歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
筋肉少女帯、メジャーデビュー30周年記念商品10タイトル11種の詳細解禁!
Fri, 18 May 2018 22:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

筋肉少女帯のメジャーデビュー30周年記念商品10タイトル11種が、デビュー記念日前日の6月20日(水)に一挙発売となる。その記念商品の詳細と、Blu-ray&DVD『筋少シングル盤大戦対SP映像大戦』のアートワークが解禁となった。

『筋少シングル盤大戦対SP映像大戦』は、これまでリリースしてきたシングル曲のみを演奏したライブの映像商品。Blu-rayとDVDで発売になるがジャケット写真はそれぞれ異なるアートワークになっている。ボーナス映像として、レア映像集「筋少動画01」と2013年以降のミュージックビデオ6曲を追加収録するが、ライブ映像『筋少シングル盤大戦!』(2017年5月20日 LIQUIDROOM公演より)には、デビューからの30周年をメンバーが振り返り語る、「大槻ケンヂ&内田雄一郎 編」「橘高文彦&本城聡章 編」の2種類のオーディオコメンタリーを収録。また「筋少動画01」には今回新たにメンバー全員によるオーディオコメンタリーを収録する。貴重なレア映像と共に語られる当時のエピソードは必聴!

さらに、徳間ジャパンリリースのアルバム4タイトルがアナログ盤として、全国のタワーレコード店頭及びタワーレコードオンラインで限定発売される。メンバー全員が音質にこだわり抜いた全タイトル2枚組でのリリースだ。

また、ユニバーサルから再発となるメンバー監修によるデジタルリマスター盤のボーナストラックも決定! 6月21日(木)に開催される『筋肉少女帯デビュー30周年記念日スーパースペシャル・突入!』は既にチケットソールドアウトをしているが、追加で立ち見席の販売が始まっているのでぜひ足を運んでほしい。これから始まる筋少のメジャーデビュー30周年イヤーは既に楽しみが目白押しだが、まだまだこれから何が起こるのか期待が高まる。

Blu-ray&DVD『筋少シングル盤大戦対SP映像大戦』

2018年6月20日(水)発売



【Blu-ray】(1Blu-ray)
TKXA-1128/¥8,900(税込)
<収録曲>
■『筋少シングル盤大戦!』2017年5月20日 LIQUIDROOM公演より
1. 暴いておやりよドルバッキー
2. 君よ!俺で変われ
3. 混ぜるな危険
4. 小さな恋のメロディ
5. 僕の歌を総て君にやる
6. 人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)
7. バトル野郎〜100万人の兄貴〜
8. 元祖高木ブー伝説
9. 氷の世界
10. 蜘蛛の糸
11. トゥルー・ロマンス
12. ツアーファイナル
13. タチムカウ -狂い咲く人間の証明-
14. サボテンとバントライン
15. 221B戦記
16. 香菜、頭をよくしてあげよう
17. 仲直りのテーマ
18. 釈迦
※オーディオコメンタリー[大槻ケンヂ&内田雄一郎 編]
※オーディオコメンタリー[橘高文彦&本城聡章 編]
2種収録

<特典映像(ボーナス映像)>
■貴重レア映像集「筋少動画01」2012年 結成三十周年記念グッズDVDより
※内田雄一郎監督による、\'90年代レア映像満載の筋少ヒストリー作品
※メンバー全員によるオーディオコメンタリー収録
■MUSIC VIDEO 6曲収録
・中2病の神ドロシー 〜筋肉少女帯メジャーデビュー25th記念曲 (2013年)
・ゾロ目 (2014年)
・混ぜるな危険 (2015年)
・週替わりの奇跡の神話 (2016年)
・人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲) (2016年)
・エニグマ (2017年)



【DVD】(2DVD)
DVDTKBA-1254/¥7,900(税込)
※Blu-rayと同一内容 
※ジャケット表1は異なるデザイン

【メジャーデビュー30周年記念アイテム10タイトル11種】

<その1>
Blu-ray&DVD『筋少シングル盤大戦対SP映像大戦』
【Blu-ray】(1Blu-ray)
TKXA-1128/¥8,900(税込)
【DVD】(2DVD)
DVDTKBA-1254/¥7,900(税込)

<その2>筋肉少女帯アナログ盤リリースアイテム
2018年6月20日(水)発売
筋肉少女帯、メジャーデビュー30周年を記念して徳間ジャパンリリースのアルバム4タイトルがアナログ盤として、全国のタワーレコード店頭及びタワーレコードオンラインでの限定発売が決定!!メンバー全員が音質にこだわり抜いた全タイトル、2枚組でのリリース!
■「公式セルフカバーベスト 4半世紀」<2枚組>全13曲収録
(オリジナル盤2013.5.29発売)TJJA-10004/¥5,800(税込)
■「THE SHOW MUST GO ON」<2枚組>全13曲収録
(オリジナル盤2014.10.8発売)TJJA-10005/¥5,800(税込)
■「おまけのいちにち(闘いの日々)」<2枚組>全13曲収録
(オリジナル盤2015.10.7発売)TJJA-10006/¥5,800(税込)
■「Future!」<2枚組>全11曲収録
(オリジナル盤2017.10.25発売)TJJA-10007/¥5,800円(税込)

<その3>再発アイテム(ユニバーサルより発売)
20186月20日(水)発売
1994年から1997年に発売されたアルバム4タイトルが
【メンバー監修による2018年デジタルリマスター】【SHM-CD仕様】
【ボーナストラック(未発表DEMO音源など)収録】のデラックス・エディションにて再発!
■「レティクル座妄想+6」
UPCY-7522/¥2,200(税込)
(オリジナル盤1994年4月21日発売)
1. レティクル座行超特急
2. 蜘蛛の糸
3. ハッピーアイスクリーム
4. 香菜、頭をよくしてあげよう
5. さらば桃子
6. ノゾミ・カナエ・タマエ
7. 愛のためいき
8. ワダチ
9. ノゾミのなくならない世界
10. パリ・恋の都
11. レティクル座の花園
12. 飼い犬が手を噛むので
ボーナス・トラック
13. ノゾミ・カナエ・タマエ (Pre-production)
14. レティクル座の花園 (Pre-production)
15. ハッピーアイスクリーム (Uchida\'s Demo)
16. 香菜、頭をよくしてあげよう (Honjo\'s Demo)
17. さらば桃子 (Kitsutaka\'s Demo)
18. 蜘蛛の糸 (Pre-production)

■「ステーシーの美術+6」
UPCY-7523/¥2,200(税込)
(オリジナル盤1996年3月23日発売)
1. FIST OF FURY
2. 銀輪部隊
3. おもちゃやめぐり
4. トゥルー・ロマンス
5. 再殺部隊
6. 星座の名前は言えるかい
7. リテイク
8. モコモコボンボン
9. 小犬にしてあげる
10. 鉄道少年の憩
11. FIST OF FURY〜再生〜
ボーナス・トラック
12. 銀輪部隊 (Pre-production )
13. 子犬にしてあげる (Pre-production,Uchida Vo.)
14. 再殺部隊 (Pre-production,Kitsutaka Vo.)
15. ステーシーの青空 【リルカの葬列】 (Demo)
16. 未完成曲タイトル不明 (Demo)
17. 星座の名前は言えるかい (Pre-production)

■「キラキラと輝くもの+6」
UPCY-7524/¥2,200(税込)
(オリジナル盤1996年12月9日発売)
1. 冬の風鈴〜序文
2. 小さな恋のメロディ
3. 機械
4. 僕の歌を総て君にやる
5. サーチライト
6. そして人生は続く
7. ザジ,あんまり殺しちゃダメだよ
8. ベティー・ブルーって呼んでよね
9. お散歩モコちゃん
10. 冬の風鈴
ボーナス・トラック
11. 小さな恋のメロディ (Kitsutaka\'s Demo)
12. 機械 (Honjo\'s Demo) [MONAURAL]
13. 僕の歌を総て君にやる (Kitsutaka\'s Demo)
14. サーチライト (Honjo\'s Demo)
15. ザジ、あんまり殺しちゃダメだよ (Honjo\'s Demo)
16. 冬の風鈴 (Otsuki\'s Demo)

■「最後の聖戦+8」
UPCY-7525/¥2,200(税込)
(オリジナル盤1997年10月15日発売)
1. カーネーション・リインカネーション
2. トキハナツ
3. 境目のない世界
4. お散歩ネコちゃん若き二人の恋結ぶ
5. 哀愁のこたつみかん
6. 友と学校
7. 221B戦記
8. タチムカウ -狂い咲く人間の証明-
9. 青ヒゲの兄弟の店
10. 山と渓谷
11. ペテン
ボーナス・トラック
12. カーネーション・リインカネーション (Honjo\'s Demo)
13. 山と渓谷 (Uchida\'s Demo)
14. 哀愁のこたつみかん (Pre-production)
15. 青ヒゲの兄弟の店 (Pre-production,Kitsutaka Vo.)
16. ペテン (Honjo\'s Demo)
17. 境目のない世界 (Kitsutaka\'s Demo)
18. 旅の友 (Uchida\'s Demo)
19. 人間のブルース 【人間のバラード】 (Otsuki\'s Demo)

<その4>
マーキュリー・ミュージックエンタテインメントから1,997年にVHS 2巻組で発売されていた
『最期の聖戦ツアー…その後は養蜂と読書の日々 at 赤坂BLITZ \'97 12.18』(約90分)と
PV-clips(約30分)が初DVD化!
■「science fiction double feature〜筋肉少女帯 Live & PV-clips〜」
UPBY-5069/¥4,500(税込)
(オリジナル1998年3月発売 VHS)

『筋肉少女帯デビュー30周年記念日スーパースペシャル・突入!』

6月21日(木) 東京・Zepp DiverCity TOKYO



【関連リンク】
筋肉少女帯、メジャーデビュー30周年記念商品10タイトル11種の詳細解禁!
筋肉少女帯まとめ
BLACK M!LK、1stアルバム『THE LOCK』ジャケ写解禁

【関連アーティスト】
筋肉少女帯
【ジャンル】
ニュース

BLACK M!LK、1stアルバム『THE LOCK』ジャケ写解禁
Fri, 18 May 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月13日(水)にアルバム『THE LOCK』をリリースするBLACK M!LKが、同作のジャケット写真を公開! “BLACK”ならではの甘くない、ソリッドなデザインに仕上がっている。合せてオフィシャルHPでは封入トレーディングカードのサンプル写真も公開されたので、気になる人はぜひチェックしてほしい。

今作のパフォーマンスを観ることができる、大阪・東京にて開催のZeppツアー『RED SIGNAL BATTLE 東阪 in W BLACK』のチケットは、現在ローソンチケット独占先行を受付中。また、M!LKとして5月19日(土)に、千葉県・幕張メッセで開催される『Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER』への出演が決定している。

アルバム『THE LOCK』

2018年6月13日発売



<収録曲>
1.More
2.MUKATSUKI
3.HYBRID
4.Don’t look back
5.Bye Bye
6.Charge

※11種類のトレーディングカードの内1枚ランダム封入

『RED SIGNAL BATTLE 東阪 in W BLACK』

6月24日(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
6月30日(土) 東京・Zepp DiverCity TOKYO
■1部 開場 12:00/開演 13:00
■2部 開場 15:30/開演 16:30
<チケット>
1F全自由¥3,000(税込)
2F全指定¥3,500(税込)
■ローソンチケット独占先行プレリクエスト受付中!http://l-tike.com/black-milk


■ 公式ホームページ :
■ M!LK公式ブログ : https://lineblog.me/sd_milk/
■ M!LK公式Twitter : https://twitter.com/milk_info



【関連リンク】
BLACK M!LK、1stアルバム『THE LOCK』ジャケ写解禁
BLACK M!LKまとめ
THE ORAL CIGARETTES、ニューアルバム『Kisses and Kills』全曲トレーラー公開

【関連アーティスト】
BLACK M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, アルバム, リリース

THE ORAL CIGARETTES、ニューアルバム『Kisses and Kills』全曲トレーラー公開
Fri, 18 May 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE ORAL CIGARETTESが、6月13日にリリースするニューアルバム『Kisses and Kills』の全曲トレーラーを公開した。映画『亜人』の主題歌「BLACK MEMORY」やシングル「トナリアウ/ONE\'S AGAIN」を含む全10曲を収録した今作だが、先日ミュージックビデオが公開された「容姿端麗な嘘」を含む新曲6曲の一部を本トレーラーにて、いち早く聴くことができる。

アリーナ4公演を含む全国ワンマンツアー『Kisses and Kills Tour 2018-2019 A/W』の開催を発表し、いよいよアルバムリリースを控えた彼らの今後の動向に注目したい。

アルバム『Kisses and Kills』

2018年6月13日発売



【初回盤】(CD+DVD)
AZZS-77/¥3,500(税抜)
【通常盤】(CD)
AZCS-1070/¥2,800(税抜)
※初回プレス限定封入特典:BKW!!カード(Kisses and Kills ver.)(初回盤・通常盤共通)
<収録曲>
■CD
01.もういいかい?
02.BLACK MEMORY (映画「亜人」主題歌)
03.PSYCHOPATH
04.Ladies and Gentlemen
05.What you want
06.トナリアウ(TVアニメ「サクラダリセット」EDテーマ)
07.リブロックアート
08.容姿端麗な嘘
09.ONE\'S AGAIN
10.ReI
■DVD ※初回盤のみ
『唇ワンマンライブ 2018 WINTER「Diver In the BLACK Tour〜ReI of Lights〜』2018年2月15日大阪城ホール ライブ映像
・カンタンナコト
・N.I.R.A
・マナーモード
・接触
・Flower
・大魔王参上
・BLACK MEMORY
・起死回生STORY
・ReI
『ReI project Docementary Movie』
・2017年の全国ツアーから始まったReI projectの未公開ドキュメンタリームービー、メンバーインタビューを収録

全国ワンマンツアー『Kisses and Kills Tour 2018-2019 A/W』

■Live House series 〜Directly to various places〜
9月18日(火) 東京・Zepp Tokyo
9月20日(木) 名古屋・Zepp Nagoya
9月21日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
10月07日(日) 広島・BLUE LIVE広島
10月09日(火) 京都・ KBSホール
10月11日(木) 新潟・LOTS
10月13日(土) 富山・クロスランドおやべ
10月18日(木) 宮城・仙台GIGS
10月20日(土) 北海道・Zepp Sapporo
10月23日(火) 秋田・Club SWINDLE
10月27日(土) 鳥取・米子コンベンションセンター BiG SHiP
10月29日(月) 熊本・B.9 V1
10月31日(水) 山口・周南 RISING HALL
11月01日(木) 香川・高松 festhalle
11月03日(土) 愛媛・松山市総合コミュニティセンター

■Arena Series〜Directly in a wide place〜
12月08日(土) 愛知・日本ガイシホール
1月26日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
2月11日(月・祝) 福岡国際センター
3月17日(日) 神奈川・横浜アリーナ



【関連リンク】
THE ORAL CIGARETTES、ニューアルバム『Kisses and Kills』全曲トレーラー公開
THE ORAL CIGARETTESまとめ
SILENT SIREN、シングルリリース発表&東名阪3都市でワンマン決定

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム, 発表, ツアー, ワンマン

SILENT SIREN、シングルリリース発表&東名阪3都市でワンマン決定
Fri, 18 May 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在、2017年末にリリースされたアルバム『GIRLS POWER』を引っさげた全国ライブハウスワンマンツアー『天下一品presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』で全国を駆け巡っているSILENT SIRENが、7月11日(水)にニューシングル「19 summer note.」をリリースすることを発表! 

今作の表題曲である「19 summer note.」は、19歳の淡く切ない一夏の思い出を書きつづった新曲。 カップリングには既に先行配信中でMVが話題となっている「天下一品のテーマ」が収録されるほか、初回限定盤、ファンクラブ限定盤にはボーナストラックとして現在ツアー中のホットなライブ音源「Kaleidoscope」と「ODOREmotion」が収録される。

また、SILENT SIRENは音源に対してもこだわりを持って制作しており、“作品をじっくり聴き込んだ上でライブを楽しんでもらいたい”という意向から、ライブチケットと通常盤CDがセットになったチケットバンドル盤も同時にリリースされる。形態は、<初回限定盤(CD+DVD)><通常盤(CD)><ファンクラブ限定盤(CD+DVD+ブックレット+ポスター)><チケットバンドル盤(CD+「SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ」チケット)>の合計4形態だ。

「19 summer note.」についてSILENT SIRENは、“これからのSILENT SIRENの夏の定番曲になる「19 summer note.」この曲を音源を聴くだけでなく、ぜひみんなにライブに見に来てもらって、みんなで盛り上がって夏の思い出を作りたいです!”とコメントしている。それぞれ仕様や収録曲が異なるが、ファンならずともチェックをオススメしたい。さらに、6月10日(日)23:59までに予約をすると早期予約特典としてオリジナルうちわがプレゼントされる。

そして、今作リリースを記念した東名阪ワンマンライブ『SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ』の開催も発表! このワンマンライブは、昼の部“101編”と夜の部“19編”の2部制となっている。

なお、全国ツアー『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』は、自身最多となる33公演で、ファイナル公演の7月13日(金)14(日)東京・豊洲PIT 2DAYS、7月28日(土)沖縄・桜坂セントラルでの追加公演まで続き、ツアー終了後も9月にかけて夏のスペシャルワンマンライブ、夏フェス『ROCK IN JAPAN Fes』『福岡NUMBER SHOT』、『サイサイフェス2018』、野外イベント『風とロック芋煮会2018』と出演イベントが盛り沢山となっている。この夏はSILENT SIRENで一夏の思い出を作ろう!

■【コメント】

<楽曲「19 summer note.」に対して>
■すぅ(Vo&Gu)
「大人でも子供でもない19歳という特別な年齢の頃に経験したときのような甘酸っぱくて儚い、夏ソングです。戻らない時間だったり一瞬すぎる夏を疾走感あるサウンドで盛り上がる曲にしました。エモくなりながらみんなで歌いたいです」
■ゆかるん(Key)
「サイサイの新しい夏曲!!最高の季節だけど一瞬で過ぎてしまう夏の物語。ただ盛り上がれるだけじゃない、エモさもあってちょっと切なくなる!今のサイサイの夏曲です!」
■あいにゃん(Ba)
「今回のシングルを初めて聴いた時、これがサイサイの今年の夏曲だって思いました。演奏面では各々がアレンジを考えて今までで1番メンバーやクボくんと話し合って作りました。ライブ感もより増したサイサイの新たな夏の定番曲になりました!」

<楽曲「天下一品のテーマ」に対して>
■ひな(Dr)
「わたしがアルバイトを3年間していた大好きな天下一品の曲を作ることができてとっても嬉しく思います!天下一品を知らなくても、サイサイを知らなくてもノリノリで楽しくなっちゃうライブチューンです!そしてこってりが恋しくなる曲です!みんなでLet\'sこってり!」

シングル「19 summer note.」

2018年7月11日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89377/¥1,800+税
※DVD:「19 summer note.」MV&「天下一品のテーマ」MV&メイキング
【通常盤】(CD)
UPCH-80494/¥1,000+税
【ファンクラブ限定盤】(CD+DVD+19 summer ZINE.(20P)+オリジナル・ピンナップポスター (約B3サイズ))
PDCN-5908/¥2,778+税
※DVD:「3131女子キャンプ」
※ファンクラブ限定盤注文締め切り:6月12日(火)23:59
【チケットバンドル盤(CD+ライブチケット)】
¥3,500+税
※東名阪ライブチケット:『SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ〜101編&19編〜』
<収録曲>
■CD
1.19 summer note.
2.天下一品のテーマ
Bonus Track.
3.Kaleidoscope(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
4.ODOREmotion」(ライブ音源 from 『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』)
※Bonus Track2曲は初回限定盤とファンクラブ限定盤のみに収録予定

◎CD購入者対象特典
<早期予約特典>
オリジナルうちわ(全3種類、ランダム配布)
対象期間:5月18日(金)〜6月10日(日)23:59
※一部お取扱いの無い店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)
※絵柄は後日発表。
<ショップ購入特典>
告知ポスター(B2サイズ※728mm×515mm)
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)

東名阪ワンマンライブ『SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ』

〜101編〜
8月25日(土) 東京・品川ステラボール
8月26日(日) 大阪・BIGCAT
8月28日(火) 愛知・名古屋ボトムライン
〜19編〜
8月25日(土) 東京・品川ステラボール
8月26日(日) 大阪・BIGCAT
8月28日(火) 愛知・名古屋ボトムライン
<チケット>
¥3,780(税込)
■サイサイファミリープレミアム会員先行(抽選):5月18日(金) 18:00〜5月27日(日)23:59
受付URL:http://silent-siren.com/

全国ツアー『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』

5月24日(木) 函館club COCOA
5月26日(土) 札幌ペニーレーン24
5月27日(日) 帯広MEGA STONE
6月01日(金) HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心
6月02日(土) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮
6月09日(土) 盛岡Club Change WAVE
6月10日(日) 山形Session
6月12日(火) Zepp Nagoya
6月16日(土) 広島CLUB QUATTRO
6月17日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
7月01日(日) Zepp Osaka Bayside
7月13日(金) 豊洲PIT
7月14日(土) 豊洲PIT
7月28日(土) 沖縄桜坂セントラル



【関連リンク】
SILENT SIREN、シングルリリース発表&東名阪3都市でワンマン決定
SILENT SIRENまとめ
LACCO TOWER、ニューアルバム『若葉ノ頃』発売&5月18日21時よりライブ配信決定

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ガールズバンド, シングル, 発表, リリース, 発売, ツアー

LACCO TOWER、ニューアルバム『若葉ノ頃』発売&5月18日21時よりライブ配信決定
Fri, 18 May 2018 20:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LACCO TOWERの4thアルバム『若葉ノ頃』が8月22日にリリースされることが発表になった。すでに地元群馬では、アルバムに収録される「若葉」(FM GUNMA高校野球中継テーマソング)、「最果」(ユネスコ・世界の記憶「上野三碑」CMソング)、「雨後晴」(2018ザスパクサツ群馬公式応援ソング)、「愛情」(群馬テレビ「ニュースeye8」エンディングテーマ曲)の4曲のタイアップがすでに決まっている。アルバム発売に伴い、記念イベントとしてアコースティックミニLIVE&サイン会が、東京・名古屋・大阪・福岡・高崎にて行われることも決定!

また、今作のリリースツアーとして9月に行われる全国ホールツアー『「若葉ノ頃」発売記念ホールツアー2018 「五人囃子の新時代」』のオフィシャル先行が、5月18日20時より受付スタート。急遽、同日21時よりメンバー全員出演にてTwitterライブ配信が決定したので、こちらもお見逃しなく!!

■Twitterライブ配信情報
5月18日(金)21:00 ※メンバー全員出演
配信アカウント:https://twitter.com/LACCO_TOWER

■【松川ケイスケ(Vo)コメント】

「前作「遥」をリリースした際、LACCO TOWERのアルバムのアプローチとしては新たな境地へ旅だった気持ちがあり、胸には希望と少しの緊張が溢れておりました。前作が新たなLACCO TOWERの旅立ちなら、今作は成長期。未来に旅立つ為の土壌に生まれた新芽は、今まさに"若葉の頃"を迎え、確信と情熱を持ち淡い緑を放ちます。今このタイミングでしか感じる事の出来ない「蒼さ」と「儚さ」が詰まった、LACCO TOWERの『若葉ノ頃』を感じて頂ければ幸いです」

アルバム『若葉ノ頃』

2018年8月22日発売



COCP-40471/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.若葉(わかば)
02.蜜柑(みかん)
03.雨後晴(あめのちはれ)(Album Mix)
04.薄荷飴(はっかあめ)
05.最果(さいはて)
06.狂喜乱舞(きょうきらんぶ)
07.愛情(あいじょう)
08.切手(きって)
09.非英雄(ひえいゆう)
10.花束(はなたば)

【アルバム『若葉ノ頃』発売記念イベント「アコースティックミニLIVE&サイン会」 】

8月22日(水) タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース 20:00〜
8月25日(土) タワーレコード梅田NU茶屋町店6Fイベントスペース 13:00〜
8月25日(土) タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース 19:00〜
8月26日(日) タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース 14:00〜
9月01日(土) 高崎オーパ2F ペデストリアンデッキ 14:00〜

『「若葉ノ頃」発売記念ホールツアー2018 「五人囃子の新時代」』

9月08日(土) 群馬・高崎市文化会館
9月16日(日) 愛知・名古屋市芸術創造センター
9月17日(月・祝) 大阪・サンケイホールブリーゼ
9月24日(月・祝) 東京・昭和女子大学人見記念講堂
<チケット>
一般:¥5,400(税込)/中高生:¥3,240(税込)/小学生:¥1,080(税込)
■オフィシャル先行(先着):5月18日(金)20:00〜5月20日(日)23:59
受付URL:http://eplus.jp/laccotower/
■ツアー特設サイト:http://laccotower.com/5ninbayashi/



【関連リンク】
LACCO TOWER、ニューアルバム『若葉ノ頃』発売&5月18日21時よりライブ配信決定
LACCO TOWERまとめ
高橋洋子、シングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」ジャケ写公開

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, 配信, ツアー, チケット

高橋洋子、シングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」ジャケ写公開
Fri, 18 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月20日に発売になる高橋洋子のダブルA面マキシシングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」の新規描き下ろしジャケットが公開となった。ジャケットは新世紀エヴァンゲリオン当時から関わり続ける摩 砂 雪氏が描き下ろしを担当し、今回公開されたジャケットに描かれている初号機には、新世紀エヴァンゲリオンで登場した使徒が散りばめられた、渾身のジャケットとなっている。また、今作に合わせて、「残酷な天使のテーゼ」の新作ミュージックビデオの制作も決定した。HD ver.として鋭意制作中なのでお楽しみに!

さらに、マキシシングル発売を記念して、『エヴァンゲリオン ワールドツアー』の開催が決定した。フランス・香港など世界各国のイベントでライブパフォーマンスを披露する。ワールドツアーの皮切りは<東京・池袋>EVANGELION STORE TOKYO-01もあるP\'PARCOのB2F、ニコニコ本社イベントスペースにて、ミニライブを開催。当日は、ミニライブ後にEVANGELION STORE TOKYO-01での“1時間店長就任”も実施するとのことだ。

(c)カラー/Project Eva.

■【イベント情報】

6月30 日(土)  P\' PARCO B2F ニコニコ本社イベントスペース
<時間>
開場13:00/開演14:00
<内容>
・ライブ/トーク/お楽しみゲーム(予定)
・摩 砂 雪監督による「残酷な天使のテーゼ」の新作ミュージックビデオ(HDver.)の上映(予定)
・ご来場特典として、応援グッズプレゼント!
<参加方法>※抽選に当選された方のみご参加いただけます
・抽選応募用紙配布期間:6月1日(金)11:00〜6月24日(日)21:00 ※店舗の営業時間内の受付です
・抽選応募用紙配布場所:EVANGELION STORE TOKYO-01 (営業時間:11:00 〜 21:00)
【抽選応募用紙配布方法】
EVANGELION STORE TOKYO-01 にて、シングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン(高橋洋子)」を含む、お買い上げ金額合計3,000 円(税込)以上ご購入いただいたお客様へ<抽選応募用紙>をお渡しいたします。
※必ず申込期間内に、記載されているQR コード・URL にて、お申込みを完了させてください。
※発売日以前にご予約される方は全額お支払いただきます。
※なお、CDのお渡しは6月20日以降となります。(6月30日(土)までのお引き取りをお願いします)
※レシートの合算は、当日のみ承ります。
・抽選応募申込期間:6月1日(金)11:00〜6月24日(日)23:59
・当選発表日時:6月27日(水)夕方頃

※詳しくはこちら:http://www.evastore2.jp/news/2018/05/entry_1417/

シングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」

2018年6月20日発売



KICM-3340/?1,000+税
<収録曲>
1:残酷な天使のテーゼ
2:魂のルフラン
3:残酷な天使のテーゼ off vocal ver.
4:魂のルフランoff vocal ver.



【関連リンク】
高橋洋子、シングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」ジャケ写公開
高橋洋子まとめ
後進に大きな影響を与えたアリス・クーパーの『キラー』

【関連アーティスト】
高橋洋子
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シングル, 発表, ツアー

後進に大きな影響を与えたアリス・クーパーの『キラー』
Fri, 18 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今の時代、アリス・クーパーとかグラムロックに興味がある人がいるのかどうかは分からないが、70年代前半には確かにグラムロックのムーブメントは存在した。ほんの数年ではあるけれど…。T・レックスやデビッド・ボウイのようなビッグネームをはじめ、ゲイリー・グリッター、ニューヨーク・ドールズ、モット・ザ・フープル、ロキシー・ミュージックら、当時の若者たち(特に中高生女子)は夢中になっていたものだ。

そんな中でアリス・クーパーは無駄に派手だった。おっさんのくせに芸名は女性の名前だし、ニシキヘビを首に巻いて登場してみたり、LP盤を包むナイロン袋の代わりに紙パンティを使ったりするなど、スキャンダルっぽさを売りにする商売の匂いをプンプンさせていた。だから、硬派のロックファンはアリス・クーパーなど聴かなかった。でも、それは残念なことであり、聴かない者は確実に損をしている。彼が71年から73年にワーナーからリリースした『キラー』『スクールズ・アウト』『ビリオン・ダラー・ベイビーズ』の3枚はどれもロック史上に残る名盤だ。今回は彼の名前が世界に知れ渡った4枚目となる名作『キラー』(全米21位、全英27位)を取り上げる。

■決してジャンルではないグラムロック

70年代初頭、マーク・ボラン、デビッド・ボウイ、ニューヨーク・ドールズ、ゲイリー・グリッターなど、派手なメイクを施し、未来的なファッションに身を包むアーティストたちが続々と登場する。なぜか彼らはバイセクシュアルな雰囲気を漂わせ、グラマラスであったことから、いつしかグラムロックとかグリッターロックと呼ばれるようになる。ただし、それはこれまであったハードロックやフォークロックなどのような、音楽的なジャンルではない。あくまでもアーティストの外見から決められた呼び方である。音楽性はアーティストによってまったく異なっており、共通項があるとすれば知的退廃感のような雰囲気だけである。

70年代初頭と言えば、ロックが生まれて15年ほどが経過し、その喧騒も落ち着きを見せ始めていた。高度成長の社会から自然を大切にするようなライフスタイルへと移り変わり、ポピュラー音楽の世界でもサイケデリックロックやハードロックなどのスーパースター的存在から、キャロル・キング、ジェームス・テイラーなどに代表されるどこにでもいる一般人的存在のシンガーソングライター・サウンドが迎えられるようになった頃である。

■パンクロックと似た アンチテーゼとしてのグラムロック

そんな時に突如現れたのが、大袈裟で派手でまったく生活に密着しないグラムロックというムーブメントであった。これは70年代半ばに起こったAOR系ロックとパンクロックが対立する関係とよく似た構図である。いつの時代にもある主流と傍流の関係なのだが、グラムロックのムーブメントがもたらした最大の貢献はLGBT的な思考を世界に認識させたことかもしれない。

グラムロックの本場はイギリスである。T・レックス、デビッド・ボウイ、ロキシー・ミュージック、スレイド、ゲイリー・グリッターなど、グラムロックを代表するアーティストたちはほとんどがイギリスで活動しているが、例外と言えるのが今回紹介するアメリカ人のアリス・クーパーだ。

■アリス・クーパーという男

アリス・クーパーは1948年にアリゾナ州で生まれ、65年には(17歳)レコードデビューしている。68年にはロスに移り、偉大なフランク・ザッパの主宰するストレートレコードと契約するチャンスを得て、2枚のアルバムをリリースするものの不発に終わっている。そして、後にキッス、ジェネシス、ハノイ・ロックス、ピンク・フロイドなどを手がける名プロデューサーのボブ・エズリンと出会い、彼の才能は開花する。ストレートレコードからの3作目『エイティーン(原題:Love It To Death)』(‘70)がワーナーブラザーズの配給を受けて、全米トップ・40に食い込むヒットとなったのである。クーパーは3作目のヒットとボブ・エズリンの尽力によって、新たにワーナーブラザーズと契約することになる。

■本作『キラー』について

1971年、ワーナー移籍後に初めてリリースされたクーパーの4枚目のアルバムが本作『キラー』である。ここにはキッス、エアロスミスといったキャッチーなサウンドを持つハードロックグループの原型が収められているし、テレヴィジョン、セックス・ピストルズなどのパンクロックグループが得意とするシンプルでハードなロックンロールのひな型とも呼べるサウンドも収められている。

音作りとしてはザ・ローリング・ストーンズやブラックサバスなど、イギリスのグループをお手本にしている湿り気のあるナンバーが多いが、乾いたアメリカンハードロックのナンバーもある。クーパー独特のヴォーカルのドライブ感とバックの演奏の巧みさは素晴らしく、何より70年代中期にデビューするアメリカンハードロックのグループだけでなく、パンクロックグループにも大きな影響を与えているのがクーパーのすごさだろう。

収録曲は全部で8曲。冒頭の「俺の回転花火(原題:Under My Wheels)」「ビー・マイ・ラヴァー」の2曲はハードロックのテイストを持つシンプルなロックンロールで、キャッチーなメロディーがパワーポップ的。次の「ヘイロー・オブ・フライ」はアルバム最長の曲で8分強におよぶ。キング・クリムゾンあたりにインスパイアされたエキゾチックなナンバーだ。「無法者(原題:Desperado)」はクーパーの友人であったドアーズのジム・モリソンのことを歌っているのだが、モリソンが亡くなったのは本作のレコーディング中である。

LP時代はB面に当たる5曲目「勇気づけて(原題:You Drive Me Nervous)」と6曲目「イエー・イエー・イエー」は、「俺の回転花火」「ビー・マイ・ラヴァー」と同じテイストの軽快なロックンロールナンバーで、ビートルズの影響を感じさせる部分もある。大作「デッド・ベイビーズ」はブラックサバス風の陰鬱な雰囲気を持つ児童虐待のことをモチーフにしたナンバー。赤ちゃんの声がコラージュされており、アルバム中最も凝ったアレンジになっている。
タイトル曲の7分にも及ぶ「キラー」はインスト面に重点をおいたナンバーで、プログレの要素を持つ演劇的かつ幻想的な仕上がりだ。なお、本作にはジョニー・ウインターのバックやソロ活動でも知られる著名なギタープレーヤー、リック・デリンジャーが2曲にゲスト参加している。

今回、本作を改めて通して聴いてみて、やはり良いアルバムであることを再確認した。普通アメリカのグループは、ブルース、カントリー、フォークなど、どこかにルーツが出てしまうことが多いが、クーパーに関してはそれがない。純粋にロックをルーツに持ち登場してきたロッカーなのである。70歳となった現在も、クーパーはまだまだ精力的に音楽活動を続けており、昨年には通算27枚目となるアルバム『パラノーマル〜超常現象の館〜(原題:Paranormal)』をリリースしている。

TEXT:河崎直人

アルバム『Killer』

1971年発表作品



<収録曲>
1. 俺の回転花火/Under My Wheels
2. ビー・マイ・ラヴァー/Be My Lover
3. ヘイロー・オブ・フライ/Halo of Flies
4. 無法者/Desperado
5. 勇気づけて/You Drive Me Nervous
6. イエー・イエー・イエー/Yeah, Yeah, Yeah
7. デッド・ベイビーズ/Dead Babies
8. キラー/Killer



【関連リンク】
後進に大きな影響を与えたアリス・クーパーの『キラー』
Alice Cooperまとめ
杏沙子、メジャーデビュー決定! ミニアルバムより「天気雨の中の私たち」先行配信

【関連アーティスト】
Alice Cooper
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

杏沙子、メジャーデビュー決定! ミニアルバムより「天気雨の中の私たち」先行配信
Fri, 18 May 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー前に発表した3作品のミュージックビデオのYouTube総再生回数が470万回を超え、音楽投稿アプリnanaの2017年歌い手再生数ランキング第1位を獲得。デビュー前より、その群を抜いたポップセンスと衒(てら)いのないチャーミングな歌声で注目を浴び、デビューが待ち望まれていた次世代女性シンガー・杏沙子が、ビクターエンタテインメントよりメジャーデビューすることが決定した。

7月11日に発売となるデビューミニアルバム『花火の魔法』は、デビュー前よりライブで演奏され、既にファンの間で人気曲となっている本アルバムリード曲「花火の魔法」や「流れ星」、メジャーデビューするにあたり再レコーディングした「マイダーリン」など、本人作詞作曲のポップセンスの冴える弾けた楽曲たちに加え、新進気鋭の作家による書き下ろし楽曲「天気雨の中の私たち」「クラゲになった日の話」の2曲を加えた全5曲を収録。ポップスの王道を走り抜けていくシンガーとしてのスタートに相応しい、バラエティに富んだ充実のミニアルバムに仕上がっている。

そして、7月のCDリリースに先駆け、5月18日より、ミニアルバム『花火の魔法』から収録曲「天気雨の中の私たち」の先行配信もスタート! 先行配信される「天気雨の中の私たち」は、憂鬱な雨を吹き飛ばすような軽快なサウンドに、伸びやかな杏沙子の歌声が心地良い、まさに初夏にピッタリな楽曲となっているので、いち早くチェックしてほしい。さらに、iTunes Storeにてミニアルバム『花火の魔法』を予約すると、特典としてデジタルセルフライナーノーツをプレゼント! 本人手書きの楽曲解説に、ミニアルバムのブックレットに収録しきれなかった未公開フォトを追加した充実のライナーノーツとなっている。

また、5月18日20時からビクターエンタテインメントLINE LIVEチャンネルにて、特別番組『お邪魔します、初めまして杏沙子(あさこ)です』に生出演することも決定した。スペシャルゲストにYouTubeを中心に活動するマルチクリエイターのコバソロを迎え、デビューが決定した心境や、自身の音楽のルーツ、今後の活動について自ら語る予定だ。

さらに、9月にはデビューアルバムを引提げての東阪ワンマンライブの開催も決定している。9月2日に大阪・心斎橋Music Club JANUS公演、9月15日に自身初となる会場、渋谷TSUTAYA O-EASTにて東京公演が開催される。2018年、最も活躍が期待されるシンガー杏沙子の描く懐かしくも新しいポップスの世界を、ぜひライブでも体感してほしい。

先行配信「天気雨の中の私たち」

配信中



■配信先一覧 https://jvcmusic.lnk.to/tenkiame

ミニアルバム『花火の魔法』

2018年7月11日発売



VICL-65025/¥1,600+税
※初回生産分のみデジパック仕様
※東阪ワンマンライブのアルバム購入者先行案内封入
<収録曲>
■CD
1.天気雨の中の私たち
2.マイダーリン (re-recording)
3.クラゲになった日の話
4.流れ星
5.花火の魔法

<配信予約特典>
iTunes Storeにてミニアルバム『花火の魔法』をご予約いただいた方全員に、杏沙子本人がブックレットに収録しきれなかった未公開フォトを含む、杏沙子の魅力満載のデジタルセルフライナーノーツをプレゼント。
■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1378529377?app=itunes&ls=1
<対象>杏沙子デビューミニアルバム「花火の魔法」をご予約いただいた方
<内容>ミニアルバム『花火の魔法』デジタルセルフライナーノーツをプレゼント

LINE LIVE『お邪魔します、初めまして杏沙子(あさこ)です』

5月18日(金)20:00〜
出演:杏沙子 スペシャルゲスト:コバソロ
視聴URL:https://live.line.me/channels/520/upcoming/8329139

【ワンマンライブ情報】

9月02日(日) 大阪・心斎橋Music Club JANUS  
9月15日(土) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
<チケット>
前売¥4,320(税込)/当日¥4,860 (税込) ※D代別



【関連リンク】
杏沙子、メジャーデビュー決定! ミニアルバムより「天気雨の中の私たち」先行配信
杏沙子まとめ
Saucy Dog、ミニアルバム『サラダデイズ』のトレーラー映像公開

【関連アーティスト】
杏沙子
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ミニアルバム, 配信, ワンマン

Saucy Dog、ミニアルバム『サラダデイズ』のトレーラー映像公開
Fri, 18 May 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Saucy Dogが5月23日にリリースするミニアルバム『サラダデイズ』のトレイラー映像が公開された。映像には各地パワープレイを獲得した「真昼の月」のMV映像をはじめ、アーティスト写真撮影のオフショットや、アルバムのジャケット画像の車をペイントするドキュメンタリー映像で構成されており、全7曲をワンコーラスずつ聴くことができる。

なお、Saucy Dogは10月に『ワンダフルツアー 2018』を開催を発表しており、自身最大キャパとなる恵比寿LIQUIDROOM公演より全国15箇所を回る。本ツアーのチケット販売は、ミニアルバム『サラダデイズ』の初回プレス分に封入される先行販売から実施されるので、CDをゲットした方はこちらも要チェックだ。

また、収録曲「真昼の月」のOther MV企画「大切な人へ想いを伝えよう」キャンペーンも開催中! 母からもらった愛を綴った今作品をきっかけに、視聴者の皆さんにも“大切な人想いを伝えてもらおう”という視聴者参加型企画で、応募方法は、自分の大切な人へ向けて書いた手書きのメッセージを写真に撮ってTwitterにアップし、ハッシュタグ“#サウシー真昼の月MV企画”をつけて投稿するというもの。応募期間は5月25日までなので是非とも参加して頂きたい。詳しくはSaucy Dog オフィシャルHPへ。

ミニアルバム『サラダデイズ』

2018年5月23日発売



MASHAR-1006/¥1,667+税
<収録曲>
■CD
1.真昼の月
2.あとの話
3.曇りのち
4.コンタクトケース
5.メトロノウム
6.世界の果て
7.バンドワゴンに乗って

全国ツアー『ワンダフルツアー2018』

10月01日(月) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
10月02日(火) 群馬・高崎FLEEZ
10月04日(木) 新潟・新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
10月05日(金) 長野・松本ALECX
10月12日(金) 京都・京都MUSE
10月13日(土) 兵庫・神戸VARIT.
10月14日(日) 静岡・静岡UMBER
10月17日(水) 宮城・仙台MACANA
10月18日(木) 福島・郡山#9
10月22日(月) 香川・高松DIME
10月23日(火) 岡山・岡山IMAGE
10月25日(木) 広島・広島セカンド・クラッチ
10月26日(金) 福岡・福岡BEAT STATION
10月28日(日) 熊本・熊本Django
10月29日(月) 山口・周南LIVE rise



【関連リンク】
Saucy Dog、ミニアルバム『サラダデイズ』のトレーラー映像公開
Saucy Dogまとめ
RADWIMPS、アジアツアー決定&シングル「カタルシスト」トレーラー映像公開

【関連アーティスト】
Saucy Dog
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム, 発表, ツアー, チケット

RADWIMPS、アジアツアー決定&シングル「カタルシスト」トレーラー映像公開
Fri, 18 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年にアジア6都市を巡り、大きな反響があったRADWIMPS。圧倒的なライブパフォーマンスを見たファンからの熱いラブコールを受け、前回よりもさらに大きな規模で、約1年ぶりのアジアツアーが決定! 今回は前回の6都市に加え、初めて北京と成都でも公演を行ない、アジア8都市、延べ4万人動員、バンド史上最大規模の海外ツアーとなる。

また6月6日(水)に発売になるRADWIMPSのニューシングル「カタルシスト」の最新バンドビジュアル、通常盤ジャケットも公開となった。ジャケットの美しく煌めく透明な滴が意味するものは、汗なのか雨なのか、それとも涙なのか。勝敗を競うためだけでなく、生きる喜びや他者との共鳴、夢、祈り、すべてを包みこむ“スポーツ”というテーマを表現したRADWIMPSの新曲に期待が集まる。同曲は、2018フジテレビ系サッカーテーマ曲に決定しており、6月に開幕を控えている『FIFAワールドカップロシア大会』のフジテレビ系の関連番組で使用される。

日本では、6月にライブツアー『Road to Catharsis Tour 2018』を開催。初上陸となる三重県での公演からスタートし、1ヶ月間という短期間の中でアリーナ会場6箇所11公演をめぐる濃密なツアーを予定している。ニューシングル、ライブスケジュールの詳細はオフィシャルHPをチェック!

■【野田洋次郎(Vo&Gu)コメント】

「この度、フジテレビ系サッカー中継のテーマソングを作らせて頂きました。最初にお話を頂いた時、そういえば『スポーツ』というテーマで曲を作ったことがなかったなと漠然と思い、イメージを膨らませていきました。学生時代ずっと音楽と部活をがむしゃらにやっていたものとして、スポーツの感動に日々刺激を受けるものとして絶対この曲を形にしたいと思い、是非やらせてくださいとお受けしました。あらゆる境界線をとり払い人々を一つに繋いでくれるサッカーという競技と、この曲が一緒に皆さんのもとに届いたら幸せに思います。そして大会でどんな歴史的瞬間が生まれるのか、今から楽しみでなりません」

■『RADWIMPS Asia Live Tour 2018』

7月11日(水) 上海・メルセデスベンツアリーナ
7月14日(土) 北京・キャデラックアリーナ
7月21日(土) 成都・四川省体育館
8月05日(日) 韓国・Yes24 Live Hall
8月11日(土) 台北・新荘体育館
8月13日(月) シンガポール・Zepp@BIGBOX Singapore
8月15日(水) 香港・STAR HALL
8月18日(土) バンコク・BCC HALL, Central Ladpro
※公演詳細はオフィシャルHPへ

シングル「カタルシスト」

2018年6月6日発売



【完全生産限定盤】(CD+GOODS 特殊仕様)
UPCH-89375/¥2,593+税
※RADWIMPSオリジナルバンダナ(53×53センチ)附属
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-80489/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.カタルシスト
2.HINOMARU

全国ツアー『Road to Catharsis Tour 2018』

6月01日(金) 三重・三重県営サンアリーナ
6月06日(水) 愛知・名古屋 日本ガイシホール
6月07日(木) 愛知・名古屋 日本ガイシホール
6月12日(火) 福岡・マリンメッセ福岡
6月13日(水) 福岡・マリンメッセ福岡
6月16日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月17日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月19日(火) 神奈川・横浜アリーナ
6月20日(水) 神奈川・横浜アリーナ
6月26日(火) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
6月27日(水) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
※公演詳細はオフィシャルHPへ。



【関連リンク】
RADWIMPS、アジアツアー決定&シングル「カタルシスト」トレーラー映像公開
RADWIMPSまとめ
V6、ダンスを前面に押し出した「KEEP GOING」MV公開

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, トレーラー, シングル, 発表, ツアー

V6、ダンスを前面に押し出した「KEEP GOING」MV公開
Fri, 18 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月30日に発売となるV6の49枚目のシングル「Crazy Rays/KEEP GOING」に収録される「KEEP GOING」のMVが公開された。この曲は☆Taku Takahashi(m-flo)が詞曲を担当し、サウンドメイクで多様なリズムが刻まれ、高揚感のある楽曲となっている。

WOWOWのスペインサッカーのイメージソングとなった「KEEP GOING」は、スタジアムを思わせる効果音や音処理が散りばめられてる。歌詞もまさにサッカーの世界観が踏襲されていて、ピッチ上のせめぎ合いが舞台に。サッカー用語も使用された構成で、“人生における、あらゆるミッションを困難を克服していこう。何度でも立ち上がり挑戦を続けていこう。”といった普遍的なメッセージが綴られている。

MVは大人クールなスタイリッシュな世界観の中で、“踊るV6”に拘った作品となった。メンバーのワンショットでは様々な表情を切り取ったり、見せ場であるダンスシーンではフォーメーションを含めダンススキルの高さが分かる映像となっている。技術を必要とした繊細な振り付けで、サビでメンバーが一列になり前に進んでくる振付は“キャメルウォーク”というその名の通りまさに“camel=らくだ”が歩く姿のようなステップ。難易度の高いものになっているので、こちらも注目だ。今作は、両A面の2曲共がダンス曲となっているV6。攻め続ける彼らの作品から目が離せない。

シングル「Crazy Rays/KEEP GOING」

2018年5月30日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
AVCD-94059/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.Crazy Rays
2.KEEP GOING
■DVD
1.Crazy Rays 【Music Video】
2.KEEP GOING 【Dance Video】
3.「Crazy Rays」「KEEP GOING」MV Making & Jacket Shooting Making

【初回盤B】(CD+DVD)
AVCD-94060/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.Crazy Rays
2.KEEP GOING
■DVD
1.KEEP GOING 【Music Video】
2.V6人狼バトル〜V狼〜

【通常盤】(CD)
AVCD-94061/¥1,200円+税
<収録曲>
■CD
1.Crazy Rays
2.KEEP GOING
3.意味のないドライブ
4.TL
5.Crazy Rays (オリジナル・カラオケ)
6.KEEP GOING (オリジナル・カラオケ)
7.意味のないドライブ (オリジナル・カラオケ)
8.TL (オリジナル・カラオケ)



【関連リンク】
V6、ダンスを前面に押し出した「KEEP GOING」MV公開
V6まとめ
aiko、アルバム『湿った夏の始まり』の全貌を公開

【関連アーティスト】
V6
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表

aiko、アルバム『湿った夏の始まり』の全貌を公開
Fri, 18 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

aikoが6月6日(水)にリリースする13thアルバム『湿った夏の始まり』の全収録楽曲を公開した。ニューアルバムには、前作アルバム『May Dream』以降にリリースされた「恋をしたのは」「予告」「ストロー」の3枚のシングル表題曲に加え、「ハナガサイタ」「ドライブモード」「宇宙で息をして」など、aikoらしいタイトルに溢れた新曲10曲を含めた全13曲の収録となる。それぞれどんな楽曲に仕上がっているのか楽しみに待ちたい。

また、白い衣装を身に包み、aikoが明るい光に照らされた新しいアーティスト写真、さらに初回限定生産盤のビジュアルが仕様された先着購入特典ポスターも公開! 先着購入特典ポスターは一部取り扱いのないCDショップ、WEBショップもあるので、事前に確認の上、早めに予約をしておこう。

先日、全27都市45公演を巡るホールツアー『Love Like Pop vol.20』の前半公演分(6月8日川崎公演〜9月13日NHK公演)のチケットが一般発売となったが、即日完売。後半公演分のチケットは8月19日に一般発売となるため、こちらもお見逃しなく。

アルバム『湿った夏の始まり』

2018年6月6日発売



【初回限定仕様】
PCCA.15013/¥2,913+税
<収録曲>
■CD
1.格好いいな
2.ハナガサイタ
3.ストロー
4.あなたは
5.恋をしたのは
6.ドライブモード
7.愛は勝手
8.夜空綺麗
9.予告
10.あたしのせい
11.うん。
12.宇宙で息をして
13.だから

◎特典
・初回限定仕様盤:カラートレイ&初回限定ブックレット
・先着購入特典:ポスター(B2サイズ)
・CDショップにて購入いただきますと先着でポスター(B2サイズ)をプレゼント!
※全国のCDショップ(タワーレコード、TSUTAYA、HMV、新星堂他)、WEBショップ(amazon 他)対象です。
詳しくはお近くのCDショップに直接お問い合わせください。
※特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※一部取り扱いのないCDショップ・WEBショップもございます。各CDショップ・WEBショップの告知をご確認ください。



【通常仕様ジャケット】

全国ツアー『aiko Live Tour 「Love Like Pop vol.20」』

6月08日(金) 神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター
6月15日(金) 栃木・宇都宮市文化会館
6月16日(土) 栃木・宇都宮市文化会館
6月23日(土) 東京・NHKホール
6月24日(日) 東京・NHKホール
6月28日(木) 岡山・倉敷市民会館
6月30日(土) 鳥取・米子コンベンションセンター
7月06日(金) 静岡・アクトシティ浜松大ホール
7月08日(日) 三重・三重県文化会館大ホール
7月16日(月・祝) 大阪・大阪フェスティバルホール
7月17日(火) 大阪・大阪フェスティバルホール
7月20日(金) 京都・ロームシアター京都
7月28日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月29日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
8月06日(月) 北海道・札幌ニトリ文化ホール
8月07日(火) 北海道・札幌ニトリ文化ホール
8月11日(土・祝) 広島・広島上野学園ホール
8月12日(日) 広島・広島上野学園ホール
8月18日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
8月19日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
9月02日(日) 長野・長野ホクト文化ホール
9月07日(金) 新潟・新潟県民会館
9月12日(水) 東京・NHKホール
9月13日(木) 東京・NHKホール
9月18日(火) 埼玉・大宮ソニックシティ
9月23日(日・祝) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
9月24日(月・休) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
9月28日(金) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
9月30日(日) 長崎・長崎ブリックホール
10月02日(火) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
10月07日(日) 沖縄・沖縄コンベンション劇場
10月12日(金) 徳島・鳴門市文化会館
10月14日(日) 香川・レグザムホール(香川県民ホール)
10月20日(土) 滋賀・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
10月22日(月) 兵庫・神戸国際会館
10月28日(日) 山形・やまぎんホール(山形県県民会館)
10月30日(火) 青森・八戸市公会堂 大ホール
11月02日(金) 大阪・大阪フェスティバルホール
11月03日(土・祝) 大阪・大阪フェスティバルホール
11月17日(土) 東京・NHKホール
11月18日(日) 東京・NHKホール
11月29日(木) 東京・NHKホール
11月30日(金) 東京・NHKホール
12月08日(土) 大阪フェスティバルホール
12月09日(日) 大阪フェスティバルホール
<チケット>
¥6,800(税込)
※公演日によって開場/開演時間が異なりますのでご注意ください。
※開場/開演時間は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※小学生以上はチケットが必要です。未就学児は入場できません。
・第二弾の一般発売
8月19日(日)AM10:00〜(詳細は後日発表)
■詳しくは https://aiko.com/live/



【関連リンク】
aiko、アルバム『湿った夏の始まり』の全貌を公開
aikoまとめ
majiko、新曲「ひび割れた世界」がドラマ『限界団地』の主題歌に決定

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

majiko、新曲「ひび割れた世界」がドラマ『限界団地』の主題歌に決定
Fri, 18 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東海テレビ・フジテレビ系で6月2日(土)からスタートする、オトナの土ドラ『限界団地』の主題歌がmajikoの新曲「ひび割れた世界」に決定した。

主題歌に選ばれたmajikoは遠山圭介プロデューサーからのドラマ中での意味合いや楽曲イメージを元に、4月から作曲家の小倉しんこう氏と楽曲制作を開始。楽曲のアウトラインが出来た段階で、佐野史郎さんと対面。受け取ったイメージを元に急ピッチで楽曲を制作し、ドラマの世界観を集約した楽曲「ひび割れた世界」が完成したという。佐野史郎さん演じる“孫娘のためにはどんな犠牲も厭わない、狂気をはらんだ老人”である寺内誠司の姿とシンクロしながらも、厳しい現実世界の中で大切なものを守ろうとする美しく切ない主人公の心情が歌われた曲となっている。

また、ドラマの主役である佐野史郎、majiko、番組プロデューサー・遠山圭介よりコメントが届いているので、ぜひチェックしてほしい。新曲「ひび割れた世界」は7月4日にCD発売、配信は6月15日よりスタートするのでお楽しみに!

■【コメント】

■佐野史郎
「majikoさんの歌声を聴いて、一気に時間を飛び越え10代の頃に夢中になって音楽を聴いてた頃に身体を持っていかれた。平成生まれの若き女性シンガーの中にも、かけがえのない声の持ち主は、決して少なくないだろうけれど、majikoさんは他の人の作った詞や音を、まるで空気を吸い、ご飯を食べるように身体に摂り入れ、自分の血肉としてしまうように感じる。ドラマ「限界団地」の主題歌のために書き下ろされた「ひび割れた世界」も、あっという間に飲み込んでしまった。歌詞の中の「君」は聴く人全ての「君」となり、ドラマを観る人たち全ての「君」となるだろう。その「君」とは、この世界を受け止めるすべての「我」の身体のことだと思い知らされ、歌の破片はその身体を突き刺すだろう。だから、majikoさんは、その傷口を癒すために、この歌を歌い続けるだろう。僕も、この歌と共に、「限界団地」という名の今を生きぬかねばならない」

■majiko
「オトナの土ドラ、わたしは『火の粉』から好きで観ていたのですが、自分が今回そのオトナの土ドラの最新作、『限界団地』の主題歌を歌わせてもらえるなんて、本当に嬉しかったです。脚本を読ませて頂き、狂気と愛、そしてそれに一貫してある自分の正義を貫く心。今回わたしが歌わせて頂いた、「ひび割れた世界」という曲は、まさしくその正義を貫くための愛と狂気の矛先、“君”のための歌であり歌詞であると思っております。ありったけの感情と心を込めて歌わせて頂きました。この曲が、今作品である『限界団地』に激しく、そして優しく寄り添えるものでありますようにと、心から願っております」

■プロデューサー・遠山圭介
「オトナの土ドラ「限界団地」は、老朽化や住人の高齢化など歴史の節目を迎えている団地を舞台にした心理サスペンスです。“限界”という言葉を使っている通り、ドラマの中の世界は、少しのきっかけで事態が大きく揺らいでしまうような、どことなく張りつめた空気が漂っています。その独特な緊張感ある世界に、majikoさんの歌声がマッチすると考えました。majikoさんの歌声からは「静と動」「陰と陽」のような、両極端に振幅するような危うさを感じ、それこそが彼女の最大の魅力だと感じています。佐野史郎さん演じる主人公・寺内誠司は、「純粋と狂気」という矛盾した感情を秘めていますが、まさに寺内とmajikoさんは共通した魅力を持つ2人です。狙い通り、完成した楽曲も我々が求めていた世界観で、佐野史郎さん演じる寺内誠司とmajikoさんの秘めた感情がうまく絡み合った、素敵な楽曲に仕上がっております。梅雨時の土曜の夜を盛り上げるドラマ主題歌として、世代も性別も超えた2人の“奇妙な共鳴”をお楽しみいただければと思います」

シングル「ひび割れた世界」

2018年7月4日発売



UICZ-5098/¥1,200+税
※仕様:スリーブケース仕様
<収録曲>
■CD
1.ひび割れた世界
2.パラノイア
3.エスケイパー
※購入はこちら:https://lnk.to/majiko

【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】
PDCT-5002/¥3,000+税
※仕様:スリーブケース仕様(初回生産分限定)
<UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤特典>
・majiko「ひび割れた世界」クリアファイル(A4サイズ) Illustration:Kate Baylay
・majikoポストカード Photo Manipulator:ISAMYU
・majikoロゴステッカー(5枚入り)
他、「団地にまつわるグッズ」あり※詳細は後日発表
<収録曲>
■CD
1.ひび割れた世界
2.パラノイア
3.エスケイパー
※購入はこちら:https://lnk.to/majiko

フジテレビ系新“オトナの土ドラ”『限界団地』

6月02日放送開始/毎週土曜日23:40〜24:35
出演:佐野史郎/足立梨花/迫田孝也/山崎樹範
主題歌:majiko「ひび割れた世界」
■『限界団地』オフィシャルHP http://tokai-tv.com/genkaidanchi/



【関連リンク】
majiko、新曲「ひび割れた世界」がドラマ『限界団地』の主題歌に決定
majikoまとめ
ゲスの極み乙女。がニューアルバム『好きなら問わない』をリリース決定

【関連アーティスト】
majiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, TVドラマ, 主題歌

ゲスの極み乙女。がニューアルバム『好きなら問わない』をリリース決定
Fri, 18 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲスの極み乙女。が、前作アルバム『達磨林檎』より約1年3ヶ月ぶりとなる4thアルバム『好きなら問わない』を8月29日(水)に発売することが分かった。1月にリリースされたシングル「戦ってしまうよ」、そのカップリング曲である「イメージセンリャク」、先日配信を開始したばかりの新曲「もう切ないとは言わせない」を含む、全11曲を収録予定。

さらに、3月25日に東京・豊洲PITにて行われた『MTV Unplugged: Gesu no Kiwami Otome.』のライブ映像も初回限定盤のDVDに収録されることが決定! アコースティック編成で行われた当日のスペシャルなライブの模様が楽しめる豪華版となっている。CD収録曲に関しては後日発表とのことなので、楽しみに待っていてほしい。

様々なプロジェクトでその才能を遺憾なく発揮している川谷絵音(Vo&Gu)が、ゲスの極み乙女。の新たなアルバムでどのような曲を世に届けるのか、今作に期待が高まる。6月22日にはNHKホールでのワンマンライブも決定しており、結成6周年を迎え、アルバムでさらに進化した姿を見せてくれるはずだ。

アルバム 『好きなら問わない』

2018年8月29日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31488/¥4,500+税
【通常盤】(CD)
WPCL-12913/¥3,000+税



【関連リンク】
ゲスの極み乙女。がニューアルバム『好きなら問わない』をリリース決定
ゲスの極み乙女。まとめ
EXILE、6カ月連続配信シングル第5弾「Awakening」情報解禁

【関連アーティスト】
ゲスの極み乙女。
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

EXILE、6カ月連続配信シングル第5弾「Awakening」情報解禁
Fri, 18 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILEが、6ヶ月連続で第1金曜日に新曲を配信する企画“EXILE FRIDAY”の第5弾シングル「Awakening」の詳細が発表された。また、本楽曲が『2018 TBSサッカー中継テーマソング』に決定したことも明らかになった。

今作は、諦めない気持ちを抱き挑戦し続けた者だけが得られる感動の瞬間や、情熱を解き放つ瞬間に覚醒する魂を描いた作品。サッカーに打ち込んだ少年時代にATSUSHI自身が抱いた熱い想いと、世界と戦うサッカー日本代表の背中を少しでも後押しできるように、と願いを込めて歌詞を書き下ろした壮大な楽曲に仕上がっている。EXILEメンバーがプロデュースするリリックビデオは、作詞を担当したATSUSHIがプロデュースするとのこと。続報を楽しみに待とう!

■【EXILE ATSUSHI コメント】

「ワールドカップに出場される選手の皆さんの背中を、少しでも後押しできるようにと願いを込めて「Awakening」の歌詞を書かせて頂きました。EXILEは“Dreams For Children・子どもたちに、夢を。”というテーマのもと、2010年から"EXILE CUP"というサッカーの大会を通じて、子どもたちを応援しています。僕もサッカーをやっていた人間として、この楽曲で日本サッカー界を盛り上げていけたら嬉しいです」

配信シングル「Awakening」

2018年6月1日配信開始



※『2018TBSサッカー中継テーマソング』



【関連リンク】
EXILE、6カ月連続配信シングル第5弾「Awakening」情報解禁
EXILEまとめ
Angelo、全国ツアー『Angelo Tour 2018「REMISSIONARY」』スタート!

【関連アーティスト】
EXILE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

Angelo、全国ツアー『Angelo Tour 2018「REMISSIONARY」』スタート!
Fri, 18 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Angeloが5月17日、全12公演に渡る全国ツアー『Angelo Tour 2018「REMISSIONARY」』を東京・マイナビBLITZ赤坂にてスタートさせた。

Angeloとしては2月24日TOKYO DOME CITY HALLでのキリト(Vo)のバースデー公演以来約3ヵ月振りのステージとなったこの日、2007年リリースの1stアルバム『REBIRTH OF NEWBORN BABY』収録曲「異境に咲く花」が幕開けを飾ると、思わず場内から歓声が湧き起こった。意表を突いた選曲でスタートを切った待望の初日は、その後、様々な場面を経ながら、3ヵ月間という空白の時間を埋め合うように、終始熱量の高い空間を繰り広げていった。

最高の熱狂ぶりを見せるオーディエンスに、キリトが“「もっと!」と煽ったりする必要がないくらい狂ってる。君たちはそれくらいのレベルです。でも、どうせなら行けるところまで行っちゃおうぜ”と、愛ある言葉を投げかける一幕もありながら、アンコールを含め全24曲を駆け抜けたのだった。

初日に相応しい一夜を終えたAngeloは、今後各地を巡り、6月28日にEX THEATER ROPPONGI公演にてツアーファイナルを迎えることとなる。リリースに伴うツアーではないということは、この日の1曲目のように、より様々な時代の楽曲が披露される可能性を秘めている。もちろん、セットリストは全公演異なるものになるようだ。キリトの言葉を借りれば“今日のライブは今日しかない”。ぜひ、1日でも多くの“今日”をAngeloと共有していただきたい。

text by 金多賀歩美

全国ツアー『Angelo Tour 2018「REMISSIONARY」』

5月19日(土) YOKOHAMA Bay Hall
5月23日(水) 新宿BLAZE
5月24日(木) 新宿BLAZE
5月27日(日) TSUTAYA O-EAST
6月01日(金) umeda TRAD
6月03日(日) 名古屋ボトムライン
6月10日(日) 仙台 Rensa
6月16日(土) 札幌 PENNY LANE 24
6月22日(金) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
6月24日(日) 福岡DRUM LOGOS
6月28日(木) EX THEATER ROPPONGI 18:15/19:00
<チケット>
スタンディング/2F指定席¥6,000(税込)※D代別

DVD『Angelo LIVE at TOKYO DOME CITY HALL「THE CYCLE OF REBIRTH」』

発売中



【DVD】
IKCB-80024〜25/¥6,800+税
<収録曲>
■DVD
01.Umbilical cord
02.URGE
03.FIELD OF GOD
04.STRING
05.HETERODOX
06.ORIGIN OF SPECIES「ALPHA」
07.Voice of the cradle
08.evil
09.Resolve
10.際限ない渇き
11.THE CROCK OF ULTIMATE
12.My strife
13.狂人
14.PERFECT PLAN
15.MICRO WAVE SLIDER
16.リテラシー
17.Daybreakers
18.RESISTANT BACTERIA
19.胎動
20.Crave to you
21.CONNECT
22.DAY OF THE END
23.Script error
24.SCRAP



【関連リンク】
Angelo、全国ツアー『Angelo Tour 2018「REMISSIONARY」』スタート!
Angeloまとめ
藤崎結朱、初開催となるバースデーワンマンへの意気込みを語る

【関連アーティスト】
Angelo
【ジャンル】
ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ツアー, ライブレポ

藤崎結朱、初開催となるバースデーワンマンへの意気込みを語る
Fri, 18 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“ゆずぽん”の愛称で親しまれる、藤崎結朱。大人しく控えめなイメージが強い彼女だが、一度ステージに立つとパワフルなアーティストへと変貌を遂げる。それはまるで、魔法にでもかかったかのように。今回は、そんな藤崎の音楽へ対する思いや作詞を始めたきっかけ、5月27日(日)に開催されるワンマンライブなどについて話を伺った。

――まずは藤崎さん自身についてお伺いしたいと思います。ずばり藤崎結朱とは、どのような人ですか?
藤崎:すごく孤独で不器用な人だと思います。あまり人の輪に入っていくのが得意じゃなくて。以前はそんな自分が嫌だったし許せなかったんですけど、最近はそういう人だから歌える歌があるんだなと前向きに思えるようになりました。

――音楽の道を志したきっかけはなんだったのでしょうか。
藤崎:小さい頃からピアノをやっていたのと学生時代に合唱部だったので、その延長線上でしたね。ピアノは下手くそで諦めたんですけど(笑)。歌の方が好きだし得意かもってことに気づいて歌手を目指すようになって。進学を理由に山口県の田舎から上京したんですけど、自分としては歌手になるためでした。

――どのような気持ちで歌手活動をされてるんですか。
藤崎:私の歌で、誰かを元気づけたり、共感してもらえたらいいなと思います。

――藤崎さんは作詞もされてますよね。いつごろから始められたんですか。
藤崎:高校生の頃からです。その頃は、誰にもバレないように、こっそり(笑)。最初の頃は作詞というよりは、思ったことをひたすら書いていただけでしたね。“こういうこと書きたいな”っていうのが出てきたのは、最近だったりします。ありきたりな言葉だけじゃなく、必ず自分の言葉をいれるようにしてます。

――“自分の言葉”とは具体的にどのようなものでしょうか。
藤崎:例えば「Lunatic blade」では、“前世からあなたのことをずっと好きで好きで、好き過ぎて殺したくなっちゃった、私も死にたくなっちゃった”っていう意味の歌詞を書いたんです。そういう歌詞を書いた自分にもびっくりしたんですけど、いま思うと自分にしか歌えない曲のような気がしています。

――MUE所属アーティストでマッシュアップソングも作られてるんですよね。
藤崎:そうなんです!ひとつの曲にアーティストがそれぞれ作った歌詞を作曲家さんが組み合わせて曲にしてくれました。みんなの声が入って完成するのが楽しみです!

――5月27日(日)に行われるバースデーワンマンも、とても楽しみですね。
藤崎:実は人生で初のワンマンライブなんです。事務所からは何度かワンマンライブをしないかと誘われてたんですけど、当時は理想通りのライブが作ることができないような気がしていて、ずっと断ってたんです。でも、いろいろ吹っ切れて、やっと自分と向き合えるようになったタイミングがあって、今回は自分からワンマンライブやりますって言いました。今は自分から発信して、やりたいことを作っていきたいって気持ちが強いので、変なプライドを持たずにがむしゃらにやっていこうって思ってます。

――イベントタイトルの『藤崎結朱「はじめて。」のバースデーワンマンライブ〜素っ裸でほぼ全曲やっちゃいますぺしゃる!!!!〜』って面白いですよね。
藤崎:ずっと想いが強すぎて強すぎてできなかったワンマンライブを遂に開催するので、「はじめて。」っていうのは絶対入れたかったのと、素の私を見てもらうライブにするってテーマにしたかったので。そしたら、ちょっとセクシーな方に行っちゃった(笑)。

――イベントはどんな内容になりそうですか。
藤崎:歌だけじゃなく、トークやクイズもやる予定でいます。曲は上京した頃から最近まで、ほぼ全部! 最近の対バンイベントでは選曲しないような曲も歌うので、このイベントに来てもらえば、藤崎結朱を知ってもらえるセトリになってます。

――新しいグッズも作られてるんですか。
藤崎:そうなんです、そこにもすごくこだわりたくて(笑)。自分で絵や漫画を描いたんですけど、思いのほか難しくて…。マネージャーさんに見せたら“商品クオリティじゃない”と言われてしまったので、いい感じにクオリティアップしていただいて販売します!(笑)

――予約特典もあるんですもんね。
藤崎:はい! ご予約いただいた方には素敵な写真のポストカードに、気持ちをこめてサインをカキカキしたものを当日お渡しさせていただきます。ステージ上で気持ちが溢れて泣いちゃうくらいのワンマンライブにしたいので、たくさんの人に見に来ていただきたいです!!

来たる5月27日(日)、『藤崎結朱「はじめて。」のバースデーワンマンライブ〜素っ裸でほぼ全曲やっちゃいますぺしゃる!!!!〜』が開催される。自らの意志を持ち新しいステージへ進もうとする彼女から、今後も目が離せない。

BD無料ワンマンライブ『藤崎結朱「はじめて。」のバースデーワンマンライブ
〜素っ裸でほぼ全曲やっちゃいますぺしゃる!!!!〜』

5月27日(日) 東京・パセラリゾーツ銀座店B3F「BENOA」 
<チケット>
入場料無料 ※別途当日2ドリンク¥1,000

HPにあります予約フォーム?から予約されたお客様には
藤崎結朱特製サイン入りポストカードをプレゼント!
※お渡しは当日になります



【関連リンク】
藤崎結朱、初開催となるバースデーワンマンへの意気込みを語る
藤崎結朱まとめ
KANA-BOON、ミニアルバム『アスター』より「彷徨う日々とファンファーレ」MV解禁

【関連アーティスト】
藤崎結朱
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース

KANA-BOON、ミニアルバム『アスター』より「彷徨う日々とファンファーレ」MV解禁
Fri, 18 May 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

KANA-BOONが、5月30日(水)にリリースするメジャーデビュー後初となるミニアルバム『アスター』より、リード曲「彷徨う日々とファンファーレ」のMusic Videoを公開した。

今作は、“夏”と“恋”という共通のテーマのもとに作られた新曲5曲を収めたコンセプチュアルな作品となっており、「彷徨う日々とファンファーレ」は、“会いたい人に会えない”という切ない想いを描きながらも、爽快なメロディとサウンド、歌詞の力によって、その一歩先へと踏み出す前向きなエネルギーを持った力強い楽曲。MVの監督には、「フルドライブ」以来のタッグとなるスミス氏を起用。KANA-BOONの演奏シーンのほか、一組の男女のすれ違いと再会を軽快なダンスシーンを交えて構成し、想い人の元へと向かう気持ちが清々しく描かれた、躍動感あふれる作品に仕上がっている。

また、ミニアルバムのリリースを記念し、AbemaRADIOにて6月2日(土)と3日(日)の2日間2夜連続でスペシャル番組の放送が決定した。KANA-BOONメンバー全員でミニアルバム収録曲を解説を交えて紹介する内容となっている。さらにファンからの質問にも答えるべく、現在メッセージや質問を募集中! 詳しくは番組HPをチェックしてほしい。

AbemaRADIO『KANA-BOON「アスター」リリース特番』

<前編>
6月2日(土)17:30〜18:00 https://bit.ly/2rKYENC
<後編>
6月3日(日)19:30〜20:00 https://bit.ly/2GnTbS0
※#KANABOON530 を付けてTweetしてください

ミニアルバム『アスター』

2018年5月30日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-6308〜6309/¥2,500+税
※どうでもいいオマケ018封入
<収録曲>
■CD
1.彷徨う日々とファンファーレ
2.ベガとアルタイル
3.アスター
4.線香花火
5.夏蝉の音
■DVD
KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン1 三国ヶ丘FUZZ 5日間連続ライブ「Go Back Home」 / 「Go Back Home 〜ゆとり〜」 密着ドキュメント&ライブ映像



【通常盤】(CD)
KSCL-6310/¥1,500+税
※初回仕様:どうでもいいオマケ018封入
<収録曲>
■CD
1.彷徨う日々とファンファーレ
2.ベガとアルタイル
3.アスター
4.線香花火
5.夏蝉の音

【ライブ情報】

■『KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン2 東名阪対バンツアー「Let\'s go TAI-BAAN!!」』
5月30日(水) 東京・Zepp Tokyo
出演:KANA-BOON / ASIAN KUNG-FU GENERATION
6月07日(木) 愛知・Zepp Nagoya
出演:KANA-BOON / ORANGE RANGE
6月08日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
出演:KANA-BOON / フジファブリック

■『KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン3 野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり!2018 in 堺』
9月24日(月) 大阪・大浜公園



【関連リンク】
KANA-BOON、ミニアルバム『アスター』より「彷徨う日々とファンファーレ」MV解禁
KANA-BOONまとめ
チャットモンチー、映画『妻ふり』主題歌配信スタート&WOWOWでラストライブ生中継決定

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 発表, ミニアルバム

チャットモンチー、映画『妻ふり』主題歌配信スタート&WOWOWでラストライブ生中継決定
Fri, 18 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月27日(水)にラストアルバム『誕生』のリリースを控え、2018年7月でバンドとしての活動を“完結”させることを発表しているチャットモンチー。6月8日より全国公開となる映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の主題歌に決定している楽曲「I Laugh You」が、5月18日より配信スタートとなった。作詞と作曲を手掛けたのは橋本絵莉子。優しい映画の世界観にぴったりなこの楽曲の配信ジャケット画像には、原作コミックエッセイ『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の漫画を手掛けるichida(イチダ)氏描きおろしによるチャットモンチーのイラストが使用されている。

さらに『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』とコラボしたMVも公開! 橋本絵莉子がレコーディングスタジオのドアを開けると、福岡晃子がワニに喰われて“死んだふり”をしている場面から始まり、映画のシーンへと移り変わる内容はチャットらしい『妻ふり』への愛のあるオマージュを感じさせる仕上がりになっている。

そして、7月4日に控えた日本武道館公演『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜』が、WOWOWで生中継、さらに全国の映画館でライブビューイングされることが決定! また、WOWOWでは『チャットモンチークロニクル』と題したヒストリー番組も6月下旬にオンエア予定とのこと。彼女たちのラストライブでもある貴重なステージをお見逃しなく!

配信楽曲「I Laugh You」

配信中



■配信先一覧 https://kmu.lnk.to/x-QhHWN

【WOWOW 番組情報】

■『生中継!チャットモンチー CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜』
7月04日(水)夜6:30(WOWOWプライム)

■『チャットモンチークロニクル』
6月24日(日)夜11:00(WOWOWライブ)ほか ※リピート放送あり
番組HP:http://www.wowow.co.jp/chatmonchy/

『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜 みんなでライブ・ビューイング』

7月04日 (水) 18:30より全国の映画館へ生中継
※大阪府では条例により16歳未満の方で保護者同伴でない場合、終映が19:00を過ぎるためご入場いただけません。予めご了承ください。
<チケット>
全席指定¥3,800(税込) ※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
■SMA☆TICKET先行(抽選)
5月18日(金)12:00〜5月27日(日)23:59
受付URL http://www.sma-ticket.jp/artist/chatmonchy
■オフィシャルホームページ先行(抽選)
6月05日(火)12:00〜6月12日(火)23:59
■一般発売(先着順)
6月22日(金)21:00〜7月3日(火)12:00

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

6月8日(金)全国ロードショー
出演:榮倉奈々/安田顕/大谷亮平/野々すみ花 ほか
主題歌:チャットモンチー「I Laugh You」
■映画オフィシャルHP http://tsumafuri.jp/



【関連リンク】
チャットモンチー、映画『妻ふり』主題歌配信スタート&WOWOWでラストライブ生中継決定
チャットモンチーまとめ
BRIAN SHINSEKAI、配信シングル「Solace」のティザー映像公開

【関連アーティスト】
チャットモンチー
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, リリース, 配信, 主題歌, 映画, 音楽配信

BRIAN SHINSEKAI、配信シングル「Solace」のティザー映像公開
Fri, 18 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRIAN SHINSEKAIが、6月6日(水)にリリースする配信シングル「Solace」のティザー映像を公開した。約4ヶ月ぶりのリリースとなる新曲「Solace」は、ベルリンとアムステルダムを拠点に活動するクリエイターLeo R Melchertsとの共作アレンジで、デビューアルバムとはテイストの違う、“チルトラップ”のアプローチで制作された注目作だ。

“チルトラップ”とは、ULTRA JAPAN、EDC JAPANなどの大型ダンスミュージック・フェスで、EDMのアーティストと同じくらい数多くのベースミュージックのアーティストがラインナップされるようになった今、The ChainsmokersやIlleniumを中心に盛り上がりを見せるFuture Bassとともに、この夏最も注目を集めているジャンル。「Solace」は、ベースミュージックならではの太い重低音に抜けの良いシンセが映える、稀有なメロディーメーカーBRIAN SHINSEKAI の魅力溢れる、ナイトプールやビーチ沿いのカフェが似合いそうな“チルい”ダンスミュージックに仕上がっている。また、歌詞も“潜在記憶”をテーマにしたBRIAN SHINSEKAIらしい文学的な作品になっているので、是非チェックしてみてほしい。

また、BRIAN SHINSEKAIは、6月3日(日)『ニクオン2018』、6月17日(日)『YATSUI FESTIVAL! 2018』、7月28日(土)『STV創立60周年SUNNY TRAIN REVUE 〜テレビがフェス作っちゃいました〜』、9月29日(土)『メ〜テレ MUSIC WAVE SUNNY TRAIN REVUE〜テレビがフェス作っちゃいました〜』、10月7日(日)『THE GREAT  SATSUMANIAN HESTIVAL 2018』など、2018年注目の大型フェスへの出演も決定している。

■【BRIAN SHINSEKAI コメント】

「幼い頃に心の奥底にしまい込んでしまった何かが、大人になってふと湧き水のように噴き上がってきた。そんな個人的な曲です。アートワークは水芭蕉。周りの色んな人達がまだ元気で、輝きしか連想できない尾瀬の記憶から。花言葉の“美しい思い出”“変わらない美しさ”もなぞらえて」

配信シングル「Solace」

2018年6月6日配信開始



※各種音楽配信サイト、定額制音楽配信サービスにて配信

【ライブ情報】

■『ニクオン2018』
6月03日(日) 東京・錦糸公園
■『YATSUI FESUTIVAL! 2018』
6月17日(日) 都内ライブハウス(会場は後日発表)
■『STV創立60周年 TOKACHI presents 「SUNNY TRAIN REVUE 〜テレビがフェス作っちゃいました〜」』
7月28日(土) 北海道・岩見沢市 キタオン野外ステージ
■『メ〜テレ MUSIC WAVE 「SUNNY TRAIN REVUE〜テレビがフェス作っちゃいました〜」 』
9月29日(土) 愛知・蒲郡 ラグーナビーチ(大塚海浜緑地)
■『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018』
10月07日(日) 鹿児島・桜島多目的広場&溶岩グラウンド



【関連リンク】
BRIAN SHINSEKAI、配信シングル「Solace」のティザー映像公開
BRIAN SHINSEKAIまとめ

【関連アーティスト】
BRIAN SHINSEKAI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1