歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年04月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
ASAGI(D)× 樹威(GOTCHAROCKA)× yo-ka(DIAURA)による、会場限定カバーミニアルバムを発売
Fri, 20 Apr 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

D、GOTCHAROCKA、DIAURAの公私共に親交のある東北出身ヴォーカリスト3人(長男:ASAGI、次男:樹威、三男:yo-ka)による主催イベント『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』の開催に合わせ、ボーカルカバーミニアルバム第2弾『手弱女(たおやめ)』と写真集の発売が決定した。

第1弾開催時にリリースされたコラボレーションCDと写真集は『益荒男(ますらお)』と題され、シーンで大きな話題となった。CDはD、GOTCHAROCKA、DIAURAの楽曲を各々が一曲ずつボーカルカバーをするという激レアなアイテムで、楽曲タイトルからも分かるように、非常に貴重な内容になっている。さらに、3バンドの全メンバーがコーラスとしてゲスト参加をするとのことなので要チェックだ。

第1弾の写真集は雄々しく男らしさ溢れる和装姿が収められていたが、第2弾のタイトルはなんと“手弱女(たおやめ)”ということで、今回は女形を披露! 益荒男と対義語をなすこの言葉から、この機会でしか見ることが出来ない東北三兄弟(トリオ)の美麗な姿を想像し、期待していてほしい。

CDと写真集は『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』の6公演で会場限定販売&完全数量限定生産となっており、通販は未定。無くなり次第販売終了なので、会場に足を運ぶ方はぜひゲットしてほしい。東名阪公演に加え、各バンドのボーカリストの出身地である秋田、仙台、福島での公演も決まっているので、東北三兄弟の熱い絆、そして各バンドの本気のぶつかり合いをその目で確かめてみてはいかがだろうか。詳細は各バンドのオフィシャルHPをチェック!

東北三兄弟主催『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』

5月31日(木) 仙台CLUB JUNK BOX
6月02日(土) 郡山CLUB #9
6月03日(日) 秋田Club SWINDLE
6月07日(木) 名古屋Electric Lady Land
6月08日(金) umeda TRAD(旧:梅田AKASO)
6月15日(金) 新宿BLAZE
<出演>
ASAGI(D)/樹威(GOTCHAROCKA)/yo-ka(DIAURA)
<チケット>
立見¥4,000(税別) ※D代別 
■一般発売:4月28日(土)

ミニアルバム『手弱女(たおやめ)』

『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』の6公演にて会場限定販売&完全数量限定生産
※通販は未定/無くなり次第販売終了



GCR-167/¥3,000(税込)
※6songsCD&ブックレット
※特典:東北三兄弟(トリオ)ポストカード全7種ランダム封入!
<収録曲>
■ASAGI
「Ash」(GOTCHAROCKA)
「ホライゾン」(DIAURA)
■樹威
「闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア」(D)
「胎動」(DIAURA)
■yo-ka
「Vampire Missa」(D)
「Poisonous berry」(GOTCHAROCKA)

※一回のお買い上げに付き、お一人様それぞれCD3枚 、写真集3部まで。更にご購入を希望されるお客様は列の最後尾まで再度お並び直し下さい。
◎CD&写真集 W購入特典:手弱女(たおやめ)CD&写真集 Making DVD(先着順/無くなり次第プレゼント終了)

和装美麗撮り下ろし写真集『手弱女(たおやめ)』

『MICHINOKU THREE KINGDOMS vol.2』の6公演にて会場限定販売&完全数量限定生産
※通販は未定/無くなり次第販売終了



AJY-002/¥2,500(税込)
<掲載アーティスト>
手弱女(たおやめ)(長男:ASAGI 次男:樹威 三男:yo-ka)
<収録内容>
メインヴォーカルやコーラスのレコーディング風景、コメント、撮影風景など盛り沢山!
下記会場にて販売。オープンの2時間前より先行販売開始(仙台15:30〜/郡山14:30〜/秋田14:30〜/名古屋15:30〜/大阪15:30〜/東京15:15〜)

※一回のお買い上げに付き、お一人様それぞれCD3枚 、写真集3部まで。更にご購入を希望されるお客様は列の最後尾まで再度お並び直し下さい。
◎CD&写真集 W購入特典:手弱女(たおやめ)CD&写真集 Making DVD(先着順/無くなり次第プレゼント終了)



【関連リンク】
ASAGI(D)× 樹威(GOTCHAROCKA)× yo-ka(DIAURA)による、会場限定カバーミニアルバムを発売
Dまとめ
GOTCHAROCKAまとめ
DIAURAまとめ
『イナズマロックフェス 2018』の雷神ステージに、西川貴教、超特急、ROTTENGRAFFTYなど出演決定

【関連アーティスト】
D, GOTCHAROCKA, DIAURA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, リリース, 発売, ミニアルバム

『イナズマロックフェス 2018』の雷神ステージに、西川貴教、超特急、ROTTENGRAFFTYなど出演決定
Fri, 20 Apr 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年9月22日(土)23日(日)24(月・祝)の3日間に、滋賀県草津市烏丸半島芝生広場で開催される『イナズマロック フェス 2018』の雷神ステージ第1弾出演アーティストが発表された。9月22日(土)に西川貴教、ROTTENGRAFFTY、和楽器バンド、9月23日(日)にabingdon boys school、THE ORAL CIGARETTES、超特急、9月24日(月・祝)にT.M.Revolutionといった豪華なメンバーが決定。チケットの最速先行受付は4月20日(金)20時よりスタートしているので、お早めにゲットしてほしい。

さらに『イナズマロック フェス』では、全国展開のオーディション『イナズマゲート2018』を開催することが決定! なんと、グランプリ特典には『イナズマロック フェス 2018』の風神ステージへの出演権が用意されているとのこと(該当者なしの場合あり)。次なるブレイクを目指すアーティストや、未来の『イナズマロック フェス』ヘッドライナーを発掘すべく、募集部門はバンド・シンガー・ユニット・アイドルなど形態不問となっているので、このチャンスにぜひ応募してみてはいかがだろうか。詳細は公式サイトにてチェック!

『イナズマロック フェス 2018』

9月22日(土)〜24日(月・祝) 滋賀県草津市 烏丸半島芝生広場 (滋賀県琵琶湖博物館西隣 多目的広場)

<LIVE AREA・雷神STAGE 出演アーティスト>
■9月22日(土)
西川 貴教/ROTTENGRAFFTY/和楽器バンド and more
■9月23日(日)
abingdon boys school/THE ORAL CIGARETTES/超特急 and more
■9月24日(月・祝)
T.M.Revolution and more

<チケット>
■オフィシャルHP最速先行:4月20日(金)20:00〜5月17日(木)23:59 ※お一人様4枚まで
■受付URL https://l-tike.com/st1/inazuma-rock2018
※券種などの詳細は、オフィシャルサイトをチェック!

『イナズマゲート2018』

<募集期間>
4月20日(金)20:00〜5月20日(日)22:00
<募集部門>
バンド/シンガー/シンガーソングライター/ユニット/ラッパー/アイドルなど形態不問
<応募資格>
・メンバー構成の国籍、年齢、性別、演奏スタイルは一切問いません。
※未成年者の応募は親権者の承諾が必要です。
・オリジナル曲でもコピー曲でも応募可能です。
・2次審査に出演可能な方(日程は選考スケジュール参照)
・3次審査に出演可能な方(日程は選考スケジュール参照)
・9月22日(土)〜24日(月・祝)のフェス本番日全日に出演可能な方

■応募フォーム https://eggs.mu/project/inazumagate2018
■『イナズマゲート2018』オフィシャルサイト http://inazumarock.com/2018/inazumagate/

※『イナズマゲート2018』へエントリーいただくには、「Eggs」へのアーティスト登録、楽曲登録、および、エントリーフォームへのエントリー情報の入力が必要となります。「Eggs」へのアーティスト登録完了後、規約へ同意の上、エントリーフォームに必要事項を入力してください。
※「Eggs」は、タワーレコード、NTTドコモ、レコチョクの3社による、音楽を志すすべてのアーティストと音楽を愛するすべてのリスナーを応援する「Eggsプロジェクト」が提供する無料配信プラットフォームです。



【関連リンク】
『イナズマロックフェス 2018』の雷神ステージに、西川貴教、超特急、ROTTENGRAFFTYなど出演決定
西川貴教まとめ
超特急まとめ
ROTTENGRAFFTY まとめ
和楽器バンドまとめ

【関連アーティスト】
西川貴教, 超特急, ROTTENGRAFFTY , 和楽器バンド, abingdon boys school, THE ORAL CIGARETTES, T.M.Revolution
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 出演, 夏フェス

ほのかりん、新曲「夢裡」MV公開&完全招待制ライブ観覧募集スタート
Fri, 20 Apr 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ほのかりんが5月9日(水)にリリースするメジャーデビューアルバム『LOVE ME TENDER』より、先行配信曲「夢裡」(むり)のMVを公開した。新曲「夢裡」の作詞作曲はもちろん、ほのかりんが手がけており、シリアスな男女関係と幾つかの失った風景を甘い言葉で綴ったロックナンバーに仕上がった。MVは、その“失った風景”を再現する“過去”と、歌唱シーンとしての“現在”をオーバーラップさせた内容で、特に“失った風景”を再現したシーンは、かつてのフランス映画を彷彿させるようなセンチメンタルな映像に。「夢裡」は、4月25日(水)よりレコチョク、iTunesほかで配信開始となる。

また、このアルバムの発売日である5月9日(水)に青山RizMで開催される完全招待制ライブの観覧募集が、オフィシャルHPでスタート! ぜひチェックしてほしい。

アルバム『LOVE ME TENDER』

2018年5月9日発売



FLCF-4513/¥2,400(税込)
<収録曲>
■CD
01.愛別れ
02.メロンソーダ
03.ピローケース
04.Envy
05.夢裡(先行配信)
06.夏好きの君
07.メトロ
08.愛
09.ふわふわ
10.東京

完全招待制ライブ『ほのかりん ONE MAN LIVE 「LOVE ME TENDER」』

5月09日(水) 青山RizM
<料金>
入場無料 ※D代別/完全招待制
■応募はこちら http://lynnhonoka.com/news/327.html



【関連リンク】
ほのかりん、新曲「夢裡」MV公開&完全招待制ライブ観覧募集スタート
ほのかりんまとめ
Ryu Matsuyama、ニューアルバム収録曲「Footsteps」MV公開&先行配信スタート

【関連アーティスト】
ほのかりん
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 新曲

Ryu Matsuyama、ニューアルバム収録曲「Footsteps」MV公開&先行配信スタート
Fri, 20 Apr 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Ryu Matsuyamaが、5月16日(水)にリリースするニューアルバム『Between Night and Day』より「Footsteps」のMVを公開! 監督は、Ryu Matsuyamaの他のMVでもお馴染みの林響太朗が担当。このMVは通常の映像制作の何倍もの時間と労力をかけて作られた会心作で、撮影・編集した映像を1コマずつ加工し、手書きでのエフェクトが加えられている。MVについて林響太朗は、“今まで何本か作らせてもらっている中で、前々からお互いで作ってみたいことがあり、それをやり切れるだけやりきる、これが今回一番の目的でした。一枚一枚を丁寧に仕上げてくれた仲間の皆様に感謝です。ありがとうございました”とコメント。

また、4月20日(金)より「Footsteps」の先行配信がスタート。是非MVと併せてチェックしてほしい。さらに、アルバムの発売を記念してインストアライブの開催が決定し、6月16日(土)12時よりタワーレコード新宿店7Fイベントスペースにてミニライブ&サイン会が行われる。アルバム発売に向けて注目度急上昇中のRyu Matsuyamaに要注目だ。

アルバム『Between Night and Day』

2018年5月16日発売



VPCC-86168/¥2,250+税
<収録曲>
■CD
1.Window
2.Footsteps
3.City
4.That Mad Rad Tale
5.Istante
6.Take a Piece
7.Simply, Something
8.Return to Dust
9.Landscapes

先行配信「Footsteps」

配信中



<定額制サブスクリプションサービス>
・Spotify http://open.spotify.com/track/7FrXtKY6xbjMTaSnthy9qV
・Apple Music https://itunes.apple.com/jp/album/id1371267177?app=apple
・AWA https://mf.awa.fm/2HBzJGk
・LINE MUSIC https://music.line.me/launch?target=album&item=mb000000000162dd6b&cc=JP
・Google Play Music https://play.google.com/music/m/Bzlntdqvrd73da67deusgkvjpu4
・KKBOX https://kkbox.fm/Dr0eWh
・レコチョクBest https://best.recochoku.jp/#artist!artist_id=2000364712
<ダウンロード>
・iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/id1371267177?app=itunes
・レコチョク http://recochoku.jp/song/product/1009920088/
・mora http://mora.jp/artist/802960/
・Google Play Music https://play.google.com/store/music/album?id=Bzlntdqvrd73da67deusgkvjpu4

アルバム『Between Night and Day』リリース記念インストアイベント

6月16日(土) 東京・タワーレコード新宿店 7F イベントスペース 12:00〜
内容:ミニライブ+サイン会
参加券配布対象作品:5月16日発売 アルバム『Between Night and Day』(VPCC-86168)

<参加券配布対象店舗>
タワーレコード新宿店、タワーレコード渋谷店、タワーレコード池袋店、タワーレコード秋葉原店、タワーレコード町田店(5月15日(火)商品入荷次第より配布開始予定)

<参加方法>
観覧フリー。ご予約者優先でタワーレコード新宿店、渋谷店、池袋店、秋葉原店、町田店にて5月16日発売「Between Night and Day」(VPCC-86168)をお買い上げの方に先着で、「サイン会参加券」をCD1枚の購入につき1枚お渡しいたします。参加券は予定枚数がなくなり次第配布終了となります。参加券をお持ちの方はミニライブ終了後、サイン会へご参加いただけます。サインは購入いただいた5月16日発売の「Between Night and Day」のジャケットへとさせていただきます。サイン会へ参加されるお客様はイベント当日ご購入いただいたCDジャケットを必ずご持参ください。

詳細はオフィシャルHPにてチェック!!



【関連リンク】
Ryu Matsuyama、ニューアルバム収録曲「Footsteps」MV公開&先行配信スタート
Ryu Matsuyamaまとめ
DIR EN GREY、シングル「人間を被る」特典映像のトレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
Ryu Matsuyama
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, リリース, 配信, 音楽配信

DIR EN GREY、シングル「人間を被る」特典映像のトレーラー映像を公開
Fri, 20 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DIR EN GREYが4月25日(水)にリリースするニューシングル「人間を被る」の、完全生産限定盤・初回生産限定盤に付属となる特典映像のトレーラー映像を公開! 『人間を被る(Scenes From Recording) Trailer』と題されたこのトレーラー映像は、新曲「人間を被る」のレコーディング風景と、メンバー5人の新曲制作に関するインタビューから構成されたもの。それぞれがこの曲とどのように向き合い完成まで漕ぎ着けたのか、その一端を知ることができる貴重な内容だ。ぜひこちらをチェックして、シングル発売を楽しみにしていてほしい。

なお、DIR EN GREYは現在2018年最初のツアー『TOUR18 真世界』を敢行中。シングル発売日の4月25日(水)には、大阪・なんばHatchにてライブを行なう。また、全公演のソールドアウトを受けて、6月29日(金)および30日(土)に東京・新木場STUDIO COASTでの追加公演も決定しているので、各公演の詳細はオフィシャルHPにて要チェック!

シングル「人間を被る」

2018年4月25日発売



【完全生産限定盤】(CD+Blu-ray)
SFCD-0222〜223/¥5,500+税
【完全生産限定盤】(CD+DVD)
SFCD-0224〜225/¥4,500+税
<収録曲>
■DISC 1:CD
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
※Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
■DISC 2:Blu-ray or DVD]
01. Chain repulsion
TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE"?-
2014.08.30 新木場STUDIO COAST (追加公演)
02. 禍夜想
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]
2016.07.01 新木場STUDIO COAST
03. Phenomenon
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]
2016.09.23 ホクト文化ホール
04. Un deux
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]
2016.11.08 CLUB CITTA\' [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
05. Revelation of mankind
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]
2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
06. Midwife
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of THE MARROW OF A BONE]
2017.04.18 Zepp Nagoya
07. 鱗
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of MACABRE]
2017.07.26 中野サンプラザ
08. Sustain the untruth
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]
2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only- (追加公演)
<IN-STUDIO FOOTAGE>
人間を被る (Scenes From Recording)



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SFCD-0226〜227/¥1,800 (tax out)
<収録曲>
■DISC 1:CD
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
※Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
■DISC 2:DVD
01. Un deux
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]
2016.11.08 CLUB CITTA’ [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
02. Revelation of mankind
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]
2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
03. Sustain the untruth
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]
2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only- (追加公演)
<IN-STUDIO FOOTAGE>
人間を被る (Scenes From Recording)



【通常盤】(CD)
SFCD-0228/¥1,200+税
<収録曲>
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
※Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
Manufactured by FIREWALL DIV.
Distributed by Sony Music Marketing Inc.

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。
※完全生産限定盤・初回生産限定盤は、生産数量限定商品となります。確実にお買い求めいただくには、2018年3月18日(日)までにお取扱い店舗にてご予約くださいませ。

◎早期予約特典
対象:2018年3月18日(日)までに【完全生産限定盤】(SFCD-0222〜223 / SFCD-0224〜225)をご予約いただいた方
特典内容:メンバー監修オリジナル缶バッジ (全5種からランダム1種)
※1商品ご予約につき、特典を1つ差し上げます。
※特典はランダム配布になります。お選びいただくことはできません。
※【初回生産限定盤】と【通常盤】は早期予約特典対象外となりますので予めご了承ください。

◎予約店舗特典
TOWER RECORDS (一部店舗除く):ステッカーA
TSUTAYA (一部店舗除く):ステッカーB
HMV (一部店舗除く):ポストカードA
Amazon:ポストカードB
※特典は数に限りがございますので、なくなり次第終了となります。
※特典の有無に関するお問合せは直接店舗へご確認ください。

【ライブ情報】

■ツアー『TOUR18 真世界』
4月25日(水) 大阪・なんばHatch ※SOLD OUT
4月26日(木) 大阪・なんばHatch ※SOLD OUT
4月28日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 ※SOLD OUT
5月01日(火) 愛知・Zepp Nagoya ※SOLD OUT
6月29日(金) 東京・新木場STUDIO COAST -「a knot」only- ※追加公演

<チケット>※追加公演のみ
1Fスタンディング¥6,500+税
Exclusive Ticket(2F指定席・オリジナル特典付)¥13,000+税
・『a knot』1次受付(抽選):4月16日(月)21:00〜4月22日(日)23:59
・『a knot』2次受付(抽選):5月07日(月)12:00〜5月20日(日)23:59
・『a knot』3次受付(先着):6月02日(土)12:00

■シングル「人間を被る」発売記念LIVE
6月30日(土) 東京・新木場STUDIO COAST

<チケット>
1Fスタンディング¥6,500(税別)
Exclusive Ticket(2F指定席・オリジナル特典付)¥13,000+税
・29thシングル「人間を被る」最速先行受付(抽選):4月25日(水)12:00〜5月06日(日)23:59
※ニューシングル「人間を被る」封入のチラシに印字されておりますシリアルナンバー1つにつき1回お申し込みいただけます。
※シリアルナンバー入りのチラシは、完全生産限定盤、初回生産限定盤、および通常盤(初回プレス分のみ)に封入されております。
・『a knot』先行受付(抽選):5月07日(月)12:00〜5月20日(日)23:59



【関連リンク】
DIR EN GREY、シングル「人間を被る」特典映像のトレーラー映像を公開
DIR EN GREYまとめ
MERRY、ガラ(Vo)と結生(Gu)によるイベント『新宿ブルース』を開催

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, トレーラー, シングル, 発表

MERRY、ガラ(Vo)と結生(Gu)によるイベント『新宿ブルース』を開催
Fri, 20 Apr 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月15日、東京・HOLIDAY SHINJUKUにて『新宿ブルース』と銘打たれたMERRYのガラ(Vo)と結生(Gu)によるイベントが行われた。全編アコースティック・ギターと歌声のみで構成されたこのショウは、新宿歌舞伎町という場所の独特のムードと相まって、情感たっぷり。オーディエンスは終始、新たな命を吹き込まれたMERRYの名曲の数々にほろ酔い気分で浸っていた。

午後3時に幕を開けた第一部『「新宿ブルース」〜名曲スナック「ガラ」〜』では、ガラの選曲による哀愁に満ちた名曲群が観客を包み込む。1曲目の「路地裏哀歌」で場末の退廃感を表現したかと思えば、「高層ビルの上でラストダンス」で情熱的に魅せる彼ら。曲と曲の合間に挿入されるガラと結生の他愛のない会話にも“名曲スナック”らしい人間臭さが滲み出ていて、笑いが絶えることはない。そんな和やかな雰囲気が場内を包んでいても、いざ次の曲が始まると、しっかりと引き締めてみせるところはさすがである。

イルカの「なごり雪」とT-BOLANの「離したくはない」のカバーを披露したブロックなどは、第一部のハイライトの一つだろう。絶品の歌唱力を誇るガラに今後どんな名曲をカバーしてもらいたいか妄想するのも一興だ。終盤の「そして、遠い夢のまた夢」の豊かな音色や「SIGHT GLASS」で増幅された狂気にも、アレンジセンスの高さを感じた。どこまでも広がっていきそうな「エムオロギー」で晴れやかに締め括った『名曲スナック「ガラ」』は、ガラの歌心を存分に味わえるひと時となった。

午後6時に開演の第二部『「新宿ブルース」〜名曲スナック「結生」〜』は、MERRYの音楽的主導者でもある結生によって選ばれた楽曲群が咲き誇る時間帯。適度に肩の力の抜けた「BLUESCAT」でさっそく観客を魅了すると、「犬型真性MASOCHIST」では原曲とひと味違った切なさが場内を支配する。結生がこの第二部のために手掛けたというバックの映像も、各楽曲の情緒とうまく溶け合い、オーディエンスの目を楽しませていた。

特に印象深かったのは、客席からリクエストを募って披露した「ひらひらとんでる。」だ。その場で即興のアレンジが施されたこの曲は、ガラと結生のプロの技に間近で触れることのできる貴重な機会となった。こうした観客参加型のコーナーも『新宿ブルース』の魅力の一つと言えるだろう。「Black flag symptom」でタンバリンを手にしたガラが観客の手拍子を扇動し、最後は「SWAN」でしっとりと美しく幕を閉じた『名曲スナック「結生」』。感情豊かなメロディを次々と生み出す結生の技量に酔った宵だった。

まだまだ続きを観たい観客たちの熱い声に応えて、ステージ袖に引っ込んだガラと結生が再び姿を現す。“しっとり終わったから、盛り上がる系でいきますか”と結生が客席に語りかけ、急遽披露されたアンコールは「不均衡キネマ」だ。オーディエンスの力強い手拍子に合わせて、景気よく炸裂したこの曲が着地点に至ると、舞台上のガラと結生に向けて大きな拍手が送られる。“ありがとうございました! 新宿ブルース、またやりましょう!”と叫ぶガラの表情は輝いていた。

『新宿ブルース』を観て改めて感じたのは、MERRYの楽曲は思わず口ずさみたくなるような佳曲揃いだということ。あの曲この曲に宿る新たな情緒。歌心について考えさせられるこのイベントのシリーズ化に期待したい。

こうなると、健一(Gu)、テツ(Ba)、ネロ(Dr)を加えた5人のMERRYの雄姿が待ち遠しくなってくる。この日、ガラがMCで述べていたMERRYの今後の動きについて整理しておきたい。

5月12日には、『MERRY 2018 二部制LIVE『扇動歌謡祭』一部「【昭和】メリー」二部「【現代】MERRY」』が恵比寿ザ・ガーデンホールにて催される。一部『【昭和】メリー』では、メリー名義で発表されたオリジナルフルアルバムの楽曲の中から、当日聴きたい楽曲のリクエストを4月22日23時59分まで受付中。このファン投票を元に、ランキング形式での『リクエストライブ』が披露される趣向となっているので、この機会に是非投票を!

二部『【現代】MERRY』では、MERRYの踏み出す新たな第一歩が観られるとのこと。“47都道府県を廻って得た、最新型のMERRYを見せたい。これからどこへ進むのか、その一歩目を皆さんと共有したい。SNSでの関係性よりも、ライヴでの人と人との繋がりを大切にして、届けたい”とガラは意気込んでいた。こういった宣言を気負うことなく体現できるのが今のMERRYだと思う。4月21日(土)10:00よりチケット一般発売開始! 新曲披露の可能性もあるこの公演、必見である。

すでに報じられている通り、5月23日にはファンクラブCORE完全限定盤のCORE LIMITED LIVE DVD『47都道府県TOUR システム エムオロギー 〜AGITATE FINAL「禁断」 2018.2.3 日本青年館』がリリースされる。2017年9月発売のアルバム『エムオロギー』に伴う47都道府県ツアーのファイナル公演の模様を収めた本作は、ここ数年の活動でさらに逞しさを増した彼らの躍動を収録(※5月12日(土)『扇動歌謡祭』恵比寿ザ・ガーデンホール会場にて先行販売を予定)。さらに、この映像作品の先行上映会が、5月8日に東京・渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催されることも決定した。こちらはファンクラブ以外の一般入場枠も設けられるとのことなので、あの日の青年館の感動を是非ともMERRYのメンバーと共有しよう。

歌謡の本質を心得ているMERRY。彼らが過去をどう振り返り、未来に向けて観衆を扇動するのだろうか。期待に胸をときめかせながら、その前進を見守りたい。

Text by 志村 つくね
Photo by 中村 卓

『扇動歌謡祭』

■一部『【昭和】メリー』
5月12日(土) 恵比寿ザ・ガーデンホール
<チケット>
・COREプレミアムシート(指定席)¥14,040(税込・D代別)
※お土産付/前方座席/当日グッズ販売優先権
・一般指定席¥5,500(税込・D代別)
※未就学児童入場不可

■二部『【現代】MERRY』
5月12日(土) 恵比寿ザ・ガーデンホール
<チケット>
スタンディング¥4,800(税込・D代別)
※未就学児童入場不可

■チケット一般発売:4月21日(土)10:00〜
・ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:70613)
・チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:111-775)
・イープラス http://eplus.jp/merry18/

『CORE LIMITED LIVE DVD『47都道府県TOURシステムエムオロギー 〜AGITATE FINAL「禁断」 2018.2.3 日本青年館』舞台挨拶付き先行プレミアム上映会』

5月08日(火) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
・一部:開場18:00/開演18:30
・二部:開場21:00/開演21:30
<チケット>
CORE限定前売¥3,500(税込・D代別)
一般販売前売¥4,500(税込・D代別)
■CORE先行:4月21日(土)10:00〜4月29日(日)23:59
■イープラス プレオーダー先行:4月21日(土)10:00〜4月29日(日)23:59
■一般発売:5月1日(火)10:00



【関連リンク】
MERRY、ガラ(Vo)と結生(Gu)によるイベント『新宿ブルース』を開催
MERRYまとめ
廣瀬“HEESEY”洋一、4年振りのフルアルバム『ODYSSEY』の発売記念イベントを開催

【関連アーティスト】
MERRY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブレポ

廣瀬“HEESEY”洋一、4年振りのフルアルバム『ODYSSEY』の発売記念イベントを開催
Fri, 20 Apr 2018 15:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYのベーシスト・廣瀬“HEESEY”洋一が、満を持してソロ活動を再開! 約4年ぶりの新作となるアルバム『ODYSSEY』は、作詞・作曲に加えて自身がプロデュースを行なった全10曲を唄う、“HEESEY極み”の作品。今作のリリースに伴い、4月19日(木)にアルバム予約者を対象としたプレミアムイベントが開催された。

都内某所にて開催されたプレミアムイベントでは、HEESEY本人による楽曲解説やアルバム制作秘話のほかに、今作のジャケット写真も公開された。ニューアルバム『ODYSSEY』の試聴を終えると、大きな歓声に包まれる中、本人が登場! 第一声に“世界最速先行で聞いたアルバムはどうでしたか?”とファンに投げかけ会場は大いに盛り上がった。

HEESEYは、“ジャケット写真のキーワードは「旅」でアンティーク、ヴィンテージ感がありつつ、旅を終えて「今からステージに立つぜ」ってイメージで撮影したんですよ。そして、アルバムのタイトルを「ヒーセカンド」にしようと思っていたけど、このジャケット写真の撮影を終えてスタッフから「この写真で、そのタイトルは無いですよ」と言われ「じゃあ、オデッセイで。」と何気無い会話からこのタイトルに決まったんです。偶然ですが「旅」のキーワードが曲たちに散りばめられているアルバムが完成したんです。”と制作エピソードを語るなど、ファンにはたまらないプレミアムなイベントとなった。

アルバム『ODYSSEY』

2018年5月16日発売



POCS-1686/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.HALE, HEARTLY, ROCK AND ROLL
02.J! T! T! T!
03.ROLL ON YOU
04.ローレライ
05.POLKKA No.5
06.道は続くよ
07.Instagram Sam
08.レクイエム
09.ODYSSEY
10.バカ一代

【ライブ情報】

■『HEESEY SOLO TOUR 2018 〜HEESEY A GO! GO!〜』
5月20日(日) 大阪・アメリカ村DROP
5月26日(土) 広島・HIROSHIMA BACK BEAT
5月27日(日) 福岡・DRUM SON
6月02日(土) 東京・代官山UNIT
6月10日(日) 愛知・名古屋ell.FITS ALL

■『HEESEY SOLO TOUR 2018 〜HEESEY A GO! GO! GO!〜』
6月09日(土) 京都・京都MOJO
6月13日(水) 東京・渋谷La mama



【関連リンク】
廣瀬“HEESEY”洋一、4年振りのフルアルバム『ODYSSEY』の発売記念イベントを開催
THE YELLOW MONKEYまとめ
ファンクの帝王ジェームス・ブラウンが絶頂期にリリースした名盤『ソウルの革命』

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, 発売, レポート

ファンクの帝王ジェームス・ブラウンが絶頂期にリリースした名盤『ソウルの革命』
Fri, 20 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

20世紀に登場したポピュラー音楽家のなかで、ジェームス・ブラウンは最も大きな功績を残したひとりである。彼のぶれない生き様は、後にヒップホップ文化の精神的な支柱になったし、何より“ファンク”という新しい音楽を創り上げたのだ。その圧倒的なグルーブは多くの音楽に溶け込み、文字通り世界を席巻していった。80枚以上のアルバムをリリースしているブラウンであるが、アルバムとして良いものはそう多くない。今回紹介する『ソウルの革命(原題:Revolution Of The Mind)』は、彼が絶頂期にあった71年のリリース。アポロ劇場でのライヴ録音で、完璧なアンサンブルとブラックパワーが炸裂する名作である。

■クリフ・ホワイトの編集盤

先ほども述べたが、ブラウンのアルバムは80枚以上リリースされており、中には中途半端な出来のアルバムも少なくないし、インストのみの作品やジャズみたいなものまで存在するだけに厄介である。さまざまな顔を持つ彼の全貌を掴むためにオススメなのが、イギリスのJB研究家として知られるクリフ・ホワイトが選曲した2枚のコンピレーション盤『The CD Of JB』『The CD Of JB II』だ。今から30年ほど前の88年にリリースされたものだが、この2枚でブラウン入門ができるという優れもの。それまですっかり忘れ去られていたブラウンが、このホワイトの編集盤で新たなファンを得て息を吹き返したのだからすごい。この2枚のアルバムの少し前にリリースされたのが同じくクリフ・ホワイトの編集による『In The Jungle Groove』(‘86)。こちらはクラブDJ向きに編集された作品で、ブラウンのファンクアーティストとしての天才的な側面が浮かび上がるような編集となっている。

■70年代のファンク

僕が中学生の頃、巷ではロックやポップスといった洋楽に人気が集中しており、ファンクを聴くチャンスはなかなかやってこなかった。おそらく最初に聴いたファンクバンドはタワー・オブ・パワーである。彼らの2ndアルバム『Bump City』(‘72)が出たばかりの時で、最初はタワーもシカゴやBS&Tのようにブラスロックとして紹介されていて、それで買ったのである。今から思えば詐欺のようなものだが、買ったおかげでタワーがブラスロックではなくファンクバンドであることが分かったのだから結果的には良かったのかもしれない。

73〜74年ぐらいになると、コールド・ブラッド、グレアム・セントラル・ステイション、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、ファンカデリック/パーラメント、オハイオ・プレイヤーズなど、次々と多くのファンクグループが日本盤でリリースされ、ファンクという言葉は市民権を得たのである。

■ジェームス・ブラウンのゲロッパ

まだ僕が中学生のある日、ラジオを聴いているとジェームス・ブラウンという人の「セックス・マシーン」という曲がかかっていて、「あれ、新しいファンクバンドかな?」と思っていたら、彼がファンクを60年代に創ったこと、この曲は70年にリリースされたことなどがDJによって解説され、ジェームス・ブラウンというアーティストを知ることになった。今の時代、“ゲロッパ”でお馴染みの「セックス・マシーン」を知らない音楽ファンはいないだろう。井筒和幸監督の『ゲロッパ!』(‘03)で知られたことも大きいが、ブラウンのファンクは70年代では早すぎたというか、全てが入り組んでしまった21世紀にこそ理解できる音楽のような気がするのだ。

「セックス・マシーン」に惹かれた僕はアルバムを買おうと思ったのだが、2枚組で高価なゆえに断念、結局は持っていた友達に借りた。その頃、ラジオでよくかかっていたオーティス・レディングやウィルソン・ピケットとはまったく違う音楽で、ブラウンのシャウトするヴォーカルとバックの煽りまくる演奏がソウルというよりはハードロックのようであった。彼の音楽を聴いているとアドレナリンが出まくり、いつも異様なほどの高揚感を味わうのだった。

このアルバム『セックス・マシーン』は1枚目がスタジオ録音、2枚目がライヴ録音という構成で、後にパーラメントで名を売るブーチー・コリンズがベース、クライド・スタブルフィールドとジャボ・スタークスが交代でドラム(どちらも名手である)、ジミー・ノーレンがギター、フレッド・ウェズリー、メイシオ・パーカー、ボビー・バードなど、ブラウンのバックを務めるJB’sも、この頃のメンバーが最強である。

■本作『ソウルの革命』について

『セックス・マシーン』にすっかりはまってしまった僕は「ブラウンを買うならライヴ盤!」と決めていて、お金を貯めて(いや、この時はお年玉かも…)レコード屋に向かった。ジェームス・ブラウンのコーナーを探すとちょうど刑務所の鉄格子のなかでブラウンがこっちを睨んでいる(ように見える)『ソウルの革命』という2枚組のライヴ盤があったので入手。早速、家に帰って聴いてみたら…はい、ぶっ飛びました。

アルバムは名物MCダニー・レイによってミスター・ブラウンの紹介から始まる。全12曲のうちバラードは「Bewildered」「Try Me」の2曲のみで、残りの10曲は全て強烈なファンク。「Sex Machine」をはじめ「Give It Up Or Turn It A Loose」「Soul Power」「Super Bad」「Hot Pants」など、彼の代表曲ばかりがオリジナルよりもスピーディーにかつパワフルに演奏されている。名曲「Make It Funky」に至っては13分近くにわたる熱演だ。ここでのブラウンのヴォーカルとバックヴォーカルの掛け合いは、ゴスペルのようでもありラップのようでもあり、今聴いてもまったく古くなっていない。

ブラウンの生み出したサウンドは、ジャンプブルース、R&B、サザンソウル、ゴスペル、フリージャズなどをごった煮にして、それに迸るようなパワーと喧騒をプラスしたエキサイティングなグルーブ感で勝負している。何より彼の怒りと自己顕示欲、そして几帳面さのようなものがJBsのプレイに乗り移っていて、怒涛のサウンドが延々と繰り広げられている。特に後半5曲の流れは、ライヴ史上に残る圧倒的なパフォーマンスで、リスナーの脳髄を沸騰させるかのような強烈なインパクトがある。

本作は人類が生み出した史上最強のライヴ盤と言っても過言ではないだろう。これは決して大袈裟な表現ではないと思う。嘘だと思ったらぜひ聴いてみてください。

TEXT:河崎直人

アルバム『Revolution Of The Mind』

1971年発表作品



<収録曲>
1. イントロ〜イッツ・ア・ニュー・デイ・ソー・レット・ア・マン・カム・イン・アンド・ドゥー・ザ・ポップコーン / INTRO/IT\'S A NEW DAY SO LET A MAN COME IN AND DO THE POPCORN
2. ビウィルダード / BEWILDERED
3. セックス・マシーン / SEX MACHINE
4. エスケイプ・イズム / ESCAPE-ISM
5. メイク・イット・ファンキー / MAKE IT FUNKY
6. トライ・ミー / TRY ME
7. メドレー:アイ・キャント・スタンド・イット〜マザー・ポップコーン〜アイ・ゴット・ザ・フィーリン / FAST MEDLEY (I CAN\'T STAND IT, MOTHER POPCORN, I GOT THE FEELIN\')
8. ターニット・ア・ルーズ / GIVE IT UP OR TURNIT A LOOSE
9. スーパー・バッド / CALL ME SUPER BAD
10. ゲット・インヴォルヴド / GET UP, GET INTO IT, GET INVOLVED (PART 1)
11. ソウル・パワー / SOUL POWER
12. ホット・パンツ / HOT PANTS (SHE GOT TO USE WHAT SHE GOT TO GET WHAT SHE WANTS)



【関連リンク】
ファンクの帝王ジェームス・ブラウンが絶頂期にリリースした名盤『ソウルの革命』
James Brownまとめ
the GazettE、最新アー写公開&全国ツアー2次先行受付スタート

【関連アーティスト】
James Brown
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム, R&B, ファンク

the GazettE、最新アー写公開&全国ツアー2次先行受付スタート
Fri, 20 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月13日(水)に約3年ぶりとなるニューアルバム『NINTH』をリリースするthe GazettEが、最新アーティストビジュアルを公開した。先日公開された新曲「Falling」のMUSIC VIDEOに登場した、崖からダイブした車を背にした5人のビジュアルは、激情と新たなる幕開けを感じさせる仕上がりとなっている。

約3年ぶりとなる今作に収録される12曲は全て新曲で、<LIMITED EDITION BOX A(CD+BD)>、<LIMITED EDITION BOX B(CD+2DVD)>の完全生産限定BOX2種のほか、<初回限定盤(CD+DVD)>、<通常盤(CD)>の全4形態となる。なかでも、完全生産限定BOX2種には、全編撮りおろしのメンバー写真を多数掲載したブックレットが封入される。また映像特典として、新曲「Falling」のMUSIC VIDEO+MAKINGのほか、2017年3月10日に国立代々木競技場第一体育館にて開催されチケット即完売の超プレミアムライブ『the GazettE 十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」』が、MC含めほぼノーカットで収録されるという超豪華BOX仕様となっている。ファンに熱望されていた本公演の映像化がついに実現された。この完全生産限定BOX2種は、初回プレス分のみの完全生産限定となっているので、確実に手にしたいファンには、急ぎ予約をおすすめしたい。

なお、ニューアルバム『NINTH』収録の新曲「Falling」が、大阪・FM802『REDNIQS』(毎週月曜25:00〜)にて、4月23日(月)に全国ラジオ初解禁されることが決定! こちらも併せて注目だ。

さらに、2018年夏にはアルバムを引っ提げた全国ホールツアー『the GazettE Live Tour18 THE NINTH / PHASE #01-PHENOMENON-』も控えている。4月20日(金)正午よりファンクラブ『HERESY』2次先行受付がスタートとなるので要チェック! 6月のアルバムリリース、TOURに向けて今後楽しみが尽きない。

アルバム『NINTH』

2018年6月13日発売



【LIMITED EDITION BOX A】(CD+BD)
SRCL-9791〜9792/¥13,000(税込)
・メタリックBOX仕様
・歌詞ブックレット
【LIMITED EDITION BOX B】(CD+2DVD)
SRCL-9793〜9795/¥12,000(税込)
・メタリックBOX仕様
・歌詞ブックレット
【初回限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9796〜9797/¥4,500(税込)
【通常盤】(CD)
SRCL-9798/¥3,300(税込)

全国ホールツアー『the GazettE Live Tour18 THE NINTH / PHASE #01-PHENOMENON-』

7月19日(木) 三郷市文化会館 大ホール
7月20日(金) 三郷市文化会館 大ホール
7月25日(水) 市川市文化会館 大ホール
7月27日(金) 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館) 大ホール
7月30日(月) 相模女子大学グリーンホール
8月02日(木) 愛知 一宮市民会館
8月03日(金) 愛知 一宮市民会館
8月07日(火) 大阪オリックス劇場
8月08日(水) 大阪オリックス劇場
8月10日(金) 神戸国際会館 こくさいホール
8月15日(水) 広島 JMSアステールプラザ 大ホール
8月19日(日) 福岡市民会館 大ホール
8月22日(水) 長野県・ホクト文化ホール 中ホール
8月26日(日) 東京エレクトロンホール宮城
8月27日(月) 山形市民会館 大ホール
8月29日(水) 札幌わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
9月04日(火) 神奈川県民ホール 大ホール
<チケット>
前売¥6,800/当日¥7,300(税込)
■HERESY2次先行:4月20日(金)12:00〜5月1日(火)23:59
※先行受付に関する詳細はこちら http://fc-heresy.com/
■一般発売:6月30日(土)



【関連リンク】
the GazettE、最新アー写公開&全国ツアー2次先行受付スタート
the GazettEまとめ
「超」ボーカリストオーディション一般投票&2次募集開始

【関連アーティスト】
the GazettE
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ツアー, チケット

「超」ボーカリストオーディション一般投票&2次募集開始
Fri, 20 Apr 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

数多くの人気音楽グループを送り出してきた、SDR(スターダストレコーズ)が次の時代を担う「超」ボーカリストとの出会いを求めて開催中の「超」ボーカリストオーディション。その公式サイトがリニューアルされ、2次審査の映像や、通過したオーディション生10名のプロフィール・歌声が公開された。サイト訪問者が気に入った歌声のオーディション生に投票できるシステムになっており、投票された点数に応じてランキングが随時変動し、サイト上のランキングも今後の審査対象となるため、お気に入りメンバーを見つけて、是非審査に参加しでほしい。

また、同日4月20日から2次募集もスタート。今回は日本在住の外国人の方を中心に、年齢問わず男性のボーカリストの募集となり、自薦・他薦問わず、将来世界的なスーパースターを目指すボーカリストを幅広く募集。この機会にチャレンジ、身近にいるスターの卵を推薦してほしい。応募〆切は、5月31日(木)まで。

2次募集の2期オーディション生は、現在審査中の1期生と同様の審査を行い、2018年夏グランプリが決定。見事グランプリに輝いた方には、今後の活動費として100万円を進呈。他薦の場合は、推薦者にも10万円が進呈。グランプリは、デビューを目指し活動していく予定だ。

■『スターダスト「超」ボーカリストオーディション』オフィシャルHP
http://stardustrecords.jp/vocalaudition/



【関連リンク】
「超」ボーカリストオーディション一般投票&2次募集開始
ZIGGY、YouTube企画『11の挑戦』最終回は50kmをサイクリング!?

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, ニュース

ZIGGY、YouTube企画『11の挑戦』最終回は50kmをサイクリング!?
Fri, 20 Apr 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年にスタートしたZIGGY・森重樹一のYouTube動画『ZIGGY森重樹一の11の挑戦』。デビュー30周年をきっかけに、新たな挑戦をして欲しいと願うスタッフやファンのリクエストに応え、 毎回、森重樹一がさまざまな事にチャレンジするというこの企画。 今までに、蕎麦打ち、ボルダリング、和楽器演奏、下北でスイーツ食べ歩き&買い物、ネイルアート、メイクモデル、ラーメン食レポ、MV撮影潜入、絵画教室、カラオケと、数える事10回の挑戦の模様が公開されているが、この度、遂に最終回となる11回目の挑戦が公開された。

最終回となる今回は自前の自転車を駆り、東京・新宿から福生まで約50kmを、ZIGGYのルーツとなった街や思い出の場所を辿りながらのサイクリング。始めてライブをしたライブハウスをサプライズ訪問。たまらん坂では、リスペクトしてやまない忌野清志郎を語るなど、ノスタルジックな感動編!ロックレジェンドが、なぜか自転車をこぐ、最後のミスマッチをご堪能あれ。

4月25日にリリースされるニューシングル「君の笑顔より美しい花を知らない」の付属のDVDには、この『11回の挑戦』全11回のダイジェストに合わせ、森重の解説を乗せたオーディオコメンタリーが収録されているので、こちらも楽しんで欲しい。また、2017年に行われた新生ZIGGYの二本のライブが収録されたライブDVD『LIVE 2017』も同日にリリースされる。

4月30日には全国ツアーファイナルとなるZepp DiverCity Tokyoの公演も控え、増々活発になる31年目のZIGGYに今後も注目だ!

シングル「君の笑顔より美しい花を知らない」

2018年4月25日発売



PECF-3202/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.君の笑顔より美しい花を知らない
2.最後の声が途切れるまで
3.君の笑顔より美しい花を知らない(inst)
4.最後の声が途切れるまで(inst)
■DVD
・「ZIGGY森重樹一の11の挑戦!」ダイジェスト映像&ビジュアルコメンタリー
・「ZIGGY森重樹一の11の挑戦!」特別篇 収録

DVD『LIVE 2017』

2018年4月25日発売



PEBF-3199/¥6,000+税
<収録曲>
■DVD Disc1『ZIGGY TOUR 「2017」 NEW SIDE BEACH!! LIVE(2017年4月2日)』
CELEBRATION DAY
赤の残像
LET THE MUSIC PLAY
それゆけ!R&R BAND
MAKE IT LOUD
マケイヌ
LAZY BEAT
STEP BY STEP
BORN TO BE FREE
FEELIN\' SATISFIED
TOKYO CITY NIGHT
SILENT EVEを待ちながら
JEALOUSY 〜ジェラシー〜
GUILTY VANITY
HEAVEN AND HELL
FOREVER WILD
LA VIE EN ROSE
DON\'T STOP BELIEVING
928
I CAN\'T STOP DANCIN\'
BURNIN\' LOVE
蒼ざめた夜 〜TOO FAST TO LIVE, TOO YOUNG TO DIE
GLORIA
ONE NIGHT STAND
WHISKY, R&R AND WOMEN
静寂の音がただ青過ぎて
DON\'T YOU LEAVE ME ALONE
STAY GOLD
I\'M GETTIN\' BLUE
EASTSIDE WESTSIDE
■DVD Disc2『ZIGGY TOUR 「2017」 TSUTAYA O-EAST LIVE(2017年11月19日)』
STROLLIN\'
CELEBRATION DAY
DON\'T STOP THE R&R MUSIC
まだ見ぬ景色が見たくて
HOT LIPS
SWEET SURRENDER
虹を見た
月明かりの下で
踊らされたくないのなら
HOW
CRISIS
ONE NIGHT STAND
君のままでいいから
TOKYO CITY NIGHT
MAKE A STAND
マケイヌ
WANNABE
WITHOUT...
それゆけ!R&R BAND
BORN TO BE FREE
I\'M GETTIN\' BLUE
SING MY SONG
BURNIN\' LOVE
HEAVEN AND HELL
GLORIA
I CANNOT GET ENOUGH
BOOGIE WOOGIE TRAIN
I\'M JUST A ROCK\'N ROLLER
WHISKY, R&R AND WOMEN
EASTSIDE WESTSIDE
STAY GOLD



【関連リンク】
ZIGGY、YouTube企画『11の挑戦』最終回は50kmをサイクリング!?
ZIGGYまとめ
きゃりーぱみゅぱみゅ、ハロウィンライブ2017を映像作品化

【関連アーティスト】
ZIGGY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

きゃりーぱみゅぱみゅ、ハロウィンライブ2017を映像作品化
Fri, 20 Apr 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅが2017年10月に東京体育館で開催した『THE SPOOKY OBAKEYASHIKI 〜PUMPKINS STRIKE BACK 〜』のDVD&Blu-rayが6月27日にリリースすることを発表した。

このライブは2017年10月28日・29日の2日間、東京体育館で、きゃりー初のハロウィン単独公演として開催、日本のおばけ屋敷をテーマに1万5千人を動員し、恐怖のトレーラー映像やステージ上での様々な仕掛けが話題となった伝説のライブ。今回新たな試みとして、朝ドラ『とと姉ちゃん』、『信長協奏曲』、『タイバニ(TIGER&BUNNY)』などの脚本を担当し大注目を集める脚本家・西田征史氏がライブ本編のストーリー仕立てにし上げ、さらに、「PONPONPON」や最新曲「きみのみかた」のミュージックビデオを手がける、田向潤がそのトレーラー映像をディレクションするなど、全25曲を収録したきゃりーのパフォーマンスだけでなく、合間に繰り広げられる豪華なクリエイターとのコラボレーションが、老若男女、楽しめる内容に。また、パッケージデザインも田向潤が担当、不気味でかわいい妖怪たちときゃりーが共存するジャケット写真も注目してほしい。すでに発表しているワールドツアーのコンセプトにもなっているハロウィンライブなので、ワールドツアーのスケジュールと合わせてチェックしてほしい。

DVD&Blu-ray『THE SPOOKY OBAKEYASHIKI 〜PUMPKINS STRIKE BACK〜』

2018年6月27日発売



【DVD】
WPBL-90480/¥5,000+税
※初回特典:初回プレス分のみデジパック仕様/豪華フォトブックレット付
<収録曲> DVD・Blu-ray共通
01.ファッションモンスター
02.インヘ?ータ?ーインヘ?ータ?ー
03.くらくら
04.Drinker
05.さいこ?のアイスクリーム
06.シリアスひとみ
07.CANDY CANDY
08.スローモ
09.No No No
10.こいこいこい
11.ふりそて?ーしょん
12.もんた?いカ?ール
13.にんし?ゃりは?んは?ん
14.もったいないとらんと?
15.良すた
16.キミに100ハ?ーセント
17.Ring a Bell
18.きらきらキラー
19.原宿いやほい
20.つけまつける
21.最&高
22.Crazy Party Night ~は?んふ?きんの逆襲~
23.と?と?けは?んち
24.エクスフ?ローラー
25.PONPONPON



【Blu-ray】
WPXL-90183/¥6,000+税
※初回特典:初回プレス分のみデジパック仕様/豪華フォトブックレット付


ワールドツアー『Kyary Pamyu Pamyu World Tour 2018 THE SPOOKY OBAKEYASHIKI -PUMPKINS STRIKE BACK-』

5月20日(日)LONDON・England-KOKO
http://www.koko.uk.com
5月22日(火)GERMANY・Berlin-COLUMBIA THEATRE
https://columbia-theater.de
5月23日(水)GERMANY・K?ln-Die Kantine
https://kantine.com
6月18日(月)USA・New York-Playstation theate
http://www.playstationtheater.com
6月20日(水)USA・San Francisco-The Regency Ballroom
http://www.theregencyballroom.com
6月22日(金)USA・Los Angeles-The Fonda Theatre
http://www.fondatheatre.com

■ツアー特設サイト
http://tso.kyary.asobisystem.com



【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ、ハロウィンライブ2017を映像作品化
きゃりーぱみゅぱみゅまとめ
Mrs. GREEN APPLE、3rdアルバムより「アウフヘーベン」MV公開

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売

Mrs. GREEN APPLE、3rdアルバムより「アウフヘーベン」MV公開
Fri, 20 Apr 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが3rdアルバム『ENSEMBLE』から「アウフヘーベン」のMUSIC VIDEO(short ver.)を公開した。

4月18日(水)にリリースされたばかりの同アルバムはiTunesリアルタイムチャートで1位、そしてレコチョク、LINE MUSICのデイリーチャートでも1位を獲得。CDアルバムはオリコンデイリーチャート2位を記録。そんな アルバムの収録曲の中でも特にファンから音源化を切望されていた楽曲が「アウフヘーベン」である。大森(Vo.&Gt.)が高校2年生の時に書いたもので、1stアルバム『TWELVE』収録曲の「パブリック」と対になっている楽曲である。「当時思っていたことがたくさんあって曲を書かずにはいられなかった。毎日のように、それこそ1日に2、3曲作っていた。その中でも個人的に印象に残っている曲で、いつかリリースしようと思っていた」と大森は語る。また「『パブリック』は『人そのもの』を歌っているが、この曲は『人が何をするか』とか、『人の思想』について書いた曲」とも語っている。楽曲はすでにLINE MUSICをはじめ、ソングチャートでも上位にランクインしている。

また、MUSIC VIDEOは大森が「今回絵を見てこの人だ!」と思ったというほぼ同じ年の学生が手掛けている。スタジオに実際に来て楽曲を聴いて、そのイメージで1枚絵を書いてもらったという。点描で曲のイメージを描いた作品で、大森自身も「同じくらいの歳のクリエイターと作品を作れたこと、そして曲に対しての愛情と理解、それを形にする努力と才能。そういうすべてのものが詰まった作品になったと思う。」と語っている。

さらに、4月20日(金)放送のMUSIC STATIONに初出演することが決定している。是非チェックしよう。

アルバム『ENSEMBLE』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29294/¥3,500+税
※「ENSEMBLE TOUR」9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場 先行抽選シリアルナンバー封入
<収録曲>
■CD
01.Love me, Love you(ENSEMBLE Version)
02.PARTY
03.WanteD! WanteD!
04.アウフヘーベン
05.はじまり feat. キヨサク from MONGOL800
06.They are
07.WHOO WHOO WHOO
08.スマイロブドリーマ
09.SPLASH!!!
10.REVERSE
11.Coffee
12.On My MiND(Album Version)
13.どこかで日は昇る(Album Mix)
■DVD
・ENSEMBLE 13 Movies Collection with Member\'s Audio Commentary
・The Making of“PARTY”



【通常盤】(CD)
UPCH-20483/¥2,800+税
※「ENSEMBLE TOUR」9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場 先行抽選シリアルナンバー封入
<収録曲>
01.Love me, Love you(ENSEMBLE Version)
02.PARTY
03.WanteD! WanteD!
04.アウフヘーベン
05.はじまり feat. キヨサク from MONGOL800
06.They are
07.WHOO WHOO WHOO
08.スマイロブドリーマ
09.SPLASH!!!
10.REVERSE
11.Coffee
12.On My MiND(Album Version)
13.どこかで日は昇る(Album Mix)

全国ホールツアー『ENSEMBLE TOUR』

5月12日(土) 東京・パルテノン多摩 大ホール ※SOLD OUT!
5月19日(土) 香川・サンポートホール高松 大ホール ※SOLD OUT!
5月20日(日) 広島・広島JMSアステールプラザ 大ホール ※SOLD OUT!
5月26日(土) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール ※SOLD OUT!
5月27日(日) 福島・郡山市民文化センター 中ホール ※SOLD OUT!
6月03日(日) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール) ※SOLD OUT!
6月09日(土) 宮城・トークネットホール仙台大ホール(仙台市民会館) ※SOLD OUT!
6月15日(金) 大阪・オリックス劇場 ※SOLD OUT!
6月17日(日) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール ※SOLD OUT!
7月15日(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール ※SOLD OUT!
7月20日(金) 静岡・静岡市民会館 中ホール ※SOLD OUT!
7月27日(金) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール ※SOLD OUT!
8月04日(土) 長野・ホクト文化ホール ※SOLD OUT!
9月08日(土) 千葉・幕張メッセ 国際展示場
9月09日(日) 千葉・幕張メッセ 国際展示場



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、3rdアルバムより「アウフヘーベン」MV公開
Mrs. GREEN APPLEまとめ
TAKURO(GLAY)の「流転」が『全日本スーパーフォーミュラ選手権』大会テーマ曲に決定

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表

TAKURO(GLAY)の「流転」が『全日本スーパーフォーミュラ選手権』大会テーマ曲に決定
Fri, 20 Apr 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLAY・TAKUROのソロアルバム『Journey without a map』の収録曲「流転」が、全日本スーパーフォーミュラ選手権大会のテーマソングに決定した。

GLAYのメインコンポーザーでありギタリストのTAKUROが、2016年にB\'zの松本孝弘をプロデューサーに迎えてリリースした1stインストアルバム『Journey without a map』は、TAKUROが所有する3台のビンテージレスポールを使用した深みのあるギターサウンドに、ジャズ、ブルースを基調とした音作りで、1音1音こだわり抜いて制作。そんなギタリストTAKUROとしての魅力が詰まった珠玉の1枚から、ハードなロックナンバー「流転」が全日本スーパーフォーミュラ選手権大会のテーマソングに決定した。

■全日本スーパーフォーミュラ選手権大会2018 オフィシャルHP
https://superformula.net/sf2/?lang=ja

アルバム『Journey without a map』

発売中



【CD+DVD盤】
PCCN-00025/¥3,500+税
【CD only盤】
PCCN-00026/¥2,500+税
【アナログ盤(初回生産限定)】(重量盤2枚組)
PCJN-00001/¥4,000+税
<収録曲>
■CD
01.Lullaby
02.流転
03.Guess Who
04.Autumn Rain
05.RIOT
06.Istanbul Night
07.Francis Elena
08.Fear&Favors
09.Northern Life
10.Journey without a map
11.函館日和
■DVD
・[Guess Who] MUSIC VIDEO
・[Guess Who] MUSIC VIDEO Making
・[Journey without a map] Documentary Film
・[Journey without a map] Documentary Film Another Talk



【関連リンク】
TAKURO(GLAY)の「流転」が『全日本スーパーフォーミュラ選手権』大会テーマ曲に決定
TAKUROまとめ
GLAYまとめ
[ALEXANDROS]、7月公開の実写映画『BLEACH』主題歌&挿入歌を担当

【関連アーティスト】
TAKURO, GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

[ALEXANDROS]、7月公開の実写映画『BLEACH』主題歌&挿入歌を担当
Fri, 20 Apr 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

[ALEXANDROS]が7月20日公開の実写映画『BLEACH』の主題歌&挿入歌を担当することが発表された。映画『BLEACH』は『週刊少年ジャンプ』で2001年から連載を開始し、全74巻で全世界シリーズ累計発行部数1億2,000万部を誇る人気コミックの実写化で、実力派若手俳優の福士蒼太が主演、『GANTZ』はじめ大ヒット作を続々と生み出す佐藤信介監督による最強タッグの2018年夏、最も注目を集めるバトルアクション大作。楽曲制作のため渡米する直前に完成前の映画をメンバーが観た際に、あるシーンにイメージにぴったりの楽曲があると、その場で川上の携帯に入っていたデモ音源を佐藤監督と一緒に聴き、急遽挿入歌の起用も決定。その後の映画が完成するまで、幾度となくやり取りを繰り返すなど、映画と音楽が相思相愛となる作品作りとなった。既に2月から流れている特報では、実は「MILK」のインストバージョンが使用されており、ファンの間で『BLEACH』の曲は[ALEXANDROS]なのでは?との声も上がっていたが、この度、明らかとなった。

4月20日より主題歌「Mosquito Bite」の音源を起用した、予告が各劇場ほか、公式サイトで見られるので、ぜひチェックしてほしい。また、「Mosquito Bite」は2018年夏リリース予定とのことなので、ぜひ映画と合わせてこちらも楽しみにしていてほしい。

(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会

■【コメント】

■川上洋平(Vo.&Gt.)
先ほど完成したものを観たのですが、メンバー全員一致でその場でお金払おうかと思いました(笑)。
自分たちがこういう作品の主題歌と挿入歌で関わることができて、本当に光栄に思っています。
映画を最初に見た際のイメージと“へこたれねえぞ"っていう感情が上手くマッチしたんです。
タイトルの『Mosquito Bite』は最初に浮かんでいたのですが、お前の攻撃なんて蚊に刺されたくらいだぜって、いう意味もあります。
NYへ武者修行的に曲を作りに行った自分たちの、へこたれないための自分たちの主題歌でもありました。
[ALEXANDROS]にとっても成長を表す楽曲で、ここからいろんなものがスタートしていくんじゃないかなという一曲になりました。

■福士蒼太
「主題歌のお話を聞き、普段から[ALEXANDROS]さんの曲を聴いていたので、とても嬉しかったです。BLEACH×[ALEXANDROS]、絶対にかっこいい!と。実際に完成した曲を聴かせていただいて、映画の雰囲気とアクションシーンにもピッタリの迫力と勢いを感じました。歌詞も、子供が大人へ成長するときの、もがいている気持ちが表れていて、世界観にリンクしているのですぐに気に入ってしまいました!」

■佐藤信介監督
「一発のリフがこの映画を変えた気がしています。映画を作っているときに口ずさんでいたし、『BLEACH』のテーマになったなと思います。作品が完成する前にアーティストさんと一緒に完成前の映画を観て、楽曲の話をしたのは初めてでした。それがすごく良かったし、そこに今回の楽曲が合ったっていうのが、奇跡のように感じています」

映画『BLEACH』

7月20日(金)全国ロードショー
出演:福士蒼汰 杉咲花  吉沢亮/早乙女太一 MIYAVI
主題歌・挿入歌:[ALEXANDROS]
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/bleach-movie/

シングル「KABUTO」

2018年5月23日発売



【初回限定盤】(CD+フォトブック スリーブケース仕様)
UPCH-7414/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
UPCH-5941/¥1,200+税
<収録曲>
1.KABUTO
2.ハナウタ/[ALEXANDROS]×最果タヒ
3.Follow Me



【関連リンク】
[ALEXANDROS]、7月公開の実写映画『BLEACH』主題歌&挿入歌を担当
[ALEXANDROS]まとめ
森崎ウィン、WEB番組『スタダゲート』に登場! 出演映画&PrizmaXを熱く語る!!

【関連アーティスト】
[ALEXANDROS]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 主題歌, 映画

森崎ウィン、WEB番組『スタダゲート』に登場! 出演映画&PrizmaXを熱く語る!!
Fri, 20 Apr 2018 07:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月20日(金)より全国ロードショーとなる、スティーブン・スピルバーグ監督が贈る最高の興奮と感動作品『レディ・プレイヤー1』に、5人組ダンスヴォーカルユニット、PrizmaXのメインヴォーカル・森崎ウィンが出演! 映画公開日と同日に配信された、スターダスト男子(EBiDAN)WEB番組『スタダゲート』に森崎ウィンがゲストとして出演し、近況をたっぷりと語った。

映画『レディ・プレイヤー1』は、誰でもなりたいものになれる場所“オアシス(VRワールド)”を舞台に、56兆円の財産を巡る争奪戦が繰り広げられる。キングコング、Tレックス、そしてガンダム、キティなど日本が誇る人気キャラクター達も総出演。

オーディションで掴み取った大役を見事に演じきり、全世界から大注目を集めている森崎は、『スタダゲート』の収録で“今日はなんと『レディ・プレイヤー1』出演のPrizmaX・森崎ウィンさんがスペシャルゲストとして来てくれました!!”とBATTLE BOYSの面々に招かれ、ハリウッドでの撮影時の様子や、スティーブン・スピルバーグ監督の印象、作品の見どころなど、映画についてクロストーク。一足先に映画を観たというBATTLE BOYSのメンバー達からも、“みんなの知っているキャラクターが出てきたりするので、どの世代の人も楽しめる映画だと思いました。映画というよりも、テーマパークに来た気持ちでとても楽しかったです!”と感想を話す他、“ウィンさん、良いのに乗りましたね!”、“決め台詞もありましたよね!”と、映画を観た人ならではの共感ワードも飛び出し、盛り上がりを見せる。

BATTLE BOYSからの質問コーナーでは、“海外の長期滞在で困ったこと、重宝したものは?”との質問に“4ヶ月間1人で異国の地に行って、生活に慣れることから始めないといけないので、その経験は人として成長させてくれたなと思います。ジムにも通うようになって、男としてもワンステップ上がれたのかなと思います。困ったことは食事。日本食が恋しくなりました(笑)。カップヌードルが食べたくてマネージャーに連絡したら、段ボール1箱分も送ってくれて! 喜んで開けたら、全部しょうゆ味でした(笑)”というエピソードも。

また、ハリウッドでの経験を経て、俳優活動も目指すBATTLE BOYS達への“芝居”のアドバイスを聞かれ、“それは自分で感じるしかないかもしれない…。本当にやりたいと思ったら(成功する為に)絶対に何かしらやってる。どこかで何かしら努力しているだろうし、得ようとしている。好きでいる事が大切だと思います。嫌だなと思う瞬間もこれからたくさん出て来ると思うけど、それは自分のゴールの為になることだから、先を考えてやっていくことだと思います。今回ハリウッドに出たけど、10年以内にアカデミー賞を獲るという新しい目標も出来たし。そうだね、アカデミー賞とったら教えてあげる!(笑) でも僕もまだまだ頑張らなきゃいけないことたくさんあるから頑張ります”と、自身の新たな目標についても語った。

番組の最後には、今回の映画について“スティーブン・スピルバーグ監督の誇る、愛と友情だけではなく、SF超大作。これまで観たことがないような映画で、ひとつのアトラクションのように観れる、劇場じゃなかったら伝わらない味がたくさん詰まっています。春に相応しい、皆さんの初体験を、ぜひ劇場で体験して頂けたらと思います!”とコメントし、締め括った。

“俳優・森崎ウィン”の表情がたっぷりと見られるWEB番組『スタダゲート』をお見逃しなく! また、番組収録後行なわれたインタビューも公開となったので、併せてチェックしてほしい。

photo by 小坂茂雄
(c)2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

■スターダスト男子(EBiDAN)WEB番組 『スタダゲート』#13 詳細

4月20日(金)AM6:30〜配信開始
出演:BATTLE BOYS(MC)、森崎ウィン(ゲスト)

■stardustdigital 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/stardustdigital

公式YouTubeチャンネルにて配信していた『スタダゲート』が生まれ変わります! 装いも新たにEBiDANのすべてが詰まったフルボリュームの番組が、5月7日(月)にJ:COM全国番組『J:テレ』でスタート!! 番組詳細は近日発表とのことなのでお楽しみに。

■【森崎ウィン】 WEB番組『スタダゲート』収録後の インタビュー

??多くのキャストがいる中で、どのような演技で挑みましたか?
「最初は自分の中では決めずに、とにかく言われたことに対して100%の自分の力で、電波を張って飛び込んでいきました。そういう環境を監督をはじめ、スタッフの皆さんが作ってくださったので、僕は用意してくださった場所にハマるだけなので、あぁしよう、こうしようというよりは、その時感じたものを表現していました」

??飛び込んだ中で、手応えがあったポイントはありましたか?
「殺陣を習っていたので、殺陣で刀を使ったお辞儀の仕方を知っていたので、それを監督に提案したら、最初はお辞儀するだけだったのが、やろう!ということになって採用されました」

??撮影を通して学んだこと、自分自身が変わったことは?
「謙虚になりました。周りがいるから僕がいるので、周りをもっと大事にしようと思いました。主演のタイ・シェリダンを見ていて特に感じました。周りを大事にしていて、作品をみんなで作っていくんだというのが、人一倍感じたので真似しようと思いました」

??PrizmaXの最新曲「yours」も世界配信開始。世界中の人に聴いてもらえる心境は?
「世界に出るきっかけとして、『レディ・プレイヤー1』を通して、ウィンを知って頂いて、PrizmaXに繋がってくれれば、僕の役目であるPrizmaXの扉になるというのを果たせるのではないかなと思います」

??ハリウッドを経験する前と後でPrizmaXに対しての想い、考え方が変わりましたか?
「音楽を好きっていう気持ちは変わらないんですけど、同じグループのメンバーは“家族”ではなく、お互い“ライバル”だと僕は思っています。グループ活動に対しても死ぬ気でやっていこうという気持ちがありますし、口だけで言ってる人にはなりたくないので、背中で見せていこうと思います」

??2018年6月開催のホールツアー『PrizmaX Hall Tour Level 7 〜FUSION〜』を控えている中で、今後のPrizmaXとしての目標は?
「今回のツアーは、バックダンサーの一般オーディションも実施したんですけど、結構なレベルのオーディションだったというのを聞いていますし、僕らにとっても刺激的なライブになることは間違いないです!そして、僕らの目標である“アジアツアー”に近づけるツアーになるのではないかと思います。僕達のライブは、やっぱり来てくれるお客さんを楽しませるという事が肝にあるので、毎回違うPrizmaXを見せていきたいですし、ツアータイトルにも“Level”を加えているんですが、毎回そのレベルの数字が上がっていくごとに、僕らの表現力や成長を感じて頂けるライブにしていきたいと思います」

映画『レディ・プレイヤー1』ストーリー

今から27年後の世界。人類はゴーグルひとつですべての夢が実現するVRワールド“オアシス”に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイーン、キティだってなれる夢の世界! ある日、“オアシス”の天才創設者からの遺言が発表される??“全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう”と。突然の宣告に誰もが湧き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして、想像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!
■公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

『PrizmaX Hall Tour Level 7 〜FUSION〜』

6月02日(土) 大阪・NHK大阪ホール
6月16日(土) 千葉・市川市文化会館 大ホール

<チケット>
全席指定¥6,500(税込)
■大阪公演
・ローソンチケット(プレリクエスト2次)
4月05日(木)18:00〜4月17日(火)23:59
・イープラス(プレオーダー2次)
4月05日(木)12:00〜4月15日(日)18:00
・CNプレイガイド(CN WEB会員2次先行)
4月10日(火)10:00〜4月22日(日)23:59
■千葉公演
・イープラス(2次プレオーダー)
4月14日(土)12:00〜4月22日(日)18:00



【関連リンク】
森崎ウィン、WEB番組『スタダゲート』に登場! 出演映画&PrizmaXを熱く語る!!
PrizmaXまとめ
チケット売り切れ必至! 大型イベント『ICON SCRAMBLE』、出演日別ラインナップ解禁!! チケット先着先行開始!

【関連アーティスト】
PrizmaX
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, EBiDAN, 出演, 映画

チケット売り切れ必至! 大型イベント『ICON SCRAMBLE』、出演日別ラインナップ解禁!! チケット先着先行開始!
Fri, 20 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年でキャリア17周年を迎えるPAの佐々木優が、17周年を記念して開催する大型ライブイベント『ICON SCRAMBLE』の第一弾出演日別ラインナップが解禁された。

本イベントは、7月17日(火)〜19日(木)の3日間にわたって東京・新木場スタジオコーストにて開催され、第一弾では17日(火)にMY FIRST STORY、18日(水)にSonar Pocket、19日(木)にMs. OOJAが出演することが発表となった。

また、日割が後日発表となる出演アーティストとして、佐々木が担当するAnother Story、KNOCK OUT MONKEY、Northern19、PassCode、ROS、SWANKY DANKなどのバラエティに富んだバンドに加え、交友のあるシクラメン、Survive Said The Prophet、NOISEMAKERが彼を祝福するために集結する。

さらに、4月20日(金)18:00よりチケットのオフィシャル2次先着先行がスタート! 受付期間は5月6日(日)23:59までだが、先着につき売り切れ次第販売終了となるので、お早めにチェックしてほしい。チケットの種類は、1F立見通し、2F指定通し、1F立見、バルコニー席(19日のみ)、2F指定が用意され、早期の先行ならではのチケット価格でお買い得だ。

当日、会場では古くから交友のあるブランドとのコラボグッズも販売される予定なので、こちらもお楽しみに!

■『ICON SCRAMBLE』

7月17日(火) 東京・新木場スタジオコースト
7月18日(水) 東京・新木場スタジオコースト
7月19日(木) 東京・新木場スタジオコースト
<時間>
開場 17:30 / 開演 18:30
<出演者>
■第一弾 出演日別ラインナップ発表
7月17日(火):MY FIRST STORY
7月18日(水):Sonar Pocket
7月19日(木):Ms. OOJA

■他アーティストの出演日は後日解禁
Another Story / KNOCK OUT MONKEY / NOISEMAKER / Northern19 /
PassCode / ROS / Survive Said The Prophet / シクラメン/ SWANKY DANK

<チケット>
■オフィシャル2次先着先行スタート!
受付期間:4月20日(金)18:00〜5月6日(日)23:59
受付URL:http://l-tike.com/iconscramble
※先着につき、売り切れ次第販売終了
1F立見通し券¥8000
2F指定通し券¥9000
1F立見/1日券¥3000 
バルコニー席¥3000 ※19日のみ
2F指定/1日券¥3500

■オフィシャル3次先着先行
受付期間:5月11日(金)18:00〜5月27日(日)23:59
1F立見通し券¥9000
2F指定通し券¥10000
1F立見/1日券¥3500
バルコニー席¥3500 ※19日のみ
2F指定/1日券¥4000

■オフィシャル4次先着先行 全券種受付
受付期間:6月01日(金)18:00〜6月10日(日)23:59
1F立見通し券¥10000
2F指定通し券¥11000
1F立見/1日券¥4000
バルコニー席¥4000 ※19日のみ
2F指定/1日券¥4500

■一般発売
6月16日(土)10:00〜販売開始
1F立見通し券¥10000
2F指定通し券¥11000
1F立見/1日券¥4000
バルコニー席¥4000 ※19日のみ
2F指定/1日券¥4500

【主催者 佐々木優プロフィール】

PA/SoundEngineer
20歳半ばにして華のキャンパスライフのはずの大学に何故か嫌気がさして
PAを生業にしたいと突然の中退。
(両親ガンギレ)ノンアポでPA会社に訪問するも当然の門前払い(音響の知識0、バカ)。
しかしながらしつこく面接を希望したのち何とか入社させて貰う。
奇跡的に入社させて貰うものの、何故かふわっと2社音響会社を渡り歩いたのち、
2013年に何のあてもない中突然のフリーランス宣言によりPA会社を退社。(またもやバカ)
本人曰く調子に乗っている訳ではない、決してイキってはいない、と豪語するものの、
親身になってくれているアーティストや同じフリーランス、PA会社の支えがあって
今の所野垂れ死ぬ事なく仕事を続けている。
この先に対する不安を毎日抱えていると言っているものの、
楽しそうに仕事をしているので本当のアホの可能性も秘めてはいるが、
仕事自体は割と真面目な様子。
結果今回のイベント(ICON SCRAMBLE)の一応主催者。



【関連リンク】
チケット売り切れ必至! 大型イベント『ICON SCRAMBLE』、出演日別ラインナップ解禁!! チケット先着先行開始!
MY FIRST STORYまとめ
Sonar Pocketまとめ
Ms.OOJAまとめ
Another Storyまとめ

【関連アーティスト】
MY FIRST STORY, Sonar Pocket, Ms.OOJA, Another Story, KNOCK OUT MONKEY, Northern19, PassCode, ROS, SWANKY DANK, シクラメン, Survive Said The Prophet, NOISEMAKER
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 出演, チケット

ゆず、大黒摩季、CHiCO with HoneyWorksなどの豪華グッズが当たるキャンペーンを『DI:GA ONLINE』で実施中!
Fri, 20 Apr 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』(ディーガ・オンライン)にて、アーティストの豪華グッズが当たるプレゼント企画を実施中! 現在応募を受け付けているのは、ゆず、大黒摩季、CHiCO with HoneyWorks、SURFACE、コレサワ、Bentham、Amelie、Mary\'s Blood、erica、さらに『DI:GA ONLINE』にて対談をしたSPARTA LOCALS × フジファブリックの全10組。

ゆずからはオリジナルアイテム(5月6日締切)、大黒摩季はサイン入りポスター(5月15日締切)、CHiCO with HoneyWorksはサイン入りツアーTシャツ(4月30日締切)、コレサワは“たばこっぽい”メモ帳(5月20日締切)、Benthamは直筆サイン入りタオル(5月27日締切)など、サイン入りアイテムも多数含めた今しか手に入らないレアなプレゼントが揃っている。

応募方法はTwitterからの応募とメール応募の2通りとなっているが、詳細や受付期間はアーティストごとで異なるため、詳しくは各アーティストのプレゼントページを参照してほしい。さらに、『DI:GA ONLINE』のプレゼント一覧ページではアーティストのインタビューやライブレポートも公開中なので、こちらも併せてご注目を!



【関連リンク】
ゆず、大黒摩季、CHiCO with HoneyWorksなどの豪華グッズが当たるキャンペーンを『DI:GA ONLINE』で実施中!
SURFACEまとめ
CHiCO with HoneyWorksまとめ
Amelieまとめ
ゆずまとめ

【関連アーティスト】
SURFACE, CHiCO with HoneyWorks, Amelie, ゆず, Mary\'s Blood, 大黒摩季, erica, コレサワ, Bentham, SPARTA LOCALS, フジファブリック
【ジャンル】
ニュース

SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第19回『きっと、うまくいく』 -
Fri, 20 Apr 2018 10:00:00 +0900


SUPER★DRAGONの楽(らく)が、大好きな映画のイメージを絵に描いてみなさんにオススメします!

今回僕が選んだ映画は『きっと、うまくいく』です!

これはインド映画で、
大学でエンジニアを目指す3人が
一緒におバカをやって青春を経験するコメディ映画です!

インド映画特有のよく分からないけど元気が出る歌と
ダンスのシーンがとても面白かったです!

楽しいことだけを共有するのが友達ではなくて、
心に抱えた問題から救ってあげられるのが友情なんだなと思いました。

今回の絵の中心にある羽の生えたバイクは、
物語のキーパーソンとなる人物の”ランチョー”が
友人に今まで出来なくて心に閉じ込めていたことに挑戦する
チャンスをあげる姿を見て自由の翼をつけました!

そして、彼らの「夢・思い出・決意」を表現しました!

SUPER★DRAGON

スーパー★ドラゴン:スターダストプロモーションが手掛ける若手俳優集団・恵比寿学園男子部“EBiDAN”から生まれた、9人組ミクスチャー系ユニット。通称”スパドラ”。2016年11月にリリースしたデビューシングル「Pendulum Beat!」は人気アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』のオープニング主題歌となり、オリコンデイリーチャート3位にランクイン。ヘヴィロックにラップやダンス、メンバーによるヒューマンビートボックスまで融合させた、ニューミクスチャースタイルな楽曲に、目まぐるしく変わる9人のフォーメーションダンス、そしてキャッチーで一緒に踊りたくなる振り付けが特徴。



【関連リンク】
SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第19回『きっと、うまくいく』 -
SUPER★DRAGONまとめ
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT』- 第64回 ♪月夜の散歩 / エレファントカシマシ -

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」, J-ROCK, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.164, EBiDAN

OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT』- 第64回 ♪月夜の散歩 / エレファントカシマシ -
Fri, 20 Apr 2018 10:00:00 +0900


出会いや別れを繰り返して
季節は巡っていく。4月。
ぼくがこの世界にやって来て39回目の春。
風が強い日を越えて
雨が過ぎたら季節が変わってる。
軽いパーカーを羽織って街を歩く。
何度も何度も歩いてきた道に
散った桜の花で線が出来る。

いつの間にか今年も桜が咲いて
あっという間に散っていく。
誘われたお花見パーティー、
桜の木の下の宴会は今でも苦手だ。
ブルーシートより綺麗な春の空と
桜のコントラストの方が美しいよなあ。

今日この世界に生まれてきた人を想像する。
オレは父親の手を引いて歩く。
刹那な瞬間の連続を一緒に掴んでる。

いつか君も今のオレと同じ季節
この場所に立つ時。
桜の花びらで出来た道のような線を
振り返って君も同じ様な事を想うのかなあ。

老いてゆく父親を気遣って歩幅を合わせたりして。
失った時を覚えてる事がふと悲しくなったりして
幻影みたいなモノを春の風の中に見るのかなあ。

オレ達はこの夜に置いていかれないように
子どもの頃みたいに月を追いかけるんだ。
その時”揺れた灯り”の中にぼくらの影が見えるよ。

YORKE. / april, 2018

OLDCODEX

オルドコデックス:2009年結成。ヴォーカルTa_2とペインターYORKE.という異色の組合せの特性を活かし、ロック、ラウド、ダンスの要素を強く持ったサウンドを主としつつ、アートを織り交ぜた視覚をも楽しませる作品を打ち出している。Ta_2のハードな歌声に乗せ、YORKE.のエモーショナルなペインティングがキャンバスを色付けていくアグレッシブなライヴにも定評があり、観るものの感性を刺激するパフォーマンスを展開している



【関連リンク】
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT』- 第64回 ♪月夜の散歩 / エレファントカシマシ -
OLDCODEXまとめ

【関連アーティスト】
OLDCODEX
【ジャンル】
OLDCODEX / 「WHY I PAINT」, J-ROCK, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.164













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1