歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
the band apart、結成20周年リリース第1弾は2,400円の1曲入シングル!?
Sat, 17 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

the band apartのニューシングル「Falling in Love」が4月4日にリリースされる。

結成20周年イヤーのリリース第1弾となる同作は、1曲入り2,400円! 浮遊感のあるサウンドとループするメロディーが心地よい楽曲となっている。さらに! 2010年以降にリリースした限定シングル曲及びeastern youthの主宰コンピレーションアルバム『極東最前線3 』へ提供した「極東温度」を収録した10曲入りの企画盤『A LOG』が特典CDとして作成・付属。メインのシングルより、豪華な特典を付けるという意味深な内容のリリース形態となっている。

バンドは『20周年記念リクエストツアー』を4月1日から開催。チケットは現在発売中だ。

シングル「Falling in Love」

2018年4月4日発売



asg-041/¥2,400(税込)
<収録曲>
■本体CD
1.Falling in Love
■特典CD
『A LOG』
1.まぼろし街道
2.プリテンダー
3.冬の窓
4.極東温度
5.クレメンタイン
6.秋風
7.The Sun
8.Snow Lady
9.before and after
10.Prime minister


『the band apart「20周年記念リクエストツアー」』

4月01日(日) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
4月08日(日) 新潟・新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
4月12日(木) 北海道・札幌 sound lab mole
4月21日(土) 大阪・大阪BIG CAT
4月22日(日) 岡山・岡山YEBISU YA PRO
4月24日(火) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
5月11日(金) 香川・高松DIME
5月18日(金) 福岡・福岡BEAT STATION
5月27日(日) 東京・新木場 STUDIO COAST

※今年2018年に結成20周年を迎えるthe band apartが、初となるリクエストによる楽曲を
元に構成したセットリストで演奏するワンマンツアー。楽曲リクエスト用の特設ページも開設中!  リクエスト受付は2月28日23:59まで!
■楽曲リクエスト特設ページ
http://www.asiangothic.org/20th



【関連リンク】
the band apart、結成20周年リリース第1弾は2,400円の1曲入シングル!?
the band apartまとめ
The Cheserasera、会場限定CD「最後の恋 e.p.」発売

【関連アーティスト】
the band apart
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, シングル, ツアー

The Cheserasera、会場限定CD「最後の恋 e.p.」発売
Sat, 17 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

The Cheseraseraが自身初となる会場限定CD「最後の恋 e.p.」をリリースすることを発表した。

名古屋のサーキットイベント『でらロックフェスティバル2018』で初披露された今作のリードトラックとなる「最後の恋」ほか、全5曲を収録。歌以外は完全一発録りで挑み、尖った歌詞とざらついたライブ感あふれる演奏、今のThe Cheserasera が見事にパッケージされている。

3月15日からスタートするツアー『The Cheserasera 春の喧騒 2018 スリーマン Tour [番外編] 』にて販売が開始される。

また、4月6日からは『The Cheserasera 春の喧騒 2018 スリーマン Tour』を開催する。

■【宍戸翼(Vo&Gt) コメント】

「最後の恋」って、なんて嘘くさい言葉だろう。
人も人生も全部嘘だらけ、真面目な言葉使ってる時たまに噴き出しそうになる。したい事はしたいけど何かに扮して生きるのも疲れたし、かと言って差し当たりTVニュースに写る気もないわ。単純な幸せ、単純な愛情が欲しい、ただそれだけあればいんだけどな、ってこれ何歳まで言ってていいんだっけ?とかなんとかボヤきながらど真ん中突っ込む為の歌以外一発録り粗め仕上げ等身大駄目人間コメディ泣いても笑っても会場限定e.p.です。

会場限定CD「最後の恋 e.p.」

2018年3月15日発売



TCSR-10002/¥1,000
<収録曲>
1.ビギナーズラック
2.最後の恋
3.夢を見ていた
4.退屈
5.物語はいつも

【ライブ情報】

『The Cheserasera 春の喧騒 2018 スリーマン Tour [番外編]』
3月15日(木) 宮崎・宮崎 SR BOX
w:Brian the Sun/RAMMELLS/akagane bridge
3月17日(土) 大分・大分 カンタループII
w:Brian the Sun/青はるまき(オープニングアクト)

『The Cheserasera 春の喧騒 2018 スリーマン Tour』
4月06日(金) 愛知・名古屋HUCK FINN
w:WOMCADOLE/the quiet room
4月07日(土) 大阪・大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
w:WOMCADOLE/the quiet room
4月20日(金) 福岡・福岡Queblick
w:batta/and more
4月22日(日) 広島・広島BACK BEAT
w:batta/and more
5月20日(日) 宮城・仙台 Flying Son
w:ユアネス/Half time Old
5月27日(日) 東京・新代田 FEVER
※共演者後日発表



【関連リンク】
The Cheserasera、会場限定CD「最後の恋 e.p.」発売
The Cheseraseraまとめ
夜ダン、ツアーファイナルで結成10周年記念イベント開催を発表

【関連アーティスト】
The Cheserasera
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, ライブ, ツアー

夜ダン、ツアーファイナルで結成10周年記念イベント開催を発表
Sat, 17 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年1発目となる全国ワンマンツアー『Kotteri! intelli! One Man Show!』は全9ヶ所にわたり開催した夜の本気ダンスが、ファイナル公演を大阪・なんばHatchで行なった。

全国のファンの“初踊り”を見届けてきた夜ダンのツアー千秋楽も満員御礼。「ツアーファイナルで大阪に帰ってきました!(今年大阪でのライヴは初になるので)あけましておめでとうございます!」と挨拶した鈴鹿(D)を温かく迎えるオーディエンス。SEの「ロシアのビッグマフ」からの流れで1曲目は「Call out」でスタートすると、駆け抜けるようにぐんぐんギアを上げていく。

「大阪でのツアーファイナルは感慨深い」と言いながらメンバー紹介をしていくマイケル(B)のMCが終わるやいなや、今やワンマンライヴ恒例のコーナーとなった「本気ダンスタイム」へ突入。「Japanese Style」から立て続けに6曲をノンストップで披露。ステージ上の左右に設置された小さなミラーボール2つと天井に吊られた大きなミラーボール、そしてドラマティックに展開していく照明も相俟って客席のボルテージも一層上がっていった。

米田貴紀(Vo/G)のアコースティックギターからしっとりと始まった「Heart Beat」や「candy tune」を披露したかと思えば、「By My Side」を皮切りに「BIAS」、そして「WHERE?」などのアップテンポなキラーチューンで客席を興奮の渦に巻き込んでいく。「京都と大阪は近いようで遠いと感じるときがあるんです。だから今年はいっぱい大阪でライブをやりたいと思ってます!」と、今後の大阪でのライヴへの意気込みを露わにした米田。本編最後には「TAKE MY HAND」を披露し、これでもかと言わんばかりの勢いで突っ走った形で終了した。またこの日はツアーファイナルということで「Crazy Dancer」、そして「FunFunFun」の2曲をダブルアンコールで披露し、大盛況のうちに幕を閉じた。

さらに、今年の3月31日で結成10周年を迎えることを記念して、バンド主催のオールナイトイベントが開催されることが決定。『O-KAGE-DOSS!10th Anniversary!」と題された一夜限りのイベントとなり、詳細については改めて後日発表される。イベントを記念したスペシャルなグッズも販売される予定とのこと。

そして、こちらのイベントの直前にあたる3月28日には、初のラヴDVD『Kotteri! intelli! One Man Show! 2018 Live at STUDIO COAST』のリリースも予定されている。キャンペーン対象店でこちらのDVD商品を予約すると、『Kotteri!Intelli!One Man Show!』ツアーの各公演でのMCやオフショット等を収録した『夜ダン”本気”スペシャルDVD』が先着でプレゼントされる。

Photo by キムラユキ

【セットリスト】
1.Call out
2.Eve
3.SHINY
4.LOVE CONNECTION
5.Can \'t You see!!!
6.Japanese style
7.fuckin \' so tired
8.You gotta move
9.B!tch
10.N.G.S
11.Sea
12.Heart Beat
13.candy tune
14.Dance in the rain
15.By My Side
16.BIAS
17.Weekender
18.WHERE?
19.Feel so good
20.TAKE MY HAND
アンコール
1.Crazy Dancer
2.FunFunFun

■『O-KAGE-DOSS!10th Anniversary!』

3月31日(土) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
OPEN 23:00 / START 23:30(オールナイトイベント)
※オールナイト公演につき、20歳未満の入場不可。入場時にIDチェックを行います。

DVD 『Kotteri ! intelli ! One Man Show ! 2018 Live at STUDIO COAST』

2018年3月28日発売



【初回限定盤】(DVD+CD)
VIZL-1344/¥4,500+税 
【通常盤】(DVD)
VIBL-878/¥3,800+税 

◎4チェーン(タワーレコード、HMV、TSUTAYA、Amazon)購入者特典
「夜ダン“本気"スペシャルDVD」



【関連リンク】
夜ダン、ツアーファイナルで結成10周年記念イベント開催を発表
夜の本気ダンスまとめ
ガガガSP、春の全国ツアーゲスト第2弾発表

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, ライブレポ

ガガガSP、春の全国ツアーゲスト第2弾発表
Sat, 17 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガガガSPの春の全国ツアーのゲストバンド第2弾が発表となった。第1弾で発表されたかりゆし58やNorthern19らに加え、今回175RやG-FREAK FACTORY、THE FOEVER YOUNGなどライブハウスシーンの強者たちが各地に参戦する。

今ツアーはバンド結成21年目となる2018年の活動の開幕、さらに2017年に発売のオールタイムベストアルバムのツアーとなっており、ガガガSPは2017年10月1日の『長田大行進曲2017』のステージ以来活動を控えるなど、地元関西からスタートするライブとしては約5か月ぶりの始動となるため注目が集まる。チケットは各プレイガイドにて発売中。今後、さらなるゲストバンドの追加も予定されている。

■『ガガガSP ツアー2018「21年目のライブ、イズ、ビューティフル。」 』特設サイト
http://gagagasp.jp/2018_tour/

『ガガガSP ツアー2018「21年目のライブ、イズ、ビューティフル。」 』

3月11日(日) 大阪Shangri-La
w/ 175R
4月06日(金) 仙台HOOK
w/ Northern19 / and more...
4月07日(土) いわきClubSonic
w/ メガマサヒデ / and more...
4月14日(土) 富山SoulPower
w/ G-FREAK FACTORY / and more...
4月15日(日) 新潟GOLDENPIGS BLACKSTAGE
w/ セックスマシーン / and more...
4月20日(金) 札幌COLONY
w/ THE BOYS&GIRLS / FREEKICK
4月21日(土) 帯広REST
w/ FREEKICK / and more...
4月25日(水) 高松DIME
w/ 後日発表
5月03日(木) 福岡Queblick
w/ THE FOREVER YOUNG / and more...
5月06日(日) 千葉LOOK
w/ STANCE PUNKS / THE SENSATIONS
5月19日(土) 岡山PEPPERLAND
w/ 台風クラブ / aaps
5月20日(日) 名古屋UPSET
w/ かりゆし58
5月25日(金) 神戸太陽と虎
w/ 後日発表
※全公演ゲストバンド有り
<チケット>
前売¥3,300/当日¥3,800 ※D代別 ※全箇所共通
一般発売:2月10日(土)10:00



【関連リンク】
ガガガSP、春の全国ツアーゲスト第2弾発表
ガガガSPまとめ
The Wisely Brothers、1stアルバムトレーラー映像公開&ワークショップ開催決定

【関連アーティスト】
ガガガSP
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー

The Wisely Brothers、1stアルバムトレーラー映像公開&ワークショップ開催決定
Sat, 17 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

都内高校の軽音楽部て?結成された3ヒ?ースバンド・The Wisely Brothersが、2月21日にリリースする1stアルバム『YAK』の全曲トレイラー映像を公開した。レコーディング風景やライブ、ジャケット写真のワークショップをしている映像などで構成された映像となっているので是非チェックしてほしい。また、日本コロムビアの特設HPではアルバム『YAK』のブックレットの一部が掲載されているので、チェックして欲しい。

2月25日(日)にはアルバムの発売を記念して、アルバムを購入してくれた方とメンバーで3月末からはじまる『YAK YAK TOUR』の会場の装飾を作るワークショップを開催することが決定した。

■【1stアルバム『YAK』発売記念 ワークショップ詳細】

<日時>
2月25日(日)15:00 (16:00頃終了予定)
<場所>
都内(当選者の方にのみお知らせいたします)
<内容>
メンバーと一緒に、CDに封入されているステッカーを使ってオリジナルの「YAK」CDジャケットと、3月より開催の『YAK YAK TOUR』会場の装飾を作っていただきます。抽選でのご招待となりますので、応募方法をよく読み奮ってご参加ください!
<参加費用>
無料
※当日は1st Full Album「YAK」のCDジャケットと封入ステッカーを使用いたしますので、ご購入いただいたCDを必ずご持参ください。
<参加方法>
以下の応募フォームにアクセスし、応募期間内に必要事項に回答いただきご応募ください。
応募フォームURL:http://columbia.jp/artist-info/wiselybrothers/workshop/
応募期間:2月20日(火)12:00〜2月22日(木)23:59
※1回につき2名様までのご応募とさせていただきます。
※当選発表は、当選された方にのみ2月23日(金)中にメールにてご案内させていただきます。当落に関するお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

アルバム『YAK』

2018年2月21日発売



COCP-40274/¥2,593+税
※初回生産分にオリジナルステッカー封入
<収録曲>
01.グレン
02.キキララ
03.庭をでて
04.おいで
05.give me a mileage
06.彼女のこと
07.Season
08.MOUNTAINS
09.The Letter
10.マーメイド
11.マリソン

アルバムリリースツアー『YAK YAK TOUR』

3月31日(土) 大阪・Live House Pangea ※ワンマン
4月01日(日) 名古屋・K.Dハホ?ン ※ワンマン
4月07日(土) 東京・Shibuya WWW X ※ワンマン



【関連リンク】
The Wisely Brothers、1stアルバムトレーラー映像公開&ワークショップ開催決定
The Wisely Brothersまとめ
BLUE ENCOUNTにフォーカスした音楽誌『BLUE ENCOUNTぴあ』発売決定!

【関連アーティスト】
The Wisely Brothers
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム

BLUE ENCOUNTにフォーカスした音楽誌『BLUE ENCOUNTぴあ』発売決定!
Sat, 17 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月21日に3thアルバム『VECTOR』のリリースを控えるBLUE ENCOUNTの魅力をまるごと詰め込んだ『BLUE ENCOUNT ぴあ』の発売が決定した。

本書は『VECTOR』についてじっくり聞いたインタビュー、メンバーそれぞれが自分自身を語るソロ・ロングインタビュー、4人それぞれが会いたい人に会いに行くスペシャル対談、TV 出演で話題の暁先生が占う『ブルエンの2018年』など、彼らの足跡、現在地、そして、これからを指し示す、充実のブルエン『VECTOR』公式ガイドブック。そんな公式ガイドブックを一層盛り上げるファンへのアンケート緊急募集が決定した。彼らへのメッセージ、相談したいことなどを募る。応募は下記特設サイトから受付中。

また、彼らは6月からツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』の開催が決定している。2月23日(金)までイープラス先行を受付中。チェックしてみよう。

■『BLUE ENCOUNT ぴあ』アンケートはこちら
http://w.pia.jp/t/00118805/

音楽誌『BLUE ENCOUNT ぴあ』

2018年3月19日発売



¥1,389+税
<仕様>
A4 変型 116P/無線とじ ※仕様、構成、内容等は変更される場合がありますので予めご了承ください。
<内容>
・ロングインタビュー(バンド&ソロ)&撮りおろしグラビア
・4人が会いたい人と会うスペシャル対談
・ブレイクを的中させた暁先生が2018 年のブルエンを占う!
・読者が選ぶBEST SONG
・読者のお悩みにメンバーが回答! ほか
※全国の書店、ネット書店にて発売
■BOOK ぴあでのご予約はこちら:http://w.pia.jp/t/00118806/

アルバム『VECTOR』

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3046〜3047/¥3,500+税
※特典DVD内容:後日発表
【通常盤】(CD)
KSCL-3048/¥2,800+税
<収録曲>
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL ?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ

全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』

6月09日(土) 北海道・サッポロファクトリーホール
6月14日(木) 名古屋・Zepp Nagoya
6月15日(金) 名古屋・Zepp Nagoya
6月21日(木) 金沢・EIGHT HALL
6月22日(金) 新潟・新潟LOTS
6月24日(日) 仙台・SENDAI GIGS
6月29日(金) 福岡・福岡DRUM LOGOS
6月30日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS
7月07日(土) 広島・BLUE LIVE広島
7月08日(日) 香川・高松festhalle
7月13日(金) 大阪・なんばHatch
7月14日(土) 大阪・なんばHatch
7月18日(水) 東京・Zepp Tokyo
7月19日(木) 東京・Zepp Tokyo
<チケット>
スタンディング¥4,300(税込)※D代別¥500 ※3歳以上有料
イ―プラス先行:2月16日(金)20:00〜2月23日(金)23:59
受付URL:http://eplus.jp/blueencount-hp/



【関連リンク】
BLUE ENCOUNTにフォーカスした音楽誌『BLUE ENCOUNTぴあ』発売決定!
BLUE ENCOUNTまとめ
茅田砂胡原作『デルフィニア戦記』の音楽集CD発売! 新作CDブック発売も決定!

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

茅田砂胡原作『デルフィニア戦記』の音楽集CD発売! 新作CDブック発売も決定!
Sat, 17 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

小説家・茅田砂胡(かやたすなこ)の代表作、シリーズ累計320万部の大ヒット作品『デルフィニア戦記』。3月14日にCDアルバム『デルフィニア戦記 音楽集』が発売される。2017年、天王洲銀河劇場にて上演され大好評を博した『舞台デルフィニア戦記 第一章』で使用された楽曲や、naNamiが歌唱を担当したイメージソング「誓い」を、装いも新たにオーケストラサウンドでリアレンジした必聴の1枚。編曲を担当したのは、スタジオジブリ作品、アニメ、ゲーム音楽など数多くの作品を手がけてきた寺嶋民哉。初回限定盤のジャケットイラストは、沖麻実也の描き下ろしによるもの。さらに、ジャケットイラストのパズルやステッカーほか豪華封入特典に加え、ボーナストラックも収録されるという事で見逃せない。

そして、新作CDブック『デルフィニア戦記 戦女神の祝福』が3月17日に発売決定!茅田砂胡プロジェクトによる同シリーズの5作目となる今作は、同小説ファンに鮮烈な印象を残したエピソードをオーディオドラマ化したもの。その魅力的なキャラクター達を演じる注目のCVには、神田沙也加、鳥海浩輔、日野 聡、村瀬 歩、伊藤 静ほか、新たなキャスティングが起用された。小説のファンのみならず超豪華声優陣の名演は必聴。また、見逃せない点として、今回のオーディオドラマの脚本には本CDブックのために茅田砂胡が書き下ろした台詞も新たに追加されている。さらに、同梱のブックレットにはドラマには収録されなかったエピソードを追加したオリジナルバージョンの脚本が収められている。そして、イラストは『デルフィニア戦記』シリーズ開始から担当してきた沖 麻実也による描き下ろし。まさにファン垂涎のマストアイテムだ!

アルバム『デルフィニア戦記 音楽集』

2018年3月14日発売



【初回限定盤】
YCCW-10333/¥3,889+税
<収録曲>
01.序曲
02.リィ
03.疾走する蹄
04.春風の匂い
05.友の心
06.誓い 〜オーケストラバージョン〜
07.決意
08.対峙する想い
09.時を越えた愛
10.継ぐべきもの
11.コーラルの光 〜オーケストラバージョン〜
[Bonus Track]
12. 誓い 〜オリジナルバージョン〜

◎初回限定盤特典
(1)アナザージャケット
(2)特製ジグソーパズル(30ピース)
(3)ジャケットイラストステッカー
(4)ボーナストラック(1曲)
(5)スリーブケース仕様



【通常盤】
YCCW-10334/¥2,222+税
<収録曲>
01.序曲
02.リィ
03.疾走する蹄
04.春風の匂い
05.友の心
06.誓い 〜オーケストラバージョン〜
07.決意
08.対峙する想い
09.時を越えた愛
10.継ぐべきもの
11.コーラルの光 〜オーケストラバージョン〜

CDブック『デルフィニア戦記 戦女神の祝福』

2018年3月17日発売



ISBN 978-4-86657-100-3/¥3,000+税
<収録内容>
■CD
・オーディオドラマ「デルフィニア戦記 戦女神の祝福」
出演:神田沙也加(リィ)、村瀬 歩(シェラ)、日野 聡(ウォル)、鳥海浩輔(イヴン)、伊藤 静(シャーミアン)、よのひかり(ナレーション)ほか
・Inspire song「託け」 歌:MOCA
■ブックレット(B6変型版 全64頁)
オーディオドラマシナリオ(原作・監修:茅田砂胡 脚本:田沢大典)、キャラクター、キャスト、歌詞など紹介



【関連リンク】
茅田砂胡原作『デルフィニア戦記』の音楽集CD発売! 新作CDブック発売も決定!
神田沙也加まとめ
チャットモンチー、トリビュートアルバム名変更&内容を公開!

【関連アーティスト】
神田沙也加
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, リリース, 発売

チャットモンチー、トリビュートアルバム名変更&内容を公開!
Fri, 16 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日(水)発売のチャットモンチーのトリビュートアルバムタイトルが『CHATMONCHY Tribute 〜My CHATMONCHY〜』に変更されることが発表された。チャットモンチーメンバーいわく、「届いた音源から伝わる『これが私のチャットモンチーだ!』という熱い想いをタイトルにしたくなった」との事で、それを反映したタイトルとなっている。

そしてついに全収録アーティスト、収録曲目、参加アーティストオーディションの結果が発表された。今回第二弾アーティストとして追加発表されたのは、スチャダラパー、月の満ちかけ、ペペッターズの3組。スチャダラパーとチャットモンチーは、2015年に発売されたスチャダラパーのアルバム『1212』にて「スチャットモンチー」という名義で「M4EVER」という楽曲を制作しており、今回はオリジナルの楽曲素材を使用した「スチャットモンチー ver.」となっている。「月の満ちかけ」(東京)と「ペペッターズ」(兵庫)の2組は、事前に開催されたトリビュート参加アーティストオーディションで選出された最優秀賞受賞ア―ティスト。オーディションには全国から645組の応募があり、メンバーとスタッフにより厳正な選考が行われた。当初予定には無かった特別賞(※アルバムには未収録)も3組が選ばれた。結果発表とメンバーによるコメントがオーディション特設ページにて掲載されているので、是非チェックして欲しい。

収録アーティストは全16組。参加アーティストが好きな楽曲を選んでカバーを行っており、愛にあふれたカバーアルバムとなっている。またグループ魂「恋愛スピリッツ」には、橋本・福岡が参加。暴動こと宮藤官九郎氏が書き下したスナックスナック「チャットモンチー」を舞台にした、港カヲル氏、橋本、福岡の3人によるコントも収録されている。

そして本アルバムのジャケット写真も初公開された。橋本・福岡の二人が、イラストレーターの白根ゆたんぽ氏によって絶妙にイラスト化された、ポップなジャケットとなっている。

■オーディション特設ページ
http://www.sonymusic.co.jp/sd/chat-tribute/

■【タイトル変更について コメント】

■チャットモンチー
「届いた音源から伝わる「これが私のチャットモンチーだ!」という熱い想いをタイトルにしたくなったので『My CHATMONCHY』という名前にします!みなさんに末永く愛されますように」

アルバム『CHATMONCHY Tribute 〜My CHATMONCHY〜』

2018年3月28日発売



KSCL 3099/¥3,200+税
※初回生産限定盤
※デジパック仕様
※「CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜」&「チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018 〜みな、おいでなしてよ!〜」チケット先行用紙封入
<収録曲>
01.ハナノユメ/忘れらんねえよ
02.Make Up! Make Up!/CHAI
03.シャングリラ/ねごと
04.初日の出/People In The Box
05.惚たる蛍/Homecomings
06.こころとあたま/ペペッターズ
07.バスロマンス (Inst.)/ YOUR SONG IS GOOD
08.きらきらひかれ/フジファブリック
09.世界が終わる夜に/集団行動
10.真夜中遊園地/川谷絵音
11.湯気/Hump Back
12.恋愛スピリッツ/グループ魂
13.余談 (スチャットモンチー ver.)/ スチャダラパー
14.染まるよ/きのこ帝国
15.小さなキラキラ/月の満ちかけ
16.東京ハチミツオーケストラ/ギターウルフ

【ライブ情報】

『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜』
7月04日(水) 日本武道館

『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018 〜みな、おいでなしてよ!〜』
7月21日(土) アスティとくしま
7月22日(日) アスティとくしま



【関連リンク】
チャットモンチー、トリビュートアルバム名変更&内容を公開!
チャットモンチーまとめ
忘れらんねえよまとめ
CHAIまとめ
ねごとまとめ

【関連アーティスト】
チャットモンチー, 忘れらんねえよ, CHAI, ねごと, People In The Box, Homecomings, フジファブリック, YOUR SONG IS GOOD, 川谷絵音, Hump Back, グループ魂, スチャダラパー, きのこ帝国, ギターウルフ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

M.S.S Project、最新アルバム収録曲&ジャケ写公開
Fri, 16 Feb 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲーム実況のみならず、CDリリースやライブなどマルチな活躍をしているM.S.S Projectが、3月14日に発売する最新アルバム『M.S.S.Phoenix』の収録楽曲とジャケットを公開した。CD2枚組で総収録トラック数は36曲(無駄トーク含む)の特大ボリュームとなっている。新曲は「M.S.S.Phoenix」を含む4曲となり、他32楽曲も新たに取り直したまさに「M.S.S Project」の集大成と言えるアルバムとなっている。

是非、アルバム『M.S.S.Phoenix』を手に取っていただき、M.S.S Projectと一緒に羽ばたいてみてはいかがだろうか?

アルバム『M.S.S.Phoenix』

2018年3月14日



MSSP-1006/¥3,000+税
<収録曲>
■CD Disc1
1.Break Out【新曲】
2.L4D勝手に作ったテーマ曲
3.Borderlands勝手に作ったテーマ曲
4.KIKKUNのテーマ
5.ALL IN MY HEART
6.THE WORLDS
7.Ghost
8.2DIMENSION
9.THE BLUE
10.M.S.S.Planet
11.M.S.S.Phantom
12.We are MSSP!
13.SLIVER
14.M.S.S.PiruPiruTUNE
15.Eternal Knight
16.Phew!
17.幾四音-Ixion-
18.M.S.S.Party
19.ENMA DANCE
■CD Disc2
1.Awakening
2.Shadow Hearts
3.Egoist Unfair
4.Over Road
5.影光SPECTRUM
6.三次元Triangle▽JUNCTION
7.Missing Link
8.I\'ll be...
9.Glory Soul
10.フ?ロトレシ?エム
11.WAKASAGI
12.M.S.S.Phantasia
13.ReBirth
14.Wish〜この場所で〜
15.11光年クエスト
16.M.S.S.Phoenix
17.無駄トーク6

アルバム『M.S.S.Phoenix』特典内容

アニメイト:特製ブロマイド
amazon:特製ブロマイド
ヴィレッジヴァンガード:特製ブロマイド
タワーレコード:特製ブロマイド
TSUTAYA:特製ブロマイド



【関連リンク】
M.S.S Project、最新アルバム収録曲&ジャケ写公開
M.S.S Projectまとめ
『DI:GA ONLINE』リニューアル記念! フェスで活躍間違いなしのグッズプレゼント企画を実施中

【関連アーティスト】
M.S.S Project
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース, 発売

『DI:GA ONLINE』リニューアル記念! フェスで活躍間違いなしのグッズプレゼント企画を実施中
Thu, 15 Feb 2018 18:00:00 +0900


DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』(ディーガ・オンライン)がサイトのリニューアルを記念し、スペシャルグッズのプレゼント企画を実施中!

『MILKFED.』からはショルダーバッグ、ハート型カラビナ、Tシャツ、『SILAS』からは2WAYロゴトート、コインケース、ナイロンキャップ、『ripa』からはサコッシュと、かわいくスタイリッシュにフェスシーズンを彩るグッズが勢ぞろい。また、毎冬・夏にDISK GARAGEが開催している都市型音楽フェス『MUSIC MONSTERS』にて過去発売したオリジナルグッズより、缶バッジ&ラバーバンド&タオルのグッズセットをはじめ、モバイルバッテリーやチケットホルダーなど、春フェス・夏フェスに向けて準備しておきたいお役立ちアイテムも。

当企画の応募締め切りは、2月22日(木)23:59まで。プレゼント応募方法や商品の詳細については、オフィシャルサイトをチェックしてほしい。

■DI:GA ONLINEリニューアル記念企画ページ
http://www.diskgarage.com/digaonline/renewal



【関連リンク】
『DI:GA ONLINE』リニューアル記念! フェスで活躍間違いなしのグッズプレゼント企画を実施中
アラウンドザ天竺、RTで決定した無茶ぶり東阪ワンマンツアー開催決定!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

アラウンドザ天竺、RTで決定した無茶ぶり東阪ワンマンツアー開催決定!
Fri, 16 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

悪ふざけ系ラウドロックバンド・アラウンドザ天竺が、728(なにわ)リツイート超えを記念して、無茶振り東阪ワンマンツアーを決行することが決定した。また、関西ワンマン公演の助っ人OAとして、盟友スキッツォイドマンの出演が決定した。

今回のワンマンは、アラウンドザ天竺が「もし結成5ヶ月の俺たちが奇跡的に500リツイートを超えることがあったらワンマンをやる」と言ったことをきかっけに、728(なにわ)リツイートで大阪ワンマン、758(なごや)リツイートで名古屋ワンマン、2100(ぶどう)リツイートで武道館等、悪ふざけしたファンとのやりとりの約束を果たす形で決定したワンマンツアー。彼らの持ち曲は8曲程度しかなく、また関西でライブを行った回数も2017年のミナミホイール出演を合わせても2回程、そんな彼らの大阪ワンマン公演に、盟友・スキッツォイドマンが助っ人を買って出てくれたことも解禁、メンバーは「スキッツォイドマンめっちゃいいやつ」とコメントしている。結成して間もないアラウンドザ天竺が、一体どんなワンマンをやるのか、確実に起こるであろうトラブルやハプニングも含めて、期待したい。

自らを“男子中学生の悪ふざけ”と称する活動と楽曲を展開し、『過激派のヤバT』ともリスナーに呼称されるアラウンドザ天竺。彼らの悪ふざけから始まったワンマンツアー、初ワンマンは700RT達成により入場無料(オゴリ)で開催されるので、是非、怖いもの見たさで来場してみてほしい。

【ライブ情報】

ワンマン公演『「ワソマソ」〜持ち曲8曲しかないのにどうやってワンマンやるの〜』
4月01日(日) 東京・吉祥寺Plnaet K
<出演>アラウンドザ天竺 ※メンバーの罰ゲームOAあり (2月28日決定)

ワンマン公演『「大阪ワソマソ」〜大阪3回目で俺らのこと誰も知らないのにどうやってワンマンやるの〜』
4月23日(月) 大阪・南堀江knave
<出演>アラウンドザ天竺/助っ人OA:スキッツォイドマン



【関連リンク】
アラウンドザ天竺、RTで決定した無茶ぶり東阪ワンマンツアー開催決定!
アラウンドザ天竺 まとめ
Rhythmic Toy World、TVアニメ『弱虫ペダル』OP曲「僕の声」MV公開

【関連アーティスト】
アラウンドザ天竺
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ワンマン

Rhythmic Toy World、TVアニメ『弱虫ペダル』OP曲「僕の声」MV公開
Fri, 16 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Rhythmic Toy Worldが2月14日にリリースしたニューシングル「僕の声」より、表題曲のMUSIC VIDEOを公開した。TVアニメ『弱虫ペダルGLORY LINE』のオープニングテーマ曲として話題となっている「僕の声」だが、MUSIC VIDEOでは歌詞の世界観や疾走感のあるリズムとマッチさせた滑走路での演奏シーンに加え、『弱虫ペダル』にゆかりのある湘南にて、女子高生役として抜擢された井上音生のシーンを撮影。Rhythmic Toy World、弱虫ペダルどちらのファンにも響く作品となっている。

そして2月16日19時より、タワーレコード渋谷店にてインストアイベントが開催される。また、3月末からは、東名阪ワンマンツアーも開催される。

シングル「僕の声」

発売中



【アニメ盤】
THCS-60206/¥1,300+税
※アニメ描き下ろしジャケット
【アーティスト盤】
THCS-60207/¥1,300+税
<収録曲>
1.僕の声
2.LIFE
3.僕の声(Instrumental)
4.LIFE(Instrumental)

シングル「僕の声」発売記念ミニライブ&CDサイン会

2月16日(金) タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
19:00〜 (集合・開場:18:30〜)
内容:ミニライブ(バンドセット)&新譜ジャケットサイン会

『シングル「僕の声」リリースツアー』

3月22日(木) 下北沢GARDEN
3月30日(金) 梅田Shangri-La
4月05日(木) 名古屋APOLLO BASE
<チケット>
前売¥3,300
一般発売:2月17日(土)10:00〜



【関連リンク】
Rhythmic Toy World、TVアニメ『弱虫ペダル』OP曲「僕の声」MV公開
Rhythmic Toy Worldまとめ
GANG PARADE、すしざんまいコラボ曲「とろいくらうに食べたい」MV解禁

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, リリース, ツアー

GANG PARADE、すしざんまいコラボ曲「とろいくらうに食べたい」MV解禁
Fri, 16 Feb 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GANG PARADEが2月20日に発売するシングル「BREAKING THE ROAD」のカップリング曲「とろいくらうに食べたい」のMUSIC VIDEOを公開した。シングル「QUEEN OF POP」に続き、ホンマカズキが監督を務めている。

「BREAKING THE ROAD」は全国に寿司店をチェーン展開する“すしざんまい”とのコラボキャンペーンで注目を集め、現在は渋谷センター街ジャックを行ない、渋谷の街を賑わせている。シングルのリリース週にあたる2月23日に行われる自信最大規模となるマイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブのパフォーマンスにも期待が集まる。

ワンマンライブ『BREAKING THE ROAD TOUR』

2月17日(土) 札幌 BESSIE HALL
2月23日(金) 東京 マイナビBLITZ赤坂

シングル「BREAKING THE ROAD」

2018年2月20日発売



TPRC-0198/¥1,000+税
<収録曲>
1.BREAKING THE ROAD
2.とろいくらうに食べたい
3.BREAKING THE ROAD(inst)
4.とろいくらうに食べたい(inst)

◎VILLAGE VANGUARD×GANG PARADEコラボポスタープレゼント
■下北沢店
ご予約の方優先で、シングル「BREAKING THE ROAD」1枚をご購入の方にコラボポスター(B2サイズ)を先着で差し上げます。また、2枚同時購入で、コラボポスター1枚に加え、メンバー直筆ポップ(ランダム)1枚を差し上げます。
■渋谷本店、高円寺店、ヨドバシ博多店、名古屋中央店、八王子東急スクエア店、仙台ロフト店、あべのキューズモール店
ご予約の方優先で、シングル「BREAKING THE ROAD」1枚をご購入の方にコラボポスター(B2サイズ)を先着で差し上げます。



【関連リンク】
GANG PARADE、すしざんまいコラボ曲「とろいくらうに食べたい」MV解禁
GANG PARADEまとめ
Ricky主催イベント『SOLODIERS』、個人戦士たちが生み出した魅惑の夜

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

Ricky主催イベント『SOLODIERS』、個人戦士たちが生み出した魅惑の夜
Fri, 16 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Ricky主催イベント『HYPER NEO SOLIST Rickey PRESENTS『SOLODIERR‘S』〜ソロジャーに花束を〜』が2月10日(土)、東京・SHIBUYA-REXにてを開催された。

“これからは個人の時代だ”そういわれるようになったのは、いつからだろうか。今までなんとなく過ごしてきた一般人でさえ、“あなたの価値はなに?”と問われる今の時代。私たちは日常を生き抜くために戦っている、“個人戦士”なのかもしれない。そんな“個人戦士”の代表ともいえる者たちが、集いし夜が存在した。

タイトルの“SOLODIER”とはSOLOIST(ソロイスト)とSOLDIER(ソルジャー)を掛け合わせた造語で、現代社会を戦い生き抜くためのマインド、スキル、スタイルを持ち合わせた人という意味を持つ。「HYPER NEO SOLOIST」としてRickyが出演するほか、「GUEST SOLODIER」「OPENING SOLODIER」「DANCE SOLODIER」「PERFORM SOLODIER」「BAND SOLODIER’S」「TELLER SOLODIER」と総勢10組もの“SOLODIER”たちが己の武器で戦った一夜をお伝えしたい。

暗闇の中、satoruの奏でるピアノが鳴り響きショータイムは封切られた。今かい今かと騒がしかったライブハウスの空気がガラッと動く。それを見極めたかのように登場してきたのは、この日ストーリーテラーを務めたニッシー(西村侑樹)だ。マッドハッターのような服装に身を包んだ彼は、ポップなトークと瞬く間に変わる表情によって会場を釘付けにした。

OPENING SOLODIERの1人目として登場したのは、Rickyがプロデュースを手掛けるソロアーティスト・Yu-JIC×FIGHTER(ユージックファイター)だ。「自問自答」を力強い声で歌いあげ、出だしからステージを盛り上げる。「OVER STEP」ではヘドバンで会場を前後に揺らし、その勢いが確固たるものであることを提示してみせた。

アコースティックギターを片手に現れたのは大成亮祐。ヴィジュアル系な見た目からは想像できないほどのギターテクでコール&レスポンスを繰り広げ会場を盛り立てる。一人でステージに立っているとは思えないダイナミックな演奏に、その背後にはバンドメンバーがいるのではないかと錯覚したほど。センチメンタルなアルペジオを用いての「Engage Ring」では、しっとりと曲を聴かせた。“広い世界でたった一人”と歌い上げる眼差しはとても優しく、観客の女性一人一人を彼女として見ているようだった。

OPENING SOLODIERによるアクトを受けて、いよいよ本編が開幕! このイベントの首謀者であるRickyが舞台に舞い降りた。ファンキーなサウンドが特徴的な「裸☆KING」が始まると、すでに会場の熱は最高潮だ。間奏では“リッキー!”と彼を呼ぶ声が響き、彼がいかに愛されているかということを実感せずにはいられなかった。続く「覚醒リフレーミング」では、ヘヴィーなサウンドに乗せて甘い声を届ける。サングラスと髪の隙間から覗く瞳が色っぽく、観客の心を射抜いていた。

続いて登場したのは黒い衣装に身を包んだmichi.(S.Q.F)だ。指先まで神経を行き届かせた所作には大人の色気が漂い、会場中が恍惚の表情を浮かべる。「ニライカナイ」で“飛べよ!”と彼が呼びかけると、一気にフロアが上下に揺れた。ドラムの連打で導かれたアップテンポな「PARADAIGM SHIFT」では、曲中に用いられるウィスパーボイスは麻薬的で、脳が溶けそうな感覚に陥った。

正統派ポップソングを真っすぐに歌ったのはコタニキンヤ.だ。「Glaring Dream」ではクリーントーンのギターソロが感情的に旋律を奏で、彼の透明感ある歌声を後押しする。シンセサイザーが攻撃的に鳴る「Spicy Marmalade』でフロアに微笑みかけ、バンドマンとアイコンタクトをとる姿は本当に楽しそうで、彼がステージや音楽、お客さんを愛していることが十分に伝わるステージングだった。

歌だけで終わらないのが、『SOLODIERS』のすごいところ。本編でダンサーを務めていたKO-HEYとKAZUKIのスペシャルタイムのスタートだ。1曲目は二人の長所を発揮したコンビネーションダンスを魅せ、高い身長と長い手足を最大限に活かした振付はとてもダイナミックで、宙を舞うように踊る二人の姿に胸が高まる。ソロダンスではKO-HEYがリズムを的確にとらえたHIPHOPダンスを披露し、KAZUKIは静寂のなかに激情を秘めたコンテンポラリーダンスを踊った。

勢い止まぬまま後半戦へと突入。再び現れたRickyは、スローテンポで壮大なバラード「唯我独SONG」、レーザービームのように歌が心を射抜く「BLACK ANT」を歌いあげる。その勢いのままガラリと世界は変わり、登場したコタニキンヤ.と共にaccsessの「MOONSIDE DANCE」をデュエット。ノリノリなアップチューンに会場も笑顔で溢れる。続いてコタニキンヤ.が披露した「憂鬱なSeven days」では、曲名と裏腹なハッピースマイルを振りまき、michi.はヘヴィーサウンドの「iDOL」でオーディエンスに拳を掲げさせる。Rickyとmichi.のコラボで披露されたのは「Cloud Cuckoo Land」。ポップなRickyの声と妖艶なmichiの声が生み出すハーモニーは独特で、二人しか生み出せない世界がそこに存在していた。その後はRickyによる定番で鉄板のナンバー「Hi-Techno-Boy」「R☆MY WORLD」にて会場がひとつになりこの日のピークを迎えた。フロアを幸せそうに見渡す彼の瞳の奥には、“絶対に記憶に残る一夜にしてやろう”という決意がしっかりと浮かんでいた。

PERFORM SOLODIERとしてステージに呼ばれたのはパフォーマーのKay。普段はペン回しなども得意としている彼だが、この日はクリスタルを用いたコンタクトジャグリングを魅せつけた。曲を重ねるごとに1つ、また1つと増えていく水晶玉。最初は1つで始まったジャグリングだったが、最終的には4つの玉が縦横無尽に空間を行き来していた。会場からは思わず“すごーい!”という歓声があがった。

ステージにRicky、michi、コタニキンヤ.が集まり始まったのは『魁☆ソロイスト塾』の公開生放送。ゲネプロ時や3人で飲み会をしたエピソードなど、ファンにはたまらない話が盛りだくさん。和気あいあいとトークを繰り広げるさまは打ち上げをのぞき見しているようで、演者とファンの距離の近さを実感する時間となった。

終盤戦は3人によるセッションタイム! 最初に音が鳴ったのは、Rickyの曲で1番盛り上がるナンバーである「↑UP←SIDE→DOWN↓」だ。3人に誘導されるがまま、上下左右に揺れるフロア。その一体感はすさまじく、それでいて多幸感に溢れていた。ソロイストとは孤高の戦士かもしれない。ステージに立つ、多くの場合は孤独だ。しかし彼らには、ついてきてくれるファンの人々がこんなにもいる。“俺たちは、一人であっても独りではない”、そう背中で語っているような時が流れていた。

ラストを飾ったのは「『現在』〜此ノ場所〜」である。《今の場所から始まる》と歌う彼らの姿は本当に真意で、なんど挫けても立ち上がってきたからこそ届けられる言葉の重みがあった。最終的にはステージに演者が勢ぞろいし、大団円のうちに幕を下ろした。

HYPER NEO SOLIST Rickyが創り出した決意の夜はハッピーエンディングを迎えたが、これはまだ序章にすぎない。あの一夜の終わりは、始まりの合図なのだ。それを指し示すかのように、すでに第二章の開催も決まっている。SOLODIERSが生み出す魅惑の夜に、あなたも足を運んでみてはいかがだろうか。

『Ricky PRESENTS『SOLODIERS』〜ソロジャーに花束を〜』

■『ーWHITEDAY\'S NIGHTー』
3月17日(土) 東京 SHIBUYA-REX
HYPER SOLODIER:Ricky
GUEST SOLODIER:緋村 剛(21g)/ice(ex.BFN)
DANCE SOLODIER:KO-HEY/KAZUKI
BAND SOLODIERS:Gt.広保 宣(ROLL DAYS)/Ba.YUCHI(kannivalism/sukekiyo)/Dr.YUJI(ex.D-SHADE)/Mani.山田 巧(DASEIN/Crack6)
TELLER SOLODIER:西村侑樹(劇団ユニットZERO BEAT.)
※出演者が決まり次第随時発表致します

<チケット>
前売券¥4,500(ドリンク別)
・購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002251598P0030001
受付期間:2月11日(日)12:00〜2月17日(土)22:00



【関連リンク】
Ricky主催イベント『SOLODIERS』、個人戦士たちが生み出した魅惑の夜
Rickyまとめ
S.Q.Fまとめ
コタニキンヤまとめ
超特急・ユーキ、『踊る!さんま御殿!!』に出演決定

【関連アーティスト】
Ricky, S.Q.F, コタニキンヤ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブレポ

超特急・ユーキ、『踊る!さんま御殿!!』に出演決定
Fri, 16 Feb 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急のメンバー・ユーキが2月27日(火)放送の日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』に出演することがわかった。メンバーの中でもバラエティ出演の多いユーキだが、念願のゲスト出演でどんなトーク披露するのか注目だ。“インテリ vs ノットインテリ”をテーマに放送される。

日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』

2月27日(火)19:56〜20:54
■番組HP
https://www.ntv.co.jp/goten/



【関連リンク】
超特急・ユーキ、『踊る!さんま御殿!!』に出演決定
超特急まとめ
INNOSENT in FORMAL、初の全国流通盤となる1stミニアルバム発売決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, テレビ番組, 出演

INNOSENT in FORMAL、初の全国流通盤となる1stミニアルバム発売決定
Sat, 17 Feb 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年11月に、突然アーティスト画像、リリース情報、MVを公開した架空のカートゥーンバンド・INNOSENT in FORMALが、初の全国流通盤となる1stミニアルバム『INNOSENT 0 〜The night late show〜』を4月25日にリリースすることを発表した。

2018年1月に、ぼくのりりっくのぼうよみ等に多数の楽曲提供を行っているササノマリイがアレンジ参加している楽曲「One for you」でデビュー。その楽曲は配信されると同時にSpotifyのバイラルチャートで上位にランクインし、また、そのヴィジュアルとコンセプトからすでに“和製Gorillaz”とも呼ばれ、早耳リスナーで話題に。今作のリードトラック「Footloose」には、アレンジャーに、Curren $ y、Dom Kennedy、Mac Miller、Action Bronson、Chance The Rapperなどのラッパーに楽曲提供をしている日本大好きのアメリカ人ラッパー、サウンドプロデューサーのBrandun DeShay a.k.a Ace Hashimoto(ex. 米ヒップホップ集団Odd Futureのメンバー)を起用した。

4月25日(水)のリリースに先駆けて、収録曲の「Night crusing」を2月21日(水)より先行配信する。iTunesでの単曲購入に加えて、Apple Music/Spotifyでも配信決定。また、2月22日に行われる、FLOWの15周年記念ライブのオープニングアクトに抜擢され、TSUTAYA O-EASTにてFLOWとROTTENGRAFFTY との対バンも決定している。

ミニアルバム『INNOSENT 0 〜The night late show〜』

2018年4月25日発売



NBPC-0053/¥1,944(税込)
<収録曲>
1.Introduction
2.Footloose
3.I wanna...
4.Night cruising
5.One for you
6.日向が少ないこの街で
7.Sex, Drug&Rock\'n\' Roll
8.Slow dance

先行配信「Night crusing」

2018年2月21日配信開始



■Spotify
http://open.spotify.com/album/3AwU6NSomvXOGC6gG3RjgV
■iTunes
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1348979253?app=itunes
■Apple Music
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1348979253?mt=1&app=music

【ライブ情報】

15th Anniversary Live『FLOW THE PARTY 2018』
2月22日(木) TSUTAYA O-EAST

『DISK GARAGE MUSIC MONSTERS -2018 winter-』
2月24日(土) 渋谷エリア

『見放題東京2018』
3月03日(土) 東京新宿歌舞伎町界隈10会場

3月10日(土) 名古屋RAD SEVEN



【関連リンク】
INNOSENT in FORMAL、初の全国流通盤となる1stミニアルバム発売決定
INNOSENT in FORMALまとめ
眩暈SIREN、最新ミニアルバム店頭購入者特典を発表&スタジオ・ライブ映像を公開

【関連アーティスト】
INNOSENT in FORMAL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, 発売, ミニアルバム

眩暈SIREN、最新ミニアルバム店頭購入者特典を発表&スタジオ・ライブ映像を公開
Sat, 17 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月21日(水)に発売となる眩暈SIRENの約1年ぶりの最新ミニアルバム『深層から』の店頭購入者特典が発表となった。TOWER RECORDSでは「パズドラ」や「三国志大戦」など有名ゲームのキャラクターを手掛ける人気イラストレーター風間雷太が書き下ろした今作CDジャケットのイラストを使用したA1サイズポスター、ヴィレッジヴァンガードでは2月16日に公開となった眩暈SIREN初のスタジオライブで披露した「明滅する」の音源を収録したCD-Rを、それぞれゲットすることができる。

そして、オフィシャルYouTubeで公開となった眩暈SIREN初のスタジオライブの模様も公開! 様々な理由でライブ会場に直接足を運べないファンに対してもっと近くに音楽があって欲しいというメンバーの意志の元始まったインターネットライブ『音が孤独を覆うまで』。ファン人気の高い名曲や新曲がアコースティックアレンジで聴けるのはここだけ!今後も続々アップしていく予定なので楽しみに待っていてほしい!

ミニアルバム『深層から』

2018年3月21日発売



MS006/¥1,500(税込)
<収録曲>
1.水泡
2.ネオトリアム
3.ジェンガ
4.ブラックボックス
5.思い出は笑わない

ミニアルバム『深層から』店頭購入者特典


TOWER RECORDS:オリジナルA1サイズポスター
ヴィレッジヴァンガード:スタジオ・ライブ音源CD-R(「明滅する」1曲収録)
※特典は先着順となります。無くなり次第終了となりますので、お早めのご予約をオススメします。



【関連リンク】
眩暈SIREN、最新ミニアルバム店頭購入者特典を発表&スタジオ・ライブ映像を公開
眩暈SIRENまとめ
Dragon Ash、横浜アリーナ公演を収めた映像作品の詳細を発表

【関連アーティスト】
眩暈SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, 特典, ミニアルバム

Dragon Ash、横浜アリーナ公演を収めた映像作品の詳細を発表
Fri, 16 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日(水)にリリースされる、Dragon Ashがデビュー20周年を締めくくった1月28日に横浜アリーナで開催したライブを完全映像化したライブ映像作品『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』。その全収録楽曲とジャケット写真が公開となった。

『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』の収録楽曲は全24曲。横浜アリーナで開催された『Dragonash Live Tour MAJESTIC Final』のライブステージを完全収録。本ライブは、アルバムツアーを締めくくるメモリアルなステージであるとともに、ファンの記憶に深く刻まれている1999年アルバム『Viva La Revolution』のツアーファイナル以来、じつに19年ぶり、2度目の横浜アリーナ公演となる。最新アルバムからの楽曲に往年の人気曲も幅広く加えたベスト選曲といえる内容である。WOWOWで生放送された内容とは異なり、複数台のスペシャルカメラを追加した完全別編集・別ミックスのコンプリート・エディションとなる。サウンドは、Dragon Ashのメインエンジニア飛澤正人氏が提唱する新機軸のステレオサウンド『VR SOUND』のミックス手法を採り入れ、ライブ会場の臨場感と立体感を追体験できる迫力あるサウンドに仕上がっている。ライブのオープニングからアンコールのさらにその先まで127分、余すことなく収録される。

そして、『完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ』と題したスペシャルパッケージに付属する、全400ページにおよぶ超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOK『Intervista(インテルビスタ)』も完成。1997年以降、20年間にわたる30本以上のメンバー・インタビューを作品の歩みに即して編纂した初のインタビュー集となる。さらに、横浜アリーナ当日の写真を満載した全52ページのカラーフォトブックレット封入や豪華ボックス仕様など、特別な仕様となる『完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ』のご予約はお早めに。

Blu-ray&DVD『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』

2018年3月28日発売



【Blu-ray完全生産限定盤】
VIZL-1357/¥7,980+税
【DVD完全生産限定盤】
VIZL-1358/¥6,980+税
※全400ページにおよぶ超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOK『Intervista』つき
※2018年1月28日(水)横浜アリーナ当日の写真を満載した全52Pカラーフォトブックレット封入
※豪華ボックス仕様
<収録曲>
01.Majestic
02.Stardust
03.Mix it Up
04.PULSE
05.光りの街
06.Ode to Joy
07.Singin\' in the Rain
08.Walk with Dreams
09.TIME OF YOUR LIFE
10.Circle
11.Headbang
12.Faceless
13.The Live
14.Beside You
15.静かな日々の階段を
16.Jump
17.百合の咲く場所で
18.Fantasista
19.Lily
20.A Hundred Emotions
[アンコール]
21.Viva la revolution
22.Drugs can\'t kill teens
23.繋がりSUNSET
24.Curtain Call



【Blu-ray通常盤】
VIXL-216/¥6,000+税
<収録曲>
01.Majestic
02.Stardust
03.Mix it Up
04.PULSE
05.光りの街
06.Ode to Joy
07.Singin\' in the Rain
08.Walk with Dreams
09.TIME OF YOUR LIFE
10.Circle
11.Headbang
12.Faceless
13.The Live
14.Beside You
15.静かな日々の階段を
16.Jump
17.百合の咲く場所で
18.Fantasista
19.Lily
20.A Hundred Emotions
[アンコール]
21.Viva la revolution
22.Drugs can\'t kill teens
23.繋がりSUNSET
24.Curtain Call



【DVD通常盤】
VIBL-885/¥5,000+税
<収録曲>
01.Majestic
02.Stardust
03.Mix it Up
04.PULSE
05.光りの街
06.Ode to Joy
07.Singin\' in the Rain
08.Walk with Dreams
09.TIME OF YOUR LIFE
10.Circle
11.Headbang
12.Faceless
13.The Live
14.Beside You
15.静かな日々の階段を
16.Jump
17.百合の咲く場所で
18.Fantasista
19.Lily
20.A Hundred Emotions
[アンコール]
21.Viva la revolution
22.Drugs can\'t kill teens
23.繋がりSUNSET
24.Curtain Call

Blu-ray&DVD『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』 ご購入はこちらから


【タワーオンライン】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tower.jp/item/4676136
■Blu-ray通常盤
http://tower.jp/item/4676137
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tower.jp/item/4676134
■DVD通常盤
http://tower.jp/item/4676135

【HMV&BOOKS online】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561452
■Blu-ray通常盤
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561454
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561453
■DVD通常盤
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561455

【TSUTAYAオンラインショッピング】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tsutaya.jp/e07dwkxq/
■Blu-ray通常盤
http://tsutaya.jp/q07dwkp0/
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tsutaya.jp/e07dwkqg/
●DVD通常盤
http://tsutaya.jp/d07dwk59/

【Amazon】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.amazon.co.jp/dp/B079BSVPP4/
■Blu-ray通常盤
http://www.amazon.co.jp/dp/B079BPPWKY/
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.amazon.co.jp/dp/B079BR9YPZ/
■DVD通常盤
http://www.amazon.co.jp/dp/B079C4WG61/

【Rakutenブックス】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337055/
■Blu-ray通常盤
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337056/
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337057/
■DVD通常盤
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337058/

【ビクターオンラインショッピング】
■Blu-ray完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIZL-1357
■Blu-ray通常盤
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIXL-216
■DVD完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIZL-1358
■DVD通常盤
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIBL-885



【関連リンク】
Dragon Ash、横浜アリーナ公演を収めた映像作品の詳細を発表
Dragon Ashまとめ
『角川映画 シネマ・コンサート』で大野雄二オーケストラ奇蹟のコラボ! 松崎しげる、ダイアモンド?ユカイも傑作バラードを歌唱

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売

『角川映画 シネマ・コンサート』で大野雄二オーケストラ奇蹟のコラボ! 松崎しげる、ダイアモンド?ユカイも傑作バラードを歌唱
Fri, 16 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本のエンタテインメント業界に革命を起こした角川映画と日本劇伴界の巨匠=大野雄二オーケストラのコラボレーションで話題を呼んでいる『角川映画 シネマ・コンサート』が、4月13日(金)&14日(土)?に東京国際フォーラム ホールAにて開催される。

大野雄二が同時期にサウンドトラックを手掛けた角川映画初期3作品『犬神家の一族』(1976)、『人間の証明』(1977)、『野性の証明』(1978)の名シーンを特別に編集し、さらに本公演のために特別に編成されたオンステージ総勢約50人によるスペシャルジャズオーケストラ&バンドを引き連れ、大野雄二自らもステージで演奏する奇蹟の公演が実現! 「犬神家の一族・愛のバラード」をはじめ、大野雄二の手によるそのあまりにも有名なメロディと歌の数々が、あの衝撃的な映像と共に披露される。さらに、ジョー山中が歌った傑作バラード「人間の証明のテーマ」はダイアモンド?ユカイが、町田義人が歌った『野性の証明』の主題歌「戦士の休息」は松崎しげるによって歌唱されることも決定している。

そして、本公演の開催に向けて、『角川映画 シネマ・コンサート』Twitterアカウントのフォロワー限定で非売品ポスターを10名にプレゼント!  暗闇に真っ白なスケキヨの顔が浮かぶ、インパクト抜群のポスターになっているので、ぜひこの機会に手にしてほしい。応募期間は2月19日(月)23:59まで。公演・ポスター応募方法等の詳細はオフィシャルHPにてチェック。

■『角川映画 シネマ・コンサート』

4月13日(金) 東京・東京国際フォーラム ホールA
4月14日(土)? 東京・東京国際フォーラム ホールA
<出演>
演奏:大野雄二と“SUKE-KIYO”オーケストラ?
ボーカル・ゲスト:松崎しげる / ダイアモンド?ユカイ
スペシャル・トークゲスト:石坂浩二?
<チケット>
全席指定 ¥9,800(税込)

上演作品『犬神家の一族』『人間の証明』『野性の証明』
※各映画の上映は全編上映ではございません。各映画のオリジナル映像を元に特別に編集された ハイライト映像に合わせて生演奏の音楽でお楽しみ頂く、最新のライブ・エンタテインメント= シネマ・コンサート形式で上演致します。予めご了承ください?。

問:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)?

■『角川映画 シネマ・コンサート』HP
http://kadokawaeiga-concert.com/ticket.html



【関連リンク】
『角川映画 シネマ・コンサート』で大野雄二オーケストラ奇蹟のコラボ! 松崎しげる、ダイアモンド?ユカイも傑作バラードを歌唱
大野雄二まとめ
松崎しげるまとめ
ダイアモンド☆ユカイまとめ
音楽誌『メロディック・パンク・ジャパン』の表紙は10-FEET!さらに04 Limited Sazabysも登場!!

【関連アーティスト】
大野雄二, 松崎しげる, ダイアモンド☆ユカイ
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

音楽誌『メロディック・パンク・ジャパン』の表紙は10-FEET!さらに04 Limited Sazabysも登場!!
Fri, 16 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

国内唯一のパンク専門誌『Bollocks』のスピンオフとして、メロディック・パンクの今を凝縮した音楽雑誌『Bollocks Special Issue メロディック・パンク・ジャパン』が発刊されることが決定した。表紙を飾るのは、現在7ヶ月に及ぶ怒涛のツアーを展開中の10-FEET。30ページにおよぶ巻頭特集としてメンバーのソロ・インタビュー+バンド・インタビューで、結成から20年経った現在も進化しつづける10-FEETサウンドのルーツに迫る。

そして、その対抗馬として、2018年春に東名阪のアリーナツアーに挑む04 Limited Sazabysも登場! こちらもメンバーのソロ・インタビュー+バンド・インタビューで飛躍の軌跡を辿る内容となっている。その他、HAWAIIAN6、locofrank、 dustbox、SHANK、HOTSQUALL、Dizzy Sunfistといった現在のメロディック・パンク・シーンを語るうえで欠かせないバンドのインタビューに加え、バンド・カタログ、シーンを見続けてきた当事者達の証言から振り返るメロディック・パンク変遷史も収録。1冊丸ごと、メロディック・パンクを語りつくした盛り沢山の内容となっている。

『Bollocks Special Issue メロディック・パンク・ジャパン』

2018年2月28日発売



¥1,300+税
体裁:B5判/144ページ
発売元:シンコーミュージック・エンタテイメント
詳しくはこちら:https://www.shinko-music.co.jp/item/pid0645472/#&gid=1&pid=1



【関連リンク】
音楽誌『メロディック・パンク・ジャパン』の表紙は10-FEET!さらに04 Limited Sazabysも登場!!
10-FEETまとめ
04 Limited Sazabysまとめ
HAWAIIAN6まとめ
locofrankまとめ

【関連アーティスト】
10-FEET, 04 Limited Sazabys, HAWAIIAN6, locofrank, dustbox, SHANK, HOTSQUALL, Dizzy Sunfist
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発売, パンク













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1