歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
斉藤和義、デビュー25周年記念のベスト盤リリース決定
Tue, 22 May 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

斉藤和義が、2008年にリリースしロングヒットとなっている15周年記念オールタイムシングルズベストアルバム『歌うたい15 SINGLES BEST 1993〜2007』の続編となる、25周年記念シングルズベスト『歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017』を7月25日にリリースすることが発表された。

今作には大ヒットシングル「やさしくなりたい」「ずっと好きだった」を含め、2008年リリースから2017年までにリリースされたシングル曲(配信曲含む)、アルバム未収録のカップリングベストを含む全46曲を収録。さらに、デビューから2007年までにリリースされた全シングルのカップリング曲を収録した、オールタイムBサイドコレクション『Collection “B” 1993〜2007』の続編とも言える、2008年以降にリリースされたシングルのカップリング曲を網羅した『Collection “B” 2008〜2017 DISC』をDISC3として収録する。さらに、デビューアルバム『青い空の下・・・』から、2017年リリースの「風の果てまで」の中より斉藤和義自らが1曲づつセレクトした全18曲入りの『斉藤和義選曲による裏ベスト1993〜2017 DISC』がDISC4となり、限定盤のみに付属となるので、こちらも注目だ。

そして、デビュー20周年を記念した16thアルバム『斉藤』と17thアルバム『和義』をリリースした際に1万枚限定で発売され、それと同時に即完売したあのバブルヘッド人形付きセットの25周年バージョンが再び1万枚セットで復活! さらに、今回はギター取替え可能(斉藤和義シグネチャーモデル“J-35”と“KS-330”が付属でギターケース風パッケージにもう一本収納)で、まさに25年のアニバーサリーにふさわしいパッケージも同時リリースとなった。さらに、『歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017』を対象店にて予約、購入して頂いた方に先着で「斉藤和義のほぼ等身大ポスター(全1種類)」がプレゼントされることも発表。この完売必至の1万枚セットをはじめ、5月22日より随時、各レコードショップにて予約受付が開始となるので、ぜひチェックしてほしい。

アルバム『歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017』

2018年7月25日発売



【初回限定盤A(1万セット数量限定商品)】(25周年バブルヘッド人形+3CD+斉藤和義選曲による裏ベスト)
VIZL-2025/¥10,000+税
※25周年バブルヘッド人形付き特殊パッケージ仕様
【初回限定盤B】(3CD+斉藤和義選曲による裏ベスト)
VIZL-2026/¥5,000+税
※デジパック仕様(ブックケース付き)
【通常盤】(3CD)
VICL-66025〜27/¥3,800+税
※デジパック仕様(ブックケース付き)

<収録曲>
■CD DISC 1
01.やぁ 無情 
02.おつかれさまの国
03.ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
04.COME ON!
05.ずっと好きだった
06.Stick to fun! Tonight!
07.Small Stone
08.雨宿り
09.やさしくなりたい
10.満男、飛ぶ
11.月光
12.ひまわりの夢
13.ワンモアタイム
14.Always
15.かげろう
■CD DISC 2
01.Endless(シングルバージョン)
02.ワンダーランド
03.攻めていこーぜ!(シングルバージョン)
04.傷口
05.マディウォーター
06.ひまわりに積もる雪
07.行き先は未来
08.遺伝
09.はるかぜ
10.I\'m a Dreamer
11.始まりのサンセット
Bonus Track
12.FISH STORY
13.ランナウェイ〜こんな雨じゃ〜
14.幸福な朝食 退屈な夕食 (新録)
■CD DISC 3『Collection “B” 2008〜2017 DISC』
01.FOOLS
02.やわらかな日(スタジオアコースティックバージョン)
03.黒塗りのセダン
04.ハローグッバイ〜Epilogue〜
05.ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー〜Acoustic Version〜
06.愛の灯
07.雪どけ
08.ウームの子守唄
09.あいされたいやつのひとりごと
10.メトロに乗って
11.今夜、リンゴの木の下で
12.Hello! Everybody!
13.幸せハッピー
14.カーラジオ 
15.キミの涙
16.ダイアモンドリング
17.Call me Now
■CD DISC4『斉藤和義選曲による裏ベスト1993〜2017 DISC』※初回限定盤のみ
01.好きな人の手
02.素敵な匂いの世界
03.寒い冬だから
04.FIRE DOG
05.ドライブ
06.月影
07.マリリン
08.Mojo Life
09.赤いヒマワリ
10.わすれもの
11.アメリカ
12.SUNDAY
13.I Love Me
14.映画監督
15.Are you ready?
16.ギター
17.それから
18.シンデレラ

◎オリジナル特典
下記対象店舗にて斉藤和義の7月25日発売ALBUM『歌うたい25 SINGLES BEST 2008〜2017』をお買い上げの方に先着で“斉藤和義ほぼ等身大ポスター(全1種類)”をプレゼント。
※B2サイズポスター×2枚でほぼ等身大サイズのポスターとなります。
<対象店>
・タワーレコード全国各店 / タワーレコードオンライン
・HMV全国各店 / HMV&BOOKS online
・TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYAオンラインショッピング
・Amazon.co.jp
・Rakutenブックス and more!!
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※特典対象店は順次追加となることがございます。
※特典には数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※特典がなくなり次第キャンペーンは終了とさせて頂きます。
※一部取り扱いの無い店舗がございます。
※特典の内容・デザインは予告なく変更する場合がございます。



【関連リンク】
斉藤和義、デビュー25周年記念のベスト盤リリース決定
斉藤和義まとめ
コレサワ、“映画っぽいライブ”を演出する『コレシアター04』が大盛況!

【関連アーティスト】
斉藤和義
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

コレサワ、“映画っぽいライブ”を演出する『コレシアター04』が大盛況!
Tue, 22 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターのコレサワが2018年5月12日(土)にワンマンショー『コレシアター04』を開催した。『コレシアター』とは通常のワンマンライブとは違い、コレサワのアートワークを監修するデザイナーのウチボリシンペによるイラストやアニメーション映像をふんだんにいかしたワンマンショーになっており、第1回目の開催は2014年の11月。“映画の主題歌をやりたいのに誰も使ってくれない。だったら自分で映画っぽいライブをやっちゃえ!”という思いでスタートしたが、この春、彼女は長編アニメ『ゴーちゃん。〜モコと氷の上の約束〜』のEDテーマ曲に起用された。規模も2017年2月にShibuya WWW Xで行われた前回の『コレシアター03』から拡大し、東京・恵比寿LIQUIDROOMでの開催となった。

回転する映写機と上映開始を知らせるブザーの音でスタートしたライブは、『コレシアター』ならではの様々な仕掛けが施されていた。オープニングナンバー「君とぬいぐるみ」ではスクリーンにUFOキャッチャーのアームだけが映し出されており、アコギをかき鳴らして歌うコレサワを掴み上げるようなシーンから始まり、楽曲の後半には山積みになった“れ子ちゃん×コントロールベア”のコラボぬいぐるみを見事にキャッチ。画面上でゲットしたぬいぐるみがステージ上に設置されたボックスに落下し、取り出した実物のぬいぐるみを観客にプレゼント。さらに、恒例になった“長女・長男・真ん中・末っ子”のコール&レスポンスで盛り上がった「お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな」を歌いながら、大量のぬいぐるみを客席に投げ入れる太っ腹なパフォーマンスもあり、「わんちゃん」ではIKEAで買ったという名の大きな犬のぬいぐるみを抱えて熱唱。タオル回し曲となった「死ぬこと以外かすり傷」に続く、新曲「いたいいたい」ではスクリーンに映し出されたカラフルなハートが、観客にこれまでの様々な恋を思い起こさせる効果をもたらしていた。

“久しぶりの曲をやります”と語った後、深く深呼吸をしてから歌い出したアコギのアルペジオによるバラード「笑えよ乙女」では、泣けるイラストとともに女子にまっすぐなメッセージを投げかけ、初期のカントリーナンバー「洗濯物」を歌い終えた彼女は一旦、退場。スクリーンには全裸になって洗濯するれ子ちゃんのアニメーションが映し出され、洗濯が終了すると同時に、着替えを済ませたコレサワが再登場。長編アニメ『ゴーちゃん。〜モコと氷の上の約束〜』のEDテーマ曲「友達だからかな」ではファンに募った友達との映像や写真が使用され、10代女子の間で大反響を呼んでいる「たばこ」では、MVに登場する膝を抱えている女の子がいない空っぽの部屋が映し出されていた。

彼女がライブを始めた当初は30〜40代の男性が多かったが、この日の会場に集まった観客は、中高生の女子と専門学校生や大学生のカップルが大部分を占めていた。それは、彼女が女性の立場で女性のリアルな心情を描く共感度の高いシンガーソングライターであることに加えて、メディアやMV、ジャケットでは顔を出さず、自身をキャラクター化した“れ子ちゃん”で表現していることも大きいだろう。ライブの後半のMCでは、“コレシアターには絶対に欠かせないシティーボーイがいます”とウチボリシンペが紹介され、PA席にいる彼にスポットライトが当てられた。コレサワとウチボリは、ボカロ界隈でいう、歌い手と絵師の関係に近いだろう。そういう意味では、コレサワは、実体験を元にした歌詞を描き、自分の内面をさらけ出す古き良き女性シンガーソングライターの系譜にいながらも、アニメーションやニコ動、2.5次元との親和性も高い、新たな世代を代表するシンガーソングライターのあり方を提示してくれているのではないかと感じた。

「たばこ」を歌い終えた彼女はカラオケのリモコンを手にし、“たばこのあとはこれかな〜”とひとりごちながら、「失恋ソングを歌ったあとに」を入力。スクリーンには菜の花の映像に歌詞がついたカラオケの画面が映し出され、観客全員での大合唱も巻き起こった。

イラストの電車が揺れた「阪急電車と2LDK」から歌い続けていく決意を込めた「SSW」を経て、“好きな人の白いシャツに染みをつけたいなっていう曲なんですよ。この曲をもっと、広めたいんですよ。今日はみんなが帰り道に、コレサワに染みをつけられたなっていうライブにしたかったんですけど、染み、つきましたかね?”と語りかけた「君とインドカレー」で金テープが発射され、大きな盛り上がりの中で本編は終了した。

アンコールの声が飛び交う中で、スクリーンには9月19日に2ndアルバム『コレでしょ』のリリースと、ワンマンツアー2018『コレでショー』開催、さらに、ツアーファイナルが12月23日にキャリア最大規模となるマイナビBLITZ赤坂で行われることが発表された。大きな歓声が沸き起こったフロアに登場したコレサワは、涙を流しながら“別にこの発表が嬉しかったんじゃなくて、人の声って集まったら、こんなにエネルギーあるんやなって思ったら感動しちゃいました”とコメント。続いて、ステージに上がったバンドメンバーに“泣いてたね”と冷やかされると、“泣いてない。泣き真似してん”と強がった。笑顔を取り戻した彼女は“ああ、緊張した。ぜひBLITZに来てくださいね”と語り、「あたしを彼女にしたいなら」を熱唱。コレサワとバンドメンバーがステージを去った後、スクリーンにはエンドロールが流れた。エンディングナンバー「最後の有給」がフロアに響き渡る中、“また会う日まで。お互い元気に暮らしましょうよ”というメッセージをもって、映画のようなライブイベント『コレシアター』は終映を迎えた。

取材・文:永堀アツオ
撮影:小坂茂雄

【ライブ情報】
『コレサワ ワンマンツアー2018「コレでショー」〜ぼっち編〜』
10月27日(土) 群馬・高崎 SLOWTIME cafe
<チケット>
オールスタンディング 全自由¥3,500(税込)
※5月27日(日)23:59までオフィシャルHP先行受付中!
一般発売日:9月22日(土)
■チケット情報はこちら
http://bit.ly/2rXnmKE

『コレサワ ワンマンツアー2018「コレでショー」〜ファイナルはここでしょ〜』
12月23日(日・祝) 東京・マイナビBLITZ赤坂
<チケット>
オールスタンディング¥4,500(税込)
※5月27日(日)23:59までオフィシャルHP先行受付中!
一般発売日:9月22日(土)
■チケット情報はこちら
http://bit.ly/2KFzGH5



【関連リンク】
コレサワ、“映画っぽいライブ”を演出する『コレシアター04』が大盛況!
コレサワまとめ
大原櫻子、アルバム『Enjoy』の詳細解禁

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, ワンマン, ライブレポ

大原櫻子、アルバム『Enjoy』の詳細解禁
Tue, 22 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が、6月27日にリリースするアルバム『Enjoy』の詳細とジャケット写真を公開した。今作には2017年にリリースしたシングルで映画『チア★ダン』主題歌「ひらり」、秦基博の作詞作曲「マイ フェイバリット ジュエル」、水野良樹(いきものがかり)の作詞作曲「さよなら」、そして現在資生堂SEA BREEZE CMソングとして絶賛オンエアー中のシングル「泣きたいくらい」の計4曲のシングルに新曲が8曲も追加される。その新曲は「ツキアカリ」「夏のおいしいところだけ」「いとしのギーモ」「energy」「Joy&Joy」など内容が気になるタイトル盛り沢山だ。

同時にジャケット写真3種も解禁! 様々な“Enjoy”の雰囲気が少しアーティに表現され、それぞれ違った魅力がある新境地のジャケットとなっている。音源以外に初回限定盤Aには新曲「ツキアカリ」「いとしのギーモ」の映像やメイキングムービー、さらにはフォトセッションムービーを収録。7枚のフォトカードも入ったスリーブケース仕様の豪華盤だ。初回限定盤BはジャケットがEP(7インチ)サイズのデカジャケットとなっており、39(サンキュー)枚の写真で構成されたフォトブックも封入とのこと。いよいよ待望の3rdアルバムの全貌が解禁となったが、2018年は5周年を迎える年だけにまだまだ何か発表がありそうなので引き続き注目!

アルバム『Enjoy』

2018年6月27日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1398/¥4,500+税
※スリーブジャケット仕様/フォトカード7枚封入
<収録曲>
■CD
1.one
2.泣きたいくらい
3.ツキアカリ
4.energy
5.ひらり
6.夏のおいしいところだけ
7.マイ フェイバリット ジュエル
8.Jet Set Music!〜Album ver.〜
9.甘えてしまうんだよ
10.さよなら
11.いとしのギーモ
12.Close to you
13.青い季節
14.Joy&Joy
■DVD
ツキアカリ(Music Video+Making)
いとしのギーモ(Making Movie)
Enjoy Photos Session Movie




【初回限定盤B】(CD+BOOKLET)
VIZL-1399/¥4,000+税
※EPサイズジャケット
<収録曲>
■CD
1.one
2.泣きたいくらい
3.ツキアカリ
4.energy
5.ひらり
6.夏のおいしいところだけ
7.マイ フェイバリット ジュエル
8.Jet Set Music!〜Album ver.〜
9.甘えてしまうんだよ
10.さよなら
11.いとしのギーモ
12.Close to you
13.青い季節
14.Joy&Joy



【通常盤】(CD)
VICL-65026/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.one
2.泣きたいくらい
3.ツキアカリ
4.energy
5.ひらり
6.夏のおいしいところだけ
7.マイ フェイバリット ジュエル
8.Jet Set Music!〜Album ver.〜
9.甘えてしまうんだよ
10.さよなら
11.いとしのギーモ
12.Close to you
13.青い季節
14.Joy&Joy

『大原櫻子 5th TOUR 2018〜Enjoy??〜』

6月28日(木) 千葉 市原市市民会館 大ホール
7月03日(火) 岡山 岡山市民会館 大ホール
7月04日(水) 広島 上野学園ホール
7月06日(金) 愛知 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
7月11日(水) 東京 NHKホール
7月12日(木) 宮城 仙台サンプラザホール
7月16日(月) 神奈川 神奈川県民ホール 大ホール
7月18日(水) 福岡 福岡サンパレス
7月20日(金) 大阪 グランキューブ大阪 メインホール
<チケット>
全席指定¥5,800(税込)
一般発売日:5月26日(土)



【関連リンク】
大原櫻子、アルバム『Enjoy』の詳細解禁
大原櫻子まとめ
群馬にて開催の『山人音楽祭2018』にヤバイTシャツ屋さん、THE BACK HORNなど6組が出演決定

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表

群馬にて開催の『山人音楽祭2018』にヤバイTシャツ屋さん、THE BACK HORNなど6組が出演決定
Tue, 22 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月22日(土)23日(日)に群馬・ヤマダグリーンドーム前橋にて初の2DAYSで開催する『山人音楽祭2018』の第3弾出演アーティストを発表! 今回発表となったのは、打首獄門同好会、かりゆし58、THE BACK HORN、HAWAIIAN6、MONOEYES、ヤバイTシャツ屋さんの6組で、出演者の日割も発表となったのでぜひチェックしてほしい。

また、5月22日(火)19:00からはオフィシャル4次先行の受付がスタート。今回より2日券・駐車場付2日券だけでなく、各日の1日券・駐車場付1日券も受付となる。小学生のお子様は、保護者1名の同伴があれば無料で入場可能となっているので、ぜひご家族で参加してみてはいかがだろうか。

■『山人音楽祭2018』

9月22日(土)23日(日)
会場:ヤマダグリーンドーム前橋(群馬県前橋市岩神町1丁目2-1)

<出演>
■9月22日
打首獄門同好会【NEW!】/OVER ARM THROW/キュウソネコカミ/SIX LOUNGE/G-FREAK FACTORY/SHADOWS/四星球/DJダイノジ/teto/NakamuraEmi/THE BACK HORN【NEW!】/HEY-SMITH/My Hair is Bad/MONOEYES【NEW!】/ヤバイTシャツ屋さん【NEW!】/and more…(※五十音順)
■9月23日
韻シスト/音の旅crew/かりゆし58【NEW!】/サンボマスター/G-FREAK FACTORY/SHANK/Dizzy Sunfist/10-FEET/東京スカパラダイスオーケストラ/HAWAIIAN6【NEW!】/FOMARE/mabanua/ROTTENGRAFFTY/ローホー/and more…(※五十音順)

<チケット>
1日券¥8,000(税込)/駐車場付1日券¥9,000(税込)
2日券¥15,000(税込)/駐車場付2日券¥17,000(税込)
※駐車場付チケットは、先行受付のみの取り扱いとなります。

■オフィシャル4次先行
5月22日(火)19:00〜6月20日(水)23:59
受付URL:http://eplus.jp/yamabitoongakusai-hp4/
※今回より2日券・駐車場付2日券だけでなく、各日の1日券・駐車場付1日券も受付いたします。
※小学生のお子様は、保護者1名の同伴があれば無料で入場可能になります。
■一般発売
6月23日(土)10:00〜
・e+:http://eplus.jp
・ローソンチケット:0570-084-003/Lコード 72278
・チケットぴあ:0570-02-9999/Pコード 109-382



【関連リンク】
群馬にて開催の『山人音楽祭2018』にヤバイTシャツ屋さん、THE BACK HORNなど6組が出演決定
ヤバイTシャツ屋さんまとめ
THE BACK HORNまとめ
打首獄門同好会まとめ
かりゆし58まとめ

【関連アーティスト】
ヤバイTシャツ屋さん, THE BACK HORN, 打首獄門同好会, かりゆし58, HAWAIIAN6, MONOEYES
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 出演, チケット

佐野元春、ニューアルバムより「夜に揺れて」MV公開
Tue, 22 May 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

佐野元春が5月23日にリリースするニューアルバム『自由の岸辺』より、「夜に揺れて」のMVを公開した。

同アルバムは、自身の過去楽曲11曲を厳選、編曲に大胆な改変を施し、新たな楽曲として蘇らせたセルフカバーアルバム。MV「夜に揺れて」のオリジナルは、佐野のデビューアルバム『Back To The Street(1980)』に収録された「夜のスウィンガー Night Swinger」のアップデートバージョン。バックバンドは、The Hobo King Bandの古田たかし(dr)、井上富雄(B)、Dr.kyOn(key)、長田 進(G)の4人。キーボードを担当するDr.kyOnは、90年代の伝説的バンド、ボ・ガンボスのメンバーの一人。後に佐野と出会い、ザ・ホーボーキング・バンドに参加。ニューオリンズ・ピアノを得意とする国内屈指の名プレーヤーだ。そして、「夜に揺れて」ではDr.kyOnが弾くピアノを中心に、ニューオーリンズのR&Bのようなセカンドラインのスタイルで演奏されている。歌いあげる佐野元春のボーカルも唯一無二。オリジナルの「「夜のスウィンガー」に耳が慣れたファンにとっては、新鮮な驚きをもって楽しめる曲に蘇った。

豊かなバンド・サウンドと、ビート詩人佐野元春のソング・ライティングを堪能できるニューアルバム『自由の岸辺』はCD、アナログ、配信の3形態で5月23日にリリースされる。

■アルバム『自由の岸辺』特設ページ
http://www.moto.co.jp/La-Costa-Libre/

■【「夜に揺れて」についてコメント】

この曲を書いたのは1975年、当時19歳の頃。
六本木から霞町あたりの街路にて。10代の夜は長かった。

アルバム『自由の岸辺』

2018年5月23日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
¥4,200+税
【通常盤】(CD)
¥3,000+税
<収録曲>(オリジナル収録アルバム/発表年度)
■CD
01.ハッピーエンド  Happy End (スウィート16/1992)
02.僕にできることは Things I Could Do(フルーツ/1996)
03.夜に揺れて Night Swinger (バック・トゥ・ザ・ストリート/1980)
04.メッセージ  The Message (ストーンズ & エッグス/1999)
05.ブルーの見解 Visions Of Blue (ナポレオンフィッシュと泳ぐ日/1989)
06.エンジェル・フライ Angel Fly (ストーンズ & エッグス/1999)
07.ナポレオンフィッシュと泳ぐ日 A Napoleon Fish Day (ナポレオンフィッシュと泳ぐ日/1989)
08.自由の岸辺 La Costa Libre (mf ヴァリアス・アーティスツ Vol.1/1989)
09.最新マシンを手にした子供達 Pop Children With The New Machine (スウィート16/1992)
10.ふたりの理由、その後 The Soul Mate Story (ナポレオンフィッシュと泳ぐ日/1989)
11.グッドタイムス & バッドタイムス Good Times & Bad Times (バック・トゥ・ザ・ストリート/1980)

【アナログ盤】(LP)
¥3,500+税
<収録曲>
■SIDE-A
01.ハッピーエンド
02.僕にできることは
03.夜に揺れて
04.ブルーの見解
05.エンジェル・フライ
■SIDE-B
06.メッセージ
07.自由の岸辺
08.最新マシンを手にした子供達
09.ふたりの理由、その後
10.グッドタイムス&バッドタイムス

◎ iTunes Storeダウンロード/1曲¥250




【関連リンク】
佐野元春、ニューアルバムより「夜に揺れて」MV公開
佐野元春まとめ
美空ひばり、12歳当時の歌唱映像を収録したDVD付きアルバム発売決定

【関連アーティスト】
佐野元春
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表

美空ひばり、12歳当時の歌唱映像を収録したDVD付きアルバム発売決定
Tue, 22 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

美空ひばりの生誕日である5月29日に、CDとDVDの2枚組作品『青空に歌声高く〜ひばりデビューの頃〜』がリリースされることがわかった。

CDにはデビュー曲である「河童ブギウギ」(1949年8月発売)から「銀ブラ娘」(1951年4月発売)までのシングル20曲 を発売順に収録する。DVDには1951年に公開された映画『ひばりのアンコール娘』の歌唱映像が初商品化として収められ、当時12才のひばりのお宝映像をセットにした2枚組で発売。昭和の天才少女歌手の誕生シーンを堪能できる。

アルバム『青空に歌声高く〜ひばりデビューの頃〜』

2018年5月29日発売



【CD+DVD】
COZP-1438〜9/¥3,241+税
<収録曲>
■CD
1.河童ブギウギ
2.悲しき口笛
3.涙の紅バラ
4.私のボーイフレンド
5.青空天使
6.ひばりが唄えば
7.白百合の歌
8.橋のたもとで
9.東京キッド
10.浮世船路
11.裏町パラダイス
12.拳銃ブギー
13.夜霧ふたゝび
14.ちゃっかり節
15.誰か忘れん
16.越後獅子の唄
17.あきれたブギ
18.私は街の子
19.ひばりの花売娘
20.銀ブラ娘
■DVD
映画『ひばりのアンコール娘』(1951年/新東宝)
1.オープニング(ひばりの花売娘)
2.東京ブギ(東京ブギウギ)
3.お掃除の唄(小鳥売の唄)
4.寂しいわたし
5.ひばりのジャングルブギ(ジャングル・ブギー)
6.港シャンソン
7.憧れのハワイ航路
8.星の流れに
9.別れの唄
10.母に捧ぐる唄
11.流れの旅路
12.いきな燕(いきな燕も)
13.長崎シャンソン



【関連リンク】
美空ひばり、12歳当時の歌唱映像を収録したDVD付きアルバム発売決定
美空ひばりまとめ
BABYMETAL、アメリカ音楽フェス『Rock on the Range』2ndステージのヘッドライナーとして登場!

【関連アーティスト】
美空ひばり
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

BABYMETAL、アメリカ音楽フェス『Rock on the Range』2ndステージのヘッドライナーとして登場!
Tue, 22 May 2018 13:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BABYMETALがオハイオ州・コロンバスで現地時間5月20日に開催された『Rock on the Range』に出演し、日本人アーティストとしては初めての2ndステージのトリを務めた。3年ぶりとなる出演に、現地のオーディエンスは大いに盛り上がった。

8日のカンザスシティーから始まったアメリカ南部から中西部をまわる『BABYMETAL WORLD TOUR 2018』では、初めてライブを行う都市も多い中全会場ソールドアウトとなり、のべ1万5千人を超えるオーディエンスを熱狂させた。METAL RESISTANCE 第7章では、ダークサイドの選ばれし7つのメタルの魂“THE CHOSEN SEVEN”をテーマにした内容で、新曲「Distortion」を始めとする複数の新曲の披露や新衣装、さらにはパフォーマンスも一新したライブを見せているBABYMETAL。

『Rock on the Range』では、開演前から会場からはみ出る程の多くのオーディエンスが集まり、3年ぶりにヘッドライナーとして戻ってきたBABYMETALに期待を寄せていた。いよいよライブがスタートし、兜を身につけ杖を操るパフォーマンスの「IN THE NAME OF」そして「Distortion」と新曲を立て続けに披露。「メギツネ」「ギミチョコ!!」「KARATE」と馴染みの楽曲をたたみかけると、クラウドサーフやコールアンドレスポンスも次々と発生し、さらにオーディエンスのテンションがマックスに。堂々としたパフォーマンスを披露し見事にヘッドライナーの役目を果たし、多くのオーディエンスが歓声をあげていた。

6月からはヨーロッパツアーが控えており、また10月には日本公演も決定している。

(c)Amuse Inc. Photo by Calan Beasley

『BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN』

10月23日(火) 幕張メッセイベントホール
10月24日(水) 幕張メッセイベントホール
10月30日(火) 神戸ワールド記念ホール
10月31日(水) 神戸ワールド記念ホール
※その他の詳細は後日発表。



【関連リンク】
BABYMETAL、アメリカ音楽フェス『Rock on the Range』2ndステージのヘッドライナーとして登場!
BABYMETALまとめ
影山ヒロノブ、アニソンカバーアルバム発売記念ライブが大盛況

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

影山ヒロノブ、アニソンカバーアルバム発売記念ライブが大盛況
Tue, 22 May 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

影山ヒロノブが2月14日にリリースしたアニソンカバーアルバム『誰がカバーやねんアニソンショー』の発売記念アコースティックライブが、5月17日(木)に東京・ duo MUSIC EXCHANGEにて開催された。

今回のライブではアルバム収録の楽曲を中心に披露されたが、ゲストアーティストに遠藤正明、きただにひろし、 Stephanieの3名を迎え、ゲストアーティスト歌唱パートでは、それぞれの代表曲である「ForeverFriends」「ウィーゴー!〜Rock-A-Billy-Style〜」「フレンズ」なども披露され華やかなステージとなった。『シティーハンター』でお馴染みの「Get Wild」では、アコギを置いて、キーボードの弾き語りを披露。

本編ラストでは、今回のカバーソングアルバムに選曲したエピソードとして、普段、イベントで共演をすることが多い、 堀江美都子とのエピソードも語り、「グローイング・アップ」を歌い上げた。さらに、アンコールでは、ゲストアーティスト勢ぞろいしての「God knows...」、ラストは影山ヒロノブの代表曲であり、大ヒットソング「CHA-LA-HEAD-CHA-LA」で、客席からの掛け合いも盛り上がっての大盛況となった。アニソン界のレジェンド的存在ともなっているシンガー、影山ヒロノブは今後もさらに、アニソン界を引っ張っていってくれると思える一夜となった。

【セットリスト】
1.草原のマルコ (アニメ『母をたずねて三千里』OP)
2.炎のたからもの (映画『ルパン三世 カリオストロの城』主題歌)
3.裏切りの夕焼け (アニメ『デュラララ!!』OP)/きただにひろし
4.ウィーゴー!〜Rock-A-Billy-Style〜 (アニメ『ONE PIECE』OP)/きただにひろし
5.THE REAL FOLK BLUES (アニメ『カーボーイビバップ』ED)
6.カントリーロード (映画『耳をすませば』挿入歌)/ステファニー
7.フレンズ (アニメ『機動戦士ガンダム 00』ED)/ステファニー
8.君がいる限り (アニメ『キスダム-ENGAGE planet-』ED)/ステファニー
9.葛飾ラプソディー (アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』OP)
10.好敵手 (アニメ『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』挿入歌)
11.薔薇は美しく散る (アニメ『ベルサイユのばら』OP)/遠藤正明
12.Snow halation (アニメ『ラブライブ!』挿入歌)/遠藤正明
13.Forever Friends (アニメ『ストリートファイター』挿入歌)/遠藤正明
14.Get Wild (アニメ『シティーハンター』ED)
15.ルパン三世愛のテーマ (アニメ『ルパン三世』OP)
16.グローイング・アップ (アニメ『私のあしながおじさん』OP)
<アンコール>
EN1,God knouw... (アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』挿入歌)※ゲスト:全員
EN2,CHA-LA HEAD-CHA-LA (アニメ『ドラゴンボール』OP)※ゲスト:全員

アルバム『誰がカバーやねんアニソンショー』

発売中



LACA-35700/¥15,000+税



【関連リンク】
影山ヒロノブ、アニソンカバーアルバム発売記念ライブが大盛況
影山ヒロノブまとめ
遠藤正明まとめ
きただにひろしまとめ
ステファニーまとめ

【関連アーティスト】
影山ヒロノブ, 遠藤正明, きただにひろし, ステファニー
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, アルバム, リリース, セットリスト, ライブレポ

嘘とカメレオン、重大発表ありのLINE LIVE特番決定
Tue, 22 May 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

嘘とカメレオンが、5月25日(金)21時からLINE LIVE特番『Line and a Chameleon〜嘘とカメレオン〜』を配信することが決定した。2018年3月に起こった自動車自損事故により、メジャーデビュー日の延期と当分のライブ出演キャンセルとなった嘘とカメレオン。6月よりライブを再開することを発表しており、番組では今後の活動に対する意気込みなどのトーク他、重大発表を予定している。

嘘とカメレオンは、2018年にキングレコードからメジャーデビューすることが決定しており、メジャーデビューに先駆けて、TOKYO MXテレビアニメ『SNSポリス』オープニング曲「モームはアトリエにて」が各配信サイトにて配信中。

WEBとライブハウスを起爆地点として爆発的に拡散し続ける、今、最注目のロックバンド・嘘とカメレオン。番組中の重大発表に期待が高まる!

LINE LIVE『Line and a Chameleon〜嘘とカメレオン〜』

5月25日(金)21:00〜22:00
https://live.line.me/channels/762/upcoming/8438598

配信シングル「モームはアトリエにて」

配信中



※TOKYO MXにて放送中アニメ『SNSポリス』オープニング曲
<配信先>
Spotify:http://open.spotify.com/album/0qbzlimMt6CLxkm69cEvW5
Apple Music:https://itunes.apple.com/jp/album/id1370725682?l=ja&ls=1&app=music
AWA:https://s.awa.fm/album/9be91a20a3dc8a3e8382?t=1523979079
KKBOX:https://www.kkbox.com/jp/ja/album/UdUBM1xcz1uid0F22LPW009H-index.html
LINE MUSIC:https://music.line.me/launch?target=album&item=mb0000000001637f74&cc=JP
Google Play Music:https://play.google.com/store/music/album?id=B3cr6a4i66luptqqv32fzcb6oke
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/album/id1370725682?l=ja&ls=1&app=itunes
mora:http://mora.jp/package/43000014/NOPA-1748/
レコチョク:http://recochoku.com/k0/NOPA-1748/



【関連リンク】
嘘とカメレオン、重大発表ありのLINE LIVE特番決定
嘘とカメレオンまとめ
ROTTENGRAFFTY、『ロットンの日2018』完全無料招待二次受付開始

【関連アーティスト】
嘘とカメレオン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, 配信

ROTTENGRAFFTY、『ロットンの日2018』完全無料招待二次受付開始
Tue, 22 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ROTTENGRAFFTYが6月10日(日)に開催するワンマンライブ『ロットンの日2018』。2018年のロットンの日は完全招待制のプレミアムなライブイベントとなっており、既に受付は終了しているが、ファンの熱い要望にお答えして、会場スペースの増設が急遽決定した。キャパシティー限界までの入場が可能になったため、無料招待の二次受付を実施することが発表された。

『ロットンの日』は毎年6月10日に行われており、毎回、満員御礼ソールドアウト!チケットの入手が困難を極めるイベントだ。 『ロットンの日2018』は、現在敢行中である対バンツアー『ROTTENGRAFFTY PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018』のスペシャル版としてワンマン公演となり、ライブ内容もツアーとは全く異なるものを予定しているとのこと。

今回の追加予約が『ロットンの日2018』の無料チケットを手にするラストチャンスとなる。イベントの詳しい参加方法はROTTENGRAFFTYのオフィシャルサイトで確認して欲しい。

『ロットンの日2018』

6月10日(日) 京都KBSホール
<チケット>※一般発売無し
無料 ※完全招待制
無料招待2次受付:5月22日(火)12:00〜5月25日(金)23:59
受付URL:http://eplus.jp/610-2nd/ (スマートフォンのみ)
※お申込みは先着順です。予定枚数に達し次第、受付を終了いたします。
※お申込みはお1人様1枚までです。
詳しくはオフィシャルHPへ。

アルバム『PLAY』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1323/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
1.寂寞 -sekibaku-
2.PLAYBACK
3.世界の終わり
4.SHRED
5.Just One More...
6.hereafter
7.「70cm四方の窓辺」
8.Rainy
9.夏休み
10.P.I.L
11.アイオイ
12.So...Start
■DVD
『ロットンの日2017』2017年6月10日京都KBSホール ライブ映像
Opening
切り札
暴イズDE∀D
8
毒学PO.P革新犯
Asian Market Pow
RATMAN
夕映え雨アガレ
生クリーム
e for 20
075 GRAFFITI
GRIND VIBES
ケミカル犬
フロンティアスカンク
610行進曲
かくれんぼ
TIME IS OVER
「70cm四方の窓辺」
盲目の街
金色グラフティー



【通常盤】(CD)
VICL-64948/¥2,800+税
<収録曲>
1.寂寞 -sekibaku-
2.PLAYBACK
3.世界の終わり
4.SHRED
5.Just One More...
6.hereafter
7.「70cm四方の窓辺」
8.Rainy
9.夏休み
10.P.I.L
11.アイオイ
12.So...Start



【関連リンク】
ROTTENGRAFFTY、『ロットンの日2018』完全無料招待二次受付開始
ROTTENGRAFFTY まとめ
HY、2アルバムと配信限定EPリリース&FC限定ライブ開催決定

【関連アーティスト】
ROTTENGRAFFTY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, チケット

HY、2アルバムと配信限定EPリリース&FC限定ライブ開催決定
Tue, 22 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年に迎える結成20周年に向けて“Road to 20thプロジェクト”をスタートさせたHYが、8月22日にセルフカバーベストアルバム『STORY 〜HY BEST〜』をリリースすることを発表した。一般リクエストで収録してほしい楽曲を募集し、その中から上位曲を含む全30曲が収録される。バンドの成長と共に、より深みを増した演奏・歌声でそんな名曲たちを自身初となるセルフカバーレコーディング。これまでHYを支えてきてくれた、たくさんの人たちへの感謝の気持ちとHYの“今”が詰まったベスト盤となる。

また、8月8日にはトリュビュートアルバム『CHANPURU STORY 〜HY tribute〜』がリリースされることも発表された。HYと交流のあるアーティスト達が参加するトリビュート盤。数々の名曲がこの1枚に<チャンプルー>された美味しさ満点のアルバムとなっている。コラボレーションや楽曲のカバー等を通じて、これまでHYとご縁のあったアーティスト達が、それぞれHYの楽曲を1曲ずつセレクトしカバー収録。「AM11:00」「NAO」「Song for…」他、青い海、空、大自然の力をいっぱいに受けて生まれたあの曲、あのラブソングに、新たな息吹が吹き込まれ、楽曲のさらなる魅力を届けてくれる1枚。それぞれの参加アーティストが、どの楽曲になるのかはお楽しみに!

そして、5月23日0時より配信限定EP『あなたへ』がリリースされる。HYの地元・沖縄で放送されている話題のCM曲「あなたへ」をはじめ、沖縄のテレビ番組やCMタイアップ楽曲を収録した4曲入り配信限定EPとなっている。ぜひチェックを!

さらに、ベスト盤のリリース&全国ツアーに向け、いち早くファンクラブ“HUB CLUB”の会員に5人でのライブを届けたいという想いからファンクラブ限定ライブの開催が決定した。活動を休止していた仲宗根泉も7月から復活するとのこと。そして、BESTアルバム“HUB CLUB盤”に収録される、投票結果1位の「ホワイトビーチ」のコーラスレコーディングも行われるので、奮って参加しよう。

■【配信限定EP『あなたへ』 収録曲についてコメント】

■名嘉俊
【M1.あなたへ】「2018年2月からオンエアされた楽曲。卒業と新たな旅立ちに向かうあなたへ贈ります」
■名嘉俊
【M2.PARTY】「夏にぴったり、前向きにさせてくれる楽曲。毎日頑張るあなたへ作りました」
■名嘉俊
【M3.MAX】「ドラマ『闘牛戦士ワイドー』のために書き下ろした楽曲。牛と牛主さんの絆、そして勝ちと負けの裏側にある愛をテーマにパワフルな闘牛のイメージを表現しました」
■仲宗根泉
【M4.Island】「沖縄の風景を感じられる楽曲。この曲は私達の住んでいる大好きな沖縄での大好きな人達を思い書いた曲です。この島の全てに日々、私達はパワーをもらっているので大好きな人が悩んだり落ち込んだりしている時に励ます日常の風景を思い描きながら詩を書きました。沖縄を感じながら聞いてもらえたら嬉しいな」

ファンクラブ限定ライブ『HY PRE STORY TOUR 〜HUB CLUB LIVE〜』

7月11日(水) 大阪JANUS
7月12日(木) 渋谷WWW
7月16日(月) 沖縄 宜野湾ヒューマンステージ
<チケット>
ライブ+レコーディング参加:¥5,000(税込)+ラバーバンド付き ※D代別
※レコーディングのみの参加は無料
受付開始予定:2018年6月1日より
参加資格方法・注意事項はこちら:https://hy-road.net/pages/bestalbum#hyprestorytour

配信限定EP『あなたへ』

2018年5月23日配信開始



<収録曲>
1.あなたへ
2.PARTY
3.MAX
4.Island

■ダウンロードはこちら
レコチョク:http://po.st/sW8kju
iTunes:http://po.st/Zf8PZA

セルフカバーベストアルバム『STORY 〜HY BEST〜』

2018年8月22日発売



【初回限定盤】(2CD+DVD)
UPCH-7441/¥4,500+税
【通常盤】(2CD)
UPCH-2169/70/¥3,500+税
<収録曲>※曲順未定/全30曲
■CD
AM11:00
366日
ホワイトビーチ
NAO
Song for…
革命
旅立ち
ocean
隆福丸
あなた
さあ行こう
Street Story
そこにあるべきではないもの
てがみ
モノクロ
canvas
未来
時をこえ
ガジュマルビート
いちばん近くに
エール (※)
あなたを想う風 (※)
my friend (※)
HAPPY (※)
三月の陽炎 (※)
風になって花になって (※)
スマイル (※)
南風
帰る場所 (※)
Fortune ※仲宗根泉の詩集のみについていた楽曲。HYとしてのレコーディングは初めてとなります。
(※):既にリリースされている音源を収録
■DVD ※初回限定盤のみ
2018年7月開催のファンクラブ会員限定『HY PRE STORY TOUR 〜HUB CLUB LIVE〜』LIVE映像ほか、スペシャルコンテンツを収録。

【スペシャル・プライス盤】(1CD)
UPCH-7442/¥1,800+税
<収録曲> ※曲順未定/全15曲
ホワイトビーチ
AM11:00
Song for・・・
366日
モノクロ
NAO
さあ行こう
トゥータン
隆福丸
あなた
いちばん近くに
エール (※)
帰る場所 (※)
あなたを想う風 (※)
HAPPY  (※)
(※):既にリリースされている音源を収録
■ご予約はこちら:https://store.universal-music.co.jp/artist/hy/

【HUB CLUB盤(ファンクラブ限定 完全予約生産限定)】(2CD+DVD+GOODS)
¥15,000+税
※ファンクラブ会員へのリクエスト投票の結果に基づいた上位30曲を収録のため、「初回限定盤」および「通常盤」の収録楽曲とは一部収録曲が異なります。
「ホワイトビーチ」は皆様のコーラスがMIXされているHUB CLUBだけのプレミアムVer.となります。
<収録曲>※曲順は変更になる可能性がございます。ご了承ください。
■CD
1.ホワイトビーチ (Premium Mix)
2.AM11:00
3.旅立ち
4.隆福丸
5.モノクロ
6.トゥータン
7.三月の陽炎 (※)
8.未来
9.canvas
10.ocean
11.HY?SUMMER
12.Song for…
13.HAPPY (※)
14.てがみ
15.さあ行こう
16.ガジュマルビート
17.NAO
18.Street Story
19.あなた
20.あの町 この街
21.宝物
22.エール (※)
23.ONE
24.涙
25.あなたを想う風 (※)
26.帰る場所 (※)
27.すてきなキッカケ
28.いちばん近くに
29.ハレル (※)
30.366日
(※)・・・既にリリースされている音源を収録
■DVD
(1)『STORY〜HY Best〜』 レコーディングドキュメントムービー
(2)FC限定 LIVE “HY PRE STORY TOUR 〜HUB CLUB LIVE〜"の映像
(3)「ホワイトビーチ」ミュージックビデオ(コーラスREC模様を特別編集)
(4)FCのみ限定「宝物」ストリートLIVE映像
■GOODS
・HUB CLUB限定「ホワイトビーチ」オルゴールBOX
・HUB CLUB限定「HY STORY〜豪華200ページPHOTO BOOK」 (メンバー撮りおろし&メンバー秘蔵写真ALLカラー仕様)
・HUB CLUB限定 SPECIAL“Dictionary”BOX仕様

トリビュートアルバム『CHANPURU STORY 〜HY tribute〜』

2018年8月8日発売



UPCH-2168/¥2,500+税
<参加アーティスト>(五十音順)
・青山テルマ
・WEAVER
・加藤ミリヤ
・上白石萌音
・清水翔太
・BIGMAMA
・MONGOL800
※他、全8〜10曲収録予定



【関連リンク】
HY、2アルバムと配信限定EPリリース&FC限定ライブ開催決定
HYまとめ
クラスメート、ジャケ写&MVを共作してくれるクリエイターを募集

【関連アーティスト】
HY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース, 発売, EP, 配信, 音楽配信

クラスメート、ジャケ写&MVを共作してくれるクリエイターを募集
Tue, 22 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新曲を音楽SNS『nana』の上でユーザーが歌える形で発表するなどユニークな活動を展開し、2018年1月開始のテレビアニメ『銀の墓守』のエンディングテーマとして起用された楽曲「君 君 君」でメジャーデビューした音楽ユニット・クラスメートが、共作エンタメプロジェクトの始動を発表した。

このプロジェクトは、従来のカテゴリを超えた共作ネットワークを目指すクリエイターチーム“コクる”の代表・DJはたけが、初のnana出身メジャーアーティストでもある“クラスメート”とコラボレーションし、ジャケットやMUSIC VIDEOを共作するクリエイターを募集するというもの。第一弾はイラストレーターと動画クリエーターを2018年5月22日から募集する。

■プロジェクト特設サイト
https://classmatetachi.com/special/

■【プロジェクト全体概要】

■第1弾:クラスメートのシングル「ヘタレ」のCDジャケット(イラストレーター)/MusicVideo制作(動画クリエイター)
<募集内容>
クラスメートのニューシングルのジャケット、MUSIC VIDEOを共作するイラストレーター/動画クリエーター
< 応募方法>
・イラストレーター
共作エンタメチーム「コクる」代表 はたけ(@hatakepoyo)の募集ツイート(固定ツイート)に、ハッシュタグ「#へたれ」を付けて、イラストをリプライで送信することでエントリー完了。イラストは楽曲「ヘタレ」のジャケットイメージ、もしくはクラスメート3人のプロフィールイラストのいずれか。
・動画クリエーター
共作エンタメチーム「コクる」代表 はたけ(@hatakepoyo)の募集ツイート(固定ツイート)に、ハッシュタグ「#へたれ」を付けて、自作動画と今回のMUSIC VIDEOのコンセプト案をリプライで送信することでエントリー完了。
<応募締切>
2018年6月30日 23:59
<賞金>
イラストレーター:ジェケットとしての使用料5万円
動画クリエイター:制作費10万円
※詳細は別途規程による

■第2弾:オーディオドラマ
※詳細後日発表



【関連リンク】
クラスメート、ジャケ写&MVを共作してくれるクリエイターを募集
クラスメートまとめ
[ALEXANDROS]、6Kカメラで撮影した新曲「KABUTO」MV公開

【関連アーティスト】
クラスメート
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, シングル

[ALEXANDROS]、6Kカメラで撮影した新曲「KABUTO」MV公開
Tue, 22 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

[ALEXANDROS]が5月23日に発売する2018年第1弾シングル「KABUTO」のミュージックビデオを公開した。今回完成したMVのコンセプトについてフカツマサカズ監督はクールでかっこよく、そして今までに見たことのない映像を目指したとのことで、全編6Kカメラで収録し、映像を一部逆再生させ、上下左右360度自在のカメラアングルで無重量感を演出するなど、さまざまな撮影技法を用い、メンバーのクールな演奏シーンが全編を彩る映像となっており、あたまから最後まで目が離せないMVとなっている。

「KABUTO」のカップリングには、東京メトロ『Find my Tokyo.』CMソングで、詩人、小説家として人気の最果タヒを作詞に迎え、小林武史編曲の、[ALEXANDROS]初めてとなるコラボレーションで生まれた楽曲「ハナウタ」、国際工科専門職大学(2019年4月開学 認可申請中)TVCMソングで、自分を信じ進むという彼ららしいメッセージが込められた「Follow Me」が収録され、話題のタイアップ満載の計3曲すべて新曲となっている。

2018年夏には、大作映画『BLEACH』の主題歌・挿入歌を担当することも先日発表され、さらに盛り上がること必須の[ALEXANDROS]。2018年はドロスイヤーと宣言しているとおり、ロックモード全開の[ALEXANDROS]からますます目が離せない!

シングル「KABUTO」

2018年5月23日発売



【初回限定盤】(CD+フォトブック)
UPCH-7414/¥1,800+税
※スリーブケース仕様
<収録曲>
1.KABUTO
2.ハナウタ/ [ALEXANDROS]×最果タヒ
3.Follow Me



【通常盤】(CD)
UPCH-5941/¥1,200+税
<収録曲>
1.KABUTO
2.ハナウタ/ [ALEXANDROS]×最果タヒ
3.Follow Me



【関連リンク】
[ALEXANDROS]、6Kカメラで撮影した新曲「KABUTO」MV公開
[ALEXANDROS]まとめ
B\'z、約2年半ぶりのアルバムツアー『LIVE DINOSAUR』を映像化

【関連アーティスト】
[ALEXANDROS]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表

B\'z、約2年半ぶりのアルバムツアー『LIVE DINOSAUR』を映像化
Tue, 22 May 2018 12:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー30周年のアニバーサリーイヤーに突入した2017年に通算20作目のアルバム『DINOSAUR』を発表したB’z。同作を提げて開催した、約2年半ぶりのアルバムツアー『B\'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』がDVDとBlu-rayで7月4日にリリースされることが決定した。

全国8ヶ所18公演を行なった同ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演の模様を全曲完全収録した今作は、B\'zが30年間貫き続けてきたハードロックバンドとしての在り方を身をもってしらしめるステージングと、LIVE-GYMならではのエンターテイメントがシンクロして生まれる、唯一無二のライブの醍醐味が封じ込められた必見の作品。

また、7月7日から全国開催の大規模なB\'zのベスト選曲ツアー『B\'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』に向けて、今作でしか手に入れられない“オリジナル・ペットボトルカバー”が初回出荷生産分のみに封入されることも決定している。限定グッズとなる真夏のツアーのマストアイテムをぜひゲットしよう!

DVD & Blu-ray『B\'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』

2018年7月4日発売



【Blu-ray】
BMXV-5033/¥6,800(税込)
【DVD】
BMBV-5033〜5034/¥6,800(税込)
※初回出荷生産分のみ:「B\'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- “オリジナル・ペットボトルカバー”」封入
<収録曲>
1.声明
2.CHAMP
3.孤独のRunaway
4.ハルカ
5.ルーフトップ
6.FIREBALL
7.MOTEL
8.赤い河
9.SKYROCKET
10.それでもやっぱり
11.愛しき幽霊
12.弱い男
13.Purple Pink Orange
14.イチブトゼンブ
15.DIVE
16.Dinosaur
17.King Of The Street
18.フキアレナサイ
19.Still Alive
20.ultra soul
21.BANZAI

ツアー『B\'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』

7月07日(土) 沖縄コンベンションセンター
7月08日(日) 沖縄コンベンションセンター
7月14日(土) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
7月15日(日) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
7月21日(土) 静岡 エコパアリーナ
7月22日(日) 静岡 エコパアリーナ
7月28日(土) 広島グリーンアリーナ
7月29日(日) 広島グリーンアリーナ
8月04日(土) 日産スタジアム
8月05日(日) 日産スタジアム
8月11日(土) 愛媛県武道館
8月12日(日) 愛媛県武道館
8月22日(水) 札幌ドーム
8月28日(火) 長野ビッグハット
9月01日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム
9月02日(日) 福岡 ヤフオク!ドーム
9月06日(木) 豊田スタジアム
9月08日(土) 豊田スタジアム
9月09日(日) 豊田スタジアム
9月15日(土) ヤンマースタジアム長居
9月16日(日) ヤンマースタジアム長居
9月21日(金) 味の素スタジアム
9月22日(土) 味の素スタジアム



【関連リンク】
B\'z、約2年半ぶりのアルバムツアー『LIVE DINOSAUR』を映像化
B\'zまとめ
Backstreet Boys、5年ぶりとなる新曲のMVを解禁

【関連アーティスト】
B\'z
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売

Backstreet Boys、5年ぶりとなる新曲のMVを解禁
Tue, 22 May 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成25周年を迎えたBackstreet Boysが、5年ぶりとなる新曲「Don\'t Go Breaking My Heart|ドント・ゴー・ブレイキング・マイ・ハート」をリリースし、アメリカのiTunesで総合1位、日本でも同ポップ・チャートで最高1位を記録するヒットを打ち立てた。

結成20周年の2013年にリリースしたアルバム『イン・ア・ワールド・ライク・ディス』以来となる「ドント・ゴー・ブレイキング・マイ・ハート」は、スチュアート・クライトン(セレーナ・ゴメス/カイリー・ミノーグ/カイゴ他)、ステファン・ラベル(アフロジャック/カイゴ/ケシャ他)、ジェイミー・ハートマン(クリスティーナ・アギレラ他)、リッチ+トーン(ダンサー/振付師/MVディレクター)の共作による情熱的なラブソング。メンバーのケヴィンは“この曲を聴いた瞬間に「これはスペシャルだ」って思ったよ。サビもメロディも歌詞も好きなんだ。とにかく繰り返し聴いてほしいな”とコメントしている。

作詞作曲のクレジットにも名を連ねているリッチ+トーンは、数々の世界的トップ・アーティストとの仕事や共演等で知られる2人組。日本でも公開となった同曲のMVはこのリッチ+トーンが手がけており、久々のダンス・トラックであること、そして全編ダンス・パフォーマンスで構成されているのも、2009年リリースのアルバム『ディス・イズ・アス』からのシングル「ストレート・スルー・マイ・ハート」以来8年ぶり。オリジナルメンバー5人揃ってMVでダンス・パフォーマンスをみせるのは、1998年リリースの大ヒット・アルバム『ミレニアム』からの代表曲「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」以来のことだ。

2013年に約7年グループを離れていたケヴィンが復帰して、オリジナルメンバー5人での活動を再スタート。同年にアルバムリリースとともに7都市11公演という大規模なジャパンツアーを大成功させたBackstreet Boys。2017年からはラスヴェガスでのレジデンシー公演も定期化させ、今年も7〜8月、10〜11月に開催することも決定している。20年以上にわたる輝かしいヒストリー、そして今なお現在から未来へと続くグループであり続ける彼らの2018年に、一段と期待が高まっていくだろう。

シングル「ドント・ゴー・ブレイキング・マイ・ハート」

2018年5月17日より配信開始



■「ドント・ゴー・ブレイキング・マイ・ハート」試聴/購入ページ https://SonyMusicJapan.lnk.to/BSB_DGBMH



【関連リンク】
Backstreet Boys、5年ぶりとなる新曲のMVを解禁
Backstreet Boysまとめ

【関連アーティスト】
Backstreet Boys
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, リリース, 配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1