歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
FLOWER FLOWER、ニューアルバムより「産声」のリハ映像を期間限定公開
Fri, 09 Mar 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FLOWER FLOWERが3月14日にリリースする2ndアルバム『スポットライト』から、「産声」のツアーリハーサル映像をGYAO!で期間限定公開された。同曲はその名から想像できるとおり母親になったyui(Vo&Gu)が子を授かり、その思いがつづられた飾らない母親yuiのストレートな歌詞が印象的だ。映像は、ツアーリハーサル時の生演奏収録、そしてワンカット撮影というシンプルな作りであるがゆえに、その緊張感と温度感が伝わってくる。

また、この映像が公開される前にmura☆jun(Pf&Key)によるミニピアノの演奏でyuiが同曲を一節だけ歌う映像も公開され、その部分だけで涙したという視聴者も続出していたので、併せてチェックしてほしい。

FLOWER FLOWERは、アルバムをリリースした後、3月25日(日)から全国ツアーを行なうことも発表されている。なお、公式twitterではさらなるリハーサル映像、ミュージックビデオの存在をにおわせるツイートもみられ、アルバムからツアーまで目が離せない。

■GYAO!「産声」リハーサル・テイク2
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10730/v0993900000000549029/

『FLOWER FLOWER インコのhave a nice dayツアー』

3月25日(日) 大阪・大阪城音楽堂
4月01日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂
4月10日(火) 福岡・DRUM LOGOS
4月16日(月) 東京・Zepp Tokyo
4月19日(木) 愛知・Zepp Nagoya
4月23日(月) 大阪・Zepp Osaka Bayside
4月26日(木) 北海道・Zepp Sapporo
4月30日(月・祝) 宮城・仙台PIT
<チケット>
3月25日大阪・4月1日東京:指定席¥5,400(税込)
上記以外の公演:スタンディング¥4,900(税込)※D代別

アルバム『スポットライト』

2018年3月14日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9685~86/¥3,700(税込)
三方背ケース、デジパック、24Pのスペシャルフォトブックレット
<収録曲>
■CD
01.命
02.パワフル
03.コーヒー
04.あなたと太陽
05.地図
06.塵
07.アイス
08.踊り
09.産声
10.時計
11.小さな窓
12.日常
■DVD
2017年12月25日に渋谷クラブクアトロで行われたライブ映像他



【通常盤】(CD)
SRCL-9687/¥3,240(税込)
<収録曲>
■CD
01.命
02.パワフル
03.コーヒー
04.あなたと太陽
05.地図
06.塵
07.アイス
08.踊り
09.産声
10.時計
11.小さな窓
12.日常



【関連リンク】
FLOWER FLOWER、ニューアルバムより「産声」のリハ映像を期間限定公開
FLOWER FLOWERまとめ
石崎ひゅーい、代々木公園でのフリーライブ決定&過去未公開ライブ映像も公開

【関連アーティスト】
FLOWER FLOWER
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

石崎ひゅーい、代々木公園でのフリーライブ決定&過去未公開ライブ映像も公開
Fri, 09 Mar 2018 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

石崎ひゅーいが3月28日(水)にリリースする初のベストアルバムの発売を記念して、4月12日(木)に渋谷区・代々木公園 野外ステージでフリーライブを開催することを発表した。

また、フリーライブ開催に伴い、未公開のライブ映像も公開に!  2013年1月18日開催の「石崎ひゅーい2013新春!巻き込みライブ@渋谷WWW」より「常識」、2013年7月18日開催のフリーライブ「石崎ひゅーい「独立前夜祭」@六本木ヒルズアリーナ」より「夜間飛行」、2013年9月22日開催の「石崎ひゅーいTOUR2013「独立前夜」@下北沢GARDEN」より「1983バックパッカーズ」、2016年7月28日開催の「石崎ひゅーいTOUR2016「花瓶の花」@東京キネマ倶楽部」より「花瓶の花」の計4本の未公開映像含むライブ映像が公開となった。それぞれの楽曲はベストアルバム『Huwie Best』に収録される。

■『石崎ひゅーい「Huwie Best」 フリーライブ』

4月12日(木) 代々木公園 野外ステージ
18:00開場 / 19:00開演
※開場時間については予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
※入場完全無料
※雨天決行/荒天中止

アルバム『Huwie Best』

2018年3月28日発売



ESCL-5043/¥2,900-(税込)
<収録曲>
1.第三惑星交響曲
2.ファンタジックレディオ
3.夜間飛行
※2013年4月クールテレビ東京系ドラマ24園子温総指揮「みんな!エスパーだよ!」EDテーマ
4.ピノとアメリ
※テレビ東京系アニメーション「NARUTO―ナルト―疾風伝」エンディングテーマ
5.ひまわり畑の夜
6.ガールフレンド
7.ピーナッツバター
※MBS・TBS系ドラマ『新解釈・日本史』主題歌
8.星をつかまえて
※ジャンプスペシャルアニメフェスタ2014上映作品 アニメ「ハイキュー!! リエーフ見参」エンディング・テーマ
9.1983バックパッカーズ
10.おっぱい
11.常識
※新録 (2012年映像商品収録)
12.僕がいるぞ!
※園子温総指揮テレビ東京系ドラマ24「みんな!エスパーだよ!」 スピンオフ特番「みんな!エスパーだよ!番外編〜エスパー、都へ行く〜」EDテーマ
13.僕だけの楽園
14.花瓶の花
※ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016ミュージックビデオ部門優秀賞を受賞
15.ピリオド
※新曲
ーAcoustic Versionー
16.花瓶の花
17.夜間飛行

【イベント・ライブ情報】

『「Huwie Best」発売記念インストアライブツアー』
3月27日(火)19:00〜 北海道:HMV 札幌ステラプレイス
3月29日(木) 愛知県:名古屋某所(*詳細近日発表)
3月30日(金)13:00〜 大阪府:タワーレコード 難波店
4月01日(日)13:00〜 東京都:タワーレコード 渋谷店 4F
4月01日(日)19:30〜 福岡県:タワーレコード アミュプラザ博多店
4月14日(土)18:30〜 兵庫県:阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のステージ

※ミニライブ+ サイン会
※ライブ観覧フリー

『石崎ひゅーい 弾き語りワンマンTOUR 2018「ピリオド」』
詳細:http://www.sonymusic.co.jp/artist/ishizakihuwie/live/43545?_ga=2.149446838.1685195845.1520258835-1657329683.1482825534



【関連リンク】
石崎ひゅーい、代々木公園でのフリーライブ決定&過去未公開ライブ映像も公開
石崎ひゅーいまとめ
WEBER、新曲「僕の記憶が嘘をつく」MV公開

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ライブ, ワンマン

WEBER、新曲「僕の記憶が嘘をつく」MV公開
Fri, 09 Mar 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WEBERが3月21日にリリースする2018年第一弾の新曲「僕の記憶が嘘をつく」のMusic Videoを公開した。

「闇から光へ」をサウンドコンセプトに掲げるWEBERが、「記憶」と「嘘」をテーマに過去、現在、未来と恋に揺れ動く心の葛藤と人間のリアルな心理を紐解いていくWEBER流ラブソングの同曲。冒頭、ストーリー仕立てにメッセージ性溢れる展開で始まる今回のMusc Videoは、サウンドコンセプトを象徴するような強いメロディを歌い上げるヴォーカルと、WEBERらしい力強いダンスパフォーマンスを魅せてくれる。

ダンサーでリーダーのJは、「今回のダンスでは、楽曲テーマである「嘘」を振り付けで表現しました。歌詞をダンスを見ても楽しめるような表現にしました」とコメント。ダンスとヴォーカルが一体となったWEBERの魅力を、今作でも十二分に魅せてくれる内容となっている。

シングル「僕の記憶が嘘をつく」

2018年3月21日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCH-7395/¥1,852(税抜)¥2,000(税込)
【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-7396/¥1,852(税抜)¥2,000(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-5934/¥1,111(税抜)¥1,200(税込)

【リリースイベント情報】


3月10日(土) あべのキューズモール 3Fスカイコート
第1部:13:00スタート (先行入場エリア集合時間 12:30)
第2部:16:00スタート (先行入場エリア集合時間 15:30)
3月11日(日) イオンモール大高 1Fグリーンコート
第1部:13:00スタート (先行入場エリア集合時間 12:30)
第2部:16:00スタート (先行入場エリア集合時間 15:30)
3月16日(金) タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
19:00スタート (集合時間 18:30)
3月17日(土) ららぽーと新三郷 1F スカイガーデン
第1部:12:00スタート (先行入場エリア集合時間 11:30)
第2部:15:00スタート (先行入場エリア集合時間 14:30)
3月18日(日) 小田原ダイナシティ ウェスト 1F キャニオンステージ
第1部:13:00スタート (先行入場エリア集合時間 12:30)
第2部:16:00スタート (先行入場エリア集合時間 15:30)
3月21日(水・祝) ニッケコルトンプラザ タワーコート(センターモール2F)
第1部:13:00スタート (先行入場エリア集合時間 12:30)
第2部:16:00スタート (先行入場エリア集合時間 15:30)

【ライブ情報】

『WEBER presents Masquerade Bitter Night Vol.4』
3月23日(金)  東京キネマ倶楽部
OPEN 18:15 / START 19:00
3月24日(土)  東京キネマ倶楽部
昼公演 OPEN 13:15 / START 14:00
夜公演 OPEN 17:15 / START 18:00
3月25日(日)  東京キネマ倶楽部
昼公演 OPEN 13:15 / START 14:00
夜公演 OPEN 17:15 / START 18:00

『Taka.&little Skeetイベント「恩学」vol.1』
4月30日(月・祝) 六本木morph Tokyo
出演:Taka./ little Skeet from WEBER
昼公演 OPEN13:30 / START14:00
夜公演 OPEN17:30 / START18:00



【関連リンク】
WEBER、新曲「僕の記憶が嘘をつく」MV公開
WEBERまとめ
BULL ZEICHEN 88、メジャーデビューアルバムより「とりあえず生」MV解禁

【関連アーティスト】
WEBER
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, CD, シングル

BULL ZEICHEN 88、メジャーデビューアルバムより「とりあえず生」MV解禁
Fri, 09 Mar 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BULL ZEICHEN 88が3月28日にリリースするメジャーデビューアルバム『アルバム2』からリード曲「とりあえず生」のMUSIC VIDEOを公開!  誰もが認めるテクニカルなプレイと、疲れた社会人へのエールのようなユーモア溢れる歌詞が魅力的なブルハチらしさ全開のキャッチーなラウドロックが炸裂している。

ブルハチメンバーは「メジャーデビューアルバムからのリード曲「とりあえず生」のMVができました!ブルハチらしい勢いのあるものになっています。このMVの見どころは『とりあえず生』です。楽曲としてもハッピーラウドに仕上げてますので、是非チェックしてください!」とコメントしており、是非ともチェックしてほしい。

また、今までリリースした代表曲6曲と新曲4曲をコンパイルした名刺代わりのアルバムを引っ提げての全国ツアーやインストアイベントへも決まっているので是非足を運んでほしい。CDの法人別特典等も発表になったのでオフィシャルHPを要チェック。更に、NACK5の『3月後期 POWER PLAY<期間3月16日(金)〜31日(土)>』にも決定! 各地でブルハチ旋風が巻き起こるのも時間の問題だ。

アルバム『アルバム2』

2018年3月28日発売



TKCA−74688/¥3,240(税込)
<収録曲>
CD
01.とりあえず生
02.Lovely
03.HIMANCHU
04.kowashite
05.WENDY
06.WINK
07.オルターエゴ
08.傘
09.epilogue
10.One Step As You Are

◎法人別特典
・ TOWER RECOREDS全店、タワーレコードオンライン:http://tower.jp/
ブロマイド:A柄
・HMV全店、HMV&BOOKS online:http://www.hmv.co.jp/
ブロマイド:B柄
・インストアイベント会場限定
ブロマイド:C柄
・Amazon
ロゴステッカー(本体:透明、カラー:黒、直径:10cm)
【注意事項】
・購入先着にて法人別特典をお渡し・配達致します。特典は数に限りがございます。
また店舗によって特典の取り扱いのない場合もございます。ご購入/ご予約の際は必ず店舗に特典付与の有無及び残数をご確認頂きますようお願い致します。
・3月28日(水)より開催のインストアイベント開催店舗でのご予約・ご購入も対象となります。

『BULL ZEICHEN 88 インストアイベント』

3月28日(水)19:00〜 タワーレコード渋谷店 4F
3月30日(金)20:30〜 HMV大宮アルシェ店
3月31日(土) 14:00〜 ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 B2F
4月14日(土)15:00〜 タワーレコード新宿店 7F
4月14日(土)19:00〜 タワーレコード横浜ビブレ店
4月15日(日)15:00〜 タワーレコード町田店
4月15日(日)19:00〜 タワーレコード池袋店
4月18日(水)19:00〜 ミュージックショップ音楽処
5月01日(火)18:30〜 ライカエジソン名古屋店
5月03日(木・祝)13:00〜 HMV&BOOKS HAKATA
5月03日(木・祝)18:00〜 新星堂 キャナルシティ博多店
5月09日(水)19:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店

『僕たちがブルゼッケンハチハチですTOUR 2018』

4月05日(木) 高田馬場CLUB PHASE“公開ゲネプロ”
4月17日(火) 仙台MACANA
4月19日(木) 札幌cube garden
4月25日(水) 東京 恵比寿 LIQUIDROOM
4月30日(月・祝) 名古屋ell.FITSALL
5月02日(水) 岡山IMAGE
5月04日(金・祝) 福岡BEAT STATION
5月10日(木) 大阪MUSE
<チケット>
オールスタンディング前売¥4,500(税込)/当日¥5,000(税込)※D代別



【関連リンク】
BULL ZEICHEN 88、メジャーデビューアルバムより「とりあえず生」MV解禁
BULL ZEICHEN 88まとめ
SIAM SHADEまとめ
淳士まとめ
Rayflowerまとめ

【関連アーティスト】
BULL ZEICHEN 88, SIAM SHADE, 淳士, Rayflower, Ikuo
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

NakamuraEmi、最新アルバムからTVアニメ『メガロボクス』EDテーマ「かかってこいよ」MVを公開
Fri, 09 Mar 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NakamuraEmiが3月21日(水・祝)に発売するメジャー3rdアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』のリードトラックであり、誕生より50年を迎える、世界中を熱狂させた名作『あしたのジョー』を原案としたTVアニメ『メガロボクス』のエンディングテーマとして書き下ろした「かかってこいよ」のMVを公開した。

このミュージックビデオでは海外でも活躍するダンサーの柿崎麻莉子をメインとした17人のダンサーが楽曲の歌詞を表現した"逆境から鼓舞していく"ダンスを踊った内容となっている。NakamuraEmiも"あるシーン"で出てくるので、合わせてチェックしてほしい。

また、全国7都市で開催されるアルバムの発売記念イベントや、全国22カ所をまわる『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5 Release Tour 2018』の開催が決定しているので詳しくは日本コロムビアのHPを参照して欲しい。

■日本コロムビア特設HP
http://columbia.jp/nakamuraemi/

アルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』

2018年3月21日発売



【初回限定生産盤(豪華紙ジャケ特別仕様)】
COCP-40289/¥2,700+税
<収録曲>
1. Don\'t(Album mix) (TVアニメ「笑ゥせぇるすまん NEW 」オープニングテーマ)
2. N
3. かかってこいよ (TVアニメ「メガロボクス 」エンディングテーマ)
4. 新聞(朝日新聞社 企業ラジオCM) 
5. 波を待つのさ
6. 星なんて言わず 
7. 教室 
8. モチベーション



【通常盤(Pケース仕様)】
COCP-40297/¥2,700+税



【LP】
COJA-9330/¥4,000+税  
※本人直筆シリアルナンバー入り
※数量限定生産

【ライブ・イベント情報】


■イベント
『NOU5』発売記念インストアイベント
3月21日(水・祝)19:00〜 タワーレコード渋谷B1CUTUPSTUDIO 
※3月21日イベント内容:ライブ&特典「直筆サイン入りポスター」お渡し会
3月24日(土)15:00〜 タワーレコード新宿店
4月05日(木)20:00〜 タワーレコード福岡パルコ店
4月07日(土)14:00〜 タワーレコード広島店
4月14日(土)14:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店
4月15日(日)14:00〜 タワーレコード名古屋パルコ西館イベントスペース
4月19日(木)19:00〜 タワーレコード仙台パルコ店
4月21日(土)14:00〜 タワーレコード札幌ピヴォ店
※3月24日〜4月21日イベント内容:アコースティックライブ&サイン会
参加方法などの詳細はこちら
http://columbia.jp/nakamuraemi/live.html#instore

■ライブ
『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5 〜Release Tour 2018〜』
〜2人編成〜
5月02日(水) 群馬 高崎club FLEEZ
5月03日(木・祝) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮
5月09日(水) 石川 金沢21世紀美術館・シアター21
5月10日(木) 新潟 新潟ジョイア・ミーア
5月13日(日) 高知 高知X-pt.
5月15日(火) 京都 京都 磔磔
5月16日(水) 兵庫 神戸チキンジョージ
5月18日(金) 熊本 熊本B.9 V2
5月19日(土) 長崎 長崎DRUM Be-7
5月22日(火) 岐阜 岐阜club-G
5月23日(水) 三重 松阪M\'AXA
5月26日(土) 広島 広島Live Juke
5月27日(日) 岡山 岡山Desperado
5月30日(水) 福島 郡山CLUB #9
5月31日(木) 宮城 仙台MACANA
6月02日(土) 北海道 函館あうん堂ホール
6月03日(日) 北海道 札幌cube garden
〜バンド編成〜
6月22日(金) 福岡 福岡DRUM Be-1
6月23日(土) 香川 高松DIME
6月27日(水) 東京 EX THEATER
6月30日(土) 大阪 大阪BIG CAT
7月01日(日) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
<2人編成>
Vo,NakamuraEmi / Gt,カワムラヒロシ
<バンド編成>
※福岡・香川・東京
Vo,NakamuraEmi / Gt,カワムラヒロシ / Ba,鹿島達也 / Dr,TOMO KANNO / Per,大塚雄士
※大阪・愛知
Vo,NakamuraEmi / Gt,カワムラヒロシ / Ba,鹿島達也 / Dr,河村“カースケ"智康 / Per,大塚雄士
<チケット>
5月02日(水)〜6月03日(日)公演:全自由¥4,000(税込+1Drink)※石川公演のみドリンクなし
6月22日(金)〜7月01日(日)公演:全自由¥4,500(税込+1Drink)
席種:全自由 (東京公演1F全自由)
※未就学児童可
※小学生以上の方はチケットが必要となります。
・HP先行
1月20日(土)20:30〜2月04日(日)23:59
http://eplus.jp/nakamuraemi2018/



【関連リンク】
NakamuraEmi、最新アルバムからTVアニメ『メガロボクス』EDテーマ「かかってこいよ」MVを公開
NakamuraEmiまとめ
布袋寅泰、親交の深いZuccheroのイタリアツアーにゲスト出演

【関連アーティスト】
NakamuraEmi
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, CD, アルバム

布袋寅泰、親交の深いZuccheroのイタリアツアーにゲスト出演
Fri, 09 Mar 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰が、イタリアで絶大な人気を誇るアーティスト・Zuccheroのライブにスペシャルゲストとして出演した。布袋が出演したのはZuccheroが現在行なっている『WANTED Italian Tour 2018』の2月28日トリノと3月2日ミラノで行なわれたライブの2公演。二人はこれまでも、2016年5月に六本木ヒルズアリーナで行われた日伊国交150周年記念イベント『Italia, amore mio!』、2016年9月にイタリア・ヴェローナと10月のイギリス・ロイヤル・アルバート・ホールで行われたZuccheroの単独公演での共演や、布袋の日本ツアーにZuccheroがゲスト出演、2017年はイタリアの国民的テレビ番組である『サンレモ音楽祭』でも共演するなど、親交を深めている。

アリーナ公演がスタートし、3曲目「Ti voglio sposare」のイントロで「from Tokyo, Hotei!」とZuccheroから呼び込まれる形で布袋がステージに登場。Zuccheroとの共演を通じ、イタリアでの布袋のギタリストとしての知名度は高く、登場した際の歓声は期待感にあふれていた。「Ti voglio sposare」は2016年にリリースされたZuccheroのアルバム『Black Cat』からの楽曲で、レコーディングやMVにも布袋自身が参加している。

2度目の登場は、コンサート中盤「Iruben me」「Il mare」の2曲。バラード「Iruben me」の壮大で情熱的なギターソロを布袋が弾き終わった瞬間、15,000人のオーディエンスは総立ちとなり大歓声が沸き起こった。さらに熱狂的なアンコールで再登場! 「Libidine」のうねるようなギターリフでズッケロとオーディエンスを踊らせた。布袋はトリノ、ミラノ公演ともに4曲でゲスト出演。渾身のギターパフォーマンスでイタリアのオーディエンスに“ギタリスト HOTEI”として強烈なインパクトを残した。

そして、10月20日にはロンドンのシェファーズ・ブッシュ・エンパイアでの単独公演を控えているが、10月11日の初のミラノでヘッドラインショーを行なうことが発表された。渡英6年目の布袋が確かな一歩を踏み出したことを証明したこのライブ。今後の海外でのオーディエンスの反応が楽しみだ。

【セットリスト】
■WANTED CHAPTER 1
01.Partigiano
02.13 buone ragioni
03.Ti voglio sposare (Hotei)
04.Ci si arrende
05.10 more days
06.Hey Lord
07.L\'anno dell\'amore
08.Fatti di sogni
09.Voci
10.Un\'altra storia
■WANTED CHAPTER 2
11.Vedo nero
12.Baila
13.Never is a moment
14.Il volo
15.Iruben me (Hotei)
16.Il mare (Hotei)
17.Ridammi il sole
18.Allora canto
19.Un soffio caldo
20.Un piccolo aiuto
- Hey man
- I tempi cambieranno
- Occhi
- It\'s all right
- Alla fine
- Blue
21.Miserere
22.Freedom Jazz dance (Brian)
23.Wake me up
■WANTED CHAPTER 3
24.Solo una sana e consapevole libidine salva il giovane dallo stress e dall\'azione cattolica
(Hotei)
25.Puro amore
26.Diamante
27.Per colpa di chi
28.Diavolo in me
<Encores>
29.Dune mosse
30.Hi dee oh
31.Hai scelto me



【関連リンク】
布袋寅泰、親交の深いZuccheroのイタリアツアーにゲスト出演
布袋寅泰まとめ
Zuccheroまとめ
BATTLE BOYS、シングル「ebidence」ジャケ写&リリースイベント開催発表

【関連アーティスト】
布袋寅泰, Zucchero
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, セットリスト, ライブレポ

BATTLE BOYS、シングル「ebidence」ジャケ写&リリースイベント開催発表
Fri, 09 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

数々のボーイズグループを輩出してきたスターダストプロモーションが2017年10月よりスタートさせたEBiDAN研究生の新プロジェクト“BATTLE BOYS”。そのBATTLE BOYSの新たな幕開けとなるライブ『BATTLE BOYS STARTING LIVE 2018〜one chance〜』が3月26日に恵比寿LIQUDROOMで開催される。このライブでは先日発表となった全国選抜メンバーによる新曲パフォーマンスの他、各地選抜メンバーによる新曲も披露。また、同日会場ではBATTLE BOYS全国選抜・各地選抜チームによる、この日初披露となる新曲を収録したCD発売が決定している。

そして、そのCD発売を記念してリリースイベントの開催も決定! リリースイベント最終日となる6月24日の恵比寿ガーデンルーム公演では、全国選抜・各地選抜メンバーが大集結するとのこと。『BATTLE BOYS STARTING LIVE 2018〜one chance〜』のチケットは既に完売しているが、ライブを見逃した方はぜひこのリリースイベントへ足を運んでみてはいかがだろうか。なお、リリースイベントの参加方法等詳細は後日発表される。

シングル「ebidence」

2018年3月26日発売



【SENDAI ver.】
ZXRC-1148/¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.ebidence BATTLE BOYS 全国選抜
2.Go on  BATTLE BOYS SENDAI




【TOKYO ver.】
ZXRC-1149/¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.ebidence BATTLE BOYS 全国選抜
2.キミノトリコ BATTLE BOYS TOKYO




【NAGOYA ver.】
ZXRC-1150/¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.ebidence BATTLE BOYS 全国選抜
2.Don\'t let me down 〜君が大好きだから〜 BATTLE BOYS NAGOYA




【OSAKA ver. 】
ZXRC-1151/¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.ebidence BATTLE BOYS 全国選抜
2.Are you? BATTLE BOYS OSAKA


【ライブ・イベント情報】

■『BATTLE BOYS STARTING LIVE 2018 〜one chance〜』
3月26日(月) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM ※SOLD OUT!

■シングル「ebidence」リリースイベント
3月30日(金) 大阪・もりのみやキューズモール BASE 1F BASEパーク【全国選抜メンバー、大阪選抜メンバー】
3月31日(土) 愛知・イオンモール大高店 1F グリーンコート【全国選抜メンバー、名古屋選抜メンバー】
4月01日(日) 宮城・仙台駅前E BeanS 4F 杜のガーデンテラス【全国選抜メンバー、仙台選抜メンバー】
4月03日(火) 東京・HMV&BOOKS SHIBUYA【全国選抜メンバー、東京選抜メンバー】
4月08日(日) 宮城・仙台駅前E BeanS 4F 杜のガーデンテラス【仙台選抜メンバー】
4月15日(日) 大阪・もりのみやキューズモール BASE 1F BASEパーク【大阪選抜メンバー】
4月28日(土) 宮城・仙台駅前E BeanS 4F 杜のガーデンテラス【仙台選抜メンバー】
4月29日(日) 東京・HMV&BOOKS SHIBUYA【東京選抜メンバー】
4月30日(月・祝) 大阪・HMV&BOOKS SHINSAIBASHI【大阪選抜メンバー】
5月03日(木・祝) 宮城・仙台駅前E BeanS 4F 杜のガーデンテラス【仙台選抜メンバー】
5月06日(日) 東京・HMV&BOOKS SHIBUYA【東京選抜メンバー】
5月13日(日) 大阪・もりのみやキューズモール BASE 1F BASEパーク【大阪選抜メンバー】
5月20日(日) 東京・HMV&BOOKS SHIBUYA【東京選抜メンバー】
6月02日(土) 宮城・仙台泉中央駅前広場おへそひろば【仙台選抜メンバー】
6月03日(日) 愛知・イオンモール大高店 1F グリーンコート【名古屋選抜メンバー】
6月10日(日) 東京・タワーレコード新宿店7F【東京選抜メンバー】
6月16日(土) 大阪・もりのみやキューズモール BASE 1F BASEパーク【大阪選抜メンバー】
6月24日(日) 東京・恵比寿ガーデンルーム【全国選抜メンバー、各地選抜メンバー】
※まだまだ追加予定あり。
※開催時間等、詳細は後日発表予定。

<選抜メンバー>
■BATTLE BOYS 全国選抜
山中柔太朗、武藤潤、長野凌大、琉弥、小泉光咲、曽野舜太、弓木大和
■BATTLE BOYS SENDAI
小泉光咲、琉弥、菅野那雅、笹原遼雅、芳賀柊斗、相原一心、千田波空人
■BATTLE BOYS TOKYO
山中柔太朗、武藤潤、長野凌大、石田亮太、吉澤要人、宮本龍之介、綾太
■BATTLE BOYS NAGOYA
曽野舜太、嵐樹、中村旺太郎、桐山吏翔、日向、久昌歩夢、中村諒
■BATTLE BOYS OSAKA
小原滉平、弓木大和、徳井太一、紀田直哉、西村零、遥聖、一颯



【関連リンク】
BATTLE BOYS、シングル「ebidence」ジャケ写&リリースイベント開催発表
BATTLE BOYSまとめ
中村一義、トーク&アコースティックライブ『どうでい !?』開催決定

【関連アーティスト】
BATTLE BOYS
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, シングル, リリース, 発売

中村一義、トーク&アコースティックライブ『どうでい !?』開催決定
Fri, 09 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年4月30日(月・祝)に、中村一義のトーク&アコースティックライブ『どうでい !?』が浅草・東洋館にて開催されることが決定した。“フランス座”という名前でも知られる東洋館は、若き日の萩本欽一やビートたけしらも舞台に立ったという、歴史ある演芸場だ。また浅草は、下町出身の中村にとって幼い頃から生活の場となっている縁の深い土地だという。

デビュー20周年イベントを大団円にて締め括った中村が新たに立ち上げるイベント『どうでい !?』。すべての道は音楽、しいては文化につながる、という中村やゲストを通じた個々の視点を東京下町の芸能の原点から赤裸々に発信していく。初開催となる今回、ゲストとして登場するのは岡本洋平(Hermann H.&The Pacemakers)。音楽家として20年の活動を経た2人が、享受してきた文化や個々の人生の転機など通じてどのように音楽に還元されているのか。由緒ある演芸場で繰り広げられる、二人によるトークやアコースティックセッションを楽しみにしたい。チケット予約受付は、3月10日(土)12:00よりオフィシャルサイト先行受付ならびにファンクラブでスタートする。

今後、不定期に開催する予定の本イベント『どうでい !?』の詳細、中村一義の最新情報はコンセプトサイト“KIKA:GAKU”でチェック!

■コンセプトサイト『KIKA:GAKU』
http://www.kikagaku.com

■『中村一義トーク&アコースティック ライブ「どうでい !?」』

4月30日(月・祝) 東京・浅草東洋館
<出演>
中村一義/ゲスト:岡本洋平(Hermann H.&The Pacemakers)

<チケット>
全席指定¥4,000(税込)
・オフィシャルサイト先行予約
3月10日(土)12:00〜3月19日(月)23:00
■詳細はこちら:http://www.kikagaku.com/live20180430



【関連リンク】
中村一義、トーク&アコースティックライブ『どうでい !?』開催決定
中村一義まとめ
Gacharic Spin、アルバム『G-litter』の全貌解禁&リード曲「Redline」MV公開

【関連アーティスト】
中村一義
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

Gacharic Spin、アルバム『G-litter』の全貌解禁&リード曲「Redline」MV公開
Fri, 09 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Gacharic Spinが、4月11日(水)にリリースするニューアルバム『G-litter』のアルバム1曲目に収録されるリードトラック「Redline」のMV(Short Ver)を公開! さらに、アルバム『G-litter』の全貌も明らかになった。「Redline」のMVは、バンドの代表曲「赤裸ライアー」や「Don\'t Let Me Down」を手掛けた井上強を監督に迎え、それぞれのキャラクターを反映させた、ユニークかつ個性的な衣装に身を包んだメンバー5人が廃墟の中で激しくパフォーマンスする、疾走感溢れる作品に仕上がっている。

アルバム『G-litter』は「Redline」に始まり、「Peacefully」「ドレミファンタジック」、2017年にリリースされたシングル「ジェネレーションギャップ」、既に現在展開中の全国ツアーでもパフォーマンスされている「愛Scream」と続き、そして「幸せのサイン」「your place」「年齢不詳の魔女になりたい」「アメフラレ」「ズバリ発情期!」の全10曲が収録される。ボーナストラックには、お笑い芸人で人気DJでもある、エレキコミックのやついいちろう作詞でアニマックス“うたのじかん”でオンエア中の「うんうんうんちくん」を収録。メンバー自身、“メッセージ性の強い曲、激しい曲、おバカな曲、今のガチャピンのいろんなタイプや表情を見せれた楽曲を詰め込んだ渾身の1枚が出来上がりました”と語っている通り、楽曲のタイトルを見ただけでその内容が期待されるラインナップとなっている。

初回限定盤の特典ディスクの内容も豪華だ。初回限定盤Type-AのDVDには、2017年6月に日比谷野外大音楽堂で行われたライブを収めた『“ライバー大宴祭” The Movie (Short Version)』として、「ゴー!ライバー」「胸を張ってもいいんだよ」「今を生きてる 〜2017 梅雨〜」「パラリヤハッピー」「週末ファンタジー」「Ben-Jan-Dan」「シャキシャキして!!」「Lock On!!」の8曲と、12月にumeda TRADで行なわれた『“ライバー大宴祭”大阪編』より、メンバー5人を個別ショットで撮影した「More Power」「常識デストロイヤー」計2曲のライブ映像、さらに「ジェネレーションギャップ」と「Redline」のMVがフルサイズで収録される。初回限定盤Type-Bの特典CDには、1st LIVE DVDのみに収録されファンからの人気の高い「向かい風」をスタジオレコーディングで初CD化、さらに『“ライバー大宴祭”大阪編』より「ゴー!ライバー」「Never say never」「Stay gold...」「Identity」「夢喰いザメ」「シャキシャキして!!」「ダンガンビート」「BROKEN LOVER」計8曲のライブ音源が収録される。結成以来ファンと共に歩み、常にファンのことを一番に考えてきたGacharic Spinの感謝の気持ちと歴史が詰め込まれた、まさに特典の域を超えた、ファンならずとも必須のアイテムとなることは間違いない。

また同時に公開された、通常盤を含む全3種類のジャケット写真も個性的だ。それぞれに施された背景のデザインにより、あたかもメンバー5人が飛び出てくるような錯覚を覚えるアートワークは、視覚的にもインパクトが大きいので注目してほしい。

Gacharic Spinは現在22都市23公演に及ぶ大規模な全国ツアーを展開中! この中でアルバム『G-litter』に収録される楽曲が随時パフォーマンスされていく予定とのこと。そして4月11日(水)のアルバムリリース直後の4月15日(日)には、TOKYO DOME CITY HALLにてファイナルとなる『止まらない2018〜良い子(415)はマネしないでネ〜』を行なう。

■【Gacharic Spinメンバー コメント】

「約1年半ぶりの私達の最新アルバム!メッセージ性の強い曲、激しい曲、おバカな曲、今のガチャピンのいろんなタイプや表情を見せれた楽曲を詰め込んだ渾身の1枚が出来上がりました。バンドや音楽に興味がない人にでも楽しんでもらえるように、エンターテイメントを追求して作品もライブも作っています!なので、私達にいろんなギャップがありますが(笑) 食わず嫌いしないで、聴いてくださーい!」

アルバム『G-litter』

2018年4月11日発売



【初回限定盤Type-A】(CD+DVD)
VIZL-1361/¥4,630+税
<収録曲>
■CD
01.Redline
02.Peacefully
03.ドレミファンタジック
04.ジェネレーションギャップ
05.愛Scream
06.幸せのサイン
07.your place
08.年齢不詳の魔女になりたい
09.アメフラレ
10.ズバリ発情期!
Bonus Track.うんうんうんちくん
■DVD
(1)“ライバー大宴祭”The Movie Short Version 2017.6.24日比谷野外大音楽堂ライブ映像
「Opening」「ゴー!ライバー」「胸を張ってもいいんだよ」「今を生きてる 〜2017 梅雨〜」
「パラリヤハッピー」「週末ファンタジー」「Ben-Jan-Dan」「シャキシャキして!!」「Lock On!!」
(2)“ライバー大宴祭”大阪編 2017.12.30大阪・umeda TRADライブメンバー5人個別ショット
「More Power」 F チョッパー KOGA、はな、TOMO-ZO、オレオレオナ、まい
「常識デストロイヤー」 F チョッパー KOGA、はな、TOMO-ZO、オレオレオナ、まい
(3)Music Video「ジェネレーションギャップ」「Redline」



【初回限定盤Type-B】(2CD)
VIZL-1362/¥4,167+税
<収録曲>
■CD
01.Redline
02.Peacefully
03.ドレミファンタジック
04.ジェネレーションギャップ
05.愛Scream
06.幸せのサイン
07.your place
08.年齢不詳の魔女になりたい
09.アメフラレ
10.ズバリ発情期!
Bonus Track.うんうんうんちくん
■特典CD
(1)「向かい風」スタジオレコーディング音源
(2)“ライバー大宴祭”大阪編 2017.12.30大阪umeda TRADライブ音源
「ゴー!ライバー」「Never say never」「Stay gold...」「Identity」「夢喰いザメ」「シャキシャキして!!」
「ダンガンビート」「BROKEN LOVER」



【通常盤】(CD)
VICL-64918/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
01.Redline
02.Peacefully
03.ドレミファンタジック
04.ジェネレーションギャップ
05.愛Scream
06.幸せのサイン
07.your place
08.年齢不詳の魔女になりたい
09.アメフラレ
10.ズバリ発情期!
Bonus Track.うんうんうんちくん

『Gacharic Spin TOUR 止まらない2018』ツアー会場限定
アルバム『G-litter』予約キャンペーン

『Gacharic Spin TOUR 止まらない2018』の各公演即売会場にて、4月11日(水)発売のアルバム『G-litter』をご予約のお客様にスペシャルな特典があたる、ツアー会場限定予約キャンペーンを開催!全23公演のうち、ワンマンライブ、対バンライブそれぞれの会場で異なった予約特典をお付け致します。

■ワンマンライブの会場
対象商品をご予約頂いたお客様は、ライブ終演後に『お好きなメンバーとの2ショット撮影会』にご参加頂けます。
※お客様のスマートフォン(携帯電話)及びカメラでの撮影になります
※1枚のご予約につき、撮影会参加券を1枚お渡しいたします
※複数枚ご予約頂いた方は、その枚数と同じ回数、撮影会にご参加いただけます
<今後の対象ライブ会場>
3月10日(土) 金沢 AZ
3月11日(日) 新潟 NEXS
3月17日(土) 長野 松本Sound Hall a.C
3月21日(水・祝) 青森 Quarter
3月25日(日) 札幌 PENNY LANE24
4月01日(日) 愛知 名古屋Electric Lady Land
4月08日(日) 大阪 BIGCAT
4月22日(日) 沖縄 桜坂セントラル[購入者対象]

■対バンライブの会場
対象商品をご予約頂いたお客様には、「メンバーワンショットサイン入りチェキ」をランダムでプレゼントいたします。
※チェキの入った封筒をランダムでお渡しします
※受け取られた封筒入りチェキの交換は出来ませんのでご了承ください
※複数枚ご予約いただいた方は、その枚数と同じ枚数の封筒入りチェキをお渡しします
<今後の対象ライブ会場>
3月18日(日) 仙台 darwin
3月24日(土) 旭川 CASINO DRIVE
3月31日(土) 愛知 名古屋Electric Lady Land
4月07日(土) 高松 DIME
※ツアーファイナル公演:4月15日(日)TOKYO DOME CITY HALLは、上記とは異なった内容の購入者プレゼント施策を行う予定です。詳細は追って発表させて頂きます。

『Gacharic Spin TOUR 止まらない2018』

2月10日(土) 千葉・柏PALOOZA(c/w Fuki Commune)
2月11日(日) 神奈川・Thunder Snake ATSUGI
2月12日(月・祝) 山梨・甲府CONVICTION(c/w 打首獄門同好会)
2月14日(水) 埼玉・西川口Hearts
2月17日(土) 滋賀・U☆STONE
2月18日(日) 岐阜・CLUB ROOTS(c/wバックドロップシンデレラ)
2月24日(土) 小倉・LIVE SPOT WOW!
2月25日(日) 福岡・DRUM Be-1(c/w DOLL$BOXX)
3月03日(土) 広島・SECOND CRUTCH(c/w Xmas Eileen)
3月04日(日) 岡山・Livehouse IMAGE
3月10日(土) 金沢・AZ
3月11日(日) 新潟・NEXS
3月17日(土) 長野・松本Sound Hall a.C
3月18日(日) 仙台・darwin(c/w Mary\'s Blood)
3月21日(水・祝) 青森・Quarter
3月24日(土) 旭川・CASINO DRIVE(c/w Drop\'s)
3月25日(日) 札幌・PENNY LANE24
3月31日(土) 愛知・名古屋Electric Lady Land ※『JUICY GIRLS vol.8』
出演:Gacharic Spin、H?LDERLINS、まなみのりさ、yucat/Special Guest : 寺田恵子(SHOW-YA)
4月01日(日) 愛知・名古屋Electric Lady Land
4月07日(土) 高松・DIME(c/w トライシグナル)
4月08日(日) 大阪・BIGCAT
4月22日(日) 沖縄・桜坂セントラル

■『FINAL 止まらない2018〜良い子(415)はマネしないでネ〜』
4月15日(日) 東京・TOKYO DOME CITY HALL



【関連リンク】
Gacharic Spin、アルバム『G-litter』の全貌解禁&リード曲「Redline」MV公開
Gacharic Spinまとめ
大原櫻子、全国ツアーの日程発表&新作に先行予約シリアルコード封入

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表

大原櫻子、全国ツアーの日程発表&新作に先行予約シリアルコード封入
Fri, 09 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年12月14日のデビュー満5周年に向けて様々な活動を発表している大原櫻子が、全国ツアー『大原櫻子 5th TOUR 2018』の日程と、ツアーの優先先行予約シリアルコードを4月25日発売のニューシングルへ特典封入することを発表した。全国ツアーは、6月28日からスタートし、全国9箇所での開催となる。大原は、ツアー毎に“新しい挑戦”を自身に課してライブに挑んでおり、2017年の4thツアーでは初の試みとしてカバーリクエスト企画、アコースティックメドレーを行なった。今回はどんな新しい挑戦があるのか期待が高まる。ぜひシングル封入の優先先行予約特典を活用して、ツアーへの参加権をゲットしてほしい。

今後もツアーやシングルに関しての発表が控えているとのことなので、まだまだ続きそうな5周年のトピックス発表とともに注目だ。

■大原櫻子 5周年特設サイト
http://sakurako-web.com/5th_anniversary/

■『大原櫻子 5th TOUR 2018』

6月28日(木) 千葉・市原市市民会館 大ホール
7月03日(火) 岡山・岡山市民会館 大ホール
7月04日(水) 広島・上野学園ホール
7月06日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
7月11日(水) 東京・NHKホール
7月12日(木) 宮城・仙台サンプラザホール
7月16日(月・祝) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
7月18日(水) 福岡・福岡サンパレス
7月20日(金) 大阪・グランキューブ大阪 メインホール

<チケット>
全席指定¥5,800(税込)
※発売日程は後日発表。
※4月25日発売のニューシングルへツアー優先先行予約シリアルコードを特典封入

シングル「タイトル未定」

2018年4月25日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1381/¥1,500+税
【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1382/¥1,500+税
【通常盤】(CD)
VICL-37391/¥1,200+税

※3形態、各種ジャケット違い、CD3曲入り(各インストゥルメンタル有り)
※DVD収録内容未定(AとBの内容は変わります)
◎封入特典:ツアー優先先行予約シリアルコード



【関連リンク】
大原櫻子、全国ツアーの日程発表&新作に先行予約シリアルコード封入
大原櫻子まとめ
SKY-HI、全国ホールツアー初日公演で“命尽きるまでお前のために音楽を届ける”と宣言

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, リリース, 発売, 特典, ツアー

SKY-HI、全国ホールツアー初日公演で“命尽きるまでお前のために音楽を届ける”と宣言
Fri, 09 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

昨年の秋から冬にかけて初の海外公演(上海、台湾、香港、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ)を含むライヴハウスツアー『SKY-HI Round A Ground 2017』を行ない、各地を熱く盛り上げたSKY-HIが、3月1日にホールツアー『SKY-HI TOUR 2018 -Marble the World-』をスタートさせた。初日の会場・大宮ソニックシティホール 大ホールは、彼のライヴを待ちわびていたFLYERS(SKY-HIのファンの愛称)によって大盛況。客席内に入った人々を出迎えたのは、『Radio Marble』という架空の放送局のラジオ番組だった。ふたりのパーソナリティがウィットに富んだトークを繰り広げつつ、ヒップホップやソウルのナンバーをプレイして、間もなくスタートするライヴに備えて会場の空気を温めていた。

ギター、ベース、ドラム、キーボード、DJ、ホーンセクション、コーラスによるバンド+4人のダンサーによって構成されているお馴染みの頼もしい仲間たち「THE SUPER FLYERS」が登場して、ついに迎えた開演。そして、“始めようか!”という声が響き渡って、ステージに現れたSKY-HI。会場全体から地鳴りのような凄まじい歓声が上がったところで1曲目「BIG PARADE」がスタートした。ホーンセクションとダンサーを率いてステージ上をパレードしながら歌い、華麗に踊るSKY-HIを夢中になって見つめていたFLYERSは、掲げた腕を激しく振って早くも大盛り上がり。いきなりライヴの佳境に到達したかのような感覚にもなる熱気に満ちたオープニングであった。

今回のツアーはオリジナルアルバムを引っ提げてのツアーではないため、さまざまな時期にリリースした作品から選曲したセットリストが用意されていた。お馴染みの曲に関しても、かなり新鮮なものとなっていた点を、まずは指摘しておきたい。絶妙なサウンドアレンジによる楽器演奏、華やかなコーラス、曲の世界を絶妙に浮き彫りにしているダンスパフォーマンスが一体となり、あまりインターバルを挟むことなく次々と曲が披露されていった様は、“まるでミュージカルのようであった”と言っても、決して大袈裟ではないと思う。ラップや歌だけでなく、ダンスも武器にして、SKY-HIならではの独自の表現スタイルを一層洗練させているのを感じた。彼は“ラッパー”だが、最早些末なカテゴライズを余裕の表情で超越している。このようなライヴは、他ではまず味わうことができないだろう。

エネルギッシュなダンスチューン、高速ラップ、胸にグッと迫るバラードなど、多彩なナンバーが次々と披露され、FLYERSは耳を傾けながら様々な感情を噛み締めている様子だった。そして、時折SKY-HIが発したメッセージも、客席にいたひとりひとりにとって忘れられないものになったのではないだろうか。“逃げることだって戦うことの選択肢のひとつだと思う。俺はお前のその選択を心から応援してやる。俺が生きてる証明は、音楽を受け止めてるお前らが作ってくれてる。お前が抱えてるつらさをひっくり返すことが、俺の生きる意味。命尽きるまでお前のために音楽を届ける。改めて言わせてくれ。君の生きる意味も価値も、この音楽で証明しよう!”と宣言してから歌い始めた「フリージア」が、とても感動的だった。

そして、絶妙なポイントで届けられた新曲が、大いに異彩を放っていた点にも触れておきたい。この日配信がスタートした新曲「One Night Boogie」の終盤に差し掛かったところで“寄り道させてもらっていいかな?”と言い、マイケル・ジャクソン、アース・ウインド & ファイアーなどの曲のショートバージョンや、自身の曲を歌った後、保留していた「One Night Boogie」の最後のサビに戻る…というスリリングな展開は、全てのFLYERSにとって予想外のものだったのではないだろうか。また、4月からスタートするテレビアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』のオープニングテーマソングとして書き下ろされた「Diver\'s High」も、会場全体を力強いエネルギーで包んでいた。

今の彼にとってもっともリアルな表現を追求しているのがうかがわれたこのライヴは、“SKY-HI”というアーティストのこれまでの“足跡”、到達している“現在地点”、向かおうとしている“未来”を反映したものだったと言える気がする。そして、このような面を持ちつつも、代表曲の数々をばっちりと網羅していたことにより、初めて彼のライヴを観た人への最高の自己紹介になっていたのも特筆すべき点だ。このツアーは4月28日・京都府・ロームシアター京都メインホールまで続くが、各地に素晴らしい空間を生み出していくことになるだろう。

撮影:ハタサトシ/取材:田中 大

『SKY-HI TOUR 2018-Marble the World-』
3/12(月) 神奈川・カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)ホール
3/15(木) 宮城・東京エレクトロンホール宮城
3/20(火) 新潟・りゅーとぴあ・劇場
3/21(水) 富山・富山県民会館
3/24(土) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
3/25(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
3/29(木) 福岡・福岡サンパレス
3/31(土) 広島・広島上野学園ホール
4/04(水) 大阪・フェスティバルホール
4/05(木) 大阪・フェスティバルホール
4/08(日) 福井・福井フェニックスプラザ
4/13(金) 東京・府中の森 芸術劇場(どりーむホール)
4/14(土) 東京・府中の森 芸術劇場(どりーむホール)
4/21(土) 千葉・幕張メッセ イベントホール
4/22(日) 千葉・幕張メッセ イベントホール
4/27(金) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
4/28(土) 京都・ロームシアター京都メインホール
※終了分は割愛

■SKY-HI オフィシャルサイト http://avex.jp/skyhi/



【関連リンク】
SKY-HI、全国ホールツアー初日公演で“命尽きるまでお前のために音楽を届ける”と宣言
SKY-HIまとめ
GLIM SPANKY、松尾レミが『サッカーワールドグランプリ2018』開幕戦の国家独唱歌手に抜擢

【関連アーティスト】
SKY-HI
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース, ライブレポ

GLIM SPANKY、松尾レミが『サッカーワールドグランプリ2018』開幕戦の国家独唱歌手に抜擢
Fri, 09 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月21日(水)〜25日(日)に品川区天王洲公園で、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)による国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)の公認大会で初開催となる『IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018』。その開幕戦『日本対イングランド』での国歌独唱歌手が、GLIM SPANKYの松尾レミに決定した。松尾レミがブラインドサッカーの大会で国歌を独唱するのは2016年3月の国際親善試合に続く2回目で、国際公認大会では初となる。

GLIM SPANKYは、これまで数多くのブラインドサッカーの観戦および体験を行い、選手もライブ会場へ足を運ぶなど互いの関係を深めてきた。そして、ブラインドサッカー日本代表が世界の強豪と戦う姿と、GLIM SPANKYが日本語の楽曲で世界に挑戦する姿が、互いに共感し高め合える関係性であることから「NEXT ONE」を書き下ろし、2015年10月にブラインドサッカー日本代表公式ソングに決定している。同曲は、リオ・パラリンピック予選となるアジア選手権2015以降、JBFAが主催する大会の選手入場曲として使用されており、ブラインドサッカーファンに親しまれている。本大会の選手入場曲としても使用される。GLIM SPANKYの奏でる王道ロックビートが、熱きロック魂を全開させ、スポーツを大いに盛り上げるに違いない!『IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018』に要注目!

また、5月12日には自身初となる日本武道館でのワンマンライブが決定している。そのライブのチケット一般発売が3月10日(土)10時より開始となる。詳細はオフィシャルHPへ。

【開幕戦『日本対イングランド』大会情報】

3月21日(水・祝) 品川区天王洲公園
開場 11時50分/開会式 12時30分/試合開始 14時
※GLIM SPANKY・松尾レミの国歌独唱は、開会開始直前の13時55分頃を予定

『GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館』

5月12日(土)  日本武道館
<チケット>
全席指定前売¥5,800(税込)
一般発売:3月10日(土)10:00



【関連リンク】
GLIM SPANKY、松尾レミが『サッカーワールドグランプリ2018』開幕戦の国家独唱歌手に抜擢
GLIM SPANKYまとめ
そこに鳴る、ミニアルバム発売&新アー写公開

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

そこに鳴る、ミニアルバム発売&新アー写公開
Fri, 09 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

そこに鳴るがミニアルバム『ゼロ』を2018年5月9日にリリースすることを発表し、最新アーティスト写真を公開した。

2017年2月にリリースされたアルバム『METALIN』ではメタルとの融合という新機軸を打ち出した彼らが、改めて原点に立ち返るというテーマで制作された今作『ゼロ』。結成当初からリスペクトを公言する“凜として時雨”に代表されるテクニカル且つストイックなサウンド像をベースに、音楽に激しい衝動を覚えた14歳の頃の自分に再び衝撃を与えるような自らの初期衝動のみを追求した作品に仕上がっている。

緻密(ちみつ)に構成されたアンサンブル、独特の和製メロディー、重なり合い続ける男女混声ハーモニー…過去3作品を経て、どれを取っても更新され進化し続けてきた“最新の”そこに鳴るサウンドが追求する初期衝動は、更なる孤高の高みを目指す。

そして、3月24日(土)には下北沢ReGにて彼らの自主企画イベント『return to “zero”』の開催が決定している。それまでの間の毎週金曜日に今作『ゼロ』に関する情報を解禁していく予定なので、引き続きチェックしていただきたい。

2ヶ月連続自主企画『return to “zero”』

「return to “zero" with pirolian」
3月24日(土) 東京都 下北沢ReG
w/ゆれる / Plot Scraps / 九十九
演奏曲:1st E.P.『I\'m NOT a pirolian』アルバム全曲+新曲3曲
入場特典:「そこに鳴る軽音部特別編 映像〜そこに鳴る1st demoより「善略」を演奏してみた〜」

「return to “zero" with YAMINABE」
4月19日(木) 大阪府 梅田Zeela
演奏曲:2nd mini album『YAMINABE』アルバム全曲+新曲1曲
w/豚乙女 / Marmalade butcher / ※オープニングアクトあり
入場特典:「そこに鳴る軽音部特別編 映像〜そこに鳴る1st demoより「迷い子」を演奏してみた〜」

アルバム『ゼロ』

2018年5月9日発売



KOCA-96/¥1,700+税
<収録曲>
1.掌で踊る
2.Less Than Zero
3.表裏一体
4.self connection
5.physical destrudo
6.indelible time



【関連リンク】
そこに鳴る、ミニアルバム発売&新アー写公開
そこに鳴るまとめ
aiko、MV映像作品集『ウタウイヌ5』トレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
そこに鳴る
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, 発売, ミニアルバム

aiko、MV映像作品集『ウタウイヌ5』トレーラー映像を公開
Fri, 09 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

aikoが3月14日(水)にリリースする6年ぶりとなるミュージッククリップ集『ウタウイヌ5』のトレーラー映像が、aiko official Youtube channelにて公開された。

今作には2011年5月発売の28thシングル「恋のスーパーボール」から2017年11月にリリースされた37thシングル「予告」までのシングル11作品のMVと、アルバム『時のシルエット』より「くちびる」、アルバム『泡のような愛だった』より「明日の歌」、最新シングル「予告」より「月が溶ける」の全14曲、過去最多のMVが一枚のディスクに収録されている。

今回公開されたトレーラー映像では、収録されているミュージッククリップのランダムなダイジェスト映像の他、メイキングの一部を観ることが出来る。「くちびる」のメイキングでは、雨を降らせ、スーパースローカメラで撮影が行われている様子や、「あたしの向こう」のメイキングでは、実際にaikoが電車に乗車して撮影した舞台裏などを垣間みることができる。本編映像76分のほかメイキングシーンや、テレビCM用に編集されたスポット映像を収めた特典映像が40分を超えて収録されるので是非チェックしよう。

Blu-ray&DVD『ウタウイヌ5』

2018年3月14日発売



【Blu-ray】
PCXP-51505/¥5,200+税
<収録曲>
01.恋のスーパーボール
02.ずっと
03.くちびる
04.4月の雨
05.Loveletter
06.君の隣
07.明日の歌
08.あたしの向こう
09.夢見る隙間
10.プラマイ
11.もっと
12.恋をしたのは
13.予告
14.月が溶ける
■特典映像
・メイキング
・TV−SPOT



【DVD】
PCBP-51505/¥4,500+税



【関連リンク】
aiko、MV映像作品集『ウタウイヌ5』トレーラー映像を公開
aikoまとめ
Rihwaの新曲が『鴨川シーワールド2018年春』CM曲に決定

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, トレーラー, DVD, Blu-ray, リリース, 発売

Rihwaの新曲が『鴨川シーワールド2018年春』CM曲に決定
Fri, 09 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Rihwaの新曲「Swing Swing♪」が『鴨川シーワールド2018年春テーマソング』に決定した。キラキラと輝くようなRihwaの歌声が印象的な「Swing Swing♪」は、先日大好評のうちに終了したデビュー5周年記念ツアーでいち早く披露され、発表が待ち望まれていた楽曲だ。弾むように奏でられるピアノと軽やかなギターリフに心が躍り、待ち遠しい“春”がすぐそこに来ているような高揚感がたっぷり込められている。「Swing Swing♪」が使用された新CMは、3月15日(木)からのオンエアに先駆けて鴨川シーワールドのオフィシャルサイト限定で公開される。

さらに、3月20日(火)放送のRihwaレギュラーラジオFM NORTH WAVE「Hidey-Ho!!」にて「Swing Swing♪」のフル尺音源がオンエア予定なので、ファンはぜひチェックしよう!

■鴨川シーワールド オフィシャルHP
http://www.kamogawa-seaworld.jp



【関連リンク】
Rihwaの新曲が『鴨川シーワールド2018年春』CM曲に決定
Rihwaまとめ
X JAPAN、10年ぶりにライブハウスでプレミアワンマン公演開催決定

【関連アーティスト】
Rihwa
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, CMソング

X JAPAN、10年ぶりにライブハウスでプレミアワンマン公演開催決定
Fri, 09 Mar 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

X JAPANが4月10日(火)・11日(水)の2日間、東京・Zepp DiverCityで『復活10周年記念 X JAPAN LIVE 2018 米国フェス出演直前 PREMIUM GIGS〜YOSHIKI復活の夜〜』を開催することが決定した。8日に放送されたYOSHIKI CHANNELの放送内でYOSHIKI自らの口から緊急発表され、開催発表と同時にチケット先行予約受付が開始された。

X JAPANは、4月13日から米国・カリフォルニア州インディオにて開催される世界屈指の野外音楽フェス『コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival)』に出演することが決定している。期間中60万人以上を集客する世界最大級の野外フェスで、X JAPANは、4月14日(土)と21日(土)に登場する。そのコーチェラフェスの前哨戦として渡米直前に開催される本公演は、術後初のフルステージとなり、ついにドラマー・YOSHIKIが本格的に帰ってくる、つまりX JAPAN が “完全復活”の時を迎える特別なステージとなる。また、2008年の東京ドーム復活公演から10周年の記念ライブとなる今回の日本公演には、スペシャルゲストとして、ガンズ・アンド・ローゼズのリチャード・フォータスと、リンプ・ビズキットのウェス・ボーランドが出演することが決定しており、ちょうど10年前の東京ドームコンサートを思い起こさせるような、彼らとの“再共演”も発表された。

なお、本公演では全国映画館にて生中継のライブビューイングも行われる。X JAPANがライブハウスで単独ライブを行うのは、2008年の大晦日に赤坂BLITZで開催したカウントダウン公演以来、実に10年ぶりとなる。これまで18回に渡って東京ドームを満員にしてきたX JAPANが、いつもの約1/20というキャパシティの会場でライブを行うのは異例中の異例。今後このようなライブハウス公演が実施される可能性は極めて低いことが予想される。今回販売される全てのチケットには、このライブのためだけにデザインされた記念グッズが付いてくるほか、開演前のサウンドチェックパーティや特別仕様グッズの特典が付いたVIPパッケージも用意されている。極限られたプレミアチケットは争奪戦になること必至。

世界屈指のフェスティバルであるコーチェラの出演枠を獲得することは、世界のトップアーティストになる登竜門と言っても過言ではないと言われている。そんな世界の大舞台への挑戦に向けた前哨戦、そして“X JAPANの完全復活”となる貴重なステージは絶対に見逃せない。

『X JAPAN復活10周年記念 X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS〜YOSHIKI復活の夜〜』

4月10日(火) Zepp DiverCity
4月11日(水) Zepp DiverCity
<チケット>
・1階スタンディング¥30,000/2階指定席¥50,000(共に税込)※記念グッズ付
・VIPパッケージ¥30,000 ※サウンドチェックパーティー、VIPグッズ
各メンバーファンクラブ先行予約(抽選制):3月8日(木)19:00〜3月12日(月)23:00
ウドープレミアム会員先行予約(抽選制):3月15日(木)18:00〜3月19日(月)23:00

◎ ライブビューイング生中継
4月11日(水)19:00開始
※詳細はこちら:http://liveviewing.jp/xjapan2018/



【関連リンク】
X JAPAN、10年ぶりにライブハウスでプレミアワンマン公演開催決定
X JAPANまとめ
YOSHIKIまとめ
THE YELLOW MONKEYのベーシスト・廣瀬“HEESEY”洋一が4年振りとなるソロアルバムのリリースを発表

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, チケット

THE YELLOW MONKEYのベーシスト・廣瀬“HEESEY”洋一が4年振りとなるソロアルバムのリリースを発表
Fri, 09 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYのベーシスト・廣瀬“HEESEY”洋一が4年振りとなるソロ名義 “HEESEY”のアルバムを5月16日に発売することを発表した。

さらに、HEESEYの誕生55周年を記念して、誕生日の当日4月19日に東京都内某所にて新作2ndフルアルバムを全世界最速で試聴出来る超プレミアムなイベントの開催も決定!  詳細は近日中に発表されるとのことだ。

アルバム『タイトル未定』

2018年5月16日発売



POCS-1686/¥3,000(税抜)
※収録曲数は10曲を予定

【イベント&ライブ情報】

■イベント
4月19日(木) 東京都内某所
※アルバムを全世界最速で試聴できるプレミアム・イベント
※イベント参加特典付きの商品の詳細を近日発表
4月21日(土) 東京都内某所
※トークイベント開催予定(※近日詳細発表)
5月19日(土) 大阪市内某所
※トークイベント開催予定(※近日詳細発表)

■ライブ
『HEESEY SOLO TOUR 2018〜HEESEY A GO! GO!〜』
5月20日(日) 大阪・アメリカ村DROP
5月26日(土) 広島HIROSHIMA BACK BEAT
5月27日(日) 福岡 DRUM SON
6月02日(土) 東京 UNIT
6月10日(日) 愛知 ell. FITS ALL
<チケット>
ALL STANDING/チケット料金 ¥4,500(TAX in)
チケット一般発売日:2018年3月31日(土)



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEYのベーシスト・廣瀬“HEESEY”洋一が4年振りとなるソロアルバムのリリースを発表
HEESEYまとめ
THE YELLOW MONKEYまとめ
猛烈なシャウトと奇妙なパフォーマンスでジョー・コッカーの名を一気に世界レベルにしたライヴ盤『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』

【関連アーティスト】
HEESEY, THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表

猛烈なシャウトと奇妙なパフォーマンスでジョー・コッカーの名を一気に世界レベルにしたライヴ盤『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』
Fri, 09 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1970年3月27日&28日、フィルモア・イーストでレコーディングされた本作『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』は、ジョー・コッカーの名を世界的に広めたライヴ盤の傑作である。かつてアメリカの人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライヴ』で、怪優ジョン・ベルーシが物真似をして受けまくっていた本家がこれだ。コッカーのパフォーマンスは映像を観なければ分からないが、このライヴツアーはドキュメンタリー映画としても公開され、今ではDVDもリリースされているので、コッカーの不思議な動きを観てベルーシの物真似がいかに上手いかチェックしてみてほしい。

■60s後半から70s前半にかけての スワンプロックの流行

イギリスを代表する名ロックヴォーカリストのひとり、ジョー・コッカーは長い下積みを経て69年にビートルズの「ウイズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」のカバーで全英1位を獲得する。同年、アメリカで行なわれた『ウッドストック・フェス』への参加もあって、世界的な知名度を得るまでになるわけだが、彼の奇妙なパフォーマンスとパワフルなシャウトは、ロックシンガーとして文句なしのカリスマ性があった。レイ・チャールズに影響された彼の泥臭い音楽性はゴスペルとR&Bをミックスしたスタイルで、その頃アメリカで活躍していたスワンプロッカーのデラニー&ボニーと類似した音楽性を持っていた。

スワンプロックは黒人のR&Bやゴスペルと白人のカントリー音楽をミックスした、今で言うアメリカーナサウンドのひとつである。スワンプロックの歴史はポップス界のヒットメーカーとしてロスで名を挙げていたレオン・ラッセルのもとに、J.J・ケール、ジェシ・デイヴィス、ドン・プレストン、のちのデレク&ドミノズのメンバーとなるカール・レイドルら、旧友であるオクラホマ出身のミュージシャンたちが集まり、大挙して西海岸に移住した頃に始まる。ミシシッピ州出身のデラニー・ブラムレットとレオンはセッションを繰り返しながら、泥臭いスワンプロックを爽やかなカリフォルニアで仕上げていくのである。その頃の成果としては、69年にリリースされたデラニー&ボニーの傑作『オリジナル・デラニー&ボニー(原題:Accept No Substitute)』があり、このアルバムはジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン、デイブ・メイスンらをはじめ、ジョー・コッカーといったブリティッシュロッカーたちに大きな影響を与えることになる。

■本場スワンプロックの洗礼

69年にジョージ・ハリスンの口利きでデラニー&ボニーが大所帯のグループ、フレンズを引き連れてイギリスツアーを行なうと、イギリスでは一挙にスワンプロック熱が高まっていく。イギリスのアーティストたちはデラニー&ボニーのようなサウンドを作るためにはフレンズを使うしかないと考えたのか、彼らをバックに起用してレコーディングすることが一気に増えた。

エリック・クラプトンのソロ第1作『エリック・クラプトン』、デイブ・メイスンのソロ第1作『アローン・トゥゲザー』、ジョージ・ハリスンのソロ第1作『オール・シングス・マスト・パス』など(これら3作とも1970年のリリース)、どのアルバムもバックを務めるのは、カール・レイドル、ジム・ゴードン、ボビー・ウイットロック、ボビー・キーズ、ジム・プライス、ジム・ケルトナー、クラウディア・リニア、リタ・クーリッジらフレンズの主要メンバーたちだ。

■フレンズの引き抜き事件

デラニー&ボニーのイギリス公演が成功すると、イギリスの人気シンガー、ジョー・コッカーのプロデューサーを務めていたデニー・コーデルがスワンプロックの中心人物であったレオンにジョー・コッカーのアメリカ公演のコーディネートを依頼する。レオンは彼の人脈で構成されていたデラニー&ボニーのバックミュージシャンを根こそぎジョー・コッカーのバックメンに引き抜いてしまう。

そして、レオンはコッカーの音楽監督に就任、2カ月に及ぶアメリカツアーをスタートさせることになるのだが、デラニー&ボニーはメンバーが揃わず、ツアーに出られない羽目となった。この引き抜き事件でレオンとデラニー&ボニーに遺恨が残ったのは言うまでもないが、それだけレオン人脈のミュージシャンたちが優れていたということであり、それら優秀なミュージシャンがレオンに対して圧倒的な信頼感を持っていたことも、大人数のマッド・ドッグス&イングリッシュメン・ツアーが成功した証なのである。

■本作『マッド・ドッグス& イングリッシュメン』について

コッカーの2カ月に及ぶアメリカツアーの中から、フィルモア・イーストで開催した2日間のライヴのハイライトを収録したのが本作『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』である。オリジナルのリリースはLP2枚組で、全部で19のトラックが収められている。総勢20名にも及ぶバックミュージシャンを従えているが、コッカーのハイエナジーなヴォーカルはその厚みのある音にまったく負けておらず、全編にわたって圧倒的なパワーで歌い切っている。日本で現在50歳以下の人がコッカー歌を知ることになったのは、大ヒット映画『愛と青春の旅立ち』で使われたジェニファー・ウォーンズとのデュエット曲だと思うが、本作はその時のパワーとは比べものにならないほどの威力で、聴く者をノックアウトする。

演奏はレオンの指揮のもと、ゴスペル風味の強いスワンプロックに仕上がっており、おそらくレオンはスワンプロックが果たして世界レベルで売れるのかどうかを実験したかったのだろうと推測する。実際、本作がリリースされるとアメリカではアルバムチャートの2位まで上昇、彼の提示する音楽がハードロックやプログレなどに引けを取らないことが証明される結果となった。

演奏陣はフレンズから、カール・レイドル、ジム・ゴードン(このふたりはこの後すぐクラプトンとデレク&ドミノズを結成する)、ドン・プレストン、ジム・ケルトナー、チャック・ブラックウェル、ホーンセクションの3人(ジム・ホーン、ジム・プライス、ボビー・キーズ)、コーラス隊(リタ・クーリッジ、クラウディア・リニア、ダナ・ウォッシュバーン)が参加、演奏者でフレンズ以外のメンバーはクリス・ステイントン(コッカーのバックバンドであったグリースバンドから参加。のちにクラプトンのバックを長い間務める)ぐらい。他にもコーラス隊として、ダニエル・ムーア、マシュー・ムーア、パメラ・ポランドなど、ソロアルバムも出している中堅のシンガーたちも参加しているのだから、音楽監督としてのレオンの仕事ぶりはさすがとしか言いようがない。

収録曲は、ローリング・ストーンズ、ビートルズ、トラフィックのカバーをはじめ、ディランやレナード・コーエンのカバーもあり、コッカーの雑食性(黒人音楽も白人音楽も好き)が感じられる選曲となっていて、サウンドは3管を生かしたソウル・ゴスペル色の濃いアレンジである。まさにスワンプロックの王道をいく作品だと言えよう。

なお、2005年にはデラックスエディションと称する2枚組CDがリリースされた。ザ・バンドのカバーをはじめ、レオンやクラウディア・リニアがリードヴォーカルをとる曲など、未発表曲(映画では既発のものもある)が多数収録されている。

■この後のスワンプロック

レオンとデラニー&ボニーが創り上げた西海岸のスワンプロックは、この後も広がりを見せ、もっとディープなアメリカ南部のマスルショールズやメンフィスの録音スタジオに関心が集まる。ストーンズ、ジョージ・ハリスン、クラプトン、トラフィックなど、多くの大物アーティストが南部のスタジオを訪れ、スワンプテイストのアルバムをリリースすることになるのだが、70年中頃にはロックはポップなAORと破壊的なパンクに二分し、泥臭いルーツ系ロックは徐々に力を失っていく。そして、80年代後半から90年代初頭にかけて再発見されるまで長い間忘れられることになるのだ。しかし、本作のようなスワンプロック作品を聴くと、ロックの持つダイナミズムと人間臭いサウンドにはまってしまい抜け出せなくなるのである。スワンプロックこそ、僕のもっとも好きなロックの形態である。

もしジョー・コッカーを聴いたことがないなら、これを機会にぜひ聴いてみてほしい。本作でもいいし、ソロ名義の『アイ・キャン・スタンド・ア・リトル・レイン』(‘74)でも『ジャマイカ・セイ・ユー・ウィル』(’75)でも『スティングレー』(‘76)でも、70年代のコッカーのアルバムはどれもいいのです♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Mad Dogs & Englishmen』

1970年発表作品



<収録曲>
1. イントロダクション (Live At The Fillmore East/1970)
/ Introduction (Live At The Fillmore East/1970)
2. ホンキー・トンク・ウィメン (Live At The Fillmore East/1970)
/ Honky Tonk Women (Live At The Fillmore East/1970)
3. イントロダクション (Live At The Fillmore East/1970)
/ Introduction (Live At The Fillmore East/1970)
4. スティックス・アンド・ストーンズ (Live At The Fillmore East/1970)
/ Sticks And Stones (Live At The Fillmore East/1970)
5. クライ・ミー・ア・リヴァー (Live At The Fillmore East/1970)
/ Cry Me A River (Live At The Fillmore East/1970)
6. バード・オン・ア・ワイアー (Live At The Fillmore East/1970)
/ Bird On The Wire (Live At The Fillmore East/1970)
7. フィーリン・オールライト (Live At The Fillmore East/1970)
/ Feelin\' Alright (Live At The Fillmore East/1970)
8. スーパースター (Live At The Fillmore East/1970)
/ Superstar (Live At The Fillmore East/1970)
9. イントロダクション (Live At The Fillmore East/1970)
/ Introduction (Live At The Fillmore East/1970)
10. レッツ・ゴー・ゲット・ストーンド (Live At The Fillmore East/1970)
/ Let\'s Go Get Stoned (Live At The Fillmore East/1970)
11. ブルー・メドレー:アイル・ドラウン・イン・マイ・オーン・ティアーズ〜僕のベイビーに何か〜アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥ・ロング (Live At The Fillmore East/1970)
/ Blue Medley: I\'ll Drown In My Own Tears〜When Something Is Wrong With My Baby〜I\'ve Been Loving You Too Long (Live At The Fillmore East/1970)
12. イントロダクション (Live At The Fillmore East/1970)
/ Introduction (Live At The Fillmore East/1970)
13. 北国の少女 (Live At The Fillmore East/1970)
/ Girl From The North Country (Live At The Fillmore East/1970)
14. ギヴ・ピース・ア・チャンス (Live At The Fillmore East/1970)
/ Give Peace A Chance (Live At The Fillmore East/1970)
15. イントロダクション (Live At The Fillmore East/1970)
/ Introduction (Live At The Fillmore East/1970)
16. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドウ (Live At The Fillmore East/1970)
/ She Came In Thru The Bathroom Window (Live At The Fillmore East/1970)
17. スペース・キャプテン (Live At The Fillmore East/1970)
/ Space Captain (Live At The Fillmore East/1970)
18. あの娘のレター (Live At The Fillmore East/1970)
/ The Letter (Live At The Fillmore East/1970)
19. デルタ・レディ (Live At The Fillmore East/1970)
/ Delta Lady (Live At The Fillmore East/1970)



【関連リンク】
猛烈なシャウトと奇妙なパフォーマンスでジョー・コッカーの名を一気に世界レベルにしたライヴ盤『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』
Joe Cockerまとめ
“アニソンまみれ”のイベント『あにゅパ!!』にfhanaの出演が決定!

【関連アーティスト】
Joe Cocker
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

“アニソンまみれ”のイベント『あにゅパ!!』にfhanaの出演が決定!
Fri, 09 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年に引き続き、アニソンファンが聴きたい曲を集めた“アニソンまみれ”のスペシャルイベント『アニュータライブ2018『あにゅパ!!』』を5月13日(日)に千葉・幕張メッセイベントホールにて開催。今回、第二弾のアーティストとしてfhanaの出演が発表となった。チケットは、3月9日(金)よりアニュータ会員限定で第二次先行チケット受付がスタート!

同イベントでは、アニソンに特化してレーベルを横断したサービスであるアニュータならではの企画や楽曲の数々を、2018年はさらにパワーアップさせた形で開催される。気になる今後の出演アーティスト発表は、4月14日(土)に第三弾が発表されるとのことなので、お楽しみに。また、本イベントのチケットはスマホアプリ“アニュータ”への会員登録が必要となり、チケットの受取については電子チケット“アニュータチケット”か、コンビニエンスストアにて可能となる。

アニュータでは、アニソン・2.5次元ミュージカル・ゲームなどに特化した楽曲を現在約6万曲配信しており、ライブの予習やチケットの購入はもちろん、ライブへの入場やライブのセットリストも楽しむことができるので、ぜひこの機会に新たなアニソン体験をしてみてはいかがだろうか。

※fhanaの1番目のaには、アキュートアクセントが付きます。

アニュータライブ2018『あにゅパ!!』

5月13日(日) 千葉・幕張メッセイベントホール
<出演>
i☆Ris/内田真礼/fhana/andmore
※fhanaの1番目のaには、アキュートアクセントが付きます。
第三弾発表:4月14日(土)
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。変更に伴うチケットの払戻しはいたしません。
<チケット>
全席指定¥7,900(税込)
・第二次先行予約
3月9日(金)12:00〜4月1日(日)23:59
※お申し込みにはスマホアプリ「アニュータ」への会員登録が必要となり、受取については電子チケット「アニュータチケット」か、もしくはコンビニエンスストアをお選びいただけます。
<注意>
・枚数制限:お一人様4枚まで
・3歳以上有料
・営利目的の転売禁止
・転売チケット入場不可
・オークションへの出品禁止

■「アニュータ」ダウンロードURL
・Apple store
https://itunes.apple.com/jp/app/id1214791564
・Google Play 
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aniuta.android.aniutaap



【関連リンク】
“アニソンまみれ”のイベント『あにゅパ!!』にfhanaの出演が決定!
fh?naまとめ
BLUE ENCOUNT、ニューアルバムのコンセプトムービー第1弾を公開

【関連アーティスト】
fh?na
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース

BLUE ENCOUNT、ニューアルバムのコンセプトムービー第1弾を公開
Fri, 09 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが3月8日(木)にメンバーによる“ブルキャス”ことツイキャスの放送内で、アルバム『VECTOR』のコンセプトムービーを順次限定公開することを発表した。その第1弾となる「Waaaake!!!!」はYouTubeでも3月8日(木)22:00〜3月9日(金)20:59限定で公開された。こちらの映像はスタジオで演奏するメンバーのカットで構成されており、次に公開される「RUN」の映像も一部折り込まれた、内容が繋がる映像となっているようだ。

また、“ブルキャス”ではアルバム『VECTOR』に関する全てのトピックスが明らかにされた。コンセプトムービーの公開をはじめ、まず3月19日に発売されるムック本『BLUE ENCOUNT ぴあ』のエピローグに、江口(Gt.)がアルバム『VECTOR』に関する想いを綴った文章の一部が、『VECTOR』特設サイトにて掲載された。

そして、アルバム『VECTOR』発売週の3月21日(水)・23(金)・24(土)・25(日)にはメンバーによる、全国店まわりツアーも開催することが決定した。どのCDショップを訪店するのかは近日発表される予定。

さらに、3月17日(土)21:00〜3月19日(月)23:59限定で、WEB上にてアルバム『VECTOR』の1回限りのノンストップ全曲フル試聴が実施されることも発表された。また、3月18日(日)・19(月)には全国のタワーレコードでもアルバム『VECTOR』の先行フル試聴の実施が決定した。

アルバム『VECTOR』の発売に向けて、トピックが盛りだくさんのBLUE ENCOUNT。詳しくは彼らの特設サイトをチェックしつつ、彼らの自信作であるこの3rdアルバムの発売を楽しみに待っていよう。

また、6月から始まるツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』のチケットの“ブルキャス先行”が、3月11日(日)23:59まで受付け中。是非チェックしてみよう。

■アルバム『VECTOR』特設サイト
http://blueencount.jp/vector/

【『VECTOR』CONCEPT MOVIE 公開スケジュール 】

・vol.1「Waaaake!!!!」
3月8日(木)22:00 〜 3月9日(金)20:59
・vol.2「RUN」
3月9日(金)21:00 〜 3月11日(日)20:59
・vol.3「虹」
3月11日(日)21:00 〜 3月13日(火)20:59
・vol.4「coffee, sugar, instant love」
3月13日(火)21:00 〜 3月15日(木)20:59
・vol.5「こたえ」
3月15日(木)21:00 〜 3月17日(土)20:59

【アルバム『VECTOR』全国同時試聴会詳細】

■WEBにて
アルバム『VECTOR』リリースに先駆け、“1回限り”再生可能な『VECTOR』全曲先行試聴プレイヤーを開設。
期間:3月17日(土)21:00〜3月19日(月)23:59
※詳細は「VECTOR」特設サイトにて後日発表!
■タワーレコードにおける先行試聴詳細
期間:3月18日(日)・19(月)
実施店舗:タワーレコード全店 ※一部店舗除く
※先行試聴の実施場所は各店舗にお問い合わせください。
※実施期間、実施場所は予告なく、変更となる場合がございます。予めご了承ください。

全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』

6月09日(土) 北海道・サッポロファクトリーホール 
6月14日(木) 愛知・Zepp Nagoya
6月15日(金) 愛知・Zepp Nagoya
6月21日(木) 石川・EIGHT HALL
6月22日(金) 新潟・新潟LOTS 
6月24日(日) 宮城・SENDAI GIGS 
6月29日(金) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
6月30日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
7月07日(土) 広島・BLUE LIVE広島 
7月08日(日) 香川・高松festhalle 
7月13日(金) 大阪・なんばHatch
7月14日(土) 大阪・なんばHatch 
7月18日(水) 東京・Zepp Tokyo 
7月19日(木) 東京・Zepp Tokyo 

アルバム『VECTOR』

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3046〜3047/¥3,500+税
※三方背スリーブケース
※封入特典:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ
■DVD
01.VS ?Music Video-
02.VS -Making-
03.さよなら ?Music Video-
04.さよなら -Making-



【通常盤】(CD)
KSCL-3048/¥2,800+税
※初回仕様:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、ニューアルバムのコンセプトムービー第1弾を公開
BLUE ENCOUNTまとめ

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, 発売













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1