歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
超特急、男性限定の“男祭り”ライブを完全生中継&冠番組の一挙放送も!
Mon, 05 Mar 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が4回目となる男8号車(=男性ファン)だけを対象にした“男祭り”ライブ『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.04』を3月21日(水・祝)に東京・渋谷CLUB QUATTROにて開催。今回、6人体制となって初めてとなるこの“男祭り”の模様をフジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmartで、独占生中継&生配信することが決定した。2017年末のアリーナツアーでは横浜アリーナ・大阪城ホールをも秒速即完させ、2018年もその勢いは留まることを知らない彼らが、今回のような700人規模のライブハウスで公演を行なうことは非常に貴重な機会となる。毎年、普段観られない男だけの空間ではメンバーが客席ダイブを試みたり、男性限定ライブだからこそのパフォーマンスが繰り広げられている。会場に行くことができない8号車(ファン)は、こちらの放送をぜひ楽しみにしてほしい。

また、3月20日(火)以降の春休み期間に3日間にわたって、超特急の冠バラエティ番組『超特急の撮れ高足りてますか?』(通称“トレタリ”)を番組スタートから2年分の放送回、全48話24時間分を一挙放送することも決定! “トレタリ”を最初から見返せるのはこれが最後のチャンスとなるので、8号車(ファン)はどちらもお見逃しなく!

■フジテレビ 超特急関連番組 特設ページ
http://otn.fujitv.co.jp/bullettrain/

■【リョウガ(3号車 リーダー) コメント 】

来られない男8号車と全女8号車に朗報だぜ!! 今年の男祭りも生放送決定だ!!
力強い、野太い、ライブをとくとご覧あれ(^o^)
汗臭さを画面越しに感じさせてやるZE☆

『超特急 BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.04』

<放送・配信チャンネル>
フジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmart
<放送日時>
3月21日(水・祝)午後6時〜9時(生中継)
3月23日(金)午後9時〜深夜24時(リピート放送)

『超特急の撮れ高足りてますか?全話一挙放送』

<放送・配信チャンネル>
フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart
<放送日時>
・#1〜#22
3月20日(火) 午後7時〜21日(水・祝)午前6時
・#23〜#35
3月27日(火) 午後5時30分〜深夜24時
・#36〜#48
3月28日(水) 午後5時30分〜深夜24時



【関連リンク】
超特急、男性限定の“男祭り”ライブを完全生中継&冠番組の一挙放送も!
超特急まとめ
04 Limited Sazabys、「My HERO」MV公開

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, 配信

04 Limited Sazabys、「My HERO」MV公開
Mon, 05 Mar 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysが3月14日(水)にリリースする両A面シングル「My HERO / 夕凪」より、「My HERO」のMVを公開した。「My HERO」はテレビ東京系ドラマ『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜』のオープニングテーマで、少年性をテーマとしたキャッチーな真骨頂の2ビートで疾走するキラーチューンだ。今作は“憧れのヒーローになってやる”という強い気持ちをぶつける若者の真摯な気持ちを描いたMV。大人顔負けの超絶技巧を持った子供たちがそれぞれの壁に立ち向かう姿を、メンバーの力強い演奏シーンが後押しする。スミス監督が手掛けており、何かを乗り越える瞬間、思い描いている最高の自分を描いた作品に仕上がった。

シングルのリリース後には主催フェス『YON FES 2018』の開催と、10周年を記念してバンド初の東名阪アリーナツアー『04 Limited Sazabys 10th Anniversary Live』を控える04 Limited Sazabys。ツアーのチケット一般発売は3月18日(日)からとなるので要チェック!

シングル「My HERO / 夕凪」

2018年3月14日発売



【12cmCD】
COCA-17431/¥1,000(税込)
【8cmCD(完全生産限定)】
CODA-4001/¥1,000(税込)
【カセットテープ(完全生産限定)】
COSA-2359/¥1,000(税込)
【アナログレコードEP(完全生産限定)】
COKA-63/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.My HERO
2.夕凪

◎封入特典
Special Movie ダウンロードID(Squall tour Document)&4形態コンプリート特典応募券
その他特典など詳細はこちら:http://www.04limitedsazabys.com/

【ライブ・フェス情報】

■『YON FES 2018』
4月07日(土) 愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
<出演>
04 Limited Sazabys / Dizzy Sunfist / go!go!vanillas / THE ORAL CIGARETTES / ORANGE RANGE / SHANK / SIX LOUNGE / teto / yonige / キュウソネコカミ / 四星球
4月08日(日) 愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
<出演>
04 Limited Sazabys / BiSH / COUNTRY YARD / Crossfaith / DATS / ENTH / HEY-SMITH / My Hair is Bad / フレデリック / フレンズ / マキシマム ザ ホルモン
オフィシャルHP:http://yonfes.nagoya
■『04 Limited Sazabys 10th Anniversary Live』
4月29日(日) 神奈川・横浜アリーナ
5月05日(土) 愛知・日本ガイシホール
5月11日(金) 大阪・大阪城ホール
<チケット>
前売りアリーナスタンディング¥5,500/指定席¥5,500
一般発売日:3月18日(日)10:00



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、「My HERO」MV公開
04 Limited Sazabysまとめ
BLUE ENCOUNT、アルバム『VECTOR』公式ガイドブックの詳細を発表

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, オープニング

BLUE ENCOUNT、アルバム『VECTOR』公式ガイドブックの詳細を発表
Mon, 05 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月19日(月)にリリースされるBLUE ENCOUNTの魅力をまるごと詰め込んだ公式本『BLUE ENCOUNT ぴあ』の表紙を解禁、およびメンバー4人それぞれが行なった対談相手が公開された。

本書は、アルバム『VECTOR』についてじっくり訊いたバンドインタビュー、メンバーそれぞれが自分自身を語るソロ・ロングインタビュー、田邊(Vo&Gu)の『VECTOR』ジャケット写真のメイキング、さらに盟友SUPER BEAVERの渋谷龍太(Vo)による特別寄稿、TV出演で話題の暁先生が占う“ブルエンの2018年”、ファンからのアンケート企画、お悩み相談、巻末には江口(Gu)による5000字を超える書き下ろしエピローグと、彼らの足跡、現在地、そしてこれからを指し示す、充実の『VECTOR』公式ガイドブックだ。その中で、4人が会いたい人と語る“スペシャル対談”を実施。田邊駿一×GEN(04 Limited Sazabys)×山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)、江口雄也×住野よる(小説家)、辻村勇太×上ちゃん(マキシマム ザ ホルモン)、高村佳秀×かみじょうちひろ(9mm Parabellum Bullet)との対談を収録! まさしく必見の内容となっているので、お楽しみに!

■アルバム「VECTOR」特設サイト
http://blueencount.jp/vector/

■【『BLUE ENCOUNT ぴあ』詳細】

3月19日(月)発売
¥1389+税/A4 変型 112P/無線とじ
※仕様、構成、内容等は変更される場合があります。
発売:全国の書店、ネット書店にて
BOOK ぴ あ:http://w.pia.jp/t/00118806/
Amazon:https://goo.gl/YRHKkL

<コンテンツ>
・ロングインタビュー(バンド&ソロ)&撮りおろしグラビア
・4 人が会いたい人と語る、スペシャル対談
・SUPER BEAVER 渋谷龍太、特別寄稿
・ブレイクを的中させた暁先生が 2018 年のブルエンを占う!
・読者が選ぶ BEST SONG
・読者のお悩みにメンバーが回答! ほか

<対談概要>
■田邊駿一×GEN(04 Limited Sazabys)×山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)
田邊がご指名したのは、地元愛知で 2 万人規模の主宰フェス「YON FES」を今春実施する 04Limited Sazabys の GEN と 2 月 15 日に大阪城ホールでの初のワンマンライブを成功させたばかりのTHE ORAL CIGARETTES の山中拓也。インディーズ時代から対バンライブなどで交流を続け、ともに日本武道館ワンマン公演を成功させ、現在のロックシーンを引っ張っている。超爆笑トークあり、この 2 人だからこそ打ち明けられる田邊の吐露あり、今をときめくバンドのフロントマンたちが、ここだけの話を繰り広げる!

■江口雄也×住野よる(小説家)
デビュー作『君の膵臓をたべたい』が 200 万部を越えるベストセラーとなった人気作家・住野よるとギタリスト江口による対談。知り合う以前より、住野作品にハマり、全作品を読破しているという江口。一方で、住野もBLUE ENCOUNT のファンであり、インディーズ時代からライブに通っていたという。SNS で交流がはじまったきっかけから、住野の最新作『青くて痛くて脆い』のプロモーションビデオに BLUE ENCOUNT の楽曲「もっと光を」が使われるに至ったそのストーリー、互いの作品に惹かれあう 2 人が語り合う、読者、ファンへの思いとは。

■辻村勇太×上ちゃん(マキシマム ザ ホルモン)
高校生のころからマキシマム ザ ホルモンの大ファンというベースの辻村は、同バンドのベーシスト、上ちゃんに、対談を熱烈オファー。昨年は、マキシマム ザ ホルモンの復活ツアーとして大きな話題となった「耳噛じる真打 TOUR」に、ブルエンは福岡・熊本公演にて、対バン出演。ホルモン先輩の洗礼をみごとに受けた。その後も、辻村のガンガンに迫るラブコールが功を奏し、上ちゃんの地元に足を運び、急接近。セッションを挑む間柄に。ベース談義はもちろん、最近ハマっているディープな趣味の世界まで、惜しげなく掲載!

■高村佳秀×かみじょうちひろ(9mm Parabellum Bullet)
高村佳秀が対談にオファーしたのは9mm Parabellum Bullet のかみじょうちひろ。これまで対バンで火花を散らし、ブルエンの対バンツアー「TOUR2017-2018 〜VS〜」の名古屋公演でも競演したドラムヒーロー。そして、親身に話を聞いてくれる先輩と……理系出身ならではロジカルな展開のみならず、ドラマーならではの感覚的な本質論に突入し、「ストイックなよっちゃん」のイメージが瓦解寸前(!?)のクロストークに。

アルバム『VECTOR』

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3046〜3047/¥3,500+税
※三方背スリーブケース
※封入特典:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ
■DVD
01.VS ?Music Video-
02.VS -Making-
03.さよなら ?Music Video-
04.さよなら -Making-



【通常盤】(CD)
KSCL-3048/¥2,800+税
※初回仕様:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ

全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』

6月09日(土) 北海道・サッポロファクトリーホール 
6月14日(木) 愛知・Zepp Nagoya
6月15日(金) 愛知・Zepp Nagoya
6月21日(木) 石川・EIGHT HALL
6月22日(金) 新潟・新潟LOTS 
6月24日(日) 宮城・SENDAI GIGS 
6月29日(金) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
6月30日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
7月07日(土) 広島・BLUE LIVE広島 
7月08日(日) 香川・高松festhalle 
7月13日(金) 大阪・なんばHatch
7月14日(土) 大阪・なんばHatch 
7月18日(水) 東京・Zepp Tokyo 
7月19日(木) 東京・Zepp Tokyo 



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、アルバム『VECTOR』公式ガイドブックの詳細を発表
BLUE ENCOUNTまとめ
MOROHA、映画『アイスと雨音』のサブストーリーを描いた「遠郷タワー」MV公開

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース

MOROHA、映画『アイスと雨音』のサブストーリーを描いた「遠郷タワー」MV公開
Mon, 05 Mar 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月3日(土)に公開された松居大悟監督の最新作『アイスと雨音』の主題歌であるMOROHAの「遠郷タワー」のMVが完成! MVには映画のキャストである田中怜子が出演しており、演技未経験で大阪から上京し、今回の映画のオーディションに挑戦したという。アフロはこのオーディションにも立ち会い、松居監督から怜子へ合格を告げる電話での言葉“大阪に帰らずに東京にいてください”が、「遠郷タワー」をつくるきっかけになったとのこと。ジャケット写真には、MV監督も務めるエリザベス宮地がとらえた、撮影を終えて大阪に帰る日に新宿の高層タワーから遠い故郷に思いを馳せるように東京タワーを眺めていた彼女の横顔を採用。そして、映画公開日と同じく3月3日(土)に体験型展望ツアー「トップデッキツアー」がグランドオープンし、話題の“東京タワー”とのコラボレーションが実現! リニューアルした高さ250mのトップデッキで、一般公開前、特別に撮影が敢行された。

「遠郷タワー」のMVでは、田中怜子の1年前のオーディション映像、カメラに収められていた松居監督からの合格を告げる電話、東京タワーを眺める姿からはじまり、74分ワンカットで挑む撮影本番、その1年後の姿まで追っていく。同じく400名の中からオーディションで選ばれた、森田想・田中怜子・田中偉登・青木 柚・紅甘・戸塚丈太郎の6人の若手俳優たちとの稽古での日常の中の、希望や不安、笑いと涙、意志やまなざしと、MOROHAの言葉が交わりシンクロする。そして、1年後はじめての東京タワーに登る田中がMOROHAとすれ違うストーリー展開に。東京の中心で変わらない存在感を放ち、輝きつづける東京タワー。東京で自分が輝くために、遠い故郷を思いつづける遠郷タワー。2018年に10周年を迎えるMOROHAは、この春、女優を目指し上京する田中怜子は、東京タワーから眺める夜景に何を思ったのだろうか? 何かに導かれたように実現した今回の“東京タワー×遠郷タワー”コラボMV、映画『アイスと雨音』のサブストーリーとしても楽しんでほしい。

■映画『アイスと雨音』公式サイト
http://ice-amaoto.com

■【MOROHA アフロよりコメント】

この街で俺が一番不幸だ、みたいな顔をして賑わう十字路の交差点を、
教会のクロスに見立てて手を合わせて拝んでた。
「俺も東京にいてもいいですか。」
返答は、まだない。
MOROHA アフロ

配信シングル「遠郷タワー」

配信中



<アラカルトダウンロード>
iTunes、レコチョク、mora、Google Play Music、他
<定額制ストリーミング>
Apple Music、LINE MUSIC、Google Play Music、AWA、Spotify、KKBOX、レコチョクBest、Amazon Music Unlimited




【関連リンク】
MOROHA、映画『アイスと雨音』のサブストーリーを描いた「遠郷タワー」MV公開
MOROHAまとめ
眩暈SIREN、新作リードトラック「ジェンガ」のインターネットライブ映像を公開

【関連アーティスト】
MOROHA
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 発表, 新曲, 配信, ラップ, 主題歌, 映画

眩暈SIREN、新作リードトラック「ジェンガ」のインターネットライブ映像を公開
Mon, 05 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

眩暈SIRENが、“様々な理由でライブ会場に直接足を運べないファンに対してもっと近くに音楽があって欲しい”というメンバーの意志の元で始まったインターネットライブ『音が孤独を覆うまで』の第二弾ライブ映像となる「ジェンガ(音が孤独を覆うまで Ver.)」をオフィシャルYouTubeにて公開! 公開された「ジェンガ(音が孤独を覆うまで Ver.)」は、3月21日(水)に約一年ぶりにリリースされる彼らの最新ミニアルバム『深層から』のリードトラック「ジェンガ」のスタジオライブバージョン。第一弾で解禁となった「明滅する(音が孤独を覆うまで Ver.)」も公開中なので、こちらも併せて要チェック!

また、同曲はスペースシャワーTVの3月度ミドルローテーション「it!」、日本テレビ系「バズリズム02」3月エンディングテーマに決定しているので、放送で流れる際にも注目してほしい。

ミニアルバム『深層から』

2018年3月21日(水)発売



S006/¥1,500(税込)
<収録曲>
1:水泡
2:ネオトリアム
3:ジェンガ ※日本テレビ系「バズリズム02」3月エンディングテーマ
4:ブラックボックス
5:思い出は笑わない

『"深層から" TOUR 2018』

3月31日(土) 東京・渋谷O-WEST
4月14日(土) 愛知・名古屋APOLLO BASE 
5月06日(日) 大阪・2nd LINE



【関連リンク】
眩暈SIREN、新作リードトラック「ジェンガ」のインターネットライブ映像を公開
眩暈SIRENまとめ
UVERworld、新曲「ODD FUTURE」をアニメ『ヒロアカ』PV内で初解禁

【関連アーティスト】
眩暈SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミニアルバム

UVERworld、新曲「ODD FUTURE」をアニメ『ヒロアカ』PV内で初解禁
Mon, 05 Mar 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UVERworldが、5月2日(水)に2018年第一弾となるシングル「ODD FUTURE」をリリースすることを発表、表題曲は4月7日(土)から放送が始まるTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』の主題歌になることも告知されており、『僕のヒーローアカデミア』の公式サイトおよびYouTubeでは最新PVを公開! その中で「ODD FUTURE」も初解禁となった。

ニューシングル「ODD FUTURE」は3形態でのリリースとなり、期間生産限定アニメ盤はアニメの描き下ろしジャケット仕様。収録曲などの詳細は後日発表とのことなので、続報を楽しみに待っていてほしい。

また、3月14日(水)には2017年2月に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催された日本最大の男性限定ライブ『KING\'S PARADE 2017 Saitama Super Arena』のBlu-ray&DVDをリリース予定。2万3000人の男性crew(UVERworldファンの呼称)が集結した熱狂の様子を完全収録しているので、こちらも併せて注目!

【アニメ『僕のヒーローアカデミア』第3期】

2018年4月7日(土)放送スタート!
毎週土曜夕方5:30 ※一部地域を除く
読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット
http://heroaca.com/

Blu-ray&DVD 『UVERworld KING\'S PARADE 2017 Saitama Super Arena』

2018年3月14日発売



【Blu-ray 初回仕様限定】
SRXL-153/¥6,900+税
※スリーブケース60ページに及ぶフォトブックレット、プレイパス付属
【DVD 初回仕様限定】
SRBL-1781/¥5,900+税

<収録曲>
1.TYCOON
2.エミュー
3.Don\'t Think. Feel
4.Collide
5.WE ARE GO
6.7th Trigger
7.Forever Young feat.UVERworld
8.KINJITO
9.Fight For Liberty
10.一滴の影響
11.ALL ALONE
12.23ワード
13.NO.1
14.君の好きなうた
15.バーベル〜皇帝の新しい服ver.〜
16.over the stoic〜和音
17.スパルタ
18.CORE PRIDE
19.PRAYING RUN
20.ナノ・セカンド
21.零HERE〜SE〜
22.IMPACT
23.LONE WOLF
24.7日目の決意
25.MONDO PIECE
※「君の好きなうた」は演出の都合上、一部のみの歌唱となります。



【関連リンク】
UVERworld、新曲「ODD FUTURE」をアニメ『ヒロアカ』PV内で初解禁
UVERworldまとめ
BURNOUT SYNDROMES、全国ワンマンツアーがスタート&2019年のツアー日程発表

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, アニメ, 主題歌

BURNOUT SYNDROMES、全国ワンマンツアーがスタート&2019年のツアー日程発表
Mon, 05 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BURNOUT SYNDROMESの『全国ワンマンツアー2018「孔雀 〜いざ真剣勝負〜」』が、地元である大阪の梅田CLUB QUATTROよりスタートした。約1年3カ月ぶりとなる全国ツアーの初日公演は、満員御礼のソールドアウト。iTunesロックチャート1位を記録した最新アルバム『孔雀』の曲を中心に、代表曲「FLY HIGH!!」「ヒカリアレ」、最新シングル「花一匁」を含む全18曲を演奏した、濃厚なステージとなった。本ツアーは3月23日の東京・CLUB QUATTRO公演を含め、全国5箇所にて開催予定。大阪・愛知・福岡は、既にソールドアウトしており、宮城・東京のチケットも残りわずかとなっているので、気になる方はお早めに!

また、2019年に開催するツアーの日程を早くも発表! 2019年3月に東名阪でのワンマン公演を予定している。まずは現在開催中のツアーに足を運び、彼らのリアルな熱を体験してみてほしい。

■『全国ワンマンツアー2019(仮)』

<2019年>
3月10日(日) 大阪・BIG CAT
3月16日(土) 愛知・E.L.L
3月23日(土) 東京・LIQUIDROOM

全国ワンマンツアー2018 『孔雀 〜いざ真剣勝負〜』

3月17日(土) 愛知・ell FITS ALL ※SOLD OUT
3月21日(水・祝) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
3月23日(金) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
3月25日(日) 福岡・DRUM SON ※SOLD OUT
※終了分は割愛

アルバム『孔雀』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4997〜4998/¥3,500 (税込)
【通常盤】(CDのみ)
ESCL-4999/¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.ヨロコビノウタ
2.花一匁
3.若草山スターマイン
4.吾輩は猫である
5.Melodic Surfers
6.ハイスコアガール
7.君をアンインストールできたなら
8.POKER-FACE
9.斜陽
10.Dragonfly
■DVD
※約45分におよぶ豪華映像3大特典
(1)ミュージックビデオ+メンバーによるMV解説オーディオコメンタリー(副音声)
・「花一匁」MV(テレビ東京系アニメ「銀魂」銀ノ魂篇エンディングテーマ)+オーディオコメンタリー(副音声)
・「ハイスコアガール」(2017.9.18 RELEASE デジタルシングル、iTunesロックチャート1位を記録)+オーディオコメンタリー(副音声)
(2)ライブ映像 (2016.11.25 @SHIBUYA CLUB QUATTRO)
・「FLY HIGH!!」(TVアニメ「ハイキュー!!セカンドシーズン」第2クールオープニング・テーマ)
・「ヒカリアレ」(「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」オープニングテーマ)
(3)「燃えつきRADIOスペシャル 〜「孔雀」の取説〜」(アルバム「孔雀」収録曲解説映像



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES、全国ワンマンツアーがスタート&2019年のツアー日程発表
BURNOUT SYNDROMESまとめ
POLYSICS、結成20周年&新体制お披露目ツアーが終幕

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

POLYSICS、結成20周年&新体制お披露目ツアーが終幕
Mon, 05 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

年明けから始まった全22箇所の全国ツアー。ナカムラリョウ(Gu&Synthesizer)が入った新体制お披露目ツアーであり、あとは毎回セットリストにテーマを掲げ、時にはヘンテコなキャラ設定で爆笑を生むツアーでもあったけれど、結局これは最新アルバム『That\'s Fantastic!』のリリース・ツアーなのだと改めて感じるファイナルだった。テーマは?We are New POLYSICS!!!!”。当然、ニューアルバム収録曲がメインである。

オープニングSE兼一曲目となる「That\'s Fantastic!」では、ヤノ、フミ、ナカムラがまず演奏を始め、歌の入るタイミングでハンドマイクのハヤシが登場。音のことはメンバーに任せきり、自ら率先してフロアを煽っていく?いかもフロントマン”なスタイルが、このツアーですっかり定着している。ナカムラにも緊張の様子はなく、ヤノとフミの牽引力に自然と歩調を合わせている。もっとも?自然”というには、凄まじい音量と下腹をえぐってくる音圧がハンパないのだけど、この爆音の快感こそポリシックスだ。
 
アルバムの曲順どおりに進む3曲目の「Cock-A-Doodle-Doo」。ニワトリの謎について歌うナンセンスな曲で、タイトルを連呼しながらクチバシの形にした両手を千手観音のごとくに動かしているハヤシに笑ってしまったが、ふと気づいたのは、この曲は速い、ということだった。そもそもポリの曲は?性急・ハイテンション・姦しい”の条件が揃ってナンボみたいなところがあるが、新曲群はその第一条件からあっさり解放されている。もうトシだから高速ビートが無理みたいな話では全然なくて、性急であらねばならない、の思い込みから自由になっている感じだ。ゆったり踊れるファンキー&キュートな「ルンバルンバ」、音数を下げることで空間を意識させ、同時にヤノやフミの存在がより際立って聴こえる「Pretty UMA」「Shut Up Baby」なども然り。3人から4人になることで、どれだけ余裕が生まれ自由が増えるのか。そんなことを改めて感じさせる。もちろん、どの曲も?ハイテンション・姦しい・ポリらしい”という条件からはまったく外れてはいない。そういう新曲たちに挟まれて披露された「MEGA OVER DRIVE」には、旧体制との違いが如実に感じられた。シンセサイザーがメイン、以前はギターレスで完成していた凶暴なダンスミュージックなのだが、ここにナカムラのギターが加わることでハードコアな迫力が倍増。凄まじい破壊力に全身の血が沸騰する。当初からハードな曲ではあったけれど、ここまでブチ上がる曲だったか? と怯んでしまうほどだ。

後半のMCで今回のツアーに触れ、たとえば仙台ではマシンのトラブルで20分くらい演奏ができなかった、その間フミがひたすらトークで繋いだ、などのエピソードを明かすハヤシ。?テクノバンドだからね”と語りつつ、?なきゃないで、何とかするけど”と笑うところにライブバンドの矜持を見る。シーケンスのピコピコ音がなければポリの魅力は半減するだろうが、それがなくても十分に観客を圧倒できるテクニックがありプライドもある。バラードはもちろん、箸休めになるような遊びの曲は皆無。とにかくハイテンションで姦しく、意味不明ながら爆笑できる面白さの詰まった曲ばかり。それを20年というのは正気の沙汰ではないが、まさに正気の本気でやり続けてきたのがハヤシヒロユキなのだ。そこにフミが、次にヤノが巻き込まれ、今ではナカムラもがっちり加わった。そういう歴史が、まったく感動とは無縁の爆音になっているのが最高だ。

後半は鉄板ナンバーのオンパレード。本日初のモッシュピットとクラウドサーファーが勃発した「SUN ELECTRIC」や、代表曲と言いたいほどの盛り上がりを見せる「シーラカンス イズ アンドロイド」。名曲「Buggie Technica」に、4人全員が両腕をクロスするポーズから始まるラストの「URGE ON!!」など。メンバーの温度にまったくズレはない。ギターソロでガンガン前に出ていくかと思えば、シンセの前で暴れまくっているナカムラを見ながら、?今から4人になるって? マジで?”と驚いていた2017年10月が嘘みたいだなぁと考えていた。

2017年の3月4日からスタートした20周年アニバーサリー・イヤー。祝福すべき一年が終わってしまうことを惜しむ様子もなく、?明後日の12時には21周年目になる”、そして?新体制になって、まためちゃくちゃ新しい曲が書きたくなってる”と、未来について頼もしい展望を語ったハヤシ。そうこなくっちゃ。これからも楽しませてくれよ。そんな笑顔が汗まみれのリキッドルームには溢れ返っていたのだった。

Photo by 緒車寿一
Text by 石井恵梨子

【セットリスト】
1. That\'s Fantastic!
2. Crazy My Bone
3. Cock-A-Doodle-Doo
4. ルンバルンバ
5. Sea Foo
6. Tune Up!
7. Pretty UMA
8. Beat Flash
9. MEGA OVER DRIVE
10. How are you?
11. Digital Coffee
12. Boy\'s Head
13. 発見動物探検隊
14. United
15. Shut Up Baby
16. You Talk Too Much
17. SUN ELECTRIC
18. MAD MAC
19. シーラカンス イズ アンドロイド
20. Shout Aloud!
21. Hot Stuff
22. Buggie Technica
23. URGE ON!!
<ENCORE>
1. PLUS CHICKER
2. Modern
3. カジャカジャグー



【関連リンク】
POLYSICS、結成20周年&新体制お披露目ツアーが終幕
POLYSICSまとめ
出会いと別れの季節に聴きたくなる5曲

【関連アーティスト】
POLYSICS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ, レポート

出会いと別れの季節に聴きたくなる5曲
Mon, 05 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

まだまだ寒い日が続きますけど、温かい日がポッと出てきたりと、そろそろ春の足音が近づいています。毎年のことですが、3月はアーティストの作品数も多く、作風的にも春っぽい曲を出したり、冬の余韻を引きずった曲を出したり、または出会いと別れが多いこの季節ならではの曲を出す人たちもいます。人生は儚くも短くて、さよならだけが人生だ…と割り切るほど達観した境地にはなかなかなれませんが、そんな気持ちに寄り添う5曲を選んでみました。

■「あなたに」(’01)/MONGOL800

冒頭の《人に優しくされた時 自分の小ささを知りました》の歌詞は名フレーズだとしみじみ思う。聴いた当時も心に染みたけれど、未だにふと私生活でもこの歌詞が頭を過る場面に出くわすことが多々あるものだ。曲名を見ただけで脳内に楽曲が流れる人も多いと思うが、これは彼らの2ndアルバム『MESSAGE』に収録されているオープニング曲。発売してしばらくして10万枚超えそうだという話を耳にした時は驚いたが、気付けば日本中に知れ渡り、なんと280万枚以上の売り上げを記録する大ヒット作となった。中でもこの曲は《あなたに 逢いたくて》と何度も繰り返す歌詞が耳に残り続け、シンプルな気持ちこそ多くの人の共感を呼ぶことを当時、まだ大学生だった彼らは証明したのだ。この季節に聴きたくなる一曲と言っていいだろう。

■「真善美」(’18)/BRAHMAN

今年2月に行った初の日本武道館公演があまりにも素晴しかったBRAHMAN。東京スカパラダイスオーケストラ、KO(SLANG)、ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、細美武士(the HIATUS/MONOEYES)、中川敬(SOUL FLOWER UNION)、山口洋(HEATWAVE)、うつみようこ、ハナレグミなど、ニューアルバム『梵唄-bonbai-』に参加したゲストミュージシャンもこの日のために駆けつけ、その最後に披露されたのがこの曲だ。《さあ 幕が開くとは 終わりが来ることだ 一度きりの意味を お前が問う番だ》の冒頭における歌詞は、いきなり結論を叩き付けると同時に、聴き手に問いかける究極のメッセージになっている。始まりとは終わりである。終わりを意識するからこそ、今を生き、人生の意味を深く考える。生と死を歌い続けたBRAHMANらしい歌詞に生きるエネルギーをもらえるし、曲調自体も震えるカッコ良さ。

■「想い出がいっぱい」(’83)/H2O

定番どころも入れておきたいと思い、青春の一曲を選びました。TVアニメ『みゆき』のエンディングテーマに使用され、子供の頃に完全に刷り込まれてしまった名曲です。この曲は00年代には中学の音楽の教科書にも掲載されるようになったみたいで、少々びっくりです。どこか切ない歌声とメロディーが印象的で、当時は子供ながらに「いい曲だなぁ」と聴き入ってました。もちろん『みゆき』を観たあとの余韻に浸るにもぴったりの曲だったのです。セピア感のある歌詞の内容も今読んでもグッとくるものがあり、青春時代の甘酸っぱい記憶がフラッシュバックします。子供の頃に転校することが多かった自分と、この曲が淡くシンクロするのです。

■「my graduation」(’98)/SPEED

初めて好きになったアイドルがSPEEDで、とにかく彼女たちの楽曲は捨て曲がなく、全曲クオリティーが高かった。アルバムはもちろん、8センチの短冊シングル(もはや懐かしい!)も熱心に買ってました。そう、楽曲自体があまりにも好きで、のめり込んでしまったのです。そして、3月と言えば卒業シーンズということで、やはりこの曲がすぐに頭に浮かびました。MVも印象的で、花びらが舞う中でメンバー4人が向き合って歌う構図には心を奪われたものです。アッパーな楽曲も最高だけど、切ないメロディーラインでも聴かせるSPEEDの魅力は別格でした。

■「We Wish You Well」(’79) /WHITESNAKE

79年に発表された『LOVEHUNTER』の最後に収録された楽曲。これが1分半ほどで終わるショーンチューンにも関わらず、デイヴィッド・カヴァデール(Vo)のブルージーな歌の魅力を存分に味わえる名バラードに仕上がっています。ピアノを用いた非常にシンプルな曲調ゆえに、ここには1秒も余分なものはありません! 圧倒的な歌メロの良さで聴かせてくれます。曲に浸っていると、あっと言う間にエンディングを迎え、「もっと聴きたいのに!」という心情を駆り立てられます。それを含めて、聴き手の飢餓感さえも心地良く刺激する名曲です。3月という季節に、このもの悲しいメロディーはハマるでしょう。

TEXT:荒金良介

荒金良介 プロフィール:99年からフリーの音楽ライターとして執筆開始。愛読していた漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(登場人物に洋楽アーティスト名が使用されていたため)をきっかけに、いきなりレッド・ツェッペリンの音源を全作品揃える。それからハード・ロック/ヘヴィ・メタルにどっぷり浸かり、その後は洋邦問わずラウド、ミクスチャー、パンクなど、激しめの音楽を中心に仕事をしてます。趣味は偏ってますが(笑)、わりと何でも聴きます。



【関連リンク】
出会いと別れの季節に聴きたくなる5曲
MONGOL800まとめ
BRAHMANまとめ
H2Oまとめ
SPEEDまとめ

【関連アーティスト】
MONGOL800, BRAHMAN, H2O, SPEED, Whitesnake
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, シングル, アルバム

クミコ、原点のシャンソニエにて新曲「最後だとわかっていたなら」を披露
Mon, 05 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

クミコが3月4日に東京・銀座のシャンソニエ『蛙たち』において、3月7日にリリースするニューシングル「最後だとわかっていたなら」の新曲発表ライブを開催した。

2017年はアルバム『デラシネ』で第59回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞したクミコ。『蛙たち』は、日本初のシャンソニエ(シャンソンを聴かせるライブハウス)として美輪明宏をはじめに多くのシャンソン歌手を輩出し、1990年に閉店した『銀巴里』と同じ銀座で53年の歴史を持つ日本で最も古い店で、クミコもデビュー当時頻繁に出演していた原点ともいえるライブハウスだ。また『聴くものすべてが涙する』と言われ、クミコの名を一躍日本中に知らしめたヒット曲「わが麗しき恋物語」が、初めは小さなシャンソニエで歌い始めたのがきっかけであったことから、今度の新曲「最後だとわかっていたなら」(?世界中が涙した詩集?を原案にした楽曲)もそれにならって小さなライブハウスでお披露目することになった。

約70人の熱烈なファンで満席の中、シャンソンのカバー曲から「サントワマミー」「愛の讃歌」、ヒット曲「わが麗しき恋物語」、松本隆作詞によるプロジェクト「クミコwith風街レビュー」によるアルバム『デラシネ』から「フローズン・ダイキリ」、それに新曲「最後だとわかっていたなら」など全10曲を熱唱。新曲についてクミコは『私の親が90歳になったので、人の最後がよく見えるようになってきました。いままでは人の最後を見据えることもなく生きてきましたが、ここ最近はリアルに感じるようになったので、この歌は私自身の救いにもなりつつあります。最後だとわかっていたらもうちょっとやさしい言葉がかけられるんだと、いまはそう凌ごうと思っています。まさしくいまの私の状況に合った作品です』と話していた。

この日のライブには、同詩集と新曲の日本語訳を手がけた佐川睦も駆けつけた。佐川はアメリカ人の女性が10歳の息子を亡くし、その悲しみの思いを綴った詩が、9・11同時多発テロの追悼集会で朗読され、大反響を呼んで世界中に拡散。その詩の素晴らしさに感動し、著者の許可を得て和訳したそうだ。その訳詞者である佐川はクミコの歌を聴いて『この詩を読んで、自分が前向きになろうとか、まわりの人たちに思いを伝えていこうというのと同じようなそのときに感じた前向きさ、温かさを感じました。クミコさんの声がやさしくて温かくて、すごく感動しました。クミコさんの歌によってこの詩がより多くの方々にきたらうれしいですね』と感想を述べた。

なお、この日より新曲「最後だとわかっていたなら」のMVが公開。3月7日には東京・EX THEATER ROPPONGIで行なわれるコンサートのチケットが発売される。

シングル「最後だとわかっていたなら」

2018年3月7日発売



COCA-17418/¥1,204+税
<収録曲>
1.最後だとわかっていたなら
原作:ノーマ コーネット マレック 訳:佐川 睦
歌詞構成・作曲:都志見 隆 編曲:武部聡志
2.何度でも 恋に落ちましょう
作詞:小山田美里亜 作曲・編曲:EDISON

『クミコ コンサート2018』

6月30日(土)  東京・EX THEATER ROPPONGI
時間:16時開演
料金:¥7,500(ドリンク代別・全席指定・消費税込)
※ご入場時1ドリンク別途500円必要となります。ご注意ください。
※未就学児童入場不可



【関連リンク】
クミコ、原点のシャンソニエにて新曲「最後だとわかっていたなら」を披露
クミコまとめ
『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.5 &vol.6〜』開催決定!GYZE、BLINDMAN等が参戦!!

【関連アーティスト】
クミコ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, 名曲, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ライブレポ, レポート

『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.5 &vol.6〜』開催決定!GYZE、BLINDMAN等が参戦!!
Mon, 05 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東京・渋谷club asiaにて5月20日(日)に『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.5〜』が、6月24日(日)には『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.6〜』が開催されることが決定した。

1999年の初開催以来、約2年に一度のペースで開催されてきた『PURE ROCK JAPAN LIVE』。クラブチッタ川崎をホームグラウンドに、いつからか「国内最強メタル系イベント」と呼ばれるまでに成長した話題のイベントだ。昨今では『2年に一度のスパンではなく、毎年の開催をして欲しい』『若手からベテランまで、より幅広いバンドの出演も期待したい』という声も多くなり、そういった声に応えるべく2014年に生まれたのが、『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA〜』という新たなシリーズ企画。今回の<vol.5>と<vol.6>は、いわゆる“2マン"形式となっており、長い演奏時間でそれぞれの個性が濃密に発揮されることが期待できそうだ。

<vol.5>の出演者として世界に向けて固有のエクストリームなメタル・サウンドを響かせるGYZE、UNDEAD CORPORATIONの2組が、そして<vol.6>には魅惑的なハード・ロックを聴かせるヴェテランのBLINDMANと注目の若手として話題を集める新鋭のBLACK SWEETの2組が出演となる。

出演者の“熱さ漲る対決姿勢"はワンマン・ライヴとは異なり、強力なアーティストが勢揃いするからこそ、各々が切磋琢磨するパワフルなパフォーマンスが期待できる。今回もお互いにせめぎ合い、強力なライヴで我々を魅了してくれるだろう。例によって、各出演者とも「この日ならでは」の趣向を凝らした特別なステージを企画することになっているので、気になる方は是非足を運んで、会場にさらなる熱を届けてほしい。

■GYZE オフィシャルHP
http://www.gyze.jp/
■UNDEAD CORPORATION オフィシャルHP
http://undeadcorporation.com/
■BLINDMAN オフィシャルHP
http://www.blindman-official.com/
■BLACK SWEET オフィシャルHP
https://www.black-sweet.com/

『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA〜』

『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.5〜』
5月20日(日) 東京・渋谷club asia
開場/開演時間:開場16時/開演17時
出演:GYZE、UNDEAD CORPORATION(順不同)

『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.6〜』
6月24日(日)  東京・渋谷club asia
開場/開演時間:開場16時/開演17時
出演:BLINDMAN、BLACK SWEET(順不同)



【関連リンク】
『PURE ROCK JAPAN LIVE 〜EXTRA vol.5 &vol.6〜』開催決定!GYZE、BLINDMAN等が参戦!!
GYZEまとめ
BLINDMANまとめ
Black Sweetまとめ
UNDEAD CORPORATIONまとめ

【関連アーティスト】
GYZE, BLINDMAN, Black Sweet, UNDEAD CORPORATION
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, 発表, メタル, ライブ

悠木碧、アニメ『ピアノの森』ED曲のニューシングルの詳細解禁
Mon, 05 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

声優・悠木碧が4月25日にリリースするニューシングル「帰る場所があるということ」のアーティスト写真と収録内容を公開。さらに、同楽曲がエンディングテーマに起用されているTVアニメ『ピアノの森』に、丸山誉子役でキャストとしても参加することが明らかになった。

新曲「帰る場所があるということ」は、作品の世界観に寄り添った温かみのある一曲。楽曲の中でも存在感が際立つピアノは生演奏で、『ピアノの森』で主人公たちが使っているものと同じピアノ(=スタインウェイ)が使われるなど、細部にまでこだわった作品に仕上がっている。アニメ本編はもちろん、彼女の紡ぐ音楽にも注目だ。

■TVアニメ『ピアノの森』公式サイト
http://piano-anime.jp/

シングル「帰る場所があるということ」

2018年4月25日(水)発売



【CD+DVD】
COZC-1432~3/¥1,800+税
【CD only】
COCC-17448/¥1,200+税
<収録内容>
■CD
1.帰る場所があるということ
※TVアニメ「ピアノの森」エンディングテーマ
2.ビロードの幕
3.帰る場所があるということ(Instrumental)
4.ビロードの幕(Instrumental)
■DVD
帰る場所があるということ Music Video
帰る場所があるということ Music Video Making



【関連リンク】
悠木碧、アニメ『ピアノの森』ED曲のニューシングルの詳細解禁
悠木碧まとめ
酸欠少女 さユり、7組のアーティストと未来を紡ぐ2マンツアーを開催決定

【関連アーティスト】
悠木碧
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シングル, 新曲, リリース, アニメ, エンディング

酸欠少女 さユり、7組のアーティストと未来を紡ぐ2マンツアーを開催決定
Mon, 05 Mar 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2.5次元パラレルシンガーソングライターの?酸欠少女”さユりが、7組のアーティストの世界がせめぎ合う2マンツアーの開催を発表した。ワンマンライブを軸にその独自の世界観でライブでもオーディエンスを魅了してきたさユり。その第一幕となる全国ツアーとTOKYO DOME CITY HALLでの初ホールワンマンという航海を終え、辿り着いた地平線の先=?それでもの先”への第一歩となるのが今回の2マンツアー。その未知なる思いを込めたツアータトルと7組のアーティストの詳細は順次公開されるので、続報を楽しみにしてほしい。チケットは、オフィシャルファンクラブ・?ぱラれルらぼ - Parallel World Lab -”会員先行受付が開始となっているので、会員の方はお見逃しなく!

人と違う感性・価値観に、優越感と同じくらいのコンプレックスを抱く?酸欠世代”の象徴=?酸欠少女”として、その心情をアコギをかき鳴らしながら歌う?酸欠少女”さユりが、歌うことで酸欠世代の孤独に寄り添い、酸欠世代との循環する共鳴の中で誕生した第2幕始まりの歌「月と花束」。そこに込められた決意と思いを携え、7組のアーティストとどのような世界を作り上げるのか。?未知を割いて”突き進むさユりの決意とその歌世界をこの2マンライブで体験し、ぜひ五感で感じてほしい。

■【さユり コメント】

さユりです!
6月に、2マンツアーをします。
昨年はワンマンライブを中心にやって来たのですがさらに新しい、
未知のものを作ってみたい、出逢ってみたいと思い、
素敵な7組のアーティストを呼んで今回この2マンツアーをすることにしました。
それぞれの都市でそれぞれのアーティストと、来てくれるあなたと。
各々の運命を掻き回すような面白いツアーになると思っています。
ぜひ来てね、ライブハウスで待ってます。

■【2マンツアー詳細】

6月16日(土) 名古屋DIAMOND HALL
6月17日(日) 金沢EIGHT HALL
6月19日(火) 仙台Rensa
6月24日(日) 広島CLUB QUATTRO
6月25日(月) 福岡BEAT STATION
6月27日(水) 川崎CLUB CITTA\'
6月30日(土) なんばHatch
※アーティストの詳細は順次公開

<チケット>
・最速先行
ファンクラブ?ぱラれルらぼ - Parallel World Lab -”有料会員先行抽選受付
応募受付期間:3月5日(月)12:00〜3月11日(日)23:59
URL:http://emtg.jp/feature/sayuri_taibantour2018_fc/

※?ぱラれルらぼ - Parallel World Lab -”入会はこちらから
https://fc.sayuri-web.com/

シングル「月と花束」

2018年2月28日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
BVCL-857〜8/¥1,574+税
※全面箔三方背BOX仕様
※酸欠少女キャラカード封入(数種の中から1種ランダム封入)
<収録曲>
■CD
1.月と花束
2.平行線-弾き語りver,-
3.日向雨
■DVD
月と花束 MV(フルレングスver.)

【期間生産限定盤】(CD+DVD)
BVCL-860〜1/¥1,481+税
※「Fate/EXTRA Last Encore」描き下ろしアニメジャケットデジパック仕様
※アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」キャラカード数種封入
<収録曲>
■CD
1.月と花束
2.レテ
3.月と花束-アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」EDver.-
■DVD
アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」-ノンクレジットED映像-

【通常盤】(CDのみ)
BVCL-859/¥926+税
※初回仕様限定特典:酸欠少女キャラカード(数種の中から1種ランダム封入)
<収録曲>
1.月と花束
2.プルースト



【関連リンク】
酸欠少女 さユり、7組のアーティストと未来を紡ぐ2マンツアーを開催決定
酸欠少女 さユりまとめ
FLOW、ベスト盤『FLOW THE BEST 〜アニメ縛り〜』初回盤付属の特製ブックレットの詳細解禁

【関連アーティスト】
酸欠少女 さユり
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ライブ, ツアー

FLOW、ベスト盤『FLOW THE BEST 〜アニメ縛り〜』初回盤付属の特製ブックレットの詳細解禁
Mon, 05 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月7日(水)にリリースされる、FLOWのアニメ関連曲全23曲を詰め込んだコンプリートベストアルバム『FLOW THE BEST 〜アニメ縛り〜』初回生産限定盤に、音楽誌「リスアニ!」編集部とのコラボレーションで実現した“特製ブックレット”が同封されていることが告知された。この特製ブックレットには、アルバムに収録されているFLOWのアニメ関連楽曲23曲に関わりの深い18組ものプロデューサーやエンジニア、編集者、アーティストたちから関わった楽曲へコメントが寄せられており、それぞれが曲を通して触れてきたFLOWの音楽性・人間性がぎゅっと詰まっている。

そして メンバー全員によるスペシャルインタビューでは、この ?アニメ縛り”をライブで今やる意味、突き通すその意志の真意を赤裸々に語っており、ファンならずとも全国ツアーの前に是非一読しておきたい内容だ。さらに、アルバム緊急リリースの発端となった2017年末の日本青年館ライブ『FLOW THE CARNIVAL 2017 〜アニメ縛り〜』のレポートまでも掲載された充実の内容で、初回生産限定盤に収録された音と映像と共に15年間で関わってきたたくさんの人たちの想いを刻みつけた特製ブックレットに仕上がっている。

■【特製ブックレット 詳細】

■「FLOW THE BEST 〜アニメ縛り〜」に寄せて
音楽プロデューサー・ベーシスト/亀田誠治
アニメ音楽誌・「リスアニ!」編集長/馬嶋亮

■FLOW INTERVIEW
FLOWメンバー全員によるスペシャルロングインタビュー掲載
"アニメ縛り"を今やる意味、突き通すその意志の真意を赤裸々に語っています。

■全23曲 STAFF COMMENT
亀田誠治(「GO!!!」「DAYS」プロデュース)
中原正幸(「COLORS」レコーディングエンジニア)
ha-j(「WORD OF THE VOICE」アレンジ)
佐藤雅彦(「Realize」レコーディングエンジニア))
澄川龍一(リスアニ!編集者)
冨田明宏(音楽評論家・音楽プロデュース)
本間昭光(「HERO 〜希望の歌〜」プロデュース)
原裕之(レコーディングエンジニア)
篤志(「Hey!!!」アレンジ)
SHINGOMAN(「プレイブルー」アレンジャー)
渡辺美樹(ライター)
nishi-ken(「虹の空」プロデュース)
toku(GARNiDELiA)(「Steppin\'out」アレンジ)
吉田宇宙(「風ノ唄 」「INNOSENSE」ストリングスアレンジ)
GRANRODEO(FLOW×GRANRODEO)
キバオブアキバ(「BURN」アレンジ)
えびさわなち(ライター)
生内清香(リスアニ!編集者)

■『FLOW THE CARNIVAL 2017 〜アニメ縛り〜』LIVE REPORT

アルバム『FLOW THE BEST 〜アニメ縛り〜』

2018年3月7日発売



【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
KSCL-3032〜4/¥6,000+税
<収録曲>
■DISC1
1.GO!!!
2.DAYS
3.Realize
4.Re:member
5.COLORS
6.WORD OF THE VOICE
7.WORLD END
8.SUMMER FREAK
9.Sign
10.CALLING
11.Hey!!!
12.ブレイブルー
■DISC2
13.HERO〜希望の歌〜
14.CHA-LA HEAD-CHA-LA
15.愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
16.虹の空
17.光追いかけて
18.Steppin\' out
19.風ノ唄
20.BURN
21.INNOSENSE
22.7-seven-(FLOW×GRANRODEO)
23.Howling(FLOW×GRANRODEO)
■DVD ※初回生産限定盤のみ
『FLOW THE CARNIVAL 2017 〜アニメ縛り〜』2017.12.21 日本青年館
※当日演奏した全21演奏曲を完全収録!

◎特製ブックレット
◎ライブ会場限定予約特典:「FLOWポケットカレンダー」
◎【ミート&グリート】 『FLOW 15th Anniversary TOUR 2018「アニメ縛り」』全公演対象
抽選でメンバーに会える楽屋招待応募券封入



【通常盤】(2CD)
KSCL-3035/6/¥3,000+税
<収録曲>
■DISC1
1.GO!!!
2.DAYS
3.Realize
4.Re:member
5.COLORS
6.WORD OF THE VOICE
7.WORLD END
8.SUMMER FREAK
9.Sign
10.CALLING
11.Hey!!!
12.ブレイブルー
■DISC2
13.HERO〜希望の歌〜
14.CHA-LA HEAD-CHA-LA
15.愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
16.虹の空
17.光追いかけて
18.Steppin\' out
19.風ノ唄
20.BURN
21.INNOSENSE
22.7-seven-(FLOW×GRANRODEO)
23.Howling(FLOW×GRANRODEO)

◎ライブ会場限定予約特典:FLOWポケットカレンダー
◎【ミート&グリート】『FLOW 15th Anniversary TOUR 2018「アニメ縛り」』全公演対象
抽選でメンバーに会える楽屋招待応募券封入
◎購入特典: FLOW特製ジャケットステッカーシート
応援店一覧 http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/Flow/shoplist/180307/

FLOW 15th Anniversary TOUR 2018『アニメ縛り』

4月14日(土) 西川口Hearts 
※FLOW OFFICIAL MEMBER「26ers」限定公演
4月15日(日) HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
4月21日(土) 高崎clubFLEEZ
4月22日(日) 柏PALOOZA
4月28日(土) 横浜Bay Hall
4月29日(日) LiveHouse浜松窓枠
5月03日(木・祝) 広島クラブクアトロ
5月05日(土) 徳島club GRINDHOUSE
5月06日(日) 高松DIME
5月12日(土) 福岡DRUM Be-1
5月13日(日) 熊本B.9 V2
5月19日(土) KYOTO MUSE
5月20日(日) 松江AZTiC canova
5月26日(土) 富山MAIRO
5月27日(日) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
6月09日(土) 仙台Darwin
6月10日(日) 盛岡Club ChangeWave
6月16日(土) 大阪BIGCAT
6月17日(日) 名古屋ダイアモンドホール
6月24日(日) 札幌ペニーレーン24
7月01日(日) 豊洲PIT



【関連リンク】
FLOW、ベスト盤『FLOW THE BEST 〜アニメ縛り〜』初回盤付属の特製ブックレットの詳細解禁
FLOWまとめ
中村繪里子、ラジオをテーマにした蝶々P、ぐるたみんプロデュースの新曲を配信中

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, 特典, アニメ

中村繪里子、ラジオをテーマにした蝶々P、ぐるたみんプロデュースの新曲を配信中
Mon, 05 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『THE IDOLM@STER』シリーズの天海春香役で知られる声優・中村繪里子がパーソナリティを務めるラジオ番組「中村繪里子 キラとき☆」の新OP曲と新ED曲をそれぞれデジタルシングルとしてリリース。プロデュース陣にはネット音楽シーンのカリスマ・ぐるたみんと、蝶々P(一之瀬ユウ)を迎え、両曲ともポップなメロディーに仕上がっているが、この2曲がラジオユーザーから強い注目を集めている。

ラジオ離れが進んでいると言われている昨今のラジオ業界において、全国どこでもネットで気軽に聴けるサービスはラジオユーザーを増加させている。しかし、それでも?ラジオ黄金時代”の栄華には遠く及ばないのが現状だ。映像媒体に比べて、ラジオは?声”と?音楽”と?情報”が全ての世界。声優の中村は商売道具の?声”をフル活用させて、多数のレギュラー番組を抱えているが、その中でも「中村繪里子 キラとき☆」は中村本人の他愛もない日常トークとリスナーからのお便りで構成される昔ながらの番組構成スタイルを取り、根強い人気を博している。その番組の在り方に賛同した2アーティストが番組リニューアルに伴ってテーマ曲に自らの想いを乗せて楽曲を制作することを決めた。彼らもまた?歌”と?楽曲”だけでシーンを駆け上がってきたアーティストである為、中村のスタイルに共感するところもあったのだろう。

蝶々Pの「約束の場所まで」は?放送=約束の場所”に例え、毎週放送を楽しみにしているリスナーに対して?また今週も無事、お会いできましたね。”というラジオだからこそ毎週必ず届けられる楽しみの一つであるという意味合いを込めた。一方、ぐるたみんの「そんな素敵な夜だから」は《独りの部屋に 誰かがいた》というフレーズから分かるように、?誰か=ラジオの先にいるパーソナリティ・リスナー”を比喩して、深夜に一人で聞いているラジオは実は一人ではなく、双方向の関係値であることを訴えた。どちらの楽曲も深夜ラジオを楽しむ時の独特の雰囲気を著した名曲として、多くのリスナーの間で話題を呼んでいる。中村本人も?ラジオを通して広がっていったときに、誰かの応援歌となってほしい。ラジオ以外でもみんなを支えるものになれたら幸せです”と両曲への想いを語った。

ラジオ発信で書き下ろされた2曲は、番組の垣根を超えてラジオを中心にプロモーションを行なっている。ラジオの?今”と?魅力”を考えされられる、中村繪里子の新曲に注目だ。

■【コメント】

■蝶々P(一之瀬ユウ) コメント
「テーマ曲を制作させて頂くにあたり、一番意識したことは?ラジオを聴いている方々に笑顔になってもらえる、喜んでもらえる楽曲にしよう”という事でした。毎週この時間にラジオを聴いたらみんなが繋がれる、そんな素敵な場所の幕開けの曲になってくれたら良いなという想いから「約束の場所まで」という曲名をつけました。沢山聴いて頂けたら幸いです。」

■ぐるたみん コメント
「「そんな素敵な夜だから」は、テーマソングとして書かせていただいた楽曲ですが、僕の生放送などでのリスナーさんとの繋がりも意識して作った楽曲でもあります。一方は声を届けて、もう一方は聞く。?ラジオ”というツールを挟んではいるけど、一緒に同じ空間にいるんだって思える。それってすごく素敵だなって感じたことが、この曲を書こうと思ったきっかけです。みなさんの素敵な夜に寄り添える楽曲であったらうれしいです!」 

配信楽曲「約束の場所まで」

配信中



■購入URL
https://itunes.apple.com/jp/album/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%81%BE%E3%81%A7-single/1346767928?app=itunes

配信楽曲「そんな素敵な夜だから」

配信中
※3月13日(火)より、各ストア・スブスクリプションにて配信予定



■購入URL
https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%81%9D%E3%82%93%E3%81%AA%E7%B4%A0%E6%95%B5%E3%81%AA%E5%A4%9C%E3%81%A0%E3%81%8B%E3%82%89-single/1351233662?app=itunes

ラジオ番組「中村繪里子 キラとき☆」

放送日時: 毎週火曜24:30〜25:00(MUSIC BIRD)
※お近くのコミュニティFM局でのネット配信を行っています。
またはパソコン・スマートフォンの方はサイマルラジオでお聴きいただけます。
番組HP http://www.kiratoki.com



【関連リンク】
中村繪里子、ラジオをテーマにした蝶々P、ぐるたみんプロデュースの新曲を配信中
中村繪里子まとめ
ぐるたみんまとめ
蝶々Pまとめ
メトロノーム、メジャー2ndシングル「弊帚トリムルティ」MV解禁

【関連アーティスト】
中村繪里子, ぐるたみん, 蝶々P
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, 新曲, エンディング, オープニング, 音楽配信

メトロノーム、メジャー2ndシングル「弊帚トリムルティ」MV解禁
Mon, 05 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

メトロノームが3月7日にリリースする結成20周年記念第一弾のメジャー2ndシングル「弊帚トリムルティ」のMVをYouTubeにて公開した。

「解離性同一人物」に続くシングルとなる「弊帚トリムルティ」は、再起動後のメトロノームを象徴するような、近未来を想起させる同期サウンドの中に哀愁の歌メロが際立つ、唯一無二の“サイバー・ロック"を見事に完成させている。MVも現代と未来を行き来しながら演奏しているような構成で作られており、メトロノームというバンドの個性を際立たせ、更にロック・バンドとしてのプレイアビリティを全面に押し出した内容だ。

なお、本作を引っ提げて3月17日(土)の梅田QUATTROを皮切りに、東名阪QUATTROワンマンツアー『弊帚トリムルティ [05→98→18迄-7=20]』も開催決定! 結成20周年を最高の形でスタートする彼らからますます目が離せない。

シングル「弊帚トリムルティ」

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
KICM-91835/¥2,500+税
【通常盤】 (CD only)
KICM-1835/¥1,300+税
<収録内容>
■CD ※初回限定プレス盤/通常盤共通
01. 弊帚トリムルティ
02. ボクになりたかった僕
03. 友達の和
■DVD ※初回限定盤のみ
メトロノーム 19周年記念公演 『しゃーたん&めとたん』
01. 空想ヒーロー
02. 豆腐メンタル
03. MATSURI
04. 強くてNEW GAME
05. 絶望さん
06. φD-SANSKRIT
(Recorded at Akasaka Blitz, August 25th, 2017)
特典映像:『現代MONO/POLY』 ツアー・ファイナル 未公開(秘)ライヴ ・メドレー
(Recorded at TSUTAYA O-EAST, April 29th, 2017)

『弊帚トリムルティ [05→98→18迄-7=20]』

3月17日(土)  梅田QUATTRO
3月18日(日)  名古屋QUATTRO
3月25日(日)  渋谷QUATTRO



【関連リンク】
メトロノーム、メジャー2ndシングル「弊帚トリムルティ」MV解禁
メトロノームまとめ
小里誠・阿部耕作主催セッションイベント第2弾開催決定!

【関連アーティスト】
メトロノーム
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, リリース, 発売, ライブ, ツアー

小里誠・阿部耕作主催セッションイベント第2弾開催決定!
Mon, 05 Mar 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

過去20年余りに渡り、元ザ・コレクターズのリズムセクションとして活動を共にしていた小里誠と阿部耕作が、2017年3月に行われたセッションイベントの第2弾を、3月24日(土)に下北沢ClubQueにて開催することを発表した。

小里はFrancis、阿部はチリヌルヲワカなどで、それぞれ活発にアーティスト活動をしている。本セッションイベントの参加メンバーは前回にも出演した中森泰弘、松江潤、西岡ヒデローに加え、今回はカーネーション直枝政広、THE GROOVERS藤井一彦、高野勲の参加も決定。見所満載の豪華なセッションイベントになること間違い無し。現在、前売りチケット発売中なので、このレアな機会を見逃したくない方はどうぞお早めに。

■『オリマコト&阿部耕作presents 「ターミナル集会」』

3月24日(土) 下北沢Club Que
出演:小里誠(Francis)/阿部耕作(チリヌルヲワカ/ザ・カスタネッツ)/直枝政広(カーネーション)/藤井一彦(THE GROOVERS)/中森泰弘(Hicksville)/高野勲/松江潤/西岡ヒデロー
<チケット>
前売¥3,300/当日¥3,500 ※共にD代別
受付URL:https://t.livepocket.jp/e/que_0324?utm_source=Twitter&utm_medium=social&utm_campaign=13068&utm_content=org



【関連リンク】
小里誠・阿部耕作主催セッションイベント第2弾開催決定!
Francisまとめ
チリヌルヲワカまとめ
ザ・カスタネッツまとめ
カーネーションまとめ

【関連アーティスト】
Francis, チリヌルヲワカ, ザ・カスタネッツ, カーネーション, THE GROOVERS, Hicksville, 高野勲, 松江潤, 西岡ヒデロー
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, チケット

矢沢永吉、“わがまま”で2016年発売のライヴ音源アルバムを再々ミックス
Mon, 05 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2016年7月にリリースされた矢沢永吉の約15年ぶりとなるライヴ音源アルバム『LIVE HISTORY 2000〜2015』。本作品が本人の意向により、発売後にも関わらず再ミックスされ、既購入者には希望があれば無償で交換するという、前代未聞の対応を行なうことがわかった。

今回再出荷することになった作品はタイトルの通り2000年〜2015年の膨大なライヴ音源から厳選した32曲を矢沢永吉自らがミックスを手掛けリリースしたライヴCD。このアルバムに対して2018年の年明け早々、矢沢から事務所スタッフに連絡があったという。

『あのライヴアルバムのミックスをやり直したい』…まさかの言葉にスタッフは耳を疑った。

2017年、矢沢永吉は全26公演の『TRAVELING BUS TOUR2017』を大成功で終え、年末年始を家族とアメリカで過ごしていた。異国の地で、ライヴ音源アルバム『LIVE HISTORY 2000〜2015』を何回も聴いているうちに、彼の中で『もっとここのバランスをこうした方が良い!』という気落ちが各所で沸いたという。

こうなったら、動かないわけがないのが矢沢永吉だ。帰国し、早速矢沢はスタジオにこもり、32曲の再ミックスを自らの手で行なった。

2016年発売の本作品は、本人も納得のいく作品に仕上げリリースしていたことに間違いはない。それにも関わらずまた再び手を入れた。矢沢永吉自ら今回の再ミックスについて"矢沢のわがまま"と表現した。しかしこれは、どこまでも完璧を求めるアーティスト・矢沢永吉の"良いものを残したい"と思う純粋な欲求、こだわり以外のなにものでもないだろう。

これから出荷されるCDはすべて差し替えられるとのことだが、既に本作品を購入している人は無償での交換に応じるという。詳細はオフィシャHPに記載されているので、彼の求める完璧な作品が気になる!という方は是非チェックしてほしい。

アルバム『LIVE HISTORY 2000〜2015』

2018年3月5日発売



GRRC-51〜52/¥3,519+税

<交換対応についての詳細>
■DIAMOND MOONでの受付
交換対応場所:東京赤坂『DIAMOND MOON』 2階SHOP
交換方法:『DIAMOND MOON』へ2枚組の旧盤を2枚ともお持ちください。2階SHOPレジにて旧盤と交換で、新しい2枚組のアルバムをパッケージごとお渡しいたします。
交換対応期間:2018年3月9日(金)12:00〜2018年6月3日(日)閉店時間まで 
※CD1枚の場合は、交換対応ができかねます。CDは2枚組みです。
※ご購入時のレシートは不要です。
※旧盤のお買上げ場所は問わず、全て交換可能です。
■郵送での受付 
お客様ご負担手数料:送料一律800円(税込)
郵送での交換対応受付期間:2018年3月5日(月)12:00受付〜2018年6月3日(日)23:59
※郵送の場合は送料等の手数料をご負担いただきます。
※お手元のCDをご返送いただく送料もお客様ご負担となりますことを予めご了承ください。
※コンビニエンスストア払いの場合、別途コンビニ手数料がかかりますことをご了承ください。
※クレジットカード決済も可能です。
https://www.eikichiyazawa.com/livehistory2000-2015/



【関連リンク】
矢沢永吉、“わがまま”で2016年発売のライヴ音源アルバムを再々ミックス
矢沢永吉まとめ
majiko、ホリエアツシ&荒井岳史との対談をLINE LIVE配信決定

【関連アーティスト】
矢沢永吉
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

majiko、ホリエアツシ&荒井岳史との対談をLINE LIVE配信決定
Mon, 05 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

majikoが、移籍第1弾ミニアルバム『AUBE』のリリース前夜である3月6日に、楽曲を手掛けたホリエアツシ(ストレイテナー)と荒井岳史(the band apart)をゲストに迎えたトークセッションをLINE LIVEで配信することを発表した。これまで親交を深めてきた敬愛する大先輩とのアルバム制作秘話など、majikoの素顔に迫る。

■アルバム『AUBE』特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/majiko/

■LINE LIVE「majiko『AUBE』 リリース記念トークセッション」

3月06日(火)19:00〜20:00
https://live.line.me/channels/21/upcoming/7478568

ミニアルバム『AUBE』

2018年3月7日発売



【限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9102/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
1.声
2.Learn to Fly
3.アガルタの迷い子
4.スープの日
5.ダーウィン先生の倦怠
6.UNDERCOVER
7.Avenir
8.AM
■DVD
-Live Video-
01.end
02.このピアノでお前を875963 2145回ぶん殴る
03.ノクチルカの夜
04.ダージリン
05.彗星のパレード
06.心做し
07.冬の太陽
08.世田谷ナイトサファリ
09.アマデウス
10.きっと忘れない
11.Avenir



【通常盤】(CD)
UICZ-4416/¥2,000(税込)
<収録曲>
1.声
2.Learn to Fly
3.アガルタの迷い子
4.スープの日
5.ダーウィン先生の倦怠
6.UNDERCOVER
7.Avenir
8.AM



【関連リンク】
majiko、ホリエアツシ&荒井岳史との対談をLINE LIVE配信決定
majikoまとめ
ストレイテナーまとめ
the band apartまとめ
moke(s)、7月18日にデビューミニアルバムをリリース

【関連アーティスト】
majiko, ストレイテナー, the band apart
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 配信

moke(s)、7月18日にデビューミニアルバムをリリース
Mon, 05 Mar 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUNGEE JUMP FESTIVALを解散後よりソロ活動を行なっていた町田直隆を中心に、ベーシストに海北大輔(LOST IN TIME)、また2015年にはドラマーに小寺良太(ex.椿屋四重奏)を迎え結成された、大型新人ロックバンド・moke(s)(モークス)が、7月18日にデビューミニアルバム『BUILD THE LIGHT』をリリースすることを発表した。

moke(s)は、町田直隆、海北大輔を中心に2014年に結成、2015年にはドラマーに、小寺良太が参加し、現体制でライブ活動を開始。ライブシーンでも話題となっていた大型新人3ピースロックバンド。本作は、BUNGEE JUMP FESTIVALを解散後ソロ活動を行なっていた町田直隆氏にとってバンドとしての復帰作であり、また町田直隆の才能を誰よりもmoke(s)の立ち上げに協力した盟友・海北大輔の驚くほど高いベース・プレイヤーとしての実力、また椿屋四重奏時代を彷彿させる小寺良太の日本屈指のドラミングを遺憾なく発揮された、インディーロックの名盤と呼べる作品となっている。

■【海北大輔 コメント】

「LOST IN TIMEを組むまで、自分はあくまで「ベーシスト」でした。もちろん曲は書いていたし、コーラスもやってはいたけれど。どっちかと言うと、THE BLUE HEARTSの真島さんやBOφWYの布袋さん、JUDY AND MARYの恩田さんみたいな立ち位置で、世に出たいなって思ってた。そんな風に、自分が歌うよりも歌う誰かの横でベースを弾く事で、バンドの楽しさを覚えた少年時代でした。結局、そう思いつつも前のバンドが空中分解して、こうなったら自分で歌おう!と決意し始動したLOST IN TIMEの歴史は、僕の「ボーカリスト」としての歴史でもあるわけです。そんな自分が、心からリスペクトするボーカリストが、同世代に数人います。町田直隆くんはその中の一人で。BUNGEE JUMP FESTIVAL以降、ソロ中心の活動に終始していた町田くんと、2014年にセッションをする機会がありました。彼の歌に触れ、その横でベースを弾き倒す中で、若い頃の自分の純粋なバンドの楽しさと久しぶりに再会したような、そんな気持ちになりました。moke(s)はこうして始まりました。岡山くん(ex.andymori)が去り、小寺くん(ex.椿屋四重奏)がやって来た事で、より一層バンドの色やスタンスが固まって来たように思います。そして僕にとって、このバンドのコンセプトはもう一つ存在しています。「ボーカリスト 町田直隆の、世の中への再定義・再提示」です。自分もボーカリストである上で、彼から受けた刺激や影響は決して小さくなく、今も現役で歌い続けている身として改めて、町田くんの歌から学ばせてもらっています。最近のLOST IN TIMEの歌のコンディションが抜群に良いのは、町田くんとの切磋琢磨も大きな理由の一つです。ロストも手を抜く気なんてこれっぽちもないですからね。そんな海北が自信を持って皆さんにお勧めし、紹介したい「現役」のボーカリストが、町田直隆です。moke(s)のサウンドと歌に触れる事で、彼のポテンシャル、スキル、エモーションに一人でも多くの方が出会い、また再会して欲しいと切に願っています。LOST IN TIME共々、応援よろしくお願い致します」

ミニアルバム『BUILD THE LIGHT』

2018年7月18日発売



LFRR-0007/¥1,500+税
<収録曲>
1.BOY MEETS NERD
2.ログアウト
3.END OF THE NIGHT
4.slow suicide
5.THORNS&PAINS
6.F.F.O
7.果て



【関連リンク】
moke(s)、7月18日にデビューミニアルバムをリリース
moke(s)まとめ
LOST IN TIMEまとめ
椿屋四重奏まとめ
Bungee Jump Festivalまとめ

【関連アーティスト】
moke(s), LOST IN TIME, 椿屋四重奏, Bungee Jump Festival
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, 発売, ミニアルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1