歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年04月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
ベボガ!、デビューシングルのカップリング曲「スーパー☆スター」MV公開
Thu, 05 Apr 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6人組アイドルユニットのベボガ!が、4月11日(水)にリリースするメジャーデビューシングル「Be!」のカップリング曲「スーパー☆スター」のMVを公開した。このMVは、ヴィレッジヴァンガード渋谷本店の協力のもと、閉店後の同店内で深夜に撮影。同曲はタウンワークのキャンペーン「激レアバイト」タイアップソングとなっていることから、多数の応募の中から選ばれた2名がアルバイト店員に扮して撮影に参加している。身近な存在をヒーローに例えた応援ソングの世界に合わせて、バイトに奮闘する二人をベボガ!のメンバーがこっそり応援したり手助けするなどコミカルで楽しい作品となった。

また、「Be!」の発売を記念して4月9日(月)から15日(日)までの一週間、都内渋谷〜原宿周辺を特別デザインのアドトラックが走行することが決定! アドトラックはかねてよりメンバーの夢の一つでもあり、メジャーデビューに続いてまたひとつ夢が叶ったかたちとなる。

シングル「Be!」

2018年4月11日発売



【Type-A】(CD+DVD)
COZA-1426/7/¥1,852+税
<収録曲>
■CD
1.Be!
2.スーパー☆スター
3.Be!(off vocal ver.)
4.スーパー☆スター(off Vocal ver.)
■DVD
「Be!」ミュージックビデオ、メイキング映像



【Type-B】(CD)
COCA-17434/¥926+税
<収録曲>
1.Be!
2.スーパー☆スター
3.Be!(off vocal ver.)
4.スーパー☆スター(off Vocal ver.)



【関連リンク】
ベボガ!、デビューシングルのカップリング曲「スーパー☆スター」MV公開
ベボガ!まとめ
GENERATIONS、2018年初シングル発売決定

【関連アーティスト】
ベボガ!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, MV

GENERATIONS、2018年初シングル発売決定
Thu, 05 Apr 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GENERATIONSの2018年初となるシングルが、6月13日(水)にリリースされることがわかった。今作には、4月5日(木)夜23:59からスタートする読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマF『ラブリラン』の主題歌に決定している「また、アシタ」がカップリングとして収録される。

『ラブリラン』は女性漫画誌「Kiss」に連載された天沢アキのマンガで、中村アン演じる主人公南さやかが記憶喪失になり、15年間思い続けている大谷亮平演じる鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲していた古川雄輝演じる町田翔平との間で揺れ動く恋心を描いた“Finding(発見)”がテーマとなっている。ドラマをみた視聴者の“心に刺さる曲”を主題歌にしたいというドラマ側からの熱い想いから、GENERATIONSの新曲「また、アシタ」がドラマ主題歌に決定した。一生懸命に恋することで生まれる、切なくも儚い感情を表現した情感豊かなバラートとなっている。「また、アシタ」は、オフィシャルサイトで試聴できる。

シングル「タイトル未定」

 2018年6月13日(水)発売



【CD+DVD】
RZCD-86561/B/¥1,852+税
【CD】
RZCD-86562/¥1,204+税

読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマF『ラブリラン』

2018年4月5日(木)23 :59スタート
出演者:中村アン/古川雄輝/片瀬那奈(特別出演)/大政絢/大谷亮平 他
http://www.ytv.co.jp/lovererun/

『GENERATIONS LIVE TOUR 2018 “UNITED JOURNEY"』

5月12日(土) 愛知・ナゴヤドーム
5月13日(日) 愛知・ナゴヤドーム
5月25日(金) 大阪・京セラドーム
5月26日(土) 大阪・京セラドーム
5月27日(日) 大阪・京セラドーム
6月09日(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
6月10日(日) 福岡 ・福岡ヤフオク!ドーム
8月02日(木) 東京・東京ドーム
8月04日(土) 東京・東京ドーム
8月05日(日) 東京・東京ドーム



【関連リンク】
GENERATIONS、2018年初シングル発売決定
GENERATIONSまとめ
GENERATIONS from EXILE TRIBEまとめ
秘密のオト女、1stシングル「純eye People」発売記念イベントを開催

【関連アーティスト】
GENERATIONS, GENERATIONS from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, シングル, リリース, 主題歌

秘密のオト女、1stシングル「純eye People」発売記念イベントを開催
Thu, 05 Apr 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

オネエアイドルユニット・秘密のオト女が、4月4日(水)1stシングル「純eye People」にてCDデビューを果たし、発売日にHMVエソラ池袋にてリリース記念イベントを開催した。ライブは、デビューシングルの表題曲「純eye People」からスタート。乱れている秩序、性欲にまみれた地球という“不倫”をテーマにした衝撃的な楽曲でありながら《フリン・ダメ・ゼッタイ》というキャッチーな歌詞をキュートに歌い上げ、会場を盛り上げた。カップリング曲「秘密ミッション」は、誰しもが1つや2つは持っている秘密、誰にも話したくない過去、コンプレックス、好きな人に嫌われないために自分自身の秘密を作ってしまう乙女心の悩みを込めている楽曲で、こちらもファン達の熱いコールが湧き起こる中、華麗にパフォーマンスしてデビューイベントを飾った。

“私達、CDを1,000枚売らないといけないって課せられているんですけど、でも1,000枚売れなかったらどうなるのか…”(ゴリな)、“もう私達、東京湾に沈められるんじゃないかってビクビクしてるんだけど!(汗)”(ナツキ)、“それはナツキちゃんだけね!!!(KOKORO)と、息の合った掛け合いトークでも盛り上げた。デビューイベントということで、アイドル必須の自己紹介も披露!

“『秘密のオト女』最年少23歳の愛されないツインテール、あっちそっちこっちどっちー! KOKOROです! 大切な皆の思い出になるようなCDになって欲しいので、そういう気持ちで1,000枚売り切りたいと思います!”(KOKORO)
“皆さん! 今日は私の為に集まってくれてありがとうございます! 身長わずか182cm、『秘密のオト女』ゴリなです! 結成して約9ヶ月、本当にやってきて良かったなと思っています! これからも頑張ろうと思います! 私が980枚売ります!!”(ゴリな)
“アイドル属性ゼロ! 常に尿酸値高め! 頼れないリーダー・ナツキです! 皆さんのおかげでこうしてデビューを迎えられて、本当にありがとうございます。これから必ず1,000枚売り切ります! よろしくお願いします!”(ナツキ)

と、1,000枚手売りへの意気込みも発表した。CDデビューを飾ったオト女たちに課せられた1stミッションは、CDの1,000枚手売り。エネルギッシュなパワーを誇る彼女たちだが、果たしてミッションクリアなるか!? 輝かしくスタートを切った秘密のオト女に、ぜひ注目してほしい。

秘密のオト女は2017年9月結成のナツキ・ゴリな・KOKOROの3人からなるレインボーアイドル。コンセプトは、“時にはクールに!時にはキュートに!女の子のなりたい女の子に大変身!!歌って、踊って、騒いで、とにかく目立ちたい!そんなうるさい3人娘。人と違っていいじゃん!それが個性。性別の壁が、夢を追うのに立ちはだかるのなら…ぶち壊して新しい時代へ。『LGBT』そんな言葉がなくなる時代を目指して”。

シングル「純eye People」

2018年4月4日(水)発売



SDMC-1020/¥926+税
<収録曲>
1. 純eye People
2. 秘密ミッション

【デビューシングル「純eye People」リリースイベント】

<内容>
ミニライブ&特典会 ※ミニライブは無料です
<スケジュール>
4月08日(日) 18:00〜タワーレコード新宿店
http://official.stardust.co.jp/section3/otome/0408shinjuku.pdf
4月14日(土) 17:00〜タワーレコード立川立飛店
http://official.stardust.co.jp/section3/otome/0414tachikawa.pdf
4月21日(土) 17:00〜大宮アルシェ1階ステージ
http://official.stardust.co.jp/section3/otome/0421omiya.pdf
etc



【関連リンク】
秘密のオト女、1stシングル「純eye People」発売記念イベントを開催
秘密のオト女まとめ
上野優太、地元・長崎にて凱旋ホールコンサートを開催

【関連アーティスト】
秘密のオト女
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, キャンペーン, リリース

上野優太、地元・長崎にて凱旋ホールコンサートを開催
Thu, 05 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

上野優太が3月17日に地元・長崎で凱旋ホールワンマンコンサートを開催した。場所は上野も番組出演等してきたNBCビデオホール。普段の穏やかな雰囲気とは違い、髪型をしっかりと整え、少々緊張した様子でステージに上がった上野が、一曲目の「どうだい」のイントロを弾き始め歌い出す頃には、会場の空気は一気に上野の持つ穏やかな雰囲気に会場全体が包まれた。

最初のMCでは地元へ無事に帰って来たことを報告し、来場者に感謝の気持ちを述べた。長崎弁でのMCは地元の方々の親しみを誘い、長崎の情景を歌った「眠ってよひか」へと繋ぐ。上野の紡ぐ楽曲の端々には、生まれ育った大自然に囲まれた長崎での情景が浮かび、本当に地元への愛が感じられる。MCも時折、冗談を交えながら終始穏やかな雰囲気でコンサートは進んでいった。

本編最後には、2017年にリリースしたタイトル曲「バスに乗って」を見事に歌い上げ、会場は大感動に包まれながら鳴り止まない拍手と共に退場。その後、アンコールの歓声と拍手が鳴り響くと、この日発売のオリジナルTシャツに着替えて笑顔で再登場し、今回のコンサートのタイトルでもある「Time like these」を演奏。今、自分の置かれている状況と周りへの感謝を込めて歌い上げると、会場内は感動の渦で包まれた。コンサートの最後には2018年も精力的な活動を行ない、年内に新たな音源をリリースすることを約束した。

アコースティックギターが3本にウクレレが1本、マイク1本とシンプルに飾られたステージは、ホールワンマンとはいえ飾らない上野の素顔が垣間見えた。2時間にわたってアンコールを含めて全19曲を歌い上げ、スタイルを変えることなくシンプルにギター(ウクレレ)と歌だけで上野の音楽の世界観を伝えたコンサートに観客達は少しずつ引き込まれていった。東京へと活動の拠点を移して数年。2017年は大きなリリースをしたものの、まだまだ自分の音楽人生はようやくスタート地点。“今までに出会った方々や、地元の皆へ恩返しをする為に、より良い音楽を創り続けて行きたい”と、ステージを下りた上野は語り、凱旋ホールワンマンは幕を閉じた。

シングル「バスに乗って」

発売中



POCS-1612/?1,000+税



【関連リンク】
上野優太、地元・長崎にて凱旋ホールコンサートを開催
上野優太まとめ
かなでももこ、デビュー5周年に向けて“GO! 5周年”と銘打たれた挑戦についてインタビュー

【関連アーティスト】
上野優太
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ワンマン, ライブレポ

かなでももこ、デビュー5周年に向けて“GO! 5周年”と銘打たれた挑戦についてインタビュー
Thu, 05 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

声優や歌手とマルチに活躍し、活動の幅を広げているかなでももこは、2018年12月11日にデビュー5周年を迎える。彼女は5周年を迎えるにあたって現状に甘んじることなく“いろんな挑戦をしていきたいです”と語った。『L-1 グランプリ』や無料で行われるバースデーイベント『momoko’s birthday 誘わ night 楽しま night〜大好きだらけの舞踏会へのご招待〜』は、“GO! 5周年”と銘打たれた彼女の挑戦のひとつだ。ゆるふわっとした柔らかい空気を持ちつつも、決してぶれることない強い信念を持ったかなでももこに、直近の活動をふりかえってもらいつつ、控えているイベントについて語ってもらった。

■【かなでももこ インタビュー】

――かなでさんにとって、2017 年はどんな年でしたか?

かなでももこ(以下、かなで):でも、まだそんなに経ってないですね…。
マネージャー(以下、マネ):2017年って去年だよ。
かなで:あ、去年か!(笑) 去年は6月にバースデーライブ、12月にアニバーサリーライブをさせていただいたんですよ。1年間に2回、節目を迎えることができたので凝縮され ていたように感じます。10月には初めてのフルアルバムも発売することができ、たくさん歌うことができた1年でした。「DAYBRAKER」という曲の歌詞に“七色の虹を見せたい”っていうフレーズがあるんですけど、まさしくそこに向かって歩んでいたような気がします。本当にあっという間でしたね。

――3月17日(土)にはマッシュアップエンターテイメント主催の『LIVE MUE STATION』もありましたよね。こちらはいかがでしたか?

かなで:他の対バンと違って全員が仲間でできていたので、演者でありつつもお客さんの気持ちで楽しんでました。

――何かハプニング等あったりしましたか?

かなで:実はポニーテールにするタイミングを1回間違っちゃって(笑)。voyager の「キボウノカケラ」という楽曲にギターで参加するときにポニーテールをすることになってたんですけど、その曲を演奏するよりも1回早いターンで髪を結んじゃったんです。メイクさんがすごく気にかけてくださってて、曲が終わったら手を引いてストンって座らせて髪をポニーテールにキューンって。“ありがとうございます”って言ったあとに、ステージ 裏でライブを見ていて、“まだ歌うじゃん!”って気づきました(笑)。それがちょっとバタバタだったかな。

――次に控えているイベントが『L-1 グランプリ』ですね。

かなで:そうですね。出演順も生放送のくじ引きで決まるので、私もすごくドキドキして います。パフォーマンス時間も15分と限られているので、どの曲を歌うかもすごく迷って。でも“これで行こう”っていう曲を選んだので、あとはバンドメンバーさんとすり合わせてって感じですね。

――選曲は、どのようにされたんですか。

かなで:かなでももことして4年間活動してきたなかで、等身大の自分を表現できる曲を選びました。活動を始めたときは歌わせてもらってる、曲を作ってもらってる、プロデュ ースをしてもらってる、って感じだったんです。でも、最近になって自分が表現したいものが少しずつつかめてきていて。作詞をするようになって見えるようになってことも大きいですかね。

――作詞はどのようにされるんですか。

かなで:テーマを与えられたときは、自分の人生を振り返りながら書きました。「流れ 月」のときは“葛藤”というテーマだったので、どういう試練を乗り越えてきたっけなー…って思いだしながらでしたね。『NOeSIS』というゲームアプリの曲を担当させていただいたときは、ゲームのキャラク ターに寄り添うようにして作詞しました。キャラクターが持っている複雑かつ非現実的で体験できない感情を体験できるような歌詞にしたいと思い、リアルな歌詞に落とし込んで います。

――歌詞は考えるタイプですか? 直感ですか?

かなで:考えるタイプかもしれませんね。イメージにハマるような言葉はバーッとでてくるんですけど、曲に歌詞を乗せているので語数を調整する必要があって。1番伝えたい言葉を軸に周りを固めていく感じですね。

――新曲のお話も進んでいたりするんですか?

かなで:え、知らないです。するんですか?
マネ:実は『L-1 グランプリ』で決勝まで進んだら、新曲を発表する予定でいます。
かなで:なにそれ! 聞いてないんですけど!?
マネ:しかも、かなで作詞だよ(笑)。ルー様が作曲して、ドラマーから風圧がくるような曲になる予定。ツーバスがきいてる、メタル系の楽曲かな。

――かなでさん知らされてなかったんですか?

かなで:はい…。今日ってエイプリルフールじゃないですよね?
マネ:いやいや、嘘じゃないから(笑)。お客さんと一緒に歌ってほしいなって思ってて。もし『L-1 グランプリ』で先に進めるとしたら、応援してくれるみなさんのお力をお借りしてだと思ってるんですよ。だとしたら、力になってくださったみなさんと一緒に歌える曲がいいなって。でも、本人のイメージから外したくないからロックやメタル調にって感 じかな。

――あまり想像つかないですよね…?

かなで:いや、すごい想像つくけど(笑)。え、でも決勝いけなかったら、その曲ってどう なっちゃうんですか?
マネ:どうなっちゃうんだろうねー(笑)。
かなで:えぇ…。すごくはわはわしちゃいますね。

――それも込みでなんとしても決勝にいかねばですし、優勝せねばですもんね。

かなで:そうですね。賞金を手に入れられたら、全部を楽曲制作に使っていただけるってことなので。まだPVもひとつしかないし、あわよくば映像もほしいな…。

――6月23日にあるバースデーイベント『momoko’s birthday 誘わ night 楽しま night〜大好きだらけの舞踏会へのご招待〜』の内容も決まってきているんですか?

かなで:決まってないです(笑)。でも、1番旬な私を出せるイベントにしたいなとは思っています。『L-1 グランプリ』でロックな曲をやったら、ロックをたくさんやりたい!って思うかもしれないし(笑)。今回のバースデーイベントは無料で開催させていただくので、いままでライブでかなでももこを見たことがない人でもふらっと来てくれたら嬉しいな。あまりバースデーイベントどっかーん!かなでももこジャーン!って感じではなく、もう少しアットホームなイベ ントにしようかなとは思っているので。かなでももこ5周年にむけて、いろんなひとに知ってもらえるきっかけになったら嬉しいですね。

――バースデーイベントで、これだけはやりたいってことは決まってますか?

かなで:ギターボーカルを少し頑張ろうかなって計画中です。ワンマンライブの度に、1曲とかチャレンジさせてもらってるんですけど、今回はバンドなしでやらせていただくラ イブになるので。それがひとつ挑戦かな。 正直、歌って誰でもチャレンジできることじゃないですか。だからこそ、歌うこと以外でも音楽のパフォーマンスをできるようになりたい。その成長もみなさんにお見せしたいですね。

――先ほどギターが挑戦だという話がありましたが、なにかいま挑戦してみたいことってありますか?

かなで:作曲ですかね。作詞に挑戦させていただいているし、せっかくギターもあるので。まだまだ、自分のことをどう伝えたいかって正直わからないんですよ。でも、わからないなりに知りたいっていう欲求はあって。作詞や作曲に対して知識はないし、理論もわからない。でも、だからこそ自分の真髄を表 現できるような気がしているんです。それができるようになったら面白いんじゃないかな って。

――2018年、かなでももこ5周年は、どんな年になっていきそうですか?

かなで:マネージャーさんが「GO! 5周年」っていうダサいネーミングをつけて、5周年 だからいろんなことに挑戦したいっていってくれていたので、たくさんのことに挑戦して5周年を迎えるときに違った姿になっていたいですね。その挑戦のひとつが『L-1 グランプリ』っていうトーナメント。結果がどうなっていく か、全くわからないんですけど精一杯歌を届けたいと思います。バースデーワンマンライブは無料でのイベントとなっておりますので、たくさんの方に歌を聴きにきていただけますと嬉しいです。

困ったように笑いながら“自分のことをどう伝えたいか正直わからないんです”と彼女は語った。しかし、私にはそんな風には見えなかった。一番伝わる言葉を丁寧に選んで絞りだして話す彼女は、きっと伝えたいことも表現したいことも知っている。ただ、まだその方法に触れていないだけなのではないかと。12月11日の 5周年に向け挑戦することをやめず、進み続ける彼女の雄姿を刮目せずにい られようか。

TEXT:坂井彩花
PHOT:やわらかゆーすけ

【かなでももこバースデーワンマン】

6月23日(土) 方南町 Mboxx
集合時間/15:30 開場/16:00 開演/17:00
入場料:無料 ※1ドリンク制なし

◎ご来場特典に本人メッセージ入りカードをご準備しております。
応募フォーム https://creativesurvey.com/ng/answers/dc6978ab8038295b7db4c623e8770c/



【関連リンク】
かなでももこ、デビュー5周年に向けて“GO! 5周年”と銘打たれた挑戦についてインタビュー
かなでももこまとめ
THE ORAL CIGARETTES、1年4カ月振りのアルバム『Kisses and Kills』リリース決定

【関連アーティスト】
かなでももこ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

THE ORAL CIGARETTES、1年4カ月振りのアルバム『Kisses and Kills』リリース決定
Thu, 05 Apr 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE ORAL CIGARETTESがニューアルバム『Kisses and Kills』を6月13日(水)にリリースすることを発表した。1年4カ月振りとなる今作は、映画『亜人』主題歌「BLACK MEMORY」、TVアニメ『サクラダリセット』EDテーマ「トナリアウ」、異例のフリーダウンロードで話題となった「ReI」を含む全10曲が収録される。

タイトルの“Kisses and Kills”には人間が併せ持つ“闇”と“光”のような相反する感情、心の中でうごめく衝動と理性の葛藤など、矛盾するかのような二面性の中で生まれた感情を生かすも殺すもあなた次第という意味が込められている。複雑な現代社会への不安や疑問、多用する価値観や人生の選択肢の中で生まれるアイデンティティなどを繊細な心理描写による歌詞、その世界観を幅広いアレンジでオーラルらしい狂気溢れる楽曲やアルバムならではのポップで中毒性のある楽曲に昇華された、最新型のオーラルが充分感じられる作品になっている。

なお、初回盤DVDには2018年2月に開催された、初の大阪城ホールワンマンのライブ映像9曲に加え、ReIプロジェクトのドキュメンタリー映像が収録される。予約は4月6日(金)より一斉にスタート! タワーレコード及びタワーレコード オンラインでは、期間内に予約をするとオリジナルグッズがプレゼントされる超速予約キャンペーンが実施されるので、こちらも要チェックだ。その他各CDショップ特典も公開となり、こちらも数量限定での用意となっているのでお早めにゲットしてほしい。

アルバム『Kisses and Kills』

2018年6月13日発売



【初回盤】(CD+DVD)
AZZS-77/¥3,500(税抜)
【通常盤】(CD)
AZCS-1070/¥2,800(税抜)

<収録曲>
■CD
1.もういいかい?
2.BLACK MEMORY (映画『亜人』主題歌)
3.PSYCHOPATH
4.Ladies and Gentlemen
5.What you want
6.トナリアウ(TVアニメ『サクラダリセット』EDテーマ)
7.リブロックアート
8.容姿端麗な嘘
9.ONE\'S AGAIN
10.ReI
■DVD ※初回盤のみ
2018年2月15日に開催された初の大阪城ホールワンマン公演
『唇ワンマンライブ 2018 WINTER「Diver In the BLACK Tour〜ReI of Lights〜』at大阪城ホールから
ライブ映像9曲を収録、さらに現在進行形のReI projectドキュメンタリーを収録。
<ライブ映像収録予定曲>
・カンタンナコト
・N.I.R.A
・マナーモード
・接触
・flower
・大魔王参上
・BLACK MEMORY
・起死回生STORY
・ReI
<ReI project Docementary Movie収録予定内容>
2017年の全国ツアーから始まったReI projectの未公開ドキュメンタリームービー、メンバーインタビューを収録予定

◎初回プレス限定封入特典
BKW!!カード(Kisses and Kills ver.)
※初回盤/通常盤共通となります。

◎CDショップ特典
・タワーレコード/タワーレコードオンライン:オリジナル B3ポスター(A ver.)
※TOWER RECORDS超速予約キャンペーンも対象となります。
・OFFICIAL ONLINE SHOP:オリジナル B3ポスター(B ver.)
・TSUTAYA RECORDS:オリジナル B3ポスター(C ver.)
・Amazon:オリジナル B3ポスター(D ver.)
・上記以外の一般CDショップ:オリジナル B3ポスター(E ver.)
※初回盤/通常盤共に対象となります。
※特典数量に限りがありますので、無くなり次第終了となります。
※一部のオンラインサイトやCDショップで特典が付かない場合があります。また、特典の有無についてのお問合せなども事前に各店舗にお問合せ下さい。

【TOWER RECORDS超速予約キャンペーン】

THE ORAL CIGARETTES 4thアルバム『Kisses and Kills』の発売を記念して、タワーレコードでの超速予約キャンペーン実施が決定!

<キャンペーン内容>
タワーレコード(タワーレコードオンライン含む)にて、4th Album「Kisses and Kills」(初回盤・通常盤のいずれか)を第一弾予約期間中にご予約頂いた方にはオリジナルラバーバンド、第二弾予約期間中にご予約頂いた方にはオリジナルポッティングシールをプレゼントします。
※タワーレコード先着購入特典〈オリジナル B3ポスター(A ver.)〉付与も対象となります。
※特典は商品と一緒にお渡しとなります。
※特典の有無、キャンペーン内容についてはタワーレコード各店舗にお問合せ下さい

<キャンペーン期間>
■タワーレコード全国各店
・第一弾予約期間:4月06日(金)〜4月17日(火)まで
・第二弾予約期間:4月18日(水)〜5月01日(火)まで
※「オンラインサイトからの店舗商品予約サービス(ネットdeカクホ)」でご予約いただいた方も対象となりますが、システムの都合上、4月17日(火)AM10:00頃〜4月18日(水)正午頃までの期間、同サービスでのご予約受付を休止させていただきますのでご注意下さい。
■タワーレコード オンライン
・第一弾予約期間:4月06日(金)深夜0時(5日24時)〜4月17日(火)22:00まで
・第二弾予約期間:4月18日(水)深夜0時(17日24時)〜5月01日(火)23:59まで
※特典は商品と一緒にお届けいたします。
※17日(火)22:00〜23:59までの期間にご予約の場合、早期予約特典は対象外となりますのでご注意下さい。

『ReI project coupling tour 〜Piggybacking Together〜』

6月04日(月) 愛知・Zepp Nagoya
6月06日(水) 大阪・Zepp Osaka Bayside
6月13日(水) 東京・新木場STUDIO COAST
※対バンは後日発表
<チケット>
一般発売日:5月12日(土)



【関連リンク】
THE ORAL CIGARETTES、1年4カ月振りのアルバム『Kisses and Kills』リリース決定
THE ORAL CIGARETTESまとめ
椎名林檎、トリビュートアルバムの全参加アーティスト&収録曲決定

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, キャンペーン, リリース, 特典

椎名林檎、トリビュートアルバムの全参加アーティスト&収録曲決定
Thu, 05 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年にデビュー20周年を迎える椎名林檎。それを祝して5月23日にリリースされるトリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』の全参加アーティストおよび収録楽曲が決定! 参加アーティストは、AI、井上陽水、宇多田ヒカル&小袋成彬、木村カエラ、私立恵比寿中学、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、藤原さくら、松たか子、三浦大知、RHYMESTER、LiSA、レキシ、the ウラシマ\'S(亀田誠治プロデュースによるスペシャルバンド/Vo.草野マサムネ from SPITZ、Dr.鈴木英哉 from Mr.Children、Gt.喜多建介 from ASIAN KUNG-FU GENERATION、Ba.是永亮祐 from 雨のパレード)、そして封入ブックレットに掲載される短編小説を書き下ろした、作家の誉田哲也という面々。この上なく贅沢なラインナップがすでに発表されていたが、彼らに加えさらに海外アーティストのMIKAの参加が決定した。

今作の制作テーマは“世代を越える”“ジャンルを越える”“関係を越える(今回限りのコラボレーション)”。それのみにあらず、“国境を越える”というテーマも存在していた。林檎トリビュートだからこそ成し得た4つのテーマの交配、産み落とされた禁断の果実の味をご賞味あれ。

■トリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』特設サイト
http://smarturl.it/adam-eve-ringo-sp

アルバム 『アダムとイヴの林檎』/V.A.

2018 年5月23日発売



UPCH-20485/ ?3,240(税込)
<収録曲>
1. the ウラシマ\'S 「正しい街」
Produced by 亀田誠治/Vo.草野マサムネ from SPITZ/Dr.鈴木英哉 from Mr.Children
/Gt.喜多建介 from ASIAN KUNG-FU GENERATION/Ba.是永亮祐 from 雨のパレード
2. 宇多田ヒカル&小袋成彬 「丸ノ内サディスティック」
3. レキシ 「幸福論」
4. MIKA「シドと白昼夢」
5. 藤原さくら 「茜さす帰路照らされど・・」
6. 田島貴男(ORIGINAL LOVE) 「都合のいい身体」
7. 木村カエラ 「ここでキスして。」
8. 三浦大知 「すべりだい」
9. RHYMESTER 「本能」
10. AI 「罪と罰」
11. 井上陽水 「カーネーション」
12. 私立恵比寿中学 「自由へ道連れ」
13. LiSA 「NIPPON」
14. 松たか子 「ありきたりな女」
<ブックレット>
誉田哲也 「歌舞伎町の女王 −再会−」 (書下ろし短編小説)


『椎名林檎のひょっとしてレコ発2018』

4月06日(金) 富山・富山オーパード・ホール
4月08日(日) 新潟・新潟県民会館
4月13日(金) 北海道・ニトリ文化ホール
4月16日(月) 大阪・フェスティバルホール
4月17日(火) 大阪・フェスティバルホール
4月20日(金) 東京・東京国際フォーラム ホールA
4月26日(木) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
4月27日(金) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
5月09日(水) 埼玉・大宮ソニックシティ
5月11日(金) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
5月12日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
5月16日(水) 東京・NHKホール
5月17日(木) 東京・NHKホール
5月25日(金) 広島・広島上野学園ホール
5月27日(日) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一



【関連リンク】
椎名林檎、トリビュートアルバムの全参加アーティスト&収録曲決定
椎名林檎まとめ
AttractionsとPAELLASの対バン『EASTWEST LIVE SHOW!』開催決定

【関連アーティスト】
椎名林檎
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, 発売

AttractionsとPAELLASの対バン『EASTWEST LIVE SHOW!』開催決定
Thu, 05 Apr 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AttractionsとPAELLASの対バン『EASTWEST LIVE SHOW!』が、6月21日(木)に新代田FEVERにて、6月29日(金)大阪BEAT STATIONにて開催決定!

Attractionsは、UKロックを原点に海外のトレンドとも共振したサウンドで全国から熱い視線を集める、福岡発の5人組バンド。2018年に全国のFMラジオ5局の放送局で構成されるJFL「NEXT GENERATIONS」と、Spotifyが注目し強力プッシュする「Early Noise 2018」に選出され、3月にはアメリカで開催された『SXSW JAPAN NITE』への出演も果たしている。

そしてPAELLASは2014年に上京して本格始動した、MATTON(Vo)、Satoshi Anan(Gu)、bisshi(Ba)、Ryosuke Takahashi(Dr)からなる4人組バンド。2018年3月7日(水)にEP『Yours』をリリースし、ツアー『Yours Tour2018』を全国6カ所にて行ない、渋谷WWW Xで開催した最終日公演のキャリア初ワンマンもソールドアウトとなった。

この今注目の2バンドが、東はPAELLAS、西はAttractionsでそれぞれ奏でる、今まで有りそうで無かった企画が実現となる。4月10日(火)23:59まで各アーティストオフィシャルHPにてチケット先行を受付中なので、ぜひチェックしてみてほしい。

■【ライブ情報】

6年21日(木) 東京・新代田FEVER
OPEN 19:00/START 19:30
<出演>
Attractions/PAELLAS
<チケット>
ADV¥3,000/DOOR¥3,500(1ドリンク別)

6月29日(金) 大阪・BEAT STATION
OPEN 19:00/START 19:30
<出演>
Attractions/PAELLAS
<チケット>
ADV¥3,000/DOOR¥3,500(1ドリンク別)

※4月10日(火)23:59まで、各アーティストオフィシャルHPにてチケット先行受付中
※チケット発売日:4月21日(土)10:00〜



【関連リンク】
AttractionsとPAELLASの対バン『EASTWEST LIVE SHOW!』開催決定
Attractionsまとめ
PAELLASまとめ
KOHH、モンスターエナジーとスポンサーシップを締結

【関連アーティスト】
Attractions, PAELLAS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

KOHH、モンスターエナジーとスポンサーシップを締結
Thu, 05 Apr 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本のみならず、グローバルで活躍するアーティストKOHHがエナジードリンク「モンスターエナジー」とスポンサーシップ契約を締結したことを発表した。マキシマム ザ ホルモン、coldrain、 MAN WITH A MISSION、 RIZEに続く、新たなアーティストとして「モンスターエナジー」ファミリーに加わる。

今年でデビュー5年目を迎え、ますます勢いに乗るKOHHの活躍は日本を越え、海外でも注目を集めている。4月14日(土)から全国6大都市で実施する「モンスターエナジー」の駅ジャック広告にもKOHHのビジュアルが掲出! アーティストとしての枠にとどまらず、ファッション・アイコンとしても支持を集めるKOHHの活動を「モンスターエナジー」が支援することとなる。



【関連リンク】
KOHH、モンスターエナジーとスポンサーシップを締結
KOHHまとめ
IA、マイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブ終演

【関連アーティスト】
KOHH
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ヒップホップ

IA、マイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブ終演
Thu, 05 Apr 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

IAが4月3日(火)に東京・マイナビBLITZ赤坂にて、世界11都市を巡ったワールドツアー『PARTY A GO-GO』のアンコール公演である『IA\'s “PARTY A GO-GO" WORLD TOUR FINAL & PREMIERE of “ARIA"』を開催した。東京でのIAのワンマンライブは2015年9月以来、約2年半ぶり。この2年半の間に、世界11都市を巡り、まさにワールドワイドな活動をしてきたIAだが、各地でたくさんのファンの熱狂に触れ、ひとまわりもふたまわりも成長したIAのパフォーマンスとなった。

MCでは「約2年をかけて地球をぐるっと回って、そして今日東京に戻ってくることができました!皆さんお元気にしていましたか?」と詰め掛けたオーディエンスを煽る場面もあり、ゲストアクトとして様々なアーティストも出演! 「We gotta run」ではJUNPEIとCOZMIC AGEが共演し、「Shooting Star」ではTeddyLoidがDJとして参加。続く「夜咄ディセイブ」ではTeddyLoidのDJプレイにのせて、ダンスチームRSC MASAMI STUDIOからキッズ含め総勢21名のダンサーがパフォーマンスを行なった。IAの妹であるONEとは「Reload」、新曲「てるみい」の2曲を息ぴったりの歌とダンスで魅了した。また、この日はバンドメンバーのキーボード奏者としてout of serviceの小西駿も出演。IAのライブをしっかりとサポートしてした。

ライブ後半には発売されたばかりのIAのコンピシリーズ第4弾「IA/04 -STAR-」から、国際情報オリンピック日本大会のテーマソング「Euphoria」も初披露。そして、アンコールでは6月にフランス・パリにて開催されるIAの最新公演「IA MUSICAL & LIVE SHOW 2018“ARIA"」を予感させるトレーラー映像がスクリーンに映し出された。日仏で共同制作しているというこちらのMUSICAL & LIVE SHOWも非常に楽しみだ。なお、本公演は、CSテレ朝チャンネル1にて6月に放送が予定されている。詳細は後日ホームページにて発表される。

<セットリスト>
M1 : Inner Arts
M2 : SEE THE LIGHTS
M3 : We gotta run【ゲスト:JUNPEI/COZMIC AGE】
M4 : Shooting Star【ゲスト:TeddyLoid】
M5 : 夜咄ディセイブ (TeddyLoid Hopping Remix)【ゲスト:TeddyLoid/RSC MASAMI STUDIO】
M6 : 憧憬〜DOUKEI〜
M7 : セツナドライブ
M8 : Invisible Lovers
M9 : アスノヨゾラ哨戒班
M10 : 六兆年と一夜物語
M11 : Reload【ゲスト:ONE】
M12 : てるみい【ゲスト:ONE】
M13 : チルドレンレコード
M14 : アウターサイエンス
M15 : Euphoria
M16 : アメリカ〜we are all right!〜
En01 : ARIA(Primer of ARIA)
En02 : オツキミリサイタル
En03 : Diamond Days



【関連リンク】
IA、マイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブ終演
IAまとめ
ЯeaL、ポケモン主題歌「未来コネクション」先行配信&CDジャケット公開

【関連アーティスト】
IA
【ジャンル】
J-POP, ニュース

ЯeaL、ポケモン主題歌「未来コネクション」先行配信&CDジャケット公開
Thu, 05 Apr 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ЯeaL(リアル)のニューシングル「未来コネクション」が、5月2日(水)のCDリリースに先駆けて先行フル配信スタートとなった。この曲はテレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』のオープニングテーマとして話題の作品で、楽曲が公開されると同時に“良い曲…泣きそう”“やばい、鳥肌が立った”“大好き!ずっとループしてる”などの絶賛コメントがSNSに溢れかえるなどポケモンファンを中心に圧倒的な支持を集めており、そのフル配信が熱望されていた。

CDジャケット写真も解禁され、期間生産限定盤はテレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』描き下ろしイラストによるデジパック仕様、テレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』ノンクレジットオープニング映像を収録したDVDが付属、さらにテレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』描き下ろしイラストのステッカーが封入されるなどの豪華盤。さらに、今作のリリースを記念して全国のポケモンセンターほかにてリリースイベントの開催も決定! 詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

今夏には「未来コネクション」のリリースを記念したワンマンライブツアーも開催。6月24日(日)のTSUTAYA O-WEST公演を皮切りに、東京・名古屋・大阪の三大都市で行なわれる。4月6日(金)正午よりЯeaLのオフィシャルサイトにてチケット2次先行予約が開始されるので要チェック!

■「未来コネクション」先行フル配信ダウンロードURL
https://smer.lnk.to/mirai

(c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikak (c)Pok?mon

シングル「未来コネクション」

2018年5月2日発売



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2287〜2288/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1.未来コネクション
2.光になれない
3.リスキーゲーム
4.未来コネクション 〜アニメサイズ〜
5.未来コネクション 〜アニメサイズ Instrumental〜
■DVD
テレビアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」ノンクレジットオープニング映像




【通常盤】(CD)
SECL-2286/¥1,204+税
<収録曲>
1.未来コネクション
2.光になれない
3.リスキーゲーム
4.未来コネクション 〜Instrumental〜

『ЯeaLワンマンツアー2018 4th single「未来コネクション」Release Tour』

6月24日(日) 渋谷TSUTAYA O-WEST
7月14日(土) 名古屋ell.SIZE
7月16日(月・祝) 大阪バナナホール



【関連リンク】
ЯeaL、ポケモン主題歌「未来コネクション」先行配信&CDジャケット公開
ЯeaLまとめ
Kis-My-Ft2、アルバム『Yummy!!』収録コンテンツ「キスマツ荘」のダイジェスト公開

【関連アーティスト】
ЯeaL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 主題歌

Kis-My-Ft2、アルバム『Yummy!!』収録コンテンツ「キスマツ荘」のダイジェスト公開
Thu, 05 Apr 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月25日(水)にリリースされるKis-My-Ft2の7thアルバム『Yummy!!』に収録されるスペシャルコンテンツ「キスマツ荘 〜キスマイ7年目の仲直り大作戦〜」が解禁され、そのダイジェスト映像が公開となった。

このスペシャルコンテンツの舞台となるのは“キスマツ荘”という男子寮。アルバムタイトルにかけ、「キスマイのメンバー同士の関係は、“おいしい or 闇”どっちのヤミーでSHOW?」というお題をもとに、様々なエンターテインメントにチャレンジしながらお互いを改めて見つめ直してみるという内容だ。“キスマツ荘”を舞台にダンスをはじめ、コントからドラマ・ドキュメンタリーまで、時にアニメに姿を変えながらメンバーが7つの“仲直り大作戦”を繰り広げる約80分の超ヤミーな大作! 全編にわたりアルバム曲を中心としたキスマイの楽曲を使用しながら、通常のMVという音楽映像カテゴリーの常識を完全に崩したコンテンツとして、アルバム全体を視覚でも楽しめる内容となっている。この「キスマツ荘 〜キスマイ7年目の仲直り大作戦〜」は、初回A・B盤に「前編」「後編」として収録されるので要チェック!

さらに、アルバム発売を記念してKis-My-Ft2のMVや特典映像なども、YouTube上で初めての動画配信がスタートとなっているので、こちらも併せて注目だ。

■「キスマツ荘〜キスマイ7年目の仲直り大作戦〜」ダイジェスト映像

■#Invitation編
https://www.youtube.com/watch?v=AObef91fa4s

■#Super Tasty!編
https://www.youtube.com/watch?v=e2zf8O0y4vE

■#HAPPY☆DAY編
https://www.youtube.com/watch?v=HkefHnc2MMY

■#友+情 を、くっつけて編
https://www.youtube.com/watch?v=2vOL7rGht9s

<“7つの仲直り大作戦”詳細>
★仲直り大作戦その(1)「キススタコレクション」 出演メンバー:全員
★仲直り大作戦その(2)「本音屋台」 出演メンバー:北山&藤ヶ谷 + 全員
★仲直り大作戦その(3)「銭湯deコントしちゃいなよ!」 出演メンバー:二階堂&千賀 &玉森 + 全員
★仲直り大作戦その(4)「MyTube」  出演メンバー:宮田&横尾 + 全員
★仲直り大作戦その(5)ドラマ「友情をくっつけて」  出演メンバー:北山&玉森
★仲直り大作戦その(6)「DANCE&MUSIC!」  出演メンバー:全員
★仲直り大作戦その(7)「7つ星」  出演メンバー:全員

アルバム『Yummy!!』

2018年4月25日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
AVCD-93876/B/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
01.“7th" Overture
02.Invitation
03. Mr.Star Light
04.PICK IT UP
05. Break The Chains
06. 蜃気楼
07. セルフィー
08. 青春 Don\'t Stop!!
09. Super Tasty!
10. FREEZE
11.赤い果実
12. REAL ME
13. 友+情 を、くっつけて
14. HAPPY☆DAY
■DVD
・キスマツ荘 〜キスマイ7年目の仲直り大作戦〜 <前編>
・KIS-MY-TV

【初回盤B】(CD+DVD)
AVCD-93877/B/?3,800+税
<収録曲>
■CD
01.“7th" Overture
02.Invitation
03. Mr.Star Light
04.PICK IT UP
05. Break The Chains
06. 蜃気楼
07. セルフィー
08. 青春 Don\'t Stop!!
09. Super Tasty!
10. FREEZE
11.赤い果実
12. REAL ME
13. 友+情 を、くっつけて
14. HAPPY☆DAY
■DVD
・キスマツ荘 〜キスマイ7年目の仲直り大作戦〜 <後編>
・キスマイスポーツ選手権

【通常盤】(CD)
AVCD-93878/?3,000+税
<収録曲>
01.“7th" Overture
02.Invitation
03. Mr.Star Light
04.PICK IT UP
05. Break The Chains
06. Toxxxic (藤ヶ谷太輔)
07. 蜃気楼
08. カ・ク・シ・ゴ・ト (北山宏光)
09. セルフィー
10. 青春 Don\'t Stop!!
11. Super Tasty!
12. Clap-A-Holics (玉森裕太)
13. FREEZE
14.赤い果実
15. REAL ME
16. 友+情 を、くっつけて
17. HAPPY☆DAY
[bonus track]
18. We are キスマイ!



【関連リンク】
Kis-My-Ft2、アルバム『Yummy!!』収録コンテンツ「キスマツ荘」のダイジェスト公開
Kis-My-Ft2まとめ
My Hair is Bad、武道館2Daysを大盛況にて終え『セーフティーバントツアー』が決定

【関連アーティスト】
Kis-My-Ft2
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, アルバム, 発売

My Hair is Bad、武道館2Daysを大盛況にて終え『セーフティーバントツアー』が決定
Thu, 05 Apr 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

全公演が即日完売した、全国11都市12公演のツアー『ギャラクシーホームランツアー』の東京公演として日本武道館二日間公演も大盛況ののちに終え、4月4日(水)にバンドの地元・上越EARTHの公演でツアーを打ち上げた、新潟県上越市出身の3ピースロックバンドのMy Hair is Bad。同ツアーの追加公演として『オーガニックホームランツアー』を5月6日(日)大阪城音楽堂、5月13日(日)日比谷野外大音楽堂にて行なうことを発表しているが、さらなる新たなツアーとして『セーフティーバントツアー』の開催が発表された。

発表となった『セーフティーバントツアー』は、東京・札幌・名古屋・大阪各都市のZeppで行なうもので、オフィシャルHP先行受付が4月7日(土)12:00よりスタート! わずか4公演なので今回も熾烈なチケット争奪戦が予想される。

■『My Hair is Bad presents 「セーフティーバントツアー」』

6月02日(土) 東京・Zepp Tokyo
6月09日(土) 北海道・Zepp Sapporo
6月16日(土) 愛知・Zepp Nagoya
6月23日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside

<チケット>
前売¥4,000(1Fスタンディング/2F指定) 

・オフィシャルHP先行(抽選制)
受付期間:4月07日(土)12:00〜4月15日(日)23:59
抽選結果確認・入金期間:4月20日(金)14:00〜4月23日(月)23:00
申込枚数制限:お一人様につき1券種のみ2枚まで・2公演まで申し込み可。
http://emtg.jp/feature/myhairisbad_safetybunt_hp/
※URLは受付開始期間になりましたらアクセス可能となります。
※EMTG電子チケットのみの取り扱いとなります。
※EMTGウェブサイトからの申し込みのみの受付となります。

・一般発売日
4月28日(土)10:00〜 予定

『My Hair is Bad presents「オーガニックホームランツアー」』

5月06日(日) 大阪 大阪城音楽堂
5月13日(日) 東京 日比谷野外大音楽堂
<チケット>
前売¥3,500/当日¥4,000 ※EMTG電子チケットのみの取り扱い
・一般発売日
4月07日(土)10:00〜



【関連リンク】
My Hair is Bad、武道館2Daysを大盛況にて終え『セーフティーバントツアー』が決定
My Hair is Badまとめ
Aqua Timez、新曲「未来少女」MVでイラストレーターの六七質とコラボ

【関連アーティスト】
My Hair is Bad
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー

Aqua Timez、新曲「未来少女」MVでイラストレーターの六七質とコラボ
Thu, 05 Apr 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月25日に発売されるAqua Timezのニューアルバム『二重螺旋のまさゆめ』より、「未来少女」のMVが公開となった。3月28日より先行配信された新曲「未来少女」はAqua Timezらしい魅力が詰まった、桜の季節にぴったりのバラードで、ファンを中心にSNS上で話題となっていた。

まるでゲーム世界のようなファンタジー感あふれるイラストを手掛けたのは、分業制の絵本『えんとつ町のプペル』でメインイラストレーターを担当したことでも知られる六七質(むなしち)。今回描いたイラストは『二重螺旋のまさゆめ』teamAQUA盤のジャケットにも採用されている。

2017年4月よりスタートした「未来少女」のMV制作は楽曲のイメージをもとに、その緻密で壮大な世界観を描き上げるのに丸1年の月日を要した。Aqua Timezと六七質のコラボによって誕生した、空想の街並みを舞台に描かれる、心温まるストーリーをぜひチェックしてみてほしい。

「未来少女」は読売テレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』4月〜6月エンディングテーマに決定している。

アルバム『二重螺旋のまさゆめ』

2018年4月25日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-5054〜5/¥3,700(税込)
<収録曲>
■CD
01.たかが100年の
02.over and over
03.えにし feat. GOMESS
04.遊びつかれて
05.未来少女
06.日曜讃歌
07.ミックス茶
08.陽炎 -interlude-
09.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance
■DVD
01.未来少女(MV)
02.PS4『グランクレスト戦記』オープニング映像



【通常盤】(CDのみ)
ESCL-5056/¥3,200(税込)
<収録曲>
01.たかが100年の
02.over and over
03.えにし feat. GOMESS
04.遊びつかれて
05.未来少女
06.日曜讃歌
07.ミックス茶
08.陽炎 -interlude-
09.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance



【teamAQUA限定盤】(CD+DVD+スペシャルトールケース仕様)
ESC8-48〜9/¥4,200(税込)
<収録曲>
■CD
01.たかが100年の
02.over and over
03.えにし feat. GOMESS
04.遊びつかれて
05.未来少女
06.日曜讃歌
07.ミックス茶
08.陽炎 -interlude-
09.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance
■DVD
01.The FANtastic Tour 2017 振り返り座談会
02.Tasshi Tube 番外編 〜「+1」踊ってみた〜密着ドキュメンタリー



【関連リンク】
Aqua Timez、新曲「未来少女」MVでイラストレーターの六七質とコラボ
Aqua Timezまとめ
超特急、“無駄”を追求した最強にムチャクチャなMV解禁!

【関連アーティスト】
Aqua Timez
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, コラボ, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, エンディング, 音楽配信

超特急、“無駄”を追求した最強にムチャクチャなMV解禁!
Thu, 05 Apr 2018 08:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が4月4日に新体制でリリースしたシングル「a kind of love」のカップリング曲「Party Maker」のMVを公開した。表題曲の「a kind of love」では決意のダイブをした超特急だが、「Party Maker」は打って変わってとにかく“無駄”を追求した作品となった。

“めちゃくちゃに生まれ変わる”をテーマに構成されたMVのストーリーは、ダサいTシャツを羽織り“ジャミラ”みたいになってカッコいいと信じていた超特急メンバーが、通りすがりの女子高生に“キモい”と言われてショック死! 250年後に眠りの世界から復活し、Tシャツを破いて上半身裸になり覚醒。カッコよすぎて眩しすぎるダンスパーティーを始めるという、全くもって意味がわからないストーリーで展開される。

作品内では、タカシが掃除機を持って踊ったり、ユースケがサイリウムに身を包んで踊ったり、なぜか怪獣が現れたりと、実にくだらないシーンが多々織り込まれ、“特に意味のない”、超特急史上最強にムチャクチャなMVになっている。振付は世界的ダンサーのTAKAHIROが手掛けた。

■【コメント】

■TAKAHIRO
「初めて超特急ライブを観たときに「突き抜け感がスゴイ!!」と驚きました。
直球も変化球も火の玉も投げて来る、猛烈エンターテインメントのグループが日本にいるんだとワクワクしたのを覚えています。
そんな超特急の皆さんとコラボレーションしたいと一年前に語ったことが、実現することになり嬉しいです。
今回、振付を担当させていただいた曲「Party Maker」は、最高に熱量!エモーション!で溢れています。
「浮かない顔してどうした?お前らしくないじゃん!?モチベが上がる様なメンツでキメようぜ」
「さあムチャクチャにブチかまそうぜ ムチャクチャにサラケ出してさ」
と歌詞にあるように、振付からもハートと超熱を感じていただけたら幸いです」

■2号車 カイ
「カップリング曲のMVが初めて完成しました。
新しい超特急を“a kind of love”とは違う形でお見せできて嬉しいです。
Party MakerのMVのテーマは「生まれ変わる」。
新体制となって生まれ変わった超特急の新しいアプローチ。
世界的ダンサーであるTAKAHIROさんに振付をしていただき、今までにない超特急が完成しました。
ひとつ言えるのは、何も考えずにMVを観てください。
そして、ただただ楽しんでほしいなと思います」

■3号車 リョウガ
「超特急からとんでもないMVが解禁されました…。
これは完全に問題作…ッ
今までで口うるさく言っていた「スタダコード」を一時的に解き放ち、ある意味一皮むけた僕たちの姿…
パリピと化した陽キャラ超特急をご覧あれ☆」

■4号車 タクヤ
「ついにスタダコード破壊作が出来ました。
カップリング曲でMVを作るのは初めてだったので、嬉しかったです。
めちゃくちゃに馬鹿野郎な僕たち、沢山観てください」

■5号車 ユーキ
「Party MakerのMVが遂に解禁されます!!
未だかつてない世界観で届ける僕らの魂の一曲。
初めてカップリング曲でもMV制作が決まったことがとても嬉しかったです!
今回はあの世界的に有名なダンサーTAKAHIROさんが、「Party Maker」に超特急の熱い想い、魂をパフォーマンスにして表現してくださっています!!
8号車のみんなが必ず驚くと思いますがそれはこの曲の世界観、そして僕たちの熱さや超特急にかける思いを感じ取ってもらえたらとても嬉しいです!

超特急の覚醒の時、みなさんこの目で確かめてください」

■6号車 ユースケ
「守られてきた超特急のベールがついに解き放たれました。今ある壁を越える気持ちが、このMVにはあると思います。沢山の人に見て欲しいです!」

■7号車 タカシ
「今の超特急を活気づけたい新たなスタートをきりたい、そんな思いを込めて歌わせて頂いています。
グチャグチャでメチャクチャな超特急。
真骨頂な超特急。
Newダサかっこいい超特急。
世界中の誰よりも俺たちは“Party Maker”やで」

シングル「a kind of love」

発売中



ZXRC-1139/¥1,111+税
<収録曲>
M-1「a kind of love」 
M-2「Party Maker」 
M-3「Feel the light」



【関連リンク】
超特急、“無駄”を追求した最強にムチャクチャなMV解禁!
超特急まとめ
超特急、チャレンジ満載のFCツアーイベントが終幕

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ユニット, グループ, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

超特急、チャレンジ満載のFCツアーイベントが終幕
Thu, 05 Apr 2018 00:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ニューシングル「a kind of love」を発売した6人組メインダンサー&バックボーカル・超特急が、リリース当日の4月4日にファンクラブツアーの最終日を東京・Zepp DiverCityで開催した。通常のライブに加えて運動会にビンゴ大会、質問コーナーとファンクラブイベントならではのスペシャルな企画に、8号車(超特急ファンの呼称)で埋め尽くされた客席も熱狂。さらに初めてのバンド演奏も披露し、“僕らの挑戦を見届けてツアー legend for days"というタイトルに相応しいチャレンジ満載のステージで、3 都市4公演8000人の8号車と共に超特急への愛と未来を確かめ合った。

3 月に名古屋と大阪を回り、東京公演の2日目となったこの日は、幕が落ちるとお揃いの制服に身を包んだ6人が楽器を携えて登場。2号車・カイがエレキギター、3 号車・リョウガがベース、4号車・タクヤがキーボード、5号車・ユーキがドラム、7号車・タカシがアコースティックギター、そして6号車・ユースケがボーカルという編成で、なんと「Clap Our Hands!」をガチで生演奏してみせる。見事な6人のプレイに歓声をあげる8号車の手拍子を受け、続いて贈られたのは昨夏の主催イベントで共演したゴールデンボンバーの「女々しくて」。ドラや太鼓、トライアングル等を自由に鳴らしながら全員で交互に歌い踊り、間奏ではポンポンを持ってチアダンスというハチャメチャっぷりに、場内は頭から大盛り上がりだ。ちなみに白を基調にそれぞれのイメージカラーをあしらった制服風衣装はカイのプロデュースで、テーマは「あったらいいな。こんな学校」とのこと。さらにバンド演奏はタクヤの意見が採用されたとのことで、メンバー発信でライブを創り上げていこうという彼らの姿勢が、こんなところからもうかがえる。

中盤の企画コーナーは毎公演日替わりで、名阪ではカードゲーム、東京初日は即興劇に挑戦したが、最終日には運動会が行われた。椅子取りゲームでは勝者のタクヤ以外が変顔を、リフティングでは最下位のユーキが即興ラップを罰ゲームで披露し、最後は8号車にちなんで長縄跳び88回に挑戦するとまさかの大成功! ゼーゼーと息を荒げてステージに蹲りながらも、ユーキは「8号車の声のおかげです!」と感謝を露わにした。さらに、客席全員でのビンゴ大会ではリョウガ、ユーキ、タカシの私物をプレゼント。来場者からの質問コーナーでは、メンバーで唯一インスタグラムをやっていないリョウガからアカウント開設の告知が飛び出し、8号車を喜びで湧かせた。

企画3 連発のあとは「a kind of love」のカップリング曲である「PARTY MAKER」のMVがモニター上で先行上映。着ているシャツを破いて原色のイルミネーションのなか踊りまくり、水を被るという未だかつてなくワイルドなアクションに場内は阿鼻叫喚の嵐となり、その興奮のまま「No More Cry」からライブパートへと突入する。6年前の結成時から歌い続けてきた超特急初めての曲で8号車への変わらぬ愛を示すと、昨年発表した「DJ Dominator」に続いて、まずは“オシャレ"な超特急で魅了。かと思いきや“ダサかっこいい"歌&ダンスで、超特急のエキセントリックな個性を全力アピールする「超えてアバンチュール」が始まったとたん、すかさず普段以上の勢いでペンライトを振り上げ、コールを叫ぶファンクラブ会員の熱量はさすがだ。声を張って歌い上げるタカシやダンサー陣のテンションも爆上がりして、場内の熱気はグングン上昇。加えてライブパートでのピンクのスーツは、桜の季節と8号車のイメージカラーであるピンクを重ね合わせてタクヤがプロデュースしたものとのことで、ここでも8号車とメンバーの相思相愛ぶりは明らかである。

「みんなに出会えたこの偶然は、きっと一番素敵な奇跡なんだと思います」というタクヤの言葉で始まった「Billion Beats」からは、6人体制となって新たなスタートを切った彼らの想いを赤裸々に伝える真摯なナンバーが連なってゆく。タカシの透き通るようなアカペラで幕開ける「Synchronism」では、一斉に同じ振りを繰り出す8号車のペンライトの光が美しくシンクロし、実にドラマティックな空気を生み出した。いわば“ホーム"であるファンクラブツアーだからこそ挑戦したい、8号車を驚かせたかったと今ツアーへの想いを語ったあとは、「これから先も、みんなで共に走っていきましょう」とリョウガが呼びかけた「走れ!!!!超特急」で、メンバーと共に客席の8号車も隣同士で電車ごっこの形に連結。また、ステージ上のモニターには常に歌詞が映し出され、超特急の曲は常にリスナーの心に寄り添うものであったことを確認させてくれた。

「BREAK OFF」に「バッタマン」と超特急を代表するアゲ曲で8号車の掛け声を受け、ユースケも全身全霊の雄叫びをあげて本編を終えると、アンコールでは本日発売の新曲「a kind of love」を披露。リョウガいわく「出会いと別れを多く経験するであろう今の季節にピッタリ」な爽やかな曲調に、コミカルな振りつけが組み合わさった超特急らしいナンバーは場内を笑顔にして、曲が持つ愛の力の大きさを証明してくれた。そして「僕たちと8号車ならどこまでもイケると思うんだ。まずはここから、みんなの声を聴かせてくれ!」とユースケが声の限りに誘った「Burn!」では、“カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシ、超特急!"のコールを巻き起こして、8号車がサビを大合唱。そして「どんなに形が変わってしまったとしても、どんなに時が過ぎて行ってしまっても、変わらないものはそれぞれあると思うんですよ。そういった未来への明るい気持ち、希望を込めて」と最後に贈られた「Starlight」は何よりも雄弁に、彼らの想いを物語っていた。戸惑いながらも決して変わることのない夢に向かって、夢が叶うその日まで“みんな"と共に歩いていきたい――。美しい光を放つミラーボールの下で、“同じヒカリ"を目指そうと柔らかに歌い、踊る6人の心は、きっとその場にいた全員に伝わったはずだ。

「今まで歩んできた超特急の全てを無駄にしないため、何より今、超特急に乗車してくださっている8号車の皆さんと夢を掴み取るために、これからは前だけを向いて走るべきだと思っています。もちろん8号車の皆さんを置いて行ったりしません。手を取り合って連結して、誰一人欠かさずに、いつまでもどこまでも走っていきたいと思います」(リョウガ)
「俺たち6人を信じてくれれば間違いないです」(カイ)

力強くそう宣言した彼らの次の舞台は東西アリーナツアー。5月26・27日に昨年オープンしたばかりの武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで、6月9・10日のCDデビュー記念日に神戸ワールド記念ホールで行われる4公演は既に全て完売と、6人の決意と覚悟は超特急のスピードをさらに加速させている。去り際に「これからも俺たちは笑顔で咲き続けます!」とタカシが告げたように、きっと2018年の超特急も大輪の花を咲かせてくれるだろう。

photo by 米山三郎 / 深野輝美
text by 清水素子

シングル「a kind of love」

発売中



ZXRC-1139/¥1,111+税
<収録曲>
M-1「a kind of love」 
M-2「Party Maker」 
M-3「Feel the light」

『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING「Sweetest Battle field」』

5月26日(土) 武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
5月27日(日) 武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
6月09日(土) 神戸ワールド記念ホール
6月10日(日) 神戸ワールド記念ホール

*全公演チケット即完*



【関連リンク】
超特急、チャレンジ満載のFCツアーイベントが終幕
超特急まとめ
桑田佳祐、『がらくたライブ』発売でソロ30周年企画“ROUND30”が完結

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

桑田佳祐、『がらくたライブ』発売でソロ30周年企画“ROUND30”が完結
Thu, 05 Apr 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ライヴ映像作品と映画が同梱されるという前代未聞の初回限定盤で注目を集めている桑田佳祐の映像作品『がらくたライブ』が4月4日に発売となった。そして、桑田佳祐ソロ30周年イヤーとして精力的な活動をした2017年の中でとりわけ注目を集めた、スペシャルサイト“ROUND30”が同日完結! 最後の項目は「ついに完結!桑田佳祐の挑戦はまだまだ続く!今年の意気込みを述べる」で、桑田が2018年の意気込みを述べた動画がサイト内で公開された。

2017年に4月、桑田佳祐ソロ30周年イヤーの本格始動を告げると共に公開となった“ROUND30”は所信表明とも取れる、桑田が30周年イヤーに際して全力投球する全30項目の内容が順次公開されていくというスペシャルサイト。次から次へとめまぐるしく進んだ桑田佳祐の活動を、時には何かの発表前に一足早く、時にはプライベートな内容を遊び心溢れる写真や動画とともにお届けし、“次の情報は何だ?”“いつ公開される?”とファンが期待に胸を膨らませて楽しめる内容が満載で、メディアでも取り上げられるなど話題を呼んでいた。

そんな“ROUND30”が、このたび公開された30番目の項目をもってついに完結! 桑田佳祐ソロ30周年イヤーの完走と、次なる挑戦へと始まりを告げた。ぜひチェックしてみよう!

■KUWATA KEISUKE 2017 SPECIAL SITE “ROUND30”
http://special.sas-fan.net/special/kuwata2017/

Blu-ray & DVD『がらくたライブ』

2018年4月4日より発売中



【Blu-ray 初回限定盤】(『がらくたライブ』+映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』+KUWATA KEISUKE 2017 BOOK)
VIZL-1900/¥9,800+税
【DVD 初回限定盤】(『がらくたライブ』+映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』+KUWATA KEISUKE 2017 BOOK)
VIZL-1901/¥9,800+税
完全生産限定 “ソロ30年目の衝動”メモリアルパッケージ
※三方背BOX仕様
【Blu-ray 通常盤】
VIXL-1000/¥6,800+税
【DVD 通常盤】
VIBL-1500〜1/¥6,800+税
<収録曲>
・しゃアない節
・男達の挽歌(エレジー)
・MY LITTLE HOMETOWN
・愛のプレリュード
・愛のささくれ〜Nobody loves me
・大河の一滴
・簪 / かんざし
・百万本の赤い薔薇
・あなたの夢を見ています
・サイテーのワル
・古の風吹く杜
・悲しみよこんにちは
・Dear Boys
・東京
・Yin Yang(イヤン)
・君への手紙
・若い広場
・ほととぎす [杜鵑草]
・過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)
・オアシスと果樹園
・悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
・波乗りジョニー
・ヨシ子さん
・スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)
・銀河の星屑
・白い恋人達
・祭りのあと
・明日晴れるかな
-BONUS-
・ダーリン
・明日へのマーチ
・ひよっこ 紅白特別編
・若い広場 (Live at YOKOHAMA ARENA -2017.12.31-)




【関連リンク】
桑田佳祐、『がらくたライブ』発売でソロ30周年企画“ROUND30”が完結
桑田佳祐まとめ
スターダスト☆レビュー、コロムビア移籍でシングルとアルバム連続発売

【関連アーティスト】
桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ワンマン, 映画

スターダスト☆レビュー、コロムビア移籍でシングルとアルバム連続発売
Thu, 05 Apr 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スターダスト☆レビューが日本コロムビアと契約し、その移籍第一弾としてニューシングル、ニューアルバムを連続リリースすることが発表された。

ニューシングルはダブルA面作品となる「世界はいつも夜明け前/You\'re My Love」、ニューアルバムはタイトル未定。5月30日発売のニューシングルは「おぼろづき」以来3年振り、56枚目となる作品だ。

1曲目 「世界はいつも夜明け前」は、 ベッキーが主演で話題のBSジャパンで4月3日(火)スタートのドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』の主題歌であり、根本要の真骨頂とも言うべき唯一無二の躍動感溢れるヴォーカルと、情熱的な泣きのギターが印象的な、ドラマを盛り上げる楽曲。

2曲目の 「You\'re My Love」は、東海テレビ開局60周年応援ソング。どこかトレンディードラマ的な懐かしさを感じさせ、新たな出会いを予感させる、春らしい温かな楽曲に仕上がった。

3曲目はモンキーズ、そして日本人にとっては忌野清志郎(THE TIMERS)の歌声の方が馴染みのある「Daydream Believer」のアカペラカバーで、今作では贅沢にも日本語と英語をミックスした歌詞で歌っている。

シングル初回限定盤には、2017年2月2日に豊洲PITで開催された熊本地震復興支援チャリティーライヴ『No Ballads 120分』よりセレクトした特典DVDが付く。こちらは全10曲を予定。

そして、6月27日には『SHOUT』以来約4年振りとなるオリジナルアルバム(タイトル未定)をリリース。先行シングルの他にも、軽快なロックンロールナンバー や80\'Sナンバーなど、バラエティーに富んだ全10曲が楽しめる。サウンドプロデューサーには佐橋佳幸を起用。彼がすべてのアレンジを手掛けている。なお、アルバム初回限定盤は 貴重なアルバムレコーディングドキュメント映像などを収めた特典DVD付きとなる。

シングル、アルバムの発売後は7月7日(土)より宜野湾市海浜公園 屋外劇場を皮切りに、全国野外ツアー『楽園音楽祭2018』 がスタートする。

■【根本要 コメント】

―「世界はいつも夜明け前」に寄せて―
「BSジャパン 火曜ドラマ「くノ一忍法帖 蛍火」の音楽のお話を頂いた時に真っ先に浮かんだのは「迷い」という言葉でした。使命の中で生きる彼女達は、絶えず自分の正義と戦っていたはず。
そんな「迷い」の中でも行動しなくてはいけない彼女達の思いを夜明け前に例えました。
「明けない夜はない」の言葉通り、どんなに悩んでも必ず明日は来る。どんなに辛くても必ず明ける時が来る。
答えを見つけるために前を向こうとする曲です。
今の時代に正解を見つけるのは難しいのかも知れません。
それでも、「この先に必ず何かがあるんだ」というパワーを感じてもらえたらと思います」

―東海テレビ60周年に寄せて―
「東海テレビ60周年おめでとうございます。
僕たちスターダスト☆レビューは、デビューした1981年からずっとテレビやラジオの番組、そして主催イベントに呼んで頂いています。
今回この60周年応援ソングのお話を頂いた時に、「東海テレビと街との繋がり」をテーマに曲を創りたいと思いました。
例えば、名古屋を離れていた人がふっと街に戻ってきた時に、テレビをつけたらいつもの顔が見えたり、街を歩きながら、或いは車の中で、ラジオから馴染みのある声が聴こえてきた時に、改めて自分の故郷を確認するような気がします。
そんな風に街に自然とあり、そして街を豊かに育ててくれる放送局と、そこで笑顔で暮らす人たち。
このふたつの関係を、大切な人を思う気持ちに例えて歌にしてみました。
40年近くこの街で演奏している僕らの、この街への愛情も感じてもらえると思います。
この曲がこの街で暮らす人の笑顔を少しでも増やせたら幸せです。

東海テレビ60周年本当におめでとうございます。
これからも素敵な音楽と情報を僕らに発信し続けて下さい。
ありがとう」

シングル「世界はいつも夜明け前/You\'re My Love」

2018年5月30日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZA-1454〜5/¥2,593+税
【通常盤】(CDのみ)
COCA-17469/¥1,111+税
<収録曲>
■CD
01.世界はいつも夜明け前
02.You\'re My Love
03.Daydream Believer
04.世界はいつも夜明け前(Instrumental)
05.You\'re My Love(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤のみ
〈熊本地震復興支援チャリティーライヴ『No Ballads 120分』@豊洲PIT 2017.02.02〉
01.Whisky A Go-Go
02.Baby, It\'s You
03.大渋滞
04.少年
05.AVERAGE YELLOW BAND
06.Smiling Face
07.Get Up My Soul
08.RUNNING
09.電光石火で引き分け主義
10.道〜The Song For Us〜
※当日の演奏曲より10曲をセレクトして収録予定。曲順未定。

アルバム『タイトル未定』

2018年6月27日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1456〜7/¥3,611+税
【通常盤】(CDのみ)
COCP-40399/¥2,870+税
<収録曲>
■CD
01.世界はいつも夜明け前
02.You\'re My Love
他 全10曲予定(曲順未定)
■DVD ※初回限定盤のみ
アルバムレコーディング ドキュメント映像(約50分予定)

『楽園音楽祭2018』

7月07日(土) 沖縄 宜野湾市海浜公園 屋外劇場
7月14日(土) 長崎 稲佐山公園野外ステージ
7月21日(土) 香川 さぬき市野外音楽広場テアトロン
7月28日(土) 山梨 河口湖ステラシアター 野外音楽堂
8月11日(土) 東京 日比谷野外大音楽堂
8月25日(土) 富山 太閤山ランド 野外劇場
8月26日(土) 富山 太閤山ランド 野外劇場
9月02日(日) 鳥取 とっとり花回廊・野外ステージ広場
9月29日(土) 大阪 大阪城音楽堂
10月06日(土) 山形 天童市わくわくランド 野外ステージ
10月08日(月) 愛知 モリコロパーク【愛・地球博記念公園】



【関連リンク】
スターダスト☆レビュー、コロムビア移籍でシングルとアルバム連続発売
スターダスト・レビューまとめ
Czecho No Republic、リリースツアー2マン編で緑黄色社会と対バン

【関連アーティスト】
スターダスト・レビュー
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, CD, DVD, シングル, アルバム, 発表, 名曲, 新曲, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン, TVドラマ, 主題歌

Czecho No Republic、リリースツアー2マン編で緑黄色社会と対バン
Thu, 05 Apr 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月14日に発売したメジャー5枚目となるアルバム『旅に出る準備』を引っさげたCzecho No Republicのリリースツアー『5人になって5周年!5×5=25 TOUR〜「旅に出る準備」リリース 2マン編〜』。その共演アーティスト第2弾が発表となった。

4月11日より開催する『5人になって5周年!5×5=25 TOUR「旅に出る準備」リリース ワンマン編&2マン編』と銘打ったリリース記念ツアーは、全国10か所で開催。4月はワンマン編として、名古屋CLUB QUATTRO、仙台CLUB JUNK BOX、梅田CLUB QUATTRO、福岡BEAT STATION、渋谷TSUTAYA O- EAST(ワンマン編ファイナル) の計5か所を回る。

5月〜6月は札幌KRAPS HALL、広島SECOUND CRUTCH、高松DIME、新潟RIVERST、浜松FORCEの計5か所を回る2マン編を開催。このたび新たに高松、広島公演に緑黄色社会の出演が発表された。

なお、札幌にはThe Floor、新潟にはアンテナ、浜松にはSaucy Dogの出演が決定している。チケットは好評発売中!

『5人になって5周年!5×5=25 TOUR 〜「旅に出る準備」リリース 2マン編〜』

5月18日(金) 北海道 札幌 KRAPS HALL 
w/ The Floor
5月26日(土) 広島 SECOND CRUTCH 
w/ 緑黄色社会
5月27日(日) 香川 高松 DIME 
w/ 緑黄色社会
6月07日(木) 新潟 CLUB RIVERST 
w/ アンテナ
6月09日(土) 静岡 浜松 FORCE 
w/ Saucy Dog

『5人になって5周年!5×5=25 TOUR 〜「旅に出る準備」リリース ワンマン編〜』

4月11日(水) 愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
4月18日(水) 宮城 仙台 CLUB JUNK BOX
4月20日(金) 大阪 梅田 CLUB QUATTRO
4月21日(土) 福岡 BEAT STATION
4月25日(水) 東京 渋谷 TSUTAYA O-EAST(ワンマン編ファイナル)

アルバム『旅に出る準備』

2018年3月14日より発売中



COCP-40282/¥2,800+税
<収録曲>
1.LALALA 
2.テレパシー
3.好奇心 
4.愛を 
5.Spring 
6.ザナドゥ 
7.タイムトラベリング
8.チキンレース 
9.シュガーボーイ 
10.静かな海 
11.旅に出る準備



【関連リンク】
Czecho No Republic、リリースツアー2マン編で緑黄色社会と対バン
Czecho No Republicまとめ
緑黄色社会まとめ

【関連アーティスト】
Czecho No Republic, 緑黄色社会
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売, ライブ, ツアー, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1