歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月08日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
BABYMETAL、“FOX DAY”に広島凱旋公演を全国の映画館で上映
Thu, 08 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BABYMETALが“FOX DAY”としている4月1日(日)に1日限定で、2017年12月にSU-METAL(Vo&Dance)の生誕の地である広島で行なわれた初の凱旋公演『BABYMETAL LEGEND - S - 洗礼の儀 - 』の最終日公演の模様を全編上映する『"FOX DAY" JAPAN PREMIERE』を開催することが決定した。BABYMETALが新章を迎える“新たなお告げ”を受け、“メタルレジスタンス第7章”の幕開けとなる“FOX DAY”限定のプレミア上映会となる。

また、“FOX DAY”限定のオフィシャルグッズ“ライブ・ビューイング三種の神器”を発売予定。詳細は後日発表となるのでお楽しみに。BABYMETALは5月よりアメリカ・ヨーロッパを回るワールドツアーが決定しているので、新時代への扉を開けた勇姿をぜひ目撃してほしい。

■『"FOX DAY" JAPAN PREMIERE』

■4月01日(日)00:00 START
・新宿ピカデリー(東京都)
・ミッドランドスクエア シネマ(愛知県)
・TOHO シネマズ 梅田(大阪府)

■4月01日(日)19:00 START
全国各地の映画館
※劇場はこちら:http://liveviewing.jp/contents/babymetal_s/

<チケット>
■00:00 START
¥4,500(税込/全席指定)※オリジナルグッズ付
※オリジナルグッズは、上映?当?、映画館にてお渡しいたします。
※終了予定時間は深夜02:00 頃を予定しております。
※18 歳未満の?は、保護者同伴であってもご?場いただけません。
■19:00 START
¥3,600(税込/全席指定)
※3 歳以上有料/3 歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

・THE ONE 先行
3月08日(木)18:00 〜 3月12日(月)16:00
チケットぴあ:http://pia.jp/v/babymetal18fclv/
※BABYMETALメンバーズサイト“THE ONE”先行は、<2018 年度メンバーズプロジェクト THE ONE(BIG TOWEL)>会員が対象となります。そのため、アーティストオンラインショップ「アスマート」にて<2018 年度メンバーズプロジェクトTHE ONE(BIG TOWEL)>を購入いただいた方がエントリー対象となり、ご購入されていない方はエントリーできません。
※THE ONE 先行は、お一人様2枚のみお申込み可能となります。

・プレリザーブ(抽選)
3月13日(火)12:00 〜 3月18日(日)23:59
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/babymetal-jp/ ※お一人様4 枚まで

・一般発売(先着順)
3月24日(土)19:00 〜 3月30日(金)12:00
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/babymetal-jp/
全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗
※お一人様4枚まで
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

■『"FOX DAY" JAPAN PREMIERE』情報サイト
http://liveviewing.jp/contents/babymetal_s/

『BABYMETAL WORLD TOUR 2018』

■US TOUR
5月08日(火) カンザスシティ,ミズーリ州/ Uptown Theater
5月10日(木) オースティン, テキサス州/ ACL Live at the Moody Theater
5月11日(金) ダラス, テキサス州/ House of Blues Dallas
5月13日(日) ヒューストン, テキサス州/ Revention Music Center
5月15日(火) アトランタ, ジョージア州 / Tabernacle Atlanta
5月17日(木) シャーロット, ノースカロライナ州 / The Fillmore
5月18日(金) ナッシュビル, テネシー州 / Marathon Music Works
5月20日(日) コロンバス, オハイオ州 / 『Rock on the Range』出演

■EUROPE TOUR
6月01日(金) ニュルブルク, ドイツ/『Rock am Ring』出演
6月02日(土) ニュルンベルク, ドイツ/『Rock im Park』 出演
6月04日(月) インスブルック, オーストリア/ Music Hall Innsbruck
6月05日(火) ユトレヒト, オランダ/ TivoliVredenburg
6月09日(土) ダービー, イギリス/ 『Download UK』出演



【関連リンク】
BABYMETAL、“FOX DAY”に広島凱旋公演を全国の映画館で上映
BABYMETALまとめ
小室哲哉、引退発表後に3冠達成!

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, Tsubasa Shimada(PrizmaX) / 「Wet Crate」, ユニット, ダンス, メタル

小室哲哉、引退発表後に3冠達成!
Thu, 08 Mar 2018 20:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年1月に衝撃的な引退発表をした小室哲哉が、先日発表された東京スポーツエンタテインメント大賞 功労賞に続き、ギネス世界記録(R)とCDショップ大賞 リビジデット賞に選ばれたことが分かった。

2017年4月にTM NETWORKのシングル「GET WILD」が30周年を迎えたことを記念し、同曲のみ36バージョンを収録したアルバム『GET WILD SONG MAFIA』が、“トップ100にチャートインしたCDアルバムに収録された同じ曲のバージョン・リミックスの最多数”という記録でギネス世界記録に認定された。

正式認定記録文は“The most versions/remixes of one track on a top 100 CD album is 36, achieved by Tetsuya Komuro (Japan) with all versions/remixes of the song Get Wild appearing on the album Get Wild Song Mafia, released on 5 April 2017 in Japan.”、“オリジナル「Get Wild」(1987年4月8日発売)から、30年という年月をかけて完成した『GET WILD SONG MAFIA』。世界を見渡しても類を見ないこの企画性はまさにTM NETWORKそして「GET WILD」だからこそ成しえた記録と言える。認定数値:36曲 認定日:2017年4月5日”となる。

さらに、本日CDショップ定員が選出する「第10回CDショップ大賞2018」でも、『GET WILD SONG MAFIA』が部門賞のリビジテッド賞に選ばれた。これまでSUGAR BABE『SONGS-40th Anniversary Ultimate Edition-』やASIAN KUNG-FU GENERATION『ソルファ』など名盤の再発盤がこのリビジテッド賞に選ばれてきたが、2018年は“聴けば誰もが知っている!? 大ヒット曲「GET WILD」がまさかの36曲!? びっくりした方も多いはず! 聴けばわかります。どの曲も「GET WILD」だけど、全部新曲、全部初めて聴いた時のドキドキ感があります!(本の王国安城店/柳 美穂子)※”という理由などから『GET WILD SONG MAFIA』が受賞することとなった。

2017年の本アルバムリリース後も、石野卓球(電気グルーヴ)が新たなリミックス“Full Acid Remix”を発表したり、宇都宮隆が「GET WILD PANDEMIC」を発表するなど、まだまだバージョンが増え続けている。そんな小室哲哉の手掛けた代表曲のひとつでもある「GET WILD」が今回のように時代や世代を超え、記録や評価を得ている事実からも彼の創った楽曲は色褪せない証拠と言えそうだ。

※コメントはhttp://www.cdshop-kumiai.jp/から抜粋

アルバム『GET WILD SONG MAFIA』/TM NETWORK

発売中



【4CDアルバム】
¥3,000(税抜き)
<収録曲>
■DISC1
M1: Get Wild
M2: Get Wild (“FANKS CRY-MAX" Version)[1987/6/24 日本武道館]
M3: GET WILD \'89
M4: Get Wild (“CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! \'89" Version)[1989/8/30 横浜アリーナ]
M5: Get Wild (“RHYTHM RED TMN TOUR" Version)[1991/2/22 仙台イズミティ21]
M6: Get Wild (“tour TMN EXPO ARENA FINAL" Version)[1992/4/12 横浜アリーナ]
M7: Get Wild (techno overdub mix)
M8: GET WILD \'89 (“TMN final live LAST GROOVE 5.18" Version)[1994/5/18 東京ドーム]
M9: GET WILD DECADE RUN
M10: GET WILD (“LIVE EPIC25" Version)[2003/2/23 国立代々木競技場第一体育館]
■DISC2
M1: Get Wild (“DOUBLE-DECADE "NETWORK"" Version)[2004/4/21 横浜アリーナ]
M2: Get Wild (“DOUBLE-DECADE TOUR FINAL "NETWORK"" Version)[2004/6/24 日本武道館]
M3: Get Wild (“REMASTER" Version)[2007/12/3 日本武道館]
M4: Get Wild (“Incubation Period" Version)[2012/4/25 日本武道館]
M5: Get Wild (“FINAL MISSION -START investigation-" Version)[2013/7/20 さいたまスーパーアリーナ]
M6: Get Wild 2014
M7: Get Wild 2014 (“the beginning of the end" Version)[2014/5/20 東京国際フォーラム]
M8: Get Wild 2014 (“30th 1984〜 QUIT30" Version)[2014/12/10 東京国際フォーラム]
■DISC3
M1: Get Wild 2014 (“QUIT30 HUGE DATA" Version)[2015/2/8 さいたまスーパーアリーナ]
M2: Get Wild 2015 -HUGE DATA-
M3: Get Wild 2015 (“30th FINAL" Version)[2015/3/22 横浜アリーナ]
■DISC4
M1: Get Wild / ビクター・ファンタスティック・オーケストラ
M2: Get Wild / Dave Rodgers
M3: Get Wild / 小室みつ子
M4: Get Wild (CITY HUNTER SPECIAL\'97 VERSION) / NAHO
M5: Get Wild / 玉置成実
M6: Get Wild / 緒方恵美
M7: Get Wild / 超新星
M8: Get Wild / globe
M9: Get Wild / Clementine
M10: Get Wild / H ZETT M
M11: Get Wild / Purple Days
M12: GET WILD 2017 TK REMIX
M13: GET WILD (Takkyu Ishino Latino Acid Remix)
M14: GET WILD (SICK INDIVIDUALS Remix)
M15: GET WILD (Dave Rodgers Remix)



【関連リンク】
小室哲哉、引退発表後に3冠達成!
小室哲哉まとめ
TM NETWORKまとめ
イベント『LIVE in the DARK』に出演のTHREE1989が新作リリースを発表

【関連アーティスト】
小室哲哉, TM NETWORK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, アルバム, EDM

イベント『LIVE in the DARK』に出演のTHREE1989が新作リリースを発表
Thu, 08 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月20日(金)にコニカミノルタプラネタリウム“天空”にて開催されるイベント『LIVE in the DARK』に出演が決定している、THREE1989が4月25日(水)にミニアルバム 『JET BLUE』をリリースすることが分かった。

THREE1989はメンバー全員が1989年生まれの3人組バンド。Shohey(Vo)の圧倒的な歌唱力と美声、Datch(DJ)が生み出す時にアッパーで時にディープなグルーヴ、Shimo(Key)の様々な楽器を使いこなす高いアビリティー、この3人が生み出す楽曲が日本の音楽シーンに新たな扉を開けようとしている。70〜80年代のR&Bやディスコ・サウンドを巧みに取り入れつつも、未来を感じさせるその音楽性は“レトロフューチャー・ポップ”と呼ぶにふさわしい。彼らは2016年に配信シングル「High Times」でデビューし、iTunesダンス・チャートで5位を記録。それ以降にリリースした楽曲も含めて多くのプレイリストに取り上げられ、リスナーを拡大してきた。2017年8月には全国流通自主制作1stアルバム『Time Line』をリリースし、ロング・セラーとなっている。

今回発表となった『JET BLUE』は彼らにとって2作目の全国流通盤ミニアルバム。メロディーの良さ、歌詞の世界観、ポップ・センス、グルーヴ感、アレンジとサウンド、すべてにおいてより研ぎ澄まされ、進化した彼らの姿がここにある。前作『Time Line』に入っていた人気楽曲「UNIVERSE」を、世界的に評価の高まっているアーティスト・プロデューサー・トラックメイカーであるKan Sanoがリミックスしたスペシャル・ヴァージョンも収録される。また、メンバーのShohey(Vo)は、現在Netflix / フジテレビ系人気リアリティ番組「テラスハウス オープニング ニュードアーズ」に出演中! THREE1989での活動や、本作の制作過程も紹介されていくかも!?

ミニアルバム 『JET BLUE』

2018年4月25日(水)発売



LNCM-1249/¥1,600+税

【ライブ・イベント情報】

■『LIVE in the DARK』
4月20日(金) コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン
1st Stage 19:30開演(19:00開場)/2nd Stage 21:30開演(21:00開場)
https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/livedark/

■リリース記念インストアイベント予定
4月28日(土) HMV&BOOKS SHIBUYA 7Fイベントスペース
内容:19:30〜ミニライブ&サイン会
http://www.hmv.co.jp/st/eventlist/BTK/



【関連リンク】
イベント『LIVE in the DARK』に出演のTHREE1989が新作リリースを発表
THREE1989まとめ
佐々?亮介、菅原卓郎、村松拓、??将司による弾き語りイベント『SHIKABANE』開催決定

【関連アーティスト】
THREE1989
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, リリース, ミニアルバム

佐々?亮介、菅原卓郎、村松拓、??将司による弾き語りイベント『SHIKABANE』開催決定
Thu, 08 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

佐々?亮介(a flood of circle)、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)、村松拓(Nothing\'s Carved In Stone)、??将司(THE BACK HORN)の4?で?なわれる弾き語りイベント『SHIKABANE』が、7?22?(?)に???野外??楽堂で開催されることが発表された。『SHIKABANE』は2017年8?に東京キネマ倶楽部で初めて開催され、4?のヴォーカリストがセッションを交えながら代わる代わる演奏していく弾き語りイベント。今回は『夏のSHIKABANE〜???場所〜』と銘打たれ、メンバー4?の?形?りタイトルも同時に公開となった。

また、今回はタイトルに因んで?場特典が設定されており、浴?(男性は甚平でも可)で来場するとイベント限定うちわがプレゼントされる。その他にもチケットには、通常の指定席に加えてマス席シート(前後3席3席分のエリアシート)や部活シート(部活・学?サークル向けの団体チケット)が?意されており、家族や友?、部活やサークルなど複数?でお申し込みが可能となっている。チケットは3?8?(?)から各オフィシャルサイト先?がスタートしている。

■『SHIKABANE 夏のSHIKABANE 〜???場所〜 』

7?22?(?) 東京・???野外??楽堂
<出演>
佐々? 亮介(a flood of circle)、菅原 卓郎(9mm Parabellum Bullet)、村松 拓(Nothing\'s Carved In Stone)、?? 将司(THE BACK HORN)
<チケット>
・指定席¥4,500(税込) ※通常の指定席
・マス席シート¥18,000(税込) ※前後3席3席の6名席
・部活シート ※部活・学?サークル向けの団体販売チケット
※興味のある顧問の先?、キャプテン、部?はまでお問い合せください!
※3 歳以上チケット必要(3歳未満のお?様は保護者1名につき、1名までは膝上での鑑賞は無料。席が必要であればチケット必要)

■オフィシャルHP先?
1次先?(先着):3?8?(?)19:00〜3?25?(?)23:59
http://eplus.jp/shikabane0722hp/
2次先?(先着):4?1?(?)12:00〜4?15?(?)23:59
http://eplus.jp/shikabane0722hp2/

◎?場特典
浴?(男性は甚平でも可)で来場するとイベント限定うちわをプレゼント



【関連リンク】
佐々?亮介、菅原卓郎、村松拓、??将司による弾き語りイベント『SHIKABANE』開催決定
a flood of circleまとめ
9mm Parabellum Bulletまとめ
Nothing\'s Carved In Stoneまとめ
THE BACK HORNまとめ

【関連アーティスト】
a flood of circle, 9mm Parabellum Bullet, Nothing\'s Carved In Stone, THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

風光ル梟、小学5年生含む新メンバー4人加入
Thu, 08 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

猛禽系アイドル・風光ル梟の新メンバーとして、栗栖瑠海(11)、岩谷華奈(20)、中西優香(18)、日浦菜緒(14)の4名が加入! 猛禽の翼をさらに広げるべく新メンバー募集のオーディションが開催され、最終オーディションを経て、応募総数867名の中からフレッシュなメンバー4名が選ばれた。これにより、既存メンバー山崎カノン(17)、大西凜(15)、プレーイングプロデューサーMisaki(22)との新体制7名で活動して行くことが分かった。

風光ル梟は3月8日(木)にマイナビBLITZ赤坂で開催されたイベント『THE IDOL FRONT FESTA』に登場し、新メンバーをお披露目。新メンバーの決定についてMisakiは、“いい意味でアンバランスな組み合わせになるように選びました。風光ル梟は型にはまらず自由に強く美しく羽ばたいていくと言うテーマもあるのでスキルはもちろんですが気持ちの部分で一緒に通じ合える仲間、そしてライバルになっていけるようなメンバー選びをしました!”とコメント。なお、オーディションの模様は、3月8日(木)26:35〜テレビ東京「東京アイドル戦線」の中でオンエアされるので要チェック!

■風光ル梟 新体制特設ページ
http://kazehikarufukurou.com/201803_newmember/



【関連リンク】
風光ル梟、小学5年生含む新メンバー4人加入
風光ル梟まとめ
星野 源、新曲「アイデア」が朝ドラ『半分、青い。』主題歌に決定

【関連アーティスト】
風光ル梟
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース

星野 源、新曲「アイデア」が朝ドラ『半分、青い。』主題歌に決定
Thu, 08 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

星野源が、4月から始まるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌を担当することが決定した。『半分、青い。』は現在放送中の『わろてんか』に続く、4月から始まる平成30年度前期・NHK連続テレビ小説。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終りから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまでを描いたドラマとなっている。ヒロインの永野芽郁をはじめ、松雪泰子、滝藤賢一、佐藤 健など豪華な出演者にも注目が集まる。星野がNHKドラマに楽曲提供をするのは、今回が初めてのこと。

主題歌「アイデア」は朝の始まりにぴったりなアップテンポナンバー。ドラマだけでなく、主題歌も話題になるNHKの連続テレビ小説だが、星野の新曲がどのように日本全国のお茶の間の朝を彩るのか、続報をお楽しみに。

■【星野源 コメント】

オファーを頂き、胸が躍りました。
この「アイデア」という楽曲が、力強く生きる主人公・鈴愛と、いまを生きる皆様の毎朝を支える一曲になればと思います。

連続テレビ小説『半分、青い。』

2018(平成30)年度前期 
作: 北川悦吏子
主題歌:星野源「アイデア」
<放送予定>
平成30年4月2日(月)〜 9月29日(土) 全156回        
毎週月曜〜土曜/総合 午前8:00〜8:15ほか
<出演>
永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一/佐藤健、原田知世、谷原章介/井川遥、余貴美子、
風吹ジュン、豊川悦司、中村雅俊 ほか
■公式HP  http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/



【関連リンク】
星野 源、新曲「アイデア」が朝ドラ『半分、青い。』主題歌に決定
星野源まとめ
山田姉妹、銀座でリリースイベントを開催

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, TVドラマ, 主題歌

山田姉妹、銀座でリリースイベントを開催
Thu, 08 Mar 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

人気上昇中の双子のソプラノデュオ・山田姉妹が、3月7日(水)に第2弾アルバム『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』をリリースしたのを記念して、発売日に東京・銀座の山野楽器本店Jam Spotにてリリースイベントを開催した。姉の華は、東京藝術大学声楽科卒業で、在学中に安宅賞を受賞。2011年度のミス鎌倉にも選ばれる。妹の麗は、国立音楽大学声楽科、オペラソリストコース、共に首席で卒業。卒業時に武岡賞を受賞。女優として『3年B組金八先生』などに出演。そんな実力と美貌を併せ持つ2人は、第1弾アルバムで幼いころ音楽好きの両親の影響で聴いていた1960〜70年代のフォーク、ニューミュージックの名曲を中心とした選曲をカバー。そして今回の第2弾ではよりジャンルと時代を広げ、1960年代から2010年代までの名曲をカバー。スペシャルトラックとして、姉妹がそれぞれ書いた詩によるオリジナル曲を収録している。老若男女が楽しめる歌の数々を姉妹ならではの息の合ったハーモニーと清涼感あふれるソプラノで歌い上げている。

会場には約150人の熱烈なファンが詰めかける中、華は“私たちは、2017年2月22日に日本コロムビアからデビューし、1年間、いろんな活動をさせていただき、たくさん歌う機会をいただいて、本当に幸せな1年を過ごすことができました。その結果、また今年、こうしてセカンドアルバムを出して、皆さまに聴いていただく機会がさらにさらに増えたことをうれしく思っています”、麗は“この1年で私たちのことをたくさんの方が知ってくださって、いろんな方の応援が本当に励みになって、歌手になりたいという夢をかなえた実感がわいた1年になりました”とあいさつ。ニューアルバムから槇原敬之の「どんなときも。」をはじめ、妹・麗が作詞した「ただいま」、それに手話を交えながら工藤慎太郎の「2つで1つ」(リード曲)の全3曲を熱唱。

その中で、今回のアルバムの制作秘話を紹介した。華は“100曲ぐらいの中から13曲を選曲しました”、麗は“前回は昭和の曲だけだったのですが、今回は「歌を継ぐ」をテーマに、これから残していきたい、伝えていきたい曲を選ぼうということで、昭和、平成と、隔たりなく曲を選ばせていただきました”と話していた。初のオリジナル曲も収録し、華は「虹色の空」を作詞し、“5年ぐらい前に作詞しましたが、鎌倉市をふと歩いていたら5分ぐらいでできました”、麗は「ただいま」を作詞し、“私は3カ月ぐらいかかりました(笑)”と笑顔を見せ、2人は“このアルバムを一人でも多くの方にお届けしたい”と話していた。また、来週に迫ったホワイトデーにちなんで来場者全員に二人の写真入りチョコがプレゼントされ、ファンにとってWで嬉しいイベントとなった。

アルバム『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』

2018年3月7日発売



COCQ-85416/¥3,000+税
<収録曲>
「野に咲く花のように」作詞:杉山政美 作曲:小林亜星
「2つで1つ」作詞・作曲:工藤慎太郎
「どんなときも。」作詞・作曲:槇原敬之
「いのちの歌」作詞:Miyabi 作曲:村松崇継
「少年時代」作詞・作曲:井上陽水
「たしかなこと」作詞・作曲:小田和正
「あの素晴しい愛をもう一度」作詞:北山修 作曲:加藤和彦
「心の瞳」作詞:荒木とよひさ 作曲:三木たかし
「やさしさに包まれたなら」作詞・作曲:荒井由実
「部屋とYシャツと私」作詞・作曲:平松愛理
「涙くんさよなら」作詞・作曲:浜口庫之助
【スペシャルトラック(山田姉妹オリジナル)】
「虹色の空」作詞:山田華 作曲:川?龍
「ただいま」作詞:山田麗 作曲:川?龍

『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ〜』発売記念スペシャルイベント

7月21日(土) 大阪会場 ※75組150名様ご招待
7月22日(日) 東京会場 ※50組100名様ご招待
<参加方法>
2ndアルバム『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』のCDに封入されている応募ハガキに、必要事項をご記入の上、62円切手を貼ってご応募下さい。
※応募締切:6月20日(水)消印有効



【関連リンク】
山田姉妹、銀座でリリースイベントを開催
山田姉妹まとめ
雨のパレード、ニューアルバムよりリードトラック2曲のMVを公開

【関連アーティスト】
山田姉妹
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース, ライブレポ

雨のパレード、ニューアルバムよりリードトラック2曲のMVを公開
Thu, 08 Mar 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

雨のパレードが、ニューアルバム『Reason of Black Color』のリードトラックである「Reason of Black Color」と「MARCH」のMVを一挙に公開した。「Reason of Black Color」は、オルタナティヴR&B以降の世界の音楽シーンと共鳴する実験的なサウンドプロダクションに、バンド自身が持っている深い世界観を詩的に表現した作品。MVを監督した黒柳勝喜は、歪みとノイズの重なり合いがいつしかメロディを構成する先鋭的なサウンドをコンテンポラリーともモダンとも解釈できるダンスに音像を絡み合わせ、様々な色が混ざり合い結果として黒色なっていく様とシンクロする色合いで表現し、同名タイトルを冠したニューアルバムの1曲目として収録したバンドの意思表明を色濃く描いている。

「MARCH」は島田大介監督により、大下ヒロト、福本莉子の二人が演じ、岐路に立たざるを得なかった18歳の春、恋人達はそれぞれ新たな世界に踏み出していく…という旅立ちの瞬間を描いたストーリードラマ。誰もが感じる過去や現在、そしてまだ見ぬ未来への不安や期待に思いを馳せる心の様を描いた「MARCH」の歌詞と音像世界を、見事に描き切った映像作品に仕上がっている。公開された映像は、音効に加工が施されているYouTube Editionである。

また、iTunes Storeでは3月14日(水)のアルバム発売に先駆けて、3月8日(木)よりプレオーダーが開始。3月13日(火)までの1週間限定のプレオーダー特典として、ライブ『Live at TOKYO-SHINKIBA STUDIO COAST 2017.9.24』より「Shoes」のライブ音源のほか、「Shoes」「What\'s your name? (plus strings ver.)」がアルバム予約時点で先行ダウンロード可能となっているので要チェック!

■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1350398837?app=itunes&ls=1

アルバム 『Reason of Black Color』

2018年3月14日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1297/¥3,800+税
※三方背ブックケース仕様
<収録曲>
■CD
01.Reason of Black Color
02.Dive
03.Horizon
04.GOLD
05.Shoes
06.ice
07.(soda)
08.Hometown feat. Tabuzombie (from SOIL&“PIMP”SESSIONS)
09.You&I
10.What\'s your name? (plus strings ver.)
11.H.Apartment
12.Hwyl
13.#556b2f
14.MARCH
■DVD
Live at TOKYO-SHINKIBA STUDIO COAST 2017.9.24
01.new place
02.1969
03.encore
04.Focus
05.Shoes
06.Thunderbird
07.Voice
08.寝顔
09.Take my hand
10.You
11.morning
12.Hey Boy,
13.Change your mind
14.Count me out
15.Stage
En1.Tokyo
En2.Petrichor



【通常盤】(CD)
VICL-64916/¥2,800+税
<収録曲>
01.Reason of Black Color
02.Dive
03.Horizon
04.GOLD
05.Shoes
06.ice
07.(soda)
08.Hometown feat. Tabuzombie (from SOIL&“PIMP”SESSIONS)
09.You&I
10.What\'s your name? (plus strings ver.)
11.H.Apartment
12.Hwyl
13.#556b2f
14.MARCH



【関連リンク】
雨のパレード、ニューアルバムよりリードトラック2曲のMVを公開
雨のパレードまとめ
04 Limited Sazabys、ロート製薬「スキンアクア」CMソングを担当

【関連アーティスト】
雨のパレード
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, リリース, 配信, 音楽配信

04 Limited Sazabys、ロート製薬「スキンアクア」CMソングを担当
Thu, 08 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysがロート製薬「スキンアクア」CMソングに新曲(タイトル未定)を提供した。CMは現在「ロート製薬」のサイトで公開中で、 3月19日(月)よりテレビでオンエアされる。

■ロート製薬HP
http://jp.rohto.com/skin-aqua/



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、ロート製薬「スキンアクア」CMソングを担当
04 Limited Sazabysまとめ
THE BACK HORN、ミニアルバム『情景泥棒』全曲ダイジェスト音源を公開

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲, CMソング

THE BACK HORN、ミニアルバム『情景泥棒』全曲ダイジェスト音源を公開
Thu, 08 Mar 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成20周年を迎えるTHE BACK HORNが3月7日(水)にリリースしたミニアルバム『情景泥棒』の全曲ダイジェスト音源が公開された。バンドの現在を体現する新作『情景泥棒』は、インディーズ期以来となるミニアルバム。シングル、アルバムという枠には収まりきらないライブ感溢れる新曲7曲を収録する。タイトルの「情景泥棒」は松田晋二の作詞による「情景泥棒」と、その続編として菅波栄純が作詞を手掛けた「情景泥棒〜時空オデッセイ〜」からなり、新たな試みによって生まれた楽曲は世界観と物語性がより深く表現された作品となっている。また、ライブでの盛り上がりを想起させる新機軸のナンバー「Running Away」をリードトラックとして「儚き獣たち」「閃光」「がんじがらめ」「光の螺旋」の全7曲を収録。ジャケットのアートワークは松田晋二による絵画で、メンバーによる作品がジャケットに用いられるのは2006年発売の5thアルバム『太陽の中の生活』以来12年振りとのこと。「Running Away」のMV(Short ver.)はYouTubeのTHE BACK HORNチャンネルにて公開中。監督は、宇多田ヒカルとの共同プロデュースが話題となった「あなたが待ってる」、シングル「孤独を繋いで」に続き、映像作家の田辺秀伸が担当。

初回盤特典DVDとして、17年10月21日に日比谷野外音楽堂で開催したBEST THE BACK HORN IIのリリースを記念した『「KYO-MEIワンマンライブ」〜第三回夕焼け目撃者〜』のライブ映像を収録。約6年振りの野音ライブは雨が降る中で行なわれ、収録曲のファン投票も行われたベストアルバムの楽曲を中心としたセットリストも相まって“伝説の野音”とも言われる内容となった。今回の初回盤特典DVDにはライブ映像を12曲、約1時間の大ボリュームで収録する。

そして、バンド結成20周年の感謝企画として『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会〜情景泥棒〜』を全国8ヶ所で開催。タワーレコード池袋店、渋谷、新宿店、梅田大阪マルビル店、名古屋近鉄パッセ店、仙台パルコ店、札幌ピヴォ店、福岡パルコ店で行なわれる。また、リリースライブとして『「KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編」〜情景泥棒〜』 を3月20日(火・祝前日)にZepp Tokyo、3月24日(土)にZepp Osaka Baysideで開催。さらに『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜』の開催も決定しているので、併せてチェックしてほしい。

ミニアルバム『情景泥棒』

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1338/¥3,200+税
<収録曲>
■CD
01.Running Away
02.儚き獣たち
03.閃光
04.がんじがらめ
05.情景泥棒
06.情景泥棒〜時空オデッセイ〜
07. 光の螺旋
■DVD
〈『KYO-MEIワンマンライブ〜第三回夕焼け目撃者〜』Live at 日比谷野外大音楽堂〉
01.シリウス
02.声
03.ひょうひょうと
04.晩秋
05.コワレモノ
06.アカイヤミ
07.枝
08.覚醒
09.孤独を繋いで
10.シンフォニア
11.何処へ行く
12.グローリア



【通常盤】(CDのみ)
VICL-64966/¥2,000+税
<収録曲>
01.Running Away
02.儚き獣たち
03.閃光
04.がんじがらめ
05.情景泥棒
06.情景泥棒〜時空オデッセイ〜
07. 光の螺旋

◎店舗特典情報
下記CDショップチェーン店及びECサイトにて『情景泥棒』初回限定盤、通常盤をお買い上げの方に、特典を先着でプレゼント致します。
・タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(TOWER ver.)」
・TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(TSUTAYA ver.)」
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
・Amazon.co.jp:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(Amazon ver.)」

『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会〜情景泥棒〜』

<参加方法>
下記タワーレコードの参加券配布対象店舗にて、『情景泥棒』初回限定盤、通常盤をお買い上げの方に、イベント参加券を先着で差し上げます。
参加券をお持ちのお客様は『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会〜情景泥棒〜』にご参加頂けます。
<内容>サイン会
※サインをさせて頂くアイテム(大判ポストカードを予定)は主催者側で用意致します。
お持込による私物・色紙等へのサインは対応できませんので予めご了承ください。
<日程>
3月08日(木) タワーレコード池袋店 6F特設イベントスペース 19:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード池袋店、秋葉原店、浦和店、吉祥寺店
3月09日(金) タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース 20:15〜
参加券配布対象店:タワーレコード渋谷店
3月16日(金) タワーレコード新宿店 7F特設カウンター 20:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード新宿店
3月25日(日) タワーレコード梅田大阪マルビル店 店内イベントスペース 12:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード梅田大阪マルビル店、梅田NU茶屋町店、難波店
4月02日(月) タワーレコード名古屋近鉄パッセ店 店内イベントスペース 19:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード名古屋近鉄パッセ店、名古屋パルコ店
4月07日(土) タワーレコード仙台パルコ店 店内イベントスペース 13:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード仙台パルコ店
4月09日(月) タワーレコード札幌ピヴォ店 店内イベントスペース 18:30〜
参加券配布対象店:タワーレコード札幌ピヴォ店
5月14日(月) タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース 18:30〜
参加券配布対象店:タワーレコード福岡パルコ店、アミュプラザ博多店

【ライブ情報】

■THE BACK HORN 20th Anniversary『「KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編」〜情景泥棒〜』
3月20日(火) Zepp Tokyo
3月24日(土) Zepp Osaka Bayside

■THE BACK HORN 20th Anniversary『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜』
4月01日(日) Zepp Nagoya
4月06日(金) 仙台PIT
4月08日(日) Zepp Sapporo
4月15日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
4月20日(金) 新潟LOTS
5月13日(日) 福岡DRUM LOGOS



【関連リンク】
THE BACK HORN、ミニアルバム『情景泥棒』全曲ダイジェスト音源を公開
THE BACK HORNまとめ
シナリオアート、未発表新曲を披露するワンマンツアー開催決定

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, キャンペーン, ミニアルバム

シナリオアート、未発表新曲を披露するワンマンツアー開催決定
Thu, 08 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シナリオアートが、5月26日(土)の心斎橋Music Club JANUS公演を皮切りに、名古屋ell.FITS ALL、渋谷WWWと東名阪を巡るワンマンツアー『[Scene #4]-センチメンタル通リ雨ツアー-』の開催を発表した。すでにライブで披露されている新曲の他、未発表の新曲も含めた構成でのショーを予定している。今回で4回目となるワンマンツアーのタイトル『センチメンタル通リ雨ツアー』は、“センチメンタルという感情の通り雨が過ぎ去るまでの雨宿りをしよう”という、梅雨の切なさに合わせたシナリオアートらしいタイトルとなっている。

シナリオアートのモバイルサイト「シナリオライブラリ」では、3月8日(木)より会員を対象にチケットの先行予約申し込みを受け付ける。2017年末の自主企画『Chapter』も即日ソールドアウトとなっているので、今回もチケット情報を見逃さないようにチェックしよう。

■【シナリオアート コメント】

自信のある新曲がたくさんできたので、みんなに早く届けたいと思い、ショートツアーを行います。
切なさに心動かされて、あなたの抱えている"悩み""悲しみ""辛さ"を浄化できるような、少しでも楽になって帰れるようなショーにします。センチメンタルという感情の通り雨が過ぎ去るまでの雨宿りをしよう。

『シナリオアート ワンマンツアー2018 [Scene #4]-センチメンタル通リ雨ツアー- 』

5月26日(土)  大阪・心斎橋Music Club JANUS
5月27日(日)  愛知・名古屋ell.FITSALL
6月02日(土)  東京・渋谷WWW
<チケット>
・シナリオライブラリ先行(FCサイト)
受付期間:2018年3月8日(木)12:00〜3月18日(日)23:59
http://smam.jp/scenarioart/



【関連リンク】
シナリオアート、未発表新曲を披露するワンマンツアー開催決定
シナリオアートまとめ
緑黄色社会、ダンサーの松井英理とコラボした「Re」MV公開

【関連アーティスト】
シナリオアート
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー

緑黄色社会、ダンサーの松井英理とコラボした「Re」MV公開
Thu, 08 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新たな一歩を自らの選択で踏み出そうとする若者を音楽の力で応援する企画「Follow Your Heart & Music Presented by RECRUIT」の第一弾発表アーティストとして、緑黄色社会が3月14日(水)にリリースするアルバム『緑黄色社会』より「Re」のMVを公開した。このMVは、数々のコンテストで受賞歴のある緑黄色社会と同年代のダンサー・松井英理とのコラボした作品になっている。

“FOLLOW YOUR HEART”とはリクルートの目指す世界観であり、一人ひとり自らの心に従い自分の人生やライフスタイルを他の誰でもない自分が選択すること。その世界観に共感し体現しているアーティストとして、今回のプロジェクトに緑黄色社会が参加。楽曲を聴いた人やMVを見た人が一歩踏み出して“挑戦”したくなるような作品というテーマを元に制作した際に、緑黄色社会自身が希望するクリエイターとコラボレーションできるということで松井英理と一緒に作品を作り上げたとのこと。

■「Follow Your Heart & Music Presented by RECRUIT」サイトURL
http://www.recruit.jp/company/about/involvement/fyhm

■【長屋晴子(Vo&Gu)コメント】

「“挑戦”という言葉は、新しいことにだけ向けられる言葉ではありません。長く同じことを続けていれば、苦しいこともある。続ける意味さえ分からなくなってしまうこともある。

今回ダンスを踊って頂いた松井英理さんは同い年で、ダンスと音楽、形は違えど、きっと夢を追う中で同じように不安や迷いもあったはず。お会いするのは初めてでしたが、同じ強い気持ちで撮影に挑めたと思います。

例え迷ってしまっても、何度もスタート地点に戻ってみればいい。あなたが"それ"を始めたときの大事な気持ちを、再確認してみてほしいです。」

アルバム『緑黄色社会』

2018年3月14日発売



HPP-1009/?2,500+税
<収録曲>
01. Re
02. 始まりの歌
03. 大人ごっこ
04. キラキラ
05. Alice
06. 君が望む世界
07. 恋って
08. regret
09. 真夜中ドライブ
10. またね



【関連リンク】
緑黄色社会、ダンサーの松井英理とコラボした「Re」MV公開
緑黄色社会まとめ
tricot、4カ月連続自主企画は“ドミコキノコトリコ”で幕開け!

【関連アーティスト】
緑黄色社会
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, コラボ, ミュージックビデオ, MV, アルバム

tricot、4カ月連続自主企画は“ドミコキノコトリコ”で幕開け!
Thu, 08 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月から5月にかけて東京・渋谷で開催する、tricotの4カ月連続自主企画イベント『MUNASAWAGI 2018』。2月28日(水)に、ドミコ、きのこ帝国の2組を迎えた初回公演が渋谷WWW Xで行なわれた。

1番手に登場したのはドミコ。形態だけで言えば、初期のストレイテナーを想起させる2人編成で、さかしたひかる(Vo&G)と長谷川啓太(Dr)は登場するなり「マカロニグラタン」「こんなのおかしくない?」と、小気味良いオルタナチューンを連発! “ありがとうございます、ドミコです。よろしくお願いします”と簡単に挨拶を済ませた後も、ひたすらマイペースで演奏に没頭することで、オーディエンスをじわじわ沸かせていく。

アンニュイさを纏いつつも鋭く尖った歌い回しが魅力のさかした。セッションっぽく始まった「まどろまない」はラップ調で迫り、リリックの隙間にパキッと滑り込む長谷川のシャープなドラムも痺れる。リフをその場で録って音を重ねまくるトリッキーなループマシン使いを全編で披露しながら、「ミッドナイトネオン」では暴発するギターを鮮やかな照明とともに突如浴びせたりと、ドミコのパフォーマンスは視覚的にも楽しい。

ガレージ、ローファイ、サイケ、ロックンロール・リバイバル、ヒップホップなどをない交ぜにした“おーまいがー”なドミコ節で、オルタナの底なし沼にズブズブ浸れる楽曲を最後まで畳みかけたドミコ。MCはほとんどなし。しかしながら、初見の観客も大いに興味を持たされた様子だった。

続いては、きのこ帝国。佐藤千亜妃(Vo&G)によるひんやりとした単音弾きから、あーちゃん(Gu)の轟音ギター、そして谷口滋昭(Ba)と西村“コン”(Dr)のリズムが雪崩れ込む「ユーリカ」で幕を開けると、引き締まった空気が辺りを覆う。歌もサウンドも独特の響きを有しているという点ではドミコと通じるけれど、情感豊かな「愛のゆくえ」などを聴くと、結成10年を越えた風格を感じざるを得ない。

“tricotとは何気に長い付き合いでして、うちのドラムのコンちゃん曰く、私たちとデビューの年が一緒らしいです。赤い公園と3組でツアーを回ったりしたこともあるんで、今日こうやって呼んでもらって本当に嬉しいし、ドミコもめちゃくちゃカッコ良かった!”と、佐藤がtricotへの感謝を語る場面もあった。

あーちゃんがピアノを弾く「猫とアレルギー」からはポップでほの明るいトーンも発揮し、曲ごとにきのこ帝国のバンドアンサンブルがスケールとふくよかさを増していく。中でもメロディアスで緩急の効いた展開、コーラスが華やぐ「東京」は圧倒的だった。悠然とした佇まいを含め、思わず観惚れてしまうステージ。アッパーな「Telepathy/Overdrive」でラストを盛り上げて、主催のtricotへとつないだ。

そして、いよいよtricotがお目見え! SEが鳴り止むと同時に「MUNASAWAGI」がスタートし、中嶋イッキュウ(Vo&G)、キダ モティフォ(G&Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba&Cho)の美しいハーモニー、吉田雄介(Dr)の歯切れの良いビート、スリリングな変拍子……次々に押し寄せるアレコレが、のっけから息ぴったりで面食らう。瞬く間に「pork side」「ポークジンジャー」と流れる中、メンバー4人は全身でリズムをしっかり取り、アイコンタクトを交わし、常人では演奏できない、硬軟自在の曲展開を乗りこなしてみせる。

「TOKYO VAMPIRE HOTEL」では吉田のドラムが、「おもてなし」ではヒロミのベースが口火を切って、フロアーは一層過熱! 地鳴りのようなグルーブで真骨頂の爆裂モードへ。ぶっちぎりのパフォーマンスで聴き手を巻き込んでいく、その潔さがたまらなくかっこいい。「エコー」までの8曲を駆け抜け、MCタイムはまさにホッと一息つけるような時間だった。

“今日は『MUNASAWAGI 2018』に来てくれてありがとうございます。去年11月に新メンバーが入りました。吉田雄介です、よろしくお願いします! 4人になったので、1人ずつ企画をやっていこうということで、第一弾は私がドミコときのこ帝国を呼ばせてもらいました。出てくれてありがとう! (メンバーに向かって)先に言っておきますけど、この企画は恐ろしいですよ。個人的に好きなアーティストを呼ぶというのは緊張が異常。歌ってても、ずっと喉が渇いてる”と今回のイベントについて語る中嶋。また、きのこ帝国との久しぶりの共演にもあらためて喜びの色を見せた。

その後も、フロント3人のヴォーカルが鮮やかな「よそいき」で“イェイイェイ フッフー アーアー イエーイ”の合唱を起こしたほか、キラーチューン「おちゃんせんすぅす」も投下! 狂乱の渦へ誘いつつ、クライマックスではこの4人体制になってから作った新曲「ブームに乗って」を聴かせ、アンコールの締め「メロンソーダ」まで新生tricotを存分にアピールしてライヴを終えた。

かくしてソールドアウトの大盛況となった“ドミコキノコトリコ”の一夜。そして、次回は3月20日(火)の渋谷TSUTAYA O-Crest。LOSTAGE、bachoという強力メンツを迎え、ベースのヒロミが企画する『MUNASAWAGI 2018 〜オールA編〜』となる。また、4月のCIRCUS TOKYO公演はギターのキダ、5月のWWW X公演はドラムの吉田がそれぞれセレクトを担当。tricot渾身のイベント、この熱量をぜひ感じに行ってほしい。

撮影:半田安政/取材:田山雄士

【セットリスト】
■ドミコ
1.マカロニグラタン
2.こんなのおかしくない?
3.バニラクリームベリーサワー
4.Pop,Step,Junk!
5.ミッドナイトネオン
6.まどろまない
7.united pancake
8.さなぎのなか
9.マイララバイ
10.くじらの巣

■きのこ帝国
1.ユーリカ
2.愛のゆくえ
3.風化する教室
4.猫とアレルギー
5.東京
6.疾走
7.Telepathy/Overdrive

■tricot
1.MUNASAWAGI
2.pork side
3.ポークジンジャー
4.TOKYO VAMPIRE HOTEL
5.おもてなし
6.WABI-SABI
7.アナメイン
8.エコー
9.bitter
10.よそいき
11.あーあ
12.おちゃんせんすぅす
13.ブームに乗って
14.節約家
15.おやすみ
16.メロンソーダ

【ライヴ情報】
『MUNASAWAGI 2018 〜オールA編〜』
3月20日(火) 東京・TSUTAYA O-Crest
w)LOSTAGE、bacho

『MUNASAWAGI 2018 〜食いしん坊万歳編〜』
4月16日(月) 東京・CIRCUS TOKYO
w)s?buhiroko、WOZNIAK

『MUNASAWAGI 2018 〜やさしさに包まれたなら〜』
5月17日(木) Shibuya WWW X
w)POLYSICS 空きっ腹に酒



【関連リンク】
tricot、4カ月連続自主企画は“ドミコキノコトリコ”で幕開け!
tricotまとめ
きのこ帝国まとめ
ドミコまとめ
カリスマ指揮者・バッティストーニ、「BEYOND THE STANDARD」シリーズとして全5タイトルをリリース

【関連アーティスト】
tricot, きのこ帝国, ドミコ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

カリスマ指揮者・バッティストーニ、「BEYOND THE STANDARD」シリーズとして全5タイトルをリリース
Thu, 08 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

若きカリスマ指揮者であり、その深さと爆発力を持った音楽が幅広い層に支持がひろがっているイタリア出身のアンドレア・バッティストーニが、首席指揮者として自らが率いる東京フィルハーモニー交響楽団とともに新たなレコーディングシリーズをスタートさせる。「BEYOND THE STANDARD」と題されたこのシリーズは、クラシック王道の名曲中の名曲と、日本人作曲家による傑作をカップリングし、時代と国を越え、新たなスタンダードとして打ち出そうというもの。強力な信頼関係を築いているバッティストーニと東京フィル、両者の持てる力を余すところなく引き出すため、東京オペラシティコンサートホールでセッション録音を開始し、3年かけて5枚のアルバムをリリースすることが発表された。

第1弾としてリリースされるのは、ドヴォルザークの名曲「新世界より」、そしてカップリングに伊福部昭の「シンフォニア・タプカーラ」。王道でありながら、新鮮な生命力を漲らせた新世界にも注目だが、なにより伊福部の代表作、シンフォニア・タプカーラのドラマティックな躍動感はバッティストーニの面目躍如だ。フィルアップには、伊福部の手になる映画「ゴジラ」のテーマ曲が収録されている。またバッティストーニ自身が作曲したオーケストラ曲「エラン・ヴィタール」の世界初録音が配信限定でリリースされる予定とのこと。

邦人作曲家の音楽の伝道者である、音楽評論家の片山杜秀も“BEYOND THE STANDARDは、誇るべきオーケストラの文化がこの国にはできているにも拘わらず、良い会場で録音を重ね、財産として後世に遺す伝統があまりないアンバランスを、打破しようとする企画だ。しかも選曲にもはっきりした意図がある。スタンダードな名曲。その既成概念を壊そうというのだ。バッティストーニが本気で日本人作品を録音することにはとてつもない意義がある”と言葉を寄せている。

また、第2弾以降のラインナップも発表。「悲愴」「幻想」「運命」など超定番曲と、武満徹の晩年の傑作「系図」や黛敏郎の代表作「舞楽」、そして吉松隆の「サイバーバード協奏曲」などがカップリングされる。

アルバム『BEYOND THE STANDARD vol.1』

2018年4月18日発売



COCQ-85414/¥3,000+税
<収録曲>
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
伊福部昭:シンフォニア・タプカーラ、ゴジラ

※録音
2017年6月1-2日 東京オペラシティ コンサートホール
1-2 June,2017 Tokyo Opera City Concert Hall

アルバム『BEYOND THE STANDARD vol.2』

2019 WINTER リリース予定



<収録曲>
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
武満徹:系図(Family Tree)

アルバム『BEYOND THE STANDARD vol.3』

2019 SUMMERリリース予定



<収録曲>
ベルリオーズ:幻想交響曲
黛敏郎:バレエ音楽「舞楽」

アルバム『BEYOND THE STANDARD vol.4』

2020 SPRING リリース予定



<収録曲>
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
吉松隆:サイバーバード協奏曲

アルバム『BEYOND THE STANDARD vol.5』

2020 AUTUMN リリース予定



<収録曲>
スタンダード名曲集

【バッティストーニ&東京フィルハーモニー交響楽団 公演情報】

■『アンドレア・バッティストーニ3月定期』
3月09日(金) サントリーホール 【完売御礼】
3月11日(日) Bunkamura オーチャードホール
指揮:アンドレア・バッティストーニ
ピアノ:小曽根 真*
エレクトリック・ベース:ロバート・クビスジン*
ドラムス:クラレンス・ペン*
グルダ/コンチェルト・フォー・マイセルフ*
ラフマニノフ/交響曲第2番

■『第50回千葉市定期演奏会』
3月10日(土) 京葉銀行文化プラザ【完売御礼】
指揮:アンドレア・バッティストーニ
ベートーヴェン/交響曲第5番『運命』
ベートーヴェン/交響曲第7番

■『第9回平日の午後のコンサート』 
5月30日(水) 東京オペラシティ コンサートホール
指揮とお話:アンドレア・バッティストーニ
オッフェンバック/喜歌劇『天国と地獄』序曲
ヴォルフ=フェラーリ/歌劇『マドンナの宝石』間奏曲
ヴェルディ/歌劇『シチリア島の夕べの祈り』序曲
ベートーヴェン/交響曲第5番『運命』

5月31日(木) サントリーホール
6月01日(金) 東京オペラシティ コンサートホール
指揮:アンドレア・バッティストーニ
ヴァイオリン:パヴェル・ベルマン※
ボロディン/歌劇『イーゴリ公』より“だったん人の踊り”
ショスタコーヴィチ/ヴァイオリン協奏曲第1番※
ショスタコーヴィチ/交響曲第5番

■『第76回休日の午後のコンサート バッティストーニ東欧への旅』
6月03日(日) 東京オペラシティ コンサートホール
指揮とお話:アンドレア・バッティストーニ
グリンカ/歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲
ムソルグスキー/交響詩『はげ山の一夜』
ベルリオーズ/劇的物語『ファウストの劫罰』より「ラコッツィ行進曲」
ドヴォルザーク/交響曲第9番『新世界より』

11月16日(金) サントリーホール
11月18日(日) Bunkamuraオーチャードホール
指揮:アンドレア・バッティストーニ
メフィストーフェレ(バス):マルコ・スポッティ
ファウスト(テノール):ジャンルーカ・テッラノーヴァ
マルゲリータ/エレーナ(ソプラノ):マリア・テレ−ザ・レーヴァ
合唱:新国立劇場合唱団 他
ボーイト/歌劇『メフィストーフェレ』(演奏会形式)

11月12日(月) 東京オペラシティ コンサートホール
指揮:アンドレア・バッティストーニ
ロッシーニ/歌劇『アルジェのイタリア女』序曲
ロッシーニ/歌劇『チェネレントラ』序曲
ロッシーニ/歌劇『セビリアの理髪師』序曲
シューベルト/交響曲第8番『ザ・グレート』

<2019年>
1月23日(水) サントリーホール
1月25日(金) 東京オペラシティ コンサートホール
1月27日(日) Bunkamuraオーチャードホール
指揮:アンドレア・バッティストーニ
デュカス/交響詩『魔法使いの弟子』
ザンドナーイ/『白雪姫』
リムスキー=コルサコフ/交響組曲『シェエラザード』



【関連リンク】
カリスマ指揮者・バッティストーニ、「BEYOND THE STANDARD」シリーズとして全5タイトルをリリース
東京フィルハーモニー交響楽団まとめ
FUKI、ホワイトデーにライブセッションの生中継が決定

【関連アーティスト】
東京フィルハーモニー交響楽団
【ジャンル】
ニュース, アルバム, リリース, クラシック

FUKI、ホワイトデーにライブセッションの生中継が決定
Thu, 08 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FUKIが3月14日(水)にLINE MUSIC限定リリースする新曲「I LOVE YOU ?LINE exclusive-」を記念して、配信日の夜20時からLINE LIVE生配信「FUKI “White Day” Session」をみなとみらいにあるFm yokohamaのスタジオから届けることが発表された。LINE LIVEでは新曲「I LOVE YOU」をはじめ、カバー曲を中心にスタジオからライブセッションを生配信する。そのあと夜22時からは、Fm yokohamaで毎週FUKIがパーソナリティーを務めるレギュラーラジオ番組「YOKOHAMA RADIO APARTMENT to the OCEAN」をオンエア。1日の終わりにまったりしながら聴ける番組となっている。

新曲「I LOVE YOU ?LINE exclusive-」は、クリス・ハートのオリジナル楽曲「I LOVE YOU」をカバーしたもの。オリジナル楽曲は、リリースから数年経過した今でもオーディション番組やカラオケ番組で多用され話題だが、今回FUKIによる初のオフィシャルカバーが決定。映像も公開となり、FUKIの切ない歌声で新たな色を魅せている。

【3月14日(水)LINE LIVE&ラジオ詳細】

LINE LIVE「FUKI “White Day" Session」 ※夜20:00〜 
https://lin.ee/fvd3Cqq/lnms
Fm yokohama「YOKOHAMA RADIO APARTMENT to the OCEAN」※夜22:00〜
http://radiko.jp/#!/ts/YFM/20180314220000

配信楽曲「I LOVE YOU ?LINE exclusive-」

2018年3月14日(水)LINE MUSIC限定配信



【関連リンク】
FUKI、ホワイトデーにライブセッションの生中継が決定
FUKIまとめ
東京スカパラダイスオーケストラ、新作にTOSHI-LOW(BRAHMAN)の参加を発表!

【関連アーティスト】
FUKI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, 音楽配信

東京スカパラダイスオーケストラ、新作にTOSHI-LOW(BRAHMAN)の参加を発表!
Thu, 08 Mar 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スカパラが3月14日(水)にリリースするニューアルバム『GLORIOUS』に、TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)の参加が発表された。参加楽曲は7曲目の「野望なき野郎どもへ」で、作詞は谷中敦、作曲はNARGOが担当。両者待ちに待ったコラボがついに実現となる。どのような形で表現されているのか非常に楽しみだ。

また、今作の発売を記念して3月9日(金)にLINE LIVEにてトークライブの実施を発表! 今回はスカパラ9人でのトークとなっており、じっくりとアルバムを堪能できる内容となっている。このLINE LIVE中に「野望なき野郎どもへ feat. TOSHI-LOW (BRAHMAN / OAU)」のMVが解禁されるので、ファンは必見の番組となりそうだ。

さらに、LINE LIVE特設販売サイトにてアルバム購入者へ“スカパラメンバー全員の直筆サイン入りB2ポスター”の特典が準備されているとのこと。そして抽選特典として、3月28日(水)に東京キネマ倶楽部でのプレミアムライブの実施が決定! LINE LIVE特設販売サイトにて先行応募できるようなので、ぜひチェックしてみよう。

■【コメント】

■TOSHI?LOW(BRAHMAN/OAU) 
野郎ども!
善き行いをするんだ
良きことが返ってくるぞ
忘れさられた昔話のような
恩返しは本当にあったんだ

谷中敦が置き忘れた上着を
練習スタジオに届けてあげると
(途中で捨ててしまおうかと迷ったけど…)
スカパラで歌えることになるぞ!

さあ 野郎ども!
愛の無い正義はびこる社会に
絶望の拳を突き上げろ
黒すぎる未来に風穴を空けるんだ
たとえ地獄の中だとしても
決してあきらめる事なく探し出せ
希望の楽園と谷中敦の上着を!

■谷中敦(Baritone sax)
雑誌でTOSHI-LOWと対談したときに俺がその店に忘れた上着を、スタジオまでわざわざ届けてくれたTOSHI-LOW。届けてくれたときに、スカパラ加藤が、或る曲をTOSHI-LOWに歌って貰おうって思いついた。トシロウ!いいことして良かったな!笑 そもそも俺が上着を忘れてやったお蔭だ!大嘘
TOSHI-LOWはずっとスカパラで歌いたいって言ってくれてました。今回実現できてほんとに嬉しいです。
TOSHI-LOWは『鬼』と呼ばれているけど、もし、鬼が人間世界で本物の人の優しさに触れてしまったら、きっと自分の身を犠牲にしても必死で人間を守ってくれるに違いない 笑 そんなことを考えながら、野望を持ちづらい時代に向けて歌詞を書きました。徒手空拳で闘う人間讃歌を是非聴いてください。

LINE LIVE「スカパラ ニューアルバム リリース記念トークライブ」

3月9日(金)21:00〜 配信
出演:東京スカパラダイスオーケストラ
配信URL:https://live.line.me/channels/21/upcoming/7532368
■東京スカパラダイスオーケストラ LINE LIVE特設販売サイト』期間限定OPEN!
アルバム『GLORIOUS』3形態のうちいずれかをご予約・ご購入で、
“スカパラメンバー全員の直筆サイン入りB2ポスター”を先着でプレゼント!
さらに3月28日(水)開催の東京キネマ倶楽部でのプレミアムライブへの先行抽選応募特典も!
※販売開始までは対象商品は表示されませんので、あらかじめご了承ください。
※数量限定につき、お1人様各1点までの購入制限とさせて頂きます。また予定枚数に達し次第、販売は終了致します。
特設サイト販売期間:3月9日(金)21:00〜3月18日(日)12:00(正午)まで
特設サイトURL:http://sp.mu-mo.net/shop/rr/skapara_linelive/

アルバム『GLORIOUS』

2018年3月14日(水)発売



【CD+2DVD】
CTCR-14935/B〜C/¥5,200+税
【CD+Blu-ray】
CTCR-14936/B/¥5,600+税
【CD only】
CTCR-14937/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01. Glorious
02. 白と黒のモントゥーノ feat. 斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)
03. The Battle of Tokyo
04. Te Quiero con Bugal?( テ・キエロ・コン・ブガルー) feat.iLe
05. 恋して cha cha cha
06. Believer feat. Emicida and Fi?ti FPM Remix
07. 野望なき野郎どもへ feat. TOSHI-LOW (BRAHMAN / OAU)
08. True Heart
09. 白と黒のモントゥーノ feat. 斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)MONDO GROSSO Remix
10. The Ring
■DVD & Blu-ray
・From 2017 Hall Tour“TOKYO SKA Has No Border" at 中野サンプラザ/東京エレクトロンホール宮城
・LATIN AMERICA TOUR 2017 “NO BORDERS" ライブドキュメンタリー(完全版)



【関連リンク】
東京スカパラダイスオーケストラ、新作にTOSHI-LOW(BRAHMAN)の参加を発表!
東京スカパラダイスオーケストラまとめ
BRAHMANまとめ
aiko、過去最大規模のホールツアー『Love Like Pop vol.20』開催決定

【関連アーティスト】
東京スカパラダイスオーケストラ, BRAHMAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, コラボ, アルバム, リリース, 特典

aiko、過去最大規模のホールツアー『Love Like Pop vol.20』開催決定
Thu, 08 Mar 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

aikoの全国ホールツアー『Love Like Pop vol.20』の開催が決定した。オフィシャルモバイルサイト「Team aiko」の会員向けサービス“aikoメール”にて、ツアーを行なう旨が本人から発表されていたが、その詳細スケジュールが発表となった。

記念すべき20回目となる『Love Like Pop vol.20』は、6月8日(金)の川崎市スポーツ・文化総合センター公演を皮切りに12月9日(日)の大阪フェスティバルホール公演まで、約6ヶ月に亘るロングツアーとなる。徳島・鳴門市文化会館や、滋賀・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール、山形・やまぎんホール(山形県県民会館)は、aikoがツアーで訪れるのは今回が初めてとのこと。東京・NHKホールは8公演、大阪フェスティバルホールでは6公演が開催され、川崎市スポーツ・文化総合センター、鳥取・米子コンベンションセンター、静岡・アクトシティ浜松 大ホール、青森・八戸市公会堂 大ホールなど、初めて訪れる会場を含む27会場45公演の自身過去最大規模の公演数だ。デビュー20周年イヤーに行なわれるメモリアルなツアーにふさわしく、北は北海道、南は沖縄まで、全国津々浦々、6ヶ月に亘りaikoが全国を駆け巡る! チケットの発売情報などの詳細は後日発表予定なので続報を待とう。

■『Love Like Pop vol.20』

6月08日(金) 神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター
6月15日(金) 栃木・宇都宮市文化会館
6月16日(土) 栃木・宇都宮市文化会館
6月23日(土) 東京・NHKホール
6月24日(日) 東京・NHKホール
6月28日(木) 岡山・倉敷市民会館
6月30日(土) 鳥取・米子コンベンションセンター
7月06日(金) 静岡・アクトシティ浜松大ホール
7月08日(日) 三重・三重県文化会館大ホール
7月16日(月・祝) 大阪・大阪フェスティバルホール
7月17日(火) 大阪・大阪フェスティバルホール
7月20日(金) 京都・ロームシアター京都
7月28日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月29日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
8月06日(月) 北海道・札幌ニトリ文化ホール
8月07日(火) 北海道・札幌ニトリ文化ホール
8月11日(土・祝) 広島・広島上野学園ホール
8月12日(日) 広島・広島上野学園ホール
8月18日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
8月19日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
9月02日(日) 長野・長野ホクト文化ホール
9月07日(金) 新潟・新潟県民会館
9月12日(水) 東京・NHKホール
9月13日(木) 東京・NHKホール
9月18日(火) 埼玉・大宮ソニックシティ
9月23日(日・祝) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
9月24日(月・祝) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
9月28日(金) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
9月30日(日) 長崎・長崎ブリックホール
10月02日(火) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
10月07日(日) 沖縄・沖縄コンベンション劇場
10月12日(金) 徳島・鳴門市文化会館
10月14日(日) 香川・レグザムホール(香川県民ホール)
10月20日(土) 滋賀・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
10月22日(月) 兵庫・神戸国際会館
10月28日(日) 山形・やまぎんホール(山形県県民会館)
10月30日(火) 青森・八戸市公会堂 大ホール
11月02日(金) 大阪・大阪フェスティバルホール
11月03日(土・祝)大阪・大阪フェスティバルホール
11月17日(土) 東京・NHKホール
11月18日(日) 東京・NHKホール
11月29日(木) 東京・NHKホール
11月30日(金) 東京・NHKホール
12月08日(土) 大阪・フェスティバルホール
12月09日(日) 大阪・フェスティバルホール

Blu-ray&DVD『ウタウイヌ5』

2018年3月14日発売



【Blu-ray】
PCXP-51505/¥5,200+税
【DVD】
PCBP-51505/¥4,500+税
<収録曲>
01.恋のスーパーボール
02.ずっと
03.くちびる
04.4月の雨
05.Loveletter
06.君の隣
07.明日の歌
08.あたしの向こう
09.夢見る隙間
10.プラマイ
11.もっと
12.恋をしたのは
13.予告
14.月が溶ける
<特典映像>
・メイキング
・TV−SPOT



【関連リンク】
aiko、過去最大規模のホールツアー『Love Like Pop vol.20』開催決定
aikoまとめ
DracoVirgo、全国5カ所で開催するワンマンツアーの初日公演が大盛況!

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, ツアー

DracoVirgo、全国5カ所で開催するワンマンツアーの初日公演が大盛況!
Thu, 08 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DracoVirgoが昨年8月の活動開始から6カ月、2月26日の東京・渋谷WWW公演から『DracoVirgo 1st LIVE TOUR "Opportunity"』と題した初の全国ツアーをスタートさせた。

毛蟹 feat. DracoVirgo名義で参加したスマートフォン専用ロールプレイングゲーム『Fate/Grand Order Epic of Remnant』の4つ目の物語『亜種特異点IV 異端なるセイレム』のテーマ曲「清廉なるHeretics」は昨年11月28日に配信リリースすると、iTunesのウィークリーランキングで1位を獲得し、YouTubeでは公開からわずか1カ月で100万回超の視聴回数を記録。「清廉なるHeretics」とともにDracoVirgoの存在はじわじわと話題になってきた。それを裏付けるように、26日の渋谷WWWには今回のツアーを皮切りに、いよいよ本格的に活動を始めるDracoVirgoを歓迎しようと多くの観客が詰めかけ、大小色とりどりのランタンが天井からぶら下げられた場内は開演前からワクワクとドキドキが入り混じる熱気に包まれていた。

DracoVirgoはMAAKIII(Vo)、mACKAz(Ba)、SASSY(Dr)からなるバンドプロジェクト。彼らがかつてテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のオープニングテーマ「PRIDE」やテレビアニメ『BLEACH』のオープニングテーマ「一輪の花」のヒットで知られる男女ツインヴォーカルの6人組ロックバンド、HIGH and MIGHTY COLORの元メンバーだったことをご存知の人も少なくないはず。バンド脱退後、あるいは解散後、それぞれに活動してきた3人が“ドラゴン”と“乙女”を掛けわせた造語だという“DracoVirgo”の名のもと、再集結したきっかけや理由は分からない。しかし、前述した「清廉なるHeretics」と渋谷WWW公演を行なったその日に配信リリースした「KAIBUTSU」の2曲のみを公開したタイミングで、5カ所とはいえ、いきなり全国を…しかもワンマンで回ってしまうところに、このプロジェクトにかける3人の想いや、どんなスタンスで活動していこうと考えているのか、あれこれと想像が膨らむではないか。

階段状のスタンディングの客席を上から下まで埋めた観客が見守る中、開演時間ぴったりに街の喧騒が聞こえ始める。ライヴは夢と現実、陰と陽が入り混じる町=オポチュニシティーに迷い込んだDJ Massがとある店のショーウインドーに並んでいた3体のマネキンに息を吹き込むという芝居仕立てのオープニングからファンクポップな「xxxx」に雪崩れ込むようにスタート。そこから1時間30分、バックドロップにさまざまな映像を映し出しながら、ステージの4人はMCも挟まず、ほぼノンストップで全16曲を披露した。

「清廉なるHeretics」「KAIBUTSU」そしてこの日初披露となった未発表の新曲2曲以外は、MAAKIIIがソロ名義で発表してきた曲だったが、DracoVirgoとして演奏するため、『兎に角、ジェネシス!!!!!』の楽曲をDJ Massとともにリアレンジ。ガールポップな魅力を前面に打ち出した「いーじゃんっ!」、EDM風のダンスナンバー「トリックスター」など、それぞれに違う魅力を持った曲の数々は、どれも違和感なく楽しめたが、MAAKIIIのソロ活動もフォローしてきたファンならオリジナルと今回のリアレンジの違いも聴きどころだったに違いない。

ヴォーカルとリズム隊の3人にDJを加えた編成ながら同期を大胆かつ巧みに使って、これっぽっちもギターレスであることを意識させない完全なるバンドサウンドだったことも声を大にして言っておきたいポイントだ。棘のある言葉を随所随所に織り交ぜ、聴き手を慌てさせるMAAKIIIの伸びやかな歌を、重厚かつグルーヴィーな演奏で支えながら、ここぞというところではプレイヤーとしての闘志を剥き出しにして、mACKAzとSASSYが繰り広げる激しいソロの応酬は、この夜、何度観客を興奮させ、会場の温度を上げただろう。

mACKAzが客席に手拍子を求めながら、SASSYと長尺のインプロヴィゼーションを繰り広げている間、一旦ステージを降りていたMAAKIIIが衣装のマイナーチェンジとともに、それまでアップにしていた髪を下ろしてステージに戻ってきてから“1-2-3-4!”のカウントで始まった「超感覚的知覚」のアップテンポの演奏が、今思えばラストスパートの合図だったようだ。そこでグッと上がった演奏の熱気は、ピアノが儚げに鳴る「清廉なるHeretics」から3曲、じっくりと歌を聴かせるミッド〜スローテンポの曲を続けても一向に下がることなく、MAAKIIIが笑顔でステップを踏みながら歌ったラストのダンスナンバー「SPAAAAAAAAAARK!!!」で、さらに過熱。手拍子したり、手を振ったりしながらバンドの熱演に応える観客とともに、この日一番の大きな盛り上がりを作り上げた。

“たくさん、みんなとつながれる機会を作っていくので、ぜひ応援してください”と最後にMAAKIIIは語ったが、この日、メンバーたちはファンとのつながりに大きな手応えを感じたに違いない。ファンを含む多くのリスナーとつながる機会を求め、音源のリリースを待たずに行なうツアーの経験を、彼らがこれからの活動に反映させていくか、この日のライヴを観た誰もが楽しみにしているはずだ。

撮影:yukubo/取材:山口智男

【ライヴ情報】
『DracoVirgo 1st LIVE TOUR "Opportunity"』
3月08日(木) 愛知・名古屋ell.FITS ALL
3月09日(金) 大阪・梅田Zeela
3月22日(木) 沖縄・桜坂セントラル Guest : MEG (2side1BRAIN / ex.HIGH and MIGHTY COLOR)
※終了分は割愛

チケット一般発売中!
<LIVE SPOT映像>
https://youtu.be/9EBSpn1l7lg

▼DracoVirgo 1st Original Song「KAIBUTSU」好評配信中!
<iTunes>
https://itunes.apple.com/jp/album/kaibutsu-single/1346510529

<レコチョク>
http://recochoku.jp/song/S1006398236/

<mora>
http://mora.jp/package/43000074/TCJPR0000418305/

▼DracoVirgoオフィシャルサイト
http://dracovirgo.jp/



【関連リンク】
DracoVirgo、全国5カ所で開催するワンマンツアーの初日公演が大盛況!
DracoVirgoまとめ

【関連アーティスト】
DracoVirgo
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1