歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月16日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
OLDCODEX、初デジタルシングル「One Side」の詳細解禁
Fri, 16 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

OLDCODEXが劇場版『「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』の主題歌として起用されている「One Side」を、同劇場版公開日の4月7日(土)より自身初のデジタルシングルとして配信することがわかった。そして、そのデジタルシングル「One Side」の新アーティスト写真、ジャケット写真、購入者特典が公開された。

配信サイトmora では4月7日からの配信開始に先立ち、4月3日より先行配信を実施。また4月8日までの購入者を対象に8月から始まる『OLDCODEX Tour 2018』のチケット先行申込みシリアルコードを配布する。そのほか、レコチョク、animelo mix でも期間限定でデジタル特典のプレゼントを行なう。

配信シングル「One Side」

2018年4月7日配信開始



<配信サイト>
■通常音源
iTunes Store / animelo mix / Google Play Store / music.jp / mora / レコチョク 他
■ハイレゾ音源
e-onkyo music / groovers / music.jp / mora / レコチョク
※ハイレゾ音源は全楽曲96kHz/24bit にて配信。e-onkyo music のみ96kHz/32bit も配信

<配信サイト購入者特典>
■mora(通常音源、ハイレゾ音源共通)
『OLDCODEX Tour 2018』チケット先行申込みシリアルコード
※2018年4月3日(火)0:00〜2018年4月8日(日)23:59 の購入者を対象に、後日メールにてシリアルコードと申込みURLを送付
※枚数制限:1シリアルコードにつき 1公演のみ2枚まで(複数公演申込不可)
※チケット先行受付対象公演:8月27日Zepp DiverCity Tokyo から10月1日Zepp DiverCity Tokyo の10公演

■レコチョク(通常音源、ハイレゾ音源共通)
YORKE.デザイン デジタル特典
※特典配布期間:2018年4月7日(土)0:00〜2018年5月6日(日)23:59

■animelo mix(通常音源のみ)
劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-アニメイラスト デジタル特典
※特典配布期間:2018年4月7日(土)0:00〜2018年5月6日(日)23:59
各特典には配布期間が設けられております。配布期間終了後にご購入いただいた場合は特典は配布されません。
予めご了承ください。

『OLDCODEX Tour 2018』

8月27日(月) 東京・Zepp DiverCity
9月01日(土) 北海道・Zepp Sapporo
9月08日(土) 広島・BLUE LIVE
9月09日(日) 福岡・BARKUP
9月15日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9月16日(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9月22日(土) 愛知・Zepp Nagoya
9月23日(日) 愛知・Zepp Nagoya
9月30日(日) 東京・Zepp DiverCity
10月01日(月) 東京・Zepp DiverCity
※この後の公演も順次発表します。
<チケット>
1Fスタンディング¥5,500(税込)
2F指定¥5,500(税込)※東京・北海道・大阪・名古屋のみ
『OLDCODEX MOBILE MEMBER\'S』先行抽選:2月25日(日)21:00〜4月1日(日)23:59
受付URL: http://oldcodex.mobi



【関連リンク】
OLDCODEX、初デジタルシングル「One Side」の詳細解禁
OLDCODEXまとめ
フレンズ、1stEPより「ベッドサイドミュージック」MV公開

【関連アーティスト】
OLDCODEX
【ジャンル】
J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

フレンズ、1stEPより「ベッドサイドミュージック」MV公開
Fri, 16 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フレンズの結成のきっかけとなった楽曲「ベットサイドミュージック」のMVが公開された。今回の作品もフレンズのMVといえばお馴染み、加藤マニ監督によるもの。メンバー全員がパジャマ姿を披露するなど、バンド演奏シーン以外でも観どころが満載だ。

なお、現在『ベットサイドミュージックep』はiTunes Storeでプレオーダー実施中、ライフスタイルスポーツブランドhummelのタイアップソング「Hello New Me!」も先行配信中なので要チェック! また、4月14日(土)に開催される日比谷野音でのワンマンライブ『フレンズのフレンズ大集合!〜日比谷野音でコラボ祭〜』は現在一般チケット発売中。初の野音ワンマンは総勢15名の豪華アーティストが“大集合”する。詳しくは特設サイトまで!

■iTunes Store『ベッドサイドミュージックep』プレオーダーURL
https://friends.lnk.to/bedsidemusic

EP『ベッドサイドミュージックep』

2018年3月21日発売



QYCL-10020/¥926+税
<収録曲>
1.ベッドサイドミュージック
2.喧騒
3.夜にダンス(DJ松永Remix)
<配信のみ全4曲>
4.Hello New Me!

『フレンズのフレンズ大集合!〜日比谷野音でコラボ祭〜』

4月14日(土) 日比谷野外大音楽堂
<ゲスト出演>
R-指定、DJ松永(Creepy Nuts)
えつこ(DADARAY/katyusha)
菅原卓郎、中村和彦(9mm Parabellum Bullet)
関取花
芹澤優真(SPECIAL OTHERS)
TGMX(FRONTIER BACKYARD)
NARI(HEAVENLY BOYS/SCAFULL KING)
HIROKAZ、RYU-TA(04 Limited Sazabys)
P→★、YU-KA(TEMPURA KIDZ)
マナミ(Goose house)
山崎正太郎(Czecho No Republic) 

<チケット>
大集合シート(通常・一般指定席)¥3,700(税込)
■イベント特設サイト
http://www.diskgarage.com/feature/friends-yaon/



【関連リンク】
フレンズ、1stEPより「ベッドサイドミュージック」MV公開
フレンズまとめ
CRAZYBOY、『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』でスペシャルライブ決定

【関連アーティスト】
フレンズ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, EP

CRAZYBOY、『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』でスペシャルライブ決定
Fri, 16 Mar 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年4月1日(日)横浜アリーナにて開催される、東京ガールズコレクションがプロデュースするミュージックフェス『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』に三代目 J Soul BrothersのELLYことCRAZYBOYのスペシャルライブ出演が決定!

同イベントは東京ガールズコレクションがプロデュースする “都会のミュージックフェス”第3弾として開催され、今回のテーマは“BE YOURSELF(あなたらしく)”。前日に同会場にて行なわれる『第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER』と連動し、“ミュージック ×ファッション”を融合した、女の子の“大好き”が詰まった、新しい“都会のガールズミュージックフェス”となっている。ボリューム満点、豪華ラインナップのアーティストライブに加えコラボやサプライズゲストも予想され、チケットは完売につき増席販売中とのことなので、この機会をお見逃しなく! その他の出演者はジェジュン、DOBERMAN INFINITY、SKY-HI(AAA)、Da-iCE、清水翔太が既に発表されており、メインMCにはDOBERMAN INFINITYのSWAYが会場を盛り上げる。

■【CRAZYBOY コメント】

「CRAZYBOYです! この度『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』に出演させていただく事になりました!ソロとして久しぶりの関東でのLIVEになるので、皆さん一緒に盛り上がりましょう!!」

■『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』

4月01日(日) 神奈川・横浜アリーナ

<出演>
■HEADLINER
ジェジュン
■MAIN ARTIST
CRAZYBOY、清水翔太、SKY-HI、Da-iCE、DOBERMAN INFINITY 他 ※50音順
■SHOOTING ACT
lol-エルオーエル-、FAKY 他 ※50音順
■OPENING ACT
GFRIEND、MaRuRi
■MC
SWAY、横田ひかる、宮澤 智(フジテレビアナウンサー)

<チケット>
センター席¥1,1800(税込)
アリーナ席¥7,800(税込)
スタンド席¥7,800(税込)
※3歳以上要チケット、3歳未満入場不可
・ローソンチケット
http://l-tike.com/search/?lcd=94557%2C74761
・ファンクラブのチケット特別先行販売
3月17日(土)10:00〜 発売予定
※先着となりますので、予定枚数が無くなり次第終了となります。



【関連リンク】
CRAZYBOY、『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』でスペシャルライブ決定
CRAZYBOYまとめ
三代目J Soul Brothersまとめ
BLUE ENCOUNTの公式本『BLUE ENCOUNT ぴあ』の購入特典の内容が解禁に!

【関連アーティスト】
CRAZYBOY, 三代目J Soul Brothers
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, チケット

BLUE ENCOUNTの公式本『BLUE ENCOUNT ぴあ』の購入特典の内容が解禁に!
Fri, 16 Mar 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTの魅力をまるごと詰め込んだ『BLUE ENCOUNT ぴあ』がいよいよ3月19日に発売されるが、この度ツアー会場特典とタワーレコード特典が決定した。『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』ツアー会場にて購入された方には特製アザーカバーをプレゼント。本誌に使っていない巻頭グラビアのアザーカットとなっており、ファン必携の特典。また、タワーレコードで購入された方には表紙のカットを使用したポストカードがプレゼントされる。また、特典は在庫が無くなり次第終了となるのでファンは早めにゲットしよう!

なお、既報の通り本書には『VECTOR』についてじっくり聞いたバンドインタビュー、メンバーそれぞれが自分自身を語るソロロングインタビュー、ボーカル田邊の『VECTOR』ジャケット写真メイキングなどを掲載。さらに、メンバーそれぞれが会いたい人と語る「スペシャル対談」、盟友SUPER BEAVERのボーカル渋谷龍太による特別寄稿、巻末にはギター江口による5000字を超える書き下ろしエピローグと、大充実の内容となっており『VECTOR』をより深く理解するためにもマストな一冊となっている。

音楽雑誌『BLUE ENCOUNT ぴあ』

2018年3月19日発売



<価格>¥1,389+税
A4 変型 112P/無線とじ
※仕様、構成、内容等は変更される場合があります。
<発売>全国の書店、ネット書店にて
■BOOKぴあ:http://w.pia.jp/t/00118806/
■Amazon:https://goo.gl/YRHKkL

<特典>
・『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』ツアー会場特典:特製アザーカバー
・タワーレコード (店舗ならびにオンライン)特典:特製ポストカード
※特典は十分な数量をご用意しておりますが、なくなり次第終了となります。
<コンテンツ>
・ロングインタビュー(バンド&ソロ)&撮りおろしグラビア
・4人が会いたい人と語る、スペシャル対談
・SUPER BEAVER 渋谷龍太、特別寄稿
・ブレイクを的中させた暁先生が 2018 年のブルエンを占う!
・読者が選ぶ BEST SONG
・読者のお悩みにメンバーが回答! ほか
<対談概要>
■田邊駿一×GEN(04 Limited Sazabys)×山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)
田邊がご指名したのは、地元愛知で2万人規模の主宰フェス『YON FES』を2018年春に実施する04Limited SazabysのGENと2月15日に大阪城ホールでの初のワンマンライブを成功させたばかりのTHE ORAL CIGARETTESの山中拓也。インディーズ時代から対バンライブなどで交流を続け、ともに日本武道館ワンマン公演を成功させ、現在のロックシーンを引っ張っている。超爆笑トークあり、この2人だからこそ打ち明けられる田邊の吐露あり、今をときめくバンドのフロントマンたちが、ここだけの話を繰り広げる!

■江口雄也×住野よる(小説家)
デビュー作『君の膵臓をたべたい』が200万部を越えるベストセラーとなった人気作家・住野よるとギタリスト江口による対談。知り合う以前より、住野作品にハマり、全作品を読破しているという江口。一方で、住野もBLUE ENCOUNTのファンであり、インディーズ時代からライブに通っていたという。SNSで交流がはじまったきっかけから、住野の最新作『青くて痛くて脆い』のプロモーションビデオに、BLUE ENCOUNTの楽曲「もっと光を」が使われるに至ったそのストーリー、互いの作品に惹かれあう 2 人が語り合う、読者、ファンへの思いとは。

■辻村勇太×上ちゃん(マキシマム ザ ホルモン)
高校生のころからマキシマム ザ ホルモンの大ファンというベースの辻村は、同バンドのベーシスト、上ちゃんに、対談を熱烈オファー。昨年は、マキシマム ザ ホルモンの復活ツアーとして大きな話題となった「耳噛じる真打 TOUR」に、ブルエンは福岡・熊本公演にて、対バン出演。ホルモン先輩の洗礼をみごとに受けた。その後も、辻村のガンガンに迫るラブコールが功を奏し、上ちゃんの地元に足を運び、急接近。セッションを挑む間柄に。ベース談義はもちろん、最近ハマっているディープな趣味の世界まで、惜しげなく掲載!

■高村佳秀×かみじょうちひろ(9mm Parabellum Bullet)
高村佳秀が対談にオファーしたのは9mm Parabellum Bullet のかみじょうちひろ。これまで対バンで火花を散らし、ブルエンの対バンツアー「TOUR2017-2018 〜VS〜」の名古屋公演でも競演したドラムヒーロー。そして、親身に話を聞いてくれる先輩と……理系出身ならではロジカルな展開のみならず、ドラマーならではの感覚的な本質論に突入し、「ストイックなよっちゃん」のイメージが瓦解寸前(!?)のクロストークに。

アルバム『VECTOR』

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3046〜3047/¥3,500+税
※三方背スリーブケース
※封入特典:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ
■DVD
01.VS ?Music Video-
02.VS -Making-
03.さよなら ?Music Video-
04.さよなら -Making-



【通常盤】(CD)
KSCL-3048/¥2,800+税
※初回仕様:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ



【関連リンク】
BLUE ENCOUNTの公式本『BLUE ENCOUNT ぴあ』の購入特典の内容が解禁に!
BLUE ENCOUNTまとめ
Rihwa、“HTB”開局50周年テーマ曲「ハイタッチ」の配信リリースが決定

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

Rihwa、“HTB”開局50周年テーマ曲「ハイタッチ」の配信リリースが決定
Fri, 16 Mar 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Rihwaが地元・北海道のTV局北海道テレビ(以下、HTB)の開局50周年記念テーマソングの作詞と歌唱を担当した楽曲「ハイタッチ(Rihwa ver.)」が3月24日(土)に配信リリースされることが決定した。

「ハイタッチ(Rihwa ver.)」はRihwaと同じく北海道・札幌出身のアルトサックスプレイヤー・寺久保エレナが作曲を手掛けたジャズのインスト曲「ハイタッチ」をモチーフにポップスアレンジをし、Rihwaが歌詞を付けた楽曲。ジャズとポップスのコラボレーションはRihwaにとって初めての試みであったが、「ハイタッチ」のテーマである『夢と北海道』をキーワードに、北海道の人たちが元気になれる歌詞を目指した。寺久保エレナさんのクールなサックスソロに、晴れやかな北海道の空が見えてくるような伸びやかなRihwaの歌声が重なり、道民だけでなく聴いた誰もが元気になれる曲が完成した。

「ハイタッチ(Rihwa ver.)」の配信リリース日にはHTBにて、この楽曲の制作ドキュメンタリー番組の放送も決定。歌詞制作に当たって直面した困難や、歌詞に込められたたくさんの想いも綴られた、涙あり、笑いあり、葛藤あり…。見るとなぜだか元気がわく、音楽ドキュメンタリー番組で、その番組のナビゲーターを担当するHTBアナウンサー・石沢綾子からは以下のコメントが届いている。

■【コメント】

■HTBアナウンサー・石沢綾子
「「夢と北海道」をテーマにした音楽を作りたい。その思いに共感し賛同してくれた、エレナさん、Rihwaさん、そして力を貸して下さった多くの方々。そんな皆さんのまっすぐで温かな気持ちとプロの技が結集し完成したのが“ハイタッチ”です。完成=ゴールではなく、聴いて下さる方たちのもとに届き、大きく広がっていくことを目指して制作されたこの曲。いまここが、スタートです。どうかたくさんの人たちに長く愛される曲になりますように!!」

北海道テレビ『HTB開局50周年記念 イチオシ!モーニングスペシャル ハイタッチ〜ユメミル、音楽のチカラ〜』

3月24日(土) 16時30分〜17時30分
ナレーション:石沢綾子(HTBアナウンサー)
出演:寺久保エレナ、Rihwa
■番組公式HP
https://www.htb.co.jp/ichimoni/hightouch/

配信楽曲「ハイタッチ (Rihwa ver.)」

2018年3月24日配信開始



iTunes Store、Apple Music、Spotifyほか各配信サイトで配信



【関連リンク】
Rihwa、“HTB”開局50周年テーマ曲「ハイタッチ」の配信リリースが決定
Rihwaまとめ
雨のパレード、ニューアルバム全曲試聴映像&ツアー告知映像公開

【関連アーティスト】
Rihwa
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, リリース, 配信, テレビ番組, 音楽配信

雨のパレード、ニューアルバム全曲試聴映像&ツアー告知映像公開
Fri, 16 Mar 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月14日に3rdアルバム『Reason of Black Color』をリリースした雨のパレードが、本アルバムの全曲を試聴できるトレーラー映像をYouTubeにて公開した。1曲1曲は短い時間ながら、その多種多様なアプローチが施されたトラックの数々を体感することができ、アルバムの魅力をたっぷりと堪能できる映像になっているので、迷っている方はぜひ一度動画を確認して、彼らの世界観を味わってみてはいかがだろうか。さらに、アルバムを引っさげて3月31日より開催される『ame_no_parade Oneman Tour 2018 “COLORS”』のライブ告知映像も同時に公開。ライブへの期待感が高まる映像に仕上がっている。

また、サブスクリプションサービスのSpotifyでは、自らが作成した『雨の日に聴きたいプレイリスト』が公開中。雨音だけのCDを持っているVocal福永浩平らしい“雨音と一緒に聴いてほしい”40曲となっている。ここ2〜3年にリリースされた新譜を中心にセレクトされているが、1曲目だけは、福永がCD SHOPにて、ジャケ買いで出逢った古いアルバム楽曲で、ライブツアーの移動中の車中で好んで聞いているアンビエント楽曲。雨の日が待ち遠しくなるような最高のプレイリストに仕上がっているので、一度聴いてみて欲しい。今後は他のメンバーのセレクトした楽曲と順次入れ替わり更新されるので、プレイリストをフォローして楽しんでいただきたい!

そして、3月16日18:00〜は『雨のパレード Music Video Selection』と題したLINE LIVE特番をビクターエンタテインメントチャンネルにて配信する。アルバムに収録されている「Reason of Black Color」「MARCH」といった楽曲のMusic Videoはもちろん、3月12日に行われたリリース記念特番で一度だけ公開され、雨のパレード特有の世界観と音楽性を見せつけた「new place(Live Sessions)」の映像、さらにCDショップの店頭でしか見ることができないトレイラー映像など、アルバムの魅力をぎゅっと詰め込んだ番組をお届けする。また、3月17日(土)幕張メッセ国際展示場にて開催される『ビクターロック祭り2018』に出演するが、会場内サテライトスタジオより生配信されるLINE LIVE番組『ビクターロック祭り2018 SP』にも生出演する。

■Spotifyプレイリスト
https://open.spotify.com/user/spotify/playlist/37i9dQZF1DX66sRhECfkWg

【LINE LIVE情報】

LINE LIVE『雨のパレード Music Video Selection』
3月16日(金)18:00〜 *30分程度を予定しています。
https://live.line.me/channels/520/upcoming/7615795

LINE LIVE『6時のラジオ番外編「ビクターロック祭り2018」SP #4』
3月17日(土) 16:00 〜
ゲスト:ORANGE RANGE×Attraqt.、RHYMESTER、吉田凜音、雨のパレード、桜井 誠(Dragon Ash)
https://live.line.me/channels/520/upcoming/7577066
※雨のパレードの出演は16:50頃を予定しております。
※番組の進行上、ゲスト出演時刻が前後する場合がございますので予めご了承ください。

『ame_no_parade Oneman Tour 2018 “COLORS”』

3月31日(土) 仙台・Rensa
4月01日(日) 新潟・studio NEXS
4月06日(金) 高松・MONSTER
4月08日(日) 福岡・BEAT STATION
4月12日(木) 札幌・cube garden
4月15日(日) 広島・セカンド・クラッチ
4月17日(火) 名古屋・CLUB QUATTRO
4月18日(水) 大阪・なんばHatch
4月21日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
<チケット>
・仙台、新潟、高松、福岡、札幌、広島、名古屋:¥3,800 ※D代別
・大阪:1Fスタンディング¥3,800/2F指定席?3,800 ※共にD代別
・東京:全席指定¥4,500?※未就学児童入場不可 (東京公演のみ:雨天決行/荒天中止)

アルバム 『Reason of Black Color』

2018年3月14日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1297/¥3,800+税
※三方背ブックケース仕様
<収録曲>
■CD
01.Reason of Black Color
02.Dive
03.Horizon
04.GOLD
05.Shoes
06.ice
07.(soda)
08.Hometown feat. Tabuzombie (from SOIL&“PIMP”SESSIONS)
09.You&I
10.What\'s your name? (plus strings ver.)
11.H.Apartment
12.Hwyl
13.#556b2f
14.MARCH
■DVD
Live at TOKYO-SHINKIBA STUDIO COAST 2017.9.24
01.new place
02.1969
03.encore
04.Focus
05.Shoes
06.Thunderbird
07.Voice
08.寝顔
09.Take my hand
10.You
11.morning
12.Hey Boy,
13.Change your mind
14.Count me out
15.Stage
En1.Tokyo
En2.Petrichor



【通常盤】(CD)
VICL-64916/¥2,800+税
<収録曲>
01.Reason of Black Color
02.Dive
03.Horizon
04.GOLD
05.Shoes
06.ice
07.(soda)
08.Hometown feat. Tabuzombie (from SOIL&“PIMP”SESSIONS)
09.You&I
10.What\'s your name? (plus strings ver.)
11.H.Apartment
12.Hwyl
13.#556b2f
14.MARCH

7inch 『Reason of Black Color』

2018年4月21日発売



HR7S092/¥1,389+税
<収録曲>
■Side-A
Reason of Black Color
■Side-B
Dive (Remixed by MONJOE from DATS)



【関連リンク】
雨のパレード、ニューアルバム全曲試聴映像&ツアー告知映像公開
雨のパレードまとめ
LAID BACK OCEAN、新曲「Million」が『横浜マラソン2018』PRソングに決定

【関連アーティスト】
雨のパレード
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム, ツアー

LAID BACK OCEAN、新曲「Million」が『横浜マラソン2018』PRソングに決定
Fri, 16 Mar 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成8年目にして1stアルバム『NEW MOON』を6月にリリースするLAID BACK OCEANの新曲「Million」が『横浜マラソン2018』のPR動画イメージソングに決定した。楽曲は3月18日(日)16時〜TBSテレビ特別番組『ヨコハマ気分爽快!〜横浜マラソンを楽しもう〜』内で初公開される。

10月28日に行われる横浜マラソンは28,000人のランナーが参加する国内最大級の市民マラソン大会。YAFUMI(Vo.)は2016年、初のマラソン挑戦をこの横浜で飾っており完走! 今回はそんな縁が繋がったことになる。この「Million」は3月後半以降に横浜マラソンの公式HPの動画として公開されるので、実際にレースを走ったランナーが書き下ろしたこの曲をぜひチェックしていただきたい。同曲は一般ランナーのエントリー開始日である4月18日に、アルバム『NEW MOON』からの先行曲として配信される予定だ。

また、2017年に限定発売され入手不可能となっていた3部作「RE:SOUZOU PROJECT 2」も3月21日(水)より配信が決定した。期間限定パンクバンド“PUNK BACK OCEAN”のフルアルバム(10曲・トータルタイム28分)やライブの重要曲「Mr.Good Morning」などを含む「零度」「無名」「告別」の3作がデジタルで楽しめるようになる。

ライブに関しても先日発表された全国ツアーに加え、アルバムリリース前でのイベント参加が同日発表され、精力的な動きの中で初のフルアルバムに向けての期待が高まっている。

■『横浜マラソン2018』オフィシャルHP
http://www.yokohamamarathon.jp/2018/

イベント『N JAM‘18』

5月06日(日) 名古屋ReNY limited
出演:LAID BACK OCEAN / THE Hitch Lowke / iMagic 他 
<チケット>
イープラス先行:3月23日
一般発売:4月7日

ツアー『NEW MOON Tour 2018 Act.1』

6月10日(日) 東京 青山RizM
w/SpecialThanks
6月14日(木) 神戸 太陽と虎
w/the twenties + 1バンド(後日発表)
6月15日(金) 大阪 阿倍野ROCKTOWN
w/the twenties +2バンド(後日発表)
6月17日(日) 名古屋 池下Club UPSET
w/the twenties +1バンド(後日発表)
6月22日(金) 大分 Club SPOT
w/MICH?L a.k.a SpecialThanks misaki +1バンド(後日発表)
6月23日(土) 鹿児島 SR HALL(SpecialThanks"HEART LIGHT"Release Tour)
w/SpecialThanks,XEROGRAVITY
6月24日(日) 福岡 Queblick(SpecialThanks"HEART LIGHT"Release Tour)
6月30日(土) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK(ゲストバンド後日発表)
7月01日(日) 柏 PALOOZA(ゲストバンド後日発表)
7月07日(土) 名古屋 池下Club UPSET(ワンマン)
7月14日(土) 大阪 阿倍野ROCKTOWN(ワンマン)
7月16日(月・祝) 東京 渋谷SPACE ODD(ワンマン)



【関連リンク】
LAID BACK OCEAN、新曲「Million」が『横浜マラソン2018』PRソングに決定
LAID BACK OCEANまとめ
佐野勇斗(M!LK)、祝20歳の生誕祭を開催! “20年間で1番嬉しかったのはM!LKに入れたこと”

【関連アーティスト】
LAID BACK OCEAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲

佐野勇斗(M!LK)、祝20歳の生誕祭を開催! “20年間で1番嬉しかったのはM!LKに入れたこと”
Fri, 16 Mar 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

業界大注目の5人組ボーカルダンスユニット、M!LKのメンバー・佐野勇斗の生誕祭が、3月15日(木)全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)にて開催され、約600名のファンが来場した。3月23日(金)に20歳を迎える佐野の生誕祭は、オープニングから観客全員をドッキリにかけるというイタズラ心満載の佐野らしい演出で幕開け。暗転し、音楽が流れ、いよいよステージに佐野が登場! と思いきや、場内の警備員の一人がまさかの佐野勇斗だった…という斬新なサプライズ! スタッフジャンパーを羽織った佐野にスポットライトが当たると、割れんばかりの黄色い大歓声に包まれながらステージに登壇した。

“こんにちは! 佐野勇斗と申します。皆さん、今日はありがとうございます。すごいね! ピンクのペンライトばかりっ!!(笑)”と興奮気味に挨拶。スペシャルゲストとしてM!LKメンバーの塩?太智を呼び込むと“今日生誕祭やるって聞いたから、行きたい!って言ったの。MC担当として来ました!”と話し、イベントがスタートした。

来場者から募集した「20歳の佐野勇斗に聞きたいこと」コーナーに移ると、「Q.20年間で1番嬉しかったことは?」との質問に、佐野は“20年間ね。マジな話していい? M!LKに入れたこと。メンバーの一員になれたこと!”と回答し、ファンからの温かい拍手と歓声が湧き起こった。「Q.20歳になって1番最初に挑戦したいことは?」については、“マネージャーさんに怒られるかもしれないけど、ハンバーガーの大食いをしたい。今(食べるのを)抑えてるんですけど、何個食べられるかチャレンジしたい! アイスクリームと交互にやりたい!(笑)”と話す一幕も。

「Q.M!LKとしてデビューした自分と、今20歳になった自分で、大きく変わったところは?」の質問には、佐野“僕ね、あまり変わってないんだよね”、塩?“そうだよね。変わらないことで有名だもんね(笑)。勇斗はM!LKに入った当時から優しいし、本当にお兄ちゃんだし、仕事が忙しくてもその優しさが変わらないっていうのがすごく良いところなんじゃないかなって僕は思います。疲れてても全然顔に出さないし、そこが素敵”と伝えると、たまらず佐野の目から溢れ出る涙。とめどなく溢れる涙を流しながら、佐野は“やめてよ。僕あんまりしんみりしたくないんですけど、本当にこのメンバーじゃなかったらやってこれなかったと思います。…ダメだ、泣けてくる(涙)。大変なこともあるんですけど、こうやって集まってくれる皆さんがいると頑張れます。本当にありがとうございます(涙)”と語り、改めてファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えた。

続いては、“皆と一緒にカラオケに行った気分を味わいたい!”との熱望により、カラオケコーナーとして、M!LKの「テルネロファイター」を大熱唱! 佐野+600名との個室カラオケボックスという設定で、ピンクのペンライトとコールが湧き起こり、佐野のソロ歌唱も大いに盛り上がった。そして、20歳を迎えるということで“乾杯”の儀式も盛り込まれた。来場者全員に佐野の担当カラーである“いちごみるく”の飴が配られ、佐野と塩?のグラスにイチゴミルクが注がれると、佐野“皆さん、今日は生誕祭に来てくれてありがとう!”の掛け声で乾杯した。

終盤には、書道六段の腕前の佐野が20歳の抱負として“謙虚”という文字を掲げ、““謙虚”と“感謝”と父からずっと言われていたんですけど、この気持ちを忘れずに20歳も頑張りたいと思います。あと、“むくまない”。ハンバーガーを食べるとすぐ顔がむくむ…。ハンバーガー食べてもむくまないように頑張ります!”と宣言した。最後は来場者へ向けて“20歳も皆さんにたくさん甘えながら、これからもどんどん大きな牛になっていきます。佐野勇斗としても大きくなっていきたいと思います。最後に(僕が)佐野勇斗ー!って言うから、(皆さんが)大好きー!って言ってね!!笑”とリクエストし、会場が大盛り上がりの中“ありがとうございました! また機会があれば会いに来てください!!”と締めくくり、生誕祭の幕をおろした。

佐野が所属するユニット・M!LKのニューシングル「ボクラなりレボリューション」は3月14日(水)リリース。さらに、初の全国ホールツアー『M!LK SPRING TOUR 2018 #バトレボ〜牛丸学園ブルジョワ部〜』が控えており、3月25日(日)大阪・NHK大阪ホールを皮切りに全5公演を開催する。そして、佐野勇斗としては、映画『ちはやふる -結び-』(3月17日公開・筑波秋博 役)、映画『羊と鋼の森』(6月8日公開・外村雅樹 役)、映画『青夏 Ao-Natsu』(8月1日公開・泉吟蔵役)、映画『3D彼女 リアルガール』(今秋公開予定・筒井光 役)、映画『走れ!T校バスケット部』(今秋公開予定・矢嶋俊介役)と、2018年公開予定の5本の待機作も控えている。 今後のM!LK、佐野勇斗にぜひ注目してほしい。

シングル「ボクラなりレボリューション」

2018年3月14日(水)発売



【TYPE-A】
ZXRC-1145/¥1000+税
<収録曲>
M1.ボクラなりレボリューション
M2.Special Thanx

【TYPE-B】
ZXRC-1146/¥1000+税
<収録曲>
M1.ボクラなりレボリューション
M2.ハナキン!

【TYPE-C】
ZXRC-1147/¥1000+税
<収録曲>
M1.ボクラなりレボリューション
M2.妄想ドン・キホーテ
※各形態それぞれメンバーソロ+集合カットの6種類のトレーディングカードの内1枚ランダム封入 (TYPE-A 6種類 TYPE-B 6種類 TYPE-C 6種類 全18種類)

『M!LK SPRING TOUR 2018 #バトレボ〜牛丸学園ブルジョワ部〜』

3月25日(日) 大阪・NHK大阪ホール
3月31日(土) 福岡・福岡国際会議場メインホール
5月04日(金・祝) 愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
5月12日(土) 埼玉・大宮ソニックシティ大ホール

<チケット>
指定席¥6,500(税込)
特設サイト http://sd-milk.com/springtour2018/



【関連リンク】
佐野勇斗(M!LK)、祝20歳の生誕祭を開催! “20年間で1番嬉しかったのはM!LKに入れたこと”
M!LKまとめ
Rhythmic Toy World、CLUB CRAWLにてインディーズ・ラストライブ開催決定

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, ユニット

Rhythmic Toy World、CLUB CRAWLにてインディーズ・ラストライブ開催決定
Fri, 16 Mar 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月25日(水)アルバム『SHOT』でメジャーデビューするRhythmic Toy Worldが、デビュー日の前日24日からデビュー日にかけて、彼らのホームグラウンドでもありインディーズ時代を共に歩んできた思い出のライブハウス・CLUB CRAWLにて、インディーズラストライブとメジャーデビューカウントダウンイベントの2部構成からなる『今日から生まれ変わる僕らにハロー』を開催すると発表した。

このイベントは完全入れ替え制となり、インディーズ・ラストライブはこの日だけの特別なセットリストでの公演となる。深夜からのメジャーデビュー・カウントダウンイベントはトーク&ライブで構成され、25組50名様限定のイベントとなる。メジャーデビューカウントダウンイベントは公式HPのコンタクトページより抽選応募となり、3月16日(金)より23日(金)まで受付中! ぜひ、この二度とないRhythmic Toy World記念すべき、終わりと始まりの瞬間を体感してほしい。

また、デビューアルバム『SHOT』の購入者対象インストア・イベントとチェーン別オリジナル購入特典も決定したので、こちらも併せて要チェック!

■【インディーズラストライブ& メジャーデビューカウントダウン詳細】

■『「今日から生まれ変わる僕らにハロー」〜インディーズラストライブ〜』
4月24日(火) 渋谷CLUB CRAWL
開場18:45/開演19:30
<チケット>
前売¥2,000 ※D代別)
・e+:3月24日(土)12:00〜3月29日(木)18:00

■『「今日から生まれ変わる僕らにハロー」〜メジャーデビューカウントダウン〜』
4月24日(火) 渋谷CLUB CRAWL(トーク&ライブイベント)
開場22:45/開演23:15
※完全招待制(2ドリンク代¥1,200)
<参加組数>
25組50名様
<応募方法>
Rhythmic Toy World公式HPのコンタクト(http://rhythmictoyworld.com/contact/)より、メールにて本文に「本人のお名前(カタカナでフルネーム)・生年月日」を記載の上、応募ください。
※お申込みは一人一回のみ。
※重複応募の場合は無効とさせて頂きます。
※当日は本人及び、同行者の身分証明が出来る物(顔写真付き)と、当選時の返信メールを受付にてチェックします。必ず同行者の方とご入場下さい。
応募期間:3月16日18:00 〜3月23日 18:00まで
<応募条件>
・本人、同行者共に20歳以上(当日身分チェックを行います)であること
・25:00のイベント終了を了承して下さる方

アルバム 『SHOT』

2018年4月25日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1373/¥3,300+税
<収録曲>
■CD
1.BOARD
2.僕の声〔Album Ver.〕
3.ラストオーダー
4.さなぎ
5.会えるように
6.ペーパー人間
7.ブッシャカ
8.青く赤く
9.ライブハウス
10.27時
11.革命の唄
12.ASOBOYA
13.リバナ
■DVD
『転生?なにそれ美味しいの?ツアー』ドキュメンタリーを撮影したDVD封入(60分予定)



【通常盤】(CD)
VICL-64993/¥2,800+税

◎チェーン別オリジナル購入特典
・TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE
オリジナルクリアファイル
・HMV全国各店 / HMV&BOOKS online
オリジナルステッカー
・TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
オリジナルポストカード

アルバム『SHOT』購入者対象インストアイベント

5月18日(金) タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース 19:00〜
<内容>アコースティックミニライヴ&ジャケットサイン会
6月02日(土) タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース 16:00〜
<内容>アコースティックミニライヴ&ジャケットサイン会
※名古屋は後日発表

アルバム『SHOT』発売記念ツアー

5月16日(水) 千葉LOOK
5月22日(火) 秋田LIVE SPOT 2000
5月23日(水) 盛岡the five morioka
5月25日(金) 横浜BAYSIS
5月27日(土) 富山SOUL POWER
6月19日(火) 小倉FUSE
6月20日(水) 大分club SPOT
6月30日(土) 静岡UMBER
7月05日(木) HEAVEN`S ROCK 宇都宮VJ-2
7月08日(日) 松本ALECX
7月13日(金) 岐阜柳ヶ瀬 Ants
7月14日(土) 神戸太陽と虎
7月16日(月・祝) 岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
7月17日(火) 高松DIME
7月19日(木) 京都GROWLY
7月27日(金) 前橋DYVER
7月29日(日) 西川口Hearts
<チケット>
前売¥3,000※D代別



【関連リンク】
Rhythmic Toy World、CLUB CRAWLにてインディーズ・ラストライブ開催決定
Rhythmic Toy Worldまとめ
サカナクション、最新アーティスト写真を公開

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, 特典

サカナクション、最新アーティスト写真を公開
Fri, 16 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

初のベストアルバム『魚図鑑』をリリースするサカナクション。“魚図鑑”という作品コンセプトに連動し、サカナクションのメンバー自身を解析するという独特なコンセプトのもと撮影された最新アーティスト写真が公開された。このアーティスト写真は19世紀の写真家エドワードマイブリッジの連続写真から着想を得ており、黒地に白ラインのグリッドの前でメンバー各自の動きを連続撮影し、それらの写真を合成したもの。モノクロームで仕上げられ、古い魚の専門書をベースとした魚図鑑同様に時代感を感じさせる写真となっている。アートディレクションはサカナクションのMVを数多く手掛ける田中裕介、フォトグラファーは田島一成が担当。

アーティスト写真発表に合わせて、ベストアルバム『魚図鑑』のスペシャルサイトではサカナクションとゆかりのある著名人がベストな1曲をセレクトする“僕たち、私たちが選ぶ!サカナクションのベスト1曲”というコーナーを開設。大泉洋、妻夫木聡、橋本環奈などの著名人がサカナクションとの出会いを語っており、意外なベスト選曲もある必?の内容だ。今後順次追加発表されていくとのことなので、ぜひリリースまで楽しんでほしい。

さらに、早期予約購入特典の内容も発表。『魚図鑑』のアートワークで採用されている魚の分布図がデザインされた“魚分布図チケットホルダー”で、ファンにはうれしいグッズとなっている。すでに一部のECショップでは完全生産限定盤プレミアムBOXの完売が発生しているので、購入を検討中の方はお早めに! また、Blu-ray、DVD が各々付属した初回生産限定盤や期間限定生産盤も生産数に限りがあり、今後完売が見込まれているのでこちらを購入検討中の方は逃さず手に入れてほしい。

■ベストアルバム『魚図鑑』リリース記念スペシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/sakanaction/sakanazukan/

ベストアルバム『魚図鑑』

2018年3月28日発売



【完全生産限定盤プレミアムBOX】(3CD+魚大図鑑)
VIZL-1370/¥7,000+税
※スリーブケース付きトールサイズ商品を特製ボックスに梱包した豪華装丁プレミアムBOX仕様
※「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)
【初回生産限定盤Blu-ray】(2CD+魚図鑑+Blu-ray)
VIZL-1371/¥5,600+税
※スリーブケース付きのトールサイズ商品
※「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)
【初回生産限定盤DVD】(2CD+魚図鑑+DVD)
VIZL-1372/¥4,600+税
※スリーブケース付きのトールサイズ商品
※「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)
【期間限定生産盤】(2CD+魚図鑑)
VICL-64991〜2/¥3,600+税
※スリーブケース付きトールサイズ商品
※2018年6月末までの期間限定生産商品となります。
※「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)

<収録曲>
■CD Disc1「浅瀬」
01.新宝島
02.夜の踊り子
03.Aoi
04.ルーキー
03./ 6
05.アイデンティティ
06.ライトダンス
07.セントレイ
08.僕と花
09.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
10.ミュージック
11.モノクロトウキョー
12.Klee
13.表参道26 時
14.アルクアラウンド
15.アドベンチャー
16.ナイトフィッシングイズグッド
17.陽炎 ?movie version-

■CD Disc2「中層」
01.ワード
02.三日月サンセット
03.ネイティブダンサー
04.ホーリーダンス
05.なんてったって春
06.サンプル
07.?波トップウォーター
08.夜の東側
09.スローモーション
10.涙ディライト
11.明日から
12.仮面の街
13.エンドレス
14.years
15.ボイル
16.ドキュメント
17.目が明く藍?

■CD Disc3「深海」
01.潮
02.YES NO
03.ティーンエイジ
04.Ame(A)
05.フクロウ
06.enough
07.mellow
08.映画
09.multiple exposure
10.ネプトゥーヌス
11.シーラカンスと僕
12.開花
13.アムスフィッシュ
14.朝の歌
15.グッドバイ -binaural field recording-(ボーナストラック)

■Blu-ray・DVD共通
『<EXCLUSIVE DIGITAL LIVE FILM>SAKANAQUARIUM 2009 “シンシロ” FINAL@PENNY LANE 24』
・アドベンチャー
・ネイティブダンサー
<1st LIVE Blu-ray&DVD>SAKANAQUARIUM 2010 (C)
・21.1
・明日から
・表参道26 時
・目が明く藍?
<1st LIVE Blu-ray & DVD>SAKANAQUARIUM 2010 (B)
・ライトダンス
・セントレイ
<2nd LIVE Blu-ray & DVD>SAKANAQUARIUM 2011 DocumentaLy -LIVE at MAKUHARI MESSE-
・エンドレス
・『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
・ホーリーダンス
<3rd LIVE Blu-ray&DVD>SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction -LIVE at MAKUHARI MESSE 2013.5.19-
・INORI
・ミュージック
<4th LIVE Blu-ray&DVD>SAKANATRIBE 2014 -LIVE at TOKYO DOME CITY HALL-
・インナーワールド
・三日月サンセット
・SAKANATRIBE
・モノクロトウキョー
<5th LIVE Blu-ray&DVD>SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour"-LIVE at NIPPON BUDOKAN 2015.10.27-
・years
・ネプトゥーヌス
・さよならはエモーション

■図鑑
完全生産限定盤プレミアムBOXにはサカナクションの楽曲を、様々な視点から考察・解析したデータが大量に掲載されたブックレット。
収録される全49曲を完全網羅する内容。
また初回生産限定盤・期間限定生産盤に同梱されるブックレット『魚図鑑』は『魚大図鑑』を凝縮した内容。
この一冊からサカナクション代表曲34曲の情報を体得できる濃密な内容となっており、サカナクションを紐解く上で貴重なデータベースとなる。

※全形態にサカナクションツアー『SAKANAQUARIUM2018』チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入。
※本作品は4形態全て生産限定商品となります。メーカーの在庫がなくなり次第、出荷終了となります。

◎早期予約購入特典『魚分布図チケットホルダー』
<対象店>
◆タワーレコード 全国各店/タワーレコードオンライン
◆TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYA オンラインショッピングはご予約分のみ対象です。
◆HMV 全国各店/HMV&BOOKS online
◆Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされております。
◆Rakuten ブックス
※Rakuten ブックスでは、特典つき商品のカートがアップされております。
◆セブンネットショッピング
◆山野楽器CD/DVD 取り扱い店舗/山野楽器オンラインショップ
◆新星堂全国各店/WonderGOO 全国各店/新星堂WonderGOO 楽天市場店
◆ビクターエンタテインメントオンラインショップ
◆全国一般CD 取扱いショップ・オンラインショップ
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。
※特典は無くなり次第終了となります。

『SAKANAQUARIUM2018』

6月13日(水) 北海道 Zepp Sapporo
6月14日(木) 北海道 Zepp Sapporo
6月20日(水) 愛知 Zepp Nagoya
6月21日(木) 愛知 Zepp Nagoya
6月26日(火) 大阪 Zepp Osaka Bayside
6月27日(水) 大阪 Zepp Osaka Bayside
7月03日(火) 宮城 仙台GIGS
7月04日(水) 宮城 仙台GIGS
7月09日(月) 東京 Zepp Tokyo
7月10日(火) 東京 Zepp Tokyo
<チケット>
1Fスタンディング・2F指定¥6,800(税込)※D代別
※Zepp Tokyo公演は1Fスタンディングのみの販売。
※チケット先行抽選予約の詳細に関しては後日発表いたします。



【関連リンク】
サカナクション、最新アーティスト写真を公開
サカナクションまとめ
SA、ニューアルバムより「赤い光の中へ」MV公開

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, 特典

SA、ニューアルバムより「赤い光の中へ」MV公開
Fri, 16 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SAが3月21日(水)にリリースするニューアルバム『GRACE UNDER PRESSURE』から、リードトラック「赤い光の中へ」のMVを公開! 撮影は極寒の2月下旬の早朝、地上25階の屋上ヘリポートで行なわれ、夜明け前の景色と共に渾身のライブパフォーマンスで構成されている。

「赤い光の中へ」が収録されているニューアルバム『GRACE UNDER PRESSURE』は、2017年にリリースされたシングルナンバー「MY ONLY LONELY WAR」を含む、ホットでアグレッシヴ、ダイナミックでセンチメンタルなSAを貫く、ブッとい“背骨”を剥き出しにした珠玉の12曲が収録されている。初回盤付属のDVDには、2017年12月に岐阜CLUB ROOTSで開催された『SA presents GOSH YOU GIG!!-BACK TO 1984,DRIVE TO 2018-』の模様を全曲収録。SAの初音源として1985年にリリースされたソノシート「I GET POSITION」収録曲をはじめ、初期ナンバーのオンパレードとなったスペシャルGIGは必見だ。

SAは今作を引っ提げて全国ツアー『GRACE UNDER PRESSURE TOUR 2018』を開催。4月12日(木)の千葉LOOK公演を皮切りに全国16か所を廻り、6月9日(土)に東京・マイナビBLITZ赤坂にてツアーファイナルを迎える。

アルバム『GRACE UNDER PRESSURE』

2018年3月21日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TECI-1580/¥4,000+税
【通常盤】(CD)
TECI-1581/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.KEEP THE FLAG FLYING
02.攻めでゆけ!
03.MY ONLY LONELY WAR
04.I SAW THE LIGHT 
05.赤い光の中へ
06.MORE MORE MORE
07.hi-lite BLUE
08.BABY SMILEY
09.フォーエバーキッズ
10.Starting Today
11.NEVER END
12.吠えたい雨
■DVD ※初回限定盤のみ
『SA presents GOSH YOU GIG!!2017-BACK TO 1984,DRIVE TO 2018-』 
01.CONFOUND IT
02.ONE TWO
03.ALL BOYS SAY
04.MERRY STAR
05.RAISE YOUR HANDS
06.CHAIN
07.GET UP! WARRIORS
08.KIDZ IGNITE
09.MY ONLY LONELY WAR
10.I GET POSITION
11.WORKING MAN
12.runnin\' BUMPY WAY
13.さらば夜明けのSkyline
14.(GOOD BYE)SHINING FIELDS
15.サマーホリディズスカイ
16.NOTHINGNESS
17.青春に捧ぐ part.2
18.SONG FOR THE LOSER
19.START ALL OVER AGAIN!
20.YOUTH ON YOUR FEET
21.SA(BAD TIME)
22.NAUGHTY BOYS
23.DON\'T DENY,GIVE IT A TRY!!
24.DELIGHT

『「GRACE UNDER PRESSURE」発売記念イベント』

3月22日(木) タワーレコード新宿店 7F イベントスペース 19:00〜
<集合>タワーレコード新宿店 7F エレベーター横階段(18:30にお集まりください)
<内容>トーク&5ショット撮影会
※詳しくはこちら:http://www.teichiku.co.jp/artist/sa/

全国ツアー『GRACE UNDER PRESSURE TOUR 2018』

4月12日(木) 千葉・LOOK
4月19日(木) 福島・郡山#9
4月21日(土) 岩手・盛岡the five morioka
4月22日(日) 宮城・仙台MACANA
4月28日(土) 香川・高松DIME
4月30日(月・祝) 広島・BACK BEAT
5月02日(水) 岡山・ペパーランド
5月04日(金・祝) 三重・松阪M\'AXA
5月12日(土) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
5月13日(日) 栃木・HEAVEN\'S ROCK 宇都宮VJ-2
5月18日(金) 北海道・札幌COLONY
5月25日(金) 石川・金沢VANVAN V4
5月27日(日) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
6月01日(金) 大阪・梅田Shangri-La
6月03日(日) 福岡・Queblick
6月09日(土) 東京・マイナビBLITZ 赤坂
<チケット>
前売¥3,800(税込)/当日¥4,300(税込) ※D代別



【関連リンク】
SA、ニューアルバムより「赤い光の中へ」MV公開
SAまとめ
そこに鳴る、4thミニアルバム『ゼロ』より「掌で踊る」MV公開&先行配信開始

【関連アーティスト】
SA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, ツアー

そこに鳴る、4thミニアルバム『ゼロ』より「掌で踊る」MV公開&先行配信開始
Fri, 16 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

そこに鳴るが、2018年5月9日(水)に発売するニューミニアルバム『ゼロ』から、リード曲「掌で踊る」のミュージックビデオを公開した。監督は、同レーベルの先輩でもあるKEYTALKのMV・ライブ映像や、MY FIRST STORYのドキュメンタリー映画なども手がける木村和亮が担当。初期衝動をテーマにした今作であるが故、ストイックな音像を最も純度の高い形で映像に落とし込むべく全編演奏シーンのみで構成され、シンプルでありながらも衝撃に満ちた作品となっている。極限まで純粋に研ぎ澄まされたその轟音を、是非その目で見て感じてほしい。

また、MV公開に合わせて同曲「掌で踊る」がiTunesをはじめとする各種配信サイトにて先行配信をスタート! 単曲ダウンロード販売と併せてApple Music/SPOTIFYなどのサブスクリプションサービスでの配信も開始される。

さらに、3月24日(土)には下北沢ReGにて彼らの自主企画イベント『return to “zero”』が開催される。その前日3月23日(金)にミニアルバム『ゼロ』に関するまた新たな情報が解禁されるとのことなので、引き続き注目だ。

ミニアルバム『ゼロ』

2018年5月9日(水)発売



KOCA-96/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
1.掌で踊る ※単曲ダウンロード・サブスクリプション配信開始!
2.Less Than Zero
3.表裏一体
4.self connection
5.physical destrudo
6.indelible time

そこに鳴る2ヶ月連続自主企画『return to “zero”』

■『return to “zero” with pirolian』
3月24日(土) 東京・下北沢ReG w/ゆれる / Plot Scraps / 九十九

■『return to “zero” with YAMINABE』
4月19日(木) 大阪・梅田Zeela w/豚乙女 / Marmalade butcher ※オープニングアクトあり

<チケット>
前売¥2,500 ※D代別
■メール予約:1月28日(土)10:00〜



【関連リンク】
そこに鳴る、4thミニアルバム『ゼロ』より「掌で踊る」MV公開&先行配信開始
そこに鳴るまとめ
70年代ストーンズを予感させるアメリカーナ的スタンスの傑作が『ベガーズ・バンケット』だ

【関連アーティスト】
そこに鳴る
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, リリース, 発売, ミニアルバム, 配信, 音楽配信

70年代ストーンズを予感させるアメリカーナ的スタンスの傑作が『ベガーズ・バンケット』だ
Fri, 16 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ブルースやR&Bのカバーやそれっぽいオリジナルを演奏することで、自分たちのスタイルを磨いていったザ・ローリング・ストーンズであるが、通算8枚目となる本作『ベガーズ・バンケット』から新たにジミー・ミラーをプロデューサーに迎えることによって、新たなスタートを切った。ミラーの助言のもとで、これまで以上にルーツロック的なスタンスで勝負している。本作ではブルースやR&Bだけでなくカントリー的なナンバーも取り上げるなど、70年代のストーンズを予感させるきわめて重要な作品である。

■70年代のストーンズに向けた助走期間

ストーンズは黒人音楽オタクの完全主義者であるブライアン・ジョーンズと、同じく黒人音楽オタクであるが自分流を貫くミック・ジャガーとキース・リチャーズの3人によって彼らの音楽が練られていくわけだが、デビュー時からリーダーシップを取っていたブライアン・ジョーンズの心身の不調もあって、徐々にジャガー/リチャーズのふたりがグループの方向性を決めるようになる。

67年頃、ジャガー=リチャーズは当時アメリカで徐々に台頭しつつあったフォーク・リバイバルに影響を受けたグレイトフル・デッドのようなルーツ系ロックグループや、デラニー&ボニーらに代表されるスワンプロックの動きに興味を持っていたこともあっただろうし、イギリスで相次いでデビューしたブルースロックバンド(サヴォイ・ブラウン、チキン・シャック、フリートウッド・マックなど)のオタク度レベルの高さに脅威を感じていたこともあっただろう。単なる黒人音楽の亜流ではだめだと、ジャガー/リチャーズは危機感を感じていたはずだ。

そこで、ストーンズの音楽を第三者的な目で見てもらい助言を得ようと、トラフィックのプロデューサーとして名が知られていたジミー・ミラーに声をかける。その後、ミラーにプロデュースを任せて何回かのレコーディングが行なわれることになるのだが、その最中にザ・バンドのデビュー作で名盤中の名盤『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』がリリースされている。おそらくジャガー/リチャーズも、ザ・バンドの登場には大きな衝撃を受けたはずである。時期から考えるとレコーディング自体にその影響はなかったと思われるが、『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』がこれ以降のストーンズの音楽に影響を与えることは間違いない。

■「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の大ヒット

『ベガーズ・バンケット』のレコーディングセッションで、ストーンズの最もよく知られた「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」は録音された。アルバムが完成する前にシングルでリリースされると全英1位の大ヒットとなり、アメリカや日本を含む世界中でヒットした。結局、この曲は『ベガーズ・バンケット』に収録されず、次作のベスト盤『Through The Past, Darkly(Big Hits Vol.2)』(‘69)に収録される。この手法(シングルのみでアルバムに収録しない)、ジミー・ミラーはトラフィックの時にも使っていたので、彼の得意の戦法なのだろう。

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」は「サティスファクション」と並ぶ大ヒットナンバーであり、ストーンズというグループを印象付けることになった。しかし、ストーンズは本来はもう少し地味な音楽をやっているグループで、ルーツロック的な『ベガーズ・バンケット』がリリースされると、前出のシングル作とイメージが違うというロックファンは少なくなかったのである。どちらもストーンズに間違いはないのだが、特に『ベガーズ・バンケット』は彼らの転機となったアルバムであり、地味ながらもいぶし銀のような味わいを醸し出している傑作であることに間違いはない。

■本作『ベガーズ・バンケット』について

ご存知のように本作はジャケットが2種類ある。現在出回っているトイレ落書きバージョンはジャガー/リチャーズが提示した正規デザインであり、当時レコード会社に品がないといちゃもんを付けられ、文字のみバージョンに差し替えられた。しかし、どう考えてもトイレ落書きバージョンのほうが優れている…というかアルバムの音にぴったり合っている。

もうひとつ、ジャケットについての余談を言うと、このトイレ落書きのジャケット裏側には“ミュージック・フロム・ビッグ・ブラウン”と書かれている。これを見ても、やはり彼らはザ・バンドの『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』に影響を受けたのだろうなと思うのである。

さて、本作の内容はというと、前作『サタニック・マジェスティーズ』(‘67)と前々作『ビトゥイーン・ザ・バトンズ』(’67)に見られたサイケデリック風テイスト(いわゆる流行を追いかけたもの)は一切なく、ブルースやR&B、そしてカントリーといったアメリカンルーツを見据えた骨太のロックが詰まっている。これまでのストーンズには見られなかったカントリー的な要素もあるので、原点に戻ったわけでもない。今で言うアメリカーナ的なテイストを持ったルーツロックで勝負しており、大物ロッカーの風格すら感じられる。本作はまさしく彼らの転機となった重要なアルバムだと思う。

本作収録のナンバーでは「悪魔を憐れむ歌(原題:Sympathy For The Devil)」(ニッキー・ホプキンスのピアノが素晴らしい!)や「ストリート・ファイティング・マン」のようなライヴ受けするストーンズらしい曲もあるのだが、基本的には泥臭いルーツロックが本作の特徴だ。カバーされることの多い隠れた名曲「ノー・エクスペクテーションズ」や、アメリカのグループと勘違いするようなオルタナティブ感覚のカントリー曲「ディア・ドクター」、ブギの「パラシュート・ウーマン」やスワンプの「ジグソー・パズル」「ストレイ・キャット・ブルース」、ストーンズにカントリーを教えたリック・グレッチがフィドルで参加したブリティッシュフォーク風の「ファクトリー・ガール」、デラニー&ボニーにインスパイアされたと思われるゴスペル風のドラマチックな「地の塩 (原題:Salt Of The Earth)」など、どれもすごい曲ばかり。ひょっとしたら、本作がストーンズ最高のアルバムかもしれない…などと思ったりするぐらいの完成度の高さである。

また、本作のセッションはブライアン・ジョーンズが参加した最後のもので、ここではスライドギターをはじめ、マウスハープ(特に素晴らしい!)、シンセ、シタールなど、心身の不調を感じさせない冴えたプレイを披露している。

本作からストーンズはルーツロック系の道を進み始めることになるのだが、次作『レット・イット・ブリード』(‘69)では、レオン・ラッセルやライ・クーダーといった本物のアメリカのミュージシャンたちと共演し、アメリカーナ路線に磨きをかけていく。要するに、70年代のストーンズサウンドが確立されていくわけだが、その出発点となったのが68年リリースの『ベガーズ・バンケット』という傑作なのである。

TEXT:河崎直人

アルバム『Beggars Banquet』

1968年発表作品



<収録曲>
1. 悪魔を憐れむ歌/Sympathy For The Devil
2. ノー・エクスペクテーションズ/No Expectations
3. ディア・ドクター/Dear Doctor
4. パラシュート・ウーマン/Parachute Woman
5. ジグソー・パズル/Jig-Saw Puzzle
6. ストリート・ファイティング・マン/Street Fighting Man
7. 放蕩むすこ/Prodigal Son
8. ストレイ・キャット・ブルース/Stray Cat Blues
9. ファクトリー・ガール/Factory Girl
10. 地の塩/Salt Of The Earth



【関連リンク】
70年代ストーンズを予感させるアメリカーナ的スタンスの傑作が『ベガーズ・バンケット』だ
The Rolling Stonesまとめ
ORESAMA、アルバム『Hi-Fi POPS』収録の2曲を最速試聴できるキャンペーンを実施

【関連アーティスト】
The Rolling Stones
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

ORESAMA、アルバム『Hi-Fi POPS』収録の2曲を最速試聴できるキャンペーンを実施
Fri, 16 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

メジャー1stアルバム『Hi-Fi POPS』の発売まで1ヶ月を切ったORESAMAが、“宇宙最速音源解禁”として本アルバム楽曲のM3「cute cute」とM5「誰もが誰かを」を対象店舗にて試聴できるキャンペーンを行なうことを発表! 解禁前のアルバム楽曲の音源が、3月17日(土)から対象店舗にて初解禁される。今聴いてほしい作品を詰め込んだアルバムから、試聴予定楽曲2曲をぜひいち早く聴いてほしい。対象店舗はORESAMAのオフィシャルHPにてチェック。

さらに、アルバム『Hi-Fi POPS』のリリース記念として『Hi-Fi ルーレット』の開催を発表! 3月23日(金)17:00から開始ということと参考画像が発表されたが、その他詳細情報は発表されていないので、解禁をお楽しみに。

■アルバム『Hi-Fi POPS』収録曲 試聴対象店舗
http://www.orsm.jp/#news

アルバム『Hi-Fi POPS』

2018年4月11日発売



LACA-35715/?3,600+税 
<収録曲>
■CD
01. Hi-Fi TRAIN
02. 流星ダンスフロア
03. cute cute
04. 綺麗なものばかり (Album Mix)
05. 誰もが誰かを
06. 耳もとでつかまえて
07.「ねぇ、神様?」
08. Trip Trip Trip
09. ハロー・イヴ
10. SWEET ROOM
11. ワンダードライブ
12. 銀河 (Album Mix)
■Blu-ray
01. オオカミハート
02. ドラマチック
03. 乙女シック
04. 銀河
05. ワンダードライブ
06. Trip Trip Trip
07. 流星ダンスフロア
08. Hi-Fi TRAIN



【通常盤】
LACA-15715/¥3,000+税 

ワンマンライブ『ワンダーランドへようこそ 〜Hi-Fi PARTY in LIQUIDROOM〜』

4月15日(日) 東京・恵比寿LIQUIDROOM

<チケット>
一般発売:3月23日(金)17:00販売開始
・イープラス http://eplus.jp/oresama/
・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/oresama-t/
・ローチケ http://l-tike.com/oresama



【関連リンク】
ORESAMA、アルバム『Hi-Fi POPS』収録の2曲を最速試聴できるキャンペーンを実施
ORESAMAまとめ
謎の新人・神谷玲(Vo)率いる、Strawberry Under Worldの豪華メンバーが明らかに!

【関連アーティスト】
ORESAMA
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ユニット, アルバム, キャンペーン, リリース, 発売

謎の新人・神谷玲(Vo)率いる、Strawberry Under Worldの豪華メンバーが明らかに!
Fri, 16 Mar 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月6日(日)にTSUTAYA O-WEST開催されるイベントライブ『Crazy Monsters〜Vocalist Special Fes 2018〜』の情報が発表され、出演バンドの中に突如として現れたバンド・Strawberry Under World』(以後SUW)。WEBサイトにある情報は『First Impact 180506 TSUTAYA O-WEST』と出演を予定しているライブのみで、プロフィールなど情報は一切無かった。Twitterも存在しているものの、そのライブ以外には特に活発な活動をしている様な呟きはなく“撮影をしました”という一応活動している様な呟きが一度あったきり。そんな謎なバンドを気になった人は多かったと思う。

そのSUWのWEBサイトで3月14日(水)の夕方に動きがあった。全貌までとはいかないが、バンドに関する情報を公開。プロフィールには“2018年2月14日結成”“Vo.神谷玲のソロプロジェクト”とある。写真は神谷玲のみで、その写真も横顔で伏せているためどんな人物像なのか未だ不明。そんな中に文字列だけで表記しているバンドメンバーのプロフィールが、ギタリストに千聖(PENICILLIN、Crack6)とKOJI(ALvino、La\'cryma Christi)、ベーシストにZERO(THE MICRO HEAS 4N\'S)、ドラムにyusuke(HERO)と、ヴィジュアル系バンド界の第一線で活躍するそうそうたるメンバーで構成されているのには驚いた。

プロフィールにあるように“神谷玲のソロプロジェクト”ということは、SUWは神谷玲を中心に結成されたバンドということになる。しかしヴォーカルというフロントポジションにいる神谷玲という人物は、今までの経歴や情報が無く謎も多い。思い返せば5月6日(日)のイベントライブのプレスリリースには「大型新人アーティスト『Strawberry Under World』が“First Impact”として初ライブを行なう予定」とあった。神谷玲のポテンシャルは不明だが、神谷玲を中心に千聖やKOJI、ZERO、yusukeが集まるバンドは、大型新人アーティストの登場と言っても間違いないかもしれない。“First Impact”と銘打って登場する5月6日はSUWの歴史のスタートになると思うので、この日のライブは是非足を運んで自分の目と耳で確かめて欲しい。この先どのような活動をするか未定だが2018年の注目されるバンドになる可能性は大きいだろう。

『Crazy Monsters〜Vocalist Special Fes 2018〜』

5月06日(日) 東京・TSUTAYA O-WEST
出演:Strawberry Under World / Ricky / S.Q.F / 葵-168- / mitsu / 背徳の薔薇 / 矢田耕平(司会)
<チケット>
スタンディング¥5,500(税込)※D代別
発売日:4月1日(日)10:00



【関連リンク】
謎の新人・神谷玲(Vo)率いる、Strawberry Under Worldの豪華メンバーが明らかに!
Strawberry Under Worldまとめ
PENICILLINまとめ
千聖まとめ
ALvinoまとめ

【関連アーティスト】
Strawberry Under World, PENICILLIN, 千聖, ALvino, La\'cryma Christi, HERO
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース

Czecho No Republic、夏祭りイベント『ドリームシャワー2018』開催決定
Fri, 16 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicが、7月8日に東京・新木場STUDIO COASTにて『Czecho No Republic presents ドリームシャワー2018』を開催することを発表した。移動式遊園地のように開催地が変わる『ドリームシャワー』は、Czecho No Republicがおくる夏開きイベント。2015年には日比谷野音でのワンマンライブ、2016年には新木場STUDIO COASTにて、パスピエ、go!go!vanillas、sumikaなど合計7組が出演したオムニバス形式にて開催。そして2017年はバンド史上最大の挑戦と銘打って、初めて東京以外での開催に挑み、大阪城音楽堂での野外ワンマンライブを大盛況に終えた。

そして2018年は東京・新木場STUDIO COASTにて、Czecho No Republicが今一番共演したいアーティストを集め、夏を始めるにはもってこいの一日限りの夏祭りを開催する。チケットは3月16日正午よりオフィシャルサイト・ファンサイト先行ともに受付がスタート! 出演アーティストは後日発表となるので、楽しみにまっていてほしい。

■『Czecho No Republic presents ドリームシャワー2018』

7月08日(日) 新木場STUDIO COAST

<チケット>
¥4,200(税込)※D代別
■オフィシャルホームページ・ファンサイト先行(おまけ付き):3月16日(金)12:00
■一般発売:5月12日(土)



【関連リンク】
Czecho No Republic、夏祭りイベント『ドリームシャワー2018』開催決定
Czecho No Republicまとめ
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、「すぐそば」のMVを公開

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, チケット

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、「すぐそば」のMVを公開
Fri, 16 Mar 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSが2月14日にリリースした最新アルバム『Sugar』を携えての全国ツアー『Sugar Days Tour 2018』が3月16日(金)の千葉LOOKからスタートする。このツアー開始に合せてアルバム『Sugar』から4本目となるMV「すぐそば」が公開された。今作のラストを飾るメロウチューンはリリース後からリスナーからの高い支持を得てきた楽曲で、ツアー開始前に待望のMV公開となった。2017年11月に配信リリースされた「Beautiful Death」のパリでの撮影の舞台裏とライブ映像を中心に構成され、浅井健一のオンとオフの両面が描かれた映像となっている。

また、4月27日には浅井健一がBLANKEY JET CITYから現在始動中の浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSまでの27年間に書きためた詩と、日々の想いが綴られた日記や新作の物語などをまとめた詩集・ダイアリー&ストーリーズ『宇宙の匂い』を刊行する。さらに刊行にあわせて4月27日から5月27日まで新宿のBEAMS JAPAN 5FのBギャラリーで個展の開催も決定した。日本を代表するロックンロールミュージシャンとして第一線で音楽活動を続ける中で綴られる言葉や想像力豊かな物語は、急速なスピードで変化しているこの世界を生きる私たちに、大切な何かを思い出させてくれるはずだ。

『Sugar Days Tour 2018』

3月16日(金) 千葉LOOK
3月21日(水・祝) 松阪M\'AXA
3月23日(金) 岡山IMAGE
3月24日(土) 京都 磔磔
3月30日(金) 金沢vanvanV4
3月31日(土) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
4月06日(金) 仙台MA.CA.NA
4月07日(土) 盛岡the five morioka
4月14日(土) 宮崎SR BOX
4月15日(日) 福岡DRUM Be-1
4月22日(日) 札幌cube garden
5月04日(金・祝) 大阪Shangri-La
5月05日(土・祝) 名古屋CLUB QUATTRO
5月12日(土) 新木場STUDIO COAST
<チケット>
¥5,000(税込)※D代別

浅井健一 個展『宇宙の匂い』

<日程>4月27日(金)〜5月27日(日)
<場所>Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F)〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6
<時間>11:00〜20:00(会期中無休)
<内容>
Bギャラリーでは2年ぶり2回目となるミュージシャン、浅井健一の個展を開催します。『宇宙の匂い』と題した本展は、伝説的バンドBLANKEY JET CITYから現在始動中の浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSまでの27年間に書きためた詩と、日々の想いが綴られた日記や新作の物語などをまとめた詩集・ダイアリー&ストーリーズ『宇宙の匂い』の刊行を記念した展覧会となります。

詩集『宇宙の匂い』

2018年4月27日先行発売



定価:¥3,000+税

<先行発売>
4月27日(金)〜5月27日(日)
場所:B GALLERY(BEAMS JAPAN 5F)
<通常発売>
5月28日(月)より、BEAMSのオンラインショップで販売開始予定
6月中旬より全国書店で販売開始予定



【関連リンク】
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、「すぐそば」のMVを公開
浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS まとめ
majiko、アルバム『AUBE』発売記念ライブを東京・新代田FEVERで開催

【関連アーティスト】
浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

majiko、アルバム『AUBE』発売記念ライブを東京・新代田FEVERで開催
Fri, 16 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

majikoが3月7日(水)にリリースしたアルバム『AUBE』の発売記念として、ライブ『majiko presents「new album “AUBE” release party」』を名古屋、大阪で開催。そして3月14日(水)の東京・新代田FEVER公演では東京ハイカラ編として、majikoと親交のあるLUCKY TAPES、チーナを迎えてリリースパーティーを開催した。この日はアルバム『AUBE』より「アガルタの迷い子」でスタートし、「Learn to Fly」「スープの日」を披露。曲調によって変幻自在な歌唱と飛び跳ね回るmajikoに、会場は最初から熱気と多幸感に包まれた。

動画共有サイトに投稿している「ボートに乗って」「このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る」では、majiko色に染め上げ、彼女ならではの奥深い世界を作り上げている。290万以上の動画再生回数を記録している「心做し」では、息を飲むほどの静けさに始まり、心に突き刺さる圧巻の歌唱で会場ではすすり泣きが聞こえてきた。後半は、ストレイテナー「冬の太陽」をmajikoアレンジでカバー、ライヴアンセムとなっている「アマデウス」「きっと忘れない」を含む12曲で、本編は幕を閉じた。

アンコールで登場したmajikoは満面の笑みで、東名阪ツアーが楽しくてたまらかったことをバンドメンバー、スタッフ、観客に向けて力強く感謝の言葉を語った。最後に披露したのはアルバムのリードトラックとなっている「声」。どこまでも伸びやかに上昇していくmajikoの歌声は、希望に満ちているようだった。アルバムタイトル『AUBE』はフランス語で“夜明け”を意味し、文字どおり“majikoの夜明け”となった。

Photo by Viola Kam[V\'z Twinkle]

【セットリスト】
1.アガルタの迷い子
2.Learn to Fly
3.スープの日
4.ボートに乗って
5.このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る
6.UNDERCOVER
7.ノクチルカの夜
8.心做し
9.冬の太陽
10.Avenir
11.アマデウス
12.きっと忘れない
EN.声

ミニアルバム『AUBE』

2018年3月7日発売



【限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9102/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
1.声
2.Learn to Fly
3.アガルタの迷い子
4.スープの日
5.ダーウィン先生の倦怠
6.UNDERCOVER
7.Avenir
8.AM
■DVD -Live Video-
1.end
2.このピアノでお前を875963 2145回ぶん殴る
3.ノクチルカの夜
4.ダージリン
5.彗星のパレード
6.心做し
7.冬の太陽
8.世田谷ナイトサファリ
9.アマデウス
10.きっと忘れない
11.Avenir
※限定盤に付属のDVDはワンマンLIVE「Decembre」at 渋谷WWW Xの模様をダイジェストで収録



【通常盤】(CD)
UICZ-4416/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.声
2.Learn to Fly
3.アガルタの迷い子
4.スープの日
5.ダーウィン先生の倦怠
6.UNDERCOVER
7.Avenir
8.AM



【関連リンク】
majiko、アルバム『AUBE』発売記念ライブを東京・新代田FEVERで開催
majikoまとめ
石崎ひゅーいのベスト盤に大泉洋、ムロツヨシ、森山直太朗など多方面の有名人からコメントが到着

【関連アーティスト】
majiko
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ

石崎ひゅーいのベスト盤に大泉洋、ムロツヨシ、森山直太朗など多方面の有名人からコメントが到着
Fri, 16 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日(水)に、初のベストアルバム『Huwie Best』を発売するシンガーソングライター・石崎ひゅーいへ、菅田将暉、藤あや子、ムロツヨシ、大泉洋、森山直太朗という、各方面で活躍している錚々たるメンバーからコメントが寄せられた。それに伴い、ベストアルバム『Huwie Best』特設サイトがオープン! さらに、ベストアルバム『Huwie Best』のトレーラー映像も公開となったのでぜひチェックしてほしい。

■ベストアルバム『Huwie Best』特設サイト
http://www.ishizakihuwie.com/HuwieBest/

■【コメント】

■大泉洋
「『花瓶の花』を初めて聴いたのは、飲み会での生歌だった。お世話になった人から、誕生日の妻のために歌って欲しいと頼まれて、彼は少しもためらわず歌ってあげた。その場に何人居たかは忘れたが、多分居合わせたほとんどが泣いていた。勿論私も。大切な人に永遠の愛を誓った歌だった。そして今「ピリオド」という新曲を聴いた。とても悲しい別れの歌でありながら、私は暗い気持ちにはならなかった。それはこの歌も人を愛する尊さを真っ直ぐに歌った歌だからだろう。石崎ひゅーいの歌はどんな歌でも、真っ直ぐに前を向いて歩いてゆく勇気をくれる。いつもボヤいてばかりの私にも」

■菅田将暉
「いつもひゅーいくんの曲をカラオケで歌ったり覚えたくて家でギター爪弾いてたりしてる僕にとって、こんなにありがたいアルバムはありません。初めましてひゅーいくんの方は、まずこのアルバムを聴きましょう。きっと震える声に背中を押される事間違いなしです。街中をあったかい毛布巻いて歩いてる気分に僕はなります。全然寒くない。無敵です。マジ無双。そして、ひゅーいくんファンの方は、共に「おっぱい」が入ってる事を歓喜しましょう。僕らの楽園を作ってくれてありがとうひゅーいくん」

■藤あや子
「初めて「花瓶の花」を聴いた時、思わず涙が溢れました。真っすぐで純粋で優しくて、壊れそうなくらいに繊細で…。待ちかねていたBEST ALBUMは、ずっと私の側に寄り添ってくれることでしょう。何度聴いても、何百回、何万回聴いても、石崎ひゅーいの歌の世界に引き込まれてしまいます」

■ムロツヨシ
「ピカピカな世界で リンとした顔でして オドッてみたりして ドうせ最後はちゃんと散りたかった、なんていわずにいつまでも聞かせつづけてよ、君の歌を、ね、ひゅーい、」

■森山直太朗
「初めて、ひゅーい君と飲んだ時に「俺、直太朗さんより上手に直太朗さんの曲歌えますからー!」って言われて、びっくりしたけど凄く嬉しかったのを覚えています。後から酔った勢いですいませんでしたって謝ってくれたけど、俺一生根に持つタイプの人間だから今度一緒にシダックス行こうね。約束だよ。リリースおめでとう。幸運を」

■【アルバム『Huwie Best』について】

■石崎ひゅーい
「『もう』なのか『まだ』なのかとにかくデビューして約5年半が経ちました。確かな事は、沢山の方々の助けがあって今も歌を作りそして歌えているという事です。日々の出会いとみんなからの応援、心から感謝しています。「第三惑星交響曲」から始まり、「独立前夜」「花瓶の花」「アタラズモトオカラズ」と発表してきて正直今空っぽです。笑 普段は曲が出来なかったら熊みたいに寝るのですが、今は次のフェーズに行きたいなぁと思うのです。それはきっと作品を完成させることや新しい自分の表現と出くわす事が僕にとっての1番の幸せでありそれが同時に誰かの幸せでもあるかもなって5年半の活動を通して思えたからです。石崎ひゅーいの第一章はこの『Huwie Best』で終わりにします。『ピリオド』という新曲をアルバムの最後に入れて。もうすぐ春が来る、僕はまた新しい旅に出かける気持ちでいます。第二章も楽しみにしていてください」

ベストアルバム『Huwie Best』

2018年3月28日発売



ESCL-5043/¥2,900(税込)
<収録曲>
■CD
01.第三惑星交響曲
02.ファンタジックレディオ
03.夜間飛行
04.ピノとアメリ
05.ひまわり畑の夜
06.ガールフレンド
07.ピーナッツバター
08.星をつかまえて
09.1983バックパッカーズ
10.おっぱい
11.常識
12.僕がいるぞ!
13.僕だけの楽園
14.花瓶の花
15.ピリオド
ーAcoustic Versionー
16.花瓶の花
17.夜間飛行

【イベント・ライブ情報】

『「Huwie Best」発売記念インストアライブツアー』
3月27日(火)19:00〜 北海道:HMV 札幌ステラプレイス
3月29日(木) 愛知県:名古屋某所(*詳細近日発表)
3月30日(金)13:00〜 大阪府:タワーレコード 難波店
4月01日(日)13:00〜 東京都:タワーレコード 渋谷店 4F
4月01日(日)19:30〜 福岡県:タワーレコード アミュプラザ博多店
4月14日(土)18:30〜 兵庫県:阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のステージ

※ミニライブ+ サイン会
※ライブ観覧フリー

『石崎ひゅーい 弾き語りワンマンTOUR 2018「ピリオド」』
詳細:http://www.sonymusic.co.jp/artist/ishizakihuwie/live/43545?_ga=2.149446838.1685195845.1520258835-1657329683.1482825534



【関連リンク】
石崎ひゅーいのベスト盤に大泉洋、ムロツヨシ、森山直太朗など多方面の有名人からコメントが到着
石崎ひゅーいまとめ
福山雅治、「失敗学」が新水曜ドラマ『正義のセ』主題歌に決定

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース, 発売

福山雅治、「失敗学」が新水曜ドラマ『正義のセ』主題歌に決定
Fri, 16 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

福山雅治が、4月11日放送スタートの日本テレビ系水曜ドラマ『正義のセ』の主題歌を歌うことが発表された。福山雅治と吉高由里子の主題歌×主演のタッグは、2010年の日本テレビ系土曜ドラマ『美丘』以来、8年ぶりとなる。また、福山雅治の日本テレビ系ドラマ主題歌は、2015年の水曜ドラマ『花咲舞が黙ってない』以来、3年ぶり。楽曲タイトルは「失敗学」。

福山は主題歌を担当するにあたり、「この度は『正義のセ』主題歌を担当させて頂くこととなり、大変光栄に思います。主題歌のタイトルは「失敗学」です。主人公・凜々子はとても勇気のある人。未熟ながらも自身の信念のために他者とぶつかることを恐れない人。共感すると同時に、恥ずかしながら“でも僕にはそんな生き方は勇気がなくて出来てない…”とも思いました。ならば、そんな僕のような人や、凜々子の周りに居る人たちに出来ることは何なのか?との思いで生まれてきた楽曲です。人生はすべてうまくいくことなど皆無で、誰しもが必ず失敗を経験する。ですが、失敗から学びや気付きを得ることで成功に近づいてゆくのも事実。勇敢な凜々子を見ていて浮かんだエール(応援)は“失敗する人が成功する”と言う言葉です。凜々子の不器用な背中を少しだけ後押しながら、彼女と共に少しでも前に進んで行けるような楽曲になれたらとの思いで描きました」とコメントしている。

主演の吉高由里子、日本テレビ制作局プロデューサーの加藤正俊からもコメントが届いている。

■【コメント】

■吉高由里子
「私の初主演作の「美丘」も福山さんの主題歌でした。今回も福山さんが担当してくださると聞いてそのことを思い出し、もう8年もたったんだなと実感しています。優しく応援してくれて、“よっしゃ明日も頑張ろう”と元気になれる曲です。私にとって20代最後になる今回のドラマを、この曲と一緒にお届けすることができてとても嬉しいです」

■日本テレビ制作局プロデューサー・加藤正俊
「吉高さんが演じる主人公は、不器用で失敗しながらも成長していく愛すべきキャラクター。そんな彼女の背中を押してくれるような主題歌にしたいと思い、福山さんにお願いしました。福山さんらしい前向きな応援ソングで、ドラマの世界観とテーマにぴったり合っています。見てくださった方もきっと力をもらえる曲です。どうぞご期待ください」

日本テレビ系水曜ドラマ『正義のセ』

4月11日(水)放送スタート 毎週水曜よる10時〜11時放送 (初回10分拡大)
<出演者>
吉高由里子 安田顕 三浦翔平 広瀬アリス 寺脇康文 生瀬勝久 他
<主題歌>
福山雅治「失敗学」
■番組オフィシャルHP:https://www.ntv.co.jp/seigi-no-se/



【関連リンク】
福山雅治、「失敗学」が新水曜ドラマ『正義のセ』主題歌に決定
福山雅治まとめ

【関連アーティスト】
福山雅治
【ジャンル】
J-POP, ニュース, TVドラマ, 主題歌













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1