歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
米津玄師、「LOSER」が Honda 新CMソングに! 新ビジュアルも公開!!
Thu, 17 May 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

米津玄師の「LOSER」がHonda『JADE』CMソングに決定した。「LOSER」は2016年9月28日にリリースした両A面シングル「LOSER / ナンバーナイン」の表題曲の1つで、“‘LOSER(負け犬)” と表現しながらも、自らを前へと突き動かす歌詞が多くの支持が集め、ハイブリッドなビートとも相まって、現代のジェネレーションアンセムとも呼べる楽曲となっている。

同曲のミュージックビデオでは雨に打たれながら建物の屋上で本格的なダンスをする米津玄師の姿が印象的で、リリースされた当初から大きな話題となっていた。2018年5月17日時点で7900万回再生を突破し、現在も米津玄師を代表する楽曲の1つとして注目を浴びている。

この躍動的な楽曲に呼応して、Honda『JADE』がスタイリッシュに街から壮大な自然の中へ颯爽と走る様子が、見る人の目を引きつけるCMが完成された。尚、CMは5月17日より全国でオンエアが開始される。

ちなみに「LOSER」は最新アルバム『BOOTLEG』収録、最新シングル「Lemon」の映像盤にはライブ映像が収録されている。

また、CMオンエアと同時に米津玄師の新ビジュアルも公開された。100万ダウンロードを突破し、いまだロングヒットを続ける最新シングル「Lemon」のタイトルにちなんで、レモン柄のシャツを身にまとう姿が斬新である。こちらも合わせてチェックしてほしい。

photo by Jiro Konami

シングル 「Lemon」

発売中



【レモン盤(初回限定)】(CD+レターセット)
SRCL-9745〜9746/¥2,000+税
【映像盤(初回限定)】(CD+DVD)
SRCL-9747〜9748 /¥1,900+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9749 /¥1,200+税
【Digital】
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1354291125?at=10lpgB&ct=4547366354904_al&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.com/s0/kenshiyonezu-lemon-disc/
■mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366354904/


アルバム『BOOTLEG』

発売中



【ブート盤(初回限定)】(CD+12inchアナログ盤ジャケット+アートイラスト+ポスター+ダミーレコード)
SRCL-9567〜9568/¥4,500+税
【映像盤(初回限定)】(CD+DVD)
SRCL-9569〜9570/¥3,700+税
【初回仕様限定/通常盤】(CD)
SRCL-9571/¥3,000+税
【Digital】
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1292541373?at=10lpgB&ct=4547366335286_al&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.com/s0/bootleg-disc/
■mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366335286/



【関連リンク】
米津玄師、「LOSER」が Honda 新CMソングに! 新ビジュアルも公開!!
米津玄師まとめ
CHERRY NADE 169、fruits E.P.『檸檬』収録曲「ランナーズ・アイ」MV公開

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CMソング

CHERRY NADE 169、fruits E.P.『檸檬』収録曲「ランナーズ・アイ」MV公開
Thu, 17 May 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年6月6日にfruits E.P.『檸檬』をリリースする“チェリナ”ことCHERRY NADE 169が、同作のリード曲「ランナーズ・アイ」のMVを公開! 

今作は、溢れ出す人間らしさと、弾けるユーモアが際立つCHERRY NADE 169の魅力に、檸檬の花言葉“情熱”をmixした1st EP。fruits E.P.と銘を打った、連続フルーツシリーズ作品の第1弾となっている。リード楽曲「ランナーズ・アイ」は、新生活を送り始めた人たちへの応援歌で、作詞を担当した滝澤大地(Vo&Gu)の発案の元、歌詞をしっかりと提示したMV作品が完成した。チェリナの楽曲に載せた疾走感ある映像に是非注目してほしい。

さらに、今作の発売を記念したリリースイベントの開催もアナウンスされている。東京・渋谷O-Crest、大阪・2nd LINEで開催されるイベントは、出演者多数のフェス企画となっており、fruits E.P.『檸檬』の帯を持参すると、入場特典“絞れっかステッカー”をプレゼント! また、続々と解禁される対バン情報も要チェック!

EP『fruits E.P.檸檬』

2018年6月6日発売



NEON-1005/¥1,200
<収録曲>
1.ランナーズ・アイ
2.オーバータイムストリート
3.トゥビコン
4.わたしたちの毎日

『「fruits E.P 檸檬レコ発祭」“絞れっっっ!!!”』

■『fruits E.P 檸檬レコ発祭』“絞れっっっ!!! 東京編”
6月24日(日) 東京・渋谷 TSUTAYA O-Crest
w /POETASTER / goodtimes / ポタリ / HIP BEAN SPROUT / CRAZY WEST MOUNTAIN / アオイハル / Dear Chambers / and more...!

■『fruits E.P 檸檬レコ発祭』“絞れっっっ!!! 大阪編”
7月8日(日) 大阪・福島 LIVE SQUARE 2nd LINE
w /POETASTER / ポタリ / SHIT HAPPENING / ソウルフード /
QLTONE / KAKASHI / the irony / and more...!

※上記のレコ発イベントに"CDの帯"を持参頂くと限定「絞れっかステッカー」をプレゼント!!



【関連リンク】
CHERRY NADE 169、fruits E.P.『檸檬』収録曲「ランナーズ・アイ」MV公開
CHERRY NADE 169まとめ
デヴィッド・ボウイ、70\'sのライヴ音源やスタジオ音源3作品を輸入盤で発売

【関連アーティスト】
CHERRY NADE 169
【ジャンル】
ニュース

デヴィッド・ボウイ、70\'sのライヴ音源やスタジオ音源3作品を輸入盤で発売
Thu, 17 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

常に時代の先端を走り続け、時代を開拓し続けてきた伝説、デヴィッド・ボウイ。彼が1978年から1982年の間にレコーディングしていたライヴ音源やスタジオ音源を収録した3作品が、6月29日にリリースされることが明らかとなった。

1978年から1982年の間に、ボウイは名盤との呼び声も高い2枚のオリジナル・スタジオ・アルバム『ロジャー』と『スケアリー・モンスターズ』をリリース、1978年に発表された2枚組ライヴ・アルバム『ステージ』としても記録されることとなった大規模なワールド・ツアーも行っており、さらには映画やテレビ番組用のプロジェクトも手掛けていた。今回、そんな多作な時期を振り返るべく、レーベル・Parlophoneから3枚の作品がリリースされることとなった。それが、CD/デジタルで発売となる『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)(原題:WELCOME TO THE BLACKOUT (LIVE LONDON \'78))』と、実店舗での限定発売となる『クリスチーネ・F〜麻薬と売春の日々〜(原題:CHRISTIANE F. - WIR KINDER VON BAHNOFF ZOO)』、『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール(原題:DAVID BOWIE IN BERTOLT BRECHT\'S BAAL)』の2枚のアナログ・リイシュー作品だ。

『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』は、2018年のレコード・ストア・デイ限定の3枚組アナログ盤として初めてリリースされた未発表ライヴ・アルバム。今回遂にCDとデジタルでリリースされることとなった。ボウイの“アイソラーIIツアー(Isolar II tour)”の一環として、1978年6月30日と7月1日にロンドンにあるアールズ・コートにて行われた彼のライヴ・パフォーマンスを収録した作品だ。

デヴィッド・ボウイのキャリアを通して数々の作品をプロデュースしてきたトニー・ヴィスコンティがこの1978年のコンサートの模様をレコーディングしており、後にボウイ本人とデヴィッド・リチャーズがミックスを行なっている。この時のセットリストは基本的に77年に発表した『ロウ』と『ヒーローズ』という2枚のアルバムに重点が置かれており、他にも「フェイム」や「ジギー・スターダスト」、「ジーン・ジニー」や「ステイション・トゥ・ステイション」といった初期のハイライト的楽曲も披露されている。また特筆すべきは、「サウンド・アンド・ヴィジョン」のライヴでの初披露時の音源が収録されていることだろう。この『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』は2枚組CDと、ダウンロード/ストリーミングでのデジタル配信、そしてハイレゾ音源の配信も予定されている。なお、今作は国内盤での発売も予定されており、国内盤に関する情報は後日明らかとなる予定だ。

『クリスチーネ・F〜麻薬と売春の日々〜』(限定アナログ盤)は、ドイツ出身の女優クリスチーネ・F(Christiane Vera Felscherinow)の自伝を元に、1981年に映画化された作品のサウンドトラック。デヴィッド・ボウイはこの映画に本人役で出演もしており、このサウンドトラックに自身の楽曲を提供、「ヒーローズ」のドイツ語ヴァージョンの他、「ステイ」(76年作品『ステイション・トゥ・ステイション』収録曲)や「ワルシャワの幻想」(77年作品『ロウ』収録曲)、「V-2シュナイダー」(77年作品『ヒーローズ』収録曲)、「怒りをこめてふり返れ」(79年作品『ロジャー』収録曲)などを収録。今回、30年の時を経て初めてアナログ盤としてリリースされるこの作品は、レッド・ヴァイナル仕様限定盤となっており、実店舗でのみの限定販売となる。

『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』(限定アナログ盤)は、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの処女戯曲「バール」(1918年)のために書かれた5曲を収録したEP。1981年11月に、ベルリンにあるハンザ・スタジオでトニー・ヴィスコンティと共にレコーディングが行われている。ボウイのボックス・セット『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン(1977-1982)』に収録されているボックス・セット限定のコンピレーション作「Re:Call 3」にも収録されていた音源だ。今回限定10インチ・アナログEPとしてリイシューされる今作は、82年オリジナル発売時のパッケージを再現しており、こちらも実店舗のみでの限定販売となる。

アルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン ‘78)』

2018年6月29日発売(輸入盤)
※国内盤は後日発売予定



<収録曲>
■CD1
01. Warszawa / ワルシャワの幻想
02. "Heroes" / ヒーローズ
03. What In The World / ホワット・イン・ザ・ワールド
04. Be My Wife / ビー・マイ・ワイフ
05. The Jean Genie / ジーン・ジニー
06. Blackout / ブラックアウト
07. Sense Of Doubt / 疑惑
08. Speed Of Life / スピード・オブ・ライフ
09. Sound And Vision / サウンド・アンド・ヴィジョン
10. Breaking Glass / 壊れた鏡
11. Fame / フェイム
12. Beauty And The Beast / 美女と野獣
■CD 2
01. Five Years / 5年間
02. Soul Love / 魂の愛
03. Star / スター
04. Hang On To Yourself / 君の意志のままに
05. Ziggy Stardust / ジギー・スターダスト
06. Suffragette City / サフラゲット・シティ
07. Art Decade / アートの時代
08. Alabama Song / アラバマ・ソング
09. Station To Station / ステイション・トゥ・ステイション
10. TVC 15 / TVC 15(ワン・ファイヴ)
11. Stay / ステイ
12. Rebel Rebel / レベル・レベル

レッド・ヴァイナルLP『クリスチーネ・F〜麻薬と売春の日々〜』

2018年6月29日発売予定 (輸入盤)



<収録曲>
■SIDE ONE
01. V-2 Schneider
02. TVC 15
03. “Heroes/Helden"
04. Boys Keep Swinging
05. Sense Of Doubt
■SIDE TWO
01. Station To Station
02. Look Back In Anger
03. Stay
04. Warszawa

10インチ・アナログEP『イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』

2018年6月29日発売予定 (輸入盤)



<収録曲>
■SIDE ONE
01. Baal\'s Hymn (Der Choral Vom Gro?en Baal)
02. Remembering Marie A. (Erinnerung An Die Marie A.)
■SIDE TWO
01. Ballad Of The Adventurers (Die Ballad Von Den Abenteurern)
02. The Drowned Girl (Vom Ertrunkenen M?dchen)
03. The Dirty Song



【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ、70\'sのライヴ音源やスタジオ音源3作品を輸入盤で発売
デヴィッド・ボウイまとめ
ASAGI× 樹威× yo-kaによる東北三兄弟(トリオ)のアー写解禁

【関連アーティスト】
デヴィッド・ボウイ
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, 発売

ASAGI× 樹威× yo-kaによる東北三兄弟(トリオ)のアー写解禁
Thu, 17 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

D、GOTCHAROCKA、DIAURAの公私共に親交のある東北出身ヴォーカリスト3人(長男:ASAGI、次男:樹威、三男:yo-ka)による東北三兄弟(トリオ)。彼らが5月31日(金)より開催する主催イベント『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』に合せて、ミニアルバムおよび写真集『手弱女(たおやめ)』の発売が決定していたが、今回『手弱女(たおやめ)』をリリースするにあたって最新アーティスト写真が公開された。

主催イベント『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』は、一般チケットを発売中! 東名阪に加え、各バンドのヴォーカリストの出身地である秋田、仙台、福島での公演も決まっているこの3マンライブは盛り上がること間違いなしなので、ぜひ参加してほしい。イベントに合せてリリースされるミニアルバムおよび写真集の第二弾『手弱女(たおやめ)』は、D、GOTCHAROCKA、DIAURAの楽曲をASAGI(D)、樹威(GOTCHAROCKA)、yo-ka(DIAURA)が1曲ずつボーカルカバーした楽曲が収められる。第一弾開催時にリリースされたコラボレーションCDと写真集は『益荒男(ますらお)』と題され、写真集では雄々しく男らしさ溢れる和装姿が収められていたのだが、第二弾のタイトルは“手弱女(たおやめ)”ということで今回の写真集では女形を披露! この機会でしか見ることの出来ない東北三兄弟(トリオ)の美麗な姿は要チェックだ。

CDと写真集は『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』の6公演で会場限定販売、完全数量限定生産となっており通販は未定とのこと。無くなり次第販売終了なので、ぜひ手に入れてほしい。さらにCD&写真集のW購入特典として、CD&写真集のメイキング映像を収録したDVDが用意されているとのこと。メインヴォーカルやコーラスのレコーディング風景やコメント、撮影風景など盛り沢山の内容になっており、先着順でなくなり次第終了する。東北三兄弟の熱い絆、そして各バンドの本気のぶつかり合いを見逃すな!

『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』

5月31日(金) 宮城・仙台CLUB JUNKBOX
6月02日(土) 福島・郡山CLUB#9
6月03日(日) 秋田・Club SWINDLE
6月07日(木) 愛知・名古屋Electric Lady Land
6月08日(金) 大阪・umeda TRAD
6月15日(金) 東京・新宿BLAZE
※3歳以上チケット必要

ミニアルバム『手弱女(たおやめ)』

2018年5月31日発売



GCR-167/¥3,000(税込)
※ブックレット付き
※『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』ツアー会場限定
※通販は未定。無くなり次第販売終了。
<収録曲>
■ASAGI
・Ash
・ホライゾン
■樹威
・闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア
・胎動
■yo-ka
・Vampire Missa
・Poisonous berry

◎特典
ポストカード全7種ランダム封入

写真集『手弱女(たおやめ)』

2018年5月31日発売



AJY-002/¥2,500(税込)
※『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』ツアー会場限定
※通販は未定。無くなり次第販売終了。



【関連リンク】
ASAGI× 樹威× yo-kaによる東北三兄弟(トリオ)のアー写解禁
DIAURAまとめ
樹威まとめ
GOTCHAROCKAまとめ
Dまとめ

【関連アーティスト】
DIAURA, 樹威, GOTCHAROCKA, D
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース

サザンオールスターズ、デビュー40周年記念日にNHKホールで2daysライブ決定
Thu, 17 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年いよいよデビュー40周年を迎えるサザンオールスターズから、驚きのニュースが届いた。なんと、デビュー記念日の6月25日、そして翌日の26日と2日間にわたり急遽ライブが開催されることが決定したのだ。

6月25日といえば、サザンのデビュー記念日として広く知られており、これまでもこの日にその年の活動発表がされたり、記念作品が発売となったりするなど、ファンの間では、毎年“今年は何が起きるのか?”と期待が高まる特別な日となっている。2018年はついに40周年という節目を迎えるということで、5月16日から公式ホームページでは“6月25日まであと40日”とカウントダウンがスタートし、例年以上に期待が高まっていた。バンドにとって、ファンにとって特別な意味を持つデビュー記念日ではあるが、今まで一度もその日にライブが行われたことはなかったこともあり、今回のライブ決定の情報は、ファンならずとも盛り上がらずにはいられない、ビッグニュースである。

5月5日に放送された、桑田佳祐のレギュラーラジオ番組『ニッポンハム ムーンライト・ミーティング 桑田佳祐のやさしい夜遊び』で桑田は“ライブやりたいなー、6月25日にライブやりたい!”と漏らしており、突然の発言にスタッフが慌てるという場面があったとのこと。この発言は“6月25日のデビュー記念日を、ファンのみなさんとともに40周年YEARスタートのキックオフにしたい!”という思いから、つい口をついて出てしまったという。桑田をはじめサザンメンバーの“40周年を迎えるにあたり、感謝の気持ちをファンのみなさんに直接伝えたい”という強い気持ちが、ライブという形で実現する運びとなった。

2days公演の会場となるNHKホールと言えば、日本を代表する歌手の面々が数々の名曲を歌い継いできた由緒ある場所。サザンオールスターズが同会場でライブを行うのは今回が初めてで、そのような意味からも、40年にもわたるサザンの歴史に新たな1ページが加わるということが出来るだろう。突然のサプライズ発表で全国の音楽ファンを喜ばせてくれたサザンオールスターズだが、一方でこのライブはあくまでも“40周年YEARのキックオフ”とのことだから、今後の活動もまだまだありそうだ。まずはデビュー記念日を心待ちにしつつ、その後の情報にも大いに期待したい。

『サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」 』

6月25日(月) 東京・NHKホール
6月26日(火) 東京・NHKホール
<チケット>
¥9,000(税込)
一般発売日:6月16日(土) 13:00〜
公演に関するお問い合わせ先:キョードー横浜 045-671-9911 (日祝を除く月曜〜土曜 11:00〜18:00)
※枚数制限:お1人様どちらか1公演のみ1枚まで
※チケット受付に関する詳細は、後日ご案内いたします。
※その他は、サザンオールスターズオフィシャルHPをご確認ください。



【関連リンク】
サザンオールスターズ、デビュー40周年記念日にNHKホールで2daysライブ決定
サザンオールスターズまとめ
レゲエアーティスト・寿君、2マンツアーでAPOLLOと共演!

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

レゲエアーティスト・寿君、2マンツアーでAPOLLOと共演!
Thu, 17 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月6日(水)にメジャー1stアルバム『ニューレベ』をリリースすることを発表した寿君。現在、東名阪2マンツアー『not Alone TOUR〜一人じゃない〜』を実施しており、名古屋公演でAK-69、5月19日(土)の大阪公演ではHAN-KUNと共演。

そして5月23日(水)には、APOLLOを迎えた東京公演でいよいよファイナルを迎える。Guest SoundでRED SPIDERの出演もアナウンスされている本公演は、現在チケット販売中! ここでしか観ることができない2マン公演をぜひ目撃してほしい。

またLINE公式アカウントも開設となったので、登録のうえ、寿君の最新情報をチェック!

■寿君 LINE公式アカウント
ID:@kotobuki1048
URL:https://line.me/R/ti/p/%40kotobukikun

■東名阪ツーマンツアー 『not Alone tour〜一人じゃない〜』

5月23日(水) 東京・代官山UNIT
<出演>
寿君、APOLLO
Guest Sound:RED SPIDER
<チケット>
オールスタンディング¥4,500(税込/ドリンク代別途)
■チケット情報はこちら:http://bit.ly/2jYSqWR



【関連リンク】
レゲエアーティスト・寿君、2マンツアーでAPOLLOと共演!
寿君まとめ
西城秀樹、急性心不全のため逝去

【関連アーティスト】
寿君
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, レゲエ, ツアー, チケット

西城秀樹、急性心不全のため逝去
Thu, 17 May 2018 15:00:00 +0900


「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などで知られる歌手の西城秀樹が、5月16日午後11時53分に急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが分かった。享年63歳。通夜は5月25日午後6時、葬儀・告別式は5月26日午前11時から、いずれも青山葬儀所で営まれる。

西城秀樹は1972年3月に「恋する季節」でデビュー。郷ひろみと野口五郎とともに“御三家”と呼ばれ、前述の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」をはじめ、「激しい恋」「傷だらけのローラ」「ギャランドゥ」など数々のヒット曲を発表し、紅白歌合戦にも18回出場した。また、1973年から12年間にわたって出演したハウス食品「バーモントカレー」のCMでは、お決まりのキャッチフレーズ“ヒデキ、感激!”が話題となった。

2003年に韓国でのディナーショーの後、脳梗塞を発症。言葉をうまく発音できないなどの障害に見舞われながらリハビリで復帰し、2004年には二見書房より『あきらめない―脳梗塞からの挑戦』を出版。その後、2011年に再発し、右半身麻痺の後遺症が残っている中、2018年4月25日に入院していたという。



【関連リンク】
西城秀樹、急性心不全のため逝去
西城秀樹まとめ
SA、現メンバーになって16年の歴史が垣間見られるMVを公開

【関連アーティスト】
西城秀樹
【ジャンル】
J-POP, ニュース

SA、現メンバーになって16年の歴史が垣間見られるMVを公開
Thu, 17 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月リリースの最新アルバム『GRACE UNDER PRESSURE』を携えたツアー『GRACE UNDER PRESSURE TOUR 2018』を敢行中のSAが、アルバム収録曲「フォーエバーキッズ」のMVを公開した。

この映像はSAの過去〜現在の映像を繋いで制作されており、現メンバーになって16年の歴史が垣間見られる作品となっている。

アルバム『GRACE UNDER PRESSURE』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
TECI-1580/¥4,000+税
【通常盤】(CDのみ)
TECI-1581/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.KEEP THE FLAG FLYING
2.攻めでゆけ!
3.MY ONLY LONELY WAR
4.I SAW THE LIGHT 
5.赤い光の中へ
6.MORE MORE MORE
7.hi-lite BLUE
8.BABY SMILEY
9.フォーエバーキッズ
10.Starting Today  
11.NEVER END
12.吠えたい雨
■DVD ※初回限定盤のみ
『SA presents GOSH YOU GIG!!2017-BACK TO 1984,DRIVE TO 2018-』
1. CONFOUND IT
2. ONE TWO
3. ALL BOYS SAY
4. MERRY STAR
5. RAISE YOUR HANDS
6. CHAIN
7. GET UP! WARRIORS
8. KIDZ IGNITE
9. MY ONLY LONELY WAR
10. I GET POSITION
11. WORKING MAN
12. runnin\' BUMPY WAY
13. さらば夜明けのSkyline
14. (GOOD BYE)SHINING FIELDS
15. サマーホリディズスカイ
16. NOTHINGNESS
17. 青春に捧ぐ part.2
18. SONG FOR THE LOSER
19. START ALL OVER AGAIN!
20. YOUTH ON YOUR FEET
21. SA(BAD TIME)
22. NAUGHTY BOYS -meet us there-
23. DON\'T DENY,GIVE IT A TRY!!  
24. DELIGHT

【ライブ情報】


全国ツアー『GRACE UNDER PRESSURE TOUR 2018』
5月18日(金) 札幌COLONY
5月25日(金) 金沢VANVAN V4 
5月27日(日) 名古屋CLUB QUATTRO 
6月01日(金) 梅田Shangri-La  
6月03日(日) 福岡Queblick 
6月09日(土) マイナビBLITZ 赤坂 



【関連リンク】
SA、現メンバーになって16年の歴史が垣間見られるMVを公開
SAまとめ
吉澤嘉代子、3rdシングル「ミューズ」のプロデュースを手がけた蔦谷好位置からコメントが到着

【関連アーティスト】
SA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, パンク

吉澤嘉代子、3rdシングル「ミューズ」のプロデュースを手がけた蔦谷好位置からコメントが到着
Thu, 17 May 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月13日(水)にリリースとなる吉澤嘉代子の3rdシングル「ミューズ」のプロデュースを蔦谷好位置が担当していることがわかった。また、同曲が5月21日(月)ニッポン放送「ミュ〜コミ+プラス」(24:00〜24:53)番組内でオンエアされることも合せて発表!

新曲「ミューズ」は、吉澤嘉代子の“人生の傷跡を肯定するような歌を書きたい”という思いから作られた、サビで《かがやきは傷の数だけ いびつな傷跡が乱反射した》と歌われる、戦う人のうつくしさを讃えるアップテンポな楽曲。安達祐実が火花散る素肌を披露したジャケットが先日公開され、注目を集めている。表題曲の「ミューズ」に加えて赤い靴がプロデュースを担当した南波志帆への提供曲「おとぎ話のように」セルフカバーが収録され、初回限定盤には、2017年秋に全国14ヶ所で開催された『お茶会ツアー2017』ドキュメント映像が収録されたDVDが付属する。

なお、吉澤嘉代子は、5月26日(土)14:00〜タワーレコード難波店、18:00〜HMV栄での予約イベント、発売日6月13日(水)19:00〜タワーレコード渋谷店でのインストアイベントが決定。また、既報のとおり 6月16日(土)17日(日)の2日間にわたって東京国際フォーラムCにてスペシャルコンサート『吉澤嘉代子の発表会』と題したワンマンコンサートを開催する。

■【蔦谷好位置 コメント】

■吉澤嘉代子「ミューズ」プロデュースを快諾した理由
TV番組の関ジャムで、昨年のベストソングを選ぶという企画の中で、吉澤さんの「残ってる」を選ばせてもらいました。まるで他のものをシャットアウトしてこの曲だけに没頭してしまいそうなほど求心力を持った楽曲の力に驚かされました。そんな曲を作って歌う吉澤さんからのオファーを引き受けないはずはないどころか、一体彼女の持つ魅力はどこから来るものなのか、その秘密を覗き見したい気持ちもあり、一緒に作業していました。

■吉澤嘉代子の印象
これはアーティストとしての褒め言葉として使っているのですが、僕の中で吉澤さんは間違いなく「やべー女枠」です。 会って話すと穏やかな口調と表情だけど、出てくる言葉とメロディ、秘めているエネルギーが凄いです。

■「ミューズ」をプロデュースしての感想
歌詞もメロディも素晴らしかったので、初聴きしたときの感情が増幅されるような仕上がりにすることを心がけていました。声が好きなのでアカペラにして削ぎ落とす部分と、和声で押し上げる部分のコントラスト、それが一瞬で過ぎ去る曲になるよう作業していました。聴くたびに違う輝きを発見できる曲になったと思います。
きっと彼女のまだ見せていなかった魅力がたくさん詰まっているはずです。

■吉澤嘉代子へ一言
いつの時も自分に正直に音楽をやっていれば、どんどん吉澤さんの魅力に取り憑かれる人が増えていくでしょう。また曲で、歌で驚かせてください。

シングル「ミューズ」

2018年6月13日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-10399/?1,667+税
【通常盤】(CD)
CRCP-10400/?926+税
<収録曲>
■CD
1. ミューズ
2. おとぎ話のように
■DVD
・お茶会ツアー2017 ドキュメント

【イベント&ライブ情報】

■インストアイベント
5月26日(土) HMV栄イベントスペース
18:00〜(集合時間17:30)/イベント内容:サイン会
5月26日(土) タワーレコード難波店 5F 店内イベントスペース
14:00〜スタート(集合時間13:30)/イベント内容:サイン会
6月13日(水) タワーレコード渋谷店
19:00〜(集合時間18:30)/イベント内容:ライブ&サイン会
※イベント詳細はこちら http://www.crownrecord.co.jp/artist/yoshizawa/whats.html
■『スペシャルコンサート「吉澤嘉代子の発表会」 』
6月16日(土) 東京国際フォーラムホールC
6月17日(日) 東京国際フォーラムホールC
※両日SOLD OUT



【関連リンク】
吉澤嘉代子、3rdシングル「ミューズ」のプロデュースを手がけた蔦谷好位置からコメントが到着
吉澤嘉代子まとめ
MAGiC BOYZ、ツーマン企画『カニヘ西へ』にMCウクダダとMC i knowが決定

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発売

MAGiC BOYZ、ツーマン企画『カニヘ西へ』にMCウクダダとMC i knowが決定
Thu, 17 May 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZによるツーマンライブイベント『HMV×MAGiC BOYZ presents「カニへ西へ」』の第9弾の開催が発表された。『カニへ西へ』シリーズは、MAGiC BOYZ の4人が日本屈指のラッパーや新進気鋭のアーティスト等と本気でしのぎを削りあうことで、さらなるエクスペリエンスとスキルを磨きネクストレベルの境地にたどり着くための武者修行の場。若きラッパー達の憧れ“カニへ西へ”に出会うため、最終目的地であるアメリカを目指すべく、これまでに餓鬼レンジャー、ZEN-LA-ROCK、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB、藤井隆、SUSHIBOYS、chelmico、DEVIL NO ID、オバチャーン、ときめき宣伝部と、ベテランから新進気鋭のアーティストまでと渡り合っている。
 
第9弾は、5月27日(日)表参道WALL&WALLにて、女性2人組HIP HOPユニットのMCウクダダとMC i knowを迎えて開催されることが決定。自ら“ご馳走とダイエット情報の間を行ったり来たりしている標準体型の女の子”と宣言しているように、等身大の日常を綴ったリリックの世界感や絶妙なビジュアを武器に、沖縄在住にも関わらず全国各地のイベントに呼ばれている、これから大注目の2人組。対するMAGiC BOYZは、今回はどんなパフォーマンスを見せるのか? 約2ヶ月ぶりの彼らのライブも、楽しみにしたい。

『HMV×MAGiC BOYZ presents 「カニへ西へ」 Vol.9』

5月27日(日)  東京・表参道WALL&WALL
出演:MAGiC BOYZ、MCウクダダとMC i know
<チケット>
¥3,500(税込)※入場時ドリンク代別途必要
・MAGiC BOYZ 公式LINEマイメン先行
5月18日(金)18:00〜5月21日(月)23:00
・一般チケット発売
5月23日(水)12:00〜



【関連リンク】
MAGiC BOYZ、ツーマン企画『カニヘ西へ』にMCウクダダとMC i knowが決定
MAGiC BOYZまとめ
MCウクダダとMC i knowまとめ
『YOSHIKI CHANNEL』の超豪華28時間ぶっ通しSPにYOSHIKIが5時間生出演

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ, MCウクダダとMC i know
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

『YOSHIKI CHANNEL』の超豪華28時間ぶっ通しSPにYOSHIKIが5時間生出演
Thu, 17 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本最大級の動画サービス「nico nico」のニコニコチャンネルでアーティスト部門1位の『YOSHIKI CHANNEL』では、5月17日(木)18時30分から「手術からちょうど1年超豪華28時間ぶっ通しスペシャル」の放送が決定した。手術からちょうど1年を振り返る内容で、X JAPAN過去ライブ映像一挙公開。そして、YOSHIKIが5時間生出演する他、アニメ界のレジェントと夢のコラボ演奏や、サンリオキャラクター大賞yoshikitty応援企画、さらに「LADY\'S X」オーディション現場からの生中継も決定している。

5月18日(金)17:30からの第1部では、初日速報で4位という好発進でスタートした「サンリオキャラクター大賞yoshikitty応援SP」から始まり、第2部ではYOSHIKIがプロデュースする、世界に向けた新世代ビジュアル系レディースバンド「LADY\'S X」のオーディションが決定! トップレベルの才能が火花を散らす、白熱のオーディション現場から生中継する。第3部では、YOSHIKI単独インタビューとして、頚椎人工椎間板置換の緊急手術からちょうど1年、術後の経過、そして今だからこそ語る手術からの復活と今後、そしてX JAPANの近況とこれからの活動について語る。

さらに、第4部ではアニソン界のレジェンド達が、『YOSHIKI CHANNEL』に初参戦。DRAGON BALLZ「CHALA-HEAD-CHALA」などを手掛け、ソロとJAMPROJECTを合わせて日本人アーティストで最多の海外公演を行っていると言われる、30年に渡りアニソン界の頂点に君臨する影山ヒロノブと、同じくJAMPROJECTのメンバーとしてグローバルな活動を行い、『ONE PIECE』など超人気アニメの主題歌を手がける、きただにひろしとの伝説対談が行なわれる。なんと番組内ではスペシャルセッションも予定しており、ロックとアニソンのレジェンドたちによる、奇跡のコラボは絶対に見逃せない。

先日の『コーチェラ・フェスティバル』では“7人のX JAPAN”として悲願の米国進出を果たし、今なお世界中からの注目を集め続けるYOSHIKIは、今回の放送で一体何を語ってくれるのか。奇跡の神回になること必至の『YOSHIKI CHANNEL』をどうぞお見逃しなく。

『YOSHIKI CHANNEL YOSHIKI凱旋!手術からちょうど1年28時間ぶっ通しSP』

5月17日(木)18:30〜5月18日(金)17:30
【序章】YOSHIKIの軌跡 X JAPANライブ一挙公開スペシャル(無料)

■5月18日(金)
17:30〜18:30【第1部】サンリオキャラクター大賞yoshikitty応援SP
18:30〜20:00【第2部】LADY\'S Xオーディション
20:00〜20:45【第3部】YOSHIKI単独インタビュー
21:00〜22:30【第4部】YOSHIKI&影山ヒロノブ&きただにひろし生出演

※YOSHIKI CHANNEL会員は全編視聴いただけます。
番組全編視聴するには YOSHIKI CHANNELにご入会をお願いいたします。

■YOSHIKI CHANNELとは
「niconico」が提供する「ニコニコチャンネル」内の有料会員制チャンネルとして2015年8月にスタート。現在、ニコニコチャンネルの音楽アーティストチャンネルのランキングで1位の会員数を誇る。



【関連リンク】
『YOSHIKI CHANNEL』の超豪華28時間ぶっ通しSPにYOSHIKIが5時間生出演
YOSHIKIまとめ
Hilcrhyme、EP『One Man』の詳細発表

【関連アーティスト】
YOSHIKI
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, アニメ・声優, ニュース, 出演

Hilcrhyme、EP『One Man』の詳細発表
Thu, 17 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeが7月4日(水)にリリースするEP『One Man』の詳細が発表された。9月2日(日)に日比谷野音で開催する再始動ライブ『Hilcrhyme LIVE 2018“One Man"』に向けた作品で、DJ KATSU脱退後に発売する新生Hilcrhymeとして初のCDとなる。

今作は録り下ろしたばかりの新曲3曲に、ドラマ主題歌として注目を浴びた人気曲「ルーズリーフ」「涙の種、幸せの花」のリメイクバージョン2曲を加えた計5曲を収録。新曲3曲は、今の心情をストレートに綴ったTOCのリリックも聴きどころだ。リード曲の「アタリマエ」は“日々、当たり前に側にいる人と、いつまでも一緒にいられる訳ではない。だからこそ、Hilcrhymeはリスナーからもう二度と離れず、ずっと側にいたい”というTOCの強い覚悟がメッセージとして込められている。

リメイクバージョンの2曲は、歌とトラックをこのEP用に新録し、「ルーズリーフ」は2010年の発売から8年の時を経て今のTOCが歌う2018年版の「ルーズリーフ」に生まれ変わっているので、この作品が放つ今の息吹を感じてほしい。

また、併せてCD購入特典も発表となった。タワーレコード購入者やオフィシャルファンクラブ「4Seasons」会員購入者に特製ポストカードやミニクリアファイルなどのオリジナル特典が付くので、詳細はHilcrhymeオフィシャルHPをチェックしよう。

EP『One Man』

2018年7月4日(水)発売



PROE-1015/¥?2000+税
<収録曲>
1アタリマエ
2GoodLuck
3愛更新
4ルーズリーフ
5涙の種、幸せの花

◎TOWER RECORDSオリジナル特典
「Hilcrhyme特製ポストカード“One Man”」
対象店舗:全国のTOWER RECORDS 店舗&TOWER RECORDS ONLINE
※特典数に限りがあるため、ご予約をおすすめ致します。無くなり次第、終了となります。
さらに、応募抽選で10名の方に「Hilcrhyme直筆サイン入りオフィシャルタオル」をプレゼント!
※ポストカードと同封の応募専用ハガキでご応募ください。http://tower.jp/item/4726360/
◎Hilcrhyme OFFICIAL FANCLUB「4Seasons」会員特典
ユニバーサルミュージックのオンラインサイトで購入されたFC会員の方に「CDジャケット絵柄のミニクリアファイル」をプレゼント
※会員限定のサイトよりご予約下さい。Hilcrhyme OFFICIAL SITE http://hilcrhyme.com/

『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』


9月02日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂
<チケット>
全席指定
前売¥6,000(税込)
当日¥7,000(税込)
※雨天決行
※3歳以上有料、3歳未満入場不可
チケット一般発売:2018年7月14日(土)



【関連リンク】
Hilcrhyme、EP『One Man』の詳細発表
Hilcrhymeまとめ
THE ORAL CIGARETTES、フ?レミアムライヴでバンドの世界観を存分に表現

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, リリース, EP

THE ORAL CIGARETTES、フ?レミアムライヴでバンドの世界観を存分に表現
Thu, 17 May 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スヘ?ースシャワーTVが“あなたの側て?、生きてる音楽。”をコンセフ?トにトッフ?ミューシ?シャンと送るフ?レミアムライヴ番組『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”』の公開収録を、4月14日(月)に東京・Shibuya O-EASTで開催した。

24回目となる今回は、人間の闇の部分に目を背けす?音と言葉を巧みに操り、若い世代に圧倒的な支持を得るロックハ?ント?、THE ORAL CIGARETTESか?登場。キャハ?シティ1000人ほと?のライヴハウスに650名を招待し、空間を贅沢に使用して彼らの世界観を存分に表現した、フ?レミアムな時間となった。

このライヴの模様は6月16日(土)22:00からスヘ?ースシャワーTVで、60分の特別番組としてオンエアされる。なお、同日21:00からは『THE ORAL CIGARETTES MUSIC VIDEO SPECIAL』も放送。合わせてチェックを!

なお、当日のライヴレポートは下記のとおり。

スヘ?ースシャワーTVか?“あなたの側て?、生きてる音楽。”をコンセフ?トに、毎回1組のアーティストをヒ?ックアッフ?するライヴ番組『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”』。その第24弾アーティストとなるTHE ORAL CIGARETTESのライヴか?650名の招待客を招いてShibuya O-EASTて?行なわれた。

オーラルは2018年2月に地元・大阪て?初の大阪城ホール単独ライヴを成功させるなと?、急成長を遂け?ている若手ロックハ?ント?。彼らか?キャハ?1,300人ほどの都内の会場て?ライヴを開催するのは今や貴重な機会た?。ワンマンて?O-EASTに立つのは、2014年以来た?という。ステーシ?にはこの日のためにテ?サ?インされたタヘ?ストリーや、豪奢なシャンテ?リアや柱、花束といった装飾か?施され、中世ヨーロッハ?を彷彿とさせるコ?シックな世界観か?作り上け?られていた。さらに、ハ?ント?初の試みとして“赤と黒”を身に着けるト?レスコート?て?お客さんも巻き込み、これまて?以上にハ?ント?の世界観を作り込んた?スヘ?シャルなライヴは、普段は披露されることの少ない楽曲をふんた?んに盛り込んた?フ?レミアムな内容た?った。

二段に組まれたステーシ?上段から“赤と黒”の衣装に身を包んた?あきらかにあきら(Ba&Cho)、山中拓也(Vo&Gu)、鈴木重伸(Gu)、中西雅哉(Dr)か?登場すると、攻撃的なロックサウント?に乗せて、激しく《嫌い》を連呼する「嫌い」からライヴか?スタートした。4年前のO-EASTワンマンて?も1曲目に披露した、ハ?ント?にとって思い入れのある選曲た?。続けて「5150」や「気つ?けよ Baby」という彼らのライヴに欠かせないキラーチューンを投下すると、“もっとやれるやろ! かかってこいや!”と山中はフロアを挑発するように言葉を投け?かける。“今日は選は?れし者て?しょ? 珍しい曲もと?んと?んやっていきます!”。そんなアナウンスと?おり、この日はレア曲か?立て続けに披露された。鈴木のキ?ターか?むせひ?泣くスローハ?ラート?曲「S-LOW」や、“春の歌を1曲”と紹介した「通り過き?た季節の空て?」、インテ?ィース?時代に悔しさを吐露した「N.I.R.A」、初期のシンク?ル「エイミー」に収録されていたカッフ?リンク?曲「踊り狂う人形」。人間の負の感情を隠さす?に抉り出すオーラルの楽曲の中て?も、最もタ?ークて?テ?ィーフ?な部分か?O-EASTて?浮き彫りになっていった。

サヒ?て?大合唱を巻き起こした「A-E-U-I」は、あきらと鈴木か?ステーシ?上段て?ソロフ?レイを見せると、中西のト?ラムソロに合わせて、山中も太鼓を叩くという新たなアレンシ?か?新鮮た?った。MCて?は初の試みとなった“赤と黒”のト?レスコート?について触れると、山中か?鈴木に“俺ら幼馴染みた?けと?、今まて?隠してたことか?ある”と言って、“そのシャツ、俺も持ってる(笑)”と暴露。その言葉に鈴木か?シャツを脱く?ような仕草をして、フロアの笑いを誘った。そして“これからも俺らはあなたたちと一瞬て?も長く一緒にいられることを願っています。よかったら一緒に歌ってくた?さい”という言葉から、初めて山中か?誰かのためを思って書いた曲て?あり、共に未来を生きていくために完成させた大切な楽曲「ReI」を披露。O-EASTはそのハ?ント?の意思に深く賛同するように、温かい大合唱に包まれた。

“ここからは飛は?して行きたいんて?すけと?、ついて来れますか!?”という叫ひ?声を合図に、いよいよラストスハ?ートに向かっていく…と思ったところて?、まさかの曲順を間違えるというハフ?ニンク?も。オーラルにしては珍しいアクシテ?ントた?ったか?、それもライヴの醍醐味た?。気を取り直してあきらの強靭なヘ?ースのク?ルーウ?て?踊らせた「Shala La」、フロント3人か?やんちゃに暴れ回ったメシ?ャーテ?ヒ?ューシンク?ル「起死回生STORY」て?会場の熱狂を最高潮まて?持っていくと、6月13日にリリースするアルハ?ム『Kisses and Kills』から「容姿端麗な嘘」か?ライヴで初披露された。タ?ンサフ?ルなヒ?ートと妖艶なメロテ?ィーか?絡み合う、オーラルの新機軸た?。「カンタンナコト」て?はフロアーか?一斉に激しく頭を振り、「狂乱 Hey Kids!!」て?はレーサ?ー光か?お客さんの頭上て?激しく交錯し、ついにラスト1曲へ!

“スヘ?ースシャワーの皆さん、こんな素晴らしい場所を用意してくれてありか?とうこ?さ?います!”と感謝を伝えると、集まったお客さんを指して“これからも俺らはこいつらと一緒に進んて?いきます!”と誇らしけ?に宣言。山中か?最前列の柵の上に立ち、押し寄せるタ?イハ?ーたちともみくちゃになりなか?ら届けたラストソンク?「BLACK MEMORY」て?最高の瞬間を作り上け?ると、キ?ターの残響音を残してメンハ?ーはステーシ?を後にした。

アンコールて?は再ひ?メンハ?ー全員か?ステーシ?に登場すると、山中はマイクを通さす?“す?っとあなたたちと隣り合っていきますから”と語りかけた。“ひとりし?ゃ無理やて?。ひとりし?ゃ絶対に無理。た?から私ひとりて?いい、俺ひとりて?いいとは言わんて?くた?さい。周りにいないのやったら、俺ら4人を頼ってくた?さい。あなたたちか?ひとりほ?っちにならないように、俺らはす?っといますから。それた?けは覚えておいてくた?さい”と。そして、 その想いを楽曲へと託したロックハ?ラート?「トナリアウ」て?ライヴは親密なムート?に包まれて幕を閉し?た。

この日、最初から最後まて?真っすく?にお客さんと対峙したTHE ORAL CIGARETTESの誠実な音楽と真摯な言葉は、明日を生きる私たちに確かな勇気をくれるものた?った。なお、このライヴの模様はスヘ?ースシャワーTVて?6月16日(土)22:00よりオンエアされる。

【セットリスト】
01.嫌い
02.5150
03.気つ?けよBaby
04.ハロウィンの余韻
05.S-LOW
06.通り過き?た季節の空て?
07.DIP-BAP
08.N.I.R.A
09.踊り狂う人形
10.ミステイル
11.A-E-U-I
12.ReI
13.Shala La
14.起死回生STORY
15.容姿端麗な嘘
16.カンタンナコト
17.狂乱Hey Kids!!
18.BLACK MEMORY
EN1.トナリアウ

photo by Viola Kam(V\'z Twinkle)

『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU” 〜THE ORAL CIGARETTES〜supported by uP!!!』

放送日時:6月16日(土)22:00〜23:00ほか
出演:THE ORAL CIGARETTES
番組詳細
http://sstv.jp/lwy24

【公開収録概要】
開催日:5月14日(月)
開場 18:30 / 開演 19:00
収録場所:Shibuya O-EAST
※募集時非公開
募集人数:合計650名(完全無料招待制)

関連番組:『THE ORAL CIGARETTES MUSIC VIDEO SPECIAL』
6月16日(土)21:00〜22:00ほか



【関連リンク】
THE ORAL CIGARETTES、フ?レミアムライヴでバンドの世界観を存分に表現
THE ORAL CIGARETTESまとめ

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 新曲, テレビ番組, 音楽番組, 出演, ライブ, ワンマン, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1