歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年04月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
GANG PARADE、前体制ラストワンマンより「Beyond the Mountain」公開
Wed, 11 Apr 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GANG PARADEが5月29日にリリースするシングル「GANG 2」の初回限定盤DVDに収録されるライヴ映像から、「Beyond the Mountain」が公開となった。初回限定盤DVDには、2月23日にマイナビBLITZ赤坂で開催されたワンマンライヴ『MAKING THE ROAD』の模様が収録される。このライヴは、前体制でのラストワンマン公演で、GANG PARADE自身初の映像作品だ。

公開となった「Beyond the Mountain」をチェックしつつ、シングル「GANG 2」の発売を楽しみに待っていてほしい。

シングル「GANG 2」

2018年5月29日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TPRC-0200/¥3,700+税
【通常盤】(CD)
TPRC-0201/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.GANG 2
2.タイトル未定
3.GANG 2(inst)
4.タイトル未定(inst)
■DVD ※初回限定盤のみ
GANG PARADE『MAKING THE ROAD』2018年2月23日マイナビ BLITZ 赤坂公演 ライブ映像

ワンマンライブ『GANG 2』

4月17日(火) 東京・ZEPP DiverCity
<チケット>
オールスタンディング¥4,000(税込)※D代別
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/gang/



【関連リンク】
GANG PARADE、前体制ラストワンマンより「Beyond the Mountain」公開
GANG PARADEまとめ
SIX LOUNGE、焼け付くようなライヴ感がある「LULU」MV公開

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, ユニット, グループ, トレーラー, CD, DVD, シングル, 発表, リリース, 発売, ライブ, ワンマン

SIX LOUNGE、焼け付くようなライヴ感がある「LULU」MV公開
Wed, 11 Apr 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ライヴハウスシーンで注目の大分発3ピースロックバンド、SIX LOUNGEが「LULU」のMVを公開した。4月25日(水)にリリースされるミニアルバム『夢うつつ』のリード曲「くだらない」がスペースシャワーTVのミドルローテーション「it!」やM-ON! Recommendに選出されるなど注目が集まる中、収録曲よりさらにもう1曲のMVが完成となった。

壮大なアレンジとヤマグチユウモリ(Vo&Gu)の圧倒的な声が特徴のミディアムナンバー「くだらない」に対し、「LULU」では耳に残るドラムのパターンに攻撃的なアレンジが重なっていく。ともに、SIX LOUNGEが奏でるロックンロールの振り幅を感じさせる楽曲となっており、MVではノーカット編集なし、ヒリヒリと焼け付くようなライヴ感のある映像をぜひチェックしてみてほしい。

ミニアルバム『夢うつつ』

2018年4月25日発売



【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7407/¥2,750+税
<収録曲>
■CD
1.くだらない
2.STARSHIP
3.ZERO
4.LULU
5.SUMMER PIXY LADY
6.ORANGE
7.SWEET LITTLE SISTER
■DVD
『ONE MAN LIVE “LOVE” at SHIBUYA CLUB QUATTRO 2017.12.05』
1.朝焼けプロムナード
2.STARSHIP
3.CANDY GIRL
4.大人になる前に死んでやる。
5.10号線
6.STRAWBERRY
7.SHEENA
8.LOVE SONG
9.東京紙風船
10.ふたりでこのまま
11.NEW BORN MY BLUES
12.青い春
13.メリールー
14.最終兵器 GIRL
15.プラマイゼロ
16.トラッシュ
17.俺のロックンロール
18.大人になってしまうなよ
19.君へのプレゼントは、綺麗な僕の血と君の涙。
20.Under The Cloud
21.僕を撃て



【通常盤】(CD)
UPCH-2158/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.くだらない
2.STARSHIP
3.ZERO
4.LULU
5.SUMMER PIXY LADY
6.ORANGE
7.SWEET LITTLE SISTER

『SIX LOUNGE TOUR 2018“夢うつつ”』

5月12日(土) 福岡・LIVEHOUSE CB w/SHIMA/BAN\'S ENCOUNTER 
5月13日(日) 広島・CAVE-BE w/SHIMA / KOTORI
5月14日(月) 岡山・CRAZYMAMA 2nd ROOM w/KOTORI
5月16日(水) 神戸・太陽と虎 w/突然少年
5月17日(木) 京都・MUSE w/Hump Back
5月22日(火) 仙台・LIVE HOUSE enn 2nd w/ハルカミライ
5月23日(水) 水戸・LIGHT HOUSE w/a flood of circle
5月24日(木) 千葉・LOOK w/Large House Satisfaction
5月26日(土) 静岡・UMBER w/climbgrow
5月27日(日) 滋賀・B-FLAT w/G-FREAK FACTORY
5月29日(火) 香川・DIME w/Age Factory / BAN\'S ENCOUNTER  
5月30日(水) 高知・X-pt. w/Age Factory / BAN\'S ENCOUNTER
6月02日(土) 北海道・札幌COLONY w/THE BOYS&GIRLS
6月10日(日) 大分・T.O.P.S Bitts HALL ※ゲストバンド後日発表
6月12日(火) 名古屋・E.L.L w/フラワーカンパニーズ
6月13日(水) 大阪・梅田CLUB QUATTRO ※ゲストバンド後日発表
6月17日(日) 沖縄・Output w/THE FOREVER YOUNG(OA:奢る舞けん茜 / ヤングオオハラ)
6月20日(水) 東京・LIQUIDROOM ※ゲストバンド後日発表



【関連リンク】
SIX LOUNGE、焼け付くようなライヴ感がある「LULU」MV公開
SIX LOUNGEまとめ
EVERSSIC、始動に合わせて「SAIL AWAY」MV&試聴動画など一挙公開

【関連アーティスト】
SIX LOUNGE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム

EVERSSIC、始動に合わせて「SAIL AWAY」MV&試聴動画など一挙公開
Wed, 11 Apr 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年5月12日(木)に新たな歌モノバンド、EVERSSIC(読み:エバーシック)が船出する。“EVERSSIC”というバンド名は“EVER,MUSIC,CLASSIC”を掛け合わせた造語で、“ずっと聴き継がれる、残る音楽”という意味合いが込められている。前バンド解散後、約1年のソロ活動を経て、さらに表情豊かになったヴォーカリスト・masayaの圧倒的な歌唱力。その歌と曲の魅力を最大限に引き出す上手ギタリスト・薫のフレージング。絶妙な感情のニュアンスを響かせる下手ギタリスト・Daiju。歌と曲の世界観を引き立て、何度も聞きたくなるようなベースラインを奏でるベーシスト・ゆづき。力強いドラミングと華やかな存在感を放つドラマー・ケイタ。この5人が織りなすハーモニーこそがEVERSSICの最大の魅力だ。

記念すべき初ライヴは高田馬場AREAでの始動主催。『Journey to El Dorado』と名付けられたこのライヴから、彼らの航海が始まる。そして、masayaが以前から親交のある、DのASAGIが代表を務めるGOD CHILD RECORDSより、5月14日(月)に1stミニアルバム『SAIL ON MUSIC』をリリース。収録曲はどれも個性的で、周りのバンドの追随を許さない鮮やかな光を放っている。

今作に収録される全曲の1コーラスが収録された大ボリュームの試聴動画も公開されたので、ぜひチェックしてほしい。その中でもMV作品として発表した「SAIL AWAY」はEVERSSICの新たな船出の決意が色濃く描かれた、聴き心地の良い爽快なナンバーとなっている。プロデューサーに岡野ハジメ、サウンドエンジニアに比留間整を起用した、日本の音楽界を牽引してきたこの布陣で1作品目から挑むことからもEVERSSICの強気の本気度が見て取れる。

ミニアルバム『SAIL ON MUSIC』

2018年5月14日発売



【限定盤A-TYPE】(CD+DVD)
品番未定/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.SAIL AWAY
02.BREAK OUT!!
03.TICTAC
04.ムラサキドクアゲハ
05.Bon Voyage
■DVD
01.SAIL AWAY(MV)
02.SAIL AWAY(MV Making)



【通常盤B-TYPE】(CDのみ)
品番未定/¥2,700+税
<収録曲>
01.SAIL AWAY
02.BREAK OUT!!
03.TICTAC
04.ムラサキドクアゲハ
05.Bon Voyage
06.愛を叫べ

EVERSSIC始動主催『Journey to El Dorado』

5月12日(土) 東京・高田馬場AREA
<出演>
EVERSSIC、AXESSORY、K(ex.BORN)、Rides In ReVellion、CANIVAL、アイオリン、レイヴ
<チケット>
前売り¥3800/当日¥4300(+1ドリンク)
■チケット購入ページ https://t.co/CPqfKi5yLV



【関連リンク】
EVERSSIC、始動に合わせて「SAIL AWAY」MV&試聴動画など一挙公開
EVERSSICまとめ
Dまとめ
コブクロ、漫画家・高野苺とコラボした新曲「君になれ」ティザーMV公開

【関連アーティスト】
EVERSSIC, D
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, トレーラー, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, ライブ

コブクロ、漫画家・高野苺とコラボした新曲「君になれ」ティザーMV公開
Wed, 11 Apr 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年の9月8日に20周年を迎えるコブクロが、4月11日にニューシングル「ONE TIMES ONE」をリリース! 収録曲「君になれ」にインスピレーションを受けて、高野苺が新連載漫画『君になれ』を4月25日から『月刊アクション』にてスタートすることが発表されているが、それに先駆けて、漫画で作り上げた「君になれ」のティザーMV公開となった。

2015年に漫画『orange』(作・高野苺/双葉社刊)の映画化の際には、コブクロ「未来」が主題歌となり大ヒット。映画も大成功をおさめ、またコミックスも累計470万部を突破。漫画『orange』を使ったMV「コブクロ「未来」コミックス「orange」ver.」は、YouTubeで2500万という再生回数を記録し、コブクロの代表曲となった。

今回はコブクロサイドから、楽曲「君になれ」を元にした漫画製作のオファーをし、高野苺も快諾。公開となったティザーMVは、双葉社発行の『月刊アクション6月号』に新連載漫画『君になれ』の第1話が掲載されるのに先駆け、作品紹介や原稿製作の過程、小渕の手書き歌詞シーンなどを予告的に見せる内容となっている。ティザーMVを観て、漫画『君になれ』の連載も楽しみに待っていてほしい。

■【コメント】

■小渕健太郎
「君になれ」のミュージックビデオが完成しました。
ついに、「君になれ」の楽曲の中で紡いだ言葉たちが、漫画の中で、それぞれのキャラクターの気持ちや表情として動き出しました。
僕が真っ白な紙に歌詞を書く作業と、高野さんが真っ白な紙に絵を描く作業が、まるで呼び合うように進んで行く映像を見たとき、この二つの作品は元々一つだったんじゃないかと思えるほど自然でした。
一話の中だけでも、未来への希望や不安、葛藤や迷いが描かれていて、音楽のスピードやスケールをさらに加速させてくれています。
高野さんならではの繊細な絵が、歌に優しい色も添えてくれました。
コブクロ史上最強のコラボレーションだと感じています。
ここから続いて行く連載がとにかく楽しみです!

■黒田俊介
高野苺×コブクロ。
君になれを歌いたい。
もっと歌える。もっと伝えられる。
いつまでも見ていたい。
高野先生ありがとう。

■高野苺(楽曲「君になれ」についての感想コメント)
初めて聴いた時、もうすごくかっこ良くて、涙が出そうになるのを唇を噛みながら堪えて、喉の奥が熱くなる感覚でした。
グラついた足元をぎゅっと固めてくれるようでした。
小渕さん、黒田さんの想いが刺さるように伝わります。
「今はまだ」や「本物の君になれ」が好きで、今は成長途中で、この先に希望があるんだと気づかせてくれる言葉に救われます。
駄目な時はどうしても駄目で、そんな時に掛けて欲しい言葉がたくさんありました。
悩んだ時に支えてくれる、自分のための歌だと、みんなが思える歌です。
大好きです。

(c)高野苺/双葉社

漫画『君になれ』掲載情報

『月刊アクション』6月号
2018年4月25日発売
¥680円(税込)
特別付録:コブクロ×高野苺『君になれ」コラボクリアファイル

『月刊アクション』オフィシャルHP
http://webaction.jp/monthly_action/

シングル「ONE TIMES ONE」

2018年4月11日発売



【初回限定盤】
WPCL-12858/¥1,800+税
※激レアLIVE 音源5曲付き
※初回限定盤特典 :“ONE TIMES ONE”タトゥーシール封入
<収録曲>
M1: ONE TIMES ONE アサヒもぎたて CMソング
M2: バトン  小野薬品300周年TV−CMイメージソング
M3: 君になれ
M4: 君という名の翼(LIVE from 2017.8.21 東京国際フォーラムA)
M5: 蒼く 優しく(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)
M6: 心(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)
M7: 蕾(LIVE from 2017.10.28 東京ドーム)
M8: STAGE Acoustic ver.(LIVE from 2016.6.7 シダックスカルチャーホール)
M9 :ONE TIMES ONE(Instrumental)
M10:バトン(Instrumental)
M11:君になれ(Instrumental)

【通常盤】
WPCL-12857/¥1,204+税
<収録曲>
M1: ONE TIMES ONE ※アサヒもぎたて CMソング
M2: バトン 子mr小野薬品300周年TV−CMイメージソング
M3: 君になれ
M4: ONE TIMES ONE(Instrumental)
M5: バトン(Instrumental)
M6: 君になれ(Instrumental)

◎店舗購入特典
特製ポケットカレンダー

配信シングル「ONE TIMES ONE」

2018年4月11日配信開始



¥900
<収録曲>
1.ONE TIMES ONE
2.バトン
3.君になれ
4.ONE TIMES ONE(Instrumental)
5.バトン(Instrumental)
6.君になれ(Instrumental)

◎iTunes特典映像
「君になれ(LIVE from 2017.8.21 東京国際フォーラムA)特典映像」が付属&コブクロらしいコメントムービーも収録!
※3曲それぞれを1曲ずつDLされた場合は、特典映像はつきません。
※特典映像をダウンロードするには、必ず900円のまとめ購入ボタンをクリックしてください。



【関連リンク】
コブクロ、漫画家・高野苺とコラボした新曲「君になれ」ティザーMV公開
コブクロまとめ
怒髪天、アルバム『夷曲一揆』発売決定&衝撃のジャケット写真公開

【関連アーティスト】
コブクロ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, コラボ, ミュージックビデオ, MV, 新曲

怒髪天、アルバム『夷曲一揆』発売決定&衝撃のジャケット写真公開
Wed, 11 Apr 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

坂詰克彦(Dr)のソロミニコンサートやショートツアーで絶賛暖機運転中の怒髪天が、7月11日(水)に約2年ぶりとなるニューアルバム『夷曲一揆』(読み:ひなぶりいっき)をリリースすることを発表。衝撃のジャケット写真も公開された。

タイトルにある“夷曲”とは、諸説あるが(詩歌などが)田舎風であること。また、そのような詩歌という意味を持ち、一揆という言葉と組み合わせることで、怒髪天らしいユーモアセンスで世相への風刺の効かせたタイトルになっている。さらに、それぞれの楽曲タイトルもインパクト大! タイトルから曲の内容が想像できないところもあるものの、『暖機運転ツアー』で披露している「裸武士」「HONKAI」「春、風船」だけでも、楽曲の振り幅の広さに圧倒される。ちなみに、衝撃の褌ジャケットのモデルは後日解禁とのこと。

10月からは、本作を引っさげた全27本の全国ツアー『一揆一友TOUR 〜権べ&田吾〜』が決定! 10月2日(火)千葉LOOK公演を皮切りに、2019年1月26日(土)Zepp Divercity Tokyoでファイナルを迎える。2019年のバンド結成35年へ向けて、裸一貫、褌締め直してもう一勝負挑む怒髪天に期待してほしい。

アルバム『夷曲一揆』

2018年7月11日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TECI-1589/¥3,800+税
【通常盤】(CDのみ)
TECI-1590/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.裸武士(読み:ハダカブシ)
02.春、風船(読み:ハルフウセン)
03.初めての旅につき
04.シンプルマン
05.ゴミ集積所ノ破落戸(読み:ゴミシュウセキジョノナラズモノ)
06.デッドストックブルーズ
07.1999GT-O(読み:イチキューキューキュージーティーオー)
08.YOI・YOI・YOI(読み:ヨイヨイヨイ)
09.希望丸より愛をこめて(読み:キボウマルヨリアイヲコメテ)
10.HONKAI(読み:ホンカイ)
※曲順未定
■DVD ※初回限定盤のみ
カムバック・サーモン TOUR 2018 “押忍!ホッチャレ部”ツアードキュメント映像

『一揆一友TOUR 〜権べ&田吾〜』

10月02日(火) 千葉 千葉 LOOK
10月06日(土) 岐阜 ants
10月08日(月) 香川 高松 DIME
10月09日(火) 愛媛 松山 SALONKITTY
10月11日(木) 鹿児島 SR HALL
10月13日(土) 熊本 B.9 V1
10月14日(日) 福岡 DRUM Be-1
10月16日(火) 滋賀 U★STONE
10月27日(土) 福島 郡山 CLUB #9
10月28日(日) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
11月03日(土) 石川 金沢 AZ
11月04日(日) 長野 松本 ALECX
11月10日(土) 秋田 Club SWINDLE
11月11日(日) 宮城 仙台 Rensa
11月15日(木) 兵庫 神戸 太陽と虎
11月17日(土) 広島 SECOND CRUTCH
11月18日(日) 岡山 IMAGE
11月20日(火) 静岡 浜松 MESCALIN DRIVE
11月23日(金) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
11月24日(土) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE
<2019年>
1月12日(土) 大阪 味園ユニバース
1月13日(日) 愛知 名古屋 ReNY limited
1月19日(土) 北海道 札幌 PENNY LANE24
1月20日(日) 北海道 札幌 PENNY LANE24
1月26日(土) 東京 Zepp Divercity Tokyo



【関連リンク】
怒髪天、アルバム『夷曲一揆』発売決定&衝撃のジャケット写真公開
怒髪天まとめ
さくらしめじ、マイナビBLITZ赤坂公演のライヴ映像をスターダストch.にて公開

【関連アーティスト】
怒髪天
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ツアー, ワンマン

さくらしめじ、マイナビBLITZ赤坂公演のライヴ映像をスターダストch.にて公開
Wed, 11 Apr 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年12月9日にマイナビBLITZ赤坂で開催された、さくらしめじの『菌育 in the 家(はうす)スペシャル! マイナビBLITZ赤坂篇』のライブ映像が、スターダストチャンネルで公開スタート! アコギパートとバンドスタイルの2部構成で展開された今回のライブ。サプライズゲストとして登場したEvery Little Thingの伊藤一朗との「fragile」共演や、バックバンドを迎えたパワフルな演奏による菌育名物「即興3ワードソング」、そして「おもいでくれよん」を客席で弾き語りで披露するなど、“スペシャル”な見どころ満載のライヴ映像となっている。

また、さくらしめじは『菌育 in the 家(はうす)』のファイナル公演として、7月28日(土)の日比谷野外大音楽堂公演も発表されている。こちらもファン必見のライヴになること間違いなし! 

■【配信スケジュール】

■4月11日(水)チャプター1
セットリスト
01.あやまリズム
02.せきがえのかみさま
03.だるまさんがころんだ
04.おたまじゃくし
05.さんきゅう
06.ひだりむね
07.fragile

■4月18日(水)チャプター2
08.ふうせんはなび
09.ケセラセラララ
10.かぜいろのめろでぃー
11.きみでした
12.スタートダッシュ
13.ねこの16ビート
14.てぃーけーじー
15.えそらごと

■4月25日(水)チャプター3
<アンコール>
16.おもいでくれよん
17.みちくさこうしんきょく

<視聴方法>
2018年4月11日(水)19:00〜配信開始
有料会員(月額400円税別)のみ視聴可能
配信ページ:http://stardust-ch.jp/

『さくらしめじライブハウスツアーファイナル『真夏の星空ピクニック』in 日比谷野外大音楽堂』

7月28日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
http://sakurashimeji.com/kiniku/



【関連リンク】
さくらしめじ、マイナビBLITZ赤坂公演のライヴ映像をスターダストch.にて公開
さくらしめじまとめ
伊藤一朗まとめ
Every Little Thingまとめ
『スカパラ登場』に見る国内最強のバンド、東京スカパラダイスオーケストラのスタンス

【関連アーティスト】
さくらしめじ, 伊藤一朗, Every Little Thing
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ユニット, グループ, コラボ, 発表, 配信, ポップス, フォーク, ライブ, ワンマン, 音楽配信

『スカパラ登場』に見る国内最強のバンド、東京スカパラダイスオーケストラのスタンス
Wed, 11 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今週末の4月14日、東京・STUDIO COASTを皮切りに全国ツアーをスタートさせる東京スカパラダイスオーケストラのメジャーデビュー作『スカパラ登場』を紹介する。ジャマイカ発祥のスカという音楽ジャンルをベースにしながらも、老若男女誰もが楽しめるサウンドを提供し続けている彼ら。その基本的なスタンスはデビュー時から不変であることを分析していこう。

■ニュースが豊富な2018年のスカパラ

本稿作成のため、東京スカパラダイスオーケストラ(以下スカパラ)の公式サイトを訪れてみたのだが、若干驚きを禁じ得なかった。所謂“ニュース”ネタが豊富すぎるのである。3月14日にニューアルバム『GLORIOUS』をリリースされたことや、ファンクラブサイトがリニューアルされた辺りが載っているのは当然として、まずライヴ・イベント出演情報が大量である。全国ツアー『東京スカパラダイスオーケストラ 2018 Tour「SKANKING JAPAN」』に関して言えば、すでに2018年の年間スケジュールを掲載。4月14日の東京・STUDIO COASTから、ツアーファイナルであり、“スカフェス in 城ホール”でもある12月24日の大阪城ホールまで、前半の“燃やせ、揺らせ”編、後半の“めんどくさいのが愛だろっ?”編共にすべてが発表されている。イベントのほうは『カローラ福岡 Presents NUMBER SHOT 2018』『石川テレビ 創立50周年 POP HILL 2018 in KANAZAWA』、『オハラ☆ブレイク \'18夏』『J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018 supported by antenna*』、『VIVA LA ROCK 2018』『京都大作戦2018〜去年は雷雨でごめんな祭〜』への出演がアナウンスされているが、イベント、フェスはまだまだあるのだから、この辺はこれからも増えていくのだろう。

まぁ、ライヴやイベント出演が多いバンドは他にもいるので、この規模が普通だとは言わないまでも、驚くほど珍しくはないかもしれない。驚くのはここからである。他アーティスト作品への参加とコラボレーションがとにかく多い。今年の入ってからのものだけでも、以下の通りだ。

■多岐にわたるコラボレーション

“エレファントカシマシのトリビュートアルバムに東京スカパラダイスオーケストラ×高橋一生「俺たちの明日」で参加が決定!”。“2月21日リリース「ちえのわ feat.峯田和伸」”。“シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ ディズニー/ピクサー初挑戦!日本版エンドソング♪「リメンバー・ミー」を歌う!”。“5/30 発売 関ジャニ∞ベストアルバム「GR8EST」に東京スカパラダイスオーケストラ参加!”。“4月18日にさかなクンとコラボした「およげ!たいやきくん〜潜れ!さかなクン Ver.〜」の音源の配信が決定!”。

ほぼ毎月のように、誰かのアルバムに参加したり、フィーチャリングしたりされたりしている。他のバンドならこの内のひとつでも十分に大きなニュースとなりそうであるが、スカパラの場合はそれが当たり前のようであるのが面白い。公式サイトの“ニュース”はこれにとどまることなく、茂木欣一が映画『リメンバー・ミー』で声優に初挑戦したこと、メンバー出演のCMのこと、キャンペーンのお知らせや募金活動の報告と、バラエティー豊かなネタが紹介されている。彼らほどのキャリアあるアーティストとしては異例な感じがするのは筆者だけだろうか。周年記念の節目の年ならまだしも、2018年はスカパラにとって特に節目というわけでもなさそうなので、誤解を恐れずに言えば、“スカパラ、よく働くなぁ”という印象である(ちなみにスカパラの結成は1985年、メジャーデビューが1990年なので、今年は結成33周年、メジャーデビュー29周年。来年がデビュー30周年となる)。現在のメンバーは9名。それぞれスカパラ以外の活動もあるだろうから、スケジュール調整だけでも大変であろうに、これだけ精力的に活動しているスカパラは日本で最強のバンドではなかろうかと、かなりマジに思う。

■精力的にライヴを展開するスカパラ

しかも、(話は前後するが)今年の全国ツアー『東京スカパラダイスオーケストラ 2018 Tour「SKANKING JAPAN」』の日程を見ると、彼らのライヴバンドとしての心意気が感じられて、ますます“スカパラ最強説”が強固になる。ツアー前半戦である“燃やせ、揺らせ”編は25カ所のライヴハウス公演。スタンディングでまさしく会場を燃やして揺らすのだが、最注目は全国ツアー後半の“めんどくさいのが愛だろっ?”編だ。9月29日の埼玉・川口総合文化センター リリア メインホールからスタートするのだが、発表されている約20カ所のホールは、そのほとんどがあまりロックバンドが訪れることのない場所ばかりなのである。

詳しくは、それこそ公式サイトをご覧になっていただきたいが、東京都内はサンパール荒川とオリンパスホール八王子、北海道ではわくわくホリデーホール(札幌市民ホール)はともかくとして、富良野文化会館、根室市総合文化会館といった会場で開催。県庁所在地も避ける方向のようで、広島県三原市、新潟県村上市、徳島県鳴門市、島根県安来市といった地名が並んでいる。地方都市で県庁所在地ではないということは、それほどアクセスが良くないことも想像に難くないし、動員も容易ではないかもしれない。何よりもメンバーの移動が大変なところもあるだろう。それでも、“めんどくさいのが愛だろっ?”というタイトルからすると、“でもやるんだよ!”とばかりに、普段、他のアーティストが行かないような、初めてスカパラを見る観客もいるであろう会場へ彼らは行くのだ。これを称えずして何を称えよう。少なくとも、今、日本の音楽シーンにおいて、スカパラは最強のバンドのひとつだ。五指、いや三本指に入ると言っても過言ではないだろう。

■最高位12位を記録したデビュー作

おそらく、いや、間違いなく、メンバー自身にも最強の自負はあるだろう。逆に言えば、その自負があるからこそ、“めんどくさいのが愛だろっ?”編のようなスケジュールが組めるのだと思う。2、4拍目を強調したスカビートにホーンセクションを配したスカパラのサウンドは、初見の人でも半ば強制的に乗せてしまうような力がある。本能を刺激するかのような、ひと言で言えばアガる音楽だ。それはデビュー時から備わっており、メジャーデビュー作『スカパラ登場』でもそれを確認できる。今も失われることがない彼らの魅力(魔力?)が詰まった名盤なのだ。『スカパラ登場』が発表された1990年と言うと第二次バンドブームの真っ最中であり、音楽の多様性が一般にも周知され始めた時期とも言えるのだが、それにしてもスカというジャマイカ発祥の音楽ジャンルをベースにした男だけのインストバンドである。今思うとチャート最高位12位を記録したのは驚異的な気もするが(当時のレコード会社の担当者もさすがに驚いたという噂もある)、その親しみやすさ=ポピュラリティという意味でのポップさからすると十分に納得ではある。何と言うか、全方位型なのである。

■らしさを強調した理想的なカバー曲

カバーの選び方でもそれが分かる。全13曲の内、カバーは、M4「仔象の行進」、M6「TIN TIN DEO」、M8「にがい涙」、M11「HIT THE ROAD JACK」の4曲。チョイスが絶妙なのだ。順に説明すると、M4はHenry Mancini 作曲の1961年公開のアメリカ映画『ハタリ!』の劇中曲、M6はジャズの名曲中の名曲、M8は米国の女性ヴォーカルグループ、The Three Degreesがリリースした日本限定の楽曲、そしてM11はあらゆるアーティストに歌われているPercy Mayfieldの楽曲で、とりわけRay Charlesを世界的シンガーに押し上げたことでも知られているナンバーだ。多くの人がどこかで耳にしたことがある楽曲でありつつも、M8、M11など分かる人には分かるマニアックさも併せ持っている。

しかも、(当然と言えば当然なのだが)しっかりとスカパラ流にカバーしているのだ。例えば、M4「仔象の行進」。原曲は金管楽器と木管楽器とでファニーな雰囲気を醸し出しているが、スカパラ版では楽しさはそのままに、シャープかつスリリングな加味したロックな「仔象の行進」に仕上げている。M6「TIN TIN DEO」もまさにロックで、ホーンセクションが主旋律を奏でる様子、特に後半のブレイクからのそれは鳥肌ものに素晴らしい。中盤で聴かせるアーバンなピアノやフリーキーなトランペットなど聴きどころも多く、実にカッコ良いテイクだ。しっかりとロックしているのはM11「HIT THE ROAD JACK」も同様。M8「にがい涙」にしても、The Three Degreesが慣れない日本語で歌っている様子までもしっかり再現しつつ、パンチの効いたカバーに仕上げている。いずれにしても、原曲の良さを損なうことなく、ちゃんとスカパラらしさも強調した理想的なカバーと言える。

■ロック魂を感じる楽曲がズラリ

カバーでそうなのだから、オリジナル曲は、さらに“らしさ”全開。フリーダムな精神が発揮されているものばかりだ。いずれも問答無用にカッコ良い、シリアストーンのM2「バンパイア」、M3「MONSTER ROCK」、M10「ゴールデン タイガー」。ゆるやかだが、それゆえにしっかりとスカビートが際立っているM1「ストレンジバード」。大陸風のM5「ウーハンの女」。北欧民謡風のリズムに哀愁あるメロディーを乗せたM7「月面舞踏」。アメリカンポップスから直に影響を受けた昭和歌謡テイストのM9「いにしえの花」。明るく開放感のあるラテン系のM12「ドキドキTIME」。そして、アコーディオンと口笛というシンプルなサウンドのM13「君と僕」。何でもあり…と言ったら流石に大袈裟かもしれないが、実にバラエティー豊かだ。

しかも、それぞれに小技も効いている。例えば、スパイ映画のテーマ曲っぽいスリリングさから始まるM2「バンパイア」は、Shakatak風サウンドから鳴きのトランペット、ギターへと展開。狼の遠吠え風なヴォイスも重なるなど、映像が観えてくるような作り。M5「ウーハンの女」もそう。随所にドラの音が配されている上に、ブルース・リーの怪鳥音を模したヴォイスも聴こえ、明らかにカンフー映画的な雰囲気がある。何よりもM13「君と僕」のインパクトは強い。大編成のスカパラのようなバンドのメジャーデビュー作、そのラストがアコーディオンと口笛というのは何とも洒落が効いている。サウンドのダイナミズム、躍動感という意味でのポップさも十分にロックではあるが、こうしたバラエティー豊かな楽曲に挑戦する姿勢に何よりもスカパラのロック魂を感じるところである。

TEXT:帆苅智之

アルバム『スカパラ登場』

1990年発表作品



<収録曲>
1. ストレンジバード
2.バンパイア
3.MONSTER ROCK
4.仔象の行進
5.ウーハンの女
6.TIN TIN DEO
7.月面舞踏
8.にがい涙
9.いにしえの花
10.ゴールデン タイガー
11.HIT THE ROAD JACK
12.ドキドキTIME
13.君と僕



【関連リンク】
『スカパラ登場』に見る国内最強のバンド、東京スカパラダイスオーケストラのスタンス
東京スカパラダイスオーケストラまとめ
クアイフ、初のドラマ主題歌で新感覚シチュエーションコメディを彩る

【関連アーティスト】
東京スカパラダイスオーケストラ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!

クアイフ、初のドラマ主題歌で新感覚シチュエーションコメディを彩る
Wed, 11 Apr 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

森彩乃(Vo&Key)、内田旭彦(Ba&Cho&Prog)、三輪幸宏(Dr)からなる“絶対的、鍵盤系ドラマチックポップバンド”のクアイフが、自身初のドラマ主題歌を担当することが決定した。主題歌を務めるのは、4月16日(月)からスタートするメ〜テレドラマ『ミューブ♪ 〜秘密の歌園〜』。青春ど真ん中の女子高生たちが歌い踊る“新感覚シチュエーションコメディ”で、個性派俳優の池田鉄洋が脚本を担当、女優・モデルとして人気急上昇中の平祐奈が主演を務めることで大きな話題を呼んでいる。

主題歌に決定した「I love ME!」は、たくさんの悩みや失敗を糧に自分らしく光り輝く未来を手に入れる青春の1ページを切り取った歌詞と、ミュージカルを彷彿とさせる心躍るサウンドが印象的なポップチューンだ。この春を彩る注目ドラマと新進気鋭バンドの化学反応に期待が高まる。

■【クアイフ コメント】

「バンド史上初のドラマ主題歌。そして「ミューブ♪」という素晴らしい作品に携われたことに心から嬉しく思います。
登場する個性豊かな6人の「ヒロイン」。彼女たちが繰り広げる、爆笑と甘酸っぱさ全開のシットコムは、片時も目が離せません。
たくさん悩んで、失敗して、その中で光輝く青春のストーリーを「I love Me!」というクアイフ渾身のポップソングで鮮やかに色付けたいと思います」

シングル「ワタシフルデイズ」

2018年3月7日より発売中



ESCL-5000/¥1,200(税込)
※通常盤(初回仕様)
※初回仕様:PlayPASS対応
<収録内容>
M1. ワタシフルデイズ
M2. 未来emotion(名古屋グランパス2018シーズンオフィシャルサポートソング)
M3. ワタシフルデイズ(Instrumental)
M4. 未来emotion(Instrumental)

メ〜テレドラマ『ミューブ♪ 〜秘密の歌園〜』

放送:2018年4月16日(月)スタート 毎週月曜24:55〜
出演:平祐奈、大友花恋、優希美青、中村里帆、鶴田奈々、高月彩良 他
脚本:池田テツヒロ(ドラマ『子育てプレイ』『家族八景』、映画『行け!男子高校演劇部』)
音楽:フジモトヨシタカ(ドラマ『こえ恋』『名刺ゲーム』、映画『ちょっとまて野球部!』)
チーフプロデューサー:太田雅人(メ〜テレ)、鈴木俊明(ホリプロ)
プロデューサー:松岡達矢(メ〜テレ)、白石裕菜(ホリプロ)
監督:宝来忠昭(ドラマ『女くどき飯』『食の軍師』『こえ恋』『ON』『ホクサイと飯さえあれば』)
主題歌:クアイフ「I love ME!」
制作協力:ホリプロ
製作著作:メ〜テレ

■『ミューブ♪』公式サイト
https://www.nagoyatv.com/myubu/



【関連リンク】
クアイフ、初のドラマ主題歌で新感覚シチュエーションコメディを彩る
クアイフまとめ
ヨルシカ、可愛くも切ない「ヒッチコック」MV公開&ミニアルバム詳細解禁

【関連アーティスト】
クアイフ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 新曲, ポップス, TVドラマ, 主題歌

ヨルシカ、可愛くも切ない「ヒッチコック」MV公開&ミニアルバム詳細解禁
Wed, 11 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボカロPのn-bunaと女性シンガーのsuisによるバンド、ヨルシカが5月9日(水)にリリースする2ndミニアルバム『負け犬にアンコールはいらない』より新曲「ヒッチコック」のMVを公開した。「ヒッチコック」は先生への人生相談を歌った楽曲で、すでに540万再生を記録している「言って。」のMVを手がけた大鳥による実写とアニメーションを用いた、可愛くも切ない映像作品となっている。

さらに、今作『負け犬にアンコールはいらない』のジャケット写真、収録曲タイトルと各店舗の特典内容も発表! ヨルシカならではの夏を感じる歌詞とサウンドに注目してほしい。

ミニアルバム『負け犬にアンコールはいらない』

2018年5月9日発売



【初回生産限定盤】(CD+初回盤限定ブックレット「生まれ変わり」封入)
DUED-1242/¥2,200+税
※デジパック仕様
<収録曲>
01.前世
02.負け犬にアンコールはいらない
03.爆弾魔
04.ヒッチコック
05.落下
06.準透明少年
07.ただ君に晴れ
08.冬眠
09.夏、バス停、君を待つ

◎各店舗特典
■Amazon:オリジナル缶バッジ
■ヴィレッジヴァンガード:オルゴールCD
01.爆弾魔 オルゴールver.
02.ただ君に晴れ オルゴールver.
03.冬眠 オルゴールver.
■タワーレコード:オルゴールCD
01.負け犬にアンコールはいらない オルゴールver.
02.ヒッチコック オルゴールver.
03.準透明少年 オルゴールver.



【通常盤】(CD+Pケース)
DUED-1243/¥1,700+税



【関連リンク】
ヨルシカ、可愛くも切ない「ヒッチコック」MV公開&ミニアルバム詳細解禁
ヨルシカまとめ
n-bunaまとめ
アン・ルイス、1972〜1977年にリリースした初期アルバム6作を配信開始

【関連アーティスト】
ヨルシカ, n-buna
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ミニアルバム, ボーカロイド

アン・ルイス、1972〜1977年にリリースした初期アルバム6作を配信開始
Wed, 11 Apr 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1970年代にリリースされたアン・ルイスの初期アルバムが、4月11日(水)よりiTunes、レコチョクなど主要配信サイトで配信開始となった。「ラ・セゾン」「六本木心中」「あゝ無情」などをヒットさせ、1980年代中盤に“歌謡ロック”というジャンルを創り上げたアーティスト、アン・ルイス。今回の配信では、2018年3月7日(水)にCD発売した初期アルバム7枚の中から『雨の御堂筋/アン・ルイス・ベンチャーズ・ヒットを歌う』『おぼえてますか』『ハネムーン・イン・ハワイ』『恋のおもかげ』『恋を唄う+4』『ロッキン・ロール・ベイビー+2』の計6枚が配信される。

アン・ルイスは1971年2月にシングル「白い週末」でデビューし、1972年に初のアルバム『雨の御堂筋/アン・ルイス・ベンチャーズ・ヒットを歌う』を発表。その後も、1974年に初のシングルヒット「グッド・バイ・マイ・ラブ」を発表しながら、ポール・アンカ、カスケーズ、ザ・ロネッツ、マーヴェレッツ、スタイリスティックス、カーペンターズら良質のオールディーズカバー作品も数多く発表している。

そして、彼女の初期のオリジナル作品は「グッド・バイ・マイ・ラブ」をはじめ、「明日になったら」「フォー・シーズン」などアメリカン・ポップスを彷彿とさせる作品が多く、そこにも彼女のルーツを垣間見ることができる。のちに、彼女はカバー集『チーク』を1980年代に3枚リリースしており、今回リリースする初期のアルバムにも、そのエッセンスが感じ取れる。歌謡ロックを創り上げたアン・ルイスのもう一つの魅力であるオールディーズポップスを感じられる初期作品を、この機会にぜひ体験してみてほしい。

なお、3月7日(水)にCD発売されたアルバム『グッド・バイ・マイ・ラブ』に関しては、後日配信予定とのことなので、お楽しみに。

■配信情報
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A000282.html

アルバム『雨の御堂筋/アン・ルイス・ベンチャーズ・ヒットを歌う』

発売中



VICL-64956/¥2,500+税
<収録曲>
01.雨の御堂筋
02.二人の銀座
03.急がば廻れ
04.長崎慕情
05.名古屋特急
06.京都慕情
07.さすらいのギター P.D.
08.東京ナイト
09.京都の恋
10.10番街の殺人
11.雷電
12.北国の青い空

アルバム『おぼえてますか』

発売中



VICL-64957/¥2,500+税
<収録曲>
01.おぼえてますか
02.ひとりぼっちの男の子
03.約束したけれど
04.さくらさくら
05.わるい噂
06.恋のフラワー・ソング
07.わかりません
08.好きだから 好きだから
09.サヨナラは言わない
10.北々東に進路をとれ
11.恋は何いろ
12.あのね……

アルバム『ハネムーン・イン・ハワイ』

発売中



VICL-64959/¥2,500+税
<収録曲>
01.ハネムーン・イン・ハワイ
02.暗くなるまで待って
03.フォー・シーズン
04.ジス・イズ・マイ・ラブ
05.ためらい
06.グッド・バイ・マイ・ラブ
07.メリー・ジェーン
08.ロッキン・ロール・ベイビー
09.わかれ
10.ロコモーション
11.ジャンバラヤ
12.コットン・フィールズ

アルバム『恋のおもかげ』

発売中



VICL-64960/¥2,500+税
<収録曲>
01.恋のおもかげ
02.優しくしないで
03.泣きません
04.別れの時間
05.可愛い女
06.赤いスポーツ・カー
07.恋のうずまき
08.桜貝の歌
09.あなたの香り
10.夏が来るまでに
11.気まぐれな私
12.砂の城

アルバム『恋を唄う+4』

発売中



VICL-64961/¥2,500+税
<収録曲>
01.ラスト・シーン
02.明るい表通り
03.責めないで
04.あなたのために
05.微笑
06.待ちわびて
07.恋の日記
08.悲しき雨音
09.プリーズ・ミスター・ポストマン
10.ビー・マイ・ベイビー
11.肩にほほをよせて
12.君はわが運命
〈ボーナス・トラック〉
13.ごめんなさい
14.明日にしましょう
15.ラスト・コンサート
16.恋のラスト・シーン

アルバム『ロッキン・ロール・ベイビー+2』

発売中



VICL-64962/¥2,500+税
<収録曲>
01.恋の日記
02.肩にほほをよせて
03.君はわが運命
04.ロコモーション
05.悲しき雨音
06.ビー・マイ・ベイビー
07.ロッキン・ロール・ベイビー
08.プリーズ・ミスター・ポストマン
09.ジャンバラヤ
10.メリー・ジェーン
11.10番街の殺人
12.急がば廻れ
13.さすらいのギター P.D.
〈ボーナス・トラック〉
14.甘い予感
15.青春の一ページ



【関連リンク】
アン・ルイス、1972〜1977年にリリースした初期アルバム6作を配信開始
アン・ルイスまとめ
首振りDolls、メジャーデビュー作より「イージーライダー」MV公開

【関連アーティスト】
アン・ルイス
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, 発表, リリース, 発売, 配信, ポップス, 歌謡曲, 音楽配信

首振りDolls、メジャーデビュー作より「イージーライダー」MV公開
Wed, 11 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月25日(水)にメジャーデビューアルバム『真夜中の徘徊者〜ミッドナイトランブラー』をリリースする北九州発の3ピースロックバンド・首振りDollsが、アルバム収録の最新曲「イージーライダー」のMVを公開した。公開されたMVは、地元である北九州の工場夜景をバックに撮影。メンバーそれぞれの個性が火花のように弾ける演奏シーンは必見だ。

また、本作を引っ提げて5月13日(日)より全国5都市を巡るツアー『ONEMAN TOUR「MIDNIGHT COLORS -真夜中の極彩夢-」』も開催される。メジャーフィールドへの歩みを踏み出すした彼らからますます目が離せない!

アルバム『真夜中の徘徊者〜ミッドナイトランブラー』

2018年4月25日発売



KICS-3699/¥2,315+税
<収録曲> 
1.イージーライダー
2.境界線
3.wanted baby
4.切花
5.浮氣夜
6.夜の衝動
7.煙突の街
8.月明かりの街の中で
9.悪魔と踊れ
10.サンドノイズ
11.ロックンロール
12.月のおまじない

Produced by Norio Toshiro

『ONEMAN TOUR「MIDNIGHT COLORS -真夜中の極彩夢-」』

5月13日(日) 東京・代々木LIVE labo YOYOGI
5月18日(金) 京都・磔磔
5月20日(日) 愛知・名古屋CLUB ROCK\'N\'ROLL
5月26日(土) 福岡・Kieth Flack
5月27日(日) 福岡・小倉 LIVE SPOTWOW!



【関連リンク】
首振りDolls、メジャーデビュー作より「イージーライダー」MV公開
首振りDollsまとめ
BiSH、新曲「HiDE the BLUE」をiTunes Storeにて先行配信スタート

【関連アーティスト】
首振りDolls
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, ツアー

BiSH、新曲「HiDE the BLUE」をiTunes Storeにて先行配信スタート
Wed, 11 Apr 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日(水)にリリースしたメジャー3rdシングル「PAiNT it BLACK」では自身初となるオリコン週間シングルチャート1位を獲得し、5月22日(火)に行なわれる横浜アリーナでの単独ワンマン公演のチケットも即日SOLD OUTするなど勢いが止まらない“楽器を持たないパンクバンド”BiSH。そんなBiSHが、先日MVを公開していた新曲「HiDE the BLUE」の先行配信を4月11日(水)よりiTunes Storeにてスタート! こちらの楽曲はTVアニメ『3D彼女 リアルガール』エンディングテーマになっており、6月20日(水)発売のシングルに収録される。

大型タイアップなども続々決定し、常に話題を振り撒くBiSHから目が離せない。

配信楽曲「HiDE the BLUE」

配信中



??配信URL https://itunes.apple.com/jp/album/id1367041193?app=itunes&ls=1

シングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」

2018年6月20日発売



【SINGLE+Blu-ray Disc+豪華写真集(初回生産限定盤)】
AVCD-94076/B/¥10,000+税
<収録曲>
■CD
1.Life is beautiful
2.HiDE the BLUE
■Blu-ray
ライブ映像、Music Video収録予定

【SINGLE+DVD】
AVCD-94077/B/¥4,980+税
<収録曲>
■CD
1.Life is beautiful
2.HiDE the BLUE
■DVD
ライブ映像収録予定

【SINGLE】
AVCD-94078/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.Life is beautiful
2.HiDE the BLUE



【関連リンク】
BiSH、新曲「HiDE the BLUE」をiTunes Storeにて先行配信スタート
BiSHまとめ
バンドTシャツ好き必見! 『BAND T-shirts Museum』が北海道・札幌にて開催

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 新曲, 音楽配信

バンドTシャツ好き必見! 『BAND T-shirts Museum』が北海道・札幌にて開催
Wed, 11 Apr 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

多くのアーティストグッズのデザインやプロダクト制作に携わるLUCK’A Inc.が創設10周年の集大成として開催してきた、バンドTシャツを集めた無料展示イベント『BAND T-shirts Museum(バンドTシャツミュージアム)』が、東京・恵比寿KATA、大阪・梅田ロフト、大阪・FM802 RADIO CRAZYを経て、北海道・札幌にてFM NORHT WAVE、WESSが主催するサーキットフェス『IMPACT!XIII』に参戦が決定した。

4月20日(金)〜4月22日(日)に開催される『BAND T-shirts Museum@SAPPORO』では、これまで制作に携わった邦楽アーティストのバンドTシャツを展示し、新しいバンドTシャツの魅せ方・価値観を提唱する展示を行なう。当日はファッションと邦楽バンドTシャツの融合をテーマにした冊子『BT Magazine Issue #00』の配布や、Tシャツ着こなしコンテスト『Instagram一般参加企画「BTCoorde」』を実施。さらに、『BAND T-shirts Museum』のオフィシャルグッズの販売も。この機会にたくさんのバンドTシャツをじっくり見てみてはいかがだろうか。

■『BAND T-shirts Museum@SAPPORO』

<期間>
4月20日(金)〜4月22日(日)※ IMPACT!XIIIは4月22日(日)のみ開催

<会場>
MIRAIST caf? & kitchen「FM NORHT WAVE & WESS PRESENTS IMPACT! XIII supported by アルキタ」リストバンド交換所

<内容>
・レコード風にパッケージされたバンドTシャツ展示 ※展示Tシャツの販売は行っておりません
・『BT Magazine Issue #00』の無料配布 ※条件あり
・BTMオリジナルステッカーの無料配布
・IMPACT!コラボグッズ、BTMオリジナルグッズの販売

<Official Goods>
・BTMオフィシャルTシャツ(ホワイト・ブラック)
・BTMマルシェバッグ 
・BTMシリコンバンド
・BTM缶バッヂ
・マスキングテープ(BTM Tシャツ柄)

■BTMオフィシャルサイト:http://luckast.com/btm/
■BTMオフィシャルTwitter:https://twitter.com/BT_MUSEUM
■BTMオフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/band_t_shirts_museum

展示予定Tシャツラインナップ(ABC音順)

a crowd of rebellion、a flood of circle、after the greenroom、赤い公園、赤色のグリッター、雨のパレード、アナログフィッシュ、aquarifa、或る感覚、アンテナ、Balls、BAND A、BIGMAMA、BRADIO、the cabs、サイダーガール、cinema staff、cutman-booche、DAISHI DANCE、THE 抱きしめるズ、downy、ドラマストア、ドレスコーズ、Fated Lyeno、FEELFLIP、Fo’xTails、ゲスの極み乙女。、THE GIRL、Good Dog Happy Men、ハイスイノナサ、はこモーフ、Hello Sleepwalkers、HINTO、ヒトリエ、髭、堀込泰行、ハンバートハンバート、ill hiss clover、illion、indigo la End、井乃頭蓄音団、ジョゼ、カフカ、限りなく透明な果実、 カラスは真っ白、毛皮のマリーズ、キセル、Kidori Kidori、killing Boy、キマグレン、キノコホテル、きのこ帝国、筋肉少女帯、KIRINJI、橘高文彦、Koochewsen、Laika Came Back、LIGHT BRINGER、ラックライフ、凛として時雨、LITE、LEGO BIG MORL、LOST IN TIME、THEラブ人間、MAGIC OF LiFE(ex. Dirty Old Men)、未完成vs新世界、みきなつみ、MinxZone、ミソッカス、MIYAVI、mol-74、MO\'SOME TONEBENDER、Mrs. GREEN APPLE、mudy on the 昨晩、日本マドンナ、野田愛実、THE NOVEMBERS、小谷美紗子、OLDE WORLDE、おとぎ話、OVER THE DOGS、 People In The Box、 perfect piano lesson、ピエール中野、ポルカドットスティングレイ、Predawn、Qaijff、QOOLAND、RADWIMPS、reading note、rega、SAKEROCK、SEBASTIAN X、セカイイチ、serial TV drama、SISTER JET、sooogood!、曽我部恵一BAND、それでも世界が続くなら、SPANK PAGE、スパルタローカルズ、スピッツ、Suchmos、Suck a Stew Dry、SUPER BEAVER、空きっ腹に酒、サニーデイ・サービス、T.S.R.T.S、te\'、テスラは泣かない。、tricot、TRIPLANE、つばき、椿屋四重奏、TWEEDEES、UNISON SQUARE GARDEN、VOLA & THE ORIENTAL MACHINE、WHITE ASH、ヤなことそっとミュート、吉田ヨウヘイgroup、逗子三兄弟、and more !

※展示予定アーティストは変更になる場合がございます。

『BT Magazine Issue #00』について

LUCK\'Aが発行するバンドTシャツに焦点を当てたフォトイシュー。LUCK\'A Inc.代表の加藤が過去10年に携わった2000種余りのバンドTシャツより約20〜30種を抜粋し、音楽に精通するモデル、ファッション業界を牽引するフォトグラファー、スタイリスト、ヘアメイクとの共創による、日本のバンドTシャツの新しい価値観を提唱できるものを発信します。
※会期中はBAND T-shirts Museum SNSのフォロー確認で無料配布

■雑誌形態
印刷:オールカラー
サイズ:A5
ページ数:56ぺージ
配布: 展示会場にて無料配布
モデル:菅野結以、アリスムカイデ、うちだゆうほ、ハヤシサトル、浅利琳太郎
フォトグラファー:松岡一哲
スタイリスト:Demi Demu
ヘアメイク:久慈愛(LUCK HAIR)
デザイン: LUCKON GRAPHICS
プロデューサー:加藤晴久

LUCK’A Inc.とは

株式会社楽日(読み方:ラッカ)音楽・アニメを中心としたデザイン、グッズ企画・制作業務を中心としたクリエイティブカンパニー。代表の加藤は年間数万枚のバンドTシャツを世に送り出すと同時に様々なプロダクト・ディレクションに携わると共に、クリエイターが集える空間「LUCKAND-Gallery Cafe&Bar-」のオーナーも担っている。



【関連リンク】
バンドTシャツ好き必見! 『BAND T-shirts Museum』が北海道・札幌にて開催
Official髭男dism、事前告知なしでメジャーデビューシングル「ノーダウト」をゲリラリリース!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, グッズ

Official髭男dism、事前告知なしでメジャーデビューシングル「ノーダウト」をゲリラリリース!
Wed, 11 Apr 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ヒゲダン"こと、4人組ピアノPOPバンド・Official髭男dismが4月10日に渋谷modi1F店頭プラザにて行なったフリーライブ『Official髭男dismスペシャルフリーライブ』にて、フジテレビ系“月9"ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜 後9:00)主題歌となる1stシングル「ノーダウト」を、彼らの1stフルアルバム『エスカパレード』同日発売の4月11日(水)にリリースすることを発表した。

まさに事前告知など一切なしで、当日より店頭にならぶ、ポニーキャニオンからの異例の“ゲリラリリース"となる。

集まった多くのファンが大きな歓声を上げる中、ボーカルの藤原聡はMCで「明日Official髭男dismはメジャーデビューします! 引き続きみんなと一緒にワクワクできる音楽を作っていきたいですし、これから僕たちの音楽が広がっていくことにとても期待が広がっています」と語り、メジャーデビューに胸を膨らませていた。

また、メンバーは今回のリリースについて、「これから髭男がより多くの人々を楽しませたいという思いに賛同してくれたポニーキャニオンさんが仲間に加わり、今回「ノーダウト」をシングルとして急遽リリースすることになりました。チーム内で話し合った結果、ドラマの主題歌であるこの曲を一人でも多くの方に聞いてもらいたいという気持ちでシングルカットし、そして皆さんになにかワクワクしてほしいという気持ちで、事前告知なしでリリースします」とコメントを発表している。

■「ノーダウト」スペシャルサイト」
http://higedan.siteinfo.jp/

■【Official髭男dism コメント】

これから髭男がより多くの人々を楽しませたいという思いに賛同してくれたポニーキャニオンさんが仲間に加わり、今回「ノーダウト」をシングルとして急遽リリースすることになりました。
チーム内で話し合った結果、ドラマの主題歌であるこの曲を一人でも多くの方に聞いてもらいたいという気持ちでシングルカットし、そして皆さんになにかワクワクしてほしいという気持ちで、事前告知なしでリリースします。
少しでも『ノーダウト』を良いと思って頂けたなら、ぜひアルバムも聴いて頂き、今度はライブでお会いしましょう。
これからも髭男をよろしくお願い致します!

シングル「ノーダウト」

2018年4月11日発売



PCCA.70529/¥500 +税
<収録曲>
01. ノーダウト
02. ノーダウト〜Instrumental〜

◎配信情報
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1364825466?l=ja&ls=1&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1009815626/
■Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1364825466?l=ja&ls=1
■Spotify
http://open.spotify.com/album/0Yz5O9QDn0QTe4UMGgrUEs

アルバム『エスカパレード』

2018年4月11日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
LACD-0292/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
01.115万キロのフィルム
02.ノーダウト
03.ESCAPADE
04.LADY
05.たかがアイラブユー
06.されど日々は
07.可能性 (prod.Masayoshi Iimori)
08.Tell Me Baby
09.Second LINE
10.Driver
11.相思相愛
12.ブラザーズ
13.発明家
■LIVE DVD『Official髭男dism one-man tour 2017 -winter- LIVE DVD』
- selected from 2017.12.08 マイナビBLITZ赤坂 -
01.恋の前ならえ
02.ブラザーズ
03.夕暮れ沿い
04.LADY
05.Tell Me Baby
06.日曜日のラブレター
07.コーヒーとシロップ
08.異端なスター
09.SWEET TWEET
10.Rolling



【通常盤】(CD)
LACD-0293/¥2,800+税
<収録曲>
01.115万キロのフィルム
02.ノーダウト
03.ESCAPADE
04.LADY
05.たかがアイラブユー
06.されど日々は
07.可能性 (prod.Masayoshi Iimori)
08.Tell Me Baby
09.Second LINE
10.Driver
11.相思相愛
12.ブラザーズ
13.発明家

『Official髭男dism one-man tour 2018』

5月02日(水)[神奈川]横浜BAYSIS
5月03日(木祝)[宮城]仙台darwin
5月12日(土)[熊本]B.9 V2
5月13日(日)[福岡]DRUM Be-1
5月25日(金)[広島]BLUELIVE HIROSHIMA
5月26日(土)[大阪]サンケイホールブリーゼ
6月02日(土)[茨城]mito LIGHT HOUSE
6月09日(土)[愛知]名古屋DIAMOND HALL
6月16日(土)[岡山]IMAGE
6月17日(日)[米子]AZTiC laughs
6月29日(金)[石川]金沢vanvanV4
6月24日(日)[千葉]柏PALOOZA
7月05日(木)[東京]中野サンプラザ



【関連リンク】
Official髭男dism、事前告知なしでメジャーデビューシングル「ノーダウト」をゲリラリリース!
Official髭男dismまとめ
sumika、結成から現在に至るまでの足跡を辿るムービー公開

【関連アーティスト】
Official髭男dism
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, シングル, アルバム, 発表, リリース, ライブ, レポート

sumika、結成から現在に至るまでの足跡を辿るムービー公開
Wed, 11 Apr 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

sumikaが結成から現在に至るまでの足跡を辿るムービーを公開した。2018年5月で結成5周年を迎えるにあたって、共に歩んできたスタッフと一緒に、今までの活動を改めて振り返る内容となっており、紆余曲折を経た軌跡の中で、新たな発見やファンへの感謝、全国ツアーを含め、今後の活動についての意気込みを述べた映像となっている。

EP『Fiction e.p』

2018年4月25日発売



【初回盤】(DVD+CD)
SRCL-9756〜7/¥1,900+税
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9758/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.フィクション
02.下弦の月
03.ペルソナ・プロムナード
04.いいのに
■DVD ※初回盤のみ
〈『sumika Film #3』2017.10.26東京国際フォーラム ホールA〉
01.Answer
02.Lovers
03.Summer Vacation
04.まいった
05.ここから見える景色
06.ふっかつのじゅもん
07.アイデンティティ
※メンバーによるオーディオコメンタリー収録

『sumika Live Tour 2018 "Starting Caravan"』

5月08日(火) 神奈川・カルッツかわさき
5月11日(金) 宮城・トークネットホール仙台 大ホール
5月13日(日) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
5月18日(金) 新潟・新潟県民会館 大ホール
5月26日(土) 広島・上野学園ホール
5月30日(水) 香川・サンポートホール高松 大ホール
6月01日(金) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
6月08日(金) 福岡・福岡市民会館 大ホール
6月10日(日) 石川・本多の森ホール
6月22日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
6月23日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
6月30日(土) 東京・日本武道館
7月01日(日) 東京・日本武道館
7月14日(土) 京都・ロームシアター京都
7月17日(火) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
7月18日(水) 大阪・フェスティバルホール



【関連リンク】
sumika、結成から現在に至るまでの足跡を辿るムービー公開
sumikaまとめ
きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「きみのみかた」のMV完成

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, EP

きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「きみのみかた」のMV完成
Wed, 11 Apr 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1年ぶりの新曲デジタルシングル「きみのみかた」を4月11日(水)にリリースすることや、4度目のワールドツアーのスケジュールを発表し、これまで以上の活躍が期待されるきゃりーぱみゅぱみゅが、新曲「きみのみかた」のMVを公開! 同曲は、中田ヤスタカがきゃりーの誕生日プレゼントとして書き下ろした楽曲で、過去作同様ポップさを残しつつも、メランコリックさときゃりーらしいメッセージの強い歌詞が話題になっている。

公開となったMVは、デビュー作「PONPONPON」「ファッションモンスター」「もんだいガール」など、ほぼ全ての作品を監督する田向潤監督と3年ぶりのタッグになった。監督の演出コンセプトは、CGを全く使用せず、きゃりーと黒子扮するダンサーと12台のタブレットを駆使し、歌詞の世界観を最後までカット割りを行なわないワンカットで表現するという内容。撮影は、タブレット内の事前の素材撮影と本番撮影という、2日間に渡って行なわれた。

事前の素材撮りの撮影は《ふむふむでもね》《息苦しい》など、歌詞に合わせたシチュエーションを撮影。水の中でリップシンクするなど、一風変わった現場に。本番当日はワンカットという撮影上、ミスがあれば全て撮り直しになるので、演者だけでなく、カメラマンやスタッフなどの撮影側も一瞬たりとも気を抜けず緊張感のある撮影となった。特に黒子扮するダンサー6名は、本番撮影の1数週間前から何度も入念なリハーサルを行なったが、本番当日は想定以上のダブレットの重さや、映像同期の不具合に何度も困惑し、非常に苦労したという。撮影は、きゃりーを筆頭にチームワークが必要なため、テイク数を必要最低限に抑え集中力を優先しようと試みるが、何度も失敗を重ね、予定していた終了時刻よりも6時間も後ろ倒しに。そして、深夜2時にやっと成功、その成功にスタッフ一同歓喜し、撮影は無事に終了した。

また毎回注目される衣装だが、今回は衣装デザイナーの飯嶋久美子が担当し、これまでの奇抜なきゃりーらしさもちゃんと取り入れつつ、少し大人っぽいヌーディーなワンカラーに上質なシルクを使用し、ラグジュアリーなショートパンツスタイルに仕上がった。衣装にあわせて何度もコレオグラファーのKANNAと相談し、女性らしく綺麗に見せる脚の動きや、手の振りにこだわった渾身の振付にも注目してほしい。田向監督がこれまでで一番大変な撮影だったというだけに、最高傑作に仕上がっている。さらにライブでの「きみのみかた」は、どんなパフォーマンスで観客を楽しませてくれるのか続報を待ちたい。

■【コメント】

■きゃりーぱみゅぱみゅ
「今回のMVは、初めてのワンカット撮影で、少しでも間違えるとやり直しという緊張感がやばかったです。
チームワークが大切な撮影でしたが、みんなで頑張って乗り越えられてよかったです!
タブレットの中の映像が意外と細かい内容がたくさん詰まっているので、何回も見て楽しんでもらえると思います!
振り付けもカワイイので、みなさん真似して踊ってみて下さい。」

■田向潤
「きゃりーちゃんにとって初めてのワンカットMVです。
撮影本番、みんなが緊張する中あるテイクで間違えてしまったダンサーさんにきゃりーちゃんが「そういえば私も1サビの振り間違えてたかも!」と大げさに言っていたのが印象的でした。やさしいなーと思ったらほんとに間違えてました。
そんなやさしさに溢れたMVです。(もちろん成功したテイクを使っています)最初から最後まで楽しいギミックをぎゅうぎゅうに詰め込んだので、見逃さないようにじっくり見て下さい! 」

配信シングル「きみのみかた」

2018年4月11日配信開始



■配信URL https://kyary.lnk.to/kiminomikata

『Kyary Pamyu Pamyu World Tour 2018 THE SPOOKY OBAKEYASHIKI -PUMPKINS STRIKE BACK-』

5月20日(日) LONDON - England - KOKO
5月22日(火) GERMANY - K?ln - Die Kantine
5月23日(水)  GERMANY - Berlin - COLUMBIA THEATRE
6月18日(月) USA - New York - Playstation theater
6月20日(水) USA - San Francisco - The Regency Ballroom
6月22日(金) USA - Los Angeles - The Fonda Theatre
■詳細 http://tso.kyary.asobisystem.com



【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「きみのみかた」のMV完成
きゃりーぱみゅぱみゅまとめ

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 新曲, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1