歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月15日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
『DI:GA ONLINE』リニューアル記念! フェスで活躍間違いなしのグッズプレゼント企画を実施中
Thu, 15 Feb 2018 18:00:00 +0900


DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』(ディーガ・オンライン)がサイトのリニューアルを記念し、スペシャルグッズのプレゼント企画を実施中!

『MILKFED.』からはショルダーバッグ、ハート型カラビナ、Tシャツ、『SILAS』からは2WAYロゴトート、コインケース、ナイロンキャップ、『ripa』からはサコッシュと、かわいくスタイリッシュにフェスシーズンを彩るグッズが勢ぞろい。また、毎冬・夏にDISK GARAGEが開催している都市型音楽フェス『MUSIC MONSTERS』にて過去発売したオリジナルグッズより、缶バッジ&ラバーバンド&タオルのグッズセットをはじめ、モバイルバッテリーやチケットホルダーなど、春フェス・夏フェスに向けて準備しておきたいお役立ちアイテムも。

当企画の応募締め切りは、2月22日(木)23:59まで。プレゼント応募方法や商品の詳細については、オフィシャルサイトをチェックしてほしい。

■DI:GA ONLINEリニューアル記念企画ページ
http://www.diskgarage.com/digaonline/renewal



【関連リンク】
『DI:GA ONLINE』リニューアル記念! フェスで活躍間違いなしのグッズプレゼント企画を実施中
THE ORAL CIGARETTES、新曲「ReI」の無料ダウンロード決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

THE ORAL CIGARETTES、新曲「ReI」の無料ダウンロード決定
Thu, 15 Feb 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE ORAL CIGARETTESが2月15日(木)に大阪城ホールにて『唇ワンマンライブ 2018 WINTER 「DIVER In the BLACK Tour〜ReI of Lights〜」』を開催。2017年6月に初の日本武道館公演を大成功に収め、最新シングル「BLACK MEMORY」は映画『亜人』主題歌としてスマッシュヒットを果たす中、今回の初の大阪城ホール公演のチケットは即日SOLD OUT。地元関西での初アリーナ公演となる今回のライブを待ちわびた歓喜のオーディエンスに迎えられ、アンコール2曲を含む全21曲を披露し、10,000人のファンを熱狂させた。

会場のボルテージが最高潮に高まる中、2017年の全国ツアーから披露してきた新曲「ReI」を披露。この楽曲は2016年10月に行なわれた全国対バンツアーで福島に訪れた際に話した地元の人々との会話がきっかけとなり、実際に被災地を自分の目で確かめたことによって生まれた曲。災害など自分がこれまで体験してこなかった出来事や感情を歌うことに躊躇していたが、その土地の人たちの生の声に触れて、特別な感情を歌にしようと決意し、約2年かけて楽曲を完成させたという。そしてステージ上で山中拓也(Vo)が、ReI project本格始動の第一弾としてReIprojectのウェブサイトから、2月16日(金)0:00より本曲のフリーダウンロードを開始することを発表! 今回このような形でのリリースすることの思いも語られた。詳しくはReI Projectのウェブサイトでも書かれているので、ぜひチェックしてほしい。さらに、ライブでは“夏までにアルバムを出します”という宣言もあり、会場は歓喜に包まれた。

また、新曲「ReI」のラジオオンエアは配信直前の2月15日(木)23:00より全国一斉解禁となる。今回見事に地元関西での初アリーナ公演、そして2018年初ワンマンを大成功に収めた彼らの今後のさらなる活躍に期待したい。

配信楽曲「ReI」

2018年2月16日配信開始



配信URL
http://rei-project.jp
※フリーダウンロード



【関連リンク】
THE ORAL CIGARETTES、新曲「ReI」の無料ダウンロード決定
Plastic Tree、アルバム『doorAdore』収録曲「遠国」MV公開&ニコ生特番も決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 音楽配信

Plastic Tree、アルバム『doorAdore』収録曲「遠国」MV公開&ニコ生特番も決定
Thu, 15 Feb 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Plastic Treeが3月7日(水)にリリースする14枚目のオリジナルフルアルバム『doorAdore』の収録曲「遠国」のMVが公開された。アーティスト写真同様、砂丘で撮影されたこのMVは、全編1つのカメラで1発撮りされた映像となっている。荒涼とした砂丘での演奏シーンというシンプルなシチュエーションで「遠国」の世界観を体現した映像となっているので、ぜひチェックしてみよう。

そしてアルバム発売のちょうど1週前となる2月28日(水)に、ニコニコ生放送にてアルバム発売直前特番が放送されることも決定! メンバー全員生出演で、新作『doorAdore』に収録された全12曲の徹底解説や、前作『剥製』から現在までの“2年3ヶ月”を振り返る企画を行なうほか、完全生産限定盤AとBにそれぞれ収録されたメジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演のLIVE DVDから厳選した楽曲を、世界最速で先行公開する。ニコ生ならではの “秘密企画”も行なわれる予定とのことなので、ファンならずとも必見の内容となりそうだ。

アルバム『doorAdore』は、2017年のメジャーデビュー20周年を経て制作され、長いキャリアに裏打ちされた円熟味と長いキャリアを経てもなお攻め続ける瑞々しさが同居した意欲作。“バンドの次の扉 (door) を連想させる”そして“バンドの音楽への敬慕 (Adore) を体現した”一つの到達点ともいえる作品になっている。今作は、通常盤の他に完全生産限定盤Aと完全生産限定盤Bの全3形態でリリース。完全生産限定盤には2017年7月にパシフィコ横浜で大盛況のうちに終了した『メジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演』のライブDVDが付属となり、完全生産限定盤Aにはバンドの前半10年の作品からファンリクエストを募り行なわれた『第一幕【Plastic】things/1997?2006』の全曲、完全生産限定盤Bには後半10年の作品からファンリクエストを募り行なわれた『第二幕【Tree】songs/2007?2016』の全曲をそれぞれ収録される。このパシフィコ横浜公演のライブDVDのトレーラーもYouTubeで公開されているので、周年を記念して衣装含め“完全再現”された完成度の高いライブをぜひチェックしてみよう。

ちなみに、限定盤のAとBにはそれぞれ内容の違うスペシャルフォトブックが付属した豪華BOX仕様となっており、フォトブックは、こちらも写真家・宮澤正明による撮り下ろし。オリジナルクリアファイルなど、2月25日(日)までの期間限定の予約特典もあるので、今のうちに予約しておこう。

■Plastic Treeメンバー全員生出演 『doorAdore』発売直前ニコ生SP

2月28日(水)20:00〜
番組視聴URL&タイムシフト:http://nico.ms/lv311041402
<放送スケジュール>
※時間は目安になります。
20:00〜 Plastic Treeミュージックビデオ一挙放送
21:00〜 Plastic Tree生出演!New Album『doorAdore』発売直前特番

アルバム『doorAdore』

2018年3月7日発売



【完全生産限定盤A】(CD+DVD+スペシャルフォトブックTypeA)
VIZL-1335/¥9,800+税
※BOX仕様
<収録曲>
■CD
1.遠国
2.恋は灰色
3.エクジスタンシアリスム
4.雨中遊泳
5.サイレントノイズ
6.サーチ アンド デストロイ
7.残映
8.いろつき
9.念力
10.scenario
11.ノクターン
12.静かの海
■DVD
メジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演 於 パシフィコ横浜 第一幕【Plastic】things/1997?2006
・Intro
・May Day
・リセット
・絶望の丘
・幻燈機械
・「ぬけがら」
・本当の嘘
・monophobia
・クリーム
・3月5日。
・サーカス
・理科室
・グライダー
・ガーベラ
・散リユク僕ラ
・蒼い鳥



【完全生産限定盤B】(CD+DVD+スペシャルフォトブックTypeB )
VIZL-1336/¥9,800+税
※BOX仕様 
<収録曲>
■CD
1.遠国
2.恋は灰色
3.エクジスタンシアリスム
4.雨中遊泳
5.サイレントノイズ
6.サーチ アンド デストロイ
7.残映
8.いろつき
9.念力
10.scenario
11.ノクターン
12.静かの海
■DVD
メジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演 於 パシフィコ横浜 第二幕【Tree】songs/2007?2016
[DVD収録楽曲]
・眠れる森
・不純物
・エレジー
・スピカ
・ザザ降り、ザザ鳴り。
・無人駅
・オレンジ
・Sabbath
・egg
・涙腺回路
・黒い傘
・アンドロメタモルフォーゼ
・うつせみ
・メルト
・真っ赤な糸
・リプレイ
・記憶行き



【通常盤】(CD)
VICL-64964/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.遠国
2.恋は灰色
3.エクジスタンシアリスム
4.雨中遊泳
5.サイレントノイズ
6.サーチ アンド デストロイ
7.残映
8.いろつき
9.念力
10.scenario
11.ノクターン
12.静かの海

【ライブ情報】

■『Plastic Tree Spring Tour 2018「doorAdore」』
3月10日(土) 新潟・NIIGATA LOTS
3月11日(日) 長野・NAGANO CLUB JUNKBOX
3月17日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
3月18日(日) 大阪・BIG CAT
3月21日(水・祝) 名古屋・ボトムライン
3月24日(土) 神奈川・川崎CLUB CITTA\'
3月29日(木) 兵庫・神戸VARIT.
3月31日(土) 長崎・DRUM Be-7
4月01日(日) 福岡・DRUM LOGOS
4月07日(土) 神奈川・横浜Bay Hall
4月08日(日) 群馬・高崎CLUB FLEEZ
4月14日(土) 広島・クラブクアトロ
4月15日(日) 京都・FAN J
4月21日(土) 栃木・宇都宮HEAVEN\'S ROCK UTUNOMIYA VJ-2
4月22日(日) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK SHINTOSHIN VJ-3
4月28日(土) 茨城・水戸mitoLIGHT HOUSE
4月29日(日) 宮城・仙台Rensa
5月01日(火) 北海道・札幌ペニーレーン24
5月09日(水) 東京・中野サンプラザ

■『Plastic Treeパシフィコ横浜国立大ホール“全14アルバムリクエスト"公演2018』
7月07日(土) 神奈川・パシフィコ横浜
・第一幕【Plastic】things/1997?2006
開場/13:30 開演/14:00
・第二幕【Tree】songs/2007?2018
開場/17:30 開演/18:00



【関連リンク】
Plastic Tree、アルバム『doorAdore』収録曲「遠国」MV公開&ニコ生特番も決定
Plastic Treeまとめ
SCANDAL、『HONEY』発売記念の無料ライブ開催&アジアツアーを発表

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

SCANDAL、『HONEY』発売記念の無料ライブ開催&アジアツアーを発表
Thu, 15 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SCANDALが8枚目のオリジナルアルバム『HONEY』を2月14日(水)にリリースし、同作の発売を記念したフリーライブをZepp DiverCity Tokyoにて開催! 事前抽選で選ばれたラッキーなファンが全国各地から会場に詰めかけた。

ライブは2017年初の配信限定シングルとしてリリースされた「恋するユニバース」でスタート。2018年初ライブとなったこの日を待ちわびたファンの熱気と歓声でフロアは大盛り上がり。アルバム収録曲である「プラットホームシンドローム」や、バレンタインデーにちなんだ「ビターチョコレート」など、この日ならではの選曲でライブは進んでいく。HARUNA(Vo&Gu)は“今回は自分たちらしさや、ガールズバンドだからできる曲を、『HONEY』という作品に落とし込めた。そんなアルバムが自分たちだけで作れたのがすごく嬉しい”と作品に込めた想いを語った。さらに、RINA(Dr&Vo)も“メジャーで10年やって、これだけ衝動的なアルバムを作れたことが嬉しい。聞いてくれた一人ひとりがを明るい気持ちになったり、つらいことがあった時に救える音楽になれば。今日は会いに来てくれて本当にありがとう!”とファンへの感謝を精一杯伝えた。この日はライブ初披露の新曲「OVER」など全10曲を披露。“続きはホールツアーで!”と満員の観客の声援にこたえた。

SCANDALは3月から3年ぶりの全国ホールツアー『SCANDAL TOUR 2018 “HONEY“』を開催。さらに6月にはアジアツアー『SCANDAL ASIA TOUR 2018 “HONEY"』の開催も決定! チケット情報などの詳細は後日発表されるとのことなので、要チェックだ。

【セットリスト】
M1 恋するユニバース
M2 テイクミーアウト
M3 瞬間センチメンタル
M4 プラットホームシンドローム
M5 ビターチョコレート
M6 会わないつもりの、元気でね
M7 OVER
M8 EVERYBODY SAY YEAH!
M9 LOVE SURVIVE
<ENCORE>
EN1 SCANDAL BABY

■『SCANDAL ASIA TOUR 2018 "HONEY"』

6月10日(日) 香港・MacPherson Stadium
開演:20:00(現地時間)
会場URL:http://macstadium.hkpa.hk/
チケット:2月28日(水)〜販売開始
http://www.cityline.com/Events.do

6月15日(金) 北京
※詳細は後日発表いたします

6月17日(日) 広州
※詳細は後日発表いたします

6月24日(日) マニラ・SMX Convention Center
開演:19:00(現地時間)
会場URL:http://www.smxconventioncenter.com/
※チケット情報は後日発表いたします

6月30日(土) 台北・Clapper Studio
開演:19:00(現地時間)
会場URL:http://clappertw.wixsite.com/clapper/studio
※チケット情報は後日発表いたします

全国ホールツアー『SCANDAL TOUR 2018 “HONEY"』

3月03日(土) 埼玉 三郷市文化会館 大ホール
3月09日(金) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール 第2ホール
3月10日(土) 福岡 福岡市民会館
3月16日(金) 宮城 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
3月17日(土) 岩手 盛岡市民文化ホ−ル 大ホール
3月21日(水) 北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
3月24日(土) 栃木 佐野市文化会館 大ホール
3月25日(日) 茨城 結城市民文化センターアクロス 大ホール
3月31日(土) 新潟 新潟県民会館
4月01日(日) 石川 本多の森ホール
4月07日(土) 広島 広島文化学園HBGホール
4月08日(日) 鳥取 米子市公会堂
4月14日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月15日(日) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月21日(土) 香川 サンポートホール高松 大ホール
4月22日(日) 奈良 なら100年会館 大ホール
4月27日(金) 大阪 オリックス劇場
4月28日(土) 大阪 オリックス劇場
5月11日(金) 東京 中野サンプラザ
5月12日(土) 東京 中野サンプラザ
5月18日(金) 静岡 静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
5月19日(土) 岐阜 岐阜市民会館
5月25日(金) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
<チケット>
指定席¥5,800(税込)
※お1人様各公演4枚まで購入可能。
※全席指定・4歳以上チケット必要。

アルバム『HONEY』

2018年2月14日発売



【完全生産限定盤】(CD+Tシャツ)
ESCL4957-4958/¥5,278+税
※AMIAYAプロデュースのオリジナルフォトTシャツ付き
<収録曲>
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL4959-4960/¥3,426+税
<収録曲>
■CD
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース
■DVD
Storytellers:SCANDAL
01.瞬間センチメンタル
02.キミと夜と涙
03.LOVE ME DO
04.声(Acoustic ver.)
05.DOLL
06.恋するユニバース
07.テイクミーアウト
08.8月
09.SCANDAL BABY



【通常盤】
ESCL4961/¥2,963+税
<収録曲>
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース



【関連リンク】
SCANDAL、『HONEY』発売記念の無料ライブ開催&アジアツアーを発表
SCANDALまとめ
GLIM SPANKY、亀田誠治ら音楽プロデューサー陣とTV番組「Sound Inn S」に出演決定

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
ニュース

GLIM SPANKY、亀田誠治ら音楽プロデューサー陣とTV番組「Sound Inn S」に出演決定
Thu, 15 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが、音楽プロデューサー亀田誠治、笹路正徳、島田昌典とともに、一夜限りのサウンドを築き上げるTV番組BS-TBS「Sound Inn S」に出演することが分かった。亀田誠治とは自身の楽曲となる「愚か者たち」、笹路正徳とはthe brilliant green「There will be love there-愛のある場所-」をカヴァー、島田昌典とはキャロル・キング「I Feel The Earth Move」をカヴァーし、楽曲ごとにアレンジをして、それぞれの演奏形態で上質のサウンドを響かせている。2月17日(土)23時〜BS-TBSにてオンエアされるので、“時を超えた、ここでしか聴くことのできないサウンド”をお見逃しなく。

■BS-TBS『Sound Inn S』
放送日:2月17日(土)23時〜オンエア
http://www.bs-tbs.co.jp/music/sis/

■【GLIM SPANKYコメント】

■松尾レミ
・「愚か者たち」
元々この曲を一緒にレコーディング&プロデュースした亀田さんと共に演奏しました。オルガンが加わり、より力強く生々しくなり、曲の尺も少し変わっていたりでとても刺激的な演奏になっています。素晴らしいメンバーの皆さんも、いい意味で「ティーンの心」でやってくださいました。

■亀本寛貴
・「There will be love there-愛のある場所-」(原曲:the brilliant green)
こちらもストリングスやエレクトリックピアノなど沢山の楽器の皆さんと演奏させて頂いてとても心地よい空間でした。笹路さんは原曲を編曲されている方なので一緒に演奏出来て嬉しかったですし、バンドの一体感も出てロックな良いテイクが録れたと思います!

・「I Feel The Earth Move」(原曲:キャロル・キング)
VOXのJaguar organやホーンセクションが入ることによって豪華な70年代の王道ロック感がとても出ていましたし、リズム隊やギターの方々も自由に演奏してくださって生のセッション感が非常に楽しかったです!



【関連リンク】
GLIM SPANKY、亀田誠治ら音楽プロデューサー陣とTV番組「Sound Inn S」に出演決定
亀田誠治まとめ
島田昌典まとめ
GLIM SPANKYまとめ
ASIAN KUNG-FU GENERATION、ベスト盤3タイトル同時発売&全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
亀田誠治, 島田昌典, GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, テレビ番組, 音楽番組, 出演

ASIAN KUNG-FU GENERATION、ベスト盤3タイトル同時発売&全国ツアー開催決定
Thu, 15 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONがベストアルバム『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』をリリースすることを発表した。ベスト盤としては『BEST HIT AKG』から約6年ぶり、2枚目のベストアルバムとなる。2012年以降の楽曲からセレクトされた16曲と、新曲「生者のマーチ」を加えた全17曲を収録。「荒野を歩け」以来、1年ぶりの新曲となる「生者のマーチ」は、そばにいる人を抱きしめることの尊さを描き、“生きること”への祈りが込められたような後藤の歌声も印象的なラブソングだ。まさにASIAN KUNG-FU GENERATIONの“今”が凝縮された珠玉のベストアルバムとなっている。初回生産限定盤に付属するDVDには、2017年12月に行われたFEEDERとのカップリングツアー『ASIAN KUNG-FU GENERATION × FEEDER Tour 2017 Supported by PIA』から、豊洲PIT公演でのライブ映像を6曲収録。新曲「生者のマーチ」も収録されたレアな映像作品となっているので、ぜひゲットしてほしい。

また、『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』と同時発売で『BEST HIT AKG Official Bootleg “HONE"』『BEST HIT AKG Official Bootleg “IMO"』の2枚のリリースも決定! こちらはアルバム『BEST HIT AKG』リリース時の2012年に、後藤(Vo&Gu)がセレクトしブログに綴っていた架空のベストアルバムで、今回その架空のベストアルバムが“Official Bootleg”となってまさかの現実化!! それぞれ“芋っぽい曲”、“骨っぽい曲”が15曲ずつ収録されている。CDジャケットのアートワークには、当時後藤自身が描いた骨と芋のイラストが採用されているファン必須のアイテムだ。

さらに、6月からの全国ツアー『Tour 2018 「BONES & YAMS」』の開催も決定! そのタイトル通り、Official Bootleg盤である“HONE”と“IMO”を中心としたコンセプチュアルなライブになりそうだ。チケットは、2月15日(木)〜2月21日(木)までオフィシャルHP先行を受付中とのこと。

■『Tour 2018 「BONES & YAMS」 』

6月07日(木) 東京 Zepp DiverCity
6月08日(金) 東京 Zepp DiverCity
6月10日(日) 宮城 SENDAI GIGS
6月14日(木) 大阪 Zepp Osaka Bayside
6月15日(金) 大阪 Zepp Osaka Bayside
6月18日(月) 愛知 Zepp Nagoya
6月19日(火) 愛知 Zepp Nagoya
6月21日(木) 広島 広島 CLUB QUATTRO
6月25日(月) 東京 Zepp Tokyo
6月26日(火) 東京 Zepp Tokyo
6月28日(木) 北海道 Zepp Sapporo
7月01日(日) 香川 高松 festhalle
7月03日(火) 福岡 福岡 DRUM LOGOS
7月04日(水) 福岡 福岡 DRUM LOGOS
7月07日(土) 新潟 新潟 LOTS
7月08日(日) 群馬 高崎 club FLEEZ
7月11日(水) 東京 新木場 STUDIO COAST

■特設サイト
http://www.akglive.com/tour2018/

アルバム『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』

2018年3月28日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3050〜3051/¥3,700+税
<収録曲>
■CD
01 夜を越えて
02 踵で愛を打ち鳴らせ
03 All right part2
04 それでは、また明日
05 アネモネの咲く春に
06 今を生きて
07 ローリングストーン
08 Standard / スタンダード
09 Easter / 復活祭
10 Planet of the Apes / 猿の惑星
11 Wonder Future / ワンダーフューチャー
12 Right Now
13 ブラッドサーキュレーター
14 リライト (2016)
15 Re:Re: (2016)
16 海岸通り (2016)
17 生者のマーチ
■DVD
LIVE AT TOYOSU PIT, 2017.12.7-8
01 Re:Re:
02 Standard / スタンダード
03 Easter / 復活祭
04 Planet of the Apes / 猿の惑星
05 生者のマーチ
06 今を生きて
※2枚組ジュエルケース+二方背ケース
※プレイパス対応



【通常盤】(CD)
KSCL-3052/¥2,800+税
※初回仕様:プレイパス対応

アルバム『BEST HIT AKG Official Bootleg “HONE”』

2018年3月28日発売



KSCL-3054/¥2,500+税
※初回仕様:プレイパス対応
<収録曲>
01 暗号のワルツ
02 サイレン
03 ネオテニー
04 真冬のダンス
05 無限グライダー
06 架空生物のブルース
07 月光
08 タイトロープ
09 転がる岩、君に朝が降る
10 未だ見ぬ明日に
11 ブラックアウト
12 ノ―ネーム
13 新世紀のラブソング
14 永遠に
15 新しい世界

アルバム『BEST HIT AKG Official Bootleg “IMO”』

2018年3月28日発売



KSCL-3053/¥2,500+税
※初回仕様:プレイパス対応
<収録曲>
01 エントランス
02 融雪
03 ループ&ループ
04 マイクロフォン
05 アンダ―スタンド
06 サイエンスフィクション
07 君という花
08 海岸通り
09 迷子犬と雨のビート
10 ロードムービー
11 極楽寺ハートブレイク
12 イエス
13 白に染めろ
14 稲村ヶ崎ジェーン
15 さよならロストジェネレイション



【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION、ベスト盤3タイトル同時発売&全国ツアー開催決定
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
雨のパレード、ニューアルバム発売記念ライブフォトパネル展を開催

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, CD, アルバム, リリース, ツアー

雨のパレード、ニューアルバム発売記念ライブフォトパネル展を開催
Thu, 15 Feb 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

雨のパレードが3月14日(水)にリリースするニューアルバム『Reason of Black Color』の発売を記念して、CDショップでのライブフォトのパネル展を開催することが分かった。3月13日(火)よりタワーレコードの一部店舗に於いて、ニューアルバムの初回生産限定盤にも付属されている『Live at STUDIO COAST 2017.9.24』のパネルが展開される。開催店舗でアルバム『Reason of Black Color』を購入すると、先着で限定特典もプレゼントされるとのこと。

また、購入者対象のツタロックとのキャンペーンや、店舗別のオリジナル特典のデザインも発表された。雨のパレード×ツタロックキャンペーンでは、抽選で20名様にワンマンツアー『ame_no_parade Oneman Tour 2018 “COLORS”』のツアーグッズにメンバーのサインを入れてプレゼント! TSUTAYA全国各店及びTSUTAYAオンラインショッピングにてアルバム 『Reason of Black Color』を購入すると、先着でもらえるキャンペーン専用応募ハガキがもらえるので、ぜひ参加してみてほしい。店舗別オリジナル特典では、今回のアルバムジャケット同様に、アーティスト写真を使って4人の個性を表した4色を練り合わすように加工していき、そこで産まれる偶然性を狙ったグラフィック紋様で作成されたオリジナルステッカーが各チェーン店毎に用意されるので、 お早めの予約をおすすめする。

その他、音楽雑誌「MUSICA」3月号誌上では、雨のパレードに注目する編集長・有泉智子による、バンドを牽引する福永浩平(Vo)に対する1対1のインタビュー模様が6Pに渡り掲載された。アルバム完成直前のマスタリング作業前に行なわれ、第三者に対して福永が、今回の作品について一番最初に口を開いた記録であり、“人間の好奇心を、音でも言葉でも刺激できるような曲を作りたいんですよね。今まで思いもしていなかった想像力を刺激できたら嬉しい”と語るなど、ニューアルバムを通して、バンドとしてのサウンドアイデンティについて赤裸々に語っている大変興味深い内容となっている。

■『ame_no_parede Live at STUDIO COAST 2017.9.24』パネル展

3月13日(火)〜 
※開催期間については、各店舗へお問い合わせ下さい。
<開催店舗>
タワーレコード新宿店
タワーレコード渋谷店
タワーレコード名古屋パルコ店
タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
タワーレコード梅田大阪マルビル店
タワーレコード梅田NU茶屋町店
タワーレコード難波店
タワーレコードアミュプラザ鹿児島店

限定特典内容:オリジナルポストカード
※パネルで使用している写真をポストカードにしてプレゼントいたします
※絵柄(写真)はランダムでのお渡しとなり、お選びいただくことはできません
※オリジナルポストカードは、ニューアルバム『Reason of Black Color』店頭お受取時にお渡しいたします
※オリジナルポストカードは先着とさせて頂き、なくなり次第終了となります

【雨のパレード×ツタロックキャンペーン】

<内容>
TSUTAYA全国各店及びTSUTAYAオンラインショッピングにて、雨のパレードニューアルバム 『Reason of Black Color』をご購入の方に先着で、キャンペーン専用応募ハガキをお渡しします。ご応募いただいた方の中から抽選で20名様に、『ame_no_parade Oneman Tour 2018 “COLORS”』のツアーグッズにメンバーのサインを入れてプレゼントいたします。

<対象店>
TSUTAYA RECORDS全国各店、TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象となります。

<応募方法>
対象商品をご購入の際お渡しする専用応募ハガキに必要事項をご記入頂き、62円切手を貼付の上ご応募ください。
応募締切:2018年4月20日(金)消印有効
※詳細はご購入時にお渡しする応募ハガキをご確認ください。
※応募ハガキは無くなり次第終了となります。
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、お近くの店舗へお問い合わせ下さい。

【店舗別特典情報】

雨のパレード『Reason of Black Color』を下記店舗にてご予約・ご購入いただいた方に先着で、オリジナルステッカーをプレゼント!

■タワーレコード全国各店 / タワーレコードオンライン
・「A of Black Color」オリジナルステッカー

■TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
(TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象となります。)
・「B of Black Color」オリジナルステッカー

■HMV全国各店 / HMV&BOOKS online
・「C of Black Color」オリジナルステッカー

■Amazon.co.jp
・「D of Black Color」オリジナルステッカー

※各チェーン毎に、特典絵柄は異なります。
※「D of Black Color」ステッカーをご要望のお客様はAmazonにて、特典つき商品をお買い求め下さい。
※特典はなくなり次第終了となります。
※一部、特典の取り扱いのない店舗もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。
※特典の内容・デザインは予告なく変更する場合がございます。
※対象店は随時追加となる場合もございます。

『ame_no_parade Oneman Tour 2018 “COLORS”』

3月31日(土) 仙台・Rensa
4月01日(日) 新潟・studio NEXS
4月06日(金) 高松・MONSTER
4月08日(日) 福岡・BEAT STATION
4月12日(木) 札幌・cube garden
4月15日(日) 広島・セカンド・クラッチ
4月17日(火) 名古屋・CLUB QUATTRO
4月18日(水) 大阪・なんばHatch
4月21日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
<チケット>
・仙台、新潟、高松、福岡、札幌、広島、名古屋:¥3,800 ※D代別
・大阪:1Fスタンディング¥3,800 ※D代別/2F指定席¥3,800 ※D代別
・東京:全席指定¥4,500 ※未就学児童入場不可 【東京公演のみ】雨天決行/荒天中止
一般発売日:2月25日(金)※東京公演のみ 3月11日(日)

アルバム『Reason of Black Color』

2018年3月14日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1297/¥3,800+税
※三方背ブックケース仕様
<収録曲>
■CD
01.Reason of Black Color
02.Dive
03.Horizon
04.GOLD
05.Shoes
06.ice
07.(soda)
08.Hometown feat. Tabuzombie (from SOIL&“PIMP”SESSIONS)
09.You&I
10.What\'s your name? (plus strings ver.)
11.H.Apartment
12.Hwyl
13.#556b2f
14.MARCH
■DVD
Live at TOKYO-SHINKIBA STUDIO COAST 2017.9.24
01.new place
02.1969
03.encore
04.Focus
05.Shoes
06.Thunderbird
07.Voice
08.寝顔
09.Take my hand
10.You
11.morning
12.Hey Boy,
13.Change your mind
14.Count me out
15.Stage
-encore-
En1.Tokyo
En2.Petrichor



【通常盤】(CD)
VICL-64916/¥2,800+税
<収録曲>
01.Reason of Black Color
02.Dive
03.Horizon
04.GOLD
05.Shoes
06.ice
07.(soda)
08.Hometown feat. Tabuzombie (from SOIL&“PIMP”SESSIONS)
09.You&I
10.What\'s your name? (plus strings ver.)
11.H.Apartment
12.Hwyl
13.#556b2f
14.MARCH



【関連リンク】
雨のパレード、ニューアルバム発売記念ライブフォトパネル展を開催
雨のパレードまとめ
SKY-HI、天才科学者に扮したアートワークを公開

【関連アーティスト】
雨のパレード
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, キャンペーン, リリース

SKY-HI、天才科学者に扮したアートワークを公開
Thu, 15 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SKY-HIの初コラボレーションベストアルバム『ベストカタリスト -Collaboration Best Album-』のジャケット写真および新しいアーティスト写真が公開された。タイトルの“カタリスト”は“Catalyst(触媒)”と“語リスト”のダブルの意味をもっており、SKY-HIとコラボレーションを行なうことで、彼の確かなスキルとパフォーマンスが楽曲に科学反応を起こすことを意味している。公開されたジャケットはSKY-HIが天才科学者に扮したユニークな仕上がりとなっている。

この作品は、CDにはTHE SUPER FLYERS、ぼくのりりっくのぼうよみ、尾崎裕哉&トラックメーカーKERENMIを迎え、新たに制作されたコラボレーション楽曲3曲と、過去に行なった数多くのコラボレーション楽曲の中からセレクトされた16曲の計19曲を収録。DVD&Blu-rayには新曲2曲のMVと、豪華ゲストアーティストを迎えて2017年12月12日に行なわれた『SKY-HI & HIPHOP STARS』の模様が全曲収録されている。また、mu-moショップで販売される初回生産限定商品は特製三方背ケース仕様となっており、2017年12月11日・12日に豊洲PITで開催された『SKY-HI Round A Ground 2017』2DAYSのLIVE画像を中心に、舞台裏の様子が盛り込まれた52Pのカラー写真集と特製ステッカーが付いた豪華仕様なので、こちらも注目だ。

そして、アルバム収録曲「One Night Boogie feat. THE SUPER FLYERS」のMVが公開となっている。この楽曲はSKY-HIのマイケルジャクソンやジェームスブラウンに対するリスペクトを感じることが出来るFunkyでSexyな唄と、RAPと自身のバンド・THE SUPER FLYERSのゴージャスかつパワフルな演奏が融合した、SKY-HIの新境地ともいえるファンクチューンとなっているので、ぜひチェックしてほしい。また、THE SUPER FLYERSとともに全国をまわるホールツアー『SKY-HI TOUR 2018 -Marble the World-』のチケットも発売中なので、お早めに!

アルバム『ベストカタリスト -Collaboration Best Album-』

2018年3月21日発売



【mu-moショップ / AAA Party / AAA mobile専売商品】(初回生産限定)
■CD+DVD(スマプラ対応)
AVC1-93847/B/¥5,800+税
■CD+Blu-ray(スマプラ対応)
AVC1-93848/B/¥5,800+税
※三方背ケース仕様 /ミニ写真集(4C / 52P) / 特製ステッカー付

【CD+DVD】(スマプラ対応)
AVCD-93844/B/¥5,500+税
【CD+Blu-ray】(スマプラ対応)
AVCD-93845/B/¥5,500+税
※初回盤:JKTサイズステッカー封入
【CD】(スマプラ対応)
AVCD-93846/¥2,800+税
※初回盤:JKTサイズステッカー封入

<収録曲>
■CD
01. SKY-HI / One Night Boogie feat. THE SUPER FLYERS
02. SKY-HI / 何様 feat. ぼくのりりっくのぼうよみ
03. SKY-HI / ハリアッ! -Fast Fly Ver.- feat. 尾崎裕哉 & KERENMI
04. MIYAVI vs SKY-HI / Gemstone
05. SKY-HI×SALU / RAPSTA
06. tofubeats / Fresh Salad feat. SKY-HI
07. SKY-HI / Walking on Water Remix feat. Lick-G & RAU DEF
08. KEN THE 390 / Turn Up feat. T-PABLOW,SKY-HI
09. DJ 松永 / 知らなくていい feat. SKY-HI
10. SONPUB / Jack The Ripper feat. SKY-HI
11. KEITA / Slide \'n\' Step -Extended Mix-feat. SKY-HI
12. SPICY CHOCOLATE / Last Forever feat. 加藤ミリヤ& SKY-HI
13. BRIGHT / BAD GIRL!! feat. SKY-HI
14. FIRE HORNS / VERY BERRY FEAT. SKY-HI
15. Czecho No Republic × SKY-HI / タイムトラベリング
16. DJ SAAT / “TRIBE" feat. SKY-HI, SIMON, Staxx T, JP THE WAVY & DABO
17. 小室哲哉 / Every feat. SKY-HI & K-C-O
18. DJ Deckstream / Far East Movement feat. RINO LATINA II & SKY-HI
19. サイプレス上野とロベルト吉野 / メリゴ feat. SKY-HI
■DVD / Blu-ray
-MUSIC VIDEO-
01. One Night Boogie feat. THE SUPER FLYERS
02. 何様 feat. ぼくのりりっくのぼうよみ
-LIVE-
SKY-HI Round A Ground 2017 -2017.12.12 at TOYOSU PIT-
SKY-HI & HIPHOP STARS
参加アーティスト :
SALU, JP THE WAVY, RAU DEF, KEN THE 390, T-Pablow ,TARO SOUL, サイプレス上野
<収録曲>
01. RAPSTA (SKY-HI, SALU)
02. No Chill (SKY-HI, SALU)
03. Purple Haze (SKY-HI, SALU)
04. 一斉送信 (JP THE WAVY)
05. Cho Wavy De Gomenne (SKY-HI, SALU, JP THE WAVY)
06. HYPATECH (RAU DEF)
07. WHIPLASH (SKY-HI, RAU DEF)
08. Real Talk (SKY-HI, RAU DEF)
09. What\'s Generation (SKY-HI, KEN THE 390, RAU DEF)
10. Critical Point (SKY-HI, KEN THE 390, TARO SOUL)
11. PROPS (SKY-HI, KEN THE 390, サイプレス上野)
12. Shock (SKY-HI, KEN THE 390)
13. Turn Up (SKY-HI, KEN THE 390, T-Pablow)
14. Lego!! (SKY-HI, KEN THE 390, TARO SOUL, サイプレス上野)
15. メリゴ (SKY-HI,サイプレス上野)
16. 運命論 (SKY-HI, SALU)



【関連リンク】
SKY-HI、天才科学者に扮したアートワークを公開
SKY-HIまとめ
焚吐×みやかわくん、バレンタインデーにリリース記念ライブを開催

【関連アーティスト】
SKY-HI
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボ, アルバム

焚吐×みやかわくん、バレンタインデーにリリース記念ライブを開催
Thu, 15 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライター・焚吐(20歳)と、twitterのフォロワー70万人超えのクリエイターみやかわくん(21歳)の初コラボシングル「神風エクスプレス」リリース記念イベントが、発売日の2月14日に東京・渋谷のタワーレコード渋谷店B1F 「CUTUP STUDIO」で行われた。二人で初めてステージに立ったのは、2017年9月に渋谷WWW Xで行ったライヴ『神風エクスプレス』。そのライヴのために書いた曲が、TVアニメ『名探偵コナン』エンディング・テーマとしてオンエア中で、この日リリースされた「神風エクスプレス」だ。

満杯の観客の前に登場した二人は、“今日はきてくれてありがとうございます!”(焚吐)“最後までめちゃめちゃ盛り上がってください!”(みやかわくん)と挨拶すると、焚吐のデビュー・シングル「オールカテゴライズ」のカップリング曲「子捨て山」からスタート。4人編成のサポート・バンドがダイナミックに演奏する中、二人が交互にヴォーカルを取って曲を進めていく。続いてはボカロ作家・バルーンの「シャルル」。意外な人気曲のカヴァーにフロアがどよめいた。

会場が温まったところで今回のシングル曲へ。“会場を盛り上げるのにぴったりの曲”と、みやかわくんが紹介した「グッバイ・サムシング」を演奏。焚吐がステージ前に踏み出してギターを弾き、みやかわくんも腕を振って観客の熱気に答える。ボカロP・すこっぷ作の「アイロニ」(「神風エクスプレス」通常盤に収録)は、焚吐のアコギだけで二人の表情豊かな歌を聴かせ、アカペラでコーラスをするエンディングをつけて大サービス。曲の間に二人が蜂蜜にハマっていることや楽屋でのエピソード、最近の失敗談などを楽しそうに話して空気をほぐし、ラストはお待ちかね「神風エクスプレス」。バンドの迫力ある演奏と共に一段と力の入った声で二人は歌い、ライヴは最高潮を迎えた。

短いステージを惜しみながら最後に観客と記念撮影。「神風エクスプレス発進!てことで、敬礼!」(みやかわくん)と、駅員さんのように敬礼のポーズをとった二人。どこへでも行ける、と歌う「神風エクスプレス」は順調にスタートを切ったようだ。

文:今井智子

『焚吐×みやかわくん「神風エクスプレス」リリース記念イベント』

2月17日(土) 大阪・イオンモール堺北花田 1Fセンターコート
11:00〜 ミニライヴ&特典会
2月17日(土) 愛知・イオンモール熱田 1F 熱田広場
18:00〜 ミニライヴ&特典会
2月18日(日) 東京・お台場ヴィーナスフォート 2F教会広場
14:00〜 ミニライヴ&特典会
2月24日(土) 北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店 店内 イベントスペース
11:00〜 ミニライヴ&特典会
3月10日(土) 新潟・イオンモール新潟南1階マリンコート 
14:00〜 ミニライヴ&特典会

シングル「神風エクスプレス」

2018年2月14日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
JBCZ-6074 ¥1,500(税込)
<収録曲>
■CD
1. 神風エクスフ?レス
2. ク?ッハ?イ・サムシンク?
3. 神風エクスフ?レス Instrumental (初回限定盤のみ収録)
■DVD
「神風エクスフ?レス」 Music Video+メイキンク?

【通常盤】(CD)
JBCZ-4039 ¥1,000(税込)
<収録曲>
1. 神風エクスフ?レス
2. ク?ッハ?イ・サムシンク?
3. アイロニ -弾き語り- (通常盤のみ収録)


【名探偵コナン盤】 (CD)
JBCZ-6075 ¥1,000(税込)
<収録曲>
1. 神風エクスフ?レス
2. ク?ッハ?イ・サムシンク?
3. 神風エクスフ?レス TV_Edit (名探偵コナン盤のみ収録)




【関連リンク】
焚吐×みやかわくん、バレンタインデーにリリース記念ライブを開催
焚吐まとめ
みやかわくんまとめ
Shout it Out、全国ツアーゲスト第2弾にサイダーガールほか全4組が決定

【関連アーティスト】
焚吐, みやかわくん
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, コラボ, シングル, リリース, ライブレポ

Shout it Out、全国ツアーゲスト第2弾にサイダーガールほか全4組が決定
Thu, 15 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Shout it Outが開催する全国ツアー『GOODBYE MY TEENS−延長戦−』の第2弾ゲストとして、Ivy to Fraudulent Game、ハルカミライ、サイダーガール、THE FOREVER YOUNGの4組が発表された。いずれの公演も、チケット一般発売中なのでお早めにゲットしてほしい。

『Shout it Out ライブツアー 2018・春 「GOODBYE MY TEENS ―延長戦―」 』

3月21日(水・祝) 大阪・堺Tick-Tuck  ※ワンマン
3月25日(日) 静岡・静岡UMBER
対バン:LAMP IN TERREN / サイダーガール
3月30日(金) 北海道・札幌 COLONY ※ワンマン
3月31日(土) 宮城・仙台 Hook SENDAI ※ワンマン
4月01日(日) 栃木・HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
対バン:ハルカミライ
4月06日(金) 石川・金沢 LIVE HOUSE vanvanV4
対バン:ドラマチックアラスカ / climbgrow / and more
4月07日(土) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
対バン:ドラマチックアラスカ / climbgrow / and more
4月14日(土) 長野・松本ALECX
対バン:Saucy Dog / Ivy to Fraudulent Game / サイダーガール
4月20日(金) 京都・MOJO
対バン:後日発表
4月21日(土) 岡山・ペパーランド
対バン:Halo at 四畳半 / and more
4月22日(日) 香川・高松DIME
対バン: Halo at 四畳半 / climbgrow / and more
4月28日(土) 大分・T.O.P.S BittsHALL
対バン:climbgrow / THE FOREVER YOUNG
4月29日(日) 福岡・graf ※ワンマン
4月30日(月・祝) 広島・Hiroshima CAVE-BE
対バン:後日発表
5月26日(土) 滋賀・B-FLAT
対バン:後日発表
5月27日(日) 愛知・名古屋 APOLLO BASE ※ワンマン



【関連リンク】
Shout it Out、全国ツアーゲスト第2弾にサイダーガールほか全4組が決定
Shout it Outまとめ
Ivy to Fraudulent Gameまとめ
ハルカミライまとめ
サイダーガールまとめ

【関連アーティスト】
Shout it Out, Ivy to Fraudulent Game, ハルカミライ, サイダーガール, THE FOREVER YOUNG
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, ライブ, ツアー

BULL ZEICHEN 88、『アルバム2』の詳細&メンバーのコメント動画を公開
Thu, 15 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BULL ZEICHEN 88(読み:ブルゼッケンハチハチ)が、3月28日にリリースするメジャーデビューアルバム『アルバム2』の詳細を解禁した。公開となったジャケ写は、ライブ前にメンバー全員で必ず行なう気合い入れのシーンをモチーフにしており、新アーティスト写真はパワフルでエンタメ性のあるライブパフォーマンスを魅せる彼らの空気感を全開にしたインパクトのある仕上がりになっている。

また、収録される4曲のタイトルと曲順も決定し、インストアイベント第一弾のスケジュールも発表された。インストアイベントに関しては、順次レーベルHP等で告知されるとのこと。ブルハチメンバーからは“新曲も含め、本当にバラエティー豊かな楽曲陣が集まったなと。何物にも染まらない、この幅の広さがブルハチの最大の強みではないかと思ってます。紆余曲折ありましたが、12年もバンドを続けられた奇跡と、ブルハチはこの4人なんだなぁと改めて感じました”とコメントが寄せられたほか、動画コメントも到着したので、こちらも要チェックだ。

BULL ZEICHEN 88は、元SIAM SHADEのドラマーで現在はAcid Black CherryやSound Horizon等のサポートで著名なドラマー・淳士と、近年人気急上昇のロックバンド・Rayflowerのメンバーであり、T.M.RevolutionやTETSUYA等のサポートで有名な、様々なジャンルのミュージシャンから絶大なリスペクトを受けるベーシスト・IKUOが中心となり栄二郎(Vo)、sebastian(Gu)と結成したロックバンド。

■【インストアイベントスケジュール】

3月28日(水) 都内近郊
3月30日(金) 埼玉地区
3月31日(土) 都内近郊
4月14日(土) 都内近郊
4月18日(水) 北海道地区
5月01日(火) 18:30〜 ライカエジソン名古屋店
5月03日(木・祝) 福岡地区 ※2会場予定
5月09日(水)19:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース
※順次詳細解禁予定!

■イベント内容はレーベルHPへ
http://www.tkma.co.jp/jpop_top/bz88.html

アルバム『アルバム2』

2018年3月28日発売



アルバム『アルバム2』
TKCA−74688/¥3,240(税込)
<収録曲>
1.とりあえず生
2.Lovely
3.HIMANCHU
4.kowashite
5.WENDY
6.WINK
7.オルターエゴ
8.傘
9.epilogue
10.One Step As You Are



【関連リンク】
BULL ZEICHEN 88、『アルバム2』の詳細&メンバーのコメント動画を公開
BULL ZEICHEN 88まとめ
BIGMAMA、ツアー初日に新曲を初披露

【関連アーティスト】
BULL ZEICHEN 88
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース

BIGMAMA、ツアー初日に新曲を初披露
Thu, 15 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BIGMAMAが『TRANSIT MAMA TOUR 2018』ツアー初日の2月14日(水)恵比寿LIQUIDROOM公演にて、新曲「Strawberry Feels」「Donuts killed Bradford」を初披露した。今回のツアーはBIGMAMAがこれまで培って来たストーリーを振り返るツアーとなり、2017年に日本武道館にて開催されたワンマン公演『BIGMAMA in BUDOKAN』で演奏されなかった曲を中心に構成された。

オープニング曲は「虹を食べたアイリス」。ロックとクラシックを融合させたアルバム『Roclassick』(2010年)に収録された楽曲で、ベートーヴェンの「運命」をモチーフとしたメロディを、東出真緒(Violin)がヴァイオリンでドラマチックに演奏し、まさにヴァイオリニストがいるロックバンドというアイデンティティを強烈に見せつけてライブはスタート。そして、日本武道館公演では演奏しなかった名曲たちの「little cloud」や「look at me」などインディ―ズ時代に発表した初期のエモーショナルで疾走感溢れるナンバーから、会場が一体となった壮大なバラード曲「Lovers in a Suitcase」など全25曲をタイトで力強い演奏で披露し、満員の観客を大いに盛り上げた。

後半では3月7日(水)に発売となる新曲で、MBS/TBSドラマイズム『賭ケグルイ』の主題歌になっている楽曲「Strawberry Feels」を初ライブ披露。疾走感と重量感を兼ね備えた攻撃的なこの楽曲は、BIGMAMAらしい唯一無二で鋭利なバンドサウンドをこの日一番のテンションで魅せつけ、会場のヴォルテージは最高潮に達した。また、カップリング曲である「Donuts killed Bradford」も初披露。重厚感なサウンドで衝動的で狂気に満ちた空間を創り上げた。同じく日本武道館で初披露された「POPCORN STAR」を、新たなアレンジで演奏し、結成当時のBIGMAMAにも通じるような軽快に弾け飛ぶようなポップセンス溢れる楽曲で会場を魅了した。

Photo by AZUSA TAKADA

『TRANSIT MAMA TOUR 2018』

3月29日(木) 福岡・DRUM Be-1
3月30日(金) 広島・CLUB QUATTRO
4月01日(日) 香川・高松MONSTER
4月07日(土) 北海道・札幌PENNYLANE 24
4月14日(土) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
4月15日(日) 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
4月26日(木) 大阪・BIGCAT
4月27日(金) 愛知・名古屋THE BOTTOM LINE
5月13日(日) 東京・Zepp Tokyo

シングル「Strawberry Feels」

2018年3月7日発売



【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7397/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
UPCH-5935/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.Strawberry Feels
2.POPCORN STAR
3.Donuts killed Bradford
■DVD ※初回盤のみ
・"Strawberry Feels" Music Video
・"Strawberry Feels" Making-of Video
・"POPCORN STAR" Live at NIPPON BUDOKAN 2017/10/15



【関連リンク】
BIGMAMA、ツアー初日に新曲を初披露
BIGMAMAまとめ
超特急、“とんかつ濱かつ”とのコラボで受験生にカツサンドをプレゼント

【関連アーティスト】
BIGMAMA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 新曲, ライブ, ツアー

超特急、“とんかつ濱かつ”とのコラボで受験生にカツサンドをプレゼント
Thu, 15 Feb 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が、とんかつ専門店“とんかつ濱かつ”とコラボレーションした受験生応援キャンペーン「濱かつで受験にカツ!ヴィクトリーキャンペーン」を実施し、バレンタインデーでもある2月14日(水)に受験を頑張る当選者に手作りカツサンドをサプライズプレゼントした。当日は?かつ本社に超特急メンバーが訪問、社員の方からカツサンドの調理方法を教えてもらい実際に調理し、初めてのかつサンド作りに悪戦苦闘しながらも完成したカツサンドを持って、当選者のいる国際文化理容美容専門学校 渋谷校にメンバーが訪問した。

超特急登場まで何も知らされていない当選者とクラスメイトは、突然のリョウガによる校内放送でざわついた後、楽曲とともにメンバーがサプライズ登場! 当選者とクラスメイト全員に手作りカツサンドをプレゼントし、「濱かつで受験にカツ!」という掛け声で本イベントを締め括った。



【関連リンク】
超特急、“とんかつ濱かつ”とのコラボで受験生にカツサンドをプレゼント
超特急まとめ
キノコホテル、10周年企画シリーズファイナルの3日連続公演開催決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, コラボ, キャンペーン

キノコホテル、10周年企画シリーズファイナルの3日連続公演開催決定
Thu, 15 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キノコホテルが10周年企画シリーズのファイナルとして、6月にMt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASERにおける3日間連続公演を開催することがわかった。

『サロン・ド・キノコ〜茸クロニクル2007-2018』と題されたこの公演は、キノコホテルの全てのオリジナル曲群とカヴァー曲を時系列に3 日間に渡り披露、各日とも曲被り無しのセットリストが予定され、キノコホテル10年の歴史を振り返るというもの。6月24日は初の実演会を開催した創業記念日であり、本公演が創業10周年企画の締めくくりだ。これまでに、ほとんどステージで披露したことがないような曲も含まれているというから、胞子(ファン)のみならず、これは見逃せない。

また、この公演に先駆けて、5月からは『サロン・ド・キノコ〜続・飼い慣らされない女たち』ツアーが開催。仙台、札幌 、広島、大阪、名古屋での公演を予定。

■【ライブ情報】

『サロン・ド・キノコ〜茸クロニクル2007-2018』
■第一夜
6月22日(金) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
■第二夜
6月23日(土) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
■第三夜
6月24日(日) Mt.RAINER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

『サロン・ド・キノコ〜続・飼い慣らされない女たちツアー』
5月11日(金)  宮城・仙台FLYING SON
ゲスト:ソンソン弁当箱、The Jikens
5月13日(日) 北海道・札幌 sound lab mole
6月05日(火) 広島・クラブクアトロ
ゲスト:THE☆バリュー兄弟
6月06日(水) 大阪・梅田クラブクアトロ
6月07日(木) 愛知・名古屋クラブクアトロ

アルバム『飼い慣らされない女たち〜実況録音盤』

発売中



KIZC-441〜3/¥5,556+税
※2CD+DVD
※初回生産分のみ豪華写真集+スリップケース仕様




【関連リンク】
キノコホテル、10周年企画シリーズファイナルの3日連続公演開催決定
キノコホテルまとめ
Suchmos、新曲がHondaのCMソングに決定

【関連アーティスト】
キノコホテル
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, ライブ

Suchmos、新曲がHondaのCMソングに決定
Thu, 15 Feb 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Suchmosの新曲「808」(読み:ハチマルハチ)が、Honda「VEZEL」CMに起用されたことがわかった。「STAY TUNE」が2016年9月より起用されて以来、2度目となる。2月15日の19時以降にTVにてオンエアになるCM映像を一足先に観ることができる。 同曲は各音楽配信サービスにてダウンロード可能となっている。

配信限定シングル「808」

2018年2月15日配信



■各配信サイト ダウンロードURL集
https://fcls.lnk.to/jKXrvWN



【関連リンク】
Suchmos、新曲がHondaのCMソングに決定
Suchmosまとめ
山崎エリイ、コンセプトコンサート『millefeuille harmony』で観客を魅了

【関連アーティスト】
Suchmos
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 配信, CMソング

山崎エリイ、コンセプトコンサート『millefeuille harmony』で観客を魅了
Thu, 15 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

山崎エリイが2月10日(土)にEX THEATER ROPPONGIにて開催した2ndコンサート。昭和のアーティストの楽曲と自身の楽曲をミルフィーユのように重ね合わせたセットリストで観客を魅了した。

客入れのBGMで、昭和から平成初期にヒットした楽曲が流れていたので予想できた人もいたと思うが、コンサート開始前の影ナレで本人から「2ndコンサートは、私の大好きな昭和のアーティストさんの曲と、山崎エリイの楽曲をミルフィーユのように織り交ぜながらお届けしたいと思います」とコンセプトを発表。そして、ステージ中央に折り重なった幕の中から山崎エリイが登場し、コンサートがスタートした。

1曲目は松田聖子の「夏の扉」。Aメロでは「エリイ!」の掛け声もかかり、昭和のアイドルコンサートの雰囲気をお客さんが再現。2番からは<フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!>と、サビのフレーズをみんなで叫び、一体感が生まれていた。そして自身の曲「アリス*コンタクト」へ。彼女の1stアルバムを聴くと、昭和歌謡テイストの楽曲が入っていることに気づくのだが、実際に交互に歌うと、音作りまでしっかりこだわって作られていたことがわかる。ステージの端から端まで歩き、お客さんに手を振りながら歌うエリイ。1stコンサートより、だいぶ表情にも余裕が出てきた感じがする。

続く「ペッパー警部」はピンク・レディーの代表曲。昭和の曲となるとサビだけ知っている人も多いかもしれないが、AメロやBメロの良さをあらためて知ることができるのがカバーの良いところだ。山崎エリイは、クールな歌声でダンスも再現。最後の〈ペッパー警部よ〉は、飛び切りキュートに決めてくれた。

最初のMCで、ファンのみんなに会えた喜びと「夏の扉」での“エリイ!"コールがとても嬉しかったと語る。「ここからはちょっとダークな3曲です」と言って歌われたのは「空っぽのパペット」。とても可愛らしい声の持ち主だが、クールな歌声も実は魅力的で、ここでは大人エリイのパフォーマンスを存分に見せつける。続く中森明菜の「DESIRE -情熱-」もウィスパー気味のボーカルでカッコ良く聴かせる。そこから同じ年代の曲なのではないかと錯覚するほど自然な流れで「Lunatic Romance」へ。ライブでもよく歌う人気曲だけに、彼女のタンバリンに合わせてオーディエンスも徐々にヒートアップしていき、最後は大きな拍手に包まれた。

「初めてのことに挑戦します」と言って始まったのは、ピアノの演奏者とのセッション。実はステージ上で楽器の演奏者と二人っきりで歌うのは初めてとのこと。「一度のリハーサルと、本番前にこの会場で合わせただけで、しかもピアノと自分の声だけだと声がすごく響くから緊張する」と言っていたが、選んだ曲が60年代に活躍した双子デュオ、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」なのだから渋すぎる。ジャジーなアレンジで、お腹の底から声を出すような、これまで聴いたことがない歌声で渋く歌い上げていた。そのままピアノの弾き語りで、自身の楽曲「雨と魔法」を、傘を指しながら歌う。今度は一転、可愛らしい歌声で、ミラーボールによるロマンチックな演出もあって、とても印象的なシーンとなった。

そして、彼女のデビューのきっかけとなったオーディション『ホリプロタレントスカウトキャラバン』の予選で歌った、小さい頃からずっと愛し続けている大切な曲だという「天使のウィンク」(松田聖子)をカバー。ピアノ演奏とクラップと共に、しっとりと歌い上げる。何度も歌ってきたことがわかるような愛に溢れたパフォーマンスだった。

衣装チェンジのタイミングでは、唐突に彼女がオリジナルで脚本を書いたというおとぎ話「Cherii\'s Story」を朗読。最初は“80年代と私"という内容だったらしいのだが、スタッフに促され、おとぎ話になったそう。ただ、彼女らしい世界観だったし、声優らしい演出だったと思う。

本人曰く「エリイ史上もっともラブリーなコーデ」の衣装をまとって再び登場した山崎エリイが、今度は「バレンタイン・キッス」(国生さゆり)を歌いながら客席を練り歩き、チョコをプレゼント。これにはファンも大喜びだった。「Dreamy Princess」と「ドーナツガール」はステージ上で、思い切り甘く歌う。みんなで“ガオガオ"と可愛い狼になった「S・O・S」。この曲も「ペッパー警部」と同じく阿久悠(作詞)と都倉俊一(作曲)コンビによるピンク・レディーの代表曲だが、名曲は色褪せないと実感した。さらに「MUGO・ん…色っぽい」(工藤静香)は、選曲といい歌声といい最高に似合っていた。

さらにここで、ファンクラブ“Cherii?"の発足を発表。大きな歓声が上がる。フランス語で“愛しい人"という意味だそうだが「最後が“eri"だったため、“i"を足して造語にしました」と、自身で考えたファンクラブの名前の由来を語る。「私は皆さんと繋がっていないと死んじゃうので(笑)、ライブがないところでも距離が近く感じられるようなファンクラブにしたいと思います!」と、笑顔でいろいろなコンテンツを充実させていきたいと話していた。

そして最後の曲は「みなさんと一緒に踊って歌いたいと思います」と振り付けをレクチャー。ここまで歌って来た昭和歌謡とは毛色の違う、仕掛け&展開がたっぷりの楽曲「Zi-Gu-Za-Gu Emotions」を、みんなとダンスを楽しみながら歌い、本編を終えた。

アンコールでは、このコンサートのグッズで登場したオリジナルキャラクター・シュシュ(トイプードルとのこと)の誕生を祝した擬人化衣装で登場。もこもこのスカートに尻尾が可愛らしい衣装で、1stアルバムのリード曲「全部キミのせいだ」を、大きなコールとともに歌うと、名残り惜しさもありつつ、「これからも私が、みなさんの日常の中の小っちゃな幸せの欠片になれたらなと思います。最後にお届けする曲は〈あなたに捧げるハーモニーを奏でるの〉という歌詞が入っている『Pearl tears』です。私の初作詞曲を聴いてください」と語って、優しくしっとりと、「Pearl tears」に込めた想いをひとりひとりに届けて、最後は心から「大好きよ」と歌い、2ndコンサートを締めくくった。

【セットリスト】
夏の扉(松田聖子/81年)
アリス*コンタクト
ペッパー警部(ピンク・レディー/76年)
空っぽのパペット
DESIRE -情熱-(中森明菜/86年)
Lunatic Romance
恋のバカンス(ザ・ピーナッツ/63年)
雨と魔法
天使のウィンク(松田聖子/85年)
バレンタイン・キッス(国生さゆりwithおニャン子クラブ/86年)
Dreamy Princess
ドーナツガール
S・O・S(ピンク・レディー/76年)
MUGO・ん…色っぽい(工藤静香/88年)
Zi-Gu-Za-Gu Emotions
<encore>
全部キミのせいだ
Pearl tears



【関連リンク】
山崎エリイ、コンセプトコンサート『millefeuille harmony』で観客を魅了
山崎エリイまとめ
THE PREDATORS、2年半ぶりのワンマンツアー完遂!

【関連アーティスト】
山崎エリイ
【ジャンル】
J-POP, ニュース

THE PREDATORS、2年半ぶりのワンマンツアー完遂!
Thu, 15 Feb 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE PREDATORSが2月8日(木)、2年半ぶりのワンマンツアー『Arabian Dance Tour』のファイナル公演を東京Zepp DiverCity公演で開催した。山中さわお(the pillows)、JIRO(GLAY)、高橋宏貴(ELLEGARDEN、Scars Borough)というスーパーなトリオ・バンドの宿命で、本体のバンド・スケジュールの隙間を縫う活動だけに、前回は結成10周年を迎えた2015年以来2年7ヵ月ぶりのツアー。チケットの争奪戦を勝ち抜いたファンが尋常じゃない歓声で3人の登場を待っている。

客電が落ち、メンバーが姿を現すと怒号にも似た絶叫が湧きあがる。オープニング曲は2005年の結成時にリリースされた1stアルバムの冒頭曲「爆音ドロップ」。続いて、高橋が加入した2010年に発表された3rdアルバムのタイトル・チューン「THIS WORLD」。JIROが拳を突き上げ、挑発的に閃光を放つ赤と白を基調としたライティングがさらに場内の興奮を煽っていく。「久しぶりじゃないか! 久しぶりに暴れてやろうかと3人集まったぞ! 俺たちTHE PREDATORS、仲良くしようぜ」。山中のMCで極上の宴の幕は切って落とされた。

高低のボーカルを重ねる山中とJIROのサビが絶妙な「SHOOT THE MOON」、「2018年もクレイジー・ババアに気をつけろッ!」と「Crazy Babar」、JIROがイントロの印象的なベース・ラインで場内のボルテージをグイッと引き上げる「Monster in my head」と、前半から矢継ぎ早に畳みかけるセットリスト。曲の尺は短いのに、ギター、ベース、ドラムというミニマム編成であらゆるロックの初期衝動を突き続けるTHE PREDATORSというモンスターに、詰め掛けたファンは縦に横に上下に揺れてそのバイブスをステージ上に注ぎ返す。

「今回もJIROくんがTHE PREDATORSに相応しいカッコいい新曲を書いてきてくれた! 腰をシェイクする準備はいいか!」と山中がシャウトして、ツアーに先駆けてリリースされた「Arabian dance」。2012年のツアーで担当楽器を入れ替えて披露され、今回のシングルに収録された「TRADE」も正規のパートで演奏された(前々回のツアーで演奏されたときには山中がドラム&ボーカル、JIROがギター、高橋がベースという編成で披露された)。続くMCで「実はこのツアー、初日から波乱の幕開けというか…」と切り出されたエピソードは、高橋がツアー初日の前日に39度の高熱を出し、身近なスタッフがインフルエンザを発症していたことから、高橋も感染の疑いがあり、検査結果の確証が夜23時になるまで出ない事態だったことを告白。インフルエンザだった場合は当然ライブは延期になるが、「集まった人のためになにかサービスを、JIROくんとトーク&ミニ・ライブでもやろうか、みたいな。当然、重苦しい空気感じゃない? これをなんとか変えなければならないと思って、俺が最近ハマってるゆりやんレトリィバァのドラえもんネタ、あれで高橋くんのネタ考えて登場しようとか(笑)。そのあと2人でアコースティック・セッションやるのかなとか。でもみんなも知っての通り、THE PREDATORSの曲ってアコースティックに向かねえじゃん(笑)」。そんな波乱はインフルエンザでなかったことでなんとか乗り越えての船出だったこのツアー。続いて高橋作曲の「Spooky trouble」、ツアーで欠かせないナンバー「ROCK’N’ROLL LAY DOWN」、「God Game」、「Desperate Donor」を惜しげもなく繰り出していく。

そして、「みんな、THE PREDATORSのコピー・バンド、THE GLADATORSって知ってる?」との問いかけから披露されたMCは爆笑の連続。2010年のJIROの誕生日パーティを機に、GLAYのJIRO以外のメンバーが結成したバンドで、最初はサプライズ企画だったが活動が恒例化して、THE PREDATORSのパロディのミュージック・ビデオが複数存在することが明らかに。「Arabian dance」に至っては、ついに本家THE PREDATORSより先にビデオが制作されるなど、TAKURO、TERU、HISASHIのTHE GLADATORSに賭ける熱くユニークな想いが語られ、爆笑に次ぐ爆笑が沸き起こった。

1stアルバム収録の「Dizzy Life」は冒頭でサビを切なく歌い上げるアレンジが加わり後半に向けてワイルドに加速する様が秀逸。「Risky Revolution」で山中の高音のシャウトに高揚感が喚起される。「じゃあラスト・スパートの前に俺はTHE PREDATORSらしいスイッチを入れる!」と、結成初期からお馴染みのツノ帽子を装着し「Nightless City」へ。可愛らしいジングルが流れて「Hurry up! Jerry!」。そして高橋のタイトでヘヴィーなドラム・ソロで沸いた流れのまま「LIVE DRIVE」へ突入。さらにうねりは「WILD TIGER」へと引き継がれ、狂気の宴はこの日最高潮のグルーヴを醸し出した。

アンコールに促されて3人がステージ上に登場。山中が「毎回新曲をレコーディングしてワンマン・ツアーをやるっていうとまた次のインターバルも長く開いてしまう。それも寂しいねってことで、もうちょっとね、今よりもフットワーク軽く、もっともっと小さいライブハウスでもワンマンじゃなくてもスケジュールみつけて集まってやりたいねって話してるから、そのときは会いにきてくれ」と語り、THE PREDATORSの宿命であるインターバルに対する気持ちを語った。その流れで披露された「Trinity」は、THE PREDATORSの他の曲とは一線を画し、センチメンタルでロマンティックな歌詞とメロディ・ラインで胸を締め付けられる。3人の心理状態、この旅が終わってしまう切なさが伝わってきてグッときた。思えば、本体のバンドが日本のロック・シーンで巨大で影響力のある存在でありながら、そんな3人が周期的に集い、独自の音楽性を積み上げ、ツアーと作品を重ねて13年に渡り活動を継続していること、そしてその関係性も笑顔が絶えない楽しさに満ち溢れていること。楽しそうに、そして軽やかに。これは奇跡だ。冗談を言い合うユーモア溢れる繋がりと唯一無二の音楽性。実に贅沢な奇跡を目の当たりにしている幸運にうっとりしてしまう。

ビールをそれぞれ手に再度ステージに現れたメンバー。今回のツアーで起きた抱腹絶倒のエピソードが次々と披露され、山中、JIRO、高橋が全国各地をこのバンドで旅した楽しさと充実感が伝わってきた。互いのキャラクターにぐいぐいとツッコミを入れるそのMCや笑顔の隙間に、ツアーが終わってしまった一抹の淋しさが垣間見れて、改めてTHE PREDATORSの仲の良さが心の底から素敵に思えた。

こんなスリリングなパフォーマンスと笑顔の絶えない仲の良さに満ち溢れたツアーの模様が映像化されることが決定した。4月25日(水)にLIVE DVD & Blu-rayで発売される。前回のツアーが映像化されたときはボーナストラック「JIROを一番理解しているのはオレだ!!どうせこんなの好きなんでしょ?選手権!!」が収録されたが、今回の特典映像にも期待は募る。

そして、MCで山中が「もっとフットワーク軽く活動したい」と語っていたスタンスが早くも実現する。「ARABAKI ROCK FEST.18」への出演が決定したのだ。2006年、2010年に続く3回目8年ぶりの登場だ。東北の地にTHE PREDATORSの爆音が鳴り響く。次のツアーまでしばらく観られないとがっかりしていたファンには朗報だ。4月にまたあの3人が、とびきり楽しくてドキドキするロックの奇跡を魅せてくれる。

text by 浅野保志(ぴあ)
photo by 橋本塁(SOUND SHOOTER)

【セットリスト】
01. 爆音ドロップ
02. THIS WORLD
03. SHOOT THE MOON
04. TRIP ROCK
05. Crazy Babar
06. Monster in my head
07. Arabian dance
08. TRADE
09. Smoky Surf Shop Boogie
10. Spooky trouble
11. ROCK\'N\'ROLL LAY DOWN
12. God Game
13. Desperate Donor
14. BRAIN CALLY
15. Dizzy Life
16. Risky Revolution
17. Nightless City
18. Hurry up! Jerry!
19. LIVE DRIVE
20. WILD TIGER
En.1
1. Trinity
2. Typhoon Jenny
En.2
1. Tyrant

LIVE DVD&Blu-ray『THE PREDATORS Arabian Dance Tour 2018.2.8 at Zepp DiverCity』

2018年4月25日(水)発売



【Blu-ray】
PCXE-50810(BUMP-076)/¥5,900+税
※初回プレス特典:オリジナルステッカー
【DVD】
PCBE-54843(BUMP-075)/¥5,900+税
※初回プレス特典:オリジナルステッカー
<収録内容>
01. 爆音ドロップ
02. THIS WORLD
03. SHOOT THE MOON
04. TRIP ROCK
05. Crazy Babar
06. Monster in my head
07. Arabian dance
08. TRADE
09. Smoky Surf Shop Boogie
10. Spooky trouble
11. ROCK\'N\'ROLL LAY DOWN
12. God Game
13. Desperate Donor
14. BRAIN CALLY
15. Dizzy Life
16. Risky Revolution
17. Nightless City
18. Hurry up! Jerry!
19. LIVE DRIVE
20. WILD TIGER
21. Trinity
22. Typhoon Jenny
23. Tyrant
[BONUS TRACK]
高橋!そんなに作曲したいなら、させたるぞ感謝祭!

『ARABAKI ROCK FEST.18』

開始日:4月28日(土)・29日(日・祝)
会場:みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく
※THE PREDATORSの出演日は後日発表!



【関連リンク】
THE PREDATORS、2年半ぶりのワンマンツアー完遂!
THE PREDATORSまとめ
the pillowsまとめ
GLAYまとめ
ELLEGARDENまとめ

【関連アーティスト】
THE PREDATORS, the pillows, GLAY, ELLEGARDEN, Scars Borough
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

ベボガ!、ヒャダイン作の「Be!」でメジャーデビュー!!
Thu, 15 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ベボガ!が、4月11日(水)にリリースするシングルのタイトルを発表! デビュー作となる今作のタイトルは「Be!」、ありのままの自分を受け入れて勇気づける自分応援ソングであり、これからメジャーというステージに立つベボガ!によるベボガ!のための“ベボガ!宣言”だ。作詞作曲はヒャダインこと前山田健一が担当しており、“応援型アイドルユニット”の名にふさわしく、激しいビートに乗せた底抜けに明るく前向きな歌が聴く人の背中を押すメロコアチューンとなっている。

また2018年1月某日、“メジャーデビューのご挨拶に”と所属レコード会社・日本コロムビアの代表取締役社長である阿部三代松を訪問した時のスペシャル対談の模様も公開された。会社のことから社長のプライベートなネタまで、メンバーからの容赦ない質問が阿部社長にクリーンヒットした対談の模様は必見!

■ベボガ!×日本コロムビア阿部社長 スペシャル対談
http://columbia.jp/artist-info/beboga/taidan/

■【前山田健一 コメント】

「磨かれた子たちじゃないのに異常なまでのポジティブさでメジャーデビューまでこぎつけたベボガ!の曲、ということで他の完成されたアイドルたちには絶対出せないパンクでエモーショナルな部分をドンシャリにした楽曲を作りました。現場で印象がヌルヌル変わっていって成長していく曲だと思うのでぜひライブ会場で体感してみてください!」

シングル「Be!」

2018年4月11日発売



【Type-A】(CD+DVD)
COZA-1426-7/¥1,852 +税
【Type-B】(CD)
COCA-17434/¥926+税



【関連リンク】
ベボガ!、ヒャダイン作の「Be!」でメジャーデビュー!!
ベボガ!まとめ
ユアネス、地元・福岡にてワンマンライブ開催決定

【関連アーティスト】
ベボガ!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース

ユアネス、地元・福岡にてワンマンライブ開催決定
Thu, 15 Feb 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ユアネスが地元・福岡でのワンマンLIVEを5月5日(土・祝)、こどもの日に福岡・INSAで開催することを発表した。 すでに発表されていた東京初ワンマンと大阪での初自主企画に、福岡ワンマンを加えた3都市でのレコ発ツアーとなる。福岡ワンマンのオフィシャルHP先着先行は今週末2月18日(日)12:00より!

また、3月21日リリースとなるユアネス初の全国流通盤『Ctrl+Z』が、TOWER RECORDSスタッフがレコメンドする【タワレコメン】邦楽 2018年3月に選出。こちらもリリース前から注目が集まっている。

レコ発ツアー『 Ctrl+Z Tour 2018』

ユアネス presents「うつ伏せになっていた午後の授業」
4月14日(土) 渋谷 TSUTAYA O-nest

ユアネス presents「理想とはかけ離れた日常」
4月20日(金) 梅田 Zeela

ユアネス presents「あの頃の自由と今の自由」
5月05日(土・祝) 福岡 INSA

ミニアルバム『Ctrl+Z』

2018年3月21日 発売



YRNS-0001/¥1,944 (tax in)
<収録曲>
1. 雨の通り道
2. 虹の形
3. cinema
4. あの子が横に座る
5. Bathroom
6. pop
7. 埃をかぶった時刻表
8. 100?の中で



【関連リンク】
ユアネス、地元・福岡にてワンマンライブ開催決定
ユアネスまとめ

【関連アーティスト】
ユアネス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1