歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年04月08日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
さくらしめじ、1st AL『ハルシメジ』リリース記念イベントのファイナルですべての人に感謝
Sun, 08 Apr 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

さくらしめじが、4月8日に1stフルアルバム『ハルシメジ』リリース記念イベントとして東京都・昭島モリタウンMOVIX前ガーデンステージにてフリーライブイベントを実施した。2月より全国で行なわれていたリリース記念フリーライブイベントも、この日が最終日。自分たちを知らない人が立ち止まってくれた瞬間、新曲を演奏したときに「届いてる」と感じた瞬間など、各地でたくさんの喜びを感じてきた彼ら。この日は、早々と春を超えて初夏のような天気の中、野外ライブ会場のようなイベントステージには約500人のお客さんが集まった。最終日ということで、この日は、ライブではお馴染みのバンドメンバーを引き連れてのスペシャルライブ。バンドメンバーに続けてさくらしめじがステージに登場すると大きな歓声が沸き上がった。

“リリース記念イベント、最終日です!”と田中雅功が言うと“今日は最後まで楽しむ準備はできてますか?”と高田彪我が客席に呼びかける。大きな返事に応えるようにアルバムの1曲目と同じ「スタートダッシュ」でライブの幕が開いた。ユニゾン、掛け合い、ハモリと2人の声の魅力が存分に楽しめるこの曲では、雅功が、頭の上で手拍子をすると客席も大きなアクションで応える。そんな客席の姿に2人からは満面の笑みがこぼれていた。

“僕らさくらしめじです!”と改めて集まってくれた多くの人たちに向けてご挨拶。さくらしめじわくわくバンド(バンドメンバー)の紹介と自己紹介をした後、4月4日に1stアルバム『ハルシメジ』をリリースしたこと、この日のライブがLINE LIVEで生配信されていることが告げられた。画面に向けて“見えてる〜?”とご挨拶をすると続けて演奏された「菌カツ!」では、“どこで叫ぶかご存知ですよね? みんなのパワーをぶつけてください!”と雅功が伝える。

さくらしめじのふたりが作詞したこの「菌カツ!」は、さくらしめじらしい「きのこ」をテーマにした曲で、「き」「の」「こ」の歌詞の部分で客席と一緒に盛り上がりたいと作られた1曲。客席からの大きな掛け声と共にパワフルに力強くギターを弾く雅功とまっすぐに全身で伝えるように歌う彪我、それぞれの個性を感じながら楽しませてくれた。アルバムに収録されている「朝が来る前に」は、“僕たちが歌うことで1人でも笑顔になるなら、いつまでも歌い続けるよ”というメッセージが込められており、だんだん歌の世界に入り込んでいく2人に客席が魅きこまれていった。

しっとりとした空気をガラリと変えて、“菌カツの掛け声ナイスでしたよ〜”と雅功がいえば、彪我が、“グーグーでした!”と盛り上げる。“今度は踊りたくないですか?”というと客席から“おどりたーい”の声。「ねこの16ビート」の両手をねこのようにぐーにして踊る“ねこダンス”をレクチャー。“後ろの人も恥ずかしがらずにやるー! 見えてるよー”という雅功。続けて、“行くぜ〜”という彪我の声が響き渡るとグルーヴィなサウンドが響き渡る。ステージを駆け回り楽しそうに飛び跳ねる2人に客席もグングンヒートアップしていく。続けて、ドラムのカウントから「えそらごと」へ。ライブではお馴染みの曲で、ファンからも音源化を多く望まれた曲。疾走感溢れる気持ちのいいメロディーが 響いた。

この日はさくらしめじより重大発表ということで、『学園祭ツアー』が発表された。たくさんのオファーがあるということで、学園祭への出演希望の特設サイトがオープンになるそうだ。“全国、どこへでも行くからね〜”と意欲をのぞかせた。

イベントのラストナンバーとして告げられたのは「みちくさこうしんきょく」。ピアノの音から可愛いく曲が展開されていく。ラララ〜という歌声を響き渡った後、ラストにジャンプを決めると首にかけられた彪我のタンバリンが飛んでいきびっくり顔の2人。そんな大爆笑のハプニングも客席を喜ばせた。ラストでは、アルバムがリリースされたことで“もっともっと僕らの曲をたくさんの人に届けられるようにがんばります”ここに来てくれたすべての人に感謝をしてフリーイベントは終了した。

学園祭ツアーのほかに、さくらしめじは『菌育in the 家(はうす)』は4月に静岡・LiveHouse 浜松 窓枠、5月に北海道・COLONY、6月に大阪・梅田CLUB QUATTRO(すべてソールドアウト!)が予定されている。また、7月には『菌育 in the 家(はうす)ファイナル! 真夏の夜空ピクニック』として、さくらしめじ史上もっとも大きな会場となる東京・日比谷野外大音楽堂で公演が行なわれる。

Text by 大庭 利恵
Photo by HAJIME

アルバム『ハルシメジ』

2018年4月4日発売



【CD+DVD盤】
ZXRC-2030/¥3,500(税込)
【通常盤】 (CD)
ZXRC-2031/¥2,700(税込)
【イベント盤】 (CD)
ZXRC-2032/¥2,700(税込)

<収録曲>
■CD
M1.スタートダッシュ
M2.あやまリズム
M3.靴底メモリー
M4.菌カツ!
M5.かぜだより
M6.ねこの16ビート
M7.夕空小道
M8.でぃすとーしょん
M9.朝が来る前に
M10.えそらごと
M11.おもいでくれよん
■DVD
・2017.12.9「菌育 in the 家(はうす)スペシャル!」ライブ映像 @マイナビBLITZ赤坂
ひだりむね
きみでした
てぃーけーじー
おもいでくれよん
みちくさこうしんきょく
・「ハルシメジ」制作メイキングムービー
・「ねこの16ビート」勝手にMVつくってみた

『さくらしめじライブハウスツアーファイナル『真夏の星空ピクニック』in 日比谷野外大音楽堂』

7月28日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
http://sakurashimeji.com/kiniku/



【関連リンク】
さくらしめじ、1st AL『ハルシメジ』リリース記念イベントのファイナルですべての人に感謝
さくらしめじまとめ
CL?WD、会場限定シングル「NO BORDER」全貌を公開

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, アルバム, リリース

CL?WD、会場限定シングル「NO BORDER」全貌を公開
Sun, 08 Apr 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

CL?WDが、4月28日(土)にリリースする会場限定シングル「NO BORDER」の詳細と新アーティスト写真を公開した。 今回のリード曲となる「NO BORDER」は世界に照準を合わせたという壮大な楽曲となっており、アーティスト写真からも今までの彼らには見ることのなかったスケール感、未来を見据えた様子が表現されている。スタイリングは、独自のキャラクターで、ジャンルを超えた様々なアーティスト・タレントのスタイリング・デザインを手掛けるKYOKO BARBIEが担当。1960年代後半に、自然と愛と自由をテーマに信条としていたヒッピーを彷彿とさせる民族感のある衣装で、そこからも境界線のない世界、大陸を感じることができる。「NO BORDER」というタイトルからも読み取れるように、境界のない世界をテーマにした楽曲、スタイリング、そして限りなく広がる砂丘から新たなる"CL?WD"が生まれた。

現在、CL?WDは『DANGER CRUE Presents CL?WD TOUR“百戦錬磨”』を敢行中。そのツアーの最中、4月28日(土)に川崎セルビアンナイトにて行われるワンマンライブから、今回の会場限定シングル「NO BORDER」はリリースされる。前回のシングルに続き、会場限定でのリリースというのはCDが握手券のように捌かれ消費される現代で、CD1枚1枚の価値を見直したいというメンバーの強い思い入れが反映された形であり、以前に比べよりメンバーにとってもファンにとっても思い入れの深い1枚となることであろう。

ツアーは7月27日まで続き、更に大きな節目のライヴとして8月25日には渋谷クラブクアトロにて『CL?WD ONEMAN SHOW “誘惑”』が開催される。「NO BORDER」は、各地のライヴ会場にて購入可能となるので、バンドの強い意志を込めた一枚を手に入れに、ぜひ会場に足を運んでほしい。

【ライブ情報】

『DANGER CRUE Presents CL?WD TOUR「百戦錬磨』
4月21日(土) 池袋EDGE w/ WING WORKS
4月28日(土) 川崎セルビアンナイト ※ワンマン
5月05日(土) 池袋BlackHole ※シークレット
5月20日(日) 西川口Hearts w/ ユナイト
5月27日(日) 浦和ナルシス ※ワンマン
6月08日(金) 横浜BAYSIS w/ アクメ
6月17日(日) 池袋EDGE w/ ベル
6月30日(土) 柏ThumbUp ※ワンマン
7月07日(土) 池袋EDGE w/ GRIMOIRE、POIDOL
7月20日(金) 浦和ナルシス ※シークレット
7月27日(金) 池袋EDGE ※ワンマン

『CL?WD ONEMAN SHOW「誘惑」』
8月25日(土) 渋谷CLUB QUATTRO

会場限定シングル「NO BORDER」

2018年4月28日発売
※ツアー『百戦錬磨』4月28日(土)川崎セルビアンナイト公演より発売



DCCA-1023/¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.NO BORDER
2.Showdown



【関連リンク】
CL?WD、会場限定シングル「NO BORDER」全貌を公開
CL?WDまとめ
ゆず、浅草・隅田川で“ゲリラ船上ライブ”開催&アリーナツアー追加公演決定

【関連アーティスト】
CL?WD
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売

ゆず、浅草・隅田川で“ゲリラ船上ライブ”開催&アリーナツアー追加公演決定
Sun, 08 Apr 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずが4月8日(日)に、インターネットテレビ・AbemaTVにて『緊急生特番! ゆず SPECIAL TALK LIVE〜BIG YEL〜』に生出演。東京・浅草の隅田川にてゲリラ船上ライブを行い、4月末より開催される全国アリーナツアー『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』の追加公演を発表した。

同番組では、ニューアルバム『BIG YELL』のジャケット写真にちなみ、アルバムのフラッグなどが備えられた屋形船『BIG YELL号』から生中継。アットホームの雰囲気のなかニューアルバムに関するトークを繰り広げると、船の中から飛び出し船外へ。隅田公園沿いに集まった観客を前に船を停止させ、アルバムにも収録されている「タッタ」「うたエール」、そして代表曲「夏色」、アンコールとして「栄光の架橋」の全4曲を披露。同所には当日の告知ながら、約3,000人の観客が殺到し、ゆずのサウンドに乗って身体を揺らした。

さらに、ライブ中にはアリーナツアー追加公演の開催も発表! 8月4日(土)5日(日)7日(火)の3日間、神奈川・横浜アリーナ公演が実施される。なお、同公演のチケットは、4月8日(日)よりファンクラブ『ゆずの輪』会員先行受付がスタートとなるので要チェックだ。

ツアー『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』

4月29日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
4月30日(月・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
5月15日(火) 愛知・日本ガイシホール
5月16日(水) 愛知・日本ガイシホール
5月19日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
5月20日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
5月30日(水) 大阪・大阪城ホール
5月31日(木) 大阪・大阪城ホール
6月09日(土) 北海道・北海きたえーる
6月10日(日) 北海道・北海きたえーる
6月16日(土) 福井・サンドーム福井
6月17日(日) 福井・サンドーム福井
6月23日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月24日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月30日(土) 新潟・朱鷺メッセ
7月01日(日) 新潟・朱鷺メッセ
7月07日(土) 広島・広島グリーンアリーナ
7月08日(日) 広島・広島グリーンアリーナ
7月14日(土) 静岡・エコパアリーナ
7月15日(日) 静岡・エコパアリーナ
7月18日(水) 大阪・大阪城ホール
7月19日(木) 大阪・大阪城ホール
7月24日(火) 神奈川・横浜アリーナ
7月25日(水) 神奈川・横浜アリーナ
7月28日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
7月29日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
<追加公演>
8月04日(土) 神奈川・横浜アリーナ
8月05日(日) 神奈川・横浜アリーナ
8月07日(火) 神奈川・横浜アリーナ

<チケット>
・追加公演分ファンクラブ会員先行(抽選)
4月08日(日)17:00〜5月07日(月)23:59
■ツアー特設サイト http://yuzu-official.com/pages/bigyell

アルバム『BIG YELL』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SNCC-86932/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
SNCC-86933/¥2,850+税
<収録曲>
■CD
1.聞こエール
2.TETOTE(YZ ver.)
3.イコール
4.愛こそ
5.カナリア
6.タッタ(Album ver.)
7.日常
8.恋、弾けました。
9.通りゃんせ
10.風のイタズラ
11.ガイコクジンノトモダチ
12.存在の証明
13.うたエール
■初回生産限定盤DVD
・YUZU SUMMER FEST. TOUR 2017 GOOD SUNSHINE DAYS〜#ゆずと夏フェス〜
1.サヨナラバス from WEST GIGANTIC CITYLAND
2.タッタ from 音楽と髭達
3.夏色 from WILD BUNCH FEST.
4.いつか from NUMBER SHOT
5.雨のち晴レルヤ from FM802 MEET THE WORLD BEAT
6.虹 from SENDAI OTO Festival
7.夏色 from ROCK IN JAPAN FESTIVAL
8.栄光の架橋 from SWEET LOVE SHOWER
・ゆず 冬至の日ライブファイナル in カトレヤプラザ伊勢佐木
1.てっぺん
2.連呼
3.する〜
4.地下街
5.ろくでなし
6.岡村ムラムラブギウギ
7.空模様
8.夏色
9.シュビドゥバー



【関連リンク】
ゆず、浅草・隅田川で“ゲリラ船上ライブ”開催&アリーナツアー追加公演決定
ゆずまとめ
Sonar Pocket、ニューシングル「108〜永遠〜」リリーススペシャルイベント開催

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー, チケット, ライブレポ

Sonar Pocket、ニューシングル「108〜永遠〜」リリーススペシャルイベント開催
Sun, 08 Apr 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年デビュー10周年を迎えるSonar Pocketが、3月31日公開の映画『honey』主題歌である最新シングル「108〜永遠〜」の購入者イベント、『108〜永遠〜リリース記念スペシャル・トーク・イベント〜flower ずっと一緒に〜Supported by PSYCHE&HANA CUPID』を4月7日(名古屋・大阪)4月8日(東京)に行なった。

このイベントはシングル「108〜永遠〜」購入者を対象に当選した各会場各回108人によるスペシャルイベント。全会場非常に高い倍率だったという、プレミアムでプレシャスな時間となった。イベントでは、各メンバーによる「108〜永遠〜」の楽曲制作秘話やMVの裏側、映画解説など、普段は聞けない話も満載。クイズ大会、ジャンケン大会も行われ最後まで勝ち残ったファンには、“プシュケ【PSYCHE&】”より提供いただいたフラワーボックスにサインを入れてメンバーからプレゼント。イベント終了時には各メンバーから手渡しで赤いバラを当選者全員に手渡しでプレゼントし、あまりの感激に涙ぐむ当選者の姿も見られた。春の日差しが心地よくなってきた日に合わせるように会場が色とりどりの花と笑顔に包まれたイベントとなった。

なお今回コラボレーションしたPSYCHE&とは母の日キャンペーンを4月3日からスタートさせ、こちらは各メンバーが選んだ、母の日に送りたい花などが掲載されている。そして2018年秋よりツアー『Sonar Pocket 10th Anniversary Tour flower』もスタート。9月3日に10周年を迎えるSonar Pocketに益々、目が離せない! なおテレビ朝日系の音楽番組『BREAK OUT』プロデュースにて、スイーツパラダイスとコラボレーション企画実施中。

シングル「108 〜永遠〜」

発売中



【初回限定盤A】(CD+DVD)
WPZL-31438/9/¥1,296+税
※DVD:「108〜永遠〜」Music Video+Off Shot Movie
【初回限定盤B】(CD+DVD)
WPZL-31442/3/¥1,296+税
※DVD:「108〜永遠〜」Live From Sonar Pocket JAPAN TOUR 2017〜Reload〜 at NIPPON BUDOKANライブ映像
【通常盤】(CD)
WPCL-12867/¥1,111+税
<収録曲>
■CD
1.108 〜永遠〜
2.Precious
3.108 〜永遠〜-Instrumental-
4.Precious-Instrumental-

【スイーツパラダイス コラボ情報】

<大阪>
4月1日(日)〜4月30日(月・祝)スイーツパラダイス天王寺店
<名古屋>
5月16日(水)〜6月10日(日)スイーツパラダイス名古屋パルコ店
■スイーツパラダイスHP:http://www.sweets-paradise.jp/

ツアー『Sonar Pocket 10th Anniversary Tour flower』

10月20日(土) 埼玉・三郷市文化会館 大ホール
10月27日(土) 福岡・福岡市民会館 大ホール
11月04日(日) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21
11月09日(金) 山梨・東京エレクトロン韮崎文化ホール
11月16日(金) 神奈川・相模女子大学グリーンホール
11月18日(日) 岐阜・岐阜市民会館
11月23日(金・祝) 鹿児島・鹿児島・宝山ホール
11月25日(日) 宮崎・宮崎メディキット県民文化センター 演劇ホール
12月02日(日) 群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
12月07日(金) 大阪・グランキューブ大阪メインホール
12月08日(土) 岡山・岡山市民会館
12月15日(土) 三重・シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢
12月16日(日) 愛知・アイプラザ豊橋
12月22日(土) 愛媛・松山市民会館 大ホール
12月24日(月・祝) 徳島・鳴門市文化会館
1月12日(土) 熊本・熊本県立劇場演劇ホール
1月14日(月・祝) 大分・J:COMホルトホール大分
1月18日(金) 千葉・市川市文化会館
1月20日(日) 京都・ロームシアター京都メインホール
1月26日(土) 茨城・茨城県立県民文化センター
1月27日(日) 静岡・三島市民文化会館 ゆぅゆぅホール



【関連リンク】
Sonar Pocket、ニューシングル「108〜永遠〜」リリーススペシャルイベント開催
Sonar Pocketまとめ
BATTLE BOYS、シングル「ebidence」リリイベが大盛況! 6月には恵比寿ガーデンルームワンマンも

【関連アーティスト】
Sonar Pocket
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, キャンペーン, リリース, レポート

BATTLE BOYS、シングル「ebidence」リリイベが大盛況! 6月には恵比寿ガーデンルームワンマンも
Sun, 08 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EBiDAN 39&KiDSから選抜されたメンバーによるBATTLE BOYSが、3月26日に初のシングル「ebidence」をリリース。リリース当日に『BATTLE BOYS STARTING LIVE 2018 〜one chance〜』を恵比寿LIQUIDROOMにて開催した。

この日のライヴに先駆けて、2月には各エリアのBATTLE BOYSから、Webでのファン投票、YouTubeの再生回数・高評価数、プロフィールページ表示回数、ライヴイベントや特典会での活躍状況を総合し、琉弥(SENDAI)、長野凌大(TOKYO)、山中柔太朗(TOKYO)、武藤 潤(TOKYO)、小泉光咲(SENDAI)、弓木大和(OSAKA)、曽野舜太(NAGOYA)の7人が全国選別メンバーとして発表された。シングル「ebidence」はそのBATTLE BOYS全国選抜による「ebidence」を表題に掲げ、カップリングにはBATTLE BOYSの各地グループによるカップリングを収録した4形態で展開。この日は、全国選別メンバーをはじめ、BATTLE BOYS TOKYO、SENDAI、NAGOYA、OSAKAと各エリアのBATTLE BOYSが大集結!

まずは先輩グループSUPER★DRAGONの「WILD BEAT」に乗せてBATTLE BOYSがクールに息の揃ったダンスで魅了し、石井雅哉(TOKYO)と紀田直哉(OSAKA)がふたりで伸びやかにDISH//のカバー「恵比寿物語」を歌い上げたあと、OSAKA、NAGOYA、SENDAIを呼び込む。各グループのキャラが濃いメンバーとして、NAGOYAからは中原 諒が元気よく活気付け、SENDAIからは芳賀柊斗がグループの仲良しさのアピールで会場を喜ばせ、OSAKAからは“たいたい”こと徳井太一が個性あふれる挨拶で会場をひとつに。

その後、8月に行なわれた『星男祭 2017』にてお披露目されたSTAR BOYSが“春夏秋冬”をそれぞれ掲げた「サイタサイタ」「Enjoyサマーデイズ」「一緒に帰ろう」「CRYSTAL」のショートバージョンを4組のユニットが入れ替わり立ち替わり登場し、メドレーで披露。

突然雷雨の音が鳴り響き、SUPER★DRAGONから年少組の壮吾、洸希、彪馬、和哉、楽によるユニット、サンダードラゴンがサプライズゲストとして登場! 割れんばかりの黄色い声に包まれる中「INAZUMA」で盛り上げ、壮吾、楽もマイクを持った「GETSUYOUBI」では上手と下手に設置されたお立ち台にメンバーが順番に立ち、手を振ったり客席を煽ったり、元気いっぱいなパフォーマンス。彪馬の“みなさん、ツーリング行きませんか!?”を合図に「リマカブロ!」で白熱のステージを繰り広げ、先輩としての風格をみせつけた。

続いて、全国選抜メンバがクールなダンスナンバーと本日リリースのシングル表題曲「ebidance」を堂々とパフォーマンスし、全国選抜に選ばれたことに対する感謝をそれぞれ口にしたあとは、各地グループのパフォーマンスへ。OSAKAは「Are you?」、新曲「ソライロ」と客席を引っ張るパワフルなステージで観客をさらに過熱させ、NAGOYAへバトンタッチ。NAGOYAはカッコ良さと可愛さを兼ね合わせた新曲「Don\'t let me down 〜君が大好きだから〜」、連続のハイジャンプや掛け声の「Now go yeah!」で持ち味を発揮。続くSENDAIはしっとりと「真っ白な恋」で魅了し、新曲「Go on」では掛け声で一体感を生み出した。TOKYOは情熱的な「Grab a chance」、ラップと歌で果敢に攻める「キミノトリコ」で一層燃え上がらせる。長野凌大が“これからも歌とダンスを磨いて、みなさんをあっと言わせられたら”とBATTLE BOYSとしての意気込みを語り、最後にBATTLE BOYS全4組で「LOVE MUSIC」を披露して締め括った。

鳴りやまない拍手に応えてアンコールでBATTLE BOYSが登場すると、今度は全員で迫力満点の「ebidance」を披露。最後の挨拶ではSUPER★DRAGONも登場し、今日のBATTLE BOYSのステージを観た和哉は“僕たちも負けらんない”とコメント。最後はBATTLE BOYS全員で深々とお辞儀をしてライヴは幕を閉じた。

BATTLE BOYSはこの後も3カ月に及ぶ全国各地でのリリースイベントを経て(出演は各地グループ選別メンバーのみ)、6月24日(日)には恵比寿ガーデンルーム公演を控えている。パワーアップしていくBATTLE BOYSを見逃すな!

撮影:笹森健一

■セットリスト

1.恵比寿物語
2.サイタサイタ(Short ver.)
3.Enjoyサマーデイズ(Short ver.)
4.一緒に帰ろう(Short ver.)
5.CRYSTAL(Short ver.)
6.INAZUMA/SUPER★DRAGON
7.GETSUYOUBI/SUPER★DRAGON
8.リマカブロ!/SUPER★DRAGON
9.ダンスナンバー/BATTLE BOYS 全国選抜メンバー
10.ebidance/BATTLE BOYS 全国選抜メンバー
11.Are you?/BATTLE BOYS OSAKA
12.ソライロ/BATTLE BOYS OSAKA
13.Don\'t let me down 〜君が大好きだから〜/BATTLE BOYSNAGOYA
14.Now go yeah!/BATTLE BOYS NAGOYA
15.真っ白な恋/BATTLE BOYS SENDAI
16.Go on/BATTLE BOYS SENDAI
17.Grab a chance/BATTLE BOYS TOKYO
18.キミノトリコ/BATTLE BOYS TOKYO
19.LOVE MUSIC/BATTLE BOYS
<ENCORE>
ebidance/BATTLE BOYS

シングル「ebidence」

2018年3月26日発売



【SENDAI ver.】
ZXRC-1148 ¥1,000(税込)
<収録曲>
M01. ebidence(BATTLE BOYS)
M02. Go on(BATTLE BOYS SENDAI)

【TOKYO ver.】
価格:¥1,000(税込)
ZXRC-1149 ¥1,000(税込)
<収録曲>
M01. ebidence(BATTLE BOYS)
M02. キミノトリコ(BATTLE BOYS TOKYO)

【NAGOYA ver.】
ZXRC-1150 ¥1,000(税込)
<収録曲>
M01. ebidence(BATTLE BOYS)
M02. Don’t let me down 〜君が大好きだから〜(BATTLE BOYS NAGOYA)

【OSAKA ver.】
ZXRC-1151 ¥1,000(税込)
<収録曲>
M01. ebidence(BATTLE BOYS)
M02. Are you?(BATTLE BOYS OSAKA)



【関連リンク】
BATTLE BOYS、シングル「ebidence」リリイベが大盛況! 6月には恵比寿ガーデンルームワンマンも
さくらしめじ、日本全国どこでも可! 学園祭出演依頼を一般募集決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ニュース

さくらしめじ、日本全国どこでも可! 学園祭出演依頼を一般募集決定
Sun, 08 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現役高校生フォークデュオ・さくらしめじが、学園祭などのイベント出演を一般募集することが発表された。これは“さくらしめじを学園祭に呼びたいけど、どうしたらいいのか分からない”という一般の問い合わせを多く受け、今回実施されることになったという。募集は4月9日(月)より開始されるとのことなので、詳しくは特設サイトを要チェック!

■学園祭ツアー2018特設サイト
http://sakurashimeji.com/gakuensai

■【さくらしめじ コメント】

「今回、学園祭などのイベントのオファーをみなさんから直接いただくことになりました! 本当学園祭って楽しいですよね。僕たちもたくさん思い出を作れればと思ってます! 僕たち日本全国どこへでも行きますので、ぜひ気軽に誘ってください!」

アルバム『ハルシメジ』

2018年4月4日発売



【CD+DVD盤】
ZXRC-2030/¥3,500(税込)
【通常盤】 (CD)
ZXRC-2031/¥2,700(税込)
【イベント盤】 (CD)
ZXRC-2032/¥2,700(税込)

<収録曲>
■CD
M1.スタートダッシュ
M2.あやまリズム
M3.靴底メモリー
M4.菌カツ!
M5.かぜだより
M6.ねこの16ビート
M7.夕空小道
M8.でぃすとーしょん
M9.朝が来る前に
M10.えそらごと
M11.おもいでくれよん
■DVD
・2017.12.9「菌育 in the 家(はうす)スペシャル!」ライブ映像 @マイナビBLITZ赤坂
ひだりむね
きみでした
てぃーけーじー
おもいでくれよん
みちくさこうしんきょく
・「ハルシメジ」制作メイキングムービー
・「ねこの16ビート」勝手にMVつくってみた

『さくらしめじライブハウスツアーファイナル『真夏の星空ピクニック』in 日比谷野外大音楽堂』

7月28日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
http://sakurashimeji.com/kiniku/



【関連リンク】
さくらしめじ、日本全国どこでも可! 学園祭出演依頼を一般募集決定
さくらしめじまとめ
感覚ピエロ、フジテレビ土曜ドラマ主題歌「一瞬も一生もすべて私なんだ」MV公開

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース

感覚ピエロ、フジテレビ土曜ドラマ主題歌「一瞬も一生もすべて私なんだ」MV公開
Sun, 08 Apr 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

感覚ピエロの新曲「一瞬も一生もすべて私なんだ」のミュージックビデオ公開された。この曲はオトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット)の主題歌。ミュージックビデオでは、現在ドラマや舞台などで注目急上昇中の女優・田中真琴が出演している。

同曲はデジタルシングルとして配信中なので、併せてチェックしてみよう。

デジタルシングル 「一瞬も一生もすべて私なんだ」

配信中



・iTunes
https://goo.gl/UnUKry
・Apple Music
https://goo.gl/hvoKNs



【関連リンク】
感覚ピエロ、フジテレビ土曜ドラマ主題歌「一瞬も一生もすべて私なんだ」MV公開
感覚ピエロまとめ
Rhythmic Toy World、メジャーデビューアルバム『SHOT』の トレーラーは一発勝負のワンカット

【関連アーティスト】
感覚ピエロ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 新曲, 配信, TVドラマ, 主題歌

Rhythmic Toy World、メジャーデビューアルバム『SHOT』の トレーラーは一発勝負のワンカット
Sun, 08 Apr 2018 10:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Rhythmic Toy Worldが4月25日(水)にリリースするアルバム『SHOT』の先行試聴会『劇団リズミック』をホームと呼ぶ渋谷 CLUB CRAWLで行なった。

この『劇団リズミック』ではアルバム収録曲が全曲聴けるが、ただ聴かせるだけではなく楽曲をOAしている時にメンバーが思い思いのお笑いネタをやったり、コスプレで登場したり、寸劇を行ったりと、まるでリズミック劇場という芝居小屋に遊びにきたようなイベントで、先行試聴会と銘打ってはいるが楽曲を聴かせない。今回もお客さん参加型のクイズ大会あり、ゲーム大会ありと通常の劇団リズミックよりさらに会場に集まったファンを巻き込んだようなイベントになった。

そして、劇団リズミック(先行試聴会)が終了したタイミングで、メジャーデビューアルバム『SHOT』のトレーラー映像が公開された。今回も事務所Teamぶっちぎりのある石神井公園の周りを動きながら撮影した地元愛あふれるものになっているが、今回はトレーラー全曲をワンカット、一発勝負で撮影している。トレーラーの音源の切り出しを作成し、それに合わせて撮影。ミスったら頭からやり直しという緊張感あふれるものになったが、メンバーは持ち前の明るさで楽しく乗り切り、公開された映像の様なRhythmic Toy Worldの各メンバーのキャラクターが出て、仲の良さが伝わる仕上がりとなっている。

アルバム 『SHOT』

2018年4月25日発売



VIZL-1373/¥3,300+税
<収録曲>
■CD
1.BOARD
2.僕の声〔Album Ver.〕
3.ラストオーダー
4.さなぎ
5.会えるように
6.ペーパー人間
7.ブッシャカ
8.青く赤く
9.ライブハウス
10.27時
11.革命の唄
12.ASOBOYA
13.リバナ
■DVD
『転生?なにそれ美味しいの?ツアー』ドキュメンタリーを撮影したDVD封入(60分予定)



【通常盤】(CD)
VICL-64993/¥2,800+税

アルバム『SHOT』発売記念ツアー


5月16日(水) 千葉LOOK
5月22日(火) 秋田LIVE SPOT 2000
5月23日(水) 盛岡the five morioka
5月25日(金) 横浜BAYSIS
5月27日(土) 富山SOUL POWER
6月19日(火) 小倉FUSE
6月20日(水) 大分club SPOT
6月30日(土) 静岡UMBER
7月05日(木) HEAVEN`S ROCK 宇都宮VJ-2
7月08日(日) 松本ALECX
7月13日(金) 岐阜柳ヶ瀬 Ants
7月14日(土) 神戸太陽と虎
7月16日(月・祝) 岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
7月17日(火) 高松DIME
7月19日(木) 京都GROWLY
7月27日(金) 前橋DYVER
7月29日(日) 西川口Hearts
<チケット>
前売¥3,000 ※D代別



【関連リンク】
Rhythmic Toy World、メジャーデビューアルバム『SHOT』の トレーラーは一発勝負のワンカット
Rhythmic Toy Worldまとめ
YOSHIKI、ニコニコチャンネルでギター界のレジェンドと鼎談

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, CD, アルバム, 発表

YOSHIKI、ニコニコチャンネルでギター界のレジェンドと鼎談
Sun, 08 Apr 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月11日放送のニコニコチャンネルの『YOSHIKI CHANNEL』に、リチャード・フォータス(ガンズ・アンド・ローゼズ)とウェス・ボーランド(リンプ・ビズキット)が出演することがわかった。彼らは4月10日と11日に行われるX JAPANのライブにゲスト出演することが決定しており、鼎談は本番終了後に行なわれる予定だ。

リチャード・フォータスが所属するガンズ・アンド・ローゼズは全世界で1億枚以上のアルバムセールスを記録し、2012年にロックの殿堂入りも果たしている。 また、ウェス・ボーランドが所属するリンプ・ビズキットは、ミクスチャーロックブームを巻き起こしたラップメタルバンドで、奇抜なメイクで観客を熱狂させることで有名なウェスはニューメタル界屈指のギタリストと呼ばれている。10年前に東京ドームで開催された、X JAPANの復活コンサートにもゲスト出演したリチャード・フォータスとウェス・ボーランドが、10年の時を経て再びX JAPANと共演を果たす。

またYOSHIKI CHANNELではライヴ開催両日共に会場からの生レポート、音漏れ中継、および終演後のYOSHIKIインタビューを配信。そして、11日のみ特別にライヴのチラ見せも放送する。

さらに11日は、登壇が緊急決定した『新経済サミット2018』の現場からも生中継が決定。新経済連盟の代表理事である楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷浩史と、セールスフォース・ドットコム会長兼CEOマーク・ベニオフが出演する。

■YOSHIKI CHANNEL 『YOSHIKI復活!X JAPAN LIVE 2018〜 YOSHIKI復活の夜 2DAYS緊急生中継』

■4月10日(火)
18:00〜19:00 【第1部】会場レポート
19:00〜21:00 【第2部】会場音漏れ中継
22:30〜23:00 【第3部】YOSHIKIインタビュー
http://live.nicovideo.jp/watch/lv312102257

■4月11日(水)
15:45〜16:30 【第1部】新経済サミット緊急生中継
18:00〜19:00 【第2部】会場レポート
19:00〜19:10 【第2部】ライブチラ見せ
19:10〜21:00 【第2部】WOWOW音漏れ中継
23:00〜24:00 【第3部】YOSHIKI&スペシャルゲストトークセッション
ゲスト:リチャード・フォータス(ガンズ・アンド・ローゼズ)/ウェス・ボーランド(リンプ・ビズキット)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv312102279

※YOSHIKI CHANNEL会員は全編視聴いただけます。番組全編視聴するには YOSHIKI CHANNELにご入会をお願いいたします。



【関連リンク】
YOSHIKI、ニコニコチャンネルでギター界のレジェンドと鼎談
YOSHIKIまとめ
Guns N\' Rosesまとめ
Richard Fortusまとめ
limp bizkitまとめ

【関連アーティスト】
YOSHIKI, Guns N\' Roses, Richard Fortus, limp bizkit, Wes Borland, X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, 洋楽, ヴィジュアル, ニュース, ライブ

安藤裕子、デビューから15年の活動と15周年記念ライヴについて語る
Sat, 07 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在はマイペースに音楽活動を続けている安藤裕子。デビュー15周年を記念して開催されるライヴは、ファンのリクエストによりセットリストが決定する1部と、オリジナルの構成で行なわれる1部という豪華なもの。このライヴについてはもちろん、15年の活動を改めて振り返ってもらった。

これまで聴いてきてくれた方が楽しめる感謝祭にしたい

――5月26日に昭和女子大学人見記念講堂にて行なわれる、『安藤裕子15周年LIVE〜長くなるでしょうからお夕飯はお早めに〜』は、どんなライヴになりそうですか?

「今回は15周年ということもあり、これまで聴いてきてくれた方が楽しめる感謝祭のようなものにしたいと思っているんです。なのでリクエストを募り、1部はリクエストの上位10曲を歌い、もう1部はあらためて構成を組んでやろうと思っているんです」

――もうリクエストの集計は出ているんですね。

「はい。ランキングは思っていたものよりもかなりメジャーな人気曲が揃ったんですが、1位に「さよならと君、ハローと僕」(2008年5月発表のアルバム『chronicle.』収録曲)という曲がランクインしたんです。この曲はバンドでは演奏が中々難しいのでライヴではほとんど演奏していなかったんですよね(笑)」

――その飢餓感が1位につながったのかもしれないですね(笑)。

「そうだと思います(笑)。今回はリクエスト制なので、逃げずに演奏します!」

――あはは。楽しみにしていますね。さて、改めてデビューからを振り返ってみていかがでしょうか?
「デビューしてからの10年は本当にあっという間でした。20代前半までに生きてきた人生のアウトプットをし続けていた10年だったので、どこにも出かけずに部屋に篭もり、曲を作り、レコーディングして、ライヴをして…というローテーションの生活だったんです。丸1日パジャマで過ごす日が当たり前だったので、人とも会わなければ話もしないのでインプットがほぼないんですよ。でも、食べ物は大好きなので、そのパジャマのまま高級料理を食べに行ったりしていました(笑)」

――きっと、ファンの方たちも、想像以上の生活で驚いていると思います…(笑)。

「あはは。化粧もしていないし、ファッションにも興味がなくて、呼んでいただいたライヴなどもパジャマのようなスウェットにすっぴんで行ったらさすがに怒られて(笑)。そんな生活を10年も送っていたら、アイデアも枯渇して、描く自分もほぼいなくなってしまったんです。その時に初めて、まとまったお休みをとらせてもらったんです」

――どこかに行かれたんですか?

「2カ月くらい海外に行っていました。まずアメリカにホームステイをしに行き、モロッコにも行ってきました。そこはすごく刺激にあふれていて、もう一度自分を考える良い機会になったんですよね。そこで思ったのが、小さな頃から夢だった“お母さんになること”。でも、今の追われた生活のままじゃ子供も育てられないよなと思ったんです」

――女性が30歳になると、その問題には必ず対面しますよね。

「私もそのタイミングだったと思うんです。その後、生活も整えて、いざ出産してみたら、驚くほど子育てに追われていました(笑)」

――どうしたって追われますよね(笑)。

「はい(笑)。そのあとしばらくして、ディレクターから“もう一度我々の原点に返って、遊びながら音楽をやろうよ”と言ってもらえたんです。そこで重い腰を上げてはみたものの、あまり楽しめていない自分がいて…。そこで、自分が曲を作るのが難しいなら、歌い手になればいいんだと思い、作ったのが『頂き物』(2016年3月発表のアルバム)です。みなさん、本当に素晴らしい曲を提供してくださったんですが、最後に1曲、自分で絞り出して作った曲を歌った時に、“やっぱり自分の曲が一番歌いやすい”と思ってしまったんです。でも、今はその曲が書けない…そのジレンマに押しつぶされそうになり、一度すべてをリセットしようと思い、しばらく制作を休ませてもらいました」

――その期間中も、ライヴはされていましたよね。

「はい。“ライヴもやらなかったら、君は音楽の世界に返ってこない”ってスタッフに言われてしまって(笑)。そのままライヴだけを続けていたら15周年が迫ってきて、このライヴの構想が始まったんです」

――15周年は、アニバーサリーイヤーですからね。

「そうなんですよね。近年、自分の迷いをフィーチャーした音楽を歌っていたりもしましたが、その曲を聴いてくれるだけでなく、大事な曲として、その人たちの人生や楽しみ、思い出などを詰め込んでくれていると思ったら、その人たちが心から喜んでもらえるようなものをやりたいと思ったんです。その流れで、リクエストを募ってみました」

――このライヴでは、6月27日に発売する初のセルフプロデュースアルバム『ITALAN』を先行販売するんですよね。

「はい。実は、楽曲制作をしていない時期に本を書いていたんです。それがきっかけとなり、“至らない人の話”をテーマにした短編を書き、そのサウンドトラックとして楽曲を作り始めました。自分の中にある物語が少なくなっている今、新たに作り上げたフィクションのお話に曲を作るのはすごく新鮮で、とても楽しい作業でした」

――そんな中、テレビ朝日系スペシャルドラマの『探偵物語』の主題歌を担当されることになったのですね。

「はい。薬師丸ひろ子さんの「探偵物語」のカバーをさせてもらいました。この曲は配信でリリースされるんですが、原曲のイメージを壊さないようにアレンジを考えました。とはいえ、原曲は音質も違えば、編成バンドや楽器の数など、そのままでは今の音楽にならないので、新しい風を吹き込むような雰囲気でアレンジをしました」

――久々のレコーディングはいかがでしたか?

「しっかりとした環境でのレコーディングは、やっぱり楽しかったですね。この曲が4月に配信となり、ライヴ会場では先ほど話したアルバムを発売するので、今めちゃくちゃ働いています(笑)」

――アルバムは、セルフプロデュースでアレンジまでされているとお聞きしました。

「そうですね。今作はアレンジまで手掛けることを前提で作りました。7曲中4曲は自分である程度作り込んでいるので、とにかく大変!(笑) 今までは歌を先行で作っていたんですが、この収録曲たちはコードやリフを先行で作っているので、新鮮に感じてもらえると思います」

――15周年のライヴでは、そのアルバムの曲は聴けそうですか?

「歌モノという感じではないので、曲を選んで演奏するかもしれません」

――本当に盛りだくさんなライヴになりそうですね。

「そうなんですよ。リクエストの1部もそうですが、もう1部の構成も、しっかりと組んでいる最中なので、今から楽しみですね。かなり長くなりそうだからこそ、ライヴのサブタイトルが“〜長くなるでしょうから夕飯はお早めに〜”なんですよ(笑)」

――あはは。そういった意味があったんですね。

「1部と2部の間に休憩も挟もうかと思っているくらいなので、しっかりとご飯を食べてからライヴを観に来てもらえたら嬉しいですね(笑)」

取材:吉田可奈

『15周年 LIVE 〜長くなるでしょうからお夕飯はお早めに〜』
5/26(土) 東京・昭和女子大学 人見記念講堂

安藤裕子:1977年生まれのシンガーソングライター。2003年、ミニアルバム『サリー』でデビュー。2005年に月桂冠のTVCMに「のうぜんかつら(リプライズ)」が起用され、大きな話題となる。物語に対する的確な心情描写が高く評価され、多くの映画、ドラマの主題歌も手掛けているほか、ライヴステージの評価も高く、バンドセットとアコースティックセットの2形態で、全国を細かく回っている。2016年3月2日には、多数のアーティストの楽曲提供からなる9枚目のアルバム『頂き物』をリリース。2018年5月26日に東京・昭和女子大学 人見記念講堂にて自身のデビュー15周年を記念した『15周年 LIVE 〜長くなるでしょうからお夕飯はお早めに〜』を開催する。
https://www.ando-yuko.com/

アルバム『ITALAN』

ライヴ会場先行発売:2018年5月26日(土)
一般発売:2018年6月27日(水)



【通常盤】
LNCM-1253/¥2,315(税抜)
【限定盤(短編小説付)】
LNCM-1254/¥3,241(税抜)

配信シングル「探偵物語」

2018年4月8日(日)配信開始



LNCM-1252/¥250



【関連リンク】
安藤裕子、デビューから15年の活動と15周年記念ライヴについて語る
安藤裕子まとめ
焚吐、全国10ヶ所でリリース記念イベント開催決定

【関連アーティスト】
安藤裕子
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

焚吐、全国10ヶ所でリリース記念イベント開催決定
Sat, 07 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

焚吐が5月23日にリリースするミニアルバム『呪いが解けた日』の発売を記念したイベントを全国10ヶ所で開催されることが決定した。

イベントは5月19日に大阪のHMV&BOOKS SHINSAIBASHIからスタートし、東京、愛知、兵庫、埼玉、宮城、福岡、新潟、北海道を回る。なお、ミニアルバムを4月15日までの予約すると焚吐がデザイン監修を手掛けた“笑顔を生かす方のマスク”が付属する。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

また、7月には同作を引っさげた東名阪ワンマンツアー『焚吐 リアルライブ・ カプセル Vol.3 〜解放運動〜』も開催。こちらもお見逃しなく。

■ミニアルバム『呪いが解けた日』 リリース記念イベント

5月19日(土) 大阪・HMV&BOOKS SHINSAIBASHI 店内イベントスペース
13:00〜
5月20日(日) 東京・タワーレコード池袋店 店内イベントスペース
18:00〜
5月22日(火) 東京・タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」
19:00〜
5月26日(土) 愛知・イオンモール大高 1F グリーンコート
11:00〜
5月26日(土) 兵庫・あまがさきキューズモール 2F 緑遊広場
16:30〜
5月27日(日) 埼玉・コクーンシティ コクーン2 コクーンひろば
12:00〜/15:00〜
6月02日(土) 宮城・仙台駅前イービーンズ 4階杜のガーデンテラス
14:00〜
6月03日(日) 福岡・HMV&BOOKS HAKATA 店内イベントスペース
時間未定
6月09日(土) 新潟・イオンモール新潟南1階マリンコート
13:00〜
6月10日(日) 北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店 店内 イベントスペース
13:00〜

『焚吐 リアルライブ・カプセル Vol.3〜解放運動〜』

7月27日(金) 愛知・名古屋 ell.size
7月28日(土) 大阪・心斎橋 ヒルズパン工場
7月31日(火) 東京・渋谷 WWW

ミニアルバム『呪いが解けた日』

2018年5月23日発売



【初回限定盤】(2CD)
JBCZ-9079/¥3,000(税込)
<収録曲>
■Disc 1
1.コントロール・ミー
2.返してよ
3.呪いが解けた日
4.神風エクスプレス -Album_Mix-
5.モラトリアム
6.時速40000kmの孤独
■Disc 2
1.時速40000kmの孤独 - 弾き語り -
2.子捨て山 - 弾き語り -
3.ふたりの秒針 - 弾き語り -
4.夢負い人 - 弾き語り -
5.フューチャーソング - 弾き語り -
6.泣き虫レイニー

【通常盤】(CD)
JBCZ-9080/¥2,000(税込)
1.コントロール・ミー
2.返してよ
3.呪いが解けた日
4.神風エクスプレス -Album_Mix-
5.モラトリアム
6.時速40000kmの孤独



【関連リンク】
焚吐、全国10ヶ所でリリース記念イベント開催決定
焚吐まとめ
名盤『喜納昌吉&チャンプルーズ』のアナログ盤が復刻

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, ミニアルバム, ツアー

名盤『喜納昌吉&チャンプルーズ』のアナログ盤が復刻
Sat, 07 Apr 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アルバム『喜納昌吉&チャンプルーズ』のアナログ盤が6月6日にリリースされる。同作は1977年にリリースされた作品で、当時沖縄でははじめての24chマルチレコーダーをコザの民謡クラブミカドに持ち込んでのライヴ録音されたもので、矢野誠、矢野顕子らが参加している。

今回のアナログ盤復刻に際し、当時のプロデューサーである三浦光紀の監修のもと、オリジナルマスターをバーニー・グランドマンがカッティング。再始動させたソニーDADCジャパンでレコードプレスすることになった。

また、今回新たに喜納昌吉のセルフライナーノーツと三浦光紀による解説が書き下ろしで歌詞カードに掲載される。

アルバム『喜納昌吉&チャンプルーズ』

2018年6月6日発売



MHJL-41/¥3,700+税
※完全生産限定盤
<収録曲>
■SIDE A
1.ハイサイおじさん
2.うわき節
3.レッドおじさん
4.番長小
5.東崎
■SIDE B
1.すくちな者
2.いちむし小ぬユンタク
3.馬者小引んちゃー
4.島小ソング

 



【関連リンク】
名盤『喜納昌吉&チャンプルーズ』のアナログ盤が復刻
喜納昌吉&チャンプルーズまとめ
矢野顕子まとめ
矢野誠まとめ
Bernie Grundmanまとめ

【関連アーティスト】
喜納昌吉&チャンプルーズ, 矢野顕子, 矢野誠, Bernie Grundman, 喜納昌吉
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

渡會将士(FoZZtone)、今秋に全国ツアーを開催
Sat, 07 Apr 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

渡會将士が全国ツアー『渡會将士 TOUR 2018』を今秋開催する。

活動休止中のFoZZtoneのメンバーで、菊地英昭(THE YELLOW MONKEY)のソロプロジェクトbrainchild\'sのメインボーカリストしても活動する渡會。全国ツアーは10月20日の宮城HooK Sendaiを皮切りに、全国7カ所を巡る。4月20日正午より、オフィシャル無料会員限定のチケット抽選先行受付も開始される。

渡會は昨年10月に1stミニアルバム『After Fork in the Road』をリリース。4月11日にはbrainchild\'sのフルアルバム『STAY ALIVE』も発売される。

■『渡會将士 TOUR 2018』

10月20日(土) 宮城・仙台 HooK SENDAI
10月21日(日) 岩手・盛岡 the five morioka
10月27日(土) 広島・Hiroshima CAVE-BE
10月28日(日) 福岡・graf
11月10日(土) 大阪・梅田 Shangri-La
11月11日(日) 愛知・名古屋 ell.SIZE
11月17日(土) 東京・SHIMOKITAZAWA GARDEN



【関連リンク】
渡會将士(FoZZtone)、今秋に全国ツアーを開催
渡會将士まとめ
FoZZtoneまとめ
brainchild’sまとめ
ORANGE RANGE、配信シンク?ル「Hopping」リリース&LINE LIVE放送決定

【関連アーティスト】
渡會将士, FoZZtone, brainchild’s
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー

ORANGE RANGE、配信シンク?ル「Hopping」リリース&LINE LIVE放送決定
Sat, 07 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEの配信シンク?ル「Hopping」が4月11日にリリースされることがわかった。「Hopping」は、YAMATO(vo)か?2013年から出演しているWOWOW『NBAハ?スケットホ?ール』の今シース?ンイメーシ?ソンク?として書き下ろされた新曲。10月の開幕戦以降番組て?は放送されており、ハ?スケットホ?ール特有の試合テンホ?の速さやホ?ールをつくト?リフ?ルのリス?ムか?軽やかに表現され、ハ?スケ愛あふれる歌詞も印象的に仕上か?っている。そして、シ?ャケットテ?サ?インはYAMATOと親交のあるアハ?レルフ?ラント?“F-LAGSTUF-F”によるものだ。

また、同シングルのリリースを記念し、配信前日の4月10日20時からLINE LIVEで『ORANGE RANGE LINE LIVE 018春』を放送。メンハ?ー全員か?出演する予定て?4月14日より始まるファンクラフ?ツアーの中身も垣間見える内容になるという。

■【コメント】

■YAMATO(ORANGE RANGE)
日頃からお世話になっているWOWOW NBAファミリーと一緒にハ?スケットホ?ールを盛り上け?られたらという思いか?、形に なってここまて?至ったことに嬉しい気持ちて?いっは?いて?す。ハ?スケットホ?ールを意識した曲になりましたか?、この曲か?いろいろな 人達の日常生活の何かしらのきっかけになってくれたら嬉しいて?す。

■ORANGE RANGE
ハ?スケットホ?ールの熱い中にも冴え渡るクールなフ?レーとORANGE RANGEの軽やかなライフ?感を想像して作りました。
ハ?スケットホ?ールは跳ねているイメーシ?なのて?、曲調もト?リフ?ルをイメーシ?して跳ねたリス?ムにしてみました。

■LINE LIVE 『ORANGE RANGE LINE LIVE 018春』

4月10日(火)20:00〜20:40放送予定
https://live.line.me/channels/520/upcoming/7974828

配信シンク?ル 「Hopping」

2018年4月11日配信開始



iTunes Storeほか主要配信サイトおよひ?Apple Music、Spotify、dヒッツ他各サフ?スクリフ?ションサーヒ?スて?配信開始
https://jvcmusic.lnk.to/orangerange_hopping



【関連リンク】
ORANGE RANGE、配信シンク?ル「Hopping」リリース&LINE LIVE放送決定
ORANGE RANGEまとめ
集団行動、「鳴り止まない」がBS12『BOOKSTAND.TV』OPに決定

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 配信

集団行動、「鳴り止まない」がBS12『BOOKSTAND.TV』OPに決定
Sat, 07 Apr 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

真部脩一(ex.相対性理論)率いる集団行動の2ndアルバム『充分未来』に収録されている「鳴り止まない」が、BS12『BOOKSTAND.TV』のオープニングテーマに起用された。

「鳴り止まない」はライヴでも定番化している楽曲。サビの「鳴り止まない なない なななない なない なななない なない なななない」のフレーズが印象的な楽曲で、「一度聴くと鳴り止まなくなる!」というファンが続出している。

『BOOKSTAND.TV』はカルチャーにまつわる総合サイト『BOOKSTAND』のテレビ版。オープニングムービーはYouTubeでも公開となっており、楽曲に合わせて作られたオリジナルアニメーション映像になっている。

■BS12『BOOKSTAND.TV』

毎週金曜26:30〜
出演:水道橋博士/原カントくん/and more
■番組オフィシャルHP
https://www.twellv.co.jp/event/bookstand-tv/

アルバム『充分未来』

発売中



VICL-64912/¥2,000+税
<収録曲>
1. 会って話そう
2. 充分未来
3. 春
4. フロンティア
5. 絶対零度
6. 鳴り止まない
7. モンド
8. オシャカ




【関連リンク】
集団行動、「鳴り止まない」がBS12『BOOKSTAND.TV』OPに決定
集団行動まとめ
相対性理論まとめ
阿部真央、ライヴハウスツアー初日に2度目の日本武道館公演開催を発表

【関連アーティスト】
集団行動, 相対性理論
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, オープニング

阿部真央、ライヴハウスツアー初日に2度目の日本武道館公演開催を発表
Sat, 07 Apr 2018 10:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

阿部真央が4月6日に新木場STUDIO COASTで全国ツアー『阿部真央ライヴハウスツアー2018“Closer”」をスタートさせた。ライヴハウスツアーは約7年ぶりであり、今年2018年3月にリリースされた8thアルバム『YOU』の収録曲を中心に、ダイナミックなステージを見せつけた。

19時を少し過ぎた頃、オープニングナンバーのイントロが鳴り響き、ついにライブがスタート。まずは新旧の人気曲でフロアを埋め尽くしたオーディエンスを盛り上げる。ステージの前方に進み、笑顔で観客に手を振る姿からは、久しぶりのライブハウス公演を全身で楽しんでいることが伝わってきた。

「こんばんは阿部真央です! ライヴハウスはかなり久々なんですけど、その良さを感じてもらえたら嬉しいです。最後までがんばって歌います!」というMCの後は、ニューアルバム『YOU』の楽曲が次々と披露される。太陽のような大らかなボーカルが響き渡った「the SUN」、ダイナミックなサウンドとポップなメロディが共存するロックナンバー「Such a beautiful day」、パーカッシブなリズムを軸にした激しくも切ないアッパーチューン「蔑ろな夜」。恋愛の機微を描いたドラマティックな歌詞とカラフルなサウンドメイクがひとつになった「YOU」の魅力をダイレクトに体感できることこそが、今回のツアーの最大の醍醐味だろう。

中盤では『YOU』の豊かな音楽性を実感できるシーンが続いた。岡崎体育が編曲を手がけた「immorality」では、打ち込みとバンドサウンドを融合させたアレンジで会場をダンスフロアに変貌させ、シックなテイストの「傘」では憂いを含んだボーカルを披露。さらにソウルミュージックのテイストを感じさせる「その心には残れない」では大人っぽい歌声を響かせる。アルバム「YOU」の制作のなかで広がった阿部の表現力は、ステージの上でも存分に発揮されていた。

後半で披露された「喝采」(山本彩に提供した楽曲のセルフカバー)も強烈なインパクトを放っていた。アグレッシブなサウンドとともに、苛立ち、怒りをぶつかるような歌を響かせるこの曲のパフォーマンスは、今回のツアーの大きな見どころと言えるだろう。 終盤ではキャリアを代表するヒット曲、代表曲を連発し、オーディエンスを熱狂と感動の渦へと巻き込んでみせた。

アンコールでは2019年1月22日に自身2度目の日本武道館公演を行うことを発表。「まさか10周年を迎えられるとは思っていませんでした。10年前よりも、確実にいまの自分のほうが好きです。これもみんなのおかげ。ありがとうございます!」と感謝の気持ちを述べると会場から温かい拍手が巻き起こった。

■『阿部真央ライブハウスツアー2018 “Closer”』

※終了分は割愛
4月13日(金) 宮城・仙台Rensa
4月15日(日) 北海道・札幌PENNY LANE24
4月20日(金) 福岡・福岡DRUM LOGOS
4月22日(日) 広島・広島CLUB QUATTRO
4月27日(金) 愛知・名古屋ダイヤモンドホール
4月30日(月・祝) 大阪・Zepp大阪 ベイサイド

アルバム『YOU』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04627/¥3,500(税込)
【通常盤】(CD)
PCCA-0462/¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.K.I.S.S.I.N.G.
2.the SUN
3.Such a beautiful day
4.蔑ろな夜
5.immorality(Arranged by 岡崎体育)
6.傘
7.その心には残れない
8.喝采
9.Angel
10.朝日が昇る頃に
11.27歳の私と出がらし男
■DVD ※初回限定盤のみ
・「K.I.S.S.I.N.G.」MV
・「immorality(Arranged by 岡崎体育)」MV
・「K.I.S.S.I.N.G.」MVメイキング
・「immorality(Arranged by 岡崎体育)」Mvメイキング
・「K.I.S.S.I.N.G.」ジャケットメイキング
・「YOU」ジャケットメイキング
・あべまおらじお〜超超超番外編〜メイキング
・特別企画!阿部真央が27歳までにやっておきたいこと



【関連リンク】
阿部真央、ライヴハウスツアー初日に2度目の日本武道館公演開催を発表
阿部真央まとめ
バンドじゃないもん!、ワンマンコンサートの魅力を伝える“公開稽古”をLINE LIVEで配信決定

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ツアー, ライブレポ

バンドじゃないもん!、ワンマンコンサートの魅力を伝える“公開稽古”をLINE LIVEで配信決定
Sat, 07 Apr 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が、4月15日(日)中野サンプラザホールで開催されるワンマンコンサート『バンもん!コンサート2018サブカル大相撲?ドス恋!ヨイショ!〜春場所はっけよいのこった〜』まで残り約1週間に迫った4月8日(土)に、LINE LIVEにてワンマンコンサートの魅力を余すことなくお届けするスペシャル番組の放送が決定した。

この番組では今回のホールワンマンの概要を一部発表するとともに、番組中にハート数が規定数に達した際には5月9日(水)に発売されるHISASHIプロデュースの両A面シングル収録曲のミュージックビデオが公開になるとのことなので、お見逃しなく!

■LINE LIVE『バンもん!サブカル大相撲?ドス恋!ヨイショ! 公開生稽古』
4月07日(土)20:00
視聴URL:https://live.line.me/channels/21/upcoming/7990714

『バンもん!コンサート2018 サブカル大相撲?ドス恋!ヨイショ!〜春場所はっけよいのこった〜』

4月15日(日) 中野サンプラザ
5月04日(金・祝) NHK大阪ホール

シングル「BORN TO BE IDOL/恋する完全犯罪」

2018年5月9日発売



【初回盤】(3CD+1Blu-ray)
PCCA.04659/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.BORN TO BE IDOL
2.恋する完全犯罪
Bornus Track.イニミニマニモ
■『パーフェクトピースコンサート2017〜日本青年館にSEY YES!を〜』LIVE CD
[DISC-1]
1.君の笑顔で世界がやばい
2.君はヒーロー
3.パヒパヒ
4.ショコラ・ラブ
5.すきっぱらだいす?
6.しゅっとこどっこい
7.METAMORISER
8.ドリームタウン
9.歌うMUSIC
[DISC-2]
01.Q.人生それでいいのかい?
02.White Youth
03.ピンヒール
04.キメマスター!
05.タカトコタン
06.雪降る夜にキスして
07..YAKIMOCHI
08.もっと愛し合いましょ
09.NaMiDa
10.青春カラダダダッシュ!
■Blu-ray
「BORN TO BE IDOL」Music Video&Making Movie
「恋する完全犯罪」Music Video&Making Movie

【通常盤】(CD)
PCCA.04660/¥1,000+税
<収録曲>
1.BORN TO BE IDOL
2.恋する完全犯罪
Bornus Track.イニミニマニモ



【関連リンク】
バンドじゃないもん!、ワンマンコンサートの魅力を伝える“公開稽古”をLINE LIVEで配信決定
バンドじゃないもん!まとめ
UVERworld、シングル「ODD FUTURE」詳細解禁&先行配信スタート

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, 配信

UVERworld、シングル「ODD FUTURE」詳細解禁&先行配信スタート
Fri, 06 Apr 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UVERworldが5月2日(水)にリリースするシングル「ODD FUTURE」のアートワークと収録内容を公開! 表題曲「ODD FUTURE」は4月7日(土)からスタートするTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニングテーマとなっており、アニメのオープニングで起用されているショートバージョンの先行配信もスタートとなった。

収録曲は「ODD FUTURE」に加え「PLOT」と2017年のライブで披露されていたインスト曲「CORE STREAM」を収録、初回生産限定盤には「Q.E.D.」のミュージックビデオと「PRAYING RUN」が収録されたDVDが付属し、期間生産限定アニメ盤はアニメの描き下ろしジャケット仕様となっている。

シングル「ODD FUTURE」

2018年5月2日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9762〜63/¥1,574+税
※初回限定盤DVD:「Q.E.D.」ミュージックビデオと2017年12月に行われた横浜アリーナでのTAKUYA∞生誕祭から「PRAYING RUN」のライブ映像を収録
<収録曲>
■CD
1.ODD FUTURE
2.PLOT
3.CORE STREAM



【通常盤】(CD)
SRCL-9764/¥1,204+税
<収録曲>
■CD
1.ODD FUTURE
2.PLOT
3.CORE STREAM



【期間生産限定アニメ盤】(CD+アニメ描き下ろしジャケット仕様+「ODD FUTURE(short ver.)」収録)
SRCL-9765/¥1,296+税
<収録曲>
■CD
1.ODD FUTURE
2.PLOT
3.CORE STREAM
4.ODD FUTURE (short ver.)

TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第3期

4月07日(土)より毎週土曜夕方5:30放送開始 ※一部地域を除く
放送局:読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット
オープニングテーマ:UVERworld「ODD FUTURE」
番組HP http://heroaca.com/



【関連リンク】
UVERworld、シングル「ODD FUTURE」詳細解禁&先行配信スタート
UVERworldまとめ
布袋寅泰、横浜アリーナ公演を収録した映像作品のティザー公開

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, リリース, 配信, 音楽配信

布袋寅泰、横浜アリーナ公演を収録した映像作品のティザー公開
Fri, 06 Apr 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰が2017年に行なった全国ツアーのファイナルである横浜アリーナ公演を収録した映像作品『HOTEI Paradox Tour 2017 The FINAL 〜Rock\'n Roll Circus〜』のティザー映像を公開した。これは、布袋寅泰のオフィシャルInstagramで既に先行公開されていたもので、“クリスマスの夜を熱狂と感動のパフォーマンスで盛大に祝した伝説の一夜”とテロップにある通り、その熱量が十分に伝わってくるティザーとなっている。

また、この発売に先駆けてダイジェスト版の先行上映と布袋寅泰自身が登壇するトークイベントを行なう。4月20日(金)に東京・シネマート新宿、4月21日(土)に大阪・なんばパークスシネマの2箇所にて開催されるが、東京公演にはスペシャルゲストとして布袋寅泰ファンとして知られる俳優・山本耕史の登壇が決定。どんなトークが展開されるのか、こちらも楽しみだ。

さらに、4月7日(土)にはNHK Eテレ『SWITCHインタビュー 達人達』で世界的に高い評価を受けているダンサー・木田真理子と布袋寅泰のロンドンでの対談が放送されるので、こちらも併せてチェックしてほしい。

Blu-ray&DVD『HOTEI Paradox Tour 2017 The FINAL 〜Rock’n Roll Circus〜』

2018年4月25日発売



【初回生産限定盤 Complete Blu-ray Edition】(2CD+2BD)
TYXT-19015/¥8,900(税込)
【初回生産限定盤 Complete DVD Edition】(2CD+2DVD)
TYBT-19019/¥7,900(税込)
【通常盤Blu-ray】(2BD)
TYXT-10036/7/¥6,900(税込)
【通常盤DVD】(2DVD)
TYBT-10050/1/¥5,900(税込)

<収録曲リスト>
■DVD/BD
・2017年12月25日@横浜アリーナ
『HOTEI Paradox Tour 2017 The FINAL 〜Rock\'n Roll Circus〜』
1. Amplifire
2. Pandemoniac Frustration
3. DANCING IN THE PLEASURE LAND
4. BAD FEELING
5. Paradox
6. Blue Sky
7. Aquarium
8. わがままジュリエット
9. LIAR GIRL
10. OH! MY JULLY Part 1
11. Happy Xmas(War Is Over)
12. SPACE COWBOY
13. CAPTAIN ROCK
14. CIRCUS
15. POISON
16. スリル
17. DIRTY STAR
18. London Bridge
19. Parade
20. Strawberry Fieldsの太陽
21. MERRY-GO-ROUND
22. Dreamers Are Lonely
23. バンビーナ
24. RUSSIAN ROULETTE
25. IDENTITY
26. ヒトコト
■CD
・2017年12月22日@名古屋国際会議場センチュリーホール
1. Amplifire
2. Pandemoniac Frustration
3. DANCING IN THE PLEASURE LAND
4. CRASH COMPLEXION
5. BAD FEELING
6. Paradox
7. Blue Sky
8. Maze
9. Aquarium
10. GUITAR LOVES YOU〜Love Theme From “Blade Runner"
11. DIVING WITH MY CAR
12. 気まぐれ天使
13. Come Rain Come Shine
14. Strawberry Fieldsの太陽
15. London Bridge
16. RAMBLING MAN
17. DIRTY STAR
18. バンビーナ
19. MERRY-GO-ROUND
20. Dreamers are Lonely
21. JUSTY
22. さらば青春の光
23. ヒトコト

NHK Eテレ『SWITCHインタビュー 達人達』

4月07日(土)22:00〜23:00
<出演>
布袋寅泰(ギタリスト) × 木田真理子(ダンサー)
■番組HP http://www4.nhk.or.jp/switch-int/



【関連リンク】
布袋寅泰、横浜アリーナ公演を収録した映像作品のティザー公開
布袋寅泰まとめ
超特急 ユースケ、神奈川県戸部警察の1日署長に就任!

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray, 発表

超特急 ユースケ、神奈川県戸部警察の1日署長に就任!
Fri, 06 Apr 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急の6号車・ユースケが神奈川県戸部警察署の一日警察署長に就任! 4月6日(金)に神奈川県・新都市プラザで行なわれた横浜市西区のキャンペーン「春の全国交通安全運動」に参加した。

会場となった横浜そごう前の広場には、初めて一日警察署長を務めるユースケの勇姿を一目見ようと早朝から多くの8号車(超特急ファン)が詰めかけた。ステージ後方から制服姿のユースケが登場すると大歓声が響き、道行く人も思わず立ち止まる。ユースケはこの熱狂ぶりに少し照れ笑いを浮かべながらキャンペーンの開会式に出席した。式典では戸部警察署長から一日警察署長の委嘱状が交付され、ユースケは背筋を伸ばしてこれを受け取る。大きな拍手が起きると、彼はまっすぐに前を見据えて“私は一日戸部警察署長として西区内から悲惨な交通事故を無くすため、みんながルールを守る、交通事故の無い、安全で安心して暮らせる地域社会を実現できるよう職務に励むことをここに宣言します!”と交通安全宣言を行った。

キャンペーンでは交通安全啓蒙のチラシを配布したユースケ。職務を全うし、閉会式で感謝状を受け取ると“大変緊張した1日になりました! 本当に、交通安全の大切さは皆さんに伝えなきゃいけないことだなと感じていて。皆さんがルールを守っていけたらよりよい街になるのではないのかなと僕は思っています”とコメント。そして最後に観衆へ向けて“1つ1つのルールがみんなの安全につながります。ルールを守ってがんばりましょう!”と笑顔で敬礼した。

イベントを終えると、ユースケは“よい経験をさせていただきました”と、ホッとした表情で感想を語る。そして“僕ら超特急は加速していて、ときに自分を見失いそうになるときもあるけど、落ち着いて行動すれば事故につながらないと思う。加速するだけじゃなく、時には止まって落ち着いて確認したりするのが大事だなって、今日この交通安全運動を行って感じました”と、猛スピードで活躍の場を広げている超特急の勢いと重ねて自身の心境を語った。そして、集まった大勢の8号車へ向けて“今日はたくさんの8号車さんが来てくれて、僕のこの思いがたくさんの8号車さんに伝わってくれるといいなと思います。もちろん8号車さんはいい人ばかりだけど、あらためて声をかけることで(メッセージが)届いてくれたんじゃないかなって、そう思いました”と思いを伝えていた。

シングル「a kind of love」

発売中



ZXRC-1139/¥1,111+税
<収録曲>
M-1「a kind of love」 
M-2「Party Maker」 
M-3「Feel the light」

『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING「Sweetest Battle field」』

5月26日(土) 武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
5月27日(日) 武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
6月09日(土) 神戸ワールド記念ホール
6月10日(日) 神戸ワールド記念ホール

*全公演チケット即完*



【関連リンク】
超特急 ユースケ、神奈川県戸部警察の1日署長に就任!
超特急まとめ
村川梨衣、シングル「Distance」の詳細解禁

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, キャンペーン













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1