歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
1stアルバム『ハーレム野郎』からすでに全開だった怖くないパンクバンド、ニューロティカのスタンス
Wed, 09 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今週末、5月12日の名古屋CLUB QUATTRO公演を皮切りに『Way to 2000 ニューロティカ結成34周年記念ワンマンツアー』がスタート。9月にはフラワーカンパニーズ、人間椅子、グループ魂、氣志團らとのツーマン公演も控えており、さすがに通算ライヴ本数2000回目のカウントダウンに入っただけあって、ニューロティカの周りがいつになく賑やかだ。記念すべき2000回は10月20日のZEPP TOKYO。ロックの聖地のひとつ、新宿ロフトへの出演回数が200回を超えているレジェンドバンドにまた新たな伝説が加わることになるわけだが、ここで改めてニューロティカというバンドの特徴を、1stフルアルバムから探ってみよう。

■まもなくライヴ本数が2000回!

本コラムでは折に触れて何度も言っているのだが、解散や復活でファンが盛り上がる気持ちは分からないでもないし、解散にも復活にも表に出せないさまざまな理由があるのだろうから無下に批判できるものではないが、本来、注目され、称えられるべきは長期にわたってコンスタントに活動しているバンドのほうだと思う。とはいえ、解散こそしてないが、何年もライヴをしてない…というのは言語道断。ベスト盤やセルフカバーの多さが目に付く…というのも(事情を察することができる場合も多いが)少し割り引かせてほしいところで、少なくともロックバンドを自称するなら定期的なライヴ活動とオリジナル曲制作で勝負してほしいものだ。その観点から見ると、THE ALFEEやスターダストレビュー、そしてBUCK-TICK辺りがもっともバンドらしい活動をしていると言えるし、B’zやGLAYがそれに続くであろう。

インディーズに目を転じると、結成以来、休むことなく活動を続けている“ライヴハウスの帝王”Gargoyleがいるし、何と言っても今年10月に2000回目(!)のライヴを予定しているニューロティカのことを忘れてはいけない。上記THE ALFEEの2600本超というのが日本のバンドのコンサートの最多記録で(現在も更新中!)、それには及ばないものの、THE ALFEEとニューロティカとでは活動歴におおよそ10年の差があるので(THE ALFEEのほうが先輩)、そう考えるとニューロティカの本数もかなりのものだ。“日本のロックの中心に君臨するライヴバンド”のキャッチフレーズは大袈裟でも何でもない。BUCK-TICKの敦っちゃん(=櫻井敦司)もすごいが、ニューロティカのあっちゃん(=イノウエアツシ)もすごいのだ。

■怖くない、笑えるパンクバンド

ニューロティカのすごさは単に活動歴が長く、尋常じゃない本数のライヴをやっているだけではない。バンドとしてのキャパシティーの広さ──いや、懐の深さと言ったほうがいいだろうか。それがあったからこそ、彼らは長きにわたって活動ができているのだと思う。結成は1984年。同じ年に初ライヴを行なっている。当時、日本の音楽シーンの主流は歌謡曲であったものの、ザ・スターリンがアルバム『STOP JAP』でメジャーデビューしたのが1982年で、その後、伝説的なパンクオムニバス『GREAT PUNK HITS』(1983年)、『ハードコア不法集会』(1984年)が発売されており、アンダーグラウンドではパンクが盛り上がっていた頃。ニューロティカのサウンドがパンクロックになっていったのも自然なことだったと思われる。

ただ、当時のパンクと言えば、ザ・スターリンの遠藤ミチロウの超過激なパフォーマンスであったり、ハードコア勢の暴力的なステージであったり、一般リスナーは近付きがたい存在であったことは確かだが、ニューロティカはそうじゃなかった。怖くないパンクバンド。怖くないどころか、笑えるパンクバンドだったと言ってもいい。今はコミカルなMCで楽しませてくれるロックバンドも珍しくはないが、少なくとも当時のパンクシーンにおいては完全に珍種だったのは間違いない。THE BLUE HEARTS やLAUGHIN\' NOSEらとも一緒にイベントに出たり対バンしたこともあったと聞くので、さぞかし浮いていたんだろうなと思ってしまうのだが、(浮くには浮いていたんだろうが)そのメロディーとサウンドはパンクであったりR&Rであったりしたこともあってか、意外にも(?)オーディエンスはウエルカムだったようだ。最初は敬遠気味だった鋲打ち革ジャンのパンクが自然と身体を揺らすような光景が各地で見られたという。

■様式美にとらわれない “何でもあり”の精神

ニューロティカはコラボレーションにも積極的だ。これもまた少なくとも1980年代結成のパンクバンドには珍しい。対バンは2003年の『俺達いつでもロックバカツアー』で、GELUGUGU、175R、大槻ケンヂ率いる電車、NOT REBAOUNDらと行なっているように世代もジャンルも関係なく共演しているが、ニューロティカのすごいのはそのお相手がアーティスト、ミュージシャンに限らないところだ。2001年には、何と野村沙知代(故人)とジョイントライヴを決行。2011年には当時スキャンダラスな話題を振りまいていたグラドル、小向美奈子とスプリットアルバム『おつかれサマータイム』を制作している。2012年に初音ミクをフィーチャリングした『ミクロティカ』も画期的だ。『ミク★パンク 創世編』(2012年)という作品もあるので、初音ミクと日本のパンクロックとのセッション自体は珍しいものではないが、ニューロティカ自身が選曲したものを新たにミックスし直したというのは、同世代のバンドには見られない熱の入れようだったように思う。

ジャケットでも2000年の7thアルバム『絶対絶命のピンチ!!』は『キン肉マン』の作者、ゆでたまご氏が手掛けたり、2008年のカバーアルバム『PUNCH!PUNCH!PUNCH!』ではピエロメイクのまちゃまちゃを起用したりと、所謂パンクの様式美にとらわれていないところがある。“何でもあり”の精神が発揮されているのだが、それこそがニューロティカ流のパンクなのだろう。

■コントを取り入れた画期的な作品

そのニューロティカのバンドの特徴は、1989年にキャプテンレコードから発売された初のフルアルバム『ハーレム野郎』からすでにうかがえる。この時点ではさすがにコラボレーションにまでは及んでいないが、バンドとしての懐の深さ、笑えるパンクバンドであることははっきりと見てとれる。M1「…to be HARLEM」の前に入るSEからしてこうである。バイクのイグニッション、エキゾーストから心地良い加速音が続く。ここまではいい。ところが、それが急ブレーキからクラッシュ。想像するに結構大破しているような気がするような音が入って、イントロが始まるのだ。“…to be HARLEM(ハーレムになれ)”という題名の楽曲が大クラッシュで始まる。これはどんな自虐だろうか。

M2「夏・NANCY・16才」はコントで始まる。“みのさん?”で始まる設定がどんな番組のパロディーか知っている人も少なくなっただろうが、おおよそパンクバンドのメンバーがやっているとは思えない掛け合いを聴かせる。何でもこのボケと突っ込みを聴いてお笑いコンビ、ダイノジの大地洋輔はそのタイミングを覚えたという逸話もあるほどだ。のっけから“お笑い”連発。これらは真面目な歌詞に対する照れ隠しだったと、のちにイノウエアツシ(Vo)は述懐している。その行為自体は1980年代らしい相対化ではあるが、パンクでやったのはかなり新しかったし、今も他に比類なき革新性であったと思う。ちなみにコントはM8「Fuchin’ Boys〜ガンツタレナガシノ術〜」前にもある。

■“青春パンク”の始祖にして 多様な音楽性

さて、これで楽曲そのものがコミックソング調であったらその後のニューロティカの評価も変わったのだろうが、そのサウンドはパンクをベースにした硬質なものばかりである。ブラストが多い性急なビートにソリッドなギターサウンドは今聴いても十分にカッコ良いし、これもまた日本のパンクロックの礎のひとつであろう。

メロディーのキャッチーさも強調すべきものだ。あっちゃんの原点はフォークソング。松山千春好きを公言しており、中島みゆき、さだまさしも好きだという。M1「…to be HARLEM」、M2「夏・NANCY・16才」の他、M4「悲しきハートブレイカー」やM9「DANCE DE NEW ROTEeKA」が2000年代前半の“青春パンク”を先取りしていた印象がするのは、あっちゃんのバックボーンに関係していることは間違いない。

それだけじゃない。所謂“青春パンク”に止まることなく(『ハーレム野郎』の頃にそんなジャンル分けはなかったが)、多様な音楽性、先人へのオマージュを意欲的に取り入れているのも本作の大きな特徴だろう。間奏で転調してリズムがラテン系になるM2「夏・NANCY・16才」の他、M5「シェリーは祭りが大好き」では日本の祭り囃子、M7「LET’S FUCK 1989」では鹿威しからの琴の音色(本物じゃないかもしれない)で「さくらさくら」を聴かせている。また、M5「シェリーは祭りが大好き」では「Oh, Pretty Woman」、M8「Fuchin’ Boys〜ガンツタレナガシノ術〜」で「Twist And Shout」、M9「DANCE DE NEW ROTEeKA」で「Summertime Blues」と、有名なロックのリフやコーラスを拝借している。いずれも基本はパンクだが、そこにミクスチャーやサンプリング的な手法を重ねているのだ。この辺はアルバムが単調になることを避け、バラエティーさを増す効果もあり、ニューロティカというバンドのキャパシティーの広さ、ポテンシャルの高さの証明に他ならず、のちに多種多様のアーティストとコラボレーションを行なう下地につながっているようにも思える。

■楽しさ、熱さ、悲しみ…歌詞も多彩

歌詞もいい。アルバム内でのバランスがいいと言ったらいいだろうか。見た目のイメージ、アッパーなサウンドに相応しい、以下のような享楽的な歌詞がある一方で──。
《俺たちゃ祭りで騒ぐ能天気ボーイズ/冷えたビールで全開/俺たちゃ天国行きの案内人》(M5「シェリーは祭りが大好き」)。
《さあさ踊れよ 朝が来るまで いつ死ぬかもわからないのに/ほら お前の後ろには朝日が昇る》(M9「DANCE DE NEW ROTEeKA」)。
自らのスタンスも熱く綴っている。本来、退廃感や虚無感の強かったパンクは日本に渡って前向きな文脈を得たところがあるが、ニューロティカもそれに寄与したのだろう。この辺りもまたのちの“青春パンク”に多大な影響を与えたのは間違いないはずだ。

《どこまでいけば たどりつくだろ/俺達だけの秘密の場所さ/謎の冒険 地図はHEARTさ/さまよい ひたすら 探すのさ》《終わることなく道がいくつも/自分の鼓動 はげみに変えて/いくつもヤマ乗り越えただろ/不安も疲れも ありゃしねえ》《飛び出せ トビラを開くのさ/心の遊びさ夢中さ(H! A! R! L! E! M!)/きまったレールにゃ おさらばさ/自分を信じるさ》(M1「…to be HARLEM」)。
《誰のためでなく 俺自身のためさ/生きてく限り 歌うのさ》(M3「Punch2 Ruby2 Lumba Purple Ranba Ruby2 Lumba」)。
《遠い街には何があるのかと ガキの頃から あこがれ続けた/俺たちの息つく所は 熱く燃えてたあのさびれた街》《傷だらけのギター響き渡るとき 昔夢見た ホンキートンクブルース/俺たちのR&Rこの街に戻ってくるまで 唄い続けるあの街この場所で》(M11「ROCK & ROLL RAILROAD」)。
こうした熱い歌詞は、楽しい歌詞、前述したコントがあるからこそ、よりその熱さが増して聴こえる効果を生んでいると思う。ロストラブソングも然りである。

《お前を失くした時には 胸の痛さを知ったさ/額をBEDにすりつけ 涙が落ちないように/タバコの煙にむかって JOKEを飛ばしてみたのさ/LADY I LOVE YOU EVERY NIGHT 遠く離れたお前に》《二人を照らし続けた あの街光りのどこかで/お前は違った色に 流され染まっちまったか/愛とか恋とかやさしさ 俺にはにがてなようさ/いつでもお前を見守ってやる 輝く光りとなって》(M4「悲しきハートブレイカー」)。
ピエロメイクの涙は[観客を笑わせているがそこには悲しみを持つという意味を表現したものであるとされる]が([]はWikipediaからの引用)、あっちゃんのメイクを体現したリリックをしっかり用意しているところはさすがと言える。

TEXT:帆苅智之

アルバム『ハーレム野郎』

1989年発表作品



<収録曲>
1.…to be HARLEM
2.夏・NANCY・16才
3. Punch2 Ruby2 Lumba Purple Ranba Ruby2 Lumba
4.悲しきハートブレイカー
5.シェリーは祭りが大好き
6.WHISKEy ROCK
7.LET’S FUCK 1989
8.Fuchin’ Boys〜ガンツタレナガシノ術〜
9.DANCE DE NEW ROTEeKA
10.THE OUTLOW’S SONG
11.ROCK & ROLL RAILROAD



【関連リンク】
1stアルバム『ハーレム野郎』からすでに全開だった怖くないパンクバンド、ニューロティカのスタンス
ニューロティカまとめ
フラワーカンパニーズまとめ
人間椅子まとめ
グループ魂まとめ

【関連アーティスト】
ニューロティカ, フラワーカンパニーズ, 人間椅子, グループ魂, 氣志團, THE ALFEE, スターダストレビュー, BUCK-TICK, GLAY, ザ・スターリン, THE BLUE HEARTS, LAUGHIN\' NOSE, GELUGUGU, 175R, 大槻ケンヂ, NOT REBAOUND, 松山千春, 中島みゆき, さだまさし, B\'z
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム, パンク

UVERworld、「ODD FUTURE」MV公開
Wed, 09 May 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UVERworldが5月2日にリリースしたニューシングル「ODD FUTURE」がLINE MUSICのウィークリーソングスで1位、オリコンウィークリー3位を獲得。そして、そんなシングルより表題曲「ODD FUTURE」のMVを公開した。

7月18日には3枚組のベストアルバムをリリースすることも発表しており、そのうちの1枚の収録曲を決めるファン投票も受付中!  5月20日までの受付となるので、ぜひ参加してほしい。さらに、5月26日には『METROCK 2018』の東京公演への出演も控えているので、足を運ばれる方はライブも要チェック!

■ベストアルバム楽曲投票ページ
http://k.uverworld.com/2018best
※スマートフォンよりアクセスしてください

シングル「ODD FUTURE」

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9762〜63/¥1,574(税抜)
【通常盤】(CD)
SRCL-9764/¥1,204(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ODD FUTURE
2.PLOT
3.CORE STREAM
■DVD
1. Q.E.D.(Music Video)
2. PRAYING RUN (TYCOON TOUR 2017 TAKUYA∞生誕祭)



【通常盤】(CD)
SRCL-9764/¥1,204(税抜)
<収録曲>
1.ODD FUTURE
2.PLOT
3.CORE STREAM



【期間生産限定アニメ盤】(CD)
SRCL-9765/¥1,296(税抜)
※アニメ描き下ろしジャケット仕様
<収録曲>
1.ODD FUTURE
2.PLOT
3.CORE STREAM
4.ODD FUTURE (short ver.)



【関連リンク】
UVERworld、「ODD FUTURE」MV公開
UVERworldまとめ
三代目J Soul Brothers、「恋と愛」のMVテーマは“人生で一番悲しい恋の終わり方”

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

三代目J Soul Brothers、「恋と愛」のMVテーマは“人生で一番悲しい恋の終わり方”
Wed, 09 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

約2年振りのオリジナルアルバム『FUTURE』を6月6日にリリースする三代目J Soul Brothersが、同作に収録されるグループ王道の珠玉のバラードソング「恋と愛」のMVを公開した。MVのテーマは“人生で一番悲しい恋の終わり方”で、儚くも切ない楽曲世界をMVに登場する男女それぞれ異なる別れのシーンで描いている。恋を断腸の想いで葬る、そんな男性の悲しみの決意表明をヴォーカル2人がリップシンクするシーン。そして、楽曲の世界観をパフォーマー5人が演じているドラマ仕立ての内容に要注目だ。

また、apple musicやSpotifyなどの定額制音楽配信サービスで楽曲の視聴が可能となっているので、こちらもチェック! 今後もアルバム収録曲が続々と解禁予定とのことなので、続報をお楽しみに。

■「恋と愛」定額制音楽配信サービス 配信リンク一覧
https://avex.lnk.to/8fF_w

アルバム『FUTURE』

2018年6月6日発売



【3CD+4DVD】
RZCD-86589〜91/B〜E/¥10,778(税込)
【3CD+4Blu-ray】
RZCD-86592〜4/B〜E/¥11,858(税込)
【3CD+3DVD】
RZCD-86595〜7/B〜D/¥7,538(税込)
【3CD+3Blu-ray】
RZCD-86598〜600/B〜D/¥8,618(税込)
【3CD】
RZCD-86601〜3/¥4,320(税込)



【関連リンク】
三代目J Soul Brothers、「恋と愛」のMVテーマは“人生で一番悲しい恋の終わり方”
三代目J Soul Brothersまとめ
Mr.Children、全シングル&アルバムを配信決定

【関連アーティスト】
三代目J Soul Brothers
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, 音楽配信

Mr.Children、全シングル&アルバムを配信決定
Wed, 09 May 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mr.Childrenの1stシングル「君がいた夏」から最新シングル「himawari」までの全37作品、デビューアルバム『EVERYTHING』から最新アルバム『REFLECTION』、ベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』『Mr.Children 2001-2005 』『Mr.Children 2005-2010 』の全21作品の全楽曲を、5月10日(木)よりダウンロード配信並びにサブスクリプション配信することが決定! 配信日の5月10日は、Mr.Childrenのデビュー記念日ということもあり、ファンにとって嬉しいお知らせとなった。

なお、デビュー25周年記念として2017年5月10日より1年間限定で配信リリースされていたベストアルバム『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』は、2018年5月9日(水)までの期間限定配信となるので、まだチェックしていない方はお早めに!

■【配信作品】

■シングル
君がいた夏
抱きしめたい
Replay
CROSS ROAD
innocent world
Tomorrow never knows
everybody goes - 秩序のない現代にドロップキック -
【es】〜Theme of es〜
シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
名もなき詩
花 -M?mento-Mori-
マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-
Everything (It\'s you)
ニシエヒガシエ
終わりなき旅
光の射す方へ
I\'LL BE
口笛
NOT FOUND
優しい歌
youthful days
君が好き
Any
HERO
掌 / くるみ
Sign
四次元 Four Dimensions
箒星
しるし
フェイク
旅立ちの唄
GIFT
HANABI
祈り 〜涙の軌道 / End of the day / pieces
足音 〜Be Strong
ヒカリノアトリエ
himawari

■アルバム
EVERYTHING
Kind of Love
Versus
Atomic Heart
深海
BOLERO
DISCOVERY
Q
Mr.Children 1992-1995
Mr.Children 1996-2000
IT\'S A WONDERFUL WORLD
シフクノオト
I ? U
HOME
B-SIDE
SUPERMARKET FANTASY
SENSE
Mr.Children 2001-2005
Mr.Children 2005-2010
[(an imitation) blood orange]
REFLECTION {Naked}&{Drip}

※配信限定ベストアルバム『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』は、2017年5月10日〜2018年5月9日までの期間限定配信になります。

<配信先>
■ダウンロード
iTunes、Google Play Music、dwango、music.jp、mora、LINE MUSIC、レコチョク、エンジンモバイル
■サブスクリプション
Apple Music、AWA、Google Play Music、KKBOX、Spotify、LINE MUSIC、レコチョクBest、うたパス、dヒッツ



【関連リンク】
Mr.Children、全シングル&アルバムを配信決定
Mr.Childrenまとめ
首振りDolls、メジャーデビュー作より「煙突の街」のMV公開

【関連アーティスト】
Mr.Children
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, シングル, アルバム, 音楽配信

首振りDolls、メジャーデビュー作より「煙突の街」のMV公開
Wed, 09 May 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月25日にメジャーデビューアルバム『真夜中の徘徊者〜ミッドナイトランブラー』をリリースしたばかりの首振りDollsが、同作に収録されている最新曲「煙突の街」のMVをYouTubeにて公開した。「煙突の街」のMVはそのタイトルどおり、彼らを生んだ北九州市を舞台にした楽曲。楽曲の中に登場する紫川をバックに、叙情的に奏でられる新世代めんたいロックバラードは必聴だ。

なお、アルバム『真夜中の徘徊者〜ミッドナイトランブラー』を引っ提げて、5月13日より全国5都市を巡るツアー『ONEMAN TOUR「MIDNIGHT COLORS -真夜中の極彩夢-」』も開催間近。メジャーフィールドへの歩みを踏み出し、待望の全国ツアーを直前に控える彼らを要チェック!

アルバム『真夜中の徘徊者〜ミッドナイトランブラー』

発売中



KICS-3699/¥2,315+税
<収録曲> 
1.イージーライダー
2.境界線
3.wanted baby
4.切花
5.浮氣夜
6.夜の衝動
7.煙突の街
8.月明かりの街の中で
9.悪魔と踊れ
10.サンドノイズ
11.ロックンロール
12.月のおまじない

Produced by Norio Toshiro

『ONEMAN TOUR「MIDNIGHT COLORS -真夜中の極彩夢-」』

5月13日(日) 東京・代々木LIVE labo YOYOGI
5月18日(金) 京都・磔磔
5月20日(日) 愛知・名古屋CLUB ROCK\'N\'ROLL
5月26日(土) 福岡・Kieth Flack
5月27日(日) 福岡・小倉 LIVE SPOTWOW!



【関連リンク】
首振りDolls、メジャーデビュー作より「煙突の街」のMV公開
首振りDollsまとめ
打首獄門同好会、東名阪Zeppツアーの対バンにDragon Ash、筋肉少女帯を発表!

【関連アーティスト】
首振りDolls
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

打首獄門同好会、東名阪Zeppツアーの対バンにDragon Ash、筋肉少女帯を発表!
Wed, 09 May 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

生活密着型ラウドロックバンドの打首獄門同好会が、7月より東名阪Zeppツアー『ついに対バン祭2018』を開催することを発表した。本ツアーでは、メンバーの“ずっとやりたかった対バン”を実現するというコンセプトのもと、大阪公演にはDragon Ash、名古屋公演にはキュウソネコカミ、東京公演には筋肉少女帯と、名だたるアーティストとのツーマンライブが決定している。

各公演のサブタイトルにもある通り、6年越し・7年越し・さらには13年越しと、長い期間をかけてバンドが成長してきたからこそ実現したそれぞれのカードであり、どの公演も感慨深い一日になることは確実だ。チケット先行受付への申し込みは、5月9日(水)19時よりスタート。売り切れ必至の大注目の公演なので、チケットゲットはお早めに!

3月に日本武道館での初のワンマンライブを大成功におさめたことが記憶に新しい打首獄門同好会が、全国各地でどんなお祭り騒ぎを見せてくれるのか。この夏も彼らから目が離せない。

■『ついに対バン祭2018』

■『ついに対バン祭2018 〜6年目の乾杯〜』
7月22日(日) 大阪・Zeppo Osaka Bayside
w/Dragon Ash

■『ついに対バン祭2018 〜7年目の約束〜』
8月05日(日) 愛知・Zeppo Nagoya
w/キュウソネコカミ

■『ついに対バン祭2018 〜13年目の検証〜』
9月01日(土) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
w/筋肉少女帯

<チケット>
全券種共通¥4,800(税込/ドリンク代別)
※6歳以上チケット必要
・1Fスタンディング(整理番号有り)
・2F指定席
・2Fファミリー席

■チケット先行
5月09日(水)19:00〜5月18日(金)23:59
受付URL:http://eplus.jp/uchikubi2018z/
※1Fスタンディングのみ対象。2F指定席・ファミリー席は一般発売からの販売となります。



【関連リンク】
打首獄門同好会、東名阪Zeppツアーの対バンにDragon Ash、筋肉少女帯を発表!
打首獄門同好会まとめ
Dragon Ashまとめ
筋肉少女帯まとめ
Plastic Tree、PS Vitaゲームのタイアップシングル「インサイドアウト」発売決定

【関連アーティスト】
打首獄門同好会, Dragon Ash, 筋肉少女帯
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, チケット

Plastic Tree、PS Vitaゲームのタイアップシングル「インサイドアウト」発売決定
Wed, 09 May 2018 23:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月7日にアルバム『doorAdore』をリリースし、レコ発ツアー『Plastic Tree Spring Tour 2018「doorAdore」』を行なっていたPlastic Tree。5月9日(水)に中野サンプラザでツアーファイナルを迎え、同公演の最後に早くも次作のリリースを発表していたが、この度その新作が、7月25日に通算41枚目のシングル「インサイドアウト」としてリリースされることが分かった。

シングル「インサイドアウト」は、新曲として「インサイドアウト」「灯火」の2曲が収録され、どちらの楽曲もPlayStation(R)Vitaゲーム『Collar×Malice -Unlimited-』とのタイアップ楽曲となっている。主題歌として「インサイドアウト」、エンディングテーマとして「灯火」を書き下ろした。Plastic Treeは2016年に発売された『Collar×Malice』でも主題歌を担当しており、前作に続いての主題歌担当。主題歌「インサイドアウト」が使用された『Collar×Malice -Unlimited-』のオープニングムービーは、ゲーム公式YouTubeで公開されているので、いち早く新曲をチェックしてほしい。

今作は、通常盤に加えて「インサイドアウト」のMVを収めた初回限定盤A、豪華撮り下ろしフォトブックレット仕様の初回限定盤B、ゲームイラスト仕様のCollar×Malice盤でのリリースとなる。

シングル「インサイドアウト」

2018年7月25日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1409/¥1,800+税
【初回限定盤B】(CD+ブックレット)※豪華フォトブックレット付属
VIZL-1410/¥1,800+税
【Collar×Malice盤】(CDのみ)※ゲームジャケット仕様
VICL-37412/¥1,200+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-37413/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.インサイドアウト
02.灯火
03.インサイドアウト(Instrumental)
04.灯火(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤Aのみ
01.インサイドアウト(MV)

<配信情報>
iTunes Store、レコチョク、mora主要サイトにて7月25日より配信予定。



【関連リンク】
Plastic Tree、PS Vitaゲームのタイアップシングル「インサイドアウト」発売決定
Plastic Treeまとめ
BABYMETAL、ワールト?ツアー初日終了後に日本公演を発表

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, バンド, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ゲーム, 主題歌, エンディング, オープニング, 音楽配信

BABYMETAL、ワールト?ツアー初日終了後に日本公演を発表
Wed, 09 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BABYMETALか?、現地時間5月8日(火)にカンサ?スシティ・Uptown Theaterて?『WORLD TOUR 2018』が幕を開けた。「キツネ様に選は?れし、DARK SIDEの7人の勇者達“THE CHOSEN SEVEN”か?降臨する。知られさ?る闇の外典、METAL RESISTANCE EPISODE VIIの幕開けと共に明らかになるた?ろう。しかし、7つのメタルの魂は同し?時空に存在するとは限らない。いつ、と?こて?、誰か?、と?んな姿て?現れるのか、それはキツネ様のみそ?知る。」というお告け?か?あり、ツアーの開催か?待たれていた中て?いよいよ迎えた初日。

突如MVとテ?シ?タルリリースて?発表された新曲「Distortion」を含め、1曲目から立て続けに新曲を披露し、“外典”となるDARK SIDEの新たなストーリーの始まりとともに、今まて?のBABYMETALとは異なるスタイルて?ハ?フォーマンス。オーテ?ィエンスはツアー初日から熱狂的な盛り上か?りを見せた。今回のUSツアーて?は単独公演7箇所に加え、コロンハ?スて?開催される『Rock on the Range』は日本人アーティスト初となる「STAGE TWO」のヘット?ライナーとして出演する。

そして、初日公演終了後に新たなお告け?がとしてワールト?ツアーの日本公演か?発表された。10月23日(火)24日(水)に幕張メッセイヘ?ントホール、10月30日(火)31日(水)に神戸ワールト?記念ホールて?開催となる。詳細は後日発表となるので、続報に注目だ。

『BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN』

10月23日(火) 千葉 幕張メッセイヘ?ントホール
10月24日(水) 千葉 幕張メッセイヘ?ントホール
10月30日(火) 兵庫 神戸ワールト?記念ホール
10月31日(水) 兵庫 神戸ワールト?記念ホール

※その他の詳細は後日発表
※BABYMETALメンハ?ース?サイト「THE ONE」会員チケット最速先行の実施を予定しております。
決定次第、BABYMETALオフィシャルHPおよひ?「THE ONE」メンハ?ース?サイトにてこ?案内いたします。
なお、「THE ONE」会員チケット最速先行のこ?案内は7月中旬を予定しております。

<「THE ONE」とは・・・>
THE ONE(BIG TEE)購入者か?登録・利用て?きるBABYMETALメンハ?ース?サイト。BABYMETALライフ?の最速チケット受付や限定イヘ?ントへの参加受付・限定ク?ッス?購入等の特典か?あります。(登録料・利用料無料)詳しくはコチラをこ?確認くた?さい。
https://theone.babymetal.jp/2018/



【関連リンク】
BABYMETAL、ワールト?ツアー初日終了後に日本公演を発表
BABYMETALまとめ
BiSH、広瀬すず出演の『レオパレス21』CMソングを歌う

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, ユニット, 発表, 新曲, メタル, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ

BiSH、広瀬すず出演の『レオパレス21』CMソングを歌う
Wed, 09 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHが、5月10日(木)から全国で放送がスタートする『レオパレス21』の新CM「恋するレオパレス5th season TV-CM」の“デートのお誘い”篇、“花火大会”篇のCMソングを担当する。こちらのCMは、広瀬すずが主演を務める青春物語を描いたTVCMシリーズで、BiSHが歌唱したお馴染みのCMソングがBGMとして起用されている。

TVCMの先を知ることができるWEBムービーも、5月9日(水)より『レオパレス21』公式サイトで公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

■『レオパレス21』公式サイト
http://www.leopalace21.com/special/koi/index.html



【関連リンク】
BiSH、広瀬すず出演の『レオパレス21』CMソングを歌う
BiSHまとめ
大原櫻子、6月にアルバム『Enjoy』をリリース&ツアータイトルは『Enjoy?』に決定

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, グループ, 発表, TVCM, CMソング

大原櫻子、6月にアルバム『Enjoy』をリリース&ツアータイトルは『Enjoy?』に決定
Wed, 09 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が、2年振りとなるオリジナルフルアルバム『Enjoy』のリリースを発表した。アルバムには、映画『チア★ダン』主題歌の「ひらり」、秦基博の作詞作曲による「マイ フェイバリット ジュエル」、水野良樹(いきものがかり)が作詞作曲した「さよなら」、そして2018年リリースの「泣きたいくらい」と、計4曲のシングル曲が含まれる。

そして、アルバム発売直後にスタートするツアータイトルも『大原櫻子 5th TOUR 2018〜Enjoy?〜』と発表された。アルバムタイトルに“?”マークが追加されているが、ツアーの内容にどう反映されてくるのか楽しみだ。

アルバム『Enjoy』

2018年6月27日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1398/¥4,500+税
【初回限定盤B】(CD+BOOKLET)
VIZL-1399/¥4,000+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-65026/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
全14曲収録予定
■DVD
内容未定
※主要ダウンロードサイト、定額制聴き放題サービスでも6月27日より配信予定

『大原櫻子 5th TOUR 2018〜Enjoy??〜』

6月28日(木) 千葉 市原市市民会館 大ホール
7月03日(火) 岡山 岡山市民会館 大ホール
7月04日(水) 広島 上野学園ホール
7月06日(金) 愛知 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
7月11日(水) 東京 NHKホール
7月12日(木) 宮城 仙台サンプラザホール
7月16日(月) 神奈川 神奈川県民ホール 大ホール
7月18日(水) 福岡 福岡サンパレス
7月20日(金) 大阪 グランキューブ大阪 メインホール



【関連リンク】
大原櫻子、6月にアルバム『Enjoy』をリリース&ツアータイトルは『Enjoy?』に決定
大原櫻子まとめ
吉澤嘉代子、3rdシングル「ミューズ」のジャケットに安達祐実を起用

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン, 主題歌, 映画, 音楽配信

吉澤嘉代子、3rdシングル「ミューズ」のジャケットに安達祐実を起用
Wed, 09 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子が6月13日(水)にリリースする3rdシングル「ミューズ」のジャケットが公開され、安達祐実が火花散る素肌を披露していることがわかった。今回のコラボレーションは、“大人になるほどに神秘的な美しさとさらけだす強さを増してゆく安達祐実さんにオファーしました”という吉澤嘉代子からのオファーに、“とても光栄だと思いました。吉澤さんの事はテレビで拝見させていただいたり、楽曲も知っていて、魅力的な方だと思っていましたので出演させていただきました”と安達祐実が快諾し、実現の運びとなった。

新曲「ミューズ」について吉澤は、“ミューズというタイトルで、人生の傷跡を肯定するような歌を書きたいと思いました。誰かに向けて作るのは自分の底の浅さと向きあう作業になるので、すごく難しく時間が掛かりました。それでもどうしても書きたくて、大事な友達のひたむきな美しさを讃えるようにしてやっと仕上がりました”とコメント。

ジャケット撮影について安達は、“女性として生まれたことを喜べるような楽曲だと思いました。心地よい風に背中を押されているような、煌めいた美しさが伝わってきます。(吉澤さんは)個性的な雰囲気がある方で、モノを作る人として大切なものを持っている方なんだなと感じました。撮影は、ほとんど裸の状態で行っていたのですが、解放的で楽しかったです”とコメントしている。

仕上がったジャケットを見て安達は、“素敵だ!と思いました。びっくりするくらいに”、吉澤は、“撮影中にミューズの鼻歌を歌う少女のような姿が印象的でした。ミューズにぴったりな、たおやかな佇まいのジャケットになりました”と、それぞれ感想をコメントした。

今作は、表題曲の「ミューズ」に加えて、南波志帆に提供した「おとぎ話のように」セルフカバーが収録され、初回限定盤には2017年秋に全国14ヶ所で開催された『お茶会ツアー2017』のドキュメント映像が収録されたDVDが付属する。なお、吉澤は6月16日・17日の2日間にわたって東京国際フォーラムCにて『スペシャルコンサート「吉澤嘉代子の発表会」』と題したワンマンコンサートを開催、すでに両日SOLD OUTしている。

シングル「ミューズ」

2018年6月13日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-10399/?1,667+税
<収録曲>
■CD
1.ミューズ
2.おとぎ話のように
■DVD ※初回限定盤
『お茶会ツアー2017』ドキュメント映像



【通常盤】(CD)
CRCP-10400/?926+税

『スペシャルコンサート「吉澤嘉代子の発表会」』

6月16日(土) 東京国際フォーラムホールC ※SOLD OUT
6月17日(日) 東京国際フォーラムホールC ※SOLD OUT



【関連リンク】
吉澤嘉代子、3rdシングル「ミューズ」のジャケットに安達祐実を起用
吉澤嘉代子まとめ
aiko、アルバム『湿った夏の始まり』ジャケ写公開&シングル「ストロー」フルMVをGYAO!で限定独占配信

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, シンガーソング・ライター, コラボ, シングル

aiko、アルバム『湿った夏の始まり』ジャケ写公開&シングル「ストロー」フルMVをGYAO!で限定独占配信
Wed, 09 May 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

aikoが6月6日(水)にリリースする13枚目アルバム『湿った夏の始まり』のジャケット写真を公開した。初回限定仕様盤ではTシャツにデニムとサスペンダーというaikoらしいファッションに光が印象的に使用されており、アルバムのタイトル通りに“湿った夏”の夜を思わせるビジュアル。そして、通常仕様盤では髪を風にはためかせながら、aikoが物憂げな表情を浮かべるジャケット写真に仕上がっている。

また、アルバムにも収録されることが決定している最新シングル「ストロー」のフルバージョンMVが、5月9日(水)より3週間限定でGYAO!にて独占配信される。現在、aikoオフィシャルYouTubeチャンネル「aikoOfficial」にてショートバージョンが公開中の「ストロー」のMV。フルバージョンは、楽曲の歌詞になぞらえた彼との同棲生活の続きを観ることができる。さらに、バンドメンバーを従えて演奏するシーンや、光が印象的なバックショットの演奏シーンなど、6月8日(金)よりスタートする自身最長のホールツアー『Love Like Pop vol.20』への期待が高まる内容になっている。この機会にぜひチェックしてほしい。

さらにaikoは、今作『湿った夏の始まり』の発売を控え、5月度のスペースシャワーTVの「V.I.P」アーティストにも選出されている。

■「ストロー」フルバージョンMV(GYAO!)
公開期間:5月9日(水)0:00〜5月29日(火)23:59
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00025/v12058/v1000000000000005324/

アルバム『湿った夏の始まり』

2018年6月6日(水)発売



【初回限定仕様盤】
PCCA.15013/¥2,913+税
※カラートレイ&初回限定ブックレット仕様

◎先着購入特典:ポスター(B2サイズ)
CDショップにて購入いただきますと先着でポスター(B2サイズ)をプレゼント
※全国のCDショップ(タワーレコード、TSUTAYA、HMV、新星堂他)、WEBショップ(amazon 他)が対象です。
※詳しくはお近くのCDショップに直接お問い合わせください。



【通常仕様盤】

『Love Like Pop vol.20』

6月08日(金) 神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター
6月15日(金) 栃木・宇都宮市文化会館
6月16日(土) 栃木・宇都宮市文化会館
6月23日(土) 東京・NHKホール
6月24日(日) 東京・NHKホール
6月28日(木) 岡山・倉敷市民会館
6月30日(土) 鳥取・米子コンベンションセンター
7月06日(金) 静岡・アクトシティ浜松大ホール
7月08日(日) 三重・三重県文化会館大ホール
7月16日(月・祝) 大阪・大阪フェスティバルホール
7月17日(火) 大阪・大阪フェスティバルホール
7月20日(金) 京都・ロームシアター京都
7月28日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月29日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
8月06日(月) 北海道・札幌ニトリ文化ホール
8月07日(火) 北海道・札幌ニトリ文化ホール
8月11日(土・祝) 広島・広島上野学園ホール
8月12日(日) 広島・広島上野学園ホール
8月18日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
8月19日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
9月02日(日) 長野・長野ホクト文化ホール
9月07日(金) 新潟・新潟県民会館
9月12日(水) 東京・NHKホール
9月13日(木) 東京・NHKホール
9月18日(火) 埼玉・大宮ソニックシティ
9月23日(日・祝) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
9月24日(月・休) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
9月28日(金) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
9月30日(日) 長崎・長崎ブリックホール
10月02日(火) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
10月07日(日) 沖縄・沖縄コンベンション劇場
10月12日(金) 徳島・鳴門市文化会館
10月14日(日) 香川・レグザムホール(香川県民ホール)
10月20日(土) 滋賀・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
10月22日(月) 兵庫・神戸国際会館
10月28日(日) 山形・やまぎんホール(山形県県民会館)
10月30日(火) 青森・八戸市公会堂 大ホール
11月02日(金) 大阪・大阪フェスティバルホール
11月03日(土・祝) 大阪・大阪フェスティバルホール
11月17日(土) 東京・NHKホール
11月18日(日) 東京・NHKホール
11月29日(木) 東京・NHKホール
11月30日(金) 東京・NHKホール
12月08日(土) 大阪フェスティバルホール
12月09日(日) 大阪フェスティバルホール

<チケット>
¥6,800(税込)
※公演日によって開場/開演時間が異なりますのでご注意ください。
※開場/開演時間は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※小学生以上はチケットが必要です。未就学児は入場できません。

・第一弾 一般発売 初日特別電話(6月8日〜9月13日公演分)
2018年5月13日(日)AM10:00〜
※第二弾の一般発売は、8月19日(日)AM10:00〜(詳細は後日発表)
■詳しくは https://aiko.com/live/



【関連リンク】
aiko、アルバム『湿った夏の始まり』ジャケ写公開&シングル「ストロー」フルMVをGYAO!で限定独占配信
aikoまとめ
菊地成孔、新曲「夏の天才」を携えてSPANK HAPPY再結成!

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, アルバム

菊地成孔、新曲「夏の天才」を携えてSPANK HAPPY再結成!
Wed, 09 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1992年〜2006年の活動期間から12年。新メンバーを迎えての書き下ろし楽曲を携え、ついにSPANK HAPPYの再結成が決定! メンバーなどの詳細は、5月13日(日)菊地成孔の主宰するレーベルイベント『TABOO LABEL Presents GREAT HOLIDAY』でライヴとともに明かされる。

書き下ろし新曲である「夏の天才」は5月14日(月)から始まる三越伊勢丹グループ『グローバル・グリーン キャンペーン』のキャンペーンソングに起用されており、先んじて15秒バージョンが公開され、試聴がスタートしている。また、本配信に先駆けて、キャンペーン期間中はグループ店各店舗・スペシャルサイトで夏をイメージしたオリジナルGIFアニメーションと共にフルバーションも試聴可能に! キャンペーン終了後の5月30日(水)より、配信が決定している。

■三越伊勢丹 SPECIAL SITE
http://www.miguide.jp/globalgreen/

『TABOO LABEL Presents GREAT HOLIDAY』

5月13日(日) 東京 新木場STUDIO COAST
開場:14:00 開演:15:00
出演:DC/PRG、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール and more…

<チケット>
入場料:¥6,500(税込)オールスタンディング(整理番号付き)
※入場時ドリンク代別途必要 ※6歳未満入場不可
※開場開演、チケット代は変更の可能性があります



【関連リンク】
菊地成孔、新曲「夏の天才」を携えてSPANK HAPPY再結成!
菊地成孔まとめ
SPANK HAPPYまとめ
アイドル諜報機関LEVEL7、BANZAI JAPANなど出演の『Ailes Spark』をレポート

【関連アーティスト】
菊地成孔, SPANK HAPPY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 配信, オルタナティブ, ライブ, 音楽配信, 再結成

アイドル諜報機関LEVEL7、BANZAI JAPANなど出演の『Ailes Spark』をレポート
Wed, 09 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月30日(月)に池袋Live inn ROSAにてイベント『Ailes Spark』が開催された。この日は二部編成で開催されており、今回は二部にて行われた『Ailes Spark Vol.30 -持ち時間たっぷりと!編-』をレポートする。本公演には、BANZAI JAPAN、アイドル諜報機関LEVEL7、きゅい〜ん\'ズ、Sparkle Pink Ruby、LovRAVE、畠中清羅、異国のパルピタンテ、東京23区ガールズの8組が出演した。

トップバッターとして登場したのは異国のパルピタンテだ。3拍子でメロディアスな楽曲、スタンダードながらパフォーマンスがオリジナリティ溢れるステージと、一度見たら感じ取ることのできる「異国」の世界観はインパクトが十分、まさに「パルピタンテ(トキメキ)」を会場中に与えるエンターテインメントショーだ。

愛を拡散するアイドルグループ、LovRAVE。白い衣装で登場。EDMな音色と4つうちがカッコいいサウンド。そして息のあったパフォーマンスが印象的だ。関西から出て来た、という4人は卒業した学校が同じメンバーで構成されている。上京してから寮で同棲している4人のチームワークの良さが目立つ。関西人のならではのノリのよいMCも魅力的だ。

重低音が響くSEで登場したのは「あなたと東京を繋ぐ」東京23区ガールズだ。ハイテンションで煽っていくメンバーの声に合わせてファンのコールが上がる。MCを挟んで3人での楽曲披露も5人でのパフォーマンスと変わらないテンションで披露される。楽しそうにMIXを打つファン。そしてそれに応えるかのようなメンバーのパフォーファンス。そんなキャッチボールが印象的だった。

メンバーの煽りでSparkle Pink Rubyのパフォーマンスがスタートする。フロアは途端に水色のサイリウムで埋まり、会場とステージの一体感を紡いでいく。ロックでメロディアスな楽曲は一度聞いたら耳に残る。サークルモッシュも起こるライブはファンも巻き込み、楽しい空間を作り出していく。最後には4つ打ちの楽曲も披露され、バリエーションの広さも感じさせてくれるステージだった。6月26日には秋葉原ZESTで丸島ゆいの、百田千紘のW生誕祭が行われる。

ベットできるアイドルきゅい〜ん’ズは5人の良さを最大限に表現したステージングを見せる。「決め」である部分が抜群に可愛く、そしてバシッと決まるパフォーマンス。正統派と思わせながら一味違うパフォーマンスはこれらの要素が深くあるからだろう。掛け合いもファンと一体になった時間となり、ファンがアイドルを支え、アイドルがファンを支えている形を感じさせた。

MCからゲストの畠中清羅が登場。観客席できゅい〜ん’ズを見ていた、という彼女は友達を想ったオリジナル曲の優しい歌で観客を包む。久しぶりのステージで緊張している、という畠中は抜群の歌唱力でしっとりと歌い上げた。ユニット時代を一期生として共に過ごしてきた生駒里奈の卒業公演について語ると、乃木坂46の楽曲も披露され、フロアからは何度も“おおー!!”という声が上がった。本日、ファンにとっては嬉しい1日になったに違いない。ファンからは終演後、“懐かしさを抱きながらも嬉しい気持ちだった”という声も聞くことができた。

そしてBANZAI JAPANがおでまし! Tokyo Candlleでの優勝やでんぱ組.incとの愛踊祭での共演など、今、勢いがあるグループ。日本のアイデンティティを発信し続けるアイドルグループは着実にファンをつけ成長している。見れば見るほど洗練されていくステージは今回も健在。

トリを務めるのは渋谷WWWでのワンマンライブも成功におさめた、アイドル諜報機関LEVEL7。5月にCDが発売される告知が語られるとオリコン一位を目指したい、という強い決意が発表された。セクシーでかっこいいパフォーマンスを展開する。楽曲の“間”を大事にした振り付けがLEVEL7にしかないオリジナリティを感じた。

この日、池袋を包んだ熱気、そして楽しいというフロアとステージはこのイベント『Ailes Spark Vol.30 -持ち時間たっぷりと!編』ならでは。と出演者もファンも感じたはずだ。それぞれのグループが存分にステージを披露できたのはイベントを作った主催者、アイドル、観客があってこそ。この日の思い出を反芻して今日もまた頑張ろう、そう思える1日だった。

TEXT:やわらかゆーすけ(YYman)
PHOT:やわらかゆーすけ(YYman)、みやまる

今後のVirise主な主催イベント

■『SHIBUYA GIRLS SPARK SP』
5月28日(月) 東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE
開場 16:30 / 開演 17:00(予定)
前売 2,500円 / 当日 3,000円(D別)
<出演>
BANZAI JAPAN/川崎純情小町☆/萌えこれ学園/BONBON!!chocolat/Lエル/きゅい〜ん\'ズ/AMER+/代々木女子音楽院/愛夢GLTOKYO/かみつき!MAD-DOG/病ンドル/オモテカホ/and more...

■『AKIBA Ailes Spark × AKIHABARA IDOL PARTY presents「idol circulation」』
6月12日(火) 秋葉原ZEST・COSMIC LAB・TwinBoxGARAGE(3場同時開催)
開場 16:00 / 開演 16:30(出演組数に早まる場合有り)
料金 入場用リストバンド代:2500円
※各会場初回入場時に1ドリンク代必要
<出演>(50音順)
アイドル諜報機関LEVEL7/あそびダンジョン/雨宮沙耶/アライブとレイニー/アンダービースティ/異国のパルピタンテ/81moment/81limited/エルフロート/Order Doll/かぷりす/CANDY GO!GO!/KING∞ RAGE/clipclip/純情小町☆NEO/鈴音ひとみ/空野青空/Dan te Lion/ダイヤモンドルフィー/高杉りおな/玉響-たまゆら-/TEARS-ティアーズ-/東京23区ガールズ/のーぷらん。/花ノ色リミテッド/BANZAI JAPAN/日向いちか/ぷりんせす?たいむ/平成琴姫/フルーツリング/星名ふみみ/未完成リップスパークル/三毛猫歌劇団/ろまんす注意報/ヤンチャン学園音楽部/代々木女子音楽院/143∽/最期はここで。/and more…



【関連リンク】
アイドル諜報機関LEVEL7、BANZAI JAPANなど出演の『Ailes Spark』をレポート
BANZAI JAPANまとめ
アイドル諜報機関LEVEL7まとめ
ORANGE RANGE、配信シングル「Ryukyu Wind」リリース決定

【関連アーティスト】
BANZAI JAPAN, アイドル諜報機関LEVEL7
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, ライブレポ

ORANGE RANGE、配信シングル「Ryukyu Wind」リリース決定
Wed, 09 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEが5月8日に行ったLINE LIVE番組の中で、新曲「Ryukyu Wind」を5月9日より配信リリースすることを発表した。沖縄市出身の彼らが、ホームタウンを本拠地とするJリーグクラブFC琉球の応援アンバサダーに就任し、FC琉球公式応援ソングとして新曲「Ryukyu Wind」を書き下ろしたとのこと。

鼓動が昂る4つ打ちのビート、青空と風を感じる爽快なメロディー、そして込められた想いが膨れ上がるユニゾンとを重ね合わせた新たなスタジアムアンセムとなっている。この夏は、ORANGE RANGEの出演するフェスやイベントが全国各地で目白押し! ぜひチェックしてほしい。

配信シングル「Ryukyu Wind」

2018年5月9日配信開始



※iTunes Storeほか主要配信サイトおよびApple Music、Spotify、dヒッツ他各サブスクリプションサービスにて配信
■購入はこちら https://jvcmusic.lnk.to/ryukyu_wind



【関連リンク】
ORANGE RANGE、配信シングル「Ryukyu Wind」リリース決定
ORANGE RANGEまとめ
湯木慧×大橋ちっぽけ、ツーマンライブ開催決定

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

湯木慧×大橋ちっぽけ、ツーマンライブ開催決定
Wed, 09 May 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湯木慧と大橋ちっぽけのツーマンライブが、7月1日(日)に三軒茶屋グレープフルーツムーンにて開催されることが発表された。

高校生時代に対バンしたことがきっかけで、SNSを通して交流していた二人。今回の企画は裏渋谷発の邦楽専門セレクトショップ『wefan records(ウィーファンレコーズ)』によるライブイベント『The Lodestar “acoustic” #3』として行われる。チケットはLIVE POCKETにより5月8日(火)21:00より販売開始。マイクを通さずとも息遣いすら聴こえるような50名ほどの小さなスペース。この夜だけの貴重な2組による共演。ぜひチェックしてみよう。

■wefan records ×三軒茶屋GRAPEFRUIT MOON共同企画 『The Lodestar “acoustic” #3』

7月01日(日) 三軒茶屋グレープフルーツムーン
出演:湯木慧/大橋ちっほ?け
<チケット>
前売り¥2,500/当日¥3,000※D代別
※チケット購入はこちら:https://t.livepocket.jp/e/qmt-i
※定員に達し次第販売終了



【関連リンク】
湯木慧×大橋ちっぽけ、ツーマンライブ開催決定
湯木慧まとめ
大橋ちっぽけまとめ
THE BEATNIKS、アルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』よりリード曲のMV公開

【関連アーティスト】
湯木慧, 大橋ちっぽけ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, チケット

THE BEATNIKS、アルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』よりリード曲のMV公開
Wed, 09 May 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

高橋幸宏と鈴木慶一によるユニット・THE BEATNIKSが5月9日にリリースする、実に7年ぶりのアルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』のリード曲「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」のMVが公開された。この曲は赤塚不二夫の生誕80周年を記念して、2017年5月に開催された『バカ田大学祭ライブ』への出演をきっかけに作られたもの。耳に残って離れないリズミカルなサビに、本人たちによる赤塚不二夫オマージュな振付が印象的な楽曲となっている。

今回のMVはメンバーからの呼びかけにより“踊ってみた”動画を公募し、全国のファンから投稿された動画を集めて作られたもので、言わば、“ファンとの共作ミュージックビデオ”だ。一般のファンから集まった投稿動画とともに、シークレットゲストがさりげなく参加しているのにも注目! また、5月11日(金)には六本木EXシアターで行われる発売記念ライブが予定されているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

アルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』

2018年5月9日発売



【CD】
COCB-54260/¥3,240(税込)
<収録曲>
1.Crepuscular Rays
2.I\'ve Been Waiting For You 
3.鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章 
4.Brocken Spectre
5.ほどよい大きさの漁師の島 
6.Softly-Softly
7.BEAT印のDOUBLE BUBBLE
8.Unfinished Love 〜Full of Scratches〜 
9.Speckled Bandages
10.シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya



【LP】
COJA-9334/¥3,800+税

アルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』発売記念ライブ

5月11日(金) 東京・EX THEATER ROPPONGI



【関連リンク】
THE BEATNIKS、アルバム『EXITENTIALIST A XIE XIE』よりリード曲のMV公開
THE BEATNIKSまとめ
グッドモーニングアメリカ、ベスト盤の収録曲を発表&2マン全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
THE BEATNIKS
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, リリース, 発売

グッドモーニングアメリカ、ベスト盤の収録曲を発表&2マン全国ツアー開催決定
Wed, 09 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが5月8日(火)に東京・代官山UNITにて開催した、ベストアルバム収録曲投票順位発表ライブ『GMAオールスター感謝祭』にて、7月11日にリリースする初ベストアルバム『the BEST HIT GMA』の収録曲とジャケット写真を発表した。

栄光の1位は、1stミニアルバム『空ばかり見ていた』に収録されている「言葉にならない」が獲得! バンドの原点ともいえる作品から、グドモらしい“アグレッシブ&メランコリック”が集約された2ビートソングが選ばれた。他に「未来へのスパイラル」「空ばかり見ていた」「コピペ」「STAY WITH ME」といったライブ定番曲、2011年12月発売の企画アルバム『あっ、良い音楽ここにあります。その弐』にのみ収録されていた「カラツ風ガ吹キツケル」や無料配信限定曲「ひこうき雲」といった超レア曲も選抜され、『GMAオールスター感謝祭』アンコールで披露された新曲「Darwin\'s Train」を含む全19曲を収録する。

また、初回限定盤付属DVDには『GMAオールスター感謝祭』のライブ映像が収録され、お祝いに駆け付けたファンとバンドが一体となったアツ過ぎるライブが早くも映像化されることとなった。入門者にもグドモクルーなファンにも、どちらも十分に楽しめるベストアルバムをぜひ手に入れてほしい。

さらに、2マン全国ツアー『the BEST HIT GMA tour 2018』の開催も発表! 10周年を盛り上げてくれるバンドが各地で参加してくれるので、対バン発表を期待して待っていてほしい。

アルバム『the BEST HIT GMA』

2018年7月11日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1450〜1451/¥3,333+税
※初回限定盤/通常盤共通:CD全収録楽曲をスマホで簡単再生できる「プレイパス」コード封入
<収録曲>
■CD
1.Darwin\'s Train
2.言葉にならない
3.未来へのスパイラル
4.空ばかり見ていた
5.カラツ風ガ吹キツケル
6.餞の詩
7.そして今宵は語り合おう
8.イチ、ニッ、サンでジャンプ
9.あなたの傍に猛ダッシュで
10.ひこうき雲
11.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
12.マリオネット演者ノ詩
13.STAY WITH ME
14.コピペ
15.心臓抉って
16.アブラカタブラ
17.キャッチアンドリリース
18.拝啓、ツラツストラ
19.風と鳴いて融けてゆけ
■DVD
2018年5月8日(火)開催のベストアルバム収録曲と投票順位発表を兼ねた10th アニバーサリー ファンチョイス ベストアルバム リリース スペシャルライブ『GMAオールスター感謝祭』ライブ映像を収録。
※収録曲は後日発表



【通常盤】(CD)
COCP-40366/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1.Darwin\'s Train
2.言葉にならない
3.未来へのスパイラル
4.空ばかり見ていた
5.カラツ風ガ吹キツケル
6.餞の詩
7.そして今宵は語り合おう
8.イチ、ニッ、サンでジャンプ
9.あなたの傍に猛ダッシュで
10.ひこうき雲
11.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
12.マリオネット演者ノ詩
13.STAY WITH ME
14.コピペ
15.心臓抉って
16.アブラカタブラ
17.キャッチアンドリリース
18.拝啓、ツラツストラ
19.風と鳴いて融けてゆけ

2マン全国ツアー『the BEST HIT GMA tour 2018』

7月19日(木) 八王子・Match Vox
7月24日(火) 高松・DIME
7月25日(水) 福岡・CB
7月26日(木) 熊本・Django
8月07日(火) 京都・KYOTO MUSE
8月08日(水) 岡山・IMAGE
8月26日(日) 札幌・DUCE Sapporo
9月11日(火) 仙台・JUNK BOX
9月22日(土) 名古屋・ElectricLadyLand
9月25日(火) 大阪・BIGCAT
9月28日(金) 東京・マイナビBLITZ赤坂
※対バンは随時発表



【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ、ベスト盤の収録曲を発表&2マン全国ツアー開催決定
グッドモーニングアメリカまとめ

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1