歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
吉井和哉、ソロ15周年記念盤のジャケ写解禁&新曲「Island」がついに完成
Mon, 14 May 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ソロデビュー15周年を迎える吉井和哉のアニバーサリーアルバム『SOUNDTRACK〜Beginning & The End〜』のジャケット写真が公開された。

このアルバムはソロ活動期間12年間の集大成であり、『ソロ活動が1本の映画としたら、サントラのようなもの』というコンセプトにて制作されたという。そんな作品を象徴するカバー写真が、この物語の中のある男のポートレイトとして、フォトグラファー・ホンマタカシ氏によって撮り下ろされたのだ。

また、アルバムに収録される新曲「Island」が完成し、同曲が今作のラストを飾ることになった。同時にLive Blu-ray Box『1228』の全収録楽曲ラインナップとともに、5デジパック+1228\'s Photobook(92P)封入の豪華ボックス仕様という商品展開写真とカバー写真も公開されたので、こちらも合わせてチェックしてもらいたい。

発売まであと1ヶ月を待ちきれない方のために、このBoxのDISC 10『Kazuya Yoshii Beginning & The End』より厳選された12曲のライブ映像が映像配信サービス『GYAO!』 にて6月13日まで期間限定にて無料配信されている。まずはGYAO!にて15周年をみんなでお祝いしよう!

■GYAO! MUSIC LIVE『Kazuya Yoshii Beginning & The End』
※配信期間:5月14日(月)12:00〜6月13日(水)23:59
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00081/v09965/v0992400000000542212/

アルバム『SOUNDTRACK〜Beginning & The End〜』

2018年6月13日発売



【CD】
COCP-40393/¥2,778+税
※紙ジャケ仕様
【カセットテープ】
COTA-5523/¥2,778+税
<収録曲>
MY FOOLISH HEART
シュレッダー
FLOWER
CALL ME
(Everybody is) Like a Starlight
点描のしくみ
恋の花
血潮
HEARTS
TALI
トブヨウニ
ノーパン(収録:日本武道館 2015.12.28)
Island(新曲)

Blu-ray Box『1228』

2018年6月6日発売



COXA-1231〜1240/¥32,407+税
※完全初回生産限定
※5デジパック+1228\'s Photobook(92P、撮影:有賀幹夫)封入 豪華ボックス仕様
<収録内容>
■DISC 1(COXA-1231)
『TOUR 2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA』
Opening SE “Let\'s Go Let\'s Go"
1. I WANT YOU I NEED YOU
2. LIVING TIME
3. HOLD ME TIGHT
4. 人それぞれのマイウェイ
5. LONELY
6. 黄金バッド
7. CALL ME
8. 20 GO
9. Ziggy Stardust
10. SPARK
11. ALL BY LOVE
12. WEEKENDER
13. 楽園
14. TALI
15. BEAUTIFUL
16. バラ色の日々
17. LOVE LOVE SHOW
18. BLACK COCK\'S HORSE
19. FINAL COUNTDOWN
20. 恋の花
21. パール
23. BELIEVE
24. JAM
※収録:2006年12月28日 日本武道館
■DISC 2(COXA-1232)
『YOSHII BUDOKAN 2007』
1. Do The Flipping
2. Biri
3. I WANT YOU I NEED YOU
4. HOLD ME TIGHT
5. ルーザー
6. 黄金バッド
7. Tactics
8. ワセドン3
9. 大都会
10. HELP!
11. カナリヤ
12. NATURALLY
13. HIKARETA
14. マンチー
15. シュレッダー
16. バラ色の日々
17. WEEKENDER
18. FINAL COUNTDOWN
19. TALI
20. SO YOUNG
21. BELIEVE
22. バッカ
23. トブヨウニ
※収録:2007年12月28日 日本武道館
※初Blu-ray化(DVD:「LIVE LIVE LIVE」DISC 2)
■DISC 3(COXA-1233)
『YOSHII BUDOKAN 2008』
1. ビルマニア
2. I CAN BE SHIT, MAMA
3. Do The Flipping
4. 黄金バッド
5. SIDE BY SIDE
6. ルーザー
7. BLOWN UP CHILDREN
8. NAI
9. CALL ME
10. TALI
11. 天国旅行
12. シュレッダー
13. SNOW
14. バッカ
15. WEEKENDER
※収録:2008年12月28日 日本武道館
※初Blu-ray化(DVD:5th ALBUM「VOLT」初回限定盤)
■DISC 4(COXA-1234)
『YOSHII BUDOKAN 2009』
1. JUST A LITTLE DAY
2. ALL BY LOVE
3. Do The Flipping
4. LIVING TIME
5. 黄金バッド
6. ウォーキングマン
7. LONELY
8. CALL ME
9. FALLIN\' FALLIN\'
10. I WANT YOU I NEED YOU
11. 魔法使いジェニー
12. BLACK COCK\'S HORSE
13. BEAUTIFUL
14. TALI
15. ONE DAY
16. ビルマニア
17. ノーパン
18. BELIEVE
19. ルビー
20. WEEKENDER
21. FINAL COUNTDOWN
22. Shine and Eternity
※収録:2009年12月28日 日本武道館
※初映像化
■DISC 5(COXA-1235)
『YOSHII BUDOKAN 2010』
1. ACIDWOMAN
2. PHOENIX
3. WEEKENDER
4. ヘヴンリー
5. ウォーキングマン
6. 人それぞれのマイウェイ
7. BLOWN UP CHILDREN
8. 20 GO
9. Do The Flipping
10. リバティーン
11. Four Seasons
12. おじぎ草
13. TALI
14. BELIEVE
15. ノーパン
16. ビルマニア
17. アバンギャルドで行こうよ
18. FINAL COUNTDOWN
19. LOVE & PEACE
※収録:2010年12月28日 日本武道館
※初映像化(DVD:3曲のみ収録6th ALBUM「The Apples」初回限定盤)
■DISC 6(COXA-1236)
『Flowers & Powerlight Tour 2011 〜born-again〜』
1. Born
2. 無音dB
3. VS
4. Next Innovation
5. 煩悩コントロール
6. FINE FINE FINE
7. 母いすゞ
8. ダビデ
9. HATE
10. クランベリー
11. RED LIGHT
12. ALL BY LOVE
13. バスツアー
14. 嘆くなり我が夜のFantasy
15. マサユメ
16. ビルマニア
17. LOVE & PEACE
18. 星のブルース
19. MUSIC
20. FINAL COUNTDOWN
21. FLOWER
※収録:2011年12月28日 日本武道館
※初Blu-ray化(DVD:完全受注生産限定盤「BLUE APPLES」DISC 1)
■DISC 7(COXA-1237)
『YOSHII BEANS』
1. Romantist Taste
2. I WANT YOU I NEED YOU
3. 黄金バッド
4. Next Innovation
5. リバティーン
6. FALLIN\' FALLIN\'
7. 夜明けのスキャット
8. シュレッダー
9. MUSIC
10. VS
11. 点描のしくみ
12. HEARTS
13. バッカ
14. 星のブルース
15. アバンギャルドで行こうよ
16. FINAL COUNTDOWN
17. 血潮
※収録:2012年12月28日 日本武道館
※初Blu-ray化(DVD:FC限定・数量限定盤「YOSHII BEANS」)
■DISC 8(COXA-1238)
『20th Special YOSHII KAZUYA SUPER LIVE』
1. Romantist Taste
2. 楽園
3. 点描のしくみ
4. SIDE BY SIDE
5. BLACK COCK\'S HORSE
6. 花吹雪
7. HEARTS
8. バッカ
9. BEAUTIFUL
10. 球根
11. シュレッダー
12. マンチー
13. WEEKENDER
14. LOVE LOVE SHOW
15. WINNER
16. WELCOME TO MY DOGHOUSE
17. SUCK OF LIFE
18. ビルマニア
19. 血潮
20. HIKARETA
21. 星のブルース
22. SO YOUNG
23. FINAL COUNTDOWN
24. FLOWER
※収録:2013年12月28日 マリンメッセ福岡
※初Blu-ray化(DVD:FC限定・数量限定盤「20th Special YOSHII KAZUYA SUPER LIVE」)
■DISC 9(COXA-1239)
『YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014 〜此コガ原点!!〜』
1. SPINNING TOE HOLD
2. 真赤な太陽
3. WEEKENDER
4. ウォンテッド (指名手配)
5. おまえがパラダイス
6. サムライ
7. VS
8. 夢の途中
9. あの日にかえりたい
10. 百合コレクション
11. 人形の家
12. シュレッダー
13. さらばシベリア鉄道
14. MUSIC
15. 点描のしくみ
16. ビルマニア
17. SPINNING TOE HOLD
18. 襟裳岬
19. アバンギャルドで行こうよ
20. SUCK OF LIFE
21. FINAL COUNTDOWN
22. クリア
23. ボンボヤージ
※収録:2014年12月28日 日本武道館
※初Blu-ray化(DVD:12曲収録7th ALBUM「STARLIGHT」初回限定盤、12曲収録「ヨシー・ファンクJr. 〜此レガ原点!!〜 Deluxe Edition」DISC 4、「襟裳岬」は両作品に収録)
■DISC 10(COXA-1240)
『Kazuya Yoshii Beginning & The End』
1. 恋の花
2. PHOENIX
3. I WANT YOU I NEED YOU
4. 欲望
5. SIDE BY SIDE
6. CALL ME
7. BLOWN UP CHILDREN
8. 朝日楼(朝日のあたる家)
9. シュレッダー
10. TALI
11. 魔法使いジェニー
12. MUSIC
13. 点描のしくみ
14. (Everybody is) Like a Starlight
15. FLOWER
16. 雨雲
17. トブヨウニ
18. SWEET CANDY RAIN
19. BLACK COCK\'S HORSE
20. ノーパン
21. HEARTS
22. FINAL COUNTDOWN
23. 血潮
24. MY FOOLISH HEART
※収録:2015年12月28日 日本武道館
※初映像化

【ライブ情報】

『Kazuya Yoshii 15th Anniversary Tour 2018 -Let\'s Go Oh! Honey-』
6月12日(火)  福岡サンパレスホテル&ホール
6月14日(木)  大阪フェスティバルホール
6月19日(火)  仙台サンプラザホール
6月23日(土)  東京国際フォーラム ホールA
6月30日(土)  名古屋・日本特殊陶業市民会館

『Kazuya Yoshii 15th Anniversary Tour 2018 -Let\'s Go Oh! Honey- 会員制』
6月16日(土)  Zepp Osaka Bayside
6月26日(火)  新木場スタジオコースト



【関連リンク】
吉井和哉、ソロ15周年記念盤のジャケ写解禁&新曲「Island」がついに完成
吉井和哉まとめ
Caravan、1月から開催してきたツアーがまもなく最終公演に!&来場者プレゼントのPINS公開

【関連アーティスト】
吉井和哉
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, Blu-ray, アルバム, 発表, 名曲, 新曲, リリース, 発売

Caravan、1月から開催してきたツアーがまもなく最終公演に!&来場者プレゼントのPINS公開
Mon, 14 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年1月のCLUB CITTA\'公演を皮切りに開催していたCaravanのツアー『Caravan "The Harvest Time" TOUR 2018』が、5月20日(日)EX THEATER ROPPONGIにてついにファイナル公演を迎える。当日は来場者全員にポスターとオリジナルPINSがプレゼントされ、今回オリジナルPINSの画像が解禁となった。ファイナル公演のチケットは現在発売中となっているので、気になる方はお早めに!

また、Caravanからのコメントも到着したので、こちらも併せてチェックしてほしい。

■【コメント】

日本全国、久しぶりの長いツアーを経て

目には見えない音楽というマジックを、
そしてそれを共有するライブというものを、
本当に必要としている君や僕がいることを噛みしめている。

簡単に音源や映像や情報を手に入れられる昨今、
わざわざライブに足を運ぶということは、
悲しいかな容易なことではなくなってしまった。

しかも僕のライブは、
交通手段が不便な場所だったり、
山の中だったり、岬の突端だったり、
一風変わった場所が多いからなおさらだよね。

それでも、その日を楽しみに小さな旅を楽しんでくれる皆に、
感動にも似た感謝の気持ちを抱かずにはいられない。

この先 どんな時代になるのか分からないけれど、
きっと僕のスタンスは変わらないだろう。

どこに居てもよそ者で、
誰と居ても孤独で、
いつも自分でも分からない何処かに
帰りたいと感じていた僕が
音楽を届ける旅を通じて
自由や解放や責任や繋がりを感じ
学ぶことが出来たから。

僕にとってライブは人間活動の最たるものの一つなんだ。

そして迎える5/20のツアーファイナル、
最高な仲間達、スタッフ達と、お待ちしています。

是非、小さな旅に出てもらえたら嬉しいです。

Caravan

『Caravan "The Harvest Time" TOUR 2018 FINAL』

5月20日(日) 東京・EX THEATER ROPPONGI
<出演>
Caravan(Vo)/宮下広輔(ps.Gu&ls.Gu)/高桑 圭、Curly Giraffe(Ba)/椎野恭一(Dr)/堀江博久(Key)
※来場者全員にCaravanオリジナルPINSをプレゼント!
<チケット>
全席指定¥5,500(税込)
■チケット情報ページ http://bit.ly/2rBa5Ya



【関連リンク】
Caravan、1月から開催してきたツアーがまもなく最終公演に!&来場者プレゼントのPINS公開
Caravanまとめ
城之内ミサ出演の記念式典コンサート開催間近! &世界遺産トーチランコンサートにも出演

【関連アーティスト】
Caravan
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, チケット

城之内ミサ出演の記念式典コンサート開催間近! &世界遺産トーチランコンサートにも出演
Mon, 14 May 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フランス・パリのユネスコ本部大ホールにて行なわれる、第8代ユネスコ事務局長・松浦晃一郎氏の傘寿の記念式典コンサートの開催がいよいよ5月18日(金)と迫ってきた。このコンサートは、アジアで初のユネスコ事務局長に選出され、1999年〜2009年まで同職をつとめた松浦氏が、傘寿を迎えられた功績を讃える式典の一環として行なわれる。

音楽監督にはユネスコ平和芸術家の城之内ミサを迎え、全て同女史のオリジナル楽曲にて日本を代表する奏者とフランスの国立オーケストラのメンバーの演奏により本公演に彩りを添える。ほかにもマリエレーヌ・クロース(バイオリン・ソロ)、馬場信子(琴)、シャオロン(中国琵琶)、サワン・ジョシ(シタール)と、各国の多彩なパフォーマンスを堪能できる贅沢なラインナップ。入場料は無料という(ウェブサイト上で要予約)この貴重な機会に、ぜひ足を延ばして参加してみてはいかがだろうか。

さらに城之内ミサは、11月30日(金)に東京文化会館(小ホール)にて行なわれる、国立西洋美術館を構成資産に含む「ル・コルビュジエの建築作品−近代建築運動への顕著な貢献−」の世界遺産登録2周年および日仏友好160周年記念の世界遺産トーチランコンサートにも出演が決まっている。本公演では、“世界遺産保護”およびユネスコ憲章である“心の平和”への祈念を発信するとともに、戦後の日本とフランスの文化交流の象徴となった国立西洋美術館を通じて、日仏友好160周年のPRを行なうとのこと。コンサートは第1部として行なわれ、第2部では松浦晃一郎氏(元ユネスコ事務局長)ほかによるトークセッションを予定している。

【第8代ユネスコ事務局長・松浦晃一郎氏の傘寿の記念式典コンサート】

5月18日(金) フランス・パリ・ユネスコ本部大ホール
開演 18:00〜/開場 17:00
Lieu : UNESCO, Salle I(125 Avenue Suffren 75007 Paris)
Date : Vendredi 18 mai 2018 ? 18h00(ourverture des portes ? 17h00)

<出演>
ユネスコ平和芸術家・城之内ミサ(作曲/編曲/指揮/ピアノ/音楽監督)
フランスを代表する国立管弦楽団奏者による特別編成オーケストラ
マリエレーヌ・クロース:バイオリン・ソロ(国立パリ・オペラ座管弦楽団)

馬場信子/琴 、シャオロン/中国琵琶、 サワン・ジョシ/シタール
(世界遺産トーチランコンサートオーケストラメンバー)
合唱:東邦音楽大学附属東邦中学高等学校有志合唱団

※入場無料 (ウェブサイト上で要予約)
Entr?e libre ? libre participation (r?servation en ligne obligatoire)

主催:ユネスコ パリ本部

<お問い合わせ先>
メールアドレス:km80@unesco.org
オンライン予約のリンク:https://teamsnet.unesco.org/km80/SitePages/Home.aspx
※英語とフランス語のみ

【世界遺産登録2周年および日仏友好160周年記念 世界遺産トーチランコンサート】

11月30日(金) 東京文化会館(小ホール)
16:00〜19:30予定
<内容> 
■第1部(コンサート)16:00〜17:30
出演:城之内ミサ氏(ユネスコ平和芸術家)ほか
■第2部(トークセッション)17:45〜18:20
松浦晃一郎氏(元ユネスコ事務局長)ほか
・レセプション 18:30〜19:30
出席予定者:フランス大使館関係者、松浦氏、城之内氏、馬渕国立西洋美術館長、服部台東区長、河野台東区議会議長

主催:台東区
実施:世界遺産トーチランコンサート協会
http://www.wh-trc.org/



【関連リンク】
城之内ミサ出演の記念式典コンサート開催間近! &世界遺産トーチランコンサートにも出演
城之内ミサまとめ
AK-69、Toshlとのコラボ曲配信開始! ドキュメント映像の続編も公開!

【関連アーティスト】
城之内ミサ
【ジャンル】
ニュース, クラシック

AK-69、Toshlとのコラボ曲配信開始! ドキュメント映像の続編も公開!
Mon, 14 May 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AK-69がToshl(X JAPAN)とタッグを組んだ新曲「BRAVE feat.Toshl(X JAPAN)」が5月14日より配信開となった。同曲を含む3曲の新曲を収録する究極コラボベストアルバム『無双Collaborations -The undefeated-』からの先行配信となる。

この衝撃のコラボレーション楽曲を制作するスタジオ内に潜入したトレイラー映像が先日アップされおおきな話題を呼んでいるが、楽曲配信と同タイミングで、その続編となるドキュメント映像もアップされた。映像内ではクリエイティヴな世界を生きる“アーティストの生き様"が垣間見えるスリリングな会話が繰り広げられ、ファンならずとも非常に興味深い内容となっている。

先行配信された「BRAVE feat.Toshl(X JAPAN)」とともに、こちらの映像も是非チェックして欲しい。

配信楽曲 「BRAVE feat.Toshl(X JAPAN)」

2018年5月14日(月)配信



※2018年6月20日発売のアルバム『無双Collaborations -The undefeated-』より先行配信
https://umj.lnk.to/ak_bravePR

アルバム『無双Collaborations -The undefeated-』

2018年6月20日(水)発売



UICV-1098/¥3,000+税
<収録予定曲>
BRAVE feat.Toshl(X JAPAN)
ほか予定

◎先着購入者特典
69Homies会員:B2ポスター(FC限定オリジナル絵柄)
TSUTAYA:B2ポスター(TSUTAYA限定オリジナル絵柄)
その他一般CDショップ:B2告知ポスター(CDショップ用共通絵柄)
※特典は先着となり数に限りがありますので、早期のご予約をお奨めいたします。
※一部取扱いのない店舗・オンランインショップもございます。詳しくは各CDショップにてご確認ください。
※各ポスターデザインは追って発表致します。



【関連リンク】
AK-69、Toshlとのコラボ曲配信開始! ドキュメント映像の続編も公開!
AK-69まとめ
Toshlまとめ
X JAPANまとめ
山崎エリイ、自身の動画番組イベントで2ndシングルのリリースを発表

【関連アーティスト】
AK-69, Toshl, X JAPAN
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, コラボレーション, トレーラー, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 配信, ヒップホップ

山崎エリイ、自身の動画番組イベントで2ndシングルのリリースを発表
Mon, 14 May 2018 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『FRESH!』にて毎月配信されている山崎エリイによる動画番組『山崎エリイ 21時でも起きてます◇』のイベントが5月12日(土)に開催され、その昼公演『山崎エリイ 21時でも起きてます◇〜14時なので起きてます〜』において、8月に2ndシングルをリリースすることが発表された。

イベントでは番組の名場面集や5月31日に発売される写真集『ナイショだよ?』のオフショット鑑賞会を実施。名場面集では、自らの自由奔放なトークに自ら突っ込みながら赤面する山崎エリイに、会場からは大きな笑いや歓声が上がる。一方、オフショット鑑賞会では写真集撮影時のメイキング映像を上映。映像を見ながら、おでこを出したり、チャイナドレスを着たりと、初めての挑戦が多かった撮影当時の様子を振り返った。

そのほか『エリイが〇〇してあげる▽(※)』や『エリイの知らない世界』など、番組のレギュラーコーナーを展開。『エリイの知らない世界』では、自分に足りないものは“勇気"ということで『箱の中身はなんだろな?』に挑戦した。

さまざまなコーナーで会場が盛り上がり、いよいよエンディングというところで山崎自身の口から、8月に2ndシングルをリリースすることが発表されると、会場はこの日一番の盛り上がりをみせ、大きな拍手と歓声が送られた。 そのシングルの詳細を待ちながら、今後の彼女の動向からも目を離さないようにしよう。

※ ▽=ハートマーク

■『山崎エリイ 21時でも起きてます◇ 』オフィシャルページ
https://freshlive.tv/yamazaki-erii



【関連リンク】
山崎エリイ、自身の動画番組イベントで2ndシングルのリリースを発表
山崎エリイまとめ
超特急、アリーナツアーの模様をWOWOWにて放送決定

【関連アーティスト】
山崎エリイ
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, 声優, レポート

超特急、アリーナツアーの模様をWOWOWにて放送決定
Mon, 14 May 2018 13:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が新体制では初となるアリーナツアー『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING 「Sweetest Battlefield」』の模様をWOWOWで放送することがわかった。同ツアーのチケットは発売と同時に完売となっており、WOWOWでは5月27日(日)に行なわれる東京・武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ公演が6月30日(土)15:00〜放送される。残念ながらチケットがゲットできなかった方は、このチャンスに超特急の勇姿をぜひその目で確かめてほしい。

2018年に入って6人組となった超特急。新体制移行後、4月に最新シングル「a kind of love」、5月にオーストラリアで撮影された4冊目のフォトブック『超特急×Australia restart』を相次いでリリース。中でも「a kind of love」はオリコンデイリーチャート1位を記録しただけではなく、超特急のシングル史上最高のセールス枚数をたたき出した。

『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING「Sweetest Battle field」』

5月26日(土) 武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
5月27日(日) 武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ ※WOWOWにて放送予定
6月09日(土) 神戸ワールド記念ホール
6月10日(日) 神戸ワールド記念ホール

※全公演チケット完売



【関連リンク】
超特急、アリーナツアーの模様をWOWOWにて放送決定
超特急まとめ
BUCK-TICK、豪華ライヴ映像作品のトレーラー映像&ジャケ写を解禁

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 発表, テレビ番組, ライブ, ツアー

BUCK-TICK、豪華ライヴ映像作品のトレーラー映像&ジャケ写を解禁
Mon, 14 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKが6月27日にリリースする豪華映像作品『CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016 / CLIMAX TOGETHER 3rd』のトレーラー映像とジャケット写真を公開した。

BUCK-TICKにとって特別なライヴ公演『CLIMAX TOGETHER』を題材に、2017年6月に全国公開された劇場映画作品『CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016』。24年という時空を跨いで、このライヴをメンバーがインタビューで振り返り、1本の線上に繋ぎ直すことによって、メンバーの成長、ファンとの関係性の変化、そしてBUCK-TICKというバンドが唯一無二の存在であることが浮かび上がる作品となっている。

一方『CLIMAX TOGETHER 3rd』は2016年9月11日に横浜アリーナにて開催された自身3度目の『CLIMAX TOGETHER』を約2時間、全21曲を余すことなく収録。本公演の模様はWOWOWでもオンエアされたが、再編集を施したコンプリート版と言えるライブ映像作品だ。

これら2本の豪華映像が収録されているのが冒頭の『CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016 / CLIMAX TOGETHER 3rd』である。この度公開となったトレーラーは、この2本から制作された作品の一端を垣間見ることのできる内容になっているとのこと。また同時公開となったジャケット写真の制作は、メンバーの信頼も熱いクリエーターの秋田和徳が務めており、作品に新たな世界観をもたらすビジュアルとなっているので、あわせてチェックしてみてほしい。

Blu-ray&DVD『CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016 / CLIMAX TOGETHER 3rd』

2018年6月27日(水)発売



【完全生産限定盤(2BD)】
VIXL-233〜234/¥12,000+税
【完全生産限定盤(2DVD)】
VIBL-898〜899/¥11,000+税
※本作品は2形態全て生産限定商品となります。メーカーの在庫がなくなり次第、出荷終了となります。
<収録内容>
■Disc1 『CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016』(劇場映画作品)
全国23館で公開されたBUCK-TICKの劇場版作品2作目。
1992年、2004年、2016年、横浜アリーナで3度行われたCLIMAX TOGETHERをライヴ映像とインタビューで振り返る。不動のメンバーによる30年の歩み、誰もがなしえたことのないその一端に触れる歴史的な音楽映像作品。
■Disc2 『CLIMAX TOGETHER 3rd』(ライヴ映像作品)
2016年9月11日に横浜アリーナにて行なわれた『CLIMAX TOGETHER 3rd』のコンプリート版。
24年の時空を超えた宇宙規模ともいえるスケール感、そして30周年への突入を控えなお進化を止めないBUCK-TICKのアティチュードが集約され、歴史に刻まれる一夜となった。
《収録曲》
SE.Cleave ad Open
01.スピード
02.MACHINE-Remodel-
03.エリーゼのために
04.唄
05.無知の涙
06.羽虫のように
07.ドレス
08.ROMANCE
09.独壇場Beauty -R.I.P.-
10.GIRL
11.メランコリア-ELECTRIA-
12.Jonathan Jet-Coaster
13.極東より愛を込めて
14.Memento mori
15.世界は闇で満ちている
16.JUPITER
17.無題
18.夢魔-The Nightmare
19.New World
20.Alice in Wonder Underground
21.CLIMAX TOGETHER

◎早期予約キャンペーン概要
対象チェーンにてご予約・ご購入いただきました方に先着で“CLIMAX TOGETHER SPECIAL PHOTOBOOK"をプレゼント!
対象期間:2018年4月30日(月)12:00(正午)から2018年5月20日(日)23:59まで
※早期予約キャンペーン特典のお渡しは商品ご購入時となります。
※早期予約キャンペーン特典の絵柄やサイズは追ってご案内いたします。
<対象チェーン>
・タワーレコード全国各店/タワーレコード オンライン
・HMV全国各店/ HMV & BOOKS online
・TSUTAYA全国各店/TSUTAYAオンライン
※TSUTAYAオンラインは予約分のみとなります。
・Amazon
・新星堂全国各店/WonderGOO全国各店/新星堂WonderGOO楽天市場店(一部店舗除く)
・文真堂書店/タイムクリップCD取扱い各店
・Rakutenブックス
・ビクターエンタテインメント オンラインショップ

『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』

5月19日(土) 岡山:倉敷市民会館
5月20日(日) 京都:ロームシアター京都(京都会館) メインホール
5月26日(土) 北海道:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月01日(金) 福島:けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター)中ホール
6月03日(日) 千葉:市川市文化会館
6月09日(土) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
6月10日(日) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
6月14日(木) 新潟:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場
6月23日(土) 広島:広島JMSアステールプラザ大ホール
6月24日(日) 福岡:福岡市民会館
6月30日(土) 宮城:仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
7月01日(日) 青森:リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
7月06日(金) 埼玉:川口総合文化センター リリアメインホール
7月07日(土) 神奈川:神奈川県民ホール 大ホール
7月14日(土) 静岡:静岡市民文化会館 中ホール
7月15日(日) 愛知:日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧:名古屋市民会館)
7月18日(水) 東京:NHKホール
7月19日(木) 東京:NHKホール
<追加公演>
7月26日(木) 東京:東京国際フォーラムホールA



【関連リンク】
BUCK-TICK、豪華ライヴ映像作品のトレーラー映像&ジャケ写を解禁
BUCK-TICKまとめ
CRAZY VODKA TONIC、ツアーファイナルとして岡山でのワンマン公演を発表

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, ライブ, 映画

CRAZY VODKA TONIC、ツアーファイナルとして岡山でのワンマン公演を発表
Mon, 14 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

CRAZY VODKA TONICが、7月14日(土)に岡山CRAZYMAMA 2ndRoomでワンマンライブを開催することが分かった。このワンマン公演は、現在開催されている初の全国流通盤『書を灯す』リリースツアーのファイナル公演として行なわれる。

倉敷のタワーレコードでは長期に渡ってチャート上位を獲得し、先日岡山で開催されたWOMCADOLEとの2マンライヴも超満員SOLD OUTとなっただけに、ワンマンライブにも大きな期待が集まる。チケットは5月26日(土)より、各プレイガイドで発売されるので、気になる方はぜひ彼らのライブを体感してほしい。

リリースツアー『書を描く』

5月18日(金) 福岡Queblick
w)ゆるふわリムーブ / PASTLEAKS / HOME STORAGE / STRADOLL
5月19日(土) 米子 AZTiC laughs
w)ドラマストア / T/ssue / SUNNY CAR WASH / シロとクロ
6月10日(日) 高松DIME
w)ドラマストア / レトロカラーコレクション
6月15日(金) 名古屋APOLLO BASE
w)ユアネス / T/ssue / CoolRunnings
6月17日(日) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
w)ユアネス / ハンブレッダーズ / ニアフレンズ
6月23日(土) 新宿SAMURAI
※ワンマン
6月29日(金) 新潟RIVERST
w)ドラマストア / 神はサイコロを降らない / KAKASHI / シルエ
6月30日(土) 郡山PEAK ACTION
w)ドラマストア / 神はサイコロを振らない/ KAKASHI
7月01日(日) 宇都宮HELLO DOLLY
w)ドラマストア / 神はサイコロを振らない/ KAKASHI / Clock End
7月08日(日) 広島セカンドクラッチ
w)ドラマストア
7月14日(土) 岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
※ワンマン

ミニアルバム『書を灯す』 

発売中



LBCVT-0001/¥1,700+税
<収録曲>
1.涙の走馬灯
2.盲目のピアニスト
3.ラブソング
4.言い訳を知る
5.エルビスの真相
6.雨のあとに
7.羨望の春を解く



【関連リンク】
CRAZY VODKA TONIC、ツアーファイナルとして岡山でのワンマン公演を発表
CRAZY VODKA TONICまとめ
ミサンガ、認知症の祖母へ贈る「はじめまして、ばぁちゃん。」が各所で話題に!

【関連アーティスト】
CRAZY VODKA TONIC
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン

ミサンガ、認知症の祖母へ贈る「はじめまして、ばぁちゃん。」が各所で話題に!
Mon, 14 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

九州出身のスリーピースバンド・ミサンガのメジャーデビューシングル「はじめまして、ばぁちゃん。」が注目を集めている。同シングルはメンバーである高尾和行(Gt.&Cho.)が自身の祖母へ贈ったラブソング。早くに夫を亡くし、65歳まで働いた祖母は少しずつ認知症の症状が出るようになった。5年ぶりに高尾が祖母のもとへ出掛け『久しぶり』と声を掛けると『どうもこれは初めまして』と、よそよそしい表情だった。

この曲は“自分のことを覚えていなくても、僕のばぁちゃん"…そんな思いを込め、米寿祝いの手紙代わりに作ったという。ジャケット写真は自身もおばぁちゃんっ子であるという麒麟の川島明が担当。実際に楽曲を聴きオファーを快諾したとのことだ。

既に各所で話題を呼んでいるこの楽曲だが、5月12日(土)にはNHKテレビ『おはよう日本』で特集が組まれ、改めてこの楽曲に込められた温かい思いへの共感の声がSNSを中心に広がっている。楽曲の特設ページでは多くの共感の声が掲載され、全国から集まった“ばぁちゃん"の写真や孫たちのメッセージで編集されたMVも公開された。

結成から12年、今の目標は紅白歌合戦出場だという。より多くの人に、孫から祖母へのラブソングが届く日はそう遠くないかもしれない。

■シングル「はじめまして、ばぁちゃん。」特設ページ
http://hajimemashite-ba-chan.misanga.info/

シングル「はじめまして、ばぁちゃん。」

発売中



YRCN-90282/¥1,500(税込)
<収録曲>
M1 はじめまして、ばぁちゃん。
M2 明日の君へ
M3 ありがとう 
M4 さくらみち



【関連リンク】
ミサンガ、認知症の祖母へ贈る「はじめまして、ばぁちゃん。」が各所で話題に!
ミサンガまとめ
日本コロムビア開催の『半熟オーディション』で“ゆいにしお”、RiLの2組が最終通過

【関連アーティスト】
ミサンガ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 注目バンド, ミュージックビデオ, MV, シングル, 名曲

日本コロムビア開催の『半熟オーディション』で“ゆいにしお”、RiLの2組が最終通過
Mon, 14 May 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本コロムビアが開催した、次世代のアーティストを募集する『半熟オーディション supported by Eggs』の最終通過アーティストに、ゆいにしお、RiLの2組が選ばれたことがわかった。

同社は日本最古のレコード会社として、これまで数々のアーティストを世に輩出し、現在創立107周年を迎えている。そして次なる100年を目指し、時代を切り開いていく次世代アーティストを発掘すべく、未知なるアーティストを発見、発掘できる無料音楽プラットフォーム『Eggs』とタッグを組み、2017年10月6日よりオーディション『半熟オーディション supported by Eggs』を開催。2018年3月22日に東京・新宿LOFTにて行なわれた最終審査を経て、ソロシンガー・ゆいにしおとバンド・RiLの2組を通過アーティストとして選出した。

最終通過アーティストに選ばれた2組については、1年間の育成契約を締結し、同社がメジャーデビューを目指してサポートする。今後この2組が音楽業界に新たな風を吹かせてくれることを期待したい。

■ゆいにしお オフィシャルHP
https://yuinishio.tumblr.com/
■RiL オフィシャルHP
https://ril-band.jimdo.com/



【関連リンク】
日本コロムビア開催の『半熟オーディション』で“ゆいにしお”、RiLの2組が最終通過
ゆいにしおまとめ
RiLまとめ
Mrs. GREEN APPLE、全国ワンマンホールツアーがスタート

【関連アーティスト】
ゆいにしお, RiL
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 発表

Mrs. GREEN APPLE、全国ワンマンホールツアーがスタート
Mon, 14 May 2018 14:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが5月12日(土)、自身3枚目のフルアルバム『ENSEMBLE』を引っさげた全国ワンマンホールツアー『Mrs. GREEN APPLE ENSEMBLE TOUR』をパルテノン多摩 大ホールよりスタートさせた。

初日となったこの日は、即日ソールドアウト。会場には詰めかけた大勢のお客さんで開場前から賑わいを見せていた。ステージはまるでミュージカルのような、まさにエンタテインメントショーのセットが組まれており、圧倒的な照明の数に加えて、ショーの途中では幕が閉まり、そこに映像が投影され幻想的な世界を作るなど演出も大きな見どころとなっている。

大森は序盤のMCで 「初日ですよみなさん!感極まってずっとドキドキしてる。今日一日みんなでエンタテインメントしましょう!」と語り、「ENSEMBLE」収録曲を中心に代表曲含む新旧織り交ぜたセットリストでファンを魅了した。

なお、ツアーは全国13ヶ所のホール公演が全て既にソールドアウトとなっており、ファイナルの幕張メッセ国際展示場2daysもVIPスタンディングエリアは受付終了、座席指定席が後日一般発売される。

全国ホールツアー『ENSEMBLE TOUR』


5月12日(土) 東京・パルテノン多摩 大ホール
5月19日(土) 香川・サンポートホール高松 大ホール
5月20日(日) 広島・広島JMSアステールプラザ 大ホール 
5月26日(土) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール 
5月27日(日) 福島・郡山市民文化センター 中ホール
6月03日(日) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月09日(土) 宮城・トークネットホール仙台大ホール(仙台市民会館)
6月15日(金) 大阪・オリックス劇場
6月17日(日) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
7月15日(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
7月20日(金) 静岡・静岡市民会館 中ホール
7月27日(金) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール 
8月04日(土) 長野・ホクト文化ホール 
9月08日(土) 千葉・幕張メッセ 国際展示場
9月09日(日) 千葉・幕張メッセ 国際展示場

チケット料金:5,400円
5/12(土)パルテノン多摩〜8/4(土)ホクト文化ホール全公演 SOLD OUT!!

アルバム『ENSEMBLE』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29294/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
UPCH-20483/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
01.Love me, Love you(ENSEMBLE Version)
02.PARTY
03.WanteD! WanteD!
04.アウフヘーベン
05.はじまり feat. キヨサク from MONGOL800
06.They are
07.WHOO WHOO WHOO
08.スマイロブドリーマ
09.SPLASH!!!
10.REVERSE
11.Coffee
12.On My MiND(Album Version)
13.どこかで日は昇る(Album Mix)
■DVD ※初回限定盤のみ
・ENSEMBLE 13 Movies Collection with Member\'s Audio Commentary
・The Making of“PARTY”



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、全国ワンマンホールツアーがスタート
Mrs. GREEN APPLEまとめ
Lia、約10年ぶりとなるインストアイベントが大盛況!

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン

Lia、約10年ぶりとなるインストアイベントが大盛況!
Mon, 14 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Liaが日本を代表するアニソンをカバーしたアルバム『REVIVES -Lia Sings beautiful anime songs-』のリリース記念イベントを5月13日(土)渋谷タワーレコードB1F CUTUP STUIDOで開催した。

4月25日に発売された同作には、アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のオープニングテーマ曲「ブルーバード」、自身も主題歌を務めたアニメ『Angel Beats!』より「一番の宝物」や、多くのアーティストにもカバーされる代表的アニメソング「創聖のアクエリオン」「魂のルフラン」等が収録されており、世代を問わず楽しめる作品となっている。

この日はアルバム収録曲から全5曲をパフォーマンス。MCでは『こんなに皆さんと近い距離で歌うのは何年ぶりだろう?! とても緊張しています! 今回のアルバムは、ファンの皆さんからLiaが歌うアニソンカバーを聴いてみたい、という声がずっとあったので、それに応える形で制作しました』と満員の会場に集まったファンに語りかけた。最後の曲「一番の宝物」では場内で涙を流しながら聴き入るファンの姿も見受けられ、Liaも感極まって涙を流す場面も。アルバムのリリース、そしてリリースイベントが約10年ぶりということで、参加したファンにとってかなりのプレミアムイベントとなったことだろう。

今後のLiaの活動としては、6月23日(土)にディファ有明で行なわれる『AUGUST LIVE! 2018』や『Key オーケストラ・コンサート2018』へのイベント出演が決まっている。他にも国内外でのライブが今後予定されているとのことで、Liaの歌声を生で聞くことができるチャンスを逃す手はない。
気になる方はぜひオフィシャルHPをチェックしてみてほしい。

【セットリスト】
M1. 君の知らない物語
M2. ブルーバード
M3. ETERNAL WIND
M4. 創聖のアクエリオン
M5. 一番の宝物

アルバム『REVIVES -Lia Sings beautiful anime songs-』

2018年4月25日(水)発売



LIAM-0001/¥3,000+税
<収録曲> ※右記はアニメタイトル
01.君の知らない物語 | 化物語
02.創聖のアクエリオン | 創聖のアクエリオン
03.ブルーバード | NARUTO -ナルト- 疾風伝
04.ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜 | 機動戦士ガンダムF91/機動戦士ガンダム クライマックスU.C
05.プラチナ | カードキャプターさくら
06.OPEN YOUR MIND 〜小さな羽根ひろげて〜 | ああっ女神さまっ
07.リフレクション | ムーラン
08.魂のルフラン | 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生
09.もののけ姫 | もののけ姫
10.一番の宝物 | Angel Beats!



【関連リンク】
Lia、約10年ぶりとなるインストアイベントが大盛況!
Liaまとめ
フジファブリック、恒例の自主企画2マンライブ初日でGLIM SPANKYと対バン!

【関連アーティスト】
Lia
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, アルバム, リリース, アニメ, ライブ

フジファブリック、恒例の自主企画2マンライブ初日でGLIM SPANKYと対バン!
Mon, 14 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックが毎年恒例で行なっている自主企画2マンライブ『フジフレンドパーク』。節目となる5年目を迎える今年は6月22日(金)に東京都・LIQUIDROOM、6月29日(金)に大阪府・Zepp Osaka Bayside、7月6日(金)に愛知県・Zepp Nagoya、7月13日(金)と14日(土)には東京都・Zepp DiverCity TOKYOと、過去最大の計5公演の開催される。

先日までに、大阪公演のゲストとしてスガ シカオ、愛知公演のゲストとして東京スカパラダイスオーケストラ、東京公演の7月13日(金)のゲストとして竹原ピストル、翌14日(土)のゲストとしてユニコーンを発表しており、残り1組の対バンの発表を残すのみとなっていたが、 初日となる6月22日(金)の東京都・LIQUIDROOM公演のゲストがGLIM SPANKYである事が発表された。

フジファブリックとGLIM SPANKYは、2016年の「LOVEの今日ここ大阪にいるという事」@サンケイホールブリーゼのイベントにて初共演し意気投合。 それ以降も『MUSIC CITY 天神 2017』など多くのイベントやフェスなどで一緒になるも対バンは無く、今回が念願の初2マンLIVEとなる。

■『フジファブリック 2マンツアー “フジフレンドパーク 2018”』

6月22日(金) 東京・LIQUIDROOM
w/GLIM SPANKY
6月29日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
w/スガ シカオ
7月06日(金) 愛知・Zepp Nagoya
w/東京スカパラダイスオーケストラ
7月13日(金) 東京・Zepp DiverCity TOKYO
w/竹原ピストル
7月14日(土) 東京・Zepp DiverCity TOKYO
w/ユニコーン

配信限定シングル「電光石火」

配信中



配信URL:https://smar.lnk.to/3zXDKWN



【関連リンク】
フジファブリック、恒例の自主企画2マンライブ初日でGLIM SPANKYと対バン!
フジファブリックまとめ
GLIM SPANKYまとめ
石崎ひゅーい、松居大悟舞台で初の音楽監督を担当

【関連アーティスト】
フジファブリック, GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー

石崎ひゅーい、松居大悟舞台で初の音楽監督を担当
Mon, 14 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

石崎ひゅーいが来年2月に公演される松居大悟のJ-WAVE開局30周年記念の舞台の音楽監督を務めることが決定した。

公演は2018年10月1日に開局30周年を迎えるラジオ局J-WAVE(81.3FM)の周年記念公演として、2019年2月に本多劇場(下北沢)で開催する松居大悟の舞台。同舞台公演と連携したラジオ番組「JUMP OVER」(日曜 23:00-23:54 O.A.)は2018年4月からスタートしており、ナビゲーターの松居大悟が舞台の主人公となるリスナーを巻き込みながら、約1年先に行う舞台公演に向けて、作品のすべてをリスナーと共に作り上げていくプログラムである。

昨日5月13日(日)の放送に、番組オリジナルテーマ曲を担当した石崎ひゅーいが電話で生出演し、2019年2月の舞台公演で音楽監督を務めることが決定。石崎ひゅーいが舞台の音楽監督を務めるのは今回が初めてとなり、主演も含め未だ出演者は未定という、舞台公演としては超異例な中での今回の決定となる。

■【J-WAVE開局30周年記念・舞台公演】

公演期間: 2019年2月7日(木)〜17日(日)予定
会場:本多劇場(下北沢)
作・演出:松居大悟
音楽:石崎ひゅーい

【番組概要】

放送局: J-WAVE(81.3FM)
タイトル: JUMP OVER
ナビゲーター:松居大悟
放送日時:日曜 23:00-23:54
番組ページ: http://www.j-wave.co.jp/original/jumpover/
公式Twitter: https://twitter.com/JUMPOVER813
ネット局: cross fm



【関連リンク】
石崎ひゅーい、松居大悟舞台で初の音楽監督を担当
石崎ひゅーいまとめ
『アイドルマスターシンデレラガールズ』&『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の楽曲をアニュータで配信

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

『アイドルマスターシンデレラガールズ』&『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の楽曲をアニュータで配信
Mon, 14 May 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月13日(日)に千葉・幕張メッセイベントホールにて開催された『アニュータライブ2018「あにゅパ!!」』にて、『アイドルマスターシンデレラガールズ』と、7月より放送となるアニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の楽曲が、アニソン定額配信アプリ「アニュータ」にて配信されることが発表された。

『アイドルマスターシンデレラガールズ』は、ゲームサイズおよびショートサイズの楽曲を計33曲を5月14日(月)から配信開始。アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』関連の楽曲は、6月11日(月)より「アニュータ」独占先行配信となる。アニメより一足先に楽曲をチェック!

(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(c)Project Revue Starlight

「アニュータ」ダウンロードURL

・Apple store https://itunes.apple.com/jp/app/id1214791564
・Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aniuta.android.aniutaap



【関連リンク】
『アイドルマスターシンデレラガールズ』&『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の楽曲をアニュータで配信
BIGMAMA、“母の日”にワンマンツアーを完遂

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ニュース

BIGMAMA、“母の日”にワンマンツアーを完遂
Mon, 14 May 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BIGMAMAが5月13日(日)東京・Zepp Tokyoにて、全国10箇所を回ったワンマンツアー『TRANSIT MAMA TOUR 2018』のファイナル公演を開催した。バンド名にちなんで毎年開催している“母の日ライブ”も兼ねたこの日、インディーズ時代の楽曲から未発表の新曲まで、約2時間のステージで全29曲を披露した。

2006年のデビュー以降、長きに渡ってインディーズ・シーンを席巻し続けてきたBIGMAMA。2017年10月にはこれまでの活動の集大成と言える初の日本武道館ワンマン『BIGMAMA in BUDOKAN』を成功させ、2018年3月には活動の場をメジャーへと移行。インディーズからメジャーへの“TRANSIT=乗り継ぎ”をコンセプトとした今回のツアーは、武道館公演でやらなかった曲を多く盛り込んだ新旧織り交ぜたセットリストとなっており、数年ぶりに演奏するレア曲も各地で披露。ツアーファイナルもこれまでのBIGMAMAの歴史を振り返りつつ、これからのBIGMAMAに大いに期待させる、充実した内容となった。

母の日ということで、大きなカーネーションの花束が飾られたステージに、ファンの大きな手拍子に迎えられて登場した5人。「Theater of Mind」でライブが激しく力強く始まると、会場中が掛け声を合わせて拳を突き上げ、早くも会場に一体感が生まれる。「虹を食べたアイリス」「テレーゼのため息」といったインディーズ時代の楽曲に歓声が上がる中、怒涛の勢いで駆け抜けた前半戦。「Gum Eraser」「Overture」と、インディーズ初期のパンキッシュなナンバーが続くと、フロアは熱狂の渦に包まれる。

「Merry-Go-Round」「Flameout」といった壮大さを持つ楽曲を、ダイナミックかつ繊細なバンド演奏と表情豊かなボーカルで魅せた中盤は過去楽曲に混じえて、未発表の新曲も披露。さらに金井政人(Vo&Gu)がアコギを鳴らして熱唱した「週末思想」、東出真緒(Violin)がキーボードを奏で、金井と柿沼広也(Gu&Vo)がツインボーカルで美しいハーモニーを聴かせた「The Right」など、振り幅の広い楽曲でバンドの多彩さとスキルの高さを見せる。

“この日(母の日)は格別ですね。改めてBIGMAMAって名前にして良かったなと思います”と柿沼が語り、未発表の新曲をもう1曲披露して始まった後半戦は、最新シングル収録の「POPCORN STAR」「Donuts Killed Bradford」でBIGMAMAの最新型を見せると、「ファビュラ・フィビュラ」「荒狂曲“シンセカイ”」とライブ定番曲で大きく沸かせ、メジャー1stシングルのタイトル曲である「Strawberry Feels」が最高潮の盛り上がりを生む。

“あなたの心が晴れますように”と金井が祈るように呟いて始まった「CRYSTAL CLEAR」、共に合唱するファンの歌声が響いた「SPECIALS」で、この日のライブを美しく締め括ったBIGMAMA。メンバーが去った後も、END SEで流れる「母に贈る歌」を歌うファンの歌声が響き、ライブの余韻を残したままの会場はいつまでも温かい空気に包まれていた。

Photo by 高田 梓
Text by フジジュン



【関連リンク】
BIGMAMA、“母の日”にワンマンツアーを完遂
BIGMAMAまとめ
コレサワ、ワンマン公演にて2ndアルバム『コレでしょ』発売&ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
BIGMAMA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ワンマン, ライブレポ

コレサワ、ワンマン公演にて2ndアルバム『コレでしょ』発売&ツアー開催を発表
Mon, 14 May 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コレサワが5月12日に恵比寿LIQUID ROOMにてワンマンライブ『コレシアター04』東京公演を開催した。4回目となる今回は大阪・東京の2公演ともSOLD OUT。超満員の中、映像とライブを融合したショーでファンを楽しませた。

オープニング映像とともにメンバーが登場し、開演のベルが鳴りやんでから届けられたファーストナンバーは4月におまけCD付きぬいぐるみとして予約限定リリースして話題となった「君とぬいぐるみ」。続く「お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな」では、サイン入りの“れ子ちゃん”ぬいぐるみを客席に投げながらプレゼントする場面も。

その後、メンバー紹介を交えての「バックアップ」「トーキョー」というアップテンポなナンバーに続き、デビュー前からの楽曲で久しぶりに披露された「わんちゃん」では袖から投げ込まれた犬のぬいぐるみとともにパフォーマンス。続く「死ぬこと以外かすり傷」で会場のオーディエンスが一斉にタオルを振り、会場を盛り上げた。一転してシリアスな新曲「いたいいたい」を披露した後、ライブ中盤では「笑えよ乙女」「洗濯物」という、最近のライブではめったに演奏されなくなった初期の楽曲をじっくりと聴かせる。「君のバンド」ではコールアンドレスポンスを交え終盤に向けて会場の一体感を高めた。

友達動画を募集して作成されたMVをバックに「友達だからかな」が演奏された後、一転して映像も何もないシンプルな演出の中、母親への気持ちを歌った「24歳」を披露。そして先日YoutubeでのMV再生回数が1,000万回を突破した代表曲「たばこ」を熱唱すると、モニターにはカラオケの画面が出現。“たばこのあとはこれかな?”とコレサワが手にしたリモコンで曲を選ぶと「失恋ソングを歌ったあとに」のカラオケ歌詞画面が映し出され、客席とともに合唱する場面も交えて盛り上がる。

終盤のMCでは“コレシアターには、絶対欠かせない人がいるんですけど、紹介させてください!”とコレサワの全アートデザインを担当するウチボリシンペが紹介され、PA席でオペレートする彼にスポットライトが当たった。自身のお気に入りの楽曲「阪急電車と2DK」、昨年のメジャーデビューのリード曲となった「SSW」をうたい上げ、会場のテンションも最高潮に達した中、最後のナンバー「君とインドカレー」でキャノン砲が発射! 金テープが舞い会場を沸かせ、観客とともに歌い切った。

本編の終了後にはモニターにて9月19日に2ndアルバム『コレでしょ』が発売されること、さらにワンマンツアー2018開催の決定とツアーファイナルが12月23日にマイナビBLITZ赤坂で開催されることが発表され、会場に響いていたアンコールは、大きな歓声に変わった。感極まった様子でステージに戻ったコレサワは『人の声って集まったらこんなにエネルギーあるんやなぁって感動しちゃいました』と来場者へ大きな感謝を伝えた。興奮状態のまま、アンコールナンバー「あたしを彼女にしたいなら」で会場を盛り上げ、客席にたくさんの感謝を伝え、笑顔でステージを降りるコレサワ。会場には最後、エンドロールが流れ"シアター"らしくワンマンショーは閉幕した。

2018年からフェスへの出演なども果たし、着実にファンを増やしているコレサワ。今後も止まることなく進み続ける彼女から目が離せそうにない。

【セットリスト】
1.君とぬいぐるみ
2.お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
3.バックアップ
4.トーキョー
5.わんちゃん
6.死ぬこと以外かすり傷
7.いたいいたい
8.笑えよ乙女
9.洗濯物
10.君のバンド
11.友達だからかな
12.24歳
13.たばこ
14.失恋ソングを歌ったあとに
15.阪急電車と2DK
16.SSW
17.君とインドカレー
EN.あたしを彼女にしたいなら

アルバム『コレでしょ』

2018年9月19日?発売??????



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40558/¥3,333+税
【通常盤】(CD)
CRCP-40559/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
「君とぬいぐるみ」「友達だからかな」を含む全11曲収録予定。
■初回限定盤DVD
・MUSIC VIDEO(「君とぬいぐるみ」「死ぬこと以外かすり傷」を含む4曲収録予定)
・ライブ映像(2018年5月12日? ワンマンショー「コレシアター04」LIQUIDROOMから2曲収録予定)??????


コレサワ ワンマンツアー2018『コレでショー』

■コレサワ ワンマンツアー2018『コレでショー』〜ぼっち編〜
10月27日(土) 群馬 高崎 SLOW TIME cafe
10月28日(日) 福島 郡山 THE LAST WALTZ
11月03日(土) 岡山 城下公会堂
11月04日(日) 香川 高松SPEAK LOW
11月10日(土) 石川 金沢メロメロポッチ
11月11日(日) 京都 someno kyoto
11月17日(土) 熊本 ぺいあのplus\'
11月18日(日) 鹿児島 鹿児島Live HEAVEN

■コレサワ ワンマンツアー2018『コレでショー』〜仲間編〜
11月23日(金・祝) 北海道 札幌COLONY 
11月25日(日) 宮城 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
12月01日(土) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
12月08日(土) 福岡 DRUM Be-1
12月09日(日) 広島 SECOND CLUTCH
12月15日(土) 愛知 名古屋 ell. FITS ALL
12月16日(日) 大阪 TRAD

■コレサワ ワンマンツアー2018『コレでショー』〜ファイナルはここでしょ〜
12月23日(日) 東京 マイナビBLITZ赤坂
開場17:00/開演18:00

<チケット>
・オフィシャルHP抽選先行
5月13日(日)12:00 〜 5月27日(日)23:59
http://eplus.jp/koresawa2018/



【関連リンク】
コレサワ、ワンマン公演にて2ndアルバム『コレでしょ』発売&ツアー開催を発表
コレサワまとめ
ELLEGARDEN復活!など5月の出来事にまつわる5曲

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, セットリスト, ライブレポ, レポート

ELLEGARDEN復活!など5月の出来事にまつわる5曲
Mon, 14 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月10日、パンク/ロックファン、いやいや、音楽ファンならば狂喜乱舞するニュースが駆け抜けた。バンドのオフィシャルサイトにて、2008年9月7日に行なった新木場スタジオコースト公演の活動休止以来、なんと約10年振りにELLEGARDEN活動再開のアナウンスが流れた。8月にライヴツアー3本開催するということで、これはもうチケット争奪戦になるだろう。08年の活動休止ライヴは僕も現場で観ているが、本当に人気絶頂期にバンドが止まったため、この10年の間にファンになった人も大勢いるに違いない。5月に腰を抜かすほどびっくりする出来事が起きたこともあり、今回は5月にちなんで楽曲をセレクトしてみました。

■「ジターバグ」(’03)/ELLEGARDEN

ELLEGARDENには名曲がたくさんありすぎて、それこそリスナーの数だけファイバリットソングがあると言っても過言ではない。個人的には「Salamander」や日本語詞を用いた「スターフィッシュ」など挙げ出せばきりがないほど、お気に入りソングはあるのだが、ここではバンドがブレイクするきっかけになった曲を選んでみた。03年に発表された2ndアルバム『BRING YOUR BOARD!!』に収録されている楽曲で、その後に改めて3rdシングル「ジターバグ」としてリカットされている。日本語のリリックという親しみやすさも手伝い、ライヴハウスで火が付いた彼らの代表曲と言っていい。

■「Distortion」(’18)/BABYMETAL

ELLEGARDEN復活もそうだが、BABYMETALがワールドツアー直前に2年振りとなる新曲をいきなり発表したことにも驚いた。MV公開と配信開始が同時だったこともあり、楽曲を繰り返して、もう何度聴いたことか。重厚なツーバス連打の勇ましいメタルサウンドに加え、そこから一気に突き抜けるSU-METALの凛としたハイトーンに心を鷲掴みにされる。ライヴを意識してか、ウォーウォー!の合唱フレーズを織り込んだパートもあり、BABYMETALとリスナーとの強い結び付きを意識した楽曲と言えるだろう。曲調的にもわりとストレートで、キャッチーなメロディーラインもずば抜けている。一瞬で耳を掴まれるものの、何十回聴いても飽きない強度を誇る楽曲だ。

■「ROCKET DIVE」(’98) /hide with Spread Beaver

1998年5月2日(享年33歳)に他界したhide。今年は彼の20周忌ということでドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』が5月26日から公開され、またhide with Spread Beaverのメンバーであり、hideの共同プロデューサーだったI.N.A.氏がhideとの音楽制作現場を中心に綴った書籍『君のいない世界〜hideと過ごした2486日の軌跡〜』も発売となる。この本も読ませてもらったが綿密な描写が多く、とても面白い内容だった。今回取り上げた曲は大のhide好きというEXILE SHOKICHIも2年振りになるソロ作のシングル「Underdog」(5月23日リリース)でもカバーしており、改めてhideが時代を超越したエバーグリーンな楽曲を作っていたのかがよく分かる。今聴いてもまったく色褪せていない。

■「ultra soul」(’01)/B\'z

五月病という言葉もありますが、そんな時はこの曲で元気になりましょう! 今年はB\'zにとって30周年ということで、東京・有楽町にて30年の歩みを辿る大型展示『SCENES』が開催され、秘蔵映像や衣装、メンバーの私物公開もあったりと、ファン垂涎の内容となっている。すでに前期は終わったものの、後期が5月11日から6月15日まで行われているので足を運んでみるのもいいだろう。30年ともなれば世代によって好きな楽曲やアルバムも分かれるだろうが、そんなジェネレーションさえ飛び越えて、今やB\'zを知らない人をも巻き込むパワーがこの楽曲にはある。昨年、野外フェスで彼らを観た時に老若男女が騒ぐ光景を観て、「ultra soul」のすごさを思い知らされた。

■「Got Your Six」(’15) /FIVE FINGER DEATH PUNCH

最後は…完全に“5”という数字にかけて、アメリカ発の5人組で本国でも人気が高い彼らの楽曲を取り上げた。現時点での最新作『GOT YOUR SIX』表題曲ナンバーで、勇壮なメタルリフからアガらずにはいられない骨太サウンドを響かせている。男臭い熱気ムンムンの音色だが、哀愁を帯びたメロディーでも聴かせ、緩急溢れる展開は聴き応えあり! ちょっと最近疲れてきたなというあなたに贈るエネルギー補給ナンバーと言っておく。5月には約2年半振りになる待望のニューアルバム『AND JUSTICE FOR NONE』(METALLICAのオマージュか!?)も発表される。要チェック!

TEXT:荒金良介

荒金良介 プロフィール:99年からフリーの音楽ライターとして執筆開始。愛読していた漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(登場人物に洋楽アーティスト名が使用されていたため)をきっかけに、いきなりレッド・ツェッペリンの音源を全作品揃える。それからハード・ロック/ヘヴィ・メタルにどっぷり浸かり、その後は洋邦問わずラウド、ミクスチャー、パンクなど、激しめの音楽を中心に仕事をしてます。趣味は偏ってますが(笑)、わりと何でも聴きます。



【関連リンク】
ELLEGARDEN復活!など5月の出来事にまつわる5曲
ELLEGARDENまとめ
BABYMETALまとめ
hide with Spread Beaverまとめ
B\'zまとめ

【関連アーティスト】
ELLEGARDEN, BABYMETAL, hide with Spread Beaver, B\'z, FIVE FINGER DEATH PUNCH
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, シングル, アルバム, メタル

藍井エイル、畑芽育が出演する「流星」MV&ジャケ写を初公開
Mon, 14 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

主要配信サイトで16冠を達成するなど、ヒットを続けている藍井エイルの新曲「流星」。そのMVが公開され、話題となっている。

今作にはドラマなどで活躍中の女優・畑芽育が出演し、少女の抱える繊細な気持ちを表情豊かに演じている。 この度、その畑芽育や映像を手掛けた田所貴司監督、そして藍井エイルからコメントが届いたので、そちらもMVと共にぜひご覧になってほしい。

さらに6月13日(水)に発売されるシングル「流星/約束」のジャケット写真も初公開。異国情緒の漂う水辺に佇む美しいジャケット、そして躍動感ある『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のイラストもクールな仕上がりとなっている。

8月16日(木)には復帰後初となるワンマンライブを日本武道館で開催することも決定している藍井エイル。チケットは現在ファンクラブにて先行受付中とのことなので、気になる方はチェックしよう。

■【各関係者よりコメント】

■藍井エイル
流星のMVビデオが公開されました。今回MVでは女優の畑芽育さんに出演して頂いています。日々の生活の中で傷つきながらも、自分を信じる強さを持った少女のお話。藍井エイルの映像作品の中では、初めてドラマ的な要素のあるミュージックビデオとなってます。曲に込めた私の想いを感じてもらえたら嬉しいです。

■畑芽育
今回MVに出演させていただいたのは初めてで、藍井さんの素晴らしい楽曲に携われたことをとても嬉しく思います。MVではセリフがない状態でお芝居をするので、どう表現したらよいか悩みましたが、監督と話し合い、曲に込められた思いを大切にしながら、演じさせていただきました。作品を一足早く観させていただいたのですが、特に最後のシーンが本当に素敵に仕上がっています。ぜひたくさんの方に観ていただきたいです。

■田所貴司 監督
当日のエイルさんのパフォーマンスは、とにかく力強かったです。シーンとしてはシンプルな演出構成にしていましたが、目力、表情、パフォーマンスの内に秘めた力強さは、観ていて思わず惹きつけられました。エイルさんの覚悟にも似たパワーを感じました。畑さんの芝居に対する表現力は素晴らしい! 一見かよわい少女だが、本質はとても力強い。まさに今回の演出にベストマッチしたお芝居でした。

シングル「流星/約束」

2018年6月13日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD+Photobook)
VVCL-1252〜54/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
M1. 流星
※アニメ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」オープニングテーマ
M2. 約束
M3. ヒトカケラの勇気
M4. 流星 -Instrumental-
■DVD
M1.「流星」 Music Video
M2.「約束」 Music Video



【通常盤】(CD)
VVCL-1255/¥1,200+税
<収録曲>
M1. 流星
※アニメ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」オープニングテーマ
M2. 約束
M3. ヒトカケラの勇気
M4. 流星 -Instrumental-



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
VVCL-1256〜57/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
M1. 流星
※アニメ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」オープニングテーマ
M2. 約束
M3. ヒトカケラの勇気
M4. 流星 -TV size ver.-
■DVD
M1. TVアニメ 「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」ノンクレジットオープニングムービー

『藍井エイル Special Live 2018 〜RE BLUE〜 at 日本武道館』

8月16日(木)  日本武道館
※公式ファンクラブ「エイルランド」にて最速先行チケット販売中
http://fc.aoieir.com/



【関連リンク】
藍井エイル、畑芽育が出演する「流星」MV&ジャケ写を初公開
藍井エイルまとめ
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、アルバムリリースツアー完遂!

【関連アーティスト】
藍井エイル
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, リリース, アニメ, オープニング

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、アルバムリリースツアー完遂!
Mon, 14 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月12日(土)新木場STUDIO COASTにて、2月14日リリースの最新アルバム『Sugar』を携えた浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSの全国ツアー『Sugar Days Tour 2018』のファイナル公演が開催された。

最高の夜だった。5月12日、新木場スタジオコースト。2ヵ月に渡って日本中のライヴハウスを駆け巡った浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSの『Sugar Days Tour 2018』が終了。その大団円はじつに爽快なライヴとなったのである。

場内が暗転し、オープニングSEであるビージーズの「メロディ・フェア」(映画『小さな恋のメロディ』の主題歌だ)が流れると、ステージ後方に「WELCOME!!」「LET\'S PARTY!!」とのメッセージが掲示され、湧き起こる歓声の中を3人が登場する。ライヴはその美しい旋律を打ち破るように、轟音とともに開始。この夜の1曲目「Watching TV」……ものすごいソリッドで図太いサウンドだ。最新アルバム『Sugar』収録のこの曲は、長い海外生活で英語が堪能なドラムスの小林瞳が発音のレッスンをするような、ユーモラスなところもあるナンバーである。しかし3人の演奏は攻撃性満点。その一体感に、冒頭から早々とツアーの成果を見た気がした。

“ハロー・東京エンジェルス! レッツ・パーティー!”ベンジーこと浅井健一がそう叫ぶと、続いて高速パンク・チューンの「Vinegar」が炸裂し、フロアのボルテージは一気に上がる。そして今回のライヴでは、そうした快感を後押しするように、曲によっては映像がフィーチャーされていく。たとえば少年が車やバイクを爆走させたり、キャラクターがコラージュされたり……そのアニメーションのイラストはベンジー自身のペンによるものだ。これが曲の世界観を拡大させていくのである。

“今日はみんな、観に来てくれてありがとう。懐かしいやつ、やるわ。みんなで騒ごうぜ!”そう言って唄われたのはBLANKEY JET CITY時代の「パイナップルサンド」。鋭く激しいこのロックンロールは、ベンジーがインタビューで“今の3人でやる「パイナップルサンド」、全然違うんだよね。たしかに昔の曲なんだけど、新鮮な感じがあるよ”と語っていただけはあるもので、まさにKILLSバージョンにアップデートされている。これは他の曲にも言えることで、たとえば「SKUNK」はやはりBLANKEYの曲だし、「FIXER」や「危険すぎる」などはソロ名義の、「DEVIL」はJUDEのもの。いずれも彼が叫んできたロックンロールの、とりわけハードでパンクな楽曲である。

こうしたナンバーのパフォーマンスを高いレベルで実現させているのは、やはり中尾憲太郎と小林瞳の存在が大きい。つまりベンジーのロックンロールを爆発させるにはそれに見合うビートがどうしても必要で、そのためにはプレイヤーの力量と、彼との相性が不可欠なのだ。その点で、このリズム隊は満点。結成から2年が経過し、お互いの呼吸をつかんだ上に、本ツアーでさらに切磋琢磨した3人は今、最強の状態にある。

そして、その最強の理由のもうひとつが、グル―ヴィーな楽曲が連なる中盤のブロックの深みである。BLANKEYの「ヘッドライトのわくのとれかたがいかしてる車」、新作から「Ginger Shaker」、さらに「水滴」と続く箇所は、タフでアグレッシヴなだけではない、しなやかで繊細な3人のプレイが堪能できた。しかも強く生きることを唄った「Ginger Shaker」、この世界で生きることとそこでの幸せや愛に言及した「水滴」には、現在のベンジーの背中が見えるような言葉がある。そこから後半の「すぐそば」につながっていくさまは、歌と音が豊かな広がりを見せていく、本当に素晴らしい時間だった。

「Beautiful Death」ではまたしてもポップで、しかもコミカルなイラストが映し出され、興奮はいよいよピークに。そこからクライマックスまでの怒涛の流れには、ベンジーの“全員でブッ飛ぼうぜ!”という言葉が火を点けた。ガッシリと組み合った3人の演奏は乱れることなく、重たい銃弾のようになってフロアに次々と突き刺さる。まったく最上のロックンロール・ショー。そのエクスタシーの終着点は「DEVIL」だった。

アンコールは2回。一度目のそれでとりわけ心に残ったのは、これもひさびさに唄われたJUDEの頃に書かれたスローナンバー「何も思わない」だ。“もうやめないか 憎み合うのは もうやめないか 殺し合うのは/みんな同じだよきっと”という歌詞は、先ほどの歌の言葉たちと通じる部分がある。愛や幸せの存在を願うベンジーの心は、当時から今まで、ずっとあるものだ。

そして再びのアンコールでは、まず「DERRINGER」「SALINGER」とBLANKEY後期のロックンロールでまたもフロアが過熱。最後の最後は、KILLSの前作から「Finish Field」だ。ベンジーの少年性が表れたようなこの曲で、ツアーはすべてを終えた。彼は“ありがとう、東京エンジェルス! またどっかで会おうぜ。その時まで全員元気でな!”と、もうひとこと、“憲太郎と瞳にも大きな拍手を”と言って、舞台を去った。時とともに、熱気は少しずつ落ち着いていく。熱く、かけがえのない時間の名残が漂っていた。

素晴らしい夜だった。3人の演奏はもちろんのこと、映像も、それからツボを心得た照明と、バンドのダイナミズムを見事に表現した音響も。全部含めて、第一級のバンドのツアーにふさわしいスタッフワークだったことを書き留めておきたい。

さあ、次の3人はどんな姿を見せてくれるのか……? 興奮が晴れていく中、それを思うだけで、胸が高鳴った。ライヴ中にベンジーは「今日でツアー終わっちゃうけど、もちろん、またやるよ」と言っていた。その時には、よりパワーアップしたKILLSのロックンロールが味わえるはずだ。

Photo by 岩佐篤樹

【セットリスト】
01.Watching TV
02.Vinegar
03.どっかいっちゃった
04.OLD PUNX VIDEO
05.パイナップルサンド
06.ハノイの彫刻
07.スケルトン
08.New Pirates
09.(Instrumental)
10.ヘッドライト
11.Ginger Shaker
12.水滴
13.すぐそば
14.Turky
15.FIXER
16.Beautiful Death
17.危険すぎる
18.SKUNK
19.DEVIL
[アンコール1]
20.何も思わない
21.Fried Tomato
22.GALAXY HEAD MEETING
[アンコール2]
23.DERRINGER
24.SALINGER
25.Finish Field

アルバム『Sugar』

発売中



【DVD付き初回生産限定盤】(CD+DVD)
BVCL-862〜863/¥3,780(税込)
【通常盤】(CD)
BVCL-864/¥3,240(税込)
<収録曲>
■CD
1.Vinegar
2.Beautiful Death
3.Ginger Shaker
4.ハノイの彫刻
5.どっかいっちゃった
6.Watching TV〜English Lesson〜
7.Turkey
8.Fried Tomato
9.New Pirates
10.水滴
11.すぐそば
■DVD『SEXY STONES TV SHOW』 ※初回生産限定盤のみ
・STUDIO LIVE:「Watching TV〜English Lesson〜」「フルサト」「Bang!」 「Vinegar」「DEVIL」
・MUSIC VIDEO:「Beautiful Death」「Ginger Shaker」
・PARIS SHOOTING DOCUMENTARY



【関連リンク】
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、アルバムリリースツアー完遂!
浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS まとめ

【関連アーティスト】
浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, セットリスト, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1