歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
奥華子、サンリオピューロランドで失恋ソングを封印した、バレンタインならではのライブを披露
Wed, 14 Feb 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

奥華子が2月12日(月)、バレンタインスペシャルライブをサンリオピューロランド内エンターテイメントホールにて開催した。今回の公演は2月12日(月)より配信限定シングルとして発売された最新曲「願い」がサンリオピューロランドのウィンターイベント「スイーツピューロ」のイメージソングとしてタイアップをうけたことを記念してピューロランド内エンターテイメントホールにて開催され、2公演で合計500名のファンや家族連れが三連休最終日を奥華子の音楽で楽しんだ。

この日は普段のメイン・レパートリーである失恋ソングを封印し、バレンタインならではの特別な選曲による全10曲を披露。途中MCの中で「イメージソングのお話をいただき去年のクリスマス時期にイメージを膨らませるために初めてピューロランドを訪れました。その時に綺麗なものを見たり、素敵なものを見たりすると、自分が幸せになると同時に誰かのことを思い出す。そんな誰かの幸せを願うことって、結局自分にとっても幸せなことなんだなと感じながらこの曲を作らせてもらいました。」と、新曲「願い」が、お客さんもスタッフも笑顔が溢れるこの場所をヒントに生まれたことを語るとともに初お披露目を行った。

ライブ中盤の「Birthday」ではキティちゃんとダニエルくんをステージに招き入れての初共演が実現。続く「愛という宝物」では3人で客席を練り歩くサプライズな演出に会場の家族連れを中心に歓喜の声があふれた。「普段のライブではなかなか赤ちゃんや小さなお子さんと一緒に見てもらえる機会が少ないので今日はとても楽しい。ライブに来てくれる人、聴いてくれる人の笑顔がすべて自分の力になっています。みんなからパワーをもらったので、今年の活動も楽しみにしていてね。」とラストMCを締めくくった。

しかし、2回目の公演の後、1階のピューロビレッジにて行われたイルミネーションショー「ミラクリュージョン★Happiness」に、今度は奥華子がサプライズで出演。キティちゃんとダニエルくんと手を取り合って「願い」を歌唱し、感動のフィナーレを迎えたのだった。

なお、奥華子の「願い」は配信限定シングルとして、イベント当日の2月12日(月)から配信限定でiTues Storeやレコチョク他にてハイレゾ音源とともにリリースがスタートしている。ぜひチェックして欲しい。

(c) 76,’90,’99,’18 SANRIO APPROVAL No.P0902134

配信限定シングル「願い」

配信中



■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1342606354?l=ja&ls=1&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1006372747/
■Mora
http://mora.jp/package/43000004/PCSP-02348/
■Mora(ハイレゾ)
http://mora.jp/package/43000004/PCSP-02348_F/



【関連リンク】
奥華子、サンリオピューロランドで失恋ソングを封印した、バレンタインならではのライブを披露
奥華子まとめ
湯木慧、聴く者の背中を力強く押す「チャイム」アニメーションリリックMV公開

【関連アーティスト】
奥華子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ライブレポ, レポート

湯木慧、聴く者の背中を力強く押す「チャイム」アニメーションリリックMV公開
Wed, 14 Feb 2018 22:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湯木慧が2月22日(木)にitunes限定でリリースする初の両A面デジタルシングル『チャイム / 嘘のあと』から「チャイム」MVを自身のYouTubeチャンネルで公開した。

初全国流通を果たした2017年2月22日(水)から、ちょうど1年後となる記念すべき日でのリリースとなる初の両A面デジタルシングル「チャイム / 嘘のあと」。湯木直筆のリリックメッセージとともに力強く背中を押すアニメーション映像作品。音源はこのあと2月15日0時よりitunes限定で予約開始となる。

■【湯木 慧コメント】

「インディーズデビュー曲の"一期一会"MVを投稿してから約1年。今回は絵を描く工程から編集まで、Premiere Proとphotoshopを使い、すべて一人でアニメーションMVを制作しました。人それぞれのその時その時のチャイムを表すには、"実写"ではなく「絵」で曲の風景を表したほうがより伝わると思い、アニメーションという表現方法を選びました。「原稿用紙、解答用紙、植物の動き」などで成長や時の流れを、老若男女やタイトル部分の動きなどで十人十色、"それぞれ"のチャイムという意味を表しました。映像も絵も何も教わった訳ではないのでうまく絵を動かせなかったりして苦労しましたが、それも含めて今の自分らしい作品ができたと思います」

配信シングル「チャイム / 嘘のあと」

2018年2月22日配信



¥450+税
<収録曲>
1. チャイム
2. 嘘のあと

■特設ページ
http://www.ldandk.com/yukiakira_1stds/

湯木慧ワンマンライブ「水中花」(スペシャルバンドセット)

3月23日 (金)  渋谷duo MUSIC EXCHANGE
open 19:00/start 19:30



【関連リンク】
湯木慧、聴く者の背中を力強く押す「チャイム」アニメーションリリックMV公開
湯木慧まとめ
井上実優、1stアルバム『Sparkle』リリース決定

【関連アーティスト】
湯木慧
【ジャンル】
J-POP, ニュース

井上実優、1stアルバム『Sparkle』リリース決定
Wed, 14 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

井上実優が、FM OH!(大阪)の隔週レギュラー番組「E∞Tracks Selection〜井上実優のMIYU♪SIC RADIO」の生放送の中で、1stアルバム『Sparkle』を3月21日(水)にリリースすることを発表! アルバム収録曲「近未来」「again」をいち早く初オンエアした。 この日発表されたアルバムタイトルは、“光り輝く“、“異彩を放つ“などの意味をあらわした『Sparkle』。2016年7月に初めてのライブで日本武道館のステージに立ち、2017年4月のデビューからR&B・ダンス・ファンク・ロック・バラード・ポップスまで、幅広いジャンルの楽曲を創作してきた彼女を象徴するワードだ。

井上自身“これからの強い覚悟を表すような、勢いのあるアルバム”と語る通り、フジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』EDテーマとしてスマッシュヒットを記録したデビューシングル「Boogie Back」、東建コーポレーション株式会社 ホームメイト テレビCM曲「Shake up」、そしてテレビ朝日系木曜ミステリー『科捜研の女』主題歌として放送中の最新シングル「この空の果て」、アルバム1曲目を飾るEDMサウンドが印象的な「近未来」、そしてアルバムラストには、14歳の時初めてレコーディングした曲の詞を20歳になった彼女が書き直した、現在の井上実優を象徴する楽曲「again」など個性に富んだ全10曲が収録されている。今作は「この空の果て」MVとメイキング映像が収録されたDVD付きの初回限定盤と、通常盤の2種類をリリース。そして、同時にアルバムタイトルを象徴するアートワークの新アーティスト写真とジャケット写真2種類も公開されたので併せてチェックしてほしい。

なお、アルバム『Sparkle』はCDリリースと同日の3月21日(水)より、iTunes Store、レコチョク他各配信サイト、またLINE MUSIC、Apple Music、AWA他主要定額制音楽ストリーミングサービスにて一斉に配信が開始される。

■【井上実優 コメント】

「井上実優のこれからの強い覚悟を表すような、勢いのあるアルバムが完成しました。『Sparkle』の名の通り、それぞれが違う輝きを持ち、異彩を放つ自信作だけを収録しています。アルバムでしか表現できない、二十歳になった私の顔や世界観で、みなさんを魅了したいです」

アルバム『Sparkle』

2018年3月21日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1345/¥3,000+税

<CD収録曲>
1. 近未来
2. Boogie Back
3. Slave (album ver.)
4. この空の果て
5. Robin
6. Break down
7. 消えない
8. Shake up
9. I will be your love (Sparkle ver.)
10. again

<DVD収録内容>
「この空の果て Music Video」
「この空の果て - Behind the Scenes -」



【通常盤】(CD)
VICL-64972/¥2,600+税

<CD収録曲>
1. 近未来
2. Boogie Back
3. Slave (album ver.)
4. この空の果て
5. Robin
6. Break down
7. 消えない
8. Shake up
9. I will be your love (Sparkle ver.)
10. again



【関連リンク】
井上実優、1stアルバム『Sparkle』リリース決定
井上実優まとめ
『MUSIC MONSTERS』タイムテーブルを発表

【関連アーティスト】
井上実優
【ジャンル】
J-POP, ニュース

『MUSIC MONSTERS』タイムテーブルを発表
Wed, 14 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DISK GARAGEが“今、観てほしいアーティスト”を集め、2012年より毎年夏と冬に開催している都市型音楽フェス『MUSIC MONSTERS』の全出演アーティストとタイムテーブルが発表された。12回目となる今回の大トリはtricotがつとめる。

チケットは、イープラス・ローチケ・チケットぴあ・店頭にて現在発売中! 最初から最後までイベントを楽しむと500円のキャッシュバックもあるとのこと。ぜひ足を運んでみてほしい。

■『DISK GARAGE MUSIC MONSTERS -2018 winter-』

2月24日(土)
<会場>
TSUTAYA O-EAST、O-WEST、O-Crest、 O-nest、duo MUSIC EXCHANGE
<出演者>
I Don\'t Like Mondays. 、 INNOSENT in FORMAL 、 All Found Bright Lights、
Omoinotake、空想委員会、Goodbye holiday、CRAZY VODKA TONIC、Cloque.、ココロオークション、THURSDAY\'S YOUTH、The Cheserasera、SUNNY CAR WASH、JYOCHO、The 3 minutes、DENIMS、tricot、トレモノ、鳴ル銅鑼、 KNOCK OUT MONKEY、BURNOUT SYNDROMES、BACK LIFT、パノラマパナマタウン、FABLED NUMBER、フレンズ、PENGUIN RESEARCH 、Bentham、BOYS END SWING GIRL、ラックライフ、ЯeaL、Rhythmic Toy World、THE LITTLE BLACK、Rude-α、LUCCI、ROS
<チケット>
全会場自由¥4,000(税込)※1ドリンク付、3歳以上要チケット
・イープラス:http://eplus.jp/music-monsters/(PC・携帯共通) 
・ローソンチケット:TEL 0570-08-4003(Lコード:75474)
・チケットぴあ:TEL 0570-02-9999(Pコード:103-453)
・店頭販売(※O-WEST 窓口 TEL:03-5784-7088 / SHIBUYA TSUTAYA 2F レジ)
※最初から最後まで楽しんだら500円キャッシュバック!
※各会場の入場口にてチケットとリストバンド交換
※各会場満員の際は、入場制限をする可能性もございます。
※出演者は変更の可能性もあります。出演者変更に伴う払戻しは致しません。ご了承ください。

■オフィシャルサイト
http://music-monsters.info/



【関連リンク】
『MUSIC MONSTERS』タイムテーブルを発表
tricotまとめ
I Don\'t Like Mondays. まとめ
INNOSENT in FORMALまとめ
空想委員会まとめ

【関連アーティスト】
tricot, I Don\'t Like Mondays. , INNOSENT in FORMAL, 空想委員会, Goodbye holiday, ALL FOUND BRIGHT LIGHTS, CRAZY VODKA TONIC, Cloque., ココロオークション, THURSDAY\'S YOUTH, The Cheserasera, SUNNY CAR WASH, JYOCHO, DENIMS, トレモノ, 鳴ル銅鑼, KNOCK OUT MONKEY, BURNOUT SYNDROMES, BACK LIFT, パノラマパナマタウン, FABLED NUMBER, フレンズ, PENGUIN RESEARCH, Bentham, ラックライフ, ЯeaL, Rhythmic Toy World, THE LITTLE BLACK, LUCCI, ROS
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 出演

密会と耳鳴り、アルバム『NEW』リリースツアー詳細&最新ロゴを公開
Wed, 14 Feb 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

密会と耳鳴りが3月14日にリリースする3枚目のミニアルバム『NEW』をひっさげて、地元・大阪よりツアーを開始する。初日は心斎橋Pangeaにて、メンバーが愛して止まないUnblock、The Chorizo Vibesとの関西3マン。ファイナルは同所でワンマンライブを開催!

初日のチケットは2月22日から、東名阪にて行なわれる『下北沢シェルターガールズコレクション2018』散布TOURで各会場にて先行販売される。また、ファイナルのチケット詳細は後日アナウンスされるとのこと。ロゴも新しくなった、新生密会と耳鳴りの動向に注目だ。

『NEW』Release Tour 〜LOVE CHU NEW? 今年こそバンド売れたい〜」

4月14日(土) 大阪・Live House Pangea ※初日
w/Unblock、The Chorizo Vibes
4月21日(土) 広島・福山Cable
4月22日(日) 香川・高松TOONICE
5月10日(木) 宮城・仙台FLYING SON
5月11日(金) 岩手・盛岡The five morioka
5月17日(木) 福岡・LIVE HOUSE Queblick
5月18日(金) 福岡・小倉FUSE
5月19日(土) 山口・岩国club LOUDSTAR
5月25日(金) 東京・下北沢SHELTER
6月01日(金) 愛知・名古屋CLUB Zion
6月22日(金) 大阪・Live House Pangea ※ファイナル ワンマンライブ
<チケット>
前売¥2500 当日¥3000 女子チケ¥1000(前売りのみ)
ローソンチケット、 e+、各ライブハウス店頭販売、各バンド取り置き
※女子チケは女性のお客様が対象です。取扱いはローソンチケット、e+のみとなります。
 店頭販売、バンド取り置き、当日券では実施しておりません。
 尚なくなり次第終了となりますので、予めご了承ください。
※入場順は、プレイガイド、店頭販売→バンド取り置き→当日券の順でご案内いたします。



【関連リンク】
密会と耳鳴り、アルバム『NEW』リリースツアー詳細&最新ロゴを公開
密会と耳鳴りまとめ
Bentham、初のドラマ主題歌が音源化&全国ツアー決定

【関連アーティスト】
密会と耳鳴り
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

Bentham、初のドラマ主題歌が音源化&全国ツアー決定
Wed, 14 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Bentham初のドラマ主題歌として書き下ろされた「FATEMOTION」が5曲入りEP『Bulbous Bow』としてCD化され、発売に伴って4月からの全国ツアー『Bulbous Bow Tour』が開催されることが発表された。

2月27日に先行配信限定シングルとしてリリースされる「FATEMOTION」は、CBCテレビ連続ドラマ『こんなところに運命の人』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、4月4日リリースのメジャー1st EP『Bulbous Bow』には、「FATEMOTION」の他に新曲4曲を加えた5曲が収録されるとのこと。CDのみの通常盤の他、Bentham商品の直販サイト“Bentham屋”にて、CD+DVDの限定盤もリリースされる。DVDには2017年8月にスペースシャワーTVで放送された特番「Benthamのドキドキ修学旅行 in 沖縄編」が、放送では入れられなかった過激(!?)な打ち上げシーンを加えた完全版として収録されるほか、「FATEMOTION」のMVメイキングも収録される。

また、2月27日に配信される先行配信限定シングル「FATEMOTION」のカップリング曲「初恋ディストーション」は配信のみの楽曲。Benthamのレギュラーラジオ番組・J-WAVE「THE KINGS PLACE」では、2月15日(木)放送にて「FATEMOTION」、2月22日(木)放送にて「初恋ディストーション」を宇宙初フル・オンエア解禁するので併せてチェックしてほしい。

さらに、全国ツアー『Bulbous Bow Tour』は、愛媛、高知、徳島の3県の公演が感覚ピエロの対バンツアーとなっており、大阪、愛知、東京の3公演以外は全て対バン形式となる予定。チケット先行受付は2月14日(水)18:00から、Benthamのオフィシャルスマートフォンサイトにてスタートしている。

EP『Bulbous Bow』

2018年4月4日発売



【通常盤】(CD Only)
PCCA.04643/¥1,500+税

<CD収録曲>
1.Bandwagon
2.Reset
3.FATEMOTION
4.SAYONARA
5.memento



【Bentham屋限定盤】
SCCA.00064/¥2,500+税

<CD収録曲>
1.Bandwagon
2.Reset
3.FATEMOTION
4.SAYONARA
5.memento

<DVD収録内容>
(1)「Benthamのドキドキ修学旅行 in 沖縄編」完全版 
(2)「FATEMOTION」MVメイキング映像

先行配信限定シングル「FATEMOTION」

2018年2月27日配信開始



PCSP.02350/¥450
<収録曲>
1.FATEMOTION
2.初恋ディストーション(配信限定楽曲)

『Bulbous Bow Tour』

4月12日(木)  KYOTO MUSE
4月15日(日)  長崎DRUM Be-7
4月16日(月)  福岡DRUM SON
4月18日(水)  松山サロンキティ(感覚ピエロ対バンツアー)
4月20日(金)  高知X-pt.(感覚ピエロ対バンツアー)
4月22日(日)  徳島club GRINDHOUSE(感覚ピエロ対バンツアー)
4月23日(月)  山口LIVE rise SHUNAN
4月24日(火)  岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
5月18日(金)  水戸LIGHT HOUSE
5月20日(日)  千葉LOOK
5月23日(水)  仙台LIVE HOUSE enn2nd
5月24日(木)  郡山♯9
5月28日(月)  新潟CLUB RIVERST
5月29日(火)  金沢vanvan V4
6月04日(月)  梅田Shangri-La(ワンマン)
6月05日(火)  名古屋APOLLO BASE(ワンマン)
6月08日(金)  渋谷CLUB QUATTRO(ワンマン)



【関連リンク】
Bentham、初のドラマ主題歌が音源化&全国ツアー決定
Benthamまとめ
UVERworld、“男祭り”を収録したライブ映像作品のアートワークを公開

【関連アーティスト】
Bentham
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

UVERworld、“男祭り”を収録したライブ映像作品のアートワークを公開
Wed, 14 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UVERworldが3月14日にリリースする男性限定ライブのBlu-ray&DVD『KING\'S PARADE 2017 Saitama Super Arena』のアートワークが公開された。2月11日に制作中のスタジオから配信されたLINE LVE中にメンバーからフライングでジャケットが解禁されたが、今回改めてオフィシャルでの解禁となった。今回の映像商品の初回仕様限定盤は、映像をスマートフォンで再生できるプレイパスサービスに対応しており、さらに当日のライブの様子を収めた60ページに及ぶフォトブックとスリーブケースが付属している。

また、2月13日・14日のZepp札幌公演を皮切りに、メンバーの生誕祭を含むZeppでのライブハウスツアーがスタート! 生誕祭当日は誕生日のメンバーが考えたセットリストで構成されるスペシャルな一夜となる。さらに、2月24日には2017年の活動を振り返る『徹底解剖!UVERworld×TYCOON』、3月18日には2017年12月21日に行なわれた『TYCOON TOUR 2017 TAKUYA∞生誕祭(男祭り vs 女祭り)』の模様がWOWOWにてオンエア予定となっているので、併せてチェックしてほしい。

Blu-ray&DVD『UVERworld KING\'S PARADE 2017 Saitama Super Arena』

2018年3月14日発売



【DVD 初回仕様限定】
SRBL-1781/¥5,900+税
【Blu-ray 初回仕様限定】
SRXL-153/¥6,900+税
※初回仕様限定盤:スリーブケース+60Pフォトブックレット+プレイパス対応
<収録曲>
1.TYCOON
2.エミュー
3.Don\'t Think. Feel
4.Collide
5.WE ARE GO
6.7th Trigger
7.Forever Young feat.UVERworld
8.KINJITO
9.Fight For Liberty
10.一滴の影響
11.ALL ALONE
12.23ワード
13.NO.1
14.君の好きなうた
15.バーベル〜皇帝の新しい服ver.〜
16.over the stoic〜和音
17.スパルタ
18.CORE PRIDE
19.PRAYING RUN
20.ナノ・セカンド
21.零HERE〜SE〜
22.IMPACT
23.LONE WOLF
24.7日目の決意
25.MONDO PIECE



【通常盤】

『UVERworld LIVE TOUR 2018』

2月14日(水) Zepp SAPPORO ※信人生誕祭
2月21日(水) Zepp NAGOYA
2月22日(木) Zepp NAGOYA ※克哉生誕祭
2月27日(火) Zepp DiverCity
2月28日(水) Zepp DiverCity
3月07日(水) Zepp OSAKA BAYSIDE
3月08日(木) Zepp OSAKA BAYSIDE ※彰生誕祭

■特設サイト
http://www.uverworld.jp/feature/2018_livetour?lang=ja



【関連リンク】
UVERworld、“男祭り”を収録したライブ映像作品のアートワークを公開
UVERworldまとめ
Mrs. GREEN APPLE、「Love me, Love you」MV公開

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, DVD, Blu-ray, リリース

Mrs. GREEN APPLE、「Love me, Love you」MV公開
Wed, 14 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが2月14日(水)にリリースした6枚目のシングル「Love me, Love you」のMVが公開された。撮影は2017年年末、関東近郊のダンスホールにて多くのエキストラと共に行なわれ、煌びやかで華やかなパーティ会場で、フォーマルに身を包んだメンバーがハウスバンドとなって客人の前で演奏している。中でもホーンセクションを従えた編成で揃いのオーダースーツで楽しげに演奏するメンバーの姿は必見だ。

ボーカルの大森は、時にホールボーイとなってカクテルを運んだり、ストーリーテラーとしての役割も果たしている。パーティ会場に迷い込んだ奥手でなんとなく冴えない1組の男女、途中アクシデントに見舞われながら、臆病な気持ちや恥ずかしさを捨てて、他のお客といっしょに踊るクライマックスシーンは一見の価値がある華やかさとなっている。ハッピーで愛にあふれた映像はバレンタインデー発売のこのシングルの世界観を見事に表しているので、今すぐチェック!

シングル「Love me, Love you」

2018年2月14日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89374/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
1. Love me, Love you
2. Log (feat.坂口有望)
3. 春愁
■DVD
・ “Love me, Love you" Music Video
・ The Making of “Love me, Love you"
・ 「ゼンジン未到とロワジール 〜東京編〜」 at 日比谷野外音楽堂 on 15th July, 2017より
Oz / CONFLICT / うブ / WanteD! WanteD! / 我逢人(がほうじん)
・春愁(合唱バージョン)



【通常盤】(CD)
UPCH-80487/¥1,200+税
<収録曲>
1. Love me, Love you
2. Log (feat.坂口有望)
3. 春愁

◎チェーン別オリジナル特典
2018年ポスターカレンダー(B3サイズ※515mm×364mm)
対象チェーン:タワーレコード全店/TSUTAYA RECORDS全店/HMV全店/Amazon.co.jp
※特典は無くなり次第終了となります。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)

◎ショップ購入特典
告知ポスター(B2サイズ※728mm×515mm)
※新ヴィジュアルを使用します。
※チェーン別オリジナル特典が付く店舗は対象外となります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)
■UNIVERSAL MUSIC STOREはこちらからご予約下さい。
http://store.universal-music.co.jp/artist/mrsgreenapple/

『Mrs. GREEN APPLE全国ツアー2018』

5月12日(土) 東京 パルテノン多摩 大ホール
5月19日(土) 香川 サンポートホール高松・大ホール
5月20日(日) 広島 広島JMSアステールプラザ 大ホール
5月26日(土) 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール
5月27日(日) 福島 郡山市民文化センター 中ホール
6月03日(日) 北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月09日(土) 宮城 トークネットホール仙台(仙台市民会館)大ホール
6月15日(金) 大阪 オリックス劇場
6月17日(日) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
7月15日(日) 福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
7月20日(金) 静岡 静岡市民会館 中ホール
7月27日(金) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
8月04日(土) 長野 ホクト文化ホール 
9月08日(土) 千葉 幕張メッセ 国際展示場
9月09日(日) 千葉 幕張メッセ 国際展示場



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、「Love me, Love you」MV公開
Mrs. GREEN APPLEまとめ
ゆず、アルバム『BIG YELL』の初回限定盤DVDにライブ映像を収録

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, リリース

ゆず、アルバム『BIG YELL』の初回限定盤DVDにライブ映像を収録
Wed, 14 Feb 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずが4月4日(?)にリリースするアルバム『BIG YELL』の初回生産限定盤の特典内容を発表! 

DVDが付属する初回生産限定盤には、デビュー20周年を迎えた2017?に約16年ぶりに凱旋出演した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』をはじめ、全国8カ所の大規模夏フェスをまわった『YUZU SUMMER FEST. TOUR 2017 GOOD SUNSHINE DAYS』の厳選ライブ映像と、2017?12月22日に原点の横浜・伊勢佐木町で20?の歴史に幕を閉じ、1stミニアルバム『ゆずの素』の収録曲を完全再現した『ゆず 冬?の日ライブ ファイナル』のライブ映像が収録される。このライブはインターネットテレビ「AbemaTV」にて?中継され、計67万人が視聴。アーカイブ配信終了後、ファンの間で映像化の声が続出していた。通常のツアーとはひと味違うゆずのライブ映像を体感できる、およそ100分に及ぶ大ボリュームの映像特典となっているので要チェックだ。

アルバム『BIG YELL』

2018年4月4日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SNCC-86932/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
SNCC-86933/¥2,850+税
<収録内容>
■DVD ※初回生産限定盤のみ
『YUZU SUMMER FEST. TOUR 2017 GOOD SUNSHINE DAYS〜#ゆずと夏フェス〜』
『ゆず 冬?の日ライブ ファイナル in カトレヤプラザ伊勢佐?』

『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』

4月29日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
4月30日(月・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
5月15日(火) 愛知・日本ガイシホール
5月16日(水) 愛知・日本ガイシホール
5月19日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
5月20日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
5月30日(水) 大阪・大阪城ホール
5月31日(木) 大阪・大阪城ホール
6月09日(土) 北海道・北海きたえーる
6月10日(日) 北海道・北海きたえーる
6月16日(土) 福井・サンドーム福井
6月17日(日) 福井・サンドーム福井
6月23日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月24日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月30日(土) 新潟・朱鷺メッセ
7月01日(日) 新潟・朱鷺メッセ
7月07日(土) 広島・広島グリーンアリーナ
7月08日(日) 広島・広島グリーンアリーナ
7月14日(土) 静岡・エコパアリーナ
7月15日(日) 静岡・エコパアリーナ
7月18日(水) 大阪・大阪城ホール
7月19日(木) 大阪・大阪城ホール
7月24日(火) 神奈川・横浜アリーナ
7月25日(水) 神奈川・横浜アリーナ
7月28日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
7月29日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ



【関連リンク】
ゆず、アルバム『BIG YELL』の初回限定盤DVDにライブ映像を収録
ゆずまとめ
BUCK-TICK、新曲「サロメ」が『クリスタル オブ リユニオン』新章テーマ曲に決定

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ユニット, アルバム, リリース

BUCK-TICK、新曲「サロメ」が『クリスタル オブ リユニオン』新章テーマ曲に決定
Wed, 14 Feb 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKの最新楽曲「サロメ」が、スマートフォン向けゲームアプリ『クリスタル オブ リユニオン』の新章テーマ曲に決定した。「サロメ」は2月21日にリリースとなるシングル「Moon さよならを教えて」のカップリング曲として収録されており、アグレッシブなサウンドに魅惑的で挑発的な歌が響く楽曲である。『クリスタル オブ リユニオン』新章の世界とBUCK-TICKが生み出すダークファンタジーの世界が共鳴し、一層スケール感を増している。

本ゲーム特設サイトでは「サロメ」と『クリスタル オブ リユニオン』がコラボレートしたコンセプトムービーが公開されているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

■『クリスタル オブ リユニオン』2nd Anniversary 特設サイト
http://www.cryuni.com/cp/dua_cry/

シングル「Moon さよならを教えて」

2018年2月21日発売



【完全生産限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1319/¥2,380+税
【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)
VIZL-1320/¥1,880+税
<収録曲>
1.Moon さよならを教えて
2.サロメ

◎完全生産限定盤 3大特典(A/B共通)
・Blu-ray/DVD:「Moon さよならを教えて」MUSIC VIDEO収録
・スペシャルデジパック仕様
・購入者対象キャンペーン応募券封入
◎完全生産限定盤/通常盤 共通仕様
・SHM-CD / Blu-ray(DVD)の収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
※ダウンロード有効期限 : 2019年2月28日(木)



【通常盤】(SHM-CD)
VICL-79003/¥1,000+税

『BUCK-TICK 2018 Tour No.0』

3月31日(土) よこすか芸術劇場 
4月01日(日) オリンパスホール八王子
4月07日(土) 神戸国際会館こくさいホール
4月08日(日) なら100年会館 大ホール
4月14日(土) 栃木県総合文化センター メインホール
4月15日(日) 群馬音楽センター
4月21日(土) 本多の森ホール
4月22日(日) 長野市芸術館 メインホール
5月12日(土) サンポートホール高松 大ホール
5月13日(日) 高知市文化プラザかるぽーと 大ホール
5月19日(土) 倉敷市民会館
5月20日(日) ロームシアター京都(京都会館) メインホール
5月26日(土) わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月01日(金) 郡山市民文化センター中ホール
6月03日(日) 市川市文化会館
6月09日(土) オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
6月10日(日) オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
6月14日(木) りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場
6月23日(土) 広島JMSアステールプラザ大ホール
6月24日(日) 福岡市民会館
6月30日(土) 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
7月01日(日) リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
7月06日(金) 川口総合文化センター リリアメインホール
7月07日(土) 神奈川県民ホール 大ホール
7月14日(土) 静岡市民文化会館 中ホール
7月15日(日) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧:名古屋市民会館)
7月18日(水) NHKホール
7月19日(木) NHKホール
<チケット>
¥8,000(税込)※3歳未満入場不可/3歳以上有料
一般発売日:3月10日(土)AM10:00



【関連リンク】
BUCK-TICK、新曲「サロメ」が『クリスタル オブ リユニオン』新章テーマ曲に決定
BUCK-TICKまとめ
She, in the haze、ベルギーフェス 3日連日出演&ヨーロッパツアー開催を発表

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲, ゲーム

She, in the haze、ベルギーフェス 3日連日出演&ヨーロッパツアー開催を発表
Wed, 14 Feb 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

She, in the hazeが3月に開催されるベルギーFESに3日連日出演すること、さらにヨーロッパツアーを開催することが決定した。また、3月9日にはJoy Opposites『FIND HELL』JAPAN TOUR 2018 ツアーファイナルにも出演が決定。活動を海外に拡げていく彼らの今後の活躍がいまから楽しみだ。

【ライブ情報】

■Joy0 Opposites 『FIND HELL』 JAPAN TOUR 2018 ツアーファイナル
3月9日(金) 代官山UNIT

■ベルギーFES&ヨーロッパTOUR
3月16日〜18日 Made in Asia @Brussels (BE)
3月22日 Tsunami Club / Cologne (DE)
3月23日 Pop Centrale / Dordrecht (NL)
3月24日 Le Garage / Liege (BE)
3月25日 Bobble Caf?, Lille (FR)

シングル「Last forever」

発売中



DDCB-14057/¥1000(税込)
<収録曲>
1. Last forever
2. Broken
3. Give me more



【関連リンク】
She, in the haze、ベルギーフェス 3日連日出演&ヨーロッパツアー開催を発表
She, in the hazeまとめ
『COLORS OSAKA’18』に向けPile、ザ・フーパーズ -4roses-等出演者からコメントが到着!

【関連アーティスト】
She, in the haze
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

『COLORS OSAKA’18』に向けPile、ザ・フーパーズ -4roses-等出演者からコメントが到着!
Wed, 14 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月3日(土)に大阪・なんばHatchで開催されるESP学園主催の無料ライブイベント『COLORS OSAKA’18』。本イベントに向けて、出演アーティストから届いたコメントがオフィシャルサイトにて続々公開されている。

現在コメントが公開されているのは、Main Stageに出演するPile、BUZZ THE BEARS、ザ・フーパーズ -4roses-、Mary\'s Bloodの4組。デビュー前にESP学園の原宿校に通っていたこともあるというPileや、地方イベントの出演が初めてだというザ・フーパーズ -4roses-をはじめ、各出演者がここでしか聞けない意気込みやESP学園との縁を語っているので、ぜひコメントをチェックしてほしい。今後Purple Stoneのコメントも公開予定なのでお楽しみに。

また、本イベントは無料招待イベントとなっており、招待チケットの申込は2月19日(月)17:00までとなっている。当日は高校生限定のバックステージツアーも実施するとのことなので、音楽ファンだけでなくライブの裏側に興味のある学生は要チェックだ。

■『ESP学園presents COLORS OSAKA’18』アーティストコメントページ
http://www.esp.ac.jp/enter/colorsosaka/message/
■『ESP学園presents COLORS OSAKA’18』オフィシャルHP
http://www.esp.ac.jp/enter/colorsosaka/

■『ESP学園presents COLORS OSAKA’18』

3月3日(土) 大阪・なんばHatch
開場16:00/開演17:00
入場無料(招待制) ※入場時に別途ドリンク代が必要です。
■観覧チケット応募締め切り
2月19日(月)17:00 まで

<出演者>
Main Stage:ザ・フーパーズ -4roses-、Pile、BUZZ THE BEARS、Purple Stone、Mary\'s Blood、<O.A>BLOSSOM(ESP学園ヴォーカル&パフォーマンスユニット)
Sub Stage:アイノート、MXIXC、藤井美琴、優利香

<高校生限定! バックステージツアーを開催!!>
話題のライブの舞台裏をのぞいてみよう!
観覧するだけではなく、舞台裏をのぞくことができる『COLORS OSAKA’18』バックステージツアーも実施!
一般の観客の方は絶対に入ることができないバックステージをたっぷり紹介。
ライブ本番のために準備が進むステージの様子もバッチリお見せします♪
マネージャー、イベンター、照明・音響などのスタッフはもちろんこと、ステージ上でパフォーマンスするアーティストやタレント志望の方にとっても貴重な体験になること間違いなし! 是非このチャンスをお見逃しなく。

■高校生限定バックステージツアー申込ページ
https://ssl.esp.ac.jp/osaka/colorsosaka_bst/



【関連リンク】
『COLORS OSAKA’18』に向けPile、ザ・フーパーズ -4roses-等出演者からコメントが到着!
THE HOOPERSまとめ
Pileまとめ
BUZZ THE BEARSまとめ
Purple Stoneまとめ

【関連アーティスト】
THE HOOPERS, Pile, BUZZ THE BEARS, Purple Stone, Mary\'s Blood
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

平昌開幕! 冬季オリンピックにまつわるMV特集
Wed, 14 Feb 2018 18:00:00 +0900


2月9日、ついに平昌オリンピックが開幕しました。それにちなんで、歴代冬季オリンピックのテーマソングや、ウィンタースポーツをテーマとして取り扱っているMVをご紹介します! 1月は都内でも大雪が降るなど大変な日が続きました。暦はゆっくりと春に移り変わる中、まだまだ大寒波が続いていますが、平昌オリンピックで雪を溶け焦がすような熱い思いに触れてみませんか?

まずは、2014年に開幕したソチ冬季オリンピックのテレビ東京系の中継テーマソング。《それは一瞬の輝き》と始まるこの曲は、ひとりの少女がスケート選手として成長するまでの過程をつぶさに描いたMVに。メンバーの吐く白い息が冷たいリンク上の感触を私たちに伝え、初めは見えなかった少女の息も最後は白くなっていく。成長してパッと明かりがつく場面は、舞台に立つという夢を叶えた瞬間だ。勝敗は描写されないが、だからこそ努力が際立って、ドキュメンタリーとして成立している。

続いてこちらも、ソチ冬季オリンピックに関連した楽曲を紹介。フジテレビ系ソチ五輪中継テーマソングとして新たに書き下ろされた楽曲でもある。このMVは真っ白な雪の中に対照的な真っ黒なコート、帽子、手袋で身を包んだ絢香が登場する。雪の中でグランドピアノを弾く姿がなんだかちょっと男前だ。かと思えば、ゲレンデで雪とじゃれている絢香はなんとも可愛らしい。『number one』のタイトル通り、オリンピックに相応しい曲のひとつでしょう。

せっかくなので、韓国のアーティストの楽曲もピックアップ! UP10TIONは10人編成の韓国の男性アイドルグループ。曲自体はラブソングだが、MVではアイスホッケー部の人間関係をドラマ仕立てに描いている。恋愛と友情がからまり合い、殴り合ったりと少し血なまぐさい描写もあるけれど、スポ根魂とでも呼べるような熱い思いが伝わってくる。終盤、メンバー達が実際にホッケーをプレイするシーンはドキドキする躍動感があり必見。特に炎の演出のなか、スティックが燃えながらぶつかりあうシーンは一瞬だが美しい。

異常に上手いスノボが印象的なので覚えている人も多そうだが、こちらはマンウィズがひたすらスノーボードをしまくるMV。真冬のはずなのに不思議と寒さを感じない、むしろ夏のスポーツのような爽やかさがある。口当たりがよく、思わず何度もリピートしてしまうだろう。“マンウィズ×スノボ”という組み合わせも意外性があってわくわくさせてくれる。それにしてもここまでのキメ技を見せるとは、さすが究極の生命体と言わざるを得ない。

ラストは現在開催中の2018年平昌オリンピックのテーマソングに起用されている、SEKAI NO OWARIの最新MV! Fukase(Vo)と神木隆之介の兄弟役が早くも話題になっているが、《夢を追う君へ》と繰り返される通り、オリンピックに限定された楽曲ではなく、全ての“夢”を応援する温かくて優しい曲だ。MVで展開されるのは、美術の世界に没頭する弟・花斗(神木)と、温かいご飯を作って見守る兄・草介(Fukase)の物語。MVの鍵となるご飯は、お腹が空くくらい美味しそう。冬期オリンピックに燃える中、やさしくほっと一息つかせてくれるMVだ。

TEXT:辻瞼



【関連リンク】
平昌開幕! 冬季オリンピックにまつわるMV特集
Every Little Thingまとめ
絢香まとめ
UP10TIONまとめ
MAN WITH A MISSIONまとめ

【関連アーティスト】
Every Little Thing, 絢香, UP10TION, MAN WITH A MISSION, SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, K-POP, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV, シングル, アルバム

『WONDERFUL FISH』に見る今も変わらない、斉藤和義のロックアーティストとしてのスタンス
Wed, 14 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

中村達也とのロックユニット、MANNISH BOYSの楽曲「GO! GO! Cherry Boy!」が2月17日より公開された映画『チェリーボーイズ』の主題歌に起用された斉藤和義。2018年8月にデビュー25周年を迎えるとあって、3月14日に約2年4カ月振りとなるニューアルバム『Toys Blood Music』を発表後、埼玉を皮切りに41都市47公演に上る大規模な全国ツアー『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”』をスタートと、今年は例年以上に精力的な動きを見せるようだ。そんな彼のアーティストとしての本質を過去作とともに振り返る。

■デビュー15年目のブレイク

本稿作成の参考に…とWikipediaの斉藤和義のページを見ていてニヤリとしてしまうと同時に、“これも斉藤和義らしいなぁ”と思わず膝を打った。略歴の項目。そこに“デビュー15年目以降”という小見出しがある。所謂プロフィールなのだが、その“デビュー15年目以降”以降の紹介文の方が圧倒的に多く、しかも充実しているのだ。1995年の“同年代の一般女性と結婚”からその“デビュー15年目以降”までの間は何も記述がなく、まるで活動を休止していたかのようである。

もちろん、彼は活動休止などしてないし、しっかりと記載されたディスコグラフィーが示す通り、デビュー以来、斉藤和義は音源制作を欠かした年はない。ひいてはこの間、ライヴ活動も欠かした様子はないのだが(それは公式webサイトで確認)、この辺はあたかも“アーティストのやることは音源制作とライヴの他に何かある?”と言っているかのようである。

Wikipediaの“デビュー15年目以降”にしてもよくよく見ると、CMタイアップの件や2012年の『NHK紅白歌合戦』出演の記載はあるものの、あとは大型フェスやイベント参加に関する記載がほとんどで、こんなところからも、やはりこの人は徹頭徹尾、ミュージシャンであることが分かるのである。ちなみに斉藤和義は、1999年に伊藤広規(Ba)、小田原豊(Dr)とSevenなるバンドを組んでおり、この件はWikipediaの略歴に載せてもいいと思うのだが、これは彼にとって黒歴史なのだろうか。そうじゃなかったら、誰か追加編集頼む。

■“時代が彼に追いついた”奇跡的な偉業

…と熱弁しつつ、こんなことを言うのはほとんど反則技だろうが、“デビュー15年目以降”の前の斉藤和義は大きなヒット曲に恵まれた様子もないので、それもやむなしという気もする。斉藤和義の代表曲のひとつ、15thシングル「歌うたいのバラッド」は1997年にリリースされているが、その発売当初、あるいは同年発売の6thアルバム『Because』に収録された時点で、ファンの間では名曲の誉れ高い楽曲であったものの、それが広く知れ渡ったのはMr.Childrenの桜井和寿がBank Bandでカバーした2007年頃からであろうから、やはりそれも“デビュー15年目以降”のこと。

それ以前のトピックらしいトピックとなると、Wikipediaにもある通り、1994年にリリースされた4thシングル「歩いて帰ろう」がフジテレビ系子供番組『ポンキッキーズ』で使われたことくらいになるのだろう。だが、かと言って、当時、デビュー15年目までの斉藤和義の音楽が未成熟だったかと言えば決してそうではなかったことは、それこそ、その「歌うたいのバラッド」や「歩いて帰ろう」が後年に評価されたことが証明している。

「歌うたいのバラッド」は前述の通りだし、「歩いて帰ろう」は2015年にスズキの『ラパン』のCMやフジテレビ系バラエティー番組のメインテーマ曲に起用されたこともあってか、2016年度のJASRACの著作権使用料分配額ランキングで国内作品の年間10位を獲得したという。発売後20年以上を経てのブレイクはほぼ奇跡的な偉業と言える。当然のことながら、メロディー、歌詞、アレンジは当時と何も変わっていないので、チープな形容ではあるが、“時代が彼に追いついた”とはまさにこのことであろう。言うまでもなく、斉藤和義はデビュー時から才能あふれるロックアーティストだったのである。

■確信的であり自由自在でもある表現

つまり、斉藤和義の音楽制作に向かう姿勢にはデビュー時から確固たるものがあったことは初期作品からもうかがえるわけだが、それこそ中村達也とロックユニット、MANNISH BOYSを組んだり、彼がのちにさまざまなアーティストとコラボレーションをしたり、多くのトリビュートアルバムで他のアーティストの楽曲をカバーしたりと、今も自由自在な音楽表現をしている斉藤和義の姿もまた垣間見ることができる。問答無用にロックで、バラエティー豊か。

それは、「歩いて帰ろう」が収録された1995年の出世作、3rdアルバム『WONDERFUL FISH』からしてそうである。デビューシングル「僕の見たビートルズはTVの中」のイメージからか、最初期にはフォークシンガー的な見られ方をされなくもなかった斉藤和義だが、それは本作で完全に払拭されたと言えるだろう。オープニングを飾るタイトルチューンM1「WONDERFUL FISH」での、弦楽器も打楽器もザクザクとした、やや粗いバンドサウンドで、これがロックアルバムであることは確信できる。

■楽曲に潜むロックへのリスペクト

セカンドラインの軽快なリズムが印象的なM3「歩いて帰ろう」はキャッチーな歌メロと相まって、どう聴いてもポップなナンバーであるのだが、ギターサウンドは実にワイルドだ。これは「歩いて帰ろう」のオマージュであるところのM2「走って行こう」も同様で、いずれも特徴的なリズムに耳を奪われがちだが、ディストーションの効いた、重くノイジーなエレキギターの音もかなり強烈に自己主張している。

誰が聴いてももっとも荒々しいサウンドだと感じるのは、怒りの感情とサウンドを同期させたブルースロックM6「ポストにマヨネーズ」だろうが、それだけじゃなく、明るくポップな曲調にロック然とした音を潜ませている辺りに斉藤和義のロックアーティストとしての矜持があると思う。

また、ロックの巨人たちへのリスペクト、そこからのオマージュも決して忘れていない。The Beatlesの「Let It Be」を彷彿とさせるピアノから、これまたThe Beatlesの「Strawberry Fields Forever」でのメロトロン的なサウンドが聴けるM8「例えば君の事」がその白眉であろうか。決して明るい曲ではないが、広がりのあるメロディーラインも手伝って、どこか神々しさを感じさせる楽曲だ。

サイケな音作りは、スペイシーなM9「d?j? vu」を挟んで、M10「無意識と意識の間で」やM11「引っ越し」でも聴くことができ、この人が60年代のロックが大好きなことがよく分かる。細かいところでは、M6「ポストにマヨネーズ」のアウトロでのドラムスが明らかにLed Zeppelinっぽい辺りも実におもしろい。

■歌詞にもロックなスタンスが宿る

歌詞もロックっぽい。まず、M6「ポストにマヨネーズ」。前述の通り、モロに怒りの感情を露呈しているさまはロックの専権事項とでも言うべき代物だ。

《お前に一言聞きたい事がある/ポストにマヨネーズ流しこんだのテメェだろう!》
《毎日毎晩ごくろうさん おかげさまで歌が出来ました/ところで明日早いから/モーニングコールを8時に頼むよ/どうせひまだろ?》
《お前に一言言いたいことがある/“あんたの人生 楽しそうだな”》
憤まんやる方ない感情をぶつける歌ができたことに“おかげさまで”と付け、シニカルさを際立たせている感じはパンク的だ。先ほど、M3「歩いて帰ろう」を“リズムは軽快だが、ギターは実にワイルドで、それがロック然としている”と表したが、この楽曲の歌詞もとてもロックらしいと思う。

《急ぐ人にあやつられ 右も左も同じ顔(言いたい事は胸の中)/寄り道なんかしてたら 置いてかれるよ すぐに(いつも)》
《嘘でごまかして 過ごしてしまえば/たのみもしないのに 同じ様な朝が来る(同じ様な風が吹く)》
《走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく/僕は歩いて帰ろう 今日は歩いて帰ろう》
言葉だけを見る限り、そこに攻撃性はないように思える。しかし、これがリリースされた当時の音楽シーンの状況を鑑みると、この歌詞はメインストリームへのカウンターであったような気もしてくる。シングル「歩いて帰ろう」が1994年発売、アルバム『WONDERFUL FISH』は1995年発売である。1994年、1995年の年間売上トップのアーティストはいずれもtrf。その翌年の1996年には安室奈美恵が1位、globeが2位と、当時は所謂小室ファミリーの全盛期だった。小室サウンドがどうのこうのというよりも、のちにCDバブルと言われたミリオンヒットが続発する時期で、1995年、1996年には20作以上がミリオンを記録している。

音楽シーンは沸騰しており、《急ぐ人にあやつられ》るようなこともあったと想像できるし、業界内には《寄り道なんかしてたら 置いてかれるよ》という焦燥感を抱く人はたくさんいたことだろう。しかしながら、《走る街を見下ろして/僕は歩いて帰ろう》と言い切れる潔さは、むしろロック的であったと思うのだ。M2「走って行こう」のあとに持ってきて、それを強調している感じも洒落が効いていて、これもまたとてもいい感じだ。

オフステージでは今ものほほんとした表情を見せることもあり、「歌うたいのバラッド」や「ウエディング・ソング」、あるいは「ずっと好きだった」辺りのイメージで漠然と彼のことを見ている人たちにとっては“斉藤和義=やさしいお兄さん”かもしれない。あるいは、個人名義での活動がほとんどであるし、アコースティックギターを持って歌う姿がフィーチャーされることも少なくないので、依然“斉藤和義=フォークシンガー”といった見方をしている人もいるかもしれない。それはそれで全面的に否定はできないが、斉藤和義の本質は間違いなくロックであり、それはデビュー時から終始一貫していたのである。

TEXT:帆苅智之

アルバム『WONDERFUL FISH』

1995年発表作品



<収録曲>
1.WONDERFUL FISH
2.走って行こう
3.歩いて帰ろう
4.何となく嫌な夜
5.寒い冬だから
6.ポストにマヨネーズ
7.レノンの夢も
8.例えば君の事
9.d?j? vu
10.無意識と意識の間で(アルバム・ヴァージョン)
11.引っ越し



【関連リンク】
『WONDERFUL FISH』に見る今も変わらない、斉藤和義のロックアーティストとしてのスタンス
斉藤和義まとめ
TERU(GLAY)、サン・マルコ広場でのライブをTAKUROとともに大成功に収める

【関連アーティスト】
斉藤和義
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, シンガーソング・ライター, アルバム

TERU(GLAY)、サン・マルコ広場でのライブをTAKUROとともに大成功に収める
Wed, 14 Feb 2018 14:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年2月13日(火)14:00にイタリアはヴェネツィア、サン・マルコ広場で開催されていたカーニバルのステージにTERUとTAKUROが出演した。当初は前日の12日(月)の夕方に出演を予定していたが、雨天により野外ステージの使用が不可と判断され、この日のプログラムは全てキャンセルとなり、TERUとTAKUROの出演のみ翌13日(火)に振替となった。

13日(火)はカーニバルの最終日、そして晴天ということでカーニバルを楽しみに集まった8000人程の人々がステージの周囲に集まり、中には日本から訪れたファンの姿も見られ、2人の登場を待ち詫びていた。そして14:00になると2人のステージがスタート。今回はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、そしてキーボードの現地ミュージシャン4名を迎えての演奏だった。TERUが“日本から来ました、GLAYのTERUです”とイタリア語で挨拶をすると拍手が起こる。ヴェネツィアで演奏することのきっかけともなった曲「the other end of the globe」ではTAKUROが観客の拍手を促すと大きな拍手がサン・マルコ広場に広がった。

イタリア語での曲紹介を交えながら「pure soul」「あなたといきてゆく」を演奏し、最後に「HOWEVER」の曲名を伝えると大きな歓声があがる。急遽の振替ステージとなったがTERUとTAKURO、そして現地ミュージシャン達は無事4曲を完奏した。TERUは“Ci rivediamo l\'anno prossimo!(また来年会いましょう)”、そしてTAKUROも“Grazie!(ありがとう)”とサン・マルコ広場に集まった聴衆に挨拶し、大歓声を背に受けてステージを降りた。二度目のサン・マルコ広場への登場は一度は雨に阻まれたものの、今回も大成功となった。



【関連リンク】
TERU(GLAY)、サン・マルコ広場でのライブをTAKUROとともに大成功に収める
GLAYまとめ
ORESAMA、アルバム『Hi-Fi POPS』詳細&リード曲「Hi-Fi TRAIN」MV公開

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

ORESAMA、アルバム『Hi-Fi POPS』詳細&リード曲「Hi-Fi TRAIN」MV公開
Wed, 14 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ORESAMAが4月11日(水)にリリースするメジャー1stアルバム『Hi-Fi POPS』のリード曲「Hi-Fi TRAIN」MVとアルバムの詳細情報が解禁された。「Hi-Fi TRAIN」は、2018年1月8日のワンマンライブにて一足先に解禁されたORESAMAの最新曲。2次元とCGを駆使したおもちゃ箱のようなMVや、ハイブリッドなMVを披露してきたORESAMAが、「Hi-Fi TRAIN」でもそのクリエイティブを存分に発揮! 記憶をなくしたぽん(Vo)が渋谷を舞台に様々なものにふれながら、これまでのORESAMAを集め進んでいくスト−リーが、“ORESAMA × うとまる × 渋谷 × 宇宙”で華やかに描かれたアルバム『Hi-Fi POPS』をリードするに相応しい仕上がり。止まらず進み続けるORESAMAの先を見せてくれるMVだ。

また、アルバム『Hi-Fi POPS』のジャケット写真はこれまで同様、うとまる(THINKR/POPCONE)が担当しており、過去のイラストモチーフが存分に散りばめられた、モチーフを探すだけでも楽しめるスペシャルなイラスト仕様になっている。そして、ORESAMAの新アー写も同時に解禁! 3作連続、ジャケットイラストが現実世界に飛び出したアー写を披露したORESAMAが、様々なイメージと出会い蓄積してきたこれまでを包括し、今見せたいORESAMAを披露している。

アルバム『Hi-Fi POPS』

2018年4月11日発売



LACA-35715/?3,600+税 
<収録曲>
■CD
01. Hi-Fi TRAIN
02. 流星ダンスフロア
03. cute cute
04. 綺麗なものばかり (Album Mix)
05. 誰もが誰かを
06. 耳もとでつかまえて
07.「ねぇ、神様?」
08. Trip Trip Trip
09. ハロー・イヴ
10. SWEET ROOM
11. ワンダードライブ
12. 銀河 (Album Mix)
■Blu-ray
01. オオカミハート
02. ドラマチック
03. 乙女シック
04. 銀河
05. ワンダードライブ
06. Trip Trip Trip
07. 流星ダンスフロア
08. Hi-Fi TRAIN



【通常盤】
LACA-15715/¥3,000+税 

ワンマンライブ『ワンダーランドへようこそ 〜Hi-Fi PARTY in LIQUIDROOM〜』

4月15日(日) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
<チケット>
プレイガイド先行:2月14日16:00〜販売開始
・イープラス
http://eplus.jp/oresama/
・チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/oresama-t/
・ローチケ
http://l-tike.com/oresama



【関連リンク】
ORESAMA、アルバム『Hi-Fi POPS』詳細&リード曲「Hi-Fi TRAIN」MV公開
ORESAMAまとめ
クミコ、世界中が涙した詩集もとに書き下ろした楽曲を3月にリリース

【関連アーティスト】
ORESAMA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

クミコ、世界中が涙した詩集もとに書き下ろした楽曲を3月にリリース
Wed, 14 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

クミコがニューシングル「最後だとわかっていたなら」を3月7日にリリースする。 国内では異例の累計15万部を突破し、世界中が涙した詩集「最後だとわかっていたなら」をもとに書き下ろした楽曲で、この詩は2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった消防士の手帳に残されていたことから注目を浴び、追悼集会でも朗読されるなど世界中で知られるようになった。

なお、この詩自体はテロが発生する前から「Tomorrow Never Comes」という原作タイトルで知られていたもので、原作者であるアメリカ人女性ノーマ・コーネット・マレックが1989年に10歳の息子を亡くした際に綴った一篇の詩がもとになっている。アメリカ国内では子供を失った悲しみだけでなく、後悔をせずに今を生きることの大切さを伝える言葉として、生と死に直面している者の心に寄り添ってきたものであった。

「最後だとわかっていたなら」が日本で知られるようになったのは、訳者の佐川睦がアメリカ留学中に最愛の母を事故で亡くし帰国した失意の中、アメリカの友人から送られてきた1通のメールに書かれていたこの詩に励まされたことから、自身のホームページで日本語訳して公開したことがきっかけ。佐川の訳詩が口コミを中心に広がったことから出版社の目に止まり、2007年に書籍化されている。

そして現在までに日本では詩集として異例の累計15万部を突破し、著名人などにも支持され始めている。2011年6月には、秦基博と大沢たかおの一夜限りのスペシャルライブで大沢が朗読したことが大きな反響を呼んだ。その後も2015年7月に乳がんで闘病中の北斗晶がブログで紹介、昨年2017年には、最愛の妹・小林麻央を亡くした小林麻耶が再開したブログで「この詩によって、生きる意識を変えることができた」と書き込まれている。

今回、この詩を歌として唄うクミコは、2002年にシャンソンでは異例のヒットを記録し「聴くものすべてが涙する歌」として泣き歌ブームの原点となった「わが麗しき恋物語」を唄っている。命の歌を唄い続けてきたクミコは、昨年にこの歌と出会い深く感動していた頃に小林麻耶のブログを目にし、大きな悲しみを乗り越えていく時に人に勇気を与えてくれる歌なのだと気付き、この「最後だとわかっていたなら」を唄うことを決意。昨年11月にゲスト出演した「日本うたごえ祭典」で、7,000人の観客を前にした初めての歌唱が多くの涙を誘い、CD化を望む声が高まったことから2018年の第一弾シングルとして3月7日にリリースすることとなった。

クミコはこの歌に対して「言わなくたってわかってるだろう。とか、以心伝心とか。そんなことよく聞きます。でも、きっとそうじゃあないんでしょう。言わなくちゃわかんない、言わなかったことを後悔する。そんなことばかりなのでしょう。『最後だとわかっていたなら』は、だから後悔の歌です。でも、こんな後悔をせぬようにという希望の歌でもあります。昨日が今日になって明日になる。それは当たり前のことではなく、もしかしたら奇跡なのかもしれない。だからこそ、今この時に、大切な人に伝えるべきことを伝えたい。そういう前向きな希望の歌なのです」と想いを語っている。

また、完成した楽曲を聴いた日本語訳の佐川睦は「クミコさんの深くあたたかい声に、この詩の作者であるノーマが伝えたかっただろう思いがあふれ流れています。悲しみが寄り添う所にこそ生まれる、はかなくも消えることのない、ほのあたたかいともしびのような希望。もう握り返せないあの愛しい手から受け取ったぬくもりを、今度は別の誰かに贈ることのできる感謝。なかなか素直になれない私達が、大切な存在である人に『ありがとう』『ごめんね』『だいすきだよ』と言えるよう背中をそっと押してくれるような、そんな曲だと思います」とコメントを寄せた。

なお、楽曲のアレンジは松任谷由実コンサートツアーの音楽監督や、一青窈、平井堅など数々の大物アーティストをプロデュースする音楽プロデューサーの武部聡志が担当。発売を記念し6月30日には東京・EX THEATER ROPPONGIにて、発売を記念した『クミコ コンサート2018』が開催される。

シングル「最後だとわかっていたなら」

2018年3月7日発売



COCA-17418/¥1,204+税
<収録曲>
「最後だとわかっていたなら」
原作:ノーマ コーネット マレック 訳:佐川 睦
歌詞構成・作曲:都志見 隆 編曲:武部聡志
「何度でも 恋に落ちましょう」
作詞:小山田美里亜 作曲・編曲:EDISON



【関連リンク】
クミコ、世界中が涙した詩集もとに書き下ろした楽曲を3月にリリース
クミコまとめ
武部聡志まとめ
欅坂46、「ガラスを割れ!」MV公開

【関連アーティスト】
クミコ, 武部聡志
【ジャンル】
J-POP, ニュース

欅坂46、「ガラスを割れ!」MV公開
Wed, 14 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

秋元康総合プロデュースの乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾として結成され、2016年4月に「サイレントマジョリティー」にて鮮烈なデビューを飾った、欅坂46待望の6thシングル「ガラスを割れ!」のMVが公開となった。長野県諏訪市にある巨大な工場跡地にセットを作っての撮影となった今作は、最低気温マイナス10度と寒く冷え込んだ中での撮影となった。監督は、「二人セゾン」「不協和音」「風に吹かれても」のMVを手掛けた新宮良平、振付は世界的なダンサー・TAKAHIRO(上野隆博)が担当。世界最速でカメラを動かす最新鋭の機材“BOLT”も使われ、よりエネルギッシュなパフォーマンスが表現されている。

メンバーは黒のパンツとMA-1の衣装に身を包み、マイクスタンドを使ったパフォーマンスを魅せた欅坂46史上最大級にロックでカッコイイMVだと早くも各所で話題になっている。さらには、「ガラスを割れ!」には大型タイアップも決定しているとのことなので、発表をお楽しみに。

シングル「ガラスを割れ!」

2018年3月7日(水)発売



【初回仕様限定盤TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9736〜9737/¥1,528+税
【初回仕様限定盤TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9738〜9739/¥1,528+税
【初回仕様限定盤TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9740〜9741/¥1,528+税
【初回仕様限定盤TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9742〜9743/¥1,528+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9744/¥972+税



【関連リンク】
欅坂46、「ガラスを割れ!」MV公開
欅坂46まとめ
家入レオ、アルバム『TIME』のリードトラック「春風」先行配信&全曲トレーラー公開

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

家入レオ、アルバム『TIME』のリードトラック「春風」先行配信&全曲トレーラー公開
Wed, 14 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月21日(水)に5枚目のオリジナル・アルバム『TIME』をリリースする家入レオ。同アルバム収録曲「ずっと、ふたりで」「Relax」に続き、リードトラック「春風」の先行配信がiTunes、レコチョクほか主要サイトにて開始され、iTunesでは同アルバムのプレオーダーもスタートした。

また、家入レオ・オフィシャルYouTubeチャンネルではアルバム『TIME』トレイラー映像が特別公開。トレーラー映像は『TIME』のアートワーク・スチールカットで構成され、アルバム収録楽曲13曲をショートバージョンながらも全曲チェックすることができる。

さらに、NTTドコモが提供するスマートフォン向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ(R) powered by レコチョク」ではアルバム「TIME」収録の「恋のはじまり」の独占先行配信がスタート! 「恋のはじまり」は昨年3月12日(日)にパシフィコ横浜にて開催された「ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 6 家入レオ×大原櫻子×藤原さくら」にてサプライズで披露された楽曲。同じレコード会社所属で、公私ともに仲の良い大原櫻子・藤原さくらを想って家入が作詞・作曲した楽曲で、9月に配信限定でリリースされ、レコチョクをはじめ主要配信サイトでチャート1位を記録したコラボ楽曲。アルバム「TIME」では同楽曲の家入のソロ・ボーカル&リアレンジ・バージョンが収録されている。

家入レオは16日(金)にはテレビ朝日系「ミュージックステーション」でドラマ主題歌「ずっと、ふたりで」を、17日(土)にはTBS系「CDTV」で「春風」を披露する。

アルバム『TIME』

2018年2月21日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1311/¥4,900+tax
<収録曲>
■CD
01. ずっと、ふたりで
02. 春風
03. Relax
04. 恋のはじまり
05. TOKYO
06. アフターダーク
07. ファンタジー
08. ありきたりですが
09. だってネコだから
10. パパの時計
11. 微熱
12. 祈りのメロディ
13. 大事なものすべて
■DVD
家入レオ 5th Anniversary Live at Zepp 2017.9.7 at Zepp DiverCityのライブの模様を完全収録。
サブリナ/lost in the dream/Kiss Me/Silly/Party Girl/恍惚/Lay it down/
君がくれた夏/love & hate/イジワルな神様/ひと夏の経験/少女A/だってネコだから/
純情/Bless You/Hello To The World/僕たちの未来/Shine/ずっと、ふたりで/
サブリナ



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1312/¥3,500+tax
<収録曲>
■CD
01. ずっと、ふたりで
02. 春風
03. Relax
04. 恋のはじまり
05. TOKYO
06. アフターダーク
07. ファンタジー
08. ありきたりですが
09. だってネコだから
10. パパの時計
11. 微熱
12. 祈りのメロディ
13. 大事なものすべて
■DVD
「Relax」Music Video&「Relax」Making Movie
「春風」Music Video&「春風」Short Film
「恋のはじまり」Recording Document



【通常盤】(CD)
VICL- 64927/¥3,000+tax
<収録曲>
01. ずっと、ふたりで
02. 春風
03. Relax
04. 恋のはじまり
05. TOKYO
06. アフターダーク
07. ファンタジー
08. ありきたりですが
09. だってネコだから
10. パパの時計
11. 微熱
12. 祈りのメロディ
13. 大事なものすべて



【関連リンク】
家入レオ、アルバム『TIME』のリードトラック「春風」先行配信&全曲トレーラー公開
家入レオまとめ
長期連載企画「声優図鑑」のリアルイベント『こえずか』、第四弾出演キャストのコメントを公開

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース

長期連載企画「声優図鑑」のリアルイベント『こえずか』、第四弾出演キャストのコメントを公開
Wed, 14 Feb 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月18日(日)に浜離宮朝日ホール 小ホール にて開催される『こえずか』第四弾に出演する、キャスト10名とMCを務めるこにわからイベントへの意気込みコメントが到着した。

『こえずか』とはウェブメディア「ダ・ヴィンチニュース」にて連載約180回(約180人を紹介)にも上る、人気企画「声優図鑑」発の声優イチオシ企画。キャラクターを演じるだけではない「声優自身」が持つ魅力を発信するというイベントだ。

■【第四弾出演者コメント】

■稲川英里
「取材していただいたのが2年程前なのにも関わらず、お声がかり嬉しいです!! こえずかのイベントに参加させていただくのは初めてでドキドキしてますが、皆様と楽しい時間が過ごせればと思ってます!宜しくお願いします!」

■小野早稀
「声優図鑑のイベントという事で、沢山の方と交流出来そうだなぁとワクワクです!
どんなイベントになるのか、何が起こるのか?! 今からすごく楽しみなので、是非会場で一緒に楽しい時間を過ごしましょう♪」

■小原莉子
「『こえずか』は以前から出演したいと願っていたイベントなので今回参加が決まりとても嬉しいです! ほぼ初めましてな方々ばかりなのですが、皆さんと共に盛り上げていきたいです!一緒に素敵な時間を過ごしましょう♪」

■東城日沙子
「『こえずか』イベントに初参戦させて頂きます、東城日沙子です。〇〇役の、ではなく、東城個人としての登壇に緊張しますが、みなさんと一緒に「楽しい」を共有出来る1日に出来たらなと思っております。よろしくお願い致します!」

■富田美憂
「この度『こえずか』に参加させていただくことになりました、富田美憂です! どんな空気感のイベントになるのか今からとっても楽しみです。キラキラいっぱいの素敵な時間にしましょう。よろしくお願いします!」

■長江里加
「初めてのこえずか嬉しいです! というのも、以前客席でニコニコしながら観ていたので、今回は出る側でニコニコしながら、会場の皆様もニコニコさせられるよう楽しいトークをしたいです!」

■早瀬莉花
「この度初参加させて頂くことになりました、早瀬莉花と申します。初めましての方も多く若干緊張気味ですが、とっても賑やかなイベントになる予感がしております…♪ぜひぜひ一緒に楽しい時間を過ごしましょうー!!」

■前田佳織里
「この度初参加させて頂きます!『こえずか』ならではしか見られない前田の新たな1面を皆さんに知ってもらって楽しんで頂けたらいいなと思っております! 熱いトーク飛び交う素敵な日になること間違いなし!一緒に楽しみましょう!「こえずか空間」でぜひお待ちしております!」

■本宮佳奈
「こえずかのイベントは初めての参加なので、どんなことをするのか今からドキドキしてます♪みなさんと一緒に盛り上がって楽しい時間にできるように頑張ります!ぜひ遊びに来てくださいねー!!」

■和多田美咲
「こんにちは、和多田美咲です☆はじめましてだったり、会っても深くお話ししたことの無い方ばかりなので、どんな空間になるのかウキウキしております! どうぞよろしくお願い致します♪」

■MC:こにわ
「皆様が世界一楽しんで貰えるよう、知識はまだまだ足りないかもしれませんが、声に魂と本気を込めて、出しきらせて頂きます。」

『こえずか〜魅力発掘!夢発掘!第2回 声優図鑑 勝手にこえずかアワード〜』

3月18日(日) 浜離宮朝日ホール 小ホール 
1部 OPEN 12:30/START 13:00
2部 OPEN 16:30/START 17:00

出演:稲川英里/小野早稀/小原莉子/東城日沙子/富田美憂/長江里加/早瀬莉花/本宮佳奈/ 前田佳織里/和多田美咲
MC : こにわ
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。

■『こえずか』とは
声優図鑑発の声優イチオシ企画「こえずか」
これは、声優自身のあれこれをどこよりも「新発見でき、より親密に感じることができる」コンテンツを目指します。
キャラクターを演じるだけじゃない「声優自身」が持つ魅力。
こえずかには、ここでしか体感できない「時間」が存在します。
あなたも一度、「こえずか空間」に遊びに来ませんか?

■連載記事一覧「ダ・ヴィンチニュース内」 
https://ddnavi.com/tag/声優図鑑/



【関連リンク】
長期連載企画「声優図鑑」のリアルイベント『こえずか』、第四弾出演キャストのコメントを公開
稲川英里まとめ
小野早稀まとめ
小原莉子まとめ
東城日沙子まとめ

【関連アーティスト】
稲川英里, 小野早稀, 小原莉子, 東城日沙子, 富田美憂, 長江里加, 早瀬莉花, 本宮佳奈, 前田佳織里, 和多田美咲
【ジャンル】
ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1