歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月15日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
M!LK、SWEETS PARADISEとのコラボカフェでスペシャルイベントを開催
Thu, 15 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5人組ボーカルダンスユニット・M!LKが、3月14日(水)リリースの7thシングル「ボクラなりレボリューション」の発売を記念して、スイーツパラダイスSoLaDo原宿店にて期間限定のコラボレーションカフェ「M!LKcafe !n SWEETSPARAD!SE」をオープン! 初日となる3月14日(水)にスペシャルイベントが開催され、抽選で選ばれたみ!るきーず(M!LKのファン)とともに楽しいイベントのひとときを過ごした。

イベントでは、それぞれがチョイスしたコラボメニューについて発表。佐野勇斗の“SANOBURGERセット”は「ハンバーガーの横にあるのが大学イモなんですけど、大学イモが食べたいと思って作りました! セットドリンクの“いちごミルク”には芋けんぴを飾りました!」、板垣瑞生の“アボカドとそぼろ丼と言ったらこれしかないスペシャル”は「タイトルそのまんまなんですけど、特殊なそぼろ丼になっているので食べてください!」、吉田仁人の“ホームシックプレート”は「両棒餅(ぢゃんぼもち)という、鹿児島の郷土料理にしました。両棒餅とさつま揚げが原宿の店舗に並んだら面白いと思って考えたんですけど、両棒餅は本家越えのレベルで美味しかったので是非食べて頂きたいです」、山?悠稀の“おやすみワンワンプレート”は「SNS映えを狙って、可愛いものが良いなと思って作りました! 自分で作りたいものを描いてお願いしたら、本当にそのまんまの料理にしてもらえました!」、塩?太智の“しおざきの好きなナタデココとみかんゼリー”は「ナタデココが好きなのと、和歌山県出身なのでみかんを入れたくて作りました!」とそれぞれの思いをクロストークを交えながら発表した。

さらに、来場者からの質問コーナーでも大盛り上がり! “苦手な食べ物はなんですか? ほうれん草ともやしが食べられないので、良い克服方法が知りたい!”との質問に、山?は「僕はブロッコリーが苦手です。でもほうれん草は食べられます。バターソテーが美味しいですよ!あとごま油が好きなので最近持ち歩いています。なので、好きな調味料を持ち歩くのが良いんじゃないかなと思います」とアドバイス。

“み!るきーずの好きなところは?”との質問には、板垣「いつも純粋で可愛いなと思います。こういうこと言うの恥ずかしくない?(笑) でも、いつも僕らの事を応援してくれて本当に嬉しいですね!」、吉田「イベントでは一緒に振りを全力でやってくれたり、BLACK M!LKの時にペンライトを赤色を変えてくれたり、全力で僕達を応援してくれるのが有難いなと思います」、山?「いつも応援してもらったり、CD買ってくれたり、(SNSに)コメントしてくれたりして、僕達の方が“ありがとう”って言う立場なのに、皆さんが“ありがとう”って言ってくれるところです」とそれぞれの思いを語り、ファン達と心を通わせるアットホームな空間となった。

イベントの最後は、み!るきーずへ向けて、吉田「M!LKメンバー、1人1人一生懸命考えて作ったメニューや、お店にあるスイーツも華やかで美味しそうなので、皆さん“女子会”っていうんですか?(笑) そういう時はスイーツパラダイスで僕達のコラボメニューを食べながら、楽しんで頂けたらと思います!」、塩?「今回コラボさせていただいて、メニューも自分達で考えて、皆さんに楽しんでもらえたらと思いました! また遊びに来ていただいて、是非(ランダムの)コースターも自分の好きなのを当ててもらえると嬉しいです!!」、佐野「なんか良い雰囲気ですよね、このM!LKコラボの感じ!! もし第2弾があったら、また来てくれますか?! 僕らも機会があれば是非またやりたいので、その時は皆さん来てくださいね! ありがとうございました!」とメッセージをおくり、楽しいイベントは幕をおろした。

「M!LKcafe !n SWEETSPARAD!SE」は、4月22日(日)までスイーツパラダイスSoLaDo原宿店にて開催中! コラボメニューがオーダーできる他、店内ではM!LKのパネル展示やオリジナル缶バッチをゲットできるクレーンゲーム機の設置、さらにカフェ限定のM!LKオリジナルグッズも販売している。ぜひこの機会に足を運んでみてほしい。

【「M!LKcafe !n SWEETSPARAD!SE」概要】

開催日時:3月14日(水)〜4月22日(日)
開催店舗:スイーツパラダイスSoLaDo原宿店

■開催期間中はスイーツパラダイスバイキング代金(大人1,300円)にプラス650円(税込)で、メンバープロデュースのオリジナルメニューをお召し上がりいただけます!
※各メンバーのセットメニューをお選びいただけます。(ドリンクセットになります)
※追加オーダーは1品につき、税込500円とさせていただきます。
※M!LKコーヒーとM!LKチョコは追加オーダー時のみご注文いただけます。

■コラボメニューをご注文いただくと、オリジナルコースターをプレゼントいたします♪
※配布は全17種よりランダムとなります。
※追加オーダーの場合はドリンクのみ対象です。



【関連リンク】
M!LK、SWEETS PARADISEとのコラボカフェでスペシャルイベントを開催
M!LKまとめ
ЯeaL、TVアニメ『ポケモン』新OPテーマ「未来コネクション」のMVに人気子役・新井美羽らが出演

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, EBiDAN, コラボ, レポート

ЯeaL、TVアニメ『ポケモン』新OPテーマ「未来コネクション」のMVに人気子役・新井美羽らが出演
Thu, 15 Mar 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガールズロックバンド・ЯeaL(リアル)が、5月2日(水)にテレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』の新オープニングテーマとして話題の新曲「未来コネクション」をリリースする。その「未来コネクション」のMVに、NHK連続テレビ小説『わろてんか』やNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』での好演が注目を集めている人気子役・新井美羽(11)が主演を務めていることが分かった。

「未来コネクション」は、もともと『ポケモン』の大ファンであったЯeaLのメンバーが子供たちに向けて書き下ろした楽曲。“夢に向かって進んでいく時の、不安だけどキラキラ輝く気持ち”という楽曲のテーマを、MVでは新井をはじめ、子役の小林リアナ(9)と咲希(9)が熱演している。あどけない笑顔で大はしゃぎしていたかと思えば、一転して切ない表情を浮かべたり…まさに子供の頃の一瞬を切り取ったような瑞々しい映像となっているので、ぜひチェックしてほしい。

また、シングル「未来コネクション」の期間限定盤は『ポケットモンスター サン&ムーン』描き下ろしイラストによるデジパック仕様で、ノンクレジットオープニング映像を収録したDVDが付属するなどの豪華盤となっている。さらに、ЯeaLが出演するライブイベント会場のCD即売所にて「未来コネクション」を予約すると、ЯeaL特製ステッカーをもらえるキャンペーンを実施中とのこと。こちらも併せて要チェック!

シングル「未来コネクション」

2018年5月2日(水)発売



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2287〜2288/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1.未来コネクション
2.光になれない
3.リスキーゲーム
4.未来コネクション 〜アニメサイズ〜
5.未来コネクション 〜アニメサイズ Instrumental〜
■DVD
『ポケットモンスター サン&ムーン』ノンクレジットオープニング映像
◎特典
TVアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』描き下ろし絵柄デジパック仕様
TVアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』ノンクレジットオープニング映像収録DVD付

【通常盤】(CD)
SECL-2286/¥1,204+税
<収録曲>
■CD
1.未来コネクション
2.光になれない
3.リスキーゲーム
4.未来コネクション 〜Instrumental〜

・ЯeaL「未来コネクション」CD予約 https://smer.lnk.to/miraiconnection
・ЯeaL「未来コネクション 〜アニメサイズ〜」ダウンロード販売URL https://lnk.to/miraiconnection

『ЯeaLデビュー2周年記念企画イベント
ЯeaL Яock Яevolution vol.6 〜ЯeaL vs nano.RIPE〜』

3月21日(水) 東京・下北沢GARDEN
ゲスト:nano.RIPE
<チケット>
料金¥3,500(税込)
・チケットぴあ(Pコード:103-909) https://t.pia.jp/sns/?p=e1760209_ft
・ローソンチケット(Lコード:75024) http://l-tike.com/order/?gLcode=75024
・イープラス http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002177865P0050001P006001P0030014



【関連リンク】
ЯeaL、TVアニメ『ポケモン』新OPテーマ「未来コネクション」のMVに人気子役・新井美羽らが出演
ЯeaLまとめ
シド、新ヴィジュアル2タイプ解禁&「ASH」MVを限定先行公開

【関連アーティスト】
ЯeaL
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ガールズバンド, ミュージックビデオ, MV, シングル, アニメ, オープニング

シド、新ヴィジュアル2タイプ解禁&「ASH」MVを限定先行公開
Thu, 15 Mar 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シドが、4月4日(水)発売のベストアルバム『SID Anime Best 2008-2017』リリースに先駆け、2タイプのアーティスト写真及び、「ASH」のMVを解禁した。今作は、これまでシドが手掛けてきたアニメタイアップソングの全てをコンパイルしたヒット曲づくしのアニメベストアルバム。ボーナストラックに、LiSAに楽曲提供し、TVアニメ『Fate/Apocrypha』2ndクールオープニングテーマとなった「ASH」をセルフカバーして収録されることも大きな話題を集めている。

今回公開されたアーティスト写真は2種類。“青”を基調にしたアーティスト写真では、メンバーそれぞれが楽器を持ち、ライブさながらの躍動感を見せ、改めてシドがライブバンドであることを象徴するかのような仕上がりだ。一方、“赤”を基調にしたアーティスト写真は、2018年結成15周年となるシドの“15周年ヴィジュアル”となっている。フォーマルな装いに、レッドカーペットをあしらった様は、まさにシドの15年間の歴史と歩みを彷彿とさせる。

さらに、「ASH」(Music Video / Live Edition)の一部が、アニメイトタイムズにて3月15日(木)より先行公開となった。シドがセルフカバーする「ASH」は今回が初公開となるだけあって、是非チェックしてほしい。また、「ASH」(Music Video / Live Edition)には、2017年5月に行った日本武道館公演2daysの映像だけでなく、2017年10月の『SID TOUR 2017 「NOMAD」』東京国際フォーラム ホールA公演や、2018年元日に行なわれたシド結成十五周年記念公演『シド初め』Zepp Tokyo公演といった未公開ライブ映像も満載になっており、ファンには堪らないMVとなっている。

「ASH」(Music Video / Live Edition)はアニメイトタイムズでの限定先行公開された後、3月16日(金)18:00に、いよいよ本公開となる。そして、同日深夜にオンエアとなるTOKYO FM / JFN38局ネット「やまだひさしのラジアンリミテッドF」にて「ASH」のフル音源もラジオ初解禁となり、5月5日(土・祝)からは、全12公演を駆け抜ける全国ツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』も決定。また、3月15日(木)より特設サイトにて今ツアーの“〜ファン投票LIVE〜”の投票が開始した。LIVEで聴きたい曲を選び投票に参加しよう。

■「ASH」(Music Video / Live Edition)先行公開
https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1521015253

アルバム『SID Anime Best 2008-2017』

2018年4月4日発売



【初回生産限定盤】 (CD+DVD)
KSCL-3043/44/¥3,333+税
<収録曲>
■CD
1.モノクロのキス
(TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ)
2.嘘
(TVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』エンディングテーマ)
3.ドラマ
(Wii専用ゲームソフト『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST -暁の王子-』テーマソング)
4.レイン
(TVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』オープニングテーマ)
5.乱舞のメロディ
(TV東京系アニメ『BLEACH』オープニングテーマ)
6.V.I.P
(TVアニメ『マギ』第1期オープニングテーマ)
7.ANNIVERSARY
(TVアニメ『マギ』第2期オープニングテーマ)
8.ENAMEL
(TVアニメ『黒執事 Book of Circus』オープニングテーマ)
9.硝子の瞳
(劇場版アニメーション『黒執事 Book of the Atlantic』主題歌)
10.螺旋のユメ
(TVアニメ『将国のアルタイル』オープニングテーマ)
-BONUS TRACK-
11.ASH
■DVD
「ASH」(Music Video / Live Edition)

◎初回生産限定盤封入特典
・歴代アニメ5作品着せ替えジャケット(蛇腹仕様)
・シド15周年ヴィジュアル着せ替えジャケット

◎店舗別特典
■TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く)
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルB3ポスター(Type A)
■TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/ TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルブロマイド(Type B)
■HMV全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルブロマイド(Type A)
■全国アニメイト(オンラインショップ含む)
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルポストカード
■シド応援店
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルB3ポスター(Type B)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sid/shoplist/180404/ 



【通常盤】(CD)
KSCL-3045/¥2,778+税



【関連リンク】
シド、新ヴィジュアル2タイプ解禁&「ASH」MVを限定先行公開
シドまとめ
平成の歌姫、浜崎あゆみの ヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 〜アーティスト別 ベストヒット20」

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, アルバム, リリース

平成の歌姫、浜崎あゆみの ヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 〜アーティスト別 ベストヒット20」
Thu, 15 Mar 2018 18:00:00 +0900


CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、前回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。

20世紀から21世紀に変わる頃、CD市場全体が右肩下がりになっていく中で、それを感じさせぬ勢いで売れ続けたのが、浜崎あゆみと宇多田ヒカルの2大女性ソロだ。特に浜崎の場合は、最も多い年には7枚のシングル、さらにそれらを収録したオリジナルアルバム、ミュージックビデオやライヴを収録した映像ソフト、さらにはユーロビートからクラシックに至るまで様々なリミックスアルバム(2015年までになんと27作!)と、膨大な量の音楽作品をリリースし、2000年代の音楽市場を大きく支えてきた。

■キッズモデルや女優などの活動を経て アーティストに転身

そんな浜崎は1978年福岡県生まれで、それ以前からキッズモデルを経て女優からグラビアまでこなすマルチタレントとして活躍していたが、約1年間の充電期間を経て、1998年4月8日、シングル「poker face」で再スタートした。

デビューから2ヶ月ごとにシングルをリリースし、その張り詰めたように繊細な高音ボーカルが女子高生たちの共感を呼び10万枚前後のヒットを重ね徐々に人気が浸透。デビュー曲から5枚のシングルを収録した1stアルバム『A Song for X X』が140万枚を超えるメガヒットとなり、一気に注目されるようになる。一般に、女性ファンは同性アーティストのシングルをアルバムまで買い控える傾向があるが、彼女の場合、アルバムでのセールス急増がより顕著だった。特に、化粧品や菓子などターゲットが明確なタイアップも多く、アルバム発売時にはさほど音楽に関心のない女性リスナーをも取り込んだのだろう。

その後、1999年4月発売の両A面シングル「LOVE〜Destiny〜/LOVE〜since 1999〜」でシングルでも初のオリコン1位を獲得し、以降2010年の「L」まで通算37作の1位は女性ソロアーティストとしては2018年現在も最多記録。2000年の「SEASONS」以降は、限定シングル以外すべて1位となり、オリジナルアルバムも1999年から2004年までミリオンヒットを連発させていた。特に2001年3月28日のベストアルバム『A BEST』は、宇多田ヒカルの2ndアルバム『DISTANCE』と同じ発売日に設定し、共に450万枚を超えるメガヒットとなった(発売週のCDショップの会計を待つ人たちが長蛇の列となっていたのが懐かしい!)。

デビュー当時は孤独をテーマとした楽曲が多かったが、やがて孤独な聞き手を鼓舞するようなパワフルな楽曲が増えていく。それでも年末にはラブバラードを歌うという路線を外すことなく、2001年から史上初となる3年連続の日本レコード大賞を受賞(ちなみにエイベックス所属アーティストの受賞は1995年のTRFから2015年の三代目J Soul Brothersまで21回中14回と、なんと3分の2を占める高確率! これは実際の市場規模の同社シェアを遥かに上回る)。

■セールス記録よりも 自由な音楽活動を

2013年に3年ぶりとなる51作目のシングル「Feel the love」が5位に登場し、25作連続1位記録がストップ。この3年の間にシングルチャートの上位は、イベント購入特典で有利な男女アイドルの寡占状態となっていたことも一因だろう。

続くシングル「Terminal」は初登場24位となり、バッシング記事も見られたが、実際は既に発売されていたアルバムからのリカットで、収録曲も「Teminal」とそのリミックス2曲のみ、販売形態もDVDのない1種のみで(オリコン1位記録を更新している時期、収録DVDやジャケット違いの4種で発売したり、週末に急遽4枚同時購入特典を付けたり、まさに記録作りを死守していたのとは対照的)、むしろより自由な音楽活動に向かうために、浜崎サイドからセールス記録をあえて断ち切ったようにも思えた。

近年は長期にわたる全国ホールツアーやアリーナツアーに精力的で、CDシングルは2014年の「Zutto.../Last minute/Walk」、CDアルバムも2016年の『M(A)DE IN JAPAN』以来となっている(2018年3月現在)が、その分、TwitterやInstagramでの投稿などSNSでのお茶目な一面を見せたビジュアルや天然なコメントがファンの間で人気だ。

ただ、本人の存在感が絶対的であるがゆえに、逆に個々のヒット曲についてはさほど語られてこなかった気がする。デビューから今年で20年となる今だからこそ、どのようなヒット曲を残してきたのかを総合的に見てみたい。

■総合1位は繊細な感情を熱唱する 2000年発売のシングル「M」

総合1位は2000年発売のシングル「M」。恋の終わりに怯えながらも、恋することを決して抑えられないという繊細な感情を熱唱するのが印象的で、本作からCREA名義での作曲も見られるようになるなど、音楽的により深く関わるようになったことも一因だろうか。また、TVでの白いロングドレスの衣装や、CDセールスでのモーニング娘。の「恋愛レボリューション21」との頂上対決など、何かと話題の大きな作品だった。

なお、配信では25万件以上のダウンロードヒットの11曲中、2006年以降のレコチョク年間TOP100にランクインしたものから上位と決めているため、2000年発売の「M」はここでのルール上10位となっているが、実際は現在でも長くダウンロードされている一曲。というか、そもそも2000年時点でまだ配信すら始まっていないのに、25万件を優に超え、今なお配信で支持されているという事実だけでも、十分“ヒット曲”と呼べるだろう。ちなみに、浜崎あゆみの配信10万件以上のヒット曲は2017年末時点で41曲。これは配信を主力として00年代後半にデビューしたアーティストと比べても引けをとらない。

■“泣けるバラード”として評判を呼んだ「SEASON」が総合2位を獲得

そして、総合2位も同じく2000年発売の「SEASON」。ドラマ『天気予報の恋人』主題歌で、過去の想い出をゆっくり癒していくという歌詞を等身大の歌声に乗せることで“泣けるバラード”として評判を呼んだ。また、3ヶ月連続で発売された「vogue」→「Far away」→「SEASONS」と、3作のCDジャケットがリンクしていることも話題となった。

■総合3位はカラオケで1位を獲得した 2006年夏のシングル「BLUE BIRD」

総合3位には、2006年夏のシングル「BLUE BIRD」がランクイン。CDセールスは約26万枚と、5枚のミリオンセラーを含め50万枚以上のヒットを連発していた99年〜03年より下がっているが、配信では25万件以上で2位、カラオケでは1位となっており、総合で上位入りとなった。本作はゼスプリ「ゴールドキウイ」のCMソングに起用された爽やかなポップチューンだが、《『僕の翼を君にあげる』そう言って君は少し泣いた/こらえきれず僕も泣いた》とあるように、よくよく聞くと「僕」と「僕」の絆を浜崎が歌っているのが新鮮だ。

■自身で作詞・作曲を手がけた 「evolution」が総合4位

総合4位は「M」に続くシングルとして発売され、「M」同様に自身で作詞・作曲を手がけた2001年の「evolution」。《こんな時代に生まれついたよ/だけど君に出会えたよ》と早口にまくしたてるポップロック調の楽曲だが、近年のライヴでは、そのパフォーマンスがますますパワフルになっている。

■ドラマ『マイリトルシェフ』主題歌の 「Voyage」が総合5位にランクイン

総合5位にはドラマ『マイリトルシェフ』主題歌となった2002年の「Voyage」、総合7位にはアニメ『犬夜叉』のエンディングテーマとなった「Dearest」がランクインし、共に、その年の秋に発売されたバラードで、その数ヶ月後に日本レコード大賞を受賞している。また、間の総合6位には、かつての恋人を想い続ける暖かな歌詞が印象的な2009年の「Days」が入りこちらもバラードだ。

2003年にデビュー5年ながら『A BALLADS』というバラード縛りのアルバムが出せるほど、彼女にとっても、またリスナーにとってもやはりバラードの存在は大きい。ちなみに、本作では荒井由実の「卒業写真」がカバーされており、お気づきの方も多いだろうが、彼女のオリジナル曲はすべてアルファベット表記ゆえ、この漢字表記がとても新鮮に見えるほどだ。日本人がイメージしやすい英語も限られているので(笑)、新たなステップを踏むためにも、今後、漢字表記のオリジナル曲を浜崎が作るというのも意外な一手となるような気もする。

■自身初のミリオンセラーシングル 「Boys & Girls」が総合8位に

総合8位には1999年のシングル「Boys & Girls」がランクイン。本作で自身初のシングルでのミリオンセラーを達成した。これは8cmから12cmシングルに移行するにあたり、収録時間を大幅に増やしたこともヒット要因だろう。表題曲8バージョンのほか、前作「TO BE」と前々作「Love 〜Destiny〜」の別バージョンの合計10曲を収録し、お得感を助長した。

ちなみに最も売れたシングルは1999年の4曲A面シングル「A」で、その4曲すべてに浜崎本人が出演するCMタイアップが付いた。本作でも別バージョンやカラオケなど全14トラックを収録し自己ベストの約163万枚という売上に。この4曲すべてが勝負作というシングルは史上初だが、その一方で収録された「monochrome」「too late」「Trauma」「End roll」のプロモーションが分散してしまったせいか、この4曲ともカラオケの上位20曲に入っておらず、この総合ヒット分析でも形式的に1曲目に収録された「monochrome」が11位に入っているのみ。

これに対し、前述の「Boys & Girls」は《輝きだした僕らをだれーが!》と叫んで、その後の《止めることなど出来るだろう》を観客が歌うというコール&レスポンスがお約束となるほどのライヴ定番のアッパーチューンで、こちらはカラオケでも15位にランクイン。こうして見ると、同じ大容量シングルでもプロモーションを1曲に集中したシングルの方が、結果として印象的な楽曲が生まれるのかもしれない。

■アルバムオリジナル曲も 2曲が総合TOP10入り

2002年のオリコン年間では、浜崎あゆみの「H」(シングル5位)のみが唯一のミリオンセラーと報じられたが、これは年間ランキングの集計が終了する2週間前に“ミリオンヒット記念盤”として3種類のジャケットが楽しめる限定盤を追加発売し、累計95万枚前後で停滞していた売上からギリギリ100万枚まで売り伸ばした。彼女の作品の場合、後に数字が歴史上に残ることも見据えた見事な戦略が非常に多く、そのヒットを辿るだけでも、ある種のマーケティングの勉強になりそうだ。

しかも、シングル以上にアルバムでヒットを飛ばしていたこともあり、9位に「Who...」、10位に「JEWEL」と2曲のアルバムオリジナル曲が総合TOP10入りしているのも注目点だろう。「Who...」の方は1999年11月発売の2ndアルバム『LOVEppears』(これもシングル「Appears」との対比となるセミヌード・ジャケットで“白あゆ”“黒あゆ”と大きな話題に)の本編ラストに収録されたバラードで《これからもずっとこの歌声が/あなたに届きます様にと》というサビの歌詞からライヴの終盤で歌われることの多い人気曲、また「JEWEL」はPanasonicのCMソングに起用され《君の笑顔が/僕の大切な宝物》と温かく歌ったラブソングで、共に配信とカラオケで強く支持されている。

他にも本人初のデジタルシングルで、配信で25万件以上のヒットとなった「Together When...」が12位(世間的にさほど知られていなかった段階でも『NHK紅白歌合戦』で歌唱できたという好待遇も話題に)、1stアルバムのタイトル曲「A Song for XX」が14位と、アルバム曲がランクインしている。

■全体的に切ないバラードや 爽やかなアッパーチューンが人気曲

こうして見ると、全般に切ないバラードや爽やかなアッパーチューンが人気だということが分かるが、近年の彼女はよりハードな演奏やそれにも負けず劣らず激しい歌唱というスタイルが多いように思える。現に前述の「A Song for X X」も、2016年の『ミュージックステーションスペシャル』に出演した際、《居場所がなかった/見つからなかった》という歌詞をタフに叫ぶように歌い、原曲の少女ゆえの悲痛な叫びを超えて、凄まじく大きなテーマに変わっていたのが興味深かった。

筆者自身が、その変化を最初に感じたのは2005年のシングル「Bold & Delicious」だろうか。本作はCDの売上が前シングル「HEAVEN」から33万枚→13万枚と急落し、配信やカラオケでも彼女のTOP30に入っていないが、その作品にかけた熱量は過去最大級かと思ったほどだ。なにしろ“ヤーヤーヤーヤーガーガーガーガー”という怒涛のコーラスから始まって、サビで“Bold&Delicous!!”とゴスペル調の女性コーラスが入り、それに対し、本人も“(そう自由に)なってぇ!”とハイテンションなシャウトで応酬している。そこにはかつての切なさや可愛さは微塵に感じられず、上位曲が好きなファンにとっては“需要なき供給”のように思われがちだが、本作があったからこそ、後年のより自由な作品作りや力強いパフォーマンスに彼女が覚醒できたのではないか、と思っている。

最近は新曲のリリースよりも長期的なライヴやSNSでの情報発信に注力しているが、ライヴでの実績がすこぶる多い彼女だからこそ、また、ヒットの指標がCDセールスだけではなくなった今だからこそ、本当に伝えたい楽曲が伝わるような気がする。是非とも新たな代表曲が生まれることに期待したい。

プロフィール
臼井 孝(うすい・たかし)
1968年京都府出身。地元国立大学理学部修了→化学会社勤務という理系人生を経て、97年に何を思ったか(笑)音楽系広告代理店に転職。以降、様々な音楽作品のマーケティングに携わり、05年にT2U音楽研究所を設立。現在は、本業で音楽市場の分析やau MUSIC Storeでの選曲、さらにCD企画(松崎しげる『愛のメモリー』メガ盛りシングルや、演歌歌手によるJ-POPカバーシリーズ『エンカのチカラ』)をする傍ら、共同通信、月刊タレントパワーランキングでも愛と情熱に満ちた連載を執筆。Twitterは @t2umusic、CDセールス、ダウンロード、ストリーミング、カラオケ、ビルボード、各番組で紹介された独自ランキングなどなど、様々なヒット情報を分析してお伝えしています。気軽にフォローしてください♪



【関連リンク】
平成の歌姫、浜崎あゆみの ヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 〜アーティスト別 ベストヒット20」
浜崎あゆみまとめ
大原櫻子、ニューシングルのジャケット先行解禁

【関連アーティスト】
浜崎あゆみ
【ジャンル】
J-POP, 連載コラム, 臼井孝のヒット曲探検隊-アーティスト別ベストヒット20

大原櫻子、ニューシングルのジャケット先行解禁
Thu, 15 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が、4月25日(水)にリリースする9枚目のニューシングルのジャケットデザイン3形態を先行解禁! アートディレクター兼フォトグラファーは、コトリフィルムの島田大介。島田は、RADWIMPSやサカナクションなど数々のアーティストのミュージックビデオのディレクションやアートディレクター・フォトグラファーのほか、CMやウェブムービーなど様々なフィールドで活動している気鋭の作家で、今作のジャケットは全体的な構図で大原櫻子本人を見せており、比較的本人のポートレートを大きく扱うことが多かったこれまでの大原の作品のジャケットとは異なる、様々なニュアンスを感じるデザインとなっている。

今回の構図をセレクトした理由として島田氏は“(曲と同じく)刹那を感じる写真。ポーズしてる方がなんだか切ない気がしました”と理由を語っている。商品裏面やジャケット中面でも、同じ世界観のポートレートで構成されているデザインで、全体含めて新しい大原櫻子象を感じさせるアートワークとなっている。気になるニューシングルの詳細は続々と明らかになっていくので、曲のイメージからデザインされたという今回のアートワークを見ながら想像や期待を膨らましてほしい。

※商品化時には今回のジャケット画像にテキストが追加される予定です。

■大原櫻子 5周年特設サイト
http://sakurako-web.com/5th_anniversary/

シングル「タイトル未定」

2018年4月25日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1381/¥1500+税

※3形態、各種ジャケット違い、CD3曲入り(各インストゥルメンタル有り)
※DVD収録内容未定(AとBの内容は変わります)
◎封入特典:ツアー優先先行予約シリアルコード



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1382/¥1500+税



【通常盤】(CD)
VICL-37391/¥1200+税

『大原櫻子 5th TOUR 2018』

6月28日(木) 千葉・市原市市民会館 大ホール
7月03日(火) 岡山・岡山市民会館 大ホール
7月04日(水) 広島・上野学園ホール
7月06日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
7月11日(水) 東京・NHKホール
7月12日(木) 宮城・仙台サンプラザホール
7月16日(月・祝) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
7月18日(水) 福岡・福岡サンパレス
7月20日(金) 大阪・グランキューブ大阪 メインホール
<チケット>
全席指定¥5,800(税込)
※発売日程は後日発表。
※4月25日発売のニューシングルへツアー優先先行予約シリアルコードを特典封入



【関連リンク】
大原櫻子、ニューシングルのジャケット先行解禁
大原櫻子まとめ
GLIM SPANKY、「時代のヒーロー」が松本山雅FCプレビューショーのOP曲に決定

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, シングル

GLIM SPANKY、「時代のヒーロー」が松本山雅FCプレビューショーのOP曲に決定
Thu, 15 Mar 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYの楽曲「時代のヒーロー」が、松本山雅FCホームゲームの試合開始前に行なわれるプレビューショー「アルWIN TV」のオープニング曲として使用されることが決定した。ことの始まりは、2017年9月に幼少期にサッカー少年だったギターの亀本寛貴(Gu)がつぶやいたTwitterの投稿に松本山雅FC公式アカウントが反応したことがきっかけとなり、それぞれのファン・サポーターや地元の皆さんからもGLIM SPANKYの曲がホームスタジアム「アルウィン」で流れることを要望するお声が多くあがったことで、今回の楽曲使用が実現したという。 松本山雅FCの本拠地である長野県はGLIM SPANKYの二人の地元であり、「時代のヒーロー」は2016年7月に発売されたセカンド・アルバム『Next One』に収録された作品である。

プレビューショー「アルWIN TV」とは、松本山雅FCホームゲームのキックオフ約70分前に選手たちがピッチウォーミングアップを開始する前の、スタジアムがこれから試合モードに入るというタイミングに行なわれるコーナー。来場者を盛り上げるリズムであり、地域リーグから国内最高峰のJリーグを目指し歩んできた松本山雅FCの歴史やこれからの成長、そしてクラブに関わってきた人たちの想いが歌詞のなかに散りばめられた楽曲を発表曲の中から選んだ末、「時代のヒーロー」が採用されたとのこと。GLIM SPANKYの奏でる王道ロックビートが熱きロック魂を全開させ、サッカースポーツを大いに盛り上げるに違いない松本山雅FCホームゲームに要注目だ。

■【亀本寛貴(Gu)コメント】

「幼い頃、なんで長野県にはプロ野球のチームもJリーグのチームもないのだろうとずっと不思議に思っていたので、山雅が2012年にJ2に昇格した時はすごく嬉しかったです。自分もいつか少しでも音楽で関われたらいいなと漠然と思っていました。僕はサッカーが音楽に劣らないくらい大好きなのですが、自分は全くもって選手になれるようなレベルでは無かったので、僕にとってサッカー選手は子供達が憧れるヒーローのような存在なのです。なので今回自分達の作った「時代のヒーロー」という楽曲が使用して頂けるということで、長年の夢が叶った気がしてとても嬉しいです。長野県出身者として松本山雅FCの今シーズンの活躍を願っています!!!」



【関連リンク】
GLIM SPANKY、「時代のヒーロー」が松本山雅FCプレビューショーのOP曲に決定
GLIM SPANKYまとめ
EXILE ATSUSHI、海外留学集大成の最新ビジュアル&MV4本を4日連続で公開

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, オープニング

EXILE ATSUSHI、海外留学集大成の最新ビジュアル&MV4本を4日連続で公開
Thu, 15 Mar 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILE ATSUSHIが、4月11日に発売する海外留学の集大成となる超豪華マキシ・シングル「Just The Way You Are」の最新ビジュアルを公開! さらに、今作のDVDに収録される4本のMVを3月17日(土)から3月20日(火)まで1日1本づつ解禁されることが分かった。「第60回グラミー賞」にて主要3部門含む6冠を獲得したBruno Marsの代表曲「Just The Way You Are」の、世界初となる日本語詞カバー曲と、海外にて制作を進めた全英語詞の楽曲3曲も収録した本作には「Just The Way You Are 」「I think of you」「Do You Remember」「More…」のMVが収録される。

今回のシングルパッケージに収録される4本のミュージックビデオは、全てニューヨークとロサンゼルスで撮り下ろしたもので、全てにATSUSHIが出演し、男女の恋愛模様を描いている。第1弾「I think of you」のテーマは"二人の楽しい思い出”、第2弾「More...」は“別れ”、第3弾「Do You Remember」は“孤独”、そして最後の第4弾「Just The Way You Are」ではどういう結末を迎えているのか、それはMVの解禁を楽しみに待っていてほしい。「Just The Way You Are」はオフィシャルのホームページに試聴音源と歌詞がアップされているので、音を聞いて、歌詞を見て、どんなビデオになっているのか妄想してみても面白い。今回のシングルパッケージに収録されるMVは、1本づつ見ても楽しめる作品になっているが、4本のビデオは一つの壮大なストーリーとして繋がっており、4本続けて見ることでまた違った楽しみ方ができるかもしれない。

■【MV公開スケジュール】

・3月17日(土)20:00公開「I think of you」
・3月18日(日)20:00公開「More...」
・3月19日(月)17:00公開「Do You Remember」
・3月20日(火)04:00公開「Just The Way You Are」

シングル「Just The Way You Are」

2018年4月11日発売



【CD+DVD】
¥2,480+税
【CD】
¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1. Just The Way You Are
2. I think of you
3. More...
4. Do You Remember
5. Just The Way You Are (Instrumental)
6. I think of you (Instrumental)
7. More... (Instrumental)
8. Do You Remember (Instrumental)
■DVD
1. Just The Way You Are (Music Video)
2. I think of you (Music Video)
3. More... (Music Video)
4. Do You Remember (Music Video)




【関連リンク】
EXILE ATSUSHI、海外留学集大成の最新ビジュアル&MV4本を4日連続で公開
EXILE ATSUSHIまとめ
吉田凜音、アルバム『SEVENTEEN 』初回盤DVD収録のライブ映像トレーラー公開&無料イベント開催決定

【関連アーティスト】
EXILE ATSUSHI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ミュージックビデオ, MV, シングル, 新曲

吉田凜音、アルバム『SEVENTEEN 』初回盤DVD収録のライブ映像トレーラー公開&無料イベント開催決定
Thu, 15 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉田凜音が、4月25日(水)発売のアルバム『SEVENTEEN』の初回盤に付属されるライブDVDのトレーラー映像を公開した。これは1月8日(木)に渋谷WWWにて開催されたワンマンライブ公演『it\'s rinne time〜vol.2〜』からのダイジェストで、実際のDVDには約60分にわたるライブ映像が収録されているとのこと。終始熱気に満ち溢れ、パンチの効いた彼女のラップとキレキレなダンスが映像でも体感出来るのでぜひチェックしてほしい。

また、アルバム発売を前に4月2日(月)17時よりお台場で観覧無料のライブイベントが決定! 当日はミニライブの他にも、10代に絶大な人気を誇る恋愛リアリティーショーAbemaTV『真冬のオオカミくんには騙されない』の出演キャストとのトークも行なわれ、いずれも観覧無料となっている。当日登壇するオオカミくん出演キャストは最終回放送以降に発表される。なお、当日イベント会場にてアルバム『SEVENTEEN』を予約すると、吉田凜音とのツーショット撮影会にも参加出来る。イベントは学校の春休み期間を利用して開催されるので、ぜひフリーイベントに足を運んでみてほしい。

アルバム『SEVENTEEN』からはアニマックス「うたのじかん」テーマ曲となっている「ヤバババイ」と、渋谷WWWワンマンライブにて初披露された「BQN」が既に発表されているが、他収録曲の詳細やジャケットなどのアートワークは後日発表となるのでお楽しみに。

■【ダイバーシティ無料イベント】

4月02日(月) お台場 ダイバーシティ東京プラザ 2F フェスティバル広場 ※17:00スタート
<内容>
ミニライブ/『オオカミくん』出演者ゲストとのトーク/ツーショット撮影会
※登壇するオオカミくん出演者は最終回放送以降の発表となります。
<イベント参加方法>
ミニライブは観覧フリーとなります。イベント当日に会場にて、アルバム『SEVENTEEN』を全額前金にてご予約いただきましたお客様に「イベント参加券」を差し上げます。「イベント参加券」をお持ちの方は、ミニライブ終了後に吉田凜音とのツーショット撮影会へもご参加いただけます。各自スマホ、携帯、カメラをご持参ください。尚、会場でのCD予約開始時間は15:30となっております。

■詳しくはビクターサイトまで
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024882.html

アルバム『SEVENTEEN 』

2018年4月25日発売



【初回盤】(CD+DVD)
VIZL-1366/¥3,500+税

※2018年1月8日に渋谷WWWにて開催された「it\'s rinne time〜vol.2〜」公演を約60分収録
※「サイダー」Music Video収録
【通常盤】(CD ONLY)
VICL-64988/¥3,000+税




【関連リンク】
吉田凜音、アルバム『SEVENTEEN 』初回盤DVD収録のライブ映像トレーラー公開&無料イベント開催決定
吉田凜音まとめ
14歳が仕掛けるイベント『CORE MUSIC FESTIVAL』がageHaで開催

【関連アーティスト】
吉田凜音
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, トレーラー, DVD, アルバム

14歳が仕掛けるイベント『CORE MUSIC FESTIVAL』がageHaで開催
Thu, 15 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

国内最大級の多目的エンタテイメントスペースSTUDIO COASTでスタートしたフェス型クラブイベント『ageHa』。4月13日(金)に海外のビックフェスで活躍するDJが集結した『CORE MUSIC FESTIVAL』が開催されるのだが、その豪華出演者はもちろん、イベントの仕掛け人が“14歳”であることでも話題を呼んでいる。

その“14歳のプロデューサー”の名前は、馬場建。出演者のブッキングから総合的な演出まで、すべて自身でこのパーティを作り上げているという。馬場がブッキングし、今回発表された参加アーティストは、独自のフューチャハウスサウンドで有名なオランダ出身のDJ/プロデューサーのBROOKS(ブルックス)、Martin Garrixも称賛する新星DJ・Justin Mylo(ジャスティン・マイロ)、曲をリリースしてはヒット曲になる、今最も勢いのあるDJ・Ummet Ozcan(ウメット・オズカン)、Barong Familyが誇るバケットハットがトレードマークのデュオ・Moksi(モクシー)という豪華4組がすでに発表されており、今後も注目のアーティストの追加発表を予定とのこと。フェス型クラブイベントを提供するageHa@STUDIO COASTで、豪華出演者の奏でる音楽はもちろんのこと、“14歳”の逸材がどのような演出を仕掛けてくるのか、ぜひ注目したい。



【関連リンク】
14歳が仕掛けるイベント『CORE MUSIC FESTIVAL』がageHaで開催
ユアネス、ミニアルバム『Ctrl+Z』をサブスク限定で先行配信スタート

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, DJ

ユアネス、ミニアルバム『Ctrl+Z』をサブスク限定で先行配信スタート
Thu, 15 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4人組ロックバンド・ユアネスが、3月21日(水)発売となるバンド初の全国流通盤『Ctrl+Z』のリリースに先駆けて、サブスクリプションサービス限定で先行配信をスタート! TOWER RECORDSスタッフがレコメンドする“タワレコメン”邦楽 2018年3月に選出される等、CDリリースを前に注目が集まる作品となっていたが、Spotify、Apple Music、LINE MUSICなどの各種サブスクリプションサービスでいち早くアルバム全曲を聴くことができる。

さらに、オフィシャルWEBサイトとLINE公式アカウントが新規開設されたほか、4月14日(土)からはTSUTAYA O-nestでの東京初ワンマンを皮切りに、4月20日(金)梅田 Zeela(3マン)、5月5日(土・祝)福岡 INSA(ワンマン)の3ヶ所でレコ発Tourを開催する。なお、4月14日(土)の東京初ワンマンは既にSOLD OUTとなっているので、気になる方は大阪・福岡のチケットも早めにチェックしよう。

■ミニアルバム『Ctrl+Z』配信リンク
https://Yourness.lnk.to/CtrlZ

ミニアルバム『Ctrl+Z』

2018年3月21日 発売



YRNS-0001/¥1,944 (tax in)
<収録曲>
1. 雨の通り道
2. 虹の形
3. cinema
4. あの子が横に座る
5. Bathroom
6. pop
7. 埃をかぶった時刻表
8. 100?の中で

『Ctrl+Z Tour 2018』

■ユアネス presents『うつ伏せになっていた午後の授業』※SOLD OUT
4月14日(土) 東京・渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:ユアネス (ワンマン)

■ユアネス presents『理想とはかけ離れた日常』
4月20日(金) 大阪・梅田 Zeela
出演:ユアネス / CRAZY VODKA TONIC / LINE wanna be Anchors(3マン)
チケット発売中 http://eplus.jp

■ユアネス presents『あの頃の自由と今の自由』
5月05日(土・祝) 福岡・INSA
出演:ユアネス (ワンマン)
チケット発売中 http://eplus.jp



【関連リンク】
ユアネス、ミニアルバム『Ctrl+Z』をサブスク限定で先行配信スタート
ユアネスまとめ
進化は止まらない! 新体制のスタートを切ったMV

【関連アーティスト】
ユアネス
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, キャンペーン, 新曲, リリース, 配信

進化は止まらない! 新体制のスタートを切ったMV
Thu, 15 Mar 2018 18:00:00 +0900


メンバーの加入や卒業、目まぐるしく変化していく音楽業界ですが、そんな変化の中でもアーティストはどんどん新しい扉を開けて進化しています! 今回は新体制で再スタートを切ったアーティストのMVを5本ご紹介。ファンとしては心強くもあり、これからの活動にますます期待が沸いてくる、彼女たち彼らたちの“これから”を目撃してほしいです!!

1月3日に行なわれた日本武道館でのワンマン公演で“ぁぃぁぃ”こと廣田あいかが転校し、その翌日に開催された新体制6人でのワンマン公演で披露した新曲のMVをライヴ後に即アップ! 今までのMVやライヴ映像をつなぎ合わせ、歴代のメンバーも映っているこのMVはこれまでのエビ中の歩みを辿るような愛情たっぷりの仕上がりです。《運命と戦うことで今を奏でる》というフレーズは心強く、新体制でのライヴ映像では6人の逞しい真っ直ぐな姿を観ることができる、ファンにとっても心強い一本。

“あれ、もう通信制限?”と勘違いするくらいリアルなノイズ加工がされたこのMVは、BiSのリーダーであったプー・ルイが卒業し、レンタルトレードでGANG PARADEに所属していたアヤ・エイトプリンスが戻ってきた6人の新体制で撮影されたもの。振り付けはメンバーのペリ・ウブが担当。加工によって今にも停止しそうな動画の中、まったく動じずにパフォーマンスをする姿はどんな荒波にも立ち向かう決意の表れのよう。クールかつヘヴィなサウンドにBiSが持つ鋭さを魅せつけ、新鮮味も兼ね揃えたこの映像からはBiSの新たな幕開けを感じる。

2017年夏にわかつきるな(Ba)、富田貴之(Dr)が加入し、2018年2月10日をもって坂本 遥(Gu)が脱退、その3日後からレコーディングを始めたという約2年振りの新作が完成! 金田康平(歌手)が喪服で登場し弔辞を読むように曲が始まるが、遺影の中に映し出されるのは21世紀を生きる人々。遺影を見つめながら《心をぶっ殺すな》と歌う姿を観ると、このMVが単なる“死”ではなく“新たな自分に生まれ変わること”を表していることが分かる。新体制となった彼らの“楽勝宣言”に凝縮された気合が熱い!

15年振りにLISAが復帰し、オリジナルメンバーでのm-floが完全復活! 3人でのMVは16年4カ月振りという期待大の今作は、なんとLISAがバリカンで髪の毛を刈るという衝撃的なものに…。しかも、このシーンは本人の発案で実行されたとのこと。脱退してからの紆余曲折を“切り捨て”新たな出発を表しながら、3人の関係性にもリンクしたストーリーになっている。過去の映像がフラッシュする場面も観どころのひとつ。ラストはスーツスタイルでクールにキメつつも、再出発に対するそれぞれの想いが詰まったメモリアルな映像だ。

高所恐怖症のメンバーがいる中、新体制第一弾となるシングル「a kind of love」のMVで決意表明を込めたスカイダイビングに挑戦!! 前半はそれぞれバラバラの場所にいながらも最後は同じ目的地に辿り着くというストーリーの中で、空を羽ばたいている時の乱れた姿や降り立った時のボサボサな髪型、車を運転するタクヤとなぜか全力疾走するタカシなどちょっとダサめなシーンも注目ポイント。《僕には君が必要なんだよ》という8号車への想いが歌われ、円陣を組んだり肩を組んだりと6人での結束力を感じる場面もあり、より逞しくなった超特急を観ることができる。

TEXT:千々和香苗



【関連リンク】
進化は止まらない! 新体制のスタートを切ったMV
超特急まとめ
私立恵比寿中学まとめ
BiSまとめ
m-floまとめ

【関連アーティスト】
超特急, 私立恵比寿中学, BiS, m-flo, THEラブ人間
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

『氣志團万博2018』、袖ケ浦海浜公園にて開催&サブタイトルは“房総爆音爆勝宣言”
Thu, 15 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月15日(土)9月16日(日)に開催することを発表していた『氣志團万博2018』だが、会場が千葉県・袖ケ浦海浜公園に決定したことと、サブタイトルが“房総爆音爆勝宣言”であることが新たに発表された。正式タイトルは『シミズオクト Presents 氣志團万博2018 〜房総爆音爆勝宣言〜』となる。

また、チケットの詳細も明らかに! 1日入場券、2日通し入場券のほかに、青春18入場券、駐車券付入場券が用意される。氣志團オフィシャルファンクラブ「私立戸塚水産高校」では3月15日(木)12:00〜3月21日(水)23:59まで最速先行を受付けているので、会員の方はぜひチェックしてほしい。徐々に詳細が解禁となる『氣志團万博2018』に注目だ。

■『シミズオクト Presents 氣志團万博2018 〜房総爆音爆勝宣言〜』

開催日:9月15日(土)9月16日(日)
会場:千葉県・袖ケ浦海浜公園
時間:9:00開場/10:30開演(20:40終演予定)  
<出演者>
氣志團 他 

<チケット>
1日入場券¥12,000/2日通し入場券¥22,500/青春18入場券¥12,000(1ミール2ソフトドリンク付き)
駐車券付1日入場券¥15,500(入場券¥12,000+駐車券¥3,500)/駐車券付2日通し入場券¥29,500(入場券¥22,500+駐車券¥7,000)
バイク駐輪券¥1,200(1日1台)
シャトルバス券:前売¥1,200円/当日¥1,500
※青春18入場券は、中学生・高校生及び2019年4月1日段階で18歳以下の方のみご購入頂けます。
※平成26年に施行された一般貸切旅客自動車運送事業の運賃・料金の変更命令 に基づいた料金改定により、貸切バス運賃が高騰しており、各駐車券付入場券、バイク駐輪券、JR袖ケ浦駅(予定)〜会場間シャトルバス券の各料金改定をさせていただきます。

・氣志團オフィシャルファンクラブ先行受付
3月15日(木)12:00〜3月21日(水)23:59
http://fc.kishidan.com/
・一般発売日
8月11日(土)10:00〜
年齢制限:未就学児童入場不可、小学生保護者同伴に限り入場無料
※7月11日(水)より、袖ケ浦市・木更津市にて、特典ステッカー付き地元先行販売有り。取り扱いチケットは、1日入場券のみとなります。(駐車券付入場券、各種2日通し券、青春18入場券、バイク駐輪券の販売はございません。)枚数限定の先着販売。

■『氣志團万博』オフィシャルHP
http://www.kishidanbanpaku.com



【関連リンク】
『氣志團万博2018』、袖ケ浦海浜公園にて開催&サブタイトルは“房総爆音爆勝宣言”
氣志團まとめ
→Pia-no-jaC←、5年ぶりの日比谷野音含むベスト盤リリース記念ツアー決定

【関連アーティスト】
氣志團
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, チケット, 夏フェス

→Pia-no-jaC←、5年ぶりの日比谷野音含むベスト盤リリース記念ツアー決定
Thu, 15 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

→Pia-no-jaC←が、4月4日(水)にリリースするデビュー10周年記念ベストアルバム『10th Anniversary BEST』を記念したツアーを開催することが分かった。今回のツアーは、5年ぶりとなる日比谷野外大音楽堂『EAT A 野音3 〜5年振りにやります全曲ジャック〜』の開催を含む全5公演。→PJ←ファンの中では伝説と語り継がれる野音でのライブは、デビュー10周年の最後を飾るにふさわしい必見のライブになるだろう。

チケット発売はモバイルファンクラブ「ジャックと豆の木」会員先行予約が最優先で、3月15日(木)10:00〜4月1日(日) 23:59まで受付。4月3日(火)〜4月9日(月) にはCNプレイガイドにてファミリーマート独占先行予約がスタートするので、要チェック!

【ツアー情報】

■『→PJ← History』
9月02日(日) 大阪・なんばHatch
9月15日(土)  福岡・スカラエスパシオ
9月17日(月・祝) 愛知・Zepp Nagoya
9月29日(土) 北海道・Zepp Sapporo

■『「→PJ← History」EAT A 野音3 〜5年振りにやります全曲ジャック〜』
10月8日(月・祝) 東京・日比谷野外大音楽堂

<チケット先行予約>
・モバイルFC「ジャックと豆の木」会員先行予約 (最優先)
3月15日(木)10:00〜4月01日(日)23:59 までCNプレイガイドにて (抽選)
http://pia-no-jac.net/go/FancluB/
・ファミリーマート独占先行予約
4月03日(火)10:00〜4月09日(月)23:59までCNプレイガイドにて (抽選)
http://www.cnplayguide.com/pj10hfm/
・OFFICIAL HP先行予約
4月10日(火)〜4月22日(日) までCNプレイガイドにて (抽選)

アルバム『10th Anniverary BEST』

2018年4月4日(水)発売



【通常盤】(3CD)
XQIJ-1014/¥3,240(税込)
【初回盤】(3CD+2DVD)
XQIJ-91014/¥5,940(税込)
<収録曲>
■ CD DISC-1
1 組曲『 』-reincarnation-
2 情熱大陸 with →Pia-no-jaC←
3 ヨハン・シュトラウス / 美しく青きドナウ
4 ミッキーマウス・マーチ [ミッキーマウス・クラブ] 〜 星に願いを [ピノキオ]
5 メインストリート・エレクトリカルパレード [ディズニーランド?]
6 花音 -another sky-
7 MISSION IMPOSSIBLE THEME
8 ミルドレット・ヒル, パティ・ヒル / ハッピーバースデー 
9 Paradiso
10 熊蜂の飛行 Remix DEDE MOUSE
11 モーツアルト / アイネクライネ
12 メンデルスゾーン / 結婚行進曲
13 風雅
14 雪月花
15 Jack -extrea
■ CD DISC-2
1 ベートーベン / 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 第4楽章
2 台風2018
3 残月
4 ベートーべン / エリーゼのために
5 シューベルト / アヴェ・マリア
6 うさぎDASH
7 「クロノ・トリガー」より"風の憧憬"
8 TASOGARE
9 ドヴォルザーク / 交響曲 第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」第4楽章
10 GHOST BUSTERS
11 スコット・ジョプリン / ジ・エンターテイナー
12 J.S.バッハ / 主よ、人の望みの喜びよ
13 エリック・サティ / ジムノペディ 第1番
14 PEACE
■ CD DISC-3
1 METROPOLIS
2 FINAL FANTASY「ビッグブリッヂの死闘〜妖星乱舞〜片翼の天使」
3 FILMS
4 ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲「四季」より「冬」
5 EAT A CLASSIC メドレー
幻想即興曲〜ワルキューレの騎行〜小フーガ ト短調 BWV 578〜交響曲 第5番 ハ短調 作品67「運命」〜交響詩 禿山の一夜 〜 ヴァイオリン協奏曲「四季」より「春」第1楽章
6 Hoppin\' Poppin\'
7 Triad
8 花火 ~HANABI~
9 Andalusia
10 Plus of the earth
11 PROLOGUE: BOOK II AND THE ESCAPE FROM THE DURSLEY
12 夜桜 ~yozakura~
13 Nostalgia
14 HAPPY
■DVD DISC1 ※初回盤
2017/11/5 東京国際フォーラム ホールC
「BEST OF →PJ← TOUR 2017」
1 アヴェ・マリア
2 シューベルトの子守歌
3 アイネクライネ
4 熊蜂の飛行
5 「フィガロの結婚」序曲〜美しく青きドナウ メドレー
6 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 第4楽章
7 主よ、人の望みの喜びよ
8 ヴァイオリン協奏曲「四季」より「冬」
9 ジムノペディ 第1番
10 ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調「悲愴」第2楽章
■DVD DISC2
1 組曲『 』
2 台風
3 残月
4 花音 〜カノン〜
5 TASOGARE
6 花火 〜HANABI〜
7 うさぎDASH
8 Paradiso
9 交響曲 第9番 ホ短調 作品95
   「新世界より」第4楽章
10 風雅
11 METROPOLIS
- ENCORE -
12 幻奏(HAYATO solo)
13 Jack
14 PEACE



【関連リンク】
→Pia-no-jaC←、5年ぶりの日比谷野音含むベスト盤リリース記念ツアー決定
→Pia-no-jaC←まとめ
西川貴教、マーヴェラス西川として「天才てれびくんYOU」挿入歌歌唱

【関連アーティスト】
→Pia-no-jaC←
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース, ツアー

西川貴教、マーヴェラス西川として「天才てれびくんYOU」挿入歌歌唱
Thu, 15 Mar 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

西川貴教がNHK Eテレで放送中の番組「天才てれびくんYOU」の4月からの番組挿入歌を“マーヴェラス西川”として歌唱することが決定した。この新曲は水野良樹(いきものがかり)がエンディングテーマ「たてっ!よこっ!ななめっ!みんなのちから!」に続き、新たに挿入歌を作詞・作曲。番組の合い言葉『勇気・友情・遊び心』をテーマにしたスペシャルな楽曲「DAIJOUBU!」が完成。番組の人気キャラクター・マーヴェラス西川(西川貴教)と、てれび戦士たちが熱唱する。

◎楽曲情報
「DAIJOUBU!」
マーヴェラス西川(西川貴教)with てれび戦士2018
作詞・作曲:水野良樹 (※CD発売などは現在未定)

■【コメント】

■マーヴェラス西川(西川貴教)
やぁ、みんな元気?茶の間戦士トレーニングロボ「マーヴェラス西川」です!
今日はみんなに報告があります。ナント!春から『天才てれびくんYOU』の挿入歌を、僕「マーヴェラス西川」が担当することになったんだ!
しかもてれび戦士のみんなと一緒に歌うことができて、とっても楽しかったよ!
水野良樹くんが素敵な楽曲を作ってくれたから、茶の間戦士のみんなも気に入ってくれるとうれしいな!
いつも番組に参加してくれてる茶の間戦士のみんなはもちろん、お父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、家族全員で盛り上がって欲しいな!
みんな!たくさん聴いて、覚えてくれよ!
「マーヴェラス西川」と一緒に歌おう!See you!

■水野良樹
また新しいかたちで『天才てれびくんYOU』に関われることをとっても嬉しく思っています。
てれび戦士のみんなが見せてくれる、あの元気いっぱいなパワーに再び触れられることに、すっごくワクワクしました。なんといっても今回はマーヴェラス西川さんが歌ってくれます。マーヴェラス西川さんは、僕にとって尊敬する大先輩。大先輩のことを考えながら歌をつくっていたら、なぜか「風」という言葉をなんども使ってしまいました。
テレビの前の皆さんも、マーヴェラス西川さんやてれび戦士のみんなと一緒に歌ってくれたら嬉しいです!



【関連リンク】
西川貴教、マーヴェラス西川として「天才てれびくんYOU」挿入歌歌唱
西川貴教まとめ
いきものがかりまとめ
T.M.Revolutionまとめ
hide、ト?キュメンタリー映画『HURRYGO ROUND』全国公開決定!

【関連アーティスト】
西川貴教, いきものがかり, T.M.Revolution
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, テレビ番組

hide、ト?キュメンタリー映画『HURRYGO ROUND』全国公開決定!
Thu, 15 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1998年5月、人気絶頂の中突然他界したX JAPANのキ?タリスト・hide。2018年、hideか?永眠して20年。“hide20thMemorialProject”発足し、フ?ロシ?ェクトの一環として製作されるト?キュメンタリー映画『HURRYGO ROUND』が5月26日(土)に全国公開決定! 内容及ひ?新ヒ?シ?ュアルか?解禁となった。

本作は、hideの墓の墓石に刻まれている、事実上最期の楽曲「HURRY GO ROUND」の歌詞に隠されたメッセーシ?を、生前のhideを知らぬ男、 俳優・矢本悠馬(やもとゆうま)か?ナヒ?ケ?ーターとしてhideの最期の足取りを辿るト?キュメンタリー。 亡くなる前日に撮影された未公開映像の初公開を含む、今まて?語ることか?無かった真実か?ここに明かされる。

一人の俳優か?、神奈川県三浦市にあるhideの墓を皮切りに、hideか?生まれ育った横須賀、さらにはhideか?亡くなる3ヶ月前に過こ?していたアメリカ・ ロサンセ?ルスロケを敢行し、hideか?過こ?した地を巡る。 また、hideの実弟・松本裕士(ヘット?ワックスオーカ?ナイセ?ーション代表取締役)、hide with SpreadBeaverのメンハ?ーて?あり、hideの共同フ?ロテ?ューサー・I.N.A.、当時のレコーテ?ィンク?エンシ?ニアERICWESTFALL他、hideをよく知る人物を訪ね、亡くなる直前のhideについて話を聞く。

ナヒ?ケ?ーターの矢本悠馬は、映画『ちはやふる』シリース?、『君の膵臓をたへ?たい』や、NHK 連続テレヒ?小説『半分、?い。』なと?、話題作への出演か?続いている若手注目株。 本作か?映画初監督となるのは、DREAMSCOMETRUE、YOSHIKI(XJAPAN)、Perfume、高橋優、高梨沙羅のTVト?キ ュメンタリー番組や、hideのオフィシャルフ?ック「Pinky Promise」なと?、演出家・フ?ロテ?ューサー・構成作家として活躍中の石川智徹。二人は音楽番組を通し?て知り合い、監督か?本作のイメーシ?にひ?ったりと矢本を起用したとのこと。

今回初公開の写真を使用した本作のメインヒ?シ?ュアルは、3月15日より東京・渋谷のスクランフ?ル交差点のヒ?ルホ?ート?広告(西村ホ?ート?)に掲出される。ファンも見たことのない新ヒ?シ?ュアルに注目た?。

なお、映画の公開に先駆けてライフ?『hide 20th memorial SUPER LIVE “SPIRITS"』か? 4月28日&29日に開催されるなと?、“hide 20th Memorial Project”か?続々決定しており、2018年はhide一色になること必至!

■【コメント】

■矢本悠馬 Yuma Yamoto
「この作品に出演か?決まった時に自分は hide さんについてほとんと?無知の状態て?した。 始めはワクワクと好奇心を踊らせていましたか?、次第にそれはすく?恐れ多い感覚になりました。 自分はこんなにも偉大な人物と対峙してるのかと。彼の人生や命と向き合い続けるには 今の自分のエネルキ?ーて?は正直敵いませんて?した。亡くなられて20年、hide さんのエネルキ?ーは 消費し尽くされす?、今の若い子たちにまて?溢れて伝わっている。楽曲からは楽しくて楽しくて 仕方か?ないというような、とてもヒ?ュアなものか?胸に入ってくる感し?て?した。その純度の高さか?、 いつまて?も色褪せない、今聴いても古くない理由なのかなと。
この映画は hide さんと矢本悠馬か?出会う映画て?こ?さ?います。 自分こ?ときか?本当すみません。
自分はこの作品のおかけ?て?大好きなミューシ?シャンか? 1 人増えました。 作品中、嘘偽りなく感し?たことを話しておりますゆえ、皆様か?と?う観て感し?て頂けるのか 今からハラハラしております。そしてまた?hide さんを知らない方はこの作品をきっかけに 新世界へ踏み出すのもありて?すよ!」

■監督:石川智徹 TomoakiIshikawa
「映画初監督の作品か?まさか hide さんのト?キュメンタリーになるとは想像もしていませんて?した。
オフィシャルフ?ック「Pinky Promise」、13 回忌て?の撮影なと?いくつかお仕事させて頂く機会はありましたか?、hide さんの生前にお仕事させて頂く機会か?無 かったた?けて?はなく、お会いしたこともありません。ある意味「hide 初心者」の僕か? hide さんの映画の監督という大役をつとめるからには、hide さんのファン はもちろんのこと、hide さんを知らない世代の人達にも観てもらえるような映画にしたいという思いに強く駆られました。
hide さんをリアルに知らない時代に生まれ、hide さんをそんなに知らない人物か? hide さんを知っていったらと?んなことになるのた?ろう?ヒ?ッタリの人物か?浮 かひ?ました。俳優・矢本悠馬くんて?す。
矢本くんは、僕か?やっている音楽番組の MC をしてくれていて、人となりは何となく知っていました。俳優としてはもちろん、様々な映画やト?ラマて?の存在感 は誰しもか?知っているところて?はありますか?、音楽も幅広く聴いていたりしていて、性格もちょっとやんちゃて?可愛らしく、純粋て?、何事にも自分の考えを貫き 通す強さもあって...もしかしたら、hide さんと似てる部分か?あるんし?ゃないのか?ということて?面白い化学反応を期待し、オファーさせて頂きました。
そんな hide 初心者の俳優と監督か?紡く?ト?キュメンタリーて?すから、初めて知ることは?かりて?した。
hide さんの地元を巡ったり、映像を片っ端から観まくって、hide さんの格好良さを知り、いつしかファンになっていました。矢本くんは「俺も髪、ヒ?ンクにして ぇ!!」と悶絶してました(笑)
そんな hide さんを知るにつれ、今回、重要た?と考えたのは hide さんの「生と死」て?す。
そのことについて、hide さんを知る様々な方々から大事なお話を伺いました。皆様涙なか?らに真実を語って頂き、そこて?色んなことを感し?ました。矢本くん ともこのことについて沢山の話をしました。この映画は「HURRY GO ROUND」というタイトルて?すか?、まさに hide さんか?伝えたかったメッセーシ?か?そこに詰 まっているのた?と思っています。
今や hide ファンの一人として、沢山の人にこの映画を観て頂きたいなと思っております。」

■株式会社ヘット?ワックスオーカ?ナイセ?ーション
 hide オフィシャルマネシ?メントオフィス
 代表取締役 松本裕士 HiroshiMatsumoto
「この度、hide の映画というこのような機会をいたた?きまして、たくさんの方々に感謝致します。 今回、ト?キュメンタリーということて?色々な思い出の地を巡り、そして17年ふ?りに制作活動の拠点て?あったロサンセ?ルスにも訪れることか?て?きました。 俳優・矢本さんのおかけ?て?たくさんの hide の軌跡を一緒に回ることにより、改めて思い出すことも多く、懐かしくも嬉しい濃厚な時間となり、それを映像とし て記録することか?て?きました。
皆さん、今まて?語ることのなかったこの hide の軌跡を、是非楽しんて?いたた?けれは?と思います。」

ト?キュメンタリー映画『HURRYGO ROUND』

2018年5月26日(土)全国公開

監督:石川 智徹
ナヒ?ケ?ーター:矢本 悠馬
主題歌:「HURRYGOROUND」 hidewithSpreadBeaver(UNIVERSALJ)

■映画特設サイト https://www.universal-music.co.jp/cinema/hurrygoround/

(c)2018 「HURRY GO ROUND」製作委員会 配給:KADOKAWA 企画・製作:UNIVERSAL CONNECT

『hide 20th memorial SUPER LIVE「SPIRITS」』

4月28日(土) お台場野外特設ステージ
<出演>
hide with Spread Beaver/OBLIVION DUST/ZEPPET STORE/D\'ERLANGER/BUCK-TICK/MUCC
Guest:PATA(X JAPAN)

4月29日(日・祝) お台場野外特設ステージ
<出演>
hide with Spread Beaver/氣志團/J/ZIGGY/defspiral/布袋寅泰
Guest:PATA(X JAPAN)



【関連リンク】
hide、ト?キュメンタリー映画『HURRYGO ROUND』全国公開決定!
hideまとめ
X JAPANまとめ
majiko、ホリエアツシと荒井岳史を招くアコースティック公演開催

【関連アーティスト】
hide, X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 映画

majiko、ホリエアツシと荒井岳史を招くアコースティック公演開催
Thu, 15 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

majikoが5月12日(土)に新宿LOFTでプレミアムなアコースティックイベント『majiko presents acoustic live『ハツナツ夢物語 〜救世主、現ル〜』』を開催する。このイベントは彼女が敬愛する2人のアーティスト、ホリエアツシ(ストレイテナー)と荒井岳史(the band apart)を招いて行なわれるアコースティックライヴとなる。

発売中の2ndミニアルバム『AUBE』にも楽曲提供をした2人との共演にmajikoは、“高校の時の頃からよく聴いているストレイテナー、the band apart。まさかそのメンバーのホリエさんと荒井さんと一緒に同じステージで音を奏でられるなんて夢のようです。2人の音楽を聴き、興奮していた高校生だったあの時のように楽しみたいと思います”と、このイベントに期待を膨らませている。

また、今回のチケットはmajikoとホリエアツシ(ストレイテナー)の各モバイルファンクラブで先行予約を実施し、3月22日(木)に新代田FEVERで行なわれる荒井岳史のソロライヴでも先行販売を実施する。

『majiko presents acoustic live『ハツナツ夢物語 〜救世主、現ル〜』』

5月12日(土) 東京 新宿LOFT
17:45開場 / 18:30開演
出演:majiko、ホリエアツシ、荒井岳史
<チケット>
前売り:椅子席/立見¥3,800(ドリンク代別)
当日券:椅子席/立見¥4,300(ドリンク代別)
※4歳以上チケット必要、3歳以下膝上鑑賞可。ただし、座席が必要な場合はチケット必要。

《モバイルファンクラブ先行予約》
■majiko モバイルファンクラブ「zikka」
https://zikka.majiko.net
■ホリエアツシ(ストレイテナー) モバイルファンクラブ「テナモバ」
https://tenamoba.jp/

◎受付期間
2018年3月15日(木)0:00〜2018年3月21日(水)23:59

《先行販売》
■荒井岳史
3月22日(木)新代田FEVER
『3rd full album “will” release TOUR』
http://www.araitakeshi.org/

《チケット一般発売》
2018年4月7日(土)より発売
チケットぴあ(Pコード:111-698)
ローソンチケット(Lコード:72010)
e+

ミニアルバム『AUBE』

発売中



【限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9102/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
1.声
Music & Lyrics haruka nakamura Arrangement majiko,木下哲
※テレビ東京系「勇者ああああ〜ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組〜」3月度エンディングテーマ
2.Learn to Fly
Music & Lyrics,Arrangement 荒井岳史
3.アガルタの迷い子
Music & Lyrics sasakure.UK Arrangement 有形ランペイジ
4.スープの日
Music H ZETT M Lyrics jam,majiko Arrangement H ZETT M
5.ダーウィン先生の倦怠
Music 堀江晶太 Lyrics majiko Arrangement 堀江晶太
6.UNDERCOVER
Music & Lyrics 市川喜康 Arrangement 坂本秀一
※読売テレビ・日本テレビ系全国28局ネット「浜ちゃんが!」2月・3月エンディングテーマ
7.Avenir
Music & Lyrics majiko Arrangement majiko,木下哲
8.AM
Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement Rayons
■DVD
ワンマンLIVE「Decembre」at 渋谷WWW Xの模様をダイジェストで収録
1.end
Music & Lyrics majiko
2.このピアノでお前を875963 2145回ぶん殴る
Music & Lyrics SLAVE.V-V-R
3.ノクチルカの夜
Music & Lyrics majiko
4.ダージリン
Music & Lyrics majiko
5.彗星のパレード
Music & Lyrics ホリエアツシ
6.心做し
Music & Lyrics 蝶々P
7.冬の太陽
Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement majiko,木下哲
8.世田谷ナイトサファリ
Music & Lyrics みきとP
9.アマデウス
Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement みきとP
10.きっと忘れない
Music & Lyrics 荒井岳史
11.Avenir
Music & Lyrics majiko Arrangement majiko,木下哲



【通常盤】(CDのみ)
UICZ-4416/¥2,000(税込)



【関連リンク】
majiko、ホリエアツシと荒井岳史を招くアコースティック公演開催
majikoまとめ
ホリエアツシ(ストレイテナー)まとめ
荒井岳史まとめ
ストレイテナーまとめ

【関連アーティスト】
majiko, ホリエアツシ(ストレイテナー), 荒井岳史, ストレイテナー, the band apart
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, 発表, リリース, 発売, ミニアルバム, ライブ, ワンマン, チケット

My Hair is Bad、追加公演『オーガニックホームランツアー』の詳細解禁
Thu, 15 Mar 2018 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

My Hair is Badの『ギャラクシーホームランツアー』の追加公演として、5月6日(日)に大阪城音楽堂、5月13日(日)に日比谷野外大音楽堂で行なわれる『オーガニックホームランツアー』。そのチケット発売情報など、詳細が発表となった。

WEBでの先行受付は3月17日(土)よりスタート! 今回も熾烈な争奪戦となりそうだ。

『My Hair is Bad presents「オーガニックホームランツアー」』

5月06日(日) 大阪 大阪城音楽堂
5月13日(日) 東京 日比谷野外大音楽堂

開場 / 開演:16:30 / 17:30
チケット料金:前売¥3,500 当日¥4,000 ※EMTG電子チケットのみの取り扱い
オフィシャル先行(抽選制)
http://emtg.jp/feature/myhairisbad_organic_hp/
※URLは受付開始期間になりましたらアクセス可能となります。
受付期間:2018年3月17日(土)0:00〜2018年3月25日(日)23:59
抽選結果確認・入金受付期間:2018年3月29日(木)18:00〜2018年4月2日(月)23:00
申込枚数制限:お一人につき2枚まで。2公演お申し込み可能。
※EMTGウェブサイトからの申し込みのみの受付となります。
チケット一般発始日:2018年4月7日(土)10:00〜 予定

『ギャラクシーホームランツアー』


2月09日(金) 広島・JMSアステールプラザ大ホール
2月12日(月・祝) 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2月18日(日) 宮城・トークネットホール仙台(仙台市民会館)大ホール
3月04日(日) 香川・レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール
3月09日(金) 新潟・新潟県民会館
3月16日(金) 札幌・札幌市教育文化会館 大ホール
3月21日(水・祝) 大阪・オリックス劇場
3月25日(日) 福岡・国際会議場メインホール
3月30日(金) 東京・日本武道館
3月31日(土) 東京・日本武道館
4月04日(水) 新潟・上越EARTH



【関連リンク】
My Hair is Bad、追加公演『オーガニックホームランツアー』の詳細解禁
My Hair is Badまとめ
ベリーグッドマン、YouTube番組でニューアルバムについて語る!

【関連アーティスト】
My Hair is Bad
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

ベリーグッドマン、YouTube番組でニューアルバムについて語る!
Thu, 15 Mar 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ベリーグッドマンからホワイトデーのプレゼントとして、4月4日発売のニューアルバム『SING SING SING 6』から先行配信した「in what rain」が、早くもLINE MUSICリアルタイムランキングで1位を獲得! そんな中、同曲のリリックビデオが予告無しに公開された。

さらに、アルバム『SING SING SING 6』の制作秘話や楽曲についてメンバーが語るミニ番組「Berry SING SING SING 」がYouTubeにてスタートした。今後アルバム発売の4月4日まで、毎週更新されるとのことだ。

アルバム『SING SING SING 6』

2018年4月4日発売



【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7403/¥3,780(税込)
<収録曲>
■CD
1. Intro 〜シックス?〜
2.Hello
3.Musicplication
4.Chill Spot
5.in what rain
6.Sixth Sense
7.世界中のどんなラブソングよりも feat.erica
8.友達の歌
9.Remember
10.とにかくこの瞬間だけは合唱したくて
■DVD
ベリー・アコースティック・ライブ Vol.2
ハイライト・One Love・ずっと・You



【通常盤】(CD)
UPCH-2156/¥2,500(税込)
<収録曲>
1. Intro 〜シックス?〜
2.Hello
3.Musicplication
4.Chill Spot
5.in what rain
6.Sixth Sense
7.世界中のどんなラブソングよりも feat.erica
8.友達の歌
9.Remember
10.とにかくこの瞬間だけは合唱したくて

『ベリーグッドマン“てっぺんとるぞ宣言" ツアー 2018 〜超好感男の出陣〜』

5月03日(木・祝) Zepp Osaka Bayside
5月06日(日) 福岡DRUM LOGOS
5月07日(月) 福岡DRUM LOGOS
5月12日(土) 神戸Harbor Studio
5月13日(日) BLUE LIVE広島
5月18日(金) 松阪M\'AXA
5月19日(土) 岐阜club-G
5月24日(木) 宮崎WEATHER KING
5月26日(土) 鹿児島CAPARVO HALL
5月27日(日) 鹿児島CAPARVO HALL
5月31日(木) Zepp Nagoya
6月02日(木) LiveHouse浜松窓枠
6月09日(土) 高松オリーブホール
6月10日(日) 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
6月15日(金) 長崎DRUM Be-7
6月16日(土) 熊本B.9 V1
6月20日(水) 滋賀U-STONE
6月21日(木) 京都MUSE
6月23日(土) 和歌山シェルター
6月29日(金) 仙台Rensa
7月01日(日) 札幌ペニーレーン24
7月07日(土) 金沢Eight Hall
7月08日(日) 長野CLUB JUNK BOX
7月12日(木) 水戸ライトハウス
7月13日(金) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮VJ-2
7月15日(日) 高崎club FLEEZ
7月22日(日) Zepp DiverCity Tokyo



【関連リンク】
ベリーグッドマン、YouTube番組でニューアルバムについて語る!
ベリーグッドマンまとめ
Uru、アルバム『モノクローム』を掲げたワンマン公演は幻想的なオープニングでスタート

【関連アーティスト】
ベリーグッドマン
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム

Uru、アルバム『モノクローム』を掲げたワンマン公演は幻想的なオープニングでスタート
Thu, 15 Mar 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

自らの想いを、願いを、メッセージを音に乗せて聴き手へと突き刺す――。そんな自己主張こそが、アーティストのあるべきかたちと長年信じてきた。だが、アーティストの在り様とは、もっと多彩なものなのだと教えてくれたステージがある。YouTubeでのカバー曲配信から人気に火が付き、2016年にメジャーデビュー。以降、数々のドラマや映画、CM等のタイアップ曲を通じて、その透明感あふれる歌声を届けてきたUruが、1stアルバム『モノクローム』を掲げて行なったワンマンライヴ『monochrome〜吹き沁む頬に熱いザフサス〜』がそれだ。

東京では1年半ぶりの公演となる3月4日、昭和女子大学人見記念講堂。幾重にも張られたドレープ状の紗幕の向こう、水音が鳴るSEから『モノクローム』の冒頭を飾る「追憶のふたり」でライヴは幕開けた。幻想的なオープニングは、これまで素顔を明かしてこなかった彼女の神秘性を一層引き立て、物哀しい歌声も相まって生々しいロストラブソングを、どこかおとぎの国の物語のように聴かせてくれる。リアリティとファンタジーとロマンティシズム――その全てを共存させられる歌声の絶対的な唯一無二性こそが、Uruの最大の武器。続く「The last rain」でもピアノ演奏をバックに、紗幕越しに“最後の願い”をリリカルに歌い上げ、ここが海の底のようにも宙の只中のようにも天国のようにも感じさせてくれる。

“今日のライヴのサブタイトル『〜吹き沁む頬に熱いザフサス〜』は、アルバム14曲の頭文字をランダムに組み合わせたもので、とくに意味はないです。ラストの『ザフサス』は余ったやつで、発表した時みなさん検索して調べてくださったみたいで…すみませんでした。オープニング曲は自分で作ったんですけど、心臓の音を入れたら自分に帰ってきて、始まる前に緊張する音楽になってしまいました”。緊張を露わに語り出したMCもまた儚げで、どこか消えてしまいそうな錯覚を覚えさせたが、最後のひと言だけは力強く、こう言い切った。“音楽に触れると心の奥に仕舞っていたものが浮かび上がって、素直に過ごせます。みなさんの中のイメージをこのステージに映しながら、ゆっくりと最後まで過ごしていってください”。自分の主張を訴えるのではなく、歌とライヴ空間を“映し鏡”として提供する稀有なスタイルを、その後彼女は見事に表現し切った。

レミオロメンにスピッツ等、オーディエンスにも聴き馴染みのあるカバー曲も豊富に交え、多彩な物語を贈ることで聴き手の記憶を刺激し、心の内を引き出してゆく。来場者を思い出の沼に沈めるかのように照明を極限まで暗く落とした客席からは、ステージ上の紗幕がその心模様を映し出すスクリーンのようにも観え、実際、曲ごとにさまざまな色や模様が浮かび上がり、視覚からもやさしく刺激を与えてくれた。しかし、そこで何よりも大きな力を発揮したのは、やはりその声。哀しみと儚さと切なさを、まるで遺伝子レベルで織り込んだかのような歌声は、どうしようもなく人の心をざわつかせ、忘れていたはずの心の引き出しを開けてくれる。また、人見記念講堂という日本屈指の音響を誇る会場が、その声をよりクリアーに届け、効果を倍増させていたのも特筆すべきことだろう。

さらに、中盤では詩の朗読も。夢に挫けた青年の嘆きと復活を綴り、最後に“強さを願うとは弱さを許すこと”という決定的なメッセージを刻んで、詩のイメージ元となったという「鈍色の日」へとつなぐ流れは、まるでひとつの短編映画を観るかのように劇的なものだった。ちなみに、詩を書いたのは“お風呂上がりの小さなオレンジ色の光の中で”とのこと。そして突然“お煎餅にはまっていて。袋の違いって何だか知ってます? いや、私は知らないんですけど…”と場内を笑わせたりと、淡く繊細な世界観の源泉が敏感で不思議な感性にあることは、どうやら間違いなさそうだ。

松任谷由実の「やさしさに包まれたなら」でクラップを呼び、少しだけ上向きの空気を呼んだ後半戦では、「fly」で客席にマイクを向ける一幕も。紗幕に投影された数々の色は“みなさんから送っていただいたUruの色を使わせていただきました”とのことで、“みなさんと一緒に歌えた気がして、すごく嬉しかったです”の言葉に、彼女の音楽は心を映す聴き手あってこそなのだと実感する。

“私の歌は、ほら、大丈夫だよって引っ張っていく曲じゃないかもしれないけど、そんな私だからこそ歌える曲があると思っていて。大好きな曲を私なりに歌いたいと思います”。静かに語り、包容力の中に厳しさを滲ませて披露した小田和正の「たしかなこと」からは、Uruというアーティスト自身の想いや経験を伝える場面へ。“幼い時、父が先立った時の母の日記を曲にしました。タイトルがカタカナなのは《サビシイ》とか《ナンデ》とか《ドコニイルノ?》とか、そういう気持ちを表す言葉が全部カタカナで書かれていたから。いつも側にいる大切な人が、ずっと側にいられる保証はどこにもなくて。だから、その存在が儚く、尊いものなんだと思います”と前置いての「アリアケノツキ」では、愛する人への想いを絶唱して、ここまでの曲とは種類の異なる想いの強さを感じさせた。歌い終え、力尽きたように項垂れると万雷の拍手が湧き、そんな母に対するアンサーソングともいえる「娘より」へと続くと、紗幕には次々に家族写真が映る。これらもファンから募集したもので、“温かい気持ちのまま歌うことができて幸せです”という言葉に、顔は見えずとも微笑みが瞼に浮かぶようだった。ドラマ『フランケンシュタイン』挿入歌の「しあわせの詩」に、ドラマ『コウノドリ』の主題歌「奇蹟」と、テレビドラマで使われた楽曲によるクライマックスでも、全てを許すような温かさに包み込まれる。そう、彼女の歌は“引っ張っていく曲”ではない。だからこそやさしく、強く、抱き締めてくれるのだ。

“こんなに大きなステージに立つことができて…ありふれた言葉だけど、これしかないです。いつも本当にありがとうございます。私が幸せだと思うのと同じくらい、みなさんが私の歌を聴いて幸せと思えたり、穏やかな時間を作っていけるアーティストでなければいけない。これからも頑張ります”。アンコールでそう言って頭を下げ、“ずっとデビュー前から大切にしてきた曲です”と贈られたラストソング「星の中の君」では、ついに紗幕が上がって、その素顔が露わになる。そして客席から湧く合唱が、ここまでの物語が幻ではなく、現実に生きたものであることを証明してくれた。自らのオーラで魅了するカリスマというよりは、触れた者の心に問いかけ、真実を降ろす巫女。そんな神から与えられた力を使い、これからどんな歌を彼女が紡いでくれるのか、興味は尽きない。

取材:清水素子

【セットリスト】
1.追憶のふたり
2.The last rain
3.ホントは、ね
4.3月9日(レミオロメン)
5.ロビンソン(スピッツ)
6.Sunny day hometown
7. THE OVER(UVERworld)
8.ハッピーエンド(back number)
9.鈍色の日
10.いい男
11.やさしさに包まれたなら(松任谷由実)
12.fly
13.たしかなこと(小田和正)
14.アリアケノツキ
15.娘より
16.しあわせの詩
17.奇蹟
<ENCORE>
1.フリージア
2.すなお
3.星の中の君

◆関連記事「Uruが珠玉の1stアルバム『モノクローム』を携え、1年半ぶりとなる東京公演開催!謎めいた彼女の素顔に迫るロングインタビュー」
http://www.diskgarage.com/digaonline/interview/69711



【関連リンク】
Uru、アルバム『モノクローム』を掲げたワンマン公演は幻想的なオープニングでスタート
Uruまとめ
Mrs. GREEN APPLE、アルバム『ENSEMBLE』収録曲でMONGOL800キヨサクとコラボ!

【関連アーティスト】
Uru
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, ワンマン, ライブレポ

Mrs. GREEN APPLE、アルバム『ENSEMBLE』収録曲でMONGOL800キヨサクとコラボ!
Thu, 15 Mar 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが4月18日(水)にリリースする3rdアルバム『ENSEMBLE』の収録曲「はじまり feat. キヨサク from MONGOL800」にMONGOL800のキヨサクがフィーチャリングで参加したことが、3月14日(水)放送のMrs. GREEN APPLEがレギュラーを担当するTOKYO FM/JFN38局ネット「SCHOOL OF LOCKS!」内の「ミセスLOCKS!」にて明らかになった。

実は、大森元貴(Vo&Gu)が音楽活動を始めるきっかけとなったのがMONGOL800。大森の実兄が当時聴いていて夢中になり、初めて人前でパフォーマンスをした小学校の謝恩祭では、オリジナル曲に加えてMONGOL800の楽曲をカバーしたという。まさに彼の音楽人生の“はじまり”、この楽曲はそんな内容となっている。大森が自身のtwitterのアカウント名で“1733”と表記しておりファンの間では多くの謎となっていたが、その謝恩祭で組んだバンド名とのこと。“17時33分に結成したバンドだ”と「ミセスLOCKS!」では当時を振り返っていた。

大森とキヨサクが共作した楽曲はまさにMONGOL800節を彷彿とさせる爽快パンクロックチューン。ミセスのファンには意外に聴こえるかもしれないが大森とキヨサクのコーラスが爽やかで心地いい仕上がりとなっている。

「ミセスLOCKS!」ではこれ以外にも、ライブで定番となっていてファンから音源化の要望が多かったEDM曲「REVERSE」と新曲「They are」が収録されることが発表された。「REVERSE」は“このアルバムの中で悪役のような、“ヒール”的存在。ちょっと辛辣な言葉遊びが特徴的な、ラップではないが海外のストリート感を意識して出来た曲”、またThey areは“胸の中で凝り固まっていた、君への思い《それら》と1つずつ向き合っていく、聖歌のように、祈りを捧げるバラードソング”との説明もあった。2017年のアルバムの名曲「鯨の唄」よりももっとパーソナルな気持ちに迫った胸を打つ楽曲となっている。

アルバム『ENSEMBLE』のスペシャルサイトでは、随時情報が更新されているので要チェック! さらに、まだ明るみになっていない楽曲もあるので「ミセスLOCKS!」も併せて注目してほしい。

■アルバム『ENSEMBLE』スペシャルサイト
http://po.st/mga_ensemble_ss

アルバム『ENSEMBLE』

2018年4月18日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29294/ ? 3,500+税
<収録曲>
■CD
「どこかで日は昇る」
「スマイロブドリーマ」
「WanteD! WanteD!」
「On My MiND」
「はじまり feat. キヨサク from MONGOL800」
「WHOO WHOO WHOO」
「Love me, Love you」
「アウフヘーベン」
「They are」
「REVERSE」
「Coffee」を含む全13曲。
■DVD
スタジオセッションやライブ映像、MUSIC VIDEOなど全13曲分の映像とMUSIC VIDEOのメイキング映像を収録。

※『ENSEMBLE TOUR』9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場公演
先行抽選シリアルナンバー封入



【通常盤】(CD)
UPCH-20483/ ¥2,800+税

※『ENSEMBLE TOUR』9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場公演
先行抽選シリアルナンバー封入

◎早期予約特典
クリアファイル(A4サイズ)
対象期間:2月22日(木)〜3月25日(日)23:59
※一部お取扱いの無い店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)

◎CD購入者対象特典
■チェーン別オリジナル特典:オリジナルポスター(B3サイズ※515mm×364mm) ※絵柄後日発表
対象チェーン:タワーレコード全店/TSUTAYA RECORDS全店/HMV全店/Amazon.co.jp
※特典は無くなり次第終了となります。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)

■ショップ購入特典:告知ポスター(B2サイズ※728mm×515mm)
※チェーン別オリジナル特典が付く店舗は対象外となります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)
UNIVERSAL MUSIC STORE http://store.universal-music.co.jp/artist/mrsgreenapple/

『Mrs. 先行試聴PARTY』

3月22日(木) 大阪市内某所/18:30開始予定
3月24日(土) 名古屋市内某所/18:00開始予定
3月30日(金) 福岡市内某所/18:30開始予定
4月08日(日) 札幌市内某所/17:30開始予定
4月14日(土) 東京都内某所/17:30開始予定
※応募対象店舗:タワーオンラインを除くタワーレコード全店

■応募詳細はオフィシャルサイトにて https://mrsgreenapple.com/

『ENSEMBLE TOUR』

5月12日(土) 東京 パルテノン多摩 大ホール
5月19日(土) 香川 サンポートホール高松・大ホール
5月20日(日) 広島 広島JMSアステールプラザ 大ホール
5月26日(土) 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール
5月27日(日) 福島 郡山市民文化センター 中ホール
6月03日(日) 北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月09日(土) 宮城 トークネットホール仙台(仙台市民会館)大ホール
6月15日(金) 大阪 オリックス劇場
6月17日(日) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
7月15日(日) 福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
7月20日(金) 静岡 静岡市民会館 中ホール
7月27日(金) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
8月04日(土) 長野 ホクト文化ホール 
9月08日(土) 千葉 幕張メッセ 国際展示場
9月09日(日) 千葉 幕張メッセ 国際展示場



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、アルバム『ENSEMBLE』収録曲でMONGOL800キヨサクとコラボ!
Mrs. GREEN APPLEまとめ
MONGOL800まとめ

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE, MONGOL800
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 新曲, リリース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1