歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
アプリゲーム「消滅都市2」からアイドルユニット・SPR5がデビュー
Thu, 03 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

全世界900万DL突破の“ドラマ×アクション×RPG”で話題のアプリゲーム「消滅都市2」(Wright Flyer Studios制作)に登場するアイドルユニット・SPR5(シュプリーム5)がデビューすることが決定した。

「消滅都市2」は、2014年5月26日より配信スタートしているアプリゲームで、ゲームのみならず、ノベライズ、サントラCDやリアルイベントなどを積極的に展開しているタイトルとなっている。そんな「消滅都市2」に登場し、長らくキャラクターボイスがシークレットであった、SPR5のメンバーのキャストも解禁。ホムラ役を社本悠、ナミ役を岩井映美里、ハルカ役を直田姫奈、レナ役を大西亜玖璃、ユア役を園山ひかりが務めていることが分かった。5人は作中のSPR5と同じく実際にユニットとしてデビューすることが決定し、5人のアーティスト写真、公式HPや公式Twitter、そしてデビュー楽曲「インコンプリートノーツ」の試聴動画も公開に!

「インコンプリートノーツ」の作詞・作曲を手がけるのは声優、アニメ、ゲーム、アイドル関連などに楽曲提供をしている俊龍。俊龍からは楽曲について、“「インコンプリートノーツ」は、「消滅都市2」の神秘的で、でもどこか現代にも似た世界で、物語と同様、時に美しく時に過酷な運命を生き抜いていくSPR5の姿を想像してメロディーを作りました。また歌詞は、人と手を取り合って進む理想と、夢を獲得するためには感情をむき出しにしなくてはならない現実、その両方を感じられる言葉を選んでいます。レコーディングでは、メンバー5人とも難しい曲に果敢に挑んでくれて、それぞれ違う個性でありながら、新鮮さと輝きに満ちた1つの歌に仕上げてくれました。SPR5は、応援してくださる方々と共に歩み、共に感動できるグループに成長していくと確信しています。自分もみなさまに、様々な表情がある音楽をお届けしていきたいと思います。”とコメントしている。

そんなSPR5は、5月14日(月)20時より「お披露目生放送」の実施が決定しているので、ぜひチェックしてほしい。

■「消滅都市2」SPR5お披露目生放送URL
YouTube:https://youtu.be/nVWuX5ZtF8I
ニコニコ生放送:http://live.nicovideo.jp/gate/lv312890622

(c)Wright Flyer Studio

【SPR5キャスト情報】

■ホムラ役:社本 悠
所属:賢プロダクション
誕生日:11月12日
出身地:愛知県
特技:歌
趣味:ゲーム
好きなもの:アイドル、お肉、ラーメン
Twitter:@ShamotoHaruka

■ナミ役:岩井 映美里
所属:アイムエンタープライズ
誕生日:9月29日
出身地:群馬県
趣味:映画鑑賞
特技:中国語
好きなもの:くまのぬいぐるみ、アイスクリーム
Twitter:@iwaiemiri

■ハルカ役:直田 姫奈
所属:アニモニ・プロデュース 
誕生日:4月17日
出身地:兵庫県
特技:ギターの弾き語り
趣味:歌・ヘアアレンジ
好きなもの:辛いもの・いちご・猫
Twitter:@aguri_onishi

■レナ役:大西 亜玖璃
所属:リンク・プラン
誕生日:5月2日
出身地:愛知県
特技:小さい鶴を折れる。アルトサックス。人の良い所を見つける事。
趣味:読書、カラオケ
好きなもの:お菓子
Twitter:@hina_suguta

■ユア役:園山 ひかり
所属:スワロウ
誕生日:11月17日
出身地:北海道
特技:アクション、料理
趣味:小説執筆、写真
好きなもの:カレーのナン、スイーツ
Twitter:@hikari_sonoyama

【SPR5キャラクター情報】

■ホムラ
SPR5のエース。ダンス・歌どれもメンバーの中では秀でている。影の努力家という面も。
キャラクターカラー:赤
誕生日:11月12日
趣味:アクセサリー作り
好きなもの:ふわふわおふとん、ラーメン
嫌いなもの:睡眠不足

■ナミ
SPR5のリーダー。メンバーの中で一番所属歴が長い。SPR5に所属する前は子役をしていた。最近興味があるのはカラーコーディネート。
キャラクターカラー:青
誕生日:9月29日
趣味:水族館巡り・カラーコーディネート
好きなもの:アロマ、アイスクリーム
嫌いなもの:雷

■ハルカ
感情があまり表にでず、「塩対応」「ソルト帝国総帥」などと言われているが、本人は至って普通のことをしているつもり。激辛が好き。妹がいる。
キャラクターカラー:緑
誕生日:4月17日
趣味:ガーデニング
好きなもの:ピアノ・辛いもの
嫌いなもの:イモリ

■レナ
SPR5の中で一番所属歴が浅い。一生懸命な頑張り屋で、ドジすることも多いが、持ち前の根気強さで乗り越えている。
キャラクターカラー:黄色
誕生日:5月2日
趣味:お菓子作り、読書
好きなもの:輸入菓子
嫌いなもの:からし

■ユア
「好き好き大好き?本気で愛してるって言ってください!ユアです!」
メンバーの中で一番幼く見えるが年齢不詳。本音が見えづらく「腹黒キャラ」と言われるが、本心はSPR5のことをいつも考えている。
キャラクターカラー:紫
誕生日:11月17日
趣味:おもちゃ屋めぐり、小説執筆
好きなもの:カレーのナン・パクチー
嫌いなもの:トマト



【関連リンク】
アプリゲーム「消滅都市2」からアイドルユニット・SPR5がデビュー
SPR5まとめ
吉田凜音、RAPと歌とDANCEで魅せたワンマンライブで同世代が熱狂!

【関連アーティスト】
SPR5
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, ゲーム

吉田凜音、RAPと歌とDANCEで魅せたワンマンライブで同世代が熱狂!
Thu, 03 May 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉田凜音がフルアルバム『SEVENTEEN』の発売を記念し、5月2日に、Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにてワンマンライブを行った。

AbemaTV『真冬のオオカミくんには騙されない』(シーズン3)に出演後、高校生からの人気を集め、日本最大級のJK (女子高校生)チーム「チームシンデレラ」主催イベント「シンデレラフェスVol.5」にも出演するなど、今、高校生アーティストとして最も10代から注目を集めている吉田凜音。

待望のレコ発ワンマンライブでは、SEが始まると女子高校生で構成されたNATT!と名づけられた4人のバックダンサーとDJには新進気鋭のクリエイターのYonYonが会場を沸かせ、お客さんも一緒に体を動かし始めたころに、ついに吉田凜音が登場。ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)が作曲、津野米咲(赤い公園)が作詞を手がけた、「KESALAN BLUES」のノスタルシ?ック且つ、僭越な最先端のトラックが鳴り始め、大歓声があがりライブがスタートした。RAPと歌とDANCEの3 つの融合で作り上げるパフォーマンスを会場に見せつけていき、会場はヒートアップしダンスホールと化した。

今作のアルバムでは、RAPと歌の両方を表現できるものを制作してきており、このライブではアルバム全曲を歌い上げたり、RAPで会場を沸かせたりと、吉田凜音のアーティスト力を知らしめるライブとなった。この日は、最新アルバムから全曲をおしみなく、アンコールを含め16曲を披露。作詞におかもとえみ(フレンズ)を迎えた「EYE CANDY」では切ないキモチを歌とRAPで魅せ、作詞をYUI(バクバクドキン)、作曲をAvec Avec(Sugar\'s Campaign)が手がけた「スキ」では、かわいらしい吉田凜音を表現。

MCでは「みなさんこんばんは、楽しんでますか!!今日は盛り上がれますか!」と会場を盛り上げ、「なんとね、ツアーも決まりました!やった!東京は代官山UNIT、札幌、大阪、名古屋です!」と「STAY FOOL!!」「Ride On Turtle」や、E TICKET PRODUCTIONの手がけた「BQN」を披露してRAPのスキルをみせつけ、会場を沸かせた。そして、人気の発端となった代表曲「パーティーアップ」を大歓声の中で披露して本編を終えた。アンコールの歓声の中、再び登場し「ビタラブ」を披露。そして、最大の歓声の中、SNSで10代から話題を集めた「りんねラップ」で幕を閉じた。

2018年8月には、名古屋、大阪、北海道、東京にて自身初のワンマンツアーや、冬には映画「〜harajuku story〜ヌヌ子の聖★戦」、久間田琳加とW主演も決まっている。

<セットリスト>
SE. RINNECTION
1. KESALAN BLUES
2. 旬感少女
3. YOLO♪
4. スキ
5. EYE CANDY
6. Circuit Board
7. 裏原ンウェイ
8. ヤバババイ
9. SHEEPS ROCK
10. サイダー
11. STAY FOOL!!
12. Ride On Turtle
13. BQN
14. パーティーアップ
EN1. ビタラブ
EN2. りんねラップ

photo by yoshihiro yoshikawa

アルバム『SEVENTEEN』

発売中



【初回盤】(CD+DVD)
VIZL-1366/¥3,500+税
<収録曲>
■CD 
1. BQN
2. YOLO♪
3. EYE CANDY
4. 旬感少女
5. KESALAN BLUES
6. RINNECTION
7. Circuit Board
8. ヤバババイ
9. SHEEPS ROCK
10. スキ
11. ビタラブ
■DVD ※初回盤のみ
・「it\'s rinne tie〜vol.2〜」@渋谷WWW
1. Re-RINNE
2. Ride On Turtle
3. Ready ake soe noise feat. DOTAA
4. 裏原ンウェイ
5. KITTY
6. Lonely Rap Girl
7. りんねラップ2
8. 最高革命
9. ヤバババイ
10. RADIO GIRL
11. サイダー
12. HELLO ALONE
13. STAY FOOL!!
14. パーティーアップ
15. りんねラップ
・「サイダー」 (usic Video)



【通常盤】(CD)
VICL-64988/¥3,000+税
<収録曲>
1. BQN
2. YOLO♪
3. EYE CANDY
4. 旬感少女
5. KESALAN BLUES
6. RINNECTION
7. Circuit Board
8. ヤバババイ
9. SHEEPS ROCK
10. スキ
11. ビタラブ

『吉田凜音 SEVENTEEN TOUR』

8月09日(木)  名古屋 ell FITS ALL 
8月11日(土)  大阪 FAN J twice 
8月22日(水)  札幌 Sound Lab mole
8月24日(金)  代官山 UNIT 



【関連リンク】
吉田凜音、RAPと歌とDANCEで魅せたワンマンライブで同世代が熱狂!
吉田凜音まとめ
ЯeaL、ポケモン主題歌「未来コネクション」リリース記念イベント開催!

【関連アーティスト】
吉田凜音
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発売

ЯeaL、ポケモン主題歌「未来コネクション」リリース記念イベント開催!
Thu, 03 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ЯeaL(リアル)がニューシングル「未来コネクション」リリース記念イベントを、5月2日(水)に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催した。

「未来コネクション」はテレビアニメ『ポケットモンスターサン&ムーン』の新オープニングテーマとしても話題の楽曲ということもあり、この日のイベントにはポケモンファンにはおなじみの面々が大集結。ЯeaLのラブコールにより、人気テレビ番組「おはスタ」“ポケモン部"のコーナーにレギュラー出演中のものまね芸人JP(ジェーピー)がMCをつとめ、さらにTVアニメ「ポケットモンスター」シリーズのサトシ役でおなじみの松本梨香とピカチュウもお祝いにかけつけ会場を大きく沸かせた。

イベント内のミニライブコーナーではЯeaLによる「未来コネクション」はもちろん、さらに松本梨香&ЯeaLによる「めざせポケモンマスター-20thAnniversary-」も披露され、ファンとの熱いコール&レスポンスと大合唱によって会場が1つとなった。

イベント終了後のSNSには「まじ泣きそうだった」「元気をいっぱいもらえた」「まさか一緒に歌えるなんて」「最高で素敵な時間だった」など会場に訪れたファンによる書き込みが殺到! さらにЯeaLのRyoko(Vo/Gt)が自身の公式Twitterに「皆の顔見て声聞けて言葉を失うくらい嬉しかったし、松本梨香さんと“めざポケ"を歌えたことも一生忘れない。“未来コネクション"沢山愛してください。きてくれてありがとまたね!」とツイートするなど、ЯeaLにとってもファンにとってもスペシャルな一夜となったようだ。

そんなЯeaLは、このゴールデンウィークに名古屋と大阪の“ポケモンセンター"やCDショップにて「未来コネクション」リリースイベントを開催。さらに6月からは「未来コネクション」のリリースを記念したワンマンライブツアーも開催される。現在「未来コネクション」CD購入者を対象に、ワンマンライブツアーのチケット先行抽選受付を実施中。さらに、CD購入者の中から抽選で各公演につき2組4名様をバックステージに招待するというスペシャル企画も実施中。詳細は「未来コネクション」CD(期間生産限定盤/通常盤)に封入されているチラシをチェックしてほしい。

【オンエア情報】
テレビ東京「ポケットモンスター サン&ムーン」
毎週木曜18時55分から好評放送中

photo by MASANORI FUJIKAWA
(c)Nintendo・Creatures・GAMEFREAK・TVTokyo・ShoPro・JRKikak(c)Pok?mon

シングル「未来コネクション」

発売中



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2287〜2288/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1.未来コネクション
2.光になれない
3.リスキーゲーム
4.未来コネクション 〜アニメサイズ〜
5.未来コネクション 〜アニメサイズ Instrumental〜
■DVD
テレビアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」ノンクレジットオープニング映像
※特典:(1)テレビアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」描き下ろし絵柄デジパック仕様 (2)テレビアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」ノンクレジットオープニング映像収録DVD付
※初回仕様:テレビアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」描き下ろしイラスト絵柄ステッカー封入



【通常盤】(CD)
SECL-2286/¥1,204+税
<収録曲>
1.未来コネクション
2.光になれない
3.リスキーゲーム
4.未来コネクション 〜Instrumental〜

【イベント/ライブ情報】

『Newシングル「未来コネクション」リリースイベント』
5月04日(金・祝)14:00 START  タワーレコード難波
5月05日(土)13:00 START  ディスクピア大阪日本橋
5月05日(土)19:00 START  草叢BOOKS新守山店
5月06日(日)13:00 START ポケモンセンターナゴヤ
5月06日(日)18:00 START  ポケモンセンターオーサカ

『ЯeaLワンマンツアー2018 4th single「未来コネクション」Release Tour』
6月24日(日) 渋谷TSUTAYA O-WEST
7月14日(土) 名古屋ell.SIZE
7月16日(月・祝) 大阪バナナホール



【関連リンク】
ЯeaL、ポケモン主題歌「未来コネクション」リリース記念イベント開催!
ЯeaLまとめ
HYDE、上海での“?ミサ"初日ライブレポート到着!

【関連アーティスト】
ЯeaL
【ジャンル】
J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, シングル, 主題歌

HYDE、上海での“?ミサ"初日ライブレポート到着!
Thu, 03 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HYDEが5月2日、上海にて『ACOUSTIC CONCERT TOUR 2018 -?ミサ ASIA-』の初日公演を開催した。

HYDEの“?ミサ"は、もともと冬の北海道・富良野でひそやかに開催される、アコースティックなファンクラブイベントである。その特別編が、2017年12月23日および24日の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場4・5・6ホールにて開催されたことも記憶に新しい。それから約半年後の開催となる『-?ミサ ASIA-』は、タイトルが示す通り、上海、北京、香港、クアラルンプール、台北と、5ヵ所6公演の規模で行われるアジアツアーとなる。

初日公演の会場は上海Luwan Gymnasium (上海?湾体育?)。開場の遙か前からできていたオフィシャルグッズ販売の長蛇の列は本番ギリギリまで途切れることなく続き、現地の熱量の高さをまざまざと感じさせてくれる。上海公演は、VAMPSとしてもL\'Arc-en-Cielとしても開催経験があり、HYDEの存在は現地に広く知られているが、HYDE単独名義では初。会場には、満員の3000人が訪れ、開演前から熱烈歓迎ムードこの上ない。そして、ライヴは「WHITE SONG」からスタートした。

HYDEを中心に、9人編成によるオーケストレーションは荘厳にして濃厚。開演前から既にライヴが始まっていたかのような歓声は、その一音が鳴らされる前にピタリと止み、HYDEの歌声と奏でられる流麗なサウンドに身を任せる姿が印象的な光景となった。

ツアーはまだ始まったばかりゆえ、演奏曲の詳細をここで明らかにはしないが、2017年末の幕張メッセ公演をモチーフとしたセットリストは、ピアノの調べや弦楽奏がフィーチャーされたもの。HYDEの儚くも力強い歌声が場内に響き渡り、ソロ曲を核に、VAMPSの「VAMPIRE\'S LOVE」、L\'Arc-en-Cielの「HONEY」や「flower」といったナンバーの数々がオーケストラアレンジで展開されていく。

その途中では北京語による挨拶も披露。現地ファンとのダイレクトなコミュニケーションがライヴをより濃密なものにしていくワンシーンもあった。ステージ上のHYDEは時に激しく時に麗らかなパフォーマンスをみせ、最高潮を迎え続けた中で、上海公演が終了した。名残惜しいファンが最後までスタンディングオベーションでHYDEの名前を叫び、すべてを出し切った爽快感と初日公演大成功の充実感を抱えながら、HYDEはステージを後にした。

『ACOUSTIC CONCERT TOUR 2018 -?ミサ ASIA-』は、5月3日に上海2日目、5月6日に北京、5月9日に香港、5月12日にクアラルンプール、5月14日に台北で開催されるほか、日本では『HYDE LIVE 2018』と題したツアーが、6月29日のZEPP TOKYOを皮切りに5都市18公演の規模で行われる予定、ただいまプレイガイド最速チケット先行受付中。

■【国内ツアーに向けて】

やはり彼が立ち止まることはなかった。VAMPSの活動休止から約3ヵ月、およそ10年ぶりとなるHYDEのソロ活動がいよいよ本格的に再開されようとしている。再開といっても10年前に戻るのではなく、かつてのソロ、さらにはVAMPSを踏まえた上での現在地を新たなスタート・ラインとして未だ辿り着けていない理想の地を目指して航海の続きを始める、そんなニュアンスに近い。目指す場所とは、すなわち世界。VAMPSの活動でも一貫して追い求めてきたワールド・スタンダードなロック・サウンドであり、海外に通用するその表現だ。VAMPSが休止中だからといって、みすみす夢をやり過ごす理由にはならない。ひとりになっても歩みは止めない、むしろ進んで目指すその道を突き進んでいこうという強い意志と覚悟が今回のソロ活動再開に垣間見える。

さて、具体的な活動の第一弾としてまったく趣を異にする2本のツアーが発表された。ひとつは昨年12月に11年ぶりのソロ・コンサートとして開催され大好評を博した“HYDE Christmas Concert 2017 - ?ミサ TOKYO -"に続いて5月に行なわれるアコースティック・コンサート・ツアーであり、しかも海を渡ってアジアの各都市を回る“HYDE ACOUSTIC CONCERT TOUR 2018 - ?ミサ ASIA -"。そして、もうひとつは現在、国内4都市18公演の開催が告知されている6月からのライヴハウス・ツアー“HYDE LIVE 2018"だ。ちなみに“CONCERT(コンサート)"と“LIVE(ライヴ)"の違いについてHYDEは自身の名前を引き合いに「ジキルとハイドのようなもの」と解説し、「そうした二面性はひとつのテーマにしていきたい」と語る。これまでの活動を通じてありとあらゆるライヴ・スタイルを具現化し、また、音楽性に関しても静と動の両極を自在に往き来するHYDEだからこそ、ほぼ同時期に、正反対とも言えるスタンスのツアーを実現できるのだろう。なお、“CONCERT"がジキル、“LIVE"がハイドであることは言うまでもない。前者の“- ?ミサ ASIA -"ではHYDEが近年新たに開眼したアコースティック・スタイルのステージをゆったりと心ゆくまで堪能し、大本命と呼ぶべき後者の“HYDE LIVE 2018"では思う存分、肉弾戦を楽しむのが正解ということか。

気になる新曲については“HYDE LIVE 2018"に向けて鋭意制作中とのこと。昨年リリースされたVAMPSのアルバム『UNDERWORLD』で培った経験やそこで学んだことを最大限に活かし、より進化した楽曲を追求しつつ、できれば10曲程度は披露できる形に仕上げたいという。それら新曲を軸にVAMPSにて彼の手掛けた楽曲および過去のソロ楽曲から世界観に添うものをピックアップ、全体像はまだ朧げながらもこれまで以上にダークかつハードなライヴが展開されそうだ。サポート・メンバーに関しても詳細はまだ明かされないが、バンド形式での編成になることは変わらないようだ。どんなステージになりそうかとHYDEに問えば「激しくなるね!」と力強く断言、オーディエンスにも「覚悟してきてほしい」と挑発的にメッセージ。どうやら落ち着くつもりなど彼にはさらさらないらしい。自分の欲求に忠実に、まっすぐ音楽と向き合えているのだろう、その表情からは充実が伺える。ならば、こちらも全力で受けて立とうではないか。

ところで“HYDE LIVE 2018"の名古屋(ZEPP NAGOYA)、大阪(ZEPP OSAKA BAYSIDE)公演では各1日ずつ、“- BEAUTY AND & THE BEAST -"と冠されたスペシャル・デーも設けられている(名古屋7月14日、大阪7月28日)。通常とは異なり、1階のスタンディング・フロアを男性客限定、2階の座席指定席を女性限定とした企画イベントだ。ヘヴィで暴れられる楽曲が多く揃っていることもあり、より大勢の男性に観てもらいたいというHYDEのたっての希望であり、これによって少しでも男性が足を運びやすくなればとの想いもある。フロア一面が野太い声で埋め尽くされる様は間違いなく圧巻だろう。これまで躊躇していた男性はぜひ、この機会に参戦してみてほしい。緻密に構築されながらもディープにしてダイナミックなHYDEの世界に触れればたちまち虜となるはず。そして女性はその特別な光景の目撃者だ。

HYDEとして再び大海原に漕ぎ出した彼の前途に広がるのは洋々たる未来。もちろん楽な冒険ではないだろうが、目的地にたどり着くまでその船は加速し続けるだろう。この先に何が起こるかは蓋を開けてみなければわからない、けれど、まずは自分が信じることに挑みたい。少年のそれにも似たシンプルな初期衝動を原動力にどこまで行けるのか、HYDEの旅路を追いかけたい。

文 / 本間夕子

『HYDE LIVE 2018 』

6月29日(金) ZEPP TOKYO *HYDEIST ONLY
6月30日(土) ZEPP TOKYO *HYDEIST ONLY
7月02日(月) ZEPP TOKYO
7月03日(火) ZEPP TOKYO
7月07日(土) ZEPP SAPPORO
7月08日(日) ZEPP SAPPORO
7月11日(水) ZEPP NAGOYA
7月12日(木) ZEPP NAGOYA
7月14日(土) ZEPP NAGOYA *BEAUTY & THE BEAST
7月15日(日) ZEPP NAGOYA
7月19日(木) SENDAI PIT
7月20日(金) SENDAI PIT
7月25日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月26日(木) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月28日(土) ZEPP OSAKA BAYSIDE *BEAUTY & THE BEAST
7月29日(日) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月31日(火) ZEPP OSAKA BAYSIDE
8月01日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE



【関連リンク】
HYDE、上海での“?ミサ"初日ライブレポート到着!
HYDEまとめ
hide、8年ぶりの献花式にファン5500人が参列

【関連アーティスト】
HYDE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

hide、8年ぶりの献花式にファン5500人が参列
Thu, 03 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

hideの命日でもある5月2日、8年ぶりに一般ファンの参加による『hide Memorial Day 2018〜献花式〜』が川崎CLUB CITTA\'にて執り行なわれた。

1998年にhideが旅立って20年。当時、築地本願寺で行われた告別式では5万人が参列して社会現象となり、2010年に同じく築地本願寺で行なわれた13回忌の一般献花式には3万5千人が参列。それ以来の8年ぶりの献花式となった。hide永眠後、毎年この時期には『hide Memorial Day』と題したフィルムライブなどの開催が続けられており、日本国内だけでなく、海外からも多くのファンが訪れている。

献花式の会場は、かつてhideもライブを行なったことがある、ゆかりある場所、神奈川県・川崎CLUB CITTA\'。会場の祭壇は「HURRY GO ROUND」の一節である“春に会いましょう”のイメージに合わせた一万本の黄色い花で一面を飾り、4月28日と29日に開催された『hide 20th memorial SUPER LIVE「SPIRITS」』のhide with Spread Beaverのステージに登場したhideのライブ衣装や、5月26日より全国上映されるドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』の中で、ロサンゼルスでのレコーディング時に使用している様子が収められているギターの他、hideの歴史を彩ってきた数々の衣装やギターが展示された。さらに会場2Fのバーでは、記念マドラー付きのメモリアルデー限定のカクテルが販売された他、様々な表情のhideを垣間見ることのできる写真パネルなども展示された。

映像や音楽が流れる会場では一人一人が花を献花台に添え、それぞれの思いを祭壇にいるhideに伝えた。中には思わず泣き出すファンや、祭壇の前で動けなくなってしまうファンもいたが、式は無事執り行なわれた。仙台から来たという20代前半の女性は「初めてこの川崎に来ました。そして初めてhideに会えてとても感動しています」と答えた。

■【コメント】

■ヘッドワックスオーガナイゼーション代表取締役/実弟 松本裕士
この20年、たくさんのファンと関係者の皆様に支えられてここまできました。今年は節目ということもあり、ファンの皆様のための献花式という場を提供できればと思っておりましたので、こんなにもたくさんの方々に集まっていただき、本当に感謝しています



【関連リンク】
hide、8年ぶりの献花式にファン5500人が参列
hideまとめ
ブルース・スプリングスティーン、名盤リマスターBOX第2弾がCD化!

【関連アーティスト】
hide
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース

ブルース・スプリングスティーン、名盤リマスターBOX第2弾がCD化!
Thu, 03 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年デビュー45周年を迎えるロック界のボス、ブルース・スプリングスティーンの名盤リマスターBOX第二弾『アルバム・コレクションVol.2:1987-1996』が、6月27日に日本で限定CDボックス発売されることが決定した。

先日海外ではLP BOXの発売が発表されたが、日本先行でCD BOXが実現。2014年に発売となった『アルバム・コレクションVol.1:1973-1984』に続く第二弾は、1987年『トンネル・オブ・ラヴ』から1995年『ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョード』までの5枚のアルバムと『チャイムズ・オブ・フリーダム』『ブラッド・ブラザーズ』の2枚のEP、計7作品を収録。『Vol.1』同様、オリジナル・アナログ・マスターテープから、意匠ボブ・ラドウィックと長年に渡りブルースのサウンド面を支えてきたエンジニア、トビー・スコットが最新リマスタリングを行なっている。

リマスターBOX『アルバム・コレクションVol.2:1987-1996』

2018年6月27日発売



【完全生産限定盤:7CDボックスセット】
SICP-5791〜5797/¥13,500+税
<収録アルバム>
『トンネル・オブ・ラヴ』(1987)
『ヒューマン・タッチ』(1992)
『ラッキー・タウン』(1992)
『MTV Unplugged〜プラグド』(1993)
『ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョード』(1995)
<収録EP>
『チャイムズ・オブ・フリーダム』 (1988) (EP)
『ブラッド・ブラザーズ』(1996) (EP)
※日本制作CD BOX仕様 
※豪華ブックレット付
※日本制作紙ジャケット仕様(オリジナルLP復刻)
※各紙ジャケには巻帯付(『vol.1』BOXで採用した1984年『ボーン・イン・ザ・USA』発売時に全面改定した共通デザイン帯を元に今回新規デザイン。『vol.1』BOXのイメージを踏襲 
※全作品解説・歌詞・対訳付(各アルバムに投げ込み)
※BOX用新規解説 他(*:海外のLP BOXデザインを縮小し日本で制作します)



【関連リンク】
ブルース・スプリングスティーン、名盤リマスターBOX第2弾がCD化!
Bruce Springsteenまとめ
油断禁物!ストーカーが主人公のMV

【関連アーティスト】
Bruce Springsteen
【ジャンル】
洋楽, ニュース, CD, アルバム, 発売, EP

油断禁物!ストーカーが主人公のMV
Thu, 03 May 2018 18:00:00 +0900


新生活を始めて少し慣れてきた方、ゴールデンウィークで羽を伸ばしてお出かけを楽しんでいる方、戸締りはしっかりしていますか? 今回は、ストーカーが出てくるMVをピックアップしましたが、改めて油断は禁物なんだなと思わされました…。遠出の際はもちろん、ちょっとした外出時にも鍵を閉めて!と注意を呼びかけたくなる気持ちです(泣)。

■「プラマイ」(’15)/aiko

ストーキングしている元カレの髪の毛を食べるという驚愕のシーンが話題を呼んだこのMV。ここだけ切り取るとかなり重度のストーカー女子に見えるけど、悲しい目をしながら彼を追う一面と、彼に会った時の生き生きとした表情を見ると、行き場のない愛おしさに苦しむ気持ちがよく伝わってくる。階段で泣き崩れたり、歌詞の《一種の病か心の果てか》というフレーズからも悪いことをしてる葛藤があるのが分かって、見ててつらい! でも、共感する部分もある! そんな複雑な乙女心を忠実に表現するaikoならではの作品。

■「妄想日記」(’13)/DIV

2013年に若手ヴィジュアル系バンドを中心とした10組のアーティストがシドの「妄想日記」カバーを同時にシングルリリースをした際に発表された、DIV(ダイヴ)による「妄想日記」のMV。楽曲はパンキッシュなアレンジが加えられ、攻めの姿勢を感じるが、MVはCHISA(Vo)に夢中の女の子がSNSを使ってストーキングをするという妙にリアルなもの。誰からも見られてしまうSNSに書き込むことで、混乱を招くのを楽しむような笑顔を見せているが、終盤の何かに気が付いたような表情も気になるところ…バンドのファンなら少し身近に感じてしまうスリルがあるかも!?

■「Animals」(’14)/Maroon 5

ここにきてストーカー男子が登場! アダム・レヴィーン(Vo&Gu)にストーキングされる女性に、実の妻であるモデルのベハティ・プリンスルーを起用した斬新な役まわりだが、そんなことも忘れるくらいに映像は不気味。精肉店で働くアダムが、来店したベハティにひと目惚れをして家まで追ったり、店内の倉庫で妄想をしたり、最後には彼女が参加するパーティーに入り込んで何事もなかったかのように出会ってしまう。どこまでが妄想でどこからが現実なのかも曖昧なまま進んでいくので、これがすべて現実だったらと思うと気味が悪いですね…。

■「ドキュメント」(’11) /サカナクション

収録アルバム『DocumentaLy』のリリースからは7年経っているけれど、2018年3月にリリースされたベスト盤『魚図鑑』にも収録されているので、このタイミングで改めて頻繁に聴いている方もいるのでは? これまでは歌詞からしてストーカー気質がある楽曲が多かったのに対して、今回はMVを観てから“この歌詞ってそういう解釈もあるの!?”と印象が一変するパターン。ストーカー女子が山口一郎(Vo&Gu)の自宅に入り込んでマグカップを舐めたり、洗面台の髪の毛を燃やしたりと、ちょっと理解しがたい行動から異常な執着を感じます。勝手に操作しているタブレットには、山口のプライベートな写真もあるのでお見逃しなく!

また、おまけでもう一本ご紹介したいのが“ストーカー”と聞いたら外せない、阿部真央の「ストーカーの唄〜3丁目、貴方の家〜」。片想いとストーカーの境界線は難しいけど、ギリギリアウトなラインの女の子が登場します(笑)。アップされているのはYouTube Space Tokyoでの弾き語り動画で、ぜひMVも観てみたいところ! とは言え、やっぱり現実ではストーカーには気を付けましょう…。

TEXT:千々和香苗



【関連リンク】
油断禁物!ストーカーが主人公のMV
aikoまとめ
DIVまとめ
Maroon 5まとめ
サカナクションまとめ

【関連アーティスト】
aiko, DIV, Maroon 5, サカナクション, 阿部真央
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

“あなたのヒーロー”ASH DA HERO、愛と勇気と希望のロックショーで魅せた全国ツアーファイナルをレポート
Thu, 03 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

「今日も今日とて愛と勇気と希望を届けに、ここ赤坂にやってまいりました。あなたのヒーロー、ASH DA HEROです、よろしく!」

2018年3月末からスタートし、全国6カ所で開催された<ASH DA HERO SPRING TOUR 2018「STAY FREE」>。そのツアーファイナルが4月29日(日)、マイナビBLITZ赤坂にて行なわれた。

ASH DA HEROにとって最大キャパシティとなる会場に詰めかけたオーディエンスたちは、開演前から場内に流れているアッパーなEDMに合わせて手拍子をしている。そんな光景から、ここにいる全員が主役であるヒーローの登場を、そしてそのヒーローがくり広げる最高のロックンロールショーの開幕を待ちきれずにいることが、ありありと伝わってきた。

歓声に包まれる中、Aのマークが刻まれた真っ赤なフラッグを掲げて、ASHがステージに登場。ギターを手に取り、サポートメンバーたちと向かい合って音を出し始める。徐々にボルテージを高めていくと、そのまま「Waiting For」になだれ込んだ。ファルセットを交えながら、ブルージーなロックバラードを歌い上げると、胸を高ぶらせるグルーヴィなカッティングギターから「Rolling Stone」へ。バンドメンバーがすさまじい音圧でアンサンブルを奏でていても、彼の歌はかき消されることなくこちらに向かってまっすぐに飛び込んでくる。続く「Layla」では、楽器隊とともにステップを踏みながら艶のある声を届ければ、レーザー光線がド派手に乱れ飛ぶ中で「BRAND NEW WORLD」をぶちかます。“ゴールデンウィークでたくさんの選択肢があったと思いますが、ここを選んでくれたあなた、間違いないです!”。前半戦からメーターが振り切れるぐらいのハイテンションなステージをくり広げ、フロアに全身全霊でぶつかっていくその姿はなんとも清々しい。

しかし、まだ足りないと言わんばかりに、“誰が帰ってきたと思ってんだ!?」というひと言を交えて突入した「HERO IS BACK 2”では、強烈なシャウトと同時にCO2が噴射。フロアいっぱいに広がるハンドウェーブを見てもなお、“さっきからおとなしくないっすか?”と焚きつけた「WAKE UP ROCK AND ROLL BAND」では、オーディエンスがしゃがんで一斉にジャンプしてから隣の人と肩を組み、フロアを激しくかきまわす。また、“押さない、慌てない、睨みつけない、世界一ピースフルなサークルモッシュ”を生み出した「HERO」や、今回のツアーで生まれた“さざなみ(フロアの前から後ろ、後ろから前へウェーブをくり返す動き)”を組み込んだ「YELLOW FEVER DANCE」など、徹底的にオーディエンス参加型のライブを作り上げていく。大いに盛り上がっているフロアの様子を見て、“めちゃくちゃ最高じゃん”とASHも楽しそうにつぶやいていた。

それでいて、たとえばサークルモッシュのようなアクティブな動きに対して馴染めないオーディエンスに対しても、優しい言葉をかけることを忘れない。誰ひとり置いていくことなく、そこにいる一人ひとりが心からライブを楽しめるための心配りを忘れないところは、なんとも紳士的。どれだけラウドに音をかき鳴らそうとも、どれだけ世の中的には汚いとされる言葉を吐き出そうとも、聴き手に向けた愛が根底にある。それがASH DA HEROのライブであり、彼の音楽だ。

“もう4月も終わりますけど、いろんなことが変わり始める季節だと思います。期待よりも不安のほうが大きいと思う。その不安に押し潰されそうなときは、とことん押し潰されちゃっていいと思います。無理に持ち上げようとするからキツイわけで、一回潰されちゃってください。どうにも立ち上がれないときは、いつでも会いにきてください。俺はヒーローだから。必ず救います”

そんなMCの後に披露されたのは、この日の来場者に配布された新曲「STAY FREE」。ASHの楽曲は曲調のバリエーションがかなり豊富かつ、1曲の中で細かく場面展開していくものも多い。それは彼の豊かな音楽的バックボーンがなせる技であり、「疑心ジャンキー」で見せたフリースタイルラップで、自身の音楽を“何系なの? ASH系です”と言い放っていたが、その表現がかなりしっくりくる。そんな中、「STAY FREE」は彼の楽曲の中でも特段にシンプルでストレートなロックナンバーだ。そして、どの曲よりも圧倒的なまでに力強く、まばゆい光に満ちている。何があろうと自分は味方だと聴き手を絶対的に肯定するこの歌は、まさに“あなたのヒーロー”が歌うにふさわしいもので、愛に満ち満ちていた。

そんな彼らしい愛情が剥き出しになった曲たちを、クライマックスに向けて連続で高鳴らしていく。“ときには振り回すこともあるかもしれないけれど、これからも一緒に笑顔で生きていこう”と歌った「ALIVE」や、この日何度目かのシンガロングを巻き起こした「THIS IS LOVE」、発射された銀テープとオーディエンスの振り回すタオルが美しかった「WANT YOU BAD」と、ステージとフロアが一体となって生まれたドラマティックな光景の連続に、胸を揺さぶられ続けた。そして、ひとつの旅の終わりは、また新たな始まりであることを告げるように、「Prologue」でライブを締め括った。

……かのように見えたのだが、全曲終了後、万感の表情でフロアを見つめていたASHが、バンドメンバーと集まって何やら相談し始める。そして、“やりたいっていう気持ちに嘘ついてステージ去っていくの、やっぱ嫌なんだよね”と、急遽1曲追加することを宣言。歓喜に沸くフロアに向けて、“まだまだデカいところにみんなを連れていきたいと、改めて強く思えた夜でした”と感謝と決意を伝え、“アンコールではなく、カーテンコール”として、「HELLO NO FUTURE」を披露。約130分に及ぶ、愛と勇気と希望のロックンロールショーは、笑顔に溢れた大団円で幕を降ろしたのだった。

ASH DA HEROはこの日、既報されていた<ASH DA HERO 2MAN SHOW SERIES 2018 CONNECT X【ACT.8】【ACT.9】>に加え、8月17日、18日にSHIBUYA RUIDO K2にて<ASH DA HERO LIVE 2018「BOYS AND GIRLS?」>を開催することを発表した。この公演は、初日が女性限定、2日目は男性限定となっているのでご注意を。さらに、8月31日(金)にはduo MUSIC EXCHANGEにて<ASH DA HERO ACOUSTIC NIGHT 2018>を行なうことも発表。こちらはその名の通りアコースティック形式でのライブになっていて、いつもの彼とはまた違った魅力を存分に堪能できる夜になるだろう。また、マイナビBLITZ赤坂公演では、「HERO」「ALIVE」「YELLOW FEVER DANCE」のCDが会場限定で販売されたのだが、ボリュームのある新作も待ち遠しいところ。とにかくこの先も、ASH DA HEROの活躍が楽しみでしかたない。

取材・文:山口哲生
撮影:粂井健太

【セットリスト】
SE. Victoria March
-OPENING SESSION-
1.Waiting For
2.Rolling Stone
3.Layla
4.BRAND NEW WORLD
5.反抗声明
6.HERO IS BACK 2
7.WAKE UP ROCK AND ROLL BAND
8.HERO
9.YELLOW FEVER DANCE
10.疑心ジャンキー
11.WA!!
12.STAY FREE(新曲)
-Piano & Key Session-
13.Everything
14.ALIVE
15.Never ending dream
16.THIS IS LOVE
17.WANT YOU BAD
18.Prologue
-カーテンコール-
19.HELLO NO FUTURE

【ライヴ情報】
『ASH DA HERO 2MAN SHOW SERIES 2018 CONNECT X』
【ACT.8】
5月15日(火) 東京・Shibuya TSUTAYA O-WEST
出演:ASH DA HERO × Brand New Vibe
【ACT.9】
6月19日(火) 東京・Shibuya TSUTAYA O-WEST
出演:ASH DA HERO × Lenny code fiction
■チケット オールスタンディング 4,500円(税込・D代別)
https://goo.gl/DLKD87

『ASH DA HERO ACOUSTIC NIGHT 2018』
8月31日(金) 東京・duo MUSIC EXCHANGE
※詳細は後日オフィシャルサイトにて

『ASH DA HERO × MARUHA RESORT「SUMMER RESORT PARTY」』
7月08日(日) マルハリゾート特設会場
1部 14:00受付 / 15:00 LIVEスタート
2部 17:00受付 / 18:00 LIVEスタート
※愛知県知多郡南知多にあるリゾート施設「マルハリゾート」にてASH DA HERO夏の野外LIVE開催。LIVE以外にもリゾート施設ならではの開放感あふれる様々な楽しみが盛りだくさん。
■チケット スタンディング 3,500円(税込)

『ASH DA HERO LIVE 2018「BOYS AND GIRLS?」』
8月17日(金) SHIBUYA RUIDO K2
※Day1. GIRLS NIGHT(女性限定)
8月18日(土) SHIBUYA RUIDO K2
※Day2. BOYS NIGHT(男性限定)
■チケット 4,000円(税込・D代別)



【関連リンク】
“あなたのヒーロー”ASH DA HERO、愛と勇気と希望のロックショーで魅せた全国ツアーファイナルをレポート
ASH DA HEROまとめ
Rihwa、鴨川シーワールドとのコラボレーションライブ開催決定

【関連アーティスト】
ASH DA HERO
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

Rihwa、鴨川シーワールドとのコラボレーションライブ開催決定
Thu, 03 May 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

千葉の水族館テーマパーク・鴨川シーワールドの春のテーマソングとして絶賛CMオンエア中の「Swing Swing♪」を携え、5月26日(土)にRihwaと鴨川シーワールドがコラボレーションライブを開催することが決定した。

鴨川シーワールドでのアーティストライブは初の試みとなり、2018年3月にリニューアルオープンしたばかりのベルーガの展示施設・マリンシアターで開催される。マリンシアターの大きな水槽には“海のカナリア”という愛称の真っ白いベルーガが優雅に泳いでおり、「ベルーガパフォーマンス」のショーでは人間にはないイルカ類特有の能力を活かした様々なパフォーマンスが楽しめる。

イベント当日はRihwaのアコースティックライブの他、豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会も開催予定。人間の声も聴き分けられるというベルーガが、もしかするとRihwaの音楽に身をゆだねて体を揺らす、といったかわいらしいシーンが観られるかもしれない。新緑の季節に鴨川シーワールドで、海の動物たちの迫力のあるパフォーマンスと共に、Rihwaのライブを楽しんでみてはいかがだろうか。

■『Rihwa × 鴨川シーワールド Special Live』

5月26日(土) 13:00〜千葉・鴨川シーワールド 内 マリンシアター
※イベントをご覧頂くには、鴨川シーワールドの入場料が必要です。

■鴨川シーワールド 公式サイト
http://www.kamogawa-seaworld.jp

配信楽曲「Swing Swing♪」

配信中



¥250(税込)



【関連リンク】
Rihwa、鴨川シーワールドとのコラボレーションライブ開催決定
Rihwaまとめ
サイダーガール、3rdシングルは夏にぴったりの爽快ロック!

【関連アーティスト】
Rihwa
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, 発表, 発売, 配信, ポップス, ライブ, CMソング, 音楽配信

サイダーガール、3rdシングルは夏にぴったりの爽快ロック!
Thu, 03 May 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

この6月に東京・赤坂マイナビBLITZ、大阪バナナホールで開催される自主企画ワンマンイベント『CIDER LABO』が両会場ソールドアウトするなど、人気上昇中の“炭酸系ロックバンド”サイダーガールが、6月20日に3rdシングル「約束」をリリースすることを発表した。

今作はサイダーガールの真骨頂とも言える、夏にぴったりの爽やかな、そして疾走感溢れる熱いロックサウンドの「約束」。さらに、6月23日(土)公開の映画『私に××しなさい』の挿入歌「リバーシブル」、ロックバラード「カメレオン」と、サイダーガールの魅力満載の全3曲が収録される。

公開されたティザー動画では、3代目サイダーガール・杉本愛里の夏の到来を予感する、まぶしい制服姿と共に表題曲「約束」の音源がいち早く聴けるので、ぜひチェックしてみてほしい。

また、同時にサイダーガールではおなじみの“ゆめかわいい”と評される人気イラストレーター、かとうれいが手がけるイラストジャケットと、初回限定盤に同梱されるラバーバンドのデザイン、そしてCD購入者特典も発表。購入者特典はタワーレコードオリジナル特典となる「約束」メモパット、そのほか拠点店では「約束」のジャケットアートワークを使用したポストカードが購入者に先着で配布される。また、UNIVERSAL MUSIC STOREではメンバー直筆サイン入りポスターが先着特典となる。

■【サイダーガール コメント】

「忘れてしまいたいこと
忘れてはいけないこと
1が10に見えて10が1に見えること
そうだと信じて受け取る心

等身大の、僕らなりの夏が始まります」

シングル「約束」

2018年6月20日発売



【ラバーバンド付き初回限定盤(完全数量限定生産)】(CD+ラバーバンド)
UPCH-7416/¥1,800+税
<収録曲>
01.約束
02.リバーシブル
03.カメレオン



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-5942/¥1,200+税

【イベント情報】


『CIDER LABO Vol.5 -赤坂ノ陣-』
6月23日(土) 東京 マイナビBLITZ赤坂
開場/17:00 開演/18:00

『CIDER LABO Vol.6 -大坂ノ陣-』
7月1日(日) 大阪 梅田バナナホール 
開場/17:00 開演/18:00

※各公演ともにSOLD OUT



【関連リンク】
サイダーガール、3rdシングルは夏にぴったりの爽快ロック!
サイダーガールまとめ

【関連アーティスト】
サイダーガール
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, 映画













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1