歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年04月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
tricot、4カ月連続イベントの第3回は糖分必須!? WOZNIAK、s?buhirokoとの共演で#チーム星野郎が初集結
Fri, 27 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

tricot主催の4カ月連続イベントの第3回『MUNASAWAGI 2018 〜食いしん坊万歳編〜』が4月16日(月)に渋谷CIRCUS TOKYOで開催され、今回もソールドアウトの大盛況となった。

tricotのメンバーが各回ごとにブッキングなどを担当するこのイベント。中嶋イッキュウ(Vo&G)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba&Cho)の企画に続き、3回目はキダ モティフォ(G&Cho)プロデュースによるWOZNIAKとs?buhiroko(世武裕子)を迎えた『食いしん坊万歳編』ということで、キダのお茶友達=“#チーム星野郎”が一堂に会する、またもなかなか観られないレアな組み合わせが実現した。

まずは、DALLJUB STEP CLUBやOUTATBERO、HABITのメンバーであり、TESTAV名義でも活動するYuta Hoshi(星 優太)のソロプロジェクト、WOZNIAKが登場!前回の『MUNASAWAGI』ではtricotの中嶋が“(メンツ的に)カフェでやる感じのイベントなんですかね(笑)”なんて話していたけれど、WOZNIAKはバンド仕様でのっけから人力ミニマルグルーブをガンガン積み上げ、1曲目の4つ打ち曲「Civic Axis」で一気に主導権を握る。星(Dr)に加えて、橋本俊介(G/ex.free ride management)、馬場庫タロウ(G/NENGU)、“アニ”こと照井淳政(Ba/ハイスイノナサ)の布陣。そして、佐藤 円によるド派手なライティングも冴え、ブルーのレーザーが網目状になって辺りを覆えば、オーディエンスも歓声を上げずにはいられない。音響抜群のクラブ的空間を活かしつつ、トライバル×マスロックなノリの「Victim」でもフロアーをグッと温めた。

“みなさんはtricotを観に、どこまで行ったことがありますか?僕は沖縄です。今日来てる人たちと同じくらい好きなんですよ”とtricot愛をアピールする星。4月25日(水)に渋谷WWWで行なわれるDALLJUB STEP CLUBの企画に、今度はtricotが出てくれることにも感謝を伝えていた。当然ながらキダ、世武、星の3人からなる#チーム星野郎の話題も飛び出し、今回のグッズ“シシュークリームTシャツ”は“ダティ(キダ)とセビィ(世武)と行った表参道のLOTUSってカフェでお茶してるときに閃いた”とか、“世武さんは僕が出会った人の中で一番頭おかしい、良い意味で(笑)。超人見知りなんで、気軽にセビィって呼んでみてください。すっげぇ苦笑いされると思います”などと、MCでも楽しませる。

ハードロック調のリフ押しナンバー「密林」に続いて、新曲「Waves」では途中からtricotのキダが参加!トリプルギターの狂宴となり、星のタフなビートに合わせてキダが荒ぶるハイポジ弾きを披露する嬉しいサプライズもあった。大いにかましてトップの役割を果たしたWOZNIAK。彼らのステージは撮影フリーだったので、“#wozniaktokyo”“#チーム星野郎”でぜひ動画をTwitter検索してみてほしい。

続いては、シンガーソングライター名義で出演のs?buhiroko。オーケストラサウンドのSEとともにひとりでステージに現れ、先ほどのWOZNIAKとはガラッと異なるミステリアスムードで惹き込んでいく。打ち込みトラックに乗せて深遠な歌声を響かせる「JANVIER」での佇まいは超自然的だったり、「April 11」ではダンサブルな低音を効かせ出したり、ライヴが進むにつれて彼女の鬼才ぶりが露わになる。クラシックとアンビエント、さらにはロックを掛け合わせたような攻めのシンセセットに、観客たちはじっと見惚れるばかりだ。

狂おしい爆音と蠱惑的なヴォーカルが重なる「Do one thing everyday」「John Doe」を経て、“今日はありがとうございます。めちゃめちゃ喋り上手な人のあとに話すことなんかひとつもないんですけど、さっき説明もしてもらったし、(人見知りなのは)もう分かるやろ? シシュークリームTシャツが売れたみたいなんで、私は音楽を聴いてもらったらいいかな”と控えめに話す世武。それでも“あ、そうだ!次の曲のサビ。聴いてたらたぶん分かるようになるんで、一緒に歌ってください”と、摩訶不思議ワードが飛び交う「LARA」でコミュニケーションを図ったりする場面もあった。

「美しいあなた」は日本語詞の弾き語りでしっとり聴かせ、ソロでも十分に彩り豊かなパフォーマンスを観せたところで、またもやサプライズが。“1曲ぐらい知ってる曲やれやみたいな感じ、あると思うんですよ。だから、最後は有名な曲をやりますね。あと、みんな知ってる人がステージにいたほうがいいんじゃないですか?”――そんなこんなでキダと星が呼び込まれ、#チーム星野郎でカバーしたのはなんとZAZEN BOYSの「Honnouji」! やっぱりブッ飛んでます。3人によるブレイクキメキメの息ぴったりかつラウドなMATSURI SESSIONに、フロアーは言わずもがな爆上げ状態となった。

オーディエンスは良い感じで温まっていて、主催のtricotが登場すると待ちわびていたように大声を上げる外国人のファンも。例によって、イベントタイトルの「MUNASAWAGI」でスタート!吉田雄介(Dr)を中心にパキッと締まったグルーブ、澄み切って響くフロント3人(中嶋、キダ、ヒロミ)の女声に早くも胸が躍ってしまう。この曲をウォームアップっぽくさらりとやってのけるtricotは、何度観てもたまらなくカッコ良い。「DeDeDe」「WABI-SABI」と最新アルバム『3』の収録曲で固めた序盤から、いつも以上にクールというか、熱すぎず冷めすぎずの理想的なテンションがメンバーにあって、激しさよりもしなやかさが際立っているあたりも頼もしく、5月に控えるアメリカツアーの成功を予感させる。この日もオーディエンスが歌い出していたように、「よそいき」の《イェイイェイ フッフー アーハー イエーイ》は万国共通でノリやすい部分なので、海外でも盛り上がるに違いない。

また、中嶋のヴォーカルも前2回に比べてさらに良くなった印象がある。特に「artsick」では、やわらかな照明の中でハイトーンを伸びやかに聴かせ、その歌が気持ち良く音に乗って舞い上がっていくようだった。そして「E」「節約家」と変拍子の効いた爆裂ナンバーを畳み掛け、本編を締めたのはシューゲイズ要素の強い大曲「フレミング」。音数をグッと減らし、テンポを落とし、緩急自在のパフォーマンスを届けると、この日一番の歓声と拍手がtricotに贈られた。

アンコールで再登場したtricotは、ようやくホッとひと息ついた感じでMCタイムへ。“今日ずっとライヴ観てたけど、そりゃあ甘いもん要るわな。糖分摂らなやってられへんような音楽をやっておられる(笑)”と中嶋が話せば、全アクトに出たキダも“楽屋に糖分いっぱいありました。今日はありがとうございます。私ソワソワしっぱなしで、やること多い〜!って思ってここ数日過ごしてたけど、やっと終わりが見えてきました。まだまだバンド活動をしながら美味しいものは探していきたいんで。甘味などの情報をお待ちしてます!”と充実の表情を浮かべた。

5月19日(土)に7インチアナログ盤でリリースする新曲「potage」も披露され、今回も大成功で幕を閉じたtricot企画(#チーム星野郎の記念すべき初対バンでした)。次回はいよいよラストで、吉田プロデュースの『MUNASAWAGI 2018 〜やさしさに包まれたなら〜』が5月17(木)に渋谷WWW Xで開催となる。POLYSICS、空きっ腹に酒を迎え、有終の美を飾ってくれるはず。お楽しみに!

撮影:半田安政/取材:田山雄士

【セットリスト】
■WOZNIAK
1.Civic Axis
2.Dying (の前半)
3.Victim
4.密林
5.Waves feat.キダ モティフォ
6.Less is More
■s?buhiroko
1.JANVIER
2.April 11
3.Do one thing everyday
4.John Doe
5.LARA
6.美しいあなた
7.Honnoji(#チーム星野郎ver)
■tricot
1.MUNASAWAGI
2.DeDeDe
3.WABI-SABI
4.よそいき
5.artsick
6.E
7.節約家
8.フレミング
<ENCORE>
1.potage
2.メロンソーダ

【ライヴ情報】
『MUNASAWAGI 2018 〜やさしさに包まれたなら〜』
5月17日(木) 東京・渋谷WWW X

◆関連記事「新生tricot、4カ月連続自主企画の初回公演は“ドミコキノコトリコ”で 大盛況!」
https://goo.gl/Yzs6RW

◆関連記事「“音楽は今日も最高です”。tricotのヒロミ企画で関西オルタナ大爆発!」
https://goo.gl/JSqWcX



【関連リンク】
tricot、4カ月連続イベントの第3回は糖分必須!? WOZNIAK、s?buhirokoとの共演で#チーム星野郎が初集結
tricotまとめ
s?buhirokoまとめ
WOZNIAKまとめ
Mrs. GREEN APPLE、キヨサク(MONGOL800)コラボ曲のフルバージョンMVを公開

【関連アーティスト】
tricot, s?buhiroko, WOZNIAK
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ

Mrs. GREEN APPLE、キヨサク(MONGOL800)コラボ曲のフルバージョンMVを公開
Fri, 27 Apr 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが3rdアルバム『ENSEMBLE』から「はじまり feat. キヨサク from MONGOL800」のフルサイズMVを公開した。大森元貴(Vo&Gu)が音楽活動を始めるきっかけとなったのがMONGOL800。大森の実兄が当時聴いていて夢中になり、初めて人前でパフォーマンスをした小学校の謝恩祭では、オリジナル曲に加えてMONGOL800の楽曲をカバーしたという。まさに彼の音楽人生の“はじまり”だ。

大森とキヨサクが共作した楽曲は、MONGOL800節を彷彿とさせる爽快パンクロックチューンで、今回公開されたフルコーラスの楽曲では小学生の当時にオリジナルで作ったフレーズも引用されているとのこと。また、映像ではレコーディング風景でキヨサクと談笑する様子など、オフショットが多数盛り込まれているのも見どころ。

4月18日(水)にリリースされたアルバム『ENSEMBLE』は、iTunesリアルタイムチャートで1位、そしてレコチョク、LINE MUSICのデイリーチャートでも1位を獲得。そしてCDアルバムは自身最高位となるオリコンウィークリーチャート初登場3位を記録した。

アルバム『ENSEMBLE』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29294/¥3,500+税
※「ENSEMBLE TOUR」9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場 先行抽選シリアルナンバー封入
<収録曲>
■CD
01.Love me, Love you(ENSEMBLE Version)
02.PARTY
03.WanteD! WanteD!
04.アウフヘーベン
05.はじまり feat. キヨサク from MONGOL800
06.They are
07.WHOO WHOO WHOO
08.スマイロブドリーマ
09.SPLASH!!!
10.REVERSE
11.Coffee
12.On My MiND(Album Version)
13.どこかで日は昇る(Album Mix)
■DVD
・ENSEMBLE 13 Movies Collection with Member\'s Audio Commentary
・The Making of“PARTY”



【通常盤】(CD)
UPCH-20483/¥2,800+税
※「ENSEMBLE TOUR」9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場 先行抽選シリアルナンバー封入
<収録曲>
01.Love me, Love you(ENSEMBLE Version)
02.PARTY
03.WanteD! WanteD!
04.アウフヘーベン
05.はじまり feat. キヨサク from MONGOL800
06.They are
07.WHOO WHOO WHOO
08.スマイロブドリーマ
09.SPLASH!!!
10.REVERSE
11.Coffee
12.On My MiND(Album Version)
13.どこかで日は昇る(Album Mix)



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、キヨサク(MONGOL800)コラボ曲のフルバージョンMVを公開
Mrs. GREEN APPLEまとめ
[ALEXANDROS]、ニューシングル「KABUTO」ティザー映像公開

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, コラボ, ミュージックビデオ, MV, アルバム

[ALEXANDROS]、ニューシングル「KABUTO」ティザー映像公開
Fri, 27 Apr 2018 19:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

[ALEXANDROS]が5月23日(水)に発売する、2018年第1弾シングル「KABUTO」のティザー映像を公開した。同シングルは最高にロックな、今の彼らのモードを体現する表題曲「KABUTO」をはじめ、自身初めてとなるコラボレーションで生まれた楽曲「ハナウタ」、国際工科専門職大学(2019年4月開学 認可申請中)TVCMソングで、自分を信じ進むという彼ららしいメッセージが込められた「Follow Me」が収録されており、今回公開されたティザーではクールな映像とともに「KABUTO」の音源がいち早く聞ける。

そして、今作の購入者封入特典として、8月16日に千葉・ZOZOマリンスタジアムにて行われるワンマンライブ『VIP PARTY 2018』のバックステージへ抽選で招待が決定した。応募詳細は「KABUTO」の初回限定盤、通常盤(※初回プレス分のみ)に封入されている応募券つきチラシをご覧いただきたい。そして、各チェーン別購入者特典も合わせて発表されているので、こちらもあわせてHPにてチェックしてほしい。

また、5月2日(水)より東京メトロ「Find my Tokyo.」CMソングで、詩人、小説家として人気の最果タヒを作詞に迎え、小林武史が編曲という[ALEXANDROS]初のコラボソングとして話題の「ハナウタ」の先行配信が決定した。

シングル「KABUTO」

2018年5月23日発売



【初回限定盤】(CD+フォトブック)
UPCH-7414/¥1,800+税
※スリーブケース仕様
<収録曲>
1.KABUTO
2.ハナウタ/ [ALEXANDROS]×最果タヒ
3.Follow Me

◎封入特典
『VIP PARTY 2018』8月16日千葉・ZOZOマリンスタジアムのバックステージに抽選でご招待
※応募詳細は「KABUTO」の初回限定盤、通常盤(※初回プレス分のみ)に封入されている応募券つきチラシにてご確認ください。



【通常盤】(CD)
UPCH-5941/¥1,200+税

【シングル「KABUTO」チェーン別購入者特典】

■タワーレコード全店 及びタワーオンライン
オリジナルポスター (A2サイズ)
※一部取扱いのない店舗もございます
■TSUTAYA RECORDS全店
応募ハガキ付オリジナルポストカード(サイン入りポスターを抽選でプレゼント)
※一部取扱いの無い店舗がございます。
■Amazon.co.jp
Amazonオリジナルポスター (A2サイズ)
■HMV全店 及びHMVオンライン
オリジナルポストカード
※一部取扱いのない店舗もございます
■オリジナル特典 ポスター (A2サイズ) 配布店
※こちらの特典ポスター配布店に関しては近日ご案内いたします。
■ミニロゴステッカー(クリアカラーとなります)
※こちらのミニロゴステッカー配布店に関しては近日ご案内いたします。

※いずれのチェーンも初回限定盤(UPCH-7414)、通常盤(UPCH-5941)が対象となります。
※先着での配布となりますのでご了承下さい。

『VIP PARTY 2018』

8月16日(木) ZOZOマリンスタジアム
開場 16:00 / 開演 18:00
http://alexandros.vip/



【関連リンク】
[ALEXANDROS]、ニューシングル「KABUTO」ティザー映像公開
[ALEXANDROS]まとめ
DieByForty、配信シングル「OBLIVION」をリリース&MV公開中

【関連アーティスト】
[ALEXANDROS]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル

DieByForty、配信シングル「OBLIVION」をリリース&MV公開中
Fri, 27 Apr 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フランス人のBen(Vo&Gu)と日本人のYu(Dr)とTommy(Ba)を中心に2006年に結成された日仏混合のオルターネイティブなバンド、DieByFortyがバンド自身初の配信シングル『OBLIVION』を4月27日(金)にリリースした。

2018年10月、“実験的すぎる”と話題になったスプリットアルバム『The Perfect Plan』から僅か半年ほどのタイミングでリリースとなった今作。ニューゲイザームーブメントの先駆者的存在である、イギリスのオルタナティヴ・ロックバンド、My VitriolのメンバーRaviをミックス・マスタリングに迎え、さらなる力強いサウンドと音の広がりを手にしている。また、映像に強いこだわりを持つことで有名な彼らのMVには、今話題のインスタインフルエンサーの増澤璃凜子が出演し、花を添えているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

驚異的なスピードで進化し、インディーズバンドの枠を超えた活動を続けるDieByFortyに引き続き注目だ。

配信シングル「OBLIVION」

2018年4月27日配信開始



NHCR1159/¥200



【関連リンク】
DieByForty、配信シングル「OBLIVION」をリリース&MV公開中
DieByFortyまとめ
GLIM SPANKY、ヴィレバンコラボグッズ発売決定&ニューシングル全曲試聴映像公開

【関連アーティスト】
DieByForty
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 音楽配信

GLIM SPANKY、ヴィレバンコラボグッズ発売決定&ニューシングル全曲試聴映像公開
Fri, 27 Apr 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYがヴィレッジヴァンガードとのコラボ商品を発売することが決定した。世界で愛されている“POPEYE(R)”と“Olive Oyl(R)”がGLIM SPANKYのメンバーに扮した愛くるしいデザイングッズになっている。また、キャラクターが着用している衣装も、シングル「All Of Us」でメンバーが着用しているものと同じなので、細かな部分も是非チェックしてほしい。

商品展開は、Tシャツ、トレーナー、トートバック、ポーチの4つを予定。ライブやフェスで使用できるTシャツの他に、ポーチ等の日常でも持ち歩きたくなるようなアイテムも揃っている。ヴィレッジヴァンガード店以外にも、5月12日の日本武道館公演でも同商品を発売される予定なので、是非この機会に手に入れてほしい。また、5月8日〜5月31日のヴィレッジヴァンガードのショッピング袋もGLIM SPANKY仕様になっているので、要チェック!!(数量限定、無くなり次第終了)

そして、5月9日(水)にリリースされるシングルに収録される、テレビ朝日系列ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』主題歌「All Of Us」や、NHKワールドJAPAN・BSプレミアム『J-MELO』エンディングテーマ曲「To The Music」、三越伊勢丹グループ『2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜』キャンペーンオリジナルソング「The Flowers」全3曲の試聴映像も公開された。GLIM SPANKYが最新のロックミュージックとして自負して鳴らす「To The Music」や、 “花を愛する人々”をテーマに、1960〜70年代のフラワームーブメントをインスピレーション源にした、春のはじまりを告げる作品「The Flowers」を是非堪能してほしい。

【GLIM SPANKY×ヴィレッジヴァンガード コラボグッズ情報】

<コラボ商品内容>
Tシャツ白・黒/¥3,800
トレーナー白・黒/¥6,000
トートバック/¥2,900
ポーチ/¥1,800
<商品取り扱いヴィレッジヴァンガード店>
東京・御茶ノ水
東京・新宿ルミネエスト
大阪・アメリカ村
名古屋中央
仙台ロフト
新潟ビルボードプレイス
横浜ルミネ
立川ルミネ
イオンレイクタウンkaze
静岡パルコ
京都/新京極(路面店)
福岡パルコ
三宮
札幌エスタ
イオン佐久平

◎通販販売はこちら
https://mgt.vvstore.jp/feature/detail/12474/

シングル「All Of Us」

2018年5月9日発売



【初回盤】(CD+DVD)
TYCT-39076/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.All Of Us(テレビ朝日系列ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』主題歌)
2.To The Music(NHKワールドJAPAN・BSプレミアム『J-MELO』エンディングテーマ曲)
3.The Flowers(三越伊勢丹グループ『2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜』キャンペーンオリジナルソング)
■DVD
2018.1.20台湾「BIZARRE CARNIVAL Tour in Taipei」ドキュメンタリー映像

【通常盤】(CD)
TYCT-30074/¥1,300+税
<収録曲>
1.All Of Us(テレビ朝日系列ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』主題歌)
2.To The Music(NHKワールドJAPAN・BSプレミアム『J-MELO』エンディングテーマ曲)
3.The Flowers(三越伊勢丹グループ『2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜』キャンペーンオリジナルソング)

【デジタル配信】
※2018年5月7日(月)発売
※4曲で500円の配信限定価格
<収録曲>
1.All Of Us(テレビ朝日系列ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』主題歌)
2.To The Music(NHKワールドJAPAN・BSプレミアム『J-MELO』エンディングテーマ曲)
3.The Flowers(三越伊勢丹グループ『2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜』キャンペーンオリジナルソング)
4. There will be love there -愛のある場所-(Sound Inn “S" ver.)

◎配信リンクはこちら
https://umj.lnk.to/glim_aouPR



【関連リンク】
GLIM SPANKY、ヴィレバンコラボグッズ発売決定&ニューシングル全曲試聴映像公開
GLIM SPANKYまとめ
植田圭輔がメジャーデビュー! シングル発売記念イベントも開催

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, シングル

植田圭輔がメジャーデビュー! シングル発売記念イベントも開催
Fri, 27 Apr 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

舞台や2.5Dミュージカル等で活躍する俳優たちのオリジナリティを、音楽のパフォーマンスやクリエイティビティによって魅せていく音楽プロジェクト『Bogland Music』がスタート! その第1弾アーティストとして、舞台『おそ松さん on STAGE〜SIX MEN’S SHOW TIME2〜』や『火花 −Ghost of the Novelist−』等で活躍中の植田圭輔が決定しており、メジャーデビュー作となるシングル「START LINE 〜時の轍〜」は、5月30日にリリースが決定している。

今作は、ポジティブでアグレッシブなロックナンバーで、同タイトル曲を含むオリジナル2曲の作詞を植田本人が担当。また本作は白と黒のイメージで演出されたアートワークが楽しめる全3タイプでリリースされる。ジャケットの表紙はもちろん、中身もタイプ別にセレクトされ、“White Ver.”と“Black Ver.”には特製のフォトカードが7枚封入される。さらに特典DVDには、初挑戦のミュージックビデオや本人インタビューを交えたメイキングムービーを収録。舞台とはまた違った植田圭輔の魅力を発見する事が出来るだろう。

そして今回のメジャーデビューを記念した、自身初のリリースイベントの開催も決定! レコーディングやジャケット撮影にまつわるエピソードを交えたトークショーやミニライブに加え、ハイタッチ会なども予定している。さらに来場者全員に素敵な限定グッズのプレゼントも用意されるとのことなのでお楽しみに。さらに、今作のCDショップ限定のオリジナル特典にはファン垂涎のアイテムも用意され、こちらも見逃せない内容だ。

また、『Bogland Music』第2弾アーティストには、『ミュージカル刀剣乱舞』等で大人気の“鳥越裕貴”が登場する予定だが、詳細は近日発表とのこと。

■【シングル「START LINE 〜時の轍〜」リリース記念イベント】

■リリース記念イベント1
6月3日(日) 13:00〜タワーレコード渋谷店 B1F 「CUTUP STUDIO」
内容:トーク&ミニライブ(予定)
<参加方法>
タワーレコード渋谷店にて「START LINE 〜時の轍〜」予約・購入者に“整理番号付イベント参加券”(1会計1枚まで)を配布。受付開始は5月18日(金)開店時より。なお、同参加券は会場の定員数に達し次第、配布終了。

■リリース記念イベント2
6月10日(日) 東京・文京シビックホール 小ホール
1.開場 11:00 / 開演 11:30 2.開場 13:15 / 開演 13:45 3.開場 16:00 / 開演 16:30
内容:トーク&ミニライブ&ハイタッチ会  
◎イベント参加者全員に限定特典あり(特典の内容は各回ごとに異なります)

※参加方法などの詳細は、商品詳細ページにてチェック!
■「START LINE 〜時の轍〜」商品特設ページ
https://www.yamahamusic.co.jp/actor/uedakeisuke/

シングル「START LINE 〜時の轍〜」

2018年5月30日発売



【White Ver. 】
YCCW-30073/B/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1. START LINE 〜時の轍〜
2. 君に告げるよ、サヨナラ
3. フリートーク(TYPE-1)
4. START LINE 〜時の轍〜(カラオケ)
5. 君に告げるよ、サヨナラ(カラオケ)
全4曲(5トラック収録)
■DVD
植田圭輔「START LINE 〜時の轍〜」SPECIAL DVD
1. 「START LINE 〜時の轍〜」 MUSIC VIDEO
2. メイキングムービー



【Black Ver.】
YCCW-30074/B/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1. START LINE 〜時の轍〜
2. 君に告げるよ、サヨナラ
3. フリートーク(TYPE-2)
4. START LINE 〜時の轍〜(カラオケ)
5. 君に告げるよ、サヨナラ(カラオケ)
全4曲(5トラック収録)
■DVD
植田圭輔「START LINE 〜時の轍〜」SPECIAL DVD
1. 「START LINE 〜時の轍〜」 MUSIC VIDEO
2. メイキングムービー



【Beginner Ver.】
YCCW-30075/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1. START LINE 〜時の轍〜
2. 君に告げるよ、サヨナラ
3. フリートーク(TYPE-1)
4. START LINE 〜時の轍〜(カラオケ)
5. 君に告げるよ、サヨナラ(カラオケ)
全4曲(5トラック収録)

【シングル「START LINE 〜時の轍〜」特典】


・アニメイト(オンラインショップを含む)※一部店舗除く
生写真 A/B/C(ヴァージョン別に3種類)
・ローソン HMV(オンラインショップを含む)
シングルジャケット写真ICカードステッカー White/Black/Beginner(ヴァージョン別に3種類)
・新星堂 / WonderGOO(オンラインショップを含む)
生写真 D/E/F(ヴァージョン別に3種類)
・TSUTAYA(オンラインショップを含む)
ポストカード D/E/F(ヴァージョン別に3種類)
・セブンネットショピング
ポストカード G/H/I(ヴァージョン別に3種類)

■詳細は、植田圭輔『START LINE 〜時の轍〜』商品特設ページをご覧ください。
https://www.yamahamusic.co.jp/actor/uedakeisuke/



【関連リンク】
植田圭輔がメジャーデビュー! シングル発売記念イベントも開催
植田圭輔まとめ
魔法少女になり隊、VJメンバー制作のゆるキレ映像を期間限定で公開!

【関連アーティスト】
植田圭輔
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

魔法少女になり隊、VJメンバー制作のゆるキレ映像を期間限定で公開!
Fri, 27 Apr 2018 19:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

魔法少女になり隊”が4月28日(土)出演『COMIN‘KOBE 18』(兵庫)、4月29日(日)出演『ARABAKI ROCK FEST.18』(宮城)にて、6月20日(水)リリースの新曲「?START」をライブ初披露することをオフィシャルTwitterにて発表した。

今楽曲はバンド初のタイアップ曲として、4月よりテレビ東京系6局ネットTVアニメ『パズドラ』のエンディングテーマに起用され、4月23日(月)より超先行配信も開始!  “アルプス一万尺”のメロディとゲーム『パズドラ』の効果音を大胆に使用したキャッチーな楽曲は、いち早く曲を耳にしたファンの間で「ライブで盛り上がり必至!」と早くも話題となっている。

そんな中、メンバーgariが制作したVJ映像が新曲ライブ初披露を目前に期間限定で公開をスタートした!

■新TVアニメ『パズドラ』公式サイト
http://anime-pad.com/

シングル「?START」

2018年6月20日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9814〜15/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
M1.「?START」
M2.「シェキナゴン」
M3.「ミッドナイトシンドローム」
M4.「変幻自在のスパーキングZ」
■DVD
01.[?START] MUSIC VIDEO
02. [魔法少女になり隊 ワンマンツアー〜まだ知らぬ勇者たちへ〜] LIVE AT 01.28 SHIBUYA TSUTAYA O-EAST DIGEST(全6曲)
「my! show! time!」
「アルテ魔ダンテ」
「ヒトリ サク ラジオ」
「ヒメサマスピリッツ」
「完全無敵のぶっとバスターX」
「願い星」
03. [OMAKE MOVIE]魔法少女になり隊 SPECIAL STORY SPOT ?外伝-(全10話)



【通常盤】(CD)
SRCL-9816/¥1,000+税
<収録曲>
M1. 「?START」
M2. 「シェキナゴン」

【ライブ情報】


『魔法少女になりな祭 vol.3 〜打首ナゴませ隊がやって来るメェ!メェ!メェ!〜』
6月05日(火) 名古屋 Electric Lady Land(ELL)
w/打首獄門同好会

『魔法少女になりな祭 vol.4 〜トイスと叫び隊〜』
6月22日(金) 代官山UNIT
w/POLYSICS

『魔法少女になりな祭 vol.5 〜長崎が産んだ三人隊〜』
6月23日(土) 代官山UNIT
w/SHANK



【関連リンク】
魔法少女になり隊、VJメンバー制作のゆるキレ映像を期間限定で公開!
魔法少女になり隊まとめ
The Super Ball、シングル「Second」のMV公開

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, シングル, 主題歌

The Super Ball、シングル「Second」のMV公開
Fri, 27 Apr 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

The Super Ballが5月16日にリリースする4thシングル「Second」のMVが公開となった。今回のMVは楽曲の世界観に合わせて、The Super Ballにとって初となる全編屋外ロケ撮影が行なわれ、海沿いの綺麗な夜景シーンを中心に構成。夜のシーンをここまで多く採用して構成したのも初であるが、今までに見せたことの無い二人のシリアスな表情や感情的に歌うシーンに注目してみてほしい。歌詞の中に登場する女性役をキャストに迎え、魅惑的で妖艶な雰囲気を醸し出したりと、映像が楽曲の世界観をさらに引き出している、初物づくしのMVだ。

MVには空撮が行なわれたようなカットが使われているが、今作の初回限定盤に附属となるDVDにはそれがどのように撮影されたのかが分かるシーンも。真剣な表情で撮影に挑みながらも、撮影の合間の時間には無邪気に騒ぐ様子や、現場でのインタビューシーンなども収録されているので、ぜひこちらもゲットしてほしい。

さらに、MV公開と同時にシングル予約会・リリース記念インストアイベントの詳細も発表! 関東圏を中心にしながらも、名古屋や大阪、そして久しぶりに札幌での開催も決定し、5月4日(金・祝)には福岡県最大のお祭りの一つ『博多どんたく』のステージにも出演が決定している。“生歌には自信があります!”とデビュー当時から口にしているThe Super Ballの生歌を聴いてみてはいかがだろうか。

今作の表題曲「Second」はシングル曲では初のマイナー調で、ロック感をグッと強くしたサウンドに、歌詞の世界観も心情を包み隠さずに曝け出したシリアスな仕上がり。既に公開されている最新のアーティスト写真やCDジャケットなどのアートワーク含めて、今までの彼らのイメージを覆すセクシーさと格好良さが醸し出されている。その一方で、カップリング曲の「弘前公園」は彼らの純粋な人柄と優しさが滲み出るハートフルな一曲。収録される2曲の楽曲の振り幅や歌詞の世界観や深み、そして歌の表現力など、アーティストとしての大きく進化と変化を遂げていることを如実に感じる作品と言って良いだろう。

【4thシングル「Second」発売記念インストアイベント】

<予約イベント>
内容:3ショット撮影会又は特製ポストカードサイン会
5月11日(金) 神奈川・タワーレコード川崎店 店内イベントスペース 19:00〜
5月12日(土) 東京・ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ メインステージ 13:00〜
5月12日(土) 東京・タワーレコード町田 店内イベントスペース 18:00〜

<リリースイベント>
内容:3ショット撮影又はジャケットサイン会
5月15日(火) 埼玉・大宮アルシェ1F屋外イベントステージ 17:30〜
5月16日(水) 東京・HMVエソラ池袋 店内イベントスペース 19:00〜
5月18日(金) 兵庫・HMV三宮VIVRE 店内イベントスペース 19:00〜
5月19日(土) 大阪・アリオ鳳 1Fグリーンコート 12:00〜
5月19日(土) 大阪・OCATポンテ広場 16:30〜
5月20日(日) 愛知・イオンモール大高 グリーンコート 12:00〜
5月20日(日) 愛知・セントラルパーク地下街 パークスクエア 16:00〜
5月26日(土)※イベント開催予定/開催地区含めて後日発表。
5月27日(日) 札幌・タワーレコード札幌ピヴォ 店内イベントスペース 13:00〜
5月27日(日) 札幌・HMV札幌ステラプレイス 店内イベントスペース 16:00〜

シングル「Second」

2018年5月16日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TKCA-74652/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1.Second
2.弘前公園
3.Second(Instrumental)
4.弘前公園(Instrumental)
■DVD
1.Second(Music Video)
2.Second(Making Video)



【通常盤】(CD)
TKCA-74653/¥1,111+税
<収録曲>
■CD
1.Second
2.弘前公園
3.Second(Acoustic ver.)
4.弘前公園(Instrumental)
5.Second(Instrumental)



【関連リンク】
The Super Ball、シングル「Second」のMV公開
The Super Ballまとめ
L\'Arc〜en〜Ciel、秘蔵映像あり!?『25th L’Anniversary LIVE』Trailer #2が公開に!

【関連アーティスト】
The Super Ball
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

L\'Arc〜en〜Ciel、秘蔵映像あり!?『25th L’Anniversary LIVE』Trailer #2が公開に!
Fri, 27 Apr 2018 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

L\'Arc〜en〜Cielが5月30日にリリースするBlu-ray&DVD『25th L’Anniversary LIVE』のTrailer #2がYouTubeにて公開となった。

『25th L’Anniversary LIVE』は2017年4月8日、9日に東京ドームにて開催されたL’Arc〜en〜Ciel結成25周年記念ライヴ。単独公演としては約1年7カ月ぶり、13、14回目の東京ドーム公演となり、60万件以上のチケット応募が殺到したプレミアムなライヴである。その2日目の公演を網羅した映像作品には、まさにベストヒット選曲で届けられたライヴの迫力満点な映像はもちろん、約20年前となる1994年〜1999年を中心とした時代のL\'Arc〜en〜Cielの秘蔵映像、海外で撮影された写真集やMusic Clipのメイキング映像、ライヴハウスでの演奏シーン、貴重なバンドセッション映像なども収録。今回公開されたTrailer #2では、その一部を見ることができる。

また、双子の赤ちゃんと虹色のロゴが象徴的な本作のジャケット写真も公開となった。さらに、初回生産限定盤にはExtra Tracksとして3曲のライヴ映像を収録したDISC 2に加え、『25th L’Anniversary LIVE』のライヴフォトブックも封入され、その一部も公開された。初回生産限定盤は、数に限りがあるので、早めに予約することをおすすめする。

3月に発売されたライブアルバム『25th L’Anniversary LIVE』と同映像作品にはW購入者応募券も封入されている。

■L\'Arc〜en〜Ciel オフィシャルHP
http://www.larcom.net/
https://www.larc-en-ciel.com/

Blu-ray&DVD 『25th L’Anniversary LIVE』

2018年5月30日発売



【Blu-ray 初回生産限定盤】
KSXL 277-278/¥10,000 +税
※ライヴフォトブック
※ピクチャーレーベル仕様
※W購入者応募特典謎の応募券C 封入
<収録曲>
■DISC 1
01. 虹
02. Caress of Venus
03. the Fourth Avenue Caf?
04. Vivid Colors
05. Lies and Truth
06. 真実と幻想と
07. forbidden lover
08. Shout at the Devil
09. REVELATION
10. 風の行方
11. X XX
12. 花葬
13. 浸食 〜lose control〜
14. HONEY
15. MY HEART DRAWS A DREAM
16. NEO UNIVERSE
17. STAY AWAY
18. Driver\'s High
19. READY STEADY GO
20. Don\'t be Afraid
21. Blurry Eyes
22. Link
23. 瞳の住人
■DISC 2
01. flower
02. Voice
03. あなた



【Blu-ray 通常盤】
KSXL 279/¥8,800 +税
※ピクチャーレーベル仕様
※初回仕様:W購入者応募特典謎の応募券C 封入
<収録曲>
01. 虹
02. Caress of Venus
03. the Fourth Avenue Caf?
04. Vivid Colors
05. Lies and Truth
06. 真実と幻想と
07. forbidden lover
08. Shout at the Devil
09. REVELATION
10. 風の行方
11. X XX
12. 花葬
13. 浸食〜lose control〜
14. HONEY
15. MY HEART DRAWS A DREAM
16. NEO UNIVERSE
17. STAY AWAY
18. Driver\'s High
19. READY STEADY GO
20. Don\'t be Afraid
21. Blurry Eyes
22. Link
23. 瞳の住人



【DVD 通常盤】(2 DVD)
KSBL 6307-6308/¥7,600+tax
※初回仕様:W購入者応募特典謎の応募券C 封入
<収録曲>
■DISC 1
01. 虹
02. Caress of Venus
03. the Fourth Avenue Caf?
04. Vivid Colors
05. Lies and Truth
06. 真実と幻想と
07. forbidden lover
08. Shout at the Devil
09. REVELATION
10. 風の行方
11. X XX
12. 花葬
13. 浸食 〜lose control〜
14. HONEY
15. MY HEART DRAWS A DREAM
16. NEO UNIVERSE
17. STAY AWAY
18. Driver\'s High
19. READY STEADY GO
■DISC 2
01. Don\'t be Afraid
02. Blurry Eyes
03. Link
04. 瞳の住人

アルバム『25th L’Anniversary LIVE』

2018年3月28日発売



【初回仕様】(2CD)
KSCL 3058-3059/¥3,925 +税(サンキュートゥエンティファイヴ)
※スペシャルパッケージSilver L\'AnniversaryBOX
※W購入者応募特典謎の応募券L\'封入
※ピクチャーレーベル
【通常仕様】(2CD)
KSCL 3058-3059/¥3,925 +税(サンキュートゥエンティファイヴ)

<収録曲>
■DISC 1
01. 虹
02. Caress of Venus
03. the Fourth Avenue Caf?
04. Vivid Colors
05. Lies and Truth
06. 真実と幻想と
07. forbidden lover
08. Shout at the Devil
09. REVELATION
10. 風の行方
11. X XX
■DISC 2
01. 花葬
02. 浸食〜lose control〜
03. HONEY
04. MY HEART DRAWS A DREAM
05. NEO UNIVERSE
06. STAY AWAY
07. Driver\'s High
08. READY STEADY GO
09. Don\'t be Afraid
10. Blurry Eyes
11. Link
12. 瞳の住人



【関連リンク】
L\'Arc〜en〜Ciel、秘蔵映像あり!?『25th L’Anniversary LIVE』Trailer #2が公開に!
L\'Arc〜en〜Cielまとめ
AK-69、最強コラボ新曲「BRAVEfeat.Toshl(X JAPAN)」のメイキング映像を公開

【関連アーティスト】
L\'Arc〜en〜Ciel
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray

AK-69、最強コラボ新曲「BRAVEfeat.Toshl(X JAPAN)」のメイキング映像を公開
Fri, 27 Apr 2018 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AK-69がHIP HOP × ROCK ジャンルの壁を超えた最強のコラボレーションと話題の新曲「BRAVE feat.Toshl(X JAPAN)」の緊張感あふれるレコーディング時の一部のトレイラー映像を公開した。

そのトレイラーでは「X JAPANも俺の中ですごい特別な存在だったので、(中略)レーベルから電話がかかってきて、「受けてくれたよ」(という連絡には)(中略)もう「マジか?」ってなりましたもん、本当。」(AK-69) 、また「僕にとっては初めてのチャレンジになるので、すごくエキサイティングなことになるんじゃないかな。(中略)それに自分が合わさったら一体どういう世界観が生まれるんだろうと思って(中略)ぜひ一緒にということで。」(Toshl (X JAPAN))といった、アンセムが生まれる瞬間の貴重で興味深い会話が随所に展開されている。

配信楽曲「BRAVE feat.Toshl(X JAPAN)」

2018年5月14日(月)配信

アルバム『無双Collaborations -The undefeated-』

2018年6月20日(水)発売



UICV-1098/¥3,000(税抜)
<収録予定曲>
BRAVE feat.Toshl(X JAPAN)、ほか予定



【関連リンク】
AK-69、最強コラボ新曲「BRAVEfeat.Toshl(X JAPAN)」のメイキング映像を公開
AK-69まとめ
Toshlまとめ
X JAPANまとめ
TOC、映像作品のトレーラー第2弾&ジャケ写公開

【関連アーティスト】
AK-69, Toshl, X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, トレーラー, 配信, ヒップホップ, ラップ

TOC、映像作品のトレーラー第2弾&ジャケ写公開
Fri, 27 Apr 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TOCが2018年2月に全国5カ所で開催し、全公演完売した話題のツアー『TOC TOUR 2018“SHOWCASE”』が、5月23日にBlu-ray&DVD化される。その発売に先駆けて、ライヴの模様が約2分のダイジェストで楽しめるトレイラー第2弾が公開された。

“LET\'S GO!”の言葉でステージに登場し、歓声を浴びながら、自身のラップ・ヒストリーを表現する「1999」でライヴをスタートさせたTOC。今回のツアーについてTOCは、“どの会場も、自分のキャリアの中でも屈指の盛り上がりが生まれたツアーになったと思います。それにはすごく愛を感じたし、ずっと自分の音楽を聴いてくれる、ずっとライヴに来てくれるっていう、「一過性」では無いファンの皆さんに支えられてきたという感触があります。その中でも印象的だったのは、若い男性客が多かった事ですね。また、TOCのライヴを見に来ている人は、ラップが見たいんだって事を、このツアーで感じました。TOCのライヴは騒げる場所、ストレス発散できる場所にした方が良いのかなって。それがこのツアーでの気付きでもあります。”と語っている。

ソロのキャリアとしての充実と進化、そしてこれからの展開への期待が、この映像作品からもしっかりと伝わってくる。ぜひチェックしてほしい。

Blu-ray&DVD『TOC/TOC TOUR 2018“SHOWCASE”』

2018年5月23日発売



【Blu-ray】
UPXH-1064/5/¥5,900+税
<収録曲>
■Blu-ray・DVD共通
(1)TOC TOUR 2018“SHOWCASE”東京公演
01.1999
02.武器と勇気
03.Bird
04.JIMOTO
05.2FACE
06.高嶺の花
07.[Short Mix Medley]
01.Swag in my skill
02.SAFARI PARK
03.MIGHTY CODE
04.夜クライム
05.Feed Back
06.World View
07.Atonement
08.BirthDay
08.START UP feat.チアキ
09.DISOBEY
10.リスキーダイス
11.過呼吸
12.SAD DAY
13.HATE
14.NEW RULE feat. LITTLE
15.I\'ll Light You
Encore
01.Ray
02.JENGA
(2)Music Video
・「START UP feat.チアキ」Music Video
・「NEW RULE feat.LITTLE」Stock Footage 



【DVD】
UPBH-1461/2/¥4,900+税



【関連リンク】
TOC、映像作品のトレーラー第2弾&ジャケ写公開
TOCまとめ
千聖/Crack6、スプリットシングルにZIGGY森重樹一らの参加が決定

【関連アーティスト】
TOC
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray

千聖/Crack6、スプリットシングルにZIGGY森重樹一らの参加が決定
Fri, 27 Apr 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

PENICILLINのギタリストでソロワーク、プロデュースワーク等でも活躍している千聖が、6月6日に“千聖ソロコンセプト”として「ジキルの空」、“Crack6ソロコンセプト”としての「MAD RIDER」の2曲が収録される強力スプリットシングルをリリースするのは既報の通りだが、その収録楽曲の詳細が解禁された。

初回盤Aには「ジキルの空〜ExtreeeemE Mix〜」としてWAGDUG FUTURISTIC UNITY/T.C.Lの KYONOによるREMIX曲が収録される。通常盤のボーナストラックとして収録される千聖主催イベント『MONSTERS OF ROCK NIGHT SHOW!』のイメージソング「MONSTERS OF ROCK NIGHT SHOW!」は、作詞を森重 樹一(ZIGGY)、作曲を千聖という布陣で制作された。歌唱には森重 樹一をはじめ、Ricky(DASEIN/RIDER CHIPS)、栄二郎(BULL ZEICHEN 88)が参加! ギターには、KOJI(ALvino/La’cryma Christ)、潤(ALvino/PIERROT)、sebastian(BULL ZEICHEN 88)と豪華アーティストが参加している。また、千聖とそれぞれの参加アーティストからコメントも届いた。

さらににNEWアー写、ジャケ写も解禁となった。アー写はスプリットシングルらしく、千聖とCrack6とのスプリット写真。そして、この新曲「ジキルの空/MAD RIDER」を引っさげたワンマンツアー『千聖/Crack6 ワンマンTOUR 2018 『ジキルとMAD RIDER』』の開催や、様々な趣向を凝らしたライブも決定しているので、ぜひ楽曲を聴きこんでライブに足を運んでほしい。インストアイベントの詳細も発表になったので、オフィシャルサイトにて詳細を要チェック! 千聖とCrack6の両方を同時に楽しめるこの貴重な作品を、楽しみに待っていてほしい。

■【コメント】

■千聖
約19年ぶりに千聖ソロ名義でシングルを6月6日に発売します。
その名も「ジキルの空」。
この不安定な世界情勢を打破し、明るい未来に変えていきたいという願いを込めて作りました。
自分でいうのも何ですが、パンチのあるキャッチー且つカッコイイ曲だと思います。
他にも、2013年から活動してる自分のソロプロジェクト「Crack6」として「MAD RIDER」という曲も収録されてるという、千聖ワールドが好きな方には尚更堪らないシングルです。
あと、初回盤Aで、KYONOさん (WAGDUG FUTURISTIC UNITY / T.C.L)が「ジキルの空」のREMIXを手掛けて下さったり、通常盤Cに収録されてる「MONSTER OF ROCK NIGHT SHOW !」は森重さん(ZIGGY)が作詞や歌で参加して下さったり、Rickyさん、栄二郎くん(BULL ZEICHEN 88)、KOJIくん(ALvino / La’cryma Christi)、潤ちゃん(ALvino / PIERROT)、sebastian(BULL ZEICHEN 88)もガンガン参加してくれました。
この濃厚なエクストリームなシングル、お楽しみに!

■KYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY / T.C.L)
最初にまず曲のデータをもらいファーストインプレッションで耳に残ったフレーズを今回フューチャーさせて頂きました。例えばピアノやギターソロ、サビの歌など。プラス自分の作ったトラックやマニピュレーターと新たに作ったシンセやリズム等を足してパズルのように組み合わせていきました。
リミックスも様々な形があると思いますが自分の中ではオリジナルの楽曲をどこまで壊せるか、インパクトを与えられるかがテーマな部分もあり、何度も音や構成を変えていき最終的にスピード感のある形に仕上げていきました。
今回のセッションで自分にとってもまた新たな発見もあり、とても楽しく作業させて頂きました。
この機会を与えてくれた千聖君に感謝しています。
ありがとうございました!!

■森重 樹一(ZIGGY)
パーティーソング!
ロックンロール!
いつもありがとう!
これからも一緒にロックしようぜ!!

■Ricky
前回のイベントテーマソング「Crazy Monsters」に引き続き参加させて頂きました。千聖さんを筆頭にZIGGYの森重樹一さん、BULL ZEICHEN 88の栄次郎さんという最高にロックなアーティストと音源で共演できてRickyラッキーでございます!!! 今回は掛け声的なコーラスとハモを歌わせて頂きました。個人的に千聖さんの低音ボイスと僕の高音ボイスとの相性は、お互いに持ってない成分を補いながらも柔らかく優しい声という共通点があり、これ以上ないマッチングまちこ先生なのではないかと自負しております(笑) 千聖さんからは音楽だけでなく、その生き様にも感銘を受けていますので、これからも僕の一歩二歩先を歩いて頂き、このヴィジュアルシーンを牽引するクレイジーなモンスターキングで在り続けて欲しいです。

■栄二郎(BULL ZEICHEN 88)
レコーディング自体はサクサクっと楽しくレコーディングさせていただきました。
曲がPOPでキャッチーだったのでスクリームとかデスヴォイス系より楽しく歌わせてもらいました。
随分昔にお会いしてた大先輩と、こうやって又巡り会い、レコーディングに参加させてもらい本当に感激でした!又いつでも呼んでくださいね!( ´ ▽ ` )ノ

シングル「ジキルの空/MAD RIDER」

2018年6月6日発売



【初回盤A】
CD+PHOTOBOOK/TKCA-74657
¥2,222+税
[CD収録曲]
M1. ジキルの空(千聖)
M2. MAD RIDER(Crack6)
M3. ジキルの空〜ExtreeeemE Mix〜(Remixed by KYONO)
M4. ジキルの空(Instrumental)
M5. MAD RIDER(Instrumental)




【初回盤B】
CD+DVD/TKCA-74658
¥1,759+税
[CD収録曲]
M1. ジキルの空(千聖)
M2. MAD RIDER(Crack6)
[DVD収録内容]
・「ジキルの空」ビデオクリップ
・「ジキルの空」ビデオクリップメイキング




【通常盤】
CD+ONLY/TKCA-74657
¥1,204+税
[CD収録曲]
M1. ジキルの空(千聖)
M2. MAD RIDER(Crack6)
M3. MONSTERS OF ROCK NIGHT SHOW!(ボーナストラック)


『ジキルの空/MAD RIDER』リリース記念インストアイベント

6月05日(火) 東京・ニコニコ本社
6月06日(水) 東京・タワーレコード 渋谷店
6月08日(金) 埼玉・HMV 大宮アルシェ
6月09日(土) 東京・ヴィレッジヴァンガード 渋谷本店
6月09日(土) 東京・タワーレコード 新宿店
6月10日(日) 東京・タワーレコード 町田店
6月10日(日) 神奈川・タワーレコード 横浜ビブレ店
6月17日(日) 東京・HMV エソラ池袋
6月23日(土) 東京・ライカエジソン 東京店(アウトストアイベント)
6月30日(土) 愛知・fiveStars
6月30日(土) 愛知・ライカエジソン 名古屋店(アウトストアイベント)
7月01日(日) 大阪・ライカエジソン 大阪店(アウトストアイベント)
7月02日(月) 大阪・タワーレコード 難波店
7月08日(日) 東京・渋谷 ZEAL LINK(アウトストアイベント)
8月18日(土) 大阪・little HEARTS. 大阪店
8月18日(土) 大阪・大阪 ZEAL LINK(アウトストアイベント)
8月19日(日) 大阪・TSUTAYA EBISUBASHI
8月19日(日) 大阪・タワーレコード 梅田NU茶屋町店
8月25日(土) 東京・ライカエジソン 東京店(アウトストアイベント)
8月26日(日) 東京・ブランドX (2回開催)

【ライブ情報】

■『千聖/Crack6 ワンマンTOUR 2018 『ジキルとMAD RIDER』“序 〜千聖 = Crack6〜”【FC CLUB NEO 限定LIVE】』
6月16日(土) 東京・SHIBUYA REX
本公演はファンクラブ会員限定ライブの為一般発売はありません。
詳しい内容はモバイルファンクラブ[CLUB NEO]会員の方へご案内いたします。

■『千聖/Crack6 ワンマンTOUR 2018 『ジキルとMAD RIDER』“破 〜千聖 < Crack6〜”』
6月23日(土) 埼玉・西川口 LIVE HOUSE Hearts
6月30日(土) 愛知・名古屋 ell.SIZE
7月01日(日) 大阪・大阪 RUIDO
7月08日(日) 東京・渋谷 TSUTAYA O-WEST【破 〜Crack6バージョン ザ・ファイナル〜】
<チケット>
All Standing¥5,400(税込/D別)
5月20日(日)発売
・入場時別途ドリンク代が必要になります。
・ご入場には6歳以上からチケットが必要になります。

■『千聖/Crack6 ワンマンTOUR 2018 『ジキルとMAD RIDER』“究 〜千聖 > Crack6〜”』
8月10日(金) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM【千聖・ZIGGY 2マンライブ】
8月18日(土) 大阪・大阪 MUSE【究 〜千聖2018 ザ・セミファイナル〜】
8月25日(土) 東京・新宿 ReNY【究 〜千聖2018 ザ・ファイナル〜】
※詳しい内容は近日発表



【関連リンク】
千聖/Crack6、スプリットシングルにZIGGY森重樹一らの参加が決定
Crack6まとめ
PENICILLINまとめ
ZIGGYまとめ
Linked Horizon、10月発売のBlu-ray作品“特装盤”の詳細&外箱イメージ公開

【関連アーティスト】
Crack6, PENICILLIN, ZIGGY
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, コラボレーション, コラボ, シングル, リリース

Linked Horizon、10月発売のBlu-ray作品“特装盤”の詳細&外箱イメージ公開
Fri, 27 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月26日(金)に発売となるBlu-ray『Linked Horizon Live Tour「進撃の軌跡」総員集結 凱旋公演』“特装盤”の外箱イメージ、そして内容詳細が明かされていなかったDisc3「第三壁」の収録内容が発表になった。

「第三壁」は台湾・香港公演、さらに国内ツアーの各地公演のアンコールで披露した楽曲を中心に構成される。「第二壁」にも収録されているLinked Horizon の1stアルバム『ルクセンダルク大紀行』からの4曲は、本ツアーアンコールにて披露してきた2ndアルバム『進撃の軌跡』に参加した歌姫達によるカヴァーバージョンとなっている。さらに、RevoがももいろクローバーZに楽曲提供をした「MOON PRIDE」(TVアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』OP主題歌)もまた『進撃の軌跡』歌姫5名でカヴァーした貴重なバージョンを収録する。

また、「朝までハロウィン」や「よだかの星」などツアーを通して1回だけしか披露されなかった楽曲も、この“特装盤”を購入すれば何度でも楽しむことができる。そして、2018年5月に行われる『Linked Horizon Live Tour “SHINGEKI NO KISEKI” Memoirs&Mini Live Show』韓国・シンガポール公演の様子も収録されるとなれば、この“特装盤”がまさに『進撃の軌跡』完全盤と言える。

“特装盤”は完全受注限定生産で、6月21日(木)23:59までが予約期間となる。この期間を逃すと手に入らなくなるため、是非ともこの機会にゲットしてほしい。

■Blu-ray『Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演』“特装盤”注文ページ
http://ps.ponycanyon.co.jp/cart/add?n=SCXP.73

Blu-ray『Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演』

2018年10月26日発売



【特装盤】(完全受注限定生産)
SCXP.00073/¥55,555+税
<収録曲>
■Blu-ray Disc 1:Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演【第一壁】
・二ヶ月後の君へ
・もしこの壁の中が一軒の家だとしたら
・紅蓮の弓矢 (TVアニメ「進撃の巨人」Season1前期オープニング主題歌)
・14文字の伝言
・紅蓮の座標 (劇場版「進撃の巨人」前編〜紅蓮の弓矢〜主題歌)
・最期の戦果
・神の御業
・自由の翼 (TVアニメ「進撃の巨人」Season1後期オープニング主題歌)
・双翼のヒカリ
・自由の代償 (劇場版「進撃の巨人」後編〜自由の翼〜主題歌)
・彼女は冷たい棺の中で
・心臓を捧げよ! (TVアニメ「進撃の巨人」Season2オープニング主題歌)

■Blu-ray Disc 2:Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演【第二壁】
・Theme of the Linked Horizon
・君は僕の希望 [Vocalized Version] (Vo. mao)
・<ハジマリ>のクロニクル
・雛鳥 [Vocalized Version] (Vo. 小湊美和)
・澪音の世界
・純愛?十字砲火 [Long Version] (Vo. Daisy×Daisy (MiKA)) (※?は正式には二重ハートになります)
・彼の者の名は
・神話 -Μυθο?-
・光と闇の童話
・風の行方 [Vocalized Version] (Vo. Ceui)
・美しきもの
・花が散る世界
・キミが生まれてくる世界
・虚ろな月の下で
・戦いの果てに [Long Version]
・エルの肖像
・凱旋の【Linked Horizon ARENA】
・青春は花火のように (TVアニメ「進撃!巨人中学校」オープニング主題歌)

■Blu-ray Disc 3:Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』海外公演、その他特典映像【第三壁】
※曲順不同
[台湾/香港公演より]
・風の行方 [Vocalized Version] (Vo. MANAMI)
・雛鳥 [Vocalized Version] (Vo. 福永実咲)
・君は僕の希望 [Vocalized Version](Vo. 柳麻美)
・純愛?十字砲火 [Long Version](Vo. 月香)(※?は正式には二重ハートになります)
・11文字の伝言
・Revive
・海を渡った征服者達
・MOON PRIDE
[国内及び海外各地公演より]
・朝までハロウィン
・よだかの星
・レニーがいた季節
・「神の御業」ダイジェスト
・「DJ Revo\'s Live Remixコーナー」ダイジェスト

・5月に開催する “Linked Horizon Live Tour “SHINGEKI NO KISEKI" Memoirs & Mini Live Show (*1)" 韓国・シンガポール公演の様子も収録予定



【関連リンク】
Linked Horizon、10月発売のBlu-ray作品“特装盤”の詳細&外箱イメージ公開
Linked Horizonまとめ
GLAY、5年ぶりに地元・函館で大型野外ライブ開催決定!

【関連アーティスト】
Linked Horizon
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, Blu-ray, 発表

GLAY、5年ぶりに地元・函館で大型野外ライブ開催決定!
Fri, 27 Apr 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年の初めにアジアツアーを行ったばかりのGLAYが、地元函館にて2度目となる大型野外ライブ『GLAY Special Live 2018 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3』の開催を発表した。

会場はVol.1と同様に函館市大町の緑の島となり、前回同様に超大型規模の野外ライブとなる予定だ。このライブはTERUがVo1.1開催時に“第2回をやりたい!”とMCで語っており、5年振りの緑の島での開催が実現されることになる。2019年はデビュー25周年となり、毎年立ち止まる事なく走り続けるGLAY。彼らと過ごす函館の夏は例年以上の“熱さ”を迎えるだろう!

■『GLAY Special Live 2018 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3』

8月25日(土) 函館・緑の島野外特設ステージ
8月26日(日) 函館・緑の島野外特設ステージ

<チケット>
フ?レミアムエリア(フ?ロック指定・オールスタンテ?ィンク?)¥12,000円(税込)※HAPPY SWING会員・GLAY MOBILE会員のみ販売     
スタンテ?ィンク?エリア(フ?ロック指定・オールスタンテ?ィンク?)¥8,640(税込)
・セブンイレブン最速先行:6月16日(土)
・一般発売:7月28日(土)

■オフィシャルアクセスツアー実施決定
受付:5月22日(火)15:00より開始
http://entame.knt.co.jp/tour/2018/08/glay-hakodate/
※抽選制のため、先着順の受付て?はありません。 本ツアーオリシ?ナルク?ッス?(非売品)をフ?レセ?ント!

■特設サイト http://www.glay.co.jp/gmdn2018/
※こちらのスケジュールは、GLAY各Siteでもご覧頂けます。



【関連リンク】
GLAY、5年ぶりに地元・函館で大型野外ライブ開催決定!
GLAYまとめ
10-FEET主催『京都大作戦』第二弾出演アーティスト&出演日割り発表

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

10-FEET主催『京都大作戦』第二弾出演アーティスト&出演日割り発表
Fri, 27 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

京都在住の3ピースロックバンド・10-FEETの主催イベント『京都大作戦2018〜去年は雷雨でごめんな祭〜』の第二弾アーティストが発表となり、7月7日(土)8日(日)二日間の日割りと出演ステージも明らかとなった。

今回新たに発表となったのは、7月7日(土)に牛若ノ舞台に出演するENTH、SHIMA、SHANK、G-FREAK FACTORY、Track\'s、ハルカミライ、FIVE NEW OLD、7月8日(日)に牛若ノ舞台に出演するTHE冠、Survive Said The Prophet、SIX LOUNGE、NAMBA69、HAWAIIAN6、Hump Back、FOMARE、7月8日(日)に源氏ノ舞台に出演するACIDMAN、Ken Yokoyama、WANIMA、そして鞍馬ノ間で二日間にわたって4ON4によるトーナメントに参加する8チーム、AKT LOCAL、大阪籠球会、ORK、ALLBLUE、ちきゅう、TEAM-S、HIGH WEST BALLERS、FRONTOOTHだ。

そして、『京都大作戦』が史上初めて単独映像作品化され、6月27日(水)にリリースされることも発表されている。『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』と題された作品は、Blu-rayで2枚組、DVDで4枚組の特大ボリュームとなる見込みで、2007年から2016年までをドキュメント中心にまとめた『京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜』と、2017年の模様をライブ中心にまとめた『京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜』とで構成される。2018年の模様は収録されないのでご注意を。

Blu-ray、もしくはDVDのみの通常盤のほか、京都大作戦のアイコンとも言える舞妓さんの10年分を集約したスペシャル・デザインのTシャツ(キッズサイズからXXLまで幅広くサイズ展開!)が付属する完全生産限定盤も用意されるが、販売数に限りがあるので、希望サイズのTシャツを確実にゲットしたいなら早期に予約した方が良さそうだ。また、DVDのみで『京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜』、『京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜』それぞれ単独の商品もラインナップされている。

■10-FEET主催イベント『京都大作戦2018〜去年は雷雨て?こ?めんな祭〜』

7月07日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽か?丘特設野外ステーシ?
7月08日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽か?丘特設野外ステーシ?

<出演アーティスト>※五十音順/出演順未定
■7月7日(土)
<源氏ノ舞台>
10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / BRAHMAN / マキシマム ザ ホルモン / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY / ????? / ?????
<牛若ノ舞台>
ENTH / SHIMA / SHANK / G-FREAK FACTORY / Track\'s / ハルカミライ / FIVE NEW OLD

■7月8日(日)
<源氏ノ舞台>
ACIDMAN / Ken Yokoyama / dustbox / Dizzy Sunfist / 10-FEET / Dragon Ash / WANIMA / ?????
<牛若ノ舞台>
THE冠 / Survive Said The Prophet / SIX LOUNGE / NAMBA69 / HAWAIIAN6 / Hump Back / FOMARE

■7月7日(土)8日(日)
<鞍馬ノ間>
京都大作戦杯2018-4ON4 HALF COURT TOURNAMENT-を開催!
AKT LOCAL / 大阪籠球会 / ORK / ALLBLUE / ちきゅう / TEAM-S / HIGH WEST BALLERS / FRONTOOTH

<チケット>
前売:1日券¥6,400/2日通し券¥12,400 ※価格は全て税別・整理番号無し
※小学生以上有料・未就学児童は保護者同伴の場合無料
一般発売:5月26日(土)10:00〜

■『京都大作戦2018〜去年は雷雨て?こ?めんな祭〜』オフィシャルHP
http://kyoto-daisakusen.kyoto/18/(PC・携帯共通)

Blu-ray&DVD『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月27日発売



【完全生産限定盤】
 ※希望サイズを確実に入手するためには、4月22日(日)までのご予約を推奨します。
??Blu-ray2枚組+Tシャツ(kids13Oサイズ)
UPXH-29018/¥13,960+税
??Blu-ray2枚組+Tシャツ(XSサイズ)
UPXH-29019/¥13,960+税
??Blu-ray2枚組+Tシャツ(Sサイズ)
UPXH-29020/¥13,960+税
??Blu-ray2枚組+Tシャツ(Mサイズ)
UPXH-29021/¥13,960+税
??Blu-ray2枚組+Tシャツ(Lサイズ)
UPXH-29022/¥13,960+税
??Blu-ray2枚組+Tシャツ(XLサイズ)
UPXH-29023/¥13,960+税
??Blu-ray2枚組+Tシャツ(XXLサイズ)
UPXH-29024/¥13,960+税
??DVD4枚組+Tシャツ(kids13Oサイズ)
UPBH-29068/¥11,960+税
??DVD4枚組+Tシャツ(XSサイズ)
UPBH-29069/¥11,960+税
??DVD4枚組+Tシャツ(Sサイズ)
UPBH-29070/¥11,960+税
??DVD4枚組+Tシャツ(Mサイズ)
UPBH-29071/¥11,960+税
??DVD4枚組+Tシャツ(Lサイズ)
UPBH-29072/¥11,960+税
??DVD4枚組+Tシャツ(XLサイズ)
UPBH-29073/¥11,960+税
??DVD4枚組+Tシャツ(XXLサイズ)
UPBH-29074/¥11,960+税

通常盤
【Blu-ray2枚組】
UPXH-20066/7/¥11,960+税
【DVD4枚組】
UPBH-20214/7/¥9,960+税

DVD『京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月27日発売



UPBH-20218〜9/¥4,980+税
<収録内容>
2007年から2016年までの『京都大作戦』をドキュメント中心に収録(詳細は後日発表)

DVD『京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月27日発売



UPBH-20220〜1/¥4,980+税
<収録内容>
『京都大作戦2017』の模様をライヴ中心に収録(詳細は後日発表)



【関連リンク】
10-FEET主催『京都大作戦』第二弾出演アーティスト&出演日割り発表
10-FEETまとめ
ENTHまとめ
Shimaまとめ
SHANKまとめ

【関連アーティスト】
10-FEET, ENTH, Shima, SHANK, G-FREAK FACTORY, Track\'s, ハルカミライ, FIVE NEW OLD, THE冠, Survive Said The Prophet, SIX LOUNGE, NAMBA69, HAWAIIAN6, Hump Back, FOMARE, ACIDMAN, Ken Yokoyama, WANIMA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, 出演

青はるまき、100円シングル「ブルースター」をタワレコ限定発売決定
Fri, 27 Apr 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大注目の静岡発、平均年齢19歳の4人組バンドの“青はるまき”が、6月6日(水)に新曲「ブルースター」1曲を収録した100円シングルをタワーレコード全店にて限定発売することがわかった。「ブルースター」は、秋山さる(Vo)の等身大の恋愛感を独特な目線で切なく描いた歌詞と、一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディーが特徴となっている。

青はるまきは、2018年2月からのBrian the Sunツアーのオープニングアクトに抜擢、さらに、2018年4月からSBS静岡放送の朝の情報番組『Soleいいね!』のエンディングテーマに「余韻」が選ばれるなど、今後が期待される。この機会にぜひ100円でチェックしてほしい。

シングル「ブルースター」

2018年6月6日発売



ANYS-1007/¥93+税
<収録曲>
1.ブルースター

【ライブ情報】

5月22日(火) 東京・新宿LOFT ※『LOFT POWER PUSH!!2018』
5月27日(日) 東京・吉祥寺サーキットライブ ※『MiMiNOKO ROCK FES JAPAN』
7月07日(土) 大阪ミナミサーキットライブ※『見放題2018』



【関連リンク】
青はるまき、100円シングル「ブルースター」をタワレコ限定発売決定
青はるまきまとめ
J、6月の全国ツアーよりライブ会場限定シングル発売決定

【関連アーティスト】
青はるまき
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売

J、6月の全国ツアーよりライブ会場限定シングル発売決定
Fri, 27 Apr 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年に節目となるソロ活動20周年を迎え、2018年から新たなフェーズに突入するJが、全国ツアー『J LIVE TOUR 2018 ?RISE ABOVE-』の会場限定で、2曲入り最新シングルをリリースすることを発表! ライブ会場限定での新譜リリースは自身初の試みとなるが、ライブ活動を通じてその存在意義を示してきたJならではの、ある意味自然な流れといえるだろう。

現在Jは、年内リリースを目指して自身11枚目となるオリジナルアルバムのレコーディングに突入している。その序章としても、このシングルに込められたメッセージを是非ライブ会場の熱とともに受け取ってほしい。6月30日(土)の高松公演を皮切りに開催される全国ツアーのチケットは、4月28日(土)より各プレイガイドにて一般発売がスタートする。

全国ツアー『J LIVE TOUR 2018 ?RISE ABOVE-』

6月30日(土) 香川・高松DIME
7月01日(日) 大阪・BIG CAT
7月07日(土) 岡山・IMAGE
7月08日(日) 広島・CAVE-BE
7月14日(土) 長野・CLUB JUNK BOX
7月15日(日) 新潟・LOTS
7月21日(土) 宮城・仙台darwin
7月22日(日) 宮城・仙台darwin
7月28日(土) 福岡・DRUM Be-1
7月29日(日) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
8月04日(土) 北海道・札幌cube garden
8月11日(土・祝) 東京・マイナビBLITZ赤坂
8月12日(日) 東京・マイナビBLITZ赤坂 ※ファンクラブ会員限定

<チケット>
¥5,300(税込)※D代別
・一般発売:4月28日(土)
■公演詳細 http://www.j-wumf.com/live/

ライブ会場限定シングル「タイトル未定」

2018年6月30日より全国ツアー会場にて限定発売開始



CTC1-40397/¥1,200(税込)

◎抽選特典:J オリジナルツアーピック(全3色)
※CD1枚につき会場抽選で、もれなく1つプレゼント



【関連リンク】
J、6月の全国ツアーよりライブ会場限定シングル発売決定
LUNA SEAまとめ
Jまとめ
菅原卓郎、コンセプトアルバム『今夜だけ俺を』ジャケ写公開&タイトル曲のラジオ初OAが決定

【関連アーティスト】
LUNA SEA, J
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, リリース, 発売, ライブ

菅原卓郎、コンセプトアルバム『今夜だけ俺を』ジャケ写公開&タイトル曲のラジオ初OAが決定
Fri, 27 Apr 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎(Vo&Gu)が6月13日(水)にリリースする、“平成最後の年に放つオルタナ歌謡曲集”と銘打ったアルバム『今夜だけ俺を』のタイトルトラック「今夜だけ俺を」が、4月28日(土)放送のJ-WAVE(81.3FM)『RADIO DONUTS』(8:00-12:00)にて初オンエアされることが決定した。合わせて歌詞サイト「歌ネット」「UtaTen」にて4月28日(土)正午12:00より同曲の歌詞も公開される。いしわたり淳治が手掛けた歌謡ムードたっぷりの世界観を文字でも味わってほしい。

また、ジャケット・アートワークも同時に公開された。“歌謡曲”というコンセプトに沿ってデザインされたジャケットは、菅原の妖しい色香が漂う表情が印象的だ。

さらに、各CDショップ別オリジナル特典も公開となり、タワーレコード、Village Vangurad、HMV、TSUTAYA、その他店舗でそれぞれデザインの異なる特製ブロマイド、および懐かしいスリムポスターが用意されている。

■「今夜だけ俺を」歌詞配信先 ※4月28日(土)正午12:00より公開
歌ネット:https://www.uta-net.com/song/248179/
UtaTen:https://goo.gl/8xoZby

「今夜だけ俺を」オンエア情報

4月28日(土)J-WAVE(81.3FM)『RADIO DONUTS』(8:00-12:00)内で初オンエア

アルバム『今夜だけ俺を』

2018年6月13日発売



COCP-40356/¥2,200+税
<収録曲>
■CD
1.今夜だけ俺を
2.ボタンにかけた指先が
3.悪女
4.Babyどうかしてるぜ
5.ドレスを脱がせて
6.捨て台詞

<購入者特典>
下記対象店舗にて、アルバム『今夜だけ俺を』(COCP-40356)をご予約・ご購入の方に先着で特典をプレゼント。
※特典の絵柄は後日公開。
※特典は先着順となっており、無くなり次第終了となります。ご了承ください。
※一部店舗では特典の取り扱いがない場合がございます。特典の有無は店舗に直接お問い合わせください。
※対象店舗は随時更新予定です。
<対象店舗>
・TOWER RECORDS(オンライン含む):「A柄」特製B2スリムポスター
・ヴィレッジヴァンガード:「B柄」特製B2スリムポスター
・HMV全店(一部店舗除く)/HMV&BOOKS online:「C柄」特製ブロマイド
・TSUTAYA RECORDS(ツタヤレコード)各店/TSUTAYAオンラインショッピング:「D柄」特製ブロマイド
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみ対象です。
・拠点店特典:「E柄」特製ブロマイド



【関連リンク】
菅原卓郎、コンセプトアルバム『今夜だけ俺を』ジャケ写公開&タイトル曲のラジオ初OAが決定
菅原卓郎まとめ
カジヒデキがキュレーターを務める『PEANUTS CAMP 2018』、小山田壮平、カネコアヤノら10組の出演者を発表

【関連アーティスト】
菅原卓郎
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

カジヒデキがキュレーターを務める『PEANUTS CAMP 2018』、小山田壮平、カネコアヤノら10組の出演者を発表
Fri, 27 Apr 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

カジヒデキをキュレーターに迎えた『PEANUTS CAMP』が、8月25日(土)26日(日)の2日間にわたって、千葉・一番星★ヴィレッジ(市原市オートキャンプ場)にて開催される。今回で3年目の夏開催となる『PEANUTS CAMP』の第一弾出演アーティストが解禁となった。

発表されたのは、カジヒデキ(CURATOR)、大木温之(Theピーズ)、小山田壮平、かせきさいだぁ、カネコアヤノ、小西康陽、曽我部恵一、DJみそしるとMCごはん、DJやついいちろう(エレキコミック)、猫ひろしの10組。チケットは、4月27日(金)17時より最速早割り先行を受付中なので、お早めに! また、同時に2017年開催時のダイジェスト映像も公開となったので、こちらも併せて要チェック。

『PEANUTS CAMP 2018』は、千葉県市原市にある星の集まるキャンプ場“一番星☆ヴィレッジ”を舞台に大人も子供も楽しめるのんびり愉快なミュージック&キャンプイベントとして開催される。牧場を切り開いた東京ドーム約13個分の、広大で快適なロケーションでキャンプをしながら、ゆったりとした時間の中で心地良い音楽を楽しんでみてはいかがだろうか。また、ライブのほかにもアウトドアアクティビティの体験やワークショップ、地元フードショップの美味しいご飯や盆踊り、キャンプファイヤーなど、楽しめるコンテンツが盛りだくさん! ぜひお友達やご家族を誘って参加してほしい。

■【カジヒデキ コメント】

お待たせしました!今年もピーナッツキャンプの開催が決定しました!
今年に入って様々な場所で「今年はピーキャンやらないの?めちゃくちゃ楽しみにしてるよ!」と、沢山の方から温かい声を掛けて頂いていたので、3回目の開催をやっと発表することが出来て、僕自身がとても嬉しいですし、楽しみにしていてくれた皆さん、本当にありがとう!

都心からわずか1時間強、千葉県市原市の素晴らしい自然の中で、大人も子供も一緒になって楽しめる音楽とキャンプ、様々なワークショップや美味しい食事など今年も夏の思い出作りには最高過ぎるフェスになることでしょう。とにかくピーキャン、雰囲気がいいんです!まるで宮崎駿さんのアニメの中に飛び込んだような空間で、気持ちのいい音楽に溢れていて、みんなが一日中笑顔でいられる場所。それがピーキャンですし、1年目も2年目もお客さんの笑顔や励ましの声に、ものスゴイ感動を頂きました!
3年目の今年も、たくさんのハッピーやワクワクを皆さんにお届け出来るよう、スタッフのみんなも興奮しています。

夏休み最後のウィークエンド。
我が愛する千葉県の一番星★ヴィレッジを目指して、全国から大集合してくれると嬉しいです!
そしてみんなで最高の思い出作りをしましょう。今年も合言葉は「Let’s Chill!」でよろしくね!

■『PEANUTS CAMP 2018』

開催日:8月25日(土)8月26日(日)
会場:一番星★ヴィレッジ(市原市オートキャンプ場)

<出演>
カジヒデキ(CURATOR)/大木温之(Theピーズ)/小山田壮平/かせきさいだぁ/カネコアヤノ/小西康陽/曽我部恵一/DJみそしるとMCごはん/DJやついいちろう(エレキコミック)/猫ひろし

<チケット>
■入場券A:2日まるっとお楽しみ入場券¥13,000(税込) ※早割り価格¥12,000(税込)
※小学生以下は入場無料となります(保護者同伴)  
■オプション区画券AC:お車と一緒にゆったり(オートキャンプ)区画券¥15,000(税込)
※別途、2日まるっとお楽しみ入場券×人数分必要
■オプション券TC:手ぶらでキャンプ(常設テント)券¥15,000(税込)  
※4〜5人用テント、寝袋、ランタンを会場にてレンタルできるチケットです。
※テントは常設ですので、お客さまご自身で組み立てる必要がありません。
■駐車券P1:2日会場とめっぱ駐車券¥5,000/台(税込)

・最速早割り先行(抽選)チケット受付開始!
受付期間:4月27日(金)17:00〜5月13日(日)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/peanuts-camp2018



【関連リンク】
カジヒデキがキュレーターを務める『PEANUTS CAMP 2018』、小山田壮平、カネコアヤノら10組の出演者を発表
カジヒデキまとめ
Theピーズまとめ
小山田壮平まとめ
かせきさいだぁまとめ

【関連アーティスト】
カジヒデキ, Theピーズ, 小山田壮平, かせきさいだぁ, カネコアヤノ, 小西康陽, 曽我部恵一, DJみそしるとMCごはん, DJやついいちろう, 猫ひろし
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, チケット, 夏フェス

スティングの『ブリング・オン・ザ・ナイト』は、パンク以降のロックが進むべき道を示したライヴ盤
Fri, 27 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

一流ミュージシャンが集まっているくせに、偽パンクロッカーとしてデビューしたポリスのすごさは未だに忘れられないが、ソロになったスティングのすごさもまた忘れられないものである。特にソロデビュー時の畳み掛けというか、次々に繰り出す彼の新しい試みは、新たなロックへの指針に満ちあふれていた。今回紹介する2枚組のライヴ盤『ブリング・オン・ザ・ナイト』は、スティングが新進気鋭の若手ジャズミュージシャンたちとともに、フュージョン的な要素は極力排除したまったく新しいスタイルのロックを提示してみせた名作である。これほどハイレベルのライヴパフォーマンスは、21世紀になった現在でも滅多にないと言っていいだろう。アーティストとしてのスティングの才能が最も輝いていた時代の、ロック史に残る偉大なドキュメントである。

■ロック界最高のトリオのひとつ、ポリス

プログレ、ジャズロック、フリージャズ、ポップスなど、ポリスの3人はポップスの王道からアバンギャルドに至るまで、グループ結成までにすでに豊富な音楽経験を持ち、技術的にもハイレベルな猛者たちであった。彼らの狙いがどこにあったのか今となっては定かではないが、当初はパンク〜ニューウェイヴのテイストでデビューし、70s後半にイギリスで人気のあったレゲエ、スカの味付けを施したビートバンド的サウンドだった。78年にリリースされたポリスのデビュー盤『アウトランドス・ダムール』は、楽曲の完成度、演奏技術、創造性、魅力的なヴォーカルなど、全てにわたって非常に完成度の高い作品だ。

彼らのロッカーとしての底知れぬパワーは、続く2枚目の『白いレガッタ(原題:Reggatta de Blanc)』(‘79)で早くも頂点にまで達したかのように見えた。この作品ではデビュー時の商業イメージである“ビートバンド”的な要素はちゃんと残しつつも、すでに王道のソングライティングと高い技術に裏打ちされたパフォーマンス力を駆使して、パンクムーブメントによって一旦破壊されたロック音楽を再構築するだけでなく、次世代のアーティストたちへの指針とも言えるような新時代のポピュラー音楽を提示していた。何より、誰もが口ずさめるようなメロディーを持つスティングのソングライティングは素晴らしく、同時代のアーティストでは似たものがおらず、ビートルズやエルトン・ジョンが引き合いに出されるほどであったのだから、そのハイレベルさがよく分かるというものだ。

60s〜70sのポピュラー音楽をリスペクトしつつ昇華、パンク、ニューウェイヴ、ワールドミュージックなどの新しい要素も付加することができた彼らの才能は、この後の『ゼニヤッタ・モンダッタ』(’80)でも十二分に発揮されている。『ゴースト・イン・ザ・マシーン』(‘81)では旧世代のシンセが多用されているので、今聴くと古くなってしまっているのが残念だが、最後の作品となる『シンクロニシティ』(’83)は実験的な前半と王道ロックの後半の組み合わせを当時最先端のエンジニアリングで処理し、単にビッグセールスを記録したというだけでなく、80sを代表する純度の高いロックアルバムとなっていた。

■スティングの音楽性

デビュー作の『アウトランドス・ダムール』から『シンクロニシティ』まで、ポリスの名曲群を書いていたのはスティングであり、美しいメロディーへのこだわりは強く、キャッチーな曲であろうとアバンギャルドな曲であろうと、彼はリスナーの心に強く残る曲を生み出すことのできるプロフェッショナルなソングライターだと言える。

ポリス時代は、アンディ・サマーズ、スチュアート・コープランドというすぐれたミュージシャンたちとのトリオであり、彼のベーシストとしての実力は万人が知るところとなったが、ソロに転向するとアメリカで頭角を現してきた若手の凄腕ジャズミュージシャンを従えることになり、スティングの音楽性がジャズ寄りになったことは確かだが、フュージョン的な演奏にはならずロックスピリットをしっかり感じさせるところは、バンマスのスティングがしっかりコントロールしていたからに違いない。

ソロに転向(この時点ではポリスは解散しているわけではなく、活動休止という扱いであった)して1枚目の『ブルータートルの夢(原題:The Dream of the Blue Turtles)』(‘85)からの付き合いとなる、ダリル・ジョーンズ(ベース)とオマー・ハキム(ドラム)のリズムセクション、ケニー・カークランド(ピアノ)、そしてブランフォード・マルサリス(サックス)の4人の若手ジャズプレーヤーは凄いメンバーばかりだ。これだけの力量を持ったメンバーを束ねられるのは、世界広しと言えどもスティングと矢野顕子ぐらいではないかと思う。

それにしても『ブルータートルの夢』は名曲揃いの名作だ。スティングの才能は枯れるどころか、ポリス時代よりもソングライティングの技は冴え渡っている。「セット・ゼム・フリー(原題:If You Love Somebody Set Them Free)」「シャドウズ・イン・ザ・レイン」「黒い傷跡(原題:We Work The Black Seam)」などの名曲かつ名演は、今聴いてもまったく古さを感じず素晴らしい。やっぱり人力演奏に重きを置いているアーティストは良い。

なお、この頃のスティングバンドをカメラで捉えたドキュメンタリー『ブルータートルの夢(原題:Bring On The Night)』は、当時渋い映画を撮ることで映画ファンから注目を集めたマイケル・アプテッドが監督を務めた作品で、このバンドがいかにすごいかがよく分かるし、音楽ドキュメンタリーとしても素晴らしい作品に仕上がっている。スティングのファンでなくても楽しめるので、音楽ファンにはぜひ観てほしい。

■本作『ブリング・オン・ザ・ナイト』 について

アルバム全体の出来としてみれば、本作『ブリング・オン・ザ・ナイト』の次にリリースされた『ナッシング・ライク・ザ・サン』(‘87)のほうが完成度は高いと思う。ただ、本作はライヴ盤なので、前述の若手ミュージシャンたちがライヴになるとこんなにすごい演奏ができるのかと、僕自身の驚きの記憶を忘れることができないので、スティングと言えば本作という思い入れがある。その驚きの瞬間は、早くも1曲目にやってくる。ポリス時代の「ブリング・オン・ザ・ナイト」(『白いレガッタ』に収録)と「君がなすべきこと(原題:When The World Is Running Down, You Make The Best Of What’s Still Around)」(『ゼニヤッタ・モンダッタ』に収録)の12分近くにも及ぶメドレーだ。「ブリング・オン・ザ・ナイト」はオリジナルとはかなり違い、こちらのアレンジのほうが数段良い。

冒頭からダリル・ジョーンズとオマー・ハキムのタイトで重厚感のあるリズムセクションのうねりに感心していると、より引き締まったリズムに変化していき、ケニー・カークランド(残念だが、彼は98年に43歳で急死している)のキレの良いパーカッシブなピアノが登場し、間もなく怒涛の超絶ピアノソロが始まる。そして、高揚していくカークランドのピアノに合わせてリズムセクションのふたりも絶妙のテクニックでアクセントを付けていく。観客の声援が大きくなっていき、聴いているこちらもカオスに巻き込まれてしまう。ピアノソロが終わる少し前に、スティングの「ケニー・カークランド!」というリスペクトを表すメンバー紹介があって、ゲストによる素晴らしいラップが煽りまくり、バックコーラスの女性数人とのコール&レスポンスが続く…いや、ほんと生きてて良かったって思うぐらいすごい演奏だ。

はっきり言って、このメドレー1曲だけで本作を持っておく価値があるぐらい素晴らしい。アルバムは2枚組で、収録曲は13曲。ポリス時代の曲とソロ1作『ブルータートルの夢』からの選曲となっているのだが、「ロクサーヌ」や「メッセージ・イン・ア・ボトル」など、ポリス時代の大ヒット曲は含まれていない。ライヴではもちろんやっているだろうが、シングルでひとり歩きしているナンバーを収録するとアルバムの統一感が崩れてしまうと判断したのだろう、それは僕も正解だと思う。

というわけで、今回は『ブリング・オン・ザ・ナイト』を取り上げたが、これまでポリスやスティングを聴いたことがないのなら、この機会にぜひ聴いてみてください。

TEXT:河崎直人

アルバム『Bring On the Night』

1986年発表作品



<収録曲>
1. ブリング・オン・ザ・ナイト/ホエン・ザ・ワールド・イズ・ランニング・ダウン / Bring on the Night/When the World Is Running Down You Make the Best of What\'s Around
2. コンシダー・ミー・ゴーン / Consider Me Gone
3. ロー・ライフ / Low Life
4. 黒い傷あと / We Work the Black Seam
5. 世界は悲しすぎる / Driven to Tears
7. ブルー・タートルの夢/破壊者 / Dream of the Blue Turtles/Demolition Man
8. ワン・ワールド/ラヴ・イズ・ザ・セブンス・ウェイヴ / One World (Not Three)/Love Is the Seventh Wave
9. バーボン・ストリートの月 / Moon Over Bourbon Street
10. アイ・バーン・フォー・ユー/ I Burn for You
11. アナザー・デイ / Another Day
12. チルドレンズ・クルセイド / Children\'s Crusade
ダウン・ソー・ロング - I Been Down So Long (Atkins, Lenoir)
13. サハラ砂漠でお茶を / Tea in the Sahara



【関連リンク】
スティングの『ブリング・オン・ザ・ナイト』は、パンク以降のロックが進むべき道を示したライヴ盤
Stingまとめ
The Policeまとめ

【関連アーティスト】
Sting, The Police
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, シンガーソング・ライター, アルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1