歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月24日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
BESTIEM、RHYMEBERRYのMIRIとコラボしたニューシングル発売決定&MV公開
Sat, 24 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ツインボーカルユニットのBESTIEM(ベスティム)が、ラップユニット・RHYMEBERRY(ライムベリー)のMIRIをfeat.したシングル「Hanky Panky Funky Punky ! feat. MIRI」を5月23日(水)にリリース決定! 合せてアーティスト写真、ジャケット写真、MVが公開となった。

今回の楽曲は作曲に林田健司を迎えての80sファンクをベースとしたダンスナンバー。カップリングにはDANCE☆MANによるディスコRemix含む各種バージョンを収録し、さらにTrack1とTrack2についてはApple Music限定で4月12日(木)よりApple Music限定で先行配信を予定している。もともとBESTIEMとMIRIは交流があり、今回のコラボへと発展したという。

BESTIEMは同曲をひっさげて、4月8日(日)よりリリースイベントを開始。5月には東名阪ツアーの実施が決定! 5月19日(土)に開催の東京・渋谷DESEO mini公演の第2部ではMIRIの出演も決定となっているので、ぜひチェックしてほしい。

シングル「Hanky Panky Funky Punky ! feat. MIRI」

2018年5月23日(水)発売
※Track1、Track2は4月12日(木)よりApple Music限定で先行配信



BNBM-0003/¥1,389+税
<収録曲>
1.Hanky Panky Funky Punky ! feat. MIRI *
作詞:矢作綾加 作曲:林田健司 編曲:佐久間誠 Rap Lyric:MIRI
2.Hanky Panky Funky Punky ! feat. MIRI (DANCE☆MAN Remix) *
3.Hanky Panky Funky Punky ! feat. MIRI (Ayu Remix)
4.Hanky Panky Funky Punky ! feat. MIRI (extended ver)
5.Hanky Panky Funky Punky ! feat. MIRI (instrumental)
6.Hanky Panky Funky Punky ! feat. MIRI (DANCE☆MAN Remix instrumental)
7.Hanky Panky Funky Punky ! feat. MIRI (Ayu Remix instrumental)

【ライブ情報】

■『BESTIEM LIVE TOUR 2018~Hanky Panky Funky Punky!~』
5月19日(土) 東京・渋谷DESEO mini with VILLAGEVANGUARD 
第1部/開場17:00 開演17:30 第2部/開場20:00 開演20:30
※第2部にはMIRIが参加
5月26日(土) 大阪・京橋Live House Ark
第1部/開場13:30 開演14;00 第2部/開場17:30 開演18:00
5月27日(日) 愛知・名古屋 sunset BLUE
第1部/開場12:30 開演13;00 第2部/開場16:30 開演17:00
<チケット>
各公演:前売り¥3500 当日¥4000 ※税込/ドリンク代別 
キャスマーケット、CNプレイガイドにてチケット発売中

■リリースイベント
4月08日(日) 東京・タワーレコードダイバーシティ店内
4月14日(土) 大阪・あべのhoop
4月15日(日) 愛知・HMV栄
※以降イベントスケジュール追加されます



【関連リンク】
BESTIEM、RHYMEBERRYのMIRIとコラボしたニューシングル発売決定&MV公開
BESTIEMまとめ
RHYMEBERRYまとめ
けやき坂46初舞台『あゆみ』は10人で1人の役を演じる!?

【関連アーティスト】
BESTIEM, RHYMEBERRY
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, リリース

けやき坂46初舞台『あゆみ』は10人で1人の役を演じる!?
Sat, 24 Mar 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

けやき坂46の初舞台公演『あゆみ』が4月20日からAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される。けやき坂46の20人がチームハーモニカとチームカスタネットに分かれ、2チーム制で公演を実施。題材は2010年『わが星』で岸田國士戯曲賞を受賞した劇団ままごとの柴幸男の代表作。目には見えない時間の道を歩く“あゆみ”という1人の女性の人生の物語を描く。メンバー20人は、10人であゆみ1役を演じる。

さらに、1stアルバムの発売日が5月23日に決まったことも同時にアナウンスされた。引き続き詳細を待とう。

■舞台『あゆみ』詳細

4月20日(金)〜5月6日(日) 東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo
脚本:柴幸男(ままごと)
潤色・演出:赤澤ムック
出演者:けやき坂46
■チームハーモニカ
井口眞緒/潮紗理菜/加藤史帆/齊藤京子/佐々木久美/高瀬愛奈/東村芽依/松田好花/宮田愛萌/渡邉美穂
■チームカスタネット
柿崎芽実/影山優佳/佐々木美玲/高本彩花/金村美玖/河田陽菜/小坂菜緒/富田鈴花/丹生明里/濱岸ひより



【関連リンク】
けやき坂46初舞台『あゆみ』は10人で1人の役を演じる!?
けやき坂46まとめ
The Floor、ツアーファナルで18曲ノンストップ演奏敢行

【関連アーティスト】
けやき坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB

The Floor、ツアーファナルで18曲ノンストップ演奏敢行
Sat, 24 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

札幌出身の4人組ロックバンド・The Floorが3月9日の札幌Sound Lab moleを皮切りにスタートしたワンマンツアー『The Floor Presents「In Train Tour」』のファイナル公演を、3月23日に東京・渋谷WWWにてワンマンライヴを行った。

メンバーの登場を今か今かと待ちわびるファンの熱気に包まれる中、会場が暗転すると大きな歓声と共にライブがスタート。この日の1曲目を飾ったのは、明るくポップなサウンドが特徴的な「Cheers With You」。そこから「ドラマ」「はたらく兵隊さん」と疾走感あるロックナンバーを立て続けに披露すると、序盤にも関わらずメンバーも観客もフルにスイッチが入る。

さらにここで、ササキハヤト(Vo)より「ツアーファイナル! みんなで泳ごうぜ!」と煽りが入り、「POOL」「リップサービス」で会場を盛り上げた。そして、ダークでロックな曲調が印象的なThe Floorの初期衝動ともいえる楽曲、「煙」を全身で掻き鳴らすと会場の雰囲気が一転。観客を圧倒させる、パワフルなステージングを展開。フロアからは大きな歓声が飛び交った。そんな会場が湧き上がる中、「ノンフィクション」「パノラマ」「イージーエンターテイメント」など、彼らの代表曲を惜しげもなく披露した。さらに、メジャーデビューアルバム『ターミナル』のリード曲「18」を、ササキがア弾き語りで歌い始めると「待ってました!」と言わんばかりに声援が上がり、会場のボルテージはマックスに。曲中、コールアンドレスポンスをしたりと、声を出し、そして身体を揺らしながら、観客と一緒になって全力でライヴを楽しんだ。

最後に再びササキが「高校の頃、初めてバンドのライブを見てすげー格好良いなと思って…そんな自分がプレイする側に今立っていて何とも言えない気持ちです。東京・渋谷WWWのこの景色、本当に最高です! みんな最後まで盛り上がっていけますか!」と煽ると、畳み掛けるように「ファンファーレ」を披露しライヴ本編を締め括った。

そして、メンバーとの別れを惜しむかのように、会場にアンコールが鳴り響くと、再びメンバーがステージへ登場。と、驚くべきは、何とここまでの本編は一切MC無しで進行。バンドの奏でるグルーブ感を途切れさせずに、全18曲を連続で披露。メンバーによると、「アルバムのリード曲『18』に因み、18曲を連続で披露することによりメジャーというフィールドへの決意を込めた。」との事。

アンコールでは、「夢がさめたら」「Wannabe」の2曲で最後の盛り上がりを見せ、ササキの「今日は本当にありがとう。また、必ず戻ってきます!」という、決意の言葉と共に本ツアーは幕を下ろした。

Photo by MASANORI FUJIKAWA

【セットリスト】
1.Cheers With You
2.ドラマ
3.はたらく兵隊さん
4.POOL
5.TWW
6.リップサービス
7.煙
8.灯台
9.ノンフィクション
10.Wake Up
11.Flower
12.パノラマ
13.SING!!
14.ハイ&ロー
15.イージーエンターテイメント
16.寄り道
17.18
18.ファンファーレ
アンコール
1.夢がさめたら
2.Wannabe

ミニアルバム『ターミナル』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1307/¥3,500(税込)
<収録曲>
■CD
01.18
02.ドラマ
03.イージーエンターテイメント
04.煙
05.POOL
06.Wake Up!
07.Flower
08.レイニー
09.寄り道
10.ファンファーレ
■DVD
〈1stワンマンライブ「天井知らずワンマンツアー」@下北沢SHELTER 2017.07.07 全曲収録!+「18」Music Video〉
灯台
Wannabe
Toward Word World
アザーサイド
SING!!
Cheers With You
ウィークエンド
DRIVE
君とマフラー
さよなら、また明日ね
ハイ&ロー
はたらく兵隊さん
パノラマ
Teens
ラブソング
リップサービス
ノンフィクション
内緒話
夢がさめたら




【通常盤】(CDのみ)
VICL-64925/¥2,500(税込)
<収録曲>
01.18
02.ドラマ
03.イージーエンターテイメント
04.煙
05.POOL
06.Wake Up!
07.Flower
08.レイニー
09.寄り道
10.ファンファーレ




【関連リンク】
The Floor、ツアーファナルで18曲ノンストップ演奏敢行
The Floorまとめ
集団行動、初の東阪ツアーが幕&次作を匂わせる演出も

【関連アーティスト】
The Floor
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ツアー, セットリスト, ライブレポ

集団行動、初の東阪ツアーが幕&次作を匂わせる演出も
Sat, 24 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

真部脩一(ex.相対性理論)率いる集団行動の2ndアルバムのリリースツアー『充分未来ツアー』が行われ、3月22日に渋谷WWW Xで最終日を迎えた。

東京公演ではMC代わりに静止画と音声でショートドラマが流れ、そのキーワードから楽曲の演奏につながっていく演出も行われた。また、中盤のアコースティックセットでは大幅にアレンジを変えた演奏もあったり、アルバム未収録楽曲も多数演奏したりと、盛り沢山な内容となった。 なお、この日はニコニコ生放送でも生中継を行い、およそ1万人が見守るライヴとなった。

そして、アンコール終了後には、ライブの中でも演奏されなかった新曲のメロディを口ずさむ齋藤里菜(Vo)の姿がスクリーンに映し出され、真部が「次のアルバムも最高だ!」と言い、最後に「Coming Soon」の文字が。今後の動きにも注目してほしい。

【セットリスト】
1.会って話そう
2.ぐるぐる巻き
3.皇居
4.テレビジョン
5.充分未来
6.スープのひみつ
7.春
8.バイ・バイ・ブラックボード
9.ホーミング・ユー(Acoustic)
10.パタタス・フリータス(Acoustic)
11.東京ミシュラン24 時(Acoustic)
12.フロンティア(Acoustic)
13.絶対零度
14.ティーチャー?
15.AED
16.土星の環
アンコール
1.モンド
2.オシャカ
3.鳴り止まない
ダブルアンコール
1.バックシート・フェアウェル

アルバム『充分未来』

発売中



VICL-64912/¥2,000+税
<収録曲>
1.会って話そう
2.充分未来
3.春
4.フロンティア
5.絶対零度
6.鳴り止まない
7.モンド
8.オシャカ



【関連リンク】
集団行動、初の東阪ツアーが幕&次作を匂わせる演出も
集団行動まとめ
相対性理論まとめ
BUMP OF CHICKEN、TVアニメ『重神機パンドーラ』主題歌を書き下ろし

【関連アーティスト】
集団行動, 相対性理論
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ツアー, セットリスト

BUMP OF CHICKEN、TVアニメ『重神機パンドーラ』主題歌を書き下ろし
Sat, 24 Mar 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENが今春スタートする新TVアニメシリーズ『重神機パンドー ラ』の主題歌として、新曲「シリウス」「Spica」を書き下ろしたことが発表された。

「シリウス」はエッジィなギターフレーズが印象的なロックナンバーで、オープニング主題歌として制作。 「Spica」は温かみを感じられるミディアム曲で、エンディング主題歌として作り上げられた。いずれも藤原基央(Vo,&G)がアニメの制作資料などを観て詞曲を書き下ろした、バンドの最新ナンバーだ。

「Spica」は全国ツアー『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』のツアーファイナルに当たったさいたまスーパーアリーナ2日目および振替公演のマリンメッセ福岡2DAYSのアンコールで、藤原がギター1本の弾き語りでいち早く披露した曲。「ツアー中に書き上げたナンバーをいち早くリスナーに届けたい」という思いから弾き語りでの演奏となったが、エンディング主題歌はバンドアレンジが施されている。

『重神機パンドーラ』は『マクロス』シリーズや『アクエリオン』シリーズで知られる河森正治が総監督を務める作品。世界が一変した近未来を舞台に、人類を滅亡の危機に陥れる特異進化生物“B.R.A.I”と、特殊部隊“パンドーラ”が人類の存亡をかけて戦う様子を通して、人類の可能性の物語を描く。

アニメは3月29日よりNetflixにて日本先行独占配信がスタート。その後TOKYO MX、WOWOW、BS11、MBSでも放送される。最新PVでは「シリウス」がいち早く聴けるので、早速チェックして みてほしい。

(c) 2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

■【コメント】

■BUMP OF CHICKEN
河森監督からのオファーをいただき、とても光栄に思いました。「重神機」という響きになんだかとてもワクワクしました。 設定資料を見ただけで感動してしまい、お引き受けすることを決めました。 1話のみを拝見させていただきましたが、美しいアニメーションによって描かれたメカやキャラクターたち、世界 そのものに一気に惹き込まれました。メンバー同士で早速語り合っています。我々の楽曲がどのように響くのかも 含め、続きがとても気になります。

■河森正治総監督
作品の舞台は、AIやバイオテクノロジーの急速な進化によって、人類が滅亡の危機に瀕した世界です。
そこで描きたいのは人類の選択と可能性であり、笑って、泣いて、食べて、寝て、といった、とても人間臭い人と 人との関係性です。
BUMP OF CHICKENさんは、そんな変容した世界の中でも失われない希望や肌のぬくもりを感じさせる楽曲を作っ て頂けると思いました。実際に頂いた楽曲は、想像していた以上に素晴らしく、幾千にも広がる可能性のなかで、 ひときわ輝く星の光のように、本作を照らしてくれると確信しています。

アニメ『重神機パンドーラ』詳細

3月29日よりNetflixにて日本先行独占配信・全世界展開
4月4日よりTOKYO MXにて毎週水曜23:30〜
4月6日よりWOWOWにて毎週金曜21:30〜
4月6日よりBS11にて毎週金曜23:30〜
4月7日よりMBSにて毎週土曜27:38〜

原作:河森正治・サテライト
総監督:河森正治
監督:佐藤英一
音楽:得田真裕、眞鍋昭大
音楽制作:フライングドッグ、ワンミュージック
オープニング主題歌:BUMP OF CHICKEN「シリウス」(TOY\'S FACTORY)
エンディグ主題歌:BUMP OF CHICKEN「Spica」(TOY\'S FACTORY)
挿入歌:西沢幸奏「Meteor」(フライングドッグ)
制作:サテライト
キャスト:
レオン・ラウ:前野智昭
クイニー・ヨウ:花澤香菜
ダグ・ホーバット:津田健次郎
クロエ・ラウ:東山奈央
グレン・ディン:内田雄馬
ケイン・I・ハサン:石塚運昇
ジェイ・ユン:梅原裕一郎
セシル・スー:茅野愛衣
Mr.ゴールド:檜山修之
ジーク:中村悠一
ワン:近藤孝行
フォー:石川界人
ロン・ウー:石田彰
瀬戸麻沙美
能登麻美子

?■『重神機パンドーラ』オフィシャルHP
http://www.project-pandora.jp/



【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN、TVアニメ『重神機パンドーラ』主題歌を書き下ろし
BUMP OF CHICKENまとめ
吉澤嘉代子、バンド編成で駆け抜けた春ツアーが幕&新曲リリース決定

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, アニメ, 主題歌, エンディング, オープニング

吉澤嘉代子、バンド編成で駆け抜けた春ツアーが幕&新曲リリース決定
Sat, 24 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子が3月22日、恵比寿LIQUIDROOMにて春ツアー『ウルトラスーパーミラクルツアー』のファイナル公演を開催した。

バンドマスター・キーボードに横山裕章を迎え、ハマ・オカモト(OKAMOTO\'S / B)、伊藤大地(D)、 尾崎博志(Gt)、湯本淳希(Tp)、加藤雄一郎(Sax)のメンバーで、名古屋、大阪、東京の3都市を巡った春ツアーは、全公演ソールドアウト。

この日のライヴは「ストッキング」からスタート。「ユキカ」、「綺麗」、「手品」と軽快な楽曲が続く。 「舞台は異国の城下町、普段は目立たない町娘が真夜中に女怪盗に変身する物語です。どこにも収録していないウルトラスーパーミラクルバージョンでお届けします」 というMCに続いて、「怪盗メタモルフォーゼ」を披露。

「今日演奏する曲は、全曲、私が最高に愛している曲をお届けします。これを歌っていると幸せだなっていう曲です。 ここからは物語が物語めいている曲の導入ということで、市民プールが私だけの海になってしまうという曲をお届けします」と紹介されたのは、 ツアーメンバーのハマ・オカモトがサウンドプロデュースした「ユートピア」。「化粧落とし」、「地獄タクシー」、「えらばれし子供たちの密話」、「シーラカンス通り」など、吉澤の真骨頂と言える、物語性の高い楽曲が次々と披露。

ライヴの後半では、アコースティックギターとソプラノサックスの編成で「ぶらんこ乗り」をしっとりと歌い上げ、「movie」、「一角獣」では、バンド編成ならではの圧巻のパフォーマンスで、集まったファンを楽しませた。

本編ラストは、「雪」。 「今回のツアーをやろうと思った時に、この曲を絶対にやりたい、最後の曲で歌いたいと思って第一優先にしてきた曲です。 私の歌が必要って思ってくれた人は、皆すごく大切な人です。 だけど、皆がすごくつらいなと思ったときに、会いに行くことができないんですよね。いつも自分を救うのは自分だけで、誰かが何かをしてあげるのができないのが人かなと思っているんですが、そんな時に、歌を通していつも皆のそばに、むしろ皆そのものになって、一体化して、主人公を通してできたらなと思っています」 とのMCに続いて演奏された「雪」は、3月の季節とも相まって、会場の空気を一つにしていた。

鳴りやまないアンコールに応えて登場した吉澤からは、2つのお知らせが。1つは、このツアー中に花粉症になったこと。そして、3rdシングル「ミューズ」のリリースが決定したことが発表された。

アンコールでは、シングル曲「月曜日戦争」「残ってる」を歌い、全17曲を披露。『ウルトラスーパーミラクルツアー』の幕を閉じた。

Photo by 田中一人

【セットリスト】
1.ストッキンク?
2.ユキカ
3.綺麗
4.手品
5.怪盗メタモルフォーセ?
6.ユートヒ?ア
7.化粧落とし
8.地獄タクシー
9.麻婆
10.えらは?れし子供たちの密話
11.シーラカンス通り
12.ふ?らんこ乗り
13.movie
14.一角獣
15.雪
アンコール
1. 月曜日戦争
2. 残ってる

シングル「ミューズ」

2018年6月13日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-10399 /¥1,667+税
【通常盤】(CD)
CRCP-10400/¥926+税
<収録曲>
■CD
・「ミューズ」含む全2曲収録予定
■DVD
・『お茶会ツアー2017』ドキュメント映像 収録予定




【関連リンク】
吉澤嘉代子、バンド編成で駆け抜けた春ツアーが幕&新曲リリース決定
吉澤嘉代子まとめ
BUCK-TICK、全シングル曲の本人映像カラオケが配信スタート

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, 新曲, ツアー, ライブレポ

BUCK-TICK、全シングル曲の本人映像カラオケが配信スタート
Sat, 24 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKのシングル曲が3月24日から全国JOYSOUNDの本人映像(MV)カラオケで歌唱できることになった。1987年のメジャーデビューから現在まで36枚のシングルをリリースしているが、今回配信されるのはMVが制作された35曲。 第1弾として3月24日からは「JUST ONE MORE KISS」「惡の華」「スピード」「M・A・D」「JUPITER」「ドレス」「die」「唄」「鼓動」「見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ」「キャンディ」の11曲を配信。さらに、3月31日には第2弾として「New World」とアルバム『No.0』収録の新曲「BABEL」「Moon さよならを教えて」を配信する。以降、過去所属した各レーベル時代のシングル楽曲を随時配信予定となっている。

3月31日より全国ツアー『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』がよこすか芸術劇場からスタート。全国26ヶ所、28公演が各所でソールドアウトとなる中、東京国際フォーラムホールAでの追加公演も発表されている。

『BUCK-TICK 2018 Tour No.0』

3月31日(土) 神奈川・よこすか芸術劇場 
4月01日(日) 東京・オリンパスホール八王子
4月07日(土) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
4月08日(日) 奈良・なら100年会館 大ホール
4月14日(土) 栃木・栃木県総合文化センター メインホール
4月15日(日) 群馬・群馬音楽センター
4月21日(土) 石川・本多の森ホール
4月22日(日) 長野・長野市芸術館 メインホール
5月12日(土) 香川・サンポートホール高松 大ホール
5月13日(日) 高知・高知市文化プラザかるぽーと 大ホール
5月19日(土) 岡山・倉敷市民会館
5月20日(日) 京都・ロームシアター京都(京都会館) メインホール
5月26日(土) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月01日(金) 福島・郡山市民文化センター中ホール
6月03日(日) 千葉・市川市文化会館
6月09日(土) 大阪・オリックス劇場
6月10日(日) 大阪・オリックス劇場
6月14日(木) 新潟・りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場
6月23日(土) 広島・広島JMSアステールプラザ大ホール
6月24日(日) 福岡・福岡市民会館
6月30日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
7月01日(日) 青森・リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
7月06日(金) 埼玉・川口総合文化センター リリアメインホール
7月07日(土) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
7月14日(土) 静岡・静岡市民文化会館 中ホール
7月15日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
7月18日(水) 東京・NHKホール
7月19日(木) 東京・NHKホール
7月26日(木) 東京・東京国際フォーラムホールA(追加公演)

アルバム『No.0』



【完全生産限定盤A】(SHM-CD+SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1340/¥5,980+税
【完全生産限定盤B】(SHM-CD+SHM-CD+DVD)
VIZL-1341/¥5,480+税
<収録曲>
■CD
01.零式13型「愛」
02.美醜LOVE
03.GUSTAVE
04.Moon さよならを教えて
05.薔薇色十字団 - Rosen Kreuzer -
06.サロメ - femme fatale -
07.Ophelia
08.光の帝国
09.ノスタルジア - ヰタ メカニカリス -
10.IGNITER
11.BABEL
12.ゲルニカの夜
13.胎内回帰
■Blu-ray/DVD
MV「美醜LOVE」「IGNITER」「Ophelia」収録

◎A・B共通特典
※スペシャルパッケージ仕様
※シングル・アルバムトリプル購入者対象キャンペーン応募ハガキ封入(応募締切:3月28日(水)消印有効)
【完全生産限定盤C】(SHM-CD+VRコンテンツ)
VIZL-1342/¥4,480+税
※VRビューアー付



VIZL-1342/¥4,480+税
※VRビューアー付

◎C特典
※MV for VR「美醜LOVE」「IGNITER」「Ophelia」収録
(VRコンテンツダウンロード用PINコード封入[ダウンロード開始日:3月14日(水)0:00〜])
※本商品は、スマートフォン専用VRコンテンツ商品です。[推奨環境(OS)] iOS8.3以上、Android4.3以上
※オリジナルVRビューアー付属
※スリーブケース仕様
※シングル・アルバムトリプル購入者対象キャンペーン応募ハガキ封入(応募締切:3月28日(水)消印有効)



【通常盤】(SHM-CD)
VICL-70237/¥3,000+税



【関連リンク】
BUCK-TICK、全シングル曲の本人映像カラオケが配信スタート
BUCK-TICKまとめ
石川界人、TVアニメ『宇宙戦艦ティラミス』主題歌2曲を担当

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, CD, シングル, ツアー

石川界人、TVアニメ『宇宙戦艦ティラミス』主題歌2曲を担当
Sat, 24 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年4月2日(月)よりTOKYO MX他にて放送開始予定のTVアニメ『宇宙戦艦ティラミス』の第2弾PVが公開された。更にOP&ED主題歌をスバル・イチノセ(CV:石川界人)が担当することが発表された。オープニングテーマは「Breakthrough」、エンディングテーマは「DURANDAL」で、この2曲を収録したCDがシングル「Breakthrough/DURANDAL」として5月23日(水)に発売される。今回公開された第2弾PVにて楽曲を聴くこともできるので是非チェックしてみて欲しい。

なお、TVアニメ『宇宙戦艦ティラミス』は3月31日(土)に先行上映会の開催が決定している。3月23日よりチケットの販売もスタートしたので気になった方は参加してみよう。

(c)宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会

■【石川界人 コメント】

「この度OPとEDを歌わせて頂くことになりました。OPは激しさとかっこよさが入り乱れ、この作品のかっこいい部分が凝縮されていると思います。EDは切なさや愛おしさに溢れていて、スバルの様々な心情が現れていると思います。拙い歌声ですがどうか聞いてくださると嬉しいです」

シングル「Breakthrough/DURANDAL」

2018年5月23日発売



COCC-17455/¥1,200+税
<収録曲>
1.Breakthrough
2.DURANDAL
3.Breakthrough(Instrumental)
4.DURANDAL(Instrumental)

TVアニメ『宇宙戦艦ティラミス』

<TV放送>
TOKYO MX:4月2日(月)25:00〜 放送開始予定
サンテレビ:4月2日(月)26:00〜 放送開始予定
BS11:4月2日(月)26:30〜 放送開始予定
AT-X:4月6日(金)22:35〜 放送開始予定
リピート放送:毎週(月)14:35〜/毎週(木)6:35〜
<配信>
ひかりTV:4月2日(月)26:00〜 以降毎週月曜26:00〜独占先行配信
他配信サイトでも随時配信予定
※放送局・日時は変更になる場合があります。

■『宇宙戦艦ティラミス』オフィシャルHP
http://tiramisu-anime.com



【関連リンク】
石川界人、TVアニメ『宇宙戦艦ティラミス』主題歌2曲を担当
石川界人まとめ
高橋洋子がエヴァ主題歌2曲を収めた両A面シングルを6月20日にリリース!

【関連アーティスト】
石川界人
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, アニメ, 主題歌, エンディング, オープニング

高橋洋子がエヴァ主題歌2曲を収めた両A面シングルを6月20日にリリース!
Sat, 24 Mar 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

高橋洋子がアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌の「残酷な天使のテーゼ」及び、TVシリーズ後に公開された映画『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 シト新生』の主題歌である「魂のルフラン」の2曲及びそのインストを1枚のマキシシングルに収め、6月20日にリリースすることが分かった。

同シングルでは、1995年に放送されたアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」、および映画『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 シト新生』の主題歌「魂のルフラン」のオリジナル音源をリマスタリング。また、カップリングにはタイトル曲インストゥルメンタルを収め、ジャケットは『新世紀エヴァンゲリオン』当時から作品に関わるクリエイターが描き下ろした。

シングル「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」

2018年6月20日発売



KICM-3340/¥1,000+税
<収録曲>
1.残酷な天使のテーゼ
2.魂のルフラン
3.残酷な天使のテーゼ off vocal ver.
4.魂のルフランoff vocal ver.




【関連リンク】
高橋洋子がエヴァ主題歌2曲を収めた両A面シングルを6月20日にリリース!
高橋洋子まとめ
斉藤和義、KEYTALK、Nulbarichなど3月上旬から中旬リリースの8作を紹介

【関連アーティスト】
高橋洋子
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, CD, アニメ, 主題歌, 映画

斉藤和義、KEYTALK、Nulbarichなど3月上旬から中旬リリースの8作を紹介
Sat, 24 Mar 2018 13:30:00 +0900


フリーマガジンokmusic UP\'s vol.162(2/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、3月上旬から中旬リリースの作品8作を紹介!

1.『Rainbow』/KEYTALK
2.『H.O.T』/Nulbarich
3.「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」/BiS
4.『TANCOBEST』/たんこぶちん
5.「風の声を聴きながら / コラージュ」/三月のパンタシア
6.『AUBE』/majiko
7.『Toys Blood Music』/斉藤和義
8.『Searching Red Light』/Eins:Vier

『Rainbow』/KEYTALK

Album 3/7 Release



Getting Better Records
【完全生産限定盤(DVD付)】
VIZL-1324 ¥3,800(税抜)
【通常盤】
VICL-64949 ¥2,600(税抜)

先行シングル曲「ロトカ・ヴォルテラ」へ続く、首藤義勝(Vo&Ba)作詞作曲の大人びた前半戦の曲を聴いて新境地へ舵を切ったかと思ったが、メンバーの個性が発揮された中盤の楽曲で4人がバンドとして、人として成長を遂げたひとつのかたちだったのだと気付き、ひと安心。作品ごとにこの先に待つ未来に向けて着実に前へ進む彼らだが、センチで純粋なラスト2曲を聴いて、KEYTALKやっぱり好きだなぁと改めて思った。
TEXT:フジジュン

『H.O.T』/Nulbarich

Album 3/7 Release



ビクターエンタテインメント
【初回限定盤(BONUS CD付)】
VIZL-1331 ¥3,500(税抜)
【通常盤】
VICL-64955 ¥2,800(税抜)

ビクターエンタテインメントへの移籍第一弾となる今作は、こだわり抜かれた柔らかなサウンドにギターのカッティングや軽快なビートが入ったキレのある仕上がりに。鍵盤の入ったジャズテイストの「Supernova」や、R&B要素のある「ain’t on the map yet」などグルーブを追求した小気味良いナンバーが揃っている。これまでのフレッシュ感とは違って、聴けば聴くほどディープな雰囲気に溺れること間違いなし。
TEXT:千々和香苗

「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」/BiS

Single 3/7 Release



CROWN STONES
【初回生産限定盤(DVD付)】
CRCP-10392 ¥3,800(税抜)
【通常盤】
CRCP-10393 ¥1,800(税抜)

新生BiSの始動曲「WHOLE LOTTA LOVE」、プー・ルイ卒業曲「DiPROMiSE」を収録したメジャー1st両A面シングル。前者はLed Zeppelinの曲名から拝借したのだろう。ヘヴィなデジタル音が不思議なアッパー感を生み出し、その上でダークな歌メロやラップが炸裂したエモーショナル極まりないナンバー。後者は哀切なメロディーが美しく、こちらも胸にグッと迫るエモい曲調だ。
TEXT:荒金良介

『TANCOBEST』/たんこぶちん

Album 3/7 Release



ヤマハミュージックコミュニケーションズ
【TYPE-A通常盤】
YCCW-10325 ¥2,037(税抜)
【TYPE-B初回生産限定盤(特典CD付)】
YCCW-10326/B ¥2,778(税抜)
【TYPE-C初回生産限定盤(DVD付)】
YCCW-10327/B ¥3,241(税抜)

2017年に結成10周年を迎えた、たんこぶちん初のベスト盤は、メジャー1stシングル「ドレミFUN LIFE」以降の代表曲に加え、ライヴで披露されてきた新曲「はじまりのうた」も収録。懐かしさはなく、全ての楽曲から逞しさを感じるのは、今までもこれからも彼女たちの芯が通っている証拠だろう。ぶれずに真っ直ぐ歩んできた道のりがどこまでも続いていくことを確信する、新たなスタートとなる一枚だ。
TEXT:千々和香苗

「風の声を聴きながら / コラージュ」/三月のパンタシア

Single 3/7 Release



SACRAMUSIC/SME Records
【初回生産限定盤(DVD付)】
VVCL-1167〜8 ¥1,600(税抜)
【通常盤】
VVCL-1169 ¥1,200(税抜)

前作に続き5thシングルも両A面。季節を告げる風や空の色の移り変わりまで感じさせてくれる「風の声を聴きながら」はTVアニメ『スロウスタート』のEDテーマ。さわやかでノスタルジックなビジュアルイメージに溶け込む声を響かせる。一方、ほっこり幸せな気持ちになれる「コラージュ」はアニメ『衛宮さんちの今日のごはん』のEDテーマ。“浄化される”“癒される”という声が多い、その素朴な世界観に浸れる一枚。
TEXT:山本弘子

『AUBE』/majiko

Mini Album 3/7 Release



USMジャパン
【限定盤(DVD付)】
UICZ-9102 ¥2,800(税込)
【通常盤】
UICZ-4416 ¥2,000(税込)

過去作に続き、ホリエアツシ(ストレイテナー)、荒井岳史(the band apart)などが楽曲提供した2ndミニアルバムは静と動の振幅激しい一枚に仕上がった。ポップでスケール感のある曲調に負けず、魅惑のハイトーンヴォイスを聴かせるmajikoの歌声は一歩も引かない存在感を見せつける。どんな曲調でも乗りこなす稀有なヴォーカリストだ。ゴリゴリのラウド曲「ダーウィン先生の倦怠」には驚いた。
TEXT:荒金良介

『Toys Blood Music』/斉藤和義

Album 3/14 Release



SPEEDSTAR RECORDS
【初回限定盤(特典DISC付)】
VIZL-1800 ¥3,800(税抜)
【通常盤】
VICL-65100 ¥3,000(税抜)
【アナログLP盤】
VIJL-60400 ¥3,800(税抜)
※2,500枚限定生産

デビュー25周年を飾る19thアルバム。1曲目「マディウォーター」のリミックスからして、ドラムやシンセなどレトロな機材を駆使した音色が新鮮で、これまでの作品とは質感がだいぶ異なる。それを冷たく無機的に響かせる「オモチャの国」では《バンバン土地を売ってあげたりしてる》《文春》の歌詞に息を飲む。温かく有機的に染みてくる「青空ばかり」のあたりで、“Toys Blood Music”のタイトルが腑に落ちるはず。
TEXT:田山雄士

『Searching Red Light』/Eins:Vier

Album 3/14 Release



LIZARD NEO
【流通盤】
LZLN-007 ¥3,000(税抜)
【ライブ会場/通販限定豪華盤(DVD付)】
LZLN-008 ¥12,000(税抜)

昨秋に復活を果たしたEins:Vierの初セルフカバーベスト。2018年バージョンの“懐かしの歌”たちは、あの頃の思い出を壊すことなく、それでいてサウンドは重みを、歌は深みを増してアップデート。UKの香りとポップなエッセンスを持つ色褪せない楽曲たちに、改めて彼らが孤高だったことを実感した。往年のファンはもちろん、当時の彼らを知らないロック好きにぜひとも聴いてほしい。きっと初めて触れる音世界だから。
TEXT:土内 昇



【関連リンク】
斉藤和義、KEYTALK、Nulbarichなど3月上旬から中旬リリースの8作を紹介
斉藤和義まとめ
KEYTALKまとめ
Nulbarichまとめ
BiSまとめ

【関連アーティスト】
斉藤和義, KEYTALK, Nulbarich, BiS, たんこぶちん, 三月のパンタシア, majiko, Eins:Vier
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, okmusic UP\'s vol.162, レビュー, シングル, アルバム

KOKIA、ニューアルバムのジャケ写&収録曲公開
Sat, 24 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年4月にデビュー20周年を迎えるKOKIAが、オリジナルニューアルバム『Tokyo Mermaid』を4月25日にリリースする。今作はベスト盤の選曲と平行して2017年末より制作に入り、進化しつづけるKOKIAならではの感性とサウンドプロデュースにより、実にバラエティに富んだ良質なPOP作品に仕上がっている。

この作品の制作にあたりKOKIAは「20周年の節目にアルバムを出すという機会をいただきました。どんなアルバムになるか創りながら少しずつ形どっていくと、どうやら今回はここ、東京という光に夢を抱いて集まってきた人々の模様を描きたくなりました。まるで宇宙人かと思うような様々な考え方をもつ人々がひしめき合う中、時にはっちゃけたり、時に自暴自棄になったり、時に愉快になったり、時に愚痴を言ってみたり、時に傷ついたり・・・そうした日々の誰かの出来事を切り取ったような曲を集めた夢の集まる街「TOKYO」を舞台に東京で生まれ育った私がお届けします」とアルバムで描くイメージを語っている。

そして、出来上がった今作はシンプルでいてあたたかく、遊び心も随所に感じられ今後のKOKIAの更なるボーダレスな音楽性を感じることができる内容となっている。収録曲にはTVアニメ『魔法使いの嫁』の第6話の挿入歌として書き下ろされた「精霊の舞」も収録。KOKIAの歌声と最高に相性の良いアイリッシュテイストな楽曲は挿入歌としてオンエアされると同時に大きな話題となった。

この作品をリリース後にいよいよデビュー記念日となる4月29日、そしてその30日に東京・初台のオペラシティにて『20周年記念コンサートKOKIA 2018 20years Anniversary Concert〜Beyond Imagination〜』も開催となる。初日は既に完売。30日の公演も残り僅かにてKOKIA 20年の軌跡をお見逃しなく。

■20周年スペシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/kokia/20th/

『KOKIA 2018 20years Anniversary Concert〜Beyond Imagination〜』

4月29日(日) 東京オペラシティ コンサートホール ※SOLD OUT!
4月30日(月・祝) 東京オペラシティ コンサートホール
<チケット>
全席指定¥7,000(税込)
※未就学児童入場不可
※チケット発売中

アルバム『Tokyo Mermaid』

2018年4月25日発売



VICL-64986/¥3,148+税
<収録曲>
01.お化けが怖いなんて
02.Hello
03.天気がいい ビール飲もう
04.Aliens 〜宇宙人わかりました〜
05.Nipponjin
06.笑えない話
07.ピエロの夢
08.私の中の獣
09.精霊の舞
10.tori
11.FURUSATO 〜故郷〜
12.言葉の向こう側
13.音のアルバム
14.最後の眠り



【関連リンク】
KOKIA、ニューアルバムのジャケ写&収録曲公開
KOKIAまとめ
Aimer、フルオーケストラを従えたコンセプトライブ開催決定

【関連アーティスト】
KOKIA
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表

Aimer、フルオーケストラを従えたコンセプトライブ開催決定
Sat, 24 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Aimerが東京と京都の2か所でフルオーケストラを従えたコンセプトライブを開催することを発表した。東京では、なんとスロヴァキア国立放送交響楽団を従え、Bunkamura オーチャードホールにて6月20日と21日の2日間にわたって開催される。“ARIA STRINGS”と題された今回のライブでは、Aimerの様々な楽曲がオーケストラアレンジで披露されるという。

一方、京都は“京都岡崎音楽祭 OKAZAKI LOOPS”にて2017年に開催されたコンセプトライブ『agehasprings produce《node》』の第2弾への出演となる。『agehasprings produce《node》』は東洋と西洋の文化が複合的に交差し、音楽的にもつねに新しいムーブメントを発信しつづける街、京都をコンセプトに、気鋭のクリエイター集団・agehaspringsが京都・岡崎を舞台に文化、音楽の交点“node”をテーマに手がけるライブシリーズ。今回、京都市交響楽団のオーケストラ演奏によってさらに大きなスケールでの展開となり、Aimerのほかに阿部真央が出演し、さらにもう一組のアーティストが参加を予定している。圧倒的な存在感を放つAimerの唄声と、各オーケストラとの融合がいったいどんなものになるのか?これは見逃せそうにない。

なお、各公演チケットの先行受付はAimerモバイルファンクラブ『Blanc et Noir』で3月23日(金)18時よりスタートする。

■【ライブ情報】

『Aimer special concert with スロヴァキア国立放送交響楽団“ARIA STRINGS”』
6月20日(水) Bunkamura オーチャードホール
6月21日(木) Bunkamura オーチャードホール
開場/開演:18:00/19:00
出演:Aimer、スロヴァキア国立放送交響楽団
<チケット>
S席:¥8,500(税込)/A席¥7,500(税込)
Aimerモバイルファンクラブ『Blanc et Noir』先行受付:3月23日(金)18:00〜4月1日(日)23:59
一般発売:4月28日(土)10時

『<京都岡崎音楽祭 OKAZAKI LOOPS > agehasprings produce《node_vol.2》』
6月23日(土) ロームシアター京都 メインホール
開場/開演:15:00/15:30
出演:Aimer、阿部真央、他1組/京都市交響楽団(管弦楽)/岩村力(指揮)
<チケット>
前売¥6,800(税込)/当日¥7,000(税込)
Aimerモバイルファンクラブ『Blanc et Noir』先行受付:3月23日(金)18:00〜4月1日(日)23:59
一般発売:4月21日(土)10時

シングル「Ref:rain / 眩いばかり」

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2252〜2253/¥1,500+税
【通常盤】(CD)
SECL-2254/¥1,250+税
【期間生産限定盤】(CD)
SECL-2255〜2256/¥1,500+税
※「恋は雨上がりのように」描きおろしイラストSPパッケージ
<収録曲>
1.Ref:rain
2.眩いばかり
3.After Rain ?Scarlet ver.-
4.Raining ※Coccoカバー



【関連リンク】
Aimer、フルオーケストラを従えたコンセプトライブ開催決定
Aimerまとめ
阿部真央まとめ
chelmico、デジタルシングル発売&ワンマンライブ開催決定

【関連アーティスト】
Aimer, 阿部真央
【ジャンル】
J-POP, ニュース, チケット

chelmico、デジタルシングル発売&ワンマンライブ開催決定
Sat, 24 Mar 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女性ラップユニット・chelmicoが8ヶ月振りに待望の新曲を5月にデジタルシングルとしてリリースすることを発表した。さらに、このリリースを記念し、5月20日(日)に渋谷 SOUND MUSEUM VISIONにてワンマンライブ『とにかくパーティー2018』 を行うことも発表。ゲストを呼んでの主催ライブは定期的に行ってきたものの、ワンマンライブはなんと2016年12月以来、約1年半振りの開催となるので、『とにかくパーティー2018』というタイトル通り、とにかく気合が入った一夜になることは間違いない。

現在、ふたりは既にアルバム発売に向けたレコーディングもスタートし、当日は新曲披露などのサプライズの演出の可能性も。新たに出来上がった楽曲と共に更に進化したchelmicoが最高のライブショーケースを魅せてくれるであろう。なお、3月24日よりイープラスにてチケット発売がスタートする。ソールドアウト必至の大注目のライブなので、とにかくchelmicoファンは、一足早く手に入れてほしい。

ワンマンライブ『とにかくパーティー2018』

5月20日(日) 渋谷SOUND MUSEUM VISION
<チケット>
前売¥3,000(税込)/当日¥3,500(税込)※D代別¥600
※成人以上でアルコール飲まれる方は要顔写真付身分証明証
一般発売:3月24日(土)10時
受付URL:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002255789P0030001



【関連リンク】
chelmico、デジタルシングル発売&ワンマンライブ開催決定
chelmicoまとめ

【関連アーティスト】
chelmico
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, リリース, 発売, 配信, ヒップホップ, ラップ, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1