歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月28日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
YOSHIKI、プレミアムディナーショー開催決定
Wed, 28 Mar 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

YOSHIKIのプレミアムディナーショー『EVENING WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 4DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL』の開催が決定した。7月13日(金)〜16日(月)まで グランド・ハイアット東京で、4日間連続で行なわれる。飛ぶ鳥を落とす勢いのYOSHIKIが忙しいスケジュールの中で日本に帰国し、目の前に登場する超プレミアムなステージは一見の価値あり! 2014年から始まったディナーショーは毎年先行受付開始と同時に申込みが殺到し、過去4年間全てソールドアウトになっている。超プレミアムなチケットのため、5年目を迎える2018年も争奪戦になることは確実だ。

YOSHIKIのピアノとストリングスによる美しい生演奏を圧倒的至近距離で楽しむことができる本公演は、本人監修の食事やYOSHIKI新作ワインを含めた豪華な手土産に加え、このショーのためにはるばるアメリカからゲストヴォーカリストやオペラ歌手を招くなどYOSHIKIのこだわりが詰まった特別なショーとなっており、YOSHIKIMONOの新作ファッションショーやチャリティーオークションに至っては本人着用の衣装などの超レアアイテム続出で例年大きな盛り上がりを見せている。そして、今回は牧阿佐美バレエ団とのバレエパフォーマンスも追加され、今回も“YOSHIKI流”のアイデアが満載だ。2016年はドラムプレイのサプライズ披露で来場者を驚かせたが、今回は一体何が起こるのだろうか。YOSHIKIは“ついに5年目を迎えることができました。最初は手探りで始めたのですが、こんなに好評になるとは思いませんでした。さらにパワーアップし、今年も開催できる事は嬉しい限りです。皆さん、ぜひ楽しんでください”とコメントしている。

また、3月27日(火)に放送された『YOSHIKI CHANNEL』の放送内で、YOSHIKI自らの口から発表された「UNDERGROUND KINGDOMカード」(YOSHIKI VISA CARD VIP、YOSHIKI VISACARDおよびYoshikitty Master CARD)会員の先行抽選受付も開始! 3月28日(水)15:00からは「YOSHIKI MOBILE」会員、『YOSHIKI Channel』会員メンバーの先行抽選受付が開始となる。

自身にとって“復活”の意味を持つZepp DiverCityでの日本公演、米国で開催される世界最大級の音楽フェス『コーチェラ・フェスティバル』への出演など、YOSHIKIの活動には4月以降も国内外から熱い注目が集まっている。大きな反響を呼んだ年末年始のテレビ出演以降各局からの出演オファーが殺到し、3月30日(金)にはTBS『金スマ波瀾万丈スペシャル』、4月7日(土)には日本テレビ『嵐にしやがれスペシャル』の放送も控えているので、こちらもお楽しみに。

『EVENING WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 4DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL』

日程:7月13日(金)、14日(土)、15日(日)、16日(月)
会場:グランド・ハイアット東京 ボールルーム
時間:OPEN 17:30/DINNER START 18:30/SHOW TIME 20:00(22:00終演予定)
チケット料金:86,400円(税込)

<ディナーショー内容(予定)>
・YOSHIKIのピアノとカルテットによるX JAPANやYOSHIKIのソロの楽曲のライブ演奏に加え、オペラシンガーの来日等もあり。
・YOSHIKIの普段は聞けないスペシャルトーク。
・YOSHIKI監修、フレンチのフルコースディナー。
・YOSHIKI新作ワインを含め素敵なお土産。
・YOSHIKI本人がプロデュースし、まだ一般には公開されていないYOSHIKIMONOファッションショー。
・YOSHIKI私物を購入できるチャリティーオークションの開催。
・限定グッズの販売。
・その場の楽曲リクエストコーナー。
・YOSHIKIと牧阿佐美バレエ団によるバレエ・パフォーマンス。
・スペシャルサプライズあり。



【関連リンク】
YOSHIKI、プレミアムディナーショー開催決定
YOSHIKIまとめ
X JAPANまとめ
RIZE、一日限定『RIZE GALLERY』をJESSEの地元・戸越にオープン

【関連アーティスト】
YOSHIKI, X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, クラシック, テレビ番組, 出演, チケット

RIZE、一日限定『RIZE GALLERY』をJESSEの地元・戸越にオープン
Wed, 28 Mar 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成20周年を迎えたロックバンド・RIZEが、ベストミックスアルバム『ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN』(以下、『ALL TIME BEST』)と武道館公演映像作品『RIZE TOUR 2017 RIZE IS BACK 平成二十九年十二月二十日 日本武道館』(以下『RIZE IS BACK 日本武道館』)を3月28日(水)に同時リリース。これを記念して、一日限定の『RIZE GALLERY』を4月1日(日)にJESSE(Vo)の地元・戸越にオープンすることが決定した。

『RIZE GALLERY』には、2017年12月の日本武道館公演で使用した衣装や機材をはじめとしたゆかりの品々が展示される予定で、入場は無料とのこと。貴重なアイテムを間近で見られる数少ないチャンスなので、ぜひ足を運んでみてほしい。さらに『ALL TIME BEST』と『RIZE IS BACK日本武道館』を同時購入して持参すると、よりスペシャルな特典が待っているとのことなので、こちらも期待したい。

■『RIZE GALLERY』

4月01日(日)13:00〜18:00(最終入場17:30)
会場:戸越銀座銀ちゃん物産シアター スペース内(東京都品川区戸越1-20-9)

<展示内容>
衣装展示(12/20武道館公演着用)、楽器展示(12/20武道館公演使用)、顔ハメパネル(RIZEコミック)、バックドロップなど、RIZE日本武道館公演にゆかりのあるアイテムを展示予定

※入場無料
※『ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN』(ESCL-5046〜7もしくはESCL-5048)と『RIZE TOUR 2017 RIZE IS BACK 平成二十九年十二月二十日 日本武道館』(ESXL-129もしくはESBL-2478〜9)を同時購入して持参するとよりスペシャルな特典が! 特典内容は当日会場にて。商品が購入証明となりますので忘れずにお持ちください。レシート等では特典は受けられません。
※『ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN』『RIZE TOUR 2017 RIZE IS BACK 平成二十九年十二月二十日 日本武道館』は当日RIZE GALLERYでもご購入いただけます。

アルバム『ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN』

2018年3月28日(水)発売



【完全生産限定盤】(CD+カセット)
ESCL-5046〜7/¥3,518+税
※ALL TIME BEST MIX TAPE(CDと同内容収録)付き
※スペシャルスリーブケース仕様

【通常盤】(CD)
ESCL-5048/¥2,778+税

<収録曲>
■CD
01.お客様本位
02.Why I\'m Me
03.Light Your Fire
04.STAND UP
05.ピンクスパイダー
06.ONE SHOT
07.カミナリ
08.Gun Shot
09.日本刀
10.雷図のSHOW TIME
11.KAMI
12.MUSIC
13.LOCAL DEFENSE ORGANIZATION
14.GOTANDA
15.SILVER
16.PARTY HOUSE
17.HAVOC
18.うしろの少年
19.American Hero
20.GHOST
21.Black Fly
22.NAME
23.MUPPET
24.ONE
25.Dream Catcher
26.帰ってきたサンダーボルト
27.wind
28.Good Day
29.JAPONICAN
30.何でもない日の祝い方
31.heiwa

Blu-ray & DVD『RIZE TOUR 2017 RIZE IS BACK 平成二十九年十二月二十日 日本武道館』

2018年3月28日(水)発売



【Blu-ray】
ESXL-129/¥6,481+税
【DVD】
ESBL-2478〜9/¥5,556+税
<収録曲>
■Blu-ray・DVD共通
(1)RIZE TOUR 2017 “RIZE IS BACK” 日本武道館
01.帰ってきたサンダーボルト
02.MUSIC
03.Light Your Fire
04.Good Day
05.NOTORIOUS
06.ONE SHOT
07.ZERO
08.KAMI
09.ピンクスパイダー
10.LAUGH IT OUT (w. 市原隼人)
11.JAPONICAN
12.VIBRATION (w. Def Tech)
13.Break your self (w.ラッパ我リヤ)
14.I CAN\'T LIVE WITHOUT MY RADIO (w. Zeebra)
15.お客様本位〜PROGRESS〜 (w. FIRE BALL)
16.SILVER
17.TKC
18.火事と喧嘩は江戸の華 (w. E.D.O.)
19.missing you (Acoustic)
20.In or out
21.heiwa
22.STAND UP
23.PARTY HOUSE
24.日本刀
25.Gun Shot
26.カミナリ
-ENCORE-
EN1.Get the Mic
EN2.Why I\'m Me
EN3.NAME
(2)“RIZE IS BACK” BACKSTAGE(春季爆雷・秋季爆雷)
(3)Music Video (「Good Day」「TKC」「帰ってきたサンダーボルト」)



【関連リンク】
RIZE、一日限定『RIZE GALLERY』をJESSEの地元・戸越にオープン
RIZEまとめ
YUKI、新曲「チャイム」がNHK『あさイチ』テーマソングに決定

【関連アーティスト】
RIZE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, DVD, アルバム, キャンペーン, 発表, リリース, 発売, ライブ

YUKI、新曲「チャイム」がNHK『あさイチ』テーマソングに決定
Wed, 28 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

YUKIの新曲「チャイム」が、NHK『あさイチ』のテーマソングとなることが決定した。『あさイチ』は2010年よりNHK総合テレビで放送されている朝の情報番組で、4月2日(月)から新年度がスタートするにあたって番組史上初めての試みとなるテーマソングに、YUKIの新曲「チャイム」を起用する。

このことについて、YUKIは“いつも「愛」という手段をもって、見知らぬ人と分かち合う喜びがもっともっと広がってほしいと思い、この歌詞を書きました。この歌の「あなた」は「あさイチ」をご覧の皆さんであり、私の大切な人達のことです。さあ一緒に、胸のチャイムを鳴らしましょう”(一部抜粋)とコメントを寄せている。

■『あさイチ』 公式サイト
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/

■【コメント】

■YUKI
「この度、「あさイチ」のテーマソングを歌うことになりましたYUKIです。大好きな番組なので、とても嬉しく光栄です。毎日の生活の中で一番大切な時間は朝です。朝は頭の回転も良くて、体もとても元気!! 日々を頑張って一生懸命暮らしていく為に、愛する人や守りたい人、物があるということは、とても幸せなことです。たとえ上手くいかない日があったとしてもです。言葉だけではなくて、身体を使って伝え合うことが私には重要で、声なき声を感じたり、助け合ったりできるのだと思っています。いつも「愛」という手段をもって、見知らぬ人と分かち合う喜びがもっともっと広がってほしいと思い、この歌詞を書きました。この歌の「あなた」は「あさイチ」をご覧の皆さんであり、私の大切な人達のことです。さあ一緒に、胸のチャイムを鳴らしましょう」

■NHK『あさイチ』プロダクトマネージャー 渡辺悟
「普段から「あさイチ」を実際に視聴していただいているYUKIさんに、「今の女性の気持ち」を歌にしていただきました。「あさイチ」は、幅広いテーマを取り上げます。ただ、どんな内容であっても、番組は明るく希望がある未来を感じていただけるものにしたい。「あさイチ」初テーマ曲をお願いするにあたり、スタッフからはそんな想いをお伝えしました。『チャイム』でYUKIさんは、スタッフの想い、番組のコンセプト、視聴者の気持ち、それらすべてをびっくりするほど濃縮してくれました。歌詞の一言一言が、女性の気持ちに寄り添う、優しさと希望にあふれているテーマソングです」



【関連リンク】
YUKI、新曲「チャイム」がNHK『あさイチ』テーマソングに決定
YUKIまとめ
sumika、EP『Fiction e.p』の詳細解禁

【関連アーティスト】
YUKI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, 新曲, 発売, ポップス, 主題歌

sumika、EP『Fiction e.p』の詳細解禁
Wed, 28 Mar 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4人組バンドのsumikaが、4月25日(水)にリリースするEP『Fiction e.p』の詳細を発表! 今作はアルバム『Familia』以来約9ヶ月ぶりとなる一枚で、4曲入りのEPとしてリリースされる。初回盤の特典には、2017年10月26日に東京国際フォーラム ホールAで開催された『Familia』ツアーのファイナル公演からフルで7曲をピックアップ、メンバーによるオーディオコメンタリーも収録したDVD『sumika Film #3』が同梱される。

なお、シリーズ累計550万部突破する人気マンガを原作とした、フジテレビ“ノイタミナ”ほかで放送のアニメ『ヲタクに恋は難しい』のオープニングテーマとして起用されたM1収録の「フィクション」は、3月29日(木)にsumikaがコーナーレギュラーを担当するFMヨコハマ『Tresen』や、FM802『ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-』の番組内でいち早くオンエアされる予定なので、お楽しみに!

EP『Fiction e.p』

2018年4月25日発売



【初回盤】(DVD+CD)
SRCL-9756〜7/¥1,900+税
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9758/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.フィクション
02.下弦の月
03.ペルソナ・プロムナード
04.いいのに
■DVD ※初回盤のみ
〈『sumika Film #3』2017.10.26東京国際フォーラム ホールA〉
01.Answer
02.Lovers
03.Summer Vacation
04.まいった
05.ここから見える景色
06.ふっかつのじゅもん
07.アイデンティティ
※メンバーによるオーディオコメンタリー収録

【EP『Fiction e.p』店頭特典】

■下記対象店舗にてお買い上げで『Fiction e.p』オリジナルステッカーをプレゼント!
各チェーンで異なる絵柄が異なりますので絵柄をチェックの上、各店舗でお早めにご予約下さい。
<対象店舗>
・TOWER RECORDS全店(オンライン含む、一部店舗除く):「Fiction e.p」オリジナルステッカー(TOWER ver.)
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TOLショッピング(予約分のみ):「Fiction e.p」オリジナルステッカー(TSUTAYA ver.)
・HMV全店(ローチケHMV含む/一部店舗除く):「Fiction e.p」オリジナルステッカー(HMV ver.)
・その他一般店舗:「Fiction e.p」オリジナルステッカー(一般店舗 ver.)
※その他一般店舗の対象店舗は後日発表させていただきます。

■下記対象店舗にてお買い上げで「ヲタクに恋は難しい×sumika オリジナルクリアファイル」をプレゼント!
絵柄は今回のために描き下ろされた「ヲタ恋」メンバーがsumikaのライブを見ている貴重な絵柄となります!
<対象店舗>
・全国アニメイト(オンラインショップ含む)
・ゲーマーズ全店(一部店舗除く)
・ソフマップ(CD取扱店、及びドットコム)
・とらのあな(一部店舗除く)+通販
・ANIPLEX+
※特典はご予約者優先の「先着特典」となり、数に限りがあります。
一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合がございます。ご予約ご購入の際は、特典の有無を必ず店頭/ECサイトでご確認下さい。

『sumika Live Tour 2018 "Starting Caravan"』

5月08日(火) 神奈川・カルッツかわさき
5月11日(金) 宮城・トークネットホール仙台 大ホール
5月13日(日) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
5月18日(金) 新潟・新潟県民会館 大ホール
5月26日(土) 広島・上野学園ホール
5月30日(水) 香川・サンポートホール高松 大ホール
6月01日(金) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
6月08日(金) 福岡・福岡市民会館 大ホール
6月10日(日) 石川・本多の森ホール
6月22日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
6月23日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
6月30日(土) 東京・日本武道館
7月01日(日) 東京・日本武道館
7月14日(土) 京都・ロームシアター京都
7月17日(火) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
7月18日(水) 大阪・フェスティバルホール



【関連リンク】
sumika、EP『Fiction e.p』の詳細解禁
sumikaまとめ
EMPiRE、1stアルバムの先行配信が24時間限定で300円!!

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, EP

EMPiRE、1stアルバムの先行配信が24時間限定で300円!!
Wed, 28 Mar 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WACKとエイベックスの共同プロジェクト、EMPiREが4月11日(水)にカセットテープでリリースする初のフィジカル作品『THE EMPiRE STRiKES START!!』が、4月1日(日)0時よりiTunes Store限定で先行配信されることが分かった。これは、EMPiREオフィシャルTwitterアカウントで公開されたティザー動画で解禁となったもの。しかも、配信初日は24時間限定で300円のスペシャルプライスでアルバム収録全11曲がゲットできるという。

また、この先行配信を記念してEMPiRE初のツイキャス放送も3月31日(土)23:45〜放送される。放送内では、EMPiRE加入が発表された新メンバーのヤヤ・エイトプリンス(仮)およびミチハヤシリオ(仮)に電話を繋ぐコーナーもある予定とのこと。さらに、オフィシャルTwitterで公開されたティザー映像内では、血まみれの包帯と佇むEMPiREメンバーの姿を使用した、アルバムリード曲「Black to the dreamlight」の映像も使用されている。こちらは3月31日(土)20:00にYouTubeでMVが解禁されるとのことなのでお楽しみに!

5月1日(火)には初のワンマンライヴ開催がいきなりマイナビBLITZ赤坂に決定するなど、かつてないスケール感でスタートしたEMPiREだが、3月18日(日)に大阪城音楽堂で開催された『WACK EXiBiTTiON』でYUiNA EMPiREのBiS 2ndへの完全移籍、新メンバー2名の加入が決定するなど、早くも大きなドラマを迎えている。YUiNA EMPiREがEMPiREメンバーとして参加する最初で最後の今作。ぜひチェックしてほしい。

■アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』iTunes Store限定先行配信 ※4月1日(日)0:00〜
https://itunes.apple.com/jp/album/id1358240529?app=itunes&ls=1

アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』

2018年4月11日発売



【初回限定豪華盤(BOX仕様)】(カセット+DVD+50P写真集)
AVTD-93861/B/¥4,800+税
<収録曲>
■A-SiDE
01. FOR EXAMPLE??
02. Buttocks beat! beat!
03. Black to the dreamlight 
04. MAD LOVE
05. Don\'t tell me why
06. TOKYO MOONLiGHT
■B-SiDE
07. EMPiRE is COMiNG
08. デッドバディ
09. LiTTLE BOY
10.コノ世界ノ片隅デ
11.アカルイミライ
■DVD
・LIVE
20171208 WACKのフェス。
at Zepp DiverCity
1.EMPiRE is COMiNG
2.TOKYO MOONLiGHT
3.アカルイミライ
・MUSiC ViDEO
1. アカルイミライ
2. Buttocks beat! beat!
3. Black to the dreamlight
・メンバーによる副音声

※写真集,BOX仕様は初回限定。 
※スマプラ機能により音源/映像ともにお手持ちのデバイスにDL可能です。
※スマプラミュージック https://sp-music.jp/pages/guide



【カセット盤】
AVTD-93862/¥1,500+税
<収録曲>
■A-SiDE
1. FOR EXAMPLE??
2. Buttocks beat! beat!
3. Black to the dreamlight 
4. MAD LOVE
5. Don\'t tell me why
6. TOKYO MOONLiGHT
■B-SiDE
7. EMPiRE is COMiNG
8. デッドバディ
9. LiTTLE BOY
10.コノ世界ノ片隅デ
11.アカルイミライ

※スマプラ機能によりお手持ちのデバイスにDL可能です。

『THE EMPiRE STRiKES START!!』

5月01日(火) 東京・マイナビBLITZ赤坂



【関連リンク】
EMPiRE、1stアルバムの先行配信が24時間限定で300円!!
EMPiREまとめ
NoisyCell、3度目の自主企画を開催決定&7月にフルアルバム発売

【関連アーティスト】
EMPiRE
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ユニット, グループ, ミュージックビデオ, MV, トレーラー, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブ, ワンマン, 音楽配信

NoisyCell、3度目の自主企画を開催決定&7月にフルアルバム発売
Wed, 28 Mar 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日(水)に配信限定シングル「時間飛行」をリリースし、代官山UNITで自主企画ライヴ『LIGHTSHIP CRUISE II』を行なったNoisyCell。そんな彼らが2年ぶりのフルアルバム『Wolves』を7月に発売すること、6月28日(木)に再び代官山UNITで3回目の自主企画を行なうことをアナウンスした。

この日の自主企画『LIGHTSHIP CRUISE II』はゲストにLenny code fictionを招いて行なわれ、リリース日ということもあって、白熱した2マンライヴとなった。NoisyCellは配信シングル「時間飛行」を中心に今のNoisyCellがしっかりと表現できたものとなり、ステージ演出は今までにない特効が飛び出たりと、気合は十分だった。この日の特別企画としてNoisyCellの写真撮影がOKになったり、物販や会場スペースではファンを喜ばせる特典プレゼントなどの企画が行なわれたりと、NoisyCellがこの自主企画を賑やかに、特別なものにしようと企画した気持ちが伝わる空間になっていた。『LIGHTSHIP CRUISE』は2018年を通して行なわれる自主企画で、NoisyCellを1年しっかりと伝えられる場を設けたかったというメンバー発信の企画。次回も様々な企画でファンを喜ばせることは間違いない。7月にリリース予定のアルバム『Wolves』も、今のNoisyCellが配信限定でリリースしている作品の内容ともまた一味違う、新たな彼らを楽しめる作品なりそうだ。

また、配信シングル「時間飛行」がTBS『イベントGO!』のオープニングテーマに抜擢されたことも発表となった。4月の平日深夜はTBSでNoisyCellの楽曲が聴けるので、ぜひチェックを!

■TBS『イベントGO!』
http://www.tbs.co.jp/eventgo/

■『NoisyCell presents LIGHITSHIP CRUISE III』

6月28日(木) 東京・代官山UNIT
<チケット>
¥3,500(税込)
・オフィシャル先行
4月8日(日)23:59まで受付中
http://eplus.jp/nc-lc0628/
※未就学児入場不可、税込、ドリンク代別途必要
※枚数制限:4枚

アルバム『Wolves』

2018年7月発売



品番・価格未定

配信シングル「時間飛行」

2018年3月28日より配信中



¥1,200(税込)
<収録曲>
01.時間飛行
02.Fire
03.We\'ve Known -2018ver.
04.時間飛行(off vocal mix)
05.Fire(off vocal mix)
06.We\'ve Known(off vocal mix)



【関連リンク】
NoisyCell、3度目の自主企画を開催決定&7月にフルアルバム発売
NoisyCellまとめ
SEX MACHINEGUNSが熱き魂を込めた楽曲で“ジャパメタ氷河期”を融解した『SEX MACHINEGUN』

【関連アーティスト】
NoisyCell
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, シングル, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブ, チケット, ライブレポ, レポート, オープニング, 音楽配信

SEX MACHINEGUNSが熱き魂を込めた楽曲で“ジャパメタ氷河期”を融解した『SEX MACHINEGUN』
Wed, 28 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日、SEX MACHINEGUNSのベストアルバム『マシンガンズにしやがれ!!』が発売された。CD初収録曲やライヴテイクなどレア音源を含めて全33曲収録という大ボリュームに作品で、HM/HR好きならファンならずとも必携の作品と言えそうだ。前世紀末、元気のなかったジャパメタ界に颯爽と登場し、シーンの救世主となったと言っていい彼ら。今回は、その偉業を成したデビュー作『SEX MACHINEGUN』を当時の状況と共に考察する。

■一般層に定着しなかった 日本のヘヴィメタ

BABYMETALが東京ドーム公演を実現させ、METALLICAやGUNS N\' ROSESのツアーに同行するに至っては、もはや日本のヘヴィメタルは世界標準であるというか、邦楽の音楽ジャンルのひとつとして市民権を得たと言ってもいいと思う。マキシマム ザ ホルモンもそうだ。ニューメタルと言われる彼らの音楽性は所謂ヘヴィメタルとは若干趣が異なるのかもしれないが、あのヘヴィなギターリフと刺々しいヴォーカルが相まったサウンドがチャート1位を獲得するとは、ある時期を知る者にとっては強烈な時代の変化を感じざるを得ない。隔世の感を覚えるというヤツである。

1980年に入ってLOUDNESS、そしてSHOW-YAや聖飢魔IIら、大衆に分け入ったメタルの先人たちもいたが、LOUDNESSの全米デビューは衝撃的だったものの、それが多くの一般リスナーの知るところだったかというと否であっただろう。SHOW-YAは今思い返すとガールズバンドがHM/HRをやっているとの括りが若干強かった印象があるし、聖飢魔IIはメンバーが悪魔ということで一般的な知名度が高まった一方、ヘヴィメタル専門誌『BURRN!』のディスクレビューで0点と評されたことからすると、メタルファンからは正当に評価されなかったような節もある。

1980年代後半にはX(現:X JAPAN)というモンスターバンドが現れたことでHM/HRサウンドがそれまで届かなかった層にも聴かれたのは間違いないが、それはヘヴィメタルの隆盛ではなく、ビジュアル系というそれまでなかった新種のジャンルを生み出すことにつながっていく。そして、皮肉なことに、そこからVOW WOW、ANTHEM、EARTHSHAKERといった1980年代のメタルシーンを彩ったバンドが次々と解散。一部には、この時期を“ジャパメタの氷河期”と呼ぶ向きもあるという。

■長引くと思われた氷河期を融解

確かに1990年代前半はビーイング勢、中盤は小室ファミリーがシーンを席巻しており、ヘヴィメタルバンドがその間に割り込むことはできなかった。坂本英三(ex. ANTHEM)をヴォーカルに迎えたアニメタルはその後“○○メタル”なる多くのフォロワーを生み出し、唯一気を吐く存在だったと言えるが、企画ものであったことは否定できない。また、X JAPANも1997年9月、TOSHI(現:Toshl)の脱退を理由に解散を発表。その約半年後、1998年5月、HIDEが急逝し、シーン全体に暗い影を落とすこととなった。

だが、しかし──奇しくも時を同じくしてメジャーデビューしたバンド、SEX MACHINEGUNS(以下、MACHINEGUNS)がヘヴィメタルをお茶の間に広めることになる。そこでもまたコアなメタルファンは否定的なスタンスを取ったと言われているが(『BURRN!』のディスクレビューでは“?(評価不能)”と判定されたとか)、前述したような状況下で、日本武道館公演を実現、アルバムをチャートベスト10入りさせたのは十分に称えられていい功績だと思う。1998年から2001年にかけて件のベテランバンドが次々と再結成している。それらに当時のMACHINEGUNSの快進撃の影響がなかったかと言ったら、まるで無縁だったとも言い難いのではなかろうか。

■そのスタイルは高校時代の ANCHANGが考案

後でまた述べるが、MACHINEGUNSの音楽性はジャーマンメタルとスピードメタル、デスメタルといったサウンドに、「みかんのうた」であったり、「桜島」や「ファミレス・ボンバー」であったり、親しみやすいと言えば親しみやすい、ギャグ的と言えばギャグ的な楽しい歌詞が乗ったものだ(決して楽しいだけの内容ではないのだが、その辺も後述する)。この歌詞がメタルファン以外にも注目されたことがMACHINEGUNS成功の大きな要因であり、それはメジャーデビューにあたっての戦略だったと思っていたが、どうもそうではないらしい。2000年に発刊された『セックス マシンガンズ アーティストブック 好き。』が手元にある。その74ページ、ANCHANG(Vo&Gu)の単独インタビュー“安藤弘司、その人生”に興味深い台詞を見つけた。彼が高校時代のバンド活動を振り返って発言したものである。以下、抜粋する。

「僕はやっぱりハードロックがやりたかったんですけど、ベースのやつがパンクみたいなのがやりたいとか言い出して(中略)そのとき初めて作ったのが“お金のうた”っていう曲なんですよね、♪お金! お金! お金! お金! 欲しい! 欲しい! 欲しい! 欲しい!”みたいな(笑)。(中略)僕的には曲の良い悪いは別にして“これはノレないわけがない”って思ってたんですよ」。「(中略)ハードロックをやるやつなんて誰もいなかったんですよ。だから“おもしろかった”とは言われるんですけどそれ以上は何もなくて」
「ブルーハーツとかテレビで観ると飛んでいるわけじゃないですか? みんなカラオケ行ったら“リンダ リンダ”で飛ぶんですよ。(中略)筋肉少女帯でいうと“ボヨヨン・ロック”とか、♪ボヨヨン ボヨヨン ボヨヨン、て“なんだ、こりゃ?”と思いましたからね。で“負けた!”と思って」「“リンダ リンダ”と“ボヨヨン・ロック”には勝てないと思いましたよ。“こんなのやられたら終わりだな”って。(中略)当たり前なんだけど意外と奥が深いから“リンダ リンダ”もあれだけ売れたんだろうなって。“リンダ リンダ〜♪”で“なぜドブネズミなんだよ?”とか気になるじゃないですか? そういうのとか研究し出してしまうんですよ」「ウケを狙おうとしてる自分に気がついたんです」。(原文ママ)

後のMACHINEGUNSにつながるアイディアは高校3年の頃に生まれたもので、しかもそれは単なる受け狙いではなく、意味がなくてはダメなことを気付いたとANCHANGは述懐している。意味は魂と言い換えてもいいかもしれない。『BURRN!』のディスクレビューが“?(評価不能)”と判定されたのは“歌詞が余りにもフザけ過ぎているという判断”からだったらしいが、一見フザけているように見えて、そうではなかったことはこのANCHANGの言葉からも推し量れる。彼がそう考えたのはおそらく1988年から1989年にかけて=バンドブームの渦中に構想は萌芽していたのだ。その考え方、指向はその後、約10年を経て熟成され、“ジャパメタの氷河期”を溶かす春風、あるいは薫風となる。

■ヘヴィメタルを躊躇なく堂々と鳴らす

ここからは肝心の音源、アルバム『SEX MACHINEGUN』について記そう。まずはそのサウンドから。そのほとんどがヘヴィメタルである。ジャーマンメタル、スピードメタル、パワーメタル、スラッシュメタル、さらにはLOUDNESSに代表されるジャパニーズメタル、所謂“ジャパメタ”も取り込んでいる。

しかも、好事家たちが聴いたらニヤリとするようなフレーズが随所にある。METALLICA、HELLOWEEN、SLAYER、MEGADETH、Whitesnake、SKID ROW、LOUDNESS、イングヴェイ・マルムスティーンetc. 思いつくままに挙げても、彼らが影響を受けたであろう先人たちを彷彿させるフレーズを聴くことができる。それらをワンポイントに忍び込ませているのではなく、躊躇することなく出している印象だ。歌メロはキャッチーで、英語であっても分かりやすい言葉を上手く音符に乗せている上に、ハイトーンはあっても所謂デスヴォイスはないので、ヴォーカルのあるパートは万人に親しみやすいものではあると思うが、ギターソロは長くてHM/HRマナー(?)に忠実だし、ツーバスで速いリズムも多々ある。正調なヘヴィメタルである。

唯一デビューシングルでもあるM9「Hanabi-La大回転」がパンク寄りというか、V系寄りの感じはあるが、ツーバスが強調されているアウトロ近くにはメタルバンドの矜持を垣間見れる。M9「Hanabi-La大回転」は、当時V系バンド全盛期の中で居場所を確保するために“V系ヘヴィメタルバンド”を自称せざるを得なかった時期の名残であろうが、シングル曲はアルバム2曲目といった暗黙の了解に反してこれを後半に置いたことにもヘヴィメタルバンドとしてのプライドが感じられる。ミディアムテンポの、まさにヘヴィなサウンドから始まって《Sex Machinegun!》のシャウトからハイスパートに展開するM1「Sex Machinegun」〜ミディアムで重いギターリフ&リズムだが、こちらはドラマチックな楽曲展開のM2「Japan」〜デスメタル調でスリリングなM3「Scorpion Death Rock」と連なっていく。“ジャパメタの氷河期”において、のっけからこんなに堂々とヘヴィメタルを鳴らしたのは天晴れな行為であったと思う。

■ロックが持つべき心の叫びを見事に表現

歌詞は、前述したように、発表された当時は“フザけ過ぎている“と評されたとそうだが、本当にフザけ過ぎているのであろうか? 《ご飯を食べて強くなれ》《味噌汁飲んだら/思い出して》と歌われるM2「Japan」で見せる《愛しい女が眠る街》の沢田研二オマージュ、《エキゾチックな夜に/お前と…OH JAPAN》の郷ひろみリスペクト、また(敢えて説明はしないが)M9「Hanabi-La大回転」というタイトルとその内容などは、確かにおふざけであろうが、度が過ぎているかというとそんなことはないと思う。おそらく本作ではM7「ファミレス・ボンバー」が否定的な矛先の向けられた最右翼であろうが、この味わい深さを理解できないのはもったいないのではないか。

《いらっしゃいませ、何名様ですか?/2名様ですか?お連れさまが後から来る》
《朝から晩まで、あいさつは続く/愛しいあの子は、たぶんもう来ない/たのんでもないのに、コーヒーが来たよ》
《注文の品がまだ来ない まだ まだ まだ来ない/愛しい彼女もまだ来ない まだ まだ まだ来ない》
《ふられちまった ファミレスボンバー ファミレスボンバー/怒りバクハツ/爆弾しかけ/皆殺しだぜー》(M7「ファミレス・ボンバー」)。

来ない彼女を待って朝から晩までファミレスに居座る男の焦燥と悲哀。頼んでもいないコーヒーが注がれるという、無慈悲とも憐みとも受け取れる情景。そして、遂に爆発するルサンチマン。ヘヴィメタルが──いや、ロックが持つべき心の叫びが、時代性を伴ってありありと表現されているではないか。これを評価できないのは、何のコンプレックスを持たずにぬくぬくと育ってきたお坊ちゃんとお嬢ちゃんであろう。何よりも作者のANCHANGが高校生の頃から単なる受け狙いを否定していたのだから、リスナーとしてもその背後にあるメッセージをしっかり受け取った方がいいと思う。アルバム『SEX MACHINEGUN』のオープニングから彼らは下記のように歌っていたのだ。

《おろおろ怯える愚か者/何をためらうのか/全てをさらけ出して/その腕でつかみ取れ》《何も恐れることはない/俺はいつでもここにいる/ダメでもともと やるしかない/おまえの力で掴むんだ》(M1「Sex Machinegun」)。

容赦なく魂だらけの歌詞である。

TEXT:帆苅智之

アルバム『SEX MACHINEGUN』

1998年発表作品



<収録曲>
1.Sex Machinegun
2.Japan
3.Scorpion Death Rock
4.Devil Wing
5.桜島
6.High Speed Samurai
7.ファミレス・ボンバー
8.犬の生活
9.Hanabi-La大回転
10.Burn-愛の炎を燃やせ-



【関連リンク】
SEX MACHINEGUNSが熱き魂を込めた楽曲で“ジャパメタ氷河期”を融解した『SEX MACHINEGUN』
SEX MACHINEGUNSまとめ
リアクション ザ ブッタ、ツアーファイナルで伝えた不屈の意志と新たな決意

【関連アーティスト】
SEX MACHINEGUNS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, メタル

リアクション ザ ブッタ、ツアーファイナルで伝えた不屈の意志と新たな決意
Wed, 28 Mar 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

リアクション ザ ブッタが2017年12月6日にリリースしたミニアルバム『After drama』を携えた全国ツアー「リアクション ザ ブッタ “After drama”Release Tour 2018〜愛を吠える犬って、イタい?〜」のファイナルを3月25日に代官山UNITで開催した。ブッタの地元・埼玉県の西川口Heartsを皮切りに全国6会場をまわり、バンド最大規模のキャパシティに挑戦したこの日のツアーファイナルで、佐々木直人(Vo&Ba)は“もっと大きな景色を見たい”と何度も口にしていた。まだメンバーは若いが、結成が高校時代というブッタのキャリアはすでに10年。決して短くはない時間を積み重ねたいまだからこそ、改めて“聴き手の人生に寄り添うバンドでありたい”という強い決意を掲げた熱い一夜になった。

会場にSEが流れはじめ、佐々木、木田健太郎(Gu)、大野宏二朗(Dr)が楽器をスタンバイすると、ミニアルバム『After drama』でも1曲目に収録されていた「ドラマのあとで」からライブはスタートした。小さな別れの瞬間を綴ったミディアムテンポの楽曲にのせて、ハスキーな佐々木の歌声が優しくメロディをなぞり、会場をじんわりと温めてゆく。そして、“俺たちのライブへようこそ! 東京のみなさん、楽しむ準備はできていますか?”という佐々木の問いかけに大きな歓声が湧き、カラフルな照明のもとで木田のタッピングが炸裂した「仮面」から、大野&佐々木の手数の多いリズム隊が混沌を描いた「仮面」や「Fantastic Chaos」へ。ベースボーカルの佐々木が複雑なメロディーラインを歌いながら、激しくスラップを繰り出すプレイはなかなか真似できるものではない。昂揚感を煽るグルーヴにのせて孤独や痛みにこそ“生きてる実感を得る”と歌う「fall fall fall」や、自分のなかに宿る狂暴性を剥き出しにした「クローン」など、前半はスリーピースながら、確かな演奏力で様々な表情を見せるライブアンセムを次々に投下して、タフなステージを見せつけていった。

“僕らの歌は全世代にも響いてほしいけど、いちばんは同世代、働いている人たちに響いてほしいと思ってます”という佐々木の言葉と共に届けたのは、日々不条理と闘うワーキングマンに捧げたコミカルな曲調の“孤独は最高です!”だった。そこから続く珠玉のラブバラードが素晴らしかった。オレンジ色の温かな光に包まれて、木田がアコースティックギターに持ち替えた「はしゃぐ君を見ていた」、力強いバンドサウンドで聴かせた「君へ」。冒頭で見せたロックで激しい楽曲も彼らの魅力のひとつだが、ボーカル佐々木の泣いているように震える歌声を武器にした、切ない歌もの系の曲こそブッタの真価が発揮される。

中盤のMCは“宏二朗、なんで顔面が傷だらけなの?”という佐々木の言葉にはじまり、ツアーを振り返ったエピソードを語り合うコーナー。広島の打ち上げのあと、べろんべろんに酔っぱらった大野が“俺は広島にロックンロールをやりに来たんじゃ!”と叫んで、タクシーから転げ落ちたという話や、松山のライブバーでゆずの曲をカバーする企画“ゆずナイト”に飛び入り参加した話から、ゆずの「またあえる日まで」の一節を歌ったりと、メンバー同士の和気藹々としたトークで会場を和ませてくれた。

そして、ライブは後半戦へ。“まだ全然知られてない俺たちだけど、見たい景色があります。そこまでみんなを連れていきます!”という佐々木の宣言のあとに届けたのは、「救世主」。“この歌が巡り巡って誰かの人生を救えたら”という願いを込めたポップな楽曲のあと、ライブのクライマックスに向けて、「何度も」や「ヤミクモ」といった、この先も諦めずに進んでいこうというような不屈の意志を込めた曲たちが披露されていった。そんなバンドの生き様に賛同するようにフロアから一斉にこぶしが突き上がると、“別に一体にならなくてもいい! 僕らは一対一の気持ちでやるから”と佐々木。「ヤミクモ」の最後には、スタンドからマイクを奪い取るようにしてステージ際まで歩み出ると、会場いっぱいにウォーウォーという大きなシンガロングを巻き起こして、その場所を幸福感で包み込んでくれた。

最後の1曲を残して、佐々木は“小さい頃から音楽がなかったらって考えると怖いぐらい、音楽に救われてきました”と静かに語りかけた。“俺も同じように、音楽で聴いてくれる人を救いたいと思っています。ひとりでも多くの人の居場所になることが、何よりの僕の存在意義です。その気持ちを込めて歌います”。そう言って届けたラストソングは、“君と生きていたい”という真っすぐな想いを言葉にしたバラード曲「behind」だった。いつも以上にエモーショナルな佐々木のボーカル、その右隣で歌に宿る情熱を何倍にも増幅させるようなギターを奏でる木田、そしてドラムを叩きながらマイクを通さずに熱唱する大野。3人の演奏がひとつの想いのために重なり合うラストソングはあまりにも感動的だった。

アンコールでは、まずメンバー全員がステージ前面に並び、木田はアコースティックギター、大野はカホン、佐々木はベースを弾かずにハンドマイクで歌うという編成で、友人の結婚式のために書いたという新曲「寝癖」を届けた。そして、最後にもまた“いっぱい見たい景色があるんですよ。俺たちは、自分で言うのも何だけど……もっと大きくなるバンドです。それは確信してる。だから絶対に辞めないし、“今日来たんだ”って自慢できるバンドになるから”と、何度目かの決意を口にすると、“あなたの支えになりたい”とストレートに歌うアップテンポな新曲「人として」を届けて、ライブは幕を閉じた。

この日のライブでブッタが伝えたかったことはひとつだった。“この歌が誰かのためになれば”“そのためにもっと大きなバンドになりたい”。本来ブッタはそういう泥臭いことをストレートに言うタイプのバンドではないと思う。だが、おそらく充実した今回のツアーを経て思うことがあったのだろう。初の代官山UNITという大きな舞台で新たな決意を固めたリアクション ザ ブッタは、この場所からまた力強い一歩を踏み出していくはずだ。

text by 秦 理絵
photo by 白石達也

【セットリスト】
01.ドラマのあとで
02.仮面
03.Fantastic Chaos
04.Wonder Rule
05.fall fall fall
06.クローン
07.孤独は最高です!
08.はしゃぐ君を見ていた
09.君へ
10.救世主
11.何度も
12.ヤミクモ
13.リード
14.behind
〈ENCORE〉
01.寝癖(新曲)
02.人として(新曲)



【関連リンク】
リアクション ザ ブッタ、ツアーファイナルで伝えた不屈の意志と新たな決意
リアクション ザ ブッタまとめ
チャットモンチー、アジカン、KANA-BOONなど3月下旬リリースの作品12作を紹介

【関連アーティスト】
リアクション ザ ブッタ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, ライブ, ワンマン, ライブレポ

チャットモンチー、アジカン、KANA-BOONなど3月下旬リリースの作品12作を紹介
Wed, 28 Mar 2018 19:00:00 +0900


フリーマガジンokmusic UP\'s vol.163(3/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、3月下旬リリースの作品12作を紹介!

1.『KBB vol.1』/KANA-BOON
2.『SPRING CAVE e.p.』/Yogee New Waves
3.『ベストカタリスト -Collaboration Best Album-』/SKY-HI
4.『VECTOR』/BLUE ENCOUNT
5.「Take me Follow me /記憶にございません/手をつなぎたいんだ」/YAMA-KAN
6.『Attune / Detune』/MONDO GROSSO
7.『blue signs』/坂口有望
8.『CHATMONCHY Tribute 〜 My CHATMONCHY 〜』/V.A.
9.『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』/ASIAN KUNG-FU GENERATION
10.『魚図鑑』/サカナクション
11.「PAiNT it BLACK」/BiSH
12.『CADAVER / REVADAC』/Unlucky Morpheus

『KBB vol.1』/KANA-BOON

Album 3/14 Release



Ki/oon Music
【初回生産限定盤(DVD付)】
KSCL-3040 〜 1 ¥3,800(税抜)
※どうでもいいオマケ016封入
【通常盤】
KSCL-3042 ¥2,500(税抜)
※どうでもいいオマケ016封入

これまでリリースしたシングル12枚、23曲のカップリング曲から厳選したカップリングベスト。自由度が高く、のびのびした感のある楽曲たち。バンドの多彩さがシングルやアルバムとも違った印象で伝わると同時に、地力や底力の強さが見えてくる。個人的には遊び心のある「夜のマーチ」や「ロックンロールスター」が好き。ドライブ感ある新曲「Flame」、名曲「さくらのうた」のアコースティックverの収録も嬉しい。
TEXT:フジジュン

『SPRING CAVE e.p.』/Yogee New Waves

EP 3/14 Release



BAYON PRODUCTION
/ Colourful Records
【初回限定盤(DVD付)】
VIZL-1315 ¥2,300(税抜)
【通常盤】
VICL-64929 ¥1,500(税抜)

黒いグルーブに加え、70’sニューウェイブに接近した「Bluemin’ Days」、ネオアコ風の「Boyish」、そして話題のトラックメーカー、Sweet Williamによる「RideOn Wave」のリミックスに尖った感性がうかがえる。それがメジャーからの第一弾となる3作目のEPというところが頼もしい。“シティポップの旗手”なんて謳い文句だけじゃ飽き足らない。そんなステートメントにも思える全4曲。初回盤はドキュメンタリーを含むDVDが付く。
TEXT:山口智男

『ベストカタリスト -Collaboration Best Album-』/SKY-HI

Album 3/21 Release



avex trax
【CD+DVD】
AVC1-93847/B ¥5,800(税抜)
※初回生産限定
※mu-moショップ/ AAA Party / AAA mobile専売商品
【CD+Blu-ray】
AVC1-93848/B ¥5,800(税抜)
※初回生産限定
※mu-moショップ/ AAA Party / AAA mobile専売商品
【CD+DVD】
AVCD-93844/B ¥5,500(税抜)
【CD+Blu-ray】
AVCD-93845/B ¥5,500(税抜)
【CD】
AVCD-93846 ¥2,800(税抜)

ユニークなジャケットからインパクト大の今作は、ぼくのりりっくのぼうよみ、MIYAVIなど多数のアーティストとのコラボによってSKY-HIの確かなスキルとパフォーマンスが楽曲に科学反応を起こすベスト盤。このコラボによって日常で感じる悶々とした気持ちとハングリー精神が一致したり、時には衝突しながらヒートアップしていく。言葉巧みなリリックとセクシーな歌声、堂々とした佇まいから感じる精神力が半端じゃない!
TEXT:千々和香苗

『VECTOR』/BLUE ENCOUNT

Album 3/21 Release



Ki/oon Music
【初回生産限定盤(DVD付)】
KSCL-3046 〜 7 ¥3,500(税抜)
※三方背スリーブケース
【通常盤】
KSCL-3048 ¥2,800(税抜)

1年2カ月振りのフルアルバムは全14曲中12曲が新曲。バンドの止まらない勢いを感じる、攻めの曲満載の意欲作。「灯せ」で始まり、瞬間を燃やすライヴ仕様の曲が続く前半。アッパーな曲調に体温が上がると同時に、迷いや不安、憤りといった感情を熱いサウンドとメロディーに乗せて解き放ち、希望に変える田邊駿一(Vo&Gu)の言葉たちが聴くほどに染みてくる。ラストの「こたえ」で綴る本音はあまりに人間臭く、僕の心を震わせた。
TEXT:フジジュン

「Take me Follow me /記憶にございません/手をつなぎたいんだ」/YAMA-KAN

Single 3/21 Release



TOWER RECORDS LABEL
TRJC-1080
¥2,000(税込)
※DVD付

KANと山崎まさよしが初の共同制作を行なった記念碑的一枚。しかも、全ての楽器をふたりで録音した気合いの入れっぷり。注目はやはり、その歌声だろう。ヴォーカルやハーモニーはもちろん、掛け合いも相性抜群で温かい歌メロに酔いしれる。また、アコギ、鍵盤、ホーンなども積極的に導入し、楽曲の空気感を大切にした曲調は人柄がそのまま表れているよう。何度も聴き返したくなる逸品。
TEXT:荒金良介

『Attune / Detune』/MONDO GROSSO

Album 3/21 Release



cutting edge
【CD+Blu-ray】
CTCR-14938/B ¥3,300(税抜)
※初回デジパック仕様
【CD】
CTCR-14939 ¥2,000(税抜) 

世界を超えて響く洗練された都市型グルーブ。その心地良さは時間感覚をも狂わせる。前作『何度でも新しく生まれる』が話題を呼んだが、新作もドラマ『きみが心に棲みついた』の挿入歌「偽りのシンパシー」や満島ひかりを起用しYouTubeで1,000万回以上再生されている「ラビリンス」のインスト、前作で齋藤飛鳥(乃木坂46)が歌った「惑星タントラ」を作家のやくしまるえつこがセルフカバーするなど、今回も魅惑的すぎる。
TEXT:山本弘子

『blue signs』/坂口有望

Album 3/21 Release



EPIC Records Japan
【初回生産限定盤(DVD付)】
ESCL-5034 〜 5 ¥4,000(税込)
※CD、DVDともにプレイパス対応
※三方背スリーブ仕様
※別冊32ページフォトブックレット付属
【通常盤】
ESCL-5036 ¥3,000(税込)
※初回仕様のみプレイパス対応

《もう泣かなくていい》というフレーズでしっとりと始まる、現役女子高生SSWの1stフルアルバム。やさしい歌声から放たれる歌詞には言いたいけど言えなかったことや自問自答、大人になる一歩手前のもどかしい気持ちや淡い恋心が綴られ、今作に詰め込んだ彼女の“今”の中にはこの先もずっと大切なものがたくさん潜んでいた。中でも「16さいのうた-Album Ver.-」では彼女の切実な想いと未来への葛藤に胸が熱くなる。
TEXT:千々和香苗

『CHATMONCHY Tribute 〜 My CHATMONCHY 〜』/V.A.

Album 3/28 Release



Ki/oon Music
KSCL-3099
¥3,200(税抜)
※初回生産限定盤:デジパック仕様

2018年7月の活動“完結”に向けたトリビュート盤。忘れらんねえよのあふれ返る感謝の叫びが胸熱な「ハナノユメ」、CHAIにこそ打って付けのNEOかわいい「Make Up! Make Up! 」、豊かなハーモニーを活かしてフォーキーに仕上げたペペッターズ(一般公募枠)の「こころとあたま」など、どの曲もチャットモンチー愛がすごい。グループ魂による「恋愛スピリッツ」では港カヲルとチャットのふたりが楽しいコント!
TEXT:田山雄士

『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』/ASIAN KUNG-FU GENERATION

Album 3/28 Release



Ki/oon Music
【初回生産限定盤(DVD付)】
KSCL-3050〜1 ¥3,700(税抜)
※二方背ケース仕様
【通常盤】
KSCL-3052 ¥2,800(税抜)

2012年発表の『BEST HIT AKG』以降の楽曲をコンパイルしたベスト盤第二弾。足場をより固め、芯の太い演奏の中で後藤正文(Vo&Gu)の歌声は深みを備えた説得力に磨きをかけている。スケールの大きな曲調が多いのも特徴で、心の奥深くにじわじわ染み込んでくる曲調も実にいい。そして、ラストには新曲「生者のマーチ」が収録されいて、これまた雄大な表情を浮かべた哀愁感に痺れる一曲だ。
TEXT:荒金良介

『魚図鑑』/サカナクション

Album 3/28 Release



Getting Better Records
【完全生産限定プレミアムBOX(3CD+魚大図鑑)】
VIZL-137 ¥7,000(税抜)
【初回生産限定盤A(2CD+魚図鑑+Blu-ray)】
VIZL-1371 ¥5,600(税抜)
【初回生産限定盤B(2CD+魚図鑑+DVD)】
VIZL-1372 ¥4,600(税抜)
【期間限定生産盤(2CD+魚図鑑)】
VICL-64991〜2 ¥3,600(税抜)

「新宝島」「アルクアラウンド」「ミュージック」などサカナクションの代表曲はもちろん、これまでに発表された秀れたナンバー(リマスタリング)がまとめて聴ける初のベスト盤。凝ったアートワーク、楽曲をさまざまな視点から考察&解析したデータが掲載されたブックレット“魚図鑑”などワクワクする仕様。Disc 1が“浅瀬”、Disc2が“中層”、そしてプレミアムBOXのみ同梱のDisc3が“深海”と、魚に例えて選別されているのもらしい。
TEXT:山本弘子

「PAiNT it BLACK」/BiSH

Single 3/28 Release



avex trax
【CD+Blu-ray】 
AVCD-94027/B ¥4,000(税抜)
【CD+DVD】
AVCD-94026/B ¥3,500(税抜)
【CD】
AVCD-94028 ¥1,000(税抜)

人気沸騰中のBiSHが全国ツアー真っ只中にドロップするメジャー3rdシングル。表題曲はTVアニメ『ブラッククローバー』第2クール・オープニング曲に起用され、切迫したエモーションに胸を突き動かされるナンバー。《諦めること諦めて》の歌詞も印象的で、聴く者を背中を力強く押してくれる。カップリング曲「SCHOOLYARD」はポエトリー風のパートを織り込み、起伏豊かな物語性に引き込まれる。
TEXT:荒金良介

『CADAVER / REVADAC』/Unlucky Morpheus

EP 3/28 Release



Canned music
ANKM-0027
¥1,300(税抜)

メタルとサブカルの世界を股にかけ、活躍しているアンキモが結成10周年の記念に相応しいEPをリリースする。「CADAVER」の楽譜を逆から読むと、「REVADAC」になるという2曲にライヴ音源を加えた全3曲を収録。相反する歌詞の世界観を持つ表題2曲の驚きの仕掛けもさることながら、ストロングスタイルの女性ヴォーカルをフィーチャーした様式美メタルの醍醐味を、独自の哲学、美学とともに堪能できる。
TEXT:山口智男



【関連リンク】
チャットモンチー、アジカン、KANA-BOONなど3月下旬リリースの作品12作を紹介
チャットモンチーまとめ
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
KANA-BOONまとめ
Yogee New Wavesまとめ

【関連アーティスト】
チャットモンチー, ASIAN KUNG-FU GENERATION, KANA-BOON, Yogee New Waves, SKY-HI, BLUE ENCOUNT, YAMA-KAN, MONDO GROSSO, 坂口有望, サカナクション, BiSH, Unlucky Morpheus
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, okmusic UP\'s vol.163, レビュー, シングル, アルバム, EP

エルトン・ジョンのカバーアルバムに本人公認で大橋卓弥の参加が決定
Wed, 28 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビューシングルから50周年となるエルトン・ジョンの名曲の数々を、レディー・ガガやエド・シーランら今のシーンを代表するアーティストがカバーしたアルバム『ユア・ソング〜エルトン・ジョン ベスト・ヒッツ・カヴァー』が、4月18日(水)にリリースされる。同作の日本盤のボーナストラックに、スキマスイッチの大橋卓弥による「アイム・スティル・スタンディング」が収録されることが決定した。

「アイム・スティル・スタンディング」は、エルトン・ジョンの1983年のアルバム『トゥ・ロウ・フォー・ゼロ』のシングルで、カナダとスイスのシングルチャートで1位、全英4位、全米12位というヒットとなった楽曲。2017年リリースの『シング - オリジナル・サウンドトラック』の日本盤ボーナストラックとして収録されていたが、このたび『ユア・ソング〜エルトン・ジョン ベスト・ヒッツ・カヴァー』日本盤への収録をエルトン・ジョンが認めたという。大橋は“まさかご本人が認めてくださるなんて本当に光栄です。そして素晴らしいアーティストと並んで僕の歌も収録してもらえるなんて夢のようです。50周年、おめでとうございます!”とコメントしている。

アルバム『ユア・ソング〜エルトン・ジョン ベスト・ヒッツ・カヴァー』

2018年4月18日発売



UICR-1141/¥2,500+税
<収録曲>
01.ユア・ソング(僕の歌は君の歌) / レディー・ガガ
02.ベニーとジェッツ(やつらの演奏は最高) / エルトン・ジョン、P!NK&ロジック
03.幼き恋の日々 / コールドプレイ
04.ブルースはお好き? / アレッシア・カーラ
05.キャンドル・イン・ザ・ウインド(風の中の火のように)(2018ヴァージョン) / エド・シーラン
06.可愛いダンサー(マキシンに捧ぐ) / フローレンス・アンド・ザ・マシーン
07.僕を救ったプリマドンナ / マムフォード&サンズ
08.悲しみのバラード / メアリー・J.ブライジ
09.恋のデュエット / Qティップ feat. デミ・ロヴァート
10.モナ・リザ・アンド・マッド・ハッター / ザ・キラーズ
11.ダニエル / サム・スミス
12.僕の瞳に小さな太陽 / マイリー・サイラス
13.グッバイ・イエロー・ブリック・ロード / クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ
14.アイム・スティル・スタンディング / 大橋卓弥(スキマスイッチ)(日本盤ボーナス・トラック)

■試聴・予約はこちら https://umj.lnk.to/EJRV



【関連リンク】
エルトン・ジョンのカバーアルバムに本人公認で大橋卓弥の参加が決定
Elton Johnまとめ
大橋卓弥まとめ
スキマスイッチまとめ
BO?WY、名盤3枚のハイレゾ配信が決定

【関連アーティスト】
Elton John, 大橋卓弥, スキマスイッチ
【ジャンル】
J-POP, 洋楽, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, ポップス

BO?WY、名盤3枚のハイレゾ配信が決定
Wed, 28 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日(水)午前0時より国内の主要ハイレゾ配信サイトのmora、e-onkyo music、レコチョクなどで、BO?WYの名盤3枚のハイレゾ音源が配信スタートとなった。対象アルバムは『JUST A HERO』『BEAT EMOTION』『PSYCHOPATH』の3枚。マスタリングは全てオノ・セイゲンが担当している。

『JUST A HERO』はオリジナルミックスマスター(1/2インチ)よりマスタリング、4曲目の「PLASTIC OCEAN」のみWAV data(44.1KHz 16bit) よりアップコンバートしてマスタリングとなっている。『BEAT EMOTION』はオリジナルミックスマスター(1/2インチ)よりマスタリング。『PSYCHOPATH』は44.1KHz 16bit(1987年マスター)からアップコンバートしてマスタリングとなる。他ハイレゾの詳細も公開となっているので、気になる方はぜひチェックしてほしい。

アルバム『JUST A HERO』

2017年6月28日より発売中



UPCY-9683/¥2,484(税込)

<ハイレゾ詳細>
Mastered from original half-inch mix master tape.
Playback on STUDER A-80 → 11MHz DSD Recorder(Archive)→ Rockruepel COMP ONE amp → The Dangerous BAX EQ → (ADC)RME Fireface UFX → SEQUOIA 14(192Khz 32bit) → Export to 96KHz 24bit WAV
※Except「PLASTIC OCEAN」Mastered from WAV data(44.1KHz 16bit WAV)
Up convert to 192KHz 32bit(by KORG Audio Gate) → SEQUOIA 14(192Khz 32bit with Sony Sound Restoration Tool) → (DAC) Lavy Quintessence DA N5 → Rockruepel COMP ONE amp → The Dangerous BAX EQ → (ADC) RME Fireface UFX → SEQUOIA 14 (192Khz 32bit) → Export to 96KHz 24bit WAV
オリジナルMIXマスター(1/2インチ)よりマスタリング。
※当時のCD ONLYトラックだった「PLASTIC OCEAN」のみWAV data(44.1KHz 16bit)よりアップコンバートしてマスタリング。

アルバム『BEAT EMOTION』

2017年6月28日より発売中



UPCY-9684/¥2,484(税込)

<ハイレゾ詳細>
Mastered from original half-inch mix master tape.
Playback on STUDER A-80 → 11MHz DSD Recorder(Archive)→ Rockruepel COMP ONE amp → The Dangerous BAX EQ → (ADC)RME Fireface UFX → SEQUOIA 14(192Khz 32bit) → Export to 96KHz 24bit WAV
オリジナルMIXマスター(1/2インチ)よりマスタリング。

アルバム『PSYCHOPATH』

2017年6月28日より発売中



UPCY-9685/¥2,484(税込)

<ハイレゾ詳細>
Mastered from 1987(44.1KHz 16bit)
Up convert to 192KHz 32bit(by KORG Audio Gate) → SEQUOIA 14(192Khz 32bit with Sony Sound Restoration Tool) → (DAC) Lavy Quintessence DA N5 → Rockruepel COMP ONE amp → The Dangerous BAX EQ → (ADC) RME Fireface UFX → SEQUOIA 14(192Khz 32bit) → Export to 96KHz 24bit WAV
44.1KHz 16bit(1987年マスター)からアップコンバートしてマスタリング。



【関連リンク】
BO?WY、名盤3枚のハイレゾ配信が決定
BO?WY まとめ
10-FEET主催イベント『京都大作戦』が待望の映像作品化!

【関連アーティスト】
BO?WY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, 配信, ハイレゾ, 音楽配信

10-FEET主催イベント『京都大作戦』が待望の映像作品化!
Wed, 28 Mar 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

京都在住の3ピースロックバンドである10-FEETの主催イベント『京都大作戦』が、史上初めて映像作品化されることとなった。『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』と題されたこの作品は、Blu-rayで2枚組、DVDで4枚組の特大ボリュームとなる見込みで、2007年から2016年までをドキュメント中心にまとめた「京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜」と、2017年の模様をライヴ中心にまとめた「京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜」で構成される。

Blu-rayもしくはDVDのみの通常盤のほか、京都大作戦のアイコンとも言える舞妓さんの10年分を集約したスペシャルデザインのTシャツ(キッズサイズからXXLまで幅広くサイズ展開!)が付属する完全生産限定盤も用意されるが、販売数に限りがあるので希望サイズのTシャツを確実にゲットしたい方は早期のご予約をおすすめする。また、DVDのみで「京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜」「京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜」それぞれの単独商品もラインナップされるとのこと。

『京都大作戦』は10-FEETがバンド結成10周年を記念して2007年に立ち上げた主催フェスで、初年度は台風の直撃により中止となったが、翌年から回を重ねていき、2017年に10回目を迎えて3日間で開催。最終日は雷雨によって約2時間の中断を余儀なくされるも、わずか1時間でマキシマム ザ ホルモン、ROTTENGRAFFTY、10-FEETが奇跡的にバトンを繋ぎ、3日間を完遂した。そして、2018年も『京都大作戦2018〜去年は雷雨でごめんな祭〜』として7月7日(土)、8日(日)に開催されることがすでに発表されている。『京都大作戦』の映像化はこれまで10-FEETのアルバムやシングルの初回限定盤特典DVDとして一部が収録されたことはあったが、単独の映像作品としてリリースされるのは史上初。絶対にゲットしてほしいアイテムだ。

Blu-ray & DVD『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月13日発売



【完全生産限定盤】(2Blu-ray+Tシャツ(kids130サイズ))
UPXH-29018/¥13,960+税
【完全生産限定盤】(2Blu-ray+Tシャツ(XSサイズ))
UPXH-29019/¥13,960+税
【完全生産限定盤】(2Blu-ray+Tシャツ(Sサイズ))
UPXH-29020/¥13,960+税
【完全生産限定盤】(2Blu-ray+Tシャツ(Mサイズ))
UPXH-29021/¥13,960+税
【完全生産限定盤】(2Blu-ray+Tシャツ(Lサイズ))
UPXH-29022/¥13,960+税
【完全生産限定盤】(2Blu-ray+Tシャツ(XLサイズ))
UPXH-29023/¥13,960+税
【完全生産限定盤】(2Blu-ray+Tシャツ(XXLサイズ))
UPXH-29024/¥13,960+税
【完全生産限定盤】(4DVD+Tシャツ(kids130サイズ))
UPBH-29068/¥11,960+税
【完全生産限定盤】(4DVD+Tシャツ(XSサイズ))
UPBH-29069/¥11,960+税
【完全生産限定盤】(4DVD+Tシャツ(Sサイズ))
UPBH-29070/¥11,960+税
【完全生産限定盤】(4DVD+Tシャツ(Mサイズ))
UPBH-29071/¥11,960+税
【完全生産限定盤】(4DVD+Tシャツ(Lサイズ))
UPBH-29072/¥11,960+税
【完全生産限定盤】(4DVD+Tシャツ(XLサイズ))
UPBH-29073/¥11,960+税
【完全生産限定盤】(4DVD+Tシャツ(XXLサイズ))
UPBH-29074/¥11,960+税
【通常盤】(2Blu-ray)
UPXH-20066〜7/¥11,960+税
【通常盤】(4DVD)
UPBH-20214〜7/¥9,960+税

※Tシャツの希望サイズを確実に入手するためには、2018年4月22日(日)までのご予約を推奨します。

<収録内容>
2007年から2016年までをドキュメント中心にまとめた「京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜」と、2017年の模様をライヴ中心にまとめた「京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜」をコンパイル(詳細は後日発表)

DVD『京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月13日発売



UPBH-20218〜9/¥4,980+税
<収録内容>
2007年から2016年までの『京都大作戦』をドキュメント中心に収録(詳細は後日発表)

DVD『京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月13日発売



UPBH-20220〜1/¥4,980+税
<収録内容>
『京都大作戦2017』の模様をライヴ中心に収録(詳細は後日発表)



【関連リンク】
10-FEET主催イベント『京都大作戦』が待望の映像作品化!
10-FEETまとめ
SILENT SIREN、スマホアクションRPG「メガスマ」とのコラボMVを公開

【関連アーティスト】
10-FEET
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, 特典, パンク, ライブ, 夏フェス

SILENT SIREN、スマホアクションRPG「メガスマ」とのコラボMVを公開
Wed, 28 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SILENT SIRENのアルバム『GIRLS POWER』の収録曲で、現在開催中の全国ライブハウスワンマンツアー『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜』でも披露している「ODOREmotion」のMVを公開した。

同曲は、スマホ向け爽快ぶっとばしアクションRPG「メガスマッシュ(メガスマ)」とのコラボレーションのために書き下ろされた楽曲で、すぅ(Vo&Gu)が自ら打ち合わせに出席し、歌詞の細部にゲームの世界観を表現できるよう最後までこだわって制作されたもの。MVでは「メガスマ」のゲーム映像と、モーショングラフィックを駆使した映像表現を融合。新機軸のMVをぜひチェックしてみてほしい。

■『メガスマッシュ(メガスマ)』公式サイト
https://mega-smash.jp/

アルバム『GIRLS POWER』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29277/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
01.フジヤマディスコ
02.merry-go-round
03.KNiFE
04.Love Balloon
05.パパヤパヤパ
06.ジャストミート
07.AKANE
08.フユメグ
09.さくら咲く青い春
10.Kaleidoscope
11.ODOREmotion
12.さよなら日比谷
+ボーナストラック1曲
■DVD
・フジヤマディスコ(MV)
・AKANE(MV)
・ジャストミート(MV)
〈2017「新世界」ツアーファイナル日本武道館〜奇跡〜 から最速収録〉
フジヤマディスコ
ジャストミート
Kaleidoscope



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-20477/¥2,800+税
<収録曲>
01.フジヤマディスコ
02.merry-go-round
03.KNiFE
04.Love Balloon
05.パパヤパヤパ
06.ジャストミート
07.AKANE
08.フユメグ
09.さくら咲く青い春
10.Kaleidoscope
11.ODOREmotion
12.さよなら日比谷



【関連リンク】
SILENT SIREN、スマホアクションRPG「メガスマ」とのコラボMVを公開
SILENT SIRENまとめ
Mrs. GREEN APPLE、キヨサク(MONGOL800)コラボ曲「はじまり」MV公開

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, コラボ, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, ゲーム

Mrs. GREEN APPLE、キヨサク(MONGOL800)コラボ曲「はじまり」MV公開
Wed, 28 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが4月18日(水)にリリースする3rdアルバム『ENSEMBLE』の収録曲で、MONGOL800のキヨサクがフィーチャリング参加した楽曲「はじまり feat. キヨサク from MONGOL800」のMVが公開された。大森元貴(Vo&Gu)が音楽活動を始めるきっかけとなったのが、実はMONGOL800。大森の実兄が当時聴いていて夢中になり、初めて人前でパフォーマンスをした小学校の謝恩祭では、オリジナル曲に加えてMONGOL800の楽曲をカバーしたという、まさに彼の音楽人生の“はじまり”だ。

大森とキヨサクが共作した楽曲は、まさにMONGOL800節を彷彿とさせる爽快なパンクロックチューン。ミセスのファンには意外に聴こえるかもしれないが、大森とキヨサクのコーラスが爽やかで心地いい仕上がりとなっていて、新学期、新年度の“はじまり”にぴったりな楽曲に仕上がった。今回公開となったMVもぜひチェックしてほしい。

アルバム『ENSEMBLE』

2018年4月18日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29294/ ? 3,500+税
※『ENSEMBLE TOUR』9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場公演先行抽選シリアルナンバー封入
<収録曲>
■CD
1.Love me, Love you(ENSEMBLE Version)
2.PARTY
3.WanteD! WanteD!
4.アウフヘーベン
5.はじまり feat. キヨサク from MONGOL800
6.They are
7.WHOO WHOO WHOO
8.スマイロブドリーマ
9.SPLASH!!!
10.REVERSE
11.Coffee
12.On My MiND(Album Version)
13.どこかで日は昇る(Album Mix)
■DVD
・ENSEMBLE 13 Movies Collection with Member\'s Audio Commentary
・The Making of“PARTY”



【通常盤】(CD)
UPCH-20483/ ¥2,800+税
※『ENSEMBLE TOUR』9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場公演先行抽選シリアルナンバー封入

【アルバム『ENSEMBLE』
早期予約&CD購入者対象特典 】

◎早期予約特典
クリアファイル(A4サイズ)
対象期間:2月22日(木)〜3月25日(日)23:59
※一部お取扱いの無い店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)

◎CD購入者対象特典
■チェーン別オリジナル特典:オリジナルポスター(B3サイズ※515mm×364mm) ※絵柄後日発表
対象チェーン:タワーレコード全店/TSUTAYA RECORDS全店/HMV全店/Amazon.co.jp
※特典は無くなり次第終了となります。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)
■ショップ購入特典:告知ポスター(B2サイズ※728mm×515mm)
※チェーン別オリジナル特典が付く店舗は対象外となります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)
UNIVERSAL MUSIC STORE http://store.universal-music.co.jp/artist/mrsgreenapple/



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、キヨサク(MONGOL800)コラボ曲「はじまり」MV公開
Mrs. GREEN APPLEまとめ
MONGOL800まとめ
石崎ひゅーい、新曲「ピリオド」MVに菅田将暉が出演

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE, MONGOL800
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, コラボ, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, パンク

石崎ひゅーい、新曲「ピリオド」MVに菅田将暉が出演
Wed, 28 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日(水)にリリースとなった石崎ひゅーい初のベストアルバム『Huwie Best』に収録される新曲「ピリオド」のMVに、俳優の菅田将暉が出演していることが分かった。菅田は、かつてより石崎ひゅーいの音楽を聴いており、2016年5月に石崎ひゅーい2ndアルバム『花瓶の花』発売時の音楽雑誌での対談をきっかけに意気投合。今回のMVでは、切ない春の別れを歌った「ピリオド」の世界観の中で失恋した男を演じ、その痛みを表現して号泣する熱演を見せた。

菅田将暉が3月21日(水)にリリースしたのデビューアルバム『PLAY』では、「さよならエレジー」「いいんだよ、きっと」「台詞」の3曲を石崎ひゅーいが提供するなど、公私ともに仲のよい二人の共演。石崎はコメントで“こんなに早く念願がかなうとは。”と共演の喜びを語っている。

■【コメント】

■石崎ひゅーい
菅田将暉くんとは昨年の夏くらいから公私共に仲良くさせて頂いていて、音楽を作ったりスキヤキを作って食べたりしていました。
いつか映像なんかも一緒に作れたらなあと思っていましたがこんなに早く念願が叶うとは。
俳優\'菅田将暉"の演技、やはり圧巻でした。
二人で撮影しながら『俺たちなんでこんなボロボロなんだろうね?』って言いながら雨に打たれました。
これは恋の終わりの歌です。女々しい男の心情を綴りました。
これから出会いや別れが多い季節『春』がやってくるわけですが、どうかこの歌が皆様の心の支えになりますように。
MV楽しんでご覧ください。

■フカツマサカズ監督(MVコンセプトについて)
石崎ひゅーいさんの歌で感情を揺さぶられる菅田将暉さんのリアルな表情を撮るために、現場でも思いっきりひゅーいさんに歌ってもらいました。
ひゅーいさんのエモーショナルな\'歌\'と菅田さんの圧倒的な演技が対になっている感じも表現できるような構成にしました。

ベストアルバム『Huwie Best』

2018年3月28日発売



ESCL-5043/¥2,900(税込)
<収録曲>
■CD
01.第三惑星交響曲
02.ファンタジックレディオ
03.夜間飛行
04.ピノとアメリ
05.ひまわり畑の夜
06.ガールフレンド
07.ピーナッツバター
08.星をつかまえて
09.1983バックパッカーズ
10.おっぱい
11.常識
12.僕がいるぞ!
13.僕だけの楽園
14.花瓶の花
15.ピリオド
〈Acoustic Version〉
16.花瓶の花
17.夜間飛行

【イベント・ライブ情報】

■『Huwie Best』フリーライブ
4月12日(木) 東京・代々木公園 野外ステージ
※入場完全無料 ※雨天決行/荒天中止

■『「Huwie Best」発売記念インストアライブツアー』
3月27日(火)19:00〜 北海道:HMV 札幌ステラプレイス
3月29日(木) 愛知県:名古屋某所(*詳細近日発表)
3月30日(金)13:00〜 大阪府:タワーレコード 難波店
4月01日(日)13:00〜 東京都:タワーレコード 渋谷店 4F
4月01日(日)19:30〜 福岡県:タワーレコード アミュプラザ博多店
4月14日(土)18:30〜 兵庫県:阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のステージ
※ミニライブ+ サイン会 ※ライブ観覧フリー

■『石崎ひゅーい 弾き語りワンマンTOUR 2018「ピリオド」』
詳細:http://www.ishizakihuwie.com/live/



【関連リンク】
石崎ひゅーい、新曲「ピリオド」MVに菅田将暉が出演
石崎ひゅーいまとめ
菅田将暉まとめ
“アニソンまみれ”のイベント『あにゅパ!!』のSPゲストにオーイシマサヨシ、大原ゆい子決定!

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい, 菅田将暉
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, コラボ, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 新曲

“アニソンまみれ”のイベント『あにゅパ!!』のSPゲストにオーイシマサヨシ、大原ゆい子決定!
Wed, 28 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月13日(日)に千葉・幕張メッセイベントホールにて開催される、アニソンファンが聴きたい曲を集めた“アニソンまみれ”のスペシャルイベント『アニュータライブ2018『あにゅパ!!』』のスペシャルゲストとして、オーイシマサヨシ、大原ゆい子の出演が決定! 『あにゅパ!!』は現在アニュータ会員限定で第二次チケット先行受付を行っており、4月1日(日)23:59が締め切りとなっているのでお見逃しなく。発券には紙チケットのほか、デジタルスタンプでスムーズに入場ができる“アニュータチケット”も対応。4月14日(土)には出演アーティストの第三弾追加発表を予定しているのでお楽しみに。

さらに、アニュータではサービス運営一周年を記念して、2017年にアニュータで最も楽曲再生されたアーティストを発表! 女性ソロアーティスト部門に三森すずこ、男性ソロアーティスト部門にGRANRODEOが表彰されており、今回『あにゅパ!!』のスペシャルゲストにも決定したオーイシマサヨシが作詞・作曲・編曲を手掛けた楽曲「ようこそジャパリパークへ」はシングルランキング部門一位に輝いた。現在アニュータのアプリ内では各アーティストからの動画コメントを含めた結果発表を行なっており、公式サイト上では表彰時の画像も公開されている。

また、4月22日(日)Grafica池袋にてアニソンDJ&トークイベント『あにゅパ!! DJパーティ』の開催が発表となった。『あにゅパ!!』にゆかりのあるアーティストも出演を予定しており、前夜祭としても楽しめる内容になっているのでこちらも併せてチェックしてほしい。

■「アニュータ」ダウンロードURL
・Apple store
https://itunes.apple.com/jp/app/id1214791564
・Google Play 
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aniuta.android.aniutaap

■2017年度 “ANiUTa AWARD” 結果発表

・シングルランキング:どうぶつビスケッツ×PPP/「ようこそジャパリパークへ」
・アルバムランキング:ワルキューレ/「Walkure Attack!」
・女性グループアーティスト:Aqours
・女性ソロアーティスト:三森すずこ
・男性グループアーティスト:GRANRODEO
・男性ソロアーティスト:鈴村健一
・2017年冬アニメ主題歌:fhana/「青空のラプソディ」
・2017年春アニメ主題歌:Wake Up, Girls!/「恋?で愛?で暴君です!」
・2017年夏アニメ主題歌:Wake Up, May’n!/「One In A Billion」
・2017年秋アニメ主題歌:JUNNA/「Here」

※fhanaの1番目のaには、アキュートアクセントが付きます。

アニュータライブ2018『あにゅパ!!』

5月13日(日) 千葉・幕張メッセイベントホール
<出演>
i☆Ris/内田真礼/fhana/andmore
スペシャルゲスト:オーイシマサヨシ/大原ゆい子(50音順)
第三弾発表:4月14日(土)
※fhanaの1番目のaには、アキュートアクセントが付きます。
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。変更に伴うチケットの払戻しはいたしません。

<チケット>
全席指定¥7,900(税込)
・第二次先行予約
3月9日(金)12:00〜4月1日(日)23:59
※お申し込みにはスマホアプリ「アニュータ」への会員登録が必要となり、受取については電子チケット「アニュータチケット」か、もしくはコンビニエンスストアをお選びいただけます。
<注意>
・枚数制限:お一人様4枚まで
・3歳以上有料
・営利目的の転売禁止
・転売チケット入場不可
・オークションへの出品禁止

『あにゅパ!! DJパーティ』Powerd by Re:animation

4月22日(日) 東京・Grafica池袋
内容:アニソンDJ&トークイベント

<出演者>
亜咲花
kevin from fh?na
ヒゲドライバー
RAB(リアルアキバボーイズ)
DJ SAORI a.k.a 村北沙織
中村瞳子
後藤王様(Re:animation)
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。変更に伴うチケットの払戻しはいたしません。

<チケット>
前売¥3,000(税込)Plus 1Drink
当日¥3,500(税込)Plus 1Drink
■詳細ページ https://reanimation.jp/contents/164107



【関連リンク】
“アニソンまみれ”のイベント『あにゅパ!!』のSPゲストにオーイシマサヨシ、大原ゆい子決定!
オーイシマサヨシまとめ
大原ゆい子まとめ
SHINee、ベストアルバム初回盤に収録される特典映像のダイジェストを公開

【関連アーティスト】
オーイシマサヨシ, 大原ゆい子
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース, チケット

SHINee、ベストアルバム初回盤に収録される特典映像のダイジェストを公開
Wed, 28 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

初のベストアルバム『SHINee THE BEST FROM NOW ON』を4月18日にリリースするSHINee。その完全初回生産限定盤のみに収録される『DOCUMENTARY OF SHINee WORLD 2017〜FIVE〜』のダイジェスト映像も初公開された。

この映像は、2017年開催された全国ツアー『SHINee WORLD 2017〜FIVE〜』のライブ全曲ダイジェストと舞台裏の様々なシーンを収録した内容で、約1時間37分におよぶ映像作品となっている。2017年の5周年に発売された5枚目のアルバム『FIVE』を中心としたライブで、リード曲である「Get The Treasure」やアルバムの中でも人気のある「Diamond Sky」「ABOAB」が収録されるなど、ライブでパフォーマンスされた楽曲の映像が全曲収録されている。さらに、4月4日名古屋・日本ガイシホールの日本公演100公演を記録し、ステージ上でのサプライズなども収録。また、いままで見ることの出来なかった貴重な舞台裏もドキュメントで収録。本番前のステージ裏の姿やメンバー同士のやり取りなど、普段は見ることのできないメンバー5人の姿を垣間見ることができる。

■ベストアルバム『SHINee THE BEST FROM NOW ON』特設ページ
http://shinee.jp/thebest/

アルバム『SHINee THE BEST FROM NOW ON』

2018年4月18日発売



【完全初回生産限定盤A】(2CD+Blu-ray+PHOTO BOOKLET 64P)
UPCH-29297/¥5,980+税
※スリーブケース付トールサイス?テ?シ?ハ?ック仕様
【完全初回生産限定盤B】(2CD+DVD+PHOTO BOOKLET 64P)
UPCH-29298/¥5,480+税
※スリーブケース付トールサイス?テ?シ?ハ?ック仕様
※PHOTO BOOKLETは限定盤A, B共通
<収録曲>
■Disc1 CD
01.Replay -君は僕のeverything-
02.JULIETTE
03.LUCIFER
04.Sherlock
05.Dazzling Girl
06.1000年、ずっとそばにいて・・・
07.Fire
08.Breaking News
09.Boys Meet U
10.3 2 1
11.Everybody
12.LUCKY STAR
13.Downtown Baby
14.Your Number
15.Sing Your Song
16.D×D×D
17.君のせいで
18.Winter Wonderland
19.Get The Treasure
20.From Now On (新曲)
■Disc2 CD(Bonus Disc)
01.Colors of the season [FROM NOW ON ver.]
02.Every Time (新曲)
03.Tell Me Your Name
04.Your Number [FROM NOW ON ver.]
05.Married To The Music [Japanese ver.]
06.Melody [FROM NOW ON ver.]
07.Diamond Sky [FROM NOW ON ver.]
Bonus Track.Replay?君は僕のeverything- [Abbey Road Special]
■Blu-ray・DVD共通
DOCUMENTARY OF SHINee WORLD 2017〜FIVE〜(全曲ライブダイジェスト&舞台裏ドキュメント映像を約1時間37分収録)



【通常盤】(CD)
UPCH-20487/¥2,980+税
<収録曲>
01.Replay -君は僕のeverything-
02.JULIETTE
03.LUCIFER
04.Sherlock
05.Dazzling Girl
06.1000年、ずっとそばにいて・・・
07.Fire
08.Breaking News
09.Boys Meet U
10.3 2 1
11.Everybody
12.LUCKY STAR
13.Downtown Baby
14.Your Number
15.Sing Your Song
16.D×D×D
17.君のせいで
18.Winter Wonderland
19.Get The Treasure
20.From Now On (新曲)



【関連リンク】
SHINee、ベストアルバム初回盤に収録される特典映像のダイジェストを公開
SHINeeまとめ
Rihwa、新曲「Swing Swing♪」を配信リリース

【関連アーティスト】
SHINee
【ジャンル】
K-POP, ニュース, トレーラー, DVD, アルバム, 発表

Rihwa、新曲「Swing Swing♪」を配信リリース
Wed, 28 Mar 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

絶賛CM放送中の『鴨川シーワールド2018年春テーマソング』となっているRihwaの新曲「Swing Swing♪」が、3月28日(水)に配信リリースした。「Swing Swing♪」は桜が咲き始めたこの季節にぴったりな輝いたサウンドが印象的で、新しい服を着て出掛けたくなるようなアップテンポでダンサブルなナンバー。シャイニーなRihwaの歌声と間奏のアイリッシュフィドルがさわやかな春の日差しを感じさせる。

Rihwaのオリジナルとしては2017年9月にリリースした映画『ユリゴコロ』主題歌「ミチシルベ」以来、約半年ぶりのリリース。ジャケットはカメラが趣味のRihwaが撮りだめた写真たちを自らコラージュして仕上げた。楽曲・ビジュアルどちらからもワクワクするような遊び心が詰まった作品となっている。

配信楽曲「Swing Swing♪」

2018年3月28日配信開始



iTunes、レコチョク他配信サイトにてリリース



【関連リンク】
Rihwa、新曲「Swing Swing♪」を配信リリース
Rihwaまとめ
BURNOUT SYNDROMES、全国ワンマンツアーが全会場満員御礼、大盛況で終了

【関連アーティスト】
Rihwa
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, リリース, 発売, 配信, CMソング

BURNOUT SYNDROMES、全国ワンマンツアーが全会場満員御礼、大盛況で終了
Wed, 28 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BURNOUT SYNDROMESが、全国5カ所で開催したワンマンライブツアー『孔雀〜いざ真剣勝負〜』が3月25日(日)に福岡DRUM SONでファイナル公演が終了。本ツアーはほぼ1年振りの開催となり、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の全会場でチケットがSOLD OUT。ファンも待ちにまったワンマンライブツアーとなった。セミファイナルとなる東京公演は3月23日(金)に渋谷CLUB QUATTROで開催され満員で熱気に包まれた中、ライブがスタートした。

メンバー登場の前に、ライブステージ横の大きなスクリーンにオープニングムービーが流れる。その動画では、観に来たファンにあるチップを埋め込んだということが明かされる(実際には、入口で手に会場記念のスタンプを押された)。チップを埋め込まれるとライブを観ても無気力になり、盛り上がることができなくなるというストーリー設定で、メンバーはそれを打開するためにライブを行なうという、オープニングからBURNOUT SYNDROMESらしいエンタテインメント性のあるもので、ファンは一気に引き込まれた。

2017年に配信でリリースした「ハイスコアガール」を1曲目で演奏。全体で《????????(同時押し)青+春》の歌詞に合わせて手を揺らし、一気にライブは加速していった。ライブ中盤では、1stフルアルバム『檸檬』からメドレーで4曲披露。また、熊谷(Vo)が20歳の頃に制作した「斜陽」では演奏中に涙をするファンも多くみられた。

デビューシングル「FLY HIGH!!」でこの日の会場のボルテージは最高潮に! そして、ファンにとっては嬉しいお知らせでもある2019年のワンマンライブツアーの日程も発表された。東京はLIQUIDROOMで2019年3月23日(土)に開催。また新たなステージに上がった彼らのライブが観れることだろう。BURNOUT SYNDROMESらしさが全面に詰まったライブで、今後の活躍が一層楽しみな一日となった。

【セットリスト】
1.ハイスコアガール
2.Melodic Surfer
3.文學少女
4.セツナヒコウキ
5.エレベーターガール
6.POKER FACE
7.吾輩は猫である
8.燃えつきメドレー
〜君のためのMusic
〜君は僕のRainbow
〜Bottle Ship Boys
〜ナイトサイクリング
9.君をアンインストールできたなら
10.ヒカリアレ
11.斜陽
12.若草山スターマイン
13.月光サンタクロース 
14.FLY HIGH!!
15.人工衛星
16.花一匁
<ENCORE>
1.東名高速道路清水JCTを時速二〇〇キロメートル超で駆け抜けるのさ(※リクエスト曲)
2.ヨロコビノウタ

『全国ワンマンツアー2019(仮)』

<2019年>
3月02日(土) 広島・SECOND CRUTCH
3月03日(日) 福岡・DRUM Be-1
3月10日(日) 大阪・BIG CAT
3月16日(土) 愛知・Electric Lady Land
3月23日(土) 東京・LIQUIDROOM
3月30日(土) 宮城・darwin
<チケット>
前売¥3,900
・4月01日(日)23:59までプレイガイド先行予約受付中 http://w.pia.jp/t/burnoutsyndromes/

アルバム『孔雀』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4997〜4998/¥3,500 (税込)
【通常盤】(CDのみ)
ESCL-4999/¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.ヨロコビノウタ
2.花一匁
3.若草山スターマイン
4.吾輩は猫である
5.Melodic Surfers
6.ハイスコアガール
7.君をアンインストールできたなら
8.POKER-FACE
9.斜陽
10.Dragonfly
■DVD
※約45分におよぶ豪華映像3大特典
(1)ミュージックビデオ+メンバーによるMV解説オーディオコメンタリー(副音声)
・「花一匁」MV(テレビ東京系アニメ「銀魂」銀ノ魂篇エンディングテーマ)+オーディオコメンタリー(副音声)
・「ハイスコアガール」(2017.9.18 RELEASE デジタルシングル、iTunesロックチャート1位を記録)+オーディオコメンタリー(副音声)
(2)ライブ映像 (2016.11.25 @SHIBUYA CLUB QUATTRO)
・「FLY HIGH!!」(TVアニメ「ハイキュー!!セカンドシーズン」第2クールオープニング・テーマ)
・「ヒカリアレ」(「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」オープニングテーマ)
(3)「燃えつきRADIOスペシャル 〜「孔雀」の取説〜」(アルバム「孔雀」収録曲解説映像



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES、全国ワンマンツアーが全会場満員御礼、大盛況で終了
BURNOUT SYNDROMESまとめ

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ワンマン, セットリスト, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1