタートした。

「キャリーオン」は2ビートで疾走するバンドサウンドに情緒感溢れるメロディとシンガロングなフレーズを3分間に凝縮した9?最新型ともいえる新曲で、フェスなどでは定番曲となりそうだ。

さらに同曲が映画『ニート・ニート・ニート』の主題歌に決定! 原作は三羽省吾で、2010年に発売された、男女4人が北海道各地3,300kmをドタバタ駆け巡る青春ロードムービー。主人公・レンチを演じるのは安井謙太郎(Love-tune/ジャニーズJr.)、同級生のタカシ役として『仮面ライダーゴースト』への出演等で活躍する山本涼介、同じく同級生・キノブー役として森田美勇人(Love-tune/ジャニーズJr.)という3人の俳優に加え、謎多い月子役として女優だけでなく脚本家として活動の場を広げる灯 敦生が出演。4人の若者が北海道を駆け巡る映像と、疾走感溢れる「キャリーオン」は共鳴しあうに違いない!

Photo by 西槇太一

■LINE MUSIC 新曲「キャリーオン」 無料ダウンロード
※2018年5月27日 24時〜9月8日 23時59分まで
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb000000000166a47c&cc=JP
■映画『ニート・ニート・ニート』公式HP
https://neet3.jp/

『〜9mm Parabellum Bullet presents カオスの百年TOUR 2018〜』

9月09日(日) [北海道] Zepp Sapporo
9月15日(土) [宮城] 仙台PIT
9月23日(日・祝) [大阪] Zepp Osaka Bayside
9月24日(月・祝) [愛知] Zepp Nagoya
9月28日(金) [東京] Zepp Tokyo
9月29日(土) [東京] Zepp Tokyo



【関連リンク】
9ミリ、新曲「キャリーオン」 を期間限定で無料配信開始!
9mm Parabellum Bulletまとめ
SPYAIR、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」“The Premium Music"キャンペーンアーティストに決定

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, 新曲, 配信, ライブ, 主題歌, 映画

SPYAIR、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」“The Premium Music"キャンペーンアーティストに決定
Mon, 28 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

「ザ・プレミアム・モルツ」を買って、未発売曲が先行で聴けるキャンペーン “The Premium Music"のキャンペーンアーティストにSPYAIRが決定した。購入者を対象に6月29日(金)〜7月1日(日)の3日間限定でSPYAIR単独野外ライブ『JUST LIKE THIS 2018』公式テーマソング「We\'ll Never Die」がどこよりも早くストリーミング再生することができる。

SPYAIRにとって夏の恒例ライブとして定着している『JUST LIKE THIS』では、これまでにも「THIS IS HOW WE ROCK」(2016年)、「THE WORLD IS MINE」(2017年)を公式テーマソングに掲げ、1年に1度だけのSPYAIRの夏を盛大に盛り上げてきた。今作「We\'ll Never Die」もこの日に賭ける彼らの熱い想いが込められた楽曲に仕上がっている。

■サントリービール「ザ・プレミアム・モルツ」『The Premium Music』キャンペーンサイト
http://the-premium.jp

『JUST LIKE THIS 2018』

7月28日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
開場 16:00 開演17:00
特設サイト:http://www.spyair.net/justlikethis2018/



【関連リンク】
SPYAIR、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」“The Premium Music"キャンペーンアーティストに決定
SPYAIRまとめ
小高芳太朗(LUNKHEAD)、生と死を歌う2ndソロ作品発売決定

【関連アーティスト】
SPYAIR
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

小高芳太朗(LUNKHEAD)、生と死を歌う2ndソロ作品発売決定
Mon, 28 May 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNKHEADのボーカルである小高芳太朗が6年ぶりに2ndソロアルバムを完成させた。様々な経験、体験を経て、LUNKHEADですら表現できなかった生々しい小高芳太朗の「生と死」の思いが綴られた作品となっている。遺書ともとれる作品になったため、本人曰くソロフルアルバムは今回が最後かもしれないとのことだ。

さらには、同アルバムリリースツアーとプレミアムファンクラブイベントも決定した。LUNKHEADのファンはもちろんのこと、等身大の小高芳太朗の体感してほしい。

なお、ソロ活動と同時にLUNKHEADも活動中。5月27日(日)にTSUTAYA O-Crestにて結成20周年に向けたワンマンライブ「road to 20th Anniversary"1999-2008"」を終えたばかりだが、いよいよ6月14日(木)には3ヶ月連続配信シングル第3弾「はじまれ」の配信が開始される。第1弾「心音」、第2弾「アウトマイヘッド」とはまた違ったLUNKHEADらしさが凝縮された作品となっている。

【ライブ情報】

『「それでも」それは小高芳太朗2枚目のソロアルバム、ちゃんと出たらリリースツアー出せなかったらただのツアー』
8月15日(水) 名古屋ell.SIZE
8月17日(金) 京都SOLE CAFE
8月19日(日) 大阪cafeRoom
8月21日(火) 岡山城下公会堂
8月22日(水) 福岡LIV LABO
8月26日(日) 札幌MUSICA HALL CAFE
9月01日(土) 熊谷モルタルレコード
9月15日(土) 渋谷7thFloor
<チケット>
前売¥3,000 D代別 ※全自由整理番号あり
■FCもぎたて先行:6/1(金)昼12:00〜6/11(月)23:59
※5/30(水)昼12時までに新規入会/更新された方がエントリー可!
http://lunkhead.jp/content2/

『もぎたて!みかん畑プレゼンツ
小高芳太朗セカンドアルバム「それでも」発売記念 ドキドキ!プレミアムおたのしみ会』
8月05日(日) 田端シネマチュプキタバタ
1回目【OPEN】10:30【START】11:00
2回目【OPEN】14:30【START】15:00
<ドキドキ!プレミアムおたのしみ会プログラム>
・小高芳太朗セカンドアルバム「それでも」をチュプキ・タバタが誇る5.1chの最上級の音響システムで全曲試聴!
・小高芳太朗セカンドアルバム「それでも」を小高芳太朗がその場で全曲生演奏!
・小高芳太朗セカンドアルバム「それでも」のリードトラック「トリス」のミュージックビデオをフルバージョンで上映!
・小高芳太朗セカンドアルバム「それでも」を8/8リリースに先駆けてなんと先行販売!
・トークショーもあるかも!?
このおたのしみ会、まさにプレミアム!!
<チケット>
前売¥5,000 D代別
■FCもぎたて先行:6/1(金)昼12:00〜6/11(月)23:59
※今から新規入会/更新されてもエントリー可!
http://lunkhead.jp/content2/?no=YeFuSnViCCFfSBcPcQCpC53

アルバム『それでも』

2018年8月8日発売



CHKY-0030/¥2778(税抜)
<収録曲>
1.トリス
2.未来
3.東京にて
4.ルービロポッサ
5.傍
6.奇跡
7.蜘蛛の糸
8.飛行機雲
9.モグラ
10.それでも

配信シングル「はじまれ」/LUNKHEAD

2018年6月14日(木)配信スタート



【関連リンク】
小高芳太朗(LUNKHEAD)、生と死を歌う2ndソロ作品発売決定
小高芳太朗まとめ
LUNKHEADまとめ
福山雅治、半年に亘るツアーが東京ドームで終幕

【関連アーティスト】
小高芳太朗, LUNKHEAD
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表, 配信

福山雅治、半年に亘るツアーが東京ドームで終幕
Mon, 28 May 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

福山雅治の半年にわたるライブの集大成『DOME LIVE 2018-暗闇の中で飛べ-』のファイナル公演が、5月27日に東京ドームで開催された。昨年の12月に行われた『福山☆冬の大感謝祭 其の十七』に始まり、今年1月から4月末まで行われた約3年半ぶりの全国アリーナツアー『WE\'RE BROS. TOUR 2018』を経たドームツアー(5月19日&20日 京セラドーム、5月26日&27日 東京ドーム)の最終日であり、彼にとっては4年ぶりのドーム公演となった。

開演時刻と同時にステージ上にバンジョーを弾きながら現れた福山。センターステージにゆっくりと向かい、「幸福論」を軽やかに歌い出してライブはスタート。

「ついにファイナルです。大感謝祭ともアリーナツアーとも違うドームツアーも今日で最後。圧倒的ドーム感、圧倒的ファイナル感を、僕のライブ史上最大規模の16名のメンバーによる分厚いサウンドでお届けします」

アリーナツアーでは春を先取りということで“春歌"コーナーを作っていたが、今回は夏を先取りということで“夏歌"コーナーを設けた福山。「虹」「蜜柑色の夏休み」「あの夏も海も空も」といった夏をテーマにした楽曲を、爽やかなサウンドで届ける。センターステージには、前日の公演を観にきてくれたという黒柳徹子さんの『あれ私の玉ねぎみたいね』という発言から“徹子さん"と名付けられた巨大バルーンが2.9トンの機材を抱え、タンクローリー1台分のヘリウムガスで浮かべてあるのだが、このバルーンが上下しながらライトで幻想的にステージを照らし、奥行きが加わっていく。長崎にある被爆クスノキの生命力を描写した「クスノキ」をはじめ、「トモエ学園」「道標」など故郷にちなんだ楽曲をじっくりと歌ったあと、2001年の初の東京ドーム公演で1曲目を飾った「友よ」を披露。

「当時は若気の至りで落ち着きがなかったですが、あの頃の私とは違う(笑)。センターステージでギター1本で届けられるんです」

そう語ると、17年を経て成長した姿で堂々と歌い上げてみせた。また、今回は未発売の新曲も多く披露。情熱的なブラジル音楽の要素を取り入れた「漂流せよ」、フルサイズで初披露のNTV系ドラマ『正義のセ』の主題歌「失敗学」といった楽曲が、新鮮な印象を与えた。

そして、歴史的大ヒットを記録している劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌「零‐ZERO-」をドラマチックに歌い、自身の持つ歴代ソロ男性歌手連続1位獲得記録を更新したシングル曲「聖域」を妖しく歌うなど、多彩な楽曲で魅了する。

アンコールの「Peach?」ではいつもの“尻ズラ"を身に着けて登場。お尻の部分には“冬の大感謝祭"の文字が。さらにTバックのパンツを自身で横にずらすと“開催決定"の文字が現れるという演出で笑いを誘う。ダブルアンコールは日替わりで曲を決めているが、この日は「少年」を会場の大合唱とともに歌い、幕を閉じた。

「当たり前にツアーがやれることは、当たり前じゃない。毎日いろんなことがあるけれど、こうして終われて良かった、年末にまた会える。そう思えることが大切なことなんだって、今日は実感しました」

冬の大感謝祭〜アリーナツアー〜ドームツアーと、この半年間の公演で計51万人を動員した福山雅治。毎年恒例となった年末ライブは今年もパシフィコ横浜展示場ホールで開催が決定。日程や詳細は後日発表される。

(c)アミューズ



【関連リンク】
福山雅治、半年に亘るツアーが東京ドームで終幕
福山雅治まとめ

【関連アーティスト】
福山雅治
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1