歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年03月02日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
ゆず、アルバム『BIG YELL』初回盤付属DVDのダイジェスト映像を公開
Fri, 02 Mar 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずが4月4日(水)にリリースするニューアルバム『BIG YELL』の初回生産限定盤に付属する映像集のダイジェスト映像を公開した。初回生産限定盤付属のDVDには、2017年に敢行された夏フェスツアー『YUZU SUMMER FEST. TOUR 2017 GOODSUNSHINE DAYS』から、16年ぶりに出演した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』や、大トリを務めた『SWEET LOVE SHOWER』をはじめ、出演した全8カ所それぞれのライブ映像を各1曲ずつ特別収録。さらに、20周年イヤーの締め括りとして横浜・伊勢佐木町で行われた『ゆず 冬至の日ライブ ファイナル』では、1stミニアルバム『ゆずの素』の収録楽曲、さらに「夏色」「シュビドゥバー」などを披露したライブの模様をノーカットで完全収録! 約100分の大ボリューム映像集だ。

今回公開されたダイジェスト映像は、この『ゆず 冬至の日ライブ ファイナル』と夏フェスライブの計2本。夏フェスライブでは、代表曲「夏色」のサウンドに乗せ、本編に収録される全8カ所8曲の映像が展開。中でも、大阪で行なわれた『WEST GIGANTIC CITYLAND』、福岡で開催された『NUMBER SHOT』、新潟の『音楽と髭達』はこれが映像初解禁となるので必見だ。一方の『ゆず 冬至の日ライブ ファイナル』は、原点の場所である横浜・伊勢佐木町で行なわれたライブの模様を辿ることができる。

アルバム『BIG YELL』

2018年4月4日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SNCC-86932/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
SNCC-86933/¥2,850+税
<収録曲>
■CD
1.聞こエール
2.TETOTE(YZ ver.)
3.イコール
4.愛こそ
5.カナリア
6.タッタ(Album ver.)
7.日常
8.恋、弾けました。
9.通りゃんせ
10.風のイタズラ
11.ガイコクジンノトモダチ
12.存在の証明
13.うたエール
■初回生産限定盤DVD
・YUZU SUMMER FEST. TOUR 2017 GOOD SUNSHINE DAYS〜#ゆずと夏フェス〜
1.サヨナラバス from WEST GIGANTIC CITYLAND
2.タッタ from 音楽と髭達
3.夏色 from WILD BUNCH FEST.
4.いつか from NUMBER SHOT
5.雨のち晴レルヤ from FM802 MEET THE WORLD BEAT
6.虹 from SENDAI OTO Festival
7.夏色 from ROCK IN JAPAN FESTIVAL
8.栄光の架橋 from SWEET LOVE SHOWER
・ゆず 冬至の日ライブファイナル in カトレヤプラザ伊勢佐木
1.てっぺん
2.連呼
3.する〜
4.地下街
5.ろくでなし
6.岡村ムラムラブギウギ
7.空模様
8.夏色
9.シュビドゥバー

『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』

4月29日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
4月30日(月・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
5月15日(火) 愛知・日本ガイシホール
5月16日(水) 愛知・日本ガイシホール
5月19日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
5月20日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
5月30日(水) 大阪・大阪城ホール
5月31日(木) 大阪・大阪城ホール
6月09日(土) 北海道・北海きたえーる
6月10日(日) 北海道・北海きたえーる
6月16日(土) 福井・サンドーム福井
6月17日(日) 福井・サンドーム福井
6月23日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月24日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月30日(土) 新潟・朱鷺メッセ
7月01日(日) 新潟・朱鷺メッセ
7月07日(土) 広島・広島グリーンアリーナ
7月08日(日) 広島・広島グリーンアリーナ
7月14日(土) 静岡・エコパアリーナ
7月15日(日) 静岡・エコパアリーナ
7月18日(水) 大阪・大阪城ホール
7月19日(木) 大阪・大阪城ホール
7月24日(火) 神奈川・横浜アリーナ
7月25日(水) 神奈川・横浜アリーナ
7月28日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
7月29日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ

■特設サイト
http://yuzu-official.com/pages/bigyell



【関連リンク】
ゆず、アルバム『BIG YELL』初回盤付属DVDのダイジェスト映像を公開
ゆずまとめ
みそっかす、新曲「ディスコエクスプロージョン」のMVを公開

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ユニット, アルバム, リリース, 特典

みそっかす、新曲「ディスコエクスプロージョン」のMVを公開
Fri, 02 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

みそっかすの3月28日(水)リリースとなるミニアルバム『東洋の神秘』より、新曲「ディスコエクスプロージョン」のMVが公開された。今回のMVも、彼らのMVではお馴染みの丸山太郎監督によるもの。着物に戻ったはずのみそっかすメンバーが今度はスーツをまとっていて、それぞれが歌詞に出てくる“政治家”、“エスパー”、“見習いピエロ”、“マジシャン”に扮しているようだが、正直よく分からない…分からないが、クスっと笑ってしまう、ひたすらシュールな”丸山節”炸裂の映像に仕上がっているのでぜひチェックしてほしい。

ミニアルバム『東洋の神秘』

2018年3月28日(水)発売



NBPC-0052/¥1,800(税抜)
<収録曲>
1. 切り札はスペードのエース
2. ユーフォーユーフォー
3. バンパイアと十字架
4. ディスコフレイム
5. ディスコエクスプロージョン
6. 踊る政治家
7. 都会のクリスマス

『「東洋の神秘」リリースツアーみそっかすワンマンショー』

5月05日(土・祝) 大阪・天王寺 Fireloop
5月13日(日) 東京・池袋 Adm
5月18日(金) 名古屋・池下 CLUB UPSET



【関連リンク】
みそっかす、新曲「ディスコエクスプロージョン」のMVを公開
みそっかすまとめ
ヒステリックパニック、新曲3曲がトリプルA面の新作EPリリース決定

【関連アーティスト】
みそっかす
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ミニアルバム

ヒステリックパニック、新曲3曲がトリプルA面の新作EPリリース決定
Fri, 02 Mar 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ヒステリックパニックが1月4日(木)にZEPP NAGOYAで行なった新春ライブ『お正月だし ヒスパニ5周年だし ツアーファイナルだし なんかいろいろおめでたいフェスタ 2018』で、初夏にリリース予定と案内された作品の詳細が発表になった。

『666 (TRIPLE SICK\'S)』と不吉なタイトルが付けられた今作は、4曲入りの『4U』以来のEPとなる。悪魔の数字、神に敵対する獣の印等、キリスト教徒には忌み嫌われる“666”であるが、ヒスパニにとってはバンド結成6年目、メジャーデビュー後6作目の作品であること、リリース日の2018年5月2日という数字を分解して足すと“666”の合計の“18”となることからなど、このタイミングでしか使えないとのことで、このタイトルに決めたという。さらに、新曲の3曲はトリプルA面とのことで、トリプルという意味もふくめで三つ数字を重ねたりヒスパニ独特の言葉遊びが詰まったタイトルだ。また、“SIX”とせず、“SICK’S”としているのはヒスパニ流の語呂合わせ。

そしてアーティスト写真もプチリニューアル! これは突然頭を丸めたTack朗(Vo&Gu)のイメージがアー写とずれてしまった為、今のTack朗に準じてリニューアルされたもの。なぜ、彼が丸坊主になったかは皆さんのご想像におまかせする。

EP『666(TRIPLE SICK\'S)』

2018年5月2日(水)発売



VICL-64994/¥1,600+税
<収録曲>
1.Love it!
2.Suicide Squad
3.メリーバッドエンド
4.せごどん(Bonus Track)

配信限定「Shut up」

配信中



iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/-/id1315580662?app=itunes&ls=1
レコチョク http://recochoku.jp/song/S1006126751/
mora http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-18020/
Apple Music https://itunes.apple.com/jp/album/-/id1315580662
LINE MUSIC https://music.line.me/launch?target=track&item=mb000000000157f0f5&subitem=mt000000000cf5d284&cc=JP&from=tw
AWA https://s.awa.fm/album/b3f1ffa4e83a24099498/?playtype=copy_album&t=1512506572


ミニアルバム『LIVE A LIVE』

発売中



VICL-64803/¥2,100+税
<収録曲>
1. A:LIVE
2. ガチ恋ダークネス
3. 月曜日が始まんで〜
4. Head Bang!
5. 全日本ぬるぬる音頭
6. ブルーバード
7. swan song

<配信URL>
iTunes Store https://itunes.apple.com/jp/album/-/id1237563332?app=itunes&ls=1
レコチョク http://recochoku.jp/album/A2000980731/
mora http://mora.jp/package/43000005/VICL-64803/
Apple Music https://itunes.apple.com/jp/album/-/id1237563332
LINE MUSIC https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000013d04fc&cc=JP&from=tw
AWA https://s.awa.fm/album/beb225bd44f7eedb2700/?playtype=copy_album&t=1497970802

【ライブ情報】

■『ヒステリックパニックpresents【全日本ぬるぬる祭り】』
4月01日(日) 神奈川・川崎CLUB CITTA\'
出演:ヒステリックパニック / BUZZ THE BEARS / ENTH / ROACH

■『東名阪異種格闘技ツーマン ヒステリックパニックpresents【音楽は基本雑食です笑】』
5月02日(水) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
5月08日(火) 大阪・梅田 Shangri-La
5月16日(水) 東京・新宿 LOFT



【関連リンク】
ヒステリックパニック、新曲3曲がトリプルA面の新作EPリリース決定
ヒステリックパニックまとめ
きゃりーぱみゅぱみゅ、配信シングル「きみのみかた」リリース決定

【関連アーティスト】
ヒステリックパニック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, EP

きゃりーぱみゅぱみゅ、配信シングル「きみのみかた」リリース決定
Fri, 02 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2011年夏にCAPSULEの中田ヤスタカプロデュースでデビューをし、9万人を動員するアリーナツアーや3度のワールドツアーを成功させ、国内外問わず活動し続けているきゃりーぱみゅぱみゅが、自身の25歳の誕生日を祝うイベントにて初披露した新曲「きみのみかた」を2018年第一弾デジタルシングルとして4月11日(水)にリリースすることが決定した。早速、その新作のアーティスト写真とジャケット写真も合わせて発表。これまでのイメージとは打って変わり、大人になったきゃりーの姿にも要注目だ。

さらに、これまで9万人以上動員してきたヨーロッパ、アメリカを巡る自身4度目のワールドツアーのスケジュールも発表! しかも、そのライブの内容は、2017年に“日本のおばけ屋敷”をテーマに開催し好評を博した、初のハロウィン単独公演『THE SPOOKY OBAKEYASHIKI ~PUMPKINS STRIKE BACK~』を世界へ持ち出すという、かなり挑戦的なテーマになっている。2018年も、きゃりーぱみゅぱみゅの独特な解釈で日本文化を拡めていく年になることだろう。

配信シングル「きみのみかた」

2018年4月11日配信開始

『Kyary Pamyu Pamyu World Tour 2018 THE SPOOKY OBAKEYASHIKI -PUMPKINS STRIKE BACK-』

5月20日(日) LONDON - England - KOKO
5月22日(火) GERMANY - K?ln - Die Kantine
5月23日(水)  GERMANY - Berlin - COLUMBIA THEATRE
6月18日(月) USA - New York - Playstation theater
6月20日(水) USA - San Francisco - The Regency Ballroom
6月22日(金) USA - Los Angeles - The Fonda Theatre
■詳細
http://tso.kyary.asobisystem.com



【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ、配信シングル「きみのみかた」リリース決定
きゃりーぱみゅぱみゅまとめ
菅原卓郎、歌謡曲をコンセプトにしたアルバム『今夜だけ俺を』リリース決定

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, ツアー, 音楽配信

菅原卓郎、歌謡曲をコンセプトにしたアルバム『今夜だけ俺を』リリース決定
Fri, 02 Mar 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎(Vo&Gu)が、歌謡曲をコンセプトに作り上げられたアルバム『今夜だけ俺を』を6月13日(水)にリリースすることが決定した。“ハードコアと歌謡曲の融合”と評される9mm Parabellum Bulletは、ライブやフェスで山本リンダ「どうにもとまらない」や中森明菜「飾りじゃないのよ涙は」など有名歌謡曲をカバーしていたが、2017年は山本リンダとイベントにて共演を果たし話題となった。

本作は、菅原卓郎を“歌い手”に専任させ、ラブソングを歌わせるというコンセプトを元に9mmメジャーデビュー時のプロデューサーであり、最近は作詞だけでなくメディア出演等で活動の幅を広げる、いしわたり淳治が全曲作詞、9mm Parabellum Bulletの滝 善充(Gu)がプロデュースと全作曲を手掛け“歌謡曲集”として制作されたという。アルバムタイトルトラック「今夜だけ俺を」を筆頭に、タイトルからも歌謡曲感溢れる6曲が収録される。

また、合わせて最新アーティスト写真を公開。いつものロックバンドのイメージとは異なる、ソロでしか見ることができない菅原の新たな魅力が感じられる写真だ。さらに、東名阪ワンマンツアー『菅原卓郎コンサートツアー2018〜夜のメカニズム〜』開催も発表! ツアータイトルに“コンサート”と付くようにどのような“歌謡ショー”が行なわれるのか、楽しみに待っていてほしい。

■『菅原卓郎コンサートツアー2018 〜夜のメカニズム〜』

6月23日(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
6月27日(水) 東京・渋谷 CLUB QUATTRO
6月30日(土) 大阪・味園ユニバース

<チケット>
前売¥4,000(税込)※ドリンク代別途必要
・一般発売日
5月20日(日)10:00〜
・9mm MOBILE先行抽選販売
受付期間:3月2日(金)21:00〜3月12日(月)23:59
※携帯・スマートフォンのみ対応、申し込みには入会が必要です。
・菅原卓郎オフィシャルホームページ先行抽選販売
受付期間:4月1日(日)12:00〜4月15日(日)23:59

アルバム『今夜だけ俺を』

2018年6月13日(水)発売



COCP-40356/¥2,200+税
<収録曲>
1.今夜だけ俺を
2.ボタンにかけた指先が
3.悪女
4.Baby どうかしてるぜ
5.ドレスを脱がせて
6.捨て台詞



【関連リンク】
菅原卓郎、歌謡曲をコンセプトにしたアルバム『今夜だけ俺を』リリース決定
9mm Parabellum Bulletまとめ
菅原卓郎まとめ
Czecho No Republic、アルバム『旅に出る準備』に東出真緒(BIGMAMA)らが参加

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet, 菅原卓郎
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース, 歌謡曲, ツアー

Czecho No Republic、アルバム『旅に出る準備』に東出真緒(BIGMAMA)らが参加
Fri, 02 Mar 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicが3月14日(水)にリリースする、5人になって5周年メジャー5枚目のアルバム『旅に出る準備』の参加ミュージシャンらが明らかになった。挑戦の一つとして2017年9月にリリースしたSKY-HIとの共同制作シングル「タイムトラベリング」はもちろん、「LALALA」「愛を」ではさらなる広がりと刺激を求めて、FUNKY MONKEY BABYSやYUKIの楽曲を手がける田中隼人(agehasprings)をサウンドプロデューサーとして迎えた。さらに、2017年のツアーからライブで演奏され大好評を得ている「好奇心」では、バイオリンに東出真緒(BIGMAMA)が参加し、雄大でエモーショナルなサウンドに! アルバム『旅に出る準備』は、これまでの活動の中でハイペースにアルバムリリースしてきたことから一度立ち止まり、Czecho No Republicとして様々な挑戦の一年を経たメンバーが、“キラキラ”、“ハッピー”といった元来のバンドのイメージをそのまま落とし込んだ作品となっている。

武井(Vo&Ba)は、ライブでは歌と共にベース以外の楽器を演奏することも多いが、MVを公開中の「テレパシー」をはじめ、「LALALA」「愛を」ではサウンドに新たなフィーリングやグルーヴを取り入れる試みとして、レコーディング現場で自らがディレクション側の立場に立った。そして今回、作曲を中心に数々のアーティストに楽曲を提供し、ベーシストとしても中村一義のサポートメンバーやレキシ、斉藤和義など多方面で活躍している山口寛雄をゲストベーシストとして召喚。新たな表現や可能性をゲストベーシストを迎えることによって広げ、より自由で豊かな楽曲作りに挑戦している。

さらに、「好奇心」がTBSテレビ「王様のブランチ」3月度エンディングテーマに決定! 3月3日(土)から番組ではオンエアがスタートする。なお「好奇心」の初出しライブ映像とともにエンディングが流れるので、こちらもお見逃しなく!

アルバム『旅に出る準備』

2018年3月14日発売



COCP-40282/¥2,800+税
<収録曲>
01.LALALA 
02.テレパシー
03.好奇心 
04.愛を 
05.Spring 
06.ザナドゥ 
07.タイムトラベリング
08.チキンレース 
09.シュガーボーイ 
10.静かな海 
11.旅に出る準備

『5人になって5周年!5×5=25 TOUR』

〜台湾ワンマン番外編〜
3月31日(土) 台北WALL公館

〜「旅に出る準備」リリース ワンマン編〜
4月11日(水) 名古屋 CLUB QUATTRO
4月18日(水) 仙台 CLUB JUNK BOX
4月20日(金) 梅田 CLUB QUATTRO
4月21日(土) 福岡 BEAT STATION
4月25日(水) 渋谷 TSUTAYA O-EAST

〜「旅に出る準備」リリース 2マン編〜
5月18日(金) 札幌 KRAPS HALL
5月26日(土) 広島 SECOND CRUTCH
5月27日(日) 高松 DIME  
6月07日(木) 新潟 CLUB RIVERST
6月09日(土) 浜松 FORCE



【関連リンク】
Czecho No Republic、アルバム『旅に出る準備』に東出真緒(BIGMAMA)らが参加
Czecho No Republicまとめ
SKY-HI、全国ツアー初日で新曲「One Night Boogie」を披露

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, コラボ, アルバム, リリース

SKY-HI、全国ツアー初日で新曲「One Night Boogie」を披露
Fri, 02 Mar 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

??埼玉県・大宮ソニックシティホール 大ホールで初日を迎えた『SKY-HI TOUR 2018 -Marble the World-』。2017年は初の日本武道館公演を大成功させ、上海、台湾、香港、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリでの海外公演も行ない、今やヒップホップシーンのみならず、幅広い層からの熱い注目を集めるようになっているSKY-HIは、ここ数年、冬の終わり頃から春にかけてホールツアー・秋から冬にかけてライブハウスツアーを回るのが恒例となっている。2018年も、今のところこの流れ通りになっているわけだが――今回、注目すべきなのは、“新作アルバムを引っ提げたツアー”ではないという点だろう。一体どのような曲が披露されるのか? 会場に集まったFLYERS(SKY-HIのファンの愛称)のウキウキした表情は、何が起こるかわからないライブへの期待で胸が高鳴っている様子だった。

ギター、ベース、ドラム、キーボード、DJ、ホーンセクション、コーラスによるバンド+4人のダンサーによって構成されているお馴染みの頼もしい仲間たち“THE SUPER FLYERS”が登場して、待ちわびていたFLYERSの間から起こった大きな歓声。そして、“始めようか!”という声が鳴り響いて、ついにSKY-HIが登場。オープニングを飾ったのは「BIG PARADE」だった。ホーンセクションとダンサーを率いてステージ上をパレードし、キレの良いダンスも披露しながら歌うSKY-HIの姿が実に活き活きしている。会場全体が一気に華やかなムード、熱い昂揚感に包まれたオープニングであった。

その後も様々な曲が一気に届けられていったが、お馴染みの曲にも新鮮なアレンジが施されていて、ダンサーたちと共に繰り広げるダンスパフォーマンスが豊かな色合いの物語を映し出していく様に息を呑まされた。SKY-HIのラップ、歌、ダンスで魅了するだけでなく、チームが一丸となってワクワクできる空間を生み出していき、まるでミュージカルのようだったと言っても過言でないだろう。SKY-HIのライブを何度も観たことがある熱心なFLYERSも、彼のライブが最早“ラッパーのライブ”という粋を既に遥かに超えて、“極上のエンタテインメント”と化していると実感したに違いない。

エネルギッシュなダンスチューン、高速ラップ、胸にグッと迫るバラードなど、幅広いナンバーが、インターバルをあまり挟むことなく、まるでひとつの物語を描くように構成されていたのも、このライブの刺激的な点だった。そして、そんな曲たちの合間に、時折、発せられたメッセージが、観客の心を熱く鼓舞していたのも印象深い。“逃げることだって戦うことの選択肢のひとつだと思う。俺はお前のその選択を心から応援してやる!”と力強く宣言した後、“改めて言わせてくれ。君の生きる意味も価値も、この音楽で証明しよう”と言って歌い始めた「フリージア」が、とても感動的だった。

終盤ではライブ初日に配信が開始された新曲「One Night Boogie」が披露され、合間にはマイケル・ジャクソン、アース・ウインド&ファイアーの名曲のショートバージョンなどを盛り込み、ライブならではの臨場感に溢れたものに仕上げていたのも、とても楽しかった。そして、SKY-HIがピアノを弾きながら歌った「クロノグラフ」や「アイリスライト」など、4月からスタートするテレビアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』のオープニングテーマソングとして書き下ろされた「Diver\'s High」、2017年10月にリリースされた配信限定の企画アルバムに収録されていた「Marble」、大合唱を誘った代表曲の数々…片時も目を離せない場面が続き、爽やかな熱気と共にライブはエンディングを迎えた。

これまでに世に送り出してきた様々な楽曲と最新のナンバーにフレッシュな息吹を注ぎ込んでいたこのライブは、SKY-HIのソロアーティストとしての足跡を辿るものとなっていたと同時に、到達している現在地点、進もうとしている未来も立体的に示すものとなっていた。ある意味“ベストアルバム”的でもあった濃厚な内容は、初めて彼のライブに足を運んだ観客も魅了したに違いない。4月28日・京都府・ロームシアター京都メインホールまで続くこのツアーによって、ますます彼のファンの輪が全国に広がっていくはずだ。

『SKY-HI TOUR 2018-Marble the World-』

3月02日(金) 千葉県:森のホール21
3月12日(月) 神奈川県:カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)ホール
3月15日(木) 宮城県:東京エレクトロンホール宮城
3月20日(火) 新潟県:りゅーとぴあ・劇場
3月21日(水・祝) 富山県:富山県民会館
3月24日(土) 愛知県:名古屋国際会議場 センチュリーホール
3月25日(日) 愛知県:名古屋国際会議場 センチュリーホール
3月29日(木) 福岡県:福岡サンパレス
3月31日(土) 広島県:広島上野学園ホール
4月04日(水) 大阪府:フェスティバルホール
4月05日(木) 大阪府:フェスティバルホール
4月08日(日) 福井県:福井フェニックスプラザ
4月21日(土) 千葉県:幕張メッセ イベントホール
4月22日(日) 千葉県:幕張メッセ イベントホール
4月27日(金) 兵庫県:神戸国際会館こくさいホール
4月28日(土) 京都府:ロームシアター京都メインホール

配信楽曲「One Night Boogie feat. THE SUPER FLYERS」

2018年3月1日配信
※全CP&Subscription配信



iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1348203919?app=itunes&ls=1
AppleMusic
http://recochoku.com/a0/sky-hi_onenightboogie/
Spotify
https://s.awa.fm/artist/905c9400476f584c2539/?playtype=copy_artist&t=1519616064
レコチョク
https://itunes.apple.com/jp/album/id1348203919?app=apple&ls=1
AWA
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000015da083&cc=JP
LINE MUSIC
http://open.spotify.com/album/5wav4JntlQNM299S97beW4

配信EP『ベストカタリスト -Special Edition EP-』

2018年3月16日配信
※全CP&Subscription配信



通常価格:¥1050
プレオーダー期間価格:¥600
<収録曲>
01. One Night Boogie feat. THE SUPER FLYERS
02. 何様feat. ぼくのりりっくのぼうよみ
03. ハリアッ! feat. 尾崎裕哉 & KERENMI
04. One Night Boogie feat. THE SUPER FLYERS -acappella-
05. 何様 feat. ぼくのりりっくのぼうよみ -acappella-
06. ハリアッ! feat. 尾崎裕哉 & KERENMI -acappella-
07. One Night Boogie feat. THE SUPER FLYERS -instrumental-
08. 何様 feat. ぼくのりりっくのぼうよみ -instrumental-
09. ハリアッ! feat. 尾崎裕哉 & KERENMI -instrumental-

■iTunes プレオーダー
予約期間:3月1日(木)〜3月15日(木)
◎プレオーダー期間中特典
『SKY-HI, KEN THE 390, T-Pablow / Turn Up -Live at TOYOSU PIT- 』LIVE音源
https://itunes.apple.com/jp/album/id1348203919?app=itunes&ls=1

アルバム『ベストカタリスト -Collaboration Best Album-』

2018年3月21日発売



【mu-moショップ / AAA Party / AAA mobile専売商品】(初回生産限定)
■CD+DVD(スマプラ対応)
AVC1-93847/B/¥5,800+税
■CD+Blu-ray(スマプラ対応)
AVC1-93848/B/¥5,800+税
※三方背ケース仕様 /ミニ写真集(4C / 52P) / 特製ステッカー付

【CD+DVD】(スマプラ対応)
AVCD-93844/B/¥5,500+税
【CD+Blu-ray】(スマプラ対応)
AVCD-93845/B/¥5,500+税
※初回盤:JKTサイズステッカー封入
【CD】(スマプラ対応)
AVCD-93846/¥2,800+税
※初回盤:JKTサイズステッカー封入

<収録曲>
■CD
01. SKY-HI / One Night Boogie feat. THE SUPER FLYERS
02. SKY-HI / 何様 feat. ぼくのりりっくのぼうよみ
03. SKY-HI / ハリアッ! -Fast Fly Ver.- feat. 尾崎裕哉 & KERENMI
04. MIYAVI vs SKY-HI / Gemstone
05. SKY-HI×SALU / RAPSTA
06. tofubeats / Fresh Salad feat. SKY-HI
07. SKY-HI / Walking on Water Remix feat. Lick-G & RAU DEF
08. KEN THE 390 / Turn Up feat. T-PABLOW,SKY-HI
09. DJ 松永 / 知らなくていい feat. SKY-HI
10. SONPUB / Jack The Ripper feat. SKY-HI
11. KEITA / Slide \'n\' Step -Extended Mix-feat. SKY-HI
12. SPICY CHOCOLATE / Last Forever feat. 加藤ミリヤ& SKY-HI
13. BRIGHT / BAD GIRL!! feat. SKY-HI
14. FIRE HORNS / VERY BERRY FEAT. SKY-HI
15. Czecho No Republic × SKY-HI / タイムトラベリング
16. DJ SAAT / “TRIBE" feat. SKY-HI, SIMON, Staxx T, JP THE WAVY & DABO
17. 小室哲哉 / Every feat. SKY-HI & K-C-O
18. DJ Deckstream / Far East Movement feat. RINO LATINA II & SKY-HI
19. サイプレス上野とロベルト吉野 / メリゴ feat. SKY-HI
■DVD / Blu-ray
-MUSIC VIDEO-
01. One Night Boogie feat. THE SUPER FLYERS
02. 何様 feat. ぼくのりりっくのぼうよみ
-LIVE-
SKY-HI Round A Ground 2017 -2017.12.12 at TOYOSU PIT-
SKY-HI & HIPHOP STARS
参加アーティスト :
SALU, JP THE WAVY, RAU DEF, KEN THE 390, T-Pablow ,TARO SOUL, サイプレス上野
<収録曲>
01. RAPSTA (SKY-HI, SALU)
02. No Chill (SKY-HI, SALU)
03. Purple Haze (SKY-HI, SALU)
04. 一斉送信 (JP THE WAVY)
05. Cho Wavy De Gomenne (SKY-HI, SALU, JP THE WAVY)
06. HYPATECH (RAU DEF)
07. WHIPLASH (SKY-HI, RAU DEF)
08. Real Talk (SKY-HI, RAU DEF)
09. What\'s Generation (SKY-HI, KEN THE 390, RAU DEF)
10. Critical Point (SKY-HI, KEN THE 390, TARO SOUL)
11. PROPS (SKY-HI, KEN THE 390, サイプレス上野)
12. Shock (SKY-HI, KEN THE 390)
13. Turn Up (SKY-HI, KEN THE 390, T-Pablow)
14. Lego!! (SKY-HI, KEN THE 390, TARO SOUL, サイプレス上野)
15. メリゴ (SKY-HI,サイプレス上野)
16. 運命論 (SKY-HI, SALU)



【関連リンク】
SKY-HI、全国ツアー初日で新曲「One Night Boogie」を披露
SKY-HIまとめ
映画『WE ARE X』、『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018』にて“BEST MUSIC FILM”を受賞

【関連アーティスト】
SKY-HI
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ワンマン, ライブレポ, 音楽配信

映画『WE ARE X』、『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018』にて“BEST MUSIC FILM”を受賞
Fri, 02 Mar 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月1日にパシフィコ横浜にて開催された『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018』で、 X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』が、 最も優れた音楽映画に与えられる賞“BEST MUSIC FILM”を受賞した。『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』は、日本最大の音楽番組専門チャンネル・スペースシャワーTVが主催する日本のポップカルチャーを代表するアワードで、様々なコンテンツで功績をあげユーザー支持を得たアーティストやクリエイターが表彰される。

現在YOSHIKIはLAでレコーディング作業中のため、残念ながら当日会場に足を運ぶことができなかったが、LAから届いたムービーコメントの中で、 “今回このような賞を受賞できたのは、本当にファンの皆さんのおかげだと思っています” と、 感謝の言葉を口にした。

映画『WE ARE X』は、2016年1月に米・サンダンス映画祭への出品を皮切りに、2018年2月のロシア公開を含め、これまで世界29もの国と地域で上映。さらに日本では、2017年末に発売されたDVDがドキュメンタリー映画として“異例”とも呼ばれるほどの大ヒットを記録した。世界中の劇場で公開され続けている本作が日本でも多くの人たちに支持をされたことが、今回この『BEST MUSIC FILM』の受賞に繋がる形となった。

4月に行なわれる世界最大規模の米コーチェラ・フェスティバルへの出演を控えているX JAPAN。さらに3月8日(木)に放送予定のニコニコ生放送「YOSHIKI CHANNEL」では、YOSHIKIから重大発表があるとのことなので、こちらも注目だ。

■『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018』
https://awards.spaceshower.jp/2018/

■ニコニコ生放送「YOSHIKI CHANNEL」URL
http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial

Blu-ray&DVD『WE ARE X』

2017年12月13日発売



【Blu-ray コレクターズ・エディション】(3枚組)
価格:¥18,000+税
【Blu-ray コレクターズ・エディション】
価格:¥12,000+税
【スペシャル・エディション】
■Blu-ray
価格:¥10,000+税
■DVD
価格:¥9,000+税
【スタンダード・エディション】
■Blu-ray
価格:¥4,800+税
■DVD
価格:¥3,800+税



【関連リンク】
映画『WE ARE X』、『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018』にて“BEST MUSIC FILM”を受賞
X JAPANまとめ
筋肉少女帯、ギタリスト2人による初の弾き語りツアー決定

【関連アーティスト】
X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 映画

筋肉少女帯、ギタリスト2人による初の弾き語りツアー決定
Fri, 02 Mar 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年でメジャーデビュー30周年を迎え、今なお第一線で活躍している筋肉少女帯。その筋少のギタリストである橘高文彦、本城聡章による初の弾き語りツアーが決定した。筋肉少女帯の曲を中心に、様々な楽曲を橘高文彦と本城聡章が歌いまくり、弾きまくるという。この貴重な公演をぜひ会場で楽しんでもらいたい。チケットの一般発売は、3月3日(土)10:00より開始となるのでお見逃しなく!

■『橘高文彦&本城聡章 弾き語り Acoustic Live Tour 2018』

4月08日(日) 東京・Asagaya LOFT
4月14日(土) 大阪・南堀江 knave
4月15日(日) 愛知・名古屋 植田 Laid Back
4月21日(土) 埼玉・川口 SHOCK ON ※昼公演
4月22日(日) 群馬・高崎 SLOW TIME cafe
5月12日(土) 神奈川・横浜 関内 Music Lab.濱書房
5月13日(日) 東京・渋谷 7th FLOOR ※昼公演

<チケット>
一般発売:3月3日(土)10:00〜
※阿佐ヶ谷、大阪、渋谷公演は イープラス にて販売
※名古屋、川口、高崎、横浜公演は、ブラスティーアーティストショップにて販売
※ブラスティーアーティストショップ:http://blasty.shop-pro.jp/



【関連リンク】
筋肉少女帯、ギタリスト2人による初の弾き語りツアー決定
筋肉少女帯まとめ
橘高文彦まとめ
本城聡章まとめ
LUNA SEA、『LUNATIC FEST.2018』第一弾アーティストとしてシド、MUCC、OLDCODEXら9組を発表

【関連アーティスト】
筋肉少女帯, 橘高文彦, 本城聡章
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, チケット

LUNA SEA、『LUNATIC FEST.2018』第一弾アーティストとしてシド、MUCC、OLDCODEXら9組を発表
Fri, 02 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月23日(土)24日(日)に幕張メッセで開催される、LUNA SEAが主宰する最狂のロックフェス第二弾『LUNATIC FEST. 2018』に出演する第一弾アーティスト9組が発表された。9組中、前回から続けての参戦は、DIR EN GREY、MUCCの2組で、シド、女王蜂、The BONEZ、AA=、OLDCODEX、THE ORAL CIGARETTESC、lynch.の7組は今回が初参戦となる。ジャンルも時代も超越し、常に新しい風を追い求めるLUNA SEAならではのセレクトで、すべてのバンドがメインアクトという趣旨のもと、前回とはまた一味違う盛り上がりが期待できそうだ。

また、特設サイトではチケット先行受付もスタート! 第二弾のラインナップは、3月17日(土)に発表されるとのことなのでお楽しみに。

■『LUNATIC FEST. 2018』

6月23日(土)千葉・幕張メッセ
<出演>
シド、女王蜂、DIR EN GREY、The BONEZ、LUNA SEA、LUNACY(Opening Act)and more...

6月24日(日)千葉・幕張メッセ
<出演>
AA=、OLDCODEX、THE ORAL CIGARETTES、MUCC、lynch.、LUNA SEA、LUNACY(Opening Act)and more...

<チケット>
一般料金:1日券¥15,500(入場チケット¥15,000+ドリンク代¥500/税込)
・特設サイトにてチケット先行販売受付中!
・一般発売:6月2日(土) AM 10:00〜

■『LUNATIC FEST.』特設サイト
http://lunaticfest.com



【関連リンク】
LUNA SEA、『LUNATIC FEST.2018』第一弾アーティストとしてシド、MUCC、OLDCODEXら9組を発表
LUNA SEAまとめ
シドまとめ
女王蜂まとめ
DIR EN GREYまとめ

【関連アーティスト】
LUNA SEA, シド, 女王蜂, DIR EN GREY, The BONEZ, LUNACY, AA=, OLDCODEX, THE ORAL CIGARETTES, MUCC, lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

Perfume、新曲「無限未来」を3月9日より先行デジタル配信開始
Fri, 02 Mar 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月14日(水)にリリースされるPerfumeのニューシングル「無限未来」が、CDの発売に先行して3月9日(金)よりデジタル配信が決定した。先行して配信されるのは表題曲の「無限未来」で、3月17日(土)公開となる広瀬すず主演映画『ちはやふる ―結びー』の主題歌となっている。さらに、3年前に映画『ちはやふる -上の句・下の句-』の主題歌となった「FLASH」も同じタイミングでストリーミングをスタートするので、併せてチェックしてほしい。

また、シングル「無限未来」の予約購入特典としてポスターがもらえることも明らかになった。数に限りがあるとのことなので、気になった方はお早めに!

【シングル「無限未来」予約購入特典】

初回限定盤、期間限定 ちはやふる盤、通常盤のいずれかをご予約いただいた方に、特典としてポスターをプレゼント
※予約特典のため、数に限りがございますので詳細は各CDショップにお問い合わせください。
※一部の店舗やWEBでは、特典の取り扱いがない場合もございます。

デジタル配信「無限未来」 

2018年3月9日(金)0時より先行配信



Apple Music、LINEMUSIC等の各配信サイトにてストリーミングスタート

シングル「無限未来」

2018年3月14日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCP-9018/¥2,250+税
<収録曲>
■CD
#1:無限未来
※映画『ちはやふる −結び−』主題歌
#2:FUSION
※NTTドコモ「FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 docomo×Perfume 距離をなくせ。」タイアップソング
#3:無限未来 -Original Instrumental-
■特典DVD
・ 無限未来 -Video Clip-
・ Perfume View
・「【docomo×Perfume】FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 距離をなくせ。」
・「【docomo×Perfume】FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 距離をなくせ。」MC
・「【docomo×Perfume】FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 距離をなくせ。」TV-CM
・「【docomo×Perfume】FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 距離をなくせ。」SPECIAL OFF SHOT



【通常盤】(CD)
UPCP-5011/¥1,343+税
<収録曲>
#1:無限未来
※映画『ちはやふる −結び−』主題歌
#2:FUSION
※NTTドコモ「FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 docomo×Perfume 距離をなくせ。」タイアップソング
#3:無限未来 -Original Instrumental-



【期間限定 ちはやふる盤】(CD+DVD)
UPCP-9019/¥1,574+税
<収録曲>
■CD
#1:無限未来
※映画『ちはやふる −結び−』主題歌
#2:FLASH
※映画『ちはやふる -上の句・下の句-』主題歌
#3:無限未来 -Original Instrumental-
■特典DVD
・ 無限未来 ?Video Clip-
・ Perfume View -ちはやふるVer.-



【関連リンク】
Perfume、新曲「無限未来」を3月9日より先行デジタル配信開始
Perfumeまとめ
爆発的なセールスを記録したイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』

【関連アーティスト】
Perfume
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, リリース, 特典, 音楽配信

爆発的なセールスを記録したイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』
Fri, 02 Mar 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アメリカのポピュラー音楽史上、最も売れたアルバムはマイケル・ジャクソンの『スリラー』(‘82)だが、70年代のロックグループで最も売れたのはイーグルスだ。彼らが76年にリリースした『グレーテスト・ヒット1971〜1975』と今回紹介する『ホテル・カリフォルニア』の2枚は世界中で高セールスを記録し、特に『グレーテスト〜』はマイケル・ジャクソンが亡くなったために再ヒットした『スリラー』がトップに躍り出るまで、何年もの間1位であり続けたのである。それはなぜか? 話は単純で、イーグルスには素晴らしい曲が多いからである。ただ、75年にリリースされた4thアルバム『呪われた夜』が大ヒットするまでは、多くのリスナーがイーグルスのことを知らなかっただけである。だから『呪われた夜』の後にリリースされた『グレーテスト〜』を聴いて、良い曲が多いことにみんな気付いたのである。

■ウエストコーストロック誕生

イーグルスはロサンジェルスという場所に非常にこだわったグループだ。彼らが最初に日本に来た時(1976年2月)、コンサートの冒頭で故グレン・フライが「We are Eagles from Los Angels」と言ったのだが(ロス以外での公演時は必ず言うセリフ)、来日公演に来ていた多くの若者たち(僕も含め)にとっては、鳥肌が立つぐらい感動した台詞である。それだけ当時の日本の若者はロサンジェルスに憧れていたし、イーグルスもまたアメリカの各地方から西海岸へ集まってきただけに、ロスという場所に思い入れがあったのだろう。それは、ちょうどカナダ出身(5人中4人)のザ・バンドがアメリカを意識したのと同じぐらい強かったかもしれない。

その頃のロックの中心は間違いなく、カリフォルニアにあったのだ。60年代からロサンジェルスやサンフランシスコでは、独特のロックが生まれていた。バーズ、ディラーズ、CSN&Y、ポコ、ディラード&クラーク、フライング・ブリトー・ブラザーズらが切り開いたサウンドで、フォークやカントリーをベースにしたロックであった。これらは当初フォークロックやカントリーロックと呼ばれていたのだが、イーグルスはそれら先人たちの音楽を咀嚼し、彼らが考える最も洗練されたかたちで表現することになる。

フォークロック、カントリーロックとひと言に言っても、広いアメリカでは地域によって大きくサウンドは異なる。南部では泥臭いテイストになるし、東部ではフォークの要素が強くなる。その地域性みたいなものが本物のアーティストの証だと言っても過言ではないが、イーグルスはロサンジェルスならではのカントリーロックをジャクソン・ブラウンやジョン・デビッド・サウザーらと共に作り上げる。それが、デビュー曲「テイク・イット・イージー」(‘72)である。そして、これがロスのカントリーロックの原型となり、いつしかウエストコーストロックと呼ばれるようになるのである。「テイク・イット・イージー」をリリースしてからは、さわやかなコーラス、キャッチーでカントリー風味のあるメロディー、泥臭くはないが土臭い音を売りにしたイーグルスのフォロワーがあっと言う間に増え、ウエストコーストロックという新しい音楽の輪郭は徐々に明確になっていく。

■地域限定から世界のロックグループへ

イーグルスの編み出した70年代初頭のウエストコーストロックは、75年あたりにはアメリカンロックの主流になるのだが、60年代からロックを聴き続けてきた若者が社会人になっていくことで、それなりに方向転換が求められていた。そういった時代の要請のような空気を、彼らも敏感に受け止めていたのだろう。3rdアルバム『オン・ザ・ボーダー』(‘74)制作時には、デビュー時からプロデュースを担当していたグリン・ジョンズのやり方(ウエストコーストロック継続路線)に反旗を翻し、ハードロックが得意なビル・シムジクをプロデューサーに据える。また、名ギタリストのドン・フェルダーを新たなメンバーとして迎え、サウンドの転換を図るのである。そして、新体制でリリースしたのが75年の『呪われた夜』で、このアルバムは洗練されたAOR的ロックとウエストコーストロックの折衷的な作品ではあったが、名曲が数多く収録され、新たな次元へと舵を切ったのである。

ウエストコーストロックとしてのイーグルスが好きだったファンは、『呪われた夜』がどうしても好きになれず、他のウエストコーストロックのグループやシンガーへと移っていった。今でもイーグルスは『オン・ザ・ボーダー』までだと思っているウエストコーストロックのファンは数多い。しかし、『呪われた夜』には「いつわりの瞳」や「ハリウッド・ワルツ」など定番ウエストコーストロックも収録されており、満足した古くからのファンもいるのである。どちらにしても、この時点でのイーグルスの新機軸は当たり、『呪われた夜』は全米チャートで彼ら初の1位を獲得するなど、ロスのローカルバンドから世界的ロックバンドへとステップアップしている。

■本作『ホテル・カリフォルニア』 について

1976年2月2日、先に述べたようにイーグルスが来日する。僕はその頃大学受験の時期で、この日は入試が終わってから大阪のフェスティバルホールに向かったのであるが、ジョー・ウォルシュが参加してすぐのコンサートであったからか、ジョー・ウォルシュの長い曲がやたら多かった。『呪われた夜』での変貌をもっと推し進めようとしていることは明白だったが、18歳の不安定な受験生からすれば、イーグルスがどこへ向かうのか不安なコンサートでもあった。

その来日コンサートから1年経たないうちに、本作『ホテル・カリフォルニア』はリリースされた。収録曲は全部で9曲。想像した通り、ウエストコーストロックは1曲もなく、世界的ロックグループとなったイーグルスが君臨している。よく練られた楽曲群と、演奏も歌も恐ろしいほど巧くなった新生イーグルスは、ドン・ヘンリー中心のヴォーカル、ドン・フェルダーとジョー・ウォルシュのギターワークなど、どこを取っても非の打ち所のない存在になっている。キーボード、シンセ、スライドギター、そしてウォルシュの楽曲と歌など、これまでになかった要素が前面に出てきているが、押し付けがましさはなく、見事なまでの統一感を醸し出している。ただ、「ホテル・カリフォルニア」の完成度が高すぎて、他の曲がかすんでしまっている部分は残念なところ…かといって、どうしようもないんだけどね。ランディ・マイズナーの「トライ・アンド・ラブ・アゲイン」ではオールマンブラザーズ的なギタープレイを披露するなど、アルバムで唯一、遊びが感じられる仕上がりとなっている。本作は全体的に重苦しい雰囲気が漂っているので、この軽さは良い。

結局、これだけの完成度を持ったアルバムを創り上げてしまったがゆえに、以降は創作やメンバー間の軋轢に苦しみ失速していくのであるが、彼らがアメリカのポピュラー音楽界に残したものは大きい。特に、カントリー音楽はイーグルスのサウンドプロデュースを手本にして90年代を生き抜き、21世紀に入ってからもウエストコーストロック的なスタンスで数多くのスターを輩出しているのである。


最後に…

たぶん、イーグルスを聴いたことのない人は少ないと思うが、ヒットした曲ばかりでなく、シングルカットされていない曲も聴いてみてほしい。「ピースフル・イージー・フィーリング」(デビューアルバムに収録)「マイ・マン」(オン・ザ・ボーダーに収録)「アイ・ウィッシュ・ア・ピース」(呪われた夜に収録)など、隠れた名曲がたくさんあるのです。

TEXT:河崎直人

アルバム『Hotel California』

1976年発表作品



<収録曲>
01. HOTEL CALIFORNIA / ホテル・カリフォルニア
02. NEW KID IN TOWN / ニュー・キッド・イン・タウン
03. LIFE IN THE FAST LANE / 駆け足の人生
04. WASTED TIME / 時は流れて
05. WASTED TIME(Reprise) / 時は流れて(リプライズ)
06. VICTIM OF LOVE / 暗黙の日々
07. PRETTY MAIDS ALL IN A ROW / お前を夢みて
08. TRY AND LOVE AGAIN / 素晴らしい愛をもう一度
09. THE LAST RESORT / ラスト・リゾート




【関連リンク】
爆発的なセールスを記録したイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』
Eaglesまとめ
Wienners、新曲「極楽浄土のあなたへ」がドラマ『噂の女』主題歌に決定

【関連アーティスト】
Eagles
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

Wienners、新曲「極楽浄土のあなたへ」がドラマ『噂の女』主題歌に決定
Fri, 02 Mar 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年にバンド結成10周年を迎えるWiennersの新曲「極楽浄土のあなたへ」が、4月からBSジャパンで始まる連続ドラマJ『噂の女』の主題歌に抜擢された。今作はゴールデンタイムの連続ドラマ初主演となる足立梨花が主演をつとめ、直木賞作家・奥田英朗氏の小説「噂の女」が原作となっている。「極楽浄土のあなたへ」は、ドラマの初回放送で初めて楽曲オンエアとなるため、Wiennersファンはぜひチェックしてほしい。

Wiennersは、3月10日(土)に福岡にて開催される『TENJIN ONTAQ 2018』、3月11日(日)には『HIROSHIMA MUSIC STADIUM-ハルバン’18-』の両大型サーキットイベントに参戦。そして、4月28日(土)には『ARABAKI ROCK FEST.18』への初出演も決まっている。

■BSジャパン連続ドラマJ『噂の女』公式ページ
http://www.bs-j.co.jp/official/uwasa/

■【玉屋2060%(Vo&Gu)】

「ドラマ『噂の女』の主題歌を作曲しましたWiennersの玉屋2060%(Vo&Gu)です。「極楽浄土のあなたへ」はもう二度と会えない人への手紙のような曲です。果たして自分はその人に対して本当に愛情を持って接することができたんだろうか、自分といた時間は幸せだったのだろうかと、もう二度と会えないからこそ改めて考えてしまう事、もう答えを知ることは決してできない事を自分に問いかけながら歌ったので、ドラマ共々よろしくお願いします。」

【ライブ情報】

3月10日(土) 福岡・『TENJIN ONTAQ 2018』
3月11日(日) 広島・『HIROSHIMA MUSIC STUDIUM -ハルバン’18-』
3月12日(月) 愛知・名古屋CLUB UPSET
4月28日(土) 宮城・『ARABAKI ROCK FEST.18』



【関連リンク】
Wienners、新曲「極楽浄土のあなたへ」がドラマ『噂の女』主題歌に決定
Wiennersまとめ
ポルノグラフィティ、母校の卒業式にサプライズ登場!&地元・広島で凱旋野外ライブが決定

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 新曲, TVドラマ, 主題歌

ポルノグラフィティ、母校の卒業式にサプライズ登場!&地元・広島で凱旋野外ライブが決定
Fri, 02 Mar 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポルノグラフィティが、3月1日(木)に2人の母校である因島高校にてサプライズ卒業式イベントを実施! 2018の卒業生は皆、ポルノグラフィティがメジャーデビューした年の1999年4月〜生まれの18歳。同い年でもある皆の“高校卒業”という大切な節目をお祝いしたいという想いから今回のイベントが実現した。

今回ポルノグラフィティが因島高校の卒業式に出ることは一部の先生を除いて、先生・生徒ともに事前に知らされてはいなかったという。そんな中、司会が“今日スペシャルゲストがお祝いに駆けつけてくれています。”と話すと会場はざわつき、そして会場後方の扉からポルノグラフィティが登場すると、まさかの展開に驚きと喜びの入り混じった大歓声が上がった。冒頭、ポルノグラフィティと卒業生の壇上でのトークの場面では、晴一の友人の息子にあたる生徒も登場。“あの時の君か! ずいぶん大きくなったなあ!”と思わず飛び出した晴一の素のリアクションに、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

そしてもう一つのサプライズとして、ポルノグラフィティから卒業生へ歌のプレゼントも。彼らが生まれた年に誕生した楽曲「アポロ」を披露し会場の一体感が生まれてきた所で、さらに「ハネウマライダー」を立て続けに演奏。ポルノグラフィティの代表曲をアコースティックで披露した。あまりのうれしさに涙する生徒や、体を揺らして全力で楽しむ生徒も。また恥ずかしがってじっとライブを見る生徒に“君が体を揺らして楽しむまで演奏やめないよ”と冗談交じりに話す一幕もあり、メンバーの出身校ならではの距離の近いライブとなった。

2曲の演奏が終わるとさらにサプライズが! 2018年のメジャーデビュー記念日であり、20周年YEARスタート日でもある9月8日(土)&9日(日)に、広島県立びんご運動公園にて野外ライブ2DAYSを開催することが発表されたのだ。地元での凱旋ライブの発表に生徒のみならず会場に居た保護者や先生に至るまで全員から歓喜の声が上がった。この発表にメンバーからは“せっかくの地元でのライブなので、因島高校の生徒にも関わってもらって、一緒に何かやれたらと思うので、僕らとやりたいことがあったらどんどん意見ください”とコメントが。因島高校の生徒の声が、9月のライブにどのように反映されるか今から楽しみだ。ポルノと因島高校の生徒とのコラボレーションが9月のライブで実現するかもしれない。

また、3月2日(金)から「カメレオン・レンズ」のVIDEO CLIPと配信もスタート! ポルノグラフィティとしても新機軸となるようなチャレンジングな楽曲となっており、大人の色気満載の映像と楽曲が話題になることは間違いないだろう。

シングル「カメレオン・レンズ」

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2271〜2272/¥1,900(税込)
【通常盤】(CD)
SECL-2273/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
「カメレオン・レンズ」他 2曲
■DVD ※初回生産限定盤のみ
「カメレオン・レンズ」Video Clip
「Working men blues」Video Clip

※ツアー会場予約特典として「スマホアクリルスタンド」が先着で付属する(3月21日までの公演が対象)



【関連リンク】
ポルノグラフィティ、母校の卒業式にサプライズ登場!&地元・広島で凱旋野外ライブが決定
ポルノグラフィティまとめ
EXILE ATSUSHI、帰国後初の凱旋ライブでブルーノ・マーズ日本語カバーを歌唱

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

EXILE ATSUSHI、帰国後初の凱旋ライブでブルーノ・マーズ日本語カバーを歌唱
Fri, 02 Mar 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILE ATSUSHIが、海外留学から帰国後初のソロライブ『EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE 2018』を2月28日(水)3月1日(木)の2日間に渡って、京セラドーム大阪にて開催した。 2年ぶりとなった今回のライブでは、2日間で合計8万人を動員。先日発表されて話題となったブルーノ・マーズの「Just The Way You Are」の世界初の日本語詞カバーの初歌唱も含め、全26曲を熱唱。海外留学で様々な経験を積み、さらに磨きがかかった歌唱力で会場を大いに沸かせた。

ライブは2ndソロアルバム『Music』に収録された「MAKE A MIRACLE」で幕を開ける。いきなりの爆音特効に会場のテンションは急上昇。「Colorful Love」でもダンサーを引き連れダンスするATSUSHI。普段はボーカリストとして活動するATSUSHIだが、今回のライブでは歌とキレのあるダンス・パフォーマンスでも会場を魅了した。“海外で様々なショーやライブを見て感じた事が、今回のライブにも大きく影響している”というATSUSHIの言葉通りに、スケールアップしたライブステージを披露した。

途中のMCでは、2016年に行なった初めてのソロドームツアーの、声が全く出なかった悪魔の初日が同じ京セラドームだったことに触れて、今回はリベンジ公演でもあると会場を盛り上げながらも、“久しぶりのステージで、思う存分楽しんで、やさしく時には力強く後ろの皆さんにも心に届くように歌います”と今回のライブに懸ける想いを語っていた。そして、EXILEが2018年に再始動することにも触れ“EXILEの楽曲の中で、これまで一度もライブで歌ったことのない曲を披露します”と、ATSUSHIが歌詞を書いたEXILEのアルバム楽曲からバラードを4曲披露。ステージ横のモニターにはATSUSHI手書きの歌詞が映し出され、ATSUSHIの歌声も相まって会場は温かい空気に包まれた。バラード4曲が入っているアルバムは全てミリオンセールスを突破しており、“こうしてこの子達(曲)も日の目を浴びることができました”と感慨深く語っていた。

ATSUSHIが結成したバンド・RED DIAMOND DOGSのギタリストでもあるDURANとともに、弾き語りも披露。このパートではサム・スミス「I\'m Not The Only One」、ジャスティンビーバー「What Do You Mean?」、ブルーノ・マーズ「Versace On The Floor」など海外留学で影響を受けたアーティストのヒット曲をカバー。“ここ最近の日本のヒット曲を”と前置きをし、後輩グループ三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I」も披露し、会場が一体となる。そして、中島みゆきの名曲カバー「糸」をしっとりと歌い上げて柔らかい照明がATSUSHIを照らす中、2014年に発売した自身のヒット曲「Precious Love」を熱唱し、会場はATSUSHIの歌声に酔いしれていた。“最後、みんなで歌いましょう!”と「Choo Choo TRAIN」が始まると会場には銀テープが発射され広い会場を高揚感が満たした。

鳴り止まないアンコールの声に、真っ白い衣装を身にまとい再び登場したATSUSHIは、自身の楽曲「Another World」、「LA LA〜孤独な夜に〜」を披露。そして、大阪でのライブということで上田正樹の名曲「悲しい色やね」、海外留学中に配信した、故ジョー山中の名曲「人間の証明のテーマ」を続けてカバーする。真っ白いピアノを弾き始め、「道しるべ」を歌い上げ、会場のオーディエンスが聴き入り静寂につつまれると、“最後はこの曲です”と「Just The Way You Are」を初歌唱。世界的な名曲バラードを、ATSUSHIが書き下ろした日本語で美しく優しく力強く歌いあげ、2日間のプレミアムな日本凱旋ライブを締め括った。

海外留学を経てパワーアップしたATSUSHIは、「Just The Way You Are」と海外にて制作を進めた全英語詞の楽曲3曲も収録した、海外留学の集大成ともいえる、超豪華マキシ・シングルを4月11日(水)にリリースする。そして、3月2日は再始動を果たしたEXILEの6ヶ月連続配信の第2弾「Melody」が配信となるので、こちらも併せてチェックしてほしい。

【セットリスト】
M1.MAKE A MIRACLE
M2.Colorful Love
M3.Change my mind
M4.MELROSE 〜愛さない約束〜
M5.Find you
M6.BLACK RAIN
M7.sayonara
M8.If 〜I know〜
M9.Orion
M10.today…
M11.I\'m Not The Only One
M12.What Do You Mean?
M13.Versace On The Floor
M14.R.Y.U.S.E.I
M15.Stand by me
M16.Song for you
M17.いつかきっと・・・(マーベルVer)
M18.糸
M19.Precious Love
M20.Choo Choo TRAIN
<ENCORE>
EN1.Another World
EN2.LA LA 〜孤独な夜に〜
EN3.悲しい色やね
EN4.人間の証明のテーマ
EN5.道しるべ
EN6.Just The Way You Are

シングル「Just The Way You Are」

2018年4月11日発売



【CD+DVD】
¥2,480+税
【CD】
¥1,200+税
<収録曲>
■CD
・Just The Way You Are
・I think of you
・Do You Remember
・More…
■DVD
・Just The Way You Are (Music Video)
・I think of you (Music Video)
・Do You Remember (Music Video)
・More… (Music Video)

配信楽曲「Melody」

3月2日配信開始
※サマンサベガ NEW TVCMソング

■楽曲配信サイト一覧
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1351149019?app=itunes&ls=1
レコチョク:http://recochoku.com/a0/exile_melody/
mu-mo:http://q.mu-mo.net/of/exile_180302/
mora:http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-26851/
ドワンゴジェイピー:http://r.dwango.jp/f50Xmk-7
music.jp:https://goo.gl/uPnj3v
Google Play Music:https://play.google.com/store/music/album?id=Brqntxtmhoxwkx5rlv2qvx4s3be
■定額制音楽配信サービス一覧
AWA:https://s.awa.fm/artist/21c67a10473b3cbe6097/?playtype=copy_artist&t=1519360245
AppleMusic:https://itunes.apple.com/jp/album/id1351149019?app=apple&ls=1
LINE MUSIC:https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000015e0861&cc=JP
Spotify:http://open.spotify.com/album/2YhWO98cVbq7UNkg2YbREQ
Google Play Music:https://play.google.com/music/m/Brqntxtmhoxwkx5rlv2qvx4s3be



【関連リンク】
EXILE ATSUSHI、帰国後初の凱旋ライブでブルーノ・マーズ日本語カバーを歌唱
EXILE ATSUSHIまとめ
EXILEまとめ
Mr.Children、デビュー25周年ツアーの最終公演を収録した映像作品の特設サイト&トレーラー映像公開

【関連アーティスト】
EXILE ATSUSHI, EXILE
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, LDH, セットリスト, ライブレポ

Mr.Children、デビュー25周年ツアーの最終公演を収録した映像作品の特設サイト&トレーラー映像公開
Fri, 02 Mar 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mr.Childrenが、3月21日(水)にリリースするDVD&Blu-ray『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』の特設サイトとトレーラー映像が公開となった。本作は、バンド史上最大規模の70万人を動員した全国ツアー『 Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』の2017年9月9日に熊本県民総合運動公園陸上競技場にて開催した最終公演で、約4万1000人の観客を前に繰り広げられた歴史的ライブの模様を大ヒット曲「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」、「名もなき詩」、「GIFT」、「innocent world」、「HANABI」、「himawari」を含む全25曲とともに完全収録。25年間のファンへの感謝を最高のパフォーマンスに替えながら、第一線を走り続けるバンドとしての覚悟と生き様を全身全霊で体現し続けた3時間半が収められている。

さらに、配信限定ベストアルバム『Thanksgiving 25』収録曲でMVを制作したすべての楽曲に、2017年に発表した「ヒカリノアトリエ」「himawari」を加えた全38曲収録の「Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25」が特典として付属。25年分の“Thanks”を詰め込んだ、総再生時間400分の“モンスターDVD”作品をぜひ手に取ってほしい。

■『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』特設サイト
http://www.toysfactory.co.jp/artist/mrchildren/20180321/

DVD&Blu-ray『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』

2018年3月21日発売



【DVD】
TFBQ-18211/¥7,000+税
【Blu-ray】
TFXQ-78161/¥8,000+税
<収録内容>
1. <Prologue>
2. OPENING  
3. CENTER OF UNIVERSE  
4. シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜  
5. 名もなき詩  
6. <MC>  
7. GIFT  
8. Sign  
9. <MC>  
10. ヒカリノアトリエ  
11. <MC>
12. 君がいた夏  
13. innocent world  
14. Tomorrow never knows  
15. <MC>
16. Simple  
17. <VTR>  
18. 思春期の夏 〜君との恋が今も牧場に〜
19. 365日  
20. HANABI
21. <MC>  
22. 1999年、夏、沖縄  
23. 足音 〜Be Strong  
24. ランニングハイ  
25. ニシエヒガシエ  
26. ポケット カスタネット  
27. himawari  
28. 掌
29. Printing  
30. Dance Dance Dance  
31. fanfare  
32. エソラ  
33. <ENCORE>  
34. overture  
35. 蘇生
36. <MC>
37. 終わりなき旅  
38. ENDROLL

◎DVD&Blu-ray共通BONUS特典
・三方背BOX仕様パッケージ/124P PHOTO BOOK付き
・MUSIC CLIPS『Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25』
<収録曲>
1. 君がいた夏
2. 抱きしめたい
3. Replay
4. CROSS ROAD
5. innocent world
6. Tomorrow never knows
7. 【es】〜Theme of es〜
8. シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
9. 花 ?M?mento-Mori?
10. Everything (It\'s you)
11. ニシエヒガシエ
12. 終わりなき旅
13. 光の射す方へ
14. I\'LL BE
15. 口笛
16. NOT FOUND
17. 優しい歌
18. youthful days
19. 君が好き
20. Any
21. HERO
22. 掌
23. くるみ
24. Sign
25. 未来
26. and I love you
27. 箒星
28. しるし
29. フェイク
30. 旅立ちの唄
31. GIFT
32. HANABI
33. 花の匂い
34. エソラ
35. 祈り 〜涙の軌道
36. 足音 〜Be Strong
37. ヒカリノアトリエ
38. himawari



【関連リンク】
Mr.Children、デビュー25周年ツアーの最終公演を収録した映像作品の特設サイト&トレーラー映像公開
Mr.Childrenまとめ
EXILE、EXILE FRIDAY第2弾楽曲「Melody」のリリックビデオを公開

【関連アーティスト】
Mr.Children
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, Blu-ray

EXILE、EXILE FRIDAY第2弾楽曲「Melody」のリリックビデオを公開
Fri, 02 Mar 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILEが2月2日(金)から7月6日(金)まで、6ヶ月連続で毎月第一金曜日に新曲を配信する企画“EXILE FRIDAY”の第2弾楽曲「Melody」を、3月2日(金)に配信リリース! 合せて同曲のリリックビデオが解禁となり、こちらはEXILE NAOTO、白濱亜嵐、関口メンディーがプロデュースを務めるている。

新曲「Melody」は白濱亜嵐出演の「サマンサベガ NEW TVCM」ソングになっており、CMとの連動感も楽しめるようにと、リリックビデオの主人公は白濱亜嵐が担当。白濱が演じる、ちょっと落ち込んでいる主人公が色々な街を歩き、その街中すべてから元気をもらって、前向きになっていくというストーリーになっており、映像中に散りばめられたリリックのひとつひとつが、主人公だけでなくビデオを見てくれた人の背中をそっと押してくれるようなハートフルな仕上がりになっている。EXILE NAOTOと関口メンディーも少しだけ出演しているとのことで、そちらも見どころだ。また、サビの踊りは真似しやすいキャッチーな振り付けになっているので、振りを覚えて踊ってみよう!

配信楽曲「Melody」

2018年3月2日(金)配信開始



■楽曲配信サイト一覧
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1351149019?app=itunes&ls=1
レコチョク:http://recochoku.com/a0/exile_melody/
mu-mo:http://q.mu-mo.net/of/exile_180302/
mora:http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-26851/
ドワンゴジェイピー:http://r.dwango.jp/f50Xmk-7
music.jp:https://goo.gl/uPnj3v
Google Play Music:https://play.google.com/store/music/album?id=Brqntxtmhoxwkx5rlv2qvx4s3be
■定額制音楽配信サービス一覧
AWA:https://s.awa.fm/artist/21c67a10473b3cbe6097/?playtype=copy_artist&t=1519360245
AppleMusic:https://itunes.apple.com/jp/album/id1351149019?app=apple&ls=1
LINE MUSIC:https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000015e0861&cc=JP
Spotify:http://open.spotify.com/album/2YhWO98cVbq7UNkg2YbREQ
Google Play Music:https://play.google.com/music/m/Brqntxtmhoxwkx5rlv2qvx4s3be
※サマンサベガ NEW TVCMソング



【関連リンク】
EXILE、EXILE FRIDAY第2弾楽曲「Melody」のリリックビデオを公開
EXILEまとめ
デヴィッド・ボウイ、3枚のレア作品が輸入盤で発売決定

【関連アーティスト】
EXILE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ミュージックビデオ, 配信, 音楽配信

デヴィッド・ボウイ、3枚のレア作品が輸入盤で発売決定
Fri, 02 Mar 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイの貴重な音源を収録した3枚のレア作品が、レコード・ストア・デイ限定商品として4月21日に輸入盤で発売されることが決定した。デヴィッド・ボウイのアナログ盤は毎年レコード・ストア・デイの目玉商品としてリリースされてきたが、今回もレア音源・レア作品3作品がリリースされる。2018年にリリースされる作品は、78年のロンドンでの公演の模様を3枚のLPに収録した未発表ライヴ・アルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(原題: WELCOME TO THE BLACKOUT (Live London 1978))』、1月8日のボウイの71歳の誕生日に配信がスタートした「レッツ・ダンス(デモ)(原題:LET\'S DANCE (DEMO))」のフル・レングス・ヴァージョンを収録した12インチ・シングル、そして一般に流通するのは初めてとなる、ベルリン三部作時代にアメリカでプロモーション用として配布されたコンピレーション『ボウイ・ナウ(原題:BOWIE NOW)』の3作品だ。

未発表ライヴ・アルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン\'78)』は、ISOLAR IIツアーの一環として1978年6月30日と7月1日に、ロンドンにあるアールズ・コートにて開催されたライヴの音源を3枚のアナログ盤に収録した作品。トニー・ヴィスコンティがライヴ・レコーディングを行ない、79年1月17日〜22日にかけてモントルーにあるマウンテン・スタジオにてボウイ本人とデヴィッド・リチャーズによってミックスが行なわれている。3枚のLPを封入するパッケージには、鋤田正義とクリス・ウォルターによる写真がフィーチャーされている。

45回転12インチ・アナログ・シングル『レッツ・ダンス(フル・レングス・デモ)』には、2018年1月8日、ボウイの71歳の誕生日にデジタルで配信された「レッツ・ダンス(デモ)」のフル・レングス・ヴァージョンが収録されている。このフル・レングス・ヴァージョンは7分34秒の長さで、先日公開されたデモ音源(エディット・ヴァージョン)同様、2017年12月にナイル・ロジャースがミックスを手掛けた音源だ。また、このシングルにはカップリング曲として、「レッツ・ダンス」の83年9月12日、カナダはバンクーバーにあるパシフィック・ナショナル・エキシビジョン・コロセウム公演時のライヴ音源が収録。この曲はボウイのコンサート・フィルム『シリアス・ムーンライト』にも収録されていたヴァージョンであり、また今や貴重な作品となっているオーストラリア版“David Bowie Is”展覧会の会場で限定販売されていた7インチ・シングルにも収録されていた音源だ。今回のジャケットは、オリジナルの「レッツ・ダンス」シングル・ジャケットとは色違いのデザインが使われている。

そして、1977年にアメリカでプロモーション盤として制作された貴重なLP『ボウイ・ナウ』が、今回ホワイト・ヴァイナル仕様で初めて市場に流通することとなった。ここに収録されているのはアルバム『ロウ』と『ヒーローズ』に収録されている楽曲で、『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン』ボックス・セットでも使用されているトニー・ヴィスコンティによる最新リマスター音源が収録されている。パッケージのインナースリーヴには、77年にベルリンで撮影されたモノクロの貴重な写真が使われている。

3枚組LP『WELCOME TO THE BLACKOUT (LIVE LONDON ’78)』

2018年4月21日発売



<収録曲>
■Side 1
1. Warszawa
2. "Heroes"
3. What In The World
■Side 2
1. Be My Wife
2. The Jean Genie
3. Blackout
4. Sense Of Doubt
■Side
1. Speed Of Life
2. Sound And Vision
3. Breaking Glass
4. Fame
5. Beauty And The Beast
■Side 4
1. Five Years
2. Soul Love
3. Star
4. Hang On To Yourself
5. Ziggy Stardust
6. Suffragette City
■Side 5
1. Art Decade
2. Alabama Song
3. Station To Station
■Side 6
1. TVC 15
2. Stay
3. Rebel Rebel

・Produced by David Bowie. Recorded live at Earls Court 30th June and 1st July 1978 by Tony Visconti.
-Mixed by David Bowie and David Richards at Mountain Studios, Montreux, 17th? 22nd January 1979.

<Musicians>
David Bowie - vocals, chamberlain
Carlos Alomar - rhythm guitar
Adrian Belew - lead guitar
Dennis Davis - drums, percussion
Simon House - electric violin
Sean Mayes - piano, string ensemble
George Murray - bass guitar
Roger Powell - keyboards, synthesizer
Background vocals - Carlos Alomar, Adrian Belew, Sean Mayes, George Murray and Roger Powell.

12インチ・アナログ・シングル『LET’S DANCE (FULL-LENGTH DEMO)』

2018年4月21日発売



<収録曲>
■Side A
Let\'s Dance (Full-length demo) (7.34)
-Produced by David Bowie and Nile Rodgers
-Arranged by David Bowie and Nile Rodgers
-Mixed by Nile Rodgers and Russell Graham at Le Crib Studios, November 2017
-Recorded on 19th December 1982 at Mountain Studios, Montreux, Switzerland by David Richards
■Side B
Let\'s Dance (Live) (4.34)

-Mixed by Bob Clearmountain. Recorded live at Pacific National Exhibition Coliseum, Vancouver, British Columbia, Canada, 12th September 1983.

ホワイト・ヴァイナルLP『BOWIE NOW』

2018年4月21日発売



<収録曲>
■Side 1
1. V-2 Schneider
2. Always Crashing In The Same Car
3. Sons Of The Silent Age
4. Breaking Glass
5. Neukoln
■Side 2
1. Speed Of Life
2. Joe The Lion
3. What In The World
4. Blackout
5. Weeping Wall
6. The Secret Life Of Arabia

Side 1 tracks 2 and 4 and side 2 tracks 1, 3 and 5:
-Mixed by Tony Visconti at Hansa by the Wall, Berlin
-Recorded at The Chateau d\'Herouville and Hansa by the Wall, Berlin between September and October 1976.

Side 1 tracks 1, 3 and 5 and side 2 tracks 2, 4 and 6:
-Recorded at Hansa by the Wall, Berlin between July and August 1977.

Engineers - Tony Visconti and Colin Thurston, and Mountain Studios, Montreux
Assistant engineers ? David Richards and Eugene Chaplin
Hansa By The Wall in-house engineer ? Eduard Meyer
Mixed at Mountain Studios, Montreux
Remastering overseen by Tony Visconti



【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ、3枚のレア作品が輸入盤で発売決定
David Bowieまとめ
yonige、CMソング「笑おう」配信開始&リリース記念SNSキャンペーンもスタート

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, リリース

yonige、CMソング「笑おう」配信開始&リリース記念SNSキャンペーンもスタート
Fri, 02 Mar 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪寝屋川発のロックバンド・yonigeが歌う、au“三太郎シリーズ”「笑おう」篇のTVCMソング「笑おう」の配信リリースが決定! 3月2日(金)より、iTunes Store、Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、レコチョクをはじめとする各サービスでデジタル配信がスタートする。

同楽曲は、2017年12月31日(日)より全国で放映されている、au“三太郎シリーズ”「笑おう」篇のTVCMソングとして起用されており、アーティストクレジットが公開されていないCM放映開始当初から大きな反響を呼んでいた。au公式YouTubeチャンネルで公開されている同CMの再生回数も1ヶ月で既に330万回を突破するなどその勢いは止まらず、2018年早くも話題の楽曲となっている。1月より、auの音楽サービス“うたパス”や“Music Store”にて先行配信されていたが、ついに各配信サービスで解禁となった。

さらに「笑おう」のリリースを記念して、「笑おう」を弾いてみた・歌ってみた・笑ってみたの写真/動画を募集するSNSキャンペーンがスタート! 自身のTwitterもしくはInstagramからハッシュタグをつけて弾いてみた・歌ってみた・笑ってみた写真や動画を投稿するだけで参加ができる。優秀作品には豪華プレゼントもあるとのことなので、奮って応募して日本中みんなで笑おう!

また、最新アルバム『girls like girls』の全曲ストリーミング配信も開始。2018年に入ってから“期待の新人バンド”“友達に勧めたい新人バンド”ランキング(オリコン調べ)で1位になるなど、目下大きな注目を集めるyonige。この機会に是非チェックしてほしい。

■『笑おう』リリース記念SNSキャンペーン特設サイト
http://www.yonige.info

■アルバム『girls like girls』配信リンク
https://yonige.lnk.to/d8xy9

配信楽曲「笑おう」

2018年3月2日(金)デジタル配信開始



■配信リンク
https://yonige.lnk.to/HXckS



【関連リンク】
yonige、CMソング「笑おう」配信開始&リリース記念SNSキャンペーンもスタート
yonigeまとめ

【関連アーティスト】
yonige
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 新曲, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1