歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月08日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
BABYMETAL、新曲「Distortion」MV公開&配信限定リリーススタート
Tue, 08 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BABYMETALがカンザスシティ・Uptown Theater より『WORLD TOUR 2018』をスタートさせる5月8日(火)に、急遽新曲が発表された。突如オフィシャルYouTube チャンネルにて新曲「Distortion」のMVを公開し、同時にiTunes、Apple Music、Spotifyなど各配信サイトにてデジタルリリースも開始となった。

4月1日“FOX DAY”には新たなお告げがあった。それは、これまでの“METAL RESISTANCE”は「3つのメタルの魂の物語」である“光”の正典であったのに対し、知られざる“闇”の面である外典「7つのメタルの魂の物語」が存在し、表裏一体である“光と闇”の物語が新たに始まっていくというもの。その“闇”の面である「7つのメタルの魂の物語」としての外典“APOCRYPHA”は、時間や空間を歪ませるほどのパワーがうずまくセカイを描いた新曲「Distortion」のMVにも、“ある一つの姿”として描かれ、新たな伝説のスタートを知らせている。

配信楽曲「Distortion」

配信中



■ダウンロード
・iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/1376988874?l=ja&ls=1&app=itunes
・レコチョク http://recochoku.com/t0/1006732929/
・mora http://mora.jp/package/43000034/TFDS-00469/
■ストリーミング
・Apple Music https://itunes.apple.com/jp/artist/477101776?l=ja&ls=1
・Spotify https://open.spotify.com/artist/630wzNP2OL7fl4Xl0GnMWq
・LINE MUSIC https://music.line.me/artist/mi000000000011e14e

『BABYMETAL WORLD TOUR 2018』

■US TOUR
5月08日(火)カンザスシティ,ミズーリ州/ Uptown Theater
5月10日(木)オースティン, テキサス州/ ACL Live at the Moody Theater
5月11日(金)ダラス, テキサス州/ House of Blues Dallas
5月13日(日)ヒューストン, テキサス州/ Revention Music Center
5月15日(火)アトランタ, ジョージア州 / Tabernacle Atlanta
5月17日(木)シャーロット, ノースカロライナ州 / The Fillmore
5月18日(金)ナッシュビル, テネシー州 / Marathon Music Works
5月20日(日)コロンバス, オハイオ州/「Rock on the Range」出演
■EUROPE TOUR
6月01日(金)ニュルブルク, ドイツ/「Rock am Ring」at ニュルブルク・リンク 出演
6月02日(土)ニュルンベルク, ドイツ/「Rock im Park」at ツェッペリン・フィールド 出演
6月04日(月)インスブルック, オーストリア/ Music Hall Innsbruck
6月05日(火)ユトレヒト, オランダ/ TivoliVredenburg
6月06日(水)ユトレヒト, オランダ/ TivoliVredenburg
6月09日(土)ダービー, イギリス/ 「Download UK」at ドニントンパーク 出演



【関連リンク】
BABYMETAL、新曲「Distortion」MV公開&配信限定リリーススタート
BABYMETALまとめ
miwa、ベスト盤『miwa THE BEST』のリリースツアー開催決定

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

miwa、ベスト盤『miwa THE BEST』のリリースツアー開催決定
Tue, 08 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月9日にニューシングル「アップデート」をリリースするmiwaが、その発売を記念して5月7日に行ったLINE LIVEにて、2018年9月から開催される全国ツアーの詳細を発表した。7月11日にデビューから8年間の集大成となる初のオールタイムベストアルバム『miwa THE BEST』をリリースすることを既に発表しているが、そのベストアルバムを引っ提げて、2018年9月から2019年3月にかけてmiwa史上最大規模となる北海道から沖縄まで計30本の全国ツアーを開催する。

初日の東京都・オリンパスホール八王子から千葉県・市川市文化会館までの2018年分の公演のチケットに関しては、6月15日(火)よりオフィシャルファンクラブにて先行受付を開始するので、詳しくはオフィシャルファンクラブサイトを確認してほしい。

また、miwaがギター1本だけで47都道府県制覇を目標として開始したツアー『acoguissimo』が、足掛け8年、2018年の6月10日に横浜アリーナ公演にて遂に完走する。まずは5月7日リリースのシングル「アップデート」、そして現在ツアー中の『acoguissimo』、7月11日リリースのベストアルバムを存分に楽しんでいただきつつ、9月からのベストアルバムツアーを心待ちにしてほしい。

■『miwa concert tour 2018-2019 “miwa THE BEST”』

■2018年
9月22日(土) 東京・オリンパスホール八王子
9月23日(日) 東京・オリンパスホール八王子
9月29日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
9月30日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
10月06日(土) 岐阜・長良川国際会議場
10月08日(月・祝) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール
10月13日(土) 新潟・新潟県民会館 大ホール
10月14日(日) 長野・長野市芸術館 メインホール
10月19日(金) 京都・ロームシアター京都 メインホール
10月21日(日) 香川・レクザムホール 大ホール
10月27日(土) 沖縄・沖縄コンベンションセンター・劇場
11月03日(土・祝) 岩手・盛岡市民文化ホール 大ホール
11月04日(日) 秋田・秋田市文化会館 大ホール
11月11日(日) 北海・札幌市教育文化会館 大ホール
11月16日(金) 東京・NHKホール
11月23日(金・祝) 奈良・なら100年会館 大ホール
11月24日(土) 岡山・岡山市民会館
11月30日(金) 滋賀・守山市民ホール 大ホール
12月02日(日) 石川・本多の森ホール
12月08日(土) 広島・アステールプラザ 大ホール
12月09日(日) 広島・アステールプラザ 大ホール
12月15日(土) 千葉・市川市文化会館 大ホール
<チケット>
全席指定¥6,800(税込)
・ファンクラブ先行:6月15日(金)
※詳しくはこちら:http://tristone.co.jp/yaneura-no-neko/
・CD先行:6月29日(金)※5月9日リリースシングル「アップデート」封入先行になります。
・一般発売日:9月1日(土) 

■2019年
2月11日(月・祝) 大阪・大阪城ホール
2月23日(土) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
2月24日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
3月03日(日) 東京・shibuya eggman
3月08日(金) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
3月09日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
3月15日(金) 東京・日本武道館
3月16日(土) 東京・日本武道館
<チケット>
全席指定¥6,800(税込)
※shibuya eggman公演のみ:スタンディング・D代別¥500
・一般発売日:12月15日(土) 

『miwa acoustic live tour 2018“acoguissimo 4”』

5月12日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
5月16日(水) 大阪・フェスティバルホール
5月18日(金) 埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
5月20日(日) 群馬・太田市民会館
5月27日(日) 茨城・茨城県立県民文化センター 大ホール
<miwa live at 横浜アリーナ “acoguissimo 47都道府県 〜完〜”>
6月10日(日) 神奈川・横浜アリーナ
<チケット>
全席指定¥5,400
・一般発売:3月10日(土)

シングル「アップデート」

2018年5月9日発売



【初回盤】(CD+DVD)
SRCL-9771〜9772/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.アップデート
2.3つの約束 
3.Live Fast Die Young
4.アップデート(Instrumental)
5.3つの約束(Instrumental)
6.Live Fast Die Young(Instrumental)
■DVD
「アップデート」ビデオクリップ+メイキング



【通常盤】(CD)
SRCL-9773/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.アップデート
2.3つの約束 
3.Live Fast Die Young
4.アップデート(Instrumental)
5.3つの約束(Instrumental)
6.Live Fast Die Young(Instrumental)



【期間生産限定盤(アニメ盤)】(CD+DVD)
SRCL-9774〜9775/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.アップデート
2.3つの約束 
3.Live Fast Die Young
4.アップデート(Instrumental)
5.3つの約束(Instrumental)
6.Live Fast Die Young(Instrumental)
■DVD
僕のヒーローアカデミア Ending Non-Credit Movie



【関連リンク】
miwa、ベスト盤『miwa THE BEST』のリリースツアー開催決定
miwaまとめ
湘南乃風、シングル「六月の花/国士無双」の詳細解禁

【関連アーティスト】
miwa
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, ツアー

湘南乃風、シングル「六月の花/国士無双」の詳細解禁
Tue, 08 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月に15周年第一弾シングル「やめちまぇ!」をリリースし、そのセンセーショナルなタイトルで世の中を驚かせた湘南乃風。その湘南乃風の第二弾シングル「六月の花/国士無双」の詳細が遂に明らかになった。今作はダブルA面シングルとなる。

「六月の花」は、若かりし頃に結婚をした2人が、当時お金も余裕もなく月日が流れ、若かった二人も大人になり、子供も生まれたある日に“結婚当時に挙げられなかった結婚式を挙げよう”と歌う、湘南乃風ならではの不器用でストレートな愛を、改めて愛する人へ伝えるメッセージが込められた楽曲となっている。

「国士無双」は、5月25日(金)より放送されるBSスカパー!オリジナル連続ドラマ第3弾『アカギ〜鷲巣麻雀完結編〜』の主題歌として、湘南乃風が書き下ろした楽曲。「アカギ」の世界観を踏襲したかのような、鬼気迫る攻防と生と死を賭けた戦いを連想させるような楽曲となっている。 疾走感溢れるトラックに、力強くも狡猾に攻めるような歌詞の世界がとても印象的だ。ジャケット(初回盤B)では、「アカギ」の漫画原作者・福本伸行氏が、今作CDの為に書き下ろしの“アカギ”を描いた特別な仕様となっている。

また今作の収録楽曲は、次週リリースのアルバムには収録されないことも判明。このシングルでしか聴けない楽曲となっているのも魅力の一つだ。シングル、アルバムの2週連続リリース、そして6月末から始まる十五周年記念 全国ツアー『湘南乃風 〜一五一会 TOUR2018〜』の開催、さらにはドキュメンタリー映画の公開と、HOTなNewsが続々と続く湘南乃風から、目が離せない。

シングル「六月の花 / 国士無双」

2018年6月6日発売



【初回盤A】
TFCC-89654/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1.六月の花
2.国士無双
■特典LIVE CD
1.やめちまぇ!
2.Be strong
3.指
4.我楽多
5.湾岸highway
6.雪月花

◎封入特典
オリジナルメッセージカード/十五周年記念ステッカーTYPE A

【通常盤】
TFCC-89656/¥926+税
※メッセージカードジャケット
<収録曲>
■CD
1.六月の花
2.国士無双

◎封入特典
オリジナルメッセージカード/十五周年記念ステッカーTYPE B



【初回盤B】
TFCC-89655/¥1,111+税
※限定ジャケット
<収録曲>
■CD
1.国士無双
2.六月の花

◎封入特典
福本伸行 「アカギ」描き下ろしオリジナルステッカー

全国ツアー『風伝説 〜一五一会 TOUR2018〜』

6月30日(土) 神奈川・横浜アリーナ
7月01日(日) 神奈川・横浜アリーナ
7月21日(土) 群馬・ヤマダグリーンドーム前橋
7月22日(日) 群馬・ヤマダグリーンドーム前橋
7月28日(土) 石川・石川県産業展示館 4号館
7月29日(日) 石川・石川県産業展示館 4号館
8月04日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
8月05日(日) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
8月25日(土) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
8月26日(日) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
9月01日(土) 広島・広島サンプラザホール
9月02日(日) 広島・広島サンプラザホール
9月09日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
9月16日(日) 愛知・名古屋 日本ガイシホール
9月17日(月・祝) 愛知・名古屋 日本ガイシホール
9月23日(日) 大阪・大阪城ホール
9月24日(月・祝) 大阪・大阪城ホール



【関連リンク】
湘南乃風、シングル「六月の花/国士無双」の詳細解禁
湘南乃風まとめ
ストレイテナー、TVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』オープニング曲に決定

【関連アーティスト】
湘南乃風
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, レゲエ

ストレイテナー、TVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』オープニング曲に決定
Tue, 08 May 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンド結成20周年、メジャーデビュー15周年というアニバーサリーイヤーに突入したロックバンド・ストレイテナーが、7月より放送開始となる元寇をテーマに描く本格歴史大作・TVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』のオープニングテーマを担当することが発表された。

タイアップ決定に際してホリエアツシ(Vo&Gu&Piano)は“『アンゴルモア 元寇合戦記』は僕の出身県長崎の対馬を舞台に、史実を元にした物語。感情移入しないわけがありません。自国を命懸けで守ろうとする「一所懸命」という精神で、勝ち目のない戦いに挑む勇気とわずかな希望。ストレイテナーの普遍のテーマである、痛みや悲しみを受け入れながらも前を向いて生きる強い意志を、改めて詞曲に投影して書き下ろしました。ストーリーと合わせて、この曲で熱くなってもらえたら嬉しいです”とコメントしている。

同アニメは、WebコミックサービスのComicWalker(KADOKAWA)にて好評連載中の『アンゴルモア元寇合戦記』の待望のアニメ化となる作品。7月より放送開始となるので、続報を楽しみに待っていてほしい。なお、ストレイテナーは6月からは全国8箇所に及ぶワンマンツアー『Future Dance TOUR』の開催も決まっている。20周年というアニバーサリーイヤーのストレイテナーに注目だ。

『Future Dance TOUR』

6月12日(火) 東京・Zepp Diver City Tokyo
6月14日(木) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
6月15日(金) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
6月17日(日) 新潟・LOTS
6月23日(土) 福岡・DRUM LOGOS
6月24日(日) 大阪・なんばHatch
7月07日(土) 北海道・札幌ペニーレーン24
7月14日(土) 宮城・仙台Rensa
<チケット>
¥4,500(税込)
※小学生以上チケット必要/18歳以下、当日、身分証提示で¥500キャッシュバック



【関連リンク】
ストレイテナー、TVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』オープニング曲に決定
ストレイテナーまとめ
LAID BACK OCEAN、1stアルバムの全貌が明らかに!

【関連アーティスト】
ストレイテナー
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アニメ, テレビ番組, オープニング

LAID BACK OCEAN、1stアルバムの全貌が明らかに!
Tue, 08 May 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月6日にリリースされるLAID BACK OCEANの8年越しの1stアルバム『NEW MOON』のアートワークと収録曲が発表された。

フェス『COMING KOBE 18』や横浜BayHallでのUVERworldとのライブで披露した「TOILET REVOLUTION」、先行配信中の「Million」、新たにCMタイアップが決定した「Way Of Life」など新曲13曲、そして通販生産限定の前作『RE SOUZOU PROJECT』シリーズより「Mr.Good Morning」の新MIX「SHINE」の新録音ver.を加えた15曲が収録される。

マルチカラーの月をあしらったジャケット写真も同時に公開されたが、初回生産分パッケージのみ月が見えない“新月”仕様なので、気になる方はぜひ早めに店頭でチェックしていただきたい。また、期間限定パンクバンドとして2017年春に数本のみLIVEを行った“PUNK BACK OCEAN”の貴重なライブ映像がタワーレコード購入特典になることも発表された。

この『NEW MOON』リリースツアーの関東シリーズでは新たにエレクトロロックバンドGARIとNew Comerとして注目の若手VOI SQUARE CATの参戦が決定し、全ラインナップが確定。またツアーと並行してインストアLIVEも全国4ヶ所で開催する。LAID BACK OCEANがインストアLIVEを行うのは初めてで、どんなアプローチになるのか興味深いところだ。

また、クラウドファンディングサイト“CAMPFIRE”にてプロジェクト『バンドの初のLIVE映像作品を東京キネマ倶楽部で撮影』が公開された。支援者へのリターンには新作アルバム『NEW MOON』(※流通盤とはまた異なる外装)と2019年撮影のライブ映像作品双方を組み込んだ長期的なプロジェクトで、『NEW MOON』というアルバムをライブで大切に育てていきたいというメンバーの思いも込められている。公演日・撮影日は2019年1月25日でチケット発売等詳細は後日発表となる。

Live Photo by 佐藤裕介、SERINA

■クラウドファンディングサイト“CAMPFIRE”プロジェクト『バンドの初のLIVE映像作品を東京キネマ倶楽部で撮影』
https://camp-fire.jp/projects/view/73614

【インストアライブ情報】

6月08日(金)21時 タワーレコード新宿店 (メンバー全員)
6月16日(土)13時 タワーレコード梅田NU茶屋町店(メンバー全員)
6月16日(土)19時 タワーレコード名古屋パルコ店(YAFUMI、KAZUKI、SYUTO)
6月24日(日)12時 タワーレコード福岡パルコ店 (YAFUMI、KAZUKI、SYUTO)

【ライブ情報】

『NEW MOON Tour 2018 Act.1』
6月10日(日) 東京 青山RizM
w/SpecialThanks
6月14日(木) 神戸 太陽と虎
w/the twenties,モーモールルギャバン
6月15日(金) 大阪 阿倍野ROCKTOWN
w/the twenties.odd five,raciku
6月17日(日) 名古屋 池下Club UPSET
w/the twenties、GOMESS
6月22日(金) 大分 Club SPOT
w/MICH?L a.k.a SpecialThanks Misaki,Dalmatian ISM
6月23日(土) 鹿児島 SR HALL
w/SpecialThanks,XEROGRAVITY
6月24日(日) 福岡 Queblick
w/SpecialThanks
6月30日(土) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK
w/KOKI,GARI (NEW)
7月01日(日) 柏 PALOOZA
w/SMOKING ON BITTER MOON,VOI SQUARE CAT(NEW)
7月07日(土) 名古屋 池下Club UPSET ※ワンマン
7月14日(土) 大阪 阿倍野ROCKTOWN ※ワンマン
7月16日(月・祝) 東京 渋谷SPACE ODD ※ワンマン
<チケット>
・ワンマン:前売¥3,500/当日¥3,500(学割料金あり¥1,500/当日¥1,500(税込/ドリンク代別)※要学生証提示)
・対バンあり:前売¥3,000/当日¥3,000(税込/ドリンク代別)
一般発売中!

『NEW MOON Tour GRANDFINAL』
1月25日(金) 東京 キネマ倶楽部
※チケット発売など詳細は後日発表。

アルバム『NEW MOON』

2018年6月6日発売



DDCZ-2200/¥3,000(税込)
<収録曲>
1.TOILET REVOLUTION
2.LONELY NATION
3.Million
4.STANDING BACK
5.明日からの旅
6.KAZAANA
7.Mr.Good Morning(NEW MOON mix)
8.YSC
9.Way Of Life
10.Starry Eyed
11.Don\'t Call My Name
12.MOTHER OCEAN
13.運命ルーレット
14.CRAZY CRAZY
15.SHINE (NEW MOON ver.)



【関連リンク】
LAID BACK OCEAN、1stアルバムの全貌が明らかに!
LAID BACK OCEANまとめ
SHE\'S、『アンゴルモア元寇合戦記』ED曲収録のニューシングル発売決定

【関連アーティスト】
LAID BACK OCEAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

SHE\'S、『アンゴルモア元寇合戦記』ED曲収録のニューシングル発売決定
Tue, 08 May 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SHE\'Sが8月8日(水)にニューシングルをリリースする事が決定した。あわせて、新しいアーティスト写真も公開となった。

シングルのタイトルはまだ未定だが、『モンストグランプリ2018チャンピオンシップ』大会イメージソングとして起用されている「歓びの陽(ひ)」が収録される。また、7月より放送開始となる元寇をテーマに描く本格歴史大作・TVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』のエンディングテーマに書き下ろしの新曲「Upside Down」が使用されることも決定した。この楽曲も同シングルに収録される。

また、同シングルにはSHE\'S初のグッズ付商品として、UNIVERSAL MUSIC STORE限定でこれからのフェスシーズンに大活躍のオリジナルサコッシュとCDのセットが登場。サコッシュ付CDは5月28日(月)正午よりUNIVERSAL MUSIC STORE限定で予約受付がスタートするが、今回特別に『Sinfonia“Chronicle”』会場で先行予約を実施。なんと会場で予約してくれた方はサコッシュをその場で受け取ることができる。CD発売より大幅に先駆けてサコッシュを手に入れられるチャンスなので、ぜひ会場に足を運んで予約をしてほしい。なお、5月27日(日)中野サンプラザ公演については、カメラ収録席解放につき2F最前列含む追加席の販売が5月8日より行われるので、この機会をお見逃しなく。

同アニメはWebコミックサービスのComicWalker(KADOKAWA)にて好評連載中の『アンゴルモア元寇合戦記』の待望のアニメ化となる作品。7月より放送開始となるので、情報の続報を待っていて欲しい。

■【Key.&Vo.井上竜馬 コメント】

「僕は鎌倉〜戦国時代の歴史や武将が好きなので、この作品のEDを担当出来ると聞いた時は本当に嬉しかったです。曲のサウンドは広い大地が見えるように心がけ、歌詞は作中で出てくるグッとくるセリフからもヒントを得ながら、日常生活でも大事だなと感じてもらえるように書かせてもらいました。コミックスの続きが気になって仕方ないあなたも、初めて知ったあなたも、一緒にアニメを観てアンゴルモアの歴史と世界を楽しみましょう!」

シングル「タイトル未定」

2018年8月8日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-39078/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
歓びの陽/Upside Down 他全3曲収録予定
■DVD
ライブ映像5〜6曲収録予定

【通常盤】(CD)
TYCT-30077/¥1,000+税
<収録曲>
歓びの陽/Upside Down 他全3曲収録予定

【完全数量限定盤】(CD+サコッシュ)
¥2,407+税
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売:5月28日(月)正午より予約スタート
■ご予約はこちら:https://store.universal-music.co.jp/product/d2ce2464/
<完全数量限定盤 先行予約受付会場>
5月25日(金)NHK大阪ホール
5月27日(日)中野サンプラザ
※ご予約時に商品代金の全額をお支払いいただきます。お支払い方法は現金のみとなります。
※予約開始時間などの詳細は追ってご案内させていただきます。

『Sinfonia “Chronicle” #1』

5月25日(金) NHK大阪ホール
5月27日(日) 中野サンプラザ
<チケット>
全席指定¥4,500(税込)※一般発売中
■中野サンプラザ公演 追加席発売受付:5月8日(火)18:00〜5月11日(金)午前11:00
受付URL:http://eplus.jp/she-s0527/
※対象となる座席は、2F最前列含むカメラ収録席解放分及び、その他全席指定となります。本受付では座席位置のご選択は出来ませんので、ご了承ください。

■『Sinfonia“Chronicle”』特設HP:http://she-s.info/sin-chro/



【関連リンク】
SHE\'S、『アンゴルモア元寇合戦記』ED曲収録のニューシングル発売決定
SHE\'Sまとめ
彩冷える、8年振りのワンマンライブを開催&5月27日に情報解禁あり!?

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, リリース, 発売, アニメ, エンディング

彩冷える、8年振りのワンマンライブを開催&5月27日に情報解禁あり!?
Tue, 08 May 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8年前の2010年、突如V系シーンから姿を消した5人組バンド・彩冷える(読み:あやびえ)。その彩冷えるが実に8年振りとなるワンマンライブ『感謝祭’18-DAY1,DAY2-』を、自身の結成記念日である5月8日(火)とその前日5月7日(月)の2日間にわたって、渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催した。

ファンによる投票で選ばれたインディーズ時代の代表曲を中心に置きつつも、彼らのメジャーデビューシングルである「会いたくて」の他、「サヨナラ」や「ドラマティック」など、オリコン週間ランキングに上位ランクインしたメロディセンスの光る楽曲を立て続けに披露し、8年振りに集まった延べ2200人の観客を魅了した。そのバンド名の如く、ロックバンドとして見せるクールな部分と、全く異なる5人の個性が織りなすカラフルな持ち味は、8年経った今も色褪せることはなく、むしろ深みが増していたのではないだろうか。

2日目のダブルアンコールでは、今回のファン投票で1位に選ばれた彼らの代表曲「君の声と約束」を披露。銀テープが宙を舞う感動的なエンディングを迎え、会場にいた全員がその余韻に浸る中、突如会場が暗転しスクリーンが出現する。その映像に映し出されていたものは、きっと誰も想像すらしていなかったであろう彼らの新アーティスト写真であった。そして、この日一番の歓声が起こった次の瞬間、さらなるサプライズが! なんと彼らのメジャーデビュー記念日である5月27日に、今後に関する新情報を解禁するとのこと。果たしてこの日、何が起こるのか。ライブの余韻に浸りながら5月27日を待ちたいと思う。



【関連リンク】
彩冷える、8年振りのワンマンライブを開催&5月27日に情報解禁あり!?
彩冷えるまとめ
ましのみ、1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」リリース決定

【関連アーティスト】
彩冷える
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ワンマン, ライブレポ

ましのみ、1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」リリース決定
Tue, 08 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ましのみが、1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」を8月1日(水)にリリースすることを発表した。ライブでステージドリンクとして2Lのペットボトルの水を常備することから、ビジュアルアイコンとしてペットボトルを多用する彼女だが、このリリース日はちょうど“水の日”。1977年に1年を通して8月が一番水を使う量が多い月であることから、その月の最初に節水を呼びかける為にこの日を記念日とされたという由来がある。そんな彼女にとっては何とも皮肉な日にリリースとなる。

さらに、この夏ソングとなるタイトルトラックは7月16日(月・祝)の海の日から各配信サイトでの先行配信もスタートすることも発表となった。メジャーデビュー後初のシングルとなる今作に収録される3曲はいずれも“夏”を意識した楽曲で、彼女らしい、ストレートではない独自の観点からのサマーソング。「どうせ夏ならバテてみない?」はアッパーな心地良いサウンドとは裏腹に、消化不良の愛に嘆く女の子の“もやっとした想い”の歌詞が印象的な楽曲だ。

CDは初回限定盤と通常盤の二種類での発売となり、初回限定盤の特典DVDには「どうせ夏ならバテてみない?」のMusic Clipとメイキング映像の他、2018年3月11日に、渋谷WWWXで行われたメジャーデビュー記念ライヴの映像11曲を収録予定と盛り沢山な内容となる。新時代のシンガーソングライターとして注目を集める“ましのみ”を是非チェックしてみてほしい。

シングル「どうせ夏ならバテてみない?」

2018年8月1日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04686/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.どうせ夏ならバテてみない?
2.海水掛け合いっこ
3.タイトル未定
■DVD
「どうせ夏ならバテてみない?」Music Clip+メイキング映像
『メジャーデビュー記念ライブ』2018年3月11日@渋谷WWWXのライブ映像11曲

【通常盤】(CD)
PCCA-04687/¥1,200+税
※プレイパスシリアルコード封入
<収録曲>
■CD
1.どうせ夏ならバテてみない?
2.海水掛け合いっこ
3.タイトル未定



【関連リンク】
ましのみ、1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」リリース決定
ましのみまとめ
THE NEON BOYZ名義のライブ『FOUR PIECES』で、THE ROOSTERZの5人が集結!

【関連アーティスト】
ましのみ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

THE NEON BOYZ名義のライブ『FOUR PIECES』で、THE ROOSTERZの5人が集結!
Tue, 08 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE ROOSTERZの1998年5月リリースのラストアルバム『FOUR PIECES』から30周年を記念して、花田裕之(Vo&Gu)、下山淳(Gu&Vo)、穴井仁吉(Ba)が行なう、THE NEON BOYZ名義でのライブに当時のメンバーである三原重夫(Dr・元ローザ・ルクセンブルグ)の参加が発表された。また、当時のサポートミュージシャンである元ORIGINAL LOVE/blue tonicの木原龍太郎(Key)が参加することもすでに発表されている。この5人でのライブは2016年1月のTELEVISIONとの共演以来。アルバム『FOUR PIECES』に収録されていて、これまでライブでやったことのない曲にチャレンジする予定とのこと。

THE ROOSTERZは、2017年12月に日本コロムビアより再発されたオリジナル7インチ・シングル(全8タイトル)の好評を受け、2018年6月20日に「ニュールンベルグでささやいて」「C.M.C」という2枚の12インチのアナログ盤の再発がリリースされるなど、まだまだ衰えない人気を誇っている。初期の勢い溢れるロックンロール路線からメンバーチェンジを重ね、サイケデリック・ミュージックや当時のUKニューウェーブの影響を感じさせる芳醇なバンドサウンドに到達したアルバム『FOUR PIECES』をリリースし、惜しまれながらの解散から30年。ますます円熟味をました演奏をぜひ会場で楽しんでほしい。

photo by MARIKO MIURA

■THE NEON BOYZ『FOUR PIECES』 30th anniversary LIVE 2018

5月12日(土) 東京・代々木 Zher the ZOO
出演:花田裕之(Vo&Gu)、下山淳(Gu&Vo)、穴井仁吉(Ba)
ゲスト:三原重夫(Dr・元ローザ・ルクセンブルグ)、木原龍太郎(Key・元ORIGINAL LOVE/blue tonic)

<チケット>
前売¥4000/当日¥4500(D別)
e+、ローソンチケット、チケットぴあ、代々木ザー・ザ・ズー店頭にて発売中
info:代々木 Zher the ZOO
http://www.ukproject.com/zherthezoo/

アナログ盤「ニュールンベルグでささやいて」

2018年6月20日発売



【完全生産限定盤】
COJA-9332/¥3,500+税
<収録曲>
■SIDE-A
1.ニュールンベルグでささやいて
2.撃沈魚雷
■SIDE-B
1.バリウム・ピルス
2.ロージー(In Nurnberg ver.)

アナログ盤「C.M.C」

2018年6月20日発売



【完全生産限定盤】
COJA-9333/¥3,500+税
<収録曲>
■SIDE-A
1.C.M.C
2.カレドニア
■SIDE-B
1.DRIVE ALL NIGHT
2.CASE OF INSANITY(LIVE)



【関連リンク】
THE NEON BOYZ名義のライブ『FOUR PIECES』で、THE ROOSTERZの5人が集結!
THE ROOSTERZまとめ
FINLANDS、7月にアルバム『BI』発売&全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
THE ROOSTERZ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

FINLANDS、7月にアルバム『BI』発売&全国ツアー開催決定
Tue, 08 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガールズロックバンドのFINLANDSが、7月11日に2ndアルバム『BI』をリリースすることを発表した。FINLANDSとしての新作の発売は、2017年7月にリリースしオリコンインディーズチャート2位を記録したミニアルバム『LOVE』以来、ちょうど1年振りとなる。

今回発表されたニューアルバムには、BPM200オーバーのアッパーな高速ナンバーからバラードまで網羅する全12曲を収録。超絶にエモーショナルな金切り声を上げているかと思えば、対照的に囁くようにじっくり聴かせる変幻自在の塩入冬湖(Vo&Gu)の歌声はここにきて一層の表現力を増している。今回も作詞・作曲は全て塩入が担当。ソロワークでも高い評価を受けている、彼女の持つ実に詩的で独特な感性で綴る歌詞にもじっくり触れていただきたい。

発売形態は、CDとDVDの2枚組でのリリース。DVDには2017年10月29日(日)に新代田FEVERで行われたライブの映像が収録される。9台のカメラで収録された迫力のライブ映像も必見だ。

また、ニューアルバムのリリースに伴い、9月より全国ツアー『BI TOUR』の開催も決定。ツアーファイナルワンマンライブは東京・大阪・名古屋・札幌・福岡の5会場で行われることもアナウンスされた。チケットの販売方法、その他詳細はオフィシャルサイト、Twitterで随時発表していくとのことなので、是非チェックしてほしい。

アルバム『BI』

2018年7月11日発売



【CD+DVD】
FU-017/¥2,500+税

【ツアー情報】

■リリースツアー『BI TOUR』
全国8都市にて開催

■ワンマンライブ『BI TOUR FINAL ONEMANLIVE』
東京・大阪・名古屋・札幌・福岡で開催



【関連リンク】
FINLANDS、7月にアルバム『BI』発売&全国ツアー開催決定
FINLANDSまとめ
渋谷巧、配信シングル「一本道」リリース&若旦那との対談映像を公開

【関連アーティスト】
FINLANDS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ガールズバンド, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

渋谷巧、配信シングル「一本道」リリース&若旦那との対談映像を公開
Tue, 08 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

若手実業家の渋谷巧が、湘南乃風・若旦那の全面プロデュースの下、デジタル配信シングル「一本道」をリリースした。渋谷巧は、若手実業家としてメディアに注目される中、アーティストとしても活動。これまでにデジタル配信シングル2曲をリリースし、今作がデジタル配信シングル第3弾となり、iTunes、レコチョク、LINEミュージック、など主要サイトで配信される。

制作期間は約1年。プロジェクト始動後、渋谷が憧れの存在であった若旦那に対する熱烈なオファーをかけ、今作のチームが結成された。若旦那は制作にあたって渋谷の半生や会社経営理念、若者への想いを聞くうちに渋谷の人間性に惚れ込み、作詞・作曲、仮歌作成、コーラス参加、さらにMV監修までも自ら担当し、まさに全面プロデュースという形に至った。リリースに際して、若旦那と渋谷巧の対談インタビューがYouTubeにて公開されている。インタビューの中では、若旦那の楽曲に対する想い、渋谷巧の荒れていた少年時代の思い出や若者に対する想いが語られた。

若旦那“サビのポイントは「心やさしき若者よ」。たとえ悪ガキって言われても若者が持つ優しさを僕たちは気付いてあげているのかな。「やさしき者よ」ってちゃんと肯定してあげられる大人でありたい。(渋谷が)未来の若者たちの支えになるような会社経営をしたいと仰っていたので、そういう人たちを救えるような歌になれればな、と。”、渋谷“これから社会に出る人、道を逸れ始めちゃった人、そんな人たちが自分の生まれた環境とか学歴とかそんなこと気にせず、死ぬ気で頑張れば何者にもなれるんだぞ、ってそんな考えを肯定できるような人生をこれから目指したい”とそれぞれ語っている。

配信シングル「一本道」

配信中



■配信URL https://itunes.apple.com/jp/album/id1373118620?app=itunes&ls=1



【関連リンク】
渋谷巧、配信シングル「一本道」リリース&若旦那との対談映像を公開
渋谷巧まとめ
湘南乃風まとめ
若旦那まとめ
Rush×300、4周年ワンマンライブを開催

【関連アーティスト】
渋谷巧, 湘南乃風, 若旦那
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

Rush×300、4周年ワンマンライブを開催
Tue, 08 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

長い休みはいつだって人々をわくわくさせる。お盆休み、正月休み、もちろんゴールデンウィークもだ。休みというだけで格別なのに、とびきり楽しみなイベントはさらに気持ちを高揚させる。Rush×300にとって5月4日(金)は、間違いなくそういう日だったに違いない。

この日、渋谷WWWXにてRush×300の『4周年ワンマンライブ』が開催された。多くの観客が会場に訪れ、フロアが前から後ろまで人の頭で埋め尽くされる。開演前には長島が“今までと違う曲調の新曲を持ってきたので、歌でも新しい自分を見てもらえる”と嬉しそうに語っていた。

SEが流れ始めると“うりゃおい!”というファンの掛け声が響く。それに導かれたように白い衣装に身を包んだメンバーが登場した。王子様のような出で立ちの彼らに、“かっこいい!!”と黄色い歓声が沸く。スタートを飾ったのは、EDM調の「mr.BOY」だ。4周年記念ということもあり、メンバーを呼ぶコールの声が一段と大きく響き渡る。オープニングにも関わらず、千葉(千葉 良祐)はこれでもかと盛り上げにかかり、結城(結城 伽寿也)はステージの端から端まで走り周り、その声を嬉しそうに噛みしめていた。「Red Siren」ではダンスのシンクロ率が格段にあがったことを魅せつける。拍を正確に抑えるリズム感も、ひとつ一つのダンスへのメリハリも今までの彼らとは一味違う。

自己紹介を挟みラップ調の「Invisible Monkey」へと導かれる。飛び跳ねて舞い踊る姿は、アマゾンを自由自在に駆け巡るサルさながらだ。「Rush for your mind〜soul of a tiger〜」では有働(有働 拓磨)の色っぽい視線は観客の心を射抜き、「灼熱〜Despacito IGUANA〜」では小笠原(小笠原 慶顕)が以前よりもパワーアップしたラップを披露した。長島(長島 翔平)の歌声が艶っぽく響いたのは、先日発売された「T.O.P 〜As King Cobra〜」である。腰づかいが際立つセクシーな振付に会場中が悩殺された。

有働が“みんなが怪我しないように座禅してきました!”と和ませMCタイムがスタート。それぞれがユニット4周年に対して熱い思いを語る。その姿は背筋がスッと伸び凛としていて、迷いのない強さを感じた。

しっとりと穏やかな雰囲気を引き継ぎ「Two Face」が披露される。メンバーが真意に歌う姿に会場中がグッと息を呑んだ。長島の歌声がより力強さを増したのは「White Edge」だ。“君に夢の舞台を見せるから”という歌詞は、より大きなステージに向けて覚悟を決めたからこそ真っすぐに飛んできたのだろう。キラーチューンの「SSS」では指の先まで神経を使ったキレのあるダンスで魅せつける。有働と小笠原が共に歌うシーンでは、アイコンタクトをとり自然と笑みがこぼれていた。ノリノリな雰囲気をガラッと変えたのは「Before the Down〜YOAKEMAE〜」。ミディアムテンポなバラードはとても壮大で、ファンの人たちひとり一人の目を見つめ感謝をこめて歌う姿が印象的だった。

結城の“新曲を持ってきました!”という紹介により、本編のラストソングである「サヨナラ舞い散る」へ。“卒業”をテーマにした新曲は、アコースティックギターを基調としたセンチメンタルな楽曲。ファンのサプライズにより会場はピンクのサイリウムに包まれ、その光景に5人は涙を浮かべていた。春の陽気に包まれるなか、本編は幕を下ろした。

“Rush×300、4周年おめでとう!”というアンコールに呼ばれ、有働デザインのTシャツに着替えたメンバーが登場。そのまま「フルスロットル〜psycho Rabbit〜」へとなだれ込んだ。メンバーと一緒にファンが飛び跳ねるシーンでは会場が上下に揺れ、クラップもこの日1番の音で共鳴した。ソロのダンスパートもこなすような様子は一切なく、自分の持てる魅力を最大限に発揮する。「Whyell」でのハイキックも、ダンスヴォーカルユニットの名に恥じぬパワフルなものだった。

赤い照明と攻撃的なBGMに先導され、スクリーンに「重大発表」の文字が並ぶ。そこで、ミニアルバムの発売、三大都市ライブ、TDCワンマンが発表された。期待を越える発表の数々にファンの歓声も鳴りやまない。今までこらえていた有働も“もういいよね、耐えられなかったもん”と目頭を熱くした。改めてRush×300に対する思いを話しあう面々。越えてきた日々を思い出し、口を開く彼らの姿は等身大で純粋にRush×300を愛してるということがすごく伝わってきた。結城がリーダーとしての決意を語り涙をこぼすと、小笠原もそれにつられて男泣き。その光景に長島が“ちょっと待って。俺も感動してるからね?”と笑いを誘った。

しんみりした空気もつかの間、パフォーマンスでは一気に集中するのがRush×300。結城が“新曲を持ってきました!”と話すと、予期せぬサプライズに観客は盛り上がった。この日2曲目となる新曲は犬がテーマとなっている「Doggy man」。可愛らしい名前と裏腹に“裏切り者”の意味を持つ楽曲は、K-POPを想像させるクールな仕上がりだ。ヘドバンをするダンスもあり、新たな彼らの世界が開けたようだった。ラストを飾ったのは、彼らの代名詞ともいえる「Rush!! for your heart!」。ステージを舞うメンバーの表情は清々しく、やりきったという達成感に満ち溢れていた。格段にパワーアップしたパフォーマンスを魅せつけ、4周年を締めくくったのだった。

■【Rush×300 インタビュー】

――本日のライブ、重大発表がありましたね。
千葉 良祐(以下、千葉)「2019年1月4日に東京ドームシティホールでワンマンライブが決定しました。」
有働 拓真(以下、有働)「もう既に泣く準備はできてます(笑)」
――新しいアルバムも発売されるということで。
有働「新曲の1曲が、そのアルバムの曲になっています。」
千葉「すごい覚えやすい曲だよね」
有働「今回のテーマは犬。犬って聞くとカワイイ曲のような気がしちゃいますけど、全然そんなことはないですね(笑)。裏切り者っていう意味を持つ曲なので。」
――その曲のMVを、この前のクラファンで撮影されるんですか?
有働「違います、また別なんですよ」
千葉「僕たちは、常に新しいことに挑戦していくので」
――今回の白衣装も素敵でしたね。
有働「白はたまらないですよね。衣装のコンセプトが“5周年に向かって羽ばたいていこう”だったので、羽の代わりにファーをつけました。みんな同じデザインにはしたくなかったので、それぞれに似合わせて違うインナーとアウターになってます。要望を聞いていたら半ズボンがいいなんて声もあって(笑)。上手くまとめて今の形に作りました。」
――小笠原さんと結城さんは、1期からRush×300のメンバーでしたよね。どんな4年間でしたか?
小笠原 慶顕「今のメンバーになって2年なんですけど、Rush×300として大きく変わった2年でした。正直、きつい時期もあったので続けるかどうか悩んだこともありました。でも、2期で良いメンバーが入ってきてくれて本当によかったです。」
――では結城さん、リーダーとして5周年にむけて意気込みをお願いします。
結城 伽寿也「5年目はTDCという大きな目標ができたので、それに向けて頑張っていきます。今の僕らからしたら非現実的かもしれないけど、成功させるしかないので。まずはTDCに向けて全力で頑張っていきます。また、各々の活動を広げるためにもいろんなメディアに出ていけるようになりたいですね。」

TEXT:坂井彩花
PHOT:やわらかゆーすけ(YYman)



【関連リンク】
Rush×300、4周年ワンマンライブを開催
Rush×300まとめ
King & Prince、『花晴れ』主題歌の「シンデレラガール」MV公開

【関連アーティスト】
Rush×300
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

King & Prince、『花晴れ』主題歌の「シンデレラガール」MV公開
Tue, 08 May 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

King & Prince待望のデビューシングル「シンデレラガール」のMVが公開された。このMVは、King & Princeというそのアーティスト名に相応しい宮殿をイメージしたゴージャスな設定の中、メンバー6人のシンクロしたスタイリッシュでクールなダンスシーンが見どころとなっている。また、メンバー各々がシンデレラ像を想像しながら歌うリップシーンにも注目だ。清涼かつ美しい映像作風に定評がある新進気鋭の渋江修平が手掛けており、キラキラ感満載の美しい作品として仕上がっている。

今作は、TBS系 火曜ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』の主題歌である「シンデレラガール」のほか、全形態共通のカップリング楽曲には、ファンクを基調としたブラックミュージック的なノリにポップなメロディーが融和された「 Funk it up」が収録され、通常盤のみ収録される「YOU, WANTED!」はEDM系なサウンドと中毒性あるメロディーが融合した癖になる楽曲が収録されている。

また、今回公開となったMVはシングル「シンデレラガール」の初回限定盤Aに収録。撮影シーンは「Making of シンデレラガール」と題され、初回限定盤Bに収録される。撮影中、メンバー6人が乗ったベッドが壊れるアクシデントや、レコーディング風景やジャケット撮影シーンが30分以上も収められ、彼らのオンとオフの表情が楽しめる内容となっている。

シングル「シンデレラガール」

2018年5月23日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCJ-9001/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.シンデレラガール
2.Funk it up
■DVD
シンデレラガールMusic Video

【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCJ-9002/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1. シンデレラガール
2. Funk it up
■DVD
Making of シンデレラガール

【通常盤】(CD)
UPCJ-5001/¥1,000+税
<収録曲>
1. シンデレラガール
2. Funk it up
3. YOU, WANTED!

【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】(CD)
■K盤
PDCJ-5101/¥900+税
<収録曲>
1.シンデレラガール
2.Funk it up
■P盤
PDCJ-5102/¥900+税
<収録曲>
1.シンデレラガール
2.Funk it up



【関連リンク】
King & Prince、『花晴れ』主題歌の「シンデレラガール」MV公開
King & Princeまとめ
山?彩音、アルバム『METROPOLIS』で今夏メジャデビュー!

【関連アーティスト】
King & Prince
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

山?彩音、アルバム『METROPOLIS』で今夏メジャデビュー!
Tue, 08 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

17歳の時にシンガーソングライター史上最年少で『FUJI ROCK FESTIVAL』への出演を果たした山?彩音が、今夏7月25日にフォーライフミュージックエンタテイメントよりメジャーデビューアルバム『METROPOLIS』をリリースすることが発表された。村上春樹を愛読し、多くのマテリアルからインスパイアされた山?彩音のデビューアルバムのタイトルは、“1920年代のモノクロSFサイレント映画”からのインスピレーションとのことで、“自分が望むなら、いつの時代にも、どんな場所にも飛び出せる”をテーマに制作されたという。

今作に収録される「世界の外のどこへでも」は草間彌生の『ニューヨーク\'69』からインスピレーションを、ライブでもおなじみの「ロング・グッドバイ」ではレイモンド・チャンドラーからタイトルを引用し、《本当のこと知りたい 信じるよりも強く立つの》と歌っている。ほかにも寺山修司やアンディ・ウォーホル、J・D・サリンジャーなどを彷彿とさせるキーワードが散りばめられた全10曲のアートなアルバムになっている。

山?彩音はメジャーデビューに向けて“「LIFE IS RECORDING」日々、変わりゆく自分を、時代を記録する。好きなことを、愛するものを、思うままに楽しみ抜きたい。そんなピュアな価値観が時代の象徴となる。決意はいらない。誰よりも自由でいるために、タフな心だけを持って”とコメントしている。彼女は現在、19歳。時空を超えたセンスが放つメジャーデビュー1stアルバム『METROPOLIS』のアートワークやMVにも期待が高まる。

アルバム『METROPOLIS』

2018年7月25日(水)発売



FLCF-4515/¥2,400(税込)
<収録曲>
1.アフター・ストーリーズ
2.世界の外のどこへでも
3.ロング・グッドバイ
4.Nobody Else
5. FLYING BOYS
6.恋は夢の中
7.メェメェ羊とミルクチョコレイト
8.ナイトロジー
9. Wolf Moon
10.海へ行こう



【関連リンク】
山?彩音、アルバム『METROPOLIS』で今夏メジャデビュー!
山?彩音まとめ
CHIYU、ソロ初のツアーファイナル公演で急遽制作された新曲2曲を披露

【関連アーティスト】
山?彩音
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, リリース

CHIYU、ソロ初のツアーファイナル公演で急遽制作された新曲2曲を披露
Tue, 08 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

本格的にソロアーティストとしての活動をスタートさせたCHIYUが、4月にリリースしたミニアルバム『Seven Deadly Sins』を引っさげて、初のツアー『1st TOUR 2018 Are you ready for this?』を行なった。様々なアーティストからの楽曲提供を受け完成したアルバム『Seven Deadly Sins』を軸に構成され、CHIYUの多面体の魅力を感じることができた、5月6日のツアーファイナル・白金SELENE b2公演の模様をリポートする。

アルバムの冒頭を飾るSE「GOD DIVA」が爆音で流れ、無数の惑星が描かれたスクリーンを背景に、ドラムKENTA(SPYAIR)、ギターShun Suzuki、そしてギター&ヴォーカルのCHIYUがステージに登場すると、オーディエンスは歓声と手拍子で3人を迎えた。力強いカウントでスタートした「愛欲の華」は、自然とリズムを刻んでしまうメロディアスな楽曲にしなやかな歌声が映える。2曲目の地元・尼崎愛が炸裂する「AMArican Dream」では、コール&レスポンスと、タオルの海が一面に広がった。

2017年12月27日に行なった『Chiyu聖誕祭2017』で、当時の決意表明として演奏された「Finger printS」「Wonder to Oneself」を続けて演奏した後は、これから自身が目指すアーティスト像が描かれているという「無限の風」を披露。ハンドマイクに手を添え、物語を紡ぐように歌う姿が印象的だった。LM.CのAijiからの提供曲「書生論」では、暗転したステージにレーザーが飛び交い、純然としたロックサウンドに楽器陣の演奏も白熱していく。
 
続いて披露する新曲を前にCHIYUが言葉を届ける。“オリジナル曲が8曲しかない中でのワンマンツアーだったんですけど、ソロアーティストとしてやると決めた以上、カバーはなしでツアーをやり遂げたいなと思って急遽2曲作りました。まだ仮歌詞ですけど、このツアーを通して感じたことを歌詞にしようと思います”と、一番身近で支えてくれるファンに向け、思いのこもったバラード曲を届けた。

その後、「apathy house」でベーシストとしての表情を存分に発揮し、本編ラストの「Regret」へ。優しく透き通るような旋律から始まり、バンドサウンドの重厚感、迫り来る感情を押し出すような叙情的なメロディーと、様々な展開を見せる楽曲に気持ちが一気に高揚していく。手拍子、ヘドバン、コール&レスポンスとファンが呼応する様子を、CHIYUが嬉しそうに見渡していた。

本編11曲、アンコール4曲となったラストは、再度「愛欲の華」。光を感じさせる楽曲に合わせ、これまでの不安をすべて払拭するかのような最高の盛り上がりを見せた。何も考えず音にのって心を解放する瞬間。そして音楽で寄り添うこと。そんな大切な時を共有するために、ソロアーティストとして歩んでいくことを選んだCHIYU。センターのお立ち台に立ち、フロアを見渡す姿からは、かけがえのないファンという味方を側に、ベーシストであり、ヴォーカリストであり、表現者として歩き出そうとする力強さが溢れていた。CHIYUはオーディエンスに大きく拍手を送り、深々とお辞儀してステージを去った。この日、何度も口にしたソロアーティストとして歩んでいくための“覚悟”と“感謝”。その全てを内包したようなステージは幕を閉じた。今後は、5月19日、20日にPENICILLINのサポートベース、そして、この日披露されたバラード曲を含む新作のリリースが夏に予定されている。

【セットリスト】
SE GOD DIVA
01.愛欲の華
02.AMArican Dream
03.Finger printS
04.Wonder to Oneself
05.無限の風
06.書生論
07.新曲1(タイトル未定)
08.ロックスターに憧れて
09.新曲2(タイトル未定)
10.apathy house
11.Regret



【関連リンク】
CHIYU、ソロ初のツアーファイナル公演で急遽制作された新曲2曲を披露
CHIYUまとめ

【関連アーティスト】
CHIYU
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, セットリスト, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1