歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
BLUE ENCOUNT、全国ツアーのグランドファイナル公演は熊本での凱旋ライブに決定
Mon, 07 May 2018 23:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTの全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』のグランドファイナル公演が、熊本・熊本B.9 V1にて行なわれることが決定した。これはBLUE ENCOUNTのツイキャス「ブルキャス」にて発表されたもので、熊本発の彼らにとっては凱旋ライブということになる。彼らが地元でのワンマンライブを行なうのは2016年7月からの2年ぶりで、期待は膨らむばかり。なおチケットの発売日は追って発表される。

また、3rdアルバム『VECTOR』の特設サイトにて“写真で綴るもうひとつの VECTOR”と題されたページが公開された。こちらは『VECTOR』のジャケットを構成している写真を含む、複数の写真を掲示したページとなっている。“人生には無数の選択肢があり、それぞれに違うベクトルが存在する。その選択に迷うこともあるが、どれを選んでもあなたの人生は間違いではないはず”そのようなメッセージが込められたアルバムのジャケットは、写真家・後藤倫人の撮り下ろしと、田邊駿一(Vo&Gu)が東京・代官山を歩きながら撮り下ろした写真によって構成されている。それぞれの写真を見て『VECTOR』をもう1周聴くと、また違う発見があるかもしれない。是非チェックしてみよう!

■アルバム『VECTOR』特設サイト 写真公開ページ
http://blueencount.jp/vector/photo

■ 【コメント】

■BLUE ENCOUNT 田邊駿一
「何歳になっても俺は無知だなぁ」
ファインダー越しの風景を見ながら漏らした言葉たち
カメラの知識がほとんどない。という意味の無知さはもちろんだ
しかしそういうことではなくて、
普段歩いてる道
その中に存在する沢山の未知なる景色
それらをファインダー越しにやっと見つけられた自分に対して言った言葉だった
当たり前の毎日には知らなかった新しい道があって
それに気づかず歩いてる
写真に限ったことではない
自分が選んだ現実の中に
自分が別れを告げた夢の中に
知らなかった道標がある
今だからこそ、
道を見つけるんだ
道を選ぶんだ

アルバム『VECTOR』の真意が、
シャッターをきる人差し指から心の深い場所にしっかりと伝達された気がします

■写真家 後藤倫人
これは、僕の事だと思った。このアルバムの中で唄われているのは、別世界のロックスターの話ではなく、日常に生きている僕の様な人間の事なんだな、と。
日々の些少な事に一喜一憂して、毎日は窮屈になっていくけど、それでもテレビから流れてくる悲惨なニュースを憂いて平和を願ってみたり、自分がしている事が本当に正しいのか? という堂々巡りを繰り返している。
そんな毎日を暮らしている僕の事だと。
だから、このアルバムを聴いて、浮かんだイメージを写真にして下さいというオファーに、全く怯むことは無かった。
まんまの僕を撮れば良い、このアルバムの音がある日常の、僕が見たものを撮れば良いのだから。
それでも迷った時は、イヤホンから流れる音を聴きながら、田邊さんが見た風景を探した。それは、陸橋の上に伸びる自分の影であり、夕暮れ時に遠くに見えた街の光であり、不意に見上げたなんて事のない青空だった。
『VECTOR』というアルバムは、今の僕自身と真っ直ぐに向き合わせてくれた。最後の、「こたえ」という曲に今も僕は背中を押されている。

『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』

6月09日(土) 北海道・サッポロファクトリーホール 
6月14日(木) 名古屋・Zepp Nagoya
6月15日(金) 名古屋・Zepp Nagoya
6月21日(木) 金沢・EIGHT HALL
6月22日(金) 新潟・新潟LOTS 
6月24日(日) 仙台・SENDAI GIGS 
6月29日(金) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
6月30日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
7月07日(土) 広島・BLUE LIVE広島 
7月08日(日) 香川・高松festhalle 
7月13日(金) 大阪・なんばHatch
7月14日(土) 大阪・なんばHatch 
7月18日(水) 東京・Zepp Tokyo 
7月19日(木) 東京・Zepp Tokyo 
<グランドファイナル>
7月27日(金) 熊本・熊本B.9 V1

アルバム『VECTOR』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3046〜3047/¥3,500+税
※三方背スリーブケース
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ
■DVD
01.VS ?Music Video-
02.VS -Making-
03.さよなら ?Music Video-
04.さよなら -Making-



【通常盤】(CD)
KSCL-3048/¥2,800+税
※プレイパス対応
<収録曲>
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、全国ツアーのグランドファイナル公演は熊本での凱旋ライブに決定
BLUE ENCOUNTまとめ
ユニコーン史上初の、奥田民生&ABEDONによるツインボーカル曲をリリース決定

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, ライブ, ツアー

ユニコーン史上初の、奥田民生&ABEDONによるツインボーカル曲をリリース決定
Mon, 07 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ユニコーンが6月27日にニューシングル「OH! MY RADIO+Live Tracks [UC30 若返る勤労]」をリリースすることが決定した。新曲「OH! MY RADIO」は、ユニコーン史上初となる奥田民生&ABEDONによるツインボーカルソングになっており、J-WAVE(81.3FM)30th ANNIVERSARY SONGとして4月よりJ-WAVE(81.3FM)にてオンエアされている。

また、同シングルには新曲に加え、デビュー30周年を祝して開催された全国ツアー『UC30 若返る勤労』でのライブ音源が9曲収録され、新曲1曲+ライブ音源9曲の全10曲という、シングルとは思えないフルボリュームな内容。初回生産限定盤付属のDVDには『UC30 若返る勤労』のライブ映像9曲を収録。さらに、初回生産限定盤のジャケットにはとある仕掛けがあるとのことだが、こちらは続報を楽しみに待っておこう。

ユニコーンは4月よりファンクラブ「UCFC ビジーファイブ」をオープンし、それに伴い夏にはファンクラブツアー『UCFC ビジーファイブ2018』の開催が決定している。こちらも併せて注目だ。

シングル「OH! MY RADIO+Live Tracks [UC30 若返る勤労]」

2018年6月27日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD) 
KSCL 3066-3067/¥3,500+税
※仕様:後日詳細発表
【通常盤】(CD) 
KSCL 3068/¥2,500+税
<収録曲>
■DISC 1 -CD-
01. OH! MY RADIO
02. ハヴァナイスデー(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.6 at 福岡 DRUM LOGOS)
03. ヒゲとボイン(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.6 at 福岡 DRUM LOGOS)
04. はいYES!(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.9 at BLUE LIVE HIROSHIMA)
05. 鳥の特急便(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.9 at BLUE LIVE HIROSHIMA)
06. パープルピープル(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.12 at Zepp Tokyo)
07. SAMURAI 5(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.13 at Zepp Tokyo)
08. すばらしい日々(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.16 at Zepp Sapporo)
09. R&R IS NO DEAD (TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.19 at 仙台 PIT)
10. 雪が降る町 (TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.21 at Zepp Nagoya)
■DISC 2 -DVD-
01. ハヴァナイスデー(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.6 at 福岡 DRUM LOGOS)
02. ヒゲとボイン(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.6 at 福岡 DRUM LOGOS)
03. はいYES!(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.9 at BLUE LIVE HIROSHIMA)
04. 鳥の特急便(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.9 at BLUE LIVE HIROSHIMA)
05. パープルピープル(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.12 at Zepp Tokyo)
06. SAMURAI 5(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.13 at Zepp Tokyo)
07. すばらしい日々(TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.16 at Zepp Sapporo)
08. R&R IS NO DEAD (TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.19 at 仙台 PIT)
09. 雪が降る町 (TOUR 2017「UC30 若返る勤労」 2017.12.21 at Zepp Nagoya)

『UCFC ビジーファイブ 2018』

8月23日(木) 福岡・イムズホール
8月25日(土) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
8月26日(日) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
8月29日(水) 宮城・SENDAI GIGS
8月31日(金) 北海道・Zepp Sapporo
9月04日(火) 愛知・Zepp Nagoya
9月06日(木) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9月07日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9月12日(水) 東京・Zepp Tokyo
9月13日(木) 東京・Zepp Tokyo

■ファンクラブツアー詳細・お申込みページ
https://www.ucfcbusy5.jp/information/



【関連リンク】
ユニコーン史上初の、奥田民生&ABEDONによるツインボーカル曲をリリース決定
ユニコーンまとめ
きゃりーぱみゅぱみゅ、初主催の対バンイベントに平井堅、CHAIの出演が決定

【関連アーティスト】
ユニコーン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売

きゃりーぱみゅぱみゅ、初主催の対バンイベントに平井堅、CHAIの出演が決定
Mon, 07 May 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅが、6月3日に自身初となる日比谷野外音楽堂でのライブ公演『日比谷野音95周年・日比谷公園115周年記念 KPP CAMP〜もんだいガールとネガティブボーイとNEOたち〜』を開催する。これまでワールドツアーやアリーナツアーなど精力的にワンマンライブを続けてきたが、本公演は本人の強い希望により実現した、きゃりーぱみゅぱみゅ主催の初対バンイベントだ。

その記念すべき第一回目の対バンアーティストとして、表現力豊かな歌唱力で日本のポップソングの帝王として君臨し続ける平井堅と、ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド CHAIの出演が決定! いずれもきゃりー自らが共演を熱望してオファーしたという、熱い想いから実現した一夜限りのスペシャルな夜になる。

ロックの聖地とも称される日比谷野外音楽堂で、異例の3組はどんなパフォーマンスを観せるのか? 95周年を迎える日比谷野外音楽堂、115周年の日比谷公園でのライブを楽しみにしていてほしい。

■【きゃりーぱみゅぱみゅ コメント】

今回初めて「KPP CAMP」を開催します!
ずっとやりたいと思っていた対バンイベントで、しかも初めての野音。気合入ってます! 平井堅さん、CHAIのみんな、記念すべき1回目の「KPP CAMP」に出演していただきありがとうございます!
平井堅さんは前に一緒に食事をさせてもらって、すごく面白い方だなという印象があっていつか何か一緒にやりたいとお話していたので、無理を承知でオファーさせていただきました。CHAIのみんなとも前からメンバーと交流があってすっごく可愛くて楽しい子達なので今回共演できて嬉しいです。みなさん遊びに来て下さい!

『日比谷野音95周年・日比谷公園115周年記念 KPP CAMP〜もんだいガールとネガティブボーイとNEOたち〜』

6月03日(日)  日比谷野外大音楽堂
出演:きゃりーぱみゅぱみゅ / 平井堅 / CHAI
<チケット>
・先行発売
受付期間:5月10日(木)12:00〜5月13日(日)23:59
http://pia.jp/v/kppcamphp2/
・HP2次先行 http://kyary.asobisystem.com/



【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ、初主催の対バンイベントに平井堅、CHAIの出演が決定
きゃりーぱみゅぱみゅまとめ
平井堅まとめ
CHAIまとめ
ビッケブランカ、カラオケルーム「歌広場」の1日店長に就任!

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, 平井堅, CHAI
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, コラボ, 発表, ライブ

ビッケブランカ、カラオケルーム「歌広場」の1日店長に就任!
Mon, 07 May 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ビッケブランカが4月にリリースした1stシングル「ウララ」の発売記念として、カラオケルーム「歌広場」渋谷エリア限定でのコラボキャンペーン『シブヤDEウララ』を好評開催中だが、この度応援してくれたファンの皆様とお店への感謝の気持ちを込めて、歌広場渋谷センター街本館の1日店長に就任することが急遽決定した。 果たして彼はどんな店長ぶりをみせてくれるのだろうか。気になる方は、ぜひ5月9日(水)に歌広場渋谷センター街本館に駆けつけてほしい。

■『シブヤDEウララ』キャンペーン詳細
http://avex.jp/karaokevoicedrink/pdf/18040000_8AfUKB2biXVA648eBM5u.pdf

■【「歌広場」渋谷センター街本館 1日店長 詳細情報】

日時:5月09日(水)16:00〜19:00
店舗:カラオケルーム歌広場渋谷センター街本館

<内容>
・ビッケブランカがカラオケルーム歌広場渋谷センター街本館の1日店長に就任! お客様を温かくお迎えさせていただきます!
・カラオケルームご利用&4月18日にリリースされた1stシングル「ウララ」のCDをご持参いただいたお客様とチェキで記念撮影をさせていただきます!
・その他『シブヤDEウララ』キャンペーン対象商品をご注文のお客様、サプライズがあるかも?

<注意事項>
・カラオケルームが満室の場合、ご対応できない可能性がございますので予めご了承ください。(事前のご予約をお勧めさせていただきます)
・カラオケルームを利用されず店内に滞留される事のないようにお願いいたします。
・記念撮影はこちらでご用意するチェキカメラでの撮影となります。
・1日店長に関する事前のご質問は店舗ではお受けできません。

シングル「ウララ」

2018年4月18日(水)発売



【CD+DVD】
AVCD-94050/B/¥2,000+税
【CD Only】
AVCD-94051/¥1,200+税
<収録内容>
■CD
01. ウララ
02. Get Physical
03. Black Rover
04. 今ここで逢えたら
■DVD
FEARLESS TOUR 2017 at Akasaka BLITZ
01.OPENING
02.Take me Take out
03.アシカダンス
04.Broken
05.追うBOY
06.Want You Back
07.さよならに来ました
08.Stray Cat
09.THUDERBOLT
10.Moon Ride
11.Slave of Love



【関連リンク】
ビッケブランカ、カラオケルーム「歌広場」の1日店長に就任!
ビッケブランカまとめ
鈴木実貴子ズ、平成時代を生きる全ての人へ送る両A面シングルが全国リリース決定

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, キャンペーン, 発表, リリース

鈴木実貴子ズ、平成時代を生きる全ての人へ送る両A面シングルが全国リリース決定
Mon, 07 May 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

名古屋発の2ピースバンド・鈴木実貴子ズ(通称:ミキコズ)が、7月4日に初の両A面シングル「平成が終わる/音楽やめたい」を全国リリースすることを発表した。

今作は平成という時代を生きた全ての人へ贈られる名曲「平成が終わる」と、リアルな音楽との日常の心象風景を歌った、全てのミュージシャン必聴の「音楽やめたい」の2曲を軸にした両リードシングル。また、今作より自主レーベルを移籍し、3markets[ ]、moke(s)(町田直隆 / ロストインタイム:海北 / ex.椿屋四重奏Dr小寺)、アラウンドザ天竺らが所属する「Low-Fi Records」からのリリースとなる。

なお、レコ発イベントも豪華出演者が決定しており、今後の鈴木実貴子ズの動向からも目が離せそうにない。

シングル「平成が終わる/音楽やめたい」

2018年7月4日発売



LFRR-0008/¥1,200+税
<収録曲>
1.平成が終わる
2.音楽やめたい
3.トップバリュー

■TOWER RECORDS予約 http://tower.jp/item/4726356/%E5%B9%B3%E6%88%90%E3%81%8C%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8B-%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%9F%E3%81%84

【リリースイベント情報】

7月01日(日) 名古屋 今池HUCK FINN
w/明日、照らす/3markets[ ]
7月04日(水) 新宿Marble(レコ発東京編)
8月05日(日) 岐阜県可児市文化創造センター(サーキットイベント『ROCK FILL JAM』)
8月08日(水) 京都nano(レコ発京都編)
8月16日(火) 下北沢Laguna
8月26日(日) 梅田HARDRAIN(レコ発大坂編)
9月05日(水) 今池Tokuzo(レコ発ファイナル ●●●と2マン) 
※9月5日公演の対バンアーティストは近日解禁予定



【関連リンク】
鈴木実貴子ズ、平成時代を生きる全ての人へ送る両A面シングルが全国リリース決定
鈴木実貴子ズまとめ
『EDC JAPAN 2018』で絶対聴きたい! 世界トップクラスのEDM5曲

【関連アーティスト】
鈴木実貴子ズ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売

『EDC JAPAN 2018』で絶対聴きたい! 世界トップクラスのEDM5曲
Mon, 07 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

世界3大EDMフェスティバルのひとつ、『EDC』(Electric Daisy Carnival(エレクトリック・デイジー・カーニバル)の日本公演が、いよいよ今週末5月12日(土)&13日(日)に千葉・ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場にて開催されます。年間動員数100万人以上を誇る、究極の光と音のカーニバルと称されるこのフェスは2017年に日本へ初上陸して今年で2回目。その開催に併せて、今回は「『EDC JAPAN 2018』で絶対聴きたい! 世界トップクラスのEDM5曲」をご紹介します。

■「Animals」(’13)/Martin Garrix

若干20歳でありながら世界のDJランキング『DJ MAG』の「TOP 100 DJs」にて堂々の1位を獲得し、一気にスターダムへと駆け上がったEDM界の若き王者マーティン・ギャリックス。同ランキングでは2013年に40位で初のランクインをすると、2015年には4位、2016年には3位と、ティーンエイジャーでありながら世界のトップDJと呼ばれるようになった。「Animals」はマーティン・ギャリックスの代表曲で、イギリスやベルギーでは最高ランク1位、アイルランドでは最高ランク3位になるなど10か国以上の国の音楽チャートにベストテン入りした作品だ。小学校2年生の時にアテネ五輪でプレイしたティエストの姿に憧れてDJになった彼は、2018年の平壌五輪の閉会式でプレイする栄誉を得た。

■「The House of House」(’18) /Dimitri Vegas & Like Mike, Vini Vici & Cherry Moon Trax

世界のDJランキングで2年連続2位に君臨するベルギー発の兄弟DJ、ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク、イスラエルが生んだサイケデリックトランスの2人組、ビニ・ビチ、そしてベルギーのプロジェクト、チェリームーン・トラックスという3組がコラボしたのが「The House of House」。この楽曲は今年の春に発表され、MVもフェス仕様である上に3組中の2組が出演する『EDC JAPAN』であることから、ぜひ日本でも披露してほしいと願うのは当然の流れというもの。しかしながら、ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクは1日目、ビニ・ビチは2日目と、別日に出演することが発表されているのが気になるものの、ショーでのコラボにもやっぱり期待は高まるばかり!

■「On My Mind」(’15)/Don Diablo

フューチャーハウス・シーンを代表するオランダ出身のプロデューサー/DJ、ドン・ディアブロ。本名はDon Pepijn Schipperだが、インパクトのある名前にしようと、スペイン語で“悪魔”という意味の名前にした。2017年大晦日には東京・新木場ageHaの15周年カウントダウンパーティーに出演来日が記憶に新しいところだろう。2005年には自身のレコード・レーベル/イベント・ブランドの『Sellout Sessions』を設立し、2014年にはビジュアル・コンセプトのレーベル『The Hexagon』を設立した他、ボランティア活動にも注力しており、人格にも定評のあるDJである。彼の代表曲「On My Mind」は、YouTubeの再生回数4700万回を超え、『Tomorrowland』『Ultra Music Festival』などの大型EDMフェスに出演した際にも披露される大人気曲である。

■「Hello」(’15)/Above & Beyond

2000年に結成後より英国ロンドンを拠点に活動し、トランスミュージック界を牽引してきた3人組、アバヴ&ビヨンド。マドンナのリミックスを手掛けたことから注目されるようになった彼等は2004年のBBC『エッセンシャル・ミックス』年間ベストミックスを受賞した他、2014年には『Glastonbury Festival』にてダンスステージのヘッドライナーを担った。その際にもこの「Hello」が後半の盛り上がりのいいところで奏でられたというから、『EDC JAPAN2018』でも同様に…いや、それ以上に、ぜひとも爆音で踊らせてほしいところ。ベテランの安定感あるステージングは、経験値によるものが大きいはず。EDM界のみならず、幅広く活躍する彼等のショーに期待が膨らむ!

■「Freak」(’14)/Steve Aoki, Diplo, & Deorro (ft. Steve Bays)

マイアミ出身のエレクトロ・ハウスミュージシャン、音楽プロデューサー、DJのスティーヴ・アオキ。父母共に日本人だが、アメリカ生まれのアメリカ育ちのため日本語は話せない。デビュー以来、年間200本以上のライヴをこなし、Aoki Jumpをはじめ、ゴムボートに乗ってフロアーへ漕ぎ出したり、客へケーキを投げつけたりと音楽はもとより、アオキの奇抜なパフォーマンスに魅了された客も多い。そんなEDMシーンを盛り上げる世界屈指のパーティーモンスターが、ディプロ、デオロとコラボし、スティーヴ・ベイズをフィーチャーした「Freak」。ディプロと出演日が同じなことで、ショーのコラボにも期待できそう?! 「Cake Me」ボードも忘れずに持って参戦しよう!

TEXT:早乙女‘dorami’ゆうこ

早乙女‘dorami’ゆうこ プロフィール:栃木県佐野市出身。音楽を軸に、コンサート制作アシスタント通訳、音楽プロモーション、海外情報リサーチ、翻訳、TV番組進行台本や音楽情報ウェブサイト等でコラムや記事を執筆するなどの業務を担うパラレルワーカー。



【関連リンク】
『EDC JAPAN 2018』で絶対聴きたい! 世界トップクラスのEDM5曲
Martin Garrixまとめ
Dimitri Vegas & Like Mike, Vini Vici & Cherry Moon Traxまとめ
Don Diabloまとめ
Above & Beyondまとめ

【関連アーティスト】
Martin Garrix, Dimitri Vegas & Like Mike, Vini Vici & Cherry Moon Trax, Don Diablo, Above & Beyond, Steve Aoki, Diplo, & Deorro, Steve Bays
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

Aimer、“夏”を冠した初ファンクラブツアー開催決定
Mon, 07 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Aimerが自身初となるファンクラブツアー『Aimer Fan Club Tour "?t?(エテ)"』を開催することが決定した。ツアータイトルの“?t?”は、フランス語で“夏”という意味。2017年11月から2018年2月にかけて全国15か所で開催されたフランス語で“冬”という意味を掲げた全国ツアー『"hiver(イヴェール)"』の流れを汲んだもので、Aimerの楽曲の中でも夏らしい作品をリストアップした内容になるという。“hiver”同様に確固たる彼女の世界観が期待できると同時に、ファンクラブツアーならではのいつもと違った一面も垣間見ることができるだろう。

『Aimer Fan Club Tour "?t?"』は、東京・大阪・名古屋のZepp3会場での開催となっており、5月7日よりAimerのオフィシャルモバイルファンクラブ「Blanc et Noir」にてチケット先行受付がスタート。5月20日(日)23時までの受付なので、お早めにチェックしてほしい。

『Aimer Fan Club Tour "?t?"』

8月07日(火) 愛知・Zepp Nagoya
8月08日(水) 大阪・Zepp Osaka Bayside
8月13日(月) 東京・Zepp Tokyo
<チケット>
・モバイルファンクラブ「Blanc et Noir」先行受付
5月07日(月)18:00〜5月20日(日)23:00
http://k.aimer-web.jp/



【関連リンク】
Aimer、“夏”を冠した初ファンクラブツアー開催決定
Aimerまとめ
緑黄色社会、今秋にミニアルバム発売&対バン企画を3都市で開催決定

【関連アーティスト】
Aimer
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ライブ, ツアー

緑黄色社会、今秋にミニアルバム発売&対バン企画を3都市で開催決定
Mon, 07 May 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年3月にリリースしたフルアルバム『緑黄色社会』を引っ提げてのライブツアー『リョクシャ化計画2018』を敢行中の緑黄色社会が、5月6日に開催した東京公演にて、新作となるミニアルバムを今秋にリリースすることを発表した。

本ツアーは6都市全会場がソールドアウトとなり、この日も超満員となったライブは、前へ突き進んでいくバンドの勢いを1曲目から露わにし、ひと時も目を離せないライブになることを予感させる幕開けからオーディエンスのテンションを一気に上げていった。ラストの曲が終わると、多幸感溢れる会場ではアンコールの声が鳴り響く中、新グッズのTシャツに着替えたメンバーが再登場。MCで長屋晴子(Vo&Gu)から駆け付けたファン達に向けて、ミニアルバムのリリースが告げられた。

また、今まで名古屋だけで開催してきた自身が主催する対バン企画イベント『緑黄色夜祭』を初めて東京・名古屋・大阪の3都市で開催することも併せて発表。後日ゲストアーティストやチケット予約についての公開を予定しているので、こちらも楽しみに待っていてほしい。

この夏、各地音楽フェスへの出演も続々と決定し、さらなる“リョクシャ化”を実現していくであろう彼らの新作が、どのような内容になるのか期待が膨らむ。なお、この日のライブの模様とインタビューが5月8日放送のフジテレビ『めざましテレビ』でオンエアされる予定となっているので、そちらにも注目だ。

Live photo by 安藤みゆ

アルバム『緑黄色社会』

発売中



HPP-1009/?2,500+税
<収録曲>
01. Re
02. 始まりの歌
03. 大人ごっこ
04. キラキラ
05. Alice
06. 君が望む世界
07. 恋って
08. regret
09. 真夜中ドライブ
10. またね

【ライブ情報】

■『緑黄色社会ライブツアー“リョクシャ化計画2018”』
5月12日(土) 北海道・札幌コロニー

■『緑黄色夜祭 vol.8』
9月30日(日) 大阪・Music Club JANUS
10月05日(金) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
10月08日(月・祝) 愛知・名古屋 ボトムライン



【関連リンク】
緑黄色社会、今秋にミニアルバム発売&対バン企画を3都市で開催決定
緑黄色社会まとめ
GENERATIONS、新曲MVで話題騒然のダンス“シュート”を披露

【関連アーティスト】
緑黄色社会
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, リリース, 発売, ミニアルバム, テレビ番組, 出演, ライブ, ツアー, レポート

GENERATIONS、新曲MVで話題騒然のダンス“シュート”を披露
Mon, 07 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GENERATIONS from EXILE TRIBEが6月13日(水)にリリースする2018年初シングル「F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS」のMVを公開した。今回の曲は新世代の若者へのエールが込められたスピード感あふれるダンスチューンで、MVも楽曲同様スピード感にあふれ、まるでジェット機に乗っているような感覚におちいる、GENERATIONSの攻めの姿勢が現れた作品となっている。

その中でも必見なのは、今世界中で話題騒然の“シュート”を取り入れたキャッチーなダンス! シンプルで一度見れば頭から離れない振り付けは、大人数で踊ればより楽しさや魅力がわかるだろう。MVではフォーメーションをとった“シュート”や、男女に分かれたダンスバトルのような“シュート”、大人数で集まって自由に踊る“シュート”など、一つの作品で様々な“シュート”が楽しめるので、気になる方はぜひチェックしてほしい。

シングル「F.L.Y.BOYS F.L.Y.GIRLS/GENERATIONS from EXILE TRIBE」

2018年6月13日発売



【CD+DVD】
RZCD-86561/B/¥1,852+税
<収録曲>
■DISC-1 CD
1.F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS 
2.UNITED JOURNEY GENERATIONS ドームツアーテーマソング
3. また、アシタ 読売テレビ・日本テレビ系木曜ドラマF「ラブリラン」主題歌
4.F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS(Instrumental)
5.UNITED JOURNEY(Instrumental)
6. また、アシタ(Instrumental)
-Special bonus track-
F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS (English Version)
■DISC-2 DVD
1.F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS (Music Video)



【CD】
RZCD-86562/¥1,204+税

『GENERATIONS LIVE TOUR 2018 “UNITED JOURNEY"』

5月12日(土)  愛知・ナゴヤドーム
5月13日(日)  愛知・ナゴヤドーム
5月25日(金)  大阪・京セラドーム
5月26日(土)  大阪・京セラドーム
5月27日(日) 大阪・京セラドーム
6月09日(土)  福岡・福岡ヤフオク!ドーム
6月10日(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
8月02日(木) 東京・東京ドーム
8月04日(土) 東京・東京ドーム
8月05日(日) 東京・東京ドーム



【関連リンク】
GENERATIONS、新曲MVで話題騒然のダンス“シュート”を披露
GENERATIONSまとめ
GENERATIONS from EXILE TRIBEまとめ
降谷建志、「Swallow Dive」のライブ映像をGYAO!にて独占配信

【関連アーティスト】
GENERATIONS, GENERATIONS from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 振り付け

降谷建志、「Swallow Dive」のライブ映像をGYAO!にて独占配信
Mon, 07 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Dragon Ashの降谷建志(Vo&Gu)と、新進気鋭のクリエイティブレーベル「nor」のコラボライブにて披露された「Swallow Dive」のライブ映像をGYAO!にて独占先行配信スタート! このコラボは、ミュージシャンとクリエイターのコラボレーションによるライブイベント『SOUND & VISION X』の第1弾として実現したもの。

『SOUND & VISION X』とは、2017年にTOKYO MUSIC ODYSSEYで実施されたライブイベント『SOUND & VISION』のテーマを基に、アーティストとクリエイターが生み出す最新のクリエイションが体験できるライブイベントとして本格始動。本公演は、降谷がソロアーティストとしての新たな音楽性を打ち出した1stアルバム『Everything Becomes The Music』からのパフォーマンスを中心に、世界初となる新曲も披露した話題のライブとなった。

ホットでプログレッシブなライブの模様は、スペースシャワーTVにて6月16日(土)23:00〜23:30、フジテレビNEXTにて6月23日(土)21:30〜22:30にて放映予定されるが、放送まで待てないという方は、GYAO!の独占先行配信でいち早くチェックしてほしい。

■【「Swallow Dive」配信概要】

■GYAO!
5月07日(月)15:00〜
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10145/v0994000000000543627/

■スペースシャワーTV
6月16日(土)23:00〜23:30
■フジテレビNEXT
6月23日(土)21:30〜22:30

■『SOUND & VISION X』オフィシャルページ
https://tokyomusicodyssey.jp/2017/news/0219soundvisionx.html



【関連リンク】
降谷建志、「Swallow Dive」のライブ映像をGYAO!にて独占配信
降谷建志まとめ
Dragon Ashまとめ
aiko、2年ぶりのニューアルバム『湿った夏の始まり』発売決定

【関連アーティスト】
降谷建志, Dragon Ash
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, コラボ, 配信

aiko、2年ぶりのニューアルバム『湿った夏の始まり』発売決定
Mon, 07 May 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月2日(水)に38枚目のシングル「ストロー」をリリースしたばかりのaikoが、待望のニューアルバム『湿った夏の始まり』を6月6日(水)に発売することを発表した。前作のアルバム『May Dream』から約2年ぶりとなる今作は、最新シングル「ストロー」に加え、2017年のヒットシングル「予告」や、映画『聲の形』の主題歌にもなったシングル「恋をしたのは」などが収録される、13枚目のオリジナルアルバムとなる。

また、このニューアルバムを携えて、6月8日からは全国27ヵ所45公演を巡るaiko自身最大のホールツアー『Love Like Pop vol.20』を開催することも発表! 併せてチケットの第一弾一般発売情報が発表されているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

アルバム『湿った夏の始まり』

2018年6月6日(水)発売



PCCA.15013/¥2,913+税
※初回限定仕様盤:カラートレイ&初回限定ブックレット
<先着購入特典>
ポスター(B2サイズ)
※全国のCDショップ(タワーレコード、TSUTAYA、HMV、新星堂他)、WEBショップ(amazon 他)が対象です。詳しくはお近くのCDショップに直接お問い合わせください。
※特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※一部取り扱いのないCDショップ・WEBショップもございます。各CDショップ・WEBショップの告知をご確認ください。

『Love Like Pop vol.20』

6月08日(金) 神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター
6月15日(金) 栃木・宇都宮市文化会館
6月16日(土) 栃木・宇都宮市文化会館
6月23日(土) 東京・NHKホール
6月24日(日) 東京・NHKホール
6月28日(木) 岡山・倉敷市民会館
6月30日(土) 鳥取・米子コンベンションセンター
7月06日(金) 静岡・アクトシティ浜松大ホール
7月08日(日) 三重・三重県文化会館大ホール
7月16日(月・祝) 大阪・大阪フェスティバルホール
7月17日(火) 大阪・大阪フェスティバルホール
7月20日(金) 京都・ロームシアター京都
7月28日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月29日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
8月06日(月) 北海道・札幌ニトリ文化ホール
8月07日(火) 北海道・札幌ニトリ文化ホール
8月11日(土・祝) 広島・広島上野学園ホール
8月12日(日) 広島・広島上野学園ホール
8月18日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
8月19日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
9月02日(日) 長野・長野ホクト文化ホール
9月07日(金) 新潟・新潟県民会館
9月12日(水) 東京・NHKホール
9月13日(木) 東京・NHKホール
9月18日(火) 埼玉・大宮ソニックシティ
9月23日(日・祝) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
9月24日(月・休) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
9月28日(金) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
9月30日(日) 長崎・長崎ブリックホール
10月02日(火) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
10月07日(日) 沖縄・沖縄コンベンション劇場
10月12日(金) 徳島・鳴門市文化会館
10月14日(日) 香川・レグザムホール(香川県民ホール)
10月20日(土) 滋賀・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
10月22日(月) 兵庫・神戸国際会館
10月28日(日) 山形・やまぎんホール(山形県県民会館)
10月30日(火) 青森・八戸市公会堂 大ホール
11月02日(金) 大阪・大阪フェスティバルホール
11月03日(土・祝) 大阪・大阪フェスティバルホール
11月17日(土) 東京・NHKホール
11月18日(日) 東京・NHKホール
11月29日(木) 東京・NHKホール
11月30日(金) 東京・NHKホール
12月08日(土) 大阪フェスティバルホール
12月09日(日) 大阪フェスティバルホール

<チケット>
¥6,800(税込)
※公演日によって開場/開演時間が異なりますのでご注意ください。
※開場/開演時間は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※小学生以上はチケットが必要です。未就学児は入場できません。

・第一弾 一般発売 初日特別電話(6月8日〜9月13日公演分)
2018年5月13日(日)AM10:00〜
※第二弾の一般発売は、8月19日(日)AM10:00〜(詳細は後日発表)
■詳しくは https://aiko.com/live/



【関連リンク】
aiko、2年ぶりのニューアルバム『湿った夏の始まり』発売決定
aikoまとめ
椎名林檎、トリビュート盤発売を記念して「わたしの林檎」キャンペーンを実施

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

椎名林檎、トリビュート盤発売を記念して「わたしの林檎」キャンペーンを実施
Mon, 07 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

椎名林檎のデビュー20周年を祝して企画されたトリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』の発売を記念して、「わたしの林檎」キャンペーンが実施される。このキャンペーンは、“ファンにとっての椎名林檎とは?”とTwitterに投稿するというもの。楽曲のレビューや熱い想い、イラストや写真など、それぞれのかたちで“わたしの林檎”を表現して投稿してほしい。なお、寄せられた投稿はアルバム『アダムとイヴの林檎』特設サイト内にて随時紹介され、さらに1週間ごとに素敵な投稿をした10名の方をピックアップし、その全員にオリジナルステッカーがプレゼントされる。詳しくは、アルバム『アダムとイヴの林檎』特設サイトを確認し、ぜひキャンペーンに参加してみてほしい。

また、特設サイトではトリビュートアルバムの詳細はもちろん、収録曲の全曲試聴や参加アーティストのコメンタリーも公開中なので、こちらも併せて要チェック!

■【「わたしの林檎」キャンペーン】

■STEP1
UNIVERSAL MUSIC Twitterアカウントをフォロー
URL:https://twitter.com/umusicjapan

■STEP2
Twitterからハッシュタグ「#わたしの林檎」をつけて投稿!

※詳しくは、アルバム『アダムとイヴの林檎』特設サイトへ
http://smarturl.it/adam-eve-ringo-sp

アルバム『アダムとイヴの林檎』

2018年5月23日発売



UPCH-20485/¥3,000+税

<参加アーティスト / 収録曲>
M1. theウラシマ\'S 「正しい街」
Produced by ?田誠治/Vo.草野マサムネ from SPITZ/Dr.鈴木英哉 from Mr.Children
/Gt.喜多建介 from ASIAN KUNG-FU GENERATION/Ba.是永亮祐 from 雨のパレード
M2. 宇多田ヒカル&小袋成彬 「丸ノ内サディスティック」
M3. レキシ 「幸福論」
M4. MIKA「シドと白昼夢」
M5. 藤原さくら 「茜さす帰路照らされど・・」
M6. 田島貴男(ORIGINAL LOVE) 「都合のいい身体」
M7. 木村カエラ 「ここでキスして。」
M8. 三浦大知 「すべりだい」
M9. RHYMESTER 「本能」
M10. AI 「罪と罰」
M11. 井上陽水 「カーネーション」
M12. 私立恵比寿中学 「自由へ道連れ」
M13. LiSA 「NIPPON」
M14. 松たか子 「ありきたりな女」
■ブックレット
誉田哲也「歌舞伎町の女王 −再会−」 (書下ろし短編小説)



【関連リンク】
椎名林檎、トリビュート盤発売を記念して「わたしの林檎」キャンペーンを実施
椎名林檎まとめ
DIR EN GREY、日本国内および待望のヨーロッパツアーが開催決定

【関連アーティスト】
椎名林檎
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, キャンペーン, 発表, リリース, 発売

DIR EN GREY、日本国内および待望のヨーロッパツアーが開催決定
Mon, 07 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DIR EN GREYが全国ツアー『TOUR18 WEARING HUMAN SKIN』を8月から9月にかけて開催することを発表した。4月16日から始まった2018年最初のツアー『TOUR18 真世界』を5月1日にZepp Nagoyaで一旦終えたばかりのDIR EN GREY。残すは6月29日・30日の新木場STUDIO COASTでの追加公演のみだが、新たに決定したツアーでは8月2日のロームシアター京都公演を皮切りに、9月15日のZepp Nagoyaまで全国8会場15公演が予定されている。このうち、ロームシアター京都での2公演とCLUB CITTA\'での2公演は、それぞれ公式ファンクラブ「a knot」限定ライブとなる。

7月7日からの一般発売に先駆けて、5月7日正午からは「a knot」会員限定1次受付がスタートする。以降も2次受付・3次受付やDIR EN GREY ONLINE先行、GALAXY BROAD CARD会員先行が予定されているので、詳細はオフィシャルサイトをチェック。

また、10月からは約3年5カ月ぶりとなるヨーロッパツアーを開催することも決定! このヨーロッパツアーは2015年5月の『TOUR15 THE UNSTOPPABLE LIFE』以来となり、10月6日のロシア・サンクトペテルブルク公演を皮切りに6カ国8公演を実施する。4月25日にリリースされた最新シングル「人間を被る」を筆頭に、DIR EN GREYの未来を示すような楽曲群とともに彼らが海外でどんなステージを繰り広げるのか、こちらも楽しみにしていてほしい。

さらに、最新シングル「人間を被る」のMVが公式YouTubeチャンネルにてついに公開された。YouTubeで公開されたバージョンはプロモーション用に一部表現規制が行なわれており、規制解除版はiTunes Storeにて配信されるので、こちらもチェックしてみよう。

■iTunes Store 「人間を被る(Promotion Edit Ver.)」MV配信ページ
https://itunes.apple.com/us/video/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%82%92%E8%A2%AB%E3%82%8B-promotion-edit-ver/id1378816650?l=ja

■『TOUR18 WEARING HUMAN SKIN』

8月02日(木) 京都・ロームシアター京都メインホール -「a knot」only-
8月03日(金) 京都・ロームシアター京都メインホール -「a knot」only-
8月07日(火) 神奈川・CLUB CITTA\' -「a knot」only-
8月08日(水) 神奈川・CLUB CITTA\' -「a knot」only-
8月11日(土・祝) 宮城・仙台PIT
8月12日(日) 宮城・仙台PIT
8月23日(木) 東京・東京国際フォーラム・ホールA
8月24日(金) 東京・東京国際フォーラム・ホールA
8月28日(火) 福岡・福岡市民会館
8月30日(木) 大阪・なんばHatch
8月31日(金) 大阪・なんばHatch
9月04日(火) 新潟・新潟LOTS
9月05日(水) 新潟・新潟LOTS
9月14日(金) 愛知・Zepp Nagoya
9月15日(土) 愛知・Zepp Nagoya

■OVERSEAS (EUROPE)
10月06日(土) AURORA HALL -ST.PETERSBURG / RUSSIA-
10月07日(日) RED HALL -MOSCOW / RUSSIA-
10月10日(水) THE CIRCUS-HELSINKI / FINLAND-
10月12日(金) PROGRESJA -WARSAW / POLAND-
10月14日(日) LE TRIANON -PARIS / FRANCE-
10月16日(火) THE ELECTRIC BALLROOM -LONDON / UK-
10月18日(木) NEUE THEATERFABRIK -MUNICH / GERMANY-
10月19日(金) LIVE MUSIC HALL -COLOGNE / GERMANY-

シングル「人間を被る」

2018年4月25日発売



【完全生産限定盤】(CD+Blu-ray)
SFCD-0222〜223/¥5,500+税
【完全生産限定盤】(CD+DVD)
SFCD-0224〜225/¥4,500+税
<収録曲>
■DISC 1:CD
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
※Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
■DISC 2:Blu-ray or DVD]
01. Chain repulsion
TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE"?-
2014.08.30 新木場STUDIO COAST (追加公演)
02. 禍夜想
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]
2016.07.01 新木場STUDIO COAST
03. Phenomenon
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]
2016.09.23 ホクト文化ホール
04. Un deux
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]
2016.11.08 CLUB CITTA\' [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
05. Revelation of mankind
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]
2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
06. Midwife
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of THE MARROW OF A BONE]
2017.04.18 Zepp Nagoya
07. 鱗
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of MACABRE]
2017.07.26 中野サンプラザ
08. Sustain the untruth
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]
2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only- (追加公演)
<IN-STUDIO FOOTAGE>
人間を被る (Scenes From Recording)



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SFCD-0226〜227/¥1,800 (tax out)
<収録曲>
■DISC 1:CD
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
※Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
■DISC 2:DVD
01. Un deux
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]
2016.11.08 CLUB CITTA’ [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
02. Revelation of mankind
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]
2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
03. Sustain the untruth
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]
2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only- (追加公演)
<IN-STUDIO FOOTAGE>
人間を被る (Scenes From Recording)



【通常盤】(CD)
SFCD-0228/¥1,200+税
<収録曲>
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
※Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
Manufactured by FIREWALL DIV.
Distributed by Sony Music Marketing Inc.

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。
※完全生産限定盤・初回生産限定盤は、生産数量限定商品となります。確実にお買い求めいただくには、2018年3月18日(日)までにお取扱い店舗にてご予約くださいませ。

◎早期予約特典
対象:2018年3月18日(日)までに【完全生産限定盤】(SFCD-0222〜223 / SFCD-0224〜225)をご予約いただいた方
特典内容:メンバー監修オリジナル缶バッジ (全5種からランダム1種)
※1商品ご予約につき、特典を1つ差し上げます。
※特典はランダム配布になります。お選びいただくことはできません。
※【初回生産限定盤】と【通常盤】は早期予約特典対象外となりますので予めご了承ください。

◎予約店舗特典
TOWER RECORDS (一部店舗除く):ステッカーA
TSUTAYA (一部店舗除く):ステッカーB
HMV (一部店舗除く):ポストカードA
Amazon:ポストカードB
※特典は数に限りがございますので、なくなり次第終了となります。
※特典の有無に関するお問合せは直接店舗へご確認ください。



【関連リンク】
DIR EN GREY、日本国内および待望のヨーロッパツアーが開催決定
DIR EN GREYまとめ
sumika、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』のOP曲&劇中歌&主題歌を担当

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, ライブ, ツアー

sumika、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』のOP曲&劇中歌&主題歌を担当
Mon, 07 May 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

sumikaが原作累計260万部突破・大ヒット小説の劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』のオープニングテーマ・劇中歌・主題歌の3曲の制作を担当することが決定した。この3曲はすべて劇場アニメのための書き下ろしとなり、楽曲制作前からsumikaとアニメ映画監督である牛嶋監督との幾度かの打合せを経て制作された。また『君の膵臓をたべたい』原作者である住野よるも数年前に読者から薦められたことをきっかけに、ライブに通うほどsumikaファンだということもあり、作品と音楽の必然の出会いを感じさせるタイアップとなりそうだ。

sumikaの片岡健太(Vo&Gu)は、“素晴らしい原作があって、そこにリスペクトを持った制作チームと共に、化学変化を楽しみながら、作品を作り上げました”とコメントを寄せている。この発表とともに、sumikaの新曲「ファンファーレ」が使用された劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の新特報が公開となったので、ぜひチェックしてほしい。なお、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』は9月1日全国ロードショーとなるので、他の楽曲と作品がどのように世界観を広げていくのか、お楽しみに!

■劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』公式サイト
http://kimisui-anime.com/

(c)住野よる/双葉社 (c)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

■【コメント】

■原作:住野よる
まずファンとしてとても嬉しいです。
数年前に読者さんから教えていただいたことがきっかけでsumikaの音楽に出逢い、ファンになりました。CDを買いライブも行きTシャツも持っています。
そして、作者としての嬉しさがあります。『君の膵臓をたべたい』はまぎれもなく読者さんが世に送り出し、育ててきてくれたお話です。
そのアニメの曲を、読者さんを通じて知ったsumikaの皆さんが作ってくださることは、『君の膵臓をたべたい』という本へのクライマックスとして、これ以上なく素敵なことだと感じています。

■監督:牛嶋新一郎
サビへ向かって助走をつけて一気に爆発するような、エネルギッシュな曲だと思いました。
sumikaさんの曲がその映像にのったとき、とても美しい化学変化を起こせたと思っています。
原作ファン、sumikaファンの方々が映画を通して相互的に好きになってもらえたらと思います。

■sumika 片岡健太(Vo&Gu)
牛嶋監督とは楽曲制作前から打ち合わせをさせて頂いて、その後も1曲ずつ、お互いのイメージ共有をしながら進めました。
作品と真摯に向き合っている事が、コンテの端々からも伝わってきて、この作品に音楽家として携われる幸せを噛み締めながら、楽曲制作に臨む事が出来ました。
素晴らしい原作があって、そこにリスペクトを持った制作チームと共に、化学変化を楽しみながら、作品を作り上げました。一ファンとしても完成を心から楽しみにしております。

EP『Fiction e.p』

2018年4月25日発売より発売中



【初回生産限定盤】(DVD+CD) 
SRCL-9756〜9757/¥1,900+税
【通常盤】(CD only) 
SRCL-9758/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.フィクション
2.下弦の月
3.ペルソナ・プロムナード
4.いいのに
■DVD ※初回生産限定盤のみ
『sumika Film #3』2017.10.26東京国際フォーラム ホールA
1. Answer
2. Lovers
3. Summer Vacation
4. まいった
5. ここから見える景色
6. ふっかつのじゅもん
7. アイデンティティ
※メンバーによるオーディオコメンタリー収録



【関連リンク】
sumika、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』のOP曲&劇中歌&主題歌を担当
sumikaまとめ
城南海、大河ドラマ『西郷どん』挿入歌&大河紀行『奄美大島・沖永良部島編』音楽に起用

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, トレーラー, 発表, 新曲, アニメ, 主題歌, オープニング, 映画

城南海、大河ドラマ『西郷どん』挿入歌&大河紀行『奄美大島・沖永良部島編』音楽に起用
Mon, 07 May 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

城南海がNHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』の5月13日(日)第18回放送よりオンエアされるドラマの挿入歌と、大河紀行『西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜』の音楽に起用されることが決定した。5月13日(日)放送回から、藩命により奄美大島に潜居した西郷吉之助(隆盛)が、その後約3年間島妻である“愛加那”と過ごした奄美大島が舞台となっていく『西郷どん』。そこで今回、奄美大島出身でもある“城南海”が抜擢された。

ドラマの挿入歌「愛、奏でて」は、タイトルにもかかっている“愛加那”が、月夜の下で紬を織りながら、旅立ってしまった西郷隆盛への愛する想いを馳せる詞となっており、奄美大島の美しい描写とともに曲を彩る。そして大河紀行の『西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜』は、西郷隆盛が人生をかけて進んでいく大きな“世の中”という大海原へ送り出す、愛加那の力強い気持ちを、城南海の歌声とジャズピアニスト山下洋輔氏の演奏に載せて表現された楽曲だ。愛加那=姉妹神(ウナリガミ)と描かれており、女性=神という奄美大島の信仰も取り入れられた詞にもなっている。今回は両曲とも、城 南海自身が“西郷隆盛”の歴史を学び、“愛加那”の奄美大島のルーツを探って、“愛加那”の立場から“西郷隆盛”へ向けた言葉を紡いで作詞をした楽曲だ。

そしてこの楽曲を収録した城南海のニューシングルは、6月に発売予定とのこと。6月30日(土)からは、自身最大規模となる全国ツアー『ウタアシビ2018夏』もスタート。『西郷どん』の舞台に加えて今年の世界自然遺産登録される可能性もある奄美大島と、その出身の歌姫・城南海にさらなる注目が集まる。

■【コメント】

■城南海
「大河ドラマ「西郷どん」で歌わせて頂き、本当に光栄で幸せです。今回は島の物語で、故郷である奄美大島や沖永良部が舞台ということで、方言での作詞にも挑戦し、私にとって新たな一歩となる作品になりました。『西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜』『愛、奏でて』の2曲は、西郷さんの2番目の妻、愛加那さんの気持ちを歌っています。愛加那さんがどんな人だったのか、西郷さんとどんな暮らしをしていたのか…島の方にお話を伺っていく中で、彼女の西郷さんへの愛を強く感じました。共に暮らした3年間に人生の全てを捧げた強く美しい愛加那の姿、想いが、歌を通して少しでも伝わると嬉しいです。また、島の魅力がたっぷり詰まった音楽を作って下さった富貴晴美さん、そして夢のようなコラボレーションをさせて頂いた山下洋輔さん、温かく迎え入れて下さった西郷どんスタッフの皆さんに心から感謝しています。携わらせて頂いた1人として、西郷どんを盛り上げていけるよう、精一杯頑張ります!」

■音楽・富貴晴美
「『愛、奏でて』は、愛加那の全てを包みこむ優しさと底力を感じる城南海さんの唄声。西郷どんを愛し、涙し、想いを馳せる愛加那の唄が、南海さんと出会い生まれました。『西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜』は、南海さんの唄と山下洋輔さんのJAZZピアノセッションは力強く、美しく、儚くも温かい。まさに奄美大島と沖永良部島そのものです。情熱的な2人の演奏は聴く人を幸せにしてくれると思います」

■ジャズピアニスト・山下洋輔
「縁あって、『西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜』で城 南海さんと共演した。とても魅力的な奄美大島の表現に出会うことができた。そして、なんとその曲が彼女のCDに収録されるという。素晴らしいこの出来事を「置き土産」にしてくれたサツマのご先祖にあらためて感謝をしているところだ」

全国ツアー『ウタアシビ2018夏』

6月30日(土)  名古屋・ダイアモンドホール
7月01日(日)  大阪・なんばHatch
7月07日(土)  東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
7月08日(日)  東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
7月16日(月・祝)  鹿児島・CAPARVOホール
7月21日(土)  横浜・ランドマークホール
<チケット>
全席指定¥5,500(税込) ※D代別
一般発売中!



【関連リンク】
城南海、大河ドラマ『西郷どん』挿入歌&大河紀行『奄美大島・沖永良部島編』音楽に起用
城 南海まとめ
大橋ちっぽけ、青春時代を象徴するミニアルバム『僕と青』ジャケ写公開

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP, ニュース, テレビ番組

大橋ちっぽけ、青春時代を象徴するミニアルバム『僕と青』ジャケ写公開
Mon, 07 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大橋ちっぽけが6月6日にリリースするミニアルバム『僕と青』のジャケット写真を公開した。Maison book girl、ラブリーサマーちゃん等のMVを手掛ける22才の新進気鋭のクリエイティブディレクター・suzukikentaがアートディレクションを担当しており、孤独で不安定な青春時代を象徴するジャケット上の「青の世界」を大橋ちっぽけが一人歩く印象的なデザインになっている。

なお、5月20日(日)深夜放送のフジテレビ系『Love music』でのスタジオライブ出演も決定。香川県で開催される野外音楽フェス『MONSTER baSH 2018』へも出演がアナウンスされるなど、異例の抜擢が続く彼の今後の動向に注目が集まっている。

ミニアルバム『僕と青』

2018年6月6日発売



RPDCD-001/¥1,500+税
<収録曲>
1.君と春
2.オレガノ
3.19
4.信じてほしい
5.さよなら、ありがと

<購入はこちら>
・タワーレコードオンライン:http://tower.jp/item/4718941
・TSUTAYA オンライン:http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4582167074729/



【関連リンク】
大橋ちっぽけ、青春時代を象徴するミニアルバム『僕と青』ジャケ写公開
大橋ちっぽけまとめ
Hilcrhyme、9月の日比谷野音ライブに向けて新曲リリースを発表

【関連アーティスト】
大橋ちっぽけ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表, ミニアルバム, 音楽番組, 出演

Hilcrhyme、9月の日比谷野音ライブに向けて新曲リリースを発表
Mon, 07 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月2日(日)に東京・日比谷野外大音楽堂で開催する『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』で再始動することを発表したHilcrhymeが、この公演に向けた新曲を7月4日(水)に発売することを発表した。同公演で初披露される新曲は、DJ KATSUの脱退後、MCのTOCがひとりで活動する新生Hilcrhymeとして初めて発表する楽曲となる。「春夏秋冬」「大丈夫」「涙の種、幸せの花」といったHilcrhymeの代表曲のメロディーメイカーとしての、TOCのソングライティング力が存分に発揮された作品となっており、タイトルなどの詳細は追って公開される。

また、同ライブの会場となる日比谷野外大音楽堂で撮影された最新のビジュアルも併せて公開された。ゼロから再出発するという決意を込め、全身白い衣装に身を包んだ清廉なTOCの佇まいが印象的な写真となっているので、こちらもぜひチェックしてほしい。なお、本公演のチケットは5月7日(月)12:00よりファンクラブ先行で受付が開始される。詳細はHilcrhymeオフィシャルHPへ。

『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』

9月02日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂
<チケット>
全席指定前売¥6,000(税込) 
■ファンクラブ『4Seasons』会員先行(抽選):5月7日(月)12:00〜5月14日(月)23:59
■一般発売:7月14日(土)10:00



【関連リンク】
Hilcrhyme、9月の日比谷野音ライブに向けて新曲リリースを発表
Hilcrhymeまとめ
STANCE PUNKS、野外フェス『火の玉宣言フェスティバル』の第一弾出演者発表!

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表, 新曲, リリース, 発売

STANCE PUNKS、野外フェス『火の玉宣言フェスティバル』の第一弾出演者発表!
Mon, 07 May 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年に20周年を迎えるSTANCE PUNKSが、メンバーの出身地である名古屋の音楽フェスティバル『SOUND GARDEN』とコラボして野外フェス『火の玉宣言フェスティバル 2018 NAGOYA』を開催することを発表した。今回第一弾出演アーティストとして、STANCE PUNKSとも所縁があるアーティスト、MOROHA、RADIOTS、THE SKIPPERS、ガガガSP、ハルカミライの出演が発表された。

なお、『SOUND GARDEN』は3万人を動員する音楽フェスティバル『FREEDOM NAGOYA』のスピンオフフェスとして知られており、これまで2度の開催でそれぞれ4,000人近い動員を記録している。SOUND GARDENとのコラボフェスとして、今後解禁されるアーティストについても期待したい。

■『STANCE PUNKS × SOUND GARDEN presents 火の玉宣言フェスティバル NAGOYA 2018』

9月22日(土) 愛知県口論義運動公園
開催時間:10時〜18時(予定)
総出演アーティスト数:25組以上予定 ?
<チケット>
前売り¥5,589/学割チケット¥3,989



【関連リンク】
STANCE PUNKS、野外フェス『火の玉宣言フェスティバル』の第一弾出演者発表!
Stance Punksまとめ
MOROHAまとめ
RADIOTSまとめ
THE SKIPPERSまとめ

【関連アーティスト】
Stance Punks, MOROHA, RADIOTS, THE SKIPPERS, ガガガSP, ハルカミライ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 出演













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1