歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
GLIM SPANKY、伊勢丹新宿店屋上で新曲「The Flowers」を初披露
Tue, 27 Feb 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三越伊勢丹グループ『2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜』のキャンペーンオリジナルソングとして、新曲「The Flowers」を書き下ろしたGLIM SPANKYが、今作の楽曲制作を記念して2月25日(日)に伊勢丹新宿店屋上搭屋にてルーフトップライブを開催! 事前に募集をかけて当選した撮影エキストラ400人が集まる中で全8曲を演奏し、新曲「The Flowers」も初披露された。このライブの模様はLINE LIVEで生中継され、生放送の視聴者数は179,633人に上ったという。

このルーフトップライブに対して、松尾レミは“音楽、ファッション、映像やアート、時代。すべて融合した面白い表現を、歴史ある伊勢丹と一緒に作り上げることができて本当に最高。伊勢丹に曲を書いたり、ライブをしたり、ウィンドウディスプレイの中にGLIMが登場したり。いつもGLIMが言っている、ロックはカルチャーと共に生きているということを皆で世界に発信しました。メンバー、スタッフ含め、準備段階からその気持ちは相当熱いものでした。ロンドンを思わせる曇り空と大都会の新宿を見下ろしながらの演奏はとてもワクワクするものだったと思います。新宿の街角で、誰かがふと、どこからか音がすると立ち止まったなら面白いなあ。こんな面白いこと、今誰もやっていないよ!そう思わない?これからもドキドキできる楽しいことをたくさんしたいので、みんな仲間になって、ついてきてね!”とコメントしている。

さらに、このライブの模様が3月6日(火)までの期間限定でYouTubeに公開されているので、お見逃しなく!

■三越伊勢丹 presents『2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜』Youtubeプレイリスト
https://www.youtube.com/watch?v=qDp5VcVKMCs&list=PLB1PuqtbwVQkCgIW90EAWIJFGZy1EI6RH

【セットリスト】
1.THE WALL
2.END ROLL
3.BIZZARE CARNIVAL
4.The Trip
5.The Flowers
6.いざメキシコへ
7.美しい棘
8.アイスタンドアローン

『三越伊勢丹グループ 2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜』キャンペーン情報

開催期間:2月21日(水)〜3月6日(火)
開催場所:三越伊勢丹グループ各店
キャンペーンソング「The Flowers」は三越伊勢丹グループ各店の館内BGMとして、また伊勢丹新宿店ショーウインドーではGLIM SPANKYの2人を模したマネキンが、期間中花々祭を一層盛り上げる。



【関連リンク】
GLIM SPANKY、伊勢丹新宿店屋上で新曲「The Flowers」を初披露
GLIM SPANKYまとめ
lynch.、最新ライブ映像公開&晁直によるインスタライブ配信決定

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 新曲

lynch.、最新ライブ映像公開&晁直によるインスタライブ配信決定
Tue, 27 Feb 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

lynch.の最新ライブ映像が期間限定で公開された。この映像は2017年12月31日にZepp Nagoyaで開催された『lynch.COUNTDOWN LIVE「2017-2018」』のワンシーンであり、同ライブでlynch.では元メンバーであるベーシスト明徳が3月11日に幕張メッセ国際展示場でおこなわれるワンマンライブ『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]』でバンド復帰することを発表した。

今回公開されたライブ映像で披露している「INVADER」は、その発表直後に明徳を含め5人で演奏した1曲で、バンド結成13周年を記念したライブタイトル『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]』にかけて、2月27日(火)から3月11日(日)までの“13日間限定”でYouTubeにて公開中だ。

また、2月28日(水)20:00より、メンバーの晁直(Dr.)が自身のinstagramアカウント(@lynchasanu)にて『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]』のグッズ紹介をライブ配信することが決定した。晁直は、全てのlynch.物販グッズのデザインとプロデュースを担当している。3月11日(日)、lynch.史上最大規模の舞台・幕張メッセで再び5人体制となる瞬間を、是非とも見届けてほしい。

【instagram ライブ配信】

2月28日(水)20:00〜
晁直instagramアカウント→@lynchasanu
晁直のinstagramはこちら:https://www.instagram.com/lynchasanu

シングル「BL?OD THIRSTY CREATURE」

発売中



【数量限定生産盤】(CD+Blu-ray)
KICM-91812/¥6,667+税
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICM-91813/¥5,000+税
【通常盤】(CD)
KICM-1812/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1.BL?OD
2.CREATURE
3.THE WHIRL
■Blu-ray ※数量限定生産盤のみ
『TOUR\'17『THE SINNER STRIKES BACK』FINAL -2017.8.11 at 日比谷野外大音楽堂- Live映像(完全ノーカット版)』
特典映像「『THE JUDGEMENT DAY』 -2017.4.18 at 新木場STUDIO COAST- Live映像」
「CREATURE」Music Video
LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT -HAZUKI ver.-
LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT -REO ver.-
LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT -YUSUKE ver.-
LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT -ASANAO ver.-
※特殊パッケージ仕様、フォトブック付属、オーディオコメンタリー(副音声)
■DVD ※初回限定盤のみ
「TOUR\'17『THE SINNER STRIKES BACK』FINAL -2017.8.11 at 日比谷野外大音楽堂- Live映像」



【関連リンク】
lynch.、最新ライブ映像公開&晁直によるインスタライブ配信決定
lynch.まとめ
BiSH、3rdシングル「PAiNT it BLACK」の全貌を公開

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, トレーラー, ライブ

BiSH、3rdシングル「PAiNT it BLACK」の全貌を公開
Tue, 27 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHが3月28日に発売するメジャー3rdシングル「PAiNT it BLACK」のアートワーク、アーティスト写真、商品内容詳細を公開した。新アーティスト写真は真っ黒に塗られた顔の一部に幾何学的模様を施し、全身黒の衣装を纏ったインパクト大の衝撃的なビジュアルで、アーティスト写真にも関わらず視認性が極めて悪いのもポイントだ。同じくアートワークもほぼ全てが黒で覆われた作品でこちらもかなりのインパクトだ。

さらに公開された商品内容詳細では、未公開だったカップリング曲のタイトルは「SCHOOLYARD」、Blu-ray/DVD収録内容では既に発表済の11月に開催された『けやき坂GUERRiLLA BiSH』に加え、「SMACK baby SMACK」、元チャットモンチー高橋久美子、銀杏BOYZ 峯田和伸を始め豪華出演者が話題を呼んだ「JAM」、更に「JAM」収録時に撮影された素材を元に新たにエリザベス宮地が編集した各メンバーVerが6パターン、メイキング映像等が収録される事が発表された。

現在、全国12ヶ所16公演で開催される『BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR』、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演『BiSH “TO THE END”』の開催、更に04 Limited Sazabys主催の『YON FES』や、KORNやLimpbizkitが出演する『VANS WARPED TOUR』への出演が決定する等、益々加速するBiSHから目が離せない。

シングル「PAiNT it BLACK」

2018年3月28日発売



【CD+DVD】
AVCD-94026/B/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
1.PAiNT it BLACK
2.SCHOOLYARD
■DVD
・2017.11.29 Roppongi Hills Arena
THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH
1.My landscape
2.SMACK baby SMACK
3.プロミスザスター
4.FOR HiM
5.GiANT KiLLERS
6.BiSH-星が瞬く夜に-
・Music Video
SMACK baby SMACK
JAM
JAM (AiNA THE END Ver.)
JAM (CENT CHiHiRO CHiTTiii Ver.)
JAM (MOMOKO GUMi COMPANY Ver.)
JAM (HASHiYASUME ATSUKO Ver.)
JAM (Ling Ling Ver.)
JAM (AYUNi D Ver.)
・Making Movie



【CD+Blu-ray】
AVCD-94027/B/¥4,000+税
<収録曲>
■CD
1.PAiNT it BLACK
2.SCHOOLYARD
■Blu-ray
・2017.11.29 Roppongi Hills Arena
THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH
1.My landscape
2.SMACK baby SMACK
3.プロミスザスター
4.FOR HiM
5.GiANT KiLLERS
6.BiSH-星が瞬く夜に-
・Music Video
SMACK baby SMACK
JAM
JAM (AiNA THE END Ver.)
JAM (CENT CHiHiRO CHiTTiii Ver.)
JAM (MOMOKO GUMi COMPANY Ver.)
JAM (HASHiYASUME ATSUKO Ver.)
JAM (Ling Ling Ver.)
JAM (AYUNi D Ver.)
・Making Movie



【CD】
AVCD-94028/¥1,000+税
<収録曲>
1.PAiNT it BLACK
2.SCHOOLYARD
EndFragment



【関連リンク】
BiSH、3rdシングル「PAiNT it BLACK」の全貌を公開
BiSHまとめ
Czecho No Republic、ニコ生特番で新曲「テレパシー」MVを初公開

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売

Czecho No Republic、ニコ生特番で新曲「テレパシー」MVを初公開
Tue, 27 Feb 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicがニコニコ生放送にて『Czecho No Republic MV「テレパシー」初生配信特番』を2月28日(水)19時より配信することを発表した。

5人になって5周年を迎えるCzecho No Republic は、3月14日(水)にメジャー5thアルバム『旅に出る準備』をリリースするが、この特番では彼らが歩んできた5年間のヒストリーを辿る全ミュージックビデオを紹介! さらに初の挑戦となり来客満員で大成功を収めた2017年の大阪城野外音楽堂ワンマンライブの映像を振り返るなかで、アルバムからのリードトラックである「テレパシー」のミュージックビデオをいち早くウェブ上で解禁する。「テレパシー」のミュージックビデオに関しては未だ一切明らかにされていないが、Czecho No Republicからの“テレパシー”を感じ取った方は、ぜひ番組をチェックしてほしい。

ニコニコ生放送『Czecho No Republic MV「テレパシー」初生配信特番』

2月28日(水)19時配信開始
http://live.nicovideo.jp/watch/lv311327625
<タイムスケジュール>
19:00〜ミュージックビデオ特集
19:45頃〜「テレパシー」MVウェブ初出し
20:00頃〜ドリームシャワー2017@大阪城音楽堂再放送
※ライブ映像の後半はニコニコ生放送プレミアム会員限定放送(登録必要)となります。

アルバム『旅に出る準備』

2018年3月14日発売



COCP-40282/¥2,800+税
<収録曲>
01.LALALA 
02.テレパシー
03.好奇心 
04.愛を 
05.Spring 
06.ザナドゥ 
07.タイムトラベリング
08.チキンレース 
09.シュガーボーイ 
10.静かな海 
11.旅に出る準備



【関連リンク】
Czecho No Republic、ニコ生特番で新曲「テレパシー」MVを初公開
Czecho No Republicまとめ
IA、『第30回国際情報オリンピック日本大会』のテーマソングを担当

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 新曲

IA、『第30回国際情報オリンピック日本大会』のテーマソングを担当
Tue, 27 Feb 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

約3年ぶりに大人気コンピシリーズとして知られるアルバム『IA/04』を3月28日にリリースする事を発表して話題を呼んでいるIAが、特定非営利活動法人情報オリンピック日本委員会が9月1日〜8日に茨城県つくば市にて開催する『第30回国際情報オリンピック日本大会』のテーマソングを担当することを発表した。

楽曲は「Euphoria」。爽やかな曲調にのせ青春時代の繊細な心境を、IAが歌い上げる楽曲に仕上がっている。作詞・作曲・編曲は2014 年にアニメ化された作品『カゲロウデイズ』でも知られる音楽家・小説家・シナリオライターとしてマルチに活動中の“じん”が担当しており、3月21日に配信予定だ。そして、そのジャケット画像は『カゲロウプロジェクト』のMV全般を手掛けたイラストレーター・映像作家の“しづ”が担当。今回、IA・じん・しづ3名による作品の発表は約4年半振りとなり、ファンにとって待ちに待ったコラボレーションが大きな注目を集めることになりそうだ。

今回の発表に先駆けて3月28日発売『IA/04』の特設サイトがオープンし、同楽曲「Euphoria」を視聴することができるとのこと。

そして、4月3日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて久々となる日本でのライブが決まっており、同楽曲「Euphoria」がセットリストに組み込まれるのかも注目したい。前売券は各プレイガイドにて3月3日より発売される。

■アルバム『IA/04』特設サイト
http://1stplace.co.jp/works/specialized/ia04/

『第30回国際情報オリンピック日本大会』テーマソング「Euphoria」



下記より視聴可
http://1stplace.co.jp/works/specialized/ia04/

『第30回国際情報オリンピック日本大会(略称 IOI2018JAPAN)』

9月1日(土)〜8日(土) 茨城県つくば市(つくばカピオ、つくば国際会議場)
・参加国数:80を超える国・地域
・参加者数:約860名(選手約320名、関係者約540名)
テーマソング:IA「Euphoria」

『IA\'s “PARTY A GO-GO” WORLD TOUR FINAL&PREMIERE of “ARIA”』

4月03日(火) マイナビBLITZ赤坂
ゲスト:TeddyLoid
<チケット>
(1)前売り1F自由¥9,900(税込)※プレミアムチケット
(特典:PARTY A GO-GO“FINAL限定デザインTシャツ(完全非売品)・未発表音源CD+ミニパンフレット)
※プレミアムチケットをお持ちの方は18:15からご入場出来ます。
(2)前売り1F自由¥5,184(税込)
各プレイガイド前売り:3月3日10:00

■『IA\'s “PARTY A GO-GO” WORLD TOUR FINAL&PREMIERE of “ARIA”』オフィシャルHP
http://1stplace.co.jp/works/specialized/ia0403/

アルバム『IA/04』

2018年3月28日発売



【CD+DVD】
IPCD-0004/0005/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
01Euphoria | Song by じん
02.LIFE LOVE PEACE | Song by大沢伸一(MONDO GROSSO)
03.Invisible Lovers feat.IA | TeddyLoid
04.働かずに食う(I Don\'t Work) IA Ver. | KOHH
05.Wanna Be Free!! | Song by Hayao Konishi(out of service) / SoundTeMP
06.君はひとりなんかじゃないよ | Song by Lia
07.Children Record IA&ONE ver. | じん
08.Diamond Days | Hayao Konishi(out of service)
09.Conqueror | Sendra
10.Absolute Zone | Mes / KAIDO / COSMO\'S MIDNIGHT&TOUCH SENSITIV
他 全12曲収録予定
■DVD
内容未定



【関連リンク】
IA、『第30回国際情報オリンピック日本大会』のテーマソングを担当
IAまとめ
じんまとめ
しづまとめ
LAID BACK OCEAN、6月に初フルアルバム発売&全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
IA, じん, しづ
【ジャンル】
J-POP, ニュース

LAID BACK OCEAN、6月に初フルアルバム発売&全国ツアー開催決定
Tue, 27 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LAID BACK OCEANが6月に1stフルアルバム『NEW MOON』を発売すること、そしてそれに伴う全国ツアーの開催も発表した。前作ミニアルバム『心の箱』より6年ぶり、バンド結成8年目にして初のフルアルバムの発売となる。本アルバムは書き下ろしの新曲群に加えて過去曲も一部リレコーディングされる予定で、まさにデビューからのタイムラインの長さに見合う、入魂の充実作になりそうだ。

この間、事務所移籍やメンバーチェンジも重なり一時期はペースダウンしていたが2016年秋、SYUTO(ピアノ)の加入で現体制になってからは自らのネットストア限定で発売したCD6枚からなる“RE:SOUZOU PROJECT”シリーズを完売させ、UVERworldら様々なアーティストとのイベント共演や『イナズマロックフェス』やサーキットフェスへの出演を行うなど、急速に活動の熱量を上げてきた。

また、7回目となる海の日ライブをファイナルとする全国ツアーも同日発表された。いずれも個性あるバンドとの対バン、そして東阪名ワンマンを含む12公演が決定。こちらは3月3日(土)15時よりYahoo!チケットで先行予約の受付がスタートする。

“NEW MOON”が新しい月の事なのか、明かりの無い新月の夜を指すのか、いずれにせよLAID BACK OCEANがここから本格始動していく事は間違いないだろう。

『NEW MOON Tour 2018 Act.1』

6月10日(日)東京 青山RizM
w/SpecialThanks
6月14日(木)神戸 太陽と虎
w/the twenties+1バンド(後日発表)
6月15日(金)大阪 阿倍野ROCKTOWN
w/the twenties+2バンド(後日発表)
6月17日(日)名古屋 池下Club UPSET
w/the twenties+1バンド(後日発表)
6月22日(金)大分 Club SPOT
w/MICH?L a.k.a SpecialThanks misaki+1バンド(後日発表)
6月23日(土)鹿児島 SR HALL
w/SpecialThanks,XEROGRAVITY
6月24日(日)福岡 Queblick(SpecialThanks“HEART LIGHT”Release Tour)
※チケット先行予約なし
6月30日(土)宇都宮 HEAVEN\'S ROCK(ゲストバンド後日発表)
7月01日(日)柏 PALOOZA(ゲストバンド後日発表)
7月07日(土)名古屋 池下Club UPSET(ワンマン)
7月14日(土)大阪 阿倍野ROCKTOWN(ワンマン)
7月16日(月・祝)東京 渋谷SPACE ODD(ワンマン)
<チケット>
ワンマン:前売・当日¥3,500
学割料金:前売・当日¥1,500※要学生証提示 
対バンあり:前売・当日¥3,000
Yahoo!チケット先行:3月3日(土)15:00
https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00002849/
一般発売:4月2日(月)10:00



【関連リンク】
LAID BACK OCEAN、6月に初フルアルバム発売&全国ツアー開催決定
LAID BACK OCEANまとめ
D.W.ニコルズ、26名のラジオDJが出演した「はるのうた」MV公開

【関連アーティスト】
LAID BACK OCEAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

D.W.ニコルズ、26名のラジオDJが出演した「はるのうた」MV公開
Tue, 27 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

D.W.ニコルズが3月14日リリースのフルアルバム『HELLO YELLOW』からリードトラック「はるのうた」のミュージックビデオを公開した。このミュージックビデオには総勢26名にも及ぶ全国のラジオDJ・パーソナリティーが登場する。

春は新しいことがはじまる季節。そこには別れやさみしさも付随する。親元を離れて一人暮らしをする学生や新社会人、見送る親、離ればなれになってしまった友達、遠距離恋愛になってしまった恋人たち…。「はるのうた」は、そんなさみしさや不安を抱える人に、大丈夫だよ、と寄り添うような楽曲だ。そして、ミュージックビデオに登場するラジオDJ・パーソナリティーたちは、そんな「はるのうた」をマイクの向こう側に優しく語りかけるように口ずさむ。彼らは日頃からニコルズと親交も深く、そのメッセージに共感し友情出演している。また監督・撮影は全て、わたなべだいすけ(Vo)が務めている。

【MV出演ラジオDJ・パーソナリティー 一覧】
芦沢ムネト(TOKYO FM) / 今末真人(エフエム徳島) / 牛嶋俊明(FM岡山) / 大窪シゲキ(広島FM) / kainatsu(k-mix) / 角田哲哉(Date fm) / 加藤真樹子(FM802) / クマガイタツロウ ワタナベフラワー(ラジオ関西) / 高橋茉奈(k-mix) / 高山都(TOKYO FM) / 竹内琢也(FM802) / 土屋礼央(FM NACK5) / 寺岡呼人(interFM897) / 中島ヒロト(FM802) / 仁井聡子(FM802) / 野村雅夫(FM802) / バカボン鬼塚(k-mix) / 橋口洋平 wacci(FMヨコハマ) / ヒロ寺平(FM COCOLO) / 藤田琢己(J-WAVE) / マンボウやしろ(TOKYO FM) / 光邦(FMヨコハマ) / MITSUMI(FMヨコハマ) / 三原勇希(FM802) / 御代田悟(k-mix) / DJ Roni(k-mix)※五十音順・敬称略

photo by 市川智也

■【わたなべだいすけ コメント】

「子供の頃からラジオが好きでした。ラジオから聞こえるいつもの声に安心させられたり、たくさんの音楽をおしえてもらったりしてきました。そんなボクが、今では好きが高じてラジオのパーソナリティも務めています。マイクの向こうに何かを「届ける」という点で音楽とラジオは同じだとおもいます。「元気にしてますか?さみしくないですか?」そんなメッセージをたくさんの人に届けたくて、大好きなラジオDJ・パーソナリティーのみなさんに出演してもらいました。これはボクたちからの「音楽とラジオ」への感謝と愛です」

アルバム『HELLO YELLOW』

2018年3月14日発売



HLIW-023/¥3,000(税込)
<収録曲>
01.冒険前夜
02.はるのうた
03.WALKING
04.愛に。
05.さざなみ
06.フォーエバー(album mix)
07.4丁目カフェ
08.yesterday
09.アドベンチャー(album ver.)
10.haleiwa
11.肉食系男子のうた
12.オーライ!
13.今日という一日は



【関連リンク】
D.W.ニコルズ、26名のラジオDJが出演した「はるのうた」MV公開
D.W.ニコルズまとめ
NGT48、『第32回 日本ゴールドディスク大賞』で2冠達成!

【関連アーティスト】
D.W.ニコルズ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

NGT48、『第32回 日本ゴールドディスク大賞』で2冠達成!
Tue, 27 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新潟を拠点に活動するNGT48が『第32回 日本ゴールドディスク大賞 2018』にて、“NEW ARTST OF THE YEAR”と“BEST 5 NEW ARTIST”を受賞し2冠に輝いた。“NEW ARTIST OF THE YEAR”は、この1年間に最も活躍した新人アーティスト1組に授与されるもので、2017年4月にメジャーデビューを果たしたNGT48はデビューシングル「青春時計」がいきなりオリコン、ビルボードでウィークリー1位を獲得し、続く2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」も同2位にランクインするなど大ヒットを連発した。

また、2017年に開催された『AKB48選抜総選挙』にて、荻野由佳が5位、北原里英が10位、本間日陽が13位と3人のメンバーが選抜入りを果たし、合計10名が上位80人にランクインするNGT48旋風を巻き起こした他、2018年1月に開催された『AKB48グループ リクエストアワー セットリスト ベスト100』では、全グループの対象楽曲全1,078曲中、NGT48のセカンドシングル「世界はどこまで青空なのか?」が1位に輝き、連覇を達成。NGT48としての対象楽曲27曲全曲がベスト100にランクインする快挙を成し遂げるなど、その勢いを内外に示した。

さらに2017年末には、AKB48グループとして初めて国内最大の年越しフェス『COUNTDOWN JAPAN 17/18』に出演を果たし、日経BPムックからは、丸ごと一冊NGT48を特集した『日経エンタテインメント!NGT48 Special』が全国発売。2018年1月には、全国のLAWSON(一部店舗除く)にて、『NGT48×HELLO KITTY』の当たりくじが展開されるなど、その人気はいちアイドルグループにとどまらない拡がりを見せ、各方面から高い注目を集める中での今回の受賞となった。

NGT48は4月11日には本間日陽を初センターに、1期生24人全員選抜で臨む3rdシングル「春はどこから来るのか?」をリリースすることを発表し、全国各地で握手会を開催することも発表。この4月にメンバーのオーディションから関わり、今のNGT48を育てた功労者のキャプテン北原里英の卒業を控えるが、新たにドラフト3期生5人が加わり、さらに現在、NGT48 2期生のオーディションを開催中で、人数も増えますますパワーアップするであろうNGT48に今後も目が離せない。

【握手会情報】

『NGT48 3rdシングル「春はどこから来るのか?」握手会』
<全国握手会>
4月29日(日) 朱鷺メッセ
5月19日(土) 幕張メッセ
5月27日(日) 京都パルスプラザ
<個別握手会>
5月04日(金・祝) アオーレ長岡
5月20日(日) 幕張メッセ
7月16日(月・祝) 幕張メッセ
7月28日(土) アオーレ長岡
8月18日(土) 吹上ホール

『「世界はどこまで青空なのか?」握手会』
<個別握手会>
3月17日(土) 東京ビッグサイト
3月25日(日) 新潟市産業振興センター
4月15日(日) 神戸国際展示場(※北原、卒業のため不参加)
※個別握手会の詳細はこちら:https://fortunemusic.jp/ngt48_201712/

シングル「春はどこから来るのか?」

2018年4月11日発売



【Type-A CD+DVD盤(初回仕様)】
BVCL-875〜876/¥1,528(税抜)
※Type-A、Type-B、Type-C、NGT48 CD盤 各タイプによってCD・DVD一部収録内容が異なります。
※収録内容の詳細に関しては、後日お知らせ致します

<表題曲 選抜メンバー>
■Team NIII
荻野由佳、小熊倫実、柏木由紀、加藤美南、北原里英、佐藤杏樹
菅原りこ、高倉萌香、太野彩香、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈
本間日陽、村雲颯香、山口真帆、山田野絵
■研究生
角ゆりあ、日下部愛菜、清司麗菜、?橋真生、中村歩加、奈良未遥
西村菜那子、宮島亜弥



【Type-B CD+DVD盤(初回仕様)】
BVCL-877〜878/¥1,528(税抜)



【Type-C CD+DVD盤(初回仕様)】
BVCL-879〜880/¥1,528(税抜)



【NGT48 CD盤】
BVCL-881/¥972(税抜)



【関連リンク】
NGT48、『第32回 日本ゴールドディスク大賞』で2冠達成!
NGT48まとめ
ROGUE主催『GBGB2018』に布袋寅泰、氣志團ら出演決定

【関連アーティスト】
NGT48
【ジャンル】
J-POP, ニュース, AKB

ROGUE主催『GBGB2018』に布袋寅泰、氣志團ら出演決定
Tue, 27 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2008年、不慮の事故により肩から下の麻痺が続くヴォーカリスト・奥野敦士。2013年に伝説のバンドROGUEを再結成し、自身らがホストバンドを務めスタートしたライブイベント『GBGB“G-Beat Gig Box”』が、2018年は5月3 日・4日の2日間にパワーアップし、高崎アリーナにて開催される。

“GBGB”は奥野敦士の不慮の事故を受け、彼の地元でもある群馬県の有志達が設立したLLP信誠会を中心に、福祉の充実、バリアフリーの拡充を目的に群馬で実施される音楽イベントである。開催趣旨に賛同するアーティストやボランティアスタッフにより開催されるイベントも2018年で6回を迎え、2016年からは身体に障がいをもつ方々にも制作に参加していただき、収益については例年通り、一部経費を除き福祉車両の購入などに充てられる事になっている。

なお、2018年の公演には、地元群馬県出身としては先輩にあたり、日本を代表するギタリストである布袋寅泰が満を持して登場するほか、同じく地元群馬県出身で後輩にあたるG-FREAK FACTORYや、氣志團、Dragon Ash、BRAHMAN、ACIDMANといった、今の音楽シーンを代表する顔ぶれが登場する。『GBGB2018』は、まさにGolden Age of ROCKとNew Age of ROCKが折り重なる、幅広い年齢層の音楽ユーザーにとって必見のイベントとなりそうだ。

『TAKASAKI ARENA LIVE FESTIVAL “GBGB2018”』

5月03日(木) 群馬・高崎アリーナ
5月04日(金) 群馬・高崎アリーナ
<出演者>
5月3日(木)ROGUE / ACIDMAN / BRAHMAN / Dragon Ash / G-FREAK FACTORY 他
5月4日(金)ROGUE / FLYING KIDS / 布袋寅泰 / 氣志團 他
<チケット>
5月3日:アリーナスタンディングブロック指定/スタンド指定¥8,000(税込)
5月4日:全席指定¥8,000(税込)
■TICKET MARKET最速先行予約(抽選):3月14日(水)12:00〜3月25日(日)23:59
受付URL:http://www.tickets.funity.jp/ticketmarket/artist/gbgb



【関連リンク】
ROGUE主催『GBGB2018』に布袋寅泰、氣志團ら出演決定
ROGUEまとめ
ACIDMANまとめ
BRAHMANまとめ
Dragon Ashまとめ

【関連アーティスト】
ROGUE, ACIDMAN, BRAHMAN, Dragon Ash, G-FREAK FACTORY, FLYING KIDS, 布袋寅泰, 氣志團
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

MAGiC BOYZ、マジックを学ぶイベントを開催!?
Tue, 27 Feb 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZが3月7日にリリースする6thシングル「ハッピーエンドマジック」の発売を記念して、3月11日(日)にメンバーがマジックを学ぶイベントを開催することが決定した。講師にマジシャンを迎えて授業を開講し、習得したマジックは今後ライブパフォーマンスにも活用されていくという。

さらに、2月28日(水)から先行配信がスタートする新曲「MAGiC HAND〜マジヘン!〜」でコラボしているフィメールラッパーのLUNAも特別監督としてゲスト参加。また、クラウドファンディングサイトCAMPFIREを通じて今回のイベントをサポートすることで、授業参観として一般の方も参加可能となっており、見学の他にも様々なリターンが用意されている。参加希望者のプロジェクト支援受付は、2月27日(火)夜8時よりスタート。これからの季節、一つでもレパートリーがあると何かと便利なマジック、この機会にぜひ一緒にトライしてみてほしい。

イベント『MAGiC BOYZ 3学期末授業参観〜超マジック編〜』

3月11日(日) 東京・渋谷駅より徒歩約3分(※詳細は参加者にのみ通知)
<参加方法>
下記サイトよりプロジェクトを支援
http://camp-fire.jp/projects/view/66147
申し込み受付期間:2月27日(火)20:00〜3月9日(金)23:59
※定員に達した場合は早期受付終了の可能性あり

シングル「ハッピーエンドマジック」

2018年3月7日発売



【おねだり盤】
ZXRC-1136/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.ハッピーエンドマジック
02.O.NE.DA.RI

【超マジック盤】
ZXRC-1137/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.ハッピーエンドマジック
02.MAGiC HAND〜マジヘン!〜(MAGiC BOYZ×LUNA)

【食べざかり盤】
ZXRC-1138/¥1,000(税込)
01.ハッピーエンドマジック
02.PAC47



【関連リンク】
MAGiC BOYZ、マジックを学ぶイベントを開催!?
MAGiC BOYZまとめ
Bentham、Youtuber・カブキンとコラボした「FATEMOTION」MV公開

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN

Bentham、Youtuber・カブキンとコラボした「FATEMOTION」MV公開
Tue, 27 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

CBCテレビ連続ドラマ『こんなところに運命の人』の主題歌となっている、Benthamの新曲「FATEMOTION」のミュージックビデオがYoutubeにて公開された。ミュージックビデオにはドラマで使用しているセットが使われており、書き下ろし楽曲としての雰囲気が再現されている。また、ドラマ主人公の元カレとしてYoutuber役で出演している、Youtuber・カブキンとのコラボも実現! ミュージックビデオ内でいつの間にかドラムの鈴木がカブキンと入れ替わり、エモーショナルなドラム演奏を披露するシーンも見どころのひとつだ。カブキンのYoutubeチャンネルでは、2月28日(水)にMV撮影現場に潜入した動画が公開される予定とのことなので、こちらもお楽しみに。

また、新曲「FATEMOTION」は2月27日(火)より配信開始となっており、同日21:00からはBentham公式のYoutubeチャンネルにてYoutuber的番組『生Bentham TV』が放送されるので、併せて要チェック!

■Bentham公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCI--JRHeZptIvWnFVC-u3DA

先行配信限定シングル「FATEMOTION」

配信中



PCSP.02350/¥450
<収録曲>
1.FATEMOTION
2.初恋ディストーション(配信限定楽曲)

『Bulbous Bow Tour』

4月12日(木) 京都・KYOTO MUSE
4月15日(日) 長崎・DRUM Be-7
4月16日(月) 福岡・DRUM SON
4月18日(水) 愛媛・松山サロンキティ(感覚ピエロ対バンツアー)
4月20日(金) 高知・X-pt.(感覚ピエロ対バンツアー)
4月22日(日) 徳島・club GRINDHOUSE(感覚ピエロ対バンツアー)
4月23日(月) 山口・LIVE rise SHUNAN
4月24日(火) 岡山・CRAZYMAMA 2ndRoom
5月18日(金) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
5月20日(日) 千葉・LOOK
5月23日(水) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn2nd
5月24日(木) 福島・郡山#9
5月28日(月) 新潟・CLUB RIVERST
5月29日(火) 石川・金沢vanvan V4
6月04日(月) 大阪・梅田Shangri-La(ワンマン)
6月05日(火) 愛知・名古屋APOLLO BASE(ワンマン)
6月08日(金) 東京・渋谷CLUB QUATTRO(ワンマン)



【関連リンク】
Bentham、Youtuber・カブキンとコラボした「FATEMOTION」MV公開
Benthamまとめ
BLUE ENCOUNTの「もっと光を」が住野よる著作『青くて痛くて脆い』のテーマ曲に決定

【関連アーティスト】
Bentham
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボ, ミュージックビデオ, MV, シングル, 新曲, 配信

BLUE ENCOUNTの「もっと光を」が住野よる著作『青くて痛くて脆い』のテーマ曲に決定
Tue, 27 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTの「もっと光を」が、3月2日(金)に発売される住野よる著作の新刊『青くて脆くて痛い』のテーマソングに決定! 「もっと光を」を使用した『青くて脆くて痛い』のイメージムービーも解禁された。イラストレーター・ふすいのイメージボードが使用されているイメージムービーは、『青くて痛くて脆い』特設サイトにて公開されており、書籍の発売以降は一部書店にて公開される予定とのこと。

「もっと光を」はBLUE ENCOUNTのメジャー1stシングルで、現在Youtube再生回数が約400万回の、ライブでもアンセム化している楽曲。住野よるはデビュー作『君の膵臓を食べたい』が200万部を突破し、映画化もされている人気作家だ。その住野よるが“自身最高傑作”と豪語する今作『青くて痛くて脆い』は、誰にも見せることのできなかった自分の小さな心の穴や、誰にも言えなかった思春期のモヤモヤとした感情を丁寧に掬いあげ表現している。その感情を乗り越えた上での前向きな各キャラクターの姿勢は「もっと光を」の歌詞とリンクするような世界観になっている。

BLUE ENCOUNTは、 3月21日(水)に3rdアルバム『VECTOR』をリリースし、6月からツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』を開催。ツアーのチケットは3月4日(日)23:59までLINE先行を受付中なので、ぜひチェックしてみよう。

■【住野よる コメント】

「『青くて痛くて脆い』に、「もっと光を」の力を貸していただけないだろうか。そんなことを思ったのは、「この本のPVにかっこいい曲を使いたい」という話が出た時でした。作者がBLUE ENCOUNTのファンであるということがまず大前提にありました。そこから、歌詞が物語の趣旨にぴったり合っていることや、江口さんが以前から拙作を読んでくださっていること、自身の作品で初めて色が題名に入っていることなどたくさんの理由があがり、その中でも「もっと光を」を使わせていただけないかと考えた最も大きな理由は、作者がライブで聴く度に読者さん達のことを思い出す曲だからでした。「もっと光を」は、ブルエンから光を貰う曲であるのと同時に、聴いた人それぞれが他の誰かに光を届けようとすることの出来る曲なのだと、一人のファンとして感じています。「青くて痛くて脆い」にも、そんな物語であってほしい。読んだ人が光を感じられるように、その光をまた他の誰かに各々の形で届けられるように。「もっと光を君に届けたくなったよ」という歌詞は、読者の皆さんに「青くて痛くて脆い」を読んでもらう上で、作者が込めた想いそのものです。BLUE ENCOUNTの皆さんにとって、そしてBLUE ENCOUNTのファンの皆さんにとっても特別な「もっと光を」という曲の力をお借りして、「青くて痛くて脆い」が多くの方達の心まで届くように願っています」

アルバム『VECTOR』

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3046〜3047/¥3,500+税
※三方背スリーブケース
※封入特典:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ
■DVD
1.VS ?Music Video-
2.VS -Making-
3.さよなら ?Music Video-
4.さよなら -Making-
5.ブル散歩 -VECTOR完成旅行編-



【通常盤】(CD)
KSCL-3048/¥¥2,800+税
※初回仕様:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ

全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』

6月09日(土) 北海道・サッポロファクトリーホール
6月14日(木) 名古屋・Zepp Nagoya
6月15日(金) 名古屋・Zepp Nagoya
6月21日(木) 金沢・EIGHT HALL
6月22日(金) 新潟・新潟LOTS
6月24日(日) 仙台・SENDAI GIGS
6月29日(金) 福岡・福岡DRUM LOGOS
6月30日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS
7月07日(土) 広島・BLUE LIVE広島 
7月08日(日) 香川・高松festhalle
7月13日(金) 大阪・なんばHatch
7月14日(土) 大阪・なんばHatch
7月18日(水) 東京・Zepp Tokyo
7月19日(木) 東京・Zepp Tokyo
<チケット>
スタンディング¥4,300(税込) ※D代別¥500
■LINE先行:3月4日(日)23:59まで
LINEアカウント:blueencount



【関連リンク】
BLUE ENCOUNTの「もっと光を」が住野よる著作『青くて痛くて脆い』のテーマ曲に決定
BLUE ENCOUNTまとめ
布袋寅泰、横浜アリーナ公演の映像作品発売&イベント開催決定

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

布袋寅泰、横浜アリーナ公演の映像作品発売&イベント開催決定
Tue, 27 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰が2017年12月25日に行なった、横浜アリーナ公演の映像作品『HOTEI Paradox Tour 2017 The FINAL 〜Rock\'n Roll Circus〜』を4月25日にリリースすることを発表した。この公演は2017年にリリースした17thアルバム『Paradox』を引っ提げて行われた全国ツアーのファイナルとして行なわれたもの。アルバム収録曲を軸に、BO?WYやCOMPLEX時代のナンバーも絶妙に織り交ぜた内容が好評を博したツアー本編から新たにセットリストを追加。更には、スペシャルゲストとして小渕健太郎(コブクロ)も参加し、クリスマスの夜を熱狂と感動のパフォーマンスで盛大に祝した伝説の一夜が、Blu-rayとDVDにてそれぞれ2枚組で完全収録される。

そして、初回生産限定盤として2枚組ライブCDを追加した“Complete Edition”も発売が決定。ツアー本編の最終公演となった12月22日名古屋国際会議場センチュリーホールでのライブ音源を完全収録している。布袋自身も過去最高傑作と自負するアルバム『Paradox』のリリースを経て、その世界観が十二分に表現された昨年のツアーを余すところなく、映像と音源両面から完全パッケージした作品となっている。

また、発売に先駆けてダイジェスト版の先行上映と布袋寅泰自身も登壇するトークイベントが4月20日に東京・シネマート新宿、4月21日に大阪・なんばパークスシネマにて開催されることが決定した。ツアーに込められたコンセプトや布袋自身が伝えたかった想い、ステージにかけるこだわりや舞台裏など、普段余り聞くことができない貴重なトークとともに、大音量と大画面で横浜アリーナ公演の感動を再び味わえる特別なイベントとなることは間違いないので、是非この機会に参加してみて欲しい。

『HOTEI Paradox Tour 2017 The FINAL 〜Rock\'n Roll Circus〜』先行上映会&トークイベント

4月20日(金) 東京・シネマート新宿
4月21日(土) 大阪・なんばパークスシネマ
<チケット>
(1)鑑賞チケット¥2,800(税込)
(2)初回盤4枚組Blu-ray(¥8,900)+鑑賞チケット(¥2,800)=¥11,700円(税込)購入者特典付
(3)初回盤4枚組DVD(¥7,900)+鑑賞チケット(¥2,800)=¥10,700(税込)購入者特典付
※1公演4枚までお申込み頂けます。
※購入者対象特典 : オリジナル・クリアポーチ
※未就学児童入場不可
一般販売:3月24日(土)10:00 先着販売
http://www.uconnect-ticket.jp/artist/hotei
※本受付は先着順となり、販売予定枚数に達し次第終了となります。

Blu-ray&DVD『HOTEI Paradox Tour 2017 The FINAL 〜Rock’n Roll Circus〜』

2018年4月25日発売



【初回生産限定盤 Complete Blu-ray Edition】 (2CD+2BD)
TYXT-19015/¥8,900(税込)
<収録曲>
■Blu-ray
1.Amplifire
2.Pandemoniac Frustration
3.DANCING IN THE PLEASURE LAND
4.BAD FEELING
5.Paradox
6.Blue Sky
7.Aquarium
8.わがままジュリエット
9.LIAR GIRL
10.OH! MY JULLY Part 1
11.Happy Xmas(War Is Over)
12.SPACE COWBOY
13.CAPTAIN ROCK
14.CIRCUS
15.POISON
16.スリル
17.DIRTY STAR
18.London Bridge
19.Parade
20.Strawberry Fieldsの太陽
21.MERRY-GO-ROUND
22.Dreamers Are Lonely
23.バンビーナ
24.RUSSIAN ROULETTE
25.IDENTITY
26.ヒトコト
■CD
1.Amplifire
2.Pandemoniac Frustration
3.DANCING IN THE PLEASURE LAND
4.CRASH COMPLEXION
5.BAD FEELING
6.Paradox
7.Blue Sky
8.Maze
9.Aquarium
10.GUITAR LOVES YOU〜Love Theme From “Blade Runner"
11.DIVING WITH MY CAR
12.気まぐれ天使
13.Come Rain Come Shine
14.Strawberry Fieldsの太陽
15.London Bridge
16.RAMBLING MAN
17.DIRTY STAR
18.バンビーナ
19.MERRY-GO-ROUND
20.Dreamers are Lonely
21.JUSTY
22.さらば青春の光
23.ヒトコト



【通常盤 Blu-ray】(2BD)
TYXT-10036/7/¥6,900(税込)
<収録曲>
1.Amplifire
2.Pandemoniac Frustration
3.DANCING IN THE PLEASURE LAND
4.BAD FEELING
5.Paradox
6.Blue Sky
7.Aquarium
8.わがままジュリエット
9.LIAR GIRL
10.OH! MY JULLY Part 1
11.Happy Xmas(War Is Over)
12.SPACE COWBOY
13.CAPTAIN ROCK
14.CIRCUS
15.POISON
16.スリル
17.DIRTY STAR
18.London Bridge
19.Parade
20.Strawberry Fieldsの太陽
21.MERRY-GO-ROUND
22.Dreamers Are Lonely
23.バンビーナ
24.RUSSIAN ROULETTE
25.IDENTITY
26.ヒトコト



【初回生産限定盤 Complete DVD Edition】 (2CD+2DVD)
TYBT-19019/¥7,900(税込)
<収録曲>
■DVD
1.Amplifire
2.Pandemoniac Frustration
3.DANCING IN THE PLEASURE LAND
4.BAD FEELING
5.Paradox
6.Blue Sky
7.Aquarium
8.わがままジュリエット
9.LIAR GIRL
10.OH! MY JULLY Part 1
11.Happy Xmas(War Is Over)
12.SPACE COWBOY
13.CAPTAIN ROCK
14.CIRCUS
15.POISON
16.スリル
17.DIRTY STAR
18.London Bridge
19.Parade
20.Strawberry Fieldsの太陽
21.MERRY-GO-ROUND
22.Dreamers Are Lonely
23.バンビーナ
24.RUSSIAN ROULETTE
25.IDENTITY
26.ヒトコト
■CD
1.Amplifire
2.Pandemoniac Frustration
3.DANCING IN THE PLEASURE LAND
4.CRASH COMPLEXION
5.BAD FEELING
6.Paradox
7.Blue Sky
8.Maze
9.Aquarium
10.GUITAR LOVES YOU〜Love Theme From “Blade Runner"
11.DIVING WITH MY CAR
12.気まぐれ天使
13.Come Rain Come Shine
14.Strawberry Fieldsの太陽
15.London Bridge
16.RAMBLING MAN
17.DIRTY STAR
18.バンビーナ
19.MERRY-GO-ROUND
20.Dreamers are Lonely
21.JUSTY
22.さらば青春の光
23.ヒトコト



【通常盤DVD】(2DVD)
TYBT-10050/1/¥5,900(税込)
<収録曲>
1.Amplifire
2.Pandemoniac Frustration
3.DANCING IN THE PLEASURE LAND
4.BAD FEELING
5.Paradox
6.Blue Sky
7.Aquarium
8.わがままジュリエット
9.LIAR GIRL
10.OH! MY JULLY Part 1
11.Happy Xmas(War Is Over)
12.SPACE COWBOY
13.CAPTAIN ROCK
14.CIRCUS
15.POISON
16.スリル
17.DIRTY STAR
18.London Bridge
19.Parade
20.Strawberry Fieldsの太陽
21.MERRY-GO-ROUND
22.Dreamers Are Lonely
23.バンビーナ
24.RUSSIAN ROULETTE
25.IDENTITY
26.ヒトコト



【関連リンク】
布袋寅泰、横浜アリーナ公演の映像作品発売&イベント開催決定
布袋寅泰まとめ
今井美樹、公式LINEアカウントを開設! 初投稿は動画メッセージ!

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売

今井美樹、公式LINEアカウントを開設! 初投稿は動画メッセージ!
Tue, 27 Feb 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年にデビュー33周年を迎える今井美樹のLINEアカウントが開設され、初投稿として動画メッセージが届けられ、ファンを喜ばせた。従来ファンとのコミュニケーションツールとしては主に公式ブログである『MIKI\'S TALK』が発信の中心となっていたが今後は新たな発信としてLINEが新たに加わる。

現在もイギリスと日本を行き来し活動している彼女にとってリアルに発信するツールとしてリリース、ライブなどの活動情報はもちろんのこと動画メッセージも含め積極的に発信されることが期待できる。初投稿の動画メッセージからはアルバムを連想させるメッセージが織り込まれており今後の活動が非常に気になる内容となっている故是非友達登録して見て欲しい。

先日、Official YouTube Channelも開設され多くのミュージックビデオが視聴可能になった。2018年積極的に情報を発信してゆく彼女に注目したい。

■今井美樹 LINE公式アカウント友達登録URL
http://po.st/im_line
■今井美樹Official YouTube Channel
https://www.youtube.com/channel/UCMZvkxZmEfvkiNkatbdEJ_g



【関連リンク】
今井美樹、公式LINEアカウントを開設! 初投稿は動画メッセージ!
今井美樹まとめ
チープ・トリック、『at武道館』発売40周年を記念して日本武道館公演開催を発表

【関連アーティスト】
今井美樹
【ジャンル】
J-POP, ニュース

チープ・トリック、『at武道館』発売40周年を記念して日本武道館公演開催を発表
Tue, 27 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

チープ・トリックが4月25日(水)に日本武道館で来日公演を行うことを発表した。チケット一般発売は3月24日(土)午前10時より。なお、本公演は一般発売に先駆けアメリカン・エキスプレスのカード会員様限定優待プログラム“American Express Invites(R)”にて3月1日(木)午後5時より先行販売を開始。Live Nation Japan先行受付は3月3日(土)午後5時より開始!公演詳細はLive Nation Japanまたは来日公演スペシャル・サイトをチェック!

1977年のデビュー以来、キャッチーなメロディと鋭いギターリフで様々な日本のオーディエンスを魅了してきたチープ・トリック。ロックバンドとして彼らの運命を大きく変えたのは、1978年4月、当時既に日本で人気の高かった彼らが、初来日にしていきなりの日本武道館で行ったライヴ。それまでバンドを応援してきた日本のファンへの感謝の意味を込め“日本限定”のライヴアルバムとして発売が決定し、こちらの武道館公演はレコーディングされた。同年10月『チープ・トリック at武道館』が発売されると、その勢いは海を渡り本国アメリカに飛び火。現地のDJたちがアルバムからのライヴテイクをオンエアし始め「甘い罠」「サレンダー」等楽曲がラジオでヘビーローテーションで掛かった。すると、通常の2倍もする値段にも関わらず、日本からの輸入盤が爆発的に売れ始め、1979年2月にアルバムが正式にアメリカでもリリース。その結果、全米4位のプラチナディスク、そしてアメリカのみでも400万枚の大ヒットとなる。こうして日本発信で、武道館の名が世界中へ広がり、チープ・トリックは世界的な人気を博すこととなった。

そんな40年前を振り返り、Rolling Stone誌インタビューでリックがこんなコメントを残している─「武道館公演からずっとツアーに出てるよ」。このリックの言葉が示す通り、チープ・トリックは今なお精力的に活動を続ける現役のロックバンドであり、年間数多くのツアーやライヴをこなしている。同じ世代のバンドでここまでストイックにツアーを廻るバンドは、チープ・トリック以外そうそういない。冒頭でも触れた通り、「パワー・ポップの元祖」とも呼ばれる彼らのサウンドの特徴は、強力なギターリフとフックの効いたメロディ。ポップ、パンク、ハードロックなど様々な要素を持ち合わせつつも、決して特定のジャンルに染まることなく、チープ・トリック然としたパワフルでキャッチーな独自サウンドは、パール・ジャム、ニルヴァーナ、スマッシング・パンプキンズなど、数々のロック・バンドが彼らの影響を言及しているほどだ。チープ・トリックが築いてきたものが後続する新しいバンドたちに残した財産は大きい。

■チープ・トリック来日公演スペシャルサイト
http://cheaptrick-budokan2018.com/

【来日公演情報】

4月25日(水) 日本武道館
<チケット>
全席指定:S席¥9,500/A席¥8,000(税込)
American Express Invites(R)先行販売:3月1日(木)17:00〜3月7日(水)23:59
http://www.americanexpress.co.jp/invites
Live Nation Japan先行::3月3日(土)17:00〜3月7日(水)23:59
http://cheaptrick-budokan2018.com/
チケットぴあ:3月8日(木)〜3月14日(水)
その他プレイガイド:3月15日(木)
一般発売:3月24日(土)10:00

アルバム『ウィア・オール・オーライト!』

発売中



POCS-24012/¥2,600+税
ボーナス・トラック5曲収録

アルバム『グレイテスト・ヒッツ:ジャパニーズ・シングル・コレクション』

2018年4月4日発売



【CD+DVD】
SICP31162〜3/¥3,000(税込)



【関連リンク】
チープ・トリック、『at武道館』発売40周年を記念して日本武道館公演開催を発表
Cheap Trickまとめ
『ニコニコ超会議2018』にて開催のボカロオンリーイベント『ボカニコ』に出演するDJを公募中

【関連アーティスト】
Cheap Trick
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ライブ, ワンマン

『ニコニコ超会議2018』にて開催のボカロオンリーイベント『ボカニコ』に出演するDJを公募中
Tue, 27 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上に再現”をコンセプトに、幕張メッセ全館を使用して毎年行なわれている『ニコニコ超会議2018』が今年も4月28日(土)29日(日)に千葉・幕張メッセにて開催! 各カテゴリーでエリア分けされ、様々なブースが並ぶ中、“超ボーカロイドエリア”内にて行なわれる『超ボカニコ2018 supported by 東武トップツアーズ』にて、DJ出演者を公募している。

毎年たくさんのお客さんで盛況となるボーカロイド一色の“超ボーカロイドエリア”で、毎年大好評なノンストップのボカロ曲オンリーライブ&DJイベント『超ボカニコ2018 supported by 東武トップツアーズ』。第1弾の出演者として、ATOLS、DJシーザー、EasyPop、sasakure.UK、きくお、ピノキオピー、和田たけあき(くらげP)等が発表されており、今回公開された出演公募は彼らと同じステージに立てるチャンスだ。

応募条件は、DJ未経験者でも歌やダンス、コスプレ等の特技、ボカロ音楽への愛があること。ボカニコ★ナイト公式HPからの応募で選出されれば、3月17日(土)東京および3月18日(日)大阪で行なわれるイベント『DJできんの!?ボカニコ!! 〜Road to 超会議〜東日本/西日本』へ出演し、現地での審査を経て超会議への出演者が決まるとのこと。東京、大阪で開催されるイベントには、ボカニコイベントへ多数出演している、めろちん、いりぽん先生、DJシーザーが各地のスペシャルゲストとして参加が決定しており、どちらの会場も入場無料。また、大阪の第2弾ゲストは近日告知予定とのことなのでお楽しみに! DJ応募締め切りは、3月11日(日)23時59分までとなっているので、このチャンスにぜひ応募してみてほしい。

また、ボカロDJイベントを通じて、ボカロ文化をニコニコ動画やインターネット上だけでなく、リアルなイベントとして楽しむ為に活動しているオーガナイザー(主催者)を支援するプログラムも同時に発表されたので、詳しくはボカニコ★ナイト公式HPをチェック。

■ボカニコ★ナイト公式HP
http://vocanico.com/

■『超ボカニコ2018 supported by 東武トップツアーズ』出演者公募

■『DJできんの!?ボカニコ!! 〜Road to 超会議〜 東日本』
3月17日(土) 東京・六本木 ESPRIT
ゲストDJ:めろちん、いりぽん先生、DJシーザー
※参加費無料(別途ドリンク代)

■『DJできんの!?ボカニコ!! 〜Road to 超会議〜 西日本』
3月18日(日) 大阪・MILULARI
ゲストDJ:めろちん、DJシーザー ※第2弾ゲスト3月公開予定
※参加費無料(別途ドリンク代)

『ニコニコ超会議2018』

4月28日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場 1〜11ホール、イベントホール
4月29日(日) 千葉・幕張メッセ国際展示場 1〜11ホール、イベントホール
■公式サイト http://chokaigi.jp



【関連リンク】
『ニコニコ超会議2018』にて開催のボカロオンリーイベント『ボカニコ』に出演するDJを公募中
ATOLSまとめ
EasyPopまとめ
sasakure.UKまとめ
きくおまとめ

【関連アーティスト】
ATOLS, EasyPop, sasakure.UK, きくお, くらげP
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ボーカロイド, ネットカルチャー, DJ

BRAHMAN、映画『生きる街』イベントで夏木マリ、榊いずみとセッションライブを披露
Tue, 27 Feb 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月26日、渋谷O-EASTにて夏木マリ主演の映画『生きる街』公開記念イベント『LIVING NOTES 〜映画「生きる街」 Showcase Live〜』が開催された。『生きる街』は宮城県石巻市を舞台にした家族を描いた作品で、俳優の顔を持ちながら『捨てがたき人々』や『木屋町DMARUMA』など異色の長編映画を数多く手掛ける榊英雄が監督を務めている。主演の夏木とは『新・仁義なき戦い』、ドラマ『夜行観覧車』で俳優として共演している。

イベントは、劇中音楽を担当した榊いずみのライブでスタート。1996年リリースのアルバム『ごらん、あれがオリオン座だよ』のオープニングナンバー「Hello, Hello」、最新配信シングル「HOME」など、新旧織り交ぜたセットリストで盛り上げる。アコギをかき鳴らしながら歌い上げる榊の声は力強さのなかに優しさを内包し、聴き手の心にストレートに訴えかけてくる。榊いずみバンドもどっしりと重心の低い演奏で歌を盛り立て、ラストに披露された「蜘蛛の糸」では、バンドの魅力がギュッと凝縮されたパフォーマンスで、強い余韻を観客の心に残した。ライブ終了後、サブステージに榊監督が登場し、本日のイベントの趣旨を説明。それに続いて、今作で日本映画デビューを飾る韓国の人気ロックバンド・CNBLUEのギターボーカル、イ・ジョンヒョンの姿がスクリーンに映し出されると、客席から一斉に黄色い声援が飛んだ。そして、「映画『生きる街』をよろしくお願いします!」という彼のコメントに温かい拍手が送られた。

ファンにはお馴染みのSEが流れると、歓声とともに、場内の温度がグッと上がった。そして、始まったのはBRAHMANのライブ。1曲目にミディアムチューン「今夜」を歌い上げ、「AFTER-SENSATION」と続けたあと、ボーカルTOSHI-LOWは叫んだ。「映画の宣伝? キャンペーン? 知らねぇよ。怪我したくねぇ奴は端に寄ってろ。いつも通り、BRAHMAN、はじめます!」それを合図に鳴らされたのは「賽の河原」。観客は一斉に暴れだし、フロアは混沌を極めた。様々なアーティストのファンが集まっている場だが、いつもと変わらぬ風景が目の前に広がっていた。その後も「CHERRIES WERE MADE FOR EATING」や「不倶戴天」など、ノンストップで曲を繋げ、「ANSWER FOR…」ではTOSHI-LOWがフロアに降り、圧倒的な熱量で観客一人ひとりの意識を覚醒させていく。最後の曲「ナミノウタゲ」の前は、TOSHI-LOWによるMC。言いたいことは全部作品に詰まってるから、インタビューやキャンペーンなんてやる必要がないと言っていた自分が、今、キャンペーンで全国を回っているという話で観客を笑わせた後、「ナミノウタゲ」を創るに至ったエピソードを語った。東北に住んでいる仲間の漁師から泣きながらTOSHI-LOWに電話がかかってきた。何があったのかTOSHI-LOWが問うと、震災のときに波にさらわれてしまった息子が夢に現れ、「父ちゃん、死にたくなかった」と言ったという。「ナミノウタゲ」は『生きる街』の主題歌ではあるが、この漁師や息子が納得できる歌詞を書きたかったというTOSHI-LOWの想いも込められているのである。

BRAHMANのライブが終わると、再びサブステージに榊監督と本作の脚本・企画プロデュース・原案を手掛ける秋山命が登壇。そして、夏木マリを呼び込み、映画のメイキング映像を見ながら、三者で『生きる街』にまつわるトークを展開。続いて、BRAHMANのボーカルTOSHI-LOWも参加し、夏木や榊監督との関係について話が続く。特に夏木とTOSHI-LOWの軽妙なやりとりに、客席からは笑いや拍手が起こった。さらに、夏木が演じる佐藤千恵子の娘・野田佳苗役とした出演した佐津川愛美、そして榊いずみも登壇し、映画の話だけに留まらないトークを繰り広げた。

そして、いよいよ今日だけのスペシャルセッションタイムへと突入。まずは榊いずみバンドの演奏をバックに、夏木と榊がフラワーカンパニーズの名曲「深夜高速」を歌い上げる。続いて、BRAHMANのKOHKIも加わり、夏木が率いるコーラスグループand ROSEsの「紅のプロローグ」を披露。and ROSEsは、バラの購入を通じて途上国の子供たちを支援する社会貢献プロジェクト「One of Loveプロジェクト」の一環で誕生。今も復興途中の東北に、音楽を通じて支援の気持ちを届けるために結成されたグループである。「体力があれば追っかけしたいぐらい」と強いBRAHMAN愛を表明した夏木は、ステージにKOHKIが現れると彼とハグを交わすほどの大喜び。そして最後は、夏木とBRAHMANによる「それはスポットライトではない」のカバーでエンディングを迎えたのだった。

なお、映画『生きる街』は3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻など全国の映画館にて順次公開される。

photo by 石川真魚



【関連リンク】
BRAHMAN、映画『生きる街』イベントで夏木マリ、榊いずみとセッションライブを披露
BRAHMANまとめ
夏木マリまとめ
榊いずみまとめ
vivid undress、ウツミエリ(Dr)が代官山UNITワンマンをもって脱退

【関連アーティスト】
BRAHMAN, 夏木マリ, 榊いずみ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 映画

vivid undress、ウツミエリ(Dr)が代官山UNITワンマンをもって脱退
Tue, 27 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

vivid undressからドラムのウツミエリの脱退が発表された。オフィシャルサイトにはウツミのコメントが掲載されており、3月31日に代官山UNITで行なわれるワンマンライブを最後にバンドから脱退することが記されている。vivid undressは活動休止や解散をすることなく、残された4人で活動を続けていく。

同時に、そのワンマンライブより販売開始となるライブ会場限定盤『Re:0』のジャケット写真及び全曲トレーラーが公開された。『Re:0』は現在入手困難の1st demo「ゼロ」を再録した5曲入りEP。1st demo「ゼロ」は2014年にタワーレコード渋谷店限定でリリースされたvivid undress初の音源。店頭にて異例の大展開がなされ、渋谷店ウイークリーチャートで6位を記録、生産分の1000枚が完売し、現在は廃盤となっているため再発の声が多く集まっていた。尚、今回脱退を発表したウツミがvivid undressの作品に参加するのは、この『Re:0』が最後となる。

■【ウツミエリ(Dr) コメント】

「私、ウツミエリは3月31日の代官山UNITでのワンマンライブをもって、vivid undressを脱退します。加入してから3年。特にこの1年間はとにかく死にものぐるいで、vivid undressに関する事、表に出るものから出ないものまで、至らない部分はたくさんあったと思いますが、愛情を持って一生懸命やってきました。たくさんの仲間が、そんな私とvivid undressのことを助け、支えてくれました。そういう状況の中で、私はこのバンドのメンバーとしている限り、支えてくれる仲間たちのことを喜ばせたり、楽しませたりできないのではないかと思うようになりました。なぜかと言えば私自身が、人生のすべてであったドラムに以前のように没頭できなくなり、私らしいドラムというものから、どんどん遠ざかっていると感じるようになったからです。当たり前の話ですが、そんな中でもステージに立つ限り絶対に妥協はできないので、いつもギリギリのところで自分を奮い立たせてきました。心の中の炎を絶やしたことはありません。それは、私自身が今までに感じたことのない感覚であったと思います。しかしそのおかげで、人間としてドラマーとして、大きく成長できたことも事実です。私が最高だと思うドラマーに、こうありたいと思う人間にもっともっと近づけるように、今までvivid undressに使ってきた時間を、今後は自分の人生のために使うと決めました。そしてこれからは、4人の友人としてvivid undressの力になれたらと思っています。武道館に、東京ドームに、私を招待してくれる日を楽しみに待っています。だから、私から非常に勝手なお願いではありますが、これからもvivid undressを応援していただけたら嬉しいです。3年間、ありがとうございました。と、言いたいところですが、まだまだツアーは続きます。3月31日まで全力でいきますので、是非会いにきてください!」

LIVE会場限定盤 『Re:0』

2018年3月31日発売



価格:¥1,200(税込)
※ライブ会場限定販売
<収録曲>
1.yours
2.パラレルワ
3.BRING ME A LIGHT (English ver.)
4.シンデレラ
5.RAINBOW

【ライブ情報】

『vivid undress 3rd mini album “ENDLESS” release tour round3』
1月25日(木) 下北沢GARDEN
2月09日(金) 福岡Queblick
2月10日(土) 小倉FUSE
2月11日(日) 熊本B.9 V2
2月21日(水) 水戸LIGHT HOUSE
2月22日(木) 宇都宮HEAVEN\'S ROCK VJ-2
3月01日(木) 大阪 心斎橋JANUS
3月02日(金) 名古屋 池下CLUB UPSET
3月15日(木) 仙台FLYINGSON
3月17日(土) 新潟LOTS

『vivid undress 3rd mini album “ENDLESS” release tour FINAL』
3月31日(土) 代官山UNIT(ワンマン)
<チケット>
前売り¥3.000/当日¥3.500
一般発売中



【関連リンク】
vivid undress、ウツミエリ(Dr)が代官山UNITワンマンをもって脱退
vivid undressまとめ
チャットモンチー、映画『妻が必ず死んだふりをしています。』主題歌担当

【関連アーティスト】
vivid undress
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

チャットモンチー、映画『妻が必ず死んだふりをしています。』主題歌担当
Tue, 27 Feb 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

チャットモンチーが映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の主題歌を手掛けることが発表された。

同作は2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」というタイトルの悩みを実写映画化したもの。質問はたちまち話題を呼び、内容にインスパイアされたほぼ日Pが初音ミクで作った同名オリジナル楽曲を発表。動画はニコニコ動画で再生回数1位を獲得し、現在200万回以上の再生を記録。翌年にはコミックエッセイも刊行された。映画では妻・ちえ役を榮倉奈々、ちえの夫・じゅん役を安田顕が演じ、さらに大谷亮平、野々すみ花などユニークで豪華なキャスト陣が集結した。

チャットモンチーにとって映画タイアップは今回で4作目。純粋で真っ直ぐな想いを清々しく聞かせる彼女たちの楽曲の持つ雰囲気が、ちえとじゅんの不器用だけれども互いを想い合う関係性と、映画の幸せの詰まった優しい世界観にぴったりとして今回の楽曲タイアップが実現した。本作のために書き下ろした愛らしさたっぷりのハートフルな楽曲が、オリジナリティあふれる関係と2人の想い、そして“死んだふり”に隠された妻から夫への秘密のメッセージを、ポップでキュートに表現する。

今回の発表とあわせ、主題歌アーティスト解禁にあわせて映画の新たな場面写真も公開された。食卓を挟んでちえがじゅんの頬を両手で包み込む、ハートフルな1枚だ。

■【関係者によるコメント】

■チャットモンチー
オファーを受けた時は、好きな出演者の方々で、しかもとても気になるタイトルで嬉しかったです。
どの死んだふりも面白くて可愛らしくて、人の家の中には自分の知らない宇宙が広がっているんだなあと感動しました。
作った曲には、私たちなりの死んだふりをつめこみました。
愛すべき2人の自由さの余韻になれれば最高です。

■榮倉奈々
ポスターからは想像がつかない程、人生についての深いテーマが描かれている映画になっています。
しかし、とても温かい気持ちになる映画でもあります。
物語の最後に流れるチャットモンチーさんの澄んだ綺麗な歌声に包まれて、足取り軽やかに映画館を後にすることができるような気がします。鮮やかな彩りを加えていただきました。

■安田顕さん
曲中の"愛する君 自由な君”という言葉が、この映画のヒロインに、しっくりくるのではないでしょうか。
チャットモンチーさんのキュートでキャッチーなロックが映画に彩りを与えてくださることに、感謝申し上げます。

■李闘士男監督 
橋本さんも福岡さんも、とてもキュートな方でした。
で、映画の冒頭シーンを少し見せたら、笑ってくれて、、、それだけもう好きになりました。
こうなると、上がってくる楽曲に間違いはないのです。
チャットモンチー独特のリズムとメロディーが、チャーミングに映画のエンディングを飾ってくれています。
ちょっと変な感じがするのも、この映画と同様に良いのです。

■宮前泰志プロデューサー(カラーバード)
チャットモンチーさんは、独特な世界観を持ち、一曲一曲に全力を出されている印象を持っていまして、映画に出てくる不器用だけれども一生懸命お互いのことを想い合っているデコボコ夫婦の映画にはぴったりだと思いました。完成した楽曲も、お二人の強いメッセージがストレートに刺さる素晴らしい曲です。本作には色々な夫婦が登場します。楽曲を聞きながら、何通りもの愛のカタチについて想いめぐらし、愛おしい気持ちになりました。



【関連リンク】
チャットモンチー、映画『妻が必ず死んだふりをしています。』主題歌担当
チャットモンチーまとめ

【関連アーティスト】
チャットモンチー
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, 主題歌, 映画













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1