歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月02日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
オフコースのバンドとしての姿勢を作品化した、初のチャート1位獲得アルバム『We are』
Wed, 02 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月2日、まさに本日、ニューシングル「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」をリリースした小田和正。5月4日からは全国ツアー『明治安田生命 Presents KAZUMASA ODA TOUR 2018「ENCORE!!」』をスタートさせる。全48公演で会場のほとんどがアリーナクラス。10月末まで続く長丁場で、御年70歳であることを考えるとこの精力的な動きはほとんど超人とも言っていいほどで、完全に敬服である。今週はその小田和正のキャリアのスタートであるバンド、オフコースの作品を取り上げる。

■決して“ネクラ”なんかではない

以下はわりと有名な話で、おそらく氏のネタ半分であったとは思うが、なにぶん古い話の蒸し返しである上、すでに両者は和解しているという話もあるので、あえて片方の実名は伏せようと思う。

その昔、テレビ番組の司会者としても有名な某コメディアン氏のオフコース嫌いが話題になったことがある。さだまさしもその対象だったと思うが、確かもともとは氏がパーソナリティーを務めるラジオ番組の“思想のない歌”を紹介するコーナーに端を発していたような覚えがある。同コーナーでは戦前の映画スター、高田浩吉の「白鷺三味線」や昭和初期のボードビリアン、二村定一の「神田小唄」を絶賛しており、その比較対象としてニューミュージックやフォークを挙げて、“最近のニューミュージックは意味ありげなものが多いけど、昔の歌には思想がなかった”というような話だったように思う。そこでオフコースやさだまさしを揶揄していたとは思うが、毎週そこだけを侮蔑するようなものではなかった記憶があるし、いつしか、“オフコース嫌い”“さだまさし嫌い”だけが独り歩きしてしまったような気がする。

その後、氏が司会をする番組に小田和正(Vo&Key)が出演し、両者の間に険悪なムードが流れたと今も語り草になっているようだが、これはプロレスで言うところの“アングル”だったと思う。いくら昭和のこととは言え、司会者が本気で嫌悪している人とそもそも共演するわけがないし、嫌いと言っても表面的な部分を指してそう言っていたのに過ぎなかったのだろう。

まぁ、氏が“ネクラ”という言葉を使っていたような記憶はあるが、さだまさしもそうだが、そもそもオフコースは簡単に“ネクラ”と括られるようなグループではなく、その指摘はまったくあたらない。ここからは、その名盤とともにオフコースというバンドの秀でた部分を語ることで、それを証明していこうと思う。

■デビュー10年後の大ブレイク

オフコースは小田和正、鈴木康博(Vo&Gu)を中心として1964年に結成されたグループで、デビューは1970年。当初はアコギ基調のフォークグループといった体裁であり、コンサートでは同時期に活躍していたフォークシンガーをゲストに招くこともしばしばあった。アルバムがチャートベスト10入りを果たしたのは1978年の6thアルバム『FAIRWAY』が最初であり、シングルのベスト10入りは1979年12月のシングル「さよなら」だから(最高位2位)、デビューからおおよそ10年間、大きなヒットに恵まれなかったことになる。その後の活躍を考えれば信じられないほど長期間に及ぶ不遇な時期があったわけだが、それが熟成期間となったのだろう。「さよなら」のヒットをきっかけにオフコースは一気に大ブレイクを果たした。

折からの“ニューミュージック”ブームが強烈に後押ししたことも間違いない。最近の音楽ファンには“ニューミュージック”と言ってもおそらくピンとこないだろうが、これは1970年代後半に台頭した音楽ジャンルで、明確な定義はなく、それまでフォークと括られていたアーティストで、その音がバンドサウンド寄りになったものが大体そう呼ばれていたように思う(かなり大雑把だがそれほど間違ってない気はする)。アリスや松山千春がその代表で、オフコースもまさにそれだった。

結成当時のメンバーの脱退によって1972年にはメンバーが小田、鈴木のふたりになっていたオフコースに、清水仁(Ba)、大間ジロー(Dr)、松尾一彦(Gu&Key)が加わって5人バンドになったのが1976年である(契約の関係で正式にメンバーとなったのは1977年)。前述の1978年の6th『FAIRWAY』に続く、7thアルバム『Three and Two』(1979年)が2位となり、ヒットシングル「さよなら」の翌年のシングル「Yes-No/愛の終わる時」等を経て、ついに通算8枚目のオリジナルアルバム『We are』でチャート1位を獲得。本格的なバンドスタイルとなったことで勢いに乗ったことは間違いない。

■懐に熱さを湛えたロックバンド

当時は“ニューミュージック”と呼ばれていたオフコースだが、改めて『We are』を聴いてみると、この時期のサウンドはどう考えてもロックだ。流石にパンクやHR/HMのような荒々しさはなく、所謂アダルト・オリエンテッド・ロック=AORと言われるジャンルに近いものだが、サウンドの躍動感、各楽器の存在感がしっかりしている。それはオープニングからよく分かる。

M1「時に愛は」はミディアムテンポで物悲しい雰囲気のギターのイントロから始まるが、後半に進むに従って演奏が熱を帯びてくる感じだ。とりわけ、サビでは歌メロを邪魔しない程度に、それでいて確実に自己主張しているギターが間奏ではさながら嵐のように鳴らされる様子や、後半のドラムスのフィルインの荒々しさは、演者の感情の昂り、楽曲全体のテンションが高まっていく感じがあってとてもいい。単体で聴くと、やはり小田の繊細な歌声に耳を奪われがちだが(ていうか、確実に耳を奪われるが)、決してそれだけじゃなく、バンド全体で迫ってくる圧力が確実にある印象だ。

アルバムの頭からこれなので、このアルバムのただ事じゃない感じ、このバンドの只者じゃない感じがいきなり伝わってくる。鈴木がメインボーカルを務める楽曲はよりロック色が強く、M3「おまえもひとり」はさらにギターが荒々しく、サビはソウルフル。スペイシーなアップチューンM6「一億の夜を越えて」はシアトリカルというかドラマチックというか、メリハリの効いた構成で、いかにもライヴ映えしそうなナンバーだ。何よりもM6「一億の夜を越えて」の歌詞に《いつの日か 一億の人間を/いつの日か 一夜のロックショウに》とあるのだから、いかにその志しが高く、十二分にロックであったかが分かるだろう。楽曲の芯には確実に熱いものがあるのである。

■唯一無二の小田のヴォーカル

“確実に耳を奪われる”と前述した小田のヴォーカリゼーションについては、もはや説明不要だろうが、オフコースを語る上でそこにほとんど触れないというのは、画竜点睛を欠くもの。若干ではあるが、歌についても記したいと思う。歌はどうしようもなく、小田和正である。“それじゃあ説明になってねーじゃねーか!?”との突っ込みは承知の上。それが一番もっとも相応しい形容だと思う。アンディ・ウォーホルの作品がアンディ・ウォーホルの作品でしかないように、デヴィッド・リンチの作品がデヴィッド・リンチの作品でしかないように、小田和正が発する声、抑揚は小田和正のそれとしか表すことができない。まさにオンリーワン。唯一無二とはこういうことを言うのだと思う。

『We are』収録曲においても確実に小田の声に耳を奪われる──これはむしろ氏を称える言葉であって、変な意味で受け取ってほしくないのだが、逆に言うと異物感を感じるほどだ。それは、我々が『We are』以降、ソロを含めて小田作品を多く聴いてきた“今となっては…”と前置きするのがいいのだろうが、鈴木、松尾のメインヴォーカル曲で顕著に感じるところではあって、コーラスで小田の声が入ることで、かえって歌の主旋律が小田の作ではないことを認識するようなところがある。

松尾作曲のM7「せつなくて」がもっとも分かりやすいだろうか。サビは小田メロディーとは微妙に違うが、コーラスワークは小田らしい。聴けば、[特にサビの部分は小田に相当手伝ってもらったという]から([]はWikipediaから引用)、そう考えると、やや歪な感じがしないでもないが、それこそがバンドならでは…の成果と言えるだろう。今や小田のソロ作品ではなかなか味わえない化学変化が音源に落とし込まれていることも、オフコースの作品の大きな特徴ではあると思う。特に『We are』はそのタイトルからしてバンドとしてのオフコースを色濃く映したものであろう。

■歌詞の多面性が示すバンドの非凡さ

全員がコンポーザーでもあるので、メロディーだけでなく、歌詞もバラエティー豊かだ。
《あきらめきれずに 君の好きな街を/歩いて ただ歩いて 辛くなるだけなのに》《つめたくて 夜が ベッドが あの歌さえ今は/つめたくて でも 君の心は まだ あたたかいの?》(M7「せつなくて」)。
大間、松尾の共作であるM7「せつなくて」では、上記のような、諦めない…というよりも、どちらかと言ったら“懲りない”と言ったほうがいい男心(たぶん)を綴る一方、M6「一億の夜を越えて」はシンガーソングライター、安部光俊(現:あんべ光俊)から提供されたものだが、前述の通り、以下のような熱い歌詞があり──。
《誰かが言った まわり道してる/いいさ いいさ もう迷わない 耳をかさない》《誰かが嘲った 夢をみてる/いいさ いいさ ひとつひとつ心をたたいて》《誰かが泣いた もう立ちあがれない/いいさ いいさ どんな奴でも負けたことがある》(M6「一億の夜を越えて」)。
鈴木、清水両名によるM3「おまえもひとり」では、他のバンドではなかなかお目にかかれないタイプの物語を描いていたりもする。
《ふたりの おんなを相手に/どうするの 何を考えてるの/おまえも 寂しい男だね/俺にさえ ひとことも 打ち明けないでいる/いい加減にしろよ うぬぼれるのは/もう答えを 出す時だろう》《さよならを 二回言えばいいだけさ/あとは振り返るな もう二度と》(M3「おまえもひとり」)。
それに加えて小田の歌詞は、シンプルだがそれ以上ない形に刹那を切り取ったものばかりで、当時からすでに名画のような味わい。
《走り来る日々たちよ 僕らは知っている/新しい いくつもの 嵐の訪れを》《時に愛は力つきて 崩れ落ちてゆくようにみえても/愛はやがてふたりを やさしく抱いてゆく》《あなたは僕のことを 信じることに決めて/ただ黙ってなつかしく 僕を見つめている》(M1「時に愛は」)。
《今なんていったの? 他のこと考えて/君のことぼんやり見てた/好きな人はいるの? こたえたくないなら/きこえない ふりをすればいい》《君を抱いていいの 夏が通りすぎてゆく》《ああ時は音をたてずに ふたりつつんで流れてゆく/ああ、そうだね すこし寒いね 今日はありがとう/明日会えるね》(M8「Yes-No」)。
《会うたび君は すてきになって/そのたび僕は とり残されて/君のために今 なにができるだろう/大切なあなたのために》(M9「私の願い」)。
《きかせて どうして あなたは/あの時たしかに 僕を》《黙ってないで/みじかい夜だから 涙を拭いて/……こんなに/みじかい夜だから/きかせて どうして あなたは》(M10「きかせて」)。
バンドのアルバムならではの多面性、奥深さもまた、改めて言うことではないが、オフコースの非凡さを示すものである。

TEXT:帆苅智之

アルバム『We are』

1980年発表作品



<収録曲>
1.時に愛は
2.僕等の時代
3.おまえもひとり
4.あなたより大切なこと
5.いくつもの星の下で
6.一億の夜を越えて
7.せつなくて
8.Yes-No
9.私の願い
10.きかせて



【関連リンク】
オフコースのバンドとしての姿勢を作品化した、初のチャート1位獲得アルバム『We are』
オフコースまとめ
小田和正まとめ
鈴木康博まとめ
UVERworld、デイリー2位発進のニューシングルより「PLOT」のMV公開

【関連アーティスト】
オフコース, 小田和正, 鈴木康博
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

UVERworld、デイリー2位発進のニューシングルより「PLOT」のMV公開
Wed, 02 May 2018 20:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UVERworldが5月2日に発売したニューシングル「ODD FUTURE」がオリコンデイリーで2位を獲得し、シングルでは27作連続のベスト5入りを果たした。そして、そんなシングルより、カップリング収録されている「PLOT」のMVが公開となった。

UVERworldは7月18日には3枚組のベストアルバムをリリースすることも発表しており、そのうちの1枚の収録曲を決めるファン投票も受付中だ。また、5月16日(水)まで代官山 蔦屋書店 音楽フロアで特別展示イベントprologue『#CONTACT』も開催中! 数量限定で「#CONTACT」オリジナルフライヤーの設置、配布がスタートしている。

■UVERworldベストアルバム楽曲投票ページ
http://k.uverworld.com/2018best
※スマートフォンよりアクセスしてください。

シングル「ODD FUTURE」

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9762〜63/¥1,574(税抜)
【通常盤】(CD)
SRCL-9764/¥1,204(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ODD FUTURE
2.PLOT
3.CORE STREAM
■DVD
1. Q.E.D.(Music Video)
2. PRAYING RUN (TYCOON TOUR 2017 TAKUYA∞生誕祭)



【通常盤】(CD)
SRCL-9764/¥1,204(税抜)
<収録曲>
1.ODD FUTURE
2.PLOT
3.CORE STREAM



【期間生産限定アニメ盤】(CD)
SRCL-9765/¥1,296(税抜)
※アニメ描き下ろしジャケット仕様
<収録曲>
1.ODD FUTURE
2.PLOT
3.CORE STREAM
4.ODD FUTURE (short ver.)

特別展示イベントprologue『#CONTACT』

開催期間:5月01日(火)〜5月16日(水)
場所:東京 代官山 蔦屋書店 音楽フロア
※閲覧無料

フライヤー設置・配布店舗情報

代官山 蔦屋書店(限定フライヤー)
函館 蔦屋書店
TSUTAYA桑野店
蔦屋書店 ひたちなか店
蔦屋書店 前橋みなみモール店
代官山 蔦屋書店
SHIBUYA TSUTAYA
TSUTAYAイオンモール日の出
TSUTAYA金沢店
TSUTAYAバロー戸田店
TSUTAYA三ノ輪店
TSUTAYAウイングタウン岡崎店
TSUTAYA瀬戸店
TSUTAYA EBISUBASHI
TSUTAYA遊ING浜町店
蔦屋書店 熊本三年坂
蔦屋書店 嘉島
※フライヤーはなくなり次第終了となります。



【関連リンク】
UVERworld、デイリー2位発進のニューシングルより「PLOT」のMV公開
UVERworldまとめ
Czecho No Republic、ワンマンツアー振替公演は9月から!

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ

Czecho No Republic、ワンマンツアー振替公演は9月から!
Wed, 02 May 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicが最新アルバム『旅に出る準備』リリースツアー“ワンマン編”の振替公演の日程を発表した。

Czecho No Republicは八木類(Gu&Syn&Cho)の脱退に伴い、ワンマンツアー『5人になって5周年!5×5=25 TOUR〜『旅に出る準備』リリース ワンマン編〜』の延期を発表し、同ツアーを4人体制でのフリーライヴに変更。その最終日にあたる4月25日(水)の東京・TSUTAYA O-EAST公演後、振替公演の日程をアナウンスした。

振替公演は福岡、大阪、名古屋、仙台、渋谷の5公演で、9月〜10月にかけて開催。ファンサイト先行および一般先行チケット販売が5月2日(水)18:00よりスタートした。詳しくはオフィシャルHPへ!

■『5人になって5周年!5×5=25 TOUR 「旅に出る準備」リリース “ワンマン編” 振替公演』

9月14日(金) 福岡 天神 the voodoo lounge
9月16日(日) 大阪 梅田 バナナホール
9月21日(金) 愛知 名古屋 JAMMIN\'
9月28日(金) 宮城 仙台 CLUB JUNK BOX
10月02日(火) 東京 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
<チケット>
前売料金:¥3,800(税込/別途ドリンク代必要)
一般発売:2018年7月14日(土)10:00〜
振替公演のファンサイト先行および一般先行チケット販売は、
5月2日(水)18:00からスタート。
http://w.pia.jp/t/c-n-r/



【関連リンク】
Czecho No Republic、ワンマンツアー振替公演は9月から!
Czecho No Republicまとめ
SILENT SIREN、「天下一品のテーマ」MVで台本なしの貸切営業!?

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

SILENT SIREN、「天下一品のテーマ」MVで台本なしの貸切営業!?
Wed, 02 May 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SILENT SIRENが異色のコラボとして話題を呼んでいる「天下一品のテーマ」のMVを公開した。

キュートな4人の女の子にとって意外な組み合わせかもしれないが、実はひなんちゅ(Dr)は学生時代に天下一品で3年間アルハ?イトをしていた経歴の持ち主。そのことがきっかけで現在、天下一品のTV-CMにメンハ?ー全員で出演している。また、その際に楽曲提供したのが今作「天下一品のテーマ」。すでに配信限定でリリース済みだ。

今回公開されたMVでは、パワフルな演奏パートはもちろん、メンバー4人が実際に天下一品のフロア、厨房のそれぞれに分かれて、台本なしの貸切営業を行なったドキュメンタリー映像も大きな見どころ。途中、天下一品にまつわるトリビアも登場し、ラーメンファンも知らない意外な事実が盛り込まれている。

MV後半はクールな演奏シーンで構成されており、サイサイのキュートな部分とカッコいい部分を対極的に表現。その点にも注目してほしい。

■「天下一品のテーマ」特設ページ
http://po.st/tenichi_special

配信シングル「天下一品のテーマ」

配信中



¥250(税込)

■iTunes
http://po.st/tenichi_it
■レコチョク
http://po.st/tenichi_re
■LINE MUSIC
http://po.st/tenichi_lm



【関連リンク】
SILENT SIREN、「天下一品のテーマ」MVで台本なしの貸切営業!?
SILENT SIRENまとめ
V6、49枚目のシングルは“光”を感じさせるアートワークに

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, コラボ, ミュージックビデオ, MV, 発表, リリース, 発売, 配信, CMソング, 音楽配信

V6、49枚目のシングルは“光”を感じさせるアートワークに
Wed, 02 May 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月30日にリリースされる、V6の49枚目のニューシングル「Crazy Rays/KEEP GOING」のジャケット写真が解禁となった。今作はダブルAサイドシングルで、タイトルにある“Rays=光”を感じさせるアートワークとなっている。

「Crazy Rays」は井ノ原快彦主演のテレビ朝日系ドラマ『特捜9』の主題歌で、自然と体がグルーヴするような洋楽テイストのダンスミュージック。オールドスクールな雰囲気のメロディーに、V6の大人の余裕が合わさり、クセになる楽曲に仕上がっている。作詞に真心ブラザーズの桜井秀俊を迎え、過去の輝きを振り返ることで今の現実の自分を見つめ直す、《一瞬のキラキラした部分がずっと続けば良いのに…》という、大人になっていく過程で感じるリアルな心情が切り取られた、印象的な歌詞となった。タイトル曲であるもう一曲の「KEEP GOING」は、m-floの☆TakuTakahashiが詞曲を担当し、様々なジャンルのダンスサウンドが混合された、攻めた楽曲になっている。

初回盤には、新曲「Crazy Rays」「KEEP GOING」のMVに、「KEEP GOING」のダンスバージョンのビデオ、さらに各MVやジャケット写真撮影のメイキングも収録されている。そして、特典映像ではなんと人気心理ゲーム『人狼』に挑戦! その名も『V6人狼バトル〜V狼〜』と題し、6人での“言葉巧みなだまし合い”による思いがけない展開は必見だ。また、通常盤には2曲の新曲が収録されるので、こちらも必聴。49枚目となるV6のシングルに注目だ。

シングル「Crazy Rays/KEEP GOING」

2018年5月30日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
AVCD-94059/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.Crazy Rays
02.KEEP GOING
■DVD
01.Crazy Rays(MV)
02.KEEP GOING(Dance Video)
03.「Crazy Rays」「KEEP GOING」MV Making & Jacket Shooting Making

【初回盤B】(CD+DVD)
AVCD-94060/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.Crazy Rays
02.KEEP GOING
■DVD
01.KEEP GOING(MV)
02.「V6人狼バトル〜V狼〜」

【通常盤】(CDのみ)
AVCD-94061/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.Crazy Rays
02.KEEP GOING
03.意味のないドライブ
04.TL
05.Crazy Rays(オリジナル・カラオケ)
06.KEEP GOING(オリジナル・カラオケ)
07.意味のないドライブ(オリジナル・カラオケ)
08.TL(オリジナル・カラオケ)



【関連リンク】
V6、49枚目のシングルは“光”を感じさせるアートワークに
V6まとめ
石野卓球、POLYSICSら計5組出演、『J-WAVE NIGHT IN ADVERTISING WEEK ASIA』が5月16日に開催

【関連アーティスト】
V6
【ジャンル】
男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, CD, DVD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, TVドラマ, 主題歌

石野卓球、POLYSICSら計5組出演、『J-WAVE NIGHT IN ADVERTISING WEEK ASIA』が5月16日に開催
Wed, 02 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月16日(水)、EX THEATER ROPPONGIにて『J-WAVE NIGHT IN ADVERTISING WEEK ASIA』が開催される。出演は石野卓球、POLYSICS、LILI LIMIT、DATS、Licaxxxの5組。

『J-WAVE NIGHT IN ADVERTISING WEEK ASIA』は、J-WAVE(81.3)と世界中の人々が参加する広告業界の祭典『ADVERTISING WEEK ASIA』とコラボレーションしたクラブフィーリングのイベント。

当日はワールドワイドに展開する石野卓球、世界を驚愕させるバンドPOLYSICSといったテクノ界隈のフロントランナーをはじめ、エレクトロ・ロックの先鋒LILI LIMIT、Yahyelとのふたつの顔を持つメンバーが中心の注目のバンドDATS、そしてJ-WAVEにもレギュラー出演中のDJ・Licaxxxという旬なアーティストまで全5組が転換なしのノンストップでステージを展開。

そしてなんどVJにはDEVICEGIRLSを迎えているなど、東京の真ん中・六本木でエレクトロでテクノな一夜を堪能できるチャンス! チケットは現在発売中なので、気になる方は早めのチェックを。

■『J-WAVE NIGHT in ADVERTISING WEEK ASIA』

5月16日(水) 東京・EX THEATER ROPPONGI
OPEN18:00/START19:00

<出演>石野卓球、POLYSICS、LILI LIMIT、DATS、Licaxxx、VJ:DEVICEGIRLS
<料金>スタンディング 前売¥5,000(税込/ドリンク代別)
※未就学児入場不可



【関連リンク】
石野卓球、POLYSICSら計5組出演、『J-WAVE NIGHT IN ADVERTISING WEEK ASIA』が5月16日に開催
石野卓球まとめ
電気グルーヴまとめ
POLYSICSまとめ
LILI LIMITまとめ

【関連アーティスト】
石野卓球, 電気グルーヴ, POLYSICS, LILI LIMIT, DATS, Licaxxx
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, テクノ

Official髭男dism、NHKホール公演を含む次なるツアーが早くも発表に
Wed, 02 May 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4人組ピアノポップバンドの“ヒゲダン”ことOfficial髭男dismが、2018年11月より全国22ヶ所を回るツアー『Official髭男dism one-man tour 18/19』を開催する。これは、5月2日(水)からスタートした全国を回るワンマンツアー『Official髭男dism one-man tour 2018』初日の横浜公演で発表されたもの。

今回発表された『Official髭男dism one-man tour 18/19』では、11月7日(水)の横浜Bay Hallを皮切りに、東京は1月24日(木)NHKホール、彼らの地元である島根では島根県民会館 大ホールで2月2日(土)にツアーファイナル公演が行なわれる。7月5日(木)の中野サンプラザ公演後の単独ライヴが早くも決定し、チケットの争奪戦が予想されるので、早めにチェックしよう!

■『Official髭男dism one-man tour 18/19』

<2018年>
11月07日(水) 神奈川 横浜Bay Hall
11月10日(土) 北海道 札幌cube garden
11月17日(土) 香川 高松DIME
11月18日(日) 愛媛 松山サロンキティ
11月22日(木) 島根 松江AZTiC canova
11月24日(土) 鳥取 米子AZTiC laughs
11月25日(日) 広島 広島CLUB QUATTRO
11月28日(水) 埼玉 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心
12月01日(土) 宮城 チームスマイル・仙台PIT(●)
12月02日(日) 福島 郡山CLUB #9
12月09日(日) 茨城 水戸ライトハウス
12月15日(土) 新潟 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
12月16日(日) 長野 長野CLUB JUNK BOX
<2019年>
1月11日(金) 大阪 NHK大阪ホール(●)
1月12日(土) 鳥取 米子市文化ホール(●)
1月18日(金) 静岡 Live House 浜松 窓枠
1月19日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(●)
1月24日(木) 東京 NHKホール(●)
1月26日(土) 福岡 福岡DRUM LOGOS
1月27日(日) 鹿児島 鹿児島SR HALL
2月02日(土) 島根 島根県民会館 大ホール(●)
(●):指定席公演

<チケット>
2018年5月中旬よりOfficial髭男dismモバイルFCサイト「BROTHERS」にて会員限定先行受付開始予定
スタンディング:¥4,300(税込) ※入場整理番号付き
指定席:¥5,400(税込)
指定親子席:大人¥5,400(税込)・こども¥2,700(税込)

『Official髭男dism one-man tour 2018』

5月03日(木・祝) 宮城・仙台darwin
5月12日(土) 熊本・B.9 V2
5月13日(日) 福岡・DRUM Be-1
5月25日(金) 広島・BLUELIVE HIROSHIMA
5月26日(土) 大阪・サンケイホールブリーゼ
6月02日(土) 茨城・mito LIGHT HOUSE
6月09日(土) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
6月16日(土) 岡山・IMAGE
6月17日(日) 米子・AZTiC laughs
6月29日(金) 石川・金沢vanvanV4
6月24日(日) 千葉・柏PALOOZA
7月05日(木) 東京・中野サンプラザ



【関連リンク】
Official髭男dism、NHKホール公演を含む次なるツアーが早くも発表に
Official髭男dismまとめ
人間椅子、MV集の発売に伴って開催した全国ツアーを完遂!

【関連アーティスト】
Official髭男dism
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

人間椅子、MV集の発売に伴って開催した全国ツアーを完遂!
Wed, 02 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンドにとって初のMV集『おどろ曼荼羅〜ミュージックビデオ集〜』(2018年4月4日)の発売に伴って、全国ツアーを行った人間椅子。強固な世界観を持つバンドだけに、これまでMV関連アイテムのリリースがなかったということにやや意外な印象を受けたし、同作の発売がファンにとって嬉しいニュースだったことは想像に難くない。4月27日に渋谷TSUTAYA O-EASTで開催された同ツアーの最終公演もウィークデーにも拘わらず満員となり、人間椅子の動員力の高さを改めて感じさせる中でのライブとなった。

 オーディエンスがあげる大歓声と拍手を浴びながらステージに姿を現した人間椅子は、パワフルな「超自然現象」と「地獄の球宴」を続けて聴かせる流れからライブをスタートさせた。和装姿で伸びやかに歌い、ソリッドなバッキング・ワークやホットなギター・ソロを決める和嶋。白塗りの僧侶姿で退廃的な雰囲気を漂わせつつ太くウネるベース・サウンドを轟かせ、粘りのある歌声を聴かせる鈴木。フロント2人とは異なる鯉口シャツ姿や明るいオーラとパワフルなドラミングの取り合わせが印象的なナカジマ。キャラクターの強い3人がステージに並び立った姿には目を奪われるし、重さとキレの良さを併せ持った爆音は心地好さに溢れている。オーディエンスもオープニングから熱いリアクションを見せ、ライブは上々の滑り出しとなった。

2曲聴かせたところで、「こんばんは、人間椅子です」と鈴木が挨拶。「今日はお仕事の後、こんなにも駆けつけてくださいまして、どうもありがとうございます。今回のツアーは、北は北海道から南は沖縄まで、『おどろ曼荼羅〜ミュージックビデオ集〜』の実演販売です(笑)。実演を見て、気に入ったらDVD/Blu-rayを買ってください」。

 続いて、和嶋がMC。「『おどろ曼荼羅〜ミュージックビデオ集〜』を引っ提げてのツアー・ファイナルです。DVD/Blu-rayの発売記念ライブですが、生演奏で皆さんと楽しさを共有したいと思います。今日は最後まで、よろしくお願いします」。客席からは温かみに満ちた拍手と歓声が起こり、人間椅子がミュージック・シーンではやや珍しいともいえる“MV集リリース・ツアー”を行ったことを、ファンの皆さんが多いに喜んでいることが伝わってきた。

 その後は、重々しい世界から切迫感に満ちたアップ・テンポの後半に移行する「幽霊列車」や、鈴木の「珍しい曲をやりましょう」という言葉と共に演奏されたミディアム・テンポの「悲しき図書館員」、サイケデリックな雰囲気を纏った「怪人二十面相」などをプレイ。今回のツアーは過去にMVを制作した楽曲を軸にしたセットリストではあるものの、「悲しき図書館員」のように普段のライブではあまり演奏しない曲が多かったこともポイントといえる。レア曲が演奏されるたびに客席からは「おおっ!」というどよめきが起こり、場内の盛り上がりに一層の拍車が掛かっていた。“スペシャル”と呼ぶにふさわしい内容に、来場したオーディエンスは満足したに違いない。

ライブ中盤では抒情的な前半からパワフルな中盤を経て、和嶋がギター・ソロを熱く弾きまくる後半に至る「夜叉ケ池」や、ダーク&ハードな「命売ります」、ヘヴィなシャッフル・パートとおどろどろしいセクション、豪快に疾走するギター・ソロなどのコントラストが光る「東洋の魔女」などが演奏された。大胆な場面転換を活かした彼らの楽曲はストーリー性を感じさせると同時に、シアトリカルな雰囲気を纏った視覚面も加わって強大な惹き込み力を発する。人間椅子が創出する深みのある世界観を生で体感するのは、本当に気持ち良かった。また、「命売ります」はBSジャパンで放映された三島由紀夫原作ドラマ『命売ります』の主題歌だったわけだが、人間椅子の中でもかなりアグレッシブな楽曲なことは注目といえる。タイアップ曲なのに濃い…というのは珍しい。こういう攻めの姿勢も彼らの魅力だなと思わずにいられないし、激しい曲でいながらキャッチーという辺りもさすがといえる。

 ナカジマがメイン・ボーカルを取るシャッフル・チューンの「悪魔の添乗員」からライブは後半へ入り、狂騒感を湛えた「地獄のヘビーライダー」やメタル・テイストが香る「迷信」、アップ・テンポの「針の山」などが畳みかけるように演奏された。テイストの異なるハードネスでボルテージを上げていく流れやステージ全体を使ってメンバーが織りなす激しいパフォーマンス、爽快感に溢れたラウドなサウンドなどが一体になって生まれるパワーは絶大で、ライブを観ていると気持ちを引き上げられずにいられない。オーディエンスの熱気もさらに高まり、場内はツアー・ファイナルにふさわしい盛大な盛り上がりとなった。

 今回のライブで、揺らぐことのない魅力を見せつけた人間椅子。彼らは“自分達に正直な音楽”を追求し続けている、非常にピュアな存在といえる。ライブ中のMCでメンバー自身が語っていたように29年に及ぶ活動の中では浮き沈みがあったわけだが、沈んだ時期に方向変換などを図ることなく、本当に自分達が好きな音楽をやり続けたことには頭が下がる。そういうスタンスのバンドだからこそ、彼らが創る楽曲は普遍性や説得力を備えているし、ファンと強い信頼関係で結ばれているし、若い世代のリスナーにも支持されるのだと思う。そして、メンバー達の音楽に対する情熱が薄らぐこともないだろう。今年の夏は多数のフェスに出演し、夏の終わりに再びワンマンツアーを行うことなども含めて、人間椅子の物語がまだまだ続くことを強く予感させる良質なライブだった。

取材・文:村上孝之
写真:堀田芳香

【セットリスト】
1. 超自然現象
2. 地獄の球宴
3. 幽霊列車
4. 悲しき図書館員
5. 怪人二十面相
6. 夜叉ヶ池
7. 命売ります
8. 東洋の魔女
9. 恐怖の大王
10. 洗礼
11. 水没都市
12. 悪夢の添乗員
13. 地獄のヘビーライダー
14. 迷信
15. 針の山
EN.1-1. 浪漫派宣言
EN.1-2. ダイナマイト
EN.2-1. どっとはらい

◆ツアーファイナルの模様はLINE LIVEでアーカイブ配信中(5/7 AM0時まで期間限定公開)
https://goo.gl/TQGjLC

【ライヴ情報】
『人間椅子提供 地獄の感謝祭〜第三弾』
5月14日(月) 東京・TSUTAYA O-WEST
対バン:NoGoD
■チケット情報
https://goo.gl/DRgvn4



【関連リンク】
人間椅子、MV集の発売に伴って開催した全国ツアーを完遂!
人間椅子まとめ
AKB48、小栗有以が初センターを務める「Teacher Teacher」のMV解禁

【関連アーティスト】
人間椅子
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

AKB48、小栗有以が初センターを務める「Teacher Teacher」のMV解禁
Wed, 02 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月30日にリリースされるAKB48の52ndシングル「Teacher Teacher」のMVが完成した。本楽曲は2018年6月16日に開票を迎える、記念すべき10回目の選抜総選挙『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』投票対象シングルとなる。

AKB48のリーサルウエポン、スーパールーキー小栗有以(AKB48 Team 8 / Team A兼任)が満を持しての初センターで、「Teacher Teacher」は可憐で清楚な少女代表の小栗のイメージを良い意味で裏切る、魅惑的な4つ打ちダンスチューンだ。初の外国人振付師を迎えたダンスはこれまでにない妖艶さを表現し、MVの世界観をより一層ディープに、そして過去最高に圧倒的なグループ&グルーヴ感に仕上げている。

同時にアーティスト写真とジャケット写真も公開となったので、こちらをチェックしつつ、CDの発売を楽しみに待っていてほしい。

(c)AKS/キングレコード
(c)You, Be Cool!/KING RECORDS

■【コメント】

■「Teacher Teacher」センター AKB48 小栗有以
「センターとして初めての活動がMV撮影でした(^^;;
とても緊張しましたが、先輩方に分からないことを教えていただき、だんだんと緊張もほぐれて撮影することができました。
今回のMVは4つのグループに分かれていて、それぞれの世界観があります、その点にも注目していただけたらなと思います!
そして、今回の楽曲は今までのAKB48にはあまりなかった感じの曲調や振り付けだと思います。韓国のパク・ジュニ先生に振り付けていただきましたが、とても好きな振り付けです! また新しいAKB48の魅力が見れるんじゃないかなと思います!」

■「Teacher Teacher」MV監督上原桂
「刺激的なダンスナンバーに乗せられて、様々なシチュエーションで彼女たちに思いきり良く踊ってもらいました。
キレの良いダンスと、時折魅せる挑発的で大人な表情の数々を、余すこと無く詰め込んだ濃厚なヒトトキ。。
まばたき厳禁!! 是非楽しんで頂けたら幸いです。」

シングル「Teacher Teacher」

2018年5月30日発売



【Type A初回限定盤】(CD+DVD)
KIZM-90557〜8/¥1,524+税
<収録曲>
■CD
M-1「Teacher Teacher」選抜メンバー
M-2「君は僕の風」AKB48グループ センター試験選抜
M-3「ロマンティック準備中」Team A
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
■DVD
M-1「Teacher Teacher」Music Video
M-2「君は僕の風」Music Video
M-3「ロマンティック準備中」Music Video



【Type B初回限定】(CD+DVD)
KIZM-90559〜60/¥1,524+税
<収録曲>
■CD
M-1「Teacher Teacher」選抜メンバー
M-2「君は僕の風」AKB48グループ センター試験選抜
M-3「終電の夜」Team K
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
■DVD
M-1「Teacher Teacher」Music Video
M-2「君は僕の風」Music Video
M-3「終電の夜」Music Video




【Type C初回限定盤】(CD+DVD)
KIZM-90561〜2/¥1,524+税
<収録曲>
■CD
M-1「Teacher Teacher」選抜メンバー
M-2「君は僕の風」AKB48グループ センター試験選抜
M-3「新しいチャイム」Team B
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
■DVD
M-1「Teacher Teacher」Music Video
M-2「君は僕の風」Music Video
M-3「新しいチャイム」Music Video




【Type D初回限定盤】(CD+DVD)
KIZM-90563〜4/¥1,524+税
<収録曲>
■CD
M-1「Teacher Teacher」選抜メンバー
M-2「君は僕の風」AKB48グループ センター試験選抜
M-3「猫アレルギー」Team 4
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
■DVD
M-1「Teacher Teacher」Music Video
M-2「君は僕の風」Music Video
M-3「猫アレルギー」Music Video



【Type A通常盤】(CD+DVD)
KIZM-557〜8/¥1,524+税



【Type B通常盤】(CD+DVD)
KIZM-559〜60/¥1,524+税



【Type C通常盤】(CD+DVD)
KIZM-561〜2/¥1,524+税



【Type D通常盤】(CD+DVD)
KIZM-563〜4/¥1,524+税

【歌唱メンバー】

■表題曲「Teacher Teacher」/All Stars
岡田奈々・岡部 麟・荻野由佳・小栗有以・小畑優奈・柏木由紀
加藤玲奈・久保怜音・小嶋真子・込山榛香・指原莉乃・白間美瑠
須田亜香里・高橋朱里・瀧野由美子・中井りか・福岡聖菜
松井珠理奈・松岡はな・宮脇咲良・向井地美音・村山彩希
矢吹奈子・山内瑞葵・山本彩加・山本 彩・横山由依・吉田朱里

<52ndシングル カップリング曲 メンバー>
■「君は僕の風」/AKB48グループ センター試験選抜
向井地美音・岩立沙穂・柏木由紀・村雲颯香・渕上 舞・福岡聖菜・日下部愛菜・川本紗矢
荒井優希・佐々木優佳里・横山由依・小田えりな・坂口理子・都築里佳・指原莉乃・入山杏奈

■「ロマンティック準備中」/Team A
入山杏奈・岡部 麟・奥本陽菜・小栗有以・加藤玲奈・後藤萌咲・下尾みう・篠崎彩奈
下青木香鈴・鈴木くるみ・田口愛佳・谷川 聖・千葉恵里・長 久玲奈・西川 怜
人見古都音・前田彩佳・宮崎美穂・向井地美音・横山由依・吉田華恋

■「終電の夜」/Team K
市川愛実・小田えりな・倉野尾成美・小嶋真子・込山榛香・下口ひなな・寺田美咲
中野郁海・野澤玲奈・橋本陽菜・春本ゆき・左伴彩佳・藤田奈那・峯岸みなみ・武藤小麟
武藤十夢・茂木 忍・谷口もか・安田 叶・山田杏華・山田菜々美・湯本亜美・横山結衣

■「新しいチャイム」/Team B
岩立沙穂・太田奈緒・大家志津香・奥原妃奈子・柏木由紀・川原美咲・北澤早紀・久保怜音
佐々木優佳里・佐藤 朱・佐藤 栞・清水麻璃亜・高橋朱里・田北香世子・竹内美宥・谷口めぐ
中西智代梨・服部有菜・樋渡結依・福岡聖菜・本田仁美・山邊歩夢・山本瑠香・吉川七瀬

■「猫アレルギー」/Team 4
浅井七海・稲垣香織・歌田初夏・大川莉央・大西桃香・大森美優・岡田奈々・川本紗矢
行天優莉奈・坂口渚沙・佐藤妃星・高岡 薫・?橋彩音・?橋彩香・達家真姫宝・田屋美咲
永野芹佳・野田陽菜乃・? 咲友菜・平野ひかる・馬 嘉伶・宮里莉羅・村山彩希・山内瑞葵



【関連リンク】
AKB48、小栗有以が初センターを務める「Teacher Teacher」のMV解禁
AKB48まとめ
赤い公園、『VIVA LA ROCK 2018』で新ヴォーカルお披露目&生配信も!

【関連アーティスト】
AKB48
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

赤い公園、『VIVA LA ROCK 2018』で新ヴォーカルお披露目&生配信も!
Wed, 02 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

赤い公園が『VIVA LA ROCK 2018』で新ヴォーカルを入れた新体制でのライヴを披露することが分かった。赤い公園の『VIVA LA ROCK 2018』出演は、5月4日(金)17:40より「CAVE STAGE」にて行なわれる。

赤い公園は、2012年にメジャーデビューし、4人体制のバンドとして活動するも2017年8月に佐藤千明(Vo)が脱退。以降、3人体制での活動をしていた。5月4日(金)の『VIVA LA ROCK 2018』のチケットはソールドアウトとなっているが、当日のライヴの模様は動画サイトのGYAO!で全曲生配信される。会場に足を運んでいる方はもちろん、GYAO!の生配信でも赤い公園の新体制をぜひ目撃してほしい。

■GYAO!『VIVA LA ROCK 2018』
生配信:5月04日(金)※赤い公園 生配信 17:40〜18:15
アーカイブ配信:5月05日(土)正午〜6月03日(日)
特設サイト:https://yahoo.jp/loLW_s
※配信内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。



【関連リンク】
赤い公園、『VIVA LA ROCK 2018』で新ヴォーカルお披露目&生配信も!
赤い公園まとめ
“神激”の勢いが止まらない! アイドルイベントW出演&新MV公開

【関連アーティスト】
赤い公園
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, 発表, ライブ

“神激”の勢いが止まらない! アイドルイベントW出演&新MV公開
Wed, 02 May 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビューワンマンから、わずか半年で行なわれたTSUTAYA O-WEST公演まで、全てをソールドアウトさせた2018年最注目の5人組アイドル・神使轟く、激情の如く。(しんしとどろく、げきじょうのごとく。)、通称=“神激”(しんげき)。そんな急成長の神激が、7月に『アイドル横丁夏祭り!!2018』、そして8月に『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』と、日本の夏を象徴する巨大アイドルイベントへのダブル出演が決まった。このビッグイベント出演がさらなる飛躍の布石となるのか!? ファンならずとも注目せざるを得ない。

さらに、このダブル出演を記念して最新シングル「新世界エクソダス」のMVをフルバージョンで公開! こちらもぜひチェックしてほしい。先日のワンマンライブでは、新メンバーの加入、渋谷WWW Xと恵比寿LIQUIDROOMでの新たなワンマンライブ、シングルとミニアルバム2種のリリース、ツアー決定を発表し、ファンである“神者"たちを喜ばせた神激。勢いが止まらない彼女たちに引き続き注目だ。



【関連リンク】
“神激”の勢いが止まらない! アイドルイベントW出演&新MV公開
神使轟く、激情の如く。まとめ
10-FEETの舞台挨拶付き! 映像作品『京都大作戦』の特別先行試写会が決定

【関連アーティスト】
神使轟く、激情の如く。
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, グループ, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ

10-FEETの舞台挨拶付き! 映像作品『京都大作戦』の特別先行試写会が決定
Wed, 02 May 2018 16:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月27日にリリースされる映像作品『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』の内容を劇場用に編集し、東京・京都・兵庫の全国3カ所の映画館で、フェスイベント『京都大作戦』主催者である10-FEETメンバーの舞台挨拶付き特別先行試写会が開催されることが決定した。臨場感溢れるライヴと貴重なドキュメント映像が映画館の大スクリーンと大音量で、発売よりひと足先に堪能できる。チケットの受付は、5月2日(水)12:00 〜5月14日(月)23:59までとなっているので、お見逃しのないようチェックしてほしい。

『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜」はBlu-rayで2枚組、DVDでは4枚組という特大ボリュームとなる見込みで、2007年から2016年までをドキュメント中心にまとめた『京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜』と、昨年の模様をライヴ中心にまとめた『京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜」とで構成される。上記のTシャツ付きの完全生産限定盤のほか、Blu-ray、もしくはDVDのみの通常盤もラインナップ、さらに、DVDのみでそれぞれ単独の商品もラインナップされる。

■10ーFEET舞台挨拶付き特別先行試写会

<タイトル>
『10-FEET DVD/Blu-ray「京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY!〜心ゆくまでご覧な祭〜」発売記念10ーFEET舞台挨拶付き特別先行試写会』

<内容>
10-FEETメンバーによる舞台挨拶&6月27日発売DVD/Blu-rayの劇場用ダイジェストVerの上映

<日程・時間> ※全国3館/上映回数1回
6月03日(日) 13:00〜兵庫 MOVIXあまがさき
6月03日(日) 18:00〜京都 MOVIX京都
6月15日(金) 19:00〜東京 新宿バルト9

<チケット>
全席指定 トーク+鑑賞チケット:2,800円(税込)
10-FEET MOBILE会員チケット先行受付決定!(抽選)
※特別先行上映+トークイベントのチケットお申込みには、10-FEETファンクラブ「10-FEET MOBILE」(有料)のご登録とは別に「10-FEET U-CONNECT TICKET」への会員登録(無料)が必要となります。
※U-CONNECTは、ユニバーサル ミュージックが運営するチケット販売サービスです。

■受付期間
5月2日(水)12:00 〜5月14日(月)23:59まで
■購入制限
お1人様2枚まで ※未就学児童入場不可
■受付URL
https://10-feet.kyoto/contents/170677

Blu-ray & DVD『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月27日発売



※希望サイズを確実に入手するためには、2018年5月6日(日)までのご予約を推奨します。
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(kids130サイズ)】
UPXH-29018/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(XSサイズ)】
UPXH-29019/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(Sサイズ)】
UPXH-29020/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(Mサイズ)】
UPXH-29021/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(Lサイズ)】
UPXH-29022/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(XLサイズ)】
UPXH-29023/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(XXLサイズ)】
UPXH-29024/¥13,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(kids130サイズ)】
UPBH-29068/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(XSサイズ)】
UPBH-29069/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(Sサイズ)】
UPBH-29070/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(Mサイズ)】
UPBH-29071/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(Lサイズ)】
UPBH-29072/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(XLサイズ)】
UPBH-29073/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(XXLサイズ)】
UPBH-29074/¥11,960+税
【通常盤 Blu-ray2枚組】
UPXH-20066〜7/¥11,960+税
【通常盤 DVD4枚組】
UPBH-20214〜7/¥9,960+税

DVD『京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月27日発売



UPBH-20218〜9/¥4,980+税
<収録内容>
2007年から2016年までの『京都大作戦』をドキュメント中心に収録(詳細は後日発表)

DVD『京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月27日発売



UPBH-20220〜1/¥4,980+税
<収録内容>
『京都大作戦2017』の模様をライヴ中心に収録(詳細は後日発表)



【関連リンク】
10-FEETの舞台挨拶付き! 映像作品『京都大作戦』の特別先行試写会が決定
10-FEETまとめ
Fear, and Loathing in Las Vegas、新曲MVでネクストフェーズを想起

【関連アーティスト】
10-FEET
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, DVD, Blu-ray, キャンペーン, 発表, リリース, 発売, ライブ, チケット, 夏フェス

Fear, and Loathing in Las Vegas、新曲MVでネクストフェーズを想起
Wed, 02 May 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Fear, and Loathing in Las Vegasが、5月2日にリリースしたシングル「Greedy」から「Treasure in Your Hands」のMVを公開した。このMVは、彼らのネクストフェーズを想起させる巨大なLED WALLを2面浮遊させた映像演出で、レーザーライティングの新たな可能性をも提示した作品となっている。

Fear, and Loathing in Las Vegasは、ワーナーミュージック移籍後初となる約2年ぶりの5thアルバム『New Sunrise』を2017年10月にリリースし、全国47都道府県ツアーの全公演がソールドアウト、各地を熱狂させた。2018年4月14日(土)にグランドファイナルとして『「New Sunrise」Release Tour 2017-18 FINAL SPECIAL ONE MAN SHOW』を幕張メッセ国際展示場9-11ホールで開催。過去最長となる約2時間のワンマンライブで新旧織り交ぜたセットリストで約1万人のオーディエンスを熱狂させたことも記憶に新しい。さらには、全公演のセットリストを変えて臨む10月からのツアーも発表されているので、こちらも注目だ。

シングル「Greedy」

2018年5月2日発売



【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
WPZL-31440〜41/¥1,667+税
【初回生産限定盤B】(CD)
WPCL-12870/¥1,111+税

<収録曲>
■CD
Greedy
Keep the Heat and Fire Yourself Up
Treasure in Your Hands
■DVD ※初回生産限定盤Aのみ
ツアーオフショット映像収録

◎店舗先着購入特典(初回生産限定盤A、B共通)
オリジナル・三連ラバーバンド
・タワーレコード:黄色
・HMV:ピンク
・TSUTAYA:青
・Amazon:緑
・その他サポート店:赤

【秋ツアー情報】

10月05日(金) 金沢EIGHT HALL
10月07日(日) 仙台GIGS
10月12日(金) 静岡UMBER
10月13日(土) Zepp Nagoya
10月18日(木) 福岡BEAT STATION
10月20日(土) 大分T.O.P.S Bitts HALL
10月27日(土) 周南RISING HALL
10月31日(水) 札幌PENNYLANE24
11月09日(金) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
11月10日(土) 石巻 BLUE RESISTANCE
11月15日(木) 京都MUSE
11月16日(金) 高松MONSTER
11月22日(木) 新潟LOTS
11月23日(金) 富山MAIRO
11月28日(水) 広島CLUB QUATTRO
11月30日(金) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
12月05日(水) 新木場STUDIO COAST
12月06日(木) Zepp Osaka Bayside



【関連リンク】
Fear, and Loathing in Las Vegas、新曲MVでネクストフェーズを想起
Fear, and Loathing in Las Vegasまとめ
GLIM SPANKY、武道館公演でアナログ盤『BIZARRE CARNIVAL』を限定リリース

【関連アーティスト】
Fear, and Loathing in Las Vegas
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売

GLIM SPANKY、武道館公演でアナログ盤『BIZARRE CARNIVAL』を限定リリース
Wed, 02 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月12日(土)に自身初となる日本武道館公演を控えるGLIM SPANKYが、同公演でファンからの要望に応えた、アルバム『BIZARRE CARNIVAL』のアナログ盤を数量限定発売する。アルバムのアナログ盤発売は『Next One』に続いて2年ぶりで、アナログ盤『Next One』はすぐに完売となり、入手できなかったファンも多かったようだ。

今回発表されたアナログ盤『BIZARRE CARNIVAL』に対し、松尾レミは“レコーディング時、LP化することは決まっていませんでしたが勝手に脳内で“レコードで聞くことを前提”として作品を作りました。なので、こうしてLPに出来てとても嬉しいです! 是非是非、皆さん、レコードでこのアルバムを聴いてください! 最高だよ絶対に!! CDでは感じることの出来ない興奮が待っているよ!”とコメントしている。二人にとっても待ち遠しかったアナログ盤『BIZARRE CARNIVAL』。今回も完売になりそうなので、早めにゲットしておこう!

日本武道館での販売場所、販売時間などの詳細はGLIM SPANKYのオフィシャルHPへ!

アルバム『BIZARRE CARNIVAL』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69116/¥3,700+税
【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60107/¥2,700+税

『GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館』

5月12日(土) 東京・日本武道館
<チケット>
前売(全席指定)¥5,800(税込)
親子割チケット(全席指定)
※価格詳細はGLIM SPANKY公式サイトをご参照ください。
※未就学児童は保護者の座席の範囲内で鑑賞可。小学生以上チケット必要。



【関連リンク】
GLIM SPANKY、武道館公演でアナログ盤『BIZARRE CARNIVAL』を限定リリース
GLIM SPANKYまとめ
ヒステリックパニック、承認欲求型のラブソング「Love it!」のMV公開

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, アルバム, 発表, リリース, 発売, ライブ, ワンマン

ヒステリックパニック、承認欲求型のラブソング「Love it!」のMV公開
Wed, 02 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月2日にメジャー初EP『666(TRIPLE SICK\'S)』をリリースしたヒステリックパニックが、“トリプルA面”“全曲イチオシ”と謳った収録曲の中から2本目のMVとして「Love it!」(You tube Ver.)を公開した。ヒスパニらしい、非常にキャッチーなテーマから始まるこの「Love it!」は、先にMVを公開した「メリーバッドエンド」とは一味違った、承認欲求型のラブソング。寂しいと死んでしまうと言われるウサギはメンヘラの代名詞のように言われることもあるが、同曲でもそのウサギの習性を恋愛にうまく取り入れた歌詞に加え、さらに“ラブイット”→“ラビット”→“ウサギ”というところでタイトルともかかっており、ヒスパニらしい言葉遊びが詰まった楽曲となっている。また、撮影当日に急遽Twitterで募集したファンに参加してもらったパートも入れ込んであるとのことなので、参加した方はどこに自分が写っているのか確認してみてほしい。

そして、今作の発売に合わせ、ヴィレッジヴァンガードとヒステリックパニックとのコラボショップ『ヴィレパ二』の第2弾が開催される。2017年に開催されて大好評を博した『ヴィレパニ』は、人気のストリートブランドとヒスパニがコラボした商品が販売され、ほとんどの商品がソールドアウトになったという伝説のショップ。2018年もripdw、PUNK DRUNKERS、Zephyren、acOlaSiaという多くのストリートブランドとのコラボが発表されており、さらに『ヴィレパニ』オリジナル商品も多数用意される。全商品売り切れ必至のここでしか手に入らないグッズばかりのこのヴィレパニ、欲しい商品がある方は開催日に店頭にダッシュ! 各『ヴィレパニ』ショップで特典会を実施することも発表されているので、こちらも要チェック。

EP『666(TRIPLE SICK’S)』

2018年5月2日発売



VICL-64994/¥1,600+税
<収録曲>
1. Love it!
2.Suicide Squad
3.メリーバッドエンド
4.かえるのうた(ボーナストラック)

『ヴィレッジヴァンガード×ヒステリックパニック=ヴィレパニ!!!』

開催時期:2018年5月02日(水)〜2018年5月20日(日)
<開催場所>
東京・フリークスルミネエスト新宿5F
大阪・心斎橋オーパB1F
愛知・名古屋 近鉄パッセ7F
福岡・キャナルシティ博多 B1F
宮城・仙台フォーラス6F
静岡・静岡パルコ6F
神奈川・相模大野ステーションスクエア5F

■『ヴィレパニ特典会』
5月04日(金) 愛知・名古屋会場
ツーショットチェキ会(各メンバー交代制)
5月09日(水) 大阪会場
18:00〜シックスショットチェキ会
5月19日(土) 東京会場
15:30〜シックスショットチェキ会
5月20日(日) 愛知・名古屋会場
ツーショットチェキ会(各メンバー交代制)

※ツーショットチェキ会時間割、詳細はオフィシャルHPで確認を!



【関連リンク】
ヒステリックパニック、承認欲求型のラブソング「Love it!」のMV公開
ヒステリックパニックまとめ
バンドじゃないもん!、HISASHI(GLAY)プロデュースの新曲2曲のMVを一挙公開

【関連アーティスト】
ヒステリックパニック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, EP, グッズ

バンドじゃないもん!、HISASHI(GLAY)プロデュースの新曲2曲のMVを一挙公開
Wed, 02 May 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が、5月9日(水)にリリースするダブルAサイドシングル「BORN TO BE IDOL/恋する完全犯罪」のMVを2曲同時に公開した。今作は2曲ともにHISASHI(GLAY)がプロデュースを手掛けた楽曲だ。「BORN TO BE IDOL」は昭和アイドルをモチーフにしたチープな映像の仕上がりでどこか懐かしい雰囲気の仕上がり。一方で、「恋する完全犯罪」は様々なキャラクターに扮するバンドじゃないもん!メンバーに巻き起こる事件をコミカルに描いたMVで、息を飲む展開が目を離せない映像に! 

また、「BORN TO BE IDOL」はテレビ朝日系全国放送「musicるTV」5月度オープニングテーマに決定し、5月7日(月)よりオンエアがスタートとなる。どちらの楽曲もCDリリースに先掛けて先行配信中なので、MVと併せてチェックしてほしい。

シングル「BORN TO BE IDOL/恋する完全犯罪」

2018年5月9日発売



【初回盤】(3CD+1Blu-ray)
PCCA.04659/¥3,000+税
【通常盤】(CD Only)
PCCA.04660/¥1,000+税

■TOWER RECORDS× BAND JA NAIMON!「NOT BAND!SHOP」限定アイテム
【鈴姫みさこ盤】
BRCA.00086/¥1,000+税
【恋汐りんご盤】
BRCA.00087/¥1,000+税
【七星ぐみ盤】
BRCA.00088/¥1,000+税
【望月みゆ盤】
BRCA.00089/¥1,000+税
【甘夏ゆず盤】
BRCA.00090/¥1,000+税
【大桃子サンライズ盤】
BRCA.00091/¥1,000+税
《販売店舗》
タワーレコード札幌ピヴォ店、タワーレコード新宿店、タワーレコード名古屋近鉄パッセ店、タワーレコード京都店、TOWERminiもりのみやキューズモール店、タワーレコード難波店、タワーレコード広島店、タワーレコード福岡パルコ店

<収録曲>
■CD ※全形態共通
M1.BORN TO BE IDOL
M2.恋する完全犯罪
-Bornus Track.-
イニミニマニモ(YouTube Originals映画「隙間男」テーマソング バンもん!ver.)
■初回盤特典CD
パーフェクトピースコンサート2017〜日本青年館にSEY YES!を〜 LIVE CD
・DISC-1
M1.君の笑顔で世界がやばい
M2.君はヒーロー
M3.パヒパヒ
M4.ショコラ・ラブ
M5.すきっぱらだいす?
M6.しゅっとこどっこい
M7.METAMORISER
M8.ドリームタウン
M9.歌うMUSIC
・DISC-2
M1.Q.人生それでいいのかい?
M2.White Youth
M3.ピンヒール
M4.キメマスター!
M5.タカトコタン
M6.雪降る夜にキスして
M7..YAKIMOCHI
M8.もっと愛し合いましょ
M9.NaMiDa
M10.青春カラダダダッシュ!
■Blu-ray ※初回盤のみ
「BORN TO BE IDOL」Music Video & Making Movie
「恋する完全犯罪」Music Video & Making Movie

シングル「BORN TO BE IDOL/恋する完全犯罪」先行配信情報

・iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/id1373622997?l=ja&ls=1&app=itunes
・レコチョク http://recochoku.jp/album/A1009922129/
・Apple Music https://itunes.apple.com/jp/album/id1373622997?l=ja&ls=1
・Spotify http://open.spotify.com/album/4KmXhbQ2rGEuVS8JACWypG

■特設サイト http://bandjanaimonsg.com/



【関連リンク】
バンドじゃないもん!、HISASHI(GLAY)プロデュースの新曲2曲のMVを一挙公開
バンドじゃないもん!まとめ
GLAYまとめ

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!, GLAY
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 新曲, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1