歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月12日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
lynch.、ワンマン公演で完全体に!&早くも夏に新作リリースを発表
Mon, 12 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月11日(日)にlynch.が幕張メッセ国際展示場でワンマンライブ『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]』を開催した。暗転とともに4人のメンバーが明徳(Ba)に手を差し伸べるシーンを描いた映像が流れ“WELCOME TO THE GALLOWS”の文字が浮かんだ。

1曲目の「PLEDGE」を終え“幕張〜! Are you ready?”という威勢の良い葉月(Vo)のかけ声で「GALLOWS」へ。“バンド結成13周年です。ありがとう。この1年色々ありましたが、皆さんがlynch.というバンドを守ってくれたおかげで5人に戻ることができました”と葉月が話すと、この日よりバンド復帰となる明徳がマイクを手に取り“めちゃくちゃ心配かけて、迷惑かけて、すみませんでした。5人でここに立てるのを夢見てました。この場所を守り続けてくれてありがとうございます。夢に向かって、走り抜けていきます!”と決意を述べた。

アンコールではサブステージを使用し、アコースティックスタイルで「らせん」「BE STRONG」を披露し、ファンクラブ限定全国ツアー『TOUR’18「UNDEAD SOULS」-SHADOWS ONLY-』の開催を発表。自身最大規模のライブ会場で迎える13周年、そして約1年4カ月振りに5人揃ったlynch.。葉月は“5 人に戻った最初の日です。夢みたいな景色ですが、完全に現実です!”と言って、その喜びを噛み締めた。3曲のダブルアンコールをお見舞いしたあとには7月にニューアルバム発売の予告映像が画面上に映し出され、約6000人が集結した会場は大歓声に包まれた。完全体のlynch.が、最新章の幕を開けた。

この日のステージ上で、4月25日(水)に発売されるアルバム『SINNERS -no one can fake my bl?od-』のアーティスト写真を公開。今作には、2017年の明徳不在時に発売した『SINNERS-EP』と『BL?OD THIRSTY CREATURE』の収録曲を明徳によってベースリテイク&リミックスされた全9曲が収録されており、発売記念イベントが東名阪で開催される。6月24日(日)にはLUNA SEA主催大型フェス『LUNATIC FEST. 2018』に出演が決定している。

Photo by 江隈 麗志
Text by 羽村 萌

【セットリスト】
M1.PLEDGE
M2.GALLOWS
M3.BL?OD
M4.GREED
M5.CREATURE
M6.INVINCIBLE
M7.DAMNED
M8.THE OUTRAGE SEXUALITY
M9.TRIGGER
M10.UNELMA
M11.KALEIDO
M12.THIS COMA
M13.PHANTOM
M14.SORROW
M15.PHOENIX
M16.MIRRORS
M17.THE FATAL HOUR HAS COME
M18.ALL THIS I’LL GIVE YOU
M19.NEEDLEZ
M20.INVADER
M21.pulse_
M22.EVOKE
M23.from the end
<ENCORE1>
En1-1.らせん
En1-2.BE STRONG
En1-3.EVIDENCE
En1-4.DIES IRAE
En1-5.discord number
En1-6.ADORE
<ENCORE2>
En2-1.MOON
En2-2.A GLEAM IN EYE
En2-3.TIAMAT

【ライヴ情報】

■『TOUR’18「THE NITES OF AVANTGARDE #2」"A BL?ODY REVENGE"』
4月30日(月) NAMBA Hatch
5月02日(水) Zepp Nagoya
5月11日(金) Zepp Tokyo

■『TOUR’18「UNDEAD SOULS」-SHADOWS ONLY-』
5月23日(水) 札幌BESSIE HALL
5月24日(木) 札幌BESSIE HALL
5月27日(日) 仙台CLUB JUNK BOX
5月29日(火) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
6月01日(金) 岡山IMAGE
6月03日(日) 福岡DRUM Be-1
6月05日(火) 姫路Beta
※ lynch.ファンクラブ(SHADOWS)限定ライブ
詳細 http://pc.lynch.jp/live/livecat/oneman

『SINNERS -no one can fake my bl?od-』発売記念イベント『CD ジャケットサイン会』

4月29日(日) 15:00〜 TSUTAYA EBISUBASHI 6F イベントスペース
5月03日(木) 15:00〜 タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
5月12日(土) 15:00〜 SHIBUYA TSUTAYA 2F 特設会場
詳細 http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t10794/

アルバム『SINNERS -no one can fake my bl?od-』

2018 年4月25日(水)発売



KICS-3707/¥2,500+税
※初回プレス分のみBlu-ray デジパック仕様
<収録曲>
1.SIN
2.SORROW
3.BL?OD
4.BLACK OUT DESTROY
5.KALEIDO
6.THE WHIRL
7.CREATURE
8.DIES IRAE
9.TRIGGER
※タイトル表記に関して
・「SINNERS」と「-no one can fake my bl?od-」の間に半角スペース
・SINNERS -no one can fake my bl?od-の「?」は小文字oにスラッシュ、空集合記号
・BL?OD の「?」は大文字Oにスラッシュ、空集合記号

◎購入者特典
メーカー特典:ランダムアーティストフォト(全6種よりランダムで1枚配布)
※特典物やデザインは予告なく変更となる可能性がございます。予めご了承ください。



【関連リンク】
lynch.、ワンマン公演で完全体に!&早くも夏に新作リリースを発表
lynch.まとめ
シド、アニメタイアップ曲を網羅したベスト盤の詳細を解禁

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ

シド、アニメタイアップ曲を網羅したベスト盤の詳細を解禁
Mon, 12 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シドが4月4日(水)に発売するベストアルバム『SID Anime Best 2008-2017』のジャケット写真、初回生産限定盤のDVD収録内容と封入特典、そして店頭特典を解禁した。アルバム『SID Anime Best 2008-2017』は、これまでシドが手掛けてきたアニメタイアップソングの全てをコンパイルしたヒット曲づくしのアニメベストアルバム。メジャーデビュー曲でもある、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」や、TVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』エンディングテーマの「嘘」など、これまでシドがアニメの世界観を彩ってきた全10曲が収録される。また、ボーナストラックとして、LiSAに楽曲提供をしていた「ASH」をセルフカバーして収録されることも話題になっている作品だ。初回生産限定盤のDVDには「ASH」(Music Video/Live Edition)なるものが収録される。シドは、この曲をどんなセルフカバーに仕上げるのか、そしてどんな映像になるのか…ぜひ注目してほしい。

そして初回生産限定盤の封入特典には、これまでシドが手掛けてきたアニメ5作品のヴィジュアルに着せかえてアルバムを楽しめるという“歴代アニメ5作品着せ替えジャケット(蛇腹仕様)”が付属。さらに、こちらはシドファンには堪らない“シド15周年ヴィジュアル着せ替えジャケット”が封入される。全て合わせると全7種類のジャケット写真が楽しめるという非常に豪華な仕様に、シドの今回のベストアルバムへのこだわりが伺える。そして店頭特典としても、各CDショップごとに様々なオリジナル特典が付与されるとのことなので、こちらも要チェック!

シドにとって2018年は結成15周年だけでなく、メジャーデビュー10周年という記念すべき1年。5月5日(土・祝)からは、全12公演を駆け抜ける全国ライブハウスツアーも決定している。今後も彼らの活動から目が離せそうにない。

アルバム『SID Anime Best 2008-2017』

2018年4月4日発売



【初回生産限定盤】 (CD+DVD)
KSCL-3043/44/¥3,333+税
<収録曲>
■CD
1.モノクロのキス
(TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ)
2.嘘
(TVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』エンディングテーマ)
3.ドラマ
(Wii専用ゲームソフト『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST -暁の王子-』テーマソング)
4.レイン
(TVアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』オープニングテーマ)
5.乱舞のメロディ
(TV東京系アニメ『BLEACH』オープニングテーマ)
6.V.I.P
(TVアニメ『マギ』第1期オープニングテーマ)
7.ANNIVERSARY
(TVアニメ『マギ』第2期オープニングテーマ)
8.ENAMEL
(TVアニメ『黒執事 Book of Circus』オープニングテーマ)
9.硝子の瞳
(劇場版アニメーション『黒執事 Book of the Atlantic』主題歌)
10.螺旋のユメ
(TVアニメ『将国のアルタイル』オープニングテーマ)
-BONUS TRACK-
11.ASH
■DVD
「ASH」(Music Video / Live Edition)

◎初回生産限定盤封入特典
・歴代アニメ5作品着せ替えジャケット(蛇腹仕様)
・シド15周年ヴィジュアル着せ替えジャケット

◎店舗別特典
■TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く)
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルB3ポスター(Type A)
■TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/ TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルブロマイド(Type B)
■HMV全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルブロマイド(Type A)
■全国アニメイト(オンラインショップ含む)
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルポストカード
■シド応援店
『SID Anime Best 2008-2017』 オリジナルB3ポスター(Type B)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sid/shoplist/180404/ 



【通常盤】(CD)
KSCL-3045/¥2,778+税

『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』

5月05日(土・祝) Zepp DiverCity TOKYO 〜ID-S限定LIVE〜
5月06日(日) Zepp DiverCity TOKYO 〜ID-S限定LIVE〜
5月12日(土) Zepp Osaka Bayside 〜ファン投票LIVE(大阪編)〜
5月13日(日) Zepp Osaka Bayside 〜暴れ曲限定LIVE〜
5月18日(金) Zepp Nagoya 〜ファン投票LIVE(名古屋編)〜
5月19日(土) Zepp Nagoya 〜暴れ曲限定LIVE〜
5月26日(土) 福岡DRUM LOGOS 〜ファン投票LIVE(福岡編)〜
5月27日(日) 福岡DRUM LOGOS 〜暴れ曲限定LIVE〜
6月02日(土) Zepp Sapporo 〜インディーズ曲限定LIVE〜
6月09日(土) SENDAI GIGS 〜昭和歌謡曲限定LIVE〜
6月15日(金) Zepp Tokyo 〜ファン投票LIVE(東京編)〜
6月16日(土) Zepp Tokyo 〜暴れ曲限定LIVE〜



【関連リンク】
シド、アニメタイアップ曲を網羅したベスト盤の詳細を解禁
シドまとめ
RAMMELLS、心と身体を揺さぶる“Authentic”な初ワンマンで観客を魅了

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, アニメ・声優, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, 特典, アニメ, 主題歌, エンディング, オープニング

RAMMELLS、心と身体を揺さぶる“Authentic”な初ワンマンで観客を魅了
Mon, 12 Mar 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年12月にアルバム『Authentic』でメジャーデビューしたロックバンド・RAMMELLS(ラメルズ)が、そのリリースを記念した初のワンマンライブを3月9日(金)東京・渋谷WWWで行なった。2015年に真田(Gu)を中心に結成されたRAMMELLSは、紅一点の黒田(Vo&Key)、村山(Ba)、彦坂(Dr)からなる4人組バンド。ブラックミュージックをベースにしながら独自のポップセンスでメロディーとサウンドを紡ぐバンドとして注目を集め、結成から僅か2年でメジャーデビュー。ライブ経歴もさほど多くなかった中で行なわれたこの日の公演もチケットSOLD OUTと、まさに急上昇でその人気が広まっているオルタネイティヴなロックバンドだ。

この日のライブはデビューアルバム『Authentic』に収められている「swim」からスタート。じっくりと重めのビートを刻むリズムに浮遊感のあるメロディーで黒田の声が乗り、心地良いグルーヴを生んでいる中に炸裂する真田の轟音ギター! 一曲目からバンドの持ち味を十二分に発揮して観客を引き込むと、短いMCを挟みながら「image」「Holiday」と一気に3曲を演奏。初ワンマンとは思えない堂々としたパフォーマンスとステージ運びで満員の客席を魅了していった。その手応えはメンバーも即座に感じ取ったようで、観客の拍手に“ありがとう”と返す黒田の表情が満面の笑みだったのが印象的だった。

アルバム『Authentic』の収録曲を中心にしながら進むセットリストの中で特に盛り上がりを見せたのが、リード曲としてMVも作られた「CHERRY」と「2 way traffic」の2曲。「CHERRY」の演奏後に鳴り響いた拍手の大きさと「2way〜」のイントロが始まった瞬間に巻き起こった歓声は、全くタイプの違うこの2曲がRAMMELLSの“Authentic”としてリスナーに受け入れられている証であったと思う。

アルバムからの8曲にインディーズ時代の楽曲、未発表曲「blahblah」、タイトル未定の新曲まで合わせて本編13曲+アンコール2曲。掛け値なしに心と身体を揺さぶられた至福の90分であった。彼らの音楽が“Authentic”かどうか、是非自身の耳で確かめて欲しい。

Text by 甲斐幹人
Photo by Maco Hayashi

【セットリスト】
1. swim
2. image
3. Holiday
4. blahblah
5. Playground
6. slow dance
7. CHERRY
8. Black dot
9. 新曲
10. tower
11. 2way traffic
12. authentic
13. Blue
EN1. Overthinking
EN2. daybreak

アルバム『Authentic』

発売中



CRCP-40537/¥2,315+税
<収録曲>
01.image
02.2way traffic
03.swim
04.slow dance
05.authentic
06.CHERRY
07.AMY
08.playground
09.HERO
10.daybreak



【関連リンク】
RAMMELLS、心と身体を揺さぶる“Authentic”な初ワンマンで観客を魅了
RAMMELLSまとめ
ROTTENGRAFFTYのKAZUOMIが3月17日よりライブに復帰

【関連アーティスト】
RAMMELLS
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, トレーラー, アルバム, ライブ, セットリスト, ライブレポ, レポート

ROTTENGRAFFTYのKAZUOMIが3月17日よりライブに復帰
Mon, 12 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

体調不良にてライブ活動を休止していたROTTENGRAFFTYのKAZUOMI(Gu&Programming)が、3月17日に開催される『ビクターロック祭り2018』より復帰することが決定!

3月から開催される自身最長のツアー『ROTTENGRAFFTY PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018』から、キャリア初の日本武道館公演に向けて、より一層パワーアップしたライブアクトが披露される。オフィシャルHPにはKAZUOMI本人のコメントも掲載されているので、そちらもチェックして欲しい。

■ROTTENGRAFFTY オフィシャルHP
https://rotten-g.com

【ライブ情報】

■『ROTTENGRAFFTY PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018』
3月24日(土) 神戸太陽と虎
w)dustbox
3月25日(日) 和歌山SHELTER
w)dustbox
3月27日(火) 梅田クラブクアトロ
w)dustbox
3月29日(木) 奈良NEVERLAND
w)韻踏合組合
3月30日(金) 大津U★STONE
w)韻踏合組合
4月04日(水) 長崎Studio Do!
w)ENTH
4月05日(木) 佐賀GEILS
w)ENTH
4月07日(土) 大分T.O.P.S BittsHALL
w)SHIMA
4月08日(日) 宮崎SR-BOX
w)SHIMA
4月10日(火) 鹿児島SR-HALL
w)NUBO
4月11日(水) 熊本Django
w)NUBO
4月13日(金) 福岡BEAT STATION
w)NUBO
4月15日(日) 高松オリーブホール
w)TOTALFAT
4月16日(月) 徳島club GRINDHOUSE
w)TOTALFAT
4月18日(水) 高知X-pt.
w)TOTALFAT
4月19日(木) 松山WstudioRED
w)TOTALFAT
4月21日(土) 周南RISING HALL
w)打首獄門同好会
4月22日(日) 出雲APOLLO
w)打首獄門同好会
5月07日(月) 千葉LOOK
5月08日(火) HEAVEN\'S ROCK熊谷
5月10日(木) 甲府CONVICTION  
5月11日(金) HEAVEN\'S ROCK宇都宮
5月13日(日) 横浜F.A.D
5月15日(火) 高崎clubFLEEZ
5月16日(水) 水戸LIGHT HOUSE  
5月22日(火) 松阪M\'AXA
5月23日(水) 岐阜CLUB ROOTS
5月25日(金) 名古屋ダイアモンドホール
6月01日(金) 静岡Live House 窓枠
6月05日(火) 長野 CLUB JUNK BOX
6月06日(水) 富山MAIRO  
6月08日(金) 金沢EIGHT HALL
6月10日(日) KBSホール(ロットンの日2018)
6月14日(木) 福井CHOP  
6月15日(金) 新潟LOTS
6月22日(金) 函館 club COCOA
6月24日(日) 帯広MEGA STONE
6月26日(火) 北見Onion Holl
6月27日(水) 旭川CASINO DRIVE
6月29日(金) 札幌PENNY LANE24
7月31日(火) 秋田 Club SWINDLE
8月01日(水) 青森Quarter
8月03日(金) 盛岡Club Change WAVE
8月04日(土) 山形SESSION
8月06日(月) 郡山Hip Shot Japan
8月07日(火) 仙台Rensa
8月21日(火) LIVE HOUSE 米子 AZTiC laughs
8月23日(木) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
8月24日(金) 広島クラブクアトロ
※チケットの詳細はオフィシャルHPをご確認ください。

■『ROTTENGRAFFTY PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018 in 日本武道館』
10月03日(水)  日本武道館 ※ワンマン公演
https://rotten-g.com/budokan18/

アルバム『PLAY』

2018年2月28日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1323/¥3,800+税
※スリーブケース仕様
<収録曲>
■CD
1. 寂寞 -sekibaku-
2. PLAYBACK
3. 世界の終わり
4. SHRED
5. Just One More...
6. hereafter
7.「70cm四方の窓辺」
8. Rainy
9. 夏休み
10. P.I.L
11. アイオイ
12. So...Start
■DVD
『ロットンの日2017(2017/6/10 京都KBSホール)』
Opening
切り札
暴イズDE∀D
8
毒学PO.P革新犯
Asian Market Pow
RATMAN
夕映え雨アガレ
生クリーム
e for 20
075 GRAFFITI
GRIND VIBES
ケミカル犬
フロンティアスカンク
610行進曲
かくれんぼ
TIME IS OVER
「70cm四方の窓辺」
盲目の街
金色グラフティー



【通常盤】(CD)
VICL-64948/¥2,800+税



【関連リンク】
ROTTENGRAFFTYのKAZUOMIが3月17日よりライブに復帰
ROTTENGRAFFTY まとめ
織田哲郎の還暦バースデーライブに高橋みなみが登場!

【関連アーティスト】
ROTTENGRAFFTY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, 発表, 再始動

織田哲郎の還暦バースデーライブに高橋みなみが登場!
Mon, 12 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

織田哲郎が2018年3月11日、満60歳・還暦を迎えた。この記念すべき誕生日に、織田哲郎のファンクラブであるT\'s CLUB限定のイベント『T\'s PARTY』が東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催された。還暦と言えば赤。クールなワインレッドのジャケットと黒のタイトなパンツ姿で登場した織田哲郎は、自身が還暦を迎えたことに対して司会から質問を受けると“(今までと)あんまり変わんないよ?”と笑いを交えて答えながら、客席からの温かい拍手にこたえる。サックスの古村敏比古が登場し「ハッピーバースデートゥーユー」のフレーズを吹き始めると会場全体で合唱となったが、ちょっと恥ずかしそうな客席からの歌声に“こんなんじゃ還暦になれないよ!(笑) もう一回歌うよー!!”と声をかけ、大合唱となった。大合唱がふた回し目に入ると、サプライズ・ゲストとして、高橋みなみが合唱に合わせてメロディを口ずさみながら花束を抱えて登場。小柄な高橋が高身長の織田に花束を手渡す様子に和やかな空気が流れ、会場からは改めて大きな拍手が送られた。

織田哲郎と高橋みなみの繋がりは、2017年にリリースとなった高橋の2ndシングル「孤独は傷つかない」を織田哲郎が楽曲提供したところから。それより以前から織田自身は高橋が初代総監督を務めていたAKB48に楽曲提供をしており、また高橋は織田哲郎の曲が大好きと公言していたが、2017年秋ごろまで会う機会がなかった。その後、テレビ番組での共演をきっかけに連絡先を交換して、高橋と高橋のバンドメンバーと織田とで飲んだこともあるという、なかなか聞けないプライベートなエピソードトークが飛び出した。高橋みなみがどういう時に良い曲が書けるのかを訊くと“仕事してない時の方がポッと浮かんだりするよね”と答える織田。高橋に提供した曲は依頼のあととても早くあがったそうで“一応締切は守ろうとするよね。ただ自分に関しての締切はなかなか守れない(笑)”とのことだが、”今年は(自分の)アルバム出したいよね!”と宣言した織田にこの記念すべき還暦イヤーの間にオリジナルアルバムに出会えるのでは、と期待が広がる。

続いてのライブコーナーでは織田哲郎とは1970年代〜80年代初頭からのバンド仲間、黄金メンバーの古村敏比古(Sax)、北島健二(Gtr)、山田わたる(Drs)、関 雅夫(Bass)、大谷哲範(Key)という豪華布陣によるスペシャル編成でお届け。織田の長いアーティスト活動の中でもかなり初期のナンバーからライブ定番曲まで、ファンに休む暇を与えないライブが展開された。 古くからの友人ならではの息の合った演奏に“このメンバーだとすぐ馴染むよね”と織田もリラックスした様子。“誰かが黒い枠に入ってるかもしれないけど(笑)、10年後もこのメンバーでやれんだろ?”と、まだまだこれからもミュージシャンとして突っ走っていく織田哲郎の頼もしい発言も聞けた。ライブの間、織田含めこの日のメンバーの若いころのスタジオリハーサルをおさえたレア映像が流れていたが、織田自身は少し恥ずかしそうにしながらもバンド仲間たちと“この顔、生意気そうだねぇ!! かわいくないね(笑)”と笑い合い、会場全体が大いに盛り上がった。

3月11日以降、還暦イヤーはスタートしたばかり。すでに5月〜6月にかけてワンマンツアーが決定しており、さらにこの後まだまだファンを楽しませる秘策が待ち構えている様子。新しいオリジナルソングも聴きたいところだ。“アルバムを作りたい”と言った織田の言葉を信じたい。ボーカリストとして、ギタリストとして作曲家としてプロデューサーとしてと、さまざまなかたちで長い年数音楽と深く関り続け、今なお勢いは衰えず、むしろさらに新しいことに挑戦し続ける織田哲郎。余裕ある大人の色気もさらに増しながら、少年のような探究心を決して失わないところが、彼が音楽人であり続けることができる所以なのではないだろうか。

【ライブ情報】

■『織田哲郎LIVE TOUR 2018 犬も歩けばBORN TO BE WILD』
5月26日(土) 愛知・名古屋ReNY limited
5月27日(日) 東京・EX THEATER ROPPONGI
6月03日(日) 大阪・BIG CAT

■『織田哲郎スペシャルライブ』
6月23日(土) 東京・武蔵野市民文化会館



【関連リンク】
織田哲郎の還暦バースデーライブに高橋みなみが登場!
織田哲郎まとめ
高橋みなみまとめ
EXILE、Flowerのメンバーが被災地の子供たちに向けたダンス教室を開催

【関連アーティスト】
織田哲郎, 高橋みなみ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, ライブ, ライブレポ, レポート

EXILE、Flowerのメンバーが被災地の子供たちに向けたダンス教室を開催
Mon, 12 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東日本大震災から7年を迎えた3月11日、EXILEの橘ケンチ、世界、Flowerの重留真波、中島美央が、宮城・仙台市にある“EXPG STUDIO”仙台校でダンス教室『夢の課外授業』を開催。震災により甚大な被害を受けた岩手県の小中高生を招待し、EXILEの代表曲の一つとなった東日本大震災の復興支援ソング「Rising sun」の振り付けを指導した。

EXILEは震災発生直後から被災地への炊き出しや物資支援、義援金の寄付など復興支援活動を精力的に行なってきた。橘も毎年、宮城・気仙沼と南三陸町にいる知人のもとへ足を運んでおり“昨日も気仙沼と南三陸町に行ってきました。建物も建ってきて、見た目は復興が進んでいるように思うのですが、現地の方々に話を聞くと、だんだん人口が減っている話とか、まだまだ物が不足しているという話を聞いた”と被災地の現実に耳を傾け、“日が経つにつれて、だんだん世間の関心が薄れてきている感じはしますが、3月11日は僕らにとっても初心に帰らせていただく大事な節目なのかなと思う”と被災者の声と真摯に向き合った。

この日は、岩手の沿岸部で被災に遭った9歳から17歳の子どもたち29人と共に復興支援ソング「Rising Sun」で汗を流した。世界が“みんな純粋で最初は緊張して硬かったんですけど、ダンスを踊っているうちに体も表情もやわらかくなっていって、ダンスを楽しんでいて嬉しかった”と話すように、ステップも多く体力も使う「Rising Sun」の振りにも一生懸命食らい付き、60分のダンスレッスンが終わるころには全員が最初から最後まで振り付けを踊れるようになった。“子どもたちがダンスを楽しむ姿に自分たちがパワーをもらいましたし、みんなのダンスの覚えが早かった”と重留も子どもたちの成長を喜んだ。

ダンスを楽しむ子どもたちの姿に、世界は“7年前にすごく悲しい出来事が起きてしまった3月11日という日ですが、ダンスを通じて全員が笑顔になってくれたことに、すごく意味があったと感じる”と感慨深く語り、橘も“改めてダンスは人と人を繋げる力があると思った。僕たちのエンタテインメントで少しでも楽しんでもらったりする機会や場所を提供していきたい”と、今後さらに支援活動の輪を広げていく思いを口にした。

「Rising sun」は、東日本大震災の復興支援ソング。“未来へ”という想いが込められ東北をイメージした振り付けによさこいの動きを取り入れられている。中島は、夢追う子どもたちへ“今日のこの時間がこれからの皆さんの何かのきっかけになったら嬉しい”と想いを語った。

『ダンスで日本を元気に!夢の課外授業SPECIAL in仙台』実施概要】

日程:2018年3月11日(日)
時間:12:00〜14:00
会場:EXPG STUDIO仙台校(宮城県仙台市青葉区一番町三丁目11-15仙台フォーラス8F)

<講師>
橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)、世界(EXILE/FANTASTICS)
重留真波(Flower)、中島美央(Flower)
<生徒>
岩手県釜石市、宮古市、大槌町、山田町の小・中・高生
(小学生17名、中学生4名、高校生8名/計29名)

<授業内容>
・ダンス体験レッスン(課題曲「Rising Sun」)
・お話の時間(テーマ:「夢」について)
・プレゼント贈呈

主催:二十一世紀倶楽部
協力:(株)LDH JAPAN、(株)EXPG



【関連リンク】
EXILE、Flowerのメンバーが被災地の子供たちに向けたダンス教室を開催
EXILEまとめ
Flowerまとめ
EXILE THE SECONDまとめ
FANTASTICSまとめ

【関連アーティスト】
EXILE, Flower, EXILE THE SECOND, FANTASTICS
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, レポート

ゆず、新曲「イコール」がイチロー出演のCMソングに決定
Mon, 12 Mar 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずの新曲「イコール」が3月13日(火)よりTVオンエアされるNTT 東日本のCMソングに決定した。「イコール」は4月4日(水)にリリースする2年3ヶ月ぶりのニューアルバム『BIG YELL』に収録されるミディアムポップチューン。同曲が起用されるNTT 東日本のCM は、シアトル・マリナーズへの復帰が決まったイチロー選手が出演している。各30秒の笑顔篇、大切なもの篇、使命篇の3篇が制作され、CM内ではイチロー選手への独占インタビューを実施。イチロー選手のインタビューと、NTT 東日本が目指すメッセージとともに「イコール」が“あしたへのつながり”を表現している。

CMは3月12日(月)より公開された特別WEBサイトにて先行公開。その後、同月13日(火) より全国順次TVオンエアとなるので楽しみにしていよう。

■特別WEBサイト
http://yuzu-official.com/pages/bigyell

アルバム『BIG YELL』

2018年4月4日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SNCC-86932/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
SNCC-86933/¥2,850+税
<収録曲>
■CD
1.聞こエール
2.TETOTE(YZ ver.)
3.イコール
4.愛こそ
5.カナリア
6.タッタ(Album ver.)
7.日常
8.恋、弾けました。
9.通りゃんせ
10.風のイタズラ
11.ガイコクジンノトモダチ
12.存在の証明
13.うたエール
■初回生産限定盤DVD
・YUZU SUMMER FEST. TOUR 2017 GOOD SUNSHINE DAYS〜#ゆずと夏フェス〜
1.サヨナラバス from WEST GIGANTIC CITYLAND
2.タッタ from 音楽と髭達
3.夏色 from WILD BUNCH FEST.
4.いつか from NUMBER SHOT
5.雨のち晴レルヤ from FM802 MEET THE WORLD BEAT
6.虹 from SENDAI OTO Festival
7.夏色 from ROCK IN JAPAN FESTIVAL
8.栄光の架橋 from SWEET LOVE SHOWER
・ゆず 冬至の日ライブファイナル in カトレヤプラザ伊勢佐木
1.てっぺん
2.連呼
3.する〜
4.地下街
5.ろくでなし
6.岡村ムラムラブギウギ
7.空模様
8.夏色
9.シュビドゥバー

『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』

4月29日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
4月30日(月・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
5月15日(火) 愛知・日本ガイシホール
5月16日(水) 愛知・日本ガイシホール
5月19日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
5月20日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
5月30日(水) 大阪・大阪城ホール
5月31日(木) 大阪・大阪城ホール
6月09日(土) 北海道・北海きたえーる
6月10日(日) 北海道・北海きたえーる
6月16日(土) 福井・サンドーム福井
6月17日(日) 福井・サンドーム福井
6月23日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月24日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月30日(土) 新潟・朱鷺メッセ
7月01日(日) 新潟・朱鷺メッセ
7月07日(土) 広島・広島グリーンアリーナ
7月08日(日) 広島・広島グリーンアリーナ
7月14日(土) 静岡・エコパアリーナ
7月15日(日) 静岡・エコパアリーナ
7月18日(水) 大阪・大阪城ホール
7月19日(木) 大阪・大阪城ホール
7月24日(火) 神奈川・横浜アリーナ
7月25日(水) 神奈川・横浜アリーナ
7月28日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
7月29日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ



【関連リンク】
ゆず、新曲「イコール」がイチロー出演のCMソングに決定
ゆずまとめ
WANIMA、全国ツアーのアリーナ編が大阪城ホールよりスタート

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, 新曲, 発売, CMソング

WANIMA、全国ツアーのアリーナ編が大阪城ホールよりスタート
Mon, 12 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月11日、WANIMA がメジャー1stフルアルバム『Everybody!!』を引っさげた全国ツアー『Everybody!! TOUR』のアリーナ編を大阪城ホールにてスタートさせた。14,000枚のチケットは即完売。WANIMAのバンドカラーでもある、赤・黄・緑のラスタカラーに染まった大阪城ホール周辺は開場前から熱気に溢れていた。皆、WANIMAのライブを楽しみにしているのはもちろん、今回のライブは大阪城ホール初となるセンターステージでのアリーナスタンディング形式。誰も味わったことのない体験への期待で、多くのファンが心を踊らせていたはずだ。

場内の扉をくぐると、アリーナエリアの中心に配置された正方形のステージに対してあちこちから驚きの声が上がり“え!? これ、ヤバくない?”と小走りで自分のエリアへと急ぐファンが続出。開演までは80年代〜00年代初期のヒット曲、CM曲、珍曲などが流れライブ中の諸注意が記されたプラカードを持ったカッパの着ぐるみが客席を練り歩く。観客をとことん楽しませようとするWANIMAらしい姿勢がうれしい。定刻17時を少し越え、BGMに合わせて大きな拍手が鳴り響くなか客電が落ち、最新作『Everybody!!』にも収録されているオープニングSE「JUICE UP!のテーマ」が鳴り響く。メンバーがステージに姿を現すと、ホールの中心へ向けて14,000人の大歓声が放たれた。

皆の笑顔と歓声を体中で受け止めながら3人が奏でたのは、最新作から「OLE!!」。オープニングから満面の笑みで一気に曲を畳み掛け、14,000人は拳を突き上げ、歓喜の踊りでそれに応える。3人の演奏には重量感があり、それでいてライブバンドらしいグルーヴ感で全身が揺らされる。冒頭の数曲だけでもバンドの好調な様子が伝わってくる。“WANIMAと皆さんのとんでもない一夜がやってきました!”という挨拶から始まったKENTA(Vo&Ba)のMCは異常なほどハイテンション。それは“MCで声が枯れそうや”とKENTA自身が苦笑いするほど。それでも彼はステージ上を駆け回り、14,000人の顔を全て見んばかりの勢いでホール中を見渡す。

KO-SHIN(Gu&Cho)の開催宣言から始まった中盤戦は、底抜けの明るさで押しまくった序盤からは雰囲気を変えて「CHEEKY」からスタート。タイトな演奏はキープしながらも、観客をあの手この手で盛り上げることにも余念がない。しかし、WANIMAのライブは“楽しい”のひと言で済ませられるようなものではない。「THANX」では3人とも引き締まった表情でメッセージを届け、KENTAはステージに何度も拳を打ち付けた。爆音かつ、高速で演奏が鳴り響くなかでも、3人の一挙一動にグッとくる。

ライブのちょうど中盤では“もう手を挙げるのとかキツイかなと思ってこんな時間を用意しました”とアコースティックタイムへ突入。KO-SHINはアコギ、FUJI(Dr&Cho)はパーカッション、そしてKENTAはハンドマイクで数々の人気曲をいつもと違うアレンジで聴かせる。ここで改めて気付かされるのはWANIMAの曲のよさ。どんなアレンジだろうが、メロディの瑞々しさが際立っている。この日は3人の演奏だけでなく、演出も群を抜いていた。楽曲の展開に合わせて緻密な動きを見せる照明、予想外の展開で楽しませる特効、そのまま商品化できそうなぐらい見応えのあるスクリーン映像、最前列でもスタンドの最後方でも楽しめるような工夫が随所に凝らされていた。しかし、決して演出過多には陥らない。あくまでも主役はステージ上の3人なのである。

後半戦は“東北も、熊本も、みんな、ともに生きるよ!”というKENTAの叫びとともにかき鳴らされた名曲「ともに」からスタート。WANIMA初のバラード「SNOW」では、客席のあちこちで自然発生的にスマホのライトが掲げられ、感動的な場面となった。「オドルヨル」ではタイトル通りのダンスタイムに突入し、14,000人が本能の赴くままに踊り狂った。他にも趣向を凝らした演出と抜群の構成でこちらの集中力を一切途切れさせない。どこで切ってもエンディングになり得ると言っても過言ではない内容だ。しかし、今やこれだけの大会場を熱狂させるまでになったWANIMAも、そのスタートは小さなライブハウス。大阪での初ライブは100人も入れば満員になるほど小さな場所に、2,3人の客を集めたところから始まったという。そんなエピソードを披露したあとにKENTAは叫んだ。“WANIMAをここまで連れてきてくれてありがとう! これからもWANIMAの3人をよろしくお願いします! こんな見た目やけど、死ぬまでみんなの味方やけん”と。

“エビバデ!”のコールアンドレスポンスで会場一体となって本編を終えたあとはアンコール。ここでプレイしたのは『Everybody!!』未収録の新曲「りんどう」で、この日が初披露となった。彼らの故郷・熊本では秋になるとりんどうの花が咲く。上京して以降、故郷のことを思うとき、そんなりんどうの姿がKENTAの胸に浮かぶようになったという。これは3人がこれからも歌い続けていきたいと強く願っている曲で、特に3月11日という日に披露したかったとその想いを語った。

《弱いままで強くなれ》《何処にいても枯れないように 願い歌う 祈りの詩》と歌われるこのスローチューンは、郷愁を呼び起こすメロディーとシンプルなアレンジが印象的。この日一番の熱と想いがこもった演奏に、皆はじっと耳を傾けた。新曲の初披露を終えたあとは、アナログながらも前代未聞の手法でアンコール曲を募ったり、最後の、本当の最後まで質の高いライブを繰り広げ、大喝采のなか2時間半に及ぶステージを終えた。文句のつけようのないロックエンターテインメントだった。これが10年代のロックショーなのだ。自らを常に更新し続けながら、WANIMAは新たな価値観をシーンに打ち立てようとしている。近所の兄ちゃんのような親しみやすいルックスとキャラクターだが、類まれなる才能と、想像を絶する努力と、鉄壁のチームワークでシーンを駆け上がってきたWANIMAの冒険はまだまだ続く。

photo by 瀧本 JON... 行秀

■アルバム『Everybody!!』特設サイト
https://wanima.net/everybody/

『Everybody!! TOUR』アリーナ編

3月21日(水・祝)  宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
3月25日(日)  新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
3月30日(金)  北海道 Zepp Sapporo
3月31日(土)  北海道 Zepp Sapporo
4月06日(金)  沖縄 ミュージックタウン音市場
4月07日(土)  沖縄ミュージックタウン音市場
4月14日(土)  広島 広島グリーンアリーナ
4月18日(水)  愛知 日本ガイシホール
4月21日(土)  千葉 幕張メッセ 国際展示場 9-11
4月22日(日)  千葉 幕張メッセ 国際展示場 9-11
5月03日(木)  福岡 マリンメッセ福岡
5月04日(金)  福岡 マリンメッセ福岡
to be continued...
※終了分は割愛



【関連リンク】
WANIMA、全国ツアーのアリーナ編が大阪城ホールよりスタート
WANIMAまとめ
森崎ウィン(PrizmaX)、映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』に出演決定

【関連アーティスト】
WANIMA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, 新曲, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

森崎ウィン(PrizmaX)、映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』に出演決定
Mon, 12 Mar 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

人気ブロガーで漫画家・小説家としても活躍する歌川たいじが自身の母親との関係を描き、多くの感動と反響を呼んだコミックエッセイ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA刊)が映画化されることとなり、主人公のタイジ(太賀)を支える友人のキミツ役としてPrizmaXの森崎 ウィンの出演が決定した。

映画は社会人として働くタイジが、友人との出会いをきっかけに自身の壮絶な過去を振り返りながら、何年ものあいだ関係を断っていた母と向き合い、母への愛を一心に伝え、その愛を取り戻そうとする親子の愛を描いた物語。本作の監督は『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の御法川修が務め、主人公・タイジが辛い過去に向き合いながらも、母との問題に真正面から向き合っていく姿を丁寧に映像化している。

森崎ウィンは中学2年生の時にスカウトされ2008年にドラマ『学校じゃ教えられない!』で俳優デビュー。PrizmaX加入後もドラマ『ごくせん』シリーズや映画『パレード』などに出演し高い評価を得ており、今回もどんな演技がみられるのかに注目が集まる。



【関連リンク】
森崎ウィン(PrizmaX)、映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』に出演決定
PrizmaXまとめ
キリト(Angelo)、2018年二度目のソロ公演を開催

【関連アーティスト】
PrizmaX
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 出演, 映画

キリト(Angelo)、2018年二度目のソロ公演を開催
Mon, 12 Mar 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1月28日にディファ有明にて約10年振りのソロ公演を行なったAngeloのヴォーカリスト・キリト。2月24日にはAngelo恒例となっているキリトのバースデー公演がTOKYO DOME CITY HALLで大盛況のうちに幕を閉じたばかりだが、3月11日に品川インターシティホールにて2018年二度目のソロ公演が開催された。『KIRITO Acoustic live 18\'「MICROTREMOR PULSE」』と冠し、TORUxxx、ギル(Angelo)のギタリスト二人、西脇辰弥(ピアノ、ハーモニカ)、弦楽カルテットという前回と同じ布陣で臨んだステージは、ソロ1stアルバムの表題曲「Hameln」(2005年8月リリース)で幕を開け、キリトが事前に、前回のセットリストには含まれていなかった楽曲も披露することを予告していた通り、本公演の全20曲中6曲が前回とは異なる楽曲となった。

本編後半では“普段はAngeloとして修羅の如く歌っているけど、これはこれで年相応だなと。バンドで世に出た人間なので、バンドで終わると思うけど、歌い続けていきます。どこまでもバンドのヴォーカルであり、どこまでも進化していくということで。Angeloという最高にカッコいいバンドの曲から”と、「Umbilical cord」を披露。また、2011年3月11日にツアー初日の会場へ向かう道中に地震が起きたというキリトは“被害にあった場所にも、俺の音楽を愛してくれた人はいっぱいいたから、その命を失ったことは身を切られる思いでした。ここにいる皆もそうだよ。誰か一人でも悲しいことがあったら辛い。皆の心が弱っている時こそ、絶対に諦めないでいようと決めました。当たり前にあるものが突然なくなっても、絶対に諦めちゃいけないと決めました。だから、7年経った今、この歌を歌いたいと思います”と告げ、PIERROTの楽曲「壊れていくこの世界で」を届けたのだった。

そして“限りない感謝の気持ちと愛をぶつけるので、受け取ってください”というキリトの言葉と共に贈られた「TEAR」をもって、このステージは終幕を迎えた。あの日から7年、2018年3月11日という日はどこまでも温かな優しさに溢れた一日だった。

今後のキリトのソロ公演は現在のところ未定だが、Angeloとしては5月17日マイナビBLITZ赤坂を皮切りに全12公演に渡る全国ツアーを行なうことが決定している。当たり前に過ぎていく日々の中、悔いの残らないように足を運んでいただきたい。

Photo by 金多賀歩美

【セットリスト】
01.Hameln
02.DOOR
03.砂丘
04.毒薬
05.陽炎
06.拍動
07.パウダースノウ
08.Cherry trees
09.誰もいない丘
10.Suicide View
11.深い眠りが覚めたら
12.SEE YOU AGAIN
13.Umbilical cord
14.Voice of the cradle
15.BIRTHDAY
16.EXIT
17.PERIOD
-Encore-
01.壊れていくこの世界で
02.Crave to you
03.TEAR

Angelo Tour 2018『REMISSIONARY』

5月17日(木) 東京・マイナビBLITZ赤坂
5月19日(土) 神奈川・YOKOHAMA Bay Hall
5月23日(水) 東京・新宿BLAZE
5月24日(木) 東京・新宿BLAZE
5月27日(日) 東京・TSUTAYA O-EAST
6月01日(金) 大阪・umeda TRAD
6月03日(日) 愛知・名古屋ボトムライン
6月10日(日) 宮城・仙台 Rensa
6月16日(土) 北海道・札幌 PENNY LANE 24
6月22日(金) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
6月24日(日) 福岡・DRUM LOGOS 
6月28日(木) 東京・EX THEATER ROPPONGI



【関連リンク】
キリト(Angelo)、2018年二度目のソロ公演を開催
キリトまとめ
Angeloまとめ
PIERROTまとめ
新譜でまとめました。2018年春のガルバンまつり

【関連アーティスト】
キリト, Angelo, PIERROT
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブ, ワンマン, セットリスト, ライブレポ, レポート

新譜でまとめました。2018年春のガルバンまつり
Mon, 12 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

やって来ました、春本番! 卒業、入学、進級、就活、出会い、別れ、お花見、確定申告、年度末などなど慌ただしい季節ではありますが、キリッと清々しい気分を胸に日々乗り切っていきたいものですね。そんなわけで、今回は春の装いにプラスするとよさそうな女性ヴォーカルバンドの新譜(2018年リリース)をピックアップ。ガールズロックという枠に収まらないイチオシの5組で、春キュンしてくださいませ〜!

■「ワタシフルデイズ」(\'18) /クアイフ

昨年メジャーデビューを果たしたクアイフのニューシングル「ワタシフルデイズ」は、新生活を前にした今の季節に聴きたい爽快なアップナンバー。もし日々の暮らしの中で自分らしさを見失ってしまったのなら、それを取り戻すきっかけになってくれるかもしれません。インディー時代の「Wonderful Life」を文字っているようだし、実際オマージュ的な鍵盤が出てくるあたりもニヤリ。一人称を“私”で歌う点に強い決意を感じたりもします。

■「庭をでて」(\'18) /The Wisely Brothers

カラフルでポップなナンバーが目立つようになり、いよいよ頭角を現してきた感じのThe Wisely Brothers。「庭をでて」はメジャーデビューを飾る初のフルアルバム『YAK』のリード曲で、Vampire Weekend好きな若者からThe Whoを愛するロックオヤジまでをも一瞬で虜にしてしまいそうなパキッと太い音像、グッドメロディーがたまらない仕上がりです。弾むようなビート、清々しいコーラスが春のウキウキとリンクしませんか?

■「バンド売れたい」(\'18) /密会と耳鳴り

下北沢SHELTERの主宰レーベル、SHELTER UNITEDの再始動第一弾として3月にミニアルバム『NEW』をリリースする“バイオレンスパンク”バンド、密会と耳鳴り。そのリード曲「バンド売れたい」は彼女たちの切実な願いがモロに出ていて、ゴリゴリのメタルモードからいきなり超ハッピーなサビへ切り換わるところを含めてとにかく思い切りがいいので、新しい季節をナニクソ根性で駆け抜けたいときに合うかも。MVも観ての通り、いろいろ凝っています。

■「尼将軍の恋」(\'18)/指先ノハク

指先ノハクも下北沢SHELTERと縁あって、密会と耳鳴りと同タイミングでSHELTER UNITEDからのリリースが決定! そのミニアルバム『TAMAMONO』(プロデューサーは中尾憲太郎!)は“和”がテーマになっているので、北条政子の生き様に想いを馳せた「尼将軍の恋」をはじめ、春の儚いムードに合うナンバーも多いと思います。同作に収録の“花が咲きそうな気配”をヒントにした「HANAMOYOI」なんか、この春に映えること間違いなしですよ。

■「6」(\'18)/FALSETTOS

The BreedersにThe Josephsとカッコ良いフィメールオルタナの新譜が目立つ昨今ですが、中でも2月にセルフタイトルの1stアルバムをリリースしたFALSETTOS(ファルセッツ)は要注目! 歌い回しやギターの歪みなどすべてに無駄がなく、そこかしこから色気が匂い立っている感じで、坂本龍一をはじめとする多くのアーティストが絶賛するのも納得です。ローラースケートを滑るMVがまた、音楽好きのツボを突いてくる素敵さ。もちろん、春にも合いますよ。

TEXT:田山雄士

田山雄士 プロフィール:フリーのライター。元『CDジャーナル』編集部所属。同誌の他、『okmusic UP\'s』『ナタリー』『bounce』など、雑誌/WEBを中心にお仕事をしています。日本のロックバンド以外に、シンガーソングライターとか洋楽とか映画とかも好きです。



【関連リンク】
新譜でまとめました。2018年春のガルバンまつり
クアイフまとめ
The Wisely Brothersまとめ
密会と耳鳴りまとめ
指先ノハクまとめ

【関連アーティスト】
クアイフ, The Wisely Brothers, 密会と耳鳴り, 指先ノハク, FALSETTOS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, ガールズバンド, シングル, アルバム, ミニアルバム

打首獄門同好会、初の武道館ライブが大盛況!
Mon, 12 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

生活密着型ラウドロックバンド・打首獄門同好会が、3月11日(日)に開催した初の日本武道館でのワンマンライブがたくさんの笑顔の中で終了。武道館公演の映像化を目的としたクラウドファンディングプロジェクトの支援金額が歴代音楽部門では国内史上1位を記録した。

会場には盟友のKenKenの他、「水曜どうでしょう」大人気キャラクター“onちゃん”、世界を巻き込み大きな話題となっているMVで共演の“コウペンちゃん”らも応援に駆けつけて公演に華を添えた。また、四季連続リリースのラストを飾るシングル「春盤」は一般のCDショップ等では取り扱われず、日本武道館の会場物販で発売され全貌が明らかとなった。

日本武道館ワンマンライブへ向けての勢力拡大を目的とした「目指せ武道館!!2017-2018戦獄絵巻」と名付けた1年計画も盛大に終了し、また新たなスタートを踏み出した打首獄門同好会のこれからの動向に注目だ。

シングル「春盤」

2018年3月11日発売



<収録曲>
1. はじまりのうた
2. 47
3. Breakfast
4. おわりのうた
5. 失われし平和な春の日よ(LIVE)



【関連リンク】
打首獄門同好会、初の武道館ライブが大盛況!
打首獄門同好会まとめ
THE MODS×THE COLTS、今秋にスプリットツアーを再び!

【関連アーティスト】
打首獄門同好会
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

THE MODS×THE COLTS、今秋にスプリットツアーを再び!
Mon, 12 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『THE MODS TOUR 2018 "EL SKULL ROLL"』を展開中のTHE MODSだが、3月10日のZepp Tokyo公演にて、森山達也(Vo&Gu)の口より盟友のTHE COLTSとのスプリットツアー『THE MODS×THE COLTS TOUR 2018 "GOOD-BYE SCARFACES"』を今秋に開催することが発表された。

昨年、1991年に設立したレーベル名“SCARFACE”を掲げて、そこに在籍していたTHE COLTSとのスプリットツアー『THE MODS×THE COLTS "LITTLE SCAR FACE FESTA 2017"』が、まさに青天の霹靂のごとく行なわれたことは記憶に新しいが、そのリターンマッチが…いや、ファイナルマッチが開催されるということだ。しかも、今回のファイナルは1993年の『SCARFACE NITE』の落とし前をつける、日比谷野外音楽堂! ツアータイトルに“GOOD-BYE SCARFACES”と掲げているだけに、“永遠より刹那を愛したSCARFACESの系譜はここに完結するのか? ヤツらの散り際を見届けろ!”と謳われている同公演は、ファンなら言うまでもなく見逃し厳禁だ。

■『THE MODS×THE COLTS TOUR 2018 "GOOD-BYE SCARFACES"』

9月29日(土) 宮城・仙台darwin
10月05日(金) 大阪・BIG CAT
10月10日(水) 広島・CLUB QUATTRO
10月12日(金) 福岡・DRUM LOGOS
10月14日(日) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
10月20日(土) 東京・日比谷野外音楽堂

<出演>
THE MODS、THE COLTS
<チケット>
ライブハウス公演:スタンディング 前売 6,900円(消費税込・会場によりドリンク代別途・未就学児入場不可)
日比谷野音公演:全席指定 前売 6,900円(消費税込・未就学児入場不可)
プレイガイド発売:7月14日(土)



【関連リンク】
THE MODS×THE COLTS、今秋にスプリットツアーを再び!
THE MODSまとめ
THE COLTSまとめ
Aqua Timez、ニューアルバムのジャケ写公開&「未来少女」先行配信決定

【関連アーティスト】
THE MODS, THE COLTS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー

Aqua Timez、ニューアルバムのジャケ写公開&「未来少女」先行配信決定
Mon, 12 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Aqua Timezが4月25日にリリースするニューアルバム『二重螺旋のまさゆめ』のジャケット写真を公開した。発表となったのは、砂時計の中で二重螺旋がこぼれ落ちる通常盤、カラフルな螺旋が入り混じる、抽象的な初回生産限定盤、そして、ファンタジーの世界が緻密に描きこまれた、teamAQUA盤の三種類。さらに、タイトルが発表となった全収録曲の中から、3月28日には新曲「未来少女」がアルバムから先行配信されることも決定した。

6月14日に発売となるPS4ゲームソフト『グランクレスト戦記』主題歌、「たかが100年の」を担当することも発表されているAqua Timez。続々と発表される新情報にご期待頂きたい。

アルバム『二重螺旋のまさゆめ』

2018年4月25日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-5054〜55/¥3,700(税込)
<収録曲>
■CD
01.たかが100年の
02.over and over
03.えにし feat. GOMESS
04.遊びつかれて
05.未来少女
06.日曜讃歌
07.ミックス茶
08.陽炎 -interlude-
09.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance
■DVD
・「未来少女」Music Video 
・PS4「グランクレスト戦記」オープニング映像



【通常盤】(CD)
ESCL-5056/¥3,200(税込)
<収録曲>
■CD
01.たかが100年の
02.over and over
03.えにし feat. GOMESS
04.遊びつかれて
05.未来少女
06.日曜讃歌
07.ミックス茶
08.陽炎 -interlude-
09.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance



【teamAQUA限定盤】(CD+DVD+スペシャルトールケース仕様) 
ESC8-48〜49/¥4,200(税込)
<収録曲>
■CD
01.たかが100年の
02.over and over
03.えにし feat. GOMESS
04.遊びつかれて
05.未来少女
06.日曜讃歌
07.ミックス茶
08.陽炎 -interlude-
09.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance
■DVD
・The FANtastic Tour 2017 振り返り座談会
・Tasshi Tube 番外編 〜「+1」踊ってみた〜密着ドキュメンタリー



【関連リンク】
Aqua Timez、ニューアルバムのジャケ写公開&「未来少女」先行配信決定
Aqua Timezまとめ

【関連アーティスト】
Aqua Timez
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, 配信, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1