歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
Plastic Tree、メンバーによるアルバム『doorAdore』の全曲解説を公開&ハイレゾ配信スタート!
Wed, 07 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ロックを基軸に幅広い音楽性で進化を続けるバンド・Plastic Treeが、3月7日(水)にリリースする14枚目のアルバム『doorAdore』のメンバーによる全曲解説が公開となった。2017年のメジャーデビュー20周年を経て制作された今作は、長いキャリアに裏打ちされた円熟味と、長いキャリアを経てもなお攻め続ける瑞々しさが同居した意欲作。“バンドの次の扉(door)を連想させる”、そして“バンドの音楽への敬慕(Adore)を体現した”ひとつの到達点ともいえる作品に仕上がっている。そんな今作『doorAdore』は、発売と同時にハイレゾ配信もスタート! ネクストステージへ到達した彼らの最新アルバムを、ぜひ高解像度の音源でも堪能してほしい。

今作は通常盤の他に完全生産限定盤Aと完全生産限定盤Bの全3形態リリース。完全生産限定盤には、2017年7月にパシフィコ横浜で大盛況のうちに終了した『メジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演』のライブDVDが付属。完全生産限定盤Aには、バンドの前半10年の作品からファンリクエストを募り行なわれた『第一幕【Plastic】things/1997?2006』が全曲、完全生産限定盤Bには後半10年の作品からファンリクエストを募り行なわれた『第二幕【Tree】songs/2007?2016』の全曲を収録している。このパシフィコ横浜公演のDVDのトレーラーもYouTubeで公開されているので、周年を記念して衣装含め“完全再現”された完成度の高いライブをぜひ見てほしい。ちなみに、限定盤のAとBにはそれぞれ内容の違うスペシャルフォトブックが付属された豪華BOX仕様となっており、フォトブックは写真家・宮澤正明による撮り下ろしなので、気になる方はお早めにチェックを!

そして、早速3月10日(土)からアルバム『doorAdore』を引っ提げての全国ツアーも開催される。『Plastic Tree Spring Tour 2018『doorAdore』』と題して、5月9日(水)の中野サンプラザ公演まで全国19会場で行なわれる。

■【アルバム『doorAdore』全曲解説】

■1.遠国 (有村竜太朗)
曲をはじめて聴いたときに一枚のデッサンのような絵が見えて。
そしてバンドで音を積み上げたり、それに言葉をつけていったりすると、空や風や光や湿度やらを感じとれるような具体的な風景画となり。
それはあまりにも自然で理想的な曲の生まれ方で。
結果的に写真撮影のため向かった砂丘にて映像まで撮れたのも。
このアルバムの一曲目になってドアを開ける曲になったことも。
たぶんそれが理由なのかなぁ、って思います。

■2.恋は灰色 (長谷川正)
このメロディーにはまる言葉選びに少し悩みましたが、うまく世界を描けたと思います。
ちなみに…タイトルと曲調のギャップはちょっと狙いました。

■3.エクジスタンシアリスム (有村竜太朗)
いつも歌詞書きが〆切寸前までかかる小生なのですが。
この曲のエネルギーといいますか刺激といいますか。なんかすごいものがあり、メンバーとのプリプロ作業の冒頭で歌詞作業が終わってしまい、そしてそれは滅多にない事なのでみんなに驚かれまして、それがなんか妙に嬉しかったです。
そんな歌詞に関しては。
自分においてもそれを取り巻く全てにおいても「本質」って一体何なんでしょう?といろんな場面で考える自分がいるものなのですが、気づくとそういうのどうでも良くなってしまう自分もいるなぁって。
簡潔に言うと、そんなふたつの自分が望んでることはいっつも同じ事だっていう事をやけに正直に書きました。

■4.雨中遊泳 (佐藤ケンケン)
歌詞やアレンジなど、4人それぞれの個性を凝縮したような作品です。
バラードだけど程よい熱量もあり、演奏してても心地いいです。
聴き終わる頃に雨が上がる様を感じてもらいたいです。

■5.サイレントノイズ (長谷川正)
「Collar×Malice」とのタイアップ曲ですが、Plastic Treeの個性とゲームの世界観がうまく表現出来たと思います。
楽曲そのものは普遍性をかなり意識しました。

■6.サーチ アンド デストロイ (ナカヤマアキラ)
寝起きに聞いていただくと"今日学校休んじゃおうかな?""仕事休んじゃおうかな?"とか
すご〜く良い事がないかもしれないので、良かったら就寝前とかにどうぞ!

■7.残影 (佐藤ケンケン)
いろんなアレンジを試した中で、一番シンプルで唄に相性がいい選択をしました。
歌詞も、他の作品より特に竜太朗さんの唄声を意識して書き上げました。

■8.いろつき (佐藤ケンケン)
遊び心のある、実験的な制作作業でした。
あえて未完成なままのような、余白があるような、でもこれ以上はないような、そんな作品です。
歌詞は、メロディの響きやテーマから浮かんできた言葉から作っていきました。

■9.念力 (長谷川正)
グルーヴとメロディーという、Plastic Treeが最初に求めた要素を、今の自分達らしく形にした楽曲です。
アレンジの隅々に影響を受けたアーティストのモチーフを取り入れていますので、その辺りも楽しんで頂けたら。

■10.scenario (ナカヤマアキラ)
寝起きに音源を聞いていただくと、恐らくいい感じで学校や職場に
行く気になるんじゃないかと思います。
今日も一日頑張っちゃおうかな!的な感じで。

■11.ノクターン (ナカヤマアキラ)
寝起きに聞いていただくと"今日学校休んじゃおうかな?""仕事休んじゃおうかな?"とか
思ってたら"うぉー!学校行くぜ!""仕事行くぜ!"って気分になるかなと。
いい感じのとこでとっとと学校や仕事に行かないと、最後まで聞くと"やっぱこのまま寝ちゃお"ってなるかも。

■12.静かの海 (有村竜太朗)
先のシングルで発表していた楽曲なのでアルバム制作と並行したライヴでもよく演奏していた曲。
そんなライヴの最中、どうしてもこの曲は「doorAdore」に必要な曲だなぁと思って。????????
そうメンバーに言い出した俺も実はいまだにそれは何故か?と問われるとはっきりと説明出来る言葉はないのです。????????
ただこの曲は自分と事とバンドの事とそれを聴いてくれる誰かのことも書いた楽曲なので。????????
そう思うとドアの向こうにある場所がこんなところだったらいいな、って思った個人的な我儘な感情がきっとこの曲をアルバムの最後に捧げたかったのかなぁ、なんて思ったりもします。????????
なので、そう思わせてくれたバンドのメンバーと聴いてくれる誰かと一緒にこのアルバムのドアを閉じるような、そんな曲です。????????

【アルバム『doorAdore』ハイレゾ配信URL】

■レコチョク http://recochoku.jp/album/A1009582691/
■mora http://mora.jp/package/43000005/VICL-64964_F/
■groovers http://www.groovers.co.jp/mqs/album/detail/LOT6PVi
■e-onkyo http://www.e-onkyo.com/music/album/veahd11845/

アルバム『doorAdore』

2018年3月7日発売



【完全生産限定盤A】(CD+DVD+スペシャルフォトブックTypeA)
VIZL-1335/¥9,800+税
※BOX仕様
<収録曲>
■CD
1.遠国
2.恋は灰色
3.エクジスタンシアリスム
4.雨中遊泳
5.サイレントノイズ
6.サーチ アンド デストロイ
7.残映
8.いろつき
9.念力
10.scenario
11.ノクターン
12.静かの海
■DVD
メジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演 於 パシフィコ横浜 第一幕【Plastic】things/1997?2006
・Intro
・May Day
・リセット
・絶望の丘
・幻燈機械
・「ぬけがら」
・本当の嘘
・monophobia
・クリーム
・3月5日。
・サーカス
・理科室
・グライダー
・ガーベラ
・散リユク僕ラ
・蒼い鳥



【完全生産限定盤B】(CD+DVD+スペシャルフォトブックTypeB )
VIZL-1336/¥9,800+税
※BOX仕様 
<収録曲>
■CD
1.遠国
2.恋は灰色
3.エクジスタンシアリスム
4.雨中遊泳
5.サイレントノイズ
6.サーチ アンド デストロイ
7.残映
8.いろつき
9.念力
10.scenario
11.ノクターン
12.静かの海
■DVD
メジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演 於 パシフィコ横浜 第二幕【Tree】songs/2007?2016
[DVD収録楽曲]
・眠れる森
・不純物
・エレジー
・スピカ
・ザザ降り、ザザ鳴り。
・無人駅
・オレンジ
・Sabbath
・egg
・涙腺回路
・黒い傘
・アンドロメタモルフォーゼ
・うつせみ
・メルト
・真っ赤な糸
・リプレイ
・記憶行き



【通常盤】(CD)
VICL-64964/¥3,000+税
<収録曲>
1.遠国
2.恋は灰色
3.エクジスタンシアリスム
4.雨中遊泳
5.サイレントノイズ
6.サーチ アンド デストロイ
7.残映
8.いろつき
9.念力
10.scenario
11.ノクターン
12.静かの海

【ライブ情報】

■『Plastic Tree Spring Tour 2018「doorAdore」』
3月10日(土) 新潟・NIIGATA LOTS
3月11日(日) 長野・NAGANO CLUB JUNKBOX
3月17日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
3月18日(日) 大阪・BIG CAT
3月21日(水・祝) 名古屋・ボトムライン
3月24日(土) 神奈川・川崎CLUB CITTA\'
3月29日(木) 兵庫・神戸VARIT.
3月31日(土) 長崎・DRUM Be-7
4月01日(日) 福岡・DRUM LOGOS
4月07日(土) 神奈川・横浜Bay Hall
4月08日(日) 群馬・高崎CLUB FLEEZ
4月14日(土) 広島・クラブクアトロ
4月15日(日) 京都・FAN J
4月21日(土) 栃木・宇都宮HEAVEN\'S ROCK UTUNOMIYA VJ-2
4月22日(日) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK SHINTOSHIN VJ-3
4月28日(土) 茨城・水戸mitoLIGHT HOUSE
4月29日(日) 宮城・仙台Rensa
5月01日(火) 北海道・札幌ペニーレーン24
5月09日(水) 東京・中野サンプラザ

■『Plastic Treeパシフィコ横浜国立大ホール“全14アルバムリクエスト"公演2018』
7月07日(土) 神奈川・パシフィコ横浜
・第一幕【Plastic】things/1997?2006
開場/13:30 開演/14:00
・第二幕【Tree】songs/2007?2018
開場/17:30 開演/18:00



【関連リンク】
Plastic Tree、メンバーによるアルバム『doorAdore』の全曲解説を公開&ハイレゾ配信スタート!
Plastic Treeまとめ
BiSH、TVアニメ『3D彼女 リアルガール』のEDテーマを担当

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース, ツアー

BiSH、TVアニメ『3D彼女 リアルガール』のEDテーマを担当
Wed, 07 Mar 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHの新曲「HiDE the BLUE」が、日本テレビ系TVアニメ『3D彼女 リアルガール』のエンディングテーマに決定したことがわかった。

『3D彼女 リアルガール』は原作コミックが電子含めて累計120万部を突破し、2018年の実写映画化とTVアニメ化が決定! オープニングテーマをくるりが担当する話題沸騰中の作品だ。エンディングテーマとなる「HiDE the BLUE」は今作のために書き下ろされた新曲となっている。

アニメは4月3日(火)放送開始予定なので、お楽しみに!

■【セントチヒロ・チッチ コメント】

「授業サボって隠れてた屋上、陰口にふつふつとしてた日々、ヤキモチで溶けそうな休み時間、大好きな友達、好きだった先輩、帰り道の坂、3D彼女 リアルガールを読んで色んなことを思い出しました。2人の優しい強さと曲がらない綺麗な心に青春をまた経験しているようなノスタルジーな気持ちになります。胸がズキッとなるのは自分を重ね合わせていたからかな。エンディングテーマのHiDE the BLUEは悩みながらも気持ちに素直になろうと、そして“君に会いたい”と素直に言っています。青春時代を過ごしたあなたと彼らとを重ねて聴いてみてください」

TVアニメ『3D彼女 リアルガール』

■放送情報
4月3日(火)から日本テレビAnichU枠で毎週25:59より放送開始!
■配信情報
日テレオンデマンド:4月4日(水)から毎週0:00より配信開始!
dアニメストア:4月4日(水)から毎週12:00より配信開始!
Hulu:4月4日(水)から毎週12:00より配信開始!
■アニメ公式サイト
http://www.3dkanojo-anime.com

(c)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会



【関連リンク】
BiSH、TVアニメ『3D彼女 リアルガール』のEDテーマを担当
BiSHまとめ
Mrs. GREEN APPLE、アルバム『ENSEMBLE』の特設サイトがオープン

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, ユニット, グループ, 発表, 新曲, アニメ, エンディング

Mrs. GREEN APPLE、アルバム『ENSEMBLE』の特設サイトがオープン
Wed, 07 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが4月18日(水)にリリースする3rdアルバム『ENSEMBLE』の情報をまとめたスペシャルサイトをオープン! サイト上には、アルバム収録曲で未だ発表になっていない楽曲には鍵がかかっており、今後何らかの方法でその鍵が解かれていくとのこと。既に彼らのオフィシャルInstagramストーリーズでは謎の画像が24時間限定でアップされ、SNS上で話題となっている。彼らがレギュラーを担当しているTOKYO FM/JFN38局ネット「SCHOOL OF LOCKS!」内、毎週水曜OAの「ミセスLOCKS!」に注目だ。

そして、アルバムリリースを記念した先行試聴会『Mrs. 先行試聴PARTY』の東京と大阪はメンバーが全員が参加し、名古屋、札幌、福岡は大森と藤澤の2名が参加することも明らかになった。この先行視聴会は、まだ明るみになっていないアルバムの楽曲をいち早くフルサイズで聴きながら、メンバーの楽曲解説もある貴重なイベントとなっているので、ぜひ応募してみてほしい。アルバム予約者が応募の対象とっており、大阪、名古屋の応募締切は3月8日(木)までなので、お早めにチェックを!

■アルバム『ENSEMBLE』スペシャルサイト
http://po.st/mga_ensemble_ss

アルバム『ENSEMBLE』

2018年4月18日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29294/ ? 3,500+税
<収録曲>
■CD
「どこかで日は昇る」(劇場用映画「笑う招き猫」主題歌 & MBS/TBSドラマ「笑う招き猫」エンディングテーマ)
「スマイロブドリーマ」(MBS/TBSドラマ「笑う招き猫」オープニングテーマ)
「WanteD! WanteD!」(カンテレ・フジテレビ系 火9ドラマ「僕たちがやりました」オープニング曲)
「On My MiND」(日本テレビほかアニメ「ナナマル サンバツ」オープニングテーマ)
「WHOO WHOO WHOO」
「Love me, Love you」を含む全13曲。
■DVD ※初回限定盤のみ
スタジオセッションやライブ映像、MUSIC VIDEOなど全13曲分の映像とMUSIC VIDEOのメイキング映像を収録。

※『ENSEMBLE TOUR』9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場公演
先行抽選シリアルナンバー封入



【通常盤】(CD)
UPCH-20483/ ¥2,800+税

※『ENSEMBLE TOUR』9月8日(土)9日(日)千葉・幕張メッセ 国際展示場公演
先行抽選シリアルナンバー封入

◎早期予約特典
クリアファイル(A4サイズ)
対象期間:2月22日(木)〜3月25日(日)23:59
※一部お取扱いの無い店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)

◎CD購入者対象特典
■チェーン別オリジナル特典:オリジナルポスター(B3サイズ※515mm×364mm) ※絵柄後日発表
対象チェーン:タワーレコード全店/TSUTAYA RECORDS全店/HMV全店/Amazon.co.jp
※特典は無くなり次第終了となります。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)

■ショップ購入特典:告知ポスター(B2サイズ※728mm×515mm)
※チェーン別オリジナル特典が付く店舗は対象外となります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)
UNIVERSAL MUSIC STORE http://store.universal-music.co.jp/artist/mrsgreenapple/

『Mrs. 先行試聴PARTY』

3月22日(木) 大阪市内某所/18:30開始予定
3月24日(土) 名古屋市内某所/18:00開始予定
3月30日(金) 福岡市内某所/18:30開始予定
4月08日(日) 札幌市内某所/17:30開始予定
4月14日(土) 東京都内某所/17:30開始予定
※応募対象店舗:タワーオンラインを除くタワーレコード全店

■応募詳細はオフィシャルサイトにて https://mrsgreenapple.com/

『ENSEMBLE TOUR』

5月12日(土) 東京 パルテノン多摩 大ホール
5月19日(土) 香川 サンポートホール高松・大ホール
5月20日(日) 広島 広島JMSアステールプラザ 大ホール
5月26日(土) 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール
5月27日(日) 福島 郡山市民文化センター 中ホール
6月03日(日) 北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月09日(土) 宮城 トークネットホール仙台(仙台市民会館)大ホール
6月15日(金) 大阪 オリックス劇場
6月17日(日) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
7月15日(日) 福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
7月20日(金) 静岡 静岡市民会館 中ホール
7月27日(金) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
8月04日(土) 長野 ホクト文化ホール 
9月08日(土) 千葉 幕張メッセ 国際展示場
9月09日(日) 千葉 幕張メッセ 国際展示場



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、アルバム『ENSEMBLE』の特設サイトがオープン
Mrs. GREEN APPLEまとめ
サカナクション、初のベスト盤『魚図鑑』発売記念の配信キャンペーンを開催

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース

サカナクション、初のベスト盤『魚図鑑』発売記念の配信キャンペーンを開催
Wed, 07 Mar 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年のメジャーデビューからバンドシーンのトップを走り続けてきたサカナクションが、自身初となるベストアルバム『魚図鑑』を3月28日(水)にリリースする。今作の発売を記念して、これまで配信リリースしたオリジナルアルバム6作品、カップリング&リミックスアルバム2作品のダウンロード購入者を対象とするキャンペーンがスタート! 3月7日(水)から3月31日(土)までの期間に、対象商品を購入した方の中から抽選で30名様にライブ『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』の会場で販売された“BE@RBRICK × sakanaction”がプレゼントされる。

このキャンペーンは、オリジナルアルバムを通してベスト盤に収まりきらないサカナクションの名曲の数々と出会う絶好の機会。ぜひタイミングでサカナクションの生み出してきたサウンドを、通常のダウンロード音源から最高品質のハイレゾ音源まで揃ったデジタル音源でも堪能してほしい。応募方法及びキャンペーンの詳細は、特設サイトをチェック!

■【キャンペーン詳細】

<キャンペーン期間> ※購入対象期間
3月07日(水)〜3月31日(土)23:59

<キャンペーン特設サイト>
http://www.jvcmusic.co.jp/sakanaction/sakanazukan/campaign/

<対象アルバム> ※ハイレゾ配信作品も対象
『GO TO THE FUTURE』(2007.5.9 release)
『NIGHT FISHING』(2008.1.23 release)
『シンシロ』(2009.3.4 release)
『kikUUiki』(2010.3.17 release)
『DocumentaLy』(2011.9.28 release)
『Sakanaction』(2013.3.13 release)
『月の波形 〜Coupling & Unreleased works〜』(2015.8.5 release)
『月の変容 〜Remix works〜』(2015.8.5 release)

<対象ストア> ※50音順
iTunes Store、Amazon、アーティスト公式サウンド、e-onkyo music、オリコンミュージックストア、GIGA MUSIC、groovers、Google Play、着信★うた♪、TSUTAYA、dwango.jp、mysound、music.jp、mu-mo、mora、LINE MUSIC、レコチョク



【関連リンク】
サカナクション、初のベスト盤『魚図鑑』発売記念の配信キャンペーンを開催
サカナクションまとめ
BUCK-TICK、アルバム『No.0』の試聴トレーラーを解禁

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, キャンペーン, リリース, 音楽配信

BUCK-TICK、アルバム『No.0』の試聴トレーラーを解禁
Wed, 07 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKが3月14日(水)にリリースする21枚目のオリジナルアルバム『No.0』の収録曲に迫る、先行試聴トレーラーが公開された。すでにリリースされているシングル曲はもちろんのこと、web初公開となる「美醜LOVE」「IGNITER」「GUSTAVE」「ゲルニカの夜」「薔薇色十字団 - Rosen Kreuzer -」が登場! 21枚目にして、なおも進化を続けるBUCK-TICKのアルバム世界の片鱗をいち早く体感してみてほしい。

また、今作を1日でも早く聴きたい方はリリースを前にアルバムの全曲をライヴハウスの大音量で試聴できる『NEW ALBUM『No.0』世界最速先行試聴会』が3月12日(月)にタワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOで実施されるので、ぜひ参加してみよう! 

アルバム『No.0』

2018年3月14日発売



【完全生産限定盤A】(SHM-CD+SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1340/¥5,980+税
【完全生産限定盤B】(SHM-CD+SHM-CD+DVD)
VIZL-1341/¥5,480+税
<収録曲>
■CD
01.零式13型「愛」
02.美醜LOVE
03.GUSTAVE
04.Moon さよならを教えて
05.薔薇色十字団 - Rosen Kreuzer -
06.サロメ - femme fatale -
07.Ophelia
08.光の帝国
09.ノスタルジア - ヰタ メカニカリス -
10.IGNITER
11.BABEL
12.ゲルニカの夜
13.胎内回帰
■Blu-ray/DVD
MV「美醜LOVE」「IGNITER」「Ophelia」収録

◎A・B共通特典
※スペシャルパッケージ仕様
※シングル・アルバムトリプル購入者対象キャンペーン応募ハガキ封入(応募締切:3月28日(水)消印有効)



【完全生産限定盤C】(SHM-CD+VRコンテンツ)※VRビューアー付
VIZL-1342/¥4,480+税

◎C特典
※MV for VR「美醜LOVE」「IGNITER」「Ophelia」収録
(VRコンテンツダウンロード用PINコード封入[ダウンロード開始日:3月14日(水)0:00〜])
※本商品は、スマートフォン専用VRコンテンツ商品です。[推奨環境(OS)] iOS8.3以上、Android4.3以上
※オリジナルVRビューアー付属
※スリーブケース仕様
※シングル・アルバムトリプル購入者対象キャンペーン応募ハガキ封入(応募締切:3月28日(水)消印有効)



【通常盤】(SHM-CD)
VICL-70237/¥3,000+税

◎特典
・タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン
B2サイズポスター「BUCK-TICK×TOWER RECORDSデザイン」
・HMV全国各店/HMV&BOOKS Online
オリジナルマグネット
・TSUTAYA全国各店/ TSUTAYAオンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみとなります。
オリジナルステッカー
・新星堂全国各店/WonderGOO全国各店(一部店舗除く)/新星堂WonderGOO楽天市場店
オリジナル缶バッチ
・Rakutenブックス
オリジナルA4クリアファイル
・他チェーン(文真堂書店/タイムクリップCD取扱い各店・Amazon・ビクターエンタテインメント オンラインショップ・ネオウイング)
オリジナルポケットカレンダー

【NEW ALBUM『No.0』世界最速先行試聴会】

3月12日(月) 東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIO
時間:17:00〜18:30(入場16:30)/20:00〜21:30(入場19:30)

<参加方法>
3月2日(金)より、渋谷店で開催中のBUCK-TICK30th展の会場にてNEW ALBUM『No.0』をご予約(全額前金制)頂いた方に先着で世界最速先行試聴会の入場整理番号付参加券を配布。
Info:http://towershibuya.jp/news/2018/03/01/115658



【関連リンク】
BUCK-TICK、アルバム『No.0』の試聴トレーラーを解禁
BUCK-TICKまとめ
ZIGGY、新作発売に合わせてファン参加型の「TEENAGE LUST」MVを公開

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, バンド, トレーラー, CD, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売

ZIGGY、新作発売に合わせてファン参加型の「TEENAGE LUST」MVを公開
Wed, 07 Mar 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2ヶ月連続のリリースとなるZIGGYのニューシンク?ル第一弾「TEENAGE LUST」か?、3月7日に発売された。このリリースに伴い、最新MV「TEENAGE LUST」も公開! 今回はライヴハウスをロックアウトし、募集て?集結したオーテ?ィエンスか?この撮影のためた?けに作られたオリシ?ナルのTシャツを身に着け、エキストラとして参加した白熱のライヴテイクとなっている。

そして、YouTube動画『ZIGGY森重樹一の11の挑戦!』て?は、「TEENAGE LUST」のMV撮影に潜入! サホ?ートメンハ?ーのコメントや緊張感あふれる撮影の中、本番中の森重に無茶なミッションか?…。ロックレシ?ェント?のMV撮影の様子をぜひ堪能してみてほしい。

また、フシ?テレヒ? NEXT「MUSIC SOUP -45r.p.m.(revolution per man)」にも出演が決定。こちらでは、自分た?けの音楽体験をとっておきの45曲に託してたっふ?り語るとのことなので、詳しくは番組公式ページをチェックしてほしい。

■フシ?テレヒ? NEXT「MUSIC SOUP -45r.p.m.(revolution per man)」詳細
http://otn.fujitv.co.jp/b_hp/909200077.html

シングル「TEENAGE LUST」

発売中



PECF-3198/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.TEENAGE LUST
02.英雄は一人、生の果て
03.TEENAGE LUST(inst)
04.英雄は一人、生の果て(inst)
■DVD
MV、写真撮影 他 オフショット映像集



【関連リンク】
ZIGGY、新作発売に合わせてファン参加型の「TEENAGE LUST」MVを公開
ZIGGYまとめ
majiko、新作の発売日に「心做し」ライヴ映像&関係者コメントを一挙公開

【関連アーティスト】
ZIGGY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 音楽番組, 出演

majiko、新作の発売日に「心做し」ライヴ映像&関係者コメントを一挙公開
Wed, 07 Mar 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

実力派ヴォーカリスト・majikoが3月7日(水)にリリースした移籍第1弾作品『AUBE』の発売を記念して、YouTubeでこれまでに280万再生を記録しているmajikoの代表曲とも言える「心做し」のライヴ映像、そして関係者からのコメントが公開された。

また、アルバム発売を記念して3月6日(火)に行なわれたLINE LIVEは、今回のアルバムに楽曲を提供したストレイテナーのホリエアツシとthe band apartの荒井岳史をゲストに迎えて行なわれ、アルバムに収録された荒井岳史作曲による「Learn to Fly」と、2017年に発売されたストレイテナーのトリビュートアルバム『PAUSE 〜STRAIGHTENER Tribute Album〜』でmajikoが参加した「冬の太陽」をアコースティックセットで披露。“生とは思えない!”といったコメントも飛び出すほど、majikoの歌の上手さとトーク時とのギャップも話題となった。LINE LIVEは3月20日(火)午前0時まで視聴無料でアーカイブ配信されているのでお見逃しなく!

■LINE LIVE アーカイブ配信
https://live.line.me/channels/21/broadcast/7495361

■【コメント】

■haruka nakamura
「majikoさんと出会って、流れていた音楽の時間。
全て歌詞に、旋律に込めました。
たくさんの光が彼女のこれからの道に降り注ぎますように。
そしてこの「声」が一人でも多くの方に届きますように」

■荒井岳史(the band apart)
「「きっと忘れない」に続き、2回目の楽曲提供させて頂きましたが、相変わらずの歌の破壊力!
彼女の声で曲が“化ける”瞬間をまた目撃できて嬉しいです!」

■sasakure.UK
「majikoさんとは以前有形ランペイジの1stアルバムに参加してくれた縁がありまして、
また一緒に音楽やりたいですね、という話をしていたのですが、この度5年越しにようやく!その願いが叶いました。
5年を経て、majikoさんは素敵な歌唱力を持つアーティストへと成長を遂げました。
人生というのはなかなか一筋縄ではいかないもので、救いもあれば挫折もあり、その都度悩んだり、
これで良かったのだろうかと振り返っては自問自答を繰り返したり。それでも道を踏み出していった結果、
今のmajikoさんの姿があるのだろうと思っています。
「アガルタの迷い子」は、そんなmajikoさんや僕の中に渦巻く人生観をコンセプトにした楽曲です。
ほんの少しの道化と、愛をどうか」

■堀江晶太(kemu / PENGUIN RESEARCH)
「「ダーウィン先生の倦怠」、極悪なサウンドを、とのオファーでしたので気の済むまでやった結果、
無事、様子のおかしい楽曲になりました。
ピッチ補正無し、出たとこ勝負録りっぱなしのボーカルレコーディング、
やりたい放題の衝動に一切臆さず妥協しない姿勢が印象的でかっこよかったです」

■市川喜康
「長い時間をかけ、じっくりと制作するなかで、「UNDERCOVER」という曲がどんどんmajikoさんのものになっていく感覚がありました。
今想えば、最初にお会いしたときから彼女のイメージは一貫していたように思います。
ミュージシャンやエンジニアにも支えられ、素晴らしい仕上がりになったのではないでしょうか。
シンガーとして、ソングライターとして、どこまでも羽ばたいていく彼女に期待しています」

■小嶋貴之(映像ディレクター)
「何度もmajikoさんを撮影させてもらっていますが、普段のひょうひょうとした感じから、
ふと声を出したとき、いやそこに立ったとき、一気に変わる世界にいつも圧倒されます。
この声は全ての感情を引き受ける覚悟のある声だ、そう感じます。
まだまだ見果てぬ感情を感じさせて下さい」

■Rayons
「最初に送られてきた、ホリエさんのファルセットで歌うデモが素晴らしすぎて、その時点で既に感動...
密室さ、明け方手前の空気感、痛々しさ、そういうものが、majikoさんの爆発する歌声によって、どうか届きますように!
是非大音量で聴いて下さい」

■ホリエアツシ(ストレイテナー)
「この歌声を知ってほしい。
この音楽に触れてほしい。
どの楽曲も素晴らしくて、majikoの歌声はその楽曲の魅力を200%にする。
僕が10年以上眠らせていた曲「AM」は、Rayonsのピアノ&ストリングスアレンジとmajikoの歌で、ここに覚醒しました」

ミニアルバム『AUBE』

発売中



【限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9102/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
01.声 / Music & Lyrics haruka nakamura Arrangement majiko,木下哲
02.Learn to Fly / Music & Lyrics,Arrangement 荒井岳史
03.アガルタの迷い子 / Music & Lyrics sasakure.UK Arrangement 有形ランペイジ
04.スープの日/ Music H ZETT M Lyrics jam,majiko Arrangement H ZETT M
05.ダーウィン先生の倦怠 / Music 堀江晶太 Lyrics majiko Arrangement 堀江晶太
06.UNDERCOVER / Music & Lyrics 市川喜康 Arrangement 坂本秀一
07.Avenir / Music & Lyrics majiko Arrangement majiko,木下哲
08.AM / Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement Rayons
■DVD
〈Live Video〉
01.end / Music & Lyrics majiko
02.このピアノでお前を875963 2145回ぶん殴る / Music & Lyrics SLAVE.V-V-R
03.ノクチルカの夜 / Music & Lyrics majiko
04.ダージリン / Music & Lyrics majiko
05.彗星のパレード / Music & Lyrics ホリエアツシ
06.心做し / Music & Lyrics 蝶々P
07.冬の太陽 / Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement majiko,木下哲
08.世田谷ナイトサファリ / Music & Lyrics みきとP
09.アマデウス / Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement みきとP
10.きっと忘れない / Music & Lyrics 荒井岳史
11.Avenir / Music & Lyrics majiko Arrangement majiko,木下哲

ワンマンLIVE「Decembre」at 渋谷WWW Xの模様をダイジェストで収録



【通常盤】(CDのみ)
UICZ-4416/¥2,000(税込)
<収録曲>
01.声 / Music & Lyrics haruka nakamura Arrangement majiko,木下哲
02.Learn to Fly / Music & Lyrics,Arrangement 荒井岳史
03.アガルタの迷い子 / Music & Lyrics sasakure.UK Arrangement 有形ランペイジ
04.スープの日/ Music H ZETT M Lyrics jam,majiko Arrangement H ZETT M
05.ダーウィン先生の倦怠 / Music 堀江晶太 Lyrics majiko Arrangement 堀江晶太
06.UNDERCOVER / Music & Lyrics 市川喜康 Arrangement 坂本秀一
07.Avenir / Music & Lyrics majiko Arrangement majiko,木下哲
08.AM / Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement Rayons



【関連リンク】
majiko、新作の発売日に「心做し」ライヴ映像&関係者コメントを一挙公開
majikoまとめ
ホリエアツシ(ストレイテナー)まとめ
荒井岳史まとめ
ストレイテナーまとめ

【関連アーティスト】
majiko, ホリエアツシ(ストレイテナー), 荒井岳史, ストレイテナー, the band apart
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, CD, DVD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, ライブ

超特急オフィシャルカレンダー、ビジュアル&メイキング映像を解禁!
Wed, 07 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が、3月20日に発売するオフィシャルカレンダー第2弾から表紙ビジュアルとカレンダーのサンプルページ3点を解禁した。完全撮り下ろしとなる週めくりカレンダーのテーマは“HAPPY”。通常版の笑顔でピースする表紙をはじめ、ビーチボールや水鉄砲を手にじゃれ合う姿など、楽しそうなメンバーを激写している。また、このカレンダーではさまざまな組み合わせの2ショットも掲載。その中から、3号車・リョウガと7号車・タカシが図書館で佇む11月の週のページも先行公開となったので要チェック!

57ページにわたる大ボリュームのカレンダーには、ほかにもメンバーのさまざまな表情が詰め込まれているので、撮影中の様子はメイキング映像でチェックしてみよう。販売はLoppi&HMV限定となり、現在予約受付中! 表紙とカレンダーページ16枚が通常版と異なる、ファンクラブ版(会員限定)も発売されるので、8号車(=超特急のファン)はこちらも必見。

『超特急 オフィシャルカレンダー 2018.4→2019.3』

2018年3月20日発売
¥2,500+税
仕様:A5 卓上カレンダー(ダブルリング綴じ、週めくり)
枚数:57枚
発行:SDP
※通常版とは表紙と中16枚が異なるファンクラブ版も発売。
※メンバー6人でのカレンダーになります。



【関連リンク】
超特急オフィシャルカレンダー、ビジュアル&メイキング映像を解禁!
超特急まとめ
machina(マキーナ)、資生堂とコラボしたドキュメンタリー映像を公開

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, トレーラー, 発表, リリース, 発売, ポップス

machina(マキーナ)、資生堂とコラボしたドキュメンタリー映像を公開
Wed, 07 Mar 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『SXSW 2018』への出演決定でも話題を呼んでいるmachina(マキーナ)が、化粧品会社の資生堂とコラボレーションしたドキュメンタリームービーを公開した。machinaはアンビエント&エレクトロニカなスタイルで活動中で、自身のMVが米映画祭でファイナリストに選出されるなど、映像クリエイターやモデルとしても評価の高いアーティスト。今回、これまでにも数多くの新進気鋭のモデルやアーティストを広告に起用してきた資生堂とのコラボが実現したのも、machinaの活動が資生堂スタッフの目に留まったことがきっかけになったという。

資生堂のグローバルブランド“SHISEIDO”のWEBコンテンツとして制作されたこのコラボレーションムービーは、machina自身のリアルなストーリーをドキュメンタリータッチで描いた作品。音楽を通じてどんなことを感じ、自分自身が成長してきたのかを語り、アーティストとして輝く姿を活き活きと届けている。machinaは、このコラボレーションのために全ての音楽とモノローグを書き下ろしたとのことで、まさに彼女のアイデンティティーの結晶とも言える作品となっている。同ムービーは順次グローバル展開されていく予定だ。

machinaの出演が決定した3月に米テキサス州オースティンで開催されるイベント『SXSW』は、音楽、映画、インタラクティブなど、多様なジャンルを組み合わせた世界最大規模のカルチャーフェスティバルで、世界中から集結した2,000組を超える音楽アーティストが出演。業界関係者など20万人が参加する世界有数のビッグイベントだ。世界への扉を開いたmachinaの活躍に要注目!



【関連リンク】
machina(マキーナ)、資生堂とコラボしたドキュメンタリー映像を公開
MACHINAまとめ
『きみ棲み』出演中の吉岡里帆さまが出ているMVを掘り起こし!

【関連アーティスト】
MACHINA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, トレーラー, 発表, 新曲, ポップス, ライブ

『きみ棲み』出演中の吉岡里帆さまが出ているMVを掘り起こし!
Wed, 07 Mar 2018 18:00:00 +0900


女優・吉岡里帆さんにとって初の連続ドラマ主演作である、TBS 火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』。第8話の放送も終わってますます盛り上がりを見せていますが、吉岡さんが意外にも6本以上のMVに出演していることに気が付きました! ということで、今回は吉岡さんが出演するMVを印象深い作品から今思うとびっくりな作品まで、公開順にさかのぼってみましょう。それにしても、吉岡さんが自分の作った楽曲のイメージ的存在になってくれるなんてかなり羨ましいですね…。

2018年4月にメジャーデビューが決定している4人組ロックバンド・Rhythmic Toy Worldが、吉岡さんを4年以上前にMVのヒロインに起用。学生時代の悔しい想いを胸に隠しながら社会人になった主人公が、吉岡さん演じるヒロインのマミの“諦めんなよ!”というひと言で過去と現在に立ち向かっていくストーリー。主人公の心情にリンクした楽曲の歌詞が胸に刺さるとともに、吉岡さんの演技と目力にも夢中になるショートドラマのような作品です。冒頭のショックを受けた表情から、ラストの笑顔までまるっと必見!

コカ・コーラとのコラボで制作されたこのMVは、湘南乃風の横浜スタジアム公演とリンクしたドラマチックな展開。ライヴを楽しむ主人公が振り回していたタオルを落とすと、横にいた吉岡さんもタオルを落としてしまい、拾うタイミングが一緒に…。主人公は、それから数年経ってもライヴ後にふたりで飲んだコカ・コーラが忘れられないという羨ましさ爆発の一本です。時が流れ、主人公の奥さんと子供の後ろ姿が映りますが、そんなハッピーエンドが世の中に存在するのか…。

2018年7月をもって“完結”することを発表したチャットモンチー。吉岡さん自身も学生時代からのファンであることから、MV出演が決まった際には嬉しくて堪らなかったとのこと。レコード会社勤務の24歳OLという役柄で出演し、《もう枠に収まらない》という歌詞から地域の看板を壊したり携帯電話を投げ捨てたりと破天荒な行動に出るが、人には言えない繊細さと情熱を持っている女の子をミュージカル風に演じています。かわいらしい衣装や後半のダンス、チャットモンチーの登場も含め見どころ満載!
(フルバージョンはアルバム『共鳴』の初回生産限定盤DVDに収録)

“あったかいんだからぁ〜”がブレイクしたお笑い芸人・クマムシの2ndシングル「なんだしっ!」のMVは、クマムシ、フォーリンラブのバービー、吉岡里帆という異色のコラボ。砂浜で楽曲にノリながら近づいてくるクマムシの長谷川(ツッコミ)を拒絶する吉岡さんの表情や、長谷川とバービーの謎のキスシーンがあったりと、なかなかツッコミどころが多い(笑)。そんな中でも吉岡さんの天真爛漫な笑顔はピカイチ! ぜひツッコミを入れながら、突然現れたヒロインを演じる吉岡さんを観てほしい。

吉岡さんがドラマ『ゆとりですがなにか』に出演し話題になっていた頃にMVが公開されたこの曲は、吉澤嘉代子にとっての憧れの存在であるサンボマスター・山口 隆(Vo&Gu)が作詞作曲を担当。吉岡さん演じる主人公が学校をズル休みをするところから始まるMVは、吉澤の過去のエピソードとリンクしているそう。のんびり昼食を食べている時に聴いたこの曲に衝撃を受けて外へ駆け出していく場面では、憧れる存在が知らない世界に連れ出してくれる瞬間が描かれているので共感する人も多いはず。楽曲を引っ張るように演じる、その眩しい姿に釘付けです!!

TEXT:千々和香苗



【関連リンク】
『きみ棲み』出演中の吉岡里帆さまが出ているMVを掘り起こし!
Rhythmic Toy Worldまとめ
湘南乃風まとめ
チャットモンチーまとめ
吉澤嘉代子まとめ

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World, 湘南乃風, チャットモンチー, 吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

シャネルズが敬愛するドゥーワップを堂々と鳴らした傑作『Mr.ブラック』
Wed, 07 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ソロデビューから30周年を超えた日本のR&Bシンガーの草分けと言える鈴木雅之。“クワマン”の名前で親しまれているタレント、桑野信義。ゴスペラーズやRIP SLYMEを世に送り出したことでも知られる音楽プロデューサー、佐藤善雄。彼らが在籍していたドゥーワップがシャネルズ(のちのラッツ&スター)である。今週は1980年に一世を風靡した彼らの名盤『Mr.ブラック』を取り上げ、シャネルズの偉業を語ってみようと思う。

■ドゥーワップを お茶の間に浸透させた功績

先々週、『世良公則&ツイスト』を紹介して、そこでは当然『ザ・ベストテン』や『夜のヒットスタジオ』といった昭和の歌番組にも触れることになり、アラフィフの筆者としては懐かしくもひとりで盛り上がっていたのだが、そんなところに当コラム担当編集者さんからシャネルズの『Mr.ブラック』の音源が届いた。氏もアラフィフ、さすがご同輩。よく分かっていらっしゃる。世良公則&ツイストや原田真二、Charの所謂ロック御三家に次いで昭和50年代半ばの歌番組を席巻したシャネルズ、のちのラッツ&スターも1980年代の邦楽を代表するグループである。

何と言っても“ドゥーワップ”というスタイルをお茶の間レベルにまで浸透させた功績は相当に大きい。1968年にザ・キング・トーンズが「グッド・ナイト・ベイビー」というドゥーワップ・ナンバーをヒットさせており、シャネルズの登場まで、日本においてこのジャンルがまったく未知のものというわけではなかったが、1960年代にはまだムード歌謡との区別が付いていたかどうか怪しいところ。また、山下達郎がドゥーワップ好きであることは当時もファンの間では知られていたことだが、1980年12月に発売された氏のひとりア・カペラ・アルバム『ON THE STREET CORNER』も商業的に成功したとは言い難く、ドゥーワップは少なくとも一般層に馴染みのない音楽ジャンルであった。

『ON THE STREET CORNER』の《2000年版再発CD (デジタル・リマスター版) への覚書で、山下は『1980年の日本では、アカペラという用語もドゥーワップという音楽形式もほとんど知られていませんでした。そんなものをアルバムにして出そうというのですから、取材やプロモートのたびにいちいち説明しなければなりませんでした』と、当時のことを回想している》(《》はWikipediaからの引用)との話もある。そんな中でドゥーワップ・ブームを起こしたシャネルズは音楽の多様性を日本国内に広めたグループとして、日本芸能史においても極めて重要なポジションを担う存在である。そんな彼らが遺した音源を名盤と呼ぶことに何の躊躇もなかろう。

■ラジカセCM曲とブラックフェイス

シャネルズのブレイクは、『ザ・ベストテン』や『夜のヒットスタジオ』といった昭和の歌番組の全盛期に、メインヴォーカルの4人が派手なタキシードを着て顔を黒く塗り、黒人グループの雰囲気を分かりやすく提示したことが最大の勝因であろう。現在のポリティカル・コレクトネスに照らし合わせたらNGな行為ではあろうが、彼らに差別意識はなかったことは間違いない。

『ザ・ベストテン』にシャネルズが出演した時、こんなハプニングがあった。生中継先で、ある少年がシャネルズに対して、「シャネルズって、なんで黒人のくせに香水の名前をつけてるんですか?」という差別的な質問をしたのだ。司会の黒柳徹子がその後、涙ながらにその少年の発言を糾弾したことは有名な話だが、リーダーの鈴木雅之も明らかに憤慨し、不機嫌な表情でその質問に答えていたことも忘れられない。シャネルズがどれだけ深くブラックミュージックを敬愛していたのかが分かるエピソードとも言える。まぁ、そのブラックフェイスはシャネルズの音楽そのものに直接関係する要素ではないため、あまり多くを語る必要がないと思われるので、ここでは、個人的に思う、コスチューム以外にシャネルズを押し出した要因について少し触れてみたい。

シャネルズのデビュー曲「ランナウェイ」。これはパイオニアのラジカセ『ランナウェイ』のCMソングであり、当初はCMで流れる1コーラス分のみレコーディングされたものだったという。その後、レコード化されたのはCMへの反響があったからだろうが、当時は音楽を聴くソフトはカセットテープ、ハードはラジオカセットレコーダー=ラジカセが中心だったことを懐かしく思い出す。レコードプレイヤーと大型のスピーカーと諸々とを組み合わせるシステムコンポもあったが、大型で高価だったし、少なくとも小中学生が気軽に扱えるようなものではなかった。

約40年前、『ザ・ベストテン』で音楽を聴くことに目覚めたような子供にとって丁度いいのはラジカセ。FMから流れる曲を録音できるし(そのような行為を“エアチェック”と言った気がする)、カセットテープは友人と貸し借りするのも便利だった。各家電メーカーもこぞって高機能のラジカセを市場に投入してきたし、当時の子供たちは新製品の情報を目の当たりにしてワクワクしていた。そんな中で、パイオニアのラジカセ『ランナウェイ』のCMから聴こえてきた♪ランナウェイ〜のフレーズは耳によく馴染んだし、フルコーラスを聴いてみたいとレコード化への期待が寄せられたのも無理からぬことだっただろう。ちなみにソニーの初代ウォークマンの発売は1979年7月。その後、ますますカセットテープを媒体として音楽はカジュアルになっていく。

■シングルヒットを受けて アルバム緊急発売

このまま音楽媒体の変遷とヒット曲への影響について書き記したい欲求もあるが、その気持ちをグッと堪えつつ──本題であるシャネルズ『Mr.ブラック』に話題を移そう。本作はシングル「ランナウェイ」のヒットを受けて急遽制作されたと思われるアルバムだ。何しろ、「ランナウェイ」が1980年2月発売に対して、『Mr.ブラック』は同年5月発売である。2ndシングル「トゥナイト」が同年6月発売であったから、それこそ当時の歌番組が隆盛だった状況を鑑みても、まず2ndシングルを先に出すべきではなかったかという気がしなくもない。が、デビューシングルから間髪入れずに(たぶん緊急に)アルバムを制作するに至ったことに、シャネルズの心意気を垣間見ることができる。

『Mr.ブラック』はM1〜6が「ランナウェイ」とそのカップリング曲「夢見るスウィート・ホーム」を含むオリジナル曲、M7〜13がドゥーワップのカバー集と、アナログ盤ではA面とB面とで性格の分かれた作品なのだ。コンセプトアルバムではないものの、A面のシングル曲を除くナンバーで鈴木雅之作のオリジナル楽曲を聴かせ、B面では彼らを育んだドゥーワップのスタンダードナンバーを収録することで、シャネルズとはこういうグループであることを示しているのである。もしかすると、もしかするとThe Beatlesの『Please Please Me』よろしく、時間がなくて曲が作れず、それによってこういうスタイルになっただけかもしれないが、仮にそうだったとしても結果オーライ。本作が、この時期に彼にしかできなかった良作であることは疑いようがないところである。

■グループのオリジナル曲で迫るA面

軽快かつポップなM1「ダウンタウン・ボーイ」は佐藤善雄の♪ボンボン〜というお馴染みのコーラスが飛び出し、桑野信義桑のトランペットも鳴りもいい感じで、オープニングから本作がシャネルズのアルバムであることをありありと示す。2曲目というシングル曲の定番の位置には当たり前のようにM2「ランナウェイ」が鎮座ましましている。もともとCM曲の1フレーズをレコード化に当たって1曲に仕上げたものだけに、改めて聴くと若干淡白な印象があることは否めないが、サビのメロディーのキャッチーさとそれを支えるコーラスワークの確かさは今も色褪せることがない。続くM3「月の渚−YOU\'LL BE MINE−」はピアノの跳ねた感じとコード感、M5「いとしのシェビー\'57」はその歌詞から、確実に50’Sの香りがするナンバー。M3は(鈴木雅之作曲だから当たり前なのかもしれないが)主旋律が彼の歌声にとてもマッチしているようで、すんなりと耳に飛び込んでくる楽曲だ。M6「陽気なTUSUN」はコーラスが強調されている印象に加えて、ソウルフルなブラスも入り、この人たちのブラックミュージックへの憧憬があふれている。

■ドゥーワップのカバーで魅了するB面

本領発揮…と言うと語弊があるかもしれないが、やはりM7以降、所謂B面が『Mr.ブラック』の聴きどころであろう。M7「EVERYBODY LOVES A LOVER」からいきなりくる。Doris Dayという女性シンガーの原曲を見事にカバー。主旋律は大きく変えていないのだが、アレンジは映画『ブルース・ブラザーズ』でも知られるOtis Reddingの「I Can\'t Turn You Loose」風と言ったらいいだろか。どこかジャズっぽさを残すオリジナルよりもソウルフルに…もっと言ってしまえばロック的な解釈を加えている。軽快かつポップでとてもカッコ良い仕上がりだ。楽曲冒頭の小林克也(だよね?)によるDJ風MCはまさにショーの幕開けといった雰囲気で、これもまたとても良い感じだ。M9「BAD BLOOD」でのチャイナ風のMC。M11「SH-BOOM」でのちょっとした小芝居からのアカペラ。

そして、M13「CHAPEL OF DREAMS」ではカセットテープを入れる音から始まる様子(!)など、テクニカルな小技も見逃せないが、白眉は忠実なカバーと言おうか、奇を衒わずに演奏、歌唱している楽曲だと思う。M8「SHAMA LAMA DING-DONG」での桑野信義のトランペットとともに迫る鈴木雅之のセクシーかつ迫力ある歌声。田代マサシがメインヴォーカルを務めるM10「SILHOUETTES」で彼のアーティストとしての素顔を除けるのもいいのだが、個人的にはM12「ZOOM」を推したい。The Cadillacsの原曲は♪Bom, be doo Be doo be doo be Bow wow〜が極めて印象的であり、それゆえに妙に凝ったアレンジがし難いこともあるのだろうが、この楽曲をシャネルズは素直にカバーしている。堂々と…と言い換えてもいい。敬愛するブラックミュージックを見事に昇華している様は、そのままシャネルズのグループとしての優秀さを証明しているに他ならない。傑作レコードである。

TEXT:帆苅智之

アルバム『Mr.ブラック』

1980年発表作品



<収録曲>
1.ダウンタウン・ボーイ
2.ランナウェイ
3.月の渚−YOU\'LL BE MINE−
4.夢見るスウィート・ホーム
5.いとしのシェビー\'57
6.陽気なTUSUN
7.EVERYBODY LOVES A LOVER
8.SHAMA LAMA DING-DONG
9.BAD BLOOD
10.SILHOUETTES
11. SH-BOOM
12.ZOOM
13.CHAPEL OF DREAMS




【関連リンク】
シャネルズが敬愛するドゥーワップを堂々と鳴らした傑作『Mr.ブラック』
シャネルズまとめ
ラッツ&スターまとめ
鈴木雅之まとめ
『ビクターロック祭り2018』、場内マップ公開&特設サイトでカウントダウン開始!

【関連アーティスト】
シャネルズ, ラッツ&スター, 鈴木雅之
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

『ビクターロック祭り2018』、場内マップ公開&特設サイトでカウントダウン開始!
Wed, 07 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

レコードメーカーのビクターエンタテインメントが主催する『ビクターロック祭り2018』開催までいよいよ残り10日となり、場内マップが公開された。また、3月7日(水)より出演アーティストによるカウントダウン写真をビクターロック祭り5周年特設サイトで公開していくとのこと。

さらに、場内サテライトスタジオでのLINE LIVEの生配信が決定! 『ビクターロック祭り』会場でのLINE LIVE配信は、2016年大阪、2017年幕張、2017年大阪で実施されており、それぞれ出演アーティストが登場して好評を博した。今回の生配信では『ワン!チャン!! 2018』グランプリの琴音、超能力戦士ドリアン、『ワン!チャン!! 2017』グランプリのkobore、SILYUSの他、「BARK STAGE」「ROAR STAGE」に出演するアーティストも多数駆けつけて、ビクター専属MC・ダニエル小林のナビゲートでトークを展開する。LINE LIVEの出演アーティストおよび番組詳細は『ビクターロック祭り』公式Twitterで後日発表予定とのことなのでお楽しみに。また、サテライトスタジオからの生配信となるので、会場でもアーティストのトークを楽しんでほしい。LINE LIVEにおいてライヴ映像の生中継はないのでご注意を!

■ビクターエンタテインメント公式LINE LIVEチャンネル
https://live.line.me/channels/520

■『ビクターロック祭り2018』オフィシャルTwitter
https://twitter.com/rockmatsuri

■『ビクターロック祭り2018』オフィシャルサイト
http://rockmatsuri.com

『ビクターロック祭り2018』

日程:3月17日(土)
場所:幕張メッセ国際展示場
時間:開場9:00 開演10:30 終演21:00(予定)

出演:雨のパレード、ORANGE RANGE、KICK THE CAN CREW、GRAPEVINE、サンボマスター、四星球、SOIL&“PIMP”SESSIONS、竹原ピストル、DJダイノジ、Dragon Ash、never young beach、ぼくのりりっくのぼうよみ、Yogee New Waves、吉田凜音(オープニングアクト)、RHYMESTER、Reol(ハーフタイムアクト)、レキシ、ROTTENGRAFFTY

チケット料金:前売8,990円(税込)/当日9,490円(税込)
※小学生以上はチケットが必要、未就学児童は入場無料(但し保護者同伴に限る)。

<チケット>
一般発売中
■イープラス
http://eplus.jp/vrm2018/
■ぴあ
http://w.pia.jp/t/rockmatsuri18/
TEL:0570-02-9999(Pコード:108-760)
■楽天チケット
http://r-t.jp/rockmatsuri

申込枚数制限:お1人様4枚まで
※ご利用には各プレイガイドへの会員登録が必要となります。
(入会金・年会費は必要ありません)

主催:ビクターエンタテインメント、テレビ朝日、ライブマスターズ株式会社、株式会社ディスクガレージ
企画制作:ビクターエンタテインメント、Dog Run
協賛:Eggs supported byタワーレコード株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社レコチョク、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社八海山、貝印株式会社、リクルート・タウンワーク、株式会社JVCケンウッド、三井アウトレットパーク



【関連リンク】
『ビクターロック祭り2018』、場内マップ公開&特設サイトでカウントダウン開始!
超能力戦士ドリアンまとめ
SIX LOUNGE、無機質な工場を背に演奏する「くだらない」のMV公開

【関連アーティスト】
超能力戦士ドリアン
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ライブ, チケット

SIX LOUNGE、無機質な工場を背に演奏する「くだらない」のMV公開
Wed, 07 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ライブハウスシーンで注目の大分発3ピースロックバンド、SIX LOUNGEが4月25日にリリースするミニアルバム『夢うつつ』より、リードトラック「くだらない」のMVを公開した。

監督は数々のロックバンドのMVを手掛けてきたフカツマサカズ。無機質な工場を背に、モノクロの世界でSIX LOUNGEが演奏している。ドラムのナガマツシンタロウが描く、ラブソングでありながら孤独や焦燥を感じさせる歌詞がより深く突き刺さる内容に仕上がった。

そして、「くだらない」の先行配信がスタート! iTunesなど主要配信サイトでのダウンロード配信およびApple Musicなどストリーミングサイトでの配信も開始となる。

iTunesでは、プレオーダー(アルバム予約)もスタート。発売前の予約期間中はキャンペーン価格として1,000円で、予約すると「くだらない」が先行ダウンロードできる。

■『夢うつつ』iTunesプレオーダー
http://po.st/Tgqqr8

ミニアルバム『夢うつつ』

2018年4月25日発売



【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7407/¥2,750+税
<収録曲>
■CD
01.くだらない
02.STARSHIP
03.ZERO
04.LULU
05.SUMMER PIXY LADY
06.ORANGE
07.SWEET LITTLE SISTER
■DVD
One Man Live “LOVE” at Shibuya Club Quattro(2017.12.05)



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-2158/¥1,800+税
<収録曲>
01.くだらない
02.STARSHIP
03.ZERO
04.LULU
05.SUMMER PIXY LADY
06.ORANGE
07.SWEET LITTLE SISTER



【関連リンク】
SIX LOUNGE、無機質な工場を背に演奏する「くだらない」のMV公開
SIX LOUNGEまとめ
たんこぶちん、特設ページ更新! SCANDALやサイサイのメッセージも!

【関連アーティスト】
SIX LOUNGE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, 配信, 音楽配信

たんこぶちん、特設ページ更新! SCANDALやサイサイのメッセージも!
Wed, 07 Mar 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガールズロックバンドのたんこぶちんが、3月7日に初のベストアルバム『TANCOBEST』とライヴDVD『「ニドナツ」ワンマンライブツアー 2017』の2作品を同時リリースした。

その発売にあわせて、ベストアルバム特設ページの動画コンテンツも追加掲載された。新たなメンバー個別インタビュー映像では、メンバーそれぞれがデビューから5年経ったからこそ思うこと、上京秘話、バンドの変化について、胸中を打ち明けている。また、メンバー同士のビデオレターでは、普段面と向かっては言えないことを照れながらも伝え合っているのが微笑ましい。いずれも、それぞれのキャラクターが滲み出た貴重な映像となった。

特設ページには、先輩バンドのSCANDALやSILENT SIRENから、これまで対バンしてきた数々のガールズバンドまで、総勢13組のアーティストからの熱い応援メッセージも掲載。さらに『結成から「はじまりのうた」にたどり着くまで』と題し、全メンバーが赤裸々に語った2万字に及ぶ超ロングインタビュー、メンバー選曲によるベストアルバムのダイジェスト試聴動画やライヴDVDトレーラーなど、盛りだくさんの内容となっている。

発売日の3月7日(水)には、HMV&BOOKS SHIBUYA 7階イベントスペースでインストアライヴが行なわれ、その後は全国各地でインストアライヴが開催される。ベストアルバムから厳選した楽曲が楽しめる観覧無料のミニライヴに加え、サイン会や撮影会を実施するとのことなので、ぜひ足を運んでみては?

■『TANCOBEST』特設ページ
https://www.yamahamusic.co.jp/tancobest/
■インストアイベント詳細
https://www.yamahamusic.co.jp/news/detail.php?id=935

アルバム『TANCOBEST』

発売中



【TYPE-A】(CDのみ)
YCCW-10325/¥2,037+税
<収録曲>
ドレミFUN LIFE
シアワセタランチュラ
走れメロディー
TOUGH BOY(〜TOUGH GIRL)
Alright!!
Re:GiRL
泣いてもいいんだよ
鳴らせ
ze ze ze
花火
Bye Bye 〜君といた春〜
偶然と運命
さよならbaby
遠距離恋愛爆撃ミサイル
夏のおわりに
はじまりのうた



【TYPE-B】(CD+特典CD)
YCCW-10326/B/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
ドレミFUN LIFE
シアワセタランチュラ
走れメロディー
TOUGH BOY(〜TOUGH GIRL)
Alright!!
Re:GiRL
泣いてもいいんだよ
鳴らせ
ze ze ze
花火
Bye Bye 〜君といた春〜
偶然と運命
さよならbaby
遠距離恋愛爆撃ミサイル
夏のおわりに
はじまりのうた
■特典CD
・二度めの夏、二度と会えない君
・We are the Girls Band !!!!! - Full ver.(2014)
・走れメロディー(2017)
・We Gonna ROCK(2017)



【TYPE-C】(CD+特典DVD)
YCCW-10327/B/¥3,241+税
<収録曲>
■CD
ドレミFUN LIFE
シアワセタランチュラ
走れメロディー
TOUGH BOY(〜TOUGH GIRL)
Alright!!
Re:GiRL
泣いてもいいんだよ
鳴らせ
ze ze ze
花火
Bye Bye 〜君といた春〜
偶然と運命
さよならbaby
遠距離恋愛爆撃ミサイル
夏のおわりに
はじまりのうた
■特典DVD
・「ニドナツ」ワンマンライブツアードキュメント映像
・たんこぶちんミュージックビデオ全8曲収録及びメンバーによるコメンタリー解説

DVD『「ニドナツ」ワンマンライブツアー 2017』

発売中



YCBW-10080/¥3,611+税
<収録内容>
2017年11月26日@渋谷TSUTAYA O-WEST「二度めの夏、二度と会えない君 feat. Primember」発売記念ワンマンライブの模様を収録



【関連リンク】
たんこぶちん、特設ページ更新! SCANDALやサイサイのメッセージも!
たんこぶちんまとめ
SCANDALまとめ
SILENT SIRENまとめ
高田憂希と高野麻里佳が登壇する『悠久のユーフォリア』イベントが急遽開催

【関連アーティスト】
たんこぶちん, SCANDAL, SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ

高田憂希と高野麻里佳が登壇する『悠久のユーフォリア』イベントが急遽開催
Wed, 07 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月22日(木)に二子玉川のアレーナホールで『悠久のユーフォリア エトランジェの集い2』が急遽開催されることが決定した。

『エトランジェの集い』は10年以上も続く『永遠神剣』シリーズの第3章『悠久のユーフォリア』の企画・シナリオ・監督の高瀬奈緒文をはじめとしたスタッフ陣、各キャラクターの声を担当する声優たちが集まり、『悠久のユーフォリア』の知識を会場の観客と共に深めていくイベント。今回は天筆のラグランジュ役である高田憂希と、客星のリーン・ホワイトスピリット役である高野麻里佳が登壇し、『ユーフォリア』シリーズの魅力を一緒に紹介していく。多くのキャラクター、複雑な物語の背景も分かりやすく解説する、初心者でも楽しめる内容となる。

さらに、4月21日(土)には白金高輪SELENE b2で『永遠神剣・第3章 悠久のユーフォリア 1st SWORD』が開催されるが、豪華声優陣が朗読劇&音楽ライヴを繰り広げるこのイベントの見どころ、楽しみ方も詳しく紹介するとのこと!

『悠久のユーフォリア エトランジェの集い2 〜緊急招集!ファーストライブ攻略作戦会議〜』

3月22日(木) ARENE HALL(二子玉川)
18:00開場 / 18:30開演
出演:
高田憂希(CV:天筆のラグランジュ役)
高野麻里佳(CV:客星のリーン・ホワイトスピリット役)
高瀬奈緒文(企画・シナリオ・監督)
吉村尚紀(音響監督・キャスティング)
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。
<チケット>
チケット料金 オールスタンディング:4,500円(税込)
イープラス先行:3月8日(木)0:00〜受付開始
一般販売:3月14日(水)10:00〜受付開始
イープラス、ぴあ、ローソン

一般問い合わせ:live@eienshinken.jp

『永遠神剣・第3章 悠久のユーフォリア 1st SWORD 〜READING DRAMAS MUSIC LIVE〜』

 永遠神剣・第一位『宿命』に召喚され、絶望の異世界アガスティアにアセリアと悠人の一人娘、ユーフォリアが今、降り立つ。これは、ユーフォリアの旅の「始まり」であり、永遠神剣を巡る物語の「一部」であり、ユーフォリアが大切なモノを「失う」??それだけの物語。この物語のキャラクターボイスを担当する豪華声優陣が繰り広げる朗読劇と音楽ライブ!

4月21日(土) 白金高輪 SELENE b2
1部:14:00開場 15:00開演
2部:17:30開場 18:30開演
出演:
悠久のユーフォリア(CV:田中美海)
絶炎の刃を抱く少女ミューギィ・ファナン(CV:飯田里穂)
秩序の法皇テムオリン(CV:遠藤ゆりか)
冬月澪奈(CV:近藤玲奈)
蒼茫のユユ・ブルースピリット(CV:青山吉能)
奏界のベリナ・グリーンスピリット役(CV:秋場悠里)
遠香のフレラ・ブルースピリット(CV:中島由貴)
マルカ・オーレルア(CV:日岡なつみ)
ゲスト:川村ゆみ
※ 出演者は予告なく変更となる場合がございます。
<チケット>
チケット料金 オールスタンディング:6,000円(税込) ※別途1drink代¥600
イープラス:http://eplus.jp/euphoria/
ぴあ:http://w.pia.jp/t/euphoria/
ローソン:http://l-tike.com/search/?lcd=71466

一般問い合わせ:live@eienshinken.jp



【関連リンク】
高田憂希と高野麻里佳が登壇する『悠久のユーフォリア』イベントが急遽開催
高田憂希まとめ
高野麻里佳まとめ
シンガーソングライター・LOVE、新曲を含む初のベスト盤をリリース

【関連アーティスト】
高田憂希, 高野麻里佳
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, 発表, アニメ, 声優, ゲーム, チケット

シンガーソングライター・LOVE、新曲を含む初のベスト盤をリリース
Wed, 07 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー10周年を経て11年目の幕を開けるシンガーソングライターのLOVEが、初のベストアルバム『Love rises...2007-2018』をリリースした。

初のベストアルバムは、太陽のように明るくアクティブな一面と、世界を見つめる思慮深さ、その二面性を網羅した2枚組。オルタナティブロック、フォーク、ソウル…彼女のルーツをポップスとして昇華してきた10年間の音楽記録であり、音楽活動を通して世の中と真剣に向き合ってきた人間・LOVEの記録でもある。

新曲は2曲。パーソナルに時の流れに想いを馳せる「Time Flies」、福島県相馬市の高校生ブラスバンドと録音した「SOMA BLUE」。これら新曲2曲を含めた、全27曲が収録されている。

LOVEは3月から6月にかけて、アルバムタイトルを冠したツアーを開催。同ツアーは、3月14日(水)の東京・渋谷WWWを皮切りに、6月16日(土)の大阪・心斎橋Varon、6月17日(日)の愛知・ell.SIZEで行なわれる。

なお、2012年から福島県相馬市の全小学校に文房具を贈るために毎年開催してきたライヴイベント『LOVEの今日ここにいるという事』を、今年から相馬市で開催することも決定している。この6年間の縁から、相馬市教育委員会や相馬市青年団体連絡会などが全面的に協力する体制で、町おこしの意味も兼ねた大規模なイベント『LOVEの「今日ここライブ」が相馬に行くという事』となる。ライヴのみならずワークショップ、フードなど、子供から大人までが1日楽しめるよう、また人と人/街と街をつなぐという趣旨から、東京駅発着のバスツアーも受付中だ。

■【LOVE コメント】

「ベスト盤が出せる日が来るなんて想像もせず、とにかくあれこれ手を出して、音楽を試して、音楽に試されて、音楽と泣き、笑い、音楽に勇気が生まれ続けた10年でした。
そんな立ち上がりから11年目の夜明けへ、という意味を込めた『Love rises...2007-2018』。
少し早熟だった私が書いていた曲たち、これを機にデータをまとめていて「今になって、時代に響くかもしれないな」とも思える曲もあったりして。
光栄なことに山下達郎さんのマスタリングエンジニア菊地功氏にリマスターしていただいて、それぞれが新しいコンセプトアルバムにもなりました。
とにかく元気印のDISC1と少し大人なDISC2、これからの私の新たな名刺ができました」

アルバム『Love rises...2007-2018』

発売中



YCCW10335〜6/¥3,000+税
<収録曲>
■DISC 1
01.One More Day
02.Let Your Love Sing!
03.オドレイ
04.Fortune Lady
05.Wonderlove
06.Osaka On My Mind
07.Don\'t Be Sorry
08.KISS ME IN THE RAIN
09.愛に生きれば
10.Fool\'s Paradise
11.Drive
12.今日ここにいるという事
13.SOMA BLUE
■DISC 2
01.光
02.君は僕のセンユウ
03.VOYAGER
04.テレパス
05.ヒヒノハ
06.あなたを忘れるその前に
07.過ちのサニー
08.Life Like A Tree〜あすなろ〜
09.ツリーを飾ろう
10.YES YES YES
11.Burn Like A Star, Sing Like The Sun
12.素晴らしき日々
13.My Name Is LOVE
14.Time Flies

ワンマンツアー『Love rises...2007-2018 TOUR』

3月14日(水) 東京 渋谷WWW
6月16日(土) 大阪 心斎橋Varon
6月17日(日) 愛知 名古屋ell.SIZE

『LOVEの「今日ここライブ」が相馬に行くという事』

4月28日(土) 福島 スポーツアリーナそうま(福島県相馬市中村字北町55-1)
10:00〜18:00予定
ライヴ出演:LOVE、渡辺俊美、coba、音速ライン、スティーヴ エトウ and more...

■詳細:http://kyokokolive.com/



【関連リンク】
シンガーソングライター・LOVE、新曲を含む初のベスト盤をリリース
LOVEまとめ
映画『青夏 Ao-Natsu』で佐野勇斗(M!LK)が初主演&志村玲於(SUPER★DRAGON)も出演決定

【関連アーティスト】
LOVE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, 新曲, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン

映画『青夏 Ao-Natsu』で佐野勇斗(M!LK)が初主演&志村玲於(SUPER★DRAGON)も出演決定
Wed, 07 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2013年から2017年にかけ講談社「別冊フレンド」で連載された、南波あつこによる人気コミック『青夏 Ao-Natsu』の映画化&キャストが大決定! W主演を務める葵わかな・佐野勇斗(M!LK)のほか、2018年ブレイク必至の超フレッシュなキャストがそろった。本作は、夏休みの間に田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子高生・吟蔵との“夏限定の恋”を描いたラブストーリーで、8月1日(水)より全国で公開される。4月初旬のクランクインを予定しており、現在絶賛撮影準備中とのこと。

理緒役にを務める葵わかなは、『陽だまりの彼女』(’15)、『サバイバルファミリー』(’17)など数々の映画に出演し、現在放送中のNHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインを務め、今最も勢いに乗っている若手女優。『わろてんか』後初の主演作となる本作で、明治時代の女性起業家から一転、現代のイマドキ女子高生に扮する姿にも注目だ。そして吟蔵役の佐野勇斗は、2016年にTBSドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』で注目を集め、ボーカルダンスユニット・M!LKのメンバーとしても活躍中。2018年に出演したNTVドラマ『トドメの接吻』でブレイクし、映画『3D彼女 リアルガール』でヒロイン・恋の相手役を演じるほか、映画『ちはやふる-結び-』『羊と鋼の森』など18年度は5本の映画公開が控える今最注目の俳優で、本作が映画初主演となる。二人は、映画『くちびるに歌を』(’15)以来3年ぶり2度目の共演。葵は佐野のキャスティングを聞いた瞬間、“吟蔵のビジュアルにそっくり!”と思ったようで、撮影でもそんな二人の息の合ったコンビネーションにも期待が高まる。

そして、理緒や吟蔵とともに夏の恋を繰り広げる仲間たちにも、今後の活躍から目が離せない大注目の若手キャスト陣がそろった。吟蔵の幼馴染みで理緒の恋のライバル・万里香役には、雑誌「ViVi」の専属モデルとして若い女性から絶大な支持を誇り、映画『一週間フレンズ。』(’17)、ドラマ『コウノドリ』など映画・ドラマでも活躍中の古畑星夏。理緒に恋する東京の男子高生・祐真役には、EX『宇宙戦隊キュウレンジャー』 で主演を務め、戦隊ヒーロー界で今最も熱い視線を集めている岐洲匠。理緒と同級生の東京の女子高生・あや役には、雑誌「Seventeen」の専属モデルで女子高生のカリスマとして人気を誇る久間田琳加。吟蔵の同級生・ナミオ役にはミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで人気を博し、2017年公開された映画『鋼の錬金術師』では主人公エドの弟アルの声優に抜擢された水石亜飛夢。吟蔵の同級生・さつき役には、雑誌「ニコラ」専属モデルとして人気を集めるほか、ドラマ『セトウツミ』(’17)『僕たちがやりました』(’17)などにも出演の秋田汐梨。祐真と同級生で東京の男子高生・タカヤ役には、人気急上昇中の9人組ダンスアンドボーカルユニット・SUPER★DRAGONのメンバーとして活躍する志村玲於。映画、モデル、CM、戦隊ヒーロー、ミュージカル、ダンスボーカルユニットなど、あらゆるジャンルの最前線で活躍中の最旬若手俳優が一挙に集結している。

■【コメント】

■葵わかな(理緒役)
今回のお話をいただいて、少女漫画の女の子を演じさせて頂く事に素直に驚きました。自分の中にこういった役のイメージがなかったので、どうなるんだろう?とドキドキしたのを覚えています。
佐野さんとは3年ぶりくらいの共演ですが、原作の吟蔵と佐野さんがそっくり!と思っているので、ご一緒するのがたのしみです。
原作を読ませていただいて、みんなが一生懸命なお話だと感じました。
周りの人からみたら小さな事でも、全力で悩んで全力で走っている、そんな理緒や吟蔵がもどかしいけどかわいらしいと思って頂けるように、演じていきたいです。
今までで一番、“楽しい”をえらぶ夏にしたい!

■佐野勇斗(吟蔵役)
原作を読ませていただいたとき、とても面白くてすぐに読み終えてしまいました。また、田舎のどこか懐かしい風景の中で描かれる物語で、読んでいて心がとても温かくなりました。
そしてとにかく、吟蔵がかっこいい!
僕がそんなかっこいい役を頂けて、恐れ多い気持ちでいっぱいですが、任せて頂いたからには全力で演じたいと思います!
葵さんとは2度目の共演となるのですが、当時からすごく仲良くさせて頂いているのでとても心強いです。
撮影は自然豊かなところで行われるということで、美味しい空気をたくさん吸って、吟蔵として青夏の世界に入り込めるように挑んでいきたいと思います。
観てくださるみなさんを、今までで1番“キュン”とさせる夏にしてみせます!

■監督:古澤健
今の時代は、あえて普通と違うことして自分を守ろうとする生き方のほうが多い気がします。だからこそ、理緒の「運命なんかあたしが自分で作んの?」というまっすぐな想いは大事なメッセージなんだと思いますし、それが映画版でも多くのひとに届けばいいなと願っています。理緒役の葵わかなさんは非常に知的で情熱のある女優だな、と感じています。原作や台本の感想などを聞きながら、僕の方がいつも刺激をもらっています。原作の理緒の魅力を体現しつつ、更に新しい「青くて熱い夏」を見つけてくれると期待しています。吟蔵役の佐野勇斗さんはひとの意見を柔軟に受け入れながら、自分なりの解釈をうまく出せる俳優だと思います。ひとへの細やかな気遣いを見せながら、ちょっとした瞬間にクールなかっこよさを見せるところなんか、吟蔵そのままかもしれません。
気心のしれた、かつ意欲にあふれた、なじみのプロデューサー・スタッフとともに、新しい「夏の映画」を生み出したいと意気込んでいます。

■原作者:南波あつこ
この度、『青夏』映画化のお話をいただいたこと、とても光栄で嬉しく思います。漫画の『青夏』の世界が、どんな風に形を変えて一本の映画作品になるのか、完成をとても楽しみにしています。キャストの皆様、スタッフの皆様、どうぞよろしくお願いいたします。 そして、連載中、応援・支えてくださった読者の皆様、この場をお借りしてお礼を申し上げます。皆様のおかげで最後まで走れました。本当にありがとうございました。

(c)2018映画「青夏」製作委員会

映画『青夏 Ao-Natsu』

公開:2018年8月1日(水)
原 作:『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
監 督:古澤健(『今日、恋をはじめます』『クローバー』)
脚 本:持地佑季子(『青空エール』『くちびるに歌を』)
配 給:松竹
制作スケジュール:4月初旬〜5月初旬

<ストーリー>
運命の恋を夢見る、都会育ちのイマドキ女子高生・理緒。夏休みの間、大自然の田舎で過ごすことになった理緒は、そこで地元の男子高校生・吟蔵と出会う。クールで少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一気に恋に落ちる。
吟蔵こそ運命の人…?と思ったのも束の間、「住む世界が違う」とあっさりフラれてしまう。
そんなとき、理緒に想いを寄せる東京の男子高生・祐真が理緒に会いにやってくる。
「夏休みが終わったら俺と付き合おう。東京で待ってる」―優しくて誠実な祐真の告白に、戸惑う理緒。
そんな理緒を見た吟蔵は、「おまえ、俺のこと好きなんじゃねぇのかよ!」と思わず本音を口にする。まっすぐでピュアな理緒に惹かれ始めていた吟蔵だったが、いずれ離ればなれになってしまうことから、理緒への気持ちを必死で抑えていたのだった。
近づく夏の終わり。高まっていく気持ち。果たして〈夏限定〉の恋のゆくえは―?



【関連リンク】
映画『青夏 Ao-Natsu』で佐野勇斗(M!LK)が初主演&志村玲於(SUPER★DRAGON)も出演決定
M!LKまとめ
SUPER★DRAGONまとめ
三浦大知、ドリカム提供曲MVフル公開&サブスク配信開始

【関連アーティスト】
M!LK, SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 出演, 映画

三浦大知、ドリカム提供曲MVフル公開&サブスク配信開始
Wed, 07 Mar 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三浦大知が、3月7日(水)リリースの初ベストアルバム『BEST』より、初CD音源化されたDREAMS COME TRUEからの提供曲「普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered ―」のミュージックビデオのフルサイズをYouTubeで公開した。

この曲はドリカムのふたりが三浦大知をイメージして作った曲で、三浦大知が楽曲提供を受けたとき、「夢が叶いました」とDREAMS COME TRUEというアーティスト名が示すとおりのコメントをした思い入れの強い楽曲。これまでにリリックビデオが期間限定で公開されていたが、ベストアルバムの発売に合わせて新たにミュージックビデオを制作。1カット長回しで撮影されたこのビデオは、三浦大知が何気ない普通の今夜を過ごしている様子が切り取られているが、最後には普通ではないハッとする演出が待っているのでぜひ最後まで楽しんでみてほしい。

YouTubeで公開されたミュージックビデオはスマホでの視聴に合わせた、いわゆる縦型MV。フルサイズでのミュージックビデオはベストアルバム『BEST』のDVD&Blu-ray盤に収録されて
いるので、こちらもぜひチェックしてみてほしい。

また、このベストアルバム発売タイミングで三浦大知過去配信曲がサブスクリプション(音楽ストリーミング配信)サービスについに登場。過去配信済みのシングルやオリジナルアルバムなどが一気に登場しているので、この機会に三浦大知の全てを楽しんでみよう。

■ベストアルバム『BEST』スペシャルサイト
http://avex.jp/daichi/best/

【サブスクリプション配信情報】

■Spotify
http://open.spotify.com/artist/4UTEZqrPqLDOhBfraPNciJ
■AWA
https://s.awa.fm/artist/21c67a10473a3fbe6097/?playtype=copy_artist&t=1519980487
■AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/artist/id285078601?app=apple&ls=1
■LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=artist&item=mi0000000000704d8f&cc=JP

アルバム『BEST』

2018年3月7日発売



【2CD+DVD】(2CD+DVD+スマプラムービー+スマプラミュージック)
AVCD-16835〜6/B/¥4,500+税
<収録曲>
■DISC A(CD)
1. Keep It Goin\' On
2. Free Style
3. Southern Cross
4. No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
5. Flag
6. Inside Your Head
7. Your Love feat. KREVA
8. Delete My Memories
9. The Answer
10. Lullaby
11. Turn Off The Light
12. Two Hearts
■DISC B(CD)
1. Right Now
2. Voice
3. GO FOR IT
4. Anchor
5. ふれあうだけで 〜Always with you〜
6. IT\'S THE RIGHT TIME
7. Unlock
8. music
9. Cry & Fight
10. (RE)PLAY
11. EXCITE
12. U
13. 普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered −
14. DIVE!
■DVD / Blu-ray
Keep It Goin\' On
Free Style
Southern Cross
No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
Flag
Inside Your Head
Your Love feat. KREVA
Delete My Memories
The Answer
Lullaby
Turn Off The Light
Two Hearts
Right Now
GO FOR IT
Anchor
ふれあうだけで 〜Always with you〜
IT\'S THE RIGHT TIME
Unlock
music
Cry & Fight
(RE)PLAY
EXCITE
U
普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered −
DIVE!



【2CD+Blu-ray】(2CD+Blu-ray+スマプラムービー+スマプラミュージック)
AVCD-16837〜8/B/¥5,500+税



【2CD】(2CD+スマプラミュージック)
AVCD-16839〜40/¥3,200+税



【関連リンク】
三浦大知、ドリカム提供曲MVフル公開&サブスク配信開始
三浦大知まとめ

【関連アーティスト】
三浦大知
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 配信, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1