歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月23日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
シーナ&ロケッツ、ビクター盤の内容が一部変更に&鮎川誠のイベント開催が決定
Fri, 23 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本の音楽シーンを疾走し続けるワン&オンリーなロックバンド・シーナ&ロケッツが、2018年にデビュー40周年を迎えるにあたって、すでに発表されている第一弾のソニー盤ベストアルバム『ゴールデン☆ベストEARLY ROKKETS 40+1』の発売に続き、第二弾として3月28日(水)にビクターからもベストアルバム『ゴールデン☆ベスト VICTOR ROKKETS 40+1』をリリースすることが発表されていたが、今回、ビクター盤のジャケット・タイトル・収録曲が一部変更となった。

そして、ビクター・ソニー両レコード会社によるWベスト盤の発売を記念して、3月31日(土)渋谷のタワーレコードにて、鮎川誠(Gu)のインストアライブが新たに決定! 日本のロック史のキーマンである伝説のレコード店・パイドパイパーハウスの店主長門芳郎を相手に、スペシャルなトークと店内でのスペシャルライブが予定されている。また、下北沢GARDENにてシーナに捧げる追悼イベント『鮎川誠 Presents『シーナの日』#4』の開催が4月7日(土)に決定した。2018年はソニーとビクターの2カ月連続Wリリースにちなんで“LIVE 40+1”と題して一夜に41曲が演奏されるという特別なセットリストを予定しているとのこと。どちらも見逃せないスペシャルなひとときになりそうだ。

2017年で69歳を迎え、47都道府県ツアーを完走しきった鮎川誠率いるシナロケ。近年数多くのバンドにカバーされ続けている楽曲のみならず、鮎川誠とシーナの生き様をも刻んだストレートでシンプルかつ極上のロックンロールが40+1曲つまった魅惑の最強ベスト盤をシナロケ・フリークだけでなく、“ロック”をまだ知らないベイビーたちにもぜひ堪能してもらいたい。シーナ&ロケッツの今後の主なライブ予定は、3月11日(日)飛騨高山初ライブ、3月24日(土)対馬・つしま海道音楽祭、4月7日(土)シーナの日には下北沢GARDENでの公演が決定している。

■鮎川誠LIVE&TALK! with パイドパイパーハウス長門芳郎

3月31日(土) 東京・タワーレコード渋谷店5Fパイドパイパーハウス
16:00〜 ※イベント観覧はフリー
集合:タワーレコード渋谷店 5階階段前 ※イベント開始30分前にお集まりください。
<イベント&サイン会 参加方法>
シーナ&ロケッツの2ヶ月連続リリース『ゴールデン☆ベスト』ソニー盤・ビクター盤をどちらもタワーレコード渋谷店にてご購入・店頭にて全額前金でご予約いただいたお客様に“イベント&サイン会参加券”を先着で配布いたします。
※イベント終了後のサイン会は「イベント&サイン会参加券」をお持ちのお客様のみのご参加いただけます。

◎“シーナ&ロケッツ×パイドパイパーハウス”スペシャルマグカップをプレゼント!
3月31日(土)当日イベントにご参加頂いたお客様の中から、さらに抽選で41名様に直筆サイン入り“シーナ&ロケッツ×パイドパイパーハウス”スペシャルマグカップをプレゼント! 抽選方法の詳細はイベント当日に発表致します。
※2月28日(水)発売のソニー盤『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ EARLY ROKKETS 40+1』は購入者を、3月28日(水)発売のビクター盤についてはご予約(※全額前金)、または発売後にご購入頂いたお客様を“イベント&サイン会参加券”配布の対象とさせて頂きます。
詳細ページ:http://towershibuya.jp/2018/02/23/115349

アルバム『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ VICTOR ROKKETS 40+1』

2018年3月28日 発売



VICL-70238〜9/?3,000+税
※ビクター盤
※SHM-CD×2枚組
※40曲+ボーナストラック1曲の全41曲収録
※鮎川誠インタビューライナー付
<収録曲>
■Disc1
01.スイート・インスピレーション<SWEET INSPIRATION>
02.プリティ・リトル・ボーイ<PRETTY LITTLE BOY>
03.フリクション・ドライブ<FRICTION DRIVE>
04.オー・ムーン<OH MOON>
05.ノンノン人形<NON-NON DOLL>
06.今夜はたっぷり<A MAIN LOVER>
07.モダン・ダンス<MODERN DANCE>
08.この道<THIS WAY>
09.レモン・ティー<LEMON TEA> (12" version)
10.エー・ビー・シー<A B C>
11.ゲームス・フォー・ガールズ<GAMES FOR GIRLS>
12.キャプテン・ギター・アンド・ベイビー・ロック<CAPTAIN GUITAR AND BABY ROCK> (LIVE version)
13.ユー・メイ・ドリーム<YOU MAY DREAM> (LIVE version)
14.どうしても逢いたい<DOSHITEMO AITAI>
15.シュガー・フィンガー<SUGAR FINGER>
16.ハッピー・ハウス<HAPPY HOUSE>
17.ジェット・コースター<JET COASTER>
18.グローリー・オブ・ラブ<GLORY OF LOVE>
19.ポイズン<POISON>
20.ラフ・ネック・ブルース<ROUGH NECK BLUES>
■Disc2
01.ジャングル・ジャングル<JUNGLE JUNGLE>
02.ドリーム・アンド・リボルト<DREAM + REVOLT>
03.エンジェル・アイズ<ANGEL EYES>
04.パーマネント・ハネムーン<PERMANENT HONEYMOON>
05.ファミリー・ダンシング<FAMILY DANCING>
06.自由が欲しい<FREEDOM CHAIN>
07.(ハ!ハ!ハ!)ハード ドラッグ<(HA! HA! HA!)HARD DRUG>
08.キル・ミー・ベイビー<KILL ME BABY>
09.セクシー・ライダー<SEXY RIDER>
10.突然 雨が降ると<RAIN>
11.ロックの好きなベイビー抱いて<ROCK ON BABY>
12.ストリート・シンガー<KOKO>
13.インターネット・キッス<INTERNET KISS>
14.マコト・イズ・マイ・ラブ<MAKOTO IS MY LOVE(TOMORROW BEACH)>
15.ビューティフル<BEAUTIFUL>
16.ジャングル・オブ・ラブ<THE JUNGLE OF LOVE(You maybe King, but I\'m the Wild Thing)>
17.恋はノーノーノー<NO NO NO> (LIVE version)
18.ジャパニック<JAPANIC>
19.太陽のバカンス<TAIYO NO VACANCES>
20.ロケット・ライド<ROKKET RIDE>
21.海<UMI> (COVER DEMO TRACK version/BONUS TRACK)

アルバム『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ EARLY ROKKETS 40+1』

2018年2月28日発売



MHCL-30493〜4/?3,000+税
※ソニー盤
<収録曲>
■Disc1
01.YOU MAY DREAM 02.ベイビー・メイビー 03.オマエガホシイ 04.YOU REALLY GOT ME
05.レイジー・クレイジー・ブルース 06.ホット・ライン 07.マイ・ボーイフレンド 08.プロポーズ
09.キス・ミー・クイック 10.グッドラック 11.BATMAN THEME 12. I GOT YOU, I FEEL GOOD
13.ワンナイト・スタンド  14.サティスファクション 15.クレイジー・クール・キャット
16.ハートに火をつけて 17.たいくつな世界 18.STIFF LIPS 19.スネークマン 20.センチメンタル・フール
21.レモンティー (1981年絵画館前LIVE音源 / BONUS TRACK)
■Disc2
01.レモンティー  02.ピンナップ・ベイビー・ブルース  03.恋のムーンライトダンス
04.クライ クライ クライ  05.RADIO JUNK 06.スージー・Q 07.浮かびのピーチガール
08.ボン・トン・ルーレ(シーナ)  09.ビューティフル(シーナ) 10.コワレモノ(シーナ)
11.ジュークボクサー 12.デッド・ギター 13.ブーン ブーン(鮎川 誠)
14.アイ ラブ ユー(鮎川 誠) 15.ワイ ワイ ワイ(シーナ) 16.ヘルプ・ミー(シーナ)
17.シャネルの5番のオン・ザ・ロック(シーナ) 18.ビールス カプセル(鮎川 誠) 19.恋のダンス天国
20.オールド・ファッションド・ラブソング

【『ゴールデン☆ベスト』W購入特典】

■“40周年記念LP仕様Wジャケットオリジナルクッション”プレゼントキャンペーン
2018年2月28日発売『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ EARLY ROKKETS 40+1』(MHCL-30493〜4/ソニーミュージック発売)、2018年3月28日発売『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ 40+1』 (VICL-70238〜9/ビクターエンタテインメント発売)の両方をご購入の上、ご応募頂いた方の中から、タイトルの「40+1」にちなみ41名様に各商品のジャケットを両面に印刷した"40周年記念LP仕様Wジャケットオリジナルクッション"を抽選でプレゼント!! 応募方法等詳細は商品に封入されておりますチラシ、ハガキをお読みください。 
※応募〆切:2018年6月30日(日)当日消印有効



【関連リンク】
シーナ&ロケッツ、ビクター盤の内容が一部変更に&鮎川誠のイベント開催が決定
シーナ&ロケッツまとめ
THE PINBALLS、1stシングル「Primal Three」発売&全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
シーナ&ロケッツ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース

THE PINBALLS、1stシングル「Primal Three」発売&全国ツアー開催決定
Fri, 23 Feb 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4人組ロックバンド・THE PINBALLSが、4月25日(水)にメジャー1stシングル「Primal Three」をリリースすることを発表した。エッジーさが際立った軽快なロックチューン「Lightning strikes」、UKロックサウンドをクールに飲み込んだダンサブルなナンバー「Voo Doo」 、ラストには深い世界の中で温かみを放つようなミディアムバラード「花いづる森」を収録し、屈指のセンスと衝撃性を増幅させた彼らが放つキラーチューン3曲で、バンドはさらなる新境地を開拓する。なお、初回盤DVDには2018年2月23日(金)に渋谷CLUB QUATTROで行なわれた『NUMBER SEVEN tour』から厳選したライブの模様が収録されるとのこと。THE PINBALLSにとって初のライブ映像化となるため、ファンにとってもマストアイテムとなるだろう。

また、今作を引っ提げて全国15カ所を回るツアーの開催も決定! 荒々しくも唄心溢れる古川貴之のハスキーヴォイスと、キャッチーで勢いのあるメロディー、物語のようなファンタジックで印象的な詩世界でロックシーンを揺らす彼らの熱いライブを見逃さないでほしい。オフィシャルサイトではこのツアーのチケット先行予約を2月24日(土)12:00から3月4日(日)23:59まで受け付けているので、要チェックだ。

シングル「Primal Three」

2018年4月25日発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZA-1430/31/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
COCA-17447/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.Lightning strikes
2.Voo Doo
3.花いづる森
■DVD ※初回盤のみ
『NUMBER SEVEN tour@渋谷CLUB QUATTRO』Live映像

【ツアー情報】

■『THE PINBALLS“Leap with Lightnings tour”』
5月25日(金) 千葉・LOOK
6月03日(日) 岡山・PEPPER LAND
6月05日(火) 広島・CAVE-BE
6月06日(水) 香川・高松DIME
6月15日(金) 兵庫・神戸VARIT.
6月16日(土) 京都・GROWLY
6月22日(金) 宮城・仙台LIVEHOUSE enn 2nd
6月23日(土) 福島・郡山CLUB#9
6月25日(月) 新潟・CLUB RIVERST
6月26日(火) 長野・LIVE HOUSE J

■『“Leap with Lightnings tour 〜Final Series〜”』
7月07日(土) 北海道・札幌COLONY
7月13日(金) 愛知・名古屋APOLLO BASE
7月14日(土) 大阪・アメリカ村DROP
7月16日(月) 福岡・Queblick
7月20日(金) 東京・渋谷TSUTAYA O-WEST

<チケット>
・オフィシャルHP先行受付
受付期間:2月24日(土)12:00〜3月4日(日)23:59
受付URL https://l-tike.com/st1/pinballshp
公演詳細 http://thepinballs.org/



【関連リンク】
THE PINBALLS、1stシングル「Primal Three」発売&全国ツアー開催決定
THE PINBALLSまとめ
BLUE ENCOUNT、アルバム『VECTOR』全貌解禁

【関連アーティスト】
THE PINBALLS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, リリース, 発売, ツアー

BLUE ENCOUNT、アルバム『VECTOR』全貌解禁
Fri, 23 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが3月21日(水)にリリースする3rdアルバム『VECTOR』のジャケット写真と新たなアーティスト写真を公開した。ジャケットは、各楽曲のタイトルや歌詞にちなんだモノクロの写真で構成されており、その中には田邊駿一(Vo&Gu)が自ら撮影した写真も取り入れられている。また初回生産限定盤では、その写真が1つの“ベクトル”を形作っているようなデザインに。アーティスト写真は、アルバム『VECTOR』のイメージとリンクした抜けのいい青空がメインの交差点で撮影されている。

さらに、アルバムの初回生産限定盤に付属のDVDの内容も公開! 「VS」「さよなら」のMVとメイキング映像に加え、『ブル散歩 -VECTOR完成旅行編-』と題された映像には、アルバム完成記念の慰安旅行として福島県にあるスパリゾートハワイアンズにメンバー4人のみで車で旅行した模様が収録されている。ポリネシアンダンスショ―を観賞したり、寝る場所をババ抜きで決めたりと、慰安旅行にはしゃぐメンバーの様子を楽しむことができる。また、購入者特典も発表されており、タワーレコードはA2ポスター、TSUTAYA RECORDSはクリアファイル、HMV・amazonは缶バッジ、応援店はステッカーシートが先着で配布される。各絵柄と応援店一覧は後日発表されるとのことなのでお楽しみに。発表に合せてアルバム『VECTOR』の特設サイトもオープンとなったので、アルバム情報を改めてチェックしてみよう。

なお、今作を引っ提げたツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』のチケットは、2月23日(金)23:59までイ―プラス先行を受付中なので、気になる方はお早めに!

■アルバム「VECTOR」特設サイト
http://blueencount.jp/vector/

アルバム『VECTOR』

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3046〜3047/¥3,500+税
※三方背スリーブケース
※封入特典:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ
■DVD
01.VS ?Music Video-
02.VS -Making-
03.さよなら ?Music Video-
04.さよなら -Making-



【通常盤】(CD)
KSCL-3048/¥2,800+税
※初回仕様:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ

全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』

6月09日(土) 北海道・サッポロファクトリーホール 
6月14日(木) 愛知・Zepp Nagoya
6月15日(金) 愛知・Zepp Nagoya
6月21日(木) 石川・EIGHT HALL
6月22日(金) 新潟・新潟LOTS 
6月24日(日) 宮城・SENDAI GIGS 
6月29日(金) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
6月30日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
7月07日(土) 広島・BLUE LIVE広島 
7月08日(日) 香川・高松festhalle 
7月13日(金) 大阪・なんばHatch
7月14日(土) 大阪・なんばHatch 
7月18日(水) 東京・Zepp Tokyo 
7月19日(木) 東京・Zepp Tokyo 
<チケット>
スタンディング¥4,300(税込)※D代別
■イ―プラス先行:2月23日(金)23:59まで
受付URL http://eplus.jp/blueencount-hp/



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、アルバム『VECTOR』全貌解禁
BLUE ENCOUNTまとめ
sumika、約9カ月ぶりとなる新作『Fiction e.p』リリース決定

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

sumika、約9カ月ぶりとなる新作『Fiction e.p』リリース決定
Fri, 23 Feb 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

各地ライブチケット争奪戦が繰り広げられ、今もっとも注目を浴びるバンド“sumika”が待望の新作『Fiction e.p』を4月25日(水)にリリースする。2017年7月発売の1stアルバム『Familia』以来、約9カ月ぶりのリリースとなる今作は、sumikaワールド全開のバラエティに富んだ4曲入りEPで、フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて4月より放送されるTVアニメ『ヲタクに恋は難しい』のオープニングテーマとして書き下ろしされた「フィクション」や、2017年末にラジオチャートを賑やかしたJ-WAVE(81.3FM)「WOW!TOKYO」12月度公式キャンペーンソング「いいのに」が初収録されている。また初回限定盤特典DVDには、「sumika Film #3」と題した、2017年10月に開催された東京国際フォーラムホールA公演から約30分のライブ映像が収録される予定とのこと。

今回の発表に伴い、新ビジュアルも公開! 撮影は後藤壮太郎が担当し、sumika感溢れる1枚となっている。sumikaは5月8日(火)カルッツかわさきホール公演を皮切りに、初の日本武道館公演を含む全国ホールツアー『sumika Live Tour 2018 "Starting Caravan"』の開催も決定。オフィシャルHP抽選先行受付は、2月23日(金)20:00よりスタートするので、お早めにチェックしてほしい。

photo by 後藤壮太郎

EP『Fiction e.p』

2018年4月25日発売



【初回盤】(DVD+CD)
¥1,900+税
【通常盤】(CD)
¥1,200+税
<収録予定>
■CD
1.フィクション
2.下弦の月
3. ペルソナ・プロムナード
4.いいのに
■初回盤特典DVD収録
『sumika Film #3』
2017.10.26東京国際フォーラム ホールAでのライブ映像を収録予定

『sumika Live Tour 2018 "Starting Caravan"』

5月08日(火) 神奈川・カルッツかわさき
5月11日(金) 宮城・トークネットホール仙台 大ホール
5月13日(日) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
5月18日(金) 新潟・新潟県民会館 大ホール
5月26日(土) 広島・上野学園ホール
5月30日(水) 香川・サンポートホール高松 大ホール
6月01日(金) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
6月08日(金) 福岡・福岡市民会館 大ホール
6月10日(日) 石川・本多の森ホール
6月22日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
6月23日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
6月30日(土) 東京・日本武道館
7月01日(日) 東京・日本武道館
7月14日(土) 京都・ロームシアター京都
7月17日(火) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
7月18日(水) 大阪・フェスティバルホール
<チケット>
・オフィシャルHP抽選先行受付
2月23日(金)20:00〜3月5日(月)23:59まで
https://l-tike.com/st1/sumika2018web



【関連リンク】
sumika、約9カ月ぶりとなる新作『Fiction e.p』リリース決定
sumikaまとめ
米津玄師、シングル「Lemon」のパッケージビジュアル公開

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, リリース, EP, ツアー, チケット

米津玄師、シングル「Lemon」のパッケージビジュアル公開
Fri, 23 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月14日(水)にリリースされる、TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』主題歌となっている米津玄師のニューシングル「Lemon」のパッケージ商品の写真が公開となった。すべて米津玄師によるイラストで構成されており、レモン盤は、米津自身が曲にこめた思いを形にしたオリジナルレターセットに、紙ジャケット仕様、レモンの切断面が描かれているピクチャーレーベルディスク。映像盤はデジパック仕様となっており、レモンの切断面が描かれたピクチャーレーベルディスクCDがDVD盤面にうつりこみ、《切り分けた果実の片方の様に》という歌詞の喪失感を感じさせる装丁となっている。DVDには、初のライブ映像となる『米津玄師 2018 LIVE/Fogbound』日本武道館公演より8曲に加え、「春雷」「灰色と青(+菅田将暉)」のMVを収録。CDのみの通常盤と今作も3形態でのリリースだ。

また、3形態全て(通常盤は初回仕様のみ)に10月27日(土)28日(日)に千葉・幕張メッセ国際展示場1〜3ホールにて行なわれる自身最大規模のワンマンライブのチケット最速先行抽選応募券が封入される。なお、今作は法人別の購入者先着特典はないとのことで、これでパッケージの全貌が明らかとなった。初回限定生産となっているアイテムをぜひとも手に入れてほしい。

さらに、3月4日(日)の19時からTBSラジオにて、米津玄師×TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』特別番組の放送が決定したとのこと。今作のドラマ脚本を担当した野木亜紀子を迎え、「Lemon」の秘話やドラマ制作の裏側など聴くことが出来るので、こちらも要チェックだ。

シングル「Lemon」

2018年3月14日発売



【レモン盤(初回限定)】(CD+レターセット)
SRCL-9745〜9746/¥2,000+税
【映像盤(初回限定)】(CD+DVD)
SRCL-9747〜9748/¥1,900+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9749/¥1,200+税
<収録曲>
■CD ※全形態共通
1.Lemon
他、計3曲収録予定
■DVD ※映像盤のみ
・『米津玄師 2018 LIVE / Fogbound』1月10日@日本武道館公演
砂の惑星
春雷
LOSER
ゴーゴー幽霊船
???
ピースサイン
打上花火
灰色と青(+菅田将暉)
・Music Video
春雷
灰色と青(+菅田将暉)

◎全形態共通・初回封入 ※初回生産分のみ封入、なくなり次第終了となります。
『米津玄師 2018 LIVE』チケット最速先行抽選応募券
応募期間:2018年3月13日(火)12:00〜3月18日(日)23:59

TBSラジオ特別番組『米津玄師×野木亜紀子 アンナチュラル対談』

3月04日(日) 19:00〜20:00
<出演>
米津玄師・野木亜紀子(TBSドラマ『アンナチュラル』脚本家)ほか

『米津玄師 2018 LIVE』

10月27日(土) 幕張メッセ 国際展示場ホール1〜3
10月28日(日) 幕張メッセ 国際展示場ホール1〜3
※ライブの正式タイトルは未決定となります



【関連リンク】
米津玄師、シングル「Lemon」のパッケージビジュアル公開
米津玄師まとめ
シド、アニメタイアップ楽曲を網羅したベスト盤をリリース

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, リリース, 発売

シド、アニメタイアップ楽曲を網羅したベスト盤をリリース
Fri, 23 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年でバンド結成15周年に突入したシドが、4月4日(水)にベストアルバム『SID Anime Best 2008-2017』を発売することが明らかになった。『SID Anime Best 2008-2017』は、これまでシドが手掛けてきたアニメタイアップソングの全てをコンパイルしたヒット曲づくしのアニメベストアルバム。シドのメジャーデビュー曲でもある、テレビアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」や、テレビアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』エンディングテーマの「嘘」、さらには、テレビアニメ『BLEACH』オープニングテーマの「乱舞のメロディ」、テレビアニメ『マギ The labyrinth of magic』オープニングテーマである「V.I.P」など、これまでシドがアニメの世界観を彩ってきた全10曲が収録される。

また新録曲として、マオ(Vo)が作詞、ベース・明希が作曲を務め、LiSAに楽曲提供をしていた「ASH」がセルフカバーして収録されるとのこと。「ASH」は、テレビアニメ『Fate/Apocrypha』2ndクールオープニングテーマとしても大きな話題を呼んだ楽曲だけに、シドがどんなセルフカバーに仕上げるのか注目したい。

2018年はシドにとって結成15周年だけでなく、メジャーデビュー10周年という記念すべき1年。5月5日(土・祝)からは、全12公演を駆け抜ける全国ライブハウスツアーも決定している。2月23日(金)よりプレイガイド先行予約も開始とのことなので要チェック!

■【LiSA コメント】

「とても大切な「Fate」作品の楽曲としても、私LiSAの作品としても、素直に自分の心に寄り添ってもらっていると感じながら、歌わせていただきました。シドさんver.を聴かせていただいて、シドさんの楽曲になっていてとても感動しました。あらためて楽曲の持つ力と、メンバー皆様の作り上げるシドさん色の強さを実感しました。かっこいい。大切に作っていただいた「ASH」が、シドさんのアニメ歴史に仲間入りさせてもらえてとても嬉しいです。『Anime Best』発売おめでとうございます」

アルバム『SID Anime Best 2008-2017』

2018年4月4日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3043/44/¥3,333+税
※DVD収録内容は近日解禁予定
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-3045/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
01.モノクロのキス(テレビアニメ『黒執事』オープニングテーマ)
02.嘘(テレビアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第1期エンディングテーマ)
03.ドラマ(Wii専用ソフト『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 暁の王子』オープニングテーマ)
04.レイン(テレビアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第5期オープニングテーマ)
05.乱舞のメロディ(テレビ東京系アニメ『BLEACH』オープニングテーマ)
06.V.I.P(テレビアニメ『マギ The labyrinth of magic』前期オープニングテーマ)
07.ANNIVERSARY(テレビアニメ『マギ The kingdom of magic』前期オープニングテーマ)
08.ENAMEL(テレビアニメ『黒執事 Book of Circus』オープニングテーマ)
09.硝子の瞳(劇場版アニメーション『黒執事 Book of the Atlantic』主題歌)
10.螺旋のユメ(テレビアニメ『将国のアルタイル』オープニングテーマ)
11.ASH ※セルフカバー

『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』

5月05日(土・祝) Zepp DiverCity TOKYO 〜ID-S限定LIVE〜
5月06日(日) Zepp DiverCity TOKYO 〜ID-S限定LIVE〜
5月12日(土) Zepp Osaka Bayside 〜ファン投票LIVE(大阪編)〜
5月13日(日) Zepp Osaka Bayside 〜暴れ曲限定LIVE〜
5月18日(金) Zepp Nagoya 〜ファン投票LIVE(名古屋編)〜
5月19日(土) Zepp Nagoya 〜暴れ曲限定LIVE〜
5月26日(土) 福岡DRUM LOGOS 〜ファン投票LIVE(福岡編)〜
5月27日(日) 福岡DRUM LOGOS 〜暴れ曲限定LIVE〜
6月02日(土) Zepp Sapporo 〜インディーズ曲限定LIVE〜
6月09日(土) SENDAI GIGS 〜昭和歌謡曲限定LIVE〜
6月15日(金) Zepp Tokyo 〜ファン投票LIVE(東京編)〜
6月16日(土) Zepp Tokyo 〜暴れ曲限定LIVE〜
<チケット>
¥7,300(税込)※D代別
■チケットぴあ:2月23日(金) 12:00〜2月28日(水) 23:00
受付URL:http://w.pia.jp/t/sid/
■Yahoo!チケットプラス:2月23日(金) 12:00〜2月27日(火) 23:00
受付URL:http://r.y-tickets.jp/sid1801
※5月5日・5月6日のID-S限定LIVEの受付はございません。
■一般発売:4月15日(日)
※5月5日・5月6日のID-S限定LIVEは一般発売はありません。



【関連リンク】
シド、アニメタイアップ楽曲を網羅したベスト盤をリリース
シドまとめ
aiko、14曲のMVを集めた映像作品『ウタウイヌ5』ジャケ写公開

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, リリース, 発売, アニメ

aiko、14曲のMVを集めた映像作品『ウタウイヌ5』ジャケ写公開
Fri, 23 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月14日(水)にリリースされるaikoにとって5作目、6年ぶりとなるミュージッククリップ集『ウタウイヌ5』のジャケットデザインが公開された。今作のジャケットには、レトロで重厚感溢れるジュークボックスの写真を採用。ジュークボックスの中には、aikoの手書きの曲目カードが内蔵されており、今回収録されるMVの曲タイトルが配されたデザインに仕上がっている。また、Blu-ray&DVD共にボックス仕様となっており、初回限定盤は特殊パッケージ仕様となるので、ぜひゲットしてほしい。

『ウタウイヌ5』には、2011年5月発売の28thシングル「恋のスーパーボール」から、2017年11月にリリースされた37thシングル「予告」までのシングル11作品のMVと、アルバム『時のシルエット』より「くちびる」、アルバム『泡のような愛だった』より「明日の歌」、最新シングル「予告」より「月が溶ける」の全14曲、過去最多のMVが一枚のディスクに収録される。さらに、本編約76分に加えてメイキングシーンやテレビCM用に編集されたスポット映像を収めた特典映像は、40分を超える内容となっている。

Blu-ray&DVD『ウタウイヌ5』

2018年3月14日発売



【Blu-ray】
PCXP-51505/¥5,200+税
<収録曲>
■Blu-ray
01.恋のスーパーボール
02.ずっと
03.くちびる
04.4月の雨
05.Loveletter
06.君の隣
07.明日の歌
08.あたしの向こう
09.夢見る隙間
10.プラマイ
11.もっと
12.恋をしたのは
13.予告
14.月が溶ける
<特典映像>
・メイキング
・TV−SPOT



【DVD】
PCBP-51505/¥4,500+税



【関連リンク】
aiko、14曲のMVを集めた映像作品『ウタウイヌ5』ジャケ写公開
aikoまとめ
三月のパンタシア、最新シングルの購入者応募特典を発表

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, DVD, Blu-ray

三月のパンタシア、最新シングルの購入者応募特典を発表
Fri, 23 Feb 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三月のパンタシアが3月7日(水)にリリースするニューシングル「風の声を聴きながら / コラージュ」は、ダブルタイアップによる両A面シングルとなることがすでに発表されているが、商品内に封入されるハガキにて応募できる特典情報が解禁となった。気になる内容は3種類あり、A賞が「“みあの声を聴きながら”本人と生電話(1名様)」、B賞が「“#最高の片想い風”みあからのラブレターが届く(3名様)」、C賞が「“ジャケットイラストをコラージュした”みあのサイン入りポスター(100名様)」となっており、それぞれ抽選をもとに当たるとのこと。応募締切は、3月26日(月)当日消印有効となるので、この機会にぜひ応募してみてほしい。

また、今作のCD封入で、6月23日(土)に東京・TSUTAYA O-EASTにて開催されるセカンドワンマンライブ『星の川、月の船』のチケット先行に応募ができるので、こちらも併せて要チェック!

■シングル「風の声を聴きながら/コラージュ」購入者応募特典

A賞:「みあの声を聴きながら」本人と生電話(抽選で1名様)
B賞:「#最高の片想い風」みあからのラブレター(抽選で3名様)
C賞:「ジャケットイラストをコラージュした」みあのサイン入りポスター(抽選で100名様)

※応募締切日:2018年3月26日(月)当日消印有効
※当選・応募に関する詳細は、3月7日(水)発売のニューシングル「風の声を聴きながら/コラージュ」に封入される応募ハガキをご確認ください。

(c)篤見唯子・芳文社/スロウスタート製作委員会
(c)TAa・KADOKAWA・TYPE-MOON / 「衛宮さんちの今日のごはん」製作委員会

シングル「風の声を聴きながら / コラージュ」

2018年3月7日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
VVCL-1167〜1168/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
1.風の声を聴きながら
2.#最高の片想い
3.コラージュ
4.風の声を聴きながら -Instrumental-
■DVD
「風の声を聴きながら」 -Music Video-

イラストレーター:ふすい



【通常盤】(CD)
VVCL-1069/¥1,200+税
<収録曲>
1.風の声を聴きながら
2.#最高の片想い
3.コラージュ
4.風の声を聴きながら -Instrumental-

イラストレーター:ふすい



【期間生産限定盤1】(CD+DVD)
VVCL-1170〜1171/¥1,600+税
※スロウスタート盤
※TVアニメ『スロウスタート』描き下ろしイラスト・デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.風の声を聴きながら
2.#最高の片想い
3.コラージュ 
4.風の声を聴きながら -TV size-
■DVD
TVアニメ『スロウスタート』ノンクレジットEDムービー

(c)篤見唯子・芳文社/スロウスタート製作委員会



【期間生産限定盤2】(CD+DVD)
VVCL-1172〜1173/¥1,600+税
※衛宮さんちの今日のごはん盤
※アニメ『衛宮さんちの今日のごはん』描き下ろしイラスト・デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.コラージュ  
2.#最高の片想い
3.風の声を聴きながら
4.コラージュ -TV size-
■DVD
アニメ『衛宮さんちの今日のごはん』ノンクレジットEDムービー

(c)TAa・KADOKAWA・TYPE-MOON / 「衛宮さんちの今日のごはん」製作委員会

『三月のパンタシアセカンドワンマンライブ 〜星の川、月の船〜』

6月23日(土) TSUTAYA O-EAST
<チケット>
オールスタンディング前売¥4,320(税込)※D代別



【関連リンク】
三月のパンタシア、最新シングルの購入者応募特典を発表
三月のパンタシアまとめ
MERRY、謎に包まれていたワンマンライブの詳細が明らかに

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 特典, ネットカルチャー, チケット

MERRY、謎に包まれていたワンマンライブの詳細が明らかに
Fri, 23 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

47都道府県ツアーのファイナル公演のほか、日本青年館公演を完売させ、飛ぶ鳥を落とす勢いのMERRYが発表した5月12日(土)の恵比寿ザ・ガーデンホール公演の詳細が明らかになった。2部制で行なわれる本公演は『扇動歌謡祭』を総題に掲げ、一部を「【昭和】メリー」、二部を「【現代】MERRY」として開催される。

一部「【昭和】メリー」は、47都道府県ツアー『システム エムオロギー』のアンコールにて過去アルバム縛りで繰り広げられたライブの集大成であり、『システム エムオロギー』が大盛況にて終えられたことへの感謝の気持ちを込めてファン投票によるランキング形式での“リクエストライブ”が行なわれる、まさに“MERRYからの音(恩)返し”だ。タイトルが示す通り、表記変更される前の“メリー”として披露されるのは、アルバム『現代ストイック』『モダンギャルド』『nuケミカルレトリック』『PEEP SHOW』『M.E.R.R.Y.』『アンダーワールド』より投票によって選ばれた楽曲となり、全席指定席の空間でMERRYならではの趣向を凝らしたステージになるのではないだろうか。

そして、二部「【現代】MERRY」は未来を見据えたMERRYが示される場所。最新アルバム『エムオロギー』の先にある未発表曲(新曲)を筆頭に、ライブパフォーマンスにも定評のMERRYが繰り広げられるステージに扇動され、スタンディングフロアは日常では味わうことができない熱量と狂気に包まれること間違いなし! 現在の時代を生きることは、“未来”を示し続けること。瞬間瞬間に示されるすべてがMERRYの新たな一面となり、それを五感で感じながら今までに味わったことのない刺激が会場を襲うことになるだろう。

今回発表となった日程、会場、2部制ライブ、席種という情報が皆無の状態で行なわれた公式ファンクラブのチケット1次先行受付には、関係者の予想を超えた受付が寄せられ、まさに注目の高さを象徴しているようだ。3月からはファンクラブ2次チケット先行、携帯サイト会員“MERRY ONLINE”対象先行受付なども準備されているので、気になる人はお早めに!

Live photo by 中村卓

■『扇動歌謡祭』

■一部「【昭和】メリー」
5月12日(土) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
開場16:30/開演17:00
<チケット>
COREプレミアムシート(指定席)¥14,040(税込・D代別)
※お土産付/前方座席/当日グッズ販売優先権
一般指定席¥5,500(税込・D代別)
※未就学児童入場不可

■二部「【現代】MERRY」
5月12日(土) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
開場19:30/開演20:00
<チケット>
スタンディング¥4,800(税込・D代別)
※未就学児童入場不可

<チケット予約スケジュール>
・MERRY MEMBERS\' CLUB CORE 2次先行
3月05日(月)12:00〜3月14日(水)23:59
※2018年3月1日時点有効会員様が対象となります。
(2018年2月20日までにご入会・ご更新(ご入金)された方)

・MERRY ONLINE先行
3月28日(水)12:00〜4月03日(火)23:59
※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。
※ご入会はコチラ:http://www.sp-freewillonline.com/merry/

・GALAXY BROAD CARD先行
4月04日(水)12:00〜4月08日(日)18:00
※お支払いはGALAXY BROAD CARDでのクレジットカード決済のみとなります。
※お申込みからカードの発行までには2〜3週間かかる場合がございます。
※ご入会はコチラ:http://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/galaxybroad/lp/index.jsp

・オフィシャル先行
4月04日(水)12:00〜4月08日(日)18:00
※受付中どなたでもお申込みいただけます。



【関連リンク】
MERRY、謎に包まれていたワンマンライブの詳細が明らかに
MERRYまとめ
I Don’t Like Mondays.、カワサキショールームのレセプションイベントに登場

【関連アーティスト】
MERRY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ワンマン, チケット

I Don’t Like Mondays.、カワサキショールームのレセプションイベントに登場
Fri, 23 Feb 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月22日(木)、カワサキモータースジャパンの“カワサキショールーム マーチエキュート神田万世橋”のレセプションパーティーが行なわれ、1月12日の同ショールームのオープニングレセプションパーティーに引き続いてI Don’t Like Mondays. がゲスト出演した。“カワサキショールーム マーチエキュート神田万世橋”ではカワサキのブランドショップ・カワサキプラザのコンセプトである、“五感で楽しむ空間づくり”に基づく最上級のおもてなしを体験することができ、今回はその世界観のひとつである“BLACK ELEGANCE”をテーマにしたイベントとなる。

それぞれブラック、レッド、グリーン、グレーのカワサキオリジナルのレザーライダースジャケットを着用したメンバーが登場すると、アコースティックセットで「Don\'t look back」を演奏し、イベントのオープニングをあたためた。トークコーナーでは“黒”についてのイメージを訊かれ、ファッションのこだわりの話題へ。秋気(Dr)は黒のスキニーパンツを多用しており、全身黒のコーディネートが多いが、アクセサリーを取り入れて重くなり過ぎないように気を付けているそう。カワサキプロデュースのアパレルラインは、ステージ衣装やメイクも基本的に自分たちで決めているという彼らには、普段着としても愛用できると大好評だ。また、“かっこよさ”について訊かれると、余裕のある男性はかっこいいという話題から、兆志(Gu)がメンバー内でも随一のマイペースさを発揮し、どんな場面でも余裕を見せ、ライブのMC時には突然話を振られても、オチの有無に関わらず堂々とMCをしているといじられる一幕も。

最後にカワサキへのメッセージとして、彼ら自身“常に音楽だけでない入口を用意し、自らのブランディングを行なっている”とし、“新しいモーターサイクルライフスタイルを提案し、挑戦し続けるカワサキさんからは刺激やインスピレーションを頂いている、一緒に面白いことをどんどんやっていきたい”と語った。

トーク後には再び3曲を演奏。セクシーさが際立つ「Super Special」に続き、2017年12月にデジタルリリースされた「My Girl」は、4人のハーモニーが高架下という特殊な空間に心地よく響いた。ラストにアップテンポでポジティブなナンバー「We Are Young」が演奏されると、おそらく初めてアイドラのパフォーマンスを観たであろう、男性の来場者も体を揺らし、会場が一体となって盛り上がった。“かっこいい”音楽は性別も世代も超えて伝わるようだ。

【セットリスト】
1.Don\'t look back
2.Super Special
3.My Girl
4.We Are Young



【関連リンク】
I Don’t Like Mondays.、カワサキショールームのレセプションイベントに登場
I Don’t Like Mondays.まとめ
ボブ・シーガーの『奔馬の如く』は、アメリカンロックのお手本的な作品

【関連アーティスト】
I Don’t Like Mondays.
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ

ボブ・シーガーの『奔馬の如く』は、アメリカンロックのお手本的な作品
Fri, 23 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1960年代から地元デトロイトで人気のあったボブ・シーガー。アメリカでは知らぬ者がいないほどのスター歌手であるのに、日本ではほとんど知られていないアーティストだ。今回紹介する『奔馬の如く(原題:Against The Wind)』は、全米1位を獲得した上にグラミー賞まで獲得した作品であるにもかかわらず、少しだけ注目されるだけで終わっている。

なぜかと言うと、シーガーは不器用な男で、流行という存在に疎いのだ。テクノやニューウェイブの波が押し寄せた80年代初頭に、まるで70年代初頭のような王道のアメリカンロックで勝負したのである。当時は「古臭い!」と多くの日本人リスナーが無視したのだが、奇を衒わず、ど真中の豪速球で勝負したそのサウンドは今聴いても古くなっておらず、アメリカンロックの王道をいく傑作だった。

■長い下積みの時代を経て

ボブ・シーガーがデビューしたのは1968年、なんと今から50年前のことである。アマチュアの頃からバンド活動し、パワフルさが持ち味で歌の上手い彼は地元のデトロイトではちょっとしたスターであった。“ボブ・シーガー・システム”というグループでメジャーレーベルと契約し、全米20入りするヒットを放ったこともあった。当時はメジャーレーベルの新人だったから、会社の言われるままにサイケデリックロック路線で売っていたが、シーガー自身はロックンロールやソウルで勝負したかったようだ。3歳年下のイーグルスのグレン・フライも同郷だったので、弟分として何かと面倒を見ていたらしく、その付き合いはフライが亡くなる2016年まで続いている。余談だが、イーグルス後期のヒット曲「Heartache Tonight」では、ソングライティングとバックヴォーカルをシーガーが担当している。

トップ20ヒットのあとまったく売れなくなり(地元デトロイトではもちろんスターであったが)、ソロに転向し5枚のアルバムをリリースするも満足のいくセールスとはならなかった。特にシーガーのバックバンドのメンバーであるジェイミー・オールデイカー、ディック・シムズ、マーシー・レヴィをエリック・クラプトンに引き抜かれてしまうという事件でシーガーは落ち込み、一時は音楽活動を止めていた時期もあった。そんな頃、シーガーはイギリスのソウルフルなヴォーカリストであるヴァン・モリソン(シーガーと似た部分が多い)を聴き衝撃を受け、新たなグループであるシルバー・バレット・バンドを結成する。

■正統派アメリカンロックの シンガーとして再スタート

そして、ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンドとして、地元デトロイトでのライヴを収録した2枚組の『Live Bullet』(‘76)をリリースすると、デトロイトの多くのラジオ局でヘビーローテーションされる結果となり、そこから全米レベルでの大ヒットへとつながっていく。結局、このライヴ盤がトップ40に入りシーガーは再起、続く『Night Moves』(’76)は8位、『Stranger In Town』(‘78)は4位まで上昇、世界はパンク時代を迎えていたが、不器用なシーガーは70年代初期のアメリカンロックで勝負し、きっちり結果を出すのである。

この頃のシーガーの音楽は、ブルース・スプリングスティーンにも似ているしイーグルスっぽい部分もある。真似とかパクリとか言われることもあったが、彼のパワフルで煽るようなヴォーカルは誰よりもロックしていたし、それまでの下積みの経験が彼の音楽に深みを与えていた。特に、彼の書く曲は味わい深く、多くのアーティストたちにカバーされることも増え、それらの相乗効果でますます人気は高まっていったのである。

■本作『奔馬の如く (原題:Against The Wind)』について

シルバー・バレット・バンド名義では4枚目、シーガーとして11枚目のスタジオアルバムとなる『奔馬の如く』を80年にリリースすると、それまで1位の座を長期間守っていたピンク・フロイドの『ザ・ウォール』に代わって、シーガーの新作が初の全米1位となった。長い間の苦労が報われたわけで、タイトルからして“Against The Wind = 風に立ち向かって”という、彼の立ち位置そのもののような作品になったのである。本作は全米チャートで1位になっただけでなく、翌年のグラミー賞では複数部門を獲得する快挙まで成し遂げているのだから大したものだ。

アルバム収録曲は、ロックンロール、カントリーロック、フォークロック、ロックンソウルなど、シーガーが最も得意とするスタイルの音楽が収められており、中でもタイトルトラックの「アゲンスト・ザ・ウインド」は文句なしの名曲で、シングルカットされると全米チャート5位まで上昇した。94年に公開されたトム・ハンクス主演の映画『フォレスト・ガンプ』でも使われ、その時にもリバイバルヒットしている。曲調はスプリングスティーン風で、Eストリートバンドのロイ・ビタンっぽいピアノは、元フィフス・アヴェニュー・バンドやマナサスでも活躍したポール・ハリスが弾き、バックヴォーカルには、グレン・フライとドン・ヘンリーのイーグルス勢が参加している。本作には他にも良い曲がたくさん詰まっていて、何度聴いても飽きないのは、彼の人生が音楽に反映されているからであろう。

■ボブ・シーガーのその後

続くアルバムはライヴ盤『Nine Tonight』(‘81)で、これは全米3位になっている。83年の『The Distance』も全米5位で、この頃はどちらかと言えばカントリー寄りの仕上がりになっていて、逆にカントリーはこの頃からロック寄りにシフトしていくので、シーガーがカントリー界に影響を与えたのかもしれない。80年代後半にデビューしたカントリーシンガーのトラヴィス・トリットは、シーガーの生き写しとしか思えないぐらいに似ているので、興味のある人は確認してみてほしい。

この後も、リリースするアルバムはヒットし、90年代に入ると家族のために長期間の休みを取る。多くの人がこのまま引退かと思ったのだが、2004年にロックンロール・ホール・オブ・フェイムに選ばれたことで火がついたのか、2006年にアルバム『Face The Promise』で復帰、全米チャート2位になるなど、アメリカのリスナーに忘れられてはいなかった。昨年はグレン・フライに捧げた追悼アルバム『I Know You When』をリリースするなど、シーガーも72歳になってはいるものの、まだまだ精力的に活動しているようである。

TEXT:河崎直人

アルバム『Against The Wind』

1980年発表作品



<収録曲>
01. 地平線のバップ / The Horizontal Bop
02. わかりあえる時 / You\'ll Accomp\'ny Me
03. 気取った女 / Her Strut
04. 誰もいない国 / No Man\'s Land
05. 長い二本の平行線 / Long Twin Silver Line
06. アゲンスト・ザ・ウィンド / Against The Wind
07. 大切なものへ / Good For Me
08. ベティ・ルーは今晩お出まし / Betty Lou\'s Gettin\' Out Tonight
09. ファイアー・レイク / Fire Lake
10. 輝ける夜明け / Shinin\' Brightly



【関連リンク】
ボブ・シーガーの『奔馬の如く』は、アメリカンロックのお手本的な作品
Bob Seger & The Silver Bullet Bandまとめ
Bob Segerまとめ
GANG PARADE、シングル「GANG 2」リリース&ワンマンライブ開催決定

【関連アーティスト】
Bob Seger & The Silver Bullet Band, Bob Seger
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

GANG PARADE、シングル「GANG 2」リリース&ワンマンライブ開催決定
Fri, 23 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GANG PARADEが、5月29日(水)にニューシングル「GANG 2」をタワーレコードのアイドル専門レーベル・T-Palette Recordsからリリースすることを発表した。今作の初回限定盤には、2月23日(金)にマイナビBLITZ赤坂にて開催のワンマンライブ『MAKING THE ROAD』のライブ映像を収録したDVDが付属となり、自身初の映像作品のリリースとなる。また、シングルリリースに併せて4月17日(火)に東京・ZeppDiverCity(TOKYO)にてワンマンライブの開催も発表! チケットは2月26日(月)よりWACK FAMiLY CLUB会員抽選先行がスタートとなるので要チェック。

渋谷センター街ジャックや、寿司チェーン店“すしざんまい”とのコラボキャンペーンのほか、2月23日(金)に東京・マイナビ BLITZ 赤坂で開催されたワンマンライブはチケットがソールドアウトとなるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのGANG PARADE。2月20日にシングル「BREAKING THE ROAD」を発売したばかりの彼女たちの新作にも注目だ。

■ワンマンライブ『GANG 2』

4月17日(火) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
<チケット>
¥4,000(税込)※D代別
■WACK FAMiLY CLUB会員抽選先行受付
2月26日(月)12:00〜3月1日(木)23:00
■HP抽選先行受付
3月2日(金)12:00〜3月8日(木)23:00
受付URL:http://w.pia.jp/t/gangparade/
■一般発売
3月17日(土)10:00
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/gang/

シングル「GANG 2」

2018年5月29日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TPRC-0200/¥3,700+税
【通常盤】(CD)
TPRC-0201/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.GANG 2
2.タイトル未定
3.GANG 2(inst)
4.タイトル未定(inst)
■DVD ※初回限定盤のみ
GANG PARADE『MAKING THE ROAD』2018年2月23日マイナビ BLITZ 赤坂公演 ライブ映像



【関連リンク】
GANG PARADE、シングル「GANG 2」リリース&ワンマンライブ開催決定
GANG PARADEまとめ
Mary\'s Blood、ニューアルバム『Revenant』発売&リリースツアー決定

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, ワンマン

Mary\'s Blood、ニューアルバム『Revenant』発売&リリースツアー決定
Fri, 23 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2014年8月にメジャーデビューを果たしたガールズメタルバンド・Mary\'s Bloodが、徳間ジャパン移籍第一弾となるアルバム『Revenant』を4月18日(水)にリリースする。通算4作目となるこのアルバムはプロデューサーに岡野ハジメ氏を迎え、より骨太で本格派なサウンドを体現し、Mary\'s Bloodの新たな世界を切り拓き進化を遂げた超強力な作品となっている。

今作の初回限定盤にはMary\'s Bloodとしては初となる、Photo Book(全40P)が封入される。公開された新ビジュアルからも分かる様に、今までとは一味も二味も違う、可憐で斬新なMary\'s Bloodメンバーの姿が満載のPhoto Bookとなっている。

また、このアルバムリリース以降、Mary\'s Bloodによるアコースティックインストアライブ(詳細後日発表)、6月よりアルバムリリースツアー『Make The New World Tour 2018』を行う事も発表された。

■【岡野ハジメ コメント】

「全員が女性のバンドをプロデュースするのは初体験だったので多少緊張してプロダクツを開始したが、いざ始まってみるとそんな気遣いは無用だった。4人ともそれぞれ一過言ある“ミュージシャン”だったので気兼ねなく音楽会話できた。かなり情報量の多いアルバムだが仕事してて歯応えのある楽しい時間だった。自分の音楽人生の中でもモニュメンタルになるかっこいいアルバムになったと思う。Mary\'s Bloodの可能性が、さらにさらに大きく羽ばたくきっかけになることを祈ります!」

アルバム『Revenant』

2018年4月18日発売



【初回限定盤】(CD+PHOTO BOOK)
TKCA-74633/¥3,700+税
【通常盤】
TKCA-74634/¥3,000+税
<収録曲>
01.World\'s End
02.ツキヨミ
03.It\'s Alright
04.Believe Me
05.On the Rocks
06.Rolling Start
07.Halcyon Days
08.女神の裁き〜Death Queen\'s March〜
09.R.I.P.
10.Say Love
11.Take a Chance

『Make The New World Tour 2018』

6月08日(金) 名古屋 E.L.L.
6月09日(土) 梅田 CLUB QURTTRO
6月24日(日) マイナビBLITZ赤坂



【関連リンク】
Mary\'s Blood、ニューアルバム『Revenant』発売&リリースツアー決定
Mary\'s Bloodまとめ
Nulbarichがツアー全公演完売につき東京追加公演を発表

【関連アーティスト】
Mary\'s Blood
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, アルバム, リリース, 発売, メタル, ツアー

Nulbarichがツアー全公演完売につき東京追加公演を発表
Fri, 23 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Nulbarichが3月から4月にかけて行う全国ツアー『Nulbarich ONE MAN TOUR 2018 “ain\'t on the map yet” Supported by Corona Extra』の東京追加公演を発表した。これは3月7日にリリースされる彼らの2ndフルアルバム『H.O.T』を携えて行われるツアーの全公演がソールドアウトしたことを受けて決定したもので、4月25日の東京・Zepp DiverCity Tokyoにて行われる。本ツアーの東京会場のチケットは一般発売と同時にソールドアウト。そんな中、チケットを購入できなかったという多くの声にこたえる形で、待望の追加公演が決定しただけに、チケット争奪戦は間違いなさそうだ。バンドのオフィシャルモバイルサイトでは、一般発売に先駆け、特別先行抽選予約を行なっているので是非チェックしてほしい。

『Nulbarich ONE MAN TOUR 2018 “ain\'t on the map yet” Supported by Corona Extra』

3月14日(水) なんばHatch ※SOLD OUT
3月16日(金) 新木場STUDIO COAST (追加公演) ※SOLD OUT
3月17日(土) 新木場STUDIO COAST ※SOLD OUT
3月28日(水) 仙台Rensa  ※SOLD OUT
4月06日(金) 広島クアトロ  ※SOLD OUT
4月07日(土) 福岡イムズホール ※SOLD OUT
4月13日(金) 名古屋ダイアモンドホール ※SOLD OUT

<東京追加公演>
4月25日(水) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
<チケット(東京追加公演のみ)>
¥4,500 (税込)
■オフィシャルモバイルサイト『Hometown』最速先行予約
2月23日(金) 12:00〜2月26日(月) 23:59
詳しくはこちら:http://sp.nulbarich.com/
■一般発売:3月10日(土)10:00

アルバム『H.O.T』

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(CD+BONUS CD)
VIZL-1331/¥3,500+税
※初回限定盤には、初ワンマンツアー「Change the Track」ファイナル公演・LIQUIDROOMのライブ音源を収録したCDを付属
<収録曲>
■CD
1.H.O.T (Intro)
2.It\'s Who We Are
3.Almost There 
4.Zero Gravity
5.Handcuffed
6.In Your Pocket
7.See You Later (Interlude)
8.Supernova
9.ain\'t on the map yet 
10.Follow Me
11.Spellbound
12.Construction (Interlude)
13.Heart Like a Pool
■BONUS CD
1.It\'s Who We Are
2.Lipstick
3.Everybody knows
4.Spread Butter On My Bread
5.On and On
6.Ordinary
7.NEW ERA
8.Follow Me



【通常盤】(CD)
VICL-64955/¥2,800+税
<収録曲>
1.H.O.T (Intro)
2.It\'s Who We Are
3.Almost There 
4.Zero Gravity
5.Handcuffed
6.In Your Pocket
7.See You Later (Interlude)
8.Supernova
9.ain\'t on the map yet 
10.Follow Me
11.Spellbound
12.Construction (Interlude)
13.Heart Like a Pool



【関連リンク】
Nulbarichがツアー全公演完売につき東京追加公演を発表
Nulbarichまとめ
ポルノグラフィティ、ニューシングル「カメレオン・レンズ」のビジュアル公開

【関連アーティスト】
Nulbarich
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ツアー, チケット

ポルノグラフィティ、ニューシングル「カメレオン・レンズ」のビジュアル公開
Fri, 23 Feb 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月21日(水)にリリースとなる、ポルノグラフィティの新曲「カメレオン・レンズ」のアーテイスト写真、ジャケットビジュアルが解禁となった。

「カメレオン・レンズ」は現在絶賛放送中のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』の主題歌として起用されている。不倫という“日常に潜む罠”をサスペンスフルに描写しながら、“正妻と夫婦愛の正義”そして、試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の純愛物語が描かれている。楽曲もポルノグラフィティとして新機軸となる、妖艶で大人なミディアムナンバー。これまでのドラマの放送ではキーとなる場面で「カメレオン・レンズ」が使用され、シーンの緊張感がより一層高まり、SNS上でも映像と音楽の相性の良さが話題となっている。

「カメレオン・レンズ」はシングルのリリースに先駆け、3月2日(金)に各配信サイトで先行配信が決定している。

また、今回のジャケットは不可能立体が象徴的なジャケットとなっている。不可能立体が角度によって見え方が変わるように、人物もまた、人によっていろんな印象・見え方がうまれるということを表現したインパクトのあるジャケットだ。初回生産限定盤には「カメレオン・レンズ」Video Clip、2017年にリリースしたアルバム『BUTTERFLY EFFECT』に収録され、ファンからの人気も高い「Working men blues」のVideo Clipを収録。3月2日(金)に「カメレオン・レンズ」のVideo Clipショートバージョンが、Official YouTube Channelにて公開予定だ。

現在、今年11月から32箇所39公演を廻る、全国ホールツアーの真っ最中。約2年ぶりの全国ツアーともに、新曲「カメレオン・レンズ」も話題になることは間違いないだろう。

シングル「カメレオン・レンズ」

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2271〜2272/¥1,900(税込)
【通常盤】(CD)
SECL-2273/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
「カメレオン・レンズ」他 2曲
■DVD ※初回生産限定盤のみ
「カメレオン・レンズ」Video Clip
「Working men blues」Video Clip

※ツアー会場予約特典として「スマホアクリルスタンド」が先着で付属する(3月21日までの公演が対象)



【関連リンク】
ポルノグラフィティ、ニューシングル「カメレオン・レンズ」のビジュアル公開
ポルノグラフィティまとめ
乃木坂46、46時間生配信放送&4月25日に20thシングル発売決定

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売

乃木坂46、46時間生配信放送&4月25日に20thシングル発売決定
Fri, 23 Feb 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

乃木坂46のデビュー記念日となる2月22日(木)20時より生配信された、6th Birthday記念 緊急特別番組『乃木坂46分TV』内で、3月23日(金)19時から3月25日(日)17時まで、第3回目となる『乃木坂46時間TV』の番組生配信が行われることが発表された。

この『乃木坂46時間TV』は2016年に2度配信されたが、46時間を生配信するいわば伝説となっている番組。当グループは、毎年デビュー記念日となる2月22日近辺で『Birthday Live』を開催してきたものの、2018年はライブ会場が決まらず、7月に開催する明治神宮野球場にて『Birthday Live』が延期となった為、『乃木坂46時間TV』の番組生配信が決まったそうだ。

メンバーの白石麻衣は「前回たくさんの方がゲストに来て頂いたので、今回もたくさんの方に遊びに来て欲しい」、また生田絵梨花は「深夜に行なった人狼ゲームが本当に面白かったので、今回も是非やりたい!」と意気込んだ。そして初参加となる三期生メンバー向井葉月は「前回の46時間TVで“三期生募集”の発表を見て応募しました」、梅澤美波は「朝まで人狼ゲームを楽しく見ていたので、私も是非参加したい!」など、今までは視聴者の立場ではあったが、今度はメンバーとして参加できる事に喜びを感じていた。

『乃木坂46時間TV』の配信業者は、『Abema TV』『ニコニコ生放送』『SHOW ROOM』『LINE LIVE』『Rakuten TV』『乃木坂46オフィシャルYouTube』の全6社となり、現在乃木坂46に存在する軍団が6軍団ある事から、各軍団の代表者と配信業者が“マッチング綱引きゲーム”を行ない、結ばれた軍団の冠番組を独占配信できるという企画も発表。また、3月25日(日)に京都国際会館で開催されるアンダーメンバーの個別握手会生中継や、『乃木坂46時間TV』を記念したオフィシャルグッズのイベント販売が3月24日(土)・25日(日)に幕張メッセで開催されるなど、今までとは違った企画が盛りだくさん予定されており、楽しい46時間になる事は必至だ。

さらに20thシングル「シンクロニシティ」が4月25日(水)に発売が決定した乃木坂46。2018年も乃木坂46の活躍は健在だ。

『第3回 乃木坂46時間TV』生配信情報

3月23日(金)19時〜3月25日(日)17時



【関連リンク】
乃木坂46、46時間生配信放送&4月25日に20thシングル発売決定
乃木坂46まとめ
BIGBANG、活動休止前ドームツアーの映像作品SPOT映像&ジャケ写公開

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売

BIGBANG、活動休止前ドームツアーの映像作品SPOT映像&ジャケ写公開
Fri, 23 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年11月18日(土)福岡 ヤフオク!ドーム公演から12月24日(日)京セラドーム大阪公演まで、“海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー”『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』を完遂したアジアが世界に誇るモンスターグループ・BIGBANG。メンバーの入隊前最後となったこの日本ドームツアーは、福岡 ヤフオク!ドーム・京セラドーム大阪・ナゴヤドーム・東京ドームの全4都市14公演で69万6,000人を動員した。熱狂と感動が渦巻くなか、日本のファンにしばしのお別れと再会を約束し、彼ららしくBIGBANGの第1章を締めくくったことは記憶に新しい。そして今回、3月14日(水)にリリースされる、このBIGBANG活動休止前最後の日本ドームツアーを収録したLIVE DVD&Blu-ray『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』のジャケット写真およびSPOTが公開された。

今作はファンとBIGBANGが積み重ねてきた数々の歴史を振り返るかのごとく披露された、12月13日(水)東京ドーム公演、新旧を代表するヒット曲全25曲2時間50分を完全収録。ファンにとってまたBIGBANGにとっても忘れられない熱狂と感動の一夜を余すところなく収録したメモリアルな映像作品となっている。さらに、同日に行われた『BIGBANG SPECIAL EVENT』(1時間43分)も同時収録。メンバー4人の爆笑トークセッション、ゲームコーナー、そして「BLUE」・「GIRLFRIEND」2曲のパフォーマンスまで、ツアーのステージとは違った彼らの素顔が垣間見られるこのファンイベントも必見だ。さらに初回生産限定となる豪華100Pフォトブック付きオリジナルボアクラッチバッグ仕様のDELUXE EDITIONには、上記コンテンツはもちろん、ツアー各公演の爆笑MC集『SPECIAL FEATURES』(1時間)、マルチアングル映像(7曲・1時間38分)とトータル7時間を超える大ボリュームの映像を収録するほか、全27曲2枚組みLIVE CDまでもパッケージングされる。

LIVE DVD & Blu-ray『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』

2018年3月14日発売



【[3DVD+2CD+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック] -DELUXE EDITION- 】
AVBY-58623〜5/B〜C/¥13,000+税
※初回生産限定
【[3Blu-ray+2CD+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック] -DELUXE EDITION- 】
AVXY-58626〜8/B〜C/¥14,000+税
※初回生産限定
【2DVD+スマプラムービー】
AVBY-58629〜30/¥7,300+税
【2Blu-ray+スマプラムービー】
AVXY-58631〜2/¥8,300+税



【関連リンク】
BIGBANG、活動休止前ドームツアーの映像作品SPOT映像&ジャケ写公開
BIGBANGまとめ
DAOKO、自主企画の全ゲスト&イベントロゴ発表

【関連アーティスト】
BIGBANG
【ジャンル】
K-POP, 男性アイドル, ニュース, 韓流アイドル, DVD, Blu-ray, 活動休止

DAOKO、自主企画の全ゲスト&イベントロゴ発表
Fri, 23 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月10日(火)に恵比寿LIQUIDROOMにて『良い音楽と良いカルチャー』を発信するために、DAOKOが企画する『DAOKO presents「チャームポイント」』の追加ゲストアーティストとして“AAAMYYY”の出演を発表した。今回の発表で全ての出演者が決定となった。併せて、DAOKO監修の『チャームポイント』のイベントロゴも公開された。

『DAOKO presents 「チャームポイント」』

4月10日(火) 東京 恵比寿LIQUIDROOM
出演:DAOKO/King Gnu/SUSHIBOYS/AAAMYYY
<チケット>
オールスタンディング前売¥3,500(税込)※D代別
ローソンチケット プレリクエスト:2月20日(火)12:00〜2月25日(日) 23:59まで
受付URL:http://l-tike.com/daoko0410cp-t
一般発売:3月10日



【関連リンク】
DAOKO、自主企画の全ゲスト&イベントロゴ発表
DAOKOまとめ
SUSHIBOYSまとめ
V6、長場雄のイラストを使用したツアー映像作品のジャケット写真公開!

【関連アーティスト】
DAOKO, SUSHIBOYS
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表

V6、長場雄のイラストを使用したツアー映像作品のジャケット写真公開!
Fri, 23 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月14日に発売されたV6の坂本・長野・井ノ原からなる“トニセン”こと20th Centuryの舞台DVD『TWENTIETH TRIANGLE TOUR 戸惑いの惑星』が、オリコン週間DVDランキング初登場総合1位を獲得した。そんな中、バレンタインデーに続き、ホワイトデーにはV6としてのDVD&Blu-ray『LIVE TOUR 2017 The ONES』が発売されるこちらの映像作品は、2017年10月に横浜アリーナで行われたLIVEを収録したDVDとBlu-rayになっている。

このツアー『LIVE TOUR 2017 The ONES』は全国7都市21公演、 244,000人を動員したツアーでV6としては2年ぶりのツアーとなった。収録日当日は、メンバー長野の誕生日当日ということもあり、会場全体はお祝いムード、MCではケーキ登場のシーンもあり、他の公演とはまた違う特別な雰囲気も感じられる。個々のアイディア、そしてパフォーマンスが集まって出来た“歌って踊るV6”を感じることの出来るライブとして、非常に好評価を得て完走したツアーだった。

DVDとBlu-rayにはLIVE本編だけでなく特典映像も収録されている。初回盤Aには完全密着ドキュメント、そして初の試みとなるメンバーそれぞれに焦点をあて、このツアーでしか見られない場面を集めた企画『いいとこどり集』、初回盤Bには 、トークに定評のあるV6メンバー全員によるMC集や、オリジナルバラエティ企画『シンクロするまでリハに戻れま6!』他、通常盤にはメンバーパーソナルエディットなど、形態ごとに異なる特典が多数収録される。どれも見応えのあるファンならずとも楽しめるコンテンツになっている。

そして、このDVD&Blu-ray『LIVE TOUR 2017 The ONES』のジャケット写真が公開となった。アルバム『The ONES』に収録されていた曲「太陽と月のこどもたち」のMVのイラストを描いた、国内外で幅広く活躍しているイラストレーター長場雄がメンバーを描いたジャケットになっている。ツアーグッズで話題となったイラストがメインとなっているが、今回のジャケットのため、イラストの一部分が新たに描き下ろされている。どこが変化しているか、そこも注目である。

今ツアーは、今のV6だからこそ出せる味を存分に出し、確立されたキャリアとスキル、充実のチームワークで紡がれていく最高のライブ。ぜひチェックしてほしい。

DVD&Blu-ray『LIVE TOUR 2017 The ONES』

2018年3月14日発売



【初回盤A DVD】
AVBD-92636〜8/¥8,400+税
【初回盤A Blu-ray】
AVXD-92644〜5/¥8,400+税
<収録内容> ※Blu-ray・DVD共通
(1)LIVE本編
(2)全国ツアーいいとこどり集
・いじられリーダー
・We love ひろし
・いのっちの盛り盛りトーク
・ツンデレ森田 剛
・V6大好き健ちゃん
・“変人”岡田の大暴れ
(3)We are“The ONES”完全密着ドキュメント



【初回盤B DVD】
AVBD-92640〜2/¥8,400+税
【初回盤B Blu-ray】
AVXD-92646〜7/¥8,400+税
<収録内容>※Blu-ray・DVD共通
(1)LIVE本編
(2)長野生誕企画 “博のイイところ45”!
(3)シンクロするまでリハに戻れま6!
(4)全国ツアーMC集
名古屋編 福岡編 大阪編 宮城編 札幌編 横浜編 静岡編
(5)カミセンMC集【Coming Century】



【通常盤 DVD】
AVBD-92648〜9¥5,800+税
【通常盤 Blu-ray】
AVXD-92650〜1/¥5,800+税
<収録内容>※Blu-ray・DVD共通
(1)LIVE本編
(2)メンバーパーソナルエディット
「BEAT OF LIFE」
「Remember your love」
「会って話を」【20th Century】
「Get Naked」【Coming Century】




【関連リンク】
V6、長場雄のイラストを使用したツアー映像作品のジャケット写真公開!
V6まとめ
JAM Project、ツアーファイナルの日本武道館公演が終了

【関連アーティスト】
V6
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, DVD, Blu-ray, リリース, 発売

JAM Project、ツアーファイナルの日本武道館公演が終了
Fri, 23 Feb 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5人のメンバーで活動中のアニソン界のスーパーユニット・JAM Project が、2017年11月より川崎公演を皮切りにスタートさせた全国ツアー『JAM Project JAPAN TOUR 2017-2018 TOKYO DIVE』のファイナルとなる日本武道館公演を2月17日(土)に開催した。今ツアーは2017年10月にリリースとなった、約1年ぶり5枚目のオリジナルアルバム『TOKYO DIVE』を引っ提げて国内11公演での開催となり、このあとさらにアジア複数都市を巡る『JAM Project ASIA TOUR 2018 TOKYO DIVE』が控えている。

?アルバム『TOKYO DIVE』を中心とした楽曲で構成された本公演は、アルバムのイントロダクションとなっている楽曲「Spinning Out Of Control」からスタート。バンドメンバーに続いて5人のメンバーがステージに現れ、アルバムリード曲、そしてツアーのタイトルにもなっている「TOKYO DIVE」のイントロが鳴ると、 メンバー5人の衣装がそれぞれのカラーに発色し、客席のテンションは一気に上昇! メンバーの動きとステージバックのLED映像の演出に合わせてカラフルに変色していき、MVでの東京の夜景やスタイリッシュかつエレクトリックな演出をメンバー自身も一体となってステージで表現し、オーディエンスを魅了した。アルバム楽曲から「EMG」「神ノ牙~The Fang of Apocalypse~」などの新しいタイアップ楽曲なども次々に披露。メンバーのあいだでは“メモリアルコーナー”と呼ばれている、少し懐かしくも感じるJAM Projectの既存の楽曲を、奥井雅美ソロ、遠藤・きただにのペア、影山・福山のペアで披露し、影山・福山のペアは二人揃ってアコギを演奏しながらの歌唱でメンバーそれぞれの歌声を存分に聴かせた。

また、前ツアーでも好評だったアコースティックコーナーでは、バンドメンバーが一度ステージから下り、5人のメンバーの楽器演奏アレンジのみのステージを披露。アルバムからの新曲「I KILL-イキル-」では、歌詞の強いメッセージがより一層心に響くパフォーマンスとなった。「Growing Up」では一転してコール&レスポンスなども盛り込まれ、客席と一緒に楽しむメンバーの姿が見られた。さらにこのファイナル公演では、4月25日(水)にリリースが決定しているニューシングル「鋼の Warriors」をライブ初披露! この楽曲は、PS4(R)/PS Vita用ソフト「スーパーロボット大戦X」のオープニング主題歌となっており、いち早くライブでの生披露に客席からは大歓声があがった。

ここまでのステージングでもLED映像では楽曲の世界観に飲み込まれるほどの迫力があり、時に神秘的な映像演出もありながら、JAM Project の圧倒的なライブパフォーマンスをさらに印象づけていたが、「剛腕パンチ」「THE EXCEEDER」と、たたみかけるように熱い楽曲が続き、「Shinning Storm~烈火の如く~」「Crest of “Z\'s”」「THE HERO!!~怒れる拳に火をつける~」ではLED映像の演出だけでなく、ステージ前方のファイヤーフレームやジェットスモーク、レーザー等をふんだんに取り入れた演出と熱い楽曲に会場のボルテージは最高潮となった。
?
??アンコールでは、メンバーの美しいハーモニーから始まる「HERO」で会場全体が温かいムードに包まれ、2008年に初めてJAM Projectとしてワールドツアーに挑戦したこと、そして10年経った2018年にまたアジアツアーに出る報告や、すでに発表されている台湾・韓国での公演に加え、広州での公演が決定したことなどを語った。アンコールのラストスパートは、ライブでは必須ともいえる楽曲たちがJAM Project設立から 長年担当してきている『スーパーロボット大戦』シリーズの代表的な楽曲のメドレーとして立て続けに披露され、大盛り上がりとなった。最後にツアーを支えたスタッフや、各公演そしてこの日武道館に集まったファンにも感謝の言葉を述べ、さらに影山ヒロノブ・遠藤正明が第一弾のアーティストとして活動しつづけたレーベルである“ランティス”が、4月から会社の統合により社名が変わることが(レーベル名としては存続する)ニュースとして数日前に発表されたことに触れつつ、“18年間、ランティス、ありがとう!”と影山ヒロノブが叫ぶと、客席から拍手 が沸き上がった。レジェンド級のボーカリスト達が集うJAM Project は、さらに勢いを増したパフォーマンスをこの後アジアの複数の都市で展開していく。

【セットリスト】
OP:Sprinning Out of Control
1.TOKYO DIVE
2.EMG
3.BAD CITY〜We\'ll be alright!〜
4.神ノ牙~The Fang of Apocalypse~
5.勝利の未来‐とき‐
6.迷宮のプリズナー
7.Divine Love
8.疾風になれ
9.星空のレクイエム
10.アレクサンドリア
11.Believe in my existence
12.I KILL-イキル-
13.Growing up 14.シュワッチ!〜キミを護りたい〜
15.Everything
16.鋼の Warriors
17.豪腕パンチ
18.THE EXCEEDER
19.The Brave
20.東京スキャンダル
21.Shining Storm~烈火の如く~
22.Crest of “Z\'s"
23.THE HERO !!~怒れる拳に火をつけろ~
EN1.HERO
EN2.Rocks〜VICTORY〜GONG〜SKILL

『JAM Project ASIA TOUR 2018 TOKYO DIVE』

5月11日(金) 広州・?蕾劇院
5月26日(土) 台湾・Legacy Taipei
5月27日(日) 台湾・Legacy Taipei
6月23日(土) 韓国・Universal Art Center
6月24日(日) 韓国・Universal Art Center

シングル「鋼の Warriors」

2018年4月25日(水)発売



LACM-14740/¥1,200+税
※PS4(R)/PS Vita 用ソフト「スーパーロボット大戦X」オープニング主題歌



【関連リンク】
JAM Project、ツアーファイナルの日本武道館公演が終了
JAM Projectまとめ
影山ヒロノブまとめ
きただにひろしまとめ
奥井雅美まとめ

【関連アーティスト】
JAM Project, 影山ヒロノブ, きただにひろし, 奥井雅美, 福山芳樹
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース, ツアー, セットリスト, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1