歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年04月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
奥田民生“カンタンカンタビレ”、YO-KINGとの「キタクドライブ」配信
Wed, 04 Apr 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

奥田民生がレーベル公式YouTubeチャンネルで公開中のプロジェクト“カンタンカンタビレ”。通算15曲目の今回、ゲストに“東京都北区”出身のYO-KING(真心ブラザーズ)を迎えてレコーディングを行なっていた「キタクドライブ」が完成し、4月4日に曲名を「キタクドライブ driving with YO-KING」として配信がスタートした。

この「〜ドライブ」シリーズの曲は、もともとは奥田がcharへ提供した「トキオドライブ」が原曲で、この“カンタンカンタビレ”プロジェクトで奥田自身がセルフカバーしていた。その後、盟友である栃木県出身の浜崎貴司と「トキオドライブ」の栃木弁バージョンとして「トチギドライブ」を作っており、今回はその続編となっている。「キタクドライブ」は江戸言葉的な言い回し、いわゆる東京弁を随所に用いた歌詞で、2人の気の置けない関係がよくわかる、そしてコントさながらの掛け合いが愉快な1曲に仕上がった。

奥田民生は4月14日(土)より全国ツアー『MTRY TOUR 2018』をスタートさせる。連続配信は今後も不定期に続いていくとのことで、またの再開を楽しみに待とう!

配信楽曲「キタクドライブ driving with YO-KING」

2018年4月4日配信開始



¥250(税込)

■配信はこちらから(iTunes、レコチョク、moraなど)
https://lnk.to/g11cgWN



【関連リンク】
奥田民生“カンタンカンタビレ”、YO-KINGとの「キタクドライブ」配信
奥田民生まとめ
YO-KINGまとめ
フジファブリック、『フジフレンドパーク2018』の大阪公演にスガ シカオの出演が決定

【関連アーティスト】
奥田民生, YO-KING
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

フジファブリック、『フジフレンドパーク2018』の大阪公演にスガ シカオの出演が決定
Wed, 04 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックが毎年恒例としている自主企画2マンライヴ『フジフレンドパーク』の6月29日(金)大阪・Zepp Osaka Bayside公演での対バン相手がスガ シカオであることが明らかとなった。

節目となる5年目を迎える2018年は6月22日(金)に東京・LIQUIDROOM、6月29日(金)に大阪・Zepp Osaka Bayside、7月6日(金)に愛知・Zepp Nagoya、7月13日(金)に東京・Zepp DiverCity TOKYO、7月14日(土)に東京・Zepp DiverCity TOKYOと、過去最大の計5公演の開催となる。7月13日(金)Zepp DiverCity TOKYO公演のゲストとして竹原ピストルを第1弾に発表し、残りの対バンへの期待も高まる中、2組目として今回のスガ シカオが発表となった。

フジファブリックとスガ シカオは、2015年9月26日(土)に開催された『浜崎貴司GACHI 高野山開創1200年記念スペシャル』で山内総一郎(Vo&Gu)がスガと弾き語りで一緒に出演したことをきっかけに、関係性がスタート。音楽を奏でる先輩としてリスペクトしているフジファブリック側からの熱烈なアプローチにより、今回の『フジフレンドパーク』でバンドとして念願の初共演を果たす形となった。その他の公演の対バン相手は後日発表。なお、このタイミングで5公演全てを対象としたオフィシャルHP先行もスタートしている。

『フジファブリック 2マンツアー“フジフレンドパーク 2018”』

6月22日(金) 東京 LIQUIDROOM
6月29日(金) 大阪 Zepp Osaka Bayside(w/ スガ シカオ)
7月06日(金) 愛知 Zepp Nagoya
7月13日(金) 東京 Zepp DiverCity TOKYO(w/ 竹原ピストル)
7月14日(土) 東京 Zepp DiverCity TOKYO

チケット料金:¥5,400(税込)+1Drink代別途
一般発売日:2018年5月19日(土)

■オフィシャルHP先行
受付期間:2018年4月16日(月)23:00まで
http://www.getticket.jp/g?t=88w52xx



【関連リンク】
フジファブリック、『フジフレンドパーク2018』の大阪公演にスガ シカオの出演が決定
フジファブリックまとめ
スガ シカオまとめ
奥田民生、Theピーズ、the pillows、YO-KINGが結集!短期間でロックへの敬愛を詰め込んだ『O.P.KING』

【関連アーティスト】
フジファブリック, スガ シカオ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, シンガーソング・ライター, 発表, ライブ, チケット, 夏フェス

奥田民生、Theピーズ、the pillows、YO-KINGが結集!短期間でロックへの敬愛を詰め込んだ『O.P.KING』
Wed, 04 Apr 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今週は、奥田民生、大木温之(Theピーズ)、佐藤シンイチロウ(the pillows、Theピーズ)、YO-KING(真心ブラザーズ)の4人による、好事家にはたまらないコラボレーションであったO.P.KINGを取り上げる。2003年の夏限定という短命のバンド(?)だったが、その刹那に放ったR&Rはこの4人ならではの見事な結晶であった。2008年に日本テレビのCMで復活、さらには2014年のYO-KINGと奥田民生との合同ライヴでも復活と、2003年以降、わずか2回再結成しているが、今年は結成15周年。そろそろ、もうまたやってもいい頃のような気もするが…どうでしょうか、みなさん?

■ロックアーティストのコラボ

フィーチャリングを含めて、普段は活動をともにすることがないアーティスト同士のコラボレーションというのは、見聞きしてるこちらにも燃えるものがある(時に萌えるものもある)。ヒップホップではもはや定番化していると言っていいので、若い世代にとっては、コラボレーションは当たり前くらいの認識なのかもしれないが、MTV世代、USA for Africaによる「We Are The World」の直撃世代辺りには格別な想いがあるのではなかろうか。「We Are The World」での、Michael Jackson、Lionel Richie、Stevie Wonder、Cyndi Lauper、Bruce Springsteen、Ray Charles、Daryl Hall & John Oates、Bob Dylanら、米国を代表するスーパースターたちが大挙して登場し、ヴォーカルを回して、印象的なサビを合唱する様子は多くの人を興奮させた。それに倣ったかたちであろう。

日本でも2011年、東日本大震災の復興支援として、サザンオールスターズ、福山雅治、ポルノグラフィティ、Perfumeらが参加した“チーム・アミューズ!!”による「Let\'s try again」が制作されているし、それ以前の1997年1月には小室哲哉が自身がプロデュースや楽曲を手掛けたアーティスト達に賛同を求めて、“TK presents こねっと”名義で「YOU ARE THE ONE」を発売している。“TK presents こねっと”には小室哲哉自身はもちろんのこと、氏も参加しているバンド、ユニットであるTMN、globe、H Jungle with t、さらには安室奈美恵、trf、hitomi、華原朋美らが参加している。

ロックシーンでも例を挙げていけば枚挙に暇がなく、東京スカパラダイスオーケストラ辺りのフィーチャリング、コラボは相当数に及ぶし、最近で言えば、斉藤和義、スガシカオ、トータス松本、大槻ケンヂら1966年生まれのアーティストが集った“ROOTS66”は豪華なコラボだ。それぞれに思い入れの楽曲やユニットがあるだろうが、そんなコラボの例として、ここではO.P.KINGを取り上げてみたい。

■一夜限りがその夏限定に延期

O.P.KING は2003年、当初は一夜限りの予定で結成されたバンドである。メンバーは奥田民生、大木温之(Theピーズ)、佐藤シンイチロウ(the pillows、Theピーズ)、YO-KING(真心ブラザーズ)の4人。奥田の“O”、the pillowsとTheピーズの“P”、そしてYO-KINGの“KING”で“O.P.KING”。B. B. Kingをもじったのだろうが、バンド名がいかにも適当で、本当に一夜限りのバンドであったことがうかがえる。だが、そのライヴがメンバーの想像を超える反響だったため、その年の夏限定で活動を続けることとなる。しかも、その夏にChuck Berryの来日公演でオープニングアクトを務めたのだから、Chuck Berry本人、もしくはそのスタッフがO.P.KINGなるバンド名にブルース魂を喚起させられたからかもしれない。…まぁ、それは冗談にしても、このメンバーであるからして、音楽ファンからの反響が大きかったのは十分に想像できる。

ここまで止まることなく活動を続けている奥田民生とthe pillowsはもとより、YO-KINGは2001年に真心ブラザーズの活動を休止して、その翌年にアルバム『愛とロックンロール』を発表してソロ活動に弾みを付けたところだし、1997年に活動休止していたTheピーズはO.P.KING結成の前年である2002年に佐藤を正式ドラマーに迎えて活動再開したばかり。まさに熱々の4ピースが揃って音を出したのだから、盛り上がらないわけがない。一夜限りのライヴを観た人が延命を望むのは当然だし、観れなかった人なら尚更のことだ。

■メンバー全員が均等に楽曲へ参加

フロントの弦楽器3人がヴォーカルを務めている上、それぞれが各々のバンドではメインコンポーザーなのだからして、期間限定にしろ、誰がメインヴォーカルをやるのか、あるいは誰が作曲をするのか──揉めないまでも、傍からは調整が大変そうだなと思ってしまうが、その辺は当時ですらオーバー30のベテランロッカーのこと。さすがに民主主義。アルバム『O.P.KING』は全8曲収録で、O.P.KING名義が2曲、カバーが3曲、そして3人それぞれの作詞作曲が3曲ずつと、誰が突出することなく、きちんとバランスを取っている。とてもピースフルだ。O.P.KING名義のM1「O.P.KINGのテーマ」とM8「通り過ぎる夏」にしても、M1はキャッチー、M8はメロディアスだが、コードは少なくて、いい意味で複雑ではなく、シンプルなR&Rの動と静を用意した印象で、誰かひとりの手に委ねられている感じがない(強いて言えば、個人的には前者が民生、後者がYO-KINGっぽいメロディーな気もするが、その辺はリスナーによって感じ方が異なるであろう)。注目なのは歌詞。「O.P.KINGのテーマ」は民生→YO-KING→大木と歌を回していくのだが──。
 《連れだって行こうぜ 気になってきたら/わかちあって行こうぜ かみ合ってきたら/まちがってみようぜ 煮つまってきたら/またがってみようぜ 分かりあってきたら》(民生)。
 《関わりあわなきゃ おもしろくはないだろう/関わりあわなきゃ 何も生まれないだろう/自分があればいい そのままいればいい/自分でいればいい そのままいればいい/どこでも いつでも 誰とでも 何とでも》(YO-KING)。
 《燃えつきとこーぜBaby せっかくだから/遊ばれきろーぜ 人生チャックベリーだから》(大木)。(以上「O.P.KINGのテーマ」)
 …と、それぞれが歌うパートはそれぞれが書いた歌詞と分かる内容なのである。「通り過ぎる夏」も同様で、それぞれ《通り過ぎる夏》というフレーズで締め括っているが、それ以外は全て各人が手掛けている。しかも、こちらは佐藤も歌っている。
 《俺は知らねー/何も聞いてない/夏の記憶も/風に揺れるはっばも/ぼんやりばっかしてるほど/まだ涙は枯れてねーぞ/温泉行きてーなー/海水浴に行きてーなー/来年40》(「通り過ぎる夏」)。
 《俺は知らねー/何も聞いてない》辺りはライヴ感がある作風だし(?)、この人、実はいい声をしていることも分かってとてもいい。

■各コンポーザーの個性も発揮

フロント3人それぞれがコンポーズしたナンバーは、M1「O.P.KINGのテーマ」のあとに連続して配置されている。まず、大木のM2「ミサイル畑で雇われて」。どう聴いてもTheピーズと言える、荒々しいギターリフが鳴り響く骨太なR&Rだ。ベースとほぼユニゾンのギターもとてもカッコ良い。《オレもミサイルで ビビらせてやろーだ/祈りの無力を思い知ればいい/カツアゲだらけなヤンキー世界で/喰いっぱぐれなきゃいーんだ だけだ!》辺りの歌詞から、バンドではあまりお目にかかったことがない政治的なメッセージも感じられるのも、こうしたスペシャルな場だったからであろうか。
 
民生が手掛けたM3「Rock\'N\'Rollが必要だ」はオールドスクールなR&R。即興演奏のようなスタイルで、流石に若々しいし瑞々しい。《ロックンロールに必要な物はスピード/ロックンロールに必要な物はビート/ドラマーとベースグイングインギターギュイーン/安全なテレビよりも全然ファニー/ヘル新聞ヘル雑誌よりもむしろクリーン/ボーカルはいつもOKベイビーイェー》と綴られる歌詞も勢いで書いた感じだが、心なしか、いや、完全に民生のテンションが高くて、そこがいい。

 M4「OVER」はYO-KING節全開。《ひねりつぶしたい あの夏の重い思いは》に始まり、《変わることはない とんぼは秋に飛ぶんだ》〜《ふわふわ舞いおちる ぼたん雪 東京の空》、そして《白とピンクのちょうどあいだくらいの/桜の花びらが歩道の脇にたまってる》〜《悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ》と連ねっていく歌詞は泉谷しげるの「春夏秋冬」のオマージュのようでもある。サウンドは「Twist and Shout」や「Day Tripper」などThe Beatlesへのリスペクトも随所に見られる上、佐藤のコーラスワークがいいことも強調しておきたいところだ。

■ジョン・レノン愛を感じるカバー曲

カバー3曲も見逃せないし、聴き逃せない。実はこのメンバーらしさというか、絆みたいなものが感じられるのはカバー曲だったりする。M5「BAD BOY」はLarry Williamsの1959年の楽曲だが、1965年にThe BeatlesがJohn Lennonのヴォーカルでカバーしたことで有名。The Beatles版はキャピトルレコードが「何でも良いから早くアメリカ用に2曲よこせ」と要請したため、急遽録音されたナンバーだったという逸話があるのだが、O.P.KINGの場合も、一夜限りがその夏限定の活動になったため、おそらくは音源も急きょ制作されたのであろう。だとするなら、そこで「BAD BOY」を持ってきたのは洒落が効いているし、The Beatles好き、John Lennon好きのメンバーならではのチョイスだったと言える。オリジナルのLarry Williams版はブラスやピアノが入っているが、民生が歌うO.P.KING版はバンド演奏のみで、The Beatles版を忠実にカバーしている印象だ。

M6「RIP IT UP〜Ready Teddy」はRichard Pennimanの楽曲で、Elvis Presleyのカバーが有名だが、John Lennonがソロ時代にこの2曲をメドレーでカバーしている。オリジナルはブラス入り、Presley版はピアノ入りだが、John Lennon版はテンポがやや緩やかなものの歯切れは良く、朴訥としながらも全体的にグイグイとドライブしているYO-KINGのヴォーカルは、やはりこちらをお手本としていると思われる。若干こもった感じで割れ気味のサウンドもいい具合だ。

M7「Hippy Hippy Shake」のリードヴォーカルは大木(カバー曲3曲もしっかりと3人それぞれがメインヴォーカルを務めているのだ!)。こちらは、原曲はアメリカのChan Romeroだが、リバプール出身のThe Swinging Blue Jeansのバージョンが有名で、当然The Beatlesもカバーしている。オリジナルはオリジナルで十分にカッコ良いのだが、ややもったりしている感じを、O.P.KING版ではシャープなR&Rに仕上げているのは流石であろう。YO-KINGの煽りもいい具合でライヴ感もある。斯様に、The Beatles、特にJohn Lennonを敬愛するアーティストたちが集い、オリジナルにもカバーにも、ロックアーティストとしての面目躍如を見せつけたのがO.P.KINGなのであった。

TEXT:帆苅智之

アルバム『O.P.KING』

2003年発表作品



<収録曲>
1.O.P.KINGのテーマ
2.ミサイル畑で雇われて
3.Rock\'N\'Rollが必要だ
4.OVER
5.BAD BOY
6.RIP IT UP〜Ready Teddy
7.Hippy Hippy Shake
8.通り過ぎる夏




【関連リンク】
奥田民生、Theピーズ、the pillows、YO-KINGが結集!短期間でロックへの敬愛を詰め込んだ『O.P.KING』
O.P.KINGまとめ
奥田民生まとめ
The ピーズまとめ
the pillowsまとめ

【関連アーティスト】
O.P.KING, 奥田民生, The ピーズ, the pillows, YO-KING, 真心ブラザーズ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!

結成15周年のD、新作「Narrow Escape」試聴開始&ジャケ写解禁
Wed, 04 Apr 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンド結成月の4月を迎えたDが、結成15周年、メジャー10周年記念の『Special Premium Live2018 東名阪ワンマン「Narrow Escape」』を目前に控えて新曲の試聴を開始! さらに、新作のジャケット写真を公開した。

東名阪ワンマンから15周年記念アイテムをリリースすることが決定しており、まず注目したいのは新曲リリースだ。表題曲はDを孤高の船に例え、宇宙をテーマにした壮大な物語が広がる「Narrow Escape」。Dの代表曲のひとつでもある「Night-ship“D”」の世界観に繋がる楽曲となっていて、スピード感あふれるヘヴィなサウンド、ドラマティックな展開、ASAGI(Vo)による確固たる意思を感じさせる歌詞、一聴して心を惹き付ける歌とメロディーと、まさに唯一無二と言える仕上がりに。

そして、カップリングは“宇宙”“ばら星雲”をイメージした「Rosette Nebula」。表題曲とは上下巻のようなかたちとなり、下巻にあたるこちらは力強さ、生きる誇り、そして情熱をも感じさせる楽曲となっている。両曲とも15周年という歴史を刻んできたDの渾身作なので、まずは試聴して公開となったジャケ写をチェックの上、その熱量を感じてほしい。

東名阪ワンマンからはCD「Narrow Escape」、そして2017年に行なわれたD史上初のフリーライヴを収めたライヴDVD『D 14th Anniversary Special Premium “Free” Live 2017.4.23 at Zepp Tokyo』がリリース。2つをセットにした数量限定盤も用意されていて、CDには新曲2曲と同じ世界観で繋がっているDの既存曲がなんと5曲もプラス。さらに、DVDにはスペシャル特典として「Night-ship“D”」のMV、「Narrow Escape」スチール撮影メイキング映像、NYASAGIさんによる旗曲振り付け動画を加えた、充実の内容となっている。

そして、数量限定盤のCD&ライヴDVDと、ライヴグッズとして販売される「Narrow Escape」ツアーパンフレット+15th記念フラッグ+15th記念腕章+15th記念不織布バッグ、さらに15th記念特典がセットになった、スペシャル会場限定セットというアイテムも! こちらは会場物販のみでの販売となるので、足を運んだ際には要チェックだ。また、東名阪ライヴ終演後には物販購入者を対象とした特典会の開催も予定している。詳細はDのオフィシャルHPへ!

■「Narrow Escape」試聴
http://www.d-gcr.com/discography/discography.html

シングル「Narrow Escape」

2018年4月12日発売



【CD+DVD数量限定盤】(CD+2DVD+CDブックレット・DVDブックレット付)
GCR-164/¥10,000(税込)
※数量限定生産、通販未定:確実に入手したい方は会場物販にてご購入ください。
<収録曲>
■CD
Narrow Escape(新曲)
Rosette Nebula(新曲)
Night-ship“D”(2018 Remix)
Fanfare
Bon Voyage!
DEAD ROCK
時空航海記 〜光の彼方へ〜
■DVD(2DISCS)
D 14th Anniversary Special Premium “Free” Live 2017.4.23 at Zepp Tokyo
<スペシャル特典>
Night-ship“D”(MV)
Narrow Escape スチール撮影メイキング映像
NYASAGIさんによる旗曲振り付け動画
・Narrow Escape 編
・Night-ship“D” 編
・Fanfare 編
・Bon Voyage! 編
・DEAD ROCK 編



【CD+DVD数量限定盤】
※DVDジャケット



※数量限定盤スリーフ?ケース



【CD通常盤】(CD+ブックレット付)
GCR-165/¥1,500(税込)
※トレカ7種ランダム封入
※後日通販あり・開始日未定
<収録曲>
Narrow Escape(新曲)
Rosette Nebula(新曲)



【スペシャル会場限定セット】
¥15,000(税込)
こちらの商品は3会場限定販売の特別価格となり、「Narrow Escape」Special Limited Edition CD & DVDと、「Narrow Escape」ツアーパンフレット +15th記念フラッグ + 15th記念腕章 + 15th記念不織布バッグ + 15th記念特典がセットになった、スペシャル会場限定セットになります。
通販なし:会場物販にてご購入ください。

<物販購入者対象特典会有り>
物販を同時ご購入者対象に、東名阪3 公演ライブ終演後、2ショットチェキ撮影 & 握手会開催いたします。
・物販(15周年記念アイテム含む)を?10,000お買い上げ毎に参加券を1枚差し上げます。
・握手は2ショット撮影時、撮影したメンバーとの握手になります。
※「愚かしい竜の夢」グッズ 15th限定セットご購入者対象6ショット撮影の後、2ショットチェキ & 握手会を開始いたします。

アイテム詳細、特典会参加方法や詳細はこちら http://www.d-gcr.com

DVD『D 14th Anniversary Special Premium “Free” Live 2017.4.23 at Zepp Tokyo』

2018年4月12日発売



GCR-166/¥5,000(税込)
※2DISCS(ブックレット付き)
※後日通販あり・開始日未定
<収録曲>
■DISC1
ーOPENING SEー
7th Rose〜Return to Zero〜
7th Rose
闇の国のアリス
闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア
光の庭
名もなき森の夢語り
Night-ship“D”
花摘みの乙女〜Rozova Dolina〜
三角お屋根と哀れな小熊
Vampire Missa
花惑
Lost breath
〜Dr.solo・リズムセッション〜
Desert Warrior
In the name of justice
鬨の声
GOD\'S CHILD
君が見る夢の中
Leukocyte
黒薔薇の騎士
Dark fairy tale
■DISC2
ーENCORE1ー
太陽を葬る日
Wonderland Savior〜太陽と月の歯車〜
Pride
ーENCORE2ー
Dearest you
EDEN
春の宴
ーENDING SEー

【ライブ情報】

■『GOD CHILD RECORDS Presents「SESSION Party vol.10〜11」』
4月29日(日) 東京・高田馬場AREA
4月30日(月) 東京・高田馬場AREA
<出演>
Ruiza、HIDE-ZOU、Tsunehito、HIROKI、他。詳細はOfficial HPをご覧ください。
<チケット>
前売¥4,000 / 当日¥4,500 (税込・オールスタンディング ※D代別) ※3歳以上チケット必要
一般チケット発売中!!!

■『D 結成15周年、メジャー10周年記念 Special Premium Live 高田馬場』
5月01日(火) 東京・高田馬場AREA「Bring it with all your strength!」〜Produced by HIROKI〜
5月02日(水) 東京・高田馬場AREA「激赤」〜Produced by Tsunehito〜
5月03日(木・祝) 東京・高田馬場AREA「I\'ll protect your backs!!」〜Produced by HIDE-ZOU〜
5月04日(金・祝) 東京・高田馬場AREA「K.M.N.S〜今年も皆で猫になって叫ぼうぜぇぇぇ!!」〜Produced by Ruiza〜
5月05日(土・祝) 東京・高田馬場AREA「L\'amour de Vampire IV」〜Produced by ASAGI〜
<チケット>
前売り¥4,200 / 当日¥4,700(税込み・オールスタンディング※D代別)※3歳以上チケット必要
一般チケット発売中!!!



【関連リンク】
結成15周年のD、新作「Narrow Escape」試聴開始&ジャケ写解禁
Dまとめ
くるり、デジタルアルバム『京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園』トレーラー公開

【関連アーティスト】
D
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, CD, DVD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ライブ, ツアー, ワンマン, グッズ

くるり、デジタルアルバム『京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園』トレーラー公開
Wed, 04 Apr 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

京都出身のロックバンド・くるりが2017年に開催した『京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園』がデジタルアルバムとして4月4日(水)にリリースされ、発売に合わせてトレーラー映像が公開された。

『京都音楽博覧会』は2007年の初開催以降、毎年秋に京都・梅小路公園で開かれる、くるり主催のイベント。11回目を数えた2017年は国内外の豪華アーティストが出演し、このイベントのために結成された管弦楽団と名うてのミュージシャンばかりによる特別編成のバンドによって、多くの名曲が演奏される“生”歌謡ショーを行なった。2018年も9月23日(日)に『京都音楽博覧会2018 IN 梅小路公園』の開催が決定しているので、未体験の方はぜひこのアルバムで『音博』の空気を感じてみてほしい。

デジタルアルバム『京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園』

2018年4月4日より配信中



¥2,500(税込)
■ダウンロード先一覧 https://jvcmusic.lnk.to/kyotoonpaku2017

『京都音楽博覧会2018 IN 梅小路公園』

9月23日(日) 京都 梅小路公園芝生広場
(JR・近鉄・地下鉄京都駅より徒歩15分、阪急大宮駅より徒歩25分)
開場10:30 開演12:00(いずれも予定)
雨天決行・荒天中止
出演:くるり 他



【関連リンク】
くるり、デジタルアルバム『京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園』トレーラー公開
くるりまとめ
X JAPAN完全復活をリアタイて?! ライフ?ヒ?ューインク?座席数拡大

【関連アーティスト】
くるり
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブ, 夏フェス, 音楽配信

X JAPAN完全復活をリアタイて?! ライフ?ヒ?ューインク?座席数拡大
Wed, 04 Apr 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月10日(火)11日(水)にZepp DiverCityて?開催される『復活10周年記念 X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS〜YOSHIKI 復活の夜〜』の最終日に、全国の映画館、そして香港・台湾・韓国の劇場で実施される生中継ライブヒ?ューインク?か?、応募殺到のために座席数を拡大してファンクラフ?限定で二次先行受付を開始した。

世界屈指の野外音楽フェス『コーチェラ』の前哨戦として渡米直前に開催される本公演は、YOSHIKIの術後初となるフルステーシ?て?のト?ラム復活の場て?あるとともに、X JAPANの復活から10周年、そしてハ?ント?として実に10年ふ?りのライヴハウス公演という特別な意味を持つステーシ?た?けあって、そのチケットをめく?る競争倍率は凄まし?いものとなっている。

そんな中、今回のライブ・ヒ?ューインク?の追加受付は当日会場に来ることか?叶わない多くのファンからの声に応えるかたちて?決定した。すて?に放送か?発表されているWOWOWて?の生中継と合わせ、絶対に見逃せないこのステーシ?をリアルタイムて?観ることか?て?きるチャンスた?。YOSHIKIのト?ラム復帰、そして“X JAPANの完全復活”の瞬間を一緒に体験しよう!

『復活10周年記念 X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS〜YOSHIKI 復活の夜〜』


4月10日(火) 東京 Zepp DiverCity
4月11日(水) 東京 Zepp DiverCity

<ライフ?・ヒ?ューインク?受付概要>
日時:4月11日(水)19:00開始
会場:日本全国、香港、台湾、韓国の映画館 ※開場時間は映画館によって異なります

・ファンクラフ?二次受付概要
4月3日(火)14:00〜 ファンクラフ?二次先行受付中(先着受付)
■国内上映に関する詳細はこちら http://liveviewing.jp/xjapan2018/
■海外上映の関する詳細はこちら http://liveviewing.jp/xjapan2018-eng/



【関連リンク】
X JAPAN完全復活をリアタイて?! ライフ?ヒ?ューインク?座席数拡大
X JAPANまとめ
YOSHIKIまとめ
BABYMETALがアメコミに! 完全オリジナルストーリーで描かれるグラフィックノベル発売決定

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, バンド, 発表, ライブ, ワンマン, チケット

BABYMETALがアメコミに! 完全オリジナルストーリーで描かれるグラフィックノベル発売決定
Wed, 04 Apr 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BABYMETALが題材となった完全オリジナルストーリーで描かれるグラフィックノベル『APOCRYPHA: THE LEGEND OF BABYMETAL』が、音楽関連のグラフィックノベルを出版して高い評価を得ているアメリカのインディペンデント出版社「Z2コミックス」から10月に発売されることが決定した。本作はBABYMETALを題材として描かれたアメリカンコミックで、イラストレーターのGMB Chomichukがグラフィックを手がける。

最新情報は「Z2コミックス」およびBABYMETALのSNSやオフィシャルサイトで随時公開され、オンラインショップ アスマート、アマゾンなどで4月4日(水)からプレオーダーが開始となる。また通常カバー版に加え、日本ではオンラインショップ アスマート、アメリカではBarnes & Noble、Books-A-Million、Kinokuniya USAより、それぞれデザインの異なる限定スペシャルカバー版の発売が予定されている。デザインは後日発表とのことなのでお楽しみに! また、通常版と限定スペシャルカバー版は表紙のみデザインが異なり、内容は同じものとなる。

グラフィックノベル『APOCRYPHA: THE LEGEND OF BABYMETAL』

2018年10月発売



¥3,000+税

■通常カバー版、スペシャルカバー版 A!SMART Ver.の購入URL
・アスマート https://www.asmart.jp/
・BABYMETAL SHOP https://www.asmart.jp/babymetal



【関連リンク】
BABYMETALがアメコミに! 完全オリジナルストーリーで描かれるグラフィックノベル発売決定
BABYMETALまとめ
ゆず、GReeeeNとコラボした新曲「イコール」で“しあわせ”描く

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, ユニット, グループ, 発表, リリース, 発売, メタル

ゆず、GReeeeNとコラボした新曲「イコール」で“しあわせ”描く
Wed, 04 Apr 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずの新曲「イコール」のMVが公開となり、同曲が人気ヴォーカルグループであるGReeeeNとの共作曲ということも明かされた。「イコール」は4月4日(水)にリリースされた、ゆず2年3ヶ月ぶりのニューアルバム『BIG YELL』に収録のミディアムポップチューン。制作の始まりは以前に北川悠仁が知人を通じてGReeeeNのメンバーと出会い、音楽談義で意気投合。“いつか共に楽曲制作ができたら”という想いをお互いが持っていたところ、ある日GReeeeNのメンバーから楽曲の欠片が北川に送られ、そのメロディーに惹かれた北川は“この曲を形にしてみよう”と共作へ着手した。過去に「イロトリドリ」「タッタ」などでGReeeeNのプロデューサー、JINとの共作はあったが、グループとしての共作は今回が初めてとなる。

そして、発表と合わせて本楽曲のリリックムービーを公開! とある穏やかな街並みを舞台に2人の若い男女が惹かれ合い恋に落ち、寄り添いながら生涯を共に歩んでいく姿を映し出したドキュメンタリー映像となっている。大切な人を想い、いつまでも手を繋いで歩いていけること=しあわせ、という歌詞の世界観が描かれているので、ぜひチェックしてほしい。

アルバム『BIG YELL』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SNCC-86932/¥3,500+税
【通常盤】(CDのみ)
SNCC-86933/¥2,850+税



【関連リンク】
ゆず、GReeeeNとコラボした新曲「イコール」で“しあわせ”描く
ゆずまとめ
GReeeeNまとめ
ベリーグッドマン、メンバーの今までとこれからが詰まった「Hello」MVを公開

【関連アーティスト】
ゆず, GReeeeN
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, グループ, コラボ, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, フォーク

ベリーグッドマン、メンバーの今までとこれからが詰まった「Hello」MVを公開
Wed, 04 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ベリーグッドマンが4月3日にCDに先駆けデジタル配信したニューアルバム『SING SING SING 6』がiTunesリアルタイムアルバムランキングで1位を獲得! さらに、それよりも先に先行配信されていた「in what rain」と「Hello」の2曲も配信タイミングでLINE MUSICデイリーランキング1位を獲得し、これで通算5作目の1位成し遂げた。

そして、アルバム発売日の4月4日にリード楽曲の「Hello」のミュージックビデオが解禁された。今回のミュージックビデオは楽曲のテーマでもある“どんなに辛くても、馬鹿にされても、諦めずに夢を持って行動し続ければ必ず新しい明日(未来)は来る"というメッセージを、ベリーグッドマン自身になぞらえ、地元・大阪でデビュー前から彼らが使用している地元のカフェや、レコーディングを行っている<スタジオ303>にて日常の彼らの生活を再現。初のワンマンライヴを行った大阪のライヴハウス<DROP>や<なんばHatch>、そして今年1月に行われた<中野サンプラザ>のライヴ映像なども差し込まれ、地元大阪で音楽を作りながらも、夢に向かって徐々に大きいステージでのライブを実現し続けている彼らの姿をリアルに収めたベリーグッドマンの今までとこれからが詰まっている。さらに、ラストは彼らが常にツアータイトルに掲げ続けている「てっぺんとるぞ」の“てっぺん“にかけ、日本一高いビル<あべのハルカス>のヘリポートで撮影。大阪の"てっぺん“(=あべのハルカス)から夢の"てっぺん“(=大阪城ホール)を見つめる彼らの決意が強く読み取れるシーンで締めくくられている。

また、6月20日には昨年末から今年の頭にかけて行われた初のホールツアーのファイナル公演である中野サンプラザでのライブを収めたDVD『"てっぺんとるぞ宣言"ツアー2017-2018〜超好感男と貴方〜 @中野サンプラザ』の発売が決定! スーパーデラックス盤・デラックス盤・通常盤の3 形態で、スーパーデラックス盤とデラックス盤には「ありがとう〜旅立ちの声〜」から「Hello」までのMVを収録した2DISC仕様。さらに、スーパーデラックス盤は豪華フォトブックと、ツアーでも人気を博したグッズのこの特典のみのオリジナル・カラー版“集合写真で逆さにならないタオル -スペシャル・カラー・エディション-"が封入されており、こちらは完全受注生産限定商品となっているのでファンには予約必須アイテムとなっている。

アルバム『SING SING SING 6』

発売中



【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7403/¥3,780(税込)
<収録曲>
■CD
1. Intro 〜シックス?〜
2.Hello
3.Musicplication
4.Chill Spot
5.in what rain
6.Sixth Sense
7.世界中のどんなラブソングよりも feat.erica
8.友達の歌
9.Remember
10.とにかくこの瞬間だけは合唱したくて
■DVD
ベリー・アコースティック・ライブ Vol.2
ハイライト・One Love・ずっと・You



【通常盤】(CD)
UPCH-2156/¥2,500(税込)
<収録曲>
1. Intro 〜シックス?〜
2.Hello
3.Musicplication
4.Chill Spot
5.in what rain
6.Sixth Sense
7.世界中のどんなラブソングよりも feat.erica
8.友達の歌
9.Remember
10.とにかくこの瞬間だけは合唱したくて

DVD『"てっぺんとるぞ宣言"ツアー2017-2018〜超好感男と貴方〜 @中野サンプラザ』

2018年6月20日発売



【通常盤】(DVD)
¥4,000(税抜)
【デラックス盤】(2DVD)
¥6,000(税抜)
【スーパー・デラックス盤】
※2DVD + 40Pフォトブック + 集合写真で逆さにならないタオル -スペシャル・カラー・エディション-
¥9,000(税抜)
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売 完全受注生産限定商品
<収録予定内容>
■DISC 1 ※全形態共通 収録DISC
・"てっぺんとるぞ宣言"ツアー2017-2018〜超好感男と貴方〜 @ 中野サンプラザ
Future
まずはそこから -Berry Mix-
Brand New World
Color
ベリーグッド
ライトスタンド
One Love
大切なもの
Anniversary
はじまりの恋
ベリー・アコースティック・メドレー (コンパス 〜 B.G.M 〜 バイバイ 〜 Walkin\' 〜 ミクロコスモス 〜 You & Me 〜おかん〜yet〜)
ずっと
とにかくこの瞬間だけはアイドルになりたくて
飲みニケーション
Trip
TTS
ハイライト
You
Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly
Mornin\'
ライオン
Good Time
■DISC 2  ※デラックス盤 / スーパー・デラックス盤 共通収録DISC
・『ベリー・ミュージック・ビデオ 2016-2018』
ありがとう〜旅立ちの声〜
ありがとう〜旅立ちの声〜 feat. 阿佐ヶ谷姉妹 with 千葉県立幕張総合高校合唱団
Eye to Eye
はじまりの恋
さくら
ライトスタンド feat. 大阪桐蔭高等学校吹奏楽部
Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly
ハイライト feat. ROCK KIDS 802
大切なもの
とにかくこの瞬間だけはアイドルになりたくて
世界中のどんなラブソングよりも feat. erica
Hello
・特典映像
ありがとう〜旅立ちの声〜 (ミュージック・ビデオ・メイキング映像)
はじまりの恋 (ミュージック・ビデオ・メイキング映像)
Hello (ミュージック・ビデオ・メイキング映像)
・スマキュン?ムービー「先生に恋した夏」-上映Ver.-


『ベリーグッドマン"てっぺんとるぞ宣言"ツアー2018 〜超好感男の出陣』

5月03日(木・祝)  Zepp Osaka Bayside
5月06日(日)  福岡DRUM LOGOS
5月07日(月)  福岡DRUM LOGOS
5月12日(土)  神戸Harbor Studio
5月13日(日)  BLUE LIVE広島
5月18日(金)  松阪M\'AXA
5月19日(土)  岐阜club-G
5月24日(木)  宮崎WEATHER KING
5月26日(土)  鹿児島CAPARVO HALL
5月27日(日)  鹿児島CAPARVO HALL
5月31日(木)  Zepp Nagoya
6月02日(土)  LiveHouse浜松窓枠
6月09日(土)  高松オリーブホール
6月10日(日)  岡山CRAZY MAMA KINGDOM
6月15日(金)  長崎DRUM Be-7
6月16日(土)  熊本B.9 V1
6月20日(水)  滋賀U-STONE
6月21日(木)  京都MUSE
6月23日(土)  和歌山シェルター
6月29日(金)  仙台Rensa
7月01日(日)  札幌ペニーレーン24
7月07日(土)  金沢Eight Hall
7月08日(日)  長野CLUB JUNK BOX
7月12日(木)  水戸ライトハウス
7月13日(金)  HEAVEN\'S ROCK 宇都宮VJ-2
7月15日(日)  高崎club FLEEZ
7月22日(日)  Zepp DiverCity Tokyo



【関連リンク】
ベリーグッドマン、メンバーの今までとこれからが詰まった「Hello」MVを公開
ベリーグッドマンまとめ
Absolute area、ツアーファイナルが大盛況

【関連アーティスト】
ベリーグッドマン
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, CD, DVD, アルバム, 発売

Absolute area、ツアーファイナルが大盛況
Wed, 04 Apr 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今話題の19歳バンドのAbsolute areaが3月30日、EP「あなたへ/ミライゾウ」のリリースツアーの最終公演を下北沢CLUB251にて開催した。

1年ぶりのワンマンとなったこの日は、彼らのこの1年の成長を実感する1日となった。昨夏の『未確認フェスティバル2017』ファイナル出場という実績からも分かるように、彼らはこの1年で「噂の高校生バンド」から「本格派3ピースバンド」への脱皮を見事に果たした。Twitterのフォロワーは5500人を超え、ツアーファイナルには200人超を動員するほどの成長ぶり。そして、当日のライブではアコースティック2ピース、いつもの3ピース、Keyを加えた4ピースまで多彩な17曲を披露し、10代を中心としたオーディエンスに素敵な思い出と未来像をプレゼント。その豊かな才能を見せつけた。

シングル「あなたへ / ミライゾウ」

発売中



¥700+Tax
<収録曲>
01. あなたへ
02. ミライゾウ


【ライブ情報】

4月04日(水) 立川BABEL
4月07日(土) 下北沢SHELTER
4月08日(日) 府中flight
4月11日(水) 代々木Zher the ZOO YOYOGI
4月12日(木) 横浜F.A.D
4月14日(土) 渋谷CLUB CRAWL
4月17日(火) 渋谷TSUTAYA O- crest



【関連リンク】
Absolute area、ツアーファイナルが大盛況
Absolute areaまとめ
Official髭男dism、月9ドラマ主題歌制作ドキュメント映像公開&謎のスペシャルサイトオープン

【関連アーティスト】
Absolute area
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

Official髭男dism、月9ドラマ主題歌制作ドキュメント映像公開&謎のスペシャルサイトオープン
Wed, 04 Apr 2018 07:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“ヒゲダン”こと4人組ピアノPOPバンド・Official髭男dismが、フジテレビ系“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』(4月9日スタート、毎週月曜21:00※初回30分拡大)主題歌「ノーダウト」が完成するまでを密着したドキュメンタリー映像をYouTubeにて公開した。この映像はドラマサイドから制作オファーを受けてから幾度となくデモ楽曲の提出を繰り返し、いよいよ完成するまでの数日間を密着したドキュメント映像となっている。

同時に4月4日に謎のカウントダウンが行われている『Official髭男dismスペシャルサイト』も公開。このスペシャルサイトではOfficial髭男dismのロゴマークと「#髭男」のハッシュタグ、カウントダウンの数字が表示されている。何が発表されるのか、ファンならずとも注目しておこう。サイト上にはSNSシェアボタンも併設されており、#髭男をシェア出来るようになっている。ファンは是非チェックして楽しみにしておこう。

月9主題歌となる「ノーダウト」も収録される、4月11日発売のニューアルバム『エスカパレード』。その発売日前日となる4月10日に、渋谷モディ1F店頭プラザにて『ニューアルバム「エスカパレード」発売記念スペシャルフリーライブ』が開催され、ライブ後には観覧無料のフリーライブとなり当日CD販売コーナーでの購入者対象でサイン会も実施される予定だ。

■Official髭男dismスペシャルサイト
http://higedan.siteinfo.jp/

ニューアルバム『エスカパレード』発売記念スペシャルフリーライブ

4月10日(火) 19:00〜 東京・渋谷モディ1F 店頭プラザ(渋谷区神南1丁目21-3)
<料金>
観覧無料
※観覧はフリーですが観覧スペースは限られており、通路などでは立ち止まって観ることはできません。17:30より観覧スペースにご案内予定です。
<購入者対象サイン会>
・イベント当日、イベント会場にて下記対象CDをお買い上げのお客さまにCD1枚につき「サイン会参加券」を1枚お渡しいたします。
・サイン会参加券をお持ちのお客様はライブ終了後のサイン会にご参加いただけます。
・サインはお買い上げいただいたCDのジャケットにさせて頂きます。
・サイン会は参加列が途切れ次第終了とさせていただきます。

◎CD販売について
対象CD:当日CD販売コーナーにて販売されるOfficial髭男dism全タイトルが対象。
販売時間:17:00〜
販売場所:渋谷モディ1F POP UPショップ
※2018年4月11日発売『エスカパレード』法人別店舗特典「オリジナルステッカー」は、なくなり次第終了となります。

※イベント注意事項等はこちら:http://higedan.com/live/

アルバム『エスカパレード』

2018年4月11日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
LACD-0292/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
01.115万キロのフィルム
02.ノーダウト
03.ESCAPADE
04.LADY
05.たかがアイラブユー
06.されど日々は
07.可能性 (prod.Masayoshi Iimori)
08.Tell Me Baby
09.Second LINE
10.Driver
11.相思相愛
12.ブラザーズ
13.発明家
■LIVE DVD『Official髭男dism one-man tour 2017 -winter- LIVE DVD』
- selected from 2017.12.08 マイナビBLITZ赤坂 -
01.恋の前ならえ
02.ブラザーズ
03.夕暮れ沿い
04.LADY
05.Tell Me Baby
06.日曜日のラブレター
07.コーヒーとシロップ
08.異端なスター
09.SWEET TWEET
10.Rolling



【通常盤】(CD)
LACD-0293/¥2,800+税
<収録曲>
01.115万キロのフィルム
02.ノーダウト
03.ESCAPADE
04.LADY
05.たかがアイラブユー
06.されど日々は
07.可能性 (prod.Masayoshi Iimori)
08.Tell Me Baby
09.Second LINE
10.Driver
11.相思相愛
12.ブラザーズ
13.発明家



【関連リンク】
Official髭男dism、月9ドラマ主題歌制作ドキュメント映像公開&謎のスペシャルサイトオープン
Official髭男dismまとめ
WOMCADOLE、MV「馬鹿なくせして」は登場人物全員馬鹿!?

【関連アーティスト】
Official髭男dism
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, TVドラマ, 主題歌

WOMCADOLE、MV「馬鹿なくせして」は登場人物全員馬鹿!?
Wed, 04 Apr 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WOMCADOLEが3月21日にリリースした1stフルアルバム『今宵零時、その方角へ』より「馬鹿なくせして」のMVを公開した。同アルバムの最後となる13曲目に収録された「馬鹿なくせして」は、何度も「馬鹿」を絶唱し、ライブでは決まった尺がなくアドリブにより完結するフールバラード。今作のMVを手がけた秋路ヒラクは、WOMCADOLEと同じく滋賀在住のロックバンドtheULTRALEAのフロントマンであり、自身のバンドさながらにグロさと儚さが絶妙なバランスで同居する映像に仕上がっている。

MVは男性2名、女性1名からなるドラマで構成され、男役にはWOMCADOLEの樋口侑希と、ディレクションを務めた秋路ヒラクが出演。WOMCADOLEの他メンバー3名もバンドマンとして出演し、ドキュメンタリーとドラマ要素が交錯する内容となっている。

WOMCADOLEは3月21日に初のフルアルバム『今宵零時、その方角へ』をリリースし、リリースツアー「己の心に吠えろよツアー」の初日地元滋賀・B-FLAT公演を終えたばかり。ツアーは7月3日東京・LIQUIDROOMまで開催される。チケットは一般発売中だ。

■【コメント】

■WOMCADOLE 樋口侑希
第十三夜
馬鹿

ねぇごめんね。
私もうくたびれた。
枕元に零れるのはゲロの味がする言葉達でした。
いつから涙は流れる事を忘れたのでしょうか。

いっそのこと私は私を噛み殺したい。
楽になりたい。
クシャクシャに丸めてゴミ箱に捨ててやりたい。出てくるのはいつも考えだけです。
そんな勇気も失くしてしまいました。

何をやっても上手くいかない
何をやっても上手くいかない

生きていたいから生きている。ではない私。
死にたくないから生きている。こっちが私。

私にはくたびれたぐらいが丁度いいんだね人生。
それでもいいよね人生。

馬鹿なくせして本当にごめんね。

■theULTRALEA 秋路ヒラク
「全員主役、全員馬鹿。」
傷は治してこそ価値が生まれるのだと知りました。
そして、「治る」と「治す」の途方も無い意の違いも。
誰も悪くない、誰も救えないこの三人の物語は、僕の中にもずっと生き続けていきます。

アルバム『今宵零時、その方角へ』

発売中



UNCR-06/¥2,700(税込)
<収録曲>
1.月
2.リム
3.絶望を撃て
4.夜の向こうで
5.アオキハルへ
6.夜明け前に
7.MayDay
8.頂戴
9.今夜君と
10.雨上がり
11.独白
12.21g
13.馬鹿なくせして


『己の心に吠えろよツアー』

(終了分割愛)
4月13日(金) 広島SECOND CRUTCH
w)KAKASHI、Slimcat、the equal lights
4月15日(日) 山口周南LIVE rise SHUNAN
w)KAKASHI、Slimcat、うたたねアンディ
4月27日(金) 神奈川横浜F.A.D.
w)KAKASHI、BAN\'S ENCOUNTER、あいくれ
4月28日(土) 静岡UMBER
w)MAGIC OF LiFE、テスラは泣かない。+1BAND
5月05日(土) 宮城仙台enn2nd
w)Halo at 四畳半 ※2マン公演
5月25日(金) 香川高松DIME
w)LOCAL CONNECT、アルコサイト
5月26日(土) 福岡天神graf
※ワンマン公演
5月27日(日) 大分CLUB SPOT
w)LOCAL CONNECT、アルコサイト
6月09日(土) 大阪心斎橋Music Club JANUS
※ワンマン公演
6月14日(木) 石川金沢vanvanV4
w)TO BE ANNOUNCED
6月24日(日) 愛知名古屋APOLLO BASE
※ワンマン公演
6月29日(金) 群馬高崎CLUB FLEEZ
w)TO BE ANNOUNCED
7月03日(火) 東京恵比寿LIQUID ROOM
※ワンマン公演



【関連リンク】
WOMCADOLE、MV「馬鹿なくせして」は登場人物全員馬鹿!?
WOMCADOLEまとめ
超特急がコスメブランドと初コラボ!エテュセのアイブローアイテムを発売

【関連アーティスト】
WOMCADOLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム

超特急がコスメブランドと初コラボ!エテュセのアイブローアイテムを発売
Wed, 04 Apr 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急メンバーがはじめてのことにトライする人気連載『Virgin Express』。今月の“Virgin”はコスメブランドとのコラボレーションする。ペンシルの描きやすさとパウダーのナチュラル感が1本で叶うことでロングセラーのエテュセのアイブローアイテムをNYLONプロデュースにより、今回はじめて超特急とコラボレーションが実現! 彼らにとってもコスメブランドとの初タッグとなる。

ムービーではメンバー全員が感情のないアンドロイドを演じるSFチックなストーリーで印象的な目もとをアピール。幻想的で無機質な世界の中、心を射るほどのピュアな目線に多くのガールズが魅了されるはず! そして、眉は顔の印象の8割を決めるといわれるほどとても重要なパーツ。コラボアイテムのテーマ『MIND YOUR BROWS』は「眉を意識していて欲しい」という彼らからの愛を感じるメッセージ。超特急コラボアイテムでトレンドのアイブローにアップデートしよう!

各メンバーの眉色に合わせて、オリーブブラウン(カイ、リョウガ、タカシ)とナチュラルブラウン(タクヤ、ユーキ、ユースケ)の2色展開。5月10日(木)より全国のロフト店舗・ロフトネットストアで数量限定で発売予定だ。

本ムービーは全国のロフト一部店頭でも期間限定で配信予定。今後もNYLON JAPAN はファッション・ビューティをテーマに、 他媒体では見ないIT GIRL&BOY たちの魅力に迫りつつ、斬新な視点から企画・構成するコンテンツをムービー中心に展開していく。

■コラボ商品の詳細
http://nylon.jp/ettusais

■【超特急 コメント】

■カイ(2号車)
「コラボしたアイブローで自分の眉毛も綺麗に描いてもらえて凛々しい目もとになったと思います」
■リョウガ(3号車)
「『アンドロイド』がテーマということで、超特急『Star Gear』のMVでロボットになりきって撮影した時のことを思い出しました」
■タクヤ(4号車)
「近未来な感じがムービーからも伝わってきて、また新しい超特急を披露できたんじゃないかと思います」
■ユーキ(5号車)
「初の濡れ場ということで(笑)。かなり刺激的な撮影でした。NYLON でしかできない攻め具合だったと思います」
■ユースケ(6号車)
「思わず瞬きしちゃったりして“アンドロイド感” を表現するのに苦戦しました。試行錯誤を重ねて、最終的には完璧に演じられたかな!?」
■タカシ(7号車)
「撮影時のヘアスタイルやライティングとかそういうのも全て引っくるめていつもと違った自分が目の前にいたなって感じがしました」



【関連リンク】
超特急がコスメブランドと初コラボ!エテュセのアイブローアイテムを発売
超特急まとめ
X-RAY、デビュー35周年記念の豪華10枚組ボックス・セット発売決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボ

X-RAY、デビュー35周年記念の豪華10枚組ボックス・セット発売決定
Wed, 04 Apr 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1983年にアルバム『摩天〜HARD SECTION』でデビューしたジャパニーズ・ヘヴィー・メタル・バンドX-RAY。当時若干17歳の天才ギタリスト湯浅晋を中心に藤本朗(VOCAL)、臼井OZMA孝文(BASS)、高橋ROGER和久(DRUMS)というメンバーでメジャーデビューを果たし、今年2018年がデビュー35周年の節目となる。それを記念しメンバー監修の豪華10枚組ボックス・セットが6月20日(水)に発売されることが決定した。

収録内容はオリジナル・アルバム及びepなど正規発売された音源を全て収録。更には解散ライブの模様を収めたライブ・アルバム、完全未発表音源やライブ・テイクを集めたCD&DVDという豪華な内容だ。オリジナル・アルバムは限りなく当時のアナログを再現した紙ジャケット仕様となっており、メンバー監修によるリマスタリング、SHM-CD仕様となる。

特筆すべきは未発表音源の内容だ。この中には1st.アルバム『摩天-Hard Section』に収録された「COME ON」「DARK NIGHT」の初期デモ・テイク、「SINGING AWAY」「BLOODY LOVE」の1984年小倉イン&アウトでのライブ・テイク、1985年新潟Woodyでのライブで披露された、正規レコーディングされていないインストゥルメンタル作品、解散ライブのゲネプロ時のリアリティー溢れる音源、そしてこちらも正規には発売されていない幻の楽曲「THROUGH THE NIGHT」のデモなど、ファンにとっては垂涎モノの内容となる。

また、デビュー35周年記念全国ツアーも決定した。残念ながら湯浅晋はツアーには不参加となるが、代役としてEARTH SHAKERのSHARAこと石原慎一郎の参加が決定! 非常に大きなサプライズだ。

デビュー35周年記念コンプリートBOX 『X-RAY 35th ANNIVERSARY COMPLETE BOX〜完全制覇〜』

2018年6月20日発売



TECS-12736/¥12,000+税
<収録予定内容>
■DISC-1
『魔天〜HARD SECTION』2018リマスタリング・SHM-CD
■DISC-2
『伝統破壊-Tradition Breaker』2018リマスタリング・SHM-CD
■DISC-3
『OUTSIDER』2018リマスタリング・SHM-CD
■DISC-4
『Shout!〜白夜の叫び』2018リマスタリング・SHM-CD
■DISC-5
『Strike Back』2018リマスタリング・SHM-CD
■DISC-6
『First & Final』(予定)
■DISC-7
『愛のヒーロー』『HUMAN DOG』『GRAND METAL (X-RAY PART)』 2018リマスタリング・SHM-CD
※12インチシングル等アルバム未収録の音源集
■DISC-8
『未発表ライブ』DVD ※世界初発売
■DISC-9
『未発表音源集』※世界初発売SHM-CD
■DISC-10
『未発表音源集』※世界初発売SHM-CD



『X-RAY 35th ANNIVERSARY TOUR』 

8月01日(水) 仙台enn 2nd
8月07日(火) 新潟Golden Pigs
8月08日(水) 金沢GOLD CREEK
8月10日(金) 浜松 窓枠
8月11日(土) 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
8月12日(日) 大阪BIG JACK
8月14日(火) 目黒 鹿鳴館
8月31日(金) 函館Club COCOA
9月01日(土) 札幌SUSUKINO810
9月02日(日) 帯広メガストーン



【関連リンク】
X-RAY、デビュー35周年記念の豪華10枚組ボックス・セット発売決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表, メタル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1