歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月16日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
チャットモンチー、トリビュートアルバム名変更&内容を公開!
Fri, 16 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日(水)発売のチャットモンチーのトリビュートアルバムタイトルが『CHATMONCHY Tribute 〜My CHATMONCHY〜』に変更されることが発表された。チャットモンチーメンバーいわく、「届いた音源から伝わる『これが私のチャットモンチーだ!』という熱い想いをタイトルにしたくなった」との事で、それを反映したタイトルとなっている。

そしてついに全収録アーティスト、収録曲目、参加アーティストオーディションの結果が発表された。今回第二弾アーティストとして追加発表されたのは、スチャダラパー、月の満ちかけ、ペペッターズの3組。スチャダラパーとチャットモンチーは、2015年に発売されたスチャダラパーのアルバム『1212』にて「スチャットモンチー」という名義で「M4EVER」という楽曲を制作しており、今回はオリジナルの楽曲素材を使用した「スチャットモンチー ver.」となっている。「月の満ちかけ」(東京)と「ペペッターズ」(兵庫)の2組は、事前に開催されたトリビュート参加アーティストオーディションで選出された最優秀賞受賞ア―ティスト。オーディションには全国から645組の応募があり、メンバーとスタッフにより厳正な選考が行われた。当初予定には無かった特別賞(※アルバムには未収録)も3組が選ばれた。結果発表とメンバーによるコメントがオーディション特設ページにて掲載されているので、是非チェックして欲しい。

収録アーティストは全16組。参加アーティストが好きな楽曲を選んでカバーを行っており、愛にあふれたカバーアルバムとなっている。またグループ魂「恋愛スピリッツ」には、橋本・福岡が参加。暴動こと宮藤官九郎氏が書き下したスナックスナック「チャットモンチー」を舞台にした、港カヲル氏、橋本、福岡の3人によるコントも収録されている。

そして本アルバムのジャケット写真も初公開された。橋本・福岡の二人が、イラストレーターの白根ゆたんぽ氏によって絶妙にイラスト化された、ポップなジャケットとなっている。

■オーディション特設ページ
http://www.sonymusic.co.jp/sd/chat-tribute/

■【タイトル変更について コメント】

■チャットモンチー
「届いた音源から伝わる「これが私のチャットモンチーだ!」という熱い想いをタイトルにしたくなったので『My CHATMONCHY』という名前にします!みなさんに末永く愛されますように」

アルバム『CHATMONCHY Tribute 〜My CHATMONCHY〜』

2018年3月28日発売



KSCL 3099/¥3,200+税
※初回生産限定盤
※デジパック仕様
※「CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜」&「チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018 〜みな、おいでなしてよ!〜」チケット先行用紙封入
<収録曲>
01.ハナノユメ/忘れらんねえよ
02.Make Up! Make Up!/CHAI
03.シャングリラ/ねごと
04.初日の出/People In The Box
05.惚たる蛍/Homecomings
06.こころとあたま/ペペッターズ
07.バスロマンス (Inst.)/ YOUR SONG IS GOOD
08.きらきらひかれ/フジファブリック
09.世界が終わる夜に/集団行動
10.真夜中遊園地/川谷絵音
11.湯気/Hump Back
12.恋愛スピリッツ/グループ魂
13.余談 (スチャットモンチー ver.)/ スチャダラパー
14.染まるよ/きのこ帝国
15.小さなキラキラ/月の満ちかけ
16.東京ハチミツオーケストラ/ギターウルフ

【ライブ情報】

『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜』
7月04日(水) 日本武道館

『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018 〜みな、おいでなしてよ!〜』
7月21日(土) アスティとくしま
7月22日(日) アスティとくしま



【関連リンク】
チャットモンチー、トリビュートアルバム名変更&内容を公開!
チャットモンチーまとめ
忘れらんねえよまとめ
CHAIまとめ
ねごとまとめ

【関連アーティスト】
チャットモンチー, 忘れらんねえよ, CHAI, ねごと, People In The Box, Homecomings, フジファブリック, YOUR SONG IS GOOD, 川谷絵音, Hump Back, グループ魂, スチャダラパー, きのこ帝国, ギターウルフ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

M.S.S Project、最新アルバム収録曲&ジャケ写公開
Fri, 16 Feb 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲーム実況のみならず、CDリリースやライブなどマルチな活躍をしているM.S.S Projectが、3月14日に発売する最新アルバム『M.S.S.Phoenix』の収録楽曲とジャケットを公開した。CD2枚組で総収録トラック数は36曲(無駄トーク含む)の特大ボリュームとなっている。新曲は「M.S.S.Phoenix」を含む4曲となり、他32楽曲も新たに取り直したまさに「M.S.S Project」の集大成と言えるアルバムとなっている。

是非、アルバム『M.S.S.Phoenix』を手に取っていただき、M.S.S Projectと一緒に羽ばたいてみてはいかがだろうか?

アルバム『M.S.S.Phoenix』

2018年3月14日



MSSP-1006/¥3,000+税
<収録曲>
■CD Disc1
1.Break Out【新曲】
2.L4D勝手に作ったテーマ曲
3.Borderlands勝手に作ったテーマ曲
4.KIKKUNのテーマ
5.ALL IN MY HEART
6.THE WORLDS
7.Ghost
8.2DIMENSION
9.THE BLUE
10.M.S.S.Planet
11.M.S.S.Phantom
12.We are MSSP!
13.SLIVER
14.M.S.S.PiruPiruTUNE
15.Eternal Knight
16.Phew!
17.幾四音-Ixion-
18.M.S.S.Party
19.ENMA DANCE
■CD Disc2
1.Awakening
2.Shadow Hearts
3.Egoist Unfair
4.Over Road
5.影光SPECTRUM
6.三次元Triangle▽JUNCTION
7.Missing Link
8.I\'ll be...
9.Glory Soul
10.フ?ロトレシ?エム
11.WAKASAGI
12.M.S.S.Phantasia
13.ReBirth
14.Wish〜この場所で〜
15.11光年クエスト
16.M.S.S.Phoenix
17.無駄トーク6

アルバム『M.S.S.Phoenix』特典内容

アニメイト:特製ブロマイド
amazon:特製ブロマイド
ヴィレッジヴァンガード:特製ブロマイド
タワーレコード:特製ブロマイド
TSUTAYA:特製ブロマイド



【関連リンク】
M.S.S Project、最新アルバム収録曲&ジャケ写公開
M.S.S Projectまとめ
アラウンドザ天竺、RTで決定した無茶ぶり東阪ワンマンツアー開催決定!

【関連アーティスト】
M.S.S Project
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース, 発売

アラウンドザ天竺、RTで決定した無茶ぶり東阪ワンマンツアー開催決定!
Fri, 16 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

悪ふざけ系ラウドロックバンド・アラウンドザ天竺が、728(なにわ)リツイート超えを記念して、無茶振り東阪ワンマンツアーを決行することが決定した。また、関西ワンマン公演の助っ人OAとして、盟友スキッツォイドマンの出演が決定した。

今回のワンマンは、アラウンドザ天竺が「もし結成5ヶ月の俺たちが奇跡的に500リツイートを超えることがあったらワンマンをやる」と言ったことをきかっけに、728(なにわ)リツイートで大阪ワンマン、758(なごや)リツイートで名古屋ワンマン、2100(ぶどう)リツイートで武道館等、悪ふざけしたファンとのやりとりの約束を果たす形で決定したワンマンツアー。彼らの持ち曲は8曲程度しかなく、また関西でライブを行った回数も2017年のミナミホイール出演を合わせても2回程、そんな彼らの大阪ワンマン公演に、盟友・スキッツォイドマンが助っ人を買って出てくれたことも解禁、メンバーは「スキッツォイドマンめっちゃいいやつ」とコメントしている。結成して間もないアラウンドザ天竺が、一体どんなワンマンをやるのか、確実に起こるであろうトラブルやハプニングも含めて、期待したい。

自らを“男子中学生の悪ふざけ”と称する活動と楽曲を展開し、『過激派のヤバT』ともリスナーに呼称されるアラウンドザ天竺。彼らの悪ふざけから始まったワンマンツアー、初ワンマンは700RT達成により入場無料(オゴリ)で開催されるので、是非、怖いもの見たさで来場してみてほしい。

【ライブ情報】

ワンマン公演『「ワソマソ」〜持ち曲8曲しかないのにどうやってワンマンやるの〜』
4月01日(日) 東京・吉祥寺Plnaet K
<出演>アラウンドザ天竺 ※メンバーの罰ゲームOAあり (2月28日決定)

ワンマン公演『「大阪ワソマソ」〜大阪3回目で俺らのこと誰も知らないのにどうやってワンマンやるの〜』
4月23日(月) 大阪・南堀江knave
<出演>アラウンドザ天竺/助っ人OA:スキッツォイドマン



【関連リンク】
アラウンドザ天竺、RTで決定した無茶ぶり東阪ワンマンツアー開催決定!
アラウンドザ天竺 まとめ
Rhythmic Toy World、TVアニメ『弱虫ペダル』OP曲「僕の声」MV公開

【関連アーティスト】
アラウンドザ天竺
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ワンマン

Rhythmic Toy World、TVアニメ『弱虫ペダル』OP曲「僕の声」MV公開
Fri, 16 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Rhythmic Toy Worldが2月14日にリリースしたニューシングル「僕の声」より、表題曲のMUSIC VIDEOを公開した。TVアニメ『弱虫ペダルGLORY LINE』のオープニングテーマ曲として話題となっている「僕の声」だが、MUSIC VIDEOでは歌詞の世界観や疾走感のあるリズムとマッチさせた滑走路での演奏シーンに加え、『弱虫ペダル』にゆかりのある湘南にて、女子高生役として抜擢された井上音生のシーンを撮影。Rhythmic Toy World、弱虫ペダルどちらのファンにも響く作品となっている。

そして2月16日19時より、タワーレコード渋谷店にてインストアイベントが開催される。また、3月末からは、東名阪ワンマンツアーも開催される。

シングル「僕の声」

発売中



【アニメ盤】
THCS-60206/¥1,300+税
※アニメ描き下ろしジャケット
【アーティスト盤】
THCS-60207/¥1,300+税
<収録曲>
1.僕の声
2.LIFE
3.僕の声(Instrumental)
4.LIFE(Instrumental)

シングル「僕の声」発売記念ミニライブ&CDサイン会

2月16日(金) タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
19:00〜 (集合・開場:18:30〜)
内容:ミニライブ(バンドセット)&新譜ジャケットサイン会

『シングル「僕の声」リリースツアー』

3月22日(木) 下北沢GARDEN
3月30日(金) 梅田Shangri-La
4月05日(木) 名古屋APOLLO BASE
<チケット>
前売¥3,300
一般発売:2月17日(土)10:00〜



【関連リンク】
Rhythmic Toy World、TVアニメ『弱虫ペダル』OP曲「僕の声」MV公開
Rhythmic Toy Worldまとめ
GANG PARADE、すしざんまいコラボ曲「とろいくらうに食べたい」MV解禁

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, リリース, ツアー

GANG PARADE、すしざんまいコラボ曲「とろいくらうに食べたい」MV解禁
Fri, 16 Feb 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GANG PARADEが2月20日に発売するシングル「BREAKING THE ROAD」のカップリング曲「とろいくらうに食べたい」のMUSIC VIDEOを公開した。シングル「QUEEN OF POP」に続き、ホンマカズキが監督を務めている。

「BREAKING THE ROAD」は全国に寿司店をチェーン展開する“すしざんまい”とのコラボキャンペーンで注目を集め、現在は渋谷センター街ジャックを行ない、渋谷の街を賑わせている。シングルのリリース週にあたる2月23日に行われる自信最大規模となるマイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブのパフォーマンスにも期待が集まる。

ワンマンライブ『BREAKING THE ROAD TOUR』

2月17日(土) 札幌 BESSIE HALL
2月23日(金) 東京 マイナビBLITZ赤坂

シングル「BREAKING THE ROAD」

2018年2月20日発売



TPRC-0198/¥1,000+税
<収録曲>
1.BREAKING THE ROAD
2.とろいくらうに食べたい
3.BREAKING THE ROAD(inst)
4.とろいくらうに食べたい(inst)

◎VILLAGE VANGUARD×GANG PARADEコラボポスタープレゼント
■下北沢店
ご予約の方優先で、シングル「BREAKING THE ROAD」1枚をご購入の方にコラボポスター(B2サイズ)を先着で差し上げます。また、2枚同時購入で、コラボポスター1枚に加え、メンバー直筆ポップ(ランダム)1枚を差し上げます。
■渋谷本店、高円寺店、ヨドバシ博多店、名古屋中央店、八王子東急スクエア店、仙台ロフト店、あべのキューズモール店
ご予約の方優先で、シングル「BREAKING THE ROAD」1枚をご購入の方にコラボポスター(B2サイズ)を先着で差し上げます。



【関連リンク】
GANG PARADE、すしざんまいコラボ曲「とろいくらうに食べたい」MV解禁
GANG PARADEまとめ
Ricky主催イベント『SOLODIERS』、個人戦士たちが生み出した魅惑の夜

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

Ricky主催イベント『SOLODIERS』、個人戦士たちが生み出した魅惑の夜
Fri, 16 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Ricky主催イベント『HYPER NEO SOLIST Rickey PRESENTS『SOLODIERR‘S』〜ソロジャーに花束を〜』が2月10日(土)、東京・SHIBUYA-REXにてを開催された。

“これからは個人の時代だ”そういわれるようになったのは、いつからだろうか。今までなんとなく過ごしてきた一般人でさえ、“あなたの価値はなに?”と問われる今の時代。私たちは日常を生き抜くために戦っている、“個人戦士”なのかもしれない。そんな“個人戦士”の代表ともいえる者たちが、集いし夜が存在した。

タイトルの“SOLODIER”とはSOLOIST(ソロイスト)とSOLDIER(ソルジャー)を掛け合わせた造語で、現代社会を戦い生き抜くためのマインド、スキル、スタイルを持ち合わせた人という意味を持つ。「HYPER NEO SOLOIST」としてRickyが出演するほか、「GUEST SOLODIER」「OPENING SOLODIER」「DANCE SOLODIER」「PERFORM SOLODIER」「BAND SOLODIER’S」「TELLER SOLODIER」と総勢10組もの“SOLODIER”たちが己の武器で戦った一夜をお伝えしたい。

暗闇の中、satoruの奏でるピアノが鳴り響きショータイムは封切られた。今かい今かと騒がしかったライブハウスの空気がガラッと動く。それを見極めたかのように登場してきたのは、この日ストーリーテラーを務めたニッシー(西村侑樹)だ。マッドハッターのような服装に身を包んだ彼は、ポップなトークと瞬く間に変わる表情によって会場を釘付けにした。

OPENING SOLODIERの1人目として登場したのは、Rickyがプロデュースを手掛けるソロアーティスト・Yu-JIC×FIGHTER(ユージックファイター)だ。「自問自答」を力強い声で歌いあげ、出だしからステージを盛り上げる。「OVER STEP」ではヘドバンで会場を前後に揺らし、その勢いが確固たるものであることを提示してみせた。

アコースティックギターを片手に現れたのは大成亮祐。ヴィジュアル系な見た目からは想像できないほどのギターテクでコール&レスポンスを繰り広げ会場を盛り立てる。一人でステージに立っているとは思えないダイナミックな演奏に、その背後にはバンドメンバーがいるのではないかと錯覚したほど。センチメンタルなアルペジオを用いての「Engage Ring」では、しっとりと曲を聴かせた。“広い世界でたった一人”と歌い上げる眼差しはとても優しく、観客の女性一人一人を彼女として見ているようだった。

OPENING SOLODIERによるアクトを受けて、いよいよ本編が開幕! このイベントの首謀者であるRickyが舞台に舞い降りた。ファンキーなサウンドが特徴的な「裸☆KING」が始まると、すでに会場の熱は最高潮だ。間奏では“リッキー!”と彼を呼ぶ声が響き、彼がいかに愛されているかということを実感せずにはいられなかった。続く「覚醒リフレーミング」では、ヘヴィーなサウンドに乗せて甘い声を届ける。サングラスと髪の隙間から覗く瞳が色っぽく、観客の心を射抜いていた。

続いて登場したのは黒い衣装に身を包んだmichi.(S.Q.F)だ。指先まで神経を行き届かせた所作には大人の色気が漂い、会場中が恍惚の表情を浮かべる。「ニライカナイ」で“飛べよ!”と彼が呼びかけると、一気にフロアが上下に揺れた。ドラムの連打で導かれたアップテンポな「PARADAIGM SHIFT」では、曲中に用いられるウィスパーボイスは麻薬的で、脳が溶けそうな感覚に陥った。

正統派ポップソングを真っすぐに歌ったのはコタニキンヤ.だ。「Glaring Dream」ではクリーントーンのギターソロが感情的に旋律を奏で、彼の透明感ある歌声を後押しする。シンセサイザーが攻撃的に鳴る「Spicy Marmalade』でフロアに微笑みかけ、バンドマンとアイコンタクトをとる姿は本当に楽しそうで、彼がステージや音楽、お客さんを愛していることが十分に伝わるステージングだった。

歌だけで終わらないのが、『SOLODIERS』のすごいところ。本編でダンサーを務めていたKO-HEYとKAZUKIのスペシャルタイムのスタートだ。1曲目は二人の長所を発揮したコンビネーションダンスを魅せ、高い身長と長い手足を最大限に活かした振付はとてもダイナミックで、宙を舞うように踊る二人の姿に胸が高まる。ソロダンスではKO-HEYがリズムを的確にとらえたHIPHOPダンスを披露し、KAZUKIは静寂のなかに激情を秘めたコンテンポラリーダンスを踊った。

勢い止まぬまま後半戦へと突入。再び現れたRickyは、スローテンポで壮大なバラード「唯我独SONG」、レーザービームのように歌が心を射抜く「BLACK ANT」を歌いあげる。その勢いのままガラリと世界は変わり、登場したコタニキンヤ.と共にaccsessの「MOONSIDE DANCE」をデュエット。ノリノリなアップチューンに会場も笑顔で溢れる。続いてコタニキンヤ.が披露した「憂鬱なSeven days」では、曲名と裏腹なハッピースマイルを振りまき、michi.はヘヴィーサウンドの「iDOL」でオーディエンスに拳を掲げさせる。Rickyとmichi.のコラボで披露されたのは「Cloud Cuckoo Land」。ポップなRickyの声と妖艶なmichiの声が生み出すハーモニーは独特で、二人しか生み出せない世界がそこに存在していた。その後はRickyによる定番で鉄板のナンバー「Hi-Techno-Boy」「R☆MY WORLD」にて会場がひとつになりこの日のピークを迎えた。フロアを幸せそうに見渡す彼の瞳の奥には、“絶対に記憶に残る一夜にしてやろう”という決意がしっかりと浮かんでいた。

PERFORM SOLODIERとしてステージに呼ばれたのはパフォーマーのKay。普段はペン回しなども得意としている彼だが、この日はクリスタルを用いたコンタクトジャグリングを魅せつけた。曲を重ねるごとに1つ、また1つと増えていく水晶玉。最初は1つで始まったジャグリングだったが、最終的には4つの玉が縦横無尽に空間を行き来していた。会場からは思わず“すごーい!”という歓声があがった。

ステージにRicky、michi、コタニキンヤ.が集まり始まったのは『魁☆ソロイスト塾』の公開生放送。ゲネプロ時や3人で飲み会をしたエピソードなど、ファンにはたまらない話が盛りだくさん。和気あいあいとトークを繰り広げるさまは打ち上げをのぞき見しているようで、演者とファンの距離の近さを実感する時間となった。

終盤戦は3人によるセッションタイム! 最初に音が鳴ったのは、Rickyの曲で1番盛り上がるナンバーである「↑UP←SIDE→DOWN↓」だ。3人に誘導されるがまま、上下左右に揺れるフロア。その一体感はすさまじく、それでいて多幸感に溢れていた。ソロイストとは孤高の戦士かもしれない。ステージに立つ、多くの場合は孤独だ。しかし彼らには、ついてきてくれるファンの人々がこんなにもいる。“俺たちは、一人であっても独りではない”、そう背中で語っているような時が流れていた。

ラストを飾ったのは「『現在』〜此ノ場所〜」である。《今の場所から始まる》と歌う彼らの姿は本当に真意で、なんど挫けても立ち上がってきたからこそ届けられる言葉の重みがあった。最終的にはステージに演者が勢ぞろいし、大団円のうちに幕を下ろした。

HYPER NEO SOLIST Rickyが創り出した決意の夜はハッピーエンディングを迎えたが、これはまだ序章にすぎない。あの一夜の終わりは、始まりの合図なのだ。それを指し示すかのように、すでに第二章の開催も決まっている。SOLODIERSが生み出す魅惑の夜に、あなたも足を運んでみてはいかがだろうか。

『Ricky PRESENTS『SOLODIERS』〜ソロジャーに花束を〜』

■『ーWHITEDAY\'S NIGHTー』
3月17日(土) 東京 SHIBUYA-REX
HYPER SOLODIER:Ricky
GUEST SOLODIER:緋村 剛(21g)/ice(ex.BFN)
DANCE SOLODIER:KO-HEY/KAZUKI
BAND SOLODIERS:Gt.広保 宣(ROLL DAYS)/Ba.YUCHI(kannivalism/sukekiyo)/Dr.YUJI(ex.D-SHADE)/Mani.山田 巧(DASEIN/Crack6)
TELLER SOLODIER:西村侑樹(劇団ユニットZERO BEAT.)
※出演者が決まり次第随時発表致します

<チケット>
前売券¥4,500(ドリンク別)
・購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002251598P0030001
受付期間:2月11日(日)12:00〜2月17日(土)22:00



【関連リンク】
Ricky主催イベント『SOLODIERS』、個人戦士たちが生み出した魅惑の夜
Rickyまとめ
S.Q.Fまとめ
コタニキンヤまとめ
超特急・ユーキ、『踊る!さんま御殿!!』に出演決定

【関連アーティスト】
Ricky, S.Q.F, コタニキンヤ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブレポ

超特急・ユーキ、『踊る!さんま御殿!!』に出演決定
Fri, 16 Feb 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急のメンバー・ユーキが2月27日(火)放送の日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』に出演することがわかった。メンバーの中でもバラエティ出演の多いユーキだが、念願のゲスト出演でどんなトーク披露するのか注目だ。“インテリ vs ノットインテリ”をテーマに放送される。

日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』

2月27日(火)19:56〜20:54
■番組HP
https://www.ntv.co.jp/goten/



【関連リンク】
超特急・ユーキ、『踊る!さんま御殿!!』に出演決定
超特急まとめ
Dragon Ash、横浜アリーナ公演を収めた映像作品の詳細を発表

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, テレビ番組, 出演

Dragon Ash、横浜アリーナ公演を収めた映像作品の詳細を発表
Fri, 16 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月28日(水)にリリースされる、Dragon Ashがデビュー20周年を締めくくった1月28日に横浜アリーナで開催したライブを完全映像化したライブ映像作品『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』。その全収録楽曲とジャケット写真が公開となった。

『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』の収録楽曲は全24曲。横浜アリーナで開催された『Dragonash Live Tour MAJESTIC Final』のライブステージを完全収録。本ライブは、アルバムツアーを締めくくるメモリアルなステージであるとともに、ファンの記憶に深く刻まれている1999年アルバム『Viva La Revolution』のツアーファイナル以来、じつに19年ぶり、2度目の横浜アリーナ公演となる。最新アルバムからの楽曲に往年の人気曲も幅広く加えたベスト選曲といえる内容である。WOWOWで生放送された内容とは異なり、複数台のスペシャルカメラを追加した完全別編集・別ミックスのコンプリート・エディションとなる。サウンドは、Dragon Ashのメインエンジニア飛澤正人氏が提唱する新機軸のステレオサウンド『VR SOUND』のミックス手法を採り入れ、ライブ会場の臨場感と立体感を追体験できる迫力あるサウンドに仕上がっている。ライブのオープニングからアンコールのさらにその先まで127分、余すことなく収録される。

そして、『完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ』と題したスペシャルパッケージに付属する、全400ページにおよぶ超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOK『Intervista(インテルビスタ)』も完成。1997年以降、20年間にわたる30本以上のメンバー・インタビューを作品の歩みに即して編纂した初のインタビュー集となる。さらに、横浜アリーナ当日の写真を満載した全52ページのカラーフォトブックレット封入や豪華ボックス仕様など、特別な仕様となる『完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ』のご予約はお早めに。

Blu-ray&DVD『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』

2018年3月28日発売



【Blu-ray完全生産限定盤】
VIZL-1357/¥7,980+税
【DVD完全生産限定盤】
VIZL-1358/¥6,980+税
※全400ページにおよぶ超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOK『Intervista』つき
※2018年1月28日(水)横浜アリーナ当日の写真を満載した全52Pカラーフォトブックレット封入
※豪華ボックス仕様
<収録曲>
01.Majestic
02.Stardust
03.Mix it Up
04.PULSE
05.光りの街
06.Ode to Joy
07.Singin\' in the Rain
08.Walk with Dreams
09.TIME OF YOUR LIFE
10.Circle
11.Headbang
12.Faceless
13.The Live
14.Beside You
15.静かな日々の階段を
16.Jump
17.百合の咲く場所で
18.Fantasista
19.Lily
20.A Hundred Emotions
[アンコール]
21.Viva la revolution
22.Drugs can\'t kill teens
23.繋がりSUNSET
24.Curtain Call



【Blu-ray通常盤】
VIXL-216/¥6,000+税
<収録曲>
01.Majestic
02.Stardust
03.Mix it Up
04.PULSE
05.光りの街
06.Ode to Joy
07.Singin\' in the Rain
08.Walk with Dreams
09.TIME OF YOUR LIFE
10.Circle
11.Headbang
12.Faceless
13.The Live
14.Beside You
15.静かな日々の階段を
16.Jump
17.百合の咲く場所で
18.Fantasista
19.Lily
20.A Hundred Emotions
[アンコール]
21.Viva la revolution
22.Drugs can\'t kill teens
23.繋がりSUNSET
24.Curtain Call



【DVD通常盤】
VIBL-885/¥5,000+税
<収録曲>
01.Majestic
02.Stardust
03.Mix it Up
04.PULSE
05.光りの街
06.Ode to Joy
07.Singin\' in the Rain
08.Walk with Dreams
09.TIME OF YOUR LIFE
10.Circle
11.Headbang
12.Faceless
13.The Live
14.Beside You
15.静かな日々の階段を
16.Jump
17.百合の咲く場所で
18.Fantasista
19.Lily
20.A Hundred Emotions
[アンコール]
21.Viva la revolution
22.Drugs can\'t kill teens
23.繋がりSUNSET
24.Curtain Call

Blu-ray&DVD『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』 ご購入はこちらから


【タワーオンライン】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tower.jp/item/4676136
■Blu-ray通常盤
http://tower.jp/item/4676137
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tower.jp/item/4676134
■DVD通常盤
http://tower.jp/item/4676135

【HMV&BOOKS online】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561452
■Blu-ray通常盤
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561454
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561453
■DVD通常盤
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561455

【TSUTAYAオンラインショッピング】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tsutaya.jp/e07dwkxq/
■Blu-ray通常盤
http://tsutaya.jp/q07dwkp0/
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tsutaya.jp/e07dwkqg/
●DVD通常盤
http://tsutaya.jp/d07dwk59/

【Amazon】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.amazon.co.jp/dp/B079BSVPP4/
■Blu-ray通常盤
http://www.amazon.co.jp/dp/B079BPPWKY/
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.amazon.co.jp/dp/B079BR9YPZ/
■DVD通常盤
http://www.amazon.co.jp/dp/B079C4WG61/

【Rakutenブックス】
■Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337055/
■Blu-ray通常盤
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337056/
■DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337057/
■DVD通常盤
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337058/

【ビクターオンラインショッピング】
■Blu-ray完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIZL-1357
■Blu-ray通常盤
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIXL-216
■DVD完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIZL-1358
■DVD通常盤
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIBL-885



【関連リンク】
Dragon Ash、横浜アリーナ公演を収めた映像作品の詳細を発表
Dragon Ashまとめ
『角川映画 シネマ・コンサート』で大野雄二オーケストラ奇蹟のコラボ! 松崎しげる、ダイアモンド?ユカイも傑作バラードを歌唱

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売

『角川映画 シネマ・コンサート』で大野雄二オーケストラ奇蹟のコラボ! 松崎しげる、ダイアモンド?ユカイも傑作バラードを歌唱
Fri, 16 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本のエンタテインメント業界に革命を起こした角川映画と日本劇伴界の巨匠=大野雄二オーケストラのコラボレーションで話題を呼んでいる『角川映画 シネマ・コンサート』が、4月13日(金)&14日(土)?に東京国際フォーラム ホールAにて開催される。

大野雄二が同時期にサウンドトラックを手掛けた角川映画初期3作品『犬神家の一族』(1976)、『人間の証明』(1977)、『野性の証明』(1978)の名シーンを特別に編集し、さらに本公演のために特別に編成されたオンステージ総勢約50人によるスペシャルジャズオーケストラ&バンドを引き連れ、大野雄二自らもステージで演奏する奇蹟の公演が実現! 「犬神家の一族・愛のバラード」をはじめ、大野雄二の手によるそのあまりにも有名なメロディと歌の数々が、あの衝撃的な映像と共に披露される。さらに、ジョー山中が歌った傑作バラード「人間の証明のテーマ」はダイアモンド?ユカイが、町田義人が歌った『野性の証明』の主題歌「戦士の休息」は松崎しげるによって歌唱されることも決定している。

そして、本公演の開催に向けて、『角川映画 シネマ・コンサート』Twitterアカウントのフォロワー限定で非売品ポスターを10名にプレゼント!  暗闇に真っ白なスケキヨの顔が浮かぶ、インパクト抜群のポスターになっているので、ぜひこの機会に手にしてほしい。応募期間は2月19日(月)23:59まで。公演・ポスター応募方法等の詳細はオフィシャルHPにてチェック。

■『角川映画 シネマ・コンサート』

4月13日(金) 東京・東京国際フォーラム ホールA
4月14日(土)? 東京・東京国際フォーラム ホールA
<出演>
演奏:大野雄二と“SUKE-KIYO”オーケストラ?
ボーカル・ゲスト:松崎しげる / ダイアモンド?ユカイ
スペシャル・トークゲスト:石坂浩二?
<チケット>
全席指定 ¥9,800(税込)

上演作品『犬神家の一族』『人間の証明』『野性の証明』
※各映画の上映は全編上映ではございません。各映画のオリジナル映像を元に特別に編集された ハイライト映像に合わせて生演奏の音楽でお楽しみ頂く、最新のライブ・エンタテインメント= シネマ・コンサート形式で上演致します。予めご了承ください?。

問:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)?

■『角川映画 シネマ・コンサート』HP
http://kadokawaeiga-concert.com/ticket.html



【関連リンク】
『角川映画 シネマ・コンサート』で大野雄二オーケストラ奇蹟のコラボ! 松崎しげる、ダイアモンド?ユカイも傑作バラードを歌唱
大野雄二まとめ
松崎しげるまとめ
ダイアモンド☆ユカイまとめ
音楽誌『メロディック・パンク・ジャパン』の表紙は10-FEET!さらに04 Limited Sazabysも登場!!

【関連アーティスト】
大野雄二, 松崎しげる, ダイアモンド☆ユカイ
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

音楽誌『メロディック・パンク・ジャパン』の表紙は10-FEET!さらに04 Limited Sazabysも登場!!
Fri, 16 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

国内唯一のパンク専門誌『Bollocks』のスピンオフとして、メロディック・パンクの今を凝縮した音楽雑誌『Bollocks Special Issue メロディック・パンク・ジャパン』が発刊されることが決定した。表紙を飾るのは、現在7ヶ月に及ぶ怒涛のツアーを展開中の10-FEET。30ページにおよぶ巻頭特集としてメンバーのソロ・インタビュー+バンド・インタビューで、結成から20年経った現在も進化しつづける10-FEETサウンドのルーツに迫る。

そして、その対抗馬として、2018年春に東名阪のアリーナツアーに挑む04 Limited Sazabysも登場! こちらもメンバーのソロ・インタビュー+バンド・インタビューで飛躍の軌跡を辿る内容となっている。その他、HAWAIIAN6、locofrank、 dustbox、SHANK、HOTSQUALL、Dizzy Sunfistといった現在のメロディック・パンク・シーンを語るうえで欠かせないバンドのインタビューに加え、バンド・カタログ、シーンを見続けてきた当事者達の証言から振り返るメロディック・パンク変遷史も収録。1冊丸ごと、メロディック・パンクを語りつくした盛り沢山の内容となっている。

『Bollocks Special Issue メロディック・パンク・ジャパン』

2018年2月28日発売



¥1,300+税
体裁:B5判/144ページ
発売元:シンコーミュージック・エンタテイメント
詳しくはこちら:https://www.shinko-music.co.jp/item/pid0645472/#&gid=1&pid=1



【関連リンク】
音楽誌『メロディック・パンク・ジャパン』の表紙は10-FEET!さらに04 Limited Sazabysも登場!!
10-FEETまとめ
04 Limited Sazabysまとめ
HAWAIIAN6まとめ
locofrankまとめ

【関連アーティスト】
10-FEET, 04 Limited Sazabys, HAWAIIAN6, locofrank, dustbox, SHANK, HOTSQUALL, Dizzy Sunfist
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発売, パンク

ゆず、新メンバー2018名と撮影した新曲「うたエール」MV公開
Fri, 16 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずが、2月16日に新曲「うたエール」のMusic VideoフルサイズをYouTubeにて公開した。同曲は、2017年末より実施された『ゆず 2018 プロジェクト with 日本生命』の一環とし て募集した、2018名の“新メンバー”が参加したゆずの最新楽曲で、現在オンエア中の日本生命CMタイアップソングで、MVはサカナクションや水曜日のカンパネラなど多数のトップアーティストの映像作品を手がけている新進気鋭の山田智和が監督を務めた。撮影の舞台となったのは、かつてゆずが路上ライブを行っていた横浜・伊勢佐木町だ。

MVの冒頭では、北川悠仁、岩沢厚治が“路上ライブ”を行なっており、次第にその周辺に新メンバーが集結。その後、伊勢佐木町商店街(イセ ザキ・モール)を新メンバーとともに練り歩き、ラストには中央ステージに立ったゆずと新メンバー2018名による「うたエール」の大合唱が巻き起こる。新メンバーは事前に撮影場所を知らされておらず、撮影日当日に全体のリハーサルや振り付けを確認し、本番では商店街や伊勢佐木警察署の協力のもと、ステージに立つまでの部分を“ほぼ一発撮り”で撮影したという。撮影方法や人数も規格外の、ゆず21周年目にふさわしいMVが完成した。

また、MVの公開と同時に「うたエール」のサブスクリプションサービスを解禁! Apple Musicをはじめ、Spotify、レコチョク Best、AWA、LINE MUSIC、KKBOX、Google Play Music にて同曲を聴くことができるので要チェック。

ゆずは、4月4日(水)にニューアルバム『BIG YELL』をリリース。CDのみの通常盤のほか、DVDが付属する初回生産限定盤には、2017年に約16年ぶりに出演した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』、全国8カ所の大規模夏フェスをまわった『YUZU SUMMER FEST. TOUR 2017 GOOD SUNSHINE DAYS』、2017年12月22日に1stミニアルバム『ゆずの素』の収録曲を完全再現した『ゆず 冬至の日ライブファイナル』のライブ映像が収録される。

配信シングル「うたエール」

配信中



■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/1340694739?l=ja&ls=1&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.com/t0/1006352884/
■mora
http://mora.jp/package/43000034/SNDS-98131/
■dwango
http://r.dwango.jp/8K43XctE
■music.jp
https://goo.gl/tu1UGw
■Google Play Music
https://play.google.com/store/music/album?id=Bulxcr4buruary6fqtffuysvkga

アルバム『BIG YELL』

2018年4月4日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SNCC-86932/¥3,500+税
※初回特典内容は後日発表
【通常盤】(CD)
SNCC-86933/¥2,850+税

『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』

4月29日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
4月30日(月・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
5月15日(火) 愛知・日本ガイシホール
5月16日(水) 愛知・日本ガイシホール
5月19日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
5月20日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
5月30日(水) 大阪・大阪城ホール
5月31日(木) 大阪・大阪城ホール
6月09日(土) 北海道・北海きたえーる
6月10日(日) 北海道・北海きたえーる
6月16日(土) 福井・サンドーム福井
6月17日(日) 福井・サンドーム福井
6月23日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月24日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月30日(土) 新潟・朱鷺メッセ
7月01日(日) 新潟・朱鷺メッセ
7月07日(土) 広島・広島グリーンアリーナ
7月08日(日) 広島・広島グリーンアリーナ
7月14日(土) 静岡・エコパアリーナ
7月15日(日) 静岡・エコパアリーナ
7月18日(水) 大阪・大阪城ホール
7月19日(木) 大阪・大阪城ホール
7月24日(火) 神奈川・横浜アリーナ
7月25日(水) 神奈川・横浜アリーナ
7月28日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
7月29日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ



【関連リンク】
ゆず、新メンバー2018名と撮影した新曲「うたエール」MV公開
ゆずまとめ
三浦大知、日本武道館で満島ひかり、KREVAなど豪華ゲストと共演!

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 配信, 音楽配信

三浦大知、日本武道館で満島ひかり、KREVAなど豪華ゲストと共演!
Fri, 16 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三浦大知の全国ツアー『DAICHI MIURA BEST HIT TOUR』のファイナル公演が2月15日(木)日本武道館にて開催された。本ツアーは、2017年9月から12月まで開催された自身最長・最大となる21会場26公演に、追加公演として1月31日の大阪城ホールと2月14日・15日の日本武道館2DAYSを開催。この日は、まさに“今”の三浦大知が“ベスト”と言えるライブパフォーマンスで全21曲を披露し、会場に訪れた約1万人のファンを熱狂させた。さらに、三浦大知のデビュー20周年、そしてツアーファイナルを祝い、多くのゲストアーティストが駆け付けた。

KREVAとは「Your Love feat.KREVA」を、千晴とは、三浦大知が参加した楽曲「NAMIDA feat.三浦大知」を披露。「KREVAさんと千晴さんを僕に繋いでくれた人」という三浦大知の紹介で登場した宇多丸 (from RHYMESTER)とは「No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)」をパフォーマンス。そして、三浦大知が「ずっと夢だった」という“宇多丸、KREVA、千晴、三浦大知”の4人が同時にステージに立つ瞬間が訪れ、KREVAの「全速力」を4人で披露。その直後には、2月14日(水)に発売された絢香&三浦大知名義のコラボシングル「ハートアップ」を、先程までの男4人が醸し出す雰囲気とは打って変わって、しっとりと静謐な空気のなか、絢香と共に美しいハーモニーを重ねて大観衆を大いに沸かせた。「Unlock」では世界中で活躍するダンサー・菅原小春と、即興とも言えるダンスバトルで、会場内の空気を一変させるパフォーマンスで観客の目を釘付けにする。

そして、アンコールでのサプライズとなったのは、1997年にデビューした小中学生男女7人組のダンスボーカルグループ・Folderで共に活動した盟友・満島ひかりとの共演。2017年9月に行われた『MTV VMAJ 2017 ?THE LIVE-』において、三浦大知は4年連続で『BEST R&B VIDEO賞』を受賞、満島ひかりはボーカリストとして参加したMONDO GROSSOで『BEST DANCE VIDEO賞』を受賞したことで同じステージに立ちはしたものの、共演は果たしていなかったが、この日は18年ぶりに2人が同じステージ上でライブ共演を果たした。

満島ひかりは「大知が7歳の時からの大ファン、満島ひかりです!」という自己紹介でステージに登場し、三浦大知と共にFolderの「NOW AND FOREVER」を披露した。女優として活躍する満島ひかり、アーティストとして活躍する三浦大知という2人の“エンターテイナー”の18年ぶりの共演に、ファンも大歓声で応え、会場中の誰もが感極まる一世一代のコラボレーションとなった。20周年を彩った全国ツアーのファイナル公演に相応しい豪華ゲストアーティストとの共演は、ファンにとって夢のような一夜になったに違いない。

3月7日(水)には自身初となるベストアルバム『BEST』をリリース。“エンターテイナー”三浦大知が20年間で積み上げてきた軌跡が存分に詰まった作品となっているので、ぜひ手に取ってみてほしい。

【セットリスト】
01.Cry&Fight
02.Look what you did
03.RE)PLAY
04.FEVER
05.Can You See Our Flag Wavin\' In The Sky?
06.Who\'s The Man
07.Blow You Away!
08.Complex
09.Your Love feat.KREVA
10.NAMIDA feat.三浦大知
11.No Limit feat.宇多丸(from RHYMESTER)
12.全速力 feat.宇多丸、千晴、三浦大知
13.ハートアップ
14.Darkest Before Dawn
15.Right Now
16.Unlock
17.I\'m On Fire
18.EXCITE
19.music
<アンコール>
20.NOW AND FOREVER
21.DIVE!

アルバム『BEST』

2018年3月7日発売



【2CD+DVD】(2CD+DVD+スマプラムービー+スマプラミュージック)
AVCD-16835〜6/B/¥4,500+税
【2CD+Blu-ray】(2CD+Blu-ray+スマプラムービー+スマプラミュージック)
AVCD-16837〜8/B/¥5,500+税
【2CD】(2CD+スマプラミュージック)
AVCD-16839〜40/¥3,200+税
<収録曲>
■DISC A(CD)
1. Keep It Goin\' On
2. Free Style
3. Southern Cross
4. No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
5. Flag
6. Inside Your Head
7. Your Love feat. KREVA
8. Delete My Memories
9. The Answer
10. Lullaby
11. Turn Off The Light
12. Two Hearts
■DISC B(CD)
1. Right Now
2. Voice
3. GO FOR IT
4. Anchor
5. ふれあうだけで 〜Always with you〜
6. IT\'S THE RIGHT TIME
7. Unlock
8. music
9. Cry & Fight
10. (RE)PLAY
11. EXCITE
12. U
13. 普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered −
14. DIVE!
■DVD / Blu-ray
Keep It Goin\' On
Free Style
Southern Cross
No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
Flag
Inside Your Head
Your Love feat. KREVA
Delete My Memories
The Answer
Lullaby
Turn Off The Light
Two Hearts
Right Now
GO FOR IT
Anchor
ふれあうだけで 〜Always with you〜
IT\'S THE RIGHT TIME
Unlock
music
Cry & Fight
(RE)PLAY
EXCITE
U
普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered −
DIVE!

【3CD 】(3CD+スマプラミュージック)
AVC1-16841〜3/¥3,900+税
※今作の収録曲以外の全楽曲の中から、三浦大知ファンクラブ「大知識」会員によるファン投票により選出されたTOP10楽曲を「DISC C」に収録!(DISC A,Bは共通となります。)
<収録曲>
■DISC C
別れのベル
誰もがダンサー
Bring It Down
Who\'s The Man
Elevator
ほか全10曲(収録曲順未定)



【関連リンク】
三浦大知、日本武道館で満島ひかり、KREVAなど豪華ゲストと共演!
三浦大知まとめ
KREVAまとめ
千晴まとめ
RHYMESTERまとめ

【関連アーティスト】
三浦大知, KREVA, 千晴, RHYMESTER, 絢香
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, セットリスト, ライブレポ

70sロック最高のアルバムと言っても過言ではないニール・ヤングの『ハーヴェスト』
Fri, 16 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1970年、ソロ第3作『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』とクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング名義の第1作『デジャ・ヴ』、ロック史上に残る名作を同じ年に2枚もリリースしていたニール・ヤング。それだけでもすごいことなのに、4枚目となる本作『ハーヴェスト』はそれら2枚の名作を上回るほどの完璧な仕上がりで、まさに完全無欠の作品と言ってもいいのではないだろうか。これまでに通算40枚以上のアルバムをリリースしている彼の長いキャリアと才能は人間離れしているが、特に70年代の作品の完成度は、凡人はただただひれ伏すしかない恐るべきものである。

■グループ活動に向かない ヤングとスティルス

ニール・ヤングが最初に所属したバッファロー・スプリングフィールドは、スーパーグループであった。リッチー・フューレイ(後にポコを結成)、スティーブ・スティルス(後にCSNを結成)、ニール・ヤングの3人のリードヴォーカリストを擁したものの、グループにはまとめ役がおらず、いざこざが絶えなかった。ヤングとスティルスはお互いの才能を認めてはいたが、方向性や音楽性の違いで会えば喧嘩していた。ふたりとも我が強く、そもそもグループ活動には向かないタイプであったことは間違いない。ヤングはソロ活動が好きだったので、グループを離れたり戻ったりしていたのだが、他のメンバーも人間関係のストレスに嫌気がさし、2年足らずでグループは解散することになる。

スティルスは脱退後、アル・クーパーの『スーパーセッション』に参加したり、バーズを抜けたばかりのデヴィッド・クロスビーと合流、イギリスの人気グループであったホリーズのアメリカツアーで渡米したグレアム・ナッシュとも出会い、クロスビー・スティルス&ナッシュを結成するためにリハーサルを繰り返していた。そして69年、彼ら3人のデビュー作『CS&N』をリリースすると大きなセールスを記録、全米チャートでも6位となる。独特のコーラスワークを武器に、彼らはまったく新しいタイプのフォークロックグループとして、ウエストコーストロックの原型を作ったパイオニアである。彼らの存在がなければイーグルスもドゥービー・ブラザーズも登場していなかったかもしれない。それぐらい大きな存在なのである。

■クロスビー・スティルス・ナッシュ &ヤングとソロ活動の両立

CS&Nは、ギター、ベース、キーボードなどをスティルスがひとりで担当しており、サポートメンバーがいなければライヴ活動が難しいため、新たなメンバーを探すことにしたのだが、結果的にはニール・ヤングに参加を依頼することになる。スティルスもヤングも、ふたりが揃えば絶対うまくいかないことは分かっていたはずなのだが、お互いのアーティストとしての才能は認めていただけに、こういう結果となった。ただ、ヤングはCSN&Yと並行してソロ活動も行なうことをグループ加入の条件としていて、彼自身、いつかグループを脱退することになるのではと予期していたのかもしれない。

そして、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング名義でリリースされた『デジャ・ヴ』(‘70)は4人の個性が最大限に引き出された傑作中の傑作となったわけだが、同時進行で進められていたヤングのソロ第3作『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』もまた、ロック史に残る稀有な名作となっている。ここにきて、ヤングの天才ぶりが一般のリスナーの知るところとなり『デジャ・ヴ』と『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』の2枚が相乗効果となって、ヤングの名前は全米どころか世界中に轟くこととなる。しかし、『デジャ・ヴ』をリリース後、スティルスの薬物問題やバックメンバーの解雇などが重なり、CSN&Yは空中分解してしまう。ヤングの予言が的中したのかどうかは分からないが、結果的にライヴ公演の模様を収めた『4ウェイ・ストリート』(’71)が彼らの最後のアルバムとなった。

翌71年のヤングは、ツアーや映画制作とサントラのレコーディング(『過去への旅路』(‘72)としてリリース)、そして次のソロアルバムの曲作りとレコーディングなどに費やしている。

■本作『ハーヴェスト』について

中学3年生の夏休み、ひどい風邪に罹り4〜5日寝込んでいた僕は枕元にラジカセ(これって死語? ラジオとカセットテープを聴くための機器)を置いてラジオをずっと聴いていた。寝ている間だけで数十回オンエアされていたのが、ニール・ヤングの自身最大のヒット曲「孤独の旅路(原題:Heart Of Gold)」。こんなに良い曲がこの世にあるのか…と思っていた僕は、風邪が治るとすぐ、この曲が収録されたリリースされたばかりの本作『ハーヴェスト』を近所のレコード店に買いに行った。

帰宅するや否や本作を聴いたのだが、こんなに良いアルバムだとは思わなかったというのが本音であった。なぜって、『デジャ・ヴ』も『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』も聴いていて、どちらも素晴らしかっただけに、そんなに良いアルバムが続けて出せるはずはないだろうと、子供のくせにそう思っていたからだ。しかし、本当にその2枚よりも本作のほうが良かったのである。『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』はもちろん良かったけれど、アルバムの空気が重かったし暗かった。パワーに満ちた思春期の若者はもっとパワフルなエネルギーを感じたかったのかもしれない。その点、『ハーヴェスト』には前作にはないそこそこのキャッチーさがあった。とはいっても、売れ線のヒット狙いではなく、リスナーに媚びない頑固さが感じられる作品である。

名曲「孤独の旅路」(アルバムもシングルも全米1位となった)をはじめ、前作収録の「サザンマン」的テイストのハードな「アラバマ」や「歌う言葉」が入っている。カントリーロックの「週末に」「ハーヴェスト」「オールドマン」もいいし、ビートルズの「ロング・アンド・ワインディング・ロード」っぽいドラマティックな「男は女が必要」や映画音楽のような「世界がある」も、スワンプロック仕立ての「国のために用意はいいか?」、静かなフォークの「ダメージ・ダン」から切れ目なく「歌う言葉」へと繋がる部分は何度聴いてもしびれる。

本作のバックを務めるのはストレイ・ゲイターズ。ナッシュビルの名セッションマンばかりで構成されている。ドラムはエリアコード615のケニー・バットレー、ベースはジェームス・ブラウンのバックを務めたこともあるマザー・アースのティム・ドラモンド、ペダルスティールにはハングリー・チャックでもお馴染みのベン・キースが担当している。彼らを使うには相当なギャラが発生したと思うが、その甲斐あって全編文句なしの演奏である。ニール・ヤングの歌とギターもエモーションにあふれる名演揃いで、何度聴いても非の打ちどころのない作品だ。“名盤”という言葉は本作のようなアルバムにこそ相応しい。

余談だが、「孤独の旅路」のバックヴォーカルにはリンダ・ロンスタットとジェイムス・テイラーが参加していて、彼らの声がしっかり判別できるので、それを聴き分けるのも楽しい作業である。カーリー・サイモンの大ヒット曲「うつろな愛」のバックでミック・ジャガーの声が聴けて嬉しかった覚えのある人は、こちらも楽しめるはず。

もし、これまでニール・ヤングを聴いたことがないのなら、とりあえずは『ハーヴェスト』か『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』のどちらかを聴いてもらいたい。この2枚はニール・ヤングの入門編であり上級編でもあるので、50年ぐらいは楽しめると思います♪ これを機会にぜひ!

TEXT:河崎直人

アルバム『HARVEST』

1972年発表作品



<収録曲>
01. OUT ON THE WEEKEND / 週末に
02. HARVEST / ハーヴェスト
03. A MAN NEEDS A MAID / 男は女が必要
04. HEART OF GOLD / 孤独の旅路
05. ARE YOU READY FOR THE COUNTRY? / 国のために用意はいいか?
06. OLD MAN / オールド・マン
07. THERE\'S A WORLD / 世界がある
08. ALABAMA / アラバマ
09. THE NEEDLE AND THE DAMAGE DONE / ダメージ・ダン
10. WORDS (Between The Lines Of Age) / 歌う言葉



【関連リンク】
70sロック最高のアルバムと言っても過言ではないニール・ヤングの『ハーヴェスト』
Neil Youngまとめ
高槻かなこ、芹澤優がMCを務める生放送番組がスタート!

【関連アーティスト】
Neil Young
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

高槻かなこ、芹澤優がMCを務める生放送番組がスタート!
Fri, 16 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

高槻かなこ、芹澤優がMCを務める生放送番組「アニュータ Presents 高槻かなこ 芹澤優の パーティー!パーティー!パーティー!」が、2月20日(火)より放送スタート! 本番組では、アニソン定額配信アプリ“アニュータ”内のランキングや人気楽曲の紹介、さらに5月13日(日)に開催される『アニュータライブ2018「あにゅパ!!」』に向けた企画など、盛りだくさんの内容でお送りする。

無類のアニソンファンであり、『ラブライブ!サンシャイン!!』の国木田花丸役でもおなじみの高槻かなこと、i☆Risのメンバーとして活躍中の芹澤優の掛け合いにも注目の同番組は、ニコニコ生放送にて月に1回配信されるとのこと。また、番組ではお便りを募集しており、“アニュータ”アプリ内の番組お便りフォームにて応募ができるので、こちらも併せて要チェック!

■アニュータ Presents 高槻かなこ 芹澤優の パーティー!パーティー!パーティー!

第1回放送:2月20日(火)23:00〜24:00 ※以降、月1回の放送
MC: 高槻かなこ、芹澤優
番組URL:http://live2.nicovideo.jp/watch/lv311055832
番組へのお便り:“アニュータ”アプリ内番組お便りフォームで募集中

『アニュータライブ2018「あにゅパ!!」』

5月13日(日) 千葉・幕張メッセイベントホール
<出演>
i☆Ris/内田真礼/ほか2組 ※50音順
第二弾発表:3月09日(金)
第三弾発表:4月14日(土)
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。変更に伴うチケットの払戻しはいたしません。
<チケット>
全席指定¥7,900(税込)
・チケットの第1弾販売
2月08日(木)12:00〜2月25日(月)23:59
※お申し込みにはスマホアプリ「アニュータ」への会員登録が必要となり、受取については電子チケット「アニュータチケット」か、もしくはコンビニエンスストアをお選びいただけます。
<注意>
・枚数制限:お一人様4枚まで
・3歳以上有料
・営利目的の転売禁止
・転売チケット入場不可
・オークションへの出品禁止

“アニュータ”ダウンロードURL

・Apple store
https://itunes.apple.com/jp/app/id1214791564
・Google Play 
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aniuta.android.aniutaap



【関連リンク】
高槻かなこ、芹澤優がMCを務める生放送番組がスタート!
高槻かなこまとめ
i☆Risまとめ
欅坂46、「ガラスを割れ!」のアートワークを公開

【関連アーティスト】
高槻かなこ, i☆Ris
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, 配信

欅坂46、「ガラスを割れ!」のアートワークを公開
Fri, 16 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46の6thシングル「ガラスを割れ!」のアーティスト写真とジャケット写真が公開された。アーティスト写真は、早くも再生回数が200万回を突破した「ガラスを割れ!」のMVで着ていたMA-1と黒のパンツが印象的なビジュアルに。6作連続でセンターを務める平手友梨奈のみ赤のMA-1を身にまとい、強烈な存在感を示している。また、ジャケット写真ではカラースモークの中にたたずむメンバーが印象的で、表題曲の世界観に合った“強さ”を醸し出している。まだ解禁されていない楽曲やMV、そして“けやき坂46”のアートワークも含めてリリースまで目が離せない。

シングル「ガラスを割れ!」

2018年3月7日(水)発売



【初回仕様限定盤TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9736〜9737/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.ガラスを割れ!
2.もう森へ帰ろうか?
3.夜明けの孤独
4.ガラスを割れ! off vocal ver.
5.もう森へ帰ろうか? off vocal ver.
6.夜明けの孤独 off vocal ver.
■DVD
1.ガラスを割れ! Music Video
2.もう森へ帰ろうか? Music Video
3.石森虹花 自撮りTV
4.今泉佑唯 自撮りTV
5.上村莉菜 自撮りTV
6.齋藤冬優花 自撮りTV
7.志田愛佳 自撮りTV
8.土生瑞穂 自撮りTV
9.原田葵 自撮りTV



【初回仕様限定盤TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9738〜9739/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.ガラスを割れ!
2.もう森へ帰ろうか?
3.イマニミテイロ
4.ガラスを割れ! off vocal ver.
5.もう森へ帰ろうか? off vocal ver.
6.イマニミテイロ off vocal ver.
■DVD
1.ガラスを割れ! Music Video
2.イマニミテイロ Music Video
3.尾関梨香 自撮りTV
4.織田奈那 自撮りTV
5.佐藤詩織 自撮りTV
6.長沢菜々香 自撮りTV
7.守屋茜 自撮りTV
8.米谷奈々未 自撮りTV
9.渡辺梨加 自撮りTV



【初回仕様限定盤TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9740〜9741/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.ガラスを割れ!
2.もう森へ帰ろうか?
3.ゼンマイ仕掛けの夢
4.ガラスを割れ! off vocal ver.
5.もう森へ帰ろうか? off vocal ver.
6.ゼンマイ仕掛けの夢 off vocal ver.
■DVD
1.ガラスを割れ! Music Video
2.ゼンマイ仕掛けの夢 Music Video
3.小池美波 自撮りTV
4.小林由依 自撮りTV
5.菅井友香 自撮りTV
6.平手友梨奈 自撮りTV
7.けやき坂46 1期生特典映像



【初回仕様限定盤TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9742〜9743/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
1.ガラスを割れ!
2.もう森へ帰ろうか?
3.バスルームトラベル
4.ガラスを割れ! off vocal ver.
5.もう森へ帰ろうか? off vocal ver.
6.バスルームトラベル off vocal ver.
■DVD
1.ガラスを割れ! Music Video
2.バスルームトラベル Music Video
3.鈴本美愉 自撮りTV
4.長濱ねる 自撮りTV
5.渡邉理佐 自撮りTV
6.けやき坂46 2期生特典映像



【通常盤】(CD)
SRCL-9744/¥972+税
<収録曲>
■CD
1.ガラスを割れ!
2.もう森へ帰ろうか?
3.半分の記憶
4.ガラスを割れ! off vocal ver.
5.もう森へ帰ろうか? off vocal ver.
6.半分の記憶 off vocal ver.

【握手会情報】

■6thシングル「ガラスを割れ!」発売記念全国握手会
3月24日(土) 愛知・ポートメッセなごや
4月21日(土) 千葉・幕張メッセ
5月04日(金・祝) 大阪・インテックス大阪

■6thシングル「ガラスを割れ!」発売記念個別握手会
3月17日(土) 東京・東京ビッグサイト
3月21日(水・祝) 東京・東京ビッグサイト
4月22日(日) 千葉・幕張メッセ
6月02日(土) 愛知・ポートメッセなごや
6月10日(日) 神奈川・パシフィコ横浜
6月24日(日) 京都・京都パルスプラザ
※個別握手会の詳細はこちら:http://fortunemusic.jp/



【関連リンク】
欅坂46、「ガラスを割れ!」のアートワークを公開
欅坂46まとめ
阿部真央、岡崎体育がアレンジに参加した「immorality」MV公開

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル

阿部真央、岡崎体育がアレンジに参加した「immorality」MV公開
Fri, 16 Feb 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

阿部真央が3月7日(水)にリリースする8thアルバム『YOU』に収録される「immorality(Arranged by 岡崎体育)」のミュージックビデオが公開された。本楽曲は阿部真央の熱烈オファーに応える形で、岡崎体育がアレンジを担当。全編打ち込みによる岡崎体育サウンド全開の同世代によるタッグが光る楽曲になっている。ミュージックビデオでは、従来のイメージを逸する艶やかな衣装に身を包んだ阿部真央がクラブで踊り歌う新たな姿も観ることができるので、ぜひチェックしてほしい。また同時に「immorality(Arranged by 岡崎体育)」の先行配信とアルバム『YOU』のダウンロード予約がスタート!

収録曲を続々とオンエア解禁しているアルバム『YOU』だが、2月19日(月)にはFM802「ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!-」番組内にて「朝日が昇る頃に」を初オンエアすることが決定! 「朝日が昇る頃に」は、愛する人との別れを美しいメロディーと歌詞で描写したミドルナンバーとなっている。そして阿部真央は、オンエア解禁するFM802の同番組とタッグを組み、3月6日(火)に関西圏の高校、大学、専門学校を対象に公開収録をすることが決定した。ただいま番組HPでは学校を募集しているとのことなので、ぜひ応募してみてほしい。

■「朝日が昇る頃に」オンエア情報
FM802『ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!-』
2月19日(月)21:00〜23:48

『ROCK KIDS 802-YUME GO AROUND-』公開収録

3月06日(火)14:00〜17:00の間30分程度
<応募対象>関西圏の高校、大学、専門学校対象
※スケジュールの都合上、大阪・南森町から車で60分圏内の学校に限らせていただきます。
募集ページ:https://funky802.com/i/s5204

先行配信「immorality(Arranged by 岡崎体育)」

配信中



■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1348153437?l=ja&ls=1&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1009493504/
■mora
http://mora.jp/package/43000004/PCCA-04628/



【関連リンク】
阿部真央、岡崎体育がアレンジに参加した「immorality」MV公開
阿部真央まとめ
岡崎体育まとめ
デヴィッド・ボウイ、幻のベスト盤の最新リマスター新装版発売決定

【関連アーティスト】
阿部真央, 岡崎体育
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

デヴィッド・ボウイ、幻のベスト盤の最新リマスター新装版発売決定
Fri, 16 Feb 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイが1981年に発表して以降長らく入手困難となっていた第二弾ベスト・アルバムが、最新リマスター音源を収録して再びオフィシャル・リリースされる事が決定した。

『美しき魂の告白 ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ2(原題: Changestwobowie)』と名付けられたこの作品は、彼が76年に発表し大きな成功を収めた初のベスト・アルバム、『魅せられし変容 ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ(原題: Changesonebowie)』に続くベスト・アルバム第二弾として、1981年11月に発表された。その後、1985年に一旦はCD化されるのだが、ほどなくこの作品は市場から姿を消し、長らく入手困難となっていた。そのレア作品が輸入盤は4月13日に、そして国内盤は4月25日に、最新リマスター音源を使用した新装版としてリリースされる。

数々のハリウッド・スターのポートレイトを手掛ける、国際的に評価の高いセレブリティ・フォトグラファー、グレッグ・ゴーマンによる象徴的な写真をジャケットに使用したこの『美しき魂の告白 ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ2』は、1971年の『ハンキー・ドリー(原題: Hunky Dory)』から1980年の『スケアリー・モンスターズ(原題: Scary Monsters (And Super Creeps))』までに発表した楽曲を収録。最新リマスター音源を使用したCDに加え、180グラム重量盤アナログ、デジタル配信、そして192kHz/24bit、96kHz/24bitのハイレゾ配信というフォーマットでリリースされる。180グラム重量盤アナログの初回プレス分は、ブラック・ヴァイナルとブルー・ヴァイナルがランダムで出荷される仕様となっている(セカンド・プレス以降は通常のブラック・ヴァイナルでの出荷)。

また、今回の『美しき魂の告白 ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ2』の発売に合わせ、2016年に40周年記念盤としてリリースした初のベスト・アルバム『魅せられし変容 ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ』の、192kHz/24bit、96kHz/24bitハイレゾ・デジタル配信もスタートする予定だ。

アルバム『美しき魂の告白 ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ2』

2018年4月25日発売



WPCR-17977/¥2,400+税
<収録曲>
1. Aladdin Sane (1913-1938-197?) / アラジン・セイン
2. Oh! You Pretty Things / ユー・プリティ・シングス
3. Starman / スターマン
4. 1984 / 1984年
5. Ashes To Ashes (Single Version) / アッシュズ・トゥ・アッシュズ(シングル・ヴァージョン)
6. Sound And Vision / サウンド・アンド・ヴィジョン
7. Fashion (Single Version) / ファッション(シングル・ヴァージョン)
8. Wild Is The Wind / 野性の息吹き
9. John, I\'m Only Dancing (Again) 1975 / ジョン、アイム・オンリー・ダンシング(アゲイン)
10. D.J. (Single Version) / DJ(シングル・ヴァージョン)
※解説・歌詞・対訳付



【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ、幻のベスト盤の最新リマスター新装版発売決定
デヴィッド・ボウイまとめ

【関連アーティスト】
デヴィッド・ボウイ
【ジャンル】
洋楽, ニュース, CD, アルバム, リリース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1