歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
Takamiy(高見沢俊彦)、約3年ぶりとなるシングル発売決定
Sun, 27 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年にデビュー45周年を迎える、THE ALFEEのリーダー・高見沢俊彦のソロプロジェクト“Takamiyプロジェクト”が始動する。THE ALFEEの春ツアー『THE ALFEE 45th Anniversary Best Hit Alfee 2018 春ノ巻』のNHK公演初日となる5月27日に、2015年の「誘惑の太陽」以来およそ3年ぶりとなるシングルリリースが発表された。7月25日に発売される新曲のタイトルは「薔薇と月と太陽〜The Legend of Versailles〜」。9月1日と9月2日にはパシフィコ横浜にてソロライブを行うことも既に発表されている為、この曲が披露されることを期待したい。

シングル「薔薇と月と太陽〜The Legend of Versailles〜」

2018年7月25日発売



【初回限定盤A】
TYCT-39079/¥1,100+税
【初回限定盤B】
TYCT-39080/¥1,100+税
【初回限定盤C】
TYCT-39081/¥1,100+税
<初回限定盤収録曲>※予定
1.薔薇と月と太陽〜The Legend of Versailles〜
2.タイトル未定(新曲)
3.Bonus Track
※3タイトル共にBonus Track違い

【通常盤】
TYCT-30078/¥1,000+税
<通常盤収録曲> ※予定
1.薔薇と月と太陽〜The Legend of Versailles〜
2.タイトル未定(新曲)
3.薔薇と月と太陽〜The Legend of Versailles〜 (Original Instrumental)

『Takamiy 2018 Metal of Renaissance』

9月01日(土) パシフィコ横浜国立大ホール
9月02日(日) パシフィコ横浜国立大ホール



【関連リンク】
Takamiy(高見沢俊彦)、約3年ぶりとなるシングル発売決定
高見沢俊彦まとめ
THE ALFEEまとめ
AAA、12thアルバム発売&2年連続ドームツアー開催決定

【関連アーティスト】
高見沢俊彦, THE ALFEE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売

超特急、8号車の日にシングル発売&『超超フェス』開催決定
Sat, 26 May 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が5月26日に武蔵野の森総合スポーツプラザ・メインアリーナにて開催したアリーナツアー初日公演で、通算15枚目となるシングル「Jesus」(読み:ジーザス)の発売と、昨年に続き2回目となる『"超"超フェス』の開催を発表した。

同シングルは超特急ファンの愛称である“8号車”の日である8月8日にリリースされ、通常盤、FC盤、"超”超フェス盤の3形態。 表題曲「Jesus」は夏を盛り上げるダンスチューンとなっており、カップリングには3形態とも「up to you」を収録。ソカのリズムを取り入れた曲調に乗せて“普通”ということがどれだけの奇跡なのか、毎日を過ごすことが素敵なドラマであることを伝える楽曲となるという。

また、通常盤のみに収録される「Fashion」は、1人の女性に振り回される、少し大人な超特急の一途な面が見える曲。 FC盤にはディスコミュージック調の「超越マイウェイ」が収めれる。さらに“超”超フェス盤のカップリングには、同イベントのテーマソングとなる曲「SAIKOU KOUSHIN」も収録。歌詞は超特急メンバーが手がけ、遊びも組み込まれるバラエティに富んだ曲にとなる。

そして、昨年に続き2年連続となる『“超”超フェス』は、8月8日、9日の2日間にわたって東京フォーラムホールAで実施。出演者は後日発表される。

■【超特急 コメント】

■5号車・ユーキ
8/8 15th Single「Jesus」をリリースします!
表題曲の「Jesus」は一回聴いただけで耳に残るメロディーで爽やかですごくカッコいいけど、どこかクズ感が漂うといった今までにない、かなり面白い曲になっています!
カップリングも含めもしかすると今回のシングルでは、今までではあまり耳にしなかったダンサーの声も聴けちゃうのかもしれませんよ…超お楽しみに☆

そして、昨年の5周年を記念した「超フェス」からパワーアップ!6周年を記念して8号車の日である8/8.9に再び「"超"超フェス」の開催が決定致しました!!
なんと!国際フォーラムでの2day\'sです!

ゲストも前回に引き続き、"超"超豪華な方をお迎えしてのライブに…なりますので、この日限りの超絶猛暑日を皆様と一緒に過ごせることを心よりお待ちしています?

■6号車・ユースケ
8号車さんの日の8/8にシングル「Jesus」の発売が決まりました!
爽快感が溢れる素敵メロディー、この夏踊って歌いたくなるシングルとなること間違いなしの存在!
そして「超フェス」がパワーアップして帰ってきました! 超フェスでしかみられないコラボレーション、きっとまたあると思います!!最高の2日間になるの間違いなしです!!!ご乗車お待ちしております!

■『HMVpresents「“超”超フェス」』

8月8日(水) 東京・東京国際フォーラム ホールA
8月9日(木) 東京・東京国際フォーラム ホールA

シングル「Jesus」

2018年8月8日発売



【通常盤】
ZXRC-1156/¥1,200(税込)
<収録曲>
1.Jesus
2.up to you
3.Fashion

【FC盤】
ZXRC-1157/¥1,200(税込)
<収録曲>
1.Jesus
2.up to you
3.超越マイウェイ

【“超”超フェス】
ZXRC-1158/¥1,200(税込)
<収録曲>
1.Jesus
2.up to you
3.SAIKOU KOUSHIN



【関連リンク】
超特急、8号車の日にシングル発売&『超超フェス』開催決定
超特急まとめ
King & Prince、デビューイベントにファン1,000人が集結!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, CD, 新曲, ライブ

King & Prince、デビューイベントにファン1,000人が集結!
Sun, 27 May 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビューシングル「シンデレラガール」が大ヒット中のKing & Princeのデビューイベントが、5月26日にお台場パレットプラザの屋外広場にて開催された。メンバーの登場を待ちわびるファンを前に突然「シンデレラガール」のイントロが流れると、メンバーはパフォーマンスをしながら登場。大歓声の中、「シンデレラガール」を披露。間奏では、この日シアタークリエで『ジャニーズ銀座2018』公演を行っていたジャニーズJr.が昼夜公演の合間に応援に駆け付け、登場するというサプライズも。

パフォーマンスが終わるとトークタイムに。「デビューして初めてみんなの前に立ちます。ちょっと違う僕らです」とちょっと改まった顔で集まったファンを見渡す永瀬。「みなさんと会える日を楽しみに、ひつじを数えながら寝てました」と神宮寺。岩橋は「こうやってお台場でデビューイベントができたのも皆さんのおかげなので、今日この日を、僕らの大切な1ページとして歴史に刻んでいきましょう」と語るなど、それぞれがファンと一緒にデビューイベントの場に集まれた喜びを表現した。

デビュー後、オリコンデイリーチャート1位が続いているという話から、神宮寺と岩橋が一緒にCDを買いに行ったという話に。「夢だったんですよ。CDを出したら絶対、買いに行こうって」という神宮寺は、「俺らのCD売ってるところを、ちょっと隠れて“誰が買ってるかなぁ〜”って見てた」。さらに岩橋は「ユニバーサルのHPで本名で入力して予約したもん」と告白した。和気あいあいとしたトークが続くなか、岸から「『シンデレラガール』のカップリングを初披露します!」とサプライズ発言があり、「Funk it up」を披露する場面も。初めてのパフォーマンスの目撃者となったファンたちはライブさながらの盛り上がりを見せ、パフォーマンス後にはメンバーも「楽しい!」と最高の笑顔を見せた。

そのままファンが見守る中、囲み取材がスタート。デビューイベントを開催した感想を聞かれると、「ファンの顔をいち早く見たかった。みんなに会って笑顔を見て安心したかったっていう気持ちが6人ともあったと思うので、今ホームに帰って家族たちに見守られてる感じです。安心するなっていう気持ちでいっぱいです」(高橋)、「泣いてくださる方もいたので、今日から僕らがグループ一丸となって皆さんの笑顔が見れるように恩返ししていけたらなと、今日改めて思いました」(平野)、「こういう場をいただいたことに感謝を申し上げたいです。一生を共にして人生を懸けていくメンバーと、僕たちのファンと、今までになかったことをやっていきたいです」(岸)と、デビューしてこの日を迎えた喜びを改めて語った。また、ファンの呼び名を決定しようという場面も。神宮寺が「玄樹が思いついたのがいいと思った」というと、岩橋がKing & Princeのロゴの王冠を指さして「違う言い方をするとティアラだから、ティアラはどう?」と提案。「ティアラがいい人?」とファンに聞いてみると歓声が上がり、メンバーも「天才だよ!」と絶賛したため決定。5月26日が「ティアラ」の誕生日となった。

最後に今後の目標を聞かれるとリーダーの岸は「1つはミリオンヒット。もう1つは、東京ドーム。この2つは夢です!」と力強く宣言。メンバーも「優太が思ってることは、俺らもちゃんと思ってる」と心を1つにした。囲み取材が終わると、岸から再びのサプライズ発表が。「一生忘れてほしくないんで、最後に『シンデレラガール』歌ってもいいですか?」と会場に呼びかけ、最高の歓声の中、「シンデレラガール」をもう1度歌うことに。メンバーはステージのぎりぎり前まで出てきて、ファンの顔をゆっくり見ながらのパフォーマンス。歌い終わると「ゆっくりみんなの顔を見れてよかったです」(平野)と、満足そうな笑顔を見せた。

「本当にもうこれで最後」とあいさつをするメンバー。「“キミが思うより ボクはキミを想ってる”という歌詞そのままなので、この言葉を忘れないで、これからもティアラとしてKing & Princeに一生、来世までついてきてください」(岩橋)、「これから僕のファンとは重い愛を育んでいきたい。何なら“俺がいないと人生やってけないわ”くらいまで想ってもらえたら幸せです」(高橋)、「ここに来れなかった人もいると思うんですけど、改めて僕から言わせてください。本当にありがとうございました。そして5月23日から僕たちはスタートラインに立ったので、これからも末永く僕たち6人のことを応援してください」(神宮寺)、「これからもどんどんファンの方と一緒に年をとっていけたらなと思います。これからもKing & Princeをよろしくお願いします」(永瀬)、「これから胸を張って“私たちのKing & Prince”と言ってください。これからでっかい、でっかい結束力を僕たちと築いていきましょう」(岸)「これから何年、何十年経って、“ファンの皆さんシワ増えたなぁ”“みんな(メンバー)も増えてるよね”って言い合えるくらい長続きできれば。僕らにしか出せない距離感というか。デビューして距離が遠くなったという方もいるけど、僕らは皆さんとの距離をどんどん縮めたいと思ってます。ここから前にどんどん進んでいくので、応援よろしくお願いします」(平野)と改めて語った。

さらに最後には、ハイタッチ会のサプライズ発表。集まったファン1,000人に感謝を込めてメンバーがハイタッチで見送った。最後までサプライズを重ねてファンを喜ばせるデビューイベントとなった。

なお、5月23日発売したシングル「シンデレラガール」は、連日オリコンデイリーランキング1位を 獲得しており、既に50万枚以上売り上げている。今作は TBS系 火曜ドラマ『花のち晴れ 〜花男 Next Season〜』の主題歌にも起用されており、また、有線J-POPリクエストラン キングでも1位を獲得したまさに話題作となっている。

シングル「シンデレラガール」

発売中



【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCJ-9001/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.シンデレラガール
2.Funk it up
■DVD
シンデレラガールMusic Video

【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCJ-9002/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.シンデレラガール
2.Funk it up
■DVD
Making of シンデレラガール

【通常盤】(CD)
UPCJ-5001/¥1,000+税
<収録曲>
1.シンデレラガール
2.Funk it up
3.YOU, WANTED!

【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤 K盤】(CD)
PDCJ-5101/¥900+税
<収録曲>
1.シンデレラガール
2.Funk it up

【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤 P盤】(CD)
PDCJ-5102/¥900+税
<収録曲>
1.シンデレラガール
2.Funk it up



【関連リンク】
King & Prince、デビューイベントにファン1,000人が集結!
King & Princeまとめ
大黒摩季、1年3ヶ月かけて回った全国ツアー完遂!

【関連アーティスト】
King & Prince
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, ジャニーズJr., シングル, レポート

大黒摩季、1年3ヶ月かけて回った全国ツアー完遂!
Sun, 27 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年2月に埼玉県羽生市よりスタートした大黒摩季の全国47都道府県ツアー『Maki Ohguro 2017/2018 Live-STEP!!〜 Higher??Higher??中高年よもっと熱くなれ!! Greatest Hits+ 〜』と、その合間に開催された『北海道ドリーム・ツアー』の合わせて全85本のライブが、5月26日(土)の沖縄市民会館公演をもってすべて終了した。

その沖縄公演では、このツアーに参加した全ミュージシャンが集結し、トリプル・ドラム、ツイン・ギター、ツイン・ベースという総勢13人による圧巻のバンド編成で、サウンド的にも迫力のあるライブを披露した。

2016年8月、6年間の病気療養からの復帰に際し、自らが出向いて全国のファンに挨拶したいという大黒摩季自身の願いによってスタートしたこのライブは、ほとんどの公演がソールドアウトした。1都道府県1開催だけに終わらず、大阪や埼玉では複数カ所で開催され、結果的に1年3 ヶ月という長期にわたって85本という昨今のホールクラスのツアーではみられない公演数を記録した。

ライブ自体は、復帰後にレコード会社の壁を超えてリリースされた大ヒットベスト・アルバム『Greatest Hits 1991-2016 〜All Singles+〜』収録曲を中心に選曲された誰もが知るヒット曲のオン・パレードに、どこの会場でも観客は大いに盛り上がり、熱狂した。ツアーがスタートした頃は、大黒摩季を青春時代に聴いて来た40代を中心とした世代が大半を占めていたが、続けるうちに子供連れの親子や下の世代も来場するようになり、大黒摩季の作品が時代を超えて届いていく様が見受けられた。大黒摩季自身も復帰にあたって描いていた「若い世代が元気ないのは、中高年がシラけているから!」という思いを、「中年よ!熱くなれ!」というメッセージにしてツアー・タイトルに入れ、全国を鼓舞しながら歌い切ったツアーであった。

そして、その全国ツアーの合間を縫って続けて来たアルバム制作も順調に進んでおり、4月からのファイナル・シーズンのアンコールでは、「Because...You」「CRASH&RUSH」の新曲2曲が披露されてきた。その2曲が、明日、25周年ファイナル記念として配信リリースされる。また、この後、6ヶ月連続での新曲配信が決定しているという。

アンコールの1曲目で演奏された「Because...You」は、TUBEのギタリスト春畑道哉がアレンジを担当した壮大なバラードで、春畑自身による感動的な泣きのギター・ソロが印象的な曲だ。歌詞には、未来に対してポジティブに生きようというメッセージが込められている。もう1曲の「CRASH&RUSH」は、サポート・バンドのギタリストでバンド・マスターでもある原田喧太と大黒摩季が共同で作曲、マニュピレーターの下田泰基も加えたRockin\' Mamaがアレンジを行い、ブラス・アレンジは同じくサックスの竹上良成が担当。コーラスは、70年代ウェストコースト・サウンドを彷彿させる3ピース・ヴォーカル・バンドdoaのハーモニーをフィーチャーし、「CRASH&RUSH feat. doa」としてリリースされる。“自由を謳歌しよう”をテーマに、70年代なテイストが織り込まれた歌詞にも注目だ。また、シングルとして配信されるこの2曲には、ライブで聞いて、さらにはカラオケで盛り上がって欲しいという大黒摩季の希望で、それぞれ「カラオケ」も同時配信される。

病気療養から復帰して2年。ライブとともに全国を走り抜け、25周年という節目を終えて、ここから未来へ向けてさらなる進化を遂げる大黒摩季 . . . そのエネルギッシュでパワフルな活動は、2020年のオリンピックイヤーを前に盛り上がる日本を一層喚起し、さらには自身の30周年、50周年へと繋がっていくはずだ!

【セットリスト】
01.IT\'S ALL RIGHT
02.DA・KA・RA
03.チョット
04.別れましょう私から消えましょうあなたから
05.Harlem Night
06.あなただけ見つめてる
07.白いGraduation
08.ネッ! 〜女・情熱〜
09.アンバランス
10.永遠の夢に向かって
11.あぁ
12.笑顔のトビラ ※新曲
13.Stay with me baby
14.LIFE
15.Higher??Higher??
16.ゲンキダシテ
17.Lie,Lie,Lie,
18.熱くなれ
19.夏が来る
20.いちばん近くにいてね
21. アイデンティティ
22.ROCKs
<アンコール>
23.Because, You … ※新曲
24.ら・ら・ら
25.CRASH&RUSH ※新曲
[ダブルアンコール]
26.Anything Goes
27.Power of Dream

■【大黒摩季 コメント】

「まずは何より、このツアーに関わりご尽力をくださった皆様に、心より深く感謝します!1年3 ヶ月に渡り、全国47都道府県を回りきり、自己最高85本のライブをやり遂げたことが、自分でも信じられません!それは、きっと復帰をした時、RISING SUN ROCK FESTIVALのステージでホーム・北海道のお客様に『私を大黒摩季にしてください!』と叫んだ瞬間から日本国中の大黒摩季ファンの皆様が85本全ヶ所で思い思いの大黒摩季を期待し望んでくださった・・・その思いに答えようと、私自身、ただひたすら一心にその大黒摩季を目指してきたからだと思います!すべての皆様が同じようにたくさんの期待を込めて盛り上げてくださったお陰で、“小さな悟空”が“スーパーサイヤ人”になれたのだと思います!歌を失い、一時期、女として未熟過ぎる自分が大嫌いでした。48才病み上がり、ここまでの偉業を達成できて、今までの人生の中で今の自分が“一番大好きです!”感無量 . . . 大黒摩季!!」

配信シングル「Because...You」

配信中



<収録曲>
・Because...You
・Because...You -Maki\'s Vocal (-1) Karaoke- 

配信シングル「CRASH&RUSH feat. doa」

配信中



<収録曲>
・CRASH&RUSH feat. doa
・CRASH&RUSH feat. doa -Maki\'s Vocal (-1) Karaoke-



【関連リンク】
大黒摩季、1年3ヶ月かけて回った全国ツアー完遂!
大黒摩季まとめ
ペンギンラッシュ、初の全国流通盤を8月にリリース&リード曲MVを公開

【関連アーティスト】
大黒摩季
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, リリース, 配信, ツアー, セットリスト, ライブレポ, 音楽配信

ペンギンラッシュ、初の全国流通盤を8月にリリース&リード曲MVを公開
Sun, 27 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

名古屋で活動するペンギンラッシュが自身のキャリア初のファーストオリジナルフルアルバム『No size』を8月1日(水)にリリースすることを発表した。

初の全国流通盤となる『No size』は、新たに再録音した既発曲「ルサンチマン」「街子」「Dolk」「ユイメク」を含む全12曲を収録されている。発表とあわせてリードトラック「RET」のMVが公開。全編彼らのホームタウンである名古屋でロケを敢行しており、歌詞の沿った形でストーリーが展開。監督はSHINJI YAMAMOTOが務めている。

2014年結成されたペンギンラッシュは、望世(Vo,&Gt)、真結(Key)、浩太郎(Ba)、Nariken(Dr)からなる4人組バンド。名古屋を拠点に活動中で、これまでライヴ会場中心にシングル3作とフリーサンプラー「Dolk」を発表している。

■【ペンギンラッシュ・望世 コメント】

ペンギンラッシュ、ヴォーカルの望世です。
高校2年の秋、鍵盤の真結と結成し今年2018年で4年目。この度、初めてのフルアルバムを作りました。
ペンギンラッシュはどんなジャンルと聞かれた時、いつも答えに悩みます。正直無いです。
だからこそ初のフルアルバムは私たちらしくもジャンルにとらわれず、様々な曲が入った作品にしたいと思いました。
私たちだけのジャンルともいえる「ペンギンラッシュ」を詰め込んだ初のフルアルバムは、音も詞も人生の一時期に繰り返してしまう影のような、そんな曲たちになりました。色濃い作品になったと思います。

アルバム『No size』

2018年8月1日リリース



NCS-10187/¥2,300+税
<収録曲>
1.Under(repetition)
2.ルサンチマン
3.街子
4.Nib
5.奈落
6.installation
7.マタドール
8.Dolk
9.Eien
10.雨情
11.ユイメク
12.RET



【関連リンク】
ペンギンラッシュ、初の全国流通盤を8月にリリース&リード曲MVを公開
ペンギンラッシュまとめ
yonige、初のホールワンマンライブで秋の全国ツアーを発表

【関連アーティスト】
ペンギンラッシュ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム

yonige、初のホールワンマンライブで秋の全国ツアーを発表
Sun, 27 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

yonigeが5月26日にメンバーの地元である大阪・寝屋川市民会館大ホールにて、ワンマンライブ『yonige presents 「寝屋川総取」』を開催し、本公演のアンコールにて東名阪Zeppを含む秋のワンマンツアー『君のおへその形を忘れたツアー』の開催を発表した。

初の凱旋ホールワンマンとなるこの日のチケットはソールドアウト。貴重なチケットを手にしたファンが会場に集結した。ライブは「最愛の恋人たち」を皮切りに、「ワンルーム」「our time city」と次々に演奏。牛丸(Vo&Gt)は「地元ですよ、寝屋川。ようこそ、寝屋川総取へ!」、ごっきん(Ba&Cho)は「凱旋って戻ってくるって意味らしいです。戻ってきたって言っていいねんて!」と会場を盛り上げる。その後は「センチメンタルシスター」「アボカド」など新旧入り混じった曲を次々に演奏、MCは地元トークを中心に、終始砕けた雰囲気で2人の掛け合いが続いた。本編の終盤ではタイトルも未定だという未発表の新曲も披露し、会場を沸かせた。アンコールでは全国ツアーの開催を発表、会場は大きな歓声に包まれた。牛丸は「新曲をもりもり作っているところでございます」と今後の展開も示唆。アンコールを含め、約2時間のライブを終えた。

発表された秋のワンマンツアー『君のおへその形を忘れたツアー』は11月2日の大阪・Zepp Nambaを皮切りに全7箇所で開催される。なお、チケットの1次先行抽選の受付は5月27日12:00〜6月24日23:59まで行われる。

Photo by 小杉 歩

【セットリスト】
01.最愛の恋人たち
02.恋と退屈
03.ワンルーム
04.our time city
05.おうまさん
06.最近のこと
07.嘘つきboy窓際girl
08.バイ・マイ・サイ
09.センチメンタルシスター
10.遠足中の小学生の横をラブホ帰りの男女が通る
11.しがないふたり
12.悲しみはいつもの中
13.灰色の世界
14.バッドエンド週末
15.サイドB
16.スラッカー
17.新曲
18.さよならプリズナー
19.アボカド
20.トラック
21.さよならバイバイ
22.さよならアイデンティティー
<アンコール>
23.笑おう
24.あのこのゆくえ

■全国ツアー 『君のおへその形を忘れたツアー』

11月02日(金) Zepp Namba
11月08日(木) 札幌PENNY LANE24
11月14日(水) 広島CLUB QUATTRO
11月16日(金) 福岡BEAT STATION
11月20日(火) Zepp Nagoya
11月28日(水) 仙台Rensa
11月30日(金) Zepp DiverCity TOKYO
<チケット>
前売¥3,500(税込)/当日¥4,000(税込) ※D代別
オフィシャル1次先行(抽選):5月27日(日)12:00〜6月24日(日)23:59
受付URL:http://eplus.jp/yonige2018/



【関連リンク】
yonige、初のホールワンマンライブで秋の全国ツアーを発表
yonigeまとめ
hide、ドキュメンタリー映画初日の舞台挨拶にI.N.A.、駒井里奈らが登場

【関連アーティスト】
yonige
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー, ワンマン, セットリスト, ライブレポ

hide、ドキュメンタリー映画初日の舞台挨拶にI.N.A.、駒井里奈らが登場
Sun, 27 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1998年5月に人気絶頂の中突然他界した、X JAPANのギタリストhideのドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』の初日舞台挨拶が5月26日、東京・角川シネマ新宿 シネマ1にて行われた。

今作のモチーフであるマーブル模様の風船が揺らめく会場に、石川智徹監督、ナビゲーター役の矢本悠馬、hideの共同プロデューサー・I.N.A.(hide with Spread Beaver)、そしてhideファンを公言している生駒里奈が登壇。映画を通じて改めて知ることができるhideの魅力や、今作にかけた想いをそれぞれが語った。

映画『HURRY GO ROUND』は、hideが急逝して20年のプロジェクト“hide 20th Memorial Project”の一環として制作されたもので、hideが亡くなる直前の3ヶ月を追うドキュメンタリー。今作のナビゲーターを務めた矢本悠馬は「今回、ドキュメンタリーっていうのも初体験だし、hideさん初心者でもありますし、偉大な方を背負っての舞台挨拶なので、相当緊張しています」と、今の心境を吐露。「ピンク スパイダー」のロケ地に入ってテンションが上がったという矢本は、「途中から完全にhideさんのファンになっちゃって、ロサンゼルスでははしゃいじゃったりもしていて、自分で見てちょっと恥ずかしかったですね、少年に戻ったみたいな感じになっていて」と撮影を振り返った。

また、今作の撮影をきっかけに発見された「HURRY GO ROUND」のヴォーカル別テイクバージョンについて、I.N.A.は「この映画に出演するにあたって、20年ぶりぐらいにデータを開いたんですよ。そしたらその中にhideの別テイクの歌が入っていたんですよね。僕自身もすごくビックリして、これを完成させてみなさんの元に届けられたらいいなあと思ったんです」と秘話を語った。その音源を聴いて涙が止まらなかったという石川監督。「今回hideさんが奇跡を起こしてくれたのかなと、ちゃんとしっかりみなさんに聴いていただきたいなと思い、最後に入れさせていただきました」と、感慨深い表情を見せた。

この日のスペシャルゲスト、元乃木坂46の生駒は、hide with Spread Beaverのロゴが入った私物のジャージを着て、自身が選曲した「DOUBT」に乗って登場。hideファンになったいきさつや、「朝のお仕事の時、メイク中に聴いてると、ちょっと安心してお昼寝ができるんです」という独特のエピソードを語り、会場を沸かす場面も。「hideさんはこういうことを考えて、こういうことを伝えていたんだっていうことをちゃんと知ることができたのがこの映画の魅力だなあと思って、ちょっと泣いちゃいました」と感想を伝えた。

「hideさんが亡くなって20年というところもあり、hideさんをまったく知らない人がhideさんと出会える映画を作ったらどうだろうと思った」と、今作を制作したいきさつを語っていた石川監督に対し、I.N.A.が「こういう映画で矢本くんみたいにhideをまったく知らなかった人たちがhideを繋いでいってくれる、そういうきっかけを与えていただいて、本当にありがたいと思いました」と感謝の気持ちを述べると、会場からは温かい拍手が贈られた。

ステージ上では今作で流れる別テイクバージョンの「HURRY GO ROUND」が、6月6日にリリースされるトリビュートアルバム『hide TRIBUTE IMPULSE』に収録されることが発表された。hideが遺したこの奇跡を、今作で改めて体感していただきたい。

映画『HURRY GO ROUND』

全国公開中
出演:YOSHIKI/I.N.A./山崎洋一郎(ロッキング・オン・ジャパン編集長)
ERIC WESTFALL(ロサンゼルス・レコーディングエンジニア)/松本裕士(株式会社ヘッドワックスオーガナイゼーション代表取締役)他
主題歌:hide「HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)」
映画特設サイト:https://www.universal-music.co.jp/cinema/hurrygoround/

アルバム 『hide TRIBUTE IMPULSE』

2018年6月6日発売



UPCH-2162/¥3,000+税
<収録曲>
1. Dragon Ash / ROCKET DIVE  
2. MIYAVI / ピンク スパイダー 
3. FLOW / D.O.D.(DRINK OR DIE)
4. Cocco / GOOD BYE
5. 西川貴教 / ever free
6. HISASHI × YOW-ROW / DOUBT 
7. ACID ANDROID / ELECTRIC CUCUMBER ※1
8. BREAKERZ / EYES LOVE YOU
9. SEXFRiEND※2 / Bacteria
10. GRANRODEO / TELL ME
11.20th Memorial Track hide / HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)           
※1 zilchのナンバー  
※2 アイナ・ジ・エンド(BiSH)とUK(MOROHA)によるスペシャルユニット  

■トリビュート・アルバム 『hide TRIBUTE IMPULSE』詳細
https://www.universal-music.co.jp/hide/products/upch-2162/




【関連リンク】
hide、ドキュメンタリー映画初日の舞台挨拶にI.N.A.、駒井里奈らが登場
X JAPANまとめ
hideまとめ
hide with Spread Beaverまとめ
SCANDAL、ホールツアー完走&デビュー10周年『感謝祭』開催発表

【関連アーティスト】
X JAPAN, hide, hide with Spread Beaver
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 映画

SCANDAL、ホールツアー完走&デビュー10周年『感謝祭』開催発表
Sat, 26 May 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SCANDALがアルバム『HONEY』のリリースに伴い展開していた約3カ月間にわたるホールツアー『SCANDAL TOUR 2018 “HONEY”』が、5月25日の神戸国際会館こくさいホー 公演をもって完走した。

ステージセットはシックなレッド一色に、アンプの皮やドラムのシェルも今回のツアーのためにカラーを統一し、 大歓声の中、メンバーもそれぞれ『HONEY』のテーマカラーであるレッドの衣装を身に着けステージに登壇。最新アルバムのリードトラックでもある「プラットホームシンドローム」、流れるような一連のリズムで「OVER」と最新アルバムから攻撃的なロックサウンドで攻めていく。

続いて昨年リリースしたベストアルバムでファン投票1位となった「SCANDAL BABY」と普段ならライヴ終盤で披露する圧倒的なライブ必須曲を開幕早々投下。そして、ショートMCを挟み、MAMI(Gt&Vo)がリードボーカルを務める「Oh! No!」、TOMOMI(Ba&Vo)がリードボーカルを務める「缶ビール」、最新アルバムから「ショートショート」、ねごとの沙田瑞紀がアレンジメントを手掛けた「窓を開けたら」、シングルとしては初のメンバー作詞作曲として人気の高い「Departure」など、女性だからこそ表現できるしなやかさと、やさしさの中にも芯のある強さを感じさせるミディアムロックナンバーを中心に演奏していく。

「全国縦断この際だからハッキリさせたいSCANDALのあんなことこんなこと」というテーマで事前にファンクラブにて質問を募集し、メンバーが回答するという、それぞれのキャラクターが色濃く露になるユニークなMCコーナーを経て、ライヴは中盤戦へ。「ふたり」「ミッドナイトシティ」、そしてこのツアーで一番成長した曲とも自負する「エレクトリックガール」、さらにライヴでもおなじみの「EVERYBODY SAY YEAH!」と会場を煽りに煽り、ライブはラストスパート!  ラストのブロックでは「スペースレンジャー」「瞬間センチメンタル」「Flashback No.5」「テイクミーアウト」「恋するユニバース」と新旧織り交ぜ、色鮮やかでストイックでパワフルで「これがSCANDALだ!」と言わんばかりのロックナンバーで畳みかけあっという間に本編を駆け抜けた。

鳴りやまないアンコールの声を背負って改めてメンバーが登場し「この秋、SCANDALはメジャーデビュー10周年を迎えます! これまでデビュー日を特別に祝ってきたわけではありませんが、“10年”という数字には自然と“感謝”の気持ちがついてくるものです。これまでデビュー日を特別に祝ってきたわけではありませんが、“10年”という数字には自然と“感謝”の気持ちがついてくるものです。“感謝祭”の名にふさわしいセットリストをご用意して、ライヴハウスで皆様をお待ちしております」とファンには嬉しい新たな発表も。

アンコールでは「Sisters」「Image」「LOVE SURVIVE」と最後までガールズバンドを体現するパフォーマンスとサウンドを貫き通し、全23公演のホールツアーの幕を閉じた。

6月からSCANDALは同アルバムを引っ提げ、中国本土を含むアジアツアーを敢行する。

【セットリスト】
1.プラットホームシンドローム   
2.OVER              
3.SCANDAL BABY
4.Oh! No!
5.缶ビール
6.ショートショート
7.窓を開けたら
8.Departure
9.ふたり
10.ミッドナイトシティ
11.エレクトリックガール
12.EVERYBODY SAY YEAH!
13.スペースレンジャー
14.瞬間センチメンタル
15 .Flashback No.5
16.テイクミーアウト
17.恋するユニバース
アンコール
1.Sisters
2.mage
3.LOVE SURVIVE

■【ライブ情報】

『SCANDAL ASIA TOUR 2018 "HONEY"』
6月10日(日) 香港・MacPherson Stadium
http://macstadium.hkpa.hk/
6月15日(金) 北京・TANGO
http://www.clubtango.cn/
6月17日(日) 広州・TUTU
https://site.douban.com/gztutu/
6月24日(日) マニラ・SMX Convention Center
http://www.smxconventioncenter.com/
6月30日(土) 台北・Clapper Studio
http://clappertw.wixsite.com/clapper/studio

『SCANDAL US & Mexico Tour 2018 "Special Thanks"』
9月05日(水) New York・Playstation Theater
http://www.playstationtheater.com
9月07日(金) San Francisco・The Regency Ballroom
http://www.theregencyballroom.com
9月09日(日) Anaheim・House of Blues
http://www.houseofblues.com/anaheim
9月16日(日) Dallas・The Bomb Factory
http://www.thebombfactory.com
※メキシコの詳細とチケット情報は追って発表いたします。

『SCANDAL TOUR 2018 "感謝祭"』
11月02日(金) 愛知県・ZEPP NAGOYA
11月03日(土) 愛知県・ZEPP NAGOYA
11月10日(土) 大阪府・ZEPP OSAKA BAYSIDE
11月11日(日) 大阪府・ZEPP OSAKA BAYSIDE
11月16日(金) 北海道・ZEPP SAPPORO 
11月20日(火) 東京都・ZEPP TOKYO
11月21日(水) 東京都・ZEPP TOKYO

◎ チケット料金:全席種 ¥4,860(税込)+ ドリンク代
※お1人様各公演4枚まで購入可能
※4歳以上チケット必要
◎ SCANDAL MANIA先行スケジュール
SCANDAL MANIA 先行:5月25日(金)22:00 〜 6月11日(月)23:59
※5月31日までに新規入会(入金)した方が対象
※5月21日〜5月31日の間に新規入会(入金)された方は、6月7日以降申し込みが可能になります。



【関連リンク】
SCANDAL、ホールツアー完走&デビュー10周年『感謝祭』開催発表
SCANDALまとめ
夜ダン、8月8日にシングルリリース&超限定アイテムがもらえるキャンペーン開始

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
ニュース, ガールズバンド, セットリスト, ライブレポ

夜ダン、8月8日にシングルリリース&超限定アイテムがもらえるキャンペーン開始
Sun, 27 May 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスがニューシングル「Magical Feelin\'」を8月8日にリリースすることを発表した。昨年リリースした2ndアルバム『NTELLIGENCE』からおよそ10か月ぶりとなる新作となり、5月26日に出演したイベント『METROCK 2018』で初披露された。夜ダンらしいダンサブルかつ爽快感のあるロックチューンに仕上がっている。

また、発表とあわせて「Magical Feelin\' スペシャル限定ラバーバンド」がもれなくプレゼントされる早期予約キャンペーンもスタート! キャンペーン用にデザインされた、予約しないと手に入らないラバーバンドになっている。受付期間は7月15日まで。

シングル「Magical Feelin\'」

2018年8月8日発売



【完全限定生産盤】(CD)
VICL-37420/¥1,500+税
【通常盤】(CD)
VICL-37421/¥1,200+税

◎特典
Magical Feelin\' スペシャル限定ラバーバンド
受付期間:2018年5月26日(土)18:00〜7月15日(日)23:59
■キャンペーンの詳細はこちら
http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A025344/87.html




【関連リンク】
夜ダン、8月8日にシングルリリース&超限定アイテムがもらえるキャンペーン開始
夜の本気ダンスまとめ
けやき坂46、白い制服纏った1stアルバムキービジュアル公開

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, キャンペーン, 新曲

けやき坂46、白い制服纏った1stアルバムキービジュアル公開
Sat, 26 May 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月20日に発売されるけやき坂46の1stアルバム『走り出す瞬間』のキービジュアルが公開された。

ジャケット写真の撮影は3月下旬に都内某所で実施。あまり天気が良くない中、メンバーは初めてのアルバムジャケット撮影に臨み、この日初めて新しい制服に袖を通したメンバーの1期生、2期生混合のグループショットが採用された。

アーティスト写真はグループ名の由来でもある六本木のけやき坂で早朝からで撮影。「誰?」と足を止め撮影を見学する通行人もいたという。なお、けやき坂46としては白の制服を身にまとうのは初とのこと。

けやき坂46は6月4日から全国ツアー『けやき坂46「走り出す瞬間」ツアー2018』を開催。チケットは完売しており、追加公演が7月9日、10日の2日間にわたって幕張メッセイベントホールで行なわれる。

アルバム『走り出す瞬間』

2018年6月20日発売



【初回仕様限定盤 Type A】(CD+BD)
SRCL-9825〜9826/¥4,907+税
<収録曲>
■CD
■Blu-ray
・期待していない自分 Music Video
・ひらがな武道館〜Day3 Special Selection〜



【初回仕様限定盤 Type B】(CD+BD)
SRCL-9827〜9828/¥4,907+税
<収録曲>
■CD
■Blu-ray
・期待していない自分Music Video
・ひらがな全国ツアー20171 Live & Documentary




【通常盤】(CD)
SRCL-9829/¥2,593+税

『けやき坂46「走り出す瞬間」ツアー2018』

6月04日(月) 神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール
6月05日(火) 神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール
6月06日(水) 神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール
6月13日(水) 東京・東京国際フォーラムA
6月27日(水) 大阪・大阪フェスティバルホール
6月28日(木) 大阪・大阪フェスティバルホール
7月02日(月) 愛知・名古屋センチュリーホール
7月03日(火) 愛知・名古屋センチュリーホール
7月09日(月) 千葉・幕張メッセイベントホール
7月10日(火) 千葉・幕張メッセイベントホール



【関連リンク】
けやき坂46、白い制服纏った1stアルバムキービジュアル公開
けやき坂46まとめ
「超」ボーカリストオーディション、最終審査はライヴパフォーマンス

【関連アーティスト】
けやき坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, AKB, CD, アルバム, ツアー

「超」ボーカリストオーディション、最終審査はライヴパフォーマンス
Sat, 26 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スターダストレコーズが主催するオーディション企画『「超」ボーカリストオーディション』の最終審査が5月29日に行なわれる。

1次募集の数多の応募者の中から、歌唱・面接審査、一般投票審査、合宿審査を経て7人に絞られたオーディション一期生たち。 最終審査の内容はライヴパフォーマンスとなり、メンバーが選んだ楽曲と共通のオリジナル曲に自分なりに歌詞をつけた楽曲を歌唱。“自分のライヴとしてどう見せるか”もそれぞれに託される。

ライヴ会場には、オーディション生自身が呼んだゲスト数人と音楽専門学校の学生が参加。当日の模様はニコニコ生放送で配信され、来場者の投票審査に加えて番組内でリアルタイムのネット投票も受け付ける。

7月開催予定のグランプリ決定審査に進むのは選出された上位4人。オフィシャルYouTubeチャンネルでは、最終審査に向けた7人のコメント動画も公開されている。

■【オーディション上位3人のコメント】

■1位 寺坂尚呂己
今回のオーディションを受けることは僕にとって新しい挑戦でした。もう一度音楽をやりたいと思っていた時にこのオーディションをみつけ応募することに決めました。すごく優勝したいですし、ずっと応援してくれている皆さんの前でまた音楽をしたいです。次のライブ審査では今できる全てを出しきります!そしてまた皆さんの前に戻ってきますので待っててください。いつも応援ありがとうございます。

■2位 森英寿
僕は歌うことが大好きで歌手になりたくて超ボーカリストオーディションを受けました。
一次審査や二次審査、または合宿審査など歌だけではなく様々な審査を行ってきました。と同時に僕は7名の中の一人として残っています。
気づいたらここにいました。ここに来るまでに色々な事を経験し思ったことが一つあります。自分は人前に出て歌うことが本当に好きなんだなと思いました。改めて本気で歌手になりたいと思えた審査でした。次のライブ審査が最後の審査になります。今までしてきた努力を最後のライブ審査に全力でぶつけていきます。
歌で人を動かしたい、ボーカリストとして歌を歌を歌うではなく、歌を届ける。この気持ちは誰にも負けません。

■3位 ケビン
超ボーカリストオーディションに参加中のケビンです。
数ヶ月間続いてきた1期生の審査がついに最終審査を迎えるという事で少し緊張しています。
先日行われた2泊3日の合宿審査では歌や踊りのレッスンだけではなく、ユーモア(お笑い)レッスンや作詞体験もやらせていただきました。
今思い返してみると、このライブ審査や今後の活動に活かせるものばかりで全てに意味があったんだなと感じています。
これまで様々な活動をしてきて学んだ事、このオーディションを通して学んだ事、今までの自分の殻を破るという意味でも更に全力で審査に挑みたいと思います。



【関連リンク】
「超」ボーカリストオーディション、最終審査はライヴパフォーマンス
Anly、ニューアルバム発売&リリースツアー決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, ニュース

Anly、ニューアルバム発売&リリースツアー決定
Sat, 26 May 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ループペダルを駆使したライヴパフォーマンスで高い評価を得ているAnlyが、 7月25日(水)にニューアルバム『LOOP』をリリースすることを発表した。

アルバムにはAnly自身の経験も交えたリアルな歌詞で“ブラック校則”について歌った「Manual」そはじめ、2017年発表されたシングル曲「北斗七星」、ドラマ『科捜研の女』の主題歌「Venus」やアニメ『七つの大罪 戒めの復活』のエンディングテーマ「Beautiful」、ロサンゼルスを拠点に活動するMAISY KAYとのコラボ曲「Distance」など全12曲を収録予定。 JUJUや西野カナなどを手掛けるJeff Miyaharaのほか、ロサンゼルス在住のJuan Arizaらをプロデューサーに迎えた。また、初回生産限定盤に付属するDVDにはシングル曲のMVに加え、新曲「Manual」のMVも収録予定だ。

そして、8月31日からリリースに伴う全国ツアー『Anly “LOOP” Around the World 〜Track 1〜」を開催。ループペダルを駆使したパフォーマンスを軸に据えた“LOOP PEDAL SET”とバンド編成の“BAND SET”の2スタイルとなっている。なお、10月12日に行なう桜坂セントラル公演のみチケットのオフィシャル先行予約を6月1日から6月11日まで実施する。

■【Anly コメント】

【LOOP】という言葉には『繰り返す』『輪になる』という意味があります。
何度も繰り返し聴きたくなる面白いアルバム、私の音楽をきっかけに音楽の輪が広がる様なアルバムを作ろうと、素晴らしいプロデューサー陣に支えられ、化学反応を起こしながら制作しました。
1枚目のアルバムとサウンドがガラリと変わった新曲達が多く並んでいますが、“今の私”を切り取った正直なアルバムです。
2nd Albumをキッカケに、新旧多くの人と繋がれますようにと願っています。

アルバム『LOOP』

2018年7月25日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9877〜78/¥3,800(税込)
【通常盤】(CD)
SRCL-9879/¥3,000(税込)

『Anly “LOOP” Around the World 〜Track 1〜』

■LOOP PEDAL SET(ソロ)
8月31日(金) 東京・新宿LOFT
9月02日(日) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd
9月06日(木) 兵庫・神戸VARIT.
9月07日(金) 広島・BACK BEAT
9月09日(日) 福岡・DRUM SON
9月14日(金) 千葉・LOOK
9月16日(日) 栃木・HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
9月17日(月・祝) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
9月21日(金) 静岡・浜松FORCE
9月22日(土) 神奈川・横浜BAYSIS
9月24日(月・祝) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
9月27日(木) 京都・someno kyoto
10月05日(金) 新潟・GOLDEN PIGS YELLOW STAGE
10月06日(土) 群馬・高崎TRUST55
10月12日(金) 沖縄・桜坂セントラル
■BAND SET
9月28日(金) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
9月30日(日) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
10月08日(月・祝) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
10月12日(金) 沖縄・桜坂セントラル



【関連リンク】
Anly、ニューアルバム発売&リリースツアー決定
Anlyまとめ
MAISY KAYまとめ
Jeff Miyaharaまとめ
Juan Arizaまとめ

【関連アーティスト】
Anly, MAISY KAY, Jeff Miyahara, Juan Ariza
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, ツアー

ナナランドがメジャーデビュー! 9月に1stシングルをリリース!
Sat, 26 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アイドルグループ・ナナランドが5月26日に恵比寿LIQUID ROOMにて開催したワンマンライブ『ナナランドのリキッドランド』でメジャーデビューを発表! 9月5日に1stシングルをリリースすることが明らかになった。

2017年に結成されたナナランドは、大場はるか、小日向麻衣、高倉藍夏、峰島こまき、雪村花鈴の5人からなるアイドルグループ。まねきケチャなども手掛けるコレットプロモーションがプロデュースを担当し、1stシングルは初のオリジナル曲となる。

なお、ナナランドは8月3日〜5日にかけて開催される『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』の『メインステージ争奪戦』に出演する。

■【ナナランド コメント】

■大場はるか
偶然のような必然で集まったナナランド。日本コロムビア様よりメジャーなアイドルになります!!!!!!!!
ここからものすごい勢いで上に登りつめたいと思っておりますので外から見ているのではなく内に入って一緒に人生を謳歌しましょう。
皆に幸あれ。

■小日向麻衣
日本コロムビア様からのCDリリースが決定しました。応援してくれている皆様にこうして報告できる事がとても嬉しいです!不安もありますが、今すごくワクワクしています。
ここからがスタートだと思っているので、気を抜かず地に足をつけて1歩1歩成長していきたいと思っています。
ナナランドの曲を聴いて、沢山の人の心や人生をキラキラにできる様に、沢山の人に愛してもらえるように頑張ります!!

■高倉藍夏
メジャーデビューという私の中のひとつの目標が叶えられて、とても嬉しいです。自分達のCDがこれをきっかけにたくさんの人の家においてもらって、たくさん聞いてもらえるようになりたいです。

■峰島こまき
ナナランドの1stシングルが日本コロムビア様から発売されることになりました。ナナランド初のオリジナル曲でありデビュー曲であります。これから大切に歌っていきたいと思います。これを機にたくさんの方々にナナランドのことを知っていただけたらいいな!すごく楽しみです。よろしくお願い致します!

■雪村花鈴
初のオリジナル曲ということで私達にとっても大切な曲になると思います。はじめてのリリイベで不安もありますが、1人でも多くの人にナナランドを知ってもらえるように頑張ります!そして、絶対に目標を達成したいので応援よろしくお願いします!みなさんに会えるのを楽しみにしてます!

シングル「タイトル未定」

2018年9月5日発売



【Type-A】
COCA-17476/¥1,111+税
【Type-B】
COCA-17477/¥1,111+税
【Type-C】
COCA-17478/¥1,111+税
【Type-D】
COCA-17479/¥1,111+税
【Type-E】
COCA-17480/¥1,111+税
【Type-F】
COCA-17481/¥1,111+税
【Type-G】
COCA-17482/¥1,111+税
【Type-H】
COCA-17483/¥1,111+税

『ナナランド 1stシングルリリースイベント Supported by 音遊』

6月12日(火) 東京・HMVエソラ池袋
19:30〜
6月14日(木) 東京・タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
20:30〜
6月15日(金) 東京・ニコニコ本社 B2イベントスペース
19:00〜
6月17日(日) 東京・TSUTAYA IKEBUKURO AKビル店
14:00〜
※会場変更の可能性あり



【関連リンク】
ナナランドがメジャーデビュー! 9月に1stシングルをリリース!
ナナランドまとめ
the peggies、新作試聴映像&小山健が手がけたサムネイル公開

【関連アーティスト】
ナナランド
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, CD, 新曲

the peggies、新作試聴映像&小山健が手がけたサムネイル公開
Sat, 26 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月5日に配信リリースされるthe peggiesの新作『なつめきサマーEP』の収録曲4曲の中から3曲が試聴できるダイジェスト映像が公開となった。

映像は超特急で過ぎゆく夏の青い恋を描いた「サマラブ超特急」、清涼感とパワーみなぎる「かみさま」、そしてインディーズ時代から大切に歌い継いできた青春ラブソング「ボーイミーツガール」の再録バージョンで構成。なお、4曲目の詳細は近日発表予定という。

また、イラストレーターの小山健が手がけた『なつめきサマーEP』のサムネイルも公開された。 ピンク色のイルカに乗ったthe peggiesのメンバーが描かれている。

配信限定EP『なつめきサマーEP』



<収録曲>
1.サマラブ超特急
2.かみさま
3.ボーイミーツガール
4.近日発表予定



『the peggies ワンマンツアー とびだせ ペギちゃんマン!〜とべ!とべ!ペギちゃん〜 』

6月17日(日) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd
6月30日(土) 兵庫・神戸VARIT.
7月01日(日) 京都・KYOTO MUSE
7月05日(木) 東京・渋谷WWW X



【関連リンク】
the peggies、新作試聴映像&小山健が手がけたサムネイル公開
the peggiesまとめ
グドモの渡邊幸一がサッカー好きのためのイベント『頑張れ日本!!』開催

【関連アーティスト】
the peggies
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, 新曲, 配信, ツアー

グドモの渡邊幸一がサッカー好きのためのイベント『頑張れ日本!!』開催
Sat, 26 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンド結成10周年を記念したファン感謝企画『10くらいの恩返し』を敢行中のグッドモーニングアメリカの渡邊幸一(Gt)によるイベント『W杯日本代表初戦の日に送るサッカー好きの為のイベント「頑張れ日本!!」』が6月19日に吉祥寺SHUFFLEで開催される。同イベントはファン感謝企画の8本目となる。

これまでにフットサルの試合に出場したり、ロシアW杯日本代表戦観覧を画策したり、サッカー好きとして知られる渡邊は、日本代表W杯初戦でファンと共に大いに盛り上がるイベントを提案。演奏は一切なく、サッカー愛を語り明かす人数限定のイベントとなる。

また、7月11日に発売される初のベストアルバム『the BEST HIT GMA』の初回限定盤に付属されるDVD『GMAオールスター感謝祭』の収録曲もあわせて発表された。ファン投票で決定したベスト盤収録曲を18位からカウントダウンで発表したライヴ本編を完全収録する。

発売日同日には前身バンドfor better, for worseの最初で最後のベストアルバム『COMPLETE BEST』もリリース。さらに7月19日からは全国ツアー『the BEST HIT GMA tour 2018』を2マン形式で実施する。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

■『渡邊幸一企画イベント 「W杯日本代表初戦の日に送るサッカー好きの為のイベント“頑張れ日本!!”』

6月19日(火) 東京・吉祥寺SHUFFLE
OPEN19:30 / START20:00(23:30終了予定)
出演:渡邊幸一(グッドモーニングアメリカ)
※特別ゲスト出演もあるかも? 演奏は一切ありません。
Adv:¥1,500(drink代別、+?1,500で飲み放題も可)

◎イベント参加方法/注意事項
下記のURLよりご応募下さい。
URL:https://krs.bz/columbia/m/gma_ganbarenippon
イベント参加応募期間:2018年5月25日(金)〜6月3日(日)23:59まで
※応募者多数の場合、抽選とさせていただきます。
※参加者(当選者)の方には6月4日(月)18時を目処にメールにてご連絡させて頂きます。
※当選の発表は当選者の方へのメール発送をもって代えさせて頂きます。
※当選の可否に関するご質問はお受けしません。あらかじめご了承ください。
※当日受付時に「当選メール」と身分証(運転免許証や保険証など)の確認をさせて頂きます。「当選メール」は携帯電話/スマートフォンの画面、メールのプリントアウト等の提示をお願いします。
※入場料に関しては、当日会場で受付時に現金にてお支払い下さい。
※参加権の譲渡は禁止とさせていただきます。

グッドモーニングアメリカ バンド結成10周年アニバーサリー企画
『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』

一つ「ファン投票で決まるベストアルバム発売」
二つ「たなしん、YouTuberデビュー」
三つ「金廣、弾き語りライブ活性化」
四つ「for better, for worseベストアルバム、1夜限りの復活ライブ敢行」
五つ「ベストアルバム楽曲投票1位のMVをみんなで創ろう!」
六つ「“GMAオールスター感謝祭"開催!」
七つ「the BEST HIT GMA tour 2018 開催決定!」
八つ「渡邊幸一企画W杯日本代表初戦の日に送るサッカー好きの為のイベント“頑張れ日本!!"開催」(New!)

■グッドモーニングアメリカ 結成10周年記念サイト
http://www.gma-10th.com

ベストアルバム『the BEST HIT GMA』

2018年7月11日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1450〜1451/¥3,333+税
<収録曲>
■CD
1.Darwin\'s Train
2.言葉にならない
3.未来へのスパイラル
4.空ばかり見ていた
5.カラツ風ガ吹キツケル
6.餞の詩
7.そして今宵は語り合おう
8.イチ、ニッ、サンでジャンプ
9.あなたの傍に猛ダッシュで
10.ひこうき雲
11.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
12.マリオネット演者ノ詩
13.STAY WITH ME
14.コピペ
15.心臓抉って
16.アブラカタブラ
17.キャッチアンドリリース
18.拝啓、ツラツストラ
19.風と鳴いて融けてゆけ
■DVD
『GMAオールスター感謝祭』
2018.5.8代官山UNIT
1.風と鳴いて融けてゆけ
2.拝啓、ツラツストラ
3.キャッチアンドリリース
4.アブラカタブラ
5.心臓抉って
6.コピペ
7.STAY WITH ME
8.マリオネット演者ノ詩
9.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
10.ひこうき雲
11.あなたの傍に猛ダッシュで
12.イチ、ニッ、サンでジャンプ
13.そして今宵は語り合おう
14.餞の詩
15.カラツ風ガ吹キツケル
16.空ばかり見ていた
17.未来へのスパイラル
18.言葉にならない
※プレイパスコード封入



【通常盤】
COCP-40366/¥2,778+税
<収録曲>
1.Darwin\'s Train
2.言葉にならない
3.未来へのスパイラル
4.空ばかり見ていた
5.カラツ風ガ吹キツケル
6.餞の詩
7.そして今宵は語り合おう
8.イチ、ニッ、サンでジャンプ
9.あなたの傍に猛ダッシュで
10.ひこうき雲
11.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
12.マリオネット演者ノ詩
13.STAY WITH ME
14.コピペ
15.心臓抉って
16.アブラカタブラ
17.キャッチアンドリリース
18.拝啓、ツラツストラ
19.風と鳴いて融けてゆけ
※プレイパスコード封入



アルバム『COMPLETE BEST』

2018年7月11日発売



COCP-40367/¥2,315+税


『グッドモーニングアメリカ「the BEST HIT GMA tour 2018」』

7月19日(木) 東京・八王子Match Vox
7月24日(火) 香川・高松DIME
7月25日(水) 福岡・CB
7月26日(木) 熊本・Django
8月07日(火) 京都・KYOTO MUSE
8月08日(水) 岡山・IMAGE
8月26日(日) 北海道・札幌DUCE Sapporo
9月11日(火) 宮城・仙台JUNK BOX
9月22日(土) 愛知・名古屋ElectricLadyLand
9月25日(火) 大阪・BIGCAT
9月28日(金) 東京・マイナビBLITZ赤坂
※各地ゲストアーティストは随時発表



【関連リンク】
グドモの渡邊幸一がサッカー好きのためのイベント『頑張れ日本!!』開催
グッドモーニングアメリカまとめ
for better, for worseまとめ
サザンオールスターズ、40周年キックオフライブを生中継

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ, for better, for worse
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム

サザンオールスターズ、40周年キックオフライブを生中継
Sat, 26 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

来月6月25日にいよいよデビュー40周年を迎えるサザンオールスターズ。デビュー記念日とその翌日の2日間に渡りNHKホールで開催される『サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」』が大いに話題を呼んでいるが、6月26日(火)公演を全国47都道府県の映画館で生中継をするライブ・ビューイングの開催が決定した!

「6月25日のデビュー記念日を、ファンのみなさんとともに40周年イヤースタートのキックオフにしたい!」というメンバーの思いから行なわれる今回のライヴ。「たとえ会場に行けないとしても、ともにデビュー記念日をお祝いしたい」というファンの声に応え、2日目の模様を生中継することが発表された。チケットの一般販売は6月23日の13時からスタートする。

■『サザンオールスターズ キックオフ ライブ 2018 「ちょっとエッチな ラララのおじさん」』 ライブ・ビューイング

6月26日(火) 全国各地の映画館
19:00開演(開場時間は映画館によって異なる)
※映画館での当日券販売はございません。

■『サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」』 ライブ・ビューイング情報サイト
http://liveviewing.jp/sas40thko/

■『サザンオールスターズ キックオフ ライブ 2018 「ちょっとエッチな ラララのおじさん」』

6月25日(月) 東京・NHKホール
6月26日(火) 東京・NHKホール
18:00開場/19:00開演
※5歳以上要チケット

配信シングル「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」

2018年6月15日配信スタート



【関連リンク】
サザンオールスターズ、40周年キックオフライブを生中継
サザンオールスターズまとめ
MUCC、2夜にわたる“完全復活”の宴

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ

MUCC、2夜にわたる“完全復活”の宴
Sat, 26 May 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MUCC。完全復活???。?

5月21日・22日。MUCCはZepp Tokyoにて『MUCC 2018 〜復活の夜〜 The WALL-CRIMEorDESTROY-』と題した、復活ライヴを行った。?

まず。MUCCというバンドをよく知らない人にとっては、“完全復活”“復活の夜”などと大々的に掲げられたら、このバンドがどれほど長く活動を止めていたのか気になるところだろう。いやいや。その期間とは、活動休止といえども、2018年の1月から3 月までのたったの3ヵ月である。「は? たったの3ヵ月!?」というのが、大半の反応であろう。それが当たり前。しかし。ここからして“MUCC”なのである。?

彼らは、2017年に20周年という節目を迎えるまで、とにかくひたすらに走り続けてきたバンドであり、海外、国内ワンマンツアーはもちろん、ジャンルに壁を立てることなく積極的に参加し、怒濤の音源制作など、“とにかくひたすら”に“MUCC”というバンドを貫いてきたのだ。そんな彼らが“やっていないこと”としたら、活動休止くらいだった、と説明した方が分かりやすいのかもしれない。?

今回の活動休止は、最初から“有期限活動休止”と銘打ってのことであったのだが、説明したとおり、とにかく走り続けてきたMUCCが“3ヵ月も"の間活動を止めることは大事件であり、さらに、ワンマンライヴに至っては、7ヵ月ぶりというのだから、MUCCのファンにとっては“ただごと”ではなかったのだ。?

特に20周年目であった昨年の1年は、いつも以上に濃密な活動を自らに課して突進んできたことから、有期限とはいえ、夢烏(※ムッカー=MUCCのファンの名称)の3ヵ月の“MUCCレス”を思うと、それはそれは相当なものであっただろうことが察せられる。実に、この“活動休止明け初ワンマンライヴ”は、どれだけオーディエンスがMUCCを欲していたかを思い知らされた2日間となった。?

21日18時。開演1時間前。ステージに張られた銀幕に映し出された廃墟は、開演時刻の19時に向け、その景色をゆっくりと変えていった。徐々に描かれた絵が枯れ、MUCCの象徴であるバンド名を象った梵字が、開演時間ちょうどにそこに浮かび上がった。?

19時???。幕の向こうから、おどろおどろしいイントロが流れ始め、封印は解かれた。封印を解いたのは「蘭鋳」だった。いつもは、ライヴの後半あたりの最高潮でぶち込まれる、古くからの暴れ曲が1曲目とは、なかなか思い切った最高の復活の形である。オーディエンスは、その挑発に渇望のすべてを曝け出した。?

イントロの途中で幕がはぎ取られると、ギターのミヤとベースのYUKKEとドラムのSATOちが入魂のプレイを魅せる中、ボーカルの逹瑯は、“ようこそ”と言わんばかりに、品定めするようなシニカルな表情を浮かべ、中央のドラム台に腰をかけた状態でオーディエンスをライヴへと誘った。曲中に全員座らせ、SATOちのカウントで一斉にジャンプさせるというオキマリの煽りが存在するのだが、この日は、「こんなに離れてたことはないから、空いた時間と距離を、ちょっとずつ縮めていこうと思ったけど、やっぱり急接近してぇよな!」と、さらなる挑発を加えたことから、オーディエンスの渇望は限界を越え、そこにいつも以上の地獄絵図を描き上げた。これ以上に最高な復活劇はないだろう。?

MUCCというバンドにしか宿すことができないと断言できる、“邦楽ロック”の魅力を彼ららしく描いた、激しく、けばけばしくありながら艶やかな影を潜ませる「極彩」から、「塗り潰すなら臙脂」「空と糸」「あすなろの空」「ニルヴァーナ」と、曲調はまったく異なれど、世界観に入り込みやすい流れで届けられていった。「ニルヴァーナ」の間奏明けに、客席に起った大合唱は、圧巻だった。?

この日のセットリストは、事前にサブスクリプションサービス「Spotify」を用いて、セットリストの一部が募集されていた中から選ばれていたものであったことから、オーディエンス目線に立ち、“純粋に聴きたい曲”が並べられていると思うと、納得の並びだ。?これは、MUCC史上初の試みでもあったのだが、後のMCで、このセットリストを考えたオーディエンスが会場に来ていたことと、「極彩」から「ニルヴァーナ」までの流れが、偶然にも同じキーで構成されている楽曲であったことがミヤから明かされ、会場は大いに盛り上がった。?

もう1つ。この日のセットリストの中で度肝を抜かれたのは、中盤で5曲まとめて新曲を投下したことである。これこそが、普通を嫌う彼らのやり口。活動休止期間中に作ったという、それぞれが作詞作曲を手掛けた4曲4色の異なる個性が放たれた。?

ミヤ作詞作曲の「生と死と君」は、逹瑯によって伸びやかに歌われる愛と別れに、ミヤの台詞が絡み付く感情的な楽曲。逹瑯作詞作曲の「TIMER」は、デジタル色の強い音色のベースフレーズから幕を開ける、ポストロックが匂う新たな風であり、SATOち作詞(逹瑯共作)作曲の「レクイエム」は、?バンドサウンドとオーケストラを見事に融合させたドラマティックな1曲。YUKKE作詞作曲の「マゼンタ」は、悲しげなイントロを導入とするも、言葉が畳み掛けられていく静と動の振り幅の激しさが印象的な楽曲だった。(※この4曲は、シングルとして7月25日にリリースされる)?

「なんかね、たまたまそれぞれの作詞作曲の曲を作ってシングルを作ろうって決まって、それぞれが自分のことを歌うっていうことが、偶然にもいろいろとリンクしたんだよね。ここまで何も無いところで合致するということがいままでなかったから、楽しみにしていてほしいです。“こうしたい”と思わなくても“こうなった”ことは、【運命】としか言いようが無いんだよね」と、新曲の制作秘話を語ったリーダーのミヤの言葉に、オーディエンスは歓声と拍手を贈った。オーディエンスにとってその言葉は、4人の絆が見えた何よりも嬉しい言葉だったに違いない。?

この他に、ミヤ作詞作曲の新曲「自己嫌悪」も届けられたのだが、サビで連呼されるタイトルは、まさに自己嫌悪に陥った心理状態を見事に描ききったライヴ曲も暗く、人間の業を深く見せつけられる彼らの真髄を思わすものだった。そんな最新のMUCCから、一気に、結成して初めて作った曲だという「狂想曲」へと舵を切ったその極端さも“彼ららしさ”だと感じた。?

また、この日のアンコールでは、ラスト曲の「リブラ」終わりで、SATOちがステージ前方にドラムセットごと迫り出し、セットとして積み上げられていたステージ背景のブロックが崩壊するという予想だにしない演出で楽しませてくれたのだった。?

22日。完全復活を遂げたMUCCは、初日とはまた全く異なる景色でオーディエンスを迎え入れた。前日ラストで起った背景の崩壊をそのままに、彼らは新曲「生と死と君」からライヴをスタートさせた。?5曲まとめて新曲を投下した前日では、歓喜の声をあげながらも、必死でノリ方を探っていたオーディエンスだったが、2回目には早くも受け入れていた。乾燥していたスポンジが水を大量に吸収するかのような、素晴しい吸収力である。2018年は、“新曲が出来たらどんどんライヴで披露し、それをアルバムにしていく”のだというが、ライヴで育て上げられた熟した楽曲たちで構築される新たなアルバムの完成形は、いったいどんな印象を与えるものになるのだろう。?

彼らはそこから、1999年にリリースされた1stミニアルバムの中に収録されている旧曲「オルゴォル」へと舵を切り、「娼婦」「我、在ルベキ場所」という初期曲から、逹瑯の新曲「TIMER」、再び初期曲「ママ」と、大きな振り幅でオーディエンスを威嚇した。前日がメジャーデビュー記念日でもあったことから、メジャーデビュー曲である「我、在ルベキ場所」が届けられたときには、とても感慨深く、初期の頃の彼らの姿をそこに重ねた。?

闇深く哀愁をおびた日本人特有の業を個性とし、そこを軸としていた初期と、その時代からは想像がつかなかった英語を用いた歌詞と、オルタナティヴなヘヴィロックへと変化した現在のMUCCサウンドの同居に違和感を感じないのは、いかに進化しようとも、原点を見失うことなく“MUCC”を貫き通しているということと、旧曲を過去のものとして仕舞い込まず、常に“現在(いま)"の自分達のスキルに合ったプレイで進化させているからなのだろう。?

この日は、前日と異なり、通常通りミヤが考えたセットリストであったのだが、新曲の5曲がセットリストの中に散在する形で届けられた、敢えて振り幅を楽しむライヴになっていたように感じた。?

「活動休止中、Twitterとか見ると、みんなライヴやってんの。すげぇ置いて行かれてる気がして、ソワソワしたんだよね。ま、こっから追い上げて、一気に取り戻していきますけど。でもね、その間、仲間のバンドが“あの頃はZeppが大きく見えたけど、今はちょうどいい”って言ってんのを横目に見ながらね。ふんっ。俺には小さいけどなっ(笑)! なんて、いろいろと煮え湯を飲まされるような気持ちになってましたけど(笑)。MUCCのメンバー全員同じ気持ちだったと思いますよ。だからね、そんな想いを、今日と昨日でキミ達にぶつけてるわけですよ。でも、まだぶつけたりない! だからここからは、全力投球でキミ達に投げつけていこうかと思ってます。?ちゃんとキャッチしてね。打ち返してくれてもいいよ。どこまでも飛んで行こうじゃねぇか! 着いてこいよ!」?

本音を吐き出した逹瑯の言葉に続いて届けられたのは「フライト」。?この曲がシングルとしてリリースされた当時は(2007年5月リリース)、こんなにも明るい曲をMUCCがシングルの表題曲として選んだことに、正直驚きを隠せなかった。「フライト」からわずが2ヵ月前の2007年の3月にリリースされた、暗く混沌としたサウンドと光を感じさせるサビのメロディに、鬱屈とした日々の中で生きる意味を探す歌詞が乗った、21日のラストでも届けられた「リブラ」は、シングル曲としてはマニアックなものだと思うのだが、当時、これこそがMUCCの根底であると感じていただけに、「リブラ」からの「フライト」へとバトンが渡されたときは、振りの大きさに驚かされたのだ。?

が、しかし、いまや「フライト」は、ライヴで盛り上がる曲、愛されている曲としてMUCCの顔とも言える曲になっているのだ。あんなにも驚いた私自身も、「フライト」をライヴで聴くときはいつも、改めてMUCCというバンドを長く見続けてこれたことへの幸福感にも似た至福に包まれるのは、この楽曲の持つ力なのだろう。?彼らが大きく成長するときにはいつも、聴き手を突き放すほどの挑戦に出る。今回の5曲の新曲達も、MUCCの未来を示す成長の証であり、大きくステップアップする前触れであると感じた。?セットで使われていた崩壊した壁(ダンボールでできたブロック)を客席に投げ込みながら届けられたアンコールラストは、次のライヴを観ずにはいられない衝動に駆られる、深い余韻を残したのだった。?

2日間に渡って示した彼ららしい【ただいま】の形は、MUCCにしかできない、唯一無二な宣戦布告であったと言えるだろう。充電を終えた2018年のMUCCには、これまで以上の狂気を感じる。?

photo by 西槇太一?
text by 武市尚子?

シングル「タイトル未定」

2018年7月25日(水)発売



【初回盤】(CD+エムカード)
MSHN-047〜048/¥2,300(税込)
<収録曲>
■CD
1.生と死と君(作詞 / 作曲ミヤ)
2.TIMER(作詞 / 作曲逹瑯)
3.レクイエム(作詞SATOち、逹瑯 / 作曲SATOち)
4.マゼンタ(作詞 / 作曲YUKKE)
※全曲編曲ミヤ
■初回盤特典
エムカード
※Zepp Tokyo公演写真、新曲メンバーインタビューなど随時更新予定!

【通常盤】(CD)
MSHN-049/¥1,800(税込)
※収録曲は初回盤と同様になります。

MUCC 2018 Lock on snipe Tour #1『北海道型収監6days』

6月01日(金) 函館club COCOA
6月03日(日) 帯広MEGA STONE
6月04日(月) 北見オニオンホール
6月06日(水) 旭川CASINO DRIVE
6月09日(土) 小樽GOLDSTONE ※THANK YOU SOLD OUT!!
6月10日(日) 苫小牧ELLCUBE ※THANK YOU SOLD OUT!!



【関連リンク】
MUCC、2夜にわたる“完全復活”の宴
MUCCまとめ
10-FEET、映像作品『京都大作戦』特別先行試写会が好評につき追加開催

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ライブレポ

10-FEET、映像作品『京都大作戦』特別先行試写会が好評につき追加開催
Sat, 26 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

史上初めて『京都大作戦』単独の映像作品として6月27日にリリースされる、『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』。その映像を劇場用に編集し、全国3ケ所(東京、京都、兵庫)の映画館で、京都大作戦の主催者である10-FEETメンバーの舞台挨拶付き特別先行試写会を開催することが決定! 5月24日(木)には鑑賞チケットが一般発売となったが、全3公演のチケットが瞬時にソールドアウトとなり、その好評を受け、東京での追加開催が決定した。

6月15日(金)19:40〜、新宿バルト9で追加開催が行なわれる。まずは10-FEET MOBILE会員チケット先行受付(抽選)が、5月25日(金)18:00より開始となった。臨場感溢れるライヴと貴重なドキュメント映像を映画館の大スクリーンと大音量で発売よりひと足先に堪能できる、これがラストチャンスだ。

『10-FEET DVD/Blu-ray「京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY!〜心ゆくまでご覧な祭〜」発売記念10-FEET舞台挨拶付き特別先行試写会(追加試写会)』

【内容】
10-FEETメンバーによる舞台挨拶&6月27日発売DVD/Blu-rayの劇場用ダイジェストVerの上映
【日程・時間】※上映回数1回
6月15日(金)19:40 東京 新宿バルト9
【料金】
10-FEET MOBILE会員チケット先行受付決定!(抽選)
☆特別先行上映+トークイベントのチケットお申込みには、10-FEETファンクラブ「10-FEET MOBILE」(有料)のご登録とは別に「10-FEET U-CONNECT TICKET」への会員登録(無料)が必要となります。
☆U-CONNECTは、ユニバーサル ミュージックが運営するチケット販売サービスです。
【受付URL】
https://10-feet.kyoto/contents/174336
【受付期間】
2018年5月25日(金)18:00 〜 5月29日(火)23:59まで
【購入制限】
お1人様2枚まで ※未就学児童入場不可
【抽選結果確認】
2018年6月1日(金)15:00〜
※抽選の結果をメールにてお知らせいたします。メール未着の場合には、チケット申込サイト「マイページ」の「抽選予約内容/結果確認」にてもご確認いただけます。
【お支払い・お受取り方法】
お支払い:全国ファミリーマート店舗またはクレジットカードにてお支払いください。
お受取り:チケットは、全国ファミリーマート店舗にてお受取りください。
【入金期間】
2018年6月1日(金)15:00〜6月3日(日)23:59
※チケット代金とは別に、システム利用料(216円/枚)、発券手数料(108円/枚)が発生いた
します。
※クレジットカードは「VISA・Master・JCB」のご利用が可能です。また、チケットのお引換えの如何にかかわらず決済させていただきます。
※カード決済の決済名称・明細は「EVENTIFYチケット料金」になります。
※本受付は抽選受付となります。予めご了承ください。
【チケット受取期間】
2018年6月6日(水)10:00〜 公演日当日まで
※チケットのお受取は、ファミリーマート店頭のみでの発券となります。
★「Famiポート」支払・受取方法詳細はこちら。
https://www.funity.jp/ticketcontents/page/famiport/process.pdf
【お問合せ】
先行予約の操作方法、支払・受取方法に関するお問い合わせは、「Q&A・お問合せページ」の「7.お問い合わせ」内のお問い合わせフォームをご利用ください。
http://faq.funity.jp/10feet/ FAQ

Blu-ray & DVD『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月27日発売



※希望サイズを確実に入手するためには、早めの予約を推奨します。
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(kids130サイズ)】
UPXH-29018/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(XSサイズ)】
UPXH-29019/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(Sサイズ)】
UPXH-29020/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(Mサイズ)】
UPXH-29021/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(Lサイズ)】
UPXH-29022/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(XLサイズ)】
UPXH-29023/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(XXLサイズ)】
UPXH-29024/¥13,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(kids130サイズ)】
UPBH-29068/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(XSサイズ)】
UPBH-29069/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(Sサイズ)】
UPBH-29070/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(Mサイズ)】
UPBH-29071/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(Lサイズ)】
UPBH-29072/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(XLサイズ)】
UPBH-29073/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(XXLサイズ)】
UPBH-29074/¥11,960+税
【通常盤 Blu-ray2枚組】
UPXH-20066〜7/¥11,960+税
【通常盤 DVD4枚組】
UPBH-20214〜7/¥9,960+税



【関連リンク】
10-FEET、映像作品『京都大作戦』特別先行試写会が好評につき追加開催
10-FEETまとめ
ガガガSP主催『長田大行進曲2018』出演第一弾は175R、STANCE PUNKS、かりゆし58ら3組!

【関連アーティスト】
10-FEET
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, DVD, Blu-ray, キャンペーン, 発表, リリース, 発売, パンク, ライブ, チケット, 夏フェス

ガガガSP主催『長田大行進曲2018』出演第一弾は175R、STANCE PUNKS、かりゆし58ら3組!
Sat, 26 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガガガSPが地元・神戸で開催する主催フェス『長田大行進曲2018』の第一弾出演ラインナップとして、 昨年に続いて出演となる「175R」、「STANCE PUNKS」、そしてレーベルメイトである「かりゆし58」ら、ガガガSPにとっておなじみの盟友バンド3組が発表となった。

『長田大行進曲』はガガガSPがデビュー以来、地元神戸で行っているライブハウスイベントが原点となり、野外フェスとしては2010年に開始。その後、2011年、2017年と続いて今回が4度目の開催となる。 次回の追加出演者発表は6月頃を予定しているとのことだ。

ガガガSP主催フェス『長田大行進曲2018』

日程:9月29日(土)
会場:神戸空港島内 多目的広場 特設野外ステージ
時間:開場 10:00 / 開演 11:00
出演:175R / ガガガSP / かりゆし58 / STANCE PUNKS / and more… ※50音順

チケット料金:1日券¥6,480(税込)
※整理番号無し / 小学生以上有料 / 未就学児童は保護者同伴の場合無料
主催・制作:LD&K / 俺様レコード / サウンドクリエーター
問い合わせ:サウンドクリエーター / TEL 06-6357-4400 (平日12:00〜18:00)
※モッシュ・ダイブ等の危険行為は一切禁止。
※出演者は都合により変更・キャンセルになる場合がございます。それに伴うチケット料金の払い戻しは対応出来ませんので予めご了承下さい。
※雨天決行・荒天中止

【オフィシャルサイトチケット先行予約】
受付URL : http://eplus.jp/nagatafes2018/ (PC&モバイル)
受付期間 : 5/25(金)21:00〜5/31(木)23:59
※受付期間内に、受付URLへアクセスし、エントリーを行ってください。
※お申込みにはe+(イープラス)の会員登録(無料)が必要です。
※新規e+会員登録には携帯電話番号の登録ならびに、ショートメッセージ(SMS)による携帯電話認証が必要となります。
※先着順ではありません。受付期間内にお申込みください。お申込み多数の場合抽選となります。



【関連リンク】
ガガガSP主催『長田大行進曲2018』出演第一弾は175R、STANCE PUNKS、かりゆし58ら3組!
ガガガSPまとめ
175Rまとめ
Stance Punksまとめ
かりゆし58まとめ

【関連アーティスト】
ガガガSP, 175R, Stance Punks, かりゆし58
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1