歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
きゃりー、インスタでの先行試聴会に10万人以上が参加
Sat, 17 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅがインスタライブで開催したニューシンスグ「きみのみかた」先行試聴会が大盛況で終了した。

きゃりーは冒頭でメジャーリーグで活躍する大谷翔平選手の話題に触れ、「登場するときにファッションモンスターが流れてたってニュースでみたんですけど嬉しいですね〜」とコメント。自身も6月にロサンゼルス公演の予定があり、現地で応援したいと、同世代で海外で大活躍する大谷選手へエールを送った。

楽曲解説では歌詞を自らフリップに書き、丁寧に紹介。サビの<ぼくはきみのみかた 儚い希望か 信じてみないとスタートじゃない>というプロデューサー中田ヤスタカが書き下ろした歌詞に、「(信じてみないとスタートじゃない)本当にそう思う。人を信じて生きていかないと楽しくないから。信じてみてから何かスタートさせることは大切なんじゃないかなぁと、思います。」と強く共感したことを伝え、初めて挑戦したというラップパートをカラオケにのせて披露するなど、大サービスの試聴会に。

最後は内田裕也と「ファッションモンスター」のコラボレーションで話題の日清焼そばU.F.O.のTVCMに登場するハゲタカに扮したきゃりーが、「きみのみかた」の楽曲に合わせて華麗なダンスを披露する一幕もあり、「最強!」「そういうことが好き!」といったコメントが殺到。貴重な30分間となった。このインスタライブの模様は、ライブ終了後から24時間限定で公開中なので見逃した人はチェックを。

新曲「きみのみかた」は現在iTunes Storeで予約注文を受付中。さらに、「ファッションモンスター」などが収録されている『KPP BEST』も、1ヶ月の期間限定プライスダウンキャンペーンにて900円で購入可能となっている。

■きゃりーぱみゅぱみゅInstagram
https://www.instagram.com/kyarypappa

配信シングル「きみのみかた」

2018年4月11日配信スタート



■iTunes予約注文
https://itunes.apple.com/jp/album/kimi-no-mikata/1356567744?app=itunes&at=10l6Y8




【関連リンク】
きゃりー、インスタでの先行試聴会に10万人以上が参加
きゃりーぱみゅぱみゅまとめ
武瑠(ex.SuG)ソロsleepyhead、フルアルバム&東名阪ツアーを発表

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, キャンペーン, 配信

武瑠(ex.SuG)ソロsleepyhead、フルアルバム&東名阪ツアーを発表
Sat, 17 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ソロでの音楽活動を始動させ、初ライヴ『透明新月』で不完全復活を果たしたsleepyhead(武瑠)が、フルアルバム『DRIPPING』を6月20日にリリースすることを発表した。13曲入りの同作は‘million dollar orchestra\'とのコラボ枕カバーに加え、『透明新月』のライヴDVDが付属した超豪華限定BOXの受注販売も行なう。

これと併せ、初の東名阪ツアー『sleepyhead LIVE TOUR 2018“DRIPPING”』の開催もアナウンスされた。 7月6日の下北沢 BasementBar公演を皮切りに、心斎橋FANJ twice、名古屋 ライブホール M.I.Dを回り、7月29日の渋谷WWW X公演がファイナルとなる。

sleepyheadはクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」にて『CAMPFIRE×sleepyhead企画‘mission 0 sleepyhead 秘密結社 S.A.C.T.を発足せよ!\'』を募集期間の終了を待たず即日目標達成したばかり。ツアーチケットは‘FCならぬAC\'発足次第、先行販売が行われる予定だ。

アルバム『DRIPPING』

2018年6月20日発売



SACT-0002/¥3000+税

■アルバム限定BOX受注販売特設サイト
http://shop.million-d-orchestra.com/?tid=13&mode=f3


【ライヴ情報】

『sleepyhead LIVE TOUR 2018“DRIPPING”』
7月06日(金) 東京・下北沢BasementBar
7月21日(土) 大阪・心斎橋FANJ twice
7月22日(日) 愛知・名古屋 ライブホール M.I.D

『sleepyhead LIVE TOUR 2018 FINAL “Hole”』
7月29日(日) 東京・渋谷WWW X



【関連リンク】
武瑠(ex.SuG)ソロsleepyhead、フルアルバム&東名阪ツアーを発表
sleepyheadまとめ
武瑠まとめ
SuGまとめ
THE BACK HORN、「Running Away」ロングVer.&「がんじがらめ」MV公開

【関連アーティスト】
sleepyhead, 武瑠, SuG
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, CD, アルバム, ツアー

THE BACK HORN、「Running Away」ロングVer.&「がんじがらめ」MV公開
Sat, 17 Mar 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE BACK HORNのミニアルバム『情景泥棒』から「Running Away」「がんじがらめ」のMVが公開された。暗闇の中、サーチライトに照らされ演奏しているメンバーの姿が印象的な「Running Away」の監督は、宇多田ヒカルとの共同プロデュースが話題となった「あなたが待ってる」、昨夏のシングル「孤独を繋いで」に続き、映像作家の田辺秀伸が務めている。 また、「がんじがらめ」は菅波栄純(G)が作成した映像に、山田将司(Vo)がリリックビデオ風に歌詞をつけたものになっている。

THE BACK HORNは『「KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編」〜情景泥棒〜 』を3月20日にZepp Tokyo、3月24日にZepp Osaka Baysideで開催。さらに、『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜 』を4月1日から行なう。

ミニアルバム『情景泥棒』

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1338/¥3,200+税
<収録曲>
■CD
01.Running Away
02.儚き獣たち
03.閃光
04.がんじがらめ
05.情景泥棒
06.情景泥棒〜時空オデッセイ〜
07. 光の螺旋
■DVD
〈『KYO-MEIワンマンライブ〜第三回夕焼け目撃者〜』Live at 日比谷野外大音楽堂〉
01.シリウス
02.声
03.ひょうひょうと
04.晩秋
05.コワレモノ
06.アカイヤミ
07.枝
08.覚醒
09.孤独を繋いで
10.シンフォニア
11.何処へ行く
12.グローリア



【通常盤】(CDのみ)
VICL-64966/¥2,000+税
<収録曲>
01.Running Away
02.儚き獣たち
03.閃光
04.がんじがらめ
05.情景泥棒
06.情景泥棒〜時空オデッセイ〜
07. 光の螺旋

【ライヴ情報】

THE BACK HORN 20th Anniversary『「KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編」〜情景泥棒〜』
3月20日(火) 東京・Zepp Tokyo
3月24日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside

THE BACK HORN 20th Anniversary『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜』
4月01日(日) 愛知・Zepp Nagoya
4月06日(金) 宮城・仙台PIT
4月08日(日) 北海道・Zepp Sapporo
4月15日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
4月20日(金) 新潟・LOTS
5月13日(日) 福岡・DRUM LOGOS



【関連リンク】
THE BACK HORN、「Running Away」ロングVer.&「がんじがらめ」MV公開
THE BACK HORNまとめ
GENERATIONS、新曲が中村アン主演ドラマの主題歌に

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム, ツアー

GENERATIONS、新曲が中村アン主演ドラマの主題歌に
Sat, 17 Mar 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GENERATIONS from EXILE TRIBEの新曲「また、アシタ」が、中村アンが連ドラ初主演を務める読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマF『ラブリラン』に起用された。

『ラブリラン』の原作は雑誌『Kiss』で連載された天沢アキの漫画作品。中村アン演じる主人公南さやかが記憶喪失になり、15年間思い続けている大谷亮平演じる鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲していた古川雄輝演じる町田耕平との間で揺れ動く恋心を描き、「Finding(発見)」がテーマとなっている。
 
新曲「また、アシタ」のリリースは未定だが、オフィシャルHPで試聴可能となっている。

■【コメント】

■片寄涼太(Vo)
「この度、僕たちの新曲『また、アシタ』をドラマ『ラブリラン』の主題歌に起用していただくことになり、大変嬉しく光栄に思います。この『また、アシタ』は短い春の訪れの儚さと暖かさを感じさせる楽曲で過ぎていく日々の中、同じ寂しさやもどかしさを感じていた2人が出会い、そして生まれた恋を描いています。せつなさの中に情熱や暖かさが滲んでいて、不安を希望に変えてくれる『また、アシタ』という言葉の力強さが印象的な不器用でぎこちない、けれど熱い想いを描いたラブストーリーとなっています。GENERATIOSにとって今までとはまた一味違う、新しいタイプのバラードになっています。この楽曲でドラマを盛り上げていければと思いますので、4月からスタートする『ラブリラン』是非楽しみにしていてください!』

■番組プロデューサー
「ラブリランの主題歌のイメージは、主人公のさやかが記憶喪失になり、過去の自分と今の自分の変化に戸惑いながらも、好きな人と結ばれるために一生懸命に恋する切なさを表現した『心に刺さる曲』にしたいと思ってました。今最も勢いのあるグループであるGENERATIONSさんに主題歌を担当して貰えれば、多くの人の心に刺さる楽曲になるに違いないと確信してオファーさせて頂きました」

読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマF『ラブリラン』

2018年4月5日(木)23 :59スタート
出演者:中村アン/古川雄輝/片瀬那奈(特別出演)/大政絢/大谷亮平 他



【関連リンク】
GENERATIONS、新曲が中村アン主演ドラマの主題歌に
GENERATIONS from EXILE TRIBEまとめ
尾崎裕哉、SKY-HIコラボ曲リリース&東名阪ツアーの新ビジュアル公開

【関連アーティスト】
GENERATIONS from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, TVドラマ, 主題歌

尾崎裕哉、SKY-HIコラボ曲リリース&東名阪ツアーの新ビジュアル公開
Sat, 17 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

尾崎裕哉とSKY-HIとのコラボレーション曲「ハリアッ!! feat. SKY-HI & KERENMI」が4月25日に配信リリースされる。

この楽曲は現在配信中のSKY-HIの『ベストカタリスト -Special Edition EP-』に収録されている同名曲の別バージョン。新鋭トラックメイカーKERENMIによるトラックはそのままに、尾崎のボーカルが加わり、 より軽やかなサウンドへとアップデートされている。

さらに、東名阪で開催される尾崎裕哉のツアー『Beyond All Borders Tour 2018』のチケット一般発売がスタート。これにあわせ、写真家の小浪次郎が撮影した新たなるアーティスト写真とYOSHIROTTENがデザインしたツアーのメインビジュアルが公開された。

配信楽曲「ハリアッ!! feat. SKY-HI & KERENMI」

2018年4月25日配信スタート

『Beyond All Borders Tour 2018』

5月14日(月) 東京・恵比寿LIQUID ROOM
5月15日(火) 東京・恵比寿LIQUID ROOM
5月17日(木) 愛知・名古屋ボトムライン
5月25日(金) 大阪・BIG CAT
※チケット枚数制限は4枚
※学割チケットは入場時に有効な学生証の提示が必要となります。



【関連リンク】
尾崎裕哉、SKY-HIコラボ曲リリース&東名阪ツアーの新ビジュアル公開
尾崎裕哉まとめ
SKY-HIまとめ
KERENMIまとめ
9mm、3年ぶり『カオスの百年』はワンマンツアー! (マル秘)新曲CD付チケットも用意!

【関連アーティスト】
尾崎裕哉, SKY-HI, KERENMI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 配信, ヒップホップ, ツアー

9mm、3年ぶり『カオスの百年』はワンマンツアー! (マル秘)新曲CD付チケットも用意!
Sat, 17 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9mm Parabellum Bulletが2015年以来約3年ぶりとなる自主企画『カオスの百年』でワンマンツアーを開催することを発表した。

5月27日に日比谷野外音楽堂で行なわれる『カオスの百年vol.12』に続き実施されるこのツアーは、自称“9mmの日”である9月9日のZepp Sapporo公演からスタートし、全国5都市で開催。2017年末に“BABELスタイル”を完結させ、2018年から滝善充(G)が出演するライヴが徐々に増えていく中でのワンマンツアーに期待したい。

さらに今回“(マル秘)新曲CD付”とのチケットも用意。(マル秘)新曲CD付チケットの先行受付は、3月16日22時から9mmMOBILEでスタートする。

『9mm Parabellum Bullet presents カオスの百年TOUR 2018』

9月09日(日) 北海道・Zepp Sapporo
9月15日(土) 宮城・仙台PIT
9月23日(日・祝) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9月24日(月・祝) 愛知・Zepp Nagoya
9月28日(金) 東京・Zepp Tokyo
9月29日(土) 東京・Zepp Tokyo



【関連リンク】
9mm、3年ぶり『カオスの百年』はワンマンツアー! (マル秘)新曲CD付チケットも用意!
9mm Parabellum Bulletまとめ
鈴木茂×林立夫×猪野秀史×ハマ・オカモトが5都市ツアー開催

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー

鈴木茂×林立夫×猪野秀史×ハマ・オカモトが5都市ツアー開催
Sat, 17 Mar 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本ロック史が誇るギタリスト・鈴木茂(Tin Pan、ex.はっぴいえんど)、日本音楽シーンを代表するドラマー・林立夫(Tin Pan、AFTER SCHOOL HANGOUT)、フェンダーローズの異才・INO hidefumiこと猪野秀史、ロックバンドOKAMOTO\'Sのベーシスト・ハマ・オカモトという、豪華かつ、実力派ミュージシャンによる布陣で贈る全国ツアー『鈴木茂×猪野秀史 Special Support with 林立夫&ハマ・オカモト〜Tour 2018〜』が6月12日から開催される。

このツアーは、過去2回不定期で開催されていた同名ビルボードツアーを、規模を拡大して実施するもの。Billboard Live TOKYO、名古屋ブルーノート、Billboard Live OSAKA、愛媛・LIVE&Bar風来坊、高松TOONICEの5ヶ所をまわる。

鈴木茂×猪野秀史 Special Support with 林立夫&ハマ・オカモト〜Tour 2018〜

6月12日(火) 東京・Billboard Live TOKYO
[1stステージ] 開場17:30 / 開演19:00
[2ndステージ] 開場20:45 / 開演21:30
6月19日(火) 愛知・名古屋ブルーノート
[1stステージ] 開場17:30 / 開演18:30
[2ndステージ] 開場20:30 / 開演21:15
6月20日(水) 大阪・Billboard Live OSAKA
[1stステージ] 開場17:30 / 開演18:30
[2ndステージ ]開場20:30 / 開演21:30
6月21日(木) 愛媛・LIVE&Bar風来坊
開場18:30 / 開演19:30
6月22日(金) 香川・高松TOONICE
開場18:30 / 開演19:00



【関連リンク】
鈴木茂×林立夫×猪野秀史×ハマ・オカモトが5都市ツアー開催
鈴木茂まとめ
林立夫まとめ
猪野秀史まとめ
ハマ・オカモトまとめ

【関連アーティスト】
鈴木茂, 林立夫, 猪野秀史, ハマ・オカモト, INO hidefumi
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー

コブクロ、ニューシングル収録曲の「バトン」を先行配信リリース
Sat, 17 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コブクロが4月11日にリリースするニューシングル「ONE TIMES ONE」の収録曲「バトン」が各配信サイトで先行リリースされた。現在小野薬品300周年TVCMイメージソングとして放映中のこの楽曲は、“命のバトン”をテーマに書き上げたもので、コブクロらしい温かみのある楽曲に仕上がっている。

そして、iTunes Storeでは配信シングル「ONE TIMES ONE」のプレオーダーもスタート。 iTunes Storeで6曲入りシングルをまとめて購入すると、昨年ツアーのために作った新曲として披露してい楽曲「君になれ」の東京国際フォーラム公演のライヴ映像およびコメントムービーが特典映像として入手できる。なお、「ONE TIMES ONE」を予約すると「バトン」はすぐにダウンロード可能となる。

また、「君になれ」のダウンロードは3月28日、「ONE TIMES ONE」と特典映像のダウンロード4月11日より可能となる。

■シングル「ONE TIMES ONE」特設サイト
http://emtg.jp/feature/kobukuro_single2018/

配信シングル「ONE TIMES ONE」

2018年4月11日配信スタート



¥900
<収録曲>
1.ONE TIMES ONE
2.バトン
3.君になれ
4.ONE TIMES ONE(Instrumental)
5.バトン(Instrumental)
6.君になれ(Instrumental)


シングル「ONE TIMES ONE」

2018年4月11日発売



【初回限定盤】
WPCL-12858/¥1,800+税
※激レアLIVE 音源5曲付き
※“ONE TIMES ONE”タトゥーシール封入
<収録曲>
1.ONE TIMES ONE
2.バトン
3. になれ
4.君という名の翼
5.蒼く 優しく
6.心
7.蕾(LIVE from 2017.10.28 東京ドーム)
8.STAGE Acoustic ver.(LIVE from 2016.6.7 シダックスカルチャーホール)
9.ONE TIMES ONE(Instrumental)
10.バトン(Instrumental))
11.君になれ(Instrumental)

【通常盤】
WPCL-12857/¥1,204+税
<収録曲>
1.ONE TIMES ONE ※アサヒもぎたて CMソング
2.バトン 子mr小野薬品300周年TV−CMイメージソング
3.君になれ
4.ONE TIMES ONE(Instrumental)
5.バトン(Instrumental)
6.君になれ(Instrumental)

◎店舗購入特典
特製ポケットカレンダー

■事前予約はこちら
https://kobukuro.lnk.to/otopr



【関連リンク】
コブクロ、ニューシングル収録曲の「バトン」を先行配信リリース
コブクロまとめ
『LUNATIC FEST. 2018』にBRAHMAN参戦!

【関連アーティスト】
コブクロ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, 配信

『LUNATIC FEST. 2018』にBRAHMAN参戦!
Sat, 17 Mar 2018 12:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAが主催する音楽イベント『LUNATIC FEST. 2018』の出演者第2弾が解禁! BRAHMANの参戦が発表された。

東日本大震災後の活動を通じて交流を深めていたというTOSHI-LOW(Vo)とSUGIZO。SUGIZOソロ作品でのコラボレーションを経て、今回同イベントのステージで共演するまでに至った。なお、BRAHMANはイベント2日目となる6月24日に出演する。

現在特設サイトではチケット先行受付を実施中。こちらも要チェックだ。

■『LUNATIC FEST. 2018』

6月23日(土) 千葉・幕張メッセ
6月24日(日) 千葉・幕張メッセ
<出演>
【23日】
シド/女王蜂/DIR EN GREY/The BONEZ/LUNA SEA/LUNACY(オープニングアクト)and more
【24日】
AA=/OLDCODEX/THE ORAL CIGARETTES/BRAHMAN/MUCC/lynch. /LUNA SEA/LUNACY(オープニングアクト)and more

OPEN 9:30 / START 11:00 / END 20:00(予定) ※両日共通
一般チケット料金:【1日券】¥15,500(入場チケット¥15,000+ドリンク代¥500/税込)
各プレイガイドチケット一般発売:6/2(土) AM 10:00〜
特設サイトにてチケットHP先行販売受付中!



【関連リンク】
『LUNATIC FEST. 2018』にBRAHMAN参戦!
BRAHMANまとめ
LUNA SEAまとめ
THA BLUE HERB、結成20周年記ライヴDVDのトレーラー公開

【関連アーティスト】
BRAHMAN, LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブ

THA BLUE HERB、結成20周年記ライヴDVDのトレーラー公開
Sat, 17 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THA BLUE HERBのライヴDVD『20YEARS, PASSION & RAIN』が4月11日にリリースされる。同作は2017年10月29日に日比谷野音で行なわれた結成20周年のワンマンライヴを収録したもので、荒れ狂う台風の中で実施された3時間15分のステージがノーカットで収められている。監督は川口潤が務めた。

チケットは前売券、立見席ともにソールドアウトし、客席は3000人のファンで埋め尽くされた。すさまじい雨量を前にしたTHA BLUE HERBは「AME NI MO MAKEZ」を演じ、「スクリュードライマー」「未来世紀日本」「路上」「CANDLE CHANT」といった、20年の歴史の中でフル尺で演奏されることのなかった、ほとんどのオーディエンスにとってライヴ初見となる曲をパフォーマンス。加えて『愛別EP』収録の新曲、そしてこれまで何度となくアップグレードされてきたライヴの定番曲を歌唱。ゲストのJERRY "KOJI" CHESTNUTSとB.I.G. JOEの助力とともに、降りしきる雨に抗いながらライヴを続行した。

なお、初回店頭特典としてステッカーが付属することも決定。詳細は各店舗で確認しよう。

DVD『20YEARS, PASSION & RAIN』

2018年04月11日発売



TBHR-DVD-008/¥4,167+税
※初回生産分のみデジトールケース、無くなり次第通常トールケースに切り替わります



【関連リンク】
THA BLUE HERB、結成20周年記ライヴDVDのトレーラー公開
THA BLUE HERBまとめ
ERRY "KOJI" CHESTNUTSまとめ
B.I.G. JOEまとめ
バンドじゃないもん!、GYAO!で2017年の日本青年館ライブを完全無料配信

【関連アーティスト】
THA BLUE HERB, ERRY "KOJI" CHESTNUTS, B.I.G. JOE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, DVD, ヒップホップ

バンドじゃないもん!、GYAO!で2017年の日本青年館ライブを完全無料配信
Sat, 17 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が2017年12月25日(月)に日本青年館ホールで開催した『バンドじゃないもん!パーフェクトピースコンサート2017〜日本青年館にSEY YES!を〜』の映像をメンバーの生コメンタリーと共に、3月22日(木)19:00よりGYAO!で完全独占生配信することが決定した。初の生バンドを携えて行われた初のホールツアーのファイナルというメモリアルなライブを完全無料配信となる。生配信終了後にはそのLIVE映像の完全版をGYAO! にて独占特別公開予定だ。見逃さないようにしてほしい。

GYAO! MUSIC LIVE『バンドじゃないもん!「バンドじゃないもん!パーフェクトピースコンサート2017〜日本青年館にSEY YES!を〜」』

3月22日(木)19:00〜
視聴URL:https://gyao.yahoo.co.jp/special/musiclive/
※放送開始時間は予定となります。前後する可能性がございますのであらかじめご了承ください。



【関連リンク】
バンドじゃないもん!、GYAO!で2017年の日本青年館ライブを完全無料配信
バンドじゃないもん!まとめ
A9、ホワイトデーライブで「UNREAL」MVショートVer.を公開

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, 配信, ライブ

A9、ホワイトデーライブで「UNREAL」MVショートVer.を公開
Sat, 17 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

A9が3月10日に東京・SELENE b2にて『White Day LIVE 2018「白の間」』を開催。このライブの終演後に、4月25日に発売するニューアルバム『PLANET NINE』から、前作シングル「F+IX=YOU」に続きKen(L\'Arc〜en〜Ciel)をプロデューサーに迎えて制作したリード曲「UNREAL」のMVのショートバージョンを集まったファンに初公開した。

先月、同会場で開催した『Valentine\'s Day LIVE 2018「赤の間」』はファンクラブ限定、シッティングチケットだったが、この日は完全スタンディング。チケットも一般発売され、場内は開演前から満員の観客の熱気に包まれた。SEが響くなか、Nao(Dr)から順番にスーツ姿でビシッときめたメンバーが登場。ホワイトデーに合わせて「WHITE PRAYER」でライブは幕開け。「みんな、もっと声出せるでしょ?」。将(Vo)の告げたその一言から、ライブは急激に加速。“oi,oi"と叫ぶフロアの声が明らかに大きくなり、みんなで人差し指を天に掲げ「Le Grand Blue」へ。VJが手がけた映像のなかに桜の花びらがひらひら舞った「闇ニ散ル桜」は、沙我(Ba)のベースラインが心地よいうねりを生むなか、観客たちがフロントめがけて何度も逆ダイを繰り返し、間髪入れずに始まった「-DICE-」ではフロアが左右真っ二つに分かれてモッシュへ。という具合に、この日のライブは序盤からステージ上の5人もフロアも終盤並みのテンションで、熱いパフォーマンスを展開。のっけからカオスな盛り上がりを見せるファンを真っ先に讃えた将は、自分も暴れすぎて、この日のために用意したイギリスのブランドもののスーツが、すでに破けそうだと告白。「今日の私のパンツは赤ですが。ホワイトデーなのに(笑)。見えてもなにも見なかったことにして!」といってファンの笑いを誘う。カッコつけているように見えて、最近さらにやる音楽もライブも自由度を増してきたA9。こんなお茶目な彼らが見えるたびにファンが一喜一憂するなか、ライブはテンポよく進行。中盤に突入しても、まだまだ勢いは止まらない。

虎(Gt)の速弾きのあと、そこにヒロト(Gt)が音を重ね力強いツインリードが炸裂していったドラマチックなヘヴィーチューン「the Arc」に続け、MVではメンバーが真っ白い衣装を着てパフォーマンスしていた「Spiegel」を連発。バンドアンサンブルがスリリングにからみあい、緊迫感あるプレイで聴かせていく濃密な2曲でフロアを圧倒したあとは、スピーディーな「開戦前夜」を畳み掛け、躍動感あるこの曲で全員でぶちあがるようにスパークしていった。こうして、場内に熱気が渦巻いたところで、この日集まったファンとの絆をさらに深めるように心を込め、彼らは「9th Revolver」〜「朱い風車」を続けてアクト。「朱い風車」では将に「みんな歌うまっ!」、「もっと聴いていたい」といわしめるほど、ファンが一丸となり、アカペラで美しいシンガロングを届け、場内に多幸感を生み出していった。その温かい合唱に対して感謝を述べ、「それでは俺たちからみんなへのホワイトデーのお返しを」という将のコメントに続いて、舞台のフロントには5本のマイクスタンドがセットされる。それを見て観客たちはそわそわ。バレンタインデーライブで嵐の「Love so sweet」をカバーし、ファンを狂乱させた彼らは、この日はなんとLUNA SEAの名バラード「I for You」を5人でマイクリレーしながら本気で熱唱。バンドでありながらも、あえて5人で歌うというスタイルでファンへの愛をしっかりと届けたあとは、彼らが楽器を離れてパフォーマンスするというA9の新たなスタイル。その可能性を切り開いたといってもいい画期的なダンスナンバー「UNDEAD PARTY」を楽しそうに歌い踊って、フロアをみるみる沸かせていった。バンドでありながらも、こんなことが自由にできて、しかもそれをメンバー自ら楽しんでやっているところは、いまのA9の強みだ。このあとは再びバンドモードに戻り、ラストを「MEMENTO」でびしっと締めくくって本編は終了した。

アンコールで再登場した彼らは、将から「学生の頃のホワイトデーの思い出は?」という質問が上がり、虎は「貰ってねぇから返してねぇよ」と即答。ヒロトは「縁がなかった」といい、Naoは「貰えなくてもみんなが俺の魅力を分かってないだけって思ってた」と当時を振り返った。「なんで俺らモテなかったんだろう?」と将がいうと、虎が「足が遅かったからじゃね?」と再び即答。「そうそう! 小学生は足が速い子がなぜかモテるんだよ」と沙我がいい「小学生の頃太ってた人?」と続けると、無言で虎と将とヒロトが挙手。「俺はその頃から“痩せたらカッコいいのに”っていわれ続けてるわ」と自虐的に笑顔でいい放つ虎に、メンバーもファンも爆笑。和気あいあいとした雰囲気に場内が包まれたところでアンコールのパフォーマンスへ。そのなかで、アルバム制作期間にこうしてバレンタイデー、ホワイトデーとライブができたことが「よかった」と集まったファンに話しかけた将。

「いつも俺たちがみんなを引っ張っていかなきゃと思ってるんだけど、こうしてみんながいてくれることで、俺らは呼吸ができて“生きてる”ことを実感できてます。本当にありがとう。5月からのツアーでは、みんなのことをとことん幸せにしてやるから。言葉にできない思いをこの曲にのせて最後に届けて、またみんなに会いたいなと思ってます」(将)

新しく始まるツアーでの再会を約束したあと、最後に彼らがこの日届けたのは「すべてへ」だった。場内いっぱいに彼らがファンを思う心、ありがとうという感謝の気持ちとともに、辛いとき、悲しいとき、絶対に僕らがそばにいるからというメッセージが広がり、ライブは感動に包まれたまま幕を閉じた。「このあと、少しだけサプライズプレゼントがあるから。楽しみにしてて下さい」と将がいい、メンバーが舞台を去ると、照明が暗転。A9のロゴマークに続いて、まだ誰も見たことも聴いたこともない新曲「UNREAL」のMVがタイトル告知もなく流れ出すと、ファンは驚き、半狂乱状態に。将に続いて沙我がカッコよくラップする姿がアップで映し出され、悲鳴があがるなか、MVは途切れ、客電がついた。

この日流れたMVは、4月25日に発売するA9のニューアルバム『PLANET NINE』のリード曲となるもので、シングル「F+IX=YOU」に続き、Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)プロデュースの楽曲となる。前作に反して、こちらはあやしいシンセとねっとりとした将のヴォーカル、哀しいギターフレーズとリズムがダークに熱く絡み合うなかに、クールな沙我のラップをフィーチャーした楽曲になっている。次にリリースされるニューアルバムはいったいどんなものになっているのか。そこへの期待感は高まるばかり。また、こちらの「UNREAL」は日本テレビ系『バズリズム02』4月エンディングテーマとして放送される。

そうして、気になるニューアルバムのタイトルが『PLANET NINE』であるということ。また、5月4日から始まる全国ツアーが『「STARWAY TO MOON」?月への招待?』、『「STARWAY TO MARS」?火星への招待?』と、前半/後半で異なった惑星がらみのタイトルがつけられていること。そのスケジュールのなかで、メンバーの誕生日がマークされていること。さらに、このツアーファイナルとして8月25日にいつもの新木場STUDIO COASTで行なう14周年記念公演までもが『「ALICE IN CASTLE」?星の王子と月の城?』と星、月をフィーチャーしたタイトルで行われることも含め、アルバム『PLANET NINE』に合わせて、A9がこれからメンバー、ファンとともに9番目の新しい惑星の物語をみんなで一緒に作っていこうとしていることが分かる。これまでも銀河、星など天体にまつわるモチーフをたくさん楽曲に織り込んできた彼らだからこそ、ニューアルバム、次のツアーを通して、どんな9番目の新しい惑星を描き出すのかが楽しみで仕方ない。

Photo by Miki Fujiwara

【ライブ情報】

■『A9 ONEMAN TOUR 2018』
4月25日(水) 高田馬場AREA ※FC限定公演

■『「STAIRWAY TO MOON」-月への招待-』
5月04日(金・祝) EX THEATER ROPPONGI ※ヒロトBD
5月19日(土) 水戸LIGHT HOUSE
5月20日(日) 宇都宮HEAVEN\'S ROCK VJ-2
5月25日(金) 仙台darwin
5月26日(土) 盛岡CLUBCHANGE WAVE
6月02日(土) 岐阜ROOTS
6月03日(日) 京都FAN J
6月05日(火) 高松DIME
6月07日(木) 広島SECOND CRUTCH
6月09日(土) 熊本B.9 V1
6月10日(日) 鹿児島SR HALL
6月16日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
6月23日(土) 新潟NEXS
6月24日(日) 郡山CLUB#9 ※沙我BD

■『「STAIRWAY TO MARS」-火星への招待-』
7月05日(木) 福岡DRUM Be-1 ※将BD
7月07日(土) 大分DRUM Be-0
7月08日(日) 愛媛サロンキティ
7月10日(火) 松江AZTiC canova
7月11日(水) 岡山IMAGE
7月13日(金) 大阪BananaHall
7月14日(土) 浜松窓枠
7月16日(月・祝) 名古屋E.L.L.
7月21日(土) 金沢AZ
7月22日(日) 長野LIVE HOUSE J
7月28日(土) 函館CLUB Cocoa
7月29日(日) 札幌PENNY LANE24 ※Nao BD

■TOUR FINAL 14th ANNIVERSARY LIVE『「ALICE IN CASTLE」-星の王子と月の城-』
8月25日(土) 新木場STUDIO COAST

アルバム『PLANET NINE』

2018年4月25日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
NINE-0019
【通常盤】(CD)
NINE-0020
全10曲収録予定/詳細後日発表



【関連リンク】
A9、ホワイトデーライブで「UNREAL」MVショートVer.を公開
A9まとめ
INNOSENT in FORMAL、1stミニアルバム発売決定&収録曲「Footloose」MV公開

【関連アーティスト】
A9
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, ライブレポ

INNOSENT in FORMAL、1stミニアルバム発売決定&収録曲「Footloose」MV公開
Sat, 17 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ニューミクスチャーカートゥーンバンド・INNOSENT in FORMALが、初の全国流通盤となる1stミニアルバム『INNOSENT 0 〜The night late show〜』を4月25日(水)にリリースすることを発表! さらに、収録曲「Footloose」のMVを公開した。MVは、3DCGで作られたメンバーが歌詞に合わせて踊るシーンを中心にバンドの楽曲の世界観が凝縮された映像になっている。また「Footloose」はアレンジャーにCurren $ y、Dom Kennedy、Mac Miller、Action Bronson、Chance The Rapperなどのラッパーに楽曲提供をしている日本大好きのアメリカ人ラッパー・サウンドプロデューサーのBrandun DeShay a.k.a Ace Hashimoto(ex. 米ヒップホップ集団Odd Futureのメンバー)を起用しているとのこと。また、TAKE (FLOW)、ササノマリイ、古川貴之 (THE PINBALLS)からリリースを祝福するコメントが発表されている。

今作のリリースに先駆けて、3月16日(金)よりiTunesでの単曲購入に加えて、Apple Music/Spotifyで先行配信もスタート! MVやコメントと併せてチェックしてほしい。

■【コメント】

■FLOW TAKE
「ミニアルバム「INNOSENT 0」リリースおめでとうございます。
どーも 先日対バンさせていただいたFLOW ギターのTAKEです。
LIVE気持ちよかったー。ステージ上に大きな熊のぬいぐるみとチュッパチャップスの山が飾られている世界観にはビックリしましたが、
どこかけだるいブルージーでFUNKYなサウンドに「エバーグリーンでいたい」と普遍的な芯の強いリリックが踊る。
都会的であり、それでいて牧歌的なサウンドスケープは懐かしくもあり新しい。
音の渦に酔いしれぜひ生で体験し、身体を揺らしてみては。
学生時代に我々の「GO!!!」等をカヴァーしてくれてたみたいだけどどう転がればこんなにオシャレになれるんだ!? 」

■ササノマリイ
「1stミニアルバムリリースおめでとうございます!
今回One for Youのアレンジで参加させて頂き、とても嬉しく思います。
僕にとってのINNOSENT in FORMALは、懐かしくも新しく、ナーバスで力強い、迷った時の心の拠り所のようなものに感じています。
聴きながら外に出たら外の世界が少し楽しく見えそうです。 」

■THE PINBALLS 古川貴之
「「詩を朗読する」という行為と
ビートにのせて リズミカルに言葉をたたみかける ヒップホップカルチャーのMCには
非常に共通するものがある
僕は詩が好きだし
詩を愛する人が好きだし
言葉が好きな人が好きなので
常日頃から、カッコイイMCには尊敬と憧憬の念を抱いている
Rage Against the MachineのZackを中学生の時に知った時、
あのかっこよさを、どう表現したらいいかわからなかった
僕にRageを教えてくれた先輩や
世の音楽雑誌はこれがミクスチャーだよ、とか
レベル(反抗)ミュージックなんだ、とか
色んな言葉で、彼らの素晴らしい音楽を表現しようとしていた
僕にはその言葉たちが どれも正しいようにも
間違っているようにも聞こえた
僕は(分類上の意味では)間違っているのはわかっていたけど、心のなかでは本気で思っていた
ひょっとして、これって、
これが、
これこそが
ロックンロールなんじゃないのか?と
それは、いわゆる音楽の形態の話ではなく
最大級の賛辞として。
その時の僕は
ロックンロールが何か、よく知らなかったので、そう思った

でも、僕は今でも
あの時感じた事は間違ってないと思っている
本当に素晴らしいものを見つけると
今でも僕は
ああ、ロックンロールだな、と思う
なんか全然よくわからないけど、ああ!ロックンロールだな!と
だから僕はヒップホップの音楽を聴いて、感動する事があるとロックンロールだな、と思う
ロックンロールの音楽を聴いて、感動すると、やはり、ロックンロール!と叫んだりしている
自分でも、どうしようもない奴だとわかってはいるけれど、そういう風に感じてしまう

僕は
INNOSENT in FORMAL
の音楽はロックンロールだと思った

ぽおるすみす
のひねくれたように意外なんだけど
同時に自然な調和をもたらすハッとするメロディライン
CANDY MANの とにかく心地よいメロウなカッティングから、男らしく芯の通ったフレーズまでギターの気持ち良さを堪能させてくれるプレイも
Kuni the ripperの タフでハードボイルドなベースも(特にSlow danceは気持ちがいい)
TOY BOYのアッパーな曲もスロウな曲も自然と身体を動かしたくなるグルーヴィーなリズムも
僕はロックンロールだ!なんて興奮してしまっている」

ミニアルバム『INNOSENT 0 〜The night late show〜』

2018年4月25日発売



NBPC-0053/¥1,944+税
<収録曲>
■CD
1.Introduction
2.Footloose
3.I wanna...
4.Night cruising
5.One for you
6.日向が少ないこの街で
7.Sex, Drug&Rock\'n\' Roll
8.Slow dance

<先行配信中>
■iTunes https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1357515152?app=itunes
■Apple Music https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1357515152?mt=1&app=music
■Spotify http://open.spotify.com/album/0lzRrkO1JEEmjMyItJHXtU



【関連リンク】
INNOSENT in FORMAL、1stミニアルバム発売決定&収録曲「Footloose」MV公開
INNOSENT in FORMALまとめ
CROWLEY、5月5日に名古屋にて復活ライブを開催!

【関連アーティスト】
INNOSENT in FORMAL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, リリース, 発売, ミニアルバム

CROWLEY、5月5日に名古屋にて復活ライブを開催!
Sat, 17 Mar 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年6月に正式に再始動を表明。本格的なライブ活動を前に、同年9月にリリースしたアルバム『NOCTURNE』は、CROWLEYの復活を聞きつけたファンや、伝説が動き出したことに興味を示した新しいファンたちの強い興味関心から、売り切れ店が続出。早くも、入手困難なレアーアイテムと化している。一度、活動へ終止符を打つまでも…何時だって、CROWLEYの作品は入手困難さを極めていた。そう考えたら、今回もCROWLEYらしい現象と言えようか。

アルバム『NOCTURNE』は、過去に発表した楽曲の数々を英詞バージョンで新録した形で構築されていた。と言うのも、当初CROWLEYは海外ツアーを皮切りに本格的な再始動の準備を行えば、海外マーケット向けに作品を提示しようという狙いから、全編英詞曲として新たに録音を行った経緯がある。残念ながら海外公演は、国外プロモーターの失踪からたち消えに。とはいえ、『NOCTURNE』という名盤を生み出したことや、海外ツアーの話がCROWLEYが再始動するきっかけとなったように、ここはあえて怪我の功名と受け止めようか。ご存じの方も多いだろうか、CROWLEYは2017年12月30日に『Crowley Warm Up GIG』と称し名古屋 ell.FITSALLでワンマン公演を開催。この日に合わせ、全国各地からCROWLEYの雄姿を瞼に焼き付けようと、大勢の信者たちが生地・名古屋へ集結。もちろん、チケットも完売させた。

その反響の高さや、これからの活動への飛躍のため、CROWLEYは新たなライブを発表。それが、5月5日(土)にElectric Lady Landで行う『The Evil Returns〜CROWLEY復活!!〜』になる。今回、会場の規模を大きくしたのも、ウォームアップライブのチケットを手に出来なかった人たちも手にしやすい環境を考慮してのこと。すでに、チケットは販売中。チケットに多少の余裕があるとはいえ、直前まで迷っていると、前回のように入手出来なくなる可能性も高いように、まだ余裕を持てている今の時期にチケットを入手しておくことをお勧めしたい。むしろ、CROWLEYファンなら足を運ばずにいれるわけがない。何故なら、今や入手不可能となっている幻のアルバム『Whispe of the Evil』とシングル「The Scream of Death」、加えて未発表デモ音源1曲を加え、全10曲入りのアルバムとして、当日会場限定盤が発売になるんだもの。 当時は、アルバム『Whispe of the Evil』とシングル「The Scream of Death」の両作品ともビニール盤だった。しかも、今やコレクターズアイテムとなっている2作品を1枚にパッケージしたうえに、未発表デモ音源『Love Story (1984 demo)』を加えた形での初のCD化となる。これだけでも、ファンには失神するほどの大ニュースだ。しかもこの作品を、5月5日(土)のElectric Lady Land公演で先行発売する。

オフィシャルサイトへは、「5月5日のライヴ会場にて先行販売される『Whisper of the Evil Premium Edition』は、後に一般流通になる商品とは一部の収録曲やアルバムジャケットのデザインが多少異なる内容になる予定。5月5日のライヴ会場で発売する作品は、この日のみのバージョンになります。尚、一般流通販売ヴァージョンの発売は現段階ではまだ未定」と記されていれば、ドラマーのHIROも「現状での流通は、正直白紙状態。もしかしたら、『Whisper of the Evil Premium Edition』はこの日のみの販売になる可能性がないとは言えない」と語っていた。つまり、このチャンスを逃したら、また、“幻の作品がふたたび幻になってしまう”可能性もあるということだ。

ライブ当日には、入場者全員に、2017年リリースしたアルバム『NOCTURNE』へ収録した『Don\'t be in a hurry』の日本語詞ヴァージョンのCDをプレゼント。これも非常にレアなアイテムになりそうだ。さらに、アルバム『Whisper of the Evil Premium Edition』の購入者には、別の特典も用意。12月30日に行った公演でも、来場者全員へ「『EVENING PRAYER〜(2017年バージョン〜』のCD(新録音物)をプレゼント」していた。それと同じような嬉しさが、5月5日の公演でも待ってるということだ。

これまでにも数多くの「幻の〜」を重ね続けてきたバンドのように、活動停止前も、復活後も、CROWLEYは伝説を重ね続けている。それだけ、CROWLEYを求めている人たちが多いということだ。今回の公演で完全復活を果たすとはいえ、けっして全盛時と同じペースで活動するわけではないように、今後もライブや音源に触れる機会はけっして多くはないと予想する。だからこそ、発表になる一つ一つの動きへしっかりアクションを返して欲しい。誰も幻になることなど望んではいない。触れ合いたい人が増えるぶんだけ、CROWLEYもそこは想いを汲み取り、相応に返してくれるはず。あなた方一人一人の熱い行動が、今後のCROWLEYの動きも左右していく。冗談じゃなく、本当にそうなる環境を背負いながら活動をしているのが、今のCROWLEYだからこそ…。

Text by 長澤智典

■『The Evil Returns〜Crowley復活!!! Whisper〜CDリリース記念ライヴ!!!』

5月05日(土) Electric Lady Land
<チケット>
前売¥4,000/当日¥4,500

アルバム『Whisper of the Evil Premium Edition』

2018年5月5日名古屋 Electric Lady Land公演の会場にて先行販売



DME-003/¥2,800+税
<収録予定曲>
1.The Scream of Death
2.Stalker
3.Bad Stone
4.Night Angel
5.Pretender
6.Woman in a Black Cape
7.Floating Man
8.Midnight Dream
9.In Despair
[Bonus Track]
10.Love Story (1984 Demo)



【関連リンク】
CROWLEY、5月5日に名古屋にて復活ライブを開催!
CROWLEYまとめ

【関連アーティスト】
CROWLEY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1