歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
さくらしめじ、1stアルバム詳細解禁&「えそらごと」先行配信決定!
Tue, 13 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現役高校生フォークデュオ・さくらしめじが、4月4日(水)にリリースする1stフルアルバム『ハルシメジ』の収録曲「えそらごと」を、2月14日(水)より各配信サイトにて先行配信することが決定! また、アルバムに収録される楽曲とDVDの収録内容も解禁となった。

アルバム『ハルシメジ』には全11曲が収録され、CD+DVD盤に付属するDVDには2017年12月に開催された『菌育 in the 家(はうす)スペシャル!』のマイナビBLITZ赤坂公演の模様が収録される。ファン待望の今作をぜひチェックしてほしい。

■【さくらしめじ コメント】

「えそらごと」の配信が遂にスタートしました!
みなさんに早くこの曲を届けたくて、配信の日が待ち遠しかったです!
この曲を聴いて、ワクワクしたり、ドキドキしたり、ときめいたりしてくれると嬉しいです!

アルバム『ハルシメジ』

2018年4月4日発売



【CD+DVD盤】
ZXRC-2030/¥3,500(税込)
<収録曲>
■CD
M1.スタートダッシュ
M2.あやまリズム
M3.靴底メモリー
M4.菌カツ!
M5.かぜだより
M6.ねこの16ビート
M7.夕空小道
M8.でぃすとーしょん
M9.朝が来る前に
M10.えそらごと
M11.おもいでくれよん
■DVD
・2017.12.9「菌育 in the 家(はうす)スペシャル!」ライブ映像 @マイナビBLITZ赤坂
ひだりむね
きみでした
てぃーけーじー
おもいでくれよん
みちくさこうしんきょく
・「ハルシメジ」制作メイキングムービー
・「ねこの16ビート」勝手にMVつくってみた



【通常盤】 (CD)
ZXRC-2031/¥2,700(税込)



【イベント盤】 (CD)
ZXRC-2032/¥2,700(税込)

さくらしめじライブハウスツアーファイナル
『真夏の星空ピクニック』in 日比谷野外大音楽堂

7月28日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
http://sakurashimeji.com/kiniku/



【関連リンク】
さくらしめじ、1stアルバム詳細解禁&「えそらごと」先行配信決定!
さくらしめじまとめ
Czecho No Republic、ニューアルバム『旅に出る準備』詳細&リリースツアー開催決定

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, アルバム, リリース

Czecho No Republic、ニューアルバム『旅に出る準備』詳細&リリースツアー開催決定
Tue, 13 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicが3月14日にリリースするメジャー5thアルバム『旅に出る準備』の詳細を発表した。

2017年に初の大阪城野外音楽堂ワンマンライブを満員にし大成功に納め、SKY-HIとの共同制作より産み出されたシングル「タイムトラべリング」をリリースするなど、新たなる挑戦を続けてきたCzecho No Republic。 その後敢行した『リリースツアーじゃないツアー』にて過去の楽曲達と向かい合い共に歩む事により、バンドとしての姿をより確固なものにした彼らの待望の5thアルバムがついに完成した。

“キラキラ”“ハッピー”といったバンドのイメージをそのまま音楽に落とし込みながら、プロデューサーとしてFUNKY MONKEY BABYSやYUKIの楽曲を手掛ける田中隼人氏(agehasprings)を迎えた楽曲など、5人で5年の歴史を経た今だからこそ出来る事が詰め込まれた意欲作。アルバムタイトルはそんな彼らの新たな出発を合図する『旅に出る準備』だ。先にリリースされたSKY-HIとのコライトシングル「タイムトラべリング」も収録し、“5人になって5周年!”の アニバーサリーを飾るにふさわしい、Czecho No Republicを代表する傑作がついに誕生する。

アルバムジャケットは、Czecho No Republicのこれまでの大量の写真を集め、メンバーたちがそれぞれ切って貼って思い思いに完成させたコラージュを集結させた、5人の遊び心が存分に詰まったポップでカラフルな手作りジャケットとなっている。なお、本作のリリースを記念し東名阪のタワーレコードで行われるインストアイベントや魅力的な購入者特典もレーベルサイトにて発表されている。こちらも合わせて是非チェックして欲しい。

さらに、全国10か所での『5人になって5周年!5×5=25 TOUR』と題したアルバム『旅に出る準備』リリース記念ツアーも開催決定!4月は名古屋・仙台・大阪・福岡・渋谷計5か所を回るワンマン編、5月〜6月は札幌・広島・高松・新潟・浜松5か所を回る2マン編となる。チケットのオフィシャル1次先行とファンサイト先行はともに2月13日(火)20:00〜2月18日(日) 23:59まで受付中!詳しくはオフィシャルHPをチェックしよう。

■Czecho No Republic レーベルサイト
http://columbia.jp/czechonorepublic/

【インストアイベント情報】

3月13日(火) 20:00〜 タワーレコード新宿店イベントスペース
3月24日(土) 13:00〜 名古屋PARCO西館一階 イベントスペース
3月28日(水) 19:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントステージ
<参加特典>
武井優心、タカハシマイとのチェキ撮影&特典お渡し会にご参加いただけます!
<特典内容>
タワーレコード早期予約特典『ライブ映像QRコード付きポストカード』で観れるライブ映像に加え、さらにボーナストラック映像を追加したスペシャルDVDをプレゼント!
尚、上記イベントに参加できない方もタワーレコード早期予約特典応募はがきでご応募いただいたお客様には抽選で同内容のDVD(こちらはサイン入り!)をプレゼントいたします!
※詳しくはこちら:http://columbia.jp/czechonorepublic/

【ツアー情報】

『5人になって5周年!5×5=25 TOUR 〜関東近郊2マン編〜』
2月07日(水) 千葉 LOOK 
w/teto
2月09日(金) 西川口 HEARTS 
w/リーガルリリー
2月21日(水) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮VJ-2
w/SUNNY CAR WASH
2月23日(金) 高崎 club FLEEZ
w/SAKANAMON
2月25日(日) F.A.D YOKOHAMA
w/SUPER BEAVER

『5人になって5周年!5×5=25 TOUR〜台湾ワンマン番外編〜』
3月31日(土) 台北WALL公館

『5人になって5周年!5×5=25 TOUR〜「旅に出る準備」リリース ワンマン編〜』
4月11日(水) 名古屋 CLUB QUATTRO
4月18日(水) 仙台 CLUB JUNK BOX
4月20日(金) 梅田 CLUB QUATTRO
4月21日(土) 福岡 BEAT STATION
4月25日(水) 渋谷 TSUTAYA O-EAST

『5人になって5周年!5×5=25 TOUR〜「旅に出る準備」リリース 2マン編〜』
5月18日(金) 札幌 KRAPS HALL
5月26日(土) 広島 SECOND CRUTCH
5月27日(日) 高松 DIME  
6月07日(木) 新潟 CLUB REVERST
6月09日(土) 浜松 FORCE

アルバム『旅に出る準備』

2018年3月14日発売



COCP-40282/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
01.LALALA 
02.テレパシー
03.好奇心 
04.愛を 
05.Spring 
06.ザナドゥ 
07.タイムトラベリング
08.チキンレース 
09.シュガーボーイ 
10.静かな海 
11.旅に出る準備



【関連リンク】
Czecho No Republic、ニューアルバム『旅に出る準備』詳細&リリースツアー開催決定
Czecho No Republicまとめ
GANG PARADE、「すしざんまい」とのコラボが決定

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, ツアー

GANG PARADE、「すしざんまい」とのコラボが決定
Tue, 13 Feb 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月20日にシングル「BREAKING THE ROAD」をリリースするGANG PARADE。そのシングルのカップリングには「とろいくらうに食べたい」が収録されている。これを記念して、全国ですしチェーンを展開する「すしざんまい」とのコラボキャンペーンを実施することが決定した。

当企画はすしざんまい渋谷道玄坂センタービル店、渋谷東急本店前店、渋谷東口店の3店舗との共同企画。期間中には店内にポスターの掲出やBGM、コラボメニューの販売などが行なわれる。コラボメニューをご注文すると先着でプレゼントが用意されているので、ぜひ参加してみてほしい。

■【すしざんまい×GANG PARADE キャンペーン概要】

<期間>
2月16日(金)午前10時〜3月11日(日)午後23時59分
<対象店舗>
・渋谷道玄坂センタービル店(渋谷区道玄坂2-29-8 道玄坂センタービル4階)
平日ランチ:11〜15時 
・渋谷東急本店前店(渋谷区宇田川町34-5 サイトウビルIII1階)
平日ランチ:10〜15時
・渋谷東口店(渋谷区渋谷2-22-11 渋谷フランセ奥野ビル1階2階)
平日ランチ:11〜15時 

■コラボメニュー
1.ギャンパレにぎり お味噌汁付 ¥1,600+税
内容:中トロ、いくらサーモン軍艦、うに、あわび、玉子
特典:オリジナル ポストカード
<配布店舗>
・渋谷道玄坂センタービル店
GANG PARADE+木村社長8ショット柄 
アヤ・エイトプリンス柄 
キャン・マイカ柄 
・渋谷東急本店前店
GANG PARADE 7ショット柄 
ヤママチミキ柄 
ユメノユア柄 
・渋谷東口店
ココ・パーティン・ココ柄 
テラシマユウカ柄 
ユイ・ガ・ドクソン柄 

2.ギャンパレ丼 お味噌汁付 ¥980+税 ※平日ランチのみ一日限定20食 
内容:まぐろ赤身、オクラ、いか、いくら、かんぱち、サーモン、つぼ漬け、とろろ、温泉卵
特典:オリジナル トレカ
<配布店舗>
・渋谷道玄坂センタービル店
GANG PARADE+木村社長8ショット柄 
アヤ・エイトプリンス柄 
キャン・マイカ柄 
・渋谷東急本店前店
GANG PARADE 7ショット柄 
ヤママチミキ柄 
ユメノユア柄 
・渋谷東口店
ココ・パーティン・ココ柄 
テラシマユウカ柄 
ユイ・ガ・ドクソン柄

シングル「BREAKING THE ROAD」

2018年2月20日発売



TPRC-0198/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.BREAKING THE ROAD
2.とろいくらうに食べたい
3.BREAKING THE ROAD(inst)
4.とろいくらうに食べたい(inst)

◎VILLAGE VANGUARD×GANG PARADEコラボポスタープレゼント
■下北沢店
ご予約の方優先で、シングル「BREAKING THE ROAD」1枚をご購入の方にコラボポスター(B2サイズ)を先着で差し上げます。また、2枚同時購入で、コラボポスター1枚に加え、メンバー直筆ポップ(ランダム)1枚を差し上げます。

■渋谷本店、高円寺店、ヨドバシ博多店、名古屋中央店、八王子東急スクエア店、仙台ロフト店、あべのキューズモール店
ご予約の方優先で、シングル「BREAKING THE ROAD」1枚をご購入の方にコラボポスター(B2サイズ)を先着で差し上げます。



【関連リンク】
GANG PARADE、「すしざんまい」とのコラボが決定
GANG PARADEまとめ
SECRET GUYZ、ファイナルライブにて完結

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, コラボレーション, キャンペーン

SECRET GUYZ、ファイナルライブにて完結
Tue, 13 Feb 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本初のFtM(元女性)トランスジェンダーグループ・SECRET GUYZが、2月12日(月・祝)東京・aube shibuyaにて、ファイナルライブ『SECRET GUYZ presents ONEMAN LIVE 2018 “6209”』と、お別れ会『SECRET GUYZ Presents “FINAL DISTANCE”』を開催。LGBTの理解をもっと世間に広めるべく、新時代アイドルとして活動してきた“SECRET GUYZ”が、結成5年の活動に終止符を打ち、解散・完結した。解散に至った経緯は、メンバーの体調不良によるドクターストップが発端。脱退を決意するも、“この3人じゃないとSECRET GUYZじゃない!”という気持ちが一致し、2018年2月12日のファイナルライブをもってユニット活動が終了となった。

開演14:30、息をのむようにして時を告げたオープニングは、シーンと静まり返るなかステージに登場した3人の気合い入れから始まる。これまで幾度とライブイベントに出演してきた彼らが、毎回本番前に舞台袖で行なってきた、互いの背中を思いっきり叩き合い、手と手を交わすサインをこのファイナルのステージで披露した。“皆、準備はいいかー!”“全部やるぞー!”と口火を切ると、会場満員に集結したIKENIE(SECRET GUYZファンの名称)らを煽り、1stシングル「HUG×HUG」からライブスタート! 序盤から“オイ! オイ!”とコール&レスポンスで盛り上げ、かつてないほどの歓声が響いた。2ndシングル「My Monster Lovely」では、ライブ開始10分にも関わらず、全員が汗だくになる程に踊り狂うメンバーとファン達。SECRET GUYZのライブならではの真骨頂を見せつけた。

ファイナルライブ『ONEMAN LIVE 2018 “6209”』のタイトルだが、気になる“6209”の真相はSECRET GUYZがこれまでリリースした8枚のシングル収録曲のトータル時間(秒)であることが最初のMCで明かされた。諭吉は「最初に言ったでしょ! 全部やるよーって。あれ、全曲やるよって意味だから!」と笑いながら話すと、ファイナルにして最長時間のライブになることを誇らしげに宣言。セットリストも1stシングル〜8thシングルのリリース順にヒストリーを辿りながら、大切に噛みしめるようにしてパフォーマンスされた。

4thシングル「SKY MARCH」は、SECRET GUYZの代表曲となった特に思い入れが強い大切な1曲。LGBTに携わるイベントにも多く出演し、これまでSECRET GUYZの存在を知らなかった人々とを繋げる楽曲になり、LGBTそしてSECRET GUYZ応援グッズの象徴にもなったアイテム“レインボーフラッグ”も活躍。このファイナルでも綺麗な虹色の旗が会場に輝いた。続いて披露した 5thシングル「私のカレーは世界一」は、SECRET GUYZが過去最高のオリコンウィークリーCDシングルランキング第7位にランクインした楽曲。7thシングル「悩めるヒーロー」は、TBS系全国28局ネットで放送のTVアニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』のエンディング主題歌として抜擢され、ユニットとしての知名度も着実に全国に広めていった。

最後のシングルとなった8thシングル「TRANS MAGICIAN」。同時に、このファイナルライブも残りわずかを意味する。偶然か必然か、デビュー曲「HUG×HUG」を彷彿とさせるような妖艶な世界観を再び作り出すと、最後まで全力投球なパフォーマンスに圧巻のステージを見せつけた。SECRET GUYZとしての本当に最後の時間。会場全員で心を1つにし、これまでの5年間の活動を走馬灯のように駆け巡らせ、レインボーフラッグを天に仰ぎながら「SKY MARCH」を歌い、満開の笑顔と涙で締め括った。ファイナルライブは、6209秒に渡る歌とダンス。シングルヒストリーを交えながらのキラキラした楽しさと笑いに満ち溢れたMC、そして“SECRET GUYZ”を愛してくださった全ての皆様へ向けた感謝の言葉を精一杯に刻み込み、約3時間に及ぶステージに幕をおろした。

日本初のFtM(元女性)ユニット・SECRET GUYZは、2018年2月12日をもって解散・完結。今後は、吉原シュート、諭吉はそれぞれソロとして芸能活動を続け、池田タイキは同日をもって芸能活動も引退した。今後の彼らが活躍する姿も温かく見守ってほしい。

Photo by M.キセキ

【セットリスト】
▼1stシングル
1.HUG×HUG
2.ラメラメラ★薔薇
▼2ndシングル
3.My Monster Lovely
4.頑張るじぇ!!!
▼3rdシングル
5.スーハーマン。。
6.ジェントルメン
▼4thシングル
7.SKY MARCH
8.ハッピー?厨毒
9.Mr.Lady〜Le Salone Ebiz 803〜
▼5thシングル
10.私のカレーは世界一
11.私の彼は日本一
12.ジェンダーツイスト
13.きみと星の王子さま
▼6thシングル
14.OH,MY GiRL!?〜夏をあきらめて。冷やし中華終わりました。〜
15.青天のヘキレキ!
16.ジャッヂメントタイム(審判の時)
17.I sell you
▼7thシングル
18.悩めるヒーロー
19.We are SGZ〜イケイケ GO×2!!!!〜
20.カラフルマップ
21.ARIGATO
▼8thシングル
22.TRANS MAGICIAN
23.∞〜My future〜
24.壱・弐・秘密的男人体操
25.吠えろ! E☆O!
26.SKY MARCH

■【コメント】

■吉原シュート
「SECRET GUYZのラストを無事終えることができました。皆さま、今まで応援してくださりありがとうございました。SECRET GUYZとしての活動は完結しますが、皆さまとの出逢いはとても貴重なものとなり大きな虹の架け橋となりました。このきっかけは、新たなステップへのスタートだと思っています。皆さまと作ったこの大きな虹の架け橋をもっともっと大きなものにしていくべく、今後は個人な活動となりますが、これからも精力的に活動していきます。これまでSECRET GUYZを愛して下さり今まで本当にありがとうございました」

■池田タイキ
「ラストライブ、笑顔の絶えない僕達にしか出来ないライブでした。解散がここにほんとうにあるの?と思うくらいです。沢山のIKENIEちゃんに、メンバーに、スタッフさんに支えられてステージに登る姿を魅せるのは本当にこれが最後となりましたが、芸能界を引退しても自分にしか輝けないステージを見つけてしっかりと歩んでいきます!6年間、ほんとうにありがとうございました」

■諭吉
「ステージに立った時、僕たちの目の前にはたくさんのIKENIEちゃんがいました。もちろん、会えなかったIKENIEちゃんもたくさんいたと思います。ライブの前日、会えないIKENIEちゃんにもキモチが届くと信じて全力で走ります。そう約束しました。きっと、ギュットいつだって離してくれないんです。それは、心の繋がりであったり、ステージから見えたIKENIEちゃんの表情だったり、僕は本当に幸せ者です。シュート・タイキに出会えたからこそ、IKENIEちゃんにも出会えたと思います。たくさんの事を辿るとキリがないけれど、僕が僕であることを体現出来る本当の場所でした。SECRET GUYZは2月12日をもちまして、解散・完結となりましたが、これからも諭吉自身SECRET GUYZとしてIKENIEちゃんと作り上げてきた虹色の架け橋を胸に、更に増築していけるよう、そして、オニイをもっともっとたくさんの人に知ってもらえるよう邁進して参りますことをここに記させて下さい。本当にありがとうございました」



【関連リンク】
SECRET GUYZ、ファイナルライブにて完結
SECRET GUYZまとめ
BANZAI JAPAN、主催ライブ『立春大吉』を開催

【関連アーティスト】
SECRET GUYZ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ, 解散

BANZAI JAPAN、主催ライブ『立春大吉』を開催
Tue, 13 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月4日にYokohama O-SITEにて『BANZAI JAPAN主催イベント立春大吉』が開催された。今回のタイトルにもなっている“立春大吉”は、左右対称のお札を貼ることで一年の平穏を祈る、禅宗のお寺で行なわれる風習のこと。同イベントは出演者、そしてファンの皆にご利益があるように、そして幸せな一日を堪能できるように、という意味が込められているのかもしれない。イベントが終わった後、演者もファンも笑顔で溢れたこのイベントをレポートする。

■芋ジャージJAPAN

まず登場したのは、BANZAI JAPANのメンバーの中から選抜されたアイドル・芋ジャージJAPAN。地方出身のメンバーが国民的アイドルになるために“芋っぽい”ジャージを身にまとってパフォーマンスを繰り広げるこのグループは、当日長崎の伝道師・志田りんが体調不良で欠席のため、安原めい、藤崎ふみ、春川愛美の3名でパワフルなステージを見せつけた。

BANZA JAPANの代表楽曲である「大江戸パレード」もセルフカバーされ、フロアの熱気も高まっていった。途中、黄色いジャージを着て乱入したBANZAI JAPANの佐藤樹姫がステージに取り残され、イベントのスタートを任されるかたちに。観客の笑いを誘いながらも、「立春大吉、スタート!」のかけ声が会場に響いた。

■純情小町☆NEO

続いて登場したのは純情小町☆グループ全体の研究生チームである純情小町☆NEO。袴姿で明治時代からタイムスリップした女学生のような、おしとやかな衣装でライブを披露。これで研究生かと思うほど完成度の高いパフォーマンスで純情小町グループの層の厚さに驚かされた。ポップスの良さを詰め込んだ、キャッチーな楽曲、そして日本風の煽りは初めて見る人も楽しめるはずだ。

■純情小町☆NEO オフィシャルHP
http://komachi-japan.com/neo/

■妄想Addict

妄想の“もう”と中毒の“どく”をとって“もうどく”と呼ばれる妄想Addict。Addictが“中毒”という意味が示す通り、一度観れば何度も観たいと思わせてくれるステージだ。今回はえんじ色の学園の制服のような可愛らしい衣装で登場し、現メンバーの3名でパフォーマンスを披露。3月より佐々木みうな、風愛ことりが加入し、5人体制となって新曲・新衣装で再始動するという。新しい体制に期待が膨らむ。

■妄想Addict Next Stage Music Entertainment.ページ
http://nextstagemusicent.net

■はづきちーぬめるてぃーぬ

はづきちーぬめるてぃーぬが出てくると、とにかく楽しませたい!というオーラが半端なく漂い、サービス心旺盛でみんなにきちんと視線(レス)を返しながらアイドルらしい楽しい曲で皆を楽しませていた。純真な瞳で目が合うとドキッとして、また逢いに行きたくなる。彼女はおそらく純真に皆を楽しませることが楽しくて仕方がないのだろう。そんな心からのパフォーマンスが皆に届いていると思うライブだった。

はづきちーぬめるてぃーぬが4月21日(土)に巣鴨獅子王で開催する生誕祭は、お昼に主催ライブ、夜にワンマンライブと2部編成で行なわれる。このライブでは“チケットはまだ8枚しか売れていないので買ってほしい”と笑いながら訴えていたので、ぜひチェックしてほしい。

■はづきちーぬ めるてぃーぬ オフィシャルHP
http://www.hazukichi-nu.com

■あ・い・う・ち

あ・い・う・ちは、“世界中の愛を撃ち抜く!”をコンセプトに活動しているアイドルグループ。当日はメンバーの和泉がインフルエンザで欠席となってしまったが、白瀬由梨、市ノ瀬りか、藤間美羽の3人で存在感のあるパフォーマンスを行なった。ピンクのふりふりの衣装がかわいらしいが、愛を打ち抜くための白い銃を持ってパフォーマンスをする格好良さも特徴のひとつ。“愛を打ち抜いてやる〜♪”というフレーズとともに打ち抜かれた観客は多いのではないだろうか。最後に歌った「裸足のロマンス」は格好良い歌い出しから始まるアップテンポな楽しい曲で、定番のコールが入れやすく盛り上がっていた。そして、あ・い・う・ちはメンバー全員が卒業することが発表されているので、残り短い彼女たちの活動をぜひ応援してほしい。卒業ライブは3月3日(土)新宿レッドノーズにて開催されるとのこと。

■あ・い・う・ち オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/aiuchiofficial/

■ねごと!TOYDOLL

「おもちゃのチャチャチャ」のオルゴール音で登場したのはストーリー性のあるパフォーマンスが印象的な、ねごと!TOYDOLL。青、紫、緑、黄色と楽しいカラーリングで、“TOYDOLL”の名の通りおもちゃ箱をひっくり返して遊んでいる子どものような無邪気なパフォーマンスで盛り上げていた。「セーブポイント」では、“嬉しいことが起こったらセーブポイント、悲しいことが起きた時はデリート”と誰もが現実でやりたいと考えている夢を歌い、共感をしたファンも多かったのではないだろうか。

■ねごと!TOYDOLL twitter
https://twitter.com/negoto_toydoll

■きゅいーん\'ズ

“私だけに、賭・け・て!!BETできるアイドル”をコンセプトに活動している5人組アイドルユニット・きゅいーん\'ズは、1曲目からアップテンポな曲で観客を一気に巻き込んだ。ノリの良い曲ではキッチリと煽り、バラードをきちんと歌い上げる歌唱力もあって、パフォーマンス力が高い実力派アイドルだ。最後に歌った「メガホン」ではメンバーはもちろんのこと、ファンもメガホンを持って盛り上がる楽しい曲だ。この曲は会場がカラフルに染まり、美しい情景が一面に広がっていた。

■きゅい〜ん\'ズ オフィシャルHP
http://kyueens.syncl.jp

■川崎純情小町☆

純情小町グループの看板・川崎純情小町☆は、ピンク色の女の子らしい衣装で登場。“わたしのこと...好きになってくれますか?”という問いかけに“いいよー”と返すファンの掛け声で会場は一体となりライブが進んでいく。MCでは独特のテンションのトークが展開して会場を沸かせていた。

川崎純情小町☆は、3月9日に初期メンバーとして6年半活動してきた前田薫里の卒業祭が川崎クラブチッタで開催される。BANZAI JAPANも出演が決定し、前田の門出を盛り上げる盛大なお祭りイベントになるとのことなので、ぜひ足を運んでみてほしい。

■純情小町☆プロジェクト
http://komachi-japan.com/

■BANZAI JAPAN

いよいよ新SEでBANZAI JAPANが登場! 従来の堂々としたサウンドのSEとは打って変わり、とても神妙な感じのするサウンドで、年初に掲げた“唯一無二”というテーマが伝わってくる。「コノハナサクヤ姫」「START」と続き、東理紗が提供した「せんすがないっ!!!!!」で盛り上がる。イントロでメンバーが扇子を持っていないことで慌てふためき、ファンから扇子を受け取るお決まり演出も。BANZAI JAPANのファンこと大名・側室が浮き足立ち、扇子を受け取ってもらった人は本当に嬉しそうにしていで、こういった幸せを分けるシーンは実に良いものだと思った。

「Parallel Summer」「Coordinate to Future」とアップテンポの盛り上がる曲が続き、MC後はBANZAI JAPANの伝道師見習いが所属するユニット・ASHIGARU JAPANで2曲をお届け。まだお披露目から日が浅いにも関わらず、堂々としたパフォーマンスを見せてくれたASHIGARU JAPANにも期待が高まる。

10曲目に披露されたのは、フリのキレが良く格好良い「新月咲く夜の隠れんぼ」。神々しさと迫力が心に響くこの曲のパフォーマンスは必見だ。続いて「清く正しく美しく」からはBANZAI JAPANらしい楽しい曲が続き、代表曲「バンザイじゃぱん!」ではグループの名前を冠にするだけあり、扇子を使って会場と一体になる。そして、単独ステージでは最後の曲「大和撫子の日が昇る」ではタオルを使ったパフォーマンスでさらに盛り上げ、60分間のステージの幕を閉じた。大名と側室(ファンの総称)がとても楽しそうに応援していたことが印象深かった。

本イベントの最後は、出演アイドル全員が壇上にあがり「Grateful Idol Life〜グレイトフルアイドルライフ」を歌唱して締め括った。同曲は、BANZAI JAPANがファンやアイドルとして活動する毎日に“感謝”をする歌として、アイドルグループの垣根なく、全てのアイドルに歌ってほしい歌として作られたもので、無償で楽曲提供をしている。デビューしたてでオリジナル曲のないアイドルや、地方のアイドルからも楽曲使用の依頼があり、多くの会場で歌われている。

日頃別々に活動しているアイドル同士がひとつの歌を歌唱する、この奇跡にも似た時間を演出したBANZAI JAPAN。ひとつの曲を通してアイドルが繋がっていくことは新しい何かを生み出していく原動力になるだろう。そして、BANZAI JAPANが全国各地で活動するその日にも、この楽曲を歌唱して会場を一体化させるのだろう。その日がもう近づいてきていることを強く感じる時間だった。“世界の夜明けもー!”“ちかいぜよーー!!!”のかけ声で『立春大吉』は閉幕。BANZAI JAPANのライブは懐かしさを感じるとともに元気にもなる。この現地でしか味わえない感動を、ぜひ多くの人に感じてほしい。

3月4日にEX THEATER ROPPONGIにて、でんぱ組.incと共演をする『でんぱ組.inc Road To 愛踊祭2018 〜 全世界IDOL応援PROJECT 〜』を控えているBANZAI JAPAN。チケットはローソンチケットで販売中とのことなのでお早めにゲットしてほしい。そして、2018年8月に開催される『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』への出演をかけたオーディションへ参加することも発表されているので、こちらも要チェック!

【BANZAI JAPAN セットリスト】
新SE
M1.コノハナサクヤ姫
M2.START
M3.せんすがないっ!!!!!
M4.Parallel Summer
M5.Coordinate to Future
MC1
M6.なないろパラソル(あしがる)
M7.バンザイじゃぱん!(あしがる)
M8.大江戸パレード
M9.今夜もとってもダンスでざんす!
M10.新月咲く夜の隠れんぼ
MC2
M11.願い星
M12.清く正しく美しく
M13.バンザイじゃぱん!
M14.大和撫子の日が昇る
MC3
M15.Grateful Idol Life(出演アイドル全員)

■BANZAI JAPAN
オフィシャルHP:http://cospanic.com/banzai-japan/
Twitter:https://twitter.com/BANZAIJAPANPJT
Instagram:https://www.instagram.com/banzaijapan/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCJ7e0mun3K8UBEgGQyHwPmA

【出演者 物販情報】

■芋ジャージJAPAN
<物販の特徴>
・物販は基本チェキだけ
・他の物販メニューはBANZAI JAPANと同じ。

ファンから聞いた芋ジャージJAPAN(BANZAI JAPAN)の物販の良さは、普通のアイドルはチェキを撮ると1対1でお話しをするが、自然とトークの時間に囲みができてみんなで楽しめるのが特徴なんだそう。

■純情小町☆NEO
<物販の特徴>
・初めての人2ショットチェキ・ワンショット写メ 500円(その日のうちなら何度でも)
・ポイントカード1現場”1ポイント” (川崎純情小町☆と共通)

■妄想Addict
<物販の特徴>
・初見無料チェキ
・ツーショットチェキ1000円
・オリジナルTシャツ

物販では終始和やかで、ファンもメンバーも信頼関係で繋がっている強さを感じた。物販でトークの時間が長いのが満足度が高いポイントだそうだ。

■はづきちーぬめるてぃーぬ
<物販の特徴>
・ツーショットチェキ 1000円
・ランダムチェキ500円
・写真撮影(20秒) 1000円

物販ではしっかりと時間を取ってファンと交流するスタイルとのこと。チェキは自撮りで撮るためファンとの距離が短くなる。はづきちのチェキも満足度が高いとファンは語っていた。あっすーこと葉月飛鳥さんとは同級生で良く一緒に活動している。ソロで活動をはじめたばかりだが、4月21日(土)に開催する生誕祭に向けてTシャツを作っているところなんだそう。

■あ・い・う・ち
<物販の特徴>
・2ショットチェキ 500円

物販の特徴は、サイン付きで500円という安さ! トークタイムも付いて満足度が高い物販になっている。

■ねごと!TOYDOLL
<物販の特徴>
・ソロチェキ(サイン付き)500円
・ツーショットチェキ(サイン付き)1000円
サイン付きでソロチェキが500円は安い!

■きゅいーん\'ズ
<物販の特徴>
・シングルCD「Go ahead」1000円
・2018年カレンダー 3000円(数量限定・完売)
・物販1000円お買い上げごとにチェキ券が1枚ずつ付いてくる

チェキ券を購入するスタイルではなく、CDなどを購入すると1000円ごとにチェキが撮れるシステム。2018年のカレンダーは、普通の月は全員で映っているが、誕生日月は誕生月のメンバーがソロで映っている。購入すると誕生月にサインをしてもらえるので、イベント当日は予想を上回る売れ行きで、今は残念ながら完売してしまったそう。新たな公式グッズが出ればまたサインして貰える機会もあるかもしれないので要チェックだ。

■川崎純情小町☆
<物販の特徴>
・初めての人はチェキが500円通常は1000円
・ジャンルは問わない!いい曲が入ったCD&DVDがあります
・タオルもある

■BANZAI JAPAN
<物販の特徴>
・扇子 3種類(メンバーがパフォーマンスで実際に使っている物と同じ)
・タオル(メンバーがパフォーマンスで実際に使っている物と同じ)
・チェキ
・初めましての方はチェキが1枚無料!

スタッフ任せにせず、メンバー自身が率先して物販に立つスタイルでファンとの接点を増やしていくシステム。扇子はメンバーの推しにサイン書いてもらうことができる。楽曲「せんすがない!!!」でファンから受け取る扇子はここで売られているものだ。メンバーと交流できるアイテムなので、ぜひ手にとってほしい。



【関連リンク】
BANZAI JAPAN、主催ライブ『立春大吉』を開催
BANZAI JAPANまとめ
芋ジャージJAPANまとめ
純情小町☆NEOまとめ
妄想Addictまとめ

【関連アーティスト】
BANZAI JAPAN, 芋ジャージJAPAN, 純情小町☆NEO, 妄想Addict, はづきちーぬめるてぃーぬ, あ・い・う・ち, ねごと!TOYDOLL, きゅいーん\'ズ, 川崎純情小町☆
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース

androp、話題の切ないソング「Hanabi」のスタジオライブ映像公開
Tue, 13 Feb 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

andropが3月7日(水)にリリースするニューアルバム『cocoon』の初回限定盤DVDに収録されるstudio liveの映像より、「Hanabi」の映像をYouTubeにて公開した。1月末よりラジオなどでオンエアされると、「切なすぎる」「こんなにストレートな歌詞はなかった」「学生時代を思い出す」など多くの反響があった同曲。スタジオでのライブながら優しく、温かく光るライトの中で歌う姿は、歌の想いをストレートに感じられる。また、合わせて新ビジュアルも公開となった。発売に向けて、ぜひチェックして欲しい。

アルバム『cocoon』

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7399/¥4,212(税込)
<収録曲>
■CD
01.Prism
02.Arigato
03.Joker
04.Hanabi
05.Sorry
06.Catch Me
07.Sleepwalker
08.Kitakaze san
09.SOS! feat. Creepy Nuts
10.Proust
11.Ao
ほか 全12曲
■DVD
studio live
・Catch Me
・Proust
・Hanabi
・SOS!

【通常盤】(CD)
UPCH-2152/¥3,240(税込)
<収録曲>
01.Prism
02.Arigato
03.Joker
04.Hanabi
05.Sorry
06.Catch Me
07.Sleepwalker
08.Kitakaze san
09.SOS! feat. Creepy Nuts
10.Proust
11.Ao
ほか 全12曲
〜bonus track〜
Tokei(album ver.)※通常盤のみ収録



【関連リンク】
androp、話題の切ないソング「Hanabi」のスタジオライブ映像公開
andropまとめ
BURNOUT SYNDROMES、シングル「花一匁」リリース記念イベントを開催

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

BURNOUT SYNDROMES、シングル「花一匁」リリース記念イベントを開催
Tue, 13 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BURNOUT SYNDROMESが、2月7日にリリースされたニューシングル「花一匁」のリリースを記念した100名限定イベント『百花繚乱』を、2月10日(土)日本工学院専門学校・蒲田校舎にて行った。多数の応募の中から抽選で選ばれた約100名の当選者は、「花一匁」にちなみ「花一輪」を持参してイベントに参加。アンコール含め7曲をパフォーマンスしたバンドと共に、イベントを熱く盛り上げた。

BURNOUT SYNDROMESは、2月21日に待望の2ndアルバム『孔雀』のリリースを予定しており、さらに3月3日(土)から5都市を回る全国ワンマンツアー2018『孔雀〜いざ真剣勝負〜』の開催を予定している。同ツアーは、名古屋・福岡に続き、大阪公演もチケットのソールドアウトが発表され、東京・仙台の公演も、チケットが残りわずかとのこと。注目が集まる彼らのライブを、ぜひこの機会に観てほしい。

Photo by 生熊友博

【セットリスト】
1.文學少女
2.PIANO TUNE
3.夕闇通り探険隊
4.君のためのMUSIC
5.FLY HIGH!!
6.花一匁
EC.ハイスコアガール

全国ワンマンツアー2018『孔雀〜いざ真剣勝負〜』

3月03日(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO ※sold out
3月17日(土) 愛知・ell FITS ALL ※sold out
3月21日(水・祝) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
3月23日(金) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
3月25日(日) 福岡・DRUM SON ※sold out
<チケット>
前売¥3,700 ※D代別
■東京・仙台公演のみチケット一般発売中

シングル「花一匁」

2018年2月7日発売



【通常盤(初回仕様)】
ESCL-4962/¥1,000(税込)
※PlayPASS対応(初回仕様のみ)

【期間生産限定盤(アニメ盤)】
ESCL-4963〜4964/¥1,400(税込)
※アニメ絵柄ジャケット、アニメ絵柄グッズ付き
※PlayPASS対応
(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

アルバム『孔雀』

2018年2月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4997〜4998/¥3,241+税
【通常盤】(CD)
ESCL-4999/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1.ヨロコビノウタ
2.花一匁
3.若草山スターマイン
4.吾輩は猫である
5.Melodic Surfers
6.ハイスコアガール
7.君をアンインストールできたなら
8.POKER-FACE
9.斜陽
10.Dragonfly
■DVD ※初回生産限定盤のみ
1.ミュージックビデオ+メンバーによるMV解説オーディオコメンタリー(副音声)
・「花一匁」MV+オーディオコメンタリー(副音声)
・「ハイスコアガール」+オーディオコメンタリー(副音声)
2.ライヴ映像 (2016.11.25 @SHIBUYA CLUB QUATTRO)
・「FLY HIGH!!」
・「ヒカリアレ」
3.『燃えつきRADIOスペシャル 〜「孔雀」の取説〜』(アルバム『孔雀』収録曲解説映像)



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES、シングル「花一匁」リリース記念イベントを開催
BURNOUT SYNDROMESまとめ
LUNKHEAD、3ヶ月連続配信シングル発売&ワンマンライブ開催決定

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, リリース, セットリスト

LUNKHEAD、3ヶ月連続配信シングル発売&ワンマンライブ開催決定
Tue, 13 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNKHEADが、2月10日に開催した約2年ぶりとなるマイナビBLITZ赤坂でのツアーファイナルにて、4月から3ヶ月連続で配信シングルをリリース、併せてワンマンライブも行なうことを発表した。今回のツアーから披露された新曲「心音」を第一弾として4月14日に配信が開始となるので、お楽しみに!

また、4月には下北沢GARAGEで毎年恒例となった男女限定ライブが行なわれる。さらに5月と6月にはTSUTAYA O-Crestで、結成20周年を迎える2019年に向けてそれぞれ『road to 20th Anniversary“1999-2008”』、『road to 20th Anniversary“2009-2018”』と題したワンマンライブを開催! タイトルが示す通り膨大な曲数を誇るLUNKHEADの作品を10年単位に区切りフォーカスを当てるというコンセプトだ。そして、4月の男女限定ワンマンの翌日には小高芳太朗のソロリサイタルも開催される。結成20周年を前に早くも慌ただしい動きを見せるLUNKHEADに是非注目してほしい。なお、これらのライブのFC先行が2月26日までとなっており、購入者にはメンバー直筆のオリジナルチケットが各会場でプレゼントされる。

■【ワンマンライブ詳細】

■『小高芳太朗生誕38周年記念祭 春の祭典スペシャル 女性限定ワンマン〜洗いたてのブラウスの匂い編〜』
4月14日(土) 下北沢GARAGE ※女子限定
開場13:30/開演14:00

■『小高芳太朗生誕38周年記念祭 春の祭典スペシャル 男性限定ワンマン〜試合後のユニフォームの臭い編〜』
4月14日(土) 下北沢GARAGE ※男子限定
開場18:30/開演19:00

■『Planet K 20th Anniversary&小高芳太朗生誕38周年記念祭 春の祭典ソロリサイタル〜二回目のナインティーン、プラKはトェンティ〜』
4月15日(日) 吉祥寺 Planet K ※小高芳太朗ソロリサイタル

■『road to 20th Anniversary“1999-2008”』
5月27日(日) TSUTAYA O-Crest

■『road to 20th Anniversary“2009-2018”』
6月30日(土) TSUTAYA O-Crest

<チケット>
※上記全公演はFCもぎたて先行のみオリジナル手書きチケット付きで発売中
FC先行期間:2月10日(土)21:00〜2月26日(月)23:59
一般発売:3月10日(土)



【関連リンク】
LUNKHEAD、3ヶ月連続配信シングル発売&ワンマンライブ開催決定
LUNKHEADまとめ
清春、25回目のデビュー記念日に故郷の岐阜県でライブを開催

【関連アーティスト】
LUNKHEAD
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

清春、25回目のデビュー記念日に故郷の岐阜県でライブを開催
Tue, 13 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

待望の新作オリジナルアルバム『夜、カルメンの詩集』の発売を2月28日に控えている清春が、2月9日、彼自身の故郷である岐阜にて『KIYOHARU 25 TIMES DEBUT DAY』と銘打った公演を行なった。そのタイトル自体が示す通り、この日は彼にとって25回目のデビュー記念日。1994年に黒夢がメジャー・デビューを果たしたその日から、満24年を経たことになる。

公演会場となったclub Gには地元はもとより全国各地から熱心なファンが集結し、チケットは完全にソールドアウト。カリスマの登場を待ち焦がれるオーディエンスの前にまず姿を見せたのは、何故かWエンジンのチャンカワイ。実はこの日、彼は清春とともに某TV番組の収録を行なっており、開演に先がけて異例の“前説"を担当することになったのだった。観客はそうした想定外の展開にも臨機応変な好反応を示し、清春自身の登場を前に場内は充分すぎるほどに温まっていた。

改めて場内が暗転し、オープニングSEに導かれて黒衣に身を包んだメンバーたちが配置につく。清春がステージ中央へと進み出ると、まず聴こえてきたのはフラメンコ・ギターの響き。記念すべき祝宴の幕開けを飾ったのは『夜、カルメンの詩集』に収録されている「赤の永遠」だった。この日、彼の脇を固めていたのは、ファンにはお馴染みの中村佳嗣(Gu)、大橋英之(Gu)、楠瀬拓哉(Dr)に加え、この日が初出演となる高井淳(Ba)という顔ぶれ。つまり過去には一度もなかった布陣ということになるが、当然ながら演奏面での危うさは微塵もない。緩急豊かな楽曲群が、アコースティックとエレクトリック・ギターのコンビネーションを自在に変えながら、次々と表情豊かに繰り出されていく。

この夜の演奏曲目についてはセットリストをご参照いただきたいところだが、何よりも特筆すべきは、アンコール時に披露された、言わずと知れた黒夢のメジャー・デビュー曲「for dear」から、まだ世に出ていない新作アルバムの収録曲に至るまで、まさに24年にも及ぶ時間経過のなかで生まれてきた多種多様の楽曲たちが、少しも違和感なく溶け合い、ごく自然に共存しながらお互いを照らし合っていたということだ。その事実は、清春という歌い手がいかなるジャンル感の楽曲であろうと自分の色に染めてしまえること、そしてさまざまな音楽的変遷を経てきた彼の表現スタイルの本質は不変であるということを裏付けていたといえる。『夜、カルメンの詩集』には「美学」というそのものズバリの表題が掲げられたナンバーが収められており、同楽曲はこの夜にも披露されたが、彼自身が今日に至るまでの四半世紀にわたりずっと貫いてきたのが、まさにそれなのだろう。

この日の岐阜地方は降雪こそなかったものの底冷えのする寒さだったが、club Gの館内は真夏のような暑さだった。そしてこの記念すべきライヴは、会場の“音止め”時刻である夜10時ちょうどに着地点へと至った。クロージング曲の定番といえる「あの詩を歌って」を歌い終えた清春は、満足げな笑みを浮かべながらオーディエンスに「(みんなの)どこにも属さない感じがいいです」と告げ、謝意を表しながら「2019年、26回目のデビュー日もぜひ僕と過ごしてください」と伝えていた。もちろん次の記念日到来まで待つまでもなく、2月23日には新作アルバム発売に先駆けてのツアーが開幕を迎える。最後、清春は「素敵な夜を15回共有して、忘れられないツアーにしましょう」と告げてその場を去った。新たなツアーの日々、そしてニューアルバムの全貌が明らかになる瞬間の到来を、心して待ちたいところである。

Text by 増田勇一
Photo by 柏田芳敬

【セットリスト】
01.赤の永遠
02.JUDIE
03.アモーレ
04.夜を、想う
05.罪滅ぼし野ばら
06.シャレード
07.美学
08.ジプシー
09.眠れる天使
10.ベロニカ
11.妖艶
12.ALIEN MASKED CREATURE
13.COME HOME
<ENCORE 1>
14.for dear
15.ICE MY LIFE
<ENCORE 2>
16.少年
17.忘却の空
18.Feeling high&Satisfied
<ENCORE 3>
19.貴方になって
20.EMILY
21.あの詩を歌って

KIYOHARU TOUR天使の詩2018『LYRIC IN SCARLET』

2月23日(金) 大阪BIGCAT
2月24日(土) 金沢EIGHT HALL
3月02日(金) 仙台Rensa
3月16日(金) KYOTO MUSE
3月17日(土) KYOTO MUSE
3月21日(水・祝) 柏PALOOZA
3月24日(土) 長野CLUB JUNK BOX
3月31日(土) 札幌PENNY LANE24
4月07日(土) 青森 Quarter
4月08日(日) 盛岡Club Change Wave
4月13日(金) 名古屋BOTTOM LINE
4月14日(土) Live House 浜松窓枠
4月28日(土) 鹿児島CAPARVO HALL
4月29日(日) 長崎 DRUM Be-7
5月03日(木・祝) EX THEATER ROPPONGI

アルバム『夜、カルメンの詩集』

2018年2月28日発売



【完全初回生産限定盤】(2CD+DVD)
¥5,000+税
【通常盤】(CD)
¥3,000+税



【関連リンク】
清春、25回目のデビュー記念日に故郷の岐阜県でライブを開催
清春まとめ
けやき坂46(ひらがなけやき)2期生が初の単独イベントを開催

【関連アーティスト】
清春
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, セットリスト, ライブレポ

けやき坂46(ひらがなけやき)2期生が初の単独イベントを開催
Tue, 13 Feb 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46の妹分的存在である、けやき坂46(ひらがなけやき)の2期生メンバー9名による初の2期生単独イベント『おもてなし会』が2月12日(月・祝)に幕張メッセイベントホールにて開催された。『おもてなし会』は欅坂46がデビュー前の2016年1月に行われ、けやき坂46(ひらがなけやき)1期生も初の単独イベントとして2016年10月に開催しており、欅坂46にとって伝統的なイベントとなっている。

けやき坂46(ひらがなけやき)2期生にとっての初の単独イベントは、欅坂46やけやき坂46(ひらがなけやき)1期生といった先輩達が通ってきた『おもてなし会』となったが『おもてなし会』史上過去最大規模の7,000人を動員した。この人数だけでも、今の欅坂46ならびにけやき坂46(ひらがなけやき)の勢いを実感させられた。『おもてなし会』とは、メンバーの特技などを中心に様々な演目でお客様を“おもてなしする”というコンセプトのイベントであり、メンバーが様々な演目で躍動した。会場に入ると、2期生メンバー全員の“こころざし”を書いた書き初めと、華道部として金村美玖のフラワーアレンジメントが展示され、入口から伝統のおもてなし会の雰囲気を感じることができた。

ステージが始まると、放送部の宮田愛萌はイベント全体のMCを務め、音楽部の河田陽菜、金村美玖、富田鈴花、松田好花はサックス・アコースティックギター×2・キーボードの編成で欅坂46の今泉佑唯、小林由依のユニット“ゆいちゃんず”の楽曲「チューニング」を生演奏カバーで披露し、更には和太鼓のパフォーマンスを魅せた。続く、運動部の小坂菜緒、丹生明里、濱岸ひより、渡邉美穂は持ち前の運動神経を武器に一輪車、バレーボール、ダブルダッチ、バスケットボールを披露。通常のライブとは異なる演出、内容に客席も興味津津でステージを見つめ、暖かな声援を送っている姿が印象的であった。そして全メンバー登場でダンス部としてパフォーマンスし、最後は私服ファッションショーで客席2階を歩いて熱狂のまま前半ブロックが終了した。

後半のステージではミニライブが行われ、「ひらがなけやき」「僕たちは付き合っている」「それでも歩いてる」「誰よりも高く跳べ!」などけやき坂46の楽曲7曲を披露。短期間でここまで堂々としたパフォーマンスを見せつける2期生メンバーにも驚いたが、けやき坂46(ひらがなけやき)の楽曲だけでライブを成立させることができるようになっていることにも気付かされた。

けやき坂46(ひらがなけやき)が掲げる“ハッピーオーラ”に包まれたまま終演を迎え、アンコールでは「W-KEYAKIZAKAの詩」を披露した。このイベントであらためてけやき坂46(ひらがなけやき)2期生の持つ可能性と魅力を再確認することができた。1期生と合わせて20人となるけやき坂46(ひらがなけやき)は単独でのアルバムリリースが決定しており、欅坂46・けやき坂46(ひらがなけやき)がこれからどのような道を歩んでいくのかワクワクさせられた1日だった。

そして、3月7日(水)にリリースをむかえる欅坂46の6枚目のシングル「ガラスを割れ!」では、カップリングの編成なども含めてどのようになるのか、期待は日に日に高まるばかりである。

【ミニライブセットリスト】
0.OVERTURE
1.ひらがなけやき
2.僕たちは付き合っている
3.それでも歩いてる
4.永遠の白線
5.おいでシャンプー(乃木坂46カバー)
6.誰よりも高く跳べ!
7.NO WAR in the future
EN1.W-KEYAKIZAKAの詩

『ひらがな全国ツアー2017』

3月21日(火) Zepp Tokyo
3月22日(水) Zepp Tokyo
5月31日(水) Zepp Namba
7月06日(木) Zepp Nagoya
9月26日(火) Zepp Sapporo
11月06日(月) 福岡サンパレスホール
12月12日(火) 幕張メッセ イベントホール
12月13日(水) 幕張メッセ イベントホール

シングル「ガラスを割れ!」

2018年3月7日発売



【初回仕様限定盤TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9736〜9737/¥1,528+税
【初回仕様限定盤TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9738〜9739/¥1,528+税
【初回仕様限定盤TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9740〜9741/¥1,528+税
【初回仕様限定盤TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9742〜9743/¥1,528
【通常盤】(CD)
SRCL-9744/¥972+税

※初回仕様限定盤共通封入特典
・「全国握手会イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
・「メンバー生写真」ランダム1枚封入



【関連リンク】
けやき坂46(ひらがなけやき)2期生が初の単独イベントを開催
けやき坂46まとめ
家入レオ、全国ツアーに2公演追加&ニューアルバムに先行予約シリアルナンバー封入決定

【関連アーティスト】
けやき坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, セットリスト, ライブレポ

家入レオ、全国ツアーに2公演追加&ニューアルバムに先行予約シリアルナンバー封入決定
Tue, 13 Feb 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月21日(水)に1年7か月ぶりに自身5枚目となるオリジナルアルバム『TIME』をリリースする家入レオ。このアルバムを引っ提げて行う6度目の全国ツアー『家入レオ 6th Live Tour 2018 〜TIME〜 』が5月3日(木・祝)オリンパスホール八王子からスタートすることは既に発表されているが、その追加公演として6月22日(金)三重県文化会館 大ホール、7月1日(日)東京国際フォーラム ホールAの2公演の開催が決定した。TIMEツアーは追加公演をあわせ全12公演となる。

さらに、ニューアルバム『TIME』には前述の2公演を含む今ツアーのチケット先行予約シリアルナンバーが封入されることも合わせて発表になった。封入特典は『TIME』初回限定盤A/初回限定盤B/通常盤の3形態全ての初回プレス盤に封入され、受付期間は商品店頭着荷予定となる2月20日(火)正午から3月2日(金)18時までとなっているので、早目にチェックしてほしい。

また、同アルバム収録のリードトラックとして先日同楽曲をモチーフにしたショートフィルムがオフィシャルYouTubeチャンネルで公開され話題の「春風」の先行配信が2月14日0時よりiTunes、レコチョクほか主要サイトで先行配信されることとなった。「春風」は、欅坂46「二人セゾン」ほか各方面で活躍するSoulife提供による楽曲で、いよいよ2月17日(土)放送のTBS系『COUNT DOWN TV』でもアルバムレコメンドコーナーにて歌唱予定である。是非放送前にいち早く「春風」フルバージョンを聴いて頂きたい。

さらに、2月16日(金)にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』に生出演。「TIME」収録曲でドラマ主題歌としても話題になった「ずっと、ふたりで」を、クラシック・ピアニストで作編曲家、さらには俳優としての顔もあわせもつ清塚信也とコラボレーションで披露する予定なのでお楽しみに。

また今後のスケジュールとして、発売週には東京(2月21日@ゲートシティ大崎)、神戸(2月25日@神戸ハーバーランド)、名古屋(2月25日@エアポートウォーク名古屋)にニュー・アルバム『TIME』の発売記念フリーイベントの開催が、さらに東京と大阪各3店舗(東京:SHIBUYA TSUTAYA/タワーレコード渋谷店/タワーレコード新宿店、大阪:HMVグランフロント大阪/タワーレコード梅田大阪マルビル店/TSUTAYA EBISUBASHI)限定の1DAYサーキットお渡し会の開催が発表となっている。詳細はオフィシャルHPまで。

『家入レオ6th Live Tour 2018 〜TIME〜』

5月03日(木・祝) オリンパスホール八王子
5月12日(土) 大阪国際会議場 メインホール
5月13日(日) 大阪国際会議場 メインホール
5月19日(土) 上野学園ホール
5月20日(日) サンポートホール高松 大ホール
5月26日(土) 名古屋国際会議場 センチュリーホール
6月01日(金) 札幌市教育文化会館 大ホール
6月02日(土) 音更町文化センター
6月09日(土) パシフィコ横浜 国立大ホール
6月16日(土) 福岡サンパレスホテル&ホール
6月22日(金) 三重県文化会館大ホール
7月01日(日) 東京国際フォーラム ホールA
<チケット>
指定席¥6,000(税込)
※3歳以下入場不可/4歳以上チケット必要
※客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承ください。

アルバム『TIME』

2018年2月21日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1311/¥4,900+税
※封入特典:6th Live Tour 2018 〜TIME〜 チケット先行予約シリアルナンバー封入(全形態共通)
*受付期間:2月20日正午〜3月2日18時
<収録曲>
■CD
01.ずっと、ふたりで
02.春風
03.Relax
04.恋のはじまり
05.TOKYO
06.アフターダーク
07.ファンタジー
08.ありきたりですが
09.だってネコだから
10.パパの時計
11.微熱
12.祈りのメロディ
13.大事なものすべて
■DVD
〈家入レオ 5th Anniversary Live at Zepp 2017.9.7 at Zepp DiverCity〉
サブリナ
lost in the dream
Kiss Me
Silly
Party Girl
恍惚
Lay it down
君がくれた夏
love & hate
イジワルな神様
ひと夏の経験
少女A
だってネコだから
純情
Bless You
Hello To The World
僕たちの未来
Shine
ずっと、ふたりで
サブリナ



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1312/¥3,500+税
※封入特典:6th Live Tour 2018 〜TIME〜 チケット先行予約シリアルナンバー封入(全形態共通)
*受付期間:2月20日正午〜3月2日18時
<収録曲>
■CD
01.ずっと、ふたりで
02.春風
03.Relax
04.恋のはじまり
05.TOKYO
06.アフターダーク
07.ファンタジー
08.ありきたりですが
09.だってネコだから
10.パパの時計
11.微熱
12.祈りのメロディ
13.大事なものすべて
■DVD
「Relax」Music Video&「Relax」Making Movie
「春風」Music Video&「春風」Short Film
「恋のはじまり」Recording Document



【通常盤】(CDのみ)
VICL- 64927/¥3,000+税
※封入特典:6th Live Tour 2018 〜TIME〜 チケット先行予約シリアルナンバー封入(全形態共通)
*受付期間:2月20日正午〜3月2日18時
<収録曲>
01.ずっと、ふたりで
02.春風
03.Relax
04.恋のはじまり
05.TOKYO
06.アフターダーク
07.ファンタジー
08.ありきたりですが
09.だってネコだから
10.パパの時計
11.微熱
12.祈りのメロディ
13.大事なものすべて



【関連リンク】
家入レオ、全国ツアーに2公演追加&ニューアルバムに先行予約シリアルナンバー封入決定
家入レオまとめ
OBLIVION DUST、結成20周年ツアーを完遂

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, 特典, ツアー

OBLIVION DUST、結成20周年ツアーを完遂
Tue, 13 Feb 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

OBLIVION DUSTがデビュー20周年という節目に全20カ所に渡って開催したツアー『20th Anniversary OBLIVION DUST "Zodiac Way Tour 2017-18"』が、2月9日にマイナビBLITZ赤坂でファイナル公演を迎えた。

「このツアーで、オレのステージの姿勢っていうか立ってる時の気持ちが、すごい変わったんだよね」。

VocalのKEN LLOYDは語る。「これまでショーが始まっちゃえば周りで何が起きてようが、それこそお客さんがどういう反応してようが構わなかったんだよ。自分さえ集中していれば」。ある種のフロントマンとしての自信と、バンドが出すサウンドに対する信頼感からか、様々なステージ上で巻き起こる出来事(それこそアクシデントも含んで)に対して、無関心とも言えるほど我が道を行っていた彼が、このツアーから自分に芽生えたある変化を喜んでいるようだった。バンドと同じくプロとしての活動が20年となる、このフロントマンが迎えた新たな境地とは何なのか? そしてそれはステージにどんな変化をもたらしてくれるのか?

これまで締めとして最後に演奏されることが多かった「Sink The God」からショーはスタート。この曲が始まるといよいよ最後の曲だとずっと刷り込まれてきた観客が驚きと共に、いきなり背中を突き飛ばされたかのように音の渦に巻き込まれていく。彼らは結成当初から心地よい裏切りを与えることを常に意識してきたバンドだ。それは音楽的なアプローチやデザインワークにおいても顕著であり、その上でバンドのカラーにまとめ上げてみせる力量とバランス感覚がある。CDなどの音源で聴くと様々なアプローチを仕掛けているのだが、いざショーで演奏するとその全てが一つのバンドのグルーヴに見事に昇華されていく。つかみ所が無いと思われがちな彼らだが、ステージでのパフォーマンスを見ると全くブレがなく、あっさりと彼らの手中に収まってしまう感覚だ。「もちろん、そういったことは自分なりに計算するんだけど、このバンドってホントにメンバーの考え方がバラバラで、それをお互いに認めあってるから、最後には自然と良いアイディアしか残らないみたいなところがあると思う」的確な表現でそれに答えてくれたのは、サウンド・プロデューサーでもあるGuitarのK.A.Zだ。

「Syndrome」「Remains」と新旧織り交ぜつつも余韻を感じる暇もなく、次々畳みかけてくるのはこのバンドの定番なのだが、ここで一度ブレイクの後に「In Motion」が始まる。この曲は今回のツアーではショーの開始に配置されることが多かった、非常にOBLIVION DUSTらしい勢いがある曲だ。観客も自然と2度目のスタートを無理矢理けしかけられたかのように、熱狂度が高まっていく。

「オレはこのバンドの本来持っている野生的な面というか、体温とか呼吸をいかに感じさせるかってことが、自分の役目だと思ってるから」機材の進化により、ライヴでもクオリティの高い音像が再現されるようになればなるほど、ただそこでメンバーが実際に演奏しているということ以上のパフォーマンスをどう表現するか?についてBassのRIKIJIには確固たるスタンスがあるようだ。「演奏自体のクオリティが上がっていくのは長年やってるから当然なんですけど、それだけじゃあ全く面白みがないんです、バンドって」聞き方によっては物議をかもし出しそうな発言を、あっさり言い切るのもRIKIJIの魅力ではあるのだが、彼の言いたいことはもう少し深い意味合いが含まれていた。「そもそも音楽は演奏者の感情を伝えるために出来たんだから、今オレがどんな気分でこの曲を演ってるのか?が大事で。当然その感情には激しいものが含まれるし、それは毎回大なり小なり違ってたりするのがライヴなんです」

しっとりと聴かせる「All I Need」を中盤に聴かせた以外は、常に緩急をつけながらも独自のグルーヴで場内を揺らせ続け、その高密度に圧縮されたかのような音の塊が次々と吐き出されていく。最新アルバムの『DIRT』から「Evidence」「Lolita」「Death Surf」と、ここから終盤まで怒涛の連打が始まる予感の中、「あと20年よろしく」と言うまさかのKENのMCに大きな歓声が上がる。「今回のツアーで、本当にお客さんの顔が良く見えるようになったというか、みんなの細かい反応まで見ながら演るようになったんだよね。その曲ごとにどう暴れたいのか分かるようになったら、自分がその都度どう変化をつけて煽ったらいいのかってアイディアが次々出てきたっていうか」結成20年にして、今更と言うべきか、まさかと言うべきか。KENを多少なりとも長く見てきている人にとって、この変化がどれほど大きなものかはお分かり頂けると思う。それほどまでにステージでは直球勝負にこだわり、そこにアイデンティティすら感じさせるほどストイックかつ不器用なフロントマンが、全力でパフォーマンスするという意味合いに新たな次元を追加したかのような話だ。OBLIVION DUSTのライヴは本当に幸せな空気に包まれている、と言う多くのファンの声が昨年から高まっており、その音楽性からは到底想像がつかないと感じる方も多いだろう。しかしいつの時代でも優れたバンドは、相反するベクトルを巧みに織り交ぜることで、音楽の独自性を高めてきた。OBLIVION DUSTもいよいよその風格と共に次なるステージへとっくに踏み出していたのだ、と感じさせられる。

デビューアルバムから幾度となくアレンジを重ねながら、ライヴの定番曲に居座り続ける「24 Hour Buzz」でショーは幕を閉じた。熱狂冷めやらぬ中、ギターのフィードバックがいつまでも響き渡る場内のモニターに「緊急告知」の文字が映る。自ずと悲鳴と歓声が入り混じった声が場内に響く。モニターには故hideの4月に行われるメモリアル・イベントへの出演決定の文字。「時代の扉が開いた」という言葉を添えていち早くこのバンドの可能性に言及し、キャリアをスタートさせたばかりのOBLIVION DUSTを公私ともプッシュしてくれたのは、他ならぬ今は亡きhideであった。いよいよ2018年、待ちに待たれた巨大フェスへの出演を控え、どんな光景を大観衆の前で見せてくれるのか。今のOBLIVION DUSTの充実ぶりと勢いを考えると、まだ何かやらかしてくれそうな気配が、ますます濃くなっているのが感じる。彼らが20周年以後に描く企みはどんなものなのか? 同じく発表された夏のツアーと共に期待したい。

photo by 田中和子(TANAKA KAZUKO)

2018年 夏ツアー『OBLIVION DUST Tour 2018 Adrenaline - Come Get Your Fix』

6月30日(土) 千葉・柏PALOOZA
7月01日(日) 埼玉・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3 
7月07日(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK熊谷VJ-1
7月08日(日) 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
7月14日(土) 山梨・甲府KAZOO HALL
7月15日(日) 栃木・HEAVEN\'S ROCK宇都宮VJ-2
7月21日(土) 岡山・YEBISU YA PRO
7月22日(日) 山口・RISING HALL SHUNAN
7月28日(土) 長崎・DRUM Be-7
7月29日(日) 福岡・DRUM Be-1
8月04日(土) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
8月10日(金) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
8月11日(土) 静岡・ LIVE HOUSE浜松窓枠
8月12日(日) 広島・CLUB QUATTRO
8月18日(土) 宮城・仙台darwin
8月25日(土) 兵庫・神戸VARIT.
8月26日(日) 大阪・梅田CLUB QUATTRO

【イベント情報】

『R JAM\' 18 presented by RUIDO 46th ANNIVERSARY』
4月22日(日) Zepp DiverCity (TOKYO)

『hide 20th memorial SUPER LIVE 「SPIRITS」』
4月28日(土) お台場野外特設ステージ J地区



【関連リンク】
OBLIVION DUST、結成20周年ツアーを完遂
OBLIVION DUSTまとめ
シカゴ、未発表コンサート音源を収録したアルバムをリリース発表

【関連アーティスト】
OBLIVION DUST
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ライブレポ

シカゴ、未発表コンサート音源を収録したアルバムをリリース発表
Tue, 13 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

50年以上の間、コンサートを精力的に続け、世界各地のファンをそのパフォーマンスで魅了してきたシカゴ。2018年春にはロックの殿堂入りを果たしているシカゴが、彼らのライヴ・バンドとしてのキャリアを祝し、4CD/1DVDの未発表コンサート音源をリリースすることを発表した。これらはバンドのどのライヴ・アルバムにも収録されていない、貴重な音源を含んでいる。

『シックス・ディケイズ・ライヴ(ディス・イズ・ホワット・ウィ・ドゥ)』は4月6日に発売となる。この作品の一連の曲は1969年から2014年の間にレコーディングされた。これには、1970年のワイト島フェスティバルのコンサートの全編が含まれている。DVDは1977年のドイツのTV音楽番組『ロッカパラスト』で放送されたコンサート映像が売りとなっている。

5枚組の中の最初の2枚には、1970年8月28日のワイト島フェスティバルでのヘッドライナーとしてのパフォーマンスが収録されている。そして、スーパースターへの階段をかけのぼっているバンドを映し出し、絶好調にデビュー・アルバムとセカンド・アルバムから楽曲をプレイする彼らの姿をとらえている。「ビギニングス」、「バレエ・フォー・ア・ガール・イン・バキャノン」、そしてこの当時未発表だったサード・アルバムから「母なる大地」が演奏されている。この日の他のヘッドライナーはドアーズとジミ・ヘンドリックスだった。残りのディスクには、50数年にわたる活動から選ばれたライヴ・パフォーマンスが収録されている。1969年パリの「ぼくらの詩」、「長い夜」、「開放」に始まり、その他のハイライトには、比較的知られていない「ヴァレーズに捧げる歌」(1973 )、「無情の街」(1977)、フォーエヴァー(1987)や1994年のビッグ・バンド・ツアーからの、「イン・ザ・ムード」、「ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニモア」がある。

1977年2月12日には、シカゴはドイツのTV音楽番組『ロッカパラスト』でライヴを行った。その全編がDVDに収録されている。その時点までのバンドのキャリアを見事に見渡すことが出来、忘れがたいパフォーマンスの「君とふたりで」、「君は僕のすべて」、「遥かなる愛の夜明け/モンゴヌークレオシイス」やビートルズのカヴァー「ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」、スペンサー・デイヴィス・グループのカヴァー「アイム・ア・マン」を見事に映し出している。ボーナス映像として、ファンが愛する1973年のABCテレビ・スペシャル『シカゴ・イン・ザ・ロッキーズ』から、「輝ける未来」がDVDには収録されている。

伝説のブラス・ロック・バンドは2018年をほとんどツアーに費やす。その中には、2018年2月にザ・ベネチアンで行われる、初めてのラスベガスでの長期公演のショーも含まれる。

もうひとつの初めてのこととして、来るアメリカ・ツアーではダブル・プラチナを記録したダブル・アルバム『シカゴII(シカゴと23 の誓い)』の完全再現ライヴを行う。このアルバムは「長い夜」、「ぼくらに微笑みを」、「朝日よ輝け」、「ぼくらの世界をバラ色に」などのヒット曲を含んでいる。毎晩、コンサートの第2部はシカゴの偉大なヒット曲で埋め尽くされる。これらのコンサートは、50年以上活動し、1億枚以上を売り、20曲ものトップ10ヒットを持ち、ロックの殿堂入りした、バンドのキャリアで最も演奏時間の長いショーとなる。

なお、この未発表ライヴ作品は国内盤の発売も予定している。国内盤発売情報は後日下記のワーナーミュージック・ジャパン・オフィシャル・ウェブサイトにて公開される予定だ。

■シカゴ アーティストページ
https://wmg.jp/artist/chicago/

photo by Peter C. Pardini

アルバム『CHICAGO: VI DECADES LIVE (THIS IS WHAT WE DO)』

2018年4月6日海外発売/日本発売日は後日発表



<収録曲>
■CD Disc1:Isle Of Wight Festival (8/28/70)
1.Introduction
2.“South California Purples"
3.“Beginnings"
4.“In The Country"
5.“Does Anybody Really Know What Time It Is?"
6.“Mother"
■CD Disc2:Isle Of Wight Festival (8/28/70)
1.“It Better End Soon"
2.“Ballet For A Girl In Buchannon"
3.“25 Or 6 To 4"
4.“I\'m A Man"
■CD Disc3
1.“Poem For The People" (Paris, France, 8/14/69)
2.“25 Or 6 To 4" (Paris, France, 8/14/69)
3.“Liberation" (Paris, France, 8/14/69)
4.“Goodbye" (The John F. Kennedy Center For The Performing Arts, Washington D.C., 9/16/71)
5.“Now That You\'ve Gone" (Hordern Pavilion, Sydney, Australia, 6/26/72)
6.“A Hit By Var?se" (Chicago Stadium, Chicago, IL, 8/13/73)
7.“Takin\' It On Uptown" (Oakland Coliseum, Oakland, CA, 12/1/77)
8.“If You Leave Me Now" (Oakland Coliseum, Oakland, CA, 12/1/77)
■CD Disc4
01.“Hot Streets" (Greek Theater, Los Angeles, 8/11/78)
02.“Little One" (Greek Theater, Los Angeles, 8/11/78)
03.“Forever" (Pensacola Civic Center, Pensacola, FL, 3/21/87)
04.“Medley: In The Midnight Hour/Knock On Wood/I\'m A Man/Get Away" (Pensacola Civic Center, Pensacola, FL, 3/21/87)
05.“You\'re Not Alone" (Starplex Amphitheater, Dallas, TX, 5/30/92)
06.“The Pull" (Caesar\'s Palace, Las Vegas, NV, 3/20/94)
07.“In The Mood" (Caesar\'s Palace, Atlantic City, NJ, 7/28/94)
08.“Don\'t Get Around Much Anymore" (Caesar\'s Palace, Atlantic City, NJ, 7/28/94)
09.“Look Away" ? A&E Network, Live By Request, 9/5/02)
10.“America" (WHYY, The Grand, Wilmington, DE, 5/7/14)
■DVD:Rockpalast (2/12/77)
01.“Anyway You Want"
02.“Saturday In The Park"
03.“Skin Tight"
04.“Just You \'n\' Me"
05.“Hope For Love"
06.“You Are On My Mind"
07.“Does Anybody Really Know What Time It Is?"
08.“Ballet For A Girl In Buchannon"
09.“Beginnings"
10.“Scrapbook"
11.“A Hit By Var?se"
12.“Call On Me"
13.“Takin\' It On Uptown"
14.“If You Leave Me Now"
15.“Once Or Twice"
16.“(I\'ve Been) Searchin\' So Long"/“Mongonucleosis"
17.“25 Or 6 To 4"
18.“Got To Get You Into My Life"
19.“I\'m A Man"



【関連リンク】
シカゴ、未発表コンサート音源を収録したアルバムをリリース発表
Chicagoまとめ
大原櫻子、映画『あの日のオルガン』に女優・戸田恵梨香とW主演で出演決定

【関連アーティスト】
Chicago
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

大原櫻子、映画『あの日のオルガン』に女優・戸田恵梨香とW主演で出演決定
Tue, 13 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2013年に映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でスクリーン&CD同時デビュー以降、歌に演技に活躍を続ける大原櫻子が2018年12月にデビュー満5周年を迎える事と、5周年を記念した様々な活動を行っていく事が発表された。

2018年は既に1月31日に映像昨作品ライブBlu-ray/DVD『大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN 〜ACCECHERRY BOX〜』を発売し、2月7日からは主要キャストとして参加するミュージカル『FUN HOME』がスタートしたばかりで演技と歌唱の両面で大きな反響を得ている大原櫻子。2018年の12月がデビュー満5周年であり、今後様々な活動が発表されていく5周年特設ページが開設された。

その第一弾活動発表として、女優の戸田恵梨香とダブル主演となる映画『あの日のオルガン』への出演が発表された。メガホンを取るのは、『ひまわりと子犬の7日間』の監督であり、『小さいおうち』『母と暮せば』『家族はつらいよ』をはじめ、長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子。大原は天真爛漫な保母を演じるとの事なので楽しみだ。今後、この5周年特設ページ内で各種の発表が多数発表されていくとの事なので要注目だ。活動範囲の広いカノジョだけにその内容も楽しみだ。

■大原櫻子 5周年特設サイト
http://sakurako-web.com/5th_anniversary/

映画『あの日のオルガン』

2019年春公開
新宿ピカデリー他全国ロードショー予定
<出演>戸田恵梨香 大原櫻子

■映画公式HP
www.anohi-organ.com

ミュージカル『FUN HOME』

2月07日(水)〜2月26日(月) 東京・日比谷シアタークリエ
3月03日(土) 兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
3月04日(日) 兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
3月10日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(名古屋市民会館)

■ミュージカル公式HP
http://www.tohostage.com/funhome/



【関連リンク】
大原櫻子、映画『あの日のオルガン』に女優・戸田恵梨香とW主演で出演決定
大原櫻子まとめ
go!go!vanillas、対バン全国ツアー東京公演にBLUE ENCOUNT出演決定

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 出演, 映画

go!go!vanillas、対バン全国ツアー東京公演にBLUE ENCOUNT出演決定
Tue, 13 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasが3月より開催する対バン形式の全国ツアー『FOOLs Tour 2018〜音楽馬鹿達と春のナイトピクニック〜』の対バン第六弾・最終発表としてBLUE ENCOUNTをゲストに迎えることが決定した。BLUE ENCOUNTとの対バン公演は5月5日(土) 新木場 STUDIO COASTとなる。各地にバニラズが敬愛する対バン相手を招いて全国11箇所で開催される、まさに“音楽馬鹿達”との公演(沖縄のみワンマン公演)となる本ツアー。これで全ての対バン相手が発表された。

また、5月5日は毎年『go!go!の日』として、バニラズがイベントを開催してきた日程。2018年の『go!go!の日』はどのような公演になるのか、是非楽しみに待っていて欲しい。

東京公演のチケットは現在3次プレオーダーにて受付中。チケットは完売必至となっているので、取り逃がしの無いよう、早めにチェックして欲しい。

全国ツアー『FOOLs Tour 2018〜音楽馬鹿達と春のナイトピクニック〜』

3月10日(土) 沖縄 Output ※ワンマン公演
3月22日(木) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
w./フレデリック
3月23日(金) 郡山 HIP SHOT JAPAN
w./フレデリック
3月25日(日) 青森 QUARTER
w./フレデリック
3月29日(木) 周南 RISING HALL
w./フレンズ
3月31日(土) 大分 DRUM Be-0
w./フレンズ
4月01日(日) 長崎 DRUM Be-7
w./フレンズ
4月14日(土) 新潟 LOTS
w./KANA-BOON
4月21日(土) なんば Hatch
w./04 Limited Sazabys
4月22日(日) 名古屋 DIAMOND HALL
w./My Hair is Bad
5月05日(土) 新木場 STUDIO COAST
w./BLUE ENCOUNT

<チケット>
3次プレオーダー(東京公演のみ):2月19日(月)23:59まで
※詳細はこちら:http://gogovanillas.com/



【関連リンク】
go!go!vanillas、対バン全国ツアー東京公演にBLUE ENCOUNT出演決定
go!go!vanillasまとめ
BLUE ENCOUNTまとめ
LAZYgunsBRISKY、ショートフィルム『The Sea』特別予告編公開

【関連アーティスト】
go!go!vanillas, BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

LAZYgunsBRISKY、ショートフィルム『The Sea』特別予告編公開
Tue, 13 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガールズロックバンド・LAZYgunsBRISKY のショートフィルム『The Sea』が2月21日(水)午前11時30分から、第68回ベルリン国際映画祭で4K上映されることがわかった。主演はドラマ『先に生まれただけの僕』三田ほのか役の好演で話題を呼んだ山田佳奈実、監督は大河ドラマ『西郷どん』連続テレビ小説『ひよっこ』オープニングのクリエイティブディレクター・佃尚能が務めている。

『The Sea』は監督の佃尚能がLAZYgunsBRISKY のライブで同曲に出会い、楽曲制作のきっかけとなった、かつてバンドに実際に起こった出来事をモチーフに、ショートフィルムとして映像化した作品。卓越した演技力とダンス力を兼ね備える新人女優・山田佳奈実と、国内外で活躍する振付家・龍美帆と共に、ダンスと音楽を基軸とするショートフィルム『The Sea』を有志で作り上げた。

同作は、1月に米・フロリダで開催された『Logcinema Music Film Festival』で最優秀音響効果賞を受賞した他、現在、イタリアの映画賞でも、最優秀ミュージックビデオ・最優秀振付賞を含む4部門にノミネート(最終結果は2月15日に発表)。今回、映画製作支援サイト、シネマプランナーズのサポートを得て、ベルリン国際映画祭『European Film Market』でのプレミア上映が実現した。

ショートフィルム『The Sea』は、現地時間2月21日(水)11:30 から、ベルリン・ポツダム広場 CinemaxX スクリーン11で上映。世界の短編作品10本と共にヨーロッパプレミア上映される。

■Music short film『The Sea』特設ページ
https://www.lazy-the-sea.com/

■【ベルリン上映にあたって コメント】

■主演:山田佳奈実
「ベルリン国際映画祭という、素晴らしい場所で上映して頂ける事、本当に嬉しく思います。この作品で初めて私は「人を想うダンス」を踊りました。大切な仲間を想い、お腹にいる我が子を想い、広い海を目の前にした時、心が張り裂けそうでした。叫んでも叫んでも届かない。でも届けたい。そんな気持ちでした。LAZYgunsBRISKY のみなさんの歩んできた道、想いが、この「The Sea」を通じて1 人でも多くの人に届く事を願っています」

■LAZYgunsBRISKY Vo.Lucy
「命とは。生きるとは。このフィルムで描かれた、しなやかに強い女の生き様の美しさに、私は1人の女として、胸を打たれます。「The Sea」は、佃監督をはじめとする制作チームの皆様や山田佳奈実さんによって、命を吹き込まれました。我々の楽曲はこの手を離れ、繋がれて、美しい物語となり、遠くベルリンにまで連れて行っていただけた。なにより有り難く、歓びを感じています」

■監督:佃尚能
「『鼻歌』(2016)、『私とわたし』(2017)のカンヌ国際映画祭上映に続き、新たな作品でベルリン国際映画祭に参加できることを大変嬉しく思います。世界中から優れた作品が集まる映画マーケットで、今、世界に求められる映像作品とは何か?をしっかりと学び、見極めてきたいと思います」



【関連リンク】
LAZYgunsBRISKY、ショートフィルム『The Sea』特別予告編公開
LAZYgunsBRISKYまとめ
CHIYU(ex.SuG)、1stミニアルバム『Seven Deadly Sins』の詳細解禁

【関連アーティスト】
LAZYgunsBRISKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 映画

CHIYU(ex.SuG)、1stミニアルバム『Seven Deadly Sins』の詳細解禁
Tue, 13 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

元SuGのCHIYUが4月25日にリリースするソロデビュー作品は、“絆”で繋がるミュージシャン・作家らが参加している。 その1stミニアルバム『Seven Deadly Sins』の詳細が発表された。

2017年12月、突然のソロデビューを発表した元SuGのCHIYU。バンド解散後も止まる事無く新たな活動を続けている。地上波テレビドラマ、舞台出演と活動の幅を広げている。今回詳細が発表された1stミニアルバム『Seven Deadly Sins』は、タイトルの通り“7つの大罪”をテーマに掲げ、自身を含め7人のミュージシャン・作家が楽曲製作で参加する。ミュージシャンとして大先輩であるAiji(LM.C)。バンド時代から共に作品を作り続けてきた作家のTom-H@ck。嵐の楽曲等を多数手がけるユニット・youth case。駆け出しから共に成長し合ってきた仲間である、Sadie・The THIRTEENのギタリスト美月、GOTCHAROCKAのギタリストJUN、 ダウトのベーシスト玲夏。そしてCHIYU。

2017年12月に、進行方向もわからないまま進み出したCHIYUの背中を後押ししようと集まったメンバーと作り上げるCHIYUの新たな世界にぜひ期待してほしい。

ミニアルバム『Seven Deadly Sins』

2018年4月25日発売



【Type-A】(CD+DVD)
¥3,700+税
【Type-B】(CD+DVD)
¥3,700+税
<参加ミュージシャン、作家>
Aiji (LM.C)/youth case/Tom-H@ck/美月 (Sadie・The THIRTEEN)/JUN (GOTCHAROCKA)/玲夏 (ダウト)



【関連リンク】
CHIYU(ex.SuG)、1stミニアルバム『Seven Deadly Sins』の詳細解禁
SuGまとめ
CHIYUまとめ
LM.Cまとめ
Tom-H@ckまとめ

【関連アーティスト】
SuG, CHIYU, LM.C, Tom-H@ck, Sadie, The THIRTEEN, GOTCHAROCKA, ダウト
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 発表, リリース, 発売, ミニアルバム

GANG PARADE×ヴィレバン、コラボポスタープレゼント企画を始動
Tue, 13 Feb 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月20日にシングル「BREAKING THE ROAD」をリリースするGANG PARADEが、『VILLAGE VANGUARD』とのコラボポスターを制作することがわかった。

この企画は『VILLAGE VANGUARD』下北沢店主導によるもので、ポスター(B2サイズ)を下北沢店を含む全国8店舗にて2月19日から店頭掲出、また特典運用するというもの。ご予約の方優先、またシングル「BREAKING THE ROAD」をご購入の方に先着でポスターはプレゼントされるとのことで、各店なくなり次第終了となる。

また、下北沢店では2枚同時購入の方に先着でポスター1枚に加え、メンバー手書きのポップをランダムで1枚プレゼント。こちらもなくなり次第終了となるので、気になる方は早めの購入をおすすめする。

シングル「BREAKING THE ROAD」

2018年2月20日(火)発売



TPRC-0198/¥1,000+税
<収録内容>
M1 BREAKING THE ROAD
M2 とろいくらうに食べたい
M3 BREAKING THE ROAD(inst)
M4 とろいくらうに食べたい(inst)

【VILLAGE VANGUARD×GANG PARADEコラボポスタープレゼント 概要】

■下北沢店
ご予約の方優先で、シングル「BREAKING THE ROAD」1枚をご購入の方にコラボポスター(B2サイズ)を先着で差し上げます。また、2枚同時購入で、コラボポスター1枚に加え、メンバー直筆ポップ(ランダム)1枚を差し上げます。

■渋谷本店、高円寺店、ヨドバシ博多店、名古屋中央店、八王子東急スクエア店、仙台ロフト店、あべのキューズモール店
ご予約の方優先で、シングル「BREAKING THE ROAD」1枚をご購入の方にコラボポスター(B2サイズ)を先着で差し上げます。

【ライブ情報】

2月17日(土) 札幌 BESSIE HALL
Open/Start 16:00/17:00
2月23日(金) 東京 マイナビBLITZ赤坂
Open/Start 17:30/18:30

【リリースイベント情報】

2月19日(月) タワーレコード新宿店7階イベントスペース
時間:(1)18:30〜 (2)21:00〜
2月20日(火) タワーレコード渋谷店屋上 SKY GARDEN
時間:開場 19:00〜(開演 19:30)
2月21日(水) 新宿マルイメン屋上
時間:21:00〜
2月22日(木) 会場未定
時間:(1)18:30〜 (2)21:00〜
2月04日(土) タワーレコード八王子店ケイハチ王子の部屋
時間:(1)13:00〜(2)15:30〜(3)18:00〜
2月05日(日) タワーレコード川崎店
時間:13:00〜
2月05日(日) タワーレコード横濱ビブレ店
時間:(1)17:30〜(2)20:00〜



【関連リンク】
GANG PARADE×ヴィレバン、コラボポスタープレゼント企画を始動
GANG PARADEまとめ
KAKASHI、ツアーゲスト第5弾は地元の盟友 Ivy to Fraudulent Game

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, コラボ, シングル, キャンペーン, 発表, リリース, 発売

KAKASHI、ツアーゲスト第5弾は地元の盟友 Ivy to Fraudulent Game
Tue, 13 Feb 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

KAKASHIがリリースツアーのゲストバンド第5弾を発表した。『本当の事を歌うツアー』は、1月10日に発売した初の全国流通盤『ONE BY ONE』を引っさげ現在開催しているリリースツアー。ゲストバンド第5弾にはツアーの後半戦にあたる公演の出演バンドが続々と発表されており、新たなラインナップとして、kobore、あいくれ、BAN\'S ENCOUNTERらの出演が解禁。そして、5月12日にバンドの地元である群馬・高崎club FLEEZにて行なうツアーファイナルは、KAKASHIの同郷にして盟友と言えるIvy to Fraudulent Gameとの2マン公演となることが明らかになった。

リリースツアーのチケットは全公演一般発売中。詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

『本当の事を歌うツアー』

2月22日(木) 石川・金沢vanvanV4
w) KOTORI/フィッシュライフ/ドラマストア/HUNGRY YOUNG/プッシュプルポット
2月23日(金) 栃木・HEAVEN\'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2
w) フィッシュライフ/ドラマストア/Althea
3月11日(日) 宮城・仙台RIPPLE
w) ANABANTFULLS and more
3月12日(月) 埼玉・熊谷HEAVEN\'S ROCK KUMAGAYA  VJ-1
w) INKYMAP/CHERRY NADE 169/MIDDGIN/kamuy
3月17日(土) 新潟・新潟Live Hall GOLDEN PIGS BLACK STAGE
w) KOTORI/ the irony/POETASTER/NOWETHER
3月18日(日) 群馬・前橋DYVER
w) the irony(new)/ CHERRY NADE 169(new)/カルナロッタ(new)/OA : oldflame
3月23日(金) 静岡・UMBER
w) POETASTER/the cibo/ LINE wanna be Anchors and more
3月24日(土) 大阪・福島LIVE SQUARE 2ndLINE
w) ircle/Cloque.
4月06日(金) 愛知・名古屋APOLLO BASE
w) KOTORI/ ircle and 1BAND
4月08日(日) 千葉・志津sound stream sakura
w) QLTONE/Damn Drive OA:Organic Call
4月13日(金) 広島・SECOND CRUTCH
w) WOMCADOLE
4月15日(日) 山口・周南LIVE rise SHUNAN
w) WOMCADOLE
4月20日(金) 京都・KYOTO MUSE
w) the cibo(new)/HEADLAMP(new)/kobore(new)
4月21日(土) 長野・松本Sound Hall a.C
w) the cibo(new)/或ナグラム(new)/kobore(new)
4月27日(金) 神奈川・F.A.D yokohama
w) WOMCADOLE/ BAN\'S ENCOUNTER(new)/あいくれ(new)
5月12日(土) 群馬・高崎clubFLEEZ
w) Ivy to Fraudulent Game (new) ※2マン公演になります。
※終了分は割愛

ミニアルバム『ONE BY ONE』

2018年1月10日発売



UNCR-05/¥1,800(税込)
<収録曲>
1.本当の事
2.夢が終わる夜
3.幸せ
4.空白
5.相も変わらず
6.違うんじゃないか
7.ドラマチック
8.このまま



【関連リンク】
KAKASHI、ツアーゲスト第5弾は地元の盟友 Ivy to Fraudulent Game
KAKASHI まとめ
Ivy to Fraudulent Gameまとめ
あいくれまとめ
超特急、4回目となる男性限定ライブを3月21日に開催

【関連アーティスト】
KAKASHI , Ivy to Fraudulent Game, あいくれ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, 発表, リリース, ミニアルバム, ライブ, ツアー

超特急、4回目となる男性限定ライブを3月21日に開催
Tue, 13 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が3月21日に男性限定ライブ『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.04』を開催することを発表した。今回で4回目となる同イベントは会場をさらに大きくし、SHIBUYA CLUB QUATTROで開催する。このライブが決定してメンバーのユーキは『男8号車勿論全力で楽しむよなぁ? そんな感じでいくんで夜露死苦!!』とコメント。さらに本公演からイベントロゴを一新。前回に続きユーキ考案のイラストとロゴになっているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

尚、今回は2枚組の『友乗りチケット』を導入。こちらで購入すると、お得にチケットが購入できるとのことなので、男8号車は年に一度の『男祭り』を楽しみにしておこう。

■【5号車 ユーキよりコメント】

遂にこの時がきた…男どもが心に秘めてる熱い想いを全て解き放たれる時。
先に言っておくが俺たちは勿論全力だ!
男8号車勿論全力で楽しむよなぁ? そんな感じでいくんで夜露死苦!!

■『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.04』

3月21日(水・祝)  SHIBUYA CLUB QUATTRO
時間:開場17:00/開演18:00
料金:オールスタンディング ¥4,000/友乗りチケット(2枚組)¥7,000
※同イベントは超特急6人でのパフォーマンスとなります。
※入場時別途ドリンク代 ¥600必要

<チケット情報>
■オフィシャル先行(抽選)
受付期間:2018年2月13日(火)18:00〜2月20日(火)23:59
当落・入金期間:2月24日(土)14:00〜2月26日(月)23:00
※お一人様2枚まで
https://l-tike.com/st1/bullettrain-otoko



【関連リンク】
超特急、4回目となる男性限定ライブを3月21日に開催
超特急まとめ

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, 発表, ライブ, ワンマン













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1